高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年11月

11月30日

Japan to Cull 20000 Chickens as Bird-Flu Outbreak Discovered BusinessWeek (米国) 日本、鳥インフルエンザの発生を確認、2万羽の鶏を殺処分に
Bird flu found on farm in western Japan eTaiwan News (台湾) 日本の西部地域で鳥インフルエンザが発生
Japan Confirms Bird Flu, Dispatches Officials to Prevent Spread San Francisco Chronicle (米国) 日本、鳥インフルエンザの発生を確認、感染拡大対策に着手
島根・鳥取 全養鶏場を調査  東京新聞
 島根県安来市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザへの感染が疑われる鶏が見つかったのを受け、島根県は三十日、疑い例が出た養鶏場で飼育する約二万三千羽について、同日午後から殺処分を始める予定であることを明らかにした。市町村や農協などの職員を加えた約九十人態勢で実施し、焼却など全作業の完了まで二、三日かかる見通し。

 政府は三十日午前「鳥インフルエンザ対策本部」を開き、菅直人首相は「国内の危機管理に全力を挙げて対応してほしい」と指示した。

 ウイルスはH5型とみられ、動物衛生研究所(茨城県)で詳細検査。農林水産省と島根県によると、鳥インフルエンザで、ウイルスの型を特定する前に鶏を殺処分するのは全国で初めて。

 島根、鳥取両県は三十日、県内の全養鶏場を対象に感染の有無を調査。鳥取県は感染拡大防止のため、養鶏場周辺の県内二カ所の主要道路で車両の消毒作業を始めた。島根県は三十日未明から、疑い例が出た養鶏場から数十メートルの範囲で道路規制。防護服を着た警察官が車の通行を監視している。

 調査では飼っている鶏の死亡や異常の有無を聞き取る。対象となる養鶏場は島根県で約四十カ所、安来市と隣接する鳥取県で約九十カ所。計約四百万羽が飼育されている。

 安来市の養鶏場での感染が確定すれば半径十キロ以内の鶏などの移動が制限される。

島根県、2万3300羽殺処分へ 中国新聞

鳥インフル:政府が対策本部 毎日新聞
 政府は30日午前、島根県安来市の養鶏農家で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる鶏が見つかったことを受け、全閣僚で構成する「鳥インフルエンザ対策本部」を設置し、鹿野道彦農相が防疫措置の実施状況などを報告した。
 
米国CDCインフルエンザ週報第46週
 インフルエンザ様疾患数は南東地域で徐々に増える傾向にあるが。全体としては少ない。
 分離ウイルス数はH3N2株が多いが絶対数としては増えていない。

11月29日

島根の鳥インフルで対策本部 農水省が発表 日本経済新聞
 農林水産省は29日夜、島根県安来市で死んだ5羽の養鶏について高病原性鳥インフルエンザの疑いがあるとして、「高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部」(本部長・鹿野道彦農相)を同日中に開くと発表した。状況を把握し、必要な対策を議論する。同省によると、死んだ養鶏を検査した結果、陽性反応を示したという。

島根で鳥インフル疑い 2万羽飼育農場で5羽死亡 東京新聞
 島根県は29日、同県安来市で死んだ養鶏について、高病原性鳥インフルエンザが疑われると発表した。簡易検査で陽性反応が出た。動物衛生研究所に検体を移し、詳細検査する。

 県によると、感染の疑いがあるのは、約2万羽を飼育する農場。29日朝に5羽が死んだのが確認され、県が調べていた。県は農家に対し養鶏の移動自粛を要請した。
インフル:備蓄用ワクチン1000万人分を製造 毎日新聞
 厚生労働省は29日、アジアを中心に鳥から人に感染し、死者も出ている鳥インフルエンザ(H5N1)が新型インフルエンザとなる場合に備え、新たに備蓄用のワクチン約1000万人分を製造していることを明らかにした。
 厚労省は2006年度以降、H5N1のワクチンを毎年約1000万人分ずつ製造、備蓄していたが、09年度は新型インフルエンザ(H1N1)のワクチンを製造し、予定していたH5N1ワクチンは製造しなかった。
 ワクチンの原液の有効期限は3年間で、06年度に製造したワクチンは既に期限が過ぎ、07年度製造分も本年度末に期限切れになる。

新型インフル行動計画修正へ 厚労省専門家会議 日本経済新聞
 厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議は29日、昨年から今年にかけた流行を踏まえ、国の行動計画を見直す意見案を大筋で合意した。海外で発生した場合に実施する検疫は国内で患者が見つかった段階で体制を縮小。専用外来も主に帰国者や接触者を対象とし、発熱だけの患者が殺到しないようにする。国内対策も都道府県レベルで弾力的な対応を目指す。

 厚労省は専門家会議の意見を参考に関係省庁と行動計画の見直し案を検討。政府は年明けにも開く関係閣僚会合で行動計画を見直す考え。

 同日に大筋合意した意見案では、「海外発生期」(第1段階)後、国内で最初の患者が発生した「国内発生早期」(第2段階)で感染の疑いの強い帰国者などを空港近くで停留させることを原則中止し、入国後の健康監視に切り替える。

 現行の行動計画は国内で感染が拡大した「国内発生期」(第3段階)で検疫を順次縮小する内容。今回の新型インフルエンザ対策では国内で最初に患者が見つかった段階で迅速に検疫を縮小できず、批判を浴びた。

 各地で設置されて患者が殺到して混乱した「発熱外来」は「帰国者・接触者外来(仮称)」に変更して発熱だけでなく、渡航歴などで患者を絞り込む。渡航歴のない患者は通常の内科や小児科など一般の医療機関で対応する。

 国内での流行状況も現在は国全体で発生段階を切り替えていたが、都道府県レベルで「地域未発生期」「地域発生早期」「地域発生期」などを新たに設置して、地域単位で弾力的に対応できるようにする考え。

 専門家会議は現行の行動計画にある「水際対策」という用語についても「ウイルスの国内侵入を完全に防ぐという誤解を与える」として「入国者対策(仮称)」などに改めることを求めた。さらに国民や自治体に一元的に情報提供できるような体制構築も求めた。

インドネシアのバンドゥンでH5N1鳥インフルエンザ感染者が発生した可能性 (バンドゥン・トリビューン インドネシア語)
 M氏訳

2010年11月27日  バンドゥン トリビューン

 バンドゥン、西ジャワ州
 イニシャルKの女性がH5N1感染疑いで 6日前より Hasan Sadikin病院入院中。Cilacap で感染した疑い。状態は良くなりだした。
 特別感染症調査チームのDr Primal Sudjanaによると、既に3回血液サンプルが健康省に送られクロスチェックが為され、最近鳥インフルエンザウィルス感染が分かった。
 再確認するために現在4回目の血液サンプルも送った。

 まだ隔離室で治療を受けているが、まずまず良いの経過である。

 Primalによると、バンドゥンには2か月前から住んでいるが、家族の話では、KはCilacapで感染したのではないか、あちらで住んでいた家の近くで家禽がたくさん突然死んだからで、バンドゥンの家には家禽はいないし、バンドゥン家畜局の調査でもKの周囲環境では鳥インフルエンザは陰性であった。
CDC: Antivirals not ruled out for low-risk flu patients CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) 米国CDC ハイリスク患者以外でも抗インフルエンザ薬の投与を考える必要はある
 
