高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年2月

3月2日

State's flu information line suspends operations WBIR-TV (米国) テネシー州保健局、インフルエンザ・ホットラインを休止に
 A/H1N1インフルエンザはいまだ発生しているが、感染者数は激減していて、インフルエンザ・ホットラインへのアクセス者は少なくなったことから休止になる。昨秋開設した同ラインはワクチン接種も含めて各種の相談に応じてきた。
3月1日

Korea strengthens measures to combat bird flu Global Times  (カナダ) 韓国、鳥インフルエンザ対策を強化
 韓国政府は26日、渡り鳥が韓国に飛来してくることが予想されることから、鳥インフルエンザ対策を強化すると発表した。
 最近、東南アジアで多くの国で高病原性鳥インフルエンザが発生していることから、食料農業農水省では、これから数週間に亘って地域の鶏やアヒルに渡り鳥からウイルスが広がる可能性があるとしている。
 韓国ではこれまで3回、2003年、2006年の冬期間に家きんで流行し、最近では2008年の4月に発生している。合計2億2700万ドルの経済的損失を被っていると同省では説明している。
2月28日

パンデミックインフルエンザ分離状況-WHO
 2009年17週~2010年6週

 北半球
 2009年18週(5月上旬)頃からA/H1N1株は分離されはじめ、37週(9月中旬)から分離数は増えだし、48週(11月下旬)をピークとして、以降分離総数は減少しだし、今年度(冬期間)に入ってからはB型株(橙と茶色)が次第に半数以上占めるようになった。
 

 南半球
 2009年21週(5月下旬)頃から分離され始めたA/H1N1株は、27週(7月上旬)をピークに分離数は減少しだし、37週(9月中旬)以降5ヶ月間以上は極めて少ない分離状況をなっている。


*管理人コメント
 北半球では(5月上旬~)9月中旬~11月下旬、南半球では5月下旬から7月上旬に多く分離されている。
 南半球では秋から初冬に分離数が多く、北半球でも第1波として5月上旬からウイルスは分離されていたが、本格的には秋から初冬にかけて多く分離されている。両半球共に、冬期間に入ると分離数は急激に減少しているのが特徴である。
2月27日

Bird flu kills woman in southern Vietnam AsiaOne (シンガポール) 南ベトナムで女性が鳥インフルエンザで死亡
 病的になった家きんを”と殺”して調理した女性が、10日間の闘病生活の後にH5N1鳥インフルエンザで死亡した。
 今年度2人目の感染者で、初の死亡者である。
 死亡した女性は38歳で、メコンデルタ地区のドンタプ省に住んでいた。
 今月初めに3歳の女児が中央のカーンホア省で感染したが回復している。

ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第7週  ニュージーランド保健省
 2009年39週(9月21日~27日)に流行は終息状態となり、以後5ヶ月間、流行は再燃していない。
 2月21日までに感染者数は3300人、死者数は20人となっている。



Hong Kong reports swine-pandemic flu reassortant CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 香港で、ブタインフルエンザウイルスとパンデミックウイルスの遺伝子再集合が確認
 香港大学の研究室でブタインフルエンザウイルスとA/H1N1ウイルスの遺伝子再集合が確認された。
 中国本土から輸入されてきたブタの検査で確認された。
 農業局では、このウイルスの検出は公衆衛生的危険性を意味はしていないとコメントしている。
 香港ではウイルスチェックが厳しく行われていることから発見されたものだと当局ではコメントしている。
 米国と異なり、中国の豚飼育舎のバイオセキュリティーは保たれていない。年間6~8億匹生産されている。
 専門家によると、この様なウイルス遺伝子の再集合はあり得るとされる。中国では香港のように厳重なサーベイランスは行われていないから、さらにまだウイルス遺伝子の再集合は起きている可能性がるという。
  なお香港の住民から検出されたウイルスに遺伝子変化を起こした新ウイルスは見つかっていない。
アイルランド保健省第7週報告(2月15日~21日)
 流行は終息した状態が続いている。
 棒線はウイルス分離株の総数。曲線は人口10万人あたりのインフルエンザ患者数(臨床診断)。


年齢別発生数推移。本年に入ってから全年齢層で発生数は非常に少ないが、流行期間を通して65歳以上での発生数は少ない。

カナダ保健省インフルエンザ週報第6週(2月14日~20日)
 インフルエンザ流行は終息状態が続いている。
 国内の半数の州では発生報告はない。散発的発生(集団発生はなし)が残り半数の州で見られている。

 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。
米国CDCインフルエンザ週報第7週(2月14日~20日)
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、全週とほぼ同じであるが、国内インフルエンザ流行閾値よりも低い。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域内にある。
 小児の死亡報告数は3人。。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の2.2%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.3%。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。前週よりも縮小。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。現在は例年インフルエンザがピークになる時期である。

New inhaled drug protects from flu in single dose Canada.com (カナダ) 新吸入薬、1回の吸入でインフルエンザを予防
 第一三共製薬が開発中の吸入用抗インフルエンザ薬。昨日の報道と同じ。
 来月に承認申請を出す予定。同社では、2011年度3月までに販売承認が得られると考えられる。
2月26日

New inhaled drug protects from flu in single dose Reuters  (国際) 新吸入用抗インフルエンザ薬が、1回吸入でインフルエンザを予防
 第一三共製薬が開発中の吸入用抗インフルエンザ薬が、マウスの実験で1回吸入でH5N1鳥インフルエンザ感染を予防することが確認され、学術雑誌に発表された。
 同社が開発中のCS8958(ラニナミビル)をH5N1ウイルスを投与したマウスに2時間後に1回吸入させると、発症を予防したという。
 ウイスコンシン大学のカワオカ教授と共同研究者による。
 Science Journal PLoS Pathogens に掲載。
Scientists easily create hybrid virus FierceVaccines (米国) 科学者は容易にハイブリッドウイルスを作成
VIRUS HYBRIDIZATION COULD CREATE PANDEMIC BIRD FLU Media Newswire (press release) (米国) ウイルスのハイブリドでパンデミックウイルスが誕生の可能性
 ウイスコンシン大学のカワオカ教授等の研究。
 H5N1インフルエンザと人の季節性インフルエンザH3N2の遺伝子再集合で、人に容易に感染するH5N1ウイルスが誕生。試験管内でRNA複製に役割を有するPB2遺伝子を取り込んだH5N1は容易にマウスに感染し、マウスを短期間内に殺した。H5N1鳥インフルエンザウイルスは本来哺乳動物に感染しない。
 H1N1とH5N1の遺伝子再集合でも、パンデミックとしての特性をH1N1遺伝子から獲得したH5N1ウイルスが誕生する危険性もある。
2月25日

香港保健省インフルエンザ週報第8週 
 インフルエンザ活動性は4ヶ月以上沈静化が続いている。
 分離ウイルス株は55%がB型、A/H1N1が36%。B型株の急増が顕著である。
 以下インフルエンザ専門病院への受診数の推移。

90% of swine flu jabs will never be used The Economic Voice (英国) 英国、ブタインフルエンザワクチンの90%は決して使用されないだろう
 英国では1億3200万接種量が購入され、そのうち1300万接種量が国内に配布された。そして配布されたうちの400万接種量しか使用されていない。購入量の3%に過ぎない。
 十分考慮されないままに購入計画が行われたため、英国は購入量の残りの受け入れざるをえない状況になっている。1回接種分が最低9ポンド(1305円)として、12億ポンド(1740億円)となる。
MoH: Swine Flu Eases Grip Over Chinese New Year JLM Pacific Epoch (中国) 中国保健省:ブタインフルエンザ、春節(旧正月)の期間に下火に
 中国保健省は2月8日から21日までの2週間にH1N1インフルエンザ感染者が321人、死者が3人発生と報告した。2月1日から7日までの感染者数は400人で死者数は12人であったから、感染者数は著明に減少している。
Bird flu kills hundreds of Lampung chickens ANTARA  (インドネシア) インドネシア、ランプン州で鳥インフルにより数百羽の鶏が死亡
 雨期のため鳥インフルエンザが家きんで流行しやすくなっている。
H1N1 in people with HIV: severity of disease generally unaffected, vaccine ...
 Aidsmap  (国際) HIV患者におけるH1N1インフルエンザ:概して悪化傾向はなく、またワクチン効果は弱い
 HIVと合併感染症に関する学会(17th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections (CROI).)での発表。
 HIV感染者は、H1N1インフルエンザに罹患しても、概して通常の人々と症状は変わらないが、CD4(ヘルパーTリンパ球)が減少している場合と、日和見感染症を合併している場合は、重症になりやすいとの報告があった。またワクチン接種による抗体産生能は低い傾向にあることから、その効果は低いと考えられる。
Panel recommends annual flu vaccinations for all OneNewsNow  (米国) 米国、ワクチン諮問委員会、季節性インフルエンザワクチン接種を国民全員に接種の勧奨
 政府のワクチン諮問委員会は、今秋から全米国人に季節性インフルエンザワクチン接種の勧奨を決めた。季節性インフルエンザワクチンには、現在のA/H1N1ウイルスが含まれる。
 ワクチン諮問委員会はインフルエンザ接種勧奨対象者を次第に広げてきて、現在は米国人の85%が対象になっている。
 24日、委員会は今秋から季節性インフルエンザワクチン接種勧奨対象者を6ヶ月未満の乳児、卵アレルギー、および他の健康上の理由で接種できない人々以外、全国民に広げると決めた。
 委員会の答申内容は現在CDCで検討されているが、CDCは通常委員会の決定を国内の医師や医療機関に伝えることになる。
 「もはや、誰も、自分は受ける必要がある?、または受けなくてもいい?、との質問は発する必要はなくなる」、とCDCのインフルエンザ専門家であるアンソニー・フィオーレ医師が語っている。

 インフルエンザワクチンは、すでに85%の国民に接種が勧奨されている:妊婦、6ヶ月以上の小児(18歳未満)、50歳以上の成人、慢性疾患保有者、保健医療担当者、接種が勧奨されている人々のケアを行う人々。特に接種が勧奨されていない人々は、19歳から49歳までの、ハイリスクの人々と接種しない健康成人である。
 しかし、実際には33%の米国人しか接種を受けてなく、毎年大量のワクチンが破棄されている。
Swine flu deaths top 100 in Illinois Crain's Chicago Business (米国) イリノイ州、ブタインフルエンザ死者が100人に
 イリノイ保健局によると先週3人がブタインフルエンザで死亡して、州内での死亡者が100人となった。死亡者のほとんどは25~64歳で、多くは他の基礎疾患を保有していた。
 死亡者の52人は白人、21人はラテン系、19人は黒人、1人はアジア系、他は不明となっている。
 保健局ではブタインフルエンザは流行は去りつつあるが、ウイルスは未だ感染を広げ、致死的であるから注意が必要と呼びかけている。
Swine flu and seasonal flu remain rare in Minn. KSAX  (米国) ミネソタ州、ブタインフルエンザと季節性インフルエンザは希
 AP
 最新のミネソタ州保健局の統計データによると、ブタインフルエンザの発生はまれな状態が続き、また季節性インフルエンザもいまだ見られない。
 24日の保健局の発表によるとインフルエンザ死亡と入院は前週にはなく、インフルエンザ様疾患の集団発生は1校に留まっている。
2月24日


Pandemic has not yet peaked: Flu experts Regina Leader-Post (米国) パンデミックは未だピークを終えていない:専門家会議が答申
 WHO専門家委員会がA/H1N1パンデミックは未だピークを終えていないと16日結論を出した、とWHOが発表した。
 「委員会は、世界の全地域でA/H1N1インフルエンザの流行がピークを終えたと結論を出すには早すぎ、さらに流行状況を世界の専門家に提供してゆく必要があると判断した」、とWHO広報官のグレゴリー・ハートル氏が電子メールで発表した。
 WHOは17日記者会見を行う。
 委員会は世界の専門家15人から構成され、オーストラリアのジョン・マッケンジーが座長を務めている。委員会の決定はWHOのチャン事務局長に伝えられ、事務局長は世界の保健大臣に決定を告げる。公的には決定はWHOのインフルエンザ専門家のリーダーであるケイジ・フクダ氏が発表する。

 WHOのパンデミック宣言でワクチンメーカーの競争の火ぶたが切られたが、実際の感染者数は少なく、ワクチン接種希望者も少なかった。
 先のパンデミックは数回の再流行の波が起き、ピーク後期間は長期間続く可能性があるとWHOでは説明している。
 ピーク後期間(post-pandemic period)は、インフルエンザの発生状態が、通常の季節性インフルエンザのそれと同等になったときを意味する、とWHOでは説明している。
WHO to assess whether H1N1 has peaked within weeks Reuters AlertNet  (国際) WHO、H1N1インフルエンザがピークを超えたか、2~3週以内に評価
 WHOはH1N1パンデミックがピークを超えたかどうかについて2~3週以内に評価をする予定であると発表した。そしてこのパンデミックは先に発生したパンデミックよりも軽度であることは既に明確になっているとも語った。
 15人からなるWHOの緊急委員会は、パンデミックがピークを終えたと宣言するには早すぎると23日決定した。
 委員会は2時間に亘って討議したが、パンデミックの状況には未だ多くの不確定要素がありすぎると結論した。しかし北米や欧州では沈静化しているようだとも付け加えた。
 WHOのケイジ・フクダ博士は、これから冬期間に向かう南半球の状況が懸念されるとしている。また一部のアフリカ諸国で感染が拡大していることも確認しているという。
インフル警戒水準「峠越え」判断は先送り 読売新聞 
 世界保健機関(WHO)は23日、世界各国の感染症専門家による緊急委員会を開き、新型インフルエンザの警戒水準を最高の「フェーズ6」から、流行の峠を越えたことを意味する「ポスト・ピーク期」に変更すべきか諮問した。
 WHO広報によると、緊急委は「世界で新型の流行が峠を越えたと結論付けるのは時期尚早」と判断。「峠越え」の宣言は見送り、数週間後の緊急委で再び協議することを決めた。
 23日の緊急委では、西アフリカで感染拡大がみられる点や、警戒水準を変えると特例承認したワクチンを使えなくなる国もあることを指摘する意見が続出し、水準変更は先送りとなった。
WHO: Swine flu still hasn't peaked Washington Post (米国) WHO:ブタインフルエンザはいまだピークに達していない
 WHOはブタインフルエンザのパンデミックはいまだピークに達していないとの判断を下した。
 同機関の緊急委員会は23日開かれ、そして世界的インフルエンザ流行程度の評価を下げることの判断は、まだ早すぎるとの見解を示した。
 インフルエンザ感染者数はこの数週間に亘って欧米では劇的に減少しているが、ウイルスはいまだアフリカで感染を繰り広げている。また南半球でも今後2~3ヶ月に再流行することが懸念されている。
 ブタインフルエンザは、ほとんどの感染者では軽く、また治療を要しない。
 WHOの専門家会議は、2~3週状況をモニターした後、再び会議を開くことを勧めている。

