高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年11月

11月30日


Only 1.3% of Israelis got H1N1 shot; 2 more people with swine flu die Jerusalem Post  (イスラエル) イスラエル、人口の僅か1.3%しかワクチン接種を受けず;さらに2人が死亡
 イスラエル保健省の30日の発表によると、11歳少女と25歳女性がH1N1ウイルスに感染して死亡した。2人とも重篤な慢性疾患を保有していたとされる。イスラエルでの累積死亡者数は62人となった。
 一方、イスラエル首相はH1N1ワクチン730万接種量を発注したが(全国民分)、平均的イスラエル人はワクチン接種に興味を抱いていない。
 最新の疾病管理センターのデータによると、1.3%(9万5772人)の国民しかH1N1ワクチン接種を受けてなくて、その多くは保健医療関係者とされる。ワクチンは既に35万人分用意されている。
GPs want to give swine flu vaccine The Connexion  (フランス) フランス、家庭医もブタインフルワクチン接種への参加を希望
 フランスの2つの医師連合が政府に家庭医が外来でブタインフルワクチンの接種を行い、規定されたワクチン接種場所に市民が並ぶのを少しでも減らしたいと要望した。
 二つの医師の連合は、ワクチン希望者全員にワクチン接種を行うためには、家庭医のクリニックでも行う必要があると主張している。
 現在フランス国内には1000箇所のワクチン接種センターが設けられているが、それらの多くでは接種希望者の妊婦や若年小児が長蛇の列を作っているという。
 次に接種を予定している小学生の順番が来たら、さらに待ち時間が増えると推定されている。
 保健省では軍の医師をも応援に参加させている。
 保健大臣は家庭医の役割は感染者の治療であって、ワクチン接種が優先される業務ではないと語っている。
 前週には70万人前後のインフルエンザ様症状を呈する市民が家庭医を訪れたと報告されている。
 この週末にはタミフル耐性の変異株で2人の患者が死亡している。
Is there a 3rd wave of H1N1 in the cards for this winter? Who knows? Metro Canada  (カナダ) この冬、H1N1インフルの第3波が来る?誰か知っているだろうか?
 第2波は去りつつあるというカナダで、今後再流行(第3波)が起こるかどうかという論議。
 専門家によって見方は違う。
 まだまだ免疫が出来ていない人々がいるから流行が発生することは確実。ただしその流行が小さなものである可能性もあり、また来年の冬になるかも知れない。
 全ての人がワクチンを接種すれば第3波は来ないとの意見も。
Saudi Health Minister: Five Swine Flu Deaths During Hajj HoraCero  サウジ保健大臣:大巡礼で5人の死者が発生
 サウジアラビアの保健大臣は29日、年次大巡礼の間、ブタインフルで5人の死者が発生、73人の感染者が出たと発表した。
 同大臣によると、大巡礼の期間にブタインフルの大流行が発生することが危惧されていたが、それは現実には起きなかったと説明している。
 サウジアラビア当局による予防態勢が効を奏したと理由が上げられ、さらに他の重大な感染症も巡礼者の間に発生しなかったと付け加えられた。
 サウジ保健当局では、WHO等の国際的保健機関の協力の下に、メッカに集まった200万人以上の巡礼者達の監視を続けた。
 手洗いを十分するように伝えるポスター等の配置、多くの場所に消毒液の配置を行った。中にはマスクを着用した巡礼者もいた。
 当局では今年の初めに大巡礼に対する準備を始め、巡礼者の健康に対してビザ発行の前に確認するように各国に伝えていた。
 また、7月には12歳以下の小児と65歳以上の高齢者は、ブタインフルのために本年の大巡礼に参加を許されないだろうと発表した。

 *管理人注:WHO他の専門機関では、大巡礼期間中には感染者が発生しなくても、その帰路と母国へ帰った後に発症する可能性もあり、まだ予断は許されないと判断している。また今回の大巡礼では多くのデータを取っていて、その資料は来年度のサッカー・ワールドカップの開催に際して参考にされる。
Second wave of H1N1 pandemic may have peaked: health officials Windsor Star  (カナダ) カナダ保健当局:H1N1パンデミック第二波はピークを過ぎた可能性
 21世紀初のパンデミック・インフルエンザの第二波はカナダでピークを過ぎた可能性があることが、カナダ国内の流行分析から示された。
 入院患者数、ICU収容患者数、及び死者数は11月21日を最終とする週で減少した。カナダ公衆衛生局が最新のサーベイランス・レポートで発表した。
 採取検体でのウイルス陽性率は34%で、それまでの3週よりも低かった。そしてインフルエンザ様症状で医療機関を受診する人の数は例年に比較して以前として多いが、全てのパンデミック状況を分析する指標は、数値を落とし続けている。
 報告書によると、「推定される流行のピークは、全ての州と地域で到達した」。
 オタワ大学のウイルス学者、アール・ブラウン博士は、流行の低下傾向が続くことを期待していて、「さらなる大流行は起きないだろう」、と語っている。
 冬期間、小発生は起きえることは留意すべきであると、同博士は付け加えている。
11月29日


新型インフル死者、韓国100人突破 感染ペースは鈍化  朝日新聞 
 
More children 'than expected have had swine flu' BBC  (英国) 予想以上の数の小児がブタインフルに無症状感染
 当報道は11月24日のものである。
 ある地域の調査で小児の三分の一近くがブタインフルに感染していた可能性があるが、多くは無症状であったようだ。最近の分析で明らかになった。
 英国HPA(健康保護局)は、小児におけるブタインフル抗体保有状況の検査結果を公表した。その結果によると予想されていた以上に、小児のウイルス感染率は高かった。
 感染流行のホットスポットであるロンドンやウエスト・ミドランドでは、抗体検査の結果、学童の三分の一がウイルス感染を既に受けているが、実際に症状があったのは集団の十分の一足らずのようだ。
 英国全体では多分、五分の一の学童が感染したと推定される、とHPAでは説明している。
 これらの数値は、パンデミックは病原性の低いインフルエンザウイルス株で発生していることを、改めて強調している。

 季節性にしろパンデミック(新型)にしろ、実際の発病者以上の数がウイルス感染している。
 その率は季節性インフルエンザの場合、1:1であるが、一般的パンデミックインフルエンザでも、ほぼ同じであるはずとHPAでは説明している。
 HPAは流行中のブタインフルエンザに感染した個人の示す兆候を調べる目的で、対象とした集団の血液検査を行ってきた。
 その結果、インフルエンZナA/H1N1は、小児における無症状感染が多いことが明らかになった。実際に症状を出した数の3~5倍の小児がウイルス感染していた。
 この事実はこれまで100万人が感染したという数値は、過小評価されているものであることを示している。(実際にはその数倍がウイルス感染していると推定・管理人)。
5~14歳は半数感染か=新型インフル、高齢者は1%未満 時事通信 
 新型インフルエンザに感染した人の割合が、5~14歳では約50%に上る計算になることが、国立感染症研究所(感染研)が算定した推計患者数などから分かった。厚生労働省は「学校で集団生活を送る年代で、感染機会が多いためではないか」としている。
 感染研は全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者数から全患者数を推計しており、22日までの累計患者数は推定1075万人。大半が新型インフルエンザとみられ、内訳は0~4歳が95万人、5~9歳が285万人、10~14歳が309万人、15~19歳が168万人。全体の約80%を20歳未満が占め、5~14歳が特に多い。
 一方、総務省の6月現在の人口推計では、5~9歳の人口は572万人、10~14歳は597万人。単純計算すれば、5~14歳では全体の約50%が感染し、病院で受診したことになる。感染率は0~4歳で17.6%、15~19歳も27.6%と高いが、20~40代では2~5%台。50代以上は1%に満たない。全年代では8.4%。
Crowded hajj ritual of stoning the devil presents highest risk of H1N1 spread  Edmonton Sun  (カナダ) 大巡礼に参加した群衆の群れの間でH1N1インフルの拡大の危険性が高まる
 これまでの5日間にわずか60人のH1N1感染者しか確認されていないが、大巡礼が終了し、巡礼者達が母国へ戻り、ウイルスが拡大してゆく危険性を専門家達は危惧している。
 大群衆はマスクも無しに密接に接触し、鼻水をすすったり、咳をする人々も目立った。
 この300万人近い大集団におけるH1N1インフルの拡大結果は、WHOや米国他の専門家も関心を抱いているが、得られるデータは、2010年に行われるサッカーのワールドカップ対策に役立てられる。
France calls in army to meet demand for swine flu jab  Independent (英国) フランス、ワクチン接種に軍の医療関係者の応援を求める
 過去10日間で30人のH1N1死者が出たフランスでは、ワクチン接種希望者が急増している。パリ市内でワクチンの集団接種が始まったのは11月12日だったが、先週から希望者が急増しだしたと内務省が発表している。
 パリ市内には12箇所の接種場所があるが、当初は日に1000人の希望者であったが、現在は4000人に急増していると、パリ警察では発表している。警察では来週中頃までに担当する職員数を大幅に増やす予定という。
 接種担当スタッフに軍の医療専門家を要請するほかに、医学生や企業内クリニックの医師にも応援を頼む予定となっている。
No lines for H1N1 vaccine in Montreal Canada.com (カナダ) モントリオール、H1N1ワクチン接種に希望者はまばら
 28日、希望者への制限のないワクチン接種が始められたが、モントリオール市内の各ワクチン接種場所では、希望者の列が出来ることはなく、全員、45分以内に接種を終えていた。
 制限のないワクチン接種は25日から始められたが、ウイークデーであったため、希望して接種箇所へ来る市民は少なかったが、28日は土曜日であったが、それでも期待するほどの市民は集まっていなかった。
 これまでケベック州では250万人(人口の33%)がワクチン接種を受けたと考えられるが、クリスマスまでには目的の75%の州民の接種を行いたいと当局では考えている。アンケート調査で25%の州民が接種をしないと答えているからだ。
11月28日

Saudi Arabia says pilgrim dies from H1N1 virus Reuters  (国際) サウジアラビア、メッカの巡礼者でさらに1人がH1N1ウイルスで死亡と発表
 サウジアラビア政府は28日、メッカの大巡礼で70歳のパキスタン人が死亡したと発表した。
 大巡礼は25日に始まっている。
 世界中から300万人近くのイスラム教徒が集まっているが、この大集会を契機にパンデミックの新たな波が発生することを専門家達は危惧している。
China urges intensified supervision on A/H1N1 flu in animals People's Daily Online  (中国) 中国、動物におけるA/H1N1インフルエンザの監視の強化が必要と
 中国農業省は、病的になった犬の検体からA/H1N1ウイルスが検出されたことから、動物におけるインフルエンザの監視とウイルス分析の強化を求めた。
 中国農業大学獣医学部が病的になった犬の検体52のうち2検体からヒトA/H1N1インフルエンザウイルスを検出したと、27日遅くに農業省が発表した。
 ウイルスの分析では、遺伝子が人で流行しているA/H1N1ウイルスと99%一致したという。
 農業省は、地方の当局に対して、動物におけるA/H1N1インフルエンザの監視とウイルス分析、およびその変異等の調査を強化するように求めた。
Pandemic (H1N1) 2009 - update 76  (WHO) WHO状況更新76 27 November 2009
 カナダでは感染者数の減少。米国では全ての州でウイルスの活動性が低下。
 カリブ海諸国では流行がピークを過ぎていいる。
 ヨーロッパでは、いくつかの国で流行はピークに達したと考えられる:ベルギー、ブルガリア、ベラルーシ、アイルランド、ルクセンブルグ、ノルウエー、セルビア、ウクライナ、アイスランド他。
 熱帯地域では感染者数の減少ないし、不変な状況が続いているが、概して発生数は少ない。
 南半球では流行は見られていない。
 東アジアでは、流行は続いている。モンゴルでは大流行が見られてきたが、既にピークを終えている。
 日本では流行は拡大しているが、人口の多い都会では徐々に感染者数は減少に転じている。
 インドとネパール、スリランカではインフルエンザ様患者数は増加している。
Swine flu mutations spreading in Europe - WHO Inquirer.net ブタインフルエンザウイルスの変異株がヨーロッパで拡大:WHO
 AFP

 ノールウエーで検出されていたH1N1ウイルスの変異株で2人がフランスで死亡した。政府の健康監視機構((InVS)が発表した。
 発表内容によると、変異によりウイルスが、より肺の奥で増殖しやすくなる可能性がある、また1人から分離されたウイルスはタミフルにも耐性になっていた、とされる。
 タミフル耐性株はフランスでは初めての分離となった。
 またワクチンが有効であることには変わりはないとも説明している。

 他にノルウエーでの変異書株分離事例、英国でのタミフル変異株による院内集団感染事例などに対するWHOの見解を詳細。
 WHOでは調査中であるが、色々な変異株が登場する可能性はあるが、現在、それが重大な影響を及ぼしているとは考えていない。
1000 H1N1 deaths in a week Straits Times (シンガポール) 1週間で1000人がH1N1で死亡:WHO
 AFP

 先週、H1N1死亡者数は急増したが、WHOは27日、部分的に北半球では流行はピークに達したと発表した。
 先週WHOに報告された死亡者数は1000人を超えた。世界での死者数は少なくとも7826人に達した。
 報告された死者数はアメリカ大陸で、先週まで4806人であったが、今週は5360人となった。
 しかしヨーロッパでは、いくつかの国で流行はピークに達したと考えられる:ベルギー、ブルガリア、ベラルーシ、アイルランド、ルクセンブルグ、ノルウエー、セルビア、ウクライナ、アイスランド他。
Ministry of Health: swine flu situation turned out to be unexpected 56 Charter 97 (ベラルーシ) 保健省:ブタインフルエンザの状況は予想外の流行に
 ベラルーシで急性ウイルス性呼吸器感染症(ARVI)とインフルエンザに150万人が罹患したと副保健大臣が国民会議で発表した。
 「ほとんどの患者はウイルス感染症で、感染率は150万以上で、ほとんどはウイルス感染症である。H1N1ウイルスを含めてインフルエンザはそのうち2.6%を占める」、とInterfaxが大臣の発表を伝えた。
カナダ保健局週報46週(11月15日~21日)
 ・カナダ国内におけるインフルエンザ流行程度は、今週の報告では先週に比較し減少した。インフルエンザ流行程度を評価する全ての指数は46週の間に減少した。
 ・推定される流行のピークは全州と地区で到達した。
 ・流行しているインフルエンザAのほぼ全てはパンデミック(H1N1)2009株である。
 ・流行の強さは未だ高く、46週に1554人の入院と、249人のICU入院、及び61人の死亡者が報告された。8月30日から11月21日までの間に、5507人が入院し、819人(14.9%)がICUに収容されている。そして203人が死亡した。
 ・今週、入院者数とICU収容者数が減少しているが、8月末からの第二波で両数値は、第一波を越えている。
 ・全入院者の中に占める重症例(ICU収容者数と死亡者数)は、第二波の方が少なくなっている。

 1000人の外来患者に占めるインフルエンザ様症状の患者の率
 縦棒は例年のデータ(平均+-2SD)


 集団発生の数。 緑:学校、赤:病院

11月27日

新型インフル、同じ病室の子2人から耐性ウイルス 新潟  朝日新聞 
 
WHO donates 9 million flu shots to Philippines MANILA (フィリピン) WHO、フィリピンへ900万接種量のワクチンを提供
 WHOは26日、フィリピンへ900万接種量のH1N1ワクチンを提供することを表明した。
 今年度中に少なくとも120万接種量が提供され、約40万人の保健医療担当者に接種される。WHO事務局長のマーガレット・チャンがマニラの記者会見で語った。
 「ワクチンは安全だ」、と事務局長は語り、発生率は予想された範囲内であると付け加えた。
 しかしフィリピン当局は、ワクチン接種後の副作用の発現を厳重にフォローしなければならないとも、チャン事務局長は語っている。
 チャン事務局長によるとWHOは、途上国や貧しい国に対して人口の10%分のワクチンを提供する予定としている。ワクチンは先進諸国から提供され備蓄しているものが使われる。
 フィリピンは、本年5月から10月まで5500人近い感染者と33人の死亡者を確認している。
Sharp increase in swine flu deaths in France Reuters (国際) フランスでブタインフル死者数が急増
 フランスのH1N1ブタインフル死者数が先週急増した。
 11月22日の時点で死者数は68人となったが、そのうち22人が最新週に発生した。
 累計患者数1000万人超  読売新聞
 国立感染症研究所は27日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(16~22日)の新たな報告患者数は定点あたり38・89人で、前週より3・74人増となったと発表した。
 実際の受診患者数の推計は、前週より約9万人多い約173万人。ほとんどが新型になった7月上旬以降の累計は約1075万人で、1000万人を超えた。
 都道府県別で定点あたりの患者数が多いのは、大分77・21、福井71・25、石川65・02、山口64・31など。東京、愛知、大阪、兵庫などは減少傾向だが、北陸、中四国、九州などで流行の拡大が目立っている。
Swine flu putting more kids in hospital  Calgary Herald  (カナダ) カナダ、ブタインフルで小児の入院患者数が増加
 カナダの小児病院、例年の3~4倍の小児のインフルエンザ患者が入院。
Saudi authorities deal with Hajj, floods and swine flu Amsterdam News.Net (オランダ) サウジアラビア政府、大巡礼、水害、およびブタインフルエンザ対応で大わらわ
 大巡礼で、水害で48人が死亡。ブタインフル感染者60人、死者は4人。

Manitoba sees big jump in confirmed number of swine flu cases Metro Canada  (カナダ) マニトバ州、ブタインフル感染確認者数が増加
 マニトバ州はブタインフルエンザの確認例が急上昇したと保健当局では発表した。
 前週700人が確認され、同州の累積感染者数は1200人となった。
 半数は18歳以下の年齢層である。
 しかし、感染者数が増加したが、重症患者数は少ない。
 前週にICUに入院した患者は1例に過ぎない。
 これまで32万3000人の州民がワクチンを受けた。人口は118万人。
英国、週報更新 (英国健康保護庁HPA)
 47週データ
 英国(イングランド)における感染者数はほとんど変化ない。
 定点クリニックを受診するインフルエンザ患者の割合。対人口10万人。
 
11月26日


インフルエンザ:休校や学級閉鎖 前週より9%減  毎日新聞
 厚生労働省は26日、インフルエンザの流行による学校(保育所、幼稚園、小中高校)の15~21日の休校と学年・学級閉鎖数が1万5682校で、前週(8~14日)より約9%減ったと発表した。祝日を含まない週で、前週を下回ったのは、新学期が始まった9月以降初めて。厚労省は「都道府県によって増減があり、全体のピークがいつになるかは不明」としている。
 また厚労省は、新型インフルエンザワクチンについて、24日までに最大594万本が接種され、因果関係不明も含む副作用報告は0.02%の989件あったと明らかにした。死亡報告は26件、入院相当の重篤例は93件あり、10~24日の2週間で、神経障害の「ギラン・バレー症候群」の疑いも2例報告された。
ワクチン接種の男児が脳症 副作用報告、既に回復 東京新聞
 厚生労働省は26日、国産の新型インフルエンザワクチンに関する副作用報告で、10歳未満の男児3人が報告されたと発表した。このうち1人は急性脳症で入院中だが、既に回復しているという。
 厚労省は「優先対象の接種が進むにつれ、小児の報告が集まってきている。脳症や脳炎は季節性ワクチンでも例年数件の報告があり、特別に危険なことが起きているわけではない」としている。
 3人のほかには、10代や成人計24人が新たに報告された。
 厚労省によると、入院中の男児は接種の翌朝に40度の発熱があり、けいれんを繰り返したため急性脳症と診断された。基礎疾患(持病)はなかった。接種との因果関係は「否定できない」としている。ほかの2人はけいれんや発熱などの症状を示したが、いずれも間もなく回復したという。
China expert warns of pandemic flu mutation Reuters (国際) 中国の専門家、パンデミックインフルエンザの変異を警告
 中国は、国内で致死的ウイルスであるH5N1鳥インフルエンザウイルスが土着しているから、H1N1ウイルスの動態や変異について十分警戒する必要があると、中国の著明な専門家が警告した。
 ゾング・ナンシャン博士、広東省の広州市呼吸器疾患センター長、は中国におけるH5N1とH1N1ウイルス両者の存在は、ウイルスが交雑して極めて危険なインフルエンザウイルスが誕生する危険性があるという。(同博士はSARSの際に発生が報告されていないことを指摘した研究者で、国内では尊敬された存在)。
 「中国は他の国とは違って、H5N1ウイルスが国内に存在している。それ故H1N1ウイルス遺伝子と再集合を起こすと、大惨事に発展する可能性がある」
 同博士は、そうした理由でH1N1インフルエンザの正確な死亡者数を報告しなければならないと説明する。同博士は先週、中国におけるH1N1死者数は信頼できる数ではないと語っている。
 WHOは24日、H5N1はエジプト、インドネシア、タイ、およびベトナムの家きんで感染しだしていて、再び人に対する危険性が高まっていると発表した。
 「まず、鳥との接触でH5N1ウイルスに感染し、続いて他の感染したウイルスとの間で遺伝子の再集合が起こり、完全に新しいウイルスが誕生する」、WHOはそのように警告している。
Severe allergic reaction seen after H1N1 flu shot  Globe and Mail  (国際) カナダ、H1N1インフルエンザアクチン接種により重症アレルギー反応が発生

 カナダで、1人の死者を含む24人の重症アレルギー反応がH1N1パンデミックワクチン接種後に見られている。
 しかし保健当局では、25日、出現アナフィラキシーの頻度は、10万回接種で0.32事例に過ぎないと強調した。
 アナフィラキシーは重症なアレルギー反応で、呼吸障害、口唇、眼瞼、咽頭、及び舌等の腫脹、及び血圧低下を起こし、生命に重大な影響を及ぼす。
 「ワクチン接種の過程で副作用発現を監視し続けているが、その数、または発現頻度は日々変化するが、最終的には安全性が確認される。我々は自信を持っている」、とカナダの主任公衆衛生政務官であるデービッド・ブトラー-ジョンズ氏が語っている。
 全てのワクチンはアナフィラキシーを起こす可能性はあるが、率は非常に低いものである。副作用の大多数は注射局所の疼痛等、軽度のものである。
 ワクチンを接種して死亡した高齢者は、他の健康問題を保有していた。そのため当局ではワクチン接種との因果関係を調査している。
 連邦政府の当局者は25日、国内でインフルエンザ流行がいくつかの地域で下降しているとコメントした:ブリチシュ・コロンビア州他。しかし未だインフルエンザの流行程度は、通年のこの時期に比較すると7倍高い。
 大雑把に計算すると、カナダ人の10%は感染し、他の25%がワクチンの接種を受けた。このことは未だ65%の国民が感染する可能性があることを意味している。そのように主任政務官は説明している。
 多くの専門家はウイルス流行の第2波はピークに達していると考えているが、第三波の発生、または来秋の再流行を懸念する意見もある。すでに1500万接種量のワクチンが国内に配布されている。
 「クリスマスには多くの贈り物が手渡される、同時にウイルスも感染する機会が増える」、とブトラー-ジョンズ医師は警告している。
 同医師は、より多くの人々がワクチン接種をするならば、ウイルスは感染拡大することが出来なくなると語っている。
 ”The more that are immunized, the harder it is for this virus to spread.”



