現在行える新型インフレルエンザ対策
季節性インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン
 インフルエンザ・ウイルスにネーティブ(native)な人々、簡単に言えば、未だインフルエンザ・ウイルスに暴露されたことのない人々(アマゾンの奥地に現代人との接触を断って生活している人々、もしくは宇宙人等?)が、毎年冬に流行しているインフルエンザに罹患したならどうなるであろうか?
 これは実験のしようがないが、免疫を全く持っていないので重症化率と致死率が非常に高いはずだ。
 我々の体内の免疫系は、何度も暴露された香港株(H3N2)やソ連株(H1N1)に対して、主要な抗原蛋白に対する免疫は保持されている。だからワクチンをしなくても重症化する人は少なく、致死率もスペイン・インフルエンザのように2%にはならない。H3N2やH1N1の病原性が低いからだと言うべきではない。元々の病原性は、スペイン・インフルエンザ並とまでいかなくても、結構高かった。世界で100〜400万人死亡してる。それが現在2〜3十万人で済んでいるのは、多くの人が免疫を保持しているからだ。
 それでも毎年発生するインフルエンザ・ウイルス株の表面抗原全てに対して免疫をもっているわけではなく、細かい部分の抗原は変異しているから、それらに対しては免疫はない。毎年接種するワクチンは、そうした細かい部分の抗原を予知して作られている。しかしその予知がはずれたとしても、接種しないよりはした方が良いに決まっている。絶えずA型インフルエンザ・ウイルスで体内の免疫系をブーストしておくことは、季節性インフルエンザに限らず、新型インフルエンザを含めて、免疫的メリットはあると考えるのが論理的とである。
 いずれにしても、インフルエンザ・ウイルスにネーティブな人々が対象になったなら、接種しなければ重病化して、致死率は高くなる。我々の場合は、ワクチンの効果があまりなかったとしても、発病したとしても、簡単に肺炎は起こさないし、増しては死亡する程重病化しない。
 米国CDCは、インフルエンザの医学的予防方法はワクチン接種であると言い切っている。英語ではあるが、読める方は読んでおくことを勧める。

 さらに季節性インフルエンザ・ワクチンがH5N1鳥インフルエンザ予防に効果を持つことが、最近いくつかの研究結果から示されている。意外とマスコミも、保健行政担当者も知っていないようだ。

 季節性インフルエンザ・ワクチン(H3N2,H1N1)がH5N1ウイルス感染に予防的効果を示すという最近の知見:
 ・季節性インフルエンザ・ワクチン接種により、H5N1ウイルスに対する抗体がボランティアの血中に微量ながらも産生される(イタリアの研究者チーム、2007年12月27日発表)。
 ・季節性インフルエンザ・ワクチンを接種しおいたフェレットに、続いてH5N1ワクチンを投与した場合、先に接種されていなかった対照群のフェレットに比較し、産生される抗体量が有意に増加する(メドインミューン社、シンポジウム発表、2008年1月26日)。(すなわち季節性インフルエンザ・ワクチンがH5N1ウイルスに対する免疫的prime効果を保有している)。
 ・季節性インフルエンザワクチンを接種されたマウスにH5N1ウイルスを投与すると、死亡率は半減した(聖ユダ小児研究病院チーム、2007年2月13日)。
 ・H3N2ウイルスで誘導されてくる細胞障害性Tリンパ球は、H5N1ウイルスに対しても反応性を持つ(2008年5月24日論文発表)。

 以上のことから、インフルエンザ・ワクチン接種により、新型インフルエンザが発生したとしても、重症化や致死率の低減等の効果が得られる可能性が高い。

 保健行政が現在、新型インフルエンザ対策として強力に推進すべき対策は、1)インフルエンザ・ワクチンの接種、2)高齢者における肺炎球菌ワクチンの接種、である。
 2)に関する根拠は、最近の知見でスペイン・インフルエンザの主要死因原因が、肺炎球菌等の細菌性肺炎だったこと知られてきたことによる。関連論説の訳文