高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年2月

2月28日


国内の動きから

 愛知県豊橋市のウズラ農場で飼育されていたウズラから、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H7亜型」が検出されたことを受け、豊橋市に隣接する湖西市など県西部の関係者は27日、情報収集や防疫体制の準備などに追われた。農林水産省は、ウイルスは弱毒性の可能性が高いとみており、県なども「鳥の卵や肉を食べて人に感染したとの報告はない」として冷静に対応するよう呼びかけているが、風評被害を心配する声も一部で聞かれた。
 県畜産振興室によると、ウズラ飼育農家は2008年2月1日時点で湖西市に2戸、磐田市と島田市に各1戸あり、合わせて32万羽を飼っている。県は27日、4戸すべてでウズラから血液を採取して行う抗体検査と、検体のウイルス分離を実施したほか、湖西市の養鶏農家6戸でも鶏の抗体検査を行った。

 愛知県豊橋市のウズラ農場で高病原性の鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は27日夜、検出されたウイルス「H7亜型」を茨城県つくば市の動物衛生研究所で分析した結果、弱毒性と確認されたと発表した。
 また、同省は同日、省内で鳥インフルエンザ対策本部の会合を開き、全都道府県に対し、養鶏場への緊急立ち入り調査の実施などを求めることを決めた。

 愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルスが確認されたのを受け、長野県は27日、県内の全養鶏場などを対象に調査を始めるとともに、各家畜保健衛生所などに24時間態勢で相談窓口を設けると発表した。
 県園芸畜産課によると、100羽以上の養鶏場全125戸(計約150万羽)や学校で飼育される鶏を対象に死亡状況の確認などを実施。県内にはウズラの養鶏場はないという。


報道
鳥インフル 冷静対応を県が呼びかけ 読売新聞
愛知の鳥インフル、弱毒性と確認…移動制限5キロに縮小 読売新聞
鳥インフルエンザで対応 長野 MSN産経ニュース 


Bekasi resident allegedly dies of bird flu Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、ベカシで鳥インフルで1人死亡した疑い
 東ジャカルタのペルサハバタン病院で28日朝に8歳少年が鳥インフルで死亡した可能性があることが、現地の報道( kompas.com)が伝えた。
 ベカシの保健局の疾病管理部の責任者は、少年はスカラヤ村に済んでいて、今日の午後に埋葬されたと語った。
 少年は本日の朝にペルサハバタン病院へ運ばれた。昨夜からシカランのアニサ病院で治療を受けていた。
 医師団によると、少年は肺炎、高熱および咳を呈していたとされる。家族によると周辺で鶏が死亡し、少年の家の周囲に埋められたという。
 少年の死亡は、今月に入ってから村で2人目で、1人目は2月早くに報告された。

1000 poultry die in Morang in 2 days, bird flu suspected Republica (ネパール) ネパール、モラン郡で2日間で家きんが1000羽死亡、鳥インフルの疑い

*当事例は3月2日に、ニューキャッスル病として確定された。
 約1000羽の家きんが、モラン郡タンキシヌワリで2日間で死亡した。
 郡の家畜局は死亡した鶏から検体を採取して、検査に送った。
 二ヶ所の農場で死亡している。
 死亡した鶏は、始めに唾液を流し出し、続いて頭部が腫脹してきた。その後に鶏は死亡しだした。
 最近、鳥インフルは隣のジャパ郡でも発生している。
 
*東部端のジャパ郡の西隣りにモラン郡がある。
 ネパールの東側にインドの西ベンガル州がブータンとの間で挟まるように突き出ていて、ここのシリグリでも家きんの間でH5N1鳥インフルが発生している。

 さらに南部にはバングラデシュも存在し、この一体はH5N1鳥インフル発生地帯となっている。

Malaysia-Bird Flu. MALAYSIA-BIRD FLU Farming UK  (英国) 
 英国のグラクソスミスクライン社が製造しているH5N1鳥インフルウイルスに対するプレパンデミックワクチン(プレパンドリクス、Prepandrix)をマレーシアが承認し、欧州以外で初の承認国となった。EU加盟国とスイスは既にプレパンドリクス使用を承認している。
 グラクソスミスクライン社によると、プレパンドリクスはH5N1ウイルスの株に対して、広く交差免疫を示すという。
Baxter admits contaminated seasonal flu product contained live ... CKFR  (米国) バクスター社、季節性インフルエンザワクチンに生きた鳥インフルエンザウイルスを混入
 バクスター社はオーストリアの工場から、実験用季節性インフルエンザワクチン(H3N2)に、生きたH5N1ウイルスが混入していたことを27日確認した。
 WHOの欧州担当官は、WHOはオーストリアのオルト・ドナウの同社の施設での調査を、詳細にモニターしていると語った。
 「現時点では一般社会と関係者の間にウイルス感染の危険性はほとんどないと判断している」、と医療官が語っている。

 当内容は2月18日に、経済済み。

Vietnam has 54th death from bird flu Reuters (国際) ベトナムで54人目の鳥インフル死者が発生
 32歳のベトナム人男性がH5N1ウイルスに感染し、首都ハノイの病院で死亡したと、WHOが27日、ベトナム保健省の報告を引用して発表した。
 男性はハノイの南方90キロに位置するニンビン省で、発病した家きんを食べた後ウイルスに感染したと、国営通信の”人民軍(People's Army)が先に報じた。男性は2月11日に発病し、25日に死亡したと報じられている。
 ジュネーブのWHO本部は、当事例でベトナムの患者数は計109人となり、そのうち死者数が54人となったことを発表した。
 ベトナムでは11省で家きんの間の鳥インフルが発生している。
*当事例は昨日既報済み。
Researchers discover "supermantibody" against flu SmartBrief - (米国) 研究者チーム、インフルエンザに対する”スーパーマン抗体”を発見
 国際研究者チームは、ほとんどのインフルエンザウイルスを不活化出来る人の抗体を見つけた。
 CR6261抗体を投与されたマウスは、致死的鳥インフル感染5日後に回復した。
 また他の研究者チームも類似の発見を今週初めに行った。
Low risk bird flu on Norfolk farm identified as the H6 virus Dereham Times  (英国) 英国、ノーフォークの農場で低病原性のH6鳥インフルが発生
 ノーフォークの農場で発生した鳥インフルは、政府がH6N1ウイルスによるものと発表した。
 デレハム近くのバーナード・マテュース繁殖農場(Bernard Matthews' breeder farm)で発生した鳥インフルは、致死的H5またはH7ウイルスではないと昨日発表されていた。
 本日の午後に会社はウイルスが分離され、それはH6N1であると発表した。
 同社によると、最近2,3年間に欧州で野鳥や家きんから分離されているウイルスとされる。

 保健局( Health Protection Agency (HPA))によると、H6N1株は人に対してはほとんど病原性はなく、関係者がタミフルを服用する必要はないとしている。

* 鳥H6N1ウイルス(低病原性)は、ヒトへの感染も無く、鳥で検出されるのみですが、H9N2ウイルス以上に高病原性H5N1ウイルスが持つ遺伝子と似ていることがわかっているため、警戒が必要であろうと言われています(Tsukaguchi’s Column )。
2月27日



A型インフルエンザに対する万能型治療方法の開発につながる発見
オランダと米国の研究チームが発表

抗原可変部分:これまでのワクチンが標的としてきた部分。絶えず抗原性が変化するため、適切なワクチン作成が困難だった。
抗原不可変部分:今回の一連の研究で明らかになったヘマグルチニンの幹部分。抗原性が全ての株で同じで、さらに変異もしないため、この部分を標的としたワクチンが開発されると、全てのA型インフルエンザに対応可能となり、またこの部分に対する抗体製剤を開発すると、万能型の予防や治療が可能となる。
 インフルエンザウイルスのアキレス腱としてヘマグルチニンの幹部分が同定された。なぜアキレス腱と言われるか、その理由は全てのA型インフルエンザに共通した蛋白であるため抗原性が同じであることによる。すなわち、その部分に対する抗体1種類で多くのA型インフルエンザを相手に出来る。同時にこの部分に対する抗体も発見され、近い将来、その抗体を用いたインフルエンザ予防と治療が可能になる。
 またこのアキレス腱に対するワクチンを製造することにより、多くのA型インフルエンザに人類は対抗出来るようになる。
 これまではヘマグルチニンの頭部分に対するワクチンしか作成出来ていなかったが、この部分は絶えず抗原性が変わるため、ワクチンの標的とするには適していなかった。

2月23日&27日
 米国とオランダの研究チームが明らかに。



国内の動きから

 農水省と愛知県は27日、同県豊橋市南大清水町の採卵用ウズラ飼育農場で、高病原性鳥インフルエンザに感染したウズラが見つかったと発表した。検査の結果、2羽から陽性反応が出た。動物衛生研究所(茨城県つくば市)がH7亜型と確認、弱毒性とみられる。現時点で、ウイルス感染により死んだウズラはいないという。
 同省によると、国内でのH7型の感染確認は1925年以来84年ぶり。
 県は、同農場の消毒作業を行うとともに、半径10キロ以内の養鶏場など65戸の家禽(かきん)類約406万羽の移動を禁止する措置を取った。
 同省と愛知県によると、同農場はウズラ約32万羽を飼育。25日のモニタリング検査で10羽中2羽から陽性反応が出た。再検査の結果、27日午前にH7亜型と確認。症状などからみて、弱毒性とみられるという。
 県は近く、同農場の成鳥28万羽を殺処分し、弱毒性と確認されれば、移動禁止措置を半径5キロ以内に緩和する方針

報道
愛知県で鳥インフル=飼育ウズラ2羽から-84年ぶりH7亜型、弱毒性・農水省 時事通信



Experts say new drugs needed to fight flu pandemic Reuters AlertNet - (国際) 専門家、パンデミック・インフルエンザに備えて新薬が必要と
 香港での会議で、聖ユダ小児研究病院の有名なインフルエンザ研究者のウエブスター博士の講演。
 H1N1ウイルスの多くがタミフル耐性になってきている。H5N1ウイルスも可能性はあり得る。リレンザもタミフルも類似の薬剤であるから、さらに新抗ウイルス薬が必要だ。…。

Bird flu detected in quail in central Japan  Earthtimes (press release)  (国際) 日本の中央で鳥インフルがウズラで発生
 日本の中央の豊橋市のウズラ農場で鳥インフルが発生したことを27日政府が発表した。地域当局では農場周辺10キロ以内を隔離した。そして多くの家きんを殺処分する予定としている。死亡したウズラはなく、また人での感染者も報告はされていない。
 ウズラは高病原性H7亜型株に感染しているが、人に致死性を示す株はH5N1である。
愛知で鳥インフルエンザ 国内初のH7型 MSN産経ニュース 
 農林水産省は27日、愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルスを確認したことを明らかにした。ウイルスは国内初のH7型で農場でウズラが死んでいないことから同省は「感染力の弱い弱毒性の可能性がある」とみている。国内農場での鳥インフルエンザ発生は平成19年2月以来。
 農水省によると、愛知県がこの農場に定期検査に入り、ウイルスを確認した。農場は25日からウズラの移動を自粛している。愛知県は農場から半径10キロの範囲でニワトリなどの移動制限措置を取る。

*H7亜型弱毒性株は世界でも比較的頻繁に検出されている。人への感染性を増しているとの報告もあり、新型インフルエンザの原因ウイルスの一つに入れられています。
 なお日本では家畜伝染病予防法の分類でH7亜型鳥インフルエンザは高病原性鳥インフルエンザに分類されるが、その中でも強毒性と弱毒性に分かれている。今回はウズラは死亡していないから、弱毒性株と考えられる。

 下記のTsukaguchi’s Column からの情報を参考にしてください。H7N3またはH7N2と思われます。
毒性の強いH7N7ウイルスは、ヒト感染例があり、ヨーロッパで2003年に死亡者も出ています。鳥H7N3H7N2(弱毒性)は、米国やカナダでヒトへの感染がみつかっていますが、通常のインフルエンザ様症状や結膜炎のみで死亡者はいません。ただ、2008年には、米国の家禽市場の鳥から分離されたH7型ウイルスが、ヒトへ感染しやすくなっている(ヒトHA受容体への親和性の上昇)と報告されています。


Another bird flu patient dies in Vietnam Reuters (国際) ベトナムで鳥インフルで死亡
 32歳男性がベトナムの首都の病院で死亡したことを国営通信が報じた。
 男性は北部のニンビン省で、発病した家きんを食べた後に発病した。2月11日に発病し、25日に死亡した。
 先週末にはハノイの東部のクアンニン省で23歳の女性が死亡している。
 ベトナムは、ニンビン省とクアンニン省を含む11省で家きんの鳥インフルが発生していることを発表している。.
Crucell’s Revolutionary Antibody for Universal Therapy Against Flu  WebWire (press release (米国) クリューセル社の革命的抗体製剤がインフルエンザの万能治療法の開発に
Scripps Reveals Strategy for Fighting Flu San Diego Business Journal  (米国) スクリプス社、インフルエンザ撲滅戦略を明らかに
 スクリプス研究所の研究チームが、鳥インフルエンザウイルスを含む各種のA型インフルエンザウイルスのアキレス腱を攻撃する抗体を見いだしたと発表した。
 インフルエンザは、ウイルスが絶えず変異するロリポップ様蛋白に覆われているために対策が困難となっている。同社の抗体、CR6261は、このロリポップ様蛋白構造物の幹部分を攻撃し、ウイルスを不活化することが明らかにされた。
 スクリプス研究所のチームは、オランダのクリューセル社と協同して研究を行ってきた。クリューセル社の研究陣は、先にCR6261が季節性インフルエンザを不活化することを実験室内の研究で明らかにしている。
 研究陣は2月26日のサイエンスの特報版で発表した。

 また2月22日には、バーンハム医学研究所のチームがマウスに投与された致死的ウイルスを不活化する10種類のモノクローナル抗体を発見したことを、論文で発表している。
Immune Molecule That Attacks Wide Range Of Flu Viruses Discovered  Science Daily (米国) 多くのインフルエンザウイルス株を攻撃する免疫分子化合物が発見
 下記と類似内容。

  CR6261は、多くのボランティアから得られた白血球から作成されたモノクローナル抗体中から分離された。
 
 偶然、ヘマグルチニンの幹部分(通常は抗体が作成されない部分)に対して抗体を作る白血球が見つかった。このような白血球を持っている人は多くいると考えられている。
 結果論としては、もともとこの部分に対する抗体産生能を保有している人から白血球を得て、そしてモノクローナル抗体を製造している。


Crucell's Revolutionary Antibody for Universal Therapy Against Flu CNNMoney.com  (米国) クリューセル社の革新的抗体が万能型インフルエンザ治療へ応用の可能性
 オランダのバイオ製薬企業のクリューセル社( Crucell N.V)が本日発行のサイエンスに、同社の新抗インフルエンザ抗体が各種のインフルエンザ株に対して効果を持つ理由が説明された論文が掲載されたと発表した。
 この研究結果は、同社の抗体製剤である”CR6261”が季節性インフルエンザやパンデミックインフルエンザに対して、革命的治療が可能であることを示唆している。
 「しばしば出現する致死的インフルエンザウイルスに対する新治療法は必要だ」、とクリューセル社のCSOであるジャープ・グドゥミト氏が語った。
 持続的インフルエンザウイルスの変異は、ワクチン製造会社が、ワクチン作成のためにいつも正しいウイルスの選択に苦労する理由になっている。さらにこれらのワクチンは高齢者には効果的ではない。また万能型薬剤と思われてきたタミフルもH1N1ウイルス(ソ連型インフルエンザ)に対して無効な場合もあり、さらに報告によるとタミフルに耐性のH5N1株も見つかってきていて、インフルエンザに対する万能型治療法の開発が急務となっている」
 クリューセル社は、同社の抗体製剤 CR6261が致死的パンデミック・インフルエンザウイルスを含む多くのインフルエンザウイルス株に対して、予防的にも治療薬としても有効であることを示した。
 研究はスクリプス研究所(Scripps Research Institute)と協同的に行われ、X線結晶解析を用いて、なぜCR6261抗体が広い範囲のウイルスに結合し、不活化するのかを解明した。研究では季節性インフルエンザウイルスであるH1N1株と、現在アジアで脅威的となっているH5N1鳥インフルエンザウイルスを対象とした。
 クリューセル社の抗体CR6261がウイルスのヘマグルチニン(HA)の、高度に保護されているエピトープ(抗原決定基 (antigenic determinant) )に結合することを明らかにした研究論文{Antibody Recognition of a Highly Conserved Influenza Virus Epitope}が”サイエンス”に掲載された。このエピトープは多くのA型インフルエンザウイルスに共通した構造になっているため、ウイルスにとってのアキレス腱とも言える。すなわちこの部分に抗体が結合することでウイルスは不活化されるが、その抗体は個々のウイルス株に特異性を保持している必要はなく、当該エピトープに対する同一の抗体で可能となる。
 
 クリューセル社の抗体製剤 CR6261を用いた臨床試験が今後予定され、成功すると各種インフルエンザに対する万能型予防薬および治療薬として使用することが可能となる。

 先に米国の研究者チームからも類似の研究発表がされたばかりであるが、クリューセル社の研究と同研究者チームの間にどのような関係があるのかは分からない。クリューセル社の研究に関しては2007年に発表されていたので、そのときの報道を再度以下に掲載する。

2007年  9月15日

Crucell to present pre-clinical results for H5N1 Virus treatment CNNMoney.com (米国) Crucell社H5N1ウイルス感染治療の前臨床段階実験で成功
 オランダのバイオテクノロジー企業のCrucell N.V.は14日、研究者達がH5N1鳥インフルウイルスに反応するモノクローナル抗体を作成したと発表した。研究結果はラスベガスで9月27日から28日まで開かれる第五回国際鳥インフルサミットで発表される。
 同社の研究者達は、 PERC6® 細胞系を用いて抗体を産生した。そしてその抗体の生物物理的及び免疫的性状を分析した。
 「バクテリオファージを用いた技術で、人のH5N1ウイルスに対するモノクローナル抗体の作成に成功した。マウスの実験でこれら抗体はH5N1鳥インフル感染を予防すると共に、感染したマウスの治療にも効果を示した。会議で我々はそれを示す」、と同社の研究者達は語っている。
 同社は会議でさらなる情報を提供する予定のようだ。
Crucell discovers antibody against H5N1 bird flu virus newratings.com (米国) Crucell社、H5N1鳥インフルウイルスに対するモノクローナル抗体を作成
 Crucell NV社は14日にH5N1鳥インフルワクチンの作成の画期的方法を開発できたと発表した。
 同社によると作成したモノクローナル抗体を用いて、マウスにおけるH5N1ウイルス感染阻止実験と、感染マウスにおける治療実験に成功したとされる。
 ただし同社は、作成されたものモノクローナル抗体は、前臨床段階の産物であり、現段階では商用的利用段階ではないと言っている。
H5N1 Human Antibody Discovered By Dutch Biotech Medical News Today, UK  (英国) H5N1人モノクローナル抗体がオランダBiotechで作成
 オランダのバイオテクノロジー企業である、Crucell NV(本部はライデン)は、致死的H5N1鳥インフルのウイルスに対する人のモノクローナル抗体を作成した。
 同社は前臨床的研究結果を、9月27日から28日に米国のラスベガスで行われる第五回鳥インフルサミットで発表する。
 同社の科学研究部主任のJaap Goudsmit博士は次のように語っている。
 「バクテリオファージを用いた方法で各種のH5N1ウイルス株に広く反応する人用モノクローナル抗体をを開発することに成功した」。
 会社では、この開発されたモノクローナル抗体がマウスでのH5N1鳥インフル感染を防止する実験結果を会議で発表する。

2月26日
Blame ducks for bird flu?  AsiaOne 
 米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院の世界的インフルエンザウイルス研究者のウエブスター博士が、香港の会議で、ベトナムと中国における鳥インフルの拡大が、無症状アヒルによる可能性を指摘し、もっと監視態勢を強化するように警告した。
 同博士によると、多くのアヒルはH5N1ウイルスにより病的状態にはならず、さらにアジアでは鶏と一緒に飼育されており、簡単にウイルスは種を超えて感染する、とされる。
 アヒルが無症状であることが、感染症の追跡を難しくしていると、博士は説明している。
 中国では家きんでの鳥インフル発生がないとされるが、アヒル集団でいくつかのウイルス株が感染しているにも関わらず、当局は把握していない。
 多分、国全体で無症状感染が潜航し続けていると考えられる。
 博士によると、アヒルは無症状だから高価なワクチン接種は農家ではしたがらないという。
 ベトナムや中国では監視態勢をもっと強化して、ウイルス感染家きんは殺処分することが重要と、博士は語っている。

* かって2005年に、ウエブスター博士は、ベトナム南部で感染が広がっていたとき、無症状アヒルがウイルス伝搬の犯人と言い、それらアヒルを”トロイのアヒル”と呼んだ。すなわちウイルスを体内に宿して、伝搬してゆく状況から、そのように呼んだのである。

2005/7/19

・Avian Flu Virus Could Hide in Ducks Washington Post (米国) 鳥フルウイルスはアヒルの間に潜伏の可能性
 鳥フルの変異はアヒルに対して病原性を弱める結果をもたらし、アヒルが「トロイの木馬」となって、他の鳥や人に感染を拡大している可能性がある。
 アヒルのような水鳥はこの種のインフルエンザウイルスの自然宿主で2002年まではアヒルに対して病原性を示すことは希だった。しかし2002年に変異した株が多くのアヒル達を死亡させた。それ以来ウイルスは変異し続け、アヒルには低病原性で、鶏や人に対しては高病原性(死亡させる)の株に変わってきた。
 これらの研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences(世界的科学雑誌)」に19日掲載されたが、それによるとアヒルはH5N1ウイルスの「トロイの木馬」となっていると説明される。
 論文では、ウイルスを保有して無症状のアヒルが、ウイルスを拡大して世界的流行を引き起こす危険性があると警告している。

