高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2009年10月

10月31日


One shot is enough: WHO Calgary Herald  (カナダ) WHO:ブタインフルワクチンは1回接種で十分
 One dose of the swine flu vaccine is sufficient to induce an immune response in people aged six months and older, and pregnant women can safely be immunized with either of the licensed swine flu vaccines, the World Health Organization said Friday.
 WHOは30日、6ヶ月以上の年齢層に対しては、1回のブタインフルエンザワクチン接種で十分免疫が獲得されると発表した。さらに妊婦に対しても承認されているワクチンで安全に免疫が獲得されると発表した。
 WHOのワクチン諮問委員会の報告による。
Severe swine flu hits Ukraine Sault Star  (カナダ) ウクライナでブタインフルが大流行
 ウクライナでH1N1インフルエンザが大流行しているとの報告を受けて、WHOは専門家チームを来週早々派遣すると、30日発表した。
 ウクライナではH1N1ウイルスによると思われる急性呼吸器疾患が大流行して、休校や公共的集会の3週間の禁止措置がとられている。
 死者は1人、または11人と定かではない。
Ukraine shuts schools due to H1N1 Owen Sound Sun Times (カナダ) ウクライナ、H1N1インフル発生のため学校閉鎖
 ウクライナでH1N1インフルが流行レベルになったため、学校の閉鎖、公共的集会の禁止、旅行制限などの措置を開始した。期間は3週間。
 保健省によると死者は1人とされるが、大統領の談話では11人とされる。
 来年1月17日の大統領選挙に向けての選挙イベントも禁止された。
Global swine flu toll rises to over 5700: WHO SINDH TODAY  (米国) WHO発表:世界のブタインフル死者数は5700人に増加
 中国の新華社はWHO発表を引用し、この1週間で世界で700人がブタインフルで死亡し、世界での死者数が5712人となったと発表した。
 これらのうち4175人はアメリカ大陸で発生し、605人は東南アジア、465人が西太平洋、ヨーロッパ、ヨーロッパが281人、中等が11人、アフリカが75人となっている。
CDC: Swine flu kids' deaths jump to 114 The Associated Press (国際) CDC:ブタインフルによる小児の死亡が114人に
 CDCは42週にブタインフルエンザで死亡した小児(18歳以下)は19名いたことを発表し、春から合計114名となった。週に死亡したブタインフルエンザ小児数としては過去最大である。
Zanamivir (Relenza) Must Not Be Given by Nebulization Journal Watch Infectious Diseases October 28, 2009 (米国) ザナミビル(リレンザ)は人工呼吸器のネブライザーから投与してはならない
 ある女性患者が人工呼吸器の障害によって死亡した。しかしそれは粉末を水に溶いてネブライザーから吸入投与されていたザナミビル(リレンザ)によるものであった。

 ザナミビル(リレンザ)は2009年のH1N1パンデミック・インフルエンザウイルスにも活性をもつノイラミニダーゼ・インヒビターである。FDAによって気道に持病のない(7歳以上の患者の)治療と(5歳以上の患者の)予防が認可されておりディスクヘラーを使って投与される。重症でディスクヘラーから吸入できない患者や経口的にオセタミビル(タミフル)を服用できない患者にはしばしば薬のパッケージを取り外して水に溶き、吸入で投与されている。
 しかしグラクソスミスクラインとFDAはMedwatch Reportで人工呼吸中の妊婦が死亡した症例はザナミビルの吸入に関係していると報告した。(同薬の)ラクトースを含有した担体が人工呼吸器の正常な作動を障害したと推定されたのである。処方する時にはザナミビル吸入薬はネブライザーで吸入するようには設計も想定もされていないことを肝に命じておくべきである。
 Medwatch Noteは、以前出されたネブライザー吸入による治験レポートは水溶剤であって、現在のFDAが認可しているラクトース含有薬で人工呼吸器の障害の原因となった可能性のあるものとは別物であると指摘している。ザナミビル(リレンザ)は指定の投与法、つまり製品附属のディスクインヘラーを使って吸入する方法のみで使用されるべきである。

コメント:幸い現在では重症患者には他の治療薬が使えることになった。FDAが治験薬剤として静脈注射用ノイラミニダーゼ・インヒビター、ペラミビルの救急使用を認可したからである。BX

10月30日

WHO experts: single dose of swine flu vaccine enough  The Associated Press(国際) WHO専門家: 豚インフルエンザワクチン接種は1回で十分
 WHOの専門家グループによれば成人と10歳以上の子どもは豚インフルエンザワクチン1回接種でパンデミックインフルエンザに対する十分な免疫をつけることができると言うことだ。
 しかし医療の規制当局が最終的な判断をすべきだとも語っている。
ヨーロッパの製薬規制当局は認可された豚インフルエンザワクチンは最低3週間あけて2度接種することを推奨している。
アメリカでは10歳以下の小児には2度接種が推奨されている。
 WHOの専門家たちは、1回接種か2回接種かを決定するには生後6ヶ月から10歳までの子どもたちに関するより多くのデータが必要だと語っている。
 ジュネーブにおける3日間のワクチン専門家会議の後、WHOはこの勧告を30日金曜日に発表した。TA
US: Nearly 6 million Americans may have had swine flu in pandemic's first few ... CJAD (米国) 米国:ブタインフル流行の初期に600万人近い米国人が感染と推定
 米国CDC等が研究発表。
Cholesterol drugs may boost survival from flu, study finds Minneapolis Star Tribune (米国) 高コレステロール血症治療薬がインフルエンザ死亡率を減じる可能性が示唆
 2007年から2008年にかけて行われた2800人を対象にした臨床研究で、高コレステロール薬のスタチン(リピトールやゾコール)を服用しているグループがインフルエンザを発症し、入院した場合、服用していないグループに比較して、生存率が高いことが示唆された。
 類似の研究結果はこれまでも報告され、医師達はスタチンがインフルエンザ重症化予防に役立つことを推定している。
 ただこの事実はスタチンがインフルエンザ感染予防や治療に役立つことを立証しているものではないとコメントされている。

 *管理人注:スタチンがサイトカイン・ストームに効果があることは動物実験で確かめられていた。今回の研究結果は、インフルエンザの重症型にはサイトカイン・ストームが関与していて、そこに服用しているスタチンが効果を及ぼしていると解釈可能である。
10月29日


WHO to send 200M swine flu vaccines to 100 nations SunHerald.com (米国) WHO、途上国100ヶ国に2億回接種分のブタインフルワクチンを配布
 WHO事務局長は、WHOは来月から世界の100ヶ国に2億接種分のブタインフルワクチンを配布すると語った。
Children learn their part in swine flu prevention The Associated Press(国際) 豚インフルエンザ拡大防止 子どもたちの果たす役割
 子どもたちがH1N1インフルエンザとは一体どういうものなのかということを理解することは難しいかもしれないが、医師や専門家たちはたとえ幼児であっても感染拡大防止に果たす役割があると語っている。
 アメリカでは公共広告サービスにおいてセサミストリートのキャラクターたちが子どもたちに咳エチケットなどの啓発活動を行っている。単純なメッセージであるが楽しい内容で、子どもたちの行動は良い方向に変わっていくだろう。TA
インフルエンザ:休校・閉鎖1万3964校 18~24日、昨冬ピークの3倍超 毎日新聞 
 厚生労働省は28日、インフルエンザによる学校(保育所、幼稚園、小・中・高校)の休校と学年・学級閉鎖が、18~24日の1週間で1万3964校に上ったと発表した。前週の約1・6倍、昨冬のピークだった1月25~31日(4105校)の3倍以上。大半が新型インフルエンザ感染とみられ、厚労省は「大都市での流行が本格化している」と警戒を呼び掛けている。
 休校784校▽学年閉鎖3104校▽学級閉鎖1万76校。東京、北海道、茨城、愛知など9都道府県は500校を超えた。
 また、厚労省は、19日から医療従事者を対象に接種が始まった新型インフルエンザワクチンについて、入院相当の重い副作用(因果関係不明も含む)の発生率が26日時点で0・0007%(100万人当たり7人)と発表した。
 08年度の季節性ワクチンの副作用発生率(0・0003%)より高いが、厚労省は「従前より積極的な報告を求めており、季節性とのリスクの比較は難しい」としている。
新型インフルエンザ:東京都、幼児のワクチン接種を半月前倒し来月から 毎日新聞 
 東京都は28日、新型インフルエンザワクチンの優先接種について、基礎疾患(持病)のない1歳~未就学児への接種を来月16日から開始すると発表した。厚生労働省は12月上旬予定としていたが、都は約半月前倒しした。
 前倒しについて、都の担当者は「幼児の重症化例が多いので、少しでも早くワクチン接種する必要性があるため」と説明。厚労省も容認している。
 都内では、3~5歳の死亡例が3件確認されていた。
 今月23日には「日本小児科学会」が健康な幼児に対するワクチン接種の時期を早めるよう厚労省に要望するなど、幼児への早期ワクチン接種を求める声が高まっていた。
Swine flu epidemic on the rise across Turkey, new measures taken Today's Zaman (トルコ) トルコ国内でブタインフルエンザが拡大、対策が強化
 トルコでは5月に最初の患者が発生して以来1100人の感染者が確定されている。現在国内でウイルスは急速に広がりつつあるため、各種の対策が強化されている。マスク着用、公共施設の消毒、公共交通機関の消毒等。
Latest Alberta swine flu response plan predicts 130 to 400 deaths Metro Canada (カナダ) 最新のアルバータ州における最悪シナリオでは死者数が130人から400人と
 アルバータ州保健局は、この秋から冬にかけて25%の州民がワクチンを接種し、130人から400人が死亡するとの予測を発表した。
 しかし保健省のロンリーパート長官は議会で、それは極端な数値であると語った。
 同州ではこれまで十数人が死亡し、数千人が現在インフルエンザに罹患しているが軽症であると報告されている。州の人口は337万人。
Flu Shot Clinics Need Volunteers WSAZ-TV  (米国) バージニア州、インフルエンザワクチン接種クリニックではボランティアが必要
 ブタインフルエンザワクチン接種クリニックでは接種希望者の長蛇の列が出来、泣き叫ぶ乳幼児や、心配する両親等で異様な状況になっている。
 地域の保健局では状況の改善にボランティアの手助けを求めている。
Number of schools that shut down this fall is set to surpass the spring count msnbc.com (国際) 休校数が春の流行期を超える勢い
 ブタインフルエンザウイルスが各学校で急速に広がっていることから、全米中の学校での休校数が増えている。
 休校がより効果的オプションと考えていない人々も多く、特に貧しい家庭では生徒達が学校での昼食を頼りにしていたり、また家庭にいても保護者がいないことから、家庭内に留めることが出来ない等の問題もある。
10月28日

Iran's swine flu death toll reaches 22 PressTV(イラン) イラン 豚インフルエンザによる死亡者数は22名に
 イランにおける豚インフルエンザ感染者数は1638名、死亡者数は22名にのぼったと保健省が発表した。犠牲者の多くは7歳から25歳であった。テヘラン地区教育機関の発表によれば10月26日現在少なくとも3校が休校している。
 イラン当局はA/H1N1インフルエンザの拡大を防ぐため、ラマダン月の小巡礼を中止している。TA
160 schools closed down because of swine flu Panorama.am  (米国) ロシア、バイカル地区で160箇所の学校が休校に

 米国はワクチン不足問題他。
 特記すべき新情報はない。
 米国、カナダ、英国他、公式情報の更新はなし。
10月27日 


South Korea approves swine flu vaccine Geo TV (パキスタン) 韓国、国内企業製造ワクチンを承認
 韓国は国内企業の製造した初のブタインフルワクチンを承認した。
 474人を対象にした臨床試験で安全性と効果が確認された。ミドリ十字によって製造され、グリーン・フリューSと呼ばれる。
 人口の35%に相当する1700万人分を来年2月までに製造する予定。 
Swine flu levels off in Georgia ajc.com(アメリカ) ジョージア州 豚インフルエンザ感染者数は減少
 豚インフルエンザという名のモンスターはジョージア州から撤退しつつあるようである。今のところ、病院や学校での感染者数は減っている。
 しかし保健当局者たちによれば、豚インフルエンザ患者の大量発生がピークを迎えたかどうかを判断するのは時期尚早であり、今後のインフルエンザシーズン、あるいは春にさらなる感染者増の波が訪れるのではないかと警戒している。
 そのために予防接種を受けることが大切だと当局者たちは語っている。
 豚インフルエンザ様症状を訴えて緊急室を受診する患者の数は「確かに減少している」と州地域保健局の広報担当Ravae Graham氏は語った。
 学校内での感染者数も少なくなってきている。
 「感染者数は減少している。」と教育局広報担当Matt Cardoza氏は語った。「学校での高い欠席率は見られなくなってきている。」
 4月にその姿を現した豚インフルエンザは、ジョージア州では9月下旬にピークを迎えたようである。その頃、1週間のうちに81名が入院して8名が死亡した。10月中旬のある1週間には入院例43名、死亡者1名と減少を見ていると地域保健局は発表している。
 保健当局者たちによれば、感染者数が減少しているとはいえやはり豚インフルエンザのワクチンは接種すべきだということである。限られた量ではあるが、病院や郡保健クリニックなどの医療機関で利用可能である。
 豚インフルエンザワクチンの使用可能量が限られていることに落胆している人は多い。当初の予想では10月末までに200万回接種分が手に入るはずだったが、国内製増量の不足によって予想の半量の供給しか得られないといわれている。供給量は追って増えていく予定である。
 医師たちは、頻回な手洗いなどの予防措置を緩めるには時期尚早だと語っている。
「感染者はまだ存在している。危機が去ったと言うには早すぎる。」とコブ郡学校区広報官Jay Dillon氏は語った。
 この感染者の減少は、学校などが子どもたちやその家族にインフルエンザを予防する衛生習慣の啓発を行ったことも助けになっていると同氏は語った。
 米国CDCによればジョージア州における豚インフルエンザ患者の減少は南西部における減少傾向と同調している。しかしCDC当局はこの減少がまだ先週はじまったばかりであることから結論を出すことを避けた。
 CDCによれば、全国的に見れば感染者数は増加傾向にある。TA
Russia Confirms First Swine Flu Deaths - Report EasyBourse.com  (フランス) ロシアで初のブタインフル死者が確認
 極東で29歳と50歳女性が肺炎で死亡。検体はモスクワで確認。
China reports 3rd confirmed swine flu death KJCT8.com  (米国) 中国で3人目のブタインフル死者
 新疆ウイグル自治区で確認された。
Main surveillance developments in week 42/2009 ECDC(欧州CDC) 欧州、42週インフルエンザ流行状況
 定点医療機関におけるインフルエンザ様疾患(ILI)及び急性呼吸器疾患(ARI発生状況
 今週、アイスランドでは猛流行の報告がなされ、アイルランド、英国(北アイルランド)では大流行の報告がなされている。ベルギー、ブルガリア、オランダ、スペイン、スウエーデン、および英国(イングランド)では中流行の報告である。12ヶ国では先週よりも感染者数が増えている。
 流行株の80%がA(H1N1)ウイルスである。
H1N1 causing ERs work load to jump Oxford Press  (米国) H1N1インフルエンザは、救急患者診療室業務に過大な負荷
 主として小児のH1N1インフルエンザ患者がER(急患室)に殺到するため、急患室の業務が過剰になっている。シンシナチの小児病院。通常の2倍以上の患者数。
H1N1 flu shots begin today in BC StarPhoenix (カナダ) カナダ、BC州、H1N1インフルエンザワクチン接種、本日から開始
 歴史上初の大集団ワクチン接種が本日からブリティシュ・コロンビア州で始まる。最初はハイリスク者から投与される。
 慢性疾患を保有する64歳以下の年齢層、妊婦、遠方で隔離された地域に住む先住民を含む人々。続いて、6ヶ月から5歳までの小児、医療担当者、乳児や免疫力低下者と接する人々。
 11月中旬には全ての人が接種を受けることが出来る。無料である。
 26日から始まるハイリスク者への接種は、希望者に対して季節性ワクチンも同時に別の腕に接種可能である。

GPs to receive swine flu vaccines BBC News (英国) 家庭医に豚インフルエンザワクチンが届く

 豚インフルエンザワクチンが家庭医のもとに配布され、優先順位の高い患者たちが免疫を獲得することができる。
 英国の家庭医へのワクチンの供給によって、健康上の問題のある人々、免疫が低下している人々や妊婦にワクチン接種が始まる。
 ワクチン接種は先週から入院中の重症患者と医療従事者に対して始まった。
 簡単にH1N1ウィルスが感染拡大する、という広告が新聞にも掲載されている。
 "Catch it, kiil it, bin it"『(ウィルスを)確保し、殺し、破棄する』というスローガンを掲げ、ウィルスが家から職場までくしゃみをすることで彼が行く場所に感染を拡大させることを証明している。

学校での感染拡大

 健康省のAndy Burnham氏はリスクが高い人々へのワクチン接種は行われているが、全国民にいきわたるには時間がかかると話している。
 『簡単に感染が広がることを防ぐには、単純に、咳やくしゃみをするときはティッシュで自分の鼻や口を覆うこと、そして手に付いたウィルスを周りに広げないために手を洗うことだ』と彼は話す。
 現在50万人の豚インフルエンザ感染者の中で100人を少し超えるくらいの死者が報告されている。
 ウィルスの感染拡大は夏にピークがみられたが、ここ数週間は特に学校で感染者数が増加してきている。
 政府の医療技官であるLiam Donaldson氏は優先的なグループにいる患者、医療従事者、ソーシャルケアワーカーは全員ワクチン接種させようとしている。
 2種類のワクチンが使用される予定である―グラクソスミス社製のものとバクスター社製のものである。
 グラクソスミス社製のものが多くの患者に使用される予定だが、グラクソスミス社製のワクチンは鶏の卵から作られているため、バクスター社製のものは卵アレルギーのある人々に使用される予定になっている。
 多くの患者はワクチンは1回のみ接種が必要とされるが、子供やバクスター社製のものを必要な人々は3週間開けて2回目を打つ必要がある。
 政府は十分量のワクチンは受注してあるものの、残りの国民のワクチン接種をどうするか決める必要がある。SK
10月26日


GPs to remove toys from waiting rooms to stop swine flu  Management in Practice  (英国) 家庭医、ブタインフル感染予防のために外来からオモチャや絵本を除去
 ウエールズの医師達が外来から子供用のオモチャや絵本を除去する。ブタインフルや麻疹感染予防のためである。
 消毒してもウイルスは完全に表面から除去されないという。
新型インフル「大人は基礎免疫」=多くは軽症の可能性 時事通信
 東京都内で26日開かれた日本ウイルス学会学術集会で、新型インフルエンザに対し、成人の多くが基礎的な免疫を持っている可能性が高いことが報告された。季節性のソ連型インフルエンザへの感染歴によるもので、新型への感染を防ぐのは難しいものの、大半の人は軽症で済むとみられるという。
 国立病院機構が成人約200人を対象に9月に始めた臨床試験で、ワクチンを1回接種すれば、免疫の基となる抗体の値が十分上昇することが分かっている。
 集会で庵原俊昭国立病院機構三重病院院長は「多くの人に基礎的な免疫があるということ。発症を予防するレベルではないが、1回のワクチン接種で十分な効果を得ることができる」と発表した。基礎免疫がない全く新しいウイルスであれば、2回接種しなければ抗体価は上昇しないという。
新型インフル、米が新薬の緊急投与を許可 日本経済新聞
 米食品医薬品局(FDA)は23日、米製薬会社バイオクリスト社が開発したインフルエンザ治療薬「ペラミビル」について、新型インフルエンザ患者の一部に対する緊急投与を許可すると発表した。ペラミビルは点滴薬。FDAによると、新型インフル患者に点滴式治療薬の緊急投与を許可するのは初めて。
 FDAによると、薬を飲み込めない重症患者や、点滴以外の手段での薬の投与が効果を見込めないときなどに限って使用を認めた。「タミフル」や「リレンザ」を使えないケースなどを想定している。
 ペラミビルはバイオクリスト社が開発。日本では塩野義製薬が販売する権利を持っている。
  
 * 管理人:ペラミビルは静脈投与が可能なので、血中濃度を上げて、肺組織内濃度を高めることで、従来の内服薬以上に抗ウイルス効果が期待できる。特にH1N1ウイルスは肺組織への感染を起こしやすく、致死的ウイルス性肺炎が問題となっている。米政府はそうしたことから緊急にペラミビルの臨床使用を承認したと考えられる。ペラミビル開発に関する報道集
新型インフル予防接種、中国では5割以上が希望せず 安全性に疑問 AFPBB News  (国際、日本語版)
 中国の国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が25日に発表した世論調査で、中国国民の5割以上が新型インフルエンザA型(H1N1)の予防接種を受けたくないと回答したことが明らかになった。予防接種の安全性に不安があるためという。
 中国当局は季節性インフルの流行期である冬を前に全国で大規模な予防接種を開始しているが、同紙と大手ポータルサイト「捜狐(Sohu.com)」 が共同で2000人を対象に行った調査では、54%以上が予防接種を受けたくないと回答。必ず受けると回答したのはわずか30%にとどまり、約15%はほかの人の対応を見て決めると答えた。
 2か月前の調査では、76%が受けたいと答えていた。
 8才の息子への予防接種を拒否した女性はチャイナ・デーリー紙に対し、「ワクチンの開発から接種までの期間があまりに短い。品質と信頼性に疑問を抱かざるを得ない」と語った。
Hospital data reveals swine flu's impact brisbanetimes.com(オーストラリア) 病院からのデータで豚インフルエンザが与えた影響が明らかに
 オーストラリアの病院に豚インフルエンザが与える影響は緊急を要するものであり、患者のデータによれはこの冬の「急性呼吸器疾患」の患者数はほぼ2倍であったと明らかになった。
8月までの3ヶ月にインフルエンザ様症状で入院治療を必要とした人の数は北部NSW州の35病院において2378名と急増した。
この数は昨年の1267名、2007年の1736名と比べて増加しているとハンターニューイングランド健康サービス(HNEAHS)は発表した。
今年のピークは7月であり、昨年の軽症の通常インフルエンザシーズンのピーク、あるいは2007年の深刻なインフルエンザシーズンよりも1ヶ月早かった。
「2007年、2008年と比べて急性呼吸器疾患による入院患者の増加が迅速かつ早期に見られている。これは豚インフルエンザによるものである。」と26日月曜にMedical Journal of Australia誌がオンライン上に掲載した調査結果が示している。
「さらに、不均衡な入院患者数の増加が5歳から61歳の年齢層(特に17歳から31歳)で起こっている。」
5月(オーストラリアで豚インフルエンザ患者が確認される以前)の患者データと比べ、7月のデータでは急性呼吸障害の患者数が260パーセントの増加を見ている。
この研究では、オーストラリアの次のインフルエンザシーズンにおいても若い層が多く感染し、早期のピークを迎える可能性があるために監視を強める必要があると警告している。
この研究とともに発表された手記で、豚インフルエンザが4月にメキシコで出現して以来160カ国以上に迅速に拡大したとPatrick Charles氏と同僚が発表した。
「感染確定患者はいまや16万人以上だが、数百万人が既に感染しており、更なる感染拡大は避けられない。」とメルボルンのオースティン病院、感染症部門所属のCharles氏は語った。
オーストラリア人は家庭医に相談して無料の豚インフルエンザ予防接種を受けることが出来る。TA

香港保健省発表42週インフルエンザ情報  (香港保健省) 42W情報(10月11日~17日

香港におけるインフルエンザ流行は、少なくともこの10年間に初めて経験する患者数が定点クリニックを受診していた。9月末から患者者数は減少しだし、推移からは2週間後には流行域を下回りそうだ。外来1000人当たりのインフルエンザ様症状を呈する患者の割合。現在は6%前後。現在の米国は7%を超えている。

冬期間の2月に季節性インフルエンザが流行したが、主に香港型(H3N2)であった。
2007年~のインフルエンザ集団発生数。10月に入ってから著明に減少。例年多発するのは冬期間(2~3月)であるが、今年は8~9月に多発している。
分離ウイルス株。
7~8月には香港株(H3N2)も4~4割を占めていたが、流行が終息に向かうと共に、H3N2株の分離件数も減っている。
最新週(42週)における年齢別発症者数。20歳以下が大多数を占めているが、0~4歳にも多いのは、日本とは異なる。

米、新型インフル非常事態指定で緊急対策を強化 日本経済新聞 
 オバマ米大統領が新型インフルエンザを国家非常事態に指定したことを受け、米政府と州政府は保健当局による緊急対策を強化する。非常事態の宣言はハリケーンなど大規模な自然災害への対応に準じ、連邦法の規制緩和や官庁の手続きの簡略化を可能にする。治療や予防接種の遅れに対応するため、病院以外に医療施設を拡充することが柱となる。
 医療施設の拡充は患者数の急増を想定した措置。学校の体育館や病院の駐車場などに、入院も可能な特別医療施設を設置することができるようになる。同時に医療保険の規制を緩和し、病院以外で治療を受けた場合に保険の適用対象とすることなどに道を開く。政府は非常事態への指定は手続きの簡素化が狙いで「ウイルスが突如危険になったものではない」(保健当局)と説明している。
First shipment of vaccines expected to arrive early November Jordan Times  (ヨルダン) ヨルダン、最初のブタインフルワクチンは11月初旬に入荷
 1200回接種分が11月初旬に入荷予定。最初は巡礼者に接種予定。
 ヨルダンはヨーロッパの2製薬会社のワクチン225万接種量を発注済み。

