十和田湖における白鳥鳥インフルに関する国内情報
危機管理対策上の緊急情報として、ここに掲載していますが、問題ありと考えられる場合はメールで指摘してください。即削除します。 メール
7月2日

鳥インフルエンザ調査は「全国で」 環境省 MSN産経ニュース
 北海道、青森、秋田県でハクチョウの死骸(しがい)から強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は1日、専門家による作業部会を開き、これまで西日本で実施してきた野鳥の調査を、今秋から全都道府県に拡大する方針を決めた。
 環境省は毎年、西日本の22府県で野鳥のふんを採取してウイルスの保有状況を調べてきた。しかし調査対象外の北海道、東北で発生したことを受け範囲の拡大を決定。調査期間も、これまでの11月から3月までだったのを、10月から5月までの8カ月間に拡大する。
 作業部会では、十和田湖の青森県側で見つかったハクチョウのウイルスも北海道や秋田とほぼ同一で、渡り鳥のカモが国内にウイルスを持ち込んだ可能性があり、人間が感染拡大に関与した可能性は低いとの見解が示された。

6月6日

野付半島などの野鳥すべて陰性 鳥インフル(06/06 00:20) 北海道新聞
 環境省は五日、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染したオオハクチョウの死骸(しがい)が見つかった野付半島(根室管内別海町)とサロマ湖(網走管内佐呂間町)で、五月に捕獲した野鳥約二百羽のウイルス保有検査がすべて陰性だったと発表した。
 これで同省が道内で行ったウイルス感染調査は終了。渡り鳥はほぼロシアなどへ北上し終えており、同省は「感染拡大の恐れはほとんどない」(野生生物課)と判断。監視体制も近く、縮小する方針だ。

5月27日


鳥インフルは単発的感染 専門家会合が結論 東京新聞 
 東北と北海道でハクチョウの死骸から強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、感染経路調査のために発足した環境省の専門家会合は29日、感染は「局所的、単発的に起きたもので、今後広がるとは考えにくい」との見解で一致した。
 動物衛生研究所(茨城県つくば市)などによる調査で、これらのハクチョウから検出されたウイルスは、韓国のウイルスとほぼ同一であることが分かっており、韓国からの侵入が疑われているが、具体的な経路は不明。
 ハクチョウの感染は、十和田湖畔では青森・秋田両県側で複数見つかり、北海道では野付半島とサロマ湖で1羽ずつ発見された。このため専門家会合は、十和田湖では限定的にウイルスが広がった可能性があるが、北海道のハクチョウは他の地域で感染し、渡りの途中で力尽きた可能性が高いとの見解で一致した。
 今後の対策については、環境省が毎年実施している野鳥の感染調査の対象を広げ、死んだ鳥も加えることを決めた。

*具体的な経路が不明とのこと。いつも、この専門家委員会はこうだ…。

5月26日

環境省、自治体に対応指針・鳥インフル感染疑いの野鳥発見時 日本経済新聞
 環境省は、強毒性の鳥インフルエンザへの感染が疑われる野鳥が発見されたときの、都道府県担当者の具体的な対応を定めた新しいマニュアル作りに乗り出す。4月以降に秋田県などでハクチョウからウイルスが検出された際の対応の反省点などを踏まえ、新たに設置する作業部会で専門家がウイルス検査手法などの改善点を議論。今夏をめどにまとめ、都道府県に配布する。
 同省ではすでに2005年11月、都道府県の担当者向けにマニュアルを作成している。ただ鶏で発生した後の野鳥への感染防止に重点を置いており、今回のように最初に野鳥で見つかったときの規定が十分ではなかったという。

*お! やっと作成。 

5月24日

鳥インフル:十和田湖畔「風評怖い」 観光客がキャンセル
 秋田、青森両県にまたがる十和田湖畔のハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、観光シーズンに入った湖周辺のホテルなどでキャンセルが相次いでいる。「(湖の)魚も危ない」など根拠のない風評も広がっており、青森県十和田市の市観光協会は「風評被害が怖い。正しい情報を発信したい」と弱り果てている。
 ホテル経営者らによると、キャンセルが出始めたのは、秋田県側で見つかったハクチョウが強毒性のウイルスに感染していると分かった4月下旬から。日に3、4件はある修学旅行などの団体客が大幅に減り、宿泊客から「鶏肉を出さないで」「十和田湖の魚も怖い」と言われてメニューを変更したホテルもある。
 湖畔の「乙女の像」近くにあるホテル「十和田湖温泉」は、ねぶたの季節の8月までキャンセルが相次ぎ、担当者は「これからいい時期なのに」と困惑する。「十和田湖グリーンホテル」は客が例年の半分以下に減った。土産物店の女性(65)は「ゴールデンウイークからずっと静か。十和田湖はもうダメなのかと思ったりする」と肩を落とした。
 「魚も危ない」との風評を聞いた十和田湖増殖漁協は急きょ「魚には感染しない」と知らせるチラシを取引先のホテルや飲食店などに配った。小林義美組合長(65)は「湖でとれるヒメマスは4月20日に解禁になったばかり。売れないと大打撃だ」と危機感を募らせている。


5月23日

青森の鳥インフルも強毒性 県、当初検査せず 河北新報 
 青森県は22日、十和田市の十和田湖畔で4月から5月にかけて見つかったオオハクチョウ2羽の死骸(しがい)から、強毒性のH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。東北では4月に秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸から、H5N1型ウイルスが検出されている。
 検査は環境省の要請で鳥取大が実施した。秋田のハクチョウのH5N1型ウイルスが、韓国の家禽(かきん)から検出されたウイルスと遺伝子レベルでほぼ同一だったことから、鳥取大は引き続き2羽のウイルスの遺伝子を分析する。
 1羽は4月18日に衰弱した状態で保護され、2日後に死亡。青森県は死骸の保存状態などを理由に環境省の要請まで検査をしなかった。5月8日に死骸で発見されたもう1羽は簡易検査で陰性で、詳しい検査はしていなかった。今回、新たにH5N1型ウイルスが検出されたことで、県の対応に批判が出そうだ。
 県庁で記者会見した県環境生活部の名古屋淳次長は「いずれも集団死ではなく、ウイルス感染を疑うケースではなかった」と釈明した。死骸などに触れた程度では人に感染しないとされ、2羽に接触した県職員ら計11人の健康状態にも異常はなかったという。
 このほか、県は佐井村で18日に見つかったオオハクチョウの死骸の検体を、26日に鳥取大へ送る。簡易検査では陰性だったが、環境省の要請があり、さらに詳しく検査する。
 秋田に続き、青森側の十和田湖畔でもハクチョウからウイルスが検出され、地元では不安の声も。湖畔で土産物店を経営する男性(71)は「観光シーズンなので風評被害が心配だ」と言い、十和田市の養鶏業男性(57)は「これまでの感染防止策を徹底させるしかない」と困惑の表情を見せた。
 青森県は秋田県でのウイルス検出後、100羽以上を飼育する養鶏場の緊急消毒を実施した。22日現在、210施設のうち116施設の消毒を終えている。

◎秋田の水田7羽は陰性

 秋田県は22日、3種町の水田で今月中旬に衰弱したオオハクチョウ7羽を捕獲、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査をした結果、いずれも陰性だったと明らかにした。捕獲後に死んだ7羽は県中央家畜保健衛生所で保管している。死骸(しがい)は26日、環境省による検査のため検査機関の鳥取大に送る。
 県は「7羽すべて陰性だったことや、周囲で鳥インフルエンザの発生がなかったことから、簡易検査だけで問題ないと判断した」と話している。

◎比内地鶏大量死 培養検査も陰性

 北秋田市の2戸の養鶏農家で大量死した比内地鶏のひなについて、秋田県は22日、ウイルス培養検査の結果、鳥インフルエンザウイルスは陰性だったと発表した。
 死因はウイルス性の鶏脳脊髄(せきずい)炎とみられる。鶏のひなにまれに発生する病気で、2007年1月に隣接する大館市で発生している。
 2戸の養鶏農家では21日現在、同じ素びな供給施設から仕入れたひな計約1600羽のうち、約900羽の死亡が確認された。供給施設の鶏に外部から感染したとみられるが、詳しい経路は不明。

初の鳥インフル 農家不安 読売新聞 

 十和田湖畔の県側で4月と5月に発見されたオオハクチョウ2羽から、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された。県内でウイルスが見つかったのは初めて。養鶏農家からは不安の声が上がっているが、県は「すでに十分な態勢を取っている」(環境生活部)として、追加措置は行わない。

 強毒性ウイルスが検出されたのは、4月18日に同湖畔のホテル敷地内で衰弱した状態で発見された1羽と、約7キロ・メートル離れた子ノ口橋の下で5月8日に死骸(しがい)で発見された1羽。4月に発見された1羽は、「保存状態が悪くて検査できない」と県が判断し、簡易検査は行わず、子ノ口の1羽は簡易検査で陰性だった。

 しかし、環境省が同湖周辺の白鳥のデータを収集するため、鳥取大学鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターに2羽の検査を依頼。22日午前に強毒性の「H5N1型」が検出された。同センターは遺伝子を解析し、すでにH5N1型ウイルスが確認された秋田県小坂町や北海道サロマ湖畔などのオオハクチョウとの関連を調べる。

 22日に県庁で記者会見を開いた県環境生活部の名古屋淳次長は、「(県側で)オオハクチョウが感染して発見されたことは重く受け止めている」としつつ、「すでに万全の態勢を取っており、県側で見つかったからといって新たな対応はない」と述べた。餌付け禁止などの予防措置は「感染経路が判明しておらず根拠がない」として、当面は実施しない方針。

 また、5月18日に佐井村で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)は、環境省の要請により、鳥取大で詳しく調査する。

 強毒性のウイルスが検出されたことを受けて、県が22日に開いた庁内の情報連絡会議で、県の簡易検査では「陰性」と判定された点が取り上げられた。鳴海勇蔵・県農林水産部長は、秋田県小坂町のオオハクチョウも強毒性ウイルスが検出されたが、簡易検査の段階では陰性だったとして、「簡易検査の位置づけをどうすれば良いか、国に提言したい」と述べた。

 県内で強毒性の鳥インフルエンザウイルスが確認され、養鶏業者から不安の声が上がった。

 東北町で約300羽を飼育する農場では、5月上旬に約200キロ・グラムの消石灰を鶏舎2棟の周囲にまいたばかり。男性職員(48)は「(秋田県で確認されて)すぐに消石灰を散布したが、これ以上は対策のとりようがない。感染が広がらないといいんだが」と不安そうに話していた。

 南部町で約1万3000羽を飼育する養鶏業者の男性(77)は、敷地内にロープを張り、部外者の鶏舎への出入りを禁止している。「どこから感染するかわからないので、ずっと神経をピリピリさせている」という。同町の別の養鶏業の男性は、「来年もハクチョウが飛来するのだろうが、餌付けをしている人はやめてもらいたい」と困り果てた様子で話していた。

比内地鶏 ヒナ大量死は脊髄炎 読売新聞
 北秋田市の養鶏農家2軒で比内地鶏のヒナが大量に死亡した問題で、県は22日、検査の結果、ヒナの死因を鶏脳脊髄(せきずい)炎と断定した。ウイルス感染で起きる病気で、21日午後9時現在、死んだヒナは2軒で計953羽に上っているが、人には感染せず、他の農場への影響はないとしている。鳥インフルエンザウイルスについては、簡易検査に続いてウイルス培養検査でも陰性だった。
 県によると、衰弱していたヒナと死亡したヒナ計16羽を解剖して検査したところ、16羽すべての神経細胞に鶏脳脊髄炎の特徴があった。また、歩行異常や脚のマヒ、頭の震えといった特有の症状もみられたという。2軒の農家にヒナを出荷した同市内のヒナの生産業者の親鶏が何らかの原因で感染し、卵から孵化(ふか)したヒナから他のヒナに広がったらしい。
 鶏脳脊髄炎は致死率が50%を超えるケースがあり、成鶏に感染すると一時的に産卵率が低下することもあるが、多くは発症しないという。県内では昨年1月、大館市の比内地鶏の養鶏農家でヒナ78羽が死んでいる。

■衰弱したハクチョウ鳥インフル感染なし

 県は22日、三種町の水田2か所で12、15の両日に見つかった衰弱したオオハクチョウ計7羽を安楽死させて簡易検査をした結果、鳥インフルエンザウイルスの感染はないと断定した。鳥取大がデータ収集用にウイルス培養検査を行うため26日に同大に検体を送る。

■十和田湖の野鳥も

 小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)などから強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は22日、5月5〜8日にかけて十和田湖畔で捕獲したオオハクチョウ以外の野鳥28種101羽から、同ウイルスは確認されなかったと発表した。


5月22日


鳥インフル:十和田湖のオオハクチョウ2羽からH5N1型 毎日新聞
 青森県は22日、同県の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウ2羽の死骸(しがい)から強毒性「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。うち1羽は県の簡易検査で「陰性」とされ、鳴海勇蔵・県農林水産部長は「国が自治体に求めた簡易検査では異なる結果が出てしまう。検査方法を国に提言したい」と話した。
 県によると、1羽は4月18日に衰弱した状態で発見され、2日後に死んだ。別の1羽は今月8日に死骸が見つかり、簡易検査で陰性の結果が出た。県は冷凍保存していた2羽を、環境省の求めに応じて13日に提出。鳥取大が検査していた。
 環境省によると、強毒性ウイルスが検出された野鳥は、04年に京都府・大阪府のカラス9羽、07年に熊本県のクマタカ1羽、今年4月に秋田県、5月に北海道のオオハクチョウ計5羽がいる。

 また同省は22日、北海道ウトナイ湖で4月17〜30日に見つかったオオハクチョウの死骸3羽からは、強毒性ウイルスは検出されなかったと発表した。さらに、秋田県三種町で今月12日と15日に計7羽、青森県佐井村で同18日に1羽、衰弱したオオハクチョウや死骸が見つかったと発表。簡易検査で強毒性は陰性だったが、近く鳥取大にウイルス検査を依頼する。


*要するにずさんな検査体制ということだろうか。今後、さらに見つかる可能性がある。

強毒性鳥インフル、ハクチョウ2羽から検出・十和田湖 日本経済新聞 
 環境省は22日、青森県十和田市の十和田湖畔で収容したハクチョウ2羽から強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今回の2例を合わせ、今年に入って5例目。

 ウイルスが検出されたのは、4月18日と5月8日に見つかった2羽。秋田県や北海道で鳥インフルの検出が相次いだことを受け、同省が5月13日に鳥取大に検査を依頼していた。

 鳥取大の伊藤寿啓教授は「国内のハクチョウはすでにほとんどシベリアに帰っており、これからウイルスが広がるとは考えられない」とみる。ただ韓国で依然としてウイルスの大流行が続いていることから、養鶏業者などには警戒を呼びかけている。

青森側でも強毒性ウイルス 東奥日報
 青森県は22日、十和田湖畔の同県側で先月と今月、衰弱・死亡した状態で見つかったハクチョウ2羽から、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
 国内では4−5月にかけ十和田湖畔の秋田県側や北海道で見つかったハクチョウの死骸から同型のウイルスが検出され、いずれも韓国の家禽から検出されたものと遺伝子レベルで近いことがすでに判明。環境省は今後、青森県で検出されたウイルスも遺伝子分析し、関連性を調べる。
 青森県によると、4月18日、十和田湖畔南側にあるホテルの敷地で衰弱したハクチョウを発見。2日後に死んだため同県平内町の鳥獣保護センターに冷凍保存した。ウイルス検査はしていなかった。今月8日に湖畔北部でも1羽の死骸が見つかったが、県の簡易検査では陰性だった。

2008/05/22-19:32 青森でも強毒ウイルス=ハクチョウ2羽から−鳥インフル 時事通信 
 環境省は22日、青森県十和田湖畔で4月18日と5月8日に回収されたオオハクチョウから、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今年に入ってから、秋田県十和田湖畔、北海道野付半島、同サロマ湖畔でも、オオハクチョウが同型のウイルスに感染しているのが明らかになっている。
 同省は、今回検出されたウイルスの遺伝子分析を鳥取大学に依頼。北海道と秋田県で検出されたウイルスとの関連を調べ、感染経路の特定につなげる。さらに青森県と連携して、鳥の大量死などの異常がないか引き続き監視を行う。

