高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年12月

 12月31日


South Korea reports bird flu outbreak The Daily Telegraph (オーストラリア) 韓国で鳥インフルエンザが発生
 韓国農業省は、各国内2カ所の農場で家きんからH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを発表した。
 発表によると2年ぶりの致死的鳥インフルエンザの発生となる。

S.Korea reports first bird flu outbreak since 2008  France24 (フランス) 韓国、2008年以来初の鳥インフルエンザが発生
 韓国農業省は2年ぶりに鳥インフルエンザが2カ所の家きん農場で発生したと発表した。
 1カ所は韓国の中央で、もう1カ所は西南部で発生した。
 ウイルスはH5N1と確認された。
 発表によると2008年4月以来、初の致死的鳥インフルエンザの発生とされる。

米国CDCインフルエンザ週報第51週
 12月19日~25日
 インフルエンザ様患者数は増加し、流行域に入った。
 分離ウイルスはB型とA香港型で占められ、A/H1N1の分離率は非常に低い。B型は南東部の州で多く分離されている。
 分離されたウイルス中にタミフルおよびリレンザに対する耐性株は検出されてない。

 肺炎とインフルエンザで死亡する患者数は、インフルエンザ流行域にあることを示している。
 この週に小児1人がA/H3N2で死亡している。また2010-2011シーズンに入ってから3人の小児死亡が報告されているが、2人はA/H3N2で1人はA型であるが型は不明である。
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様患者(臨床的にインフルエンザと診断)の割合(対外来患者総数)
 

 分離インフルエンザ件数の推移


CDC: US Flu Deaths Reach Epidemic Level MyFox Houston (米国) CDC:米国のインフルエンザ死者数が流行レベルに
 米国CDC発表によると、感染者数と死者数がインフルエンザ流行域に入ったとされる。
 数値としては例年のインフルエンザシーズンの域内にあるとされる。
 例年、インフルエンザのピークは1~2月。
Flu deaths spark ad campaign return Hastings Observer (英国) 英国、インフルエンザ死者数が急増、保健省が再啓発に
 健康保護庁(HPA)がこの1週間でさらに12人がインフルエンザで死亡し、10月以来合計39人となったことを発表した。
 これを受けて保健省では、インフルエンザ予防啓発キャンペーンを開始する。
 同啓発キャンペーンは、2008年11月以来である。
 ハイリスク者のワクチン接種
 使用ティッシュの破棄、手洗い等。
 
アイルランド健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第51週
 インフルエンザ様患者数の急増が見られ、流行域に入った。
 感染者の最も多い年齢層は、14歳以下の小児であり、65歳以上の高齢者層が最も少ない。
 分離ウイルスはA/H1N1が大多数である。
 英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第51週 
 12月20日~26日
 インフルエンザ流行が急速に拡大しつつある。
 定点医療機関受診インフルエンザ様患者数の割合は、2009年のA/H1N1第一波を越えると考えられ、また1999/2000年シーズンの大流行期に匹敵する感染者数の増加率でもある。
 しかし英国保健省のコメントは、数値は冬期間のインフルエンザシーズンとして正常範囲としている。

 分離ウイルスは大多数がA/H1N1であり、A香港型は希である。
 感染者の年齢別内訳では、1から4歳が最も多く、続いて15から44歳、5から14歳となっている。65歳以上は少ない。
 これまでインフルエンザ死亡例は39例報告されており、そのうち36例がA/H1N1であり、残りの3例がB型となっている。死亡平均年齢は34.6歳(1から74歳)。
 ワクチン接種率は、情報が得られている33例中31例が未接種であった。また30例中29例が2009年のパンデミックワクチン(A/H1N1)の接種を受けていなかった。

 英国における全死亡者数が急速に増加しだし、例年の標準域を超えた。
 原因は最近の寒冷と呼吸器疾患ウイルスの感染拡大と推測されている。

 濃厚治療が必要な患者数は倍増していて、英国で12月23日の時点で460人となった。
 保健省データ
 

 イングランドとウエールズにおけるインフルエンザ様症状で定点医療機関を受診した患者の割合(対人口10万人)。
 

 全死亡数の増加


 12月30日

新型インフルエンザ感染で30歳男性が死亡 中央日報
 今年初めて国内で新型インフルエンザ感染による死亡者が発生した。
  30日の疾病管理本部によると、27日、首都圏で30歳の男性が高熱と筋肉痛のため病院へ行き、抗ウイルス剤の処方を受けた後、翌日、新型インフルエンザという診断を受けた。
  この男性は29日未明、症状が悪化したため、また病院に行き、集中治療室で治療を受けている途中に死亡したと、疾病管理本部は明らかにした。
  国内で新型インフルエンザに感染して死亡した例は今年初めて。女優ユ・ドンスクさんの場合、イタリア・ローマで11月に開催された映画祭に出席し、帰国した後、新型インフルエンザによる合併症で死亡した。

香港保健省インフルエンザ週報第52週
 (12月19日から26日)
 インフルエンザ発生程度は流行域以下である。
 分離インフルエンザウイルス件数は非常に少なく、26件。そのうちA/H1N1が11件、A香港型が6件、B型が5件となっている。
口蹄疫に鳥インフルエンザまで…畜産農家が緊張 中央日報 (韓国、日本版)
 口蹄疫に続き、鳥インフルエンザ感染の疑いまでが申告され、畜産農家の悩みが深まっている。 鳥インフルエンザは口蹄疫と違い、人にも感染する人獣共通の伝染病であるだけに、被害がさらに広がる可能性があるからだ。
  匿名を求めた農林水産食品部の関係者は「その間、鳥インフルエンザを何度か経験しながら、国民の認識も深まっているだけに、今回、陽性と確認されても大きな動揺はないとみている」と述べた。 とはいっても被害がないわけではない。 鳥インフルエンザの伝播力は非常に強いため、周辺の広い範囲の農家で殺処分する必要がある、というのが防疫当局の立場だ。
 以降、口蹄疫に関する記述。

S. Korea reports suspected case of bird flu Xinhua (中国) 韓国、家きん農場で鳥インフルエンザ発生の疑い
 韓国、食料農業水産省は南東部の全羅北道益山市の養鶏場で、鳥インフルエンザが発生した疑いがあることを発表した。
 またさらに忠清南道天安市のカモ農場からも発生疑いが報告された。
 今年度、これまで野鳥で3件のH5N1鳥インフルエンザ感染事例が確認されている。

天安の農家で鳥インフルエンザの疑い中央日報
  農林水産食品部は29日、忠清南道天安市豊歳面(チュンチョンナムド・チョンアンシ・プンセミョン)の鴨飼育農家と全羅北道益山市望城面(チョルラブクド・イクサンシ・マンソンミョン)の養鶏場から、鳥インフルエンザ感染症状が見られるという申告を受け、精密検査をしている、と明らかにした。
口蹄疫の次は鳥インフルエンザ発生か 朝鮮日報
 農林水産食品部はこの日、「忠清南道天安市豊歳面の種カモ農場と、全羅北道益山市望城面にある養鶏場で鳥インフルエンザ発生の疑いがあるとの届けがあった。問題となった農場の関係者には移動を制限すると同時に、予防措置として、これらの農場の鶏とカモを殺処分することにした」と発表した。伝染性の強い高病原性鳥インフルエンザかどうかは、詳しい検査の結果が出る31日ごろ明らかになる見通しだ。
Cases of flu increase by nearly 50% Bedford Today (英国) インフルエンザ患者数が50%増加
 総合医療王立大学(Royal College of General Practitioners (RCGP) )の報告によると、イングランドとウエールズにおけるインフルエンザ患者数は、12月26日までの直近1週間に、人口10万人当たり124人となり、前週の86人から50%増加した。
 患者は学童以外全ての年齢層で増えている(学童はクリスマス休み)。
 200人を越えると流行開始と判断される。
Suspected bird flu quarantines South Korean farm  Australia Network News  (オーストラリア) 韓国の農場で鳥インフルエンザ発生疑い
 忠清南道天安市(ソウルの南方90キロ)のアヒル(カモ)農場で鳥インフルエンザが発生した疑いがあることから、周辺に立ち入り禁止地域が設けられた。
 
 農業省によるとアヒルに鳥インフルエンザ症状が見られるという。
 ウイルス検査が行われている。
 韓国では2008年に同国歴史上最悪の鳥インフルエンザが家きん農場で発生し、計850万羽の家きんが殺処分され、同年8月に感染が終息したと宣言されていた。
鼻噴霧型インフルワクチン、効果を確認 読売新聞
 国立感染症研究所のチーム。
 高濃度のインフルエンザワクチンを鼻の内側の粘膜に噴霧すると、従来の注射型ワクチンでは難しかった感染防止効果が出ることを、国立感染症研究所の長谷川秀樹室長らが臨床研究で確かめた。
 粘膜特有の免疫反応が誘導できたためと見られる。遺伝子が毎年変化するインフルエンザウイルスにも対応し、新たなワクチン開発につながる成果だ。
 研究チームは20~60歳代の健康な男性5人の鼻に、季節性のA香港型インフルエンザに対するワクチンを、通常の3倍の濃度で吹き付けた。3週間の間隔をあけて2回接種すると、全員で鼻汁に含まれる、粘膜特有の免疫物質(抗体)が感染予防に十分とされる量まで増えた。
 この抗体は、10年前のA香港型など過去のウイルスに対しても、感染予防効果が確認できた。接種による副作用も見られなかった。
 12月29日


Two dead as flu cases widen in France Focus News (ブルガリア) フランスでインフルエンザ流行域に、死者2名発生
 フランス保健当局は、インフルエンザ感染者数の発生が週に17万6000人となり、インフルエンザ流行域に入ったと発表した。また死者が2人確認されている。
 先週、定点医療機関により報告されたインフルエンザ患者数が10万人当たり280人となり、流行開始の基準の174人を越えた。
 インフルエンザの型は3種類でA(H1N1)2009を含む。
 WHOによるとインフルエンザ流行で、年に約300~400万人の重症者と25万人~50万人の死者が出るという。
Minister says one dead, 100 infected with swine flu in Croatia EMportal  クロアチア、豚インフルエンザに100人感染、1人死亡
 クロアチア保健相が発表。
 昨年は20人が死亡。
 人口は440万人。
Children going back to school 'could trigger major flu epidemic' Telegraph.co.uk  (英国) 休み明けで学期が再開されるとインフルエンザが大流行の可能性
 医師達はインフルエンザ感染者数がこの2~3週間後には劇的に増加すると考えている。
 アンドリュー・ランズレイ保健相は昨日、6ヶ月から5歳の誕生日を迎えるまでの小児に対するワクチン接種を勧奨してないことを、非難された。
 労働党は、同相がインフルエンザ予防のための医学的ガイダンスに反した判断を行っていると、批判している。
 保健省は、専門家達は就学前の子ども達へのワクチン接種について十分論議したが、ワクチン委員会(Joint Committee on Vaccination and Immunisation (JCVI) )は最終的に、接種を勧奨しないことを決定した、と説明している。
 インフルエンザはすでに18人の成人と9人の小児の死者を出し、流行域に近づいている。
 公的な流行宣言は、家庭医を訪れるインフルエンザ様疾患数が週に、10万人人口あたり200人を越えた時とされる。現在、クリスマス前の週には、前週の34.6人から87.1人に急増している。
 12月28日

南海郡で鳥インフル、野生のカモからウイルス検出  聯合ニュース 
 全羅南道南海郡で野性の鳥類の高病原性鳥インフルエンザ感染が確認された。ことし高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が検出されたのは、益山の万頃江(7日)、瑞山の浅水湾(10日)に続き3件目。
 全羅南道が28日に明らかにしたところによると、海南郡の渡り鳥飛来地として知られる庫千岩湖近くの農耕地で22日、トモエガモ74羽が死んでいるのが見つかり、このうち20羽から試料を採取し精密検査を行った結果、H5N1型ウイルスが検出された。
道はこの農耕地と周辺地域で緊急消毒を実施。また。半径10キロメートル以内を家きん類飼育農家管理地域とし、家畜、車両、人の移動を制限している。
 管理地域内の家きん類飼育農家43戸で緊急予察を行ったが異常は認められず、向こう30日間の移動制限後、臨床検査などを経て移動制限を解除する計画だ。

新型がA香港型の3倍に インフル検出状況 朝日新聞
 国立感染症研究所発表データ
ナベヅル、新たに3羽強毒性判明 鹿児島・出水 日本経済新聞
 鹿児島県出水市で死んだ絶滅危惧種「ナベヅル」12羽のうち新たに3羽が強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していた。合計ナベヅル5羽でh5n1鳥インフルエンザ感染が確認された。
 ナベヅルとマナヅルの7羽で簡易検査で鳥インフルエンザ感染が確認されている。
8 swine flu deaths in Egypt today, 559 new cases in the last week Ahram Online (エジプト) 本日、豚インフルエンザで8人が死亡、先週は新規感染者が559人
 保健省のデータでは、現在の豚インフルエンザの流行拡大程度は例年の季節性インフルエンザのそれとほぼ等しいとされる。
Swine flu kills 56 in Egypt since October  Reuters UK  (英国) エジプトで10月以来豚インフルエンザで56人が死亡
 2010年10月8日以来、エジプトで豚インフルエンザに1172人が感染した、56人が死亡したと保健省が発表した。
 2009年6月に最初の感染者が報告されて以来、16373人が感染死、281人が死亡していると当局者が語った。
 12月27日


