高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年5月

5月31日

Swine Flu Spure Experts to Rethink Definition of Pandemic The Washington Post(アメリカ) 新たなウイルスの出現によって専門家たちはパンデミックの定義を再考
 インフルエンザの専門家たちは現在の豚インフルエンザ流行の展開の仕方に完全に驚かされ、パンデミックとは何なのか、パンデミックに備えるということな何なのかということを世界中が再考せざるを得ない状況になってきている。
 事実上すべての前提は、本格的なパンデミックへの準備は2004年に東南アジアで起こった致死性の高い「鳥インフルエンザ」流行の後で作られているため、6週間の歴史しかない豚由来のA(H1N1)インフルエンザ(を前提としたもの)とは矛盾する。
 代替シナリオ(状況に応じて異なったシナリオ)はあるかもしれないと認識してはいたが、ほとんどすべての専門家は次のパンデミックはアジアのどこかで鳥から人へと感染するようになったウイルスによって起こされると仮定していた。彼らはまた死亡率60パーセントのH5N1鳥インフルエンザウイルスのように、新型インフルエンザが即座に認識され、抜本的な対策を持ってそれと戦わなければならないと思っていた。
 ところが、新型ウイルスは北米で出現し、豚由来のもので、新型だと認識されるまでに広く拡大しており、死亡率は1パーセント以下だった。
 世界は消える魔球を投げる豪腕投手の登場を予想していたのに、実際はへなちょこ投手がやってきて人々を困惑させたのだ。
 「誰もがH5N1のことを想定しており、世界人口が崩壊する可能性があると考えていた。」とインフルエンザの専門家David S. Fedson氏は述べた。
 「ウイルスの深刻度について話したことは無かった。深刻だと考えていた(軽症例が多いということは想定していなかった?)からだ。ところが豚由来のヘンなウイルスが実際には現れたのだ。」
 結果として、5年間にわたり数億ドルもの費用を準備に費やしたものの、世界は現在直面しているようなH1N1豚インフルエンザの初期の流行にさえ準備が出来ていないという奇妙な事態になった。29日金曜日までに世界53カ国で15510件の感染確定が確認され、99人が死亡した。
 アメリカでは、「感染地域への不要不急の旅行の制限」の計画は発動されず、積極的な休校措置は(当初実施されたが)ウイルスは野火のように広がらず、軽症例が多いと分かるにつれて改定されていった。
 ヨーロッパの多くの国々では、感染者をできるだけ多く見つけるということよりも、新規感染例を逃しがちな公衆衛生的戦略がとられた。これはパンデミックの初期ステージにおいて発動される戦略とは真逆になるものだ。
 英国、スペインなどの国々における豚インフルエンザの「地域内での感染拡大」を立証することが、WHOの警戒水準をフェイズ6(世界的大流行)に引き上げる原因となり、必要以上に大げさな警告を発することになるとしてあまり気が進まない(不本意だ)とする専門家もいる。
 世界的再考がもっとも明らかに現れたものとして、WHOが先週火曜(26日)に発表した声明がある。電子メールやビデオ会議と通じて今後2週間でパンデミックの定義そのものを変える話し合いをするというものだ。
 この目的は「世界的大流行が進行中」という意味のフェイズ6に病気の深刻度を尺度として加えるということである。
 現在のルールでは、新しいインフルエンザウイルスが世界の少なくとも2地区で人から人へと容易に感染していると判断されればそれがすなわちパンデミックである。北米と(ほぼ間違いなく)ヨーロッパで流行が起こっているのだから、事実上フェイズ6にはすでに到達しているといえる。フェイズ6が明らかに定義されていると認めてはいるものの、WHO当局はそこにすぐには到達したくない(フェイズ6宣言をしたくない)とはっきり述べている。
 「世界状況がある種の変化を遂げているという明確な証拠が無いのにフェイズ6を宣言してしまえば、国々に無駄な努力を強いることになってしまう。」とWHOのケイジフクダ氏は先週語った。
 さらに重要なのは、フェイズ6宣言がパニックを引き起こし、公衆衛生的に言ってなにも有益なものを生み出さないという皮肉的な結果になるということだと同氏は述べた。
 パンデミック対策に関する論文を熱心に書いていたロンドン衛生熱帯医学校のSandra Mounier-Jack氏はこれに同意した。
 「もしもフェイズ6が宣言されれば、多くの政府が何をすべきか困惑するだろう。」と同氏は語った。
 当惑はそこで終わらない。
 「多くの人々にとって、フェイズ6宣言というのはリスクが高まり危険が大きくなったことを意味してしまう。数週間前とウイルス自体は変わっていないのに。」と同氏は付け加えた。
 多くの発展途上国において、パンデミック計画は今も作成中である。Mounier-Jack氏と同僚が2007年6月にアフリカで行ったパンデミック対策調査において、53カ国中35カ国が計画を持っていたにもかかわらず、「完備している」という尺度から見ると平均して36パーセントにとどまった。
 東北大学大学院医学系研究科の押谷仁氏はアジア諸国でのパンデミック計画について調査した。
 「ほとんどがフェイズ6に対しての完全な計画を持っていない。」と彼は19日金曜日にジュネーブで述べた。
 ほとんどの計画が致死性の高いH5N1ウイルス(2004年から427人に感染し258人を死に至らしめた)のようなものを封じ込めたり国内到達を遅らせるやり方に焦点を当てたもので、戦略としては患者の隔離や接触を絶つことなど「社会的距離を置く」というものと個人の衛生対策であった。
 「このようなパンデミックは想定していなかった。」と同氏は語った。「こんな「軽症の」パンデミックだとは。しかしある種の人たちにとっては深刻なものになりうる。こういったシナリオはほとんどの国のパンデミック計画には無かった。」
 こういった状況では、重症なことはハイリスクの人々(妊婦、エイズ患者、基礎疾患のある人たち)を認識し、理想的な方法としてはワクチンや抗インフルエンザ薬の投与によって彼らを守るということだ。
 来年作られる豚インフルエンザワクチンやタミフルはほとんどすべて富裕国が買い占める(あるいは状況が悲惨なことになれば生産国に国有化される)だろうということも、今フェイズ6が宣言されるのを望まない理由となるだろう、とFedson氏は考えている。
 「そんなことになればワクチンや抗ウイルス剤の供給(それはすでに非常に困難だと分かっている)をするWHOに圧力がかかるだろう。」と同氏は述べた。
 しかしおそらく最大の理由は、豚インフルエンザが来年危険性を増したウイルスに変化したときに、WHOがより大きな警告(フェイズ6)を出したいと思っているということだ。もしもそれが来年起こらなくても、H1N1ウイルスはある場所で、ある人々の中で今よりも危険なウイルスに変化するかもしれないのだ。
 WHOはあの警告のサイレンを鳴らす必要が出たときのために世界中が耳を傾けてくれていることを望んでいる。
Vietnam records first swine flu case: doctor AFP  (国際) ベトナム、初のブタインフルエンザを報告
 23歳の米国帰りの学生が検査でH1N1インフルエンザに感染していることが確認された。
 ベトナム初の患者となった。

新型インフル 世界の感染者1万5500人越える AFPBB News (国際、AFP日本語版)
 チリの保健当局は30日、同国で新たに26人が新型インフルエンザA型に感染したと発表した。同国の感染者数は250人になった。
 チリの感染者の大半は、2人が重症になって入院している首都サンティアゴで見つかっているが、ペルーとの国境に近い北部の都市アリカでも初めての患者が確認された。
 世界保健機関World Health Organizationが発表した日本時間29日午後3時現在の統計によると、これまでに世界53か国で1万5510人が新型インフルエンザに感染し、うち99人が死亡した。各国政府の発表を総合すると世界の死者は110人を越えている。
 専門家は、これから冬を迎え、通常のインフルエンザが流行する季節に入る南半球での新型インフルエンザの流行を懸念している。
Swine flu clinics set up in NSW BigPond (オーストラリア)  オーストラリア、ニューサウスウェールズ州に豚インフルエンザクリニックが開設

ニューサウスウェールズ州保健相John Della Bosca氏の発表によれば、州内の主要病院に豚インフルエンザクリニックが開設され、このウイルスへの対策を強化している。
 中でもロイヤルノースショア、シドニー、セントジョージの病院ではすでにクリニックを開設し、他の地域の病院では開設間近である。
 Della Bosca氏によればこのクリニックの開設によって豚インフルエンザ疑い例の迅速な検査と治療が可能になり、他の人々や病院スタッフへの感染のリスクを最小化させることができるという。
 同氏はクルーズ船Pacific Dawn号がブリスベンに到着したときに、25人の看護師を乗り込ませ、25日月曜のシドニー到着までに乗客の検査と選別を行ったと発表した。TA

 
千葉、新潟で初の感染確認 成田の飲食店従業員ら 徳島新聞
 千葉県は30日、同県佐倉市の女性(19)の新型インフルエンザ感染を確認したと発表した。新潟市も市内の女性(21)の感染を確認したと明らかにした。
 千葉県、新潟県での確認は初めて。国内での新型インフルエンザ感染者は検疫段階と合わせ、12都府県の378人になった。
 千葉県によると、女性は成田空港内の出発前の旅客か職員しか入れない「制限区域」にある飲食店従業員。海外渡航歴はない。28日夜にせきや鼻水、29日朝に39度の発熱があり、30日午後、県衛生研究所の詳細検査で感染が確認された。
 新潟市によると、女性は29日に留学先の米国から成田空港に帰国。発熱の症状があり、詳細検査を受けた。

Over 15510 Bird Flu A(H1N1) Human Cases Confirmed Worldwide ... Medical News Today (米国) 世界で15510人以上のA(H1N1)が確認
 WHOは、昨夕、人におけるA(H1N1)の確認数を発表したが(昨日掲載済み)、それによると15510人以上の感染者と99人の死者数となった。実際の数はさらに多いと思うが、理由は各国の保健当局からのWHOへの報告に時間的差異が生じるからだ。A(H1N1)ウイルスは、当初考えられていたほど危険性はなく、専門家の判断では通常の季節性インフルエンザ以上に致死的であることはないとされる。
 CDCのジョー・クインバイ広報官は、米国における実際の感染者数は10万人を超えるだろうと語っているが、理由はほとんどの人々は病院へ行かずに、自宅で自己療養で治しているからという。
 専門家は結論を出すには早すぎると前置きした上で、このA(H1N1)インフルエンザは、世界的に危険なパンデミックを起こすことはないだろうと予測している。しかしながらウイルスは変異する能力を持っている。他のインフルエンザウイルスが感染している人に、A(H1N1)ウイルスが感染すると、ウイルスは遺伝子組み換えを起こして変異する可能性がある。
 それにも関わらず、専門家達は変異がより毒性の高い(危険性のある)ウイルスの誕生につながることはないだろうと考えているようだ。

Australia's swine flu cases up to 209 Thedaily(オーストラリア) オーストラリアでの豚インフルエンザ感染数は209例に
 オーストラリアでの豚インフルエンザ感染数は209にのぼったと同国の主任医療官Jim Bishop氏は発表した。
 ビクトリア州での感染例が一番多く、138例の感染確定例が確認されている。
 キャンベラでの感染者は25日月曜日にシドニー港に着いたP&O社のPacific Dawn号に乗っていた。同号はバヌアツとニューカレドニアに行っていた。Pacific Dawn号はグレートバリアリーフへのクルーズをキャンセルした後、23日土曜日朝にブリスベンに到着した。乗組員3人が豚インフルエンザ陽性となったが、乗客には今のところ感染者は確認されていないとBishop氏は述べた。
 「乗客の検査結果は今のところ良好だ」と土曜のキャンベラでの記者会見で発表された。
Bishop氏は妊婦、喘息や慢性気管支炎など呼吸器疾患のあるもの、糖尿病患者などは豚インフルエンザの影響を受けやすいと述べた。豚インフルエンザ感染者数は冬の間に増加するだろう、と同氏は付け加えた。
「このインフルエンザが主流になっていくだろう、そして季節性インフルエンザのように感染数が増加していくだろう。」とBishop氏は述べた。
 「季節性インフルエンザと同様に、誰でもこのインフルエンザへの対処法は分かっている。」
 「オーストラリアではこのインフルエンザは非常に軽症が多いと分かってきた。」
 30日土曜日までに世界で15500人の豚インフルエンザ感染例が確認され、死亡者は99名であるとBishop氏は語った。
 「国中の同僚と話し合い、我々が今集中すべきことは明らかだ。それは誰が重症化しやすいのか理解するということだ。おそらく数としてはすくないだろうが、彼らこそ我々がすぐ駆けつけて適切な治療を確実に行いたいと思っている相手なのだ。」
 オーストラリアで豚インフルエンザが原因で亡くなる人は出るだろうかという問いに答えて、Bishop氏はこの病気を封じ込めるのに有利な状況にあると述べた。
 「どんな系統のどんなインフルエンザでも軽症例、重症例が出る。通常の季節性インフルエンザも危険な病気ではあると思う。」と彼は述べた。
 「ハイリスクだと我々が思う症例にすぐ取り掛かれば治療のチャンスはあると思うが、未来を予測することはできない。」
「メキシコでは死亡例が多く、アメリカでは少ないということも分かっている。ヨーロッパでは死亡例が今のところないということも」
 同氏は、オーストラリアが豚インフルエンザ感染国のリストに名を連ねるまで、しばしの時間的猶予があったということは、「幸運なことだ」と語った。
 「今何が起こったとしても、1ヶ月前よりはずっと準備が出来ている。」と彼は述べた。
 人間に感染するようになったこの豚インフルエンザは、鳥インフルエンザよりも病原性が低いようである。
 「これらのウイルスは変異を繰り返しており、間違いなく形を変える。そのため我々は警戒しなくてはならないが、H1ウイルスについて広く知られていることはH5ウイルスよりも変異のスピードが遅い傾向にあるということだ。」とBishop氏は語った。
 「我々は自己満足してはいけないが、間違いなく我々には時間があり、その時間に我々がすべきことは明らかだ。国民を見守り、このウイルスに感染しやすいと思われる人々を識別することだ。」
 オーストラリア政府は製薬会社CSLに豚インフルエンザワクチン開発を依頼した。最大1千50万人分にいきわたる量である。
 Bishop氏によれば医者を含む医療関係者はすでに個人防護用マスクと、抗インフルエンザ薬タミフルとリレンザを手に入れる権利を与えられている。
 政府はもしインフルエンザ様症状を呈した人たちが自宅療養する必要があるのならセンターリンク(オーストラリア政府の機関)を通じて隔離セットを支給することになっている。TA
5月30日

Thai Health Ministry reports country's third swine flu case Monsters and Critics.com (国際) タイ保健省、同国3人目のブタインフル感染者を報告
 50歳のタイ女性が米国から帰国しブタインフルを発症した。
 女性は26日に帰国したがインフルエンザ様症状を呈し、バンコクの病院に27日に入院した。抗インフルエンザ薬を投与され、29日に退院した。
 タイで発病した3人は全て海外での感染者であると保健省では発表している。
 WHOの報告では50ヶ国以上で新型インフルエンザ感染者が15500人発生しており、そのうち100人近くが死亡している。
Swine flu spread is close phase 6 alert : WHO MyNews.in - WHO:ブタインフルはフェーズ6に近づいている

 現在はフェーズ6ではないが、先週に比較してよりフェーズ6近づいていると、WHOのチャン事務局長は28日語った。
Venezuela reports first swine flu case Yahoo News (国際) ベネズエラで初の豚インフルエンザ感染確認
 ベネズエラ保健省は初の豚インフルエンザ感染を確認したことを発表した。パナマから今週はじめに飛行機でやってきた22歳の男性である。
 同省によれば、患者男性は適切な治療を受けており、一時的に自宅に隔離されている。男性の年齢以外の詳細は明らかにしなかった。
 同省の28日木曜の発表によれば、患者と濃厚接触があった6人が監視されているということだ。
Nevada flu cases climb over 100 Las Vegas Sun  (米国) ネバダ州、感染者数が100人を超える
 ネバダ州保健局は同州で患者数が100人を超えたと発表した。
 死者は出ていない。
 米国では死者数は15人に増え、疑い例と確定例を含めると8975人となっている。
 ほとんどの発病者は5から24歳の年齢層であり、60歳以上の年齢層では何らかの抵抗力があると考えられている。理由として以前にブタインフルエンザウイルス株に暴露されていた可能性が上げられている。

 
世界保健規則に従って報告された新型インフルエンザH1N1の検査室確定者数 29日 世界標準時間

累積患者数  死者数 新規確定者数(27日に比較)   死者数
  Cases Deaths Cases Deaths
Argentina 37 0   18 0  
Australia 147 0   108 0  
Austria 1 0   0   0  
Bahrain 1 0   0   0  
Belgium 8 0   1 0  
Brazil 10 0   1 0  
Canada 1118 2 197 1
Chile 165 0   79 0  
China 30 0   8 0  
Colombia 17 0   1 0  
Costa Rica 33 1 0   0  
Cuba 4 0   0   0  
Czech Republic 1 0   1 0  
Denmark 1 0   0   0  
Dominican Republic 2 0   2 0  
Ecuador 32 0   4 0  
El Salvador 11 0   0   0  
Finland 3 0   1 0  
France 21 0   5 0  
Germany 19 0   2 0  
Greece 3 0   2 0  
Guatemala 5 0   0   0  
Honduras 1 0   0   0  
Iceland 1 0   0   0  
India 1 0   0   0  
Ireland 3 0   2 0  
Israel 11 0   2 0  
Italy 26 0   3 0  
Japan 364 0   4 0  
Korea, Republic of 33 0   12 0  
Kuwait 18 0   0   0  
Malaysia 2 0   0   0  
Mexico 4910 85 369 2
Netherlands 3 0   0   0  
New Zealand 9 0   0   0  
Norway 4 0   0   0  
Panama 107 0   31 0  
Peru 31 0   4 0  
Philippines 6 0   4 0  
Poland 4 0   1 0  
Portugal 1 0   0   0  
Romania 3 0   3 0  
Russia 2 0   0   0  
Singapore 4 0   3 0  
Slovakia 1 0   1 0  
Spain 143 0   5 0  
Sweden 4 0   1 0  
Switzerland 4 0   1 0  
Thailand 2 0   0   0  
Turkey 2 0   0   0  
United Kingdom 203 0   66 0  
United States of America 7927 11 1163 1
Uruguay 2 0   2 0  
Grand Total 15510 99 2112 4

メキシコの死者97人に 感染者5000人超す 河北新報
 メキシコ保健省は29日、新たに55人の新型インフルエンザ感染が確認され、同国の感染者が5029人になったと発表した。うち死者は2人増えて97人になった。
 一方、エルサルバドル保健・社会福祉省は同日、新たに16人の感染が確認され、感染者が27人になったことを明らかにした。

12 new A/H1N1 flu cases confirmed in Britain Xinhua - (新華社、中国) 英国で12人の新規A(H1N1)感染者が確認
 小学校での集団発生が主。
Arizona swine flu count rises to 540 MSN Money  (国際) アリゾナ州、ブタインフル感染者数540人に
 1週間前よりも20人増加。計3人死亡。

H1N1 cases

U.S.: 8,975

Wisconsin: 1,430

Texas: 1,403

Illinois: 1,002

Washington (state): 575

California: 553

New York: 553

Arizona: 540

Source: CDC

Wisconsin tops states in number of swine flu cases Wausau Daily Herald - (米国) ウイスコンシン州ブタインフル発病者数がトップに
 CDC発表によるとウイスコンシン州は全米でもっともブタインフル患者数が多くなった。
 29日の統計では、先週の766人から1430人に増加した。5月14日に比較してその数値は倍増した。それまでは州は毎日状況を報告していた。
 検査を広く行っているから数が多いだけだと当局は説明し、発病者は全て軽症であるとされる。
Genes of new flu virus show it's not so new Tripoli Post 新型インフルエンザウイルス遺伝子は、それ程新しいものではない
 29日のCDCの記者発表での話題。

 新型ブタインフルエンザウイルスH1N1の完全な分析で、そのウイルスが数年以上検出されること無しに、主としてブタの間で感染し続けられていたことが示された。
 CDCではブタは明らかに人のパンデミックウイルスの感染源となりうると説明している。
 「今回の分析結果は、世界的にブタインフルエンザの監視を強める必要があることを示している」、と米国におけるインフルエンザ対策の責任者であるナンシー・コックス博士が強調している。
 新規ウイルスは、遺伝子の混合したウイルスと、さらに他のやはり遺伝子混合物で誕生したウイルスのハイブリッドである。そこには遺伝子の三重再集合により出来たウイルスが含まれるが、それは人と鳥のインフルエンザウイルスの遺伝子を含んでいあるが、1998年の初めて検出されていた。

Swine flu guidelines Sky News Australia (オーストラリア) WHO、ブタインフルエンザ・ガイドライン作成に
 来月世界の専門家10人がジュネーブに集まり、WHOのブタインフルエンザ対策のガイドライン作りに参加する。

 オーストラリアのボンド大学のクリス・デルマル教授も参加する。
 10人の委員会は、ブタインフルエンザがパンデミックになったときの対策のための、ガイドラインの作成が主たる役割である。
 「現在、抗インフルエンザの使用はかなり自由すぎると思われる」、とデルマル教授は語っている。
 「我々はこれらの薬の使いすぎが、ウイルスに耐性を起こさないかを論じる予定だ」。 
 「しかし同時に、誰がいつ、どのような状態のときに薬を投与されるべきか、の問題、さらには感染者には全て薬を投与すべきか、または症状の重さに応じて投与すべきか、等も討議される」。

 デルマル教授は、ボンド大学の保健医学部の部長であるが、インフルエンザやSARSのような呼吸器感染症に対して、頻回な手洗い、マスク着用、予防衣着用、予防用グローブ着用の使用による感染予防効果を研究してきた。
 研究結果は「英国医学雑誌(British Medical Journal)」に掲載されたが、それによると、コストのかからない予防対策は、国家的抗インフルエンザ投与計画よりも、優先的に行うべき対策との結論を出している。
 「これらの個人的ウイルス感染予防対策は重要な論議テーマで、ブタインフルエンザのパンデミックに対するガイドライン作成の中に含める必要がある」
Scientists develop new basis for H5N1 vaccine  Reuters(国際) H5N1ワクチン製造のための新しい株を選択

・H5N1ワクチンの「種」にエジプトからのサンプルが使われている。
・鳥インフルエンザは新型豚インフルエンザよりはるかに有毒である。
・WHOはウイルスの検体を共有し続けることの必要性を強調

 エジプトで現在流行中の鳥インフルエンザサンプルウイルスを新たな高病原性H5N1鳥インフルエンザワクチンの開発に使用していることを28日木曜にWHOが発表した。
 鳥インフルエンザは感染者のほぼ半数を死に至らしめるが、今のところは豚インフルエンザのように容易に人の間で感染はしない。
 WHOによれば提供されたウイルスは米国CDCで開発中である。「エジプト保健省のウイルス株提供に感謝する」とWHOは発表した。
 「この遺伝子組み換えワクチンウイルスは分配可能である」とウェブサイト上で発表されている。

 「機関、企業、それ以外でもパンデミックワクチン開発に興味があり、提供されたこれらのウイルスを手に入れたいと思うものはWHO世界インフルエンザ計画あるいはCDCに連絡して欲しい。」

 Novartisを含む製薬会社はすでにH5N1ワクチンの開発に取り掛かっている。H5N1ウイルスは2003年以来アジアや中東、アフリカの61カ国に拡大し、3億羽以上の鳥たちを死に至らしめ、あるいは殺処分に追いやった。

 この話題は感染力の強いH1N1豚インフルエンザ(北アメリカの震源地では死亡率が高かったが感染拡大するにつれて軽症であると分かってきた)によって影が薄くなっているが、WHOは鳥インフルエンザの危険性を忘れないことが大切だと強調した。

 国連の食料農業機関によれば、バングラデシュ、中国、エジプト、インド、インドネシア、ラオス、ネパール、ベトナムにおいて2月だけで250件の鳥へのH5N1感染が報告されている。

 WHOによれば、豚インフルエンザとして良く知られるH1N1ウイルスが世界をパンデミック警告下に置き、13000人以上に感染したが95名の死者を出すにとどまったのと比べ、鳥インフルエンザは2003年以来424人の感染者と261人の死亡者を出している。

 28日木曜日に出された声明は鳥インフルエンザやほかのインフルエンザウイルスの進化を監視し、各国が同定されたサンプルウイルスを提供し続けることを強く求める内容になっていた。

 「各国は、人や動物のインフルエンザウイルスのサンプルや同定ウイルスをWHOと共有することを推奨されている。他の公衆衛生活動に加えてWHOのH5N1ワクチンウイルスの開発と選考過程に加入するためである。」

 ウイルスの共有はインドネシアなどの発展途上国にとってはデリケートな問題である。提供したウイルスを元に製薬会社がワクチンを作り、特許をとって製品にする頃には途上国にはとても買えない値段になっている、ということに強い怒りを感じているからだ。

 WHOのマーガレット・チャン氏は豚インフルエンザの急速な感染拡大を受けてパンデミック警戒レベルを6あるうちの5に引き上げたが、2010年1月までにウイルスサンプルを共有することへの国際協定を結ぶ仲介をしようとしている。
 同氏は各国にH5N1と新型豚インフルエンザの新しいサンプルを必ず手にいれ、最新のウイルスの形態に対する免疫がつけられるよう出来ることはすべてして欲しいと求めた。
WHOの声明には豚インフルエンザウイルスについての新しい情報やワクチンについては言及されていなかった。
 WHO当局は、豚インフルエンザに焦点を当てたパンデミックワクチンがどれくらい必要になるか、拡大過程において軽症であり続けるかどうかによって判断し「夏中に」提言する予定である。
 英国の科学者たちはワクチンの大量生産に使われる豚インフルエンザウイルスを作り出し、さらに進行中である。
 この分離ウイルスは製薬業界やインフルエンザ研究所が使用できるように作られたもので、英国健康保護局が木曜日に発表したところによると、それは「豚インフルエンザワクチンの大量生産にむけて重要な一歩である」ということだ。by TA
5月29日

Swine flu vaccine eight weeks away: CSL The Age  (オーストラリア) CSL社、8週以内にブルインフルエンザ用ワクチン製造開始と
 製薬企業のCSL社は8週以内にブタインフルエンザのワクチン製造を開始すると発表した。
 7月下旬からメルボルーンのCSL工場で製造に入る。
 同社の発表直前には、米国が同社に1億8000ドルの発注を行ったことが発表された。
 またオーストラリア連邦政府は1000万人用のワクチンを入手予定と発表している。
Venezuela reports first swine flu case WAOW  (国際)ベネズエラで初のブタインフルエンザ確認
 パナマから航空機で帰国した男性の発病が確認。濃厚接触者はモニター中。

Bird Flu outbreak in North Dinajpur The Statesman  (インド) 北ベンガル:北部ディナジプールで鳥インフルが発生
 3日間で300羽の鶏が死亡。地域の家きんの殺処分が行われた。
Warning Signs That Flu Is Serious The New York Times(アメリカ) 重症インフルエンザの症状(CDC)
 豚インフルエンザが重症化しているとどうやって見分ければいいのだろう。CDCの医師が、医療機関への受診が勧められるようなインフルエンザ重症化のサインについて説明した。
 CDCのアン・シュチャット氏によれば、米国内で507人が豚インフルエンザのため入院中である。55歳以上の占める割合はほんの1パーセントであり、67パーセントは5歳から24歳である。

 子供たちが医療機関を受診すべき判断症状は以下の通り
 ・呼吸が速い、呼吸困難がある。
 ・顔色が青い、あるいは灰色である。
 ・継続的あるいは激しい嘔吐がある
 ・水分補給ができない
 ・反応が低下している
 ・易刺激性(興奮性)
 ・インフルエンザ様症状がいったん改善したものの、熱や咳が再発した

 大人が注意すべきサインは以下の通り
 ・呼吸困難、または息切れ
 ・胸部、腹部の痛みまたは圧迫感
 ・継続的な嘔吐
 ・突然のめまい
 ・混乱、
 ・インフルエンザ様症状がいったん改善したものの、熱や咳が再発した

 大人、子供を問わず、いったん症状が改善したものの再び悪化し、咳の症状が出てきた場合は特に注意が必要である。
シュチャット氏は今のところこの新型インフルエンザの感染率は7から10パーセントと述べている。感染した家族に接していた人の約20パーセントが感染した。これは季節性インフルエンザとほぼ同じ数値である。TA

Canberrans warned against flu drug hoarding ABC News (オーストラリア) キャンベラ:抗インフルエンザ薬の個人での買占めに警告
 ACT(オーストラリア州特別地域)政府は、人々が抗インフルエンザ薬タミフルの買いだめをすることに対して警告を発した。
 キャンベラで3人が豚インフルエンザの感染を確認され、もう一人は検査中である。
 保健当局のCharles Guest氏によれば、タミフルは医師だけが処方すべきものであり、すでに症状が出ている、あるいはウイルスへの暴露の可能性が非常に高い人にだけ処方されるべきだということである。
 「一般市民がタミフルを大量に買いだめし、ちょっと咳をしたり風邪気味の人と出くわしたからといってそれを(ふさわしくない時にでも)服用してしまうというのは不適切だ。」と同氏は語った。
 「それはタミフルを浪費するだけで、深刻な問題である。」 TA

CDC says October soonest for swine flu shots Yahoo News (国際) CDC:豚インフルエンザ予防接種は早ければ10月に
 米国保健当局は、ワクチン製造と治験がこの夏に円滑に行われれば豚インフルエンザワクチンは早くてこの10月に使用可能になると発表した。
 国CDCのアン・シュチャット博士はここ数日の間にサンプルウイルスを製薬企業に出荷したと発表した。政府は製品の安全性と効果をよく確認して、ワクチンキャンペーンを正式に許可するかどうか決定する必要があるだろう。10月は通常の季節性インフルエンザ予防接種キャンペーンが開始される時期である。
 CDC当局によれば米国内で8500以上の感染確定、あるいは疑い例が報告されており、死亡者は12名、500名以上が入院中である。TA
チリ:インフル感染者の9割「新型」…「季節性」流行期に 毎日新聞
 季節性インフルエンザの流行期を迎えている南米チリで27日、新型インフルエンザの感染者が前日より49人増えて168人になった。同国保健省によると、流行しているインフルエンザの9割が新型という。季節性インフルエンザの流行が遅れているか、「新型」が「季節性」に取って代わった可能性があるとしている。
 チリ保健省によると、現在の季節性インフルエンザの感染率は10万人当たり10.9人で、例年よりかなり少ないという。インフルエンザは新型が現れると、従来の型に取って代わってきたとされている。
 チリで最初の感染者が確認されたのは17日。首都サンティアゴの小学校から徐々に感染が広がった。現在、南半球で最も感染者が多くなっている。
 南米ウルグアイでは27日、初めて新型インフルエンザ感染者2人が確認された。これから真冬を迎える南半球では、新型インフルエンザの流行が懸念されている。また、カリブ海のドミニカ共和国でも2人の感染が初確認された。
 一方、メキシコ保健省によると、27日現在の同国の感染者は4910人で、このうち死者は89人。死者のうち73人は、新型インフルエンザ流行が確認された4月23日以前の発症者という。
新型インフルエンザ:287人が回復、入院継続は1人 感染339人の現状を発表 毎日新聞 
 厚生労働省は28日、27日正午までに国内で新型インフルエンザ感染が確認された352人のうち、大阪、兵庫、滋賀の各府県から経過報告のあった339人の現状を発表した。約85%の287人が「熱やせきなどの症状がなくなった」「保健所の健康観察の対象から外れた」として回復と判断された。入院しているのは滋賀県の1人だけという。
 残りの51人は自宅療養中で、内訳は▽大阪府31人▽神戸市13人▽兵庫県(神戸市以外)7人

新型インフルエンザ:厚労省職員が機内検疫批判--参院予算委 毎日新聞
 28日の参院予算委員会に参考人として出席した厚生労働省職員が、新型インフルエンザ対策で行われた旅客機の機内検疫を「パフォーマンス」と批判する一幕があった。
 「厚生労働省崩壊」という著書がある羽田空港検疫官の木村もりよ氏で、民主党の鈴木寛氏の要請で出席した。木村氏は「マスク、ガウンをつけて検疫官が飛び回る姿は国民にパフォーマンス的な共感を呼ぶ。利用されたのではないかと疑っている」と述べた。機内検疫は22日に終了した。
 厚労省の塚原太郎大臣官房参事官は28日の会見で「機内検疫を始めた4月下旬時点でウイルスの病毒性は不明で、メキシコでも相当数の患者が亡くなっていた。検疫の実施は適切だった」と反論した。
Slovakia reports first swine flu case EarthTimes(国際) スロバキアで初の豚インフルエンザ感染確定例
 28日木曜日、スロバキアで初の新型A(H1N1)インフルエンザ(豚インフルエンザとして知られている)の感染例が報告された。国の主席疫学者Ivan Rovny氏の発言を引用してのことである。
 米国からウイーン経由で22日金曜にやってきた37歳の男性が豚インフルエンザに感染していると確認された、とSmeデイリー紙がRovny氏を引き合いに出してウェブサイトで報じた。
 男性は首都ブラチスラヴァの病院で隔離されており、状態は良いと報じられた。
 保健当局によれば、他に6名のスロバキア人が同じ飛行機に乗っていたがインフルエンザの症状はないということだ。
 WHOは現時点で世界48カ国においてこの新型インフルエンザの感染例を13400件、死亡例は95件記録している。ほとんどはメキシコと米国での例である。TA
Swine flu vaccine may add two shots to flu-prevention regimen  Deseret News (米国) ブタインフルエンザ・ワクチンは2回接種の予定
 通常の季節性インフルエンザワクチンを1回の他、ブタインフルエンザ用ワクチンを2回接種する必要がある、とCDCでは説明。
 ただし、65歳以上の年齢層では1回で十分の可能性。
 理由は、米国の患者5764人の大多数が5から24歳で、65歳以上は1%にすぎない。
 これまで血液中の抗体の存在を調査したら、1957年以前に生まれた年齢層の多くで豚インフルエンザに対する抗体が検出され、65歳以上の年齢層では、以前にこのウイルス類似株に感染していたことが示唆されている。
 米国では、昨年度、季節性インフルエンザワクチンは1億4600万回分製造しているが、今年度は未定。
Top British School Eton Closed for A/H1N1 Flu CRIENGLISH.com  (英国) 英国の名門、イートン校、インフルエンザA(H1N1)発生で休校に
 英国の名門イートン大学が、生徒1人がA(H1N1)を発症したため、1週間休校とすると発表。
 13歳男子。症状は軽く、自宅療養で回復中。

Swine flu infects 38 people on Carnival cruise ship Business Times (subscription) オーストラリア、大型観光客船で38人がブタイフルに感染
 南太平洋クルージング中。シドニーで患者のチェックで確認。
5月28日
 
Swine flu shuts Public School 161 in Manhattan; curbs Rikers Island inmate
 豚インフルエンザによりまた1校が閉鎖され、ライカーズ刑務所の受刑者数十名が裁判所に出廷できなかったと27日水曜日に当局は発表した。
 更正局のスタッフにより68人の受刑者が隔離された。生活室を同じくしている者に豚インフルエンザ感染者が出たからである、と当局は述べた。
こ の建物にいた26人の受刑者がH1N1豚インフルエンザの感染を確認された。先週は10名だったが約一週間で増加した。
 ニューヨーク市は、全校生徒794名のうち33名がインフルエンザ様症状を呈したためマンハッタンの第161校を休校にすることを決定した。
 48の公立学校と少数の私立学校、教区学校が流行勃発以来休校措置になった。
 世界の豚インフルエンザによる死者は、新たなシカゴでの死者を加えて100名に達した。ニューヨークでは今週の2名を含めて4名が亡くなっている。
 ブルームバーグ市長は、重症者は病院の診察を受ける必要があるが、保護者は子供たちを緊急治療室に連れて行かないようにと強く求めた。(子供が体調を崩し、あわてて緊急治療室に連れて行ったものの)実際に豚インフルエンザ陽性だったのは50名だけだったからである。
 市は、感染を恐れた両親が健康な子供を病人のいる学校に送り出すことを強制しないとも市長は述べた。TA

 Official swine flu figures are just 'tip of the iceberg', warn . Independent (英国) 英国保健局、ブタインフル発病者数は氷山の一角と警告
 米国とヨーロッパの患者の把握(国家サーベイランス・システム)は、家庭医が診察して疑いがある場合は、検体を採取して検査機関に送る。
 多くの人々は医療機関を受診していない可能性が高い。
 米国では確認されている患者数の20倍は存在すると考えている。
 英国保健局でも確定されている患者はほんの一握りと考えている。

5月27日

Romania identifies first H1N1 case in woman from NY Reuters(国際) ルーマニアで初の豚インフルエンザ感染確定例。ニューヨークから来た女性
 27日水曜日、ルーマニアで初の豚インフルエンザ患者が確認された。ニューヨークから先週やってきた30歳の女性であると保健相は発表した。
 この新型ウイルスはヨーロッパの多数の国を含む世界中で13000人もの人々に感染した。WHOの最新情報によれば死者は最も被害の大きかったメキシコで80名、アメリカで10名である。
 「ルーマニアはH1N1感染が確認された国のリストに正式に名を連ねた。」とIon Bazac保健相は記者団に述べた。
 同氏は患者の女性は米国在住であると述べた。彼女は3人の親戚とともにブカレストで入院しているが、状態は「良い」ということだ。
 保健当局はニューヨークからのフライトに搭乗していた乗客を含め、彼女と接触した人たちを探している。
 2005年に、ルーマニアではヨーロッパで初めてH5N1高病原性鳥インフルエンザの渡り鳥への感染が確認された。ドナウデルタを渡りの中継地として巣作りをする渡り鳥である。

Singapore confirms first case of swine flu  Yahoo News (国際)  シンガポールで初の豚インフルエンザ感染確定例
 ニューヨークから帰国した22歳のシンガポール人女性が豚インフルエンザ検査陽性となり、この都市国家初の感染例となった、と保健省は発表した。
 「シンガポールは初のA(H1N1)インフルエンザ感染を確認した。」と保健省は声明を出した。
 声明によれば患者は感染症センターで治療を受けており、症状は安定しているとのことである。
 この女性は5月14日から24日までニューヨークに滞在し、シンガポール航空で26日火曜に帰国した。フライト中に咳の症状が出たということである。
 彼女と「濃厚接触」があった者全員が隔離され、抗インフルエンザ薬の投与を受けた、と同省は発表した。TA
U.S. Prepares for Possible Return of Swine Flu in Fall HealthDay(アメリカ) 豚インフルエンザの秋の再襲に米国は備えている。
 CDCによれば、H1N1ウイルスの重要な問題点は、今後、病原性や感染性が増すか否かであるという。

 H1N1豚インフルエンザが国のあちこちで拡大したり衰退したりしているのを受けて、米国保健当局はこの秋以降、インフルエンザシーズンがまたやってくる前にこの新しい病原体についてできるだけ多く研究する予定だと26日火曜日に発表した。
 緊急を要する理由として:過去に起きたパンデミックは「予兆波」の先導を受けてやってきた。まず通常のインフルエンザシーズンの終わりごろに表面化し、はるかに強力なものとなって次のインフルエンザシーズンに戻ってくる、ということである。
 「インフルエンザの世界的大流行は時に何度かの波になって訪れる、ということを心に留めている。」と米国CDCのアン・シュチャット氏は語った。「非常に深刻だった1918年のパンデミック時には、春に穏やかな第一波が訪れ、より深刻な第二波が秋以降訪れた。1918年の恐ろしい経験が心に残っているのだ。」
 1918年に大流行を起こした、スペイン風邪、として知られるインフルエンザによる世界中の死亡者数はなんと4千万人にものぼった。
 「実際我々はここ8から10週の間かなり急いで調査している。南半球(これからインフルエンザシーズンが始まる)に向かうこのウイルスについてできるだけ調べ、この秋に我々が経験するだろうと予測している感染の急増に対する準備を強化するために。」とシュチャット氏は付け加えた。
 科学者たちはこのH1N1豚インフルエンザウイルスが変異をおこしたり、抗インフルエンザ薬に耐性を持ったり、より感染力を増したりするかどうか調べようとしている。
 シュチャット氏は、H1N1ウイルスが毒性を増すのかどうか、冬になって北半球に戻ってくるのか、くるとしたらいつなのかを知る手立ては今のところないと述べた。「このウイルスが季節性インフルエンザを支配するのかそれとも消えていくのかということは現時点では予測不可能である。」とも述べた。
 現在までに米国内では6764件の豚インフルエンザ感染確定例と疑い例が確認されている、とシュチャット氏は述べ、ほとんどは軽症で迅速に回復していると付け加えた。
 CDCは豚インフルエンザによる11の死亡例を報告しており、犠牲者のすべては豚インフルエンザ感染前から基礎疾患があった。イリノイ州保健当局はシカゴ地区在住男性の死亡を週末に発表した。
 カナダ当局が25日月曜日に発表したところによると、トロント在住の男性が豚インフルエンザにより22日土曜に死亡したが、慢性疾患があったということだ。
 WHOの26日火曜日の発表によれば世界46カ国で12954件の豚インフルエンザ感染例が確認されており、死亡例は92件で、ほとんどが流行の震源地であるメキシコでの死者である。
 先週CDCが発表したところによると、H1N1豚インフルエンザワクチン開発に向けて、ワクチンに使う2種の候補ウイルスを作成中ということである。また22日金曜日には連邦政府がワクチン開発に10億ドルを投資する予定だと保健福祉省長官のKathleen Seberius氏が発表した。
 CDCによれば米国では、豚インフルエンザの感染例のほとんどは季節性とほぼ同じ重症度である。調査によれば良く知られた抗インフルエンザ薬タミフルとリレンザは豚インフルエンザウイルスに効果がある。
 高齢者の一部は1957年以前に循環していた別のH1N1インフルエンザウイルスに暴露していた可能性があるため、現在のH1N1豚インフルエンザにも部分的な免疫があるかもしれない、とCDCは発表した。今のところ、米国での豚インフルエンザ感染例の64パーセントは5歳から24歳の人々であり、65歳以上の占める割合は1パーセントに過ぎない、と先週当局は発表した。TA

WHO May Alter Pandemic Alert System After UK Cites Confusion Bloomberg (国際) WHO、警報システムの定義を変更の予定
 英国他各国の抗議を受けてWHOは警報システム(フェーズ分類)の定義を、専門家達に相談して変更する予定と、ケイジ・フクダ事務局長代理が語った。
 H1N1ウイルスは発熱と咳を生じるが、フェーズ分類のモデルとなったH5N1とは全く異なる。H5N1は致死率60%とされている。
Swine flu infects 44 kids at same Birmingham school TheMedGuru (英国) 英国、バーミンガムの小学校で44人がブタインフルを発病
 短期間で集団発生。保護者や学校関係者がパニックに。症状は全員軽症と。
H1N1 Flu Infections Slowing in Most Parts of US Wall Street Journal (米国) インフルエンザA(H1N1)、米国のほとんどの地域で流行が減速
 


 
 赤線は今年度のインフルエンザ様疾患の受診者数。4月末から5月にかけて再上昇したが、H1N1インフル患者の増加による。一時インフルエンザ流行水準を上回ったが、先週から下回った。
 定点医療機関を受診したインフルエンザ様疾患の患者数のグラフである。



 インフルエンザ患者で同定されたウイルスの株の推移。
 4月末からH1N1ウイルスが急増したが同時に他のウイルスも増加しているのが気になる。しかし、気候が温暖になってきた先週からH1N1以外一気に減少に転じたが、H1N1も患者数はピークで、今後減少に転じると推定。
米国におけるインフルエンザ様疾患で医療機関を受診する市民の数は先週減少している。新H1N1インフルエンザウイルスによる発病者数が国内で減少に転じたことを示唆している。
 アン・シュチャット臨時CDC科学公衆衛生対策責任者は、26日、ニューヨークやニュージャージーを中心にニューイングランドでは、季節性インフルエンザ患者は減少してきているのに対して、H1N1インフルエンザ患者数は増え続けている、と発表した。
 しかし他の地域では、インフルエンザ様症状で医療機関を受診する市民の数は減少し、インフルエンザ流行水準を下回りだした。温暖な気候になってきたことが原因と推定される。
 
 一方、シュチャット氏は、秋からの新インフルエンザの出現に対する準備を開始していると語った。
 同氏はCDCや世界の他の保健機関は、南半球のインフルエンザシーズンでH1N1ウイルスがどのような挙動を示すか警戒していると語った。
 22日、米国政府はH1N1ワクチンに10億ドル(1000億円)拠出することを発表している。しかし現段階では詳細なワクチン接種プログラムは決定されていない。

Pandemic Definition Continues to Mystify Science Now  (国際) パンデミックの定義、いまだ曖昧
 ウイルスは間違いなく拡大している。
 しかしパンデミックと宣言することにはは、何のメリットもない。
 H1N1ウイルスは誕生したばかりだ。今後の変化を注意深く観察しながら判断してゆく。
 以上はWHOの事務局長代理であるケイジ・フクダ博士の発言。

Two Egyptian children have H5N1 bird flu - agency Reuters AlertNet (英国) エジプトの小児2人H5N1鳥インフルを発病
 国営通信のMENAが4歳の小児2人が高病原性H5N1鳥インフルを発病したことを伝えた。同国で計76人の発病者数となった。
 2人の小児はナイルデルタ地域のシャーキヤ県の離れた場所に住んでいた。2人ともウイルスに感染した家きんに接触した後に発病したとされる。
5月26日

Laboratory-confirmed cases of new influenza A(H1N1) as officially reported to WHO by States Parties to the International Health Regulations (2005)
 これは先週金曜日(23日)から25日(月曜日)までの分になっているので、増加数が見かけ上多くなっている国もある。

累積数   死者数 旋回報告よりの増加数   死者数
  Cases Deaths Cases Deaths
Argentina 2 0   1 0  
Australia 16 0   4 0  
Austria 1 0   0   0  
Belgium 7 0   0   0  
Brazil 9 0   1 0  
Canada 805 1 86 0  
Chile 44 0   20 0  
China 15 0   4 0  
Colombia 13 0   1 0  
Costa Rica 28 1 8 0  
Cuba 4 0   0   0  
Denmark 1 0   0   0  
Ecuador 10 0   2 0  
El Salvador 6 0   0   0  
Finland 2 0   0   0  
France 16 0   0   0  
Germany 17 0   0   0  
Greece 1 0   0   0  
Guatemala 4 0   0   0  
Honduras 1 0   1 0  
Iceland 1 0   1 0  
India 1 0   0   0  
Ireland 1 0   0   0  
Israel 8 0   1 0  
Italy 19 0   5 0  
Japan 345 0   24 0  
Korea, Republic of 3 0   0   0  
Kuwait 18 0   18 0  
Malaysia 2 0   0   0  
Mexico 4174 80 282 5
Netherlands 3 0   0   0  
New Zealand 9 0   0   0  
Norway 4 0   0   0  
Panama 76 0   0   0  
Peru 25 0   20 0  
Philippines 1 0   0   0  
Poland 3 0   1 0  
Portugal 1 0   0   0  
Russia 1 0   0   0  
Spain 133 0   7 0  
Sweden 3 0   0   0  
Switzerland 3 0   1 0  
Thailand 2 0   0   0  
Turkey 2 0   0   0  
United Kingdom 122 0   5 0  
United States of America 6552 9 0   0  
Grand Total 12515 91 493 5

Chinese Taipei has reported 1 confirmed case of influenza A (H1N1) with 0 deaths. Cases from Chinese Taipei are included in the cumulative totals provided in the table above.

