高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年4月

4月30日

Arrayit to Mass Produce Rapid H1N1 Swine Flu Test Chip Yahoo News  (国際) Arrayit社がH1N1迅速検査キットを大量生産の態勢に
 Arrayit社はH1N1インフルエンザウイルスを発見する診断テストを開発中であると発表した。
 この検査によって、人間あるいは家畜が感染しているウイルスが通常のウイルスなのか、突然変異した恐ろしいウイルスなのか見極めることが出来る。数週間で大量生産に入れるとArrayit社は言っている。このH1N1検査キットは実証のためCDCに送られる予定であり、その後に世界の病院・研究所などでの緊急使用のために販売される。
新型インフルエンザ 成田空港で乗客1人が簡易検査で陽性反応 検疫所でくわしい検査  FNN
 アメリカ・ロサンゼルスから成田空港に到着したノースウエスト機の乗客の女性から、新型インフルエンザの簡易検査で陽性の反応が出たことがわかり、午後8時55分現在、検疫所でさらにくわしい検査が行われている。
厚生労働省によると、30日午後3半すぎ、成田空港に到着したロサンゼルス発のノースウエスト機で、日本人とみられる乗客の女性が体調不良を訴えたため、検疫官が簡易検査を行ったところ、インフルエンザの「A型」が陽性の反応だったという。

More than 100 U.S. schools closed because of swine flu  CNN (米国) アメリカで100以上の学校が休校
 豚インフルエンザの確定例あるいは疑い例のために少なくとも74校が、予防措置的に30校が休校となった。

 H1N1豚インフルエンザのため小中学校が休校になっていると教育省Massie Ritschは述べた。この公立・私立学校の休校は全国にある幼稚園から高校までの10万校に通う5千500万人のうち5万6千人の児童生徒に影響を与える。
 一方、既に再開された学校もある。

 29日水曜に報道されたこの休校に加え、テキサス州フォートワースの独立学校区では、詳しい知らせがあるまで一時的にすべての学校を休校にする予定であると発表した。ウェブサイトによれば約8万人の児童生徒に影響が出るという。
 学校は少なくとも5月11日月曜日までは再開されないだろうということだ。
 政府の確定患者、疑い患者の発表をうけてこの決定をしたと学校側は述べている。
 「この危機が始まって以来、われわれは熱心に地元公衆衛生局の勧告に従っている」とメロディ・ジョンソン館長は言う。「われわれはこれからも地元公衆衛生局のスタッフと協働していくつもりだ」
 ハンツビルを含むアラバマ州マディソン郡学区で小学校で疑い例2件が出たために木曜・金曜を休校とする予定である。
 29日水曜日にオバマ大統領は豚インフルエンザの確定例あるいは疑い例が出た学校に対して「出来る限り安全であるために一時的な休校を強く検討する」ように求めた。
 教育長官アーン・ダンカン氏は学校全体が「協力してこのインフルエンザウイルスの拡散を防ぐための働きをしなくてはならない」と述べた。
 「冬のインフルエンザシーズンに実施するような、共通の常識と礼儀を徹底しよう。手を洗い、咳やくしゃみをするときは口を覆い、具合が悪いときは家から出ないこと。」とダンカン氏は言った。
 教育省は豚インフルエンザの動向に注目しており、学校はCDCPの指導に従うよう強く求めた。
 「あなたの住む地域の、学校全体の、そこの生徒たちの健康を守るためにふさわしいことをしてほしい」とダンカン氏は述べている。

 月曜(27日)、教育省当局者とCDCの専門家は全国の教育団体、州の教育委員会、個別の学校あるいは学校区からの1700人以上と電話会議を開催した。
 教育省は、学校施設内での学生や教職員の間における予防対策としての「常識(common sense)」の必要性を強調した。
 教育省はインフルエンザ様症状を呈した人がいたら登校させず、学校管理者から地方公衆衛生局と教育省両方に連絡することを強く求めている。

 CDCは、もし豚インフルエンザの疑い患者が出た場合は約7日間の施設閉鎖を勧めている。(by T.A)

Companies plan for large-scale employee absences as swine flu... Houston Chronicle (米国) 各企業、ブタインフルで大量の従業員の欠勤に対策


シンガポールのクリニックに積まれたタミフル
 ブタインフルのパンデミックが近いことから、企業の管理者は、従業員が欠勤した場合の体制を整えだしている。

 無理して出社させないで、在宅での業務など。

Two suspected swine flu cases in SA Weekend Post (米国) 南アフリカで2人の疑い例
 1人は今月始めにメキシコへ旅行。帰国後インフルエンザ様症状。抗インフルエンザ薬を服用、回復。
 もう1人疑い例がいるが詳細は不明。
SC swine flu cases: 17 probable, 41 ‘suspect' The State (米国) サウスカロライナ州:17人の可能性例と41人の疑い例
 メキシコ帰りの感染者から感染の輪が広がり、可能性例が17人。疑い例は41人(検査で確かめられた人と接触か、メキシコ帰りの発病者と接触)。

Calif. confirms 14 cases of swine flu San Francisco Chronicle (米国) カリフォルニア州、ブタインフル発病者14人を確認
 14例の確定例と29例の可能性を発表。
 14例は軽症から中等症。
Swine influenza - update 5  WHO ブタインフルエンザ状況 更新5

 4月29日 公式発表
発生国 確定例 死亡例
米国 91
メキシコ 26
オーストリア
カナダ 13
ドイツ
イスラエル
ニュージーランド
スペイン
英国
148


Swine Flu: Don't Blame the Pig  TIME (米国) 豚を責めないで
 エジプトで確定例が出ていないにもかかわらず30万頭の殺処分が決定された。「豚」インフルエンザだからといって豚のせいなのか?
 豚が悪いというなら鳥も人間も責められるべきだろう。
 これはインフルエンザウイルス自体の非常に変異を起こしやすいという性質による問題である。毎年違ったインフルエンザワクチンが必要なのはこのためだ。
ほとんどワクチンが変わっていないポリオとは異なる。
豚が鳥インフルエンザに感染すると、ウイルスが変異し、他の哺乳類(人類のような!)に感染しやすくなる可能性がある。
鳥 インフルエンザは人に感染しにくく、しても単体(鳥・人感染)だが、豚が鳥インフルエンザにかかると哺乳類の遺伝子システムを経て人間同士の感染を引き起こせるようになるのである。
 人類が家畜を飼うようになり、変異の機会は増えた。ウイルスに有利な状況になったのである。
C DCは「豚インフルエンザ」という呼称をやめ、「2009 H1N1インフルエンザウイルス」という呼称を選択した。
 豚が悪くないならメキシコが悪いのか?それも否である。
 数十年前に世界インフルエンザ調査ネットワークが結成され、人インフルエンザの調査は行われてきたが動物のインフルエンザは調査しなかった。
メ キシコには沢山の旅行者と家畜が出入りしており、その中に大流行を引き起こす可能性の有るウイルスがひょいと混じっていても不思議はない。
 このH1N1ウイルスはメキシコ産だ、と必ずしもいえるわけではない。何処からかメキシコに運ばれてきて、そこで人のウイルスと交雑したのかもしれないのだから。
「どこからやってきたのか?」という問いよりもずっと大切な問いがある。「このウイルスはこの後どこへ向かうのか?」ということだ。(T.A訳)

New York officials downplay threat of swine flu (Roundup) Monsters and Critics.com  (米国) ニューヨーク市当局、同市のブタインフルの脅威を引き下げ
 米国で91人確定された患者のうち50人がニューヨーク州で発生したことに関して、それ程の脅威ではないと州知事が説明。
 米国のブタインフル発生状況はメキシコと同じ状況ではない。

Too soon to stop making seasonal flu vaccines- WHO Reuters  (国際) WHO:季節性インフルエンザワクチン製造の中止を考慮するのは早すぎる
 WHO事務局長のマーガレット・チャンが、現時点で季節性インフルエンザワクチン製造を中止して、ブタインフルエンザA(H1N1)ワクチン製造だけを考慮するのは早すぎると語った。
 「現時点、季節性インフルエンザワクチン製造を中止する理由はない。新型インフルエンザウイルスが消失し、流行が終息する可能もある」、と、WHOがフェーズを5に引き上げたことを宣言した後、記者団に語った。
Minnesota officials expect swine flu cases Worthington Daily Globe (米国) ミネソタ保健局、ブタインフル発病疑い例を発表
 1人の可能性例を確認。検査でインフルエンザA陽性。ウイルス検査をCDCへ依頼。発病者は入院しないで、自宅で回復。当局は他にも疑い事例はいると発表。

Stop the hysteria Central Plains Herald Leader (カナダ) ヒステリーは起こさずに
 カナダ、マニトバ州保健局。ブタインフルという奇妙な呼称に惑わされないように。ブタとは関係はないインフルエンザであり、人の間で感染しているインフルエンザである。豚肉を心配する人々がいるが、それは間違いである。
 人々は、通常の季節性インフルエンザに対する感染予防を実施すべき。咳エチケット、十分な手洗いなど。
 過剰な心配する必要はない。
Researchers still unclear on virus' path from swine to humans Deutsche Welle  (ドイツ) 研究者達は、ウイルスがどのようにしてブタから人に感染してきたか究明出来ず
 どのようにしてA(H1N1)ウイルスが出来上がったか、よく分かっていない。
Indiana reports Notre Dame student with swine flu Wabash Plain Dealer (米国) インディアナ州、ノートルダムの学生がブタインフルを発病
 インディアナポリスの学生がブタインフルを発病したことを保健局は確認。学生は元気であるが、メキシコへ最近旅行したことはない。当局は感染ルートを数日内に確定予定。パニックになつ必要はないと説明。
Swine flu's origin is unknown Manhattan Mercury (米国) ブタインフルウイルスの由来は不明
 カンザス州立大学の研究者であるボブ・ロウランド氏が、ウイルスがどのように出来たか不明。
4月29日


US reports swine flu death, WHO mulls alert level Yahoo News (国際) アメリカで豚インフルエンザによる初の死者。WHO警戒水準再考
 ドイツとオーストリアで確定患者が出、アメリカで(豚インフルエンザによるメキシコ以外での)初の死者が出たことを受けて
WHOは緊急会議を29日水曜に招集する。警戒水準再考のためである。

確定患者はドイツで3人、オーストリアで1人。スペインでは4人に、英国では5人に増加している。

豚インフルエンザはメキシコで105人以上の死者と2400人以上の患者を出した疑いがあり、
7カ国において105人の確定患者を出している。その半数以上を占める66例はアメリカにおいてであり、テキサス州で1歳11ヶ月の幼児の死亡例が出た。

WHOは29日水曜に緊急委員会を召集し、現在フェイズ4(完全な感染爆発までまだ2段階ある)である警戒水準について話し合う予定である。

WHOのスポークスマンであるディック・トンプソンによればマーガレット・チャン氏は「事態の急展開に際して外部の専門家の意見を聞きたい」と言っている。

この委員会の招集が必ずしも警戒水準の引き上げを意味するものではないとも彼(ディック・トンプソン)は言っている。

どのようにこの病気が広がるか、人間の健康にどのような影響を及ぼすか、どのように対応すべきかを検討する専門家会議も水曜日(日本時間30日)に行われる。
アメリカ、メキシコ、他の感染国から専門家が電話で会議に参加する。終了後に報告がある。(T.A訳)


Baby Dead From Swine Flu In Texas myfoxny.com  (米国) テキサスで乳児がブタインフルで死亡
 米国CDCはテキサス州で23ヶ月の乳児がブタインフルで死亡したと発表した。米国における初の死者となった。
 詳細は発表されていない。
New Zealand confirms more swine flu infections GMA news.tv ニュージーランド、さらにブタインフル感染者を確認

Swine flu leaflets to be sent to every UK home guardian.co.uk  (英国) 英国保健省、全家庭にブタインフル説明リーフレットを配布の予定
 ブタインフルウイルスがパンデミックを起こす可能性があることから、政府は本日、全家庭に配布するブタインフルエンザの情報を掲載したリーフレットを準備している。
Ministry: Swine flu case confirmed in Germany Yahoo News (国際) ドイツでブタインフルが確定
AP

 バイエルン保健省によればドイツで初の豚インフルエンザ例が確定した。
 ロベルト・コッホ細菌研究所で29日水曜日に調査・確定された。
 ミュンヘン北部のレーゲンスブルグ在住の患者。詳細はまだ出ていない。
 英国・スペインでは既に確定患者が出ている。
 メキシコで初めて発見され、いまや世界のいくつかの国々に広がった。
 
Is Current Flu Vaccine Truly Impotent Against Swine Flu? AAAS (米国) 従来のインフルエンザワクチンはブタインフルに対して効果を持つか?

 米国CDCPは、今季の通常インフルエンザワクチンが今回の豚インフルエンザに対して抵抗性をもたらすことを、強く疑っている。「我々は現存するどのようなワクチンも有効だとは考えていない」と Richard Besser CDC 長官は、昨日の記者会見で述べた。
 しかし、インフルエンザワクチン研究者や公衆衛生専門家の中には、まだ判断できないという人もいる。「もし私がまだ(季節性)ワクチンを接種していないなら、受けるね」と、インフルエンザのベテラン医師でワクチン製造者でもある テネシー州Memphis の聖ユダ小児研究病院の、Robert Webster 教授は言っている。
 CDCの、Daniel Jernigan は、フェレットを用いて行われた実験から、今回世界的な流行をしている豚のH1N1株に対しては、現行ワクチンは何も効力が無いことを示唆している。CDC研究者達は、インフルエンザウイルスにこれまで感染したことの無いフェレットに今年の季節性ワクチンを接種した―――このワクチンはヒトのH1N1ウイルスの構成要素は入っているが、豚由来のものは入っていない―――。 次に、これらフェレットの血清中の、ワクチンによって誘導された抗体中に、アウトブレイクしている豚H1N1を防御できるものがあるか調べた。「それら血清には、どのような有効な抗体も無かった」 と、Jerniganは言う。
 さらにJerniganは、季節性ワクチンによって誘導される抗体は、ただ一種類の免疫だけであることも認めている。
 ワクチンは細胞性免疫も刺激でき得る。細胞性免疫とは、血中から感染細胞を除去する免疫システムである。フェレットを用いた実験モデルでは、ワクチンが病状を軽症化するかどうかの可能性については、検討されていない。そして多くの高齢者はまた、過去に感染した同様のインフルエンザや、過去のワクチン接種から得られた、なんらかの免疫を持っているかもしれない。「我々がまだ持っていない情報が沢山ある」とJerniganは言う。
 Julio Frenk ハーバード公衆衛生校の学長(Boston)であり前メキシコ健康省長官(the former secretary of health in Mexico)は、Webster教授同様、ワクチンが少しは役に立つかもしれないと推測している。Frenkは、メキシコは5歳以下の子供と高齢者に対してのワクチン接種が行き届いていると述べる。この二つのグループはこれまでのところ、今回のアウトブレイクでは犠牲になっていない(spared)。「少なくとも部分的な防御はあるようだ」と、かつてメキシコシティーにいたFrenkは言う。
 Webster教授は、含まれるH1N1成分が新しい(豚の)株とは著しく異なっているので、現行(季節性)ワクチンには多くは期待できないと言っているが、それでも、軽度の症状か死亡するかの違いをもたらすかもしれないと言っている。 (塚口-藤澤裕美 訳)


N Zealand confirms swine flu cases Aljazeera.net  ニュージーランド、ブタインフル感染者を確認
 ニュージーランドは、3人のブタインフルの患者を確認した。アジア太平洋地域で初の感染者となった。発病者は最近メキシコに旅行した学生達である。
 29日確認された症例で、同国の確定例と可能性例の合計は14例となったが、保健当局者の話では、さらに感染者数は増えると予想されるようだ。
 オークランドの中学生のグループ25人のうち、生徒10人と教師1人が3週間のメキシコ旅行から戻って発病した。
 発病した教師と生徒達は隔離され、26日から抗インフルエンザ薬で治療されている。

Outbreak worsens in US, Canada; Mexico City nears paralysis CKTB (米国) ブタインフル、米国とカナダで増加、メキシコ市は麻痺状況
 米国:68人確認
 カナダ:13人確認、全員軽症。
Four in ten of British population could catch deadly swine flu... Northern Echo (英国) 致死的ブタインフルに4割の英国人が感染する可能性
  この6ヶ月以内に英国では10人に4人が致死的ブタインフルに感染するだろうと、トップ保健当局者が語った。
 WHOの委員でもあるネイル・ファーグソン教授は、もし英国がパンデミックに巻き込まれたなら40パーセントの国民が感染するだろうと警告した。
 ブラウン首相は、英国は世界でも最も良く準備されている国であると語り、政府はウイルスの拡大を阻止するために最大限の努力をすると語った。
 最初の英国の発病者2人が27日発表された。メキシコへ新婚旅行へ出かけたスコットランドのカップルである。今日、隔離室で治療を受けているが様態は良い。
 英国中で数十人の感染疑い者が検査を受けているが、全て陰性の可能性が強い。
 ローヤルカレッジ医科大学の名誉学長であるマウリーン・べーカー博士は、家庭医に患者にはインフルエンは、ブタインフルも含めて1週間以内に治癒することを告げなさい、とアドバイスしている。

