高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年12月

12月31日

Swine flu not as catchy as other pandemic strains News Chief (米国) ブタインフルエンザは、過去のパンデミックインフルエンザ程感染率は高くない
 ブタインフルエンザはどの程度感染力が強いのであろうか?最新の研究で、過去のパンデミックインフルエンザ程感染力はないことが示唆された。ロンドン大学の専門家チームと米国CDCの研究チームが発表した。
 もし家庭で誰かがブタインフルに感染したなら、他の家族が感染する確率は八分の一に過ぎない。しかし子供は大人の2倍感染しやすい。
 家庭では感染しづらいこと。感染する場合、成人よりも小児の方が感染しやすいこと。
 4歳以下の小児が一番感染しやすい。
 米国家庭医協会会長のジェームス・キング博士も、自分の経験から言って妥当な研究結果と語っている。
 論文発表雑誌  New.Engl.J.Med
Health Ministry: Death toll from flu, respiratory infections in Ukraine rises ... Kyiv Post  (ウクライナ) ウクライナ保健省:インフルエンザおよび呼吸器感染症での死者数が増加
 12月30日の時点で、インフルエンザ及びインフルエンザ様疾患での死者数が698人に増加したと、ウクライナ保健省が発表した。
 過去24時間内に妊婦を含む18人がインフルエンザまたはその合併症(肺炎)で死亡したとされる。ドネツク地域では5人が死亡した。
 保健省によると18地域で流行状況は、流行閾値を超えているという。
 最初の流行発生以来(10月29日)、372万2千人の感染者が発生しているが、この24時間以内に5万2563人が発病しているとされる。
 管理人注:このままの数値から致死率を計算すると、0.018%となり、英国や米国と類似の致死率である。
The ministry publishes no separate statistics on cases of A/H1N1 influenza or swine flu.
North Korea Seen Battling Wave of Flu The Wall Street Journal  (米国) 北朝鮮、インフルエンザ流行に苦慮
 北朝鮮と接触している救援団体によると、北朝鮮政府は国内にH1N1流行拡大の警報を発したとされる。
 ソウルに基盤をおく仏教徒の救援団体{良き友(Good Friends )}によると、北朝鮮政府がH1N1インフルエンザに感染している患者の治療を何よりも優先しなければならないと声明を、今週発したという。
 同団体によると、このような声明は過去に2回しか発せられたことがないという。1回目は1950年~1953年の朝鮮戦争の際に多数発生した重症傷兵に関して、2回目は2002年に韓国との間で小競り合いが起きたときの重症傷兵に関してである。
 韓国は12月18日に緊急措置として、北朝鮮にタミフル40万錠とリレンザ10万錠(カプセル)を送っている。
CIDRAP NEWS (Novel H1N1 Influenza ) (ミネソタ大学感染症情報センター) H1N1インフルエンザニュース

 30日付け

Study: H1N1 not highly contagious in households 研究:H1N1は家族内感染の率が高くはない
 ロンドン大学の研究チームと米国CDCの発表。
 感染者が発生した216家庭野中で27%で二次感染者が出た。
 全家庭の600人中、13%が感染。これは1957年と1968年のパンデミックの際の感染率20%よりも遙かに低く、季節性インフルエンザの場合40%近くまで感染率が上がることもあることを考えると、A/H1N1の家庭内での感染率は低いと言える。
 全家庭の家族の平均年齢は26歳であったが、感染した家族員の年齢の中央値は14.5歳から16.5歳であった。
 家族内で、小児とティーエイジャーが成人よりも明らかに感染し易いことが確認された。
 論文発表雑誌  New.Engl.J.Med
Report details New York high school outbreak  研究:ニューヨークの高校における集団発生の詳細報告
 ニューヨーク市保健局の研究チームによる。
 高校内での感染率(R0)は3.3と高率だった。(1人から3.3人に感染)。
 論文発表雑誌 New.Engl.J.Med

France: Estimations of the numbers of persons infected with or immunised against 2009 (H1N1) – mid December - 2009 influenza A (H1N1) pandemic (ECDC) フランスにおけるH1N1感染者数の推定数ヨーロッパCDC、インフルエンザ週報から)
 フランス公衆衛生局は、H1N1インフルエンザ感染者数の推定値を発表した。
 初期医療機関におけるサーベイランス結果等から推定。
 フランス国内とコルシカ島のフランス人(人口6240万人)の中で、790万から1480万人が感染したと推定。13~24%の国民が感染済みと推定。
 一方、ワクチン接種率は330万人とされ、この数を既感染者数に加えると、1120万~1810万人のフランス人がH1N1ウイルスに免疫になっていると考えられる。推定値人口の18%~29%(中央値23%)。

Changing transmissibility of the 1968 H3N2 influenza pandemic- 2009 influenza A (H1N1) pandemic (ECDC) 1968年のH3N2パンデミックインフルエンザの感染率の変化ヨーロッパCDC、インフルエンザ週報から)
 過去のパンデミックにおける流行の波について分析。
 スペインインフルエンザでは第2波で感染者数と死者数が多かった。
 1957年アジアインフルエンザ(H2N2)では第2波は第1波よりも小さかった。
 一方、1968年の香港インフルエンザ(H3N2)では、翌年の冬に第2波が発生し、第1波よりも被害は大きかった。
 
 下記グラフ:英国のデータ。イングランドとウエールズにおける定点クリニックを受診した患者の率。(人口10万人に対する数)。
 1968年の夏頃に発生しだしたH3N2インフルエンザは翌年1969年2月頃にピークを迎え、その後終息したが、その年の冬に前年の数倍の感染者数が発生した。ウイルスの感染性が高まったのが理由とされる。

 
12月30日

Wales unlikely to suffer more swine flu this winter – but it may be back by autumn WalesOnline (英国) ウエールズでは今冬にブタインフルの再流行はないだろうが、来秋には流行する可能性がある
 ウエールズでは今冬にはブタインフルエンザのさらなる流行はないだろうと、公衆衛生専門家が本日語った。
 しかし、来秋のインフルエンザシーズンには、H1N1ウイルスは再出現する可能性が高いから、ハイリスク者はワクチン接種を受けるべきだと強く言っている。
 ウエールズ公衆衛生局の伝染病監視センター(the communicable disease surveillance centre at the National Public Health Service for Wales)長官のローランド・サーモン博士は、Western Mailに次のように語った。
 「H1N1流行レベルは、例年の季節性インフルエンザ流行レベル以下に落ちた。自分は今冬に第3波は起きないと予想している。しかしそれは絶対的保証があるわけではないから、人々が安心してしまい、ワクチン接種を受けなくなることを懸念する」
 同長官はH1N1が、あくまでもこの冬には再流行しないだろうと言っているのであって、来秋には流行する可能性はあると強調している。そしてその場合H1N1ウイルスが季節性インフルエンザとなっている可能性が高いという。
 現在H1N1感染者数は非常に少なく、インフルエンザ様症状で家庭医を訪れている人の多くは、冬風邪の代表であるRSウイルスによるものとされる。
死亡リスクとの関連調査へ 新型ワクチンで厚労省 京都新聞 
 厚生労働省は30日までに、新型インフルエンザの国産ワクチン接種が、重い基礎疾患(持病)のある患者の死亡リスクを高めているかどうかを見極めるための疫学調査に乗り出すことを決めた。調査方法を詰め、来春にも着手する。
 厚労省によると、国内でこれまでに新型ワクチンの接種を受けた人は推定で最大1492万人。接種が進むにつれ、死亡や重い副作用の報告も集まっている。死亡者は主に重い持病のある高齢者で、27日までに104人が報告された。
 同省は「接種と死亡の明確な関連は見られない」としているが、直接の因果関係がなくても、接種が引き金となって体調不良を引き起こした可能性が否定できないケースがあるとの指摘もあり、より詳しい評価の仕組みが求められていた。 
 調査対象は今後、関係学会などと調整して決めるが、慢性呼吸器疾患の患者の一部や透析患者など、病状を比較的把握しやすい病気の患者を対象に、同じ病気を持ちながら、現在の新型インフル流行中に死亡した人と死亡しなかった人を比較。それぞれのグループに接種を受けた人と受けなかった人がどの程度いるかを調べ、接種が死亡のリスクを高めているかどうかを検証する。
WHO chief warns against swine flu complacency Independent  (英国) WHO事務局長、ブタインフルエンザへの警戒心の継続を訴える
 下記報道と基本的に同じ。
Swine flu virus 'could still mutate' WHO warns BBC News (英国) ブタインフルエンザウイルスは未だ変異する可能性はある、WHOが警告

 WHOの責任者は世界のブタインフルエンザ・パンデミックは未だ過ぎ去ってないと警告し、さらにウイルスは未だ変異する危険性があることを強調した。

 マーガレット・チャン博士は、北米や一部のヨーロッパでインフルエンザはピークを終えたが、(人々が)勝手に警戒感を解いてしまうことは危険であると語った。
 同女史はウイルスは未だインドやエジプト等の国を含む多くの国で感染を広げていると説明した。
 WHOによると世界の200以上の国や地域で、11500人以上が死亡しているとされる。
 しかしながらチャン博士は実際の死者数が統計的に把握されるには2年は要すると説明している。
 (チャン)WHO事務局長は、米国、カナダ、及び英国を初めとして、いくつかの国ではブタインフルエンザの最悪のピークは、確かに過ぎ去ったと語っっている。

 危険性

 しかし、同女史は以下の様に続けた。
 我々がパンデミックが終息したと発表するには、未だ早すぎ、また十分な根拠も得られていない。専門家が今後6~12ヶ月は厳重な監視を続ける必要があるが、その理由として、ウイルスがより危険性な株に変異する可能性があることが上げられる。
 ”鷲の目を持って厳重な監視”、と表現した。
 
 チャン博士は、今回のパンデミックが予想されたよりも軽度であったことは幸運であると言う。
 「発生が長らく遅れていたパンデミックが中等度のインパクトであったことは、この10年間のWHOのニュースの中で、良いニュースの一番に位置する」。
 ほとんど多くの感染者は軽い症状で回復している。
 また同女史は、ヨーロッパの一部の国ではワクチン接種希望者が予想よりも少ないため、WHOは余ったワクチンを途上国へ提供することが可能か考慮中であると語った。
 チャン博士は、製薬会社やいくつかの国は、以前から1億9000万接種量のワクチンをWHOへ提供することを約束していると語り、最初の提供は来月にアゼルバイジャン、モンゴル、およびアフガニスタンに行われるとされる。
 しかしながら同女史は、それらワクチンは未だ入手されてないが、間もなく届くだろうと語った。
 また同女史は、現在各国はパンデミック・インフルエンザ対策を強化したが、人々は未だ危険なトリインフルエンザ(H5N1)を認識していないとも語っている。
 「世界はH5N1への対策が進んでいない」、と同女史は警告した。
 

12月29日


S. Korea: Low pathogenic H5N2 in ducks Vetsweb (press release)  韓国、低病原性のH5N2がアヒルで検出
 韓国の忠清南道のアヒル農場で低病原性H5N2ウイルスが検出された。
 一方、カンボジアでは放し飼いの鶏の間でH5N1鳥インフルエザが発生して、143羽の鶏が死亡した。
WHO Chief: Swine Flu Pandemic Continues New York Times (米国) WHO事務局長:ブタインフルエンザのパンデミックは続くと予想
 WHOの事務局長は世界的にパンデミックがピークに達したと言うには早すぎると語った。
 マーガレット・チャン博士はH1N1ウイルスの流行は米国やカナダ他のいくつかの北半球の国ではピークに達した。しかし、全ての国がピークに達したわけではなく、また冬期間は未だ長く続くと語った。
 同女史はジュネーブの新聞ルタンのインタビューで語ったが、その中でアフリカでは多くのブタインフルエンザ感染者が出てはいないが、それは報告システムが整備されていないことや、また本格的流行が始まっていないこと等が理由と語った。
Gov't confirms H1N1 infection at local pig farm Korea Herald (韓国) 韓国、地方の豚農場でH1N1インフルエンザ発生を確認、16事例目
 韓国政府は29日、南西部の全羅北道の豚農場でA型インフルエンザ(H1N1)が発生したことを確認した。
 ソウルの南方300キロにある井邑市(チョンウプし)でのインフルエンザの発生は、12月14日に5農場の豚で発生が確認されて以来16番目の事例となる。
 農林食料省によると、人との接触で感染したと推定されている。
 感染した農場の豚は3週間移動を禁止された。
 韓国では8月中旬以来、100人以上がH1N1インフルエンザで死亡している。
Pandemic over, but 2 more swine flu deaths Baltic Reports  (リトアニア) A/H1N1パンデミックは過ぎ去ったが、2人の死者が発生
 国内の状況はパンデミックを終えているが、ブタインフルエンザは未だ死者を出している。
 さらに2人の死者が出て、リトアニアでの累積死者数は8人となった。
 政府の危機対策委員会では、感染者数はパンデミックの閾値以下となっていると発表している。
 
 リトアニアの気温は現在0℃以下が平均である。

Incidence of swine flu decreases in Turkey Today's Zaman  (トルコ) トルコでのブタインフル感染者数が減少に
 トルコ保健省の科学に属する員会メンバーの専門家が語った処によると、A/H1N1感染者数は減少しだしているとされる。しかし北米などのようにピークを終えて、感染者数が減少している状況にはなっていないとされる。
New study: Fewer people want swine flu shot  KGET 17 (米国) 米国、新規調査結果:ブタインフルエンザワクチン接種希望者は少ない
 カリフォルニア州ベイカーズフィールド郡(Bakersfield)。
 地域住民がブタインフエンザのリスクに対して関心を失って来たことに郡保健局では懸念している。
 確かに感染者数は減少しているが、ワクチン接種は必要であると当局では注意を促しているが、特にハイリスク者にとっては必要であると強調している。
 「接種場所に出向いて、そしてあなた自身をこのインフルエンザから守ることは本当に重要なことである」、と当局者は啓発しているが、住民の関心は2,3ヶ月前よりも低くなっていることに危惧している。
 ハーバード大学の調査では、米国人の55%がいまだワクチン接種の必要はないと考え、ハイリスク者の5人に1人しか、未だワクチン接種を受けていないとされる。
 1億回接種分のワクチンが米国内に配布されているが、Bakersfield郡内の人々の多くはワクチン接種を希望していない。
 接種による副作用を恐れている傾向にある。
 当局では、誰でもいずれの接種場所でもワクチンの接種を受けることが出来ると呼びかけている。
Public Citizen: Tamiflu Doesn't Work on Flu Complications  Consumer Affairs (米国) 市民団体(Public Citizen):タミフルはインフルエンザ合併症の予防効果は示さない
 先に英国の研究チームが行った研究発表で、タミフルは健康人がインフルエザに罹患した際に服用しても、肺炎などの合併症を防止する効果はないとする内容を、英国医学雑誌に発表した(BMJ)。
 まだ米国FDAによると、タミフル投与で症状の1日程度の短縮が見られるとされる。
 一方、ロッシュ社の報告ではタミフル服用で著明な入院率の減少の他、肺炎や気管支炎の合併症の発生率が減少するとされている。
 市民団体(Public Citizen)が、ロッシュ社の生データを公開するように要求している。
 
