高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2010年10月

10月31日

特記すべき情報はない
10月30日

カナダ保健省インフルエンザ週報第42週
 インフルエンザ患者数の増加はわずかである。
 分離インフルエンザウイルス株数は徐々に増えているが、その多くはH3N2である。

米国保健省インフルエンザ週報第42週   10月17日から23日
 インフルエンザ様疾患数は増加傾向にないが、分離ウイルスは香港型H3N2の率が高くなっている。

 2010-2011年シーズンに入ってからのインフルエンザウイルスの検出率の推移



10月29日


研究結果:不活化季節性インフルエンザワクチンは、高齢者のA/H1N1ウイルスのニューラミニダーゼ抗体を産生する Journal of Infectious Disease (米国、感染症雑誌)
 短報 {Inactivated Seasonal Influenza Vaccines Increase Serum Antibodies to the Neuraminidase of Pandemic Influenza A(H1N1) 2009 Virus in an Age‐Dependent Manner}

 聖ユダ小児病院、FDA他の研究チーム。
 2010年3月に論文は投稿され、7月に受理され、10月27日に電子版で発行。

 パンデミックインフルエンザA/H1N1ウイルスのヘマグルチニン(HA)に対する抗体価は年齢に依存して増加する。
 研究チームは季節性インフルエンザ接種前と後に血清中のノイラミニダーゼ(NA)抗体を測定した。
 NA抗体はワクチン接種前から全年齢で認められたが、ワクチン接種後には60歳以上の高齢者で顕著に上昇した。
 季節性インフルエンザワクチン接種は、高齢者のパンデミックインフルエンザA/H1N1に関連した合併症を減少させる効果があると推測される。
中国保健省インフルエンザ週報第40週を発表
 10月4日から10日
 
 インフルエンザ感染者数は減少。
 分離インフルエンザウイルス数は減少しているが、多くはH3N2ウイルスである。
 南中国の方が北中国よりもインフルエンザ感染者数は多かった。


10月28日

香港保健省インフルエンザ週報第43週
 10月17日から23日
 インフルエンザ患者数の減少が続いている。ほぼ例年波の数となっている。
 分離インフルエンザウイルス数も減少している。多くはH3N2型であるが、A/H1N1もいまだ少数ではあるが分離されている。
 インフルエンザ入院数も減少した。
 
 定点医療機関外来に占めるインフルエンザ様症状の患者の率

 分離A型インフルエンザウイルス数


インフルエンザ患者の入院数

鳥インフルエンザ:不審な死あれば市町村に連絡を 北海道で検出受け /大分 毎日新聞
 北海道稚内市の大沼で14日に採取されたカモのふんから強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出され、県は27日、総合対策本部の緊急幹事会を開いた。「死骸(しがい)が見つかっておらず、本県など南方へ飛来する可能性もある」として、愛玩鳥や野鳥が不審に衰弱したり死んだ場合は、すぐ市町村に連絡するよう呼び掛けている。
 万一、県内で発生が確認された場合、広瀬勝貞知事を長とする対策本部を設置。04年に九重町で鳥インフルエンザが発生したのを機に作られた防疫対策実施要領、危機管理体制マニュアルに基づいて対応する。
インドネシア、西スマトラ州で5歳女児が鳥インフルエンザで死亡した疑い Bird Flu Information Corner (インドネシア)
 現地の国営通信アントラからの英語訳。
 西スマトラ州のパサマン・バラ(Pasaman Barat)で、5歳女児がH5N1鳥インフルエンザの疑いで25日死亡した。
 女児は病院の隔離病棟で4時間治療を受けたが死亡した。
 地域の当局者はこの事例を認めている。
 胸部レントゲン写真では鳥インフルエンザを示唆する肺炎像が認められた。
 患者の家の周辺では死亡した鶏が確認されているが、死亡状況が通常の鳥インフルエンザとは違うとされる。
 患者の検体はインドネシア保健省の検査期間に送られている。
鳥インフルエンザ警戒、むつで防疫演習 朝日新聞 
 高病原性の鳥インフルエンザの発生に備え、むつ市の市民体育館で27日、下北地域県民局と同市が主催する防疫演習があった。
鳥インフル、各地で監視 読売新聞 
 稚内市の湖沼「大沼」でカモのフンから強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)がみつかった問題で、環境省稚内自然保護官事務所などは27日、大沼周辺で監視活動を行った。オオハクチョウの飛来地で知られる根室市の風蓮湖などでも同日、根室振興局の職員が巡視を始めた。 大沼の監視活動は、同事務所、宗谷総合振興局、稚内市の担当職員が行い、コハクチョウ、カモ類を調査したが、異常はみつからなかった。
 常に観察をしている野鳥観察館「大沼バードハウス」の管理人遠島幸吉さん(63)によると、異常と見られる個体は、これまで1羽も見ていないという。
 道の警戒区分が引き上げられた根室振興局管内では、巡視を週1回以上に強化。この日は、職員3人が対応マニュアルに基づき、風蓮湖の木道などから、野鳥の個体数と状況を双眼鏡で調べた。異常な個体は確認されなかったという。

10月27日

Swine flu 'claimed 70 young lives' Express.co.uk  (英国) 英国、豚インフルエンザで70人の小児が死亡:統計
 2009年から2010年にかけて豚インフルエンザが流行した9ヶ月に英国で、合計70人の小児とティーンエイジャーが死亡した事が明らかになった。
 
 バングラデシュとパキスタンからの移民社会、および基礎疾患、特に脳性麻痺等を保有している人々では重症者が多かった。
 しかしながら若年層での死者の20%は、本来健康上問題がなかった。
 医師達は得られた事実から全ての小児は豚インフルエンザに対するワクチンを接種するべきと主張している。

 小児と18歳以下のティーンエイジャーにおける豚インフルエンザのインパクトに関する分析論文は、”ランセット(Lancet)”の迅速オンライン版に掲載された。
 
 先の英国の主任医療政務官であったライアム・ドナルドソン卿教授が責任者となった研究チームは、2006年6月26日から2010年3月22日までの9ヶ月間に亘るデータを集積し分析した。
 分析によると、小児における死亡率は100万人当たり6人で、最も率が高かったのは1歳以下の小児で100万人中14人であった。
 死亡率はバングラデシュの小児で最も高く、100万人中47人で、続いてパキスタンの小児で36人であり、英国の白人小児の4人に比較して非常に高かった。
 
 全死亡者の64%がタミフルを服用していたが、発症から48時間以内に服用していたのは、わずか7人に過ぎなかった。また入院前に服用していたのは3人に過ぎなかった。
 
 豚インフルエンザの小児における死亡数は、年間の白血病による死亡数よりも遙かに多く、この様な死者数を出した感染症は2001年に発生した髄膜炎以来であると、研究チームではコメントしている。

子供達の人種 死亡率(対100万人)
日本小児 3人
英国小児平均 6人
白人系 4人
バングラデシュ系 47人
パキスタン系 36人


Free flu shot clinics in South Los Angeles FOX43.com (米国) 南ロスアンジェルスでインフルエンザワクチンの接種が開始
 ワクチン接種のスポンサーはImmunize LA Families Coalition.
 平均して5~20%の米国人が例年ワクチン接種を受けているが、白人系米国人に比較して、黒人は最も接種率が低く、続いてラテン系の人々が低い。

Shelby County Health Department serves up flu shots at drive-through clinic al.com (米国、アラバマ) ドライブスルー方式インフルエンザワクチンの接種
 シェルビー郡保健局が開始。
 これ以上簡単なインフルエンザワクチンの接種方法はない。
 車から降りることなく接種を受けて、5ドル支払う。人により無料の場合もある。
Doctors warn of new swine flu strain 'deadlier' than last  Al-Masry Al-Youm (エジプト) 医師団、豚インフルエンザの新規株はより致死的であると警告
 医学専門家の中に、いくかの国で見つかっている豚インフルエンザウイルスの新規株が、エジプトにも拡大する可能性があると警告している。
 ウイルスはシンガポールで変異し、その後ニュージーランドとオーストラリアで見つかっている。
 もし他の国々でも拡大したなら、エジプトは新しいワクチンを用意する必要があると、免疫学者のアブデル・ハジ・モスバ博士はコメントしている。
 同博士によるとウイルスはより感染しやすく、また以前のウイルスよりも、より致死力が高いという。

 なお専門家の中には、このウイルスに対して懐疑的見方をする人もいる。彼らは昨年の例を指摘し、WHOが警告したA/H1N1ウイルスは結果的に季節性インフルエンザよりも致死性ではなかったことを引き合いに出している。
アイルランド保健省インフルエンザ週報第41週
 インフルエンザ様疾患の増加はない。
 41週に初のインフルエンザ感染者が確認された。A/H1N1であった。
オーストラリア保健省インフルエンザ情報第41週
 10月9日から15日
 インフルエンザ様症状を呈する患者数は減少。
 検査で確認されたインフルエンザ患者数も著明に減少した。
 分離インフルエンザウイルス総数は、337検査検体中51検体で、その25検体でA型ウイルスが検出され、その20検体がA/H1N1で、5検体がH3N2であった。残りの26検体がB型であった。
 定点外来患者1000人中に占めるインフルエンザ様患者の割合。著明に減少した。
 

 検査で確認されたインフルエンザ患者数。各州別に表示されているが、患者数は著明に減少。

10月26日


養鶏場にウイルス警戒要請 H5N1で農水省 47NEWS
 北海道稚内市で野生のカモのふんから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が見つかった問題で、農林水産省は26日、都道府県や畜産関係団体に対し、養鶏場へのウイルスの侵入防止対策徹底などを要請した。
 調査した喜田宏北海道大教授は「カモは今後南に移動するため、水辺周辺の調査が必要だ。養鶏場は警戒しなければならない」と強調した。
 環境省などによると、北海道大が独自に行っているふんの調査で、14日に稚内市の大沼で採取した183検体のうち2検体でH5N1を検出。これを鶏に感染させると8羽のうち5羽が死んだ。
 遺伝子を解析し、6月にモンゴルで見つかったカイツブリの死骸から分離されたウイルスとほぼ同じと判明した。

