高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年1月

1月31日


薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン-厚労省  時事通信
 新型インフルエンザの輸入ワクチンは、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会で販売が承認されなかった場合でも解約できる規定がなかったことが30日、分かった。審議会は今月に承認を了承したが、緊急輸入の必要性が問題となり認められなければ、販売できないワクチンを国が購入する事態となりかねなかった。
 輸入ワクチンは副作用の評価を理由に契約解除ができないことも分かっており、同省関係者は「契約時はワクチンの確保を急いでいた上、海外企業との交渉経験がなく、不利な内容になった」と証言している。(
CIDRAP News -Novel H1N1 Influenza (Swine Flu) (CIDRAP ミネソタ大学感染症情報センター) 新H1N1インフルエンザ(ブタインフルエンザ) ニュース 1月29日
 
 China denies miscarriages linked to swine flu jab  中国、ブタインフルエンザワクチンと流産の関係を否定
 AFP
 中国政府はブタインフルエンザワクチンを接種された妊婦が流産しやすいという噂を否定した。29日国営メディアが伝えた。
 中国ではA/H1N1インフルエンザの拡大を防ぐためと、大勢の人々が行き交う春節を前にワクチン接種のキャンペンが行われている。
 これまで1万人の妊婦がワクチンを接種されているが、数人が流産を起こしているが、中国CDC長官はワクチン接種との因果関係を否定した。
 これらの妊婦はワクチンを接種していなくても流産しただろうとの解釈である。

 Vaccine from 1918, 1976 strains may fend off novel H1N1 1918年と1976年のブタインフルエンザウイルスに対するワクチンは新H1N1インフルエンザ感染を防止
 マウスによる実験。
 ニューヨーク、マウントシナイ医学大学の研究チームによる。
 1918年~43年まで流行したH1N1ブタインフルエンザウイルス各株と、古典的H1N1ブタインフルエンザウイルス(1976年流行)で作成したワクチンの新A/H1N1ウイルスに対する予防効果を検討した。
 H1N1ブタインフルエンザで作成したワクチンを接種したマウスは全て新H1N1ウイルスの感染を防止した。一方、人のソ連型H1N1ウイルスで作成したワクチンの予防効果は部分的だった。
 結論:65歳以上では感染しづらい事実、および35歳以下の年齢層が主に感染している事実があるが、それらは今回の分析結果で理由が明確にされた。
 スペインインフルエンザウイルスに感染した人々、および1976年のブタインフルエンザワクチン接種者(米国で5000万人)には新H1N1ウイルスに対する免疫があるため感染しづらい。A/H1N1ワクチンはこうした事実を考慮して35歳以下の年齢層を中心に接種すべきと考えられる。
 論文はPLOS
1月30日


Residents worry as chickens die en masse Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、南ランプン県で大量の鶏がH5N1で死亡
 数千羽の鶏が突然死亡し、地域住民は感染することを恐れてパニックに陥っている。
Strongest flu wave to miss Serbia B92 パンデミックインフルエンザはセルビアを避けたようだ
 保健専門家のプレドラグ・コン氏は、ブタインフルエンザの強力な流行波は当初2月に到来すると考えられていたが、多分、セルビアでは発生しないだろうと語った。
 「この4週間、セルビアでは流行が起きていない。しかし多くが感染する可能性があるから警戒の必要はある」、とパンデミックインフルエンザ対策の責任者はラジオテレビジョン・セルビアで語った。
 一方、保健大臣によると、セルビアではこれまで16万人がワクチン接種を受けているが、それは国民のわずか2.24%に過ぎない。
カナダ保健省インフルエンザ週報第3週
 保健省はA/H1N1インフルエンザ第2波は小康状態に入ったと発表した( pandemic H1N1 2009 has tapered off.)。 例年のインフルエンザ発生数よりも遙かに少ない状況が続いている。
 1000人の外来患者数に占めるインフルエンザ患者の率。
 

 カナダ全体の半数以上で発生報告がない。青:局所的流行、薄青:散発的発生、白:発生報告なし。


米国CDCインフルエンザ週報第3週
 状況はほぼ前週と変わりないが、定点医療機関を訪れるインフルエンザ様症状の患者数の比率は、流行閾値以下を継続している。
 大多数の州では散発的発生。
 {肺炎およびインフルエンザ}の死者数は増加し、例年の平均を大きく超えているが、これは高齢者が肺炎で死亡する率が高くなっているためであるが、その原因は必ずしもH1N1インフルエンザではない。
 分離ウイルス株の大半は新型H1N1であり、H3株は検出されていない。B型は1.2%。
 タミフル耐性新型H1N1株は1.4%。 

Doctors Advised to Take Vitamin D During Flu Epidemic Food Consumer (米国) パンデミック・インフルエンザ流行の間、医師達のアドバイスとしてビタミンDの摂取が有効と
 CDCによるとブタインフルエンザの予防にはワクチンがもっとも効果的とされるが、他の研究者達は、他にもウイルス感染のリスクを減らすことの出来る方法があるという。
 2009年に、”環境病理、毒物、腫瘍学雑誌”に論文が掲載されたバージニア大学の研究チームによると、ビタミンD不足があるとウイルス感染のリスクが高まるという。
 ビタミンD不足は多くの疾患の発生と関係があると言われている:癌、心臓疾患、糖尿病、うつ病、自己免疫疾患、等。
 成人の至適摂取量は、4000~6000国際単位とされる。
山積みワクチン 専門家「流行備え接種を」 読売新聞
 新型インフルエンザワクチンの9回目の配分が29日、全国一斉に始まり、県内分として国産ワクチン約11万回分が供給される。ただ、県内の製薬卸業者には約19万回分のワクチンが既に在庫となっており、業者らは対応に苦慮している。最近は接種予約のキャンセルも相次ぎ、余剰気味のワクチンを使い切る見通しは立っていない。専門家は「これから流行が再来する可能性もある。今からでも接種を」と呼びかける。
3 ferrets in Pittsburgh positive for H1N1 virus (swine flu) Gather.com (米国) ピッツバーグ、3匹のフェレットがH1N1に感染
 飼い主がH1N1インフルエンザに感染。続いて飼育しているフェレットが感染。鼻水、くしゃみ、不活発の症状。獣医師の元で診断と治療。回復した。
Swine flu spreading in some areas but declining overall: WHO www.worldbulletin.net  (国際) ブタインフルエンザ、いくつかの地域では拡大しているが、全体としては減少している:WHO
 ブタインフルエンザ(A/H1N1)はいまだ北アフリカや東および東南ヨーロッパの一部、そしてアジアのいくつかの地域で拡大しているが、全体としては流行は下降していると、29日、WHOは発表した。
 多くの北半球の温帯地域では10月末から11月末にピークを終えている。
 しかし中国ではH1N1ウイルスは11月末から感染を減じているが、この数週間、他のインフルエンザウイルスの感染拡大(B型)が見られている、とWHOはコメントしている。
Global swine flu death toll rises to 14711: WHO Canada.com  (カナダ) 世界のブタインフル感染者数14711人に増加
 29日、WHOは先週からブタインフル死者が世界で569人増え、少なくとも累積死者数が1万4711人になったと発表した。
 WHOによるとほとんどの北半球の国では昨年10月と11月にピークを終えているが、ウイルス感染はいまだ北アフリカ、東および東南ヨーロッパ、そして南、東アジアのいくつかの地域では活発に感染を繰り広げているとされる。
 北アフリカでは、モロッコ、アルジェニア、リビア、およびエジプトで活発なウイルス感染拡大が診られている。しかし12月から1月にかけてピークを迎えてた。
 ヨーロッパではオーストリア、アルバニア、ブルガリア、スロバキア、およびロシアでインフルエンザおよび呼吸器疾患の軽度増加が見られている。
 
1月29日

新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性-厚労省 時事通信
 厚生労働省は29日、新型インフルエンザの国産ワクチンを接種した新潟県の80代女性が、ワクチンの副作用で死亡した可能性があるとの報告を受けたと発表した。同省は複数の専門家に検証を依頼する。
 同省によると、女性は高血圧や心臓病の持病があった。ワクチンを打った主治医は女性の死亡について、持病が悪化した可能性と、接種に伴うショック症状「アナフィラキシーショック」の両方が原因として考えられるとした上で、「ワクチンとの因果関係がある」と報告したという。
 新型インフルのワクチン接種後の死亡報告は117件あるが、死亡との因果関係があるとされたケースは初めて。
INDONESIA: BIRD FLU KILLS THOUSANDS OF CHICKENS IN EAST LAMPUNG Brunei News (ブルネイ) インドネシア:東ランプン県、鳥インフルで数千羽の鶏が死亡
 東ランプン県の3カ所で鶏の間でH5N1鳥インフルエンザが発生し、少なくとも1170羽以上が死亡した。

Bird flu spreads to more areas in West Bengal India Talkies (インド) 西ベンガル州、鳥インフルさらに拡大中
 1月14日に最初の発生が確認されてから、家きんの殺処分が継続して行われ、これまで12万5751羽が処分されている。しかし拡大が続いているようだ。
 インドでは家きんをペットして飼育していることが多く、写真のごとく、長年家庭内で飼われていたアヒルが処分されるという悲哀が毎年発生している。

Free H1N1 clinic at airport Feb. 2-5 WTHR  (米国) 空港で無料のH1N1ワクチン接種
 インディアナ州保健局は、2月2日から5日の間、インディアナポリス国際空港で無料のH1N1ワクチン接種を行うと発表した。マリオン郡保健局の協力下で行われる。
 「H1N1ワクチン接種はまだ遅過ぎはしない。ワクチンは十分量あるので誰でも接種を受けることが出来る」、と州保健長官は語っている。
 空港スタッフの他、一般市民は誰でも接種出来る。
Canada donates 5 million doses of excess H1N1 vaccine to WHO for redistribution Metro Canada (カナダ) カナダ、過剰の500万接種量のH1N1ワクチンをWHOへ提供
 カナダ政府は過剰のワクチンのうち500万接種量をWHOへ提供すると発表した。
 さらに600万ドルをWHOのパンデミック対策のために提供することも明らかにしTあ。
 「我々は必要量は充足している。途上国支援のために協力したい」、と連邦保健大臣は語っている。
 今月初めにカナダはメキシコへ500万接種量のワクチンを貸すことを決定した。同国ではワクチンの原液が入荷するのは今月末とされていた。
1月28日

AstraZeneca reports strong rise in earnings Central Florida News 13 (米国) アストラゼニカ、増益報告
英アストラゼネカ:10-12月期は24%増益-自社株買いを再開へ ブルームバーグ 
 英2位の医薬品メーカー、アストラゼネカの2009年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比で24%の増益となった。新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)ワクチンの売り上げや、競合するノバルティスの工場閉鎖が利益を押し上げた。同社は自社株買いを再開する計画も明らかにした。
香港保健局 インフルエンザ週報第4週(1月17日~23日)
 感染者数の増加はない。
 インフルエンザ専門医療機関への受診数。
 ウイルス分離株の内訳:A/H1N1 81株、B 10株

 


Hong Kong to stockpile unwanted swine-flu vaccine Earthtimes (press release) (国際) 香港、未使用のワクチンを備蓄へ
 DPA
 保健の保健当局は、人々が安全性を懸念して豚インフルエンザワクチンの接種を希望しないために余剰となっているワクチンを備蓄に回す予定であると発表した。
 保健長官のヨーク・チョウ氏は、ワクチンを他国に提供したり売却する予定はなく、その代わり将来の流行に対する保険代わりに備蓄に回すと語っている。

 これまで300万接種量を購入したが、使用されたのは15万421接種量に過ぎない。
 27日のワクチン接種は1100人と少なく、そのためこのような発表になったようだ。
 チョウ長官によると、人口700万人に対して香港政府が300万接種量をフランスのサノフィ・パスツールから購入したとき、ある程度の量が使用されると予想していたようだ。
 「もし重症なパンデミックが起きなく、ワクチン接種希望者がそれほど出なければ、備蓄するワクチンも全然使われないかもしれない。しかしこれは必要時にいつでも供給できるという意味での保険と考える」。

北大、2次試験の追試見送り 新型インフル特別視せず 北海道新聞
 北大は28日、2月25日からの2次試験で、新型インフルエンザのため受験できなかった人を対象とする追試は実施しないと発表した。
 新型インフルエンザの感染者数が減少傾向をたどり、ワクチン接種での予防も可能になったため。北大入試課は「例年の季節性インフルエンザと異なる状況とはいえず、今年だけ追試を行うことで公平性に問題も生じる」と説明している。
 体調不良者がいた場合は、別室での受験などで対応するという。
Schools in north report fresh swine-flu outbreaks SGGP (ベトナム) ベトナム、北部の学校でA/H1N1が流行
 

Doctors examine patients contracted with A/H1N1 in Bac Kan Hospital. (Photo: VNA)
 北部のバクカン省のDong Xa commune の中学校で豚インフルエンザが流行していると保健省が発表した。
 144人が感染し、典型的症状ととして発熱、咳、咽頭痛、および筋肉痛である。
 10~14歳の学童が毎日発病し、全生徒は家庭で、地域の保健担当者の指導の元に療養している。
 1月27日の時点で、ベトナムでは1万1166人の感染が確認され、56人が死亡している。

 一方、同日、Ha Tinh 省で家きんの間でのH5N1鳥インフルエンザが発生していることが発表された。1万羽以上の家きんが死亡している。


Masks, hand sanitizer help halt flu spread  Reuters (国際) マスクと手指消毒液はインフルエンザ拡大に効果をもつ
 ミシガン大学の研究成果。
 インフルエンザ発生初期からマスク着用と手指消毒を行ったグループは、何も行わなかったグループよりもインフルエンザ様症状を呈す頻度が35~50%減少した。
 ミシガン大学学生の中で構内の寄宿舎に住む学生1437人を対象として、マスク+手指消毒液、マスク、コントロール(何も対策しない)の3グループに分けて、インフルエンザ患者が構内で発生すると同時にインフルエンザ様症状が出る学生の割合を6週間観察した。
 最初の2週間は差はなかったが、最後の2,3週間では差が出てきた。当初はインフルエンザ患者数が少なかったことから、差が出なかったのだろうと研究者達はコメントしている。
 マスクだけのグループもコントロール群よりも発症率は少ない傾向にあったが、差は有意ではなかった。
 
 当研究のユニークな部分は、インフルエンザ発生のごく初期から個人的対策を行わせたことであるが、多くの予防対策の研究では、家族内に感染者が出てから対策を行わせている。すなわちその時点では対策を行うメンバーはすでに感染を起こしているから、対策自体の有用性が明確にならない。
 今回把握した症状はインフルエンザ様症状であり、明確にインフルエンザと確定したのではないことから、研究者達は次にインフルエンザと確定される事例で検討する予定という。
H5N1 Flu Hits Poultry in Israel  Yeshiva World News (イスラエル) イスラエル、H5N1鳥インフルエンザ、家きんで発生
 ハデラ近くのキブツ の家きん飼育場で鳥インフルが発生し、獣医局では43000羽の家きんを殺処分することに27日決定した。
 保健当局によると鳥インフルは家きんから人へは感染しないが、それでも感染した鳥と接触した人は予防的にタミフルを服用した方が良いと言っている。
400 people put on medication in bird flu-hit areas of West Bengal Times of India (インド) 西ベンガル州、鳥インフル流行地域で400人に予防投薬
 西ベンガル州の鳥インフルエンザ発生地域で、少なくとも409人が予防投薬を受けていると保健当局が発表した。
 「409人の家きん農場作業員、と殺業者、および獣医師が殺処分に従事しているが、全員抗インフルエンザ薬を投与されている、と保健省の当局者が語った。
 しかしながら保健省では、警報を出す理由は今のところはなく、州当局では十分量の抗インフルエンザ薬と個人的予防装具(PPE)が用意されていると説明している。
 西ベンガル州ムラシダバド県の鳥インフルエンザ発生は1月14日に確認され、その後数カ所に広がっていると当局で発表している。
 これまで11万6824羽の家きんがと1万1409個の卵が処分された。
 
1月27日


European hearing airs WHO pandemic response, critics' charges  CIDRAP  (ミネソタ大学感染症情報センター) 1月26日 ニュース ヨーロッパ評議会、WHOのパンデミック対策に関する批判のヒアリング
 非常に長い論説。
 一部分から。
 問題を提起したウオダルグ博士の主張に賛同する当局者は多かったが、少数のWHO擁護者は、ウオダルグ博士は彼の提訴の証拠を出すべきと語った。

Novartis Chief Warns Governments Over Cancelled Vaccine Orders MedIndia  (インド) ノバルティス社のトップ、各国政府にワクチンの発注のキャンセルについて警告
 必要な時に製造を急がせ、必要なくなったら発注を取り消す国は、次回にパンデミックが発生した場合、早急なワクチン供給を受けることができないだろうと警告。
City's final free H1N1 vaccine clinic sees lower demand KTUU  (米国) アンカレジで最後のH1N1ワクチン接種、希望者は少なし
Bird flu hits another poultry farm The Daily Star (バングラデシュ) 鳥インフル、別な家きん農場でも発生
 ジィプルハト県での発生に引き続き2日後にシラジャンジ県でも発生。
Bird flu strikes in Sirajganj, 3000 poultry culled  Bangladesh (バングラデシュ) 鳥インフル、シラジャンジの家きんで発生、3000羽が殺処分に
 さらに拡大している可能性もある。
WHO denies drugs firms swayed its flu decisions  Reuters (国際) WHO、製薬企業が”パンデミック”宣言に影響力をもったことを否定  印刷用ファイル
 WHOはH1N1ウイルスの危険性を製薬業界の影響下で誇張したことを、26日否定した。
 昨年の6月、国連保健機関がH1N1インフルエンザをパンデミックと宣言したことから、製薬企業はワクチンを求める多くの国と多額の契約を結んだ。
 世界中で多くの人々がH1N1インフルエンザに感染し、数千人以上の人々が死亡したが、パンデミックインフルエンザは当初専門家が予想したよりも軽症であった。
 政治家やメディアから、WHOは製薬企業に雇われた専門家達のアドバイスに影響されたという批判が起きていることから、WHOは内部で検証することを決定し、またヨーロッパ評議会(EUにおける人権監視機関)での検証も行われることになった。

