高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年3月

3月31日


1年前の報道から
2008年4月1日

厚労省、新型インフル対策室を設置 日本経済新聞 
 病原性の強い鳥インフルエンザのウイルスが変異して人の間で大流行すると懸念されている新型インフルエンザへの対策を強化するため、厚生労働省は1日付で「新型インフルエンザ対策推進室」を設置した。
 推進室は専従の10人を含む29人の職員で構成。国際機関と連携した海外情報の収集、発生時の封じ込めやワクチン・抗ウイルス薬の備蓄など対策全般を幅広く担当する。民間からも、医師やジャーナリスト出身者など8人の専門家を採用した。
  同日午後には舛添要一厚労相が同推進室の前に看板を設置。職員に「新型インフルエンザの発生は時間の問題。きっちりと水際作戦ができるように、全省を挙げて取り組みたい」と訓示した。

* 国も本格的対策に乗り出し始めたようだ。収集する海外情報は公開してくれるのだろうか?もしそうなら、このウエブも役割を終えることが出来そうだ。


Govt sets up more labs to test human samples for bird flu Times of India (インド) 政府、人からの検体検査のための研究所をさらに設立
 2006年、インドで初めて鳥インフルが家きんの間で発生したとき、人での検体を調べるためのバイオセフティー・レベル3の研究所は1ヶ所しかなかったが、現在3施設がさらに設立される。各施設は1日に30検体以上の人でのサンプルを分析可能となっている。
 また、さらに2施設が増設される予定にもなっている。
New Influenza Treatment Another First For WA eMaxHealth.com  (オーストラリア) 新インフルエンザ治療薬の臨床試験
 西オーストラリアで保健局、大学病院が中心となって経口インターフェロン薬(トローチ剤)のインフルエンザ、風邪等に対する効果を検討する臨床試験が5月から160人の患者を対象に行われる。効果が認められてたなら、将来発生する可能性のあるパンデミック・インフルエンザにも使うことが出来る。
Avian flu situation under control The New Nation  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル拡大は抑制されている
 先週、二ヶ所の養鶏場で新たな鳥インフル発生が見つかっているが、対策は強化され、その拡大は抑えられている。また各州の境界における家きんの出入りチェック、国境間でのチェックも強化され、全体として鳥インフルはコントロール下にある。
 なお人での発病報告はない。
3月30日


国内の動きから

 新型インフルエンザ対策に積極的に取り組む大田原市は、同インフルエンザに見舞われ外出自粛が迫られた場合に必要な食糧などの「家庭用品備蓄品」を市役所や各支所、地区公民館など14カ所でモデル展示している。期間は8月下旬まで。
 展示品は、夫婦2人の2週間分。飲料水、主食、副食、調味料、医療品、日用品など65品目146点。費用は2万8000円程度という。展示場所には、配布用に市が備蓄している食糧や薬、医療用品などの一覧表も備えてある。
 新型インフルエンザの流行は、2~8週間続き、ライフラインや物流などの社会的基盤が機能しなくなる可能性が予想される。この間の食糧や日用品、感染防御品、医療品などを、できれば2カ月間分備蓄して置く必要があるという。
 市健康政策課は、備蓄品目の目安を示すことで各家庭が家族構成を考え、危機意識を持ち、万一に備えてもらうことを期待している。

 新型インフルエンザ対策として、世田谷区は冊子「新型インフルエンザに備えて~あなたとあなたの家族を守るために」(B5判カラー、十二ページ)を作成した。小中学校や保育園などで全保護者に配布するほか、図書館など公共施設に冊子を置き、周知を図る。
 冊子は新型インフルエンザの感染経路、発生前後の対策について、イラストを交えて詳しく紹介。基本的な予防法は手洗い、うがいなど毎年流行するインフルエンザと同じだ。
 区によると、新型インフルエンザが大流行し人口の三割が発症した場合、約九百人から五千人が死亡し、入院患者が約一万九千人になると予測している。
 区健康企画課の担当者は「普段から注意すれば、ある程度予防できるので、区民の意識を高めたい」としており、六月から始まる新型インフルエンザの区民向け出張説明会での活用も検討している。


報道
新型インフルエンザ:大田原市、対策備蓄品を展示 /栃木 毎日新聞
予防対策に冊子作成 世田谷区 新型インフルエンザ 東京新聞 


Lao province at risk of bird flu outbreak  Xinhua  (中国、新華社) ラオス、鳥インフル発生の危険性
 ラオスの各省に、周辺国から違法に家きんと卵が密輸されていて、いつでも鳥インフルが家きんの間で発生してもおかしくはない状況であると、ビエンチャン・タイムズが報道した。
 各省当局が状況を懸念しているとされる。
Hawaii working on list of who gets shots first in flu pandemic Honolulu Advertiser   (ハワイ) ハワイ、パンデミック・インフルエンザに際してワクチン接種の優先順位を検討
 州保健局がパンデミック・インフルエンザに際して接種する、パンデミックワクチンの優先順位に関する意見を求めている(パブリック・コメント)。
 最終的には州知事が決定する。

 連邦政府の福祉保健省と国土安全保証省がワクチン接種基準に関するガイドラインは作成している。
 社会に於ける基幹業務に関わる人々、公衆衛生業務、医療関係者、等が最優先とされる。
 しかし州民の意見を求めて、最終的に州における方針を出す予定。
3月29日

 現時点では特記すべき情報はなし。
6:46:27
3月28日

 現時点では特記すべき情報はなし。
20:57:05
3月27日

Egyptian girl contracts bird flu - WHO Reuters (国際) WHO:エジプトの女児が鳥インフルを発病
 30ヶ月のエジプトの女児が鳥インフルウイルスに感染し、同国で60人目の発病者になったことを27日WHOから発表された。
 女児はエジプト南部のケナ県に住んでいたが、23日に発熱を呈したため入院となったと、WHOの広報官がロイターに語った。
Two-year-old diagnosed with bird flu in Egypt RIA Novosti  (ロシア) エジプトで2歳幼児が鳥インフルと診断される

 エジプトで2歳女児が鳥インフルと診断されたことが、保健省の報道官から27日発表された。
 エジプトの初の人での鳥インフルは2006年に報告され、それ以来60人が発病し、23人が死亡している。
 女児はエジプトの中央のケナ県に住んでいて、23日に鳥インフル様症状を呈し入院した。26日に検査結果で、女児が致死的H5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 女児は明らかに発病した家きんとの接触の後に発病したとされる。

Egypt reports one more human case of bird flu Xinhua  (中国、新華社) エジプトで女児が発病、同国で60人目の感染者に
 26日、エジプト保健省は、女児が鳥インフルを発病し、同国の発病者が合計60人となったことを発表した。
 患者は30ヶ月の女児で南部のケナ県(カイロの南方450キロ)に住んでいた。
 女児は23日に高熱を呈し、病院に入院した。そして26日にH5N1ウイルス感染が確認された。
 エジプトはアジア以外で最も発病者が多く、ウイルスは2006年2月に家きんで見つかり、3月に人で発病した。

*本年9例目であるが、うち8例は幼児で、他成人例も含め死亡例は出ていない。
 明らかにウイルスが変異していると推定される(管理人)。
3月26日

Bird flu suspect patient dies in Indonesia Xinhua  (中国、新華社) インドネシア、鳥インフル疑い男児が死亡
 26日、スマトラ島リアウ州の州都ペカンバルのアリフィン・アフマド総合病院で2歳男児が鳥インフルの疑いで死亡した。
 男児は病院側の発表によると呼吸障害を起こし、死の直前には意識障害も呈していたとされる。
 病院側は未だウイルス検査結果は入手してないという。

 一方、西ジャワ州のガルト県保健局は、本年3月23日までガルト県で46例の鳥インフル感染者を記録したと発表した。内訳は、鳥インフル確定者で1人生存、4人が死亡、疑い者36人が生存、5人が死亡。国営通信のアントラが報道した。
西ジャワ州ガルト県におけるH5N1患者(~2009/3/23)
患者内容 合計 生存 死亡 死亡率
疑い者 41人 36人 5人 12%
確定者 5人 1人 4人 80%
46人 37人 9人 24%


 地区の保健担当者は、またチゲヅグ地域のシンタナガラ村で2人の鳥インフル疑い患者が発生していると語った。
 2人は最近地域の病院で治療を受け、改善してきていると説明された。
 患者の周辺での50羽の鶏が突然死亡したとされる。

Bird flu suspect dies in Pekanbaru  Jakarta Post (インドネシア) ペカンバルの鳥インフル疑い患者死亡
 スマトラ島中央部のリアウ州、パカンバルのアリフィン・アフマド病院の隔離室で治療中だった2歳の男児が26日朝死亡したことが、病院の医師団から国営通信のアントラに伝えられた。呼吸困難があり、死の直前には意識障害を呈していた。
 医師団によると患者は25日朝には比較的状態は良かったが、同日夕方から急速に悪化したという。
 男児は他の病院で6日間治療を受けた後、20日に鳥インフル疑いで、アリフィン・アフマド病院へ転送された。
 検査結果はまだ届いてないと医師団は語っている。
3月25日


国内の動きから

 数年内の大流行が予想される新型インフルエンザについて、県は2005年度に定めた「対策行動計画」を月内に改定する。早期の感染封じ込めを断念し、社会機能の維持に主眼を移す。県健康増進課は「長期間、室内にこもる必要がある。最低限の食料とマスクを備蓄してほしい」と呼び掛けている。
 新型インフルエンザは、高い致死率を持つ鳥インフルエンザが変異して生じるとみられる。10-40年周期で流行が繰り返されており、前回は1968(昭和43)年の香港風邪。
 行動計画の改定案によると、県内の最大の被害想定は入院者1万2900人、死者4100人。死者数は90年前のスペイン風邪(致死率2%)を基準にした試算で、さらに上回る可能性もあるが、現行でも年間死者数の倍以上にあたる。
 仕事を持つ人の最大40%が欠勤するとみられ、社会の混乱を防ぐため、県は公共機関や原発など重要事業所に発生時の事業計画を立てるよう求める。
 発生初期には感染者全員が指定病院に入院するが、まん延が確認された段階で軽症者は自宅療養に切り替えられる。外出時の感染リスクを避けるため、食料を2週間分、マスク25枚の備蓄が必要。
 平常時の備えを強化するため、県は4月以降、知事を本部長とした対策会議を設け、県内6カ所の健康福祉センターを地域拠点に指定。タミフルなど抗インフルエンザ剤の備蓄を現行の県民23%分から45%分に増やす。