 ヨーロッパ委員会では、ヨーロッパではこの数日間にブタインフル発病者が増加すると推定されるが、社会はパニックに落ちる必要はないと忠告している。
Precautionary steps being taken in Europe against swine flu Today's Zaman  (トルコ) 欧州各国、ブタインフルに対して拡大対策の強化
 トルコを含め、欧州各国はブタインフルがメキシコから北米とヨーロッパへ拡大してきていることから、パンデミック対策を強化した。

 オーストリア:人口の半数の400万人分の抗インフルエンザ薬。全人口分のワクチン製造能力の確保。800万枚の予防用マスク。
 英国:メキシコへの不要なる旅行の禁止を勧告。人口の50%分の抗インフルエンザ薬の備蓄。
 ブルガリア:ウエブサイトでブタインフルの説明と発生国への渡航の注意。ソフィア空港に2台の体温測定装置。
 チェコ共和国:人口の20%分相当のタミフル200万人分備蓄。
 デンマーク:タミフルの備蓄。国家パンデミック計画は作成済み(H5N1鳥インフルに際して)。
 フランス:メキシコへの不要な渡航は中止するように勧告。空港における発病者のチェック体制の強化、特にメキシコからの帰国者。
 ドイツ:メキシコへの不要な旅行の中止勧告。
 ギリシャ:タミフルや他の抗インフルエンザ薬の備蓄。
 イタリア:海外渡航制限はなし、空港でパンフレット配布。1000万人分のリレンザと6万人分のタミフル、および3000万人分のタミフル調剤用のタミフルパウダー。
 ノルウエー:今週、パンデミック委員会が設立。4700万人分の抗インフルエンザ薬(人口の三分の一相当)。
 ロシア:メキシコへの旅行中止勧告。アメリカとメキシコから空港に到着した乗客の健康チェック。疑い患者が見つかった場合は、隔離して検査。他の乗客とクルーも医学的検査。
 スペイン:メキシコからの到着客にリーフレット配布。体調不良の場合は、保健センターに申告するように勧告。1000万人分のタミフルの備蓄。メキシコへのフライトの際は、マスクと予防用手袋の着用。
 トルコ:国家対策委員会の立ち上げ。メキシコからの乗客の空港でのチェック。

US flu deaths seen as likely as outbreak spreads  Delaware County Daily Times (米国) 米国、ブタインフルの拡大と共に死者が発生することを予想
 米国で数百人以上が発病し、死亡者も発生することが予想される。一方、28日、世界中の政府は対策を強化しはじめた。
 オバマ大統領は、ブタインフルの拡大対策費として15億ドルの予算を求めた。キューバはメキシコへの渡航を禁止した。
 ロスアンジェルス郡は、2人の死亡がブタインフルによるものである可能性について調査中である。これまでメキシコ以外で、ブタインフルでの死亡者は出ていない。ニューヨークでの高校生の発病者数は数百人に上ったと、当局から発表された。
 ベッサーCDC副長官は、これらの発病者の中から死者が出る可能性があると語っている。
 これまで確認されている発病者数は、ニューヨーク州で45人、オハイオ州で1人、カンザス州で2人、テキサス州で6人、カリフォルニア州で10人。
 しかし、他の州でも感染疑い者が報告されつつある。
 ニューヨークは最も多く、春休みにメキシコに生徒が出かけた、クイーンズのカソリック高校では大勢の感染者が出ていると、ニューヨーク市当局者は28日発表している。
 この流行が校外へも拡大する可能性が示唆されており、2人が入院している。
 自閉症の小児のための学校が閉鎖された。このニューヨークでの2人の入院は、他の入院者、すなわちカリフォルニアで3人、テキサスで2人に次ぎ、合計5人の入院者となったと、CDCでは説明している。
Swine flu worry: US advises against Mexico trips The South Florida Times (米国) ブタインフル脅威:米国政府、メキシコ旅行について延期のアドバイス。
Swine Flu: CDC 'Fully Expects We Will See Deaths'  Huffington Post (米国) ブタインフル:CDCは米国内での死者の発生を予想している
 米国CDCは、少なくとも5人がブタインフルで入院していることを明らかにし、死者がでる可能性がある、と発表した。
 ベッサー長官は、カリフォルニアで死亡した疑いのある2人に関して報道発表されていることを知らないと語ったが、何人かの死者がでることを予想しているとも語った。
Texas teen recovering from swine flu KRIS-TV  (米国) テキサスの十代少年、回復
 18歳の最初に見つかった患者の中の1人である少年が回復した。少年と他の2人の級友は、テキサス州でもっとも早くに見つかった感染者である。現在テキサス州では合計6人の感染者が発生している。
US 'can expect swine flu deaths' Adelaidenow (米国) 米国、ブタインフル死者発生が予想
 CDCは米国でブタインフルで死者が発生した可能性を発表した。カリフォルニアで2人が死亡したことを受けて、談話をベッサー副長官が発表した。
 同氏はロスアンジェルス郡でのブタインフル死亡者2名について報告を受けていないと語ったが、2人がブタインフルで死亡したことは十分考えられる、とも追加した。
 同氏によるとこれまでCDCは、米国内でメキシコからの帰国者以外で、人人感染での発病者は1例のみ確認しているという。それはカンザス州の例だが、確信はないとも言う。
 「結果の信頼性は、どのような検査を行ったかということによる。家族内での感染例を探している」、と同氏は話し、インフルエンザ様症状が出たときは、家庭内に留まり、周辺に感染を広げないようにするという、CDCのガイドラインを参考にすることを強調した。
 CDCはこれまで、米国内で合計64人の感染者を確認している。インディアナ州では、その後1例を報告した。
 患者のうち5人が現在入院している。3人がカリフォルニア州で2人がテキサス州である。年齢は7から54歳にわたっている。
 「現在、米国では前パンデミック状態だ」、と語ったが、パンデミックであるかどうかの言葉の論議は重要ではなく、薬や医療用品の配布を初めとして、政府が十分に対策をとっているという事実の方が重要である、と強調した。
 CDCではワクチン製造用にブタインフルウイルスの大量培養を行っている。もし製造の決定が下されたなら、いつでもそれを始めることが出来る準備はしてある。このようにCDC副長官のベッサー氏は語っている。
4月28日

Most infected in Mexico, US swine flu victims may be passing it to ... Minneapolis Star Tribune  (米国)  ほとんどはメキシコで感染、しかし、米国の感染者は他の人々へも感染させている可能性
 ブタインフルは28日、初めて中東とアジア太平洋地域へ拡大した。一方、WHOの専門家は、米国の患者が米国内で他の人々へ感染を広げている可能性を指摘した。
 ブタインフルに感染していることが確認されたほとんどの人々は、メキシコで感染している。メキシコでは死者数は150人を超えている。
 しかし、メキシコ外で感染した人々の存在が確認されているが、それは、この感染症がメキシコから戻ってきた旅行者から、さらに他の人々へ広がっていることを示している。WHOの報道官であるグレゴリー・ハートル氏がジュネーブで28日、記者会見の席上で語った。
 ハートル氏は、米国、カナダ、そして英国での感染者の中に、感染源が明確でない人々がいる、と語った。
 同氏は、ニューヨークの高校で、春の休暇でメキシコを訪れた生徒達が学校に戻ってきてから、周辺の生徒達にウイルスを感染させた事実を、米国当局が発表することを、WHOは待っていると語った。
 さらなる詳細情報は米国当局が提供するはずである、と同氏は語っている。
 推定されている状況は、旅行に行かなかったが感染した生徒達、または参加したが、帰国してから感染した生徒達、さらには帰国した生徒達から感染した家族達が存在していることである。
 WHOは、こうした状況を”地域内感染”と表現しているが、それはウイルス拡大速度がパンデミックを発生するレベルに達したことの指標となる。ブタインフルエンザは、すでにメキシコ以外、少なくとも6ヶ国に広がり、その結果WHOはアラートレベルを27日に引き上げた。
 WHOはアラート・レベルをフェーズ4に引き上げたが、それはウイルスの持続的人人感染が少なくとも1ヶ国で起きていることを示している。27日に初めてアラート・レベルがフェーズ3以上になった。

Israel confirms 1st case of swine flu GMA news.tv  イスラエルで最初のブタインフル発病者
 イスラエル保健省は28日、同国初のブタインフル発病者を確認したことを発表した。最近メキシコから帰国した26歳男性であるが、完全に回復している。
 保健省の研究所で分析した検査結果では、ウイルスはメキシコで分離されたものと同じであるという。
 もう一例疑い患者がいるが検査結果は出ていないという。やはりメキシコから帰国しているが、現在は完全に回復しているという。
 感染症が発生しているメキシコでは150人以上死亡しているが、他の国で発生した数十人で死亡例はない。

Public Health Agency of Canada Issues Warning Against Travel to Mexico American Chronicle  (米国) カナダ公衆衛生局、メキシコへの旅行中止勧告
 不要不急のメキシコへの旅行は禁止するように勧告。
 メキシコは152人の死亡者発生。米国では50人、カナダでは6人、スペインでは1人M、スコットランドでは2人が発病。
 メキシコ外では重症患者は出ていない。
No travel warning issued on swine flu: Govt Jakarta Post  (インドネシア) ブタインフルのために、旅行中止勧告は発令しない:政府
 保健省大臣のシチ・スパリ女史は28日、政府はブタインフル発生国へインドネシア人が旅行することに、特に中止勧告は出さないと発表した。
 大臣は人々が旅行に出かける前に自分達の健康状態を十分チェックするように語っている。
 「メキシコへ向かう人々は、自らの健康に十分気を付けて欲しい」、同保健大臣は記者会見でそのように語った。

 パンデミックは、メキシコで100人以上殺し、WHOは米国で40人、カナダで6人、そしてスペインで1人の感染者を確認している。また可能性例として、イスラエルとニュージーランドで検査を受けている人々がいる。

World battles swine flu as death toll rises CNN  (米国) ブタインフル死者数増加
 世界各国の政府と保健当局では、メキシコで150人の人々を殺し、米国、ヨーロッパ、多分アジアに広がっているブタインフルエンザ対策に追われている。
 
Swine flu outbreak confirmed in Scotland eGov monitor  (英国) ブタインフル感染、スコットランドで確認
 スコットランドの2人の疑い例は検査で確認された。そして2人とも現在、ラナークシャーのモンクランド病院で回復してきている。
 また2人の接触者の中から7人の人々が中等度の症状を呈しているため、検査中である。

WHO raises global alert level on swine flu WOKV  (米国) WHO、ブタインフルのパンデミック発生危険度を引き上げる


  
CDC: At Least 48 Cases of Swine Flu Confirmed in US  KTLA (米国) CDC:米国で少なくとも48人がブタインフル感染が確認
South Korea testing for swine flu BBC News  韓国でブタインフル疑い者 
 メキシコ帰りの女性がブタインフルが疑われている。
Be cautious but no reason to panic  Valdosta Daily Times (米国) 注意が必要、しかしパニックになる必要はなし

WHO raises its pandemic alert level on swine flu Forbes  (国際) WHO、ブタインフルエンザのパンデミック警戒レベルをフェーズ4に引き上げる

 多くの情報はフェーズ引き上げに関するものなので、他は掲載しない。
4月27日

Spain confirms first swine flu case in Europe European Voice  スペイン、ヨーロッパで初のブタインフル患者を確認
 メキシコ帰りの患者。
Questions, answers about swine flu 7Online.com  (米国) 鳥インフルエンザ、Q&A
Britain is on alert for swine flu Thurrock Gazette  (英国) 英国、ブタインフルに警戒報
 英国の保健専門家は、ブタインフルエンザウイルスの新型株の拡大防止のために高度の警戒態勢に入った。
 スコットランドの2人がメキシコから帰国してインフルエンザ様症状を呈して、病院に入院して検査を受けている。
 しかし、現在まで感染が確認された例はない。 
Swine flu: be vigilant, but don't panic Enterprise News (米国、マサチューセッツ) ブタインフル:警戒が必要、しかしパニックにならずに

Timeline of major flu outbreaks Auckland stuff.co.nz (ニュージランド) 主要なインフルエンザ流行年表

1918年:スペインインフルエンザのパンデミック。世界で5000万人死亡と推定。
1957-1958年:アジアインフルエンザ。世界で100万人以上死亡。
1968年-1969年:香港インフルエンザ。米国で33000人死亡。
1977年:ロシアインフルエンザが若い世代を中心に流行。
1997年:香港でH5N1鳥インフルエンザの最初の流行。それ以来世界で250人以上死亡と推定。
2002年-2003年:SARSが流行。世界で8000人以上が発病。774人が死亡。
2007年:馬インフルエンザが流行。
2009年4月:ブタインフルエンザが流行。メキシコで100人以上が死亡。米国、カナダ、ニュージーランドでも感染者が発生。

World counting down to pandemic, says top virologist Reuters 世界的ウイルス学者、パンデミックはもはや時間の問題
 香港の世界的ウイルス学者のイ・グアン教授の談話を中心に展開。
 現在のブタインフルエンザがアジアの人口過密な都市に拡大してくる可能性を警告した。
 現在のウイルス拡大を抑え込むことは困難で、多分、ウイルスはすでに多くの地域に拡大していると思われる。
 発生報告は絶えず増えている。
 なぜ米国では軽症なのに、メキシコでは致死的なのかについては分からない。
 しかし、現在米国では軽症型であっても、他の地域へ感染拡大してゆく過程で変異を繰り返し、より毒性を強めてゆく可能性が高い。
 中国のような人口過密な地域へ感染が広まったなら、人々の間での感染率は相当高くなるだろう。
 グアン教授は、現在発生しているブタインフルエンザウイルスは、人の季節性H1N1インフルエンザウイルスとは全く異なると説明し、現在のウイルスは人の間で容易に感染を繰り広げているから、世界にパンデミック・ウイルスが既に誕生したことをなる、と強調している。

Minnesota monitors for flu, but no cases yet Minneapolis Star Tribune  (米国、ミネソタ) ミネソタ、インフルエンザの監視を強化、しかしブタインフルの発生はない
 ミネソタ州ではブタインフルエンザの発病者は確認されていないが、州保健局ではインフルエンザ様症状を呈した人々の検査を続けると26日発表した。

 ミネソタ州保健当局者は、ブタインフルエンザで、メキシコでは80人以上死亡しているが、これまで米国で確認された20例は全て軽症であると強調している。
 「我々はパニックを引き起こしたくはない。これは米国では重症なインフルエンザではないのだ」、とミネソタ州保健局の疫学専門家であるルス・リンフィールド博士が記者会見で語った。
 しかしながら、現在のブタインフルエンザウイルスの毒性が増し、第2波、そして第3波として流行する可能性があることから、保健局では状況の厳重な監視を続けるとしている。
Medical Director: Swine Flu Was “Cultured In A Laboratory” Australia.TO (オーストラリア) ブタインフルウイルスは、試験管内で作成された
 メキシコと米国で分離されたブタインフルエンザウイルスは、極めて不自然な遺伝子組み換えが起きている(遺伝子再集合)。
 研究室内で作成された可能性がある。

NZ teacher hospitalised for flu, more students tested Reuters  (国際) ニュージーランドの教師、インフルエンザで入院、さらに生徒達も検査を受けている
 メキシコから生徒達と戻ってきたニュージーランドの教師が入院して、インフルエンザ様症状で治療を受けている。この教師が引率していた第2グループの生徒達から3人がインフルエンザ様症状を呈していると、保健当局者が27日発表した。
 教師はオークランドの中学校から3週間メキシコへ旅行に出かけた25人の1人で、同日遅くに退院予定のようだ。
 グループ内の10人がA型インフルエンザに罹患していると診断され、ブタインフルエンザ可能性例として治療を受けている。1人の生徒が短期間入院した。
 「他の生徒達は治療薬を服用して、家庭で静養している」、と保健省が発表の中で伝えた。
 生徒達がブタインフルエンザH1N1に罹患しているかどうかは、WHOの検査機関で確認中で28日には判明するという。

ANALYSIS-Swine flu cases raise more questions than answers Reuters AlertNet  8英国) 分析:現在のブタインフル状況には未解決疑問が多い
 要約