 米国CDCのインフルエンザ薬の使用基準は、重症者および重症合併症発生リスクの高い感染者に焦点が当てられてきているが、CDCは他の合併症発生リスクの低い患者への投与を控えるように、医師達に伝えてはいないと、CDCの担当者が本日強調した。
 「我々はそれまで健康だったリスクの低い患者に対して抗インフルエンザ薬を使うな、とは言っていない」、とCDCのインフルエンザ部門の予防担当官であるティム・ユエキ医師がCDCと臨床医師達との会見で語った。
 臨床医は自分たちの判断に従って、通常のローリスクの感染者に対する抗インフルエンザ薬の使用を決定すべきと語った。

 米国CDCは先週2010-2011年シーズンにおける抗インフルエンザ薬の使用基準を発表した。
 基準は昨年度とほど同じであり、迅速な投与が必要な患者として以下を挙げている:インフルエンザが確定または疑われて入院した患者、重症者、および年齢的背景から、または合併基礎疾患から重篤な合併症が起きる可能性のある患者、となっている。
 推奨する抗インフルエンザ薬はニュラミニダーゼ阻害薬であるタミフルとリレンザとしている。理由は現在世界的に流行しているインフルエンザウイルス株の99%以上は、それら薬剤に感受性があるからとされる。
 タミフルは1歳以下の小児に対しては使用が承認されていないが、CDCでは、これらの年齢層では合併症の頻度が高いことから、使用する必要性が示唆されたときは、使用することを推奨している。
 ユエキ医師は、CDCは元来健康であったリスクの高くない患者でも、臨床的判断により発症48時間以内なら使用することも考慮しても良いと判断していると、コメントしている。
 医師からの質問で、これまで健康であった感染者が臨床的に重体化するかどうかを初期に判断する検査方法はない現状であるから、全感染者に抗インフルエンザ薬を投与して、もし副作用が発生した場合は報告する制度にするべきではないかとの意見があった。それに対してユエキ医師は、我々は薬を使うなと言ってはいない。あくまでも臨床的判断が優先されると考えている、と答えた。
 さらに同医師は、昨年度のA/H1N1流行で優先すべきハイリスク者をリストアップしたが(今年もこの考えは継続されているが)、我々は昨年決して、それまで健康であった感染者に薬を使うな、とは言って無かったし、それは今年も同じだということである、と補足説明した。

 CDCの勧奨内容はあくまでも勧奨であって、法律ではないとユエキ医師は語り、元来健康であったほとんどの感染者は薬が無くでも治癒するとも付け加えた。
 さらに他の質問として、ワクチン接種済みの患者がインフルエンザ様症状で外来を受診したとき、抗インフルエンザ薬で治療すべきかというものがあった。
 ユエキ医師は、ワクチンは十分効果が期待されるが、高齢者など、一部の患者では十分な効果が無い場合がある。ワクチンが十分流行株に適合していても、ワクチン接種を受けている人が感染することはあり得ることから、ワクチン接種の有無でインフルエンザ治療の必要性を判断すべきではない、と語った。

Bird flu discovered in flood hit central provinces VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、2省で家きんにおける鳥インフルエンザが発生
 北部のニェアン省とハティン省( Nghe An and Ha Tinh )で数百羽の家きんがH5N1鳥インフルエンザに感染したことが確認された。両省とも最近水害の被害に遭っている。

WHOインフルエンザ週報
要約
 世界全体でのインフルエンザ発生程度は概して低い状況であるが、アジアの熱帯地方と南米の温帯地方では流行は見られる。
 南半球の温帯地方における冬期インフルエンザシーズンは、公的には10月初旬に終了した。その後若干の発生は見られているが、ほとんどは小さな流行に過ぎない。
 北半球の温帯地方は晩秋から初冬に入っているが、ヨーロッパ、北米およびアジアの温帯地方では、インフルエンザ発生程度は例年と同程度か、またはそれ以下である。世界中でB型季節性インフルエンザとA香港型H3N2インフルエンザ(以下A香港型)の混合流行が続いているが、後者が主流の傾向にある。
 インフルエンザH1N1(2009)はアジア全体で程度は低いながらも発生しているが、世界中でも散発的発生は見られている。

 南半球温帯地方
 ほとんどの南半球の温帯地方では、インフルエンザウイルスの感染活動は低いか散発的発生程度である。インフルエンザ様疾患発生数も例年レベルとなっている。
 しかしアルゼンチンでは9月から10月にかけて遅いインフルエンザ流行が北西部と南部で認められ、分離ウイルスは季節性A香港型が報告されている。隣国のチリではA香港型インフルエンザが流行していたが、10月末には発生数は減少している。
 オーストラリアではB型インフルエンザとH1N1(2009)が少ないながらも感染活動を11月初旬に示している。

 熱帯地方
 東南アジアで数カ国がインフルエンザウイルスの顕著な感染活動を報告している。
 タイ:10月中旬から下旬、A香港型、B型、およびH1N1(2009)が混合流行していたが、流行は減少傾向にある。
 カンボジア:9月以来、A香港型が中心となった流行が続いている。
 香港:インフルエンザ様患者数は著明に減少して、現在は流行は終息していて、A香港型ウイルスが少数検出されている状況である。
 シンガポール:2010年4月以来、季節性インフルエンザとH1N1(2009)の混合流行が見られてきたが、この2ヶ月間は例年の発生程度となっている。
 スリランカ:季節性インフルエンザとH1N1(2009)インフルエンザの混合流行が最近顕著となっている。
 インドおよびバングラデシュ:インフルエンザ発生程度は著明に低下している。

 アメリカの熱帯地方
 多くの国ではインフルエンザ流行はほぼ終息している。流行は主にA香港型が中心だった。

 サハラ以南アフリカ
 データは十分ではないが、全般的にインフルエンザ流行程度は低い。

 北半球温帯地方
 カナダと米国では全般的にインフルエンザ発生数、およびインフルエンザ様疾患発生数は例年程度であり少ない。分離ウイルスは香港型A(H3N2)とB型が先月少数ではあるが報告されている。
 ヨーロッパのほとんどの国では散発的に季節性インフルエンザH3N2とB型、およびH1N1(2009)が検出されているが、インフルエンザ様疾患の報告数は少ない。
 10月下旬段階では、日本と中国のインフルエンザ発生は散発的で少ない。両国とも10月中にA香港型ウイルスが程度は低いながらも分離されている。

 他のインフルエンザウイルスの人への感染例

 豚インフルエンザA型H3N2の感染例(米国)
 11月12日に米国CDCは2名の、遺伝子3重再集合型(triple reassortant )豚インフルエンザA(H3N2)ウイルスの感染例を報告した。
 2名とも居住地区は異なっている。
 2例とも養豚場周辺での発生であった。
 遺伝子分析では相違点があり、感染ウイルスの間にはリンクはないと考えられている。
 なお感染者は軽快治癒している。
 香港におけるH5N1感染事例
 11月17日、香港保健省はインフルエンザA(H5N1)の確認例をWHOに報告した。女性は上海、南京、杭州を旅行した既往があった。感染源の調査は進行中であるが、この事例は続発的感染は起こしていないことから散発例(孤発例)と考えられる。
 女性は回復している。