「最盛期後」判断は時期尚早 新型インフルでWHO 京都新聞 
 世界保健機関(WHO)事務局長の諮問機関である緊急委員会は23日の会合で、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)が「最盛期後」の段階に入ったと判断するのは時期尚早と勧告した。
 当初、委員会は感染が最盛期後の段階に入ったと認定するとみられていたが、一部の委員が反論したため、認定を見送ったとみられる。
 勧告を受け、チャン事務局長は最盛期後への移行をひとまず見送り、2~3週間の期間を置いて再検討するとみられる。24日午前(日本時間夜)に詳細を発表する。
Is flu pandemic waning? World health leaders debate Reuters (国際) パンデミック・インフルエンザは下降に向かう?世界の保健専門家が論議
 WHOの専門家会議はA/H1N1パンデミック・インフルエンザはピークを超えたと判断。24日(日本時間)に世界に発表する予定。
 ピークを超えたとWHOが声明を出すことの意味について、何人かの専門家によるコメント。
 ピークを超えたが、いつ再流行するか分からないから警戒態勢は維持しなければならない、とWHOの広報官はコメントしている。
 インフルエンザの動向は予想がつかないということを十分社会に伝える必要があるとの、リスクコミュニケーション専門家の意見。
 他。
2月23日


新型インフル、ピーク越す WHOが宣言へ、第2波なお警戒 日本経済新聞
 世界保健機関(WHO)は23日、世界各国の専門家で構成する緊急委員会を開き、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)がピーク(最盛期)を過ぎたかどうかを判断する。ピークは過ぎたとの認識で一致し、緊急委の報告を受けてWHOとして正式に宣言する見通しだ。
 WHOは昨年6月、新型インフルエンザに対する警戒水準を最高度の「6」へ引き上げたが、最近は感染の勢いが鈍化している。WHOは「ピークは過ぎたものの、パンデミックは終わってはいない」との認識で、第2波への警戒を続けるよう呼びかける方針だ。
 当初、WHOは世界人口の3割に当たる20億人が感染する恐れがあるとしていたが、実際の感染者はこれを大幅に下回る見込み。WHOは「パンデミック宣言」に至る過程について、外部の有識者が検証する会議を4月に開き、判断の妥当性をアピールする考えだ。
Khanh Hoa girl is first bird flu patient of the year Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、カーンホア省の女児が今年度初のトリインフルエンザ感染者に
 国中央のカーンホア省に住む3歳女児が検査でH5N1鳥インフルエンザ感染が確認され、今年度初の感染者となった。女児は1月27日に、発熱、咽頭痛、咳、鼻水で発病した。翌日病院に入院したが、2月12日に検査でH5N1ウイルスに感染していることが確認された。現在女児は回復している。
 感染源が調べられたが、地域では鳥インフルエンザの家きんにおける発生はなく、また女児の家庭で飼育している家きんも病的症状は呈していない。
S.Korea sends aid to N.Korea despite tensions The News International (パキスタン) 韓国、北朝鮮にインフルエンザ対策用消毒薬の提供
 韓国は北朝鮮のA/H1N1インフルエンザ対策用に手指消毒薬20万リットル(86万3000ドル相当)を提供した。 消毒薬はトラック20台で運ばれた。
 韓国の北朝鮮への支援は、昨年12月に50万人用のタミフルとリレンザの提供につづくものである。
 北朝鮮は昨年12月に9人の感染者を報告しているが、死者については報告していなかった。
 ソウルに基盤をおく支援団体の”良き友”によると、昨年12月の時点で50人は死亡しているとされる。
FDA Panel Recommends Single Flu Vaccine Wall Street Journal  (米国) FDA委員会、一種類のインフルエンザワクチンに統一することを勧奨
Swine Flu Protection Added to Seasonal Flu Vaccine Bloomberg  (米国) ブタインフルエンザ用ワクチンが季節性インフルエンザアクチンに加えられる
 米国FDA諮問委員会が、2009年~2010年インフルエンザワクチンにA/H1N1ウイルスを加えるように答申した。これで季節性インフルエンザワクチンと別にA/H1N1ワクチンを接種する必要がなくなった。
 この委員会の答申はWHOの類似の勧奨に従った。
Deadly Hybrid Flu Possible U.S. News & World Report (米国) 致死的ハイブリッドウイルスの誕生は可能
 H5N1トリインフルエンザウイルスと季節性インフルエンザウイルスの遺伝子組み換えで、新規致死的ウイルスが誕生する可能性があることが研究により明らかになった。
 研究成果は米国の有名科学雑誌である{国立科学アカデミー紀要}のオンライン版に掲載された。
 H5N1と季節性インフルエンザウイルスのH3N2の遺伝子の組み合わせにより、オリジナルのH5N1以上に病原性の高いウイルスが誕生する可能性がある、と研究チームのリーダーである、ヨシヒロ・カワオカ(ウイスコンシン-マディソン大学のウイルス専門家)が語っている。
 トリインフルエンザはWHOによると世界で262人を殺している。しかしそれほと人の間では感染性を示さない。
 研究チームは、H1N1インフルエンザウイルスも、遺伝子組み換えに関与する可能性があると警告している。
 「新規H1N1ウイルスの登場で、人々はH5N1トリインフルエンザを忘れてしまったが、現実にはウイルスは存在している。今回の実験結果から考えると、H5N1トリインフルエンザウイルスとH1N1ウイルスが遺伝子組み換えを起こし、新規により病原性の高いウイルスが誕生する可能性もある」、とカワオカは語っている。
2月22日

WHO、トリインフルエンザ情報更新 エジプトの状況   WHO
 2月17日、エジプト保健省は2人のH5N1トリインフルエンザ感染者を報告した。
 1人は、メノフィア県の32歳男性で2月6日に発病して、8日に入院した。現在状態は良い。
 もう1人は29歳の妊婦で、やはりメノフィア県に住んでいた。2月6日に発病して12日に入院した。オセルタミビルのい投与を受けたが13日に死亡した。
 両者とも死亡したか弱っている家きんに接触していた。
Swine Flu May Have Infected 63 Million Americans, Study Finds BusinessWeek (米国) ブタインフルエンザは6300万人の米国人に感染した可能性、研究報告
 ピッツバーグ大の研究チームが発表。
 11月から12月初旬に亘って、地域住民846人(0歳から90歳)の血液を採取してA/H1N1抗体の有無をチェックした。また2008年度に採取した血液もチェックした。
 ピッチバーグでは中学校の学童の全てが感染していると推定されている。
 2008年度の血液では6%の抗体が検出された。
 2009年度の血液では10~19歳の年齢層で45%が抗体が陽性だった。全年齢では22%。
 以上のデータから全米での感染率を推定すると6300万人が感染していると考えられる。
 
 研究チームでは、さらにワクチン接種で免疫が獲得されている層も多いことから、今後A/H1N1の大流行は起きえないと判断している。
 しかし、地域によって感染率が低い場所では第3波として再流行する可能性はあるとしている。

 *ワクチン接種率は20%であるから、米国民における抗体保有率は約4割となる。
Free Swine Flu Shots Offered at Dulles Airport WJLA (米国、バージニア) ワシントン・ダレス国際空港で無料のワクチン接種
 2月16日から空港待合室で無料のA/H1N1ワクチン接種が行われている。
 毎日200人を対象としている。
 保健当局によると、A/H1N1の再流行が起きるかもしれないから、ワクチン接種を受けることはメリットがあると啓発している。
Swine flu vaccination period stays open Times of Malta  (マルタ) ブタインフルエンザワクチン接種期間を延長
 当初2月7日までの接種期間であったが、本日それは延長された。
 ワクチン接種者数は、人口40万人のうち9万人以下となっている。
 政府は42万5千接種量のワクチンを購入したが、いまだ8万接種量は国内に配布されていない。
 WHOは秋の季節性インフルエンザワクチンにA/H1N1ウイルスが加えるように勧奨した。
 しかしマルタ政府の当局者は、秋の季節性インフルエンザワクチン接種まで9ヶ月はあるから、それまで待つのではなく、現在A/H1N1ワクチンを接種するように勧めている。
パンデミック(H1N1)2009-更新88 WHO
 2月14日までの1週間の状況。
 基本的に前週の状況と同じ。
 北半球の温帯地域ではインフルエンザ流行は続いているが、発生地域は限定されている。:東部及び南部ヨーロッパ、南アジア、東アジア。
 西アフリカのいくつかの国では感染者数の増加が伝えられているが、地域社会の中で拡大していることを確証させるだけの情報は得られていない。
 タイとジャマイカでは呼吸器疾患の増加が報告されているが、その病原体については明確になっていない。

 東南アジアでは数カ国で呼吸器疾患患者の増加が報告されているが、全体的にその規模は小さい。
 タイでは数ヶ月に及ぶ散発的インフルエンザ発生が報告されていたが、現在多くの省で呼吸器疾患の増加が報告されている。しかいそのレベルは同国としてはいまだ低い。
 ミャンマーとインドネシアでは、地域的に限定したインフルエンザの発生が報告されているが、全体としては規模は小さい。また呼吸器疾患が増えている。
 南アジアでは、北部と西部インドでインフルエンザ流行が続いているが、全体としては、インド、ネパール、バングラデシュ、スリランカにおける流行は下降し続けているか、または低い状態のままである。
 東アジアでは、インフルエンザ感染は続いているが、ほとんどの国(中国、日本、韓国)において、その程度は減少し続けている。
 西アジアでは、多くの国でインフルエンザは発生し続けているが、ほとんどの国では、地域的発生に留まっている。
 
 北部アフリカでは、パンデミックインフルエンザは発生しているが、先月からその程度は減少し続けている。
 西アフリカでは散発的発生が報告されている。
 サハラ以南ではほとんどの国で散発的発生が起きているようだ。

 ヨーロッパでは、パンデミックインフルエンザウイルスは中央および南東部で感染活動を続けているが、全体としては規模は小さいままである。ロシアを含むいくつかの国では呼吸器疾患の中等度の発生が報告されている。

 アメリカ大陸では、温帯および北部地域でパンデミックインフルエンザウイルスが低レベルで感染を続けているが、その規模はほとんどの地域で低い。

米国大学保健協会パンデミックインフルエンザ報告  ACHA (米国大学保健協会)
 全米の協会加入大学(学生数2~300万人)における2月6~12日におけるインフルエンザ様疾患に罹った学生は606人で入院および死者は出ていない。罹患率は学生1万人あたり2.7人である。これらのインフルエンザ発症率はこの数週間変化していない。
 ワクチンは多くの大学で十分在庫しているが、接種率は平均8%である。中には40%の接種率を報告している大学もある。
2月21日

新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議-非公開の10回検証困難 時事通信
 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)に、国が採るべき方針を答申してきた専門家諮問委員会(委員長・尾身茂自治医科大教授)が、開いたすべての会議で議事録などの記録を残していなかったことが20日、分かった。
 実効性に疑問が残る空港での水際対策やワクチン輸入などは諮問委の見解に沿って実施されたが、決定に至る過程の検証は困難になる可能性が高い。
 諮問委のメンバーは、尾身委員長と感染症の専門家4人。新型インフルの発生を受け、昨年5月1日に初会合が開かれた。会議はすべて非公開で、原則的に開催自体が明らかにされていない。
 厚生労働省や内閣府の関係者によると、これまでに開催されたのは10回で、うち9回は前政権下で開かれた。同省側が対策の根幹となる「基本的対処方針」などの原案を用意し、委員に意見を求める形で議論は進められたという。
 5月は機内検疫や感染者の隔離措置など水際対策を主な議題に5回開かれた。6月は冬の流行拡大に向けて態勢を見直すため3日連続で開催。8月、9月は各1回で、外国製ワクチンの輸入や接種スケジュール、費用などの方針を検討した。
 会議には同省幹部らが同席したが、類似の会議とは異なり、議事録は作らず、発言は一切録音しなかった。残っているのは出席者の個人的なメモのほか、取材対応用に用意した数回分の議事概要だけで、どのような議論が交わされたのかが分かる資料は内部向けを含めて存在しないという。
 世界的に異例だった水際対策は、諮問委の「一定の効果があった」との評価で継続されたが、実際は潜伏期間の感染者が多数すり抜けた可能性があると指摘する研究者もいる。巨費を投じた輸入ワクチンは大半が余る見通しだ。
2月20日

新型インフルエンザ:ピーク、WHOが23日に判断 毎日新聞
 国連の世界保健機関(WHO)は19日、新型インフルエンザの世界的流行がピークを過ぎたかどうかを判断する緊急委員会を、23日午後(日本時間同日深夜)に開くことを明らかにした。結果は翌24日午前11時(同午後7時)に発表する。会議には世界中からメンバー15人が参加する。
カナダ保健省インフルエンザ週報第6週(2月7日~13日)
 インフルエンザ流行は終息状態が続いている。
 第6週にはインフルエンザで入院した患者は国内で発生していない。

 定点医療機関外来受診インフルエンザ様症状保有者/1000人中。
 

カナダ国内におけるインフルエンザ発生状況。発生なしが大多数。
 白色:明らかな感染者の発生なし、淡青色:散発的発生(学校、施設における集団発生はなし)、 

米国CDCインフルエンザ週報第6週(2月7日~13日)
医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、全週とほぼ同じであるが、国内インフルエンザ流行域の下限以下にある。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域内にある。
 小児の死亡者数は2人。。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の3%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.4%。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。前週よりも縮小。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。現在は例年インフルエンザがピークになる時期である。

小児の死者数は12月以降減少してきていて、ここ数週間はピーク時の10%以下となっている。

肺炎またはインフルエンザ死亡率(全死亡者に占める)
インフルエンザによる死亡者数を反映するとされる指標であるが、多くは高齢者におけるインフルエンザ合併症死亡率を示す。上図の小児と違い、A/H1N1による死者数は、第1波と第2波共に少ない。


検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省 時事通信
 足立信也厚生労働政務官は19日、政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)が、新型インフルエンザ対策が適切だったかどうかの検証を今年度内に始めることを明らかにした。厚生労働省も連携して検証作業に入る。
 厚労省によると、検証対象は「水際対策」として空港で行った検疫や、他国が取った対応との相違など。
Czechs cancel a third of GSK swine flu vaccines order France24  (フランス) チェコ、グラクソ社ワクチン三分の一量をキャンセル
 100万接種量購入契約していたが、30万接種量をキャンセルした。特にペナルティーはないと発表。
 これまで2434人の感染が確認され、死者数は100人。
 18日までに、ワクチンは640066接種量が接種されている。
2月19日

NH Exceeds Goal Of 300000 Swine Flu Vaccinations WBZ  (米国) ニューハンプシャー州、30万人がワクチンを接種
 人口の25%がワクチンを接種、そして他の25%が既に感染して免疫を獲得。州民の半数が免疫を獲得したことから今後大流行は起きえないと州保健局が発表した。人口129万。
Combine H1N1, seasonal flu vaccines: WHO CBC.ca (カナダ) 来シーズンの季節性インフルエンザにH1N1を加えよ、WHOが勧奨
 北半球の来シーズンのインフルエンザワクチンには、H1N1株を加えるようにWHOが18日声明を出した。
 昨年、ワクチン株を選定後にH1N1ウイルスがインフルエンザの流行を起こしたため、季節性インフルエンザワクチンの中にH1N1株が加えられなかった。
 WHOのケイジ・フクダ氏は、来シーズンは季節性ワクチンとH1N1ワクチンを一緒にすべきと発表した。
 決定はインフルエンザ専門家による会議の結果により行われた。 
  • The pandemic strain, an A/California/7/2009 (H1N1)-like virus. (2009H1N1インフルエンザ株)
  • Another influenza A strain known as A/Perth/16/2009 (H3N2)-like virus. (香港株)
  • An influenza B strain called B/Brisbane/60/2008-like virus. (B型株)
 フクダ氏は、季節性インフルエンザワクチンにH1N1株を加えることは、H1N1によるパンデミックが終息したことを意味してはいないと強調した。
 来週23日、WHOはパンデミックがピークを過ぎたか否かの判断を行う。それによりパンデミックは継続しているが、ウイルスの活動性は低下し、感染率が通常のインフルエンザと同じレベルにある”ピーク後期間”に入ったと判断される。
 多くの国では感染者数が減少したため、既に対策は縮小している。
 連邦政府は余剰ワクチンの中から500万接種量を、WHOに途上国用に提供すると1月に発表している。
 
 パンデミック終息の時期の定義が曖昧である。
 ミネソタ大学のインフルエンザ専門家であるマイケル・オスターホルムは次のように語っている。
 「もしH1N1インフルエンザが2~3ヶ月以内に発生した場合、それを再流行の波と考えるか、それとも単に季節性インフルエンザの発生と考えるか…、それを判断するためのスコアボードはない」。
2月18日

WHO、2010年度インフルエンザワクチン推奨株発表  WHO
 昨年9月発表の南半球推奨株と同じ。
 — an an A/California/7/2009 (H1N1)-like virus;
 — an an A/Perth/16/2009 (H3N2)-like virus;*
 — a B/Brisbane/60/2008-like virus.
 
