2006年ドイツ、リューゲン湖でのネコ鳥インフル感染事例周辺記事
2006/4/6
・Keep cats indoors if avian flu nearby, researchers warn CBC News, (カナダ) 鳥フルが発生した場合、猫は室内へ:研究者が警告
 本日発行の世界的科学雑誌の” Nature”に、オランダのウイルス学者のオスターハウス等が、H5N1鳥フルウイルスが存在している地域では、猫を室内で飼うべきと警告している。
 感染して死亡した鳥を食べた猫が、ウイルスを他の猫に感染させることを実験的に明らかにし、猫から人への感染の危険性を訴えている。
 鳥フルの感染した可能性ある場合、または接触した可能性がある場合には、猫を隔離して検査すべきと研究者達は言っている。

2006/3/10
・BirdFlu Found in Weasel-Like Animal CBS News 鳥フル、イタチ様動物でも検出
 ドイツ北部のリューゲン島でイタチ様哺乳動物のテンでH5N1鳥フるウイルスが検出された。同島では多数の白鳥が鳥フルで死亡し、それを食べたと思われる猫も死亡している。
 AP通信


2006/3/8
・鳥インフル恐れ猫捨てる 動物愛護協会困惑 フランス 産経新聞 
 ドイツで猫から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを受け、フランスでは感染を恐れて猫を捨てる飼い主が現れ始めた。フランス公共ラジオが7日伝えた。保健省などは飼い猫を捨てないよう呼び掛けていたが、懸念が現実になった形だ。猫が捨てられているのは、野生のカモや家禽(かきん)へのH5N1型ウイルス感染がフランスで初めて確認された東部アン県の近く。アン県に隣接するローヌ県リヨンの動物愛護協会は、今月4日だけで40匹の猫を引き取ったという。同協会は「(猫を飼っていても)危険はないことを理解してもらおうと努力しているが、うろたえる市民もいる」と困惑気味だ。フランス農業省は4日、野鳥や家禽へのウイルス感染が確認された地域を対象に、飼い猫を家から出さないよう求める行政命令を出した。保健省は同日、死んだ猫や犬を見つけたら、手を触れず、獣医師に届けるよう求める声明を発表するとともに「ペットを捨ててはならない」と訴えていた。


2006/3/3
・猫が鳥インフルエンザで死亡、ドイツ北部 ロイター
  3月2日、ドイツ北部で、猫が鳥インフルエンザで死亡しているのが発見された。
 写真は現場付近の猫(2006年 ロイター/Christian Charisius) 

           

・EU、鳥インフルエンザで猫や犬の隔離を勧告 日本経済新聞 
 欧州連合(EU)加盟国の専門家会合は鳥インフルエンザ対策の一環として、感染地域で猫や犬を放し飼いにしないよう勧告した。ドイツで死んだ猫から毒性が強いH5N1型ウイルスが見つかったことを受けた措置。専門家会合は「家禽(かきん)以外の動物から人への感染は確認されていない」としながらも、鳥インフルエンザ流行への警戒を強めている。
 勧告は渡り鳥からH5N1型が検出された地域が対象。渡り鳥との接触を避けるため、猫は屋内に隔離し、犬はひもでつなぐ必要があるとした。鳥インフルエンザで猫や犬が死んだ可能性がある際は当局への通報を義務付けた。アジアでは猫や虎などの感染が報告されているが、欧州ではドイツの猫が初の哺乳(ほにゅう)類への感染例となった。

2006/3/2

・Pet owners panic after dead cat found infected with birdflu WBOC TV 16 (米国) 猫が鳥フルで死亡した事から、ペット飼育者がパニックへ
 フランスの動物保護協会長は、ドイツで猫が鳥フルで死亡したことから、多くの猫飼育者から問い合わせの電話が相次ぎ、パニック状態に陥っていると語った。
 ドイツでは猫を屋外に出さないように警告が出された。

2006/3/1
・Deadly birdflu strain confirmed in cat in Germany USA Today (シンガポール) ドイツで猫から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出
 2月28日、北部ドイツのリューゲン湖で致死的H5N1ウイルスが死亡した猫から検出された。
 リューゲン湖では先に100羽以上の野鳥がH5N1鳥フルウイルスに感染して死亡している。
 ジュネーブのWHO本部の報道官であるマリア・チャンさんは、哺乳動物がH5N1鳥フルウイルスに感染するのは知っているが、今回の事例がどのような重大性を人に持つのかは分からない”、と語っている。