11月28日

遠きすべき海外情報なし
11月27日

特記すべき海外情報はなし
11月26日

 特記すべき海外情報はなし
11月25日

Study supports flu vaccine efficacy in young children CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) フィンランドの研究チーム、若年乳幼児でのインフルエンザの予防効果を確認
 2歳以下に対するインフルエンザワクチンの有効性が明確で無いことから、2歳以下の幼児に対するワクチン接種を勧めない国もある。しかしフィンランドの研究チームが昨日、そうした疑問を再考慮すべきとなる研究結果を発表した。
 論文はLancet Infectious Diseasesのオンライン版に昨日掲載された。
 フィンランドと米国は、6ヶ月から35ヶ月までの乳幼児に定期的にインフルエンザ接種を勧める数少ない国に入っている。(要するに6ヶ月以上の小児全員)
 今回の研究では、2007年~2008年にフィンランドのツルク(Turku)で行われた。
 631人の3歳以下の乳幼児が対象とされ、ワクチン接種群と非接種群に分けられた。ワクチンは0.5ml(米国の場合の2倍量)を2回接種された。
 全対象者は発熱や呼吸器症状等のインフルエンザ様症状が出たとき、病院で診察の他、呼吸器分泌液を採取されウイルス検査が行われた。
 ワクチン接種のインフルエンザAとBに対する感染予防効果は66%の結果であり、ワクチン株が流行株に十分マッチしていたA型だけに限ると、有効率は84%であった。B型はワクチン株がマッチせず、有効率は45%であった。
 感染予防有効率:非ワクチン接種者の感染率とワクチン接種者の感染率の比較。前者がワクチン接種を受けていた場合の感染を免れた率。
Universal flu vaccine in the offing Australian Life Scientist (オーストラリア) 万能ワクチンの実用化が近い
 キャンベラに本社があるガンマワクチン社が、”ガンマフリュー( GammaFlu)”と呼ばれるインフルエンザ万能ワクチンの臨床試験を行うと発表。
 同ワクチンは、オーストラリア国立大学ジョン・カーティン医学研究学部のウイルス免疫研究チームの技術で開発された。
 1度の鼻腔スプレー接種で数年から数十年間の効果が期待される(ポリオや黄熱ワクチンのように)。

 臨床試験はインドネシアで行われる。
 ガンマフリュー開発研究費は国から提供されている。
11月24日


Bird Flu Still a Threat TopNews United States  (米国) 鳥インフルエンザは未だ脅威
 豚インフルエンザは感染者の2000人に1人が死亡したが、鳥インフルエンザは5人に1人が死亡する。
 香港で中国旅行から戻った59歳女性が鳥インフルエンザウイルスに感染していることが分かった。
 香港市内の家きん市場や家きん農場ではウイルスは検出されていない。また市内で他に感染者は見つかっていない。
Swine flu hits Masvingo NewsDay (ジンバブエ) ジンバブエ、マスビンゴ周辺で豚インフルエンザが流行
 マスビンゴの西方30キロの地域で191人の豚インフルエンザと思われる集団感染が発生した保健当局者が語った。
 検体は南アフリカに送られている。
11月23日


HK bird flu patient's health improves; fears easing China Post (台湾) 香港の鳥インフルエンザ発病女性回復に、集団発生の恐れはない
 22日、発病女性はICUから一般隔離病棟へ移されたことが、香港保健当局から発表された。
 市内では他に感染者の発生はなく、女性から周辺への感染の恐れはないことも当局から発表された。
NIH funds development of painless vaccine patch Scope (blog) (米国) パッチワクチン開発に米国国立衛生研究所が助成金
 エモリー大学等の研究者達が、パッチワクチンの開発に対して10億円の助成をNIHから受ける。
 100個の微小針からなるパッチワクチン開発を目指している。実用化には数年要する。
 

First flu cases of season reported in Erie County GoErie.com (米国) 今季初のインフルエンザ感染者が報告
 ニューヨーク州、エリー郡。
Pa. confirms first flu death of 2010 abc27 (米国) ペンシルバニア州で今季初のインフルエンザ関連死者が発生
 A/H1N1インフルエンザによる。45歳男性。

インド保健省インフルエンザ週報11月21日
 11月14日から21日までの1週間に、A/H1N1感染者数は22人、死者数は1人。
 現時点では冬期モンスーンによる再流行の兆しはない。
 


11月22日

特記すべき情報はなし
11月21日


Bird flu patient now in stable condition RTHK (香港) 香港、鳥インフルエンザ発病女性、状態は安定
 食料保健庁のヨーク・チョウ長官は、H5N1鳥インフルエンザに感染した女性の状態は安定して来ていると発表したが、ウイルスは新規に変異したものではないと説明した。女性はタミフルとリレンザで治療を受けている。
Avian influenza - situation in China, Hong Kong Special Administrative Region (Hong Kong, SAR)
 (WHO) 鳥インフルエンザ-香港当別行政地域における状況
 2010年、11月19日-香港保健省健康保護庁(HPA)は、11月17日に新規のH5N1鳥インフルエンザ感染事例を確認したと発表した。症例は59歳女性。女性は11月2日に発症し、11月14日に入院した。女性は肺炎と診断され、現在重体である。
 
 女性は上海、南京および杭州を旅行した既往がある。女性が発症する前数日間に、生きた家きんや鳥に接触した既往はない。女性と濃厚に接触した人々は隔離され、健康が監視されている。これまでは全員に異常は見られていない。さらに鼻咽頭液の検査でH5N1ウイルスは見つかっていない。感染源は調査中である。これまでの事実からは、女性は散発例と考えられ、二次的感染は起こしていないと考えられる。
 
 これまで香港では21人のH5N1鳥インフルエンザに感染しており、そのうち1997年に18人、2003年に2人、そして2010年に1人である。
11月20日


Hong Kong says no sign bird flu spreading among humans Canada.com (カナダ) 香港政府、人の間で鳥インフルエンザが拡大している兆候はないと発表
 AFP内容。
Hong Kong says no sign bird flu spreading in humans France24  (フランス) 香港政府、人の間で鳥インフルエンザが拡大している兆候はないと発表
 香港保健当局は、人口密度の高い香港市内でH5N1鳥インフルエンザが拡大している兆候はなく、鳥インフルエンザが人に感染する危険性は、今まで通り低いと考えられるとコメントを発表した。
 さらに地域内の30カ所の養鶏場を調査したが、鳥インフルエンザに関しての検査は陰性だったとされる。
アイランド健康保護庁インフルエンザ週報第45週
インフルエンザ様患者の増加は認めてない。
 分離インフルエンザウイルスも第42週にA/H1N1が一件あったのみである。
英国健康保護庁インフルエンザ週報第45週
 11月8日~14日
 インフルエンザ様患者の増加傾向はない。
 分離インフルエンザウイルス件数は非常に少なく、B型とA/H1N1が各1件。
 H3N2株の検出はない。
新型インフル:今年初の集団感染 /ソウル 朝鮮日報 
 ソウル市内の小学校で新型インフルエンザの集団発生があった。
 インフルエンザ様症状を呈する患者(ILI)の割合は、流行水準に入っているという。
鷹巣病院の集団インフル 濃厚接触者移動で拡大 読売新聞
 秋田県の精神病院におけるA香港型インフルエンザ集団発生と集団死亡。
 初期の患者の隔離方法に不手際。
カナダ保健省インフルエンザ週報第45週
 インフルエンザ患者数の微増が見られている。
 分離インフルエンザウイルスはA香港型が大多数を占め、A/H1N1の分離はない。

 定点医療機関を受診するインフルエンザ様疾患数の割合(対1000患者数)