5月21日

地鶏100羽超死ぬ 北秋田・2養鶏場 河北新報 
 北秋田市の2軒の養鶏農家で比内地鶏のひな計100羽以上が死んだことが20日、分かった。秋田県中央家畜保健衛生所による鳥インフルエンザウイルスの簡易検査は陰性だった。県によると、2軒は9日、県北の素びな供給施設から、生まれたばかりのひな計約1600羽を仕入れた。20日までに1軒で約90羽、もう1軒約15羽が死んだ。
 保健衛生所は国の防疫指針に基づき、簡易検査した検体について、ウイルスの培養検査を行っている。鳥インフルエンザウイルスかどうかは22日にも判明する。
 県は「鳥インフルエンザウイルスに感染した可能性は低い」(農畜産振興課)と説明。ひなは抵抗力が弱いため、別の細菌に感染した可能性なども含め原因の特定を急いでいる。
 オオハクチョウから強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出された秋田県小坂町の十和田湖畔から両農家までは60キロ以上離れているという。

比内地鶏ヒナ103羽死ぬ 読売新聞
 北秋田市の養鶏農家2軒で比内地鶏のヒナ計103羽が死んでいたことがわかった。19日に地元農協から県に連絡があり、県北部家畜保健衛生所がこの2軒を立ち入り検査して確認した。県は19、20日、衰弱していた10羽について、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査や遺伝子検査を行ったが、陰性だった。県は2軒に対し、ほかの鶏の移動自粛を要請した。
 県農畜産振興課によると、養鶏農家2軒はいずれも9日、同市内の同じヒナ生産業者から生まれたばかりのヒナを仕入れた。1軒は、仕入れたヒナ600羽のうち、19日までに60羽、20日に28羽死んでいるのが確認された。もともと飼っていた6800羽に異常はなかった。もう1軒は、仕入れたヒナ1010羽のうち、19日までに10羽、20日に5羽死んでいるのが判明した。
 県は20日、ヒナ生産業者を立ち入り検査したが、異常はなかった。
 県は、国が定めた防疫マニュアルに従い、簡易検査したのと同じ10羽の検体を使って、ウイルスの培養検査も行っており、22日には鳥インフルエンザウイルスの感染の有無が、25日までには死因が判明する見通し。
 同課の担当者は「鳥インフルエンザに感染した場合は急速に死ぬ数が増えるが、その気配はない。検査も陰性で、鳥インフルエンザの可能性は低いと思う。他のウイルスや細菌感染の有無を含めて調べていきたい」としている。

5月20日

比内地鶏のひな70羽死ぬ 鳥インフル簡易検査は陰性 MSN産経ニュース
 秋田県北秋田市の2カ所の養鶏場で、比内地鶏のひな計70羽が死んでいたことが20日までに分かった。県中央家畜保健衛生所による鳥インフルエンザウイルスの簡易検査は陰性で、県農畜産振興課は「ひなは弱く、細菌などで死ぬことがある。鳥インフルエンザウイルス以外の可能性が高いのではないか」と話している。
 県によると、死んでいたのは生後10日のひなで、19日朝に死んでいるのが見つかった。いずれも9日に北秋田市内の同じ生産業者から仕入れていた。ほかに230羽弱っているひながいたという。

 同保健衛生所はウイルスの培養検査を行っており、鳥インフルエンザウイルスであるかは22日夕に判明する予定。

5月18日

鳥インフルエンザ 近隣国と連携急務 感染ルート解明が鍵(05/18 07:29) 北海道新聞 
 海道と秋田県でオオハクチョウの死骸(しがい)から見つかった鳥インフルエンザウイルスの遺伝子がほぼ同じだったことが専門家の小委員会で分かり、原因究明に一歩前進した。初めて北日本に広がった感染の経緯を調べ、再発を防ぐには、野鳥の行動やウイルスについて近隣諸国との緊密な情報交換が急務だ。

 農林水産省の家禽(かきん)疾病小委員会の喜田宏委員長(北大人獣共通感染症リサーチセンター長)によると、根室管内別海町、網走管内佐呂間町、秋田県十和田湖畔で検出されたH5N1型ウイルスの遺伝子配列がほぼ一致。オオハクチョウが同じ場所で同じウイルスに感染し、ロシアに渡る途中に十和田湖畔で死んだ個体と、道内まで北上して力尽きた個体に分かれたとみられる。

 同型ウイルスは昨年一月にも宮崎県でも確認されたが、遺伝子配列が異なることから、今回のウイルスは国外から持ち込まれた可能性が高いという。

 鳥インフルエンザはヒトにも感染し、これまで二百四十一人が死亡。日本は五十五カ国・地域に対しニワトリなど家禽の輸入を停止している。喜田委員長はニワトリの殺処分を徹底せずワクチン投与している中国やインドネシアなどから感染拡大しているとみる。ワクチンではウイルス排出を止められず、遺伝子変異でさらに強力なウイルスができるリスクが高いからだ。

 ただ、ウイルスがどのように海を渡り日本に持ち込まれたかは未解明だ。大陸と日本を往来するカモ類などの関与を疑う専門家は多いが、例えば鳥インフルエンザが猛威を振るう韓国との往来についての知見は意外に少ないのが現実。韓国とは近くウイルス遺伝子の情報交換が行われる予定だが、最近の発生国である中国やロシアとはそうしたパイプがまだない。

 アジアの二十カ国・地域が参加し、四月に東京で開かれた鳥インフルエンザ対策の国際会議では専門家グループの組織化を確認、国際的な連携体制ができつつあるが、日本野鳥の会自然保護室の金井裕主任研究員は「近隣国との間で、野鳥の往来や養鶏場への出入りなどについて、より緊密な情報交換を急ぐべきだ」と提言している。

5月17日

鳥インフルエンザ:感染予防で県内全養鶏場に消毒用消石灰 /兵庫 毎日新聞 -
 秋田県と北海道の野鳥から強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出された問題で、県は16日、県内では同型のウイルスは検出されず、検査が必要な5羽以上の野鳥の大量死や連続死も報告がないと発表した。県は予防のため16日から県内すべての養鶏農場(323カ所)に消毒用の消石灰(計302トン)を配る。
 県議会の農林水産委員会で報告された。県は先月10〜30日に県内の全養鶏農場を巡回して監視指導を実施した結果、異常はなかったという。また、ペットとして鶏を扱う個人や学校には自主的な消毒を呼びかけている。

宮城で一斉消毒始まる 鳥インフル予防 河北新報 
秋田県小坂町の十和田湖畔などで、死んだハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、宮城県は16日、予防措置として県内養鶏場の一斉消毒を始めた。
 家畜伝染病予防法に基づいて行われ、原則として1000羽以上を飼育する養鶏場が対象。自主的に実施する養鶏場を除いた161カ所で、今月末まで作業が行われる
 採卵鶏4万4000羽を飼育する加美町の養鶏場では、午前10時ごろから防護服を着用した県職員と養鶏場職員が消毒作業を開始。9棟の鶏舎の周囲と敷地の境界に、消毒効果のある消石灰約2トンを散布した。
 養鶏業者の間では、渡り鳥の北帰行が終わった後も鳥インフルエンザに対する警戒感は続いており、養鶏場を経営する三浦順夫社長は「徹底して予防に取り組んでいきたい」と話していた。

鳥インフル発生予防の緊急消毒 岡山県  MSN産経ニュース 
 秋田県・十和田湖畔や北海道・野付半島で見つかったハクチョウの死骸(しがい)から強毒性のH5N1型のウイルスが検出されたことを受けて、岡山県は16日、鳥インフルエンザの発生防止策として、県内の養鶏場への消毒薬(消石灰)の無料配布と場内の消毒を始めた。31日までに計1万2660袋(1袋20キロ入り)を配布し、予防に役立ててもらう。
 農水省の通知による家畜伝染病予防法に基づいての措置。県内では203養鶏農家らが約1000万羽のニワトリを飼育している。消毒薬は国の負担によって県が購入し、全農岡山県本部を通じて配布し、各養鶏農家が施設周辺などに散布。県職員が養鶏場を巡回して消毒の実施状況を確認する。
 初日は、新見市の石灰工業から搬入した消毒薬573袋を高梁市と赤磐市の養鶏場に配布。養鶏農家の人らが鶏舎の周囲を約1メートル幅にわたって散布したほか、養鶏場の外縁部などでも消毒作業を行った。  岡山県では昨年1月、高梁市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。当時は養鶏場からの早期通報と、その後の防疫作業が奏功。感染拡大を最小限に防ぐことができ、鳥インフルエンザ対策の「モデルケース」として国から高い評価を得た。


5月16日

通報や相談相次ぐ 鳥インフルで県、過剰反応に困惑気味 徳島新聞 
 秋田県や北海道で越冬中のハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、徳島県内の家畜保健衛生所や保健所に住民から問い合わせが相次いでいる。大半は身近で見かけた野鳥の死骸へのウイルス感染を心配する内容。県では、ハクチョウが県内で越冬することはほとんどないとして、過剰反応しないよう呼び掛けている。
 県畜産課によると、県内四カ所の家畜保健衛生所(支所含む)に寄せられた問い合わせは、四月が七件だったのに対し、五月は十二日現在で三十件に上った。ほとんどが「カラスが死んでいるが、感染の恐れはないのか」「不安なので死骸を処分して」などと、鳥インフルエンザを心配するものだった。
 県内の六保健所にも十四日までに四十件の問い合わせがあり、徳島保健所は五月だけで三十件と殺到した。
 県は「越冬するハクチョウはこの時期、生息地のシベリア地方や中国東北部に戻るため、県内に飛来することはない」として、ハクチョウを介して野鳥にウイルスが感染するケースは極めて少ないなどと説明。その上で、大量死や同じ場所で続けて死骸が見つかった場合は早急に連絡するよう求めている。
 また、鳥類の引き取りは原則行っていないため、死骸は素手で触らないようにビニール袋に入れ、一般廃棄物としてごみ収集に出すようアドバイスしている。
 県畜産課は「身近な問題として不安が広がっているようだが、冷静に対処してほしい」としている。

秋田・鳥インフルエンザ感染  読売新聞 
 秋田県で発生した白鳥の鳥インフルエンザ感染を受け、100羽以上の鶏を飼育する県内206か所の養鶏場で15日、県の指示に基づく消石灰による一斉消毒が始まった。31日までに終える予定。
 約12万羽を飼育する松山市中野町の「丸山農場」では、県職員の立ち会いで、午前10時から従業員2人が鶏舎の周りにスコップで消石灰を散布した。約1週間かけて鶏舎7棟の消毒を終える。
 有田賢治農場長(45)は「日常的に鶏舎内に塩素の消毒液、外には消石灰をまくなどして衛生管理を徹底している。今後も気を緩めず、高い意識を持ち続けていきたい」と話していた。

5月15日


緊急消毒を指示 府内の養鶏農家に 京都新聞 
 秋田県や北海道で死んだハクチョウから鳥インフルエンザが検出されたことを受け、京都府は15日までに、家畜伝染病予防法に基づき、100羽以上を飼育する府内の養鶏農家116戸に消石灰散布による緊急消毒を実施するよう命令した。
 実施期間は、17日から31日まで。使用する消石灰は約200トン、約700万円に上る見込みで、費用全額を国が負担する。緊急消毒は、宮崎県で鳥インフルエンザが発生した昨年2月以来、約1年3カ月ぶり。 府畜産課は「一般の人も、集団で不自然に死んでいる野鳥などを見つけたら、すぐに連絡してほしい」と呼び掛けている。

*これらの緊急対策は、韓国で史上希にみる鳥インフルの拡大を加味しているものと考えられる。

迅速な防疫態勢を 県が鳥インフル対策会議 中日新聞
 秋田県などで死亡したハクチョウから鳥インフルエンザが確認されたことを踏まえ、県は十四日、県内での発生に備えた態勢確認のため、関係機関を集めた対策会議の幹事会を大津市で開いた。
 県の関係各課、振興局などから約五十人が出席した。国内外での発生状況や県内で鳥インフルエンザが発生した場合の動員態勢を確認。早期の封じ込めに「迅速な防疫や、地域の組織の態勢を点検し、あらゆる事態を想定した対応方法を考えることが大事」と呼び掛けた。
 県内には六十七戸の養鶏農家があり、七十二の農場でニワトリ八十二万羽が飼養されている。県は十九日から、千羽以上の養鶏農家などに消毒用の消石灰を配布し、発生を予防する措置を取る。

鳥インフル消毒薬無料配布 読売新聞
 十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県と県獣医師会など民間4団体は14日、100羽未満の鶏を飼育する小規模養鶏業者など約3900戸に、液体消毒薬の無料配布を始めた。県内全ての鶏舎で消毒が必要と判断した。
 県畜産課によると、100羽以上を飼育する209農場では、すでに消石灰を使った緊急消毒を実施中。費用は国が負担する。
 一方、100羽未満の鶏舎にはこれまで、自発的な消毒を呼び掛けていたが、県獣医師会などの出資に県費を加えて消毒液を無料配布することにした。300ミリ・リットル入りを約4000本用意し、希望者は家畜保健衛生所や農協で入手できるようにする。同課は、「消毒を徹底し、風評被害を最小限に食い止めたい」としている。
鳥インフルエンザ:野鳥へまん延なし 主要渡来地ふん陰性−−環境省  毎日新聞 -
 環境省は14日、秋田、青森両県の十和田湖周辺や北海道野付半島など水鳥の主要渡来地10カ所で、ガン・カモ類の野鳥のふん1173個を集め検査した結果、強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5、H7亜型)は検出されなかったと発表した。
 十和田湖などでオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒型のウイルス(H5N1型)が続けて見つかったのを受け、今月初めに同省職員がふんを採取。国立環境研究所が検査した。その後、10日に強毒型ウイルスが見つかった北海道サロマ湖周辺では、12日にふん100個を集め、現在検査中という。同省は「まだ安心はできないが、少なくとも各地点で鳥インフルエンザがまん延していないことは確認できた」と説明している。
 陰性が確認されたのは大沼▽クッチャロ湖▽濤沸湖▽屈斜路湖▽野付半島▽尾岱沼▽風蓮湖▽厚岸湖▽ウトナイ湖(以上北海道)▽十和田湖(青森、秋田県)。

5月13日


鳥インフル 国内3例、同じ型 道内での感染可能性低い(05/14 01:31) 北海道新聞 
 道内と秋田県で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から確認された強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスがほぼ同一であることが十三日、分かった。同日の農林水産省食料・農業・農村政策審議会家禽(かきん)疾病小委員会で国内外の遺伝子解析の結果を照合した結果、判明した。
 二〇〇四年に山口県などで見つかったH5N1型とは別系統の遺伝子であることも分かった。
 道内、秋田の国内三例の遺伝子がほぼ同一のため、ある特定の場所で汚染されたと推定し、道内での感染の可能性は低いという。国内ではオオハクチョウの大量死がないことから、国外から持ち込まれた可能性が強い。
 小委員長を務める喜田宏北大人獣共通感染症リサーチセンター長は、過去に二度、国内で検出されたウイルスと朝鮮半島のウイルスの遺伝子がほぼ同一であったことなどから、道内のウイルスも「韓国からもたらされた可能性は高い」との見方を示した。

*道内も、秋田県も、見つかった白鳥のH5N1ウイルスは、韓国からきたものである可能性は当初から各自に近かった。疫学手的に分析する限り間違いはない。その韓国のウイルスはベトナム株のようだ。ベトナム、中国からの船にウイルスがついたまま日本の港に入り、そこからやちょうに感染し、その近くの湿地帯等で白鳥に感染したのかも知れない。そうした場所はチェックしているのか?