報道
新型インフルエンザ「対策行動計画」改定へ 食料とマスク備蓄呼び掛け(福井県) 中日新聞


Indonesian minister wants to review vaccinations MSN Money (国際) インドネシア保健相、ワクチンの医学的効果の検証を要求
 インドネシアのスパリ保健相は、小児に接種している各種ワクチンの効果の見直しを考えている。肺炎球菌ワクチン、水痘ワクチン、インフルエンザワクチン、風疹ワクチン、チフスワクチン。先進国で作成されたワクチンが実験のために同国で用いられている可能性があることを懸念している。
 これらのワクチンの有効性を医学的に検証する必要があることを主張している。もし有効性が確認されない場合は、中止すべきと言っている。
 なお同大臣は、麻疹、ポリオ、破傷風、B型肝炎、結核に対するワクチン接種の意義は認めている。
 国連の関連機関では、インドネシア政府の政策が変更されるまでは状況を見守っていると語った。

 *インドネシアのスパリ保健大臣は、元来心臓専門医である。
Pekanbaru hospital treats bird flu suspect Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、鳥インフル疑い患者を治療中
 2歳半の乳児が鳥インフルを発病した疑いがもたれている。イブヌシナ病院で数日間治療を受けていたが、状態が悪化したためペカンバルのアリフィン・アフマド総合病院へ移された。症状は高熱、呼吸困難、咳である。
 肺に液体の貯留を認め、液体と血液がウイルス検査に出されている。
3月24日


国内の動きから

 佐賀市とJAさが、食品製造業のクッキングセンター佐賀(佐賀市)は23日、流行が懸念される新型インフルエンザの発生に備え、生活物資の調達が困難な高齢者や障害者ら要援護者に、食料を優先的に供給するための協定を結んだ。
 1人で食料を調達できない人が対象。JAは米や冷凍食品を、クッキングセンター佐賀は調理弁当をそれぞれ市に適正価格で供給し、市が要援護者に届けるという。
 締結式で、秀島敏行市長、JAさがの野口好啓組合長、クッキングセンター佐賀の本岡信義社長が協定書に署名。秀島市長は「協力いただき、心強い」と述べた。
 市はこの日、新型インフルエンザ発生時における上下水道などのライフライン(生活に不可欠な供給路)の維持や、相談窓口の設置を盛り込んだ行動計画を県内の市町で初めて策定した。

 店舗は多くの人が行き来する場所にあり、店員は多くの人と接するのが当たり前。それゆえ店員はインフルエンザなど病気の流行には敏感で、どうしても風邪を引いてしまうことが多い。しかも店員同士が1日中同じ空間にいるため、1人が病気にかかるともう1人にも連鎖的にうつってしまうケースが非常に多い。するとお店はどうなるか? 店員がそんな状態ならいっそ臨時休業してしまった方が客のためというものだが、テナント店は事前に予告も無く店を休むと大家(=デパートやスーパーなど)に違約金を払わなくてはならない。


報道
新型インフル発生時 要援護者に食料供給 佐賀市と協定結ぶ JAさがとクッキングセンター 西日本新聞
インフルエンザ流行にテナント店が悲鳴 アメーバニュース



 気になる地域
  ・中国 (2月以来、発表が一切なし。発生が無いのか、発表しないのか?)
  ・インドネシア (散発的に地元報道では感染疑い者発生の報道がでるが、WHOも含めて公式報道はない)
  ・ネパール (東部地域での家きんにおける発生が封じ込まれていない)
  ・ブータン(未感染地域)
  ・ベトナム(家きんでの感染地域が広がり、人での発病者も出ている)
  ・インド(北東部、ネパールとブータンに挟まれているダージリング県での発生はくすぶり続けている)。
  。バングラデシュ(散発的ではあるが個人農場で発生している)

Woman suspected of dying from bird flu tests negative Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナムの鳥インフル疑いで死亡女性は検査で陰性と
 南部のバクリュウ省で20日死亡した女性は、検査の結果H5N1陰性であったと、バクリュウ省保健センターが23日発表した。

Woman suspected of dying from bird flu in Vietnam Visit Bulgaria - (ブルガリア) ベトナムで鳥インフル発病疑い女性が死亡
 dpa(ドイツ通信社)
 ベトナムの26歳女性がメコンデルタ地区のソクトラン省の病院で鳥インフルエンザで死亡した疑いがあることを、国営通信が政府発表として23日伝えた。
 女性は3月16日に頭痛と高熱、および呼吸困難で入院したが20日に死亡した。
 関係者によると女性は病的になったアヒルを1ヶ月前に食べたとされる。
 22日に他紙で報道済みである。
Egypt confirms 59th human case of bird flu: WHO Xinhua (新華社) エジプト、59人目の鳥インフル患者を報告:WHO

Egyptian woman contracts bird flu: WHO Reuters (国際) WHO:エジプト女性鳥インフルを発病
 38歳エジプト女性が鳥インフルを発病したが、状態は安定していることがWHOから発表された。
 女性はエジプト中央のエルファスに住んでいて3月14日に発熱と頭痛で病院に入院し、タミフルによる治療を受けていた。
 女性は死亡および病的になった家きんと接触した後、発病したとWHOでは説明している。同国59人目の感染者となった。

 当事例は19日に保健省から発表があり、既に報告済みである。
3月23日

 特記すべき海外情報はなし。
8:03:23
3月22日


国内の動きから
 神戸大学は四月一日、「感染症センター」を新設する。以前からある基礎研究部門に感染対策を研究する臨床試験部門を新たに加え、ワクチン開発から流行防止策研究まで一貫して担う。人類に免疫がなく、大流行の脅威が高まる「新型インフルエンザ」など新興感染症に素早く対応するのが狙い。同様の組織は全国の大学でも珍しい。

 医学部付属医学医療国際交流センターを改組。基礎研究部門に国際感染制御学など八グループ、臨床研究部門に感染対策治療学など三グループの計十一グループで構成する。予防薬、診断薬、治療薬の開発や診療システムの整備、人材育成を目指す。

 世界保健機関(WHO)の研究拠点であるWHO神戸センター(神戸市中央区)や県健康環境科学研究センター(同市兵庫区)、神戸市環境保健研究所(同市中央区)とも協力し、感染症対策の新たな県内拠点とする。

 神戸大は一九六〇年代から国内の他大学に先駆け、未解明の変異型ウイルスが多数存在するインドネシアで、新型インフルエンザに変異する恐れがある鳥インフルエンザやウイルス肝炎、デング熱などについて、現地の研究者と共同研究を継続。感染症センターでは、さらに応用し、新薬開発や診断漏れの防止などに取り組む。

 センター長に就任予定の神戸大大学院医学研究科の堀田博教授(微生物学)は「ウイルスの発見や解析が早まればワクチンも早く作れる。院内感染や都市の安全まで視野に入れ、総合的に対応していきたい」としている。

報道
新型インフルエンザ対応 神大に感染症センター  神戸新聞

 

Suspected bird flu patient dies in Soc Trang VietNamNet Bridge  (ベトナム) ソクトラン省の鳥インフル疑い患者が死亡
 鳥インフル疑いの26歳女性が死亡したとチョウホウ地区の医療センターの責任者が報告した。
 確定はされていない。3月16日にバクリュウー省の総合病院に入院し、20日に死亡した。
 死亡したアヒルを食べた後に発病したと言われる。
3月21日

 国内外とも特記すべき情報はなし。

 気になる地域
  ・中国 (2月以来、発表が一切なし。発生が無いのか、発表しないのか?)
  ・インドネシア (散発的に地元報道では感染疑い者発生の報道がでるが、WHOも含めて公式報道はない)
  ・ネパール (東部地域での家きんにおける発生が封じ込まれていない)
  ・ブータン(未感染地域)
  ・ベトナム(家きんでの感染地域が広がり、人での発病者も出ている)
  ・インド(北東部、ネパールとブータンに挟まれているダージリング県での発生はくすぶり続けている)。
  。バングラデシュ(散発的ではあるが個人農場で発生している)
3月20日


国内の動きから
 NTTは新型インフルエンザなどのパンデミック(感染爆発)時に社員の安否確認や緊急連絡を効率的に行えるサービスを、4月から中国の日系企業向けに展開する。世界保健機関(WHO)によると、中国では03年以降、38人(2日時点)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し、25人が死亡。今年1月だけでも8人が感染して5人が死亡した。NTTでは総合的なサービスで、対策を迫られている日系企業の需要に対応する。
 携帯電話やパソコンを使って社員の安否を確認・管理したり、社員への緊急連絡を行ったりできるNTTコミュニケーションズ(NTTコム)やNTTドコモのサービス群を、パンデミック対応ソリューションとしてメニュー化する。日本語のほか中国語にも対応させた上で現地日系企業向けに提供。

報道
NTT、中国で安否確認サービス-日系向けに対応 日刊工業新聞


Patient suspected of having bird flu VOVNews.vn  (ベトナム) ベトナム、発病疑い患者が発生
 ドンタプ省チャウタン県の4歳女児がH5N1鳥インフル様症状を呈して入院したことが県の医学センター長官から発表された。
 3月19日に女児は肺炎による呼吸困難を呈してホーチミン市の熱帯病病院に入院した。女児が家きんに接触した既往はないが、自宅から100メートル離れた場所で3羽の鶏が死亡したという。検査中で確定診断はされていない。
 19日には同地区で3歳の男児がH5N1鳥インフルで、熱帯病病院で死亡した。
Signs of drug resistance found in African H5N1 viruses CIDRAP  (米国) アフリカのH5N1ウイルスに、薬剤耐性ウイルスが存在
 アフリカ中から集めた67種類のH5N1ウイルスを分析し、それらが3系統に分類できることが確認され、それらの系統についての特徴をまとめた。
 研究者達はアフリカと国連のFAOの専門家達からなる。論文が、online journal PLoS One. に出版された。
 株の中には抗インフルエンザ薬に抵抗性を示す変異を遂げたもの、人のインフルエンザウイルスに特徴的マーカーを身に着けたもの等が見いだされた。
 3系統のウイルスは、2005年度に中国青海省からヨーロッパ、中東、アフリカへ拡大してきた株から派生しているが、同時期にアフリカ内で発生していることから、それぞれ別の経路でアフリカに拡大してきたものと推定されている。
 アフリカの株は全てクレード2.2に属している。
 集められた株は2006年2月から2008年初頭までのものだある。

Cattoli G, Monne I, Fusaro A, et al. Highly pathogenic avian influenza subtype H5N1 in Africa: a comprehensive phylogenetic analysis and molecular characterization of isolates. PLoS One 2009 March;4(3) [Full text]


World Bank Says Avian Influenza In Bangladesh Has Stabilized AHN  (国際)世界銀行、バングラデシュにおける鳥インフルは抑制されたと
 この数ヶ月の発生頻度は低く、バングラデシュにおける鳥インフル状況はコントロールされてきていると、世界銀行が発表した。
Sanofi pandemic flu vaccine rebuffed by EU agency  Reuters  (国際) サノフィ社のパンデミックワクチン、EUよる承認却下
 EU薬事委員会で、サノフィ社のH5N1ワクチンである、Emerfluの効力が疑わしいということで承認されず。

