高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年8月

8月31日

国内の動き
 新型インフルエンザの発生に備え厚生労働省が計画している平成21年度のプレパンデミック(大流行前)ワクチンの大規模な事前接種の最初の対象者として、医師などの医療従事者約百五十万人を検討していると報道された。
 現在進行中の六千人規模の臨床研究でワクチンの安全性、有効性が確認されれば、来年春以降に警察官やライフライン関係者を含む約一千万人への接種拡大を検討するとしていた。だが「接種拡大は安全性を確認しながら段階的に進めるべきだ」などの意見に配慮、最初の対象者を医療従事者に絞ることにしたとされる。

報道
まず医師ら150万人にワクチン接種 新型インフルで厚労省 中国新聞 

8月30日


Kenya on bird flu alert New Vision, Uganda (ウガンダ) ケニヤで鳥インフル警戒報
 政府は、南部スーダンで鳥インフルが発生したことから、マラバ(Malaba)とブシア( Busia)を経て、長距離トラックで運ばれてくる生家きんの輸送を即刻禁止した。
VIETNAM: Uphill battle to raise awareness of bird flu Reuters AlertNet, UK  ベトナム:鳥インフル知識普及に懸命の闘い
 ベトナム鳥および人インフルエンザ対策国際協力団体(Vietnam Partnership for Avian and Human Influenza (PAHI))は、最近数週間に3省で鳥インフルの発生があったことを報告した。
 2008年以来、64省のうち26省の44地域で鳥インフルの発生を認め、同国の鳥インフル対策の焦点が当てられていた。
 2003年以来、ベトナムでは106人が発病し、52人が死亡している。
 それでもベトナムでの対策は大きな進歩を見せている。国連の鳥インフルエンザ対策計画の専門家であるデービット・ペイネ(David Payne)氏によると、2004年と2005年には90人が発病し、39人が死亡していたが、今年度は2008年3月以来5人しか発病していない(全員死亡)、と説明する。
 ペイネ氏は、ベトナム政府の鳥インフルの重大性に対する早期の認識、および国連や国際的支援団体のアドバイスや支援に従ったことを大きく評価している。
 他

8月29日

国内の動き
 環境省は29日、野鳥の高病原性鳥インフルエンザ感染に備え、都道府県向けの対応マニュアルの概要を発表した。(1)通常時(2)近隣国発生時(3)国内発生時-の3段階の警戒レベルを設定。マガモやマガンなど感染リスクの高い野鳥について、通常時は同一場所で3羽以上死亡している場合、ウイルス感染の有無を検査するが、近隣国や国内で発生しているときはすべての死亡個体を検査に回すとしている。9月にマニュアルをまとめる。
 また都道府県は死亡した野鳥の簡易検査を実施することになるが、陽性の場合は北海道大、鳥取大、動物衛生研究所のいずれかでさらに確定検査を行うとなる。同省は確定検査終了までは公表を控えるよう都道府県に求めているが、死んでいる野鳥の発見から公表まで4~5日かかるとされる。

報道
感染リスクの高い野鳥33種を指定、環境省が鳥インフル対応策 読売新聞 
警戒レベル、3段階に区分=野鳥のインフル感染で-環境省  時事通信

8月28日

国内の動き
 
英製薬大手グラクソ・スミスクラインが開発した新型インフルエンザのプレパンデミック(大流行前)ワクチンの臨床試験(治験)が、来月から国内で始まることになった。同社日本法人が28日明らかにした。
 来年にも厚生労働省に承認申請し、国家備蓄用に採用されることを目指すという。現在政府が備蓄している大流行前ワクチンはすべて国産で、外国製ワクチンが承認されれば初めて。


報道
外国製ワクチンの治験、9月開始 新型インフル、備蓄用目指す  神戸新聞


Novavax says experimental bird flu vaccine works Milwaukee Business Journal, WI  (米国) ノババックス社、実験的鳥インフルワクチンが効果と発表
New flu vaccine approach hopeful, Novavax says HealthCentral.com, VA  (米国) ノババックス社、新インフルエンザワクチン臨床試験で成功
 H、N、M2e蛋白を抗原とした遺伝子を含まない疑似ウイルス粒子をワクチンとしたノババックス社のH5N1ウイルスワクチンに関するニュース。先にもいくつか紹介している。培養昆虫細胞を利用。本年度末には季節性インフルエンザワクチンの臨床試験も開始予定と。
 製造過程が単純なため、工場規模は小さく済み、そのため各国で導入が容易とわれる。
8月27日


国内の動き
 厚生労働省は27日、人工呼吸器を全国の医療機関に約3600台新たに配備することを決めた。新型インフルエンザが大流行した場合、不足する恐れが強いと指摘されているからだ。保健所の管轄区域とほぼ等しい、全国に約360ある「2次医療圏」ごとに10台ずつ整備する方針で、来年度予算の概算要求に約20億円を盛り込むという。

報道
全国に人工呼吸器を配備 新型インフル対策で厚労省 東京新聞 


Novavax Moves Closer to Licensing Bird Flu Vaccine Washington Post, United States (米国、ワシントンポスト) ノババックス社のプレパンデミックワクチン、ライセンス承認間近
 昆虫細胞でウイルス培養。従来の受精卵方式の8~10倍量製造が可能。パンデミック・ウイルスが確認されてから10~12週でワクチンが製造される。従来の受精卵方式の半分の期間で可能といわれる。
New flu vaccine approach hopeful, Novavax says Reuters  (国際) ノババックス発表:新規開発ワクチンは効力が十分期待される
 インフルエンザウイルス表面の3種類の蛋白、H、N、およびM1を抗原としたノバラックス(Novavax)社のワクチンが臨床試験第二相で効果を収めた。インドネシアで2005年に分離したH5N1ウイルスを用いている。
 ノババックスのワクチンの特徴は、ウイルス粒子は使うが、中の遺伝子は全く存在しない。そのために抗原認識され、抗体は産生されるがウイルスは細胞内で増殖はしない。
 抗原となるウイルス粒子は昆虫の細胞培養を用いて増やすが、短期間で大量製造が可能となっている。
 臨床試験ではこれまで発売されている、または開発中のどのワクチンにも劣らない結果がでたとされる。
8月26日


Novel Technology Could Transform Production Of Flu Vaccine With ... Medical News Today (press release), UK  (英国) インフルエンザワクチンの新製造方法、効力、製造量、コストの大改革につながる可能性
 バックスインネイト製薬(VaxInnate Corporation)は、M2e万能型インフルエンザワクチンが安全で免疫的効果が得られることが、臨床第一相試験で確認されたことを発表した。この万能型ワクチンが、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの両者に予防効果を呈する期待が高まった。
 「我々はバンクスインネイトのM2e万能型インフルエンザワクチンが非常に期待に満ちたものであることを、臨床試験で安全性と免疫反応性を確認したことから確信する」、とテキサス大学医学部(UTMB)のシーリー・ワクチン開発センターの長官であるクリスチーヌ・ターレイ医師が説明している。同長官は研究の発案者でもある。
 「UTMBは今後さらにバックスインネイトのワクチンの研究を続ける。安全で非常に効果的で、さらに季節性およびパンデミックを起こすA型インフルエンザに効果を発揮する可能性がある」。

 当ワクチンの特徴は、A型インフルエンザウイルス表面のM2e蛋白を抗原とするもので、このM2e蛋白は株毎に変化せず、そのため全てのA型インフルエンザウイルスに効果を発揮すると考えられる。
 製造は細菌にM2e蛋白をコードする遺伝子を組み込み細菌を培養増殖させる。M2e蛋白抗原が細菌の鞭毛抗原と結合して産生される。鞭毛抗原は免疫系を強く刺激するため、M2e蛋白も効果的に抗原として作用する。
 臨床試験第一相では、抗原量 0.3, 1, 3, 10 ugで4週間隔で2回注射した。なおアジュバントは使用していない。
 60人の若い男性が被験者として参加し、ダブルブラインドで臨床試験が行われ、各濃度の抗原で安全性と抗体産生能が確認された。
 当製法によるワクチン製造期間は非常に短時間で済み、小規模施設でも世界的必要量をも製造可能とされる。
 ワクチン製造には、受精卵方式で6~9ヶ月、細胞培養法で6ヶ月要するが、当方法では非常に短期間で製造可能で、また施設的にも細菌培養だけですむので、大規模な施設は必要としない。

 結果は10月に米国で開催される関連学会で発表される。

Protein Structure Discovery Opens Door For Drugs To Fight Bird Flu... Science Daily (press release) (国際) 蛋白構造解明により新抗鳥インフル薬開発への足がかりが得られる



 X線解析により得られた知見からのイメージ画像。
 人の CPSF30蛋白の一部分と(青)結合するウイルスのNS1 protein(ブラウン)。
(Credit: K. Das, L. Ma, E. Arnold, R, Krug, G. Montelione and others, Rutgers University and The University of Texas at Austin)
 ある種の人の蛋白に結合し、その結果自然の抵抗力を抑制し、そしてインフルエンザウイルスの増殖を効果的にしてしまう、A型インフルエンザウイルス表面の蛋白の三次元構造が明らかにされた。NSIウイルス蛋白と言われ、鳥インフルや1918年に発生したスペイン・インフルエンザウイルスも保有している。
 この新発見を載せた論文はは PNAS (国立科学アカデミー紀要:Proceedings of the National Academy of Sciences)の初期版で発表される。

 10年前、オースチン、テキサス大学のロバート・M・クルク教授が、NSI蛋白が人のCPSF30と呼ばれている蛋白に結合することを見いだした。CPSF30は人の細胞をインフルエンザウイルスからの感染予防に重要な働きをしている。NSIがCPSF30に結合するとインフルエンザ。ウイルス増殖の抑制に必要な分子を人の蛋白はもはや放出出来なくなる。
 今回、ルトジャース大学大学のガエタノ・モンテエリオネ教授とテキサス大クルク教授が、人のCPSF30蛋白を掴み込むNSIの結合ポケットを同定した。
 今回の発見により、A型インフルエンザウイルスの増殖を抑制する鍵となる蛋白構造が明らかになり、今後の薬剤開発につながるものと期待される。


UT researchers make major discovery that could help fight virulent ... Triangle Business Journal, NC  (米国) テキサス大学の研究者達、高毒性の鳥インフル等への薬剤開発へつながる新発見
 テキサス大学の研究者達が、鳥インフルや他のインフルウイルス株に対する薬剤開発につながる新発見のをしたことを発表した。
 ルトジャース大学(Rutgers University)のチームとの共同研究で、テキサス大学の研究者達は、人の細胞の蛋白に結合し、そのウイルス増殖に対する抑制効果を失わせるA型インフルエンザウイルス表面部分の三次元構造を決定した。そこはNSIと呼ばれるウイルス蛋白の一部分で、全ての人から分離されるA型ウイルスや鳥インフルウイルス、さらにはスペイン・インフルウイルスも保有している。
 「我々の研究は、人のインフルエンザ流行、さらには高致死性のパンデミックを起こすA型インフルエンザウイルスのアキレス腱の明らかにしたといえる」、とルトジャース大学のガエタノ・モンテエリオネ教授が語っている。
 「我々は薬剤を作用させる部位の構造を同定した」。
 研究論文は、「国立科学アカデミー紀要( Proceedings of the National Academy of Sciences)」に掲載される。
8月25日

UAE takes strict precautionary measures against bird flu China Internet Information Center(中国) 厳格な鳥インフルエンザ予防対策を講じるUAE
 アラブ首長国連邦(UAE)が鳥インフルエンザ対策への注力を増している。これは渡り鳥の季節が近づいたたことを受け同国内での流行を予防するために厳格な対策を行うものであると、現地紙Khaleej Timesが日曜日に報じた。
 UAEの鳥インフルエンザ緊急対応国家委員会内の技術チームは、UAEの海岸や島嶼などの地域での実地調査を強化する予定である。内容としては鳥の観察や無作為抽出の標本検査で9月初めから開始されると、同記事はしている。
対 策は、北から南へ向かう渡り鳥の季節の開始と時期を合わせたものとなる。渡り鳥は毎年9月にUAEの様々な地域に飛来することが多い。
 野鳥や渡り鳥の観察計画は特殊な装置を使い実施され、同国海岸の25平米キロをカバーする。
同委員会は国境検問所、空港や海岸での監視も強化して同国に入る鳥が高病原性H5N1ウイルスに感染していないことを確認するようにする。
 UAEに輸入される全ての鳥・家禽製品は環境省と食糧管理局が検査を行い、安全で感染症に汚染されておらずヒトの消費に適していることを保証するという。T.M訳


 23日の情報から

 今冬の南半球でのH1N1インフルエンザウイルス(ソ連型)の多くはタミフル耐性株。
 北半球での今冬のインフルエンザ流行株も、タミフル耐性H1N1の可能性もある。
 詳細は23日情報で。

タミフル耐性H1N1株の検出頻度
WHO8/20発表から
2006/10~2007/3 2007/10~2008/3 2008/4~2008/8/20
北半球 米国で1%、欧州や日本では未検出 7528株中16% -
南半球 242/788(31%)

8月24日

Study: Bacterial pneumonia was main killer in 1918 flu pandemic CIDRAP  (米国) 研究:1918年のインフルエンザ・パンデミックにおける主要な死因は細菌性肺炎

印刷用ファイル
 1918年に流行したパンデミックの死亡者の大多数は、インフルエンザ・ウイルスそのものの侵襲によるものではなく、2次性細菌性肺炎であったことが確認され、研究者達は現在のパンデミック対策に抗生物質と細菌性肺炎ワクチンも備蓄すべきであると主張する論文を、今週発表した。  

 国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の専門家達は1918年のパンデミックの犠牲者達58人の保存されていた肺組織を調べると共に、数千の遺体解剖記録を分析して、彼らの結論を”感染症雑誌「Journal of Infectious Diseases」”に発表した。
 「組織学および細菌学的分析結果から、大多数の患者の死亡原因は2次性細菌性肺炎によるものであることが示唆される」、とデービットM・モレンズ医師、ジェフェリー・・タウベンバージャー博士、および NIAIDのアンソニーS・ファウチ長官等による論文に記載されている。