Congregation takes H1N1 precautions NECN  (米国) 集会でH1N1感染に警戒感が高まる
 教会などで、握手等を避け、出入り口には手指消毒剤の用意。参加者の数も少し減っている。
Swine flu vaccinations rolled out across regions of Ont. starting Monday FOX 11 Online  (米国) カナダ、オンタリオ州で本日からブタインフル接種開始
 最初は以下のハイリスク者:65歳以下の慢性疾患保有者、妊婦、6ヶ月から5歳までの健康小児、医療関係者、先住民族。
St. Joseph establishes visitor limits Times Tribune of Corbin (米国) ロンドンの聖ヨゼフ病院は18歳以下の小児の訪問を禁止に
 18歳以下の小児は季節性インフルエンザとブタインフルエンザにもっとも罹患し易いことからの措置。
 患者、病院スタッフ、および地域社会における流行の阻止のためとされる。
New swine flu ads to urge Canadians to roll up their sleeves for the shot FOX 11 Online (カナダ) カナダでブタインフルワクチン接種啓発
 8月の調査では45%のカナダ国民がワクチン接種予定と答えていたが、現在は3割に過ぎない。多くの国民はブタインフルを個人的脅威とかんがえていないようだ。ワクチンの安全性と効果に疑問を持っている。
 英国のグラクソ社が5400万接種量のワクチンを受注しているが、全てアジュバントが加わっている。妊婦や小児に対する安全性が十分確認されていない。ヨーロッパでは成人に対しては用いられてきていた。
 カナダでは、妊婦と小児にはアジュバント抜きのワクチンを発注しているが、届くのは来月である。
10月25日

Four deaths push swine-flu toll to 31  Viet Nam News(ベトナム) ベトナムで新たに豚インフルエンザによる死者を4名確認 死者総数は31名に
 A/H1N1インフルエンザによる死者がPhu Yen, Gia Lai, Lam Dongの3州で4名確認されたと保健相が23日金曜日に発表した。ベトナムでの死亡者総数は31名になった。
 4名の死者のうち2名は妊婦、2名は慢性疾患保持者(うち1名が2歳児)である。
 Phu Yen保健局によれば死亡者の1人は24歳女性、妊娠25週で先天性心疾患があった。咳と発熱を訴えて入院したが、翌日肺炎と高熱、呼吸困難で死亡した。
 Gia Lai保健局では2名の女性がA/H1N1インフルエンザで死亡した。一人は妊娠7ヶ月であった。もう一人は血液疾患のある48歳女性、H1N1インフルエンザの診断を受けた8日後に死亡した。
 最新の死亡例はTan Ha Commune在住の2歳児。先天性心疾患があり、1ヶ月前に心臓手術を受けていた。
 23日金曜日までに、保健省は10376名のA/H1N1インフルエンザ感染者を確認している。死亡者数は31名。TA
米大統領、新型インフルエンザで非常事態宣言 CNN Japan (国際、日本版)
 オバマ米大統領は24日、新型インフルエンザ(H1N1型)の感染者が全国で急増している事態を受け、非常事態宣言を発令した。
 大統領は声明で、新型インフルエンザの大流行(パンデミック)が拡大を続けており、一部自治体の保健医療に過度の負担を与える恐れがあるとして、連邦政府の対策強化を表明した。
 大統領は非常事態宣言に23日に署名し、24日に発令した。米政権関係者は匿名を条件に、大統領が新たな感染状況に対応したのではなく「未然防止策」を取った、とコメント。別の関係者は、各州に対する連邦政府の支援権限を強化するため、形式的な条件を省くことが狙いだと語った。
 米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長によると、今年4月以来新型インフルエンザで入院した患者は少なくとも2万人、死者は1000人余りにのぼった。感染報告は46州からあり、例年より早くピークを迎えている。23日までに製造されたワクチンは接種1610万回分で、既に1130万回分が全国に配布された。
Indonesia says no policy change on bird flu samples  Reuters(国際) インドネシア 鳥インフルエンザサンプル提出に関するポリシーを変更せず
 適切なウイルス共有の世界的メカニズムが整うまでは他国と鳥インフルエンザサンプルを共有するつもりはないとインドネシア新保健相が24日土曜日に発表した。
 インドネシアはもっともH5N1鳥インフルエンザの被害を受けているが、そのサンプルから作られたワクチンを貧困国が使用できるように富裕国や製薬会社が保証するよう(サンプルを提出しないという)抵抗を続けている。TA
米大統領、新型インフルで「国家緊急事態」を宣言 ロイター (国際、日本語版)
 米ホワイトハウスは24日、オバマ大統領が2009年の新型インフルエンザ(H1N1型)について、国家緊急事態を宣言したと発表した。
 同発表によると、今回の緊急事態宣言により、米国内の医療施設は必要に応じてメディケア(高齢者向けの医療保険制度)やメディケイド(低所得層向けの医療費補助制度)といった公的医療保険プログラムの一部条件を免除され、インフルエンザ患者の急増に対応することができる。
 同様の緊急事態宣言は、過去には沿岸地域を襲ったハリケーン災害に対応するために出されたことがある。政府当局者は「今回は未然防止策であって、新たな事態の進展に対応してのものではない」と説明した。
 米疾病対策センター(CDC)では23日、新型インフルエンザが米国内50州のうち46の州にまん延していると発表していた。
First Turk dies of A/H1N1 flu Xinhua  (新華社) トルコで初のA/H1N1死者が報告
 トルコ保健省によると24日、首都のアンカラの病院で初のブタインフル死者がでたとされる。
 29歳男性でアンカラの病院でA/H1N1感染の診断を受けた。全ての対策がとられたが、治療のかいは無く死亡し、トルコ初のA/H1N1死亡者となった。
 先にイスタンブールの知事は、イスタンブールで10校以上で数十人の学生がA/H1N1に感染したことを発表した。
 知事によると感染した学生は家庭で治療中で、濃厚接触した人々も予防的治療中とされる。
 19日、南東部のディヤルバキル県で全小学校と中学校が1週間の休校を行った。A/H1N1感染した学生が発止したことによる。
Quebec region gets head start on flu vaccinations after outbreak Metro Canada (カナダ) ケベック州で流行発生のためワクチン接種を前倒しで開始
 ケベックでは高校が今週ブタインフルの第2波で流行が見られた事から、2日間前倒しでワクチンの接種を開始した。
 流行が発生した高校では三分の一が体調不良で欠席しているが、休校にはなっていない。
Swine flu-hit children stressed by isolation Kuwait Times (クエート)ブタインフルエンザ発病学童、家庭への隔離が精神的ストレスに
 クエートにおける休校などにより学童が家庭で隔離されている状況の中で発生している様々な精神的ストレスに関して。
 友人と遊べない、両親に我が儘な態度をとるようになる、学校へ行きたがらなくなる、等。
Obama: Swine Flu National Emergency KOCO  (米国) オバマ:ブタインフルエンザ、国家緊急事態宣言
 オバマ大統領は23日夜、ブタインフルエンザ流行が国家的緊急事態であること、そして保健局長官に多くの患者の迅速な治療のために超法規的措置をとることが出来る権限を与えた。
 23日夜の大統領の宣言とサインは、保健福祉省のカスリーン・セベリウス長官に、すでに米国で1000人以上の死者を出した流行を迅速に食い止めるための超法規的手段を執れる権限を付与するものだ。
 目的は行政上の迅速な措置の妨げになる官僚的規制を除外し、発病者の診療の迅速化と医療機関における対応の強化にある。
 大統領は発表の中で、パンデミックは国内の多くの地域で拡大を続けており、医療機関の過大な負荷がかかっていると語った。さらに当初予定していた10月中旬までに入荷する予定だった12000万接種量ワクチンの入荷が遅れ、21日段階で1100万接種量しか入手出来ていないという。当局では現在、11月中旬まで5000万接種量、そして12月中には1億5000万接種量を入手出来る予定という。
 *米国ではアジュバント抜きのワクチンを使用する。
米大統領、新型インフルを国家非常事態に指定 日本経済新聞
 オバマ米大統領が新型インフルエンザを深刻な自然災害などに準ずる国家非常事態に指定する宣言に署名した。米ホワイトハウスが24日、発表した。連邦政府の規制を緩和し、保健当局が機動的なインフル対策を実行できるようにする。大統領は署名した文書の中で「国家を挙げて備えてきたが、新型インフルエンザの大流行が進行している」と事態を深刻視した。
 国家非常事態はハリケーンや洪水などの自然災害への対応で指定してきた例が多いが、新型インフルでは初めて。米国では新型インフルによる死者が23日に1000人を突破し、ワクチンの調達確保など対策強化が必要な状況になっている。
'Don't call us, we'll call you', say swine flu GPs Yourcanterbury.co.uk  (英国) 家庭医、 ”私たちに電話をかけないでください。こちらからかけますから!”
 豚インフルエンザに関わる家庭医が悲鳴を挙げている

 豚インフルエンザワクチンの第一陣が医療従事者を対象に始まった。
ケント州の医療団体は病院では医療従事者と感染のリスクがもっとも高いとされる患者が現時点で優先されると話す。
 そして来週を超えると家庭医のもとにもっとも必要とされる患者へワクチンが届くと予想されている。
 それは妊婦や家庭医からワクチン接種を勧められた患者が含まれる。
 それぞれの家庭医に登録されており、リスクがあるとされる人々にのみ免疫を獲得させることとなり、このように一番必要とされる人々がまず防御できる。
 しかし保健局主任は医師たちが心配している患者たちが自分にワクチン接種が必要かどうか、電話や受診での問い合わせが殺到していると話している。

 ケント州の医療団体の広報担当者は「現段階で皆さんに私たちがアドバイスするのは、医師へワクチン接種するための電話をしないでください―医師は連絡をしてきます。」
 「もちろん本当に医療的な問題があれば、いつでも知らせてほしい。だが人々はワクチンについて考えており、彼らは家庭医が彼らに連絡してくるまで待ってほしい。
 あまりにも多くの時間がワクチン接種のための予約をするために電話してくる患者さんの対応のために費やされている。医師は自分の患者リストからワクチン接種が必要な人を把握しているので、皆さんは私たちからの連絡を待つべきである。」と西ケント州の家庭医であるCaroline Jessel医師は話す。「家庭へのワクチン配布は来週から始まる予定だが、英国全体に配布が行き渡るにはすべての家庭医がワクチンを受け取るには数週間かかるだろう。病院は患者にすぐ連絡することはなく、ワクチンは病院内での患者の優先順位によって提供されることになる。私たちは、システムに余計な負荷をかけないためにも家庭医がワクチンを提供するまで皆さんに待っていてほしいのです。」

 寒い気候になり、豚インフルエンザの感染数が急激に増加されることが予測される。
 国民健康保健の西ケント州担当官のJackie Spiby氏はワクチンによって多くの命が救われることと信じている。
 「西ケント州では患者数は依然増加はしているが、パンデミックの第2波は予測されていたよりもゆっくり進行している。ワクチンを接種する機会を与えられ、私たちは運がよかったかもしれない。」
 東海岸ケント州担当官のAndrew Scott-Clark 氏は「人々は治療薬の予備を備蓄し、豚インフルエンザを持たず、感染した時には抗インフルエンザ薬やほかの必要なものを届けてくれるインフルエンザ友達を確保しておくべきでしょう。」と付け加えた。

 Medway家庭医長であるAlison Barnett医師は「ワクチンは豚インフルエンザに対してもっとも良い防御となることから、私たちは現場の第一線に立つ医療従事者とリスクがあるとされている患者にワクチンの優先することにしている。」と話す。
 「しかしワクチンを打てる打てないに関わらず、この冬、私たちはケント州のみなさんに良い衛生習慣と防寒に努めていただきたいと考えています。」
 人々が自分たちを守る一番よい方法は、良い衛生習慣を行うことであり、それはティッシュで咳やくしゃみを受けること、ティッシュをゴミ箱にすぐに捨てることである。簡単に覚えてください;”受け止める・捨てる・ウィルスを殺す”

 インフルエンザに感染したと疑われる誰もが国民パンデミックインフルエンザサービスに連絡すべきである。しかし基礎疾患がある人、妊婦、生後12か月以下の乳児、急に症状が悪くなった人、7日経過しても症状がまだ悪化している人、子供の場合は5日経過しても悪化している人が家庭医を受診すべきである。

中略

 10月14日の時点で、南東海岸地域で豚インフルエンザに関連して626人が入院している。SK
10月24日

EU agency urges two-dose H1N1 flu jab AsiaOne (シンガポール) EU医薬品委員会、ブタインフルワクチンの2回接種を勧奨
 EU医薬品委員会(European Medicines Agency (EMEA))は、H1N1インフルワクチンの3種類を承認しているが、2種類に関しては1回接種でも十分の可能性はあるが、2回接種をすべきであると、23日、声明を出した。
 セルバパン(米国のバクスター)、フォセトリア(スイスのノバルティス)、パンデムリクス(英国のグラクソ社)。
 委員会では9月にこれら3種類のワクチンを承認した際、3週間の間隔を空けて2回の接種が必要と発表した。
 その後限られたデータであるにも関わらず、パンデムリクスとフォセトリアは1回接種で十分免疫出来ると考えられ出している。
As Education and Income Rise, Concern About Swine Flu Declines, According to Thomson Reuters Survey Leuters(国際) 教育レベルと収入が上がるにつれて豚インフルエンザへの懸念は低下:トムソンロイター調査
 トムソンロイター調査によれば、教育レベルと収入が上がるにつれて豚インフルエンザへの懸念は低下しているということだ。回答者のうち家族にワクチン接種を受けさせたいと答えた者は3分の1に過ぎなかった。
 アメリカ人たちは豚インフルエンザについて心配しているのだろうか?約3分の1は心配していると答え、3分の1はしていないと答え、残りの3分の1は少しは心配だと答えた。 多くの懸念を抱えているのは低所得で教育レベルが低い層だった。
「教育レベルの高い人たちは、これまで取られた対策で流行が防止できると考えている。」とトムソンロイター社健康科学ビジネス調査主任のGary Pickens氏は語った。
 アメリカ人たちは家族全員にワクチン接種をさせようと思っているのだろうか?約36パーセントがそう思うと答え、47パーセントがそうは思わないと答えた。年齢が高くなるほど豚インフルエンザワクチン接種を家族に受けさせると答える傾向にあった。
 「豚インフルエンザに関する情報がこれほど広められているのに3分の1しかワクチン接種を受けるつもりでないというのは驚くべきことだ。」とPidkens氏は語った。「また、豚インフルエンザを非常に心配しているのにワクチン接種を受けないという人々も存在する。推測するに、病院を受診しにくい人たちなのではないだろうか。ほとんどは若年成人・低学歴・低所得の女性である。」
 今回の調査は3003家庭を対象にし、10月5-15日に電話で行われた。
 回答者に豚インフルエンザに関する不安を1から5までのレベルで回答してもらうという方法であった。(1=全く心配していない; 5=とても心配だ)
 36パーセントが 1または2
 29.6パーセントが3
 34.4パーセントが4または5
 高卒あるいはそれ以下の学歴である人たちの約半数(49.パーセント)が不安レベル4-5であると回答した。これに対して4年生大学卒業以上の人々で不安レベル4-5とした人たちの割合は29パーセントであった。
 同時に、年収25000ドル以下の人たちの43.3パーセントが不安レベル4-5と回答し、年収25000-49999ドルの層では33.3パーセント、年収50000-99999ドルの層では30パーセント、年収100000ドル以上の層では31パーセントが不安レベル4-5であると回答した。
 家族全員が豚インフルエンザワクチンを受ける予定であるかどうかも尋ねられた。(1=受ける予定は全くない; 5=かなりの確率で受ける予定だ)
 約半数(47パーセント)が 1または2
 16.3パーセントが 3
 36.7パーセントが 4または5
 ワクチン接種を受ける可能性がかなりあると最も多く答えたのは65歳以上の層(46.5パーセントが4または5を選択)と、高卒あるいはそれ以下の学歴の人たち(47.5パーセントが4または5を選択)であった。
 トムソンロイターは世界をリードする企業向け知的情報提供会社である。TA

FluWatch  (カナダ保健省) 41週情報
 定点機関を受診するインフルエンザ様患者数は一定のペースで増加中。
 外来受診者1000人に占めるインフルエンザの割合。米国ではこのグラフに合わせると70前後となる。
 通常のインフルエンザ様患者の率を遙かに超えているが、52週前後にピークとなる季節性インフルエンザ患者数の平均値とほぼ等しい。



Weekly pandemic flu media update 英国健康保護庁(HPA) 英国、パンデミックインフルエンザ状況 更新
 インフルエンザ様患者の外来に占める割合が増加し、流行域に入ってきたが、春の流行状況に比べると、いまだ相当低い。



新型インフルエンザ:死者累計32人に  毎日新聞
 埼玉県と神奈川県は23日、新型インフルエンザに感染していた女性計2人が死亡したと発表した。福井県でも1人の死亡が発表された。新型インフルエンザによる死者は全国で32人となった。
 埼玉県川口市在住の女性(67)は22日に死亡し、死因はインフルエンザ肺炎とみられる。
 神奈川県厚木市の女性(51)は基礎疾患はなく、死因は急性心筋炎の可能性が高い。
新型インフル、重い副作用は4人 厚労省調査 日本経済新聞
 厚生労働省は23日、19日以降に新型インフルエンザワクチンを接種した約4万人の医療従事者のうち約2万人を対象に調査したところ、4人(0.02%)に意識低下など重い副作用(副反応)があったと発表した。発熱など軽度の副反応も3人いた。このほか、計25人にアレルギー性のショックなどが出たとの報告があった。
 いずれもワクチン接種との因果関係は明確でないが、すでに回復、快方に向かっているという。副反応が出た計32人のうち、過去にアレルギーの経験のあったのは16人だった。同省は「アレルギーなどの経験のある人が接種する場合、少なくとも接種から30分後までは医療機関に待機させて状態を確認してほしい」と求めている。
2009-2010 Influenza Season Week 41 ending October 17, 2009  (米国CDC) 米国、インフルエンザ状況更新41W
 米国内でのインフルエンザ患者数は増加し続けていて、その多くは2009H1N1と考えられている。
 41週に小児での死者が11人報告されているが、そのうち9人が2009H1N1と確認されている。
 外来受診インフルエンザ様患者数は流行域を超えている。
   *2009-10W前後がこの冬における季節性インフル患者数である。
    ブリスベンは香港型の変異株で多くの入院者と死者を出し、この10年間最も患者数が多かったとされる。
    現在の患者増加率は先の週よりも若干減じていて、来週、遅くても再来週にはピークとなると想定される。



 小児での死亡者数の増加が顕著である。41週は11人死亡しているが、前週も類似の数で、大体週に10人前後の小児での死者数が発生している。2009-21W以降が現在の2009H1N1による死者である。



Morgan County Woman Dies Of Swine Flu; CDC Says More Than 1000 Deaths Nationwide WHNT (米国) モーガン郡で女性がブタインフルで死亡:CDC、米国の死者数が1000人を超えたと報告
 アラバマ州保健局は、モーガン郡で女性が2009H1N1インフルで死亡し、同州で20人目の死者となったと発表した。
 当局者によると女性は先週死亡したが、70代であったとされる。

 CDCは、現在、例年の季節性インフルエンザと同程度の感染者が発生していると発表した。死者数は1000人を超えている。

 ブタインフルワクチンの入荷は遅れていて、その結果季節性インフルエンザワクチンへの関心が高まって、これまで6000万人が接種しているとされる。10月としては初の接種数とされる。多くは晩秋までに接種するのが例年の状況であった。
 CDCは100人近い小児の死を報告した。
 (アラバマ州:人口450万人)
Hospitals' Decision on Visitors Aims to Protect From H1N1 13WHAM-TV  (米国) 米国、2009H1N1インフルエンザ予防のために病院訪問者を制限
 多くの病院では18歳以下の小児の病院訪問を制限し出している。
 年齢が18歳か、16歳か等の議論はある。
 病院内で体調を崩す関係者が増えてきていることが理由ともなっているが、それが必ずしも2009H1N1によるものかどうかは不明である。
WHO: nearly 5000 swine flu deaths worldwide Mid Columbia Tri City Herald  (米国) WHO:世界で5000人近くの2009H1N1死者が発生
 AP

 今年、”2009H1N1”が春にパンデミックとなって以来、世界で約5000人近くに死者がでているとWHOが23日発表した。
 ほとんどの国が個々の感染者の確認を止めたことから、この数値は過小評価されたものであることは否めない。
 WHOによると10月18日までに4999人の死者が世界から報告されたが、そのほとんどは西半球である。死者数はこの1週間で264人増加した。

 アイスランドは今週初の死者を報告し、そしてスーダンやトリニダード・トバゴも初めて死者を今週報告した。

 米国では小児が春から少なくとも95人死亡したと、CDCが発表した。
 報告によると、46州で広範に2009H1N1は拡大し、散発的発生に終わっているのはコネチカット、ハワイ、ニュージャージー、そしてサウスカロライナの各州だけとなっている。

 ロンドンの製薬メーカーであるグラクソスミスクライン社は、同社のワクチンが1回接種だけで十分な免疫効果を持つことを発表した。
 23日の発表によると、スペインを中心とした6ヶ月から3歳までの小児200人の臨床試験結果によると、1回のワクチン接種で十分な免疫効果が得られたとされる。
 グラクソの発表は、専門家達が小児は免疫力が弱いために2回の接種が必要であると言ってきていた状況の中での発表であるが、先週、ライバル企業のサノフィ・アベンティス社が小児では2回の接種が必要であると発表したばかりであった。
 グラクソのワクチン”パンデムリクス(Pandemrix)”は、ワクチンの免疫力を高めるためのアジュバントを含んでいる。ヨーロッパのインフルエンザワクチンには通常アジュバントが含まれているが、妊婦や子供に対しての安全性に関するデータは十分にはない。
 グラクソ社のアジュバントは、鳥インフル、ブタインフル、および季節性インフルのワクチンで41000人以上に使われてきた。

 米国におけるブタインフルワクチンにはアジュバントは使われていない。いくつかの国々ではアジュバンドを抜いたワクチンをハイリスク者に使用することになっている。

 ほとんどの人々はブタインフルに対して何等医学的治療を必要としないが、このウイルス感染は特に小児を重症化しやすい。
 CDCのデータによると、入院する感染者の半数以上、4分の1の死は小児と25歳以下の成人とされる。
 APによる調査結果では、三分の一の米国の両親は子供達に2009H1N1ワクチン接種を望んでないが、理由の多くは副作用である。
 数千人がこれまでワクチンを接種されたが、もっとも多い副作用は注射部位の疼痛と、軽度のインフルエンザ様症状の発現とされる。
10月23日


新型インフル:ワクチン接種調査 4人に入院相当の副作用 毎日新聞
 厚生労働省は23日、医療従事者約2万人を対象にした新型インフルエンザワクチンの副作用調査で、4人に一時的な歩行困難など入院相当の異常が見られたと発表した。ワクチン接種との因果関係はいずれも不明で、全員回復している。季節性のワクチンと異なる副作用はないという。
 19日から医療従事者約100万人への接種が始まり、うち国立病院機構の67病院にいる2万2112人に副作用の報告を求めた。重い副作用とされたのは▽両足の筋肉痛による歩行困難▽嘔吐(おうと)▽脈拍の上昇▽発熱と意識低下--の4例。他にショック状態など軽い副作用報告が3例あった。2万人以外の医療従事者からも25例の報告があったが、すべて回復しているという。
 季節性のワクチンでは、毎年4000万~5000万人への接種で百数十例の副作用報告がある。今回の重い副作用の率は0.02%でそれより高いが、厚労省は「調査方法が違うので、新型のワクチンに副作用が起こりやすいとは言えない」としている。
Mexico pushing for homegrown swine flu vaccine AuburnPib.com(アメリカ) メキシコ 国産豚インフルエンザワクチン製造を推し進める
 豚インフルエンザワクチンの供給不足に際して、メキシコのフェリペカルデロン大統領は製薬会社に3000万回接種分のワクチンを販売するよう説得した。フランスの製薬会社Sanofi-Aventis社はメキシコにワクチン製造工場を開設し、2012年から年間2500万回分のワクチンを製造可能にすると発表した。当局は工場開設を熱望している、とメキシコ保健相コルドバ氏は語った。
 この春メキシコではじめて豚インフルエンザが確認されて以来、製薬会社は迅速にワクチンを開発し始めた。しかしそのほとんどは富裕国の手に渡った。米国CDCは希望者全員に接種をすることを目標としているが、現時点において予測量の半分しか手にしていない。
 メキシコでのワクチン供給量はさらに低い。当局は医療関係者・妊婦・保育所職員・6ヶ月―2歳11ヶ月までの幼児といったハイリスク群への接種を予定しているだけである。TA
新型ワクチンで32件の副作用 呼吸困難や嘔吐、既に回復 北海道新聞 
 新型インフルエンザワクチンの接種を受けた医療従事者から、呼吸困難や嘔吐などの副作用報告が4日間に32件あったと、厚生労働省が23日、発表した。季節性のワクチンでみられる症状と同様で、いずれも既に回復しているという。
 厚労省によると、接種が始まった19日から22日までの報告で、治療のために入院が必要になるなどの重い副作用は6件。このうち30代の女性は、接種の10~15分後に全身のかゆみなどが出て、30分後には呼吸困難になり血圧が低下。酸素吸入をするなどしてその日のうちに回復した。ワクチンとの因果関係が否定できないという。
 副作用の発生割合について、厚労省は「接種が始まったばかりで入念に接種後の反応を見ている部分もあり、多いか少ないかはすぐに判断できない」としている。
Many Americans won't get H1N1 flu shot Daily Gleaner  (米国) 多くの米国人はH1N1ワクチン接種を受けない
 ワシントンポストとABCニュースが行った調査結果が22日発表された。
 それによると6割の市民がワクチンを受けるつもりはなく、また52%の両親しか子供への接種を希望していない。
 ワクチン接種を希望しない米国人の中には、ワクチン量が不足していることを理由に上げている人々もいる。
 自分は健康で何も問題はない。ワクチンはハイリスク者に回す。また自分が子供達と頻繁に接触する状況ならワクチンを接種するが、そうではないから、他の人に譲る、等。
 一方、カナダでは十分量のワクチンが準備されていて、22日から一部で接種が開始された。
Three more deaths linked to swine flu South Wales Evening Post (英国) ウエールズで3人がブタインフル関連で死亡
 ウエールズで2人がブタインフルを発症して死亡。さらに1人が海外で死亡。ウエールズでの死亡者は海外で死亡した感染者を除外すると計6人となた。
 保健当局ではブタインフルはゆっくりと増えているが、先の第1波に比べるとペースは遅いと言っている。
新型インフル、成人に免疫?…過去の季節性感染で  読売新聞
 新型インフルエンザに対して、成人の多くはある程度の免疫を持つ可能性があることが分かってきた。
 データを分析すると、患者が増えているのは圧倒的に未成年。さらに新型用のワクチンの臨床試験では、1回の接種で成人の大半が十分な免疫を獲得できたことから、過去の季節性インフルエンザの免疫が、新型にもある程度働くという解釈で、厚生労働省のワクチンに関する専門家の意見交換会の見解がほぼ一致した。「ほとんどの人に免疫がない」とされてきた新型対策の見直しにつながる可能性がある。
 全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数は、ほとんどが新型になった6月末以降、10月11日までで計20万人余り。年齢層別では10~14歳が最も多く、未成年が85%。最新のデータでは新規患者の90%が未成年だった。大阪大の岸本忠三・元学長(免疫学)は、「子どもと大人の発症率の差は行動の違いだけで説明がつかない。過去に類似したウイルスに感染したことが影響している可能性が高い」と指摘する。
 20~50歳代の200人に行われた国産の新型用ワクチンの臨床試験では、1回の接種で78%が十分な免疫を獲得した。国立感染症研究所の田代真人・インフルエンザウイルス研究センター長は「1回の接種で効果が出るのは、過去の免疫が呼び覚まされたから。今回の新型は、過去に流行した季節性の『いとこ』か『はとこ』なのだろう」と話す。
 だからと言って、成人が新型に感染しないというわけではない。米国でも当初、10歳代で新型が流行したが、その後ほかの世代に感染は拡大し、最終的に入院患者の半数が18歳以上となった。
 感染研の安井良則主任研究官は「今は、集団生活を送っている子供が感染の中心だが、時間をかけて成人に感染が広がっていく。成人の方が感染すれば重症化する危険性が高く、十分な注意が必要」と強調している。