European lab accidents raise biosecurity concerns  Reuters  (国際) ヨーロッパの研究室での事故発生はバイオセキュリティーの強化を促す。
 先週ドイツの研究者がエボラ出血熱ウイルスを誤って刺した事故が発生した。現在、健康状態の監視下にある。また。また先にバクスター社がH3N2ウイルスのワクチン株に誤って生きたH5N1ウイルスを混入する事故を起こした。
 研究室におけるバイオセキュリティーの強化を促す声が高まっている。
3月19日


国内の動きから
 愛知県豊橋市の鳥インフルエンザ問題で、県は18日、周辺農場一戸のウズラから、これまで感染が確認された3農場と同じH7型の鳥インフルエンザに過去感染したことを示す抗体が検出されたと発表した。県は新たに感染歴が確認された農場と協議し、飼養されている67万羽すべてを殺処分することを決めた。
 県によると、この農場は国内最大のウズラ農場とされる。県が実施した抗体検査で陽性反応が出たため、動物衛生研究所で抗体の種類を調べていた。これまでに感染が確認された3農場で合計57万羽が殺処分されており、処分数の合計は同市内のウズラ飼育数の半数近くになる。
 一方、農林水産省は18日、豊橋市の鳥インフルエンザ問題を受け進めてきた全国検査の結果、愛知県以外は「すべて異常がないことを確認した」と発表した。

 「ラッパのマークの正露丸」(胃腸薬)で知られる製薬会社の大幸薬品が18日、東京証券取引所第2部に株式上場した。
 株式相場の低迷で、新規上場を控える企業が多いが、「新型インフルエンザの大流行が懸念されており、ウイルス対策製品を普及させるための資金調達手段を確保する必要があった」(柴田仁社長)という。
 ただ、新株発行は先送りし、上場時は創業家など既存株主が保有株を売り出すのにとどまった。初値は2120円、終値は値幅制限いっぱいのストップ高となる2520円と、売り出し価格(2000円)を上回る好スタートだった。


報道
新たに67万羽殺処分へ、過去の感染歴H7型と判明 愛知県 日本経済新聞 
ラッパ高らか?「正露丸」の大幸薬品、東証2部で好発進 読売新聞

Vietnamese boy dies from bird flu ABC Online  (米国) 鳥インフル発病のベトナム男児が死亡
 AFP
 ベトナム、ホーチミン市の熱帯病医学研究病院のニュアン・トランチン院長は、鳥インフル発病男児が午後に死亡したことを発表した。
 当局は本日早くに男児が検査でH5N1鳥インフル陽性であったことを発表していた。
 男児はメコンデルタ地域のドンタプ省に住んでいた。

Egyptian woman tests positive for bird flu
 RIA Novosti (ロシア) エジプト女性、検査で鳥インフルが確認
 38歳のエジプト女性が検査で鳥インフルが確認され、同国で59人目の感染者となったことが保健省の広報官から19日発表された。
 女性はカイロの南方のアシュト県に住んでいたが、高熱と酷い咳で14日に入院した。女性は死亡した家きんと接触して感染したと考えられている。
 先週、18ヶ月女児がマヌフィア県で発病している。
 エジプト保健省によると2006年以来、同国で23人が鳥インフルで死亡したとされる。
Boy in Vietnam tests positive for bird flu Earthtimes (press release)  (国際) ベトナムで少年が鳥インフル検査で陽性に 
 ベトナムの少年が鳥インフル検査で陽性になり、今年度同国で4人目の鳥インフル事例となったことが同国のメディアから報道された。
 少年は南西部のドンタプ省に住んでいたが、16日にホーチミン市の熱帯病病院に高熱と呼吸障害で入院したと報道は伝え、18日に検査結果で鳥インフルウイルスが陽性であることが確認されたとされる。Tuoi Tre紙の報道。
 ホーチミン市の保健局長官は、患者の状態が悪く、レスピレーターがつながっていると語った。
 今年度同国では鳥インフルで2人が死亡し、3人目の事例では姉が鳥インフル症状で死亡しているが検査はされなかった。
Vietnam boy tests positive for bird flu: doctors AFP (国際) ベトナムの少年、検査で鳥インフルが確認
 鳥インフル疑いで入院した3歳男児が、検査の結果H5N1陽性であったことが医師団から19日発表された。
 メコンデルタ地域のドンタプ省に住んでいた患者が、ホーチミン市の熱帯病研究病院に16日入院し、18日に検査結果が戻ってきた。H5N1ウイルス陽性との結果。市の保健局の長官であるニュエンバン・チャウ氏が発表した。
 長官は少年の状態は悪化しているとAFPに伝えた。

 本年当初から、ベトナムでは2人が死亡し、今回の3歳男児は4人目の感染者となる。
 家畜衛生局によると、ベトナムの63省のうち5省で家きんの間で鳥インフルが発生している。
Bird Flu: ARD feels polls may fan spread The Statesman  (インド) 西ベンガル州、ダージリング県:選挙期間に鳥インフルが拡大の危険性
 西ベンガル州家畜局では、60日後に迫ったロクサブハ選挙の準備が始まり、ダージリング県における鳥インフルの拡大に対して対策を強化することが出来ないでいる。
 さらに感染が拡大された4地域のうち3地域で村人達が家きんの殺処分に抵抗を示し、作業が難航している。補償費が安すぎるというのが理由である。

1595 chickens, 205 eggs culled as bird flu virus detected in Netrakona  The New Nation (バングラデシュ) バングラデシュ、ネトラコナ県で鳥インフルが発生、鶏と卵が処分
 
Human Antibodies Neutralize Avian Flu The Future of Things  (米国) 鳥インフルエンザを中和する人の抗体が発見

 2月23日にハーバード大医学部、CDC、およびバーンハム医学研究所の研究者によって発表され、世界的を沸かせたインフルエンザウイルスの”アキレス腱”と、その部分に対するモノクローナル抗体の発見は、革新的インフルエンザの予防と治療方法、さらに万能ワクチン製造への道を開いた。
 当論説はその解説。
ヘマグリチニン(HA)に幹部分に対する抗体が発見。

幹部分は抗原性不変部位。
頭部は頻繁に抗原性が変わる。
従来のワクチンはHA頭部を標的にしていた。
幹部分に対するモノクローナル抗体は全A型インフルエンザ(含H5N1)の予防と治療に利用可能。
幹部分に対するワクチンは万能型ワクチンとなる

3月18日


New Strain of Bird Flu Poses Threat Natural News.com (国際) 新規鳥インフル株が脅威(H9N2)
 世界中の政府や保健専門家達がパンデミックを起こすウイルスとして鳥インフルウイルスのH5N1に焦点を当てているが、もう一つの危険な株であるH9N2はほとんど無視されている、と科学雑誌”PLos ONE”に発表された論文で警告されている。
 「我々の研究では、家きんにおけるH9N2株は人に対して非常に危険な存在であることを示している」、と研究者達は主張している。
 人で知られている3種類のインフルエンザウイルスのうち、2種類は定期的に人の間で流行している。三番目のA型インフルエンザウイルスは、主として鳥に感染し、鳥インフルと呼ばれる。数百種類のA型インフルエンザウイルス株の中でWHOは、わずか4種類の株だけを人に感染した株として報告している;H5N1、H7N3、H7N7、そしてH9N2。
 H5N1は非常に毒性が高く致死率も高いことから、もっとも注意されている-2003年以来385人が感染し、そのうち243人が死亡している。ウイルスは家きんや野鳥の間で広く広がっていて、人の間で感染しやすい株に変異することが恐れられている。
 一方、H9N2も鳥から豚、そして人や他の動物に種を超えて感染することがあり、少なくとも香港では4人の子供達が今日まで感染している。現在の株は軽度の症状しか起こさない。しかしながら、最近の研究では、1ヶ所の変異でウイルスがより毒性を高めて感染しやすくなることが確認されていて、フェレットの実験ではフェレット間で容易に感染するようになった。
 フェレットはインフルエンザ感染を人に類似の様式で起こすために、実験動物として頻繁に用いられる。

 H9N2とH3N2株のハイブリッドは、同様に病原性を高め、そして容易に感染するようになる。(フェレットを使った実験での確認。人へも類似の感染を生じると考えられる)。研究者達はこのようなハイブリッドが、同一生体に二種類のウイルスが感染することで容易に誕生すると考えている。
 研究室で作成されたハイブリッドは空気感染は起こさず、風邪ウイルスと同じく接触感染しか起こさない。

Hospital treats bird flu suspect in Ngawi Jakarta Post  (インドネシア) インドネシア、ンガウィで鳥インフル疑い患者
 東ジャワのンガウィの、ドクタースロト病院で2歳男児が鳥インフル疑いで入院。検査待ち。もし検査で確認されたら、東ジャワの鳥インフル専門病院であるマディウムのスドノ病院に移される。
 死亡した家きんに接触して3日後から発熱と咳を呈している。kompas.com が17日に報道した。

 なおジャカルタ在住の方からメールで教えて頂いたが、東ジャワ州は昨年12月からH5N1ウィルスによるニワトリの大量死が続いており、現在最も要注意の地域であるとのこと。
3月17日


Rapid Influenza Tests Should Be Ready This Year, Says HHS Pandemic... AAFP News Now  (米国家庭医学会) 保健福祉省パンデミックインフルエンザ対策委員会:今年度中に医療機関にインフルエンザ迅速測定機器を配備
 保健福祉省の最近更新したパンデミック・インフルエンザ対策の中で、今年度中にインフルエンザの迅速検査装置が用意されると伝えられる。このような装置を用いることができるということは、医師や他の保健医療関係者が、鳥インフルエンザ感染者、および他のパンデミック・インフルエンザ感染者の迅速診断が出来るようになることを意味している。
 この1月に発行されたパンデミック・インフルエンザ行動計画第六改訂版によると、同省は検査機器の開発他、多くの他の対策に助成金を提供している。迅速検査機器は現在臨床試験が行われていて、FDAが2009年末までに、承認すると考えられている。
. 
 H5N1ウイルスの問題点

 昨年はバングラデシュ、カンボジア、中国、エジプト、インドネシア、およびベトナムで44人のH5N1ウイルス感染が確認され、そのうち33人が死亡している。今年度は既に16人の感染が、中国、エジプト、ベトナムで確認され、6人が死亡している。

 CDCによると、H5N1感染者のうち重症者が主に報告されていると考えられ、多くの軽症者は報告されていない可能性がある。統計的記録によると、感染者の半数以上は死亡していて、ほとんどは健康な小児や若い成人であり、感染原因として、ウイルス感染した家きんや、ウイルスで汚染された物に触ったことが上がられている。