 疑問
 ・なぜ新型ブタインフルがメキシコで81人もの死者を出したか?
 ・ブタインフルの感染様式は?
 ・死亡者がでている一方、軽症者も多い理由
 
 CDCのアン・シュチャト博士は、このブタインフルの状況について、正確な予知は難しいと語っている。
 26日、数時間内に、米国とカナダ内で新規感染者が発生し、合計26人となったことを知った。メキシコでは1300人の発病者が知られている。
 インフルエンザウイルスは、感染を自覚する前に他人に、静かに感染してゆく。
 インフルエンザの一番の問題は、症状がインフルエンザ様であり、そうした症状を起こす病原体は、インフルエンザウイルスを含め多数あることである。(症状からインフルエンザの診断は難しい)。 発熱、頭痛、筋肉痛、乾性咳、易労感。
 メキシコの患者の症状は非特異的であり、通常のインフルエンザと変わらない、とシュチャト博士は説明。
 多くの病原体や原因で呼吸器疾患が発生している。そうした呼吸器疾患で多くの死亡者が出ている。しかし、インフルエンザシーズンの極期でも、インフルエンザに関連した死亡者は10%に過ぎない。
 以上の理由から、世界中でインフルエンザ様症状を呈した人々に、新型ブタインフルの検査を行うのは不可能。
 検査はDNA検査が必要(遺伝子分析)。
 メキシコ、カナダ、米国で患者は発生しているが、感染の輪は明確ではない(どういう経路で感染しているか)。
 ウイルスが広く拡大していることは明かで、ウイルスを封じ込めることは不可能である(シュチャトは博士)。
 このウイルスの遺伝子は4種類のインフルエンザウイルスの遺伝子が組み合わさっている。最もブタインフルエンザH1N1株に似ているが、さらに鳥インフルエンザと人インフルエンザのウイルスの遺伝子も含まれている(4番目はユーラシア大陸のブタインフルエンザウイルスの遺伝子:訳者)。
 ほとんどの米国、カナダ、メキシコの発病者は軽症であるが、メキシコでは若い成人層を含めて81人が死亡している。それはなぜか? インフルエンザで死亡するのは、通常、乳幼児か高齢者である。 ウイルスが通常のインフルエンザウイルスと異なることから、そのような現象が起きているようにも思える。(シュチャトは博士)。
 CDCの副長官のベッサー博士:このウイルスは自然に消え、再び現れると思う。夏に入る為患者数は次第に減少するだろう。そして再び現れる。多くのパンデミックはいくつかの波となって現れていた。

20th Case of Swine Flu Confirmed in US Associated Content (米国) 米国で、20人目のブタインフル感染者が確認
 オハイオ州で5歳少年が感染確認。ニューヨーク州では高校生8人で確認
 米国CDCは合計20人が米国内でブタインフル感染が確認されたことを発表。しかしメキシコで81人の死亡を起こしている株と同Jかは不明と。

 CNNによると、CDCのリチャード・ベッサー副長官は、公衆衛生上の危機が発生と発表し、感染者はさらに増えると考えていると語り、パニックに陥ることなく、個人的予防策をとるように語った。すなわち頻回な手洗い、不要な外出を控える、航空機に乗らない、学童を休ませて自宅におく。
 国土安全保障省の報道官は、政府は感染地域へ備蓄している5000万人分のワクチンの四分の一を配布すると語った。(季節性ワクチン:ソ連型H1N1株が含まれているから、効果を期待して使用か?:訳者)

 メキシコでは発病者が1400人と増えた。
 カナダのノバスコチア州で4人の人々の感染が確認された。

NZ well prepared to handle swine flu, Key says New Zealand Herald (ニュージーランド) ニュージーランド、ブタインフル対策は十分講じている
 数年間に用意した鳥インフル対策を活用して、十分な態勢でブタインフル対策を講じると、首相が発表。

Aust on alert as deadly swine flu spreads LIVENEWS.com.au  (オーストラリア) オーストラリア、致死的ブタインフル拡大の危険性
 政府による警戒の呼びかけ。
Six swine flu cases confirmed in Canada CTV.ca (カナダ) カナダ、6人のブタインフル感染者を確認
 ノバスコチア州で4人の高校生。2人がメキシコ帰り。
 ブリシシュコロンビア州で2人。

 症状は軽く、検査で型不明のA型インフルとの診断。続いて研究所へ検体を送って確認。

US health emergency over flu BBC News  (米国) 米国、ブタインフルで健康危機を宣言
 米国政府は、5州で数人のブタインフ感染者を確認したことから、公衆衛生的危機を宣言した。
 国土安全保証省長官は、宣言の理由は、パニックを引き起こすことではなく、ウイルス感染予防対策の強化が目的であると語った。
 一方、CDCのベッサー博士は、検査が進むと、さらに感染者数は増加するだろうと語った。
Swine flu has "certainly moved very rapidly" - Health Minister  3 News NZ (ニュージーランド) 保健相、ブタインフルは”間違いなく迅速に感染した”
 保健相はメキシコと北米のブタインフルは急速に感染を広げたと語っている。
 ニュージーランドでメキシコから帰国した生徒が感染したが、症状は軽く、全員回復している。
 生徒の家庭には感染予防のためのタミフルが配布されている。

4月26日

WHO Seeks Swine Flu Fix; New Cases In Europe CBS 5 (米国) WHO、ブタインフルの探索:ヨーロッパで新規疑い例が発生
 各国で対策が強化。
 各国でメキシコからの帰国者で疑い例が増加。
 ニュージーランドでメキシコから帰国した高校生達がイフルエンザ症状 疑い例
 イスラエル、フランス、スペインでメキシコからの帰国者がインフルエンザ様症状。
 重症者はいない。

New York awaits test results from 8 probable swine flu cases; 11 .. KEZI TV  (米国) ニューヨーク市、8人のブタインフル発病可能性例の検査結果を待つ
 ニューヨーク市の高校生が、発病したインフルエンザが、メキシコで多くの人々を殺している人ブタインフルエンザであるかどうか、日曜日早々判明する(明日)。
 発病した高校生達の鼻や咽頭の拭い液で行った予備的検査では、少なくとも8人は人型ではないA型インフルエンザに感染していることが確認された。ブタインフル感染の可能性例であると、市保健担当者が語った。正確な亜型に関してはまだ不明で、CDCが詳細検査を行っているとされる。
 ニューヨーク保健局では、高校(St. Francis Preparatory School)で100人以上の学生が最近発熱、咽頭痛等の症状を呈し、中には親戚にも同様の症状を呈した例があるという。
 これらの高校生の症状は軽いとニューヨーク保健局長は語っている。しかしメキシコで、ブタインフルが多くの死者を出していることから、慎重に対策を進めていると説明した。
 もしCDCが高校生達から分離されたウイルスがブタインフルウイルスであると確認した場合は、高校を休校とするYていであるとも語っている。
 
10 New Zealand students likely have swine flu Fremont Tribune (ニュージーランド) ニュージーランドの学生10人がブタインフルに感染した疑い
 ニュージーランド保健相は、メキシコから帰国した10人の学生がインフルエンザ検査で陽性になったと発表した。保健相によると、これらの学生はブタインフルに感染した可能性があるという。
 しかし、本当にブタインフルに感染したかどうかは不明であり、保健当局は用心のために隔離措置を行ったという。
 検体はWHO協力研究機関に送って、ブタインフルかどうかの確認を行っている。

UK alert after swine flu outbreak Crawley Observer (英国) 英国、ブタインフル発生に対して警報
 WHOがブタインフルに対して警戒態勢を強化するように声明を出したことから、英国も国内に警報をだした。
 英国航空の搭乗員がインフルエンザ様症状で、ブタインフルを疑われたが、検査の結果陰性だった。

Mexico City residents stay home in flu fear Forbes (米国) メキシコ市民、インフルエンザの脅威から自宅に篭もる
 各種の集会は中止、休校、多くの人々は家庭内に留まっている。

Swine flu worse in Mexico than US, but why? San Francisco Chronicle (米国) なぜメキシコの患者方が米国よりも重体なのか?
 メキシコでの致死率は大体7%(発病者が1000人、死亡者が70人)で、スペインインフルエンザよりも遙かに高い。
 一方、米国では軽症多い。
 その理由は謎である。

 しかし米国CDCでは、メキシコでは軽症者は見逃されている可能性があるのではないかと考えているようだ。
 重症者だけを探し、多く存在する軽症者が見逃されている可能性を指摘している。

豚インフルで国際的緊急事態と認定 swissinfo (スイス、日本版)
 世界保健機関(WHO)は25日夜、メキシコ、米両国で発生した豚インフルエンザの人への大量感染を受けて同日開いた初の緊急委員会の結果、「国際的に懸念される公衆保健上の緊急事態」に当たると認定したと発表した。一方、鳥インフルエンザウイルスなどが変異して発生すると考えられている新型インフルエンザの認定につながる、WHOの警戒水準の引き上げの是非については「さらに情報が必要だ」として決定を先送りした。
WHO declares swine flu crisis a public health emergency Metro Canda  WHO、ブタインフルを公衆衛生上の危機と:フェーズは引き上げず
 WHOは北米で発生しているブタインフルエンザを国際的公衆衛生上の緊急事態状態と声明を発表した。
 この決定により、世界中の国が、メキシコで数十人の死者を出し、米国でも少なくとも8人の感染者を出している、このブタインフルエンザに対して厳重な監視と、発生時の報告を求めることになった。
 WHOは、このインフルエンザが他の国に拡大することを恐れていて、拡大防止のために全力をあげて協力するように各国に求めている。

 WHOのチャン事務局長は、25日、インフルエンザ専門家による緊急会議を開催した後、この決定を発表した。
 事務局長は、先に記者会見で、このブタインフルエンザの流行に関して、パンデミックの可能性を秘めていると語った。
 しかし、WHOは危険レベルを現在のままのフェーズ3に据え置き、さらなる情報収集により再度検討すると結論した。
WHO chief calls swine flu outbreak 'serious' Times of the Internet  (国際) WHO事務局長、ブタインフルエンザ流行は深刻と
Arkansas alerts hospitals, doctors to be on the lookout for swine flu WREG (米国) アーカンサス、病院や医師達にブタインフルへの警戒を求める
 同州では患者の発生はない。
2 swine flus in Kan., US total 11; 8 likely in NY KTVZ (米国)  米国、カンサス州で2人ブタインフルに感染、さらにニューヨークでは8人が疑いに
 ニューヨーク州の高校でブタインフルエンザ感染者が8人。しかし株については、メキシコの株と同型かは不明。
4月25日


WHO Says Swine Flu Has 'Pandemic Potential  WLWT  (米国) WHO、ブタインフルエンザは、パンデミックのを引き起こす可能性がある
 ジュネーブの本部で緊急会議を前にして、チャン事務局長の談話。

Killer flu: Mexico City shuts down  Independent Online (英国) 殺人インフルエンザ:メキシコ市閉鎖
 メキシコ市の劇場や博物館は閉鎖され、さらに明日(日曜日)には入り口が閉鎖されたサッカー場で試合が消化される。
 メキシコ大統領のフェリッペ・カルデロン氏は、対策のために旅行や内閣会議を全て取りやめた。
 医学チームが首都の空港で待機していて、全ての乗客は健康問診票の記入が義務づけられている。
 保健当局者達は、ブタインフルエンザ発症が疑われている943人の発病者の調査を行っている。

 ニューヨークではクイーンズ・スクールの学生75人がインフルエンザ様症状を呈したため、保健当局者がブタインフルエンザの検査を行っている。CNNテレビジョンが伝えた。

 WHOは高度の警戒態勢に入っているが、専門家代表を米国やメキシコに派遣した。新型ウイルスが世界的流行を引き起こす可能性が出てきたことによる。
……
Mexico swine flu deaths spur global epidemic fears The Associated Press  (国際) メキシコ、ブタインフル死者の発生は、世界的流行へ拡大の危険性


メキシコ市の総合病院で待つ患者。4月24日。
(AP Photo/Dario Lopez-Mills)
Deadly new flu strain erupts in Mexico and US Swissinfo  (スイス)致死的新型インフルエンザウイルスがメキシコと米国で発生

Mexico swine flu deaths spur global epidemic fears Maximum Edge (米国) メキシコのブタインフル死者発生は、パンデミック発生の恐れに
 新型ブタインフル株がメキシコで数十人を殺した可能性がある。メキシコ市では当局が学校、博物館、図書館、劇場を閉鎖した。世界的パンデミックにつながる可能性のある新型株による流行を封じ込めるためだ。

 WHOの報道官であるトーマス・アブラハム氏は、WHOは非常に事態を警戒していると語った。
 我々はウイルスが新型で、人人感染をしていることを把握している、と状況の深刻さを伝えている。

Flu outbreak spreads to US Channel 4 News (米国) インフルエンザ流行、米国へ拡大
 メキシコで60人以上死亡させたインフルエンザウイルス株が米国へも広がっている。
 メキシコ政府は、メキシコ中央部で少なくとも20人が同ウイルス感染で死亡し、さらに死亡した40人の他の患者も同ウイルスで死亡したものと推定している。
 メキシコ政府は国内で1000人以上の感染者を確認し、米国は8人の感染者を確認しているが、全員回復している。
 WHOによるとメキシコの患者18人から分離されたウイルスは、米国で分離されたウイルスA(H1N1)と同型であることを発表した。

 WHOはパンデミックの宣言をする予定にはないが、発生している新型インフルエンザウイルスは大流行する危険性を孕んでいる。
60 Mexico flu deaths raise global epidemic fears PR-Inside.com (Pressemitteilung) (ドイツ&米国) インフルエンザでメキシコ人が60人死亡、パンデミックの恐れ
AP

 メキシコは、24日、首都の学校、博物館、図書館、国営劇場を閉鎖した。少なくとも20人を、多分数十人以上は存在する可能性があう、死亡させているブタインフルエンザの拡大を防ぐためである。
 WHOは新型ウイルスが世界的に流行する可能性を恐れている。
 米国CDCによると、メキシコで死亡した一部分の人々から、米国のカリフォルニアで発病した人から分離されたウイルスと同じウイルスが、分離されたと発表している。
 メキシコでは死亡者20人でウイルスが確認されているが、他の40人の死者でもウイルス検査が行われている。そして、国内で報告されている943人の患者も同じウイルスで発病していると、同国保健省では考えている。
 研究者達は、ウイルス遺伝子は、ブタ、鳥、そして人のインフルエンザウイルスの遺伝子が混在したもので、これまでみられたことのない遺伝子配列とされる。
Deadly new flu breaks out in Mexico, US TheTimes -(英国) メキシコと米国で致死的新型インフルエンザが流行
 ロイター
 これまで見られたことのないインフルエンザウイルスで61人がメキシコで死亡し、ウイルスは米国へも広がり、8人が感染したが、全員が回復した。CDCが発表した。
 メキシコ政府は、少なくとも16人が中央メキシコで死亡し、さらに他の死亡した45人も同じウイルスによるものと考えている。
 WHOは検査でメキシコの患者のうち12人で、米国のカリフォルニアとテキサスで見つかった患者から分離された、ブタインフルエンザウイルスH1N1と同じ遺伝子構造をしていることを確認した。

 この新型ウイルスが明らかに人人感染を起こすことから、大流行が発生する恐れがあり、メキシコ政府は首都とその周辺の学校の休校を命じた。
 
 「我々の関心は昨日大きくなった」、とCDCのリチャード・ベッサー博士が電話取材で語った。
 ウイルスは当初、ブタインフルエンザウイルスのように思われた。しかしCDCによる遺伝子の詳細な分析で、これまで見られたことのないブタ、人、そして鳥のインフルエンザウイルスの遺伝子の混在した遺伝子構成となっていることが確認された。
 「我々はこの新型ブタインフルエンザウイルスによる健康危機を、判断出来るだけの十分な情報を得ていない」、とベッサー博士は語った。
 人は希にブタインフルエンザに感染するが、人から人への感染は希である。
 WHOは、必要となれば抗インフルエンザ薬の配布を含めて、迅速対策行動に移れる準備がなされていると言う。米国もメキシコも大流行に備えて、十分の装備が用意されているという。
 WHOとCDCは共に、メキシコと米国への旅行制限の必要はないと言っている。

 メキシコでは1000人近い患者が発生。

 カリフォルニアと米国では8人が発病したが、メキシコでは1000人近い患者が発生している。
 CDCのベッサー博士は、米国では症状は軽いのに、メキシコではなぜ症状が重いのか専門家達は分析している、と語っている。

 米国政府は、新規事例を詳細に追っていると発表している。
 「ホワイトハウスでは状況を重大と受け止め、進展状況に注意を払っている。大統領には詳細状況を説明している」、と政府の広報官は語っている。
 
 メキシコ政府は、挨拶時の握手やキスは避けるように注意し、食事や飲み物を共有しないように注意をしている。

 新型インフルエンザの発生は、人口2000万人近い、世界でも有数の大都市の住民にパニックを起こしている。
 ある薬局では、日に外科様マスクが300枚も出て在庫がなくなっている。
 「我々は苛立っている。それは通常のインフルエンザではなく、全く別のウイルスによるものだと言われている。我々はワクチンを受けていない」、と34歳の政府機関で働く女性が語っている。彼女は息子を休校になった学校から連れ帰った。
 
 ウイルスはA型インフルエンザでH1N1と呼ばれるが、そのDNAは米国内のブタ、鳥、および人のインフルエンザウイルス遺伝子からのDNAを含んでいるが、他にヨーロッパとアジアのブタインフルエンザウイルスのDNAも含んでいて、全くの新型と言える。

 WHO本部では、米国、カナダ、メキシコ当局と毎日連絡を取り合っていて、戦略的健康危機対策センター(SHOC)の機能を発動したと発表した。

4月24日

Egyptian Woman Dies Of Bird Flu, 3rd Fatality In A Week Post Chronicle エジプト女性鳥インフルで死亡
 4月16日報告の33歳女性が死亡。