鳥インフルウイルスを検出=カモのふんから強毒性のH5N1-北海道稚内市 時事通信 
 環境省と北海道は26日、北海道稚内市の大沼で採取されたカモのふんから、強毒性であるH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。これまでに現地周辺で鳥インフルエンザによる野鳥の死亡は確認されていないため、ウイルスを持っているカモが実際に発症したかは不明。同省は「現時点では鳥が大量死する危険性が高いとは考えていない」としている。
 同省によると、北海道大学が独自に行っているカモのふんの調査で、今月14日に大沼で採取した183検体のうち2検体からH5N1型ウイルスを検出。26日に北大から環境省に報告があった。野鳥からの同型ウイルスの検出は、2008年の北海道、青森、秋田の3道県のオオハクチョウ以来。
 これを受け、同省北海道地方環境事務所と北海道、北大が協力し、現地から半径10キロ以内の地域などを対象に、死んでいる野鳥がいないか監視を強化。またハクチョウなどガンカモ類のフンを採取して、強毒性の鳥インフルエンザウイルスを確かめる追加的な調査も行う。道は、同地域内の家禽(かきん)農場1戸を立ち入り検査し、25日時点で異常がないことを確認済み。稚内市は26日から、大沼への人と車の立ち入り制限を実施している。
カモのふんから鳥インフルウイルス 北海道稚内 朝日新聞
 環境省は26日、北海道稚内市の大沼で見つかったカモのふん便から、毒性の強い鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。
New H1N1 Virus KFDA  (米国、テキサス州) H1N1ウイルスの変異型
 アマリロ市
 専門家はA/H1N1ウイルスが変異する可能性を懸念している。WHOは最近豚インフルエンザがより致死的株に変異したかも知れないと報告している。
 報告では変異株がシンガポール、オーストラリア、およびニュージーランドで検出されたという。
 専門家によるとインフルエンザウイルスが小さな変異を起こすのは珍しくはないが、今回検出された変異株は、ワクチン接種者にも感染するかも知れないとコメントされている。

 テキサス州では既にインフルエンザは発生しているが、A/H1N1ではないとされる。
Study: 2009 H1N1 variant gained a foothold in three countries  (米国、CIDRAPニュース)研究:2009H1N1変異株が3カ国で検出
 PDFファイル
 オーストラリアとシンガポールの研究チーム。
 2010年4月にシンガポールで検出された変異株がニュージーランドとオーストラリアの冬期インフルエンザシーズンで拡大した。
 現行ワクチンは効果的と考えられるが、厳重なフォローが必要と研究者達は論文でコメント。
 
 従来から知られているヘマグルティニン蛋白が変化した変異株D222GとE391K株は、これらの国ではあまり検出されてないが、今回検出された変異株は、ヘマグルティニン蛋白変化を示すE391K変異およびN142D変異の他に、ニューラミニダーゼ蛋白の変化を起こすM151とN189S変異も示している。
 シンガポールとオーストラリアでは、既成のA/H1N1ワクチン接種者が、この変異株に感染した例、感染死亡例などが確認されているが、研究チームでは、個々の臨床記録を分析しない限り、この変異株がワクチンに感受性がないとは断定できないとしている。
 また今回の遺伝的変異ウイルスの抗原性は、従来のウイルスと大きな変化は分析上(HI法)検出されていないと、研究チームでは説明している。

 米国CDCのインフルエンザ部門の責任者であるナンシー・コックス医師によると、この変異は既に知られていて、CDCにとってはそれほど新しい話ではないと語り、夏にWHOの協力機関から得られている分離株情報が検討されたが、9月にWHOから発表された次年度における南半球のインフルエンザワクチンの勧奨される株の組成は、従来のA/H1N1ウイルス株を使用することになっている、とコメントしている。
 さらに同女史は、CDCではインフルエンザウイルスの遺伝的および抗原的変化について、絶えず分析を続けていると付け加えている。
 
香港におけるA/H1N1感染率と重症度に関する分析 Clin Infect Dis  (米国、感染症雑誌) 
 A/H1N1流行前の抗体保有率は年齢5-59歳で3.3%、流行後には14%であった。(抗体価>1:40)。
 感染率は;5-14歳 43.4%、15-19歳 15.8%、20-29歳 11.8%、30-59歳 4-4.6%。
 入院率は、5-50歳では0.47%-0.87%であった。
 ICU収容率は5-14歳で10万人当たり7.9人、50-59歳では75人であった。
 致死率は5-14歳では10万人当たり0.4人、50-59歳では26.5人であった。

北京市民における真のA/H1N1感染率 Emerg Infect Dis  (米国CDC、新興感染症雑誌)
  2009年度に北京でA/H1N1に感染した市民の数は、検査で確認された数が10,844人とされているが、多くの感染者は検査を受けていないことから真の感染者数は不明である。
 数理的方法を用いて真の感染者数が算出され、146万人から230万人の北京市民が感染したと考えられる。
 人口は1800万人。
10月25日

India sees sharp drop in swine flu cases Thaindian.com (タイ) インドの豚インフルエンザ患者数急速に減少 (10月18日から24日)
 インド保健省は豚インフルエンザ感染者数が前週の98人の約半数の46人に減ったと発表し、死者数も10人と少数となった。



インドネシア、バリクパパンの乳児H5N1鳥ンフルエンザ感染疑い例、感染が否定される  Bird Flu Information Center (インドネシア)
 インドネシア、ボルネオのバリクパパンで4ヶ月の乳児がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いがもたれていたが、病院で行われた迅速検査で陰性であった。しかし病院当局はジャカルタからのウイルス検査結果報告が届くまで治療を継続するという。状態は改善している。
 一方、バンダル・ランプング(Bandar Lampug)のアブドエル・メレク病院には3人の鳥インフルエンザ疑い患者が入院していることが、病院長から発表された。
 8歳、9歳、および5歳の小児例であるが、高熱、咳、消化器症状を呈している。10月21日に入院し、抗生物質とタミフルによる治療を受けている。
 患者達はH5N1に感染した家きんと先週接触した既往がある。
 ウイルス検査のための検体はジャカルタへ送られている。
 患者達の症状は改善していて、熱も下がっているとされる。
10月24日

WHOインフルエンザ週報-更新 119 2010年10月20日
 南半球の温帯地方のインフルエンザ発生程度は減少を続けている。北半球の多くの温帯地方では、インフルエンザの発生程度は未だ低い。世界中で検出されるインフルエンザウイルスのほとんどはA(H3N2)であり、型は/Perth/16/2009-like(2009年パース株類似型)であり、今シーズンの北および南半球のワクチン株に含まれている。

南半球温帯地方
 南半球の冬期インフルエンザシーズンはピークを過ぎて、ほとんどの地域では発生程度は減少している。

 ニュージーランドでは、8月末からインフルエンザ流行は減少し始めて、この3週間は流行閾値下限以下となっている。今シーズン、ニュージーランドで検出された最も多いウイルスはH1N1(2009)である。オーストラリアではH1N1(2009)とインフルエンザB型が今季流行した。
 
 南アメリカでは、チリがインフルエンザの流行を報告し続けているが、9月中旬からその程度は減少し始めた。チリにおける主要な流行ウイルスはA(H3N2)で、H1N1(2009)も程度は低いが混合流行している。アルゼンチンとウルグアイではB型インフルエンザが流行したが、現在はウイルスの分離率は減少している。
 南アフリカでは、インフルエンザ発生程度は減少を続けていて、流行ウイルスはB型が主であったが、他にA(H3N2)および程度は低いがH1N1(2009)も見られた。

熱帯地方
 世界の熱帯地方におけるインフルエンザ発生程度は減少しているが、東南アジア、中央及び南アメリカの一部では、A(H3N12)ウイルスの流行が拡大している。

 中央アメリカでは、インフルエンザ流行は減少しているが、2010年8月以来の流行主要株はA(H3N2)であった。カリブ海諸国とジャマイカでは、重症呼吸器感染症が増加しているが、それは主としてA(H3N2)ウイルスによる。メキシコでは例年よりもインフルエンザシーズンは早くに始まったが、ほとんどのウイルスはA(H3N2)であった。流行のピークは8月から9月であったが、未だインフルエンザ様疾患と重症呼吸器感染症は減少してはいるが顕著に見られている。
 南アメリカでは、コロンビアが最近A(H3N2)によるインフルエンザ流行の拡大を伝えている。他にH1N1N(2009)とB型インフルエンザも少ないながらも混合流行している。
 南アジアでは、インドにおける国内全体のH1N1(2009)流行はピークに達し、現在は新規感染者数と死者数は全地域で減少していると報告されている。
 東南アジアでは隣接するタイとカンボジアで最近インフルエンザウイルスの分離率が上がっている。タイではH1N1(2009)が多く分離されているが、同時にA(H3N2)の分離率も増えている。カンボジアではA(H3N2)が中心となって流行している。
 中国では、香港での定点医療機関におけるインフルエンザ様患者数はこの2,3週間減少している。
 アフリカの熱帯地方では、インフルエンザの発生程度は低い。西アフリカでは少数のH1N1(2009)が分離されている。東アフリカ、特にケニヤでは、少ないが持続的にA(H3N2)ウイルスが分離され続けている。中央アフリカではB型、A(H3N2)及びH1N1(2009)が散発的に分離されている。
北半球温帯地方
 中国は北と南、両地域でインフルエンザ発生程度は減少していると報告している。8月中旬以降、両地域での分離ウイルスの多くはA(H3N2)となっている。
 北米では未だインフルエンザの発生程度は低いが、カナダでは少ないながらもA(H3N2)を中心としたウイルスが分離されだしている。米国では未だインフルエンザ発生程度は低い。 
 ヨーロッパでは、インフルエンザ発生報告は少ないが、A(H3N2)、H1N1(2009)およびB型が散発的に発生している。

10月23日


アイルランド保健省インフルエンザ週報第41週
 インフルエンザ患者数の増加はない。
 インフルエンザウイルスは1件の検出。A/H1N1。
カナダ保健省インフルエンザ週報第41週
 全体としてインフルエンザ発生率は上昇しつつあるが、流行域の下限以下である。
 インフルエンザウイルスの分離数はで14件。5件がH3N2であり、8件は未分析、1件がB型。
米国CDCインフルエンザ週報第41週
 10月6日~16日
 夏期間は、H3N2、A/H1N1、およびB型が低頻度で感染を続けていた。
 現時点では、インフルエンザ様疾患の数は、流行閾値以下である。
 インフルエンザウイルスの分離数は少ないが、 H3N2とA/H1N1が少数分離されている。
 散発的にインフルエンザが発生している地域は、24州とコロンビア地区、プエルト・リコである。
 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合
 昨年度はA/H1N1感染者数がピークに近かった。




Easy Flu Shots at Washington Square Shopping Mall Melodika.net  (米国) ワシントン広場の商店街でインフルエンザワクチン接種
 10月から1月31日まで3歳以上を対象。
 Internal Medicine Consultants, P.C. が提供。
 1人23.99ドル、高齢者用高濃度ワクチンは57ドル、鼻腔スプレーワクチンは30ドル。多くの保険が適応になっている。

Scientists one step closer to universal flu vaccine Britain News  (英国) 万能インフルエンザワクチンがより現実的に
Could vitamin D work better than influenza vaccine? Food Consumer (米国) ビタミンDはインフルエンザワクチン以上に効果的?
 ビタミンD3がワクチンがワクチン接種以上に効果的との意見がある。
 ビタミンDの血中濃度が低いとインフルエンザ感染の危険性が高まるという。
 (Dr. William B. Grant, PhD, Sunlight, Nutrition, and Health Research Center (SUNARC) in San Francisco, CA and John J. Cannell, MD, The Vitamin D Council in San Luis Obispo, CA 93401 commented in the journal that the risk of influenza is linked to low serum vitamin D levels.)
 日本研究でビタミンD3を1日1200国際単位摂取しているとインフルエンザ発症率を64%減じるとされる。
A long-lasting universal flu vaccine HealthLeaders Media (米国) 長期間有効な万能型ワクチンの開発が進む
 H1、H2、H3、H6、H9、H7および病原性を減じたH5ウイルスを用いたマウスの実験。
 開発中の万能ワクチンは、発症を抑えなかったが、対象のマウスに比較して病状は軽かった。
 完全な発病抑制効果は無いが、製造は非常に安価で、人における死亡率を下げる効果はあるから、重大なパンデミックに対しては十分有用と研究者達は判断している。論文はNew Scientistに発表。
 Researchers at Scripps Research Institute in la Jolla, California, teamed up with Peter Palese and colleagues at Mount Sinai Medical School in New York to test a protein that works against viruses from every flu family that attacks people.