 概してH5N1感染症は人では希な感染症であり、ウイルスは人には容易に感染しない。
 「しかしながら、全てのインフルエンザウイルスは変化する能力を保有しており、専門家達は、H5N1ウイルスがある日変異して、容易に人に感染するようになることを恐れている」、とCDCでは説明している。
 「このウイルスは人には感染していないから、多くの人々には免疫はないと考えられる。もしH5N1ウイルスが人から人へ容易に感染するような能力を身に着けたなら、パンデミック・インフルエンザが起きえる」

 対策の進展

 保健福祉省は1月の報告で、H5N1プレパンデミックワクチンを1220万人分備蓄していると報告し、そのうちのある部分は現在行われている、また将来行う予定の臨床試験用で、残りがパンデミックが発生したときの初期の段階で保健医療関係者や重要な業務に携わる関係者への接種用とされる。
 もしウイルスがパンデミックを発生させるポイントまで変異した場合、保健福祉省によるとその変異ウイルスに対する新規ワクチン(パンデミックワクチン)が製造される。しかし、その間、備蓄ワクチンが暫定的に使用される。同省の最終目的は、パンデミック発生後6ヶ月以内に全国民分のワクチンを製造することとなっている。

 2008年11月、CDCはH5N1感染疑い者の検査法に関する暫定的ガイダンスを発行したが、同時に感染疑い者及び感染者との接触者に関する追跡調査ガイダンスも更新した。

3月16日

West Bengal reports fresh bird flu outbreak SINDH TODAY (インド) インド、西ベンガル州で新規鳥インフルが発生
 1ヶ月前に家きんの殺処分を終えたばかりの西ベンガル州のダージリング県で、再び家きんでの鳥インフルが発生した。今年度4度目の発生である。シリグリ近くのボラチャンガで11000羽の家きんの殺処分が15日行われた。

 昨日掲載した2秀逸論説を掲載してます。読んでない方は、是非参考にしてください。
  パンデミックに関する5つの嘘
  中国に関する問題

3月15日


China bird flu effort in question after new cases AFP (国際) 香港で新規鳥インフルが発見、中国の対策努力が疑問視

 印刷用ファイル
 香港の養鶏場での鳥インフルの発生、および市内の海岸に打ち上げられた家きんの死骸からH5N1ウイルスが検出されたことは、中国南部でH5N1ウイルスがなぜ検出されていないのか、疑問の声が上がっている。

 今月香港から出された報告では、南部中国の広東省の境の農場で昨年12月に発生したH5N1鳥インフルのウイルスが、野鳥によって運ばれてきた可能性が高いとしている。農場では9万羽の鶏の殺処分が余儀なくされた。
 報告書の記載者は、野鳥がそのウイルスをアジアのどこで感染したのかについては述べていないが、最近南中国の家きんの間で感染を広げているウイルス株と類似しているとコメントしている。
 報告書は香港の海岸に浮いていた、H5N1ウイルスに感染した2羽の鶏の死骸が見つかって数日後に発表された。海岸では今年の初めから、H5N1ウイルスに感染して死亡している十数羽の鶏、アヒルや他の鳥の死骸が打ち寄せられていた。
 「いくつかの調査結果から、死骸がパールリバー(珠江デルタ)から流れてきている可能性が最も高いと考えられる」、と香港保健省のヨーク・チョウ長官が2月初旬に語っている。
 香港は広東省の広い珠江デルタの南部突端に位置している。
 香港大学のウイルス学者で世界的鳥インフル研究者のマリク・ペイリス氏は、チョウ長官の意見に同意すると語っている。
 「それら死骸が香港のどこかから流れてきたとは考えづらい」、とAFPに語った。
 香港は12月に養鶏場で発生した他に、今年に入って鳥インフルの15事例を公的に確認しているが、広東省では2008年の8月以来鳥インフルの発生は報告されていない。
 「現在まで我々は鳥の死骸が香港に流れ着いた理由を、本土の当局者から全く説明を受けていない。これがすこぶる問題なのだ」、と香港政府の新興感染症委員会のメンバーのロ・ウインロク氏が語っている。
 WHOアジア太平洋地域の広報官であるピーター・コーディングレイ氏も、ウイルス感染して死亡した鳥の死骸が見つかったことは問題である、と語っている。
 「公衆衛生学的見地から、我々は南部中国に関心を抱いている」、と同氏は語り、さらに香港の家きんや人の鳥インフル監視体制は、国際的に模範となるレベルであると付け加えた。
 中国の保健相の報道官はコメントを出していない。

 2月初旬にアオサギが香港のマイポ自然保護地の沼地で死亡して見つかった。本土との境の近くである。
 サギは検査でH5N1ウイルスに感染していることが確認された。2003年に同自然保護地での定期的な野鳥のウイルス検査が開始されたが、これは初めてのウイルス検出であり、この事実からウイルス拡大に対する野鳥の役割が注目されだした。
 この事実に、昨年12月に発生した家きん農場での鳥インフル発生の原因に野鳥が関与している可能性が高いとの結論が加わり、野鳥のウイルス伝搬説が強調される結果になった。
 しかし、ほとんどの専門家は地域における流行が、野鳥によりもたらされているとは信じてはいない。
 パイリス氏は、野鳥のウイルス拡大に対する役割はさらに研究される必要があるが、むしろ過密な農場の存在が問題だという。
 「家きん生産と移動の状況が、ウイルスの土着化と拡大の原因に大きく関係している」、とパイリス氏は語っている。
 研究者達は家きん農場が、ウイルスの変異する理想的環境にあると考えている。直ぐ側にウイルスを保有した鳥が多数存在しているからだ。
 
 「家きんにおける発生を抑制することが、H5N1ウイルスの最終的に封じ込めにもっとも重要と自分は思っている」、とロ氏は語っている。
 今年度広東省ではH5N1鳥インフルの発生は報告されていないのに対して、中国本土の他の地域では8人がウイルスに感染し、5人が死亡している。
 8人中7人は家きんと接触した既往があるが、FAOが賞賛するほどの広範な中国内での調査にも関わらず、北西部の新疆省でしか家きんにおける鳥インフルは見つかっていない。
 「人の発病例を報告せずにおくことが、段々と難しくなってきている」、とロ氏は言う。
 「しかしながら人の発病者が出た場合は、その感染源を追求する必要がある」、と同氏は付け加えている。
 

Bird-flu detected in Kurseong, culling to begin on Saturday  Daily News & Analysis  
 インドのシリグリで、バラチェンガ村で鳥インフルが発生し、殺処分が開始される。
5 Myths About Pandemic Panic  Washington Post (米国、ワシントンポスト) パンデミック・インフルエンザに関する5つの嘘

印刷用ファイル
 By Philip Alcabes professor of urban public health at Hunter College of the City University of New York (ニューヨーク大学ハンター校都市公衆衛生学講座教授)

 冬は既に去ろうとしている。そして我々はパンデミック・インフルエンザを経験すること無しに、新たなインフルエンザシーズンに備えることになる。
 近年、SARS、鳥インフルエンザ、そしてWHOの、次のパンデミックはいつ起きるか分からないというおきまりの警告により発生してきた、パンデミックに対するヒステリーを顧みると、何事もなくインフルエンザ・シーズンを終えることは、奇蹟のようにすら思える。
 しかしながら、真実は、脅威が誇張されすぎたと言うことなのである。
 これまで5つの嘘が語られてきた。

1.感染症は、過去の時代に比較して急速に世界中に拡大する?

 WHOはこのような説明を2007年の報告で行った。しかし、航空機の発達以前から感染症は容易に世界各地に拡大していた。1490年代に、梅毒は大西洋を数週間で越え、ヨーロッパからアジアへ広がった。1820年代には軍艦や商船がコレラをインドから中東、アフリカ、そしてヨーロッパへ広げた。そして第一次世界大戦の終わり頃、”スペインインフルエンザ”ウイルスが軍艦により大西洋を越えて(米国からヨーロッパに渡って)、大戦中の軍隊を破滅させた。そしてその後ウイルスは世界中に拡大し、1918年のパンデミックが発生した。死者数は4000万人を超えた。
 2003年、SARSが勃発し、航空機がウイルスを発生地から新規地域へ拡大はさせたが、それは必ずしも感染症を抑制不能状態にはしなかった。その理由として、公衆衛生当局が、機内で感染した人々によりもたらされた、いくつかのSARS発生を速やかに地域で封じ込めたことが上がられる。その結果SARSの死亡者は中国、台湾、香港、シンガポール、およびカナダに限定された。
 結核も抑制可能な空気感染する感染症である。いくつかの研究によると、機内で結核が感染することは、極めて希とされる。(2007年に薬剤耐性結核菌を排菌していた患者が、アトランタからパリまで航空機に搭乗していたが、感染した搭乗者は1人もいなかった。
 このように結核菌は航空機で運ばれはするが、感染症が以前よりも速やかに世界中で発生し出しているという事実はない。 現在、我々は、結核感染者を綿密にモニターすることと薬剤を迅速に配布することで、ほとんどの結核感染の拡大を抑え込むことが出来る-何年間、または世紀を超えた警戒体制が敷かれてる。

 2.過去の経験からパンデミック予防を学ぶ?

 我々は最後に経験したパンデミックを想定して、対策を講じているように思える。しかし、最悪の感染症の勃発は予期出来なく、また内容も想像出来ない。
 黒死病(ペスト)は1340年代にヨーロッパで発生し、少なくとも人口の四分の一の人々を犠牲にしているが、それ以前数世紀の間、発生したことはなかった。1830年代と1840年代には、それまで西欧で発生したことのなかったコレラが流行し、英国と米国のいくつかの都市で、2,3週間のうちに人口の1%を失った。1918年のインフルエンザに関して言えば、同様のインフルエンザは、それ以前にも、以後にも発生しているようには思えない。その代わり、その後は、それまで聞いたことのない感染症が起きている:エイズ。このように、次にやってくる殺人的パンデミックは、我々が想像していないものであるし、または準備していないものである。

3.我々は次のスペイン・インフルエンザに対して警戒すべきである?