2005/7/20

'Trojan ducks' could spread birdflu Science Daily (press release)  (国際) ”トロイのアヒル”が鳥フルを拡大
 鳥フル研究者達は、体内にウイルスを保持したまま無症状で、人をも含んだ他の動物にウイルスを伝搬させる”トロイのアヒル”を警告している。
 科学者達はアジアのアヒルから分離されたウイルスを研究した結果、2002年以来ウイルスは変異してきていて、鳥達に対する病原性をより弱めてきていて、鳥達がウイルスの集積場所(貯蔵場所、リザボイア)となっていると発表した。
 発見は聖ユダ小児病院のRobert Webste博士らのチームによるもので、アヒルが世界的インフルエンザ(新型)流行の原因となる可能性を指摘している。
 研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences」(世界の科学者達が最新の研究を短報として発表する世界的科学雑誌)に発表された

Bird flu hits 11 provinces of Vietnam nationwide  Xinhua (中国、新華社) ベトナム、国内11省で鳥インフルが発生
 鳥インフルが拡大中のベトナムで新規に北部のディーンビエン省で発生し、鳥インフル発生省が計11省となったことが、農業省下の家畜衛生局から発表された。
 ディーンビエン省では2ヶ所のコミューンで発生したが、1460羽のアヒルと1000個の卵が処分された。
 同局のコメントでは、さらに他の省でも発生する可能性があるとしている。
Siliguri bird flu Calcutta Telegraph, India  (インド) シリグリで鳥インフル発生

Culling to begin today The Statesman, India  (インド) 家きんの殺処分が本日開始
 西ベンガル州ダージリング県のシリグリで家きんの間でH5N1鳥インフル発生が確認されたため、殺処分が始められる。

 
 インド、西ベンガル州ダージリン県のシリグリで家きんにおけるH5N1鳥インフルが以前から発生している。この地はネパールとブータンの間に挟まれている。

 ネパールのジャパ郡でも家きんで発生しているが、インドから拡大しているものと考えられている。

ブータンでは以前から警戒体制にあるが、現在の処、発生報告はない。

First Step Toward Lifelong Flu Vaccine? WIBW, KS  (米国) 長期間効果を持続する鳥インフルワクチンへの最初のステップ
 この2,3日、世界を駆けめぐっているHAの幹部分へのワクチン製造の話題。

WHO warns of bird flu vaccine shortage FierceVaccines, DC  (米国) WHO、鳥インフルワクチン不足を警告
 内容に関しては昨日報道と類似。
 追加すべき内容として以下のポイント。
 問題は:
 WHOのワクチン研究計画の責任者であるキニー氏が、現在の世界における季節性インフルエンザに対する需要は年間5億本(3億~4億人分)であるが、実際の製造能力は8億本であり、それは2014年には17億本となるが、その過剰になった生産ラインを閉鎖すると、再びワクチン製造ラインとして復活が難しいと語っていることである。過剰な生産ラインを鳥インフルワクチン生産ラインにいつでも切り替えることが出来る体制が必要。

Czech geese with bird flu put down Czech Happenings, Czech Republic (チェコ) チェコで鳥インフル感染ガチョウを殺処分
 定期的鳥インフルウイルス検査で見つかったH7亜型に感染していたガチョウをガスで殺処分に。
 他にガチョウとカモの検査が行われていて、ウイルスが見つかった場合は殺処分に。

* H7亜型:H7N7(鳥高病原性)鳥H7N3H7N2(低病原性)


~~~~~~~~~~~~~~参考~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2006年2月のトピックスから

この頃は、パンデミック発生危機感が世界的に最も高まっていた。
情報は日付から直近情報集を参照のこと。
スエーデン、致死的鳥フル検出の疑い(28日)
パキスタンでも致死的鳥フル発生の疑い、当局大量の鶏を殺処分(27日)
アフリカ、ニジェールでも鳥フルが家禽の間で発生(27日)
スイス、フランスで鳥フル警戒態勢強まる(27日)
スイスでもH5N1鳥フルが発生の報告(26日)
中国で2名鳥フル感染確認、合計14人に(26日)
フランス、七面鳥農場で大量の七面鳥が致死的H5N1鳥フルで死亡(25日)
クロアチア、グルジアでも野鳥からH5N1ウイルスを検出(24日)
オーストリアの鶏からウイルスを検出(EUで家禽から初の検出)(22日)
ハンガリーでも死んだ白鳥からH5N1ウイルスが検出(21日)
アフリカ、ナイジェリアでの鳥フル周辺国へ拡大の危険性(20日)
EUでH5N1鳥フル拡大の勢い、6カ国へ(20日)
インドの製薬会社、タミフル類似薬を鳥フル発生地域で店頭販売へ(19日)
ナイジェリアの兄弟、鳥フルは否定
(18日)
ウイーンの公園の白鳥もH5N1鳥フルで死亡(18日)
H5N1鳥フル、インドの家禽を5万羽殺す(18日)
フランス、エジプトでも鳥フル発生(18日)
ドイツ、オーストリア、イランで、死亡した白鳥からH5N1ウイルスが発見(15日)
インドネシアで一家3人を含む4人が感染疑いで入院(13日)
ナイジェリア、兄弟が感染の疑いで検査中(13日)
2死亡インドネシア女性のH5N1鳥フル感染が香港でも確認(12日)
ナイジェリア、人感染発生の疑い(12日)
イタリア、ギリシャ、ブルガリアでH5N1鳥フル感染白鳥が確認(12日)
中国湖南省で女性が死亡(11日)
中国山西省、鳥フル発生養鶏場労働者35人が自宅隔離
(10日)
ナイジェリア、家禽での鳥フル発生拡大の可能性(10日)
インドネシアで女性が死亡(10日)
中国福建省で女性が発病
(9日)
香港で野鳥や鶏でH5N1ウイルス拡大の恐れ(9日)
アフリカ、ナイジェリアで家禽の間でH5N1鳥フル発生が確認される:OIE(8日)
イラク南部でも鳥フル感染者発生の疑い(8日)
イラクで2人目の死者が確認(7日)
H5N1鳥フルウイルスの震源地は中国東南部と、中国研究者が発表(7日)
インドネシアで女性の鳥フル感染死が確認、政府発表死者数17人と(6日)
インドネシアでさらに感染者増加、政府発表感染者数23人、死者16人に(5日)

WHO、イラクへタミフルを提供、調査団派遣(4日)
米国CDC開発H5亜型鳥フルウイルス迅速測定キットをFDAが承認(4日)
インドネシアで子供が死亡(2日)
イラク、鳥フル治療用医薬品不足(2日)

2月25日

Laos bird flu confirmed in Phongsaly province Thai News Agency MCOT, Thailand (タイ) ラオスのフォンサリー省で家きんの鳥インフルが発生。今年度初。
WHO Study Warns Of 4-year Wait For Bird Flu Vaccines EasyBourse.com, France (フランス) WHO研究が警告:鳥インフルワクチンの世界への供給には4年間必要
 鳥インフルのワクチンは2007年以来3倍量製造が可能になっているが、パンデミック発生時には世界の人口に見合う量を製造するには4年間は要すると、WHOが後援している研究報告が24日行われた。
 最善のシナリオを描いたとしても、世界の人口分のワクチン製造には1年半は要すると、研究報告では説明されている。
 WHOのワクチン研究計画の責任者であるマリ-ポウル・キニーさんは、通常の季節性インフルエンザ製造量は需要以上になっているから、その製造量は減らすことを提案している。
 「パンデミックが始まった初期に利用できるワクチンの製造能力は充分ではない。一方、季節性ワクチンの製造量は需要を超えている」
 キニーさんは、現在の世界における季節性インフルエンザに対する需要は年間5億本(3億~4億人分)であるが、製造能力は8億本であり、それは2014年には17億本となる、と説明する。
 「我々は過剰なまでに製造能力を高めている。企業はそれに対してどうすれば良いのか?そのまま継続するか、もしくはいくつかの製造ラインを閉鎖するか…」、とキニーさんは説明する。
 巨大製薬企業でであるグラクソスミスクライン社のステファン・ガードナー氏は、ワクチン製造能力は簡単に創造は出来ない故、パンデミック発生まで、その能力を持続させておく必要があると言う。
 同氏は、H5N1ウイルスワクチンを備蓄するために過剰に産生する能力の必要性と、また季節性ワクチンの産生をさらに伸ばす必要があるという。
 例えば欧州では、人口の20%しか季節性ワクチンの接種を受けていないという。
Bird flu vaccine still in short supply TVNZ, New Zealand  (ニュージーランド) 鳥インフルワクチンはいまだ不足
 昨日のロイター通信。

UN Urges Vietnam to be Vigilant on Bird Flu Voice of America  (米国、VOA) 国連、ベトナムへ鳥インフルへの警戒態勢を強化するように警告
 国連の2機関が、ベトナムに対して鳥インフルへの警戒態勢を強めるように警告している。今年に入ってから3人の発病者がでて、そのうち1人が死亡していることから、拡大が危惧されている。

 国連のWHOとFAO(国連食糧農業機関)が、ベトナムに監視態勢を強化するように警告した。
 ベトナムではインドネシアを除いて、世界でも人における鳥インフル死者が最も多い。
 24日に行われた共同声明では、WHOのベトナム事務局代表であるジャン-マルク・オリブ氏は、これまでの経験から言うと、この時期が最も鳥インフル発生の危機が高まる、と警告する。
 オリブ氏は、本当に人人感染が起きる可能性があるという。
 国連によれば、ベトナムでは既に2003年以来52人が死亡している。一方インドネシアでは115人が死亡している。
 21日、本年度初めて女性が鳥インフルで死亡している。
Hidden weakness could yield universal flu vaccine New Scientist, UK  (英国) ウイルスの隠れた弱点の発見から万能型アクチンの開発へ
 通常インフルエンザウイルスに対する抗体は、ヘマグルティニンの頭部分の蛋白に対して作られる。ワクチンもそうである。
 この部分は抗原が絶えず変化し、ウイルス株によっても異なる。
 今回研究者チームは、これまで集めてきた人のモノクローナル抗体(免疫細胞一個から作られる一つの抗原に対する抗体)数百億個を調べて、ヘマグルチニンの幹部分に結合する抗体を見いだした。そしてこの幹部分はウイルス株による違いはなく、変異することもないため、A型インフルエンザ共通の抗原となっていることが確認された。この部分に対するモノクローナル抗体を大量に製造すれば、全A型インフルエンザウイルスに対する治療薬、または予防薬として利用が可能となる。さらにこの部分の抗原に対するワクチンを製造すれば、全A型インフルエンザウイルスに対する万能型ワクチンの開発が可能となる。
First Step Toward Lifelong Flu Vaccine? CBS News, NY  (米国) 長期間作用型インフルエンザワクチンへの最初のステップ
 1度ワクチン接種を受けたなら、生涯に亘って(A型)インフルエンザに抵抗を獲得するかも知れない。そのようなことを示唆する研究が発表された。
 今回の研究で科学者達は、インフルエンザウイルスの”アキレス腱”を発見した。
 ヘマグルティニンという突起の頭(ロリポップ、棒の先につけたキャンディー)は従来のワクチンが標的とする蛋白(抗原)であったが、株によっても異なり、また変異によって変わる(抗原可変部位)。そのため毎年ワクチンを、その抗原を予想して作る必要があった。
 一方、今回研究者達が見いだしたヘマグルティニンの”幹、棒”部分は抗原が決して変化することはなく、インフルエンザの株間でも変化がないことを見いだした。この幹部分は、ウイルスがヘマグルティニンを介して細胞に付着して侵入してゆく過程で働く可動部分となっている。
 この幹部分に対して、これまで研究者達が集めてきた数百億の人モノクローナル抗体の中で反応する抗体が10種類見つかった。これらのモノクローナル抗体を大量に製造することは可能で、この抗体を使うと、A型インフルエンザ全てに対する治療、または予防が可能となる。この2年以内に人での臨床試験を始められる可能性があるという。
 またさらに、この幹部分に対するワクチンを開発したなら、全てのA型ワクチンに効果を発揮する万能型ワクチンの製造が可能となる。5年後の実用化が目指されている。

研究チームのリーダーである Dana Farber Cancer Institute のDr. Wayne Marasco が CBS News.に語った。
 当研究は2月末のサイエンスに掲載される

2月24日


国内の動きから

 中部国際空港(常滑市)で23日、新型インフルエンザ対策訓練があり、検疫所や空港、航空会社、医療機関など13機関・約200人が、患者の搬送や機内での検疫、情報伝達などの訓練をした。
 海外で感染者が確認され、中部空港行きのチャーター機から「機内で発症者が出た」との通報を受けて、患者を受け入れ病院に搬送する--との想定で実施した。
 日本航空の旅客機を実際に使った機内訓練では、医師らが感染患者を確認し、美浜町の知多厚生病院に向けて搬送する訓練をした。また、検疫官2人が乗客の問診票や調査票を確認し、「ハンディサーモ」と呼ばれる機器を使って感染者がいないか一人一人を確認した。

報道
新型インフルエンザ:機内発症想定で訓練--中部国際空港 /愛知 毎日新聞


Bird flu vaccine production still lags: study Reuters  (ロイター) 鳥インフルワクチン製造速度は、いまだ十分な早さではない
 製薬会社はこの2年間に鳥インフルワクチン製造能力を3倍まで高めたが、いまだパンデミックに際して世界が必要とする量を製造することは出来ない。そのような研究結果が24日発表された。
 コンサルティング会社である、オリバーワイマン社が調査した。

 その研究結果ではさらに、パンデミックが発生し、そのウイルスが分離されてから4ヶ月後に、初めて一定量のパンデミックワクチンが利用可能となることも明らかにされた。
 現在の世界のワクチン製造能力は、年間25億本で、世界の人口分のワクチン製造には4年間要するとされる。
 しかし、最近の最善のシナリオでは、1年間で77億本製造が可能とも言われ、その場合は世界の人口分の製造は1年半で可能となる。
 効果的ワクチンの接種は2回投与であり、世界の人口は67億人であるから、134億本必要となる。

 世界では少なくとも16社がパンデミックワクチンの製造技術を持っている。

 現在の戦略として、パンデミックワクチンが製造されるまで、H5N1ウイルスを用いて作成されているプレパンデミックワクチンを用いて、パンデミックワクチンが製造されたなら、出来るだけ早く切り替えることが最善とされる。
Vietnam needs to renew bird flu vigilance -UN bodies Reuters  (国際) 国連:ベトナムは鳥インフル警戒態勢を強化の必要がある

 国連の2組織が、この数ヶ月に鳥インフルで3人が発病し、1人が死亡しているベトナムは、さらなる鳥インフルの拡大を防ぐために警戒態勢を強化する必要がある、と警告した。
 H5N1鳥インフルはベトナムの10省で家きんの間で広がっている。そしてこの週末には北部のクアンニン省で23歳女性が死亡している。
 「動物保健担当局と公衆衛生担当局は連携して、常に存在している鳥インフルの脅威を可能な限り抑えるために対策を講じる必要がある」、とFAO(国連食糧農業機関)のベトナム代表であるアンドリュー・スピーディー氏が語った。
 WHO代表のジャン-マルク・オリーブ氏は、現実に人人感染が起きる可能性はある、と警告した。
 「もし人人感染が起きたなら、新型インフルエンザのパンデミックにつながる可能性がある」、と同氏はWHOとFAOの合同発表で警告した。
 2008年にはベトナムでは5人が鳥インフルで死亡している。

ng by John Ruwitch; Editing by Alan Raybould
More birds killed in bird flu affected area in E Nepal Xinhua, China (中国、新華社) 東ネパールでさらに家きんの殺処分
 農業省により編成された緊急対策チームは、ジャパ郡のシャラナマチ村周辺とルイバリで、鳥インフル拡大を抑えるために1035羽の鶏、10羽のアヒル、53羽の鳩、および205個の卵を処分した。
 周辺に大きな家きん農場はないので、今後周辺に拡大する可能性はないとされる。
Bird flu hits Denpasar Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) バリ、鳥インフルがデンパサルで発生

 消毒とワクチン接種等の対策の継続にも関わらず、バリの州都であるデンパサルで死亡した家きんが見つかった。市長の事務所から2キロの場所である。
 闘鶏を飼育している男性からの報告で22羽中8羽が突然死亡したという。
Permanent Protection Against the Flu? Science Magazine (subscription)  永久的にインフルエンザ予防が可能になる?

印刷用ファイル
 もし貴方が今冬、インフルエンザに罹患したなら、またインフルエンザに罹患する心配はほんのしばらくの期間しなくても済む。
 しかし、インフルエンザに罹患する機会は次期のシーズンも、その次のシーズンにも起こる。インフルエンザウイルスが素早く変異するために、人の免疫系を絶えずくぐりぬけるからだ。そのために研究者達の前にウイルスは、いつも立ちはだかっている。

 しかし今週、研究者チームによって多くのインフルエンザウイルス株を失活させる抗体が同定された。
 この研究結果は、致死的鳥インフルエンザウイルスを含む、多くのインフルエンザウイルスに対する万能型ワクチンの開発に貢献する可能性が強い。
 この研究による新知見は、ヘマグルチニンと呼ばれるウイルス蛋白に関して得られた。この蛋白はウイルス表面を覆っており、標的となる細胞の表面にあるリセプターにウイルスが付着する際に機能している。ヘマグルチニンはその後分子構造の変化を生じて、ウイルスが細胞内に侵入出来るようにサポートする。
 ワクチンは主としてヘマグルチニンの頭部を標的として作成されている。しかし頭部の蛋白は速やかに変化して、人の免疫的防衛をくぐりぬける。ハーバード大学医学部の免疫科学者であるウエイン・マラスコと共同研究者達は、ヘマグルチニンの変化しない部分を見つけ、その部分に対する抗体が鳥インフルウイルスを中和出来る可能性があることを見いだした。
 彼等は270億という研究室で作成した人の抗体の中から、H5ウイルスのヘマグルチニンに結合する抗体を探した。その結果、研究者達は10個の抗体を見つけた。それらの抗体は、いくつかの異なったH5ウイルス株を認識した。さらに分かったことは、それらの抗体はH5以外のインフルエンザウイルスをも認識することであった。それらの中には1918年に流行したスペイン・インフルエンザウイルスも含まれていた。
 次に研究者達は3種類の抗体を用いて、マウスでの致死的インフルエンザウイルスの感染阻止実験を行った。
 抗体をウイルス感染前、または感染後3日以内に投与すると、ほとんどのマウスは生存した。これらの事実は抗体が治療および予防に用いることが可能であることを示唆している。
 サンジアゴのバーンハム医学研究所の構造生物学(Structural biologist)専門家のロバート・リディングトンと共同研究者は、X線解析を用いて抗体がヘマグルチニンの頭部ではなく、幹部分と根本部分に結合するのを確認した。続いて研究者達は600種類のインフルエンザウイルスについて、この部分のアミノ酸構成を分析したところ、大多数のウイルスで変化がなく同一であることを確認した。このことは、この部分に結合する抗体は多くの種類のインフルエンザウイルスに対して予防的働きを持つことを示唆している。その中には鳥インフルエンザウイルスも含まれる。そのように研究者達は結論した。
 マラスコの研究チームは動物での安全性試験を行う予定とされるが、人での臨床試験を2010年1月のインルエンザ・シーズンまでに開始したいと考えている。
 これは非常に素晴らしい研究論文である、とのトップ分子生物研究者のコメントがある。

 詳細な論文は2月27日に発行される”サイエンス”で発表される。
 また”journal Nature Structural & Molecular Biology.”の22日発行電子版にも掲載されている。

Flu virus neutered in new therapy Inland Empire News, CA インフルエンザウイルスを失活させる新治療法が開発

 致死的鳥インフルエンザウイルスを含む多くのインフルエンザ株に対して有効な治療法が開発される可能性が出てきた。
 マウスでの抗ウイルス治療が成功し、人で2年以内に臨床試験が開始できる可能性があり、さらに5年以内に万能型ワクチンの開発が可能かもしれない、と研究者達は語っている。
 人の作成しているモノクローナル抗体の中から、インフルエンザウイルスが細胞に侵入するのを防止する抗体を同定した。
 
 昨日報道済みの内容

Discovery may lead to drug to fight flu abc7.com, CA  (米国) インフルエンザに有効な薬剤の開発につながる発見が報告
 昨日の報道。
New anitbody effective against flu strains Times of the Internet, Ohio (カナダ) 多系統のインフルエンザ株に有効な抗体が同定される
 昨日の報道。
Scientists close in on 'universal' flu vaccine Bangkok Post, Thailand  (タイ) 万能型ワクチン製造の可能性が高まる
 昨日の報道。
VGX Pharmaceuticals Avian Influenza DNA Vaccine Delivered with ... Centre Daily Times, PA  (米国) VGX社のDNAワクチンが霊長類対象の臨床試験で好成績をおさめる
 H5N1ウイルス遺伝子から合成したDNAワクチンが、他系統の株に対して効果。
 人における臨床試験へと進む。
2月23日


国内の動きから

 国内製薬会社3社が新しいインフルエンザ治療薬の開発競争にしのぎを削っている。新型インフルエンザの世界的流行が懸念されていることに加え、今冬は現在の主要薬であるタミフルが効かない耐性ウイルスも現れるなど、新薬への期待は高い。早ければ平成22~23年の冬にも市場投入される見通しで、より患者への負担が軽く、効果も期待できる新薬による治療は間近に迫っている。
 ・ノイラミニダーゼ阻害薬
 第一三共のCS-8958はリレンザと同様に、専用の器具を使って薬を吸い込む吸入型。開発担当者は「直接患部に届くため飲み薬よりも即効性が高い。現在までの治験結果には自信を持っている」と話す。
 塩野義製薬のペラミビルは注射薬。インフルエンザへの感染が判明すると、その場で15分間の点滴投与を受け、それ以降の投薬は必要ない。重篤患者や年配者など、自力で薬を飲むことができない人への投与も容易だ。
 両社に比べると開発段階では1年程度の後れをとるものの、新しいメカニズムで注目されるのが、富士フイルムグループの富山化学工業が開発中の「T-705」だ。
 ・RNAポリメラーゼ阻害薬
 富山化学のT-705。作用部位がノイラミニダーゼではないため、タミフル耐性株を始めとして、今後出現してくる可能性のある耐性株にも有効と考えられる。上記2剤よりも1年遅れ。
 厚労省は3薬とも、製薬会社と密に連絡を取りながら治験を進める「優先対面助言品目」に選んでおり、7年かかることもある治験を3、4年で終えようとしている。早ければ平成22~23年のシーズンにも実用化の見通しのようだ。


報道
国産インフルエンザ新薬、投入目前 3社が開発競争 MSN産経ニュース



Big breakthrough in flu fight Press and Journal, UK  (英国) インフルエンザ予防対策で大躍進
Antibodies protect against bird flu and more www.worldbulletin.net, Turkey  (トルコ) 鳥インフルに対して抗体が予防効果、さらに治療への応用も
 ロイター記事
Human antibodies identified that protect against bird, seasonal ... South Asian Women's Forum, India  (インド) 鳥インフルおよび季節性インフルを予防できる人の抗体が同定

Vaccine targeting ‘Achilles heel’ in all flu viruses comes closer ... TopNews, India  (インド) 全インフルエンザに有効なウイルスのアキレス腱を標的としたワクチン開発が可能に

研究者チームが、ほとんどのインフルエンザウイルスに共通する”アキレス腱”に対する10種類の抗体を同定したことから、2年後には鳥インフルも含めてほとんどの(A型)インフルエンザに有効なワクチンが開発可能となった。

Bird flu hits 10 provinces of Vietnam Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナムの10省で鳥インフルが発生
 鳥インフルは、新規に北部のニンビン省で発生したことからベトナムの10省に拡大したことが、23日、ベトナム農業省の家畜衛生局から発表された。
 ニンビン省では3ヶ所の農場で飼育されている70羽の家きんが鳥インフルで死亡したことが、ベトナムの鳥インフル監視局から報告された。
 サンプルの検査では致死的H5N1鳥インフルウイルスが確認された。
複数インフルエンザ抗体の合成成功、万能ワクチンも可能に 読売新聞 
 インフルエンザ・ウイルスの複数のタイプに効く抗体を人工合成することに米ハーバード大などのチームが成功した。 この抗体がウイルスを攻撃する仕組みを応用すると、万能ワクチンや抗ウイルス薬の開発も可能になる。米専門誌の電子版に研究成果が掲載された。

*合成ではなく、モノクローナル抗体の作成。
Have researchers found the flu's Achilles' heel? International Herald Tribune, France  (国際、ヘラルド・トリビューン) インフルエンザウイルスのアキレス腱が発見?
 遺伝的に変異しないウイルス表面の抗原が検出:ヘマグルチニンの一部。ウイルスのアキレス腱。
 その抗原に対する抗体が作成可能-->治療薬として開発
 その抗原を標的としてワクチンの開発が可能-->万能型ワクチン
 研究は、ハーバード大医学部、CDC、およびバーンハム医学研究所の研究者によって行われ、22日、journal Nature Structural & Molecular Biology.に発表された。
Scientists close in on 'universal' vaccine for flu Channel News Asia, Singapore (シンガポール) 万能型ワクチン作成の大きな手がかりが見つかる
AFP
 研究チームが22日、実験室で作成した抗体がH5N1ウイルスやスペインインフルエンザウイルスを含むA型インフルエンザウイルス数株を不活化することを見いだした。
 マウスでの実験によると、抗体はこれまで明確にされてなかった、ウイルスが細胞内に入るとき重要な構造物で、ブロックされると病原体が細胞内に侵入することが阻止される、タンパク(ヘマグルチニンの幹部分:訳者)に反応する。
 この部分はある専門家が”ウイルスのアキレス腱”と呼ぶ部分であるが、遺伝的に安定していて、経時的変異も希で、さらに多くのウイルスで共通したタンパクなので、抗体は多くの株に効果を持つ。
 米国国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ長官は、今回の発見は季節性インフルエンザもパンデミック・インフルエンザをも含めて医学的治療に応用可能と、コメントしている。
 臨床試験は2,3年内に開始することが可能であると、研究者達は言っている。

 今回の研究は、ハーバード大医学部のウエイネ・マラスコ(Wayne Marasco)教授のチームにより行われたが、研究室で作成された数百億種類の人のモノクローナル抗体の中からウイルスに反応する抗体の検出が試みられたものである。10種類のウイルスと反応する抗体を分離して、実験が行われた。
 研究結果は、世界的科学雑誌のネーチャーの、” journal Nature Structural and Molecular Biology. ” に掲載されたが、同雑誌の編集者のコメントとして、遺伝的に変化しない”ウイルスのアキレス腱”が明らかにされ、万能型ワクチン作成に一歩近づいたと評している。

Scientists May Have New Way to Fight the Flu Forbes, NY  (米国) インフルエンザ治療の新方法
 下記と同じ情報源。

 研究者達はA型インフルエンザウイルスのヘマグルチニンに反応する、10種類のモノクローナル抗体を(ボランティアの血液細胞から作成された抗体から:訳者注)分離した。これらの抗体は変異する確率が低いヘマグルチニンの一部分を標的として、全てのA型インフルエンザに共通している。
 これらの抗体は治療薬として用いることも出来るし、この標的とされる抗原に対するワクチンを作成出来るなら、それは万能型ワクチンとなりえる。
Antibodies protect against bird flu and more Reuters  (国際) 鳥インフルに対して抗体が予防効果、さらに治療への応用も
 研究者達はH5N1ウイルスだけではなく他の株に対しても反応する人の抗体を見つけ、そうした抗体を用いた治療の可能性も示唆した。
 マウスの実験で、研究者達が見つけた抗体は、H5N1ウイルスを含むA型インフルエンザウイルスの数株に対して反応した。これらの研究結果が”journal Nature Structural & Molecular Biology.”の22日発行版に掲載された。
 今回見つかった抗体は、ハーバード大医学部付属のダナ・ファーバー癌研究所のボランティア57人で作成された、抗体の”貯蔵庫(図書館、library)の中に見つかった。(*これらのボランティアの免疫細胞を用いて作成されたモノクローナル・抗体のプールの中にあった?:訳者)。これらの抗体がこれら57人の人々だけではなく、一般集団の中でも見られるものかは不明とされる。
 インフルエンザウイルスは表面にヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)と呼ばれる突起物のようなタンパクで覆われていて、それは絶えず変異して変わっている。そのためにインフルエンザ予防は難しくなっている。
 ワクチンはヘマグルチニンを標的とし、抗インフルエンザ薬はノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれ(ロッシュ社のタミフルやグラクソ社のリレンザ)、その名のようにノイラミニダーゼを攻撃する。
 ウイルスが変異する故、ワクチンは毎年作成する必要があり、またウイルスはノイラミニダーゼ阻害薬に耐性となり、薬剤は効果を失ってゆく。

 今回見つかった抗体は、ヘマグルチニンの突起の幹部分を標的とするもので、変異によってほとんど変わらない、A型インフルエンザウイルスに共通したタンパクとされる。
 マウスの実験では1回の注射で3週間は、H5N1ウイルスを含む数種類のインフルエンザウイルスの感染を防止した。
 このようなモノクローナル抗体は治療にも応用可能と思われ、実際に癌治療の場で用いられている。
2月22日


国内の動きから

 国内製薬各社がインフルエンザ関連の新薬開発を加速する。第一三共は患者負担の小さい予防薬を2011年にも製品化する計画。富山化学工業はアジアで、開発中の新薬が鳥インフルエンザにも有効か確認する作業を始める。国内ではシェア8割を占めるロシュ(スイス)製の「タミフル」に耐性を持ったウイルスが流行、新型インフルエンザへの危機感も強まっている。多様な国産薬の開発が進めば流行時の安定供給体制が整う。
 第一三共が開発する予防薬は粉末状で、1回吸引すると効果が1週間続く。タミフルも予防薬として利用されているが、毎日服用する必要があった。動物実験でタミフル耐性ウイルスへの効果も確認しており、需要が拡大すると判断した。

*第一三共製薬の製品発売が予想外に遅い。臨床試験第三相が終了直前と思うが…

1月22日
Daiichi Sankyo Close To Finishing New Influenza Drug Studies Wall Street Journal  (米国) 第一三共製薬、新抗インフルエンザ薬の臨床試験がほぼ完了
 第一三共製薬は、1回吸入で効力を発揮し、小児にも有効な新抗インフルエンザ薬の販売申請を、次年度に日本政府に提出する予定であることを22日に発表した。
 第一三共製薬は、その新薬CS-8958の日本における臨床試験第3相を、ほぼ完了した。


報道
国内製薬各社、インフル薬の製品化急ぐ 第一三共は11年にも 日本経済新聞 



Rapid response team off to affected area Kantipur Online, Nepal (ネパール) ネパール、緊急対策チームが感染地域へ派遣
 ネパール東部のジャパ郡の新規地域で鳥インフルが発生したため、政府は緊急対策チームを現地に21日派遣した。
 検査室診断で、個人農場で1週間前に死亡した149羽の鶏がH5N1ウイルスに感染していたことが確認された。
 政府は22日、感染農場から3キロ以内を危険地域とした。そして50人からなる緊急対策チームが現地に派遣された。
 今回の鳥インフル発生はジャパ郡とネパールにとって2度目の発生となった。
A face mask may prevent you getting flu, but only if you wear it The Virtual Medical Centre, Australia  (オーストラリア) インフルエンザ予防のためのマスクの効果:正しく常に着用で効果
 家庭で子供から感染する確率で評価。正しく常に着用することで効果。
 英国とオーストラリアの研究者チーム。

 今週の「Emerging Infectious Diseases」で発表。

 *この話題は以前に既報済み。