新型インフル 大学受験生にワクチン優先接種…鳥取県 読売新聞
 鳥取県の平井伸治知事は22日の記者会見で、新型インフルエンザ用ワクチンの優先接種の対象として、来年1月の大学入試センター試験の受験生枠を独自に設ける方針を明らかにした。年内にも浪人生を含む約3000人を対象に接種を始める。国が20~50歳代の健康な医療従事者について、接種回数を2回から1回に減らしたことなどで生じる余剰分を充てる考えだ。
 国が定めている優先順では、中高校生への接種開始は年明けが予想される。平井知事は取材に対し、「それではセンター試験に間に合わない。ニーズを精査すれば受験生向けのワクチン確保は可能。後がないと思っている浪人生こそ最優先したい」と述べた。
NY officials rescind mandatory H1N1 flu shot order NewsChannel 9 WSYR  (米国) ニューヨーク州、医療スタッフへの義務的H1N1インフルワクチン接種を保留に
 理由は配布されるワクチン量が少ないことと、最近のデータから感染危険者が妊婦と若年者であることが示されたからとされる。
新型インフル:ワクチン希望の医療従事者 想定の倍超す 毎日新聞
 19日から始まった医療従事者に対する新型インフルエンザのワクチン接種について、医療機関側の接種希望者数が国の割り当て(約100万人)を大きく上回る230万人以上に達することが、毎日新聞の都道府県への調査で分かった。多くの医療機関が医師や看護師だけでなく、事務職員らの接種も求めていることが原因とみられる。ワクチンが「足りない」と答えたのは33都府県に上り、各都道府県は医療機関の納得を得られる配分に苦慮している。
Swine flu cases double in past week Formby Times (英国) 1週間でブタインフル感染者数が倍増
 今週ブタインフルエンザに感染した人の数は先週よりも倍増し、病院に入院する患者数が増え、ベッド数の不足を将来することが危惧されている。
 英国における死亡者数は128人に増加した。
 主任医療政務官のライアム卿が最も懸念していることは、入院患者数の増加であるが、現在イングランドでは506人が入院し、その99人が重体とされる。重体者の数はパンデミックが発生して以来最大とされる。
 ライアム卿は、なぜこのような事態になってきているのか分からないと語り、あたかもウイルスが夏に起きたインパクとは別な水準のインパクトを冬期間に持つかのような印象を受けると、語っている。
 同卿は、若い世代での死者の増加を懸念し、”インフルエンザとしては極めて異常な状況だ”、と評している。
 死亡者の54以上が45歳以下で、77%が65歳以下である。季節性インフルエンザの場合、大多数の死者は65歳以上である。また3人に1人は基礎的疾患を保有していない。
 ライアム卿は、これだけ多くの若い世代が死亡するのは極めて異常なことで、見過ごすことの出来ない数である、と語っている。
 今週の発生数は53000人で、先週よりも倍増している。
 最大の発生数は週に150万人と予想されている。
Minnesota reports 3 more swine flu deaths  Worthington Daily Globe  (米国) ミネソタ州、3人のブタインフル死亡者を報告
 7歳以下の2人の小児を含む3人がブタインフルの合併症で死亡したとミネソタ保健局が発表した。
 同州でブタインフルの合併症で死亡した総数は10人となった。
 最近死亡した3人は全員基礎的疾患を保有していていた。
 州では現在611人の確認患者が入院していると説明している。
 また230校でブタインフルの流行が報告されている。その数は、9月に学校が始まって以来着実に増えている。
 学校における流行の定義は、学校全体で生徒の5%が欠席か、または小学校のクラスで3人が欠席している場合である。
CDC: 1 in 5 kids had flu-like illness this month  Ocala  (米国) CDC:今月に入って5人に1人の小児がインフルエンザ用症状を呈した
 今月初めに約5人に1人の小児がインフルエンザ様症状を呈したが、その大多数はブタインフルエンザと考えられると、新規CDCの調査で分かった。また調査対象の成人の7%がインフルエンザ様症状を呈したと答えた。

 調査は10月最初の11日間に電話で行われ、14000人以上の成人を対象に各世帯での状況を調べた。成人は過去1週間に発熱や他のインフルエンザ様症状を呈したことがあるか質問され、一部で子供達の状況についても聞かれた。
 調査結果についてCDCは21日のアトランタにおける医学会議で発表した。
 ブタインフルエンザは国内に遍く広がっている。過去6週間、5~64歳の感染者の入院がみられているが、その数は通常の季節性インフルエンザシーズン全体の数にほぼ等しい。CDCのサーベイランス担当のリン・フィネリ氏が語っている。
 また9月以来の小児のブタインフルによる死亡数は、パンデミックインフルエンザが発生して4ヶ月間の死亡者数に等しい、とフィネリ氏は説明している。
 ほとんどの人々は軽症であるが、多分非常に軽いとCDCでは考えている。また無症状感染者もいるだろうと、CDCのインフルエンザ専門家のナンシー。コックスが語っている。
 CDCの推定では数百万人の米国人が感染したとされる。
10月22日

新型インフルで3歳児死亡=最年少、脳症の疑い-東京 時事通信
東京都は22日、新型インフルエンザに感染した都内の3歳男児が20日に死亡したと発表した。男児に持病はなかった。症状が急速に悪化しており、インフルエンザ脳症の疑いがあるという。
 厚生労働省によると、新型インフルエンザ感染者(疑い例含む)の死者は29人目で、国内最年少という。
Swine flu vaccine goal 50 million doses next month KOB.com (米国) ブタインフルエンザワクチン、来月には5000万接種量が確保
 米政府は11月中旬までに5000万接種量、12月には15000万接種量を入手する予定と発表した。
Production of swine flu vaccine is way behind schedule; 50-year-old technology .. WQAD (米国) ブタインフルエンザワクチン製造がスケジュールよりも数週遅れている
 政府は予定では12000万接種量をこの時期に用意しているはずだった。しかし現時点では1300万量しかし入手出来ていない。
 製造企業での遅れ、製品の検定の遅れ等。
10月21日

DELAWARE: Flu-like symptoms flood children's hospital delmarvanow.com(アメリカ) デラウエア州: インフルエンザ様症状の患者が子ども病院に殺到
 デラウエア州ウィルミントンにある子ども病院に多数の豚インフルエンザ様症状患者が受診している。多くは軽症で、病院側は入院を必要とするような小児にしか豚インフルエンザ検査を行っていないと語った。子どもが豚インフルエンザかどうかを確認するためだけに緊急治療室を受診することはあまり好ましいことではない。しかし、子どもの症状が深刻であると感じたら緊急治療室に向かうべきだとも強調された。TA
Mass swine flu immunisation underway in UK TheMedGuru (英国) 英国でブタインフルワクチンの集団接種が開始
  この冬のブタインフルエンザのパンデミック第二波の恐れから、英国政府は本日優先度の高い人々にブタインフルエンザの集団接種を開始した。
 基礎的疾患を持つため健康状態に問題がある人々、および保健医療担当者が優先度の高い11000万人の最初に接種される。
 200万人近い医療担当者とソーシャルワーカーがワクチンを接種されるが、理由はウイルス感染を受けやすく、そしてさらにそれを周辺に感染させる可能性が高いからと言われる。

 高感染性の優先者

 英国保健省はワクチン接種優先者を4つのグループに分けている:6ヶ月以上65歳以下で基礎的疾患を保有するか免疫が障害されている人、妊婦、免疫が低下している人々と接する人、65歳以上で健康に問題を抱えている人。
 健康に問題が無ければ65歳以上の人々は優先度は高くない。理由は免疫を保有している可能性があるからと専門家は言っている。
 主任医療政務官のライアム・ドナルドソン卿は、患者と接する医療担当者とソーシャル・ワーカーがワクチン接種を受けることは重要であると語っている。患者からウイルス感染をすることを防ぎ、そしてそのウイルスを他の患者に感染させる危険性が阻止されるからであると説明している。
True swine flu toll 'may never be known' smh.com(オーストラリア) 豚インフルエンザの真の死亡者数は「決して分からない」
 オーストラリアにおける豚インフルエンザ死亡者の本当の数を知ることは出来ないと主任医療官Jim Bishopは語った。
 オーストラリアはパンデミックの「主流」からはなれて18週間経過していると同氏は語った。しかしBishop氏は、「第二波」が早ければこの夏にも訪れるかもしれないとして油断しないよう警告している。
 これまでにオーストラリアでは豚インフルエンザに関係した死亡例が186名確認されている。
 しかし、インフルエンザそのもので直接死亡した人の数を確立することは非常に難しいと同氏は語った。死亡者は慢性的基礎疾患があったからである。
 「この種の問題は解決されることはない」と同氏は21日水曜日に語った。
オーストラリアではこれまでにおよそ36900人が豚インフルエンザ陽性の診断を受けている。4890名が入院し、うち737名がICUでの治療を必要とした。
 「人口に対しては中等度の衝撃であったが、集中治療室からの報告によれば通常の季節性インフルエンザで見られるよりもかなり悪いインフルエンザシーズンであったということだ。」
 今後どうなるかは予測不能であり、専門家たちは次のインフルエンザシーズンまで何も起こらないことを望んでいる。
 「しかしそれはひとつのシナリオに過ぎない。」とBishop氏は警告する。
 「そのかわりに、米国や英国で見られたように夏季にも多様な地域で大小の流行が起きるかもしれない。」
 冬季の典型的インフルエンザシーズンが終わったからといって豚インフルエンザを無視していいというわけではないと同氏は語った。
 ワクチンは現在無料で利用可能である。TA

Flu Vaccine Clinics Open in 2 DC Schools News Channel 8  (米国) ワシントンDCで学校におけるワクチン集団接種が開始
 ワクチン量が足りない等の混乱も起きている。
 特に20日、CDCが小児での感染リスクが高いことを発表したことから希望者が増えている。
 ワシントンDC保健局では、24歳以下の年齢層と妊婦に無料のブタインフルワクチン接種を受けるように呼びかけている。
New info shows swine flu still hardest on young China Daily (中国、中国日報) 新情報、ブタインフルはいまだ若年者に集中的に感染
 下記と同じCBS情報。
H1N1 Flu Still A 'Young Person's Disease' WJZ (米国) CDC、H1N1インフルは未だ”若年者の感染症”
 CBS
 CDC発表によると、H1N1インフルエンザ死亡者は若年者と中年成人に集中しているという。全死亡者の三分の一は25歳から49歳で、また三分の一が50から64歳とされる。高齢者(65歳以上)の死亡率はわずか12%に過ぎないく、それは季節性インフルエンザでの死亡者の90%が高齢者をが占めている状況と対照的である。
 「状況は全く逆だ」、とCDCのシュチャット博士が記者会見で語っている。
 状況は春と変わらない。
 55歳以上の高齢者の多くは免疫を持っている。多分、数十年前に類似のウイルスに接したか、またはワクチン接種をうけたことが理由として上げられている。
 しかしウイルスが肺の奥に感染する能力を保有していることが、感染した若年者の中の一部分に対して危険性を保有しているとCDCでは警告している。
Flu shots urged for livestock workers after turkeys contract H1N1 Vancouver Sun (カナダ) カナダ、七面鳥がH1N1ウイルスに感染したことから、家畜業者にワクチン接種が急がれる
 オンタリオ州の七面鳥農場でH1N1ウイルスに感染した七面鳥が確認されたことから、家畜業者に季節性とH1N1ワクチン接種を急ぐように保健当局では呼びかけている。
 感染した七面鳥はブリード用で食用でないことから当局では消費者に対する影響はないといっている。
 卵の産出率が落ちたことから感染が疑われたが、全て回復しているので殺処分等の対象にはならなとされる。
 これまで鳥がH1N1ウイルスに感染した事例はチリであったのみとされる。
 ウイルスが鳥に感染して変異する可能性があることが危険性として上げられる。

Researchers: H1N1 Vaccine Too Late For Most WBAL TV (米国) 研究者警告:ワクチン接種は遅すぎる
 今週H1N1インフルエンザの流行がピークを向かえると言われる米国で、未だに十分の量のワクチンが配布されてないことに、専門家は警告。
Can my pet get H1N1? DVM 360 (米国) ペットはH1N1ウイルスに感染するだろうか?
 米国獣医学会ウエブサイトによると、猫や犬にH1N1ウイルスが感染したという事実はこれまでないとされる。
 しかしながら10月9日に、米国農業省の研究所はフェレットが感染することを確認した。しかしフェレットから人への感染例は報告されていない。
Texas now has almost 1 million swine flu doses  KCBD-TV  (米国) テキサス、約100万人分のワクチンを入手
 州に注射用と鼻腔スプレー型ワクチンが約100万人分入荷した。
 優先度の高いグループから接種される:妊婦、2~4歳の小児、5~18歳までの基礎疾患を保有する若年者、および直接感染者に接する医療関係者。
新型インフル、豚が感染の疑い-確定されれば国内初 IBTimes 
 農林水産省は20日、大阪府の養豚農場の豚から新型インフルエンザの疑いがあるウイルスが確認されたと発表した。確定診断に必要な検査を動物衛生研究所で行っており、感染が確定すれば、新型インフルの豚への感染は国内では初めてとなる。
 新型インフルエンザであることが確認された場合、府はこの養豚場に豚の移動自粛をするように要請する。養豚場からこれまでに出荷された豚は、いずれも検査で陰性が確認されている。
 農水省は、適切に処理された豚肉を食べて人がインフルエンザに感染することはないとして、冷静な対応を呼びかけている。
新型インフルワクチン、1回接種見直しへ 読売新聞 
 長妻厚生労働相は20日、閣議後の記者会見で、新型インフルエンザ用ワクチンの接種回数について、21日までに厚労省の見解を公表したいと述べた。
 ワクチンの接種回数を巡っては、厚労省の足立信也政務官が19日、妊婦や基礎疾患(持病)のある人、医療従事者など優先接種対象者のうち13歳以上は原則1回にするとした方針は拙速だったとして、医療従事者以外の接種回数を見直す方針を表明した。
 妊婦や基礎疾患のある人などについては1回の接種で免疫がつくかどうか試験していないため、足立政務官は「13歳以上は原則1回接種」の方針に難色を示していた。
新型インフルエンザ:ワクチン「原則2回」 行政判断で方針転換--厚労省 毎日新聞 
 足立信也厚生労働政務官は20日、新型インフルエンザのワクチン接種について、20~50代の医療従事者以外は当面、原則2回接種とする方針を発表した。今後、妊婦や中・高校生を対象にした小規模の臨床試験を追加実施し、結果次第で1回接種への変更も検討する。16日に厚労省が開いた専門家会議では「13歳以上は原則1回」の意見で一致していたが、行政判断でこれを覆した。
 厚労省はこれを受けて、新たな接種スケジュールを示した=表。高校生と65歳以上は輸入ワクチン、それ以外は国産を使う。11月中旬から妊婦、下旬から中・高校生それぞれ数十人に臨床試験を実施。1回接種が妥当とされた場合にも、基礎疾患のある人は医師の判断で2回接種も認める。
 厚労省は当初、全員2回接種としていた。だが、健康な成人を対象にした臨床試験で、1回で十分な免疫効果が得られるとのデータが出たことなどから、16日の専門家会議では13歳以上を1回接種とすることでまとまった。しかし、19日に改めて足立政務官が別の専門家を加えた会議を招集すると、1回接種に否定的な声が相次ぎ、方針が改められた。
 足立政務官は19日の会議について、16日の結果に異論があったため新たなメンバーを指名したと説明し「科学的、医学的に正しいとされたものが、すべて行政判断にならない部分はある」と述べた。
10月20日

July 4 swime flu outbreak shows pattern of virus Reuters (国際) 米国空軍士官学校における豚インフルエンザ流行がウイルスの傾向を示している

 ・ほぼ5人に1人が回復後もウイルスを保持している
 ・迅速な隔離が拡大を防止した
 ・タミフルは健康な若い患者にはあまり助けにならない
 100人以上の米国空軍士官候補生が7月4日のバーベキューと花火大会で豚インフルエンザに感染したものの、迅速な隔離措置によって2週間で感染は管理下におかれたと20日火曜日に調査者が明らかにした。
 この流行でウイルスについて緊密に研究する機会を得たとCatherine Takacs Witkop博士とその同僚は述べ、幾つかの驚くべき点を発見したと語った。
 ・患者のほぼ4分の1、約24パーセントは発症から7日たっても鼻にウイルスが存在し、うち19パーセントは少なくとも回復後24時間経っていた。
 ・インフルエンザ治療に使われるタミフルはもともと健康な若い男女が早く回復する助けにはならなかった。
 ・ほとんどの士官候補生(で発症したものは)5日間あるいはそれ以上にわたって体調が悪かった。
 ・士官候補生のうち11パーセントが感染した。
 新型H1N1インフルエンザがパンデミック宣言された直後の6月、1376名の新人士官候補生がコロラド州コロラドスプリングス近くの士官学校に入学した。
 「新型H1N1インフルエンザの感染確定者134名と疑い例33名が6月25日ー7月24日に発症した。」とWitkop博士の研究チームはthe American Journal of Preventive Medicine誌に発表した。
 非常に若く健康な士官候補生たちは全員が問題なく回復し、重傷者も死亡者も出なかった。ほとんどの患者は7月4日のパーティが感染源であると追跡された。
 「症状が出た士官候補生の数が増えたのは(パーティの)48-72時間後だった。」と同氏は電話インタビューに答えて言った。
 Witkop氏によれば同校の校医たちは迅速にひとつの宿舎を病人用と定め、他の士官候補生たちから切り離した。
 ウイルス検査を毎日行い、インフルエンザのたどるコースをこれまで可能だったものよりも遥かに詳細に図表化した。

 鼻の中のウイルス

 感染性の有無は明らかでないが、症状消失から丸24時間経過した58名の患者のうち11名、19パーセントの鼻腔ぬぐい液にはまだウイルスが存在していた。
 「咳もくしゃみもしていない士官候補生からウイルスが感染するのかどうかは今も分からない。」と同氏は語った。
 米国CDCの助言によればH1N1患者は症状消失あるいは解熱後24時間経てば仕事や学校に戻ることが出来る。
 士官候補生の多くはタミフルで治療を受けたが、タミフルを服用しないものたちよりも回復が早くはならなかった。
 「流行の波を止めようとしてタミフルを使用したが、流行解除のキープレイヤーにはならなかったようだ。」
 「流行を食い止めたものは・・・隔離措置だと思う。」と同氏は付け加えた。発症した士官候補生たちは病人用宿舎に症状消失後24時間あるいは発症から7日間のどちらか長い期間とどまった。
 CDCの推奨では、タミフルは妊婦、糖尿病患者、喘息患者、障害児など重症化のリスクがある人々に処方されるべきであるとなっている。
 同士官学校ではまた士官候補生たちに手洗いや咳エチケットなどの啓発教育を迅速に行った。Witkop氏によれば彼らは手指消毒薬を大量に使っており、これによって流行が10-14日間で管理下におかれたのではないかと語っている。TA

Swine flu could lead to rise in MRSA Telegraph(英国)  豚インフルエンザがMRSA感染症の増加につながる可能性
 医療専門家チームが豚インフルエンザパンデミックによって入院例の増加とMRSA感染症増加のリスクがもたらされると発表した。
 MRSAワーキンググループと医療感染症および患者協会は入院患者の早期退院と感染増加抑制への努力を求めた。
 病院のベッド占有率が高ければMRSA感染症の割合も上昇するということだ。TA
妊婦ら接種回数を再検討 新型インフルで厚労省 日本海新聞
 新型インフルエンザワクチンの接種回数をめぐり、厚生労働省の足立信也政務官は19日夜、専門家らとの意見交換会を開き、先に別の専門家メンバーらが示した13歳以上は妊婦や基礎疾患(持病)のある人たちを含めて1回接種にするとした方針は拙速だったとして、引き続き検討することを決めた。
 一方、健康な成人である医療従事者については1回接種で良いとの方向性を確認。政府として早急に結論を出すという。
 国産ワクチンの接種回数については、尾身茂自治医大教授ら政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会のメンバーが出席した16日の会合で、従来の2回ではなく1回でも十分な効果を期待できるという臨床研究結果が報告された。
 これを受けて同会合では、13歳未満の子どもと著しく免疫が低下している持病のある人を除いては、1回接種とすることで合意していた。
 しかし、あらためて開かれたこの日の会合では「健康な成人を対象にした研究結果を基に、医療従事者以外について1回で良いと結論づけることはできない」など、合意を疑問視する意見が相次いだ。
 席上、足立政務官は「(先の専門家による)合意は言い過ぎだった。医療従事者は1回接種もあり得る。その上で、妊婦や持病のある人の1回目の接種開始を早めたい」と述べた。
 厚労省は今後、妊婦や持病がある人、中高校生を対象にした小規模な臨床研究の実施を検討、医療従事者以外の接種回数を慎重に決める考えだ。
Dallas County reports 10th swine flu death; new vaccine shipments arrive in ... Denton Record Chronicle (米国) ダラス郡で10人目の死者発生:ワクチンが配布される
 いくつかの基礎疾患を保有していた57歳男性が死亡し、ダラス郡での死者数が10人となった。
Fifth swine flu death is announced RTE.ie (アイルランド) アイルランド、5人目の死者が発生
 基礎疾患を保有する男性が死亡。
 40万人分のワクチンが家庭医に配布され、2週間以内にハイリスク者に接種される。
Hospitals Restricting Visitors to Stop Swine Flu WCTV (米国) 病院、ブタインフルエンザ対策で訪問者制限に
 国内の病院では、ブタインフル院内拡大防止のために小児の訪問禁止や、成人における訪問制限も行いだしている。
 ユタ州やコロラド州では州内の病院における訪問制限を勧奨しているが、ほとんどの場合は病院の判断によっている。
 いくつかの病院では規則の代わりに、訪問者が咳やクシャミがある場合は年齢を問わずに訪問を延期するように求めている例もある。
 CDCや米国病院協会では、この問題に対してガイドラインは制定していない。
 バンデルビルト大学医学センターのインフルエンザ専門家であるウイリアム・シェファー博士は、病院を封鎖することは出来ない。そして、明日発病する状況で(潜伏期間内で)、既にウイルスを排出している人が今日来ることもあり得る、とコメントしている。
Merced nurses plan Oct. 30 strike over swine flu concerns  Merced Sun-Star (米国) ブタインフル対策が十分でないことから病院ナース達が1日ストライキ
  マーシー医学センターを含むカリフォルニアとネバダの病院のナース達が病院におけるブタインフル対策が十分為されていないということで、1日ストライキを行う。
 39医療機関の16000人のナースが参加する。
 患者の隔離対策や他のウイルス拡大対策が十分でないことが上がられている。
10月19日

Free Tamiflu: Ministry makes swine flu drug more accessible to public  Torinidad & Tobago Express (トリニダードトバゴ)  トリニダードトバゴ タミフルを無料に
 インフルエンザ様疾患(A/H1N1インフルエンザを含む)の治療にもっとも効果的であると世界で言われているタミフルが、私立・公立病院で無料で使用可能になる予定である。
 政府は豚インフルエンザ拡大防止に最大の努力を払っていると保証し、保健相Jerry Narace氏は18日日曜日にすべての人にいきわたるタミフルがあり、要請があればすべての医療機関に配布されると語った。
 同氏は記者会見で市民にパニックの必要はないと語ったが、同時にこの新型インフルエンザは依然として「非常に深刻な脅威」であり、警戒を緩めないことが必要だとも呼びかけた。
 同記者会見にはEric Williams Medical Sciences Complex主任医療官のHelmer Hilwig氏、保健省主任医療官Anton Cumberbatch氏、パンアメリカン保健機構代表Carol Boyd-Scobie氏、政府医療計画長Kumar Sundaraneedi氏、疫学者Avery Hinds氏が出席していた。
 保健相が同日「承認されるだろう」と語った民間医療部門との提携はウイルス管理に関する政府方針においてもっとも明らかな変化である。以前はすべての疑い例、感染確定例は保健省の直轄医療機関によって管理されなければならないと助言されていた。
 民間医療機関はいまやどのレベルの感染者も治療できるようになった。しかし保健省は患者の情報について最新の情報を手に入れなくてはならないと保健相は語った。
 これに加えて、医師たちはタミフル供給に関して政府にコンタクトを取ることが出来るようになり、医師からタミフルを受け取れるようになった。タミフル治療を必要としている感染者には優先権が与えられる。薬局ではすぐに手に入らないだろうからである。
 「全国民に十分な量がある。タミフルは無料であり、時を待たずに患者に与えられなければならない」と同氏は語った。
 ワクチン供給のための交渉もパンアメリカン保健機構と行っている最中であると発表された。
 「約25万回接種分が11月中旬までに使用可能となる予定である。」と保健相は語った。
 Boyd-Scobie氏によればハイリスク群に属する人々(肥満、虚弱、免疫不全など)は医師にワクチンの交渉を行うべきだと語った。
 「ワクチンとタミフルを混同してはならない」と同氏は語った。
 トリニダードトバゴはこれまでに163名の豚インフルエンザ感染者が確認されており、死者はここ数週間で4名出ている。
 保健相が18日土曜日に発表したところによると、これらの死亡例はいずれも基礎疾患があり、豚インフルエンザで長く入院治療を受けていたものだということだ。多くの患者は治療を受けて回復している。
 公的医療機関などでの検査結果があまり期待を満たすものでない(精度が高くない?)という問題に関して、Hilwig氏は検査結果がすべてではないと語った。医師は患者の症状を見て判断すべきであり、検査結果が出るまで治療を待ってはならないと同氏は語った。
タミフルが医師によって処方されることが重要であると同氏は語った。患者は副作用(吐き気、めまい、頭痛、咳など)についての説明をきちんと医師から受けることが出来る。TA
 人口134万人のカリブ海の裕福な小国