 幸運な事に、世界はスペインインフルエンザ並のインフルエンザをその後経験していない。第一次世界大戦の間、軍隊や避難民の移動が、ウイルスの増殖にとり、特殊な環境を提供する結果になり、多分、それがより毒性の強い株への変異を促したものと考えられる。発病者達の多くは若く、前世紀に流行ったインフルエンザでの免疫を持っていなかった。
 また最近の研究では、多くの死亡は、インフルエンザにより弱まった呼吸器系統に対する細菌感染症であることが分かっている。そうしたことから考えると、今、このようなインフルエンザが発生した場合、抗生物質が多くの命を救うと考えられる。
 スペインインフルエンザのようなインフルエンザの繰り返しよりも、発生する可能性のあるものとして、鳥インフルエンザが上げられる。もっとも鳥から人への感染症であり、人から人への感染はないから、危険性は遙かに低い。鳥インフルエンザは数百万羽の鳥を殺してきたが、人への感染は2003年以来、わずかに411人に過ぎない。公衆衛生当局は、新規スペインインフルエンザ並のパンデミック発生と警告し、パニックを引き起こようなことをせずに、鳥の間でのウイルスの蔓延から人へ拡大してくることの防止にもっと時間を割くべきである。

 4.季節性インフルエンザ以上に、パンデミック・インフルエンザの毒性が高いということではない

 対策を強化するために”パンデミック”という言葉が用いられている。しかし、このようなインフルエンザウイルス、すなわち、人が抵抗力を獲得していないウイルスが必ずしも、冬に毎年経験する季節性インフルエンザウイルスよりも毒性が高いと言うことではない。
 1918年以来、わずか2回のインフルエンザ・パンデミックしか世界は経験していない。一つは1957年に、他の一つは1968年に起こった。両パンデミックとも世界的死亡率は、1918年のそれに比較すると僅かであり、さらに米国においては、最近の研究によると、通常の季節性インフルエンザ以上に高くはなかったとされる。

 5.過剰に準備されることによる弊害

 実際問題として、我々の行動は、パンデミックへの過剰反応から、社会的利益よりも不利益(害)をもたらす危険性がある。
 1976年、1918年のインフルエンザに類似した株であるブタインフルエンザがFort Dix, N.Jの兵士達の間で発生した。1人が死亡している。それに対して医学専門家達は、米国がスペインインフルエンザ並のパンデミックに直面していると警告を発した。時のフォード大統領は大量予防注射接種を決定し、4500万人(人口の20%)が接種された。
 しかし、計画は中断された。体内の神経系に障害を及ぼすギラン・バレ症候群が、接種を受けた人々の間に発生しだしたからだ。約500人が発症し、32人が死亡した。政府は数百万ドルを費やした計画を終えた。結果的に、ブタインフルエンザのパンデミックは発生せず、発病者はほんの少数で終わった。
 この事件に関する詳細な論説は過去に出ています。訳文をリンクしておく。

 フィリップ・アルカベス氏は、ニューヨーク大学ハンター校都市公衆衛生学講座教授で、近く発刊予定の”恐怖:不安と幻想が流行病を増幅させた-黒死病から鳥インフルエンザ”の著者である。
 
3月14日


国内の動きから
 愛知県豊橋市のウズラの高病原性鳥インフルエンザ感染問題で、同県の神田真秋知事は13日午後、石破茂農林水産相と面会し、症状の出ない弱毒性のウイルスに感染したウズラについて、すべて殺処分する国の防疫指針を見直すよう要請した。
 特定家畜伝染病に関する国の防疫指針に対し、県知事が異論を唱えるのは極めて異例。
 豊橋市の農家3戸のウズラが感染した高病原性鳥インフルエンザウイルスは、すべて弱毒性のH7N6型。ウズラの健康状態に異常はなく、1羽も死んでいない。
 しかし国の防疫指針では、弱毒性のウイルスが強毒性に変異するおそれがあるとして、発生農家の家禽(かきん)をすべて殺処分すると規定。今回は3戸のウズラ計約57万羽が処分される。
 知事は要望書で「何ら症状が出ていないウズラが殺処分されることに、農家はやり場のない怒りを抱いている」と指摘。国の防疫指針について「ニワトリを前提としており、今回そのまま適用することは農家の理解を得られない」として、ウズラに対応した防疫指針の策定を求めた。
 また、H7型ウイルスの感染歴のあるウズラが見つかった農家について、ウイルスが検出されなくても殺処分を検討する方針の見直しも求めた。

報道
ウズラ殺処分「見直しを」 愛知県が国に要請  東京新聞

 特記すべき海外情報はなし。
6:17:27

3月13日


Chicken carcass found in Tung Ping Chau confirmed positive for H5N1 virus 香港政府プレスリリース  香港、ツンピン洲(東平洲)で発見された鶏の死骸からH5N1ウイルスが検出
 3月6日報道事例に続いて2事例目。
 死骸は2日に海岸で見つかったが、腐敗がひどく進んでいたため、ウイルスの確認検査が遅れたとのこと。

HK bird tests positive for H5N1 Straits Times (シンガポール) 香港、漂着鶏の死骸からH5N1ウイルスが検出
 香港当局は、12日、地域で見つかった死亡した鶏から、 致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたことを発表した。
 香港政府の当局者によると、極度に腐乱した鶏の死骸が香港の海岸に漂流しているのが10日前に見つかったが、その死骸から致死的ウイルスが検出されたという。
 当局では3月6日にも同じ場所で死亡した鶏を回収し、ウイルス検査の結果H5N1ウイルスを検出したと発表している。
 発表によると、地域の3キロ以内には家きん農家はないが、それでも農家に対して鳥インフル感染に注意するように呼びかけた。
Kenya-Bird Flu-Alert Kenya on high alert over bird flu, says official African Press Agency  (アフリカ) ケニヤ当局者、鳥インフル発生リスクが高まっていると
 東アフリカ連合(East African Community)諸国による、人パンデミックインフルエンザに関するワークショップが2日間の予定で、ナイロビで開催された。
 会議でケニヤの家畜局の長官が、ケニヤは渡り鳥のルートで、渡り鳥から家きんに鳥インフルウイルスが感染する危険性が高く、厳重な監視体制と、家きんの不審な死亡が見られた場合、迅速に報告するように国内での啓発を強化していると語った。
 タンザニア、ウガンダ、ブルンディ、ルワンダ、南スーダン、および主催国のケニヤから80人を超える参加者が集まった。
3月12日



国内の動きから

 愛知県豊橋市のウズラ農場で発生した鳥インフルエンザで、県は11日、3例目の高病原性ウイルス「H7型」が確認された同市杉山町の農場でウズラ約11万羽の殺処分を始めた。
 また、農場で採取した検体を動物衛生研究所(茨城県つくば市)で調べた結果、検出されたウイルスが1、2例目と同じ弱毒性の「H7N6型」と確認された。
 一方、県は同日、1例目の豊橋市南大清水町の農場から半径5キロの移動制限区域内の採卵鶏農場2戸について、新たに卵の出荷再開を認めた。同区域内の採卵鶏農場10戸すべてで、鶏卵が出荷できるようになった。

 愛知県豊橋市の鳥インフルエンザ問題で、環境省と県は11日、感染経路を調べるため、周辺の野鳥についてウイルス感染の調査を始めた。
 環境省によると、同省や県の職員、野生動物調査会社の社員ら約10人で調査。ウイルス感染が確認されたウズラ農場から半径約10キロ以内で、ガンやカモなどの野鳥のふんや体液を採取して、ウイルスの保有状況を調べる。農場周辺にある天然干潟には越冬のため野鳥が移動してきており、農林水産省の疫学調査チームは、野鳥から感染が広がった可能性もあると指摘している。
 また、農水省と県は同日、3例目の感染が確認されたウズラのH7型ウイルスも弱毒性と断定。1例目、2例目と同じH7型の弱毒性と判明したことから、それぞれの感染経路に関連がある可能性が高まった。


報道
鳥インフル、ウズラ11万羽の殺処分開始…豊橋 読売新聞
野鳥のウイルス感染調査、愛知県 経路特定へ、鳥インフル 静岡新聞 (会員登録) 



EGYPT: Bird flu cases among young children raise concerns IRINnews.org  (国際) エジプト:乳児における鳥インフルの発病事例増加に懸念
 下記ロイター記事
EGYPT: Bird flu cases among young children raise concerns  Reuters AlertNet  (国際) エジプト:乳児における鳥インフルの発病事例増加に懸念
3月10日に1歳半の女児がH5N1鳥インフルに感染し、エジプトでの発病者の合計が58人となった。
 乳児が多いことからWHOも関心を示し、その原因に疑問を抱いている。

 家族が鳥インフルに対する警戒心を失ってきたため、乳児が容易に感染家きんに接触するようになったことが原因ではないかと、WHOの疫学専門家であるジョン・ジャボウル氏が危惧し、エジプト保健省に忠告している。
 同氏は、鳥インフル克服のためには、単に鳥インフルエンザ対策だけでは不十分で、生活様式、社会的行動等の変化も必要だと語り、例として、家庭の収入が減少することを恐れて鳥インフル発生を報告しないことを上げている。

New bird flu outbreak in Dien Bien VietNamNet Bridge  (ベトナム) ベトナム、北部のディーンビーン省で鳥インフルが発生
 北部の山岳地帯のディーンビーン省で鳥インフルが発生したことを11日、省の家畜局が発表した。
 この一ヶ月間で同省に於ける3事例目の発生となる。
 検体でH5N1ウイルスが検出されている。
 地域当局では300羽の感染した鳥を処分し、拡大予防策を講じた。
 省では感染地域から家きんや”と殺”された産物が流出しないように主要道路にチェックポイントを設けた。
 家畜局ではワクチン接種の啓発を図ると共に、感染地域に消毒液をスプレーした。
Nepal- Bird Flu  Farming UK (英国) ネパール:鳥インフル発生状況
 東部ジャパ郡のパサマリ村で家きんで鳥インフルが検出されたため、鶏、アヒル、鳩および卵が処分された。国営通信のRSSが11日報道した。
Germany sees no raised threat after bird flu case Reuters  (国際) 鳥インフル検出したが、特に拡大の危険性はないとドイツ当局は判断
 欧州委員会の鳥インフルサーベイエランスの一環として行った、狩猟カモからH5N1ウイルスが見つかった事例に関して、ドイツ政府の国立動物衛生研究所であるフリードリッヒ・レフラー研究所の広報官が語った。
 ウイルスは狩猟された1羽のカモから偶然検出されたもので、野鳥における感染拡大は極めて低いとの見解を示した。また発見地域での隔離対策はする必要もないとの考えを示した。EUもこの考えに同意したという。
 *昨日既報道。
3月11日