香港保健省インフルエンザ週報第7週 
 インフルエンザ活動性は沈静化が続いている。
 分離ウイルス株は56%がB型、A/H1N1が36%。B型株の急増が顕著である。
 インフルエンザ専門病院への受診数の推移。


Increased Tami flu dosage not necessary for critically ill H1N1 patients Zee News (インド) 重体H1N1患者に大量タミフル投与の必要はない
 WHOは重症患者では腸管からのタミフル吸収率が落ちる可能性があるから、投与タミフル量を増加することを勧めているが、新研究で通常量でも十分吸収されることが確認された。
 カナダの研究チームが44人のICU入院H1N1患者および疑い患者を対象に研究した。病院はカナダの2病院とスペインのタラゴサの病院である。
 タミフルを通常量服用させ、その後血中濃度を測定した。
 また肥満者に対しても適正投与量を決める目的で検討を行った。
 結果は全ての例で血中濃度は正常域ないし、それよりも高濃度であった。肥満者においても同様であった。
 研究結果は、カナダ医学界雑誌(Canadian Medical Association Journal )に発表された。

WHO to decide new flu vaccine formula Times LIVE (南アフリカ) WHO、新インフルエンザワクチンの組成を決定に
 インフルエンザワクチンの製造企業は、まもなくWHOが発表する来シーズンの北半球における季節性インフルエンザワクチンの組成に関する発表を待っている。WHOが世界のワクチンメーカーと各国政府に対する推奨組成である。
 今年のワクチン組成に関する考え方は、例年よりも複雑である。
 新規にA/H1N1インフルエンザが流行したからである。
 可能性から言って二通りの組成が考えられる。
 ・従来のソ連型H1N1の代わりにA/H1N1パンデミックウイルスを使う。他に香港型H3N2とB型ウイルスが加わる。従来と同じ3価ワクチンであり、ワクチンメーカーは現在過剰となっているA/H1N1ウイルスを用いることが出来るので非常に好ましい組成と考えられる。
 ・ソ連型H1N1はいまだ地域によっては発生していることと、これはタミフル耐性株なのでワクチン株としては省けないという考え方もある。この場合はA/H1N1株を従来の3価ワクチンに加えることになり4価ワクチンとなる。こうした組成が可能かどうかが課題となる。
 ・またA/H1N1ワクチンはこれまで通り接種勧奨として、別に3価季節性ワクチンを接種することも考えられる(現在と同じ方式)。
県、インフル警報解除 半年ぶり 沖縄タイムス 
 県新型インフルエンザ対策室は17日、昨年8月以来ほぼ半年間(26週間)継続していたインフルエンザ流行警報を解除した。流行は終息に向かっているとみられる。第6週(今月8~14日)の県内58医療機関からの患者報告数は328人。1医療機関当たり5・66人となり、警報が解除される基準の10人を下回った。
 保健所別報告数でも、県内6保健所管内いずれも1医療機関当たり10人を下回った。
 一方、同対策室は「今後も地域的な小流行が起こる可能性があるので、せきエチケットや手洗い、うがいなどの予防を心がけてほしい」と呼び掛けている。
 県内では2009年第33週(8月10~16日)、1医療機関当たりの患者報告数が29・6人となった。警報発令基準の30人にほぼ達したことで、県が流行警報を発令。第53週(09年12月28日~10年1月3日)には発令以来ピークとなる患者報告数54・88人を記録した。
 一方、同日は南部の小学校1校で計1学級の学級閉鎖があった。
Little evidence indicates flu vaccine works for elderly people Food Consumer (米国) 高齢者にインフルエンザワクチンが効果を持つ根拠は得られていない
 根拠ある医学に基づいた研究論文を評価しているコックラン・ライブラリーのトム・ジェファーソンと共同研究者は、インフルエンザワクチンの高齢者に対する効果を検討した、これまで発行されている75編の論文を分析して、評価可能な論文は1編だけとした。
 明確に高齢者に対するインフルエンザワクチンの効果が証明されていないと結論され、ジェファーソンは、評価可能な有効なデータが得られるまで、高齢者に対するワクチンの効果は不明であるとしている。これまでの多くの研究は血中の抗体の出現で効果を判定しているが、抗体の出現が予防効果と意味してはいないとする。
 CDCでは、もし予防効果がワクチンにないとしても、症状の緩和効果があると想定されるとしている。
富山化学 開発中の新規経口インフル薬 1000万人分供給へ工場改修  ミクスOnline
 富士フイルムグループの富山化学は、日本で年内に承認申請する予定の新規作用経口インフルエンザ治療薬「T-705」(一般名:ファビピラビル)について、生産能力を高めるため工場の改修を進めている。年間1000万人分の供給を目指して、富山市にある既存生産設備を10億円強かけて改修、6月末までに工事を終える計画だ。現在は下火となったものの、インフルエンザの再度の流行が懸念されているため、迅速に生産体制も整える。
 タミフルなどの既存のノイラミニダーゼ阻害薬はウイルスが細胞から遊離するのを阻害して他の細胞への増殖を防ぐものだが、富山化学が開発中の治療薬「T-705」は、RNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれ、直接ウイルスの遺伝子複製を阻害して体内での増殖を防ぐ新規の作用機序。同社は、既存薬への耐性化対策の観点からも「極めて有用な薬剤」としている。厚労省は同剤を、フェーズ1に入る前から、優先的に治験相談できる優先対面助言品目に指定しており、迅速な開発を求めている。
 「T-705」は日本で現在、新型を含むインフルエンザ患者を対象にフェーズ3試験を実施中。今シーズン中に症例収集を終え、年内に申請する予定だ。一方、米国でも2月12日からフェーズ2を始めており、10年末にはフェーズ3を実施、11年に申請する計画。
WHO、来シーズンのワクチン推奨株の選定に WHO 
 WHOの専門委員会は今週末に、来シーズンの季節性インフルエンザワクチンの推奨株を発表する。
 年2回推奨株が発表されるが、2月は北半球用、9月は南半球用である。
 今シーズンの南半球用ワクチンには、A/H1N1パンデミックウイルスが含まれている。
2月17日

Relatively favorable situation with flu epidemic in all regions of Ukraine ... Kyiv Post (ウクライナ) ウクライナ、全般的に流行状況は下火に向かう
 流行開始以来(昨年10月29日)1093人が死亡している。

HK reports new death case of influenza A(H1N1) Global Times (カナダ) 香港でA/H1N1インフルエンザで新規死者が発生
 香港保健省はA/H1N1による新規死者の発生を報告した。
 患者は53歳男性で糖尿病と末期的腎不全の状況だった。
 香港の死者は累積69人となった。
 
 *香港ではA/H1N1は流行状況ではないが、死者の発生は久しぶりである(訳者)。
2月16日


Swine Flu Outbreak Threatens At World Cup Post Chronicle (国際) ワールドカップにおける豚インフルエンザが脅威
 世界中から45万人が訪れるワールドカップでのA/H1NI1インフルエンザが脅威と保健大臣が15日議会で語った。
 同省は130万接種量のワクチンを発注しているが、他にWHOから350万接種量提供される。
 サッカー、ワールドカップは、2010年6月11日から7月11日まで南アフリカで開催される
2月15日

Indian data on swine flu shamefully inadequate: Virologist India-Forums.com  (インド) ウイルス学者:インドの豚インフルエンザのデータは恥ずべき程に不適当である
 インドでは報告以上にH1N1死者がいると、指導的ウイルス学者が、インドには恥ずべき程に科学的データがないと研究論文で述べた。
 国際遺伝子生物工学センターのシャヒド・ジャミール氏は、インドで28000人の感染者と1152人の死者が発生したと報告されているが、その数値は実際には遙かに大きいだろう、インドでは疫学的分析は全く為されていない、と科学雑誌” journal 'Current Science'”で述べた。
H1N1 patients were younger and needed more care, study says Globe and Mail  (カナダ) H1N1患者は若く、より濃厚治療が必要、研究報告
 カナダ人のH1N1インフルエンザで死亡した平均年齢は、季節性インフルエンザのそれよりも平均で30歳若い。カナダ健康情報センターがまとめて報告したデータが示している。
 パンデミックインフルエンザは非常に多くの濃厚治療が必要な患者とレスピレーターを必要とする患者をもたらした。しかし逆説的だが、死者数は通常の季節性インフルエンザのそれよりも少なかった。
 研究は2009年~2010年にかけて発生したH1N1感染者と、2007年~2008年に発生した季節性インフルエンザ感染者における入院状況と死亡状況を比較したものである。
 H1N1では426人が死亡した。一方、2007年~2008年のインフルエンザシーズンに死亡した肺炎とインフルエンザの数は8507人である(これらの数値は直接的に比較は出来ない)。
 情報センター(CIHI )の報告は基本的に入院状況を中心にまとめている。
 2009年4月から2010年1月まで8507人のカナダ人がH1N1インフルエンザで入院している。
 しかし2、3年前のインフルエンザシーズンでは2614人しか入院していない。
 パンデミックと季節性インフルエンザのもっとも顕著な違いは、前者では若い層が重症化するということである。
 H1N1での死亡者の中央年齢は53歳であるが、季節性インフルエンザでは83歳であった。
 これらの差は入院率ではもっと顕著となる。
 H1N1での入院患者の中央年齢は28歳、季節性では71歳であった。
 保健当局者が予測したほどH1N1インフルエンザは社会にインパクトを持たなかったが、病院には重症患者の収容と治療で多大の負荷が加わった。
 入院患者の1/6がICUに収容され、1/10がレスピレーターを必要とした。
 因みに季節性インフルエンザの場合は、1/7がICUに収容され、レスピレーターを必要としたのは入院患者の1/30であった。

 今回の研究発表は統計的分析結果で、若年層が重症化しやすいという、重症化率の年齢的差異に関しての理由には言及してない。
 しかし一般的説明は、インフルエンザは虚弱となっている高齢者を標的とするが、1957年前に生まれた世代はH1N1に対して免疫を持っているというものだ。1918年から1957年の間、流行したインフルエンザは(スペインインフルエンザウイルスに由来する)H1N1インフルエンザウイルス系統だった。

Swine Flu tightening its grip across India TopNews  (インド) 豚インフルエンザ、インド国内へ広がり続ける
 豚インフルエンザの拡大が沈静化の傾向にない。
 原因は不衛生な環境と、衛生観念の欠如にある。
 インフルエンザ症状を保有する人との接触を避ける必要がある。症状が出たら医療専門家に告げるべきである。発病した人は周辺にうつさないように、他の人から離れていなければならない。
3 more swine flu deaths in Maharashtra take India toll to 1305 NetIndian (インド) マハラシュトラで3人死亡、インドでの累積死者数が1305人に。
 検査室で確定されている感染者数は29313人とされる。
2月14日

Swine flu vaccine delayed Himalayan Times (ネパール) ネパールへのA/H1N1ワクチンの到着が遅れる
 WHOからネパールへ届く予定のワクチンが大幅に遅れている。当初1月下旬の予定であったが、3月上旬の予定となった。原因は製造企業の出荷の遅れとされる。
 一方WHOのネパールへの提供量は当初人口の2%とされたが、現在は10%の予定となった。
 ネパールでは171人の感染者が確認されていて、そのうち2人が死亡している。
Family Sues Ohio Hospital Over Swine Flu Death WHIO Dayton (米国) オハイオ州、豚インフルエンザによる死亡で家族が病院を訴える
 9月3日に妊婦がオハイオ州で死亡した。
 20歳妊婦に対して病院の医師はタミフルを処方しないで家に帰した。その後妊婦の病状は悪化して他の病院へ入院して、そこで死亡した。
 家族は最初に妊婦を診察した病院を訴えている。
Swine Flu: was it ever really a threat? Al-Masry Al-Youm (エジプト) エジプト、豚インフルエンザは本当に脅威的であったのか?
 エジプトにおける豚インフルエンザ対策と実情に関する分析と評価。
 これまで16000人の発病者と265人の死者。
 対策は過剰であったとの専門家の意見。保健省はブタインフルエンザを過剰に恐れ、それは国全体へパニックをもたらした。数百万人へ感染すると発表しているが、実際の数とはあまりにもかけ離れていた。
 学校での対策:クラスで1人発生すると1週間の学級閉鎖。複数以上のクラスで発生すると休校。30万匹の豚の殺処分(豚から人へ感染するとの脅威から)。
 学童へのワクチン接種は失敗に終わった。保健省では210万人の学童への接種を予定したが、実際に接種を受けたのは25000人に過ぎない。

2月13日


Of Swine and Men Scientists study H1N1's past to predict what the virus has in ... Science News (米国) 豚と人からの遺伝子-科学者達はH1N1ウイルスの過去からウイルスの危険性を予知
 総説
 H1N1豚インフルエンザウイルスの誕生から現在までの流れ。--豚H1N1ウイルス、鳥H1N1ウイルス及び人H3N2ウイルスの3種遺伝子再集合(1992年)。さらにユーラシア大陸の豚H1N1ウイルスが再集合(2009年4月以前)。
 
 季節性インフルとの違い--若年者に感染力と致死力。
 人の免疫反応--細胞性免疫(Tリンパ球)がH1N1ウイルスに反応する事実。




カナダ保健省第5週インフルエンザ週報
 A/H1N1流行は見られてない。
 国内の多くの州で発生報告がない。

 定点医療機関外来受診者数に占めるインフルエンザ様患者の割合。
 インフルエンザシーズン外の状況と同じ。
 棒線はM±1標準偏差
 
 カナダ国内におけるインフルエンザ発生状況。発生なしが大多数。
 白色:発生なし、淡青色:散発的発生(集団発生はなし)、 青色:局所的発生(若干の集団発生あり)。

Indonesia records new bird flu fatality eTaiwan News (台湾) インドネシア、新規鳥インフル死者を報告
 インドネシアは新規鳥インフル死者を報告して、世界最大の鳥インフルエンザ発生国の累積死者数が135人となった。
 死亡したのは25歳女性で、1月25日に西ジャワのベカシで死亡した。女性は家きんと直接接触して感染したと考えられている。
 一方保健省は12日、ジャカルタで3歳男児が感染したが、回復したことを発表した。
Swine flu has killed up to 17000 in US: report National Post 最大1万7千人の米国人が豚インフルエンザで死亡
 本日既報のInternational Business Timesの内容と同じであるが、さらに追加部分が掲載されている。
 