Stay Healthy this Thanksgiving KBND  (米国) 感謝祭では感染に注意を!
 感謝祭中にH1N1感染が広がることを当局は懸念。

Islam's hajj: rain and fears of swine flu Maximum Edge  (国際) イスラムの大巡礼:アメとブタインフルの不安の中で開始
 メッカでの大巡礼が始まったが、白い服装の上に傘とマスクの人々が目立った。
Swine flu linked to serious respiratory disease Los Angeles Times (米国) ブタインフルエンザは重症呼吸器疾患を引き起こす
 連邦保健当局では25日、パンデミックインフルエンザに重症な肺炎球菌性肺炎が合併することを警告した。
 通常の季節性インフルエンザに合併することはよく知られているが、今年は頻度が高く、高齢者よりも若い世代で発生しているという。CDCの国立免疫および呼吸器疾患センターのアン・シュチャット長官が語った。
 米国内の大学では11月第2週に感染者数の37%減少を発表し、前週の27%に続いた。これらの大学のデータではピークは明らかに過ぎ去っている。
ワクチン接種後に死亡、副作用か カナダで、日本も購入契約  神戸新聞
 カナダ保健当局者は25日、英製薬会社グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンを接種後、アレルギー症状の一種で呼吸困難や血圧低下に陥る副作用のアナフィラキシーが出たケースが24例あり、うち1人が死亡したと明らかにした。
 死亡したのは80代の男性で、基礎疾患(持病)があったといい、保健当局は、現時点ではワクチン接種と死亡の因果関係は不明としている。
 日本の厚生労働省も同じワクチンを2回接種で3700万人分購入する契約を結んでいる。
CDC: Swine flu vaccine safe; no big problems seen WZVN-TV - (米国) CDC:ブタインフルワクチンは安全、大きな問題は起きていない
 米国保健当局は25日、ブタインフルワクチンが重症な副作用をもたらしているという事実はないと、新ワクチンの安全性に関する最初の報告を行った。
 10月初旬からワクチンは接種されはじめたが、政府はその安全性に関して追跡調査をしていきた。11月中旬までに、約2200万人が接種されている。その中で副作用疑いの事例が3200件報告されているが、大多数は接種後の疼痛や腫脹等の軽いものである。
 これまでギラン・バレー症候群は10例で認められている。しかし同症候群はそれ自体、通常、週に80~160例ほど米国で発生している。
 情報は随意的に集められていて、それは医師や患者が閲覧できる。それによるとブタインフルワクチン接種により177人に重症と判断される副作用が起きていて、11人の死亡が確認されている。死亡の原因がワクチン接種が直接的原因とは確認されていない。
US sees rise in secondary infections after flu WBFO (米国) 米国、インフルエンザ後の二次感染の増加を認める
Australia's Winter with the 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) Virus  New England Journal of Medicine (subscription) オーストラリアの冬期間に流行したデミックインフルエンザA(H1N1)
Genetic mutation of A/H1N1 flu found on mainland Xinhua  (中国、新華社) 中国でA/H1N1の遺伝子変異型ウイルスが検出
11月25日

ワクチン接種後、新型で死亡 国内初、鹿児島の看護師 中日新聞 
 鹿児島県は25日、新型インフルエンザに感染した同県内の30代の女性看護師が、同日未明に死亡したと発表した。看護師は10月下旬、医療従事者として新型インフルエンザワクチンの優先接種を勤務先の病院で受けていた。厚生労働省によると、ワクチン接種後に新型に感染して死亡した国内初のケース。
 県によると、死因はインフルエンザ脳症。看護師は今月21日に高熱とせきのため受診、簡易検査で陽性だったため治療薬タミフルを処方されたが、症状が悪化し22日に入院。24日に遺伝子検査で新型と確認された。
 看護師には脳動脈瘤と甲状腺機能低下症の基礎疾患(持病)があった。
 県によると、看護師の同僚や家族、病院で担当していた患者らに症状が出ている人はいないという。
 厚労省は今回のケースについて「ワクチンを接種していても、新型に感染して死亡する可能性はある。ただ、重症化する確率を下げることはできると考えており、接種の重要性が減るわけではない」としている。
Batch of swine flu vaccines studied in Canada Washington Post  (米国) カナダ、ブタインフルワクチンの1製造ロットが検査の対象に
 24日、製薬メーカーのグラクソスミスクライン社は、ブタインフルワクチンの17万接種量が含まれる1製造ロットを使用しないようにカナダの医師が忠告を受け、カナダ当局は当該ロットで発生したアレルギー反応報告を検査していると発表した。
 当局はアレルギー反応を含む全ての副作用を継続的に監視している。

 グラクソ社の広報官は、同社は先週カナダの医療担当者に、強いアレルギー反応が起きている可能性のある1製造ロットの使用を控えるように忠告したことを発表した。
 「1ロットでアナフィラキシーの発生率が少し高いことが確認された」、と広報官は説明した。アナフィラキシーとはアレルギー・ショックの中で、生命に危険を及ぼすものである。
 カナダ保健省の広報官によると6人がアレルギー反応を起こした。使用製造ロットには17万回接種量が含まれている。そのうちどれだけの量が接種されたか明らかにはされてないが、広報官による大多数が使用されたようだ。
 グラクソ社はこれまでに、カナダに750万接種量のワクチンを配布している。
 WHOのワクチン担当責任者のMarie Paule Kienyは、23日、カナダで発生したアナフィラキシー・ショックの発生率は、通常よりも少し高いが、まだ数としては少数である、とコメントした。そしてカナダ保健省がワクチンの内容について、問題があるかどうか調査中であると付け加えた。
 さらにMarie Paule Kienyは、問題は1製造ロットに限られており、他のロットに関して副作用が高率に発生している事実はないと語っている。
 グラクソ社の広報官は、同社はカナダでの調査は問題のあった製造ロットに関してだけであると語った。世界中に配布されているワクチンは、今回の問題の影響を受けないとされる。
Eight more county deaths linked to H1N1 La Jolla Light  (米国) カリフォルニア、サンジエゴ郡、さらに8人がH1N1感染後に死亡
 44歳、46歳、47歳、67歳、男性。35歳、41歳、42歳、48歳、女性。
 1人を除いて全員基礎的疾患を保有していた。
 同郡でのH1N1関連死者数は45人となった。
Four more H1N1 deaths in BC Global BC (カナダ) ブリティシュ・コロンビア州で4人死亡
 同州での累積死者数は34人となった。
 一方、11月17日以来、109人の重症患者が発生している。
 人口は430万人。
Numbers of kids hospitalized for H1N1 already top those of typical flu seasons Metro Canada (カナダ) H1N1感染で入院する小児の数は、季節性インフルエンザシーズンのそれを超える
 カナダ小児科学会では、国内の小児センターに入院するH1N1患者数は、通常の季節性インフルエンザシーズンにおけるインフルエンザ入院数を超えたと発表した。
11月24日

More children 'than expected have had swine flu' BBC  (英国) 予想以上の数の小児がブタインフルに無症状感染
 ある地域の調査で小児の三分の一近くがブタインフルに感染していた可能性があるが、多くは無症状であったようだ。最近の分析で明らかになった。
 英国HPA(健康保護局)は、小児におけるブタインフル抗体保有状況の検査結果を公表した。その結果によると予想されていた以上に、小児のウイルス感染率は高かった。
 感染流行のホットスポットであるロンドンやウエスト・ミドランドでは、抗体検査の結果、学童の三分の一がウイルス感染を既に受けているが、実際に症状があったのは集団の十分の一足らずのようだ。
 英国全体では多分、五分の一の学童が感染したと推定される、とHPAでは説明している。
 これらの数値は、パンデミックは病原性の低いインフルエンザウイルス株で発生していることを、改めて強調している。

 季節性にしろパンデミック(新型)にしろ、実際の発病者以上の数がウイルス感染している。
 その率は季節性インフルエンザの場合、1:1であるが、一般的パンデミックインフルエンザでも、ほぼ同じであるはずとHPAでは説明している。
 HPAは流行中のブタインフルエンザに感染した個人の示す兆候を調べる目的で、対象とした集団の血液検査を行ってきた。
 その結果、インフルエンZナA/H1N1は、小児における無症状感染が多いことが明らかになった。実際に症状を出した数の3~5倍の小児がウイルス感染していた。
 この事実はこれまで100万人が感染したという数値は、過小評価されているものであることを示している。(実際にはその数倍がウイルス感染していると推定・管理人)。
WHO probing spread of drug-resistant swine flu  Reuters (国際) WHOは薬剤耐性ブタインフルエンザの拡大している可能性を探索している
 WHOは英国内で薬剤耐性の豚インフルエンザ株が広がっている可能性についての報告に注目している。
 英国健康管理局はウェールズでオセルタミビル耐性H1N1、5例が確定していることを伝えた。
 ジュネーブのWHO広報官のThomas Abraham氏は「報告を受け止め、我々は注目している」と話した。
 WHOは以前にオセルタミビル耐性のパンデミックウィルスについて報告しているが、それらは極めて稀である、と話していた。
 これは耐性ウィルスが人から人へ伝播する形になっているか否か、という質問に彼は「私が知る限りではその可能性があるということであり、まだ結論付けられる証拠はない」と回答している。
 ブタとトリとヒトから混合してできたウィルスであるH1N1はWHOの公式発表では世界的に6770人の死者を出している。多くの感染者は発熱による軽い症状を呈し、特別な治療せずに回復している。

重要な問題

 WHOは一番最近にノルウェイで発見されたH1N1変異株がその感染者に重篤な症状をもたらしたものかどうか探索している。先週の20日金曜日、ノルウェイの保健省はこの変異がウィルスの呼吸器システム深部に到達し、より重篤な病状を引き起こす能力を得た可能性があることを話している。
 「我々は重要な問題に注目している」とThomas Abraham氏は話す。
 「もし事実、重篤なケースが変異株に関連しているのであれば、我々はそのことを本当に知る必要がある。これはシグナルかもしれない。我々は調査する必要がある。ただし、現時点ではいくつかのケースにおいて特別な関連を示した証拠がない。」
 類似した変異したH1N1ウィルスは4月からいくつかの国で見られた後に、ノルウェイで4例の変異ウィルスが発見されている。変異株が発見された国々はブラジル、中国、日本、メキシコ、ウクライナとアメリカである。
 「我々が今まで見ている中では、(変異株により)重症化しているケースと重症化していないケースは大体同数である」とThomas Abraham氏は話す。
 WHOは6人が重篤なアレルギー反応を示したため、カナダのいくつかの州でH1N1インフルエンザワクチンのあるロットを使用を中止した件について、カナダ保健省からの更なる詳細を待っている。
 カナダ保健省と薬剤メーカーであるグラクソスミスクラインは月曜日にカナダの半分以上の13州に対して17万2千本分のワクチン使用を中止することを要請した。
 少なくとも様々な会社で製造された6500万本分のH1N1ワクチンはすでに世界中で接種されている。このようにタイプの異なるワクチンが今回のような重篤な副作用が起こる場合もある、ともThomas Abraham氏は話す。SK

H1N1 Cases Declining In Hospitals Across US Voice of America (米国) 全米でH1N1感染者の病院受診数減少に
 米国でブタインフルの流行がピークを超えた可能性がある。いくつかの都市の医師達からのH1N1感染者の報告数が減っている。ピークを超えたのではないかと憶測する医師達が多い。
 テキサスの小児病院ではピーク時には患者診察用のテントが病院外に張られたが、現在は撤去され、また患者数も減少した。

 インフルエザ専門家によると、春に大流行した地域では現在感染者数は少ないという。また休校の数も少ないとされる。
 それは集団免疫が獲得されたためと説明する専門家もいる。
Avian influenza - situation in Egypt - update 24 WHO WHO:鳥インフルエンザエジプト状況 11月20日更新
 エジプト保健省はH5N1鳥インフルエンザの人への感染例を新たに1件確認したと発表した。
 感染したのは21歳男性、アレキサンドリア県Sedy Beshir地区在住。11月11日に発症し、Maamoura Chest病院に15日入院し、タミフルによる治療を受けた。容体は安定している。
 感染源調査によれば感染男性は死亡あるいは病気の家禽との濃厚接触があったと示唆されており、病気の鳥の殺処分にかかわっていたということだ。エジプト中央公衆衛生研究所で検査が行われた。これまでにエジプトでは88名の感染者が確認されており、27名が死亡している。
Scientist Repeats Swine Flu Lab-Escape Claim in Published Study Bloomberg (米国) 研究者、ブタインフルウイルスが実験室から漏れ出た可能性を論文に
 5月にブタインフルエンザウイルスは、実験室から漏れ出たウイルスである可能性を指摘したウイルス学者のアロリアン・ギブスが本日論文を発表し、以前よりも議論を深めた。
 4月に見つかったブタインフルエンザウイルスは、3大陸からの3ウイルス株の遺伝子の再集合した産物である可能性があり、それは実験室またはワクチンメーカーの研究室から漏れ出た可能性を指摘したギブスと共同研究者達は、ウイルス学雑誌”Virology Journal”に論文を掲載した。論文はオンラインで読むことが出来る。
 6ヶ月前にギブスはWHOに彼の仮説について討議するように提案したが、その3ページに亘る初期の論文をWHOと他の機関の専門家は吟味したが、結果的にA/H1N1ウイルスは自然に発生したものであると結論していた。
 発表論文
 ギブスと共同研究者のアームストロングは、キャンベラのオーストラリア国立大学の名誉教授である。
WHO warns of resurgence of avian flu virus Earthtimes  (国際) WHO、鳥インフルの再流行を警戒
 WHO西太平洋地域事務所長官が談話。
 家きんにおけるH5N1鳥インフルエンザが、エジプト、インドネシア、タイ及びベトナムで発生していることから、人への感染拡大と、H1N1ウイルスとの遺伝子再集合を懸念する談話。
City cancels H1N1 clinics; turnout less than expected  Anchorage Daily News (米国) H1N1ワクチン、希望者数が少ないために接種スケジュールを変更アンカレジ
 優先者に対するH1N1ワクチン接種が開始されたが、予想されただけの接種希望者がいないために、市内における接種日の回数を減らした。一般市民に対するワクチン接種を減らす代わりに、医療関係と薬局関係の対象者数を増やして行われる。
【新型インフル】「ピークは過ぎた」…対応段階の調整を検討 中央日報
 (韓国の)保健福祉家族部の全在姫(チョン・ジェヒ)長官は23日、日本・東京で開かれた韓日中保健相会合に出席し、「新型インフルエンザの流行は11月上旬・中旬にピークが過ぎたと見ている」と述べた。全長官が新型インフルエンザ流行のピーク通過に言及したのは初めて。
Could holiday travel increase swine flu cases? Atlanta Journal Constitution (米国) 感謝祭での旅行者の増加は、ブタインフルの拡大を起こすだろうか?
 今週から始まる感謝祭で多くの人々が国内を行き交う。
 国内のブタインフル感染者数は減少しだしているが、CDCではこの感謝祭で再度患者数が増加することを懸念している。

Saudi Arabia seeks to curb flu and stop protest at haj Focus News  (米国) サウジアラビア、メッカの大巡礼でインフルエンザの拡大を恐れる
 今週200万人以上の巡礼者がイスラムの聖都メッカに集まる。サウジアラビア政府はブタインフルエンザの拡大を恐れ、対策の強化を図る。
169 new A/H1N1 flu fatal cases confirmed in Europe  Xinhua  (中国) ヨーロッパ、新規169例のA/H1N1感染者が確認
 ヨーロッパ保健当局は23日、この1週間に169人のA/H1N1死亡者を確認した。
 新規死亡者のうち、31人は英国、27人はスペイン、26人はイタリア、25人はフランス、14人はドイツで、残りは他の16ヶ国とされる。ヨーロッパCDCが報告書で伝えた。
 死亡者の累積数は、EUおよびEFTA(ヨーロッパ自由貿易連合)で、501人から670人に増えたが、その内訳は英国が216人、スペインが115人、フランスが84人、イタリアが70人となっている。
 これまでのほとんどの死者は西ヨーロッパであるが、中央および東ヨーロッパでからの死者の報告数も増えている。
Mexico gets shipment of 865000 swine flu vaccines Boston Herald  (米国) メキシコ、86万5000接種量のワクチンを入手
 発注していた最初のワクチンがメキシコに届いた。医療関係者と妊婦に接種される。本年末までに700万接種量が届く予定となっている。同国では3000万接種量を最終的に購入する予定という。人口は1億人を超える。
 メキシコでは6万4300人の感染者と573人の死者が報告されている。
US doctors cautiously try lung bypass machine for sickest swine flu patients Metro Canada  米国の医師、ブタインフル重症者に人工肺(ECMO)の使用を考慮
 オーストラリアで多くの成功例があった、重症患者に対する人工肺(ECMO)の使用を、米国の医師達は考慮している。レスピレーターで酸素を高圧で送っても肺の機能が回復しない場合、体外に血液を取りだし、人工肺(ECMO)でガス交換を行う。
 米国でもECMOを用いて回復した患者もいる。
11月23日


Swine Flu Vaccine Linked to Severe Allergic Reactions in Canada Lawyers and Settlements (カナダ) カナダ、ブタインフルワクチンで重症アレルギー副作用が発現
 グラクソスミスクライン社はカナダ政府に、同社のH1N1ワクチンの一部のロットを重症アレルギー反応を起こす可能性があることから回収するように依頼した。このロットは10月末に出荷されたもので、約17万接種量である。
 「グラクソスミスクライン社は、カナダ保健省に一部のロットで、通常のロットで見られる以上のアナフィラキシー反応が出ているとの報告が相次いだことから、対象のロットの回収という安全措置をとった。”、と同社は配付資料で説明した。
 マニトバ保健局によると、重症のアレルギー反応が2万人に1人で発生した。しかしながら一般的発生率は10万人に1人とされているから、5倍の発生率となっている。
 11月19日に発表されたカナディアン・プレスの論説では、反応は短時間で消失し、永久的障害を残す例はないとされる。11月20日のCTVニュースによると、カナダではこれまで660万人にワクチンが投与され、36件の重症副作用が報告されている。ほとんどはアレルギー反応で、接種後直ぐに発現している。
 しかしながら1人でワクチン接種後にアナフィラキシー反応で死亡しているとの情報もあるが、当局では今のところ死因を特定していない。
英社製ワクチンで副作用、使用中止要請 新型インフル 朝日新聞 