 1918年のパンデミック際して多くの発病者達が短期間で死亡していることは、患者の大多数がウイルスの直接的肺への侵襲、または免疫システムのウイルスに対する異常反応により死亡したとの印象が強く持たれてきた。
 しかし今回の新研究は、ウイルスが気管支や肺の細胞を傷害した後に発生した細菌の侵襲が、死者の90%以上の死亡原因であったことが示されている。
 「簡単に言えば、ウイルス感染が最初の打撃を与え、続いて発生した細菌感染がパンチをかまして患者をノックアウトさせた」、とNIAIDのファウチ長官は説明する。

肺切片所見と剖検記録分析

 研究者達は分析するのに2つの戦略をとった。最初に、米軍病理施設に保存されている1918年のパンデミックで死亡した兵の肺組織から、新しい顕微鏡標本を作成し直して分析した。
 次に、1918年頃の文献を探し、剖検により細菌学的情報が記載されている109件の文献を選び出した。15ヶ国から合計8398体の剖検記録が記載されている。
 ほとんどの肺組織検査で、現在ウイルス感染による変化と考えられている組織像を伴った重症急性細菌性肺炎像、またはその単独像が明らかになった。そこには気管支上皮細胞の傷害も含まれている。細菌はしばしば大量に集塊をなして観察された。
 文献の中で肺組織の細菌培養を行った報告が96あり、合計5266人の死者が対象となっている。わずか4.2%で細菌が増殖してなく、より質の高い剖検が行われたと推定される研究では、3074人の患者が対象になっているが、92.7%で少なくとも1種類以上の細菌が肺組織の細菌培養で増殖している。1887人の患者で血液培養をしているが、70.3%で細菌が陽性となっている。
 パンデミック発生時には多くの専門家達は、死亡原因が、当時分かっていなかったウイルスそのものよると考えてはいなく、良く知られていた上気道にしばしば常在する肺炎起因菌による、重症2次性肺炎によると考えていた。細菌は、肺炎球菌、溶血性連鎖球菌、ブドウ球菌であった。
 研究者達はまた、比較的軽かった1957年から1958年に流行したパンデミックに関しても調査し、やはり多くの死亡原因が2次性細菌性肺炎であったとの結論を得た。さらに1968年から1969年のパンデミックに関しても調査されたが、適切な文献は少なかったものの、やはり類似の結論を得ている。
 「その多くが忘れられている特記すべき初期の病理学者達の研究を含む、90年間の事実の重みは、パンデミック・インルエンザによる肺障害による死亡が、感染ウイルスと上気道に常在する細菌の2次感染の相互作用によるものであったことを明るみにだしている」、と研究論文では語られている。

 スペイン・インフルエンザの重症度の説明は、それでも不十分

 研究者達は、1918年のパンデミックの極度の重症性の説明は、今回の研究結果でも十分つけられていないと語る。理由は、今回の研究で多くの異なった細菌の感染を確認しているが、それらは特に毒性を増した強毒性細菌ではなかったと推定される。むしろ彼らは、気管や気管支上皮細胞に、感染力を増し、傷害を起こす傾向の強いインフルエンザウイルスは、上気道に常在する細菌の肺への重度な感染の道を開くと推定する。

 研究者達は、将来起きるパンデミックが、人に適合した1918年のウイルスに類似のウイルスで発生するなら、2次性細菌性肺炎が過去のパンデミックのように、主要な死因となると考えている。もしそうなら、パンデミック対策としてワクチンの開発や効インフルエンZナ薬の備蓄だけでなく、抗生物質や細菌性肺炎を防止するための肺炎球菌ワクチンも備蓄すべきであると主張する。
 しかしながら、また研究者達は次のようにも考えている。 
 もし将来起きるパンデミックがH5N1ウイルスの変異型だとした場合、過去のパンデミックから学んだ内容は、必ずしも適用出来ないかも知れない。それらウイルスの病原性のメカニズムは、ウイルスが人に十分適合していないことと、動物での発病様式が通常と異なることから考えても、非定型的と考えられる。その一方、もしH5N1ウイルスが完全に人に適合したなら、その発生するインフルエンザの病態像は過去のパンデミックのそれに類似してくる、と研究者達は考察している。

研究は仮説を変える

 インフルエンザ専門家で、ナシビルのバンデルビルト大学医学部の予防医学講座の主宰者であるウイリアム・シェファー博士は、新研究は1918年のパンデミックにおける死亡原因に関する考え方を大きく変えるだろう、と語っている。
 「これまでの考え方として、2種類の死亡原因が考えられていて、その1つがインフルエンザ・ウイルスが直接的原因となるものだ」、とシェファー博士はCIDRAPに説明する。
 「インフルエンザ・ウイルスは単独でも肺炎を起こす。そうした場合、多くの患者で発病から死亡まで非常に早く、それは極度に毒性の高いインフルエンザ・ウイルスにより引き起こされるように思う。ステロイド投与中の患者に対するインフルエンザ・ウイルスのようにである」。
 しかし今日でも時々合併症として起きる細菌性肺炎は、抗生物質の無かった時代では多くの患者の死亡原因となったと、同博士は推察する。
 「それ故、インフルエンザの死亡原因には2種類あったと考えるのが一般的である。しかしウイルスによる死亡原因の方がより重要とするのも、一般的感覚にはある。理由は発病者の死亡までの期間が非常に短いことが上げられている」。
 しかし、今回のモレンズと共同研究者達の発見では、2次性肺炎の方が、より一般的死亡原因であるとされている。
 「非常に少ない検体での結論ではあるが、私は彼らが細菌性肺炎が、ほとんど全ての検体で認めたことに驚いている。私は考え方を考えざるを得ない」。
 同博士は研究結果に影響を及ぼしている可能性あるバイアス(偏り)として、根拠が剖検所見および材料から得られていることである。対象は偏ったサンプルから得られている、すなわち対象は病院で死亡し、そこで剖検されたと考えられる。ということは彼らは比較的当初は重症ではなく、死亡までの期間は、家庭で亡くなった患者よりも長かったと考えられる。家庭で短期間で亡くなった患者は剖検されていないだろう、と博士はコメントする。
 それにも関わらず今回の研究は重要な影響を及ぼすと博士は言う。なぜなら1918年のパンデミックにおける細菌性肺炎の関与の重要性が確認されたからだ。
 「私はいまだ、1918年のパンデミックにおける死因のバイモデル説を否定するだけの確信は持っていない(今回の研究で死因のほとんどは細菌性肺炎によるものだという考え方を支持するだけの確信はない:訳者)。彼らはバイモデル死因説の後者、すなわち細菌性肺炎を全面的に主張している。しかし、彼らが全ての死亡者の原因を探索したわけでないことは確かなことだ」。

 シャフナー博士によると、パンデミック対策における細菌性肺炎に関しては、すでに論議されているという。
 「しかし、トニー・ファウチ博士がこれらの議論に名前を連ねていることは、彼がワシントンでの対策作りの中心的役割を担っていることを考えると、対策に弾みがつくと思われる」。
 博士によると、連邦政府は公衆衛生的危機に備えて抗生物質を含む薬剤や医学的用品の備蓄は行っているが、これらは主として炭疽菌に対するシプロフロキサシンのようなバイオテロ対策一環としてであるという。しかし、抗生物質の中にはバイオテロと細菌性肺炎両者に共通して用いることが出来る抗生物質もある。
 連邦政府の備蓄品には、細菌性肺炎に対するワクチンは含まれていない、とシャフナー博士は言う。しかしながら65歳以上の人々の40~50%は、連邦政府の勧奨に従って肺炎球菌ワクチンの接種を受けていると、博士は説明している(高齢者の多くがインフルエンザ等に際して肺炎球菌性肺炎で死亡するため、米国では高齢者に肺炎球菌ワクチン接種を勧奨している。我が国でもそのような自治体も多い)。

8月23日


Concern Tamiflu resistance will grow TVNZ, New Zealand  (ニュージーランド) H1N1タミフル耐性株問題が浮上
 下記報道と同じテーマ。
 H5N1ウイルスに対するタミフル備蓄問題に影響はしない。

印刷用ファイル
Tamiflu-Resistant Flu Is `Widespread' in South Africa (Update3) Bloomberg  (国際) 南アフリカ、タミフル耐性インフルエンザが拡大
 南アフリカで今冬流行したインフルエンザH1N1株の多くが、タミフル耐性であったことがWHOから発表された。 原文
 分離されたH1N1株107全てが変異株で、ロッシュ社のタミフルに効果を示さないと推定された。20日にジュネーブのWHOが発表した。ウイルス検体採取の際には、1人だけがタミフルを服用していた。
 「患者は国全体から来ていたから、耐性株は国内全体に広がっている」、と南アフリカ国立インフルエンザ・センター長官のテリー・ベッセラー氏が、メールで答えた。
 この1月にタミフル耐性インフルエンザがノルウエーで見つかって以来、タミフル耐性株はヨーロッパ、北南米、アフリカ、アジア、およびオーストラリアの40ヶ国で報告されている。その出現は医師達にグラクソ社のリレンザのような他の薬の使用を、世界で25万人から50万人死亡していると推定される(WHO)インフルエンザ治療で考慮させる結果になっている。
 H1N1ウイルスは季節性インフルエンザウイルスで、H5N1ウイルスとは異なる。H5N1ウイルスはタミフルに感受性を示すので、現在パンデミックに備えて各国がタミフルを備蓄しているのは問題はない、とロッシュ社の広報官は語っている。
 2006年~2007年の北半球の冬期間(1昨年末~昨年春)、米国で分離されたH1N1ウイルスの1%のみがタミフル耐性株で、日本やヨーロッパでは見つかっていなかった(WHO)。また過去の研究でも耐性H1N1株の地域内流行の報告はなかった。
 WHOによると、これら耐性株が他のインフルエンザ・ウイルスよりも毒性が強いことを示す事実はでていない。

 本年の4月1日から8月20日まで南半球の12ヶ国で分離されたH1N1株788検体の242,すなわち31%がH274Y変異、それはタミフル耐性を引き起こす、が認められたとWHOでは説明している。
 南半球ではH1N1株の変異率は国によって異なり、南アフリカでは100%、チリでは13%と幅があった。
 昨年(2007年)末から今年3月までの期間に、主として北半球で分離されたH1N1株7528株のうち耐性株は16%であった。

 現在のところ、耐性株の出現がタミフルの使用が原因とは考えられていない。ヨーロッパのほとんどの国ではタミフルの処方は広く行われてはいない。そのようにWHOでは説明している。

タミフル耐性H1N1株の検出頻度
2006/10~2007/3 2007/10~2008/3 2008/4~2008/8/20
北半球 米国で1%、欧州や日本では未検出 7528株中16% -
南半球 242/788(31%)


8月22日

治療薬などに598億円 新型インフルエンザ対策  京都新聞 
 発生が心配される新型インフルエンザ対策を推進するため、厚生労働省は22日、来年度予算の概算要求に、タミフルなど治療薬の備蓄増強やワクチンの研究開発費など計598億円を盛り込む方針を決めた。
 本年度の関係予算は63億円で、要求額は大幅増。
 与党プロジェクトチームが6月、治療薬の備蓄倍増など対策強化を求める提言をまとめており、それに沿った要求となっている。
 内訳は、治療薬とワクチンの研究開発推進に482億円、医療機関への人工呼吸器整備など地域医療対策に48億円、水際対策を担う検疫所で発熱者の発見や検査などに使う機器整備に4億6000万円-など。
 治療薬の備蓄量は現在、人口の23%分程度だが、英国やフランス並みに人口の40-50%分に引き上げることを目指す。ワクチンの研究開発では、従来の鶏卵を用いる製造法では新型が発生してから全国民分の製造までに約1年半かかるので、これを半年に短縮するため、細胞培養技術を用いたワクチン製造の研究を進める。

Vietnam may produce bird flu vaccines for humans late next year Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナム、来年末には人用鳥インフルワクチンの製造に
 ベトナムはH5N1ウイルスに対する人用ワクチンを、臨床試験で成功したなら、2009年末から製造を開始する。新聞「パイオニア」が22日報道した。
 ベトナム国立衛生疫学研究所の傘下にあるバビオテク社が、約1.8米ドルで一回接種量を販売する。
 ワクチンはフリューバックスと呼ばれ、地方のボランティアで臨床試験が行われ、効果と安全性が確認された。
Bird-flu vaccine from Vietnam proves effective New Straits Times, Malaysia  (マレーシア) ベトナムで開発の鳥インフルワクチンの効果と安全性が確認
 ベトナムで開発された人用H5N1鳥インフルワクチンの効果が、臨床試験第一相で確認されたことが、ベトナム国営通信で報じられた。
 保健省とベトナム軍医学研究施設103が臨床試験を行ったが、30人の学生ボランティアにおける3ヶ月間の観察で、重篤な副作用は発生しなかったことが確認された。
 学生はバビオテク(VABIOTECH)社の製造したフリューバックス(Fluvax)ワクチンの接種を2回受けた。
 接種後の検査で非常に良好な免疫反応が得られたことも確認された。施設の疫学部門責任者が語った。
 フリューバックス・ワクチンは2009年末には大量生産に入ると推定され、1回接種量分1.82米ドルのコストがかかると言われる。
 バビオテク社は、サルの培養腎臓細胞を用いて製造されるが、関係者によると受精卵を用いた方法よりも安く、安全に製造出来るとされる。
New vaccine to fight multiple influenza strains News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) 多数のインフルエンザに効果を呈する新ワクチンが臨床試験第一相を終了
 インフルエンザ・ウイルス表面蛋白であるM2eに対するワクチンである、バックスインネート(VaxInnate)社の万能ワクチンが、季節性インフルエンザに対しても、パンデミック・インフルエンザに対しても効果を発揮するだろうと、開発者で臨床試験担当者でもあるテキサス大学シーリーワクチン開発センターのクリスチーヌ・ターレイ博士から発表された。
 ビル・ゲイツ財団から950万ドルの助成金を受けている。
 60人の健康成人を対象に、安全性、免疫原性などの臨床試験に成功した。
 ワクチンは大腸菌を用いた遺伝子組み替え技術を応用し、短期間で大量のワクチン製造が可能となる。

