英国、野鳥保護区ドルセで発生した白鳥におけるH5N1鳥インフル報道集
2008年度
3月1日

New case of H5N1 found in Dorset Farming UK, UK (英国) 英国、野鳥保護区ドルセで、さらにH5N1鳥インフル感染野鳥が検出
 ドルセの野鳥保護区で、2月25日に検査のために集められた1羽のカナダカモから、H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 先に感染した白鳥が見つかった場所から1キロ離れた場所で見つかった。
 今回の事例で、同地域で11羽の野鳥からウイルスが確認されたことになった。

2月2日

Two more dead swans had bird flu Dorset Echo, UK  (英国) さらに2羽の白鳥が鳥インフルで死亡
 英国ドルセの野鳥保護区で、以前より白鳥がH5N1鳥インフルを発症して死亡して見つかっているが、今回さらに2羽の死亡が確認され、当保護区で鳥インフルで死亡した白鳥は計9羽となった。
 環境食料農業省(Defra)は、これからも発見されることは予想されないことではないが、白鳥の間や野鳥の間での鳥インフルの拡大は起きていない、とコメントしている。

1月19日


Bird flu kills fifth swan Mirror.co.uk, UK (英国) 英国、ドルセ、鳥インフル死亡白鳥が5羽に
 ドルセの野鳥保護区で見つかっているH5N1鳥インフル死亡白鳥の5羽目が見つかったことが環境省から発表された。
 地域でさらに鳥インフルが広がっている事実はないと説明されている。

1月17日


Britain confirms positive H5N1 for another swan Xinhua, China (新華社、中国) 英国でさらに白鳥からH5N1鳥インフルウイルスを検出
 英国は16日、南イングランドのドルセで、先に見つかったH5N1鳥インフル感染白鳥3羽に引き続き、同地域で1羽の白鳥でもウイルス感染が確認されたと発表した。
 野鳥の間や家きんの間での拡大は認められていないと説明している。

1月12日


Nine swans dead as bird flu concern grows Dorset Echo, UK  (英国) 英国で死亡白鳥が9羽に、鳥インフルへの警戒感高まる
 

英国Abbotsbury Swanneryで、死亡した白鳥を死骸収容バッグに収める当局者
野生の白鳥3羽でH5N1鳥インフルが見つかったAbbotsburyで、さらに死亡した白鳥が見つかり、合計9羽となった。
 6羽の死亡した白鳥の検査結果は、本日中に判明する予定となっている。

1月11日



Bird flu alert prompts farm search Petersfield Post, UK  (英国) 白鳥でH5N1鳥インフルが検出されたことから、家きん農場の調査が開始
 英国の動物保健専門家は、3羽の死亡したコブハクチョウから致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された事から、周辺の家きん農場の調査を開始した。
 また健康予防局(Health Protection Agency)は、死亡したコブハクチョウが発見された野鳥保護区の職員12人の健康状態の観察を行っているが、鳥インフル発病のリスクは低いと言っている。
Govt doing 'everything' to contain bird flu Politics.co.uk, UK  (英国) 英国政府:鳥インフル封じ込めのために全力を注ぐ

 英国政府は鳥インフル拡大阻止のために全力を注ぐと、首相が本日語った。
 デボンで3羽のコブハクチョウから致死的H5N1鳥インフルウイルスが見付かった後、ブラウン首相は万全な対策の再保証を行った。
 地域の他の鳥の調査は現在おこなわれている。そして環境食料農業庁(Defra)は、野鳥コントロール地域と監視地域が設定されたことを確認した。

Bird flu confirmed in mute swans in S Britain Xinhua, China (新華社、中国) 南部英国で、コブハクチョウから鳥インフルウイルスが検出
 南部英国のドルセ(Dorset)で強毒性のH5N1鳥インフルで3羽のコブハクチョウが死亡したことが、英国環境食料農業庁(DEFRA)から10日発表された。
 白鳥の死骸は定期的調査で見つかったとDEFRAは説明し、野鳥コントロール地域と監視地域が設けられ、家きん飼育者は地域内で家きんを野鳥から隔離するように指示された。
H5N1 bird flu strain kills three swans in England Reuters  (ロイター) 英国、3羽の白鳥H5N1鳥インフルに感染して死亡
 英国は、10日、3羽の野生の白鳥から致死的H5N1鳥インフルウイルスを検出し、家きん飼育者に感染対策を強化するように警告した。
 EU委員会は、英国南部のドルセ(Dorset)の野鳥保護区で発生した鳥インフルに対して、EUの通常の感染対策措置が講じられたと発表した。
 対策地域内では家きんは”と殺場”へ向かう以外、家きんの移動は禁止された。そして狩猟も禁止された。
 「この事実は明らかに歓迎すべきことではないが、以前から言っているように、英国では鳥インフルが発生するリスクは低い(家きんでの発生:訳者注)」、英国の主任獣医官が語った。
 英国における最初のH5N1鳥インフルは、2006年にスコットランドで死んだ1羽の野鳥で見つかった。続いて2007年2月、11月に東部の農場の家きんで発生した。