ワクチン17万本、使用中止に=新型インフルで副作用-カナダ 時事通信
 カナダの衛生当局は22日までに、英医薬品大手グラクソ・スミスクラインが製造した新型インフルエンザのワクチン17万回分の使用を中止することを決めた。CTVなどカナダの複数のメディアが伝えた。接種後に通常よりも高い比率で重いアレルギー反応が発生したためで、グラクソ側が、原因を調査するため暫定的に使用を控えるよう当局に要請した。
 報道によると、カナダ中部のマニトバ州で、グラクソ製の一定量のワクチンについて、通常1~2例にとどまる重い副作用が6例発生した。同州の衛生当局は、副作用の具体的な症状を明らかにしていないが、症状はいずれも短時間で治まり、すべての患者が既に回復したという。
Swine flu: first death reported following vaccine  Telegraph.co.uk  (英国) ブタインフルエンザ:ワクチン接種後初の死者
 英国で900万人にブタインフルエンザワクチンが接種。1300人で副作用と疑われた反応が見られ、1人の死亡者が出た。
 死者の詳細に関しては伝えられていないが、重大な基礎疾患があり、その悪化で死亡したとされる。
 妊婦では9人で副作用が起きたが、全て母胎側の異常で、全て軽く済んだ。
 
 先月発行されたランセットに掲載された論文では、英国でワクチン接種を受けた人々の中で、その後6週間内に発生する、ワクチン接種と無関係な死亡の確率は、1000万人中6人とされている。
 研究ではまた、ワクチン接種を受けた妊婦100万人中、接種と関係なく接種後1日以内に起きえる流産の確率を397人としている。
 WHOではこれまで世界で6500万人に対してワクチン接種が行われたが、特に問題となる副作用は起きていないと発表している。

Counterfeit Drugs and Internet Smarts Wall Street Journal (米国) インターネットを利用した偽薬販売
 抗インフルエンザ薬を含む偽薬がインターネットを利用して多数売られている。多くはロシアの違法業者による。調査によると日に10万ドル以上の注文を受けている違法業者もいるという。
 H1N1インフルエンザの場合、幸いにして軽症であるが、不衛生な工場で製造さえている偽薬を服用することの方が健康にとって危険である。
Afghan schools reopen after swine flu shut down Reuters UK  (英国) アフガニスタンの学校再開に

 アフガニスタンの子供達は、ブタインフル拡大予防のための3週間の休校を終えて22日から学校に戻った。
 全員外科用マスクを着用して登校するように伝えられ、軽くても体調が悪い場合は欠席させるように伝えられている。

 一般市民の中には、大統領選挙(先週カルザイ大統領が就任した)に対する市民のデモを避けるための措置との見方も出ていた。

11月22日


新型インフルエンザのワクチン捨てられることに AntenneFrance 
 フランスでも新型インフルエンザのワクチン接種がスタートしている。開始初日は接種箇所の設けられた体育館に閑古鳥が鳴いたようだったが、開始5日目にしてその不人気ぶりが数字としてはっきりと表れた。
 5日目にして接種対象者の2.3%しかワクチンを受けておらず、7000万人いるうちの16万人しか接種していないという。さらに、一ケースに10人分のワクチンが入っており、接種患者が10人に満たない日は余ったワクチンが捨てられている。
 日本でも子供だと50人分ものワクチンが一ケースにおさめられており、一日に50人もの子供を集めるのは至難の業と困っている病院があるようだが、フランスでも状況は同じというわけだ。その上、フランスでは警戒心の強い国民性があらわれたのか、日本より接種に対して消極的。このままワクチンだけが過剰に残ってしまうのは避けられない見込みだ。
India's swine flu toll touches 553 South Asia Mail (インド)  インドのブタインフル死者数が553人に
 21日10人のブタインフル死者が報告され、インドにける死者数は553人となったことが保健当局から発表された。
 感染者数は1万6328人となった。
Swine flu may have hit one peak; more to come ABS CBN News (米国) ブタインフルは一つの峠を超えたようだが、まだ流行は続く可能性がある:WHO
 WHOは北半球でブタインフルは地域的に峠を越えた感があるが、まだまだ流行が過ぎ去るにはほど遠い、とコメントを出した。
More swine flu deaths, fewer hospital cases in SC The Herald  (米国) サウスカロライナ州、ブタインフル入院患者数は減少、しかし死者は増加
 サウスカロライナ州は45週にブタインフルで56人の入院患者が発生したが、それは前週の78人よりも減少したと発表した。
 しかし死者が6人発生し、ブタインフルが発生して以来、最大の死者数が発生した週となった。
Don't give up on swine flu jab, says expert WalesOnline (英国) ブタインフルエンザワクチンの接種を断念しないで、専門家
 世界で初と考えられるタミフル耐性株のA/H1N1が人人感染を起こしたウエールズの大学病院。5人の感染が確認されている。
 当局の専門家はワクチン接種の必要性が高まったと説明している。
新型インフルの中2女生徒死亡 山口・光市 東京新聞
 山口県は22日、同県光市の中学2年の女子生徒が21日に死亡し、検査の結果、新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。慢性肺障害と気管支ぜんそくの基礎疾患(持病)があった。
 県によると、死因は心不全。16日に肺炎の治療のため入院、20日に高熱が出てリレンザの投与を受けたが、21日に容体が悪化した。
Cdc: Swine Flu Cases Seem To Be Dropping In Us WJTV  (米国) CDC:米国内のブタインフル感染者数は減少の傾向
 米国の保健当局は、米国内のほとんどの地域でブタインフル感染者数が減少しているようだと発表したが、収穫祭で集団での集まりが多い事から、今後どのような事態が発生するか予知することは難しいとも付け加えた。
 CDCは20日、前週に43州で広範にブタインフルが見られていると発表したが、この数はその前の週の46州から減少している。
 またCDCによると報告数が増えている州は少数(メイン州やハワイ州など)に限られていると付け加えた。
 また流行がピークを終えたかの判断はまだ難しいと語り、来週の感謝祭で多数が集まる機会が多いことから感染拡大の可能性もあり得るとも語っている。
Saudi: 4 die of swine flu on Mecca pilgrimage KATU (米国) サウジ:メッカ巡礼で4人がブタインフルで死亡
 サウジアラビア保健当局は、今年度のメッカへの大巡礼で4人の巡礼者が同国に到着して間もなく、ブタインフルで死亡したと発表した。
 当局によると死亡した巡礼者達は全員ワクチン接種を受けていなかった。全員到着2~3日後に発症した。3人は75歳で、スーダン、インド、およびモロッコからの巡礼者で、4人目は17歳のナイジェリアの少女である。
Rare H1N1 Flu Case Leaves 3 Dead WTVY (米国) 希なH1N1インフルエンザで3人が死亡
 連邦および州の医学専門家達は、ノースカロライナでこの週末に、4人の希なタミフル耐性H1N1ウイルスに感染した4例の調査を行っている。
 重症に陥った患者達は全てダルハムのデューク大学医学センターのガン病棟に入院していた。
 全員感染予防のためにタミフルを服用していた。
 しかし、この6週間に亘って検査の結果、患者達が変異したタミフル耐性ウイルスに感染していることが確認された。
 4人中3人が死亡した。
 これまで世界中で52例のタミフル耐性株感染患者が確認されているが、英国のウエールズでは5人の集団感染が起きている。
Swine flu vaccine effective despite mutations: experts The Age  (オーストラリア) 専門家:変異ブタインフルエンザウイルスに対してもワクチンは有効
 ノルウエーでA/H1N1ウイルスの変異株が検出されたことに関して、フランスの専門家と米国CDCの専門家のコメント。ワクチンも抗インフルエンザ薬も有効。かつその変異株が周辺に拡大しているという事実や、現在世界で流行しているH1N1株よりも病原性がた高いという事実もないとされる。
Flu kills four pilgrims Gulf Daily News  (バーレーン) メッカへの巡礼者の中で4人がブタインフルで死亡
 75歳高齢者3人と17歳の少女。全員基礎疾患を保有していて、ワクチンは未接種であった。
 巡礼者の中で初の死亡報告である。
11月21日

Ghana records major swine flu outbreak school Afrique en ligne (ガーナ) ガーナの学校でブタインフルが集団発生
 ガーナ保健省は20日、首都アクラの私立学校でブタインフルの集団発生があったと発表した。16人の感染が確認されたという。
 先にアクラ市のリンカン・コミュニティー学校での発生と合わせて、同国では合計38人の発生となった。
持病ある人には慎重接種を 厚労省の専門家検討会 神戸新聞 
 新型インフルエンザの国産ワクチンの安全性を、副作用報告に基づいて評価する厚生労働省の専門家検討会は21日、ワクチンの基本的な安全性を認めつつ、重い基礎疾患(持病)のある人に対しては、医師が接種の可否を慎重に判断した上で接種を進めるべきだとの見解をまとめた。
 厚労省の今月19日までの集計では、接種を受けた約450万人のうち、重い副作用の報告は68人(0・002%)で、昨年度の季節性ワクチンでの0・0003%より頻度は高め。うち13人が接種後に死亡した。
 この集計分とは別に、8人の死亡が追加報告され、接種後の全死者は計21人と判明した。死者は全員が持病のある50~90代の男女だった。
 検討会は死亡事例について「接種と死亡が偶発的に重なった可能性は否定できない。因果関係が評価できないものもあるが、大部分は持病の悪化などによる死亡の可能性が高く、ワクチンに安全上の明確な問題があるとは考えにくい」と判断。
 ただ、重い持病のある患者はワクチンの副作用が重大な結果につながる可能性も完全には否定できないとして、医師に対し、接種後にも十分な観察を求めた。
Swine flu may have hit one peak; more to come U.S. Daily (米国) WHO、ブタインフルはピークを迎えた可能性あるが、さらに流行が続く可能性もある
 西ヨーロッパの一部分と米国でブタインフルはピークを迎えた可能性はあるが、東ヨーロッパからアジアでさらに流行が広がる可能性があると、WHOはコメントした。
Tamiflu jab patients get swine virus Mirror.co.uk  (英国) タミフル服用患者がブタインフルを発症
 タミフル耐性致死的ブタインフルウイルスが病棟内で広がったため、昨晩1人の患者が危篤状態となった。
 ウエールズ大学病院で5人の基礎疾患を持つ患者がタミフルの投与を受けたにも関わらず、ブタインフルエンザを発病したことを確認した。
 3人は院内での感染だった。そのうち1人は重篤で、2人は隔離された。3人ともタミフル以外の抗インフルエンザ薬を投与された。
 後の2人は回復し、家庭に戻った。
 *タミフル耐性株の院内感染(管理人)。
Swine flu may be peaking in US U.S. Daily  (米国) 米国、ブタインフルの流行はピークを迎えた
 米国保健専門家は20日、米国におけるブタインフル流行は、ピークを迎えていると推定されると語った。
 しかし同時にパンデミックは一シーズンに数回に亘って流行する可能性があることを強調した。
 「我々はインフルエンザの活動性が低下していると感じている。しかし未だ多くのインフルエンザ感染者は発生している」、とCDCのアン・シュチャット博士は記者会見で語った。
 
 一方、試薬会社のクエスト・ダイアグノシチクス社のチームの14万2000検体の分析でも、10月27日以降に検査での陽性例が減少していることが確認されている。
新型ワクチン安全性を評価 厚労省の専門家検討会 北海道新聞 
 新型インフルエンザの国産ワクチンの安全性を、副作用報告に基づいて評価する厚生労働省の専門家検討会が21日開かれた。
 厚労省によると、今月中旬までに接種を受けた約450万人のうち、重い副作用の報告は54人(0・001%)で、昨年度の季節性ワクチンでの0・0003%より頻度は高め。
 国立病院機構が医療従事者約2万2千人を対象に実施した調査では、6人(0・02%)に動悸(どうき)や意識レベルの低下などの重い副作用が見られた。
 接種後の死亡がこれまでに13人報告されているが、いずれも基礎疾患(持病)のある60代から90代までの高齢者で、厚労省は接種との関連はないか低いとみている。
米国CDC週報-45週
 さらなる患者数の減少が見られている。
 また小児での死者数も徐々に減少の傾向。


カナダ保健局週報-45週
 感染者数の減少は先週に引き続き見られている。

Mutation found in Norway swine flu virus Sydney Morning Herald  (オーストラリア) ノルウエーでH1N1ウイルスの変異株を確認
 AFP
 WHOはノルウエーで2人の死亡患者と1人の重症患者からH1N1変異株が分離されたと発表した。
 詳細は明らかにしていないが、同様の変異は、ブラジル、中国、日本、メキシコ、そして4月に米国でも分離されたウイルスで確認されていると語った。しかし、これらのウイルスがさらに感染拡大を起こしたり、死亡をもたらした事実はないと付け加えている。
Tamiflu-resistant swine flu cluster reported in NC Battle Creek Enquirer (米国) ノースカロライナでタミフル耐性ウイルス感染者の集団感染が確認
 ノースカラライナ州のデューク大学医学センターで、過去6週間に4例のタミフル耐性H1N1ウイルス感染者を確認した。全例進行ガンの患者で3人が死亡している。病院当局によると死亡原因はH1N1ウイルス感染が関係しているとされる。
 他に英国のBBC放送はウエールズで5例のタミフル耐性株感染者の集団発生を報告している。
変異ウイルスを確認=新型インフル患者3人で-ノルウェー 時事通信 
 ノルウェーの公衆衛生研究所は20日、同国内で新型インフルエンザに感染した3人の患者でウイルスの変異を確認したと発表した。このうち2人が死亡している。
 同研究所は「変異によってウイルスが気管の奥深くに感染しやすくなり、より深刻な症状を引き起こす可能性がある」と分析。ただ、変異したウイルスの感染が拡大する状況には至っていないとしている。
 他方、同研究所から報告を受けた世界保健機関(WHO)は、「これまでのところ、変異ウイルスが、新型インフルエンザ感染者の異常な増加や、重症患者の大幅な拡大につながる兆候はない」と指摘。また、今回の変異したウイルスに対して、抗ウイルス薬のタミフルとリレンザが効果を発揮するとの見解も示した。
新型インフルエンザ:ワクチン接種後、医療従事者の424人から異常 毎日新聞 
 厚生労働省は20日、医療従事者約2万人を対象にした新型インフルエンザワクチン副作用調査の中間報告をまとめ、入院相当の6人を含め424人に接種後の異常(有害事象)が見られたと発表した。因果関係が疑われると医師が判断したのはうち337人で後遺症が残る事例はなかったとしている。入院相当の異常は▽意識低下▽嘔吐(おうと)・吐き気--など。
 また2万人調査とは別に、ワクチン接種を受けた基礎疾患のある高齢者3人の死亡が新たに報告され、接種後の死亡は計13人になった。厚労省は21日に専門家検討会を開きワクチンの安全性を改めて議論する。
11月20日


【速報】岡山の90歳代男性、ワクチン接種後に死亡  中国新聞 
 厚生労働省は20日、新型インフルエンザの国産ワクチン接種後の死亡が、新たに3人報告されたと発表した。接種後の死亡は計13人になった。
 厚労省によると、亡くなったのは静岡、福岡両県の80代女性と岡山県の90代男性。いずれも膵炎や慢性関節リウマチ、脳出血の後遺症などの基礎疾患(持病)があり、ワクチン接種と死亡の関連はないか低いという。

インフル患者:急激な増加止まる 1週間で164万人 毎日新聞 
 厚生労働省は20日、全国約5000カ所の定点医療機関から報告があったインフルエンザ患者数が、9~15日の1週間で、1施設当たり35.15だったと発表した。前週(2~8日)の32.76からやや増えたが、3週連続の30台で、急激な増加は止まった。厚労省は「ピークを迎えたかどうかは判断できない」と今後の推移を注視している。
 1週間の推計患者は、前週より11万人多い164万人。うち5~14歳が54%を占める。都道府県別では、北海道、東京、大阪など流行が先行していた大都市で患者数が減った一方、警報レベルとされる1施設当たり30以上の都道府県は25から36に増加した。検出されたウイルスは大半が新型で、季節性が流行するきざしは出ていない。
China vows to punish H1N1 death cover-ups AsiaOne (シンガポール) 中国、H1N1死者の報告を怠った場合、厳罰に処すと
 中国は、広東のSARS発生の際に、国の情報隠しを指摘した、国内で有名な医師が、中国が発表するH1N1死亡者数が信頼できないと報道機関を通じて発言したことから、もしH1N1死亡者の報告を怠った場合は、厳重に処罰すると発表した。
 中国保健省は今月初旬に、H1N1死者数の報告基準を新規に定めた。もしH1N1ウイルス感染が確認されて死亡した場合、他にどのような状況があったとしても、H1N1死者として報告しなければならないことになっている。
 もし報告が遅れたり、隠したり、または虚偽の報告をした場合は、厳しく罰すると保健省の広報官は20日、同省のウエブサイトで発表した。
 ゾング・ナンシャン医師は、2003年に流行したSARSで、その誠実な発言と行動で、多くの中国人から尊敬されている。19日に同医師は、中国が公式に発表しているH1N1死者数が53人ということは、信じられないと発言した。
 同医師は広東省で医療活動をしているが、多くの地域では重症肺炎のウイルス検査もしてなければ、疑問無しに通常の肺炎として治療している、と広東省の新聞”Southern Metropolis Daily”で語っている。

 *ゾング氏は、中国科学アカデミーの会員で、2003年度に流行したSARS対策に関わった科学者の一人である(管理人)。 
インフル患者再び増加 累計900万人超える 京都新聞 
 国立感染症研究所は20日、15日までの1週間に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数は16万9095人、1機関当たり35・15人で、祝日の影響で減少がみられた前週(15万7626人、32・76人)から再び増加に転じたと発表した。患者の大半は新型とみられる。
 この1週間に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は推計約164万人(前週約153万人)で、7月上旬(6日)以降の累計は約902万人となった。 都道府県別で報告数が最も多いのは愛知で1機関当たり58・70人。次いで大分(53・64人)、石川(49・77人)、山口(48・68人)、新潟(46・98人)、福岡(46・51人)、秋田(46・44人)、滋賀(46・33人)、佐賀(44・33人)、香川(41・49人)の順。
Mild asthma leads to higher risk of kids getting H1N1: Study Regina Leader-Post  小児の軽症喘息もH1N1インフルで重症化の危険性:研究報告
 トロントの研究チームが、軽症の小児喘息でもH1N1インフルエンザに罹患すると重症化する危険性を発表した。
 トロントの小児病院の医師達が今年の5月から7月までにH1N1インフルエンザで入院した小児58人と、昨年季節性インフルエンザで入院した200人を比較して、臨床的差異を明らかにした。
 H1N1インフルエンザで入院した小児のうち22%は喘息を保有していたが、季節性インフルエンザの場合は、わずか6%に過ぎなかった。
Swine flu cases have dropped - but all children will be vaccinated  UK Express  (英国) ブタインフル感染者数減少ーしかし全小児はワクチン接種
 本日5歳以下の全健康小児に対してブタインフルワクチンの接種を行うことが決定された。
 最近、喘息や糖尿病を保有する小児を含めて優先度の高いグループへの接種が行われている。
 NHSの統計データでは入院患者の中で16歳以下の小児が占める割合がもっとも高い。
 先週の感染者数は減少に転じているが、それでも6ヶ月から5歳以下の健康小児に対するワクチン接種が決定された。
英国HPA(健康保護庁)発表週報  
 H1N1感染者数のさらなる減少が見られている。
 赤線が本年度のH1N1インフルエンザで、人口10万人当たりのインフルエンザ患者数を示す。
 春の流行期に比較すると感染者の発生数は少ない。
 週に53000人の感染者が発生と推定されている。