*訳者注:英国でも3年以内に全A型インフルエンザに効果を示す万能型ワクチンが実用化されるが、この米国の研究でもA型インフルエンザ粒子表面のM2e蛋白を標的とする万能型ワクチンが開発されている。類似のワクチンであるが、現在第一相終了であるから、2~3年以内に実用化されると思われる。このような万能型ワクチンが実用化されたなら、現在のインフルエンザ・ワクチンがこれら万能型ワクチンに置き換わり、通常の季節性インフルエンザとパンデミック・インフルエンザ両者の予防が可能となる。パンデミック・インフルエンザはA型である限り、どんな変異株にも対応可能となり、よしんば完全に発病予防効果が得られないとしても、致死率は著しく減少し、現在の季節性インフルエンザの致死率である0.1%以下となると思われる。

Pandemic Flu Storybook CDC  (米国CDC) パンデミック・インフルエンザの語り部達

 序文から
 この「パンデミック・インフルエンザの語り部達」は編集が終了していない。CDCは今後も語り部達の物語を収集、募集し続け、四ヶ月毎に改訂してゆく。

 パンデミック・インフルエンザへの準備はほとんど全ての国々で進行中である。
 ここ米国においても全ての州でパンデミック・インフルエンザ対策は講じられている。
 あなたの州の対策を十分知り、そして誰があなたの地域のパンデミック対策の任務を担っているのか確認してください。


 掲載されている三人の語り部の話から

Nicola and Constance Maffeo

 私の祖父、ニコラ・マフェオ(いつもニックと呼ばれていた)と祖母のコンスタンス・マフェオはイタリーから米国に移住してきました。
 コンスタンスはパンデミック・インフルエンザが発生したとき、7人の子供達の部屋とカーテンで隔てられた部屋で生活していました。彼女が子供部屋に入るとき、鼻と口をガーゼのマスクで覆っていたと言います。7人の子供達が発病し、4人が死亡しました。死亡したのは、フランク、ニック、ローザ、とドミニクです。ニックとローザは双子でした。生き残った3人の子供達の1人である私の叔母のマリー・アン・マフェオの話によると、兄弟達それぞれがまもなく死ぬことを彼女は、祖母のコンスタンスがその子を抱いたまま家族のロッキングチェアに座り、歌を口ずさんでいる光景で知ったと言います。ロッキング・チェアはキシキシと音を立て、そしてその音が聞こえなくなったとき、マリーは、抱かれた兄弟が死亡したことを知ったと言います。。
 祖母のコンスタンスは、発病した7人の子供達の看病をしましたが、発病しませんでした。彼女は14人目の子供を宿したとき、38歳で死亡しました。夫のニックは102歳まで生きました。
Marie Otto

 サイモン・ウイックストロームは1898年、21歳の歳に、中央ミネソタ州の荒野に開拓民として農場を購入した。そして16歳のミネソタのアトウエーターに住むセルマ・ペターソンと結婚した。
 この語り部の母であるエラ・ウイックストロームは、セルマが17歳のときに長女として誕生した。その後7人の子供達が誕生していった。ラルフ、レスター、カリー、テド、フローレンス、エルマー、そしてアルビンである。母のセルマは農場で働くため、エラが幼い子供達の面倒をみた。料理、洗濯、家庭内の整頓を行った。
 1918年、この若い家族達に悲劇が襲った。彼等は全員歴史的パンデミック・インフルエンザを発症した。
 エラは発病した父親と兄弟達の看病のために家の中に留まった。セルマと長男のラルフは農場の仕事を続けた。
 11月19日の夜に13歳のレスターが死んだ。彼の遺体は葬儀屋が来るまで納屋に置かれた。他の子供達は死んだ兄へ”さよなら”を言うために納屋に入ることを許された。兄弟達が家に入った後、棺は2頭立ての馬車で墓地に運ばれていった。
 全ての人々はインフルエンザを怖れ、”人々はハエのように倒れている”と言われた。
 5日後の11月25日に父親のサイモンは死んだ。葬儀屋が木製の棺を運んできた。そしてサイモンが棺の中に収められた後、棺は地面に置かれた。
 子供達が外に連れてこられ、彼等の父親に泣きながら”さよなら”を告げた。子供達が家の中に戻された後、棺は墓地に運ばれた。サイモン・ウイックストロームは息子のレスターの隣に安置された。
 そのとき、セルマは36歳、エラは19歳、ラルフは17歳、カリーは11歳、テドは8歳、フローレンズは5歳、エルマーは3歳、そしてアルビンは1歳であった。
 
Dr. James H. Wallace

 88歳の年に私の祖父であるJames H. Wallaceは、1918年のパンデミックの間の経験を含めた短い人生記録を作った。

 彼は1894年に生まれ、イリノイ州のサンドウイクで育った。高校を卒業後彼はオバーリン・カレジで2年間学び、その後ノースウエスタン・医学大学に入学できた。インターンを終了した後彼は海軍に入隊し、シカゴのグレート・レイク(五大湖)基地に所属した。
 「1918年9月13日の金曜日、私は勤務だったが、その日インフルエンザ患者病棟を担当させられた。インフルエンザはトレーニング場を爆弾のように破壊しつくした。10万人の兵士達は突然病院の3000床のベッドに積み重なった。私は2番目の病棟、さらに2病棟を受け持たされた。自分の担当患者は100人前後になっていた。ほとんどの患者は気管支肺炎だった。若い卒業したての医師にとっては信じられない体験だった。死亡率は信じられない高さで、一日100人以上死亡した。その時代は、サルファ剤もペニシリンもなく、多少のアスピリンだけしかなく、何人かの医師達の手にはウイスキーが握られていた(自分達のストレス解消用に?)。
 流行は基地を短期間で走り抜け、幸運なことに短期間で終息した。自分は全然症状は出さなかった」。

 Wallace医師は1986年に92歳で死亡した。

CDC Releases 1918 Pandemic Flu Storybook Infection Control Today, AZ  (米国) 米国CDC、1918年パンデミック・インフルエンザ記録誌を発行
 米国疾病管理センターは本日、世界で数千万人を死亡させた人類史上最大の災難の一つと言える1918年のパンデミック・インフルエンザについて、生存者、家族、そして知人等が語る記録誌を、オンラインで発行した。記録誌は今後いつか発生するパンデミックへの備えに関する、価値ある公衆衛生学的見識を提供している。
 今年は1918年パンデミック・インフルエンザ発生後90年周年にあたる。
 インターネット記念誌には24州から50編の語りが掲載され、そこには写真や語り部達のビデオも加わっている。
 「パンデミックに備えるためには、一人よがりの考えは危険だ」、とCDC長官のジュリー・ガーバーディング医師が警告する。
 「これらの語りは、生存者、死者達の家族や知人達の証言から、冷静に当時の破壊的インパクトを国内にもたらしたインフルエンザの記憶が呼び戻され、パンデミック対策を担当している公衆衛生専門家に多くの情報を与える」
               

8月21日


Bacterial pneumonia caused most deaths in 1918 flu pandemic  Mangalorean.com, India  (インド) 1918年のパンデミックの死因の多くは細菌性肺炎
 既に他報道で紹介済みの、米国国立アレルギー感染症研究所のファウチ博士等の研究、Journal of Infectious Diseases10月号で発表。

 1918年のパンデミックにおける死因の大多数は、ウイルス単独の毒性によるものではなく、細菌性肺炎であったことが研究者達により明らかにされた。
 細菌は通常鼻腔や咽頭に存在しているが、インフルエンザウイルスの感染により気管支や肺の細胞が傷害されると、そこに感染を広げ肺炎を起こす。
 将来発生すると考えられているパンデミックに際し、類似の病態像が認められると考えられ、対策に単に抗インフルエンザ薬や改善されたワクチンの備蓄だけでは不十分で、抗生物質や細菌に対するワクチンの備蓄も必要であると、研究者達は結論づけている。
 「我々が歴史的記録や現代の分析方法から得た1918年のパンデミックに関する結論は、ウイルスの感染により起きた肺の障害に引き続き発生した細菌性肺炎が大多数の死亡原因であることを示唆している」、と論文の共著者である国立アレルギー感染症研究所長のアンソニー・S・ファウチ博士が語っている。

 共同著者で病理学者のジェフェリー・タウベンバージャーは、1918年から1919年かけてインフルエンザで死亡した米軍兵士58人から得られていた肺の組織切片を検査した。これらの組織切片はパラフィンで固定されて保存されていたが、それから切片を作成し顕微鏡分析用に染色した。
 ほとんどの事例で、死亡の時点で細菌性肺炎を呈している傾向を示した。またウイルスが気管支を傷害している像も見られた。
 さらに疑問を解くために1918年から1919年にかけてのパンデミックに関する臨床的、病理学的、細菌学的研究に関する世界の論文が調査された。
 1919年から1929年の間に発表された2000の論文から、研究者達は解剖報告をしている鍵となる論文118を選び出した。研究者達が集約した解剖例数は8398事例で、世界15ヶ国に及んだ。
 これらの論文では明らかに二次的細菌性肺炎の発症を伝えており、当時の病理学者達は、いまだ同定されていないインフルエンザ・ウイルスによるよりも、各種の細菌により引き起こされた二次的重症肺炎が死因であるということで、意見の一致をみていたようだ。

 実際に、1957年と1968年に発生したパンデミック・インフルエンザ等での死亡数の減少は、抗生物質の使用が役割を担ったと著者等は語っている。

DelSite Files IND for Nasal Powder H5N1 (Bird Flu) Influenza Vaccine Stockhouse, Canada (カナダ) デルサイト社、鼻腔パウダー型H5N1ウイルスワクチンの臨床試験を申請
DelSite Files IND for Nasal Powder H5N1 (Bird Flu) Influenza Vaccine CNNMoney.com (press release) (米国) デルサイト社、鼻腔パウダー型H5N1ウイルスワクチンの臨床試験を申請
 デルサイト製薬(DelSite Inc)は、傘下のデルサイト・バイオテクノロジー社が新薬の、ジェルバク鼻腔噴霧粉末H5N1インフルエンザウイルス・ワクチンの臨床試験申請をFDAに提出した。
 臨床試験申請は、ワクチンの安全性と免疫原性を健康ボランティアで検討するものである。30日間FDAで書類審査される。必要があれば、FDAは臨床試験開始前にさらなる情報の提出を求める。
 これまでデルサイトは、動物での毒性試験を含む一連の検査を行い、臨床試験第一相の開始にこぎつけた。
 粉末ワクチンであるため、保存期間も室温で数年は可能で、配布も容易で、また注射器を使わずに済むため、これまでのワクチンよりも格段に使いやすくなる。

 下記の報道では昨年末から第一相試験が開始される予定であったが、半年以上遅れたことになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事 2007年7月14日
Carrington Subsidiary DelSite Receives H5N1 (Bird Flu) Antigen CNNMoney.com (米国) カリングトン社の子会社デルサイト社、ワクチン用のH5N1ウイルス抗原を確保

 カリングトン研究所(Carrington Laboratories, Inc)は本日、同社の子会社であるデルサイト・バイオテクノロジー社が数千人分のH5N1ウイルス抗原を確保し、鼻腔接種用の粉末ワクチンを作成し、米国で初の鳥インフルワクチンの臨床試験に入ることを発表した。
 臨床第一相試験が今年度末に行われる。

 粉末ワクチンの臨床試験が成功したなら、多くの利点が得られる。
 ・冷蔵保存が必要でないため、政府による備蓄が容易で、また輸送も容易
 ・市民が個人的に接種可能

 粉末ワクチンは、同社が開発したGelVac(TM) powderと抗原を混ぜたものであるが、GelVac(TM) powderは鼻粘膜に付着すると粉末ワクチンをゲル化し、長時間ワクチンを同部位で作用させる。
 GelVac(TM) powderのみでの毒性試験である臨床第一相試験は成功している。

カリングトン社HP


8月20日

Most Deaths In 1918 Influenza Pandemic Caused By Bacterial Pneumonia Medical News Today (press release), UK  (英国) 1918年のパンデミックでのほとんどの死者は細菌性肺炎が原因だった
 パンデミック・インフルエンザ対策には細菌性肺炎に対する備えが重要。
 米国アレルギー&感染症研究所のファウチ博士が率いる研究チームが発表。
 抗生物質と肺炎球菌ワクチンを備蓄。

 細菌性肺炎を防止、または治療可能となると死者数は、大幅に減少する可能性が提起された。
 
Bacterial pneumonia caused most deaths in 1918 flu pandemic SINDH TODAY, Pakistan (パキスタン) 1918年のパンデミックの主たる死因は細菌性肺炎
Bacterial pneumonia caused most deaths in 1918 flu pandemic Fresh News, India  (インド) 1918年のパンデミックの主たる死因は細菌性肺炎
Bacterial pneumonia caused most deaths in 1918 flu pandemic Thaindian.com, Thailand  (タイ) 1918年のパンデミックの主たる死因は細菌性肺炎
Bacterial Pneumonia Caused Most Deaths In 1918 Influenza Pandemic Science Daily (press release)  (国際) 1918年のパンデミックの主たる死因は細菌性肺炎
 1918年から1919年に流行したパンデミック・インフルエンザで死亡した大多数は、インフルエンザ・ウイルス単独の作用によるものではなかったことが、米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の研究者達によって報告された。
 死因はインフルエンザ・ウイルス感染後に起きた細菌性肺炎とされる。

 内容に関しては既に他報道で紹介済みであるが、10月1日付けの”Journal of Infectious Diseases”で論文で発表されている。
 1918年のパンデミックで死亡した米軍兵士の残されていたパラフィン固定組織切片を、再度顕微鏡下で調べ、多くで細菌性肺炎を呈していたことを確認している。
Researchers find trends in study of Indonesia's H5N1 cases CIDRAP(米) インドネシアのH5N1症例研究から一定の傾向が判明