Who gets the Swine Flu vaccine? Examiner.com (米国) 誰がブタインフルエンザワクチンを接種するか?
 誰がブタインフルエンザワクチンを受けるか?それは州によって異なる。
 CDCはワクチン接種に関する諮問委員会を開催し、そこで8月下順に接種優先基準を発表した。
 この基準は強制力は持っていない。
 1)最も優先順位が高いのは妊婦
 2)6ヶ月以下の乳児と同居、または世話をする人
 3)保健医療担当者、救急業務担当者
 4)6ヶ月から24歳までの年齢層
 4)25歳から64歳までのインフルエンザが重症化する可能性のある慢性疾患保有者

 上記基準を参考に各地域では独自の基準を設定している。
 例:
 ・イリノイ州のクック郡では学生を対象に接種するが、ワクチン量が足りないから、当初は郵便番号で地域を選択する。
 ・アリゾナ州のキャンプベルデでは、CDC基準に従って行われる。
 ・ラスベガスではCDC基準に従って、公共施設と個人クリニックで行われる。
 ・ペンシルバニアでは、5~9歳の学童を優先して接種される。
 ・オハイオ州のある地域では妊婦が優先される。

Thousands line up for swine flu vaccine Northwest Cable News  (米国) アイダホ州、数千人がワクチン接種のために並ぶ
 ナンパで数千人がワクチン接種のために行列を作った。地域の大倉庫で行われたが、1時間に400人のペースで接種が行われ、最終的に3000人が対象となった。

Public health officials say swine flu vaccines run out quickly at Iowa State ... WHO-TV  (米国) アイオワ州、ブタインフルエンザワクチン接種が順調に接種
 ポーク郡保健局はブタインフルワクチンの注射型と鼻腔スプレー型を18日、日曜日に2000人に接種した。無料である。接種は午後1時に終了した。
 対象者は、妊婦、救急隊員、6ヶ月から24歳までの年齢層を含むハイリスク者である。

10月18日

Cases swine flu in Wales on the rise WalesOnline(英国) ウェールズの豚インフルエンザ患者数は増加中
 ウェールズにおける豚インフルエンザ患者数は増加の一途をたどっていると保健当局が17日土曜日に発表した。
 国立公衆衛生サービス(NPHS)の再診発表によればウェールズでこれまでの一週間に1656名がインフルエンザ様症状を訴えて家庭医を受診しているということだ。前週から10パーセント以上の増加を見ている。
 この統計は、ウェールズでさらに3人が豚インフルエンザにより死亡したと確定された週の終わりに発表された。
 死者のうち1人はモンマスシャー在住の21歳女性、出産2週間後に死亡した。他にはニースポートトールボット地区の自宅で死亡した41歳女性。これまでの4名の死者全員には基礎疾患があった。
 英国全体ではこれまでに100名が死亡している。
 ウェールズ主任医療官Tony Jewell 視によればワクチン計画は10月末までに開始されるということだ。TA 
Three swine flu deaths take toll to 408 in India Hindustan Times  (インド) インド、3人がブタインフルで死亡し、死者数が408人に
39-week pregnant woman dies from A/H1N1 flu VOVNews.vn (ベトナム) ベトナム、39週の妊婦がA(H1N1)で死亡
 ベトナム保健省は17日、A/H1N1インフルエンザによる死者を1名確認した。同国での総死者数は24となり、そのうち5人は妊婦である。
 死亡したのは妊娠39週の29歳女性である。中央のビンディン省に住んでいた。10月10日に発熱、咳、呼吸困難で入院したが、医師団は胎児を救うために帝王切開を行った。
 しかしながら母親は呼吸窮迫症候群へと進展し、10月15日に死亡した。女性の検体からA/H1N1ウイルスが確認された。
 同日ベトナムではさらに19人の感染者が報告され、これまでの感染者数の総計は10208人となった。
Three Iranian teachers contract swine flu PRESS TV  (イラン) テヘラン、3人の教師がブタインフルに感染
 テヘラン教育局の長官が、テヘランの学校の3人の教師が、A(H1N1)インフルエンザに感染したと発表した。
 テヘラン市内の学校で生徒での発生はこれまでみられていないとされる。長官はテヘラン市内の全学校には液性石けんが用意されていて、生徒達がウイルス感染から身を守るために利用されていると語っている。
 先にイラン教育庁疾病管理センターのモハマドメ-ジ・ゴウヤ長官は、保護者達に子供達が発熱、咳、鼻水等のインフルエンザ様症状がでた場合、症状が消えるまで家庭に留めるように伝えた。
 また保健当局では、頻回な手洗い、咳やクシャミが出るときは口をティッシュで押さえること、キスを避けること、等がウイルスの拡大を防止すると強調した。
 イラン医学協会によると、これまで同国では650人がブタインフルエンザ感染が確認されている。
H1N1's Links to Pneumonia Appear Clearer  CBS News (米国) H1N1ウイルスはウイルス性肺炎を起こしやすいのは断定的
 (ワシントンポスト・ニュース)
印刷用ファイル
 ブタインフルエンザが世界中に広がる中、非常に重篤な症例が発生しだしていて、ウイルスが若い健康的人々に対して、より危険性を保有していることが示されている。

 H1N1インフルエンザは、通常のインフルエンザ以上に、重篤で生命的予後に影響するウイルス性肺炎を起こすことが明かとなり、WHOは16日、医療機関では重症患者の急増に備えるように、そして医師達には疑い例には迅速に抗インフルエンザ薬を投与するように警告を出した。
 専門家達はH1N1ウイルスに感染する人々の大多数は、発症しないか、または容易に回復すると強調している。しかし中には、若年成人、特に女性が短時間で重症化し、ICUへの入院が必要とされ、しかし、高率に死亡することが知られてきている。
 なぜ感染者の一部が重篤化するのか原因は分かっていないが、最近の研究でH1N1ウイルスは他の季節性インフルエンザウイルスとは全く異なる様式で肺の奥に感染して、ウイルス性肺炎を引き起こすことが知られている。
 「季節性インフルエンザとは異なる」、とWHOのニッキ・シンドウ医師は、ワシントンでWHOが主催した専門家会議での結論として語った。
 「このウイルスは、それまで健康だった若い成人に非常に重篤な症状を引き起こす」と、付け加えた。

 一方、米国CDCは16日、ワクチン製造状況は予定よりも遅れていると発表した。当局では10月下旬まで4000万接種量が入荷すると予定していたが、実際には1000万から1200万接種量が不足する状況であると、CDCの国立ワクチンセンターのアン・シュチャット長官が語った。
 「最終的には、希望者全員にワクチン投与は可能であるが、この2~3週間は入荷量が十分でない可能性が高い」、と同長官は語った。
 これまで1140万接種量が入荷し、さらに国は800万接種量を発注しているが、大量の入荷は11月になる予定であると、シュチャット長官は語っている。

 WHOが16日に警告を発したが、同時に米国CDCも国内での流行の拡大が41州に及んだことを発表した。小児の死亡数が合計86人となったとも発表した。メリーランドでは10人が死亡し、バージニアでは小児1人を含む8人が死亡した。
 これまでウイルスは、季節性インフルエンザウイルス以上に感染性が高く、さらに致死性も高いとは考えられていなかった。しかし重篤化する感染者の病態は、典型的季節性インフルエンザのそれとは全く異なる。高齢者は通常のインフルエンザに感染し易く、かつ重篤化する傾向が強いが、このH1N1ウイルスに対しては、概して発病しずらい。一方小児、ティーンエイジャー、妊婦、若年成人、はもっとも発病しやすい。

 当局ではウイルスが危険な株へ変異しないか詳細に監視していて、また動物でのウイルス検査も行い、ウイルスが家畜に感染し、より病原性の高い株に変異しないか監視している。
 
 季節性インフルエンザウイルスは通常上気道に感染する。しかし、最近の動物実験や100例近い死亡者の剖検所見から、ウイルスが上気道と肺に感染することが示されている。上気道への感染は、周辺へのウイルス感染が起きやすいことを意味しているが、肺へ感染する様式は、現在アジアに存在している鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に似ている。
 鳥インフルに似ている。死者の肺で異常な程多くのウイルスが増殖している。言ってみれば”新しい怪獣のようなものだ”。CDCの感染症病理部門の主任であるシェリフ・ザキ博士が語っている。

 ICUでの治療を受けた患者の約三分の一が細菌性肺炎を併発していたが、H1N1ウイルスの肺細胞への感染傾向は、季節性インフルエンザ以上に、生命的予後を危うくするウイルス性肺炎を引き起こしやすい。
 「小集団ではあるが、非常に重篤なウイルス性肺炎を起こすことが、このインフルエンザの特徴である」、とシンドウ医師は語った。
 どの程度の頻度で重篤な肺炎が起きるのか分かっていないが、最近のメキシコや、カナダ、米国、オーストラリア、およびニュージーランドで得られたデータから言えることは、感染者(発病者)の1%が入院を必要とし、その12~30%がICU治療を必要とし、そしてその15~40%が死亡している。

入院率/感染者 ICU収容率/入院者 致死率/ICU収容率 ICU致死率/感染者
1% 12~30% 15~40% 0.018~0.12%

 この春に米国で入院した患者の三分の二は、他の医学的基礎疾患を保有していたが、今週発表したCDCの報告では1400人の入院患者のうち半数は、問題となる重篤な健康問題は保有していなかった。
 世界での状況を見ると三分の一の死亡者、または重篤化した患者では心臓病や肺疾患、慢性腎臓疾患等の危険因子があったが、残りの症例では軽症喘息、高血圧、高コレステロール血症、肥満等の直接重症化に結びつかない基礎疾患しか認められていない。
 「これらの人々は我々と何も違わない」、とカナダのマニトバ大学の感染症部門のアーノルド・クマル准教授が語っている。
 必ずしも問題となる基礎疾患を保有していない死亡者も多いことから、重症化を予知する方法は現在はない。
 例えば、7月にカリフォルニアで亡くなった30歳女性は、健康的体型でソフトボールチームに属していた。2人の子供がいて、自宅を改造中だった。女性の母親は全く信じられない出来事だ、と語っている。
 妊婦が感染すると危険であることは知られているが、最近得られた知見によると、理由は不明であるが、女性の方が重篤化しやすく、女性であることがリスクファクターと考えられだしている。
 「女性、特に若い女性が有意に発病しやすいことは疑問の予知はないことだ」、とクマル准教授が語っている。同准教授は、女性が保有する脂肪が、感染が起きた場合、危険な炎症反応を刺激すると考えているようだ。
 発症後直ぐに重篤化する人々もいて、酸素マスク、人工呼吸器さらに、通常は用いられない医療的手技が、発熱や咳、痛みが発生して数日以内に必要となっている。
 「進行の速さは驚くほどだ」、とメルボルンのアルフレッド病院のICU担当責任者が語っている。
 オーストラリアやニュージーランドでは、ECMO(人工肺)と呼ばれる、通常はあまり用いられない治療方法を重症患者に医師達は用いた。血液を体外に出して二酸化炭素を除去して、酸素を注入して、再び血液を戻す方法である。
 「これは極めて希な治療方法である」、とオーストラリアのロイヤルペルス病院のスティーブ・ウエブ臨床准教授がコメントしている。

 米国で、これまでH1N1で死亡した18歳以下の小児のうち、この1週間で11人が占めている。またこの1ヶ月で死亡した半数はティーンエイジャーである。CDCのシュチャット氏は語っている。
 8月30日以来、43人の小児が死亡しているが、2歳以下が3人、2~4歳が5人、5~11歳が16人、12~17歳が19人と、シュチャット氏は説明した。
 「極めて異常な事態だ」と同氏は語っている。通常の季節性インフルエンザでは、例年40~50人程度の小児の死亡しか発生していない。
 バージニア州のヘルスコミッショナーのカレン・レムレイ氏は16日、同州のH1N1感染者の大多数は軽症から中等症であるが、軽視出来ない数の重症者も出てきていると語っている。
 米国内ではH1N1インフルエンンザが発生して以来、このインフルエンザが関与して、少なくとも2914人の死者が発生しているとCDCでは説明している。

10月17日

医療従事者へのH1N1型ワクチン接種、地裁が一時差し止め  CNN Japan
 ニューヨーク州地方裁判所は16日、同州保健局が医療従事者に対して出した新型インフルエンザ(H1N1型)と季節性インフルエンザのワクチン接種の指示に関して、同州の大手労組が出した訴えを認め、一時差し止めを命じた。
 州保健局は医療従事者に対し、11月30日までにワクチンを接種するよう通達。従わない場合には解雇も含めた処分もありえるとしていた。この命令に、ニューヨーク州で2番目に大きい労組PEFが、強制的な命令は憲法違反だと提訴していた。
 PEFには約1万5000人の医療従事者が所属し、ワクチン接種命令の対象者は約5000人。PEFは、ワクチン接種そのものを否定しているわけではないと強調。州保健局が接種命令を出したことが問題であると指摘し、従わない場合に処分される命令は、行政当局ではなく司法当局が出すべき内容のもので権力分立に反していると主張している。
New flu can kill fast, researchers agree Reuters(国際) 専門家会議:新型インフルエンザはすばやく死に至る可能性があることで意見の一致

 ・発症から3-5日で悪化する。
 ・人工呼吸器も功を奏さない場合がある
 ・緊急治療室に過剰負担がかかることも多い
 新型H1N1インフルエンザは通常季節性インフルエンザとは「著しく異なっており」、より若い世代をすばやく死に至らしめる可能性があると16日金曜日にWHOが発表した。
 ウイルスが循環してきたこれまで7ヶ月間を振り返った研究において、症状はおおむね軽症であるものの、時に異常で深刻な症状を起こす場合もあるとワシントンで行われたWHO主催の会議で発表された。
 「こういった症例の治療に当たった者は、重症例の臨床像が季節性インフルエンザのそれとは顕著に異なるという点において同意している。」とWHOのNikki Shindo氏は語った。
 豚インフルエンザは6月にパンデミック宣言がなされ、いまや世界中に循環している。疑い例すべてを確定検査することが出来る地域はないとして、WHOは症例数のカウントを停止した。
 これとは別に、16日金曜日に米国CDCアンシュチャット博士は米国において86名の小児が豚インフルエンザにより死亡しており、ほとんどが5歳から17歳の年齢層(通常なら症状が悪化しにくい)であると発表した。
 「重症例において、患者は概して発症から3-5日で悪化し始めている。悪化速度は速く、多くの患者が24時間以内の呼吸困難を訴え、ICUへの即時入院を必要としている。」とShindo氏は語った。
 こういった患者のほとんどが人工呼吸器の即時使用を必要とするが、治療が功を奏さない場合もあると同氏は語った。
 重症治療を必要とする患者が多いため、緊急治療室に過剰負担がかかっている地域もある。
 よい知らせとしては、早期の抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)が非常に効果的であるということだ。
 通常インフルエンザは上気道(鼻や喉)感染を起こすが、H1N1インフルエンザはより深く肺に達した感染を起こす。
 「このウイルスは下気道を好む傾向にあり、つまりこのウイルスによって季節性インフルエンザよりも遥かにウイルス性肺炎が起こりやすいということになる。」とShindo氏は記者会見で語った。
 マニトバ州ウィニペグのSt. Boniface病院のAnand Kumar医師は今週アメリカ医学協会誌に豚インフルエンザの影響についてのレポートを発表した。
「ICUの50パーセントをH1N1患者が占めた場所もあった。基本的には我々の持つ能力を最大限に使っているような状態だ。」
 Shindo氏は、WHOは豚インフルエンザ重症化の危険因子を調査中だと語った。
 「現時点において病的肥満が果たす役割についてはよく分かっていない。しかし病的肥満や極度の肥満は重症例、致死例の大きな割合を占めている。病的肥満はこれまでのパンデミックや季節性インフルエンザ流行においては危険因子としては認識されていない。」TA

2009 H1N1 Flu: Situation Update  米国CDC状況更新 2009H1N1インフルエンザ
 41週はさらに感染者数は増え、冬期間の季節性インフルエンザ感染者数以上に増加している。最近大流行したのは緑色の2007-2008年のブリスベン株であるが、現在のH1N1はそれを超えている。
 

Crocker disinfects and deep-cleans school buildings after flu outbreak Pulaski County Daily News  (米国) クロッカー、インフルエンザ流行後に、学校の濃厚なる消毒作業
 3日間の休校期間中に完全ならう消毒作業。
Warning for bogus online H1N1 drugs Sky News Australia  (オーストラリア) 偽のH1N1薬がオンラインで発売
 米国FDAが警告。
Swine flu hits hard, early -- claims 11 more kids Boston Globe (米国) ブタインフル流行急速に進行-さらに11人の小児が死亡
 現在のブタインフルウイルスは高齢者よりも若年者に感染する傾向が強いことが顕著である。そして小児の死亡が特に注目されている。86人の小児が春以来ブタインフルで死亡した。このうち43人は9月から10月初めに死亡している。
 この小児の死亡数は異常な数であるとCDCのアン・シュチャット博士は警告している。通常インフルエンザで死亡する小児の数は40~50人とされる。このブタインフルがいつまで続くか分からない。
 この初秋に死亡した小児の半数はティーンエイジャーであるが、また驚くべき事として、就学前の小児が最も感染しやすいことである。
 これらの数値は深刻な事態を物語っている。アン・シュチャット博士は付け加えている。
Swine Flu Vaccine Scarcer Than Expected For Now Boston Channel.com (米国) 米国、ブタインフルエンザワクチン、当初の予想よりも入荷量が少ない
 今月中に4000万接種量が国内に配分される予定であったが、2800万から3000万接種量になる予定でCDCでは発表した。
Minnesota pigs may have tested positive for H1N1 Daily Republic (米国) ミネソタ州、ブタがH1N1ウイルスに感染した疑い
 8月末に”フェアー”で集まったブタからのサンプルでH1N1ウイルス感染が示唆された。さらに詳細検査を行っている。もし確認されたら米国で初のブタへのウイルス感染となる。子供達からウイルスが移された可能性がある。
Stanford, Lucile Packard hospitals will not allow visitors under 16 San Mateo County Times (米国) スタンフォード、ルシル・パッカード病院で16歳以下の病院訪問を不許可に
 家族が死亡したとき等以外は訪問は不許可に。他の病院も考慮中と。
11 More Children Die From Swine Flu: CDC EmpowHer (blog)  CDC発表:前週、さらに11人の小児が死亡
 この1週間で米国内で11人の小児はH1N1ブタインフルエンザで死亡したとCDCでは発表し(半数はティーンエイジャー)、このインフルエンザが現在広範に拡大し、流行水準を大幅に超えていると付け加えた。
 状況が深刻な上、H1N1ワクチンの製造が遅れ、10月末まで4000万回接種量が米国に届く予定が3000万回接種量以下となりそうであると、CDCのワクチン担当責任者のアン・シュチャット博士が語った。
 シュチャット博士は、春にH1N1ウイルスが感染を拡大し始めてから86人の小児が死亡していると説明し、そのうち43人は9月から10月初旬に死亡したと語った。同博士は、ブタインフルエンザに免疫を保有していないと思われる、小児と若年成人が特に危険であると強調した。
 ”Schuchat said 86 children have died from the H1N1 swine flu since the virus emerged last spring, with 43 of those deaths coming in September and early October alone. That underscores the concern that swine flu is particularly dangerous for children and young adults who may not have immunity to the disease.”
10月16日

Swine flu six times more likely to hospitalise diabetes patients  Nursing Times(イギリス) 豚インフルエンザ 糖尿病患者は6倍入院しやすい
 英国に240万人いる糖尿病患者の豚インフルエンザによる影響はNHS病院や家庭医サービスに深刻な混乱をきたすかもしれないと英国臨床糖尿病学協会(ABCD)が発表した。
 同協会によれば糖尿病患者が豚インフルエンザにかかると入院率が通常の患者の6倍となり、明らかに他の人よりも死亡につながりやすいということだ。
 ABCD元議長Ken Shaw教授は次のように語っている。「こういったリスクの影響や、病院やプライマリケアにおける糖尿病患者の扱いに関しては地域レベルでの不測事態対応計画の一環として専門家の検証が必要だ。」
 同氏は豚インフルエンザパンデミックによって緊急インスリン投与の数が10倍になるという可能性があることを恐れている
 地域糖尿病サービス計画において、ABCDは緊急チームのスタンバイを求め、通常業務のどの部分が最大4ヶ月間にわたって中断される可能性があるのかを調べておくように求めた。
 同時に、必要不可欠なサービスはスタッフの配置転換をすることによって、より重症化する可能性のある人たちに対応しなければならない。
 一方、患者自身の自己管理が成功の鍵であるとも語っている。注意深い血中グルコースの自己管理や適切な調整である。TA

Quebec survey finds 25% would take H1N1 to work Toronto Star (カナダ) ケベック州市民調査:25%はH1N1感染と診断されても職場へ
 25%は感染が確認されても職場へ出ると回答。男性の三分の一は体調が悪くても欠勤せずと回答。ケベック州内の1000人の市民を対象として調査。
Weekly pandemic flu media update  英国健康保護庁(HPA) パンデミックインフルエンザ報道発表更新
 41週は人口10万人当たりのインフルエンザ様疾患の保有者数(クリニク受診者数)は29.1人となり、前週の26.3人よりも増加した。
 感染者数の推定値は、41週は新規に27000人が発生。40週は18000人であった。
 感染者数は流行域を超えていない(10万人当たり30人)。
 米国では初夏の流行域を大幅に超えているのに対して、英国では未だ流行ラインを超えていないことが特徴である。
 9月に新学期が開始されると相当な流行が起きると予想されていた。


10月15日

Study Explains Immunity To H1N1 In Older People Post Chronicle (米国) 高齢者にはH1N1ウイルスに対する免疫がある:研究報告
 高齢者は以前にH1N1類似ウイルスに感染したり、季節性インフルエンザワクチン接種等により、細胞性免疫が成立している可能性があるとの研究報告が、カリフォルニア大学獣医学部の研究チームから発表された。
 また細胞障害性T細胞も産生され、それら細胞から抗ウイルス作用を持つ液性物質が分泌されて、ウイルス感染感染細胞を破壊する可能性も示唆された。
 こうした細胞性免疫がある層の中に存在していることが、2009H1N1インフルエンザの病原性が軽いことの理由かもしれないとも述べている。
Health worker vaccine fears  Macon Daily (米国) 保健医療担当者、ワクチン接種に消極的
 保健医療担当者の間でH1N1ワクチン接種に反対意見や、接種を拒否する動きがある。
 CDCではワクチン接種は始まったばかりであり、その割合がどの程度か把握してないという。

Hospitals, Schools, on Alert for Swine Flu The Washington Post(アメリカ) 病院や学校で豚インフルエンザ警戒中
 南メリーランドの学校や病院で豚インフルエンザ患者が複数確認され、保健当局、学校当局はウイルスとの戦いを続けている。
 Civista医療センターやCalvert記念病院では、H1N1ウイルスの蔓延を防ぐために面会時間や規則が変更されている。学校当局は児童生徒たちに咳エチケットや手洗いの指導を続けており、病院レベルの消毒を各教室に行っている。
 インフルエンザ様症状を呈している人はおそらくH1N1に感染しているとチャールズ郡保健当局広報官William Leebel氏は語った。季節性インフルエンザは通常、冬休みあるいは1月ごろに流行するものだ。
 「感染者数は増加している。それは驚くほどのことではないが、人々が室内で過ごす時間が長くなるにつれ、じきに非常に急激な増加を見るだろう。」と同氏は語っている。
 10月6日までに、チャールズ郡はH1N1感染者を42名確認し、うち10名が入院したとLeebel氏は語った。
 カルバート郡保健担当官David L. Rogers氏は、この冬感染者数が急増するかどうかは分からないと考えている。
 「インフルエンザは非常に予測不能なものだと思う。分かっているのはただ冬に流行する傾向があるということだけだ。感染者が多数になるのか少数で済むのかは誰にも分からない。」
 カルバート郡ではこの春からH1N1感染確定者が28名確認されている(検査開始後の数字)。2名が入院した。これまでに同郡の緊急治療センターに過大な負担がかかったことはないと同氏は語った。
 インフルエンザ様症状を呈した児童生徒は学校看護師によって家に送り返される、と語ったのはチャールズ学校区の広報官Katie O'Malley-Simpson氏だ。いくつかのキャンパスにおいて欠席率は推移しているとも語った。
 12日月曜日、2校において5名以上がインフルエンザ様症状を訴えて自宅に戻された。
 カルバート学校区では1日に5名以上がインフルエンザ様症状で自宅に帰されたことはこれまでない。学生サービスディレクターKim Roof氏は、日々の欠席率は監視されており、欠席率の高いレベルに「近づいているかその付近を推移している」が、警戒を発してはいないということだ。
 出席率把握のほかに、カルバート郡は両親と児童生徒にインフルエンザ拡大を防ぐためのノウハウを周知しているということだ。
 「我々は感染拡大を防ぐためにできるすべての正しいことを実行しており、最前線で人々に現在の状況を伝えている。」とRoof氏は語った。
 セントメリー郡の学校でも同様のことが報告されている。欠席率はやはり高いが異常な心配はしていないと郡の衛生管理者Patricia Wince氏は語った。
 「1日辺り5人が早退する学校はいくつもあるが、早退した児童生徒は2-3日で復帰している。」と同氏は語った。具合の悪い生徒は解熱、服薬終了後24時間以上経過しなければ登校を再開できない。
 南メリーランドの3つの郡の保健当局と学校区では、住民と児童生徒のためのインフルエンザクリニックを主催する計画を立てている。TA
15/10/2009Swine flu: Belgians protest against the new vaccination Expatica Belguim  (ベルギー) ベルギー、市民団体がH1N1ワクチン接種に反対の意見
 H1N1ワクチンは実験的兼ね合いが強く、安全性と効果について疑問と、市民団体が国に反対意見を呈す。
In protecting against flu, face masks rank last: US  Reuters  (国際) 医療関係者のインフルエンザ予防策としてマスク着用のランクは低い:新ガイドライン
 CDCにより,新型インフルエンザ患者と他者を離し,マスクなどの防護品を使用して,病院勤務者をH1N1から守るというこれまでのガイドラインが変えられた。