11月19日


Doctors say most Britons reject swine flu vaccine  Reuters(国際) 英国人のほとんどが豚インフルエンザワクチンを拒否すると医師たちの調査で明らかに
 パンデミックH1N1インフルエンザに対する予防接種を勧められた英国人のうち半数以上が、副作用の恐れ、あるいは気にするほど症状が重くないと考えていることから、それを拒否していると医師たちの調査で18日水曜日に明らかになった。
 Pulse誌の調査に答えた107名の家庭医の多くが、患者のワクチンへの拒否感が広がっていると感じており、ワクチンを勧められた患者のうち接種に同意したのは平均してほんの46パーセントに過ぎない。
 同誌によれば家庭医たちは妊婦に接種を受けるよう説得するのが特に難しいと感じている。
 「接種を勧めた妊婦全員のうちおそらく20人に1人しか同意していない。」とノッティンガムの家庭医Chris Udenze氏は語った。
 保健当局のH1N1パンデミックへの対策に関する懐疑心は、英国や他の欧州各国で膨れ上がっている。恐れられていたより感染者数が少なかったからである。
 英国では10月21日にハイリスクの入院患者、第一線で働く医療従事者、季節性インフルエンザのリスクグループに属する小児、妊婦、免疫不全者に対するワクチンプログラムを開始した。
 英国保健当局はH1N1インフルエンザの最悪のシナリオを2度にわたって下方修正した。もともとの予測では英国でH1N1による死者が65000人出るかもしれないというものだったが、現在はおよそ1000名が死亡するという予測になっている。これは季節性インフルエンザによる毎年の死亡者平均4000-8000名を下回る数である。
 Pulse誌の編集者Richard Hoey氏によれば、この調査から多くの患者や相当数の医師たちが、「豚インフルエンザワクチンは安全であり、必要なものであるという十分なエビデンスがある、とは納得していない」ということが分かるという。
 政府衛生部門の広報官によればH1N1ワクチンに対する「理解率を推測するのは時期尚早である」が、医師たちはできるだけ多くの患者たちが利用可能になるよう努力していたということだ。
 「ハイリスク群の人たちはワクチン接種を受け入れることを推奨する。」と同氏は語った。「ハイリスク群の人たちはもしも豚インフルエンザにかかったら重症化しやすい。ワクチン接種が最善の防御策である。」TA
接種後の死亡新たに2人 熊本の男性と大分の女性 東京新聞 
 厚生労働省は19日、新型インフルエンザの国産ワクチン接種を受けた熊本県の80代男性と大分県の70代女性の計2人が新たに死亡したと発表した。新型ワクチン接種後の死亡報告は合計10人。
 厚労省によると、男性の主治医は「ワクチンとの因果関係はなし」、女性の主治医は「もともとの病気で死亡した可能性が高いが、因果関係は評価不能」と報告。同省は専門家の意見を聞き、あらためて評価する。
 男性は慢性腎不全や消化管出血など、女性は慢性閉塞性肺疾患や肺高血圧症の基礎疾患(持病)があったという。
China's official H1N1 death count suspicious AsiaOne (シンガポール) 中国のH1N1死者数に関する公式発表は疑わしい
 SARSに際して中国の対策で活躍して尊敬を集めている広東省のツオン・ナンシャンは博士は記者会見で、中国が公式に発表している国内のH1N1死者数が53人であるということは疑わしく、各地から十分報告されていない可能性が高いと語り、広東省の一般的新聞である”Southern Metropolis Daily”に掲載された。
 同博士は地域によって重症肺炎で死亡しても検査をしていない所もあると語っている。
 中国保健省のウエブサイトでは最新の死亡数を53人と発表している。
1.5M Per Day Getting Swine Flu Vaccine in China New York Times (ニューヨーク・タイムズ、米国) 中国、日に150万人にブタインフルワクチンを接種
 中国外務大臣は18日(現地時間)、中国では日に150万人のブタインフルワクチン接種を行っていると語った。今年度末までに人口の7%の接種を目標にしている。ハバナで開かれた国際会議に出席した外相は記者会見で語った。
 また同大臣はこれませ1500万人に接種を完了しているとも付け加えた。
 さらに同大臣は初期における厳しい検疫は、中国への第一波のインパクトを抑える目的だけではなく、ワクチン製造のための時間を生んだと説明した。
 中国は8月下旬にワクチンの製造に着手し、11月と12月に、日に150万人を対象にワクチン接種を行っている。年末までに8000万人から9000万人にワクチン接種を終える予定。続いて当局は1月と2月3%を対象に接種の予定としている。
 中国の人口は13億人。
 米国CDCでは、米国では日に100万回接種量を製造していると発表している。
All Manitobans can get H1N1 vaccine, could soon be available in doctors offices The Canadian Press (カナダ) 全マニトバ州民はH1N1ワクチン接種が間もなく可能、家庭医のクリニックで

【新型インフル(韓国)】今月から感染者増加ペース鈍る  中央日報 (韓国、日本語版)
 中央災難安全対策本部(中対本)は今月初めから新型インフルエンザ感染者の増加傾向が鈍っていると18日、明らかにした。
  また中対本は、今月2日から13日までの間に新たに18人の死亡者が確認され、全体で計82人に増えた、と説明した。中対本によると、死亡者は忠清(チュンチョン)圏に住む11歳の女子小学生、42歳の男性など非高リスク群2人、慢性疾患があった首都圏の34歳の男性など高リスク群16人。
  新型インフルエンザによる死亡者は今年8月15日に初めて発生、先月25-31日には24人の患者が発生した。その後11月1-7日は19人、8-14日は16人と減っている。
  抗港ウイルス剤は12日(修学能力試験日)前は毎日10万人以上に投薬されていたが、その後は13日8万3000人、14日4万6000人、15日1万1000人と減少している。
県内新型インフル 専門家「ピーク過ぎた」 神戸新聞 
 兵庫県は18日、県内の定点医療機関で確認した新型インフルエンザ患者が、2週続けて減少したと発表した。専門家は「県内については感染拡大のピークは過ぎた」とみている。だが全国的には流行が続き、今後感染しやすい冬季を迎えるため「引き続き警戒が必要」と呼び掛けている。
 兵庫県の定点当たり患者数は、10月26日~11月1日の約43人をピークに2週連続で減少。元小樽市保健所長の外岡立人さん(公衆衛生学)は「感染しやすい若年層の相当数がすでにかかったと考えられる。減少傾向は続くだろう」とする。
 大阪大医学部の朝野和典教授(感染制御)も「とりあえず一つめのピークは過ぎたと考えられる」とみている。
 だが8月にピークを迎えた沖縄県では、いったん患者数が減少した後、10月上旬から再び増加。朝野教授は、空気が乾燥する11月下旬以降について「第2の山が来る可能性は高い」とし、重症化しやすい子どもへのワクチン接種を急ぐことや、夜間、休日の診療体制見直しなどを訴える。
 外岡さんは季節性インフルエンザの一種「香港型」の流行を懸念し、「香港型は高齢者が重症化しやすく、警戒が必要」と話している。
Adverse Reactions To H1N1 Vaccine Showing Post Chronicle カナダ、H1N1ワクチンに対する副作用および死亡報告
 高齢者で1人アレルギー反応で死亡者が発生。他にいくつかの重篤な副作用が報告されている。公衆衛生局長が発表。
Ontario's health minister says swine flu shots now available for all CKTB  (カナダ) オンタリオ州、希望者にブタインフルワクチン接種が可能に
Flu Hospitalizations Declining in Maryland News Channel 8  (米国) メリーランド、インフル入院患者数が減少
 メリーランド保健局ではインフルエンザを含む患者数の入院が10月下旬にピークであったが、現在は減少に転じていると発表した。
5 New H1N1 Deaths in Minn.; Outbreak Wanes KSAX  (米国) ミネソタ州、新H1N1ウイルスで5人死亡:流行は下火に
 流行が下火になる中、H1N1インフルエンザで5人が死亡したことをミネソタ保健局が発表した。
 9校で流行が報告されたが、前週の40校に比較して減少している。
新型ワクチン半量で効果か ノバルティス社データ USFL.COM 
 スイスの医薬品大手ノバルティスは17日、現在進行している同社の新型インフルエンザワクチンの臨床試験で、これまで1回分とされている量の半分で十分な免疫効果が得られるとの中間データが得られたと発表した。最終的に確認されれば、接種の対象者を大幅に増やせる可能性がある。
 ノバルティスによると、臨床試験は米国で約4千人を対象に実施。米国が現時点で認可している「アジュバント」と呼ばれる免疫増強剤を含まないタイプのワクチンの場合、通常の半分の量でも65歳以上の高齢者を含む成人で必要な免疫反応が得られたという。
 また、アジュバントを加えたワクチンも通常より少ない量で、3-8歳の子どもと18歳以上の大人で効果が認められた。
11月18日


新型ワクチン接種後死亡、計8人に 中日新聞 
 厚生労働省は18日、新型インフルエンザの国産ワクチン接種後の死亡が、同日までに、新たに4人報告されたと発表した。がんなどの持病のある60~80代の男女で、厚労省は3人について「新型ワクチン接種との関連がないか低い」と、もう1人は「評価不能」としている。
 ワクチン接種後の死亡報告は、計8人となった。

 厚労省によると、寝たきりで肺炎を繰り返していた富山県の80代男性は、新型ワクチンの約1週間後に接種を受けた季節性ワクチンの影響で発熱した可能性があるが、死亡との関連は低いという。
 ほかに栃木県の60代男性と静岡県の70代女性の死亡が報告されたが、いずれも進行したがんや複数の持病のためもともと病状が悪く、厚労省は接種と死亡の関連はないとみている。
 評価不能なのは、胃がんなどを患っていた滋賀県の80代男性。接種の3日後に発熱し、間質性肺炎が急激に悪化して死亡した。発熱の原因がワクチンなのか、胃がんなのかは特定できないという。

新型インフル・中国内死亡すでに43人~発症3日で死亡も エクスプロア中国 
 報道によると12日、広東省で初の新型インフルエンザH1N1型での死亡が確認された。
亡くなったのは広東省東莞市の14歳の中学2年生の女子生徒。この女生徒は今月10日に咳や喉の痛みを訴え、12日朝5時の時点で39.8度の高熱を出した。近所の衛生所で薬をもらうが11時ころ容態が悪化し、13時に東莞市人民医院第一問診部を訪れた。すでに意識がはっきりとせず、すぐに入院となった。
同日午後には急速に容態が悪化し、同20時20分に亡くなった。
翌13日に東莞市疾病予防コントロールセンターはこの女生徒がA型H1N1の新型インフルエンザに感染していたと発表した。
 この女生徒は既往症がなくインフルエンザ発病前はとても元気だった。10日に体調不良を感じたものの、その日は登校し、体育の授業も受けた。しかしその後急速に体調が悪化したという。
 専門家は新型インフルエンザは比較的症状が軽いケースが多く、過剰な心配は要らないが、体調が悪い時は十分に休息を取るように、インフルエンザ感染後は決して仕事や学校に行かないようにと呼びかけている。
また広東省衛生庁によると今回、広東省で初の死亡者が出たが、13日までの報告では中国国内の死亡者数は43人となった。これは発症者に対する割合からいって季節性インフルエンザの危険度とほとんど差がないという。

H1N1 flu death toll hits 30 in BC BCLocalNews (カナダ) カナダ、ブリティシュ・コロンビア、H1N1死者数が30人に
 ブリティシュ・コロンビア州でH1N1で7人が死亡し、累積死亡者数が30人となった。
 ワクチン接種は今週から対象者が広げられ、第一優先者、医療担当者、18歳以下の小児に対して接種が行われている。
 ほとんどの健康成人は接種対象にはなっていない。
 11月末、または12月初旬までには、全ての希望者に接種が可能とされている。
Swine flu death toll spikes in Canada Ninemsn  (オーストラリア) カナダで死者数が増加
 カナダでこの5日間でブタインフルで37人が死亡した。死者数の累計が198人となった。17日に保健省が発表した。
 これまで20%の国民がワクチン接種を終えているが、この集団接種は同国としては史上初の試みである。1人の死者と36人の重篤な副作用が発生している。
 春以来同国では1600人が入院し、少なくとも300人の重症者が出ている。
36 serious reactions to H1N1 vaccine: top health official Global  (国際) カナダ、H1N1ワクチン接種で36例の重篤な副作用が発生
 カナダ公衆衛生局長のデービット・バトラージョンズ氏は、H1N1ワクチン接種により36人で重篤な副作用が見られたと発表した。
 1名が死亡しているが、ワクチン接種との因果関係は調査中とされる。
 660万人の接種者中、36人の重篤な副作用発生であるが、季節性インフルエンザのそれよりも頻度は低いと説明された。
 重篤な副作用とは、生命に危険性のある副作用、入院の必要性、身体障害発生、または死亡である。
 軽度の副作用とは、悪心、目眩、頭痛、発熱、注射局所の疼痛である。
 これまで20%のカナダ人がワクチン接種を受けたと推定されている。
Not just swine flu -- new cold virus may lurk, too WKZO  (米国) ブタインフルだけではない-新しい風邪ウイルスも潜航している可能性もある
 フィラデルフィア小児病院で9月から風邪ウイルスの代表であるライノウイルスによる呼吸器疾患で入院している子が増えている。
 鼻汁、咳、発熱等を主症状とし、時には肺炎も起こす。検査をしなければブタインフルと区別が出来ない場合も多い。
 9月と10月で約500人が入院。死亡者は出ていない。10月中旬からA/H1N1インフルエンザが流行しだした。
 同小児病院では、他の病院とは違って呼吸器感染症の小児のウイルス検査を行っている。その結果ライノウイルスの流行が確認された。
 このウイルス株が新株かどうかについてCDCでは調査を行っている。
 病院の研究チームとCDCは、ライノウイルス感染症をA/H1N1ブタインフルと混同して、その感染後に、A/H1N1ワクチン接種の必要はないと誤解しないで欲しいと言っている。

11月17日


Pandemic (H1N1) 2009, Ukraine - update 2 WHO パンデミック(H1N1)2009、ウクライナ状況 -更新2
 ウクライナで発生しているA/H1N1インフルエンザのウイルスには有意ななる変異は見られてない。現在のワクチン株と類似。
Indonesia To Produce A/H1N1 Flu Vaccine In 2010 Bernama  (マレーシア) インドネシア、2010年にA/H1N1ワクチンの製造を開始
 インドネシア保健相が発表。
 保健大臣のエンダンラハユ・セチャニンシ女史は、A/H1N1ワクチンを、2010年の3月から臨床試験を開始して、11月から大量生産を開始すると発表した。製造は同国のPT Bio Farmaが行う。生産量は人口の10%をカバーする予定。
Disney Theme Parks Proactively Try To Stop Spread of Swine Flu Magical Mountain(アメリカ) ディズニーテーマパーク 豚インフルエンザ感染拡大防止のための積極的な試み
 フロリダにあるディズニーワールドと、カリフォルニアにあるディズニーランドリゾートでは園内での豚インフルエンザ感染拡大防止のため積極的な行動を起こしている。園内に手指消毒薬が多数設置された。広報官は「今後の状況の変化に応じて対応を適切に変化させていく」と語った。園内スタッフたち向けにも水飲み場や電話といった手で触れることが多い場所に手指消毒薬が設置されている。園内で働くスタッフ用にディズニーではH1N1ワクチンを入手して、特に18-24歳の年齢層を中心にH1N1ワクチンを接種している。TA
小学高学年や中学生前倒し、新型ワクチン 佐賀新聞 
 厚生労働省は17日、従来2回だった新型インフルエンザの国産ワクチンの接種回数を、高校生以下を除き原則1回としたことに伴う、新たな接種スケジュールの目安を公表した。
 これまで1月初めだった「1歳未満の乳児の保護者ら」と、1月後半だった「小学校高学年」の接種開始時期をいずれも12月下旬に、1月後半だった「中学生」を1月初めに前倒しした。従来輸入ワクチンの使用を想定していた約350万人の高校生(2回接種)と、約2100万人の高齢者のうち約1千万人(1回接種)にも国産ワクチンを使うことにした。
 現在2回とされている中高生の接種回数が、12月中にまとまる臨床試験の結果によって1回に変更されれば、さらに700万人分(1回接種)を高齢者に回せる見込み。
 ただ、先に厚労省が小学校低学年以下の子どもらの接種前倒しを要請したのに対し、前倒しを実施または計画している自治体が19都府県(13日時点での共同通信まとめ)にとどまるなど、地域ごとに対応は異なり、全国的に目安通りに接種が進むかどうかは不透明だ。
【新型インフル】ワクチン接種後に持病悪化し80歳代の女性死亡 MSN産経ニュース
 厚生労働省は17日、新型インフルエンザの国産ワクチン接種を受けた長野県の80代の女性が、接種後に持病の間質性肺炎が悪化して死亡したと発表した。新型ワクチン接種後の死亡事例の報告は4例目。
 厚労省はワクチン接種が死亡の原因ではないとみているが、専門家の意見を踏まえて評価する。
 厚労省によると、酸素を吸入しながら自宅で療養しており、10日午後1時ごろ、主治医が往診してワクチンを接種。同日深夜になって女性が廊下で倒れているのを家族が発見し、救急搬送したが、間質性肺炎の悪化で死亡したという。
 女性は10月に、季節性インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンも接種していたが、副作用の症状はみられなかったという。
Had flu? You may have H1N1 protection U.S. Daily  (米国) 以前、インフルエンザに罹った?もしそうならH1N1ウイルスに抵抗性があるかも知れない
 ロイター

 何度もインフルエンザに罹った人々、または何度もワクチンを受けた人々は、新パンデミック・ブタインフルエンザに対してある程度の抵抗力が獲得されている可能性がある。米国の研究チームが16日発表した。
 研究結果によると、人の免疫機構は新H1N1ウイルスをある程度認識出来るというものである。
 これまで人の間で感染を繰り返してきたH1N1ウイルスと、現在流行しているH1N1ウイルスの分子構造には類似点があり、これまでにH1N1ウイルスに対する免疫を獲得していた場合(感染やワクチン接種で)、ある程度新型H1N1ウイルスに対しても抵抗性を示すという。
 すなわち、成人は新型H1N1ウイルスに対して、ある程度の免疫を保有していると研究チームでは結論しているが、その免疫は重症化を防ぐのに役立っていて、感染を防ぐことを意味してはいないとされる。それ故ワクチン接種は必要であると研究チームでは言っている。
 *他報道によると、細胞性免疫機構(Tリンパ球)が従来のH1N1ウイルスを認識していると、現在の新型ウイルスに対しても、ある程度の認識力はあり、その結果細胞性抗体(Tリンパ球)が産生され、ウイルス増殖を抑えるという。
About 1 in 5 Canadians immunized against H1N1: official CP24, Canada (カナダ) カナダ当局:約20%のカナダ国民にワクチンは接種済み
 カナダ公衆衛生局長は、カナダは世界の中でも最も広くワクチンを接種していると語り、既にこの3週間で20%の国民は接種されているとした。今週中には1000万接種量が国内に配布され、12月までにはスケジュール通り、ワクチン接種を終えるだろうと語った。
 カナダの人口は3300万人。
Immunity to Swine Flu May Be Broader Than Thought MSN Health & Fitness  (米国) ブタインフルに対する免疫は、予想以上に広く保有されている
 カリフォルニア州のラ・ジョラ、アレルギー&免疫研究所の研究報告。米国科学アカデミミー紀要に発表。
 細胞性免疫能の分析で、T細胞、B細胞がA/H1N1ウイルス感染細胞をアタックすることを見いだしている。
 従来から流行しているH1N1ウイルスにより免役されていると、ある程度現在のH1N1ウイルスに対しても免疫が働くという。
Is the common cold helping to fight swine flu? Mother Nature Network  (米国) 感冒はブタインフル感染を防ぐ?
 感冒ウイルスのライノウイルスが流行しているとブタインフル流行が収まっている。
 11月14日のTopNewsで掲載している。
Dozens of Saint Peter's Prep students sick with 'flu-like' symptoms NJ.com  (米国) ニュージャージー州、高校で100人以上の生徒が欠席
 ジャージー市のSaint Peter's Prepatory高校で12日に80人、13日に110人が欠席し、ブタインフルエンザによるものと考えられている。
Heart attack, not H1N1 vaccine, kills German  Gulf Times (クエート) ドイツ、H1N1ワクチン接種後に死亡、死因は心筋梗塞と
 ドイツでは5000万接種分のワクチンを購入し、無料で人口8000万人の国民に接種している。
 ワクチン接種後に55歳男性が死亡し、ワクチンの安全性や効果に関する、古く、激しい、ワクチン論争が一般市民やメディアの間で始まっている。
 男性はワクチン接種後にボーリングをしていたが、気分が悪くなり救急病院に運ばれたが死亡した。死因は心筋梗塞とされる。
11月16日