  ~~~~1月29日~~~~~~~~

Masks Protect Against Colds, Flu Live Science ,UK  (英国) 外科用マスクは、風邪とインフルエンザを予防する:新研究報告
 英国の研究チームが、家庭において風邪やインフルエンザに罹患している子供達に接するときに家族がマスクを着用することで発病率が半数に減ったという結果。今週発行の米国CDCによるEmerging Infectious Diseasesに発表。
 インフルエンザ予防に、かって米国CDCはマスク着用すべきという表現を用いていたが、現在はマスク着用も考慮すべきと表現を変えている。それは根拠が明確でなかったことによる。
 昨年ミシガン大学の研究で、マスク着用と手洗いは、インフルエンザ感染を2~5割減らす可能性が示唆されたが、インフルエンザ発生が少なかったため、さらに研究が継続されている。
 一方、今回の研究チームは、医療スタッフが現場で着用することの意義に関して、中国の病院で研究を開始した。中国の病院では医療スタッフのマスク着用率が高く、コンプライアンスが高いためである。

Culling continues in bird flu-hit WB SamayLive, India (インド) 鳥インフル発生西ベンガルで家きん殺処分が続く
 鳥インフルが発生した南ディナジプル県の村で、家きんの殺処分が続けられており、本日で4日目を迎えた。これまで22398羽が処分されているが、明日まで合計32000羽の殺処分数となる予定である。
Influenza expert calls for more use of Tamiflu The Nelson Mail, New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド:インフルエンザ専門家、インフルエンザにもっとタミフルの使用を求める
 鳥インフルはいまだニュージーランドに拡大はしていないが、殺人ブリスベンインフルエンザの脅威は、家庭で備蓄しているタミフルを服用することを考えるべきだ。このようにインフルエンザ専門家のランス・ジェニング博士は語っている。
 同博士によるとインフルエンザ予防に最も効果があるのはワクチン接種で、それは3月1日から開始される。
 しかしながら同博士は、タミフルは発病後早期に服用すると効果があるのに、ニュージーランドではあまり使われていないと言う。
 「多くの人々は鳥インフルに対してタミフルを備蓄しているが、インフルエンザに対して処方する家庭医は少ない」
 「もっとタミフルの服用効果について啓発すべきで、家庭医にはインフルエンザに、タミフルを処方出来ることを伝える必要がある」

 2005年に、政府は人口の21%分に相当する85万5千人分のタミフルをパンデミック・インフルエンザ用に備蓄した。2600万ドル要した。
 パンデミックの脅威は一般市民にも起こり、市民の間でもタミフルの備蓄が行われるようになった。
 カンアバリー保健研究所のジェニング博士によると、ニュージーランドは薬剤師がタミフルを処方できる世界で唯一の国とされる。すなわち市民がインフルエンザに罹患したとき、薬局でタミフルを購入出来ることを意味する。

 今年のインフルエンザワクチンはニュージーランドで最も流行しやすいと考えられている3種類のインフルエンザウイルスに効果を持つ;A/Brisbane (H3N2), influenza A/Brisbane (H1N1) 、 influenza B/Florida。
 昨年はブリスベンで6人の子供が死亡しているが、それはブリスベン(H3N2)インフルエンザによる。それはさらに、この冬に英国で大流行している。
 この冬、ニュージーランドで発生するインフルエンザのP重度を予知は出来ないが、充分対策を立てる必要がある。
 ワクチン接種とタミフルの早期服用。
Bird flu patient dies in Quang Ninh VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) ベトナム、クアンニン省の女性患者死亡
 クアンニン省でH5N1鳥インフルを発病し、治療中であった23歳女性が21日の午後に死亡した
 女性は高熱と呼吸困難で1月28日に発病した。31日にダムハ地区の病院へ入院。そして2月2日にチーエン病院へ移された。

 最も現代的な人工呼吸器を用い、毎日の血液検査、輸血、人工透析等で、女性の治療費は1日108000円要したと病院側で説明している。(平均的公務員の給料は1万4~5千円)。

*当事例は既報済み。
2月21日


国内の動きから

 九州大は20日、新型インフルエンザの発生に備え、有川節夫学長を本部長とする対策本部(13人)を設置した。近く学生約1万9000人と教職員約7000人の計2万6000人に、予防対策マニュアルとマスクを配布する。国内で感染を確認した場合、休講とし、全学生や教職員を自宅待機とする方針を明らかにした。
 海外で高病原性鳥インフルエンザ・ウイルス(H5N1)に感染した人の症例が相次いでおり、人から人へ感染する変異型が発生すると、新型インフルエンザの大流行が懸念されている。
 今後、大学では、発生を想定した訓練を行うほか、学生や教職員に対して、電子メールや電話による連絡体制の整備、正しく情報が伝達できたかを確認するためのシステムづくりを進める。また、発生後の感染拡大を防ぐため、フローチャート形式の具体的な行動計画を今年度中に策定し、会議を開かなくても対応できるようにするという。
 同大によると、海外で発生した場合、発生国から入国できる航空機や船舶は4空港と3港に制限される。その中には、福岡空港と関門港も含まれており、福岡が国内への侵入経路となる可能性がある。さらに、アジアなど各国からの留学生も多いことから、新型インフルエンザが発生する前に対策本部を設置することにしたという。

 大学病院の8割が新型インフルエンザに対応した訓練を実施したことがなく、所在地の行政機関との連携体制も4割近くで構築できていないことが、文部科学省が実施した調査で分かった。設備の整った大学病院は大流行(パンデミック)の際に患者治療や感染拡大防止の拠点になる可能性もあり、文科省は早急に対応を進めるよう大学側に求めている。
 調査は昨年12月1日時点での新型インフルエンザへの対応について、国立43、公立11、私立86の計140の大学病院について実施した。
 新型インフルエンザに特化したマニュアルを作っていたのは49病院、感染症マニュアルの一部として新型インフルエンザを盛り込んでいたのは12病院で、計61病院が何らかのマニュアルを用意していたが、残る79病院にはなかった。このうち61病院は現在整備中だが、18病院は整備すら進めていなかった。

大分県は20日、県内で新型インフルエンザの疑似症患者が発生したことを想定した対策総合訓練を、県庁で行った。広瀬知事を本部長とする対策本部会議では、保健所に24時間体制の相談窓口を開設するほか、商業施設に生活必需品の販売を要請することなど、有事の対応を確認した。
 訓練は、海外で新型患者が確認され、首都圏の患者が100人を超えた直後、東京出張から帰った別府市の会社員男性が発症したとの想定で行われた。 会議では、有事の対応について、入試や選挙は流行が終息するまで延期し、市場やJAには食料品の県外出荷を控え、県内での流通を優先させるよう要請することなどを各部長が説明。模擬記者会見も行われ、広瀬知事が、不特定多数が集まる活動などを控えるよう呼びかけた。
 訓練終了後、広瀬知事は「食料やマスクを備蓄していない人にどんな手を打てるかなど、さらに検討する」と話した。
 県が2007年12月に策定した行動計画などによると、当初は初診対応の発熱外来16か所、重症者向けの感染症指定医療機関8か所で対応し、感染が拡大した場合に発熱外来を50か所に増やす。訓練結果は、年度内に改訂する同計画に反映させる。


報道
学生、教職員にマスク配布へ・・・九州大 読売新聞 
遅れる新型インフル対策 大学病院の8割が訓練せず 日本経済新聞 
新型インフル、大分県が対策訓練 読売新聞


韓国、鳥インフル感染の鶏を発見 中国国際放送
 韓国農林水産食品部は18日、全羅南道にある3ヶ所の養鶏場から鳥インフルエンザに感染した鶏を発見したと発表した。
 調査によると、韓国国立獣医科学検疫院はこの3ヶ所の養鶏場で血液検査を行い、今回のウイルスが低病原性のH5型だということが明らかになった。
 現在、3ヶ所養鶏場の2万2000羽あまりの鶏は全て処分された。
Protect yourself from influenza Cornwall Seaway News,  Canada  (カナダ) インフルエンザから身を守る方法
 ほとんどのカナダ人は季節性インフルエンザに罹患することが多い。しかし単純な方法でインフルエンザや他の感染症から身を守る方法を知っているだろうか?
 以下の習慣を身につけたなら、インフルエンザの感染の予防や、自分が感染した時の周囲への感染拡大予防に役立つ。
 ・頻回に手を洗いなさい。またはアルコール含有消毒液を使って手を消毒しなさい。
 ・咳やクシャミをする時は口を、手で押さえるのではなく、袖で押さえなさい。
 ・感染したときは自宅で療養すること。それは子供達も同じである。
 ・体調が悪いとき(発病している可能性があるとき)は、病院や高齢者施設に出向かないこと。
 ・毎年ワクチンの接種を受けること。

 パンデミック対策

 毎世紀、原因は不明であるが、3~4回の致死的インフルエンザウイルスが誕生し世界に拡大する。これはパンデミック・インフルエンザと呼ばれている。パンデミックの間、もし罹患すると重症化する。そのため家から出ることが出来なくなるし、町の繁華街にも出られなくなる。また労働力の減少から多くのサービスを受けることも出来なくなる。
 以上の理由で、72時間は外出しなくても家族全員が自宅で生活出来る”緊急キット”を用意しておくことは重要である。保存の効く食料品、飲料水、緊急医薬品、現金、および他の必須用品。さらに学校閉鎖が起きた場合、輸送サービスが停滞した場合、のことも考慮する必要がある。また定期的に服用している飲み薬を、いつも一ヶ月分は確保してく必要がある。

FDA Panel Says Pediatric Trials of Bird Flu Vaccine Should Continue MedPage Today, NJ (米国) FDA顧問委員会、鳥インフルワクチンの小児への臨床試験は継続すべきとの見解
 米国FDA顧問委員会は、パンデミックに対する鳥インフルワクチンの、小児への臨床試験を継続すべきであるという考え方に同意した。
 2007年、FDAはダノフィ・パスツール社のワクチンの備蓄をパンデミックに備えて備蓄することを承認した。
 その承認過程でFDAは、サノフィ・パスツール社に小児での臨床試験を求めた。
 二重盲検臨床試験が行われた。
 2歳から10歳までの小児102人に、45mgの抗原量を含むワクチンをアジュバント無しに3回投与された。1ヶ月間隔で2回、半年後に3回目の投与が行われた。23人がプラセボの投与を受けた。
 その結果、6~9歳で64%、2~5歳で53%の免疫獲得率であった。
 副作用は発熱、無力感、身体痛、注射部位の疼痛で、重症例は他の感染症の合併によるものと判断された。

 パンデミックのリスクは高いが、ワクチンの臨床試験により発生するリスクは低い。パンデミックが発生する前にこれらの研究を継続することは意義がある、と委員の1人でウイスコンシン大学病院の生命倫理問題責任者のノーマン・フォスト博士は語っている。
Hong Kong bird tests positive for H5N1 PhysOrg.com, VA  (米国) 香港、死亡鳥からH5N1ウイルスを検出
Hong Kong bird tests positive for H5N1 France24, France (フランス) 香港、死亡鳥からH5N1ウイルスを検出
 AFP

 20日、香港当局は地域内で見つかった死亡鳥から致死的H5N1ウイルスが見つかったと報告した。
 ハッカチョウ Crested Myna

 2月12日に香港内の島で見つかった死亡した野鳥(ハッカチョウ Crested Myna)からH5N1ウイルスが見つかったと、香港政府は発表した。
 この数週間で香港内の異なった地域で見つかった、少なくとも11羽の野鳥からH5N1ウイルスが見つかっている。
 昨年12月には、当局は香港の農場の鶏でH5N1ウイルスを検出し、9万羽以上の鶏の殺処分を行っている。

*11羽の野鳥という記述は間違いで、アヒルや鶏も含んでいる。
2月20日

ジャカルタ総領事館から、現地の報道で7人の鳥インフルエンザを疑わせる患者が出たとの情報があると、在留邦人に伝えられているが、症状は鳥インフルとは異なり、他の国際的通信社からは何も出ていないので、問題は無いと考えられる。なお7人にはタミフルが投与されているようだ。

Bird flu virus detected in east Nepal again Xinhua, China  (中国、新華社) 東部ネパールで再び鳥インフルが発生
 
New bird flu case hits Khanh Hoa Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) カーンホア省で鳥インフルが発生
 鳥インフルが中央のカーンホア省で発生し、国内で10省の地域で発生したことになった。家畜保健局の発表による。
 ニュエンバン・トルングさんの保有するワクチン非接種のアヒルと家きんが検査で、H5N1ウイルス陽性であることが昨日確認された。
 当局では、10日前に3羽の家きんが鳥インフル様症状で死亡したが、トルングさんの6家族と客が、それら死亡した家きんを全部食べたことを心配している。最終的にトルングさんの家きんは22羽死亡している。
Bird Flu outbreak in Jhapa, again E Kantipur, Nepal  (ネパール) ネパール、ジャパで鳥インフルが再興
 東部部パールのジャパ郡の村でH5N1鳥インフルが、20日、検出された。
 ウイルスはインドから輸入された鶏から検出された。