Cumulative and new figures are subject to revision



Ontario Confirms First Swine Flu Death, the Second in Canada Bloomberg (国際) オンタリオで初のブタインフル死者、カナダで2人目
 44歳男性がトロントでブタインフルで死亡した。基礎疾患の悪化のようだ。カナダで2人目の死者となった。
Experts warn beware of swine flu hysteria ABC Online (オーストラリア) 専門家、豚インフルのヒステリーに気をつけるようにと警告
 ブタインフルの発生で2種類の流行が起きている:新型の有害性なるインフルエンザ株の流行、人における不安感の増強とヒステリー。

US moving closer to swine flu vaccine KOMO News  (米国) 米国ブタインフルワクチン製造間近
 2種類のブタインフルエンザA(H1N1)の遺伝子に他のウイルス遺伝子を加えて、有精卵での増殖を容易にして、どちらか一方のウイルスをワクチン株に使う。数日以内にワクチン株をメーカーに手渡す予定と。
5月25日
 
U.S. Closer to Viable Swine Flu Shot HealthDay(アメリカ) アメリカ、豚インフルエンザワクチン作成に近づく。
 今月終わりまでには現在検査中の原材料を製造会社に送付可能とCDCが発表
米国保健当局はH1N1豚インフルエンザワクチン作成の進捗状況について報告した。CDCの専門家によればワクチンに使用する予定の2種の候補ウイルスを手に入れたということである。
 「本日、CDCはある機関からワクチン候補ウイルスを受け取った。」とCDCのアン・シュチャット氏は金曜の記者会見で述べた。
 この遺伝子鎖(?)は新型H1N1ウイルスの遺伝子と他のウイルスの他の一部分を結合させたものである。」とシュチャット氏は説明した。この種のハイブリッドウイルスは卵の中でより容易に成長する。これはワクチン製造過程で重要な部分である。
 CDCはFDAと協力して2番目の候補ウイルスを逆遺伝子法を利用して作成した、とシュチャット氏は述べた。
CDCは現在、最適な免疫反応を刺激できることを確認するためこれら二つのウイルスを検査中である。
「この検査が終われば適切なウイルスがワクチン製造会社に送られるだろう。5月末までには可能だと思っている。」と同氏は述べた。(TA)


WHO統計 2009年 5月23日 (2005年度制定世界保健規則による報告されるデータ集計)
 検査で確認された各国のH1N1インフルエンザ数。
 致死率  メキシコ 1.9% 米国0.14% カナダ0.14%

Country Cumulative total   致死率
  Cases Deaths
Argentina 1 0  
Australia 12 0  
Austria 1 0  
Belgium 7 0  
Brazil 8 0  
Canada 719 1 0.14%
Chile 24 0  
China 11 0  
Colombia 12 0  
Costa Rica 20 1
Cuba 4 0  
Denmark 1 0  
Ecuador 8 0  
El Salvador 6 0  
Finland 2 0  
France 16 0  
Germany 17 0  
Greece 1 0  
Guatemala 4 0  
India 1 0  
Ireland 1 0  
Israel 7 0  
Italy 14 0  
Japan 321 0  
Korea, Republic of 3 0  
Malaysia 2 0  
Mexico 3892 75 1.9%
Netherlands 3 0  
New Zealand 9 0  
Norway 4 0  
Panama 76 0  
Peru 5 0  
Philippines 1 0  
Poland 2 0  
Portugal 1 0  
Russia 1 0  
Spain 126 0  
Sweden 3 0  
Switzerland 2 0  
Thailand 2 0  
Turkey 2 0  
United Kingdom 117 0  
United States of America 6552 9 0.14%
Grand Total 12022 86 0.7%

Woman in her 50s is NYS's 2nd swine flu death  Yahoo News(国際) 50代女性が豚インフルエンザによるニューヨーク市内第2の死者に
 ニューヨーク市の50代の女性が豚インフルエンザで亡くなり、市内第2の死亡例となった。
市の健康精神衛生部の広報担当者によれば、女性は今週末に亡くなり、基礎疾患があったということである。
ニューヨーク市での死亡例は、先週確認された公立学校の教頭Mitchel Wiener氏に続いて2例目。(TA)
5月24日

Iceland confirms first swine flu case BigPond(オーストラリア) アイスランド共和国で初の豚インフルエンザ感染例を確認
 アイスランド保健当局は国内初の豚インフルエンザ感染者を確認したと発表した。
 保健当局Haraldur Briem氏は23日土曜日に最近ニューヨークから帰国した男性がウイルスに感染していると述べた。
 確定患者の家族4人も米国から帰国後検査を受けている。
 Briem氏の発表によれば、男性の症状は穏やかだということである。
Australia Expects Further Cases of Swine Flu Bloomberg.com(アメリカ) オーストラリア政府は豚インフルエンザ感染者数は増加するだろうと予想
 現在豚インフルエンザの感染確定例が14件確認されているオーストラリアでは、今後感染者数が増加していくだろうと保健相Nicola Roxon氏が発表した。
 「検査は続けられているので、今日もいくつかの州でさらなる感染例が報告されるだろう。」と同氏は9チャンネルで述べた。「深刻な問題ではあるがまだ拡大しているわけではない。」
 オーストラリア政府は5月22日に国内パンデミック警戒レベルを3番目に高い「封じ込め(国内に患者がいるが拡大はしていない、ということか)」にした。次のレベルは「持続」であり、ウイルスが拡大しつつあることを意味する。2100万人の国民を守るためのワクチンの注文は、保健省によれば「具体的に検討中」だということだ。
 ビクトリア州メルボルンに住む15歳の少年が昨日14番目の豚インフルエンザ感染確定例となった。同州では9例目であり、他の例は他の州で確認されている。
 豚インフルエンザの脅威から、クルーズ船の3000人近くの乗客、乗員がシドニー港で検疫を受けた、とAge紙が報じた。後に上陸許可がでたが、(現地の人々との?)不要な接触は避けるよう警告された。4人が豚インフルエンザの検査を受けたが、陰性だったと同紙は伝えた。
 「できる限りの予防処置を講じることが必要だ。特にまだオーストラリア内で拡大していない現時点においては。」とRoxon氏は述べた。

Russia swine flu 'victim' says he's OK UPIcom(アメリカ) ロシアで初の感染確定例。軽症。
 モスクワで23日(土)、初の感染確定患者が確認されたと政府が発表した。患者の男性は元気(?)である。
 名前等が明らかにされていないこの男性は、22日金曜に友人を通じてロシアの報道機関にコメントを寄せた。隔離入院中だが特に具合は悪くないということだ。
 「熱もありません。何かの注射をして・・・・元気です。」と彼は言い、モスクワの感染症病院の医師は彼が豚インフルエンザだということは教えてくれなかったと言った。
 「何かインフルエンザの一種だと教えてくれたのですが、確信はなかったようです。」と彼は述べた。
 ロシア保健省が22日金曜に発表したところによると、彼が国内初のH1N1感染例だということだ。しかしGennady Onishchenko公衆衛生長が後に報道機関に明らかにしたところによれば、患者は21日木曜日にアメリカからモスクワに帰国したが、鼻炎の症状が出ているだけだったという。
難問先送り、結束示せず WHO総会が閉幕 USFL.COM 
 世界保健機関(WHO)年次総会は22日、「新型」になりうるインフルエンザウイルスの検体共有に関する決議などを採択し、閉幕した。新型インフルエンザ(H1N1型)の世界的感染拡大という危機が進行する中、警戒水準の在り方や途上国支援などの対策について協議。国際社会の結束が試されたが、判断や合意の難問は先送りされ、大きな成果は得られなかった。
 最大の焦点となったのは、H1N1型の世界的大流行(パンデミック)宣言につながるWHOの警戒水準の在り方について。患者の病状が通常の季節性インフルエンザと同等程度とみられているH1N1型ウイルスの感染が、地理的に拡大するという理由だけでパンデミック宣言を出す現行制度を不服とする英国が慎重論を展開。中国、スイスなどが同調し、日本も賛意を示した。
 事務局長は21日の委員会会合で「南半球を含む地球規模での拡大」をパンデミック宣言の条件とする事実上の方針転換を表明。閉幕の演説でも「どんなに良くできた制度でも柔軟性が必要」と述べ、米州地域以外で感染拡大した場合でも必ずしも警戒水準を引き上げない考えをあらためて示した。
US soldiers quarantined in their military base: minister Al-Arabiya  クエート保健相:米軍兵士基地内で隔離
 クエートに着いた米軍兵士の中から18人でH1N1ウイルスが確認。多くはクエートを去ったが、何人化は基地で隔離と。
US soldiers are Kuwait's first cases of H1N1 flu Reuters India  (インド、ロイター) 米軍兵士、クエートでH1N1インフルエンザを発症
 米国からクエートに着いた米軍兵士の中からH1N1インフルエンザ発病者が出で、クエートで初の発病者となった。
 発病した兵士は米軍基地の中で隔離された。
WHO To Revise Rules For Pandemic OfficialWire (国際) WHO、パンデミックの定義を変更に
 WHOは、ウイルスの拡大状況ではなく、その危険性を反映する警告システムに変更する予定と発表した。
 現在の6段階によるフェーズ分類は、2005年にH5N1鳥インフルエンザ(致死率は約60%)の危険性が起きていたことから創設された。このフェーズ分類はウイルスの拡大程度を反映していて、その致死性は反映していない。
 WHOが4月に、ウイルスは鳥インフルエンザウイルスよりも遙かに致死力が低いにも関わらず、ブタインフルエンザの流行を発表したとき、そのフェーズ発表は国内でパニックを引き起こしたと、いくつかの国から不満が出ていた。
 改訂される警告システムでは、十分危険性を伝えるが、パニックは起こさない定義内容を考慮していると、WHOの事務局長代理であるケイジ・フクダ博士がジュネーブのWHO本部で語った。
5月23日


Spread of Swine Flu Puts Japan in Crisis Mode The New York Times(アメリカ) 豚インフルエンザ感染拡大で日本は「危機モード」に
 すべては5月2日に行われた高校バレーボールトーナメントから(あるいはそこにいたこの港町の住民の誰かから)始まった。
やがてその大会に出場した選手たちが豚インフルエンザで体調を崩し、広範囲で早期に流行が広まったことによって日本は北米以外での豚インフルエンザ感染数最多国になった。
21日木曜日には日本でのH1N1インフルエンザウイルスの感染確定例は神戸や近隣の大阪市を中心に西日本で279件にのぼった。他の多くの国々と同様に、日本でのこのインフルエンザの症状は軽く、死亡例はない。それでも日本はまだ危機モードにある:この地区の4,800校以上が休校になり、医療サービスには人々が殺到し、検査機関は一日中働いている。
日本の恐怖感は水曜遅くに東京で初の豚インフルエンザ感染例(ニューヨーク帰りの女子高生二人)が報じられてから更なる高まりを見せた。
この流行は潔癖国家日本に著しいショックを与えた。学校で手洗いをほぼ宗教的なまでに教え込むような、子供たちが殺菌済みの砂場で遊んでいるような、下着からボールペンに至るまで「抗菌処置」が施されているような国、日本に。
豚インフルエンザが出現する前から、日本人は具合が悪くなれば他の人に移すまいとサージカルをマスクをつけていたのだ。日本は抗インフルエンザ薬タミフルの備蓄が世界で最も多い国のひとつである。
日本はまた他国からの病気に対して偏執的であることでも知られている。SARS,重症急性呼吸器症候群にかかった台湾人医師が2003年に日本にやってきたとき、政府は彼の動向をすべて追跡し、接触の可能性があった数千人の人々を検査したのである。結局SARS感染者は見つからなかった。
先週までは、日本はあの時と同じように無傷で豚インフルエンザから逃げおおせているようだった。過去数週間、北米からのフライト全便において体温を感知する装置を使って防疫員が監視していたのである。
しかし専門家が現在一連の出来事をつなぎ合わせて分かってきたことには、インフルエンザウイルスはどうやらこれらの厳格なチェック体制をすり抜けて、5月2日には感染者が神戸での高校生バレーボールトーナメントに居合わせていたと考えられるようなのである。
その直後、神戸の高校生が豚インフルエンザ感染を確認され、市内の高校からやってきた13人のバレーボール選手も検査の結果陽性となった。
「閉ざされた体育館に沢山の子供たちがいるような状況だった。」と神戸市予防衛生課長の白井千香氏は述べた。「ウイルスが拡大するには最適の状況だったのではないだろうか。」彼女はさらに、この辺りでは一般的な満員電車で長距離通勤をするような状況も流行を広めるのに一役買ったのではないかと語った。
18日月曜までには豚インフルエンザは多くのティーンエイジャーたちに感染し、高齢者への感染も見られた。市内すべての学校は閉鎖を要請され、児童生徒たちは家から出ないように言われた。人々は食料を蓄えるためにスーパーマーケット前に列を成し、神戸中の薬局からマスクが消えた。
神戸在住のYoko Yo(人名。余ようこ?)さんは二人の子供の母親だが、彼女は家族と家の中にこもっていると語った。「すごく怖いんです」と電話を通じて打ち明けた。「私も子供たちも土曜日から一歩も家の外に出ていません。一週間分の食料も買ってあります。」
神戸市の対応を批判する人もいる。インフルエンザにかかったのではないかと疑いを持った人たちが殺到することに対して神戸市は準備が出来ていなかった、と神戸市医師会(医療組合?)の田代ひろまさ氏は述べた。
17日土曜日には1000人以上の人々が神戸市の主要な公立病院(神戸市民病院?)に押しかけて職員を圧倒した。神戸市は20日水曜に個人病院にも疑い患者の診察を受け付けるよう要請した。
しかし、田代氏はこのインフルエンザが国中に広がることは避けられないと警告した。すでに広がっているのかもしれないが、軽症が多く追跡は難しいだろうとも述べた。
21日木曜日、麻生太郎総理大臣が警戒を強めることと冷静さを求めることの細い境界線上を行き来した。「このウイルスは突然変異する可能性がある」と記者団に述べ、「さまざまな可能性に対して準備しなくてはならない。しかしもしも措置があまりにも厳格だとそれも問題になる。」と語った。
日本が比較的多数の豚インフルエンザ患者を出しているのは、他の国よりもチェックが厳しいからではないかという専門家もいる。
「他の国にも、日本以上とは言わないが同じくらいの患者がいるのではないかと思っている。」というのは新潟大学の感染症対策の専門家であり前WHOアドバイザーであった鈴木宏氏である。「日本のように熱心に検査をしていないだけだ。」
医師たちだけが政府の対応に批判的なのではない。「この状況は完全にやりすぎだ。」と神戸商工会議所の広報担当山本なおみつ氏は述べた。政府はこの新型インフルエンザが季節性インフルエンザと同等の深刻度だということに注意を向けるべきだ、と同氏は語った。神戸の観光もこの騒ぎが始まってから急落した、と山本氏は言った。
18歳の高校生、イザキテッペイは友達と2時間カラオケをしてきたと言った。「インフルエンザはぜんぜん怖くない。」と神戸のゲームセンターで彼は語った。「僕に言わせれば、皆わけも無く怖がってるって感じ。」 (TA)
U.S. Asks Firms to Make Swine Flu Vaccine The Washington Post (アメリカ) アメリカ、豚インフルエンザワクチン製造を企業に依頼
 22日の発表によれば、連邦政府は製薬会社3社に医療関係者、防衛関係者、緊急サービス従事者など少なくとも2000万人に免疫をつけるのに十分な豚インフルエンザワクチンの製造を依頼した。さらに億単位のワクチン作成が依頼されるだろうと予想される。
 この注文は保健福祉省Kathleen Sebelius長官によってなされたもので、H1N1豚インフルエンザワクチンの迅速な開発と臨床実験のための10億ドル投資の一部である。
 同氏は「これ(ワクチン)はまさに我々が団結して確保しておくべきものなのだ。」と保健福祉省(HHS)内にある保育園での記者会見で語った。
 Sebelius長官はHHS保育所に、エルモと一緒にやってきた。エルモはセサミストリートのキャラクターで、子供たちにインフルエンザ流行中に実行すべき咳やくしゃみの正しい仕方や手の洗い方を教える新しいテレビ番組(CM?)に出演している。エルモはまず咳をするときに自分の口を手で覆った。するとSebelius長官は優しくエルモのやり方を直してやった。咳をするときは肘で押さえるのがいいのだ、と。
 豚インフルエンザワクチンの効果にはまだ疑問が残されてはいる。十分な効果を得るには何度接種すれば良いのか、あるいは誰が接種を受ければ良いのか。Sebelius長官は言う。「ワクチン製造機械を動かす前に答えが出るのを待ってはいられない。」
 発注されたのは、大量の不活性ウイルスワクチンの原材料と2種類の異なったアジュバント(免疫賦活剤)である。アジュバントとは化学添加物のことで、免疫システム反応を増強するもので、少ないワクチン量で効果が得られるから、ワクチン接種対象者数の増加が可能となる。
 ワクチンの治験に参加するボランティアへの謝礼にもお金が使われる。
 ワクチンの原材料はこの夏の終わりまでアジュバントは加えられず、使用できる製剤にはされない。
 2種のアジュバントはいずれも、国内使用の認可がされていないので、使用前にFDAの特別な許可が必要となる。
 政府のパンデミック対策計画ではアメリカ国民を5つにわけ、ワクチン優先順位をつけている。第1層にいるのは約2400万人。配備中の軍隊や重要な医療関係者、消防隊員、救急隊員、妊婦と幼児がこれに含まれる。
 保健福祉省は5社とパンデミックワクチンの契約を結んでいる。Sanofi Pasteur社、Novartis社、GlaxoSmithKline社と契約済みである。他2社、オーストラリアのMedImmune社とCSL社とは交渉中である。

 WHOが22日に発表したところによれば、完全なパンデミックの定義を改訂するために警戒水準の見直しを行っている。
 WHOのパンデミック警戒水準は現在フェイズ5、最高レベルのひとつ手前である。WHOの現在のシステムでは、新型インフルエンザウイルスが1つの地域の1カ国以上に広まった場合、フェイズ5になる。WHOは4月29日にH1N1ウイルスの流行がメキシコとアメリカで起きたことを受けてフェイズ5を宣言した。
 現在のシステムでは、2つの地域でウイルスが拡大すればフェイズ6になる。H1N1ウイルスは世界のほかの地域(スペインや日本)でも流行を起こしているが、北米以外の地域で広範囲にわたってウイルスが拡大しているかどうかははっきりしないためまだフェイズ6ではないと当局は発表している。
 この状況は現在のシステムに疑問を呈した。今のところH1N1ウイルスはメキシコで流行が始まったときほど、また鳥インフルエンザ関係者がここ数年注目していたほど深刻なものではないようだからだ。
 22日に終了したWHO年次総会の間、参加国はWHOに警戒水準をフェイズ6に上げないように、また現在のシステムの再考を強く求めた。
 「参加国が主張したことは、この複雑な状況では、もしフェイズ6に警戒水準を上げてしまえば(実際にウイルスは拡大しているが危険度は上がっているわけではないのに)国民に「とても心配するべきだ」というメッセージを送ることになってしまう、ということだ。」とケイジフクダ氏は述べた。
 加えて、WHO当局は必要な予防措置はすべて取られている、と述べた。(TA)
Avian influenza - situation in Egypt - update 16  WHO エジプトの状況
 エジプトで、5月13日から20日にお間に5人の発病者が出たことを発表。今年度23人。うち6歳以下の小児は19人。死亡者は1人。

WHO chief warns H1N1 swine flu likely to worsen Reuters UK (国際) WHO事務局長、H1N1鳥インフルの毒性が高まる可能性を警告
 WHOのマーガレット・チャン事務局長は22日、世界はH1N1ブタインフルエンザにがより病毒性を増し、多くの死者をだすようになる状況に準備する必要があると警告した。
 新規ウイルスの遺伝子分析で、ウイルスが長い期間気づかれずにブタや他の動物に感染を繰り返していた可能性を示している。
 ウイルスは南半球で季節性インフルエンザウイルスと遺伝子組み換えを起こし、予知できない変異を遂げる可能性があるから厳重にモニターする必要があると、チャン事務局長は語った。
 「一般社会でH1N1ウイルスが拡大したなら、各国ではさらに多くの重症患者と死者を出す可能性がある。このウイルスはどんな動きをするか分からないから」、と事務局長は付け加えている。

US gives billion-dollar boost to swine flu vaccine Yahoo News (国際) 米国、豚インフルエンザワクチン製造に10億ドルの投資
 22日金曜日、米国は豚インフルエンザワクチン製造と臨床研究のために10億ドルを投資する予定であると保健福祉省長官Kathleen Sebelius氏が発表した。
 資金は既存の財源から使用する。
 「米国政府は臨床実験の結果から得た情報をWHOや国際社会で共有する。諸外国は米国の努力によって豚インフルエンザワクチンの安全性と有効性を手に入れることが可能になる。」

Japan Relaxes Flu Guidelines NTDTV (米国) 日本、新型インフルエンザガイドラインを緩める
Swine flu genes circulated undetected for years  Atlanta Journal Constitution (米国) ブタインフルA(H1N1)の遺伝子は、以前から検出されないままにブタの間で感染を繰り返していた
 50検体以上のインフルエンザA(H1N1)ウイルスの遺伝子解析を行った研究者チームは、遺伝子の一部が少なくとも10年以上は、ブタの間でブタインフルエンザ遺伝子の中に組み込まれて、未検出のまま感染し続けていたことを明らかにした。
 これらの研究結果は、ブタのインフルエンザウイルスは、人のパンデミックインフルエンザウイルス誕生の監視のために、綿密に監視をつつけてゆく必要があることを示している。CDCの研究者が中心になって行った研究結果が、22日、科学雑誌のサイエンスに緊急掲載された。
 CDCのウイルス分析で、すぐに判明したことは、この新型ウイルス由来の親ウイルスは既にブタに感染を繰り広げていたウイルスで、その片方はブタ、鳥、人のインフルエンザウイルス遺伝子の組み合わせからなっていたことである。
 22日発表された研究論文では集められた全ウイルスの遺伝子を詳細に分析し、このウイルスの持つ8本の遺伝子鎖は全てブタインフルエンザウイルス由来であることを明らかにした。
 研究者達は、新型ウイルスは、世界のどこかでブタに感染し続けていた可能性があり、ブタは何等症状もだしていなかった可能性があると、言っている。
 実際、この新型ウイルスに近い遺伝子を持っているブタインフルエンザウイルスは、10年以上も前に同定されされていた。
 インフルエンザウイルスはは容易に他インフルエンザウイルスとの間で遺伝子を交換する。ウイルスは1種類の動物に同時感染し、そこで容易に遺伝子交換を起こし、より危険性のあるウイルス、または他の動物に容易に感染するウイルスに変化する。
 しかし研究者達は、今回の研究で、このウイルス遺伝子の中にこれまでA型インフルエンザ遺伝子で見つかっている高毒性を示す遺伝子や高感染力を占めす遺伝子を検出していない。

Tests Of New Flu Virus Suggests More Are Out There Post Chronicle  (米国) 新型インフルエンザウイルスの分析は、遺伝子が以前から存在していたことを示す
 これまでのH1N1ブタインフルウイルスの最も完全な分析結果から、ウイルスは何年も前から思うにブタの間に存在し続けていたよづあ。
 研究者達は、人のパンデミック・インフルエンザ発生の監視には、ブタのインフルエンザウイルスのサーベイランスも重要であると主張している。
 ブタが人のパンデミック・インフルエンザウイルスの可能性を保有したインフルエンザウイルスの宿主となっている、と国際的研究チームは結論をだし、科学雑誌である”サイエンス”に発表した。
5月22日

The Next Steps for Swine Flu: Predictions, Protection and Prevention The New York Times (アメリカ)  豚インフルエンザ対策は次のステップへ。予知、保護、そして予防

 連邦保健当局はこの秋アメリカ国民に3回のインフルエンザ予防接種を推奨するだろう。通常のインフルエンザ予防接種を1回、新しい豚インフルエンザのために作られた予防接種を2回。
 保健当局は20日水曜日に短く発表された血液検査の結果の詳細を21日木曜日に発表した。過去数年の間に受けたインフルエンザ予防接種は、新しいウイルスには「ほとんど、あるいはまったく効果がない」と。
 CDCが提示したこの「仮説」はアメリカ人のほとんどが、完全な防御を得るためには2度の豚インフルエンザワクチン接種を受ける必要があるということである。高齢者は1度で良いかもしれない、とアン・シュチャット博士は述べた。
 1957年のアジアインフルエンザ以前に生まれた人たち、特に65歳以上の人たちは新型ウイルスに抗体を持っているようだと同氏は述べた。しかしその既存の抗体は適切な予防接種の効果に比べて「かなり弱い」と語った。
 それにもかかわらず、今回の流行は血液サンプルが予期したことを裏付けようとしている。シュチャット博士によれば豚インフルエンザの感染確定例5764件のうち、65歳以上の占める割合はたったの1パーセントである。
 国内でのインフルエンザ活動性は下降しつつあるようである、とシュチャット博士は述べ、一般的なインフルエンザ、あるいは肺炎による死亡数の異常な上昇は認められなかったと付け加えた。
 インフルエンザ活動性は発熱や咳、痛みと言ったインフルエンザ様症状を訴えて4500の医師、病院などを訪れた患者の割合で評価するものである。ほとんどはその症状に応じて、検査されることなく治療される。
 この比率は、「平均的に言って、このインフルエンザシーズンにおいては最悪の時期は終わりかもしれない」ということを示唆している。しかし、それは同時に人々が恐怖を感じなくなり、適切な処置を追及しなくなるということも意味する。インフルエンザ活動が下降するということは、季節性インフルエンザが気温の上昇とともに消えていくのだから不思議なことではないが、豚インフルエンザはまだ拡大する様子を見せている。歴史的に見て、パンデミックインフルエンザは約2年をかけて全人口の3分の1に広がっていった。つまりワクチンの介入なしでは1億人は豚インフルエンザにかかると予想できるのである。
また、インフルエンザ活動はいまだにニューヨーク州、ニュージャージー州など北東部では急増している。「まるで天気のように、地方ごとに起こっているのだ。」とシュチャット博士は述べた。「まさに天気のように、予測不能で常に注意を払っている必要がある。」
「ニューヨーク市では事態は少し良くなっているかのように見えたが、その後悪化しているようだ。」とシュチャット博士は述べた。
21日木曜日、ニューヨーク市ではさらに8校が閉鎖され、市内で閉鎖された学校の総数は38にものぼった。
しかし4校がこの金曜日には再開される予定であり、残りの多くは火曜に再開される、つまり週末が3連休になるということだ。
ジュネーブのWHOの発表によれば豚インフルエンザは世界41カ国で確認され、死者は85人、うち75例がメキシコでの死亡例である。
メキシコシティは21日木曜昼に豚インフルエンザ警報を解除した。当局は5月14日から豚インフルエンザの新たな感染例は出ていないと発表した。(TA)

Mexico City ends swine flu alert, no cases in week Yahoo News (国際)
 メキシコシティの豚インフルエンザ警報が解除。この1週間新規患者なし。
 21日木曜日、メキシコシティは豚インフルエンザ警戒レベルを黄色から青に引き下げた。

 市長は「この一週間新たな感染例は出ておらず、安心できる。」と発言した。
 Marcelo Ebrard市長はこの変更は感染の危険が低下したためであると述べた。現在の状況は非常にコントロールされており、車の中や路地、レストランや映画館の中で青いサージカルマスクをつけている数え切れないほどの人々の姿は歴史上の出来事になるだろう。
 「もはやマスクをつける必要は無い。」とEbrard市長は述べた。「いまや何の危険も無くメキシコシティに来ることができる。」
 市の保健担当Armando Ahued氏は、呼吸器感染症で入院したものはここ3日間皆無であると発表した。5月14日以降、豚インフルエンザの新規感染例も出ていない。
 「患者数は96.1パーセント減少している。このために警戒レベルを青(安全)に引き下げたのだ。」と同氏は述べた。
 4月23日に流行が宣言されてから、メキシコシティは医薬品や抗菌ジェルを購入するため、また企業閉鎖と公共スペースの清掃のための報奨金に45億ペソ(3億3千400万ドル)を費やした。メキシコ中で3800名が感染し、75名が死亡した。首都がもっともウイルスの攻撃を受けた。
 Ebrard市長は、市民に警戒を怠らないよう強く求めた。地下鉄や学校といった人々が集まるところの衛生状態を保つように、「健康文化」の維持に協力するように。
 「我々が学んだ大きな教訓は、科学者が数十年にわたって言ってきたことだった。出現し得るどんなウイルスに対しても準備を整えておかなくてはいけない、ということだ。」と市長は述べた。
H1N1 virus spreads in Asia, protection wobbly U.S. Daily  (米国) H1N1ウイルス、アジアで拡大、予防対策奏功せず

国会議事堂を見学に入るティーンエイジャー。手の消毒を受けている。

Japanese teenagers sanitize their hands before visiting the parliament in Tokyo May 20, 2009. REUTERS/Yuriko Nakao

 東京(ロイター) アジアにおけるH1N1ウイルスの拡大は21日、鈍化せず、フィリピンは最初の事例を報告し、東京と北京では新規感染が確認された。
 米国では9人目の死者がアリゾナ州で確認された。13歳の少年である。
 WHOによると世界41国で11000人発病し、85人が死亡している。致死率0.77%。(メキシコ以外0.14%)。
 フィリピンでは、米国とカナダ帰りの10歳少女が発病したが、回復している。


5月21日


School's closed for flu. Now what do you do? Boston.com (アメリカ) 豚インフルエンザで休校に。さあ、どうする?
 今日(20日)、H1N1インフルエンザの疑い例が出たためにボストン地区で4例目の一時的休校が発表された。NewtonのFessenden校、Wellesleyのthe Dana Hall校、Bostonのthe Winsor校、そして市内最大の公立学校Boston Latin校が休校になり、テストの延期、行事の中止、プロム(ダンスパーティ)の延期などが行われた。
 筆者はもちろん体調を崩した沢山の子供たちのことが気にかかる。しかし、親の立場に立たざるを得ない。これらの子供たち(全部で2500人以上である)はこの一週間のふってわいたような休暇中、何をしているのだろう?働く両親たちはこの状況をどうこなしていくつもりだろう?
 休校になった学校の生徒たちは中学生と高校生だから、一人で一日自宅にいられる子もいるだろう、しかし全員がそうというわけではない。インフルエンザのための休校にはなっていない他の学校に通う兄弟姉妹がいる人もいるだろう、そういう子供たちはどうする?夜になったら隠遁生活を送る兄弟姉妹と会って、くしゃみをするときはドアから出て行くのだろうか?
 病気の子供を学校ではなく家においておくかどうかを決定するのは難しい。まったく健康そうな家族と同じ屋根の下に病人を置いていいのかということはまったく別の問題なのである。
 そして、両親はどうしたらいいのだろう?Monster.comが行った最近の調査によれば、71パーセントの従業員が病気のときでも仕事に行くと答えている。この調査は、この社会では、多くの人が健康より仕事を取るということを示している。(私も有罪である(病気のときも仕事をする)ことをみとめる)しかし残りの人たちは病気の日は何もしないのである。
私はあまりにも皆がこの問題を重くとらえすぎなのではないかと思う。このインフルエンザは他のものより移りやすく広がりやすいようだが、WHOによればこのH1N1ウイルスは健康な人なら軽症ですむということなのである。世界中で報告された9830件の感染例の中で、死亡例はたったの79件である。これと比べて、CDCによれば昨年アメリカでは「通常の」インフルエンザの合併症で3万6千人もの人が亡くなったのである。
 面白いことには、Winsor校は今日から5月27日までの休校を決めたにもかかわらず、合唱隊のメンバーは昨夜Fenway Parkのレッドソックス対ブルージェイズの試合でアメリカとカナダの国歌を披露した。結局インフルエンザの流行は大したことではなかったのである

Can an mop fight swime flu? Docs say probably not AP通信 (国際) モップによる清掃でで豚インフルエンザと戦えるか?医師たちの答えはおそらくNo
 米国内の多数の学校において、モップが豚インフルエンザと戦う武器になっている。
クイーンズの高校で先月数百人の生徒たちが豚インフルエンザに感染したとき、当局は速やかに施設を閉鎖し、数日かけて机やテーブルを消毒して換気システムをフル稼働させた。
 危機管理組合はRikers刑務所でこのインフルエンザ感染例が出たときにも同じ対応を求めた。施設明け渡しと徹底的な洗浄を。
 しかし、こういった掃除の努力は間違いなく国民を安心させはするが、病気の拡大を防ぐにはおそらくほとんど効果がないだろうと専門家は語った。
 「きれいにすることが悪いというつもりはないが」とニューヨーク市保健担当Thomas Frieden氏は述べた。「インフルエンザが拡大する主な理由は、人々が咳やくしゃみをするときに口と鼻を覆わないからだ。」
 当初恐れられていたほどにこのインフルエンザウイルスは恐ろしいものではない。感染者から一度ウイルスが離れてしまえば数時間でウイルスは死ぬのである。
 どのような表面でも24時間経てばインフルエンザウイルスはいなくなる、とハーバード公衆衛生学校のPaul Biddinger博士は述べた。
 「それに加えて、床や机の表面を今日拭き清めたとして、その後誰かが咳やくしゃみをしながらやってきたらまた感染の可能性があるのだ。毎日毎日、一日中表面を拭いているのでなければあまり効果は無い。」
 豚インフルエンザウイルスの拡大を防ぐことにおいて、モップがあまり効果を示さないということが、感染を抑制しようとする公衆衛生の専門家が直面している大きな問題であることは明らかである。ワクチン開発以外にこのウイルスの拡散を防ぐ方法はない。
 医師たちがタミフルのような抗インフルエンザ薬を予防的に投与しようとすることに対して、当局者は警告を発している。流行が深刻なものかどうかはっきりと分かる前に薬を使いきってしまう恐れがあり、またウイルスに耐性がつく恐れがあるからだ。
 アメリカでは、公衆衛生当局者は渡航制限や集会の自粛を求めてはいない。いまやウイルスが世界中に広まっているため、そのような措置はあまりにも厳格すぎることであり、おそらく意味の無いことだからだ。
 「真の緊急事態でもないのに過剰反応を起こすようなことは誰も繰り返したくない。」とコロンビア大学のStephen S. Morse氏は語った。1976年の豚インフルエンザ騒ぎのときに政府が人々に予防接種を強く勧めたときのことを指しての発言である。
 いくつかの市では今回の流行を受けて休校措置をとった。この処置でさえ(効果があるかどうか)疑問だ、と専門家は言う。
 「病気の拡大抑制措置としては、効果的ではないかもしれない。」とBiddinger氏は述べた。
 ほとんどの例において、児童生徒が体調を崩してから学校を閉鎖するというのは拡散を防止するには遅すぎる行動である。
 米国CDCはもともと流行が起こったら休校にするようアドバイスしていたが、それを翻し、このウイルスは明らかに軽症が多いので学校や保育所はもし豚インフルエンザ感染例が出ても営業するべきだと言っている。
 専門家たちはインフルエンザ感染抑制を目指してあらゆる方法を研究してきた。細菌を死滅させるために病院の待合室に紫外線を照射する方法から、伝染を阻害するために生理食塩水を噴霧するという方法まで。どれをとっても大規模な実施を試みるほど効果的ではなかった。
 最善の防御策は、ここ数週間何度も何度も繰り返し言われてきたことだが、人々が頻繁に手を洗い、目や鼻や口を触らないようにし、くしゃみや咳をするときには口を覆うようにし、具合が悪いときには家にいる、ということだ。
 「数百万回も聞かされたことだと思うけれど。」とMorse氏は言った。
 「これこそが最高のアドバイスなのだ。」
 インフルエンザは主に唾液や体液を通じて感染する。つまり感染者とキスしたり食器を共有したりすると感染しやすいのだ。
 濃厚接触が少ない人々の間でも、感染者が咳やくしゃみをしたときに口から出る飛沫によってウイルスは拡大する。
 これらの粒子は通常6フィート以下しか飛び散らず、空中にそのまま残るということもない。いったんどこかに着地してしまえば、ウイルスは数時間のうちに感染する能力を失う。
 だからといって学校や航空会社乗務員や病気の子供が家にいる親などが物の表面を消毒するのをやめるべきだと言っているわけではない、とMorse氏は述べた。
 「これらはいいことだとは思う。おばあちゃんたちから言われたとおりのことをしているだけだし、日常的にすべきことではある。」と同氏はのべた。ただし通常の風邪の原因になるような息の長いウイルスに対して効果的なものではない。
 国最大の都市でウイルスを抑制するためには、これは無駄な抵抗だ、とブルームバーグNY市長は火曜(19日)に提案した。
 「これ(ウイルス)は我々が共存していかなくてはならないもののひとつだ。」と同氏は取材に答えて言った。「国民すべてに、おそらくどの国においても、どの大陸においても、まさにここにいる人たちの間にもやってくるのである。」 (TA)
Utah and Arizona report swine flu-related death Yahoo News (国際) ユタ州とアリゾナ州で豚インフルエンザによる死亡者。米国死亡者総数は10人に。
 ユタ州とアリゾナ州で豚インフルエンザによる死亡者が確認され、現時点での死者総数は10人になった。
ユタ州での死亡例は21歳男性。20日水曜朝にソルトレイクシティの病院でなくなった。肥満、呼吸器疾患など慢性疾患がありリスクが高かったと州保健当局は発表した。豚インフルエンザに感染した経緯は不明。最近の海外渡航歴なはないとみられる。

隣接するアリゾナ州での死亡例はツーソンの13歳少年。5月10日に入院し、15日金曜日に合併症で死亡した。
彼の10代のきょうだい(兄か姉)も入院中。他の家族は回復。

なぜか大阪の病院の入り口の光景が掲載
AFP – A visitor disinfects their hands at an entrance of a hospital in Osaka.