Swine flu variant linked to fatal cases might have disabled the clearing ... Imperial College London (英国) 致死的変異豚インフルエンザウイルスは肺の異物除去機能を障害する可能性
 D222Gと呼ばれるA/H1N1ウイルスの変異株は、肺の吸い込まれた異物や病原体を除去する機能を保有する線毛細胞に感染して、その機能に障害を与える可能性。
 ロンドン王室大学、Medical Research Council National Institute for Medical Research 、およびドイツのマールブルグ大学の研究チームによる。
 来週発行のウイルス学雑誌(Journal of Virology)で発表される。
 ウイルス粒子表面の蛋白変化を起こすD222Gと呼ばれる変異は、重症型肺炎または致死的肺炎を起こすことが知られている。WHOによると、感染100例に2例近くの頻度で検出されるが、死亡例では7%程度の検出されるという。
 今回の研究結果では、D222G変異ウイルスは多くの気道細胞のリセプターに付着するが、肺胞近くの細気管支に存在する線毛細胞にも付着し、その機能を障害するという。その結果、吸い込まれた細菌やウイルスは肺胞に感染しやすくなり、重症肺炎を引きおこす可能性が高くなるとされる。
10月22日

New strain of swine flu emerges: Report Canada.com (カナダ)豚インフルエンザの変異ウイルスが誕生:報告
 
Report: New Strain of H1N1 Emerges FOX 9 News (米国) 研究報告:変異A/H1N1誕生
 A/H1N1ウイルスが軽度に変異して、オーストラリア、ニュージーランド、およびシンガポールで検出されていることが21日発表された。
 ウイルスがより病原性が高いか、現在のワクチンが効果があるのかについては、さらに調査する必要がある。
 メルボルンの研究チームによると、抗原性が大きく変化している可能性があることから、新規ワクチンが必要である可能性がある、と ”Eurosurveillance”に発表した論文で主張している。
 A/H1N1ウイルスの変異については世界中で調べられてきたが、その誕生以来非常に安定していた。
 しかし今回の研究によると、変異ウイルスは2009年の早い段階でシンガポールで発生し、その後ニュージーランドTPオーストラリアへ拡大したとされる。
 ウイルスの変異は未だそれほど有意ではないが、ワクチン接種を受けても感染したり、死亡した患者も出ているとされる。

10月21日


香港保健省インフルエンザ週報第42週
 10月10日から16日
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は少なくなった。
 分離インフルエンザウイルスの大多数はH3N2株であるが、その絶対数も減少している。
 乳幼児と高齢者のインフルエンザ入院数も減少している。

 定点医療機関受診患者中に占めるインフルエンザ様症状の患者の率。
 ピンクが本年度。4週前から減少に転じている。


 分離インフルエンザウイルスの推移


オーストラリア保健省インフルエンザ週報第40週
(10月2日~10月8日)
 インフルエンザ様疾患で定点機関を受診する患者率は上昇しているが、検査で確認されたインフルエンザ患者数は減少している。
 検査で339人(前週666人)がインフルエンザと診断され、そのうち(222人(前週498人)がA/H1N1であった。
 定点医療機関外来受診1000人中に占めるインフルエンザ様患者の割合。


 検査で確認されたインフルエンザ患者数。州別に色分けされている。


インフルエンザ:県が対策協議 今冬、新型と季節性混在か /青森 毎日新聞 
 県は19日、今冬のインフルエンザ対策についての協議会を開いた。県内では今冬、新型と季節性のA香港型、B型が混在して流行する可能性が高いと報告。かかりつけ医でのワクチン接種や手洗い励行、マスク着用など注意を呼びかけていく方針を確認した。

 県内のインフルエンザの流行の時期については例年と同様、1~2月にピークとなり、3~4月に終息するとみている。

 新型については昨シーズンのワクチン接種の有無にかかわらず、流行規模の小さかった地域や学校などでは集団免疫の獲得が十分でないとしている。そのため、ある程度の規模での再流行が今年も想定されるという。

 対策として、県は流行ピークとなる2週間前の12月中旬までに、新型、季節性のA型、B型を混合した「3価ワクチン」を接種するよう呼びかける。一方で、昨シーズンに設置した専門窓口「発熱外来」は設置せず、一般医療機関で対応する。

 また、県内すべての定点医療機関における新型インフルエンザの患者報告数から、昨年の受診患者数を約13万人と推計している。そのうち20歳未満は約11万人と約8割以上を占めるとみている。
10月20日

インドネシア、バリクパパンで乳児がH5N1鳥ンフルエンザに感染した疑い Bird Flu Information Center (インドネシア)
 インドネシア、ボルネオのバリクパパンで4歳の乳児がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑いがもたれている。
 自宅の周辺で飼育している鶏に接触した可能性がある。
 発熱と呼吸困難で入院した。
 当局は鳥インフルエンザを発症した疑いについては明確に発表はしていない。
 当局者によると最近他にも鳥インフルエンザに感染した数例の疑い者がでているという。

Poultry workers get flu jab reminder Yorkshire Post  (英国) 家きん産業従事者に無料の季節性インフルエンザワクチンが接種
 英国の国民健康制度NHSが、家きん産業従事者を対象に季節性インフルエンザワクチンの無料接種を勧めている。
 季節性インフルエンザワクチンには、H5N1鳥インフルエンザ感染予防効果はないが、同時に鳥インフルエンザと人インフルエンザに感染した場合、ウイルス間での遺伝子組み換えが起きる可能性を考慮しての措置となっている。
Chief doctor defends swine flu response ABC Online (オーストラリア) オーストラリア、主任医療政務官、政府の豚インフルエンザ対策を擁護
 オーストラリアの主任医療政務官であるジム・ビショップ博士は、連邦政府の豚インフルエンザ対策を擁護した。
 政府は1億ドル以上を費やして2100万接種量のA/H1N1ワクチンを昨年購入した。
 国民の半数に2回接種する量であった。
 
 しかし1人に1回接種で十分で、また接種率も低く終わった。
 ビショップ博士は、結果的に2回接種の必要性はなかったが、当時は多くの専門家は2回接種の必要性を信じていた、と弁明している。

Flu jabs for poultry workers The Northern Echo  (英国) 家きん産業従事者にインフルエンザワクチンが無料接種
 家きんからインフルエンザウイルスの感染を受け、同時に人インフルエンザウイルス感染を防ぐために。
 もし同時感染すると遺伝子組み替えを起こした新型ウイルスが誕生する危険性がある。
インフル薬2300万人分供給 製薬4社、昨季患者数上回る 中国新聞
 インフルエンザ治療薬を販売する製薬4社の今季向けの供給計画が19日出そろい、本格的な流行期を前に、治療薬が計約2300万人分準備されていることが明らかになった。
 厚生労働省の推計によると、昨年夏から今年春までの昨季のインフルエンザ患者数は約2千万人。計画上の治療薬の供給量はこれを上回っており、医療関係者は「昨季並みの大流行が起きても対応できる水準」としている。治療薬の面では、新型を含めたインフルエンザ対策は、一段と進んだといえそうだ。
 第一三共は19日、自社で研究開発段階から手掛けた、初の純国産のインフル治療薬「イナビル」の販売を開始した。同社は「1回の服用で済むため患者の負担を軽減できる」としている。来年春までの今季向けに約400万人分を用意する。
 第一三共は純国産薬の発売によって「インフル対策の基盤強化につながる」としている。細川律夫厚労相はこの日の記者会見で「国民にとって(治療薬の)選択肢が増えるのは良いことだ」と歓迎した。
 1月には塩野義製薬も海外の製薬会社が開発し、点滴式で人工呼吸器をつけていて薬を飲めない患者にも投与しやすい「ラピアクタ」を発売した。このため、今季の国内のインフル治療薬は、以前から販売されていた中外製薬の「タミフル」、グラクソ・スミスクラインの「リレンザ」とあわせて計4剤から選べる。
 新発売のイナビル以外では、タミフルは約1240万人分、リレンザは約600万人分、ラピアクタは約65万人分が確保されているという。


青森県、未成年半数近く感染か 読売新聞
 昨年冬に猛威をふるった新型インフルエンザの青森県の患者数が、20歳未満では半数近くに上る可能性のあることが19日分かった。インフルエンザへの医療対策を検証する県の会議で報告された。今シーズンも一定程度の再流行が想定されており、県は注意を呼びかけている。
 県はインフルエンザの流行状況を定点医療機関でチェックしており、その患者数などから県内全体の数値を推計した。それによると、全体の推計受診患者数は本県人口138万人の9・4%にあたる13万人。年齢別での罹患(りかん)率は、5―9歳の72・4%が最大で、6万人のうち4万3000人が受診した計算になる。20歳未満では、24万9000人の45・6%にあたる11万3000人が推計患者数となっており、子どもへの感染率の高さが際立っている。
 会議は新型インフルエンザの医療対策の充実を図るために開かれ、今シーズンは1回目。県の報告によると、今冬は新型インフルエンザ、季節性のA香港型とB型の3種類が混在して流行する可能性がある。
 このうち新型インフルエンザは、昨シーズンに流行規模が小さかった地域や学校では免疫の獲得が十分でないため、再流行が想定されるという。昨シーズンは、専門窓口となる発熱外来を設置して患者を受け入れたが、今年は設置せず、一般医療機関で受診することも申し合わせた。
 またこの日の会議では、医療機関との連携不足や指揮系統・広報体制の不備などについて、出席した小児科医などから指摘された。県はこうした課題を踏まえて、近く県の行動計画やマニュアルを改定する考えだ。