Bird flu spreads to ninth province Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、鳥インフル、9省目に拡大
 鳥インフルが中央のカーンホア省に広がった。50羽の家きんの感染が確認されたことが同省の家畜保健局から、19日、発表された。ベトナム国内で家きんにおける鳥インフルが発生した地域は、これで合計9省となった。
 ウイルスは家庭で飼育されている家きんから見つかった。
China-Opinions differ on bird flu. Farming UK, UK (英国) 中国、鳥インフルに対する意見が異なる
 これまでの中国における経緯。
 人での発病が相次いでいるのに、家きんでの発生が無かったとする中国側の発表等。

 興味を引くのは、WHO北京事務所の代表であるハンス・トレードソンの談話。

 パンデミック・インフルエンザは一定の間隔で起きる。現在はいつ起きても不思議ではない。
 最悪のシナリオから最善のシナリオまである。
 最悪の場合は、世界中の空港の閉鎖、病院の機能不全、食料品の不足、医薬品の不足等が生じる、また最善のシナリオの場合は、世界で10万人程度の死者数で済む。
 実際にパンデミックがそのウイルスで発生するかは分からない。今重要なことは、各国政府が対策を継続することである。

*WHOはM、最近、対策の継続と言う表現を用いるいことが多い。パンデミック・インフルエンザ発生リスクが低下してきたという判断から、各国政府がこれまでの対策を中断することを恐れているようだ。
Nigeria Makes Some Progress in Preventing Bird Flu Voice of America  (米国、VOA) ナイジェリア、鳥インフル予防対策に進展
 
 アフリカで初の鳥インフルエンザが見つかったのは2006年の4月、ナイジェリアであった。その報告は、貧しく、国境線も互いに長く、家きん市場に対するいかなる法的規制もないアフリカで鳥インフルパンデミックが発生する脅威につながった。その結果、急速に対策が進められた。

 北部のカノ州のナナ家きん農場では訪問者は制限されている。
 「ここは動物園ではないと注意している。家きんを見たいだけなら、動物園に行けば済むことだ」、と農場主のムハマド・アダムさんは言う。同氏は2006年に22000羽の家きんを失った。同氏の農場は、ナイジェリアで鳥インフルで多数の家きんを失った50ヶ所以上の農場の一つとなっている。
 それ以来同氏や他の大手の農場主達は、鳥インフルの拡大を抑えるために多くの対策を講じてきた。訪問者が制限されるだけではなく、農場へ立ち入る人は全て消毒される。
 アダムさんは、家きんは保証された産生元から仕入れ、飼育中も鳥インフル症状の有無に関して厳重にモニターしていると語る。
 「事業を継続する観点からは、バイオセキュリティーに対する意識向上が重要である」、と同氏は語る

 カノ州の鳥インフルエンザ対策責任者であるバシール・シャルキ氏は、州では鳥インフルエンザで死亡した家きんに対する補償費を増額したので、家きん生産者は鳥インフル発生時には速やかに報告してくる。それは州政府も同じ考えであるという。そうした対策がナイジェリアにおける鳥インフルエンザの早期封じ込めにつながっていると考えられる、と同氏は語っている。
 しかしながら不定期に開かれる家きん市場を介しての鳥インフルエンザの発生のリスクは高いままである。
 カノ州では、監視チームの訓練を行っている。しかし市場に関する限り、絶対安心は出来ないと担当者は語る。
 …

Decision Theater hosts second flu pandemic exercise MSN Money  (米国) アリゾナ州、パンデミック・インフルエンザ対策の第二回意志決定模擬訓練が開催
 アリゾナ州保健局は、19日、パンデミックインフルエンザに対する意志決定模擬訓練をアリゾナ州立大学で行った。
 参加したのは、州保健局、アリゾナ州立大学、州教育局、および州の他の機関で、大学の意志決定練習施設(Decision Theater)で行われた。
 施設は、7つのビデオスクリーンが備えられ、担当省達が様々な情報に対して、的確に反応して意志決定を行えるかが試される。
 各種の対策に関して試される。

Novavax sees potential in lab-stage flu vaccine  MSN Money  (米国) ノバラックス社、実験的的ワクチンに可能性
Novavax sees potential in lab-stage flu vaccine Forbes, NY (米国) ノバラックス社、実験的的ワクチンに可能性
 バイオテクノロジー企業のノババックス社は、同社が開発中のワクチンが、もっとも毒性の強い鳥インフルウイルスの数株に対して効果を示すことを確認した。
 研究において、同社の開発中のウイルス類似粒子を用いたワクチンがマウスへの2度の注射で、H5N1株、と他の鳥インフルウイルス株による発病を完全に抑えた。
 同社は遺伝子組み換えVLP(ウイルス様粒子)技術で、パンデミックを生じる可能性のある各種のウイルスに対する予防効果が期待されるとしている。

 *遺伝子組み換え、HA,NA,M1を含むVLPワクチン
2月19日


国内の動きから

 世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザに備え、仙台市は18日、市内の診療所で患者を診察する態勢を整えるなど医療対策の方針案をまとめ、市医師会に協力を要請した。市は2009年度早々、市医師会、県、大学などとネットワーク会議を設け、今夏をめどに対策を策定する。
 メディカル・アクションプログラムと題する方針案は「医療の確保」「感染予防の啓発・感染拡大の抑制」が柱。それぞれ平常時と、国内で最初の患者が確認された後の対応を示した。
 患者確認後の医療は、市内の内科や小児科、耳鼻咽喉(いんこう)科の診療所計587カ所が通常の外来で診療。重症の場合のみ、市立病院(若林区)などへ患者を移す仕組みにする。
 病院のベッドの空き状況を把握し、医療機関に情報を提供するコールセンターを市に設置する。拡大防止策では、学校の休校や外出の自粛を計画。市民の相談に応じる電話窓口もつくる。
 平常時の対策としては、診療所にマスクやインフルエンザ治療薬タミフルを配布。新型と区別が難しい既存型のインフルエンザなどの予防接種も呼び掛ける。
 梅原克彦市長は18日、若林区の市医師会を訪れ、山田明之会長に対策への協力を求めた。山田会長は「全面的に協力したい」と応じた。
 患者確認後の医療態勢は、基幹病院の発熱外来で対応する方向で検討している国の考えとずれが生じる。梅原市長は「国や県との連携は重要だが、指針を待っていると先に進まない。市医師会など横の連携が大事だ」と話した。


報道
新型インフルに対策案 診療態勢整備など柱 仙台市 河北新報


Bird flu remains a threat to humans, UN says Fresno Bee, CA  (米国) 鳥インフルは未だ人にとって驚異的である:国連
 数十年単位で新規インフルエンザが出現し多くの犠牲者が出ている。
 H5N1鳥インフルウイルスを含めて、変異や遺伝子再集合等で人に容易に感染するウイルスが誕生する可能性がる。
 …
China bird flu not pandemic, but be prepared: UN AFP (国際) 国連:中国の鳥インフル状況はパンデミックの可能性はないが、十分対策を強化する必要がある
 WHO北京事務所での見解。
 先月発生した人での事例は互いに何ら関連はなく、人での鳥インフル流行の危険性はないが、対策の強化は必要である。
2月18日



国内の動きから

  新型インフルエンザに関する政府の関係省庁対策会議は17日、流行期を5段階に分けて対策を取ることを柱とした改定行動計画と、それに基づく指針を正式決定した。
 新計画は、国内での流行は不可避との現実路線に立ち、目的を「感染拡大を可能な限り抑制し健康被害を最小限にする」「社会経済を破綻させない」の2つに明確化。
 その上で、流行の段階を、世界保健機関(WHO)の判断に基づいた従来の区分けから、国内の状況に応じ「未発生期」「海外発生期」「国内発生早期」「感染拡大期、まん延期、回復期」「小康期」の5段階に再編し、国や自治体などが取るべき対策を整理した。
 具体的には、都道府県で最初の患者が確認されたら全域で一斉休校に踏み切ることや、まん延期は病院への入院は重症者に限り、軽症者は自宅療養とすることなどを盛り込んだ。    昨年11月に改定案を公表、国民の意見を求めていた。

 新型インフルエンザの感染拡大を防ぐため、政府は17日、対策の礎となる行動計画を改訂した。海外で発生した場合にウイルスの国内流入は避けられないという前提に立ち、感染拡大の阻止や社会経済の破綻(はたん)防止を、基本方針として初めて明確に記した。
 行動計画の改訂は07年10月以来、4回目。海外で新型インフルが発生した段階から始まる政府内の連絡体制などを詳細に規定した「対処要領」も公表。各省庁が内閣危機管理官に情報を一元化させるとした。また、現在の「未発生期」から国内発生、感染拡大期などを経て「小康期」までの各段階ごとに国と都道府県、市町村が担うべき役割も新たに整理し直した。


報道
新型インフル改定行動計画を決定 流行期を5段階に再編 京都新聞
新型インフル対策、行動計画を改訂 朝日新聞


Austrian firm sent deadly vaccine for testing in Czech Republic Trend News Agency, Azerbaijan  (アゼルバイジャン) オーストリアのワクチンメーカー、検査用に致死的ウイルスが混入したワクチンをチェコ共和国へ送る

Austrian firm sent deadly vaccine for testing in Czech Republic  Earthtimes (press release), UK  (英国) オーストリアのワクチンメーカー、検査用に致死的ウイルスが混入したワクチンをチェコ共和国へ送る

 オーストリアの製薬メーカーが、ミスから致死的H5N1ウイルスが混入したインフルエンザワクチンを検査のためにチェコ共和国へ送ったことが17日報告された。

 オーストリアのバクスター社が、オーストリアにおけるワクチンの包装段階(during packaging)で事故からウイルスが混入したと同社の代表が発表した(Mlada Fronta Dnes dailyによる)。
 バクスター社はウイルス汚染ワクチンをチェコ共和国のバイオメディカル会社である”バイオテスト”に、フェレットにおける検査のために1月末に送った。バイオテスト社の関係者の中で13人が1週間H5N1ウイルスに暴露されていたが、誰も現在までは発病していない。
 チェコ共和国の疫学担当の責任者であるミハエル・ビト氏は、バイオテストのスタッフがどれだけの危険性の元にあったのか不明だと語り、またチェコ共和国の担当局も、どの程度のウイルス量がワクチンに混入していたのか不明としている。
 しかしチェコ側は、状況は極めて重大であった可能性があるとしている。
 「ウイルスが拡大しなかったことを神に感謝したい」、とビト氏は語っている。
 チェコ側の企業はワクチン接種動物からウイルスが外部に拡大しないように対策を講じた。
 「もしウイルスが家きん農場に広がったなら大変な事態になったと思われる」、とチェコ共和国の家畜局の広報官が語った。
 ウイルスに暴露されたスタッフはタミフルを服用し、健康状態を監視されている。
 ワクチンを接種されたフェレットは殺処分され、プラハから70キロ離れた場所に位置する研究所は消毒された。

Bird flu patient healed,leaves hospital in central China China Internet Information Center|, China  (中国) 鳥インフル患者、回復して退院
 湖南省の姓名がシュウさんという鳥インフル患者が回復して17日、退院した。
 21歳のシュウさんは広東省から帰省した後1月23日に発病し、29日に診断が確定された。
 特別専門チームが作られて女性の治療にあたった。そして完全に回復した。

2月17日


国内の動きから

 インフルエンザワクチンを診療所から持ち出し、経営するスナックの客に注射した事件で、千葉県医療整備課は16日、女性准看護師(57)を業務停止2カ月の行政処分にしたと発表した。処分は13日付。
 発表などによると、准看護師は、平成19年11月から12月までの間、経営する千葉市中央区のスナックで、勤務する診療所から持ち出したインフルエンザHAワクチンを、男性客3人の腕に注射した。昨年5月、県警環境犯罪課などに逮捕、起訴された。
 昨年6月、千葉簡裁で罰金30万円の略式命令を受け確定したことから、保健師助産師看護師法などで処分した。
 診療所の余ったワクチンを持ち出したといい「2度とやりません」などと反省しているという。 3月下旬に県による2日間の再教育研修を受け、職場復帰するという。

 欧米では市内の色々な場所でのワクチン接種が試みられている。パンデミック・インフルエンザに際してのワクチン接種方法の模索である。短期間内でどのようにして接種する?

報道
スナックで客に注射 准看護師を業務停止2カ月 千葉 MSN産経ニュース


Bird flu vaccine protects children Canada.com, Canada  (カナダ) 鳥インフルワクチン、小児で効果
 ハンガリーで開発中のH5N1鳥インフルエンザウイルスに対するワクチン(フリューバル:Fluval)が小児にも効果を示すことが確認され、医学雑誌に報告された。
 ハンガリーのオムニンベスト社(Omninvest LTD)が開発中のフリューバルを9歳から17歳までの小児12人を対象にして臨床試験が行われた、副作用は一切なかった。
 1回の筋肉内投与で21日目に75%で充分量の抗体産生を認めた。昨年成人146人を対象にした臨床試験と同じ結果を得た。
 結果はPediatric Infectious Disease Journal(昨年の12月号)に発表。
 不活化全粒子ワクチンである。
Vietnam reports third human bird flu case this year AFP  (国際) ベトナム、本年度3人目の鳥インフル発病者を報告
 北部ベトナムで32歳男性が鳥インフルで入院し、今年度3人目の発病者となったことが当局から発表された。
 患者はニンビン省に住んでいたが、鳥インフルに感染している鶏を処分して食べた後、2月5日に高熱と呼吸障害を呈した。診断は14日にハノイの熱帯病感染症研究所でついた。
 *この事例は先に報告済みである。
2.6m doses of vaccine Straits Times, Singapore  (シンガポール) シンガポール、260万本の鳥インフルワクチンを用意
 シンガポールは、発生の可能性ある鳥インフルパンデミックに備えて130万人を対象としたワクチンを購入する。
 ワクチン接種はパンデミック・インフルエンザ予防に対する最大の対策となるが、H5N1ウイルスに対するワクチンは2007年になって、ようやく開発された。
 パンデミック発生の初期の基本的防御対策として、重要な業務に携わる5万人の人々(医師、警官)にタミフルを6週間にわたって投与することになっている。
Bangladesh culls 10500 chickens this year following fresh bird flu... Xinhua, China  (中国、新華社) バングラデシュ、今年度、鳥インフル発生のため10500羽の家きんを殺処分
 バングラデシュの当局では、今年度、新規の鳥インフル発生により10500羽の鶏を殺処分したと、政府の高官が16日発表した。
 バングラデシュの水産家畜資源局(Fisheries and Live Stock Department)長官である、ムハマド・サレフディン・カーン氏が新華社に、発表した。
 「我々は新規の鳥インフル発生のため、1月に商業農場と家庭で飼育されている8500羽の鶏を処分した。今月は、2000羽処分している」。
 新規鳥インフルは昨年12月に、冬の到来とともに発生し、64県のうち5県で1万羽近い鶏が処分された。
 同氏によると現在は大発生は起きていないと推定され、冬期間が終了するので、今後は発生の危険性は低下する見通しとされる。
2月16日


国内の動きから

 鳥取空港(鳥取市)で15日、新型インフルエンザの感染が疑われる2人を乗せた飛行機(約100人乗り)が到着したとの想定で、実動訓練があった。県や保健所、県東部消防局などから約90人が参加、乗客の誘導や消毒作業に取り組んだ。
 県が企画した官民協力しての初めての大規模訓練。まず、乗務員らが発症者の近くにいた乗客を「濃厚接触者」、それ以外を「軽度接触者」にグループ分けし、感染拡大防止用のマスクを付けさせて空港内の待合室などに避難させた。その上で県鳥取保健所職員や医師らが乗客に対し、外出を当分控え、体調不良の場合はすぐに保健所に連絡することなどを伝えた。
 一方、救急隊員らは発症者2人を救急車に誘導し、県立中央病院(同市)に搬送。鳥取空港ビルの社員らが機内や空港の建物内を念入りに消毒した。

 新型インフルエンザの感染拡大時を想定し、福山、府中両市と広島県神石高原町の行政、医療機関が14日、福山市三吉町南の福山すこやかセンターで研修会を開いた。
 県医師会や県福山地域保健所が主催し、保健所や病院、警察署、消防局の約140人が参加。地域内で患者が確認されていない段階でも現地対策本部を立ち上げる必要があることや、感染が疑われる患者や家族に接する、専用の診察、相談窓口での対処法などを学んだ。


報道

「機内に新型インフル感染者」 読売新聞 
インフル拡大想定し研修会 中国新聞



Studies show little merit in airport temperature screening for disease Medicine Hat News, Canada (カナダ) 空港での発熱スクリーニングは意義が薄いとの研究結果

 感染症が流行している期間に、発病者をチェックして入国を阻止するために、体温測定スキャナーを用いる方法は、目的を達成するには有用でないことがフランス公衆衛生当局者からの報告書で示唆されている。

 彼等の分析は、SARSの際の体温スクリーニングに関する研究を調べて行われたが、その結果、パンデミック・インフルエンザの初期に、発病者が入国してくるのをチェックし、感染が国内で拡大するのを遅らせる目的としては、意義は薄いだろうとの結論が得られている。
 フランス健康監視研究施設(France's Health Watch Institute)の研究者達は、彼等が分析した科学的データからは、空港での発熱チェックは、発病者数が少ない場合(SARSの場合、またはパンデミック・インフルエンザの極早期の場合)には、意義はほとんど無いことが示唆されていると発表した。
 「社会的反応が重要であるから、赤外線体温測定の法的決定には社会的圧力があるだろうが、決定には、さらに科学的事実がその使用が意義が薄いことを示唆していることも充分考慮する必要がある」、と研究者等は報告書に記載している。
 トロントにおけるSARS封じ込めにおける体温測定の意義は視診以上の意義があったとされる結論が、体温スクリーニングによる感染症拡大防止の拠り所となっている。
 報告書の多くは病院内における感染対策としての発熱スクリーニングの研究結果である。SARSやデング熱に対して空港で行われた発熱チェックに関する報告はあるが、十分なデータとなっていない。
 そう言うことから、空港における発熱チェックによる国内への感染侵入阻止の考え方は、病院対策のデータに基づいている。

 さらに潜伏期間等の問題から、一時点での発熱チェックは感染者を見逃す可能性が高いことも、研究者達は指摘している。


Poultry to be kept indoors in Finland during birds' spring migration People's Daily Online, China  (中国) フィンランド:春の渡り鳥移動時期には全かきんを屋内で飼育
 フィンランドで飼育する家きんは、2月15日から3月31日までの間、屋内で飼育する事が義務づけられた。渡り鳥が戻ってくる時期で、鳥インフルエンザウイルスの感染を避けるための措置である。

Third bird flu case this year in Vietnam Monsters and Critics.com  (米国) ベトナムで、今年度3人目の発病者が確認
 ハノイの南方100キロのニンビン省の30代の男性が、ハノイの熱帯病病院に入院して、鳥インフルの診断がついた。病院当局者が語った。
 患者の状態は本年初めに報告された患者ほど重体ではないが、症状は悪化しているとされる。
 ベトナムで本年初めに報告された事例は、ハノイの南方150キロにあるタンホア省の13歳少女であるが、この少女の姉も類似の症状を呈して死亡していたが、検体は採取されてなかった。
 2例目はハノイの西150キロにあるクアンニン省の23歳女性で、発病した鶏の肉を食べた後、2月3日に入院している。

Interview: Nepal lacks resources to control bird flu Xinhua, China  (中国、新華社) インタビュー:ネパールでは鳥インフル対策のための手段不足
 ネパール家畜省大臣の談話:
 最近発生した鳥インフルは封じ込まれたが、ネパールはインドとの国境がオープンなので、今後、いつでも家きんでの鳥インフルが発生する危険性は高い。
 中国との間では家きんの貿易は行っていないので、心配はない。
Crested Myna tests H5 positive News.gov.hk, Hong Kong  (香港) 香港、また死亡した野鳥がH5亜型陽性に
 トゥンピンチャウで見つかった死亡したムクドリ(Tung Ping Chau)の検査結果でH5亜系ウイルスに感染したいたことが示されたと農業水産資源局が発表した。
 シャウタウで死骸が2月12日に見つかっている。
 さらなる詳細な検査が行われている。3キロ以内には農場はない。
City seizes hundreds of illegally transported poultry Voice of the Armed Forces and People, Vietnam  (ベトナム) ベトナムで不法な家きんの売買
 メコンデルタ地域のビンチャンとホクモン県で300羽以上の生きた家きんと130キロの鶏、および300キロの不詳卵が押収された。不法に市内にモーターバイクで持ち込まれたもので、テト以降増加している。
 一方、北部のクアンニン省のドントリュー県で、新規鳥インフルの発生が認められた。同省では最近ダムハ県で発生している。
 数百羽の鶏がテト以降に死亡していたが、住民は報告していなかった。
 住民の1人が鳥インフル疑いで入院したことから地域の当局が、家きんの死亡を知った。
 患者の血液検体は検査中とされる。
2月15日

特記すべき内外の情報はありません。

2月14日

The Hidden Outbreak Forbes, NY  (米国) 鳥インフルの発生の隠蔽

印刷用ファイル
 中国は北西部の新疆ウイグル自治区で519羽の家きんがH5N1鳥インフルエンザに感染したことを確認後、13218羽以上の家きんの殺処分を行った。国営通信の新華社が10日夜に、それとなく(quietly)明らかにした。
 対策はとられ、家きんは殺処分され、発生は制圧されたと、北京政府の広報は75カ国語で発表した。しかし、それは一体何なのか?農業省からの発表では、いつ、どこで、どのようにウイルスが拡大したのか、一切明らかにされていないのだ。

 約一ヶ月前、1月10日のこと、新疆ウイグル自治区の省都であるウルムチでツァングさんと言う31歳の女性が、家きん市場で生きた鶏を購入し食べ、そして2週間後、鳥インフルで死亡した。
 ウルムチは上記の、家きんが大量に死亡したヘチアン(Hetian)から北に570マイル(910キロ)離れている。

