2006/4/5

・Tests Confirm BirdFlu Found in Scotland CBS News  (米国) スコットランドで死亡した白鳥、H5N1鳥フルと確認


 AP
 英国は致死的H5N1鳥フル株が、死亡した野生の白鳥から検出されたことを6日確認した。鳥フルが大西洋を越えて広がる懸念が出てきた。
 白鳥はスコットランドのセラーダイク(Cellardyke)、ロンドンの北方450マイル以上離れた町で見つかった。
 国民の健康に対する心配をする理由はない、と英国の主任獣医は語っている。鳥フルは非常に希に人に感染するが、それは極端に感染した鳥、特にその排泄物に接触した場合と説明している。
 スコットランドのグラスゴウでも2羽の白鳥が死亡したが、予備的検査では鳥フルは陰性であったと言う。
 

・BirdFlu Found in Scotland Newstalk ZB, (ニュージーランド) スコットランドで鳥フルが見つかる

 スコットランドで英国初の致死的H5N1鳥フルウイルスが死亡した白鳥から見つかり、英国政府は6日、高度の警戒状態となった。
 鳥は東海岸のファイフェで5日に見つかり検査の結果H5N1ウイルスが陽性だった。
 英国政府の市民危機管理対応局( civil emergency response agency:COBRA)が、緊急対応に6日乗りだした。


・Why the arrival of deadly virus poses a very real risk to us all Times Online (英国) 致死的ウイルスの到来は、なぜ非常に現実的に、我々全てに危険性をもたらすことになるのか?
 少数の死亡した鳥が数百万人の人々の死の危険性をもたらすとの思いは、非常に大きな論理の飛躍かも知れないが、それは以前にも起きたことなのだ。

 Q&A
  • 鳥インフルエンザとは?インフルエンザウイルスで起きる鳥の間での感染症。いくつかのウイルスは何ら症状を起こさないが、ある種の株は致死的である。
  • H5N1株の意味は?インフルエンザ・ウイルスは表面に2種類の突起があり、それぞれ異なったタンパク質で構成されている。一つはヘマグルチニン(H)で、もう一つはニューラミニダーゼ(N)である。Hにはタンパク組成の違いから15種類あり、Nには9種類ある。H5N1株とはH5とN1を表面に持つウイルスである。
  • その特殊性は?これは殊更鳥に対して感染性が強く、また致死的である。
  • どうしたら防ぐことが出来る?まず飼育家禽を野鳥から隔離することであるが、屋外で家禽が飼育されている場合、これは非常に難しい。
  • 鳥達へのワクチン接種は可能?可能である。この予防方法は殺処分と共に発生予防方法として極東で行われてきた。しかしワクチンが効果を呈するまで数週間要することから、殺処分の方が速やかに効果が期待できる。
  • 他にはどのような予防策が?:ベトナムや中国では家禽の移動がウイルス拡大の大きな原因となっていた。家禽の移動の禁止は意味を持つと考えられる。
  • それでも人への感染が起きる?非常に希な場合、人への感染は起きえる。これまでの経験から言うと、感染者の多くは家禽飼育に関与していた人々であり、濃厚に家禽やその排泄物に接触した既往がある。鳥のウイルスが存在する排泄物が乾き、埃となって空気中を漂い、人の呼吸で肺に入ってウイルス感染する。
  • 家禽を食べることは?加熱されて調理されている限り、ウイルスは死滅しているので安全である。
  • 感染した人は危険?極めて危険であり、これまでは発病者の半数が死亡している。ただし感染が確認されていないケースも多いと考えられるので、実際の死亡率は低いと推測されている。
  • 人へ容易に感染しやすくなる?これが大きな問題である。ウイルスが、人への感染性を有するように変異すると、世界的パンデミックとなる。しかし、感染性獲得の過程の中でウイルスは、逆に致死力を減じてゆく(のが通例である)。
  • そのようにウイルスが変わる条件は?時間的経過、人または豚のような動物の体内で、鳥インフルエンザ・ウイルスと人インフルエンザ・ウイルスが交わること。誰も人に対する致死的ウイルスへの変異が起きるか否か、起きるとしたならいつなのか、については予知できない。しかしよりウイルスが拡大すればするほど、変異の可能性は高くなる。
  • そうなったらどうなる?誰も免疫をもっていないから世界で200万人から4千万人の人々が死亡する。
  • 数羽の鳥の感染が数百万人の人々の死につながると言うのは、大きな論理の飛躍では? :実際に過去にスペイン・インフルエンザの実例がある。それも鳥インフルエンザからの変異で、世界で2から4千万人死亡した。それ故、我々はそれが実際に起きえることを知っている。
  • しかしそれは1918年のことであって、現在の我々は十分それに対抗出来るのでは?確かにそうは言えるが、しかしながら我々の現在の医療環境では応じきれない規模のパンデミックが予想される。ワクチンが用意されたとしても量は限られている。
  • もし死亡した鳥を見つけたとき、どうする?
    英国環境食料農業省(DEFRA)は:
     1羽以上の死亡した白鳥かカモを見つけたとき
     同じ種類の鳥が3羽以上死んでいるのを見つけたとき
     異なった種類の鳥が5羽以上死んでいるのを見つけたとき
     