 正確な評価方法

 CDCやWHOは数ヶ月以上前に正確に検査で確認した感染者数を評価することを中止した。H1N1インフルエンザがパンデミック状態となり、数百万人以上の感染者が出ることが想定されたからであった。
 WHOの報告では世界212カ国と地域で少なくとも15292人が死亡したとされる。これは検査室診断された数である。
 (正確な検査室診断された感染者数を評価することは不可能なことから)CDCではモデル化された、多くの少人数集団から集めた感染者数と死者数から全体数を計算している。CDCでは季節性インフルエンザにおいても同様の手法を用いている。
H1N1 Flu Affected 57 Million Americans, CDC Says Wall Street Journal (米国) CDC、H1N1に5700万人の米国人が感染と
 CDCによるとH1N1ウイルスに5700万人以上の米国人が感染し、11700人近くが死亡したとされる。
 データではH1N1パンデミックウイルスはいまだ感染し続けているが、感染者数は昨秋以来減少している。

 WHOはパンデミック終息宣言はいまだしていないが、再度の大流行は考えられない。理由は米国人の多くが感染、またはワクチン接種をしているからである。これまで約7千万人がワクチンを接種している。(感染者数が8400万人として、最大見積もって5割近くが免疫。しかし易感染層である小児年齢に限れば、その値はさらに多くなる:管理人)。
 約25万7000人が1月中旬まで入院しているが、その数は通常のインフルエンザシーズンにおける20万人よりも多い。
 入院した中で8万2000人は18歳以下で、15万人が18~64歳であった。(2万5000人が高齢者)。季節性インフルエンザの場合、入院者と死者の大多数は65歳以上の高齢者である。
 CDCの推定値として、11690人が死亡し、その中で1230人が小児(17歳以下)とされる。8490人が18から64歳とされる。65歳以上の高齢者は1480人。例年の季節性インフルエンザでは36000人が死亡し、その大多数は高齢者である。
 1月下旬には多くの州が、”散発的”、または”局所的”発生と報告しているが、昨年10月にほとんどの州が”広範囲で発生”、と答えていたのに比較すると、H1N1ウイルスの活動は著明に低下している。

Swine flu killed up to 17000 in US: report International Business Times (米国) 米国報告:豚インフルエンザで最大1万7千人の米国人が死亡
 12日、米国CDCは豚インフルエンザで1万7千人が死亡し、その中には1800人の小児が含まれていると発表した。
 豚インフルエンザでは季節性インフルエンザ以上に多くの人々が入院したが、その多くは小児と若い成人層であった。
 発表文では、CDCの推定値として、2009年4月から2010年1月16日までの間、2009H1N1インフルエンザに4100万人から8400万人の米国人が感染したと説明し、その中央値として5700万人としている。
 また少なくとも8330人から、最大17160人が死亡したと推定され、中央値として12000人としている。
 しかしそのうち880人から1800人が小児とされ、また13000人近くが65歳以下で、高齢層はわずか1000人から2000人とされる。
 通常のインフルエンザシーズンでは、CDCによると、36000人が死亡し、その90%が65歳以上の高齢者である。入院する感染者数は20満員とされ、そのほとんどは高齢者である。
 豚インフルエンザでの入院患者の多くは若い世代で、2009年4月から2010年1月までの入院者数は、18万3000人から37万8000人とされる。

米国CDCインフルエンザ週報第5週(1月31日~2月6日) 
 医療機関の外来を受診するインフルエンザ様症状を持つ患者の割合は、国内インフルエンザ流行域の下限以下にある。
 ”肺炎およびインフルエンザ”による死亡者数は例年の流行域以下にある。
 小児の死亡者数は3人。著明に減少している。
 分離ウイルス株の99%はA型。亜型分析された株は全てがA/H1N1。B型は分離株全体の1%。
 タミフル耐性A/H1N1は1.4%。
 州全体で流行している地域はなく、散発的発生が大部分。前週よりも縮小。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患保有者。外来患者数に占める%。
 流行下限域以下である。


 18歳以下年齢層(小児)インフルエンザ死亡数。
 基本的にA/H1N1による死亡である。ピンク:A/H1N1、緑:未同定株

2月12日


インフルエンザ:患者報告数2週連続で減少 毎日新聞
 厚生労働省は12日、インフルエンザの定点医療機関(全国約5000カ所)調査で、1~7日の1施設当たりの患者報告数が4.26(前週6.46)だったと発表した。2週連続の減少で、注意報レベルとされる10を超えた都道府県は、山梨(10.70)、福井(10.53)、沖縄(10.12)だけになった。新型以外の季節性インフルエンザの流行は確認されていない。
 一方、海外メーカー2社から輸入された新型ワクチンは12日、4都県で一般向けに136回分が初出荷された。厚労省によると、医療機関からの希望が少ないため、次回以降の出荷予定はない。国産ワクチンも、15日出荷分は供給可能量の半数以下の約72万回分にとどまるという。
15 More People Die Of Swine Flu In India, Toll Reaches 1294 TopNews (国際) インドでさらに15人が死亡、累積死者数が1294人に
 マハラシュトラ州がもっとも死亡者が多い。
Czech PM Fischer stopped purchase of 20 mln flu vaccines - press Czech Happenings (チェコ共和国) チェコ首相、2000万回分のワクチン発注を中止
 チェコ共和国保健大臣は2000万回分のA/H1N1ワクチンを発注予定だった。
 もし発注していたなら、チェコはフランスやベルギーと同じく過剰のワクチンの処分に悩んでいた可能性がある。
 しかしながら発注直前になってフィッシャー首相がバクスター社の契約内容が不満であることと(副作用に対する責任を同社は被らない)、パンデミック脅威が誇張されていると考えて、わずか100万回分だけを発注した。
 発注量は少ないが、それでも接種したチェコの人々はわずか64000人で、大量のワクチンが余っている。
 現在、ハイリスク者と社会的に重要な人々に接種を行っている。人口は1000万人。

 *フィッシャー政権が誕生直前に先の政権がワクチン2000万接種量の発注を予定し、議会で認められていた。

H1N1 patients much more likely to be hospitalized than flu sufferers: Study Canada.com  (カナダ) 研究報告:H1N1は季節性インフルエンザよりも入院率が高い
 カナダ健康情報研究所からの研究報告で、H1N1はより多くの感染者、特に若年層を入院させる率が高いことが分かった。
 研究は11日発表された。
 昨年4月に流行が始まって以来、入院してICU治療を受ける必要のあった患者は季節性インフルエンザの場合よりも50%多かった。
 入院患者の6人に1人がICUに収容された。このうち10人に1人がレスピレーターを必要としたが、その率は季節性インフルエンザに比較して倍となる。
 若年層がより重症化しやすいことも明らかになった。H1N1で入院した患者年齢の中央値は28歳であったが、季節性インフルエンザの場合は71歳である。死亡した患者の年齢は季節性インフルエンザで死亡する年齢よりも30歳若い。
 ICUに収容されたH1N1患者の年齢も若く、40代半ばが多いが、季節性インフルエンザでは60代後半が多い。
 また入院した妊娠可能女性のうち5人に1人が妊婦であった。季節性インフルエンザの時期に予想される数以上であった。昨年の4月以来4人の妊婦が死亡しているが、前年の季節性インフルエンザの期間には死亡者は出ていない。
 
最悪期脱したか判断へ=新型インフルで月内に緊急委-WHO 時事通信
 世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長特別顧問(新型インフルエンザ担当)は11日の電話会見で、今月下旬に各国の専門家で構成する緊急委員会を開き、新型インフルエンザの世界的な大流行(パンデミック)が最悪期を脱したかを検討する方針を明らかにした。今月最終週になる見通し。
 緊急委が最悪期を脱したと判断すれば、昨年6月にチャン事務局長が宣言した新型インフルエンザのパンデミックは、終息に向け一歩を踏み出すことになる。
WHO experts to meet this month, examine whether peak of swine flu pandemic is over 
Minneapolis Star Tribune  (米国) 今月末にWHO専門家会議が開催、パンデミックピークが過ぎたかを論議
 WHOは今月末に専門家会議を開き、豚インフルエンザのパンデミックが過ぎたかを検証すると、11日、同機関の高官が発表した。

 WHOの緊急委員会は、世界の流行が”移行期”に入ったか否かに関する評決結果を、国連の保健担当責任者のマーガレット・チャン氏に伝えると、WHOのインフルエンザ対策責任者であるケイジ・フクダ氏が語った。
 「この移行期とは、パンデミックは未だ続いているが、最悪の時期は去ったと考えられる期間を意味する」、と同氏は説明してる。
 WHOは昨年6月に、同機関として最高位の警戒水準であるフェーズ6に入ったと発表し、豚インフルエンザのパンデミック宣言を行った。
 「ピーク後フェーズ(post-peak phase )は、フェーズ6とは異なるが、(ウイルスの)パンデミックとしての活動は依然として続いていることを示している」、とフクダ氏は電話取材で答えている。
 「それはパンデミック後フェーズへの移行期である」
 「我々は最悪の時期は過ぎたと考えるが、警戒は維持させる必要があると考える」、と同氏は説明している。
 同氏によると会議開催の正確な日程は決まってないと言う。
 
 昨年の春に北米で豚インフルエンザが発生して以来、世界で15000人の検査室で診断が確認された死者が出ている。WHOによると実際の死者数はもっと多く、最終的数値が確認されるまで1~2年は要するとされる。
 さらにWHO専門家会議では、各国政府や製薬企業に対して季節性インフルエンザワクチンに豚インフルエンザを含めるように勧めるかどうかについても討議する。フクダ氏によると、H1N1ウイルスがしばらく世界で感染を繰り返す可能性が高いことからの措置とされる。
 最近北半球では感染は下降しているが、WHOでは未だ新規発生報告を受けているという。ごく最近では西アフリカで発生しているという。

 *WHOのパンデミックフェーズ分類
 
2月11日

香港保健省インフルエンザ週報第6週  香港保健省
 1月31日~2月6日
 
A)インフルエンザ専門外来受診患者数



B)分離ウイルス株の推移


インフルエンザ患者発生数は未だ少ない。インフルエンザ専門外来の患者数、定点機関外来数に占めるインフルエンザ様疾患の率、共に少ない。
 分離ウイルス株に占めるB型ウイルスは有意に増加してきている。
 A/H1N1:50%
 B:34%
 



Swine flu crisis paid dividends for 'Big Pharma' companies Belfast Telegraph (英国) 豚インフルエンザ危機は大製薬会社に多大の配当を払った
 北アイルランドで最初の豚インフルエンザ患者で出て9ヶ月後、この州の保健局の高官達は効果的にパンデミックの終息を予告した。
 しかしながら医学専門家達の中では、パンデミックに対して、本当に勝利を得たのは抗インフルエンザ薬(ワクチンを含んだ)を製造した大製薬企業であると考える人が多い。
 パンデミック宣言がなされた後、各国は先を競うがごとくワクチン購入契約を結びだした。色々なオプションの選択はなかった。下手をすると購入交渉の最後尾に回される可能性もあった。
 結果的に保健省は百万単位でワクチンを購入せざるをえなかった。
Ministry bids to cancel swine flu vaccine orders Saudi Gazette (サウジアラビア) 保健省、余剰のワクチンをキャンセルに
 接種希望者が少ないことから発注量のキャンセルを交渉中と。
Gov't moves to stop delivery of more swine flu vaccines  The Jerusalem Post  (イスラエル) 政府、さらなる豚インフルエンザワクチンの供給を停止
 これまで430万接種量がイスラエルに届いているが、そのうち70万接種量しか使用されていない。730万接種量を契約しているが、接種者が人口の十分の一に過ぎないことから、政府はまだ届いていない200万接種量のキャンセルを製薬企業に申し出ている。
Vietnam slaughters poultry over bird flu fears Vancouver Sun (カナダ) ベトナム、鳥インフルエンザの脅威から家きんの大量殺処分に
 テト(旧正月)を前にベトナムでは鳥インフルエンザが発生した6省で大量の家きんの殺処分が行われている。感染した家きんから人への感染を防ぐためである。
Flu activity remains low in Minnesota Minneapolis Star Tribune (米国) ミネソタ州、インフルエンザ流行は終息状態が継続
 10日発表によるインフルエンザ週報によると、ミネソタ州では先週2校でインフルエンザが発生(outbreak)した。
 州保健局による小学校におけるインフルエンザ発生の定義は、生徒の5%以上が欠席、またはクラスで3人以上の生徒が欠席となっている。
 療養施設での発生は見られていない。また保健局ではインフルエンザによると思われる新規死者もはっせいしていないという。
 州保健局ではインフルエンザの活動性は低い状態が維持されているが、州民にワクチン接種を勧めている。2月と3月に第3波が発生する可能性、または季節性インフルエンザが発生する可能性があると警告している。
2月10日

WHO、H5N1鳥インフルエンザ情報更新
 -エジプトで1名感染者発生
 37歳男性。ヘルワン県在住。1月31日にに発症。2月6日に入院。重体。
Suspect quarantined in Lampung hospital  Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、ランプン州の病院へH5N1鳥インフルエンザ感染疑い者が隔離
 ランプン省のバンダルランプン市で高熱、咳、呼吸困難を呈した女性が鳥インフルエンザに感染した疑いで隔離された。アブドドル・メレク総合病院が発表した。
 女性は突然死亡した鶏を消却して家の近くに埋めた。その数日後から症状が出たという。
 女性の夫の話ではこの2週間に近くで数千羽の鶏が突然死亡したという。
 鶏の検体検査では鳥インフルが確認されたが、女性の検体は検査中とされる。
Vietnam slaughters poultry over bird flu fears MSN Malaysia News (マレーシア) ベトナム、鳥インフル拡大防止のために多数の家きんの殺処分
Concerns mount for new bird flu threat Viet Nam News  (ベトナム) 鳥インフルエンザ発生の脅威高まる
 農業省次官のディープ・キンタン氏が昨日、テトの休日中にメコンデルタ地域と中央の省で鳥インフルエンザ発生の危険性が高いと警告した。
 テト休暇が近づくに従って多くの動物と家きんの移動が行われることから、鳥インフルエンザに対する関心が高まっている。
 最近多くの地域で鳥インフルエンザ発生の報告が相次いでいるが、特に最南部のカマウ省と中央のハティン省では顕著である。
 テト(ベトナム語)の旧正月。中国の春節。今年は2月14日。
School clinics to provide swine flu jabs WA today  (オーストラリア) オーストラリア、クイーンズランドの学校でA/H1N1ワクチンの集団接種に
 2月27日からクイーンズランドの学校で生徒と家族の無料ワクチン接種を行うと週保健局で発表した。
 オーストラリアではこの冬にH1N1の第2波が発生する可能性があるということから、州民に接種を促しているが、特に感染しやすい小児と青年層の接種が必要と言っている。
Influenza B on rise as H1N1 wanes: DOH China Post (台湾) 台湾保健省:インフルエンザBが増加
 台湾保健省疾病管理センターの副長官はは、最近A/H1N1インフルエンザの活動は低下してきているが、B型インフルザが増えてきていると語った。ウイルス分離株の12%がB型とされる。この傾向は中国では著しく40%B型インフルエンザという。
ワクチン 大量に余る見通しに NHK
 12日に初めて出荷される新型インフルエンザの輸入ワクチンはわずか136回分にとどまり、来週予定されている国産ワクチンの出荷も多くの自治体が希望を見送るなど、現時点ではワクチンが大量に余る見通しになっていることが、厚生労働省のまとめでわかりました。
 新型インフルエンザのワクチンについて、厚生労働省は全国の都道府県に対して希望する量を調査しています。それによりますと、12日に初めて出荷される輸入ワクチンを希望しているのは、東京、愛知、滋賀、山形の4つの自治体だけで、その量はあわせてもわずか136回分にとどまっているということです。また、来週に出荷が予定されている国産のワクチンを希望しているのは、健康な大人への接種が始まっているにもかかわらず、愛知や長野、富山など8つの県にとどまり、その量も厚生労働省が準備した量の10分の1以下のおよそ72万回分だということです。厚生労働省は、感染の流行がピークを過ぎたことで、多くの自治体で国産ワクチンの在庫にゆとりがあると分析したうえで、輸入ワクチンについても余る公算が大きいとして、契約の見直しについて海外のメーカーと協議を続けています。