滋賀の養鶏場72カ所を緊急消毒 県、鳥インフルで方針 京都新聞 -
 秋田県と北海道で野鳥の死骸(しがい)などから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのを受け、滋賀県は13日、ウイルスの侵入防止のため県内の養鶏場72カ所を緊急消毒する方針を明らかにした。
 対象は100羽以上を飼育している養鶏場で、鶏舎や農場敷地の周囲に消石灰をまく。19日から31日にかけて養鶏農家に消石灰を配布して消毒してもらい、県家畜保健衛生所(近江八幡市)の職員が実施状況を点検するという。
 秋田県と北海道では湖畔の白鳥からウイルスが検出されている。嘉田由紀子知事は13日の定例会見で「琵琶湖や多くのため池を抱える滋賀県は水鳥も多い。対応や監視体制をしっかりしていきたい」と述べた。

鳥インフルエンザ:消石灰散布を開始 養鶏場からは不安の声 /佐賀  毎日新聞
 韓国や北海道、東北地方で発生している鳥インフルエンザを予防するための消石灰散布が12日、県内の養鶏場で始まった。【上田泰嗣】 23棟の鶏舎で15万羽のブロイラーを飼育している唐津市南部の養鶏場では、消石灰234袋(1袋20キロ入り)の配布を受けた。 この日は、作業員が鶏舎の周囲や舗装された路面に白い消石灰をまいていた。担当者は「1週間以内に片づけたい。(鳥インフルエンザは)韓国で流行すると日本国内でも発生するパターンになっており、不安な状態が続いている」と話していた。 県畜産課によると、県内約220カ所の養鶏場に計1万袋の消石灰を配布し、それぞれ散布してもらう計画。地域ごとに順次配布を行い、今月中には全県で散布を終わらせたいという。
 アルカリ性の消石灰はウイルスを殺す効果がある。

 鶏舎周囲への散布は、部外者の靴底やネズミなどに付着してウイルスが鶏舎に侵入するのを防ぐのが目的。散布後1カ月ほどは効果が残るという。

鳥インフル予防 養鶏場で緊急消毒始まる 佐賀新聞 
 高病原性鳥インフルエンザが秋田県などで確認された問題を受け、県内の養鶏場で12日、緊急消毒が始まり、養鶏農家らがウイルスを殺す作用のある消石灰を鶏舎周辺に満遍なく散布していった。 消石灰による緊急消毒は、4月以降に秋田県と北海道、韓国南西部でも感染が確認されたため、家畜伝染病予防法に基づく知事命令で実施。県は食用や採卵で鶏を飼育している225カ所の農場すべてに配っている。 このうち約15万羽のブロイラーを飼育する唐津市の農場では、鶏舎の周囲や農場の入り口に、従業員がスコップで消石灰をまいた。専用の散布機も使い、数日中に敷地全体を防護するという。 この農場では、昨年末にも自主的に消石灰をまき、鶏舎入り口では従業員の靴を消毒するなど防疫に努めている。担当者の男性(45)は「手間はかかるが安全のためには必要な作業。感染しないように万全を期したい」と話した。

鳥インフルで環境省が専門家会合「野鳥の監視強化を」  日本経済新聞 
 秋田県や北海道でハクチョウから強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが相次ぎ検出されたことを受け、環境省は12日、感染経路の解明や必要な対策を議論するため専門家による会合を開いた。野鳥のウイルス保有状況の監視体制強化を求める意見などが相次ぎ、同省は調査地域の拡大などの対策を早急にまとめる考えだ。
 環境省は水鳥のフンを採取するなど強毒性ウイルスの保有の有無を監視している。採取は、過去に鳥インフルエンザが多く発生した西日本が中心だったが、会合で「東日本に拡大すべきだ」との意見が出たため、同省は調査地域を見直す。
 感染経路は「カモ類がウイルスを日本に持ち込み、ハクチョウに感染が広がった」との見方が多く出されたが、渡りの経路など未解明部分も多く、一致した結論は出なかった。ウイルスの遺伝子タイプの分析結果などを待ち、改めて議論する。

県内養鶏場の一斉消毒開始 鳥インフル問題 読売新聞 
 韓国や秋田県、北海道で毒性が強いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題を受け、県内でも12日、養鶏場の一斉消毒が始まった。 県が家畜伝染病予防法に基づいて実施。1000羽以上を飼育している170の養鶏場に消毒用石灰計約185トンを配り、今週中に鶏舎の周辺に散布してもらう。
 13棟で22万羽を飼育している日出町藤原の鈴木養鶏場(鈴木明久社長)にはこの日、石灰6トンが届き、従業員ら約20人がマスクや防疫服を着て作業にあたった。13日までに散布を終える予定という。
 同養鶏場は2か月に一度、自主的に散布しており、鈴木社長は「いつウイルスが来るかわからない。できることはすべてやっておきたい」と話していた。
感染調査の対象拡大 鳥インフル 野付半島とサロマ湖 渡り鳥以外も(05/13 00:01) 北海道新聞 
 根室管内別海町や網走管内佐呂間町でオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は十二日、野鳥の専門家を集めた会議を開き、対策を協議した。渡り鳥などの監視強化を確認するとともに、死骸が見つかった野付半島とサロマ湖周辺では、渡り鳥以外の野鳥にもウイルス保有調査を行うことを決めた。
 調査対象や開始時期は未定。同省は「準備が整い次第、実施したい」としている。同省釧路自然環境事務所が回収した事故死などとみられるオオワシ、オジロワシの死骸も国立環境研究所(茨城県つくば市)で詳細なウイルス検査を行う。
 感染ルートをめぐって、専門家からは同じ渡り鳥のカモ類を介した感染の可能性を挙げる声が多く、韓国での感染との関連も指摘された。ただ、現時点では特定できないため、北大などが進めているウイルスの遺伝子解析結果を待って再び議論する。
 同省は過去に鳥インフルエンザウイルスが検出された近畿以西を中心に、ふんを採取するなどして定期的な渡り鳥のウイルス調査を行ってきたが、今秋からは北海道など東日本でも実施することを決めた。
 会議後の記者会見で、金井裕日本野鳥の会主任研究員は「オオハクチョウは北に帰る前に道東に集結する。十和田湖で感染したハクチョウが移動してきた可能性もある」と話した。

養鶏場を緊急消毒県、鳥インフル予防で 読売新聞
 秋田県や北海道で野鳥から強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたことを受け、県は12日、予防のため養鶏農場の緊急消毒を始めた。県教委も各学校に対し、飼育動物の管理徹底などを指示している。
 県畜産振興課によると、消毒は500羽以上を飼養する養鶏農場103か所と、渡り鳥と接触する可能性があるなど県が必要と判断した500羽未満の109か所が対象。5月中に消石灰計288トンを散布する予定で、費用(約1000万円)は国が全額負担するという。
 この日は、20農場に消石灰41・4トンを配布。長門市の深川養鶏農協の農場では、県西部家畜保健衛生所職員2人が立ち会い、農場関係者5人が消石灰を鶏舎周辺などに散布した。
 昨年11月に韓国で鳥インフルエンザが確認されて以降、県は500羽以上の養鶏農場を対象に週1回、死亡羽数の報告を求めている。これまでに異常は見つかっていないが、県内では2004年に阿東町で鳥インフルエンザが発生しているだけに、同課は「万が一がないよう、万全を期したい」としている。
 一方、県教委は文科省が出した野鳥への対応の周知徹底などを求める通知を9日、県立学校や市町教委に送った。▽野鳥になるべく近づかず、死骸(しがい)を発見しても手で触らない▽鳥・動物を飼育する場合、放し飼いにせず、野鳥の進入を防ぐ――などの内容で、「異変が見つかった場合、すぐに報告してほしい」と呼びかけている。

5月12日

鳥インフル緊急消毒 山口 中国新聞 
 強毒性の鳥インフルエンザウイルスH5N1型が秋田県、北海道で相次ぎハクチョウの死骸(しがい)から検出されたのを受け、山口県内の養鶏場は12日、鶏舎や農場の緊急消毒を始めた。知事命令で500羽以上を飼育する103養鶏場すべてが、30日までに実施する。
 長門市の深川養鶏農業協同組合の農場では、作業員5人が鶏舎や農場の周りに消石灰1袋20キロ入りを500袋まいた。県西部家畜保健衛生所の職員2人が立ち会い、効果的に散布したか確認した。消石灰はウイルスを除去する効果があり、靴や小動物などに付着して侵入するのを防ぐ。500羽未満でも、大規模農場の近くやウイルスを運ぶとされる渡り鳥が寄る場所で、家畜防疫員が必要と判断した109農場も対象にする。20キロ入り計1万4400袋を配布する。
東日本でも野鳥監視強化へ 鳥インフル、侵入経路不明  京都新聞 
 秋田県や北海道で見つかったオオハクチョウの死骸から強毒型のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されたことを受け、環境省は12日、野鳥の専門家による会議を開催、今後、野鳥の監視を強化して、これまで西日本が中心だった野鳥の捕獲やふんを採取してのウイルスの調査を東日本にも拡大することを決めた。
 具体的な調査の方法や場所などは今後検討する方針。会議では、国内への侵入ルートについても議論し、カモ類から感染した可能性が指摘されたが、現時点で得られているデータからは結論が出なかった。
 会議は非公開。終了後の記者会見でメンバーの伊藤寿啓鳥取大教授は「韓国で鳥インフルエンザが流行しているので、大陸方面からウイルスが侵入したと予想する」との見方を示した。
佐呂間周辺の3戸異常なし 鳥インフル(05/12 00:58) 北海道新聞 
 網走管内佐呂間町で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出された問題で、道は十一日、死骸の発見場所から半径三十キロ以内にある網走、北見両市と同管内大空町の養鶏場三戸について、飼育する計十八万羽に異常はなかったと発表した。三戸には家畜伝染病予防法に基づき、消毒命令が出され、立ち入り検査が行われていた。
 また上川管内美瑛町で十日夕方、オオハクチョウ一羽の死骸が見つかったが、道の簡易検査で陰性と判明した。

5月11日

佐呂間強毒鳥インフル 感染拡大は低い可能性 12カ所が消毒対象(05/11 00:30) 北海道新聞 
 網走管内佐呂間町で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から十日、強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が確認され、網走管内の養鶏場三戸では、道の消毒命令に基づいて消毒作業が行われた。環境省などは、道内で野鳥の大量死が確認されていないことなどから、「感染が広がる可能性は低い」とみている。
 消毒作業の対象は、死骸の発見場所だったサロマ湖畔から半径三十キロ以内にある三戸十二カ所。このうち一戸では同日午後一時半から、網走家畜保健衛生所(北見)の獣医師や農協職員ら二十六人が白い防疫作業衣に身を包み、鶏舎の周囲に消毒用の消石灰を散布した。
 この養鶏場の男性経営者は、五日に根室管内別海町でH5N1ウイルスが確認された直後とあって、「こういう状況も想定していた」と冷静に語った。
 名産のホタテなどを求め、多くの観光客が集まる佐呂間町の「道の駅サロマ湖」では、担当者が「死骸が見つかった時は不安だったが、訪れる人の数に変化はない。今後も影響は出ないのではないか」と話した。
 今後の感染拡大の可能性について、行政関係者や専門家には否定的な見方が多い。道内に最大時三万−四万羽いるハクチョウは十日現在、三百三十四羽しか確認されていない。伊藤寿啓鳥取大教授(獣医公衆衛生学)は「ハクチョウはほとんどシベリアに帰っており、今後国内でさらに広がる可能性は低い」とみる。道幹部も「今後、散発的に陽性の鳥が出る可能性はあっても、大量死のような事態はないだろう」と予想する。
 感染原因の究明に向け、環境省は十二日、野鳥の専門家を集め、スズメなどの陸鳥まで調査対象を広げるかなどを検討する。
 農林水産省も十三日、食料・農業・農村政策審議会の家きん疾病小委員会を開き、国内外の遺伝子解析の結果を照合しウイルスの系統や感染経路などを究明する作業に着手する。

*散発的に陽性の鳥が出ることと、大量死が起きることの意味の違いは?前者の意味は、少なくともウイルスを保有している野鳥が存在するということで、そこからさらに感染が繰り広げられている可能性があることだ。後者は単に集団で死亡したという事実であり、易感受性ある野鳥集団が感染・発病したということだ。さらにマガモのように感染しても発病しない野鳥は、ウイルスを排出し続ける。

鳥インフル識者:まん延の可能性低い 一方で多種感染危惧する声も 毎日新聞 
 道内で再び強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出された。道によると、オオハクチョウから養鶏や人への感染は確認されていないが、今後はどうか。「ウイルスがまん延する可能性は低い」と冷静な対応を呼びかける識者がいる一方、「他の野生動物への感染」を(危惧、き、ぐ)する声もある。
 京都産業大の大槻公一・鳥インフルエンザ研究センター長は、秋田県小坂町に続き、根室管内別海町と網走管内佐呂間町で(死骸、し、がい)が見つかったオオハクチョウについて、「同じ群れにいて同じウイルスで感染死した」と推測。「その群れも、すでに日本を離れており、感染は拡大しないだろう」とみている。
 一方、鳥インフルエンザに関する著書のある外岡立人・小樽保健所長は「現段階で人への感染は心配ない」と前置きした上で、「ウイルスが野鳥や(家禽、か、きん)へ広がる過程で変異を起こし人に危険なウイルスとなる恐れがある」と指摘。野生動物の調査やペットの放し飼いを禁止する措置の必要性を訴えている。


5月10日


鳥インフルエンザウイルス、サロマ湖も強毒性 読売新聞
 北海道は10日、佐呂間町のサロマ湖畔で死んでいたオオハクチョウから、強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたと発表した。 野鳥からの同型検出は、国内では5件目、渡り鳥では秋田県の十和田湖畔と北海道の野付半島に次いで3件目。鶏や野鳥の大量死、死骸(しがい)を回収した職員への健康被害などは確認されていない。 道は10日午後、家畜伝染病予防法に基づき、発見現場から半径30キロ以内の養鶏場3戸(約18万羽)への立ち入り検査を行う。 環境省や道は、3件の関連性を調べるため、北海道大人獣共通感染症リサーチセンターにウイルスの遺伝子分析を依頼している。
 サロマ湖は野付半島から約130キロ離れている。

鳥インフル:地元に衝撃広がる  毎日新聞
 道内2例目となる強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)検出を受け、感染したオオハクチョウの(死骸、し、がい)が見つかったサロマ湖(網走管内佐呂間町)周辺の養鶏業者などには風評被害や感染拡大を懸念する声が広がった。道は10日午前、「高病原性鳥インフルエンザ連絡会議」を緊急開催し、養鶏場のほか、鶏やアヒルなどを飼育する学校や公園の衛生管理も徹底するなど感染拡大の阻止に取り組むことを確認した。 道の網走家畜保健衛生所は同日、死骸の発見現場から30キロ以内にある養鶏場3戸に対し立ち入り検査を実施し、消毒命令を出した。うち1戸には午前11時45分、消石灰100袋(1袋20キロ)を積んだトラックが到着。午後に消石灰を散布し鶏舎周辺を消毒する。経営者は「養鶏のプロとして鳥インフルエンザは絶対、出してはいけない。意識して消毒に努めたい」と話した。 これまでに道内の養鶏場で異常は確認されていない。感染した鳥の死骸やふんに触れない限り人に感染する恐れはないが、鶏卵・鶏肉や観光を危険視する風評が広がれば、養鶏業者や観光業者が打撃を被りかねない。 北見市内で約25万羽の鶏を飼育している「ホクリヨウ生産」(本社・北広島市)の草刈陸男技術本部長は「万全の態勢をとっているので鶏に感染する危険性はないと思うが、風評被害が出たら影響は大きい」と話す。同社の北見農場は30キロ圏内ではないが、消石灰をまくなど衛生管理を徹底しているという。 サロマ湖に近い「ワッカ原生花園」(北見市)のセンターハウスには、野鳥の死骸を見つけたらすぐに連絡するよう呼びかけるポスターが掲示されている。管理人の男性(71)は「お客さんが不安がらないように掲示しており、今のところ問い合わせはない。観光客は冷静に受け止めているようだ」と話した。 道自然環境課によると、道内では8日現在、23カ所に563羽のハクチョウ類が確認されている。3万〜4万羽になるピークは過ぎ、大半はシベリアなどへ渡ったが、一部は道内にとどまる。ほかの野鳥に感染する恐れもあり、今後も監視が必要という。