Health authorities rush to tackle killer flu in US, Mexico ABC Online (オーストラリア)  WHO、米国とメキシコの殺人的インフルエンザ対策を急ぐ
 WHOは米国とメキシコで発生している少なくとも60人を死亡させていて、パンデミック・インフルエンザの可能性のあるインフルエンザ対策を急いていでいる。
 メキシコで数百人(800人前後と言われる)が感染し、60人が死亡している感染症は、ブタインフルエンザの可能性が高いことをWHOの広報官は発表した。それは米国で7人が感染している。
 WHOは発生しているブタインフルエンザが人のパンデミックインフルエンザに進展する可能性があると判断し、世界流行病対策オペレーション・センターを開設した。一方、メキシコでは、メキシコ市内と国の中央地域の学校が閉鎖された。
 メキシコの保健省大臣のホセ・アンジェル・コルドバ氏は、集団の中に入ることを避け、挨拶のための握手やキスを避けるように警告した。また地下鉄の使用も禁止した。
 「今日の午後、カナダと米国の研究所は、新型インフルエンザウイルスが原因であることを確認した」、とコルドバ氏はテレビジョンで声明を発表した。
 しかし、このメキシコのウイルスが、米国のカリフォルニアで発生しているブタインフルエンザのウイルスと同じものかについては不明である。

Woman dies of bird flu in Vietnam Radio Australia News  (オーストラリア) ベトナムで女性が鳥インフルで死亡
 北部ベトナムでH5N1鳥インフルで23歳女性が死亡した。
 国営ラジオが今年度4人目の死者であると報じた。
 女性はタンホア省に住んでいたが、今月初旬に発病し、死亡していた、検査の結果H5N1ウイルスに感染していたことが確認された。
 女性の住んでいた地域で死亡した鶏が見つかっている。
Woman contracts bird flu in Egypt France24  (フランス)エジプト女性が鳥インフル発病
 本日ロイターが既報の女性。34歳。安定。

豚インフルで60人死亡か=メキシコで800件の疑い例-WHO 時事通信
 世界保健機関(WHO)のスポークスマンは24日の記者会見で、過去数週間にメキシコ国内で豚インフルエンザの人への感染の疑われる症例が800件前後に上り、メキシコ市周辺を中心に60人前後が死亡した疑いがあることを明らかにした。
 WHOによると、メキシコ市周辺で死亡した57人および同国中部で死亡した3人が豚インフルエンザによる感染を疑われているという。
 豚インフルエンザは、米国でもカリフォルニア、テキサス両州で計7人の感染が確認された。
 WHOは、重大な保健上の問題が発生した際に設置される戦略保健対策本部を開設した。ただ、渡航制限などの勧告を検討しているかどうかには言及を避けた。

Swine Flu in US, Mexico Lung Illness Heighten Pandemic Risk Bloomberg  (国際) 米国のブタインフルエンザおよびメキシコの肺感染症はパンデミックの危険性が高いことを示唆
 公衆衛生専門家達は、米国の新型インフルエンザ株とメキシコで130人以上発病している重症呼吸器感染症との関係を調査中であり、パンデミック発生の可能性が高まっている。
 ブタインフルエンザの新型株H1N1は、少なくともカリフォルニアとテキサスで7人を発病させていることを、アトランタのCDCは昨日発表した。
 一方、メキシコの保健省大臣のホセ・コルドバ氏は、本日、市民に公共施設への立ち入りを避けるように警告した。メキシコで発生している20人死亡している感染症がH1N1ウイルスによる可能性があるからだ。
 「少数の発生であるが、新型ブタインフルエンザウイルスの人への感染は、パンデミックを引き起こす可能性のあるウイルスが発生したことを示しているかも知れない」、とヨーロッパCDC(疾病予防管理センター)は、本日声明文を発表した。
 メキシコの患者から分離されたウイルスは、A型H1N1ウイルス、B型ウイルス、さらにパラインフルエンザウイルス等であった。カナダ国立微生物研究所ではH1N1株が米国のブタインフルエンザウイルスと同じであるかどうか分析中とされる。
 メキシコ市で13人が呼吸器感染症で死亡し、サンルイス・ポトシ市では4人死亡、そしてカリフォルニアとの境界にあるバヤ・カリフォルニア・ノルテで2人、さらに南部のオアキサカで1人死亡している、多くは健康な若い成人で25歳から44歳の年齢である。
 症状は高熱、頭痛、眼痛、呼吸困難、そして極度の易労感、そして大体5日以内に重度の呼吸不全に陥る。レスピレーターを必要とする事例は多い。カナダ保健省ではそのように説明している。

 一方、米国のカリフォルニアで見つかっているブタインフルエンザ患者の症状は中等症である。患者の年齢は9歳から54歳にわたっている。1人は入院したが、全員回復している。
 CDCではこのウイルスが人人感染を起こしていると判断している。しかし、どの程度の感染力があるのかは不明だという。
 米国で人に感染している中等度の病原性を示すウイルスの発生が、パンデミックの危険性に即つながるとは考えられないが、ウイルスはある程度の範囲内で人人感染を起こしている可能性が高い。CDCではそのように説明している。

Public heath units warned of mystery illness in Mexico Guelph Mercury  (カナダ) 公衆衛生当局、メキシコで発生している原因不明感染症を警戒
 メキシコから帰国したカナダ人が原因不明の感染症を発病しないか、カナダ国内の保健局、検疫事務所、医療機関は厳重な監視を行うように警告された。
 メキシコで重症呼吸器疾患が発生しだし、死者も発生しているからだ。
 メキシコ当局は発生は流行に至ってはなく、現在拡大を防止する為の対策を講じていると発表している。

 メキシコ当局は、4月17日に状況をカナダの保健省に伝え、調査の支援を求めてきた。
 ウイニペク(Winnipeg)の国立微生物学研究所の専門家達が、感染症の病原体の同定の支援を行っている。
 「我々はメキシコからの報告を知っている。そして調査中である」、とカナダ公衆衛生局の広報官が語っている。
 メキシコの感染症と、最近見つかっているカリフォルニアの人でのブタインフルエンザの関係は分かっていない。

 原因不明の感染症は、南部と中央メキシコで発生しており、主として若い健康な成人が発病している。
 いくつかの報告では医療関係者も発病しているとされる。
 今日まで死亡者を出した重症呼吸器感染症が、二つの集団で発生している。
 1ヶ所は、メキシコ市で、もう1ヶ所はサンルイス・ポトシである。
 メキシコ市では120人発病し、13人が死亡している。一方、中央メキシコのサンルイス・ポトシでは、14人発病して4人が死亡している。
 付け加えるに、南部メキシコのOaxacaで死者が発生し、Baja Californiaでは2人死亡しているという報告もある。
 保健当局によるとインフルエンザ検査で陽性の患者もいて、A型インフルエンザ陽性の場合と、B型インフルエンザ陽性の場合があるとされる。
Unusual Strain of Swine Flu Is Found in People in 2 States New York Times  (米国、ニューヨーク・タイムズ) 2州で新型ブタインフルエンザの感染者が発生
 これまでとは異なる新型のブタインフルエンザが南西部の人々の間で発生しているが、これまでは死者は発生していないと、CDCから23日(日本では今日)発表された。
 CDCはこれまで7人しか感染者を見いだしていないが、現在精力的に調査に入っていることからさらに感染者は見つかると想定している。
 「我々は現在、問題の大きさを把握していない」、とCDCの呼吸器疾患責任者であるアンネ・シュチャット博士が語ったが、 「しかし、我々は重大な事態につながるとは考えていない」と付け加えた。
 5人の感染者はカリフォルニアのインペリアルとサンジエゴ郡に住んでいて、2人はサンアントニオ(テキサス)に住んでいる。年齢は9歳から54歳にわたっている。
 全員はブタとの接触はないが、2グループで人人感染が起きていることを当局は確信している:父親と娘、および16歳の級友2人。
 7人とも感染時期は3月下旬から4月中旬である。1人は入院しているが、全員回復している。
 発病者から分離されたウイルスはA(H1N1)株であるが、従来認めたことがなかった遺伝子の組み合わせであり、北米のブタ、鳥、および人インフルエンザの遺伝子の一部を持っていて、さらにユーラシシアのブタインフルエンザウイルスの遺伝子も加わっている。
 人のインフルエンザウイルスのいくつかの株と同じように、このブタインフルエンザウイルスは、古いタイプの抗インフルエンザ薬であるアマンタジンとリマンタジンに耐性となっている。一方、タミフルとリレンザには耐性ではない。しかしながら、人の今年流行したH1N1株はタミフルに耐性となっているので、この株も、人の体内、またはブタの体内で人のH1N1ウイルスと同時感染することで、タミフルに耐性となる可能性もある。
 ブタインフルエンザウイルスは人には希にしか感染しない。2005年以来十数人の発生しか認めてないが、全ては農場従業者かブタとの接触既往を持つ人々であった。
 1976年に、ニュージャージー州のFort Dixの兵士の間でブタインフルエンザの集団発生が起きた。1人が死亡した。そのためワクチンが急遽作成されて4000万人の米国人に接種された。インフルエンザは流行しなかったが、ワクチン接種者の中から数千人がギランバレー症候群が発生した。その結果CDC長官が辞職に追いやられ、それ以来、CDCはインフルエンザに関して社会的パニックを起こすことに慎重になった。
 CDCのシュチャット博士によると、異常な株が見つかった理由として、CDCは海軍の研究所で新規診断装置でウイルス検査を開始したことと、メキシコ国境周辺で”国境感染症サーベイランス・プロジェクトにより、患者発生監視がこれまで以上に詳細に行われるようになったことを上げている。

 カナダの公衆衛生当局は、メキシコ当局から、メキシコで呼吸器疾患が流行していて、致死率が比較的高く、中にはインフルエンザ検査で陽性になっている患者がいることを今週報告されている。
 米国CDCはメキシコから報告を受けていないことから、すぐに検体を送るように求めている。

Swine flu cases up to 7; officials expand probe  guardian.co.uk (英国) 米国、ブタインフルエンザ7人に増加:当局、感染者の発見を拡大
 23日、CDCはさらに5人の発病者が発見されたことを発表した。
 サンジエゴに住む父親と10代の娘、インペリアル郡に住む41歳女性(唯一の入院患者)、テキサスのサンアトニオ近くのグアダルペ郡に住む16歳の少年2人(友人同士である)。
 テキサスの発生の事例は謎である。サンジエゴの発病者である10歳少年は発病中にテキサスに航空機で旅行しているが、旅行先はダラスであり、そこはサンアンTニオから270マイル北方である。発病した2人の16歳少年は、最近どこにも旅行はしていないという。
 ブタインフルエンザの症状は、発熱を含む季節性インフルエンザと類似の症状であるが、今回の発病者の中には、嘔吐と下痢を呈した人もいる。
 感染者はさらに見つかる可能性がある。
 CDCは現在の状況を流行の発生とは見なしていない。

新型インフルワクチン、米でも事前接種検討 日本経済新聞
 米国務省のロバート・ロフティス大使(鳥・新型インフルエンザ担当特別代表)は23日、都内で記者会見し、新型インフル発生に備えて備蓄しているプレパンデミック(大流行前)ワクチンを、発生前に医療従事者などに事前接種すべきか米国でも検討していることを明らかにした。
 米国は「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスから製造した大流行前ワクチンを2900万人分備蓄。同大使は「今から使って医療従事者に接種すべきか議論しているが、まだ答えは出ていない」と語った。
 米国では1976年に新型インフル大流行への懸念が高まり、ワクチン事前接種に乗り出したが、副作用とみられる症状が出て問題化したことがある。このため世界的にも事前接種には慎重論が根強い。大使は「そうした経緯を忘れてはいない」とする一方で、技術の進んだ現在では副作用の少ないワクチンも開発可能との認識を示した。

CDC confirms 7 cases of swine flu CNN (米国、国際) CDC、7人のブタインフルエンザ発病者を確認

 合計7人の新型のブタインフルエンザ発病者が米国で確認されたと、CDCが発表した。全員、ブタとの接触既往はない。

 5人がカリフォルニアで確認され、2人がテキサスのサンアントニオ近くで確認された。
 CDCは21日、カリフォルニアのサンジエゴで2人の子供がブタインフルエンザA(H1N1)と呼ばれるウイルスに感染していたことを発表したが、ウイルスの遺伝子配列はこれまで確認されたことのないものだった。
 このウイルスに既存のインフレルエンザワクチンが効果を持つかどうかは不明で、現在CDCで調査中である。 

 アトランタのエモリー大学の感染症専門家のJ・スタインバーグ博士によると パンデミックの定義には3つのクライテリアがある。
 ・全ての人間が感受性ある新型ウイルスであること
 ・速やかに人人感染を起こすこと
 ・地理的に広く広がっているいること

 今回の新型ブタインフルエンザウイルスは、現在このクライテリアの1つしか満たしていない。すなわち新型ウイルスであることである。
 一方、鳥インフルエンザウイルスの場合、新型であることと、地理的に広がっていることの2つか満たされている。
 同博士は、パンデミック・インフルエンザは歴史的に見ると、20年前後に1度の割合で発生しているから、現在、いつでも発生してもおかしくはないと言う。しかし、同博士は、それがブタインフルエンザで起きるとは考えにくいと言う。

Swine flu cases up to 7, probe expanding Las Vegas Sun  (米国、ラスベガス) タインフルエンザ患者が7人同定
7 People Diagnosed With Swine Flu in MyFox Atlanta (米国、アトランタ) 7人がブタインフルエンザの診断に
 下記と同内容。
Swine flu cases up to 7, probe expanding San Diego Union Tribune  (米国、サンジエゴ) ブタインフルエンザ患者が7人同定
 カリフォルニア州とテキサス州で、ブタインフルエンザA(H1N1)の発病者が、計7人見つかった。このうち互いに接触のあった発病者は2,3人であり、全員ブタには接触した既往はなく、感染源は不明である。さらに発病者の発見に米国CDCでは懸命の調査を続けている。

Egyptian woman contracts bird flu as cases mount Reuters AlertNet  (国際) エジプト女性、鳥インフルを発病
 エジプト女性が、発病した家きんに接触し、高病原性鳥インフルに感染したと、国営通信のMENAが23日報道した。同国で68例目の発病者となった。
 この4月だけで8人目の発病者となり、今年に入ってから17人目である。このうち死者は2人となっている。
 MENAによると女性はナイルデルタ地域のタンタに住んでいて21日に高熱で発病し、同日に入院しタミフルによる治療を開始した。状態は安定している。
4月23日

The California swine flu cases  Agoravox - (国際) カリフォルニアで発生したブタインフルエンザの脅威
 緊急事態の発生ではないが、通常のことではない。
 過去に米国で発生した人でのブタインフルエンザ:
  ブタインフルエンザの人人感染は通常では起きないが、前例はある。最も有名な事例は1976年に、ニュージャージーのFort Dixの軍隊基地で新兵の間で発生したものである。当初4人が発病し、1人が死亡した。人人感染が確認された。1ヶ月後に流行は終息したが、現在、その株はA/New Jersey/76(Hsw1N1)と呼ばれているが、どこから感染してきたのか明らかにはなっていない。1988年には、妊婦が死亡した。後にそれがブタインフルエンザによるものあることが判明したが、女性は発病4日前に郡のブタ展示会に出かけていた。出品者の76%がウイルスに対する血中抗体が産生され、患者と接触した数人の医療関係者が中等度のインフルエンザ様症状を呈した。これらの医療関係者は回復した後、やはり血中に抗体が産生された。

Egypt's 25th bird flu death  Straits Times (シンガポール) エジプトで25人目の鳥インフル死者発生
 エジプト保健省の当局者が、カイロ北方近郊に住んでいた25歳女性が鳥インフルで死亡し、同国で25人目の死者になったことを発表した。
 女性は4月上旬に致死的H5N1鳥インフルの症状で入院した。
 女性は貧しいアルムルグの住民で、タミフルによる治療を受けていたが、重体であって、22日に死亡した。
 保健省によると女性は死亡した家きんを手にして感染したという。

Egyptian woman dies of bird flu - MENA Reuters AlertNet  (英国) エジプト女性、鳥インフルで死亡 - MENA 
 カイロに住んでいた25歳女性が鳥インフルで死亡した。呼吸不全とされる。18日に報告された女性で、当初より重体とされていた。同国25人目の死者となった。
4月22日



国内の動きから
 京都府亀岡市内の事業所などでつくる「亀岡自衛消防隊連絡協議会」(松田行彦会長)の総会が21日、同市荒塚町の亀岡消防署で開かれ、府中丹西保健所(福知山市)の廣畑弘所長が企業での新型インフルエンザ対策について講演した。市内の事業所などから参加した37人が、感染拡大を防ぐ態勢づくりなどについて学んだ。
 廣畑所長は冒頭、新型インフルエンザが流行した際、最大で約2500万人が感染し、64万人が亡くなるとする国の想定を紹介。「感染や家族の看病などで、社員の多くが欠勤する事態も想定される」と述べた。 その上で「大流行の際には、不要不急の業務はできる限り休止すべき」として、新型インフルエンザに対応した危機管理計画の構築▽社員らへの定期的な訓練・教育の実施-などを呼び掛けた。