 分離されるインフルエンザウイルス件数


米国保健省(CDC)インフルエンザ週報第45週
 11月7日から11月13日
 インフルエンザ様疾患数の顕著な増加は見られてない。
 ウイルス分離数は少しづつ増えているが、特にA/H3N2が目立つ。
 
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様疾患の割合(%

分離A型インフルエンザウイルス件数

11月19日

インフルワクチン接種後、男児2人が死亡 3人目 MSN産経ニュース
 厚生労働省は19日、インフルエンザワクチンを接種した80代の男性=東京都=と10歳未満の男児=愛知県=の2人が、ワクチン接種後に死亡したと発表した。今シーズンのワクチン接種後の死亡例は3人目。2人とも持病があり、ワクチンと死亡との因果関係は不明という。
Hong Kong insists bird flu case is 'isolated' Radio Australia (オーストラリア) 香港当局、鳥インフル事例は単発であると推定
 中国の保健当局では、香港の女性が中国本土を旅行中にH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いがもたれていることから(上海、南京、杭州)、どこで鳥インフルエンザに感染したのか調査中である。しかし、香港の保健庁長官のヨーク・チョウ氏は、今回の事例で鳥インフルエンザの危険性が高まったわけではないが、香港政府は危険度を”深刻(serious)に引き上げたと語った。
新型インフルエンザ:発生に備え、本番さながら総合訓練--鹿屋市など /鹿児島 毎日新聞
 インフルエンザが流行しやすい冬場を前に、新型インフルエンザ発生に備えた総合訓練が18日、鹿屋市などであり、約100人が参加した。強毒性の新型インフルエンザ患者が県内で出たとの想定で、連絡体制の確認や患者搬送などに取り組んだ。
China says no sign of bird flu after HK case Gulf Today (アラブ首長国連邦) 中国、香港女性事例後に、鳥インフルエンザ発生の兆候はないと
 下記と同内容。
No sign of bird fllu: China News24 (南アフリカ) 中国で鳥インフルエンザ感染者発生の兆候はない
 上海行政府は、地域で鳥インフルエンザに感染した人は報告されてないと発表した。
 香港女性が、上海、南京および杭州を旅行した後、H5N1鳥インフルエンザを発病したことから、上海で女性が宿泊したホテルの従業員の健康状態を調査したが異常は見つかっていないと、当局が発表した。
11月18日


HK confirms first human bird flu case since 2003 France24 (フランス) 香港、2003年以来初の鳥インフルエンザ感染者を確認
 中国旅行から戻った59歳女性がH5N1鳥インフルエンザを発症したと保健当局は発表し、政府は鳥インフルエンザ危険度を” serious (深刻)”に引き上げた。
Bird flu found in Tuen Mun woman The Standard (香港) 香港、トゥエンムンの女性が鳥インフルエンザに感染
 香港の59歳女性が中国本土を旅行した後、H5N1鳥インフルエンザに感染したことが発表された昨日以降、国境における家きんチェックと入国者の発熱チェックが強化された。
 保健当局では、女性が中国本土で感染したか、または香港で感染したのかを判定するために、ウイルスを分析中とされる。
 「女性は香港に戻ってからトゥエンムンの生きた家きん市場を訪れた」、と健康保護庁のトーマス・ツアン氏が語っている。
 香港で人のH5N1感染事例が発生したのは2003年以来である。
 
 女性は中国本土の上海、南京、杭州を夫と娘と共に、10月23日から11月1日までの間旅行した。その間、生きた家きんとの接触や農場に立ち寄ったことはなかった(他報道による)。
 帰宅して5日後に女性は発熱した(他報道では帰宅翌日とされる)。5日に(他報道では14日)女性はトゥエンミン病院を受診した後、帰宅した。
 7日、女性は病院に入院した。その後肺炎を併発し、重篤化した。
 女性の夫と娘には異常は出ていない。ただし夫は一時鼻水と咳が出ていたが回復している。

 食料保健庁のヨーク・チョウ長官は、H5N1鳥インフルエンザの潜伏期間は2週間も要することがあると、コメントしている。
 「現在、人におけるほとんどのH5N1鳥インフルエンザは家きんからの感染である。女性は、香港に無症状で戻ってきたことから、女性と一緒に旅行したことによる感染の危険性は非常に低い」。
 「しかし我々は、女性が発病した後接触した人々や帰宅後に接触した人々の健康状態を調査している」。

 ツアン氏によると、中国本土で発生した人における最新のH5N1鳥インフルエンザは、6月の湖北省における22才妊婦の例で、病的および死亡した家きんとの接触が感染理由と考えられている。5月23日に発病し、6月3日に死亡している。
 
 H5N1鳥インフルエンザは1997年に香港で発生し、その際18人が感染し、6人が死亡している。全ての鶏は殺処分された。
 それ以来家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザは数回香港で発生しているが、最後の発生は2008年の12月である。H5N1は当初、インフルエンザ・パンデミックを引き起こすと考えられていたが、実際にパンデミックを2009年に引き起こしたのは、豚インフルエンザH1N1であった。

岩瀬病院のインフル感染34人に 福島 MSN産経ニュース
 福島県須賀川市の公立岩瀬病院のインフルエンザ患者数が34人に増加したことが当局から発表された。
 患者10人、医療スタッフ24人。
 県ではA型香港型H3ウイルスが検出されたことを明らかにした。

香港でH5N1型の感染者=7年ぶりに確認-鳥インフル 時事通信 
 香港の衛生当局は17日、同地で59歳の女性が強毒性であるH5N1型の鳥インフルエンザに感染していることが確認されたと発表した。香港でH5N1型の感染者が確認されたのは7年ぶり。
 この女性は10月23日から今月1日にかけて、夫や娘と上海、杭州(浙江省)、南京(江蘇省)の各市を旅行。5日に発熱して入院した。肺炎などを患っており、容体は重いという。
11月17日

Hong Kong Woman Catches Bird Flu, Possibly in China San Francisco Chronicle (米国) 香港女性、鳥インフルエンザを発病、中国本土で感染した疑い
 下記Bloomberg内容。
Hong Kong Woman Catches Bird Flu, Possibly Visiting China Poultry Market  Bloomberg (国際) 香港女性H5N1鳥インフルエンザを発症、中国本土の家きん市場で感染した可能性
 香港食料保健庁のヨーク・チョウ長官が今夕、59歳の香港女性がH5N1鳥インフルエンザを発病したことを発表し、感染が中国の家きん市場であった可能性を示唆した。
 人人感染の疑いはないとされる。
 
 女性は中国を旅行し今月帰宅したとされ、本土旅行中に家きん市場に立ち寄り、鶏を食べたとされる。
 感染が中国本土で起きたか、香港で起きたかを明確にすることは難しい、と健康保護庁のトーマス・ツアン長官が語っている。
 チョウ長官によるとウイルス分析で、これまで分離された本土のウイルスと比較して、その感染源を追求するという。

 女性は11月1日に帰宅し、その翌日に発症したという。
 肺の炎症が酷く、重体とされる。
 女性が訪れた都市は、上海、南京、杭州。
 香港では1997年に6人がH5N1鳥インフルエンザで死亡し、その際当局は市内の全ての鶏とアヒルを殺処分している。
インフルエンザ流行の兆し 主流はA香港型 幅広い年代で感染の恐れ 産経ニュース
 元小樽市保健所長で、海外を含めたインフルエンザ情報をブログで発信している医学ジャーナリストの外岡立人(とのおか・たつひと)さんは「この4年間、日本でA香港型は流行しておらず、日本全体でこの型に対する免疫が下がっている。季節性の流行は例年では最も寒い1月ごろに始まるが、新型流行で昨シーズンの季節性の流行が抑えられていたこともあり、今年はもっと早く始まる可能性がある」と指摘する。