 U.S. Centers for Disease Control and Preventionが発行した新しいガイドラインでは,病院に対して,出来る限り多くの病院スタッフに対してワクチン接種するとともに,インフルエンザ様症状の来院者に対して入室制御バーによる入室管理を行うことを要請している。

 スタッフと患者をウイルスから守る最良の方法は,ウイルスを施設内に入れないことであるとCDCはアドバイスしている。CDCでは, “たとえば,外来患者と,軽いインフルエンザ様症状を持っている患者(合併症のリスクがないケース)との接近を最小限にするため,インフルエンザを疑われる,または確定しているインフルエンザ患者の来院を,彼らが感染源にならなくなるまでは後回しにするよう調整するとともに,病気で来院する市民に対しても,入室させないようにする。”などの方法が考えられると述べている。

待合室へのパーティション設置は,ウイルスの拡散を低減できるであろうし,また呼吸器を装着している患者に対しては,特別な排気システムを導入することが効果的であろう。病院管理面での対策として,スタッフへのワクチン接種,病状のあるスタッフの自宅待機,手指の消毒,インフルエンザ症状患者の待合室の他患者との分離も効果的である,とCDCは述べる。

また,“インフルエンザのコントロールを目的とした個々人の防護具あるいはPPE品による対策は終わったといわれる。その理由は,これらは正確な用法で一貫して使用されなければ十分に機能しないためである。CDCでは,汚染排出に十分な注意をはらうこと,技術的管理,病院の適切な維持・運営管理によって,PPEの必要性は低下する(レスピレータについても)。そして,近年特に重要な懸念であることは,レスピレータの不足が多くの保健施設においてすでに発生していることである”,と述べている。

<< 医療・保健関係者へのワクチン接種 >>

N95レスピレータ(マスク)は,ウイルスに対する最良の保護具であるが,供給量が不足しており,また正確に装着しなければならなく,かつ装着すると快適ではない。

The Society for Healthcare Epidemiology of America(アメリカ健康管理・疫学会)の決定が次のように発表されている。
“我々は,通常行われているハイリスクの処置(たとえば気管支鏡検査)のために必要な,しかし現時点でもすでに不足している医療品が,さらに少なくなってしまうというリスクの拡大に,医療関係者らを追いこみかねない状態にある。市民を守るための最良の科学的な解決策は,もはや,ワクチン接種以外にはない。”と,Dr. マーク・ルップ(ネブラスカ大学メディカルセンター,アメリカ健康管理・疫学会長)は述べている。

CDCは、“医療関係者に対しH1N1ワクチンの接種を奨励している。一方で,看護師・医師・技師のうち,季節性インフルエンザの予防接種を受けたのは40%にとどまっている。

対策を強化するためには,医療関係者の予防接種は無料とし,かつ勤務時間に接種可能とするべきである。インセンティブをもった予防接種キャンペーン,たとえば懸賞を付けるなどの施策も検討するべきである。健康管理施設では,予防接種を拒否する勤務者に対しては,辞退書の提出を求めるべきである。“のようにコメントしている。NO

2 swine flu vaccine doses for kids under 10 likely Daily Mail (米国) サノフィ・パスツール社:10歳以下の子供にはH1N1ワクチンは2回接種が必要
 これは他社のワクチンでも同様であるから、当然の臨床試験結果と考えられる。
More Canadians will be immunized for H1N1 faster than other countries: official R & D Magazine (カナダ) カナダ人は、他の国よりも迅速にH1N1ワクチン接種が可能:当局
 カナダはH1N1ワクチンの入手が遅れているが、11月に入荷したあと、クリスマスまでには全国民にワクチン接種が可能であると公衆衛生局が14日発表した。
What To Do If You Get Sick: 2009 H1N1 and Seasonal Flu 米国CDC もし2009H1N1または季節性インフルエンザに罹患したならどうすれば良いか?
 CDCによる米国人へのアドバイス。
US health worker vaccine fears mirror public doubt Interactive Investor (米国) 米国の保健医療担当者、ワクチン接種に不安感
 多くの医療担当者が季節性およびA(H1N1)ワクチン接種に消極的。理由は一般人と同じく、安全性と効果に疑問を抱いていることから。
 米国CDCでは安全性と効果について保証されていると語り、米国感染症学会では保健医療担当者に接種を義務づけるように各州に伝えている。保健福祉省はあくまでも任意接種としている。 
 ニューヨークでは接種義務づけに対して弁護士が訴訟を起こす予定とされる。
10月14日

Canada still targets Nov H1N1 vaccination roll-out Reuters(国際) カナダはそれでもなお11月のH1N1ワクチン接種実施を目指している
 カナダはH1N1インフルエンザワクチンを100万回接種分以下しか準備できておらず、ワクチン接種プログラムを実行するには不十分であると13日火曜日にカナダの保健当局トップが発表した。
 全国規模のワクチン接種はそれでも11月第1週から始まる予定であると公衆衛生局長David Bulter-Jones氏は語った。
 「今後数週間で迅速に進行する予定であり、予定表は主にワクチンが使用可能かどうかに基づくものである。」と同氏は語った。
 カナダの人口は3360万人であり、グラクソスミスクライン社に5040万回接種分のワクチンを注文している。
 ワクチン接種プログラムは今週始まる臨床試験とカナダ国内外の研究のレビューが行われ、保健相Leona Aflukkaq氏が承認するまで開始されないとBulter-Jones氏は語った。

 ブリティッシュコロンビア地区の太平洋沿岸地域ではワクチン接種プログラムが早めに始まるという計画がある。そこではH1N1インフルエンザ流行がこの秋既に起こっているからである。入院患者が93名、死亡者が7名確認されているとブリティッシュコロンビアCDCが発表した。
 カナダ医学協会誌に13日火曜日発表された研究によれば迅速生産されたワクチンもH1N1パンデミックウイルスの感染率を下げる効果があるということだ。この研究は多くの人々が異なる疾病管理戦略の元でどのように感染するかという予測シミュレーションモデルを報告したものである。
 Bulter-Jones氏はこの発見がカナダの予防接種のタイミングに関して危惧を抱かせるものではないかという問いに答えて「ワクチン接種が遅すぎるということはなく、避けられる疾病を避けることは重要なことだ。」と言った。
 これまでにカナダ国内でH1N1豚インフルエンザにより79人が死亡している。TA

200 off sick in one day at Sussex school The Argus.co.uk (英国) 英国、イーストボーンの学校で200人がブタインフル疑いで欠席
 イーストボーンのウイリングドン地区学校で昨日200人以上が病欠した。在校生の五分の一に相当する。
 ブタインフルか、何らかのウイルス感染症の疑いが持たれている。少なくとも235人中21人がタミフルを処方されて自宅で療養となった。
 休校の予定はないが、近隣で類似の状況はないという。
Swine flu: Chicago to set up free clinics at six Coty Colleges campuses  Chicago Tribune(アメリカ) シカゴ 豚インフルエンザ無料ワクチンクリニックを大学に設置
 シカゴ保健局はH1N1豚インフルエンザワクチン接種のための無料クリニックを6つの大学のキャンパスに設置する予定であると13日火曜日に発表した。
 連邦政府からより多くのワクチンが到着しつつあることから、市当局は住民に医院や薬局でのワクチン接種を推奨する予定である。キャンパスクリニックはワクチン購入が難しい市民のための「セイフティネット」であると保健委員長Terry Manson氏は語った。
 シカゴはH1N1豚インフルエンザワクチンを1週あたり5万ー15万ずつ、最終的には200万回接種分入荷する予定である。
 初回入荷分1万6千回接種分(鼻腔スプレー式)は先週到着している。次回到着分は5万4千回分(鼻腔スプレー式、注射式両方)は「今すぐにでも」到着するはずだと同氏は語った。
 当局はこれらのワクチンはまず豚インフルエンザ感染ハイリスク群の人たちに接種されると発表している。一般市民向けのワクチンは「間違いなく3週間以内に、可能性としてはもっと早期に」使用可能になる予定であるという。
 「ワクチンは主に民間部門に配布し、市民たちがかかりつけ医に行っていつものワクチンを受けるような感覚で接種できるようにしている」と保健委員長は語った。
 これら企業は「管理手数料」を課することが出来る。地域の薬局では典型的には20ドルー30ドルであるということだ。
 市は6箇所の無料クリニックを今後数週間で設立するということだ。これらのクリニックや公共医療機関(迅速接種クリニックを含む)ではワクチンは無料になる予定である。TA

都内で新型インフルの4歳男児、脳炎で死亡  読売新聞
 東京都は14日、新型インフルエンザに感染した都内の4歳男児が、インフルエンザ脳炎で死亡したことを明らかにした。国内の死者は疑い例を含め、24人目。このうち男児は最年少で、基礎疾患(持病)はなかったという。
 都によると、男児は今月4日に40度近い発熱などの症状を訴え、5日に受けた簡易検査で陽性と診断され、タミフルを処方された。けいれんを起こすなど症状が悪化したため、都内の病院に入院。呼吸困難のため、人工呼吸器を装着して治療を受けていたが、13日に死亡した。
 都内では、今月6日にも新型インフルエンザに感染した基礎疾患のない5歳男児が死亡したばかり。厚生労働省によると、小児は持病の有無にかかわらず重症化しやすいとされる。
Many seniors immune to swine flu from old strains Whittier Daily News (米国) 年長者の多数はブタインフルに免疫を持っている
 ロスアンジェルス郡で子供と若年成人の間でブタインフルの感染者が急増しているが、当局によると多くの年長者は数十年前に類似のウイルスに感染したことがあるため免疫を保有しているとされる。
 年齢が長じるほど、類似のウイルスに感染した可能性があるため、H1N1ウイルスに対して何らかの抵抗性か免疫を獲得している可能性が高いと、当局者達は語っている。
Firefighters Receive Swine Flu Vaccine MyFox Phoenix (米国) 消防士達がブタインフルワクチンを接種
H1N1 vaccine safe, top health officials stress AOL Canada (カナダ) H1N1ワクチンは安全、当局強調
 カナダ保健局の責任者は、H1N1ワクチンは安全で有効であるから全てのカナダ国民は接種するように言っている。
 同国では11月の入ったら全国民へのワクチン接種が開始できる。このような国には他にはないとも。
 ワクチンは現代医学の中でも最も安全で、最も有効な医療手段の一つであると語っている。
Businesses And H1N1 WTAP-TV (米国) 企業とH1N1
 出社時、出社後の十分な手洗い、多くの情報。企業内のレストランでも同じ。企業内ではインフルエンザは拡大しないと自信。
Can Swine Flu Cripple Hospitals? WTVC  (米国) ブタインフルエンザ流行は病院を混乱させる?
 重症患者が多数でた場合の病院における態勢に関して。

Many Hospitalized With Swine Flu Had Been Healthy Health.com (米国) ブタインフルの入院患者の多くは基礎疾患を保有していない
 大多数は基礎的疾患を持っているが、それでも多くは発病前には何等健康に問題はない人々が重症化して入院している。米国CDCのアン・シュチャット博士の談話。
 小児での基礎疾患は喘息、呼吸器疾患、神経筋疾患、鎌状赤血球貧および他の血液疾患とされる。
 成人での基礎疾患としては、喘息、慢性肺疾患、心疾患、または免疫疾患が含まれる。
 しかし成人のうち45%は何等基礎疾患は保有していない。6%が妊婦とされる。
10月13日

Hospitals restrict young visitors to control flu KSWO (米国) 病院への若年者の訪問を制限
 オクラホマ市内のいくつかの病院では、患者として受診した場合以外、18歳以下の若年者の病院内立ち入りを制限する方針を打ち出した。ブタインフルを含むインフルエンザが院内の患者に感染することを防止するためとされる。
169 fresh cases of swine flu across country Indian Express - (インド) インドで169人の新規ブタインフル感染者が発生
 本日169人の新規感染者が国内で報告された。死者の報告はない。
 これまで、12043人の感染確認者の報告が国内であり、死者は389人となっている。
Swine flu cases decline in most southeastern colleges; Mississippi campuses ... Press-Register  (米国) 南東部の大学ではブタインフル感染者数が減少:ミシシッピー州の大学では増加
CDC downplays risk from vaccine Jefferson City News Tribune (米国) CDC、ワクチンの危険性極めて少ないと強調
 CDCのアン・シュチャット博士は、ブタインフルエンザワクチンをしないで感染した場合のリスクの方が、ワクチン接種副作用のリスクよりも遙かに高いと説明し、ワクチン接種を受けるように勧奨している。
 季節性とブタインフルワクチンは同時に接種できると説明している。
H1N1 hits young patients more severely: Study SINDH TODAY  (米国) H1N1インフルエンザ、若年者で重症化:研究報告
 米国医師会雑誌へ発表。カナダの研究者チーム。
Vietnam detects 3 cases of drug-resistant swine flu Reuters(国際) ベトナムでタミフル耐性豚インフルエンザウイルスを3例確認
 ベトナムでタミフル耐性豚インフルエンザウイルスが3例確認されたが、専門家によればこの変異株が人人感染を起こしているという証拠はないということだ。
 これら3例の耐性ウイルスは8月末にホーチミン市の熱帯疾病病院に入院した患者から発見されたが、いずれも回復していると同病院の臨床微生物学者Rogier Van Doorn氏は語った。「入院時にはまだタミフルが有効だったが、タミフルによる治療中に耐性が育ったようだ。」と同氏は語った。
 3例中2例は軽症であったが、残り1例(3歳児)は集中治療室に入院した。しかし10日以内に完全回復している。TA
Swine flu and kids: Heed warning signs, MDs say Auburn Citizen (米国) ブタインフルエンザと小児:重症化のサイン
 小児を緊急に病院へ連れて行くべきサインは:
 呼吸促迫、皮膚色が蒼白、喉の渇きを訴えない、反応が鈍い、快復後発熱と酷い咳の出現、発疹を伴った発熱。
 *訳者注:基本的に重症化肺炎による低酸素状態による、身体的症状と意識障害に注意ということのようだ。

 他に両親が注意すべき事として、合併症を起こしやすい小児の場合、発病したなら早急に医療機関に連れて行く必要があることだ:5歳以下の小児、喘息や他の肺疾患、脳性麻痺、てんかん、及び他の神経疾患、心臓、腎臓、または肝臓疾患、そして糖尿病。

Private medical practices receiving H1N1 vaccine this week KVBC  (米国) 個人クリニックのスタッフは今週H1N1ワクチンを接種
 南ネバダ州で350人以上の医療関係者が先週土曜日10日に鼻腔スプレー型ブタインフルワクチンの接種を受けた。
 地域保健局では、鼻腔スプレー型ワクチンは十分安全で、素晴らしいワクチンであると評する。今週から来週にかけてさらに多くの医療担当者に接種予定とされる。
EU warns against complacency The News International  (パキスタン) EU、ブタインフル軽視に警告
 EUは12日、現在、先に予想されたようにブタインフルが拡大はしてないが、そえを軽視することは危険で、積極的にワクチンを接種するように警告した。
 現在、パンデミック・インフルエンザがヨーロッパでそれほどドラマチックではないとしても、警戒感を弱める時期ではないと、スウエーデンの公衆衛生省のマリア・ラルソン長官は語っているが、我々はそれに耳を傾けるべきだ。スウエーデンはEUの議長国である。
 「A(H1N1)インフルエンザは、我々が思っていたほど流行はしてないが、人々はワクチン接種を望むことは私は期待している」、と同長官はルクセンブルグで臨時に開かれた会議の記者会見で語った。
Young women more susceptible to swine flu: study Global (カナダ) 研究報告:若い女性がブタインフルに感染しやすい
 若い女性の間で、かってスペインインフルエンザでしか見られることがなかたような重症で早期に発展する病態が、ブタインフルエンザで多く認められることが、カナダの研究チームから報告された。
 研究によると、比較的健康な若い世代にブタインフルの重症型が見られ、年代は10歳から60歳の間と言われる。そのうち基礎的疾患は30%でしか見られていない。(ガン、慢性腎不全、治療中の糖尿病)。
 70%の発病者は、元々元気だったという。
 ウイニペグ地域保健局の専門家とマニトバ大学の感染症と濃厚治療の専門家がまとめた。
 研究によると4月から8月にかけて113人の女性と55人の男性がICUに入院した。平均年齢は32歳、29人(17%)が死亡した。ほとんどは重体になってから14日以内に死亡した。死亡者の21人(72%)は女性だった。

 JAMA(米国医師会雑誌)に研究結果を発表した著者等は、今後冬季間に感染者が増加した場合、ICUが不足することを懸念している。
 *因みに日本では、入院患者は情勢の比率は33%前後と低い。
10月12日

Egypt says developing own H1N1 flu vaccine for 2011  Reuters(国際) エジプト H1N1インフルエンザワクチンを独自に開発中と発表
 エジプトは2011年に使用できるようにH1N1豚インフルエンザワクチンを独自に開発中であり、学齢期児童と主要公共労働者のためにワクチンを輸入する予定であると発表した。
 専門家たちはこのインフルエンザパンデミックが、7700万人の人々が密集して暮らすエジプトに壊滅的打撃を与えるのではないかという危惧を抱いている。多くはカイロの人口密度の高いスラムに住んでいる。
 エジプトは既にH5N1鳥インフルエンザの影響を強く受けているが、H1N1豚インフルエンザ患者も1030名確認されており、3人がこれまでに亡くなっている。
 「エジプトでのH1N1インフルエンザワクチンの初回生産を2011年4月までに行う計画である。」と保健相は語った。
 35名の専門家がエジプト国内各地からワクチン開発のために集まったということだ。
 「現在研究中である。専門家チームはエジプト国内の独立機関で働く者たちで構成されている。海外で訓練を受けた経験のある者たちだが、チームとして働いたことはない。ワクチン開発のスキルは持っている。」
 「初回分生産は約6000ユニットになる予定であり、2011年第二四半期に臨床検査を行う予定である。」と保健相は語った。TA
Question of the week: Do you plan to vaccinate your kids against swine flu?  OregonLive.com  (米国) 子供達にブタインフルワクチン接種を望みますか?
 オレゴン州に間もなくブタインフルワクチンが届く。保健専門家達は2歳以上の子供達は接種すべきと強く勧めている(これは鼻腔接種用生ワクチン)。
 しかし先週行われた消費者協会の調査では、65%の両親が子供達へのワクチン接種を望んでいない。またAP通信の行った調査でも、72%の両親が副作用を心配しているとされる。
Poorer countries to get donated H1N1 vaccines - WHO Reuters  (国際) H1N1ワクチンが途上国へWHOから提供
 WHOは途上国に来月早々H1N1インフルエンザワクチンを発送する。12日、国連のワクチン研究担当責任者が語った。
 世界の低~中等収入国100ヶ国に対して、グラクソスミスクライン社やサノフィ社から提供されたワクチンが配布される。
 最初に北半球が対象となる。
 途上国の医療担当者が接種対象となるが、理由は医療関係者から一般患者への感染を防ぐことである。
 ワクチン製造量は当初考えられたよりも多く、理由は材料となるウイルスの増殖が思いの外悪くないことが挙げられる。
 なおワクチン接種は1回で十分とされる。
Anti-swine suit hits Japanese stores Inside Retailing  (米国) 抗ブタインフル用スーツが日本で開発
 日本の男性用スーツメーカーが、抗ブタインフル用ビジネススーツの発売を開始した。同スーツはウイルスが付着するのを防止する。
 ウールスーツはチタニウム・ジオキサイドで処理され、付着したウイルスは紫外線を浴びると分解される。
 生地はまたタバコの煙のような臭いも減らす効果があるという。また20回以上ドライクリーニングしても、抗ウイルス効果は失わないとされる。
CDC official downplays risk from swine flu vaccine MLive.com  (米国) CDC当局、ブタインフルワクチン接種の危険性は低いと
 CDCのアン・シュチャット博士:ブタインフルエンザワクチンを接種しないで、実際に感染した場合の危険性の方が、ワクチン接種により発生する危険性よりも遙かに高い。
 シュチャット博士によると、新ワクチンに対して多くの誤解があることに驚いているという。同博士は、過去のワクチン接種実績は、この新ワクチンの安全性を十分予兆しているという。
 シュチャット博士は、季節性と新型を同時に接種しても問題はないという。ただし鼻腔接種型の場合は、3週間空ける必要があるという。(生ワクチンの場合は日本では4週間空ける)。
 同博士は、小児と成人を両インフルエンザから守る最も良い手段であるという。
10月11日

5 swine flu deaths in Maharashtra, India's toll 385 The Times of India(インド) マハラシュートラ州で新たに豚インフルエンザによる死者を5名確認 インド国内死亡者総数は385名に。
 10日土曜日にマハラシュートラ州で豚インフルエンザによる死亡者が新たに5名確認され、インド国内死亡者総数は385名になったと保健省が発表した。マハラシュートラ州はインドで最大の158名の死亡者を記録している。
 感染者数は1日に122名増えて11778名になった。うち3名に海外渡航歴があるものの、そのほかは国内における感染である。
 首都デリーは国内第2位の感染者数を記録しており、冬が近づくにつれて状況は悪化している。デリー保健相は、冬になればさらに感染が拡大することが予想されるもののパニックになる必要はなく、多数が感染したとしても回復していくと語った。TA
Native populations 'at increased swine flu risk TopNews (米国) 先住民族はブタインフルへ感染しやすい
 先住民族はブタインフルに対して、通常の人々に比較して4~5倍感染しやすい。
 理由は閉鎖的地域に生活しているため、地域外の感染症に対して免疫が出来てないことが挙げられる。
Swine flu myths and facts Newsday (米国) ブタインフルエンザ、謎と事実 
 謎:ワクチンは1976年に作成したブタインフルエンザワクチンと同じである。それはギラン-バレー症候群を副作用として起こした。
 事実:今回作成されたワクチンは33年前のワクチンとは関係はない。通常の季節性インフルエンザワクチンと同じ製法で作成されている。この季節性ワクチンはこれまで米国で1億人に投与され、全く問題は生じていない。
 謎:このH1N1ワクチンは臨床試験が行われていない。
 事実:季節性インフルエンザワクチンと同じレベルの厳格な試験が行われている。
 謎:ワクチン接種によりウイルス感染を起こすかも知れない。
 事実:それは非常に古い考えである。ウイルスは殺され、不活化された粒子だけがワクチン原料となっている。鼻腔スプレー型ワクチンは、弱毒化ワクチンと呼ばれる。それは、完全に不活化され、もはや感染力を失っていることを意味する。
Rapid City schools get clean to ward off swine flu KTIV (米国) ラピッド市の学校、ブタインフル感染拡大予防のために校内の清掃を強化
 AP
 サウスダコタ州西部に位置する都市、ラピッド市の学校では、生徒やスタッフのブタインフル感染を防ぐために、校内の清掃・消毒を強化している。
 市内でブタインフルエンザのために休校している学校はない。しかし約五分の一の生徒が今週初めに発症したようだ。
 校内のドアノブ、机、電源スイッチ、水道蛇口等を日に数回消毒している。また教室内には手指消毒剤を備蓄している。
 サウスダコダ州ではこれまで330人のH1N1感染者が確認された。またこれまで29人が入院している。
 同州の人口は76万人。
CDC: 76 Kids Dead Of Swine Flu As Cases Rise NewsNet5.com  (米国) CDC:これまでブタインフルで76人の小児が死亡。死亡例は増加している。
 小児の死亡例の増加をCDCが警告。昨日、詳細を報告済み。
Heart defect contributed to Naperville girl's death Chicago Daily Herald  (米国) 心疾患がナパービレの少女のブタインフルの死亡の原因に
 進行性の心臓疾患を保有していた14歳少女がブタインフルに感染して死亡した。
 心臓疾患を保有していたが、医療機関での精密検査等は受けていなかったとされる。
Seasonal Flu Vaccine Shortage - Swine Flu (H1N1) Updates  National Ledger  (米国) 季節性インフルエンザワクチン不足
 多くの地域で季節性インフルエンザワクチンが配布されないため、ワクチン接種(開設予定のワクチンクリニック)が取りやめ、または延期されている。
NY nurse sues to block mandatory flu vaccines R & D Magazine (米国) ニューヨークのナース、強制的インフルエンザワクチン接種を撤回するように訴訟を起こす
 ニューヨーク州が医療関係者に季節性と新型ワクチンの接種を義務づけ、従わない場合は、同州では働けないという法律を制定したが、その撤回を求める訴訟を1人のナースが起こす。
 州の看護協会ではナース達にワクチン接種を任意で受けるように啓発しているが、強制的接種に関しては反対している。宗教上または哲学的判断で接種を希望しない人々もいるからだ。
 一方、州では任意接種にすると医療関係者の接種率は、現在30~40%にしかならないという。
Cuba reports swine flu deaths: 3 pregnant women  Tampa Tribune (米国) キューバ、3人の妊婦がブタインフルで死亡と報告
 AP
 キューバは初のブタインフル死者を報告した。多くの妊婦が発病して治療中であるが、その中の3人が死亡した。
 保健省高官のホセ・アンジェル・ポータル氏によると、インフルエンザ様症状を持つ2100人の妊婦が治療されており、その中で110人が重症であるという。グランマで10日発表された。
 同氏によるとグランマで3人の妊婦が死亡したとされる。
 発表では、未だ何人が入院しているのか、2100人の妊婦がH1N1感染が確認されたのかは明らかにしていない。
 発表によると現在子供177人を含む621人の感染者が確認されている。人口は1100万人である。
10月10日