鳥インフルエンザ、本県側で発見された白鳥検査へ 陸奥新報 
 秋田県と北海道で死んでいた白鳥から強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は9日、環境省の要請を受け、本県側の十和田湖畔で発見された白鳥の検体を13日に鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター(鳥取市)に送ることを明らかにした。本県側湖畔では4月18日に続き今月8日にも発見されており、2羽の検体を送る。同疫学研究センターによると、ウイルス検査の結果は早ければ実施から一週間ほどで判明する見通し。
 県自然保護課などによると、新たな白鳥は今月8日、十和田市子ノ口の十和田湖畔で死んでいたのを発見され、県鳥獣保護センター(平内町)が冷凍(氷点下10度前後)で保存している。体は成鳥より若干小さく、灰色がかり、死後しばらく経過しているとみられている。白鳥の種類と、成鳥か幼鳥かははっきりしない。十和田家畜保健衛生所が簡易検査した結果、陰性だった。
 二羽の検査は環境省が鳥取大に依頼したもので、。同省は8日、県に2羽の検体送付を要請した。県は2羽の体の一部から採取した粘液を送る。
 同省鳥獣保護業務室は「秋田県の十和田湖畔と北海道での相次ぐ強毒性ウイルスの検出を踏まえ、感染実態のさらなる把握のため、資料収集の一環で行う」と今回の検査の趣旨を説明した。
 4月18日に発見された白鳥は20日に死亡し、県鳥獣保護センターが冷凍(氷点下10度前後)で未検査のまま保存。県は所有機器の性能上、検査は難しいと判断していた。
 同疫学研究センターの伊藤壽啓センター長は、4月18日に発見された白鳥について、「氷点下70度ほどでの保存が最良だが、もし強毒性ウイルスで死亡したのであれば、検出は不可能でもないだろう」と語った。
 2007年に強毒性ウイルスの感染が確認された熊本県のクマタカも冷凍保存されていたが、同疫学研究センターがウイルスを検出している。

小規模鶏舎消毒進まず 鳥インフルエンザ 読売新聞
 秋田県の十和田湖周辺で白鳥の死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県内の養鶏場では石灰による緊急消毒が本格化している。一方で、自家消費などでニワトリを飼っている小規模の鶏舎は補助対象外のため、消毒は進んでいないのが実情で、県はホームページなどで自発的な対策を呼びかけている。
 ニワトリ140万羽を飼育する盛岡市玉山区の「岩手ファーム」では9日、マスク姿の社員たちが消毒用石灰20キロが入った袋を次々と開け、鶏舎と平行にまいた上で、ほうきで掃くようにして鶏舎にかけていった。
 鶏舎の緊急消毒は、農林水産省の通知を受けての措置で、県内のほぼすべての養鶏業者を対象に、計516か所(8日現在)で実施される。必要な石灰の量は600トンを超え、県が準備して養鶏場に配布し、費用は国が負担する。 一方、自宅で食べる卵を産ませるためにニワトリを飼育しているような数羽〜数十羽程度の小規模の鶏舎は、緊急消毒の対象外で、県はこうした人たちの数すら把握できていない。
 しかし、大分県では2004年、一般民家で飼育されていたチャボから鳥インフルエンザウイルスが検出され、半径30キロ以内にある養鶏場の鶏や卵の移動が禁止されたため、大きな被害が出た。
 そこで県は、市町村に注意喚起を依頼するとともに、今月中にも全戸配布の広報でニワトリを飼育する人に鶏舎の消毒を呼びかける考えだ。さらに、県中央家畜保健衛生所のホームページでも、鳥インフルエンザウイルスの感染防止策を紹介している。県畜産課の高橋喜和夫振興・衛生担当課長は「養鶏業者たちからも小規模の鶏舎に対する不安の声を聞いているが、自発的な対策を求めるしか方法はない」としている。

鳥インフル 専門家会合で対応策協議へ 環境省(05/10 01:31) 北海道新聞 -
 根室管内別海町の野付半島と秋田県の十和田湖畔で強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスに感染したオオハクチョウの死骸(しがい)が見つかったことを受け、環境省は九日、今後の対応策を協議する専門家会合を十二日に開催すると発表した。 鳥取大の伊藤寿啓(としひろ)教授(獣医ウイルス学)や日本野鳥の会の金井裕主任研究員ら五人の専門家が出席する。同省は、野付半島などで採取したガン・カモ類のふんで感染拡大の有無を調べているが、スズメなど陸鳥にも調査対象を広げるかに関し、専門家の意見を聞く。感染ルート解明に向けた対応も協議する。伊藤教授は昨年一月、宮崎県の養鶏場などで発生した鳥インフルエンザの感染経路究明チームの座長を務めた。

5月9日

衰弱死ハクチョウ検査へ 読売新聞 
 秋田県の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は8日、同湖畔の県側ですでに発見され、死んだオオハクチョウ1羽について、環境省にウイルス検査を依頼することを決めた。
 県はこれまで、「このオオハクチョウの死骸は傷みが激しく、検査は困難」と説明していた。しかし、環境省から検査を実施するよう要請を受けたため、同省に検査を依頼して、現状の保管状態でもウイルス検査を実施できる研究機関を見つけてもらうことにした。
 このオオハクチョウは4月18日、同湖畔で衰弱した状態で保護され、引き取られた平内町の県鳥獣保護センターで20日に死んだ。


鳥インフル問題 消毒、予防に追われる 県内各施設 飼育調査、行事中止も 読売新聞 -
 秋田県や北海道で強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」に感染したオオハクチョウの死骸(しがい)などが見つかった問題で、県内の学校や動物園、農場など鳥類を扱う施設では、消毒作業や予防対策に追われている。

  ◇学校

 県教委は8日、文科省からの1日付の通知「高病原性鳥インフルエンザに関する対策等について」を受け、県立学校と市町教委に、鳥類の飼育管理の徹底などを求める文書を送った。

 文書では▽野鳥に近づいた後、手洗いとうがいを励行する▽死んだ野鳥を発見したら獣医師や保健所などに届ける▽飼育している鳥が野鳥と接触しないよう管理する―などが記されている。

 広島市教委ではこの日、幼稚園、市立小、中、高校、特別支援学校の全240校で鳥類を飼育しているかどうか調査を行うことを決め、該当する学校には、予防のため消毒薬となる消石灰を散布するよう指導する。

 校内でインコ5羽を飼育する市立白島小の男性教頭(51)は、「以前から、使い捨ての手袋やマスクを着用するなど気をつけてきたが、再度徹底するよう、児童に伝えたい」としている。

  ◇動物園

 広島市安佐北区の市安佐動物公園では今月1、2の両日、ニワトリと触れ合える行事を中止した。全12羽のウイルスの感染状況などを調べ、体調変化がないことを確認したが、同園の担当者は、「発生が秋田県以北に集中しており、現時点では影響がないと考えているが、今後も注意していきたい」と話していた。

  ◇農場

 県は8日朝、100羽以上を飼育する養鶏場133か所と、100羽未満の農家など約2000戸へ消石灰の配送を開始。14日までに計約200トンを配布する予定で、県畜産課は「県内ではまだウイルスの発生はないが、速やかに消毒を行ってほしい」としている。

*5月1日に文科省からの通知による。連休明けに各種対策となる。

(大分)県、鳥インフル対策指示 読売新聞
 4月以降、韓国をはじめ秋田県、北海道でオオハクチョウの死骸(しがい)などから毒性が強いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題を受け、県家畜衛生飼料室は8日、県内4か所にある家畜保健衛生所と緊急テレビ会議を開き、防疫対策の徹底を指示した。12日から県内約170の養鶏農家に消毒用の石灰を配り、一斉消毒を実施する。
 高速インターネットシステムを使ったテレビ会議には小野譲・家畜衛生飼料室長と大分、豊後大野、玖珠、宇佐の各家畜保健衛生所長らが参加。大分家畜保健衛生所の吉武理・病性鑑定部長がオオハクチョウへの感染が確認された状況や生態を説明した。吉武部長は、オオハクチョウと鹿児島県・出水平野に毎秋飛来するマナヅルやナベヅルの繁殖地域が近いことに触れ、「今年飛来する野鳥には注意する必要がある」と述べた。
 続いて石灰計9345袋の配送計画や散布方法、野鳥などの死骸(しがい)を発見した際の対応を確認した。 韓国での感染拡大を受け、県が4月に実施した養鶏農家への立ち入り調査では、異常はなかった。小野室長は「鶏舎への野鳥の侵入を防ぐのが最善の方法だ。万が一の場合は早期通報が重要になる」と語った。

*4月に養鶏農家への立ち入りは、大分県、さすがに早い対策。

5月8日

鳥インフルエンザ:検出受け「業者に防疫徹底求める」 県が対応を協議 /福井 毎日新聞 
 秋田県と北海道で先月末以降、オオハクチョウから強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出された問題を受け、福井県は7日、庁内連絡会議を開き対応を協議した。
 会議では、自然保護課の担当者が、県内で現在異常は確認されていないことを報告。また、「日本野鳥の会」と「日本鳥類保護連盟」の各県支部に、野鳥に異常があった場合、県に連絡するよう要請したことを明らかにした。大学・私学振興課の担当者も、鳥を飼育している県立学校で異常がなかったことを報告した。
 農畜産課の担当者は、県内の800羽以上を飼育する養鶏農家を対象に、今月中旬までに消毒薬を配布するとして、「業者に防疫の徹底を改めて求めたい」と話した。
 県では、鳥インフルエンザの相談を県内の6健康福祉センターで受け付けている。

鳥インフルに備え消石灰発送 中国新聞 
 秋田県の十和田湖畔や北海道の野付半島で回収されたハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、広島県は8日、養鶏農家などへの消毒用消石灰の発送を始めた。
 初日に発送したのは、広島市安佐北区の養鶏場5カ所への約2トン。発送拠点のJA広島地域配送センター(広島市南区)では、作業員たちが消石灰20キロ入りの袋99個をフォークリフトでトラックに積み込み、中継点のJA広島市小河原支店(安佐北区)に送った。
 県内で消毒の対象となるのは、鶏100羽以上を飼育する133農場のほか、個人や学校など100羽未満を飼育する約2000戸。14日までに消石灰約200トンを配り、今月末までに消毒を終えるよう求める。


*一ヶ月遅れの対策
《道々》鳥インフル対応 県VS業者 「危機意識」の差 読売新聞 
 小坂町の十和田湖畔で見つかった白鳥の死骸(しがい)などから鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、県が発表したのは4月28日午後1時。その日の夕、県北の養鶏会社を取材すると、事務所前で霧状の消毒液を、スーツの上から全身にかけられた。「ごめんなさい。ウイルスがどこに潜んでいるかわからないから」。そう話す社員の厳しい表情から、感染は「死活問題」という業者の危機感が伝わってきた。

 この会社の対応は迅速だった。28日中に青森県八戸市から来る飼料運搬会社が湖畔を通っていないことを再確認し、不安を感じている取引先にフアクスを送り現状を説明。消毒液も確保した。幹部はため息を漏らし、こう言った。「県の対応は遅い。業者にもっと早く情報提供すべきだ」。ウイルス検出の一報は、報道機関に確認して初めて知ったのだった。

 十和田湖畔で白鳥の死骸3羽と衰弱した1羽が見つかったのは4月21日。このうち3羽の検体を県が簡易検査した結果、25日にウイルスの陽性反応が出た。29日には動物衛生研究所の検査で、ウイルスが強毒性のH5N1型であることが判明した。

 県は、実は26日の段階で、白鳥の死骸の発見現場に近い小坂町と鹿角市の約10の養鶏業者に、陽性反応が出た事実を伝えていた。鶏に異常がないか聞き取り調査するためだったというが、その範囲外の養鶏業者には知らせていなかった。県の担当者は「結果が確定するまで、不安をあおりたくなかった」と説明する。

 県の判断もわからないでもないが、複数の養鶏業者から県を批判する声を聞いた。「たまたま実害はなかったが、発表までの間に被害が拡大していたかもしれない。白鳥は広い範囲を飛ぶ。人や車がウイルスを運ぶかもしれない。現場からの距離は関係ない」

 県は30日から2日間、発見現場から半径30キロ以内の養鶏・採卵業者15戸を立ち入り調査した。一方、青森県は28日から1000羽以上飼育する養鶏業者160戸以上を対象に立ち入り調査を始め、30日の時点で半径30キロ外の業者も含め48戸の調査を終えていた。この対応の差は、“危機意識”の差だったのではないか。
鳥インフルエンザ陰性 読売新聞 
 県は7日、4月30日に遊佐町の吹浦漁港で回収したウミウとみられる野鳥の死骸(しがい)1羽について、鳥インフルエンザウイルス検査の結果が陰性だったと発表した。同漁港では今月1日にも野鳥の死骸が見つかっており、県は引き続き感染検査を進めている。 県畜産室などによると、同漁港では4月30日に4羽、今月1日に7羽、野鳥の死骸が海面上に浮いているのが確認された。県はこのうち、腐敗の程度が軽い4月30日の1羽と、今月1日の2羽を、いずれも県中央家畜保健衛生所(山形市)に送り、インフルエンザウイルスの感染検査を実施。4月30日回収の1羽は2度にわたる検査で陰性との結果が出た。死因は不明。 漁港で発見された野鳥は、腐敗が進み、種は不明だが、ウミウやオオハムなどとみられる。今月1日に回収された2羽については検査が続いているが、すでに終了した1度目の検査で結果は陰性だった。県畜産室は「2度目の検査はより精密に行うので、陽性となることもあり得る。結果は8日に発表する」としている。

周辺養鶏場異常なし 鳥インフル佐呂間で陽性 北見など3死骸陰性(05/08 00:09) 北海道新聞 
 網走管内佐呂間町で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを受け、道は七日、半径三十キロ以内の養鶏農家全四戸の巡回調査を終え、異常がなかったことを確認した。七日現在、全道の渡り鳥飛来地に異常はなく、道は平静な対応を呼び掛けている。
 七日の「道高病原性鳥インフルエンザ連絡会議」では、道内には六日現在、約千六百羽のハクチョウがおり、九割以上が宗谷管内にいると報告された。ピーク時には道内に三万−四万羽いるが、「大半がシベリア方面に渡った」(自然環境課)とみられる。
 道は、北見、函館、美唄の各市で同日中に見つかったオオハクチョウなど三羽の死骸について、インフルエンザの簡易検査を実施。その結果、いずれも陰性と分かった。
 各支庁などに設置した相談窓口には七日だけで四十二件の問い合わせがあったが、人の健康被害に関するものはなかった。
 一方、野付半島(根室管内別海町)で見つかったオオハクチョウの死骸が強毒性の鳥インフルエンザウイルスH5N1型に感染していた問題で、道は七日、消毒命令を出した半径三十キロ以内の養鶏農家五戸が、最低一回の消毒作業を終えたと確認した。命令は家畜伝染病予防法に基づくもので、道は対象農家に一カ月間、消毒を継続するよう求めていく。


*このような会議が4月10日頃開かれているべきだった。

5月7日

008/05/07-19:16 病鳥と27人接触、異常なし=自治体に注意喚起−厚労省 時事通信  
 北海道と秋田県で強毒性の鳥インフルエンザウイルスを持つ白鳥が相次いで見つかった問題で、厚生労働省は7日、病鳥と接触したり、病鳥の近くにいたりした人が27人に上ると発表した。いずれも健康に異常はないという。
 同省は注意喚起のため、野鳥との不用意な接触を避けるとともに、接触後に発熱など健康異常があった場合はすぐ医療機関を受診するよう求める通知を同日までに都道府県に出した。

*医療機関側にも通知を出しているのか疑問。ある日、鳥インフルにかかったかも知れないという患者が飛び込んできたとき、医療機関側は、事態を理解して診察にあたることが出来るのだろうか?