Cambodia uses karaoke to spread bird flu message Radio Australia News  (オーストラリア) カンボジア、鳥インフル啓発にカラオケを応用
 手洗いや飼育舎の衛生管理、小児を家きんに近づけない、病的、または死亡家きんが発生した場合は、当局に速やかに届けでる等。
 国連の支援プログラムの一環。
Egyptian girl contracts bird flu - agency Reuters  (国際) エジプトの女児、鳥インフルに感染と、当局が発表
 18ヶ月のエジプトの女児が鳥インフルに感染したが、状態は安定していると、保健省発表内容を国営通信が10日伝えた。
 MENAによると、北部のマノウフィヤ(Manoufiya)県の女児が死亡した鶏に接触したあと発病したとされる。女児は同国で58人目の鳥インフル発病者となった。
 女児はエジプトの病院でタミフルを投与されているが、まだH5N1ウイルスに感染したかどうかは確認されていないとされる。
Egyptian girl contracts bird flu virus Xinhua (中国、新華社) エジプトの女児、鳥インフルに感染 
 10日、エジプト保健省は女児がH5N1鳥インフルウイルスに感染し、同国として58人目の事例となったことを発表した。
 女児は1歳半、でカイロの北方65キロのミヌフィヤ県に居住していた。
 女児は感染した鳥に接触した後、6日に発病し、9日に入院、そしてタミフルによる治療が開始された。
 エジプトでは2006年の2月に致死的H5N1ウイルスが検出され、同年3月に人での発病者が出た。
EU's first 2009 bird flu case found in Germany Reuters UK  (英国)本年EU初の致死的H5N1ウイルスがドイツで検出

EU's first 2009 bird flu case found in Germany Forex Pros  (国際) 本年EU初の致死的H5N1ウイルスがドイツで検出
 ドイツは欧州委員会にH5N1鳥インフルエンザの発生を報告したが、事例は本年EU初の致死的ウイルス検出となった。
 ウイルスはババリア州のシタルンベルグ町近くで、狩猟によって撃ち落とされたカモから見つかった。
 ミュンヘンの南西部に位置するシタルンベルグの地域事務所によると、カモはEU監視体制の一環として1月10日に撃ち落とされた。39羽が狩猟されたが、病的症状を呈していたカモは見られなかった。
 この8週間、野鳥を介して高致死的ウイルスが直接的、または間接的に家きんに感染した兆候は無いと、当局ではコメントしている。
 またこれまでウイルスが野鳥の間に拡大している兆候もないとされる。
 当局では、今回の結果から立ち入り制限地域や監視地域は、特に設けないと説明している。
3月10日



国内の動きから

 愛知県豊橋市の鳥インフルエンザ問題で、農林水産省と県は10日、3例目に感染が確認されたウズラのウイルスを検査した結果、先の2例と同様に高病原性のH7型だったと発表した。ウズラの大量死はなく弱毒性とみられる。
 感染の見つかった農場のウズラ約11万羽は処分され、同農場から半径5キロ以内の養鶏場2カ所の卵などが新たに移動制限対象となる。
 これとは別に、農水省と県は、過去の感染歴を示す抗体検査が陽性だった同市のウズラ農場4カ所について再検査の実施を決めた。H7型の抗体が確認されれば、ウズラの処分か農場の定期監視の措置を取る。
 また県は同日、現場周辺のアイガモ農場から高病原性でないH11N9型ウイルスを検出したと発表。感染してもほぼ無症状で安全という。

 愛知県豊橋市の高病原性鳥インフルエンザ(弱毒性)問題で、農林水産省と県は9日、新たに3例目となるウズラの感染を確認したと発表した。2例目が見つかった農場から、ひなが出荷された農場を検査し、見つかった。弱毒性の可能性が高いという。
  農水省と県は今後、ウイルスの型や高病原性かどうかなどを調べる。高病原性の場合、この農場のウズラ約11万羽はすべて処分される。県は、新たに感染が判明したウズラの農場の周辺農場2カ所に対して、卵などの移動を自粛するよう要請した。
  県は1例目の感染を2月27日に発表、半径5キロ以内で卵などの移動制限を実施した。その後別の農場で2例目の感染を確認、ひなの出荷状況などについて追跡調査をしていた。
 1、2例目はいずれも「H7N6型」の高病原性と判明、農水省が派遣した専門家チームが感染経路を調査している。

 愛知県豊橋市の鳥インフルエンザ問題で、愛知県は9日、同市内のウズラ採卵農家のヒナで3件目の鳥インフルエンザウイルス感染が確定したと発表した。2件目の感染農家から仕入れたヒナをウイルス分離検査したところ、陽性反応が出た。県は、独立行政法人動物衛生研究所(茨城県つくば市)に依頼し、高病原性かどうかH型の特定を進める。
 今回の感染で高病原性が確定すると、ヒナだけでなく前回のウイルス分離検査では陰性だったウズラも含めて殺処分し、この農家を中心にした半径5キロの範囲で新たに鳥や卵の移動を制限する。


報道
ウズラ3例目も高病原性 愛知・豊橋の鳥インフル 京都新聞
ウズラ3例目の感染確認 愛知・豊橋の鳥インフル
 北海道新聞
鳥インフル、3件目の感染確認 制限区域内の農家、愛知  朝日新聞


 特記すべき海外情報はなし
18:22:04

待たれるフォロー情報

 ・中国情報
  家きんでの発生状況
  2月以来人での発病報告が無いが、それは正しいか?
 ・エジプトでは乳児ばかりが発病している理由。そして軽症である理由。
 ・ミャンマーで人での感染が起きているという噂。
 ・インドネシアでは今年度4例の発病者が出ているとの保健省筋からの報告があったが、WHOからの正式発表はない。
 ・バングラデシュでの家きんでの発生状況が、充分報道されていない。人での発病の有無等も状況が不明。


3月9日


国内の動きから

 愛知県豊橋市のウズラ農場2カ所で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、感染ルートの調査や対策を議論している農林水産省・家きん疾病小委員会(委員長・喜田宏北海道大学教授)は9日、記者会見を開き、2カ所のウイルスは遺伝子的には別の系統であるとの見方を示した。

 愛知県豊橋市の鳥インフルエンザ問題で、愛知県は8日、新たにウズラ農場1カ所で、過去のウイルス感染を示す血清抗体検査の陽性反応が出たと発表した。ウイルス自体は検出されず、死滅したとみられる。
 2例目の感染が見つかった農場の周辺農場を検査して分かった。1例目と2例目の周辺にあるウズラ農場8カ所のうち、5カ所で過去の感染歴が判明した。ニワトリなど、ほかの家禽農場で陽性反応は出ていない。

 愛知県豊橋市内のウズラ農家2戸が鳥インフルエンザに感染していた問題で、県は8日、2件目の感染判明で追加検査対象となった移動制限区域内の家禽(かきん)農家9戸全戸で感染が確認されなかったと発表した。ウズラ農家1戸で過去の感染を示す抗体を検出したものの、現在の感染はないという。また、1件目の感染で検査対象になった農家のうち残る1戸も9日に結果が判明する予定で、この1戸で感染が確認されなければ、移動制限区域内での検査は終了する。


報道
鳥インフルウイルス、愛知の2農場は別系統 農水省小委  日本経済新聞 
新たに感染歴示す陽性反応 愛知・豊橋の鳥インフル 京都新聞
鳥インフル:追加検査の農家、全9戸感染なし 愛知  毎日新聞 


Quail and chicken sales banned over fear of bird flu Democratic Voice of Burma (ビルマ) ミャンマー、鳥インフルエンザの恐れからウズラと鶏の販売を禁止
 ミャンマー南西部のマンダレー当局は、鳥インフルエンザ発生の恐れからウズラと鶏の販売を禁止した、と地域の住民が語っている。
 「当局は住民にウズラの卵やロースト肉の販売を禁止するように通達した」、と一人の住民が語った。
 ミンガラ市場等の近くのマーケット全てで、鶏は売られていない」、と彼は付け加えた。
 当局ではなぜ販売禁止令を出したか説明はしていないが、地域の住民達の話では、2月末にウズラが鳥インフルを発病したため、ウズラ農場が破壊されたと地域のマスコミが報じたという。
 他の住民は、これまでいくつかの鳥インフルエンザが発生していて、中には人へ拡大したものもあるという。そして当局では、南西部のマンダレー町の養鶏場で多くの鶏の殺処分を指示したという。
3月8日

Japan, US would work together in flu pandemic Stars and Stripes  (米国) 日本と米国はペンデミック・インフルエンザに協同して備える
 米軍関係者向け報道。
 在日米軍がパンデミック発生時に日本政府の方針に従って行動するかについての話。

Scientists say pandemic is certain Disaster News Network  (米国) 専門家はパンデミックは間違いなく起きると語る
 多くの専門家は、H5N1ウイルスの変異型、または他の鳥インフルエンザウイルスが将来パンデミックを起こすことは間違いの無いことと考えている。
 米国保健福祉省の専門家が語る内容を中心に展開。
 いつ起きるか分からないパンデミックMに、行政や病院が備えていかなければならない。
 他
3月7日

City’s Backyard Chickens To Take Flight by 2010 Jakarta Globe (インドネシア) ジャカルタ、2010年までに市内から鶏を排除
 
 ジャカルタ市は全ての鶏を市内の居住地区から、郊外の専用飼育場へ移すことを6日発表した。
 この措置で、首都に住む全ての住民は来年度から鶏に接触する機会はなくなると予想される。
 市の予定では、郊外に4ヶ所の巨大な鶏舎を造る予定で、2010年4月までに全ての鶏を市内から移すとされる。
 場所は Rawa Kepiting, Cakung, Petukanganおよび Kalideresであるが、まだ建設はされていない。
 先に市は市内での家きんの殺処分を禁止している。
Bird flu spreading afresh The Daily Star  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル、再び拡大に
 鳥インフルが国内のいくつかの農場で発生し、当局の検査でウイルスが確認され、家きんが殺処分された。
 2007年に初めて鳥インフルが見つかって以来、今年度3月まで166万3702羽の鶏が殺処分された。
 当局は昨日、ネトラコナとガイバンドハで2095羽の鶏と205個の卵を処分した。
 2月初めには2万8188羽の鶏と60個の卵が処分されたことが、水産家畜省のウエブで公表されている。
Wild birds likely avian flu outbreak source in HK MSNBC (米国) 香港で昨年発生した養鶏場での鳥インフルは野鳥が原因の可能性:海岸で見つかった鶏の死骸からH5N1ウイルスが検出
 3ヶ月前に香港の農場で発生した鳥インフルは野鳥が原因であった可能性があると、香港当局は発表したが、また海岸で見つかった死亡した鶏からH5N1が検出されたことも6日発表された。
 12月に香港の農場で発生た致死的H5N1鳥インフルエンザの調査結果で、ウイルスが野鳥によりもたらされた可能性があり得るとの結果が発表された。
 発生により当該農場と周辺の農場の家きん8万羽以上が殺処分された。
 農業局の担当者であるトーマス・シト氏は、疫学調査によりさらに詳細な発生源を突き止めることは難しいとコメントしている。
 一方、4日前に東平洲(Tung Ping Chau: トンピンチャウ島)の海岸で見つかった鶏の死骸から致死的H5N1ウイルスが検出されたことが、6日、政府の別な発表で伝えられた。
 1月末から2月上旬にかけて、香港のランタウ島の海岸に鶏やアヒル、野鳥等の死骸が漂着し、それらからH5N1ウイルスが検出された。