Doctors Orders: Get Your Flu Shot Before It Hits Western Pa. WPXI Pittsburgh (米国、西ペンシルバニア州) 医師達、インフルエンザが流行する前にワクチンの接種を!
 医師達によると西ペンシルバニア州では未だインフルエンザは流行していないが、間もなく流行が始まるとされる。
 実際、オハイオ州ではインフルエンザ流行が既に見られているという。

Females, schoolchildren vulnerable to swine flu Chronicle (ジンバブエ) 女性と学童が豚インフルエンザに多く感染
 最近のチョロチョロ区域( Tsholotsho District)におけるインフルエンザ流行(豚インフルエンザが疑われている)は、主に女性と15歳以下の学童が感染している。
 これまで300人の感染が確認されている。
 7件で予備的検査が行われ、2件でA型インフルエンザが確認された。
 学校の閉鎖は行われていないが、それは最終的手段とされる。
State plans mass vaccination clinics KUAR (米国、アーカンサス州) アーカンサソー州、インフルエンザアクチンの集団接種を企画 
 州は60万接種量のインフルエンザワクチンを用意して、集団接種を行う。
 昨年は80万人以上の人々がワクチン接種を受けた。
 今年は一般クリニクとは別に、行政側側でも集団接種を行う。
 同州の人口は270万人。
Researchers say new H1N1 report can teach lessons from mistake DigitalJournal.com (カナダ) カナダの研究者、昨年のパンデミック対策検証から、国の対策の失敗を学ぶ
 昨年のA/H1N1パンデミックに際して、カナダでは感染者数が350万人、死者数が428人、ワクチン接種者数が約40%(この率は世界で最も高い)。
 18日にカナダ医学界雑誌に発行された新研究では、カナダで感染した人々は政府の対策が十分行き当たらなかったことが原因であることを示唆している。

 ワクチンが迅速に製造、そして配布されなかったこと
 アクチンの配布が州によって偏りがあったこと
 感染者の大多数が30歳以下、特にほとんどは10歳から19歳までの年齢層であることを予測できなかったこと
 北米での先住民の感染率が5~7倍高かったこと(居住地区の人口密度が高い、基礎疾患保有率が高い、医療機関受診が遅い)
 
10月19日

インドネシアにおける鳥インフルエンザ状況 更新4 WHO
2010年 10月18日
 インドネシア保健省は2人の新規H5N1鳥ンフルエンザ感染例を報告した。
 
 西ジャカルタの35歳男性。
 8月16日に発症。8月20日に入院して27日に死亡した。
 発症1週間前に自宅周辺で多数の鶏が死亡したことから、これが感染源と推定されている。

 西ジャワ州コタデポクの40歳女性。
 9月9日に発症。12日に入院、そして17日に死亡した。
 感染源は生きた家きん市場と推測されている。
 
 これまでインドネシアでは170人が感染し、141人が死亡している。
 (致死率83%)

中国保健省インフルエンザ週報第40週
 (10月4日~10日)
 パンデミックインフルエンザA/H1N1は4例が確認された。重症者や死者は出ていない。
 第26週から40週まで重症例はでてなく、19週以降は連続22週間、死者は出ていない。
 昨年パンデミックインフルエンザが発生してから、12万8149例の感染が確認され、死者数は805人である。

 分離インフルエンザウイルスの推移(南中国)
 茶色:パンデミックA/H1N1ウイルス、 ピンク:H3N2ウイルス
 北中国も類似のパターン。南中国よりも検出ウイルス数は少ない。

CDC: Flu activity low, with all three types in the mix  CIDRAP (ミネソタ大学感染症情報センター) CDC:現在、インフルエンザ流行程度は低い。全3種類のウイルスが混合して流行
 米国内ではインフルエンザ流行レベルは低い。2009年H1N1インフルエンザが散発的に、H3N2およびB型と共に感染者を出している。
 最新の報告でCDCは19州とコロンビア地区、グアム、プエルト・リコで散発的にインフルエンザが発生し、31州では発生が見られてないと記載している。
 インフルエンザ様症状で医療機関を受診する患者数は流行域以下にある。
 ”肺炎とインフルエンザ”死亡数は少なく、小児でのインフルエンザ死亡も報告されていない。

 一方、ミネソタ州保健局では本日、本年度、H3N2インフルエンザが国内で流行し、高齢者にとって重大なインフルエンザシーズンになる可能性を警告している。
 同保健局は先週80代の女性がH3N2インフルエンザの合併症で死亡したこと、今月初めにやはり80代の女性がH3N2インフルエンザで死亡したことを報告している。両女性とも高齢者施設に入所していた。
 ミネソタ州保健局のルース・リンフィールド医師は、H3N2インフルエンザが主流となって流行する年は、重症患者が多く発生し、それは特に高齢者に多い、と警告している。
 同医師は高齢者と生活を共にしている人々、および介護をしている人々はワクチン接種を急ぐべきと注意している。
 この2~3ヶ月間、米国および海外ではH3N2インフルエンザの発生率が上昇している。
 CDC当局では、H3N2インフルエンザが今後さらに米国内で発生すると予想し、そのためにもワクチン接種をすべきと啓発を強めている。
H1N1 Unlikely to Cause Flu Pandemic in 2010-11: Analysis BusinessWeek (米国) A/H1N1インフルエンザは2010年-2011年のインフルエンザシーズンにパンデミックを起こす可能性は低い
 下記のカナダの研究結果の紹介。
 50歳以上では感染の危険性があるが、カナダ全体としては大流行の可能性は低いという結論を紹介。

Most Canadians 50 lack antibodies to fight H1N1: study Toronto Star (カナダ) 多くの50歳以上のカナダ人は十分なA/H1N1抗体を保有してない
 A/H1N1インフルエンザの第3波の発生の可能性は低いが、多くの50歳以上のカナダ人はA/H1N1に十分な免疫を持っていないことが、研究結果で示された。
 ブリティシュ・コロンビア州疾病管理センターの研究チームが明らかにした。
 研究結果はカナダ医学界雑誌に掲載された。

 2009年のパンデミック前後における血清中のA/H1N1ウイルスに対する抗体価を、ブリティシュ・コロンビア州の住民9ヶ月から101歳までの1127人を対象に分析した。

 パンデミック前:小児と70歳以下の成人では10%しか抗体を保有してなかっTが、80歳以上の高齢者では77%が抗体を保有していた。
 パンデミック後の2009年秋(ワクチンの集団接種後):20歳以下で70%、20~49歳で44%、50~79歳で30%。特に70~79歳では21%と最も低かった。
CDC recommends flu shot for everyone over 6 months of age KCBD-TV  (米国)CDC、6ヶ月以上の全米国人にインフルエンザワクチンの接種を勧奨
Haj influx begins via land, sea, air routes Arab News  (サウジアラビア) 陸、海、空から巡礼者がメッカに
 10月9日に最初の巡礼者集団がサウジアラビアに着いたが、これまで少なくとも62500人が入国している。
 巡礼者の入国は11月12日まで続き、そして11月18日から12月21日までの間に帰国する。

 当局によると巡礼者を運ぶフライトは1時間に6便、日に144便あり、そのピークは11月第2週、日に200フライトとなる予定。
 保健担当局では589人の医師やナース等のスタッフを保健省から派遣する。
 昨年と異なり、本年はインフルエンザ対策のための特別な措置は行わない。

インド保健省インフルエンザ週報 10月17日
 10月11日から17日
 感染者数 98人、 死者数10人

 コメントおよびグラフは昨日掲載。
インフルエンザ流行の兆し 9月から先々週までに14都県で学級閉鎖 FNN
 早くもインフルエンザが流行の兆しを見せている。9月から先々週までに、14の都や県で学級閉鎖となった学校があることがわかった。
群馬県の小学校で、早くもインフルエンザによる学級閉鎖の措置がとられた。
この小学校では先週、1年生の児童5人がインフルエンザになったことを受けて、今週から学級閉鎖となった。
また学校では、感染を防ぐため、マスク姿の児童の姿が見られた。
学級閉鎖をした小学校の校長は「これほど急激に広まるとは、実は予想していませんでした。大変驚いている」と語った。
9月から先々週までに、14の都や県で学級閉鎖になるなど、早くもインフルエンザ流行の兆しを見せている。

WHOは鳥インフルエンザへの関心を失ったのか? 先見創意の会  コラム
 外岡立人 医学ジャーナリスト、医学博士

 以前、頻回にH5N1鳥インフルエンザ(以下H5N1)のパンデミックを警告し続けていたWHOは、昨年以降、全くと言っていいほど、H5N1に関して発言しなくなっている。 

WHOがこれまでにウエブに掲載した、H5N1に関するガイドライン、啓発文書、声明文等の文書数の年度別推移は次の通りである。 

 2003年度: 1
 2004年度:10
 2005年度:15
 2006年度:21
 2007年度:12
 2008年度: 6
 2009年度: 1
 2010年度: 0 
 
最後の文書発行は2009年3月であり、それ以降は全くウエブに掲載されていない。 
 
 以下略
 
10月18日


Swine flu cases drop in India TopINews (インド) インド、豚インフルエンザ感染者数が減少
 インド保健省は18日、先週のインフルエンザ感染者数が前週の半数に急激に減少したと発表した。
 10月11日から17日までの1週間、感染者数は98人となり、前週の202人の半数となった。
 また死者数も前週の38人から10人と減少した。
 
Swine/H1N1 Flu resurfaces in Southern Africa Afrik-news (フランス、国際) アフリカ南部でA/H1N1インフルエンザが再流行
 アフリカ南部のジンバブエで国内の全10州で致死的H1N1インフルエンザが発生し、同国の保健機関は対策に乗り出していいる。
 ボツワナに近い南部の州で学童を中心とする300人の感染者が報告され、そのうち7人で検査が行われ、2人からA/H1N1ウイルスが検出されている。
 保健小児福祉省のポルシア・マナンガジリア医師は、16日、流行しているウイルスはA/H1N1とH3N2の2種類の可能性があると語っている。
 潜伏期間は1~2日間で、回復するまで1~2週間とされる。
 同医師によると、検査用検体が入手されていないので、他覚的兆候と症状で判断し、治療を行っているとされる。タミフルが治療に用いられているという。
 16日、”国境無き医師団”が流行地域へチームを派遣した。