H1N1 turning out to be less deadly than seasonal flu: Dr. Butler-Jones 680 News (カナダ) H1N1インフルエンザは季節性インフルよりも致死的ではない:カナダ公衆衛生局長
 カナダでは、季節性インフルエンザでは2000人から8000人死亡する。
 一方、H1N1インフルでは、これまで161人しかカナダでは死亡していない。
 またカナダではこれまで8%の国民が感染していると推定される。
 以上、公衆衛生局長の談話。
ワクチン接種後に死亡3例目…岐阜の70歳代男性 読売新聞
 厚生労働省は16日、新型インフルエンザワクチンを2日に接種した岐阜県の70歳代男性が、同日死亡したと発表した。死亡とワクチン接種の関連は不明。
 同省は今後、専門家による詳しい検討を行う。ワクチン接種後の死亡は3例目。
 男性は糖尿病や高血圧、心筋梗塞(こうそく)などの持病があり、入院中だった。2日午後3時15分頃にワクチンを接種、その約3時間半後に容体が急変し、死亡した。死因は心筋梗塞と診断され、主治医は「接種と明らかな関連があるとは言えないが、全く否定もできない」と報告している。
Five die of swine flu in West Bank Earthtimes  (国際) パレスチナ自治区ヨルダン川西岸、5人がブタインフルで死亡
 パレスチナ保健省が16日発表したところによると、ヨルダン川西岸で5人のパレスチナ人がブタインフルで死亡した。他に100人がウイルスの感染を受け、病院で治療中とされる。
新型感染で横浜の72歳男性死亡 基礎疾患あり  京都新聞
 横浜市は16日、新型インフルエンザに感染した同市保土ケ谷区の男性(72)が15日未明に低酸素血症で死亡したと発表した。糖尿病や心不全などの基礎疾患(持病)があった。国内の死者は疑い例も含め63人目。 市によると、男性は5日夕に発熱し、市内の病院で簡易検査を受け、A型陽性と判定されてタミフルを服用。夜に症状が悪化し、別の病院に転院して集中治療室(ICU)で治療を受けていた。6日に新型の感染が確認された。
新型インフルエンザ:ワクチン接種後、2例目の死者  毎日新聞
 厚生労働省は16日、長野県の80代男性が、新型インフルエンザワクチン接種の4日後に死亡したと発表した。ワクチン接種後の死亡報告は2例目。男性は肺気腫の基礎疾患があり、主治医は「接種と死亡の因果関係は評価不能」と報告した。今後、ワクチンの安全性を改めて評価する。
 使われたワクチンは阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)製で、同じ製品番号のワクチンは約13万7000本(約27万回分)が出荷済み。15日までの副作用報告は入院相当1件を含む19件。
India's swine flu toll touches 524 India Business (インド) インドのブタインフル死者数が524人に
 新規に161人の感染者と3人の死者が発生したことを保健省が発表した。
 感染者数の累計は15424人、死者数の累計は524人となった。
 これまで国内から79272人がA/H1N1検査を受けたが、そのうち15424人が陽性だったとされる。(20%)。
1st responders next in line for H1N1 vaccine CBC.ca  (米国) アルバータ州、H1N1ワクチンを優先者に接種開始
Police, firefighters shouldn't have to line up for vaccine:officia  Calgary CTV  (カナダ) カナダ、警官や消防士は緊急にワクチン接種を受けるべき
 警官や消防士はワクチン接種の優先権があるが、順番を待つのではなく、直接勤務場所で接種できる態勢が必要と。
Vaccination of chronic disease sufferers, kids begins Today's Zaman (トルコ) 慢性疾患保有者と小児へのワクチン接種が開始
 トルコ保健省は、医療関係者とメッカへの巡礼者に対するワクチン接種を終え、5歳以下の小児と慢性疾患を保有する人々へのワクチン接種を開始する。
Swine flu death toll reaches 12 in Catalonia  SpanishNews.es  (スペイン) スペイン、カタローニャ、ブタインフル死亡者が12人に
  カタローニャ地方で、63歳と68歳の女性がブタインフルで死亡し、死者数は合計12人となった。
 当局によると感染者数が今週増加して、10万人当たり289.5人から483.77人と倍増したとされる。
 感染者数は概略で83万人となり、当局への相談電話の件数は極めて多数となっている。
11月15日

新型インフル、乳幼児の死亡が急増 11月、全体の4割  朝日新聞
 
新型インフルワクチン 子ども接種 分かれる対応 中国新聞
 国の要請を受け、中国地方5県のうち山口、岡山の両県は1歳から小学校低学年までの新型インフルエンザワクチン接種を前倒しすることが10日、分かった。11月中旬から実施する。広島、島根、鳥取の3県は、持病がある人を優先する方針を崩さず、子どもは12月になる予定。県によって分かれる対応に、患者からは戸惑いの声が上がっている。
 山口県は16日から接種を始める予定の約4万9千回分の一部を子どもに振り分ける。接種を希望する妊婦と持病がある人は計約21万人いるが、健康増進課は「子どもの重症化例が増えており、県民の期待感が強い」と説明する。岡山県健康対策課も「流行が拡大している子どもに少しでも回したい」として、各医療機関への配布量を見直す方針だ。
 一方、広島県は10日、国の当初の指針通り、16日からの接種を、持病がある人と妊婦に限ることを決めた。対象者は計約19万1千人だが、国からの配分は約9万1700回分しかない。県健康福祉総務課は「優先順位の高い順に配るのが基本。健康な子どもに充てる量は到底残らない」と言い切る。
 島根、鳥取の両県も国の当初の優先順位を堅持し、子どもへの接種はしない。ただし、鳥取県医療指導課は「子どもは重症化しやすいことを考慮し、12月初旬の接種分は回せるように、配分方法を見直すかもしれない」と含みを持たせる。
 国が各県に前倒し接種の検討を求めた背景には、日本小児科学会の要望がある。同学会の新型インフルエンザ対策室長、森島恒雄・岡山大大学院教授は「新型インフルエンザの入院患者の8割は、小学生以下だ。子どもへの接種を早めることが感染拡大防止につながる」と主張する。
 子どもより優先されるはずの患者には困惑が広がっている。広島県腎友会の黒木暁登副理事長(68)=広島市南区=は「子どもに配慮する考えは理解できるが、免疫力が低下している透析患者は重症化を恐れている。当初の順番通りが一番いい」と話している。

Hanover flu clinic distributes 600 swine flu shots WBZ News Radio 1030  (米国) マサチューセッツ州、ハノーバー町で600人を対象にブタインフルワクチンの接種が行われる
 町保健局と訪問看護協会は、州保健局から600回接種量のワクチンが配布された。
 ワクチン接種は、妊婦、6ヶ月から18歳までの小児、6ヶ月以内の乳児のいる家庭の家族、および患者と直接接触する保健医療担当者に行われた。注射型と鼻腔スプレー型ワクチンが用いられ、今後数日間行われると予定。
H1N1 Clinic Held For Young Children WBOY-TV (米国) H1N1ワクチン接種が若年小児に行われる
 西バージニア、セント・アルバン。
 セント・アルバン高校で6ヶ月から5歳までの小児がワクチン接種を受けた。注射と鼻腔スプレー型が用意された。
 両親達は子供達を豚インフルから守るためにやれることを行っていると語っている。
 保健局ではウイルス感染者が多く出ていて、多くがワクチン接種を受けている。その結果感染者数は減少しだしていると言っている。
In effort to halt swine flu, Disney World adds hand sanitizer dispensers ... KFOR (米国) ディズニー・ワールドで、ブタインフル拡大防止のために手指消毒剤を配置
 園内の各所に配置。
Top public school closed as swine flu strikes 100 pupils Mail on Sunday  (英国) 英国、有名パブリックスクールで100人の学童がブタインフルに感染
 West SussexのChrist's Hospital school。 寄宿内で発生。
Kosovo reports country's 1st swine flu death in 31-year-old man Metro Canada  (カナダ) コソボで31歳男性が初のブタインフル死者に
 コソボで初の死者が発生。
 医師達によると少なくとも国内に20人の感染者が出ているとされる。
11月14日

Swine Flu Slowing Worldwide RedOrbit (米国) 世界のブタインフル流行ペースは緩徐に、WHOコメント
 WHOの新規報告によると、ブタインフル流行の最悪の状況は去った可能性がある。
 11月8日の週に世界で死亡した数は約178人で、前週の224人よりも減少している。また10月最終週には爆発的に700人が死亡していた。
Global swine flu deaths slow as WHO toll passes 6250 Expressindia.com WHO、世界のブタインフルエンザ死者発生数は減少傾向にある
 6250人以上のブタインフル死者が世界で発生したとWHOは発表したが、死者数の増加率は減少しているとコメントした。
 11月8日の週の死者数は179であったが、それは前週の224人よりも減少している。また10月最終週には爆発的に700人が死亡していた。
Fragile Care Worsened Swine Flu in Ukraine  BlueRidgeNow.com  (国際) ウクライナ、劣悪な医療環境がブタインフルの被害を大きくしている
 一般市民はパニックに陥ったが、現地に入ったWHOが他の国で流行している豚インフルエンザと変わらない病原性であると発表してから落ち着きを見せている。しかし、病院における態勢の劣悪状況が被害者数を多くしている。
Common cold virus may stave off swine flu TopNews  (国際) 風邪ウイルスはブタインフルエンザ感染の予防に
  リヨン大学のフランス国立インフルエンザ研究施設のジャン-セバスチャン・カサリニョ博士の研究によると、風邪ウイルスであるライノウイルスが流行している期間には、検査でブタインフルエンザが陽性になる率が低く、一方ライノウイルスの流行が低下してくるとブタインフルの発生が多くなるという。
 同博士はライノウイルスは、”干渉作用”によりブタインフルエンザの拡大を抑制すると考えている。
 オランダのロッテルダム大学の世界的ウイルス学者のオステルハウス教授は、一つのウイルス感染を受けると、体内では他のウイルスが侵入するのを阻止するように働く、と考えられると、コメントしている。
 しかしながら、干渉作用の過程は明確にはなっておらず、干渉作用が認められなく、同時に二種類のウイルス感染を起こす例も見られる。
 別な研究で、スウエーデン国立感染症対策研究所の研究者が、ライノウイルス感染症の増加は、ブタインフルエンザ発生数を減じるとの研究発表もされている。

 干渉:ウイルス学における干渉(かんしょう、interference)とは1個の細胞に複数のウイルスが感染したときに一方あるいはその両方の増殖が抑制される現象。干渉の機構として、一方のウイルスが吸着に必要なレセプターを占領あるいは破壊してしまうために他方のウイルスが吸着することができなくなる、増殖に必要な成分が一方に利用され、他方が利用できない、一方が他方の増殖を阻害する因子を放出するなどの異種ウイルス間の干渉現象のほか、同種ウイルス間で欠陥干渉粒子(DI粒子)による増殖の阻害、インターフェロンによる増殖の抑制がある。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 今回の干渉作用は、インターフェロン産生が関与していると思われる(管理人)。
China's health ministry investigating deaths of 2 people vaccinated for swine flu  Metro Canada  (カナダ) 中国でワクチン接種後2人死亡:中国保健省が調査中
 1人の死因は心筋梗塞とあれ、ワクチンによるアレルギー反応ではないことから、ワクチン副作用による直接的死ではないと考えられ、もう1例はこれから剖検予定とされる。
千人以上の集会に注意を 新型インフルでWHO指針 中国新聞 
 世界保健機関(WHO)は13日、千人以上が集まる集会やスポーツ、文化イベントなどを念頭に、新型インフルエンザの感染拡大を防ぐための行事主催者向け運営指針を発表した。  同指針は、大規模集会を実施するかどうかについては、(1)その地域での新型インフルエンザの流行状況(2)行事の期間がウイルスの潜伏期間(2~3日)と比べて長いか短いか(3)感染した場合の症状が重い若年層が多い行事かどうか、などを考慮して判断すべきだと指摘した。  また開催する場合でも、行事参加者間の感染をチェックしたり、発病者やその可能性がある人を隔離する態勢の整備を検討するべきだなどとした。また、交通機関の運行数を増やすなど混雑を避ける策も考慮すべきだとした。  ただ、開催の是非の判断についての具体的な基準などは示していない。

 *このような対策はどのような意味があるのか、必要があるのか不明。なぜ今頃。米国向け、それとも途上国向け(管理人)。

Half H1N1 vaccine dose fine for most children Vancouver Sun - (カナダ) カナダ保健省:ほとんどの小児はH1N1ワクチンの1回接種で十分
 新規決定内容

 6ヶ月~3歳までの小児はアジュバント入りの半量(成人量の)ワクチンを3週間隔で2回接種-従来と同じ。
 3歳以上10歳以下の慢性疾患保有小児は、最初の半量接種を可能な限り早急に接種して、3週間後に2回目の接種を受けること-従来と同じ。
 3歳以上10歳以下の健康小児は半量接種1回。すでに1回接種済みの小児は、改訂が変わらない限り再度の接種の必要はない。-変更。

 上記の改訂で、接種対象者の数は増えることになる。
カナダ保健省インフルエンザ週報更新(44週) 流行はピークを超えつつある

 定点医療機関を受診するインフルエンザ患者の率は下がり始めている。


 集団発生数の増加率も減少。集団発生の多くは学校であり、病院内での発生数は僅かとなっている。




米国CDCインフルエンザ週報更新(44週) 米国CDC  流行はピークを超えた

 定点医療機関を訪れるインフルエンザ患者(臨床診断)の外来患者数の中での比率。
 前週から僅かずつ減少に転じた。
 インフルエンザが広範に流行している州数も減りだしている。


 小児での死亡数。35人の小児がインフルエンザで死亡しているが
大多数はA/H1N1によると推定されている。この春以来A/H1N1で死亡した小児の数は179人に上る。
Laboratory-Confirmed Influenza-Associated Pediatric Deaths by Date and Type/Subtype of Influenza.
Date 2009 H1N1 Influenza Influenza A-Subtype Unknown Seasonal Flu Total
Number of Deaths REPORTED for Current Week – Week 44 (Week ending November 7, 2009) 26 8 1 35
Number of Deaths OCCURRED Since August 30, 2009 98 19 0 117
Number of Deaths OCCURRED since April 26, 2009 156 22 1 179



11月13日

Antivirals can prevent pandemic flu deaths - WHO Reuters(国際)  抗ウイルス薬はパンデミックインフルエンザによる死者を防ぐことが出来る
 ・WHOはインフルエンザ治療に関する推奨策を変更した。
 ・抗ウイルス薬は発症した妊婦、幼児に使用することが強く求められる。
 ・抗ウイルス薬の使用によって肺炎や死に至る合併症を防ぐことが出来る。
 抗ウイルス薬はH1N1インフルエンザによる死亡を防ぐことが出来、妊婦や幼児、基礎疾患保持者が発症した場合は迅速に投与されるべきであるとWHOが12日木曜日に発表した。
 医師向けガイダンスの変更を発表したWHOは、ハイリスク群の患者がパンデックウイルスに感染しているという検査結果が出る前であっても抗ウイルス薬を使用すべきだと語った。
 「臨床ガイダンスを更新し、早期の治療が命を救うことが出来ると強調している。」とWHOの世界インフルエンザプログラムNikki Shindo氏は電話インタビューに答えて言った。
 WHOが6月にパンデミックを宣言したH1N1ウイルスは健康な人々にも深刻な肺炎を引き起こす可能性がある。今年北アメリカで始めて発見されて以来世界199カ国に広がり、6000人以上が死亡している。
 妊婦や2歳以下の幼児、呼吸器疾患などの基礎疾患を持つ人たちがもっともハイリスクである。
 「病気がひとたび進行したらそれを挽回する手立てはほとんどない。ウイルスが患者の肺を破壊する前に抗ウイルス薬を投与する必要がある。」と同氏は語った。
 新たな臨床ガイドラインではハイリスク群でない人たちであっても「改善が見られない、あるいは急速に悪化している」場合(呼吸困難、3日以上続く高熱)は抗ウイルス薬を投与すべきであるとなっている。
 医師の判断で投与すべきものであり、ごく普通の風邪の症状しかない患者には投与は必要ないとShindo氏は強調した。

 タミフル ジェネリック薬品

 Roche社のタミフルはWHOが症状の進行を遅くする治療法として推奨している第一線のものである。
 インドのClipa社などはタミフルのジェネリック薬品を製造している。H1N1ウイルスはタミフル耐性をそれほど獲得していないようであり、これはこの新型ウイルスが変異していないことも原因である。
 Shindo氏によればこのウイルスは「驚くほどしっかりして」おり、自然免疫を持たない人たちの免疫システムを簡単に破壊する。これはメキシコや米国での緊急事態以前には見られなかったことである。
 特に貧困国の病院の多くでは冬のインフルエンザシーズンに入るとともにH1N1の治療を求める人々が殺到した。Shindo氏はハイリスク群と重症患者に対する抗ウイルス薬を使った早期の治療がこの状況を緩和することが可能になると語った。
 WHOはパンデミックウイルスが広がり始めた5月に72カ国に対して抗ウイルス薬を送付した。最近もアフガニスタン、モンゴル、ベラルーシ、ウクライナへ備蓄を送っている。
 アゼルバイジャンやキルギスタンにも多くの抗ウイルス薬が送られる予定である。TA
Officials say swine flu epidemic spreads to all parts of Finland Helsinki Times  (フィンランド) フィンランド国内にブタインフルが拡大:当局発表
 フィンランド保健省は12日(現地時間)、ブタインフルが国内の全ての地域に拡大し、2940人の感染者が確認されたと発表した。
 また保健省と保健福祉局は数万人の人々がウイルスに感染したと付け加えた。
 政府は企業経営者に、発病した従業員は医師やナースの証明書が無くても休業を保証するように求めた。
 また政府は79万4000接種量のワクチンを国内に配布し、今後週に20万接種量ずつ入荷すると発表した。

パンデミックインフルエンザ週報更新(45週) 英国健康保護庁(HPA) 感染者数の軽度減少
 44週に比較して英国では感染者数が軽度減少している。
 赤線が現在のA/H1N1の流行曲線。春に大流行しているが、現在はそれ程でもない。


Swine flu skepticism demands deft response  Reuters (国際) ブタインフルエンザに関する懐疑論が広まる

欧州の科学者と健康省はH1N1インフルエンザが初めに恐れていたような死者数や社会の破たんをきたしていないにも関わらず、社会的機能維持のために対応する必要があるのか、という怒りを含んだ質問に直面している。
パンデミックは医療研究所などによって偽造されたものであり、研究所や製薬会社の儲けさせたのではないか、という非難が英国やフランスのメディアで飛び交っている。

今週、英国のIndependent新聞では『パンデミック?一体何がパンデミックなのか?』という見出しの記事が記載された。
このような反応に科学者たちは足並みをそろえて回答している。
「ウィルスは病原性は弱いが、それでも死者を出し、政府等の感染拡大対策を行っていることによって欧州では低い致死率に抑えられている。
我々が重症化の高い方々を守らなければならないことを十分わかっている限り、ウィルスを征服するためによく研究する必要があり、今後起こりうる新たなパンデミックのためにも新しい研究や薬剤の開発のために準備が必要である。」

H1N1インフルエンザウィルスは若年層に打撃を与えている。20代、30代の成人と子供たち―現在WHOでは世界で6000人以上の死者が出ている。
季節性インフルエンザは平均的に年に人口の20%を感染させているが、もっとも打撃をうけてきる英国でさえ、このH1N1豚インフルエンザの感染者は人口の10%未満である。
WHO専門家は以下のように話す。
「今回のannounceは病原性が低いと私は定義づけない。なぜなら我々は不幸な死亡例を一定数経験しているからである。今はまだ病原性を判断するには早いと思う」

”低病原性”という言葉はH1N1に関して多くの人々に、「どうしてこんなに慌てるの?何をそれほど気にしてるの?」という疑問をおこさせてしまう。
フランスのLe Parisien新聞では『ブタインフルエンザ―なぜフランス人はワクチンを信用しない』という見出しの記事が記載されており、H1N1の予測される影響とあまりドラマチックではない現実との差について記載されている。

シナリオは見直された

英国の健康省が出した初めの最悪を想定したシナリオでは65000人がH1N1で死亡するというものだったが、見直しが2回行われ、約1000人程度の死亡者が予想されている。これは季節性インフルエンザで死亡する年平均4000~8000人よりも明らかに低い。著名な科学者が今週、H1N1に関する研究資金を新たに1240万ドル得たことをメディアへ告げようとしたが、「どうして今回のパンデミックは病原性が低いのか?」という報道者の声にかき消されてしまった。
科学者たちは「我々は勝てないよ」と嘆いている。

WHOは香港で18名の鳥インフルエンザ感染者が亡くなり、大量の鳥の処分により感染拡大を防いだ1997年から、世界各国へパンデミックの準備をするように働きかけてきた。2003年に中国と韓国南部で発見されたH5N1感染例によって緊急性を高めた。

現在パンデミックが発生したが、明らかなH1N1の病原性の低さに、今まで作ってきた対策は破たんしているとも言われている。
英国政府は繰り返し「国はパンデミックに十分備えている」と話している。多くの抗インフルエンザ薬を備蓄していること、早期に新型インフルエンザワクチンを注文し、十分量のワクチンを必要な人々にカバーできることも挙げている。
1918年に英国では23万人、世界では5000万人の死者を出したパンデミックと比較し、現在は効果のある抗ウィルス薬がある事実からも以前と異なる。
「我々は以前抗ウィルス薬はなく、高い頻度で起こる肺炎に対する抗生物質もなく、また人工呼吸器や中心静脈栄養など高度医療も行える違いがあるだろう」

呼吸器感染症の専門である医師は以下のように話している。
「科学者は決してパンデミックを楽しんでいるわではない。歓迎していた事態でも、もちろんない。ただこのように集まってくる膨大な科学的情報は、今後のインフルエンザに関する知識をより深めることになるだろう」SK
11月12日


WHO Says Country Measures On Swine Flu Can Vary WSBtv.com  (米国) WHO、各国のブタインフルに対する対策は異なっている
 学校閉鎖等、格好に於けるブタインフルエンザ対策は異なっているが、国により考え方が異なるからWHOは特に意見を呈しない。ただ人権に配慮する必要はある。
Recalculating the Tally in Swine Flu Deaths The New York Times  (米国) ブタインフル死者の再計算
 現在米国でブタインフルエンザによる死者数が1200人とされているが、CDCの研究者達はブタインフルエンザおよびそれに関して死亡した死者数が4000人と推定し、調査論文を発表する予定としている。
 推定死者数が増えることは、ウイルスの病原性が増したことを意味はしない。
 ミネソタ大学のオステルホルム教授は、4万人であるならば本質的意味は異なるが、4000人という数値は、特に何も本質的に変わりはしないとコメントしている。
11月11日