 今回見つかった場所は東平洲で、香港の北東端に位置する小島である。


*広東省から流れ出てきていると推定されるが、中国本土での家きんにおける発生報告はない。


Hong Kong bird tests positive for H5N1 PhysOrg.com  (米国) 香港、家きんの死骸からH5N1が検出
下記AFP内容。
Hong Kong bird tests positive for H5N1 AFP (国際) 香港、家きんの死骸からH5N1が検出
 香港当局は6日、見つかった死亡した鶏の死骸の検査でH5N1ウイルスが陽性だったと発表した。
 3月2日に香港の海岸で浮いていた死亡した鶏を検査していた研究所ではH5N1が感染していることを確認したと、香港政府は発表した。
 発表によると、死骸が見つかった地域から3キロ以内には農場はないが、農家に対して警戒を強めるように当局では指示した。
 ここ数週間に香港内の異なった地域から、少なくとも12羽以上のH5N1に感染した鳥の死骸が見つかっている。
3月6日


国内の動きから

 愛知県豊橋市の農場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省と県は5日、感染2例目のウズラから検出されたH7型ウイルスも、1例目と同様に弱毒性だったと発表した。農水省は、大学教授ら6人で構成する疫学調査チームを7日に現地に派遣することを決めた。県は2例目の農場について、約27万羽のウズラを処分、施設を消毒などして防疫措置を行う。1例目の農場では約26万羽を処分した。

 愛知県のウズラ採卵農場で起きた鳥インフルエンザによって、ウズラの卵などに風評被害が出ることを防ぐため、農林水産省の食品表示Gメンが全国のスーパーを巡回し、5日までに「愛知県産ではない」などと表示していた不適切なケース225件を見つけ、撤去を指導した。

報道
2例目のウイルスも弱毒性 ロイター
鳥インフル風評被害防げ Gメン店頭巡回、225件指導 朝日新聞



Virus mix-up by lab could have resulted in pandemic Times of India (インド) 研究室内でのウイルス汚染事故がパンデミック発生の可能性に

 昨年オーストリアの研究室から強毒性のH5N1鳥インフルエンザウイルスが送られ、誰も気づかないままフェレットに投与される事故が発生した。この事故は、ウイルスが自然界に漏れる危険性と共に、H5N1ウイルスが人のインフルエンザウイルスと混じり合うことで遺伝子組み換えが発生して、パンデミックにつながる新型ウイルスを誕生する可能性もある。
 
 昨年12月、米国の製薬企業であるバクスター社のオーストリア支社が、増殖能力を失うように加工した通常のH3N2インフルエンザウイルスを、やはりオーストリアのアビル・グリーンヒルズ・バイオテクノロジー社に送った。
 2月にチェコ共和国のアビル社の関連研究所がバクスター社に、受け取ったサンプルを注射されたフェレットが、予想に反して死亡したことを報告した。この事実から、バクスター社がワクチン製造に用いているH5N1ウイルスが、ミスから生きた状態でサンプルの中に、混じっていたことが明らかになった。
 バクスター社のマルクス・ラインハルド氏は、H3N2ウイルスが入ったサンプルは高度に感染予防された状態で扱われていたため、感染した関係者はいないと語っている。
 しかし、オランダのエラスムス大学の高名なウイルス学者であるオステルハウス教授はこの事故に関して、非常に危険な事故であり、このような事故は絶対起きないように厳重に管理してゆく必要があると警告している。
 H5N1ウイルスとH3N2ウイルスが混じることは、極めて恐ろしい結果を招く可能性をはらんでいる。
 もし誰かが、この2種類のウイルスの混合物に暴露されたとしたなら、体内で感染した両ウイルスの間で遺伝子組み換えが生じ、ハイブリッドウイルスが誕生する可能性がある。(ハイブリッドウイルスはH5N1ウイルスの持つ高度な致死性とH3N2ウイルスのもつ人への高度な感染力を兼ね備える)。それは高い病原性を持ったまま人人感染を容易に生じ、パンデミックへとつながる危険性がある。

 *このニュースは2月18日に、他報道で掲載している。

3月5日


国内の動きから

 愛知県豊橋市の農場で鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は4日、最初に感染が確認された農場が、出荷を自粛する前に、ウズラ4870羽をタカやフクロウなど猛禽(もうきん)類の餌用や、人間の食用として山形、埼玉、茨城、東京、愛知、岐阜の6都県の施設などに出荷していた、と発表した。
 農水省によると、出荷されたのは産卵率が低下したウズラ。300羽は茨城、東京、岐阜の施設や個人宅で、既に餌として消費されており、3都県の家畜保健衛生所がウズラを食べたタカなどが鳥インフルエンザに感染していないかを調べている。

 愛知県豊橋市のウズラ飼育農家でウズラから高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、農林水産省は4日、サンプル調査を始めた2月18日から移動自粛を要請した同25日の間に、4870羽が出荷されたと調査結果を発表した。うち4570羽は回収・焼却されたが、300羽はタカやワシなど猛きん類の餌として利用されていた。


報道
山形にウズラ出荷 自粛前に 愛知鳥インフル 河北新報 
鳥インフルエンザ:愛知・豊橋のウズラ、移動自粛の前に4870羽出荷 毎日新聞


Egypt reports 57th human case of bird flu Xinhua  (中国、新華社) エジプト、57人目の鳥インフル発病者を報告
 エジプトで2歳8ヶ月の男児が鳥インフルに感染して、同国の発病者数が57人となったことが保健省の広報官から4日発表された。
 男児は北部のアレキサンドリア県に住んでいた。
 死亡した家きんに接触した後男児は4日に発病した。入院後タミフルによる治療を受けているが容態は安定している。
 つい3日前には2歳男児がフェイウム県で発病している。

 本年度のエジプトにおける発病事例 (エジプトにおける発病は幼児が多く、全員回復する傾向にある)
3月5日 2歳男児 容態安定
3月2日 2歳男児 生存中
2月9日 18ヶ月男児 回復
2月5日 2歳男児 回復
1月26日 2歳女児 回復
1月13日 21ヶ月女児 回復


Two-year-old Egyptian boy has bird flu Reuters  (国際) エジプトの2歳男児が鳥インフルを発病 
 アレキサンドリア県で2歳男児が死亡した家きんと接触した後、4日から鳥インフル症状を発病した。
 国営通信のMENAが保健省発表として伝えた。
 男児はタミフルによる治療を受けていて、状態は安定しているとされる。
新型インフル、症例集め分析 WHOが福岡で国際会議 朝日新聞
 世界規模での大流行が懸念される新型インフルエンザについて話し合う世界保健機関(WHO)の国際会議が3日、福岡市で始まった。発生が確認された場合、WHOはまず100人の感染例からウイルスの感染力や致死率などを分析し、公表する方針であることを示し、各国の協力を求めた。会議は6日まで。
 会議には、東アジアを中心とした14の国・地域で新型インフルエンザ対策に携わる65人が出席。WHOは昨年末、発生に備えたガイドラインを4年ぶりに見直しており、改訂版の内容が参加者に示された。新ガイドラインでは、新型インフルエンザの致死率などを迅速につかんで公表するのを目指すほか、行政機関だけでなく、地域住民やマスコミも含めた社会全体で大流行に取り組むことを強調しているという。
 WHO西太平洋地域事務局の葛西健・感染症対策課長は「各国はすでに新型インフルエンザの行動計画を持っているが、最新の知見を反映しながら、さらに改訂していってもらいたい」と話した。


特掲
(管理人)
世界のパンデミック情報数を米国政府とWHOのサイトからまとめた。 

 2006年をピークとしてパンデミック・インフルエンザ情報数は減少してきている。
 米国政府の情報ページは良く出来ていて、大変参考になるが、最近の情報数は少ない。
 下記のグラフは米国政府が専用ウエブサイトを立ち上げてからの情報数の推移である。



 下記はWHOの情報数の推移(Situation Update)である。


3月4日



国内の動きから

 新型インフルエンザの世界的大流行に備え、アジア各国の担当者が予防や対策を議論する世界保健機関(WHO)主催の国際会議が3日、福岡市で始まった。中国、韓国や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国から約80人が参加。6日まで討議し、提言をまとめる。
 WHOによると、改定ガイドラインでは従来の警戒レベルの分類をより明確に定義。鳥インフルエンザウイルスが人に感染しやすい「新型」に変異した段階で、発生地域での行動制限など「封じ込め対策」の実施を提言。発生直後からWHOが症例を100例集め、ウイルスが引き起こす病状の深刻度を検討、公表する。
 会議では、改定ガイドラインの周知とともに、国内対策のレベルアップや迅速な情報伝達のあり方などを議論する。初日の会議後、WHO西太平洋地域事務局の葛西健・感染症対策官は「(感染拡大防止には)社会全体の取り組みが重要」と話した。

 愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は3日、ウイルス遺伝子検出検査で陽性になった周辺農家1戸のウズラに対して別の2種類の検査を実施した結果、いずれも陽性になったと発表した。これを受け、県は感染を確定した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)でウイルスの型を調べる。
 2種類の検査は血清抗体検査とウイルス分離検査。県によると、1羽ずつ行う血清抗体検査で30羽中8羽が、10羽ずつまとめて行うウイルス分離検査で3グループ中2グループが陽性となった。ウイルスの型は4日にも判明する見通しという

報道
新型インフルへ アジア各国結束 福岡でWHO会議 西日本新聞
周辺農家1戸も感染判明=ウイルスの型分析へ-愛知の鳥インフル 時事通信 


Vietnam tightens measures to fight diseases in poultry and livestock People's Daily Online  (中国) ベトナム、家きんや家畜の感染症対策を強化
 ベトナム当局は、家きんにおける鳥インフル対策と家畜における口蹄疫対策を強化した。
UN warns Vietnam to be 'vigilant' on bird flu Macau Daily Times (マカオ) 国連、ベトナムに鳥インフル監視の強化を求める
 人での発病と家きんでの広がりを見せているベトナムに、WHOとFAO(国連食糧農業機関)が態勢の強化を求めた。

Human vaccine against bird flu soon Health Newstrack (オーストラリア) 人の鳥インフルエンザワクチンが間もなく開発
 下記報道内容と同じ。

 従来の季節性インインルエウザンワクチンに、ある種の免疫を増強させる化合物を加えることで、ウイルス感染細胞を攻撃する”免疫系の狙撃手”と言われる、キラーTリンパ球を産生させることに成功。インフルエンザウイルスの株を超えて広く作用する細胞性抗体が誘導される。
 いかにしたら細胞性抗体を産生させることが出来るかが、インフルエンザワクチン開発の鍵であった。
Scientists target bird flu vaccine Sky News Australia (オーストラリア) 鳥インフルワクチン、新規発想で開発が急加速
 オーストラリア、メルボルン大学の研究者チームが、従来の季節性インフルエンザワクチンに、免疫増強剤を加えることで、インフルエンザウイルスが感染した細胞を攻撃するTリンパ球を産生させ、株の種類を超えて、鳥インフルエンザをも含む多くのインフルエンザを予防できるワクチンの開発に成功した。
 これらはキラーTリンパ球と呼ばれ、より強力にインフルエンザウイルスの感染を阻止する細胞性免疫の中心の抗体となる。
 これまでのワクチンは液性抗体しか産生させられなかったために効果があまり期待出来なかった。
 