 メディアがH1N1インフルエンザを広く報道する中で、タミフルの販売量は急増加した。10月には250万の処方箋が米国で出された。前年度は35000枚に過ぎなかった。過去12ヶ月間で見ると680万枚の処方箋が出されているが、それ以前の12ヶ月間は430万枚に過ぎなかった。
Egypt Reports 115 Swine Flu Deaths Bikya Masr  (エジプト) エジプト、A/H1N1インフルエンザで115人の死者数を確認
 新規に3人のH1N1死者が28日確認され、エジプトでの累積死者数が115人となった。エジプト保健省発表による。
 一方、エジプト保健省が25日発表したところによると、400万接種量のH1N1ワクチンをカナダから購入し、学童や大学生への接種を来週から開始する予定となっている。
 また保健省報道官によると、政府はフランス政府と余ったワクチンの購入に関して相談中であり、15万接種量を入手予定とされる。
 これまでエジプトでは4000人のH1N1感染者が確認されており、その数は中東と北アフリカで最大となっている。
68 new swine flu cases in Capital  Hindustan Times ePaper (インド) インド、首都でさらに68人の新規感染者が確認
新型インフルエンザ:ワクチン接種後、死亡者100人超す 8割が70歳以上 毎日新聞 
 厚生労働省は28日、新型インフルエンザワクチンの接種後に死亡した人が100人を超えたと発表した。25日現在、医療機関から1899件の副作用報告があり、入院相当以上の重篤が294件、死亡が103件含まれていた。この間の推計接種者は1492万人で、死亡の報告頻度は0・0007%だった。
 死亡者のうち80人が70歳以上で、持病を持つ優先接種対象者だった。
60歳代男性が死亡 読売新聞
 群馬県は28日、新型インフルエンザに感染した県内在住の60歳代の男性が死亡したと発表した。県内で、新型インフルエンザ感染者が死亡したのは2人目。
 県保健予防課によると、男性の死因は新型インフルエンザに伴う急性肺障害。男性には、新型ワクチン接種対象となる基礎疾患の多発性骨髄腫と糖尿病の既往症があった。
 発表によると、男性は今月6日、微熱などを訴えて休日当番医を受診。翌7日に38・1度の発熱があり、別の診療所で簡易検査を受けてインフルエンザA型と診断され、抗ウイルス剤を処方された。しかし改善せず、肺炎の症状が出て11日に入院。18日に新型インフルエンザ陽性が確認された。容体は悪化し、26日に死亡した。
 同課によると、男性はかかりつけ医と相談の上で今月3日、新型インフルエンザワクチンを接種していた。
 県内の新型インフルエンザ感染者の入院患者は累計43人で、うち12人が重症化した。

鳥インフルエンザ:強毒性用のプレパンデミックワクチン、1000万人分が期限切れ 毎日新聞
 強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)の流行に備え、政府が備蓄してきたプレパンデミック(大流行前)ワクチン1000万人分(約50億円相当)が使用期限切れとなっていることが28日分かった。厚生労働省は今年度、医療従事者などに新型発生前の事前接種を検討していたが、想定外の新型インフルエンザ(H1N1型)への対応に追われる間に約3年の保存期間が過ぎた。専門家は「H5N1型が新型になる危険はある。ワクチンの今後の製造や備蓄について早急に議論を始めるべきだ」と指摘している。

CIDRAP H1N1ニュース 28日  CIDRAP (ミネソタ大学感染症センター)
 
 ・米国CDC、インフルエンザ患者受診者数と死者数の減少を24日に報告
  12月13日~19日、パンデミックインフルエンザの活動性は低下しつつけている。州内で広範な拡大をしているのは、前週の11州からわずか7州に減っている。”肺炎とインフルエンザ”による死亡者数は、7週ぶりに、平年の閾値以下となり、また定点機関の外来を受診するインフルエンザ様患者数も平年の流行域を下回った。
 ・ヨーロッパCDC、ほとんどの国でH1N1感染者数が減少に
  南東部の一部の地域を除いて、ヨーロッパではH1N1ウイルスの活動性は、未だ減少しつつけている。死者数は中央及び東部ヨーロッパで増加している。重症例の中でしばしば認められる”D222G/D222N変異”も認められているが、ヨーロッパCDCではこの変異は軽症例でも見られ、自然変化(natural variation)の範囲内の現象であり、公衆衛生上の脅威には繋がらないだろうと説明している。
12月28日


インフル患者、3週連続減 時事通信 
 今月14日から20日に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり22.44人で、3週連続で減少したことが28日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。感染研は「いったんピークを過ぎつつあるが、1月以降、本格的な流行が再び到来する可能性も考慮する必要がある」としている。
 1週間の全国の推計患者は約107万人で、夏以降の累計は約1653万人。検出されるウイルスは依然、ほとんどが新型。
 都道府県別では、福井(43.22)、宮崎(41.81)、福島(38.99)、愛媛(33.51)、岐阜(32.90)の順に多い。福島、山梨、沖縄を除く44都道府県で前週より減少した。
The Great US Swine Flu Epidemic is Over Opposing Views  偉大なる米国のブタインフルエンザ流行は去りつつある
 当初色々論議された専門家の予想を違えて、その規模、病原性は低かった。
 米国の流行は去りつつある。
 専門家等により誇張された予想に対しての意見。
 大統領の科学的顧問委員会 半数の米国人が感染、3万~9万の死者発生と予測
 ワシントン・ポスト紙のジョン・バレイの論説での予測(スペインインフルエンザの記録である”グレート・インフルエンザ”の著者として有名な元記者) 8万9千~20万7千人
 
Cuban Government Renews Swine-Flu Alert Latin American Herald Tribune (ベネズエラ) キューバ政府、ブタインフル警報を更新
 休暇に入って海外から戻るキューバ人や外国人により、A/H1N1感染が広まる危険性を、政府が広報。
 キューバでは、ウイルス検査で確認された感染者数は1000人程度で、死者数は41人とされる。
 人口は1100万人。
 米国での死亡率で当てはめると、1000人前後の死者数が出ていることにはなる。
  米国 3億人 死者数1万人-->キューバ 1100万人 死者数 1000人
SWINE FLU: 42 DEATHS OUT OF 687 CONFIRMED CASES IN ALGERIA Brunei News, Brunei Headlines from Brunei fm (ブルネイ) アルジェリアで687人のA/H1N1感染者と42人の死者が確認
India toll reaches 878 Rising Kashmir  (インド) インドのA/H1N1死者数が878人に
First H1N1 flu death in Nepal Gulf Times  (クエート) ネパールで初のH1N1死者が確認
H1N1 flu virus voted top news story of 2009 in Canadian Press survey Lethbridge Herald  (カナダ) H1N1インフルエンザウイルスが2009年のトップニュースに、カナディアン・プレス
 A/H1N1の総まとめ。
12月27日

Britain: H1N1 less deadly than thought Statesman Journal (英国) 英国:H1N1インフルエンザは予想されたよりも軽症
 A/H1N1ウイルスがどれほど致死性があるのかを検証するために英国保健省は、7月から11月までに入院治療を受けた患者を分析した。その結果は英国医学雑誌(BMJ)のオンライン版に発表されたが、それによると英国では発病者10万人当たり26人が死亡している。
 この致死率は、1918年のスペインインフルエンザの百分の一で、また1957年と1968年に発生したパンデミックのほぼ十分の一に相当するとされる。
12月26日


China treats severe swine flu patients with plasma harvested from recovered ... The Canadian Press (カナダ) 中国、回復期患者血漿を重症ブタインフル患者に投与

 印刷用ファイル
 
 中国は回復期患者からの血漿を重症ブタインフルエンザ患者に輸注する治療を開始した。当治療方法はまだ効果は立証されてないが、生命を救う可能性は示されている。
 中国内の多くの国営血液採取センターで、感染またはワクチン接種により血中に十分量のA/H1N1抗体を保有している提供者(ドナー)から採血が行われて、重症患者または危篤患者への投与のために保存されている。
 当治療は投与抗体が患者のウイルス排除に役立ち、回復を早めるという理論に基づいている。
 安全性や効果について立証されていないことから、WHOではコメントを出していない。
 輸血を含む治療法は、血液内に存在する他の感染源(HIV、肝炎ウイルス、梅毒等)を感染させる危険性があり、また患者によってはアレルギー反応を起こす場合がある。
 H5N1鳥インフルエンザやSARSに際して、回復患者からの血漿輸注による当治療法は効果が認められ、期待される治療方法と考えられてきた。
 血漿療法は、B型肝炎、狂犬病や他の感染症でも用いられることがある。A/H1N1インフルエンザの場合、タミフル耐性株感染の場合の治療法として関心が持たれている。特にICUに重患が多くなるパンデミック時には重要である。
 これまで何人の患者が血漿療法を受けたかか不明であるが、メディアによると乳児と妊婦を含めて10人以上で行われているとされる。
 専門家の中には中国の血漿療法を支持する声もある。香港大学のグアン・イ教授は、2007年にH5N1鳥インフルエンザ患者に血漿療法を行い、迅速な回復を得た症例の論文をN.Engl.J.Medに発表した著者の1人であるが、次のように語っている。
 「自分は良い治療法と考える。重症例はウイルスが肺の奥に侵入して、そこで大量増殖する。それにはタミフルは効かない。だから重症患者をウイルス中和抗体で治療するのはベストな方法である」。

 中国保健省はさらなる臨床研究が必要とされるとコメントしているが、その立場については明確な位置づけはしていない。また他の専門家は必ずしも治療の有効性を確信してない。
 バージニア大学のウイルス専門家で、WHOのインフルエンザ顧問でもあるフレデリック・ハイデン博士は、非常に重要で可能性ある治療であるが、推奨すべき治療法となるには情報がまだ不完全であり、さらに注意深い研究が必要だ、とコメントしている。
 中国保健省では血漿の提供を呼びかけていて、既に数百人が提供したと報道は伝えている。
 血液供給の安全性は中国の長期間に亘る懸案事項である。不衛生な血液売買システムが原因で、多数のHIV感染者が1990年代に発生したことから、2003年に買血制度は廃止された。
 グアン教授は中国の今回の治療方法を支持しているが、同時に血漿提供者の厳格な選択システムが必要だと警告している。
 「自分が心配しているのは、中国には標準化された採血プロトコールがないことだ。各地域や病院では異なった方法で血液のスクリーングを行っている。全過程を標準化することが急がれる」。

*A/H1N1ウイルス駆除方法
方法 理屈 迅速性 欠点
ワクチン 生体に投与して抗体を産生させる 1週間から3週間 作成ワクチンが当該ウイルスに効果を示さない場合がある。-ワクチンが標的としたウイルスが、当該ウイルスと一致しない場合。
タミフル 体内でのウイルス増殖を抑える 即効的 ある程度ウイルスが体内で増殖してしまった後に投与しても効果が薄い。-感染後可能な限り早い段階に服薬(48時間以内と言われる)
回復期血漿投与法 体内のウイルスを中和、死滅 最も即効的 投与抗体量以上にウイルスが増殖していると効果は不十分。-投与血漿中に存在する抗体が中和可能な以上のウイルス量が既に存在する場合。-抗ウイルス剤との併用、及び投与血漿量を増加すると奏功の可能性。


新型・輸入ワクチンの承認を検討 厚労省 神戸新聞 
 輸入予定の海外メーカー製新型インフルエンザワクチンについて、国内販売承認の可否を検討する厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会が26日、開かれた。
 部会は、英国のグラクソ・スミスクライン(GSK)社と、スイスのノバルティス社のワクチンについて、国内での臨床試験データなどを基に議論。厚労省は部会の審議結果について、1月初めにも一般からの意見募集(パブリックコメント)を行った上で、上部組織の薬事分科会での議論を踏まえ、承認の可否について最終判断する。
 承認の場合は、審査手続きを簡略化した「特例承認」を初めて適用する方針。
 GSKから7400万回分、ノバルティスから2500万回分を購入する契約を結んでおり、順調に進めば、1月下旬にも輸入ワクチンが承認される見込み。
スウエーデンのワクチン接種率が69%に ECDC (ヨーロッパCDC)
 22日発行のECDC報告によるとスウエーデンのA/H1N1ワクチン接種率が69%で、最終的に70%を超えると、同国の保健省から発表された。
米国インフルエンザ週報更新-50週(13日~19日)  米国CDC

 定点機関の外来受診者数に占めるインフルエンザ様患者の割合は、流行域を示す2.3%と同じ値を示している。

 インフルエンザウイルス分離株の大多数はA/H1N1であり、A/H3N2株は検出されていない。

 小児での死者数報告は9人で減少してきている。

 肺炎及びインフルエンザでの死者数も平年の値に戻ってきている。

 2009年2月を中心とした季節性インフルエンザ(ソ連型タミフル耐性H1N1)の流行に比較すると、この秋のA/H1N1の流行は数倍の感染者数を出している。


Homeless receive H1N1 vaccine  Today's THV (米国) ホームレスにH1N1ワクチンの接種
 H1N1感染者数は減少しているが、専門家は新年明けに再流行することを懸念している。
 CDCの推定では少なくとも6000万人の米国人がこれまでにワクチンの接種を受けているとされる。
 ホームレスは感染すると重症化しやすい人々の中でも最も上位に入るが、ワクチンを受けるケースは少ない。
 ボランティアの人々が医師達と共に週2回、ホームレスが夜を過ごす (Fort Lauderdaleの)公園を訪れ、ワクチン接種を行っている報道。
 
Flu fighting resolutions for 2010 Edmonton Sun  (カナダ) 2010年におけるインフルエンザ対策の課題

 2010年、H1N1インフルエンザはどうなるのだろうか?
 感染症専門家からの明快な答えはなく、ウ~ン、難しい、分からないという返事が多い。
 専門家の反応は非常に正直だ。カナダの主任公衆衛生政務官のデービット・バトラジョンズ氏は、このパンデミックは全く予想がつかない、と語る。
 カナダ人はこのインフルエンザに十分注意をし続ける必要がありそうだ。
 それでもカナダ保健省のインフルエンザ・サーベイランスのウエブサイトでは、この4週間続けてインフルエンザ感染者数が減少していることを発表している。
 「今、季節性インフルエンザは発生していない。そしてH1N1インフルエンザもほとんど見られなくなっている。そのためインフルエンザは消え去ったような雰囲気だ」、とオンタリオ州保健局の感染症対策部長のマイケル・ガーダム氏が語っている。しかし同氏は、同時に”他のウイルスがその隙間に入り込んでくる可能性がある”と語っている。

 健康に注意を向けるカナダ人にとって、新年の課題
 
 ・出来ることなら季節性インフルエンザワクチンの接種を受けること。特にあなたが65歳以上であるなら。
 ブタインフルエンザ発生が見られなくなったら、季節性インフルエンザ発生も起きなくなるだろうか?その問題に対してオタワ大学の細菌学と免疫学の専門家であるアール・ブラウン氏は、季節性インフルエンザ(ウイルス)は消えてはいない、その辺にいくらでも存在している、と注意を促す。
 ・次に第二の課題。H1N1インフルエンザは封じ込められてはいない。
 専門家達はこのインフルエンザのいわゆる”第3波”が発生するか定かでないという。
 ガーダム氏は、大きな流行が再び起きることは確率的にあり得ないだろうと語る。しかし、小さな町や地域によっては、未だ流行してなかったため、発生することはあり得る、と注意を促す。
 算術的に考えるならば、これまで半数以上のカナダ人がワクチン接種または感染により免疫となっている。ウイルスに感受性ある人の数は少ない。

 ・第三の課題は、来年度も(H1N1)インフルエンザワクチンを再び受けることである。
 ウイルスは希にではあるが変異することがあり得る。しかし、このH1N1ウイルスに対しては、来年度秋の季節性インフルエンザワクチンの中に組み込まれるはずである。
 ・最後の課題。十分な手洗いを行い、咳は袖で押さえ、そしてウイルスを周辺に拡大させない努力が2010年にも重要である。
 公共に対する啓発の強化で、今年度は呼吸器感染症から如何に自身を守るか学んだはずだと、細菌学および感染症学会会長のゲラルド・エバンス博士が語っている。
 「願わくば、このような良い衛生習慣を日々の生活の中で習慣化して欲しい」、と付け加えている。 
 

12月25日

Swine flu infections declining in Russia - First Deputy PM The FINANCIAL (国際) ロシアでのブタインフル感染者数が減少に:第一副首相
 第一副首相がロシアにおけるA/H1N1感染者数は減少し出しており、ロシアにおけるA/H1N1インフルエンザの流行は落ち着きつつあると語った。RIA Novostiの報道による。