*非常に古典的講演会だ(管理人)。

報道
新型インフル対策学ぶ 京都新聞


New Strain of Swine Flu Investigated Washington Post  (米国、ワシントンポスト) 新型ブタインフルエンザウイルスが調査中
 先月末にサンジエゴ周辺で新規ブタインフルエンザが2人に感染した異常な事例を、公衆衛生当局で調査中である。
 これら2例はほぼ同時に小児で発生したが、両例ともブタとの接触もなく、またお互いに出会ったこともなく、パンデミック・インフルエンザが発生した兆候がある可能性が危惧されている。
 アトランタのCDCで50人以上の科学者と疫学専門家が株を分析中で、南部カリフォルニアでは数十人の公衆衛生研究者達が発病した小児と接触した人々の中から、さらなる発病者がいないか調査中である。
 「これがパンデミックの始まりである可能性は低いと考えているが、我々は全ての可能性を除外すべく慎重に調査している」、とCDCのインフルエンザ部局の疫学専門家であるリン・フィネリ氏が語っている。
 10歳のサンジエゴ郡の少年もインペリアル郡の9歳少女も、症状は重くはなかた。病院でインフルエンザ検査のために咽頭拭い液を採取したが、株が同定出来なかったため、CDCへ検体が送られた。

ウイルスの遺伝子分析では、遺伝子の再集合という希な現象が起きていたようだ。すなわち2種類のウイルスが同一細胞に感染し、両ウイルスの遺伝子組み換えが起きた。8本の遺伝子鎖のうち6本が北米で感染を繰り返しているブタインフルエンザの遺伝子で、2本がユーラシア大陸のウイルス由来であった。

Human swine flu cases with unique strain raise concern CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症センター) 新規ブタインフルエンザ発病事例が懸念
 カリフォルニアで、ブタに接触既往がない小児2人が、新型ブタインフルエンザウイルスに感染し、発病したことが米国CDCから本日発表され、ウイルスが人人感染を起こした可能性が懸念されている。

 1人はサンジアゴ郡の10歳少年で、もう1人は隣接するインペリアル郡の9歳少女である。しかし両者は全く無関係であることが、本日発行されたCDCの報告レポートである”MMWR Dispatch”で伝えられている。
 「両者から分離されたウイルス遺伝子は極めて類似しており、古い抗インフルエンザ薬のアマンアジンやリマンタジンに耐性で、これまでブタや人で見つかったことがない、特異的遺伝子が含まれている」と、CDC報告では伝えている。

 2発病者共、ブタに接触した既往がないことから、他の感染者からウイルス感染を受けた可能性が高く、CDCでは医師に、カリフォルニアの上記2郡に最近いた人々、またはブタに接触したい人々の”ブタインフルエンザ”発病について注意を喚起している。

 CDCは2005年12月から2009年1月まで12人のブタインフルエンザ発病者の報告を受けているという。それまでは1,2年に1人の発病者であったことから考えると、ブタインフルエンザ発病者が増加してきている。これらの例で人人感染が起きはしなかったが、全例とも十分に調査される必要があると、CDCでは言っている。

3月に発病

 10歳少年は3月30日に発熱、咳、および嘔吐を呈した。少年は近くの医療機関を受診し、対症的治療を受け、約1週間で治癒した。少年は今季インフルエンザワクチンの接種は受けていなかった。本人と家族の話では、ブタとの接触は一切なかったという。
 医療機関における初期の検査では、A型インフルエンザが示唆されたが、H1N1、H3N2、およびH5N1ウイルスはさらなる詳細検査で陰性だった。サンプルは4月14日にCDCに送られ、ウイルスがブタインフルエンザA/H1N1であることが確認された。
 少年の母親は4月初旬に無熱ではあったが、呼吸器症状を呈したとされ、8歳の弟は4月14日に発熱と咳を呈したが、ウイルス検査は受けていない。

 他の事例は、4月17日にCDCにサンジアゴの海軍健康研究センターから同定不可能A型インフルエンザウイルスとして送られてきた。CDCでは1例目と同じように、ブタインフルエンザウイルスA/H1N1であることを同日確認した。
 この検体の事例である9歳少女は、発熱と咳で3月28日発病したと報告書は伝えている。少女は医療機関の外来で抗生物質と抗ヒスタミン剤で治療を受け、偶発的に改善したとされる。
 報告書によると、少女は発病4週間前にブタ展示会(フェア)に出かけたが、ブタは見なかったという。そのほかブタと接触する機会もなかったとされる。
 少女の従姉の13歳少女(同居している)も、少女が発病する3日前にインフルエンザ様症状を呈していたとされる。さらに13歳兄も4月1日に同様にインフルエンザ様症状を呈していたと、CDCの報告書では伝えている。しかし両者ともウイルス検査は受けていない。
 これまで2人の発病小児の間には何等接点はなく、この新規ウイルスによる発病者の報告もないと、報告書では伝えている。
 現在、郡とCDCが接触者等の調査を行っている。

 新遺伝子配列を確認

 2人の患者から分離されたウイルスは互いに類似している。そしてヘマグルチニン遺伝子を含めて、遺伝子の大多数は1999年以来米国内で感染を起こしているブタインフルエンザウイルスの遺伝子と類似している。
 しかし、ニューラミニダーゼ(NA)と器質蛋白(M)は、ユーラシア・ブタインフルエンザウイルスの遺伝子に類似している。

 「この遺伝子配列は、これまでブタや人から分離された(ブタ)ウイルスでは認められたことはなかった」、と報告書では伝えている。

 これら分離ウイルスがニューラミニダーゼ阻害薬(タミフルやリレンザ)に感受性があるか分析中とされる。

 CDCは、以下の条件に該当する人々がインフルエンザ様症状を呈した場合、季節性インフルエンザだけでなく、動物由来インフルエンザも考慮すべきと、医師達に注意を促している。
 インフルエンザ様症状を呈した人で:
  ・サンジエゴまたはインペリアル郡に住んでいたか、訪ねた人
  ・1週間以内に両郡で発病した患者に接触した人

 印刷用ファイル

Egyptian boy dies of bird flu: report
 Reuters  (国際) エジプトの少年、鳥インフルで死亡:さらに4歳少年が発病
 エジプトで6歳小年がH5N1鳥インフルで死亡し、同国で24人目の死者となったことを国営通信のMENAが22日伝えた。
 カリュウビア県に住んでいた6歳のアリモハメド・アリソマ君が呼吸不全で死亡したと保健省の報道官が発表したことをMENAが伝えた。
 報道官はまた、ソハグ県の4歳少年が発病し、入院したことも発表した。
Egyptian child dies of bird flu AFP (国際) エジプトの小児、鳥インフルで死亡
 エジプトの少年が鳥インフルで死亡し、同国で2006年に鳥インフルが発生して以来24人目の死者となった。21日保健省から発表された。
 6歳の少年はカイロの郊外に住んでいたが、呼吸不全で死亡したと国営通信のMENAが保健省談話として報道した。少年は先月から入院していた。
 鳥インフルでの死亡は今年初めてであるが、この1週間で4人の感染者が発生していることが保健省から報告されている。
 最近発生した事例は、南部のソハグ県の4歳少年であることが、21日保健省が発表した。
 20日、保健省は18ヶ月女児が鳥インフルに感染したことを発表した。また先週2人の女性が発病して重体であることを発表している。

 エジプトではこの2ヶ月間、鳥インフル感染者が増えている。WHOは3月に、多くの発病者が幼児である原因を調査するようにエジプト政府に求めた。

4月6日に報道された6歳少年の事例

Egyptian child contracts bird flu Reuters (国際)  エジプトで小児が鳥インフルに感染
 エジプトの6歳少年が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した。この一ヶ月間で6人目の感染者となった。国営通信のMENAが5日報道した。
 ナイルデルタのクアリュビア県に住んでいた。同国で通算63人目のH5N1鳥インフルエンザ感染者となった。
 保健省の報道官によると、少年は2週間前に発病し、病院には1週間経ってから入院した。
 現在、タミフルによる治療を受けているが、重体で、レスピレーター(人工呼吸器)に接続されているという。
 3日には21ヶ月の男児が発病している。 
6-year-old Egyptian boy contracts bird flu Xinhua (中国、新華社) 6歳のエジプト少年が鳥インフルの感染
 6歳のエジプトの少年が鳥インフルに感染し、同国の致死的鳥インフルエンザの感染者数が63人となったことが、エジプト保健省から5日に発表された。
 国営通信のMENAによると、少年は北部のクアリュビア県(カイロの北方40キロ)に住んでいた。
 少年は3月28日に入院したが現在重体であるとMENAの報道では伝えている。
4月21日


Version four of London Flu Pandemic Response Plan published Continuity Central (press release)  (英国) ロンドン・パンデミックインフルエンザ行動計画第四版が発行
 2008年初頭に内閣府から出された行動計画に従った、ロンドン市の行動計画第四版。
 下記からダウンロード出来る。
Download the London Regional Resilience Flu Pandemic Response Plan (PDF)

Rehearsal of flu pandemic set to begin Scotsman (スコットランド) パンデミック・インフルエンザ対策模擬訓練の準備完了
 来週からパンデミック・インフルエンザに対するスコットランドの模擬訓練が、4週間に亘って開始される。

 保健医療関係者、救急隊、そして他の”高重度(severe)”のパンデミック発生に際して関係する組織が動員され、緊急対策の訓練を行う。コードネームは、”Cauld Craw”と呼ばれる。
 司法長官のケニー・マッカスキル氏は、「パンデミック・インフルエンザが発生するリスクに変化はないが、パンデミックの発生はスコットランドにとって重大な危機の一つと考えられている」、と語っている。
 ”Cauld Craw”訓練は、現在、どの程度対策が準備されているか、そして将来に備えて、如何に強化すべきポイントを検討するためのものである。
Avian Flu Cases in Egypt Raise Alarms New York Times  (ニューヨーク・タイムズ) エジプトにおける鳥インフルエンザ発生状況は警鐘を鳴らしている

印刷用ファイル
 ほとんど全ての発病者が幼児で、しかも全て生存しているという、エジプトのこれまでとは異なった人での鳥インフルエンザ発生パターンは、いくつかの鳥インインフルエンザを追跡しているウエブサイトで、多くの無症状感染者が発生している可能性が指摘される結果となっている。

 このエジプトの状況は、警戒されるべき変化とも考えられるが、WHO関係者や他の専門家達は、このような恐れは多少強調されすぎているとも語っている。

 数千人のエジプト人がこのインフルエンザ・シーズンに子供達を病院へ運んだが、いまだ無症状鳥インフルエンザ感染者の発生や、H5N1ウイルス変異の明確な証拠はない。
 「今、エジプトの状況は注目される。自分はそれが(無症状感染の発生)起きて欲しくはないと切に願っている。なぜなら、それが本当なら、ウイルスが人に適合してきていることを意味するからだ。しかし、それを示唆するデータは何も出されていない」
 聖ユダ小児研究病院の世界的インフルエンザ専門家であるロバート・G・ウエブスター博士は、そのように語っている。

 ”鳥インフルエンザ”という言葉は、世界の報道のヘッドラインから消えた。理由はそれがパンデミックを引き起こさなかったからだ。しかし、この感染症はいまだ、エジプト、インドネシア、中国、ベトナム、そしてインドとバングラデシュの国境地帯の家きんで発生し続けている。ウイルスはすでに変異により10系統以上に分かれ、時々人へも感染している。
 
 4月8日、ロイターのカイロからの論説で、WHO顧問の専門家が、WHOは”エジプトで何かが起きている”ことを恐れていると語ったことを引用した。そしてWHOは、この夏に無症状感染者が発生している可能性を確かめるために、エジプト政府に協力して、健康人の血液を調べて抗体の有無を検討する計画を立てていると伝えた。
 インフルエンザに対する抗体を保有している場合、それは無症状感染があったことを意味する。
 しかしWHOの広報官は個人的意見として、WHOはエジプト政府が長期的計画を実行することを支援するだけで、論説は、飛躍している、と語っている。

 鳥インフルエンザを追跡しているエジプト内のウエブサイトでは、メディアからの報告として、多くの鳥インフルエンザ発病疑い者が入院していると報じている。しかし掲載内容を見ると、中には季節性インフルエンザと混同している例、さらには家きんでの発病を人での発病と誤解している例すらある。

 エジプト保健省は、カイロの米国海軍研究所と連携してウイルスの確認を行っているが、今年度15人の患者を確認している。死亡者は出ていない。そしてほとんどは幼児である。
 エジプトで活動を行っているWHOの医療官であるニッキ・シンドウ医師は、幼児に多い発病と生存者が増えている事実は間違いはないと語っている。
 政府は、市民に病的になった家きんと接触しないように警告し、そして地方の医師に早急なタミフルの投与と、迅速なる国立病院への転医を伝えている。病院は無料である。
 エジプトでは鶏はペットおよび食用として家庭で飼育され、死亡した家きんに幼児は触れるが、家きん飼育者は、まず触れることはない。
 
 シンドウ医師によると、エジプトの状況はインドネシアと対照的で、後者は発病者は民間医療や、タミフルのない地方の医療機関を最初に受診している。(だから発見と治療が遅れる)。
 ミシガン大学公衆衛生教室のインフルエンザ専門家である、アーノルド・S・モント博士は、エジプトでも教育に携わっているが、エジプトの場合、地理的条件が早期発見と治療に関係しているという。全ての発病者はナイル河地帯に住み、カイロへは容易に移動出来る。しかし、数千の島からなるインドネシアの場合、移動は容易ではない。
 また同博士は、エジプト政府は、2006年から発生している家きんにおける鳥インフル対策が遅れていると、野党に批判されて以来、対策が強化されていることを、エジプトにおける状況の変化の理由として上げている。

 インフルエンザウイルスの変異を追っている生化学者のヘンリー・L・ナイマン博士は、エジプトでは毒性の低いH5N1ウイルスが他地域よりも多いという。理由として鼻腔粘液でのウイルス検査は不正確なことから、エジプトでは十分把握されていない可能性が高いという。同博士によると、エジプトのケナで2007年に軽症の患者が発生していた。その際同博士は、周辺における検査の拡大と、発病家きんと人からのウイルス遺伝子情報の公開を求めたという。

 米国CDCのインフルエンザ専門家であるチム・ウエキ博士は、いくつかの国で小児における軽症例はあると語る。さらに同博士は、インドネシア、タイ、カンボジア、、そしてナイジェリアでも、エジプトと同じように無症状感染者が発生している可能性を考えて、殺作業者、家きん飼育者、そして発病者の近縁者等の血液が調べられている、と説明する。
 「対象者は無症状感染を起こす可能性の高い人々であるが、結果は抗体は全く認めないか、または認めても極めて少数である」、と語っている。
 これらの事実は、無症状感染は通常では起きえないことを意味している。


4月20日


Egyptian girl contracts bird flu: State news Canada.com  (カナダ) エジプトの女児、鳥インフルを発病
 18ヶ月女児が発病した事例。

The World Health Organisation said this month it was concerned some Egyptians may carry the bird flu virus without showing symptoms and this could give the virus more of a chance to mutate to a strain that spreads easily among humans.