 
Older Adults May Have Some Immunity to Swine Flu EmpowHer (米国) 高齢者はブタインフルに免疫を保有している可能性
 かってのスペインインフルエンザの末裔ウイルスが、1957年のアジアインフルエンザが発生する前まで流行を繰り返したいた。そのウイルスすに感染した世代は、現在のブタインフルエンザに対して免疫がある可能性がある。1977年に現れたソ連型HIN1株は、以前のH1N1株とは相当離れている。CDCのインフルエンザ部門の副責任者であるダニアル・ジャージガン博士が電話会議で語った。
 他に同博士は、WHOのチャン事務局長が先日発表した、インフルエンザA(H1N1)ワクチンの製造が一ヶ月ほど遅れて7月まで遅れると発表したことに対して、米国では予定通りに秋まで製造が可能であると語った。季節性インフルエンザワクチンを例年よりも早めに製造して、続いてH1N1ワクチンの量産に入る予定とされる。
 これまでの米国におKれるブタインフルエンザ発病者の重症度は、通常の季節性インフルエンザと同等で、特に重症度を増している傾向にはなく、またタミフルとリレンザは効果を持っている。
Japan swine flu cases increase Radio Australia News (オーストラリア) 日本、ブタインフル感染者増加
 日本は、人口過密な東京で2人の感染者を確認したことを発表した。
 日本のメディアによると、感染者数は267人となった。
 保健省の報道官によると、ウイルスによる死者の発生はなく、発病者の大多数はティーンエイジャーで、軽症とされる。

Glaxo sees more big orders for H1N1 flu vaccine Reuters India (国際) グラクソスミスクライン社、H1N1インフルエンザワクチンの受注が増加
 この数週間、2,3ヶ月に亘り、受注が相次ぐ可能性と。
5月20日

Swine Flu Spreads in Japan, Despite Quarantine Inspections The Washington Post (アメリカ) 検疫実施にもかかわらず日本での豚インフルエンザは増加
 北米発の飛行機から豚インフルエンザウイルスが忍び込むのを防ごうと、日本政府は医療関係者にマスクを着けさせ、乗客を熱感知装置で監視させた。
しかし結局このインフルエンザはこの島国に入り込み、関西地区で急激な感染例の増加を見ることになった。
専門家は、もはやこのウイルスが東京や横浜といった首都圏(約35万人が生活し、通勤客が頬とあごを寄せ合いながら毎日通勤電車やバスに揺られているような地域)に広がることは避けられないだろうと専門家は述べている。
WHOによれば、政府は19日火曜にH1N1豚インフルエンザの日本での感染例は191人にのぼり、アメリカ、メキシコ、カナダ以外の国では最多であると発表した。
WHO当局者によれば、豚インフルエンザウイルスは期待していたほど研究室内で育っておらず、少なくとも7月中旬まではワクチン製造を開始できない。WHOのマーガレット・チャン氏はワクチン製造業者は50億人分のワクチンを最初の一年で製造することができると述べたが、世界の68億人の人口をカバーするには足りないとAPは報道した。
日本では、豚インフルエンザの症状は比較的穏やかで死者も出ていない。しかしウイルスが拡大しているため大阪、神戸市内外の4千校以上が今週いっぱい休校になっている。
総理大臣麻生太郎氏はTV放送を通じて国民に冷静になるよう求め、早期治療すれば恐れることはないと念を押した。
アメリカと同様、日本でも豚インフルエンザは学生たちの間で急速に広まっている。そして、やはりここでも休校にしたからといって若者が連れ立って外出することを止められはしなかったようだ。
大阪では、休校になったので暇をもてあました学生たちがカラオケクラブの前に長蛇の列を作っている様子が報じられた。あるカラオケクラブの店長は休校措置になった学校の生徒は入店お断り、という張り紙を出した。
同じく大阪では、学生アルバイトに出勤しないように求めたファミリーレストランもあった。
医療関係者を配置転換する(現場に戻す?)ため、空港での検疫はもうすぐ終了すると政府は述べた。
「我々はインフルエンザの拡大に沿って、国内対策に方向転換しなくてはならない。」と河村官房長官は述べた。
数百便もの北米からの旅客機に健康調査官を送り込むことによって、日本政府はカナダ旅行からアメリカ経由で帰国した日本の高校生と教員の豚インフルエンザ感染確定例を4件発見した。
しかし、政府は見るべきところを誤ったようだ。
最近の海外渡航歴がない17歳の神戸の高校生が日本での初の感染確定例となった、と当局は発表した。5校が集まったバレーボールの試合の後に小集団での感染がはじまり、ここ10日間で急速にウイルスが拡大したが、彼はその中心にいたと考えられている。
「ウイルスは既に国内に拡大していると考えられる。」と厚生労働大臣桝添要一氏は述べた。
このインフルエンザはすでに大阪や神戸のコンビニエンスストアやキオスクの店員に拡大している、と読売新聞は報じた。
「高校生以外の人々が感染したことにより、これはエピデミック(一部地域での、あるいは散発的な流行)の段階に入ったと言えるだろう。」と神戸市予防衛生課長白井千香氏は述べた。(TA)

Taiwan reports first confirmed swine-flu infection Earth Times (イギリス) 台湾で初の豚インフルエンザ感染確定例
 台湾在住の男性、52歳のオーストラリア人医師(台湾人の女性と結婚して台湾東部に在住)。
20日にNYに渡り、クルーズ客船の短期医師として勤務した後、17日日曜日にキャセイパシフィック航空でNYから香港へ、そこで乗り継ぎを行い月曜の夕方に台湾に到着。
機内でインフルエンザ様症状を呈したが、長旅の疲れと判断してマスクをしなかった。CDCは飛行機で彼が座っていた席の前後3列、57人の乗客を追跡調査中。(TA)

NEWS SCAN: H5N1 outbreak in wild birds in China, Hamburg confirmed ... CIDRAP (米国) 中国、青海省でH5N1鳥インフルが発生
 中国の獣医局当局者は、5月17日、青海省で野鳥に間でH5N1鳥インフルが発生したことを報告した。報告はOIE(World Organization for Animal Health)に報告された。
 報告によると121羽の野鳥が5月8日以来Genggahu Lake周辺で死亡しているとされる。
 家きんの間では発生していないが、当局では周辺の家きんを処分した。

Swine flu cases soar towards 10000 Weekly Times Now  (米国) ブタインフル感染者数、1万人を超える勢い
 国連のバン・キムン総長は、ジュネーブで開かれた年次総会で、世界のブタインフル発病者数は1万人を超える勢いで増えていると警告した。
 これまでのパンデミックは軽症型で出現し、後に重症型に変わった、と総長は説明した。
 それが、世界が警戒体制を継続し、危険な兆候に警戒しなければならない理由である。
 WHOによると、感染者数は昨日よりも1000人増え、世界40ヶ国で9830人の発病者が報告され、死者数は79人となっている。
 WHOがフェーズ分類を引き上げることに対する抵抗が多いが、ウイルスの拡大、特にアジアと米国、に対する懸念が提起されている。
 日本では本日193人の感染が確認され、4000以上の学校、大学、幼稚園が、今週中休校となった。ウイルスの拡大を防ぐためであると、当局は説明している。
WHO: No swine flu vaccine available for months Kansas City Star  (米国) WHO:数ヶ月間はブタインフルワクチンは入手できず
 世界の製薬企業は7月中旬まで、ブタインフルワクチンの製造に着手できないことがWHOから発表された。
 ワクチン用のA(H1N1)ウイルスの増殖が、先に予想したよりも困難であることが、ワクチン専門家が明らかにしたことによる。
Flu trouble for 4 S'poreans overseas TODAYonline  (国際) シンガポール旅行客、発熱でネパール-チベット国境で隔離
WHO Seeks Swine Flu Vaccine Help For Poor Nations CBS News  (米国) WHO、途上国のためのブタインフルワクチンを求める
 世界の大手ワクチンメーカーに対して。
 途上国へのワクチン製造をWHOは求めた。
 世界の企業の製造するワクチンの10%の提供が必要だ。
 提供を申し出た企業は少ないが、回答が出そろったということはないようだ。

 *写真に日本の生徒が全員マスクを着用している光景が使われている。

Sicker People More Vulnerable to Swine Flu: CDC Atlanta Journal Constitution (米国) 基礎疾患を保有する人々はブタインフルに感受性が高い:CDC
 呼吸器疾患、心疾患、免疫抑制剤(抗ガン剤も含む)服用者、肥満者、妊婦。
 ほとんどの入院した患者は合併症なしに退院したが、合併症を引き起こした患者は退院までの日数が長引いたが、全員回復して退院している。
U.S. Human Cases of H1N1 Flu Infection
(As of May 19, 2009, 11:00 AM ET)
States # of
confirmed and
probable cases
Deaths
Alabama
61 cases
 
Arkansas
3 cases
 
Arizona
488 cases
2 deaths
California
553 cases
 
Colorado
56 cases
 
Connecticut
56 cases
 
Delaware
69 cases
 
Florida
103 cases
 
Georgia
25 cases
 
Hawaii
21 cases
 
Idaho
8 cases
 
Illinois
707 cases
 
Indiana
96 cases
 
Iowa
71 cases
 
Kansas
34 cases
 
Kentucky**
16 cases
 
Louisiana
65 cases
 
Maine
10 cases
 
Maryland
39 cases
 
Massachusetts
156 cases
 
Michigan
165 cases
 
Minnesota
38 cases
 
Mississippi
4 cases
 
Missouri
20 cases
 
Montana
9 cases
 
Nebraska
28 cases
 
Nevada
31 cases
 
New Hampshire
20 cases
 
New Jersey
18 cases
 
New Mexico
68 cases
 
New York
267 cases
 
North Carolina
12 cases
 
North Dakota
3 cases
 
Ohio
13 cases
 
Oklahoma
42 cases
 
Oregon
94 cases
 
Pennsylvania
55 cases
 
Rhode Island
8 cases
 
South Carolina
36 cases
 
South Dakota
4 cases
 
Tennessee
85 cases
 
Texas
556 cases
3 deaths
Utah
91 cases
 
Vermont
1 case
 
Virginia
23 cases
 
Washington
362 cases
1 death
Washington, D.C.
13 cases
 
Wisconsin
766 cases
 
TOTAL*(48)
5,469 cases
6 deaths
*includes the District of Columbia
**One case is resident of Ky. but hospitalized in Ga.

Source: U.S. Centers for Disease Control and Prevention


5bn doses of vaccine possible Gulf Times  (アラブ首長国連邦) 世界で50億人分のワクチンは可能と
 週に9430万回分のインフルエンザワクチン製造が世界で可能で、年間50億人分の製造が可能であると、WHO事務局長のチャン氏が、世界のワクチンメーカー30社(19先進国からの)との会談で語った。
Glaxo offers WHO 50 million pandemic vaccines News 10NBC  (米国) グラクソスミスクライン社、5000万人分のパンデミックワクチンをWHOへ提供
 世界の大製薬企業であるグラクソスミスクライン社は、パンデミックワクチンを5000万人分WHOへ提供することになった。
 提供の話は、国連、ワクチンメーカー及び他の保健専門家達との間で、パンデミックワクチンを途上国にどのようなやり方で提供するかについての、話し合いの中で提案された。
 しかし提案は最終的にけっていしたわけではない。
 他の製薬企業との間では結論は得られていない。

 グラクソ社は各国と個別にパンデミックワクチン製造の契約を結んでいる。
 英国:6000回分
 ベルギー:1260万回分
 フィンランド:530万回分
 フランス:5000万回分(商談中)

5月19日

WHO: Making swine flu vaccine harder than thought  Yahoo News (国際) WHO:ブタインフルエンザワクチンの製造は予想以上に困難
 WHOChan事務局長と国連事務総長 潘基文が製薬メーカーと会談した結果,ワクチン製造が予想以上に困難であると判明した。
 ジュネーブで開催されているWHO総会でこのインフルエンザ流行について討議されている。
 インフルエンザ専門家によると,ブタインフルエンザワクチンの製造開始は早くて7月中旬になるとWHOは火曜日(19日)に報告した。これまでWHO5月下旬には開始できると考えていた。
 さらに,季節性インフルエンザのワクチンにはブタインフルエンザ予防効果は無いことが明らかにされた。
Swine Flu Is Spreading Quickly in New York city, Mayor Bloomberg Says The Washington Post(アメリカ) ニューヨーク市の豚インフルエンザは急速に拡大している、とブルームバーグ市長が発言
 ニューヨーク市の12校が豚インフルエンザのため閉鎖されたことに伴い、市長のMichael R. Bloomberg氏は豚インフルエンザは市内で急速に感染拡大しており、市はその深刻性を最小限にすることに注力すると月曜に述べた。
彼のこの発表は豚インフルエンザの合併症によりクイーンズ中級学校(4人の児童が豚インフルエンザ感染を確認された)の教頭Mitchell Wiener氏(55歳)が亡くなった次の日になされた。
 月曜日(18日)、第238中級学校(Wiener氏が1978年から勤務していた)の閉ざされたドアの外に、児童たちが花とキャンドルをささげた。
 「先生は第238学校の皆に好かれていました。」と児童のArmeen HamdaniさんはNY1ケーブルテレビに語った。「先生は私たち皆の助けになってくれて、本当にいい人でした。」
 月曜には市内の40もの学校で体調を崩した生徒や職員が見られたが、休校はしていない。クイーンズ地区のほかの中級学校では300人もの欠席者がいる、と教員連盟の広報担当Ron Davis氏は述べた。
市当局は非常に拡大速度が速いものの季節性インフルエンザより致死性が高くはなさそうなこのウイルスの流行を抑えるために奮闘していた。
 「我々の目標はインフルエンザの深刻な合併症を起こす人々の数を減らすことである。」と市の元保健担当でありCDCの長に任命されたThomas R. Frieden氏は述べた。彼の代わりにThomas A. Farley氏が就任することが月曜に表明された。
 ニューヨーカーに対する公式アドバイスの変化として、Frieden氏は糖尿病や喘息、肺気腫の持病がある人でインフルエンザにさらされた(感染の可能性がある)人たちは抗インフルエンザ薬を予防的に使うべきかどうかを医師に相談するように強く求めた。
 彼のアドバイスは、H1N1ウイルスに対する予防的措置を話し合うジュネーブでの世界的集まりに参加している保健相として発せられたものだった。
 WHOの年次会議において、英国や、日本、他のいくつかの国はパンデミック宣言の条件を変えるよう求めていると報じられた。WHOはウイルスの拡散速度だけでなくその致死性についても考慮に入れるべきだと当局者は述べた。
 しかしWHOのマーガレット・チャン氏はウイルスの致死性は国によって異なると述べた。H1N1ウイルスは特に致死性が高いというわけではないが、「嵐の前の静けさ」である可能性があるとも語った。
 WHOによれば、世界中40カ国において8829件の感染確定例と74件の死亡例が報告されている。死亡例のうち68件はメキシコでの例である。アメリカでは5000件以上の豚インフルエンザ感染例が確認されており、5人が亡くなった。
 18日月曜、亡くなったWiener教頭の学校をもっと早く閉鎖しておくべきではなかったかとの問いに答えたニューヨーク市長は、病気の拡大を防ぐ最善の方法はすべての学校を1ヶ月休校にして学校外の子供同士の交流を禁止することだが、「実際はそのようなことはできない」と語った。
 15日金曜日、亡くなったWiener氏の妻であり同校の教師でもあるBonnie Wiener氏はこう述べた。
 「ニューヨークの子供たちを教育することが私たちの使命であることは分かっています。でも、なにかがしっくりこないのです。」

MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2009 May 15;58(18):497-500

米国で5/10までに20例の妊婦患者報告(確定例15,可能性例5)があり,3例が入院し,内1例が死亡した。これまでに得られた情報に基づいて,勧告は次の通りである。


* 妊婦の場合は,H1N1インフルエンザ感染確定例,可能性例,疑い例の何れの場合もタミフルを5日間投与する。

* 治療はなるべく早く開始する。症状が出始めてから48時間以上が経過していても投与する。

*アセトアミノフェンも同時に投与する。発熱は母体,胎児に悪影響を及ぼす。

* H1N1インフルエンザ感染確定例,可能性例,疑い例と妊婦が濃厚接触した場合には,妊婦に予防的にタミフルまたはリレンザを10日間投与する。

Swine Flu Fatality Rate a 'Little Bit' Higher Than That of Seasonal Flu HealthDay(アメリカ)
 豚インフルエンザの死亡率は季節性インフルエンザの死亡率より「ほんの少し」高い、ただし米国保健省は豚インフルエンザは通常インフルエンザと同じ程度の危険性であると発表。
 豚インフルエンザのほとんどの症例が季節性インフルエンザと同様である状況だが、H1N1新型インフルエンザの死亡率は季節性インフルエンザのそれよりも少し高い、と米国保健省は18日月曜に発表した。
 「現時点での我々の推測では豚インフルエンザの死亡「率」は季節性インフルエンザより少し高いようだが、必ずしも持続的に高いとはいえない。」とCDCのアンシュチャット博士は昼の電話会議で述べた。
 これに加えて、幼児と高齢者が感染しやすい季節性インフルエンザとは異なり、H1N1新型インフルエンザに感染しているのは多くが子供、ティーンエイジャー、若者であり、若者の入院が増えているとシュチャット氏は述べた。
 「我々が追跡調査している入院例には、若者の間で入院が起きているという不均衡が見られる。」と同氏は述べた。「20歳以下の若者が入院を必要とし、ICUに入る者もいるというのはとても異常な事態だ。」
 シュチャット氏は豚インフルエンザの拡大は収束するには程遠く、夏季にも継続する可能性があると付け加えた。
 「我々が(このウイルスは収束しつつあると)聞いていたにもかかわらず、H1N1ウイルスは去りつつあるものではない。」
 夏の暑さと湿気がインフルエンザの拡散を少しは抑制するだろうとシュチャット氏は述べた。
 「単に可能性がある、というだけで、予言しているわけではない。ほとんど毎年、季節性インフルエンザウイルスは夏の間は蔓延しにくいものだ。しかしこのH1N1ウイルスに関してはこの夏流行するのかどうかは私たちには分からない。」
 17日日曜の夜、ニューヨーク市の公立学校の教頭が豚インフルエンザによる米国6例目の死者になった。
 同日、保健当局は死亡例が出ても不思議はないと発表した。季節性インフルエンザによってもアメリカでは毎年3万6千人の死亡者が出ているし、豚インフルエンザの症状は軽く、他の大多数の感染者は早く完全に治癒している。
 亡くなったMitchell Wiener教頭はクイーンズの中級学校に勤務しており、基礎疾患があったため豚インフルエンザの合併症の原因になったのではないかと言われている。家族によれは彼は通風であったが、薬の服用によって症状は良くコントロールされていたとニューヨークタイムズ紙は報じた。
 先週金曜にオバマ大統領からCDCを率いるよう命じられたニューヨーク市保健担当のThomas R. Frieden氏は、「ニューヨーク市の多くの地区で現在豚インフルエンザの流行を確認している」と述べたが「豚インフルエンザが、季節性インフルエンザよりも危険だとする要素は今のところ何もない。我々は毎年流行する季節性インフルエンザでも市民が約1000人は亡くなっているということを忘れてはならない」と付け加えた、とタイムズ紙は報じた。
 Wienwe氏の死の数時間前、市当局はクイーンズの学校をさらに5校閉鎖することに決定した。Wiener氏の勤務校も豚インフルエンザの関係で現在閉鎖中の8校のうちのひとつである、とCNNは報じた。
 18日月曜日、CDCはアメリカ48州で5123件の感染例と6件の死亡例が確認されていると発表した。ほとんどの場合症状は軽く、回復は早い。
 WHOの月曜の発表によれば、世界の39カ国で8480件の感染確定例と75件の死亡例が確認されている。死者のほとんどはこの流行の震源地であるメキシコでの例。
 CDCの調査によれば豚インフルエンザは良く知られた抗インフルエンザ薬、タミフルとリレンザが今も効果的である。
 今回の豚インフルエンザは豚、鳥、人間のインフルエンザウイルスのかなり珍しい混合体である。専門家はもしこの新しいウイルスが変異してしまうと、感染から身を守る免疫が限られてしまうと危惧している。
 CDCは、これからインフルエンザシーズンに入る南半球でこのウイルスに何が起きるかに関心を寄せている。秋以降、北半球にまたこのウイルスが戻ってくるであろうと予想して準備中である。
 WHOは18日月曜日にジュネーブで年次会議を開催し、豚インフルエンザとワクチン作成の可能性について話し合ったとAPが報じた。
 WHOのマーガレット・チャン氏はどの会社がワクチンを作るか、どれくらいの量を作るのか、どのような分配が最適であるかについて専門家の意見を確認したと報じられた。
 結論を出すことを難しくしている要因のひとつは、ほとんどのワクチン製造会社は季節性インフルエンザワクチンとパンデミックワクチンを同時に製造するとなると限られた量しか生産できず、同時に生産することができないということである。両方のワクチンを大量に作る製造能力も足りない。
 WHOは最初のワクチン製造まで4から6ヶ月かかるが、1年に20億人分の豚インフルエンザワクチンを製造できると見積もっている。
 APが伝えたところによると、18日月曜には、スペイン、英国、そして特に日本(130人以上の患者が確認され、ほとんどがティーンエイジャーである。200校以上の学校閉鎖、イベント中止が実施された)での感染が新たに確認された。新しい感染例のほとんどが国内感染、つまり最近の海外渡航歴がないにもかかわらず感染した人たちである。
 15日金曜日には米国保健省が国内での豚インフルエンザ感染は10万人以上になるだろうと発表した。
CDCのインフルエンザ担当Daniel Jernigan氏は「現時点では、米国内の感染確定例、疑い例の見積もりを出すことは指 標として最適ではない。流行は地域限定されたものではなく米国内全域に広がっているように見える。これは現在進行中の公衆衛生危機である。」と述べた。
 豚インフルエンザに感染する可能性のある人数を見積もることは困難である、とJernigan氏は述べた。「しかし、もし見積もらなくてはならないとしたら、我々が現在目にしている状況からすると最大10万人の感染、ということになるだろう。」
 Jernigan氏は米国内には総じてもっと多くの感染例がいるように見える、と述べた。季節性インフルエンザの感染者もH1N1豚インフルエンザの感染者も、普段の年のこの時期に目にする数よりも多いようだ。(TA)

Nations urge WHO to change criteria for pandemic OneNewsNow  (国際) 各国、WHOにパンデミックの定義の変更を求める
 世界各国はWHOにパンデミックの定義を、ウイルスの世界での広がりを基準に考えるのではなく、その致死力の程度を考慮に入れるべきであると要求した。

 ブタインフルのパンデミック宣言は集団のパニックと、経済的恐慌につながる、英国、日本、中国、他の国がWHOに、警報の引き上げには十分注意するように求めた。ウイルスは現在のところ病原性は低いと思われているにも関わらず、パンデミック宣言により、ワクチンの選択変更等、経済的にも、また危険性の高い決定を余儀なくされる。

 18日、公式にはフェーズの引き上げは無かったが、WHOは各国の意見に耳を傾けたいと言っている。
 「我々はフェーズ6への引き上げには柔軟性をもって考慮することを要求する」、と英国保健省長官のアラン・ジョンソン氏は、チャン事務局長に伝えた。
 事務局長は、現在ウイルスの致死力は低いが(76/8829)、人類にとって非常に大きな脅威を内在させていると警告した。
 「このウイルスは楽観的になれる期間を我々に与えてくれているが、この楽観がいつまで続けることが出来るか、我々は判断出来ない」
 「誰も、これが単に嵐の前の静けさかどうかも判断できない」

 チリは確定例を1人追加し、合計40人となった。
 日本は4日間で130人の確定例を報告したが、ほとんどは海外渡航歴のない高校生である。
 スペインと英国は、ヨーロッパでも多くの感染者を報告していて、それぞれ103人と101人となっている。

 パンデミック宣言は高度の経済的ダメージを起こす恐れがあり、また保健医療システムの維持を困難にする可能性が高い。エジプトでは最近、ブタは感染源ではないにも関わらず大量のブタが処分されている。

 メキシコは流行により多数の死者をだし、数日間の経済的活動の停止を行ったが、WHOにパンデミック宣言の指標を再考慮するように求めた。
 「人々はフェーズ4、5、または6の意味を良く理解していない。もしフェーズ6に引きあげられたら、事態は悪化していると考える」、とメキシコ保健相のゴルドバ氏は記者会見で語った。

 米国社会保健福祉長官のカセリーン・セベリウス女史はAP記者に、WHOがフェーズを引き上げる前にその理由を十分説明するように求めたという、同女史によると他の多くの国も、そうした考えを支持したといる。
 同女史は会議でのスピーチで、いまだ世界中で毎日、貧困が理由や、予防可能な疾病で26000人の小児が死亡していると語り、ブタインフルは、それだけの被害を呈する程の重要問題とはなっていないち語った。

 現在、ウイルスの毒性は低い。しかし、研究者達は重症型の多くが若年者で起きていることを警戒しているが、インフルエンザ自体は通常、乳児や高齢者で最も危険性があるものではある。

 チャン事務局長は、ウイルスがH5N1を含む、他のインフルエンザウイルスと遺伝子組み換えを起こすことを恐れている。
 パンデミックワクチンの製造開始の指令はまだ出されてないが、各国が備蓄中の抗インフルエンザ薬を賢明に利用することが必要であると、チャン事務局長は語っている。
 「投与対象者の基準を厳格に決めないで、この貴重な薬を浪費することは絶対避けなければならない」、事務局長は強調している。
 19日にチャン事務局長とバン・キムン国連事務総長は、製薬企業の代表と会い、ワクチン製造問題に関して意見交換を行う。製薬企業名は明らかにされてないが、サノフィ・アベンティス、グラクソスミスクライン、バクスター・インターナショナルが含まれていると考えられる。
 討議のテーマは、どの程度の期間でワクチン製造が可能で、また各国にどの程度提供が可能かということである。
 英国を含む多くの国は既に製造契約を各社と結んでいる。それは貧しい途上国が購入することが難しい事態を招いている。
5月18日


Egyptian girl dies of bird flu virus  Reuters AlertNet  (英国) エジプトで、H5N1鳥インフルエンザにより少女死亡
 4歳のエジプト人少女が高病原性H5N1鳥インフルエンザに感染し、死亡したことが18日月曜に明らかになった。エジプト国営報道機関MENAの発表である。
 Daqahlia省のNile Delta地方出身のこの少女はエジプトでの鳥インフルエンザの人への感染72例目で、27人目の死亡例となった。(TA)
W.H.O. May Raise Alert Level as Swine Flu Cases Leap in Japan The NewYork Times (アメリカ) WHOが日本での豚インフルエンザの急激な拡大をうけて警戒水準を引き上げる可能性も
 日本での豚インフルエンザ感染確定数は今週末急激に増加し、WHOがパンデミック警戒水準を6に引き上げる可能性が出てきた。
 17日日曜日にクイーンズにある学校の教頭が豚インフルエンザで入院の末に亡くなり、米国6例目、ニューヨーク州では初の死者となった。

 日本では、神戸市と大阪市の市内および近辺の1千校以上の学校、幼稚園を閉鎖するよう要請した。東京には感染確定例は出ていない。
 金曜日までは、日本は北米に渡航歴のある4人の感染者が発見されただけで、ウイルスは防御されていると考えていた。感染者と他50名の搭乗者を隔離し、医療関係者を北米からのすべての便に配置して乗客の体温を測り、毎日体温を記録するよう求めた。
 しかし16日土曜日、政府は海外渡航暦のない神戸の17歳の学生が感染していると確認した。月曜昼までに少なくとも121例の感染者が日本中で出ている。

 神戸の住人たちは病院へ押しかけた。そこでは防護服に身を包んだ医師たちが駐車場に建てたテントの中で人々の体温を測っていたとAFPは伝えた。運輸関係者やスーパーの従業員はマスクを着けだした。
 日本は公衆衛生界でも良く知られたインフルエンザに特に神経質な国である。人口は高齢化しており、清潔への執着心のものすごさの前ではあのスイスでさえ散らかって見えるほどだ。
 マスクは地下鉄ではよく目にするものである。もしくしゃみをする人がマスクをしていなければ無礼だとみなされるからである。先週この流行が始まる前まで、日本は抗ウイルス剤タミフルの世界備蓄の60パーセントを使用していた。
 もしWHOが、(日本の)地域内での持続的な感染を確認したら(それは北アメリカへの渡航歴と無関係な人々の間での感染、ということだが)パンデミック警戒水準をフェイズ6に引き上げることが予想される。日本はWHOの米州地区外だからである。
 警戒水準は、定義的にはウイルスの致死性の高さではなく感染の広がりを基準としたものである。
 致死率は国によって異なり、ウイルスの変異や各国の準備の違い、その国の人々が他にどんな病気を持っているか、などの要因に左右される。

 トルコ、インド、チリにおいても週末にかけて豚インフルエンザの初の感染例が確認された。
 トルコの患者はイラクに向かう途中のアメリカ人であり、インドの患者はニューヨークからハイデラバードに到着した23歳のやはりアメリカ人であった。チリ当局は2人の市民(25歳と32歳の女性)が
 ドミニカ共和国への旅行から帰ってきた後に豚インフルエンザの感染が確認されたと発表した。

 日曜遅くに、香港で3例目の感染が確認された。アメリカに留学していた中国南部出身の23歳男性である。彼は土曜にキャセイパシフィック航空ニューヨーク発831便で香港に到着した。

 香港保健当局の発表によれば患者の男性は飛行機内ですでに発熱しており、飛行機を降りてから空港のサーマルスキャナーで発熱を指摘された。当局は彼をプリンセスマーガレット病院に隔離し、同便に搭乗していた乗客に検査のため名乗り出るように命じた。日曜夜までに、22名の乗客と乗員が香港郊外のキャンプに隔離された。

 香港で初の患者が確認されたのは5月1日のことであり、数百名の旅行者とホテルの客を隔離するという結果になった。2例目は先週確認された。(TA)
Swine flu to close 3 more schools in NYC, total 9 Yahoo News(国際) 豚インフルエンザによるニューヨーク市の学校閉鎖、3校増で9校に
 ニューヨーク市の学校が豚インフルエンザのため新たに3校休校になり、現在の総数9に増加した。
保健当局によれば公立学校2校とカソリックスクール1校が月曜から最大5日間休校になるということだ。すべてクイーンズの学校で、先週生徒たちがインフルエンザ様症状を呈していた。
他の6校では数百名が豚インフルエンザと思われる症状を訴え、先週休校になった。そのうち1校の教頭は今も危篤状態である。
 ニューヨーク市内での最初の豚インフルエンザ流行は約3週間前。クイーンズのカソリックスクールで、流行の震源地メキシコでの休暇を終えて帰国した数名に続いて1000人以上が体調を崩した。(TA)
Today at world swine flu summit: debate about a vaccine Houston Chronicle  (米国) WHO、ブタインフル・サミットを開催、ワクチン製造に関して、討議、

Teenage swine flu explosion in Japan Stuff.co.nz - (米国) 日本で十代の子供達でブタインフルが爆発的に発生
 WHOは、スペイン、英国、日本に於けるブタインフルの拡大状況を詳細に監視している。日本では1日に70人を超える患者が見つかり、そのほとんどがティーンエイジャーである。
 ブタインフルはWHOの年次総会で取り上げられる主要議題と考えられる。総会は18日から5日間の予定で開かれる。加盟国193ヶ国のから代表が集まる。
 チャン事務局長は、専門家達のワクチン製造の勧奨について、参加国代表に説明する予定だ。
 製薬企業はワクチン製造開始態勢に入っているが、多くの決定しなければならない課題は残されている。製造量、どのように配布するか、誰が接種を受けるか。
 専門家達の中には、ワクチン製造を行うことには問題はないと言う意見が多いが、WHOは参加国メンバーと意見交換を望んでいる。
 17日、WHOの発表によると、世界で発病者数は39ヶ国で8480人となり、死者は75人、そのほとんどがメキシコとなっている。
 日本の厚労省は17日、数十人の新しい感染者が派生したことを伝え、自治体が休校や神戸祭り等の公的行事の中止に踏み切った。
 17日夜の時点で日本の感染者数は5人から一気に78人となった。多くは渡航歴のない高校生である。
 ほとんどは西部地域の兵庫県と大阪府の高校生であるが、発病者は病院か自宅で軽快している。
 発生した府県の税関職員やレストラン従業員、駅の職員は、一斉にマスクを着用しだした。
 「我々は地域でどの程度ウイルスが拡大しているか分かっていない。感染ルートを絶つことと、拡大防止の為に最大限の努力をしたい」、と川村官房長官が語った。
 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、国内での感染率がフェーズを引き上げる基準となると語り、現在英国とスペインの状況を注視していると語った。さらにこの2,3日、日本でも患者数が急速に増え始めていて、WHOは警戒していると付け加えた。
H1N1 flu spread in North America may extend into summer CP24, Canada  (カナダ) 北米のH1N1インフルエンザは夏にも拡大する可能性も
 北米のH1N1インフルエンザは夏に入っても勢いは衰えないのでは無いかという意見が、始めて何人かの保健担当者から言われ出した。
 この新型ウイルスは夏場に入っても感染を拡大する可能性があり、その性格は季節インフルエンザとは異なるのではないかという。
 ミシガン大学の公衆衛生学部のインフルエンザ専門家であるアーノルド・モント博士は、
 「心配している。どれだけの量のウイルスが拡大を広げているのか知りたい。自分はそれが間もなく消え去るとは確信出来ていない。
 「学校が閉鎖されるとウイルスの感染拡大は衰えるだろう。しかし米国での感染は増加してゆくと思うし、カナダでは他の人々が思っている以上に感染者は増えてゆくと思う。感染は国外から持ち込んできた人々の周辺で起きているのではなく、感染の輪は広く広がっているのだ」。
5月17日


12 Swine flu cases confirmed at Travis Elem. Chron.com (アメリカ) テキサス州の小学校で豚インフルエンザ感染が12例確定、休校に
 ヒューストンの小学校で12名の豚インフルエンザ感染確定者が確認され、同校は休校になった。テキサス州では同一地区で最大の流行となった。
 ヒューストン独立学校区は15日金曜にTravis小学校を5月26日まで休校にすることを発表した。水曜から広がりだした病気の一因が豚インフルエンザだという結果が出たためである。
 金曜日(15日)には400人近い児童が欠席した。多くは具合が悪いため、もしくは親が感染を恐れて欠席させたためである。
 「もっとも賢明な選択が休校だった。」と同独立学校区のNorm Uhi氏は述べた。
 市の保健担当Kathy Barton氏はもっと多くの児童が実際は感染しているだろうと語った。
 ヒューストン保健当局がこの流行らしきものに気がついたのは水曜日の夕方であった。86人の児童(多くは3年生)が欠席、あるいは早退したという知らせを受けたのである。症状は発熱と腹痛など。
 木曜までに欠席児童数は242にまで増加した。病気のためだけでなく、感染を恐れての欠席も多数あった。
 症状が広範囲で感染源が特定でいないままあまりにも早く広まったため、当初学校側も保健当局も豚インフルエンザの可能性には懐疑的であった。
欧州医薬品庁がタミフルの使用期限延長を承認  pharmtech.com  期限切れの抗インフルエンザ薬を捨てないで!
 欧州医薬品庁(EMEA)は,ブタインフルエンザ流行で抗インフルエンザ薬が不足する事態を考慮してタミフルカプセルの使用期限を2年延長することを承認した。対象となるのはタミフル75mg(日本で承認されているのはこれ),45mg,30mgの各カプセルで,5年の使用期限が7年になる。
 EMEAの医薬品委員会(CHMP)によると,インフルエンザ治療薬には2種類あり,一つはアマンタジンとrimantadine(日本では発売されていない)のグループ,もう一つがノイラミニダーゼ阻害薬グループのタミフルとリレンザだ。メキシコと米国で見つかったブタインフルエンザにはアマンタジンとrimantadineは効かないとされる。EMEAは製薬会社や専門家と協力して,有効な抗ウイルスエンザ薬の不足を防ぐために使用期限が切れたあるいは切れそうなタミフルとリレンザの安全性について検討した。タミフルの不足が最も懸念されている。
 今回の使用期限延長は小児用(日本では小児用ドライシロップがある)には適用されない。CHMPは今後,1歳未満の乳児,妊婦,授乳婦に対するタミフル投与について検討する予定だが,緊急の場合はこれら患者らに使用するガイドラインを作成した。投与対象年齢5歳以上となっているリレンザについても検討中だが,パンデミックになった場合は妊婦に使用しても良いと既に認識されている。
 CHMPは保存状態がタミフルの安定性には重要で,カプセルの入った箱は25℃以下で保存しなければならない。
以下省略

WHO Says New H1N1 Virus Did Not Come From A Lab Medical News TODAY (英国) WHOがH1N1新型インフルエンザウイルスの研究室由来説を否定
 WHOはオーストラリアのウイルス学者Adrian Gibbs氏が提案したA/H1N1インフルエンザウイルスは研究室で偶然作られた、とする説を否定した。自然発生したウイルスであるという証拠が認められた、と述べた。
 Gibbs氏の仮説は、発表予定の研究を同氏がWHOに提出したことから世界に広く報道された。40年の経験を持つ75歳のこのウイルス学者は、現在は引退しているものの初期の抗インフルエンザ薬の開発研究に携わった「信頼のおける科学者」であるとWHOは表現した。
 WHOのケイジフクダ氏は木曜の記者会見において、A/H1N1インフルエンザの遺伝子配列を分析し、現在流行中のウイルスが研究室由来であると主張する科学者から連絡を受けた、と述べた。
研究者の名前は明らかにされなかったが、この科学者はインフルエンザウイルスについて研究している人物ではなくWHOのデータベースで遺伝子配列を参照し、独自に分析を重ねた人物だと同氏は発表した。
 「仮説にも、それを発表した科学者にも信憑性があったために、我々はこれを非常に真剣に受け取った。」とフクダ氏は述べた。
 WHOは世界5都市の協力施設と科学者にこの研究の検討を依頼した。豚に関係するウイルスであるためにFAQ(国連食料農業機関)とOIE(国連獣疫事務局)の専門家にも意見を求めた。
 人インフルエンザウイルス学者と動物インフルエンザウイルス学者の間で大きな議論が起こった。しかしこの仮説は「これは自然発生したウイルスであり研究室由来ではない、という証拠がある」ことにくわえ「良く吟味されていない」ものであった、とフクダ氏は述べた。
New flu cases climb among Japan high school students  Reuters (国際) 日本の高校生で新型インフルエンザ感染者が急増
 日本の高校生のH1N1インフルエンザ感染者は17人に、17日増加した。しかしメディアによると、高校生達が発病した近くの都市の高校でも発病者が出ている可能性があるという。
 多くの高校生は神戸と大阪の高校に通っている。
 WHOは17日、日本の状況を詳細にモニターしていると言う。
 WHOは4月29日にフェーズをとに引き上げたが、北米以外で感染者が増加している状況が確認されるとフェーズ6に引き上げられる可能性も出てくる。

China confirms third swine flu case INQUIER.net(フィリピン) 中国本土で3例目の豚インフルエンザ感染確定 首都北京で初。
 16日土曜遅くに中国で3例目の豚インフルエンザ感染確定例が北京で確認された。
 新華社によれば18歳女性。アメリカニューヨーク州に留学しており、11日月曜日にコンチネンタルエアラインC089便で北京に到着、母親と一緒に帰宅した。12日火曜の昼にインフルエンザ様症状を呈して以来外出しておらず、誰とも会っていない。14日木曜日に北京大学第一病院の発熱外来を受診した。

Japan confirms 1st swine flu caught inside country USA TODAY (アメリカ) 豚インフルエンザ、日本国内で初の感染確認
 16日土曜、日本国内で初の豚インフルエンザ感染が確認された。島国国家の大規模な水際作戦は失敗に終わった。
政府は港町神戸の学校に閉鎖を命じた。厚生労働省によって豚インフルエンザ感染が確認された男子高校生の通う学校である。この豚インフルエンザはメキシコを始め世界で70名以上の死者を出した。日本で今までに感染が確認されたほかの例とは違って、この男子生徒は最近海外に行ってはいない。
 最近海外に出た同じ学校に通う生徒2人も感染を疑われていた。地方自治体が行った検査では陽性だったが、当局は国立研究所の検査結果を待っていると述べた。
 3人全員が東京から西に270マイル離れた神戸の医療施設で回復中である。氏名等は公開されていない。
日本での感染確定例は合計5例である。はじめの4例はカナダへの修学旅行から帰ってきた高校生3人と教員1人。成田空港で発見された。厚生労働省はこの学校の所在地を明かさなかった。
 H1N1豚インフルエンザウイルスは人類が免疫を持っていない新しいウイルスである。保健当局は数百万人に感染するパンデミックの危険性を警告していた。
 日本は今までは島国という地の利を生かしてウイルスが国内に入ることを食い止めようとしていた。
医療スタッフがすべての国際空港に配置された。医師たちはマスクと防護服に身を包み、入国前に機内で乗客の検査を行っていた。
 しかし専門家はこのインフルエンザは症状が出るまで5~7日と長い潜伏期間があるようだと指摘していた。
厚生労働大臣ヨウイチ・マスゾエ氏は東京から保健当局者を派遣して、生徒(咳や咽頭痛があるものの回復中である)の間での感染の広がりを調査すると発表した。
 マスゾエ氏は神戸の学校は7日間休校措置にして、更なる感染を防止すると全国放送で呼びかけた。人々の冷静な対応を強く求めた。
 「市民にとって現時点でもっとも大切なことは正確な情報に基づいた冷静な行動をとることだ。」と同氏は述べた。
WHOの発表によれば、世界30カ国以上(主にアメリカとメキシコ)で7520名の人々がこのウイルスに感染している。
Canada maps sequence of flu virus in Alberta swine トロント発ロイター  カナダ、アルバータ州で感染した、ブタのインフルエンザA(H1N1)ウイルスの遺伝子地図を作成、公開

 カナダ人科学者が、アルバータ州西部で豚の群れを感染させ、世界中の人々の間で感染が確認されているH1N1ウィルスの、完全な遺伝子配列を写像した。
 金曜(16日)の晩に発表された声明で、カナダのFood Inspection Agencyは、彼らの仕事は科学者たちがこのウィルスをよりよく理解する手助けになるだろうと述べた。それには、どのように動物に影響するかという面も含まれる。
 先月ウィルスの出現が確認されて以来、66人の死亡例を含む8,400の人間の症例が確認されている。科学者たちが当初豚インフルエンザと呼んだこの疾病は、メキシコで始まったように思われる。
 カナダでは約500のH1N1感染例がある。ヒトから動物への伝播という非常に珍しいケースとして豚の群れも感染した。カナダ人科学者が写像したのはこの、豚を感染させたウィルスである。
 「研究者たちは現在、どうやってH1N1インフルエンザウィルスが豚にどう影響するのかということに研究の焦点を合わせている」と政府機関は述べた。
 「より多くの研究が必要だが、初期の観察では、感染動物は病気になっても自然に回復しているということを示唆している。豚の群れが一般的に見られるインフルエンザに暴露された場合と同様である」
 声明は、カナダは今後のサーベイランスとウィルス検出の助けとなるように、研究結果を他国及び国際的な研究機関と共有すると述べている。
 「現在進行中のCFIAリサーチは、他の動物もまたこのウィルスに影響されやすいかどうかを調べている。ここで得られる情報は、病気の予防と拡大防止対策をより的確なものにするために役立てられるだろう」と声明は示した。
 「現在用いられているワクチンの有効性を算定する研究、より正確でより早い診断法を開発するための研究もまた進行中である」
 H1N1ウィルスの拡大は、WHOが、パンデミック発生が差し迫っていると宣言する段階に来ている。 
 4月29日に、WHOは、パンデミックアラートを6直前の5まで上げている。

Rikers Island inmate ill with swine flu in NYC Yahoo News (国際) ニューヨーク市ライカー刑務所の受刑者が豚インフルエンザ感染
 ニューヨーク市ライカー刑務所の受刑者が豚インフルエンザに感染した。
 市更正局(?)のStephen Morello氏によれば、この受刑者は13日水曜日に咳や発熱の症状を訴えクイーンズの病院に送られた。15日金曜日に豚インフルエンザと診断された。患者の状態は重症ではない。
 同氏はこの受刑者は1ヶ月前に投獄されたと発表した。罪名は明らかにされていない。更生局では患者と接触のあった70名の受刑者の検査を行ったが感染者はいなかった。
豚 インフルエンザの感染が確認されたクイーンズの学校の教頭は現在も入院中で危篤である。Mitchel Wiener氏は豚インフルエンザの流行を受けて今週閉鎖になった6校のうちの1校に勤務していた。
Rikers Island inmate ill with swine flu in NYC Yahoo News (国際) ニューヨーク市ライカー刑務所の受刑者が豚インフルエンザ感染
 ニューヨーク市ライカー刑務所の受刑者が豚インフルエンザに感染した。
 市更正局(?)のStephen Morello氏によれば、この受刑者は13日水曜日に咳や発熱の症状を訴えクイーンズの病院に送られた。15日金曜日に豚インフルエンザと診断された。患者の状態は重症ではない。
 同氏はこの受刑者は1ヶ月前に投獄されたと発表した。罪名は明らかにされていない。更生局では患者と接触のあった70名の受刑者の検査を行ったが感染者はいなかった。
 豚インフルエンザの感染が確認されたクイーンズの学校の教頭は現在も入院中で危篤である。Mitchel Wiener氏は豚インフルエンザの流行を受けて今週閉鎖になった6校のうちの1校に勤務していた。