 ロシアにおける58地域での感染者数は12月に入ってから急速に減少していると同副首相は語った。
 また5月に設立された政府の特別委員会は効果的に役割を終えたとも付け加えた。
 現在まで160万人がワクチン接種を受けているが、2010年上四半期中に2900万人がワクチン接種を受ける予定とされる。またロシア国内ではこれまで抗インフルエンザ薬の不足は起きていないとも語った。
 ロシア国内の感染者数は公的には21000人とされる。
SWINE FLU: MORE THAN HALF A MILLION PREGNANT WOMEN AT RISK  UK Express  (英国) 豚インフルエンザ:50万人以上の妊婦が危険に晒されている
 ワクチン接種の対象になっている妊婦55万人のうち接種を受けたのはわずかに五分の一にすぎない。 妊婦はハイリスク者として知られている。保健省は接種するように啓発している。
 英国の感染者数は激減しており、イングランドの最新週での感染者数は9000人で前週の11000人から減少している。
Death toll from flu, respiratory infections in Ukraine rises to 597 Kyiv Post (ウクライナ) インフルエンザおよび呼吸器感染症で597人の死者数に
 ウクライナ保健省によると、12月24日の時点でインフルエンザおよびインフルエンザ様疾患で597人が死亡したと発表された。
 流行レベルの閾値を20の地域とキエフ及びサバストポルで超えた。
 流行が始まって以来(10月29日)、341万人が感染している。
英国インフルエンザ週報51週 (英国健康保護庁HPA)
 流行を表す全指標は50週に比較して低下している。
 51週の新規患者数は英国で6000人前後と推定される。
 下図:定点機関を受診したインフルエンザ患者の数(人口10万人当たり)。英国、ウエールズ、北アイルランド。
 6~7月に流行した際の感染者数と対比すると、この秋の感染者数がいかに少ないか分かる。



香港インフルエンザ週報51週  香港保健省  A/H1N1インフルエンザの流行は小康状態
 H1N1I感染者数は前週とほぼ変化無く、流行の拡大傾向はない。
 分離ウイルスは、ソ連型H1N1は0%、香港型H3N2は2.6%、B型は1.7%となっている。
 左図は定点機関外来患者千人に占める臨床的にインフルエンザと診断された患者数。右図は分離されたウイルス株。緑がA/H1N1、茶色がH3N2。


12月24日

2/3 Of Australians Unlikely To Get Vaccinated Against Swine Flu RedOrbit (国際) オーストラリア人の三分の二はブタインフルエンザワクチンの接種を受ける気配はない:アンケート調査
  ”MBF Healthwatch”によるアンケート調査。
 今後1年間、オーストラリア人の三分の二はブタインフルエンザワクチンの接種を受けないとの予想が得られた。
  受けない理由。
 ・必要がない-48%
 ・オーストラリアでの脅威は去った-38%
 ・保健担当者の情報が一定してない-41%
 ・ワクチンを受けるほどの危険性を感じない-38%
 ・安全性に疑問-39%

 ハイリスク者の接種率も低い
 ・喘息または肺疾患保有者の33%が接種
 ・糖尿病の45%が接種
 ・免疫低下者の28%が接種
 ・心臓疾患の40%が接種

Hong Kong: CHP investigating case of influenza A (H9N2) infection Webnewswire.com 香港:インフルエンザA/H9N2に幼児が感染
 弱毒性鳥インフルエンザであるA/H9N2に35ヶ月の女児が感染した。
 発熱、咳、鼻水の症状で11月末に入院し、12月11日に退院し、完全に回復している。
 インフルエンザA(H9)は鳥インフルエンザウイルスで、人には希にしか感染しない。感染しても軽症で治癒する。
 香港ではこれまでもH9ウイルスに感染した事例はあり、今回で7事例目である。
2 infants die from swine flu Viet Nam News  (ベトナム) ベトナム、2人の幼児がさらにブタインフルで死亡
 2人の3歳幼児がA/H1N1に感染して死亡した。ハノイとタンホア省であるが、死亡者数は合計52人となった。
 保健省による11000人以上の感染者が報告されているという。
 ベトナムでは、ディエンビエン、タイニュエン、カオバン、およびカマウ省でA/H5N1ウイルスが家きんで見つかっている。専門家はA/H1N1と1/H5N1ウイルスが遺伝子交換を起こし、より病原性の高いウイルスが誕生することを恐れている。
ワクチン効果増強 読売新聞 
 季節性インフルエンザのワクチンを打っていると、新型インフルエンザのワクチンの効果が高まるという動物実験の結果を、オランダとイタリアの研究チームが23日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンで発表した。
 研究チームは、イタチの仲間フェレットを使ってワクチンの効果を検証した。新型ワクチン接種の1か月前に季節性のワクチンを接種すると、新型だけを接種した場合より、新型ウイルスに対する免疫の反応が高まった。
 季節性ワクチンは新型ウイルスには効果がないとされ、当初、新型ワクチンは2回の接種が必要と予想されていた。しかし、各国の臨床実験の結果、健康な成人では1回で効果があることが分かった。詳しい仕組みは不明だが、過去に接種した季節性ワクチンが新型ワクチンの効果を増強する働きをしていると見られる。
Flu shot, seasonal flu, can enhance H1N1 shot's effectiveness Kelowna.com (米国) 季節性インフルエンザワクチンの接種、または季節性インフルエンザに罹患は、H1N1ワクチンの効果を高める
 ワクチンメーカーであるノバルティス社の研究チーム。
 フェレットを使った実験。季節性インフルエンザワクチンはH1N1インフルエンザには効果を持たないが、プライムする効果がある(免疫的記憶させる)。
 2008年の季節性インフルエンザワクチン接種、またはこれまでインフルエンザに罹患している人々は、既にH1N1ウイルスに対してプライムされている可能性がある。
 H1N1ワクチン接種後に季節性インフルエンザワクチン接種でも、増強効果はあると考える専門家もいる。
Study finds swine flu is a threat to new mothers, not just pregnant women The Amherst Daily News (米国)研究報告:ブタインフルは妊婦だけでなく、分娩後の母親にも危険
 分娩2週後の母親も感染すると重症化の危険性。早期に抗インフルエンザ薬を服用する必要がある。
 CDCとカリフォルニア大学公衆衛生学部の共同研究。New.Engl.J.Medで発表。
 この研究結果でCDCはガイドラインを改訂。
Global swine flu deaths top 11500: WHO WA today  (米国) WHO:世界のブタインフルエンザ死者数が11500人を超えた
 4月にパンデミック・インフルエンザウイルス株が見つかって以来、世界で11500人以上の死者が確認されたとWHOが23日発表した。
 WHOによると、全体的にA/H1N1インフルエンザの活動性は北半球でピークに達したとされる。
 しかし遅れて流行が始まった中央、及び東ヨーロッパ、さらに西、中央、および南アジアのいくつかの地域では、インフルエンザの活動は拡大している、と付け加えている。
Testing finds swine flu in pigs at 2 NC farms  Minneapolis Star Tribune  (米国) ノースカロライナ州、2ヶ所の農場で豚がA/H1N1インフルに感染
 ノースカロライナの2ヶ所の農場で、定期検査で豚からA/H1N1ウイルスが検出された。米国で豚からウイルスが検出された10番目の州となった。人からの感染と考えられ、豚に接触したり、肉を食べても感染の心配はないという。
副作用理由の解約不可=輸入ワクチン契約-新型インフル・厚労省 時事通信 
 近く承認審査が始まる外国製の新型インフルエンザワクチンをめぐり、厚生労働省が欧州の製薬大手2社と結んだ購入契約は、同省による副作用の評価を理由には解除できない条件になっていることが23日、分かった。一方、企業側には一定の条件下で解約を認め、日本政府に違約金を請求できるなど有利な内容となっている。
 同省には「交渉過程で足元を見られた」との指摘もあり、国内の供給態勢が脆弱(ぜいじゃく)な「ワクチン後進国」の実態が浮かび上がった。
 同省が契約したのは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)、ノバルティス(スイス)両社で、いずれも10月6日付。
 関係者によると、企業側は副作用による賠償金などを国が肩代わりする法律が今月15日までに成立、発効しない場合か、国側に著しい契約義務違反があるときに契約を解除できるようになっている。
12月23日

中国大陸の新型インフルの感染率、徐々に下がる 中国国際放送 
 中国衛生省は23日、先週、大陸での新型インフルエンザの感染数は6129人で、死亡者数は91人に達し、感染率はこの3週間徐々に下がってきていると発表しました。
 統計によりますと、先週の確認者数は先々週より1800人あまり少なく、死亡者数も25人減ったということです。
 ちなみに12月21日24時までに大陸では4059万人がその予防ワクチンを接種したということです。
Travel-Associated H1N1 Influenza in Singapore  Journal Watch (NEJM、米国) シンガポールにおける入国旅行客におけるH1N1インフルエンザ
 空港における体温測定スキャナー(Airport thermal scanners )は、全感染者中の12%を検出。有症状者の40%を検出。
Other viruses abound in US flu season, tests show WBFO (米国) 米国のインフルエンザシーズンに、インフルエンザウイルス以外の類似ウイルスが検査で検出
 今年度は例年のインフルエンザシーズン以上に、インフルエンザ様症状を起こす他のウイルスの検出頻度が高いことが、民間の検査機関から発表された。
 カンサス市のビラコル(ViraCor)研究所は、A型インフルエンザウイルスの検査で依頼される検体中で、6%でしかインフルエンザウイルスは陽性ではないと報告した。CDCの発表では流行している全てのインフルエンザウイルスはH1N1ウイルスとされる。
 インフルエンザウイルス以外で検出されるウイルスは、感染するとインフルエンザ様症状を呈するウイルスである。
 最も検出されるウイルスは、いわゆる感冒ウイルスの代表とされるライノウイルスである。
 11月にフィラデルフィア小児病院から、9月~10月に500人という異常な数の小児がライノウイルス感染症で入院したことが発表されたが、それは今回の事実と一致する。
 ビラコル社では全米の重症小児患者からの検体や、移植または他のハイリスク患者が感染症を併発したときの検体をを調べているが、本年4月から12月までの間に28%でライノウイルスを検出している。
 年齢別に見ると、3歳までは39.5%でライノウイルスが検出されている。11から18歳では23%と低下し、成人では20%以下となる。
 他に検出されるウイルスはメタニューモウイルス、RSウイルス(主として3歳以下)、パラインフルエンザウイルス等。
Swine Flu the Biggest Challenge For Indonesia Health Ministry in 2009 Jakarta Globe (インドネシア) 2009年、ブタインフルエンザ対策はインドネシア保健省にとって最大の課題となった:インドネシア保健省
 1000人以上の感染者が報告され10人の死者が確認されている。
 空港での発熱チェック等の検疫強化、疑い者の隔離等、対策は強化された。
 先のスパリ保健相は、インドネシアの様な熱帯ではウイルスは拡大しないと説明した。しかし6月に入って、それは間違いであることが明らかになった。
 インドネシアではH5N1鳥インフルエンザ対策から国内に100の専門病院を用意している。H1N1インフルエンザ対策は十分講じられてきた。

Swine flu touched entire globe in 2009 Canada.com (カナダ) 2009年、ブタインフルエンザは地球上に広がった
 4月にメキシコと米国で拡大が始まって以来のまとめ。
 いつWHOはフェーズを下げるか?
 WHOのケイジ・フクダ氏は、まだ早い。2010年度のいつかになるだろうとコメント。
CDC: People shouldn't worry that pets would spread virus WPTV (米国) CDC:A/H1N1感染ペットからウイルスは感染しないから心配は無用

Poll Shows Worry About Swine Flu Shot Persists Post Chronicle (米国) アンケート調査:ブタインフルエンザワクチンに対する不安は続いている
 ハーバード大学公衆衛生学部の調査。18歳以上の成人1637人を対象。
 60%の両親は子供達にワクチン接種を受けさせる。79%の成人はワクチン接種を受ける。
 35%の両親は子供達にワクチン接種を受けさせない。その理由の6割は安全性からである。

Experts: NY dog is 1st in nation with swine flu Danbury News Times  (米国) ニューヨークで、米国初の犬のA/H1N1感染事例発生
 ニューヨーク郊外で、呼吸器症状を呈した犬がA/H1N1に感染していることが確認された。米国初の事例である。犬は治療で回復したが、専門家はぺットから人への感染は起きないから心配はないとコメントしている。
 *米国ではこれまでも猫やフェレットでの感染を認めている。
12月22日

Avian influenza - stuation in Egypt - update 26 -WHO 鳥インフルエンザ エジプト状況 更新26
 エジプト保健省は12月19日にA(H5N1)鳥インフルエンザの人への感染例を新たに1名報告した。
 患者はGharbia GovernorateのEl Tanta District出身の21歳女性。12月15日に発熱と咳を発症。
 Tanta Fever Hospitalに入院して同日タミフルによる治療を受け、症状は安定している。調査によれば患者は死亡家禽との接触歴があり、病気の家禽のと殺作業に従事していた。確定検査はWHO世界インフルエンザ調査ネットワーク国立インフルエンザセンターのエジプト中央公衆衛生研究所でなされた。
 これまでにエジプトで報告されたA(H5N1)鳥インフルエンザの感染確定例90名のうち27名が死亡している。TA
Compound Found To Safely Counter Deadly Bird Flu Medical News Today (米国) 致死的鳥インフルエンザに有効で安全に投与できる化合物が発見
 ウイスコンシン・マディソン大学のウイルス学者であるヨシヒロ・カワオカ教授等の研究。
 ウイルス感染3日後でも効果が認められた。
試験中の国産新薬 タミフル耐性鳥インフルにも効果…河岡・東大教授ら確認 読売新聞
 臨床試験中の新しい国産インフルエンザ治療薬が、治療薬タミフルが効きにくい高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)にも効果があることを、東京大の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確認した。このタイプが流行しても感染者致死率を大幅に下げることができると証明したもので、22日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。
 新薬は富山化学工業が開発した「T―705」。研究チームの木曽真紀研究員らは、H5N1型ウイルスの遺伝子を組み換え、タミフルが効かない耐性ウイルスを人工的に作製。マウスに感染させた上で、T―705を投与したところ、3週間以上生き残るなど効果が確認された。
 T―705は、ウイルスの遺伝子を複製する酵素の働きを妨げ、増殖を抑える。既に新型や季節性にも効果を発揮することが確認されている。早ければ来年秋からの流行期に市販される見通しだ。
Study results of CSL's pandemic H1N1 2009 vaccine published in JAMA News-Medical.net (国際) CSL社(オーストラリア)のパンデミックH1N12009ワクチンの臨床試験結果が米国医師会雑誌に掲載
 6ヶ月から9歳までの小児370人を対象とした、オーストラリア国内で行われたCSL社のA/H1N1ワクチンの臨床試験結果が、米国医師会雑誌(JAMA)に公表された。
 15マイクログラムの抗原量で1回接種後に6~35ヶ月の小児で92%、3~9歳の小児で92.9%で十分量の抗体が産生された。3週間後に2回目の接種が行われたが100%で抗体産生が認められた。副作用も通常の季節性インフルエンザワクチンのそれの範囲内であった。
 なおCSL社のワクチンはアジュバントを含んでいなく、季節性インフルエンザと同じ手法で製造されている。
Does single dose of H1N1 vaccine work for kids? Minneapolis Star Tribune  (米国) 乳幼児に対して1回のH1N1で十分か?
 オーストラリアの研究チームが、乳幼児に対して1回のH1N1ワクチン接種で十分な免疫を植え付けることが可能であることを、米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association)に発表した。
 それに対して米国の専門家は、研究チームが用いたワクチンには、米国のワクチンに含まれる倍量の抗原が入っていることなどを指摘し、米国のワクチン接種スケジュール方針には影響しないと語っている。
 しかし専門家の中には、万が一、1回接種しかできない乳幼児が出ても、ある程度の免疫効果が期待できるから、両親達には安心できる研究結果であるとのコメントもある。
Experts say pandemic could have a silver lining if it knocks out other viruses Metro Canada  (カナダ) 専門家:パンデミックウイルスが季節性インフルエンザウイルスに置き換わる可能性を期待
 季節性H3N2は高齢者を重症化させ死者数も多い。高齢者に対してはワクチンは効きづらい。一方、若年者に対してはワクチンは効果を発揮しやすい。
 季節性H1N1ウイルスはタミフル耐性株が中心となってしまった。
 現在のパンデミックA/H1N1がこれまでの季節性インフルエンザウイルスを駆逐して、今後季節性A型インフルエンザとして存続するとしたなら、季節性インフルエンザワクチンは、このA/H1N1とB型ウイルスの2種類を標的とすればよい。
 A/H1N1は若年者が多く罹患するが(その明確な理由は分かっていない)、一般的に軽症である。若年者はワクチンに反応しやすい。
 季節性A/H3N2ウイルスは南アジア等で現在感染を繰り返しているが、このパンデミックA/H1N1流行で、このまま駆逐される可能性もあるし、または拡大して来る可能性もある。
 しかし、今後季節性インフルエンザがA/H1N1一本に絞られるとしたなら、インフルエンザ対策は比較的容易となってくる。
President Obama and first lady get swine flu shots Anchorage Daily News (米国) オバマ大統領と夫人がブタインフルエンザワクチンを接種
 ハイリスク者だけでなく全ての希望者が接種出来るようになったため、オバマ大統領と夫人がブタインフルエンザワクチンを接種した。
 大統領は他の人々も接種を受けるように呼びかけた。
 大統領の2人の娘が10月にワクチン接種を受けたとき、ワクチンは安全であることを理解するようにと、国内に向かって語っている。
12月21日