Baby girl confirmed with bird flu in Egypt RIA Novosti (ロシア) エジプトの女児、鳥インフルに感染


RIA Novosti
 エジプトの18ヶ月の女児がH5N1鳥インフルに感染したことが確認されたと、同国保健省が発表した。
 カフェルシェイク県に住むj女児は19日にウイルス感染が確認された。
 現在、病院で治療中であるが、状態は安定しているという。

*新華社では重体と伝えているが、この写真を見る限り重体ではない。

Egyptian toddler hit by bird flu Xinhua  (中国) エジプトの幼児、鳥インフルを発症
 エジプト保健省は19日1歳半の女児が鳥インフルウイルスに感染し、同国で66人目の発病者となったことを発表した。
 女児はカイロの北、カフレルシェイク県に住んでいて、現在タミフルによる治療を行っているが、重体であると保健省は電話取材で答えている。
 つい先の17日には25歳女性がカイロの北で発病している。
Egyptian girl contracts bird flu - state news Canada.com  (カナダ) エジプトの女児、鳥インフルに感染-国営通信が報道
 下記ロイター記事
Egyptian girl contracts bird flu - state news Reuters AlertNet (国際) エジプトの女児、鳥インフルに感染-国営通信が報道
 エジプトで、高病原性インフルエンザを発症した家きんに接触した1歳半の女児が感染したことが、19日国営通信から報道された。当事例でエジプトの鳥インフル発病者数は66例となった。
 エジプトではこの数ヶ月感染者が増えており、今年度に入ってから15例確認されており、昨年の同時期の7例に比較して倍増している。
 少女は北部のカフレルシェイク県に住んでいたが、現在抗インフルエンザ薬で治療されていると国営通信は、保健省の談話を伝えている。
4月19日


国内の動きから
 インフルエンザ治療薬タミフルを服薬した10歳以上の子どもは、服薬しなかった子どもに比べ、飛び降りなどの深刻な異常行動をとるリスクが1・54倍高いという分析結果が18日、厚生労働省研究班(班長=広田良夫・大阪市大教授)の最終報告書で明らかになった。
 「タミフルとの因果関係は否定できず、深刻な異常行動に絞った新たな研究を実施すべきだ」と指摘しており、現在は原則中止している10歳代への使用再開は難しくなってきた。
 最終報告書は近く、厚労省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会に報告される。別の検証作業では、「関連は見つからなかった」とする結論が出されており、同調査会では10歳代への使用をいつ再開するかが最大の焦点だった。
 研究は、2006年度からインフルエンザと診断された18歳未満の患者約1万人を集め、解析した。このうち、急に走り出すなどして死亡やけがに結びついた深刻な異常行動に限定して調べたところ、服薬した場合、リスクが1・25倍高くなった。特に注意喚起の対象となっている10歳以上の場合、リスクは1・54倍になった。
 一方、うわごとを言うなど軽症のものも含めた異常行動を起こす全体のリスクは、飲まなかった場合に比べて0・62倍と低かった。

報道
タミフルと異常行動「因果関係否定できぬ」…厚労省研究班 読売新聞

China confirms bird flu outbreak in Lhasa China Daily (中国) チベット自治区省都ラサで鳥インフル発生を確認
 中国農業省は19日、南西部チベット自治区のラサで新規鳥インフルが発生したことを発表した。
 国立鳥インフル研究所が、4月12日にラサのチェングアン地区の家きん卸市場で売られていた家きんから致死的H5N1ウイルスを検出した。
 緊急対策がとられて、現在は発生拡大は抑えられている。1679羽の家きんが殺処分された。
 地域の保健局によると、人での発病は認められていないという。

Champaign Health District is seeking emergency volunteers Springfield News Sun  (米国) シャンペイン保健局、パンデミック時のボランティアを募集
 パンデミック発生48時間以内にワクチン接種、抗インフルエンザ薬の配布が保健局としての責務でもっとも重大であるが、保健局のスタッフ数では不可能な業務である。
 パンデミック時のボランティアを保健局では募集している。
 医学、保健専門家、通訳、事務的業務、法的助言者等。

Many Health Care Facilities Not Prepared to Protect Healthcare ... Docuticker  (米国) 多くの保健医療施設は、パンデミック・インフルエンザに対するスタッフの予防対策が検討されていない
 米国内の主要な6労働組合とアメリカ労働総同盟・産業別組合会議(AFL-CIO)が、パンデミック・インフルエンザに際し、スタッフの感染予防対策がどの程度検討されているか2008年度に調査を行い、その結果が発表された。
 104を超える保健医療施設に対して、”パンデミック・インフルエンザ対策”調査が行われスタッフの安全性と健康対策レベルが調査された。
 全体的に保健医療施設におけるパンデミック・インフルエンザ対策は幾分進展してはいるが、三分の一以上の施設では、行動計画が作成されていなかった。さらに三分の一以上の施設では、スタッフの感染予防対策に関してはほとんど考えられていなかった。
 回答した施設の43%では、施設における準備不足から、もしパンデミックが発生し場合、スタッフの多くが家庭に留まるだろうと答えていた。

Pakistan declared free from bird flu The News International (パキスタン) パキスタン、鳥インフル清浄国として宣言
 WHOがパキスタンで鳥インフル発生がないことを宣言した。

 *バングラデシュ、インド、ネパールで若干の発生はあるようだが、パキスタンで鳥インフル発生がないということは、南アジア全体でH5N1ウイルスが不活発となってきていることが示唆される。

4月18日

Egyptian woman contracts bird flu virus - agency  Reuters (国際) エジプト女性、鳥インフルを発病
 25歳エジプト女性が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した。発病した家きんに接触し、感染が増え続けているエジプトの最新の感染者となったことを、17日、国営通信が報道した。
 当事例でエジプトの発病者数は65人となった。アジア以外では最大の人数である。
 女性はカイロの郊外のエルマルグに住んでいたが重体で、人工呼吸器につながっている。4月11日に発熱した。現在、抗インフルエンザ薬のタミフルで加療されている。
 
 エジプトはこの数ヶ月、発病者数が増えており、今年度14人のH5N1ウイルス感染が確認されている。昨年の同時期には7人であった。またほとんどの発病者は幼児であり、昨年と患者内容が異なっている。
 WHOは今月、エジプトの中に無症状感染者が発生している可能性を危惧し、エジプト政府と共に調査すると発表した。そうした感染者が出てくると、ウイルス変異の可能性が高まり、パンデミックにつながる危険性があるからだ。

Bangladesh slaughters 2300 birds over avian flu    AFP  (国際) バングラデシュで鳥インフル発生のために2300羽が殺処分 
 今週、バングラデシュで2300羽の鶏が、新規鳥インフル発生のために殺処分されたことが当局者から発表された。
 首都ダッカの郊外の農家でH5N1ウイルスが検出されたことによる。
 当局者は、ウイルスはほぼ駆除されたと語っている。
 「本年は発生率は大幅に減少している。昨年は鶏165万羽を処分したが、今年はこれまで2万羽に過ぎない」
 バングラデシュの家きん産業は世界でも有数で、年間、鶏を2億2千万羽、アヒルを3千7百万羽産生している。
4月17日


国内の動きから
 新型インフルエンザ流行の際、発症者の搬送で市民の“命綱役”となる救急隊員。静岡市は県内の自治体でいち早く、救急隊員自身を病原菌から守るゴーグルやマスクなどの感染防護資器材の配備を終えた。
 「今は鳥インフルエンザで鳥から人への感染が確認されている段階だが、いつ静岡で発生するか分からない」。市消防防災局救急課統括主幹の辻泰・消防司令は危機感を募らせる。
 市保健所によると、流行時の患者数は約10万人。うち約2500人が入院、死亡者は約650人に上ると想定されている。
 今回、配備が完了した資器材は感染防護衣1万2200着▽高機能マスク1万2200枚▽ゴーグル324個▽手袋2万3000組▽患者用マスク5000枚-。昨年度の補正予算で計上した約1200万円に消防庁からの配布分を加え、市内に待機する16隊126人の救急隊員が8週間活動できる数量を調達できた。
 国内外で人から人への感染が確認された時点で、市内の6本署1分室16出張所に速やかに資器材が分配されることになっている。
 「新型インフルエンザ対策には、過去に流行した新型肺炎(SARS)対策が応用可能。救急搬送で技術面の問題はない」と辻消防司令。「今後の課題は医療機関や保健所といかにして連携を深めるかだ」という。
 県内の別の自治体や他機関も着々と整備を進めている。浜松市は「今年度中に計画をまとめ、整備を終えたい」と話している。県も昨年度に約70万円の予算をかけ、熱海市や富士市など県内の7保健所に防護服500着を配備した。今年度も約200万円分の防護服を追加配備する方針という。

 山形県内の今冬のインフルエンザ患者数が過去10年間で最多となったことが、県衛生研究所の調べで分かった。県内は、最初のピークを越えいったん収まった後に再び盛り返す「2ピーク型」の傾向があり、今冬は、前半にA型、後半にB型が流行。Aソ連型では特効薬のタミフルが効かないタイプも県内で初めて確認され、保健機関は危機感を強めている。また、過去には初夏以降に流行したケースもあることから、同研究所は「風邪や胃腸炎の予防の意味でも、手洗い、うがいを励行してほしい」と警戒を続けている。
 同衛生研究所によると、今冬、調査対象の48医療機関にかかった患者の累計は4月12日までで1万8062人。過去10年で最高だった04~05年時期の1万7738人を上回り、過去5年間の平均値の約2倍となった。1月下旬にA型が流行し、2月中旬にはいったん収まったが、2月末からB型が急増。ピーク時の3月第2週は約2200人に達するなど、人口当たりの週間報告数で5週連続で全国1位となり、4月初めにようやく終息傾向となった。


報道
新型インフルエンザ対策 静岡市が防護服など配備  MSN産経ニュース
インフルエンザ患者最多 読売新聞

 特記すべき海外情報はなし。
6:07:56

4月16日


国内の動きから
 佐賀県は初めて取り組んだ「インフルエンザ半減キャンペーン」の結果をまとめた。全国的な流行に伴い、県内の患者数は昨季より増えたが、増加率は全国平均の2・13倍に対して県内は1・48倍にとどまった。県は「一定の効果があった」として、今後も継続する。
 キャンペーンは昨年11月から今年2月まで行った。マスクの着用や手洗いの励行、早めの予防接種など7項目の行動宣言を作成。県職員の目標として罹患(りかん)率6%(2007年度推計)から3%への半減、予防接種率30%(同)から60%への倍増を掲げ、企業などに運動推進を呼び掛けてきた。
 まとめによると、県職員の罹患率は2・9%に減り、予防接種率は46%に増加した。200事業所が賛同し、従業員に行動宣言の周知を図った。
 ピーク時の患者数は、定点観測している県内39医療機関の平均で40・54人。昨季より48%増えたが、全国平均の113%増に比べると抑制された。学級・学年閉鎖は55校で、昨季の9校から大幅に増加したが、県健康増進課は「感染拡大を防ぐ意識が高まり、早めに対応されたため」と分析している。
 今年は10月からキャンペーンを展開し、学校現場に重点を置く方針。同課は「初の取り組みだったが、一定の効果はあった。新型インフルエンザ発生にも備え、予防の習慣化を進めたい」と話す。

 日本医師会は4月15日、定例の記者会見を開き、パンデミックが危惧(きぐ)されている新型インフルエンザの流行時に日医が取る対応などを示した行動計画を公表した。
それによると、国内外で新型インフルの感染が確認された場合、感染状況などによって設置される「新型インフルエンザ対策本部」をはじめ、「対策本部事務局」と「庶務班」「感染症危機管理対策室班」「会館・備品管理班」「職員管理・衛生班」「広報・情報班」の5班が非常体制を組む。
 新型インフルの発生段階別の対応については、海外で発生後、2-4週間で日本に到達し、流行は8週間程度続くとの想定の下で策定した。
 海外で新型インフルが発生し、他国に感染が拡大するなどの第一段階では、対策本部はWHO(世界保健機関)や政府が渡航自粛を勧告した国・地域への役職員の出張の自粛・中止を決定。職員管理・衛生班は役職員の外出を可能な限り自粛するよう通知するとともに、在宅勤務体制や時差出勤などの導入を検討する。一方、日医内の各課の業務については原則、通常業務を継続する。
 国内で新型インフルが発生する第二段階では、役職員への感染を防止するため、対策本部が委員会・講習会などの延期・中止や、原則として役職員以外の日本医師会館への来館禁止を決定。会館・備品管理班は、役職員にマスクを配布するとともに、日医会館の入り口で役職員や訪問者への非接触型検温計での検温を実施する。
 大都市で二次感染者が発生、役職員や家族が感染し、社会的な混乱状態となった後、沈静化するまでの第三段階では、日医内の各課が日医会館内での通常業務を停止。対策本部は、海外や国内の出張禁止の継続とともに、日本医師会館の閉鎖を検討する。
 患者の発生が減少し、低い水準でとどまる第四段階では、各課は状況によって業務を適宜回復。対策本部では、各対策の解除などについて検討・決定する。


報道
「一定の効果あり」インフルエンザ半減キャンペーン 佐賀新聞
新型インフル流行時の行動計画を公表―日医  キャリアブレイン



Egyptian woman hospitalized with bird flu RIA Novosti (ロシア) エジプト女性、鳥インフルで入院

 33歳のエジプト女性が鳥インフルに感染して入院したことが保健省から16日発表になった。
 発病した家きんに接触し、4月7日に最初の症状を呈した。
 保健省によると女性の状態は重体とされる。

Egyptian woman contracts bird flu, national tally tops 64 UAE Daily News  (アラブ首長国連邦) エジプト女性が鳥インフルに感染、同国で64人目の発病者に
 33歳女性が致死的鳥インフルエンザウイルスに感染したことをエジプト保健省が15日発表した。
 患者は、カイロの北のカフレルシェイク県の病院に入院し、高熱と急性の呼吸器障害を呈している。人工呼吸器につながれ重体であると、保健省の広報官は説明している。
 女性は鳥インフルに感染した家きんに接触したと言われる。
Egyptian woman contracts bird flu - agency Reuters (国際) エジプト女性鳥インフルに感染-保健省発表
 33歳エジプト女性が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した。今月4例目である。保健省が国営通信のMENAを通じて発表した。
 MENAによると、女性はカフレルシェイク県に住んでいた。同女性の発病でエジプトにおけるH5N1鳥インフル発病者は64人となり、アジア以外の地域では最も多い数となった。
 保健省の広報官によると、女性は死亡した家きんに接触した後、4月7日に発病した。

 今月に入って、WHOはエジプトでは無症状感染者が出ている可能性があり、それにより容易にウイルスが変異しやすくなる危険性を懸念している。

Woman In Egypt Critically Ill With Bird Flu Wall Street Journal  (米国) エジプトで女性が鳥インフル発病、重体
 AFP

 エジプトで33歳女性が鳥インフルを発病し、同国で64人目の発病者となったことが15日、保健省から発表された。
 女性は北部のカフレルシェイク県に住んでいたが、現在重体で人工呼吸器につながっている。保健省発表として国営通信のMENAが伝えた。
 女性は鳥インフルに感染していたと思われる死亡した家きんに接触した後、1週間以上経った後発病したと保健省では説明している。

 エジプトではこの一ヶ月間、鳥インフル発病者が増えている。WHOは、なぜ同国で幼児が多く発病しているのか調査するように先月同国に求めた。
 エジプトでは23人死亡しているが、ほとんどは若い女性か主婦で、理由は田舎の家庭で家きんの世話を彼女たちが行っていることが上げられている。
4月15日


国内の動きから
 県健康増進課は13日、小中学校各1校でインフルエンザとみられる集団感染があり、14~15日に学級閉鎖される、と発表した。4月に入り、夏日も記録する陽気だが、「低下傾向にはあるが、発生件数は例年と比較してまだ高い」として、引き続き、うがいや手洗いなど予防の励行を呼び掛けている。同課によると、今季の集団発生は13日午後3時現在で86件。昨年同期比62件増と、流行した。
 学級閉鎖は、薩摩川内市立隈之城小(713人)の2年1学級と、湧水町立吉松中(98人)の2年1学級。

 災害・危機管理に関する情報提供やコンサルティングを手がけるレスキューナウは2009年4月14日、新型インフルエンザ対策の支援サービスを発表した。中村綜合法律事務所、医学コンサルティングなどを担う日本ヴィクシー・コーポレーションと組み、6月10日から開始する。法律、医学、危機管理の専門企業が共同で支援するのが特徴だ。
 支援サービスは4日間にわたるワークショップと、危機管理手順書・BCP(事業継続計画)の机上演習で構成する。ワークショップは定員20人の集合研修形式で、場所は東京都内を予定。第1~4回のテーマはそれぞれ、感染予防教育、危機管理手順書設計、事業継続計画設計、法的問題の解決――である。必要な“回”だけを受講することも可能だ。
 各回とも時間は半日。価格は1回への参加が3万1500円(税込み)。同じ企業から2人以上が参加する場合、2人目以降は2万9925円(同)である。レスキューナウ 企画開発部の陶山俊輔部長は、「企業単位で新型インフルエンザに関する研修を行おうとすると相当な費用がかかる。まずは集合研修で“すべきこと”を把握してほしい」と語る。
 机上演習は、受講者が自社の危機管理手順書やBCPを持ち寄り、シミュレーションによって内容を検証する。具体的には、新型インフルエンザの海外発生時、国内発生早期、感染拡大期などで、有効に機能するかを確認する。最大で6社が合同で机上演習を受け、価格は1社当たり6万3000円。1社当たり3~4人の参加を想定している。
 6月10日に始める第一期の募集は、発表と同時にレスキューナウのWebページで始めた。

 中村綜合法律事務所、日本ヴィクシー・コーポレーション、レスキューナウ
法人向け新型インフルエンザ対策策定サービスをワークショップ型式で提供開始
~危機管理手順から法務・医学等専門分野まで網羅したコースを用意~

 新学期が始まって1週間ほどの室蘭市内の小学校で、インフルエンザが例年にない流行を見せている。13、14日から小学校5校の計9学級が閉鎖の措置が取られるという過去5年間の4月で最悪の状況だ。
 室蘭市教委によると、学校全体のり患者児童は5校を合わせ約260人、欠席者は約100人に上っている。閉鎖対象学級に限っても、り患82人、欠席46人で、平成15年度からの4月で最も多かった18年度(り患76人、欠席35人)を上回っている。
 喜門岱(3学級)が学校閉鎖、武揚小3年(1学級)と地球岬小3年(1学級)、5年(2学級)が学年閉鎖する。
 児童数が多い海陽小は全体で101人がり患(欠席32人)し、4年3組が学級閉鎖、八丁平小も82人がり患(欠席26人)し、新1年生の1年1組が学級閉鎖する。いずれも39―40度の発熱が特徴。期間は13日午後から15、16日まで。
 市教委では、うがいと手洗いの励行や外出時のマスク着用など予防策の徹底を促している。