 WHOの指導的インフルエンザ専門家であるケイジ・フクダ氏はヨーロッパ評議会のヒアリングで、WHOのウイルス対策は完全ではなかったが、大製薬企業の影響で性急に間違った決定はしなかった、と語った。
 「記録を明確に伝えると、WHOによるパンデミック・インフルエンザ政策と対策の勧奨内容は、製薬企業の不当な影響下でなされたものではない」、とフクダ氏はストラスブルグに基盤を置く評議会で語った。
 ヨーロッパの多くの国が加わっている評議会はWHOに、これまでのパンデミック対策の検証を求めていた。
 多くの国はH1N1から自国の国民を守るために大量のワクチンを購入したが、現在は過剰となったワクチンの発注量の減量、または他国への売却を考慮している。

予防対策がWHOの業務

 ケイジ・フクダ氏は、WHOは色々な分野の専門家に相談しているが、中には民間企業に属する専門家もいると説明した。しかし、彼らと関心の焦点がずれることに前もって警戒していると言う。
 「我々は対策決定が完全なものであるとの幻想は抱いてはいない。しかし我々はウイルスが世界中に広がり、多数の人々が死ぬまで待つわけにはゆかない。我々が為すべき仕事は予防的対策である。もし我々が成功したなら誰も死亡しないだろうし、誰も何が起きたか気づきすらしないだろう」、とフクダ氏はヒアリングで説明した。
 「我々は迅速に行動すべきと感じている。我々の行動の目的はガイダンスを提供することであり、被害を減らすことである」、と同氏は語った。

 WHOに対する非難は、英国とフランスのメディアによって11月頃から始まっていた。すなわちH1N1パンデミックは、製薬企業から研究資金等の援助を受けている保健専門家や医学研究者により誇張されたものではないかという疑いである。
 その頃、フランスの”ル・パリジアン紙(Le Parisien)は、次のごときヘッドラインで報道した:”豚インフルエンザ:なぜフランスはワクチンに疑いの目を向けるか”。そして予知されたインパクトと実際の些細なインパクトとの間のギャップを指摘した。一方、英国のインデペンデント紙は、”パンデミック?パンデミックとは何?”とのタイトルで疑問を発した。
 WHOは今月初めに、その講じてきた対策の検証を、外部の中立な専門家により行うと発表した。
 フクダ氏は、検証はパンデミックの定義も含めて綿密に行われると語った。
 「我々はより良い定義、より良い重症度の判断と報告ができるかどうかを熟慮する予定である」、そのようにフクダ氏は語った。
1月26日

ノバルティス、09年は4%増益=次期CEOにヒメネス氏 時事通信
 スイスの医薬品大手ノバルティスが26日発表した2009年決算は、売上高が前年比7%増の443億ドル、純利益が同4%増の85億ドルだった。新型インフルエンザの世界的な大流行(パンデミック)発生で、ワクチンと診断事業の業績が大幅に伸びたことが貢献した。
Swine Flu death toll goes up to 1194 BreakingNewsOnline (インド) インド 豚インフルエンザによる死者総数は1194名に増加
 国内のA H1N1インフルエンザによる死者がさらに10名確認され、死者総数は1194名となった。グジャラート州で2名、デリーで1名すでに確認されていたものに加え、新たにグジャラート州で3名、ラジャスタン州で1名、マハラシュートラ州で1名、マディアプラデーシ州で1名、デリーで1名の死亡が確認された。
 マハラシュートラ州ではこれまでに豚インフルエンザによる死亡者が311名確認されている。これに続いてグジャラート州では217名、ラジャスタン州では175名、カルナカータ州では141名、デリーでは92名、アーンドラプラデーシ州では52名、パンジャーブ州では38名、ケーララ州では36名、ハーリヤーナー州では33名、マディアプラデーシ州で20名、ウッタルプラデーシ州で18名、ウッタラーカンド州で13名の死者が確認されている。
 国内で確認された36名の新規感染者を加えて、これまでに感染が確認された患者数は28596名に上った。TA
Was the Threat of H1N1 Flu Exaggerated? TIME (国際) H1N1の脅威は誇張されたか?

 印刷用ファイル
H1N1パンデミックが宣言されて間もない2009年の夏頃には、製造される新規インフルエンザワクチンの初期出荷製品数百万接種量の予約リストが出来上がっていた。先頭には裕福な国家が当然ながら名前を連ねていた。
 「また、裕福な国家が有利になっている。そして、また、支払い能力がない国家が(ワクチン)発注を拒否されている」、とチャンWHO事務局長は7月14日の記者会見で語った。
  チャン事務局長はH1N1ウイルスを完全に新しく、非常に感染力が強いウイルスと表現し、裕福な国家がワクチンの独り占めをすることに警告を発した。
 その6ヶ月後、チャン事務局長の警告は皮肉にも予見性を見せている。裕福な国家は大量のワクチンを余らせ、その処分に手を焼いている。発注量を減らしたり、貧しい国へ提供等を考えている。
 フランスは人口6000万人分のワクチンを発注したが、実際に使用されたのは500万接種量であり、5000万接種量のキャンセルを申し入れ、数百万接種量の売却を考えている。
 同じくオランダも1900万接種量の売却を考えているし、ドイツも発注量5000万接種量を半量にすることを申し入れ、数百万接種量を他の国へ売却することを考えている。
 スイス、スペイン、英国も同様に発注したワクチンを他の国へ提供、または売却を考えている。
 米国は発注した2億5100万接種量のうち1億6000万接種量を国内に配布しているが、ワクチンが余るかどうかの判断、さらには余剰ワクチンの処分については未定とされる。

 多くの国でワクチンが余っていることにはいくつかの理由がある;WHOでは当初ワクチンは2回接種必要と考えたため、多くの国はそのような計算で販売企業と契約を結んだ。しかし、その後1回接種で十分な免疫効果が得られることがわかったことから、発注量が多すぎたことになった。
 しかし本当の理由は、当初想定されたほどにワクチン接種者がいないことだった。
 現在、多くの政府は必要とされないワクチンに数十億ドルの金額を費やしてしたことから、政治家や保健専門家の間から、その責任を追求する動きがある。なおフランスの場合、10億2万5000ドルを費やしている。

 「WHOは我々に偽りのアドバイスをした。彼らは偽りの警告を発した」、とウオルフガング・ウオダルグ博士(昨年9月までドイツ国会議員を務めていた)は主張し、WHOの不適切なパンデミックの定義を非難している。
 ウオダルグ博士の主張は、WHOはH1N1パンデミックを単に新規ウイルスの感染力だけに基づいて宣言し、その株の保有する重症度を考慮にいれなかったというものである。
 ウオダルグ博士は、WHOは非常に病原性の低いウイルスに危険宣告をして、結果的に多くの国に多額の費用を要する大量ワクチン接種の準備を促す結果になったと主張している。
 ウオルダルグ博士は、ストラスブルグに本部があるヨーロッパ評議会で公開のヒアリングを行うことを企画した。タイトルは”H1N1パンデミック対策:より透明性が必要ではないか?”である。
 ヒアリングは1月26日に行われ、WHOや各国政府がH1N1の脅威に過剰に反応した可能性を検証する予定となっている。
 途中省力。

 米国政府はいまだ多くの人々にワクチン接種を希望している。
 現在はそれほどの流行は見られていないが、CDCの担当者は、第3波が発生する可能性があることから、人々はワクチン接種をすべきと考えているとし、それ故今のところ発注した2億5100万接種量のワクチンが余るかどうかに関しては判断はしていない、と説明している。
Swine flu pandemic coming to an end Swissinfo (スイス) ブタインフルエンザパンデミックは終息しつつある
 スイス保健当局では、この1~2週でスイス国内でのパンデミック・インフルエンザは終息するとの見通しを発表した。季節性インフルエンザも減っている。
 今年度の2週目(パンデミック開始後13週目)に定点クリニックでのインフルエンザ患者数は外来患者1000人中で8.6人を占めた。
 この数は人口10万人当たり81人の患者数となるが、流行の国家基準は人口10万人当たり50人となっている。
 WHOによるとヨーロッパでの流行は低下し続けており、スイスでは12月がピークであった。
 これまでスイスでは150万人が感染したと推定されるが(人口は770万人、20%相当)、ほとんどは軽症であり、死者は18人である。しかし死者の多くは高齢者か慢性疾患を保有する人々である。
 政府はワクチンを1300万接種量購入したが、接種率は20%程度と推定されている。接種は無料である。
'Fake flu pandemic' claims attacked Channel 4 News (米国) WHO、”偽りのパンでミック”批判に猛烈な反論
 WHOは、パンでミック宣言は製薬企業の利益のために行われたとする主張に、無責任な批判であると強い表現で対抗している。
 欧州評議会議員会では、EUにWHOの対応の検証を行うように要求しているが、その会議を前にWHOはウエブ上で強い口調で反論している。
 ウエブでN声明文で、WHOは昨年の北米における新型のH1N1株によるインフルエンザの流行は、科学的特性としてすべてのパンデミックの条件を兼ね備えていたと主張している。決して製薬企業の不当な影響を受けてはいないと強調している。WHOのパンデミック宣言により製薬企業は多くの国の政府から抗インフルエンザ薬とワクチンの受注を受けたが、その大多数は使用されずに終わっている。
Seasonal Flu Rates Lower Than Usual KPBS  (米国) 季節性インフルエンザ発生率は例年よりも低い
 カリフォルニア州保健局のインフルエンザ専門家のコメント。
 季節性インフルエンザ発生率が低いが、それはH1N1豚インフルエンザの流行によると思われる。
 例年新年が明けると季節性インフルエンザが流行するが今年はみられない。
 同専門家によると、パンデミックインフルエンザが流行すると、季節性インフルエンザは追いやられてしまい流行しないとされる。それは1918年のパンデミックの際にもみられたという。しかしインフルエンザの場合、次に何が起きるか予知は難しいという。
 「この冬、全く平穏に過ぎるが、または季節性インフルエンザが発生し、その合併症で多くが死亡するか、我々は事態の推移を見守っている」
 また同専門家によると、季節性インフルエンザは現在のH1N1インフルエンザよりも、より致死性であるとされる。

Two more swine flu deaths in Delhi, toll 92 TopNews (インド) デリーで2人がさらにH1N1インフルエンザで死亡、累積死者数が92人に
 インドの首都、ニューデリーでさらに2人が豚インフルエンザで死亡し、累積死者数が92人となった。首都での感染確認者数は9636人。
Nearly 95000 chickens culled in West Bengal Bombay News  (インド) 西ベンガル州で9万5000羽近くの鶏が殺処分に
 ムルシダバド県における家きんの殺処分数は約9万5000羽に上っていると州当局で発表した。
 1月14日に最初の発生が確認され、その後数カ所の村でも発生が確認され対策が進行している。
 当局によると400人の家きん作業員と獣医師が殺処分作業に参加している。
Bird flu again The Daily Star (バングラデシュ) 鳥インフルが再流行、バングラデシュ
 バングラデシュ、ジョイプルハト県の農場でH5N1鳥インフルエンザの発生が確認された。531羽の雌鳥が殺処分された。
 1月5日には、近くの農場でも発生し932羽の鶏が殺処分されている。
A bird-flu suspect hospitalized ANTARA (インドネシア) 鳥インフル感染疑いで男性が入院
 シレボン県のツクムダル村で41歳男性が鳥インフル感染疑いで隔離病棟に入院した。
 高熱と嘔吐が症状とされる。数十羽の鶏が突然死亡し、男性は鶏に接触していた。
 地域では1月に入ってから数百羽の鶏が死亡しているとされる。
1月25日

WHO slams swine flu critics as 'irresponsible' CNBC (米国) WHO、豚インフルエンザに対する批判を無責任と非難
 WHOは25日、豚インフルは製薬メーカーの儲けのために宣言された偽りのパンデミックであるとの主張を、無責任な批判であるとはねつけた。、
 WHOは昨年北米で発生した新規H1N1インフルエンザは科学的にパンデミックの特性を有していたと主張し、またWHOが製薬業界の影響下に不正に宣言を行ったのではないと付け加えた。
 「世界は本当のパンデミックを経験している。それを”偽りのパンデミック”と表現するのは間違ったことで、また無責任でもある」、と強い表現で25日の声明文で伝えている。
 WHOの報道官は誰が声明文を作成したのかは明らかにしなかったが、この声明文は本当のパンデミックではないと考える全ての人々に向けられたものであると語った。
 ヨーロッパ評議会の議員会(フランスのストラスブルグに本部を置く人権監視機関)が最近、EUにWHOのパンデミック宣言が大製薬企業の圧力下になされた疑いについて調査を求めている。WHO当局者は26日ヨーロッパ評議会に出席する。同評議会は公式EU機関ではなく、またWHOに対しても何ら権限は保有していない。

 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、比較的少ない豚インフル死者数は、ウイルスがパンデミックではないことは意味しないと語っている。
 パンデミックは重症度や死者数とは関係はない。パンデミックとは世界的な感染症の広がりを意味する、と説明している。
Hong Kong left with swine-flu vaccine as city shuns jabs Monsters and Critics.com  (国際) 香港、豚インフルエンザアクチン接種希望者が少ないため、ワクチンが過剰に
 香港は市民に無料で豚インフルエンザワクチン接種を行っているが、安全性に疑問が持たれていることから接種率が低く、大量のワクチンの在庫を抱えていることが保健省から25日発表になった。
 香港はサノフィ・パスツール社に300万接種量を発注し、保健医療担当者や子供、高齢者に無料で接種を行っているが、接種率は低く大量の在庫を抱えている。接種後に2人で痙攣が発生したりして、その安全性が危惧されている。さらに最近2人の妊婦でワクチン接種後に死産が発生している。
 香港では豚インフルエンザが世界で流行しだしてから33000人が感染したが、ほとんどは軽症であった。これまで55人が死亡している。人口は700万人。
Bird flu flares up in central province SGGP (ベトナム) ベトナム、鳥インフルが中央地域で発生
 ベトナム動物保健局は24日、中央のハティン省で発生したと発表した。
 カムキュエン県で、5カ所で飼育されていた400羽のアヒルと600羽の鶏が死亡し、検査でH5N1鳥インフルエンザであることが確認された。
名古屋大2次入試は追試なし 新型インフル感染下火で 読売新聞
 名古屋大は22日、今年の入試の2次試験について、新型インフルエンザを理由とした追試を実施しないと発表した。
 同大では昨年10月から追試について検討してきたが、患者数が下火になってきたことなどから、追試の必要性はないと判断したという。
新型インフル今後どうなる? 神戸で専門家ら講演 神戸新聞
 パンデミック(世界的大流行)を引き起こした新型インフルエンザについて、ウイルス学や感染症治療の専門家らが今後を占う、市民講演会がこのほど、神戸で開かれた。再流行や毒性が強まるようなウイルス変化の可能性などについて、講演した、第一線の研究者らの見解をまとめてみた。(武藤邦生)
 講演したのは、東京大医科学研究所の河岡義裕教授▽国立国際医療センターの工藤宏一郎・国際疾病センター長▽神戸大大学院医学研究科の新矢(しんや)恭子准教授▽神戸市立中央市民病院感染症科の春田恒和部長。

今秋以降に流行

 国内では患者数が減少傾向にある新型インフルエンザ。再流行について、河岡教授と工藤センター長は「終息に向かっており、この冬、再度の大流行の可能性は低い」と口をそろえた。河岡教授は「(新型ウイルスが)季節性インフルエンザとなって定着するのは確実で、今年秋以降、再び流行する」との予測を披露した。

 また、今のところ新型インフルエンザの症状は、従来の「季節性」と同程度とされるが、再流行時に懸念されるのが毒性の変化。20世紀前半にパンデミックを引き起こした「スペインインフルエンザ」では、第1波よりも第2波の方が死者数が増え、「ウイルスが強毒化した」との説もある。

 この説に対し「証拠はない」と工藤センター長。同時代の論文を調べた結果、「インフルエンザ患者を収容した各地の病院で、肺炎球菌などの院内感染が起こり、死者数が増加したようだ」とし、今回の「新型」についても「歴史から見て、強毒化は考えにくい」と述べた。

 ただし、インフルエンザウイルスは遺伝子変異が速いのも事実で、河岡教授は「ウイルス学的に見て、もう少し毒性が強まっても不思議ではない」と指摘。極端な変化はないとしても、今よりも幾分重い症状を伴う病気へと変わる可能性は捨てきれないようだ。

新パンデミック

 一方、病原性が高く、致死率6割とされる鳥インフルエンザへの注意を促すのが新矢准教授。新型インフルエンザに注目が集まり、やや関心が薄れているが、2009年もエジプトなどで70人以上の感染が確認されている。

 新矢准教授は、鳥インフルエンザの最大被害国であるインドネシアで、食用として売られている生きたニワトリなどを調査。「これらの中に、ヒトに感染するタイプの鳥インフルエンザウイルスが存在することが明らかとなった」とし、新たなパンデミックを起こす危険性が引き続きあることを示した。

 またインドネシアでも新型が流行しているといい、新型と鳥インフルエンザのウイルスが混ざり合い、「新たなタイプのウイルス出現もあり得る」と警鐘を鳴らした。
90% of American physicians believe Swine Flu jab should be given to pregnant ... WebWire (press release) (国際) 90%の米国医師は妊婦はワクチン接種を受けるべきと考えているが、中国医師は20%:国際的調査
 国際的市場調査機関のSynovate社が、世界の医師のパンデミック・インフルエンザに対する見解を調査し、本日結果を発表した。
 インタビューは、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、米国、中国の医師が対象とされた。

 結論
 ・米国医師の90%は妊婦はワクチン接種を受けるべきと考え、中国人医師は20%にすぎない。
 ・英国医師の82%はメディアが過剰に報道していると考えている。
 ・ヨーロッパの医師の58%は豚インフルエンザ流行で業務量が増加したと判断しているが、米国人医師の場合は35%にすぎない。
 ・台湾医師の76%はワクチン接種を受けている。

 内容
 医師におけるワクチン接種率:対象者の51%がワクチン接種を受けていた。もっとも高率なのは台湾で76%、低率なのはスペインで21%であった。
 全体の37%はこの2ヶ月以内に接種を受けるつもりはないと答え、このうち24%は21歳以下の小児は受けるべきと答え、さらに32%が患者に接するスタッフは受けるべきと答えた。
 調査対象者の半数以上は、若い世代のワクチン接種に同意、または強く同意している。
 この比率は米国で88%と非常に高いが、ヨーロッパでは44%に過ぎなかった。
 調査を行ったSynovate社の専門家は、米国では予防に対する意識が高いことと、実際の検査での擬陰性が多いことから、ワクチン接種の重要性が意識されている、とコメントしている。