 インドネシアの公衆衛生当局者が同国のH5N1鳥インフルエンザ症例のほぼ全数の分析を最近発表した。これによると死亡例は抗ウイルス剤治療が遅れたもの、集団感染に含まれていない単独例、都市居住者で起こりやすいという。
 この8月15日にLancetのネット版で発表された研究は、インドネシアの疾病管理環境衛生理事会や厚生省の当局者そして検査機関や衛生機関の専門家によるものである。この研究には公衆衛生調査のデータや、可能な件については、患者の臨床情報が含まれている。
 今回の評価作業は、インドネシアで初のH5N1感染が報告された2005年6月22日から2008年2月1日までの間で確認された全てのヒトの症例を取り扱っている。対象は127名の患者とそのうちの死亡者103名(全体の81%)である。
 死亡率(CFR)は2005年の65%から2007年には86.8%に上昇している。しかしインドネシア当局者によれば、死亡率は2008年現在では低下しているという。8月15日に厚生省の鳥インフルエンザ委員会のウェブサイトに掲載された報告書によれば、1月から7月までの死亡率は84.2%であるという。これは同国が確認した19症例と16の死亡例によるものである(当記事作成中の時点では、世界保健機関は18症例と15の死亡例を認知している)。
 インドネシアで感染した127名の患者のうち入院しなかったのは2名のみである。1名は穏やかな感染症状で外来治療を受け、もう一名は治療を拒み自宅で死亡している。

新たな傾向

 108名の臨床履歴を見ると、発症からの2日間の症状については大多数の症例で特異的症状はないことが判る。32名の患者(全体の30%)には発熱と咳があり、9名(8%)は発熱と呼吸困難があった。
 入院した125名の患者のうち、104名は入院時または直後に肺炎の診断を受けている。
 88名(69%)の患者にはオセルタミビルが処方され、発症から治療開始までの期間の中間値は7日間(0~21日にわたる)であった。早期にオセルタミビルの投与を受けた患者ほど回復する可能性が高く、発症から5日以上たってから治療を開始した患者は死亡の可能性が高い。
 今回の報告書には、28名の患者を巻き込んだ11件の集団感染が記載されている。集団感染の一部ではない感染者は死亡する可能性が高かった。しかし医療機関に受診した時期、オセルタミビルを投与されたか否か、同薬剤を投与されるまでの時間の点で集団感染の患者と非集団感染の患者の間に差異は見受けられなかったとしている。
二次症例の患者は一次症例の患者よりも回復する可能性が高く、こうした患者は一次症例の患者よりも約3日間早く抗ウイルス剤の治療を受けている。今回の調査実施者は、二次症例患者には他の早期介入も同様に実施されたかもしれないと考えている。H5N1ウイルスに間接的に曝露した患者は死亡する可能性が高いとも報告されている。
 感染集団の患者における死亡と回復のパターンについては更なる研究が必要と、今回の研究はしている。濃厚な接触を持っている家族は同一のウイルス源に曝露したのかもしれないが、遺伝的な受容性とH5N1の毒性の果たす役割も重要な役割をしているのかもしれないとしている。「集団感染については更なる研究を実施し、死亡率が低いことの確固たる原因を究明するべきです」

新戦略の必要性

多くの患者については入院とオセルタミビルの投与が手遅れになったと、今回の研究グループは述べている。「インドネシア中のH5N1専門の全病院への訓練実施と装備配備を、専門病院の増強と共に、問題解決のために進展させています」
 報告で強調されていることは、早期の特定は困難であることが多いが農業当局者からの現地の家禽での流行の情報が増えれば医療関係者がH5N1感染疑いの指標を増やせるということである。
 同国のH5N1感染による死亡率低下のための他の手段としては、医療関係者向けの現場での迅速な診断と症例管理の訓練の改善であるとしている。

より厳密なデータを呼びかける専門家

 Lancetの報告書に付随するコメントで、2名の英国人研究者はインドネシアの症例からわかる傾向を更に明確にするためにデータをより規格化・完結化することが必要だとしている。インドネシアの症例は全世界の三分の一を占めるのである。この2名の研究者は、ケンブリッジ大医療研究評議会・生物統計部の生物統計学者シェイラ・バード氏とベトナム・ホーチミン市にある熱帯疾病病院のオックスフォード大・臨床研究部責任者のジェレミー・ファラー氏である。
 「基礎的な臨床疫学データはウイルスのサーベイランスに欠かすことのできないものです」と、両名は書いている。例えばH5N1への曝露は日付など明確に特定されるべきであるとし、さらに完全なデータが欠けているために鳥インフルエンザ発症から入院までの期間が時を経て短縮したかどうかといった疑問が生じるとしている。
 「インドネシアは最も広範囲なヒトのH5N1被害を受けており、臨床的・疫学的・科学的に重要な役割を受け持っています。この破局的な感染への世界の対応について果たすべき役割なのです」と、バード。ファラーの両氏は述べている。
 国を挙げてヒトのH5N1症例のサーベイランスを強化する時は今であり、ウイルス検体共有を拒むことで疫学データの流通を妨げるべきではないと、両氏はしている。「国際社会もまた、こうした重要研究の利益を皆で共有できるようにする公平な方法を必要としています。インドネシアは、こうした点で指導性を発揮できるのです」
T.M訳

Remembrance of viruses past Nature.com (subscription), UK (英国) 過去のウイルス感染の免疫的記憶能力
 1918年発生のパンデミック・インフルエンザを生き残った人々に、いまだウイルス抗体が十分存在している研究発表。
 先に内容に関してはいくつかの報道で紹介済みでもある。
 
Bacteria a big killer in 1918 flu pandemic: study U.S. Daily, ca  (米国) 1918年のパンデミック・インフルエンザでは細菌が主要な死亡誘発原因だった:研究
 ロイター内容。

The Realities of a Flu Epidemic Lew Rockwell, CA - パンデミック・インフルエンザの現実
 1918年のパンデミックで死亡した人々の多くは細菌性肺炎だった。

Study shows bacteria a big killer in 1918 pandemic Reuters UK, UK (英国) 1918年のパンデミックでの主要な死因は細菌感染症:研究報告
 1918年のパンデミックの間、ほとんどの人々は細菌性肺炎で死亡した可能性があり、今後発生する可能性のあるパンデミック対策には、抗インフルエンザ薬だけでなく抗生物質も重大な存在となると、米国の研究者達が19日発表した。
 20世紀最悪のパンデミックで死亡した兵士達から得られた組織検体は、インフルエンザウイルスと細菌性肺炎で傷害されて、兵士達が死亡したことを示している。
 いわゆる重複感染症は今日でもインフルエンザに関連した死亡原因となている。
 「基本液にウイルスが最初に体内に感染して広がるが、決定的パンチは細菌がもたらす」、と研究のリーダーである、国立アレルギー感染症研究所長のアンソニー・ファウチ博士が、論文の中で語っている。
 The Journal of Infectious Diseasesに掲載された論文の中で、著者等は将来のパンデミックへの備えは、抗インフルエンザ薬だけでなく、抗生物質の備蓄も必要であることを主張している。
8月19日


国内の動き
 国土交通省は18日、都市部で新型インフルエンザが発生した場合、満員の通勤電車で感染が爆発的に広がる恐れが強いため、電車に乗る人を減らしたりマイカー通勤に切り替えるなどの感染防止対策の効果や経済的な影響を予測することを決めた。 このため国交省は9月中旬に、国土交通政策研究所を中心に厚生労働省など関係省庁、鉄道会社などで会議を設置。 


報道
感染防止策の効果を予測 新型インフルで国交省 京都新聞 

Antibiotic Resistent Infections Will be Problem During Pandemic HSToday, MD  (米国、今日の国土安全保障) 抗生物質耐性菌がパンデミック・インフルエンザでは問題に

 1918年のパンデミックでウイルス感染で著しく弱った免疫状態のため日和見細菌感染が合併し、多くの人々が死亡したという二つの研究が発表され、パンデミック・インフルエンザ対策当局やウイルス学者、さらに他の専門家達は、パンデミック時の細菌感染症の危険性に警告を発している。

 もちろん、今日の専門家達は強毒性のH5N1ウイルスが、感染者の免疫系に異常を起こすことを知っている。特に健康な免疫状態にある人々において著しい。
 しかし特に重大な問題は、異常に弱まった免疫状態が、黄色ブドウ球菌のような強毒性細菌の攻撃を受けやすくなることであり、それは季節性インフルエンザの死亡にもつながっており、そしてそれを治療するために使われる抗生物質に、それら細菌に耐性が生じることである。
 昨年秋に米国内科学会雑誌に、メチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)が米国内に広がっていて、公衆衛生当局が考えている以上に多くの死亡原因となっていて、毎年のエイズの死亡者数を超えていると報告された。
 パンデミック時にインフルエンザ株が、患者間でMRSAのような抗生物質耐性株の拡大を促進する可能性は、特に困惑させられる問題であり、パンデミック・インフルエンザ対策者にとって、全く新しい対策課題となってきた。
  
 HSToday.us(今日の米国国土安全保障)は、毎年米国の病院内でMRSAのような病原体による院内感染症で、9万から10万人死亡していることを先に報告した。
 院内感染は重篤な感染症を引き起こし、時には死亡原因となる。
 「我々はパンデミックに対して必要なのは、単に抗インフルエンザ薬だけでないことを認識しなければならない」と、国立アレルギー&感染症研究所長のアントニー・ファウチ博士が警告する。同博士は最近発行された”Journal of Infectious Diseases.”の中の論文の共著者でもある。当論文はスペイン・インフルエンザで死亡した兵士の組織検査から、多くの例で合併した細菌感染症が死因となっていると結論している。また当時の医学論文を多数調査し、パンデミックで死亡した兵士や市民の多くが細菌性肺炎や敗血症を呈していたことを確認した。
 「抗生物質で患者を治療できる態勢が整っているか確認する必要がある」、とファウチ博士は強調する。

 「もちろん、インフルエンザ発症後の細菌感染は問題であり、抗生物質耐性菌については、さらに重大な問題である」、とグレーメ・レイバー博士がHSToday.usに語っている。
 同博士は、オーストラリアのキャンベラのオーストラリア国立大学ジョン・カーティン医学研究校の先の生化学分子生物学教授である。同博士は抗インフルエンザ薬のタミフルとリレンザの開発に重要な役割を担ったことでも有名である。
 レイバー博士はインフルエンザを40年近く研究してきている。共同研究者である米国聖ユダ小児研究病院のロバート・ウエブスター博士と共に、鳥インフルエンザと人インフルエンザの関連性を見いだしたことでも有名である。

 もう一つの研究は、”Emerging Infectious Diseases”に発表された研究で、インフルエンザにより引き起こされたサイトカイン・ストームと呼ばれる免疫系の異常状態で、患者の上気道に日和見感染症が生じることを示している。
 このサイトカイン・ストームは、季節性インフルエンザではなくH5N1鳥インフルに感染した患者で発生しやすい。
 これまでの研究によると、H5N1鳥インフル死亡者は、19歳以下の子供達に多く、全体の46%を占めている。 同様に1918年のパンデミックでも若い健康な大人に死亡者が多かった。すなわち免疫系が正常な若い人々にサイトカイン・ストームが発生することを示している。
 上述の最近発表された2編の、強毒性のインフルエンザ感染が日和見感染症を引き起こすという研究発表以前に、ホーチミン市のオックスフォード大学臨床研究所のメノ・デジョン等の研究チームが、H5N1鳥インフル発病者の治療は、早期の診断と治療により、このサイトカイン・ストームの予防に焦点を合わせる必要がある、と警告していた。
 「もし早期にウイルスの増殖が抑えられてなら、細菌感染も著名に減少すると思う」、とレイバー博士はコメントしている。
 先にレイバー博士はHSToday.us に、「もしインフルエンザ症状を呈した人々がタミフルを即刻服用、可能ならば6時間前後以内に服用するならば、感染は急速に終結するはずだ。人々は回復し、そして実はこれがより重要なことなのだが、その後のパンデミックの期間、ウイルスに免疫が出来るはずである」、と語っている。
 レイバー博士はこれを”Aborted-infection Immunization(感染中断免疫)”と呼び、このようなタミフルの服用方法で多くの保健医療担当者や他の人々が、その後の感染を心配せずに業務に専念出来る、と説明している。
Survivors of 1918 flu still immune Calgary Herald,  Canada  (カナダ) 生存者はいまだ1918年のパンデミック・インフルエンザの免疫力を保持
 ロイター
 全カナダニュースへ。

 H5N1鳥インフルワクチン投与後の人々から抗体を採取して、治療に利用する方法の開発。

Blood protects against long-gone killer 1918 flu KEPR 19, WA  (米国) 1918年のパンデミック・インフルエンザに対する血液の抵抗力はいまだ残存
 AP
 全米ニュースへ。
8月18日

Antibodies still protect 1918 flu survivors ABC Science Online, Australia  (オーストラリア) 1918年のパンデミック生存者の抗体は未だ予防効果を発揮
 ロイター

 人類の記憶上最悪の1918年のパンミック・インフルエンザの生存者から得られた抗体が、いまだ高致死的ウイルスに予防効果を持つことが、研究者の報告で明らかになった。
 インフルエンザと免疫の専門家からなる研究者チームによる発見は、新型インフルエンザが発生し、ワクチンが製造されるまでの間の対策に、新しい、有効な方法の開発につながるものと期待される。
 研究対象となった生存者達は、パンデミック時に子供であった91歳から101歳までの高齢者である。
 研究者達が発表したNatureの論文によると、生存者達の免疫系はいまだ1918年のパンデミックを起こしたウイルスに対する記憶を保持していて、それに対する抗体を産生し、驚くほどの効力を示したという。
 「これらの生存者が血液中に抗体を産生するB細胞をいまだ持っていることは驚きだ」、と研究者の1人であるテネシー州のヴァンデルビルト大学のジェームズ・クロウエ博士が語っている。
 ……
Bird flu hopes from 1918 victims BBC News, UK  (英国) 1918年のパンデミックの生存者の血液には未だ抗体が存在
 英国BBCニュース

 大惨事を呈した1918年のパンデミック・インフルエンザを発症して回復した人には、いまだウイルスに対する抵抗力があることが、米国の研究者により明らかにされた。
 
 米国の研究者達は、スペイン・インフルエンザを生き残った人々は当時のH1N1ウイルスを死滅させるだけの抗体を保有していること明らかにした。
 研究結果はNatureに発表されたが、将来のパンデミックに対して緊急的治療方法を開発する情報となるかも知れない。
 1918年に発生したスペイン・インフルエンザは世界で5000万人死亡させている。