報道
インフルエンザ:小中2校で学級閉鎖 /鹿児島 毎日新聞
法律、医学、危機管理の専門3社が組み、新型インフルエンザ対策支援サービス ITpro
法人向け新型インフルエンザ対策策定サービスをワークショップ型式で提供開始 日本経済新聞
まだまだ油断できないインフルエンザ 苫小牧民報


Common soap could help tackle bird flu Cosmos  (オーストラリア) 通常の石けんが鳥インフル対策に有用
 パキスタンの研究チームによる研究発表。
 
 店頭で売られている石けんや界面活性剤が鳥インフルウイルスを十分殺す作用をもっていることが、パキスタンの研究チームによって確認され、Virology Journal に発表された。
 これらの知見は、家きん飼育小屋の床や、使用用具、輸送用車両、および作業用衣服等は、洗剤を用いて洗うという単純な作業で、十分ウイルスを除去できることを示している。
 研究チームはイスラマバドの国立家畜研究所とラワルピンディの家きん研究所の研究者達からなる。
 研究では通常の石けん、界面活性剤、加熱、紫外線照射、pHがウイルスの失活にどの程度及ぼすかを検討した。

 石けんや界面活性剤は0.1%濃度で1分間でウイルスを失活させ、高濃度になるとほとんど瞬時に失活させた。
 他の消毒剤であるフォルマリンや、イオディン、フェノールは0.2~0.4%の濃度で、ウイルス失活まで15分要した。
 さらに加熱や紫外線照射は以前他の研究者によって推奨されていたが、ウイルス失活まではさらなる時間を要した。
 例えば56度30分でウイルスは失活するが、28度では1日要した。紫外線照射では1時間後でもウイルスは生きていた。
 
 研究者達はワクチン接種が最も優れた感染対策であるが、高価で使用できない家きん飼育農家は、石けんと界面活性剤を使って、ウイルスを死滅させると良いと結論している。

Studying How Germs Spread Science Daily (press release)  (国際) 病原体拡大の研究

 病原体伝搬研究専門家の話から。

http://www.stowe.k12.vt.us/sms/teachers/jgrogan/
 3フィートの法則(1メートルの法則) 日本では1.5から2メートル。
 クシャミや咳で病原体が周辺に拡散する距離は3フィート以内(1メートル)。その範囲を超えると大きな粒子は落下する。

 航空機内では咳をしている人から3列目に座る
 機内では空気は列毎に(上下に)循環している。

 咳をしている人とは握手をしない。
 頻回に手洗いをすること。


Nicas, whose day job is at the University of California-Berkeley is one of a team of scientists affiliated with the Center for Advancing Microbial Risk Assessment (CAMRA), funded jointly by the U.S. Department of Homeland Security Science and Technology Directorate (DHS S&T) and the U.S. Environmental Protection Agency (EPA).


4月14日


国内の動きから
 新型インフルエンザが国内で流行した際、通勤電車の乗車率を平常時の20%に抑えて乗客同士の間隔を2メートル以上確保すれば、首都圏では流行ピーク時の患者数を26分の1に抑えられるとの試算を国立感染症研究所が13日まとめた。
 公共交通機関の乗車率を大幅に下げれば大流行の抑止に効果があることを示す試算だが、一般企業の従業員らに電車などの利用自粛をどう浸透させるかが課題になりそうだ。
 感染研の大日康史主任研究官がまとめたコンピューターによる模擬実験結果を、国土交通省・国土交通政策研究所が同日開いた会合で公表した。

報道
新型インフル発生時、乗車率2割で患者26分の1に 感染研試算  日本経済新聞

Scientists rule out spreading of bird flu by migrant birds in India Xinhua  (中国、新華社) インド、鳥インフル拡大に渡り鳥は関与せずと
 国際的研究者チームは、インド北部にいる渡り鳥の飛行ルートをチェックし、そのルートと家きんにおける鳥インフル発生の関係を分析したが、そこには関係がないことが確認された。デイリーメイル・トデーが14日報じた。
 渡り鳥から得られた全検体から、H5N1ウイルスは検出されなかった。
4月13日

WHO backs investigation into Bird Flu situation in Egypt Continuity Forum (国際) WHO、エジプトにおける鳥インフル状況を精査に
 本年度エジプトで発病した12人は全員生存。中国では7人発病して致死率は57%、ベトナムは100%に致死率。
 このエジプトにおける軽症化は、多くの経験から考えるとパンデミックの前兆の一つと言える。

 As the virulence drops, it can mean more potential for individual infections although fewer die overall in percentage terms. In Egypt this year all 12 cases survived, in China where 7 cases have been reported the mortality rate was 57% and Vietnam 100%. Most experience shows this is one of the precursor conditions for a Pandemic to occ

Egypt: Concern over bird flu cases 13 Apr 2009 WorldPoultry.net  (国際) エジプトにおける鳥インフル発病状況が変化
 9日のロイター記事。
4月12日

New bird flu cases suggest the danger of pandemic is rising  Independent (英国) 新規鳥インフル患者の発生は、パンデミックの危険性の高まりを示唆
 -Infections in Egypt raise scientists' fears that virus will be spread by humansー
 エジプトにおける発病者の増加に、専門家達はウイルスが人人感染を起こす可能性を危惧

 最初に良いニュースから:鳥インフルは人に対する致死力を減じてきている。
 現時点では状況は良くない:専門家達は、ウイルスが変異して、世界的パンデミックを起こし、世界で数億人の犠牲者を出すことを恐れている。

 この矛盾した状況は、パンデミック発生震源地となる可能性が、現在最も高いと考えられているエジプトで起きている。(もしウイルス変異が起きて人人感染が起きたなら、英国では黒死病(ペスト)以来の大疫病発生となる。昨年英国政府はコードネームH5N1が、国が直面している最大の危機であり、75万人の英国人が死亡する可能性があると発表した)。

 WHOは、H5N1鳥インフルエンザ死者数が、アジア以外で最大であるエジプトにおける発病様式の変化を調査することにした。今年度同国における発病者数は増えていて、先週は3人もが発病した、しかしその大多数は3歳以下の小児であり、1年前は発病者は成人と年長の小児であった状況と大きく変わっている。さらに発病者の症状は重くなく、11人の発病したエジプト人は全例生存している(正しくは発病者数は12人である:訳者)
 専門家は、このような病原性の軽症化はウイルスの拡大傾向が増すことに通じるという。皮肉なことに、毒性の強いウイルスの特性は(ウイルス拡大に対する)安全装置となっている。毒性が強いと、発病者が直ぐに死亡するので、ウイルスが周辺に感染する機会は減る。

 しかし現在、エジプトのウイルスは変異する機会と、そして人に感染する機会が増している。
 WHOは、今年度のエジプトで幼児の間で発病が増えていて、成人では見られていないことに危惧し、成人では感染者が無症状のままウイルスの保因者となっている可能性を疑っている。
 この夏から(来月から:訳者)WHOによる調査が始まるが、それは感染家きんと接触し、無症状だった人々の血中に抗体が産生されているかを、確認するものである。
 カイロでWHOに協力して調査研究にあたっているジョン・ジャブル氏は、先週ロイターに次のように語った。
 「エジプトでは何か異変が起きている。なぜ、今幼児が発病し、成人は発病しないのか?我々は地域に、成人の無症状感染者がいないのか調査する必要がある」。
 同氏は、もし無症状感染者が見つかったとしたなら、世界で初めてのことになる、と付け加えた。

 同氏は、現在人人感染が起きていることを示す事実は無いと言っているが、他の専門家達も同じように(ウイルスの変化を)警戒しだしている。
 テキサス州メンフィスの聖ユダ小児研究病院の世界的権威であるロバート・ウエブスター教授は、同氏自身WHOのデータを見ていないが、エジプトのWHO事務所は極めて重要な問題を提起していて、最大の注意を向ける必要がある、とIndependentに語っている。さらにもしウイルスが病原性を減じてきているとしたなら、それは感染性を増してゆく可能性が高い、と付け加えている。
 またロンドン大学のクイーン・メリー病院のジョン・オクスフォード教授(インフルエンザの世界的権威)は、H5N1ウイルスが致死力を減じてきているといういかなる事実でも、非常に危険な事態につながる。なぜなら一番重要なことは、ウイルスの拡大能力であるからだ、と語っている(致死力を減じることで周辺にウイルスが感染してゆく機会が増えるから:訳者)。
 毒性をはるかに減じたウイルスでも世界に拡大したなら、破壊的パンデミックを生じる可能性がる。
 いくつかの研究では、5%の致死率のウイルスの病原性であったとしても、世界中で数億人の死者を出すという。

印刷用PDFファイル
4月11日

特記すべき国内外情報はなし。

4月10日

インフルエンザ:半減運動“不発” 患者ピーク、昨季の1.5倍 /佐賀 毎日新聞
 今季から始めた県のインフルエンザ半減キャンペーンが“失敗”に終わったことが9日、分かった。鳴り物入りの事業だったが、39医療機関で行っている定点調査の結果、患者数のピークが昨季の1・5倍になったほか、学級・学年閉鎖は記録が残っている02年度以来最悪の延べ55校だった。県は取り組みの出遅れなどが原因と分析している。
 県健康増進課によると、今季の1定点当たりの患者数のピークは、1月25日までの1週間の40・54人。これに対して昨季の最高は27・36人(08年2月3日までの1週間)。今季は約1・5倍増になっており、「ピークを半減させる」とするキャンペーン目標を達成するどころか、まるで逆の結果となった。
 また学級閉鎖は、定点調査で今季より多い48・54人を記録した06年度(23校)の倍近くに上った。同課は「学校にキャンペーン取り組みを呼び掛けなかった」と反省点を挙げた。
 さらに「予防接種は10月にするのが効果的で、キャンペーンは1カ月ほど早く始めるべきだった」と11月スタートを悔やんでいる。
 一方で、キャンペーンに参加した計200事業所からは「意識向上に役立った」との評価が寄せられ、県庁では職員の罹患(りかん)率が前年の6%(推定)から2・9%に半減するなど一定の効果も見られた。
 半減キャンペーンは、新型インフルエンザへの対応に生かすため、予防接種やマスクの着用など予防意識を県民に徹底させようと2月末まで展開された。

栃木県、警察学校でインフル猛威 読売新聞
 栃木県警は9日、県警察学校(宇都宮市若草)でインフルエンザが猛威をふるい、警察官の初任科教養の課程を17日まで中断すると発表した。
 県警によると、警察官の初任科生189人のうち4割近い70人がインフルエンザやウイルス性腸炎にかかった。初任科生のほとんどは1日から寮に入り、整列や敬礼の練習などに励み、7日には入校式に臨んだばかりだった。課程の中断中は全員を自宅に帰す。事務職を担当する一般職員の初任科生(11人)は2人がインフルエンザにかかり、10日だけ休講する。
 県警教養課の担当者は「20数年警察官をやっているが、病気による一時中断は聞いたことがない」と話す。6日に9人が発症、その後、毎日10人以上の患者が出た。同課は「寮生活の中で広がったのかもしれない」とみている。逮捕術や法律を学び始める時期で、中断による授業の遅れは補習などで取り戻すという。

警察学校でインフルエンザ70人感染、授業中断 栃木 MSN産経ニュース
  栃木県警は9日、県警察学校の初任科入校生70人がインフルエンザなどに感染したため、初任科教養の授業を10日から6日間、中断すると発表した。中断期間は感染していない入校生も含め、初任科生全員に自宅療養を促すという。 県警によると、初任科警察官189人のうち52人からインフルエンザウイルスの陽性反応が確認された。また、教官と職員の計4人も感染が確認された。入校生は校内にある寮で集団生活している。
 県警教養課によると、警察学校でインフルエンザの集団感染による授業中断は前例がないという。同課は「うがい、手洗いなど予防を徹底して指導したい」としている。

警察学校で70人インフル 大分合同新聞
 栃木県警は9日、警察学校の初任科入校生189人のうち70人がインフルエンザなどに感染したため、10日と、13日から17日までの計6日間の授業取りやめを決めた。
 県警によると、検査で陽性反応を示すなどしてインフルエンザと診断されたのは18-32歳の52人(うち女性が5人)。残る18人は発熱や腹痛を訴えたが、インフルエンザではなく腸炎や風邪と診断された。入校式前日の6日に9人が発熱した。
 入校生は3棟の寮に分かれて生活していたが、感染者は自宅待機などの措置がとられている。


 *管理人注:これは時期からいってB型インフルエンザと思われるが、もしA型であるなら早急に株を同定してH3亜型、及びH1亜型以外の新型ではないことを確認しなければならない。新型インフルエンザはこのような現れ方をする場合も多いから。

 特記すべき海外報道はなし。
 6:00:57
4月9日
 

US contributes $7.3 million to Vietnam’s fight against bird flu Thanh Nien Daily  (ベトナム) 米国、ベトナムに鳥インフル対策費として730万ドルを提供
 米国は、国連のFAO(国連食糧農業機関)を通してベトナムに鳥インフル対策費として730万ドルを提供する。
Egyptian H5N1 cases prompt speculation about silent infections  CIDRAP  (米国) エジプトにおけるH5N1鳥インフル事例は、無症状感染者の存在が疑われる
 最近のエジプトにおけるH5N1鳥インフル発病者は幼児が大多数で成人にはまれである事実は、成人では無症状感染者が発生してる可能性をWHOでは懸念している。本日のロイター通信が報じた。
 カイロのWHO支部のの新興感染症専門家であるジョン・ジャボウル氏は、エジプト政府とWHOはエジプトで軽症または無症状感染者が発生しているか調査の予定であることを発表した。
 同氏によると、無症状感染者の発生は、未検出のウイルス感染が増えると、ウイルスの変異の機会が増加するから危険であるとされる。

 ロイター記事によると、今年度エジプトで発病した11人(WHOでは12人)のうち2人を除いて3歳以下の幼児である。昨年の同時期には7人が発病し、ほとんどは成人か、年長の小児であった。
 ジャボウル氏によると、類似の症状が成人に見られてないことから、成人における無症状感染者の存在が疑われるとされる。
 同氏によると、エジプトにおける調査は、感染鳥に接触して無症状な人々の血液を調べ、ウイルス感染の有無を確認することとされる。

 米国CDCのインフルエンザ疫学専門家のチム・ウエキ医師によると、この数年間、いくつかの研究で無症状または検出されていないH5N1感染者の存在は知られているという。 
 1997年、H5N1ウイルスが初めて香港で人に感染した際、周辺でウイルスに暴露された可能性ある人々に関する調査研究が2つあったという。
 1つの研究では293人の殺処分作業員の3%で抗体が検出されているという。もう1つの調査では1525人の家きん業務従事者の10%で抗体を検出している。
 より最近の研究では、ウイルスに暴露された集団では1%前後の抗体検出率であり、ウイルス暴露集団での感染率は非常に低いという報告もあると、ウエキ医師は語っている。。
 「しかし、ウイルスは変異し続けているから、ウイルスが家きんで感染を続けている地域では、継続的調査が必要だ」、と同医師はCIDRAPに語った。
 ウエキ医師はまた、季節性インフルエンザでは軽症、または無症状感染があることは知られているが、それがH5N1ウイルスでも類似の様式で起きえるのかは定かではないと付け加えている。

印刷用PDFファイル
Symptomless Egypt bird flu cases stir concern Alarab online (エジプト) エジプト、無症状鳥インフル患者が存在する疑い
 ロイター

 WHOは、エジプトで鳥インフルに感染しても無症状な患者が出ていることを疑っている。もしそうならウイルス変異の機会が多くなり、人人感染の危険性が高まる。
 カイロのWHO新興感染症専門家のジョン・ジャボウル氏が、無症状感染者が発生しているかエジプト政府が調査をする計画があることを発表した。
 「このことはそうした関心があると言うことだけで、問題提起に過ぎない」、とジャボウル氏は語っている。
 同氏は、今年度に入ってからのエジプトでの人における発病様式が変わり、無症状感染者の存在が問題視されていると言っている。
 無症状感染者がいたなら、治療されることがなく、ウイルスが体内に長く留まるから、ウイルス変異の機会が増える。
 無症状感染者を迅速に検出して、即抗インフルエンザ剤で治療して、体内でウイルスが増殖することを防ぐ必要がある。体内でウイルスが変異か、または他インフルエンザウイルスとの間での遺伝子再集合が起きると、世界的パンデミック発生の危険性がある。同氏はそのようにコメントしている。

 今年エジプトで11人発病し、2人を除いて全て3歳以下の幼児である。全例は生存している。
 この状況は昨年の同時期とは全く異なる。--7人発生し、ほとんどは成人と年長の小児であった。そして3人死亡している。
 ジャボウル氏は、幼児で成人と類似の症状を呈さない発病者の増加は、成人でも無症状感染者が発生している疑問を呈する、と語っている。
 「何か異常な状況がエジプトでは起きている。今、なぜ幼児が発病し、大人は発病しないのか?」、と同氏は語り、「我々は地域社会の中に無症状感染者がいないのか調査する必要がある」、と強調した。
 同氏は来月から、エジプト政府は感染した家きんに接触し、発病しなかった人々の血液検査を行い、本当に感染していないのかを調べる予定であると語った。