Irish Get Sick After Swine Flu Shot Before It's News  (アイルランド) アイルランドにおけるブタインフルワクチン接種後の副作用
 アイルランドではこれまでブタインフルエンザワクチン接種で619人の人々で副作用が起きている。
 さらに2人がインフルエンザで死亡したが、この1週間の感染者数は前週の半数に減少している。

 40万人以上がブタインフルエンザに対するワクチン接種を受けているが、アイルランド医薬品委員会は用いられている2種類のワクチン、パンデムリクスとセルバパンに対する副作用を詳細に発表した。
 副作用を呈した619人中、52人はアレルギー反応で3人はアナフィラキシーショックを起こした。
 210人の小児で副作用が生じたが、15人はアレルギー反応で数人が入院を要した。
 40人の妊婦でも副作用が報告されたが、4人がアレルギー反応で、1人で流産が見られた。
 6人でけいれん、2人で顔面神経麻痺、1人で接種10日後に死亡。死亡者は基礎的疾患があり、ワクチン接種と死亡との因果関係は明確になっていない。
 一般的な副作用として、インフルエンザ様症状、頭痛、目眩、失神、悪心、嘔吐、接種部位の腫脹他である。
 保健当局によると感染者数の著明な減少が見られており、先週の新規感染者数は5500人で先の週の10500人の半数となったとされる。
12月20日

WHO: It's too soon to call H1N1 pandemic over San Francisco Chronicle(アメリカ) WHO H1N1パンデミックが終わったと言うには早すぎる
 多くの国々で豚インフルエンザ患者は増加を続けており、H1N1パンデミックが終息したと宣言するにはあまりにも時期尚早であるとWHO当局が17日木曜日に発表した。
 「パンデミック開始から8ヶ月が経過し、『パンデミックはもう終わったのですか?そろそろ終息宣言ですか?』とよく訊ねられる。答えはただ一つ、『終息宣言はあまりにも時期尚早だ』ということだけだ。」とWHOケイジフクダ氏は語った。
 フクダ氏によれば米国やほかの北半球の国々のいくつかでは第二波のピークを迎えているものの、他の地域では今も高いインフルエンザ活動が認められる。スイスやチェコ、カザフスタンなどがそうである。
 「パンデミックは地球規模の出来事である。単にただ一つの地域の出来事ではない。」と同氏は語った。
 フクダ氏は北半球の冬季を通じておそらくウイルスの拡大は継続し、晩冬あるいは早春にかけてさらなる波が訪れる可能性があると語った。
 「さらなるインフルエンザ活動の急騰を見るのかどうかを予測することは出来ない。」とも語った。
 こういった不確実性のため、WHOは貧困国95カ国にも製薬会社6社と12カ国から少なくとも1億8千万回接種分のワクチンを寄付する計画を進めている。ワクチン寄付を最初に受ける国はアフガニスタン、モンゴル、アゼルバイジャンになる予定であると同氏は語った。
 WHOによればパンデミックによる死者は約1万人に過ぎないが、フクダ氏はこのパンデミックが史上もっとも軽症であるかどうかを判断するには早すぎると語った。
「これはかなり過小評価されている可能性が高い。」と同氏は語った。TA
Lower demand for flu vaccine hurts suppliers Peninsula On-line  (クエート) ワクチン要求量の減少が製造企業に経済的打撃
 ソース:FINANCIAL TIMES
 ヨーロッパに本社を置くグラクソスミスクライン社(4億4000万接種量受注)、サノフイ・アベンティス社(2億5000万接種量受注)、ノバリス社、アストラゼネカ社(400万接種量を米国から受注)。
 A/H1N1インフルエンザが軽症であること、ワクチンの副作用が恐れられていること等から、各国のワクチンが需要量が減っている。発注契約内容の変更が各国政府と製薬企業との間で討議されているが、もし発注契約が見直されなければ、WHOを介して途上国に安価で提供することも考えられている。
 当初の予想では、今年度から来年度にかけてA/H1N1ワクチン販売で、グラクソ社は35億ドルの利益が予想されていた。またサノフィ・アベンティス社は10億700万ドル、ノバルティス社は8億5800万ドルが予想されていた。
 各国からの発注量の減少、及び返却が増えると製造企業の経済的打撃は大きくなる可能性が高い。
欧州、だぶつく新型ワクチン 副作用恐れ、低い接種率 朝日新聞
12月19日

Swiss plan to donate, sell on swine flu vaccines  Reuters (国際) スイス、余ったワクチンを提供、または売却に
 スイスは450万接種量のH1N1ワクチンの一部をWHOに提供、および他の国に売却する予定であると発表した。
 希望者が少ないことからの措置であるが、合計1300万接種量(人口は770万人)を発注していて、さらに流行が発生した場合には十分量のワクチンが確保出来るとされる。
 ドイツとスペインも発注量の減量及び余剰ワクチンの返却を販売企業と交渉中とされる。
 以下の情報は、CIDRAPの12月18日ニュースから。
 他にギリシャ政府も800万接種量のワクチンを返却したいと発表している。1ヶ月前からワクチン接種が始まっているが、国民がワクチンに対して懐疑的で希望者が少ないとされる。
India's swine flu toll touches 769, over 23000 affected Hindustan Times(インド) インド 豚インフルエンザによる死亡者数は769名、感染者数は2万3千名以上に
 保健当局が18日金曜日に発表したところによれば、インドでの豚インフルエンザによる死亡者が首都での2名を含めて新たに10名確認され、国内死者総数は769名になったということだ。
 新規感染者も364名確認され、感染者総数は23182名になった。
 パンジャーブ州では4名の死亡が確認され、州内死亡者数は18名になった。首都デリーでの死亡者は新たに2名、総数は54名にのぼった。マハーラーシュートラ州(死亡者数最多)とラージャスターン州ではそれぞれ1名の死亡が確認されている。
 マハーラーシュートラ州では豚インフルエンザにより248名が死亡し、ラージャスターン州では105名が死亡している。
 「デリーでの2名を含めて3名の死亡者が1日のうちに報告された」とニューデリーで発表された。
 デリーでは18日金曜日に新規感染者が214名確認され、総数はこれまでに8156例となった。
 首都では新規感染者が214名報告された。うち107名は小児であった。感染者総数8156名のうち小児の感染者は4777名である。
 「これまでに101858名のサンプルが政府研究機関や私立研究所ででA(H1N1)ウイルス検査され、うち23182名が陽性であった。」とも発表された。
 新規感染者はラージャスターン州(43名)、ウッタルプラデーシ州(30名)、チャンディーガル市(27名)、ハリヤーナー州(10名)、カルナカータ州(2名)で確認されている。TA
カナダで新型予防接種可能 五輪の選手、役員 京都新聞
 来年2月に冬季五輪を開催するバンクーバーの地域保健所は18日、新型インフルエンザの予防接種を五輪に参加する選手、役員らが自国でできなかった場合でもカナダ入国後に実施可能との見解を示した。
 保健所のレネ・グスタフソン博士は「居住地に関係なく、希望する人は無料で受けることができる」と話した。保健所は組織委員会を通じて各国オリンピック委員会に年内に予防接種を受けるよう要望しているが、日本の選手は優先順位上、大会前に接種を受けられない状況だった。 バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は感染が下火になり、州内の予防接種を受けた人の割合は3割強にとどまっているという。
Avian influenza - situation in Cambodia WHO  鳥インフルエンザ カンボジア状況
 カンボジア保健省はH5N1鳥インフルエンザウイルスの人への感染を確認したと発表した。
 患者はKampong Cham州Ponhea Kreak区在住の57歳男性。12月11日に発症して16日に入院し治療中。症状は安定している。感染確定検査は国立インフルエンザセンターとカンボジアパスツール研究所でなされた。感染源は調査中。
 これまでにカンボジアでは鳥インフルエンザの人への感染が9例確認されており、うち7名が死亡している。今回の例がカンボジアでは今年初の感染確認となる。
米国インフルエンザ週報49週 (12/6-12)
 感染者数の減少が続き、流行域の最低ラインに近づく。
 
 外来受診インフルエンザ様患者数は前週に引き続き減少し、流行域の最低ラインに近づいている。

年齢別患者数で見ると、全年齢層での減少が見られている。中でも5~24歳の年齢層での減少率が一番高い。

49週には小児での死亡報告数は9人であり、著明に減ってきている。

12月18日

100 million swine flu doses out by week's end  WNDU-TV (米国) 米国、今週末までに1億回接種量のワクチンが配布
 今週末までに米国は総量1億回接種量のブタインフルワクチンを入手することになると、政府の保健担当者が語り、今、全ての人々がワクチン接種を受けるときであると語った。
 これまで列の最後に並んでいた人々は、今、接種が出来るのです、と保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官が語った。
 長官自身、今週接種を受けた。
 科学者達が2009H1N1と呼ぶ新型インフルエンザは減少し始めているが、未だ多くの感染者がいる。さらに当局ではこの冬の間に第3波が発生することを恐れている。
 ほぼ半数の州ではワクチン接種対象者の制限を外しているが、今後多くの州でも全ての希望る州民が対象になる。
The Canadian Press - ONLINE EDITION Winnipeg Free Press (カナダ) カナディアン・プレス-オンライン版
 トロント発-カナダはグラクソスミスクライン社およびWHOと、同国で余ると予想されるH1N1ワクチンの処分について相談中であると、公衆衛生局が16日発表した。
 今週末までに各州に合計2400万接種量が配布されることになるが、各地域では接種希望者数が減っているとされる。
12月17日

Germany and Spain seek to cut H1N1 vaccine orders  Reuters  (国際) ドイツとスペイン、H1N1ワクチン発注量の減量を製造企業に要望
 ドイツとスペインはブタインフルワクチンの発注量の減量と、過剰の在庫品の返品を望んでいる。理由は国内での接種希望者が少ないことによる。
 ドイツの保健省はグラクソスミスクライン社と発注量の減量について話し合っていると発表した。しかし話し合いは結論が出ていないとされる。
 またドイツ連符政府は、過剰のワクチン(200万接種量以上)を1月に他の国々に提供することを予定しているとされる。

 一方スペインの保健相は、ハイリスク者へのワクチン接種で希望者が少なかったことからワクチンが余ったため、製造メーカーへ返品の要望を伝えていると語った。

 ドイツはグラクソスミスクライン社に5000万接種量のワクチンを発注していて、またスペインはノバルティス社に2200万接種量、グラクソスミスクライン社に1470万接種量、そしてサノフィ・アベンティス社に40万接種量を発注している。

香港保健省インフルエンザ週報更新50週
 12月6日~12日 インフルエンザ流行は小康状態。
 定点クリニックを受診するインフルエンザ様患者数は前週よりも軽度減少(/1000人の外来患者数)。分離ウイルスは110株。そのうちA/H1N1は97株、H3(香港型)は6株。
 

Five more in county who tested positive for swine flu have died   San Diego Union Tribune (米国) サンジエゴ群でさらに5人がブタインフルで死亡
  同群でのH1N1ウイルス感染が確認された死亡者数は57人となった。
Swine flu vaccine now plentiful in half the states   KAALtv.com  (米国) 米国、半数の州で豚インフルエンザワクチンが十分量に
 ワクチン供給量が現在9500万接種量(ほぼ9500万人分)となり、さらに毎週1000万接種量が配布されている。
 半数の州ではハイリスク者以外の全州民への接種が開始されている。しかし感染者数の減少とともに接種希望者数も減っているので、州の保健当局では啓発方法に苦労している。
12月16日

Bird flu reappears in N Vietnam Xinhua(中国) 鳥インフルエンザ 北ベトナムに再発生
 ベトナム北部のタイニュエン省(Thai Nguyen)に鳥インフルエンザが再発生し、405羽の家禽が死亡したと動物保健局から15日火曜日に発表された。
 タイニュエン省の2地方で12月9日から11日にかけて発生した。
 鳥インフルエンザの拡大を防ぐために地方当局は感染確認地域のあひる4100羽、鶏102羽、卵17750個を殺処分した。
 現時点においてベトナムでは2地方でH5N1鳥インフルエンザ感染が確認されている。(カマウ省とタイニュエン省)。TA
India's swine flu toll touches 730, over 22000 affected South Asia Mail (インド) インドのブタインフル死者数が730人に
 連邦政府の保健当局が発表。
新型ワクチン「中高生も1回で」 専門家が一致 中日新聞
 新型インフルエンザワクチンの接種回数について議論する、厚生労働省の専門家らによる意見交換会が16日開かれ、これまで「当面2回」としていた中高生に相当する年齢層の接種回数を「1回」に見直すことで意見が一致した。
 厚労省はこれを受け、接種回数変更を最終判断するとともに、接種スケジュールの修正を検討する。中高生を1回接種に変更すれば、より多くの高齢者に国産ワクチンを使えるようになる。
 この日の会合では、中高生約100人を対象に行った国産ワクチンの臨床試験について、1回の接種で十分な免疫が期待できるとする結果が報告された。
 厚労省はこれまでに、健康な成人を対象にした国内臨床試験の結果や海外のデータなどを踏まえ、高校生以下を除いて原則1回、1歳以上13歳未満の子どもは2回接種とすることを決定。
560000 vaccinated on first national immunization day China Post  (台湾) 初の国家ワクチン接種デーで、56万人がワクチン接種
 12月12日に開始されたH1N1国家無料ワクチン接種プログラムの初日に、56万3712人がワクチン接種を受け、台湾におけるワクチン接種者の合計が412万人となった。台湾CDCから昨日発表された。
 保健省次官が台湾CDCの記者会見で、台湾はワクチン接種率が世界でも5番以内に高く、11月1日にワクチン接種が開始されてから17.9%が接種済みであると語った。
 台湾では学校における大規模集団接種が行われており、小学校低学年では80%、高学年では75%が接種済みであり、この接種率は世界で最も高いとも付け加えられた。人口は2300万人。
PRESS DIGEST - Canada - Dec 15  Reuters  (国際) 12月15日 プレス・ダイジェスト

NATIONAL POST(カナダ): - H1N1ワクチン接種希望者が少ないことから、カナダ国内におけるワクチン接種場所は閉じられ続けているが、保健当局では余ったワクチンの処理について頭を悩ましている。いくつかの州では、余った数百万接種量のワクチンの処分方法を決定している。
Swine Flu Down Alerts Still Up American Consumer News  (米国) ブタインフル下火に、しかし警戒は未だ必要
 米国内におけるブタインフルの流行は終息に向かっているが、再び春までに再流行する可能性に関しては専門家の意見は分かれている。CDCによると米国人の6人に1人が感染したと言われる。
 ワクチン量は豊富になてきたから、未だ接種を受けていない市民は接種を受けた方が良い。
Kids' Swine flu shots recalled; not strong enough MSN Money  (米国) 小児用ブタインフルワクチン、力価が弱いことから回収へ
 サノフィ・パスツールが製造した、1人分用に注射器に分注されたA/H1N1ワクチンの力価が弱いことから、回収されたことが政府の当局者から発表された。
 該当製剤は先月国内に配布され、ほとんどは使用されている。
 80万本は6ヶ月から3歳までの乳幼児用のものである。
 CDCの専門家のアン・シュチャット博士は、両親は何も心配することはない、ワクチンは安全で有効であると強調している。
 問題はワクチンの力価である。出荷前の検定では力価は十分あったが、先週行った検定では1ロットで力価の低下が認められ、基準とされる力価を12%下回っていた。
 既に2回の接種を受けている乳幼児も含めて、効果は十分あるから、再度ワクチン接種の必要があるとは当局では考えていない。
12月15日