 *抗体:液性抗体ー免疫グロブリンが本態。ウイルスに直接攻撃。
       細胞性抗体ーキラーTリンパ球が本態。ウイルス感染細胞を攻撃。
   当研究では従来型の季節性インフルエンザワクチンに、免疫を増強させるための化合物(通常アジュバントと呼ばれる)を加えることで、他種類のインフルエンザウイルスに効果を持つワクチンを開発。
   これまでのワクチンが、液性抗体の産生で評価していたのに対して、当ワクチンでは細胞性抗体の産生で評価しているのが特徴。
 当研究結果は、米国の著名な科学雑誌の”科学アカデミー紀要(ProNAS)”に発表された。
3月3日

4 Indonesians die of bird flu; toll climbs to 119 Jakarta Post (インドネシア) インドネシア保健省発表、本年度4人が鳥インフルで死亡した
 本年度インドネシアで4人が鳥インフルで死亡し、同国での死者数は119人になったと、3日、保健省から発表された。
 国家鳥インフル委員会のバユ・クリスナムルチ委員長は、全死者は発病した家きんと接触後に発病したものと考えられると語った。全員ジャワ島であり、1月と2月に死亡したとされる。
 同委員長は事例の詳細に関しては語っていないが、ただ簡単に、ボゴール市の兄弟、ベカシとスラバヤの女性が2人とだけ語った。
Resistance to flu drug widespread in US -study Reuters  (国際) 薬剤耐性インフルエンザが米国内に拡大:研究
 米国CDCがまとめた報告。
 今冬の米国におけるH1N1株の100%近くがタミフル耐性となっている。
 現時点では流行はそれほど広がってはいない。
In Adults, Shots Are Best for Flu New York Times  (米国) 成人ではインフルエンザ予防には注射用ワクチン接種が最善の手段
 鼻腔スプレー方式ワクチンよりも筋肉内注射用ワクチンの方が成人のインフルエンザ予防には有効。
 軍兵士達のデータから分析。陸軍保健センター( Armed Forces Health Surveillance Center in Silver Spring)での研究。米国医師会雑誌に研究論文が掲載。
 100万人以上の兵士を対象。 注射用ワクチン接種を受けた兵士で、インフルエンザ様症状で医療機関を受診する率が54%減少。鼻腔スプレー方式ワクチンでは21%の減少。
 鼻腔スプレー方式ワクチン(FluMist)は、基本的には小児用に開発され、注射用ワクチンよりも有効と考えられていた。しかし成人の間でも投与を受ける率が高まっている。
3月2日


国内の動きから

 愛知県豊橋市のウズラ飼育農家のウズラから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県防疫対策部会は2日、当初の発生農家とは別の1戸の農家のウズラがウイルス遺伝子検出検査に対し、陽性反応を示したと発表した。同時に調査した他の9戸は陰性だった。

静岡県産業部は1日、県内のウズラ飼育農場などで鳥インフルエンザの抗体検査をした結果、陽性反応を示したウズラがあったが、その後の調査でウイルスが検出されず最終的に陰性と判断したと発表した。
 県産業部によると、検査は鳥インフルエンザが発生した愛知県豊橋市と隣接する湖西市など県内のウズラ農場5戸と湖西市内の養鶏場6戸を対象に行った。
 このうちウズラ農場1戸で、サンプル検査をした10羽のうち5羽から陽性の抗体反応が出たが、3種類の方法でウイルス検査をした結果、いずれも陰性だったという。

 愛知県豊橋市のウズラ農場での鳥インフルエンザ発生を受け、静岡県は県内のウズラ飼育農場など11カ所を対象に立ち入り検査を実施し、ウイルスは検出されなかったと1日発表した。抗体検査で一部のウズラが陽性反応を示したが、その後の検査でウイルスは検出されず、最終的に陰性と判定したという。
 静岡県産業部によると、立ち入り検査はウズラ農場5カ所と養鶏場6カ所が対象。うちウズラ農場1カ所でサンプル調査をした10羽のうち、5羽から抗体検査で陽性反応が出たが、3種類のウイルス検査でいずれも陰性を示した。

報道
鳥インフル:別農家のウズラも陽性反応 愛知県発表 毎日新聞
鳥インフルエンザ、静岡ではウイルス検出せず 日本経済新聞
静岡のウズラに抗体反応 ウイルス検出なく結果は陰性 MSN産経ニュース
鳥インフルエンザ:県が調査 ウズラ5羽から抗体検出も、ウイルス検査は陰性 /静岡  毎日新聞



Depok girl dies from suspected bird flu Jakarta Post  (インドネシア) インドネシアで少女が鳥インフル疑いで死亡
 デポクの6歳少女が鳥インフル疑いで東ジャワのペルサハバタン病院で2月28日死亡したと、tempointeraktif.com が報告した。わずか1日間の治療だった。
 少女は40度を超える高熱と目眩を主症状とした。
 2月25日に発病し、母親は2日後に地元の病院へ運んだが、チフスとの診断で、西ジャワのデポクにあるバークチ・ユダ病院へ連れて行くように言われた。しかしバークチ・ユダ病院では病室がないことからペルサハバタン病院での治療が勧められた。
 母親は医師に、ウイルスが体中に広がっているため、助かる可能性はないと言われたと語っている。

Chicken deaths: Ranikhet disease blamed Kantipur Online (ネパール) ネパール:大量の鶏の死亡はニューキャッスル病が原因と
 ネパールの農業省は、モラン郡の3農場で発生した鶏の大量の死は、ニューキャッスル病が原因と発表し、鳥インフルを否定した。現地では鳥インフルを恐れてパニックが広がっているが、ニューキャッスル病は人へは感染しないと説明している。

*当事例は2月28日に鳥インフル疑いとして報道された。
Report: Bird flu virus detected on another farm in Japan Xinhua (中国、新華社) 報告:日本の他の農場からも鳥インフルウイルスが検出

 愛知県でさらに別な農場における検査でも鳥インフルウイルスが陽性となったことが、県庁が2日に発表した。
 先週愛知県豊橋のウズラ農場で弱毒性のH7N6株鳥インフルウイルスが検出され、県の当局では周辺の農場でも検査を行っていた。
 共同通信による。

Two-year-old boy becomes Egypt's 56th bird flu case MSNBC (米国) エジプトで2歳男児が、同国で56人目の鳥インフル発病者に
 ロイター記事

 本年度のエジプトにおける発病事例 (エジプトにおける発病は幼児が多く、全員回復する傾向にある)
3月2日 2歳男児 生存中
2月9日 18ヶ月男児 回復
2月5日 2歳男児 回復
1月26日 2歳女児 回復
1月13日 21ヶ月女児 回復

Scientists modifies smallpox vaccine to fight H5N1 bird flu Xinhua (中国、新華社) 天然痘ワクチンを改造してH5N1ワクチンの作成
 香港と米国の研究者。
 天然痘ワクチンを遺伝子操作でH5N1ワクチンに改造。製造費が安価であることと、施設も途上国等で容易に造れる。マウスの実験で成功。人での臨床試験開始までは2年ほど要する。
Two-year-old boy becomes Egypt's 56th bird flu case Reuters  (国際) エジプトで2歳男児が56人目の発病者に
 1日、エジプト国営通信のMENAは、保健省発表として、2歳男児が鳥インフルウイルスに感染して重体に陥っていると伝えた。
 男児は中央エジプトのエルファユム県に住んでいて、死亡した家きんに接触した後、25日に発病した。
 タミフルが投与され人工呼吸器に接続されている。

 エジプトでは500万世帯が家きん飼育を収入源とし、また食料源としている。
3月1日



国内の動きから

 愛知県豊橋市のウズラの採卵農場で検出された高病原性の鳥インフルエンザウイルスについて、農林水産省は1日、弱毒性のH7N6型と確定したと発表した。周辺の採卵農場や養鶏場では出荷を停止している。感染がないと確認されれば2日にも県と農水省が協議し出荷を認める方針。 ウイルスが検出されたウズラ農場から半径5キロ以内には、ウズラの採卵農場8戸を含めニワトリやアイガモを飼う農場が23戸あり、先月27日から卵や鶏肉、飼料などの移動が制限されている。愛知県のこれまでの調査では感染の拡大は見られないという。
 農水省によると、H7N6型は、1975~76年にオーストラリアでカモとニワトリから、04~07年にモンゴルで野鳥のカモから、06年にはスロバキアで野鳥から検出された例があるという。

 愛知県豊橋市のウズラの採卵農場で高病原性の鳥インフルエンザ(H7型)が発生したのを受け、農林水産省は28日夜、専門家らによる「家きん疾病小委員会」を開いた。疫学調査チームを設置して、現地を視察し、感染経路を調べることを決めた。
 会合では各委員から、今回、大量死に発展する前の段階で、愛知県の定期検査が早期の発見に結びついたことへの評価が相次いだ。引き続き都道府県による養鶏場などへの定期検査を継続していく重要性が確認された。会合後に会見した委員長の喜田宏北大大学院教授は「教科書のような対応だった」と述べた。

 愛知県豊橋市の農場で飼育されていたウズラから弱毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、農林水産省は28日夜、専門家による小委員会を開き、感染ルートの解明などに当たる疫学調査チームを発足させた。
 チームは伊藤寿啓・鳥取大教授を座長に、日本野鳥の会や動物衛生研究所の研究員らがメンバー。近く現地調査も行うという。

報道
愛知の鳥インフル、弱毒性H7N6型と確定 農水省発表 朝日新聞 
愛知・鳥インフル、感染経路調査へ 農水省小委が会合  朝日新聞
愛知・鳥インフルに調査チーム発足、感染ルート解明目指す 読売新聞 



West Bengal authorities gear up to contain bird flu SINDH TODAY  (インド) 西ベンガル州当局、鳥インフル対策を強化
 シルグリでの対策を強化。住民に対して家きんの衛生管理知識の普及等。

Experts fight H5N1 bird flu using smallpox vaccine Reuters AlertNet  (英国) 天然痘ワクチンを利用したH5N1ワクチンが開発
 香港と米国の研究者により天然痘ワクチンを利用したH5N1ワクチンが開発され、マウスの実験で成功した。
 天然痘ワクチンは安価で容易に作りやすいということで、途上国でも製造が可能とされる。
TOP