Areas Hit Hard by Flu in Spring See Little Now The New York Times(アメリカ) この春インフルエンザが多く流行した地域では現在の患者数は少ない
印刷用ファイル
 H1N1ウイルス拡大がこの国を飲み込むことが危惧されているが、この春豚インフルエンザ患者が多数出たニューヨークなど数都市においては、この秋の感染者再急増のエビデンスがほとんど無いと疫学者たちが語っている。
 インフルエンザシーズンは寒くなるまでピークを迎えることは無いが、国内最悪の感染を記録したニューヨークでは、例年のこの時期に比べてインフルエンザ活動は特に高くなく、学校の出席率も通常通りだということだ。
 先週、CDCのアンシュチャット博士は次のように語った。「ほとんどの州において患者が多数出ており、例年のこの時期にしては異常なことである。」
 しかし公衆衛生当局者たちはこの春大流行が起きたニューヨーク、ボストン、フィラデルフィアなどにおいて、現在は豚インフルエンザ患者がより少ないという傾向があるようだと語っている。
 ニューヨーク保健当局はこの春インフルエンザ様を訴えたニューヨーク市民は10-20パーセントに過ぎなかったが実際は20-40パーセントがウイルスに暴露して免疫を獲得し、拡大を防いでいるのではないかと考えている。
 確信を持つには時期尚早だが、免疫レベルが高いということはインフルエンザ感染の第二波は予測よりも急激なものにはならないという意味になる。
 この免疫理論はニューヨーク市保健担当Thomas A. Farley氏が保健社会福祉省長官とCDC長官が主導したニューヨークで開かれたH1N1インフルエンザ国家対策会議において発表し、十分な信憑性があるとされた。
 「現在市内で患者(の増加?)は見られていない。とFarley氏は会議で語った。「本質的に市内で感染が広がっているとは思わない。この春市内には75万人の豚インフルエンザ患者がいた。当時国内では最悪の数字であった。つまり現在は既に免疫を獲得した人々が沢山いるということだ。」
 当局はこの相反するデータは公衆衛生当局が豚インフルエンザと微妙なバランスを保ちながら歩んでいるということを示していると語っている。これまでのところ、この春メキシコで一連の死報道されたときよりも致死性は低いと分かっている。
 同時に、当局者たちは事態が悪化することを恐れている。彼らは何度も注意を喚起しなくても市民が高レベルの警戒を持ち続けてくれることを望んでいるのである。
 インフルエンザ専門家Martin S. Cetron氏は、この春インフルエンザ患者が多かったために現在患者数が少ないという説を「生物学的には妥当であり、興味深い仮説である」としているが、この冬全体を見てみなければ分からないとも語っている。
 「言ってみれば、ニューヨーク市民全員が免疫を獲得しているのだからもう患者は増えず、ワクチンも不要だという結論を出すのは危険だということだ。」と同氏は語った。
 ニューヨーク市公衆衛生当局は実際ワクチンキャンペーンに熱心に取り組んでおり、最終結論を出すにはあまりにも早すぎると同意している。
 「これはまるでシャーロックホームズが証拠を見て、『ふーむ、これは説得力がある』といっているようなものだ」とニューヨーク市保健局の疫学者、Don Weiss氏は語った。「我々が現在目にしていることにぴったりあっているようだが、他の説明の仕方があるかもしれない。」
 それでもWeiss氏は「誰もが口にしている理論は、ニューヨークはこの春あんなに酷い流行があったのだからこの秋はそれほど悪くは無いだろうということだ。」と付け加えた。
 人口における免疫獲得者の多さは「集団免疫」と呼ばれるが、この集団免疫が流行の有無を決定するとWeiss氏は語った。
 はしかのように感染性の高い疾病は一般的に流行を防ぐためには人口の90-95パーセントが免疫を獲得している(予防接種を受ける)必要があるとされる。
 インフルエンザに関して言えばウイルスは定期的に変異するので、どれくらい集団免疫があれば更なる流行を防ぐことを出来るのかは明らかでない。しかし約半数の集団免疫が流行を防ぐ可能性はあり、ニューヨークはその数値に非常に近いのではないかと同氏は語っている。
 9月以降、ニューヨーク市緊急治療室にインフルエンザ様症状を訴えて受診する患者の数は一日辺り約150-250名にすぎないと当局は発表した。ニューヨークや他の場所においては、いわゆる通常インフルエンザシーズンにはまだ早いことから、この時期に現れるインフルエンザ症例のほとんどが豚インフルエンザであるという推定がなされている。
 ニューヨーク市公立学校システム(生徒数約100万人)における出席率は、7日水曜日は91パーセントであった。この春、ウイルスの活動が活発だったころは約60校が休校し、児童生徒の18パーセントが欠席していた。
 この春若者の11パーセントが豚インフルエンザに感染したといわれているボストンでは、公立学校や大学の保健サービスがこの秋インフルエンザ活動は非常に少ないと報告している。
 しかしボストン公衆衛生会議感染症ディレクターAnita Barry氏はこのインフルエンザシーズン初期において、免疫を調べるための血液検査をすることもなしに結論を出すことはしたくないと語っている。
 シアトル、コネチカット、ユタにおいてもこの春豚インフルエンザ患者が非常に多かったが、現在の患者数は少ないと国際疾病調査委員会ディレクターDonald R. Olson氏は語った。

 ジョージア州、インディアナ州、ノースカロライナ州などの州ではこの春豚インフルエンザ「虚偽波」があったとOlson氏は語っている。これは「あまりにも心配した」人たちが病院に押しかけたことによって起こった。
 「この『真の第一波』が訪れた場所では感染者の急増はまだ起こっていない」と同氏は語った。
 特にジョージア州において、感染者急増は8月の学校再開と同時に起こった。9月最終週、同州ではH1N1による死亡例が8名、入院例が81名確認されている。4月下旬から7月下旬までの3ヶ月間において、死亡者は1名、入院患者は44名であった。
 5日月曜までにアーカンソーの病院では7名の妊婦が人工呼吸器を使用していたと当局が発表した。
 「州内の医師や病院から、患者が殺到しているという声を聞いている。」とアーカンソー州保健局広報担当Ann Wright氏は語った。
 8月から、アーカンソー子ども病院の緊急室を訪れる小児の半数はインフルエンザ様症状を訴えており、この時期においては通常の2倍の数字となっている。同病院の感染症対策ディレクターCraig H. Gilliam氏によれば、インフルエンザによる緊急室受診数は9月15日に最多記録を更新したということだ。TA

 

Pediatric H1N1 deaths already rival seasonal flu total CIDRAP(アメリカ) 小児のH1N1死亡者数は既に季節性インフルエンザによる死亡者数に匹敵している
 この4月に新型ウイルスの存在が確認されて以来H1N1インフルエンザによって76名の小児、ティーンエイジャーが死亡しているとCDCが9日金曜日に発表した。1週間で19名増加しており、昨年のインフルエンザシーズン全体における小児の総死亡者数に匹敵している。

パンデミックウイルスは国内に広く循環し、先週の27州と比べて今週は37州において「広範に拡大している」状態になっている。死亡者数、感染者数ともに更なる増加が見込まれる。

「過去3年間において、小児のインフルエンザ死亡者数は46名から88名であった。」とCDCのアンシュチャット博士は記者会見で語った。「まだ10月のはじめである。勿論インフルエンザシーズンは5月まで続く。これから何が起こるのか正確に予測するにはまだまだ早い段階だ。」

CDCは小児の死亡例を2003-04シーズンから数え始めたばかりである。そのシーズンは過酷なもので、西部で多数の子供たちが亡くなった。08-09シーズンにおいて、(公式には先週末までこのシーズンに含まれる)147名の小児とティーンエイジャーがインフルエンザで死亡しており、うち76名が新型インフルエンザによるものである。

H1N1インフルエンザにより死亡した小児の最大30パーセントは基礎疾患を持たず、細菌の同時感染が「非常に大きな問題だ」といわれている。CDCは細菌感染が疑われる場合には抗生物質を使うこと、また危険性を低下させるために肺炎球菌ワクチン接種を勧めることを医師に推奨している。

一方、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザ両方に対するワクチンが国内に出回りつつある。需要が多く、プロセスは円滑ではないと当局は認めている。6日火曜日までに、製薬会社は680万回接種分のH1N1ワクチンを製造している。うち370万回接種分は各州からの注文である。どちらの数値も日々変わっていく。
「現時点では接種を希望する人すべてにいきわたる十分なワクチンがあるわけではない。しかし数週間以内に十分なワクチンは手に入る予定であり、数ヶ月で希望者全員にワクチン接種が出来るだろう。」とシュチャット氏は語った。「現時点では供給が需要を上回っているということだ。」
来週はじめにCDCは2週に一度のH1N1ワクチン製造と配布に関する情報更新をウェブサイトに行う予定である。
さらに、製薬会社は季節性インフルエンザワクチンを7700万回接種分製造し終わっている。「これまで一年のこの時期においてより多い」と同氏は語っている。CDCは一部地域で季節性ワクチン不足が見られていると発表したが、すぐに補充される予定である。多くの人たちが接種を希望しており、供給を満たすには数週間かかる。
政府の研究者は新型H1N1インフルエンザワクチンが1回接種でほとんどの人たちに十分な免疫をつけることが出来ると確認している。国立アレルギー感染症研究所のAnthony Fauci氏は臨床試験のデータから、成人は2回目の接種を受けても免疫保護がより上昇するという結果は得られていないと報告した。
これに加えて、別の臨床試験の結果から、H1N1ワクチンと季節性ワクチンを同時に接種(別々の腕に)しても安全だと確認されていると同氏は語った。これは初期に得られた800人を対象に行われた臨床試験の50名の結果から引用されている。
しかしながら、シュチャット氏によれば政府は鼻腔スプレー式との同時接種はしないよう警告しているということだ。
妊婦に対する新型ワクチンの臨床試験は現在実施中であり、あらたに喘息患者やHIV感染者に対する臨床試験が開始予定である。
CDCは次のように発表した。
・季節性インフルエンザワクチン接種によってH1N1感染がしやすくなるというカナダでの研究に関してはまだ確証がない。
・H1N1ワクチン接種者には有害な副反応はこれまでのところ記録されていない。
・先週H1N1インフルエンザ活動の下降が見られた地域においては、現在は再び2週間前よりも感染者数の上昇が緩やかに見られている。 TA
香港のインフルエンザ情報 香港保健省 -香港でも感染者数は増加
 9月に入ってから家庭医を訪れるインフルエンザ様を保有する患者数が急増している。
 1000人の外来患者数当たり、120近くなっており、通常の3~4倍となっている。
 気になるのは8月に分離された株がHIN1と香港株H3N2の比率が3:1であることだ。香港株の流行も水面下で起きているとしたなら日本でも要注意となる。
Weekly pandemic flu media update  (英国、HPA 健康保護局) パンデミック・インフルエンザ週報
 英国ではインフルエンザ感染者数(医療機関を訪れるインフルエンザ様症状を持つ)は10万人口当たり2.63人から40人N増えた。HPAの推定では先週は18000人の感染者が発生したが、今週は14000人の発生と推定している。
 多くの感染者は5~14歳、続いて15~24歳である。
 *管理人: 5~7月の流行時期に比べると、発生数はいまだ非常に少ない。米国の発生グラフと比較すると、その違いが良く分かる。英国の国営パンデミック・サービスによる、発病者に対する早期抗インフルエンザ薬の投与が効果を出している可能性が高い。         

 

 ヨーロッパではフランスなど、感染者が増えてきているところが多いが、まだそれ程の流行状態にはなっていない。


2009 H1N1 Flu: Situation Update  CDC 2009 H1N1インフルエンザ:状況の更新 (米国で感染者数再急増)



B)小児におけるインフルエンザ死亡(年度別推移)
  ピンク及び黄色が今年度のH1N1インフルによる死者

9月27日から10月3日までの情報(39週)

 ・インフルエンザ様疾患(ILI)で定点医療機関を受診する患者数は増え続けていて、例年のレベルを逸脱している。
 ・成人と小児での検査で確認されたインフルエンザ患者の入院数はこの時期とレベルを遙かに超えている。5から49歳までの年齢層の5月入院率は通常の季節性インフルエンザシーズンにおけるそれを遙かに超えている。
 ・, インフルエンザと肺炎で死亡した患者の比率は、この時期における比率を超えた。さらに19人の小児での死者がでた。このうち16人はA(H1N1)であることが確認され、残りの3人はウイルス株は分析されていない。(今シーズンのH1N1では76人が死亡している。左図B参照
 ・現在37州でインフルエンザ拡大を認めている。この時期のインフルエンザの拡大は異常なことである。
 ・ほとんどの分離株は2009H1N1ウイルスで、ワクチン選定株と類似している。また抗インフルエンザ薬への感受性も保持している。

Rates for children aged 0-23 months, 2-4 years, and 5-17 years were 3.6, 1.6, and 1.3 per 10,000, respectively. Rates for adults aged 18-49 years, 50-64 years, and ≥ 65 years, the overall flu rates were 0.8, 0.9, and 0.7 per 10,000, respectively.

*先週一旦下降に転じたと予測したが、それは一時的な変化であり、感染者数はさらに急増している。
 小児での死者数の増加が注意を要する。十代が一番多いことから考えると、喘息児童は要注意と考えられる。
 


Schools combat flu through awareness Sequim Gazette  (米国) 学校、インフルエンザ対策の強化へ
 ワシントン州スクイムの学校では、インフルエンザ拡大に対して対策を強化している。
 手指消毒液の校内各場所への配置、コンピューターキーボードの消毒等。
Face Masks for Patients May Leak, Spread Germs Health.com  (米国) 患者のフェースマスクは、呼吸飛沫物を周辺1メートルに飛散:中国研究チーム
Seasonal flu vaccine shortage due to a shipping delay  KPAX-TV  (米国) モンタナ州、季節性ワクチン、出荷の遅れから不足に
CDC: 76 Children Dead of Swine Flu as Cases Rise  KIVI-TV (米国) CDC:小児でのブタインフルエンザ死亡者76人に増加
CDC reports swine flu numbers KMTR NewsSource (米国) 米国CDC、ブタインフル感染者数を発表
 ブタインフルエンザでの小児での死者数が増加ししている。
 例年の季節性インフルエンザでは46~88人の小児が死亡しているが、今年のブタインフルエンザでは既に76人が死亡し、先週だけで19人が死亡している。
 そのためもしブタインフルエンザがさらに拡大するならば、小児での死亡者数は劇的に増加することが懸念されている。
10月9日


Schools plan for H1N1 vaccination process  WAFF (米国) アラバマ州、学校、H1N1ワクチン接種への準備が進む
 学校によって対処方法は異なる。
 接種は学校ナース達によって行われる。
 鼻腔スプレー方式の生ワクチンは使わない学校がある。
 基本的に小学生と中学生は保護者同伴で接種する。高校生は同意書が必要とされる。
 学校で接種するか、家庭医でするか、保健センターでするかは、保護者の判断による。
 接種に対する考え方もいろいろあり、接種を希望しない保護者もいる。
1 in 4 hospitalized swine flu patients put in ICU msnbc.com (国際) 米国、ブタインフル入院患者の25%がICUに
 米国CDCがこの春に流行したブタインフルで入院した患者の詳細を分析し、”ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New.Engl.J.Med)に発表した。
 対象患者は272人で、4月から6月中旬までの患者で、国内の総入院患者の四分の一に相当する。対象患者はすべてウイルス学的に確認されている。
 四分の三が基礎的疾患(糖尿病等)を持っていたが、季節性インフルエンザでもっとも重症化しやすい65歳以上の高齢者は5%にすぎなかった。
 入院患者の四分の一がICUに入り、その7%が死亡した。(入院患者の1.75%)が死亡)。ICUへ入る率は季節性インフルエンザの場合よりも少し高いと専門家はいっている。しかし季節性インフルエンザとのもっとも大きな違いは、入院患者の半数近くが小児とティーンエイジャーであることである。インフルエンザは通常高齢者を重症化する。
 臨床症状は39%で下痢と嘔吐がみられ(季節性インフルエンザでは5%に過ぎない)、約40%が肺炎を伴っていた。
8 more succumb to swine flu, death toll 359 TheMedGuru  (インド) さらに8人が豚インフルエンザの犠牲に-359人の死亡者数
 ニューデリ 10月7日 さらに8人の豚インフルエンザが火曜日に犠牲になった。
 これでインドでは豚インフルエンザによる死者数が359人となった。
 国内の様々な地域から185人の感染者が報告され、11253人の感染者数となった。
 8人の死者のうち4人はウィルスが最も蔓延している地域であるマハラシトラ州から報告されており、マハラシトラ州では147人の死者を出している。
               (中略)
 デリの学校での対策

 首都にある学校は高く警戒しており、豚インフルエンザの拡大を防ぐために必要な注意を払っている。
 ただし以前とはアプローチの仕方が違う。
 2~3か月前は数人の感染者が報告されれば学校は閉鎖されていた。
 南デリにあるVasant Valley School 校長のArun Kapool氏はシナリオが変わった、と話す。
 『これはただ煽られているだけで、それほどのリスクではない。
 この煽りがピークだった時も我々は学校を閉鎖せず、授業も止めたりしない。
 対策としては、我々は学校での集会を開かず、子供たちを集めないようにすること。
 我々は手指の消毒薬を用意し、生徒や先生、学校のスタッフに頻回に手を洗わせ、教室を消毒している。』SK

Experience Guides Mexico as Swine Flu Cases Surge  The New York Times(アメリカ)  豚インフルエンザ患者増に対してメキシコが得た教訓
 ある男性が筋肉痛と高熱を訴えて病院で寝ていた。汗でシーツが濡れている。彼のほかに2人がやはり豚インフルエンザに感染しており、他の人たちから隔離されて特別室に入れられていた。
 「うんざりさせられるのは、皆が自分のことを何かまるで悪人のように扱うということだ。」と、その男性(58)は隠れ家生活を振り返って語った。
 メキシコでこの春、普通なら減少するはずのインフルエンザ様患者が急増し、その未知のウイルスの存在がアメリカとカナダの協力で明らかになってから半年が過ぎた。致死性が分からず非常に感染性の高いこの新型ウイルスを警戒して、政府は学校や公共施設を閉鎖し、兵士を街に送ってマスクを配布し、人々に咳やくしゃみを覆うように、握手や頬へのキスを控えるよう強く求めた。
 メキシコでは今週までに245名の死者が出ており、WHOによれば世界では4100名以上が死亡しているということだ。しかしこれは感染がこれほど拡大している割には少ない数である。専門家たちは感染拡大防止と病原性を増す変異を起こす可能性を監視することに注意を払っている。
 メキシコでまた患者が急増し、9月はこれまでのどの月より多い9231名の新規感染者が確認された。政府はH1N1新型インフルエンザに関して何が有効で何が有効でないかという重要な教訓を得たと語っている。大規模な学校、レストランなどの閉鎖はメキシコ経済に大打撃を与え、失敗であった。メキシコ人たちは自宅に閉じこもってしまったのである。
 その代わりに、政府はより焦点を絞った措置を採用している。先ほどの男性のような感染確定患者を一時的に隔離するのである。
 「多分誰にも感染させたくないんだと思う。」と先ほどの男性はインタビューに答えて言った。病院によっては学校や雇用主、空港などに提出するための「陰性」証明を出すところもある。
 恐怖がはびこった流行初期において、首都内外の700万人の学齢期児童は自宅待機した。いまや休校措置はそれぞれの学校や学校区単位で、集団感染が分かった場合にだけ行われている。
 「我々は徹底的な措置を講じてはいない。」とメキシコ保健相はインタビューで語った。「これまでの経験からして、我々はこれが比較的良性の病気だとわかってきている。感染抑制措置には効果的でないものもあり、たとえば手洗いのように効果的なものもある。」
 数ヶ月前には町のあちこちで見られた青いマスクも今は病院外ではあまり見られない光景である。危機が最高潮であったときには握手を避けたカルデロン大統領も、また握手をするようになった。
 保健当局者たちは総人口をカバーするだけのワクチンが手に入らないであろうことから、市民に冷静な対応を求めている。H1N1ウイルスは確かに深刻な疾病だが他の健康脅威と同様というメッセージを送っている。病的肥満や喫煙に関連した疾病で死亡する人数のほうがインフルエンザで死亡する人数より多いのだと言って。
 人々の面前で咳をするのは今も警戒の原因となる。保健当局は研究結果から咳、熱、呼吸困難がH1N1感染から死亡した人々に存在した三大症状だと語っている。しかし死亡者のほとんどは合併症を起こしやすくなるような基礎疾患を持っていたとも発表している。TA

10月8日

AP Poll: Only half of people want swine flu shots WJLA  (米国) アンケート調査:半数の米国人はブタインフルワクチンを希望していない
 AP通信によるアンケート結果で、半数の米国人はブタインフルワクチンを希望していないようだ。希望しているのは高齢者が多い。

8 more succumb to swine flu, death toll 359 TheMedGuru (インド) さらに8人が豚インフルエンザの犠牲に-359人の死亡者数

ニューデリ 10月7日 さらに8人の豚インフルエンザが火曜日に犠牲になった。
これでインドでは豚インフルエンザによる死者数が359人となった。

国の様々な地域から185人の感染者が報告され、11253人の感染者数となった。
8人の死者のうち4人はウィルスが最も蔓延している地域であるマハラシトラ州から報告されており、マハラシトラ州では147人の死者を出している。
               (中略)
デリの学校での対策

首都にある学校は高く警戒しており、豚インフルエンザの拡大を防ぐために
必要な注意を払っている。
ただし以前とはアプローチの仕方が違う。
2~3か月前は数人の感染者が報告されれば学校は閉鎖されていた。
南デリにあるVasant Valley School 校長のArun Kapool氏はシナリオが変わった、と話す。
『これはただ煽られているだけで、それほどのリスクではない。
この煽りがピークだった時も我々は学校を閉鎖せず、授業も止めたりしない。
対策としては、我々は学校での集会を開かず、子供たちを集めないようにすること。
我々は手指の消毒薬を用意し、生徒や先生、学校のスタッフに頻回に手を洗わせ、
教室を消毒している。』SK

10月7日


Sebelius: Americans Must Get Swine Flu Vaccination WSAV-TV  (米国) セベリウス長官:米国人はブタインフルエンザワクチンを接種しなければならない
 米国保健福祉省のセベリウス長官は、ブタインフルエンザは、季節性インフルエンザと同じ製法で作られ、安全が保証されていると説明し、全ての米国人はワクチンを安心して接種を受けることが出来ると、テレビのモーニング・ニュースで訴えた。
91 dead in SA from swine flu East Coast Radio  (南アフリカ) 南アフリカでブタインフルでの死者数累計91人に
 南アフリカでブタインフルにより91人がこれまで死亡したと発表されたが、季節が夏に入ってきたため、死者数は減少し出したとされる。国立伝染病研究者が発表した。
 検査で確認された症例数は12278人で、ほとんどの事例は10から14歳の小児である。
 25人の妊婦が死亡し、基礎的原因の中では最も多い。その95%は第三トリメスター(妊娠後期)であった。
Doctors Give Warning Signs of Severe H1N1 Flu KSFY - (米国) 医師団、重症型H1N1インフルエンザの兆候を警戒するようにと警告
 ミネソタ州の医師達は、両親に子供が重症型インフルエンザを発症したときの兆候について説明し、そうした場合は迅速に医療機関を受診するように警告した。
 ミネソタ州医学協会は重症型インフルエンザの兆候は以下の通りと説明している。
 ・呼吸困難
 ・皮膚が蒼白
 ・水分摂取が不十分
 ・歩かない
 ・発疹を伴った発熱
 ・神経が過敏で、小児は抱かれることを嫌う
 さらに一旦インフルエンザ様症状が消えた後、再度発熱して咳が酷くなる場合も、重症型インフルエンザの可能性が高いと警告している。
 協会では小児はワクチンを接種すべきと言っている。
Flu mask: Should I wear one? MayoClinic.com(アメリカ)  メイヨ・クリニック、インフルエンザA(H1N1)に関するQ&A
 以下3編をまとめてPDFファイル化

 その1 インフルエンザ予防のためにマスクを着用すべきですか?
 
 おそらく予防にはなりません。ニュース画像などでマスクをしている人々の様子を見たことがあるかもしれませんが、通常のサージカルマスクはインフルエンザウイルスを肺に運び込む飛まつ核をブロックすることは出来ません。しかしながらもしも豚インフルエンザや季節性インフルエンザを発症して、咳やくしゃみの際に飛び散る飛まつの拡散を防止するという意味ではマスクをしてもいいでしょう。
 N98レスピレータと呼ばれるフィット性の高いマスクは、インフルエンザウイルス感染を防ぐには(サージカルマスクよりは)より良い効果があります。しかしこれらのマスクは非常に呼吸しにくいものです。CDCは豚インフルエンザ患者のケアを行う医療関係者以外のN95マスクの使用を推奨してはいません。

 インフルエンザ感染を防ぐほかの方法は以下の通りです。
 ・頻繁に手を洗うこと。石鹸と水での手洗い、あるいはアルコール手指消毒薬の使用。
 ・手で顔を触れないこと。目や鼻、口を触らないこと。
 ・病人から離れること。可能であればインフルエンザ患者から最低6フィートの距離をとる。TA

Flu vaccine: Safe for people with egg allergy? MayoClinic.com(アメリカ)  メイヨ・クリニック、インフルエンザA(H1N1)に関するQ&A
 その2  もしも卵アレルギーでもH1N1豚インフルエンザワクチンや通常季節性インフルエンザワクチンが受けられるでしょうか?