5月6日

養鶏農家2戸を緊急巡回調査 佐呂間の鳥インフル 異常なし(05/06 20:01) 北海道新聞 
 網走管内佐呂間町で見つかったオオハクチョウの死骸(し がい)から鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを受け、道は六日、発見地点から半径三十キロ以内の養鶏農家二戸を緊急で巡回調査した。鶏に異常はなかった。
 調査対象は半径三十キロ以内にある千羽以上を飼育する養鶏農家で、網走家畜保健衛生所(北見)が網走市と網走管内大空町の二戸、九カ所の養鶏場を調べ、消毒や防鳥ネットの徹底なども指導した。小規模の養鶏場は七日以降に調査を行う。また、佐呂間町と網走支庁は死骸が見つかったサロマ湖畔キムアネップ岬で、消石灰による消毒を行った。
 陽性反応を示したハクチョウの死骸は北大人獣共通感染症リサーチセンター(札幌)に搬入し、詳細な検査を開始。陽性かどうかあらためて確認するとともに、強毒性のH5N1型かどうか調べる。強毒性かどうかは数日中に判定が出る見通し。
 一方、根室管内別海町で見つかったオオハクチョウの死骸が強毒性の鳥インフルエンザウイルスH5N1型に感染していた問題では、発見地点から半径三十キロの養鶏農家五戸が六日も消毒作業を継続した。根室家畜保健衛生所には養鶏場から鶏の健康状態について異常の報告はなかった。
 道は全道の渡り鳥飛来地の調査を四十カ所で継続し、札幌市東区、空知管内長沼町、根室管内別海町でハクチョウ類、カモ類の死骸計三羽を発見。鳥インフルエンザの簡易検査ではいずれも陰性だった。

*対応が幾分早くなったが、この白鳥がいつ死んだのか不明。この周辺の消毒を行うまで、白鳥が死亡してからどの程度の時間が経過していたのだろうか?
 他地域での検査も、実際に感染した白鳥、または野鳥が存在した可能性ある4月20日前後から2週間も経過しているので、その意義について解釈が難しい。ウイルスの拡大はあるのか否か?何を指標にすべきか?

鳥インフル、北海道・サロマ湖でも新たに陽性…強毒性 読売新聞 -
 環境省は5日、北海道別海町の野付(のつけ)半島で死んでいたオオハクチョウから、強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたと発表した。
 同型の野鳥への感染は、4月に秋田県・十和田湖で見つかったオオハクチョウに続き、国内では4件目、渡り鳥では2件目となる。同省は、十和田湖との関連性を調べている。
 道は家畜伝染病予防法に基づき、発見現場から半径30キロ以内の養鶏場5戸(約9500羽)への立ち入り検査を行い、消毒を命令した。現時点で野鳥の大量死などは確認されていない。鳥インフルエンザは通常、野鳥から人へは感染しないが、同省は死骸(しがい)に触れないよう呼びかけている。
 野付半島は6万羽以上の渡り鳥が飛来する国内最大規模の野鳥生息地。国鳥獣保護区で、水鳥と湿地の保護のためのラムサール条約湿地にも登録されている。
 一方、道は同日、佐呂間町のサロマ湖畔で見つかったオオハクチョウ1羽の死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。
 喜田宏・北海道大人獣共通感染症リサーチセンター長は、「野鳥の間で散発的な発生が見られても、感染拡大を意味しているわけではないが、湖水がウイルスに汚染されていないか心配だ。湖水が養鶏場などで使われないよう注意が必要」と話している。

鳥インフル 別海も強毒H5N1型 周辺養鶏場で消毒 佐呂間で1羽陽性(05/05 23:57) 北海道新聞 
 環境省は五日、根室管内別海町の野付半島で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から簡易検査で陽性反応が出ていた鳥インフルエンザウイルスについて、鶏に対し強毒性の「H5N1型」と発表した。これを受け道は、家畜伝染病予防法に基づき死骸発見場所から半径三十キロ以内の同管内別海、中標津、標津三町内の養鶏場五カ所に緊急立ち入り検査をし、消毒を命じ、一部農家が消毒を行った。また道は、網走管内佐呂間町のサロマ湖畔キムアネップ岬でオオハクチョウ一羽の死骸を発見、簡易検査で陽性と判明したと発表した。

 養鶏場消毒は感染予防が目的で、鶏の移動禁止や卵の流通制限はない。環境省と道は「通常は人に感染しないが、衰弱したり死んだ野鳥には素手で触れないこと。鳥の排せつ物に触れたら手洗い、うがいをすれば過度な心配は必要ない」と冷静な対応を呼びかけた。

 H5N1型ウイルス確認は道内初。野鳥からの同型ウイルス検出は四月の秋田県・十和田湖畔のオオハクチョウに次ぎ国内四例目。

 環境省の依頼でオオハクチョウの死骸を検査した北大人獣共通感染症リサーチセンターが型を特定した。今後、遺伝子分析をし、十和田湖畔で検出したウイルスや韓国など海外で猛威を振るうウイルスとの関連も調べる。

 一−四日に野付半島など道内九カ所と十和田湖畔で採取したガンカモ類のふん約千個は、国立環境研究所(茨城県)がウイルスがないか分析している。

 道が立ち入り検査した五カ所の養鶏場では計九千四百六十九羽を飼育しているが異常はなかった。死骸に触れた獣医師ら四人にも発熱などの症状はない。一−四日に道内で死骸で見つかったハクチョウやカモ計五羽は簡易検査で陰性だった。鶏への感染は確認されていないが、農林水産省と道は感染予防のため養鶏場五カ所の鶏舎と敷地の消毒を決めた。

 道は同じ半径三十キロ以内のアヒルなど家禽(かきん)類を飼育する学校や公園で衛生管理を指導。渡り鳥が集まる宗谷、網走、空知、釧路、根室、胆振管内を重点に巡視と情報収集する。

 サロマ湖畔のハクチョウは五日午後二時すぎに道職員が発見した。成鳥で性別は不明。北大で確認検査し、道は網走管内の養鶏場も巡回調査する。

 道は保健福祉部((電)011・204・5253)と中標津保健所((電)0153・72・2168)に道民の相談窓口を設置する。

5月5日

北海道・野付でH5N1型検出 サロマ湖の1羽に陽性も  東京新聞 
 環境省は5日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた北海道・野付半島のハクチョウの死骸から、強毒性のH5N1型のウイルスが検出されたと発表した。また北海道は同日、サロマ湖でハクチョウの死骸が見つかり簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。
 環境省は今後、野付半島のハクチョウのウイルスについて北海道大で遺伝子分析を行い、過去に検出されたウイルスとの関連を調査。1−4日に道内などで採取したハクチョウやカモのふんについては国立環境研究所で分析を進める。
 環境省や道によると、野付半島のハクチョウの飛行ルートは不明。死骸に触れた獣医師ら4人に発熱などの症状は出ていないという。
 北海道は5日、H5N1型のウイルス検出を受け、家畜伝染病予防法に基づき、死骸発見場所から30キロ以内の養鶏場5戸に対し緊急の立ち入り検査も実施した。防鳥ネットなど野鳥の侵入防止対策について確認、鶏舎の消毒作業も始めた。

*サロマ湖でも死亡白鳥。簡易インフルエンザ検査で陽性。もっと早くに積極的調査が必要ではなかったか?ウイルスの拡大が気になる。

北海道のハクチョウから鳥インフル「H5N1型」を検出 日本経済新聞 
 環境省は5日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた北海道・野付半島のハクチョウの死骸から、強毒性のH5N1型のウイルスが検出された、と発表した。同省が北海道大に検査を依頼していた。 ハクチョウの死骸は4月24日に観光客が発見。秋田県の十和田湖畔のハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出されていたため簡易検査を実施。陽性反応が出て北海道大で詳しく調べていた。

ハクチョウからH5N1型 MSN産経ニュース
 環境省は5日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた北海道・野付半島のハクチョウの死骸(しがい)から、強毒性のH5N1型のウイルスが検出された、と発表した。同省が北海道大に検査を依頼していた。
 ハクチョウの死骸は4月24日に観光客が発見。秋田県の十和田湖畔のハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出されていたため簡易検査を実施。陽性反応が出て北海道大で詳しく調べていた。
鳥インフルエンザ対応で連絡体制など見直しへ/県 陸奥新報 
 秋田県の十和田湖畔で死んでいた白鳥から強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが検出された問題に絡み、ほぼ同時期に本県内で発見され収容した白鳥の取り扱いで本県関係部署間の連絡体制と対応のまずさが露呈した関係部署はいずれも「鶏への感染は想定し対応してきたが、野鳥については不十分だった」と危機管理体制の「お粗末さ」を認め体制改善も協議する考えを示している
 県自然保護課によると、4月18日、本県側の十和田湖畔で衰弱したオオハクチョウの成鳥1羽が発見された。白鳥は環境省十和田自然保護官事務所(十和田市)を通じて、県鳥獣保護センター(平内町)に収容された。
 県は、複数が死亡している場合などを簡易検査対象としており、この場合は該当しないと判断した。
 同センターから同課への鳥獣収容報告も月1回だったため、野鳥担当の自然保護課は27日になって環境省の連絡で気付いた。
 白鳥は20日に死亡、冷凍されており、県側は検査不適と判断。23日に六ケ所村内で発見されたオオハクチョウの幼鳥の件を含め、家(か)禽(きん)類担当の畜産課がその事実を把握したのは30日になってからだった。
 本県での白鳥発見は、秋田県側の件が強毒性と判明した29日より前だったが、本県側は対応の不備を認め、関係課の連絡を密にし、野鳥1羽でも簡易検査するよう方針を強化している。
 県畜産課は「家禽類については庁内に常時、情報連絡会議を設置しているが、野鳥の場合も含める形で体制に改善の余地がある」とし、自然保護課も「野鳥、家禽問わず、庁内で迅速な連絡と対応ができるよう体制を構築し直す必要がある」と述べている。

鳥インフルエンザ対策で緊急消毒へ 佐賀新聞
 高病原性鳥インフルエンザが秋田県十和田湖畔のハクチョウから確認された問題で、県畜産課は4日、県内での発生を未然に防ぐため、全養鶏農家を対象に、消石灰による緊急消毒を10日から実施すると発表した。
 家畜伝染病予防法に基づく知事命令で実施。ブロイラーや採卵などで鶏を飼育している約200戸が対象で、31日までに鶏舎周辺や敷地の外縁部に消石灰をまく。
 秋田で4月に確認されたのは強毒性のH5N1型。韓国でも南西部を中心に家禽(かきん)の感染が続いており、消毒を徹底することにした。
 県内では家畜保健衛生所が野鳥の死骸(しがい)を検査しているが、これまでのところ感染が疑われるケースはない。

* これまでやっていなかったことに驚きを隠せない。韓国で発生した4月上旬には対策を開始していなかったのか??
鳥インフルエンザ:道内の調査が終了 毎日新聞 
  十和田湖畔のオオハクチョウの(死骸、し、がい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出され、根室管内別海町の野付半島でもオオハクチョウ1羽の死骸からウイルスの陽性反応が出た問題で、環境省は4日、風蓮湖(根室市)と厚岸湖(釧路管内厚岸町)の2カ所で水鳥の排せつ物のサンプル調査を行った。同省は1日から道内各地の水鳥渡来地で調査を実施してきたが、道内の主要飛来地はチェックし終えたとして、4日で調査を終了した。
 風蓮湖、厚岸湖ともオオハクチョウはシベリアに渡った後とみられ、姿は見られなかった。排せつ物は計55個を採取し、国立環境研究所(茨城県つくば市)で分析される。

5月4日


環境庁が水鳥のウイルス検査、別海町 釧路新聞
 別海町野付半島で、急性で致死率の高い高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いのあるオオハクチョウの死骸(しがい)が見つかったことを受けて、環境省は3日、ウイルスの保有状況を検査するため、野付半島でオオハクチョウとガンカモ類の水鳥のふんを採取した。オオハクチョウの姿は見られず、ガンカモ類のふんだけだった。ウイルスはふんとともに排出され、同じ場所で生息するガンカモ類が感染したオオハクチョウのふんを踏んだり、ふんで汚れた水を飲むことで感染する可能性がある。これらのふんは国立環境研究所で検査されるが、結果の判明には2週間以上が必要という。野付半島には観光客が多数訪れているが、通常の状態で感染の可能性はないとされている。    

*通常の状態で? 不明瞭な表現だ。

十和田湖畔鳥インフル 青森県調査、異常なし 河北新報 
 秋田県小坂町の十和田湖畔でハクチョウの死骸(しがい)からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、青森県は3日も1000羽以上を飼育する養鶏場の立ち入り調査を実施。これまでに対象となる163戸のうち140戸の調査を終えたが、異常は確認されていない。
 2、3日に青森市などで見つかったスズメ、カラスなど野鳥16羽の死骸の簡易ウイルス検査でも、異常はなかった。

*異常とは?
  異常は無いという安易な表現は、間違った情報を発信の原因となる。
元気で旅立て…エサまき体験 読売新聞 
 北海道浜頓別町のクッチャロ湖で3日、観光客らがハクチョウと触れ合う恒例の「白鳥フェスタ」が始まり、参加者らは湖に入ってエサのオオムギをまく給餌(きゅうじ)体験などを楽しんだ。
 別海町で見つかったハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題の影響もあって、初日の人出は、昨年に比べて少なめ。実行委員会のメンバーらは、鳥に触れた人たちに、手や靴の消毒を勧めていた。
 給餌を体験した町内の菊池広也君(9)は「(強い風で)エサが顔にかかった。面白かった」と楽しそうに話した。同湖では現在、約700羽のハクチョウが羽を休めており、連休明けごろにはほとんどがシベリアに帰る。


* う〜ん、H5N1鳥インフルウイルスを甘く見ているか、それとも無知のなせる業か?危険だなぁ。
鳥インフル調査、新たな兆候なし 別海 カモ死骸は陰性(05/04 00:00) 北海道新聞 
 根室管内別海町の野付半島で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た問題で、道は三日、前日から行っていた近隣の養鶏場や渡り鳥飛来地での調査で、新たな感染の兆候はなかったと発表した。
 道は、道内の渡り鳥飛来地四十七カ所を担当者が視察し、鳥獣保護員らから聞き取りも行ったが、野鳥の集団衰弱や大量死の異常は見つからなかった。
 また、千羽以上を飼育している道内の養鶏農家に対し、ニワトリの健康状態に異常がある場合は報告を求めているが、異常はなかった。三日には、別海町尾岱沼でヒドリガモの死骸を発見し簡易検査したが、ウイルス反応はなかった。
 一方、環境省は三日、野付半島や屈斜路湖(釧路管内弟子屈町)など三カ所で、オオハクチョウなど野鳥のふん二百五十個を採取、ウイルスの保有状況を分析する。四日は風蓮湖(根室市)、厚岸湖(釧路管内厚岸町)で同様の調査を行う。

5月3日

鳥インフルエンザ:全養鶏場などで緊急消毒実施へ−−県が対策 /広島 毎日新聞
 秋田県の十和田湖でオオハクチョウから高原性鳥インフルエンザが検出されたことを受け、県は2日、県内のすべての養鶏場などで緊急に消石灰による消毒を実施すると発表した。昨年2月、岡山県での発生を受け、消毒を実施して以来、2度目。
 県によると、県内の133養鶏場(100羽以上飼育)と、100羽未満の飼育者約2000戸で消毒を実施する。20キロの消石灰を約8000袋準備し、用意でき次第、各戸に配布する。ただ、自宅飼育など100羽未満の飼育者については、全戸を把握できないため、市町を通じて消毒の実施を呼びかけるという。【

養鶏場を調査、警戒 釧路新聞
 野付半島で、鳥インフルエンザに感染の疑いがあるオオハクチョウが見つかったことを受けて2日、根室管内では対策組織の設置や養鶏場の調査が行われ、環境省による調査が道東で始まるなど関係機関が慌ただしく対応に追われた。同省釧路自然環境事務所は「簡易検査だったため感染していない可能性もある」と正式な検査結果を待つ状態だが、大型連休に重なることから、地元では風評被害を懸念する声も出てきている。

