米国CDC、A型インフルエンザ迅速判定装置を国内に配備
2008/10/2

US approves test for human and bird flu AFP (国際) 米国、人及び鳥インフルエンザの迅速検査法を承認

 昨日、AP、ロイターがニュースを配信しているが、本日はフランス通信社(AFP)が取り上げ、フランス系報道各社が流している。

 米国FDAは、人インフルエンザ及び鳥インフルエンザに罹患した人の迅速診断が可能な新規検査法を承認したことを発表した。
 検査法は米国CDCが開発し、国内のCDC関連検査機関で年内に使用を開始する。
 当検査法は、患者の鼻や咽頭から採取された検体に含まれるインフルエンザ・ウイルスの遺伝子を分析し、人のインフルエンザ・ウイルスだけでなく、H5N1ウイルスや他の株も同定可能である。
 FDA発表によると、当検査法は、RT-PCR法でウイルス遺伝子を増幅させ、そこに蛍光分子を結合させ、その後アプライド・バイオシステム社が開発しFDAが同様に承認した分析機器で判定する。
 結果は4時間で得られ、一度に多数の検体の分析が可能である。 
 「これは公衆衛生サーベイランスにとって非常に意義のある進展だ」、と保健福祉省のレービット長官がコメントしている。
 さらに、パンデミックの初期に原因ウイルスを検出する上で、非常に役立つ、とも語っている。

2008/10/1

New Applied Biosystems test diagnoses flu fast Reuters  (国際) アプライド・バイオシステム社の新検査法、インフルエンザ診断の迅速化に
 アプライド・バイオシステム社と米国CDCが開発した新迅速インフルエンザウイルス遺伝子診断テストが、米国FDAによって、9月30日、承認された。
 検査法は、鳥インフルエンザと季節性インフルエンザのウイルスの両者を迅速に検出するもので、まもなく国内各州の保健局に配布される。
 CDCのP研究者は、この検査法で、季節性インフルエンザもパンデミックインフルエンザも、より迅速に検出可能となった、と語っている。
 検査方法は、ウイルス遺伝子を増幅して、迅速に感染している株を同定するものである。
 パンデミック・インフルエンザの早期検出に応用化可能と関係者は言っている。


Faster genetic test for flu virus approved The Associated Press  (AP、国際) インフルエンザ・ウイルスの迅速遺伝子検査法が承認
 9月30日、米国連邦政府は、これまで4日間要したインフルエンザウイルス株の遺伝子同定検査を、4時間で行える新規検査法を承認した。
 これまでは州毎に違う検査法で行っていたが、今回承認された新規検査法は全州で取り入れられるため、情報交換が正確で容易になる。
 米国CDCが中心となって開発した。
 この新規遺伝子同定方法は、特にパンデミック・インフルエンザウイルスの検出に威力を発揮すると考えられる。
 ウイルスの同定には、これまではウイルス培養の必要性から数日間要していた。