新型ワクチンの接種勧奨へ=予防接種法改正で-厚労省審議会 時事通信 
 新型インフルエンザの予防接種について議論している厚生労働省厚生科学審議会部会は9日、予防接種法を改正し、新型インフルエンザワクチンの接種勧奨を行うとの方針で合意した。同部会は今月中にも提言をまとめ、厚労省は今国会に改正法案を提出する予定。
 接種勧奨は季節性ワクチンの定期接種では行っていないが、新型インフルエンザは今後も患者が急増する可能性が否定できないとして、接種円滑化のため勧奨を決めた。同部会は、自治体を通じた通知などを想定している。
2月9日


Egypt: Rate of swine flu cases declining, says health ministry Zawya (エジプト) エジプト:ブタインフルエンザ感染者数減少に、保健省発表
 エジプト保健省の広報官は、豚インフルエンザ感染者数は減少しているが、4月まで流行は続くとの見通しを語った。
 広報官によると3月に新規流行の波が発生する可能性があるという。
 確認感染者数は15971人で、死者数は262人とされる。
 もっとも感染者数が多く報告されたのは12月最終週とされる。

Two new swine flu cases spark warnings in Tasmania  ABC Regional Online (オーストラリア) オーストラリア、最南端州のタスマニアで2人の子供が豚インフルエンザを発症
 先月末に英国から訪問してきた親戚から感染。
 保健局ではさらに拡大はしてないが、子供達に第2波が発生する前にワクチン接種を呼びかけている。
 オーストラリアは現在夏。

Bird flu is spreading rapidly in many provinces VOVNews.vn (ベトナム) ベトナム、鳥インフルエンザが急速に国内へ拡大中
 ベトナムでは長期間に亘る封じ込め対策にもかかわらず、急速に鳥インフルエンザが国内に広がっていると、動物保健局が8日発表した。
 この21日間に、カマウ省、ハチン省、ディーンビーン省、ソクトラン省、コンツム省、及びクワントリ省で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生している。(The provinces of Ca Mau, Ha Tinh, Dien Bien, Soc Trang, Kon Tum and Quang Tri)。
Roche licenses new flu-fighting technology  Reuters (国際) ロッシュ社、新インフルエンザ治療技術のライセンスを獲得-インフルエンザ万能抗体製造へ
 ロッシュ社系列下の”Roche AG's (ROG.VX) Genentech unit ”は、抗体を使ったインフルエンザ治療技術のライセンスを獲得した。ハーバードの” Dana Farber Cancer Institute ”が8日発表した。
 人のモノクローナル抗体を使った新治療技術である。
 1年前にDana Farberのウエイン・マラスコ博士等が抗体産生技術を考案し発表していた。
 研究結果では、57人から得られた血液でインフルエンザウイルスに対する抗体が産生され、広い範囲のインフルエンザウイルスを中和した。
 インフルエンザウイルスは、ヘマグルティニンおよびミューラミニダーゼと呼ばれる棒キャンディー型のタンパクで覆われているが、それらは絶えず変異して変わる。
 ワクチンはヘマグルティニン(HA)を標的にするが、抗インフルエンザ薬はニューラミニダーゼを標的とする。
 ウイルスは毎年変異するため、ワクチンは毎年作成する必要があり、また抗インフルエンザ薬は、ウイルスが耐性となってゆく可能性が高い。
 新技術で用いられる抗体は、棒キャンデー型のHAの幹部分に作用し、この部分は変異がほとんど生じないと、研究者達は説明している。
 研究陣は、自然に産生されたHAの幹部分の抗体を基に、人のモノクローナル抗体製造技術を確立した。
 癌治療では人のモノクローナル抗体を用いる方法は開発されているが非常に高価である。しかしマラスコ博士は、より安価で製造できる方法が開発されていると説明している。
 
 *2009年2月25日の記事から。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

First Step Toward Lifelong Flu Vaccine? CBS News, NY  (米国) 長期間作用型インフルエンザワクチンへの最初のステップ
 1度ワクチン接種を受けたなら、生涯に亘って(A型)インフルエンザに抵抗を獲得するかも知れない。そのようなことを示唆する研究が発表された。
 今回の研究で科学者達は、インフルエンザウイルスの”アキレス腱”を発見した。
 ヘマグルティニンという突起の頭(ロリポップ、棒の先につけたキャンディー)は従来のワクチンが標的とする蛋白(抗原)であったが、株によっても異なり、また変異によって変わる(抗原可変部位)。そのため毎年ワクチンを、その抗原を予想して作る必要があった。
 一方、今回研究者達が見いだしたヘマグルティニンの”幹、棒”部分は抗原が決して変化することはなく、インフルエンザの株間でも変化がないことを見いだした。この幹部分は、ウイルスがヘマグルティニンを介して細胞に付着して侵入してゆく過程で働く可動部分となっている。
 この幹部分に対して、これまで研究者達が集めてきた数百億の人モノクローナル抗体の中で反応する抗体が10種類見つかった。これらのモノクローナル抗体を大量に製造することは可能で、この抗体を使うと、A型インフルエンザ全てに対する治療、または予防が可能となる。この2年以内に人での臨床試験を始められる可能性があるという。
 またさらに、この幹部分に対するワクチンを開発したなら、全てのA型ワクチンに効果を発揮する万能型ワクチンの製造が可能となる。5年後の実用化が目指されている。

研究チームのリーダーである Dana Farber Cancer Institute のDr. Wayne Marasco が CBS News.に語った。
 当研究は2月末のサイエンスに掲載される

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Bangladesh culls 13000 chickens after bird flu outbreak Calcutta Tube  (インド) バングラデシュ、H5N1鳥インフルエンザ発生で13000羽の鶏を殺処分
 鳥インフルエンザ対策室のアタウル・ラーマンは、先月に同国で鳥インフルエンザが発生して以来、13000羽の鶏が処分されたと8日語った。
 そのうち9526羽は先週処分され、その中には首都ダッカの商業農場も含まれているとされる。
 これまで4県で発生が確認されているという。
 当局では今後3月から4月に入ると気温が上がるため、発生の危険性は減ってゆくだろうと判断している。

With flu abating, Mass ritual to return MetroWest Daily News (米国) インフルエンザが下火になりミサの儀式が正常化
 ボストン大司教が小教区に通知を出した。
 A/H1N1インフルエンザが下火になったため、これまで中断していた握手やハグが許可されるという。
 大司教区の広報担当者におよると、小教区では既にそうした行為が許可されている所もあるという。
2月8日

Avian influenza - situation in Egypt - update 28 WHO  鳥インフルエンザエジプト状況 更新28
 エジプト保健省はH5N1鳥インフルエンザの人への感染を新たに2例確認したと発表した。
 1例目はDaqahliya県Banha地区在住の40歳女性。1月31日に発症し2月2日に入院、タミフル治療を受けている。症状は安定している。
 2例目はMenofya県Elsadat地区の29歳女性。1月27日に発症し2月3日に入院、タミフル治療を受けている。危篤状態である。
 感染源調査によればどちらの例も病気家禽、死亡家禽への暴露があったと示唆される。
 これら2例はいずれもエジプト中央公衆衛生研究所、WHO国際インフルエンザ調査ネットワーク国立インフルエンザセンターによって感染確定された。
 エジプトでこれまで報告されたH5N1鳥インフルエンザ感染確定96例のうち、27名が死亡している。TA
Third Wave Of H1N1 May Hit Michigan WKLA  (米国) ミシガン州、A/H1N1第3波が発生する可能性
 第3波が発生する可能性があるから、ミシガン保健当局では未だ2回目のワクチン接種を行っていない子供達の両親に17万6000通の手紙を発送する。10歳以下の子供達はワクチンを2回接種する必要がある。
 保健当局によると30万8000人の子供達が1回目のワクチン接種を行っているが、65%が未だ2回目の接種を行っていないという。
 州民全体では接種率は11%とされる。
Global Tamiflu-resistant H1N1 cases reach 225 CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター)
 世界のタミフル耐性H1N1株、225事例に達する
 WHOは5日タミフル耐性H1N1事例がこれまで225例見つかったと報告した。耐性株はいくつかの事例では集団内で人人感染を起こしたが、地域内へは拡大はしていない。
 多くの事例では極度に免疫が抑制された患者で耐性株が見つかっていることから、WHOでは、このような患者のモニターを強化すべきと言っている。
 225事例は20カ国で見つかっている;アメリカ大陸で65、ヨーロッパで77、アフリカで1、西太平洋地域で82例となっている。
 十分にデータが分析されることが可能な142事例のうち、56(40%)例が極度に免疫が低下した患者で検出、54(38%)例が治療中に検出、そして15(11%)が予防投与中に検出されている。16例は抗インフルエンザ薬が使用されてない事例での検出となっている。
 WHOは耐性株が集団感染した3事例を挙げている。米国、英国、及びベトナムである。

 WHOは広くパンデミックが広がっていて、多くのタミフルが使われているのに対して、耐性株の頻度は低いとコメントしている。
Most Americans Think Swine Flu Pandemic Is Over, a Harvard Poll Finds New York Times (米国) 大多数の米国人は豚インフルエンザパンデミックは去ったと考えている、ハーバード大の調査結果
 印刷用ファイル
 5日発表されたハーバード大学公衆衛生学部の調査結果によると、大多数の米国人は豚インフルエンザワクチンを接種する意志はなく、パンデミックは去ったと考え、また脅威が誇張されたと考えていることが明らかになった。

 アンケート調査およびCDCのデータによると、1月末までに、5人に1人の米国人しかH1N1ワクチンを接種していない。
 さらにこのインフルエンザが小児やハイティーンの間でもっとも感染率が高かったのに、彼らのうちワクチン接種したのは40%に過ぎない。もっともハーバード大学の調査で13%の両親が子供達に接種させる予定と答えているから、この接種率は多少は高くなる可能性はある。たとえそうであっても、米国内で半数を多少超える子供達がワクチン接種を受けたに過ぎないと言える。さらに2回接種を受けるべき子供達の多くは1回しか接種していない。
 子供達に接種を受けさせていない両親達の多くは、インフルエンザの脅威は去ったと考えている。そして2番目のもっとも共通する理由はワクチンの安全性が心配であるということである。
 ”一定の成人集団”が、公衆衛生当局の勧奨や警告に抵抗している、とハーバード大学の公衆衛生学部の世論研究の責任者であるブレンドン博士が語っている。同博士はCDCの依頼で、流行が始まって以来、数回の世論調査を行ってきた。
 ミネソタ大学の感染症情報センター(CIDRAP)の長官であるオステルホルム教授は、ワクチン接種率が低いことは、大して驚くことではないとコメントしている。
 もし、この2月末に第3波が起きたなら状況は一晩で変わると語り(その可能性はある)、現在得られているデータはまだ中間点の話であって、最終的結論は得られていないという。
 CDCの”免疫および呼吸器疾患”部門の責任者であるアン・シュチャット博士は、子供達の接種率は、従来の季節性インフルエンザワクチン以上の接種率以上であることと、接種が学校で集団接種という方法で初めて行えたことを評価している。この方法が定着したなら、今後インフルエンザ予防対策が大きく前進するとコメントしている。インフルエンザは子供達が感染して、それを家族に移すことで拡大してゆくからである。

 ハーバード大学のアンケート調査は1419人の成人を対象とし、その中に377人の両親が含まれている。
 21%がワクチン接種を受けたと答え、15%が2月末まで接種を受ける予定と答えている。また両親の40%が子供達に接種を受けさせており、13%が今後受けさせると答えている。
 CDCのデータでは23%の米国人がワクチンを接種しており、そのうち37%が18歳以下となっている。
 ハーバード大の調査では59%が政府のパンデミック対応は良い、または非常に良い、と答えている。
 また四分の三の人々が、政府がワクチン接種を勧めていることを、見たり聞いたりして知っていると答えている。 
Protect kids against swine flu, doctors urge Courier Mail (オーストラリア) オーストラリア、ニューサウスウエールズ、子供達をブタインフルエンザから守ろう、医師達が呼びかける
 もう2~3ヶ月するとH1N1豚インフルエンザの第2波が発生するかもしれない。子供達が夏休みから保育所、幼稚園、小学校に戻ってくる。家庭医と地域の保健センターではワクチン接種の準備を進めている。
 2009年にH1N1が流行した際には、乳幼児が他の年齢層よりも多く入院した。
 ニューサウスウエールズ州の主任保健担当官は、2010年度にはH1N1豚インフルエンザが主要な季節性インフルエンザになると語っている。
 真夏にワクチン接種を促すことは、やや奇異ではあるが、その必要性は十分あると呼びかけている。
 2009年の流行状況では65歳以上の高齢者の感染率は低く、それらの層にはある程度の免疫があるように思われる。ワクチン接種は乳幼児に必要である。
Swine flu vaccine safe, California and CDC data show USA Today (米国) 豚インフルエンザワクチンは安全、カリフォルニアとCDCのデータが確認
 ワクチン接種による危険性よりも、罹患した時の危険性の方が低いのではないかという懸念があるが、カリフォルニアのデータでは感染することの方が遙かに危険であることが確認された。
 州保健局のデータでは1万人の感染者のうち1人が死亡している。
 一方1300万人の州民(人口3550万人)がワクチン接種を受けているが、3人が死亡している。
 1人は接種時にすでにインフルエンザを発病していて、さらに溶血性連鎖球菌感染症を併発していた。1人は、心臓疾患保有者で、心因は現病によると考えられている。最後の例は現在当局でワクチン接種との因果関係が調べられている。
 これらのデータから言えることは、ワクチン接種による死亡率は最大で430万人に1人、または1300万人に1人、または1300万人でゼロということもあり得る。
 ワクチン接種に消極的人々にとって、このデータは非常に喜ばしいニュースとなるはずだ。専門家はそのように語っている。
 米国全体では8294例の副作用が報告されている。しかし6%は軽度の副作用であり、6%の重篤な副作用発現は季節性インフルエンザワクチンとほぼ等しい。
Household Transmission of 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) Virus in the United States  New.Engl.J.Med (米国) 米国におけるA/H1N1の家庭内感染率
 感染者が発生した216家庭野中で27%で二次感染者が出た。
 全家庭の家族メンバー600人中、13%で感染(78人)。これは1957年と1968年のパンデミックの際の感染率20%よりも遙かに低く、季節性インフルエンザの場合40%近くまで感染率が上がることもあることを考えると、A/H1N1の家庭内での感染率は低いと言える。
 全家庭の家族の平均年齢は26歳であったが、感染した家族員の年齢の中央値は14.5歳から16.5歳であった。
 家族内で、小児とティーエイジャーが成人よりも明らかに感染し易いことが確認された。
 18歳以下は19歳から50歳の2倍、50歳以上はさらに低い。
 感染するまでの中央期間は2.6日間。