 昨年ジンバブエ外でA/H1N1に感染した少数の感染者を経験しているが、大きな流行はなかった。
Outbreak of swine flu in Matabeleland The Zimbabwe Standard (ジンバブエ) ジンバブエ、マタベレランドで豚インフルエンザが流行
 北部マタベレランド州で300人のインフルエンザ患者が報告され、そのうち2人からA/H1N1ウイルスが検出されたと、当局者が語った。
Mysterious flu bug affects thousands in Zimbabwe African Press Agency (国際) ジンバブエで未確定インフルエンザウイルスに多数が感染
 ジンバブエ国営通信は、17日、A/H1N1に似た致死的インフルエンザウイルスが国内10州で多数の人々の間で流行していることを報じた。
 The Sunday Mail によると生命に関わるインフルエンザの症状は、鼻汁、クシャミ、咽頭痛(しわがれ声となる)、充血、全身痛、食欲不振、頭痛、とされる。
 保健省の担当者は新聞に、ウイルスはA/H1N1とH3N2の2種類かも知れないと語った。
 「A/H1N1とH3N2の混合感染が広がっている。しかし通常季節性インフルエンザは5月から9月に流行するのだが、今回は異常である」。
 同担当者は、感冒様症状を呈した場合は、早急に医療機関を受診するように勧めている。季節性インフルエンザも生命に関わる場合が多いからである。
 ジンバブエ 出典元 ウィキペディア

10月17日

インドネシアでH5N1鳥インフルエンザで2人死亡 インドネシア保健省 Bird Flu Information Corner  (インドネシア)
 2010年9月末までに、2人のH5N1鳥インフルエンザ死者がインドネシアで確認された。
 西ジャカルタに住んでいた35歳男性と西ジャワに住んでいた40歳女性である。
 男性は8月16日に発熱で発症し、8月24日に西ジャカルタの病院で診断されたが、8月24日に死亡した。
 女性は9月9日に発熱、咳、悪寒で発症し、ペルサハバタン病院で診断されたが、9月17日に死亡した。
 これらの事例はWHOに報告された。
Fifty Percent of Chicken Shelters in Jakarta to Be Relocated by Year End BeritaJakarta.com  (インドネシア) 年末までジャカルタの鶏処分施設の50%が移動予定
 ジャカルタ市内の鶏”と殺”施設と集積所が東ジャカルタに移動される予定。
 こうした措置により、ジャカルタ市内におけるH5N1鳥ンフルエンザ発生が防止されるという。
Flu shots available at drive-through clinic Oct. 24 York Daily Record (米国、ペンシルバニア州) インフルエンザワクチン接種、10月24日にドライブスルー方式で行う

Spike in flu cases expected St. Thomas Times-Journal (カナダ、オンタリオ州) インフルエンザ患者数の増加が起きる可能性
 
 インフルエンザAの集団発生が見られた事から、ワクチン接種を急ぐように啓発。
 無料とされる。
 例年のカナダでのインフルエンザ死者数は1500人~2000人。
 インフルエンザで入院する患者数は6万人。
 昨年のA/H1N1での入院者は9000人。死者数は428人。
 保健医療専門家はアクチン接種が、A/H1N1による入院数と死者数の減少につながったと考えているようだ。
10月16日

新型インフル感染、広島市内で今季初 中国新聞
 広島市は、市内の女児(2)の新型インフルエンザ感染を確認した。女児が受診した医療機関から検体の提供を受けた市が検査し、13日に判明した。市内での新型インフルエンザの感染確認は今季初めて。
 市にはこのほか、4~10日に定点医療機関(37カ所)から9人のインフルエンザ患者の報告があった。定点医療機関からのインフルエンザ患者の報告も今季初。新型か季節性かは調べていない。1定点当たり0・24人で、流行の基準とされる1・00人は下回っている。
新型インフルに園児12人感染 廿日市 中国新聞 
 廿日市市は15日、6~14日に市内の保育園2カ所で園児12人が新型インフルエンザに感染したと発表した。 津田、友和保育園の2カ所。津田保育園では1~4歳の11人、友和保育園では1歳1人の感染が確認された。休園などの措置はとっていない。市健康推進課は、手洗いやうがいのほか、1日から始まったワクチンの接種を呼び掛けている。
アイルランド保健省インフルエンザ週報第40週
 10月4日から10日
 インフルエンザ様疾患の増加は認められてない。
 インフルエンザウイルスの分離報告もなし。
 
High-dose flu vaccine for senior citizens available here Times-Georgian (米国、西ジョージア) 高齢者用の高濃度ワクチンが用意されている 
 4倍量の抗原が入ったインフルエンザワクチンが高齢者用に用意されている。(フルゾーン:Fluzone)。
 当局によると通常のワクチンは高齢者に対して30~40%しか効果がないとされる。
 高齢者用の高濃度ワクチンは1回接種量で40ドルかかり、通常のワクチンの25ドルに比較すると効果である。しかしメディケア( Medicare )保険でカバーされている。
Drastic drop in bird flu cases this year Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、今年は人での鳥インフルエンザ感染数は劇的に減少
 保健当局者は、本年のH5N1鳥インフルエンザ感染者は例年の半数以下に減少していると語った。
 疾病管理環境保健大臣が、昨年に比較して感染者数が減少していると語った。この2,3ヶ月間に僅か1~2名の感染者しか発生していないと説明した。
H3N2 a player in early Northern Hemisphere flu season  CIDRAP (米国、ミナソタ大学感染症情報センター) 北半球のインフルエンザシーズンの早期はH3N2が中心
 多くの指標は南半球のインフルエンザシーズンは終息に近いことを示しているが、北半球のインフルエンザシーズンは、H3N2が中等度に流行している中国以外は流行の開始は始まっていない。
 最新のWHOのインフルエンザ週報によると、世界のいくつかの地域では2009H1N1インフルエンザの発生が見られているが、多くの地域ではA(H3N2)が見られている。型はパース様株で、今秋のワクチンに含まれている。
 米国CDCでは今年のインフルエンザはH3N2がより多く流行すると推定していて、もし同株が流行の中心になると今年のインフルエンザシーズンは、より深刻な状況になると注意している。
 H3N2流行地域は中国本土と香港である。中国では病院への受診患者数が増えているとされるが、香港では減少に向かっているが、未だ多い。


カナダ保健省インフルエンザ週報第39&40週
 多くの州からは発生報告はない。
 インフルエンザウイルスの分離数はこの2週間で23件。7件がH3N2で1件がA/H1N1。

米国CDCインフルエンザ週報第40週
 10月3日~9日
 夏期間は、H3N2、A/H1N1、およびB型が低頻度で感染を続けていた。
 現時点では、インフルエンザ様疾患の数は、流行閾値以下である。
 インフルエンザウイルスの分離数は以下の通り。
 H3N2とA/H1N1が少数分離されている。
Week 40
No. of specimens tested 1,368
No. of positive specimens (%) 45 (3.3%)
Positive specimens by type/subtype
  Influenza A 31 (68.9%)
             A (2009 H1N1) 4 (12.9%) 
             A (subtyping not performed) 22 (71.0%) 
             A (H3) 5 (16.1%) 
  Influenza B 14 (31.1%)

 定点医療機関受診インフルエンザ様患者の割合
10月15日

Many Health Care Workers won't Undergo Flu Vaccination TopNews United Kingdom  (英国) 米国:多くの保健医療関係者はインフルエンザワクチン接種を受けないと回答
 印刷用PDF

 最近の米国における調査では、多くの人々がCDCの勧告に従わないで、インフルエンザワクチン接種を受けないとされる。
 CDCでは6ヶ月以上の米国人は新規インフルエンザワクチンの接種を受けるように勧めている。
 しかし”Consumer Reports(消費者向け月刊誌)”の調査によると、多くの成人は接種を受ける予定にないとされる。
 最近の調査では:
  保健医療担当者の28%は受ける予定にない。
  ハイリスク者の45%は接種予定。
  65歳以上の高齢者の51%が接種予定。

 受けない理由は:
  45%-豚インフルエンザの脅威が去った
  44%-ワクチンの副作用
  41%-ワクチンの安全性
  30%-効果が疑問

 国立感染症財団(National Foundation for Infectious Diseases )の調査:
  43%の米国人は今年の接種を受けない
  33%の母親は子供に接種を受けさせない

 Consumer Reportsの主任医学アドバイザーのマービン・リプマン医師は、多くの人々は昨年の豚インフルエンザの脅威が過剰に宣伝されたと感じているため、今年はワクチンの接種に関心を失っている、とコメントしている。
10月14日


香港健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第41週
 10月3日~9日
 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は減少している。
 分離インフルエンザウイルスの大多数はH3N2株で、分離数は以前として多い。
 インフルエンザで入院する乳幼児と高齢者の数は減少している。

 定点医療機関受診患者中に占めるインフルエンザ様患者の割合(対1000外来患者中)

 分離インフルエンザウイルス件数の推移(A型)

Roche Third-Quarter Sales Fall on Lower Demand for Tamiflu Antiviral Drug Bloomberg (米国) ロッシュ社、第3四半期、タミフル販売量減少により売上高が減少
 昨年同期に比較して売上高が7%減少。タミフルの売上高減少が響いた。
オーストラリア保健省インフルエンザ週報第39週
(9月25日~10月1日)
 インフルエンザ様疾患で定点機関を受診する患者率は上昇しているが、検査で確認されたインフルエンザ患者数は減少している。
 検査で666人がインフルエンザと診断され、そのうち498人がA/H1N1であった。
 定点医療機関外来受診1000人中に占めるインフルエンザ様患者の割合。


 検査で確認されたインフルエンザ患者数。州別に色分けされている。

Highly Pathogenic Bird Flu Virus Can Survive Months on Steel or Glass at ... Science Daily  (国際) 高病原性鳥インフルエンザウイルスは、低温で鉄やガラスの表面で数ヶ月生存:CDC研究
 色々な条件でH5N1ウイルスの生存率を検討した。
 低温下では鉄やガラス表面で数ヶ月生存。
 ACS' Environmental Science & Technologyに発表。
10月13日