 高齢のボランティアが参加

 専門家の多くはスペイン・インフルエンザは歴史上最大の被害をだし、健康成人をも犠牲者にしたとコメントしている。
 科学者達はウイルスがなぜそれだけ致死的であったのか解明はしてないが、鳥インフルエンザウイルスで再び新型インフルエンザが発生した場合、同じように致死的インフルエンザとなることを危惧している。
 しかし現在。研究者達はこのようなパンデミックを制する新方法の開発に近づいている。
 研究者達は1918年のパンデミックを生き残った32人の人々を調査し、全員が未だ血液中に当該ウイルスを殺すだけの抗体を保有していることを見いだした。
 ボランティアの中には、抗体産生細胞を保有している人達も確認された。(抗体を産生する免疫細胞を確認したということ。数多くの免疫細胞が無限に近い程の種類の抗体を産生しているが、多量の抗体が産生されている場合にのみ、産生細胞を見つけることが出来る。それは検出の確率が高いという意味で:訳者)。
 研究者達は90年前のウイルスを感染させたマウスに抗体を投与して治療実験をしたが、抗体は十分ウイルスを排除する力を保有していた。
 抗体は特に強力で、少量投与でウイルスを死滅させた。
 研究者の1人であるバンデルビルト大学のジェームス・クロウ博士は、.新型インフルエンザウイルスを破壊出来る類似の抗体の開発が可能であると語っている。
Survivors' bloodstreams still carry protection against 1918 virus CanadaEast.com, Canada (カナダ) スペイン・インフルエンザ生存者の血液は未だ抵抗力を保持していることが確認
 下記AP通信内容。

Blood protects against long-gone killer 1918 flu KVAL, OR (米国) スペイン・インフルエンザ生存者の血液、未だウイルスに対する抗体が存在
AP

 ほぼ100年前に流行し、歴史上最も致死的であったスペイン・インフルエンザを生き残った人々の血液は、1918年のウイルスに対して未だ強い抵抗力を持っていて、人の免疫系の顕著な持続性が明らかにされた。
 
 研究者達は、1918年のパンデミック・インフルエンザに罹患した92歳から102歳の人々32人の血液を検査し、当時のウイルスを不活化するのに十分な抗体が存在していることを見いだした。研究者達はこれら抗体をマウスに投与し、ウイルスを接種されたマウスが全て生存するのを確認した。17日発行された「Nature」に掲載された。
 1918年のウイルスは既に変異していて致死的性格を失い、もはや恐れる対象ではないとされる。研究者達によると、この研究成果の意味することは、人の免疫系が非常に堅牢な記憶能力を持っていることが確認されたことだという。
 ”感染しても生存すれば、より強い免疫が獲得される”、と研究者達は説明する。
 特定の感染症に対する免疫細胞が体内に存在しているのが確認された、最も長期間の例となる。

 世界で約5千万人死亡させた1918年のウイルスは、当時のほとんどの人々が暴露された。その後、その致死力の高いウイルスは世界から数十年もの間姿を消していた。そして3年前に、死者の体内から得られたウイルスの遺伝子から、ウイルスが復元された。
 このウイルスを、抗体を投与されたマウスに接種する実験には、研究者達はアトランタのCDCの高レベル・バイオセキュリティーに保たれた研究室を使った。
 

8月17日

Free of bird flu: S. Korea Straits Times, Singapore  (シンガポール) 韓国:鳥インフル完全に消失
 韓国農業省は3ヶ月間、国内で鳥インフル発生のの報告がなかったことを先週確認し、OIEに公式に報告した。3ヶ月間家きんで鳥インフル発生が無ければ、国際的に清浄国として承認される。
8月16日


国内の動き
 企業におけるBCP作成が本格化してきている。
 これまでは国際的に活動する大企業が中心であったが、国内の中堅的大手企業も関心を示しだし、各種講習会への参加が増えだしている。
 報道によると:
 損害保険会社系コンサルティング会社が、新型インフルエンザの発生に備えた、企業の対策マニュアルづくりなどを支援するビジネスを強化している。大流行で多くの社員に感染者が出れば、企業の存続が危うくなることも予想され、企業側のニーズが高いとの判断がある。

報道
 新型インフルで対策支援 損保、企業向けを強化(08/16 17:18) 北海道新聞
 日証協、新型インフル対策に着手 取引継続へ当局と共同訓練 日本経済新聞 

Bird flu disease reoccurred in Ben Tre Nhan Dan, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル、ベントレ省で再発
 過程で飼育するアヒルや死亡したアヒルからH5N1ウイルスが検出された。

 現在ベトナムで、4省が21日間以上の鳥インフル未発生を達成していない。
8月15日


H9N2 bird flu threat understated in humans Scientific American  (米国) H9N2鳥インフルもパンデミック発生の可能性

H9N2 bird flu threat understated in humans National Post, Canada  (カナダ) H9N2鳥インフルもパンデミック発生の可能性
 下記ロイター記事。
H9N2 bird flu threat understated in humans Reuters  (国際) H9N2鳥インフルもパンデミック発生の可能性
 パンデミックを起こす可能性あるインフルエンザウイルスの候補として指摘されているH9N2鳥インフルウイルス株は、一般的に考えられている以上に人に感染しやすく、しかし症状が軽微なため、見逃されている可能性があると、香港の鳥インフル専門家が語っている。
 「H9N2が多数の人に感染している可能性は、我々が考えている以上に十分ある」、と香港で中心的に研究を行っているウイルス学者のマリク・ペイリス氏がロイターに語った。
 「人では症状が軽微なため、多くの場合はインフルエンザとして認識さえされていなく、またウイルス検査もされていないだろう」、とペイリス氏は語っている。同氏は、最近発表されている、このウイルス株に関するいくつかの論文の共著者となっている。
 これまでH9N2ウイルス感染者は、極めて少数しか報告されていない。その中には、2003年に香港で発病した4人の子供達が含まれているが、症状は中等度の発熱と咳に過ぎない。他に中国広東省で少数例が報告されている。同地域では人々が家きんと密に接触した生活環境にある。
 ペイリス氏によると、香港の例は、同市の積極的インフルエンザ検査システムにより偶然発見されたという。
 「非常に静かに活動するウイルスだが、高病原性ではない。しばしば家きんに感染するが、気づかれないことも多い」、とペイリス氏はH9N2ウイルスの特徴について説明した。
 このウイルスはほとんど鳥に感染するが、ヨーロッパやアジアでは豚や他の動物にも感染することもある。

 ほとんどのインフルエンザ専門家は、何らかのインフルエンザウイルスによるパンデミックはいつ起きても不思議ではないと言っている。
 誰もどのウイルスがパンデミックを起こすか予知出来ないが、もっとも可能性あるウイルスとしてH5N1ウイルスが考えられている。同ウイルスは2003年以来世界で385人を発病させ、243人を死亡させている。
 しかしながら、マリーランド大学、聖ユダ小児研究病院他のインフルエンザ専門家達は最近、H9N2ウイルス株が人にとって脅威的存在であると、科学雑誌PLoS ONEに論文を発表した。
 同研究者達は些細な遺伝子変異でウイルスが人に感染するようになり、人人感染が容易に生じる、と言っている。
 ペイリス氏によると、H9N2ウイルスは人に感染しやすいかも知れないが、H5N1ウイルスによるパンデミックに比較すると、生じる被害は遙かに小さいと考えられる。
 「H5N1ウイルス以外にも次のパンデミックを起こす可能性のあるウイルスはある」、とペイリス氏は説明する。
 「でもH9N2はそれほど大きな被害は出さないと思う」。
 ペイリス氏は、最近発生した主要なパンデミックは、その発生被害程度は大きく違っていると言う。1918年のスペイン・インフルエンザは世界で5000万人死亡と推定されるが、1968年の香港インフルエンザは100万人の死亡者で終わっている。
 鳥インフルエンザウイルスは何百種類も存在するが、。WHOによると、人が発病したのは、H5N1、H7N3、H7N2、およびH9N2の4種類のみである。
8月14日


British Researchers Eyeing Quick Test To Verify Bird Flu Outbreak Gant Daily, PA  (米国) 英国の研究者、鳥インフル発生を確認する迅速テストを考案
Scientists Say H9N2 Strain Poses New Bird Flu Threat AHN  (国際) 研究者、H9N2鳥インフル株がパンデミック発生の怖れ
Advances needed in bird flu reaction InTheNews.co.uk, UK - (英国) インドネシア、鳥インフル感染者に対する早期の対応方法の強化が必要
 下記と同じ内容。地方の保健担当者の教育が必要。
More than 80 pct of Indonesia bird flu cases die Reuters  (国際) インドネシアでの鳥インフル患者の80%以上は死亡
 インドネシアで鳥インフル患者の80%以上が死亡している理由は、診断と治療の遅れが原因であることが、分析した研究者が13日発表した。
 地方の保健担当者が十分訓練されていないために、H5N1鳥インフルの初期症状を見逃し、そのために必要な抗インフルエンザ薬の投与が遅れている。
 保健省のトニ・ワンドラ博士と共同研究者達が2月の時点でインドネシアの患者をまとめて分析したが、患者が入院するまで平均6日要している。
 患者達が入院する時点で99%が発熱を呈し、88%が咳を呈し、84%が呼吸困難を呈していた。そのように研究者達がまとめた「ランセット(Lancet)」に掲載された論文に書かれている。
 しかし発病後2日間に、発熱と咳を呈した患者は31%に過ぎず、また発熱と呼吸困難を呈したのは9%に過ぎない。
 6日以内にタミフルを服用した患者の三分の一は生存し、その後に治療を開始された患者では19%であった。

Researchers fear other bird flu virus may cause pandemic AFP (国際) 研究者達、パンデミックの原因ウイルスとして他の鳥インフルウイルスを懸念
Ignored Strain of Bird Flu Could Lead to a Pandemic… of Light Sneezing Discover Magazine, NY  (米国) 注目されていない鳥インフルがパンデミックを引き起こす可能性…軽い症状
 H9N2ウイルスが容易に変異して人に感染しやすくなり、パンデミックを発生させる可能性がある。
 ただし毒性の強いウイルスと遺伝子交雑を起こさない限り、軽症で終わる。
New Strain of Bird Flu Detected in Nigeria Farming UK, UK (英国) ナイジェリアで新規鳥インフルウイルス株が検出

Machine may be able to detect bird flu in two hours The Herald, UK - (英国) 2時間で鳥インフルを検出する装置が開発
 ノッティングガム・トレント大学の研究者達は2時間で鳥インフルの発生を検出出来る装置を開発したと、Hんじつ発表した。
 現在の方法では、致死的H5N1鳥インフルウイルスを含む、各種の鳥インフルウイルスを同定するのに1週間は要する。
 今回開発された装置はブリーフケース程の大きさの携帯型で、鳥インフルが発生した可能性のある地域へ携行出来る。
 研究者達はさらに病院で人の患者の診断にも寄与できるモデルを開発している。
 当装置は人の唾液(咽頭拭い液?:訳者)や動物の組織中の分子を認識して、感染の有無と感染しているならどのようなウイルス株かを判定するものである。
 「この装置のユニークな点は、検査過程は完全に自動化されており、訓練されたスタッフが必要のないことである」、と研究者の一人であり、以前政府の鳥インフル研究者であったアラン・マックナリー博士が説明する。
 「この装置を用いたなら、獣医学的指導するスタッフを送って、鳥から検体を採取し、そして検査を行う必要はない。現在は十分訓練されたスタッフのいる検査所で検査を行う必要がある」、と同博士は付け加えている。
 Portfastfluとして知られる当研究には、230万ポンドの助成金(約4億円)がEUから提供されている。
 今後、開発された装置はフランスの企業に渡され、装置のデザインが工夫されて、2010年12月頃に完成するとされる。
8月13日

New bird flu threat could be H9N2, researchers say Canada.com, Canada  (カナダ) 研究者警告:パンデミックがH9N2株で発生する可能性もある
 ロイター。
H9N2 avian flu strain has pandemic potential Science News(米) H9N2鳥インフルエンザ・ウイルスがパンデミックを引き起こす恐れ

 新たな研究で僅かな変異で、H9N2亜種の感染性を高めることがわかった。
 パンデミック対策計画を講じているものは、見当違いの鳥インフルエンザ・ウイルスを次の世界的インフルエンザ大流行の候補と考えていたのかもしれない。H9N2として知られる種の鳥インフルエンザウイルスは、僅か数度の変異でヒトの間での感染性を得るかもしれないことを、新たな研究は示している。
 「H9は手遅れになるまで気付かれない、沈黙のウイルスなのです」と、カレッジ・パークにあるメリーランド大のウイルス学者であるダニエル・パレズ氏は語っている。
 ペレズ氏と同僚が分析したのは、H9インフルエンザ・ウイルスがヒトの疾病感染のモデルであるフェレットの間でパンデミックとなる可能性についてである。同チームが解明したところでは、赤血球凝集素のたんぱく質のなかの単一の化学構成区画の変異によってこのウイルスのフェレット間での感染性が高くなるという。赤血球凝集素はウイルスが細胞を捕捉するのを助ける役目を果たすのである。鳥インフルエンザ・ウイルスの遺伝子をヒトのインフルエンザ・ウイルスのものと混合することでも感染性は高まり、ウイルスの毒性も高くなるかもしれないと、ネットのPLoS ONEで同研究者チームは8月13日に報告している。
 このウイルスはフェレットの間では空気感染性は獲得しなかったが、将来は獲得する可能性があるという。
 H5N1とH7の二種類の鳥インフルエンザ・ウイルスが来るべきパンデミックの候補として多大な関心を集めてきたと、ウースターにあるオハイオ州立大の分子ウイルス学者であるChang-Won Lee氏は語っている。しかし、H9ウイルスも将来パンデミックを引き起こすかもしれないという状況証拠が大いにあると、Lee氏は述べている。
 H9鳥インフルエンザ・ウイルスはアジア・中東・欧州・アフリカの鳥の間に広く拡散している。鳥に対しては発症せず、そのため気付かれないままであることが多い。ヒトや豚にも感染することがあるが、今のところ、ヒトには穏やかな症状しか現れず、ヒトからヒトへの感染は知られていない。しかしペレズ氏の研究結果によれば、僅かな変異でヒトの間で拡散し始めるかもしれない。
 「感染は実際のところ、ヒトの間でパンデミックを発生させるためウイルスが持たねばならない基本的な性質です」と、ニューヨーク市にあるマウントサイナイ医科大学のウイルス学者であるピーター・パレス氏は言う。しかし空気感染がヒトの間でパンデミックを引き起こすための必須条件であり、今回の研究結果は「コップに半分入っており同時に半分からであるようなものです」と、パレス氏は述べている。
 H9ウイルスがヒトの間での感染性を獲得したとしても、当初はヒトには弱い症状しか起こさないだあろうという。「大混乱に陥るのではなくて、調子が悪いという人間がたくさん出るだけでしょう」と、チャペルヒルにあるノースカロライナ大の細胞生物学者であるレイモンド・ピクルズ氏は言う。しかし、この新たなデータは、H9ウイルスが他のヒトのウイルスと交じり合えば、自然界で通常発生しているように、感染応力を高めるだろうということを示している。
 多くのパンデミック対応計画作成者は、高病原性のH5N1ウイルスを懸念の対象の最上位においているが、インフルエンザ研究の第一人者であるテネシー州メンフィスにある聖ジュード小児研究病院ロバート・G・ウェブスター氏は、H9N2は自分の「インフルエンザ対象リスト」の最上位にあるとしている。
 H9ウイルスは「隠れ潜んだインフルエンザ」であると、ウェブスター氏は言う。「われわれが考えているよりも大きな問題を引き起こすかもしれない」 T.M訳