Flu epidemic fears as deaths rise Telegraph.co.uk (英国) 国内の死者数の増加により、インフルエンザ流行の脅威が懸念
 12月6日から12日までの英国の死者数が11193人となり、前週よりも21%増加し、例年の閾値を超えた。
 原因として寒冷と呼吸器疾患ウイルスが考えられているが、インフルエンザ流行も間接的に影響していると考えられている。
 前週の死亡者数は9220人。
Swine flu claims 22 lives in Sri Lanka over 2 months Straits Times (シンガポール) スリランカでこの2ヶ月間に豚インフルエンザで22人が死亡
 保健省は10月25日以来、豚インフルエンザの342人が感染し、22人が死亡したと発表した。
 当局は人混みの中に入らないことを勧めると共に、公衆電話を日に少なくとも8回消毒している。
As deaths rise and Britain teeters on brink of epidemic... Flu crisis hits ... Daily Mail (英国) 
 インフルエンザ流行が始まり、死者数が急増していることから、ガン手術が延期に
 重症患者が急増し、国内で460人が濃厚治療を受けていて、国内のICUベッドの七分の一をインフルエンザ重症患者が占めている。
 専門家達は、前週よりも患者数が倍増していることから、インフルエンザ流行は過去10年間で最大になる可能性を予知している。
 専門家達の説明によると、1999年に流行し、国内で22000人が死亡して、英国の国営医療サービス(NHS)に過度の負荷が加わったインフルエンザよりも、現時点の感染者数の急増率は高いとしている。

 濃厚治療医学会会長のボブ・ウインター博士は、ICUベッドの確保のために、予定されている手術を延期しだしているとされる。中には重症ガン患者も含まれている。
 手術後に患者はレスピレーターにつながれ、ICUに収容されるが、ベッド数不足のために国内で、手術の延期が始まっているという。
Pakistan faces 'bird flu' threat Daily Times (パキスタン) パキスタン、鳥インフルエンザ脅威に直面
 夕焼けの中、海を横切る多くの野鳥たちの光景は心に訴えるもの多い。しかし、そうしたパノラマを楽しむ人々に危険なウイルスを、これらの野鳥の中に保有されていることを知っている人はいない。
 シベリアに冬が到来すると、ロシアから150種近い野鳥がパキスタンに飛来する。
 これらの野鳥がウイルス疾患、特に鳥インフルエンザを運ぶ主要な役割を演じていると考えられている。
 鳥インフルエンザは広く家きんに発生し、多くの被害を出すが、同時に世界中で人に感染して、その生命を奪っている。
 家きんに多大の影響を及ぼす以外、鳥インフルエンザは人に対しても非常に危険である。人に感染するタイプとして、H5N1、H7N3、H7N7そしてH9N2がある。
 高度に致死性があるH5N1ウイルスは排泄物中で、低温(4℃)で35日間、高温(37℃)で6日間生存する。
 
 人への感染は、H5N1ウイルスに感染して死亡、または弱った鳥との濃厚接触であるが、特に危険な行為は、”と殺”、羽むしり、感染家きんの調理である。

 以下略
 12月26日

Has Swine Flu returned? Pravda (ロシア) 豚インフルエンザは再流行しだした?
 英国の状況。
 政府の主任医療政務官や専門家の談話で、豚インフルエンザが季節性インフルエンザとして流行してきたと表現。
 現在の英国の状況は、例年のインフルエンザ流行でも起こりえる範囲内とされていることを引用。

Global flu warning after UK hit BBC News  (英国) 英国における豚インフルエンザ流行は、世界に対する警告
 英国における豚インフルエンザの急増は、世界各国に対して対策の強化が促される。
 多くの感染者は若い世代であるが、理由は高齢者では豚インフルエンザにある程度の免疫を保有しているからと考えられている。以前に類似ウイルスに感染したことが原因となっている。

EXPERTS CALL FOR ALL UNDER-FIVES TO BE VACCINATED AGAINST SWINE FLU 
Express.co.uk (英国) 専門家達、5歳以下の全小児に豚インフルエンザワクチン接種を求める
 専門家達は6ヶ月から5歳までの小児に至急豚インフルエンザワクチンの接種をすべきと強調しているが、ワクチンの副作用を懸念する反対グループが異論を呈している。
 ワクチンが小児の安全性に疑問があるとするが、ロンドンのウイルス学者のジョン・オックスフォード教授は、今、若い小児にワクチンは接種されるべきで、ワクチンは安全であるが、豚インフルエンザは危険であることを母親達は認識すべき、と語っている。
Mullaitivu residents warned of bird flu threat Sunday Observer (スリランカ) スリランカ、ムライチブ(Mullaitivu)地域の住民に鳥インフルエンザ警報
 地域に渡り鳥が多く飛来してきていることから鳥インフルエンザ感染に注意することを、地域の保健局が呼びかけている。
 渡り鳥を撃ち落として摂食することの危険性を伝えている。
 地域にはシベリアからカモなどが飛来してきている。
  12月25日


Hospital: 'Please stay away if you have flu symptoms' The Bolton News (英国) 病院当局:もしインフルエンザ様症状が現れたら、家庭に留まっているように

NHK記者が規制区域で取材 徳島新聞
 ナベヅルが高病原性鳥インフルエンザに感染した鹿児島県・出水平野で25日、感染拡大を防ぐために地元住民以外の立ち入りを規制しているエリアで、NHKの記者が取材していたことが、出水市への取材で分かった。
 記者とカメラマン3人が規制エリア内で環境省の調査を撮影しようとしたとされる。
Swine Flu Spreading likes Fire in the UK  TopNews New Zealand  (ニュージーランド) 英国で豚インフルエンザが野火のごとく拡大

Swine flu death toll on the rise Sri Lankan News (スリランカ) 豚インフルエンザ死者数が増加
 政府の疫学研究局(Sri Lanka Epidemiological Unit )は、A/H1N1死者数が22人となったことを発表した。そのうち9人はこの1週間で発生した。
 また感染者数は342人に増加したことも発表された。
Flu Cases Requiring Intensive Care Doubled In a Week TopNews United States  (米国) 英国インフルエンザ:濃厚治療を要する重症患者が1週間で倍増
 英国では、この3週間で家庭医を訪れるインフルエンザ症状の患者数は6倍に増え、現在、460人の重症患者が濃厚治療を受けている。
WHOインフルエンザ週報 12月17日

 要約
 前回報告以後、インフルエンザの活動性はヨーロッパの一部で活発化しだして(最も顕著なのは英国)、冬季のインフルエンザ流行が数カ国で始まったことが示されている。さらにインフルエンザの活動性は他の北半球の温帯地域、例えば、東アジアや北米でも活発化してきている。世界的に流行してきているウイルス株は、A(H3N2)、B、およびH1N1(2009)であるが、地域によって主流となっている株は異なっている。

 北半球温帯地方
 英国では冬季インフルエンザ流行が拡大している。それは特にイングランドで著しい。11月中旬から下旬にかけて、地域社会におけるインフルエンザ発生報告が増えだし(ウイルスはH1N1(2009)とB型であるが)、12月第2週にはイングランドで分離されるインフルエンザウイルス件数は増え、その67%がH1N1(2009)、33%がB型となっている。またICUに収容される重症例も増加している。報告によると現在のH1N1(2009)ウイルスのウイルス学的および疫学的特性は、昨年流行した同株のそれと類似している。また調べられた全ウイルス株は今年のワクチン株と類似していることが確認されている。現時点で、現在の英国の流行のインパクトを昨年の流行時と比較するのは早すぎると考えられる。

 12月第1週において、急性呼吸器疾患、またはインフルエンザ様疾患の軽度から中等度の増加が(特に14歳以下)、ヨーロッパ13カ国から報告されている。インフルエンザ流行ラインを決めている11カ国の中で、ロシアとウクライナの2国が、流行域に入ったと報告している。
 分離ウイルスの48%がA型で52%がB型であるが、A型の90%がH1N1(2009)で10%がA(H3N2)である。

 東アジアでは、数カ国、特にモンゴルと韓国でインフルエンザ流行が顕著になってきている。モンゴルでは11月中旬から下旬にかけてインフルエンザ様疾患の増加が続いており、同時にA(H3N2)株の分離数も増え、冬季インフルエンザ流行が拡大していることが示されている。同時期に韓国でもH1N1(2009)ウイルスの分離率が上がったが、インフルエンザ様疾患の増加率は軽度である。10月中旬から下旬に中国北部(南部ではなく)でインフルエンザ様疾患数が徐々に増え、同時にA(H3N2)ウイルスの分離率も上がった。
 
 インフルエンザ様疾患の増加は北米でも見られている。カナダではインフルエンザ様疾患の発生数は地域により相違があり、全体としては流行域以下である。しかし直近2週間では、分離ウイルス件数と呼吸器検体からの検出率が増えている。多くはA(H3N2)となっている。米国では南東部で流行域下限に達しているが、他の地域では下限以下にある。分離ウイルスの多くはB型であるが、続いてA(H3N2)であり、H1N1(2009)の分離は少ない。
 
 熱帯地方
 アメリカの熱帯地方は概してインフルエンザ発生程度は低い。最近数ヶ月間に分離されているウイルスの多くはA(H3N2)である。
 南および東南アジアの熱帯地方ではスリランカを除いて、インフルエンザの発生程度は低い。スリランカではH1N1(2009)を中心として、他の季節性インフルエンザも発生し続けている。
 サハラ以南地域では、カメルーンを除いてインフルエンザ発生程度は低い。カメルーンでは最近H1N1(2009)の発生が見られている。

 南半休温帯地方
 春から夏に入りつつあるが、インフルエンザは散発的に見られる程度である。



カナダ保健省インフルエンザ週報第50週
 インフルエンザ患者数は増加している。しかし例年域内である。
 分離ウイルスはA香港型が大多数を占めている。A/H1N1とB型は少ない。
 A香港型感染者の多くは65歳以上の高齢者となっている。

 

 A香港型インフルエンウイルス分離感染者数の年齢別割合


米国CDCインフルエンザ週報第50週
 12月12日~18日
 インフルエンザ患者数は増加している。しかし流行域下限には達していない。
 分離ウイルス数も増えている。A香港型H3N2とB型が大多数を占め、A/H1N1は希である。
 タミフル耐性株は検出されてない。
 定点医療機関受診患者の割合(%全外来患者)


 分離ウイルス件数の推移


Only one new swine flu case in India TopNews (インド) インド、新規豚インフルエンザ感染者は1人
 先週、新規の豚インフルエンザ感染者は1人であったと保健省が発表した。
 専門家はウイルスの感染活動は高温多湿で活発化することから、冬期間は感染者数が減少すると説明している。

Intensive care flu cases double Melton Today  (英国) ICU収容患者数が倍増
 英国保健省が24日発表データでは、ICU治療を受けているインフルエンザ患者数は先週(182人)よりも倍増し、460人となった。
 366人-16~64歳、51人-65歳以上、26人-5歳以下、17人-5~15歳
 保健省ではこの直に予測される数値内であるとしている。

アイルランド保健省インフルエンザ週報第50週
 インフルエンザ様疾患数が急増。
 分離ウイルス数も急増。大多数はA/H1N1。B型とH3N2は少数。
 縦軸は人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診した患者の割合
 


 12月24日


Hong Kong Authorities Confirm Virus Infection in the Dead Chicken TopNews New Zealand  (ニュージーランド) 香港、死亡鶏がH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染していたことを確認
 12月18日にランタウ島の海岸で見つかった鶏の死骸からH5N1ウイルスが検出された。
 近くに養鶏場がないことから、この死骸がどこから流れてきたのか、当局は調査中である。
Three succumb to swine flu; 19 infections reported nationwide Al-Masry Al-Youm (エジプト) 豚インフルエンザで3人が死亡、1人が鳥インフルエンザで死亡
 エジプト保健省は3県で3人が豚インフルエンザで死亡し、イスマイリアで小児が鳥インフルエンザに感染したことが確認されたと発表した。
 この例でエジプトの鳥インフルエンザ感染者は115人になったと保健省では説明している。

 *WHOの公式報告では113人。

How did the chicken cross to the beach? Herald Sun  (オーストラリア) H5N1感染鶏の死骸はどこから漂着したのか?
 香港のランタウ島で発見された鶏の漂着死骸からH5N1ウイルスが検出された。当局は死骸がどこから漂着したのか調査中である。
 死骸が見つかった海岸の3キロ以内には養鶏農場はない。
 また香港では感染家きんから人への感染を防ぐために2006年から、鶏の放し飼いは禁止されている。

 先月、中国本土を旅行した女性が、香港で7年ぶりのH5N1感染者となっている。
 女性の状態は安定しているとされる。

Dead chicken tests positive for H5N1 RTHK (香港) 死亡鶏から検出されたウイルスは強毒性H5N1
 ランタウ島のシャロ・ワン海岸で見つかった鶏の死骸から致死的H5N1ウイルスが検出された。
 近くには家きん農場はないことから、どこか別の所から流れ着いたと考えられている。
香港保健省インフルエンザ週報第51週
 12月12日~18日
 インフルエンザの発生は散発的で、流行域下限以下である。
 分離ウイルス数も合計18と非常に少ない。A/H3N2、B型、および少数のA/H1N1が分離されている。
 
 定点医療機関受診インフルエンザ症状保有者数も少ない。(対外来患者1000人中の割合)
 

 インフルエンザ入院患者数も少ない。
 2009年度はA/H1N1流行であるが、2010年度はA/H3N2である。
 高齢者の入院数は昨年と今年はほぼ同じであった。
 縦軸は人口1万人当たりの入院率。


Winter flu death toll rises to 27 News Guardian (英国) 英国、インフルエンザ死者数が27人に
 最新の発表データによると、英国で10月以来インフルエンザ死者数が27人となった。そのうち9人が小児である(18歳以下)。
 このうち24人がA/H1N1インフルエンザで3人がB型である。
 死亡者の半数が基礎疾患保有者であった。
 ワクチン接種率は十分把握されてないが、少なくとも1人は接種済みであった。