A H1N1 death toll hits 415 in Turkey Panorama.am  (アルメニア) トルコでH1N1死亡者数415人に
伊、ワクチン接種率低く廃棄も 新型インフル 神戸新聞 
 イタリアで、新型インフルエンザのワクチン接種対象となっている妊婦や医療関係者の接種率が極めて低いためワクチンが大量に余り、今後一般の人への接種が始まっても使われずに廃棄される可能性が高いことが分かった。14日付レプブリカ紙などが伝えた。
 ワクチンの副作用への不安や、季節性インフルよりも死亡率がはるかに低いなど「世界保健機関(WHO)は騒ぎすぎ」との認識が広まったことから接種希望者が少ないためで、同様の問題はオランダ、オーストラリア、ドイツなどでも発生。一部の国ではワクチンを他国に売却する計画も進んでいる。
 イタリアでは既に約743万本のワクチンを各自治体に配布。医療関係者や消防士、警察官のほか妊婦、糖尿病など基礎疾患(持病)のある人を対象に接種が行われているが、8日時点での接種者はわずか約68万9千人。医療関係者で全体の約14%、妊婦では約10%しか接種を受けていない。
Indiana H1N1 flu on the decline Anderson Herald Bulletin (米国) インディアナ州、H1N1感染者数は減少に
 米国CDC週報ではいまだH1N1感染者が拡大中とされるが、州保健局では感染者数は減少中と発表。州内の各医療機関受診者数も減少している。
Seoul to spend US$15 mil. on flu aid to North Korea China Post (台湾) 韓国、北朝鮮へ1500万ドル相当ののインフルエンザ支援
 40万人分のタミフルと10万分リレンザ、及び消毒液等を、韓国政府がが北朝鮮へ提供。統一省が発表。
Health Department opens swine flu shots to all updated at: December 14th, 2009 ... KSTP  (米国) ミネソタ州、全州民へのワクチン接種に
 ハイリスク者への接種が完了したことが確認されたなら、全州民を対象に希望者にワクチン接種を開始する。
 州内の感染者数は減少しているが、冬の終わりに再び流行する可能性もあることから保健局ではワクチン接種を州民に呼びかけている。
Korean Pigs Catch Swine Flu The Chosun Ilbo  (韓国) 韓国の豚がA/H1N1インフルエンザに感染
 5ヶ所の農場で飼育されていた豚とカナダから先月末に輸入された豚からA/H1N1ウイルスが検出されたと韓国農業食料林業省が発表した。
 感染源は人と考えられている。
 通常H1N1に感染した豚は1週間で回復する事から、特別の措置は行わないとされる。
 豚肉は十分加熱すれば問題なく食用に出来ると説明している。
Taiwan records two more deaths from H1N1 virus China Post (台湾) 台湾でさらに2人がH1N1で死亡
 基礎疾患を保有する感染者が2人死亡し、台湾でのH1N1死亡者数が35人となった。
 台湾ではこれまで750人が入院しているが、11月1日からワクチン接種が始まってから感染者数は減少していると、保健省の疾病管理センター長官が語っている。
 ワクチンは当初最も感染しやすい人々(台風被害者で仮設住宅に住んでいる人々、医療担当者、小学生以下の小児、妊婦、合併症保有者)が対象となっていたが、12月12日から全市民が対象となった。人口は2300万人。
12月14日


Too much H1N1 vaccine in Ohio? 13abc.com  (米国) オハイオ州でH1N1ワクチンが余る可能性
 中央オハイオ保健当局では、ブタインフルワクチン希望者数が減っているため、ワクチンが余る可能性を懸念している。
 今週から6ヶ月以上の人々はワクチンを誰でも受けることが出来るが、休暇が始まることや、ワクチン接種への関心が無くなってきていることから、ワクチンが余ることを予想している。
 多くのハイリスク者も受けていないという。
Swine flu related pediatric deaths updated by the CDC for week 48 Examiner.com (米国) CDC、ブタインフル関連小児死亡の48週を発表
 11月29日から12月5日までの1週間に16人の小児(18歳以下)がCDCに報告された。この値は先々週、先週よりも減少している。
 一方、8月30日~12月までの間の、インフルエンザシーズンにおけるA/H1N1関連死亡数は204人となり、この数は2008-09シーズンの129人、2007-08シーズンの88人、2006-07シーズンの78人に比較して多い。今年度のインフルエンザシーズンはまだ続くことから、今年度の小児死亡数はさらに増える。
 下図はCDC発表のものであるが注意を要することは、2008-2009年度には多くのH1N1インフルエンザが加わっているから、このシーズンの季節性インフルエンザの数は例年と差はないと考えられる。

Swine flu activity decreases overall except for influenza-related deaths Examiner.com  (米国) ブタインフルエンザ活動性、全米で低下、関連死亡は未だ高い
 一昨日のCDC発表の記事。
12月13日

 海外情報:インドにおける発生報告、米国におけるワクチン接種情報他。

Avian influenza - situation in Viet Nam - update 7 - WHO  WHO ベトナムにおける鳥インフルエンザ状況 更新7
 ベトナム保健省はH5N1鳥インフルエンザの人への感染例を新たに1例報告した。この症例は国立衛生伝染疫学研究所で確認された。
 患者はディエン・ビエン省ディエン・ビエン・フー市出身の男性。11月18日に症状を訴え、ディエン・ビエン一般病院に入院。11月28日に死亡した。
 感染源は現在調査中。死亡男性の家族は敷地内に鶏とガンを数羽飼っている。
 これまでにベトナムで確認された112名の感染例のうち57名が死亡している。
各国におけるA/H1N1流行曲線
 流行の立ち上がりから小康状態まで約8週間が一般的。
 日本のA/H1N1は非定型的流行曲線を描いている。
 比較:米国、英国、香港、ニュージーランド、スペインインフルエンザ(日本)
12月12日

カナダ保健省インフルエンザ週報48週 (カナダ)




 紺色:広範に流行、青色局所的に流行、うす青色:散発的発生

 定点機関受診インフルエンザ様患者の率は著明に減少。例年の平均的データに比較しても低い率になっている。

 カナダ国内で広範に流行している州は一州だけで、大多数の州は散発的発生になっている。


米国CDCインフルエンザ情報48週 (CDC)
 引き続き感染者数の減少は6週続いているが、いまだ僅かに流行域を超えてはいる。
 定点医療機関受診インフルエンザ様疾患患者の割合(%)。
 小児の死者数も減少している。48週の報告は17人。



China worries swine flu vaccine campaign faltering National Post (カナダ) 中国当局、ブタインフルワクチン接種希望者数が増加しないことを危惧
 中国保健省は、新年に入り、さらに2月の春節で人々の往来が活発になることでA/H1N1インフルエンザが拡大することを懸念している。しかしワクチン接種希望者が予想外に増えないことを危惧している。安全性等を心配して接種に消極的な人々も多い。
 これまで3200万人が接種を受けている。
Soldiers get mass swine flu shots before holidays Washington Examiner  (米国) 休暇前に兵士達にブタインフルワクチンの集団接種
 4万人以上の新兵がこの2週間以内にワクチン接種を受ける。
 ハイティーンから20代前半の感染しやすいハイリスク層である。
Top Ont. doc warns against swine flu complacency CTV.ca  (カナダ) オンタリオ州、州保健局主任医療政務官、ワクチン接種を訴える
 オンタリオ州ではこれまで34%がワクチン接種をしているが、いまだ州民の三分の一が感染する可能性がある。
 州では75%の州民が接種できるワクチンを確保しているという。
 主任医療政務官は、ワクチン接種を州民に強く求めている。
Glaxo signs a 105 million deal that seeks to end the pain of injections ... Behavioral Health Central  グラクソ社、1億50万ドルでパッチワクチン開発企業と技術締結に
 英国のグラクソスミスクライン社は、オーストリアのバイオテク企業の” Intercell's needle-free vaccine technology”の導入契約を1億50万ドルで締結した。
 これは無針のパッチワクチンであり。2012年までに承認申請を目指す。もし承認されたら1年後から発売される。
 インフルエンザ以外にも海外旅行者の下痢症にも用いられる。
Swine flu a slow burn until spring Burton Mail (英国) ブタインフルは春まで小康状態

H1N1 Vaccine Now Available For Everyone OPB News (米国) ネバダ州、H1N1ワクチン、全希望者へ接種に
 ワクチン供給量が増えたことから、希望者全員への接種が始まる。
 当局ではこの数週間感染者数が減少してきているが、来春、またはこの冬の後半に再流行する可能性があるという。州民へワクチン接種を呼びかけている。
 これまで同州における9月以来の入院者は1300人で死亡者は63人。同州の人口は356万。
Nevada: Swine flu vaccine available to all Dec. 18 Lahontan Valley News  (米国) ネバダ州、12月18日より、ブタインフルワクチンを全希望者に拡大
 これまでCDCが決定した5優先グループへ接種していたが、ワクチン量が十分となったため12月18日から希望者全員に接種することになった。
12月11日


Neuraminidase inhibitors—the story behind the Cochrane review  BMJ  (英国、英国医学雑誌) ノイラミニダーゼ阻害薬-コックラン・レビューの背景
 インフルエンザに対するタミフルの有効性を巡る研究発表についての論説。

日本のマスク着用習慣やタミフル積極服用、新型インフル対策に有効 ブルームバーグ  (日本語版)
12月11日(ブルームバーグ):東京のビジネスマン、山本俊吾さん(25)は先月、発熱によって気分が悪くなり始めた8時間後、新型インフルエンザ(H1N1)と診断され、抗ウイルス剤の処方を受け、3日間にわたり外出を自粛した。
 山本さんは、熱と関節痛の症状が出たので「すぐにインフルエンザだと分かった」と語る。医師は鼻の粘液を綿棒で取る検査で診断を下し、スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングの抗ウイルス剤「タミフル」を5日分処方した。山本さんは病院を出る時にマスクを着用。3日分の食料を買い込み、DVDを借りて、帰途に就いた。
 41年ぶりのパンデミック(世界的大流行)で、米国や英国に比べ日本の被害が小さくなっているのは、日本の対応が積極的なことを意味している。高い衛生基準やマナー意識のほか、受診や薬の服用に前向きな国民性の表れだ。
 世界保健機関(WHO)の報告書によると、日本の新型インフルエンザ感染者の死亡率は5万分の1。英国はこの11倍、米国は16倍、オーストラリアは43倍となっている。
 新型インフルエンザ患者についてWHOに助言する委員会のメンバーを務める神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長、菅谷憲夫氏は、日本には「新型インフルエンザ患者にできるだけ家で寝て治せと言う医師はほとんどいないと思う」と話す。
 英国では今月、患者がタミフルを服用し始めるまでに通常3日を要することが調査で分かった。

合併症リスク

 米疾病管理予防センター(CDCP)は、抗インフルエンザ薬を入院患者や妊娠女性など合併症のリスクが高い人に投与するよう勧告している。一方、日本感染症学会によると、日本では簡易検査の結果が陰性だった場合も含め、感染が疑われるすべての患者への投与を医療機関に求めている。
 ロシュが2005年11月、米食品医薬品局(FDA)に提出した資料によると、タミフル発売後5年間の販売量は、日本が世界全体の4分の3を占めた。
 3年後の08年、日本政府は、抗インフルエンザウイルス薬の備蓄目標を人口1億2800万人の45%とする計画を発表した。WHOによると、世界では国によって人口の7-15%が新型インフルエンザに感染する。このため、日本の備蓄は必要量の3倍となる可能性もある。
Swine flu four times deadlier for Indians HeraldNet  (米国) インディアンではブタインフル致死率が4倍高い
 米国のインディアンやカナダの先住民族イヌイットあH、ブタインフルの致死率が4倍高いことが分かった。政府の疫学専門家達が発表した。元々基礎疾患も多い。喘息や糖尿病保有率は約2倍と言われる。
新型感染者の18%が無症状/大阪、関西大倉高で抗体検査 四国新聞 
 大阪府は11日、新型インフルエンザの集団感染が5月に起きた関西大倉高校(同府茨木市)で生徒や教職員ら約650人にウイルス感染の有無を調べる抗体検査をした結果、感染したとみられる人のうち18・4%が、発熱やせきなどの症状が出ない「不顕性感染」だったと発表した。
 府によると、データに基づいて新型インフルエンザの不顕性感染を確認したのは国内で初めて。
 検査は8月下旬、生徒550人、教職員95人、生徒の家族2人の協力を得て採血し実施。ウイルスに感染した際にできる抗体が血中に高い濃度で見つかった98人のうち、18人は38度以上の発熱やせき、のどの痛みなどの症状がなかった。
CDC: About 1 in 6 Americans have had H1N1 flu  USA Today (米国) CDC:6人に1人の米国人がH1N1インフルエンザに罹患
1 in 6 Americans Had Swine Flu TIME 米国人の6人に1人がブタインフルに感染
US now estimates that 50 million Americans have had swine flu, and 10000 died ...  Metro Canada - Vancouver (カナダ) 米国、ブタインフル感染者数5000万人以上、死者数1万人と推定
 4月から11月中旬までの推定値。
 先に10月中旬までのデータとして2200万人の感染者数と4000人の死者数を発表していたが、今回の数値は大幅に増えた。
 増加の原因は10月初旬以降の第2波のピークによるものと、CでCでは説明している。
12月10日

インフル患者、初の大幅減 休校・学級閉鎖も17%減  朝日新聞 
 
Transmission of Tamiflu-resistant H1N1 on a Vietnamese train 'a concern': WHO  Metro Canada (カナダ) WHO:ベトナムの列車内で耐性H1N1ウイルスの集団感染が発症
 本年7月に、ホーチミン市からハノイ市までの列車内で7人の健康な人々がタミフル耐性H1N1ウイルスに感染、発病した事例が、”ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン”で報告された。
 全く薬を飲んでいなかった集団での感染例ということでWHOは重大な関心を抱いている。
 その後ベトナムでは、3例のタミフル耐性株が分離されただけのようだ。
Swine Flu Vaccine Now Available to All in NC  FOX Charlotte  (米国) ノースカロライナ州、ブタインフルワクチンは全希望者に接種へ
 ワクチン量が増えたので、ハイリスク者だけでなく、希望者全員に接種が可能と。
Mo. health department says swine flu vaccine now should be available to all ages FOX2now.com (米国) ミズーリ州保健局、ブタインフルエンザワクチン、希望者全員に接種に
12月9日