 57%の医師は妊婦へのワクチン接種に同意している。ここでも米国の医師の同意率は90%と高く、逆に中国の医師の場合は、20%と低い。
 同社のアナリストのコメントは以下の通りである。
 伝統的に中国は予防ということに対して消極的であり、特に彼らの一人っ子に関係する問題には慎重になる(一人っ子政策下である)。医師達も接種による利益よりも、危険性の方に重点を置いて考えていると思われる。別な調査で、第一線の外来で働く医師達と話し合ったことがあるが、ワクチン接種を希望する医師は非常に少なかった。無料であってもだ。

 62%の医師は豚インフルエンザワクチンの提供は、予防効果につながると答え、27%は分からないとし、11%は否定している。

 政府の対策に関して
 38%は評価、33%は不評価、28%は判断保留。アジアでは54%が評価、ヨーロッパでは26%が評価。
 一般医の40%が評価。専門医ではわずか28%が評価。

 メディアに対する評価
 61%の医師はそれぞれの国におけるメディアの過剰反応を指摘している。
 ヨーロッパでは75%が過剰反応を指摘しているが、アジアでは48%、米国では46%と差が認められる。
 もっとも比率が高かったのは英国で、82%が英国メディアの過剰反応を指摘している。


Health chief urges pregnant women: Get the jab  The Standard (香港) 香港保健長官、妊婦にワクチンの接種を促す
 食料保健庁長官の York Chow Yat-ngok 氏は、ワクチン接種を受けていた妊婦2人が同じ日に死産したことから、ワクチン接種が死産に影響するとの恐れが社会に広まることを懸念している。
 同氏はA/H1N1ワクチンが死産の原因にはなってはいないと説明し、妊婦はA/H1N1に感染すると重大な合併症を起こす危険性が10倍高いことから、ワクチンを接種する必要性をあることをアピールしている。
 死産を起こした女性は33歳と37歳の女性で12月末にワクチン接種を受けていた。1月19日に死産した。
 死産の正確な原因はわかっていない。
 香港では年に150~220件の死産が発生している。

 一方、子供達に関しては、すでに多くがA/H1N1に対する免疫を確保しているので、感染に対する恐れは減じている。
 保健センターの科学委員会の勧奨が受け入れられたら、小学生はワクチン集団接種の対象から外される可能性が高い。
 委員会によると、小児の半数は感染予防効果を十分示すだけの抗体を保有しているとのデータが得られているという。
 現実的には第2波が発生しても、感染を受ける小児の数は少ないと考えられる。
 委員会は小学生をワクチン接種勧奨者の中心には考えていない。
1月24日

Swine Flu kills five in Canada Vancouverite (カナダ) カナダ、ブタインフルで5人が死亡
 カナダ公衆衛生局によると、ブリティシュ・コロンビア州、アルバータ州、およびオンタリオ州で5人がブタインフルエンザで死亡した。
 死者は1月14日から21日までの1週間に発生した。これまでカナダで435人の死者が発生している。
 ブリティシュ・コロンビア州では56人、アルバータ州では71人、オンタリオ州では126人となった。
 多くの流行に関する指標は減少しているが、11月中旬に第2波がピークに達して以来、週に4~5人の死者が発生している。
FOUR NEW SWINE FLU FATALITIES IN EGYPT, NUMBERS GO UP TO 244 Brunei News, Brunei Headlines from Brunei fm (ブルネイ) エジプトで4人のブタインフル死者発生、累計死者数244人:1人の鳥インフルエンザ感染者が発生
 23日、エジプトで4人のブタインフルエンザ死者が発生し、累積死者数が244人になったと保健省が発表した。
 一方、鳥インフルエンザで94人目の感染者が見つかった。アルシャギヤ県の45歳男性である。
Probe over £1bn on flu Sunday People (英国) インフルエンザ対策に要した10億ポンドの検証に
 納税者の支払った10億ポンド(1400億円)が線香花火のごとく消えたパンデミック・インフルエンザ対策に使われたか、その検証が要求されている。
 いまだ400万人しかワクチン接種を受けず、そして65000人の死者が出ると警告されたが実際には360人しか死亡しなかった。
 製薬企業が収入を大きく伸ばし、そして今、下院議員達が国家会計監査院(National Audit Office watchdogs)に調査を求めている。
1月23日

State shuts down swine flu hotline WHAS 11.com  (米国) ケンタッキー州、ブタインフルエンザ専用ホットラインを閉鎖
 ケンタッキー州保健局はブタインフルエンザと季節性インフルエンザのホットラインを閉鎖すると発表した。利用率が減少していることが理由とされる。
カナダ保健省インフルエンザ情報第2週

 感染者数は例年のインフルエンザ数よりも有意に少ない。
 各州でも散発的に発生、または発生無しの報告である。
 下図は定点機関1000外来患者数中のインフルエンザ患者の割合を示す。

Over 52500 poultry culled in West Bengal SINDH TODAY (インド) 西ベンガル州、H5N1鳥インフルエンザ、さらに拡大、52500羽の家きんが殺処分
 西ベンガル州の鳥インフルエンザはあらたにムルシダバド県で2地域に拡大した。保健当局者は22日、52500羽がこれまで殺処分されたと発表した。
 当初、14日にハズラバチとナガル村で発生が確認されたが、17日にはブルワン地区のファリドゥプルでも発生が確認された。
 昨日、さらにカルグラム地区の2ヶ所でも発生が確認された。
WHO attend key European hearing on flu pandemic MSN Philippines News (フィリピン、MSN) WHO、”偽りのパンデミック”に関する欧州議会のヒアリングに参加
 WHOのパンデミックインフルエンザ責任者であるケイジ・フクダ氏が、来週開催される欧州議会(ヨーロッパ評議会)の、WHOが製薬企業のロビー外交下で、過剰な反応をして”偽りのパンデミック”宣言をした疑いについてのヒアリングに参加する。

 21日、フランス(ストラスブルグ)に本部を置く欧州議会がウエブサイトに、”H1N1パンデミックの制御:より透明性が必要ではないか?”というタイトルで、公開ヒアリングを行うと発表した。
Flu pandemic easing, but risks remain: WHO Calgary Herald (カナダ) WHO:インフルエンザパンデミックは小康状態に入りつつあるが、危険性はいまだ残っている
 詳細は下記のごとく。
 多くの地域で流行は下火に向かっているが、いまだ警戒は必要と。
Pandemic (H1N1) 2009 - update 84  WHO パンデミックインフルエンザ情報 更新84
 全体的状況は大きく変わってはいない。パンデミックインフルエンザウイルスが広範に感染を広げている地域は、北アフリカ、南アジア、および東ヨーロッパの一部である。
 北半球の温帯地域におけるパンデミックインフルエンザ流行は、2009年10月下旬から11月下旬にかけてピークとなり、その後今日まで下降し続けてきた。

 北アフリカ
 全域でウイルスは感染を繰り広げているが、ほとんどの地域で最近ピークを向かえているようだ。1月初めにリビアが呼吸器疾患の増加を伝えている。エジプトは2009年12月に呼吸器疾患の増加を報告していたが、1月に入ってピークを終えたようだ。西アジアでは12月から1月にかけてピークを終えたようだ。
 南アジア
 北部と西部でウイルスの活動が活発である。しかしながら全体的には最近ピークを終えているようだ。インドではインフルエンザ流行は北部と西部の州にほぼ限定されていて、北部は12月中旬、西部は1月上旬にピークを向かえている。ネパールではウイルスの拡大は続いており、また呼吸器疾患の数も増加している。
 ヨーロッパ
 ウイルスの活動は西部、中央、南東地域で続いているが、全体的にはほとんどの国で下降している。
 もっとも感染が広がっている国は、ポーランド、オーストリア、エストニア、ルーマニア、ハンガリー、モルドバである。しかし、ポーランドではインフルエンザ様症状を呈する患者数は11月をピークにして減少している。検出ウイルスはほとんどがA/H1N1で、季節性インフルエンザウイルスは希である。
 東アジア
 パンデミックインフルエンザの発生は広がっているが、ほとんどの地域では流行は下降し続けている。モンゴルでは1月初旬に呼吸器疾患の発生が増加していると報告されたが、2009年11月のピーク以下に留まっている。
 日本では全体的に流行は2009年の11月末以降下降し続けているが、12月末に沖縄で地域的流行が見られている。
 中国、香港、台湾ではウイルスの活動は広範囲で見られているが、患者数は減少しているか、少数のまま安定している。ウイルスはほとんどがパンデミックウイルスであるが、北部中国でH3N2型が少数検出されている。
 アメリカ
 熱帯地域と北部の温帯地域の多くの地域では、インフルエンザの活動性は減じ続けているか、または小康状態を保っている。
 南半球の温帯地域では、散発的に感染者は発生しているが、地域における流行は見られていない。
 
米国CDCインフルエンザ週報 第2週
 定点外来機関受診インフルエンザ様疾患患者数は流行閾値を下回っていて、前週よりもさらに減少。
 広範に流行している州はゼロ。散発的に流行している州が大半。
 肺炎およびインフルエンザによる死亡者数は前週よりも若干増加し、例年の閾値を超えている。
 小児の死者数は9人が報告。例年の数を超えている。
 分離株の大多数はA/H1N1。H3株は0.1%。B型は3.3%。
 分離A/H1N1株の1.4%がタミフル耐性。


 
1月22日

Egypt/Bird flu./Death Egypt reports twenty-eighth death from bird flu  African Press Agency  (国際) 
 エジプト保健省は21日、同国で鳥インフルにより死者が発生したことを報告した。
 20歳女性で、カイロの南方90キロにあるベニ・スエフ(Beni Suef)に住んでいたが、鳥インフルに感染したことが確認された後、呼吸不全で死亡した。
 女性の死亡で同国におけるH5N1鳥インフルエンザによる累積死者数は28人となった。
 2010年初の死者である。
 一方、保健省は20日、3歳幼児が発熱、咳、鼻汁で発病したことを報告したが、後に鳥インフルであることが確認された。
Seven thousand chickens died of bird flu China Daily  (中国) 台湾、7000羽の鶏が鳥インフルで死亡
 台湾のチャングア郡で7000羽の鶏がH5N2鳥インフルエンザで死亡したと台湾の報道機関が伝えた。
 当該農場には5万羽の鶏がいるが、今月に入ってから死亡率が10倍に上昇しているとされる。感染した鶏は出荷されていない。
Serologic study finds H1N1 infections surged past official estimates CIDRAP (米国) 血清学的検査で当局が公式に確認していた感染者よりも多くの感染者が確認
 英国の研究チームによる、大規模な血清分析による、A/H1N1ウイルスの感染状況把握。
 研究にはパンデミック前に採取されていた1403血清検体と、パンデミック後の8月と9月に採取された血清1594検体が使用された。
 流行地域では5~14歳以下の小児3人に1人が感染していた。サーベイランスで推定していた数の10倍となる。24歳~15歳が5人に1人。
 HPAの研究チームは医学雑誌”Lancet”に発表した。

インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向-感染研 時事通信
 11日から17日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり8.13人で、前週(9.18)からさらに減少したことが22日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。昨年12月から減少が続いており、7週連続の減となった。
 大人の患者が減った一方、子供は増加傾向という。安井良則主任研究官は「流行を引っ張るのは子供なので今後に要注意」としている。
 1週間の推計患者数は約48万人で、夏以降の累積は推計約1923万人。ほとんどが新型とみられる。
Over 44000 birds culled in bird-flu hit Murshidabad TopNews  (インド) インド、鳥インフル発生のムルシダバド県で44000羽の家きんが殺処分に
 1月14日に家きんにおける鳥インフル発生が確認されたムルシダバト県で、これまで44967羽の家きんと3352個の卵が処分された。発生村は広がっている。
CDC: H1N1 peak was week of Oct. 24 UPI.com  (国際) CDC:H1N1流行ピークは10月24日だった
Swine flu shots given to 3.7 million in England www.worldbulletin.net イングランド、A/H1N1ワクチン接種者はわずか370万人
 英国の主任医療政務官であるライアム・ドナルドソン卿は、英国でのH1N1第二波は終わっているが、この冬に再流行すいる可能性があるからワクチン接種をP呼びかけている。
 イングランドでのワクチン接種者数は370万人で、人口(5000万人)の10%にも満たない。
 そのうち、保健医療関係者38万7000人、妊婦13万2000人、小児21万4000人。
輸入ワクチン ほぼ出荷されず NHK
 新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、全国47の都道府県のうち44の自治体が、今のところ配分を希望していないことがNHKの調査でわかりました。厚生労働省は来月上旬に輸入ワクチンを出荷する計画ですが、全国的に国産ワクチンの在庫にゆとりがあることなどから、ほとんど出荷されない見通しになりました。

新型インフルエンザの輸入ワクチンをめぐっては、厚生労働省が来月上旬にも初回分の474万回分を出荷する計画です。これを前にNHKは全国47の都道府県を対象に輸入ワクチンの配分を希望するかどうか電話で調査し、回答を保留した2つの県を除く45の自治体から回答を得ました。それによりますと、輸入ワクチンの配分を希望したのは広島県だけで、ほかの44の自治体は「今のところ必要ない」として希望しないと回答しました。その理由について多くの自治体は▽国産ワクチンの在庫にゆとりがあることをあげているほか、▽接種方法や回数が国産ワクチンと違うため、医療現場が混乱するのではないかといった課題を指摘する声もありました。これによって初回分の輸入ワクチンはほとんど出荷されない見通しになりました。これについて厚生労働省は「国産ワクチンにまだ余裕があり、それぞれの自治体が様子をみているのではないか」と話しています。また、長妻厚生労働大臣は今月19日の記者会見の中で「ワクチンが余る公算が大きく、ほかの国の対応も見ながら解約などの交渉ができるか検討していく」と述べて、今後、海外メーカーとの契約を見直すかどうか検討する考えを示しています。
1月21日


Flu rates lower than last winter Chemist+Druggist  (英国) インフルエンザ発生率、昨年の冬よりも少ない
 最新の健康保護庁(HPA)のデータによると、家庭医を訪れるインフルエンザ様患者は人口10万人当たり19.9人で、昨年の冬の30人の三分の二でしかない。


WHO to Clarify H1N1 Data After False Pandemic Claim Bloomberg  (米国) WHO、偽りのパンデミック宣言批判に対して、H1N1データを明白に
 WHO理事会でインドからの質問に対して、回答を明白に出すことを約束。
 下方、インドからの報道内容が基本。
香港保健省(HPA)インフルエンザ週報更新  
 定点機関を訪れたインフルエンザ様疾患数の割合及び、インフルエンザ病院を訪れた患者数の増加傾向はない。例年のインフルエンザ患者数の推移に等しい。


As bird flu strikes again, villagers oppose culling Expressindia.com  (インド) 鳥インフルが再興、しかし村人達は処分に抵抗
 1月14日にカルグラムのハジャルバチ村とナガル村で鳥インフル発生が確認されたが、その時点で州政府は6万羽の家きんの殺処分を計画したが、現在まで35000羽程度しか達成していない。村人が補償費をめぐって協力しないためだ。
 ムルシダバド県外への拡大を防ぐために隣のビルブム県境を封鎖している。
'Two thirds' of London nurses without swine flu jab BBC News  (英国、BBC放送) ロンドンの三分のニのナースはブタインフルエンザワクチンを未接種

WHO denies flu pandemic was fake Thanh Nien Daily  (ベトナム) WHO、偽りのパンデミック宣言を否定
 ベトナムはWHOに、ヨーロッパ評議会保健部議長のウォルフガング・ウォダルグ博士の告発、すなわちWHOのパンデミック宣言は試薬企業のロビー外交の結果によるとする告発に関して質問していたが、WHOはそれを否定した。
India asks WHO to explain swine flu alarm Fresh News  (インド) インド、WHOにブタインフル警告の理由を求める
  インドは20日、WHOにブタインフルエンザは偽りのパンデミックであったとする報告について説明を求めた。
 連邦政府のK・スヤタ・ラオ保健長官(Union Health Secretary )は、ジュネーブのWHOの理事会に出席しているが、メディアが問題提起している、A/H1N1は”偽りのパンデミック”に関して回答を求めた。
 「女史は、このような疑いは各国が講じている公衆衛生学的対策に多大の影響を及ぼす、と指摘した」、と政府の公式声明で説明された。
 2009年6月11日、WHOのマーガレット・チャン事務局長はインフルエンザパンデミックを宣言したが、そこでは、このウイルスは新ウイルスなので容易に人人感染を起こし、国から国へと広がると説明した。
 ラオ女史はまた国際的ワクチン製造企業が各国にワクチンを供給するに至った経過と状況を明確に説明するように求めた。
 「インドによるこの要求でWHOは公式に各国に状況を説明することに同意した」、と政府の声明で伝えられている。
 WHO警告で製薬企業に多大な利益がもたらされたことは、一般的に広く認められている。
 19日、連邦保健大臣(Union Minister of State for Health)のディネシ・トリベディ氏は、インドはWHOがブタインフル流行に対するパニック・ボタンを押した理由を調査するように求めた、と語っている。
 「我々は全ての問題の調査を要求する。WHOは神ではない。調査により、なぜWHOが警報を発したか明らかになると思う。西欧のメディアですらこの問題に対してWHOに質問しているのだ。我々は断固調査を要求する」、とトリベディ氏は語っている。
 インドではこれまで1150人が死亡し、28000人が感染している。
1月20日