 季節性インフルエンザワクチンもH1N1インフルエンザワクチンも卵を使って作られています。結果として、どちらのタイプのワクチンも微量の卵プロテインを含んでいます。しかし、もし卵アレルギーがあっても必ずしもワクチン接種が出来ないというわけではありません。
 多くの場合、インフルエンザワクチンは卵アレルギーの人にも安全に接種することが出来ます。もしあなた自身、あるいはあなたのお子さんが過去に卵アレルギーを起こしたことがあればワクチン接種の前に医師にご相談ください。アレルギー専門医を紹介し、アレルギー検査を受けさせてくれるはずです。
 ワクチンでアレルギー反応が出るかどうかの検査が行われます。この検査は皮膚検査です。看護師あるいは医師が皮膚に微量の卵プロテインをこすりつけ、反応が出るかどうかを見ます。ワクチン自身に対しても皮膚テストが行われます。
 何も起きなかった場合 - 陰性
 インフルエンザワクチン(H1N1ワクチンも季節性ワクチンも)を受けられます。
 卵アレルギーを示す結果が出たもののワクチンを使った検査は陰性だった場合
 おそらく問題なく両種のワクチン接種を受けることが出来ます。万全を期すためには接種後30分間病院で待機し、医療スタッフの観察を受けましょう。
 卵そのものにもワクチンにもアレルギー反応が見られた場合
 それでもインフルエンザワクチン接種を受けることは可能でしょう。1時間程度の時間をかけて、だんだん強度を増すワクチン接種を数回にわたって受けることが出来ます。アレルギー反応が出るリスクがあるため非常に注意深く行われます。最後の接種を終えたら30分間病院に待機します。
 卵アレルギーを持っていてもほとんどのワクチンは安全に接種することが出来ますが、過去に卵にアレルギー反応が見られたことをかならず医師に伝えてください。黄熱病ワクチンはより多くの卵プロテインを含んでいるため卵アレルギーの人は接種を避けるべきなのでご注意ください。TA

School closing: Any benefit? MayoClinic.com(アメリカ)  メイヨ・クリニック、インフルエンザA(H1N1)に関するQ&A
 その3 インフルエンザ流行時の休校措置にはどんな効果がありますか?

 通常営業を維持するだけの十分な学生やスタッフがいなくなるようなことがあればインフルエンザシーズンのピークにおいて数日間の休校措置は必要になるかもしれない。しかし通常、休校措置は地域社会における感染症の拡大を減らすために行われる。公衆衛生局の指導の下、休校措置の決定は学校区によって行われる。
 休校措置の目指すところは感染児童と非感染児童の接触を制限するということである。学齢期児童は成人よりも自然免疫が低いため、より感染しやすい。特に学校においてウイルスは容易に拡大する。感染児童は学校で数人に感染させ、ウイルスを家庭に持ち帰る。理想的には、休校措置はウイルスが家庭に入り込むことを阻止するべきである。
 2009年春のH1N1豚インフルエンザ流行の教訓に基づいて、CDCは以下の方針を各学校に推奨している。
・インフルエンザ様症状を呈した児童生徒あるいはスタッフは解熱剤を使用しなくても平熱である状態になってから少なくとも24時間は自宅にとどまるべきである。抗ウイルス薬を服用していても自宅待機すべき。
・(学校にいる間に)インフルエンザ様症状を呈した児童生徒あるいはスタッフは自宅に帰されるまでの間、他の人たちから離された部屋で待機するべきである。CDCはこのような待機者たちが可能ならサージカルマスクをつけることを推奨しており、これらの人たちに対応するものはマスクのような防護具をつけるべきであるとしている。
・学校にいるもの全員が石鹸と水を使った頻繁な手洗い、咳エチケット(咳やくしゃみはティッシュで受け止める、ティッシュがなければ腕の内側に向かってする)を実践すべきである。
・学校側は児童生徒やスタッフが頻繁に触れる箇所の日常的な清掃を行うべきである。漂白や洗剤ベースの特別なものは必要ない。

 もしもこの冬のH1N1豚インフルエンザ再襲がこの春夏の流行よりも深刻なものになるならば、CDCは児童生徒やスタッフたちを守るために休校措置などの他、以下のような追加措置を推奨する可能性がある。
・学校側は児童生徒やスタッフの体温やインフルエンザ様症状の有無などを毎朝チェックすべきである。具合の悪いものは他のものから離し、出来るだけ早く自宅に帰すべきである。
・もしも子供がインフルエンザ合併症に対してハイリスクであり、地域社会にインフルエンザが循環している場合、学校に行かず家にいるべきかどうか医師に相談すべきである。
・家族にインフルエンザ患者が出た児童生徒は、その家族の発症から5日間自宅待機すべきである。この期間がもっとも感染しやすい。
・インフルエンザ用症状を呈した人々は自宅待機の日数を最低7日間に延長すべきであり、症状がまだある場合にはさらに長くすべきである。
 地方保健当局、教育当局はその地域の状況に応じてこれらの追加措置を実施できる。TA

季節性インフルのワクチン、新型インフル予防にも一定の効果、メキシコ研究チーム  AFP BBNews(国際)
 季節性インフルエンザのワクチンにも新型インフルエンザA型(H1N1)予防に一定の効果が認められる――。メキシコの研究チームが7日、このような研究結果を英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」(電子版)に発表する。
 メキシコの国営ワクチン会社Birmexの伝染病学者、ホセ・ルイス・バルデスピノゴメス(Jose Luis Valdespino-Gomez)氏を中心とする研究チームは、新型インフルエンザに感染した患者60人と、年齢や背景がほぼ同じでほかの病気の治療を受けている人々との比較検討を行った。
 研究チームは、患者らが2008~09年の季節性インフルエンザのワクチン接種を受けていたかどうかについて調べた。その結果、季節性インフルのワクチン接種が、新型インフル予防に80%程度の効果があったことが分かったという。さらに、季節性インフルエンザのワクチン接種を受けていた新型インフル感染者に死者が出なかったことから、季節性インフルのワクチン接種が重症化を防いだ可能性があるとしている。
 バルデスピノゴメス氏は、「これらの結果は慎重に検討されなければならず、季節性インフルのワクチンを新型インフルワクチンの代わりに使うべきだということを示しているわけではない」と述べ、今回の結果を確認するためには、より大規模な実証研究が必要だと強調した。
 世界保健機関(World Health Organization、WHO%)が2日に発表した統計よると、9月27日現在、新型インフルエンザへの感染が確認されたのは34万人以上にのぼり、うち4100人以上が死亡している。(c)AFP
NJ gets only 5000 doses in 1st batch of swine flu vaccine Cherry Hill Courier Post (米国) ニュージャージー州、ブタインフルワクチンの初回分5000接種量が届く
 鼻腔スプレー型ブタインフルワクチンがニュージャージー州のに届いたが、量は少なく、鼻腔スプレー型の生ワクチンである。5000接種量であるが、5~9歳の小児と医療関係者に接種される。注射型ワクチンは今後2,3週以内に届く予定である。
新型インフルエンザ:ワクチン、英国などの2社と契約 毎日新聞
 厚生労働省は6日、製薬会社大手のグラクソ・スミスクライン(英国)、ノバルティス(スイス)の2社と、新型インフルエンザワクチンの売買契約を結んだと発表した。1人2回接種として4950万人分、購入額は1126億円。国内の臨床試験などで安全性を確認したうえで、早ければ12月下旬から輸入が始まる。
H1N1 Vaccine Arrives in Philly NBC Philadelphia (米国) フィラデルフィアにH1N1ワクチンが届く
 最初のワクチンが届いたが、それらは少数の小児科クリニックに配布された。
 当初は5~9歳の小児に接種されるが、理由はこの年齢層では2回接種が必要なことと、最も感染しやすい年齢層であることが挙げられる。
 州保健局では10月末までには少なくとも250万本のワクチンが届く予定で、そうしたら他の年齢層にも接種可能となると説明している。

Swine flu toll rises to 11 in county Victorville Daily Press (米国) カリフォルニア州、サン・ベルナンディノ郡、ブタインフル死者数が11人に
 郡の公衆衛生担当官が6日、郡で3人のブタインフル死者がでて、累積者数が11人になったと発表した。
 4ヶ月乳児、25歳男性、43歳女性であるが、それぞれ基礎疾患を保有していたという。
Sebelius visits SLU to promote H1N1 vaccine St. Louis Business Journal (米国) セベリウス保健福祉長官、H1N1ワクチン接種啓発のために、セントルイス大学を訪問
 セントルイス大学のワクチン開発センターは、ワクチン開発を行っている全米8施設の1つである。
 昨年同センターは、ワクチン開発に2370万ドルの助成を受けている。
 
 一方、5日にセントルイス地域にH1N1ワクチンが届いた。鼻腔スプレー型のワクチン5000本であるが、それらは最初に医療関係者と救急業務関係者に接種される。
H1N1 flu vaccinations begin in Nebraska Sioux City Journal  (米国) H1N1ワクチン接種がネブラスカ州で開始
 ネブラスカ州に数千本の鼻腔スプレー型ワクチンが5日届き、6日から医師達は接種開始した。
 州保健局によると、初期に届くワクチンは、ハイリスク者に含まれる子供達に接種される。

Free county seasonal flu shots postponed OCRegister - (米国) 無料の季節性インフルエンザワクチン接種が延期に
 カリフォルニア州からオレンジ郡保健局に季節性インフルエンザワクチンの入荷が遅れているため、10月10日から接種予定であったが、今月末に延期された。
 サノフィ・パスツール社からの出荷が遅れていることが原因であるが、同社によるとH1N1ワクチン製造が急がれたため、季節性インフルエンザワクチン製造が遅れているとされる。

Swine Flu Vaccines Arrive in Virginia WTVR  (米国) ブタインフルワクチン、バージニア州に到着
 83700本の鼻腔スプレー型ブタインフルワクチンが州に到着し、各医療機関に配布された。

Norfolk public school students to get swine flu vaccine WTKR Your NewsChannel 3 (米国) ノーフォーク、公立学校で生徒達にブタインフルワクチンの接種が開始
US rolls out massive swine flu vaccine campaign AFP  (国際) 米国、ブタインフルワクチン大規模接種開始
 年末まで2億5千万人に対して大規模ブタインフルワクチン接種計画を立てている米国では6日、保健医療関係者が接種開始された。
 接種態勢は各州で異なる。
 学校内で集団接種する場合、医療機関等でする場合。
 最初に配布されたのは鼻腔スプレー型ワクチンで、メリーランドの大病院の関係者は、鼻腔スプレー型ワクチンは生ワクなので、医療関係者に投与することは避けると語っている。万が一患者に感染した場合のことを考えてという。
10月6日

China reports first death from H1N1 flu Reuters(国際) 中国で初のH1N1インフルエンザによる死亡例
 6日火曜日、中国で初のH1N1インフルエンザによる死亡者が確認されたと発表された。このインフルエンザに対する警戒警報が発せられてから数週間後のことである。
 4日日曜日に死亡した患者はチベット自治区在住の18歳女性。前日に咽頭痛、咳、痛みなどを訴えて入院したと新華社が報じた。保健省は豚インフルエンザによる死亡と確認したが、詳細の発表は避けた。
 中国政府はWHOにこの死亡例を報告し、20万回接種分のワクチンを遠隔地に急いで配布している。
 保健相は先月、学校の再開に際して感染者が増加し、拡大抑制は厳しい状況になっていると発表した。
 中国政府は9月末に2万人の感染者がいるものの1万4千人以上は完全に回復し、重症者は10名だけであると発表している。
 政府は国境付近や多数の人の集まるカラオケ店などでは厳しいチェックを行っており、9月下旬から北京の10万人の学生を皮切りに大規模ワクチンプログラムを開始している。
 保健相によれば、中国は2600万回接種分のワクチンを10月末までに製造し、年末までには6500万回接種分を製造する予定だということだ。
 公共サービス従事者や人口密集地在住のハイリスク群、交通関係者などに優先権がある。
 Sinovac社は、先月ワクチン接種は1回で十分効果があると発表した。TA
WHO sees a few minor side effects from H1N1 shot OregonLive.com  (米国) WHO、H1N1ワクチンによる軽微な副作用報告を受けている
 WHOは、中国で39000人がH1N1ワクチンの接種を受け、4人が筋肉けいれんや頭痛の副作用を呈したことが報告されていると発表した。この程度の副作用は予想しているとコメントを付け加えた。
WHO says H1N1 vaccine safe, urges mass take-up Reuters India  (ロイター。インド) WHO、H1N1ワクチンはの安全性を強調、集団接種を勧める
 WHOのグレゴリー・ハートル広報官は、H1N1ワクチンは、これまで製造してきた季節性インフルエンザと同じ製法で作られ、抗原となるウイルスが異なるだけで、従来の季節性インフルエンザワクチンと同じように安全であると再度説明し、ワクチン接種がパンデミック対策の最も重要な手段である故、接種可能な人は早急に受けるように強調した。
 現在、中国とオーストラリア、そして間もなく米国とヨーロッパの一部で集団接種が始まる。
Pregnant woman dies of swine flu in Cambodia  The China Post(中国) カンボジア 豚インフルエンザにより妊婦が死亡
 カンボジア保健相によれば、国内3例目の豚インフルエンザによる死者は妊婦だったということだ。
 保健相Mam Bunheng氏は妊娠9ヶ月だった25歳女性が数日前インフルエンザ様症状を訴えてプノンペンの病院に入院し、豚インフルエンザ検査が陽性となったということだ。その後帝王切開が行われ胎児は無事出産されたが女性は6日火曜日に死亡した。
 カンボジアで2例目の豚インフルエンザによる死者(47歳男性)も同じ病院で確認された。TA

オーストラリア政府ブタインフルワクチン接種を無料で開始
 全国民、外人労働者、観光客が対象
 政府による啓発ポスター

下記クリックで拡大


Swine flu: H1N1 vaccine questions and answers Chicago Tribune (米国) ブタインフル:H1N1ワクチン、Q&A
 初めてのブタインフルワクチンが少量ながらも配布されだした。いくつかの一般的質問に答える。

:なぜワクチン量が十分製造されるまで、接種を待たないのか?
:4日が(10月最初の日曜日)が公的にはインフルエンザシーズンの始まりであるが、H1N1ウイルスはカレンダーを気にすることなしに、既に各州で流行している。このためハイリスク者に対するワクチン接種は急がれる。当局はワクチンが入手されるごとに迅速に接種対象者に接種する必要がある。
Q:ワクチンは安全?
A:FDAはワクチンが配布される以前に検査を完了している。H1N1ワクチンは、季節性インフルエンザワクチンと同じ方法で製造されている。季節性インフルエンザワクチンは、毎年1億人近い米国人が接種しているが、副作用は少ないことが確認されている。またこのH1N1ワクチンは数千人で臨床試験が行われたが、安全性が確認されている。
Q:なぜ注射用ワクチンよりも先に、鼻腔スプレー型ワクチンが配布されたのか?
A:鼻腔スプレー型ワクチン( FluMist)は製造がより早かった。それはウイルスを弱毒化した生ワクチンで、2歳から49歳までの健康人だけが接種対象となる。妊婦には接種できない。
Q:何回接種が必要?
A:10歳以上の人々は、ブタインフルワクチンと季節性ワクチンは、1回接種で良いが、10歳以下の小児では2回接種が必要と考えられている。間隔は3週間である。また幼弱な小児で、初めて季節性ワクチンを受ける場合は、その接種は2回必要である。
Q:新H1N1ウイルスが現在インフルエンザを起こす唯一のウイルスだとしたなら、季節性インフルエンザワクチンの接種は必要はないと思われるが?
A:保健当局では、冬期間気温が下がると季節性インフルエンザも流行すると予想している。

Cambodia records second swine flu death: health official AsiaOne  (シンガポール) カンボジアで2人目のブタインフル死者が発生:保健当局
 47歳男性がカンボジアで2人目のブタインフル死者となった。
 同国での確認感染者数は、6月に初の感染者が確認されて以来、少なくとも101人となった。
Six die due to swine flu; 174 fresh cases reported  Indopia (インド) インド、新規174人感染者と6人の死亡が報告
 本日インド国内で6人の死亡が報告され、新規患者は174人報告された。
 累積死者数は351人となり、累積感染者数は11068人となったが、疑い検体数は46442人であるが、実際に陽性になった検体は11068である。
新商品:インフル対策スーツ--はるやま商事 毎日新聞
 大手紳士服チェーンを展開する「はるやま商事」は5日、生地の表面に付着した新型インフルエンザウイルスの働きを光触媒の作用で抑えるスーツを10日に発売すると発表した。
 ウールの表面を光触媒素材である二酸化チタンで覆ったのが特徴で、紫外線を受けると、ウイルスやカビ、においの分子などを化学分解する作用がある。20回以上洗濯しても効果が持続するという。価格は5万2290円。8日に開店する新宿南口店(東京都新宿区)では、オープン記念セールとして、同スーツを18日まで1万8900円で販売する。
First H1N1 Vaccines Go To Healthcare Workers WDIV (米国) 
 インディアナ州、イリノイ州、テネシー州へビクウスプレー型ワクチンが配布。量的には非常に少ないが、最初は医療関係者から接種された。2、3ヶ月以内に、人口の半数分のワクチンを政府は用意すると言っている。
 今週末までにわずか700万人分しか配布されないから、予約するには早すぎる。

Ind. doctor among 1st to get swine flu vaccination WKOW-TV.com (米国) インディアナ州、医師達が最初のブタインフルワクチン接種者に
 少量の鼻腔スプレー型アクチンが配布されたが、最初の接種者は患者に相対する医療関係者の接種されている。
First swine flu vaccinations _ but most must wait WAND (米国) 最初のブタインフルワクチンが入荷、しかし大部分の人々の接種は遅れる
 米国各地に5日ブタインフルワクチンが届いたが、量的には非常に少なく、各地域で接種する優先順位の従って、取りあえず少数の人々から接種される。

 各種質問に対する答え
 ・一般的優先順位
 妊婦、6ヶ月から24歳までの年齢層、慢性疾患を保有する64歳以下の年齢層(喘息、糖尿病等)、保健医療担当者、(6ヶ月以内の)乳児の世話をする人々
 ・65歳以上の高齢者がインフルエンザでは最も危険ではないのか?
 季節性インフルエンザでは高齢者が最も危険であるが、新H1N1インフルエンザでは主として若い世代が発病する。
 ・ワクチンは何回接種、またはスプレーすべきか?
 ほとんどの人々は季節性インフルエンザも新型も1回で十分である。しかし保健当局では10歳以下の年齢層では3週間毎に2回接種が必要と考えている。また幼弱な乳幼児では季節性ワクチンも2回接種が必要とされている。
 ・もし新H1N1ウイルスが現在のインフルエンザの主たるウイルスだとしたなら、それでも季節性インフルエンザワクチン接種は必要なのだろうか?
 保健当局では寒くなった時期、通常1月であるが、季節性インフルエンザが流行してくると予想している。
 ・両ワクチンを同時に受けることはできるだろうか?
 もし医療機関に両ワクチンが用意されていたなら、両腕に1種類ずつ接種出来る。または1種類を注射、1種類を鼻腔スプレーとして接種可能である。しかし、季節性と新型の両者を鼻腔スプレー型にする場合は、1ヶ月の間隔を空ける必要がある(生ワクチンの場合は4週間、不活化ワクチンの場合は1週間空ける決まりになっている。また日本では別種のアクチンを同時に接種は出来ない:訳者)。
Chicago receives 1st doses of swine flu vaccine Chicago Daily Herald  (米国) シカゴ市、初回のブタインフルワクチンが入荷
 シカゴの小児記念病院は5日、500回接種量のワクチンが入荷した。
 病院は2000接種量の鼻腔スプレーワクチンと16000接種量の注射用ワクチンを発注している。
 最初に接種するのは患者と相対する医療スタッフとされる。
 クック郡では3000接種量の鼻腔スプレーワクチンが5日に届いたが、広報官によると、これらは何らかの病気をもっている小児に接種される予定のようだ。
10月5日


Swine flu: former nurses urged to re-register Health Service Journal (英国) 豚インフルエンザ-休職中の看護師に再登録を勧める
 豚インフルエンザ第2波の到来で看護師・助産師が不足する可能性に備えて、スコットランド政府は休職している看護職が再登録すると£100(1万4千円相当)を提供することとした。
 金額は£76の登録費と£23の状況公表に際した費用をカバーしている。
 看護職・助産師協議会はすでに、過去4年で登録期限が切れている9500人の看護師に更新するように勧めている。
 健康課の秘書であるNicola Sturgeonは、
「我々は掲示板や他の組織にも注意深く働きかけながら、スコットランドがパンデミックの結果により起こる、国民保健サービスの人員のあらゆる影響に対して対応する準備をしている。」と話している。
 「休職中の看護師・助産師はもしパンデミックが状況悪化となった場合、臨時的な資源として供給することができる。そのため我々は再登録のためにかかるあらゆる費用を提供している」
 労働党のスポークスマンであるRichard Simpson博士は豚インフルエンザの第2波によって一般医が見る患者は1週間に5000人越える可能性があると話している。
 彼は閣僚に「準備を着実に進めていかなければならない」と提言している。SK

More Than Half of Americans Surveyed Are Not Worried About Swine... PR Newswire (米国) 半数以上の米国人はブタインフルを心配していない:調査報告

Share H1N1 vaccines with poor countries, UN urges Reuters(国際) H1N1豚インフルエンザワクチンを貧しい国々と共有するようにとWHOが要請
 富裕国は豚インフルエンザ感染が広がりつつある貧困国がより多くのH1N1ワクチンが使用できるようにするべきだと4日日曜日にWHOが発表した。
 医療システムが弱く、豚インフルエンザに脆弱だといわれる若年層人口が多い発展途上国において、より準備を整えることが必要だとWHOは語った。
 「世界のより貧しい国々においてこのウイルス拡大がひとたび始まれば違った形のインパクトが見られることが予想される。」とWHOの感染症専門家Julie Hall氏は語った。
 WHOは6月にH1N1パンデミックを宣言し、世界人口約70億人のうちおよそ3分の1が感染する可能性があると発表した。
 米国やブラジル、フランスなどはワクチンの国家備蓄の10パーセントを発展途上国に使用させることを合意している。製薬会社も1億5千万回使用分を寄付している。
 ワクチンはもっと必要だと国連のDavid Nabarro氏は語った。
 「今後数週間の試練は適切なワクチンを使用可能にするために富裕国と貧困国の間で連帯を築くためのものだ。」
北半球では、9月10月はインフルエンザシーズンのほんの始まりの季節に過ぎないが、H1N1流行第二波の兆候が見られるとHall氏は語った。
 「米国や多くのヨーロッパ諸国、日本、メキシコなどで既にここ数週間における感染者増が報告されている。」と同氏は述べた。
 9月20日現在、豚インフルエンザは世界191カ国で3917名を死に至らしめているとWHOは発表した。TA



 特記すべき情報はなし

6:28:43
10月4日

Wrong prognosis must be treated for what it is  Gulfnews(アラブ首長国連邦) WHOの、H1N1インフルエンザに対する性急な対応

 WHOがこれほど熱心にH1N1パンデミック予防対策に熱心になるというのはこれまでにないことで、WHOが製薬会社の対弁者のようになっているという皮肉が生まれても不思議ではない。
 たとえばWHOは世界人口すべてのために豚インフルエンザワクチンを60億回接種分製造するべきだと語っているが、冬が訪れる前、11月末までの時間しかないと分かっていて製薬会社はあえてそのことを取り上げはしない。
 期間的に間に合ったとしても、世界中にウイルスが拡大している状況を考えればそれほど効果があるとは思えない。もしもワクチンが既に準備できていたとしても、世界中すべての人々に短期間のうちにワクチン接種を行うということは論理的に不可能である。
 既に分かっている通り、数百万人の人々は紛争地域に暮らしている。難民キャンプでひしめき合って暮らす人たちもいる。深刻な飢餓に苦しんでいる人たちもいる。こういった人たちにワクチンが届くだろうか?ワクチン接種を数週間で実施できるような医療職員がWHOにはいるのだろうか?ポリオや天然痘の予防接種を世界の子供に受けさせるのだって数十年かかったのではなかったか。それでも数千人が今もポリオの犠牲者になっているのである。
 H1N1豚インフルエンザが冬の間活動を活発にすることは事実であろうが、南半球での冬はそれほどの問題もなく既に過ぎているのである。これに加え、WHO自身がこのウイルスは当初予測されていたよりも深刻なものではなく感染者の多くは容易に回復すると認めている。ではなぜワクチン無しには20億人以上が災難に遭うかもしれないなどと、WHOは警告しているのだろうか。すべては金のためだということは出来ないか?
 簡単な計算だ。注射一回10ドルだとして、500億ドル以上の金が動くという話をしているのである。製薬会社にとって良い知らせとしては、H1N1ウイルスは常に変異を続けており、結局何回かのワクチン接種が必要になるということである。
 考えうるワクチンの副作用を考慮に入れれば、危機は経済的、健康的と二重になる。「H1N1ワクチン接種は病を癒すかもしれないが患者を殺すことになる。」と言ったアメリカ人医師達がいるのもうなずける。
 新しいワクチンは必要な臨床試験に少なくとも5年はかかる。世界中で多くの医師や看護師たちが、完全に安全だという確認が取れていない新型ワクチンの接種を拒否するのはこういうわけだ。
アメリカ人の56パーセント以上が自分の子供たちに新型ワクチンを受けさせたくないという調査結果がミシガン大学から出されている。多くは副作用を心配しており、理由もなく反対しているわけではない。
 医療関係者はこのワクチンが高濃度のチメロサール(保存剤として添加:有機水銀)を含んでいると認めている。これは特に子供の神経システムや心臓、腎臓に対して有害である。これは自閉症の主要な要因であるとも信じられている。
 こういうわけで1900年代終盤において米国とヨーロッパの専門家が6歳以下の子供たちにはチメロサール入りの予防接種を認めないと助言している。
 しかしWHOは安価であるという理由で第三世界の子供たちにチメロサール入りのワクチンを処方し続けているのである。
 新しい豚インフルエンザワクチンに含まれる別の物質は、スクアレンであるといわれる。これは神経や脳の機能を大いに促進する。しかしこれがワクチンに添加されると悪影響を与える可能性がある。人体はこれを異物だと認識するのである。免疫システムがこれを敵だと認識して、脳や神経系の機能不全を起こす可能性がある。
医学研究者たちによれば、湾岸戦争症候群はワクチンに含まれるsqualineによって主に引き起こされたということだ。*湾岸戦争症候群(わんがんせんそうしょうこうぐん:Gulf War Syndrome)とは、1991年の湾岸戦争に従軍したアメリカ軍・イギリス軍等の多国籍軍兵士に、集団的に発生したとされる脱毛症・疲労感・痛み・記憶障害・倦怠感や関節痛などの一連の病状を総称したものである。
 1976年にアメリカで25人以上を殺したのも似たようなワクチンであり、医療会社は10億ドル以上を補償した。製薬会社は合法的に免疫があるという理由だけでこのワクチンを世に出すよう推奨されたのかもしれない。彼らを告発することはもはや出来ない(副作用に関する免責事項が明記された記述があった)が、この事実はエジプト保健相によって公式に明らかにされた。