 発表データによると、インフルエンザ感染者数は先週よりも倍増している。
 イングランドの主任医療政務官は、患者数は例年予想されている範囲内にあると語り、この時期の死者数27人もそれほど多いものではないとも付け加えている。
 しかしワクチン接種率が低いことを懸念している。65歳以上が68.5%であるのに対して、65歳以下のハイリスク者では43%となっている。
 また発表データでは現在19人が膜型人工肺(ECMO)で治療されている。さらに302人がICU治療を受けている。
英国保健省、インフルエンザ週報第50週
 12月13日~19日
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は急増している。例年のレベルを超えている。
 入院患者と重症者数も増加している。
 分離ウイルスの多くはA/H1N1とB型である。A香港型は散発的に分離される程度。
 A/H1N1ウイルスのウイルス学的および疫学的性状は昨年のそれと類似していて、今年度のワクチンに適合している。またタミフル耐性株は希である。健康保護庁(HPA)では、今後数週間、感染者数は増え続けると予想している。
 報告によると、36週以降27人が死亡しているが、多くはワクチン未接種であった。24人がA/H1N1、3人がB型。
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数の割合(対10万人口)
 現時点での割合は、昨年のパンデミック第1波を越える可能性が高い。
 
 





 12月23日


NI swine flu cases soar by 400% BBC News (英国) 北アイルランド、豚インフルエンザ感染者数が4倍に増加
 前週のインフルエンザ報告数が11人だったのに対し、先週は45人に増加した。
 感染者数が最も多いのは5~14歳で、続いて15~44歳である。
 主にA/H1N1インフルエンザが中心となっている。
Chicken Carcass Discovered on Island of Lantau Tests Positive for Bird Flu Bloomberg  (米国)香港、ランタウ島で鳥インフルエンザに感染した鶏の死骸が漂着
 18日に死骸は海岸で見つかり、検査でH5ウイルスが陽性であった。
 当局は、どうして死骸が海岸に漂着したのか調査中である。
Flu infection rates 'have doubled' Sheffield Telegraph (英国) インフルエンザ患者数が倍増
 インフルエンザ感染者数が先週倍増した。
 英国とウエールズにおける家庭医受診のインフルエンザ様患者の割合は、10万人当たり32.8人から87.1人に増加した。
 学童の感染率が高いが、5歳から14歳までの年齢層が最も高く、続いて5歳以下、そして15から44歳の順となっている。
 豚インフルエンザが中心であるが、B型も見られている。
 21日、保健省は最近302人が濃厚治療室に収容されていると発表した。
 感染インフルエンザの型は発表されてないが、大多数は豚インフルエンザと推定されている。
Lantau find sparks bird flu alert  The Standard (香港) 香港、ランタウ島で鳥インフルエンザ死亡鶏が発見
 保健当局はランタウ島でH5N1鳥インフルエンザで死亡した鶏が見つかったことから、監視体制を強化した。
 高度に腐敗した鶏の死骸がシャロ・ワン海岸( Sha Lo Wan)で見つかったと、農業水産管理局が発表した。
 当局によると死亡鶏の発見された地点の周辺3キロ以内に家きん農場はないとされ、鶏がなぜ海岸に流れ着いたのか、または破棄されたのかを調査している。
 近くに放し飼い家きん農場はない。

 家きん農家に感染予防対策を強化するように指示が出され、他の関連部局も警戒態勢に入った。
 保健庁も医師達や学校、および各施設に厳格な個人と施設の衛生管理を強化するように指示を出した。
 死亡した鳥や弱っている鳥を見つけた市民は、迅速に当局に電話で連絡するように伝えられている。
 また、そうした鳥に触った人は、十分に手洗いを行うように当局では呼びかけている。

 *昨年、1月下旬から2月上旬にかけて、香港のランタウ島に多数のH5N1ウイルス感染家きんが流れ着いたそれらは中国本土の珠江デルタから流れてきた可能性を専門家は指摘していた。
 広東省等で多くの家きんが鳥インフルに感染している可能性があった。。



 12月22日

鳥と来園者、接触避けて=動物園の鳥インフルで通知-農水省 時事通信 
 死んだコブハクチョウが高病原性鳥インフルエンザに感染していた富山県高岡市の動物園。
 農林水産省は鳥と来園者の接触を避けるよう指導することを求める通知を都道府県に出した。
 専門家は「施設の鳥から人に感染する可能性は低いが、あえて近づく必要はない」と話している。
 
302 flu victims in intensive care Wakefield Express  (英国) インフルエンザ重症者302人がICUに
 英国保健省の発表データ。
 ウイルスの型については発表されてないが、専門家は大部分が豚インフルエンザ(A/H1N1)と判断している。
Severe flu cases in UK serve as warning to Europe  WHTC (オランダ) 英国における重症インフルエンザ患者の増加はヨーロッパ全体への警報
 ヨーロッパCDCのインフルエンザ専門家であるアンガス・ニコル氏は、通常、ヨーロッパのインフルエンザ流行は西部から東部へ広がるから、現在の英国の状況は異常とは言えない、と語っているが、それはヨーロッパの国々に対して対策の強化を促している兆候と受け取れる、とコメントしている。
Swine flu: top doctor warns of crisis as few have H1N1 jab The Guardian (英国) 豚インフルエンザ:ワクチン接種率が低く、インフルエンザ危機発生の可能性
 保健専門家も含めてワクチン接種率が低いことから、インフルエンザ危機が発生する可能性が高いと、総合医療専門家のトップが警告した。
36 children in intensive care critically ill with swine flu Metro (英国) 英国、36人の小児が豚インフルエンザでICUに収容
 昨日当局は、豚インフルエンザで少なくとも36人の小児が濃厚治療室で治療を受けていると発表した。
 このうち24人が5歳以下で、残りが15歳以下となている。
 全体としては現在302人が濃厚治療を受けているが、先週の182人からさらに増加している。
 これらの数値は明日健康保護庁(HPA)から新規データが発表されると、さらに増えると思われる。

 これまで豚インフルエンザで14人が死亡し、3人がB型である。
 政府の主任医療政務官のデーム・サリー・デビース(Dame Sally Davies)教授は、パンデミックは起きていないと語り、地域における集団免疫はできているし、ワクチンは十分あるから、心配はないとしている。

 デーヴィッド・キャメロン首相は、記者会見で、明らかに患者数は先週よりも倍増しているが、NHS(国営医療サービス)には十分対応能力はある、と語り、流行状況は昨年よりも少し悪いが、一昨年とほぼ同じであると感じている、と語った。
 現在、16人が膜型人工肺(ECMO)で治療中である。
 12月21日

ナベヅルから鳥インフル陽性反応=鹿児島 時事通信
 鹿児島県は21日、同県出水市内で衰弱のため保護され、20日に死んだナベヅル1羽から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。
Inside the hospital that saves swine flu sufferers' lives Independent (英国) 豚インフルエンザ生命を救う病院の内側
 膜型人工肺(ECMO)の紹介。
 豚インフルエンザの重症者の救命率80%とされる。
 1週間から10日間、肺が回復するまで、使用される。中には40日間要した患者もいる。
 現在英国にはECMOは15台しかない。しかし最近ICU収容患者が190人となり、専門医達はベッドが足りなくなると懸念を表している。昨年はECMOが足りなくなり、スウエーデンまで患者を空路移送した事例もあった。
With 14 people dead from swine flu and 190 in intensive care, take a look at ... Daily Mail  (英国) 豚インフルエンザで14人が死亡、190人が濃厚治療室(ICU)入院
 昨年の豚インフルエンザのパンデミックに対する脅威的警告は、結果的に何事も起きなく、ほとんどの人々はその脅威は去ったと思っていた。実際、当局はその過剰な反応に対して批判を浴びた。

 しかし先週まで、過去6週間で14人の英国人が豚インフルエンザで死亡した。
 死者の何人かは喘息などの基礎疾患を保有していたが、全く健康問題に問題を持っていなかった人々も含まれている。
 憂慮すべきことに、政府の主任医療政務官は、ICU入院者の半数は基礎疾患を保有していない患者であることを報告している。
 Daily Mail の調査では、今日現在、190人がICUに収容されている。

 Q: 豚インフルエンザはより病原性を強めているのか?
 A: 現時点では誰も確かなことは言えない。しかし、これまで14人が死亡し、200人近くがICUに収容されている状況は、ウイルスがさらに危険性を高めている可能性があるかも知れない。
 「今年は何か違う」、とICU学会長のボブ・ウインター氏はコメントしている。
 北西部ではICU収容患者が昨年のパンデミック・ピーク時を超えている。
 ウイルスは昨年457人の英国人を犠牲にしたものと同じとされる。それがなぜ今、危険性を高めている可能性があるのかは不明である。しかしインフルエンザウイルスは変異しやすく、新規変異株の恐れもある。
 10月にシンガポールとオーストラリアで豚インフルエンザの変異株が検出された。
 しかし、これまでの重症例報告では新規株であるとの記述はない。

 Q: 自分は危険性がある?
 A: 重症合併症を起こしやすいリスク者は、慢性疾患を保有する若年成人(非高齢者)と小児、妊婦、5歳以下の乳幼児。これらのグループはワクチン接種が強く求められる。また65歳以上の高齢層もワクチン接種が必要である。
 妊婦がリスク者に入ったのは初めてであるが、昨年のパンデミック時に妊婦が合併症を起こしやすく、また入院率が4倍と高かったことが理由である。原因は胎児が排除されないために、免疫が抑制されていることがあげられる。

 Q: なぜ高齢者は感染しづらいか?
 : 以前に類似ウイルスに感染していて、免疫があるせいと考えられている。1919年流行のスペインインフルエンザのH1N1ウイルスのH1遺伝子(ウイルス表面のH1抗原を規定している遺伝子)が1957年まで、その子孫に植えつがれていた。そのため多くの人々がH1に対する免疫を持っていると考えられている。
 
 Q: 去年接種したワクチンは有効か?
 A: 多少の免疫は残っているが、程度は人によって異なる。リスク者は接種することが勧められるが、そうでない場合は接種する必要はない。

 Q: ワクチンは効果ある?
 A: 昨年度、英国で数万人の人々が豚インフルエンザで死亡するとの過剰な警告がなされ、多くの人々は2回のワクチン接種が必要と考えた。しかし多くの人々はそれが製薬企業の商業主義が絡んだ宣伝と考えている。
 英国医師会雑誌(BMJ)の調査で、WHOの顧問をしていた専門家達が製薬企業と関係していたことが判明している。製薬企業は昨年のワクチン販売で巨額の収入を得ている。
 ワクチンの効果に関しては専門家達の間で意見が一定していない。
 ワクチンは健康な人々に対しては、症状の軽減する効果と、感染予防効果を中等度保有すると考えられている。
 しかし信頼される調査機関である”コックラン共同研究(Cochrane Collaboration.)によると、肺炎の予防効果は認められないとされる。
 同機関の調査によると、高齢者が例年ワクチン接種を受けても、死者数や合併症の減少に対する明確なエビデンス(根拠)は得られていないとされる。
 「高齢者に対する効果は、根拠が乏しい」、と同機関の責任者であるトーマス・ジェファーゾン教授はコメントしている。
 一方、ロンドンのクイーン・メリー医科大学のウイルス専門家であるジョーン・オックスフォード教授は、今年度若い世代のワクチン接種率が低いことを懸念していて、若い世代の感染率が高まると警告している。
 
Injection urged to east Londoners after swine flu increase  Docklands24 (英国) 東ロンドン市民にワクチン接種が求められる
 タワーハムレット区(再開発地域)の市民に対してNHS(国営医療サービス)は、インフルエンザは流行の始まりであるが、家庭医に受診する患者数、そして入院する患者数が増えていることから、インフルエンザワクチン接種を急ぐように求めている。
Army recruits test positive for H1N1 World Radio Switzerland (スイス) スイス軍駐屯地の新兵の間でインフルエンザが集団発生
 ザンクトガレンのスイス軍駐屯地の100人近い新兵が、週末にインフルエンザに罹患した。そのうち6人がA/H1N1と確認された。
 66人が軍の病院に入院し、未だ35人が入院中とされる。
 A/H1N1に対するさらなる検査結果は明日判明する。
 新兵達は他の患者から隔離されたが、防衛省はこのようなインフルエンザ集団発生は、この時期に必ずしも異常ではないとコメントしている。

 12月20日

特記すべき情報はなし
 12月19日

Swine and bird flu infections claim three lives in Daqahlia Al-Masry Al-Youm (エジプト) エジプト、ダカーリア県で豚および鳥インフルエンザで3人が死亡
 エジプト保健省は18日、ダカーリア県の住民が豚インフルエンザと鳥インフルエンザで3人が死亡したと発表した。
 死亡者の2人はA/H1N1インフルエンザで、1人が鳥インフルエンザで、年齢は44~50歳とされる。

 一方、5県の病院で43人のインフルエンザ疑い患者が収容されていると報告された。
 検査結果では15人がA/H1N1陽性で、19人がウイルス感染が疑われている。
 (そのうち、)3人がH5N1陽性で、6人が感染初期と発表された。
Flu outbreak 'no worse than usual' Express.co.uk (英国) インフルエンザ流行程度は例年以上ではない
 家庭医達がインフルエンザ危機が起きる可能性を警告している中、政府の主任医療政務官は、流行が例年以上に深刻であるという根拠は現在まで得られていないと語った。
Swine flu: half of worst afflicted were previously in good health Telegraph.co.uk (英国) 豚インフルエンザ重症者の半数は健康者
 A/H1N1インフルエンザが拡大しだしている英国。
 政府の主任医療政務官が、豚インフルエンザが重症化して入院する患者が急増していると警告し、その半数は元来健康上問題なかった人々であると説明した。
 重症者が多数出ていることは異常な事態と保健省はコメントし、インフルエンザ様症状が出た場合は、すぐに家庭医(GP)に相談するように求めている。
 