China reports 27 more deaths from influenza A/H1N1 Xinhua  (中国、新華社) 中国、新たなA/H1N1死者数27人を報告
 先週中国本土でA/H1N1死者が27人確認され、累積死者数が730人になったと保健省が20日発表した。
 保健省の週報によると、1月11日から17日までの期間、1558人の感染者が確認され、348人が入院治療を受けた。4日から10日までの週では、感染者数は2173人で、その中に51人の死者が含まれた。
 感染者数は減っているが保健省では、2010年中、ウイルスは拡大するだろうとの予測で警告している。特に2月14日の春節(旧正月)での人の行き交いが盛んになることから警戒感を強めている。
 これまでワクチンは6470万人が接種しているという。
新型ワクチン、健康成人に接種へ 35都道府県で月内 北海道新聞 
 厚生労働省は20日、新型インフルエンザワクチンの優先接種対象外だった健康成人への接種を既に開始したか、月内に開始する見込みの自治体が合わせて35都道府県あることを明らかにした。各自治体の国産ワクチンの確保量に比べ、実際に優先接種を受けた人数が少なく、供給に余裕が生じたためとみられる。
 同省によると、20日までに接種を開始したのは13都府県で、1月中の接種開始を予定しているのが22道府県。残る12県のうち8県は2月以降の開始を見込んでおり、4県は未定という。
 同省は現在、20日に特例承認した輸入ワクチンについて、2月初めの出荷分が必要かどうかを各都道府県に問い合わせているが、これまでに必要だと回答した自治体は少ないという。
 国は海外メーカー2社と計9900万回分の輸入ワクチンを購入する契約を結んでおり、希望するすべての人への接種が可能になっている。
No Role Found for Birds in Swine Flu Pandemic MSN Health & Fitness  (国際) ブタインフルエンザ拡大に鳥は関与していない
 1918年と2009年のパンデミックウイルスの拡大に鳥は関与していないことが、研究結果から明らかになった。
 鶏に両ウイルスを接種しても何等変化は起きなく、さらに1918年のウイルスはアヒルに対しても病原性は示さなかった。
 カナダ食料査察機関の海外動物疾患センター( Canadian Food Inspection Agency's Center for Foreign Animal Disease)の研究者達が、Journal of General Virology.に発表した。
新型インフル 輸入ワクチン実需なし 1126億円無駄に? 東京新聞
 厚生労働省が欧州の二つの製薬会社から輸入することを決めた新型インフルエンザ用のワクチンについて、医療機関の需要はほとんどない状態であることが十九日、本紙が行った四十七都道府県への聞き取り調査で分かった。
 輸入予定のワクチンは成人換算で九千九百万人分で、総額千百二十六億円。
 厚労省は二十日付で都道府県から輸入ワクチンを希望する医療機関の数などの報告を受けるが、現時点での需要を「ゼロ」「発注見送り」としたのは二十六都府県に上った。国産ワクチンも余剰気味の状況を受け、このうち需要調査そのものをしていない県も十一あった。
 「少しだが需要はある」としたのは七府県あったが、「場合によっては使いたい」と流行が再燃した場合に限定するなど実需とは言いがたい内容。
 そのほかの県も、輸入ワクチンは接種方法が国産ワクチンとは異なる点や、出荷単位が大きく中小の医療機関は使いづらい点などを挙げ、「需要はほとんどないだろう」と回答した。
 流行が収まってきたことや、一回の接種で十分な効果が得られることなどから、フランスやドイツなど欧州各国では、製薬会社に発注を取り消す動きが広まっている。
Imported swine flu vaccine will reach India in February Bombay News (インド) インド、2月から輸入ワクチンが利用に
 2月第3週から輸入ワクチンがようやく接種可能となる。しかし対象者は主としてハイリスクグループに属する医療関係者となる。
 国内で製造されるワクチンは4月まで利用できない。
 輸入ワクチンの料金は600円。
 
 これまでインドでのA/H1N1死者数は1100人。
1月19日

Bird flu kills 270 chickens in E Java ANTARA (インドネシア) 東ジャワ州で鳥インフルエンザ270羽の鶏が死亡
 東ジャワ州パメカサン県の村で鳥インフルエンザで鶏が多数死亡した。
 この数日間、2~300羽の鶏が鳥インフルエンザで死亡し、その数は増えているという。
 当局が270羽の鶏を処分している。
Swine flu preparations cost £1bn  Health Service Journal (英国) 英国、ブタインフルエンザ対策に10億ポンド(1480億円)が費やされた
 政府はインフルエンザ・パンデミックに対して10億ポンド以上の予算を費やしたことが公表された。
 ギリアン・メロン保健相は今日まで費やしたパンデミック・インフルエンザ対策予算(ブタインフルエンザ対策に特化していない)は約5億ポンドであると発表した。
 さらにブタインフルエンザ発生以来、10億ポンドを超える予算が費やされた。保健相は労働党議員のポール・フリン氏の質問に、そのような答えをしている。
 先週、フリン氏は保健長官のアンディー・バーンハム氏に、過剰な対策ではなかったと批判されているブタインフルエンザ対策に関して質問している。
 65000人の推定死者数は非科学的に誇張されていて、結果的に経済的だけでなく、NHS(国営医療サービス事業)に多大のストレスを与え、混乱を招いたのではないか?
 それに対してバーンハム氏は、WHOにより宣言されたパンデミックに対して、国の安全を図るために必要な対策を図る必要があった、と答えている。そこではパンデミックは我が政府が宣言したのではないと強調した。
 春にメキシコで流行による多くの被害が確認され、それは夏に我が国でも例外的な流行となった。そのように同氏はコメントしている。
 別な回答でメロン保健相は、これまで2900万接種量のワクチンが国内に配布されていると答えているが、金額には触れていない。なお1月11日頃の情報では、接種者は僅か334万人とされる。
Up to 224 swine flu fatalities in Egypt, 15135 infections Zawya (ドバイ) エジプト、224人の死者数が確認、感染者数は15135人に
 昨年の6月以来エジプトでのH1N1インフルエンザによる死者数が224人となり、感染者数が15135人となったことが、エジプト保健省から発表された。
 学校が新年度を迎えてから、学童の間で5409人の感染が確認され、大学生の間では839人が確認されている。
 人口は8200万人。
新型ワクチン余ると厚労相 メーカーに解約交渉も検討 神戸新聞 
 長妻昭厚生労働相は19日の記者会見で、新型インフルエンザワクチンは今シーズン中に次の流行が起きるかもしれないことを勘案しても「現時点で余る公算が大きい」との認識を示した。
 既に欧州では、感染拡大のペースが鈍ったことなどからメーカーとの売買契約を解約する動きも出ている。長妻厚労相は「各国の対応を見ながら、メーカーとの(発注縮小)交渉ができるかも含め検討している」と明かした。
 厚労省は都道府県を通じて新型ワクチンの必要量を調査しているが、英国とスイスのメーカーから既に9900万回分のワクチンを購入する契約を結んでおり、国産と合わせると全国民分を上回る量が確保できる見通しになっている。
Less than one in six get vaccinated for swine flu Irish Times  (アイルランド) アイルランド、ブタインフルエンザワクチン接種率は6人に1人以下
 アイルランド保健省の発表によると、ブタインフルエンザワクチンの接種は、6人に1人程度のようだ。
 政府は人口385万人に対して十分量のワクチンを用意したが、70万人足らずしか接種していない。
 政府はバクスター社に発注した370万人分のセルバパンをキャンセルした。理由は1人1回接種となったため、グラクソスミスクライン社に発注した量で十分足りるからである。
 
 一方、ヨーロッパ評議会(議会)は来週、WHOがH1N1ウイルスの脅威を誇張したという申し立てに関してヒアリングを行う。
 アイルランドでは、保健省によると22人が死亡し、多くがICUに入院した。
 保健省の先週の発表では、ブタインフルエンザはいまだ流行していて危険性は続いているという。
Flu pandemic easing, but risks remain: WHO  Reuters (国際) インフルエンザ・パンデミックは下火に向かっているが、危険性は未だ残っている
 WHO理事会での挨拶。
 インフルエンザ特別顧問のケイジ・フクダ氏とマーガレット・チャン事務局長。

 チャン事務局長:H1N1インフルエンザは、より致死性の高かった1918年のパンデミックインフルエンザよりも、むしろ1957年と1968年のパンデミックインフルエンザに似ている。
 北半球でH1N1インフルエンザ流行は下降しているが、今後どのように変化してゆくか語るには早すぎる。南半球が冬期間に入った後ウイルスがより感染性を増すこともあり得る。
 チャン事務局長は、政治家達から製薬企業の圧力下で、WHOがウイルスの危険性を強調したとの批判をかわした。
 中等度の危険性のインフルエンザに十分量のワクチンが用意されたのであって、非常に危険性の高いインフルエンザに少量のワクチンが供給される事態よりは遙かに安全である。

 英国の主任医療政務官であるライアム・ドナルドソン卿:
 パンデミックは誇張されたとする批判をかわした。
 「こうした批判に脅されてはならない。そして勝手な解釈をすべきではない。時間と共に、ウイルスは変異し、そしてより深刻な流行を引き起こし、死者数を増やす可能性がるのだ」
H1N1: Third Wave Still Possible Food For Thought, A News Cafe  (米国) H1N1:第3波はいまだ発生する可能性がある
 WHOのインフルエンザ専門家であるケイジ・フクダ氏は、パンデミック・インフルエンザは多くの国で流行しているが、全体として状況は下火に向かっている、とWHOの1週間に亘る理事会の挨拶で語った。
 しかしながら同氏は、北半球でこの冬遅くか春に、再び流行することもあり得ると警告した。
 「これは多分最悪の想定と思うが、我々は単純に知ることは出来ない」、と付け加えている。
Swine flu: the real threat is mad scientist syndrome Gulf Times  (クエート) ブタインフルエンザ:本当の脅威は”狂った科学者症候群”
 英国における予想と現実の大きなギャップを中心に。
Greece cancels a third of flu vaccine orders MSN Philippines News (フィリピン) ギリシャ、発注ワクチンの三分の一をキャンセル
 ギリシャは18日、発注したブタインフルエンザワクチンの三分の一をキャンセルし、既に先払いした金額の返却を発注した大企業に求めた。保健省が発表した。
 一方、ノルウエーも英国のグラクソスミスクライン社から、発注量の30%のキャンセルの同意を得た。

 「我々はこれまで得たワクチンに対してのみ支払いを行う」、とギリシャ保健大臣は記者会見で語った。
 同国は先払いした(過剰の)金額をの払い戻しを、グラクソ社、およびノルバティス社とサノフィ社に求める。
 ギリシャ政府は1100万人の国民用に1600万接種量のワクチンを発注したが、そのうち1230万接種量をキャンセルした。
 これまで36万接種量(36万人)しかワクチン接種を受けていない。
 
 ノルウエーは、保健省が3540万ドルの節約になったと説明している。
 昨年同国は人口480万人に対して1人2回接種として940万接種量をグラクソ社に発注した。
 しかし保健当局が1人1回接種で十分と判断したため、発注量の変更になった。これまで430万接種量を受け取り、60%の国民が接種している。

 ギリシャでは97人が死亡し、ノルウエーでは29人がこれまで死亡している。
 
 *ギリシャでは三分の二がキャンセルという計算になるが…(管理人)
1月18日

欧州でワクチン解約相次ぐ 新型インフル、需要縮小 東京新聞
 新型インフルエンザ用のワクチン需要が欧州諸国で急速に縮小、各国政府がメーカーに発注した分を解約するケースが相次いでいる。感染拡大の勢いが収まる傾向がみられ接種希望者が少ないこと、免疫確保は1回の接種で十分と判明したことなどが主な要因。今後、解約に伴う費用を誰が負担するかの議論や、保健当局の責任を追及する動きも出そうだ。
 世界保健機関(WHO)は「各国の個別の判断でWHOが助言する立場にない」(フクダ事務局長特別顧問)と、解約の是非について明確な判断を避けている。ただ、WHO関係者の間には、新型インフルエンザへの警戒感が緩み、「高リスク層」と呼ばれる本来接種を受けるべき人まで接種されないケースが増えるのを懸念する声もある。
 15日付のイタリア紙コリエレ・デラ・セラによると、イタリア政府は当初発注したワクチン4800万回分の半分の解約を決定。同様の動きは既にフランスやドイツでも出ている。
 余剰ワクチンはワクチン不足の発展途上国などに転売される可能性が高いが、大量の余剰分をどこまで吸収できるかは不透明だ。
新型ワクチンだぶつく 接種1回に変更で 輸入予定通り 朝日新聞 
 欧州2社製の新型の豚インフルエンザのワクチンを緊急輸入することが決まり、2月から使われる。予定量は9900万回分(成人換算で9900万人分)だが、国内では昨年10月から流通が始まった国内産ワクチン(同5400万人分)さえだぶつき気味だ。 
New outbreak of H1N1 could occur in February China Post  (台湾) 2月にH1N1の再流行が起きる可能性
 気温が低下し、航空機による旅行の頻度が高まる2月にH1N1インフルエンザが再流行する可能性があると、先の保健大臣が17日に警告した。
 台湾でのワクチン接種者数は560万人に過ぎず、また副作用発症者数は600人とされる。しかしその副作用が直接ワクチン接種によりもたらされたかは確定されていない。
 同氏によると現在の致死率は1万人に1人であるが、ワクチン接種を受けると100万人に1人に減るという。
 人口は2300万人。ワクチン接種率は24%。
Second wave of flu threatens schools Wellington Times (オーストラリア) オーストラリア、新学期が始まるとインフルエンザの第2波が発生する可能性
 オーストラリア医学協会(Australian Medical Association (AMA))が、ニューサウスウエールズ州(NSW)の学校の間でブタインフルエンザの第2波が発生することを警告している。
 2週間後にニューサウスウエールズ州では新学期が始まるが、子供達が集まると再びブタインフルエンザが流行しだす可能性があると懸念されている。
 NSWの医学協会会長のブライアン・モートン博士によると、H1N1またはブタインフルエンザは昨年教育機関に大きな衝撃を与え、5月から9月にかけて600人の小児が入院し、多くは重篤な合併症を発症し、中には濃厚治療(ICU)を必要とした例もあったと言う。
 「我々は2010年に同じような状況が起きないように警戒する必要がある」、とモートン博士は語っている。
 保健局によると、同時期にNSWでは1267人が入院している。
 モートン博士は子供達を守る最善の方法はワクチン接種であるという。
 「あなたの子供にワクチンを接種することは、子供が感染することを守るだけでなく、子供から学校内へウイルスが広がるのを防ぐこともある」、と同博士は強調する。
 ブタインフルエンザワクチンは昨年9月から全てのオーストラリア人に無料で接種している。
 全ての6ヶ月以上の地域の家庭医と保健センターで接種可能である。
 人口 680万人。州都 シドニー。
 オーストラリアでのワクチン接種率は25%(1月上旬)。
Novel H1N1 Influenza (Swine Flu)  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 新型H1N1インフルエンザ(ブタインフルエンザ) 
 2010年1月15日改訂

 項目
 ・病原体
 ・ブタにおける”ブタインフルエンザ”
 ・人におけるブタ由来インフルエンザ:歴史的展望
 ・2009パンデミック:感染者数と臨床像
 ・パンデミックの展望
 ・人における新型H1N1ウイルスの検査室診断
 ・地域における対策
 ・A/H1N1ワクチンの推奨
 ・ワクチンの開発
 ・抗インフルエンザ薬の開発
 ・感染予防に関する問題点
 ・食品安全問題
 ・参照


Over 3200 poultry culled in bird flu-hit Murshidabad district Times of India (インド) 鳥インフルエンザ発生西ベンガル州ムルシダバド県で3200羽の家きんが処分
 中央政府から派遣された3人の緊急対策メンバーは、西ベンガル州に入った。
 「家きんの殺処分は開始された。これまで3209羽が処分されている」、と中央政府の保健省広報官が17日語った。
 政府の緊急対策メンバーは、西ベンガル州の保健局を支援する予定になっている。
 感染村周辺では19人が発熱を呈しているが病的または死亡した家きんに接触した者はいない。
 中央保健省では、西ベンガル州政府は十分量のオセルタミビル(タミフル類似品)と、個人予防装具(PPE:ガウン、ゴーグル、手袋、マスク等のセット)を備蓄していると語っている。
1月17日

雪で一部繰り下げ、開始早めるミスも センター試験終了 朝日新聞 

センター試験終了へ=札幌で大雪、開始繰り下げ 時事通信
 大学入試センター試験は17日、理科と数学が行われ、2日間の日程がほぼ終わった。札幌市と隣の江別市では大雪で交通機関が乱れ、北海道大など9会場で開始を最大1時間繰り下げた。新型インフルエンザの影響も懸念されていたが、目立った混乱はなかった。
 2日目の受験者数と志願者全体に占める割合は、理科(1)20万1064人(36.3%)▽数学(1)37万7851人(68.3%)-だった。
 インフルエンザや類似の症状が出て受験できず、30、31日の追試験を認められたのは16日までに全国で426人。ほかの病気などを加えると、683人だった。
 大学入試センター(東京都)は当初、新型インフルエンザの流行拡大で最大5万人程度が追試を受ける事態も想定。例年は東京など2カ所のみだった会場を各都道府県に確保し、問題冊子などは約7万5000人分を用意していた。
Outbreak of avian flu in West Bengal's Murshidabad district NetIndian (インド) 西ベンガル州ムルシナバド県で鳥インフルエンザが発生
 連邦政府は西ベンガル州ムルシダバド県のカルグラム地区ハツラバチ村とナガル村における鳥インフルエンザの発生を認識した。中央対策チームから3人のメンバーが同州に派遣され、州当局の補佐を担当することになった。
 当局発表によると、家きんの殺処分は開始され、これまで3209羽が処分された。
 殺処分には197人の家きん作業員が担当し、全員抗ウイルス薬の予防内服を行っている。
 感染地から半径3キロ以内の住民の健康チェックが行われているが、これまで対象となっている23の村40266人のうち36514人がチェックされ、19人で発熱などの上気道炎症状を認めた。しかし、死亡、または病的となった家きんとの接触既往歴を有する者はいなかった。
 地域の公認病院では36人の発熱と上気道炎症状を訴える患者を確認しているが、誰も感染家きんと接触していない。
Health Ministry Confirms 974 Deaths Of Flu And Acute Respiratory Viral Infections Ukranian News(ウクライナ) ウクライナ保健省がインフルエンザとウイルス感染による急性呼吸器疾患からの死者を974名確認

 ウクライナ保健省は2009年10月29日から2010年1月15日までの期間、Kyiv・Sevastopol・Crimeaにおいて、インフルエンザあるいはウイルス感染による急性呼吸器疾患が原因である死亡例を974名確認した。
 保健省が発表した声明によれば、Doneksk地区では140名、Lviv地区では103名、Kyiv市では54名、Kharkiv地区では53名、Dnipropetrovsk地区では49名、Ivano-Frankivsk地区では45名、Zaporizhia地区では42名、Kyiv地区では40名、Cherkasy地区では39名、Chernihiv地区では37名、Kirovohrad地区では35名、Volyn地区では33名、Crimea地区では33名、Khmelnytskyi地区では29名、Chernivtsi地区では26名、Vinnytsia地区では26名、Ternopil地区では25名、Rivne地区では23名、Odesa地区とSumy地区でそれぞれ23名、Poltava地区では18名、Mykolaiv地区では17名、Zhytomyr地区とSevastopol地区ではそれぞれ15名、Kherson地区では14名、Zakarpattia地区では12名、Luhansk地区では8名の犠牲者が出ている。
 昨日の24時間に死亡者が11名増加した。内訳はDonetsk地区とKyiv地区でそれぞれ3名、Dnipropetrovsk地区、Zhytomyr地区、Chernihiv地区Sevastopol地区とCrimeaでそれぞれ1名である。
 10月29日以降の感染者総数は4217716名、昨日24時間で33777名が感染した。ウクライナでの流行開始から249502名が入院し、うち215717名が退院した。
 当紙はウクライナにおけるインフルエンザ・ウイルス感染による急性呼吸器疾患から来る死亡例が951名に上ったと1月13日に報じた。TA
新型インフル・ワクチン:県内米兵80%が接種 基地内流行は終息 毎日新聞 
 県内で新型インフルエンザが流行する中、在沖米軍所属米兵の約80%が新型インフルエンザのワクチン接種を終えていることが分かった。在沖米海軍病院のジョージ・センプル公衆衛生部長が15日、県庁訪問の際に明らかにした。センプル部長は基地内の発症者は昨年9月をピークに減少し、現在は「わずかな数」という。基地内では事実上、流行が終息したとしている。

