北海道野付半島で発見された鳥インフル感染白鳥事例
2008/5/2
 4月21日に秋田県十和田湖で3羽の死亡白鳥と、1羽の衰弱した白鳥が見つかった。
 4月28日そうした事実が記者発表され、H5亜型株鳥インフルウイルスが確認されており、高病原性H5N1鳥インフルウイルスか否かについては、検査中と説明された。そして29日H5N1鳥インフルウイルスと確認された。

 一方、北海道野付半島の野鳥飛来地でも4月24日に死亡したオオハクチョウが見つかっていた。死骸は近くの獣医が保管していたという。そして4月28日の十和田湖事例の発表があったことから、環境省に報告され、昨日緊急検査が行われた。
 A型インフルエンザウイルスの存在を調べる簡易キットでの検査ではあるが、陽性の結果が得られたという。
 水棲の野鳥は各種類のA型インフルエンザウイルスをもっていることが多い。だから検査の結果鳥インフルエンザウイルスが検出されたからと言って驚く必要はない。しかしそのウイルスが原因で死亡したとなったら、話の行方は180度変わる。
 白鳥(野鳥)を殺す鳥インフルエンザウイルスは高病原性鳥インフルエンザであろうし、それは現在ではH5N1鳥インフルエンザである確率が高い。
 白鳥が別な原因で死亡したなら、たまたま病原性の低い、または無いA型鳥インフルエンザウイルスが見付かっただけの事かも知れない。A型鳥インフルエンザウイルスは百数十種類は存在している。

 問題点
 ・死亡が発見された時点で、迅速な対応が国から求められてなかったのか?現場で秋田県のニュースを知ってら慌てて環境省に報告、指示受けと言うのでは、「鳥インフル対策」発展途上国となる。2年前の英国事例、昨年から本年にかけてのドイツ、英国、フランス事例などを学んでいないのだろうか?(現場の人間と指導すべき環境省や北海道の担当者)。
 ・高病原性H5N1鳥インフルであることを想定した対策は始められているのだろうか?意義の薄い「対策会議」を開いて、型にはまった対策内容を担当者が説明し、それがコピーされ、現場に降ろすというやり方は、「鳥インフル」、「新型インフル」の対策では通じない。感染症対策の場合は、必ず何らかの結果がでるから、いい加減な日常業務的発想で時間を潰しているなら、大きな代償を背負うことになる可能性もある。
  対策:全道的野鳥のチェックを急ぐ。病的になった白鳥が1羽だけ群れから離れて、どこかで死亡していることが多い。それが野山の中であればキタキツネに食べられていることもあるし、ネズミやモグラ他の野生動物に食べられることも有り得る。それら哺乳動物はウイルス感染を起こしたら必ずに近いほどの確率で死ぬ。生きたままウイルスのキャリアとなって周辺にウイルスを拡大することはない。それら死亡した小動物、または死ぬ前の小動物が家きん等にウイルスを感染させたり、また死亡した小動物をカラスなどが食べて死ぬ場合もある。死亡したカラスや雀も状況によってはウイルスを保有していることを疑う必要がある。
  人へは心配ない。
  他の野鳥や家きんへウイルスが広まる過程で変異を起こし人に危険なウイルスとなりえる。故に他の野鳥への感染、家きんへの感染、さらには2年前にドイツであった死亡した野鳥を食べて発病したネコへの警戒も必要かも知れない。
 関連記事

 経過

 5月5日にH5N1鳥インフルウイルスであることが確定された。
 さて……、どうすれば良いのだろう。
 これまですべきだたことが山のように残っているが、それらの大半は既に過去に決着がついている可能性が高いものばかりだ。その決着は時間と共に明確になってくる。
 死亡した野鳥周辺からウイルスは拡大したのか?
 側に近づいた観光客の靴底は消毒したのか?白鳥を運んだりしていた職員達の靴底は十分消毒したのか?白鳥を運び出す時に使用した車のタイアは消毒した後、現場から目的地に向かったのか?

 現場周辺の野鳥の死亡調査、または野鳥でのウイルス検査はどこまで行われているのか、H5N1鳥インフルで死亡する野鳥と、ウイルスのキャリアーとなって他にウイルスを拡大させる野鳥は区別されているのか?

 近くのキタキツネやネコ等の調査も行っているか?
 近くの犬の放し飼い禁止措置は行っているか?

 死亡白鳥現場はいつから封鎖されているのか?そしていつ開放するのか?

 多くの課題が今も山積している。
 如何に迅速に処理し、さらなる重要課題を見いだすことが出来るかが、関係者の能力と言える。