Swine flu grips Poland in October Warsaw Business Journal (ポーランド) ポーランド、10月に豚インフルエンザが流行
 インフルエンザ及び疑い患者が昨年同期の3倍発生している。大多数は豚インフルエンザとされる。
 10月1~7日、1万5790人のインフルエンザ及び疑い患者が発生。9月最終週1万2500人よりも増加している。統計学的に判断すると毎日10万人当たり5人近くが感染していることになる。
 一方、昨年の同じ期間、豚インフルエンザが流行していたが、わずか5887人の感染者と疑い者数が記録されただけだ。
 当局では発生数は非常に多いとコメントし、今後どの程度の流行となるかは予想はつかないと付け加えている。
 昨年の流行ピークは11月最終週で、13万4000人の感染者が記録された。
 当局ではワクチンの接種と衛生管理の強化を訴えている。
BiondVax universal flu shot starts next test stage Ha'aretz (イスラエル) ビオンドバックス社の万能ワクチンが次の臨床試験に
 イスラエルのビオンドバックス社が開発中のインフルエンザ万能ワクチンの第2相aに入ったと、同社が発表した。
 安全性と免疫原性(ワクチン効果、抗体産生能力)が、200人の健康成人を対象に行われる。

 本年8月1日に、同社は万能ワクチンの開発でFrost & Sullivan 賞を受賞を受賞したが、その記事を下記に再掲載する。
~~~~~~~~
 
Frost & Sullivan Awards '2010 European Influenza Vaccines Technology ... PR-CANADA.net (カナダ) ビオンドバックス社(BiondVax)、万能インフルエンザワクチン開発でFrost & Sullivan 賞を受賞
 イスラエルに本社をおくビオンドバックス社は、インフルエンザウイルスに共通するいくつかの抗原決定基(エピトープ)を用いた万能ワクチンを開発しており、前臨床試験では安全性と免疫効果が確かめられている。
 2011年中期までにフェーズ2臨床試験を終える予定とされる。
 今回Frost & Sullivan 省を受賞した理由は以下の三点による。
 ・当ワクチンは液性免疫と細胞性免疫両者を誘導する。
 ・当ワクチンの抗原はB型とA型のウイルス抗原の多くを用いていることから、パンデミックインフルエンザウイルスを含む多くのインフルエンザウイルスに効果を示し、変異ウイルスに対しても有効と考えられる。
 ・当ワクチンは大腸菌を用いてワクチン抗原を増殖させるので、現在の有精卵や細胞培養を用いる方法よりも短期間で大量のワクチンを製造出来る。前者が一定量の商業ベースに乗る量の製造に、4~6ヶ月間要するのに対して、当方法では6~8週間で済む。
 なお当ビオンドバックス社のワクチンは毎年接種する必要はなく、3~5年間に1度の接種で十分とされる。
~~~~~~~~~~~~~

Large drop in number of flu shots: CDC Taipei Times (台湾) 台湾CDC:インフルエンザワクチン接種者数、大幅に減少
 CDCは10月1日から10日までの間にインフルエンザワクチン接種者数が64万人で、昨年の同時期に比較して三分の一に過ぎないと発表した。
 子供達の両親の中には、ワクチンに含まれるA/H1N1ワクチンの副作用を心配する声があるが、CDCでは国内のいくつかの地域ではH3N2インフルエンザが拡大していることから、ワクチン接種を受けるように呼びかけている。
Swine flu kills 3 in Saudi Gulf Times  (クエート) サウジアラビア、3人が豚インフルエンザで死亡
 サウジアラビアでこの2週間に豚インフルエンザで3人が死亡したと保健省が昨日発表した。
 しかし状況は通常の季節性インフルエンザシーズンと同じであり、来月のメッカ大巡礼に対して特別の措置は行わないと広報官はコメントした。
 今週から大巡礼のために巡礼者達がサウジアラビアに入り出す。
 200万人以上の巡礼者が集まる予定。
インフル学年閉鎖 今年度初 読売新聞
 県は12日、藤岡市立鬼石北小の2年生にインフルエンザとみられる症状が広まり、13~15日に学年閉鎖されると発表した。新型か季節性かは不明だが、県内でインフルエンザによる臨時休校は今年度初めてで、例年より2か月ほど早い報告という。
 県保健予防課によると、全校児童109人の同小では12日現在、2年生22人中6人が欠席しており、うち5人にインフルエンザのような症状がみられる。
 藤岡保健福祉事務所が12日から聞き取り調査を行うとともに、県衛生環境研究所(前橋市)でウイルス検査などを予定している。
 同課は「インフルエンザの流行が早まる可能性がある。手洗いやうがい、予防接種など感染予防対策に心がけてほしい」と呼びかけている。
10月12日

厚労省、輸入新型ワクチンを廃棄 214億円分  京都新聞
 厚生労働省は12日、今年2~3月に輸入したが使われずに有効期限切れとなったスイス・ノバルティス社製の新型インフルエンザワクチン約1660万回分(約214億円相当)を廃棄したと発表した。廃棄作業は同社が実施したため、廃棄の実費について国の負担はなかったという。
 昨シーズンに調達された新型インフルエンザワクチンは、英グラクソ・スミスクライン社製と国産合わせてまだ約7900万回分が残っている。
 これとは別に、使われないまま全国の医療機関に在庫として残っていた国産ワクチン約239万回分については、9月に卸売り販売業者が引き揚げ、最終的にメーカーが買い戻す予定だ。
 厚労省は「今回のワクチン供給における問題を内部で検証し、今後の体制構築に生かしていく」とコメントしている。

10月11日


インド保健省インフルエンザ週報 10月10日
 A/H1N1インフルエンザ患者数と死者数は減少を続けている。



 インフルエンザ感染者数の昨年からの推移
 昨年の同時期に比較して患者数の減少は早い。





オーストラリアにおけるA/H1N1入院率と致死率(2009年度) Eurosurveillance, Volume 15, Issue 40, 07 October 2010
 On the basis of this figure, we estimate that 0.23% of exposed individuals required hospitalisation and 0.01% died.
 感染者の0.23%が入院、0.01%が死亡。
32-year-old Saudi woman dies of swine flu in Asir Saudi Gazette (サウジアラビア) サウジアラビア、32歳女性が豚インフルエンザで死亡
 9月26日から豚インフルエンザで入院していた32歳女性が10日朝に死亡したと保健省が発表した。
 入院以来最大限の治療を行ったが効果がなかったとされる。
オーストラリア保健省発表39週インフルエンザ患者数
 インフルエンザ患者数は、9月には今年度最大数が記録された。大多数はA/H1N1であった。
 紫が2009年、水色が2010年。
 

Area Schools To Host Flu-Shot, H1N1 Clinics Fort Smith Times Record (米国) 地域の学校でインフルエンザワクチン接種クリニックを開始
 アーカンサス州と地域の学校では、インフルエンザの集団接種を開始する。
 接種予定日とワクチンの説明、そして保護者の同意を確認するリーフレットが児童の家庭に配布された。
Indiana health officials urge flu vaccinations Muncie Star Press (米国、インディアナ州) 州保健局、インフルエンザワクチン接種を急ぐように訴える
 州保健局では、パンデミックインフルエンザが終息したからといって、インフルエンザシーズンが去ったことを意味してない。
 今シーズンはどんなインフルエンザが流行するか予測は出来ないから、早急にワクチンをして欲しい、と呼びかけている。
10月10日


Bird flu kills 49000 Makassar chickens, ducks Thai News Agency MCOT (タイ) インドネシアのマカサールで49000羽の鶏とアヒルが鳥インフルエンザで死亡、住民の感染は発生していない
 インドネシア、南スラウェシ州のマカサールで過去4ヶ月間に49000羽の鶏とアヒルが鳥インフルエンザで死亡したと州当局者が語った。
 州の獣医局長官のムルタラ・アリ氏は、9日、州内の各地域と都市の関連部局に、感染した鶏とアヒルを処分するように指示したことを発表した。
 また感染地域から他の場所への鶏の輸送も禁止された。
 同氏は、長期間の降雨がウイルスの拡大を引きおこしていると語った。

 状況が心配されているにも関わらず、地域の住民に危険は及んでないと同氏は語っている。
 また先に、感染疑いで4人の住民が、ワヒディン・スディロフソド総合病院に入院したが、致死的ウイルスの感染は起きていないことが確認されたという。
10月9日

CDC sees US, global H3N2 flu activity  CIDRAP (米国、ミネソタ感染症情報センター) 米国CDC、米国内と世界各地でH3N2インフルエンザの発生が認められると
 CDCの報告、Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR、疾病罹患率と死亡率週報),で、時として重症なインフルエンザを引きおこすH3N2インフルエンザが米国内と世界各地で発生し始めていることが記載された。
 この報告は、インフルエンザシーズンに入って初めての公的情報となる。
 夏期間に分析された呼吸器検体のうち326件(1.3%)でインフルエンザウイルスが分離された。そのうち261件(35%)がA型で、65%がB型であった。亜型分析されたA型の70%がH3N2型で、残りがA/H1N1であった。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスの件数は夏の終わり頃には徐々に増えだした。その多くは南東部地域であった。
 アイオワ州の地理的に関係のない2地域でH3N2インフルエンザの集団発生が7月始めに発生した。

 世界的に見ると、H3N2、B型、そして2009A/H1N1が夏期間、各地で感染活動を見せていた。
 当初はB型が主流であったが、続いて7月初旬以降2009A/H1N1が主流となり、続いて8月末からH3N2が最も広く認められ出した。
 昨日の記者会見でCDCの当局者は、今年は、時に重症型のインフルエンザの原因となるH3N2が流行する可能性があると予想しているとし、そのためにも季節性インフルエンザワクチンの接種を急ぐようにコメントした。
 また発生しているウイルス株の抗原分析では、ワクチンに使用されているウイルス株にほぼ一致していることから、ワクチンの効果が十分期待できるとされる。
Balikpapan, East Kalimantan ::: A 5-year-old bird flu suspect Bird Flu Information Corner (For Indonesia bird flu news、国際) ボルネオ、バリクパパンで幼児が鳥インフルエンザに感染疑い 
 5歳女児が南バリクパパンのKunojoso Djatiwibowo 病院の隔離病棟に発熱のため収容された。
 バリクパパン市保健局の広報官によると、患者の家庭の近隣で多くの鶏が突然死亡したという。
 患者は発熱と食欲不振で重体とされ、患者から得られた検体はウイルス検査のためにジャカルタの研究所に送られている。迅速検査は行われているが結果については発表されていない。
患者・職員20人インフル感染 宮古病院 面会を制限 琉球新報
 【宮古島】宮古島市の県立宮古病院(安谷屋正明病院長)の内科病棟と精神科病棟で、4日から7日にかけて入院患者と職員計20人がインフルエンザに感染したことが8日、分かった。いずれもA型で軽症という。新型インフルエンザかどうかは、8日までに県衛生研究所からの報告はない。
 同院は面会制限や両病棟の接点となるリハビリ室の使用停止、患者の隔離など感染拡大防止措置を取っている。濃厚接触者やコントロールが難しい精神病棟の入院患者にはタミフルを投与した。職員への予防接種も前倒しした。同院感染小委員会委員長の嶋崎鉄兵医師は「ここでしか手術できない人がおり、外科病棟に飛び火して手術がキャンセルにならないように拡大防止に努めている」と話した。
 感染が確認されたのは、内科病棟の入院患者11人と看護師ら職員5人、精神科病棟の入院患者2人と職員1人、研修医1人。