New bird flu threat could be H9N2 Straits Times,  Singapore  (シンガポール) 研究者警告:パンデミックがH9N2株で発生する可能性もある
ロイター
New bird flu threat could be H9N2: researchers ABC Online, Australia  (オーストラリア) 研究者警告:パンデミックがH9N2株で発生する可能性もある
 ロイター。
New bird flu threat could be H9N2, researchers say Reuters - (国際) 研究者警告:パンデミックがH9N2株で発生する可能性もある
 多くの国ではパンデミック・インフルエンザがH5N1鳥インフルエンザウイルスで発生する可能性を考えて準備しているが、H9N2鳥インフルエンザウイルス株で発生する可能性もあると、12日、研究者がPLoS ONE(The Public Library of Science )に発表した。
 H9N2ウイルス株は些細な遺伝子変化で人に感染、そして拡大する可能性があることが、マリーランド大学、聖ユダ小児研究病院他の研究者達から発表された。
 「我々の研究結果は、H9N2が家禽の間で流行し始めると、人に対して重大な脅威となることを示唆している」、と科学雑誌に発表した。
 ほとんどの科学者たちは、パンデミック・インフルエンザはいつ発生しても不思議ではないと警告している。

 誰もパンデミックを起こすウイルスに関して予知はできないが、一般的予測としては世界ですでに385人が発病し、243人が死亡しているH5N1鳥インフルエンザが、パンデミックをおこすのではないかとされている。ウイルスは特定の地域で家禽の間で蔓延し、世界で3億羽以上の家きんが殺処分されている。
 少しの変異でウイルスは人に感染しやすくなると考えられているが、インフルエンザ専門家達はパンデミックを起こす可能性が高いのはH5N1ウイルスだけではないと注意を促している。

 H9N2はほとんど鳥にしか感染していないが、これまで少なくとも香港で4人の子供に感染し、中等度の症状を起こしている。鳥の他に、豚や他の動物にヨーロッパやアジアでは感染している。
 研究者達はH9N2ウイルスに、些細な変化を施し、フェレットに感染させた。
 一ヶ所の変異でウイルスはより強毒性で高病原性となり、また感染力も増した。
 報告はインターネットでも閲覧出来る。here

 研究者達はH9N2ウイルスと季節性インフルエンザであるH3N2ウイルスの遺伝子をミックスした。
 研究者達は人や動物が2種類のインフルエンザウイルスの感染を受けると、遺伝子の「再集合」が起こると考えている。
 遺伝子の再集合化したウイルスは容易にフェレットに感染した。
 研究室で合成されたウイルスはエアロゾルを介した空気感染は起こさななかったから、やや感染性は弱いと考えられた。しかし人は物の表面を介した接触感染で、発病者からウイルスの感染をうける可能性はある。
 「エアロゾル感染は認められないが、ウイルスは多くの呼吸器組織で増殖し、人のH3N2ウイルスによる臨床症状に類似した症状を認めたと、研究者達は報告している。
 鳥インフルウイルスには数百種類はあるが、実際に人に感染することが知られているウイルスは、WHOによると、H5N1、H7N3、H7N2、H9N2、の4種類である。
Ghana calls for cross-border meeting on Avian Influenza Ghana News, Ghana  (ガーナ) ガーナ、周辺国に鳥インフル対策のための国境会議開催を求める
 ガーナの家畜局長は、近隣のトーゴとベニンからアフラオに関係者を招待して、鳥インフル対策のための国境会議参加を求めた。先月ナイジェリアで鳥インフルが発生したことから計画された。
 予定ではガーナ、コートドゥボアール、ブルキナパソとの間で2,3週間中に開催を計画している。
Wild birds maybe caused new flu strain: Nigeria Canada.com, Canada (カナダ) ナイジェリア:渡り鳥が新規ウイルス株をもたらした可能性
 ヨーロッパまたは中央アジアからの鳥インフルに感染した渡り鳥が、アフリカへのH5N1ウイルスの新規株を運んできた可能性が高いと、ナイジェリアの鳥インフル対策責任者が12日かたった。
 国連のFAOは11日、最近ナイジェリアで検出された鳥インフルエンザウイルス株は、遺伝的にこれまでアフリカで発生していた株とは異なると発表した。
 ナイジェリアの鳥インフル対策責任者のモハメド・サイドゥ氏は、H5N1ウイルスは先週北東部のゴムベ州の家きん市場で検出されたと語った。
 「その地域には24カ所の湿地帯があり、2つの渡り鳥の飛行路の中にある。我々はウイルス株は渡り鳥によりもたらされたと考えている」。
 11日FAOの高官は、今年はまだ渡り鳥の南下は起きていないことから、ウイルスが渡り鳥によって運ばれた可能性に疑いを表した。
 FAOの動物保健管理局のスコット・ニューマン国際野生動物調整官は、ウイルスは国際貿易を通じてアフリカ大陸に渡ってきた可能性があると語っている。
 先の7月、アフリカで最も人口密度の高いナイジェリアは、約10ヶ月ぶりにH5N1鳥インフルウイルスを検出した。ウイルスは北部の町、カノとカスチナで見つかっている。
8月12日

Cambodia, FAO start series of market forums on bird flu Xinhua, China  (中国、新華社) カンボジア、FAOの協力下に鳥インフル啓発のマーケット・フォーラムを開催
 カンボジア農業林業水産省(MAFF)は、国連のFAOの協力下で鳥インフル啓発のために、一連のマーケット・フォーラムを開く。12日に記者発表した。
 最初のフォーラムは8月13日にカンポントン省で開かれ、さらに13回のフォーラムが主要な生家きん市場で開かれる。米国の国際開発援助資金から助成される。
 フォーラムの内容は、マーケット経営者や家きん商人、ブローカー、肉屋などに、バイオセキュリティーについての知識を与え、彼らの保有する生家きんが鳥インフルに感染することから防止することを学ばせるものである。
Bird flu outbreak reported in southern Vietnamese province Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナム南部の省で鳥インフル発生が報告
 ベトナム南部のベントレ省の2家庭で570羽のアヒルからの検体でH5N1ウイルスが陽性であったと12日、地域の新聞であるYOUTHが報じた。
 鳥インフル検査はベトナム第六動物保健センターで行われた。当局では地域を消毒し隔離した。

 ベトナム農業省下の動物保健局ではまだベントレ省の事例は確認していないが、現在は中央カンガイ省と南ドンタプ省、およびキンギアン省野茂が鳥インフル発生地としている。
Canopus Biopharma and Leading Chinese Researcher Team Up to Treat ... istockAnalyst.com, OR  (米国)  カノプパス・バイオファルマと中国の先端的研究者チームがパンデミック阻止のために鳥インフル治療薬を開発
 国際的に有名な鳥インフル専門家が、本日、同氏の研究チームが有望でエキサイトな結果を得たと発表した。この研究はstatin/caffeineの複合物でStatC(TM)と呼ばれる抗インフルエンザ薬で、H5N1、H3N2、H1N1インフルエンザウイルスに対して、マウスモデルで良好な効果が得られた。
 広州市のSun Yat-sen 大学の研究者と米国企業のカノパス・バイオファルマ社の共同研究によるものだが、マウスでの治療実験、予防実験、どちらでも成功し、次はフェレットでの実験に入る。
New bird flu strain found in Nigeria, UN's FAO says Reuters AlertNet, UK  (国際) ナイジェリアで新規鳥インフル株が確認:FAO発表
 アフリカで家禽の間でH5N1ウイルスの新規株が見つかり、懸念される状況であることが、国連のFAOが11日発表した。
 FAOによると、H5N1ウイルスの新規株は遺伝的に2006年から2007年にかけて流行していた株とは異なり、ナイジェリアでは全く新しく見つかった株である。
 「この株は2007年に、ヨーロッパ(イタリア)、アジア(アフガニスタン)、および中東(イラン)で流行していた株と類似している」、とFAOは発表文の中で言っている。
 「アフリカにおける新規株の検出は、この株の由来が不明であることから、重大な問題を提示している」、とFAOの動物保健局の国際野生動物調整官であるスコットニューマン氏が語った。
 「アフリカに野鳥がウイルスを運んでいるとは思われない。なぜなら最後に渡り鳥がヨーロッパや中央アジアからアフリカへ飛来してのは2007年の9月である。そして今年度は南方へのアフリカへ向かう渡りはまだ始まっていない」、とニューマン氏が語った。
 「他にウイルスが拡大するルートがある可能性が示唆される:例えば鳥の国際貿易、または不法な報告されていない鳥たちの搬入。このようなルートでの鳥インフルの拡大は、他の西アフリカへのウイルスの拡大の危険性が高い。
 鳥インフルエンザは一般的なものだ。しかしH5N1ウイルスは特に家きん生産者や医師達にとって心配される存在になっている。高病原性H5N1ウイルス株はアジアやヨーロッパ、そしてアフリカの家きんの間で広く広がり、希に人にも感染しているが、それでも2003年以来世界で385人の発病者が出て243人が死亡している。
 またそれは世界で3億羽の家きんの殺処分が行われている。恐れは、ウイルスが変異して人人感染を生じるようになって、世界で数百万人以上の死者が出る可能性があることである。
 さらにH5N1ウイルスは他の鳥インフルウイルスには見られなかった方法で世界中のいたる場所に潜んでしまった。
 「ウイルスの拡大と感染に関して十分理解することが、このウイルスの封じ込めにとって最も大きな課題となっている。サーベイランスの強化が、状況のモニターとウイルス拡大の軌跡を追う上での鍵となっている」、とFAOの獣医局長のジョセフ・ドメネク氏が語っている。
 先月、ナイジェリアは10ヶ月ぶりにH5N1ウイルスの発生を報告した。北部のカノとカスチナの鶏とアヒルの間で発生している。
8月11日

New Bird Flu Strain Detected in Nigeria Stackyard, UK  (英国) ナイジェリアで新鳥インフルウイルス株が検出
 ナイジェリアで最近分離されたH5N1ウイルスが、これまでの株とは遺伝子的に異なり、アフリカで初めて分離された株であることがFAOから発表された。
 この株は中東(イラン)、アジア(アフガニスタン)、およびイタリアで検出された株と遺伝子的に類似している。
 この新しい株の検出は、ウイルスの拡大説に重要な問題の提起となる。すなわち渡り鳥は昨年の9月にヨーロッパ、中央アジアからアフリカにきたが、今年はまだ南下してきてない。渡り鳥がこの新株を運んできたとは考えられない。
 ウイルス拡大の他のルートとして、家禽貿易、そして不法な未報告の家禽の移動が考えられる。

  インドネシア北スマトラ州のアイルバトゥ村で何が起きたのか?

  多くの鶏がH5N1鳥インフルで死亡した
  その直後から十数人の村人達が高熱と呼吸問題を呈して、入院した。そのうち2名の子供が専門病院の隔離病棟に移送された。全ての発病者はタミフルで治療を受けていた。
  8日夜には検体のPCR検査でH5N1ウイルスは否定された。
  他に先週初めに3人死亡しているが、検体を採取される前に埋葬されていた。
  現在も村周辺1キロ以内の家禽の殺処分が行われている。

  現在は本当にフェーズ3なのだろうか?