 今年の初めから7人が中国の7省で鳥インフルを発病している。そのうち4人が死亡している。ウイグルの女性以外では、山東省の27歳女性、貴州省の16歳男子学生、および広西壮族自治区18歳男性が含まれている。
 中国は2003年以来、合計38人の鳥インフル発病者を報告している(WHO統計)。今年に入って2ヶ月間での発病者数は、2007年(5人)および2008年(4人)の合計数を超えている。しかしながら、農業省は今月10日以前には国内での家きんにおける鳥インフル発生は一切報告していなかった。さらに保健省は、今年に入ってから発生した7人の人での発病者は、家きんでの鳥インフル発生とは関係してないと説明し、感染源に関しては不明のままであった。
 「人の発病者の発生は、何かが中国で起きていることを示している」、と香港のH5N1監視グループ(H5N1 Concern Group)の感染症専門家で、香港政府の顧問でもあるあるロ・ウイングロク氏が懸念する。
 ロ氏は、次のように推察し、警告する;H5N1ウイルスは野鳥や家きんの間で感染を繰り返しており、その状況で家きんにおける発生が突然報告されることは、監視態勢が適切でないか、北京政府が(知っていても)発生していても公表してなかったか、または家きんの中に無症状感染家きんが増えているか、を示唆している。
 「これらの可能性のどれであっても、人に大きな危険性が出てくる可能性がある」、とロ氏は強調している。

これらの問題へのコメント

 中国科学アカデミーの専門家で、2003年に流行したSARS対策で重要な役割を担ったツォング・ナンシャン氏は、同様に次のように警告した;ワクチンは単に体内のウイルス量を減らすだけの効果しかないため、家きんはH5N1ウイルスに感染しても無症状のまま、ウイルスを体外に排出している可能性がある。このコメントは、今週初めに新華社から報道された。

 中国南部では、異常な数の死亡した鳥が香港の海岸に1月以来打ち上げられている。それらの中で12羽(4羽の鶏、1羽のアヒル、1羽のサギ、および1羽のハヤブサを含む)はH5N1ウイルスに感染していることが確認されていえ、それらの数は昨年香港で確認された数の倍に上る。これらの事実は、パールリバー三角地帯(珠江デルタ)で広範な鳥インフル発生があるにも関わらず報告されていないことを、明らかに示唆している。
 さらにH5N1鳥インフル感染事例として、死亡したグレー・サギが今月早くに、香港の北西部に位置するマイポ自然保護区で見つかった。同地区には1月から2月にかけて1000羽から1500羽のグレー・サギが休んでいる。同自然保護区の管理者のベナ・スミス氏は、これらの渡り鳥のほとんどが、9月に北部と北西部中国から渡ってきて、その途中で新疆、雲南、四川省を通ってくると説明する。
 「グレー・サギがどこでウイルスに感染したかを確定することは難しいが、香港からそんなに遠くない場所で感染したと考えるのが妥当と思う。ウイルスに感染すると鳥は弱って長期間は飛べないから、渡りを始めた時から感染していたとは考えられない」、とスミス氏は言う。

 香港のH5N1監視グループ(H5N1 Concern Group)のロ氏は、短期間に普通でない数の感染鳥が見つかっていることから、北京政府に対して、(家きんにおける)鳥インフル発生状況を至急明らかにするように要求している。

 

Vical reports positive bird flu vaccine trial data MSNBC (米国) バイカル社、ワクチン臨床試験で好成績を報告
 バイオテク製薬企業のバイカル社は13日、パンデミックワクチン開発品のバクスフェクチンの安全性と効果が、初期の臨床試験でが確認されたことを発表した。
 100人の被試験者を対象にして、高濃度で67%で抗体産生を確認し、それは少なくとも半年間持続することを確認した。
 また同社は、バクスフェクチンは他のウイルス株に対しても効果を持つだろうと説明している。

 バクスフェクチンはH5N1ウイルスに対する初のDNAワクチンである。
Egypt says it develops new anti-bird flu vaccine Xinhua, China  (中国、新華社) エジプト、鳥インフルワクチンを開発
 エジプトの国立研究センターでH5N1鳥インフルエンザウイルスに対するワクチンが開発され、その効果が確認されたことが、国営通信のMENAから報道された。
 2週間以内に製造契約が結ばれると関係者は言っている。
 エジプトは、アジア外で最も多くの鳥インフル発病者を出している。

2月13日


国内の動きから

 新型インフルエンザの流行に備え、日本外務省と北京の日本大使館など在中国公館は11、12の両日、北京で対策会議を開いた。外務省と在外公館がこうした会議を開くのは初めてという。中国では鳥インフルエンザの人への感染例が世界的にも多く、今年に入り既に8人が感染した。中国には永住や長期滞在だけで約12万8000人(2007年現在)の日本人が暮らしており、対策会議では新型インフルエンザ発生時の邦人保護や各公館の間の連携などが話し合われた。
 新型インフルエンザをめぐってはパナソニックが今月、中国やアフリカなどに駐在する社員に対し、家族を9月末までに帰国させるよう指示するなど企業でも対策が進められている。


報道
新型インフル対応を協議 外務省と在中国公館 MSN産経ニュース


Thousands of bird flu drug nears expiry dates  Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) バリ島:数千錠のタミフルが期限切れに
 政府から必要に応じてタミフルが配布されているが、その中で数千錠が期限切れになると当局者が語った。
 しかし、必要があれば政府から無制限にタミフルが送られてくるから問題はない。
 バリ島内には鳥インフル専門病院が3ヶ所にあり、島民は鳥インフルに感染したときには直接病院を受診することが出来るようになっている。 
Panasonic addresses speculation over employee pandemic order CIDRAP, MN  (米国) パナソニックの海外派遣家族帰国決定理由周辺の問題点
印刷用ファイル
パナソニックの広報担当者は、同社が昨年12月に海外派遣社員の帯同家族を今年の9月までに帰国させる決定をした際に、特に同社としてパンデミック・インフルエンザ発生のリスクが高まっているという独自の情報を得たわけではないと12日発表した。
 ニューヨークのパナソニック支社のジム・ライリー氏は、先の説明と同じように家族を帰国させる理由は、経済的恐慌下での経費削減が理由ではないと語った。
 しかしながら同氏はCIDRAPニュースに、パナソニックは今回の決定は普通ではないことを認識していて、パンデミック対策でこのような行動をとるのは世界的企業でも最初であることも認識していると語っている。
 「彼等は、世界では別な認識(パンデミックの危険性は低いという認識)があることを知っている」、と同氏は、パナソニックの幹部達について説明した。

パンデミック発生の危険度には変化はない

 日本の国立感染症研究所のウイルス学者でWHOの顧問の一人である田代真人博士はCIDRAPニュースに、同氏は世界的パンデミック危険度が高まっているとは考えていないと説明した。
 「自分の理解している限り、中国における家きんや人での発生は、我々の予想している範囲内のことである」、と同氏は語っている。
 パナソニックの先の説明によると、同社ではH5N1ウイルスの発生場所と医療施設の完備状況を考慮して、家族を引き上げさせる地域を特定したとされる。
 名前を挙げられた国は、同社の経営組織に基づいて選択されている、とライリー氏は語り、再度それらの国名をあげた。
 同氏はどの程度の人々が関係してくるのか決めるのは難しいと語ったが、例えば、パナソニックは中国の60ヶ所に工場を持っていて、10万人の被雇用者がいる。また同社は世界中で30万7千人の被雇用者がいるが、その中には北米に1万3500人の被雇用者がいる。
 パナソニックは関係する職員家族に、帰国準備のために数ヶ月間の猶予を与えている。なぜなら日本の家庭は他の国の家庭のように移動には慣れていないからである、とレイリー氏は説明している。新しい住居や子供達の学校等、色々と準備が必要である。家族達はこのような経験をあまり持っていない。

企業対策の重要性

 ライリー氏によると、日本文化の特徴的要素として、自然災害への対策を重用視していることが上げられるという。
 「国外に住む人々(日本人)はいつも地震に際して、取るべき多くの情報に接していて、神経過敏になっている」、と同氏は語り、例としてこれまで日本で発生した大震災に言及した;1995年の阪神大震災では6500人が死亡し、1923年の関東大震災では14万人が死亡している。
 「(多くの)日本企業は業務継続計画の重要性を知っている」、と同氏は語っている。

 厚労省のウエブサイトに掲載されている、日本のパンデミック行動計画には、企業の業務継続対策計画に関して14ページに亘って記載されている。
 そこでは企業に対して、パンデミックが発生した地域からの社員や家族の引き上げを、オプションとして提起している。さらに発生地域への旅行の自粛や、帰国した社員ち家族の一定期間の隔離などが上げられている。
 ニューヨーク大学企業対策国際センターの長官であるウイリアム・ライシュ氏は、CIDRAPニュースに、大企業の中には未だパンデミックの危険性が継続し、実際の脅威と捉えている企業があることを、今回のパナソニックの行動は示していると語っている。
 「さらにパナソニックの発表は、同社が積極的に鳥インフルの流行を監視していることや、同社のネットワークにおいて保健医療問題を重要な要素としてとらえだしたことを示している」、とCIDRAPの企業領域の編集委員でもある同氏が語っている。
 今月初めに日本の防衛省は、パンデミック発生時には海外にいる日本人を政府がチャーターしたジェット機で日本に運ぶ計画を作成したと発表している。これは読売新聞の英語版で2月4日に伝えられている。

厳格な隔離対策と合同火葬

 保健省は12日、パンデミック対策におけるいくつかの新案を発表した;そこには、4空港と3港湾以外閉鎖するという厳格な検疫態勢が含まれている。AP通信が報じている。他の計画として学校の閉鎖や大量の合同火葬が含まれている。
 保健省は以下のように説明している。
 「ウイルスが侵入してくるのを可能な限り遅らせるのが重要である。その間に島国としての特性を有する、我が国での対策を急ぐことが可能となる」、とAP通信は伝えている。
 パンデミック・インフルエンザ対策の専門家の中には、国境閉鎖はウイルスの侵入予防には効果は無く、むしろ重要な供給物の流通障害の原因になると考えている人も多い。

 
Pandemic plan calls for mass cremations The Japan Times, Japan (日本、ジャパン・タイムズ) 日本、パンデミック行動計画で合同火葬が必要と 
 日本のパンデミック・インフルエンザに対する行動計画では、空港の閉鎖、休校、そして大量の合同火葬が、国内へのウイルス侵入の阻止、または侵入したウイルスの封じ込めのために必要としている。
 政府の行動計画では、新型人インフルエンザウイルス(a new human flu virus)は人口の四分の一に感染し、40%の労働力が失われると推定している。それは国内に広がった場合、64万人が死亡する可能性があると、厚労省は12日説明した。
 …
2月12日

Japan has flu plan to block entry, spread of virus Mainichi Daily News, Japan  (日本、毎日) 日本、パンデミックインフルエンザ対策として入国制限
下記AP通信

Japan has flu plan to block entry, spread of virus MSNBC (米国) 日本、パンデミックインフルエンザ対策として入国制限
AP

 日本厚労省による行動計画改定案。
 空港を4港残して閉鎖、学校の閉鎖、集会の延期など。
 海外で発生時には、非感染者はチャー便で日本へ。
 発病者は現地に。

   等

 11月に原案を発表し、現在パブリックコメントを集めて改訂中。
 厚労省が12日発表。

*特に新しい内容はないが…、報道理由が分からない。パナソニック問題で改めて、日本の考え方を伝えたのか??
Hundreds of poultry die from bird flu virus in Yogyakarta province New Straits Times, Malaysia  (マレーシア) インドネシア、ヨギャカルタ州で鳥インフルにより多数の家きんが死亡
 インドネシア、ヨギャカルタ州のバンツイ県の4地域で数百羽の家きんがH5N1鳥インフルで死亡したと、インドネシア国営通信が報道した。
 1月から3月までは雨季のため鳥インフル発生の危険性が高い、と当局では説明している。

Bird flu found on second Western Canadian farm Reuters  (国際) 鳥インフル、カナダでさらに第二の農場で発生
 カナダ、ブリティシュコロンビア州の新たな農場で鳥インフル発生が確認された。先に発生した弱毒性株(H5N2)と推定されている。
Indonesian suspected of having avian flu United Press International (subscription) インドネシアで鳥インフル発病疑い
 インドネシア保健省は闘鶏で有名な村の男性が鳥インフルに感染した可能性があり、検査結果を待っている。
 バリ島で2007年8月以来初の発生疑いとなっている。
 1週間前に周辺で鶏が多数死亡し、H5N1ウイルスが確認されていた。

*当事例は昨日ジャカルタポストから報道されている。
Vietnamese woman infected with bird flu -- WHO Reuters (国際) ベトナム女性鳥インフルに感染:WHO発表
 23歳のベトナム人女性が鳥インフルを発病して重体であることが、11日WHOから発表された。
 クアンニン省ダムハ県の女性で、保健省発表によると、1月28日に発病し、1月31日に入院した。
 発病する前に家きんとの接触があった。

*当事例は7日と8日に報道済みである。
2月11日

Avian flu detected in cockfighting village Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 闘鶏村で鳥インフル発生が確認
 闘鶏でよく知られているバントゥン、バリ島のジャガパチ村。20歳男性がインフルエンザ様症状で自宅で療養中。近隣で鳥インフルが家きんの間で発生数日後の9日に発病した。地域の医師は男性にタミフルを投与して様子を見ているが状態は良いという。
 検査結果が戻って来ていないことから、確定診断はついていないとされる。地域の医師の談話。
Bird flu spreads wide in seven provinces of Vietnam Hindu, India (インド) 鳥インフル、ベトナムで7省に拡大
 中央ベトナムのクワントリ省と北部のバクニン省で家きんの鳥インフルが新たに確認されたことが、農業省家畜衛生局が11日発表した。
 クワントリ省では、ウイルスが地方の農場で発生し、1000羽のアヒルのうち250羽を死亡させた。
 一方、バクニン省ではワクチン未接種のアヒルを検査したところ、H5N1ウイルスが検出された。
Panasonic's pandemic-related move fuels questions, concern CIDRAP, MN  (米国) パナソニックのパンデミック関連措置は疑問と重大関心事を呈す

印刷用ファイル
 パナソニックの海外派遣社員の帯同家族をパンデミック・インフルエンザ発生の危険性から自国に戻すという決定は、世界におけるH5N1パンデミックの危険性に関する困惑と、その推測のあり方に大きな問題を投げかけて、同時に他の企業も追従するのか、懸念されだした。
 ブルンバーグ報道(Bloomberg News )によると、2008年の12月に、パナソニックはシンガポールを除くアジア、アフリカ、東ヨーロッパ、南米、に派遣している社員に帯同家族を今年の9月まで日本に戻すことを伝えた。
 パナソニックの広報官であるアキラ・カドタ氏は、ブルンバーグに、家族の引き上げはパンデミック・インフルエンザ対策の一環であると伝えている。
 「我々は鳥インフルの流行状況、医療施設の完備水準と、そのアクセスの容易さ等を考慮して、引き上げ対象の国を決めた」、と同氏は説明している。

 今月早くにパナソニックは、15000人の従業員の削減と、今年度の赤字決算の見込みを発表した。しかしながらカドタ氏は、ブルンバーグに、今回の措置は経費削減のためではないと言っている。
 中国とエジプトは、最近人でのH5N1ウイルス感染者発生を報告している。それは冬期間に見られる典型的現象であり、さらに鳥インフルエンザ専門家は、ウイルスが人に感染しやすくなっている変異は見いだしていない。さらにWHO危険度レベルを引き上げてもいない。
 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、CIDRAPに、パナソニックが今回の決定をする根拠となるようなパンデミックの危険性レベルの変化はないと言っている。
 「我々はパンデミック危険度3のままに保っている」、と同氏はメールで伝えてきた。
 「ウイルスの動態は以前と変わらず、公衆衛生学的に、今、これまでとは別の行動を取るべきことを公正化出来る根拠は一切ない」
 匿名でコメントをCIDRAPに寄せた米政府の高官は、パンデミック発生の危険性は未だあり、その対策は重要であるが、今、その危険性が増したということはなく、国外に住む米国人に対するアドバイスを変更したり、警告を発する必要性はない、と語っている。
 ミネソタ大学の感染症研究と対策センターの長官である、マイケル・T・オステルホルム博士はCIDRAPニュースとCIDRAPビジネスソースの発行者であるが、同博士は、パナソニックの発表を聞いたいくつかの企業から、パナソニックの決定の意味を心配し、その決定が本当か否かを知りたがっている、と語った。
 ペニー・ターンブル(Penny Turnbull)博士、マリオット・インターナショナル危機管理およびBCP担当部長は、人における鳥インフル感染に関して、発生場所、数、感染の仕方に何等変化は無いにも関わらず、パナソニックがそのような決定をしたことに驚いている。同博士は、他の企業がどのような反応を示すかは分からない、とい言っている。
 「多くの企業は、パナソニックがどのような根拠に基づいて今回の決定をしたのか、当惑するだろうが、近い将来にどこかの企業が追従するとは思えない」

 オステルホルム氏は、パナソニックの決定は予期せぬ結果をもたらす可能性があると言っている。近いうちにパンデミックがヒステリックに語られるようになり、そこでは事実、または科学に基づかない情報が飛び交いだす、と警告している。
 同氏は今回の決定は、特ダネ的内容ではないという。なぜならパナソニックは聞くところによると、決定を昨年の12月に決定している。
 「もし同社が本当にパンデミックを警戒しているのなら、準備するのに数週間から数ヶ月単位ではなく数分から数時間単位で動くはずだ」。
 パナソニックの引き上げを決定した地域の選定は、大きな問題が含有され、また同社のリスク・アセスメントに大きな欠陥がある可能性をも提起している。そのようにオステルホルム博士は付け加えた。

Some 133 chickens culled for suspected bird flu in Badung, Bali Antara, Indonesia  (インドネシア、国営通信) バリ島、鳥インフル疑いで鶏が殺処分
 確定はされてないが鳥インフル疑いで鶏113羽が殺処分に。検査結果は未確認。

Panasonic to repatriate staff families over flu fears Edmonton Sun,  Canada (カナダ) パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから派遣社員家族の引き揚げを指示(ーWHOが困惑)

印刷用ファイル
 パナソニックが、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから、海外派遣社員の帯同家族の引き上げ計画を10日に発表したが、WHOは同社の計画に困惑している。

 WHOの広報官であるグレゴリー・ハートル氏は、H5N1鳥インフルウイルスによるパンデミック発生の危険性が、昨年、または一昨年以上に現在高まっている根拠はない、と語った。
 「ウイルスの挙動が変化しているという事実はない」、と同氏はジュネーブから電話で語った。
 「そういうことであるから、パナソニックのような行動をとる理由は誰にもない。なぜなら今日は昨日と何も変わってはいないからだ」、と同氏は強調した。

 パナソニックは昨日、同社がパンデミック発生の危険性が高いと考える国、または地域から派遣社員の帯同家族を引き上げさせる決定をしたことを発表した。この決定は昨年12月になされたが、帰国は今年の9月までに行われる。 
 同社の広報担当のアキラ・カドタ氏は、社員は残留し、家族は引き上げると語り、対象国として、中国、シンガポールを除くアジア各国、中東、アフリカ、ロシア、および南米としている。
 カドタ氏は、経費削減の一環としての措置ではないと語り、同社はいつもH5N1ウイルスの危険性を監視しており、まだ家族が移動出来るうちに引き上げさせたいと説明している。
 「もしパンデミックが発生した場合、迅速に引き上げさせるのは不可能である」、と同氏は語っている。
 WHOのハートル氏は、公衆衛生学的判断に立つ限り、このような決定を正当化する根拠(justification)はない、と語っている。
 「リスクが高まっているということは一切ない。現在は、間違いなくフェーズ3の段階にしかない」。
 WHOはパンデミック危険度を6段階のフェーズで表していて、最も危険性があるフェーズが6となっている。
 現在のWHOのフェーズ分類は3であり、それはパンデミックを引き起こす可能性のある新しいウイルスが、しばしば人に感染している段階とされる。
 このフェーズが4に引き上げられるときは、WHOがウイルスの人人感染を認識したときとされている。
 過去5年間、限定された範囲の人人感染が起きたと思われる事例はあった。しかし、いずれも1人または2人までの感染でその後は広がっていない。

 H5N1ウイルスは、1997年に始めて人に感染発病を起こし、2003年末に再興した。ウイルスは、東南アジアの多くの地域から、中央アジア、北アフリカ、中東、そして東部ヨーロッパの一部で、家きんに被害を及ぼしてきた。
 ウイルスは、世界15ヶ国で少なくとも406人に感染し、12ヶ国で254人を死亡させている。

 パナソニックは、世界で最大のプラズマテレビ生産企業であるが、先週、来年度に15000人の従業員の削減と、6年ぶりの赤字決算の予想を発表している。
 同社は、海外に200の子会社を保有しているが、中国に70社、他のアジア太平洋地域に70社となっている。



Panasonic calls people home over flu fear United Press International (国際) パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の危険性から社員家族を母国へ
 パナソニックは、アフリカ等の海外に派遣している社員の家族を、重度のパンデミック・インフルエンザ発生の危険性から日本へ戻るように指示した。
 派遣されている社員は残って業務を継続する。家族は9月まで戻るが、対象国は;アフリカ、中東、東ヨーロッパ、ロシア、南米、シンガポールを除いたアジア。同社の広報担当のアキラ・カドタ氏が発表。
 パナソニックは、H5N1鳥インフルエンザを含む、インフルエンザの発生を心配しているとカドタ氏は説明し、H5N1ウイルスは2003年以来、世界で60ヶ国以上で見つかっていると語った。
 
 ウイルスは2003年以来世界で250人以上死亡させ、そのピークは2006年で、その年には115人の発病が確認され、そのうち79人が死亡している。
China Health Ministry 'puzzled' by bird flu cases Reuters  (国際) 中国保健省、人発病事例の解釈に難儀

 昨夜報道内容が更新。太字部分が加えられた。

 中国保健省は1月に発生した8人の鳥インフル発病事例の解釈に難儀している、と報道官が10日発表した。
 5人が互いに遠く離れた地域で、家きんでの鳥インフル発生が見られていない状況下で発病して死亡した。
 一方、香港の海岸に打ち上げられた死亡した鳥からH5N1ウイルスが今月検出され、中心的専門家から中国内で鳥インフルが広く拡大していると思われるも、ウイルスが検出されない疑問が呈されていた。
 「我々は調査結果しか分からない。感染原因については分からない。ウイルスがどこから来たのかは分からないが、人々が感染したことは間違いはない。理屈から言うと、人々が感染するとき、ウイルスは鳥の中に存在しているはずではある」、とマオ・クナン広報官は記者会見で話した。