Schools, events shut in Japan over flu Ninemsn (米国) 日本、ブタインフル発生により、学校、イベント等中止に
 AFP

Health officials gear up for fall flu Branson Daily News (米国、ミズーリー州) 保健当局、秋に向かって対策を強化
 新型ウイルスが世界中で広がっている中、タネイ郡保健局では、秋に到来するかも知れない悪性インフルエンザ大流行に向かって対策を強化し始めた。
 ミズーリー州では15日の時点で19人の感染者が確認されているが、郡では感染者は確認されていない。
 保健局では秋に再来する可能性があると警告している。もし再来したときは、現在よりも悪性化している可能性がある、と言う。
 保健局の責任者は以下のように語っている。
 ウイルスは暑さと乾燥した季節を嫌う。秋は警戒しなければならない。
 専門家達は現在、ワクチンの製造を検討している。
 我々は基本的に秋に備えている。現在何が起きるか予測は出来ない。

Schools, events shut in Japan over flu Brisbane Times (オーストラリア) 日本、ブタインフル発生により、学校、イベント等中止に
 AFP
 日本の神戸では8人の高校生のブタインフル感染が確認され、体調を崩している生徒がさらに増えていることかあ、公共集会の中止や休校が始まっている。
 8人の感染高校生は神戸の西部地域の高校に通っていて、他の9人の疑い例は大阪近くの高校に通っている。
 ウイルスは日本国内に広がっている可能性があり、WHOも調査をする予定と発表している。
 一方、中国では3人目の感染者が確認され、16日保健省から発表された。
 最新のWHOによる世界の感染確認者は8000人を超えた。インドとトルコでも初の感染者が見つかった。
 中国の国営通信である新華社は、先に北京市当局から疑い例とされていた18歳女性、ニューヨークの大学で学ぶ学生が、感染者であることを確認したと、保健省の談話を発表した。
 日本のタロー・アソウ首相は、国内感染の初例である17歳高校生が確認された後、国民に冷静さを呼びかけている。
 「政府は患者や接触者の完全な調査を行っている。政府は感染拡大を阻止するための対策をとっている」、と同首相はは語った。
 しかし、全WHOの高官であり、現在国の新型インフルエンザ対策責任者である、シゲル・オミ氏は、感染は地域で拡大していると語った。
 輸送会社に勤務するレイコ・ハムロさん(42歳)によると、
 「突然、今日から人々はマスクを着用しだした」と、語っている。
 WHOの広報官であるティック・トムソン氏は、ジュネーブでAFPの取材に対して、我々も(日本の状況に)関心を持っているが、何らかの調査が必要と考えている、と語っている。
Mexico's swine flu death toll rises to 68 (3:13 pm) Sun.Star (フィリピン) メキシコ、ブタインフルでの死者数68人に
 AP
 メキシコ政府は2人のブタインフル死者を確認し、同国の死者の総計は68人となった。
 1人は12日に、バヤ・カリフォルニア州で、もう1人は2日にメキシコ市で死亡している。
 保健局では207人の感染が確認され、死者も含めて合計3102人となったと発表。数値は一気に増えたが、これまで未処理の事例があったことからである。
 流行は下火に向かっているとされ、メキシコ当局によると、最初にメキシコが発生を報告した4月23日以後の死者は、わずか5人とされる。
15 new swine flu cases bring Ind. total to 86 Times (米国、インディアナ) インディアナ、新規ブタインフル15例確認。合計86例に。
 インディアナ州保健局は、15例の新規ブタインフル感染者を確認し、合計86例となったと発表した。
 これまで3例が入院しているが、全例回復して退院している。死亡者は出ていない。
5月16日


India confirms first case of H1N1 flu Reuters India (ロイター、インド) インド、初のH1N1インフルエンザ患者を確認
 インド保健省は、同国初のH1N1インフルエンザ患者を南部のヒデラバドで確認したと発表した。
 空港のスクリーニングで見つかり隔離された。
 男性はインド人で、ドバイからハイデラバドに旅行してきた。
 濃厚接触者が隔離され、健康状態をモニターされている。
 
Swine flu NYC School Closing Now At 6 wcbstv.com(アメリカ) ニューヨーク市での豚インフルエンザによる学校閉鎖は6校に増加
 H1N1豚インフルエンザ感染が確認された児童生徒の増加を受けて、さらに3校の学校閉鎖が15日金曜に行われた。ニューヨーク市での最新の豚インフルエンザ流行により、学校閉鎖はいまや6校にのぼった。
 新たに閉鎖された学校はWilliamsburgの318中級学校、Baysideの74中学校、Flushingの107小学校の3校。
 重症で入院中の一人(最初に閉鎖になった学校の教頭)以外は軽い症状である。
 市保健担当のThomas Frieden氏は豚インフルエンザの流行が再燃していると述べた。
 「ここ数日の流行は季節性インフルエンザのそれよりも急速であると感じる。なぜそうなのかは分からない。」(TA)

CDC eases Mexico travel warning  ワシントン発ロイター、 米国CDC、メキシコ渡航警報を引き下げに
米国保健省職員は、金曜日、メキシコへの渡航制限緩和を発表した際に、全米でおそらく10万人が新型インフルエンザに感染したと思われると述べた。 また、テキサス州保健局は、金曜日(15日)にコープス・クリスティ在住の男性がH1N1に感染して死亡したと報告した。
 米国での死者数はこれで5人になった。
 米国CDCは、少なくとも10万人のアメリカ人がウィルスに感染したと見積もった。症状は概ね季節性インフルエンザと同程度である。 CDCはH1N1確認症例及び可能性例として計4,714の症例を報告している。

 同機関のマーチン・シトロン博士は、政府機関はメキシコへの渡航制限を注意情報レベル(インフルエンザから合併症を引き起こす危険のあるハイリスク群の人々に対する)に引き下げる予定であると述べた。 シトロン博士は電話取材に答えて「CDCはメキシコへの渡航制限を現在の第4レベル、即ち不要不急のメキシコ旅行を延期するよう要請するレベルから引き下げるだろう。注意情報レベルになると思われる」と語った。
  「米国での入院例では、元々インフルエンザにかかった場合のリスクを高めるような何らかの疾患を持っていた人の割合が非常に高い。我々が出す注意情報の内容は、特に、そうした人たち及び彼らを診察する医療関係者に、実行可能で合理的な特定のアドバイスを与えるものになるだろう」
  このウィルスの症状は季節性インフルエンザに非常に似通っている。拡大は早いがほとんどの場合症状は軽い。しかし一部の人々には重症化する危険がある。

パターンの観察

  CDCは現在あらゆる疑似患者が確定診断テストを受けているわけではないと注意した。患者の数を数えるより疾病のパターンを観察する方が有益だからだ。 WHOは全世界で7,500の症例を確認しているが、その多数が合衆国とメキシコで発生している。
  「例年、米国人口の7~10%、2,100万人から3,000万人が季節性インフルエンザに罹患する」と、CDCのDan Jernigan博士は記者会見で述べた。
  「新型感染者数を見積もれと言われたら、私は、インフルエンザ様疾患の広がりからして、恐らく100,000人以上であると答えるだろう」
 Jernigan博士は、確認するにはより多くのデータが必要だがと付け加えた上で、このように語った。
 Jernigan博士は、メキシコで新しいH1N1ウィルスが発見されたという報告(新型H1N1ウィルスと季節性インフルエンザウィルスの混合)については、確認が出来ないと述べた。
 「その件について複数の報告は聞いているが、私は、詳細に関して直接は情報を得ていない。現在メキシコから情報を集めているので、もっと詳しいことが判れば皆さんにもお知らせ出来るだろう」と博士は語った。
 WHOは、15日朝、最悪の時代はまだ過ぎ去ってはいないと言い、H1N1が軽い症状しか引き起こさないから大丈夫だという誤った感覚を持ってはならないと警告した。
 マーガレット・チャン事務局長は、このウィルスが東南アジアに拡大してゆく過程で(H5N1と)重大な遺伝子組み換えを起こす可能性は「非常に大きな不確実性」として継続していると述べた。 しかし同事務局長はは国連機関がパンデミックレベルを6に上げるかどうかは明言しなかった。これは、継続的なヒトーヒト感染が北米以外で確認されるかどうかにかかっている。

Turkey confirms first case of H1N1 flu: news agency  イスタンブール発ロイター トルコで新規H1N1インフルエンザが確認
  トルコ保健当局は国内発の豚インフルエンザの症例を確認した。患者は合衆国からの旅行者である。国営アナトリア通信が土曜日に伝えた。 この男性はアムステルダム経由のフライトで合衆国から入国し、イラクに向かう途中イスタンブールのアチャチュルク空港に到着した後、H1N1の症状が出た。保健相の談話を引用して伝えた。 談話は東部標準時午前3時に発表された。

More Than 100000 Americans May Have Swine Flu: CDC EmpowHer (米国) 米国CDC、米国内で感染者は10万人以上と推定

米の感染、10万人以上か 保健当局医師、初の推計 北海道新聞
 ワシントン15日共同】米疾病対策センター(CDC)のダニエル・ジャーニガン医師は15日の記者会見で、米国内の新型インフルエンザの感染実態について「あえて推計すれば、発症者の広がり具合からみて10万人以上だ」との見解を示した。
 検査で判明した感染者数以外に、米保健当局が感染実態の推計を明らかにしたのは初めて。米国で新型インフルエンザが水面下で季節性インフルエンザ並みにまん延している可能性を指摘した。
 CDCの15日付の集計では、感染が確認された人と感染がほぼ確実な人の合計が46州と首都ワシントンで計4714人。症状があっても病院に行かず、検査を受けない人も多いため「確認数は氷山の一角」としていた。
 一方、米テキサス州の保健当局は15日、先週末に死亡した30代の男性から新型インフルエンザウイルスを検出したと発表した。感染に伴う米国の死者は5人目。

US swine flu death tool up to five Yahoo News (国際) アメリカで豚インフルエンザによる5人目の死者
 米国保健当局は金曜日に、国内の豚インフルエンザによる死者数が5人に上がったと発表した。国内での感染確認者は4714名に上る。
 まずアリゾナでH1N1ウイルスによる死者が出たというニュースで死者数は3から4に上がった。次にテキサス州コーパスクリスティの30代の若者が基礎疾患から来る合併症により亡くなったと当局が伝えた。
 CDCによれば全米47州で感染が確認されている。
 米国最初の2人の犠牲者もテキサスで確認された。親戚を訪問中のメキシコ人幼児と30代女性、いずれも基礎疾患があった。
 3人目の死者はワシントン北西部の住民で、やはり30代の男性、慢性心疾患があった。
 ニューヨーク市長の発表によればニューヨーク市内の学校の教頭が豚インフルエンザにより今も危篤である。
 「この学校職員(教頭)の容態は・・・今も変わっていない。危険な状態で入院中だ。」と市長は述べた。
 この教頭が所属する学校を含むクイーンズ地区の3つの学校が金曜から閉鎖されている。

神戸の男性、新型インフルの疑い渡航歴なし、厚労省が再検査へ 日経ネット関西版
 厚生労働省は16日未明、神戸市在住の10代後半の男性が遺伝子検査で豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザで陽性反応となったと発表した。男性については、厚生労働省が新型インフルエンザに感染している可能性があるかどうか再検査を実施する。

 この男性に海外への渡航歴はないが、11日に悪寒を訴え、12日に37.4度の発熱があったため医師の診断を受けた。15日時点でせきなどの症状があるが、体温は36度台で、自宅療養中。12日から抗インフルエンザ薬の「リレンザ」を使用しているという。

 国立感染症研究所に検体を送り、16日午後に判明する予定。厚生労働省は、最近の男性の行動や接触した人について調査を始めている。

 河村建夫官房長官は16日未明、神戸市内に住む男性が新型インフルエンザに感染している疑いがあることについて、陽性が確認されれば、同日午後にも麻生太郎首相を本部長とする新型インフルエンザ対策本部の幹事会を開き、対応を協議する方針を明らかにした。

Swine Flu Closes Three Schools in NYC Kevin Sites in the Hot Zone (米国) ニューヨーク市で、ブタインフルにより3校が休校に
・ニューヨーク市でインフルエンザA(H1N1)発生により3校が休校に。
・アリゾナ州で40代の女性がインフルエンザA(H1N1)の合併症で死亡。米国4人目の死者。他の3人の死者も、元々保有していた慢性疾患の悪化により死亡。
・米国では15日の時点で、47州4714人の感染者。
・WHO発表による世界の感染者は34ヶ国で7520人。

Suspected flu cases in Chiang Mai Nation Multimedia  (タイ) タイ、チョンマイでH1N1インフルエンザ患者が発生疑い
 日本旅行から戻ってきた少年と別な女性が発熱等のインフルエンザ様症状で隔離。検査中。
 少年の家族も発熱したが、微熱ということで退院。

Human nose too cold for bird flu, says new study PhysOrg.com (国際) 新研究、人の鼻腔では鳥インフルウイルスは低温過ぎて増殖出来ない
 H5N1ウイルスを含む鳥インフルエンザウイルスは、人の鼻腔内の温度である32℃では増殖できないが、人のインフルエンザウイルスでは逆に、鳥インフルエンザウイルスが増殖できる鳥の腸内の温度である40℃では増殖できない。
 鳥インフルエンザウイルス 40℃(鳥の腸内温度)で増殖、32℃(人の鼻腔内温度)では増殖できない
 人のインルエンザウイルは逆

 人のウイルスに鳥ウイルス遺伝子を導入して、変異ウイルスを作成すると32℃では増殖出来ない。
 結論:人の新型ウイルスが出来ても、さらに32℃で増殖できるように変異が必要。これがH5N1鳥インフルが、容易に人に感染するようなウイルスに変化出来ない理由。
 ロンドン王立大学とノースカロライナ大学の研究者がPLoS Pathogensに発表。

Egyptian boy contracts bird flu - MENA Reuters (国際) エジプトの男児、H5N1鳥インフル感染
 3歳のエジプト男児が高病原性H5N1鳥インフルウイルスに感染し、アラブで最も人口が多いエジプトで71番目の感染者となったことが、国営通信のMENAから発表された。
 この数日間で2例目の発症者となった。
 保健省の広報官によると、男児はカイロの北方ナイルデルタ地域のマハラ県に住んでいて、家きんに接触後高熱を呈して発症したという。
 タミフルによる治療を受けているが、状態は安定しているとされる。

 *エジプトでは、今年に入って20例目。多くが生存していて、致死率は15%と低い。
5月15日

Swine Flu Outbreak Shuts Down 3 NYC Schools wcbstv.com(アメリカ) 豚インフルエンザ流行でニューヨーク市の3校閉鎖
 Bloomberg市長は金曜(15日)に記者会見を開き、ニューヨーク市の最新の豚インフルエンザ流行に関する情報を提供する予定である。CBS2チャンネルとWCBSTV.comでは11時半からこの様子を生中継する予定。

 最新のH1N1豚インフルエンザウイルス感染確定によって、クイーンズの公立学校3校は金曜付けで閉鎖されることになった。5人が豚インフルエンザ検査陽性となり、多数の児童生徒がインフルエンザ様症状を呈している。
 閉鎖が発表された学校はFlushingのIS-5、HollisのIS-238、CoronaのPS-16である。(校名の略称?)
 重症で入院中なのはSusan B. Anthony中学校の教頭。15日金曜現在、Mitch Weiner教頭は生命維持のため人工呼吸器を使用中。
 「教頭の容態は非常に悪い。」と市長は木曜に述べた。「彼は現在入院中である。回復することを願っている。彼は基礎疾患があったといわれている。」
 市長は木曜夜(14日夜)、知事のDavid Paterson氏とともに記者会見に現れた。彼はH1N1ウイルスという謎の物体についてコメントした。
 「我々はH1N1ウイルスを注意深く監視している。それは異様に多数のインフルエンザ様症状が3校の公立学校で見られているからだ。」市長は木曜夜、休校決定のニュースが公になってからこのように述べた。
 「先月の我が市でのH1N1出現当初から言っているように、我々はニューヨーカーのみなさんと「知りえた」知識を共有したい。「分からない」ことに関する憶測ではなく。」
 「これらの学校閉鎖は感染拡大を抑制するためのものである。大変なことだと思うかもしれないが、我々は市民の皆様に必要な情報を我々が得次第提供し続けるつもりだ。」
 この休校でクイーンズの約4500名の児童生徒に影響が出る。
 「5月半ばにピークを迎えるインフルエンザ流行というのは珍しいことだが異常というわけではない。」とPaterson知事は言った。
 「公共の安全のためには休校は最善の方法だ。」
 「このウイルスについてもっと理解できたらその情報を皆さんと共有したい。この州全体を監視し続けるつもりだ。」

 先月、クイーンズの聖フランソワ予備校とPS177での豚インフルエンザ流行によって、これら2校と感染者とつながりのあった数校が閉鎖された。市長によれば木曜(14日)に休校になった3校に関連性はないようである。
 「これら3校に関連性はないようである。3校とも十分距離的に(5~6マイル)離れているが、いずれもクイーンズ内である。インフルエンザウイルスが変異したのかどうかは分からない」と市長は述べた。
 「突然の集団感染があったら、、より多くの生徒が感染しそうだと考えられる、ゆえに我々は休校という選択をしたのだ。」
 市長は注意を強く促し、常識が法律であるべきだ(常識にのっとった行動を取れ、ということか)と述べた。
 「毎年、インフルエンザは世界に広がる。これは新しいウイルスだが、ニューヨーク市だけで毎年インフルエンザや肺炎で2000人は亡くなっているということを心に留めるべきだ。ここで独特だと思われるのは、このインフルエンザが普通でないとき(時期はずれ)に襲ってきているということだ。」と市長は語った。
 「手を洗ってください。くしゃみをするときは鼻と口を覆ってください。自宅にいてください。よほど具合が悪いのでなければ病院にいかないでください。すべての症状が消えてから24時間は仕事に戻らないでください。
 ニューヨーク市での豚インフルエンザがはじめて確認されたのは4月末、クイーンズの聖フランソワ予備校で、メキシコでの休暇から数人の学生が帰国したのに続いて数百人のティーンエイジャーが体調を崩したことに端を発して大流行が始まった。(TA)

Swine Flu Outbreak Shuts Down 3 Schools The Washington Post (アメリカ)  豚インフルエンザ流行で3校閉鎖
 先月世界を震撼させたウイルスの激発により教頭が重症に、数百人の児童生徒がインフルエンザ様症状を呈して自宅療養中である。
 これを受けてニューヨーク市は3校を閉鎖した。
 ニューヨーク市長Bloomberg氏はクイーンズの中学校の4人の生徒と教頭がH1N1豚インフルエンザ感染を確認されたと述べた。同校では50名以上の生徒がインフルエンザ様症状を呈して自宅療養中である。クイーンズの別の中学校では木曜日に241名が欠席した。小学校ではさらに数十名が体調を崩している。
 保健局によればSusan B. Anthony中学校の教頭は人工呼吸器につながれており、これまでのニューヨーク市での豚インフルエンザの例ではもっとも重症になっている。体調を崩した児童生徒は通常インフルエンザと同じような比較的軽い症状を示している。
 市長の発表によればこれら3校(4000人以上の児童生徒がいる)は「これらの学校で異様なまでのインフルエンザ様症状が見られる」という理由により少なくとも一週間閉鎖される。
Another swine flu outbreak in NYC closes 3 schools Yahoo News (国際) ニューヨーク市で再度豚インフルエンザ流行。3校が休校に
 なぜ豚インフルエンザが不安定な拡大の仕方をするのか健康調査員は理解しようとしている。このインフルエンザがいくつかの学校内では急速に感染拡大し、それ以外の場所ではゆっくりと拡大したからだ。

 ニューヨーク市では14日木曜に新たに3校が休校となった。
 今回の流行では先月世界を震撼させたウイルスの激発により教頭が重症に、数百人の児童生徒がインフルエンザ様症状を呈して自宅療養中である。
 学校は一般的にその限られたスペースと子供たちの衛生意識の不足により病気の温床になりがちである、と保健局副局長のIsaac Weisfuse博士は述べた。
 全国では、若者が多くこの病気にかかっている。このウイルスは通常インフルエンザと遺伝子的相違があり、高齢者は何がしかの免疫を持っているのではないかと言う専門家もいる。
 「これらの疑問に答えるべく努力しているのだ。」と同氏は語った。
 ニューヨーク市長Michael Bloomberg氏は4人の生徒と教頭がクイーンズ中学校で豚インフルエンザの診断を受けたと述べた。50人以上の生徒がインフルエンザ様症状を呈して自宅療養中である。クイーンズのほかの中学校では木曜に241人の生徒が欠席した。他にも数十人が小学校で具合が悪くなっていた。
 保健局の発表ではSusan B. Anthony中学校の教頭が人工呼吸器につながれており、これまでのニューヨーク市での豚インフルエンザの例ではもっとも重症になっている。今回の流行で具合が悪くなった児童生徒は通常インフルエンザと同じような比較的軽い症状を示している。
 同僚の話によると、Mitch Weiner氏というこの教頭はなんらかの基礎疾患があったと思われると市長は発表した。重症化したほかの豚インフルエンザ患者たちには基礎疾患があった。
 市長はこれら3校(生徒総数は4000人を超える)を少なくとも一週間休校にすると発表した。「異様なまでに多数のインフルエンザ様症状が見られる」という理由からである。
 市長は「患者のうちの一人はH1N1ウイルスの感染が確認されている。」と豚インフルエンザの正式名称を使って述べた。
 ニューヨーク市では4月末に最初の豚インフルエンザ感染例が確認された。クイーンズのローマンカソリック高校での数百人のティーンエイジャーがメキシコでの休暇から帰った数人の生徒に続いて体調を崩して大流行が始まったのである。
当初、このウイルスは猛烈なスピードで広まった。推定1000人の学生、彼らの親戚や聖フランシス予備校の職員たちが数日で発症した。保健局が少数の学生しか検査しなかったため、豚インフルエンザ感染を確定された学生の数は限られていた。
 市保健当局は4月24日にこの流行に気づいた。学校は閉鎖され保健当局は市内の更なる感染増加に気を引き締めた。
 しかし流行はその後収束したように見えた。散発的な感染は見られたが、症状はほぼ全例が穏やかなものだった。病気の子供たちはすぐ回復した。聖フランシス予備校は一週間の休校の後に再開された。
 感染が確認された中学校は聖フランシス予備校から2マイルはなれたところにある。
 学校関係者は12日火曜と13日水曜に生徒たちの病気欠席が増え始めたと保護者たちに警告した。
 「心配です。」とこの学校に通う6年生の親であるDino Dilchande氏は言った。「市はもっと予防措置をとるべきでした。我々はもっと早く気がつくべきでした。」
 Susan B. Anthony中学校では、一週間の休校(生徒も教員も)を知らせる保健局からのお知らせを掲示した。この学校はクイーンズのHollis地区にある。
 学校近くのMitch Weiner教頭の自宅を訪ねたが応答はなかった。
 米国での豚インフルエンザ流行初期に、政府保健当局は豚インフルエンザに感染した生徒がいた場合2週間の休校を勧めていたが、当初の予想より症状が軽いことが分かってくると、CDCはそのアドバイスを取り下げ、インフルエンザ様症状を呈した子供たちを一週間自宅で療養させるように保護者に強く求めた。
 今のところ、今回の豚インフルエンザは季節性インフルエンザよりも感染性が強い、あるいは致死性が強いと確認はされていない。
 CDCはもし生徒の出席数や職員配置に影響が出るほどの集団感染が見られた場合は休校にするよう発表している。(TA)

WHO chief says too early to relax on H1N1 flu Reuters (国際) WHO事務局長、H1N1インフルはまだ安心できない
 WHO事務局長が15日、H1N1インフルウイルスはまだ安心は出来ないと警告し、世界的パンデミックの可能性があることを強調した。
 チャン事務局長は、北米での発生数が減って来ていることは最悪の事態が過ぎ去ったことを意味してはいない。まだまだ不確かである。そのように語った。
 「我々は世界的に適用すべき危機の時期について話し合う予定である」、とチャン事務局長は、ジュネーブのWHO本部で開催された政府間パンデミック対策会議で語った。
Focus on children best way to stop flu bugs: study  Reuters (国際) 研究報告:インフルエンザウイルス拡大防止の鍵は小児への教育

ロンドン発ロイター 5月14日

旅行制限その他の手段は新型H1N1ウィルスの伝播を制限する手助けになるが、保健衛生担当者たちは流行を止める最も良い方法をおおむね無視されていると、研究者は、子供たちの衛生という観点から語った。
 コックラン・ライブラリー(エビデンスに基づいた研究論文として評価を受けている論文集がリストアップされている:管理人)のトム・ジェファーソン氏は、呼吸器系伝染病を阻止する様々な方法について、過去の51の研究論文を参照した上で、子供たちに手洗いを奨励するという簡単な方法が最も有効であると述べた。
 「私は、政府が錠剤を飲むだと注射を打つだのといった方法にに執着する理由が全く判らない」と研究を発表したジェファーソン氏は電話取材に答えて言った。
 「証拠ははっきりしています」と彼は言い足した。「手指の消毒は呼吸器系の病気を起こすウィルスからだけでなく、多くのものから身を守る方法です」
 世界中で発表された研究報告は、頻繁な手洗い、ウィルスを通さない手袋・ガウン・マスクの使用(患者と相対する医療スタッフ:管理人注)、さらに患者の隔離が、ウィルス系呼吸器疾患の伝播を抑えることを示している。
 ジェファーソン氏は、病気の伝播を抑えるのに最大の効果を得るには、成人ではなく子供たちに焦点を合わせるべきだと語る。
 「学校で子供たちに手を洗うように教えるかどうか。これが肝心です。社会全体にとって最大の利益をもたらすものです」と彼は述べた。
 例えば、貧しいパキスタンの家庭の4,322人の子供たちを対象とした大規模な研究では、毎日何度か石鹸で手を洗った子供たちが咳・肺炎等の疾病にかかる割合は、そうでない子供たちの半分であった。
 「私たちが発見したひとつの説明は、子供は最も社交的な存在であり、人々の間で最も多くのスキンシップを持つということです」とジェファーソン氏は語った。
 メキシコで新型H1N1ウィルスが発生して以来、WHO担当者は、33の国々に感染が広がり少なくとも65人の死者が出た、世界はパンデミック直前の状態だと述べている。
 そして、隔離・旅行制限・学校閉鎖、さらにマスクの使用が行われている。
 しかし、教師やデイケアワーカーに対し、子供たちに良好な衛生習慣を身につけるよう奨励させれば、より大きい効果が得られるかもしれない。
 「学校がこうした衛生的行動を実行するなら、最大の効果が得られるでしょう」ジェファーソン氏はこのように語った。
 別の研究は、子供たちに手洗いの際アルコール消毒薬を使わせている学校では、欠席率が43%に落ちたと示した。また別の研究は、家庭もしくは学校で手洗いについて教えられた低年齢の学童が呼吸器系疾患を発症する率は明らかに低いと示している。(MT)


No decisions on pandemic vaccine production msnbc.com  (国際) パンデミックワクチン製造の決定はされず:WHO
 WHOのケイジ・フクダ事務局長代理の談話。
 世界のインフルエンザワクチン製造能力は、年間20億人分。ほとんどのワクチンメーカーは、季節性インフルエンザかパンデミックインフルエンザの一方だけしか製造できない。
 製造が可能になるまで数ヶ月要する。
 季節性インフルエンザも世界で年間50万人死亡させる。ハイリスク者のために、ワクチンは必要である。
Mexican capital will take months to beat flu virus Reuters AlertNet  (英国) メキシコの首都は、H1N1ウイルスを根絶するには数ヶ月要する可能性
 メキシコ市長の談話。
 約10日間の社会的隔離対策を行い、その後全ての社会活動が開始され1週間、インフルエンザA(H1N1)感染者数の発生は減少し続け、また死者は出ていない。しかし完全にウイルスを根絶するのは数ヶ月要し、それはワクチンが製造されることで可能となる。
 専門家達はワクチン製造には数ヶ月要すると言っている。
H1N1 infects 6500 people but not a flu pandemic: WHO U.S. Daily  (米国) インフルエンザA(H1N1)、6500人に感染、しかしパンデミックではない:WHO
 H1N1インフルエンザウイルスはいまだ米国外では、根を下ろしてはいないが、流行は深刻であり、濃厚な監視態勢は必要である、WHO当局者が14日語った。
 WHOの副事務局長のケイジ・フクダ氏は、世界33ヶ国で6497人の感染者が確認されているが、WHOはパンデミック危険度をフェーズ5のまま維持すると語った。
 「もし重症度が増した場合は、我々はそれを世界に伝える。極めて深刻な事態であり、強力な監視態勢が必要だ」
 フェーズ5とは、パンデミックが間近であることを意味する。

 世界の先端的ワクチンメーカーは(グラクソスミスクライン、サノフィ-アベンティス、およびバクスター)、WHOからの季節性インフルエンザの代わりに、パンデミックに対するワクチンの製造を開始するかについての声明発表を待っている。
 15日、ワクチン専門家達がWHOに招集され、季節性インフルエンザの代わりにH5N1インフルエンザ用のワクチンを作るべきか、それともミックスして作るべきか話し合ったが、結論は得られなかった。
5月14日

USA ill-equipped for a swine flu pandemic, experts fear USAToday (アメリカ) アメリカは豚インフルエンザパンデミックへの備えが不十分であると専門家は危惧している
 保健当局は豚インフルエンザ流行は比較的穏やかなものであると言っているが、アメリカは深刻なパンデミックを抑制するにはさまざまな点で準備不足だと指摘する専門家もいる。
 ニューヨーク市の元保健部長(1998-2002)で、ハンターカレッジ都市公衆衛生学校のNeil Cohen氏によれば、各州、各市や公衆衛生当局は2001年の炭そ菌攻撃以来、バイオテロやインフルエンザパンデミックなどといった健康危機への準備において大幅な前進を遂げている。
 最近起きた脅威である2003年のSARSは、医師や看護師たちにパンデミックのための「衣装付きリハーサル」の機会を与えたと同氏は述べた。危険な新しいウイルスを扱うときの戦略を試す機会が与えられたということである。
 WHOのマーガレット・チャン氏は先週、世界は「歴史上のどの時点よりもインフルエンザパンデミックに対する準備が出来ている」と述べた。
 しかしエモリー大学の緊急医療部門の議長であるKatherine Helipern氏は、インフルエンザが流行していない時であっても、緊急治療室は部屋に入ってくるすべての患者たちをかろうじて処理しているのである、と述べている。
 「ほとんどの緊急治療室は処理能力いっぱいかあるいはそれ以上に働いている。」とも。

医療機器の不足

 過去15年で数百もの緊急治療室が閉鎖に追い込まれた。主に経済的理由によってである。
 しかし緊急治療室を利用する患者は1996年から2006年までに32パーセントも増加した。緊急治療室は多数の患者を治療する能力はない、とHelipern氏は言う。
 医療機器さえも不足している。パンミック時には病院には十分な人工呼吸装置(重度の呼吸障害を持つ患者に使われる)がないかもしれない。
 2007年のNEJM(ニューイングランド医療ジャーナル)によれば、全米にある10万5千台の人工呼吸装置のうち8万台は毎日の医療行為で使われており、インフルエンザシーズンにはほぼすべてが使用中ということになる。
 より多くの危機を病院が購入できたとしても、ICUの空きベッドも、ICUで働く医師も、看護師も、技師も足りない状況である。
 パンデミック時には、医師は人工呼吸装置使用の優先順位を考えざるを得ないだろう。どの患者に人工呼吸装置を使えば一番有効か・・・手短に言えば皆「重症」であるが・・・どの患者が回復の見込みがあるのか、というような。
 Heilpern氏が言うには、非常時には病院のベッドは重症患者のためにとっておかなくてはならない。重傷者以外は外来で診る必要がある。
 医療関係者は、駐車場のような公共の場所にトリアージセンターを設置しなくてはならないだろう。自宅療養で回復しそうなのは誰か、入院の必要があるのはだれかを決めるのである。エモリー大学では、Heilpern氏は「ドライブスルー方式の」トリアージセンターのアイデアを提起してさえいる。医療関係者が窓越しに心拍数、呼吸の様子、精神状態などを判定するのである。
 先週のNEJMの記事によれば、パンデミックはマラソンのようなものであり、2年から5年もの間命を奪い続けるかもしれない。

ワクチンや抗ウイルス薬は効くのか?

 十分な量のワクチンを製造するのも難しいと言う専門家もいる。
 ウイルスは急速に変異するため、今日作られているワクチンは来年の冬には効果を持たないかもしれない。CDCはまだ製造に数ヶ月かかるとされているH1N1ワクチンを作るかどうか決定していない。
 WHOは、ワクチン製造業者は10億から20億人分を生産できるといっている。一度の接種なら人口の17パーセントから33パーセントを守ることができるが、もしも免疫獲得のため2度の接種が必要だとしたらその半数しか守ることはできない。
 「明らかに、われわれはワクチン分野において優先権を得なくてはならない。」とミネソタ大学の伝染病調査センター所長のMichael Osterholm氏は述べた。
アメリカでは、医療専門家、非常時労働者、ハイリスク患者(赤ん坊や妊婦)は国のワクチン計画によって優先的にワクチンが受けられる。
 Osterholm氏は連邦政府が抗インフルエンザ薬を豊富に備蓄していることを評価した。国や州や郡の間での備蓄を考慮に入れると、8千万人(全人口の25パーセント)もの抗インフルエンザ薬が用意されていることになる。抗インフルエンザ薬は発症してから48時間以内に服用すれば重症化を防ぐことができ、他の家族にウイルスを感染させることを防ぐこともできる。

 インフルエンザがしばしば23パーセントから40パーセントの「命中率(感染率)」を持っていることを考えるとこれらの供給量は十分であるとOsterholm氏は言う。しかし非常に深刻な流行が起こった場合、通常の4倍量のタミフルを必要とするかもしれない。そうするとタミフルは人口の6パーセント分しかない、とジョーンズホプキンス医科大学の教授John Bartlett氏は語った。
 抗インフルエンザ薬はもしインフルエンザウイルスが耐性を持ってしまったとしたらまったく効き目がない、とBartlett教授は言う。去年の冬までに感染していた季節性インフルエンザウイルスの45パーセントはタミフル耐性があった。耐性株ができるのはとても速い。2年前までは1パーセントしか耐性がなかったのに、いまや99パーセントが耐性を持っている、とBartlett氏は述べた。(TA)
BREAKING NEWS: WHO meets as experts demand new flu vax FierceVaccines  (国際) WHO、新型インフルエンザワクチン製造に動き出す。
 世界のワクチン製造企業の当局者は、WHOの担当者とブタインフルエンザワクチンの大量生産に入るかどうかを本日打ち合わせる。
 多くのワクチン専門家は、新型インフルエンザに対するワクチンの製造を始めることは絶対必要だと主張している。
 メキシコ株は発病者の9~10%が入院し、致死率は0.4%であるとされる。
 聖ユダ小児研究病院のインフルエンザ専門家のロバート・ウエブスターは、ブルンバーグに、ワクチンを急いで作るべきであると語り、バンデルビルト大学のウイリアム・シャフナーも、冬にウイルスが戻ってきたとき、例えそれほど毒性の高いもので無くても大変だし、毒性の高いものとなっていたなら、我々公衆衛生専門家は卵を顔にぶつけられるだろう、ワクチン製造は絶対必要だ、と語る。

France to have swine flu vaccines for all by autumn - minister  Apria Healthcare  (国際) フランスは全国民分の豚インフルエンザワクチンを秋までに準備する予定
5月14日付BBC

フランス政府は冬季に入るまでに全国民分の豚インフルエンザワクチンを用意する予定であると保健省大臣のRoseline Bachelot氏が5/14に発表した。

Bachelot氏はラジオのインタビューで「疫学研究者とウイルス学者らはこの秋に新たな流行が起きる可能性が高いと言っており,フランス政府はその対応策を進めています。私は一昨日の夜に大手製薬会社グループと交渉を開始したということはお伝えできます。これによって全国民分のワクチン接種に必要な量を確保できると思います。」と述べた。
大臣は6ヶ月以内にこれだけの量を用意したいと言う。

別のテレビインタビューでBachelot氏は,このワクチンは恐らく豚インフルエンザのみに有効なものになる予定で,豚インフルエンザと季節性インフルエンザの双方に有効なものにはならないと述べた。「あらゆる専門家は冬季のはじめに新たな流行が起きるのは間違いないと考えています。我々疫学研究者やウイルス学者は冬季に入りつつある南半球での動向を注視していて,そこから我々が何をすべきか,特異的ワクチンか混合ワクチンのどちらにすべきか,が明らかになるでしょう。しかし,対応を進めて行くにつれてますます特異的ワクチンに焦点を当てる方向になりつつあります。それぞれのインフルエンザワクチンの接種対象者が同じではない可能性があるからです。」

「その結果,季節性インフルエンザワクチンの生産が抑えられるのか?」との質問に対して,大臣はそれはWHOが決定することで,これは政治的決断ではなく科学的判断,医療上の判断になると答えた。(KT)


Egyptian boy, 4, contracts bird flu virus Reuters (国際) エジプトの男児、鳥インフルを発病
 4歳男児が高病原性H5N1鳥インフルエンザに感染したことが国営通信のMENAが伝えた。同国で70人目の発病者となった。男児はナイルデルタ地域のシャーキヤ県に住んでいた。
 男児は家庭で飼育していた鶏から感染した考えられ、高熱とインフルエンザ様症状を呈して入院した。
 タミフルを投与され、病状は安定しているという。

Bird flu hits another province of Vietnam Xinhua (中国、新華社) 鳥インフル、ベトナムで発生
 ベトナム南西部のドンタプ省の家きん農場でH5N1鳥インフルが発生したと、農業省が発表した。
 5月10日に、142羽のアヒル集団の中の49羽が死亡した。
 最近、ベトナムでは3省で鳥インフル発生が報告されている。
 今年に入って、ベトナムでは鳥インフルで5人が死亡している。
China's Shandong quarantines 23, declares health emergency over A ... Xinhua (中国、新華社) 中国、山東省、23人を隔離
 北京から山東省に列車で移動した学生がインフルエンザA(H1N1)を発病していたことから、車内にいた乗客23人を、自宅、または病院に隔離したと同省の保健局が発表した。
 他に20人の乗客が所在が不明となっていて、保健局では探している。
Australia watching flu risk for Indonesian pigs ABC Online  (オーストラリア) オーストラリア、インドネシアのブタへの感染が懸念
 オーストラリア上院議員が、ブタインフルウイルスが、インドネシアのブタに感染して、H5N1ウイルスと遺伝子交雑を起こすことと議会で懸念の意を表明。
Mexico flu slowing, death toll not over 100  Reuters AlertNet  (英国) メキシコ、感染者数減少に転じる
 メキシコ保健相は、病院で診察する患者数が減少に転じ、死者数は最終的に100人は超えないとの見方を示した。
 また同相はこのブタインフルエンザは、幸運なことに、当初予想したほどの非常に重大な流行ではない、とも語った。
 
 一方無症状の感染者も一定数いると思われ、こうした感染者を検出するのは不可能であるとも語った。
Asian Swine Flu Risk Rises Forbes (アメリカ) アジアで豚インフルエンザ流行のリスクが上昇
 アジアにおける豚インフルエンザ流行の危険性は、中国で2人目のA/H1N1インフルエンザ感染者が確認され、タイでメキシコ帰りの2人が感染したことが報告されるなどして段々高まっている。

 中国保健省は13日水曜日に金曜日にカナダから帰国した19歳の学生がこのウイルスに感染していたことを確認した。
 カナダに留学していたこの患者は5月7日にトロントでエアカナダAC029便に搭乗し、バンクーバー経由で8日に北京に到着した。3日後、発熱と咽頭痛、頭痛の症状が出たが、電車で山東省の省都済南へ向かった。乗車中に済南疾病予防センターに連絡し、後に済南感染症病院に送られて隔離、治療を受けた。新華社が水曜昼に伝えた内容である。
 この例は中国本土での初の豚インフルエンザ感染確定者がでた2日後に発覚した。初の感染確認者は姓をBaoという30歳の学生で、アメリカからの帰国後11日月曜にA/H1N1陽性反応が確認された。これが中国本土での初の感染例であり、これを受けて胡錦濤国家主席は政府当局に感染拡大を防ぐためのあらゆる緊急措置をとるように命じた。
中国保健当局は第2の患者が旅行中に感染させたかもしれない人たちの追跡調査を始めた。5月8日にAC029便の32列から38列目に座っていた乗客と、11日月曜にD41列車の7両目にいた乗客は当局に連絡するよう求められていると新華社は付け加えた。
 香港では、新たな豚インフルエンザ疑い患者が発見されている。24歳の学生が11日月曜にアメリカから帰国後、インフルエンザ様症状を呈した。A/H1N1初期テストでは陽性だったが、確定にはより詳しい検査が必要である。香港政府は水曜遅くにも最終結果の発表をする予定である。香港は5月はじめにアジア初の豚インフルエンザ感染確定例を出している。
 アジアのほかの地域では、タイ保健省がメキシコから帰国した二人が豚インフルエンザに感染していたことが確認されたと12日火曜日に発表した。このタイでの2例によってウイルスの東南アジア到達がはっきりした。
 WHOからの最新情報によれば5月12日までに世界30カ国で5251件のA(H1N1)インフルエンザ感染確定が公式報告されている。メキシコが確定例2059件、死亡者56名でトップである。米国は死者3人を含む2600例の感染確定。カナダでは1人の死者が確認された。(TA)

Pregnant women should take flu drugs promptly KIVI-TV (米国) 妊婦は感染したら早めに抗インフルエンザ薬を服用すべき
 昨日来報道の米国CDCのシュチャット博士の勧告。
Five more cases of new flu confirmed in Las Vegas Las Vegas Sun  (米国) ラスベガスで、5人のブタインフル感染者が確認
 5歳少女、7歳少年、10歳少年、14歳少年、45歳女性。
 全員軽症で3人は完全治癒。入院者はいない。

 ネバダ州での感染者総数は21人となった。

Swine flu's nothing new; but still take some precautions Allied News (米国) ブタインフルの状況は変わっていないが、まだ注意は必要だ

Swine flu fears evident as world's cases top 6000 MSN Money  (国際) ブタインフル感染者、世界で6000人を越す
 中国では、13日、マスクを着用した警官が多くのホテルを多くのホテルで、感染者と接触した人々を隔離し、監視している。いかにこのインフレエンザが軽症であるにも関わらずである。
 一方メキシコでは異なり、多数のブタインフル患者が発生したにも関わらず、保健省大臣が休暇をメキシコで過ごすようにアピールしている。
 世界のブタインフルの流行は軽度に思える。しかし当惑していることは事実である。スイスがメキシコや米国への渡航を注意するアドバイスを解いた後も、日本では女子サッカーチームが、世界の大多数の患者が報告されている北米への試合の参加を取りやめた。
 中国では数百人の客がホテルや自宅に隔離されている。カナダや米国からの、いくつかの航空機や列車で感染者と同乗していた理由からである。米国大使の話だと、その中には米国人もいるようだ。
 現Zない世界33ヶ国で6082人の感染者が確認されているが、そのうち、3009人が米国の45州で、2446人がメキシコで、258人がカナダである。しかし、死者数は比較的少なく、65人で、そのうち60人がメキシコである。3人が米国、1人がカナダ、1人がコスタリカとなっている。
5月13日  

Most H1N1 patients do not need drugs to recover: WHO Yahoo News (国際) 大半の豚インフルエンザ患者は抗インフルエンザ薬使用の必要なし