 全体的インフルエンザ患者数は例年並みであるが、この1週間で倍増している。
 当局発表のインフルエンザ死者数は17人となったが、そのうち6人が18歳以下である。豚インフルエンザ死者は14人。死者の全てはワクチン接種を受けていなかった。
 12月18日


強毒性鳥インフルウイルス検出=鳥取県米子市のコハクチョウ 時事通信
 環境省は18日、鳥取県米子市で4日に見つかった死んだコハクチョウ1羽から、強毒性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
米子で強毒性鳥インフル、コハクチョウ幼鳥死ぬ  読売新聞 
 鳥取県は18日、同県米子市の民家で3日に衰弱しているのが見つかり、その後死んだコハクチョウの幼鳥1羽から、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)が検出されたと発表した。
 幼鳥が見つかったのは11月末、高病原性鳥インフルエンザが発生した島根県安来市の養鶏場から中海を挟んで東約8キロの地点。中海には3万~5万羽の水鳥が生息しており、コハクチョウは約1500羽が10月以降に大陸から渡ってきている。
ASTHMA GIRL, 9, IS BATTLING SWINE FLU Express.co.uk  (英国) 9歳の喘息少女、豚インフルエンザで重症化
 マンチェスターの病院で人工呼吸器につながれている。
 この地域では5人が豚インフルエンザで最近死亡している。
Leading article: Don't ignore this year's flu Independent  (英国) 今年のインフルエンザを無視すべきではない
 今年のインフルエンザは少々奇妙な流行の仕方を示している。
 未だ流行域に入ったばかりであるが、ICUに収容が必要な重症者の発生が多く、少数ではあるがすでに死者が発生している。
 この2週間、ICU収容者が100人以上となり、国家医療サービス(NHS)に多大な負荷がかかりだしている。
 英国医師会は昨日、ワクチン接種率が低いことから、今冬の大きなインフルエンザ危機を警告した。
 また保健省の代理主任医療政務官は、妊婦にワクチン接種で自らを防衛するように求めた。
Flu crisis fears – elderly and pregnant most at risk Independent (英国) インフルエンザ危機の恐れ-高齢者と妊婦は最も危険性が高い
 医師達は最も危険性jの高い人々が季節性インフルエンザワクチンを接種している率が低いことから、この冬に大きなインフルエンザ危機が起きる可能性を危惧している。
 65歳以上の高齢者の65%、65歳以下のハイリスク者の41.5%しかワクチン接種を行ってない。
 昨年の現時点では、前者が70%、後者が47%の接種率だった。
 接種率の低下原因は分からないが、豚インフルエンザ接種による副作用問題を指摘している報告もあるようだ。

カナダ保健省インフルエンザ週報第49週
 インフルエンザ患者数は増加している。特にプレーリー地方、オンタリオ州、そしてケベック州では増加が顕著となってきている。
 分離インフルエンザ検体数も増えていて、A型の94%がA/H3N2で6%がA/H1N1となっている。なおB型は全インフルエンザウイルス分離検体数の3.4%となっている。
 小児と成人の入院数も49週では増加している。
 全体としてのインフルエンザ様患者数は例年の範囲内となっている。

 分離インフルエンザ件数の推移。大多数がA香港型。B型は少ない。


 A香港型感染者の年齢別割合。 多くが65歳以上であることが注目される。


米国CDCインフルエンザ週報第49週

 12月5日~11日

 49週にはインフルエンザ感染者数は増加している。
 インフルエンザと肺炎による死亡率は流行閾値以下である。
 A香港型で小児が1人死亡している。
 分離ウイルスはB型が多いが、A型では大多数がH3N2である。

 定点医療機関受診インフルエンザ様患者数の割合(%)
 
 分離インフルエンザウイルス件数の推移



鳥インフル陽性 読売新聞
 高岡市古城の市営高岡古城公園動物園のお堀で16日、死んでいたコブハクチョウ1羽から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題。
 17日のPCR検査でウイルスが十分増殖しなかったため、高病原性鳥インフルエンザかどうかの判定は18日以降に持ち越された。
Flu kills 37-year-old Lee County woman  WFXL FOX 31 (米国) ジョージア州、リー群で初のインフルエンザ死者が発生
 37歳女性がインフルエンザで死亡。基礎的疾患はなかった。
 群保健局ではワクチン接種を勧めている。
SD has among highest flu vaccination rates in nation  Daily Republic (米国) 南ダコダ州、昨年のインフルエンザワクチン接種率が全米で最も高かった
 サウスダコダ州が、A/H1N1および季節性インフルエンザワクチンの接種率が全米で最も高い水準にあったことが、保健福祉省発表データで明らかになった。
 18歳以上成人のA/H1N1ワクチン接種率:34.3%、1位
 18歳季節性インフルエンザワクチン接種率:1位

 各年代における季節性インフルエンザワクチン接種率の順位
 ・ Adults 18 & older – 52%, 1st ;
 · Adults 18 through 49 years non-high risk – 40.4%, 1st;
 · Adults 50 through 64 years – 56.7%, 1st;
 · Persons 6 month & older – 53%, 2nd ;
 · Adults 18 through 49 years at high risk – 50.7%, 4th;
 · Adults 65 years & older – 74.6%, 5th;
 · Children 6 months through 17 years – 56.5%, 6th.

 保健局ではワクチン接種の他に予防として以下の方法をあげている。
 
 Wash your hands often with soap and water or use alcohol-based hand gel if you can’t wash;
 Cover your mouth when you cough or sneeze;
 Don't touch your eyes, nose or mouth;
 Stay home if you're sick.

Vaccinating pregnant women very effective to prevent influenza in infants  Medical Daily (米国) 妊婦へのインフルエンザワクチン接種は、乳児の予防効果も得られる
 エール大学のチーム。
 インフルエンザワクチン接種を受けた妊婦から生まれた乳児(6ヶ月以内)が、インフルエンザで入院する率が低い。その入院予防効果は91.6%だった。
 12月17日


英国保健省インフルエンザ週報第49週
 インフルエンザ感染者数の急激な増加が見られている。
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者数は、前週の3倍前後となり、流行域に入ってきた。
 集団発生や重症例の発生が相次いで報告されている。発病者は65歳以下である。
 分離されるインフルエンザウイルスはA/H1N1とB型が大多数で、A香港型は散発的に検出されるのみである。
 分離されたA/H1N1ウイルスはウイルス学的および疫学的特性は全て昨年と類似している。

 イングランドとウエールズにおけるインフルエンザ様症状で家庭医を受診する患者の率(対人口10万人)
 


アイルランド保健省インフルエンザ週報第49週
 家庭医を受診するインフルエンザ様患者数は前週よりも倍増しているが、いまだ流行域には入っていない。
 分離されるインフルエンザウイルスはA/H1N1が大多数で、A香港型の分離はない。
 入院患者数も増加も見られ、2人がICUに収容された。
114th case of bird flu in Egypt  Ahram Online (エジプト) エジプトで114人目の鳥インフルエンザ感染者が確認
 エジプト保健省広報官は同国で114人目となるH5N1鳥インフルエンザ感染者が確認されたことを発表した。
 25歳女性でベヘイラ県に住んでいた。
 症状は安定している。
 家庭で飼育している鶏が鳥インフルエンザに感染していたと疑われている。それらに接触したことが感染原因とされる。
Swine flu death toll rises to FOURTEEN - and all the victims were under 65 ...  Mail on Sunday (英国) 豚インフルエンザ死者数14人に、全死亡者は65歳以下
 本日HPA(健康保護庁)は、10月初めから豚インフルエンザで14人が死亡したと発表した。他にB型インフルエンザで3人が死亡している。
 死亡者は全員65歳以下で、18歳以下は6人含まれる。
 イングランドでは、家庭医受診インフルエンザ様患者数が倍増しているという。
Dozens of Israeli soldiers contract swine flu Eurasia Review (国際) イスラエルの兵士達数十人が豚インフルエンザに感染
 再トレーニングのための施設で集団発生。
 全兵士達にワクチンが接種される予定。
14 people killed by swine flu outbreaks as others need emergency care Metro (英国) 英国、豚インフルエンザ流行で14人が死亡、他にも緊急治療が必要な重症者が発生
 当局発表によると14人が豚インフルエンザで死亡し、他に17人が緊急治療が必要となっている。この中には4人の妊婦が含まれている。
 死者は全て65歳以下で、18歳以下は6人含まれる。
 
 12月16日


Flu jabs plea after swine flu deaths Peterborough Today (英国) 豚インフルエンザで死亡者が多数発生していることから、保健当局者はハイリスク者にワクチン接種を受けるように求めている
Swine flu deaths in the capital bring total to 12  This is London (英国) 首都ロンドンでの豚インフルエンザ死者が国内12人目の死者に
 豚インフルエンザは少なくともロンドンで2人の死者を出し、他に30人以上の重症者を出している。
 死者の1人は子どもで、ロンドン北方で今月死亡した。
 先月初旬からA/H1N1感染者の急増が見られていた。
 国全体では、過去6週間で12人がインフルエンザで死亡し、そのうち10人がA/H1N1とされる。
 
 この致死率は専門家にとって驚異的とされ、この冬の流行が予想していた以上になる可能性があるという。
 ロンドンでは数人の妊婦が重症となっていて、1人は緊急帝王切開が必要とされている。

 入院患者数が増えているため、ロンドンのロイヤル・ブロンプトン病院では予備病棟が開かれ、国内でも数カ所の病院でも同じように予備病棟が開かれた。
 健康保護庁(HPA)の呼吸器疾患担当責任者であるジョン・ワトソン教授は、ウイルスの拡大に驚いていて、「自分が予想した以上の早さで広がっている」とコメントしている。
Swine flu kills – it has not gone away” says spokesman - H1N1 virus claims ... Camden New Journal newspapers website (英国) 豚インフルエンザは人を殺す--未だ去ってはいない
 NHS(英国国営医療サービス)は北部ロンドンで小児が豚インフルエンザで死亡したことから、その脅威は続いていることを強調し、ワクチン接種を促した。
Swine flu back in parts of the UK Chatter Shmatter (国際) 豚インフルエンザが英国のいくつかの地域で再流行
Nine Finnish garrisons now reporting suspected swine flu cases Helsingin Sanomat (フィンランド) フィンランド軍駐屯地9カ所で豚インフルエンザが集団発生の疑い
 大勢の徴兵が駐屯地で豚インフルエンザに感染している模様。クリスマス休暇で家庭に帰り、さらに拡大する恐れ。
Treatment guidelines for patients with influenza 2010/2011  英国保健省 2010-2011年度におけるインフルエンザ治療ガイドライン
 英国主任医療政務官からの連絡 各医療機関と団体へ
 急速にA/H1N1インフルエンザ感染による入院患者と重症者がでているため、緊急の通達。
 入院が必要な患者や重症者には臨床的判断で早急に抗インフルエンザ薬を投与すべき。
Maternity hospital hit by outbreak of swine flu Irish Independent (アイルランド) アイルランド、ダブリン市内の産科病院で豚インフルエンザが院内発生
 国内最大級の産科病院で豚インフルエンザが集団発生したため、昨夜同病院では面会制限を開始した。
 ダブリン市内のロツンダ病院では昨夜数人の豚インフルエンザ感染者が出ていることを発表した。新生児には感染していない。
 病院では全ての小児の面会を制限とした。
 産婦や出産後の母親に面会できる訪問者は1人と決められた。
 感染者はすでに退院したり、または回復しているという。
 
Swine flu surge leaves 15 dead and 100 in intensive care  Independent (英国) 豚インフルエンザで15人死亡、そして100人がICUに収容
 北東部では昨年のピーク時以上に入院患者数が出ていて、ICU収容者数も増加。
 医師達は昨年以上に病原性は高いと懸念している。
 北西部でも患者数は昨年並みか、もしかしたら昨年以上とされ、昨日は5人の死者が報告された。
 12月15日

Two women die after contracting swine flu on Merseyside BBC News (英国) マージーサイド州で女性が2人豚インフルエンザで死亡
 32歳女性、基礎疾患があった。
 29歳女性。詳細不明。

Studies show science behind CDC pandemic response  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 米国CDCパンデミック対策の検証
 10州における電話調査では、昨年の流行初期における成人の発症率は4.7%。
 12月14日

Swine flu hits pupils at private school in Wales WalesOnline  (英国) 英国、ウエールズの私立学校で豚インフルエンザが集団発生
 ウエールズの私立小学校で120人の生徒がインフルエンザ様症状で欠席。その中の数人から豚インフルエンザウイルスが検出された。
 この数日間、インフルエンザ様症状を呈する患者数がウエールズでは急増している。
H1N1 outbreak unlikely despite growing number of cases: experts Focus Taiwan News Channel  (台湾) 専門家:A/H1N1感染者数が増加しているが、大流行の可能性は低い
 この数週間、台湾ではA/H1N1感染者数が増えているが、保健専門家によると、状況は大きな流行につながらないと予想される。
 過去3ヶ月間に発生したインフルエンザの43%がA/H1N1で、33%がA/H3で、23%がB型インフルエンザによるとされる。
 過去のデータでは80%がA/H3ウイルスにより引き起こされていた。
Two patients with swine flu die BBC News  (英国) 豚インフルエンザで2人が死亡
 英国のオルドハムで豚インフルエンザで2人が死亡した。
 二人とも基礎疾患があったとされる。
県、初の行動指針策定 新型インフル対策  福島放送
 県は13日までに新型インフルエンザの大流行、強毒化に備えた初の行動指針をまとめ、市町村、医療関係団体と連携した医療提供、要援護者支援などの新たな体制づくりに乗り出した。
早ければ今月から医療圏ごとの会議で医療スタッフ確保策などの検討を始める。
各市町村に要援護者支援の準備も要請する。
県は初の行動指針で新型インフルエンザの感染拡大について、(1)未発生期(2)海外発生期(3)国内・県内発生早期(4)県内感染拡大期(5)まん延期(6)回復期(7)小康期の7段階に分け、対策本部設置など行政、関係機関の役割を具体的に定め、迅速に対応できるようにした。