 センプル部長は海軍、海兵隊、陸軍の兵士はワクチン接種率が80%に達し「空軍も追いつく勢い」と説明。流行終息について、兵士の家族や民間人が感染し再び広がる可能性を指摘しつつも「ワクチンの効果」と指摘した。基地内では9月に流行がピークとなり、金武町キャンプ・ハンセンで一挙に30人が感染。その際、感染者を隔離し、県はPCR検査などの協力をしたという。
 基地内の米兵の家族や民間人は接種率35%で「兵士と違って接種を命令できない。米本国が減少傾向なので安心している」と語った。
 一方、県によると県内でワクチンを接種したと推測される人の数は15日現在、22万5千人で接種率は約15%。
 センプル部長は同日、県福祉保健部を訪れ、感染防止への県の協力に感謝状を贈った。
Belgium, Italy cut vaccine orders CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) ベルギー、イタリア、H1N1ワクチン発注量をカット
 1月15日 ニュース
 ベルギーはワクチン接種希望者が少ないことから、グラクソ社へのワクチン発注量を三分の一にカットしたと発表した。保健省ではこのカットにより、4760万ドルが節約出来ると説明している。
 一方、イタリアではサノフィ社に発注した2400万接種量をキャンセルしたと発表された。イタリアのメディアによるとこれまで90万人しか接種していないという。イタリアはさらにノバルティス社からも2400万接種量を購入している。人口は5987万人。
Seminar on containment of avian flu held in Siliguri TopNews  (インド) 西ベンガル州、シリグリで鳥インフルエンザ対策のセミナーが開催
 国境における高病原性鳥インフルエンザ対策に関する2日間のセミナーが開かれた。
Bird Flu surfaced in Murshidabad, West Bengal  BreakingNewsOnline (インド) 西ベンガル州、ムルシダバド県で鳥インフルエンザが再興
Scientists discover avian influenza outbreak closely related to bird migration Xinhua (中国、新華社) 研究者達、鳥インフルエンザ発生が渡り鳥移動と密接な関係にあると報告
 中国雲南省の昆明で行われた、第五回新興感染症研究アジア連絡協議会( Asian Partnership on Emerging Infectious Diseases Research) で、中国の研究者が青海チベット高原での調査で、渡り鳥がH5N1鳥インフルエンザウイルスを運ぶという発表を行った。研究者チームは、ベトナム、カンボジア、タイ、および中国の研究者から構成されている。
 青海チベット高原における(家きんの)H5N1鳥インフルエンザ発生は、しばしば渡り鳥の移動に一致していたという。
 しかし研究者は、渡り鳥は絶えずインフルエンザウイルスに適合し、免疫となるので、渡り鳥の中での感染率は低いと付け加えている。
 対策として渡り鳥と家きんの接触を防ぐことが重要と強調された。
WHO、中国でB型インフルエンザが増加と 週報更新 Pandemic (H1N1) 2009 - update 83
 中国でのインフルエンザ分離株中、B型株が12.6%を占めていると報告。
Bird flu epidemic back in West Bengal SahilOnline (インド) 鳥インフルエンザ、西ベンガル州で再流行
 高病原性のH5亜型鳥インフルエンザが西ベンガル州のブルシナバド県で再流行している。インドはわずか3ヶ月前に鳥インフルから解放されたことを宣言したばかりである。
 中央から専門家チームが同州に派遣され、感染村から半径5キロ以内の家きんが集められ殺処分される。家きんとその産物の移動も禁止される。
 感染した家きんからの検体がボパルの高度セキュリティ動物疾患研究所(HSADL)に送られ、同研究所が14日にH5亜型鳥インフルエンザウイルスを確認した。
 西ベンガル州は感染村から半径10キロ以内の家きんと卵の市場を閉鎖した。

1月16日

India's swine flu death jumps to 1113 South Asia Mail (シンガポール) インドのブタインフルエンザ死者数が1113人に増加
 15日、A/H1N1インフルエンザ5人の死者が報告され、インドでの累積死者数が1113人となったと保健省が発表した。
 また64人の感染者が確認され、累積感染者数は28111人となった。
Bird flu returns as samples test positive TheMedGuru (インド) インド、鳥インフルエンザ(H5N1)が家きんで流行開始
 インドではパンデミック・ブタインフルエンザが拡大を続け、多くの死者も出ている。
 西ベンガル州のムルシダバドで死亡した鶏の血液でH5亜型鳥インフルエンザウイルスの感染が確認され、インドでさらに別のインフルエンザが流行する可能性が出てきた。
 ムルシダバド県のナガルとハズラバチ村で死亡した鶏の2羽からの検体でH5亜型ウイルスの感染が確認されたことから、事態の緊急性が認識された。検査はボパールの高度セキュリティー動物疾患研究所で行われた。
 つい3ヶ月前にインドは鳥インフルエンザウイルスが駆除されたことを宣言したが(感染家きんが3ヶ月間でなかった事から)、今回再びウイルスが確認され、パンデミックの懸念ももたれだした。

 鳥インフルエンザが再興したことから、数編成の医学チームが、感染した村の内外に配置され、全家きんの殺処分を行う。
 専門家チームが各戸を訪問し、インフルエンザ様症状を呈している村人の発見に努める。咳、呼吸器疾患、風邪様症状を呈する人は、H5N1ウイルス検査が行われる。
 州政府は感染村における家きんの処分は3日以内に完了するとしている。
 専門家はH5N1が流行している地域で、H1N1も流行していると、両ウイルスが遺伝子交換して、より病原性の高いインフルエンザウイルスが誕生することを警戒している。
Pandemic flu still active in parts of world - WHO Results  (国際) WHO、パンデミックインフルエンザは、世界のいくつか地域で未だ流行中
 H1N1ウイルスは北部アフリカ、南アジア、及びヨーロッパのいくつかの地域で拡大しているとWHO15日発表した。
 WHO統計での世界の死者数は14000人となったが、インドでは12月にピークを迎えた可能性があり、またネパールやスリランカではいまだ拡大中とされる。
 モロッコ、アルジェリア、およびエジプトではH1N1ウイルスの拡大が見られ、ヨーロッパのいくつかの地域(ルーマニア、ウクライナ、トルコ、スイス等)では中等度の呼吸器疾患の流行を認めている。
 ヨーロッパでは季節性インフルエンザは散発的にみられるものの、大半はH1N1インフルエンザとなっている。その状況は北部アフリカ、そして中国を含むアジアのいくつかの国でも同じである。
 日本、中国およびモンゴルでは11月以降感染者数は減少している。しかし北朝鮮では呼吸器疾患を伴うインフルエンザが増加していると1月初めに報告されている。
 アメリカでは、10月以降感染者数は減少しているが、中央アメリカのいくつかの地域および北部メキシコでは感染者数の増加が見られている。
 いくつかの国では、A/H1N1インフルエンザが当初予想されたように重症、または致死性の高いものでは無いことか分かったことから、H1N1ワクチンの発注量のキャンセル、またはカットが行われている。
Plenty of H1N1 vaccine, not so much interest phillyBurbs.com (米国) H1N1ワクチンは大量に在庫しているが、多くの人々は無関心
Many May Get H1 After Vaccinations WLNS (米国) ワクチン接種にも関わらず多数が感染する可能性
 ミシガン州。20万人の小児が一回目のワクチンを接種しているが、2回目の接種は4分の1しか受けていない。感染者数が減っているためワクチン接種に積極的ではない。易感染層である小児がワクチンを接種しないと感染の危険性が高まると州保健局は警告。
H1N1: 80 mill Americans Macon Daily (米国) H1N1:米国で8000万人が感染と推定
 CDCが15日発表。
 これまで8000万人の米国人がH1N1ブタインフルエンザに感染。16000人近くが死亡。36万人が入院。
 しかしほとんどのハイリスク者はワクチン未接種で、僅か米国人の6100万人しかワクチンを接種していない。
CDC: 1 In 5 Americans Vaccinated For Swine Flu CBS 2  (米国) CDC:米国人の5人に1人がワクチン接種と
 CDCは12月と1月初めに行った電話による調査結果で、A/H1N1ワクチン接種を米国人の5人に1人、または6100万人が受けたと推定値を発表した。
 CDCはまだ十分ワクチンが供給されてなかった時期での結果なので、接種率としては満足ゆくものと判断している。
 詳細:優先接種者(妊婦、小児、および基礎疾患保有成人)、1億6000万人の中で28%が接種。(4480万人)。妊婦の38%が接種。保健医療担当者の22%が接種。非高齢成人で基礎疾患保有者の12%。
 6ヶ月から18歳までの29%。
カナダ保健省インフルエンザ週報1週  カナダ保健省
 1月3日~1月9日
 全指標がインフルエンザ流行閾値以下。流行なし。
 全州、散発的発生、または発生なし。

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報1週  英国健康保護庁(HPA)
 1月3日~1月9日。
 全般的指標はインフルエンザ流行閾値を下回っている。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患発生数(定点機関)。インフルエンザ流行閾値の下限30を下回っている。

米国CDCインフルエンザ週報52週 米国CDC
 定点外来機関受診インフルエンザ様疾患患者数は流行閾値を下回った。
 広範に流行している州はゼロ。散発的に流行している州が大半。流行が確認されてない州は2州。
 肺炎およびインフルエンザによる死亡者数は例年と同じレベルに。
 小児の死者数は7人が報告。
 分離株の大多数はA/H1N1。H3株は0。B型は1.4%。
 分離A/H1N1株の1.3%がタミフル耐性。


新型インフル、健康成人へのワクチン接種早める 読売新聞
 長妻厚生労働相は15日、新型インフルエンザの国産ワクチンが余り始めているとして、健康成人への接種時期を早める方針を明らかにした。
 具体的な時期は都道府県の判断に委ねる。優先接種対象外の歯科医師や薬剤師、介護従事者らに対しても早期に接種するよう都道府県に依頼する。また、欧州の製薬2社から輸入予定の新型インフルワクチンの特例承認を決めた。医薬品審査を簡略化する薬事法上の特例承認は初めて。
 輸入するのは、英グラクソ・スミスクライン社とスイス・ノバルティス社のワクチン計9900万回分。優先接種対象から外れていた19~64歳の健康な成人に早ければ2月から接種する。国産ワクチンと合わせ計1億5300万回分のワクチンが供給されることになり、全国民分を超えるワクチンの扱いも焦点になる。
1月15日

インフル患者、依然減少=ほとんど新型-感染研 時事通信
 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。
Pandemic Flu Scare Fades, Vaccine Glut Seen for Glaxo, Novartis  BusinessWeek  (米国) パンデミック・インフルエンザの脅威が薄れるとともに、グラクソ社とノバルティス社のワクチンが過剰に
 状況と問題点を整理している。
Health officials, experts reject 'false pandemic' charges  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 保健当局者および専門家、”偽りのパンデミック”に対する批判を否定
 欧州議会に提出されたWHOの”偽りのパンデミック”宣言に対する疑惑の検証を求める動きに対する論議。
Facing Inquiry, WHO Strikes Back at "Fake Pandemic"; Swine Flu Criticism Science Magazine (blog)  (米国) WHO、”偽りのパンデミック”宣言で批判の矢面に
WHO Denies Hyping Dangers of Swine Flu Voice of America (米国) WHO、ブタインフルエンザ脅威を煽ったとの批判を否定
 ケイジ・フクダ氏の反論。
WHO Official: H1N1 Threat Not Exaggerated (Washn) MLive.com (米国) WHO当局者:H1N1脅威は決して誇張されていない
 AP
 ヨーロッパで批判されているWHOのパンデミック宣言に関して、WHOのケイジ・フクダ氏(パンデミック対策顧問)は、批判に対して適切ではないと反論した。

大流行宣言は適切 神戸新聞
 共同
 世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長特別顧問(新型インフルエンザ担当)は14日の記者会見で、「今回の新型インフルエンザを世界的大流行(パンデミック)と呼ばないことは、科学的にも歴史的にも間違っている」と述べ、昨年6月の大流行宣言を含む一連のWHOの対応は「均衡が取れて慎重だった」とした。
 WHOがワクチンなどを製造する医薬品業界に影響されて騒ぎすぎたのではないかなどとする一部からの批判に反論した形。
 フクダ氏は世界的大流行は「(全体的な症状が)歴史的にみて非常に重い場合と軽い場合がある」と説明。WHOによる大流行の定義には症状の重さは含まれていないことなどを強調し、理解を求めた。
1月14日


Did UK get it right on swine flu? BBC News (英国) 英国はブタインフル対策を公正に行ったか?
 政府、主任医療政務官が過剰に反応したのでは無いかという疑問。
 7月に6万人死亡すると警告。その後1000人に下方修正。そして現在は360人。
 いつもよりも寒い冬に、インフルエンザはほとんど流行していない。 
Seasonal death toll from influenza, respiratory infections in Ukraine is 950 Kyiv Post  (ウクライナ) ウクライナ、インフルエンザ、および呼吸器感染症での死者が950人に
 ウクライナでインフルエンザおよび関連合併症で死亡した数は、1月13日の時点で950人になったことがウクライナ保健省から発表された。
 この24時間で11人が死亡した。
 流行が始まって以来414万8000人が発病している。この24時間で4万1801人が発病した。(週に約28万人)。人口はウクライナ4570万人。平均寿命 67.77歳。
香港健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第1週
 再流行の気配はない。
 
 分離ウイルス株: A/H1N1 74株 A/H3 4株、B 14株
左:定点機関受診インフルエンザの割合 赤線 (/1000患者数)、 右:分離ウイルス株 緑 A/H1N1、茶色A/H3

Reported swine flu cases decline VOVNews.vn  (ベトナム) ベトナム、ブタインフルエンザ報告数が減少に
 この2~3週間、A/H1N1感染者および疑い例が激減していると国立公衆衛生疫学研究所のニュエン・トランヒエン長官が語った。
 病院で確認された患者数は30%まで減少したとされる。
 ベトナムはWHOにA/H1N1ワクチンの提供を求めている。妊婦と医療スタッフに接種する予定だ。
都内の新型インフル 2カ月半ぶりに流行警報解除 MSN産経ニュース
 東京都は13日、都内286カ所の医療機関で4~10日の1週間に確認されたインフルエンザ患者数が、1医療機関当たり5・51人と、流行警報の継続基準10人を下回ったと発表し、同日付で警報を解除した。昨年10月28日の警報発令から2カ月半ぶりの解除となる。
 都によると、都内286医療機関の報告数は計1576人で、前々週と比べ1283人減少した。都内のピークは昨年10月26日から同11月1日までの1医療機関当たり28・09人。
新型ワクチン、国内産か輸入品か本人選択 厚労省検討 朝日新聞
 
CIDRAP News (ミネソタ大学感染症情報センター) Novel H1N1 Influenza (Swine Flu)  ニュース- 新H1N1インフルエンザ

 1月12日

WHO to field questions on pandemic response WHO、パンデミック対策に関する疑問に対応予定
 欧州評議会のメンバーから疑問を呈されているWHOのパンデミック宣言の対する疑問にWHOは、中立の専門家による評価を行う予定と発表。しかし時期はパンデミックが終息してからとされる。

A third of UK health workers now vaccinated  英国の保健医療担当者の三分の一がA/H1N1ワクチンを接種
 12月の時点で約100万人の保健医療担当者のうち34万3000人しかワクチン接種を受けていない。しかしその数は季節性インフルエンザ接種の倍に相当する。
1月13日

塩野義インフル薬をスピード承認 神戸新聞 
 塩野義製薬は13日、新しいインフルエンザ治療薬「ペラミビル」(商品名ラピアクタ)の製造と販売の承認を取得した、と発表した。新型インフルエンザが流行し治療薬の需要が高まる中、厚生労働省が審査を優先してスピード承認。今シーズン中に使用できる見通しだ。
 ペラミビルの正式な承認は世界初という。今回の承認は成人向けだが、塩野義は2009年度内に、小児向けを追加申請する予定。
 主なインフルエンザ治療薬ではタミフルやリレンザに次ぐ第3の治療薬となる。ペラミビルは点滴薬のため、口から摂取する既存のタミフルやリレンザと違い、人工呼吸器をつけた患者らにも投与しやすい特長がある。
 ペラミビルは米国の製薬会社バイオクリスト社が開発し、塩野義が日本国内での開発と販売の権利を取得した。
Mexico Still Waiting For Swine Flu Vaccines WSOCtv.com (米国) メキシコ、いまだ発注ブタインフルエンザワクチンが届かず
 昨年のブタインフルエンザの震源地であったメキシコは、昨年発注した3000万接種量の半数も受け取っていないと保健大臣が12日語った。
 ホセアンジェル・コルドバ保健大臣は、同国にワクチン製造企業がないことから、ワクチン確保に難儀していると語った。
 一方、過剰のワクチンを入手している数カ国は、使用しないワクチンの売却を行い始めた。
 「メキシコはワクチン購入国として、後方に位置づけるしかなかった。なぜならワクチン製造企業のある国が最初の出荷分を提供されたからだ」、と同大臣は語っている。
 昨年4月、メキシコで最初のH1N1患者が確認されると、製薬企業はパンデミックを抑えるためにワクチン製造を開始した。メキシコはサノフィ・パスツールに2000万接種量、ロンドンのグラクソスミスクライン社に1000万接種量を発注した。
 しかし発注量の多くが2月、または3月まで入荷しない可能性が高いことを認識したことから、政府はカナダから500万接種量を借り受けることにした。
 大臣によるとカナダからの借り受け分を含めて、メキシコに1200万接種量のワクチンが届いたという。

 「ワクチンの配布は最も必要とする国が優先されるわkではなく、金を持っている国が優先されている」、とジョーン・ホプキンス大学の国際ワクチンアクセスセンター長のオリン・レバイン長官が語っている。
 ワクチン入手の困難性はあるが、コルドバ大臣は、メキシコのワクチン接種プログラムは軌道に乗っていると語った。3月までに2400万人に接種することが目標となっているようだ。
WHO、製薬会社と癒着?新型インフルで欧州会議が調査 朝日新聞