 H1N1豚インフルエンザ患者の大半は抗インフルエンザ薬による治療を必要としないが、将来的に薬への耐性が生じる危険があるため、パンデミックワクチンの開発が重要であることには変わりないとWHOの専門家は12日火曜に述べた。
 WHOの世界インフルエンザプログラム担当Nikki Shindo氏は、国連機関がこのウイルス(主に穏やかな症状を呈する)に感染した患者への対応を記した新しい手引きを発行する予定であると述べた。
 ほとんどの患者が休息と水分補給で回復することを考えると、感染者のすべてがタミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬の投与を受ける必要はないように思われる、とShindo氏は語った。
 妊婦や心疾患、糖尿病などの基礎疾患のある患者のために抗インフルエンザ薬の備蓄をとっておくことは配慮ある行動だ、と同氏は記者会見で述べた。
 「ハイリスク患者のために抗インフルエンザ薬の使用を良く考えることをお勧めする。」とShindo氏は言った。しかし新型ウイルスについてほとんど知られていなかったのでヨーロッパや他の地域での流行の影響を抑えるために抗インフルエンザ薬は役立ったと認めた。
 「このことはヨーロッパで重症例が少なかった理由として挙げられるだろう。」と記者の質問に答えた。
しかし地域間の比較は対照実験の不足により困難だった。
 Shindo氏は、メキシコやアメリカでいわゆる豚インフルエンザに感染した人たちの10パーセントは入院の必要があり、通常の季節性インフルエンザよりもはるかに高い割合であったと記者団に語った。
 「私はパンデミックインフルエンザワクチンの早期開発、生産こそが急務だと思う。」と同氏は述べた。タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬のようなものはウイルスが変異してしまえば一様な効果は得られない。
「南アメリカの国々や南半球のほかの地域にこれから冬が訪れることを考えると、このウイルスが抗ウイルス薬に耐性を持つというリスクが生じるだろう。」とShindo氏は語った。 (TA)

Drugs Urged for Swine Flu in Pregnancy  The New York Times (アメリカ) 妊娠中でもブタインフルエンザに罹れば抗ウイルス薬は必要
 豚インフルエンザに罹った妊婦は,肺炎,脱水,早産などの合併症リスクが高いため,抗ウイルス薬タミフル(通常は妊婦には使用されないが)で直ちに治療すべきであるとCDCは火曜日(12日)に発表した。
 H1N1ウイルス検査で陽性との結果が出るまでには数日を要するので,インフルエンザ症状があり,豚インフルエンザ感染者と接触した可能性がある妊婦にはタミフルを投与すべきである。
 「もし女性に発熱,全身の痛みが突然現れるという典型的症状があって私がインフルエンザを疑っていて,この地域にインフルエンザ感染者がいるならば,彼女が妊婦でなければタミフルを処方するのである。つまり,妊婦だからという理由で遅れをとるなと言いたい。」とCDC医官のDenise Jamieson氏は言う。「その時点で,タミフル投与で得られるメリットはデメリットよりも大きい。」
 タミフルは通常,妊婦への投与は勧められていないが,それは胎児への影響が不明であるからだとタミフルメーカーのロシュ社は説明している。
 産科医であるDenise Jamieson氏は,殆どの薬は妊婦に対する安全性データが不十分で,それは妊婦を対象とした臨床試験は実施されないからだと言う。しかし,「タミフルとリレンザは妊婦にかなり安全な薬である」とも付け加えた。
 タミフルとリレンザは同じ種類の薬で,タミフルは錠剤と液剤があるが,リレンザは粉末で吸入しなければならないために処方される機会が少ない。
 CDCとWHOは,メキシコと米国での症例履歴から妊娠は喘息,糖尿病,免疫抑制状態および心血管疾患に並ぶ危険要因であることが明らかになりつつあることを示唆した。
 米国の死亡3例のうちテキサス州の妊婦1例はビタミン剤以外は何も服薬していなかったと疾患センターは言う。同センターは米国の妊婦でのインフルエンザ感染確定例と可能性例20例を把握しており,重度の合併症があるのはそのうち僅かだと暫定公衆衛生部門長のAnne Schuchat氏は述べた。
 米国の医師は妊婦には肺炎などの重度の症状がみられない限りインフルエンザ薬をなかなか処方したがらない。妊婦も薬を飲みたがらないことが多い。妊婦では胎児を守るためにホルモンの変化で免疫系の働きが抑えられているため,インフルエンザに罹患するリスクが高い。
 テキサス州の妊婦死亡例の詳細が金曜日(8日)にCDCの罹病及び死亡についての週報で明らかにされた。Jamieson氏によると,この女性には軽度の喘息と乾癬があったが比較的健康であった。女性はJudy Trunnellさん,33歳と判明した。
 Trunnellさんはインフルエンザ症状が出始めて5日後の4月19日に肺炎により入院したがそのとき妊娠8ヶ月で,病院の検査でインフルエンザ陽性と判った。帝王切開で出産し,子供は健康である。4月21日に急性呼吸困難になり,人工呼吸器が必要になった。4月28日までタミフルは投与されず,5月4日に死亡した。
 米国での流行はメキシコでの流行を再現していることが次第に明らかになってきており,重度患者の割合は同程度と予測される。欧州での流行はまだ広がりが遅いが,それは欧州では全ての疑われる軽症例に積極的にタミフルを投与しているからだと医官は述べた。
 米国の感染確定例は現在3000例以上に上り,その3分の2が18歳未満で,入院例は116例のみである。しかし医官は,入院例が統計上に現れるのには少し時間がかかり,死亡例はさらに時間がかかることに言及した。(T.K)

Health authorities ready to limit flu drug use  Reuters (国際) WHO、抗インフルエンザ薬の使用制限を考慮

ジュネーブ発ロイター 5月13日

 インフルエンザの治療に使用される2種の医薬品の使用にあたっては慎重さが必要であり、投与は、慢性疾患を抱えている、妊娠している、あるいは他の重症化しやすい要因を持つ、等の患者に限定されるべきであると、火曜日にWHOの職員は述べた。
 WHOのNikki Shindo博士は、新型のH1N1豚インフルエンザは季節性のものより僅かに感染しやすく、また僅かに重症であるように思われるが、抗インフルエンザ薬は、このウィルスがより危険なものに変化する場合に備え、(訳者注※耐性ウィルスの
出現を避ける為?)本当に必要としている患者にのみ投与されるべきであると語った。
 別の衛生担当者は、豚インフルエンザがH5N1鳥インフルエンザを含む他のウィルスとの交雑を起こし毒性を強めることに対する懸念を表明している。
 「我々は、有用性に即して、抗ウィルス剤の使用は、感染によるリスクの高い人々、もしくは症状が深刻化しつつある人々(訳者注※原文「the group of people at increased risk」)の場合にのみ考慮すべきだと勧告する」と、Shindo博士は記者会見で語った。
 WHOの発表によれば、30カ国の5,251人について、新型ウィルスの感染が確認されている。新たにコロンビアが6例、フィンランド・タイ・中華人民共和国がそれぞれ2例を確認した。
 合衆国の確認数が最大で、45の州で3,009の確認事例と600以上の可能性例があり、死者も3人出ている。メキシコで確認された死者は58人であり、さらにカナダとコスタリカがそれぞれ1の死亡例を確認している。
 合衆国で入院した例は116例にすぎないが、CDCのAnne Schuchat博士は、H1N1は季節性インフルエンザ同様妊婦への影響が大きいので、妊婦が発症した場合はすぐ治療を受けた方がよいと述べた。
 「感染した妊婦についてちょうど20の例を精査中です」とSchuchat博士は記者に語った。彼女によれば、妊婦がインフルエンザに感染した場合、脱水症状を起こしたり早産したりする危険性があるという。

ロッシュ社、タミフルの製造を増産に

 季節性インフルエンザは例年世界で最大500,000人の死者を出すが、Shindo博士は、少なくともメキシコでは、H1N1はより深刻な症状を引き起こしたと述べた。にもかかわらず、彼女は、殆どの患者は、医薬品に頼ることなく、水分をたくさん摂る等の簡単な措置で回復したようだと語った。
 Gilead Sciences Inc.のライセンスを得てタミフルを製造しているスイスの大手製薬会社ロシュAGは、H1N1の大流行に対処するため、WHOの備蓄補給分として新たに565万人分を寄贈すると発表した。同社は既に、一般にオセルタミビルとして知られているこの薬剤の増産に取りかかっている。
 ザナミビルの名で知られているリレンザは、H1N1の治療に用いられるもうひとつの薬剤であり、オーストラリアのBIotaのライセンスの下でグラクソスミスクライン社によって生産されている。
 WHOは、新型H1N1ウィルスは、全人口の三分の一を実際に感染させる可能性があると予測している。
 「総合的に見た場合の深刻さは、パンデミックが少なくとも2度、時には3度の波となって世界を駆け巡るという傾向からして、今後さらに影響が出るということだ」とWHOは声明文の中で述べている。
 Schuchat博士は、季節性インフルエンザの流行がまだ続いているので、衛生担当者は人もしくは豚でこれらがH1N1ウィルスと混合することを特に心配していると語った。
 「このウィルスは、どこかで豚の間で流行し、そこからより人間に感染しやすい形に変化出来たわけだ。したがってこの仮説のようなことは、まさに今インフルエンザが流行している地域でならどこででも起こり得る」とSchuchat博士は電話取材に答えて言った。
 「困ったことだが、遺伝子の再集合は起きるものなのだ。つまり、私たちが今見ているこのウィルスは、流行中の他のウィルスと遺伝子を交換できるということだ。これは、ヒトでも、豚でも鳥でも起こり得る」

鳥インフルエンザ

 季節性のインフルエンザだけでなく、2003年以来423人を感染させ258人の死者を出しているH5N1鳥インフルエンザの問題もある。
 Schuchat博士はさらに、「H1N1については、ワクチン開発・製造・さらに使用について、現在討議中である」と付け加えた。

 CDCはH1N1検査キットを米国全州と70以上の国々に配備した。
 Quest Diagnostics Incは同様に、商業利用出来る最初の試薬を開発したと述べた。
 メキシコは、旅行キャンセルと10億ドルの損失から観光産業を救うべく、ビーチリゾートの安全を宣言した。

 日本の女子サッカーチームはH1N1への懸念から北米遠征を中止した。(MT)


Many Swine Flu Cases Have No Fever  The New York Times (アメリカ) 豚インフルエンザ患者の多くは発熱しない

 先週メキシコで調査を行ったアメリカの感染症専門家によれば、豚インフルエンザにかかった多くの人たちが、重症化した人でさえあまり発熱しなかった。新型ウイルスのもつこの奇妙な性質は、病気の流行を防ぐことをより難しくする可能性がある。
 発熱はインフルエンザの大きな特徴である。発症直後に体温が華氏104度(摂氏40度)まで一気にあがることがよくある。多くの感染症専門家は発熱がインフルエンザの重要な兆候だと考えているので、発熱症状の有無は患者を診察するうえで重要なポイントである。
 アメリカの専門家Richard P. Wenzel博士は先週四日間にわたって調査したが、メキシコシティの2つの病院で診察を受けた患者の3分の1は発熱症状がなかったと述べた。
 「私もメキシコ人の同僚も驚いた。教科書どおりならインフルエンザの流行時は発熱と咳の症状が90パーセントは認められるはずだ」とWenzel博士はバージニア福祉大学からの電話で述べた。
 同氏によれば重症化した人々が後に発熱することはあったが、軽症患者の半数は発熱しなかった。ほとんどの患者に咳と不快感(倦怠感?)が見られた。
 メキシコの2つの病院の患者のおよそ12パーセントは咳や呼吸困難といった呼吸器症状に加えて重い下痢症状を呈した、とWenzel博士は述べた。そのような患者は三日間にわたって一日当たり6回の便通が見られた。
 Wenzel博士はメキシコ人の同僚たちに、患者の便にA(H1N1)ウイルスが存在するかどうか調べるよう求めた。「もしもA(H1N1)ウイルスが人人感染を起こし、便中にもウイルスが認められるとしたら感染抑制はより難しくなる。貧しい国々で感染が広がる場合は特に。」と同氏は述べた。
 また、同博士は同僚に無症状の感染者がいないかどうか調査するよう強く求めた。
 同時にメキシコの国家的ワクチン計画の指揮をとっているSamuel Ponce de Leon博士の調査データや患者を検討した。
 Wenzel博士はメキシコでの大流行の理解しがたい奇妙な特徴は「5種類の違ったインフルエンザウイルスがここ数ヶ月間同時にメキシコに蔓延していた」ということだと述べた。 
 Wenzel博士が訪れた国立呼吸器疾患研究所での肺炎発症数は、過去2年間は週に20例だったが、最近では週に120例にのぼった。豚インフルエンザとの関連性が示唆される。
 豚インフルエンザ感染者が併発した肺炎は、1918-1919年のインフルエンザパンデミックで良く見られた合併症であるブドウ球菌性肺炎とは似ていない、とWenzel博士は語った。
 メキシコの2病院は呼吸器疾患の流行に対して良く準備が出来ていたと同氏は述べた。メキシコ人の医師たちは医療スタッフの不安を取り除くためのプログラムとして、スタッフへの情報提供を行い、ホットラインを設置し、心理的なサポートや健康診断などを行っていた。
 「流行時対応のこの側面(医療スタッフ支援)は、私が推測するかぎり米国ではあまり重要視されていない。これは流行時対応を成功させるためにはきわめて重要なことである。医療従事者間の不安感の管理(不安感へのきちんとした対応を行うこと?)はまだ不十分である。」とWenzel博士は語った。(TA)


Triple-Reassortant Swine Influenza A (H1) in Humans in the United States, 2005–2009
Published at New England Journal of Medicine (www.nejm.org) May 7, 2009 (10.1056/NEJMoa0903812)


アメリカ(2005-2009)での三重再集合の豚由来インフルエンザA型(H1)の人への感染

背景 

三重再集合の豚由来インフルエンザA型(H1)ウイルス — 鳥、人間と豚インフルエンザウイルスからの遺伝子を含む — が出現して、1990年代後半、北アメリカのブタの群れの間の風土病になった。

方法

我々は、2005年12月から2009年2月、すなわち豚起源インフルエンザA型(H1N1)の現在の流行の直前までに三種混合豚インフルエンザA型(H1)ウイルスに感染した11の散在するケースの臨床的特徴を報告する。これらのデータは、通常の国のインフルエンザ監視報告と、公衆・動物衛生エイジェンシーによる共同のケース調査から得られた。

11人の患者の年齢の中央値は10才(16ヵ月~48才)だった。4人はもともと健康な状態であった。患者のうちの9人は、ブタに接触しており、そのうち5人は直接触っており、4人は触っていないものの、ブタのいる場所へ行っていた。別の1人の患者は、人からの感染が疑われた。潜伏期間の範囲は、3~9日だった。臨床症状が分かっている10人の患者の間では、症状は熱(90%)、咳(100%)、頭痛(60%)と下痢(30%)であった。完全血球測定の結果は4人の患者から得られた。2人は白血球減少症、1人はリンパ球減少、もう1人は血小板減少が見られた。4人の患者は入院し、そのうちの2人は人工呼吸器をつけた。4人の患者はタミフルを飲み、11人全て病気から回復した。

結論

2005年12月から今回の豚由来インフルエンザウイルスの発生の直前にまで、アメリカでは三種混合豚インフルエンザA型(H1)ウイルスはブタに接触した人の間で散発的に感染していた。すべての患者が回復したが、下気道でのひどい症状や、下痢のような通常ないインフルエンザの兆候が、もともと健康だった人々を含む一部の患者で観察された。(KE)


Report: World Health Organization Investigating Claims of Human Error Behind Swine Flu Virus  FOX NEWS (アメリカ) 豚インフルエンザの背後に人為的ミスの可能性あり、という論文をWHOが検証中
 WHOはオーストラリアの研究者が提示した「H1N1豚インフルエンザウイルスは人為的ミスの結果生まれた」という説を検証中である。
 Blomberg Newsによれば、Adrian Gibbs(75歳)は今まで見たこともないこのインフルエンザウイルス(H1N1)は科学的調査やワクチン開発に使われる卵の中で生まれた、という内容の論文を発表予定だと述べた。
 このウイルス学者はこの発見により、ウイルスの拡大能力をよりよく理解することができるようになると述べた。
 WHOのケイジフクダ氏はこの研究を検討した。
 もしGibbs氏の研究の正当性が立証されれば、この新しいウイルスに関する新たな疑問が生じてくる、とフクダ氏は述べた。
 「ワクチン用ウイルスの一部として発生したのか、調査プロジェクトの一環か?その場合、何らかの目的があってばら撒かれたのか、あるいは偶発的に漏れ出てしまったのか?一体どのような状況で?」
 しかしながらCDCはこの論文を調査した結果、Gibbs氏の結論を支持する証拠はないと発表した。
WHO, flu experts looking into claim H1N1 swine flu evolved in lab, not nature Canadian Press (カナダ) H1N1豚インフルエンザウイルスは自然の中ではなく実験室内で作られたのではないか
 WHOと主要なインフルエンザ調査グループはこの新しいH1N1豚インフルエンザウイルスが自然界で出来たものではなく実験室内で作られたのではないかという未発表の説を詳しく調査中である。
 WHOは出版保留中の論文の存在を週末に知らされた。著者はAdrian Gibbs氏というすでに引退したオーストラリアのウイルス学者である。
 WHOのケイジフクダ氏も、CDCのナンシー・コックス氏も、これが人為的に作られたものであるという証拠も必然性もない、という否定的意見である。
Just a few mutations away DECCAN HERALD(インド) ほんの少しの変異で大流行の可能性
 H1N1ウイルスが1918年、1957年、1968年のようなパンデミックの引き金を引くのか?鳥インフルエンザウイルスは少しの変異で哺乳類の間で感染可能なものになるとDaniel Perez氏は語る。
 世界はH1N1豚インフルエンザ流行の初期の危険性を回避しつつあるが、メキシコのH1N1ウイルスの病原性に関して新たな疑問が浮上してきた。
 科学者たちはH1N1ウイルスや、鳥インフルエンザの原因となるH5N1ウイルスが1918年、1957年、1968年のインフルエンザ大流行のようなパンデミックを引き起こすのかどうか警戒している。世界はそのような大災害に対する準備が整っているだろうか?
 ヒントはアメリカの研究者から提起された。鳥インフルエンザウイルスが人インフルエンザパンデミックを起こす可能性は思ったより高いということだ。現在の豚インフルエンザが一週間のうちに1200人に感染して30人を殺し、3つの大陸をまたいで広がるように変異した経緯を説明している。
 鳥インフルエンザウイルスは鳥と接触した人間に感染することは出来るが、人の間では容易に感染しない。全米科学アカデミーで米メリーランド大学のDaniel Perez氏が発表した調査によれば感染中間種である豚の体内で、鳥インフルエンザと人インフルエンザウイルスの再集合が起きると、鳥インフルエンザは比較的少ない変異で哺乳類間の飛沫による急速な感染拡大という性質を獲得する。

豚インフルエンザはどのように形成されたか

 「これは現在の豚インフルエンザウイルスが形作られた方法に類似している」とPerez氏は述べた。このウイルスは鳥、豚、人のウイルスが豚の体内で遺伝子が交雑されて新しいウイルスになったと見られている。この変異によって人間への感染、飛沫感染能力を獲得したようだ。このウイルスはいまやくしゃみや咳による感染で、人類の間で拡大している。
 この研究でPerez氏は人類でのパンデミックの可能性があるといわれているH9N2鳥インフルエンザウイルスを使った。
 ウイルスから分離、選択した遺伝子を使い再集合させる逆遺伝子技術をつかって、Perez氏と研究者チームは人ー鳥のハイブリッドウイルスを作成した。このハイブリッドウイルスは内部に人インフルエンザの遺伝子をもち、H9N1鳥インフルエンザの遺伝子を表面に持つ。これは豚インフルエンザ流行の原因となったといわれるハイブリッドウイルスとは異なる鳥インフルエンザを基にしたものだが、Perez氏の調査ウイルスは鳥と人のインフルエンザウイルスの混合物だという点において、豚インフルエンザウイルスと起源が似ている。

変異

 Perez氏は小動物フェレットにこのウイルスを感染させ、その体内で変異させた。しばらくして、感染したフェレットと同室(狭い空間で同じ空気を吸うような)にした健康なフェレットは、このウイルスが飛沫感染能力を獲得したことを示した(感染が認められた)。
 変異ウイルスとハイブリッドウイルスの遺伝子的性質を比較したとき、唯一の違いは表面で3つ、内部で2つ。計5つのアミノ酸変異だけだった。表面の2つの変異は飛沫感染能力獲得の原因であると見られる。
 このように、ハイブリッドH9N2ウイルスを作るのにこれほど少しの変異しか必要ではないため、もしも自然界で動物と人間のハイブリッドウイルスが作られてしまえば、このウイルスが人類でパンデミックを起こすにはほんの少しだけ変異すればいいと結論付けられた。
 しかし現時点では1957年や1968年のウイルスを致死性の高いものにしたような、1950年代、1960年代の自然界での遺伝子変異と似たことが起こるかどうかはわかっていない。両方とも起源は鳥インフルエンザであるが、世界中で何千、何百もの死亡者を出した。
 「1957年と1968年に現れたウイルスの元となる鳥インフルエンザのウイルスが分からないので、断言するのは難しい」とPerez氏はデカンヘラルド社に語った。
 同氏は哺乳類間での飛沫感染を可能にした二つの変異のうち一つがHA表面たんぱく質の先端にあることを発見した。現在のワクチンへの反応として体内で作られる抗体と結合する部位である。
 「変異ウイルスの結合部位はワクチンが作られたウイルスとは違っているために現在のワクチンでは思ったほどH9N2変異ウイルスには効果がないということになりそうだ。」とPerez氏は述べた。
 「我々は人類での鳥インフルエンザパンデミックに対するワクチンを作成するときにこのことを心に留めておかなくてはならない。」と同氏は言った。作成のための努力は進められているが、今のところH5N1に対する商業用ワクチンはない。

ウイルスの可能性

 研究室内で作られたハイブリッドウイルスの拡大したときの毒性をたずねられ、Perez氏は「パンデミックを起こす可能性は似たようなものだと推測することしか出来ない。しかし研究室内でわれわれが作り出したものがすでに自然界に存在するものよりも危険であるかどうかは分からない。」と答えた。しかしながら、科学者たちはこれらの変異のうちどれが現在のH1N1大流行を起こした変異と類似しているのか予言することは出来ない。
 「研究室内で確認された変異がH1N1が飛沫感染するようになった変異と同じものなのかどうか我々にはわからない。」と同氏は述べた。
 「これはほんの氷山の一角だ。どのような変異の組み合わせがこのような転移の原因になるのか、適切なワクチンを作り出そうとする前にもっと研究がなされるべきだ。」と彼は付け加えた。 (TA)

New virus "very unstable," more changes seen: expert  Reuters (国際) 新型ウイルスはいまだ不安定、さらなる変化が生じる可能性:専門家

香港発ロイター 5月12日

 界をリードするウィルス学者が、新しいH1N1ウィルスは「非常に不安定」である、即ち、他のウィルスに暴露された場合に遺伝子を混合したり交換したりする可能性があると述べた。
 に30カ国の5,251人を感染させ61人を死亡させたこの新型ウィルスは、人の間で広まるにあたって非常に高いの効率を示していると、香港大学の微生物学者Guan Yi氏は述べた。
 このウィルスはほんの数ヶ月の間に広まったものだが、非常に不安定である。…周知のように、このウィルスは全人口の間で劇的に広まっており、従って、このウィルスがH5N1ウィルスと出会う可能性は現実に高まっているのだ」と、Guan氏はインタビューに答えて言った。
 1N1とH5N1の双方が不安定であるから、両者が遺伝子を交換する可能性は、安定している(季節的インフルエンザの)ウィルスの遺伝的物質を拾う可能性に比べてより高い」。
 1N1は、今の段階では多くの感染者が治療の必要もなく治癒することから、軽症であるように見えるが、H5N1は60~70%という致死率を持っている。
 専門家たちはH1N1の効率的な伝播性とH5N1の殺傷力の双方を備えたハイブリッド・ウィルスが出現することを怖れている。H5N1は、中国・インドネシア・ベトナム、及びエジプトで、風土病化していると考えられている。
 H5N1とSARS双方の専門家であるGuan氏は、豚・人間・鳥という3種の遺伝子を含む新型ウィルスの遺伝子配列を分析した。
 彼は、動物の病気の定期的サーベイランスの不足によって、情報に大きなな誤差が生じていると述べた。
 過去10年の間に、豚において新種のウィルスの8つの遺伝子断片がそれぞれ見られているが、この新しいウィルスがいつ現れたか、どの種の動物で感染を繰り返していたかを知る手掛かりが全くないと、Guan氏は語った。
 彼は「それぞれの断片がいつ現れたかは判る。しかし、このウィルスがいつ最初に現れたかについては、1999年から2009年までの間で、5年から10年の誤差がある。定期的サーベイランスを行っていれば、我々はこのウィルスが発生した時に気づいていただろうに」と述べた。
 「この再結合が豚で起きたのか人で起きたのかも判らない。…全ての断片が豚で見つかったので、豚で起きたのではないかと思われるが、100%確実だとは言い切れない」
 Guan氏は、ウィルスを寄せつけないように幾つかの政府によって取られている検疫等の厳しい移動制限措置を支持した。
 「この措置は有用である。我々は現在、(長期的視野に立って)人々への影響を最小限に留めるワクチンと抗ウィルス薬を開発する時間を稼ごうと戦っているからだ」
 「既に、このウィルスは、季節性インフルエンザに比べ、若い世代の死者が多いという意味で危険度が高く、致死率も高いことが判っているのだから、通常のインフルエンザと同じに扱いをすべきではない」
 季節性インフルエンザによる死者はは毎年25万人から50万人程度であり、致死率は0.1%未満である。
 月曜日(11日)にサイエンス誌に発表された論文によれば、新型H1N1インフルエンザの致死率は、死者の確定例と可能性例の数を基にすれば、0.4%であるという。(MA)

New virus could still mutate, spark pandemic: WHO Reuters (国際) WHO:新型ウイルスはいまだ変異の可能性、パンデミックへ拡大する危険性がある

ジュネーヴ発ロイター 5月12日

 新型H5N1ウィルスにはまだ、より毒性の強いものに変化し、第一波・第二波・第三波となって世界を襲うパンデミックを発生させる可能性があると、WHOは火曜日に発表した。
 WHOは、パンデミックの影響は、強力な健康管理システムを持つ国々では軽い症状しか引き起こさないものであっても、医療システムが脆弱であり、薬剤が不足し、病院の設備も不十分であるような国々では、「破壊的」である可能性があると述べた。
 一般的に豚インフルエンザと呼ばれてきた新型ウィルスは、「季節性インフルエンザより伝播力が強いように見え」、さらに、世界人口のほとんどがこの新しい種に対する免疫を持っていないと、WHOは「インフルエンザ・パンデミックの危険性の評価」と題する夜を徹して発行されたドキュメント(訳者注※WHOのドキュメント全文は右のURLで公開されている。 http://www.who.int/csr/disease/swineflu/assess/disease_swineflu_assess_20090511/en/index.html)の中で述べている。
 「これは、ウィルスの病原性だけでなく、医療と社会システムの相違によって、パンデミックの深刻さが異なることを説明しようという試みである。」WHOの広報官トーマス・アブラハムはロイターの取材に答えてこう述べた。「公衆とメディアからの問いかけへの答えだ」
 国連のパンデミック・アラートのレベルは、現在、最大の6に次ぐ5の段階である。
 これは、ウィルスが持続的なヒトーヒト感染を起こしているという兆候が、北米大陸以外では全く見られないという意味である。
 火曜日(12日)の時点で、WHOの統計によると、30カ国で61の死亡例を含む約5,251人の感染が確認されている。最も深刻な打撃を受けたのはメキシコで、56の死亡例を含む2,059人の感染が確認されている。アメリカ合衆国の3人の死亡例を含む2,600人の感染がこれに次ぐ。
 しかしながら、多数の死者が出たメキシコでの大発生を除けば、ウィルスは、健康な人々には非常に軽い症状しか引き起こしていないとドキュメントは示している。
 しかし、インフルエンザウィルスは頻繁に予想外の変化をするものであり、WHOは「大発生を繰り返すうちにより有毒なものに変異する可能性を否定することは出来ない」と述べている。

数回の波となってウイルスは世界に広がる

 「総合的に見た場合の深刻さは、パンデミックが少なくとも2度、時には3度の波となって世界を駆け巡るという傾向からして、今後さらに影響が出るということだ」とWHOは述べた。
 「色々な理由から、今後来る波の深刻さは、幾つかの、いやほとんどの国々で、劇的に異なる可能性がある」
 1918年のパンデミックの波…何千万もの犠牲者が出た…は、軽症に始まり、6ヶ月以内にはるかに致命的な姿となって戻ってきたと、ドキュメントは示す。1968年のパンデミックは、比較的軽症の散発例に始まり、第二波においても殆どの国々では軽症のままだった。しかし全ての国々でそうであったわけではないと言う。
 新型ウィルスは季節性インフルエンザより容易に広まるように見える。通常の季節性インフルエンザの致死率は0.1%未満であり、死者は例年250,000人から500,000である。
 WHOによれば、季節性インフルエンザには5~10%の所謂「二次感染率」…感染者との接触によって感染する割合…がある。
 「H1N1現在の二次感染率は、22~33%に及ぶ」とWHOは述べた。
 WHOによれば、感染者が発生した国々の専門家と広く協議したところ、メキシコ以外では、大多数の患者(訳者注※日本の感覚でいう重症者?)と死者の全ては、心臓疾患や喘息・糖尿病などの基礎的な慢性疾患を持っている人々であった。
 メキシコとアメリカ合衆国…大発生が起きておりデータがよく集まっている二カ国…では、季節的インフルエンザが流行した場合に比べより若い世代が影響を受けているという。
 「感染者は幼児から高齢者までのあらゆる年代層に亘っているが、若年層で重症化したり致命的な影響を受ける患者がいるということが、これら初期の大発生における顕著な特徴である」
 WHOのケイジ・フクダ事務局長補代理は、月曜日(11日)に、予測がつかないのがインフルエンザの本質である以上、ハリケーン警報のように大流行の深刻さを科学的に予想することは不可能であり、異なる国で人々が地域における発病様式でインフルエンザを経験するのが現実の姿であると述べた。(MA)

Doctors advise flu medicines for pregnant women with swine flu... The San Francisco Examiner (米国) 医師達、ブタインフルエンザ罹患妊婦へ抗インフルエンザ薬の服用を勧める
 AP
More UK swine flu cases confirmed ITN  (英国) 英国でさらなるブタインフル感染者が確認
 英国で3人の新型A(H1N1)感染者が確認され、同国で感染者数が計68人となったと発表した。
 保健省によると、感染者はロンドンの2人の子供と1人の大人で、全員感染確認者と濃厚接触の既往がある。
 全員自宅で回復し、濃厚接触者は抗インフルエンザ薬を、予防投与されている。
 
 スコットランドでは小学校が1校、1週間の休校となた。5歳の子供が可能性例と診断されたからである。45歳の母親も可能性例と診断されている。
 現在、世界30ヶ国で感染者が見つかっており、WHOによると5250人が確定されている。死者数は61人であるがほとんどはメキシコである。
 英国では、全感染者は軽症である。

Flu drug advised for pregnant women with swine flu PhysOrg.com (米国) ブタインフルエンザに罹患した妊婦への抗インフルエンザ薬の投与
 AP
 米国保健当局者は、妊婦がブタインフルエンザに罹患したときは、抗インフルエンザ薬を服用すべきであると語った。これまでブタインフルエンザが通常の季節性インフルエンザよりも重症であるという根拠は出てない。また妊婦がブタインフルに、より感染しやすいという根拠もない。しかし概して、インフルエンザは妊婦に付加的リスクを高める可能性があると、CDCのアン・シュチャット博士が語った。
 妊婦の免疫能は低下しているので、インフルエンザに罹患した場合、肺炎を併発しやすい。先のパンデミックの際は、未熟児出産の頻度を高めた。
 タミフルやリレンザ服用の持つ十分分かっていないリスク以上に、ウイルスの胎児に対するリスクの方が大きい。
 我々は罹患した妊婦が早急に抗インフルエンザ薬を服用することを望む。
 シュチャット博士はそのように語った。
Swine Flu May Pose Problems for Pregnant Women Atlanta Journal Constitution  (米国) ブタインフルは妊婦に感染すると合併症を引き起こしやすい
 米国保健省当局者は12日、米国内で広がっているブタインフルが妊婦に対して、いくつかの合併症を引き起こしていると語った。
 「妊婦は現在の季節性インフルエンザであれ、先のパンデミックであれ、合併症を起こす危険性がある。今年度の新型インフルエンザの場合でも、重篤な合併症が見られている」、と米国CDCのアン・シュチャット博士は午後の電話会議で語った。
 CDCではブタインフルエンザに罹患した20人の妊婦を調査しているが、数例で合併症が見られている。合併症は、肺炎、脱水、未熟児出産。
 「非常に重要なことは、妊婦のケアをしている医師が、妊婦がインフルエンザに罹患した場合は早期に抗インフルエンザ薬で治療することである。
5月12日

Cuba confirms its 1st swine flu case  Yahoo News (国際) キューバで初のブタインフルエンザ
 キューバ留学中のメキシコ人医学生が初の豚インフルエンザ確定例となり、オバマ米大統領が訪問するまで豚インフルエンザの感染拡大を情報開示しなかったとして、フィデル・カストロ氏はメキシコを非難した。
 保健省によればこの「若い男性」はメキシコでの休暇中に具合が悪くなり、ハバナの東のMatanzas州にある病院での研究に戻った。この声明は11日月曜夜に発表され、患者の現在の状態など詳細は明らかにされていない。
 カストロ前議長は数時間後に政府のウェブサイトに「メキシコ政府は、オバマ米大統領の到着まで豚インフルエンザの存在を世界に報告しなかった」というコラムを掲載し、この事件に反応した。
 オバマ米大統領は先月トリニダード・トバゴでの首脳会議に向かう途中でメキシコに立ち寄った。それはメキシコ保健省が学校を閉鎖し、豚インフルエンザが拡大しつつあると報告する数日前のことであった。その後メキシコは国内の多くの地域で大規模な施設の閉鎖が行われ、事実上の活動停止状態に陥った。
 キューバ保健省の声明によればメキシコ人学生のグループは4月25日にキューバに到着を開始した。それはキューバ政府が豚インフルエンザの上陸、蔓延を防ぐためにメキシコからの航空便を停止する4日前のことであった。
 キューバとメキシコの関係はVincente Fox大統領時代の外交的な小競り合いに端を発して数年来冷え切ったものであった。後継者カルデロン大統領は2009年第一四半期中に、関係改善のための継続的努力の一環としてキューバを訪れる予定であると述べていた。
 しかし最近カルデロン大統領はこのキューバ訪問の予定を延期しなくてはならないと述べた。メキシコからの発着便が中止になっては旅行の見通しが立たない、という皮肉を込めた言い方で。
 82歳のキューバ元国家元首はカルデロン大統領のこの言葉を激しく非難し、メキシコ当局が豚インフルエンザの拡大という情報を早期公開しなかったと苦言を呈した。
 「現時点において、わが国も多数の諸外国も責任を取っている(メキシコの情報公開が遅れたせいで豚インフルエンザ感染拡大している、ということか)というのに、さらに彼らはメキシコに対するわれわれの仕打ちがひどいといって非難するのだ。」
 メキシコ大統領が不満を持っていたこの予防措置は、「常識に見合ったものであり、兄弟国メキシコに何らかの影響を与えようとする意図など露ほどもありはしない。」とカストロ氏は付け加えた。
 月曜の声明のなかで、キューバ保健相は(今回感染確定した)若い男性が診断を受けたのと同時期に休暇から戻ってきた数人のメキシコ人医学生が風邪のような症状を訴え、調査のため隔離されたと発表した。しかしほとんどは健康であると判断され、解放された。
 ハバナにある熱帯医学研究所による検査で、豚インフルエンザの初の感染が確認されたが、何人のメキシコ人学生たちが検査のため今も隔離されているかははっきりしていない。
 キューバ全体で84件の疑い例が調査中である。8つの国籍にわたっており、感染確定は1例だけである。
 メキシコ・キューバ間の飛行便の禁止はメキシコにいるキューバ市民を乗せるためにキューバ国営航空から週に数便が送られる程度には緩和されている。しかし、ハバナとメキシコのリゾート地カンクン、あるいはメキシコシティを結ぶ便は今も運行停止されており、多くの乗客を立ち往生させている。
 月曜に出版されたサイエンス誌に掲載された研究によれば、流行宣言が出された4月23日までにメキシコだけで2万3千人の感染例があったと思われる。同研究によれば豚インフルエンザの死亡率は0.4~1.4%だとされるが、主要執筆者であるロンドンのインペリアルカレッジのNeil Ferguson氏は、データはまだ不完全だと述べた。
 豚インフルエンザの感染が確認されている国の数はWHOによれば31カ国、4800件の確定例が出ている。豚インフルエンザによって世界中で少なくとも61人の死者が出ている。死亡例はメキシコで56例、アメリカで3件、カナダとコスタリカでそれぞれ1件。(TA)

4 Toronto hospital workers diagnosed with H1N1 Canada.com  (カナダ) トロントの病院スタッフ4人が発病
 トロント市内の3つの病院で作るネットワークで4人のスタッフがインフルエンザA(H1N1)に感染したと発表された。
 スタッフは十分な感染防御をしていたが、感染原因は不明。
 軽症であり自宅で療養中。
 ネットワーク当局では、発熱してインフルエンザ様症状が出た場合は、自宅で療養するように指示。
CDC Shifts Swine Flu Forcus to Likely Impact in the Fall HealthDay (アメリカ) CDCは豚インフルエンザ対策をこの秋にむけての対策へと転換
 豚インフルエンザが米国全土に広がるにつれ、症状はほとんど軽症であることが分かり、連邦保健当局は11日月曜日に個々の感染例の把握からこの秋以降に起こるであろうことへの対策へと方向転換すると発表した。
 米国CDCは、どのようにこのウイルスが広まり、誰がこの病気へのリスクが高いのか、抗ウイルス剤の投与など、予防策としては何が効果的なのかといった知識の増強をはかるための現地調査の指揮を執っている、とアン・シュチャット博士は述べた。
 CDCはこのウイルスがこれからインフルエンザシーズンの始まる南半球で今後どのような動きを見せるかが問題だとしている。
 そしてウイルスがこの秋に北半球に戻ってくるであろうことに対して準備を整えている、とシュチャット博士は語った。
 この新しいH1N1と呼ばれる豚インフルエンザウイルスは、鳥、豚、人の遺伝子を組み合わせた非常に珍しいものであるから、保健当局はこのウイルスが変異を続けて脅威を増し、冬のインフルエンザシーズンにまた戻ってくることを懸念している。
 月曜(11日)までに、43州で2600人以上の感染確定例が確認され、コロンビア特別区(ワシントン市)では3人の死亡例と94人の入院が確認されているとシュチャット博士は述べた。これら3人の死亡例はインフルエンザにかかる以前から基礎疾患があった。週末のデータを報告していない州もあり、明日までにこの数は劇的に上昇するだろうと同氏は述べた。
 シュチャット博士はこれらの感染確定例は氷山の一角だとつけくわえた。具合が悪くなっても病院にいかず、検査を受けない人は多い。「報告された数は、この国で起きている実際の感染例のほんの一部にすぎない。」
 米国はいまや感染の始まりであるとされているメキシコを越えて、もっとも感染が広がっている国であるとWHOは11日月曜日に発表した。WHOによれば30カ国で4694の感染確定例が報告されており、米国、メキシコ以外の国ではカナダ、スペイン、英国が感染例が多い。
 このH1N1豚インフルエンザは季節性インフルエンザと似ているが、重要な違いがある、とCDCのリチャード・ベッサー博士は先週語った。「今分かっていることは、季節性インフルエンザとちがって、嘔吐や下痢の症状を呈する割合が高いということだ。」と同氏は述べた。
 ベッサー氏は米国での新規感染確定例のほとんどは人・人感染であり、2週間前に流行が始まったときとは違ってメキシコと関連がない患者である、と語った。
 CDCの検査によればこの豚インフルエンザは抗インフルエンザ剤タミフルとリレンザが今も有効である。
 メキシコは、感染拡大防止のための施設閉鎖から浮上しつつある。すでに高校や大学、ダンスホール、映画館、バーなどが再開し、今週には小学校も再開されるとAP通信は報道した。(TA)

What scare? Europeans play down new flu Reuters  (国際) ヨーロッパ、人々は新型インフルエンザ脅威に疑念を持つ
 ローマ発ロイター 5月11日

 H1N1インフルエンザの大発生から二週間が経ち、ヨーロッパでは危険が誇張されていたのではないかという声が上がり始めている。しかし、WHOは無頓着になってはならないと警告し、事態は今後悪化するかもしれないと述べている。
 53の死亡例のうちメキシコ以外で報告されたのは5例であること、さらにこの新型ウィルスが引き起こす疾病はは季節性インフルエンザより軽度に見えるという専門家たちの見解が出てから、ヨーロッパの生活は通常に服した…そもそも本当に変化し
ていたとするならばだが。
 「治療するより予防するほうがいいと言われるが、反応が過剰だと思う。政府というよりWHOのせいだ」と、マドリードの技術者Sami Huseinは述べた。
 「普通のインフルエンザより死者数は少ないのだから、今のところ、これがどんな重大な問題を起こす可能性があるのか、私にはわからない」
 一部の人々は、新型インフルエンザ感染予防のために簡便な対策として頻回な手洗いを励行していると答えたが、予防目的でマスクを着用している人を見かけることは非常に稀である。
 これまでの狂牛病から鳥インフルエンザに至る健康上の不安について、初期の悲観的な予測の幾つかが具体化しなかったことから、疑い深く構えている人々もいる。
 「正直、私は心配していない」と、ローマのスーパーマーケットで買い物をしていた73歳のSergio Gonnelli氏は言った。「心配なことならもう他に溢れかえっているじゃないか。それに、私は1950年代からこっち、インフルエンザにはかかってない
」。
 しかし、公衆衛生専門家は、インフルエンザウィルスには予測不可能な変異能力があるのだから、公衆は警戒を解いてしまうべきではないと述べている。ヨーロッパにとって本当の危険はこの秋、新しい「インフルエンザシーズン」にあるというのだ。
 WHOは、このような大流行は、週や月単位ではなく、2年以上のサイクルで観察すべきであると述べている。
 Coldiretti農業グループは、イタリア人は、豚肉を食べたからといってウィルスに感染したりはしないと保証されたにも拘わらず、10人に一人の割合で食べるのを止めたが、12%は大流行以来価格が下がったことでより沢山の豚肉を買うようになっていると述べた。
 また、ドイツの旅行協会DRVは、メキシコ旅行のキャンセルと予約変更の波は、5月以降、6月・7月の旅行についてもはっきり定着していると述べた。
 新型ウィルスの大流行についての対応基準は国によって違うが、メキシコへの渡航制限について、殆どのヨーロッパ政府は、抗ウィルス薬を備蓄し情報リーフレットを配布した上で、勧告レベルに留めている。
 しかしながらスイスでは、複数の企業がメキシコへの渡航を禁止し、無視した場合には最大一週間無給の強制休暇を取って貰うことになると、従業員に言い渡した。
 英国では、生徒間のインフルエンザ感染防止の為、複数の学校が閉鎖されたが、過剰な風潮であるという意見も出た。
 「政治的には、私は、やりすぎだと訴えられる方がいい…、パンデミックに備えて何もしなかったと言われるよりは」と、英国のアラン・ジョンソン健康相は述べた。
 WHOは、所謂豚インフルエンザについて、4,694の感染例を確認しており、パンデミックレベルも最高の6より一つ下の5に引き上げている。これは、パンデミックが差し迫っていることを示す指標である。
 同機関は、このアラートレベルはウィルスの危険性の度合いを示すのではなく世界にどれだけウイルスが広がっているかを示すものではあるが、だからといって無頓着になってよいというものではないと警告している。
 たとえば、「スペイン風邪」として知られる1918年のパンデミックである。この時は4000万人以上の死者が出た為、最悪のシナリオとしてしばしば例に挙げられる。
 その時の新型ウィルスは、現在のH1N1で見られるような、ごく軽いものとして春に流行し、夏の間姿を消していたが、8月に、はるかに致死性の高いものとなって再発した。
 「現在のところ、我々が1918年と同様の状況に直面していると示すものは何もない」と、先週、WHOのマーガレット・チャン長官は語った。
 「私が繰り返し強調しているのは、我々が過大評価していようが過小評価していようが、単に、絶えず予測しがたい変化をするというインフルエンザウィルスの特性によって、状況は変わりうるのだということだ」 (MT)