Afghanistan losing fight against swine flu, says health minister Gaea Times  アフガニスタン、ブタインフル対策に手段がなしと
 首都カブールを中心にブタインフルエンザが流行しだしているが、対策強化の手段がないようだ。カブールでは450人の感染者が確認されていて、学校と大学が閉鎖されている、公共的集会も禁止されている。さらに外出する際のマスク着用もアドバイスされている。100万人分のワクチンが必要であると保健省では言っている。



新型ワクチン「1回で十分」 中日新聞
 新型インフルエンザワクチンの接種回数について議論する、専門家らによる厚生労働省の意見交換会が11日開かれ、国産ワクチンを2回接種しても、1回だけの場合に比べ効果の上乗せはなかったとの臨床研究結果が報告された。
 現時点では優先接種対象者の接種回数は、医療従事者を除き2回が前提だが、今回の結果を受けて専門家らは、「基礎疾患(持病)のある成人」「乳児の保護者」「65歳以上の高齢者」、さらに「妊婦」についても「1回で問題ない」との見解で一致した。
 「中高生についても1回で良いとの意見が大勢を占めたが、一部から12月中旬に出る別の臨床研究結果を待つべきだとの意見が出た。会議に途中まで出席した足立信也政務官は「可能な限り速やかに行政判断したい」と述べた。
 1回接種が決まれば、ワクチンを節約して、全体的に接種時期を前倒しできる可能性がある。
 臨床研究は、9月中旬から国内4カ所の医療施設で、健康成人200人を対象に実施された。報告によると、2回接種後に採血して免疫の指標となる抗体価を測定したところ、1回接種に比べて十分な免疫が期待できる抗体を持った人の割合がわずかに減るなど、2回接種しても1回の場合と効果に差がなかった。
 先に公表された同研究の中間報告では、通常量の0・5ミリリットルを接種した場合、1回で78・1%の人が免疫を期待できる抗体を持つなど、国際的な評価基準を満たす結果が得られていた。
 意見交換会では、専門家からは「1回の接種で既に抗体が上昇し、2回目で上がる余地がなかったと考えられる」などの見方が示された。意見交換会には、ワクチンや感染症の専門家、患者団体の代表らが参加した。
Venezuela: swine flu contained among Indians Fresno Bee (ベネズエラ) ベネズエラ:インディアン部落のブタインフル流行は封じ込めたと
 ベネズエラ保健大臣はアマゾンのインディアン村落におけるブタインフルの流行は封じ込められたと発表した。
 ヤノマミ族におけるブタインフル流行で5人が死亡したが、状況は完全に医学的にコントロールされていると語った。
11月10日

Infection of farmed animals with the pandemic virus WHO パンデミックウイルスの養殖動物への感染
 これまでのところ、WHOインフルエンザ調査ネットワークの緊密な検査によってH1N1パンデミックウイルスが病原性を増す変異を遂げている兆候は発見されていない。現在認可されているパンデミックワクチンは循環中のものと非常によく適合しており、良い防御策となることが期待されている。
 H1N1ウイルスの変異に対する警戒からインフルエンザに影響を受けやすい動物(人類同様に哺乳類、鳥類も)におけるインフルエンザ感染が監視されている。ほとんどのA型インフルエンザウイルスは哺乳類の間で循環し、単一種に優先的に感染しているが、種を超えた感染も起きると知られている。

 豚における感染

 この懸念はこれまで、人インフルエンザにも鳥インフルエンザにも豚インフルエンザにもかかりやすい豚に対して集中して抱かれてきた。インフルエンザウイルスは8つのセグメントを持ち、豚は理論的には異なるインフルエンザウイルスに同時感染することによって遺伝子交換を起こす「混合容器」として働く可能性があるといわれてきた。こうしたことによってパンデミックH1N1ウイルスが形作られた可能性がある。
 新型H1N1ウイルスが出現して以来、養豚場における豚のH1N1感染が少数ながら報告されてきた。限定された因子から判断するに、これらの感染は人から豚へと直接起きたと考えられる。これらの単独例は人から人へ既に感染を広げているパンデミックの動態には大きなインパクトを与えはしかった。人における感染が徐々に広範にわたっていくにつれ、人から豚へのウイルス感染も頻度をさらに増すことになりそうである。

 他の種でのインフルエンザ

 これに加え、パンデミックH1N1インフルエンザウイルスはチリとカナダにおいて七面鳥に、アメリカではペット(フェレットや猫のことか)に感染していることが報告されている。これらの感染は単独例であり人類の健康には特別なリスクを呈してはいない。
このウイルスは通常の調理の温度で死滅する。適切に処理された食肉や加工製品、他の食品を消費することによって人間が感染したことはない。
 もうひとつの懸念は高病原性H5N1鳥インフルエンザが流行国数カ国の家禽において今も存在し続けているということである。H5N1ウイルスがこのパンデミックの圧力下においてどのような動きをするのかを予測することは出来ないが、これまでに出ているデータでは安心できる内容となっている。
 デンマークの専門家たちは最近新型H3N2インフルエンザウイルスがミンク農場のミンクに感染していることを報告した。このウイルスの配列は人と豚の混合型であることが分かっており、これまでに循環しているインフルエンザウイルスと同一であるとは確認されていない。しかしながら、今回のことはインフルエンザウイルスが絶えず生態系の進化を遂げていることを示すものであり、驚くべき変異を遂げる可能性を持つことを示すものであり、動物においても継続的な警戒心を持つことの必要性を示すものである。

 緊密な監視が必要

 これら最近の発見から、動物や人間におけるA型インフルエンザウイルス感染はさまざまなホストの間で循環する遺伝子プールのような働きを持ちつつあるようだと示唆される。豚以外の動物の中で新型インフルエンザウイルスが作られる可能性が存在するということである。これによって緊密な監視、公衆衛生と獣医専門家の緊密な協力の必要性が高まってくる。
 インフルエンザ感染が養殖動物に確認された場合、WHOは農場労働者に呼吸器疾患の兆候が無いか監視することを推奨しており、もし兆候があればH1N1感染確認検査を行うことを推奨している。FAQとOIEは動物たちが病気になったら検査を受けて適切に管理し、安全に回復するまでは出荷などをしないことを推奨している。
 さらに、感染動物から採取したサンプルは完全な遺伝子配列検査を受け、病原性の変化やホスト範囲の変化、耐性獲得を起こしていないかを確認すべきである。こういった遺伝子解析は感染や流行の考えうる起源を評価するために重要である。

 公式通知

 高病原性鳥インフルエンザウイルスの鳥への感染事例は他の動物の「緊急疾患」と同様、世界動物保健機構に報告されるべきである。これはパンデミックH1N1ウイルスなどの「新型感染症」の基準と調和するものである。
 これらの動物の疾病はOIE通知用件にあわせて疫学的、ウイルス学的調査の結果とともに報告されるべきである。TA
Troops in Afghanistan fight swine flu amid war Tuscaloosa News (subscription) (米国、アラバマ) アフガニスタンの軍隊でブタインフルが流行
 アフガニスタン保健省の発表によると、7月以来発生した779人のブタインフルエンザのうち710人は、アフガニスタン、米国、およびイタリアの軍隊の兵士であったとされる。11人死亡しているが、1人は兵士であった。
Flu Vaccine Urged For Asthma Patients WDIV  (米国) 喘息患者はインフルエンザワクチンを至急接種するように
 ミシガン州保健局。
Canada can't spare H1N1 vaccine to donate to Afghanistan: ambassador Metro Canada  (カナダ) カナダは、アフガニスタンにH1N1ワクチンを提供する余裕がない:大使
 アフガニスタン政府にワクチンの提供を求められているカナダ政府は、提供できる余裕がないことから、代わりに抗インフルエンザ薬等の医薬品の提供を考えている。
 7月以来アフガニスタンでは、779人の感染確認例が出ているが、ウイルスは当初米軍基地から拡大したと考えられていた。
 来週WHOからワクチンが55万接種量が届くとされる。
 全土の学校は3週間に亘り閉鎖されている。
11月9日

One die of Swine Flu, India Toll goes up to 485 Breaking News Online(インド) インドにおける豚インフルエンザ死亡者数は485名に
 8日日曜日に豚インフルエンザによる死亡者が新たに1名確認され、インドにおける死亡者数は485名となった。最新の死亡例はマハラシュートラ州で確認された。マハラシュートラ州ではこれまでに207名の死者が確認されている。次に死者が多いのがカルナータカ州で117名である。新たに71名の感染が確認され、国内感染者総数は14477名となった。TA
Swine flu panic spreads to 3rd Nepal district Mangalorean.com  ネパールの第3の地域へもブタインフルが拡大
Myagdi district, adjacent to Baglung and Parbat
 パルバト、バグラング県に続いてミャグジ県でもブタインフルが拡大。多くの住民が検査を求めて病院へ殺到している。
 ネパールでは死者は出ていない。
 先週パルバド県の学校と軍の基地でブラインフルが発生している。
Ukraine's president says no need for flu emergency Hurriyet Daily News - ウクライナ大統領、インフルエンザに対して緊急事態宣言の必要はないと
 学校の閉鎖、旅行制限等、社会的活動が低下する対策の必要はないと大統領が語った。
 同国では国家安全防衛委員会がインフルエンザ拡大対策として何らかの緊急事態対策が必要であると6日に発表している。
 大統領はインフルエンザ流行はウクライナだけではなく、他の多くの国でも起きていることで、今、緊急に社会活動が低下するような対策をとる必要はないと語った。ウクライナ保健省によると、10月末から93万人の感染者が発生し、43762人が入院し、144人が死亡したと発表している。
新型インフル、死者52人目=3歳男児が死亡-埼玉  時事通信
 埼玉県は8日、新型インフルエンザに感染した深谷市の3歳男児が死亡したと発表した。基礎疾患(持病)はなかった。死因はインフルエンザ脳症とみられる。厚生労働省によると、国内の新型インフルエンザ患者の死者数は、疑い例も含め52人目。
 県疾病対策課によると、男児は6日午後9時ごろ発熱し、7日午前に深谷市の診療所で受診。簡易検査の結果A型陽性とされ、タミフルの投与を受けた。午後に意識がなくなり、市内の病院に搬送されたが死亡した。
中国、805万人に新型インフルの予防接種 中国国際放送  (中国、日本語版)
 中国衛生省は、8日正午までに、大陸では805万2千万人が新型インフルエンザの予防接種を受けたと発表しました。
 また、国家食品薬品監督管理局は正午までに、3912万3千人分のワクチンを配布し、各地方には合計2545万8千人分のワクチンが届いているということです。
Swine flu fatalities rise to 27 in Turkey, but survivors total 250000 Today's Zaman  (トルコ) トルコ、ブタインフルでの死者は27人に、しかし25万人は軽症治癒
 死者発生が大きく報道され、国内では動揺する市民が増えている。しかし大多数は知立している事実が伝えられていないことが、不安を高める原因となっている。27人が死亡したのは間違いは無いが、少なくとも25万人は治癒しているのも事実であり、それを国民に伝える必要がある。保健省の科学委員会のメンバーのコメント。致死率は0.01%。
11月8日


Tehran Shuts Schools over Swine Flu Fars News Agency  (イラン) テヘラン周辺でブタインフル流行のため休校措置
 これまで2135人の感染が確認され、33人が死亡している。テヘラン地域で271の小学校と中学校が8間の休校となった。
Seasonal flu may hit Europe after H1N1 - experts Reuters(国際) H1N1インフルエンザに続いて季節性インフルエンザがヨーロッパで流行する可能性ありと専門家の意見

 ・EUの健康調査委員会がインフルエンザ流行は2度起きる可能性があると見ている。
 ・H1N1インフルエンザは季節性インフルエンザ同様ヨーロッパで4万人の死者を出す可能性がある。
 H1N1パンデミックウイルスによってヨーロッパ中で最大4万人が死亡し、続いて季節性インフルエンザの波が訪れてほぼ同数が亡くなる可能性があるとヨーロッパの専門家たちが6日金曜日に発表した。
 スウェーデンに本拠地を置く欧州CDCによればH1N1豚インフルエンザ流行はEU諸国ほぼ全域に広がっており、ピークはいつになるか予測もつかないということだ。
 確かなのはただひとつ、北半球での冬が進むにつれて多数が亡くなり、多くの患者が集中治療室に入るだろうということだ。
 「ヨーロッパ諸国すべてが影響を受ける。医療機関に多大な圧力がかかるだろう。」と欧州CDCのZsuzsanna Jakab氏は語った。
 欧州CDCはEU諸国、EFTA加盟国における疾病を監視しているが、パンデミックインフルエンザと季節性インフルエンザによって何が起こるのか予測することは難しいと語っている。季節性インフルエンザ流行が「パンデミックの波が去った2010年初頭に」起こる危険性があるということである。
 欧州CDCインフルエンザ担当Angus Nicoll氏によれば、パンデミックが起きていない状況でもヨーロッパでは季節性インフルエンザで4万人が亡くなる可能性があり、H1N1インフルエンザでほぼ同数が死亡する可能性があるということだ。
 「これは些細な数ではない。実際H1N1インフルエンザは若年成人や妊婦、リスクの無い人たちに感染している。このことは季節性インフルエンザと異なる点である。」
 
 リスクと死亡例

 欧州CDCは米国と南半球での事例から、感染した妊婦はリスクの無い人に比べて集中治療室での治療が必要になる可能性が10倍になると語っている。喘息や慢性疾患がある患者は3倍、病的肥満の人は6倍のリスクだという。
 しかしこれまでのエビデンスから、H1N1インフルエンザによる死亡者のうち20-30パーセントはもともと健康な若い人たちであるということが分かっている。
 欧州CDCの最新報告によればEU27カ国とEFTA加盟国のうち4カ国でH1N1感染者が確認されており、H1N1インフルエンザによる死亡例は4月以来389名確認されている。154名が英国、73名がスペイン、25名がイタリア、22名がフランスでの死亡者である。
 欧州CDCの統計では、世界でこれまでにH1N1インフルエンザによる死亡者が6005名確認されている。WHOが5日木曜日に発表した更新情報では5712名が死亡しているということだ。
 欧州CDCによればパンデミックインフルエンザによる死亡者数は「かなり過小評価されているようだ」ということだ。医療機関へのアクセスやウイルス検査は国によって状況が異なるからである。
 GlaxoSmithKline社、Sanofi-Aventis社など25社がパンデミックワクチンを製造中である。Roche社などはH1N1治療の最前線で使用される抗インフルエンザ薬を製造している。
 ヨーロッパ諸国では今後数週間でワクチンプログラムが開始され、ハイリスクの人々を救う鍵となるが、感染拡大を防ぐためにはあまりにも遅すぎた開始となる。
 「現時点ではワクチンで社会全体を救おうとしているわけではない。我々の戦略は脆弱な人々を救うということである。」とNicoll氏は語った。TA

State wants schools to remain open  Enterprise News  (米国) マサチューセッツ州、休校は可能な限り最後の手段に
 マサチューセッツ州では現在6校がブタインフルのために休校している。一方50校以上からウイルス感染のための欠席者数の増加が報告されている。州の保健局では、休校は最後の手段として、段階を踏んで対策を講じることを各学校に求めている。
 州のアドバイスは、休校により全生徒を家庭に隔離するよりも、発病した生徒を間違いなく家庭に隔離することが重要であるというものだ。
 州保健局では、CDCも州の公衆衛生局も学校の閉鎖は望んでいないと語った。
 20から25%の欠席率が見られる学校も多いが、当局では現在の季節では多いが、冬期間の季節性インフルエンザシーズンでは通常のことであると説明している。
新型インフル:名古屋の5歳女児が死亡 病院から帰宅後  毎日新聞
 名古屋市は7日、新型インフルエンザに感染した同市在住の女児(5)が病院から帰宅後、心肺停止に陥り死亡したと発表した。
 市健康増進課によると、女児は6日に38度台の熱と激しいせきが出て病院で受診。7日朝には、けいれんが起きたため再度受診し、タミフルを処方され帰宅した。約2時間半後、寝ていた女児の息がないのに家族が気付き119番したが、運ばれた病院で死亡が確認された。
 同課は「診察の段階では肺炎や脳症と判断できなかったが、急速に悪化したのではないか」と話している。
 国立感染症研究所によると、10月26日~11月1日(1週間)の定点医療機関1施設当たりのインフルエンザ患者数で、愛知県は全国一の54.44(前週39.42)となり、患者総数も1万562人(同7647人)と1万人を超えた。
 名古屋市東区の市医師会休日急病診療所では、7日午後3時~8日午前0時に190人が受診し、うち109人が新型インフルエンザだった。同課は「例年の4倍近い患者数」と話している。
Swine flu shuts down Slovaka-Ukraine border 3 News NZ - (ニュージーランド) ブタインフル流行でスロベキアとウクライナ国境が閉鎖
 スロベキアはウクライナとの国境を1本の道路以外閉鎖した。理由はウクライナで流行しているブタインフルによる。
 国境の管理所には医師や公衆衛生専門家た駐留していて、同国にウクライナから入国する人々のチェックを行っている。
 ウクライナではH1N1インフルが流行していて、この数週間で100人以上が死亡し、75万人以上が感染している。
 ニュージーランドでは死者は19人しかでていない。(ニュージーランドは、完全に初夏を迎え、インフルエンザシーズンは去っている)。
Pandemic H1N1 outbreak, Ukraine  ECDC日報から (国際) ウクライナにおけるパンデミックH1N1
 2009年11月6日報告から

ウクライナ保健省発表内容

 多くの検体からA(H1N1)が検出されており、それはWHO協力研究所(ロンドン)でも確認されている。

グーグルの本日の流行トレンドは以下の通り。

Mass vaccination begins in Belgium  Gulf Times (クエート) ベルギーでワクチンの集団接種が開始
 ベルギーではハイリスク者を対象にしたブタインフルワクチンの集団接種が開始された。
 医療担当者の希望者15000人に対しては既に接種は終了している。
 医療担当者の他に、6ヶ月以下の乳児の両親、妊娠3ヶ月以上の妊婦、小児やハイリスク者と接する職業に従事している人に対するワクチン接種が行われる。医師達に100万接種量のワクチンが直接配布された。
 ワクチン接種は無料であるが、ワクチン自体は販売品でないため、接種対象者以外は接種を受けることは出来ない。
 保健省では医師達にワクチン接種者の名簿を作成するように指示している。
 これまでベルギーでは8人の死亡者がでている。人口は1060万人。
Flu death toll rises to 135 in Ukraine Gulf Times (クエート) ウクライナでの死者数が135人に増加
 ウクライナで流行中のインフルエンザと呼吸器感染症による死者数は135人となり、また感染者数の総数は871037人となった。同国へはEUから緊急医療用品が提供された。
 現在39603人が入院中で317人が重体とされる。
 同国は32人のブタインフル事例を確認し、うち14人がA(H1N1)ウイルス感染に関連して死亡している。保健省はそうした事実から、この流行はブタインフルが中心となったものと判断している。
 オーストリアからの救援物資を積んだ飛行機がキエフに昨日の早朝に着いた。予防用マスク、消毒薬、予防用グローブ等が含まれる。30万ドル相当となる。
 また米国では93万接種量のワクチンを12月初めに届ける予定と、米国大使館では発表している。
Hundreds Get Vaccinated In Cleveland County Drive-Thru Clinic WSOCtv.com (米国) クリーブランド郡でドライブスルー方式で数百人にワクチンの接種
 
Swine Flu Killed 6000 by Now Standart News (国際) ブタインフル、世界で6000人が死亡 
 A(H1N1)インフルエンザが世界で流行し始めてから、死亡者数は6000人を超えたとWHOが発表した。感染者が発生した国の数は199に達する。南北アメリカは最も多い。ヨーロッパでは300人の死亡者の発生に留まっていて、現時点では世界で最も安全な地域となっている。
 専門家によると、状況は絶えず変化していて、ヨーロッパだけで4万人の死者がでることもあり得るとされる。ストックホルムに本部があるヨーロッパCDC(ECDC)によると、ほとんどのEU加盟国でブタインフルは発生していて、そのピークに関しては誰も予知できないという。
 一方、ウクライナでの死者数は135人となった。1月17日に予定されていた大統領選挙が延期される可能性が出ている。
11月7