ワクチンの大量販売狙った製薬会社、新型インフルの恐怖を助長? 中央日報 (韓国、日本語版)
 新型インフルエンザ(H1N1)のワクチンを大量に販売するため、各製薬会社が同病への恐怖感を誇張しすぎたという見方が示され、波紋が広がっている。

11日付英紙「サン」によると、欧州会議議員会議(PACE)保健分科委員長のボダルク氏は「製薬大手が、警報のレベルを最高レベルのパンデミック(pandemic)に高めるよう世界保健機関(WHO)に圧力を加えたため、新型インフルエンザの恐怖を拡大させた」と強調した。

欧州47カ国の政府による協力機関「PACE」の保健分野で最高責任者を務める同氏は「新型インフルエンザの恐怖は製薬会社が主導した“偽りのパンデミック”で、今世紀最大の医学スキャンダルの1つ」とし、真相調査を求めた。WHOは新型インフルエンザの拡大がピークに達した昨年6月、パンデミックを宣布した。

最近、新型インフルエンザの拡大傾向は静まりつつある。ボダルク氏は「新型インフルエンザは一般のインフルエンザの一種。致死率が季節性インフルエンザの10分の1にもならない」とした後「恐怖心の助長は、パンデミックが宣布されればワクチンを大量に販売できる点を知っていた製薬会社に最高の機会を与えた」と指摘した。続いて「WHOに勤める多くの人が製薬会社と非常に緊密につながっている」とした上で「誰がどんな根拠からパンデミックの宣布を決めたのかを明らかにすべき」と述べた。

欧州会議は同懸案に対し、今月末に非常会議を招集、真相調査を行うかどうかを協議する予定だ。一方、新型インフルエンザによる被害が予想より深刻でないことがわかった中、多数の先進諸国がワクチンの注文を取り消している。米国は11日、豪州の製薬会社CSLへのワクチン発注を半分に減らしたと発表した。ドイツ政府も英国系製薬会社グラクソ・スミスライン(GSK)に発注したワクチンの量を3分の1に減らす方針を決めた。一部の先進国はすでに確保済みのワクチンを第3世界に再販売する案を検討中だ。
WHO to Review Swine Flu Response Amid 'False Pandemics' Debate Bloomberg (米国) WHO、”偽りのパンデミック宣言非難”に対して、ブタインフルエンザ対策を検証に
 ヨーロッパの政策論者達が、インフルエンザ・パンデミックに対するWHOの政策に対する緊急検証会議を開くことに対応して、WHOはその政策に対して検証すると発表した。
 WHOはパンデミックが続いているので、いまだその検証をいつ行うか決定していないと発表した。WHOの広報担当のクリスティ・フェイグ氏が語った。
 昨日、欧州評議会議員会議で、”偽りのパンデミック、健康への脅威”が、1月28日の次回の会議で重要なテーマとして取り上げることを発表した。
 米国や西ヨーロッパで感染者数が減少している中、世界の保健当局はブタインフルエンザ対策が想定した脅威が、正当なものであるか検証しつつある。新H1N1ウイルスは主に小児と若い成人を標的としているが、季節性インフルエンザよりも死者数は少ない。
WHO to examine its H1N1 response CBC.ca  (カナダ) WHO、H1N1対策の検証に
 WHOはH1N1ウイルスの危険性を過大評価したという批判を検証する予定と発表した。
 しかしその検証はパンデミックが終息したと判断された後に予定され、それは場合によっては数年後とされる。
 内容は既出のOttawa Citizenと同じ。
GlaxoSmithKline says Germany wants 34M swine flu vaccine doses, 70 percent of ... San Francisco Examiner (米国) グラクソ社、ドイツが購入量を70%に減量することを希望と
 ドイツは当初契約よりも少ない3400万接種量のワクチン(70%)に減量したいと申し入れていることを、グラクソ社は発表した。
Under fire WHO to review handling of flu pandemic Canada.com  非難が集中の中、WHO、パンデミック政策を独自に調査へ
 WHOは12日、パンデミックに政策に批判が高まっていることを受けて、中立の調査委員会を開く準備があることを発表した。
 しかしながらWHO当局者はこのような調査委員会はパンデミックが終息したと判断されるまで開催されない可能性があると語り、それには数ヶ月、時には数年要するだろうと付け加えた。
 「我々は批判があることは予想するし、またそれは歓迎する。十分論議したい」、とWHOの広報官のファデラ・チャイブが記者会見で語った。
 「将来、我々は外部の専門家を交えて我々の業務を評価したい」

 欧州評議会議員であるオルフガング・オダルグ氏は先週、彼と数人の仲間がWHOによる”偽りのパンデミック”宣言を検証する委員会を開催するように評議会に求めた。宣言は製薬企業からの圧力で為されたとされる。
1月12日

【新型インフル】外部有識者交え対応の適切性を検討へ WHO MSN産経ニュース
 世界保健機関(WHO)報道官は12日、国連欧州本部での定例記者会見で、昨年6月の世界的大流行(パンデミック)宣言を含む一連の新型インフルエンザに関するWHOの対応が適切だったかどうかを外部有識者を交えて検討する方針を明らかにした。
 新型インフルをめぐっては大流行宣言後も感染者の一般的な症状がそれほど重くなく、死者数も通常の季節性インフルエンザとの大きな違いが確認されていないことから、47カ国が加盟する欧州会議(本部・フランスのストラスブール)幹部が「(ワクチン製造で利益を上げる)製薬業界にあおられた、間違ったパンデミック」と指摘するなど、WHOへの批判がくすぶっている。
Swine flu threat didn't disrupt Haj, says Indian CG Saudi Gazette (サウジアラビア) ブタインフルエンザの脅威、インドからの大巡礼参加者数に影響せず、インド領事館
 当初懸念されていた2009年度のメッカ大巡礼に際してブタインフルエンザが大流行は、結果的に起きなかった。インドからの巡礼者数は12万500人と前年よりも増加した。
Countries re-think swine flu vaccine orders Reuters UK (国際) 各国、ブタインフルエンザワクチンの発注量を再考に
 米国他の現状。
Too much flu vaccine? Shot push this week to tell AZFamily (米国) ワクチンは過剰? 今週のワクチン接種推進週間で結論がでる
 ワクチン接種希望者数が減少している中、在庫ワクチンが過剰になる可能性が高い。今週実施されているインフルエンザワクチン接種推進週間の結果で、今後の方針が明らかになる。
【主張】新型ワクチン 輸入も余ってしまっては MSN産経ニュース
 国内の新型インフルエンザの流行が急速に下火になり、電車の中でマスクをする人の姿も減っている。全国約5000の定点医療機関からの患者報告数も、最新の発表である昨年末の第52週(12月21~27日)で19・63と、4週連続の減少を記録している。

 ただし、厚生労働省の推計では52週時点でなお、1週間に約100万人の患者が発生し、累積患者数は1753万人に達している。栄養や休養に気を配り、うがい、手洗いなどの小さな努力は引き続き必要だ。

 一方で、今回のインフルエンザの重症度は懸念されていたより低いことも分かってきた。厚労省が6日に発表した中間まとめによると、死亡報告は5日までに145人で、患者推計と比較すると致死率は0・001%以下である。

 欧米では患者の報告が激減し、致死率が低いこともあって、新型用のワクチンが大量に余り始めたと伝えられている。製薬会社にワクチン購入契約のキャンセルを求め、余剰ワクチンを途上国に回すような動きも出てきた。

 わが国も人口を上回る接種回数のワクチンを確保したが、輸入分はそっくり余りそうな雲行きだ。流行が終息したわけではなく、いまからでも接種の意味は小さくないのだが、優先対象から外れた人たちの間に「いまさら」といった気分が広がるのは避けがたい。

 余剰分を廃棄するようなことにならないよう、購入契約の解除や途上国への提供といった検討も急ぐべきだろう。

 新興感染症の流行は途上国から広がることも多く、ワクチンや治療薬の開発には、先進諸国の研究機関がその病原体の検体を途上国から提供してもらわなければならないことがしばしばある。

 いわば、病原体も途上国にとっては一つの資源なのだが、それを提供しても、ワクチンや新薬開発の恩恵を受けるのは結局、先進国や大手製薬会社だけだといった不満も途上国側には根強い。

 今回は流行の初期段階で先進諸国がワクチンの大量確保に走り、途上国の不満を裏付けるかたちになってしまった。余剰品を譲られても、不満は逆に募る。

 日本はなぜ、輸入に頼らず、国産ワクチンでこの危機をしのぐ姿勢を示せなかったのか。結果論の面もあるが、国際的な感染症対策の中で、この点も苦い教訓として検証することが必要だろう。


1月11日


'Swine flu scare exaggerated to sell drugs' Independent Online  (南アフリカ) 薬の販売戦略のためにブタインフルエンザの脅威は誇張された
 英国のDaily Mailの引用。
 ブタインフルエンザ流行は、世界の脅威を呼び起こして数十億ポンドの増益を意図した製薬企業による”偽りのパンデミック”であった。先導的保健専門家が主張している。
 ヨーロッパ評議会保健会議の議長であるオルフ・オダルグ博士は抗インフルエンザ薬とワクチンの製造企業を、WHOのパンデミック宣言に強い影響を与えたと非難している。
 この宣言で比較的軽症のインフルエンザに対して、各国が大量のワクチンを発注することになり、製薬企業は膨大な利潤を得ることになったとされる。
 オダルグ博士の製薬企業調査の動議案はヨーロッパ評議会で承認され、緊急検証が今月遅くに開かれる予定となっている。
Toddler saved from bird flu, but teenager in critical condition Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、幼児が鳥インフルから回復、しかしティーンエイジャーは重体
 リアウ州、ペカンバルの病院で鳥インフルを発病した4歳の女児を救ったが、同時に17歳の感染疑いの少年の治療に苦戦している。
 女児は診断がつく前に回復して現在は一般病棟に移された。女児は裏庭で死亡した鶏に接触したことが感染の原因と考えられている。
 一方17歳の高校生の診断はまだついてないが、高熱と呼吸困難、および意識障害(昏睡)が続いていて、人工呼吸器に繋がっている。感染源は定かではない。
US Lowers CSL H1N1 Vaccine Order to 14 Million Doses, CSL Says Bloomberg (米国) 米国、CSL社のワクチン量発注量を1400万回分に減量
 オーストラリアのCSL社の広報官は12月30日に、米国保健福祉省が当初の発注量2200万接種量を1400万接種量に減量することを申し入れてきたと、e-MAILで伝えた。
 他のワクチンメーカー、ロンドン本社のグラクソスミスクライン社とイリノイ州に本社を置くバクスター・インターナショナルも発注量をカットされた。その一方で政府はワクチン接種啓発に力を注いでいる。
First shipment of A/H1N1 flu equipment to arrive in Nepal Xinhua (中国、新華社) WHOからネパールへ初のA/H1N1医療用品が発送
 WHOはパンデミックインフルエンザA/H1N1治療用に、5セットのICU用医療用具を発送した。WHO代表のニマル・カンデル博士が発表した。
 医療用具はネパール保健省から5病院へ配布されるという。
 またWHOは人口の10%分のA/H1N1ワクチンを1月末までに発送するとされる。
 ネパールではこれまで171人のA/H1N1感染者が記録され、2人が死亡している。
The 'false' pandemic: Drug firms cashed in on scare over swine flu, claims ... Daily Mail  (英国) 偽りのパンデミック:製薬企業ブタインフルエンザ脅威の陰で多額の収入増に、
 トップ保健専門家が、世界的パンデミック脅威の背後で数十億ポンド(数十億ドル)の収入に繋がる大手製薬企業の、”偽りのパンデミック”煽動が為されたと主張している。
 
 ヨーロッパ評議会の保健会議議長(head of health at the Council of Europe)のオルフガング・オダルグ博士はインフルエンザ薬およびワクチン製造企業が、WHOのパンデミック宣言に影響を及ぼしたと非難している。その結果、英国を含む多くの国が、比較的軽症のインフルエンザに多額の予算でワクチンを購入することになり、製薬企業に巨額の収入を約束することになったとされる。
 オダルグ博士の製薬企業調査の動議案はヨーロッパ評議会で承認され、緊急検証が今月遅くに開かれる予定となっている。
 英国保健省は65000人の死者が出ると警告し、専用のアドバイスのための電話とウエブサイトを開き、通常の規則を保留して、処方箋無しに抗インフルエンザ薬の提供を可能にし、地方の保健当局と自治体に、大流行に備えるように指示を出した。
 対策の中には緊急死体安置所の設営や、人々が薬を求めて殺到する場合に軍隊が出動することなどが指示された。
 しかし、英国では、先週5000人以下の感染者の発生に留まり、これまでの死者数は251人に過ぎない。
 オダルグ博士は、H1N1流行を”今世紀にける最も大きな医学的スキャンダルの一つ”と呼ぶ。
 同博士は、「我々は軽少なインフルエンザを経験した。それは偽りのパンデミックである」と語っている。
 
 同博士はさらに以下のように続ける。
 「パンデミック脅威の種は、5年前に撒かれた。より致死的な鳥インフルエンザウイルスが人のウイルスに変異するという脅威である」
 世界的にパニックの雰囲気が起き、それは政府に抗インフルエンザ薬の備蓄や、大量のワクチン契約が水面下で為された。
 こうした状況下でワクチン製造企業は、何等経済的リスク無しに、巨額の収入を約束された。
 製薬企業は、単にWHOがパンデミック宣言するのを待つばかりになった。もし宣言されたら、契約が締結となるからだ。
 オダルグ博士は、世界を代表する製薬企業は、彼等の顧客達に対策を強化することを勧め、WHOや他の関連機関の歯車の中に組み入れたと主張する。
Turks fear side effects of swine flu vaccines Hurriyet Daily News (トルコ) トルコ、ブタインフルエンザワクチンの副作用を恐れる
 8600人を対象にしたアンケート調査で95%がワクチン接種を受けていないことが確認された。女性の場合は80%が受けていない。
 受けない理由としては副作用を恐れていること、実験台にされている可能性があること、ドクターの間でも意見が一致していないこと等が上げられている。
 トルコでは、これまで500人以上が死亡しているが、ワクチン接種によりこれらの命が救えただろうと、保健省大臣補が語っている。
Move to recover cost of flu vaccine  Financial Times  (英国) A/H1N1ワクチンのコストの回収方法
 各国がA/H1N1ワクチンの発注量を減量、キャンセル、さらには返却等の動きを示しているが、ワクチン企業は大きな経済的損失を受ける可能性がある。
 英国では、これまで380万人しか接種を受けていない。国内には1250万接種量配布している。
Few Ohioans At High Swine Flu Risk Vaccinated WCPO (米国) オハイオ州、ハイリスク者のワクチン接種率が低率と
 オハイオ州ではブタインフルに感染しやすいハイリスク者の5人に1人しかワクチン接種を受けていない。
 妊婦10人中2人が接種。医療担当者では3人に1人。
 5~18歳までの基礎疾患を保有する小児の場合は5人に1人。6ヶ月から5歳までの年齢の小児では接種率はさらに少ない。
 オハイオ州ではインフルエンザのピークは10月中旬に迎え、その後は感染者数は継続的に下がってきている。
 州保健局では、今後再流行もあり得ることからワクチン接種を勧めている(今週は国家インフルエンザ接種促進週間)。
Can we really trust chief scientific officers? Times Online  (英国) 我々は医療政務官達を信じることが出来るだろうか?
 論説

 過剰な6000万接種量のH1N1ワクチンをどうすれば良いか?オークションで大量の砂と交換を申し込んでは?
 ブタインフルエンザでの死者数は、政府の主任医療政務官によって昨年7月に75000人と予測された。しかし実際は12月31日までの203人の死者数に過ぎない。
 H5N1鳥インフルエンザに関しても、2005年に現在の主任医療政務官であるライアム卿は、5万人の死者が出ると警告し、可能性からいうと75万人に上ると語った。
 変異型CJD(人型BSE)も同様にオックスフォードのチームが136000人死亡すると予想した。しかし今日まで162人過ぎない。
 これまで主任医療政務官が警告してきたいくつかの問題を取り上げ、それら警告が如何に過剰であったかを説明する。
1月10日

Saudi Arabia makes swine flu vaccines available for all Indian Express (インド) サウジアラビア、国民分のA/H1N1ワクチンを製造
 サウジアラビアは自国で製造したA/H1N1ワクチンを希望者全員に、今後5週間に亘って接種する。
 同国ではこれまで15500人が感染し、124人が死亡している。
肺炎球菌の重複感染で重症化=新型インフル-アルゼンチン調査 時事通信
 南米アルゼンチンで、秋から冬に当たる昨年5~7月に、新型インフルエンザの致死率が4.5%と極めて高かったのは、肺炎球菌との重複感染が主因だったことが分かった。米コロンビア大などの研究チームが10日までに、米オンライン科学誌プロス・ワンに発表した。
 1918年ごろに世界的に大流行した同型のインフルエンザ「スペイン風邪」の際も、肺炎を併発して死亡した患者が多かったことが知られており、ワクチンなどによる肺炎球菌対策も重要とみられる。
Feds urge more H1N1 vaccinations Times of the Internet  (米国) 連邦政府、さらなるH1N1ワクチン接種を勧める
 国家インフルエンザワクチン接種週間を迎え、セベリウス保健福祉長官が多くの米国人がワクチン接種を受けていないことを危惧し、このままなら5月までインフルエンザの流行は続く可能性があると語り、速やかにワクチン接種を受けるように呼びかけた。
WHO: Some regions still battle intense flu activity CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO:いくつかの地域では未だインフルエンザ流行が継続中
 WHO週報によると、A/H1N1ウイルスはポーランド、セルビア、ウクライナ、およびグルジアで流行を広げている。また北部アフリカではエジプトでも流行中である。
 一方、呼吸器疾患の増加からパンデミック・インフルエンザの拡大が、インド、ネパール、そしてスリランカを含む南アジアでも顕著とされる。
1月9日


