我が国でも高病原性H5N1鳥インフルウイルスが検出
十和田湖秋田県側 4月21日
野付半島    4月24日

サロマ湖   5月5日

韓国で検出ウイルス株はベトナム株の可能性が言われており、そうなると感染地域は日本海側、中国船や韓国船が出入りする港湾周辺の河川、湖沼、湿地帯が可能性大−−>理由

・国内関連鳥インフル、国内報道集
日本の行政機関はなぜ対応がいつも遅いのか !?
・北海道野付半島で発見された鳥インフル感染白鳥事例の問題
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

参考
下記に示しているのは欧州で死亡白鳥が見つかった際の対策に関する報道集である。
ウイルス拡大を何にも優先して阻止することが国家の緊急課題となっている。またそれは同時に新型インフルエンザ対策における初動対策でもある。 今回の日本における対策は余りにも稚拙で緩慢である。これではウイルスは簡単に日本中、さらには世界中に拡大危険性がある。人には危険性は低いというのは、必ずしも正しくはない。
・2006年英国スコットランドでH5N1鳥インフル死亡白鳥事例集
・2008年英国野鳥保護区ドルセで発生した白鳥におけるH5N1鳥インフル事例集
・2007年度ドイツの野鳥(白鳥他)で発生したH5N1鳥インフル事例集
・2006年、ドイツ、リューゲン湖でのネコ感染事例報道集