鳥インフルエンザ問題でウトナイ湖を調査 苫小牧民報 
 秋田県十和田湖畔でオオハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1型)が検出された問題を受け、環境省は2日、渡り鳥の主要中継地となっている苫小牧市のウトナイ湖畔で、野鳥への感染の広がりを把握する調査を行った。
 環境省職員5人と道職員2人が湖畔でハクチョウやカモなど水鳥のふんを採取し、試験管80本に入れた。水鳥と触れ合おうと湖畔を訪れた行楽客の視線をよそに、感染防止のマスクで口を覆った職員が黙々と作業を続けた。
 採取したふんは、茨城県つくば市の国立環境研究所に送り、水鳥が鳥インフルエンザウイルスに感染していないかどうか検査する。結果は2、3週間で判明する。
 環境省は1週間程度の期間で、道内の主要な水鳥渡来地でウイルス感染の有無をつかむ調査を進めるといい、3日は道東方面の渡来地を調べた。
 苫小牧市は2日、ウトナイ湖や美々川、苫小牧川など水鳥飛来地を市職員4人が巡回。野鳥に異常はないかどうか調べた。市の自然保護監視員とも連携していく。
 また、道も、死んだ野鳥を素手で触らないよう注意を呼び掛けるチラシを作り、苫小牧市のウトナイ湖野生鳥獣保護センターなど、道内各地の水鳥飛来地にある施設に配布した。

鳥インフルエンザ:小坂町の施設、宿泊にキャンセル 青森・十和田市でも /秋田 毎日新聞 
 小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスが検出された問題は、大型連休の観光シーズンと重なった。同町によると町内の宿泊施設には4月28日以降に約40件のキャンセルがあり、今回の感染判明も影響したとみられる。青森県十和田市側でもキャンセルは出ている。湖畔は3日からが書き入れ時。宿泊施設の関係者は「これ以上長引かないで」と祈りながら連休後半を迎える。
 「桜の見ごろが連休と重なって、いい景色なのに」と十和田湖畔のレストランの女性店員はため息まじり。今年は桜の開花が1週間程度早まり、新緑とピンクの美しいコントラストを見せている。今年は休みの日数が少ないこともあるが、例年より客は少なめという。
 十和田市の旅館「湖四季の宿川むら」では、ニュースを見た名古屋市の客から「心配なので今回は遠慮します」とのキャンセルが1件あった。3日以降の数日は満室状態といい、女将の川村ノリ子さん(63)は「これ以上後を引かないよう祈るばかり」と話す。
 一方、現地に訪れていた観光客は冷静に受け止めていた。沖縄県宜野湾市から団体ツアーで来た主婦(60)は「ニュースを見た家族から電話があったが、私は特に心配はしてない。水もきれいだし、人には感染しないと聞いている」と落ち着いた様子。現地調査した環境省東北地方環境事務所の水谷泰史・統括自然保護企画官も「鳥と濃密な接触がなければ感染のおそれはない。安心して十和田湖にきてほしい」と安全性を強調した。

鳥インフル対策で県内の120養鶏場一斉消毒へ 読売新聞
 秋田県の十和田湖畔で強毒性の鳥インフルエンザに感染したオオハクチョウの死骸(しがい)が見つかったことを受け、県は5月中に県内の養鶏農場の一斉消毒を行うことを決めた。
 本県へのハクチョウ飛来数は約1万8000羽と全国でもトップクラスで、十和田湖畔で見つかった死骸から検出されたのは、高病原性のウイルス「H5N1型」だったことから、県は警戒を強めている。
 国は十和田湖から30キロ圏内の養鶏農場について、消毒剤の消石灰などの購入経費を全額負担し、農場の消毒を徹底するよう通知し、同圏外の農場についても、必要と認められる場合には国の負担で消毒を実施するよう求めている。
 県によると、消毒を実施するのは、おおむね1000羽以上を飼育する約120農場が対象。消毒剤の準備が整い次第、連休明けにも各農場に配布し、各業者の手で鶏舎や農場周辺に消石灰を散布してもらう。消毒の実施状況は、県家畜保健衛生所などが確認する。県畜産課は「5月の早い段階で終わればよいが、消石灰200トンが必要となる見込みで、準備が間に合うか難しい」としている。
 トキが飼育されている佐渡市のトキ保護センターと同センター・野生復帰ステーションについては、4月下旬にすでに、消石灰100キロ・グラムを散布するなどの措置を済ませたという。

看板で注意喚起 読売新聞 
 遊佐町の吹浦漁港で野鳥の死骸(しがい)が相次ぎ見つかっている問題で、県は2日、鳥インフルエンザウイルスの感染検査で安全が確認されるまで一般市民を対象に港内に近づかないことなどを呼びかける看板を同漁港周辺に設置した。
 看板は、同漁港周辺の2か所に設置。一般市民を対象に、〈1〉むやみに港内に立ち入らない〈2〉死亡した野鳥や野鳥のふんに触れない〈3〉野鳥のふんを踏んだときは靴底を洗う――ことなどを呼びかけている。死亡した野鳥を発見した場合の関係機関への連絡先なども掲載した。
 看板を設置した県庄内総合支庁水産課は、「検査で安全が確認されるまで、十分に注意してほしい」と話している。

鳥インフルでウトナイ、濤沸湖を調査 読売新聞 
 北海道別海町の野付半島で見つかったオオハクチョウの死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、環境省は2日、ハクチョウやカモなど多くの渡り鳥が集まるウトナイ湖(苫小牧市)と濤沸(とうふつ)湖(網走市)の2か所で現地調査を行った。
 環境省職員は、道職員らとともに、湖畔に落ちている野鳥のフンを採取したり、湖畔で羽を休めるハクチョウやカモに異常がないかをチェックしたりした。
 また、道は2日、別海町と近隣市町の養鶏場9か所を巡回し、飼育している鶏に異常があるかどうかや、鶏舎への野鳥侵入対策の確認など、現地指導を行った。根室家畜保健衛生所によると、特に問題のある養鶏場はなかった。
 現地指導を行ったのは、獣医師の資格を持つ同衛生所の職員8人。根室市内で養鶏場を持つ障害者福祉施設を訪れた職員は、養鶏担当者(32)に「鶏に変わったことはないか」「死亡数に変化はないか」「ネットに破れはないか」と質問しながら、鶏舎の周囲をチェックしていた。
 施設の担当者は「風評被害があったら大変。行政と連携を取りながら対処していきたい」と話していた。

周辺養鶏場異常なし 別海・鳥インフル 濤沸湖、ふん分析も 北海道新聞 
 根室管内別海町の野付半島で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た問題で、根室家畜保健衛生所(別海町)は二日、根室管内の養鶏場全九カ所を巡回調査。計二万五千六百二十一羽のニワトリに食欲低下などの異常はなく、大量死などもなかったことを確認した。
 防鳥ネットなど野鳥との接触を防止する設備や、衛生面にも問題はなかった。
 また、環境省は同日、水鳥の飛来地として知られる網走市の濤沸湖と苫小牧市のウトナイ湖でオオハクチョウなど野鳥のふんを採取。国立環境研究所(茨城県つくば市)に送り、詳しく分析する。
 一方、道は、秋田県でオオハクチョウから強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された四月二十九日以降、上川、石狩両支庁に持ち込まれたハクチョウやカモなどの死骸三検体を検査し、いずれも陰性と確認。道東や道北を中心に行った渡り鳥飛来地の調査でも、大量死など鳥インフルエンザ感染の兆候はなかったという。
 道教委は二日、死んだ野鳥に児童生徒が触れないよう、市町村教委を通じて各校に指導を指示した。

5月2日


北海道でハクチョウ感染か 環境省、簡易検査で陽性 中国新聞
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸(しがい)からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は一日、北海道東部の野付半島で四月二十四日に発見された死んだハクチョウから、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が得られたと発表した。
 強毒型のH5N1型かどうかなど、詳しい検査を北海道大で実施する。
 また青森県六ケ所村で四月二十三日に衰弱した状態で見つかり、四日後に死んだハクチョウの幼鳥は、北里大(同県十和田市)によるウイルス検査の結果、陰性であることが判明した。
 環境省は一日から、北海道、青森、秋田両県と共同で、十和田湖周辺や北海道稚内市など野鳥飛来地で、ほかの野鳥の感染状況を把握するための調査を開始。湖や河川などの水辺から鳥のふんを採取し、国立環境研究所(茨城県つくば市)に送ってウイルスの有無を検査する。調査は北海道などで今後も数日続ける。
 十和田湖周辺では一日、省職員らが湖畔を一周したが、病変で死んだり、衰弱した可能性のある野鳥は見つからなかったという。スプーンを使ってふんも約三十個採取した。北海道でも稚内市の大沼や浜頓別町のクッチャロ湖で約三百個採取した。
 秋田県は一日、小坂町でハクチョウの死骸が見つかった場所から半径三十キロ以内の養鶏農家八戸を立ち入り調査。青森県も同日までに県内七十八戸の農家を調査したが、いずれも異常はなかった。

鳥インフルエンザ:オオハクチョウの死骸で鳥インフル陽性か 野付半島  毎日新聞 
 根室管内別海町の野付半島で4月下旬にオオハクチョウの(死骸、し、がい)1羽(雄)が見つかり、A型とみられる鳥インフルエンザの陽性反応が確認された。環境省釧路自然環境事務所(釧路市)が1日、簡易検査を行った。強毒性かどうか、などについては今後、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターでより詳しい検査を行う。検査には数日かかる見込み。道では、万が一に備えて野鳥の監視を強化し、養鶏農家への指導を徹底することにした。
 死骸が見つかったのは4月24日。観光客から「ハクチョウが死んでいる」との通報が同町の自然観察施設「野付半島ネイチャーセンター」に寄せられた。役場職員が回収し、27日に獣医の森田正治センター長が中標津町の動物病院で解剖。重さは7・5キロありキツネなどの捕食の痕跡もなく、死後それほど時間はたっていなかったという。
 道畜産振興課によると、発見場所から半径30キロ以内には五つの養鶏農家があるが、今のところ異常は報告されていないという。
 環境省釧路自然環境事務所では、「鳥インフルエンザのウイルスは通常では人には感染しないと考えられている。鳥の排せつ物などに触れた後には、手洗いとうがいをすれば過度に心配する必要はない」と冷静な対応を呼びかけている。

5月1日


2008/05/01-22:49 北海道でも鳥インフル=白鳥の死骸から検出−環境省 時事通信 
 環境省釧路自然環境事務所は1日、北海道別海町で回収されたオオハクチョウの死骸(しがい)を簡易検査したところ、鳥インフルエンザウイルス(A型)の陽性反応が出たと発表した。秋田県の十和田湖畔で見つかった白鳥と同じ強毒性のH5N1型の可能性もあるため、今後、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターで詳しく調べる。
 同省によると、釧路自然環境事務所が、別海町で4月24日に見つかったオオハクチョウの死骸を中標津町の獣医が保管しているとの情報提供を受けた。このため1日に死骸を回収し、粘膜やふんなどを簡易検査したところ、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。
 ウイルスが強毒性のH5N1型かどうか分かるには2、3週間かかるという。

北海道でもハクチョウ感染か 十和田湖などは異常見つからず 中国新聞 
 秋田県で見つかったハクチョウの死骸(しがい)からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で環境省は一日、北海道東部の野付半島で四月二十四日見つかったハクチョウの死骸(しがい)から、簡易検査でインフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうか、北海道大で検査する。
 またほかの野鳥の感染状況を調べるため青森、秋田両県の十和田湖周辺や北海道稚内市などの飛来地で調査したが、病変が原因で死んだり衰弱した可能性のある野鳥は見つからなかった。
 一方、青森県六ケ所村で先月二十三日に見つかり、四日後に死んだハクチョウの幼鳥は一日、北里大学(同県十和田市)によるウイルス検査の結果、陰性であることが判明した。
 環境省の調査では、省職員らが十和田湖畔を一周し、スプーンを使って鳥のふんを約三十個採取。北海道では稚内市の大沼や、浜頓別町のクッチャロ湖で約三百個採取した。ふんは国立環境研究所(茨城県つくば市)に送り、鳥インフルエンザウイルスの有無を調べる。結果判明まで二週間程度かかるという。同省は今後も数日かけて北海道などの飛来地を調べる。
 秋田県は一日、小坂町でハクチョウの死骸が見つかった場所から半径三十キロ以内の養鶏農家八戸を立ち入り調査。青森県も同日までに県内七十八戸の農家を調査したが、いずれも異常はなかった。
北海道のオオハクチョウ、簡易判定で陽性 鳥インフル 朝日新聞
 環境省は1日、北海道根室支庁の野付半島で4月24日に見つかったオオハクチョウの死体を簡易検査し、鳥インフルエンザウイルス(A型)の陽性反応を確認したと発表した。
 秋田県の十和田湖畔で見つかった白鳥の死体から検出されたH5N1型と同型かどうかは不明。今後、北海道大人獣共通感染症リサーチセンターで詳しく調べる。農林水産省によると、半径10キロ以内に養鶏農家はないという。
県がウイルス分離培養の検査 山形新聞 
 秋田県の鳥インフルエンザウイルス問題を受けた調査で、県は1日、遊佐町の吹浦漁港で新たに回収したウミウなどとみられる野鳥7羽の死骸(しがい)のうち、腐敗しているものの比較的状態の良い2羽について、ウイルス分離培養の詳細検査を行い、感染の有無を調べている。
 県によると、同日朝に吹浦漁港で回収した死骸は、庄内家畜保健衛生所(庄内町)で確認したところ、すべて腐敗が進んでいた。2羽を中央家畜保健衛生所(山形市)に運んだが、簡易検査ができない状態のため、詳細検査に切り替えた。結果は連休明けとなる見込み。
 また、これまで巡回調査を行った県内の野鳥飛来地108カ所に加え、新たに50カ所以上の飛来地について調査したが、異常はなかったという。飛来地の調査と吹浦漁港での回収作業は、新たな死骸などが確認されなかったため、終了することにした。
 一方、県庄内総合支庁は同日、庁内関係部署による危機管理対策会議を開き、吹浦漁港周辺に、一般の人などを対象に注意を喚起する看板2基の設置を決めた。2日に設置予定で、検査の詳細が判明し安全が確認されるまで、むやみに漁港内に入らないように促す内容。
 また、遊佐町も▽できるだけ野鳥に触れない▽飼育している鶏などの家禽(かきん)類と、野鳥が接触しないような措置−などを呼び掛ける文書の全戸回覧を始めた。

異常のある野鳥見つからず 環境省が十和田湖を調査 京都新聞
 秋田県で見つかったハクチョウの死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で環境省は1日、ほかの野鳥の感染状況を調べるために青森、秋田両県の十和田湖周辺を調査したが、死んだり衰弱した野鳥は見つからなかった。
 また、青森県六ケ所村で先月23日に見つかり、4日後に死んだハクチョウの幼鳥は1日、北里大学(同県十和田市)によるウイルス検査の結果、陰性であることが判明した。
 環境省の調査では、省職員ら7人が十和田湖畔を一周。スプーンを使って鳥のふんを約30個採取した。国立環境研究所(茨城県つくば市)に送り、鳥インフルエンザウイルスの有無を調べる。結果判明まで2週間程度かかるという。今後も数日かけて北海道などの野鳥飛来地を調査する。