 *この研究論文は2009年12月31に、CIDRAPから紹介され、このページでも訳していた。
Avian flu detected on army farm Mizzima.com (ミャンマー) ミャンマー、鳥インフルエンザが軍の農場で発生
 致死的(H5N1)鳥インフルエンザが軍所有のラングーンの農場で発生した。2500羽の鶏を飼育している。
 国営報道機関が伝えたが、詳細は不明。
2月7日
 
Native Americans four times more likely than others to die of H1N1 swine flu... OregonLive.com (米国) 米国先住民族のA/H1N1致死率は4倍
 CDCが12州におけるデータからまとめた。
 理由は思春期が早いこと、慢性疾患が多いこと(喘息、糖尿病)。
No need for second swine flu vaccination for children, elderly - government Malta Independent Online (マルタ) 子供と高齢者は2度目の豚インフルエンザワクチン接種の必要はない
 政府は昨日、高齢者と子供の2回目のワクチン接種は必要はないと発表した。
 そのような決定は、科学的事実に基づいたもので、他のヨーロッパ各国と相談した結果とされる。
Yes, WHO Faked a Swine Flu Pandemic and is Now Lying About It  Opposing Views  (国際) WHOは偽りのブタインフルエンザ、パンデミック宣言を行った、そして今、嘘をういている
 以前のWHOのパンデミックインフルエンザの定義:莫大な数の死者と発病者が世界中で発生する流行。
 後にそれは豚インフルエンザにマッチするように定義から省かれた。
 ヨーロッパ評議会のヒアリングで、WHOのインフルエンザ責任者のケイジ・フクダ氏は、WHOは定義の変更を行っていないし、重症度を考慮に入れた定義は以前から無かったと、嘘の証言を行った。
 
 2009年5月以前の定義は次のように書かれている。


 *訳者注:現在のWHOのパンデミック定義
 

What is an influenza pandemic?

A disease epidemic occurs when there are more cases of that disease than normal. A pandemic is a worldwide epidemic of a disease. An influenza pandemic may occur when a new influenza virus appears against which the human population has no immunity. With the increase in global transport, as well as urbanization and overcrowded conditions in some areas, epidemics due to a new influenza virus are likely to take hold around the world, and become a pandemic faster than before. WHO has defined the phases of a pandemic to provide a global framework to aid countries in pandemic preparedness and response planning. Pandemics can be either mild or severe in the illness and death they cause, and the severity of a pandemic can change over the course of that pandemic. (パンデミックは、疾病の重大性と死者数に関して、軽症である場合も重症である場合もあり得る。その重度は流行の過程で色々と変化し得る。

WHO plays dubious role in Swine flu pandemic Atlantic Free Press  (米国) WHO、パンデミック宣言で疑わしい役割を演じた可能性

Swine flu epidemic is dying, CDC declares Press TV  (米国) ブタインフルエンザの流行は去りつつある、CDCが談話
Swine flu: Is the US epidemic over?  Minneapolis Star Tribune (米国) ブタインフルエンザ:米国では流行は去った?
 最新状況:
 第3波が発生する可能性は減っているが、当局では未だウイルスが感染を繰り広げているからと、警告している。感染者の発生率はピーク時よりも減っている。
 専門家の意見:
  CDCの国立免疫及び呼吸器疾患センターのアン・シュチャット長官は、ウイルスは未だ感染を続けているから、我々は完全に森の外に出たとはいえない。大流行が起きえるかどうかは予測はつかない。しかし実際に起きる可能性は低いと思う。実際に今ウイルスは存在しているから、ワクチン接種は意味があると思う。
 しかし他の専門家は将来大きな流行は起きるとは思えないという。バンデルビルト大学のウイリアム・シャフナー博士は、流行は片足を墓の中に入れている、と表現している。
 米国市民の判断:
 18%が第3波が起きるかもしれないと考えている。
 感染者数の推移:
 5日、米国CDCはインフルエンザ週報第4週を発表した。州内で感染が広範に広がっている州はなくなり、感染者数も10月から減少し続けている。この状況は世界でも同じである。
 感染者数は?:
 推定では少なくとも5500万人以上は感染して治癒している。
 ワクチン接種状況は? 
 現在1億5500万接種量が国内にあり、そのうち1億2400万接種量が配布されている。現在7000万人(23.4%)が接種済みと推定される。シュチャット長官はそのように発表している。
Britain to close swine flu unit Brisbane Times (オーストラリア) 英国、ブタインフルエンザのオンラインサービスを閉鎖
 感染者数の減少から。
Jharkhnad issues alert as bird flu hits bordering West Bengal India Talkies (インド) 西ベンガル州隣接のジャルカンド州でも鳥インフル警報
 西ベンガル州の東隣のジャルカンド州でもH5N1鳥インフルエンザ警報が出された。家きん飼育者の中で、鶏の突然の死亡を経験し出しているようだ。
 西ベンガル州では1月14日に家きんでの鳥インフルエンザが発生して以来、拡大している。
2月6日


Swine flu rate is too low to report Scotsman (英国) ブタインフルエンザ感染者数は報告する程発生していない
 スコットランド。定期的に報告することを終了。ブタインフルエンザは終息しつつある。
Global H1N1 death toll losing steam, WHO says Montreal Gazette (カナダ) 世界のH1N1死者数の増加率減少に、WHO
 1月31日までに世界中の国や地域から検査室で確認されたH1N1死者15174人が報告されたが、ほとんどの国でウイルスの広がりは減り続けている、とWHOはコメントしている。ピークは2009年10月から12月であったという。
Swine flu vaccination in India likely from Feb 19 TwoCircles.net (インド) インド、2月19日からブタインフルエンザワクチンの接種を開始
 数ヶ月間の待機の後に、インドは2月19日からブタインフルエンザワクチンが開始されそうだ。
 同国はサノフィ・パスツール社から2回に分けて150万接種量のワクチンを入手する。最初に医師やナースの接種から始められる。
カナダ保健省インフルエンザ週報第4週(1月24日~30日)
 
 流行は終息した状況が続いている。
 インフルエンザ患者数は例年よりも遙かに少ない。
 ほとんどの州では発生報告がないか、散発的発生にとどまっている。
 分離ウイルスは非常に少ないが、主としてA/H1N1であり、B型は分離13株中1株に過ぎない。
 
 外来受診患者数に占めるインフルエンザ様患者の割合
 例年よりも遙かに少ない。
 

 カナダ国内におけるインフルエンザ発生状況
 白色:流行なし、淡青:散発的発生、青:地域的流行

Is the US swine flu epidemic over? It looks that way, but US isn't prepared to .. Metro Canada (カナダ) 米国のブタインフルエンザ流行は去った? そのように見えるが、米国はその様に発表する気配はない
 AP
Is the US Swine Flu Epidemic Over? ABC News  (米国) 米国のブタインフルエンザ流行は去った?
 もし米国のブタインフルエンザの流行が去っていないとしても、それは最後の片足で立っているように見える。連邦保健当局では危険は去り、流行は終息したと発表する気配はないが、5日発表されたインフルエンザ週報の第4週で、広く流行している州は無くなったとしている。米国のインフルエンザ感染者数は10月末から減り続けている。

 ある米国の専門家は、流行はすでに片足を墓の中に入れた状態だと表現し、本年遅くに再流行しないだろうと推定される理由はいくつかあると言う。
 まず一つとして、ウイルスは変異の兆候を示していないことが挙げられる。
 続いて、ワクチンが効果的であることたが挙げられる。
 大体半数の米国人が感染、またはワクチン接種で免疫となっている。

 WHOは国際的にも流行は下火に向かっていることを証言し、パンデミック終息宣言のための基準(クライテリア)を論議しだしている。
 英国はブタインフルエンザ・ホットラインを今週終了した。7月中旬以来、ホットラインで診断し、必要があればタミフルを提供していた。
 「確かにこの4週間は自分の記憶の中でもっとも静穏なインフルエンザシーズンとなっていた」、とミネソタ大学の高名なインフルエンザ専門家であるマイケル・オスターホルムは語っている。
 
 昨年4月の流行開始以来、ブタインフルエンザは世界で15200人の死者を出した。しかし、その多くは米国であるが、数は当初予想されたよりも遙かに少なかった。
 そのもっとも大きな理由としてウイルスがより致死的性格に変わらなかったことが挙げられる。
 しかし、専門家達は米国やメキシコ政府の素早い対策と、効果的ワクチンを製造した科学者達を賞賛し、それも被害が少なく終わった理由としている。

 政府のとった濃厚な対策を批判することは、ニューオーリンズにカテゴリー5のハリケーンを想定して堤防を建設したが、実際にはカテゴリー3のハリケーンしか来なかったと、政府を非難するようなものである、とオスターホルムはコメントする。
 「政府は過剰に反応はしなかった」、とミシガン大学のインフルエンザ専門家であるアーノルド・モント博士がオステルホルムの指摘に同意している。

 *訳者コメント:連邦政府の対策委員を務めているオスターーホルム博士が、政府の対策を弁護するのは当然と思う。

Pandemic (H1N1) 2009 - update 86  WHO パンデミックインフルエンザ(H1N1)状況-更新86

 状況
 北半球の温帯地域ではパンデミックインフルエンザの流行は減少し続けているか、または終息状態が続いている( continues to decline or remain low in most regions )。ピークは2009年10月末から11月であった。
 北部アフリカや東ヨーロッパ、および東アジアの一部の国では流行は続いているが、それでも感染者数は減ってきている。
 中国ではA/H1N1は減ってきているが、B型インフルエンザが増えてきている。分離株の34%がH1N1で66%がB型である。
 アフリカでもH3N2とB型が少数ながら検出されている。
Swine flu still out there, officials caution Alibaba News Channel (米国) 当局警告、ブタインフルエンザは未だ発生している
 ロイター

 ・7000万人の米国人がワクチン接種済み。しかし大量のワクチンが余剰在庫。
 ・米国人の多くがワクチン接種を拒否
 ・A/H1N1ウイルスは未だインフルエンザの中心、WHO発表

 H1N1ブタインフルエンザは未だ世界中で発生していて、多くの人々を死亡させている。しかしながら流行は多くの地域で下火になってきている。WHOが5日に発表した。
 世界的にA/H1N1がインフルエンザの中心となっているが、中国やアフリカでは季節性インフルエンザが流行しだしているとWHOは報告している。(中国ではB型が急増中:訳者)。
 
 米国はA/H1N1インフルエンザが大流行した国の一つであるが、ハーバード大学のアンケート調査では、多くの米国人は無関心で、またほとんどがワクチン接種を拒否していることが分かった。
 「多くの人々は流行は去ったと考えているが、私は各自が自分で判断するには早すぎると考えている」、とCDCのアン・シュチャット博士は電話取材で語っている。
 「このパンデミックは未だ去ってはいないのだから」。

 CDCは9人の小児の死亡が先週報告されたと発表している。また大体8000万人がA/H1N1に感染し、11000人が死亡したとしている。
 シュチャット博士は7000万人の米国人がワクチン接種を受けているが、いまだ大量の未使用ワクチンが在庫していると言う。5製薬企業(アストラゼネカ、サノフィ・アベンティス、ノバルティス、グラクソスミスクライン、およびCSL)と2億2900万接種量を契約していて、すでに1億5500万接種量が国内に出荷されている。
 同博士は昨年と違って現在は大量のワクチンがあるから、多くの国民に接種して欲しいと訴えている。
 「今後大流行が起きるかどうかは自分には判断出来ない」、とシュチャット博士は語っている。
 「しかし、このウイルスは消え去りはしない。また我々は現在、季節性インフルエンザの発生は見ていない。…そういう理由で自分はこのウイルスは今後も感受性ある人に感染を続けると思っている」。
 
 ハーバード大学の調査では44%の米国人は流行が去ったと考えているようだ。
 また調査結果を見ると、40%の両親は子供達にワクチン接種を受けさせ、13%がその予定とされる。
 シュチャット博士によると、2回接種が必要が子供達のうちで、2回目を受けたのは37%に過ぎないとされる。
 1月末の調査で回答した1400人の成人のうち61%がワクチンを受けてなく、また受ける予定もないと答えている。


US swine flu epidemic shows signs of being over Ocala  (米国) 米国のブタインフルエンザ流行は去った兆候
 米国のA/H1N1流行は去った?これまで連邦保健当局ではそのようなことはことは言う気配はなかった。しかし5日、第4週における流行状況が報告されたが、州全体で流行している地域は完全になくなっている。
 米国での感染者数は10月から減少してきている。CDCの担当者は、インフルエンザはまだ発生していて、今後長い間、一定レベルで感染者は発生するだろうと語っている。
 しかし別な専門家は、将来大流行が起きることはあり得ないだろうと語っている。バンデルビルト大学の専門家であるウイリアム・シャフナー博士は、予測感染者数は5500万人以上で、ワクチン接種者が予測数で7000万人であることから、国民の4割が免疫を既に保有していると考えられ、この免疫保有率から考えると、もはや大きな流行は起きえないという。

米国CDCインフルエンザ週報第4週
 第4週(1月24日~30日)
 定点医療機関受診インフルエンザ患者の外来患者数に占める率は前週とほぼ同じ。流行域を下回っている。
 全州で広範に広がっている地域はなくなり、散発的発生が多くの州で見られているが、地域的に限局して流行している州も数カ所ある。
 肺炎またはインフルエンザが死亡原因とされる死者数は、例年の閾値を超えている。
 小児での死者数は9人報告された。ピーク時に比較すると三分の一であるが、例年に比較すると未だ多い。
 分離株の大多数はA/H1N1で季節性インフルエンザウイルスはB型だけであるが、頻度は1.7%。増加傾向はない。
 タミフル耐性A/H1N1は1.4%。増加傾向はない。

 定点医療機関外来受診者1000人中に占めるインフルエンザ様症状を持つ患者の率

各州における流行状況

 小児死亡数(18歳以下)