Once-in-a-lifetime flu jab that fights off all strains to be available within 5 years Daily News & Analysis (インド) 一生に一度の接種で全インフルエンザを予防可能とするワクチンが5年以内に完成
 米国国立衛生研究所の研究チームによる、インフルエンザ万能ワクチンの研究発表。
 英国王室協会( Royal Society)開催の会議で発表。
 ヘマグルチニンのタンパクを規定している遺伝子をDNAワクチンとして使用する方法。
 通常のワクチンでは、ヘマグルチニンの頭部分が抗原に用いられているが、この部分は絶えず変異することと、ウイルスの株によって異なることから、ワクチンは毎年作成する必要がある。
 一方、昨年2月に発見されたヘマグルチニンの幹部分は、抗原の変化も少なく、またウイルス株によっても違いがない。
 幹部分は通常頭部分と膜面に隠れていて、免疫細胞で認識されずらい。そのため抗体が出来ない。
 一方、ヘマグルチニンの遺伝子をDNAワクチンとして用いることで、幹部分に対する抗体も産生される。
 動物実験で当ワクチンを接種しておき、その後通常の季節性インフルエンザワクチンでブースト(免疫強化)すると、幹部分に対する抗体が産生されだし、多くのインフルエンザウイルスに対する感染予防効果が成立するという。
 、”prime-boost 法”といわれる。
 第一段階:ヘマグルチニンタンパク全体(幹部分も含む)をDNAワクチンで、免疫的に抗原として生体に認識させる。
 続いてヘマグルチニンを保有するインフルエンザワクチンを接種して、先に認識された幹部分に対する抗体産生力を強める。
 研究チームでは5年以内の完成を目指している。

Haj free of diseases Asian Tribune (国際) メッカ大巡礼者の間に感染症は発生していない
 サウジアラビア保健省の発表によると、現在までメッカ大巡礼に集まった人々の間に、問題となる感染症は発生していないとされる。
 昨年は豚インフルエンザ流行が危惧されて感染予防対策が強化されたが、実際にはそれほどの流行は生じなかった。
 大巡礼は11月14日から始まり、280万人の巡礼者が集まっている。

 *昨年、集まった巡礼者300万人。豚インフルエンザ感染者数十人。死者数人(サウジアラビアに入る前に感染していた)。
Rate of swine flu infection drops to zero  Times of India (インド) インド、マハラシュトラ州、豚インフルエンザ感染者がゼロに
 マハラシュトラ州、プネ市の国立ウイルス研究所に州内から持ち込まれるインフルエンザ用検体から、この2週間1/H1N1インフルエンザウイルスが検出されていないことが発表された。
 ウイルスが検出されなくなったのは、2009年6月以来初めてとされる。
新型インフル対応、危険度に応じた指針案  読売新聞
 新潟県が新型インフルエンザ流行時の医療提供体制などを定めた対応指針の素案をまとめた。16日。
 インフルエンザの危険度から対応を分類。 
レベル レベルA レベルB レベルC
致死率 >1% 1-0.1% <0.1%
対応 社会制限大、特別な医療体制確保、患者発生時県内の学校休業 社会制限中-小 原則無し

須賀川市の公立岩瀬病院、インフル9人感染を発表 福島 MSN産経ニュース
 入院患者4人と職員5人がインフルエンザと診断。型は不明。重症者はいない。
11月16日

インフルエンザで1学級閉鎖へ、児童9人が発熱/伊勢原 カナロコ(神奈川新聞)
 型は不明
危機管理態勢 再点検を 読売新聞
 秋田県で発生した精神病院におけるインフルエンザの集団発生と8人の死亡事例に関して、同県の佐竹知事が談話。もう一度危機管理対策を見直す必要があるとのこと。
11月15日


Potential Risks With Treating Fever In Influenza Infection  Voxy.co.nz  (ニュージーランド) インフルエンザ治療における解熱剤の危険性
 ニュージーランドの研究チームが最近発表したインフルエンザに対する解熱剤使用の危険性が注目を浴びている。Journal of the Royal Society of Medicineに発表された。

 これまで発表された動物と人におけるインフルエンザに対する解熱剤の危険性に関する論文を、研究チームは集積して分析した。
 動物実験での研究論文は8編見つかり、解熱剤はインフルエンザによる死亡率を33%増加させていた。使われた解熱剤は通常人で使用される、パラセタモル、イブプロフェン、アスピリンが含まれている。
 驚くことに、人でのインフルエンザに対する解熱剤の効果と安全性を目的とした研究はこれまでなされていない。
 結果的にインフルエンザに対して解熱剤を使用することが、その重症度や病期間に与える影響は分かっていないとされる。
 ニュージーランド国立医学研究所のカイル・ペルリン(Kyle Perrin )博士は、これらの結果に驚くべきではないと語り、発熱は防御反応の表れであり、またウイルスは体温が高熱の状態では増殖力が弱まるから、解熱剤の使用はウイルスの増殖を促すことに通じる、とコメントしている。
 研究チームでは、インフルエンザの治療における解熱剤使用の意義を早急に検討すべきで、それにより根拠に基づいた解熱剤使用のガイドラインを作成する必要があると主張している。

The flu strikes again Times-Delphic (米国) 大学のキャンパスでインフルエンザが流行の兆し
 欠席者が目立ちだしているとされる。
No swine flu this winter - WHO The Voice of Russia  (ロシア) WHO広報官、今冬は豚インフルエンザの流行は起きないだろうと
 WHO広報官のグレゴリー・ハートル氏はキエフを訪問し、今冬は豚インフルエンザは流行しないだろうと語った。
 
 ヨーロッパ評議会(PACE)でWHOが豚インフルエンザのパンデミックを煽ったと批判されているが、同氏は、色々言われていたが、結局はブタインフルエンザのパンデミックは発生したと語っている。
11月14日


Infected German hobby flock prompts mass slaughter   Examiner.com  (国際) ドイツ、弱毒性の鳥インフルエンザがペット用鶏で確認、周辺の家きんの殺処分に
 メッケンブルグ-フォルポメルン(Mecklenburg-Vorpommern (Parchim))で、ペット用として飼われていた鶏の中から弱毒性H5ウイルスが検出された。
 弱毒性であっても変異の可能性が高いことから、1キロメートル以内の農場のアヒルとガチョウが殺処分される。
No bird flu in Azerbaijan News.Az  (アゼルバイジャン) アゼルバイジャン、鳥インフルエンザ調査で異常見つからず
 11月から開始された鳥インフルエンザ調査で、野鳥、家きんに鳥インフルエンザは検出されなかった。
 野鳥から病理検体として組織、家きんからは血液検体を得ている。
11月13日


英国健康保護庁インフルエンザ週報第44週
 インフルエンザ様疾患の報告数は増えていない。
 インフルエンザウイルスはイングランドで7検体分離され、4検体がA/H1N1で3検体がB型であった。

アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第44週
 1月1日から7日
 インフルエンザ様疾患の報告数はいまだ少ない。
 インフルエンザウイルスは41週にA/H1N1が1件分離されただけである。
Have you heard? CDC ニュースルーム  人には新規の豚インフルエンザH3N2の2感染例が報告
 2010年11月12日のCDCインフルエンザ週報で、2例の豚インフルエンザA(H3N2)感染例が報告された。
 ウイスコンシン州とペンシルバニア州から各1例の検体がCDCに送られてきたが、ウイルスは通常は豚に感染する、3種の遺伝子が組み合わさった(三重再集合)豚インフルエンザA/H3N2と確認された。
 2例とも豚から感染したと考えられている。住んでいる地域が離れていること、そして両ウイルスの遺伝子構造が若干異なっている事から、2人は全く別ルートで感染したものと考えられている。2人とも回復している。
 2005年以来人での豚インフルエンザウイルス感染例は18例確認されている。その中で3例がH3N2型で、今回の2例が加わると合計5例となる。
 豚インフルエンザウイルスには主要な4種類として、H1N1、H1N2、H3N2、およびH3N1がある。
 通常秋から冬にかけて人のインフルエンザと同じように流行する。
 豚で感染するインフルエンザウイルスのほとんどは”三重再集合ウイルス(triple-reassortant)”と呼ばれる。
 理由は遺伝子が、人、豚、鳥のインフルエンザウイルス遺伝子が組み合わさって構成されているからである。
カナダ保健省インフルエンザ週報第44週
 インフルエンザ様患者数の増加はない。


米国保健省(CDC)インフルエンザ週報第44週
 10月31日から11月6日
 インフルエンザ様疾患数は増えてはいない。
 ウイルス分離数は少しづつ増えているが、特にA/H3N2が目立つ。
 


11月12日

県の危機管理ずさん、インフル集団感染 北秋田市への連絡遅れる 秋田魁新報
 病院から死者発生の報告が来てから県の危機管理局のずさんな対応が明らかになっている。
 休日を挟んで、あまりにもいい加減な報告内容。

 北秋田市の鷹巣病院(中朗院長)の季節性インフルエンザ集団感染は、県の危機管理の対象だったが、担当部局は死者発生の連絡を受けて状況を把握しながら、県危機管理計画で定められた地元自治体との連携を図らなかったことが11日、分かった。北秋田市への連絡は、県が最初に事態を知った2日から4日後で記者発表の直前。庁内の連絡、危機管理の体制がずさんだったことが浮き彫りになった。

 県によると、インフルの集団感染で4人死亡の連絡が、同病院から県北秋田保健所に入ったのが2日午前11時45分ごろ。感染症のまん延も危機管理の対象だが、感染症担当の県健康福祉部次長が、大石勤県危機管理監に伝えたのは5日午後4時ごろだった。同計画では、30分以内で可能な限り早く、危機管理監に連絡するよう定めている。

 県によると、2日に連絡を受けた同保健所職員4人は、午後2時に同病院へ出向き、状況確認。同5時に県健康推進課に報告した。同課課長は有給休暇中で、自宅で同課職員から電話を受けた。情報の伝達はこの段階でいったんストップ。中野惠県健康福祉部長が事態を把握したのは祝日の3日午後。私用で外出中、秋田市内で同課職員と偶然会い、知らされた。中野部長は「課長から自分に報告するようこの職員に話し、待っていた」としている。

 中野部長に正式情報が入ったのは4日。感染防止策の指示を同課に出し、自身は同日に県庁で行われた叙勲などの伝達式立ち会いなどの通常業務を行った。医療機関の監督などを担当する医務薬事課への連絡も同日だった。海外出張中の1人を除く2人の次長が知ったのは、さらに1日後の5日午後4時だった。佐竹敬久知事まで届いたのは、県が事態を発表する直前の6日昼だった。


Second 2009 pandemic flu wave saw single viral lineage dominate CIDRAP (米国、ミネソタ大学県戦傷情報センター) 米国における2009H1N1パンデミック第2波では、一系統のウイルスが主流だった
 米国各地の研究者による合同研究。
 ウイルスの遺伝学的および疫学的調査を行った。
 第1波(2009年3~7月)には数種類の系統のA/H1N1ウイルスが各地で分離されたが、8月から始まった第2波では第1波でニューヨークで見られた株が中心となって全米で感染活動を広げた。
Pandemic report warns against 'flu fatigue,' complacency  CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) アンケート調査:パンデミックによる”インフルエンザ疲労”、および”独りよがりの判断”が多く見られる
 アンケート調査でワクチン接種予定者は37%と低い。
 インフルエンザワクチン接種率を高めるには、根本的にインフルエンザに対する知識を変える必要がある(アメリカ医学会の内科および公衆衛生担当部長)。インフルエンザの発生と病原性は予想不能であり、重篤となる可能性もある。秋から冬にかけて定期的にインフルエンザワクチン接種を行う習慣が必要。

二酸化塩素系の除菌効果、客観データが不足 日本経済新聞
 新型インフルエンザ・パンデミック対策用に等と宣伝されている二酸化塩素系除菌剤の多くが、効果や安全性を示す客観的データが不足していることが、11日国民センターの調査で分かったされる。
 同センターでは、除菌効果も疑わしく、効果があるとする表示も不当広告の疑いがあると、注意を呼びかけているようだ。
 同様テーマを扱う報道は昨日も紹介した。
11月11日


WHOインフルエンザ週報-更新 120 2010年11月8日

 要約
 世界全体でのインフルエンザ発生程度は概して低い状況であるが、一部の熱帯地方、特に東南アジアと、程度は低いがアメリカでは流行は見られる。
 南半球の温帯地方のいくつかの国では、冬期終盤から春にかけてインフルエンザの流行が見られたが、現在はほぼ例年レベルか、それ以下になっている。
 しかしながら注目すべきこととして、南部アフリカのいくつかの地域では、シーズンが終わった後に、A/H1N1インフルエンザの地域的発生が起きている。世界中で季節性インフルエンザの中心となっているのはA/H3N2であるが、多くの国ではB型とA/H1N1も混合して流行している。A/H1N1は最近はインドを含むいくつかの限定された国で流行の中心となっている。

 南半球温帯地方
 チリでは冬期間晩期から春にかけてのインフルエンザ流行という異常な状況が起きていたが、主流となったのはA/H3N2インフルエンザで、他に少数のB型とA/H1N1インフルエンザも見られた。現在は流行は終息状態となっている。類似の流行はパラグアイウルグアイでも見られた。しかしながらアルゼンチンでは2010年の冬期と春にはB型が散発的にみられただけで、特に大きな流行はなかった。
 南アフリカでは、9月末に2010年度のインフルエンザシーズンは終了したが、その流行内容はB型が主流で、程度は低いがA/H3N2インフルエンザも混合流行した。しかし10月に入って同じウイルスの中程度の再流行が見られている。隣国のナミビアでは10月に学校や地域社会でのA/H1N1の流行が起きているとの報告がなされている。
 10月初旬から中旬にかけて、オーストラリアニュージーランドではインフルエンザ発生は減少し、ニュージーランドでは例年の流行閾値以下となっている。両国とも流行株はA/H1N1ウイルスであったが、オーストラリアでは季節性A/H3N2とB型も混合流行した。

