要警戒!! 韓国とロシア沿岸州

国内西南地域の家きん農場、H5N1鳥インフル発生に要警戒
韓国で発生、南西部で拡大中
 今年に入って、3月末から4家きん場で鳥インフルが発生。
 全羅北道
   金堤市の養鶏場 3月下旬 H5N1ウイルス4日確認
   井邑市永元面のアヒル農場 4月5日 H5N1ウイルス7日確認
井邑市永元面のアヒル農場 4月9日 H5N1ウイルス
井邑のアヒル農場多数 4月9日 ウイルス未同定
   スンチャンのアヒル農場 ウイルス未同定
   古阜面(ゴブミョン)の養鶏場 H5N1ウイルス8日同定
全羅南道
霊巖郡(ヨンアムグン) 10日検出 13日 H5N1H5確定

韓国地名表記と呼び方
全羅北道 チョンラブクド Jeollabuk-do
  井邑市 チョンウプシ Jeongeup-si チョンウプシ
     永元面 ヨンウォンミョン
     古阜面 コブミョン
       淳昌郡  スンチャングン Sunchang-gun
  金堤市  キムジェシ  Gimje-si
  
全羅南道 チョンラナムド Jeollanam-do
       霊巌郡 ヨンアムグン  Yeongam-gun

行政区分

道(ド、do、)===市(シ、si、)/郡(グン、gun)===面(ミョン、myeon)



参照用韓国地図

昨年発生した韓国と日本のH5N1鳥インフル
2006年11月から2007年3月まで、韓国では7件のH5N1鳥インフル発生が農場で発生し、続いて2007年1月、日本国内で宮崎県、岡山県の下記4養鶏場で発生した。ウイルスは韓国も日本も中国青海省株であった。
熊本県相良村(2007/1/4)クマタカ
     宮崎県清武町(2007/1/10)
       日向市(2007/1/23)
       新富町(2007/1/30)
     岡山県高梁市(2007/1/26)  
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2008/4/12
Russia confirms bird flu outbreak NDTV.com, India  (インド)
 ロシア、鳥インフル発生を確認

 ロシア、ウラジオストック北方110キロの村で鶏等の家きんでH5N1鳥インフルが発生。
  渡り鳥の飛来により感染の可能性が指摘。

 韓国南部でも家きんの間でH5N1鳥インフルが拡大中であることから、この地帯全域でウイルスが広がっている可能性が気になる。