      触らず、下記にどこで死んでいるのを見つけたか、報告するように言っている。
      (08459 335577)

2006/4/6


・英でも鳥インフル、強毒性H5N1なら初感染例 読売新聞 
 英当局は5日夜、英北部スコットランドの東海岸の農場で死んでいた白鳥から、鳥インフルエンザウイルスが発見されたと発表した。
 強毒性のH5N1型かどうか、6日に判明する。英メディアによると、専門家は同型の公算が大きいとしており、その場合、英国で初の感染例となる。
 ブレア首相は6日朝、緊急事態特別閣議を召集し、対策を協議する。

・Suspected birdflu case in Scotland ic North London Online (英国) スコットランドで鳥フル発生の疑い

 スコットランドで鳥フルが発生した可能性があることを、スコットランド行政官が確認した。
 発表では、ファイフェ(Fife)で見つかった死亡した白鳥から予備的検査で、高病原性H5鳥フルウイルスが検出され、さらなる詳細については(H5N1であるかどうか)明日判明すると言う。
 行政府はEU委員会の決定に基づいて、発生地周辺3キロ以内を予防ゾーン、10キロ以内を警戒ゾーンとした。

・Britain finds H5 birdflu in dead swan Reuters AlertNet (英国) 英国で死んだ白鳥からH5鳥フルウイルスが検出
 スコットランドで死亡した白鳥から鳥フルウイルスを検出したことを、英国政府は明らかにした。予備的検査ではH5亜型株であることが分かっているが、詳細は検査中という。しかし英国の獣医部門の責任者は、致死的H5N1ウイルスであることを想定して、十分態勢を整えていると語った。
・Keep cats indoors if avian flu nearby, researchers warn CBC News, (カナダ) 鳥フルが発生した場合、猫は室内へ:研究者が警告
 本日発行の世界的科学雑誌の” Nature”に、オランダのウイルス学者のオスターハウス等が、H5N1鳥フルウイルスが存在している地域では、猫を室内で飼うべきと警告している。
 感染して死亡した鳥を食べた猫が、ウイルスを他の猫に感染させることを実験的に明らかにし、猫から人への感染の危険性を訴えている。
 鳥フルの感染した可能性ある場合、または接触した可能性がある場合には、猫を隔離して検査すべきと研究者達は言っている。

2005/4/8

・Britain rolls out bird flu crisis plan TheNewsTribune.com  (米国) 英国、鳥フル危機計画の実施へ
 野生動物管理局(Wildlife officers)では3百万の鳥の監視と、10数羽の死亡した白鳥についてのH5N1鳥フル検査を開始した。
 