  世界の鳥インフル状況を、もっと真剣に監視して、情報は公開されてゆく必要がある。

 
8月10日

Indonesian health officials say Bird Flu cases nagative Famagusta Gazette, Cyprus (キプロス) インドネシア保健省、鳥インフル集団発生疑い事例は検査で陰性と

Lab Test Clears Indonesian Villagers of Bird Flu  MedIndia, India  (インド) インドネシアの村人達の鳥インフル疑いは検査で否定される
AFP。

Indonesian villagers test negative for bird flu 英文中國郵報, Taiwan  (台湾) 鳥インフルの集団発生が疑われていたインドネシアの村人達、検査で陰性と
 ロイター。
Contact With Birds Not Required to Contract Bird Flu Infection Natural News.com, AZ  (米国) 鳥インフルウイルス感染には、必ずしも鳥との接触は必要ではない

 WHOは感染した家きんと直接接触しなくても鳥インフルウイルスに感染する可能性があると警告した。
 WHOの研究者がこれまで世界で発生した人のH5N1鳥インフル350例を分析して、その四分の一が鳥との接触無しで発症し、環境内ウイルスに感染した可能性が高いことを論文でまとめ、New.Engl.J.Medに発表した。

 当論文に関する内容は、本年1月17日にカナダの報道やロイターでも伝えられていた。再度参考になるので、それらからの要約文を掲載する。詳細は本年の1月17日付けの情報を参考のこと。

  WHOの研究者、フレデリック・ハイデン氏等が、H5N1鳥インフル発病者に関するこれまでの記録や学会での発表をまとめて、その分析結果を報告した。論文は、New.Engl.J.Medに発表された。


 その要約は以下の通り。       
 ・H5N1鳥インフルウイルスは、現在10系統に分かれている(クレード)。
 ・クレードによって人に対する病原性が異なっている可能性が高い。3系統のクレードが人に感染を生じている。クレード2.1はインドネシアで蔓延していて、クレード2.2はロシア、ヨーロッパ、中東、アフリカへ拡大している。
 ・生存率は国によって異なるが、ウイルスのクレードによる違いか、発見の早さによるのか不明。
 ・早期の症状が曖昧な場合も多く、そのため抗インフルエンザ薬の投与が遅れているケースが多い。臨床医の力量が試される結果となる。
 ・抗インフルエンザ薬は48時間以内に投与されないと効果の発揮は薄いが、それでもこれまでのデータを見る限り、タミフルを投与された患者の方が生存率が高い(投与時期に関わらず)。
 ・90%の患者が40歳以下で、患者の年齢の中央値は18歳。
 ・中高齢者での発症数が少なく、また死亡者数も少ないが、いくつかの研究報告では、15~20%の高齢者の血液にH5N1ウイルスに対する抗体が認められる、とされる。しかしハイデンは、それが高齢者の発症率の低さの原因であるかどうかは不明としている。
 ・6例の妊婦の発症例があるが、4例は死亡し、2例は生存している。生存例では自然流産を生じている。
 ・感染地域への旅行者での発症例はない。
 ・2003年から2006年まで米国で感染地域からの帰国者で、体調不良を呈した41人を経験し、そのうち27人がCDCのH5N1鳥インフル感染のクライテリアの疑い例に合致した。しかし検査での陽性例は出ていない。
 ・カンボジア、中国、タイ、ナイジェリアで家きん殺処分の従事者、家きん市場の労働者、保健医療従事者を対象とした抗体検査が、7つの研究で行われたが、合計対象者数1100人中、抗体が陽性だったのは1名のみだった。
 ・専門家達はこれまで発症している事例は、感染者の中の一部分(氷山の一角)と捉え、軽症例が多く存在すると考えたい気持ちでいるが(そうならば致死率は非常に低くなる。1割以下?)、上記研究結果は残念ながらそれを否定している。
 ・2人またはそれ以上の発症者が生じた集団発症(クラスター)事例が、人発病者の発生を確認した国の中で10ヵ国で認められ、その総数は発病者全体の四分の一に相当する。
 ・クラスターの中で人人感染が起きた事例の有無について、現在WHOは調査中であるが、明確な見解を保有するにいたってない。
 ・クラスターの中で90%以上が血縁者間での発病なので、遺伝的素因が感染に関係していることが疑われている。
 ・人発病事例の四分の一が感染源が不明。
 ・環境の中で感染した可能性。
 ・何人かにおいて、単に家きん市場を訪れただけが感染の原因とされている。
 ・数人で呼吸器症状を呈する前に下痢がみられている。そしてウイルスが便中から検出されている。しかし消化器から感染することがあるのか否かは不明。


13 Indonesians Test Negative for Bird Flu Voice of America  (米国) 鳥インフル発病疑いの13インドネシア人、検査で陰性と

 インドネシア保健省は、鳥インフル発病疑いの13人は検査で陰性だったと発表した。
 
 北スマトラ州のアサハン県の当局者は、アイルバトゥ村で先週(日本では先々週)多数の鶏が死亡した後、村人達が鳥インフル症状を呈したと発表した。
 検査で鶏がH5N1鳥インフルで死亡したことが確認された。

 世界中で2003年居合い240人がH5N1鳥インフルで死亡し、そのうちインドネシアでは111人が死亡している。人は感染した鳥との直接的接触で感染する。

8月9日

Indonesian villagers cleared of bird flu Reuters - (国際) インドネシアの鳥インフル発病疑いの村人達、検査でH5N1ウイルス陰性が確認
 鳥インフル様症状を呈したため入院していた北スマトラ州の村の人々は、検査でH5N1ウイルス陰性と確認されたことが、保健省の担当者から発表された。

 北スマトラ州アイルバトゥ村の7歳少女と8ヶ月の乳児を含む13人は、多数の鶏が死亡した後発熱した。
 「全ての疑い者の検査結果は陰性だった」、と保健省の伝染病対策部長官であるニオマンカンドゥン氏が発表した。
 集団発生事例の疑いは、ウイルス変異により人人感染が生じた可能性を提起する。

インドネシア集団発生疑い事例に関する海外メーリング・リストからの情報
 以下はメーリングリスト参加者からの投稿内容です。

これまでに最低限確認されている情報


・鳥インフルがアイルバトゥ村で発生したことは間違いはない。そしてインドネシア政府が検査結果を待たずに。極めて迅速に発生村から1キロ以内の家きんを殺処分した。
・インフルエンザ様症状を呈して3人が死亡し、13人が入院し、73人が症状を訴えている。当該村の住人は1900人である。
・WHOはインドネシア政府により、何が当該村で発生しているかを調査に入ることを許された。巨大なスポーツイベントが行われている最中に。これはインドネシア政府の対応に良い兆しが出ていることを意味する。
・WHOはもう少し滞在する。

Indonesian villagers test negative for bird flu: health ministry  PhysOrg.com, VA (米国) インドネシアの村民、鳥インフル検査は陰性と;保健省発表
 AFP
 下記内容と同じ。

Indonesian villagers test negative for bird flu: health ministry Straits Times, Singapore  (シンガポール) インドネシアの村民、鳥インフル検査は陰性と;保健省発表
 AFP

 インドネシアで鳥インフル発病が疑われた13人は検査の結果陰性が確認されたと、保健省が9日発表した。
 WHOからの専門家が8日に北スマトラの感染村に到着し、3人が死亡し、13人が入院して鳥インフル発生が疑われた村の調査に協力している。
 保健省の伝染病局のニオマンカンドゥン長官が、 「疑い例からの検体は全て陰性だった。患者達は全て回復している」、と発表した。

 北スマトラ州のアサハン県の当局者と住民が、先週、アイルバトゥ村で大量の鶏が死亡した後、村人達が鳥インフル様症状を呈したと語っていた。
Indonesia clears from bird flu cluster in village Xinhua, China  (新華社、中国) インドネシア、鳥インフル集団発生疑いは検査で否定される
 北スマトラ州の村で12人が今週鳥インフルを発病した疑いがもたれていたが、検査で鳥インフルが陰性と確認され、集団感染は否定されたことを、保健省の伝染病管理局長官のニオマンカンドゥン氏が9日発表した。
 アイルバトゥ村の12人が今週、発熱と呼吸症状の鳥インフル様症状で入院し、血液検体がジャカルタの研究所に送られていた。

インドネシア集団発生疑い事例に関する海外メーリング・リストからの情報
 一般人を含む個人的情報なので信憑性に関しては定かではない、と断っておきます(訳者)

 以下はメーリングリスト参加者からの投稿内容です。

 No1:自分がインドネシア国内から得た情報は以下の通り

  一人のナースが最初に非常に大きい集団発生として報道に告げたが、他の情報として以下のことが追加される。

 1)家きんが1週間以上に亘って現在も死んでいる。
 2)3人が今週鳥インフル様状態で死亡した。血液検査結果を待っている。
 3)2人の子供が重体で州の病院へ移された。
 4)他の13人の村人達が病的になった。当局は地域の病院へ隔離した。
 5)ほとんどの村人達が村を離れ、他の村に避難場所を探している。-->クラスターが他の村に拡大している恐れ?
 6)インドネシアのWHO報道官は事態に対して何らコメントを出していない。
 7)インドネシア政府からは何も情報が出されていない。  

 No2:自分の得た情報は以下の通り。
  インフルエンザ様症状を呈している村人は79人。WHO調査隊も現地にいる。

*訳者コメント:太字部分は報道で流されていない情報。

最新情報  2008/08/09 11:13:33
Indonesia slaughters birds, awaits flu tests AFP  検査結果未確定のインドネシア、WHO専門家チームも現地で調査に



 8日、インフルエンザ様症状を呈した13人が検査結果を待っている中、鳥インフルを封じ込めるために数百羽の鶏とアヒルが殺処分された、と当局が発表した。

 WHOの専門家が北スマトラの感染村に入り、先週発生した鳥インフル疑い事例と、突然死亡した3人の村人の調査をインドネシア当局と開始した、と州の保健当局が発表した。
 「WHO専門家達はアイルバトゥ村に2日間滞在し、発生が疑われている鳥インフルウイルスの発生源と、死亡した3人の調査を行う予定だ」、と当局者のスハディ氏がAFPに語った。

 13人は発熱と呼吸困難で入院し、そのうちの2人、男児と7歳少女はメダンの病院の隔離病棟に入院している。
 アダムマリク病院の報道官シナル・ギンティング氏は、隔離病棟にいる2人の小児は症状が軽快してきていると語っている。
 「鳥インフルが疑われている2人は回復し、正常状態になっている。しかし、いまだ検査結果を得ていないことから、隔離病棟に収容している」。
 当局では村の消毒を継続していると発表した。
 「アイルバトゥ村の至る所で100羽近い鶏やアヒルが死亡していて、鳥インフルの疑いを強く持ったから5日から村の中の消毒を行っている」、と地域の家畜局の責任者であるオクトニ・エリアント氏が語っている。
 少なくとも400羽の家きんが殺処分され埋められた。そして当局では屋外飼育場の中を消毒している。
 「我々は家きんから検体を採取して研究所に送る必要はない。なぜなら死亡原因は鳥インフルであることが明らかだからだ」、と同氏は語っている。
 「予防対策がより重要だ」

 地域の病院のナースが今週早くに村で3人がインフルエンザ様症状で死亡したと語っているが、保健省当局者は死因を確認出来ていない。
 今回の事例に関してコメントを発表していない保健省では、インドネシアが世界で最も鳥インフル死者が多く発生しているにも関わらず(112人)、人での死亡例の定期的発表を中止している。
 WHO当局でもコメントは出していない。
8月8日

鳥インフルエンザ感染情報について 在インドネシア日本大使館
 お知らせ総08第16号(平成20年8月8日)


 8月7日、北スマトラ州アサハン県アイル・バトゥ郡において、鳥インフルエンザ(H5N1)と疑われる患者が発生した旨報道されました。要旨は以下の通りです。

 アサハン県アイル・バトゥ郡において、住民12名の鳥インフルエンザと疑われる患者が発生、そのうち容態が深刻である2名は、メダン市内のアダム・マリク病院(Rumah Sakit Umun Adam Malik、鳥インフルエンザ指定病院)で治療を受けている。また、残り10名はキサーラン公立病院で治療を受けている。容態は快方に向かっている。
 同病院長によれば、全員の血液サンプルは既にジャカルタへ送付させており、1週間程度で検査結果が判明する予定である。
 アサハン県保健局長によれば、既に死亡した3名については、同局が事実を把握した時点で既に埋葬されていたため、鳥インフルエンザの関連性は確認できず、不明である。また、死亡した鳥を調べた結果、鳥インフルエンザ陽性(H5N1型)が確認されている。

Indonesia slaughters birds, awaits flu tests The West Australian, Australia  (オーストラリア) インドネシア、家きんの大量殺処分、検査結果待ち
 400羽近い家きんが殺処分され、周辺が消毒されている。鳥インフル発病疑い者の検査結果が待たれている。
Possible Bird Flu cluster in Indonesia has doctors worried Blogger News Network  (国際) インドネシアで鳥インフルの集団発生の可能性:医師団が危惧
 北スマトラで発熱と呼吸器症状を呈した原因不明の疾患が発生したことが報告されている。鳥インフルだろうか?13人が発病し、地域でH5N1鳥インフルエンザに感染した家きんが出ている。発病した村人達全員が鳥や鶏に接触した既往はないことから、人人感染が起きている心配がある。もしそうなら、1918年に発生した第一次世界大戦の死者数よりも多くの犠牲者を出したスペイン・インフルエンザのような新型インフルエンザのパンデミックのスタートとなるのだろうか?

 現在、WHOは鳥インフルの危険度をフェーズ3Aとしている。すなわち人人感染が起きても、限定的でしか起きえない。もし北スマトラでの集団発生が人人感染によるものとしても、それはSARSのような流行を意味しない。それは地域の単純な隔離措置で封じ込めが可能かもしれない。
Thirteen Hospitalized With Bird Flu Symptoms in Indonesia's North ... RedOrbit, TX  (米国) インドネシアの北スマトラで13人が鳥インフル症状で入院
 8月6日、インドネシア・デーリー・コンパス(Indonesian daily Kompas)のウエブサイトで、北スマトラ州アサハン県アイルバトゥ地区のアイルバトゥ村で、13人の村人達が鳥インフルに感染した疑いがあることが報告された。
 2人はメダンのアダム・マリク病院の隔離病棟で治療されている。残りの11人はアサハン県立アブドゥル・マナン病院で治療されている。
 アダム・マリク病院の報道官であるシナル・ギンチング氏によると、メダンで治療を受けている2人は8月6日にアブドゥル・マナン病院から転送されたと説明している。2人は7歳少女のFと8ヶ月男児のMSとされ、近隣に住んでいた。
 医師達は患者の血液と唾液スワブをジャカルタの健康局の研究開発センター(Centre for Research and Development)に送った。結果が出るまでには1週間要する。
 ギンチング氏によると、2人は鶏と直接的接触の既往は無かったが、1週前に近くで飼育していた鶏が突然死亡したと言う。
 「地域の保健担当者が鶏を検査したが、H5N1ウイルス陽性であることが確認されている」、と同氏は説明している。
 アブドゥル・マナン・病院の当局者であるアナさんによると、病院で治療を受けている患者は:5歳、6歳、33歳、5歳、39歳、32歳、32歳、39歳、8歳、2歳。実際に治療を受けているのは11人であるがリストには10人のみが記載となっている。
13 Indonesians hospitalized with bird flu symptoms GoErie.com, PA  (米国) インドネシアで13人が鳥インフル症状で入院
 AP

 保健担当者達が西インドネシアの村に、数十羽の鶏が死亡した後に13人が発病し入院したことから、調査のために派遣された、と政府関係者が語った。
 鳥インフル対策委員会の報道官であるメムド・ズルカルナエン氏が、検査結果が出るまでには数日要すると語った。しかし、人々の高熱と呼吸困難の症状は改善しているようだ、と付け加えている。
 