ワクチン、保健所や学校活用を 接種前倒しで学会 神戸新聞
 厚生労働省が新型インフルエンザワクチンの子どもへの接種前倒しを都道府県に要請したことを受け、日本小児科学会(会長・横田俊平横浜市立大教授)は7日、病院や診療所でのワクチン接種で感染が広がらないよう、保健所や学校などの活用を求める声明を出すことを決めた。
 子どもが重症化するケースが増えているため、厚労省は6日、基礎疾患(持病)がある小学4年生から中学3年生までと、健康な1歳から小学校低学年への接種開始を、可能であれば今月中旬に早めるよう求めた。
 声明は「感染児が多数受診する診療所や病院でのワクチン接種は、新たな感染者を生む原因となる」と指摘。保健所や学校のほか、保健福祉センター、幼稚園、保育園などの活用を自治体に求めるよう厚労省に要望している。
 接種には小児科医だけでなく、保健所の医師、学校医など医療関係者を総動員するよう指示することも求めた。
Tiny Alaska island village struck by suspected swine flu, isolated without ... Metro Canada (カナダ) 定期便も通わないアラスカの離れ島でブタインフルが流行
 下記報道と内容は同じ。
Island village hit by suspected swine flu Bellingham Herald (米国) エスキモー居住村でブタインフル流行の疑い
 アラスカから遠く離れたエスキモー居住島でブタインフルが流行している疑いがあり、アラスカ守備隊がヘリコプターで医療スタッフと必要物品を運んだ。130人近い村人達がインフルエンザ様症状を呈しているとされる。ワクチン接種が予定されている。
 ディオメード(Diomede)は米国内で最も孤立した地域とされ、ベーリング海のロシアの大ディオメード島と僅か3マイルしか離れていない。
カナダインフルエンザ43週情報  (カナダ保健省) 

 カナダでは対数的に感染者数が増加している。
 定点機関受診患者の中に占めるインフルエンザ様患者数の割合は、10%を超えている。米国で示された数値よりも多い。
 この週に入院した患者数は661人、ICU93人、死者数8人。
 春からの通算入院患者数は1492人、死者数は76人。
 

米国インフルエンザ43週情報 米国CDC
 

 43週(10月25日~31日)
 小児(18歳以下)での死者数が18人発生。
 インフルエンザ様症状および肺炎での死亡率が、例年の閾値を超えている。
 定点機関を受診するインフルエンザ様症状の患者数が若干減少に転じた。
 左図:上段は定点機関外来患者100人中に占めるインフルエンザ様疾患患者の割合。最新週では若干低下を見る。下段は受診インフルエンザ様患者の絶対数。数は明らかに減少。



新型インフル 優先対象者も順番待ち? ワクチン量不足で  東京新聞
 九日から始まる新型インフルエンザの優先対象者へのワクチン接種で、埼玉県内のワクチン供給量が当面は優先対象者全員に行き渡らない見通しであることが、分かった。県は六日、新型のワクチン接種を行う県内医療機関のうち、入院・通院患者以外でも接種を受けられる千八百三十カ所の医療機関名を公表。今後予約が本格化するとみられるが、県は「優先対象者も『順番待ち』となる事態は避けられない」と理解を求めている。 
 「いつ、どこで接種ができるのか」「早く予約できないか」-。病院や自治体、保健所には連日、ワクチン接種に関する問い合わせが相次いでいる。
 川越保健所は「一日百件前後のペースで相談があり、接種時期の質問が多い」。熊谷市も「子どもの予防接種などを行う母子健康センターには、日常業務に影響するほど殺到している」と話す。
季節性ワクチンも不足  swissinfo
 医療従事者や妊婦らへの新型インフルエンザのワクチン接種が始まる中、昨年の8割程度に生産を抑えられた季節性インフルエンザのワクチンが不足し、医療機関が対応に苦慮している。接種希望者の増加も品薄に拍車を掛け、窓口で断られるケースも出ている。
新型インフルワクチン 小児接種前倒し要請 厚労省 東京新聞
 厚生労働省は六日、新型インフルエンザのワクチン接種で、(1)基礎疾患(持病)がある小学校高学年から中学三年生(2)持病がない一歳から就学前の幼児(3)持病がない小学校低学年-について、当初十二月からの予定だったのを、前倒しして今月中旬からとするよう都道府県に検討を要請した。
 新型インフルエンザが本格的に流行する中、子どもの重症化例が増えていることを受けた措置。ワクチンの流通や在庫、医療機関の対応状況を把握した上で、検討するよう求めている。
 同省によると、七月下旬以降、新型インフルの入院患者五千七十二人のうち、十四歳までの小児は約八割。このうち、三分の二は持病がなかった。死亡した十四歳以下の小児は十一人で、うち八人は持病がなかった。
In Europe, most swine flu shots by invitation only The Associated Press  (国際) ヨーロッパでは、個別通知によりブタインフルワクチン接種が行われている
 多くのヨーロッパ諸国では、ハイリスク者に対する個別接種通知により行われている。クリニックや接種機関に接種希望者が列をなす光景は見られない。
Poll finds swine flu vaccine hard to find CBS 5  (米国) 世論調査:ブタインフルワクチンの接種が受けられない
 ハーバード大学公衆衛生学部の世論調査:ワクチン接種を希望している成人の三分の一しか接種を受けることが出来ていない。また子供にワクチン接種を受けさせたいと思っている保護者も、やはり三分の一しか接種を受けさせることが出来ていない。
 ワクチン接種は基本的に高度の優先性があるハイリスク者に対して行われている。
No long lines, no cries of injustice; Europe has more orderly approach to .. Metro Canada (カナダ) 長蛇の列も作らず、不公平との叫びもなく:ヨーロッパでは予定通りワクチン接種が進む
 米国やカナダとは異なり、予想外に冷静で、または関心度の低いヨーロッパにおけるワクチン接種状況。
Respirator or face mask? Best H1N1 protection still debated CNN (米国) N95マスクか外科用マスクか?医療従事者のH1N1ウイルス予防に対する論議がいまだ続く
 医療現場で、H1N1感染者または疑い者に接する医療従事者が感染を防止するためには、N95マスクと外科用マスクのどちらが効果的か、未だ論議が続いている。いくつかの研究発表を紹介。明確な差がないようだ。
Orderly approach to swine flu shots in Europe  CBS 21 (米国) ヨーロッパではブタインフルワクチン接種が予定に従って進行中
 英国を中心にブタインフルエンザワクチンは、ハイリスク者から予定通り接種が行われている。米国やカナダのように列をなして接種希望者が押しかける光景は見られない。
 英国では優先接種者に対して案内状が配布されている。他の国々でもワクチン接種に関して、冷静、または関心度が低い。
11月6日

Indiana swine flu deaths spike upward  South Bend Tribune(アメリカ) インディアナ州 豚インフルエンザによる死亡者数が急増。入院者数や受診者数も増加
 先週1週間で9人が豚インフルエンザのために死亡し、パンデミック開始以来インディアナ州の死者数はほぼ倍になった。
 州内の死亡者数は19名であると5日木曜日に保健当局が発表した。
 気がかりなデータが病院関係者から出されている。病院などで治療を受けた患者の約13パーセントがインフルエンザ様症状を訴えており、これはデータ収集開始20年来で最高の数字だというのである。
 インフルエンザと肺炎による入院数も過去3週間の平均で41パーセント急上昇した。
 病院の74パーセントはインフルエンザ様症状による入院例が1週間前の59パーセントから「やや増加」あるいは「増加」していると答えている。
 しかし州保健担当Judy Monroe氏と疫学者Pam Pontones氏によれば2点の明るい兆しもあるという。インフルエンザ様症状で緊急治療室に運ばれる患者の数は減少しており、1週間前の12.7パーセントから10.6パーセントになった。20パーセント以上の欠席率を報告した学校は1週間前の39校から9校に減少した。
 しかしMonroe氏は、死者は増加するだろうと予測している。「州内では依然として活発なインフルエンザ活動が見られる。緊急治療室の受診者数が減少しているのはいいことだが、ピークがいつなのかということを予測するのは難しい。」
 Pontones氏は豚インフルエンザがピークを迎えたと宣言するにはあと数週間分のデータが必要だと語った。
 「希望の持てる指標が見え始めているところだが、まだ闇を抜けきっていないという指標もある。」と同氏は述べた。
 保健当局はプライバシーへの配慮から死亡者の居住地域を特定できないと言及した。
明確な数字をあげることは出来ないが、19人の死亡者のうち半数以上が基礎疾患保持者だったということだ。
 先週確認された死亡者の年齢層は0-4歳:1名; 25-49歳:3名; 50-64歳:3名; 年齢不詳:2名である。
 Monroe氏によればインディアナ州は豚インフルエンザワクチンを既に66万6000回接種分注文しており、最終的には400万ー450万回接種分を受け取る予定だと発表した。インディアナ州ではすでに約20万5000人がワクチン接種を受けており、各郡は人口に応じたワクチンを日々受け取っている。TA
9 more flu cases detected in Nepal,toll reaches 48 Press Trust of India (インド) ネパールでさらに8人のブタインフル感染者が確認、合計48人に
 本日、さらに9人のブタインフル感染者がネパールで確認された。同国の感染者の合計は48人となった。
 12検体のうり9検体からH1N1ウイルスが検出された。
 流行しているパルバト県の県庁所在地であるクスマではこの6日間休校になっている。理由は生徒の間でウイルス熱(viral fever)が流行しているからとされる。
 1000人以上の生徒が1週間以上も前からウイルス熱に罹患し、500人以上が地域の病院で治療を受けている。
 一方、隣のバグルン県でもブタインフルが流行し、当局は一時的に全学校の閉鎖を指示した。
インフル患者1・35倍、154万人に…最新1週間 読売新聞 
 国立感染症研究所は6日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、最新の1週間(10月26日~11月1日)に新たに医療機関を受診したインフルエンザの推計患者数は、前週(10月19~25日)の約114万人から1・35倍の約154万人になったと発表した。
 ほとんどが新型インフルエンザ患者と見られ、7月上旬以降の患者数の累計は約585万人となった。
 1医療機関当たりの患者数は33・28人で、初めて全国平均が警報レベルの30人を超えた。
 都道府県別では、愛知54・44人、秋田53・55人など、北海道を除きすべての都府県で前週を上回った。
Large NYC employers getting swine flu vaccine BlueRidgeNow.com  (米国) ニューヨークの大企業でブタインフルアクチンの接種開始
 企業のハイリスク者に対して産業医が接種(企業内のクリニック)。また小児科医と産科医の半数がワクチン接種に応じて、クリニクでハイリスク者を対象に接種を開始。
Swine Flu 'Widespread' in South Carolina Again WLTX.com  (米国) サウスカロライナでブタインフルが再び拡大に
 サウスカロライナはこの数週間、米国内で2番目に発生数が少なく、地域内発生に留まっていた。しかし最新のデータ(10月25日~31)では、後半な流行が見られ出した。
Weekly pandemic flu media update  Health Protection Agency (英国健康保護局) パンデミックインフルエンザ週報更新44週-英国の感染者数減少

 
 英国の44週ではインフルエンザ様患者数が減少した。
 定点クリニックを受診した患者数の割合(10万人当たり)は37.7人であったが、前週の44人よりも減少した。
 また、もっとも発病率の高い年齢層は1歳以下、および1歳から4歳であった。
 国家パンデミック・サービス(オンラインで相談し、診断されたら抗インフルエンザ薬を処方される)での処方された数も減少した。
 先週の発生数は84000人と推定されているが、その誤差範囲は大きい。


11月5日

Indiana pigs test positive for swine flu, officials say Winston-Salem Journal Now(アメリカ)  インディアナ州 養豚場で豚インフルエンザ感染確認
 米農務省は4日水曜日、インディアナ州の養豚場の豚にH1N1インフルエンザの感染が確認されたと発表した。
 農務省によれば4つの組織サンプルが検査陽性となったということだ。サンプルが採取されたのは10月下旬であり、豚もその世話をする職員も回復している。
H1N1 shows no widespread antiviral resistance - WHO Reuters (国際) H1N1ウイルス、タミフル耐性株の拡大はない:WHO
 WHOのパンデミック・インフルエンザ対策専門家のケイジ・フクダ氏が記者会見で、タミフル耐性H1N1ウイルスは時々分離されるが、全て孤発例で、周辺への拡大はないと語った。
 
新型ワクチン、「感染ピークに間に合わない」と米当局 AFPBB News  (AFP 日本語版)
 米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)のトーマス・フリーデン(Thomas Frieden)所長は4日、米国内での新型インフルエンザA型(H1N1)の流行が、国民全員にワクチンが行き渡る前にピークを迎える可能性が高いと述べた。
 フリーデン所長によると、米国内では多くの州で感染が拡大している一方、すでに感染数が減少し始めた州も南東部で出始めており、「ワクチンが用意できるより前に感染がピークを向かえ、減少し始める可能性が高い」という。同国でインフルエンザの流行期が終わる5月までに流行の第二波が来るかどうかは不明としている。
 米当局によると、米国内でのワクチン製造は目標を大きく下回っており、政府試算では10月中に1億6000万回分が用意できるとされていたが、10月29日時点でまだ2480万回分しか調達できていないといい、来年1月までに優先接種の対象者全員に予防接種を行うことはできない状況だ。
1000 Students Sick In NH School District  WBZ (英国) ニューハンプシャーで1000人の学童がブタインフルに感染
 ロンドンデリー学校区で今週5人に1人の学童がブタインフルを発病したと発表した。
 正確にH1N1感染で欠席した学童の数は不明であるが、多くの両親からインフルエンザ様症状を呈していると連絡が入っている。
 教育局では3日に約1000人が欠席したと判断している。先週は380人であったから倍増している。
 ほとんどの学童は小学生である。
Officials: Swine flu confirmed in Iowa cat Salt Lake Tribune  (米国) 当局:アイオワ州でブタインフルが猫に感染
 13歳のショートヘアード・キャットがブタインフルに感染し、アイオワ大学獣医学部病院で治療された。猫は回復した。他にもオレゴン州とネブラスカ州でフェレットの感染も確認されたが、死亡している。
 CDCでは、このように猫や犬などのペットに感染することはあり得ると考えていたとコメントしている。
 猫は食欲が無くなり、呼吸困難を生じた。
新型インフルワクチン接種に賛否両論 swissinfo (スイス、日本語版)
 スイスで新型インフルエンザのワクチン接種が11月16日から開始される。第1段階では妊婦、医療関係者など、重症化や感染リスクの高い人を対象にする。
 それ以外の人への接種はワクチンの供給が整った12月初めに始まる。連邦保健局 は、手洗いなどの予防に加えワクチン接種を奨励するが、11月2日発表された新聞紙上のアンケートではわずか1割近い人しかワクチン接種を考えておらず、またワクチンの安全性と有効性を疑問視する医師もいる。
ワクチン足りない!いらない! 米、インフルで混乱 朝日新聞
 
11月4日

EU ready to help Ukraine cope with flu outbreak NewsOK.com (米国) EU、ウクライナ支援態勢整う
 EUはウクライナの保健当局と密に連携して、ウクライナでのブタインフルと疑われている呼吸器感染症拡大対策に取り組むことを発表した。
 多くのEUメンバー国は支援態勢が整っているとされ、医薬品やその他の支援物資の提供を予定している。
 また、オーストリア、ハンガリー、およびスロベキアは、消毒薬、ワクチン、およびレスピレーターをウクライナに提供することを発表した。
Flu death toll in Ukraine reaches 81 - official  Интерфакс (ウクライナ) インフルエンザ死者数が81人に
 ウクライナ政府の公衆衛生疫学主任担当官は、インフルエンザまたは急性呼吸器ウイルス感染症で死亡した患者数が81人となったと発表した。また公式感染者数は45万人に達したとされる。
 死者の中でA(H1N1)で死亡したことが明らかなのは3人であり、11人が回復したことが確認されている。
Swine flu cases quadruple among Afghans, more deaths www.worldbulletin.net (国際) アフガニスタン、ブタインフル感染者数が2日間で4倍に、さらに死者数も増加
 感染確認者数は700人を超え、死者数は8人となった。国内の学校は3週間閉鎖となった。
 政府は5万人分のワクチンは入手しているが、さらに100万人分をWHOに求めている。


【新型インフル】世界各国が対応策に苦心  中央日報 (韓国、日本語版)
 新型インフルエンザによる死亡者が増えるなど拡散傾向が続く中、各国が対応策に苦心している。
  ウクライナ政府は2日、全国のすべての教育機関に1週間の休校令を出した。また市場や映画館など公共場所の出入りを自制することを勧告した。
  ティモシェンコ首相はこの日、首都キエフのボリスポル国際空港で、輸入されたタミフル30万回分を引き取った。世界保健機関(WHO)はウクライナ政府の要請を受け、新型インフルエンザ対応チームを現地に派遣した。
  イスラムの聖地メッカとメディナを巡礼する「ハッジ」を控え、サウジアラビアも非常事態になっている。AFPは、世界80カ国から集まる300万人の巡礼者をはじめ、国内でも100万人以上が移動すると予想される、と報じた。
  これを受け、医療機関の従事者とハッジに関する業務担当者の数十万人を対象に新型インフルエンザワクチンの接種を始めた。
  新型インフルエンザに感染した子どもの患者が急増し、米国当局と製薬会社の動きも慌しくなっている。米病気統制予防センターは先月初め30万人分のシロップタミフルを供給したが、新型インフルエンザによる子どもの死亡者が増えているため、先月30日、23万4000人分のシロップタミフル備蓄分を緊急放出することを決めた。
  子ども用タミフルの供給が不足するなか、製薬会社は非常措置としてカプセル形態の成人用タミフルの生産を増やしていると、USAトゥデイが報じた。
  一方、米国国立アレルギー・伝染病研究所は9歳以下の児童はワクチンを2回接種するのが望ましいという研究結果を発表した。
Some are fearful of getting H1N1 vaccine despite assurances it's safe Metro Canada (カナダ) H1N1ワクチン接種に不安を感じている市民もいる
 米国とカナダの状況。接種による副作用を懸念。敢えて接種する必要はない等。
Alberta revamps program to limit flu shots to pregnant women, youngsters for now Metro Canada  (カナダ) アルバータ州、ワクチン接種を妊婦と乳幼児に限定
 ワクチンの入荷量が少なく、押しかける市民への対応で混乱が生じていたアルバータ州では、5日から6ヶ月以上5歳以下の乳幼児にのみ接種開始と発表。6日には妊婦も含める予定。65歳以下で慢性疾患保有者は次の優先度となり、その開始は未定とされる。
CDC Urges Patience As More Swine Flu Shots Arrive Austin American-Statesman (米国) CDC、ブタインフルワクチンがさらに到着するまで忍耐強く待って欲しい
 米国では既に3180万接種量のワクチンが確保されていて、さらに今週中には1000万接種量が届く。連邦保健当局ではそのように語り、量は十分ではないが、今週初めに当局が計画した通りに予定は進んでいる。もう少し忍耐強く待って欲しいと訴えている。
BC doctors overwhelmed by H1N1 patients even before expected peak Times Colonist  (カナダ) BC州の医師の元には、ピーク前にもかかわらずH1N1インフル患者が殺到
 カナダではH1N1感染者数が急増しているが、家庭医の元には多くの患者が殺到している。
 インフルエンザ様症状の患者は通常の8倍。小児病院へはこの数週間、通常の200%の患者が受診している。
 参考:カナダにおける42週の定点機関情報。外来患者1000人中に占めるインフル様患者の比率。縦棒は例年のインフルデータ。
 今回のピークは46週前後と考えられるが、カナダの専門家の中には増加率が止まったまましばらく経過するという予測もあるようだ。広い国土の場合、平均化するとそのような状況も起きえるのだろうか?
 