 これらのことから、WHOはなぜ世界中を苦しめる他の火急の問題を無視してもH1N1に集中しているのかというひとつの疑問がわいてくる。10億人以上の人々が世界中で飢えに苦しみ、10歳以下の子供たちの5分の2が餓死している。これらの人々は助けるに値しないとでも言うのか?
 結核、エイズ、マラリアなどの深刻な病気に苦しむ数百万の人々についてはどうするのだろう。WHOはなぜこんなにも熱心に、常に進化し続けるウイルスに対するワクチン接種を数週間のうちに数十億の人たちに行おうとしているのだろう?なぜマラリアのワクチンをもっと作ろうという情熱には欠けているのだろう?
 世界中の多くの人々がこの裏切りにうすうす感づいている。WHOは戸棚に骸骨を隠し持っているのではないかと。TA

 筆者(ファイサル・アルカシム博士)はシリアのジャーナリスト。またアルジャジーラテレビの番組プロデューサーも担当している。

 
10月3日


Doctor says SC mom dies from swine flu after birth The Herald | HeraldOnline.com  (米国) サウスカロライナで妊婦がブタインフルで分娩後に死亡
 サウスカロライナ大学病院のアンソニー・グレグ医師は、女性がブタインフルで分娩後に死亡したことを明らかにした。女性は何のインフルエンザワクチンも接種していなかった。また他の子供は2,3週間前に病的状態だったという。
 生まれた新生児は現在のところインフルエンザの兆候はないとされる。
2009 H1N1 Flu: Situation Update  米国CDC  米国CDC38週インフルエンザ報告

A)   


B)
  
 米国における38週(9月20~26日)におけるインフルエンザ発生状況
 A)
  インフルエンザ様症状(ILI)で定点機関をを受診した患者の、全外来患者に占める割合は、例年のこの時期に比較すると非常に高いが、先週から上昇率は鈍化しだし、今週は下降しだした。
  *管理人説明:上図の赤線が現在のA(H1N1)である。前週に比較して上昇率が落ちた。先週の説明でも、カーブの状況から言ってピークを向かえるかも知れないと推定したが、多分その通りとなったと思う。。最近数年間における発生患者数が最も多かったのは、昨年2月で、これは香港型H3N2のブリスベン株によるのだった。(この株は昨シーズン欧州で大流行している)。
 B)
  肺炎及びインフルエンザ(P&I)による死亡者の割合は、例年のこの時期と比較して地域により低いか、または類似している。しかしながら2009年4月以来69人の小児の死が報告され、今週は11人報告されている。

 ・成人と小児における入院率は年齢により異なるが、概して季節性インフルエンザのそれと同じか、または低い。しかしながらこの例年の時期に比較すると高い。(対1万人での数値)
 
 *管理人説明:この時期にしては異常にインフルエンザ患者数が多いが、死者数はこの時期相当である。すなわちインフルエンザによる死者数は少ない。高齢者の発病が非常に少ないことから、インフルエンザ致死率が例年のインフルエンザに比較して低いと解釈される。一方小児での死者数が多いのが気になる。
 ・国内27州で広範な流行(先週よりも1州増加)が起きている。
 ・分離されているほとんど全てのウイルスは2009H1N1インフルエンザAである。またワクチン株として採用された株と類似した特性を維持している。オセルタミビル(タミフル)とザナミビル(リレンザ)に感受性を保持している。



Iowa orders 18000 doses of swine flu vaccine  ChicagoTribune(アメリカ) アイオワ州 豚インフルエンザワクチン1万8千回接種分を注文
 アイオワ州公衆衛生当局は豚インフルエンザワクチン1万8千回接種分を注文し、来週各郡の保険当局に送られるだろうと発表した。
 初回送付分は鼻腔スプレー式ワクチンだが、接種推奨グループ全員には使えない。
 保健当局によれば妊婦は鼻腔ワクチンを使用すべきでなく、注射式ワクチンが使用可能になり次第接種を受けるべきだということだ。学齢期児童や6ヶ月以下の乳児の家族あるいは保育者、医療関係者などがリスクグループである。
 ワクチンは各郡に人数に応じて配布される。
 アイオワ州が注文した量は、CDC割り当ての最大量である。TA
Churches Take Precautions Against the Swine Flu Eyewitness News Memphis (米国) 教会でもブタインフルエンザ対策を強化
 ブタインフルに対する警戒感が高まっていて、それは外出する際、特に集団内に入るときには顕著となっている。
 ベレビュ・バプテスト教会は18000人の信徒を抱えているが、毎週の日曜日の礼拝には6000以上の信者が参加する。そのため教会では、ウイルス拡大を抑えるためにいくつかの対策を講じている。
 「非常に単純なことだ。24時間以内に発熱した子は連れてこないことだ」、とコミュニケーション・ディレクターのジム・バーンウエル氏が語っている。
 この対策は珍しいものではなく、他の施設でも行っている。
 今年度は教会内の至る所に手指消毒用の消毒薬がおいてある。
 同氏によると握手を禁じている教会もあるという。
 同氏は人々と握手はするが、自室も戻ってから手を洗い、手指消毒剤を使うという。
3 more deaths linked to swine flu in Minnesota KARE (米国) ミネソタ州でブタインフル死者が3人発生
 ミネソタ州保健局は2日、さらに3人のブタインフル死者がでたことを発表した。4月以来の死者数が倍増した。
 40代と50代の女性、及び50代の男性。全て基礎的疾患を保有していたとされる。
 これらの死亡事例はこの2週間内に発生している。
 州の疫学専門家のルー・リンフィールド医師は、これらの死が、ウイルスに大きな変化が出たことを意味してないと語り、感染が広がると、さらに死者はでると予想していると語っている。州内には324人の確定されたブタインフルエンザ患者が入院していて、130の学校で学童の欠席率が高くなっているとも語った。これらの欠席はブタインフルのよるものと考えられる。
 「我々は全体としてこのインフルエンザの重篤性や病原性の変化は認めていない」、と同医師は語っている。
 CDCでは妊婦と小児の死亡例を注意深く観察しているが、これまで妊婦では28人、小児では50人が死亡している。
 ミネソタ州には来週28000接種分のブタインフルワクチンが届くが、それらは保健医療担当者用の鼻腔スプレー型ワクチンであり、その他の製剤の入荷は未定となている。
 一方、ブタインフルエンザワクチンの製造が急がれていることから、季節性インフルエンザワクチンの製造が遅れたり、製造量が減らされていて、入荷の遅れとなっている。
Expectant moms at high risk for swine flu Texas Cable News 妊婦はブタインフルのハイリスク者
 H1N1ウイルスが妊婦に対しての危険性を示す驚くべき新情報がでている。
 先の4月以来、100人前後の妊婦がICUに入院し、そのうち28人が死亡している。
 これは非常に恐い話に聞こえるが、発病者の中の最も重体な患者がICUに収容されている結果である、ということに注意することが必要だ。
 このため国内の医師達は妊婦を適切に治療して、ICUに収容される事態を防ぐことに努め出している。
 ダラスのパークランド・メモリアル病院では、全患者はインフルエンザのスクリーニングを受けている。しかし中でも妊婦は最もハイリスクに位置づけられている。なぜなら胎児が大きくなるにつれ、胸郭を圧迫するようになり、それは肺容積を縮小化して、感染の機会を増すことによる。
 同病院のジャンヌ・シェフィールト医師は、そうした事から妊婦を健康に保つことが重要と言う。同医師はCDCと協力し合って、妊婦を感染から守る最も有効な方法を考えている。
「もし妊婦が咳や咽頭痛と共に華氏100度(摂氏37.8度)以上の発熱を呈した場合、またはH1N1感染者と接触した場合、産科医に相談しなさい」、とシェフィールド医師は言っている。
 同医師はICUに収容された28%が死亡しているというショッキングなデータではあるが、パークランドではICUに収容された例は1人で、その例は完全に回復しているという。
 パークランドではインフルエンザ様症状を呈した妊婦は早期にタミフルのような抗インフルエンザ薬を服用すべきと指示している。
 「早期の濃厚な治療は、妊婦がICUに入る状態を回避させる」、とシェフィールド医師は言っている。
 ハイリスクであることから妊婦はワクチン接種の優先度が高い。しかし来週から開始される鼻腔スプレー式の生ワクチンは適用されない、2,3週後から開始される注射用ワクチンが適用される。

Swine Flu Claims 12th Victim In Mass. WBUR (米国) マサチューセッツ州、ブタインフルで12人目の死者発生
 ミドルセックス郡(Middlesex County)で55歳の女性がH1N1ブタインフルで死亡した。この秋になって初の死者であるが、今年度12人目の死者となる。
 州の疫学専門官のアル・デマリア氏は、この死亡はH1N1と季節性の両インフルエンザの脅威が強調される。
 「季節性インフルエンザは十分危険である」と同氏は記者会見で2日に語った。
 「もしH1N1インフルエンザに感染した場合は、それは季節性インフルエンザと同じく危険性を持っている」。
 インフルエンザで死亡するほとんどの人と同じように、今回の死者も基礎的疾患を持っている。
 一方、H1N1ウイルスに対する最初のワクチンが来週到着するが。供給量は保健当局が予想したほど多くはない。
Flu coming soon, health unit warns Waterloo Record  (カナダ) カナダ、オンタリオ州、インフルエンザは間もなく来る、保健当局が警戒を呼びかける-重篤な被害は予想されない
 ウォータールー地域では、地域でいつH1N1インフルエンザが流行してもおかしくはないと保健当局では警告している。
 しかし、新インフルエンザは流行しても大流行はしないと予想されている。その結果、世界的パンデミックに対する緊急計画の中のいくつかの対策を適用させないことになっている。
 「いかなるインフルエンザシーズンでも、人々はインフルエンザで死亡する。今季のシーズンでも人々は死亡すると予想される」、と保健局の医療政務官のライアナ・ノラン医師が語っている。
 「しかし我々は、非常に重症なインフルエンザシーズン以上に悪いシーズンになるとは予想していない」、と同医師は付け加えている。
 H1N1ブタインフルは先の春にいくつかの地域の住民を発病させた。その後流行は終息したが、再びオンタリオ州でインフルエンザシーズン到来と共に流行しだしている。ハミルトンの学校では欠席率が上がっている。
 地方の学校では異常な欠席率は報告されてない。
 新インフルエンザに対するワクチンは、11月から接種開始となる。それはまず最初にハイリスク者に投与され、その後一般市民に投与される。
 季節性インフルエンザに対するワクチンは、65歳以上の高齢者は今月接種されるが、それ以外の年齢層では新型接種以降となる。(季節性インフルエンザを接種するとH1N1インフルエンザに罹患し易いという、カナダの研究チームの発表が理由?:訳者)。
10月2日


Swine Flu Spreading Widely; Worry Over Pregnant Women  The New York Times(アメリカ) 豚インフルエンザは広範に拡大; 妊婦に危惧
 豚インフルエンザはいまや国全体に拡大していると米国CDCは1日木曜日に発表し、連邦当局は小児向けタミフルを国の備蓄から放出し、新型豚インフルエンザワクチンの注文を各州から受けることを開始した。
 ひとつの世論調査の結果から得られた不確かな情報ではあるが、多くのアメリカ人たちはワクチンに対して神経質になっており、当局は新型ワクチンが季節性インフルエンザワクチンとほぼ同様のものであり、ワクチンに対する誤解を解こうと出来る限りの努力をしていると語った。
 CDCのアン・シュチャット博士は「米国全土において明らかなインフルエンザ活動が見られ、この時期においては非常に珍しいことである。」と語った。
 シュチャット博士は特に妊婦に対する危惧を表明した。8月下旬までに100名の妊婦が集中治療室で治療を受け、4月に流行が始まって以来28名が死亡している。
 「これは大変な数だ。」と同氏は語り、産婦人科医や助産師に対して患者(の妊婦)に豚インフルエンザ予防接種を早期に受けるよう助言するよう強く求めている。
 同日、フォートジャクソン基地で訓練中だった23歳の新兵が米軍初の豚インフルエンザによる死亡例であると確認された。死亡男性は9月1日に体調を崩して肺炎のために9月10日に死亡したと軍は発表した。当初豚インフルエンザ検査は陰性であったが剖検で感染が確認された。
 年間約5万人の兵士がフォートジャクソン基地で訓練を受ける。この基地は1918年スペインインフルエンザでも被害を受けており、兵士の5パーセントが死亡したと軍事史家がAP通信で語っている。
 国内いたるところでインフルエンザ感染者は増えていると地方報道では伝えられている。
 テキサス州オースティンの子ども病院では緊急治療室への患者集中を処理するため駐車場にテントを2箇所設置し、コロラドスプリングス近くの病院ではインフルエンザ様症状による受診が30パーセント急増している。ノースカロライナの病院では子供たちの訪問を禁止した。
 小児の感染例が増えていることから保健社会福祉省では小児用タミフルを30万回分国家備蓄から放出し、テキサスとコロラドに送る予定である。
 有効期限を過ぎているものもあったが、FDAが検査を行いまだ使用できると確認した。
 豚インフルエンザ感染例の99パーセント以上の症状は軽症から中等度であるが、喘息や病的肥満、糖尿病などの基礎疾患保持者や心臓病患者、妊婦やワクチン接種を受けられない乳児はハイリスクである。
 豚インフルエンザによる小児死亡例は8月8日現在36名である。その頃から、いくつかの州で危篤状態の子供の報告がなされている。多くは南部、新学期が早く始まった地域である。
 先週、8月30日(感染確定が行われていない死亡例も含めて数えるという新しい方法がこの日からとられた)以来、インフルエンザ症状やそれに関連する肺炎で死亡したアメリカ人は936名であると報告された。
 通常ならあまり死亡しない年齢層に死者が集中しており、通常のインフルエンザシーズンは11月まではやってこない。
 多くのアメリカ人たちが豚インフルエンザ予防接種を受けたいと思っていないというコンシューマリポート誌が30日水曜に発表した世論調査の結果は保健当局に危惧を抱かせており、それによれば調査された保護者たちのうち半数は豚インフルエンザを恐れているものの、子供たちに間違いなくワクチン接種を受けさせようと思っているのは35パーセントに過ぎなかった。半数はまだ結論を出しておらず、そのうちの多くはワクチンが新しく、未検証であることを恐れていた。
 危惧すべき側面としては、ワクチン接種するかどうかを決めかねている保護者、あるいは反対している保護者の実に69パーセントが「自分の子供たちには自然免疫をつけてもらいたい」と考えているということだ。
 コンシューマリポート誌の健康調査ディレクターJohn Santa氏は「人間の体が作り出す抗体は、「自然な」感染でもワクチンによってでも同じものだ」と語った。「もしもあなたのお子さんが死ぬようなことがあれば(免疫が出来る前に死亡したとしたなら)、「自然」免疫の代償としては高すぎるだろう。」
 (この世論調査は9月2-7日に電話を通じて成人1502人を対象に行われた。エラーマージンはプラスマイナス3ポイントである)
 シュチャット博士は、ワクチンは新しいものでも未検証でもないと主張した。
 豚インフルエンザワクチンは毎年製造される1億回分の季節性インフルエンザワクチンと同様、弱毒化されたインフルエンザウイルスの「遺伝子的要素」から作られるものである。季節性ワクチンと同様無菌卵の中で培養され、同じ工場内で精製される。9月に行われた臨床試験では季節性のものと同様の副作用(腕の痛みや軽度の発熱)が確認されている。
 CDCの科学者たちは豚インフルエンザ死亡例77名から採取した肺組織サンプルを研究し、死亡例の3分の1はインフルエンザそれ自体ではなく細菌の二次感染で死亡していると発表している。
 シュチャット博士が語った「良い知らせ」は、ほとんどの感染例は肺炎球菌(ワクチンのある良く知られた細菌)であるということである。このワクチンは通常65歳の高齢者か心臓や肺に慢性疾患のある人たちに接種が推奨されているが、その権利のあるアメリカ人の5人に1人しか接種を受けていない。このカテゴリに属する人が出来るだけ多く肺炎球菌ワクチン接種を受けるべきだと同氏は語った。TA
First Swine Flu Vaccine On The Way, Still Limited CBS News (米国) 最初のブタインフルワクチンが配布、しかし量は未だ限定的
 長らく待っていたブタインフルに対するワクチン(鼻腔スプレー型)が来週早期に、国内で部分的に開始される。そして各州の当局では、一般市民に対して、さらにワクチンが入手されるまで辛抱強く待つように言っている。
 わずか60万投与量の鼻腔スプレー型フリューミストが21州と4箇所の大都市に6日まで配布される。週の広範にはさらに少量が他の州へ配布される。
 多くの州では、この少量のワクチンを保健医療関係者に接種する予定となっている。
 シカゴでは消防士達も最初のワクチンを接種する。
 アラスカでは4000回投与分のワクチンを2~4歳の就学前の子供達に接種する。.
 そしてペンシルバニアでは、58000投与分のフリューミストを、5~9歳の子供達を中心に接種する。ペンシルバニアでは、学童が最も感染率が高い。そして10歳以下の子供達は2回接種が必要となっている。
 少ないワクチン量と、最初に配布されたワクチンが、健康な2~49歳の人々を対象にしたフリューミストであることに、多くの関係者は驚いている。
 CDCのアン・シュチャット博士は、今、実際にワクチンの配布が始まったばかりであり、今後継続的配布される、と語っている。

Texas shifts guidance for first swine flu defense  WFAA  (米国) テキサス州、ブタインフルワクチン接種基準を変更
 9月30日まで、H1N1ブタインフルエンザワクチンの優先度は、患者に接する保健医療担当者、妊婦、乳児と生活する保護者(6ヶ月以内)、6ヶ月から24歳までの年齢層、および重大な健康的問題を抱えている人々であった。
 しかしこのリストはテキサス州で1日変更された。現在、テキサス州の23万7千接種量のワクチンは、2~3歳の小児を対象にされた。
 この変更は以下の理由なる。入院の20%が4歳までの小児で、52%が5~24歳までの年齢層となっていることである。
 最初に届いた限られた量を誰に接種するかを考慮したテキサス州では、もっとも感染に対してハイリスクである層に接種することを決定した。医師達の意見では、2~3歳の子供達は感染すると急速に呼吸状態が悪化しやすいということから、この年齢層が選ばれた。
 「5歳以下の小児、特に3歳以下は上気道感染症に罹患するともっとも呼吸状態が悪くなりやすい」、と小児科医は説明している。
Hospitals to restrict younger visitors due to flu  Springfield News Sun (米国) 子供達の病院訪問を制限
 スプリングフィールド・メディカルセンターは、H1N1および季節性インフルエンザ流行が終息するまで、14歳以下の子供達の病院への患者訪問を、10月1日より禁止した。
 またインフルエンザ様症状を呈する人々の出入りも禁止された。
 一方、スプリングフィールドの高齢者施設では、高齢者にとってはブタインフルエンザは危険ではないので、子供達の出入りは制限しない。ただインフルエンザ様症状を呈する人は、出入りが禁止される。

Seasonal flu vaccine delayed for some US providers  The State (米国) 米国、季節性インフルエンザワクチンの配布が遅れる
 委託契約を結んでいる大手ワクチンメーカーからの季節性インフルエンザワクチンの配布が遅れている。
 サノフィ・パスツール社は5000万接種量を出荷したが、残りは11月になると話している。ノバルティス社とグラクソスミスクライン社は出荷量を10%減量としている。ブタインフルエンザワクチン製造による影響であるが、米国内では季節性インフルエンザワクチン接種に影響が出始めている。
10月1日


Poll: Many Americans on the fence about swine flu vaccine  Tampabay.com(アメリカ) 世論調査: 多くのアメリカ人たちが豚インフルエンザに対して態度をはっきりさせていない
 アメリカ人たちは豚インフルエンザについてどれくらい関心があるのだろうか?明らかに、ワクチンを受けるのに十分な 関心ではないとコンシューマーレポート誌が行った新しい世論調査で分かった。
 アメリカ人の43パーセントがH1N1豚インフルエンザワクチンに対してはっきりした立場を示していない。34パーセントはワクチン接種を計画しており、保護者たちの35パーセントが子供たちには必ずワクチン接種を受けさせると答えた。
 これはほとんど全員(特に妊婦、慢性疾患保持者、医療関係者、救急救命士や6ヶ月以上の子供たち)がワクチン接種を受けることを推奨している連邦保険当局からすればよい数値ではない。
 コンシューマーレポート世論調査は9月2日―7日に行われた。同誌は回答者たちに豚インフルエンザワクチン接種とイ ンフルエンザシーズンに対しての不安についてたずねた。

 そのほかに分かったこと

・保護者たちの43パーセントは子供たちが豚インフルエンザに感染することをそれほど心配しすぎてはいないと答えた。
・保護者たちの44パーセントは、他の保護者たちがあまりにも心配しすぎているとの危惧をあらわした。
・保護者たちの50パーセントは子供たちにワクチン接種を受けさせるかどうかの決定を保留していると答えた。
・14パーセントが子供たちにはワクチン接種を受けさせないとはっきり答えた。TA
Swine flu found in Irish pig herd Ireland On-Line(アイルランド) アイルランドの養豚場で豚インフルエンザ感染を確認
 アイルランドの養豚場で豚インフルエンザ感染が確認されたと農業省が明らかにした。同省はこの養豚場での豚インフルエンザ流行に関して消費者が心配することはないと発表した。養豚場の場所は明らかにされていない。
 症状は軽症で、この流行は養豚産業にはあまり衝撃を与えないだろうとも発表している。食の安全にもなんら脅威を与えることは無い。
 今回の流行の考えうる感染源は感染した人間だということだ。TA
Local Child Dies From Swine Flu WTVC  (米国) ノースジョージアで小児がブタインフルで死亡
 フイットフィールド(Whitfield)郡で7歳の少女が、今朝H1N1ウイルス感染で死亡したことが、ノースジョージア保健局から発表された。
 小児は何も基礎疾患は保有していなかったとされる。
 保健局ではH1N1感染だけで死亡するのは非常に希であると説明している。ほとんどの例は回復して何等問題は生じないと付け加えている。
 また保健局では、症状がでたからと言ってすぐに医師の元へ駆けつけないように注意している。他の人々へ感染させないように必ず電話するようにと言っている。
H1N1 Cases On The Rise As Flu Season Begins CBS 11 (米国) インフルエンザシーズンの到来で、H1N1ウイルス感染者が増加
 シカゴ、インフルエンザシーズンは始まったばかりであるが、CDCの発表ではこれまで49人の子供達が死亡している。
 ワクチン接種を受けることが重要であり、医師にワクチン接種のスケジュールを確認して予約をいれることが重要だと当局では言っている。CDCではワクチンは十分量用意されると言っている。

Virginia's first swine flu vaccines on the way WSLS.com (米国) バージニア州で初のブタインフルワクチンが接種開始に
 2,3日中に、保健医療担当者と緊急業務担当者用のワクチン接種が始まる。
 このワクチンは鼻腔スプレー式ワクチンで、弱毒化したウイルスを使った生ワクチンで、2歳から49歳までの基礎疾患のない人々を対象としている。
 妊婦やハイリスク者用の注射用ワクチンは、2週間以内に接種可能となる。
No link seen between seasonal flu shots and severe swine flu cases ... Coast Reporter (カナダ) 季節性インフルエンザワクチン接種と重症ブタインフルエンザとの間には関連性はない
 最近、カナダの研究者チームが、昨年季節性インフルエンザ接種を受けていた人々は、今年のブタインフルエンザの罹患率が倍になっていると発表したが(未公開)、カナダ保健省ではワクチン接種者とブタインフルエンザ重症者との間には、何等相関性は無いとの予備的調査結果を発表した。
 先の研究結果により、カナダ内の多くの地域では、季節性インフルエンザの接種を遅らせている。ただ高齢者はブタインフルエンザに感染しづらいことから、10月から接種される。
Many swine flu deaths linked with second infection Global  (米国) 多くのブタインフルでの死亡には二次的細菌感染症が合併している
 米国でブタインフルエンザで死亡した患者の多くは、細菌感染症を合併していたことが、30日、保健当局者から発表された。
 死亡した77人の調査研究から29%がいわゆる細菌感染症を合併していたことが、米国CDCが発表した。その中の半数はワクチンで予防可能な肺炎球菌であった。
 インフルエンザにより重症の合併症を起こしやすい高齢者の人々は、インフルエンザワクチンを接種する際に、肺炎球菌ワクチンの接種も受けることが出来るか確認したほうが良いと、CDCでは言っている。
 CDCの研究チームでは、当初、重症者や死者が二次的細菌感染症を起こしていることに気づかれていなかったことに注目している。
 通常の臨床検査ではこれらの続発的細菌感染症を検出出来ないと、CDCチームでは言っている。
 
 *元来、生じている肺炎が、細菌性かウイルス性かの鑑別はレントゲンでも、検査でも難しい。気道中に細菌が存在するか等の検査が行われるが、そこで検出される菌と実際に関与している菌の一致率は低い。今回のCDCの研究発表は、剖検材料、または死後に得られた組織から肺に感染していた細菌を同定ぢたものと思う(管理人)。肺炎球菌ワクチンの接種、および早期から細菌性肺炎の合併を疑った治療が必要なことを示唆している。
TOP