Biological Weapons Pact Offers Cooperation Against Pandemics Scoop.co.nz  (ニュージーランド) 生物兵器禁止条約、パンデミックに対しても対応の拡大
 1975年に制定された生物兵器禁止条約(BWC)は、生物学的および毒素性の兵器の開発、製造、および保管の禁止を目的にしているが、12月10日~12日にジュネーブで開かれた年次総会で、参加国は当条約をバイオテロの予防、パンデミック対策まで拡大することとした。
 パンデミックは、生物学的検体の誤操作、またはコレラや鳥インフルエンザのような自然発生する場合もあり、その対策は、各国政府、専門家、および科学者の間で協同的作業が要求される。
AH1N1 virus claims first lives of the winter 'flu season The Reader (スペイン) A/H1N1で今シーズン初の死者発生
 先月から今月にかけて2人のA/H1N1感染者が死亡した。
 1人は基礎的疾患があったが、もう1人の42歳男性は健康上何も問題はなかったが、重篤な合併症を引き起こして12月1日に死亡した。
 両者ともワクチン接種は受けてなく、抗インフルエンザ薬による治療も48時間以降であった。

 2010~2011年インフルエンザシーズンが始まってから、5人の重症者が報告されているが、ほとんどは45~64歳の年齢層である。
 65歳以上の高齢者、慢性疾患保有者、妊婦、および保健医療担当者は保健センターでワクチン接種を受けることが強く勧められている。
GPs' alarm as deadly swine flu returns with a vengeance Daily Mail (英国) 家庭医は致死的豚インフルエンザが報復のために戻ってきていると警告
 この冬の豚インフルエンザの再流行は、予想されていた以上に致死力が高い、と専門家達は警告している。
 ウイルスは65歳以下の成人を10人、この6週間で死に至らしめている。
 専門家達はこのインフルエンザシーズンはじめにしては死者数が多いことに驚いている。

 医師や薬剤師は、これから数週間以内に患者数の急増が起きる可能性があると伝えられている。
 
 健康保護庁(HPA)によると、11月に入ってから少なくとも10人の成人が豚インフルエンザで死亡している。
 そのほとんどは妊婦と基礎疾患保有者である。しかし基礎疾患のなかった健康者も少数含まれている。

 専門家達は豚インフルエンザが再流行することは予想していたが、死者数の増加が早いことに注目している。そして20~50代の人々は早急にワクチンを受けるべきと警告している。
 ロンドン病院のウイルス専門家のジョン・オクスフォード教授は、事態に非常に驚いているが、同時に若い世代が死亡していることに胸を痛めている、と語っている。そして次のように加えている。
 「警戒すべきウイルスである。死亡している人々は、彼らの家庭医受診が遅すぎることから死亡していると推測される。しかしこの遅れは死に至る可能性があり、それは特に妊婦では強調される。現在はパニックに陥る状況ではないが、状況の悪化が心配される」。
Some older asthma patients may need high-dose H1N1 vaccine CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター)  60歳以上の高齢層での喘息患者に対しては、十分な免疫をつけうためには、抗原が2倍量含まれる高濃度のインフルエンザワクチンが必要。
 免疫力の低下と、治療のためにステロイドホルモンを服用している場合があることから。
 米国国立衛生研究所(NIH)が報告。Journal of Allergy and Clinical Immunology.
Bird flu outbreak springs from govt closet Himalayan Times (ネパール) 家きん農場での鳥インフルエンザ発生、政府発表が大幅に遅れる
 10月末に家きん農場で発生したH5N1鳥インフルエンザに関して、政府の発表が1ヶ月以上も遅れた。
 OIEへの報告も12月12日に行われた。
 政府の遅い対応に批判が起きている。
Virginia Sees Increase in Flu Rates NBC Washington (米国) バージニア州、インフルエンザ感染者数が増加
 散発的発生から地域的流行が見られ出した。保健当局がワクチン接種を求めている。
Pregnant women swine flu warning BBC News  (英国) 妊婦に豚インフルエンザ警報
 北アイルランドで3人の妊婦が豚インフルエンザに感染したことが確認された。
 保健当局はワクチン接種を急ぐように求めている。
 公衆衛生局長官は妊婦は4倍合併症を起こしやすく、10倍入院率が高いと語っている。
 また、ワクチンは胎児に対して完全に安全であるとも付け加えている。
12月13日

Egypt registers 137 swine flu infections in a week Al-Masry Al-Youm (エジプト) エジプト、1週間で137人の豚インフルエンザ感染者を確認
 エジプト保健省が13日に発表。
Flu morbidity hits epidemic threshold in Ukraine's 6 regions NRCU - Ukrainian Radio (ウクライナ) ウクライナの6地域でインフルエンザ発生率が流行域に

インフルで学級閉鎖、今シーズン初めて  北日本放送
 13日、黒部市の特別支援学校でインフルエンザと見られる症状で欠席者が相次ぎ1クラスが学級閉鎖となりました。
 インフルエンザの集団発生は県内で今シーズン初めてです。
 県厚生部によりますと黒部市石田にある県立にいかわ総合支援学校の中学部1学年の1クラスでインフルエンザと見られる症状でクラスの5人中、3人が欠席したため13日授業を打ち切り、14日も学級閉鎖としました。
 県ではこれからインフルエンザの本格的な流行期に入ると見ていて、うがいと手洗いを徹底して、急な発熱やせきなどの症状がある場合は速やかに医療機関を受診するよう呼びかけています。
インフルエンザで学級閉鎖 大分放送
 インフルエンザとみられる欠席者が増えたことから日田市の中学校で、きょう3年生のクラスを学級閉鎖としました。県内では今シーズン初めての学級閉鎖となります。
日田市の東有田中学校では、きょう3年生22人のうち6人がインフルエンザと見られる症状で欠席したことから2時間目から学級閉鎖としました。学級閉鎖は今シーズン初めてです。また、中津市の今津小学校と宇佐市の安心院小学校でも欠席者が増えたためあすから2日間一部のクラスを学級閉鎖とします。県内では先月22日からインフルエンザの流行期に入っているため、県の健康対策課では早めのワクチン接種やうがい・手洗いなどを呼びかけています。
Swine Flu Scare Creeps up, as Virus Claims 10-Lives TopNews New Zealand (ニュージーランド)  10人が死亡し、豚インフルエンザの脅威が忍び寄っている
 英国事例。
 今シーズン、すでに8カ所の学校と軍の兵士宿舎で集団発生が起きている。多くはA/H1N1ウイルス。
 英国では昨年度A/H1N1で494人が死亡しているが、今年度はすでに10人死亡している。
United Kingdom urges H1N1 jabs as 10 die TODAYonline (米国) インフルエンザで10人死亡者が発生した英国で、迅速なH1N1ワクチン接種が求められている
 
Risk groups warned over UK flu deaths  Irish Times  (アイルランド) 英国でインフルエンザ死亡者が多発、リスクグループはワクチン接種を急ぐように
 アイルランド健康保護庁は、英国でA/H1N1インフルエンザで10人の死亡者が出ていることから、妊婦や基礎疾患を保有するリスクグループにワクチン接種を急ぐように発表した。
 アイルランドでは未だインフルエンザは発生していないが、英国で発生していることから、今後流行する可能性が高いとしている。
Concern As 10 People Die Of Swine Flu (H1N1) In UK In Six Weeks Medical News Today (国際) 英国で6週間にA/H1N1で10人死亡
 英国で最近6週間に10人がA/H1N1感染して死亡したことから、再度A/H1N1流行が起きる懸念が同国内の専門家に抱かれはじめている。
 重症患者が発生しだしていることから、HPAは重症化しやすい65歳以下の成人に注意を呼びかけている。
Swine flu jab call after virus claims its first victims this winter Telegraph.co.uk (英国) インフルエンザ死亡者発生によりワクチン接種が再度呼びかけられる
 英国健康保護庁(HPA)は、昨年世界的パンデミックを起こしたH1N1ウイルスが再び感染活動を始め、すでに英国内で10人死亡したことを発表した。
 こうした事実から保健省では感染した場合、重症化しやすい妊婦に対してワクチン接種を受けるように再度呼びかけている。
 妊婦の他、接種対象勧奨者は65歳以上の高齢者、糖尿病などの慢性疾患保有者、および保健医療従事者があげられる。対象者数は1400万人となり、そのうち妊婦が500万人占める。
 HPAによると最近のインフルエンザの発生は過小評価すべきではないが、感染者数は例年のレベルとされる。
 12月12日

Health News: New swine flu alert as ten people die in the UK from virus in six ... Scottish Daily Record  (英国) 英国でこの6週間に10人が豚インフルエンザで死亡
 未だ家庭医を受診するインフルエンザ患者数は増えていないが、10人が豚インフルエンザで死亡した。全員65歳以下で、多くは基礎疾患を保有していた。しかし中には健康上問題がなかった患者も含まれている。
 当局では市民にワクチン接種を受けるように求めている。
Ten dead as H1N1 flu returns to Britain  Biomed Middle East (国際) 英国でA/H1N1インフルエンザが流行の兆し、10人が死亡
 この6週間に英国で昨年流行したA/H1N1インフルエンザで10人が死亡した。保健当局者が11日語った。
 英国健康保護庁(HPA)によると死亡した10人は65歳以下で、基礎疾患があったとされる。
 HPAの呼吸器疾患部門の責任者であるジョーン・ワトソン教授が次のように語っている。
 「この数週間に、季節性インフルエンザのH1N1(2009)とB型感染者数が増えている。また重症化して入院した患者の発生や、学校内での集団発生についても国全体から報告されている」。
 同教授は英国は他のヨーロッパの国々に先駆けて、インフルエンザの発生が起きていると語っている。
 
 HPAによると、パンデミックインフルエンザは翌年のインフルエンザシーズンには、主要な季節性インフルエンザの一つに変化するから、H1N1(2009)が今年流行してきても不思議なことではないと説明している。
 HPAの広報官は現在、国内で医師の元を受診するインフルエンザ患者数は増えているが、この状況は冬期間には予想されていることであり、決して例外的な状況ではないと、コメントしている。
WHOインフルエンザ週報 更新122 12月3日

 要約

 東南アジアと中央および西アフリカを除き、世界的にはインフルエンザ発生程度は低い。両地域では最近A/H1N1(2009)が急増している。北半球では冬が近づいているが、少数の例外を除き、ほとんどの温帯地域ではインフルエンザ様疾患の発生頻度やウイルスの検出頻度は低い状態が続いている。熱帯地域では、東南アジアの一部の国を除き、アメリカやアジアの大部分の国で、低いレベルではあるがインフルエンザ発生が報告されている。世界的に発生インフルエンザはA/H1N1(2009)、A(H3N2)、およびB型ウイルスによるが、後二者が主要株となっている。

 北半球温帯地域

 北米では全体としてインフルエンザ発生程度とインフルエンザ様疾患患者発生程度は低く、流行閾値下限以下である。しかしながら注目すべき状況として、米国南東部で11月にインフルエンザ発生程度が急速に高まった。分離ウイルスはB型とA(H3N2)であるが、前者が主流となっている。
 ヨーロッパでは多くの国でインフルエンザ様疾患患者数は少なく、またウイルス分離数も少ない。ブルガリアとロシアでは、呼吸器感染症が中等度の流行を呈しているが、どの程度インフルエンザが関与しているかは不明である。
 東アジアでは、中国、日本、および韓国全体でインフルエンザ発生程度は低い状況が続いている。北部中国では、10月から11月中旬にかけて呼吸器検体から分離されるウイルス件数が増加したが(主としてA(H3N2)であるが)、インフルエンザ様疾患患者の報告数は、それほど増加はしていない。モンゴルでは11月中旬から下旬にかけて、A(H3N2)によるインフルエンザ感染者数が例年レベル以上に増加しており、地域でのインフルエンザシーズンが始まったことが示唆されている。

 南半球温帯地域

 夏が近づいているので、インフルエンザ発生程度は低い。A(H3N2)の晩期シーズンの流行、および地域的多様性からくるA(H3N2)によるインフルエンザ流行がチリとアルゼンチンで見られていたが、現在は終息状態となっている。南アフリカでは、11月に春期の軽いB型流行が見られたが、現在はインフルエンザ発生程度は低い。

 熱帯地域

 南アジアではスリランカで10月中旬から11月下旬にかけてA/H1N1(2009)が急増しているが、現時点まで異常な臨床像の報告はない。インドとバングラデシュでは、この2~3ヶ月間、インフルエンザ発生が見られていたが、現在は大幅に発生数は減った。
 東南アジアでは数カ国からA(H3N2)ウイルスが低~中等度の頻度で分離されている。
 サハラ砂漠以南地域では、ほとんどの国でインフルエンザ発生程度は低い。しかしカメルーンとエチオピアでは11月初旬から中旬にかけて、A/H1N1ウイルスの分離率が上がっている。しかし実際のインフルエンザ様疾患患者数が増えているのかは不明である。残りの地域では、ケニヤとガーナでA(H3N2)が低~中等度の頻度で分離されている。
 アメリカの熱帯地域では、ほとんどの国でインフルエンザ発生は、低頻度から散発程度である;コスタリカ A(H3N2)とB型(11月)、コロンビア A/H1N1(2009)が少数(11月)、ボリビア A(H3N2)流行(9月中旬)、キューバ 8月以来A(H3N2)発生頻度が波打っている、メキシコ南部 8月から11月中旬まで流行していたA(H3N2)は終息状況。