Mexican H1N1 flu spreads easily: study Reuters  (国際) 研究報告:メキシコのH1N1インフルエンザの感染速度は早い
 5月11日ワシントン発ロイター
 メキシコで56人の死者を出し、旅行者によって世界中に運ばれた新型H1N1インフルエンザウィルスは、通常の季節性インフルエンザより容易に伝播するように思われると、月曜日(11日)に研究者たちが発表した。
 2,3000人程度のメキシコ人が豚インフルエンザ・ウィルスに感染した可能性があると、ロンドンの王立カレッジのニール・ファーガスン氏と同僚は、サイエンス誌で発表した。
 また彼らは、大きな疑問であった大流行の発生地はベラクルス州のLa Gloria村であるという仮説を支持する証拠を発見した。
 自らをWHOのRapid Pandemic Assessment Collaborationと呼ぶこの国際的研究者チームは、流行拡大のパターンとウィルスの簡易遺伝分析の両方を観察した。
 「我々の見積もりでは、23,000人(6,000人から32,000人)が4月の下旬までにメキシコで感染していたと思われる。その時点で報告されていた疑わしい死亡例の数を基に計算すれば、推定致死率(CFR)として0.4%という数字が導き出される」と彼らは論じた。
 「かなりに不確実な数字ではあるが、臨床的悪性度は1918年のそれより低く、むしろ1957年のものに近いように思われる」
 1918年のパンデミックは20世紀最悪のものであった。推定によれば、世界中で2500万人から一億人の犠牲者が出た。それがH1N1ウィルスの初登場だった。1957年のパンデミックはH2N2によるもので、世界中で200万人の死者が出た。季節性インフルエンザの死者は毎年25万人から50万人である。
 La Gloria村での感染パターンからして、研究者は、ウィルスは14回から73回のヒトーヒト感染を起こしたように思われると述べた。一人の人間が別の誰かに、その別の誰かが更に別の誰かに、この連鎖が最大73回まで繰り返されたという意味である。
 報告には「従って、伝播性は事実上季節性インフルエンザより高い」と書かれている。
 彼らは、確実な証拠はないが、政府のレポートによれば初めての症例は2月15日頃La Gloria村で見られたようだと述べた。

誕生は1月12日

 簡易遺伝分析は、このウィルスが1月12日頃に最初に誰かを感染させた可能性を示唆している。
 研究者たちは、他国では、この、数ビットの人及び鳥のインフルエンザウィルスを含む豚の間で流行を繰り返していた「三重の再集合」ウィルスと、ユーラシア豚インフルエンザウィルスとの先例を見ない遺伝子再集合ウイルスを観察するよりよい機会があると述べた。
 「流行が広がってゆけば、影響を緩和するための公衆衛生対策や医療事情の相違によって、国家間の被害程度に違いが出てくるだろう」と彼らは付け足した。
 WHOは世界の30カ国で、4,964の感染例と53の死亡例を確認している。死亡例は4例を除いて全てメキシコで確認されたものである。合衆国は、2,616の感染例と、メキシコ以外で最大となる3例の死亡例を確認している。
 感染は合衆国外でも広範囲に広がっているが、WHOは、新型H1N1ウィルスは、北米大陸以外では、継続的なヒトーヒト感染の兆候を見せてはいないと述べている。(MT)

WHO says no signs of community H1N1 transmission Reuters (国際) WHO、H1N1インフルエンザが地域内で拡大している兆候はなしと
 5月11日ジュネーブ発ロイター
 新型H1N1ウィルスは、最初に感染が見られた北米以外では、継続的にヒトーヒト感染を起こすようになったという兆候を全く示していないと、月曜日にWHOの職員は述べた。
 また、WHOのケイジ・フクダ事務局長補代理は、記者会見の場で、状況がこのまま安定してゆくのか、それともこのウィルスがパンデミックを引き起こすのか、見定めるのはまだ早すぎるの語った。
 「我々はまだフェーズ5の段階にいる」と、フクダ氏は、WHOとして二番目に高いアラートレベルに言及して述べた。「今のところ微妙な状況である」
 世界中の多数の国が、主にメキシコで少なくとも53人の死者を出したウィルスの症例を報告している。WHOのマーガレット・チャン長官は、この豚インフルエンザとして知られるウィルスが、アメリカ大陸以外でコミュニティレベルでのヒトーヒト感染を起こしていることが証明されたら、世界は完全にパンデミック下にあると宣言することになるだろう、と語った。(MT)

Report: Rapid spread of swine flu justified warnings WIS  (米国) 報告:ブタインフルの感染速度の速さは、警告の正当性を表す
 WHOはブタインフルエンザの脅威を過剰に伝えているという批判に答えている。
 WHOにおける研究で、ブタインフル患者の数は報告よりも数倍多いことが予想された。また研究報告では感染速度は速く、WHOが警戒レベルを引き上げたことの妥当性を示唆した。
Mexican schools reopen; swine flu death toll rises Maximum Edge  (米国) メキシコの学校再開;ブタインフル死者数は増加
 数百万人の生徒達が外科用マスクを着用して、消毒済みの学校に11日、戻った。国内での感染予防対策の為に閉鎖されていた。
 中国本土では最初の感染者が確認された。米国留学中の学生である。200人以上の航空機の同乗者の追跡調査と隔離が始まった。
 新規研究が11日次のような結論をだした。サイエンスに発表された。
 WHOは30ヶ国で4800人の確定例がいると発表しているが、研究結果ではメキシコだけで6000人から32000人の発病者がいると推定した。
 研究結果ではブタインフルエンザの致死率は0.4~1.4%であり、1人の発病者が1.4人から1.6人に感染させるという。しかし研究チームのリーダーである英国王立大学のナイル・ファーグソン教授は、研究はまだ完全ではないとコメントしている。
 メキシコの保護者達は、短期間の休校の後、子供達が学校に通い出したことに不安を感じているようだ。
Flu tally 'tip of the iceberg'  Brisbane Times (オーストラリア) インフルエンザ感染者数は氷山の一角
 米国CDCのシュチャット博士の米国における状況に関するコメント

Swine flu hits China as world cases rise Gold Coast Mail (オーストラリア) ブタインフルエンザ、中国でも発生、世界での感染者数は増加
New flu not quite a pandemic yet, WHO says  Reuters India (インド) 新型インフルエンザ、いまだパンデミックとは言えず:WHO
下記ロイター
WHO says no signs of community H1N1 transmission National Post  (カナダ) WHO、インフルエンザA(H1N1)の地域内感染は見られていない
 ロイター
 WHOの事務局長代理のフクダ氏のコメント。北米以外で、人人感染が持続的に起きている地域はない。フェーズ5以上ではない。しかし、警戒を続ける必要はある。
5月11日

Egyptian girl contracts bird flu, 69th case  Reuters (国際) エジプトで少女が鳥インフルを発病
 病鳥と接触した5歳の少女が高病原性鳥インフルエンザを発症した。エジプト国営通信MENAが伝えた。
 エジプトは、アジア以外で最もH5N1鳥インフルエンザの影響を受けている国であるが、この事例によって確認された感染者数は69人に達した。
 鳥インフルエンザは滅多に人には感染しないが、研究者たちは、このウィルスが変異して人の間で容易に感染するようになり、数百万人の死者が出るようなパンデミックを引き起こすことを怖れている。
 MENAは、保健省からの発表として、Sohag郡の少女が土曜日に病院に入院したと伝えた。彼女はタミフルによる治療を受けており、容態は安定しているという。
 エジプトではこのウィルスによって26人の死者が出ている。
 感染者の大部分は病鳥との接触の履歴があった。
 同国では、凡そ500万の家庭で、食糧あるいは収入源として家禽が飼育されている。
 先月、エジプトは国内で300万から400万飼育されている豚を全て処分するよう命じた。これは、新しいH1N1インフルエンザウィルス、通称豚インフルエンザ対策のためである。
 WHOの発表によれば、日曜日の時点で29カ国の4,379人が新型インフルエンザに感染したことが確認されている。エジプトからは患者発生の報告はない。(MA)

China confirms first case of sweine flu in mainland Yahoo News (国際)中国本土で初の豚インフルエンザ感染確定例
 11日月曜、米国から最近帰国した男性が中国本土での初の豚インフルエンザ感染確定例となったと新華社通信が伝えた。
 患者は東京経由で四川省成都に到着した後、発熱のために入院していたBaoという姓の30歳男性。
 彼は成都の感染症病院に移送され、濃厚接触があった人たちは監視下に置かれている。
 患者と同じ便に搭乗していた乗客150人のうち130人以上が追跡調査され、検疫のため隔離された。

China reports suspected mainland swine flu case Yahoo News (国際) 中国本土で初の豚インフルエンザ疑い例
 日曜日(10日)、中国国営メディアは本土での始めての豚インフルエンザ疑い例が出たと報道した。アメリカから最近帰国した四川省南西部在住の男性。
 新華社による当局発表の引用によれば、疑い患者は30歳の男性で、土曜昼にアメリカから東京経由で四川省成都に到着した。
 四川省の病院で発熱が認められ、予備検査で豚インフルエンザとして知られるA(H1N1)ウイルスに感染していると診断された。
 姓をBaoというこの男性は、成都への乗り継ぎ便に乗る前にノースウエスト航空東京発NW029便で北京国際空港に着いた。
 男性は成都の感染症病院に移送され、検査中に濃厚接触があった人たちは監視下に置かれていると新華社は報道した。
 保健省は成都に専門家チームを送り、地方保健当局にBao氏から採取したウイルス検体を二次検査のためすぐに中国疾病予防対策センターに送るよう求めた。
 保健省はBao氏と濃厚接触のあった人たちを追跡調査するよう地方の関係機関に要請し、彼が乗った2便に同乗した乗客たちに、できるだけ早く保健所に連絡するよう求めた。
 アジアでの豚インフルエンザの初の感染確定例は5月1日に香港で報告されたが、メキシコから上海経由で香港入りしたメキシコ人であった。
 このケースでは患者と同じ便に搭乗した乗客や、彼がチェックインした香港のホテルの宿泊客や従業員など多数の人々が即刻中国、台湾、香港の検疫下に置かれた。
 中国は、アジアにこのウイルスが蔓延するのを防ぐため、そして世界最大の人口を有するこの国での「最悪の結果」を避けるためだと言って、この厳しい豚インフルエンザ予防対策の正当性を主張している。
 「中国は人口が多く、人口密度も高い。さらにSARSを経験している。」と外交部報道官のMa Zhaoxu氏は2003年の致命的なSARS(重症急性呼吸器症候群)大流行を引き合いに出して報道関係者たちに語った。(TA)

New flu kills 1 in US, spreads to Australia, Japan Daily Mirror (スリランカ) 新型インフルエンザ:米国で1人死亡、オーストラリア、日本へも拡大
 ロイター(ワシントン)
 ワシントン州で男性がインフルエンザA(H1N1)で先週死亡したと保健当局が発表した。米国で3人目の犠牲者である。米国では2200人以上の感染が確認され、またオーストリアと日本でも確認された。
 米国保健当局では、実際の感染者数は遙かに多いだろうと推定している。ほとんどの発病者は軽症ではあるが、新型インフルエンザは、季節性インフルエンザと同定で死者を出している。
 メキシコでは48人死亡し、カナダとコスタリカでも1人ずつ死亡している。

 ワシントン州当局では、10日、30代の心臓病を基礎疾患として保有する男性が先週死亡っしたが、州知事は、インフルエンザの恐ろしさを思い起こす悲劇であると評した。
 
WHOによると30ヶ国で4200人以上の発病者が確認されている。
 ウイルスはインフルエンザシーズンが始まる南半球に拡大している。そして季節性インフルエンザウイルス、またはH5N1ウイルスと遺伝子組み換えを起こして、新規ウイルスが誕生する可能性があると、CDCでは懸念している。
 米国ではいまだ流行レベルには達していない、とCDCのアン・シュチャット博士はコメントしている。
 さらに同博士は、米国内のほとんどの地域にウイルスは拡大していて、確認されている感染者の数は非常に少ないと推定していると語った。そしてインフルエンザ様症状が出た多くの米国人は医師の診察を求めていると語った。
 しかし多くの患者はインフルエンザA(H1N1)ではなく、季節性インフルエンザ(H1N1、H3N2、B)であるという。
'Swine flu is not caused by pigs' - claim Sunday Standard  (ボツワナ共和国) ブタインフルエンザはブタから感染しない

Officials join in hygiene drive The Standard  (香港) 市当局者、衛生啓発キャンペンに参加
 香港の行政当局のトップが、市内の衛生啓発キャンペンに参加。
 もしパンデミック危険度が引き上げられた場合、香港市は公共の場における、市民が触れる可能性のある場所の消毒作業を開始する。
With swine flu, we're all in this together KVAL ブタインフルエンザの前では誰でも同じ
 メキシコで感染した人々は、日雇い労働者から大金持ちの孫までであり、誰もがウイルスに感染する可能性がある。
 メキシコが学んだ社会的隔離対策(休校、商店閉鎖等)による流行の阻止などの問題。
 世界に拡大したときの貧しい途上国の問題。抗インフルエンザ薬の配布など。
Three new cases of H1N1 reported in Alberta Calgary CTV  (カナダ) アルバータ州でA(H1N1)感染者3人が確認
 アルバータ州ではインフルエンザA(H1N1)は合計49人で確認された。
 10日、新規に3人追加された。
 1人は男性で2人は女性。症状は軽い。女性1人はメキシコ旅行はしてないが、他の2人は不明。
 カルガリでは17人発病が確認。
 先週北部で30代女性がインフルエンザA(H1N1)の合併症で死亡している。
5月10日

Panama reports first swine flu case  (インド) パナマで初の豚インフルエンザ感染確定例
 最近アメリカから帰国した若い男性がH1N1豚インフルエンザに感染していると報告された。
 患者は既に危機を脱して退院している、とパナマ保健相Rosario Turner氏は8日金曜日に発表し、患者とその家族は抗ウイルス薬の投与を受けていると付け加えた。
 Turner氏は「我々は戦略を発展させているし、空港や港湾、国境での疫学的監視も強化している。国民への教育も行っている。」と述べた。
 同氏は、この一例によって休校措置や市民の行動制限措置がとられることはないと述べた。 
 Turner氏は34の疑い例がすでに陰性であり、残りの7例は首都のSanto Tomas病院に隔離して検査中であると発表した。
パナマはコスタリカ、エルサルバドル、グアテマラに続いて中米で4番目にH1N1インフルエンザウイルスの存在を確認された。(TA)

Emergence of a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans  N Engl J Med 2009;361. 新しいヒトの豚由来インフルエンザA型ウイルス(H1N1)の出現

背景
2009年4月15日と4月17日に、新しい豚由来のインフルエンザA型(H1N1)ウイルス(S-OIV)がアメリカ合衆国で2人の疫学的にリンクのない患者から得られた検体で特定された。同じ種は、メキシコ、カナダなどで確認された。我々は、急速に感染が広がっている米国で確認されたS-OIV感染症の642の症例を解説する。
方法
アメリカで、特定できていなかったインフルエンザA型ウイルスの人間への感染の監視強化が実行された。検体は、S-OIVであるかどうかの実時間RT-PCR確認検査のためにCDCに送られた。
結果
4月15日から5月5日までに、642の症例がS-OIVであると41の州で確認された。患者の年齢は、3ヵ月から81才にわたった。そのうち60%の患者は18才以下だった。利用できるデータをもつ患者のうち、18%はメキシコへ最近行き、16%は学校でのアウトブレイクで感染したと同定された。最も一般的な症状は、熱(94%)、咳(92%)と咽喉痛(66%)だった。25%の患者には下痢があり、25%には嘔吐があった。入院加療状況がわかっている399人の患者のうち、36人(9%)は入院を必要とした。利用できるデータをもつ22人の入院患者のうち、12人にはひどい季節性インフルエンザのような症状があった。11人は肺炎を起こし、8人は集中治療病棟への入院を必要とした。4人は呼吸不全を起こし、2人は死亡した。S-OIVは、今までにない特有のゲノム組成を持っていると決定づけられた。
結論
新しい豚由来のインフルエンザA型ウイルスは、軽症から重症にわたる発熱、呼吸器疾患を起こす感染のアウトブレイクの原因だと特定された。おそらく、確認されたケースの数は、実際のケースよりも少ないと思われる。(KK訳)

Swine flu confirmed in Alberta woman who died The Vancouver Sun  (カナダ) カナダでの初の死亡例についての続報
 先週確認されたアルバータ州北部での豚インフルエンザによる死亡例について、当初はH1N1ウイルスによる死亡だと知られていなかったと8日金曜日に当局が発表した。
 家族の説明によれば、死亡した女性は39歳、High Prairieにある病院に入院中だったが、喘息の症状が悪化して4月28日に死亡した。当時、医師はH1N1ウイルスによるものだという疑いは持たなかった。その後5月5日になって、アルバータ州北部のメティス居住地で彼女と同居していた母親がH1N1ウイルスによる軽い症状を訴え、はじめて地方当局が詳しい調査を行った。
 7日木曜日に、郡の研究所が死亡女性にも同じウイルスの存在を確認し、当局の発表となった。
 彼女と接触した可能性のある約300人が調査され、もし具合が悪くなったら保健当局に連絡するよう助言を受けた。

PAS 2009: H1N1 Flu Predicted to Wane and Reemerge in Fall  Medscape (米国) 米国小児科学会年次会議:インフルエンザA(H1N1)の流行は直に終息、しかし秋に再流行の可能性
 小児感染症専門医と公衆衛生学専門家が、小児科学会年次会議の中で、インフルエンザA(H1N1)の最新の情報交換と今後の対策を話し合った。
 「私は来月か再来月にはこのインフルエンザA(H1N1)の発生は終息し、秋に再び出現すると思っている」、とロスのカリフォルニア大学医学部の小児感染症専門家であるジェームス・チェリー医師が多くの参加者の中で予想を語った。
 同医師はこれまで経験してきたA型インフルエンザの中で、今回のインフルエンザA(H1N1)は、1976年に発生したブタインフルエンザ以上に、1957年のインフルエンザ(アジア風邪、ブドウ球菌感染症で多くが死亡したとされる)に似ていると指摘し、MRSA(耐性ブドウ球菌感染症)で多くの死者をだす懸念を示した。
 「MRSAが病状の程度と致死率に大きく関与するだろう」、とチェリー医師は警告した。
 「これは本当である。間違いなくこういう状況は起きる。我々はワクチン製造を急ぐ必要がある。抗インフルエンザ薬では対処は無理である」、同医師は語った。
 感染した患者の年齢の中央値は26歳であり、ウイルスは基本的に10代と若い成人層に感染する。
 「50歳以上では感染しても重症化しない。これらの中高年層に免疫が残っていることが理由かは分からない」。
 
 CDCの感染症協力センター(CDC CCID)のインフルエンザチーム責任者のレッド医師は、旅行の制限勧告はなく、また地域における感染対策には強制力はないと語った。
 「もし生徒の発病が確認されたり、近隣で何人かの発病者が確認された場合、休校が考慮されるべきだが、特に休校や旅行制限が強制力をもって指示されはしない」、と同医師は説明し、強制力のある休校指示は、致死率が1から2%、またはそれ以上の場合に制限されると語った。そして今回流行のインフルエンザには当てはまらないことは確かである、と語った。
 「医師は患者が重症な場合、合併症を引き起こす危険性が高い場合は、タミフルやリレンザによる治療を勧めるべきであり、さらに抗生物質を追加すべきかは、医師としての判断で自ら決定すべきである」、と同医師は語っている。
 またFluMist(鼻腔スプレー方式の生ワクチン)により、分泌型IgAの産生を促す(鼻腔粘膜、咽頭、喉頭粘膜)ことの効果については不明であるとも語った。
Swine flu-related death reported in Wash  Yahoo News (国際) ワシントンで初のブタインフルエンザ合併症による死者
 ワシントン保健当局は、30代男性がブタインフルエンザ合併症により死亡したと発表した。この州では初の例である。
 同州保健局は、Snohomish郡在住の心疾患のある30代男性がブタインフルエンザの合併症により先週死亡したと発表した。
 この男性の詳細は不明。
 現在29カ国で4150件のブタインフルエンザ感染確定例が確認されている。死者はメキシコで48人、アメリカで3人、カナダとコスタリカでそれぞれ1人。当局によればカナダ、アメリカ、コスタリカでの犠牲者は基礎疾患を持つ人たちだった。

Canadian farm culls 500 swine flu-infected pigs  Yahoo News (国際) カナダの農場で豚インフルエンザ感染の豚を500頭殺処分。出荷停止による過密のため
 カナダ当局は豚インフルエンザに感染して隔離されていた約500頭の豚を、過密のため殺処分したと9日土曜に発表した。
 アルバータ州主任獣医Gerald Hauer氏は検疫のため豚を市場に出せないlことから数が過密となったと述べた。
 Hauer氏は「病気のために殺処分したのではない」と記者会見で述べた。「通常、豚は週に100頭は出荷されていく。検疫のため数週間出荷が止まり、過密のためにここの豚の生活状況は受け入れがたいものになっていた。動物福祉の概念から行ったことである。」
 症状のある豚以外にも、H1N1ウイルス感染から回復済みの健康な豚も殺処分されたと同氏は語った。
 その豚は、メキシコから帰国した農場労働者から明らかなH1N1ウイルス感染が認められたところだった。
 Evans氏は、H1N1ウイルスに感染した豚が人に感染させることはほとんどありえないし、新しいウイルスが人から豚に感染した際に変異したという兆候は見られない、と述べた。

Mexico raises death toll from flu outbreak to 48  Reuters  (国際) メキシコ、死者数が48人に増加
 メキシコ保健省は3人の死者が確定され、合計48人に増加したことを発表した。
 11日から、メキシコ市では、学校が再開される。
 メキシコ政府は合計176人がインフルエンザA(H1N1)で死亡した可能性があると言っているが、検査されずに死亡した発病者も多く、実際の数はさらに多いと推定される、
Costa Rica reports first death of man with H1N1 flu Reuters AlertNet (英国) コスタリカ、初の死亡者を報告
 コスタリカで53歳男性がインフルエンザA(H1N1)で死亡したと同国保健省が発表した。インフルエンザA(H1N1)で死亡者を出した国として第4ヶ国目となった。
 男性は糖尿病と喘息を保有していた。
 男性の診断は米国CDCでなされたという。
 メキシコで48人の死者を出しているが、同国保健当局によると、多くの死亡者は、糖尿病を合併していて、他に狭心症や高血圧を合併している例が多いとされる。
US confirms 2254 swine flu cases, 104 hospitalizations  France24  (フランス) 米国2254人の発病者を確認、104人が入院
 AFP報道と同じ。
H1N1 flu tally 3440 in 29 countries - WHO  Reuters UK (英国) インフルエンザA(H1N1)、世界29ヶ国で3440人が確認:WHO統計
 WHOは9日、H1N1インフルエンザは、世界29ヶ国で3440人が確認されたと発表した。
 数値は各国の報告よりも遅れる傾向にあるが、より正しい数値と思われる。
 WHOは、このブタ、鳥、人のインフルエンザウイルス遺伝子の混成からなるウイルスによるメキシコでの死者数が45人になったとも伝えた。先の発表では44人の死者数だった。
 メキシコ政府は最悪の状況は過ぎ去り、商業施設や社会的活動は制限が解放されたと語った。
 米国での感染者数は、8日、896人から1639人に増加した。死者数は2人と変わらない。
 カナダでは214人から242人に患者数は増加し、1人死者が出た。
 
 ヨーロッパでのWHO協力機関で確認された感染者数は以下の通り:スペイン 88人、英国34人、ドイツ11人、イタリア6人、フランス12人、ポルトガル1人、アイルランド1人、オランダ3人、オーストリア1人、デンマーク1人、スウエーデン1人、スイス1人、ポーランド1人。
 WHOによる他の国での感染者数は:イスラエル7人、ブラジル6人、ニュージーランド5人、韓国3人、エルサルバドル2人、香港1人、グアテマラ1人、コロンビア1人、コスタリカ1人。
 新規に発生してリストに加えられた国は;アルゼンチン1人、オーストラリア1人、日本3人、パナマ2人。
 
 米国外で急速に各国で拡大している事実は、WHO事務局長のチャン氏がパンデミックを宣言する可能性を示唆している。
 チャン氏は世界的警戒レベルを6段階のうち5に先週引き上げ、パンデミック発生が間近であることを示した。
 しかしWHOは繰り返し、流行が拡大しているからと言って旅行制限の必要はないことをガイダンスで伝えている。

US confirms 2254 swine flu cases, 104 hospitalizations  AFP  (国際) 米国、2254人のブタインフル感染者確認、104人が入院
 米国保健当局は9日(日本時間10日)、同国でブタインフルは拡大し続け、感染確定者は2254人、入院者は104人となったことを発表した。(4.6%)。
 発症者は50州中44州と首都ワシントンに広がった。
 しかし保健当局では新型ウイルスの特性分析と、ワクチン製造に焦点を当てているとCDCのアン・シュチャト氏は語った。
 シュチャト氏によると、入院患者のほとんどは他の疾病を保有しているという(それらの疾病がインフルエンザで悪化)。
 米国保健当局では感染者は50州全域で確認されると推定している。
 
 シュチャト氏は、米国での感染者数は増加し続けるだろうが、それは単に流行の趨勢を表す数値に過ぎない、と語った。そして、このウイルスは季節性インフルエンザと同じくらい感染しやすいと付け加えた。
5月9日


Australia Reports First Case Of H1N1 Flu  NASDAQ  (国際) オーストラリアで初のH1N1インフルエンザ感染確定例
 オーストラリア政府は、アメリカ旅行から帰国した女性が検査の結果陽性であったと発表した。
 海外でインフルエンザ様症状を発症して、オーストラリアに戻るまでに回復した。
 彼女は検疫所のナースに海外で具合が悪くなったが帰国までに回復したと説明していた。
 予防的措置としてロサンゼルスからオーストラリアに木曜’7日)に到着した便に搭乗していた乗客に連絡を取っている。
 Janette Youngクイーンズランド州保健相は、帰国までに回復していたために搭乗中に他人に感染させることはなかっただろうと述べている。
オーストラリアは現段階では国内の警戒レベルを変更しないと厚生大臣Roxon氏は発表した。

Officials Are Urged to Heed Lessons of 1976 Flu Outbreak (米国、ワシントンポスト) 保健当局は1976年の豚インフルエンザの教訓を生かすべきである
 米国保健当局は今後数ヶ月以内にH1N1豚インフルエンザワクチンを全国民に接種する計画を実行しようとしているが、専門家たちやワクチンの監視団体は、1976年の教訓から学ぶべきだと呼びかけている。
元保健社会福祉省長官のMike Leavitt氏は、1976年のワクチン計画の調査書を研究すべきだと述べた。

1976年、豚インフルエンザの人での大流行を恐れて、国全体でワクチン接種を推し進めるキャンペーンが展開されたが、多数が死亡、あるいは副作用に苦しめられる結果となった。

CDCのリチャード・ベッサー氏は「1976年の教訓を生かすために当時の経緯を詳しく見直している」と述べた。当時の失敗はひとえに「急ぎすぎた」ことにある。予防接種計画を推し進めるのもあまりにも急ぎすぎたし、接種するかどうかの選択肢も人々にはほとんどなかった。

副反応などのリスクを人々はもっときちんと知らされるべきだ。これは他のインフルエンザワクチン接種についても同じことが言えるのだが。(TA)

New flu continues US spread, but people cleaner  Reuters (国際) ブタインフル発病者増加、しかし人々の衛生意識が向上
  新型のH1N1インフルエンザは合衆国全域に速やかに拡大したが、保健省職員は、金曜日(8日)に、その結果より多くの人々が手を洗うようになったことに励まされていると述べた。

 各州から同インフルエンザの2,500の可能性例及び確認例が報告されていると、CDCのリチャート・ベッサー博士は記者に語った。
 「1,639の確認事例が42の州とコロンビア特別行政区で発生した」とベッサー氏は述べた。うち、3.5%が、入院治療を必要とする程重症であったが、保健省職員は、より多くの症例が発見されればこの数値は下がってゆくだろうと言う。
 複数の共同体での継続的なヒトーヒト感染が確立した場合、可能性例をどのように調査するか再考することになるかもしれないと、ベッサー氏は述べた。
 「そうなったら調査しきれないほど多くのサンプルが送られてくるだろうということです」とベッサー氏は語った。CDCは現在、一日にこのインフルエンザの300から400のサンプルを調査している。これらは、高熱を出したり、咳が出ていたり、筋肉痛を起こしていたり、さらに迅速テストでインフルエンザ陽性になったりした患者たちのものである。
 入院治療を必要とした26人については、7人の喘息患者を含め、半数以上がインフルエンザを悪化させると知られている基礎疾患を抱えていたとベッサー氏は語った。
 氏は更に、アウトブレイクの発生についての報道を見て、人々が行動様式を変えたことは朗報であると述べた。

 ハーバード大学公衆衛生学科のロバート・ブレンドン博士と同僚は、携帯電話を通して、1000人の米国の成人について調査を行った。これは公衆に対する調査の第一号である。
 それによれば、67%の人が、今回のアウトブレイクの結果、本人もしくは家族の誰かがより頻繁に手を洗ったり除菌ローションを使用したりするようになったという。そうして、万一、本人もしくは親族が病気になった場合、どのように対応するかのプランを持っているという。
 「人々は問題を真剣に捉えている」と、ブレンドン氏は状況を説明していった。「人々はこの状況を見て何もしないでいるわけではない。これは十分驚くべきことだ」
 ベッサー氏は、H1N1は、人々に、将来のパンデミック発生についての備えを助けるだけでなく、あらゆる伝染病の展開を変える「教育的時間」を与えたと述べた。
 「頻回な手洗いが日常的な習慣として定着し、咳エチケットが普及するなら、人々は、単にインフルエンザだけではなく、多数の呼吸器系伝染病から我が身を守ることが出来る」とベッサー氏は語った。
 「インフルエンザに対する人々の予防策は、胃腸疾患の減少という素晴らしい効果ももたらすかもしれない」


A deadly combination? Top flu expert warns of swine flu-bird flu mix Metro Canada - Ottawa (カナダ) 致死的遺伝子交換が起きる? インフルエンザの世界的専門家が、ブタインフルと鳥インフルの遺伝子組み換えを懸念
 H5N1鳥インフルエンザウイルスとインフルエンザA(H1N1)がブタや人に感染して、より毒性の高いウイルスになることを懸念している。
 聖ユダ小児研究病院のウエブスター教授:このインフルエンザA(H1N1)は、特に他のインフルエンザウイルスの遺伝子と組み換えを起こしやすい性格があるように思える。要注意である。

Japan confirms 3 cases of new flu strain - media Reuters AlertNet (英国) 日本で3人の感染者が確認
 3人の感染者が日本で確認されたことが日本のメディアから9日発表された。
 共同通信によると、40代の高校教師と2人の高校生で、米国から帰国した。
 世界的にウイルスは広がっており、パンデミックの可能性がでてきている。しかし専門家の多くは、このウイルスは季節性インフルエンザウイルスよりも病原性は高くないようだと考えている(does not appea more deadly)。
Scare sends mask sales up in Egypt GulfNews (国際) エジプトでマスク購入者が急増
 これまで週に1枚も売れなかったマスクが、毎日200枚以上売れているという薬局店主の話。
 マスクは外国観光局が着けていることはあったが、これまでエジプト人が着けることはなかったとのこと。
 同国でブタインフルエンザ患者は出ていないが、この数日間にエジプト政府は35万頭のブタを殺処分し、ブタインフルエンザへの警戒を呼びかけている。

Hong Kong lifts hotel flu quarantine abc7.com (米国) 香港、ホテルの隔離を解除
 アジア初の感染者が見つかったホテルが1週間隔離されていたが8日解放された。
 280人の客と従業員が解放された。

First swine flu death in Canada The West Australian (オーストラリア) カナダで初の死者発生
下記AFP

First swine flu death in Canada, as US cases double MSN Singapore  (シンガポール) カナダで初のブタインフル死亡者発生、米国では確定例が倍増
AFP

 米国は8日の統計で、患者数が倍増し、世界のブタインフル発生中心地となった。
 一方、カナダでは初の死者が発生し、さらにラテンアメリカでは新規例が相次いでいる。

 オバマ大統領は、米国は未だ安全圏へ出てはいないと、国民に警告した。
 一方、カナダのアルバータ州では主任医療政務官のアンドレ・コリビョウ氏が、「我が国はアルバータ州で初のH1N1インフルエンザ死亡者が発生した」と語った。
 南方ではパナマで初の事例が発生し、グアテマラでは二例が確認された。
 パナマの患者は若い年齢で米国から帰国した。現在隔離されている。現在治療されているが、様態は安定していて入院の必要はないとされる。
 冬期間のインフルエンザシーズンに入った、ブラジルとアルゼンチンも7日に初の感染者を確認した。

 米国の保健当局は、米国で確定された事例は1639人で43州に及んでいると発表した。その数は7日だけで896人報告されている。突然増加した理由は、精度の良い検査機器が配備されたためと言われる。
 「当初思われた程ウイルスの毒性は高くないと予測している」、とオバマ大統領はホワイトハウスで、スペイン語によるタウン・ミーティングで語った。
 「しかし、我々はまだ安全域へでてはいない。十分な警戒が必要だ」、と大統領は付け加えた。
 さらに、米国大統領は、この秋から冬にかけて到来するインフルエンザシーズンに、再び、このインフルエンザが流行してくる可能性もあることを強調した。

5月8日

Person-to-Person Transmission Now Common Route for Swine Flu in US  Atlanta Journal Constitution  (米国) 米国ではブタインフルの大半は人人感染と
 米国における確認例と疑い例は1900人近くとなるが、ほとんどの事例は人人感染によるものであるとCDC当局者は語った。
 わずか10%しかメキシコへの旅行の既往がないという。
WHO says up to 2 billion might get swine flu AZ Central.com  (米国) WHO、ブタインフルエンザで20億人が感染する可能性もあると
 WHOのインフルエンザ対策責任者のフクダは博士:
  これまでのパンデミックでは世界人口の三分の一が感染した。もしこの豚インフルエンザがパンデミックを起こし、2年間に亘り流行したなら世界で20億人が感染するだろう。
 インフルエンザが軽症だちおしても、貧困な途上国では犠牲者が多く出る可能性も高い。
 他の世界的ウイルス学者も同意見。
5月7日

WHO Promises H1N1 Swine Flu Vaccine for All  WebMD (国際) WHOは全員への豚インフルエンザワクチン準備を約束--パンデミック時にはWHOは10億から20億人分のワクチンを作成可能と

 H1N1豚インフルエンザパンデミックが発生したら、ワクチン製造業者は「少なくとも」10億人から20億人分のワクチンを大量生産できるとWHOは概算している。
 WHOはまだ正式にはパンデミック宣言をしていないが、感染事例は世界中で増え続けている。水曜(6日)の時点で23カ国1658例。
 CDCのリチャードベッサー氏は、パンデミックの公式宣言がまだなされていないということは驚きだと述べている。
 パンデミック宣言がなされれば、ワクチン製造には4~6ヶ月しか猶予がない、とWHOのワクチン政策責任者の Marie-Paule Kieny氏は言う。
 「現在、世界中の季節性インフルエンザワクチンの作成能力は一年に約9億人分である。」とKieny氏は述べた。「これはパンデミック時には10億から20億人分のH1N1ワクチン製造に転換される。」
 ワクチン製造業者にH1N1ワクチンをフルスピードで作成することを要請するかどうかの決定は木曜(7日)のWHO諮問委員会の会合でなされる。この委員会はWHO事務局長に、ワクチン製造業者への正式要請を出すかどうかの助言をする業務を課されている。
 ベッサー氏は、CDCはワクチンの初期準備が進行中であるにもかかわらず、まだ豚インフルエンザのワクチン製造を要請するかどうか決定していないという。
 このワクチンには多くの課題が残っている。
・H1N1ウイルスが卵の中でうまく育つかどうかまだ分からない
・現在のH1N1ウイルスに対するワクチンが、6ヵ月後に広まっているウイルスに合うかどうかを知るすべはない。
・免疫獲得のためにどれくらいのワクチン量が必要なのかはっきりわからない。もし人々が既に予防接種や季節性H1N1インフルエンザの感染暦からいくらかの免疫を持っていたとしたら予防接種は1度でいいが、そうでなければ2回の接種が必要である。
・どれくらいのワクチン量が必要なのかわからない。もし大量に必要になったら不足する。
・すべての新しいワクチンは少なくとも予備的な安全性試験をクリアする必要がある。

 Kieny氏によれば、ワクチン作成業者との会合が来週開かれ、貧しい国々が確実にH1N1豚インフルエンザワクチンを手に入れるにはどうしたらいいかが話し合われるということだ。
 「我々は共同責任と公正な権利を呼びかけている。」と彼女は言った。
 「我々がこのことについて話し合った業者たちはとても積極的で、われわれは来たる週に何らかの合意文書に署名したことをお知らせできることを望んでいる。」
 一方、ベッサー氏はアメリカ国民に警戒態勢を維持することを強く求めた。
「現在も引き続き大事な局面なのだ。」と彼は今日の記者会見で語った。
「まだ心配がある。国内の感染は今も広がっている。」
 州保健所はCDCから検査キットを受け取り、疑い例の未処理分から取り組んでいる。そのため確定例は多少急増している。しかしベッサー氏はH1N1豚インフルエンザの新規感染確定例は増え続け、重症例や死亡例も起こりうるだろうと指摘した。
 今日までに、44の州で1487例の疑い、あるいは確定患者が見つかった。これらの患者の年齢は3ヶ月から81歳までであるが、中央値は16歳である。なぜ幼児や若年成人が新型インフルエンザにかかりやすいかということはまだはっきりとはわかっていない。


Nepal rules out swine flu as mystery virus kills 13 Zee News  ネパール、原因不明のウイルス感染で死亡13名は、新型インフルではないと

Indonesia denies reports on A H1N1 flu suspect People's Daily Online (中国) インドネシア、疑い者発生に関する報告を否定

Mexico gets back to normal, China eases quarantine Reuters (国際) メキシコ、正常化へ、中国は隔離を解除

H1N1 genes dissimilar to past outbreaks UPI (国際) 過去の大流行時の遺伝子マーカーのほとんどを見つけられなかった
 ローレンスリバモア国立研究所のJonathan Allenと Tom Slezakは過去のパンデミックインフルエンザウイルスから分離した34のアミノ酸マーカーの分析を発表した。
 彼らは新しいウイルスの遺伝子配列を調べ、34の遺伝子マーカーのうちおよそ半分しか存在しないことを発見した。
「過去の重症化しやすいインフルエンザウイルスと遺伝子構造が似ていないからといって、現在のH1N1ウイルスが今後主要な問題にならない(このあとずっと重症化しやすくならないままである)ということではない。しかし過去の致死性の高い大流行を生み出した要因の多くを欠いているということを示唆するものではある。」
 しかしながら研究者たちは強調する。現在のウイルスは恐れられていたほど危険なものではないが、はっきりとした結論を出す前にもっと研究がなされるべきであると。
 調査結果はBMCの微生物ジャーナルに掲載されている。
Surabaya hospital reports Indonesia's first swine flu suspect  Jakarta Post  (インドネシア) インドネシア スラバヤの病院で初の豚インフルエンザ感染疑い
 東ジャワ、スラバヤ病院のSumoto医師は、インドネシア初、そして東南アジア初の豚インフルエンザ感染疑い例を発表した。
 スラバヤ病院のHarko Hari Santoso医師は、疑い患者(詳細不明)は隔離室で治療中であると述べた。
 Harko医師によれば、患者は香港からスラバヤに到着したところで高熱のため発熱センサーで発見された。到着日は報告されていない。
 疑い患者は即座に検査を受けてその後病院に送られた。
 Harko医師は、まだ豚インフルエンザかどうかの確定は出来ていないと述べた。(TA)

Officials ready for swine flu Charlevoix Courier (米国) 北部ミシガン州、ブタインフルエンザ対策は十分と
 当局:ブタインフルエンザは季節性インフルエンザと同じ。とう地域で広がっても対策は整えている。

Obama administration weighing 3 flu shots this fall Kansas City Star  (米国) オバマ政権、今秋、3回のワクチン接種を検討中
 季節性インフルエンザワクチンを1億8000万人分、ブタインフルエンザワクチンを6億回分(3億人分)製造するか検討中。ブタインフルエンザワクチンに関しては決定していない。
Kan. confirms 2 new cases of swine flu Hays Daily News (米国) カンサス州、2例の新規患者を確認
 同州では合計7人に。

In Case of Pandemic: High-Tech Flu Vaccines Coming Science Now (国際) パンデミック発生の際、細胞培養法によるワクチン製造も考慮
 有精卵方式ではワクチン製造量に限界。季節性インフルエンザ製造で多くの有精卵が使われる故。細胞培養法による製造も世界のワクチンメーカーで考慮中。しかし大量の製造は難しい。
5月6日

Guatemala Latest Country to Report Swine Flu New York Times (米国) グアテマラでもブタインフルが確認
 以下、訳者が興味ある部分と、他報道にはない内容だけに絞った。
 グアテマラはブタインフル発生23ヶ国目となった。
 昨日、米国当局はメキシコ国境近くに住む33教師がブタインフルに感染し、元々有する基礎疾患が悪化して死亡したことを発表している。女性は4月14日からインフルエンザ合併症で入院していた。そして今週初めに死亡した。家族からは感染者は出ていない。女性は最近出産しているが、生まれた子には異常はないとされる。

H1N1 flu may induce a 'cytokine storm' UPI  (国際) H1N1インフルエンザはサイトカインストームを引き起こす可能性が
 H1N1インフルエンザははH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子要素を含むために健康な若者にとってより危険性が増すかもしれないと米国の研究者は語っている。
 このインフルエンザは「サイトカインストーム」を引き起こす可能性があるH5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子要素を含む。サイトカインストームとは肺に致死的なダメージを与える原因となる免疫の過剰反応のことである。
 ウイルス免疫学の編集長でありTrudeau Institute Inc.の社長であるDavid L. Woodland氏によれば、サイトカインストームは体の免疫がウイルスのような侵入者に対して過剰な反応をし、高レベルのサイトカインを生産したときに起こる。サイトカインとは免疫細胞が体内から感染物質を除去する能力を高めるのを助ける伝達化学物質である。
 あまりに大量のサイトカインが生産されると、炎症反応が起きる。免疫細胞と体液が蓄積され、感染組織や肺のような器官が正常な働きをすることを妨げ、死の原因になりうる、とWoodland氏は言う。
 現在分かっていることは、H1N1ウイルスはパンデミックを引き起こす可能性があり、歴史的裏づけから、健康な若者がより重症感染し、その強い免疫力が引き起こすサイトカインストームで残念な結果になる可能性があるということだ。(TA)