Talks to offload swine flu vaccine under way  BBC  (英国) 英国、過剰のワクチンの処分方法を討議
 A/H1N1インフルエンザの第3波発生の可能性が低いことから、英国政府は大量のワクチンの処分方法を討議中とされる。
 政府はグラクソ社と発注済みの残りのワクチンの購入契約に関して論議中である。
 他のオプションとして、過剰のワクチンを他の国に売却、または貧しい国への提供があるが、それでも備蓄量は在庫することになる。
 A/H1N1は劇的に流行が下火になり、通常のインフルエンザシーズンに観察される患者数以下となっている。
 英国はグラクソ社から6000万接種量、バクスター社から3000万接種量の購入契約をしているが、感染者数が少ないために、それだけのワクチン量が必要ではなくなっている。
 今日までグラクソ社のワクチンが2390万接種量、バクスター社のが500万接種量、ハイリスク者への接種用に国内に配布されている。
Death toll from flu, respiratory infections in Ukraine rises to 882, says ...  Kyiv Post  (ウクライナ) ウクライナ、インフルエンザ及び呼吸器感染症での死亡者数が882人に
 1月8日の時点でインフルエンザ及びインフルエンザ様疾患で死亡した数が882人になったとウクライナ保健省が発表した。
 過去24時間以内に妊婦2人を含む23人が死亡した。
 2009年、10月29日に流行が確認されて以来、398万が感染した。過去24時間で22858人が感染したとされる。
Minorities Suffer More from Swine Flu In US MedIndia マイノリティが米国ではブタインフルエンザに感染しやすい
 米国ではマイノリティがブタインフルに罹患しやすい。例えばウイスコンシン州で検討すると、入院率は、インディアンでは人口10万人当たり35人、ヒスパニック系では32人、黒人では28人前後、そして非ヒスパニック系白人では14人と、社会的上位になるほど減少する。
 原因について、マイノリティ集団での健康状態の差が上げられる。糖尿病等基礎疾患の保有率、乳児死亡率、ティーンエイジャーの妊娠率は高い。
 他の要因として医療機関受診の容易さ、健康保険加入の有無等が上げられる。

 ボストンでもマイノリティがブタインフルエンザに罹患する率は驚くほどに高い。
 黒人は市の人口の25%を構成するが、ブタインフルエンザ感染者に占める割合は37%に上る。
 ラテン系は人口の14%であるが、春と夏に発生した感染者の三分の一を占めた。
 ボストン公衆衛生局でもこのような状況は予想していなかったようだ。
 収入の少ない両親は、子供が発病しても学校を休ませることが難しい。

 ワシントン州のキング郡では感染者の半数は非白人である。
 社会的経済的差異、慢性疾患保有率の高さ等が関係していると専門家は語る。
Milwaukee addresses racial disparities in H1N1 cases WKOW-TV.com (米国) ミルオーキー、H1N1感染傾向の人種的差異に焦点
 ミルオーキー市では、今月、H1N1ワクチン接種を人種的に感染しやすい層への接種を強化する。
 最近の調査では、アフリカ系米国人とヒスパニック系米国人で感染率が2~3倍高いことが分かった。
 ミルオーキー市では、国家インフルエンザワクチン週間でもある、1月10日からの1週間に集団ワクチン接種クリニックを追加的に開く。
Why Seniors Really Should Fear Swine Flu Newsweek (米国、ニューズウィーク) なぜ、高齢者はブタインフルを恐れるべきか?
 ニューズウィーク掲載記事 2009/1/8

 米国連邦政府はA/H1N1について次のように説明している;高齢者は容易に休息出来る。。しかし小児は感染する危険性が高く、季節性インフルエンザに比較できない程の死亡者が出ている。多分、高齢者は何らかの免疫を保有している可能性すらある。

 しかしそこには一つの問題がある;最新のCDCによる統計を見ると明確に疑問の余地が無い程に、高齢者が小児の倍の致死率となっている。
 「多くの高齢者は疑いなく、感染の危険性とワクチン接種の重要性が過小評価されている。高齢者は心配はいらないと伝えられるべきではなく、もしウイルスがインフルエンザ再流行を起こしたなら、感染して死亡するかも知れないと伝えられるべきだ」と、リスクコミュニケーションの長年に亘る研究者であるペーター・サンドマンが語っている。
 同氏がCDCからのデータをまとめたところによると;0歳から17歳の小児は最も感染しやすいが、18歳から64歳までの成人と65歳以上の高齢者は、感染すると、より死亡しやすい。幼小児は感染しても最も死亡する率は低い。
 0~17歳までの小児(7500万人)のうち21.3%が感染したと推定され、これらの小児1600万人の中で71000人が入院し、そして1090人が死亡したと推定される。
 病院入院率(case-hospitalization rate )は0.44%。致死率(case-fatality rate )は0.007%。
 一方、18歳から64歳まで(1億9400万人)のデータでは、2700万人が感染し、12万1000人が入院し、7450人が死亡した。すなわちこの年齢層では13.9%が感染しているが、入院率は0.45%、致死率は0.028%。致死率は小児の4倍となっている。
 最後に3900万人いる高齢者層では、400万人が感染し、21000人が入院し、そして1280人が死亡している。感染する危険率は10.3%、入院率は0.52%、致死率は0.032%となる。

0~17歳(小児) 18~64歳(成人) 65歳以上(高齢者)
人口 7500万 1億9400万 3900万
感染率 21.3% 13.9% 10.3%
入院率 0.44% 0.45% 0.52%
致死率 0.007% 0.028% 0.032%

 以上のデータをCDCの疫学専門家のベス・ベル博士にメールで示したところ、同博士は、基本的計算方法は正しいと答え、さらにH1N1に関する重要な事実を明らかにしたと評し、高齢者には免疫はないから、我々はワクチン接種をさらに勧奨すべきと考えている、と返事を返してきた。

Flu death rate falls below epidemic threshold in US Xinhua (中国、新華社) 米国、インフルエンザ死亡率が流行閾値以下に
 52週(12月27日~1月2日)、米国におけるH1N1インフルエンザ死亡者数は、流行閾値を下回った。
 肺炎またはインフルエンザ(P&I)で死亡する率は、インフルエンザ流行と相関する。
 CDCで発表したインフルエンザ最新流行情報では、流行に関する多くの指標が前週よりも下回り、流行が小康状態に入ったことを示唆している。
米国CDCインフルエンザ週報52週 米国CDC
 12月27日~1月2日。
 インフルエンザ流行閾値の下限。
 州全体で流行している地域は1州に減少。
 小児の死亡報告は4例と減少。
 分離ウイルス株から季節性インフルエンザ株はB型が4%で検出。香港型(H3)は無し。
 A/H1N1株の1.6%がタミフル耐性株。




カナダ保健省インフルエンザ週報51&52週  カナダ保健省
 12月20日~1月2日
 全指標がインフルエンザ流行閾値以下。



英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報53週  英国健康保護庁(HPA)
 12月27日~1月2日。
 全般的指標はインフルエンザ流行閾値を下回った。しかし休日が多かった事が影響している可能性もある。
 人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患発生数(定点機関)。インフルエンザ流行閾値の下限30を下回っている。
 
1月8日

China offers free swine flu jabs to children under 3 AFP  (国際) 中国、3歳以下の幼児に無料でブタインフルワクチンを接種
 中国政府は6ヶ月から3歳まで乳幼児に無料でブタインフルワクチン接種を行うと発表した。2月14日の旧正月の元旦(春節)を前にした措置とされる。
 保健省によると小児が最もA/H1N1に感染しやすいとされる。
 中国ではこれまで5140万人がワクチン接種を受けていて、その数は世界最多とされるが、13億人の人口に比較すると数は非常に少ない。
 保健省によると2009年末まで659人が死亡しているとされるが、今後も地域によっては流行が続く可能性があるとされる。
 特に春節を前に数億人の人々が行き会う状態で流行が懸念される。
18 people die of swine flu in Georgia News.Az (アゼルバイジャン) グルジアで18人がブタインフルで死亡
 18人目の死者がグルジアで報告された。国立疾病管理センターから報告された。
 18人中には6人の妊婦が含まれている。
 これまで1170人の感染者が確認されている。センターによると感染者数は減ってきているが2月末に再流行の可能性があるとされる。しかし専門家は次の流行は、先の流行ほど大きくはないと推定している。
The Official Word to All, Get a Swine Flu Vaccination Now New York Times  (米国) 米連邦保健当局、全国民へブタインフルワクチン接種を呼びかける
 良く見積もってワクチン接種者は6000万人。現在ワクチンは1億3600万回接種量が国内各地域に配布されている。誰もが接種可能となっている。
 CDCのアン・シュチャット博士は、これからも流行が再燃する可能性もあるから、未接種者は早急にワクチン接種をするように呼びかけている。
Speke swine flu vaccine maker Novartis could see production fall as ...  Liverpool Echo (英国) ノバルティス社、A/H1N1ワクチンの製造量減少の可能性
 巨大製薬企業のスイスのノバルティス社は世界各国の政府が発注量の減少やキャンセルを考えているために、経済的打撃を被る可能性が出ている。
 フランスは9400万回接種量をノバルティス社、グラクソ社およびサノフィ・アベンティス社に発注しているが、発注量の5000万回接種量をキャンセルする方向で検討している。
 フランスではこれまでわずか500万人しか接種を受けていない。先月にはドイツとスペインもキャンセルを考慮中と発表している。
 英国も同じ状況であり、2120万回接種量を発注していて、そのうち1470万回接種量を国内に配布している。しかしこれまでの接種者数は334万人にすぎない。
 しかし英国内での感染者数は減少し続けており、死者数も入院者数も減少している。
 政府は余剰ワクチンに関して検討中とされる。
GSK has finished making Canada's H1N1 vaccine order, Public Health Agency says Moose Jaw Times-Herald (カナダ) カナダ公衆衛生局、グラクソ社へのH1N1ワクチン購入契約を締結
 5040万回接種量をグラクソ社へ発注していたカナダは、最終的に同量の購入契約を締結したと発表。グラクソ社のケベック郊外にある工場で製造されている。
 接種希望者数が少なく、3000万接種量が余る予定になっている。
 余剰ワクチンを他の国へ売却等の構想もあるが、明確な判断はでていない。
Germany aims to cancel millions of Glaxo shots  TVNZ (ニュージーランド) ドイツ、グラクソ社のワクチン、発注量の半数をキャンセルに
 発注量の5000万接種量の半数で国民の30%に接種が可能と。
 当初2回接種が必要と考えられたが、実際には1回接種で十分免疫獲得が可能となったこと、および予想した程希望者がいないことから、半数は必要がないと判断された。
Second wave of H1N1 over in Quebec: minister CBC.ca - (カナダ) ケベック州、第2波は去った、保健相談
 ケベック州の保健相、Yves Bolduc氏は、記者会見で集団ワクチン接種により、ブタインフルの第2波は去ったと語った。
 同氏は多くの人々がワクチン接種を済ましたことから、第3波は発生しないだろうとの見解を示した。
 ケベック州におけるA/H1N1ワクチン接種率は57%である。
 今後は季節性インフルエンザワクチン接種が行われる。
German states cancel swine flu vaccine orders Deutsche Welle  (ドイツ) ドイツの各州、ブタインフルエンザワクチンをキャンセルに
 予想したほどインフルエンザが拡大しないため需要が少ないこと、当初2回接種が必要と考えられたが、実際には1回接種十分であることから、発注ワクチン量が過剰となった。
Three more deaths from swine flu in Wisconsin WEAU-TV 13  (米国) ウイスコンシン州で3人がブタインフルエンザで死亡
 州保健局は今週ブタインフルエンザで3人が死亡したと発表した。
 同州では昨年4月以来50人が死亡し、9月以来1230人が入院している。
 保健局ではインフルエンザの流行は下火になっているが、再流行する可能性もあると言っている。州内でワクチン接種が可能であるから接種するように勧めている。人口は547万人。
香港健康保護庁(HCP)インフルエンザ週報 53週 
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様疾患患者数は増加していない。散発的患者の発生が見られているが流行は終息している。分離ウイルス株の大多数はA/H1N1で、A/H3N2株は1%以下に過ぎない。
 左:定点機関受診患者1000人中に占めるインフル様患者、右:分離ウイルス株。緑A/H1N1、茶A/H3N2

 

ドイツ、グラクソの新型インフルワクチン発注の半分を取り消す可能性 ロイター (国際、日本語版)
 ドイツはグラクソ・スミスクラインに発注した新型インフルエンザ(H1N1)ワクチンの半分を取り消すことを検討している。実際に発注が撤回されれば、グラクソの業績に影響が出る可能性がある。
 ドイツの各州政府は昨年10月26日に新型インフルに対するワクチン接種を開始した。発注した5000万回分のワクチンは数回に分けて今年の春までに納入される予定になっている。
 政府は当初、1人につき2回の接種が必要としていた。しかし医療関係者は現在は1回の接種で十分としている。
 ドイツ北部ニーダーザクセン州のロスルットマン保健相は「発注済みのワクチンの半分で州の人口の30%に接種を行うことができる」と述べた。
 同州政府の広報官によると、各州政府がグラクソに発注した接種5000万回分のワクチンの製造コストは4億1650万ユーロ(5億9700万ドル)。
 グラクソのドイツ支社は発注の一部撤回要請について、さらに協議した上でコメントするとしている。
 各州政府は余剰ワクチンを売却したい考えで、近く交渉が始まる見通し。新型インフルエンザの感染被害が大きいウクライナが関心を示しているという。
 欧州ではこれまでにフランスが発注済ワクチンの半分以上をキャンセルしている。
1月7日


WHO says demand for donated vaccine may drop CIDRAP News (ミネソタ大学感染症センター) WHO、途上国への提供ワクチンの要求量が減少の可能性
 6日
 ワクチン提供を望む途上国に対して、WHOは人口の10%分を提供する予定となっているが、WHOのマリーポウル・キニー博士によると、各国政府はパンデミックが下火になってきていることから、どの程度のワクチン量を準備すべきか再考し出しているという。
Vaccine surplus issues surface in Australia, Ireland  CIDRAP News (ミネソタ大学感染症センター) オーストラリアとアイルランドでもワクチン過剰問題が論議に
 6日
 オーストラリアは発注したワクチンの約25%しか使用してない。
 夏場のオーストラリアではインフルエンザは流行してないが、保健大臣のニコラ・ロクソンとオーストラリア医学協会(両者はワクチンんも発注量を決定)、は国民に対してワクチン接種を促している。
 一方、アイルランドのメディアは、バクスター社へ発注した370万接種量をキャンセルしたと報じた。アイルランドの人口は450万人。
Canada to lend Mexico 5 million swine flu doses Fort Worth Star Telegram  (カナダ) カナダ、メキシコに500万接種量のブタインフルワクチンを貸与
 メキシコが発注しているブタインフルワクチンのバルク(原料ワクチン:バイアルに分注前の成分)は今月末にならなければ入荷しないことから、カナダは500万接種量をメキシコに貸与することを決定して、今週発送する。
 メキシコは3月に返却予定という。
Manitoba may donate excess H1N1 vaccine abroad The Province (カナダ) マニトバ州、余剰ワクチンを海外に売却に
 マニトバ州保健局は余剰のH1N1ワクチンを海外に売却し、また今後の再流行に際しての若干の備蓄を考えている。
 保健局では今後大規模な集団接種の予定はない。もっともカルガリでは、クリスマス前に接種を逃した住民のために3ヶ所で接種を行っている。
 マニトバ州では昨年夏130万接種量のワクチンを発注したが、12月中旬までに人口の35%しか接種しなかった。
 ワクチンの有効期限は18ヶ月である。カナダはグラクソスミスクライン社から5040万接種量、オーストラリアのCSL社から20万接種量を購入した。総定価額4億250万ドルである。
 連邦政府が費用の60%を支払う。
 カナダは5000万接種量の総額を支払うことになっている。マニトバ州の118万。
2 More Dead Of Swine Flu In Minn., Total Now 54 WCCO (米国) ミネソタ州でさらに2人がブタインフルで死亡、累積死者数が54人に
 ミネソタ州で2人のブタインフル死者が出たが、保健省の集計データではブタインフル感染者数は少ない状態が続いている。
 6日、州保健局は2人が12月30日以降にブタインフルで死亡したと発表した。累積死者数は54人となった。
 しかしながら流行の第2波の状況を示す全ての指標は大きく減じている。先週、学校における集団発生の報告はなく、1人が入院してブタインフルが確認されただけである。
 小康状態にあるも、保健局は第3波に備えてワクチン接種を受けるように州民へ呼びかけている。
 ミネソタ州の人口は約500万人。死亡率は約10万人に1人。
Only 25% swine flu vaccinations used The Age  (オーストラリア) オーストラリア、僅か25%のブタインフルワクチンしか使用されず
 2100万接種量のワクチンが準備されたが、接種希望者は人口の25%に過ぎないため、過剰のワクチンに無駄な税金が支払われることになる。
 オーストラリアでは37000人のブタインフル感染者が確認され、死者数は191人が発生していた。
1月6日

A/H1N1 flu cases decrease in China Xinhua (中国、新華社) 中国、A/H1N1インフルエンザ患者数減少
 先週、中国本土のA/H1N1感染者数が減少したと6日保健省が発表した。
 保健省の週報によると、12月28日から1月3日までの1週間に2935人の感染者が確認されたとされる。この数値は前週の4448人から大幅に減少している。また死者数は93人から67人に減少した。
 一方、これまでのワクチン接種者数は5138万人とされる。
 また保健省は、低温の冬期間に鳥インフルエンザに感染する可能性が高まることから、鳥に濃厚接触した後インフルエンザ症状を呈して場合は速やかに医師の診察を受けるように注意を促している。
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい-厚労省 時事通信 
 厚生労働省は6日までに、新型インフルエンザの発生動向をまとめ、ホームページ上で公開した。先月中旬までに国民の8人に1人が新型インフルエンザで医療機関を受診し、受診者13万人に1人(0.00076%)が死亡したと推計。重症化率など季節性インフルエンザとの違いについては、流行中のため比較できないとした。
 同省によると、先月中旬までの推計受診者数は約1539万人。受診者1300人に1人が入院し、入院患者16人に1人が重症化した。受診者100人のうちの入院率と重症化率はそれぞれ0.08%、0.005%で、昨年8月以降横ばいで推移しているという。
 死亡した100例の分析では、「70歳以上と5歳未満が多く、10代は少数」と指摘。死亡した65歳以上の高齢者32人のうち31人に基礎疾患(持病)があり、内訳は慢性呼吸器疾患(42%)と糖尿病(39%)が上位を占めた。
 *管理人注:推計受診者数が1539人とされるが、その80%前後は14歳以下の小児と考えられる。成人層は300万人程度に過ぎない。300万中の死者数が100人。致死率は0.003%。一方14歳以下の致死率は、1000万感染者中30人の死者:0.0003%。