 12月11日

新研究によりA/H1N1重症化成人では、不完全な免疫反応が原因とされる CIDRAP ニュース
 バンデルビルト大学とアルゼンチンの研究者による研究。
 非高齢成人層における重症化の原因は、体内に存在する季節性インフルエンザに対する抗体がウイルスと不完全に結合、しかしウイルスの不活化作用は持たないため、異常な免疫反応(免疫複合体による)を起こすことによるとの結論が得られた。今週のNature Medicineに掲載された。

 非高齢成人層が重症化
 重症例は非高齢成人に多く、死者数も多かった。高齢層は感染率が低く、小児では軽症が多かった。
 高齢者は1957年以前にA/H1N1と類似ウイルスに感染し、免疫を保有していると考えられている。

 研究者たちの結論は、非高齢成人層が保有する季節性インフルエンザに対する抗体が、A/H1N1ウイルスに結合はできるが、完全に中和できないため(ウイルスを不活化できない)、免疫複合体病(免疫複合体惹起病的状態)を引き起こす、ということである。
 免疫複合体は補体系(免疫系で役割を担っているタンパク成分)を活性化し、その活性物は免疫複合体が付着した肺組織で障害を引き起こす。
 活性化した補体の一部であるC4dがA/H1N1で死亡した患者の肺に沈着していることが確認された。

 サイトカイン・ストームは起きていない
 インフルエンザの重症化、または死亡にサイトカインが関与していることが示唆されてきた。
 研究チームはA/H1N1重症者の気道分泌液中のサイトカインを測定したが、低値であった。それは通常の季節性インフルエンザ患者でも同じだった。

2009A/H1N1ワクチン投与10日後の免疫効果 PloS one  (国際)
 中国上海研究チームによる論文

 59人のボランティアを対象として2009A/H1N1ワクチンの免疫効果を分析した。
 ・10日後には十分な免疫が得られた。
 ・従来の季節性A/H1N1に対する免疫効果はなかった(同ウイルスに対する抗体産生はなし)。
 ・季節性A/H1N1に対する抗体価が高い対象者は、ワクチン接種後の2009A/H1N1に対する抗体産生量が多かった。
 
 *ソ連型H1N1に対する免疫保有者は、新型インフルエンザA/H1N1ワクチンに対する反応性が高い(訳者)。
Mortality of 2009 pandemic influenza A(H1N1) in Germany  Eurosurveillance  (ヨーロッパ、ECDC) ドイツにおける2009年パンデミックインフルエンザの死亡率
 全体としての死亡率は人口100万人あたり3.1人。報告例での致死率は0.11%で、65歳以上が最も高く2.16%。
 死亡例では抗インフルエンザ薬服用開始が発病後4日、非死亡例は2日。
 早期のこうインフルエンザ薬服用が死亡例を減らした可能性があるかもしれない、とのコメント。
 ハイリスクグループとして、免疫抑制状態、糖尿病、呼吸器疾患保有者。
カナダ保健省インフルエンザ週報第48週
 地域的にインフルエンザ感染者の増加が見られ出している。
 分離インフルエンザウイルス件数は前週よりも倍増した。
 全検体2725のうち8.25%の225検体からインフルエンザウイルスが分離され、46.2%がA香港型でA/H1N1(2009)は2.2%で、B型も2.2%であった。
 A香港型感染者の多くを高齢層が占めている。
 

米国CDCインフルエンザ週報第48週
 11月28日~12月4日
 インフルエンザ様疾患患者数は増えていない。
 ウイルス分離数も前週よりは少ないが、A香港H3が多くを占めている。

 


インフル対策で情報共有 読売新聞 
 江戸川区の保健所と医療機関
 インフルエンザなど感染症の拡大を最小限に抑えようと、江戸川区は、保健所と区内の医療機関が即時に情報共有するための「区感染症危機管理システム」を開発、13日から稼働させる。行政と医療機関をインターネット上のネットワークで結び、最新の情報を瞬時に伝えあうことで、素早い対応が可能になるという。(松本英一郎)

 このシステムは、保健所、区医師会、登録した医療機関、区の関係部署の担当者が利用できる。保健所から医療機関へはこれまで、ファクスや郵便を使っていたこともあり、区内427の医療機関すべてに周知するまでに1週間かかっていた。今後は情報掲載と同時に医療機関が認識できるようになる。緊急情報は医師の携帯電話にメール送信できる機能も備えている。

 新型インフルエンザが大流行した昨年は、患者の定義や診療方法、保健所への報告義務などが次々と変更され、国や都からの通知が相次いだ。保健所への報告義務がなくなった後も、1日900人超の患者情報が保健所にファクスされてきた日もあるなど、情報が錯綜(さくそう)したという。

 また、システムには掲示板も設け、医療機関側の情報も共有する。感染が疑われる症例を察知した医療機関が書き込んでいくもので、書き込みを見たほかの医療機関も注意深く患者を診察するようになり、感染を見逃す危険性が減る効果を期待している。

 稼働当初は医療機関の登録は約100施設にとどまるが、全医療機関に登録を呼びかけていく。大地まさ代・保健予防課長は「システム稼働をきっかけに、医療機関には平常時から感染症に対する関心を高めてもらい、行政と医療機関が一体となって危機発生に備えたい」と話している。
 12月10日

韓国中西部でまた鳥インフル 今月初めに続き  47NEWS
 韓国農林水産食品省は10日、同国中西部の忠清南道瑞山で先月下旬に死んでいるのが見つかったフクロウの仲間の鳥2羽から、強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと発表した。
 同省は発見地点から半径10キロ以内を管理地域に指定し、家禽への感染を防ぐため防疫措置に全力を挙げている。同国では西部の全羅北道益山でも今月初め、マガモから同ウイルスが確認されている。
忠清南道・瑞山でも鳥インフルエンザ検出 聯合ニュース (韓国、日本語版)
 全羅北道益山市に続き、忠清南道瑞山市の野生鳥類からも鳥インフルエンザが検出された。全国の渡り鳥飛来地への拡散が懸念される。
 瑞山市によると、先月末に浮石面の2カ所でへい死していたワシミミズク2羽の試料を採取し、国立獣医科学検疫院で分析した結果、高病原性鳥インフルエンザに感染していることが確認された。
 この一帯の半径10キロメートル以内では、4カ所の農家で10万2509羽の家禽(かきん)類が飼育されている。市は発生地域を中心とする半径10キロメートル以内を家禽類飼育農家管理地域とし、家畜や車両、人の移動統制措置を取った。

Swine Flu leaves Southport father-of-three fighting for life Liverpool Echo (英国) 英国、サウスポートで男性が豚インフルエンザで重症に
 30代の3人の子持ちの男性が豚インフルエンザを発症して重体となっている。
 8日に発病してサウスポート総合病院に入院した。しかし現在呼吸状態が悪いために他の専門病院へ移送予定となっている。ECMO(膜型人工肺)を使用する必要があるとされる。
 同病院では10月以来多数の豚インフルエンザを治療している。患者数に関しては当局では一桁といっている。
 他の病院でも豚インフルエンザで入院する患者が増えているとされ、これからインフルエンザシーズンに入ると感染者数は増加する可能性がある。

Bird flu in the news Examiner.com (国際) 鳥インフルエンザ ニュース
 エジプト、ダカーリア県で30歳男性が鳥インフルエンザ疑いで死亡した。今年度12人目のエジプトでの死者となった。
 男性は現在治療されている5人の鳥インフルエンザ疑い患者の一人である。
 患者はICUで治療されてきたが、レスピレーターを外せる状態まで回復したとされる。
 
アイルランド保健省インフルエンザ週報第48週
 インフルエンザ様疾患の増加はなし。
 インフルエンザウイルスの検出もされていない。
 今シーズン、これまで2件のウイルス分離がされているが、A/H1N1であった。
英国健康保護庁インフルエンザ週報第48週
 インフルエンザ様疾患が増えだしている。
 分離インフルエンザウイルスは29件中、A/H1N1が18件、B型が10件。
 インフルエンザ集団発生が9件発生。B型とA/H1N1。
 48週までに65歳以上でのワクチン接種率は66.1%で65歳以下のハイリスク者では40.2%となっている。
エジプトで30歳女性が鳥インフルエンザに感染-WHO
 ガルビア県の30歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染し11月28日に発症、12月1日に入院。オセルタミビルによる治療を行ったが、2日に死亡した。感染源は病的になった家きん、または死亡した家きんとの接触と考えられている。
 これまでエジプトでは113人の感染が確認され、そのうち37人が死亡している。
インドネシアで女性が鳥インフルエンザに感染-WHO
 西ジャワ、バンドゥンに居住する21歳女性がH5N1鳥インフルエンザに感染し、11月14日発症、22日に入院した。不衛生な養鶏場の近くに住んでいて、鶏の糞が各所に落ちていた。
 女性は現在入院中。
 これまでインドネシアでは171人の感染が確認され、そのうち141人が死亡している。
 12月9日


浜田医療センター:発熱外来棟が完成 「ドライブスルー」診療も /島根 毎日新聞
 浜田市浅井町の国立病院機構浜田医療センターに「発熱外来」棟が完成し、8日、日野理彦院長や宇津徹男市長らが出席して式典が開かれた。
 軽量鉄骨造平屋67・48平方メートル。診察室や待合室があり、診察室に空気清浄器が設置されている。一般病棟西側の職員駐車場に建てられており、診察室の窓から、車に乗ったままの患者に薬を処方できる。「大量の患者が訪れる時は、軽症者は、ドライブスルー方式で診る」と同センターは説明する。
 対象となるのは、新型インフルエンザやSARS(重症急性呼吸器症候群)など。昨年流行した豚由来のインフルエンザは、従来の季節性インフルエンザと同じで、原則として発熱外来での診察は想定していない。
 発熱外来は県内20の医療機関にあるが、独立した棟があるのは少数。昨年の豚由来のインフルエンザ流行時は移転前で、同市黒川町にあった同センターの車庫を改造して発熱外来として対応した。

香港健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第49週
 11月28日~12月4日
 インフルエンザ様疾患患者数は流行レベル以下である。
 分離インフルエンザウイルス件数も少なく、45件、そのうちA香港が20、人豚インフルエンザ(A/H1N1)が1、B型が8となっている。
Indonesia reports bird flu, influenza A/H1N1 cases Xinhua (中国、新華社) インドネシア、鳥インフルエンザおよびA/H1N1感染例を報告
 インドネシア保健省は鳥インフルエンザ感染例とA/H1N1インフルエンザ感染例を各1例報告した。
 西ジャワ州の州都であるバンドゥンのハサン・サディキン病院で21歳女性がH5N1鳥インフルエンザで治療を受けていることを病院の広報官が発表した。同時に7歳少女がA/H1N1インフルエンザに感染して入院治療中であることも発表された。

 女性は11月22日から治療を受けており、少女は11月17日から治療されているという。
 当女性の事例は、インドネシアで169例目の感染者に相当する。そのうち138例が死亡している。
New avian flu cases reported nationwide Viet Nam News (ベトナム) ベトナム国内で鳥インフルエンザ発生が拡大
 鳥インフルエンザ(H5N1)が南部のカマウ省、北部のナムディン省、および中央のニェアン省の家きんに感染しだしている。
 「A/H5N1の人での感染は今年度3月以来確認されていないが、今、人での発生の危険性が高まっている」、と国立衛生疫学局の長官であるニュエン・トレン准教授が警告した。
 脅威の主たる理由は、旧正月(テト)での家きんの大量消費に伴う家きん輸送、販売、と殺量の増加、そして寒冷の気候である。
 農業省のデータによると、今年度国内の家きんの16%が鳥インフルエンザに感染して、それはこれまでの平均の4倍に当たるとされる。
 多くの人々がインフルエンザ様症状で入院しているが、インフルエンザと鳥インフルエンザを鑑別するのは非常に困難だと、国立熱帯病病院のニュエン・ホンハ院長が説明している。
 もし患者がH5N1鳥インフルエンザに感染した鳥に接触していた場合は、家族がその事実を医師やナースに伝えなければならない、と院長は強調する。
 鳥インフルエンザ感染者を同定する鍵は、感染鳥との接触した既往歴であるいう。
 少なくとも7例のH5N1感染者が今年度確認されている。そのうち2例が死亡している。
 鳥インフルエンザ症状を呈する(咳、熱、呼吸困難)人々は、近くの医療機関を受診すべきである。

 12月8日


韓国でも鳥インフル検出 朝日新聞

 時事通信記事
Hong Kong lowers bird flu warning level WKBT  (米国) 香港、鳥インフルエンザ危険度を下げる
 危険度が”深刻”であったが、”警戒”に引き下げた。
H1N1 vaccine linked to 700 percent increase in miscarriages Natural News.com (国際、NPO) A/H1N1ワクチン接種により流産が7倍に増加
 NPOによる問題提起
 米国CDCに報告されたデータでは、A/H1N1ワクチン接種で流産が7倍に増え、胎児死亡が24倍に上がっている。
 しかしCDCではA/H1N1ワクチンの妊婦への接種は無害とコメントしている。

韓国でも鳥インフル検出 時事通信
 韓国農林水産食品省は8日、全羅北道益山市で7日、検査のため捕獲した野生のマガモ1羽から強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと発表した。
 同省は捕獲地点周辺で消毒作業を行い、半径10キロ以内を管理地域に指定。この地域では鶏とアヒル計282万6000羽が飼われているという。
HK bird flu alert lowered  RTHK (香港) 鳥インフルエンザ警戒レベルの引き下げ
 香港行政府は、鳥インフルエンザ発生危険レベルを下げた。
 先月、病院での予防対策を強化すると共に、輸入家きんと地域内家きんのチェック回数を増やした。
 これらの措置は7年ぶりに感染者が発生したことによる。
 59歳女性が中国本土旅行後にH5N1感染が確認された。
 保健庁長官のヨーク・チョウ氏は、鳥インフルエンザの香港での再発生の兆候がないことと、女性が中国内で感染した可能性について語った。