 一方、10日遅くに農業省は、極西部の新疆ウイグル自治区のホタンの家きんの間でH5N1鳥インフルが発生し、519羽の家きんが死亡したことを発表した。
 当局は13218羽の家きんを殺処分し、発生は制圧されたと、国営通信の新華社は伝えた。


 農業省は今冬、サンプル検査で江蘇省で鳥インフルの1事例を検出している。農業省は、ランダムサンプリングを行い、ウイルスが検出されたときは、家きんの殺処分を行っている。
 先週、農業省はワクチン接種キャンペーンで、広く鳥インフル発生を防止していると語った。

Dead fowl found in NW China's Xinjiang test positive for H5N1 virus Xinhua, China  (中国、新華社) 新疆ウイグル自治区 で死亡した家きんからH5N1ウイルスが検出

 10日、中国農業省は、北西部の新疆ウィグル自治区で死亡した家きんが見つかり、国立検査施設で、それら家きんのH5N1ウイルス感染を確認したと発表した。

 同省の発表では、南部の質の良いヒスイ産出で有名なヘチアン(Hetian)県で、519羽の家きんが死亡した。
 中国農業省と自治区政府は拡大防止のための緊急対策をとり、13218羽の家きんを殺処分した。
 発生は現在、制圧されていると、同省では伝えた。

2月10日


国内の動きから

 パナソニックは9日、新型インフルエンザの世界的な流行に備え、中国やアフリカなど大規模な被害発生が懸念される地域に駐在する社員に対し、家族を今年9月末までに帰国させるよう指示したことを明らかにした。
 対象となる地域はほかに、シンガポールを除くアジア、ロシア、独立国家共同体(CIS)、東欧、中近東、中南米。
 欧米やオーストラリアなど一部を除くほぼ全世界が対象となる大規模な帰国指示は異例で、他の日本企業にも影響を与えそうだ。
 パナソニックは、これまでの世界的な鳥インフルエンザの発生状況や、各地の医療事情などを考慮。新型インフルエンザ流行の危険性がこれまでになく高まっていることから、昨年12月に、対象地域に駐在する社員に対し、原則として家族全員を帰国させるよう伝えたという。
 日本での住居探しや、子どもの転校など準備が整い次第、速やかに帰国させるとしている。

報道
新型インフルで帰国指示 パナソニックの駐在員家族 京都新聞 


China Health Ministry "puzzled" by bird flu cases National Post, Canada  (カナダ) 中国保健省、人発病事例の解釈に難儀

China Health Ministry 'puzzled' by bird flu cases Reuters  (国際) 中国保健省、人発病事例の解釈に難儀
 中国保健省は1月に発生した8人の鳥インフル発病事例の解釈に難儀している、と報道官が10日発表した。
 5人が互いに遠く離れた地域で、家きんでの鳥インフル発生が見られていない状況下で発病して死亡した。
 一方、香港の海岸に打ち上げられた死亡した鳥からH5N1ウイルスが今月検出され、中心的専門家から中国内で鳥インフルが広く拡大していると思われるも、ウイルスが検出されない疑問が呈されていた。
 「我々は調査結果しか分からない。感染原因については分からない。ウイルスがどこから来たのかは分からないが、人々が感染したことは間違いはない。理屈から言うと、人々が感染するとき、ウイルスは鳥の中に存在しているはずではある」、とマオ・クナン広報官は記者会見で話した。
 農業省は今冬、サンプル検査で江蘇省で鳥インフルの1事例を検出している。農業省は、ランダムサンプリングを行い、ウイルスが検出されたときは、家きんの殺処分を行っている。
 先週、農業省はワクチン接種キャンペーンで、広く鳥インフル発生を防止していると語った。
China sees no virus mutation causing human to human bird flu infection Xinhua, China  (中国、新華社) 人人感染を引き起こすようなウイルス変異は検出せず

 10日、中国保健省の報道官のマオ・クナン氏は、中国で鳥インフルを発病した患者から分離されたウイルスの分析結果から、人人感染を引き起こすような変異は認めなかったと発表した。
 マオ氏は、今年に入って8人がH5N1ウイルスに感染し、5人が死亡していると語った、研究者達は分離されたウイルスを分析し、変異は見いだせず、ウイルスが人人感染を起こす可能性はないと結論している。
 さらにマオ氏は、ほとんどの患者は生きた家きんに接触したことがあるか、家きん市場で働いていた、と説明している。
 マオ氏は、また、国内の保健局や病院に対して、ほとんどの人における鳥インフルの発病は、年の第一四半期に発生していることから、十分ウイルスに警戒するように指示した。

Panasonic to fly home workers' families over bird flu fears AFP (国際) パナソニック、鳥インフルのパンデミックの恐れから、社員家族の帰国へ
 
 パナソニックの広報担当者であるアキラ・カドタ氏の談話。

 世界的発生の際に混乱が起きる前の措置。
 The firm decided to take the rare measure "well ahead of possible confusion at the outbreak of a global pandemic," he said.

 航空券が入手できなくなら前の措置。
 "We wanted to take action early before it gets difficult to book flight tickets," he said.
Panasonic orders families return home on flu fears International Herald Tribune, France  (フランス) パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから社員家族を母国へ
AP

Panasonic orders families return home on flu fears PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria (オーストリア) パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから社員家族を母国へ
AP

Ordered home on flu fears Straits Times, Singapore (シンガポール) パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから帰国の指示
下記AP内容。

Panasonic orders families return home on flu fears MSN Money  (米国) パナソニック、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れから社員家族を母国へ

AP
 パナソニックは、10日、海外派遣社員の家族を途上国から日本へ戻るように指示を出したこと発表した。理由は、同社がパンデミック・インフルエンザ発生の危険性が高まっていると考えたことによる。
 社員はそのまま現地に留まる予定であるが、家族は本年9月までに日本に戻るように昨年12月に指示したと同社の広報担当のアキラ・カドタ氏が発表した。対象国は、中国、シンガポール以外のアジア諸国、中東、アフリカ、ロシア、南米となっている。

 大阪に本社のある同社は、関係する社員数と家族数に関しては発表していない。
 
 パナソニックは世界で最大のプラズマテレビの製造企業であるが、先週、来年度15000人の雇用者数を減らすことを発表している。また6年ぶりに赤字決算となる見込みと発表している。
 カドタ氏は、家族の日本への帰国は、経費削減のためであることは否定している。
 同氏は同社が鳥インフルの危険性に関して調査しており、現在は前活動期と判断していると説明している。
 「パンデミックが発生したとき、迅速に母国に戻ることは難しい」、と同氏は説明している。

 鳥インフルは未だ人には簡単に感染しないが、保健専門家はウイルスが変異して人人感染するようになることを心配していて、もしパンデミックになったなら世界で数百万人死亡すると言われる。
 H5N1鳥インフルエンザは、2003年以来世界で254人を死亡させている、ほとんどは発病した鳥との接触で起きている。
 パナソニックは、海外に200の子会社を保有しているが、そのうち中国に70社、そして残りのアジア太平洋地域に70社以上保有している。

Officials: Bird flu fully under control in Nepal Xinhua, China  (中国、新華社) ネパール:鳥インフルは完全に制圧された

'No bird flu in Nepal but caution necessary' Nepalnews.com, Nepal  (ネパール) ネパールには鳥インフルの発生はないが、警戒は必要
 現在、ネパール国内では鳥インフルの発生は認めていない、と家畜局長官が記者会見で語った。
 しかし、今後も警戒は必要で、3ヶ月間発生がないことを確認しなければ、国際的承認は得られない。そのように長官は語った。
Few in US see doctor or get medication for flu: study National Post, Canada  (カナダ)
Got the flu? Most simply suffer through it MSNBC  (米国) インフルエンザに罹ったとき、多くは自然経過のままに
 下記のロイター内容。
Few in US see doctor or get medication for flu: study Reuters  (国際) 調査:米国ではインフルエンザ罹患時の医療機関受診率、または処方薬の服用率は低い
 ”トンプソン・ロイターズ保健”による調査結果。
 2005~2006年と2006~2007年の2回のインフルエンザシーズンにおける保険請求調査による分析。
 対象者は約2000万人。
 米国CDCによると、米国内のどの地域でもインフルエンザシーズンでは5~20%の人々がインフルエンザに罹患すると推定されている。
 インフルエンザと発熱、咳を呈する疾患の罹患者を調査。
 患者の4~6%がロッシュ社およびグラクソスミスクライン社の抗インフルエンザ薬の処方を受けた。
 しかしほとんどの医療機関(クリクック)では、(インフルエンザ)迅速診断は用いず、そして薬の処方率は低い。
 医師達は通常、安静と水分の補給、そして時には鎮痛剤を処方する。
 しかしながら、米国CDCによると、例年36000人のインフルエンザによる死亡者が米国では出ている。その多くは高齢者や慢性疾患保有者である。
 トンプソン・ロイターズによるデータでは、医療機関受診者は小児で多い傾向になっている。
 各インフルエンザシーズンで、小児では18人に1人、高齢者では38人に1人、成人では45人に1人がインフルエンザ様疾患で外来または入院サービスを受けている。

米国におけるインフルエンザ治療の状況
トンプソン・ロイターズ調査
抗インフルエンザ服用率 4~6%
医療機関受診率 小児1/18、 成人1/45、 高齢者1/38
治療方法 安静、水分補給、鎮痛剤
診断方法 インフルエンザ迅速診断方法の使用頻度は低い

2月9日


国内の動きから

 パナソニックがアジア地域に派遣している駐在員を対象に、現地へ帯同している家族を日本へ帰国させ始めた。流行が懸念される新型インフルエンザ対策の一環で、今年に入って方針が決まったもようだ。同社は情報を公開することなく粛々と実施しており、対象人数や世帯数も不明。しかし、上海など多くの日本人駐在員が住む地域では、この決定が話題となっている。
報道
日系駐在員に「パナショック」 日経ビジネス オンライン 


Vietnam reports second human bird flu case TheMedGuru, India  (インド) ベトナム、今年度2例目の鳥インフル発病者を報告
 23歳女性が今年度2例目の鳥インフル発病者として確認された。
 女性は鶏を食べた後に、1月28日に、発病した。高熱と呼吸障害が症状。
 当局の調査によると、女性の住んでいた近隣では発病したり死亡した家きんが見つかっている。
 しかしながら、家族の中で同じように発病したり、死亡した鶏を食べた10人は発症していない。
 病院側は、女性がH5N1ウイルスに感染していることが検査で確認されたと発表している。

*当事例は7日に報道されている。
Bird flu hits another province of Vietnamese Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナムでさらなる省で、鳥インフルが発生
 ベトナム南部のハウギアン省で、家きんの間で鳥インフルが発生したことが、農業省の家畜衛生局から発表された。400羽のワクチン未接種のアヒルの子が死亡し、検査でH5N1ウイルスが検出された。
 これでベトナムで鳥インフルが発生した省は4ヶ所となる:メコンデルタ地区のカマウ省、ソクトラング省、ハウギアング省、および中央のニェアン省。
Vietnam Reports Second Human Case of Bird Flu Voice of America  (VOA、米国) ベトナム、2例目の鳥インフル発病者を報告
 ベトナム保健省は23歳女性が、致死的鳥インフル検査で陽性となったことを発表した。
 今年にはいってから同国で2例目の発病者となった。
 北部のクアンニン省の保健局の発表によると、女性は鶏を食べた後発症したとされる。病院長によると、女性は5日間治療されているという。
 先月には、北部のタンホア省で8歳少女が発病して、検査でH5N1ウイルス感染が確かめられている。

*他報道で7日に既報済み。
Mass awareness against bird flu stressed The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ) 鳥インフルに対する社会的啓発が強調-バングラデシュでジャーナリストを対象としたワークショップが開催
 ユニセフの後援で開催。
 一般社会への鳥インフルの危険性を周知させるためのマスコミの重要性が説かれた。
 40人の地域のジャーナリストが参加した。
Egyptian toddler contracts bird flu AFP  (国際) エジプトの幼児、鳥インフルに感染
 エジプト保健省は8日、18ヶ月の男児が鳥インフルウイルスに感染したことを、国営通信のMENAを通して発表した。
 男児は入院して、現在の状態は安定していると、MENAは伝えている。
 男児は死亡した鳥に接触した後、6日に発症したと伝えられている。
 この事例は同国として2006年以来、55例目の鳥インフル発病事例となった。そのうち223人が死亡している。
 エジプトでのほとんどの発病者は、通常、家きんの世話をしている、若い少女か女性となっている。
Egypt reports 2nd bird flu case in four days Reuters  (国際) エジプト、4日間で2人目の鳥インフル発病者を報告
 エジプトの男児が鳥インフルウイルスに感染したことを国営通信が、保健省の発表として8日に伝え、この1週間に2例目の事例となったが、同国として2006年にウイルスが拡大してきてから55人目の発病者となった。
 18ヶ月のエジプト中央のミニア県に住む男児が死亡した鳥に接触した後、6日、発病し、7日に入院した。
 男児はタミフルで治療され、現在の状態は安定している。
 先週の水曜日(4日)、保健省はスエズ県で、2歳の男児が発病し、入院していることを発表している。
 エジプトでは500万世帯前後の家庭が、家きんを食料源、そして家計の収入源としている。
2月8日


国内の動きから

Quang Ninh woman suspected of contracting bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) クアンニン省の女性鳥インフル発病の疑い
 北部のクアンニン省の23歳の女性が重症呼吸障害を呈して、H5N1ウイルスの感染を疑われていると、7日に保健当局者が語った。
 クアンニン省ダムハ県のリ・タイ・ムイさんがクアンニン総合病院に3日、高熱と低血圧、および重症呼吸障害で入院したと、同病院の医師団が語った。
 しかし、医師団はムイさんがH5N1ウイルスに感染しているか確認は出来ていないといった。1回目のテストでは陽性であったが、もう1回の検査では陰性であったという。
 専門家が検査を確認するために、7日、同省に向かった。

*昨日のロイターでは男性となっていた。
More birds in HK have H5N1 Straits Times, Singapore - (シンガポール) 香港でさらにH5N1感染死亡鳥が発見
AP

 香港政府は、7羽の死亡した鳥から致死的H5N1ウイルスが検出され、最近発見されたウイルス保有鳥の死骸は合計11羽となったと発表した。
 政府が7日遅くに発表した内容によると、7羽の死骸には、マイポ自然保護区で2日に発見されたサギが含まれている。同保護区は3週間閉鎖されている。
 他の死骸は先週ランタウ島で見つかった、3羽の鶏と1羽のアヒル、そして市郊外で見つかったハヤブサと鶏が各1羽づつである。

Official explains human bird flu cases China Daily, China  (中国) 当局、人での発病原因を説明
 下方新華社と同記事。

Seven dead birds test H5N1 positive in HK Xinhua, China  (新華社、中国) 香港で、7羽の死亡鳥でH5N1ウイルス検査が陽性に
 香港資源庁が7日、香港で最近発見された7羽の鳥の死骸の検査で、H5N1ウイルスが陽性だったと発表した。
 7羽の鳥は、4羽の鶏、1羽のアヒル、1羽のサギおよびハヤブサである。それらは香港内の異なった地域で見つかっている。香港特別行政府の農業水産資源庁の報道官が語った。
 7日香港内の82ヶ所の村を当局は視察したが、無承認で飼育されている家きんは見つからなかったとされる。
 報道官は市民に衛生管理を徹底することと、野鳥や生きた家きんとの接触を避けるように警告した。
China's Chief Veterinary: Human infection of bird flu has no ... Xinhua, China  (新華社、中国) 中国農業省獣医局責任者:人での鳥インフル発病は家きんでの発生と無関係に起きることは多い
 基本駅には、6日に農業省から発表された見解と同じ。

 2003年以来世界で405人のH5N1鳥インフル発病者が出ているが、その多くで周辺での家きんにおける発生は見られていない。感染源が不明なものが多い。
 また家きん飼育者、殺処分業者、販売者のような感染に対する危険性が高い人々の間で、感染率が高いという事実はなく、中国でもそのような事例は起きていない。(-->人での発病が、周辺で家きんにおける発生があることが原因となるとは言えない:訳者)
 鳥インフルの研究では、未だ多くの不明な要素が多く、国際的により科学的研究がなされる必要がある。
 上記は農業省の獣医局責任者であるユ・カンゼン氏が、新華社に語った内容である。
Flu vaccines not as effective this year as in the past: DOH Taiwan News (台湾) 台湾保健省:今年のインフルエンザワクチンは有効ではない

 昨年末に有効と判断されたインフルエンザワクチンが今年に入って、有効性が確認されていないことを保健省が3日発表した。

 チョウ・ジハウ(Chou Jih-haw)疾病管理センター副長官は、昨年の秋から冬に320万人以上の人々が無料のインフルエンザワクチン接種を受けたと話している。
 「2008年の第四四半期(秋から冬にかけて)の調査では、一昨年よりも発病者数は有意に少なかった」、とチョウ氏は説明している。
 「しかし今年に入ってからは、患者から分離されたウイルスの検査では予想された程には良い結果が得られていない」、と同氏は言う。
 同氏によると、昨年秋から今年の冬にかけて接種されたワクチンは、H1N1株とH3N2に有効とされていて、実際に昨年暮れに患者から分離されたウイルス検査では有効であることが確認されていた。
 しかし、1月に行われた検査では、ワクチンは分離されたH1N1株の70%、H3N2株の40%で無効であった。ワクチンは被接種者の80~90%で効果を示さなければ有効とは言えない。
 しかしながらチョウ氏は、インフルエンザワクチンを無効とは判断していない。ウイルスは絶えず変化していているから、ワクチンの組成は年単位で構成し直す必要があるからである。
 問題の一つとして、台湾では欧米よりも6ヶ月から2年早くにウイルスが流行する傾向があることである。
 国立健康研究所臨床研究部門長官のス・イジェン氏は、そうした時間的差により、WHOにより提供されたデータのもとに欧米のワクチンメーカーにより製造されたワクチンは、アジアでの発生に効果を示さない可能性があると説明する。
 ス氏は、台湾と中国の交流が盛んになるに従い、台湾はインフルエンエンザ発生の前哨地となったと言う。
 WHOは昨年4月に、欧米とアジアにおけるインフルエンザ流行株の違いに関して考慮し始めた。
 最近、世界の主要なワクチンメーカーのうち2社が中国に参入し、”アジア・インフルエンザ”ワクチンの製造が始まりだした。
 ス氏は、各インフルエンザ発生でウイルスの株は少しづつ変化しており、大体5年ごとに大きな変化を示しているので、ワクチンの効果は低減する、と説明する。

Seven birds test positive for bird flu in Hong Kong AFP  (国際) 香港、7羽の鳥が鳥インフル検査で陽性
 香港当局は7日、最近同地域で見つかった7羽の死亡した鳥から検査で、致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたと報告した。(ウイルスが検出された鳥は合計11羽となる:訳者)。
 農業水産資源庁(Agriculture, Fisheries and Conservation Department)は、今月死亡して見つかった4羽の鶏、1羽のアヒル、1羽のハヤブサ、および1羽のサギの検体を検査していたが、致死的H5N1ウイルス感染が確認されたと発表している。
 サギは今月早くに香港の北西部にある野鳥保護区で見つかり、同保護区は一時的に閉鎖された。
 また同庁は、1月29日以来、香港のランタウ島で4羽の他の鳥でH5N1ウイルスを確認した。

 12月に当局は香港の家きん農場でH5N1ウイルスを検出して、9万羽以上の鶏を殺処分している。
2月7日


国内の動きから

 インフルエンザ治療薬「タミフル」(一般名・リン酸オセルタミビル)と異常行動との関連を基礎研究面から検討している厚生労働省・安全対策調査会の作業部会(大野泰雄座長)は6日、異常行動につながる中枢神経系への影響について「直接の影響は示唆されなかった」との見解をまとめた。しかし、タミフルが中枢神経系への影響を増強させるという動物実験が国内で出ているとして、「今後も国内外の研究結果を検証する必要がある」などとする報告書をまとめ、安全対策調査会に報告する。

報道
タミフル:異常行動、直接の影響は示唆されず 毎日新聞 


Vietnam has new human bird flu case: paper Reuters  (国際) ベトナムで新規人発病者が確認
 北部ベトナムで23歳男性(女性の誤り)が致死的H5N1ウイルスに感染したことが確かめられたことが、国営通信から7日、発表された。
 オンライン報道紙のラオドングが保健当局者の談話として、北部のクワングニン省のダムハ県で男性が発病し、検査で鳥インフルに感染していることが確認されたと伝えた。
 主治医の話では男性は高熱と重症呼吸不全を呈しているという。
 
 今回の事例の前に、ベトナムでは今年、人の発病例を1例確認している。北部のタンホア省で8歳少女が家庭で飼育しているアヒルと鶏を食べた後発病した。現在は回復している。
 7日、農業省は国内の3省、すなわち、南部のカマウ、ソクトラング、および中央のゲアン省で、家きんの間で鳥インフルの発生を認めていると発表した。
China says no avian H5N1 outbreaks detected CIDRAP, MN  (米国) 中国政府、家きんでのH5N1鳥インフル発生は認めずと

China detects no bird flu outbreaks among poultry: UN AFP (国際) 国連:中国、家きんで鳥インフル発生を認めず
 中国は、今年8人が発病した7省内で家きんにおける鳥インフル発生を認めていないと、国連組織のFAOが6日発表した。
 FAOの中国における上級鳥インフル技術顧問のビンセント・マーチン氏が、中国当局が5日、7省内での調査報告を提出したと語った。
 報告書によると、中国農業省は7省内における家きんの調査を行ったが、多くの検体調査にも関わらずウイルスは見つかっていないと報告した。
 中国農業省との会見の前に、マーチン氏は、中国内でウイルスが感染を広げている可能性を指摘し、中国側からの調査結果が報告されていないことに懸念の意を表していた。
 国営通信の China Daily紙も6日、中国農業省が国内で家きんの間で鳥インフルが発生していないと発表したことを報道している。
Vietnam bird flu outbreak widens: reports France24, France (フランス) ベトナムの鳥インフル拡大
 ベトナム国内でH5N1鳥インフル発生がさらに6日報告され、流行の恐れが、当局により懸念されている。
 直近の報告は、メコンデルタ地域のカマウ省の村で起きているが、300羽のワクチン未接種のアヒルの雛が死亡している。国立家畜保健局が発表した。
Hong Kong reserve closed amid bird flu tests  France24, France  (フランス) 香港、死亡鳥からのウイルス検出により、野鳥保護区を閉鎖
 香港の野鳥保護区が3週間閉鎖される。死亡したサギからH5ウイルスが検出されたことから。当局が6日発表。 ウイルスがH5N1であるかの詳細な検査は続行中。
China defends bird flu vaccination plan despite deaths Reuters AlertNet, UK  (英国) 中国、多数の人の死にも関わらす、家きんへのワクチン接種の妥当性を表明
 1月以来、多数の人での発病者と死者を出しているにも関わらず、中国は家きんに対するワクチン接種の妥当性を表明した。
 全国的に調査しても、感染家きん(ウイルス保有家きん)が見つからなかった事を根拠にした発表。
2月6日