India's swine flu toll crosses 1000 bolohealth.com  (インド) インドでのブタインフル死者数が1000人を超える
 感染者数が26,371人、死者数が13人増えて1001人となったことが公式筋からの情報で明らかになった。
 現時点:マハラシュトラ州 278人、ラジャスタン州 152人、カルナタカ州 133人、グジャラト 132人、デリー 72人、他。
 *管理人注:致死率は3.8%となる。正確な感染者数が把握されてない可能性が高い。死者数の方がより正確と仮定した場合、致死率を0.5%と設定。そうすると感染者数は20万人。
10 new swine flu deaths bring Egypt's tally to 159 Zawya  (ドバイ) エジプトで10人の新規ブタインフル死者が発生、累積死者数は159人に

EU To Investigate WHO 'False Pandemic' Scandal The New American (米国) EU、WHOの”偽りのパンデミック宣言”不祥事件を調査に
 EUはWHOの”ブタインフルエンザ・キャンペーン”に関して今月検証を行う。製薬企業の不適当な介入により、パンデミック宣言がなされ、その結果有効性が乏しく、逆に危険性の高いワクチン戦略が推し進められたとされる。
 欧州評議会の議員会議( Parliamentary Assembly of the Council of Europe (PACE) )で、緊急検証の決議案が承認された。そして保健委員会( health committee)で満場一致で案が通過した。
 決議案では以下のように記載されている:製薬企業が自社パテントの抗ウイルス剤やワクチン販売を促進するために、公衆衛生に責任を持つ専門家やWHOに影響を与えて、パンデミックの定義を書き換えることで、パンデミック宣言が為された。欧州議会とその参加国は直ちに国内と国際的レベルで調査を求めるべきべきである。パンデミック警報の定義は、製薬企業の影響下でなされてはいけない”。
 決議案提出の責任者は、ドイツの疫学者であるボルフガング・ボダーク博士でPACEの保健委員会の議長を務めている。肺疾患の専門家である。
仏政府の新型インフルワクチン発注取り消し、製薬会社に打撃か 朝日新聞 
 
WHO chief gets H1N1 flu vaccination  Reuters (国際) WHO事務局長、H1N1ワクチンを接種
 WHO広報官はマーガレット・チャン事務局長が12月30日にH1N1ワクチンを接種したと5日発表した。
 事務局長は元気で、いつもと変わらない忙しい毎日を過ごしているとされる。
Minnesota has plenty of H1N1 vaccine Minneapolis Star Tribune (米国) ミネソタ州、H1N1ワクチンは十分量ある
 子供達とハイリスク者へのワクチン接種啓発は十分行った。今は、残りの人々がワクチン接種を受ける時期である。
 流行は下降したが、インフルエンザは今後も発生は続く。
 州感染症局長官;
 The best way to protect yourself and your loved ones is to get vaccinated."
 あなたと、あなたの愛する人々を守るための最善の方法はワクチンを接種することです。
1月5日

Department of Health urges Pennsylvanians to get vaccinated against H1N1 flu News-Medical.net  (米国) ペンシルバニア州保健局、州民にH1N1ワクチン接種を促す
 州ではインフルエンザ流行は最近小康状態に向かったが、専門家は第3波が発生する可能性を指摘している。
 州保健局長官は、”ワクチン接種は無料であり、ワクチンはあなたの健康を守り、さらに時には致死的なこのインフルエンザの拡大を抑制するもっとも効果的な手段である。”
"Although flu activity is currently declining in the state, experts predict there will be a third wave of illness from H1N1," said Secretary of Health Everette James. "The clinics are free of charge and being vaccinated is still the most effective way to protect your health and control the spread of this potentially deadly flu."
Bird flu confirmed in dead magpie robin The Standard  (香港) 香港、死亡したシキチョウからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出
 香港市内の公園で死亡したシキチョウ(oriental magpie robin)からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。
 市内で死亡鳥から同ウイルスの検出は11ヶ月ぶりである。
 昨年は16羽の死亡鳥からウイルスが見つかっている。最終的にはTai Oの死亡した鶏から見つかっている。
Three H1N1 vaccine studies confirm safety, weigh dosing  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター、米国) 3H1N1ワクチン臨床試験結果で安全性、至適投与量が確認
 米国、ハンガリー、中国におけるH1N1ワクチンの臨床試験結果が3日発行の医学雑誌「ランセット(Lancet)」に発表。
 安全性の確認、および至適投与回数が確認された。
France cancels 50 million flu shot orders Renters (国際) フランス、5000万接種量のワクチンをキャンセル
 政府は当初1人に2回接種が必要と考え、9400万接種量のA/H1N1ワクチンの購入契約を製薬企業数社と行っていたが、接種が1回で十分であることが確認されたこと、及び接種希望者が少ないことから、約半数の5000万接種量の契約をキャンセルした。保健大臣が発表した。契約企業は、サノフィ・パスツール、グラクソスミスクライン、ノバルティス、バクスター・インターナショナル。
Toronto's swine flu clinics set to resume CTV.ca  (カナダ) トロント、ブタインフルエンザワクチン接種が再開
 トロント公衆衛生局は、2度目のワクチン接種希望者に対するクリニックを再開する。
 6ヶ月から3歳以下までの全小児、及び3歳から9歳までの慢性疾患を保有する小児は、2度目のワクチン接種が必要である。
 またこのクリニックでは一般人に対しても季節性とH1N1ワクチンの接種を受け付ける。なお9歳以下の小児は季節性ワクチンは2回の接種が必要である。
 トロント公衆衛生局では、人々にインフルエンザウイルスは春まで活動しているから、両インフルエンザに対するワクチン接種は予防のために必要であるとコメントしている。
US Olympic staffers getting swine flu vaccinations  Boston Herald (米国) 米国オリンピックチーム役員、ブタインフルワクチン接種へ
 100人以上のオリンピックチームに随行する役員達がブタインフルエンザワクチンの接種を受ける。選手達は既に接種済みである。
 役員が罹患して選手に移さない事が目的とされる。
1月4日

EU to probe pharma over “false pandemic” Pharma Times (国際) ヨーロッパ連合、”偽りのパンデミック宣言”への製薬企業の関わりを検証に
 欧州評議会議員会議(The Parliamentary Assembly of the Council of Europe (PACE) )では、WHOが”偽りのパンデミック”を宣言した背景に、大手製薬企業が、自分達がパテントを有する薬剤やワクチンの販売促進の目的でWHOに働きかけた疑いがあることから、その検証のために、今月緊急に会議を開催すると発表した。
 議会の健康委員会の委員長の Wolfgang Wodarg博士によると、WHOによる”偽りのパンデミック宣言”は、世紀の大スキャンダルの一つであるとされる。
 同委員長によると、パンデミックの定義が大製薬企業の働きかけで変更されたとされる。
 昨年の5月にメキシコ市で数百人のインフルエンザ発症者が報告されたとき、何等科学的証拠もないのに、新規の危険性の高いパンデミックが発生したとの”偽りのパンデミック”宣伝がなされ始めた。
 WHOはいくつかの大製薬企業と関連する専門家達と連携してパンデミックの定義を変更した。
 すなわち、”大多数の人々が感染し、または死亡する”という説明を、”ウイルスが大陸間を超えて拡大し、そのウイルスに対して人々が免疫を保有してない”という説明に入れ替えた。
 新規定義によるWHOのパンデミック宣言により、世界中の多くの政府が抗インフルエンザ薬の追加購入やワクチンの発注に動いた。
 委員長はパンデミックの定義が、製薬企業の影響下で変更されるべきではないと語っている。
Row brewing over Swine flu “over reaction” euronews  (国際) フランス、ブタインフルエンザに対する”過剰反応”に、政府への非難高まる
 フランス政府はブタインフルエンザの脅威へ過剰反応して、多額の税金を無駄にしたと非難が高まっている。
 政府が購入したワクチンが過剰になり、それらを売却せざるを得なくなったことから、野党から批判が高まった。
 当初、保健省は9400万接種量を8億ユーロ(1056億円)で購入したが、これまで接種した国民は500万人に過ぎない。
 当初2回接種が必要と考えられていたが、1回接種で十分免疫が獲得されることが確認されたことも、ワクチン量の過剰につながった。
 フランスの保健大臣Roselyne Bachelot氏は、不要のワクチンを売却することで批判をかわそうとしている。既にクエートに30万接種量を売却している。
 ワクチンの過剰購入量の問題を抱えているのはフランスだけではない。
 ドイツとオランダは過剰ワクチンの売却を考えている。英国とイタリアは状況を分析中とされる。
 フランス社会党では政府を強く非難している。
 当初から専門家や政治家は、政府が過度に状況を捉えていることを警告していたが、それにも関わらず大量のワクチンを購入した、と下院議員のジャン・マリーグエン(Jean Marie Guen)が語っている。
 フランス本土ではブタインフルエンザで198人が死亡しているが、データでは最近感染者数は急速に減少している。
France joins EU's flu vaccine sell-off BigPond News (国際) フランス、他EU諸国に続いてワクチン売却に
 フランスは必要以上に購入したA/H1N1ワクチンの余剰分の数百万接種量を、他のEU諸国に続いて売却することにした。
 フランス保健省当局者はAFPに対して3日、当初2回接種と想定しワクチンを購入したが、1回接種で十分と確認されたため、過剰となるワクチンを売却することにしたと語った。
 フランスは9400万接種量を購入したが、それは全人口の必要量の1.5倍量となるが、10月にワクチン接種が開始されてから接種者は僅か500万人に過ぎない。
 保健省ではクエートに30万接種量を売却し、エジプトには200万接種量売却の契約を結んだ。さらにメキシコとウクライナと交渉中とされる。
 一方、ドイツは1ヶ月前に発注した5000万接種量が3月までに使用されない事が間違い無いことから、他の国への売却を考慮していることを発表した。ドイツでは人口の5%しか接種していない。
 ドイツは、アフガニスタンや中央ヨーロッパの国から購入希望の相談を受けていると発表している。ウクライナも希望しているが、フランスと競合しているようだ。
 オランダは発注した3400万接種量のうち1900万接種量を、ワクチン不足を訴えている国に売却すると11月に発表している。同国はインフルエンザの脅威は去ったと判断している。
 スペインは当初3700万接種量を購入予定としていたが、1300万接種量に減じたことを3日発表した。
France wants to sell millions of surplus flu shots Reuters (国際) フランス、過剰のワクチンを売却に
 9400万接種量のワクチンを購入したフランスは、当初1人に2回接種が必要と考え購入量を計算していたが、1回でも十分と確認された事から、大量のワクチンが余ることになった。人口は6500万人。
 既に30万接種量をクエートに売却し、200万接種量をエジプトに売却予定となっている。
 さらにウクライナとメキシコと相談中と保健省では発表している。
 フランスはワクチンをサノフィ・アベンティス社、グラクソスミスクライン社、ノバルティス社、およびバクスター・インターナショナル社から購入している。
 フランスではA/H1N1インフルエンザで198人が死亡しているが、医師達はこの数週間、急速に感染者数が減少していると語っている。
 保健省によると、これまで500万人程度がワクチン接種を受けたとされる。
1月3日


China says H1N1 flu spreading into the countryside WAMC  (米国) 中国、H1N1インフルエンザが地方へ拡大
 北京、上海等の大都会での流行は明らかに減少しているが、地方の村や居住区では拡大していると、中国保健省が発表した。春節で大勢が行き交う時期に拡大することが懸念されている。
WHO、H5N1鳥インフルエンザによる2009年度の人の感染者数と死者数を発表  WHO
 WHOは、2009年度におけるH5N1感染者数は72人で死者数は32人と発表。
 インドネシアでの感染者数が20人、そして死者数が19人(これは前回までの報告ではゼロとなっていた)
 エジプトでの感染者数は39人で死者数は4人。
 ベトナムでは5人感染して、5人死亡。
 中国では7人感染して4人死亡。
Does Hand Washing Really Stop Swine flu's Spread? Peace fm Online (米国) 手洗いは本当にブタインフルの拡大予防に効果がある?
 明確な根拠はない。
 接触感染よりも飛沫感染によるウイルス拡大の頻度が高いと想定。
 通常の風邪ウイルスの場合は接触感染による拡大が確認されているが、インフルエンザの場合は明確ではない。
 しかし、手洗いをすることは咳エチケットと共に意義はある。
American Indians, Alaska natives more likely to die from swine flu Food Consumer  (米国) アメリカインディアンとアラスカ先住民はブタインフルでの致死率が高いと推定
 CDCの研究。約4倍の死亡率。糖尿病や喘息等の慢性疾患の高い保有率も原因と。
 {疾病率と死亡率報告(Morbidity and Mortality Weekly Report}に報告。
 ワクチンを積極的に接種しなければならない対象と強調している。

 先にオーストラリアとニュージーランドでは、先住民の入院率と死亡率が3~8倍と高いことを報告している。
 
1月2日

Most swine flu cases without severe symptoms, study finds  Times of Malta  (マルタ) ほとんどのブタインフル感染者は重篤な症状がでない:研究報告
 フランスの研究チームが、明確なインフルエンザ症状をださないA/H1N1感染者が、典型的症状を呈している感染者の5倍いることを報告した。{PLoS Currents}
 このような無症状感染者を含めると、H1N1ウイルスの感染率は当初考えられていた以上に高いとされる。
 この結果はA/H1N1が流行した世界中の全地域に当てはまると研究者達はコメントしている。
 研究は、マルセイユの{Aix-Marseille大学新興ウイルス研究センター}の研究チームによるが、フランス全土で、第一妊娠期の検診で得られた1000人の妊婦の血液中の抗体検査で行われた。
 血液は11月下旬から12月初旬の2週間に亘って得られた。
 それらの血液の10%でA/H1N1ウイルスに対する抗体が検出され、その結果をフランス国内の20~39歳の男女に当てはめて計算すると(妊婦の年齢層)、170万人が感染したと推定される。その数は実際に医師の元を11月下旬までに訪れた感染者数の5倍に相当する。
 季節性インフルエンザ以上に、遙かに多い無症状感染者の存在が、実際の感染率が高い原因となっている。
 しかし研究者達は、これらの結果からワクチン接種が必要はないという結論にはならないと注意している。 
Ottawa ponders excess H1N1 doses Winnipeg Free Press  (カナダ) カナダ、過剰のH1N1ワクチンの処分を考慮
 連邦政府は国内にH1N1ワクチンの接種を呼びかけているが、同時に過剰なワクチンの処分方法の結論を出す予定になっている。
 「新年早々に我々は処分方法をけっていしなければならないが、基本的にはカナダ人に、さらにワクチン接種を勧めることではある」、と保健大臣が年末の記者会見で語った。
 さらに多数のカナダ人がワクチン接種を受けない限り2000万接種量が春までに余ることになりそうだ。
 10月に26日にカナダでワクチン接種がが始まってから人口の45%が接種を受けた。しかし12月中旬以降から接種希望者の数が急速に減りだし、各州ではワクチン製造元のグラクソスミスクライン社に発送を停止るすように伝えた。各州では地域の保健機関で必要としない大量のワクチンの在庫を抱えている。
 カナダはグラクソスミスクライン社に5040万接種量のワクチンを発注し、オーストラリアの20万接種量を購入している。当初2回接種が必要と考えていたが、1回接種で十分免疫が作られると確認されたため、大量に余ることになった。
 連符政府は購入費の6割を負担し、残りは各州と特別地区が負担することになっている。
 人口は3360万人。
1月1日

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報52週(20~26日) HPA
 定点クリニックを受診するインフルエンザ様患者数はさらに減少し続けていて、例年のインフルエンザシーズンとほぼ同等の発生数である。
 定点機関を受診したインフルエンザ患者の数(人口10万人当たり)。英国、ウエールズ、北アイルランド。
 6~7月に流行した際の感染者数と対比すると、この秋の感染者数がいかに少ないか分かる。

DOH finds it hard to win public confidence on H1N1 China Post (台湾) 保健省、H1N1ワクチンの信頼性を得ることに苦慮
 台湾ではA/H1N1ワクチンの接種を受けた国民は520万人とされる。大流行を防止するには30%の接種率が必要と保健省では言っている。人口は2300万人。
 しかしワクチンの安全性の心配が接種率を低くしていると保健省では判断している。
Colo flu dwindles, but experts expect it to return MLive.com  (米国) コロラド州、インフルエンザ流行が小康状態に、しかし専門家は再流行を懸念
 10月にピークを迎えて以後、コロラド州のインフルエンザ流行は小康状態にあるが、専門家はこの冬にA/H1N1の再流行または季節性インフルエンザの流行があるだろうと警告している。
 A/H1N1関連入院者数は12月6日以来20人以下となっているが、ピークだった10月11日の週には360人近い入院者が出ていた。
 しかし当局者はA/H1N1が再流行するとしても秋から流行した規模のものではなく、小流行に留まると想定されると語っている。
Swine Flu on Decline, Health Officials Say CBS News (米国) 連邦保健当局、ブタインフルは減少し続けている
 AP

 連邦保健当局では、ブタインフルはわずか4州でしか広範な流行が見られなくなり、流行は下降し続けていると発表した。
 前週は7州で広範な流行が報告されていた。
 10月末には48週で広範な流行が起きていてピークとなっていたが、その後流行は下降し続けてきた。
 CDC当局はブタインフルワクチンは1億1800万接種量が配布されていて、誰でも受けやすくなっているので、受けるように勧めている。CDCによると冬季間に再流行もあり得るから注意を必要とされる。
香港保健省週報52週(12月20日~26日)
 例年の季節性インフルエンザ発生数レベルに落ち着いている。発生数が増えてきている傾向はない。
 ウイルスはA/H1N1がほとんどを占めている。香港型A/H3N2は検出されていない。
 左:定点機関外来1000人中のインフルエンザ様疾患、 右:分離ウイルス株 緑はA/H1N1、茶がA/H3N2

カナダ保健省週報50週 (12月13日~19日)

 流行に関する全ての指標は平年の季節性インフルエンザのそれを下回った。
 全地域での発生は散発的に留まっている。
 分離ウイルスは全てがA/H1N1ウイルスとなっている。。
 定点医療機関を受診する患者1000人中に占めるインフルエンザ様疾患
 例年の閾値を前週から下回っている。
 

米国CDC週報51週(20~26日) 米国CDC
 前週よりも外来受診者数に占めるインフルエンザ様疾患の患者数は若干上がったが、これは年末のため一般の患者数が減ったことによる。絶対数としては減っている。
 分離同定されるウイルスは全てA/H1N1ウイルスで、他の季節性インフルエンザは検出されていない。
 小児の死亡数報告は4人で、全週の9人からさらに減っている。
 グラフ:上段 定点機関を受診する患者の中に占めるインフルエン様疾患
      下段 定点医療機関を受診するインフルエンザ様疾患の絶対数
          示しているグラフの範囲は、上段の35週過ぎから。


 

TOP