中国保健省インフルエンザ週報第38週
 9月20日から26日
 パンデミックインフルエンザは1例で確認されたが重症者や死者は出ていない。2009年5月11日にパンデミックインフルエンザA/H1N1が発生して以来、2010年9月26日まで12万8136人の感染者が報告され、805人の死者が報告されている。
 下図は南部中国における型別インフルエンザ感染者数の推移
 茶色がA/H1N1でピンクがH3N2である。
 最終週である38週のデータは未完である。
 なお北部中国は、33週頃からH3N2が増加し始めている。


Influenza Activity --- United States and Worldwide, June 13--September 25, 2010  (米国CDC)  米国、夏期間におけるインフルエンザ発生状況 6月13日から9月25日
 6月13日から9月25日までの夏期間、米国におけるインフルエンザ発生率は低いレベルにあった。
 呼吸器検体2万5833件のうち326件(1.3%)からインフルエンザウイルスが検出された。261件(80%)がインフルエンザA型で65件(20%)がB型であった。
 インフルエンザA型の中で185(71%)が亜型分析され、70%がH3、30%がA/H1N1であった。
 7月初旬にアイオワ州で2件の集団発生が起きたが、ウイルスはAH3であった。

10月8日


チリ保健省インフルエンザ週報第39週
 インフルエンザ患者数は減少に転じている。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスは大多数が季節性H3N2ウイルスで、2009A/H1N1はほとんど分離されなくなっている。
 インフルエンザ患者数の推移
 赤線が本年、黒線が2009年
 

 分離インフルエンザウイルス数の推移
 39週のデータは集計途中

A Normal Flu Season Unfolds New York Times (米国)  通常のインフルエンザシーズンが到来
 南半球ではインフルエンザシーズンは終了しつつあるが、CDCによると、この冬の流行は典型的パターンであったと、7日報告された。
 従来の(ソ連型)H1N1型は、昨年流行した(ブタインフルエンザ)H1N1型に置き換わったが、南半球での流行株は従来と同じく、H1N1、H3N2、およびB型の3株であった。
 インフルエンザワクチンは米国で現在接種可能であるが、上記3株に十分適合している。
 CDCでは6ヶ月以上の全市民に接種を呼びかけているが、特に妊婦、乳幼児、保健医療担当者、乳児の保護者、および喘息や糖尿病、心疾患を保有する人々は薦められる。
Most US doctors plan to get flu shots, survey finds Reuters India (ロイター) ほとんどの米国医師はインフルエンザワクチン接種の予定、調査で判明
CDC encouraging Americans to get their flu shots now 9NEWS.com (米国) CDC、全米国人にインフルエンザワクチン接種を急ぐように求める
Most Doctors Plan to Get Flu Shots, Survey Finds FOXNews (米国) 調査:ほとんどの医師はインフルエンザワクチン接種の予定
10月7日

香港保健省インフルエンザ週報第40週
 9月26日から10月2日
 第40週は全体的インフルエンザ発生程度は、この数週間に比較すると減少傾向を示した。
 検出されるインフルエンザウイルスの大部分はH3N2ウイルスであり、A/H1N1ウイルスは全検出数の3%程度である。
 A/H1N1感染による重症者が1名出ているが死者は出ていない。
 インフルエンザによる入院患者数は4歳以下の乳幼児および65歳以上の高齢者で依然として多い。

 定点病院外来を受診したインフルエンザ様症状の患者の率(対1000外来患者中)


 分離A型ウイルス件数の推移

 
 インフルエンザ入院患者数の推移


ニュージーランド保健省インフルエンザ週報第39週
 インフルエンザ様疾患で定点医療機関を受診する患者の割合は非常に低く、例年の流行域下限を下回っている。
 分離A/H1N1ウイルス件数も減少し、完全に流行期は終えている。
 
 人口10万人中インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者の割合
 
 A/H1N1感染者数の推移


Bird Flu Information Corner For Indonesia bird flu news (インドネシア)
 インドネシアにおける鳥ンフルエンザ発生情報サイト。神戸大学とエアランガ大学熱帯病研究所の共同研究事業。インドネシア国内における鳥インフルエンザ情報を、WHO、ProMed、国際的メディア、インドネシア国内のメディアおよびインターネットからの情報を英文で集約して掲載。

 2010年10月4日

 バリクパパンの病院に15歳男子高校生が鳥ンフルエンザ疑いで入院。高熱を呈しているが、症状発現時に自宅周囲で鶏が多数死亡している。死亡原因は分かっていない。
 少年のウイルス検査が行われている。

 2010年10月1日 テムビラハン、リアウ州
 17歳少女がH5N1鳥インフルエンザに感染した疑い。
 リアウ州のプリ・フサダ病院で治療された。
 現在は退院して外来治療中。

Ark Health Dept starts school flu vaccine clinics KATV  (米国) アーカンサス州、学校での集団インフルエンザワクチン接種が始まる
 CDCでは今年度はA/H1N1インフルエンザと他の季節性インフルエンザが混合して流行するとコメントしている。

Free Flu Shot Program Begins KTVN (米国) インフルエンザワクチン接種始まる
10月6日


相模原市立小でインフルエンザ学級閉鎖、本年度県内初 カナロコ(神奈川新聞)
 相模原市教育委員会は6日、インフルエンザのような症状のため、市立大沢小学校(同市緑区大島)1年4組を、7日から11日まで学級閉鎖すると発表した。市教委によると、2010年度のインフルエンザによる学級閉鎖は、県内初。
 市教委によると、児童37人のうち、12人が欠席。うち7人が、インフルエンザのような症状を訴えているという。今後、市保健所が新型・季節性の検査を行う。

インフルエンザ:今季初、幼稚園学級閉鎖--滝沢 /岩手 毎日新聞 
 岩手県保健福祉企画室は5日、滝沢村鵜飼の私立ふじなでしこ幼稚園で、園児のインフルエンザ感染に伴い3クラスが6~8日まで学級閉鎖されると発表した。インフルエンザによる学級閉鎖は今季初。
 患者は▽3歳児9人▽4歳児8人▽5歳児3人--の計20人で、重症者はいない。3歳児の2クラス、4歳児の1クラスが閉鎖の対象になる。原因や新型インフルエンザによる集団感染かどうかは不明という。

季節の移行期は鳥インフルエンザウィルスの拡がりが危ぶまれる Antra News  (インドネシア国営通信)
ジャンビ<スマトラ>発(ANTARA News)

乾季から雨季への移行期は鳥インフルエンザウィルス感染の広がりが危惧される時期
である。月曜日、ジャンビ州の畜産局長のHanif Lubis は、畜産担当職員が感染阻止
の様々な努力をするために動員されていることを伝えた。

"鳥インフルエンザウィルスは未だにジャンビ州にとっても隣州にとっても脅威であ
る"、と語った。

雨期に入りつつあるこの気候は致死性ウィルスの蔓延をさらに速める可能性がある、
従って、関係当局、とりわけ畜産関係者が感染阻止に向けた必死の努力をすることが
必要である、と市長は述べた。

ウィルス蔓延を加速させるものとして、雨期および洪水以外にも、住民や畜産者が急
死した鶏を放置したり川へ投げ捨てたりすることも原因となる。

畜産局職員は衛生状態を改善したり薬剤散布を行うだけでなく、住民や畜産者が死ん
だ鶏を現地の畜産局へ報告し、検査後には焼却処理をして埋めることを実行するよう
に強く注意をしている。

この3か月間は鳥インフルエンザウィルスによる鶏の死や感染の広がりは減少してい
るが当局は常に予防と阻止に努めている。

この減少は、予防措置を行う中で、担当職員の努力と、住民の、とりわけ畜産者の自
覚によるところが大きい。。

気候がこのウィルスの拡がりに影響する、雨期はウィルスの攻撃力を強くする。一方、
乾季ではこのウィルスは弱くなる。

"だから現在の雨期においては住民、特に畜産者の自覚、予防措置に対する自覚を高
めなければならない、また担当職員は絶えず啓蒙活動をしなければならない"とHanif
Lubis は述べた。

Balikpapan市<カリマンタン>は鳥インフルエンザ警戒を表明  Antra News  (インドネシア国営通信) 
2010年10月3日日曜日 22:50 インドネシア時間

バリクパパン発(ANTARA news)
バリクパパン市内4郡で突然死んだ数10羽の鶏にH5N1ウィルス感染陽性が明らかになっ
たことから市当局は鳥インフルエンザ警戒を表明した。

バリクパパンのImdaad Hamid 市長は、10月3日以来バリクパパンはH5N1の警戒宣言状
態にある、と日曜日に語った。

"2010年9月25日以来 Gunung Bahagia, Sepinggan, Manggar, Prapatanの4つの村で
96羽の飼育鶏が突然死んだ"、と市長は述べた。

"これらの鶏は鳥インフルエンザウィルスつまりH5N1感染陽性であり、蔓延が危惧さ
れるのでH5N1注意・警告レベルにあることを表明した"、と日曜日に語った。

市長は、感染陽性は鶏だけで、他の飼い鳥などにはまだ感染のないことを確認した。

この鳥インフルエンザ警告表明措置は日曜日に始まり、市当局は10月18日までの15
日間、評価を毎日作成し、また、状況を監視し続ける予定である。

このウィルスが人に感染することを思い起こし、より用心するように、と市長は注意
喚起をした。

Extra Strength Flu Shot On Market For Seniors Only WSAZ-TV (米国) 高齢者用に強力インフルエンザワクチンが用意

インド保健省インフルエンザ週報 10月6日
 インフルエンザ感染者と死者数は減少し続けている。
 しかし冬期のモンスーン到来と共に再流行の可能性がある。

 検査で確認されたインフルエンザ患者数


 昨年と比較した感染者数の推移
 昨年度よりも流行開始は早かったが、ピークは早くきて下降に向かっている。
 しかし11月からの冬期間のモンスーンにより再流行の可能性は高い。