ロシュのタミフル:インフルエンザ合併症予防の効果薄い-コクラン ブルームバーグ (日本語版)
 非営利団体コクラン共同計画によると、スイス製薬大手ロシュ・ホールディングのインフルエンザ治療薬「タミフル」は、健康な成人をインフルエンザの合併症から守ることができない可能性がある。コクランは今回の再調査で、タミフルはインフルエンザ合併症の肺炎や重度の病気予防に効果があるとしていたこれまでの見解を覆した形だ。
  コクランが20件の研究結果を分析したところ、健康な成人に対するタミフルの効果は薄く、下軌道感染症やインフルエンザ合併症を防ぐ明確な証拠が示されなかった。今回の調査は2005年に実施した調査の更新版で、ロシュが資金提供した8件の研究の結果については、未公開で十分なデータが与えられなかったとして分析対象から除外した。
  コクランの調査責任者、トム・ジェファーソン氏は電話取材で、「インフルエンザ合併症などに関して、タミフルの効能を説明する十分な証拠がないとわれわれは結論付けた」と指摘。「数十億ドル規模の公的医療政策が、入手不可能な証拠に基づいて実施されている」と語った。
  世界保健機関(WHO)によると、タミフルは4月以降で約9000人の死者を出した豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の主力治療薬として利用されている。ロシュは今年27億スイス・フラン(約2330億円)の売り上げを見込むタミフルの効能を主張している。
BC to close H1N1 flu shot clinics on Dec. 18 as province reports fewer cases The Canadian Press (カナダ) カナダ、BC州、12月18日でワクチン接種は終了予定、希望者数は少ない
 ブリシシュ・コロンビア州保健局の医療保健政務官のペリー・ケンダル博士は、ブタインフルワクチン接種を州民に勧めているが、12月18日まで商店街広場や高校、および公民館での集団接種を続ける必要性のある希望者数はいないと語った。
 医師のクリニック、医療機関、およびいくつかの薬局でのワクチン接種が今後続けられる。
 一方BC州では先週3人が死亡し、32人が重症となった。しかしこれらの数は前週の8人及び93人に比較すると急激な減少となっている。
 BC州では春以来47人がブタインフルで死亡している。
Germany to sell H1N1 vaccines due to weak demand Reuters (国際) ドイツ、国内でのH1N1ワクチン接種希望者が少ないことから、ワクチンを国外に提供
 未だ5%の国民しかワクチン接種を受けてない。また医療担当者の15%しか接種していない。
 ドイツ政府は余っている220万接種量のワクチンを12月末に国外に提供することを考慮中。現在ウクライナが購入を希望している。
 ドイツではこれまで86人の死者が出ている。
 同国では、2010年の春までに何回かに分けて合計5000万接種量のワクチンが購入される予定になっている。
New review questions benefit of Roche drug Tamiflu Reuters (国際) 文献考察でタミフルの利点に疑問
 タミフルの有効性に関して、これまで発表されている文献考察で、タミフルには肺炎などの合併症予防の効果については明確な証拠はないとされた。
 医学情報の科学性を評価する国際的独立機関である”コックラン・レビュー(Cochrane Review)”の研究チームによる。
 2006年に行われた文献考察に引き続く研究結果である。オーストラリアのボンド大学のクリス・デルマル博士を中心とした研究チームが行った。論文はBritish Medical Journal(BMJ)のオンライン版に掲載された。
 研究チームは20のタミフルの臨床試験に関する論文を対象にしたが、その中の8論文を評価に適さないことで省いた。
 タミフルの製造元であるロッシュ社は、自分達の集めている研究データでは有効性は確認出来ていると反論している。
CDC updates home care guidance  CDC (米国CDC) パンデミック・インフルエンザ:家庭での介護ガイダンス(更新)
 更新内容:CIDRAP 12/7紹介

 先に病人と濃厚接触する介護者は外科用マスク(face mask)またはN-95マスクの使用が勧められていたが、それは削除。代わりに、病人が部屋からトイレに出るとき、または医療機関を受診するときに外科用マスクを着用するように勧められている。マスクが無いときは、CDCはティッシュで咳やクシャミを覆うように勧めている。
The US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) updated its home care guidance for people who have pandemic flu. It dropped the previous recommendation that caregivers in close contact with a sick person use a face mask or N-95 disposable respirator. Instead, the CDC recommends that sick people use a face mask if they leave their designated sick room to go to the bathroom or the doctor. If a mask isn't available, the CDC recommends using a tissue to cover coughs and sneezes.

Swine Flu Toll Includes A Few Pets WSOCtv.com  (米国) ブタインフルエンザでペットも死亡の可能性
 この数週間、少数のペットがブタインフルエンザを発症している。しかし医師達は、十分手洗いをしなさい、パニックになる必要はない、とアドバイスしている。
 4月以来、ウイルスは少数の猫とフェレットに感染している。
 獣医師達は、少数の例しか見つかっていない事は、ペットにウイルスが感染することは希な事なのか、それとも検査を行っていないからなのか判断はつかないという。
 コロラド州立大学獣医学部では4日に2匹の猫の感染例を確認しているが、同大学のクリスティー・パビロニア博士は、今後、ペットにおける感染例が多く見つかる可能性がある、十分注意する必要がある、と語っている。
British researchers: little evidence Tamiflu works TheNewsTribune.com 英国の研究チーム:タミフルが有効な根拠はない
 医学情報の科学性を評価する国際的独立機関である”コックラン・レビュー(Cochrane Review)”の研究チームが、健康な人がインフルエンザに罹患したときに、タミフルには1日程度の症状の短縮効果はあるが、肺炎等の合併症を予防する効果を示す、信頼できるデータは出ていないと発表した。これまでの発表論文を分析した結果である。8日、英国医学雑誌(BMJ)のオンライン版に発表した。
  研究チームは、健康人がインフルエンザに罹患した時にタミフルを服用するメリットはあまりなく、むしろ副作用の発現に注意すべきと主張している。
 BMJの編集者のフィオナ・ゴドレ氏は、この研究論文はタミフルの効果と安全性に疑いを投げかけるだけでなく、薬品承認システムのあり方にも問題があることを指摘している、とコメントしている。
 一方WHOは、世界各国から得られたデータでは、タミフルは早期に服用すればインフルエンザの症状の軽減に効果を示すと反論している。しかしWHOは、薬は合併症発現のリスクの高い患者にのみ投与すべきと言っている:妊婦、高齢者、小児、基礎疾患を保有する人。さらにWHOは、薬は医師の処方により投与されるべきと警告している。
 しかし英国ではインフルエンザに罹患した健康人に投与されている。薬は国家ブタインフルエンザ・ホットラインを通じて、医学的トレーニングを受けていないコールセンターのスタッフにより提供されている。
12月8日

英社製ワクチンは「安全」=副作用問題でカナダ政府-厚労省 時事通信 
 英製薬大手グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンを使用したカナダで、通常より高い頻度で重い副作用が起きた問題で、厚生労働省は8日、カナダ政府は「ワクチンは安全」とする見解を示していると発表した。
 カナダ政府は、問題は特定の製造番号を持つ一部のロットに限られると判断。問題のロットで副作用が起きた原因は分からないものの、ワクチンに用いたウイルス株や免疫補助剤「アジュバント」に問題があるとは考えにくいとしているという。
 厚労省は同社製ワクチンの輸入を予定しており、現地に職員を派遣して調査していた。
SKorean president offers swine flu aid to NKorea Auburn Citizen  (国際) 韓国大統領、北朝鮮にブタインフル用医薬品を緊急提供
 7日、北朝鮮支援団体の”良き友( Good Friends)”が、北朝鮮のシヌイジュ(Sinuiju)市で40人のブタインフル死者が出ていて、さらに首都平壌でも7人が死亡していることを報告した。
 北朝鮮のメディアは何も報告していない。
 8日、イ・ミョンバク大統領は北朝鮮に支援物質を送ることを至急検討するように閣僚会議で指示した。
Flu pandemic could be mildest Washington Post (米国) (A/H1N1)パンデミック・インフルエンザはもっとも軽症なパンデミックの可能性

印刷用ファイル

 H1N1流行の第2波が米国で頂点に達し、指導的疫学専門家達はこのパンデミックを、これまで記録されているインフルエンザ・パンデミックの中でも、最も軽度であったと評価を下す可能性が高い。
 専門家達はインフルエンザは全く予知が難しいと警告するが、7日に発表された研究結果を含めて、いくつかの最近の分析によると、このパンデミック・インフルエンザによる死者数は、過去のパンデミックに比較すると遙かに少ないとされる。
 数多くの予想には懐疑論、安堵感そして恐怖感がミックスされてされている:公衆衛生担当者達は、この冬に第3波が発生した場合、またはウイルスの病原性が高まった場合に、有用なワクチン接種に対して一般社会が無関心になることを恐れている。

 「このパンデミックは記録上最軽症で終わる可能性が高いと思う」、とハーバード大学公衆衛生学部の疫学教授でCDCの研究者と共同して致死率を計算したマーク・リプシク(Marc Lipsitch)教授が語っている。
 ニューヨーク市とミルオーキー市のデータに基づいた分析によると、A/H1N1ウイルスはこの冬の終わりまでに、6000人から45000人の死者を出すことが示されているが、実際には多分10000人から15000人の間まで減少するだろうと、リプシク教授は語っている。最も悪いシナリオを想定しても、死者数6万人を超えないだろうと、同教授の分析では結論している。
 何人かの専門家は最終的に死者数が比較的少ないとしても、このパンデミックでは既に異常な程の数の小児と若年成人の死者が発生していると指摘している。
 「我々は数百人の小児の死者を確認している。これはなんと言っても悲劇的事実だ」、とCDCの免疫と呼吸器疾患国立センターのアン・シュチャット部長が語っている。

 典型的インフルエンザ・シーズンでは、平均36000人が米国で死亡する。8月に発行された大統領顧問委員会(リプシク教授も委員を務める)で発表したH1N1死亡推定値は、3万人~9万人とされている。
 「その当時得られていたデータを用いた推定値としてはベストなものであった」、と教授は語り、「現在はさらに、より多くの信頼できるデータが得られている」
 大統領顧問委員会が報告書を作成した時点では、30%の国民が発病すると想定していた。現在までウイルスは、それよりももっと少ない集団、多分15%でしか発病させていない、とリプシク教授は説明する。
 今回の新規分析では、このパンデミックでの致死率は、先の3回のパンデミックに比較して遙かに低いことが示されている。
 「もし流行がこれまでと同じように進行するならば、このパンデミックは極めて軽いと結論される可能性が高い」、とシアトルのワシントン大学の生物統計学教授であるアイラ・M・ロンギニ博士は語っている。同博士はCDCのデータに基づいて類似の低い致死率を計算している。
 何人かの専門家達は、今回の分析を高度な手法が駆使されていると賞賛し、それ故データの信頼性を認めている。
 「今、我々が知っていることから考えるとこのパンデミックは1968年と1957年のパンデミックに比較しても極めて軽度なものであり、また1918年のそれよりは間違いなく軽い」、とロンドン王立大学の疫学専門家のニール・M・ファーグソン教授が語っている。同教授はWHOと英国保健省のアドバイザーでもある。
 しかしながら他の専門家の中には、先のパンデミックは冬期間の末に病原性を高めたことを指摘し、今回のパンデミックでも起きえることを警告している。
 「冬を越すまで手綱を緩めるべきではない」、とジョージ・ワシントン大学の研究教授であるローン・シモンセン博士が語っている。

 米国人にワクチン接種を啓発するために保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官は、新しい試みであるマルチメディアを利用した啓発キャンペーンを7日に行った。目標は無関心層である。当初は量が少なかったが現在は8000万接種量が確保されていると長官は語った。
 「流行が下火に向かい出しているこの機会に、如何にワクチン接種が重要であるかを皆で思い起こそう」、と長官は語った。
 人々がワクチン接種を受け続けるべきであることに同意している一方、リプシク教授他の専門家は、ウイルスに大きな変化無しに第3波で死者数が増えることには疑いを持っている。
 「可能性は完全に否定できないが、自分は大きな変化が起きるとは考えていない」、lとファーグソン教授は語っている。
 
 比較的低い致死率の理由として、高齢者での発病率が非常に低いことが上げられる。明らかに多くが何らかの免疫を保有しているからだ。通常の季節性インフルエンザでの36000人の死者は、心筋梗塞、脳梗塞などを併発した高齢者、さらに健康問題を抱えている他の人々が中心となっている。インフルエンザウイルスの感染に直接起因した死亡者数は約9000人と言われている。

 リプシク教授他の専門家達は、(このパンデミックが非常に軽症としても)多額の費用をかけてワクチン接種や他の対策を講じることは適切であると語っている。
 「我々は幸運である。しかし、もし前もって対策を何等立てずに、6万人から7万人の死者が出たとしたなら、人々は間違いなく憤るだろうし、それは公正な反応である」、とリプシク教授は語っている。
「特定ロットに問題」=英社製新型インフルワクチンの副作用-長妻厚労相 時事通信 
 輸入を予定している英製薬大手グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンが副作用を理由にカナダで使用が一時中止された問題で、長妻昭厚生労働相は8日の閣議後会見で、「特定の(出荷)部分に問題があったとするカナダ政府の見解を受け止める」と述べた。同省は先月末にカナダに職員を派遣し、同社工場などを調査していた。
 長妻厚労相は現地調査を終えた職員から、「特定ロットについて通常より高い副作用が出たとの報告を受けた」と説明。ただし、ほかのロットより高率で副作用が発生した原因は、カナダ政府も把握していないとした。
DHH says there's a decrease in transmissions of H1N1 WWL (米国) ルイジアナ州、H1N1拡大率が減少
 ルイジアナ州では先週、ブタインフルでの死者が発生しなかった。州の保健病院局は、インフルエンザの顕著な減少が見られていると発表した。現在まで同州では39人の死者が出ている。
 これまで州内に18万3000接種量のワクチンが配布された。
 州は現在発注していた100万接種量のうち、817000接種量を入手している。
 保健局では接種希望者は1月末までに全員接種可能と言っている。
H1N1 death toll similar to regular flu: study StarPhoenix  (米国) H1N1死者数は季節性インフルエンザと類似:研究報告
 下記ハーバード大学の研究チームの論文。
Study Confirms Low Mortality for Swine Flu ABC News (米国) ブタインフル致死率が低いことが確認
 ハーバード大学の研究チームが、ミルウオーキーとニューヨークを対象に分析し。ブタインフルの致死率を0.048%と推定した。
 発病した2000人に1人が死亡していることになると、研究者は言っている。
 多分、発病者の1.44%が入院し、0.24%がICUに収容されていると研究チームでは分析している。
 研究結果はPLoS Medicine, a Public Library of Science journalに発表され、インフルエンザ・パンデミックで数百万人が死亡し、世界の経済に大きく影響することを心配している保健当局者や政治家達に安心感を与えることになる。
 しかし研究者達はH1N1が病原性を高めたり、他により悪性のインフルエンザが発生することを否定はしていない。
Germany seeks to sell spare H1N1 jabs WA today  (オーストラリア) ドイツ、余るH1N1ワクチンを国外へ提供
 ドイツは予想した程の人々がブタインフルエンザワクチンを接種しないことから、余ったワクチンを他の国に提供することを考えている。
 保健相のフィリップ・ロースラー氏は、国内の16州が政府に、220万接種量のH1N1ワクチンを、他の国へ売ることを考えるよう要望していると語った。
 テュリンギア州の保健省次官のハルトムート・シューベルト氏は、ワクチンはアフガニスタンやウクライナを含む東欧へ提供することも考えるべきと語っている。
 11月末までドイツ国内に960万接種量のワクチンが配布された。12月末までには2000万人分配布予定で、3月末までには5000万人分が配布される。
 シューベルト氏によるとドイツは必要以上のワクチン量を保有してしまっとされる。理由は接種回数は当初考えられた2回ではなく1回で良いことになったことと、予想したほどの人々が接種を希望していないことである。
 これまで人口8000万人の5%(400万人)がワクチンを接種している。
 WHOは4日、A/H1N1は西ヨーロッパでピークに達し、中央ヨーロッパ、およぼアジアに拡大していると発表した。北米ではピークに達し、患者数は減少している。
 ドイツでは80人が死亡しているが、その85%は基礎疾患を保有している。
12月7日


Obama Administration Releases H1N1 Ads CBS News (米国) オバマ政権、H1N1ワクチン接種推進コマーシャル
 米国人にH1N1ワクチンを接種するように、オバマ政権は7日テレビとラジオで啓発コマーシャルを流した。
 啓発コマーシャルは英語とスペイン語で流され、ワクチン不足は解消されつつあること、さらに1000万接種量が今週配布されることを伝えた。
 保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官は次のようにコマーシャルで語った。
 「ワクチン接種は、あなたとあなたの家族をH1N1ウイルスから守る最善の方法です。インフルエンザを防ぐことは、社会で共有された責任です。そうした責任の下にインフルエンザが我々の社会に広がることを防ぐことが出来るのです」

 CDCではこれまで2200万人の米国人がブタインフルエンザに感染したと推定している。そして3900人が死亡し、またブタインフルエンザに関連して9800人が入院したとしている。
 ワクチン量は徐々に増えていて、いくつかの州では希望者全てに接種が可能となってきている。現在7300万接種量が配布されているが、一ヶ月前の2倍量となっている。さらに今週1000万接種量が入荷すると、CDCのトーマス・フリーデン長官が語った。
香港保健省発表インフルエンザ情報-48週
 若干定点機関を受診するインフルエンザ様患者の割合が上がった。分離株のほとんどはA/H1N1である。
 左:定点機関受診インフルエンザ様患者の割合(1000人中) 右:分離インフルエンザウイルス株。緑がA/H1N1。