US: Statement by HHS Secretary Kathleen Sebelius and by acting CDC ... ReliefWeb (press release) (米国) 米国政府:社会保健福祉省長官とCDC長官代理からの声明文
 休校に関する勧奨内容の変更。5月1日には感染者が出た場合14日間休校としていたが、現在、インフルエンザA(H1N1)の病原性は低いことが確認された。休校措置は解除した。
Navy cancels ship deployment due to swine flu Yahoo News (国際) 米国海軍、豚インフルエンザにより船の配備を中止
 アメリカ海軍は乗組員に豚インフルエンザ発症者が出たことを受けて、サンディエゴ海軍基地の船の配備を中止し、乗組員全員に抗インフルエンザ薬を服用するよう命令した。 海軍報道官のSean Robertson中尉は空母ドゥビュークの乗組員から50の疑い例が出ていると述べた。感染者と疑い患者たちは抗インフルエンザ薬のタミフルを服用して回復しつつあるということである。
 Robertson中尉は、船の配備の中止は「十分に注意した結果」行ったものであると述べた。この船は6月1日に南太平洋での医療や建設業務に関する人道支援の任務に就くため出発の予定であった。
 海軍は任務をあくまで遂行するための(他の?)選択肢を模索中であるとRobertson中尉は言った。
 今月はじめ、予防的措置としてインフルエンザ様症状が出ていない他の370人の乗組員にも予防治療を開始した。症状のあるもの、感染が確定したものは自宅あるいは海軍宿舎で療養、回復した。
 ドゥビューク ドック型水陸両用輸送艦は、現在サンディエゴ海軍基地で清掃・消毒作業中である。(TA)
4 more minor flu cases in Pima County Sahuarita Sun (米国) ピマ郡でさらに4人のブタインフル確定例
 アリゾナ州ピマ郡。で4人が確定され合計10人となった。
 アリゾナ郡では17人から49人に増加。
 米国全体では400人以上が確定され、数百人の可能性例が出ている。

Swine Flu Shows Need for Better Animal Testing  The Times (国際) ブタインフルエンザの流行は、動物感染症検査の遅れを露呈

 ブタインフルエンザが世界中に拡大する速度の速さ、そしてメディアが懸命に追い続けることにより無数の情報が発信され続けている状況から、この呼吸器疾患がCDCとWHOから発表されてから相当の期間が経過しているような錯覚を覚えるが、実はまだ2週間しかたっていない。
 現在、このH1N1ウイルス感染爆発の震源地であるメキシコシティでは、この病気の勢いは弱まっているようである。
 メキシコ政府は月曜(4日)、中心部のレストランは6日までに再開すると発表した。教会や美術館もこれに続くことになるだろう。
 米国では、ほぼ全州から合計289件のH1N1ウイルス感染確定例がCDCによって確認されている。そして保健省はその病気の症状は穏やかであると発表した。
 しかし、新規感染例に対する注意深い調査が引き続き必要である。米国においてもそうだが、これからインフルエンザシーズンを迎える南半球では特に注意が必要ようである。
 「我々はまだ完全に危機を脱したわけではないが、明るい見通しもある」とCDCのリチャード・ベッサー氏は述べている。
 世界的パニックが収まるにつれて、科学者たちは次に現れるであろう病気を未然に防ぐ方法を見つけることに関心を集中させている。
 「今こそこれを防ぐために必要な行動を起こすときだ。」と、野生動物から現れる新しい病原体を探す世界ウイルス発生予測委員会のNathan Wolfe会長は語った。
 まずはH1N1ウイルスがいつ、どこで豚から人へうつるようになったのか(あるいは逆に、カナダでは養豚業者から豚へのH1N1感染が認められた)を追跡調査することからはじめることになるだろう。
 新型H1N1ウイルスは、人、鳥、豚のインフルエンザウイルスの遺伝子構造を持っており、遺伝子調査によると数年前に再集合した可能性が有る、つまり人から人へ容易に感染する性質を獲得する前に、豚の集団の中に存在していた可能性が有るということが分かった。もしもわれわれが豚のインフルエンザ感染に対して厳しい調査を行っていれば、なにか悪いことが起こりかけているということに気がついたかもしれない。
 しかし我々はそうしなかった。豚インフルエンザは国の保健当局にすぐ連絡するべき感染症ではないのである。インフルエンザは豚の間では珍しくもない病気であり、人間のそれよりも致死性が低い。(これに対してH5N1鳥インフルエンザは家禽の数を大幅に減らす)。これはつまり豚インフルエンザはH1N1の場合のように、用意にレーダーから外れてしまうということなのだ。
 過去何年間か、豚から人への感染は散発的に報告されていたが、「今回の例が何か違うなんてまったく気がつかなかった。」と米国豚獣医協会のTom.Burkgrenは語った。
 食料農業機関(FAO)と国際獣疫事務局、メキシコ政府からの専門家チームはメキシコでの調査を開始し、豚の血液サンプルや鼻腔拭い液(?)を採取している。目的は、メキシコの豚の間でどれほどこのウイルスが広まっているかを見極め、追跡することである。
 これは容易なことではない。他の新型感染症のなかでもSARSやHIVはその元となる動物を見つけるのに何年もかかった。野生動物の中にいるウイルスを追跡するのは、彼らが国境など関係なく動き回ることでいっそう困難なことになるのである。メキシコはアメリカから一年に60万頭以上の豚を輸入しているが、そのアメリカはヨーロッパから豚を輸入している。つまりこのウイルスはヨーロッパが起源であり(実際H1N1にはユーラシア遺伝子が含まれている)人に感染を起こす前にメキシコやアメリカにつれてこられたという可能性もあるのである。「よりはっきりとした青写真が出るまでに数週間か数ヶ月かかるだろう」とFAOのJuan.Lubrothは語った。「あまりにも分からないことが多すぎるのだ。」
 H1N1ウイルスを封じ込めるにはもう遅すぎるが、将来起こるであろうパンデミックへの教訓は得た。ひとつは国境を、あるいは海を越えて病気を伝播させる可能性のある生きた動物の取引を監視すること。
 野生動物管理委員会のPeterDaszackはサイエンス誌の新しい論文で、アメリカだけでも2000年以降15億以上の動物を輸入しており、そのほとんどが渡航前も渡航後も病原体の検査を受けていないと発表した。H1N1ウイルスの脅威の高まりから、多くのアメリカ国民は外国人旅行者による病気の拡散を防ぐために国境での調査を強化して欲しいと願ったが、生きた野生動物の取引には注意がほとんど払われなかった。「それはたとえて言うなら裏口を全開にして病原体が入ってくるのを待っているようなものだ。」とDaszackは言った。
 アメリカで、そして世界中で、慢性的資金不足のため家畜の健康管理は人間のそれよりも注意を払われていない。しかし我々が新しい感染症を本当に防ごうとするならば、WHOの世界インフルエンザネットワークが新型インフルエンザが発生していないかどうか世界中の人々を監視しているのと同じように、獣医が家畜や野生動物の新しい病気を発見できるように可能な限り資金調達をすることが必要である。
 H1N1の例で我々が見たように、ひとたび人間同士で感染する病気が発生したら封じ込めはほぼ不可能である。「我々が行うべきことは、動物、野生動物の上流(ウイルスの起源になるような、という意味か?)の監視である。」と野生動物保護協会の公衆衛生担当副主任william.Kareshは言う。
「鳥インフルエンザに関しては既に(監視が)始まっているが、他の種に関してはまだ資金調達ができていない。」
H1N1ウイルスのあまりに速い蔓延というこの事件から、間違いなく我々は「生物学的に」ひとつの世界に住んでおり、種も国境も越えて病原菌を共有しているのだと思い知った。新たな病原体の発生という試練に耐えうるような早期警告システムを構築することになると、米国での動物疾病の調査の弱さとメキシコでの(理想よりも低い)研究室のキャパシティという二つの弱い部分を強める必要がある。
「組織や機関の間にある障壁を打破しなくてはならない。」とLubrothは言う。
「世界はひとつ、皆の健康もひとつなのだ。」 (TA)


No Need to Close Schools for Swine Flu: US Officials WFIE-TV  (米国) 米国CDC:ブタインフルで休校の必要はない
 当初ガイダンスで感染者が発生した場合、2週間の休校を指示していたCDCは方針を変え、このインフルエンザは季節性インフルエンザと病原性に差がないことから、休校の必要はなく、現在休校中の学校は再開しても構わないと発表した。
 インフルエンザ様症状を呈した生徒は1週間自宅で療養するように当局では言っている。

 連邦保健局によると全米で430校以上が閉鎖され、24万5千人以上の生徒が影響を受けていた。

Quebec confirms 4th case of swine flu StarPhoenix 8カナダ) ケベック州で4人目の発病者

Richmond schools to reopen tomorrow Port Huron Times Herald (米国) リッチモンド、学校が明日から再開
 リッチモンド地域の学校はブタインフルエンザH1N1の拡大防止のために、休校していたが、2日間の閉鎖で、明日から再開する。
 CDCが本日午後に発表し、またマコウム郡保健局も発表した。
 当初は1週間の休校予定だった。
 CDCが拡大防止のための標準策を変えたが、発病している生徒は1週間自宅で待機するようにアドバイスしている。

No case of H1N1 flu detected in Morocco, minister Maghreb Arabe Presse モロッコ保健相、インフルエンザA(H1N1)患者はまだ発生していない
Scientists still wary of flu virus as victim dies in Texas KATU  (米国) テキサスの死亡患者が発生し、専門家達はいまだブタインフルエンザウイルスを警戒
 5日、テキサス州保健局は米国内居住者として初のブタインフルエンザ死者を発表した。
 詳細は発表されていないが、保健局によると死者は米国とメキシコ国境沿いのカメレオン郡に住む女性で慢性疾患をもっていたとされる。
 保健局では女性は今週初めに死亡したという。
 一方、先週メキシコ市からきていた少年がヒューストン病院で死亡して米国初の死者となった。
Experts: Mild swine flu could quickly turn deadly KSTP  (米国) 専門家:軽症ブタインフルエンザは迅速に重症化する可能性
 インフルエンザウイルスは迅速に変異を続けている。低毒性のウイルスも、殺人的ウイルスに変化、またその逆の変化もあり得る。
 現在のブタインフルエンザは軽症であるが、次の変異はいつ起きえるのかが問題で、それが専門家の最大の関心事となっている。
 良いニュースとしてウイルスが前世紀のパンデミックインフルエンザを引き起こしたウイルスの強毒性を表現している遺伝子を欠損していることである。
 悪いニュースは、このウイルスの両親が持っていなかった、人から人へ感染する能力を身に着けたということである。
 コロンビア大学のコンピューター解析生物学の専門家であるラウル・ラバデン博士は次のように説明する。インフルエンザウイルスは8時間で分裂する。朝のウイルスは午後には両親となり、夜には祖父母になってしまう。

 インフルエンザウイルスを追っている研究者によると、現在のウイルスは2種類のブタインフルエンザウイルスの両親から誕生しているという。聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるリチャード・ウイビー博士が説明する。
 母親であるブタインフルエンザウイルスは、10年前以上に、驚くような遺伝子変化を起こしていた。少数の研究者以外に知られていなかった。3種類のインフルエンザウイルス、ブタ、鳥、人、がブタの体内で遺伝子再集合を起こして新規ウイルスが誕生した。これは”三重再集合”と呼ばれる。
 このウイルスは1998~1999年にノースカロライナ州のブタで感染し、それからアイオワ、テキサス、オクラホマ、そして最終的に少なくとも23州に広がった。ブタの死亡率は4%以下だった。しかしウイルスは検査したブタの四分の一以上で見つかった。これらのブタに接触したほんの一部の人で軽いインフルエンザ症状が出たが、人の間での感染は起きなかった。
 現在のウイルス遺伝子鎖の6本は上記三重再集合を起こしたウイルス由来で、残りの2本はユーラシアのブタインフルエンザウイルス由来である。ウエビー博士は、この三重再集合を起こしたウイルスとユーラシアのウイルスがいつ出会ったかは分からないという。

新型インフル、米国で2人目の死者…テキサス州の女性 読売新聞 
 米テキサス州の保健当局は5日、州内に住む女性が新型インフルエンザで死亡したことを確認した。AP通信などが伝えた。
 アメリカでの死者は2人目。1人目は同州を訪れていたメキシコ人の男児で、アメリカの居住者が死亡したのは初めてとなる。女性は慢性病があったという。

新型インフルエンザ:感染、1536人に 毎日新聞

世界各地の新型インフルエンザの感染者数は5日、22カ国・地域で1536人に達した。メキシコや米国、カナダなどで新たな感染者が確認された。また韓国政府は同日、新たに韓国人女性(44)の感染を確認したと発表。感染者は計2人になった。メキシコから帰国した1人目の感染者の女性(51)を仁川空港まで迎えに行き、感染したとみられる。1人目の感染者の女性は4日、退院した。

 世界保健機関(WHO)は5日、新型インフルエンザ患者を診察した医師らを含む約150人の専門家を電話回線で結んだ会議を開いた。症状の重さや潜伏期、年齢層による違いなどが検討される。

 WHOのケイジ・フクダ事務局長補代理(インフルエンザ担当)は5日、会見し、新型インフルエンザの特徴として、▽感染者の平均年齢が20代半ばで若い世代が多い▽潜伏期は通常のインフルエンザと変わらず最大5日から1週間程度--などを挙げた。また、感染の広がりについて「メキシコや米国で起きている地域レベルの感染が欧州では起きているとは思わない」と述べた。

 米疾病対策センター(CDC)のベッサー所長代行は4日の記者会見で「今後の対策を考える上で重要なのは数カ月後の南半球だ」と強調した。

==============

 ◆感染が確定した国・地域(6日午前0時現在)

メキシコ     866人

         (死者26人)

米国       403人

         (死者1人)

カナダ      140人

スペイン      57人

英国        28人

ドイツ        9人

ニュージーランド   6人

イタリア       5人

イスラエル      4人

フランス       4人

韓国         2人

エルサルバドル    2人

コロンビア、コスタリカ、アイルランド、スイス、オーストリア、香港、デンマーク、オランダ、ポルトガル、グアテマラでそれぞれ1人

 計1536人




新型インフル メキシコ、学校再開へ 正常化、綱渡り 毎日新聞 

 ◇再流行、消えぬ不安 冬季到来、南半球での感染拡大懸念

 メキシコ政府が4日、企業、学校の近日中の再開を決定、2次感染が起き休校になっていた米ニューヨーク市の高校も同日、再開されるなど、新型インフルエンザの“震源地”は正常化への一歩を踏み出した。一方、世界保健機関(WHO)は、世界的大流行(パンデミック)を意味する「フェーズ6」への引き上げは、欧州地域の状況を踏まえ判断するとみられる。メキシコや米国が沈静化へ向かったとしても、今秋の再流行や南半球への感染拡大も含め、「今後流行がどうなるかはわからない」と、事態の推移を注意深く見守る構えだ。【ジュネーブ澤田克己、メキシコ市・庭田学、江口一】

 メキシコ政府が決めたのは、6日からの経済活動の正常化▽7日からの高校・大学、11日からの小中学校再開。また、メキシコ市は6日にレストラン、7日に博物館や図書館などを再開する。感染者が減少傾向で、治療薬の備蓄も十分なことなどが再開の理由だ。一方、深夜営業のバーや映画館などには営業を引き続き制限するとした。

 4日午後現在の統計によると、メキシコの感染は4月26日がピークで107例を確認。その後、76例、55例、25例と漸減した。現在も症例が確認されている点について、WHOも「患者から以前、採取された検体の検査が進行中のため」と説明、必ずしも現在進行形で感染が拡大しているとの認識を示してはいない。さらに当初は死亡率が高いのではないかと警戒された同国でも、調査が進むにつれて実際には軽症の患者が大多数を占めることが判明しつつある。

 こうした中、メキシコ政府が最も頭を悩ませたのは学校再開だ。感染者のうち約5割は19歳までだったからだ。カルデロン大統領は「授業再開は最も安全に配慮しなければならない」と強調、再開日を一般企業などより遅く設定し、保護者らの協力も得て校舎の消毒などを行う。

 経済活動の制限解除でも政府はジレンマを抱えた。予防を強化すれば経済は停滞する。海外からの観光客減に歯止めをかけるため観光分野で免税措置を打ち出し、経済的打撃を緩和。その一方、「ウイルスはまだ存在する。再流行はありうる」と監視の重要性を繰り返すという綱渡りを強いられている。

 これらの対応について、インフルエンザに詳しい外岡立人・元小樽市保健所長は「感染が広がるピークを過ぎたのならば、問題ない。基本的な感染症の予防策が市民に浸透すれば、感染が再拡大する可能性は小さいのではないか」との見方だ。

 新潟大の鈴木宏教授(国際感染症学)は「メキシコ政府の対応はひとつの考え方だと思う」としつつ、「国全体で一律ではなく、流行地といったリスクのある地域ではもう少し(ビジネスの再開を)延ばすことも選択肢としてありうる」と指摘する。

 一方、45人が感染し休校していた米ニューヨーク市の聖フランシス高校は4日、再開した。同市で新たに感染した人が少なく、市域を超えた感染拡大もまれなことが理由だ。米国内では各州で依然、学校閉鎖が続くが、米疾病対策センター(CDC)は今後、閉鎖を勧める方針を見直すことも示唆している。ただ、ナポリターノ国土安全保障長官は「まだ安心できる段階にはない。今回の流行は今秋の再流行の前触れの可能性がある」とも述べている。

 鈴木教授は「メキシコに限らず、感染症に対する社会的な対策は難しい判断を迫られる。実際には状況に応じて柔軟に対応していくしかない」と指摘する。

 ◇「フェーズ6」慎重に検討--WHO

 WHOのチャン事務局長は4日、パンデミック発生を意味する警戒度「フェーズ6」には「まだ至っていない」と、ただちに引き上げる考えがないことを明らかにした。北米大陸以外の地域で、地域レベルの感染が起こっている「非常に明確な証拠があれば引き上げ条件が満たされる」とし、まだ欧州やアジアでの感染が「地域レベル」にまで拡大していないとの考えを示唆した。ただ、「6」まで「どれぐらいかかるか不明」「だれにも予想できない」と予防線を張ることも忘れなかった。ケイジ・フクダWHO事務局長補代理も4日、「フェーズ6は感染拡大が続いているという点に着目したもので、病気の重症度を示すものではない」と述べた。

 こうしたWHOの姿勢について、外岡元所長は「南半球では冬に入り、通常のインフルエンザの流行期になる。そうすると、通常の季節性インフルエンザと新型インフルエンザが人に同時感染し、人から新たな混合ウイルスが発生するかもしれない」と、特に南半球の状況を懸念。そのうえで「そうしたことを各国に警戒し、注視してもらうために、軽症であってもパンデミック宣言(フェーズ6)する可能性はある」と分析する。

 鈴木教授も「南半球や熱帯地方ではこれから通常の季節性インフルエンザの流行期に入るので、監視を強める必要がある」と訴える。その一方で、「現在の状況は世界的広がりという点からは、実際には『フェーズ6』に近いのかもしれないが、人から人への感染は米、メキシコ以外ではあまりない。したがって(警戒度が上がる前に)感染拡大が終息する可能性も否定できない」との見方を示している。



5月5日

Every home to get flu leaflets Reuters (国際) 英国、全家庭にインフルエンザ啓発冊子が配布
 英国政府は新型インフルエンザウイルスに関する啓発用リーフレットを英国の全家庭に配布を開始した。今後2週間以内に配布を完了する。
 パンフレットでは、咳やクシャミがでるときは、ティッシュで口を押させることと、その後十分手を洗うことが必要なことが書かれている。
 また最近メキシコから帰国した人で、ブタインフルエンザに感染したと思われる場合は、家庭に留まり、家庭医かNHS Directに電話する。
 政府は2940万部のリーフレットを作成した。
Health Minister Says So-Called Swine Flu May be Man Made Pakistan Daily  (パキスタン)  インドネシア保健相、ブタインフルエンザウイルスは人為的に作成された可能性がある
 インドネシアのスパリ保健相の談話。
 西欧の先進国が人為的に作成し、途上国で感染実験を行い、先進国の製薬企業がワクチンや薬を開発している。
Some flu pandemics less deadly than others guardian.co.uk  (英国) パンデミック・インフルエンザの中には季節性インフルエンザよりも軽いものがある
Swine Flu Cases Still Up, But US Officials Are Guardedly Optimistic MSN Health & Fitness (米国) ブタインフルエンザ感染者は増加しているが、米国保健当局では楽観的観測に

Some flu pandemics less deadly than others Forbes (国際) パンデミック・インフルエンザの中には季節性インフルエンザよりも軽いものもある
 この数日内にブタインフルはパンデミック・インフルエンザとしてWHOが宣言する可能性が高い。1968年に香港インフルエンザが発生していらいのことである。歓迎すべきニュースではないが、言葉のもつ響き程には恐ろしいことではない。
 パンデミックとは、ウイルスが広く感染を広げていることを意味する。米国やヨーロッパ等で感染の拡大があることで、それは死者の発生数とは無関係なのである。
 それは世界で2000万人から5000万人死者が発生したスペインインフルエンザが再来することを必ずしも意味はしない。
 実際、スペインインフルエンザの後に世界は2度のパンデミック・インフルエンザを経験しているが、その死者数は少ない。今年度発生した季節性インフルエンザよりも低い。
Mask mania: Locals prepare for swine flu The Hook  (米国、バージニア州) マスク熱:地域でブタインフルに備える
 マスクは感染予防にはそれほど役立つとはいわれてない。CDCによると最も効果があるのは、発病者からウイルスが周辺に飛散されるのを防ぐ場合とされる。
 そういう理由でマスクが入手出来なかったとしても、問題はないが、それでもマスクを買い求める人々が多くの薬局に殺到している。

Severe form of swine flu appears in Canada The Province  (カナダ) カナダでブタインフルの重症型が確認
 少女がブタインフルで初の入院。現在は様態は安定している。
 カナダは4日現在で132人の感染者を確認している。オンタリオでは17人が4日新たに報告され、ノバ・スコチアは5人、報告している。
Leading US health expert urging cautious approach Forbes (国際) 米国の保健当局責任者、注意深い対策が必要と
 現在流行中のブタインフルは、重症度は季節性インフルと変わらないか、もしくは軽い。季節性インフルでは年間大体36000人死亡し、より重症な発病者も見られる。
 しかし、インフルエンザウイルスはどのように変化するか分からないから、現時点で明確な判断はできない。
 我々はいまだ十分状況を捉えていない。
Flu could flourish in southern hemisphere winter  Carlisle Sentinel  (国際) ブタインフルは南半球の冬期間に大流行の危険
 多くの国がいまだブタインフルの発生を見ていない南半球では、冬期間が近づき、インフルエンザ発生の危険性が高まっていると、専門家は警告している。気温が下がり、ウイルスが拡大しやすく、また変異の可能性があるからだ。
 これまで流行している国の多くは北半球で、今後夏に入り、ウイルスは不活発となってゆく。
 オーストラリア、ニュー・サウスウエールズ大学の公衆衛生学部のライナ・マッキンタイア部長は、これから南半球では警戒を強める必要があると、警告している。
 オーストラリアは現在秋であり、6月には冬を迎える。
45 probable cases of H1N1 in Michigan WWMT  8米国) ミシガン州で45人の可能性例が確認
 CDCで確認作業中。

連邦保健当局では休校の基準を見直している (出展元を見失った)
 理由は現在流行中のブタインフルの流行状況は季節性インフルと同程度であるからである。
 CDC副長官のリチャード・ベッサー氏が、そのように語り、現在14日間の休校基準を7日間に変更する可能性を示唆した。
 シアトル教育局は1週間の休校としている。
 ブタインフルエンザは、米国で毎年3000万人が罹患する季節性インフルエンザとその重症程度は変わらないが、感染者の年齢層が異なる。50歳以上の発病者は希で、大多数が若い世代で、62%が18歳以下となっている。

 ベッサー氏や他の専門家は、秋に入ってインフルエンザシーズンが到来したとき、このA(H1N1)インフルエンザウイルスが毒性を増して流行してくることを懸念している。
 ベッサー氏は、このウイルスがこれから冬を見返る南半球でどのように変化してゆくかが警戒されているという。
Mexico criticizes swine flu discrimination Yahoo News  (国際) メキシコが豚インフルエンザ差別を批判
 中国の差別的な豚インフルエンザ戦略を強く批判し、メキシコはチャーター機で中国からメキシコ市民を引き上げると発表した。メキシコ当局は、大流行は終わりを迎えつつあると宣言したが、世界の専門家たちはそう言い切るには早いと述べた。

 メキシコ保健省は月曜(4日)に、会社や学校を再開するかどうかを決定する予定であると発表した。各施設の閉鎖は感染拡大を抑制したがメキシコ経済には思わぬ悪影響を与えた。
 豚インフルエンザウイルスはヨーロッパやアメリカ、世界各国に拡大を続けている。  カルデロン大統領は全国的な施設の閉鎖や積極的な啓発活動はメキシコでの感染拡大を抑えるのに役立ったと述べた。保健省長官は、政府は国民が学校や職場に戻る準備を始めていると言った。
 「我々はウイルスの拡大を抑える、あるいは少なくとも速度を落とすことにはっきりと成功した。処置が正しいものだったからだ。」とカルデロン大統領は日曜夜(3日)のテレビ放送で語った。
 WHOによればメキシコでは590例の豚インフルエンザ感染とそのウイルスを原因とする25の死亡例が確認された。コルドバ保健相は最後の死亡者の確認は4月29日であり、4月23日から28日の間に明らかなピークを迎えたと言った。
 メキシコが正常な状態に戻る段階を迎え始めている可能性がある一方で、ウイルスはコロンビアへ拡大。南アメリカ発の感染確定例となった。これからインフルエンザシーズンを迎える南半球では気にかかることである。
 北アメリカとヨーロッパでの感染確定例は増加し、当局の発表によると全世界の患者数は少なくとも1003人に上っている。
 米国は同国の豚インフルエンザ感染確定数を35州245例に引き上げた。新たなこの数字は土曜(2日)の160例から急速に増加しているが、これは手順の合理化によって、確認を待っていた事例が迅速に確定され始めたことによるものだと、CDCのアン・シュチャット博士は述べた。
 CDCのリチャード・ベッサー博士は、豚インフルエンザは普通の季節性インフルエンザと同じくらいの感染率で拡大していると述べた。
「良い知らせとしては、このウイルスはかつて、より深刻な被害をもたらした毒性の高いインフルエンザウイルスの性質の一部を欠いているということだ」とベッサー氏は述べた。「これは希望の持てることだが、完全に危機を脱したということではない。」
 「確かに、おそらく現在のラウンドは既にピークを迎えているかも知れない。しかしこの大流行はまだ10日間しか経っていない。状況の正確な把握にはしばらくかかる」とWHOのGregory Hartl氏はスイスで記者団に述べた。
 カナダのアルバータ州では、最近メキシコから帰国した労働者からH1N1ウイルスに感染した220頭の豚に隔離措置を講じた。これはH1N1ウイルスが人から他の種への感染が確認された初の例である。カナダ当局は豚はインフルエンザにかかりやすく、豚肉を食べることは危険ではないと強調した。
 中国は70人以上のメキシコ人旅行者を現地の病院やホテルに隔離した。到着便に乗っていたメキシコ人たちも隔離されたと元メキシコ大使のJorge Guajardo氏は述べた。
 広州ではカンボジアでの休暇から戻ってきたメキシコ領事でさえもしばらく止められた。
  海外在住のメキシコ人に対する反発だ、とカルデロン大統領は抗議した。
  私たちは世界に対してずっと正直で率直な態度をとってきたのだから、これは不公平である。無知と誤った情報のために我々に差別的措置をとっている国がある。
 大統領は国名を指摘しなかったが、外交部はその後、中国にチャーター機を送って帰国希望者を連れ帰る予定だと発表した。
 中国の外交部はメキシコ人への差別的措置を否定した。
 香港では、メキシコ人旅行者が豚インフルエンザに感染していることが分かると350人をホテルに隔離した。(TA訳)


5月4日


WHO head indicates full flu pandemic to be declared  ロイター (国際) WHO事務局長、パンデミック宣言の予定と語る
 WHOは新型インフルエンザの警戒レベルを最高まで引きあげるだろうと、長官が月曜日(4日)に新聞社とのインタビューで語った。
 WHOのマーガレット・チャン長官は、警戒レベルの引き上げという所見については時期は明確にしなかったが、メキシコでの感染が確認された死者数の減少によって状況を甘くみるようになってはならないと戒めた。
 「レベル6はどのような意味においても我々がこの世の終わりに直面しているということではない。この点を明確にしておくのは重要だ。なぜなら、(そうでなければ)我々がレベル6を宣言した場合、不必要なパニックが起こるであろうからだ」
 彼女はスペインのEl Pais紙の取材に答えて言った。
 「インフルエンザウィルスは非常に変化しやすい。どう変化するか判らない。我々は現状を過信すべきではない。H1N1に他のウィルスと融合する機会を与えてはならない。それが我々が警戒せねばならない理由だ」
 WHOのパンデミック・フェーズは、どれだけウィルスが広がっているかを示すものであり、どれだけ病原性が高いかを示すものではない。
 先週、国連機関は警戒レベルを二度、3から現在の5に引き上げた。これは、メキシコと合衆国で、H1N1の持続的なヒトーヒト感染が見られたことによる。
 世界全体でのパンデミック宣言は、各国政府に、病院・学校・公共行事等に関するものを含めて、対応計画を設定せよと促すことになる。 
 フェーズ6は同時に、医薬品・診断テスト・またWHOが感染した場合より危険であるかもしれないとするHIV/AIDS感染者に適切に対応出来る医療スタッフが欠如している発展途上国への支援拡大を呼び掛けるものでもある。
 トップレベルの警戒水準が発表されるからといって、世界のワクチン製造が自動的に切り替えられるものではない。WHOは、通常のインフルエンザ用ワクチン生産をパンデミックインフルエンザ用ワクチンに切り替えるべきかどうか、何らかの発表をすることが期待されている。
 El Pais紙に述べた所見の中で、チャン氏は、気候という要素が新型インフルエンザの拡大に重要な役割を果たすだろうと述べた。南半球は、伝染病の専門家が指摘するように、通常のインフルエンザが流行する冬に入ろうとしているのだ。
 「我々は非常に注意深くあらねばならない。誰も南半球のインフルエンザシーズンのピークにこの新しいウィルスがぶつかるとどうなるかは…どうなるかについて確実なことは判らないのだ」
 日曜日(3日)に、WHOのスポークスマンは、スペインにおける所謂「豚インフルエンザ」の拡大は…WHOの統計では40例…、ほとんどが流行の中心となっているメキシコから帰国した人々に関わる「輸入された」ケースであるようだと述べた。
 チャン氏もこれを繰り返し、今までのところ、ヨーロッパでは、メキシコを訪れたり訪れた人に直接接触したりしていない患者はそれほど多くないと述べた。
 「数(感染者のうちメキシコを訪れたことのない人々の数)が少ないのは事実だ。しかし、このインフルエンザの状況、今何が起きているのかの全貌、それは我々にはまだ掴み切れていないと言わねばならない。状況はどんどん進展する。そうしてウィルスも変化する。」
 EUは人口の40%が感染するだろうと予測しているが、香港の保健担当責任者としてSARSや鳥インフルエンザと戦ってきた同長官は、全人口のうちどれだけの比率で感染者が出るかを予測するのはまだ早すぎると述べた。(MY)

2 probable swine flu cases in Berkeley Fresno Bee (米国) バークレーで2人の可能性例発生
 市の保健当局者は、ブタインフルの疑い例が3人発生したため、小学校1校を休校としたと発表した。
 1人の子供は可能性例で、2人がインフルエンザ様症状を呈したとされる。
 小学校は州と連邦政府が休校の指示を出すが、最低1週間から2週間までの期間となる。
More Milwaukee schools close over swine flu concerns Milwaukee Journal Sentinel  (米国) ミルウオーキー市でさらなる学校閉鎖
 可能性例が出た場合は14日間休校。
Australia postpones disease conference due to influenza A/H1N1 Xinhua (新華社、中国) オーストラリア、インフルエンザA(H1N1)発生可能性から医学会を延期
 オーストラリアには確定例はいないが、現在121人が検査を受けている。
US sees 'encouraging signs' in swine flu outbreak  Yahoo News  (国際) 米国、新型インフルエンザ状況に明るい見通しが出てきたと
 AFP

  アメリカは豚インフルエンザの「最悪の大流行」を避けることが出来つつあるようだ、と当局関係者は発言したが、真の試練はこの冬のインフルエンザシーズンにやってくるとも強調した。
A/H1N1インフルエンザウイルスはアメリカ50州のうち約半数で感染が確認され、WHOは今週中にも警戒水準を最大レベルのフェイズ6に上げるだろうと当局は言っている。
保健社会福祉省のカスリーン・セベリウス長官(Kathleen Sebelius) は「今週中に引き上げられるだろうと考えられているフェイズ6は、全世界における大流行を意味する」とテレビ番組で語った。
  セベリウス長官は、新型インフルエンザA/H1N1ワクチンの開発は、季節性インフルエンザ(アメリカで毎年3万6千人が亡くなっている)に対するワクチンの製造体制を崩すべきではないとのべた。
 別の番組で同長官が述べたことには、二つのワクチンは「同時に」製造されるとしている。しかし、科学者たちはA/H1N1ワクチンを国民全員分製造することが必要であるかどうか検証中である。
 「我々にわかっていることは、現在の状況が改善してきたとしても、慎重な楽観姿勢をとっていたとしても、この冬のインフルエンザシーズンに季節性インフルエンザとA/H1N1インフルエンザが同時にやってきた場合に一体どうなるのかまったく分からないということだ。」
 「つまり、そのワクチンの製造は、季節性インフルエンザによる死亡者数を増加させる結果にならないように、慎重に考慮することが重要なのだ。(安易に季節性インフルエンザワクチン製造を中止、または製造量を下げて、A(H1N1)に対するワクチンを製造するのは危険であるということ)」
 CDCによれば現在アメリカでは30州で226例の感染確定例が確認されている。このほかにカンザスからの2疑い例がCDCで調査中である。
 アメリカではテキサス州で亡くなったメキシコ人幼児が唯一の死亡例である。

 実質的にはこのウイルスはアメリカ全体に広まっているとCDCのアン・シュチャット氏は語った。
 しかし、いくつかの「心強い兆し」があるとシュチャット氏は付け加えた。「メキシコでは致死性の高い流行が落ち着いてきており、アメリカでは新たな死亡例は報告されていない。」
 しかしシュチャット氏は強調した「今後さらに多くの州で感染が確認されるだろうと予想している。われわれはまだ完全に危機を脱したわけではない。」
 
 この大流行に関する奇妙な点は、季節性インフルエンザなら主に高齢者や幼児であるはずの犠牲者が、この新型インフルエンザでは壮年期に集中していることである。
 シュチャット氏によれば、CDCは、年齢の高い人たちは1976年の豚インフルエンザのような今までの豚インフルエンザに対する抗体がすでにある可能性を考えて、もしそうなら。このことが国民全体への対処の助けになるのではないかと調査中である。
 ホワイトハウスの発表によれば2日土曜日にオバマ米大統領とカルデロンメキシコ大統領は20分間に渡って電話で会談し、両国間の連携の大切さを確認した。
 1日金曜日にはオバマ大統領が「すべきことは多いが、今後起きるであろうことに関して私は楽観的だ」と述べた。
 しかし次の日にはテレビで「パンデミックの可能性」について言及し、「今ためらって後で責任を取ることになるよりは今迅速な行動をとりたい」と述べた。
 国土安全保障長官Janet Napolitano は合衆国政府が無駄に国民を恐怖に陥れてはいないとした。
 「インフルエンザの後ろに回ってしまったらもう追いつけない。つねに先を行かなければ。」と同長官は語った。
 メキシコとの国境の封鎖を求める議員たちの要求を却下した、同長官は語っている。
 「出来ることは既にすべて実行している」
 米国政府は感染確認された州に5000万人分ある抗ウイルス剤の備蓄の4分の1を発送し、補充で1300万人分を追加購入した。
 オバマ大統領は抗ウイルス剤と医療機器の購入のため15億ドルの追加予算を要求している。(T.A訳)

Swine flu 'in decline' in Mexico BBC  (英国) ブタインフルはメキシコでは減少と
 メキシコ保健相の談話。

 興味ある発言として、米国CDCの専門家からのものがある。その部分だけを訳す。

 米国では感染者が30州で226人と増加している。
 ほとんどの人々は重症ではない。
 しかしCDCのアン・シュチャット博士は、次のように語っている。
 重症患者が増え、同時に死者も出てくることは予想される。
 しかし、それは決して異常な事態ではなく、通常の季節性インフルエンザでも米国で36000人死亡しているのであるから、と強調した。
 BBCのワシントン特派員は、多くの米国人はいまだ、このブタインフルエンザに対して、どのように判断すべきか分かっていない状況のようだと、伝えてきている。
Swine flu wanes in Mexico, rises in other places Fox40  (米国) ブタインフル、メキシコでの感染拡大減少に、世界では拡大傾向続く
 AP
 メキシコ保健相は、メキシコでのブタインフルは、”流行減少期”に入ったと語った。一方、米国やヨーロッパおよびラテンアメリカの5ヶ国では、新規事例の発生を3日に報告した。
 アジアでは新規患者の報告はないが、中国では70人以上のメキシコ人観光客が隔離され、また、香港では350人の客がホテルに隔離された。
 メキシコでは死者数は19人と同じであるが、感染が確認された事例は473人から506人に軽度増加した。保健相は、流行は下方に向かった、と語った。
 同相は、データからみると流行のピークは4月23日から28日の間で、その後、懸命の対策(休校、商店や企業の閉鎖、公共の集会禁止)で明らかにインフルエンザの拡大速度は減じた、と語った。

 米国では、CDC発表によると、感染確定例は30州で226人に増加した。
 米国では幼児が1人死亡している。
 世界で18ヶ国に拡大しているが、専門家はもっと拡大していると予想しているようだ。

 世界での感染者は800人近く、その数は増加しつつある。その大多数はメキシコ、米国、そしてカナダである。
 中央アメリカでコスタリカが最初の感染者を報告して翌日に、南米で初の感染者がコロンビアで報告された。
 
 スペイン保健省は、40人の感染者が確認されていると発表し、ヨーロッパで最も感染者が多い国となっている、2人を除いて全員メキシコ帰りである。

 英国、イタリア、そしてドイツで新規感染者が見つかっている。

 WHOの専門家は、ウイルスがより病原性の高いタイプに変わることもあり得ると警告している。

 WHO統計では、世界で感染確認者は総計898人で死者は20人となった。致死率は2.2%である。
 一方メキシコ国外では、感染者数は392人。死者はメキシコから米国に来ていた乳児例だけである。致死率は0.26%。

Flu pandemic could be as severe as 1968 Telegraph.co.uk  (英国) パンデミック・インフルエンザ大流行は1968年と同程度となる可能性
 ブタインフルエンザの大流行は、40年前のパンデミック(香港インフルエンザ)と同程度となる可能性がある。香港インフルエンザでは、世界中で100万以上が死亡した。イギリスのウイルス対策を指揮する公衆衛生専門家の話である。
 
 マリア・ザンボン博士(国立インフルエンザ研究所所長)は、感染症学者が新H1N1ウイルスがどのようにイギリスに広がるかの詳細なモデル化を行っていると語った。
 同博士は、まだこの病気の毒性と感染者数を正確に予測するには早すぎるものの、初期の状況から推測すると、英国世界で40000~5000万の命を奪った1918年のスペインインフルエンザのような、重大なパンデミックを引き起こしそうにはないと語った。
 現状の推定では、メキシコのブタインフルエンザ・ウイルスがパンデミックとなるなら、1968年の香港インフルエンザが引き起こしたパンデミックに類似したパターンを描くと思われる。(このときはイングランドとウェールズで3万人が死亡した)。
 同博士はさらに次のように説明する。
  「英国で感染拡大がどのように展開するを理解するモデル化作業はまだ進行中です。しかしながら、現在の私たちの推測では、それが1957年(アジアかぜ)または1968年(香港かぜ)のパンデミックと同程度の重さとなる可能性がありますが、1918年(スペインインフルエンザ)のパンデミックのような深刻なものになる可能性は非常に低いです。しかし、インフルエンザが予測できないウイルスであることを覚えておくことは重要です。私たちが直面しているウイルスは人間にまだ完全に適合していない、動物を感染宿主としていたウイルスですから、今後、人間に完全に適合することは十分にあり得ます」。

 1968年の香港インフルエンザによるパンデミックはH3N2ウイルスにより発生した。このウイルスはアジアで広まってからオーストラリアとヨーロッパに到達した。 20世紀の間に起こった3回のパンデミックのうち、それは最も軽度だったと言っていい。 
 1957年のアジアインフルエンザによるパンデミックでは、世界中でおよそ200万人が死亡した。
 しかしながら、現在では、抗ウイルス剤開発とワクチン技術における進歩により、ウイルスの拡散を遅らせて、死者数を少なくできるものと期待される。
 新種ウイルスの報告が1週間前にメキシコと米国から提出され始めて以来、英国の国立インフルエンザ研究所の専門家は24時間、休み無しに働いている。
 緊急運営センターが、北ロンドンのコリンデールにある感染対策センターに設置された。そこでは感染症学者とウィルス学者が英国におけるウイルスの拡大状況をモニターしている。
 薄型液晶テレビが世界中の最新ニュース報道を映し出す一方、専用電話回線で地方の保健当局が感染発生を、報告できるシステムになっている。
 研究室では、先週国内でインフルエンザ様症状を示している患者から採取された800検体以上のサンプルを研究者が分析した。
 また研究者達は、より速い診断テストを開発して地方保健当局と病院に送ることで、疑い例患者のブタインフルエンザ診断を早くするべく働いている。
 一方、感染症研究者達は、ワクチン接種が優先される、重症化のリスクの高いグループを特定するためのウイルス研究も行っている。
 さらに、精巧なコンピュータモデルも使用されており、今後数カ月間における国内でのウイルス拡散予測と、それがどの程度の期間続くかをシミュレーションしている。(訳:KS)
5月3日

WHO「6」引き上げの公算 軽微大流行を宣言も 岐阜新聞
 世界保健機関(WHO)の当局者は3日、共同通信に対し、新型インフルエンザ感染拡大の6段階の警戒水準(フェーズ)について「感染の勢いが衰えていない。(引き上げは)ここ何日という問題だ」と述べ、現在の「5」から世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ早期に引き上げる公算が大きいとの見方を示した。
 一方、WHOのライアン警戒対策部長は2日の定例記者会見で、引き上げるかどうかを「今後数日の事態の進展」で判断できる可能性があると述べる一方、「フェーズ6は症状の重さでなく地理的な感染拡大を示す」と強調。国境閉鎖や渡航制限の勧告を伴わない、事実上の「マイルド(軽微な症状の)パンデミック」宣言にとどまる可能性もある。

