Pandemic Flu Storybook CDC  (米国CDC) パンデミック・インフルエンザの語り部達

 序文から
 この「パンデミック・インフルエンザの語り部達」は編集が終了していない。CDCは今後も語り部達の物語を収集、募集し続け、四ヶ月毎に改訂してゆく。

 パンデミック・インフルエンザへの準備はほとんど全ての国々で進行中である。
 ここ米国においても全ての州でパンデミック・インフルエンザ対策は講じられている。
 あなたの州の対策を十分知り、そして誰があなたの地域のパンデミック対策の任務を担っているのか確認してください。


 掲載されている中から、三人の語り部の話を訳す(管理人)。

Nicola and Constance Maffeo

 私の祖父、ニコラ・マフェオ(いつもニックと呼ばれていた)と祖母のコンスタンス・マフェオはイタリーから米国に移住してきました。
 コンスタンスはパンデミック・インフルエンザが発生したとき、7人の子供達の部屋とカーテンで隔てられた部屋で生活していました。彼女が子供部屋に入るとき、鼻と口をガーゼのマスクで覆っていたと言います。7人の子供達が発病し、4人が死亡しました。死亡したのは、フランク、ニック、ローザ、とドミニクです。ニックとローザは双子でした。生き残った3人の子供達の1人である私の叔母のマリー・アン・マフェオの話によると、兄弟達それぞれがまもなく死ぬことを彼女は、祖母のコンスタンスがその子を抱いたまま家族のロッキングチェアに座り、歌を口ずさんでいる光景で知ったと言います。ロッキング・チェアはキシキシと音を立て、そしてその音が聞こえなくなったとき、マリーは、抱かれた兄弟が死亡したことを知ったと言います。。
 祖母のコンスタンスは、発病した7人の子供達の看病をしましたが、発病しませんでした。彼女は14人目の子供を宿したとき、38歳で死亡しました。夫のニックは102歳まで生きました。
Marie Otto

 サイモン・ウイックストロームは1898年、21歳の歳に、中央ミネソタ州の荒野に開拓民として農場を購入した。そして16歳のミネソタのアトウエーターに住むセルマ・ペターソンと結婚した。
 この語り部の母であるエラ・ウイックストロームは、セルマが17歳のときに長女として誕生した。その後7人の子供達が誕生していった。ラルフ、レスター、カリー、テド、フローレンス、エルマー、そしてアルビンである。母のセルマは農場で働くため、エラが幼い子供達の面倒をみた。料理、洗濯、家庭内の整頓を行った。
 1918年、この若い家族達に悲劇が襲った。彼等は全員歴史的パンデミック・インフルエンザを発症した。
 エラは発病した父親と兄弟達の看病のために家の中に留まった。セルマと長男のラルフは農場の仕事を続けた。
 11月19日の夜に13歳のレスターが死んだ。彼の遺体は葬儀屋が来るまで納屋に置かれた。他の子供達は死んだ兄へ”さよなら”を言うために納屋に入ることを許された。兄弟達が家に入った後、棺は2頭立ての馬車で墓地に運ばれていった。
 全ての人々はインフルエンザを怖れ、”人々はハエのように倒れている”と言われた。
 5日後の11月25日に父親のサイモンは死んだ。葬儀屋が木製の棺を運んできた。そしてサイモンが棺の中に収められた後、棺は地面に置かれた。
 子供達が外に連れてこられ、彼等の父親に泣きながら”さよなら”を告げた。子供達が家の中に戻された後、棺は墓地に運ばれた。サイモン・ウイックストロームは息子のレスターの隣に安置された。
 そのとき、セルマは36歳、エラは19歳、ラルフは17歳、カリーは11歳、テドは8歳、フローレンズは5歳、エルマーは3歳、そしてアルビンは1歳であった。
 
Dr. James H. Wallace

 88歳の年に私の祖父であるJames H. Wallaceは、1918年のパンデミックの間の経験を含めた短い人生記録を作った。

 彼は1894年に生まれ、イリノイ州のサンドウイクで育った。高校を卒業後彼はオバーリン・カレジで2年間学び、その後ノースウエスタン・医学大学に入学できた。インターンを終了した後彼は海軍に入隊し、シカゴのグレート・レイク(五大湖)基地に所属した。
 「1918年9月13日の金曜日、私は勤務だったが、その日インフルエンザ患者病棟を担当させられた。インフルエンザはトレーニング場を爆弾のように破壊しつくした。10万人の兵士達は突然病院の3000床のベッドに積み重なった。私は2番目の病棟、さらに2病棟を受け持たされた。自分の担当患者は100人前後になっていた。ほとんどの患者は気管支肺炎だった。若い卒業したての医師にとっては信じられない体験だった。死亡率は信じられない高さで、一日100人以上死亡した。その時代は、サルファ剤もペニシリンもなく、多少のアスピリンだけしかなく、何人かの医師達の手にはウイスキーが握られていた(自分達のストレス解消用に?)。
 流行は基地を短期間で走り抜け、幸運なことに短期間で終息した。自分は全然症状は出さなかった」。

 Wallace医師は1986年に92歳で死亡した。