Swine flu dose "may cause fever" Nursing in Practice  (国際) ブタインフルワクチン、発熱を起こす可能性
 調査結果によると、現在10歳以下の小児に対して接種されている2回目のワクチンで高率に高熱が発生する可能性があることが明らかになった。
 ヨーロッパ医薬品委員会は、両親や医師に対して、小児2度目のワクチン接種を受けて38℃以上の発熱を呈した場合、注意深く体温をモニターするように警告した。
 発熱と同時に、2度目のワクチン接種で接種部位の疼痛、眠気、神経過敏、食欲不振等の症状も起きえる。
 ワクチンは現在ハイリスク群に属する10歳以下の小児に接種されている。グラクソスミスクライン社のパンデムリクス(Pandemrix)を0.25ml、3週間以上の間隔を空けて接種している。
 またそれは英国で300万人の6ヶ月から5歳までの小児に接種される予定となっている。
 ヨーロッパ医薬品委員会(EMEA)の専門家は、疑似ワクチンを使った臨床試験では予想されなかった結果である、とコメントしているが、2度目の接種は、より十分な免疫を植え付けるとも付け加えた。
 グラクソ社のパンデムリクスは、主要なワクチンとして広く使われているが、卵アレルギーの人々のためにはバクスター社のセルバパン(Celvapan)が用意されている。
Swine flu wave continues as Germans opt out of vaccine The Local (ドイツ) ブタインフル流行は続く故ワクチン接種が必要
 ドイツのロベルト・コッホ研究所(疾病管理センター)は7日、A/H1N1インフルエンザのピークは過ぎた可能性はあるが、来春に再び流行する可能性もあるからワクチン接種をすべきであると国民に呼びかけている。
 Westfalen Blatt紙によると、これまで国内では6%しかワクチン接種を受けていないという。
 11月末に960万接種量が国内に配布されたが、実際には400~580万接種量しか使われていない。
 最終的に5000万接種量が3月末までに国内に配布される予定となっている。
Chicago airports offering H1N1 vaccines Chicago Daily Herald (米国) シカゴ空港でH1N1ワクチンの接種サービス
 感謝祭で接種を逃した人々に空港でワクチン接種サービス。
  空港が主催。対象は航空券を所持する乗客と空港従業員でハイリスクに該当する人:6ヶ月から24歳、妊婦、6ヶ月以内の乳児の世話をする人、医療担当者、26~64歳までの基礎疾患を保有する人。
 またシカゴ大では有料で鼻腔スプレーワクチン(新型と季節性)を空港内で行っている。
韓国、【新型インフル】軍の休暇・外出制限きょうから解除 中央日報
 新型インフルエンザの拡散防止のため実施している兵士らの休暇・外出制限措置が事実上解除される。国防部は先月5日から制限措置が下されていた兵士らの二次定期休暇を7日から該当部隊指揮官の判断による許可するようにするなど、事実上休暇制限措置を全面解除すると明らかにした。面会と外出、外泊も現行通り部隊長の判断でできるようにした。
米国感染者年齢別推移 CDC

 42週にピークを迎えているが、その後感染者数の減少は主に5~24歳の年齢層であり、ピーク時に比較して47週では、82%の減少、一方25~49歳の層では70%、50から64歳では62%、0~4歳では51%の減少率である。感染者数の絶対数が増加している年齢層はない。

Flu sends more Alaska Native Americans to hospital Reuters (国際)  アラスカ、先住民族の入院率は高い
 CDCのアンカレジ病院の専門家とアラスカ州保健局の担当者が調査。
 死亡率は低いが入院率は白人に比較して5倍。
 先住民族の居住地には診療所があり、重症者は航空機で(ヘリコプター?)でアンカレジの病院へ運ばれる。
 居住地には水道はなく、飲料水はバケツで各家庭に運ばれる。住民がこれらの水で手洗いを行うとは思えない。手指の衛生管理が問題と思われる。また先住民族の平均年齢が若いことや、各種の慢性疾患が多いことも入院率の高さに影響していると思われる。
Minority Swine Flu Deaths Three Times Higher Than Whites  NBC Chicago (米国) 先住民族のブタインフル致死率は白人の3倍
 病院へ行かない。ワクチン接種を受けない等の理由が考えられるが、実際の原因は不明。
 またヒスパニックや黒人の入院率が白人の3倍でもある。
12月6日

A/H1N1 infection rate declines in Spain SpanishNews.es  (スペイン) A/H1N1感染者数減少に向かう、スペイン
 スペイン保健省の最新の発表によると、A/H1N1感染者数は先週減少しだした。
 住民の感染率は243.71人(対10万人)であったが、前週の371.68人から減少した。また登録された感染者数は105,304人であったが、前週の158、942人に比較し著しく減少した。
 政府は11月末にはピークを迎えると予想していたが、それを支持する結果となった。
 またこれまで100万人を超える人々がワクチン接種を行っている。
BiondVax shares soar on positive flu vaccine report Globes  (イスラエル) ビオンバックス社、万能ワクチンの初期試験に好成績をおさめる
 イスラエルの万能ワクチン開発企業のビオンバックス製薬(BiondVax Pharmaceuticals Ltd)は、4日、同社の開発中の第二世代万能ワクチンの臨床第一、ニ相試験で好成績をおさめたと発表した。
 対象者は18~49歳の成人60人である。
 ワクチンは投与全ての量で安全性が確認され、それはアジュバント添加の有無に関係は無かった。
 ワクチンは免疫システムの2系統、すなわち液性免疫と細胞性免疫を十分活性化した。
 検出された抗体は、万能ワクチンに対する抗体、さらにA/H1N1ブタインフルウイルスを含む、人の多くのインフルエンザウイルスに対する抗体であった。
新型インフル国内死者100人 京都で基礎疾患の男性死亡 中日新聞 
 京都市は6日、新型インフルエンザに感染した同市山科区の男性(74)が5日に死亡したと発表した。死因は急性呼吸循環不全で、基礎疾患(持病)がありワクチンの接種を受けていたという。厚生労働省によると、国内の死者は100人目。
 厚労省感染症情報管理室は、死者が100人に達したことについて「季節性インフルエンザとの比較はできないが、これから本格的な冬に向け流行がどう進むか分からない。重症化を防ぐためにも引き続き警戒が必要だ」としている。
 男性は4日に38度台の発熱があり、市内の病院で受診。簡易検査でA型陽性とされたためタミフルを処方された。5日午前10時半ごろ、自宅で倒れて病院に搬送され、同日午後5時ごろ死亡した。
 悪性リンパ腫や糖尿病の持病があり、11月16日に新型インフルエンザのワクチンを接種済みだったという。
 国内の新型インフルエンザをめぐっては、8月に沖縄県の男性感染者が初めて死亡、11月には疑い例も含めた死者が50人を突破した。
Swine flu kids getting faster drug treatment - U.S.  Reuters (国際) ブタインフル発病小児は、より早急に抗インフルエンザ薬を投与-米国
 これまでは小児の重症インフルエンザで20%が抗インフルエンザ薬を投与されていたが、本年のA/H1N1では80%が投与されていると、CDCのトーマス・フリーデン長官が語った。
 医師の多くが小児の重症患者では抗インフルエンザ薬が必要であることを認識したことによる、と同長官は電話記者会見で語った。
 H1N1インフルエンザの場合、小児や若年成人に対して速やかな治療開始が重要である。65歳代以上が重症化しやすい季節性インフルエンザとは逆である。
 「我々は既に通常のインフルエンザシーズンの3倍もの小児での死者数を数えている。」
 長官は最新週で17人の小児の死亡が報告されて、H1N1による小児の累積死者数が210人になったと語った。
 しかしCDCでは実際には500人以上の小児がH1N1ウイルスで死亡したと推定している。通常の季節性インフルエンザシーズンに比較して遙かに多い数となる。
 長官によるとH1N1ワクチンで今後事態は改善されるだろうとされ、既に7300万接種量のワクチンが国内に配布されつつある。
しかし予定量の半数に満たない。
 来週には1000万接種量が入荷する予定とされる。
Seven more confirmed cases at PGI Indian Express (インド) インド、7人の感染者がPGIで確認
 チャンディガルで1人、ハリャナで1人、プンジャブで5人。
One of the victims is from Chandigarh, one from Haryana and five from Punjab.
5 more test positive in Mohali Indian Express  (インド) インド、モハリで5人が検査で陽性に
Boston H1N1 clinic runs smoothly NECN (米国) ボストン、H1N1ワクチン接種はスムーズに進行
 この週末ボストン市の公衆衛生局は初めての大がかりなH1N1ワクチンの集団接種を行う。無料。
 ワクチン接種はスムーズに行われ、会場に行列は出来なかった。
 ハイリスク者や医療関係者が対象であるが、新年からは全ての希望者が対象になる。
 これまでボストンでは、当初予想されたほどの感染者数は発生せず、大体90人が報告されただけだ。
Drop in H1N1 vaccine demand spurs warning from Hunterdon County New Brunswick Home News Tribune  (米国) ハンタードン郡、H1N1ワクチン接種希望者の激減を保健局が懸念
 ブタインフル発生者数の減少、およびクリスマスが近づき、ワクチン接種に対する関心が薄らいでいることを、保健局は懸念。

H1N1 vaccine safety results in from CDC show swine flu shot twice as likely to ..  Examiner.com  (米国) H1N1ワクチンの副作用は季節性ワクチンの2倍と、CDC発表
 米国CDCはワクチン開始2ヶ月間における安全性データを発表した。データは、U.S. Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS):米国ワクチン副作用報告システム、およびVaccine Safety Datalink (VSD)ワクチン安全データリンク、からのものによる。
 これらのシステムへの報告は任意である。また全ての人々がこれらの報告システムを知っていないので、集まっているデータにはいくつかの問題はある。
 データによると、H1N1ワクチン接種で100万人当たり82件の副作用が発生し,季節性では47人の結果となっている。
12月5日


カナダ保健省週報47週  (カナダ保健省) 流行は下火に
 全ての流行に関する指標は下降し続けている。
 定点機関受診患者中に占めるインフルエンザ様疾患の比率(/1000人)。



GSK's H1N1 shot linked to kids' fever CBC.ca  (カナダ) グラクソ社のH1N1ワクチンは小児で発熱し易い
 ヨーロッパ医薬品委員会(European Medicines Agency)は、3歳までの小児に対する2度目のワクチン接種は発熱し易い可能性があることを発表した。
 グラクソ社から同委員会へ、パンデムリックス(Pandemrix)の2度目の接種を受けた3歳以下の幼児で、高率に発熱が起きやすいと報告された。まだ51人を対象とした初期の分析結果ではある。さらなる詳細なフォローが必要とされる。
 カナダでは3歳以下の幼児は半量の2回接種が推奨されているが、最近のヨーロッパでのデータでは、幼少小児でも1回の接種で十分免疫が獲得されるが、2回接種だとさらに獲得率は高まるとも言われる。
CDC: Swine flu less widespread; only in 25 states Boston Globe  (米国) CDC:ブタインフルエンザ流行下降に;広範流行は25州に減少
Pandemic flu is declining in North America: WHO Ottawa Citizen  (カナダ) WHO:北米でのパンデミック・インフルエンザ流行は下降に
 WHOは4日(現地時間)、最新のデータから北米ではブタインフルエンザ流行がピークに達したことを確認した。
 しかしながら、カナダと米国ではウイルスは未だ活発に地理的に感染を広げているとも付け加えた。入院数と死者数は過去8週間、例年の当該時期における数値を超え続けている。
 
 A/H1N1インフルエンザは、西ヨーロッパの多くで流行のピークを迎えたが、中央ヨーロッパへ流行はシフトし、またアジア地域の一部分では流行が拡大している。
 しかし、WHOは最近大流行が見られていた東欧のウクライナやベラルーシでは、流行が下火になっているとも発表した。
Swine flu declines The Hullabaloo Online  (米国) 大学内でのブタインフル流行下降に
 米国大学保健協会は11月18日、学生のH1N1感染者数は減少し始めたと発表した。
 11月6日~13日までの週報告で、感染者数は前週よりも27%減少し、ブタインフルパンデミックはピークに達したとコメントを出した。大学保健協会では250の大学から毎週データが報告され、300万人の学生のインフルエンザ感染率が分析されている。
 これまでの分析では8万人がインフルエンザ様症状を呈し、約150人が入院を必要とし、最近2人の死者が出ている。
California Schools Get 23 Million Masks MyFox Washington DC (米国) カリフォルニア、学校へ2300万枚の外科用マスクを配布
 カリフォルニアでは連邦政府からの補助金で、2300万枚の外科用マスクと予防用手袋を州内の学校に配布した。
 生徒が発症したとき家族が迎えに来るまで別室に隔離するが、その際に生徒に外科用マスクを着用さえ、学校ナースや職員もマスクと予防用手袋を着用するという。
米国インフルエンザ発生週報47週 (米国CDC)  47週、インフルエンザ患者数減少を続ける
 外来患者数に占めるインフルエンザ様症状を呈する患者(ILI)の比率は5週連続下降を続けている。
 広範な流行を示す州の数は減少し、地域的、局所的流行に変わってきている。
 小児でのインフルエンザ死亡者報告数も減少した。
 
 定点医療機関を受診するインフルエンザ様疾患の患者の率(%)。破線以上がインフルエンザ流行の域。
 今年度は冬期間にソ連型(H1N1)、5月に現在のA/H1N1での流行が見られ、そして9月からA/H1N1の大流行が見られていた。


新型インフル、新たな患者189万人 感染研推計 日本経済新聞 
 国立感染症研究所は4日、先月29日までの1週間に新たにインフルエンザに感染して医療機関を受診した推計患者数は全国で約189万人と発表した。前週から約16万人増え、ほとんどが新型とみられる。定点観測している医療機関から報告された患者数は19都道府県で減少したが、厚生労働省は「全国的に流行のピークを越えたとはまだ言えない」としている。
 年齢別でみると、5~9歳は53万人(前週は55万人)で、10~14歳は41万人(同42万人)と前週から減少する一方で、0~4歳が24万人(同20万人)、20代が18万人(同12万人)、30代が15万人(同10万人)と増加した。
 定点観測している全国約5千の医療機関から報告された患者数は19万801人。1機関当たり39.63人で前週の38.89人から増加した。警報レベル(30人)を超えたのは40府県で前週から1県減少した。
接種後の死亡、計53人に 新型インフルワクチン 京都新聞 
 厚生労働省は4日、3日までに新型インフルエンザの国産ワクチン接種後の死亡者が新たに22人報告され、計53人になったと発表した。いずれも重い基礎疾患(持病)があり、接種と死亡に明確な関連がある人はいないという。
 同省は引き続き専門家の意見を聞き、関連について詳しく評価する。 同省によると、これまでに国内で接種を受けた人は最大で約602万人(推定)。接種との関連の有無にかかわらず1337人の副作用報告があり、このうち重い症状として報告されたのは死亡の53人を含む154人。
12月4日


Swine flu hits N.Korea border area AsiaOne (シンガポール) 北朝鮮、中国国境近くでブタインフルが流行
 AFP

 北朝鮮保健当局は中国国境に近い北西部の町でブタインフルエンザの発生を確認した、と支援グループが3日発表した。
 流行はSinuijuで見つかり、当局は緊急対策を急いでいる。ソウルに基盤をおく支援団体”Good Friends(良き友)”が、ニュースレターで発表した。
 タミフルがほとんどないことから、多くの子供達の感染が増加しているという。
177 new cases of H1N1 flu, 4 schools shut in Delhi Health Newstrack  (インド) ニューデリーで177人の新規感染者が確認、4校が休校に

More than half of Niagarans now immune to H1N1: expert St. Catharines Standard  (カナダ) カナダ、ナイアガラ地域の住民の半数以上はH1N1に免疫を保有している:専門家
 ナイアガラ郡保健局の准医療政務官は、ナイアガラ郡の住民の55~60%は、ワクチン接種、もともと保有する免疫、および感染によりH1N1に対する免疫を保有していると3日語った。
 集団免疫が高くなっているので、今後さらに大流行が起きえる可能性は低いと説明している。
 既にピークを超えているが、ピークは多分10月末だった、とも語った。