Oregon health officials: Flu vaccine is plentiful this year so get a shot OregonLive.com (米国、オレゴン州) オレゴン州保健局:今年度のインフルエンザワクチンは十分用意されている
Heath Officials Say Flu Shots Available Statewide KSBI 52 (米国、オクラホマ) 保健当局、州全体でインフルエンザワクチン接種が可能と
 例年インフルエンザは11月がピークであるが、昨年は9月から10月がピークだった。
 今年はまだインフルエンザの発生報告は州ではない。
 昨年はオクラホマで豚インフルエンザで47人が死亡し、1200人以上が入院した。

Flu shots slow arriving at public health clinics Anderson Independent Mail (米国) インフルエンザワクチンが公衆衛生施設へ配布されだす
 今週日曜日から(10月3日)公的インフルエンザシーズンに入った。
 CDCによるとインフルエンザワクチンが、公衆衛生施設の外来、医師のクリニック等に配布されだした。なお一部の大手薬局では8月から接種されていた。
 現在国内でのインフルエンザ様患者数は少なく、定点医療機関受診者の0.5%程度である。昨年のこの時期には6%と多かった。
 未だインフルエンザが流行していない時期にワクチンを接種することは理想的であると、サウスカロライナ州公衆衛生当局では言っている。

54 swine flu deaths last week IBNLive.com  (インド) インド、先週、54人が豚インフルエンザ死亡
 インド保健省が発表。
 9月30日から3日までの1週間に54人が豚インフルエンザで死亡した。
 最も死者数が多かったのはマハラシュトラ州で17人、続いてグジャラート州で11人だった。
 検査で確認された感染者数は337人。
10月5日


Local hospitals tighten visitation rules ahead of flu season Hilton Head Island Packet (米国、サウスカロライナ州) インフルエンザシーズンを前に地域の病院では訪問規則を厳格に 
 サウスカロライナ州、Hilton Head Hospital および Hardeeville's Coastal Carolina Hospital
 ウイルスの拡大防止のためにスタッフ全員に無料のワクチン接種。
 スタッフと訪問者に石けんを用いた頻回の手洗い、またはアルコール含有手指消毒液での消毒を勧める。
 全ての外来者は受付でインフルエンザ症状の有無が尋ねられ、症状がある場合は院内に入れない。
 訪問は一回20~30分と制限される。
 12歳以下の小児は、当局の看護管理者(the hospital nursing supervisor)の許可がない限り、院内には入れない。
Clinics to offer free flu vaccinations Ventura County Star (米国、カリフォルニア) 無料インフルエンザワクチン接種が始まる
 カリフォルニア州、ベンチューラ郡。
 ハイリスク者に対して無料のワクチン接種が始まった。
 60歳以上
 慢性疾患保有者
 妊婦
 保健医療担当者
 6ヶ月から5歳までの小児
 6ヶ月以下の小児の保護者、または介護者

When moms get flu shots, babies reap benefits U.S. Daily (米国) 妊婦がインフルエンザワクチン接種を受けると、新生児に対しても感染予防効果が波及

オーストラリア保健省インフルエンザ週報第38週
 9月18日から24日

 インフルエンザ様症状で定点医療機関を受診する患者数は著明に減ったが、検査で確認されたインフルエンザ患者数は依然として多い。
 分離されるインフルエンザウイルスの大多数はA/H1N1(78%)で季節性インフルエンザウイルスは少ない。

 定点医療機関を受診するインフルエンザ様症状の患者の率(患者1000人中)


 検査で確認されたインフルエンザ患者数の推移。各州別に分類されている。


Perdue gets flu shot abc11.com (米国) ノースカロライナ州、知事がインフルエンザワクチン接種
 知事が市民にワクチン接種を呼びかけた。
Science Credibility Flu Away - At Least in Europe Forbes (blog) (米国) インフルエンザに関する報道の信頼性は失われた-少なくともヨーロッパでは
 米国の報道は、州の公的報道化してしまった。
Flu jabs during pregnancy 'help protect child' BBC News  妊娠中のインフルエンザワクチン接種は新生児の感染も予防する
 英国と米国の保健専門家達は妊婦のインフルエンザワクチン接種を勧めている。
Health: Flu vaccine during pregnancy cuts babies' chance of catching virus Yorkshire Evening Post  (英国) 妊娠中のインフルエンザワクチンは、新生児のウイルス感染率を減じる
 米国のインディアン居住区の1169人の女性を対象に調査。
 また160人の母親と新生児に関して血清抗体価を分析した。
 インディアン居住区では、小児で高率にA/H1N1インフルエンザが発生していた。
 
 ワクチン接種母親から出生した新生児の生後6ヶ月までの感染率は41%減少。入院率は39%減少した。
 血清抗体価の分析でも、ワクチン接種母親から生まれた新生児では生後、2ヶ月、及び3ヶ月の時点でワクチン非接種の母親から生まれた新生児よりも有意に高い抗体価を示した。
 米国マリーランドの米軍健康サーベイランスセンターの研究チーム。
 
10月4日


英国健康保護庁(HPA)インフルエンザ週報第38週
 インフルエンザの発生はなし。
 分離インフルエンザウイルスはB型が1件。
アイルランド健康保護庁インフルエンザ週報第37&38週
 9月13日から26日
 インフルエンザの発生はなし。
 呼吸器検体からのインフルエンザウイルスの分離もなし。

チリ保健省インフルエンザ週報第38週
 インフルエンザ患者数は減少に転じている。
 呼吸器検体から分離されるインフルエンザウイルスは大多数が季節性H3N2ウイルスで、2009A/H1N1はほとんど分離されなくなっている。
 インフルエンザ患者数の推移
 赤線が本年、黒線が2009年
 

 分離インフルエンザウイルス数の推移


Flu clinics begin in RI schools   Providence Eyewitness News (米国) ロードアイランド州の学校でインフルエンザワクチン接種が開始

Have You Had Your Flu Shot Today KTTS  (米国) 今日、インフルエンザワクチン接種を行った?

 カナダ保健省インフルエンザ週報第37&38週
 (9月12日から25日)
 全体的なウイルスの感染活動は軽度ではあるが、活発化してきた傾向にある。しかし、多くの地域では発生報告はない。地域的に2カ所集団発生が報告されている。
 呼吸器検体2246の地11検体からインフルエンザウイルスが検出されたが、5検体がA/H3N2で6検体がA型(型不明)であった。
 
10月3日

10月2日


Seasonal flu vaccinations kick off with lines  China Post (台湾) 季節性インフルエンザワクチン接種に長蛇の列
 10月1日(昨日)から季節性インフルエンザワクチン接種が開始され、多くの高齢者達が無料のワクチン接種のために長蛇の列を作った。
 政府のインフルエンザ撲滅キャンペーンの初日でもある。

 無料接種対象者以外は、約1600円から1800円で接種できる。
Experts: New H1N1 Swine Flu Pandemic Unlikely Medscape (米国) 専門家:米国では新規に豚インフルエンザの大規模流行は起きない
 三分の二前後の米国人が免疫を獲得していると考えられることから、豚インフルエンザ(A/H1N1)の大規模な流行はこの冬には起きないだろうと、国立衛生研究所(NIH)の専門家達が発表した論文で語っている。
  NIHのDavid M. Morens, MD; Jeffery K. Taubenberger, MD, PhD; and Anthony S. Fauci, MD.
Over 100 flu patients in medical treatment at Myanmar border camps Thai News Agency MCOT (タイ) ミャンマー国境難民キャンプで100人以上のインフルエンザ患者が治療中
 タイ北部のマエ・ホンソン省(Mae Hong Son)の2カ所の難民キャンプの医療施設で、100人以上の難民がインフルエンザ様症状で入院治療を受けている。
 ミャンマー難民は1995年以来キャンプ生活を送っているが、大多数は15歳以下の子供達で一度もタイから出たことがない。
 2カ所のキャンプでは1103人の難民が9月19日から25日の間に治療を求め、合計110人が医療施設に入院した。
 死者は出ていない。
 キャンプは9月29日に、感染が外部に拡大することの防止のために15日間閉鎖された。
 当局によると、ウイルスは豚インフルエンザであるか鳥インフルエンザであるかは、未だ確定してないとされる。


10月1日

インフルエンザ:A香港、流行も きょうワクチン接種開始 /大分 毎日新聞
 インフルエンザワクチンの接種が10月1日から始まる。昨季は夏場以降、新型が大流行した半面、高齢者が感染しやすい季節性(A香港、Aソ連)は全く見られず、県内の死者は例年の10人前後よりずっと少ない2人。ところが、ここ数週間、感染者数は少ないものの、A香港が新型並みに出現するようになった。県健康対策課は流行の可能性があるとして、接種を呼び掛けている。
 ワクチンは、新型、A香港、Bの3種混合。市町村によるが、1回接種で三千数百円。13歳未満は2回目の接種(最高3000円)が必要だ。10月中に全国5000万回分が供給され、昨季のような優先接種はない。
 例年は年末年始となる流行期は、今季は予測できず、春先になる可能性もある。しかし、ワクチンの効果は半年はあるとされ、同課は「春先にも効果は持続しているので、まずは10月に接種を」としている。

Effectiveness of seasonal 2008-2009, 2009-2010 and pandemic vaccines, to prevent influenza hospitalizations during the autumn 2009 influenza pandemic wave in Castellon, Spain: a test-negative, hospital-based, case-control study  Vaccine (国際、ワクチン) 2009年パンデミックインフルエンザの入院率を指標とした、季節性インフルエンザとパンデミックワクチンの効果:
 スペインの研究チーム。
 2008-2009年季節性インフルエンザワクチン、および2009-2010年季節性インフルエンザワクチン接種者は、パンデミックインフルエンザによる入院率に何ら影響はなかったが、パンデミックインフルエンザワクチン接種者の入院率は著明に低かった。
Influenza Virus Contamination of Common Household Surfaces during the 2009 Influenza A (H1N1) Pandemic in Bangkok, Thailand: Implications for Contact Transmission  Clinica Infectious Disease (米国、臨床感染症雑誌) 2009年パンデミックインフルエンザ流行の際の家庭内におけるウイルス汚染度:バンコクにおける研究-接触感染の原因の可能性
 発病した小児のいる家庭内で共通する6物体の表面、感染小児の指先のウイルスの存在を、十分な手洗い、加湿、室温の影響を検討した。
 ウイルスRNAはPCR法で検討し、陽性の場合は培養分離した。
 発病した小児の16.6%の指先からウイルスが検出され、1例で培養増殖した。
 手洗いを行った家庭では11.1%、そうでない家庭では24.4%で、家庭内の物体表面からウイルスがPCRで検出された。しかし培養では増殖しなかった。
 家庭内で二次感染を起こした家庭の環境では湿度が低いことが示唆された。
TOP