Bird flu patient discharged from hospital Xinhua, China (新華社、中国) 貴州の鳥インフル発病者、回復して退院
 先月貴州で発病した29歳男性が回復して6日病院から退院した。22日間の治療期間だった。
Chinese expert issues new bird flu warning Xinhua, China  (新華社、中国) 中国の専門家、新たに鳥インフルへの警告
 中国の指導的呼吸器疾患専門家が、家きんは鳥インフルウイルスに感染しても、症状は出さないと警告している。
 「家きんに十分注意する必要があるが、それはワクチンをしている家きんも含む」、とゾング・ナンシャンは警告する。
 「現在のワクチンはウイルス量を減らすだけで、全てのウイルスを不活化することは出来ない、と同氏は言っている。
 ゾング氏は、中国科学アカデミーの会員で、2003年度に流行したSARS対策に関わった科学者の一人である、。
 同氏の警告は、中国で1月以来8人が鳥インフルを発病したことからきている。
 ゾング氏は、これらの発病者の半数以上が鳥との接触がなかったか、または住んでいた地域に鳥インフル症状を呈する家きんが存在していなかったことに注目している。
 同氏は全ての家きんや鳥と接触しないように警告している。
 「鶏は市場で処置されたものを購入し、家庭では決して処置しないこと」、と同氏は警告する。

*これは、中国当局の公式見解とも受け止めることが出来る(訳者)。
 ・ワクチン接種では家きん体内のウイルス量が減るが、完全にウイルスが消滅するわけではなく、無症状でウイルスを周辺に感染させている可能性がある。 

Hong Kong sanctuary closed after bird dies of avian flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 香港の野鳥保護区を閉鎖
 ランタウ島の野鳥保護区を6日から3週間閉鎖すると香港政府は発表した。同島の海岸にH5N1ウイルスに感染して死亡した家きんと野鳥が漂着したことからの措置となった。
No bird flu outbreak among poultry reported, customers still cautious Xinhua, China  (中国、新華社) 家きんの間での鳥インフル発生の報告はないが、消費者は十分注意するように
 基本的に下記内容と同じ。
 消費者に対する注意の喚起を呼びかけている。
 香港での死亡鳥漂着事例に関しては触れていない。
No outbreak among poultry reported, says ministry China Daily, China  (中国) 中国農業省:家きんにおける鳥インフル発生の報告はない

 5日、中国農業省は、1月以来8人の鳥インフル発病者を出した各省で、家きんにおける鳥インフルの発生は報告されていないと発表した。
 「人での発病が確認された7省で、H5N1鳥インフルの(家きんにおける)流行はない」、とChina Daily.紙に同省は声明文を寄せた。
 結論は先月に全国的に行われた疫学的調査の結果から得られた。
 声明は、国連組織のFAOが中国の家きんの間で鳥インフルが発生しているという懸念を表したことに対して、出された。

 8人の発病事例が1月に報告された。2003年に始めて(中国本土で)致死的ウイルスが人で検出されて以来、(中国としては)1ヶ月間で最大の発病者数となった。WHOによる。8人中5人が死亡している。
 「人での発病者の発生は鳥の間でウイルスが蔓延していることを示唆している」、とFAOの鳥インフルエンザ上級技術顧問のビンセント・マーチン氏が語ったと、Bloomberg通信社は伝えている。
 同氏によるとFAOは12月以来中国農業省から、家きんの間での鳥インフル発生報告は受けていないと語っている。
 「報告されていないいくつかの流行があるはずだ」、とマーチン氏は語り、「FAOが家きんにおける鳥インフル発生の報告を受けないことは、正常ではない」と付け加えている。
 中国におけるWHO代表であるハンス・トロエドソンも同様に関心を示している。
 「中国で1ヶ月間に多数の発病者が出たという事実は、ウイルスが土着化して、環境の中で感染を繰り返していると、考えられる」、と同氏は語っている。
 一方、中国農業省は、OIE(国際獣疫事務局)やFAOに鳥インフル発生状況を伝えていると説明している。
 同省の専門家は、ウイルスの存在は必ずしも家きんの間での鳥インフルの発生を意味しないと説明している。
 2005年以来中国で発生した人での発病例37人中4人だけが、家きんでの発生とリンクしていた、と農業省では言っている。
 「全ての人での発病者が、必ずしも動物での感染と関連して発生していないということは、良くあることだ」、と声明文ではいっている。
 農業省は、また、広東省での鳥インフル発生を否定している。
 香港のランタウ島で見つかった死亡した鳥12羽の中で3羽がH5N1ウイルスが陽性であったことから、香港と境界をなす広東省で家きんの間で広く鳥インフルが発生しているという警戒感が起きている。
 中国保健省の国立インフルエンザセンターのシュ・ユエロング長官は、人での鳥インフル発病者の数は今後も増えるだろうと言っている。
 国際機関は10年以上もH5N1ウイルスが人に感染する株に変異する可能性がるから、ウイルスのモニターを続けている。

.Flu may not have killed most in 1918 pandemic Reuters (国際) スペイン・インフルエンザの死亡原因の多くは、ウイルスによるものではなく、細菌感染症によるものである-現代におけるパンデミック被害想定の下方修正

印刷用ファイル

 1918年のスペイン・インフルエンザによる死亡原因の多くは、ウイルスそのものによるものではなく、肺炎球菌によるものであり、パンデミック・インフルエンザによる被害想定が誇張されていることを示唆する研究が、5日、米国の研究チームから発表された。

 新知見は、細菌感染症に対する抗生物質の備蓄が、抗インフルエンザ薬の備蓄と同じ以上に重要であることを示していると、研究者達は語っている。
 アトランタのエモリー大学のケイス・クルクマンと共同研究者達は、1918年に世界で5千万人から1億人を18ヶ月間に死亡させたスペイン・インフルエンザに関する情報の中で何が有用か分析した。
 いくつかの研究で、スペイン・インフルエンザの死亡者の、死亡までの平均日数が1週間から11日と言われているが、それはウイルス感染症のパターンよりも細菌感染症のパターンに近いと、クルグマンのチームは、”新興感染症雑誌”のレター(短い論文、短報)で述べている。
 「我々もスペイン・インフルエンザで死亡した兵士達の分析で、死亡までの中央値が10日間であることを確認した」
 インフルエンザに罹患した人々は、細菌によるスーパー・インフェクション(超感染)が見られる。1918年のパンデミックでは、肺炎球菌でそれが起きたと思われる。
 「抗生物質も血清学的治療法も無かった時代である」、とクルグマンのチームは論文で述べている。
 現在、多くの種類の肺炎球菌の感染を予防できるワクチンがある。

 最悪のシナリオ
.
 ほとんどの保健専門家達はパンデミック・インフルエンザは、いつ発生してもおかしくはないと言っている。過去に1957年と1967年に小さなパンデミックが起きている。
 政府のパンデミック対策の多くは、1918年のシナリオに基づいている。そこでは数千万人が世界で死亡すると予測し、、40%の人々が発病、または家族の看病、さらには感染を恐れて家に篭もる等で、職場を休むと想定している。
 「1918年の事実に基づくと、この抗生物質が豊富にある現代、我々は致死率はより低く見積もることが出来ると思う」、とクルグマンはメールで説明している。
 「我々は、細菌によるスーパー・インフェクションは抗生物質で抑えられると推定している」、と説明している。
 
Chinese Suspected Of Hiding Bird Flu Cases UKMedix Health News, UK  (英国) 中国、鳥インフル発生を隠蔽している疑い
 香港の海岸に死亡した20羽以上の鶏やアヒルが打ち上げられたことから、中国政府に再び致死的H5N1鳥インフル発生を隠蔽している疑いが生じている。検査の結果、打ち上げられた鳥のうち何羽からかH5N1ウイルスが検出されている。近くには家きんを飼育している農場がないことから、死亡鳥は中国の珠江デルタ地帯(パール・リバーデルタ)から流れてきたと推定される。専門家は、この事実は中国で鳥インフルが発生していることを示していると考えているが、中国政府は国内で発生していることは認めてなく、調査にも協力的ではない。
 国連機関のFAO(国連食糧農業機関)が発表した声明では、同機関も中国で家きんにおける鳥インフルが発生していることは間違いのないことと考えているが、中国政府が事実を隠蔽していることを明確には非難していない。中国政府は過去にも、2003年にSARSが発生したときにも十分な情報を公開しなかった。

 鳥インフルの情報の共有は、その封じ込めに必須であるばかりか、専門家達がパンデミックの発生を予知する上でも重要な情報となる。中国政府は、批判や世界の意見を非常に気にしており、そのため、これまでも鳥インフル状況の完全な公開はしてきていなかった。
 公的にはインドネシアが世界で最も鳥インフル発生が記録されている国であるが、実際には中国の方が鳥や人での発病者が多いと考えている人々もいる。事実は迅速に隠蔽されている可能性があるという。

H5 virus suspected in 3 dead birds News.gov.hk, Hong Kong  (香港、行政府広報) 香港、さらに3羽の死亡した鳥でH5ウイルスが検出-変異は認められない
 食料保健庁長官(Secretary for Food & Health)のヨーク・チョウ氏は、これまで分離されたウイルスの分析では、過去2年間に南部中国で発生しているウイルスと類似していて、大きな変異は起こしていない、と語った。
 
 死亡して海外に打ち寄せられていた鳥:鶏、アヒル、ガチョウ、サギ、ハヤブサ(grey heron, peregrine falcon )他。
2月5日
 

国内の動きから
インフルエンザ 変異ウイルス流行か 東京新聞

全国でインフルエンザの感染が拡大しているが、流行の中心とみられるAソ連型(H1)ウイルスが、日本で遺伝子変異を起こし、ワクチンの効果が低下している可能性のあることが四日、分かった。 

 H1ウイルスをめぐっては、国内で採取されるウイルスの大半が抗ウイルス薬タミフルへの耐性をもっていることが既に明らかになっている。

 A型ウイルスは変異しやすいが、仮に想定以上の大きな変異が起き、ワクチンが効きにくい状況になっているとすれば、インフル対策の重要な二本柱が両方とも危うくなっていることになり、早急な対策見直しが迫られそうだ。

 調査にあたった国立病院機構仙台医療センターの西村秀一ウイルスセンター長をはじめ仙台市、山形市、福岡市の医師グループは、ウイルスの詳しい解析やワクチンの臨床効果の調査を早急に進めるよう国に求めている。

 西村氏らは、仙台と福岡の医療機関の検体から計七十二株のH1ウイルスを採取。これを今季のワクチン株を元にした抗血清を用いたHI(赤血球凝集抑制)試験で調べた。

 その結果、採取されたウイルスのほとんどが、ワクチン株の抗原性と大きく異なっていた。このことは日本で流行中のウイルスは、ワクチン株の元となったウイルスとは大きなずれが生じ、ワクチンの効果が低下している可能性を示しているという。

 ワクチンは必ずしも感染を防止するものではないが、予防接種が積極的に行われているのに学級閉鎖などが相次いでしまった現状から、ワクチンが例年よりも効いていないのでは、と疑問視する声が上がっていた。

 西村氏は「仙台、福岡のウイルスだけが特殊な状況にあるのかどうかは分からない。あとは国に早急に各地の状況も調べてもらい、必要なら新たな対応を検討してもらうしかない」と話している。

 一方、厚生労働省では「情報を受け、特に対応はしていない。今月中に新しい情報をまとめたいとは考えているが、ウイルスの解析には時間がかかる」と話している。

なぜ効かない、インフルエンザワクチン? 「変異」追跡に遅れ 東京新聞 
 インフルエンザがこの五年間では最も厳しい流行を迎えている。現場の医師たちからは「今シーズンのワクチンは効きが悪い」との声も。ウイルスが変異し、効果が低下している可能性も浮上したが、その動向は十分につかみ切れていないようだ。巨費を投じて新型インフル対策が ...


Avian influenza spreads in Ca Mau Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム南部、カマウ省で鳥インフルが拡大
 ベトナム最南のカマウ省の2自治区で鳥インフルが流行して、当局は3000羽以上のアヒルを殺処分している。
A bird flu epidemic has swept through two communes in the southernmost province of Ca Mau, forcing authorities to destroy more than 3,000 ducks.
Dead birds on Hong Kong beaches test positive for avian flu The Sun Daily, Malaysia (マレーシア) 香港の海岸で見つかった死亡した鳥がH5N1ウイルス検査で陽性に

Dead birds found in HK test positive for H5N1 virus Hindu, India (インド) 香港で見つかった死亡した鳥はH5N1ウイルス陽性

Dead birds test positive for H5N1 News.gov.hk, Hong Kong  (香港、政府公報) 死亡した鳥はH5N1陽性
 ランタウ島で発見された死亡家きんがH5N1陽性であったことと、香港中の村々を調べたが家きんにおける鳥インフル発生は見つかっていないことを報告。住民に死亡した鳥が見つかった場合は、即連絡するように通知。

Dead birds on Hong Kong beaches test positive for avian flu Earthtimes (press release), UK  (英国) 香港の海岸に流れ着いた死亡家きんはH5N1ウイルスが陽性

Hong Kong Confirms New Bird Flu Outbreak Voice of America  (VOA、米国) 香港、新規鳥インフル発生を確認
 香港政府は、数羽の死亡した鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。
 当局によると、2羽の死亡したアヒルと1羽のガチョウがランタウ島の海岸で見つかり、検査で致死的H5N1が検出されたと言っている。
 この数日さらに十数羽の死亡した鳥が周辺で見つかっている。当局によると検査中である。
 当局では、これらの死亡した鳥が中国本土から流れ着いたものかを調査している。
 12月に、香港の鶏農場で鶏の感染が分かり、当局は数万羽の鶏の殺処分を行っている。
 香港における鶏での発生は5年ぶりだった。
Dead birds found in HK test positive for H5N1 virus Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) 香港で死亡した鳥からH5N1ウイルスが検出
 香港農業水産資源保存省(AFCD)は4日、死亡したガチョウ、2羽のアヒルがランタウ島のシャロ・ワンで先週見つかり、検査の結果H5N1ウイルスが検出されたことを発表した。
 AFCDのスタッフは、1月29日に1羽のガチョウと1羽のアヒルの死骸をシャロワン近くの海岸で見つけた。さらに1月31日には同じ海岸に死亡したアヒルが見つかった。
 報道官は、さらに4日に2羽の死亡した鶏が見つかり、現在ウイルス検査中とされる。
Egypt confirms 54th human case of bird flu Xinhua, China (新華社) エジプト、54例目の鳥インフル発病者を確認
 エジプト保健省は、4日、2歳の幼児が鳥インフルを発病した事を確認し、同国で54人目の発病者となったと発表した。
 カイロから東に120キロのスエズ県の幼児が高熱で入院したと国営通信のMENAが保健省報道官の発表として伝えた。
 乳児は感染した家きんに接触した後、発病したと報道官は発表した。
 この事例は2009年に入ってから3例目の事例となった。
 1月25日には、2歳幼児ミニフィア県で発病し、1月12日には、21ヶ月の女児がケルダサ県で発病した。
Bird flu virus still cause for concern: experts Reuters UK, UK (英国、ロイター) 専門家:鳥インフルは未だ脅威
 WHOのインフルエンザ専門家であるケイジ・フクダ博士の談話を中心とした論説。
 中国の対応を賞賛する言葉が強調されている。すなわち全症例が迅速に情報公開されている。広い中国で散発的に人が発病することは、感染家きんが発生していることを意味するが、それはこれませ東南アジアで広く認められたきたことだから、特に問題とは思わない。このようにフクダ氏は語っている。
 さらに全体的にH5N1ウイルスによるパンデミックの発生の危険性が減じているわけではないから、対策は継続する必要があるとの意見。

Bird flu poultry outbreaks in China possible: UN AFP  (国際) 国連:中国での家きんにおける鳥インフル流行の可能性
 下方の記事と同じ。

20000 birds culled; Operation to continue in Coochbehar Hindu, India  (インド) 2万羽の家きんが殺処分:インドのクックベハールCoockbehar) での作業は継続
 北ベンガルの鳥インフル発生地域のクックベハール県での約2万羽の殺処分が、作業の遅れからさらに2,3日継続される。
 「最初には、今日までに作業をおける予定であったが、対象が絞り切れていないため、さらに6日まで延長になった」と、当局者が語った。
 これまで2万羽が殺処分されているが、合計45000羽が処分の対象とされている。
Bird flu poultry outbreaks in China possible: UN France24, France  (フランス) 国連:中国で家きんにおける鳥インフルが発生している可能性
 AFP
中国は最近家きんの間で鳥インフルの発生を変え件しているはずだ、と国連の国連食糧農業機関(FAO)が4日発表した。中国政府はそれを認めていないにも関わらず、そのような声明をだした。

 FAOのコメントは、昨年1年間の中国での鳥インフル発病者が3人であるのに対して、今年度は既に8人の発病者が出ていることから出された。
 「 「ウイルスの感染が広がっているか、いくつかの大発生が起きているに違いない」と、FAOの鳥インフル上級技術顧問のビンセント・マーチン博士がAFPに語った。
 しかし同氏は、12月に江蘇省で発生していらい、家きんでの鳥インフルの発生は中国政府から一切報告は受けていないという。
 農業省にはいくつかの疑い事例が報告されていただろうが、それらの中には陽性例が含まれていた可能性もある」。
 「我々は中国内の疫学的状況と研究結果の報告が出されるのを待っている」。

 今年発生している人での発病者事例は社会的に関心を呼んでいるが、WHOは、全体的には予測されている状況内であると説明している。
 しかしマーチン博士は、今年度は異常だと警告している。
 「昨年よりも発生事例は多い。発生場所に置いても、江蘇省(家きんで発生)や山西省(人で発生)のように、これまで発生したことのない地域で発生している。

 香港の感染症専門家であるロ・ウイングロク氏は、もし最近の人での発病が、周辺で家きんにおける発生無しに起きているとしたなら、人の発病はH5N1ウイルスの変異によって起きている可能性もある、と警告している。
 「多分、ウイルスは変化している。そのためにウイルスが人に感染しやすくなっている」、と同氏は語っている。

2月4日


国内の動きから
 4日付 東京新聞朝刊 特報面

◎新型インフル ワクチン接種めぐり初討論 「命の順位」どう決める 合意形成まだ端緒

 発生すれば大きな脅威となる新型インフルエンザ。社会を崩壊から守る柱の一つがパンデミック(大流行)ワクチンだが、その完成は発生から早くて半年後。しかも量は限られる。少ないワクチンをだれを優先して接種するのか。三日、厚生労働省の担当者も交えた初めての討論会が開かれた。(山川剛史)

 同省では、発生地(海外を想定)から実際の新型ウイルスがすぐに入手できたとして、最初のワクチンができるのが半年後。国民全員に行き渡るまでにはさらに一年かかると予測している。
 ごく限られた量のワクチンでどう社会機能を維持するのか。そこで出てきたのが、職業によって接種の順番をつけようとの考え方だ。昨年九月、専門家会議の意見を踏まえ、表の通り案がまとめられた。
 人命に順番をつける重大事。案は「国民的議論を経て決定していく」としているが、これまで一般に向けた説明も意見聴取もなし。インターネットなどを通じて意見を募集したことになっているが、わずか一カ月の募集ということもあって、七十ほどの意見が寄せられただけだ。
 この日の討論会は、医療政策決定への患者参加を目指す民間団体「日本患者会情報センター」が主催。呼吸器疾患やアレルギーなど十の患者団体が意見を交わした。それを約二十人の医師や健康保険組合、自治体の担当者らが見守った。
 「案ではⅠからⅢの人たちに次いで、医学的ハイリスク者が記されている。私たち患者はこのグループに入ると思うが、ほかにも小児や高齢者など救うべき人が目の前にいっぱいいる。世間に受け入れられる順番でワクチンを打ってほしい」
 透析患者の男性がこう切り出すと、アレルギー団体の女性は「ワクチンが必ずしも助けてくれるとは思わないが、自分で医療機関に行けない人をどうするかもっと考えてほしい」と続いた。「小児や高齢者など弱い人でリスクの高い人たちもいる。そういう人を最優先にするべきだ」との声も出た。
 表のⅠからⅢまでの職種に属するのは計約一千万人。この人たちを優先することに議論が集まると予想されたが、「よく考えられている」と理解を示す声が多かった。むしろ、残る大多数の人の中で自分たちが優先されることには戸惑いがある様子だった。
 こうした声に、厚労省の担当者は「小児や高齢者は、発生時は家庭にとどまる対応が可能で、慢性疾患の方々は病院に行く必要があると考えた」としながらも、まだまだ検討の余地があることを実感した。
 さらに、男性から「この案の目的は社会機能の維持? それとも死亡者を少なくするため?」と率直な疑問も出て、これには担当者も「そこの議論が進まないと、(対策は)漠然としてしまう。それは個人的な思いとしてある」と議論不足を率直に認めた。
 米国では、同様の接種順位をめぐり、厚生長官自らが全国を回って意見を聞いて最終案をまとめている。厚労省でも自治体と協力して意見交換会を開くことも検討中というが、具体的には決まっていない。新型インフル到来に備えた合意形成はできるのか。まだ大きな疑問が残っている。


China suspected of covering up bird flu outbreak  Telegraph.co.uk, United Kingdom  (英国) 中国、鳥インフル大発生を隠蔽している疑い