益山で野生のマガモから鳥インフルエンザ発生 中央日報
  鳥インフルエンザに感染したマガモが発見された。農家で飼育する家きん類ではなく野生鳥類だが、口蹄疫で対応に追われる中で鳥インフルエンザまで発生したことで防疫当局が緊張している。農林水産食品部は7日、全羅北道益山市(チョンラブクド・イクサンシ)の万頃江(マンギョンガン)で捉えた野生のマガモのうち1羽から高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が検出されたと明らかにした。高病原性鳥インフルエンザが発見されたのは2008年5月以後で初めてだ。
 農林水産食品部はこのマガモが捕えられた地点を中心に10キロメートル以内の地域を管理地域に設定し、家きん類飼育農家に遮断防疫を実施するよう指示した。また、主要道路に消毒施設と野生鳥類の接近遮断のための網を設置し、飼育中の鶏と鴨に対する観察を強化するようにした。他の市と道でも家きん類農場への人と車両の出入りを統制して緊急消毒を実施することにした。
 農林水産食品部によると、捕獲地点から500メートル以内には鶏や鴨を育てる農家はないと調査された。しかし3キロメートル以内では鶏と鴨9万羽余りが、10キロメートル以内では27万羽余りが飼育されている。ただ家きん類ではない野生鳥類から発見されたため、管理地域内で飼育される家きん類の殺処分はしないことにした。一方、野生鳥類で高病原性鳥インフルエンザが発生しても鳥インフルエンザ清浄国の地位には影響を受けないため、鶏肉や鴨肉輸出には支障がないと農林水産食品部は明らかにした。
S. Korea confirms bird flu outbreak in southern province Yonhap News (韓国) 韓国、南部の省で鳥インフルエンザ発生を確認
 韓国政府は8日、多くの渡り鳥が越冬する南部の省で鳥インフルエンザが発生したと発表した。
 農業省は獣医局が全羅北道益山市の万頃江で捕獲したマガモの1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが(H5N1)検出されたことを明らかにした。
 同省は地域の緊急消毒と半径10キロ以内の地域を厳重監視地域とした。

益山で鳥インフル発生 朝鮮日報
 国立獣医科学検疫院は7日に農林水産食品部を通じ、先月29日に全羅北道益山市で捕獲した野生のマガモから高病原性鳥インフルエンザ(AI)ウイルスが検出されたことを全羅北道に通知した。同道は関連規定に従い、捕獲地点から半径10キロ以内を管理地域に指定し、ニワトリやアヒル農場の検査と防疫を強化するとともに、出荷を統制することにした。ニワトリは臨床観察、アヒルは血清検査を行い、異常がなければ出荷する。
 全羅北道によると、渡り鳥の飛来地でAIウイルス検査が開始された2008年以降、同道で渡り鳥から高病原性AIウイルスが検出されたのは初めてだという。
 同道の畜産業務関係者は、「AIが周辺の養鶏場やアヒル農場に流入しないようにするのが急務。ひとまず防疫措置を大幅に強化する方針」と述べた。

NY Boy Dies of Flu Complications myfoxny.com (米国) ニューヨークで男児がA/H1N1インフルエンザで死亡
 4歳男児が11月にA/H1N1インフルエンザに感染。その後細菌性肺炎を併発して死亡。
 男児には元々基礎疾患はなかった。またワクチン接種もしていなかった。
Egypt Min of Health: 70 new cases of H1N1 this week Bikya Masr (エジプト) エジプト保健省、今週A/H1N1感染者が70人発生と発表
 保健省広報官は、10月と11月にA/H1N1感染者が136人確認されたと発表した。
 同広報官は現在の鳥インフルエンザとA/H1N1感染者の発生数は、季節的平均以内とコメントした。
 
 さらに、広報官はアルガービヤ県(Al Gharbiyah Governorate )で30歳女性が鳥インフルエンザに感染して死亡し、2010年度の感染者数が世界で最も多くなったと発表した。
 今年度世界で40人の感染者が報告されているが、そのうちエジプトが23人を占めている。その中で10人が死亡している。(正確には当症例を入れると世界での感染者数は41人:訳者)。

韓国で強毒性鳥インフル 口蹄疫も  中国新聞
 韓国農林水産食品省は7日、同国西部の全羅北道益山で、捕獲した野生のマガモ1羽から強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出した。聯合ニュースが伝えた。  同省は捕獲地点から半径10キロ以内を管理地域に指定し消毒などの防疫作業を始めた。同地域内には鶏とアヒル計約282万羽が飼われている。  同省は同日、南東部慶尚北道英陽の牛の飼育施設で口蹄疫の発生を確認。近くの同道安東を中心に感染を確認した飼育場は30カ所を超え、殺処分した家畜は10万4千頭に達した。口蹄疫の疑いがあり検査をしている飼育施設は増え続けており、さらに拡大することが憂慮されている。
12月7日

2010年度インフルエンザ抗体保有状況調査 感染症情報センター
 2010年度の調査により得られた暫定データから,インフルエンザに対する年齢群別抗体保有状況について掲載された。また,2009年に流行したA/H1N1亜型(新型インフルエンザ)については,2009年度と2010年度の結果が比較検討された。
 2010年度の調査(7~9月)は24度道府県から合計5400名が対象とされた。
 対象抗原は今年度のワクチン株である。
 
 A/H1N1(新型インフルエンザ)
 抗原はA/California(カリフォルニア)/7/2009pdm
  抗体価1:40以上(重症化予防効果) 10歳~19歳 60%、5~9歳 58%、20~24歳 57%、30~34歳 41%、0~4歳 25%、 25~29歳 40%、35~49歳 40%、50歳以降、年齢層により12~23%。

 A香港型H3N2
 抗原はA/Victoria(ビクトリア)/210/2009
 15~19歳 63%、10~14歳 45%、 5~9歳 47%、0~4歳 16%、 30歳以上 30~35%、70歳以上47%。
  
 今年度流行が予想されているA型2株に対する抗体保有率は、10代でもっとも高く、0~4歳では昨年の新型インフルエンザに対しても、本年のA香港型に対しても抗体価は低い。
 乳幼児にワクチン接種の意義はありそうだ。
12月6日


Exposure to seasonal flu weakened armour against H1N1 Nature.com (国際) 季節性インフルエンザウイルスの感染は、H1N1ウイルスに対する防御力を弱める
 昨年のA/H1N1(2009)流行に際しての謎の一つに、それまで健康であった中年層が感染して重症化したことが挙げられる。
 今回発表された研究結果は、先に他の季節性インフルエンザに罹患した際、産生された抗体が新規に現れるインフルエンザに対して防御的に機能せずに、むしろ生体に害になる可能性が指摘された。
 この研究は今日オンラインでNature Medicineに発表されたが、過去のインフルエンザ感染がA/H1N1(2009)の重症度を決定した可能性があるのではないかとの憶測を呼びだしている。

 ウイルスに感染すると生体は対抗するために抗体を産生する。このタンパクは血流に乗って体内を循環し、その感染したウイルスに類似したウイルスが、その後体内に侵入すると、そのウイルスを認識する。
 例えば、A/H1N1(2009)流行時に多くの高齢者は感染を逃れたが、理由は半世紀以上前に近縁のH1N1ウイルスに感染していて、そのウイルスに対して形成されていた免疫が、A/H1N1(2009)ウイルスに予防的に機能したことによる。
 しかし妙なことに、それまでインフルエンザに感染したことがなかった幼小児ではA/H1N1(2009)は、中年成人に比較して軽症であった。
 こうした現象を知った、テネシーのバンデルビルト大学の小児科医であるフェルナンド・ポラクと共同研究者達は、(患者達の)過去のインフルエンザ感染に対する状況を分析した。
 その結果研究チームは、中年層の体内に存在する抗体がA/H1N1(2009)ウイルスを認識していることを見いだしたが、それらの抗体が防御反応に関与せずに、組織を攻撃して傷害を起こしていることも明らかにした。
 「これまで誰も中年層がなぜ重症化するのか理由を明らかに出来ていなかったが、今回の研究で初めて納得のゆく説明がなされた」、とダラスのテキサス大学南西医学センターの免疫学者であるリチャード・シュウアーマンがコメントしている。

 生体に傷害を与える抗体

 研究チームは昨年の流行時にアルゼンチンで感染者の血液と気道分泌物を採取した。
 重症者はリンパ球と呼ばれる白血球が減少し、死亡者では肺における組織の腫脹、血液減少、および免疫反応による副反応が認められた。

 チームはさらに中年層では抗体が高齢者のようにウイルスに効果的に結合してないため、防御効果を示すことが出来ないことも明らかにした。そして中年層の中でも、重症者ほど抗体の結合程度が弱いことも確認した。
 このように機能障害のある抗体がウイルスと結合し、その結合物が肺組織内に侵入し、生化学的炎症過程を促進して、肺細胞膜面の破壊を起こすと考えられた。
 チームでは1957年に発生したパンデミック(アジアインフルエンザ)で死亡した患者の肺組織を調べたが、パンデミックの原因ウイルスであったH2N2ウイルスと抗体との結合物の存在を確認した。この事実は、アジアインフルエンザにおいても、感染以前から体内に存在していた、新規に侵入してきたH2N2ウイルスと不完全にしか結合出来なかった抗体が、死亡の原因となったことが示唆された。

 「免疫複合体が(パンデミックインフルエンザの)重症度に影響しているとする仮説を実証した初の研究である」、とトロントの免疫学者であるデービット・ケルビンがコメントしている。しかしケルビンは、研究チームが動物実験で不完全抗体と有害な免疫複合体が、インフルエンザの重症化を起こすことを証明する必要がある、とも語っている。

 研究チームのポラク医師によると、H1N1インフルエンザの重症化は、多分、流行以前から地域に存在していた季節性インフルエンザ(H3N2香港型、H1N1ソ連型)に対する抗体で起きているという。これらの抗体は十分季節性インフルエンザに対する防御機能は担っているが、新規に発生したインフルエンザウイルスは抗原性が相当異なるために、体内に残存しているそれら抗体は十分な免疫反応を起こすことが出来ない。異常な免疫複合体がA/H1N1(2009)でも1957年のH2N2パンデミックでも、重症化の一因となっていたことから、今回提唱している重症化機構は、多くの感染症において免疫過剰反応が強調される可能性がある、と同医師は語っている。

 例えば、麻疹、デング熱、そしてRSウイルス感染症は、二度目の感染が起きた場合、重症化する例があることが知られている、とポラク医師は語っているが、合併する細菌感染症も重症化の要因になるとも付け加えている。

 今回の研究結果に基づいて、シュアーマンは、ウイルス破壊抗体が産生され、何年にも亘って各種のインフルエンザウイルスに効果を示すとされる万能ワクチンの開発にも注意が必要であるとコメントしている。また、中年層の治療に抗体ウイルス結合体産生を阻止する薬剤を使用することも示唆されるとしている。
 「今、我々は重症化の原因が分かった。我々は以前よりも感染者の治療とその死の予防に対して、より優位の立場に立つことが出来る」
。 
12月5日


Third Of Americans Already Got Their Flu Shot In 2010 RedOrbit (米国) 2010年度の季節性インフルエンザ、三分の一の米国人が接種
 CDCのアン・シュチャット医師が発表。
 昨年の季節性インフルエンザ接種率と同じか、若干多いとされる。
Azerbaijan confirms bird flu outbreak Xinhua  (新華社、中国) アゼルバイジャン西部で鳥インフルエンザの発生が確認
 既に報告されていた西部での大量の家きんの死亡が、鳥インフルエンザによるものであることを当局は発表した。
 当局は渡り鳥によりウイルスが拡大している可能性があることから、人々に感染予防の注意を出している。
Seasonal flu vaccination completed in Russia - chief sanitary doctor RIA Novosti (ロシア) ロシア、季節性インフルエンザワクチン接種は完了
 主任公衆衛生医務官が発表。32162万人が接種。人口は1億4000万人。
12月4日

Bird Flu Case Confirmed In Japan TopNews New Zealand (ニュージーランド) 日本で鳥インフルエンザ発生が確認
 12月3日、日本政府は国内で鳥インフルエンザが発生したことを発表したが、人での感染は現在まで確認されてなく、ウイルスは鶏だけで検出されたとされる。
 西日本の田園地帯の島根県の1農場で11月29日の朝に5羽の鶏が死亡しているのが見つかり、日本の農水省は、検査で鳥インフルエンザと確認した。21500羽の鶏は殺処分され、近くの農場は卵と鶏の出荷が停止させられた。
 鳥インフルエンザウイルスの型はH5N1株であることが3日、確認された。
 鳥インフルエンザウイルスの中でも、当H5N1ウイルス株は世界的に多数の人に感染しており、その臨床像は重症で、死亡に至りやすいことが知られている。
 WHOは今年度40人の人の鳥インフルエンザ発症例を確認しているが、そのうち20人は死亡している。昨年は73人の発症例があり、32人が死亡していた。

鳥インフル 厳戒なお不安 朝日新聞

 島根県安来市で確認された鳥インフルエンザのウイルスから、シベリア発の新たな感染ルートが浮上。全国有数の渡り鳥の飛来地、琵琶湖を抱える滋賀県や県内の養鶏農家の緊張が高まっている。

 「いつ感染が広がるのか、農家はびくびくしている」

 
インフル患者に早期治療徹底を…感染症学会提言 読売新聞
 日本感染症学会(岩本愛吉理事長)は3日、インフルエンザにかかった患者に積極的に治療薬を投与することを推奨する提言を公表した。