H1N1 not just a threat to young: study Reuters India (ロイター、インド) H1N1は若年者だけに脅威ではない
 カリフォルニアでの研究報告。高齢者の発病率は低いが、発病すると致死率は高い。
Proposed US law would require pay for sick workers Reuters (国際) 米国の新法律では、発病した被雇用者に賃金を支払う義務が生じる
 4日に連邦議会に提出される新法律では、病気で休業した被雇用者に5日間まで賃金を支払う義務が雇用者に生じる。
Swine flu update: Children under 9 will need 2 shots Examiner.com (米国) ブタインフル状況:9歳以下の小児のワクチンは2回接種が必要の可能性
 米連邦政府による臨床試験。
 90%以上の死亡者:季節性では65歳以上、H1N1では65歳以下。
  1957年以前に生まれた人々は免疫がある。
Calif Sees High Swine-Flu Death Rate In Older People - Study NASDAQ  (米国) カリフォルニア、高齢者で致死率が高い:研究報告
 感染ハイリスク:若年者
 重症化ハイリスク:高齢者
11月3日

新型インフルエンザ:県内患者予測、10万人に下方修正 /大分 毎日新聞
 県は2日、県民の4分の1にあたる30万人を見込んでいた新型インフルエンザ患者予測を10万人に下方修正した。ピークは11月9~15日とみている。
 1定点医療機関あたり週200人の患者を想定していたが、流行がほぼピークを迎えた北海道が同60人程度で、20歳以上に予想より発症が広がっていないため。しかし、先月末には大分市で警報(同30人以上)発令レベルとなり、4日発表の最新データでは県全体が警報レベルに入るとみられる。
 一方、新型インフルの予防接種も第2弾が2日始まり、妊婦、基礎疾患のある幼児や入院患者の大人が接種を受けた。
UW sees decline in H1N1 reports UW Badger Herald (米国) ウイスコンシン大学、H1N1インフル感染者数減少傾向に
 大学内における報告数が若干減少に転じている。
Mexican official: A/H1N1 vaccine offers only 60% protection Xinhua (中国、新華社) メキシコ当局:A/H1N1ワクチンは60%の予防率しかない
 メキシコでは12月からA/H1N1インフルエンザワクチン接種が数百万人を対象に始まる。しかし、その有効率は60%に過ぎないと保健省の高官がメキシコのメディアに2日語った。
 アレジャンドロ・マシアス・フェルナンディス保健省A/H1N1対策委員長が、ワクチン接種を受けても、手洗いや咳エチケット等の感染予防対策は継続する必要があると語った。さらに多数が触れるものの消毒や、インフルエンザの症状がでた場合には医療機関を受診する必要があることも付け加えた。
 「ワクチンは万能薬ではない。それは手洗いや咳エチケット等と同じように感染予防手段の一つに過ぎない」、と同委員長は語っている。
新型インフル ピークは今月中旬か(流行予測を下方修正) 大分合同新聞 
 県は2日、新型インフルエンザの流行予測を「感染者約10万人・定点の1医療機関当たり50~60人」と発表した。当初予測(9月)では「感染者約30万人・1医療機関当たり200人」としていたが、実際の流行状況を基に“下方修正”した。流行がピークを迎えるのは今月中旬ごろとみている。
 県の当初予測は南半球の流行状況を基に患者数など推計。10月中旬から同下旬にかけて流行のピークを迎えるとしていた。
 しかし、実際に流行が始まった8月下旬以降、感染は当初予測よりも緩やかに拡大している。20歳以上の患者が少ないことも判明。現在、全国で最も患者数が多い北海道は1医療機関当たりの患者数(10月19~25日)は61・43人で、前週と比べて増加はやや緩やかになった。県はこのような状況を踏まえて「季節性とほぼ同じ流行規模になるのでは」と分析している。
 ただ、県内の流行自体は本格化しており、1医療機関当たりの患者数(同)は県全体で18・97人。人口が集中している大分市は33・69人で、大流行を示す警報基準(30人以上)を上回っている。
 県は「今のペースだと、今月中旬ごろにはピークを迎え、12月下旬から来年1月上旬ごろまで流行が続きそう」とみている。
Pregnant Women At Greater Risk for Flu Complications Consumer Affairs  (米国) 妊婦はインフルエンザ合併症を引き起こす危険性が高い
 インフルエンザを発症した妊婦は、死亡を含む合併症を起こす危険性が高く、その危険性はワクチン接種による副作用以上に高いものであることが、これまでのインフルエンザに関する広範な文献の考察で確認された。
 文献の考察はジョーンズ・ホプキンス小児センターとエモリー大学及びシンシナチ小児病院の研究者チームにより行われ、米国産婦人科雑誌に掲載された。
 考察で、妊娠による合併症発生の危険性が確認され、その一方、ワクチン接種の安全性も確認された。
 研究者達は、妊婦がH1N1および季節性インフルエンザワクチン接種の優先度が高いという米国CDCの勧奨が確認されたと結論している。
 「遠い過去だけでなく、最近の実例からも明確な結論は得られた」、と研究チームの代表であるジョンズ・ホプキンス小児センターの感染症専門医であるプラニタ・タムマ医師は語り、
 「もしあなたが妊娠しているならばワクチンを接種すべきで、もしあなたが妊婦の主治医ならばワクチン接種を勧めるべきである」、と強調している。

 スペインインフルエンザ:1350人の妊婦中、半数が肺炎を発症し、その半数が死亡している。
 1957年のアジアインフルエンザ:妊娠可能年齢女性で死亡した半数は妊婦だった。
 インフルエンザワクチン接種後の副作用を調査した7研究で、母親にも胎児にも特に害になる副作用は認めていない。
 2000年~2003年の間に200万人の妊婦がインフルエンザワクチンの接種を受けているが、自己申告システムによる副作用発生は26例であった。しかし中に3例の流産があったが、特に問題となる副作用は無かったとされる。
 H1N1ワクチンの副作用に関して文献にまとめられたものは未だないが、ワクチン製造方法が季節性インフルエンザワクチンと同じであることから、今回得られたワクチンに関する安全性はH1N1ワクチンにも適用され得ると研究者達は述べている。

 研究者達は多くの研究結果からはワクチンに添加される安定剤(チメロサール)と自閉症の関係は確認されてないが、チメロサ-ル無添加ワクチンもあることから、心配な人々はそれを接種することが可能であると述べている。
 今回の文献考察で4研究でワクチン接種後に妊婦の体内で産生された抗体が胎児に移行し、それが出生6ヶ月後まで新生児の体内に存在していることが確認されている。
 妊婦でインフルエンザ合併症が起きやすい理由は以下の通りとされている;肺の容積の縮小にも関わらず、心拍出量の増加、酸素消費量の増加が起きることで、合併症の頻度が高まる(肺機能への負荷量が増加:訳者)。さらに妊婦の免疫能の低下(胎児を保護するために、異物として認識されることを防ぐ:訳者)。
Ukraine closes all schools to fight swine flu Kentucky.com (米国) ウクライナ、ブタインフルエンザ流行対策のために全学校を閉鎖
 市民へパニックに陥らないように警告を発しながら、ウクライナでは2日から全土の学校の閉鎖が行われ、また西部地域のナイトクラブや映画館、食料市場の閉鎖も指導された。
 WHOの広報官は2日、ウクライナでブタインフルの重大なる流行が起きたという事実はないと語り、ウクライナ政府の求めにより専門家チームを支援のために送ったと発表した。
 ウクライナの保健省ではインフルエンザで70人死亡したことを2日発表した。しかしブタインフルエンザと確認された数に関しては説明されていない。なおウクライナの人口は4000万人である。
 (特に重大な流行が発生したとは思われないが)、ウクライナの全学校は1週間に亘って閉鎖されるが、それは発生者がいまだでていない首都キエフでも適用されるという。
 西部地域では当局が必要不可欠な旅行以外は中止するように警告している。
 また西部のルビフ( Lviv)地区では、野外市場が閉鎖され、映画館やカフェ、さらにナイトクラブや劇場も無期限で閉鎖の指示が出された。
Mich. reports 17 swine flu-related deaths Lansing State Journal (米国) ミシガン州、2ヶ月間で17人がブタインフルで死亡
 ミシガン州当局は、過去2ヶ月間で17人がブタインフルエンザに関連して死亡し、400人近くが入院したと発表した。
 死亡者のほとんどは基礎的疾患を保有し、年齢は27歳から72歳に亘っている。
 州によると先週、約6万人がH1N1インフルエンザ様疾患に罹患したとされる。
 ミシガン州にはこれまでH1N1ワクチンが100万接種量届いているが、保健当局によると500万接種量が必要とされる。
 州の保健当局では、妊婦、6ヶ月から24歳までの若年者、および他のハイリスク者はワクチン接種を受けるように勧めている。
 ミシガン州:人口は約1000万人。
New mother with swine flu has died  Liverpool Echo  (英国) 分娩後の母親がブタインフルで死亡
 ブタインフルに感染した女性が最初の子を分娩数週後に死亡したと保健当局で発表した。
 グレーター・マンチェスターに住む31歳女性が妊娠31週に入ったとき、ブタインフルに罹患した。
 病院で帝王切開で出産したが、女性は18日後に死亡した。
 北西地域公衆衛生局長のル・ハッセイ氏は、ウイルスに感染した妊婦は合併症を引き起こす危険性があると説明する。
 ほとんどの妊婦は感染しても軽症であるが、合併症の危険性もあるという。
 局長は、妊婦へのアドバイスとして、仕事の継続、公共交通機関による旅行、イベントへの参加、家族での集まり等の日常の活動性を維持することを勧めている。
 しかし、手指の衛生管理に努めること、感染が疑われる人との接触の回避、そして、もしインフルエンザ様症状が現れたときには速やかにかかりつけの家庭医に相談することが重要であると付け加えている。
 ブタインフルエンザワクチンは家庭医に配布されており、妊婦は接種優先度が高いので、接種が可能となったならば受けることが勧められる。
Common sense best swine-flu protection while awaiting H1N1 shot, experts say  CFTKTV (カナダ) 専門家:ワクチン接種までのブタインフル予防の最善方法
 国内でのH1N1ワクチン供給が遅れる中、ワクチン接種まで如何にして感染を防ぐか戸惑う人々も多い。
 専門家は流行が始まったときから多くの人々は予防方法を知っていると語る。
 頻回な手洗い、咳をするときは袖で受け止める、使用したティッシュは破棄する等。こうした予防方法はインフルエンザ流行が高まるにつれ、より重要となっている。
 これらのアドバイスは決して新しいことではないが、専門家によるといまだそれらは効果的であり、人々がワクチン接種を待つ間の標準的対策であるべきだという。
 ある専門家は、発病した場合は抗ウイルス薬の服用も多大なメリットがあるという。 タミフルやリレンザは十分量確保されており、もし発病した場合、必要ならそれらを服用すべきであると助言している。
1 dose of flu vaccine working in pregnant women Napa Valley Register  (米国) 妊婦に対しても1回のワクチン接種で有効
 連邦政府保健当局は、2日、ほとんどの妊婦に対しても1回のブタインフルワクチン接種で十分であるが、幼弱小児に対しては、やはり2回接種が必要であるとの見解を示した。
 15マイクログラムの抗原量のワクチン1回接種21日後に、妊婦の92%で強力な免疫が獲得された、とアンソニー・ファウチ博士(国立アレルギー感染症研究施設長)が発表した。30マイクログラムの抗原量だと96%で免疫が獲得された。
 「ワクチンを受けた妊婦にとって安心させられるニュースである」、とファウチ博士は付け加えた。

 一方、当局では、健康成人と妊婦に対しては1回接種が推奨されるが、幼弱小児の場合は2回接種が必要である可能性が高いと説明した。
 ファウチ博士によると継続された臨床試験で、それは確認されたとされる。
 すなわち、6ヶ月から35ヶ月までの年齢では、1回の接種で4分の1でしか免疫が獲得されなく、3歳から9歳までの年齢層でも55%でしかなかった。しかし2回目の接種後には、それぞれ100%と94%という結果が得られた。
 接種量を30マイクログラムに増やしても効果は変わらなかったという。
11月2日

Seasonal flu may protect children Nursing in Practice (国際) 季節性インフルエンザは小児をパンデミックインフルエンザから守る可能性
 季節性インフルエンザに罹患した小児は、より重篤なパンデミックインフルエンザから守られる可能性があることが研究報告された。
 
 オランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターの医師達の研究チームが発表。
 6ヶ月から5歳までの小児に季節性インフルエンザワクチンを接種することは、ベストな対策ではないと主張している。
 研究結果によるとA型インフルエンザに罹患することで、他のA型インフルエンザウイルスに対する免疫力もある程度獲得されるという。研究結果はThe Lancet Infectious Diseases のオンライン版に掲載された。
 米国やいくつかのヨーロッパの国では、健康小児に対するインフルエンザワクチン接種が推奨されている。しかし、英国では最近推奨はされなくなった。
 「この、いわゆる交差免疫(heterosubtypic immunity)は、完全な予防効果はないが、ウイルスの増殖抑制効果、発病率および死亡率の減少効果は示す」、と著者等は主張している。
 新規パンデミックインフルエンザとして、H1N1ブタインフルエンザがあり、また他のウイルスとして、希ではあるが人に対して致死的感染を起こす鳥インフルエンザウイルスが考えられる。
 研究者達は、季節性インフルエンザをワクチンで予防することは、パンデミックインフルエンザウイルスに対して交差免疫を獲得する障害になる可能性があり(実際にインフルエンザに罹患しないことから)、乳児のような免疫的に白紙状態の人々には不利益をもたらすかも知れないと結論している。
アフガン、新型インフルで初の死者 全土で学校閉鎖に CNN Japan 
 カブール(CNN) アフガニスタン当局によると、同国内でこのほど、新型インフルエンザ(H1N1型)による初の死者が報告された。これを受け、教育省は2日、国内の全学校を閉鎖すると発表した。
 教育省の報道担当者は「国内の衛生環境向上」を目的に学校閉鎖に踏み切ったと説明。「再開は3週間後とする」と述べた。同省によれば、アフガン国内で学校に通う生徒は800万人前後に上る。
 世界保健機関(WHO)によると、新型インフルエンザによる世界の死者は10月末までに5000人を超えた。
New swine flu fears as infection rate soars in under-5s Scottish Daily Record (英国) スコットランド、新型ブタインフル感染、5歳未満の小児で増加
 スコットランドの病院でブタインフルで入院する4歳以下の小児が増加している。
 先週49人の小児が入院したが、全年齢層の中で最も多かった。
 流行が始まってから同年齢層での入院治療は29人のみであった。
 スコットランドにおける死者数はこれまで29人となっている。
 政府は4歳以下の全小児はワクチンを接種するように呼びかけている。
 
 医師達は幼弱小児はウイルスに感染しやすいと警告している。
 英国医学協会のスコットランド家庭医委員会のディーン・マーシャル委員長は、妊婦と幼弱小児がより感染しやすいと語り、高齢者は幸運なことに色々なウイルスにこれまで暴露されているので、抵抗力があると考えられていると、語っている。
Evenimentul Zilei: Swine flu registered in 40 tourists at a hotel in Romania Focus News (米国) ルーマニアのホテルで40人がブタインフルを発症:ルーマニア報道
 ルーマニアで、この週末に76人のA(H1N1)感染者が確認された。エベニメンツル・チレイ紙が報道した。
 他に日曜日(1日)にシナイア・ホテルで外国人を含む40人の感染者が発生した。ホテルは48時間閉鎖され、全感染者は感染症病棟に隔離された。
Hospitals 'feel swine flu strain' BBC News(英国) 集中治療室は「豚インフルエンザのプレッシャーを感じている」
 病院の集中治療室は豚インフルエンザパンデミックの結果として「非常なプレッシャーを感じている」と英国政府主任医療政務官が語った。
 Liam Donaldson卿は重症患者が増えるにつれて集中治療室ベッド数の不足が「懸念される」と語った。
 同卿は英国のワクチンプログラムがウイルス拡大防止の助けになるとBBCの番組で語った。
 これまでに英国では豚インフルエンザによる死者が137名確認されており、感染者は50万人以上といわれる。
Liam卿によれば感染者数は恐れていたよりも緩やかに増加しているということだ。さらに「現在分かっていることは大多数の人々が概して軽症であり、少数が重篤な状態となって入院、死に至っているということだ。」と付け加えた。
 最新の数値によればイングランドにおける豚インフルエンザ死者は97名、スコットランドでは25名、北アイルランドでは8名、ウェールズでは7名である。
 NHSの対応をたずねられたLiam卿は、人々がインターネットや電話によって相談・抗インフルエンザ薬を受け取れることによって家庭医の負担は緩やかなものになっていると答えた。「病院側について言えば、集中治療室は強いプレッシャーを感じている。」とも答えた。
 「冬季インフルエンザシーズンを迎えるにつれて重症患者が増え、入院数が増えればベッド数の不足が予期される。増床を計画している。」
 政府ワクチンプログラムは重症入院患者、医療関係者、妊婦などのハイリスク患者に対して先月から開始されている。
「息つく暇」
 しかしながら、12月中旬までに900万人がワクチン接種を受けることが出来る。
 Liam卿は予測より速度の遅い感染拡大率がワクチン配布に「息つく暇を与える」だろうと語っている。
 「日々、ワクチン接種を受ける人は増えていく。家庭医へのワクチン配布は先週開始されており、優先接種グループの人たちは今後数週間でワクチン接種を受けられるだろう。」
 18歳以下に対するワクチンプログラムの拡大については「まだ最終決定がなされていない」と語った。TA
Michigan businesses brace for swine flu absences Detroit Free Press (米国) ミシガンの産業界、ブタインフルによる休業に備える
 従業員の発病、家族の発病による看護による休業等に備える。
Officials didn't expect such uptake for swine-flu shot: Butler-Jones CFTKTV  (カナダ) カナダ政府、ブタインフルワクチン接種希望者の数の多さに困惑
 カナダ政府はつい3週間前まではワクチン接種希望者が溢れかえるとは予想していなかった。また事前の調査でも希望者はそれほど多いとは予想はされていなかった。しかしオンタリオ州で3人の小児が死亡して以来、ワクチン接種希望者が一気に増えだした。
 しかし配布されるワクチン量も当初予定されたものよりも大幅に低下している。
 ワクチンを供給しているグラクソスミスクライン社では、妊婦と若年小児用にアジュバントを含まないワクチン製造に切り替えてから、製造量が急速に低下したと理由を説明している。
 感染した場合もっとも重症化しやすいハイリスク者を優先して、それ以外の市民は感染しても重症化しないので、ワクチン接種は待つように政府では指導している。
 ハイリスク者:妊婦、6ヶ月から5歳までの小児、医療関係者、易感染者であるがワクチン接種が出来ない人々の介護者、65歳以下で慢性疾患保有者、遠隔地域に居住する先住民。
11月1日

Swine Flu Fears Grip Ukraine Wall Street Journal (米国) ブタインフル拡大の恐怖がウクライナに広がる
 ウクライナでは、西部でブタインフルによる死者が多数発生したことことから、世界でも最も強硬ないくつかの対策を施した。
 ユリア・ティモシェンコ首相は旅行制限、公共集会の禁止、学校や大学の閉鎖を3週間の期間に亘って行うように指示した。理由は保健省がH1N1ウイルスの流行を宣言したことによる。
 保健省が1日に発表したところによると53人がインフルエンザおよび呼吸器感染症で死亡した。この中でどの程度の死者がH1N1ウイルスによるものかは明確にされてはいない。
 当局は、国内でパニックが発生し、また各種の噂が広がっていることから、国民に冷静になるように呼びかけている。
 首都のキエフでは薬局の前に長蛇の列が出来、感冒薬とマスクを求める市民で溢れかえっている。多くの市民は当局に対する不信感から、凶暴な連鎖反応を起こしている。
 市民は政府を信頼していないので、自己防衛を図らなければならないと考えているようだ。
 インフルエンザ流行は既に大統領と首相を巻き込んで、対策を巡って政治論争になっている。
 2日にWHOの専門家チームが当局を支援するためにウクライナに入る。
India's swine flu toll is 473 Sify(インド) インド 豚インフルエンザによる死亡者数は473名に
 インドで新たに8名の豚インフルエンザによる死亡者が確認され(うち4名はマハラシュートラ州)、国内死者総数は473名になったと保健当局が31日土曜日に発表した。国内では新たに77名の感染者が確認され、国内感染者総数は13861名になった。
 マハラシュートラ州では新たな4名の死亡を受けて同州内死亡者数は201名に達し、国内最多となった。
 このほかにニューデリー、ケーララ州、ラジャスタン州、チャンディーガル州でそれぞれ1名ずつの死亡が確認された。これによってニューデリーでの死者は17名、ケーララ州は15名、ラジャスタン州では2名となった。TA

Pharmacies emptied in flu panic Gulf Times  (クエート) ウクライナ、インフルエンザ・パニックで薬局の感冒薬とマスクの在庫が空に
 昨日3週間に亘る休校、公共的集会の禁止等が伝えられた後、市民の間にパニックが広がり、多くの薬局の感冒薬とマスクが在庫切れとなった。
 感染者数と死亡者数は発表によって異なるが、大統領の発表では15万人の感染者数と48人の死者数となっていると、インターファックスが伝えている。
Ontario urges healthy people to stay away from swine-flu clinics The Canadian Press (カナダ) オンタリオ州、ハイリスク者以外はワクチン接種を待つように説得
 週末にH1N1ワクチン接種を求める長蛇の列が見られた。
 州政府は、最終的には全ての州民が接種を受けられるから、現在はハイリスク者を優先して、健康な州民はワクチン接種を待つように伝えている。
 ワクチン接種を待つ人々に対してナースがスクリーニングしている。
カナダ保健省42週報告 (カナダ保健省) インフルエンザA(H1N1)の第2波が到来

 42週(10月18日~24日)もインフルエンザ様症状を訴えて定点医療機関を受診する患者数は急激な増加を示している。
 外来受診者数1000人中に占める割合は60人となり、冬期間の季節性インフルエンザ流行期における患者数を超えだした。
 10月23日保健省は、インフルエンザA(H1N1)は第2波が始まったと発表した。


米国CDC発表42週報告 (米国CDC) さらなる感染者の急増
 定点医療機関受診者に占めるインフルエンザ様患者数の割合が8%を超え、冬期間における季節性インフルエンザのそれを遙かに上回っている。
 この週における小児(18歳以下)の死亡数が19人報告され、春以来の最大数となっている。
 破線以上がインフルエンザ流行期を示している。


TOP