上ノ国流感記録 −北海道上の国町史から

スペイン風邪
 大正7年世界的にスペイン風邪が流行したが、8年には日本全国に感冒が流行した。
 大正9年2月、字上ノ国では部落会議を開き、各地に大流行の悪性感冒に対処するため、予防注射を施行することをきめた。衛生費を含み1戸平均50銭を集め、北里研究所へ注射液を発注したが、早速応じ得ない旨の返信があった。おくれると、鰊場へ出稼ぎに行く人々の出発後になるというので、一時中止することにしたが、3月に入ると各戸に患者が続発した。再び村役場を経て北里研究所に発注して薬品を取りよせ、衛生組合役員協力のもとに予防注射を実施したが、時すでに遅く、3月中旬から4月上旬にかけて、上ノ国、北村、中須田、苫符、湯ノ岳にかけて感冒が猛威を振い、死者116名の多きに達した。
一家枕を並べて床につく状態であったので看病する者もなく、それがまた家ごとであったから、見舞をすることもできない。雪はまだ残り、自転車とてないのに、1人の村医のおよぶところでなく、死者があっても会葬する者もなく、3、5人の人でようやく埋葬をすませる惨状を呈した。親を失ない、妻を失ない、多くの悲劇のもととなった。
 9年5月5日上ノ国(支村を含む)大留北村の有志は大供養を行ない、9月12日上国寺境内に大正9年春不慮病死者追悼碑を建立した。
          
エトロフ島の惨状報告 − 北海タイムス特派員報告から抜粋

死体を原野に運び山積して火葬す(大正9年6月6日)

 …今回渡島、実際を目撃するにあたり、如何に悲惨を極めたるかに驚いた。猛烈なるは東海岸の留別村を中心として単冠湾沿線年萌と天寧村の間に在りて、その最も隆盛を呈せるは天寧なりしがごとく、同所和泉缶詰所を始め部落民一同ほとんど罹患者ならざるはなく、百名余の村民枕をつらね、片端より死亡しゆく有様にて、村医の所在地たる留別も同様の状態に陥り、亭主が死亡し、1時間後にその妻が逝き、子供が危篤という惨事を頻発し、村医も感染し行動の自由を失い、…。
 …看護人などの希望者なく、空しく親兄弟の死を傍観し…
 …患者はもちろん、患者ならざる者も早晩全滅を免れずと予期し、息のあるまに少しでも旨い食物を摂るのを得策なりとて…