 しかし、ジャボウル氏は、エジプトでは人人感染が生じている根拠はないといい、ウイルスの変異は起きていないと語っている。

4月8日


国内の動きから
 新型インフルエンザウイルスが出現してからワクチンを作るには、早くても半年かかる。国民全員分を作るには1年半かかるといわれる。新型が流行した場合、とても間に合うとは思えない。
 そこで、「つなぎ」として鳥のウイルスからプレパンデミック(大流行前)ワクチンを作り、備蓄しておこうというのが日本の政策だ。
 ただ、「いつ」「どのように」打つのかは、具体的に決まっていない。それを考える上で重要な臨床研究の結果を厚生労働省の研究班がまとめた。新型が出現する前にプレパンデミックワクチンを事前接種しておくことの効果が期待できる内容だ。一方で、事前接種には反対意見を唱える人もいる。
  プレパンデミックワクチンの事前接種を打ち出した国はまだない。世界保健機関(WHO)は、各国のデータを検討しており、国際的な情報も参考にしたい。ワクチン以外の対策もあわせ、新型インフルエンザに総合的に備えることが重要なことはいうまでもない。
 国は、この結果をもとに専門家の幅広い議論を聞いた上で、有効な接種方針を立てなくてはならない。

報道
大流行前ワクチン 接種方針、幅広い論議を 毎日新聞

US regulator approves rapid test for bird flu Reuters  (国際) 米国、鳥インフル迅速測定キットを承認
 米国FDA(米国食品医薬局)は7日、H5N1ウイルスに感染した人を1時間以内に診断できる迅速測定キットを承認した。
 検査キットは、カリフォルニアのサニーバレに本社を置くアルバー・バイタ社が開発したもので、診断速度が非常に速く、そのため、発病者が出た場合、迅速に治療が開始されることが可能となった。
 「この検査法はインフルエンザA(H5N1)を迅速に診断し、ウイルスが多くの人々に拡大するのを防ぐ役割を担うことが出来る」、とFDAの責任者はコメントしている。
 FDAの発表によると、この検査キットはアバンテイジA(H5N1)インフルエンザ・テストと呼ばれ、咽頭拭い液または鼻腔拭い液を検体とする。
 当検査はH5N1ウイルスに特異的蛋白(NS1)を検出するもので、40分足らずで診断出来る。これまでの検査法では3~4時間要した。
Bird flu found on Kentucky poultry farm msnbc.com  (米国) ケンタッキーの農場で鳥インフルが発生
 低病原性のH7亜型が発生。先月から鶏の卵産出率が低下していた。約2万羽の家きんが殺処分される。
 当局の発表では、過去に人への重大な感染事例はないとされる。
 *H7N2、H7N3、H7N6の可能性(管理人)
4月7日


国内の動きから
 農水省はこのたび、新型インフルエンザ流行に備え「家庭用食料品備蓄ガイド」を作成した。これは新型インフルエンザの大流行により外出困難となった場合を想定し、国民へ向けられた提案。内容は4人家族(両親、息子13歳、娘9歳)を例に設定し、2週間の生活に必要な食料品を示した。
 例に挙げた家族の場合、2週間に10kg以上の米が必要だとしている。米は保存性に優れ、栄養的にもエネルギー源として効率が良いことから備蓄の柱として推進。健康面などを考え、野菜や缶詰、調味料などの備蓄も必要とされる。
 仮に新型インフルエンザが流行しても、災害とは異なりライフラインの不都合は考えられていないため、普段から備蓄分を意識した家庭での食料品の管理や買い物の仕方がポイントだ。ガイドには現在の備蓄量や日持ちがチェックできるリストを設けた工夫がされており、備蓄の実施を促している。
 今週末から農水省HPに掲載予定。

 厚生労働省研究班は6日、新型インフルエンザの発生に備えて強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)をもとに製造したプレパンデミック(大流行前)ワクチンの臨床研究結果を発表した。現在ある3種類のワクチンのうち2種類を期間を置いて接種すれば、通常のインフルエンザワクチンと同様に重症化を防ぐ効果が見込めるとの結果が出た。厚労省は、国民への事前接種の方法や時期について「年内に結論を出す」としている。
 会見した研究代表者の庵原(いはら)俊昭・国立病院機構三重病院院長によると、ベトナムで鳥から人に感染したウイルス株を使ったワクチンを3年前に接種した治験者210人に対し、インドネシアや中国で得られた別のウイルス株によるワクチンを追加接種。その結果、接種していないもう一つのウイルスに対しても、3週間後には約67~96%の人に免疫ができる交叉(こうさ)免疫性と呼ばれる効果が確認できた。事前接種しておくと、追加接種により1週間後には十分な免疫ができることも分かった。
 庵原院長は今回の結果を踏まえ、「ワクチンと新型インフルエンザウイルスの遺伝子の型が近ければ、事前接種により、感染しても死亡しないなど重症化を防ぐ効果が期待できる」と話した。
 さらに、医療従事者計5561人に同じ遺伝子型のワクチンを接種したところ、8人が入院。2・8%の人に発熱などの副作用が出た。聞き取り調査した結果、今回接種していない他の医療従事者の入院率と変わらず、副作用の発生率も従来の治験結果と同程度だった。

*(参考) 昨年、プレパンデミックワクチンの事前接種開始前の報道

報道

米を柱に ―新型インフルエンザ対策「家庭用食料品備蓄ガイド」 農業協同組合新聞
新型インフルエンザ:流行前ワクチン、2種2度で効果 接種法、年内に結論--厚労省 毎日新聞


Health workers on trial for vaccine scam in Poland AFP (国際) ポーランド、医療関係者、ワクチン詐欺行為で告訴
 3人の医師と6人の看護師が196人の患者に鳥インフルエンザ用ワクチン(H5N1ウイルス)を、通常のインフルエンザ用ワクチンと偽って接種した。
 詐欺、文書偽造等の罪で告訴された。
 罪状が認められたなら、10年までの刑務所抑留となる。
 患者達はワクチン接種に際し、支払いを受けていた。多くの患者は貧しいか、ホームレスであり、季節性インフルエンザワクチンと信じて接種されていた。
4月6日


国内の動きから

 厚生労働省研究班(研究代表者=庵原俊昭・国立病院機構三重病院長)は6日、新型インフルエンザに備えて政府が備蓄しているプレパンデミック(大流行前)ワクチンの効果や安全性に関する大規模臨床研究の結果を発表した。1種類のワクチンを接種した場合と比べ、1種類目と間隔を置いて別の種類のワクチンを接種(追加接種)した場合に幅広いタイプのウイルスへの免疫が得られることが分かった。  厚労省は今回の結果を踏まえ、新型インフルの発生前に事前接種に踏み切るかどうか、今秋をメドに結論を下す。
 大流行前ワクチンは、新型インフルに変異する可能性が高いとされる「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスを材料に製造し、政府が3000万人分を備蓄している。厚労省研究班が昨年夏以降に医療関係者ら5971人を対象に先行接種し、効果や安全性を調べる大規模臨床研究を実施していた。

報道
新型インフルワクチン、追加接種で幅広い免疫効果 厚労省 日本経済新聞



Egyptian child contracts bird flu Reuters (国際)  エジプトで小児が鳥インフルに感染
 エジプトの6歳少年が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した。この一ヶ月間で6人目の感染者となった。国営通信のMENAが5日報道した。
 ナイルデルタのクアリュビア県に住んでいた。同国で通算63人目のH5N1鳥インフルエンザ感染者となった。
 保健省の報道官によると、少年は2週間前に発病し、病院には1週間経ってから入院した。
 現在、タミフルによる治療を受けているが、重体で、レスピレーター(人工呼吸器)に接続されているという。
 3日には21ヶ月の男児が発病している。 
6-year-old Egyptian boy contracts bird flu Xinhua (中国、新華社) 6歳のエジプト少年が鳥インフルの感染
 6歳のエジプトの少年が鳥インフルに感染し、同国の致死的鳥インフルエンザの感染者数が63人となったことが、エジプト保健省から5日に発表された。
 国営通信のMENAによると、少年は北部のクアリュビア県(カイロの北方40キロ)に住んでいた。
 少年は3月28日に入院したが現在重体であるとMENAの報道では伝えている。
4月5日

鳥インフル、野生のアライグマに感染 哺乳類では国内初 朝日新聞
 
*3日に他報道で既報。
Locally developed bird flu vaccine nears trials: DOH Taipei Times (台北) 保健省:国産ワクチンが臨床試験に
 台湾で国産H5N1ワクチンが第二四半期から臨床試験に入る。
 H5N1ウイルスによるパンデミック発生に際して緊急用に用いるワクチンで、量的には制限がある。
4月4日

Egyptian toddler contracts bird flu AFP (国際) エジプトの男児鳥インフルに感染
 エジプトの男児が鳥インフルに感染し、同国で2006年にウイルスが現れて以来、62人目の感染者となったことと、かつ今週2人目の感染者となったことが国営通信のMENAから発表された。
 北部のベヘイラ県に住む21ヶ月のハッサン・ガミル・ハッサンは1日に高熱で入院したと保健省の発表をMENAが伝えた。
 一方、2歳男児が3月30日に同じベヘイラ県で病院に入院している。男児はウイルスに感染していると考えられる家禽に接触していた。

 これまで23人がエジプトでは鳥インフルで死亡しているが、ほとんどの例は田舎で家禽の世話をしている若い娘か主婦であった。
 WHOは先月、最近のエジプトではなぜ幼児が発病しているのか調査を求めた。

Egyptian toddler contracts bird flu virus Reuters  (国際) エジプトの男児鳥インフルウイルスに感染
 エジプトの男児が高病原性鳥インフルウイルスに感染し、アラブでもっとも人口が多い国で最新の感染者となったことが国営通信のMENAから3日発表された。
 当事例はエジプトで62人目のH5N1感染者となり、この数はアジア以外の国で最も多い。
 男児の状態は良好であり、タミフルで治療中とされる。
 男児の感染は、同じ県で2歳男児が感染して数日しか経っていない。
 MENAは男児の感染源については言及してないが、エジプトでは多くの感染者は自宅で飼育している家禽が感染し、それらからウイルスの感染を受けていると考えられている。
4月3日


獣医衛生防疫活動が活発 鳥インフルエンザ対策も 朝鮮新報
 朝鮮で、3~4月獣医衛生防疫月間に際し、獣医防疫活動が活発に行われている。
 3月26日発朝鮮中央通信が伝えたところによると、中央獣医防疫所の禹成林所長は、現在、獣医防疫活動がいつにも増して重要な問題として提起されていると強調している。
 季節の変わり目にある現在、関連機関では衛生活動と予防接種に力を入れている。道、市、郡の獣医防疫所では、接種活動に支障がないよう予防薬の生産を先行させている。
 また、すべての畜産拠点と家畜の飼育単位で獣医の防疫規律を徹底的に立てるようにしている。
 とくに、鳥インフルエンザ防疫活動は国家非常防疫委員会の統一的な指揮のもとで厳格に行われている。
 東、西海岸と北部国境地帯をはじめ各地の渡り鳥監視所では、渡り鳥を常時監視しており家禽工場では家禽の血清学的な検査も定期的に行っている。(朝鮮通信)

鳥インフルにアライグマが感染 国内初 MSN産経ニュース
 国内の野生のアライグマの一部が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことが、東大医科学研究所と山口大の共同研究で分かった。
 野生動物のH5N1型の感染例は国内では鳥類が報告されているが、哺乳(ほにゅう)類は初めてとみられる。野鳥の捕食で感染したとみられ、養鶏場などに侵入すると新たな感染源になる恐れがあり、対策が求められそうだ。宇都宮市で開催中の日本獣医学会で4日、発表する。
 東大医科研の堀本泰介准教授らは、平成17年から西日本、東日本の計4地域で捕獲されたアライグマ988匹の血液を分析。このうち10検体から、過去にH5N1型に感染したことを示す抗体を検出した。
  研究チームは、死んだ渡り鳥などを捕食して感染した可能性があると分析。感染率は全体の1%程度と低いが、養鶏場への新たな感染源になる恐れがあり、侵入防止策を再確認すべきだとしている。
 環境省によると、国内の野生動物でH5N1型の感染が確認されたのはハシブトガラス、クマタカ、オオハクチョウの鳥類3種だけだった。鳥インフルエンザウイルスが哺乳類の体内などで変異を起こすと、人に感染する新型ウイルスが生まれる可能性がある。

*アライグマに鳥インフルが感染するという研究結果は、昨年11月に米国の研究者により発表されている。米国内のアライグマ多数での調査研究であるが、そこではアライグマの気道に人と鳥のインフルエンザウイルスに対するHAリセプターがあることも確認している。アライグマが豚と同じように鳥インフルエンザウイルスと人インフルエンザウイルスの両方に感染して、そこでウイルス遺伝子の再集合が生じ、そして新型インフルエンザウイルスが誕生する可能性があることが示唆された。訳文
4月2日


国内の動きから

 厚生労働省は、新型インフルエンザ対策として、全国民分のワクチンを新型インフルエンザの発生から半年以内に生産するため、総額1500億円の基金を創設する。
 2009年度の補正予算案から数年かけて予算を計上する。2日に開かれた与党プロジェクトチームに説明し、了承を得た。
 同省によると、現状の鶏卵を使った生産体制では新型インフルエンザウイルスの発生から全国民分を製造するのに1年半かかる。複数のワクチン企業を支援し、生産期間を半年に短縮したい考え。
 このため、同省は、動物や昆虫の細胞を利用する「細胞培養法」と呼ばれる製造法の開発を目指し、研究費や生産設備に総額約1000億円を補助する。あらゆるインフルエンザウイルスに有効な「万能ワクチン」の研究なども支援する。

報道
新型インフルワクチン、発生から半年以内に全国民分生産 読売新聞


 
1)Egyptian boy contracts bird flu virus - agency Reuters (国際) エジプトの男児鳥インフルを発病
 北部エジプトのベヘイラ県で2歳男児が、発病した家きんに接触した後、H5N1鳥インフルを発病したことが保健省から発表された。同国で61人目の患者となった。様態は安定している模様。 
 
2)Toddler confirmed to have died of bird flu  Jakarta Post  (インドネシア) 先に死亡した男児の鳥インフル感染が確認
 先週、リアル県のペカンバルで死亡した2歳半の男児の血液検査で、H5N1鳥インフルが確認されたと当局が4月1日発表した。 
 
 1)今年に入ってからエジプトでは10例のH5N1鳥インフルエンザ発病者が出ている。
 そのうち9人は幼児で、他の成人例とも死亡例はなく、比較的中等症のインフルエンザのようだ。
 ウイルスの変異が推定されるが、成人では免疫をある程度もっているような株に変わってきたのだろうか?
 幼児にだけ感染する株にもし変わりつつあるとしたなら、色々と憶測は可能となる。
 
エジプトのH5N1ウイルスが変異の可能性?
乳児が感染、重症化傾向はなし
4月2日 2歳男児 安定
3月27日 2歳半女児 安定
3月18日 38歳女性 安定
3月11日 1歳半女児 安定
3月5日 2歳8ヶ月男児 容態安定
3月2日 2歳男児 生存中
2月9日 18ヶ月男児 回復
2月5日 2歳男児 回復
1月26日 2歳女児 回復
1月13日 21ヶ月女児 回復

 2)ペカンバルのアリフィン・アーマド病院の鳥インフル予防チームのコーディネーターが、リアウ保健局が、数日前に男児がH5N1鳥インフルで死亡したとの確認報告を受けたと発表した。
 男児は家庭の周囲で死亡した鶏から感染したと考えられると、コーディネーターはジャカルタポストに伝えた。
 今月初旬にはインドネシアにおける鳥インフル死者数は、国家鳥インフル委員会の報告よると119人となっている。(WHO統計では115人となっている:管理人)。
 

4月1日


H5N1 virus may be adapting to pigs in Indonesia CIDRAP  (米国) インドネシアでH5N1ウイルスは豚に適合してきている可能性
 日本とインドネシアの研究者が、インドネシアで分離された豚に感染していたH5N1鳥インフルエンザウイルスと、鶏に感染していたウイルスをそれぞれ3株と2株をマウスに感染させ、ほ乳類に対しての病原性を調べた。その結果豚から分離されたウイルスは病原性が低下しており、豚の体内で変異して、ほ乳類に対しての適合性が高まった可能性が指摘された。
 豚の気管支には鳥インフルエンザと人インフルエンザの両方のウイルスが感染するので、同時に両タイプのウイルスの感染を受けた豚の細胞内で、ウイルス間の遺伝子組み換えが起こり(遺伝子再集合)、新型ウイルスが発生する可能性がある。
 香港インフルエンザ(H3N2)やアジアインフルエンザ(H2N2)は、人のウイルスと鳥のウイルスが遺伝子再集合を起こした結果出現したと考えられている。そこで豚が関与したか否かについては定かではない。
 インドネシアの豚から、ほ乳類により適合し、弱毒化したH5N1ウイルスが見つかったことは、人のパンデミックウイルス株がそれらから誕生する可能性も示唆される。
 ただし3株からのデータでは結論は出さないとする意見もある。
 研究結果はArchives of Virologyに発表された。
TOP