鳥触れ合い広場休止 円山動物園(05/01 13:57) 北海道新聞 
 秋田県でオオハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、札幌市円山動物園は四月三十日から、園内のこども動物園で鳥類と触れ合える「ニワトリ・ウサギ広場」の開放を中止した。期限は未定。
 同広場は四月二十日にオープン。広さ三十二平方メートルで金網に囲まれ、ニワトリ二十八羽やウサギ十匹と来場者が自由に触れ合える。同園によると、ニワトリなどに異常はないが、「万全を期すために」(飼育展示課)入場を禁止した。網越しの展示は続ける。
 同園は鳥インフルエンザの発生が国内で相次いだ二〇〇四年にも同様の措置をとった。
北海道・別海町で死んだハクチョウ、インフル感染を検査へ 読売新聞 
 十和田湖畔のオオハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザウイルスが見つかったが、北海道でも死んだオオハクチョウが見つかった。
 先月24日に、別海町の海岸で発見された。環境省では1日、インフルエンザウイルスの感染を確認する簡単な検査を実施する。
 このハクチョウは近くのネイチャーセンターが保管していたが、十和田湖畔のハクチョウからウイルスが見つかったことを受け、急きょ検査することになった。
鳥インフルエンザ:県内で2羽衰弱死 十和田湖畔と六ケ所村で /青森 毎日新聞
 秋田県の十和田湖畔でハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は30日、青森側の十和田湖畔のホテル敷地内と六ケ所村で、衰弱したオオハクチョウ計2羽が見つかっていたと発表した。
 同日にあった庁内の情報連絡会議などで明らかにされたもので、オオハクチョウは18日と23日に見つかり、平内町の県鳥獣保護センターに運ばれたが、十和田湖畔の鳥は2日後、六ケ所村の鳥は4日後に死んだ。十和田湖畔の鳥は冷凍保存されているが、死後の時間がたっていることなどから、県は検査で正確なデータは得られないと判断し検査していない。六ケ所村の鳥は幼鳥で、北里大学(十和田市)で検査中。
  県は今後、同センターが収容した鳥が死んだり衰弱した場合は、鳥インフルエンザウイルスが陽性かどうかの簡易検査をすることにしている。
 県内で鳥インフルエンザウイルスは検出されていないが、県は県内で1000羽以上飼養している全養鶏場163戸への立ち入り指導を続け、1000羽未満の養鶏場約4000戸への情報提供や異常が見つかった場合の速やかな通報を徹底させる。
 一方、県中南地域県民局は、弘前市の弘前合同庁舎で高病原性鳥インフルエンザ防疫対策会議を開き、市町村の関係者ら約30人は、防疫体制などについて真剣な表情で聞いた。
 県の担当者は、飼育農場が中南地域に6カ所あると説明。参加者は防護服を実際に脱着して緊急時の確認をした。会議後、佐藤和雄局長は「十和田湖で発生したことで身近な問題になった。予防と対策に万全な体制で取り組みたい」と語った。
新たに7羽の死骸を回収 山形新聞
 秋田県の鳥インフルエンザウイルス問題を受けた県内の野鳥飛来地調査で、ウミウとカワウとみられる野鳥の死骸(しがい)が発見、回収された遊佐町の吹浦漁港で、県は1日朝、再度回収作業を行い、新たに7羽の死骸を回収した。これまでに回収された死骸は、先月30日の2羽と合わせ計9羽となった。
 県や町職員の4人が1日午前8時半ごろから、県の鳥インフルエンザ対策マニュアルに沿い、防護服を着用して作業を開始。たも網で港内に浮かんでいる死骸をすくい上げ、ビニール袋で二重に密封した上で、クーラーボックスに収納するなどした。死骸は腐敗が進み、異臭がした。使用した道具や、死骸が触れた場所には、消毒液を噴霧した。
 漁港内に6羽の死骸が浮かんでおり、さらに岸壁にもう1羽の死骸があった。中には、潮の流れで突堤の下に潜り込んだ死骸もあり、ゴムボートで近くまで乗り付け、棒でかきだす場面も見られた。作業は、約1時間にわたって進められた。
 この日回収した死骸は庄内家畜保健衛生所に運び、鳥インフルエンザの感染検査ができる状態か確認している。地元の漁師(53)は「ウやハクチョウ、カモなどの死骸が浜に打ち上げられているのは時々見る。今回のように湾内に浮かんでいたという話は、あまり聞いたことがない」と話していた。
鳥インフルで環境省が調査 ふん採取しウイルス把握へ 東京新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題を受け、環境省は1日、十和田湖周辺や北海道稚内市などの野鳥飛来地で、ハクチョウをはじめガン・カモ類のウイルス保有の有無を把握するための調査を始めた。
 調査は同省と北海道、青森、秋田両県が共同して実施。それぞれの地域で、数日かけて湖や河川などの水辺から鳥のふんを20−100個ほど採取し、鳥インフルエンザウイルスの有無を調べる。
 一方、秋田、青森両県は1日、防鳥ネットなど野鳥対策が万全か調べるための養鶏農家への立ち入り調査を秋田県大館市などで実施。消毒の徹底などを呼び掛けた。

遊佐町内で野鳥4羽の死骸確認 山形新聞 
  秋田県の十和田湖畔でハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は30日、県内の野鳥飛来地108カ所を調査した結果、遊佐町の吹浦漁港で腐乱したウミウとカワウとみられる野鳥4羽の死骸を確認したと発表した。このうち2羽を回収し1羽について、中央家畜保健衛生所で詳細検査し、感染の有無を調べている。
 死骸は29日、地元の鳥獣保護委員が県の依頼を受け、飛来地などを巡回していたところ、港内に6羽が浮かんでいるのをみつけた。30日に報告を受けた県は、漁港内を調査し、4羽を確認。2羽の死骸を回収したが、腐乱が激しい状況だという。残る死骸についても、引き続き、回収作業を行うことにしている。
 県は、腐乱の程度が低い1羽を、中央家畜保健衛生所に運んだが、簡易検査ができる状態でないため、ウイルスを分離培養する詳細検査に切り替え、感染の有無を調べている。5月7日ごろに、陽性か陰性か判明する見込み。一方、調査した他の地点では異常は確認されていない。
 一方、今回の十和田湖のケースを受け、県は30日までに、県内で鶏などの家禽(かきん)類を飼育する農家などに、野鳥の侵入防止の徹底を呼び掛けるチラシなどを配布し、注意喚起した。
 県内で家禽類を飼育しているのは、1000羽以上の採卵鶏や肉用鶏(ブロイラー)の農場61カ所をはじめ、小規模な飼育舎や、アイガモなどを飼育する農家など1231戸。県は各総合支庁や市町村を通じ、全戸にチラシなどを配布し、野鳥の侵入防止や施設内での消毒の徹底など、管理基準の順守を含め注意を呼び掛けている。
 また、県教育委員会では、県内小中高校に対し、学校飼育施設の取り扱いに十分注意するように通知した。

鳥インフル 感染防止の対策が急務(5月1日) 北海道新聞 
 秋田県の十和田湖畔で、オオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが検出された。
 これまで、国内でのH5N1型ウイルスは、西日本でしか確認されていなかった。感染ルートもはっきりしていない。渡り鳥からの確認も、今回が初めてだ。汚染地域が拡大していないか心配だ。
 政府や関係機関は協力して、感染ルートの解明に努めなければならない。国際的な協調も必要だろう。
 このウイルスが鶏などの家禽(かきん)に感染すると、致死率は100%に近いという。
 秋田県は養鶏家などに野鳥の侵入防止策の指導を強化した。隣県の青森、岩手県も養鶏場の立ち入り調査を始めた。家禽への感染を防止するため、徹底的な対策を講じなければならない。
 養鶏家も防鳥ネットを張り巡らしたり、鶏舎の周りを消毒したりして、鶏舎に野鳥が入り込まないよう自ら防衛策をとることが必要だ。
 鳥インフルエンザが人に感染する可能性は低いが、二〇〇三年以降だけでも、鶏などを通じて十二カ国の二百四十人が死亡している。
 まずは、野鳥に直接触れたり、ふんをふんだりしないように気をつけることが大事だ。万一、接触した時は、手洗いやうがい、靴底の洗いを欠かさないようにしたい。
 世界的な大流行が懸念されている「新型インフルエンザ」は、鳥インフルエンザが人に感染し、次々と人への感染を繰り返すうちに、突然変異して起きるとされている。
 韓国では今、H5N1による鶏の被害が拡大している。新型インフルエンザ発生を食い止めるため、世界レベルで十分に監視しなければならないのはもちろんだ。
 風評被害も心配だ。
 今回、感染が確認されたのは野鳥である。流通業者や消費者には冷静な対応を求めたい。
 十和田湖はこれから本格的な観光シーズンを迎える。同湖周辺への旅行を控えようとする人たちが出ないとも限らない。
 風評被害を防ぐには、現在どのような感染防止策を進め、実態はどうなのかということを、関係機関が積極的に公開していくことが必要ではないか。
 ハクチョウは道内の多くの湖沼にも飛来する。一方、道内には、鶏を千羽以上飼っている養鶏家だけでも百軒以上ある。
 北海道にとって、今回のウイルス検出は決して「対岸の火事」ではない。道内の関係者は、監視体制や感染防止策が十分か、あらためて見直してほしい。

ハクチョウ2羽が衰弱死 読売新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)などから強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県内でも衰弱したオオハクチョウ2羽が相次いで保護され、数日後に死んでいたことが30日わかった。このうち1羽は北里大学で検査中で、結果は1日にも判明する。
 県によると、1羽は18日に十和田市奥瀬のホテル敷地内で従業員に発見された。環境省十和田自然保護官事務所に連絡があり、県鳥獣保護センター(平内町)で保護したが、20日に死んだ。県はウイルスの簡易検査などをしておらず、27日になって環境省から県に指摘があったが、死骸(しがい)が既に痛んでいたため、検査はできない状態という。
 もう1羽は23日に六ヶ所村尾駮地区で衰弱した状態で地域住民に発見された。同センターで保護したが27日に死に、北里大学獣医学部(十和田市)が死骸を引き取って検査を実施している。
 県は今後、衰弱した野鳥を保護した時には、1羽でも簡易検査を実施する。
 県は30日、担当19課の職員が対策会議を開き、情報共有や相談態勢強化などを申し合わせた。また、混乱防止のため、県内全域の宿泊業者やタクシー会社に対し、文書で注意を呼び掛けた。

■ 保健所に相談相次ぐ

保健所に相談相次ぐ 鳥インフルエンザ問題で、県内の保健所に相談が相次いでいる。
 県によると、各地の保健所などに設置された相談窓口には、30日だけで計31件の相談があった。「軒先の野鳥は大丈夫か」「死んだ野鳥を見つけたらどうすれば良いか」などと野鳥について尋ねる相談が18件と最も多く、「感染しないか不安」といった健康相談が10件あったという。

■ 防疫対策会議

防疫対策会議 中南地域の高病原性鳥インフルエンザ対策を話し合う防疫対策会議が30日、弘前市の県弘前合同庁舎で開かれた。
 県や市町村、農協などから約40人が出席。十和田湖畔のオオハクチョウから強毒性のH5N1型インフルエンザウイルスが検出されたことをうけて、出席者は連携強化の必要性を再確認した。出席者は、消毒作業などで使う防護服の脱着方法などを確認していた。

青森でもハクチョウ衰弱死 鳥インフルの被害拡大も 中国新聞 
 青森県六ケ所村の尾駮沼で四月二十三日、衰弱したハクチョウの幼鳥が見つかり、二十七日に死んでいたことが三十日、分かった。北里大(同県十和田市)が鳥インフルエンザとの関連を調べている。
 青森県では十八日、十和田市の十和田湖畔にあるホテルでも衰弱したハクチョウが収容され、二日後に死んでいたことが判明。死因は不明だが、鳥インフルエンザの野鳥への被害が青森県にも広がる恐れも出てきた。
 青森県によると、尾駮沼は、死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたハクチョウが見つかった秋田県小坂町の十和田湖畔から北東約七十キロにあり、飛来地として知られる。幼鳥は青森県平内町の鳥獣保護センターに送られたが二十七日に死んだ。
 北里大の研究員がふんを持ち帰り、鳥インフルエンザかどうか調べるための簡易検査を実施。陽性の場合、動物衛生研究所(茨城県つくば市)でウイルスの型などを調べる。
 一方、秋田県は三十日、同県小坂町のハクチョウの死骸が見つかった場所から半径三十キロ以内の鹿角市などの養鶏農家七戸へ立ち入り調査し、防鳥ネットの点検や消毒の徹底などを呼び掛けた。鶏への感染など異常はなかった。五月一日は大館市で立ち入り調査する予定。
 青森県も三十日、養鶏農家への立ち入り指導の対象を県内全域に広げて実施。同日までに指導した四十八戸では異常はなかったという。

鳥インフルエンザ ウトナイ湖兆候なし 環境省巡視を他地域でも調査へ(05/01 00:15) 北海道新聞 
 秋田県・十和田湖畔でオオハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市)は三十日、国内有数の渡り鳥の中継地のウトナイ湖畔の巡視を行った。野鳥の大量死など感染を疑わせる兆候は見つからなかった。
 同センターの自然保護官が、ハクチョウなどが集まる西部の湖畔を中心に約一時間をかけて巡視。衰弱した野鳥や死骸(しがい)がないか確かめ、バードウオッチャーからも情報を聞いた。センターは「十和田湖からウトナイ湖にハクチョウが飛来した記録はないが、仙台から来た記録はある。今後も巡視と情報提供を呼び掛ける」という。
 環境省は一日、稚内市声問の大沼と宗谷管内浜頓別町のクッチャロ湖でもハクチョウのふんを採取し、ウイルスの保有状況を調査する。網走管内佐呂間町のサロマ湖や根室市の風蓮湖、釧路管内厚岸町の厚岸湖などについても「状況を見ながら、調査の実施を検討したい」としている。

4月30日

厚労省「人への感染可能性は極めて低い」 鳥インフルエンザ MSN産経ニュース
 検出されたH5N1型ウイルスについて、厚生労働省は「人への感染可能性は極めて低い」と、近隣に冷静な対応を求めている。
 厚労省や国立感染症研究所によると、H5N1型ウイルスは、自然界の鳥には広く存在するが、本来、人には感染しないと考えられている。H5N1型を体内に取り込む受容体が、人には備わっていないからだ。世界的にも、野鳥から人へのH5N1型の感染はこれまで報告されていない。
 ここ数年、東南アジアなどでニワトリなど家禽(かきん)類から人へのH5N1型の感染が散見される。これらは、「庭で家禽類を飼ったり、家禽の売買にたずさわるといった“極めて濃厚な接触”があった場合に限られている」(専門家)のが実態だ。
 ……

鳥インフルエンザ 北海道と秋田、青森県でフン調査 MSN産経ニュース
 秋田県の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸(しがい)からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、鴨下一郎環境相は30日の記者会見で「十和田湖周辺と、北海道の主要渡来地でハクチョウなどガン・カモ類のウイルス保有状況調査を実施することとし、環境省からも職員を派遣した」と述べ、北海道と秋田、青森両県で鳥のフンを採取してウイルスの有無を調べることを明らかにした。
 さらに「今のところ家禽(かきん)への影響はないようだから、できるだけ正確に野鳥への影響をつかみたい。たまたま十和田湖で見つかったが、日本全国どこで起こっても不思議ではない」と述べた。
 環境相は、鳥インフルエンザウイルスは通常では人に感染するとは考えられていないとした上で「鳥の排せつ物に触れたときは、手洗いやうがいで感染予防に努めてほしいが、過度に心配する必要はないので冷静に行動してほしい」と呼び掛けた。
鳥インフルエンザ 県、冷静な対応要請 読売新聞
 白鳥から検出されたのは、強毒性の鳥インフルエンザウイルスのH5N1型だった。家族連れでにぎわう大型連休中の十和田湖周辺では、養鶏業者や観光業者らに衝撃が走った。鶏などへ感染した場合の致死率は高く、県は29日、市民や業者からの相談電話を開設。30日からは養鶏業者らの感染防止対策を点検するため、立ち入り調査に乗り出す。国内で人への感染例はなく、冷静な対応を呼びかけている。

■県庁

 県は29日正午から県庁で記者会見を開き、独立行政法人・動物衛生研究所(茨城県つくば市)に依頼して検査した結果、検出されたウイルスが強毒性であると発表した。だが、担当者は「人への感染の可能性は極めて低い」と強調した。
 カモが起源とされるインフルエンザウイルスは、鳥類が主に保菌。通常は病原性が低く、宿主の鳥が死ぬことはほとんどない。しかし、感染を繰り返すうちにウイルスが強毒性に変異し、野鳥や飼い鳥などを死に追いやる。
 このため、鶏への感染を防ぐには、鶏舎に野鳥の侵入を防ぐ防護ネットを張り、鶏舎の出入り口に靴の裏を殺菌する消毒槽を置くことが必要になる。こうした感染の防止対策が十分かどうか点検するため、県は、30日と5月1日の2日間、感染した白鳥が見つかった小坂町の十和田湖畔から半径30キロ以内にある大館、鹿角、小坂の3市町の14養鶏業者と1採卵業者を立ち入り調査する。
 また、県によると、県内の白鳥飛来地は、長木川(大館市)、小友沼(能代市)、皆瀬川(横手市)など計309か所。
 県は28日に県内全域の主要な飛来地を巡回調査した。けがで飛べない白鳥1羽が見つかったが、白鳥はすでにシベリアに飛び立った後でほかにはいなかった。カモ類などにも異常はなかったという。
 さらに、県は、人をはじめ、鶏、ペットの鳥への感染不安や死んだ野鳥を発見した場合などの相談窓口を、県内の9保健所と8地域振興局の森づくり推進課、県庁の担当各課に開設。当面の間、連休中も休みなく毎日午前8時30分〜午後5時15分に対応する。