 熱帯地方
 アジアの熱帯地方でもっともインフルエンザウイルスが検出されているのはタイである。7月末からA/H1N1ウイルスが流行株の中心となったが、ごく最近では(10月上旬)季節性A/H3N2とB型も混合流行している。南部中国香港では、夏の終わりから秋にかけて流行したH3N2インフルエンザも大幅に感染者数が減少している。香港ではH3N2ウイルスの感染活動の拡大は、定点医療機関におけるインフルエンザ患者数の有意な増加を招いた。インドでは、6月に始まった国内全体におけるA/H1N1の流行は9月末まで続いたが、現在は終息状況にあり、少数の感染者が週報で報告されている。隣のバングラデシュでは、2010年度初頭からインフルエンザの継続的流行が見られていたが、最近はA/H3N2株が中心となっている。
 アメリカの熱帯地方では、7月末から10月初旬まで、多くの国と地域ではインフルエンザウイルスの継続的感染が起きていて、中心となったのはH3N2ウイルスであった。
 現在はインフルエンザの発生は減少している。
 サハラ以南地域のデータは限定的であるが、全体的には流行程度は低いとされる。晩春、または晩夏にA/H3N2ウイルスの感染活動が、程度は低いが、それぞれケニヤマダカスカルで認められていた。同様にタンザニアでも晩夏にA/H3N2ウイルスの感染活動が見られていた。より最近(9月末)、カメルーンでもA/H3N2ウイルスの分離率が上がっている。一方、西アフリカではインフルエンザの発生は報告がない。

 北半球の温帯地方
 カナダ米国では、インフルエンザ様疾患の報告数は若干増えているが、程度は低く、また例年以下である。過去数ヶ月、A/H3N2とB型ウイルスが少数分離されている。
 ヨーロッパではほとんどの国でインフルエンザ様疾患の発生率は低い。散発的にA/H3N2、A/H1N1およびB型ウイルスが検出されている。
 北部中国日本、および韓国では散発的にインフルエンザ感染者が発生しているのみである。



香港保健省インフルエンザ週報第45週
 10月31日から11月6日
 インフルエンザ発生程度は平年レベルまで減少した。
 分離インフルエンザウイルスは、75検体、そのうち48がH3N2、10がA/H1N1。


二酸化塩素製品「有効性検証を」 国民生活センター
 国民センターは、「新型インフルエンザ対策」などと表示し、二酸化塩素による除菌をうたう製品について11日、「効果や安全性がほとんど検証されていない」として、発売元9社に、安全性と有効性の十分な検証と、表示の改善を求めた。
 同センターのテストでは、二酸化塩素がほとんど発生しない製品や、別の塩素系ガスが大量に発生する製品などがあったとされる。
今季初のインフル集団感染鶴岡の保育園で園児16人 読売新聞
 、鶴岡市内の保育園(園児54人)で季節性インフルエンザの集団発生があり、0~5歳の園児男女16人が罹患(りかん)した。A型香港ウイルスが検出されている。
 山形県は「患者や近隣住民に不安を与える」として保育園名を公表していない。
11月10日


インフル集団感染 公表の遅れを秋田県知事が陳謝 県への情報は死亡例から6日後 MSN産経ニュース
Namibia - More on the swine flu outbreak Meattradenewsdaily (英国) ナミビア共和国:豚インフルエンザ流行がさらに拡大
 ナミビア保健省発表。首都のウインドフックと北中央ナミビアの2学校で970人の学童がインフルエンザ様症状を呈して、一部の検査でA/H1N1ウイルスが検出されている。
 当局によると全学童は隔離され、治療に対する反応は良好とされる。

 *ナミビア:アフリカ南西部に位置し、北東にザンビアがある。

Zimbabwe: Ministry On High Alert for Swine Flu AllAfrica.com (国際) ジンバブエ保健省:豚インフルエンザ流行に関して高度の警報
 ジンバブエ保健小児福祉省は、同国で10月中旬から15241人の豚インフルエンザ(A/H1N1)が発生したと発表し、さらなる感染者の発生を警告した。
 死者数は発表されてない。
 当局者は十分な薬と予防対策のための医療用具は保有していると語っている。
 5歳以下の乳幼児と妊婦は早期の治療を受けるように呼びかけているが、これまでの感染者の80%は5歳以下の乳幼児とされている。
 ワクチン接種は行われていないようだ(管理人)。
インフル集団感染の死者8人に 秋田・鷹巣病院、2人重症 47NEWS 

インフルでさらに2人死亡=死者8人に-秋田・鷹巣病院 時事通信
 秋田県は9日、インフルエンザによる集団感染が起きた北秋田市の鷹巣病院で、さらに入院患者2人が死亡して、死者数が8人となったと発表した。
11月9日

インド保健省インフルエンザ週報 11月9日版
 インフルエンザ感染者数は30人と著明に減少している。
 死者数は3人。



 昨年度の流行曲線と比較。
 11月後半から12月にかけて発生する冬期間のモンスーン発生による再流行の懸念はある。

H3N2 outbreak kills six at Japanese hospital  CIDRAP ニュース (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 日本の病院でH3N2インフルエンザ院内感染で6人が死亡
 秋田の事例を紹介。
京都府、野鳥死骸引き取り 北海道の鳥インフル検出受け 京都新聞
 北海道、稚内市の大沼でカモの糞からH5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから。
11月8日

アイルランド保健省インフルエンザ週報第43週
 10月25日から31日
 インフルエンザ様疾患数の増加はない。
 分離インフルエンザウイルスは第41週に分離されたA/H1N1のみである。

Flu vaccinations among public down 40 percent so far Jerusalem Post (イスラエル) インフルエンザアクチン接種率、昨年同時期よりも40%減少
 6ヶ月以上の全国民が対象。無料。
 現在まで50万人が接種。昨年の同時期には90万人が接種していた。
 
11月7日

エジプトの鳥インフル変異か 人に感染しやすく 47NEWS
 大阪大微生物病研究所とエジプト・アレクサンドリア大の研究グループが日本ウイルス学会で発表。
 2007~09年にエジプトで鶏やアヒルから採取されたウイルスの遺伝子を解析すると、一部でウイルス表面のタンパク質が変異し、人型受容体に結合しやすくなっていた。
 通常は鳥型受容体にしか結合できなく、それが人へ感染できない理由となっている。
インフル 今年は流行入り早まる可能性も  MSN産経ニュース
 この10年間3番目に早い流行開始の可能性が指摘されている。
患者6人死亡 立ち入り検査へ NHK
 秋田県の病院へ秋田県が感染拡大防止がとられていたかの調査へ。
11月6日

インフル早期流行の可能性 「ワクチン接種は早めに」 中国新聞 
 今シーズンのインフルエンザの流行は、例年に比べ早まる可能性が高まってきた。全国約5千の定点医療機関からの報告を集計している国立感染症研究所によると、この時期としては2000年以降で3番目に多い患者数だ。
 同研究所感染症情報センターでは、全体としてはまだ低いレベルだが、流行が起きているとみられる地域もあり流行が早く始まる可能性があるとコメントしている。
インフル:集団感染で患者6人死亡 北秋田の病院 毎日新聞

病院でインフルエンザ、6人死亡=秋田  時事通信
 北秋田市の病院でインフルエンザの集団感染があり、先月31日~今月5日に60~90代の入院患者6人が死亡した。ワクチンを接種した直後の模様で、ウイルスはH3N2香港型と判断されている。
米国CDCインフルエンザ週報第43週
 インフルエンザ様疾患(ILI)で定点医療機関を受診する患者数は増えていない。
 分離インフルエンザウイルス数も増えていない。

 定点医療機関を受診するILI患者の割合。

 
 分離インフルエンザ株数の推移


カナダ保健省インフルエンザ週報第43週
 10月24日から30日
 インフルエンザ様疾患(ILI)の数は増加していない。
 例年のレベルである。
 分離インフルエンザウイルス数は少ないが、その中で11/14(79%)はH3N2であり、A/H1N1は分離されてない。
 