2月5日

Has this junior doctor found a swine flu cure? Metro (英国) 研修医がブタインフルエンザの治療方法を発見か?
 メルボルンのオースチン病院の研修医であるクレア・ゴードン医師が、ブタインフルエンザウイルス治療に効果を有する抗体を見いだした。.
 ブタインフルエンザ治療の大発見につながる可能性がある。
 血液中の免疫グロブリンの一種であるIgG2が低下していると、ブタインフルエンザが重症化し、それに対して免疫グロブリン製剤を投与すると急速に改善するという。
 3日と4日のニュージランドおよびオーストラリアの報道で紹介済み。なお名前が少し違っている。

香港保健省インフルエンザ週報第5週
 インフルエンザ感染者数は少ない。流行はしていない。
 分離ウイルス株は80%近くがA/H1N1。19%がB型。


インフル患者、再び減少=累計2000万人突破-感染研 時事通信
 1月31日までの1週間に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり6.46人で、前週(9.03)より減少したことが5日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。前週は8週ぶりに増加したが、再び減少に転じた。
 1週間の推計患者数は約35万人で、昨夏以降の累積は推計約2006万人。ほとんどが新型とみられる。
Influence of industry on 'fake pandemic' investigated Atlantic Free Press  (オランダ) ”偽りのパンデミック”に対する製薬企業の影響が調査
 ウイルス学者であるオステルハウスとオランダの保健相クリンクによる、ブタインフルエンザに対する大がかりな警告と対策勧奨が、今、非難の矢面に立たされている。
 問題は今、オランダを超えてヨーロッパ全体で、なぜ大量のワクチンを製造することになったのか、検証されだしている。ヨーロッパ評議会では先週火曜日に(26日)に検証を始めた。
 ある報道の推定では、WHOのパンデミック宣言で、ヨーロッパ各国は総計120億ユーロ(1兆4000億円)に相当する抗インフルエンザ薬(ワクチン&薬)の備えを行うことになった。 
 様々な視野からの論評。
Swine flu pandemic hit European children: study WTAQ (米国) ブタインフルエンザ流行でヨーロッパの子供達の死亡率が上昇
 ロイター

 研究報告が4日あった。 医学雑誌journal Eurosurveillance のオンライン版に掲載された。
 それによると昨年後半にヨーロッパでブタインフルエンザで子供の死亡率が上がったが、成人では変化はなかったとされる。
 デンマーク、コペンハーゲンのStatens Serum Institut 研究グループによる。
 ブタインフルエンザが流行時期に、対象とした地域では、例年の死亡者数に比較して77人多い子供達が死亡しているという。
 ベルギー、デンマーク、ギリシャ、ドイツのヘッセ地域、マルタ、オランダ、およびスイスを対象地域としたが、人口は6680万人となる。
 調査によるとブタインフルエンザが発生した期間、死亡率は、例年の季節性インフルエンザ発生期間に比べると少なかった。
 しかし、5~14歳までの子供での死亡者数は、その時期に予想される死者数よりも77人過剰であった。その数は対象国でブタインフルエンザが流行した41週以降に急速に増えているという。77人という数はその時期の同年齢の小児の死亡予想数よりも28%多い。
 米国では人口が3億人であるが、300人以上がH1N1ブタインフルエンザで死亡したとされる。この数は例年のインフルエンザによる年間死亡数の倍に相当する。
2月4日

London tests confirm avian flu in Pokhara Himalayan Times (ネパール) ポカラの鳥インフルエンザ、H5N1であることがロンドンの研究所で確認
 ポカラ市で発生した鳥インフルはH5N1であることが確認され、住民の間でパニックが広がっている。
 農業省はカトマンズで記者会見を行った。
 発表によるとポカーラ県でアヒルと鶏が多数死んでいて、ポカーラと周辺地域に高度の警戒報が出されている。
 検体はロンドンの研究所に送られ、H5N1ウイルス感染が確認された。
 緊急対策チームが現地に派遣され、拡大対策を講じている。
H1N1 could come back, Friesen says Fort McMurray Today  (カナダ) H1N1は再流行するかもしれない
 アルバータ州保健局の主任医療政務官の談話。
 現在は流行は終息しているが2月中旬から3月にインフルエンザが流行することが多い。いまだワクチンを接種してない人々は接種を受けることが勧められる。

'Eureka moment' may unlock swine flu mystery Brisbane Times (オーストラリア) ”突発的発想”がブタインフルエンザの謎解明に
 メルボルーンの病院の若い女医の予感が、ブタインフルエンザの謎を解き明かし、ハイリスク者の新しい治療法につながる可能性がある。
 クレア・マーティン、28歳のオースチン病院の感染症専門研修医が昨年ICUで勤務していた際、22歳のブタインフルエンザに感染して重症となっていた22歳の妊婦と出会った。
 「彼女は本当に重体だった。我々は助からないのではないかとさえ思った」、とマーティン医師は語っている。
 「また(生まれた)若い乳児も同じように感染して重体だった。我々は何とか助けたいと考え、何か他に出来ることはないか考えた」。
 仲間達と相談した後、彼女は高額で、また希にしか行わない免疫グロブリン分画の検査をオーダーした。それは侵入してきた微生物を捕捉し除去する役割を持ったタンパク(抗体)である。
 驚いたことに、患者の免疫グロブリン分画の中でIgG2と呼ばれる分画が極端に低値であった。
 マーティン医師は、なぜ大多数では軽症なのに、一部の患者が重篤化するのか、多くの専門家が当惑しているブタインフルエンザの謎を解く鍵に、偶然出会ったかもしれないと感じた。
 彼女は他のブタインフルエンザ入院患者でも同様な検査を行った。そして、より重篤であればあるほどIgG2は低下していることを確認した。
 免疫グロブリンを輸注すると患者達は直ぐに回復しだした。若い母親も同様だった。
 「非常に感激しました。これはIgG2がブタインフルエンザと関係をもっていることが分かった最初の瞬間だったのです」。

 病院の感染症専門グループの長であるリンゼイ・グレイソン教授は、それは非常に早い時期のことで、また詳細な効果およびそのメカニズムを確認するには難しいことだった、と言うが、しかし、マーティン医師は国際的注目を浴びるだけの素晴らしい発見を行った、と評価している。
 
 研究結果は昨日、国際的医学雑誌である”臨床感染症雑誌(journal Clinical Infectious Diseases”に発表された。
 「この事実から我々は妊婦や一部の人が重症化する理由を説明出来るかもしれない」、とグレイソン教授はコメントしている。
 人口の2割弱の人々はIgG2の量が少ない。繰り返す中耳炎や肺炎を起こすことが多い。妊婦も一時的にIgG2が低値となる。
 今回の発見で重要なことは、このようなIgG2低下症の人々は、ブタインフルエンザの再流行が起きる前にワクチン接種をうけることだと、グレイソン教授は語っている。
 チームでは現在、IgG2の注射がブタインフルエンザの本当の治癒に結びつくのかを確認する作業に入っている。メルボルンのいくつかの病院も研究に加わっており、その結果は今年発表される予定である
 またチームでは、ブタインフルエンザとIgG2タンパクが特殊な関係をもっているのか、さらに他のインフルエンザ治療でも適用可能なのかも検証する予定とされる。
 
 *Eureka :分かった!! (ギリシャ語、アルキメデスが王冠の金の純度を量る方法を発見した時の叫び声から_)
2月3日

Researchers pinpoint swine flu death risk  Marlborough Express (ニュージーランド) ブタインフルエンザの死亡リスクの原因を突き止める
 オーストラリアの研究グループがブタインフルエンザに罹患した場合、重症化する可能性を予知する方法を見いだした。
 メルボルンで活動しているリンゼイ・グレイソン教授は、ブタインフルエンザに感染して重症化する可能性のある人を予知する手段を見いだしたと発表した。
 この発見は新治療方法の可能性も示唆している。

 ウイルスは大多数の人々には軽症であるが、若い層や明らかに健康に思える人に対して時に重症な感染を起こすのが特徴となっている。そのようにオースチン保健局感染症長官であるグレイソン教授は語っている。
 季節性インフルエンザと比較して異なる大きな点は、ブタインフルエンザは15~35歳の人々に中心に感染することだ、と教授は説明する。
 「22歳の年齢の感染者が死にそうになることは、季節性インフルエンザでは考えられないことだ」
 「我々はブタインフルエンザの場合、何か特殊な要因があると考えており、それには免疫グロブリンが関与していると考えている」
 グレイソン教授はブタインフルエンザに感染して重症化する人は、免疫グロブリンのG2(IgG2)が元々不足している可能性があることを見いだした。
 その事実は昨年オーストラリアで流行がピークであったときに、重症化した妊婦を治療した際に発見したという。
 医師団は通常は行わない検査(IgG2)を出したが、結果は予想してないものだった。
 続いてICUに入院している全ブタインフルエンザ患者に同様の検査を行った。
 「驚くことに我々は全ての患者でIgG2が低いことを知った。これは世界で最初にこの事実が気づかれた瞬間だった」
 「ICUに収容されていたほとんど全ての患者の”このタンパク”は本当に少なかった」、と教授は言う。
 教授によるとIgG2の量は20%の人で少ないという。そして欠損症の人はブタインフルエンザに対して非常にリスクが高いという。
 IgG2欠損症の人々は子供の頃、肺炎や中耳炎を繰り返すという。
 しかしIgG2欠損症については、未だ十分に分かっているとはいえないと教授は言う。
 「我々が仮説として提唱していることは、ブタインフルエンザ感染者の大多数が軽症であることの説明につながる可能性がある」
 「もし先天的にIgG2欠損症であることが認識されずに、ブタインフルエンザに感染したなら重症化するだろう」

 この発見は、感染者が低IgG2血漿であった場合、免疫グロブリンを輸注して、IgG2の量を正常値まで高める治療方法があり得ることを示している。
 WHOには当事実が昨年報告されているが、今月号の”journal Clinical Infectious Diseases. (臨床感染症雑誌)”に論文は掲載される。

タミフル売り上げ9倍増、中外製薬が最高益  読売新聞
 中外製薬が3日発表した2009年12月期連結決算は、売上高が前期比31・2%増の4289億円、税引き後利益が44・2%増の566億円とそれぞれ過去最高を更新した。新型インフルエンザの治療薬タミフルの売り上げが前期の9倍の762億円に急増したためだ。これに伴い、1株当たりの年間配当も、当初予想の34円から40円(前期は34円)に増配する。
New outbreak of bird flu confirmed in Cambodia  China Post (台湾) カンボジアで新規鳥インフル発生
 カンボジア当局では致死的鳥インフルエンザ発生のために大量のアヒルの殺処分を開始したと発表。
 先週南部のタケオ省で15000羽以上のアヒルが死亡して、ウイルス検査が行われていたが、3日に致死的H5N1鳥インフルエンザであることが確認された。
 メコンデルタ地域。人での感染は確認されていない。
Discovery aids treatment of severe swine flu cases ABC Online (オーストラリア) 重症ブタインフルエンザ治療の支持療法の発見
 オーストラリア、メルボルンのオースチン病院医師達が、低タンパク血漿があるとブタインフルエンザに感染しやすく、また重症下しやすいことを見いだした。
 低タンパク血漿の予防と改善が治療効果につながるという。
Get Your Flu Vaccine While the Sun Still Shines   Scoop.co.nz (press release) (ニュージーランド) 太陽が輝いているうちにワクチンを接種しよう
 太陽が湾に輝いている季節には想像は出来ないが、2~3ヶ月後には季節性インフルエンザに感染して寝込んだり、入院したり、時には死亡する人も出てくる可能性があるのだ。
 保健省では北半球の経験から、今年の季節性インフルエンザの流行は早まる可能性あると推定している。
 6週間以内に季節性インフルエンザワクチン接種が家庭医と保健センターで始まる。ワクチンの中にはパンデミックインフルエンザウイルスA/H1N1と、2010年に流行する可能性のある2種類の季節性インフルエンザウイルスが含まれる。
 その他に保健省は、A/H1N1ウイルスに対する早期予防ワクチン(early protection’ vaccine )を用意している。リスクの高い人には早急に接種を勧めている。
新型インフル新型インフルエンザワクチンの在庫山積み 近畿で約180万回分  MSN産経ニュース
 昨年10月から接種が始まった新型インフルエンザワクチンが、流行の沈静化で1月末現在の在庫量が大阪府で約80万回分になるなど、近畿2府4県で計約180万回分に上ることが2日、分かった。政府は2月中旬から輸入ワクチン9900万回分を1126億円で購入、国内向けに出荷するが、自治体からの注文はわずか100回分程度にとどまり、膨大な在庫を抱える医療機関や卸業者から国のワクチン行政に批判も上がっている。

 厚生労働省や国立感染症研究所によると、全国の新型インフルエンザ感染のピークは11月下旬とみられ、1週間での1医療機関当たりの平均患者数は39・63人。ところが今年1月下旬には9・03人と、ピーク時の4分の1に減少した。
 …
Reduced potency prompts another H1N1 vaccine recall  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サノフィ・パスツール社のH1N1ワクチン、効力低下により回収に
 注射器分注型小児用製剤の効力が低下していることから、サノフィ・パスツール社は自主回収を行っている。類似の回収は12月にもあった。
 出荷時は全て検定して同社の基準を上回っていたが、定期的検定で効力の低下が見つかった。同社では原因は不明という。出荷、輸送、配布先での保管、等の過程で効力の低下が起きたと考えられる。
 130万接種量が出荷されているが、どの程度が使用されたかは不明とされる。
 しかしCDCではこれらのロットで接種されたとしても十分免疫は獲得されるから、再接種の必要はないとコメントしている。
Swine flu threat down CKFR  (カナダ) カナダ、ブタインフルエンザの脅威は去った
 第2波はやってきた。そして、すすり泣きながら去った。
 保健当局の高官は、パンデミック流行は11月第1週以降急速に下降したと語っている。以下談話。
 インフルエンザ患者の発生数は例年以下である。
 インフルエンザ流行が終息した理由はワクチン接種と衛生管理、主として手洗いの強化によるもと考えられる。
 しかし、いまだ感染者は発生しているから、ワクチン未接種は接種を受けることを勧める。

WHO challenged at public hearing on the handling of the Swine Flu pandemic  Parliamentary Assembly of Council of Europe (ヨーロッパ評議会議員会議:PACE) WHO、ブタインフルエンザパンデミック対応に関するヒアリングに参加
 PACEに関して

 WHOによるパンデミック宣言は、純粋に科学的根拠にのみ基づいて為されたか?
 これがPACEにおけるヒアリングのテーマである。WHOのインフルエンザ対策責任者は、宣言には製薬企業からの不当な影響はなかったと、WHOを弁護した。2010年7月または10月の議員会議総会での討議に向かって、議事録がまとめられている。