■現場の十和田湖

 十和田湖を含む十和田八幡平国立公園を管理している環境省十和田自然保護官事務所(青森県十和田市)は、鳥インフルエンザウイルスが確認されて以降、死んだ白鳥が他の野鳥と接触し、感染を拡大させた恐れもあるとして、野鳥の監視活動に追われている。
 職員は毎日、十和田湖畔を車で一周し、湖岸でカモが死んだり、衰弱したりしていないかを双眼鏡で目視。29日も午前9時から約5時間かけて見回ったが、特に異常はなかったという。

 今後は湖北部にも監視活動の範囲を広げていく。

 同事務所の福井智之・首席自然保護官(40)は「これまで十和田湖周辺で鳥インフルエンザに感染している鳥が見つかったことはない。白鳥がどこで鳥インフルエンザに感染したかわからないが、非常に驚いている」と話す。

■養鶏業者

 十和田湖から南西に約10キロの小坂町荒谷で養鶏業を営む小館正光さん(58)は「踏んだりけったり。養鶏はやめた方がいいかもしれない」とため息をついた。
 二つある計約200平方メートルの鶏舎で年間計3000羽ほどの比内地鶏を生産している。これまで他県での鳥インフルエンザ被害は人ごとには思えなかった。冬には鶏舎の周囲の田んぼに白鳥がよくえさをついばみに来る。鶏舎に張り巡らせた防鳥ネットを毎日のように点検し、鶏舎の衛生管理に気を配ってきた。

 しかし、ここ1年ほどでえさの価格は1トン当たり1万円ほど上昇、比内地鶏の偽装問題でイメージが大きくダウンした。小館さんは「生産者はまじめに比内地鶏を育てているのに、トリプルパンチを受けたようなもの」と嘆く。30日には県の立ち入り調査が入る。「消費者の比内地鶏離れを防ぐためにも、できるだけ早く安全確認してもらいたい」と話した。
 「風評被害が心配だ」。比内地鶏を年間15万羽以上を出荷する鹿角市の飼育・加工販売会社幹部は声を落として言った。比内地鶏の偽装問題が昨年10月に発覚した際は、全体の売り上げが1割ほど減少したという。
 この幹部は「衛生管理には100%自信がある。白鳥はすでに飛び立ったし、影響は出ていないが、消費者がどのような反応を示すかが心配。今後、営業がしづらくなるだろう」と語った。

■観光業者

 十和田湖畔のホテルや観光業者はゴールデンウイークの繁忙期を迎えている。

 旅館を経営する宮信(みやまこと)さん(49)(小坂町)は「今のところキャンセルする予約客はいないが、大騒ぎされると観光客が不安がり、心配だ。5月3〜5日は客室は満室状態。影響が無ければいいが……」と話した。
 湖畔で土産屋を営み、30年ほど前から白鳥に餌を与えてきた織田盛好さん(69)(青森県十和田市)は「鳥インフルエンザに感染するとは思わなかった。冬場の白鳥の飛来を楽しみにしている観光客も多いので心配だ」とうつむいた。
 小坂町産業課が十和田湖畔にある町内のホテルや民宿、旅館20軒に緊急の聞き取り調査した結果、大型連休中の4月29日〜5月6日に約6000人以上の宿泊予約が入ったが、28日から29日午前中までのキャンセルは2、3件にとどまり、客からの問い合わせもなかったという。

 同課の担当者は「強毒性とわかり、キャンセルが増えるかもしれない。素手で触らなければ大丈夫と安全性をアピールしたい」と話している。


鳥インフル調査県内全域で 読売新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)などから検出された鳥インフルエンザウイルスが強毒性のH5N1型と判明したことを受け、県は29日、養鶏業者への立ち入り調査の範囲を全県に拡大するなど、対策強化に乗り出した。同日までに県内の感染例は報告されていないが、十和田湖の旅館や養鶏業者は風評被害に神経をとがらせている。
 県は29日午後、環境省から「強毒性ウイルスと判明」という連絡を受け、立ち入り調査の範囲を「発見場所の半径30キロ・メートル以内」から「県内全域」に拡大した。対象は1000羽以上を飼育する養鶏業者で、県内では約1400万羽を飼育する163戸に上る。
 また、環境省と連携し、十和田湖周辺で白鳥やカモ類のフンを採取し、ウイルスの保有状況を調査。さらに、家庭のペットの鳥に関する相談を、動物愛護センター(017・726・6100)と保健衛生課(017・734・9214)で受け付ける。鳴海勇蔵・県農林水産部長は、「ウイルスが強毒性でも対応がすぐに変わるわけでないが、風評被害が心配だ。総合的な防疫態勢の徹底を急ぎたい」としている。
 一方、十和田湖畔の宿泊施設が集中する十和田市休屋地区では、ホテルや旅館でキャンセルが相次いだ。29日に2件のキャンセルがあった温泉旅館の関係者は「今が書き入れ時なんですが……」と浮かない表情。やはり2件のキャンセルがあったホテルの関係者は「今は大きな影響はないが、拡大しないかと不安です」と話していた。
 周辺の養鶏業者も困惑の色を隠せない。十和田湖から約23キロ・メートル離れた田子町で約4万羽のブロイラーを飼育する養鶏業者の男性社長(52)は、「防鳥ネットは張ったが、野鳥が入ってこないか心配で、昨夜は眠れず深夜も鶏舎の見回りをした。消費者も心配だろうが、出荷している鶏に問題はない。冷静に対応してほしい」と祈るように話した。

白鳥 湖北上は2ルート

 十和田湖畔に事務所を置く財団法人「自然公園財団」十和田支部の東島忠澄・十和田ビジターセンター所長によると、十和田湖には例年、約300羽の白鳥がシベリアから飛来し、11月上旬から翌年4月中旬ごろまで越冬する。
 白鳥は、地元住民が餌付けを始めたことで約20年前から集まるようになり、徐々に数が増えたという。
 日本野鳥の会青森県支部の今兼四郎・事務局次長によると、この時期に十和田湖から北上するルートとしては、〈1〉秋田県を経由して津軽半島から北上〈2〉青森県三沢市の仏沼や小川原湖を経由して下北半島から北上――という二つがあり、オオハクチョウは太平洋側を経由する可能性が高いという。


4月29日

十和田湖の鳥インフル、ウイルスは強毒性の「H5N1型」 日本経済新聞 -
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸から検出された鳥インフルエンザウイルスが、強毒性の「H5N1型」であることが29日、農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究所(茨城県つくば市)の調べでわかった。秋田県によると、周辺の鳥に異常は見られないという。
 国内の野鳥から同型のウイルスが検出されたのは、2004年に大阪府と京都府でのハシブトガラスと昨年3月、熊本県のクマタカに続いて3例目。
 秋田県は農林水産省の要請により、死んだハクチョウが発見された地点から半径30キロ以内の養鶏農家15戸を対象に30日と5月1日、立ち入り調査を実施する。環境省とも連携し、発生地周辺の野鳥の調査に乗り出す。
鳥インフルはH5N1型 養鶏場への拡大防止徹底へ 東京新聞 
 秋田県の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸から検出された鳥インフルエンザウイルスが、強毒性のH5N1型であることが29日、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の動物衛生研究所(茨城県つくば市)の調べで分かった。
 国内でのH5N1型ウイルスの確認は、昨年3月、熊本県で見つかった野生のクマタカ以来。同型は鶏に対し毒性が強く致死率も高いため、農林水産省と秋田県などは、養鶏場への拡大防止策を徹底するが、今のところ鶏への感染は確認されていない。
 十和田湖畔では21日、ハクチョウの死骸3羽と衰弱した1羽が見つかった。同研究所がそのうちの3羽について鳥インフルエンザウイルスの保有状況を調べていた。
 県によると、ハクチョウから検出したウイルスを鶏8羽に接種し、10日以内に6羽以上が死んだ場合、鶏に対し強毒性だと判定されるが、今回は1日目に7羽が死んだという。
鳥ウイルスはH5N1型 動物衛生研究所が確認 東京新聞
 秋田県の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸から検出された鳥インフルエンザウイルスが、強毒性のH5N1型であることが29日、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の動物衛生研究所(茨城県つくば市)の調べで分かった。

 H5N1型の確認は、国内では2007年3月に熊本県で見つかったクマタカ以来の例。

 十和田湖畔では21日、ハクチョウの死骸3羽と衰弱した1羽が見つかった。同研究所が、そのうちの3羽について鳥インフルエンザウイルスの有無やタイプを調べていた。
鳥インフルエンザ:秋田で検出受け、県が注意呼びかけ /高知 毎日新聞 
 秋田県でオオハクチョウ数羽の死体から高病原性鳥インフルエンザが検出されたことを受け、県は28日、県内の養鶏農家約70軒や鳥を飼育している学校などに注意を呼びかけた。今後、農家への巡回指導を強化する方針。
 県は、野鳥が大量に死亡しているのを発見した場合には、素手で触らないよう呼びかけている。発見した場合は県庁代表(088・823・1111)へ。

十和田湖の鳥インフルエンザは強毒性 H5N1型か? MSN産経ニュース
 秋田県小坂町の十和田湖で見つかったハクチョウからH5型の鳥インフルエンザが検出された問題で、環境省は29日、動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査でこのウイルスが強毒性だったことが判明したと発表した。同研究所は、さらにこのウイルスが、鳥などが感染すると死ぬ可能性が高いH5N1型であるかどうか調べている。

 環境省は、十和田湖をはじめ北海道の湖や湾など渡り鳥の主要飛来地で、他の鳥に異常かないか監視するとともに、ハクチョウやカモなどの水鳥を中心にフンの調査を行うなどウイルス保有状況調査を行う方針。必要に応じて、個体の血液検査も検討する。また、地元自治体を通じて住民や観光客に「弱った野鳥にむやみに近づいたり触ったりしないように」と呼びかけている。

ウイルスの毒性調査、きょうにも判明・十和田湖の鳥インフル 日本経済新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔でハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出され、同県は28日、病原性の強い「H5N1型」のウイルスかどうか調査を始めた。早ければ29日にも結果が判明する見通し。
 秋田県の依頼を受けた農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究所(茨城県つくば市)がウイルスの毒性を調査。H5N1型への感染が確認されれば、国内の野鳥では2004年に京都府と大阪府で見つかったハシブトガラスと、昨年3月の熊本県のクマタカに続く事例となる。
秋田でH5型鳥インフル検出 ハクチョウから 河北新報
 秋田県は28日、小坂町の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウ3羽の死骸(しがい)と衰弱していた1羽から、H5型のインフルエンザウイルスを検出したと発表した。人への健康被害の可能性は低いという。鶏などに感染した場合、突然死などを起こす恐れがあり、県は養鶏農家を中心に、野鳥の侵入防止対策の徹底を呼び掛けた。

 県は、4羽のうち3羽の内臓やのどの詳細な調査を動物衛生研究所(つくば市)に依頼。検出されたウイルスが毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)かどうかなどを調べており、結果は早ければ29日にも判明する。

 県農畜産振興課によると、漁協関係者が21日、オオハクチョウの成鳥と幼鳥の計4羽が湖畔に点在して倒れているのを見つけた。衰弱していた1羽もその後、死んだ。4羽の死因とインフルエンザウイルスの関連は不明。これまでに県内で野鳥などが大量に死んでいるという情報はない。

 十和田自然保護官事務所(十和田市)の話では、11月から4月にかけて、湖の青森側を中心に、シベリアなどからハクチョウが飛来するが、ハクチョウからインフルエンザが検出されたことはなかったという。

 H5N1型は、東南アジアや欧州で感染例の報告が相次ぎ、国内では2004年以降、山口県や京都府、宮崎県などで検出されている。人が死骸などに触っただけでは感染しないとされるが、人に爆発的感染を広げる新型インフルエンザへの変異が懸念されている。

鳥インフル県緊急調査 読売新聞
 渡り鳥飛来地や養鶏農家対象

 秋田県小坂町の十和田湖畔の白鳥から鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は28日、県内の渡り鳥飛来地や養鶏農家に異変がないかどうかの調査を開始した。県は「感染した鳥に濃密に接触しなければヒトが感染する可能性は低いが、野鳥に餌付けするなどの行為は念のため控えてほしい」としている。
 県などによると、死んだ3羽と衰弱した1羽が発見されたのは、十和田湖南側の県境から秋田側に約1〜4キロ・メートル離れた湖畔。農水省などは28日、同湖に近い青森、秋田、岩手の3県に対し、家畜への感染予防対策の徹底を指示した。
 動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査で、感染したのはH5型のウイルスと判明。強毒型かどうかは同研究所が今後調べるが、農水省は「毒性の強さにかかわらず、同ウイルスが家畜に伝染しない限り、被害拡大は考えにくい」(動物衛生課)としている。
 青森県は28日、同湖のほか、平内町や五所川原市などの渡り鳥飛来地で異変死がないかどうかを調査。また、1000羽以上の鶏を飼育する養鶏農場163戸に対し、異常死の有無などの聞き取り調査を始めた。今回の白鳥発見場所から半径30キロ・メートル以内の養鶏農家39戸には、獣医師による立ち入り調査を実施する。
 北里大学獣医学部の竹原一明准教授(人獣共通感染症学)は、「大型の鳥類である白鳥が死んだことから判断すると、毒性の強いウイルスの可能性もある。強毒型だとしても直ちにヒトには感染しないが、念のため、十和田湖周辺の住民や観光客は白鳥や白鳥のふんには触れない方がいいだろう」としている。

カモから感染か

 大槻公一・京都産業大学鳥インフルエンザ研究センター長は、「白鳥の死亡原因となったウイルスが強毒型だった場合、カモから感染した可能性がある。今後、渡り鳥が北上するにつれ、秋田県以北にウイルスが伝染するかもしれない。十和田湖周辺に生息する鳥について、感染の有無などを調査した方がいい」と指摘している。

十和田湖白鳥鳥インフル 養鶏業者「眠れない」 読売新聞 
 「消毒剤をまいても心配で眠れない」――。県が28日、十和田湖(小坂町中の平)の湖畔で発見された白鳥の死骸(しがい)などから鳥インフルエンザウイルスの感染が確認されたと発表したのを受け、感染防止対策に追われた県内の養鶏業者からは不安の声が上がった。
 大館市内の比内地鶏の養鶏業者はこの日、保健所から連絡が入ると、急いで鶏舎の周囲に消毒のための石灰を散布した。29日には、野鳥の飛来を防ぐネットを鶏舎の全体に張り、万全を期すという。
 この業者の男性社長(50)は「うちのニワトリがインフルエンザに感染すれば、出荷も営業も停止される。十和田湖方面から風が吹くと、ウイルスが飛んできそうな気がして、たまらなく心配になってしまう」と表情を曇らせた。
 比内地鶏を扱っている県北の養鶏会社の幹部は「とうとう対岸の火事ではなくなった」と話す。同社には県の発表以降、地鶏に異常がないかを問い合わせる取引先からの電話が相次ぎ、社員が「うちのニワトリに問題はありません。衛生管理の徹底に励んでいます」と必死に応答していた。
 一方、鳥インフルエンザの感染が確認された検体は、独立行政法人・動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査で、ウイルスの種類が「H5型」と特定された。29日にもH5N1型かどうかが判明する見込みという。
 環境省は28日、H5N1型と判明した場合は、十和田湖周辺で野鳥のフンなどを調査し、ウイルスの保有状況を調べることを明らかにした。
 ただ、県農畜産振興課によると、H5N1型と判明しても、これが韓国などで猛威を振るった強毒性か、弱毒性かについては、実際にニワトリに投与してテストするしかなく、結果が出るまでには最短でも10日間はかかるという。
 ある県の担当者は「環境省と最大限に協力し、調査を進めるだけでなく、正確な情報も公表し、風評被害などを防ぎたい」と話し、別の担当者は「強毒性か、弱毒性かの検査結果を待って冷静に対応したい」と話している。