11月5日

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第43週
 10月25日~31日
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は少ない。
 ただし北アイルランドでは受診数は少し増えている。
 全体の数値は流行域下限以下である。

香港保健省インフルエンザ週報第44週
 10月24日~30日
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は減少し続けている。例年並みまで低下している。
 

 分離インフルエンザウイルス数も減少しているが、大多数はH3N2香港型であるがA/H1N1も少数ではあるが分離され続けている。
 

 インフルエンザ入院患者数。5歳以下の若年層と65歳以上の高齢者層での入院率(対1万人)は減少し、ほぼ例年並みとなっている。
 上図と比較すると、入院数がH3N2株の増加と共に起きていることは明白である。

11月4日


Child dies from swine flu Irish Independent (アイルランド) 北アイルランドで豚インフルエンザで小児が死亡
 特殊養護学級に通っていた小児が豚インフルエンザに感染し、合併症で死亡した。
 今シーズン初めての死亡例である。
Hospitalization of children with influenza A(H1N1) virus in Israel during the 2009 outbreak in Israel  VACCINE (国際、ワクチン) 2009年度のイスラエルにおけるA/H1N1感染入院小児の分析
 イスラエルの研究チーム。
 2009年6月から12月までのA/H1N1入院小児478人を対象。18歳以下。平均年齢は6.1歳。
 8.8%がICUに収容、0.6%が死亡。
Pandemic and seasonal H1N1 influenza hemagglutinin-specific T cell responses elicited by seasonal influenza vaccination   季節性インフルエンザワクチンはパンデミックH1N1ウイルスに対する細胞性免疫を高める
 米国シンシナチ大学の研究チーム。
 3価インフルエンザワクチン(昨年までの季節性インフルエンザワクチン、不活化と生)接種により、A/H1N1ウイルスに対する免疫が高まる。
 細胞性抗体(Tリンパ球)は生ワクチンで産生。
 液性抗体は不活化及び生ワクチンで産生。
 ワクチン接種前からA/H1N1に対する細胞性免疫を保有していた人々は季節性ワクチン接種で、さらにA/H1N1に対する免疫能が高まった。
11月3日

Avian influenza research by FAO and partners focused on China’s Qinghai Lake FAO (国際連合食料農業機関) H5N1鳥インフルエンザ研究:FAOと協力機関が中国の青海湖に焦点を当てる
 渡り鳥のチベット-青海湖ルートに注目。
Tangerang hospital treats possible avian flu patient  Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、バンテン州、タンゲラン市の病院で鳥インフルエンザ感染の可能性ある少年を治療中
 タンゲランのチバドゥ・ジャヤに住んでいた8歳の少年がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いで、タンゲラン総合病院で治療中である。
 病院当局者は、少年の症状は悪化しており、現在、ウイルス検査の結果を待っている語っている。
 少年はタミフルによる治療を1週間継続していると説明している。
 また少年は家きんと接触した既往はなく、また少年の住居の周辺で家きんが死亡したという報告もないとされる。

アイルランド保健省インフルエンザ週報第42週
 10月18日から24日
 インフルエンザ様疾患の増加はない。
 41週に初のインフルエンザ感染者が確認された。A/H1N1であった。
インド保健省インフルエンザ週報 10月31日
 検査で確認されたインフルエンザ患者数は68人、死者数は9人と大幅に減少している。


昨年の流行グラフと比較すると、冬期間におけるA/H1N1流行の再燃はありえそうだ。
11月2日

英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第42週
 10月18日~24日
 インフルエンザ様疾患の増加はない。
 インフルエンザウイルス分離も1株(A/H1N1)。

 今シーズンのワクチン接種率は42週の段階で、65歳以上で40.4%、65歳以下で22.5%となっている。
Can we trust WHO after the swine flu? Irish Times (アイルランド) 豚インフルエンザ終息後、我々WHOを信頼するべきか?
 8月にWHOのマーガレット・チャン事務局長はH1N1パンデミックは終息したと宣言したが、パンデミック宣言にまつわる多くの問題が残っている。いくつかの審議も進行中でもある;
 WHOは過剰な宣言を行ったのか?WHOの専門家と製薬企業の間に倫理的問題があったのか?
 
 確かにWHOといくつかの政府は豚インフルエンザの重症度の可能性を過剰に判断した。
 イングランドの主任医療政務官のライアム・ドナルドソンは英国で最悪の場合65000人の死者が出ると予想した。そして英国の半数の小児は発病して寝込むと警告した。しかし結果的に死亡者数は500人を超えなかった。

 今、WHOの信頼感が低下したと言っても、それは公正な表現とされるだろう。
 何人かの批評家に言わせると、WHOはSARS、鳥インフルエンザ、そして豚インフルエンザについて、オオカミ少年のごとく危険性を煽ったとされ、今、WHOのするべきことは、豚インフルエンザはパンデミック“non-demic”.ではなかった.と宣言することだという。

Evidence Flu Vaccines Are Needless and Useless  Examiner.com  (米国) インフルエンザワクチンは全ての人に無用か。
 昨年米国では1億7000万接種量のA/H1N1ワクチンを購入したが、わずか9000万接種量しか使用されなかった。
 昨年まではインフルエンザワクチンの接種は6ヶ月から18ヶ月の年齢層が接種対象とされたが、今年からは6ヶ月以上の全国民が対象となった。
 また高齢者用に4倍の抗原量のワクチンも提供されている。
 副作用に関しては現時点では不明だ。
 以下ワクチン接種による副作用問題が記述。
インフルエンザで休園 読売新聞
 大館保健所に1日に入った連絡によると、大館市内の幼稚園(園児数80人)でインフルエンザと見られる集団風邪が発生。発熱などの症状を訴えて欠席した園児が13人に上り、同園は同日から6日まで休園を決めた。県内でインフルエンザによる休園措置がとられたのは今季初めて。
 県健康推進課によると、園児のほかに職員3人も同じ症状を訴えており、保健所で調べたところ、園児4人、職員2人の計6人から季節性の「A香港型」のインフルエンザウイルスが検出された。
 今季のワクチンは昨年猛威をふるった「新型」のほか、季節性の「A香港型」「B型」にも効果がある混合ワクチン。
 昨年のような医療従事者などへの優先接種はなく、希望者全員が受けることができ、同課では「今後のインフルエンザ流行に備えて早期接種を」と呼びかけている。
11月1日

アイルランド保健省インフルエンザ週報第42週
 10月18日から24日
 インフルエンザ様疾患の増加傾向はなし。
Tamiflu not working, docs want to import shots Mumbai Mirror (インド) インド、タミフル無効例が多いことから、注射用インフルエンザ薬の輸入を求める
 マハラシュトラ州政府のA/H1N1顧問委員会は、気温が低下し、豚インフルエンザの再流行が懸念されることから、中央政府に注射用製剤の輸入を求めている。
 委員会によると、ハイリスク患者や治療が遅れた患者ではタミフル無効例が多いという。
 注射用製剤での救命率が日本やヨーロッパでのデータでは高いことから、再流行を前に入手することを希望している。
 豚インフルエンザを発病したハイリスク患者では、合併症を多く起こし、こうした例ではタミフル無効例が多いとされる。
 また治療が遅れた患者でのタミフル無効例も多いとされる。
TOP