 WHOが引き上げをめぐる判断を迫られているのは、英国やドイツ、スペインなど欧州地域を中心に感染者の確認が増え続けていることに加え、発生源とみられるメキシコなどへの渡航歴のない人まで多数巻き込んだ「地域社会レベルの持続的感染」が確認される可能性があるためだ。

 同当局者によると、決め手となる「人-人-人」の3代にわたる感染報告が今月に入って欧州諸国から出始めている。

 WHOの警戒水準の定義を適用すると、北米以外で持続的な感染が確認されれば「6」への引き上げ条件が整う。感染が確認された国・地域は2日にアイルランドが加わり計18となった。

 各国政府や有識者の間には、WHOによるパンデミック認定には大きな社会的影響力があるため「簡単に上げるわけにはいかない」(国立感染症研究所の田代真人氏)などの意見も出ている。

各地の遺伝子診断体制、整備は早くて2週間後…厚労省 読売新聞
 厚生労働省は3日、新型インフルエンザの感染を遺伝子検査で確かめる体制が各都道府県に整うのは、早くても2週間後になるとの見通しを示した。
 米疾病対策センター(CDC)から2日、国立感染症研究所に2種類のウイルス株が到着した。感染研はこのうち1種類を使い、遺伝子検査の精度を高める確認用試料を1週間程度で作る。各都道府県の地方衛生研究所は、さらに1週間程度かけて、この試料を使う検査法の試験などを行う。
 現在は、病院での簡易検査でA型インフルエンザの感染が分かると、各地の衛生研だけでなく感染研でも4~7時間かけて遺伝子検査をする。衛生研の体制が整った後は、感染研での検査を省けるようになり、診断時間を短縮できる。

 もう1種類のウイルス株は、感染研がワクチン株の開発研究に使用する。

スペイン感染確認40人に倍増 徳島新聞 
スペイン保健省は、新型インフルエンザに感染した患者が20人増え計40人に倍増したと発表した。

新型インフル予防チラシ 京都市、4日から全戸配布  京都新聞
京都市は4日から、新型インフルエンザの予防法や相談窓口一覧を掲載したチラシを全戸配布することを決めた。70万枚作製し、各町内の保健委員を通じ配布を始める。

 市はすでに学校や町内回覧用の詳細版(A3判)を20万枚配布しているが、確実に市民に知らせるため、全戸配布用の簡易版チラシ(A4判)を作った。新型インフルエンザの特徴や予防方法などを紹介している。

 外国人向けチラシも英語、韓国語、中国語に続き、新たにスペイン語版を1万枚作り、市国際交流会館などで配布を始めている。

 また、市バスと市営地下鉄車内でも、手洗い・うがいの徹底を呼びかける広告も掲示。市保健医療課は「まもなくゴールデンウイークの帰国ラッシュも始まり油断できない。冷静に、予防を心がけてほしい」と警戒を呼び掛けている。


Obama calls Mexico president about swine flu Yahoo News (国際) オバマ大統領がメキシコ大統領に豚インフルエンザについて語る
 オバマ大統領は、豚インフルエンザの感染を食い止めようとしているメキシコ大統領に、アメリカはそのウイルスが万が一毒性を増すようなことがあっても準備が出来ていると語った。
 ホワイトハウスの発表によれば、土曜日(2日)、オバマ米大統領とカルデロンメキシコ大統領は両国の(新型インフルエンザに対する)取り組みについて、そしてお互い協力することの重要性について約20分間話しあった。
 豚インフルエンザ(米国政府はH1N1インフルエンザという呼称を用いている)はアメリカ国内では1件の死亡例を出すにとどまったが、専門家たちはこのウイルスが毒性を増すことを懸念している。
 米国CDCのアン・シュチャット氏によれば、アメリカでの感染確定例160例のうち約3分の1はメキシコに渡航歴があり、そこで感染したと見られるが、新たに感染が確認された例の多くはここ(米国内)で感染したことが調査により示唆され、さらに拡大している可能性がある。
 CDCによれば最近加わったコネチカット、フロリダ、ミズーリを含め21州での感染確定例が把握されている。

 「これは新しいウイルスであり、我々は抗体を持っていないためにより重症化してしまう可能性がある」と土曜にオバマ大統領はラジオとインターネットで語った。「過去に出現してきた動物インフルエンザとは異なり、このウイルスは人から人へと感染する。このためパンデミックの可能性があり、我々は迅速かつ積極的に行動しているのだ。」

 メキシコで他の地域よりはるかに多くの犠牲者を出しているこのウイルスは、アメリカではまだそれほど強力であるとは判明していない。

 オバマ大統領は行政管理の取り組みを総括した。感染例が確認された学校には最大14日間の休校を求め、感染した労働者には十分な休暇を与えるよう雇用側に促し、国民には頻繁な手洗いと咳エチケット、具合が悪いときには自宅待機することなどを推進した。

 オバマ大統領は必要な医薬品や医療機器を購入するために15億ドルの追加予算を要求した。(T.A訳)

インフルエンザ流行はピークに達したか  DN(DagensNyheter)  (スウエーデン) 
 現在流行の新型インフルエンザの感染の広がりはピークに達したのかもしれない。というのは新たな致死数、感染数報告が減少しているからだ。また国際保健機 関も、はじめに予想されたほど深刻ではないという考えに傾いている。WHOはいまだに警戒度を「5」に保っているが、流行拡大防止の目的で国境閉鎖する必要はないとい っている。」
(以下内容を箇条書きで記す)

・一番酷く影響を受けたメキシコでは経済的に大打撃を受けた。しかしようやくインフルエンザ感染数が減少。

・WHOのHPの統計によると:
メキシコでは約400人が感染、うち16人死亡
H1N1ウイルスは16カ国で確認
合計で681人感染、うちメキシコ400、USA160(うち一人死亡)、カナダ51
ヨーロッパでは多いところでスペイン13、イギリス15。
NY市の公的発表によると現在1000人以上が回復、あるいはそれに向かっているということ。うち62件が確実に感染確認され、現在新たに17件が試験中。
・カナダで豚にH1N1ウイルス発見。WHOによると豚肉は十分に煮たり焼いたりされていれば健康に害を及ぼす事はないということだ。今のところ食べ物から感染したというケースはでていない。
・中国とロシアを含む15カ国がメキシコ、カナダ、アメリカからの豚肉の輸入を禁止した。(shizuka、在スウエーデン)

新たに感染疑い、米から帰国の女性 TBS News
 厚生労働省はさきほど、アメリカから帰国した40代の日本人女性が、新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表しました。
 感染の疑いがあるのは東京・三鷹市に住む40代の女性です。

 厚労省が横浜市から受けた報告によりますと、この女性は先月28日にアメリカ・サンフランシスコから帰国、発熱やせきの症状が出たため、発熱相談センターに相談した上、横浜市の病院で簡易検査を行ったところ、A型インフルエンザの陽性反応が出たということです。

WHOが「6」判断、数日後にも swissinfo
 WHOのライアン警戒対策部長は2日の定例会見で、新型インフルエンザ感染拡大の警戒水準(フェーズ)について、「5」から世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」に引き上げるかどうか「数日の事態の進展で」判断できる可能性があると述べた。「フェーズ6は地理的な拡大を示すと知ることが重要」と強調。「マイルド(軽微な症状の)パンデミック」宣言にとどまる公算が出てきた。

Health experts gauge flu outbreak  KDRV (米国) 保健専門家達、インフルエンザ発生の規模を分析

 新規情報のみ。

 メキシコの疫学者ラブロ・クリ:メキシコでの死亡者のうち3人は小児(9歳、12歳、13歳)、4人が60歳以上、9人が21歳から39歳。ほとんどの死亡者はメキシコ市内在住。相互に関係はない。
 死亡原因の一つとして医療機関にかかるまでの日数が長かった。平均7日間。一方回復した人々の場合は3日間。
 
Canada says pigs found with new swine flu virus  Yahoo News  (国際) カナダで新型インフルエンザが豚に感染
 カナダ当局の発表によるとアルバータ州の豚が新型インフルエンザに感染したとして現在検疫のため隔離中である。
 これは新型インフルエンザの豚への初の感染報告である。
 豚インフルエンザは定期的に豚の間で流行するものであり、食品衛生を脅かすことにはならないと当局は強調した。
 当局は記者会見において、豚はメキシコ訪問から帰国した後に具合が悪くなったカナダ人牧場労働者から感染したと見られる、と発表した。
 牧場労働者はすでに回復し、豚も「回復中である」と発表した。何頭の豚が感染したのかについては言及しなかった。(T.A)
World still on alert for swine flu The Age  (オーストラリア) WHO:世界のブタインフルエンザ警戒は続行の必要性
 AFP

 ・メキシコ政府は感染者の拡大は収まりつつあると発表。死者数は16人。しかしWHOは警戒は必要と。
 ・ウイルスは地球上で2日さらに拡大。アジア、ヨーロッパ、メキシコ。WHO統計では15ヶ国で615人。
 ・WHO当局者:新型ウイルスの病原性の強さに関しては、いまだ十分解明されていない。ウイルスの拡大は米国以外で持続性であるかどうか不明であり、パンデミック宣言の基準は満たされていない。
 ・米国政府は国家で備蓄しているタミフルの四分の一を各州に配布し、警戒を呼びかける国家的キャンペーンを開始した。
 ・イタリアと韓国で患者が見つかったが、軽症で回復している。
 ・香港では25歳のメキシコから到着したメキシコ人の発病を確認し、滞在ホテルを客とスタッフ全員を含めて隔離した。
 ・インドと日本は疑い例を報告したが、日本の例は米国からきた4ヶ月の乳児であり、検査中とされる。
 ・英国では2人が感染確認され、合計15人となった。1人はメキシコから帰ってきた発病者からの感染者である。(なお631例の疑い者が検査中とされる:在英国日本総領事館))。
 ・英国ではテレビ、ラジオ、新聞で感染予防に関するキャンペーンが始まった:基本的衛生管理、咳やクシャミをするときにはティッシュで抑えること、手洗いを十分行うこと等。
 ・イスラエルは3人目の患者を確認。スペインは13人から15人に増加、ドイツも患者が6人に増加した。
 ・WHOは数年前に比較すると、世界は感染対策が強化されていると評価し、数ヶ月後にはワクチンが製造可能とコメントしている。
 ・メキシコ外の患者は軽症であり、抗インフルエンザ薬が奏功する。(WHO)。
 ・何人かの専門家達は、ウイルスはメキシコから広がるに従い、病原性を弱めている可能性があると推測している。

  5月3日 世界の発生状況
発生国 感染者数 死者数
メキシコ 397 16
米国 160 1
オーストリア 1 0
カナダ 51 0
香港 1 0
コスタリカ 1 0
デンマーク 1 0
フランス 2 0
ドイツ 6 0
イスラエル 3 0
オランダ 1 0
ニュージーランド 4 0
韓国 1 0
スペイン 13 0
スイス 1 0
英国 15 0
合計 16ヶ国 658 17


Swine Flu Continues to Spread Across US MSN Health & Fitness (国際) ブタインフル、米国で拡大を続ける
 ブタインフルエンザは2日も、米国中で拡大し続けた。連邦保健当局者の発表によると、21州で合計160人の感染確認例がいて、13人が入院し、1人が死亡している。
 「我々は新型ウイルスが米国中に拡大し続け、感染者数が各州で増え続けていることを告げると共に、最大の努力で対策を講じていることを伝える。我々の最大の責務は、米国人の健康と安全の確保である」。
 このようにCDCの”科学および公衆衛生政策部門の暫定的責任者であるアン・シューチャト博士が2日の記者会見で語った。
 「事態は改善と悪化の波を描いている。このような新型ウイルスの場合、時間と共にどのような感染状況を呈してゆくか、または変異してゆくか分からない」

 感染を広げる場所は主に学校であることから、CDCは休校に関する新しい勧奨定義を作成した。
 小児は成人よりもウイルスを体内に保有している期間が長いから、感染者が出た学校の休校期間を1週間から2週間に伸ばすように勧奨することにした、とシューチャト博士は語ったが、実際の決定は各地域が、地域の状況を分析した上で行うべきであるとした。
 米国教育局は、1日、全米で430以上の学校が休校となり、24万5千人の生徒が影響を受けていると発表したことが、”ウオール街ジャーナル”で報道されている。
 一方、メキシコにおけるブタインフルエンザの発生はは、当初思われた程には大きくなく、そして新規事例の発生は減りだしているようだ。
 2日朝のAP通信の報告では443人が感染者として確定されている。
 1日、ニューヨークタイムズは、メキシコで感染が疑われていた908人中397人でインフルエンザA(H1N1)に感染していたことが確認された、と報道した。そのうち16人が死亡している。(致死率は4%:訳者)。
 メキシコ当局は感染疑い者は2500人いると1日発表したが、検査が進むと実際の数は半数程度に減ると考えられると、タイムズは報告している。(致死率は1%程度に減少:訳者)。
 「明らかに感染拡大程度は、当初我々が想像していたほど大きくはない」、とメキシコの保健相であるホセアンジェル・ゴルドバ氏が報道陣に語っている。検査に必要なキットは米国CDCから届いた。

 カセリン・セベリウス新保健福祉長官は、あらたに1300万人分の抗インフルエンザ薬を購入することを決めた。それらを本当に必要とするかは分からないが、準備は万全整えたい、と同女史は語っている。
 またこの24時間内に米国は40万人分の抗インフルエンザ薬をメキシコに送っている。

 一方、米国FDAはインターネットでの、診断薬、予防薬、治療薬の購入に注意を促した。これらの製品はFDAで承認されていないと、その理由を示した。

 5月2日の時点での米国における患者内訳
U.S. Human Cases of H1N1 Flu Infection
(As of May 2, 2009, 11:00 AM ET)
States # of
laboratory
confirmed
cases
Deaths
Arizona 4  
California 24  
Colorado 2  
Connecticut 1  
Delaware 4  
Florida 2  
Illinois 3  
Indiana 3  
Kansas 2  
Kentucky* 1  
Massachusetts 8  
Michigan 2  
Minnesota 1  
Missouri 1  
Nevada 1  
New Jersey 7  
New York 50  
Ohio 1  
South Carolina
13
 
Texas
28
1
Virginia
2
 
TOTAL (21) 160 cases 1 death
*Case is resident of Ky. but currently hospitalized in Ga.
Source: U.S. Centers for Disease Control and Prevention


5月2日

Number of confirmed flu cases in Canada jumps to 51  (新華社、中国) カナダ、インフルエンザA(H1N1)感染者数が51人に増加
 カナダにおけるインフルエンザA(H1N1)感染者数が51人に増加したことが1日(日本時間2日)、政府から発表された。
 カナダ政府は、社会的啓発キャンペーンと他の対策を考えている。
 カナダの全ての患者の症状は軽いと当局者は説明していて、また死者は出ていないと付け加えた。
 カナダの13州のうち6州で患者が見つかっている。
 アルバータ州で見つかった患者は、最近米国のテネシーに旅行して帰ってきてから発症している。

India monitors two suspected swine flu cases Yahoo News インドで2名の感染疑い。調査中。
 ニューデリーの病院で、海外から戻った2名が感染疑い。
 現在隔離中。サンプルを国立伝染病研究所に送って調査中。
 
 一人はロンドンから帰国、一人は4月19日にテキサスから帰国した後、1日遅くにニューデリー病院に入院。
 彼らが感染確定されると、人口1億一千万人以上のこの国で初の確定例となる。(T.A)

WHO says existing vaccine little use against new flu  Yahoo News WHOが既存のインフルエンザワクチンは新型に対してほとんど効果なしと発表
 WHOの発表によれば、調査の結果現在の季節性インフルエンザワクチンは新H1N1ウイルスにはほとんど効果がないということがわかった。
 「この特異なウイルスに対して、季節性インフルエンザワクチンが奏功する可能性はほとんどない」とWHOのワクチン政策責任者のMarie-Paule Kieny氏は述べた。
 「新しいワクチンが出来るということは間違いない」とも付け加え、実用まで4~6ヶ月かかると述べた。 
 ワクチンを作るために必要なサンプルは5月半ばまでに準備され、業者に送られる予定である。
 176人もの死者を出したこのウイルスの感染例は13カ国で確認されている。メキシコ以外での死者は、米国に旅行中だった幼児ただ一人である。(T.A)

Swine Flu Widens; Symptoms No Worse Than Seasonal Bug Bloomberg (米国) ブタインフル拡大:症状は季節性インフルエンザよりも重症ではない
   インフルエンザA(H1N1)は14ヶ国に拡大し、そして5ヶ国でメキシコ渡航経験のない人での感染が確認されている。症状は季節性インフルエンザよりも重いことはないとWHO当局者は語っている。
 テキサスやカリフォルニアでのブタインフルエンザの発生から1週間もしないうちにWHOは、1968年以来のパンデミック・インフルエンザ発生の可能性が大であると、見解を大きく展開させてきた。
 世界で数千人の感染が疑われている。少なくとも米国の433の学校が昨日休校になり、香港の1ホテルが隔離され、コンチネンタル航空がメキシコへの座席を半数に減らした。
 英国、米国、ドイツ、カナダ、そしてスペインでメキシコへの渡航歴がない感染者が見つかっている。感染率は通常の季節性インフルエンザに類似しているが、ウイルスに対する免疫がないから、ウイルスが世界中に拡大するのを阻止する術がないことを米国CDC当局者は語っている。
 「現在は軽症のインフルエンザしか発生してないが、将来はどのようになるか、現在、予知することは出来ない」、とWHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏が昨日記者会見で語った。

世界で10人の死者

 香港、フランス、オランダは、昨日、初の感染者を確認した。香港は公衆衛生上の危機であることを宣言した。WHOは29日、パンデミック危険度をフェーズ分類6段階の中の5に引き上げた。フェーズ6はパンデミック発生を表す。
 ワシントン大学の研究者で米国政府へのアドバイザーでもあるイラ・ロンジニ氏は、ウイルスの拡大状況は、すでにパンデミック・レベルであると言う。
 「パンデミックの定義は、新規発生ウイルスが数カ国に拡大し、そこで感染を広げていることとされる」
 同氏は昨日記者会見で、そのように語った。ウイルスが拡大し続けないことをイメージする方が難しいとコメントしている。

 検査室診断で少なくとも365人が世界で診断されている。そしてWHOによると10人の死者が発生している。
 ニューヨーク市の当局者は1000人以上の感染者がいることを疑っているが、当局では全ての疑い者の検査は止めて、症状の重い発病者だけの検査に切り替えたと言っている。
 ニューヨーク市の保健当局者によると、検査で確認された49人と、他の1000人を超える感染疑い者の症状は季節性インフルエンザと類似していると説明している。
 テネシー、ナッシビルのバンデルビルト大学医学部のウイリアム・シャフナー教授。
 「ナッシビルでは多くの子供と両親の間に軽症のインフルエンザが流行していると感じている。その多くはインフルエンザA(H1N1)である可能性を考えている。現在、季節性インフルエンザの流行シーズンは終了してから数週間は経過している。しかし今年は完全に違っている」

ワクチン

 WHOによると、現在、ワクチン製造のためのウイルスが増殖されて準備が整いつつある。サノフィ・アベンティスSA(パリ)、バクスター・インターナショナル(イリノイ、米国)、グラクソスミスクライン(ロンドン)は、WHOとワクチン製造について相談中である、とWHOの関係者が語っている。
 WHOがサポートして、これらの製薬企業が製造を開始する可能性が高い、とWHOのワクチン政策責任者であるマリー・ポールキーニー氏がジュネーブの記者会見で語った。
 CDCのインフルエンザ対策部局の責任者であるナンシー・コックス氏は、アトランタのCDCでの記者会見で、インフルエンザA(H1N1)に対するワクチンは、季節性インフルエンザ製造と同時か、またはその製造後に製造されるだろうと、語っている。

 CDCによるとインフルエンザA(H1N1)の症状は、発熱、咳、嘔吐、下痢で季節性インフルエンザと類似しているとされる。
 当局による感染拡大予防方法として最も効果的なことは、手洗い、衛生管理、そして感染した可能性があるときは自宅で安静にしていることとされる。

Hong Kong, Korea report first flu cases LIVENEWS.com.au  (オーストラリア) 香港と韓国でA(H1N1)感染者が確認
 アジアで最初のインフルエンザA(H1N1)感染者は1日に香港で見つかった。メキシコの男性で上海経由で香港にきた。
 感染者が短期間滞在したホテルの300人以上の客とスタッフは7日間隔離される。

 一方、メキシコから韓国に帰国して28日から隔離されていた51歳の尼僧は、感染していることが確認された。
Officials: H1N1 Not 1918 All Over Again  CBS News (米国) 米国保健当局、H1N1ウイルスは1918年のようにはならない
 アメリカで150例の感染を記録しているH1N1ウイルスは、致死性の高かった1918年のウイルスと比べて遺伝子的欠損があると発表された。
 下方でAP通信で報道している内容。

Health officials urge calm San Jose Mercury News  (米国) ネバダ州保健当局、冷静を呼びかける
 ネバダ州保健当局者は、1日、議会の委員会で、現在のブタインフルエンザに関してパニックに陥る理由はなく、州はより多くの患者が発生しても対応出来ると語った。
 「我々は、この事態に発生するいかなるパニックに対しても、それを鎮める必要がある」、と州の保健担当者責任者であるマリー・ギナン博士が語った。
 「この国で140人か、それ以上の患者が見つかっているが、患者達は通常の季節性インフルエンザ以上に重篤ではない」。
 当局は季節性インフルエンザ治療に用いる抗インフルエンザ薬が十分効果があると説明し、州では十分のタミフルとリレンザを用意していると強調した。これらの薬剤はワクチンではなく、また薬局では売られていないとも語った。
 州の最初の患者は、4月29日に、確認されたが2歳の女児である。
Scientists say swine flu may not be as dangerous as first feared Tampa Tribune (国際) 専門家、ブタインフルエンザは当初考えられたほど危険ではない可能性
 AP通信内容。
Tamiflu stockpiles vary widely throughout world Mid Columbia Tri City Herald   (米国) タミフルの備蓄量は国家間で大きく異なる
 ブタインフルで被害を大きく出すのは、貧しい途上国である。しかし抗インフルエンザ薬の備蓄量は極めて少ない。
 日本、英国、そして米国のような裕福な国家は人口の25%分投与できる備蓄量があるが、グアテマラやインドネシア、さらにインド等の国は人口のわずか2%分が対象になる備蓄量しかない。
 以下続く。
 貧富の格差による健康問題の提起(訳者)
Swine flu virus starting to look less threatening PhysOrg.com  (米国) ブタインフルエンザウイルスはそれほど脅威的ではない事実が見えつつある
AP
 世界中を脅威に陥れているブタインフルエンザウイルスは、危険性が低い事実が見えだしている。ニューヨーク市の当局者達は1日、ウイルスは少数の学校から、さらに拡大はしていないことを報告した。メキシコでは発病者周辺でウイルス感染した親戚は極めて少ないことも明らかになった。
 
 あるインフルエンザ専門家は、新ウイルスが通常の季節性インフルエンザウイルスよりも、毒性の高いものであると考える理由はないと語っている。また連邦政府の保健担当者は、新ウイルスはスペインインフルエンザを引き起こした致死的ウイルスの遺伝子はもっていないようだと語っている(インフルエンザの毒性を強めることに関与している遺伝子)。
 現時点でこの新ウイルスH1N1に関して,いかなる結論的なことも言えない。専門家達は最も賢い対策は、最悪の事態に備えることだ、と言っている。しかし、世界は世界的パンデミックという亡霊に取り憑かれたように怯えているが、現在は希望の差し込む話題が歓迎される。

 オバマ大統領は、1日、現在のブタインフルエンザの流行が、通常のインフルエンザ以上に悪化してゆくかどうかは明白では無いと語った。
 「このH1N1インフルエンザが通常のインフルエンザと同じような経過を辿るかも知れない。我々が最大準備した対策の全てが必要とされないかも知れない」、とオバマは言った。
 しかし、
 「我々は事態を深刻に受け止めている」、と大統領は付け加えた。
 現在は軽微なインフルエンザだとしても、冬期間に、より致死的インフルエンザとなって再出現することもあり得る。そのように語っている。
 ニューヨーク市長のマイケル・ブルーンバーグ氏は、このインフルエンザはこれまでの処、”比較的危険性が低い”ことが立証されている、と語った。
 市の保健当局者達は、このインフルエンザが地域で少数の発生地域(学校:訳者)から、さらに拡大してる兆候は見いだしていないし、さらに悪性変化している兆候もないと、語っている。ニューヨーク市では50人の感染者が見つかっているが、その数は全米で最も多い。
 ニューヨーク、マウントシナイ医学大学の指導的ウイルス学者であるピーター・パレーゼ博士は、新型ウイルスは、これまで我々が免疫を一部保有している季節性インフルエンザウイルスと十分類似しているように思われると語っている。
 「このウイルスがもっと危険であると考える理由はない」、と同博士は語っている。
 また1日、CDCの当局者が、このウイルスはスペインインフルエンザを毒性の高いウイルスにした遺伝子を欠損していると、発表している。

How fast-moving swine flu hopscotched the globe News 10NBC  (米国) いかにブタインフルエンザウイルスが地球上に広がったか!

CDC: New virus lacks genes of 1918 killer flu The Associated Press  (国際) CDC:新ウイルスは1918年の殺人ウイルスの遺伝子を欠損している
 5月1日、米国保健担当者は、新ブタインフルエンザウイルスは、1918年のスペインインフルエンザを起こした致死的ウイルス株の特性を遺伝子の中に欠損していると語った。

 CDCは、新ブタインフルエンザウイルスは非常に尋常ではない遺伝子構成をしていることを見いだしている。すなわち人、鳥、および北米、そしてアジアとヨーロッパ(ユーラシア)のブタのインフルエンザウイルス遺伝子4種類が混じり合って構成されている。
 (人、鳥、北米ブタ、ユーラシアブタ)に感染しているインフルエンザウイルス

 CDCのインフルエンザ部局の責任者であるナンシー・コックス博士は、良いニュースがあると語っている。それは、この新ブタインフルエンザウイルスの遺伝子中に、1918年にスペインインフルエンザを発生させたウイルスの毒性に関与している遺伝子がないことと、またH5N1鳥インフルエンザの毒性に関与している遺伝子も欠けていることである。
 しかしながら同博士は、1918年のウイルスや他のウイルスが高い病原性を示した理由に関して未だ知らないことが多くあるから、探索は継続している、と語った。
 
 もう1人のCDCの専門家である、アンネ・シュチャト博士は次のようにも語っている。初期の分析結果では、米国の感染者の家族の四分の一が同じようにインフルエンザ症状を呈している。一般的に季節性インフルエンザは、5~20%でウイルスに暴露された人が発病する。
 一方、いくつかのパンデミックでは、その率は35%と高い、とコックス博士は語っている。
 (すなわち感染率はこれまで知られているパンデミックほど高くはない:訳者)
 
 コックス博士は、CDCは新ウイルスの遺伝子情報を一般の研究者が閲覧出来るデータベースに登録したことを明らかにした。
 世界中の多くの研究者が新ウイルスの遺伝子内容を知ることが出来るから、新しい情報が得られる可能性もある。そのように同博士は付け加えている。
 前世紀の初めに発生した世界的インフルエンザの流行は、歴史上最も致死的であった可能性が高い。健康な若い成人の多くを標的にしたウイルスはH1N1株であったが、それは現在流行しているH1N1とは全く違う。そのときの世界の死者数を専門家達は4000~5000万人と推定している。

New Brunswick reports first H1N1 case Yahoo News (国際) カナダ、ニューブランズウイック州で初のH1N1感染例
 カナダのニューブランズウイック州で初のH1N1感染例が出たと発表された。
 カナダでは35例目となる。(T.A)
5月1日

EU rejects Mexico travel ban as virus spreads France24 (フランス) EU、ウイルス拡大防止の為のメキシコ流行禁止案を拒否
 フランスから提案されていたメキシコ旅行禁止案をEUの閣僚会議は拒否した。
 「我々は慎重でなければならない。我々は十分警戒しなkればならない。しかしパニックにならないで対策を講じなければならない」、EUの保健長官であるアンドロウラ・バシリュウ女史がルクセンブルグで開かれた保健相緊急会議で話した。
 同女史はパンデミックが発生する可能性はあるが、それは必ずしも多くの地域で死者を多数出すわけではないと語った。
Quebec sees 1st confirmed case of H1N1 flu: official  Yahoo News (国際) ケベック州で最初のH1N1インフルエンザ感染を確認
 カナダ連邦当局はケベック州で最初のH1N1感染が確認されたと30日木曜に伝えた。
 PHACの関係者から匿名で話を聞いた(機関を代表する権限はないという理由による)

 一方、ノバスコシア州当局は同州で、カナダ国内で広がっている人人感染を起こすH1N1ウイルスに感染した初の例を記録したと発表した。
Hospital treats three suspected bird flu patients  The Jakarta Post  (インドネシア) インドネシア、南スラウェシマカッサルで3人の鳥インフルエンザ感染疑い
 南スラウェシ、マカッサルのWahidin Sudirohusodo 病院で先週、鳥インフルエンザ疑いのある3人の患者(マンガラ地方ニパニパから)を診察したと発表した。
 患者たちが病院を訪れたとき39度の発熱症状を呈していた。咳の症状も見られたためH5N1ウイルス感染が疑われた。
 この患者たちに症状が出る前、近所で鳥インフルエンザが原因と見られる鶏の死が確認されている。そのためにこの患者たちは病院をおとずれたとされる。
 患者のうち二人(子供)の血液サンプルが調査のためジャカルタ保健省に送られた。

 隔離されているこれらの患者の体温は安定し、回復傾向にあるが、検査結果が出るまでは隔離を継続する予定であると病院は発表した。(T.A訳)
CDC confirms H1N1 influenza A in Minnesota  KTTC (米国) ミネソタ州でもH1N1ウイルス感染者を確認   H1N1インフルエンザウイルスに感染したことが確認された患者が出たことから、ミネソタ州中心部にある中学校が来週火曜まで休校になることが発表された。患者が出たロコリ中学校のみの閉鎖で、同地区にあるほかの学校の閉鎖予定はない。どのようにしてこの患者がウイルスに接触したのか調査中である。
 近いうちにCDCに送らなくてもH1N1ウイルスかどうかを検査できるようになる見込みだ。(T.A訳)

More schools have closed because of swine flu  San Luis Obispo Tribune (米国) 更に多くの学校が休校に
 米国内でさらに学校閉鎖が増え、300校近くなった。前日の3倍に増加した。ほとんどの学校は休校期間を数日間のみとしている。11州で約17万2千人の生徒が影響を受けている。
Mexico urges people to stay home as flu protection Squamish Chief  メキシコ、人々に感染予防のために家庭に留まるように警告

Mexican health chief: Swine flu cases leveling off Houston Chronicle  (米国) メキシコ保健省長官:ブタインフルエンザ患者数減少に
 記者会見で保健省長官がブタインフルエンザの新規患者数が減少し出していると語った。このまま減少し続けることを期待していると話し、ワクチンが6ヶ月以内に製造されるだろうとも語った。
 一方、WHO関係者は、メキシコでの患者の減少傾向は確認していないと語った。患者数の発生は波を描くように変わると説明した。
12 Danish cleared off swine flu China Daily (中国) デンマーク、12人の疑い者は全員検査で陰性と

ANALYSTS' VIEW: How serious is swine flu? Should we worry?  Reuter (国際) 専門家の見解:ブタインフルエンザはどの程度重大か? 恐れるべきか?

(香港発・ロイター)
豚インフルエンザは、過去10年間に発生したパンデミックの可能性を持つとされる伝染病のうち、3番目のものである。他の2つは、2003年に発生したSARSと、1997年に発生して以来散発的に人に感染しているH5N1型鳥インフルエンザである。アジアのSARSと鳥インフルエンザに取り組んできた専門家の意見を聞いた。


香港大の微生物学者GUAN YI氏の談話。

明らかにウィルスは複数の国でエンデミック状況にある。ウィルスの毒性は弱いが、現状ではそうであるというにすぎない。1918年のパンデミック(スペイン風邪)では、第1波はごく穏やかなものだったが、秋以降の第2波では多数の死者が出た。この
ウィルスがそうなるかどうかは判らない。
 現状では、弱毒性ウィルスによるパンデミックとなる可能性が高いが、毒性が強まらないようにコントロールすることは出来ない。さらに、仮に現在より毒性が弱まったとしても、感染者の状態によっては致死的たり得る。
 それに、このウィルスがH5N1鳥インフルエンザウィルスと再結合しないと言うことは出来ないのだ。パンデミック状態ともなれば、H5N1ウィルスがこのウィルスと再結合する可能性は、通常のインフルエンザが流行している状態よりもはるかに高くな
る。もし、このウィルスがエジプトやインドネシアのようなH5N1鳥インフルエンザが流行している地域で広がったならば、高病原性を持つH5N1が人への易感染性を獲得するかもしれない。そうなったら悲劇だ。
 今必要なことは、渡航の制限、検疫、患者の隔離治療である。SARSと鳥インフルエンザでの経験を生かすことが出来るだろう。抗インフルエンザ薬が有効なことも間違いない。
 
香港の感染症専門家、LO WING LOK氏の談話。

 この第1波は気候条件に左右される。北米はこれから夏に向かい、インフルエンザシーズンも終わるので、影響は抑制されるだろう。
 しかし、11月・12月以降、冬が訪れれば、非常に多数の感染者が出る可能性があり、そうなれば死者も出るかもしれない。気候条件が影響するのだ。
 より大きな影響を受けそうなのは(今の時点での話だが)南半球の国々である。季節が冬に向かうからだ。ニュージーランドやオーストラリアには報告された以上の感染者がいるかもしれない。これらの国々では第1波の影響がより大きいだろう。最も重要なことは、どこに焦点を当てて観察するかということだ。ニューヨークでは二次感染の報告がある。感染は急速に広がっており、他国でも同じ報告が出るかもしれない。
 
 シンガポール国立大学付属病院のウィルス学者、JULIAN TANG
氏の談話。

 メキシコ以外の国で報告された例は一般に症状が穏やかである。通常のインフルエンザのレベルに留まっている。
 我々が見ているように、世界中から続々と感染者が報告されており、不幸にして死者数も増えている。しかし、私は、死亡率が過去に発生したパンデミックを越えることは(1-5%)ないのではないかと思う。H5N1鳥インフルエンザとは違って、このH1N1豚ウィルスはより人間のインフルエンザに近く、死亡率もはるかに低い。
 世界は、SARSと鳥インフルエンザでの経験を生かすべきだ。
 現在の所、メキシコでの死者の実数は確認されていないが、現在のところウィルスは異常な毒性を示してはいない。

日本の国立感染症研究所、田代真人氏の日経新聞の取材に対す
る談話。

 このウィルスは比較的毒性が弱く、人におけるインフルエンザウィルスとほぼ同じくらいである。私自身は、これが強毒性に変異するとは考えていない。しかし、人のH1N1ウィルスとは異なる新しいウィルスであると考えている。季節性インフルエンザの免疫がある人も、このウィルスには免疫がないので、感染は広範囲に広がるだろう。
 新型ウィルスが引き起こす健康問題の社会的影響は、より有毒なH5N1ウィルスよりはるかに小さいことは明白である。同じ基準で対応する必要はない。フェーズの定義に厳密に従うより、柔軟な対応をすべきである。
 鳥インフルエンザとその致死率の高さがもたらす健康への脅威は、この新型インフルエンザよりはるかに大きい。私は、インフルエンザの治療薬を使い切って、非武装の状態で鳥インフルエンザと戦うことになるのではないかと非常に怖れている。
 人類にとって最大の脅威は鳥インフルエンザであり続けているのだ。
 流通機構を断ち切るような旅行制限は経済にネガティブな影響を与えるだろう。健康へのリスクが通常のインフルエンザと同じであるなら、旅行制限の必要はない。バランスが最も重要だ。ウィルスは既に広がってしまっており、封じ込めは不可能である。
 健康問題から生じる経済的損失はそれほどひどくはないだろう。それよりも、パンデミックに過剰反応することの方が怖ろしい。企業活動の過度の制限は問題だ。合理的な基準を採用することが最善の行動だ。

Children have major role in flu's spread; school and local ... Minneapolis Star Tribune  (米国) 小児がインフルの拡大に大きな役割:学校や地域当局の準備が重大

緊急会見、厚労相「まだクロと判明したわけではない」 朝日新聞
 
日本人女性に詳細検査=新型インフルの疑いなし-成田 時事通信 
 新型インフルエンザの感染拡大を受け、検疫態勢が強化された成田空港で30日午後、米国から帰国した日本人女性(25)が簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応を示した。しかし、その後詳しく調べた結果、新型インフルエンザの疑いはないことが分かった。
国内初の感染疑い 佐賀新聞
 厚生労働省は1日までに、国内初の新型インフルエンザ感染の疑いがある患者を確認した。同省などによると、患者は横浜市在住の男子高生(17)で、4月10日から25日まで修学旅行でカナダのブリティッシュコロンビア州に滞在。帰国後、発熱、せきなどの症状が出たため、30日に医師の診察を受け、現在入院中。
 舛添要一厚労相が1日未明、記者会見し発表した。今後、遺伝子解析で感染の有無を詳細に調べるとみられる。確定した場合、初の新型インフルエンザ患者となる。
 ただウイルスが新型でないAソ連型の可能性が残り、新型に感染しているかどうかは、最終的に国立感染症研究所での精密検査の結果を待つ。同省はさらに、男子生徒の国内での行動や接触者や同行者の状況について調べる。
 男子生徒の感染の事実が確認された場合、政府は行動計画やガイドラインに従って、患者に対し、濃厚接触者を特定するための調査を実施するよう都道府県に協力を要請。
 患者が確認された都道府県は、外出の自粛や公衆衛生対策の実施を住民に呼び掛けるほか、必要に応じて学校側に臨時休校を要請するなど、大流行を防ぐための対策を検討する。
 一方、4月30日午後、米国から成田空港に到着し、簡易検査で新型インフルエンザと同じA型の陽性反応が出た日本人女性(25)は第2段階の遺伝子検査の結果、新型インフルエンザには感染していないことが分かった。

日本人女性に詳細検査=新型インフルの疑いなし-成田 時事通信 
 新型インフルエンザの感染拡大を受け、検疫態勢が強化された成田空港で30日午後、米国から帰国した日本人女性(25)が簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応を示した。しかし、その後詳しく調べた結果、新型インフルエンザの疑いはないことが分かった。
国内初の感染疑い 佐賀新聞
 厚生労働省は1日までに、国内初の新型インフルエンザ感染の疑いがある患者を確認した。同省などによると、患者は横浜市在住の男子高生(17)で、4月10日から25日まで修学旅行でカナダのブリティッシュコロンビア州に滞在。帰国後、発熱、せきなどの症状が出たため、30日に医師の診察を受け、現在入院中。
 舛添要一厚労相が1日未明、記者会見し発表した。今後、遺伝子解析で感染の有無を詳細に調べるとみられる。確定した場合、初の新型インフルエンザ患者となる。
 ただウイルスが新型でないAソ連型の可能性が残り、新型に感染しているかどうかは、最終的に国立感染症研究所での精密検査の結果を待つ。同省はさらに、男子生徒の国内での行動や接触者や同行者の状況について調べる。
 男子生徒の感染の事実が確認された場合、政府は行動計画やガイドラインに従って、患者に対し、濃厚接触者を特定するための調査を実施するよう都道府県に協力を要請。
 患者が確認された都道府県は、外出の自粛や公衆衛生対策の実施を住民に呼び掛けるほか、必要に応じて学校側に臨時休校を要請するなど、大流行を防ぐための対策を検討する。
 一方、4月30日午後、米国から成田空港に到着し、簡易検査で新型インフルエンザと同じA型の陽性反応が出た日本人女性(25)は第2段階の遺伝子検査の結果、新型インフルエンザには感染していないことが分かった。

日本人女性に詳細検査=新型インフルの疑いなし-成田 時事通信 
 新型インフルエンザの感染拡大を受け、検疫態勢が強化された成田空港で30日午後、米国から帰国した日本人女性(25)が簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応を示した。しかし、その後詳しく調べた結果、新型インフルエンザの疑いはないことが分かった。
国内初の感染疑い 佐賀新聞
 厚生労働省は1日までに、国内初の新型インフルエンザ感染の疑いがある患者を確認した。同省などによると、患者は横浜市在住の男子高生(17)で、4月10日から25日まで修学旅行でカナダのブリティッシュコロンビア州に滞在。帰国後、発熱、せきなどの症状が出たため、30日に医師の診察を受け、現在入院中。
 舛添要一厚労相が1日未明、記者会見し発表した。今後、遺伝子解析で感染の有無を詳細に調べるとみられる。確定した場合、初の新型インフルエンザ患者となる。
 ただウイルスが新型でないAソ連型の可能性が残り、新型に感染しているかどうかは、最終的に国立感染症研究所での精密検査の結果を待つ。同省はさらに、男子生徒の国内での行動や接触者や同行者の状況について調べる。
 男子生徒の感染の事実が確認された場合、政府は行動計画やガイドラインに従って、患者に対し、濃厚接触者を特定するための調査を実施するよう都道府県に協力を要請。
 患者が確認された都道府県は、外出の自粛や公衆衛生対策の実施を住民に呼び掛けるほか、必要に応じて学校側に臨時休校を要請するなど、大流行を防ぐための対策を検討する。
 一方、4月30日午後、米国から成田空港に到着し、簡易検査で新型インフルエンザと同じA型の陽性反応が出た日本人女性(25)は第2段階の遺伝子検査の結果、新型インフルエンザには感染していないことが分かった。

緊急会見、厚労相「まだクロと判明したわけではない」 朝日新聞
 世界中が警戒している新型の豚インフルエンザは、日本にも上陸していたのか。厚生労働省は1日未明、横浜市に住む男子高校生が感染した疑いがあると発表した。これとは別に、成田空港でも30日に米国から帰国した日本人女性の感染が疑われたが、同省によると詳細検査で新型には感染していないことがわかったという。



日本人女性に詳細検査=新型インフルの疑いなし-成田 時事通信 
 新型インフルエンザの感染拡大を受け、検疫態勢が強化された成田空港で30日午後、米国から帰国した日本人女性(25)が簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応を示した。しかし、その後詳しく調べた結果、新型インフルエンザの疑いはないことが分かった。
国内初の感染疑い 佐賀新聞
 厚生労働省は1日までに、国内初の新型インフルエンザ感染の疑いがある患者を確認した。同省などによると、患者は横浜市在住の男子高生(17)で、4月10日から25日まで修学旅行でカナダのブリティッシュコロンビア州に滞在。帰国後、発熱、せきなどの症状が出たため、30日に医師の診察を受け、現在入院中。
 舛添要一厚労相が1日未明、記者会見し発表した。今後、遺伝子解析で感染の有無を詳細に調べるとみられる。確定した場合、初の新型インフルエンザ患者となる。
 ただウイルスが新型でないAソ連型の可能性が残り、新型に感染しているかどうかは、最終的に国立感染症研究所での精密検査の結果を待つ。同省はさらに、男子生徒の国内での行動や接触者や同行者の状況について調べる。
 男子生徒の感染の事実が確認された場合、政府は行動計画やガイドラインに従って、患者に対し、濃厚接触者を特定するための調査を実施するよう都道府県に協力を要請。
 患者が確認された都道府県は、外出の自粛や公衆衛生対策の実施を住民に呼び掛けるほか、必要に応じて学校側に臨時休校を要請するなど、大流行を防ぐための対策を検討する。
 一方、4月30日午後、米国から成田空港に到着し、簡易検査で新型インフルエンザと同じA型の陽性反応が出た日本人女性(25)は第2段階の遺伝子検査の結果、新型インフルエンザには感染していないことが分かった。

TOP