 中国の情報隠しの疑いがもたれたきっかけは、少なくとも21羽の鶏やアヒルを含む、鳥が香港の海岸に流れ着いたことからである。 
 香港政府は、死骸が見つかった地域の近くに家きん農場はないことから、、死骸が中国本土のパール・リバー三角地帯から流れてきた可能性が考えられ、中国当局にそれを確認をする予定であると発表した。
 1月だけで8人の発病者が中国で発生している。そのうち5人が死亡している。発症事例は広く中国内に広がっていて、感染家きんが食料供給システムの中に混入してしまった恐れが高まっている。
 江蘇省で感染した鶏が過酸化水素で漂白されて売られているという未確認の噂がある。12月には家きんで発生があり、30万羽の大量の鶏が殺処分されている。

 香港の鳥インフル専門家であるロ・ウイングロク氏は、”中国で何か恐ろしい事態が起きるのではないかと、警告している。鳥インフルが家きんの間で発生しているのは疑いのないことだが、中国政府は認めてはいない、とロ氏は語っている。
 国連のFAO(国連食糧農業機関)も、中国では鶏やアヒル、またはガチョウの間で鳥インフルが発生しているに違いないという見解を表明している。
 「ウイルスの感染が広がっているか、いくつかの大発生が起きているに違いない」と、FAOの鳥インフル上級技術顧問のビンセント・マーチン博士が語っている。
 「昨年よりも、発生数は多いはずだし、発生場所も広がっていると考えられる」、と同博士は語り、FAOは、江蘇省での発生以来、さらなる問題に関して中国当局から何も伝えられていないと、付け加えている。

 鳥インフルは人人感染は希にしか起こさないので、1月に発病した人々は感染した肉を食べたに違いない、と同氏は考えている。
 「農業省に(家きんにおける発生)疑い例がいくつか報告されている筈だ。これらの疑い例は陽性であったかも知れない」、と同氏は語っている。
 「我々は、全体的疫学的調査結果の中国当局からの提出を待っている」。

 WHOは、中国政府が情報を隠しているかについては、コメントすることを拒否した。
 中国は2003年のSARS発生の際に、正確な情報を開示しなかったことで広く世界から非難された。そのとき、広東省ではSARS発生を、香港に拡大するまでの半年間隠していた。

 香港のランタウ島に流れ着いたH5N1ウイルス感染家きんは珠江デルタから流れてきた可能性を専門家jは指摘している。

 広東州等で多くの家きんが鳥インフルに感染している可能性がある。


Hong Kong suggests that China could be hiding bird flu outbreak Shanghaiist, China - (中国、上海) 香港、中国が鳥インフル発生の情報を隠蔽している可能性を示唆
 香港は、中国本土が鳥インフルの新規発生を隠しているのではないかと発言している。これはタンタウ島で多くの死亡した家きんが見つかったことによる。ここ数日間に17羽の死亡した鳥がランタウ島の海岸に打ち上げられた。3羽から致死的H5N1ウイルスが見つかっている。
 香港政府の感染症アドバイザーのロ・ウイングロク氏はBloomberg通信社に次のように語っている。
 ・中国政府が認めていないけれど、中国本土で鳥インフルが流行していることは疑う余地はない。
 ・香港と中国本土の当局間での十分なコミュニケーションがないことが問題で、香港は本土から十分な情報を提供されていない。

 中国では今年度に入ってから8人が鳥インフルに感染し、2003年以来、1ヶ月間での最大の発病者数となった。このうち5人が死亡し、2人が回復している。
 しかしながら中国は、12月以来、家きんにおける鳥インフルの発生を全く報告していない。広東省の行政府は、鳥インフル発生の報告は全くないと言い、さらに家きん農場は異常なく運営されていると主張している。
 WHOは、中国の情報公開の状況に楽観的で、8人の発病者の報告は極めて迅速であったと評価している。

Guizhou bird flu patient transferred to regular ward China Daily, China (中国) 貴州省の鳥インフル患者、一般病棟へ
 1月15日に発熱で入院し29歳男性は1月24日に鳥インフルに感染していることが確認された。医師団は2月2日に、男性の症状は安定していると発表した。
Chinese infant recovers from bird flu infection People's Daily Online, China  (中国) 中国の鳥インフル発病乳児が回復
 3歳女児が中国で鳥インフルから回復した最年少年齢となった。
 女児は先月、山西省で鳥インフルを発病したが回復し、退院した。

17 dead birds on HK beaches Straits Times, Singapore (シンガポール) 香港の海岸に17羽にお死亡した鳥が漂着

More dead birds found in Hong Kong as China avian-flu fears grow TREND Information, Azerbaijan (アゼルバイジャン) 中国の鳥インフルの不安が増強している中、香港の海岸でさらに死亡した鳥が漂着
 香港の海岸にさらに9羽の死亡した鳥が漂着したと、保健省が4日発表した。中国本土で未報告の鳥インフル大流行が発生している不安感が増強しているなかでの発表だ。
 死亡したカモ(アヒル?)、鶏、と他の鳥が香港のランタウ島で3日見つかり、合計21羽の死亡した鳥が過去6日間に見つかったことになった。全てでは無くてもほとんどの鳥は中国本土から流れ着いたと考えられている。
 これまで見つかった12羽の死亡鳥のうち3羽ででH5N1ウイルスが検出されている。
 島民達は死亡した鳥は、中国のPearl River Delta地帯から流れ着いたと考えている。

Japan Laboratory, GSK to Jointly Develop Vaccine Against New Flu Therapeutics Daily (press release) (registration), PA  (米国) 日本の研究所、英国のグラクソスミスクライン社とパンデミックワクチンの開発に
 熊本に本拠を置く日本のワクチン開発メーカーが2日、英国のグラクソスミスクライン社と協同してパンデミックワクチンの開発を行うことを発表した。
 熊本の化血研と東京のグラクソスミスクライン支社が、細胞培養法を用いたパンデミック・ワクチンの大量製造方法の開発を行う。グラクソ社のベルギーにある子会社も開発に参加する。
Bird flu virus still cause for concern - experts Reuters AlertNet, UK  (英国) 鳥インフルエンザウイルスは未だ危険である:WHO専門家
 WHOの鳥インフルエンザ専門家であるケイジ・フクダ博士のインタビュー談話。昨日APから流された報道の中のインタビュー記事と同じ記者会見であるが、このロイター内容は、中国に関する同博士のコメントを中心にまとめられている。この報道内容は、同博士が中国の対応を十分評価しているとしている。

 中国は個々の事例を迅速に発表している。WHOではそれらの事例を分析して、人での流行の危険性はないと判断している。全ての事例は鶏の周辺で発生していて、人人感染が起きている可能性はない。
Is China Covering up a New Bird Flu Epidemic? China Digital Times, CA  (米国、カリフォルニア) 中国は、鳥インフルエンザの流行は隠しているのだろうか?
 反中国政府系ウエブサイトの報道
 
 今年に入ってから中国で8人がH5N1鳥インフルを発病、そのうち5人が死亡。
 香港の海岸で大陸から流れてきた鳥の死骸からH5N1ウイルスが検出された。
 WHOは中国で鳥インフルが流行しているとは考えていないと発表しているが、中国政府からは何のコメントも出ていない。
 2003年のSARS発生の時は、香港に通知するのに22週間遅れた。しかしそのときはすでに遅すぎ、香港では結果的に300人近くが死亡した。
 …。
2月3日


Hanoi bans poultry transport by bikes to stop flu Reuters  (国際) ハノイ、鳥インフル対策として、バイクでの家きん輸送を禁止に
 ハノイは、モーターバイクや自転車での生きた家きんの輸送を禁止した。市に鳥インフルが拡大してくることの防止対策の一環である。
 今週から、市に持ち込まれる全ての家きんは特定のトラックでしか輸送出来なくなり、それは地域の家畜衛生局で鳥インフル感染がないことの証明を受ける必要がある。3日、市当局が発表した。
 ハノイは鳥インフルが発生していないが、農業省は今週に入って、最南の省であるカマウで数百羽のアヒルでH5N1鳥インフルエンザが発生したことを報告している。
 ハノイの多くの地域は田園地帯で、モーターバイクは、数百万人のベトナム人の交通手段となっていることから、今回の禁止令の実行は非常に難しいと考えられている。
 ベトナムでは今年度、人での発病が北部のターンホア省で発生している。8歳の少女が自宅で飼育していたアヒルと鶏を食べた後、発病した。
Nine more dead birds on Lantau stoke flu fears The Standard, Hong Kong  (香港) 香港のランタウ島でさらに9羽の鳥の死骸が見つかる:鳥インフルへの不安感が高まる
 昨日、ランタウ島で9羽の鳥の死骸が見つかったことから、香港における鳥インフルへの不安感が高まっている。
 1羽の雁、5羽の鶏、1羽のカモ、そして種類が確定されていない2羽の野鳥の死骸が見つかって、これまで合計12羽の鳥の死骸が見つかったことになる。最初の3羽からはH5N1ウイルスが検出された。
 香港の専門家は、中国で発生している未発見、または未報告の鳥インフルの結果が、これらの鳥の死骸の発見につながっているとしたなら、非常に危険だ、と説明している。鳥インフルウイルスが香港に拡大し、市民が暴露されている危険性があるからだ。
 農業局では、これらの死亡した鳥が、近くの村からきたものか、農場からきたものか調査している。
 現在、専門家達は本土の関係機関と連携して、これらの鳥が本土からきた可能性についても調べている。

Flu off to slow start but don't get complacent yet The Daily News, NY (ニューヨーク) インフルエンザ流行は遅れているが、安心は禁物
 下記と同じ。
Winter flu off to slow start; worldwide, doctors warn against ... Daily Press, VA (米国、バージニア) 冬季インフルエンザ流行は遅れている;世界的には、専門家はパンデミック・インフルエンザ対策疲労を懸念
 
AP

 今年はインフルエンザの流行開始が遅れている。広範に発生している地域は、バージニアとニュージャージーの2州だけである。
 「今年は、あまりインフルエンザが気にならない年のように思える」、とCDCのインフルエンザ対策部門の責任者であるナンシー・コックス博士が、2日に開かれたインフルエンザ専門家会議で語った。
 しかし勝手な判断はよくない。インフルエンザは通常2月に流行が始まる。秋のワクチン接種啓発キャンペンの記憶が薄れてしまってからである。去年は3月にも流行の波があった。
 実際、インフルエンザ様症状で医療機関を訪れる患者数は例年よりも少ないが、CDCのデータによると、1月には間違いなく毎週増え始めている。

 季節性インフルエンザとは別に、専門家達は、別な心配、すなわち鳥インフルエンザの心配をしている。
 世界的に後退してしまった鳥インフルに対する警戒態勢は、鳥における致死的H5N1ウイルスの監視態勢の維持に対して、不安感を呼び起こしている。
 昨年、WHOはH5N1鳥インフル発病者を44人報告している。前年は88人であるから、大幅に減少した。
 鳥インフルエンザの活動性は(ウイルスの活動性)年により変化するとしても、このような大幅な減少は、世界における対策、すなわち、家きんの監視態勢、中国における大量の家きんへのワクチン接種等によりもたらされたものと、WHOのケイジ・フクダ博士は説明している。
 しかし現在中国は、フクダ博士のいうところによると、”鳥インフルの急増”が見られ、先月には8人が発病し、6人が、家きんでの発生が認められていない地域での発生となっている。
 フクダ博士は、数年間に及ぶパンデミック対策にからくるインフルエンザ疲労(鳥インフルエンザ疲労、パンデミック疲労等と呼ばれる)を警戒している。これまでH5N1鳥インフルエンザ対策を柱にして行われてきたが、(実際にパンデミックに移行しないことから)徐々に、関心度は弱まってきている。
 「多くの国では対策が軽視され始めているという危険性がある」、と同氏は2日に語っている。
 
 WHOはいまだパンデミックを、”間違いなくいつ発生するか分からない”、と警鐘を鳴らし続けていると、フクダ氏は語り、H5N1ウイルス以外の新しい株にも注意してゆく必要があると付け加えている。
 この6週間以内に、ブタインフルエンザを2人が発病した。1人はサウスダコダで、もう1人はスペインであった。
2月2日


国内の動きから
 農林水産省は新型インフルエンザが発生して大流行(パンデミック)した場合でも食料を確保できるようにガイドラインを策定する。地震や台風などの災害に比べ、新型インフルエンザは感染の心配があるため外部から食料を調達しにくい。まずは家庭での備蓄を促し、食品メーカーや流通業者には安定供給できる体制づくりを呼びかける。

 ジェイティービー(JTB)は1月29日、日本渡航医学会、ヘルスツーリズム研究所、NPOヘルスツーリズム振興機構の協力の受け、海外旅行感染症セミナーを開催した。その中で、現在新型インフルエンザに変異するとされている鳥インフルエンザ(H5N1型)の流行は沈静化しており、後継候補にならない可能性が高いことも発表された。現状として、H5N1型の流行は沈静化しているが、社会全体が過度の不安状態にあること、また、新型発生の危機は引き続き持続していることも指摘された。


報道
新型インフル、流行に備え食料確保 農水省が指針策定へ 日本経済新聞
JTB、海外旅行感染症セミナーを開催、新型インフルエンザ以外にも注意を トラベルビジョン



 欧州と米国のインフルエンザ流行状況を示す。

 欧州
 1月第4週の状況である。ソースはEISS(欧州インフルエンザ監視機構)

 依然として全ての国で、ブリスベンH3N2株が大流行。昨年末から本年第1週にピークを迎えたポルトガル、アイルランドでは下降線を描き、英国では平坦化してきている。
第4週(1月末)における流行状況 : ピンク 大流行、赤 地域的 橙 局所的、黄色 散発的


 欧州へ旅行予定の人々は十分注意する必要がある。
 また帰国者は当然ブリスベンH3N2株を、昨年末から持ち込んでいるはずである。なおこの株はタミフルは有効です。

 米国 (情報源 CDC
 徐々に患者数は増えてはいるが、まだ本格的ではない。分離株の多くはH1N1タミフル耐性ソ連株である。昨シーズンはブリスベンH3N2が大流行を起こし、今世紀に入ってから最大の発病者がでた。




米国で分離されたインフルエンザ株の抗ウイルス剤に対する耐性度(2008年10月1日以降)
分離株数 耐性株の割合 分離株数 耐性株の割合
タミフル リレンザ アマンタジン
Influenza A (H1N1) 165 162 (98.2%) 0 (0) 165 2 (1.2%)
Influenza A (H3N2) 37 0 (0) 0 (0) 37 37 (100%)
Influenza B 67 0 (0) 0 (0) N/A* N/A*
*アマンタジンはB型ウイルスには無効
2月1日


国内の動きから

 英製薬大手の日本法人、グラクソ・スミスクライン(GSK、東京・渋谷)はインフルエンザ治療薬「リレンザ」を緊急輸入する準備に入った。輸入量は数十万人分の規模になる見通し。同分野の治療薬で8割程度のシェアを持つロシュ(スイス)製の「タミフル」が効かない耐性ウイルスが流行し、代替薬として医療機関から注文が急増しているのに対応する。

東京都でもついに、注意報が警報に切り替わった。学級閉鎖や集団感染も相次いでいる。

 国立感染症研究所感染症情報センター(東京都)によると、今冬流行のウイルスは30日現在、Aソ連型がほぼ半数の約49%、A香港型が約38%、B型が約13%。タミフルはこの3種が細胞から細胞に感染するのを阻み、体内での増殖を防ぐ効果がある。しかし、同研究所が今季、全国52人分のAソ連型を分析したところ、51人分がタミフルへの耐性を持っていた。
 分析結果通りなら、インフルエンザ患者にタミフルを投与してもほぼ半数は効果がないことになる。
 だが、「タミフルが効かずに熱が続いたという患者はごくわずか」と上田市内の診療所長は話す。最近は1日10人ほどのインフルエンザ患者を診察してきたという。長野市内の医院も「発熱後48時間以内が有効とされる投与のタイミングさえ遅れなければ、今のところタミフルは十分に効いている」とする。
 厚生労働省結核感染症課は「臨床現場で『タミフルは効く』という声があるとは聞いている。ただ、本当に効いているのか詳しく分かっていない」とする。

報道
グラクソ日本法人、インフル薬緊急輸入 「タミフル耐性」流行で 日本経済新聞
東京でもついに警報発令。インフルエンザ猛威  Techinsight japan
タミフル効く?効かない? インフルエンザ治療 信濃毎日新聞 



Dead goose, ducks found on beach have bird flu The Standard, Hong Kong  (香港) 海岸で死亡していた雁とカモから鳥インフルエンザウイルスが分離
 地方の海岸で死亡していた雁と2羽のカモから鳥インフルエンザウイルス(H5亜型?)が検出されたと、香港政府が発表した。
 ランタウ島の海岸で見つかった2羽の鳥の死骸は、相当腐敗が進んでいた。
 H5亜型鳥インフルエンザウイルスには多数の株があり、人には無害のH5N2株や、少なくとも254人は死亡させている致死的H5N1株等がある。
 現在のところ、どの株が検出されたのかは不明とされる。
HK entering winter flu season News.gov.hk, Hong Kong (香港政府公報) 香港、インフルエンザ・シーズンに入る
 香港保健局は、インフルエンザ患者数の増加傾向が始まっていることから、季節性インフルエンザの流行が始まってきてると、注意を市民に促した。
 遺伝子分析と抗原解析によると、分離ウイルスのほとんどはH1N1 A/Brisbane/59/2007-like virusで、少数のH3N2 A/Brisbane/10/2007-like virusも混ざっている。両株とも今年の初めから感染を広げているが、変異はしていないという。
 ワクチン接種は11月始めから行われているが、3月31日まで継続されている。
Human infection of bird flu reported in central China People's Daily Online, China (中国) 中央中国で人での鳥インフル発病事例が報告
 下記の新華社報道と同じ内容。

Hunan reports bird flu case Shanghai Daily (中国、上海) 湖南省、鳥インフル発病事例を報告
 新華社報道

 21歳の農業従事者である女性が湖南省で鳥インフルに感染したことが確認されたと、昨日省の保健局が発表した。
 シュウさんと呼ばれる女性は Xupu郡で1月23日に発病し、26日に郡の人民病院に入院したと保健局は報告した。

 シュウさんは省都である長沙市(ちょうさし)の病院へ29日に移された。これまで女性の状態は安定しており、徐々に回復していると言われる。
 30日に行われた国立疾病管理予防センター(中国CDC)での検査で、患者がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 調査によると、シュウさんは、発病する前に死亡した家きんと接触した既往がある。
 湖南省ではウイルスの拡大を防止するために迅速に対応した。
 シュウさんと至近接触した人々は健康監視下に置かれているが、現在まで発病者は出ていない。
 保健省では、当事例をWHOに報告し、また香港とマカオの特別行政府、および近隣国へ事例の発生を通知した。
Woman diagnosed with bird flu in China: report  AFP  (国際) 報告:中国で女性が鳥インフルの診断
 中央中国に住む21歳女性がH5N1鳥インフルに感染したことが確認されたと、1月31日に国営通信が報告した。
 主な内容は以下の通り。
 湖南省の農業従事者である女性は、発病3日後の1月26日に入院したが、現在は回復している。
 報告では、中国CDC(疾病管理予防センター)がH5N1ウイルス感染を確認し、WHOへ報告した。
 
China woman infected by bird flu, recovering  Reuters (国際) 中国女性、鳥インフルに感染、回復中
 中国湖南省で21歳の女性がH5N1鳥インフルに感染したが、病院で回復中であることが、国営通信の新華社から1月31日に報道された。
 報道によると、女性は農家で働いていたが、死亡した家きんに接触した後、1月23日に発病したと、省保健当局者が発表した。.
 女性と至近接触した人々は、健康観察下にあるが、現在のところ、発病者は検出されていない。
 中国は当事例をWHOに報告した。
 一方、1月26日に、中国は若い男性が広西壮族自治区でH5N1鳥インフルで死亡し、今年度5人目の死者となったことを報告している。
1月31日

Bird flu in WB's Cooch Behar district  Zee News  (インド) 西ベンガル州クックベハール県で鳥インフルが発生
 西ベンガル州のクック・ベハール県で家きんに間での鳥インフルが発生したことが31日、当局から発表され、45000羽の家きんが殺処分される。検体がコルカタとボパルの検査所に送られ、H5N1ウイルス感染が確認された。
Sickened Vietnamese man suspected to have bird flu  Reuters  (国際) ベトナム男性、鳥インフル発病の疑い
 32歳ベトナム男性が南部のメコンデルタ地区で肺炎で入院したが、医師団は鳥インフルを疑っていると、国営通信が31日報道した。
 ビンロング省で発病した男性の症状は、発熱と咳、および胸痛であり、検体は現在ホーチミン市のパスツール研究所で検査されている。Thanh Nien (Young People) daily 紙による。
 詳細は不明。
 ベトナムでは今年に入ってからタンホア省で1名の発病があった。8歳少女が家庭で飼育していたアヒルと鶏を食べた後に発病したが、現在は回復している。
Minnesota groups issue reports on allocating pandemic resources (CIDRAP、米国) ミネソタ保健局、パンデミック対策における医療資源提供優先順位に関する問題の提起
 昨日の報道と同じテーマ。

  スペイン・インフルエンザ並の危険度の高いパンデミック発生時におけるミネソタ州での問題。
  いかにこのような状況を考えて、医療資源提供の優先順位を考えるか。
  • A W-shaped mortality curve in which those aged 15 to 40 will join the very young and the elderly in having a high risk of death from influenza infection 乳幼児と高齢者の他に15~40歳までの年齢層での致死率が高い
  • Enough antivirals to treat, with a standard regimen, 21% of the state's residents during the first wave of the pandemic パンデミック第一波では人口の21%分しか抗ウイルス剤は、州には備蓄されていない。
  • The estimated supply of N95 respirators for protecting healthcare workers will last less than 3 weeks 保健医療担当者用のN95マスクは、3週間分しか用意されていない。
  • The pandemic vaccine will be available to only 6% of the state's residents over the first 12 weeks, and to about 24% over a year (assuming two 15-mcg doses) パンデミックワクチンは、パンデミック後3ヶ月間は、人口の6%分しか用意できない。さらに1年間は24%しか用意できない。
  • Acute care centers have about 1,200 ventilators, of which 85% are currently in use レスピレーターは州に1200台しかなく、そのうち85%は現在も使用中である。
Vaccines and autism linked Spero News  (米国) ワクチンと自閉症の関係
 自閉症とワクチン接種には関係がないとする論文が多く、そのレビュー。

TOP