 新型インフルエンザが流行した昨シーズンは、早期診断、早期治療が徹底したため、海外に比べ国内の死亡者が少なかったと分析。今シーズンも同様の対策が望ましいと判断した。
 提言では、季節性インフルエンザによる死亡例は高齢者が大多数を占めるのに対し、新型では30~50歳代の死亡が世界的に多いと指摘。新型に感染した30~50歳代は4~5日目に急に重症化することが多く、とくに注意が必要だという。
 今シーズンは季節性のA香港型が多く、新型は現時点では2~3割。A香港型は小児や高齢者で重症化しやすく、「A香港型の流行が大きくなれば死亡者数は昨シーズンを大幅に上回る」と警戒を呼びかけている。

米国CDCインフルエンザ週報第47週
 インフルエンザ様疾患は徐々に増加しているが、流行域以下である。
 分離ウイルスはH3N2株がA型ウイルスの大多数を占めている。その他B型ウイルスも多く分離されている。

 外来患者中に占めるインフルエンザ様患者の%。
 

 分離A型インフルエンザウイルス件数の推移


Study: Airborne particles from coughs can carry flu viruses  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究報告:咳による微小飛沫物がインフルエンザウイルスの空気感染を起こす可能性
 インフルエンザにおける咳からのエアロゾルでウイルスが感染を起こすかについては、多くの議論があるところである。
 新研究で咳により飛沫されるエアロゾルが空気中に漂い、ウイルス感染を周辺にもたらす可能性が示された。
 西バージニア大学の研究チームにより論文が”Public Library of Science (PLoS) One”に発表された。
 
 2009年のA/H1N1流行中に、CDC、専門家グループ、病院関係者の間で、ウイルス感染が飛沫物により起きるのか、エアロゾルで起きるか、多くの論議を呼んだ。科学的根拠に基づいた医療関係者の感染予防基準の作成が急がれた。論議の中心となったのは、微小飛沫粒子に含まれたウイルス(airborne particles)の感染性に関してであり、もしそれらが肺に吸い込まれた場合、より重症化する可能性があるのでは無いかという疑問が呈された。
 A/H1N1インフルエンザ流行の間、CDCは患者に濃厚接触する医療関係者に対して、感染予防のためにN95マスクの着用を勧めた。しかし現場から呼吸が困難になるため長時間の着用は難しいとのクレームがでた。そのためCDCでは6月に、基本的に外科用マスクの着用を勧めることに変更し、特にエアロゾルが発生する処置(気管内挿管など)等に際しては、N95マスクの着用を勧めた。

 研究チームは2009年10月と11月に学生保健センターを訪れたA/H1N1発病者を対象に、飛沫物中に含まれるウイルスRNAを分析した。
 直径1ミクロン以上の飛沫粒子はもとより、非常に小さい1ミクロン以下の粒子中にも42%でウイルスRNAの存在が確認された。
 研究の結論は、呼吸で吸い込まれる可能性のある4ミクロン以下の微小粒子中に多くのウイルスRNAが含まれていて、患者の咳により飛散した微小粒子でのウイルスの空気感染はあり得るということである。
 問題はこれらに含まれるウイルスの生存時間と感染性であるが、それは定かではないという。
 ミネソタ大学の産業衛生学の専門家である、リサ・ブロッシュウは、今回の研究は非常に重要な情報を提供していて、空中に漂う微小飛沫粒子でインフルエンザが空気感染する可能性を示唆しているとコメントしている。
 
カナダ保健省インフルエンザ週報第47週
 11月21日から27日
 全般的にインフルエンザ発生程度は未だ低いが、いくつかの地域では徐々に増えている。
 47週に分離されたインフルエンザウイルス株数は前週の倍となり、分析された株の多くはA/H3N2で占められ、他に少数のB型ウイルスも報告されている。

Manitoba native leaders concerned as flu claims two CTV.ca (カナダ)マニトバ州、先住民族のリーダー、インフルエンザ発生で州政府に支援要請
Northern Manitoba chief calls out for help as flu outbreak kills two Vancouver Sun (カナダ) 北部マニトバ、インフルエンザ発生で2人死亡、地域代表が支援を要請
 マニトバ州北部の先住民居住区でインフルエンザが発生。2人が死亡。
 居住区の責任者は州政府に医療援助を要請。
 死亡した2人はA香港型インフルエンザによるとされる。


アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第47週
 インフルエンザ発生程度は低い。
 インフルエンザウイルス分離は1件あった。A/H1N1(2009)。

英国健康保護庁インフルエンザ週報第47週
 11月22日から28日
 インフルエンザ発生程度は未だ低いが、英国全体で徐々に患者数は増えつつある。
 気管支炎や肺炎の発生率は増加しつつある。
 イングランドとウエールズにおける”感冒とインフルエンザ”相談電話への相談件数は増え始めて、基準域を超えている。
 47週には11件の集団発生事例が報告されているが、小学校が4件、中学校が2件他。検出されているウイルスはA/H1N1(2009)が多く、B型も1件検出されている。
 呼吸器検体から分離されているインフルエンザウイルスの多くはA/H1N1(2009)で、B型も少数分離されている。
 A/H3N2は分離されていない。
12月3日


Bird flu revealed in Azerbaijan APA  (アゼルバイジャン) アゼルバイジャンで家きんにおける鳥インフルエンザが発生した疑い
 家きんが大量に感染死亡した疑いがもたれているが、H5亜型までしか検査結果が出ていない。
Bird Flu Found in Japan, Hong Kong Wall Street Journal  (米国) 日本と香港で鳥インフルエンザが確認
 島根県の養鶏場でのH5N1鳥インフルエンザ発生事例と、2週間前に香港で発表された女性の感染例。
鳥インフル感染、北海道ルート? 中国経ずに渡り鳥南下 朝日新聞
 島根県安来市の養鶏場の鶏が高病原性鳥インフルエンザに感染した問題で、このウイルスはシベリアを南下して中国の感染地を経由せずに国内へ入る渡り鳥の「新たな感染ルート」をたどって日本に入ってきた可能性のあることが、研究者らの分析でわかった。感染が国内に広がっている危険性が増してきた。


島根の鳥インフルは「H5N1型」=農水省 時事通信 
 農林水産省は3日、島根県安来市の養鶏農場の鶏から検出された高病原性鳥インフルエンザウイルスが動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査で、強毒性の「H5N1型」と確認されたと発表した。引き続きウイルスの詳細な遺伝子解析を行う。

Doctors encouraged pregnant women to get flu shot Reuters  (国際) 米国、医師達、妊婦にインフルエンザワクチン接種を呼びかける
 昨年は通常の2倍の妊婦がインフルエンザワクチンを接種したが、今年は妊婦の半数もワクチンを接種していない。
 米国産婦人科学会、CDC等が妊婦のワクチン接種を呼びかけている。

Fatal flu hits northern Manitoba native reserve Globe and Mail  (国際) 致死的インフルエンザがカナダ、マニトバ州北部の先住民居住地域で発生
 北部マニトバ州北部の先住民族居住地域で、インフルエンザで3人が死亡し、他にも多数の発病者が出ていることを、州の主任公衆衛生担当官から発表された。
 A型インフルエンザと推定されているが詳細は分かっていない。

Shimane starts chicken slaughter after cases of bird flu confirmed The Japan Times (日本) 島根県、強毒性鳥インフルエンザ感染が確認された農場で全鶏の殺処分を開始

Japan says chickens had high severity bird flu Shanghai Daily  (中国) 日本、強毒性鳥インフルエンザに鶏が感染と発表

Flu epidemic predicted as patient numbers rise The Daily Yomiuri  (日本、読売新聞) インフルエンザ患者数が増加、日本で流行が予知
 北海道や宮崎県で定点医療機関から報告されているインフルエンザ患者数が増えていて、定点平均が1を超えて流行域に入っている。
 今年分離されてウイルスの7割はA香港型であるが、この株は小児での脳症や高齢者での肺炎を引き起こす。
 1999年~2000年のインフルエンザシーズンには32000人が死亡したと推定され、その多くは高齢者であっった。
 この3年間、日本では大きなA香港型の流行がなかったことから、多くの日本人の同型に対する免疫が低下していることが予想される。
 ワクチン接種をしてから免疫が着くまで3~4週間かかることから、国立感染症研究所では出来るだけ早めにワクチン接種をすることを勧めている。

12月2日


島根の鳥インフル、高病原性と確認 農水省 日本経済新聞 
 農林水産省は1日夜、島根県安来市で死んだ鶏を遺伝子検査した結果、高病原性であるA型インフルエンザウイルスのH5亜型に感染していると判定した。高病原性ウイルスの家畜への感染確認は、国内では2009年愛知県での事例以来となる。検査は動物衛生研究所(茨城県つくば市)で実施した。強毒性か弱毒性の判明にはさらに1週間ほどかかる見込みだ。
 県は先月29日、同日朝に死んだ鶏を簡易検査し、感染の疑いがあると判断。感染確定前に(1)発生農場が飼育する約2万羽の鶏の殺処分(2)半径10キロメートル以内の区域で鶏や卵の移動を制限(3)主要道路に消毒ポイントの設置――などの措置を講じていた。判定後も引き続き、これらの措置を実施していく。
 同省は1日、感染経路の解明や感染拡大の防止のため、「高病原性鳥インフルエンザ疫学調査チーム」を設置した。チーム長は鳥取大学農学部教授の伊藤寿啓氏が就いた。
防鳥用金網に不備=渡り鳥から感染の可能性-島根鳥インフル 時事通信 
 島根県安来市の養鶏農場で高病原性鳥インフルエンザで死んだ鶏が見つかった問題で、農林水産省は1日、鶏舎を囲む金網の2カ所の網目が広がり、野鳥が侵入できる状態になっていたと発表した。また、農家に防鳥網の点検など侵入防止対策の指導を徹底するよう全国の都道府県に通知した。
 農水省は現地入りした疫学調査チーム員からの報告として金網の不備を確認。渡り鳥が海外からウイルスを持ち込んだ可能性もあるとみて感染経路の究明を急ぐ。島根県は、11月16日の定期検査でこの養鶏場が陰性だったため、感染はそれ以降とみている。
 同30日に開始した鶏の殺処分は、約2万3000羽のうち1日午後3時までに約8000羽を終了した。
 一方、島根県は当初、金網に不備はないと発表。「野鳥が直接鶏舎内の鶏にウイルスを感染させたとは考えにくい」との見解を示したが、一転して「不備があった」と訂正した。
12月1日


インフルエンザ:島根の疑い受け調査、県内の養鶏場は無事--県 /大分 毎日新聞
 島根県で鳥インフルエンザの疑いが強い鶏の死骸が見つかったことを受けて県は30日、県内自治体の担当者や養鶏業者らを集めた緊急の家畜防疫会議を開いた。韓国での口蹄疫(こうていえき)再発と合わせ、警戒を求めた。
 会議には約100人が参加。農政水産部の緒方哲次長は「危機意識の共有を」と、農家への情報周知を呼び掛けた。県は、衛生管理の手順を具体的に盛り込んで新たに作成した農場衛生管理マニュアルの徹底や防鳥ネットに不備がないかの確認、家畜に異常を感じた際の速やかな通報を求めた。

インフルエンザ:島根・安来で感染疑い 「侵入阻止を」県が緊急対策会議 /鹿児島 毎日新聞 
 島根県で鳥インフルエンザの疑いが強い鶏の死骸が見つかったことを受けて県は30日、県内自治体の担当者や養鶏業者らを集めた緊急の家畜防疫会議を開いた。韓国での口蹄疫(こうていえき)再発と合わせ、警戒を求めた。
 会議には約100人が参加。農政水産部の緒方哲次長は「危機意識の共有を」と、農家への情報周知を呼び掛けた。県は、衛生管理の手順を具体的に盛り込んで新たに作成した農場衛生管理マニュアルの徹底や防鳥ネットに不備がないかの確認、家畜に異常を感じた際の速やかな通報を求めた。
金属製防鳥ネットは異常なし 鳥インフル疑いの養鶏場 47NEWS
 高病原性鳥インフルエンザへの感染が疑われる鶏が見つかった島根県安来市の養鶏場で、県は1日、鶏舎の防鳥ネットを調べた結果、異常は見つからなかったと発表した。

 鶏舎を覆うシートに数十センチの穴が複数見つかっているが、防鳥ネットはこの内側にあり、県は「外部から鳥の侵入は不可能。シートの穴と、感染との因果関係はない」との見解を示した。

 県によると、防鳥ネットの網目は縦約6センチ、横約3センチ。スズメなど小型の鳥も通り抜けられないとした。一方で、県の担当者は「ウイルスが入ったとみられる以上、施設のどこかに不備があったと考えられる」とし、鶏舎の構造調査を続ける考えを示した。

 県は同日午後も養鶏場で飼育する全羽の殺処分に向け約100人態勢で作業を続けた。約2万3千羽のうち、残り約2万羽の処分作業を午前中から始めており、同日夜までの完了を目指す。

 島根県と、隣接する鳥取県では、これまでに問題の養鶏場以外で疑い例は見つかっていない。

米国CDCインフルエンザ週報第46週
 11月14日から20日
 インフルエンザ様疾患数は南東部の週で徐々に増加し始めているが、全体としては例年並みである。
 分離ウイルスはH3N2が中心であるが、分離数の増加はない。


英国健康保護庁インフルエンザ週報第46週
 インフルエンザ様疾患数は増えていない。
 分離インフルエンザウイルス件数は少なく、B型とA/H1N1が少数とされる。

アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第46週
 11月15日~21日
 
 インフルエンザ発生程度は全ての指標で未だ低い。
 唯一分離されているインフルエンザウイルスは41週のA/H1N1ウイルス1件のみである。

TOP