  H5N1鳥フル発生地域周辺では、約25万羽の屋外飼育家禽は室内へ、そして家禽移動の厳格な禁止措置が始まった。
 周辺1.8マイル内の6家禽飼育者達は、鳥フル検査のために検体の提出を指示された。
 発生地周辺6マイル内の監視地域では、監視員と獣医師達がパトロールを開始した。


・Scientists play down fears over spread of disease in UK Independent (英国) 科学者、英国における鳥フル発生に対して人への危険性は極めて低いと

 致死的鳥インフルエンザが英国で初めて見つかった後、政府の主任科学者は英国中の鳥の検査を行うことで社会的不安感の軽減に務めはじめた。
 主任科学者であるダビド・キング卿はH5N1鳥フルウイルスが死亡した白鳥から検出されたからと言って、パニックになる必要はないと力説している。
 2001年に口蹄疫が英国に流行した際の経験が、多くを残したことから、英国は他の国以上に流行病の発生に対処出来る、とダビド卿は語る
卿は1羽の白鳥の死がから危機が訪れたとは考えない、とも語る。
 致死的鳥フルの到来は、それが国中に拡大し、人に感染する株に変異する不安を駆り立てさせるが、それにも関わらずダビド卿は強気のメッセージを発した。
 政府の主任医療政務官であるライアム・ドナルドソン卿は、昨年、鳥フルで死亡する可能性のある死者数を5万人と言ったが、最近露見された内閣の秘密文書では32万人に達する可能性もあるとされる。
 死亡した白鳥から病気が拡大する警戒から、昨日ウエブリッジの政府機関の獣医研究所では、少なくとも鳥フルを疑わせる22羽の鳥の検査を行っている。12羽の白鳥を含む14羽の検体は、10日前に白鳥で鳥フルが見つかったスコットランドから運ばれた。また3羽の死亡したカモメがグルチェスターで、1羽のカモの死骸がバーミンガムで見つかり、それらの検体が送られてきている。
 英国の危機管理チームであるCobra委員会が昨日ホワイトホールに集まり、ベン・ブラドショウ動物愛護大臣が座長となって、今後の対策について話し合った。
 緊急対策は3月29日に死亡した白鳥が見つかった、ファイファのセラダイク村周辺に焦点が合わせられた。100以上の農場で300万羽の鶏が飼育されているが、その地域は2500キロ平米の広さであり、その一帯が”野鳥危険地域”と指定され、家禽の屋内飼育が義務づけられ、さらに他の拡大防止対策がとられた。
 警察は鶏や七面鳥を運ぶ車の監視を始めている。
 地域の店や図書館では、犬は必ずリードを着ける様に指導するポスターが貼られた(放し飼いの禁止:訳者)。数千枚のチラシが各家庭に配られ、衛生管理について指導された。
 英国中の公園、動物園、野生動物公園では職員がパトロールを強化して、動物達の異常の有無の早期発見に務めている。
 
 専門家達は、現在のH5N1鳥フルは、人にはほとんど危険性がない、と説明する。それは一般的に、感染した家禽を取り扱う作業者にのみ感染しているとされる。
 王室ロンドン病院教授のジョン・オクスフォードは次のように語る。
 ”感染した鳥の側を歩いたからと言って人は感染しない。くちばしに触ったり、羽根を引っ張ったり、または排泄物に触れたり、等しない限り感染はしない。この時点で人に対する危険性はほとんど無いと言える。感染地域における鶏や七面鳥における危険性の方が遙かに高い”。

・Bird flu lab will work all hours as number of tests grows Times Online (英国) 鳥フル検査は24時間態勢で
 英国における鳥フル検査は24時間態勢で行われると当局から発表された。本日もウエブリッッジの研究所には60羽の鳥の検体が持ち込まれていると言う。
 2月1日以来500羽の白鳥を含む1100羽の鳥の検体が検査されているが、そのほとんどは定期的検査であったが、現在は全ての死亡した白鳥に関して緊急検査対象となった、と説明された。

以下必要なら、2006/4/8以降の記事を参照してください。