 今回のヒアリングに関する主席者からの発言、ビデオ収録等が当ウエブにまとめられている。
 
2月2日

UK government winds down pandemic 'flu response but warns against complacency  Continuity Central (press release)  (米国) 英国政府、パンデミック・インフルエンザ対策を縮小、しかし警戒は必要と
 2月11日以降、国家パンデミックインフルエンザサービス(The National Pandemic Flu Service (NPFS)  )を停止するが、必要な場合は再開の検討を行い1週間以内に再開すると当局が発表。
 このサービスはオンラインサービスで(電話、ウエブ)、市民が相談し、パンデミックインフルエンザと確認されたら、抗インフルエンザ薬が処方された。
Swine flu vaccinations at Indy airport this week Chicago Tribune  (米国) 今週、インディアナポリス空港でブタインフルエンザワクチンの接種
 旅行客、一般市民、空港スタッフが無料でワクチンの接種を受けられる。週末まで。
Swine flu kills 6 more in Gujarat, nationwide death toll reaches 1235  World News  インド、グジャラートで6人がさらに死亡、インド全体で累積死者数1235人に
 感染確認者数は28861人。
Swine flu claims 258th victim in Egypt Maktoob Business  (ドバイ) エジプトでのブタインフルエンザ死者数が258人に
 感染者数は15832人。死者数は258人。エジプトの報道機関が発表。
Was swine flu ever a real threat? Telegraph.co.uk (英国) ブタインフルエンザは本当に脅威的であったか?
 ヨーロッパ評議会でのヒアリング問題。
 ボルダルグ博士達の主張は、ブタインフルエンザは危険性あるのかということではなく、ワクチンを一斉に製造させるだけの危険性の根拠があったのか?ということである。
Progress Is Slow on Moving Surplus Swine Flu Vaccine to Countries That Need It New York Times (米国) 余剰ワクチンの途上国への提供は遅れている
 印刷用ファイル

 現在米国を含む世界の裕福な国家では、余剰A/H1N1ワクチンの処分に頭を悩ませている。
 しかし世界の貧しい国々では、その中にはインフルエンザが未だ流行中の国もあるが、ほとんどワクチンを手にしていない。
 WHOが昨年説明した、自らワクチンを入手出来ない95カ国のうち、アゼルバイジャンとモンゴルだけがこれまで提供を受けた。アフガニスタンは次回の提供を待っている。
 先月初めにWHOは、今日現在までに14カ国にワクチンの発送をする予定と発表していたが、それはそのときですら対象国の人口のわずか2%しか保護できない量であった。
 北米ではインフルエンザ流行が終息に向かっているが、それは未だ北アフリカ、中央アジア、および東ヨーロッパの一部分で流行が続いている。この裕福な国と貧しい国におけるアンバランス、そして地球上におけるワクチン供給体制の効率の悪さ。これらは多くの専門家達に多大な焦燥感を覚えさせている。
 「もしこれがH5N1ウイルスであったなら、我々は完全にお手上げだったに違いない。適切にワクチンを入手対応出来た国はないに違いない」、とアベンティス・パスツール社のワクチン部門の先の医学責任者で、パンデミックの専門家であるD・Sフ・フェドソン博士が語っている。
 しかしWHOは、最初に自らワクチンを入手し、しかし危険が去った今、余剰ワクチンを貧しい国々に提供する富裕国の斡旋所としての役割を担わされている。
 WHOのパンデミック・インフルエンザ対策責任者のケイジ・フクダ氏によると、余剰ワクチンの途上国への配布は、信じられないほどの大変な兵站作業であるという。多くの人々、組織、国等の多大の労力が要する複雑な作業であるという。
 ワクチンを受け取る国は計画書を提出しなければならないが、そこにはワクチンの冷蔵方法、もっとも必要とされる人々の選択、安全に接種し、その後の医学的フォロー等が記載されている必要がある。さらにワクチン提供国の責任性免除に関してのサインが必要で、もし当該国にワクチン管理機関が無ければ代わりにWHOがワクチンの安全性を証明しなければならない。
 WHOに1億9000万接種量のワクチンが提供されているが、すぐにそれらが配布できる状況にはない。そのため裕福な国家は必死に製薬企業への発注のキャンセルを試みている。

 余剰ワクチンが出来た理由は、当初2回接種が必要と考えられたが、多くの人々に対して1回の接種で十分であることが確認されたことが挙げられるが、またウイルスの病原性が低いことが分かったため、多くの国がワクチンに対して関心を失ったことが挙げられる。
 例えばフランスの場合、6500万人の人口に対して9400万接種量を発注した。最初は非常に懐疑的考えが強く、アンケートで80%が接種を拒否すると答えていた。しかし少数の死亡例が報告されると、リオンのワクチン接種センターには長蛇の列が出来た。警察が整理に出た程だった。しかしその後関心は薄れた。フランスは現在5000万接種量の売却を試みている。
 他の国でも状況は同じで、懐疑的、パニック、そして無関心の波が続いた。
 英国政府は65000人の死者を推定した。しかしその後1000人に下方修正だれた。現在は400人足らずの死者数に終わっている。政府は9000万接種量の契約の再交渉を行っている。
 スイスのノバルティス社の会長は、契約に従わない国は、次のパンデミックの場合には優先的にワクチンは提供されないかもしれない、と語り、信頼性ある対象国を我々は優先する、と警告している。
 そうした中で特記すべき例外国がある。ポーランドは西欧で唯一ブタインフルエンザワクチンの購入を拒否した。そして何ら対策を行わなかった。同国の死者数は150人足らずである。こうした政府の対応は国民から好意的に受け入れられている。AP通信はそのように伝えている。

 米国は2億5100万接種量を購入する契約を行っている。ただオーストラリアのCSL社から購入予定の3600万接種量のうち2200万接種量はキャンセルしている。
 いまだ使用量はは6200万接種量でしかなく、無駄遣いであるとの批判も起きている。しかし連邦保健当局では、第3波に備えて余剰ワクチンを保有しているのが安全であるという賭に出ている。
 なお米国はWHOに2500万接種量の提供を約束している。

新型インフルエンザ:県・仙台市、相談窓口を休止 通常業務で対応 /宮城 毎日新聞
 県は、09年9月から仙台市と共同で設置していた24時間体制の新型インフルエンザ相談窓口を1月31日午後9時で休止した。患者数の減少やワクチンの充足に伴って相談件数が減り、通常の相談業務内で対応できると判断した。今後は、県の保健所7カ所と仙台市の保健福祉センター5カ所で平日午前8時半~午後5時まで受け付ける。
 県健康推進課によると、窓口が設置された09年9月17日からの相談件数は、延べ1万2734件。最多の11月には3786件寄せられたが、12月中旬から減りはじめ、1月前半には1日当たり2ケタ台、後半には1ケタ台で推移していた。
 インフルエンザ患者数も、ピーク時(09年11月2~8日)の定点医療機関1施設当たり46・73人から、1月18~24日には4・67人に沈静化しつつある。
Taiwan offers free flu jabs at airports  The Standard (香港) 台湾、空港で無料ワクチンの接種
 台湾の保健当局では2月1日から12日(春節が開始されるまで)に間、4カ所の空港で無料のA/H1N1ワクチン接種を行う。
 台北空港を含む4カ所。入国する台湾人、就労許可を得ている外国人が無料で接種出来るが、出国者は対象とならない。
 また10人以上の希望者が集まれば、企業や施設、地域のコミュニティー会館でも接種可能とされる。
 当局によるとワクチン接種希望者は日に5000人から8000人と減少している。
 これまでの接種者は人口の24%に相当する560万人とされる。
Preventive Steps Helped Summer Campers Avoid Swine Flu BusinessWeek (米国) サマーキャンプで発生ブタインフルエンザが予防的措置で拡大阻止
 タミフルの予防投与と衛生管理強化が効果を収めたと研究者達は主張している。
 2009年7月にアラバマで開催された2週間にわたるサマーキャンプで3人の少年がブタインフルエンザを発症した。タミフルを服用させて自宅に帰した。
 残りの参加者とスタッフには、終了までの10日間、予防的タミフルの投与が行われ、また手指消毒剤を各キャビンと食堂に用意して頻回に手指の消毒を行わせた。また全てのキャビン、浴室、スポーツ用具は1日1回消毒スプレー、または消毒液で拭き取りを行った。
 新たな感染者は出なかったが、タミフル服用により、スタッフの78%、参加者の31%で一種類ないし二種類の副作用が発生した。吐き気、嘔吐、頭痛。しかしそれにより服用を中断した例はなかった。
 研究結果は2月1日に発行された”Archives of Pediatrics & Adolescent Medicine.”のオンライン版に掲載されたが、4月号にプリント版が発行される。
Another Virus Infecting Children WKBW-TV  (米国、ニューヨーク) 保護者が心配するもう一つのウイルス
 RSウイルス感染症が(乳幼児で)最近目立ち出している。
 症状はA/H1N1インフルエンザろ似ているため区別が難しい場合がある。
 専門家によると例年のこの時期に見られる以上の感染者数ではないとされる。
 CDCによると、重症型に進展する率は低いとされる。
 通常の症状は、鼻閉、微熱、咳、中耳炎、易刺激性であるが、高熱や呼吸困難を呈した場合は肺炎を起こしている可能性が高い。
New swine flu in eyes fear  The Standard (香港) 新ブタインフルエンザウイルスは目からも感染
 香港大学の研究チーム。
 上・下気道の細胞と結膜細胞への感染実験。H1N1ウイルスは他の季節性インフルエンザウイルス(H1N1およびH3N2)よりも、より高率に結膜細胞に感染する。
 またH5N1鳥インフルエンザウイルスは、感染すると炎症誘導物質のサイトカインを大量に産生させることが、A/H1N1ウイルスにはそのような作用はない。
 A/H1N1ウイルスが肺に感染しても、H5N1ウイルスのようにサイトカイン・ストームは起こさないので、通常は比較的軽症の肺炎で済む、と研究者は説明している。
 研究論文は”American Journal of Pathology”に掲載された。
 結論として、十分手指の手洗いを行い、手指からウイルスが目に入らないように注意することが重要。
Of swine, birds and men -- pandemic H1N1 flu Genetic Engineering News (press release) ブタ、鳥、および人のインフルエンザウイルス、その感染様式
Of Swine, Birds and Men Infection Control Today (米国) ブタ、鳥、および人のインフルエンザウイルス、その感染様式
 香港、クイーンマリー病院(香港大学)の研究チームによる研究発表。4月の”American Journal of Pathology”に掲載される。そのオンライン版が公開される。
 人の結膜細胞と呼吸器細胞への各種インフルエンザの感染性を分析した。
 パンデミックA/H1N1ウイルスとA/H5N1鳥インフルエンザウイルスは、季節性インフルエンザウイルスと異なり結膜細胞へも感染することが確認。すなわち鼻、喉、肺細胞での増殖は季節性インフルエンザウイルスと同じであるが、さらに結膜細胞での増殖が見られることから、別な感染経路もあることが示唆された。
2月1日

Over 10000 ducks die in Cambodia EastDay.com (上海) カンボジアで1万羽以上のアヒルが死亡
 カンボジア政府は1日、南部のタケオ省で1万羽以上のアヒルが死亡し、さらに3万羽が病的状態に陥ったと発表した。死亡したアヒルからの検体が検査されているが現在のところ、死因は特定されていない。
 カンボジアではH5N1鳥インフルエンザとH1N1ブタインフルエンザの発生は報告されている。
Rwanda: No More Swine Flu Cases-Gov't AllAfrica.com (国際) ルワンダ政府:ブタインフルエンザ感染者はすでに出ていない
 4ヶ月間の対策の後に、A/H1N1インフルエンザ感染者は出なくなったと、保健省当局者は発表した。
 先週は感染者の報告はなかった。
 ルワンダではこれまで400人が感染しているが、全員回復しているとされる。
Bird flu kills 5500 chickens ANTARA (インドネシア、国営通信) 中央ジャワで鳥インフル、5500羽の鶏を殺す
 中央ジャワ州のプルバリンガ県で1月中に約5500羽の鶏が鳥インフルで死亡したと地方当局で発表した。
 同県2カ所の村で発生。周辺の鶏にワクチンを接種して拡大を防いでいる。
 昨年は同県で4回の発生事例があり、約6000羽の鶏が死亡している。
Bird flu spreading in East Lampung ANTARA (インドネシア) 東ランプン県のH5N1鳥インフルエンザ、さらに拡大
 家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザはさらにいくつかの地域に拡大している。
Daiichi Sankyo Seeks Approval for Long-Acting Relenza  Bloomberg  (米国) 第一三共、長時間作用型リレンザの承認を申請
 各種インフルエンザに1回吸入で効果を持つリレンザの長時間作用型抗インフルエンザ薬を、第一三共製薬は承認申請を行った。季節性インフルエンザの他、A/H1N1新型インフルエンザやH5N1鳥インフルエンザにも効果を持つことが確認されている。承認されると4月から発売開始となる。
Swine flu control room to close  This Is Hampshire.net  (英国) ハンプシャー州、ササンプトン、ブタインフルエンザ管理センターが閉鎖
 昨年5月に開設された管理センターが閉鎖される。
 市民の相談やワクチン接種を行ってきた。
第一三共、インフル新薬を承認申請=新型にも効果 時事通信
 第一三共は1日、開発中のインフルエンザ治療薬「CS-8958」について、厚生労働省に製造販売の承認申請をしたと発表した。同薬は吸入型で、季節性だけでなく、新型インフルでも効果が確認されているという。来季向けの対応を目指しており、年間1000万人分の生産を目指す。
Seven A H1N1 deaths take Swine Flu Toll in India to 1221 BreakingNewsOnline (インド) インドの死者数が1221人に
Daiichi Sankyo:Filed Application For Flu Drug Approval In Japan Wall Street Journal (米国) 第一三共製薬:インフルエンザ薬の市販を申請
 東京に本社を置く第一三共製薬は、1日、同社がインフルエンザ治療薬として新薬を日本国内で販売する申請を行ったことを発表した。
 同社ではまたこのラニナミビル(Laninamivir、CS-8958)の感染予防効果についても臨床試験を行っている。
Some swine flu vaccines may raise heart risk Food Consumer (米国) ブタインフルエンザワクチン、心臓発作を起こす可能性
 2009年11月に発行された医学雑誌”医学微生物免疫学(Medical microbiology and immunology)に、ドイツのヨハネス・グーテンベルグ大学の研究チームが、アジュバント添加ブタインフルエンザワクチンが心臓疾患を悪化させる可能性があることを発表した。
 ヨーロッパでのブタインフルエンザワクチンには、アジュバントとして MF59かAS03が含まれている。
 MF9アジュバントはChiron社が開発したもので、AS03はグラクソ社が製造しているいくつかのワクチンに含まれている。
 研究チームによると、動物実験や臨床データから検討すると、免疫システムの刺激は、アテローム動脈硬化を促進し、心臓発作の原因になりという。
 米国FDAによると米国内ではアジュバントWP含まないブタインフルエンザワクチンだけが使用されている。

新型インフル、小児の重症肺炎400人 学会発表 日本経済新聞 
 日本小児科学会(会長・横田俊平横浜市立大教授)は31日、都内で記者会見を開き、新型インフルエンザに感染し重症肺炎となった子供が29日までに400人に上ったことを明らかにした。
 同学会新型インフルエンザ対策室長の森島恒雄岡山大教授は「重症肺炎患者のほとんどがウイルス性肺炎とみられる。これだけ肺炎の患者が出たインフルエンザは初めてだ」と話している。
 同学会は小児の新型患者のうち、肺炎の所見があって酸素の投与を必要とし、1週間以上入院したケースを重症肺炎と定義して、学会に届け出るよう会員の医師に求めている。29日時点で届け出は400人。最も多いのは6歳の63人で、5歳の50人、7、8歳がそれぞれ45人と続いた。
 ウイルス性肺炎は、細菌の二次感染とは異なり、インフルエンザウイルスが肺を直接攻撃して炎症を引き起こすもので、季節性インフルエンザではあまりないとされる。
TOP