 ナイアガラ郡公衆衛生局は10月26日以来5万人にワクチン接種を行った。さらに地域の医師達が6万人に接種したと推定されている。
 地域では少なくとも後2週間はワクチン接種を継続するが、接種に対する関心は薄れてきているようだと、保健局では言っている。30日には1600人が接種を受けたが、1日には900人に減ったとされる。
West Virginia Sees Drop in H1N1 Flu Cases WHSV (米国) 西バージニア、H1N1インフルエンザ感染者数急減に
 一ヶ月前、インフルエンザ様疾患で医療機関を訪れた患者は週に13000人であったが、先週は2000人まで減少した。
 保健当局は、パンデミックが下火になってきたのかどうか、判断に迷っている。
Britain: Swine flu cases fall by more than half, WHO says it's too soon to say ... Metro Canada  (カナダ) 英国:ブタインフル感染者数、半数以下に減少、しかしWHO、ピークを過ぎたと言うには早過ぎると
 英国当局は、イングランドにおける新規感染者数は半数に減少したと発表した。
 政府の推定値では先週のイングランドにおける発生者数は22000人で、前週の46000人の半数に減少した。
 しかしWHOの当局者は流行がピークを過ぎたと言うにはまだ早いとコメントした。

 一方、3日の英国当局の発表では、タミフル耐性株が24株検出されたと報告された。WHOのガイダンスに反して、英国では感染者に対して自由にタミフルを提供している。医師のアドバイスは必要なく、そうした方式が耐性株の増加に関与している可能性が指摘されている。
英国インフルエンザ週報更新 英国健康保護庁(HPA) 感染者数の軽度減少



 ・イングランド地域でのインフルエンザ様症状で家庭医を訪れる患者の外来に占める率。前週よりも軽度に減少。(上段)
・RSウイルスが全土に拡大。乳幼児で気管支炎を起こす
・イングランド、ウエールズ、および北部アイルランドを対象にしたサーベイランス。同様に軽度の減少

・他の指標でも英国全体における感染者数の減少が示唆されている。

・イングランドで48週に22000人の感染者が発生と推定。

・これまで英国で79万人が感染と推定。
 

12月3日

Still too early to declare swine flu pandemic over: WHO Nanaimo Daily News (米国) ブタインフル・パンデミックが去ったと宣言するは早すぎる:WHO
 カナダや米国での感染者数と死者数が減っているが、北半球でのパンデミックが去ったと言うには未だ早すぎる。北半球全体での流行状況は、未だ多様ですある。WHOのケイジ・フクダ博士が記者会見で語った。同博士はWHO事務局長のパンデミック・インフルエンザの専門アドバイザーでもある。
 また春に第3波が来るかどうかという問題に関しても予知することは出来ない、とも語った。
Tamiflu-resistant flu not spreading more widely-WHO  Reuters (国際) タミフル耐性ウイルスは拡大していない-WHO  米国のノースカロライナの大学病院で4人が感染して3人が死亡。英国のウエールズの大学病院で8人が感染した、タミフル耐性H1N1ウイルスは、患者以外に感染拡大しなかったことが確認された。ウエールズの8人は重症血液疾患患者であったが、全員回復した。ノースカロライナの患者も免疫が低下状態だった。
韓国、新型インフルエンザの拡散が収まる傾向…警戒から下げる検討 innolife.net
 新型インフルエンザ下落傾向が持続しており、政府が現在深刻段階にある「伝染病危機警報」を警戒に下げる方案を検討している。中央災害安全対策本部は「11月第2週から新型インフルエンザ拡散傾向が緩み、第3週には下落傾向が持続するなど、本格的な下落傾向を見せている」と明らかにした。
また「1,000人当りの新型インフルエンザの疑い患者比率も、11月第2週からは下落傾向が続いている」と説明した。このように新型インフルエンザの下落傾向が持続して、学生予防接種がほぼ完了した点などを考慮して、現在深刻段階にある“伝染病危機警報”を下げることを検討する予定だ。また新型インフルエンザの死亡者は13人が追加されて、今まで新型インフルエンザで亡くなった人は、合計117人と調査された。
Three more swine flu deaths in Pune; toll mounts to 118 Zee News (インド) プネで3人死亡し、死者数が118人に
2 dies with swine flu in Chandigarh, death toll reaches 8 PunjabNewsline.com  (インド) チャンディガルで2人がブタインフルで死亡、死者数8人に
Mother of swine flu victim urges people to accept vaccine Telegraph.co.uk  (英国) ブタインフルで死亡した少女の母親が、ワクチン接種は必要と訴える
 健康だった9歳少女がウイルス性肺炎で死亡した。
 母親は、健康であっても完全に防ぐことは出来ない。ワクチン接種を受けさせるべきと訴えている。

Second Wave of H1N1 Has Peaked California Farmer (米国) 米国、H1N1第2波はピークに達した
 4週連続感染者数の減少が起きていることから、CDCは流行が下火になりつつあるとコメント。ただしクリスマス休みが明けて学童達が学校に集まってくる、暮れから新年にかけて再流行の可能性があると警告。
12月2日


China death toll from swine flu triples in 2 weeks  The Canadian Press (カナダ) 中国のブタインフル死者数、2週間で3倍に
 中国のブタインフル死者数が冬の始まりと共に、この2週間で3倍になったと保健省が発表した。
 11月29日までに中国(本土)はH1N1インフル死者を178人確認した、と保健省は1日遅くに発表した。11月15日には53人であったから3倍に増えたことになる。
 また同省は、最近ワクチン接種後に4人死亡しているが、そのうち3人の死因はワクチン接種と直接関係ないと発表した。残りの1人については保留とした。
 これまで2600万人がワクチン接種を受け、副作用は2867人でしか発生しなかった、と保健省の危機管理部長官のリアン・ワンニアン氏が語った。症状は軽く、ほとんどは発熱や注射部位の腫脹のようだ。
 リアン氏は、中国におけるインフルエンザの状況は未だ”深刻”で、冬の開始と共に感染者と死者の数が増加すると予想されていると語った。
 この数週間、インフルエンザの9割はブタインフルである。学校が予防対策の中心箇所で、国内全体でワクチン接種が続けられている。
Swine flu burns out in Houston; January return predicted Houston Chronicle  (米国) ヒューストンではブタインフル流行は終息:1月に再流行の可能性
 ヒューストンで、8ヶ月間に亘って、休校、高感受性者の死亡等を起こし、地域に多大な不安を起こし続けていたブタインフルは燃え尽きた。
 H1N1ウイルスは9月と10月には感染を繰り広げていたが、地域の医師達や公衆衛生専門家達は、この2,3週間、ヒューストンでは着実に患者数は減り続け、報告数は極めて少なくなったと言う。
 「もう見られない」、とテキサス小児病院の医師は語り、「この3日間、検体からウイルスが検出されていない」と語っている。
 しかし多くの医師達は、ウイルスは1月に入って本格的インフルエンザシーズンに入ったときに再び流行しだすと考えている。専門家達はワクチン未接種の人々は早急にするように呼びかけている。現在はワクチンの入荷が早くなって来ているという。
 専門家は1957年に流行したインフルエンザと同じ経過を辿る可能性を指摘する。春に出現し夏の間小流行を続け、終息に向かう前の初秋、10月末に大流行を起こした。そして翌年1月に再流行した。
 H1N1ウイルスは1月か2月に再流行する可能性が最も高いという。
H1N1 vaccine uptake hits range for seasonal shots - roughly 1 in 3 protected CFTKTV  (カナダ) H1N1ワクチン接種率は、季節性ワクチンとほぼ同じ-約33%
 H1N1ワクチン接種がカナダ国内で開始されてから6週間経過しているが、カナディアン・プレスの分析によると約三分の一の国民が接種した模様。保健省が目的とした接種率には届いていないが、他の国と比較して必ずしも低くはないと、保健省ではコメントしている:スウエーデンは人口の35%を超えているが、米国は人口が3億800万人に対して23%分しかワクチンを入手していない。
H1N1 could boost antibiotic prescriptions, creating more drug resistance The Gazette (Montreal)  (カナダ) H1N1インフルエンザは抗生物質の処方量を増加の可能性、耐性菌の出現が懸念
 冬季間に入ると、インフルエンザシーズンが始まる。現在H1N1インフルエンザ感染者数は減少しているが、未だ多くの感染者は発生している。インフルエンザと類似した症状を呈する髄膜炎や重症溶血性連鎖球菌感染症との鑑別が非常に難しいケースも出てくる。
 発熱、咽頭痛、筋肉痛、下痢、嘔吐等はインフルエンザでも重症細菌感染症でも起こりえる。
 医師は両者を明確に区別することが出来ないため、抗インフルエンザ薬と共に、抗生物質を併用することも多くなる。多くは意味のない抗生物質の投薬となる。結果的にそれは耐性菌の出現につながる。
12月1日

WHO approves Glaxo's swine flu shot Modesto Bee (米国) WHO、グラクソ社のブタインフルワクチンを承認
 WHOはグラクソ社のカナダ工場で製造しているブタインフルエンザワクチンの品質と安全性を確認して、製品として承認した。カナダ工場で製造されるそれらのワクチンは、発展途上国用に先進国が購入してWHOへ提供するものである。
 先月カナダ工場で製造されたブタインフルエンザワクチンの一部の製品が、高率にアナフィラキシーを起こすということで、保健省に使用の中止を求めたいきさつがあった。
Signs of H1N1 flu outbreak on the decline  Denver Post  (米国) H1N1流行が終息へ向かう兆候
 現在のH1N1パンデミックインフルエンザの流行は、4週続いて数種類の流行の指標が下降し続けていることから、ピークを過ぎたと思われる、とCDCは30日発表した。
 これらの指標の下降にも関わらず、流行はまだ、小児を中心とした入院と死者の増加を発生し続けると推定される。
 広範な流行は11月21日までの週で32州で見られているが、前週の43州、一ヶ月前の48州に比較し減少した。
 医療機関を受診したインフルエンザ様症状の患者は受診者数の4.3%であるが、この率は10月の半分である。しかし例年のこの時期では2.3%が平均であることから考えると、未だ多い。
 CDCは少なくとも4000人がブタインフルで死亡したと推定していて、9万8000人が入院し、2200万人が感染したとしている。
 11月21日までの週では、18歳以下の小児で27人のH1N1死亡が確認された。4月以来の小児の死亡総数は234人となった。
 通常のインフルエンザシーズンでは30~40人の小児死亡である。
 CDCでは小児の死亡者のピークはまだ過ぎてないとしているが、理由は報告が来るまで時間的遅れがあることを上げている。時々3~4週の遅れがある。
Vietnamese man dead from bird flu: Health Ministry MSN Malaysia News  (マレーシア) ベトナム男性、鳥インフルで死亡:保健省
 ベトナム保健省は、23歳の男性が数ヶ月ぶりに鳥インフルで死亡したことを30日遅くに発表した。
 男性は北西部のディーンビーン省で11月28日に死亡した。今年度ベトナムで5人目のH5N1鳥インフル死亡者となった。
 ベトナムは先月初めに、6ヶ月ぶりに家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生したことを報告している。
 国の動物保健局によると、ディーンビーン省で10月21日から23日の間に9箇所の農家で、感染した家きんが確認されていた。感染拡大を防ぐために、動物保健局の職員が2200羽の家きんを殺処分した。
Avian influenza - situation in Egypt - update 25  (WHO) 鳥インフルエンザ-エジプトにおける状況-更新25
 エジプト保健省はA/H5N1鳥インフルエンザの新規感染者を確認したことを報告した。
 感染者は3歳の男児で11月21日に発症した。
 男児は22日に入院したが、状態は安定している。感染源は死亡、または病的状況にあった家きんとされる。
 エジプトでこれまで確認された感染者の累積数は89人であるが、そのうち27人が死亡している。
CDC: H1N1 Less Widespread, Down To 32 States WLWT (米国) CDC:H1N1インフルエンザ、広範流行地域は32州に減少
 ブタインフルは流行が下降しているように見えるが、小児の死亡数は30人近くに増えた。30日にCDCが発表した報告による。
 広範に流行している州は11月21日の時点では32州で、前週の43州から大幅に減少した。
 またCDCによると検査室診断された18歳以下の小児の死亡例が27人発生し、この数はパンデミックが発生して以来、1週間の死亡数としては最大となった。
 4月に初めて発生が確認されて以来、米国内における感染者数は2200万人と推定されている。入院数は98000人、死者数は4000人。これらの数値は季節性インフルエンザと類似であるが、小児や若年成人には脅威となっている。
 ブタインフルエンザのパンデミックはこれまで米国に2回の流行を起こした。最初(第1波)は春で、その後(第2波)はより大きな流行で、夏の後半に発生した。10月末には48州が広範な流行を報告した。
 その後、第2波のピークを迎えたように思える。
 現在、広範な流行を報告する州は少なくなり、また休校はゼロとなっている。
 しかしながら現在も、季節性インフルエンザ流行中の最悪の日々と同じように感染者数は多い。
 さらにCDCでは、感染者数の減少傾向は必ずしも最悪の状況を終えたことを意味しないと説明している。
 今後、クリスマス休みから学童が学校に戻ってきてから年末、または新年に再流行する可能性がある、とCDCの広報官は警告している。
 1957年に発生したパンデミック(アジア風邪)の際も、休日後に感染者数の増加を見たと説明し、このアジア風邪の流行パターンが、今回のA/H1N1インフルエンザの流行を予測する上でのモデルとなっているとも説明された。
CDC: H1N1 decreasing nationwide UPI.com  (国際) CDC:H1N1インフルエンザ、国内全体で減少
Swine flu past peak? UpperMichigansSource.com (米国) 
 ミシガン保健局では同州のブタインフル感染者数は、この2,3週間に減少したと発表した。
 しかし、ピークを終えたかは判断は出来ないとされる。
 同州では4月の流行発生以来59人が死亡しているが、49人は9月1日以後である。
 最も最近のデータでは、11月15日から21日の期間にミシガン州では25000人の感染者が報告されている。
 人口は約千万人。
US finds pandemic H1N1 virus in turkey flock Reuters (国際) 米国で七面鳥の群れでパンデミックH1N1ウイルスが感染
 バージニア州の七面鳥養殖場で11月末の検査で5羽の七面鳥からパンデミックインフルエンザH1N1ウイルスが検出された。七面鳥からの検出は先にカナダとチリで報告されている。
 またカリフォルニアでは、数匹のブタ、3匹の家庭猫、フェレット、および1匹のチータからもウイルスが検出された。
 農業省では七面鳥は養殖場の発病した従業員から感染したと説明し、七面鳥の肉を食べても感染はしないと言っている。
Flu Cases Plummet, But Child Deaths Rise Newser (米国) 米国、インフルエンザ患者数急減少、しかし小児での死亡数は増加
 H1N1感染者数は11月に入ってから減少を続けているが、18歳以下の小児の感染率は高く、先週は35人の死亡が報告された。
 インフルエンザ流行は32州で広範に見られているが、前週の43州に比較して減少している。
 流行がいまだ続いていることから、重症肺炎の数も増えている。
 CDCによると、今年度、または新年度にクリスマス休み後に学童が学校に戻って来たとき、再度流行が起きる可能性もあるとコメントしている。
米国インフルエンザ週報46週  米国CDC 米国のインフルエンザA/H1N1感染者数は減少を続ける
 11月15~21日、46週にはインフルエンザ流行を示す多くの指標は減少しているが、いくつかの指標は上昇した。
 州内で著しい流行が続いている州は43から32に減少し、インフルエンザ症状で医療機関を受診する患者の割合も減少した。インフルエンザに関連した入院と死亡数は若干減少している。しかし例年の基準値に比較すると未だ非常に高い。全死亡数の中に占める、肺炎とインフルエンザ(P&I)による死亡率は、8週間連続季節の基準値を超えている。(死亡報告として、肺炎またはインフルエンザとして報告される数はインフルエンザ流行と相関することから、この指数も用いられる)。

 一方小児の死亡者数は46週に35人報告され依然として多い。

 インフルエンザ様症状で受診する患者の割合

During the week of November 15-21, 2009, certain key flu indicators declined while others rose as reported in FluView. The number of states reporting widespread flu activity decreased from 43 to 32 and nationally visits to doctors for influenza-like illness declined. Flu-related hospitalizations and deaths have declined slightly over last week, but are still very high nation-wide compared to what is expected for this time of year. The proportion of deaths attributed to pneumonia and influenza (P&I) was above the epidemic threshold for the eighth consecutive week.


TOP