 13人はアイルバトゥ村(ジャカルタから北西1000キロにあるスマトラ島の村)で、以前に鶏が死亡しだしてから、2カ所の病院に入院している。鶏はH5N1鳥インフルに感染していることが、当局の検査で判明している。
 疫学専門家チームが7日に当該村に送られ、患者家族と近隣者達から血液の採取と咽頭スワブ検体の採取を行う、とズルカルナエン氏が語っている。

Indonesia probes bird flu 'outbreak' PhysOrg.com, VA  (米国) インドネシア、鳥インフルの集団発生の調査に
 AFP

 インドネシア政府は専門家チームをスマトラの村に送り、少なくとも13人が発病したと疑われる鳥インフルの集団発生を調査している。7日保健担当者が語った。
 「多くの村人達が鳥インフル症状で倒れたことから、鳥インフルの集団発生を疑っている」、と北スマトラ州の保健局責任者のチャンドラ・シャフェイ氏がAFPに語った。
 「我々がジャカルタに送った血液検体の結果を待っている」。
 先週、当該地であるアイルバトゥ村で鳥インフルの発生が疑われた後、死亡した3人について、当局は確認できていない。
 鳥インフル疑いで入院している13人の村人のうちの何人かが治療されている病院のナースが、6日AFPに、既に3人が死亡していると語っている。
 当局によると、大量の鶏が突然死亡した後、村人達は発熱と呼吸困難を呈しだしたと言う。
 
 シャフェイ氏は5人の疫学専門家チームが当該地へ派遣され、調査と抗インフルエンザ薬のタミフルを配布する予定となっている、と説明している。
 「彼らは地域の保健担当者および家畜局担当者と協同して、拡大を防止すると語ったが、しかしながら地域は隔離されていないと付け加えた。
 今週早くに保健省では、鳥インフルによる死者数が、ジャワ島で19歳男性が死亡したことから、112人となったことを発表している。
 致死的H5N1鳥インフルは2003年以来、世界中で240人以上の死者を出している。
 インドネシアは最もウイルスが広がっている国であるが、ウイルスは通常は鳥から人へ直接的接触で感染している。
 専門家達はウイルスが変異して人から人へ感染するようになり、世界的パンデミックが発生し数百万人が死亡することを危惧している。
8月7日

鳥インフル、集団感染か=インドネシア 時事通信 
 インドネシアの北スマトラ州アサハン県保健局は7日、県内のアイルバトゥ村で鳥インフルエンザの集団感染が発生した疑いがあることを明らかにした。保健省は専門家を現地に派遣し、本格的な調査に入った。
 県保健当局者によれば、同村では7月末から8月初めに3人が死亡。さらに子ども9人を含む13人が高熱など鳥インフルとみられる症状で入院した。死亡した3人は既に埋葬されているため、入院した13人の血液サンプルをジャカルタに送り、感染の有無の確認を急いでいる。
Thirteen more bird flu suspects detected in North Sumatra  The Jakarta Post  (インドネシア) 北スマトラで少なくとも13人以上が鳥インフル疑いで入院
 北スマトラのアイルバツ村で13人の村人がアサハン・アブヅルマナン病院へ6日朝早くに、鳥インフル症状を呈したため収容された。
 後に2人がメダンのアダム・マリク病院へ濃厚治療が必要なため送られた。残りの11人はいまだアブヅルマナン病院で治療を受けている。
 「アブヅルマナン病院から収容された2人の患者は7歳少女と8ヶ月の男児で、午前2時に到着した」、とアダムマリク病院の報道官は6日に語った。そして2人とも重体であると付け加えた。症状は高熱と呼吸困難、および咳である。
 2人とも鶏との接触の既往はないが、1週間前に周辺で鶏が突然死亡したようだ。当局が鶏を検査して、H5N1鳥インフルに感染していること確認された。
13 PEOPLE SHOW BIRD FLU SYMPTOMS UK Express, UK  (英国) インドネシア、13人の村人が鳥インフル症状を呈す
 西インドネシアの村で、二十数羽の鶏が死亡した後に、13人の村人が鳥インフル症状を呈して入院したため、保健専門家チームが急遽派遣されたと政府の当局者が語った。
 検査結果が出るまで数日要するが、発病者の発熱と呼吸困難は改善してきていると、関係者は説明している。
 13人は、先週鶏が死亡し始めてから相次いで発病し、二カ所の病院へ入院した。場所は、ジャカルタから北西680マイルのスマトラ島のアイルバツ村である。鶏からはH5N1ウイルスが検出されている。
 疫学専門家チームが派遣され、患者の家族や近隣者達の血液や咽頭スワブを採取している。
Indonesia testing 13 for bird flu in Sumatra village Reuters  インドネシア、スマトラの村で13人の鳥インフル検査試行
 北スマトラの村で村人達が病的状態になり、鳥インフルの検査を受けた、と保健当局者が7日語った。
 アイルバツ村の13人の村民が発熱により今週入院したが、7日には状態が改善していて、村民達は鳥インフルに感染したのではないだろう、との憶測が当局者の間で為されている。
 鳥インフル監視専門チームが保健省から地域に派遣された。
 「地域で死亡した鶏が見つかっているが、人々の症状は鳥インフルのそれとは違うようだ」、と保健省の人獣感染症局長官が語っている。
 ジュネーブのWHOの報道官とジャカルタの研究所長は、検査結果は7日遅くに出ると、語っている。
 7歳少女と8ヶ月の乳児は、北スマトラのメダンのアダム・マリク病院に送られ、タミフルによる治療を受けている。
Indonesia probes bird flu 'outbreak' The Standard, Hong Kong  (香港) インドネシア、鳥インフル集団発生を確認に
 インドネシア政府は、スマトラ島の村で鳥インフルの集団感染が発生した可能性を確かめるために専門家チームを急行させた。少なくとも13人が発病している可能性があると、保健当局者は語っている。
 「我々は鳥インフル様症状で多くの人々が倒れたことから、鳥インフルの集団発生が起きたことを疑っている」、と北スマトラ州の保健局の責任者が語っている。
 「患者からの血液検体の検査結果を待っている」。

 先週アイルバツ村(Air Batu)で鳥インフルが家禽の間で発生した後、鳥インフル様症状で3人が死亡しているが、当局では確認できていない。
13 suffering bird flu symptoms in North Sumatra Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 北スマトラで鳥インフル様症状で13人が入院
 インドネシアの保健担当者は、北スマトラ州の村で13人が鳥インフル様症状を呈して入院したことを発表した。
 北スマトラ州都メダンのアダムマリク病院の報道官は、13人の患者のうち2人が6日に、同病院に移送されたと発表した
 残りの11人は現地の病院で治療を受けている。
Three dead in feared bird flu outbreak in Indonesia: officials AFP  インドネシアで3人が鳥インフルで死亡:当局者が発表
 昨日のオーストラリアのニュースと同じ、

子供が鳥インフルを発病した疑いをもたれ、看護するカップル。
インドネシアで鳥インフルで3人が死亡し、13人が入院治療を受けていることが、病院のナースの談話で明らかになった。
 北スマトラ州のアサハン地区の当局者と住民が、先週大量の鶏が死亡した後、村人達が鳥インフルの症状を出したと語っている。
 アサハンのキサラン病院のナースが、アイルバツ(Air Batu)村で鳥インフル症状で3人が死亡したと語った。
 「村人達の話によると、先週多くの鶏が死亡し、続いて数羽の鳩が死亡した。数日後、3人が鳥インフルで死亡した」、とナースであるマリアナさんが話している。
 他の13人は、高熱と呼吸困難で入院した、とマリアナさんは語っている。
 このうち2人、男児と7歳少女は今日、州都のメダンのアダム・マリク病院の鳥インフル隔離病棟へ転送された。
 アダム・マリク病院の報道官は、2人の血液検体はジャカルタの研究所に送られたと発表した。
 「我々は今結果を待っている」、と語っている。
 男児の父親によると、先週村で多くの鶏が死亡し、その後まもなく男児は高熱と呼吸困難を呈したようだ。
 保健省では何もコメントを出していない。

Suspected bird flu cases in Indonesia village-report Reuters (国際) インドネシアの村で鳥インフルの集団発生の疑い
 インドネシアの北スマトラ州の村で13人が鳥インフル様症状を呈して入院したことが現地のメディアが報道した。
 州都のメダンのアダム・マリク病院の報道官であるシナル・ギンチング氏によると、その中の2人が6日早くに病院へ移送されてきたと発表している。
 アイルバツ( Air Batu)村の残りの11人は地域の病院で治療を受けている。
 「彼らは鳥インフル様症状である高熱と呼吸困難を呈している」、とギンチング氏は語っている。
 全ての患者が家きんと接触したと考えられていないが、ギンチング氏によると、地域で突然死亡した鶏が多くいて、そこからH5N1ウイルスが検出されているようだ。
 インドネシア保健省は何もコメントは出していない。
 同一地域における集団発生は、ウイルスの変異により人人感染を生じた可能性が出てくることから、関心が高まる。

* 昨日AFP報道にあった死亡した3人については、このロイター報道では記載されていない。
8月6日


3 dead in feared bird flu outbreak Daily Telegraph, Australia  (オーストラリア) 3人が鳥インフルで死亡
   インドネシアで鳥インフルで3人が死亡し、13人が入院治療を受けていることが、病院のナースの談話で明らかになった。
 北スマトラ州のアサハン地区の当局者と住民が、先週大量の鶏が死亡した後、村人達が鳥インフルの症状を出したと語っている。
 アサハンのキサラン病院のナースが、アイルバツ(Air Batu)村で鳥インフル症状で3人が死亡したと語った。
 「村人達の話によると、先週多くの鶏が死亡し、続いて数羽の鳩が死亡した。数日後、3人が鳥インフルで死亡した」、とナースであるマリアナさんが話している。
 他の13人は、高熱と呼吸困難で入院した、とマリアナさんは語っている。
 このうち2人、男児と7歳少女は今日、州都のメダンのアダム・マリク病院の鳥インフル隔離病棟へ転送された。
 アダム・マリク病院の報道官は、2人の血液検体はジャカルタの研究所に送られたと発表した。
 「我々は今結果を待っている」、と語っている。
 男児の父親によると、先週村で多くの鶏が死亡し、その後まもなく男児は高熱と呼吸困難を呈したようだ。
 保健省では何もコメントを出していない。

Three dead in feared bird flu outbreak in Indonesia The Standard, Hong Kong  (香港) インドネシアで3人が鳥インフルで死亡、他にも十数人が入院
 AFP

 インドネシアで鳥インフルで3人が死亡し、13人が入院治療を受けていることが、病院のナースの談話で明らかになった。
 北スマトラ州のアサハン地区の当局者と住民が、先週大量の鶏が死亡した後、村人達が鳥インフルの症状を出したと語っている。
 アサハンのキサラン病院のナースが、アイルバツ(Air Batu)村で鳥インフル症状で3人が死亡したと語った。
 「村人達の話によると、先週多くの鶏が死亡し、続いて数羽の鳩が死亡した。数日後、3人が鳥インフルで死亡した」、とナースであるマリアナさんが話している。
 他の13人は、高熱と呼吸困難で入院した、とマリアナさんは語っている。
Experts: Pneumonia Was Real Killer in 1918 Flu Pandemic FOXNews  専門家:1918年のパンデミック・インフルエンザでの本当の死因は細菌性肺炎
 政府はパンデミック対策として抗生物質も備蓄すべきである。なぜなら1918年のスペイン・インフルエンザでの本当の死の原因は肺炎だからだ。そのように研究者達が主張している。
 ジョン・ブルンダージ(シルバースプリングの陸軍健康監視センター)は、1918年~1919年のスペイン・インフルエンザで死亡した2000万~1億人の死亡原因の大多数は細菌性肺炎であると結論づけている。英国の「New Scientist」が報告している。
 同医師と共同研究者達は、1918年~1919年の死亡者達の医学記録、感染様式等の分析から、そのような結論を得た。
 さらに、国立アレルギー感染症研究所がら来月出版される論文においても類似の結論が得られている。

 以下、昨日のNew Scientistを参考に。
Protecting Elderly from Next Flu Pandemic Imperial Valley News, CA (米国) 研究報告:高齢者をパンデミックから保護する方法
 ハーバード大学公衆衛生学教室からの報告。
 パンデミックとなった場合、高齢者施設では如何に入所者達を守るか。
 初期にはワクチンや抗インフルエンザ薬が入手出来ない
 社会的隔離が最も重要。
 訪問者の制限。マスク着用、頻回なる手洗い。
 スタッフが十分休養がとれる体制
  他
Pandemic flu drug stockpile to be doubled Telegraph.co.uk, United Kingdom  (英国) 英国パンデミック対策が強化:抗インフルエンザ薬の備蓄量を倍増、抗生物質の備蓄も増量
 政府は現在人口の25%分の備蓄量である抗インフルエンザ薬を人口の50%分に増加するため、製薬会社と契約の予定としている。抗インフルエンザ薬の種類は未決定である。
 インフルエンザが発症した際に合併する肺炎等の細菌感染症治療用の抗生物質の備蓄量も増量する。
 英国保健省の試算ではパンデミック発生により5万人が死亡するとされる。
 抗インフルエンザ薬は、パンデミック発生の場合、ワクチンが製造されるまでの2,3ヶ月間に必要とされる。
 専門家達は、世界中で数百万人を死亡させるパンデミックの発生は、時間の問題だと警告している。
8月5日

Bird flu hits one more Vietnamese province Xinhua(中国) ベトナム、新たに別の省で鳥インフル発生
5日、地元獣医学局によると、ベトナム中部のクアンガイ省で鳥インフルが発生し、これで同国での被害地域が3ヶ所になった。先月末、鳥インフルが同省のビンソン地区の家庭で飼っていた70羽のアヒルを死亡させ、150羽にも症状が出た。その標本から最近 H5N1鳥インフルウイルスが陽性との検査結果が出て、すべてのアヒルが殺処分されたと、農業地方開発省 動物保健局が発表した。現在、同国では南部のドンタップ省と中部のゲアン省、クアンガイ省の3ヶ所で鳥インフルが発生している。2003年12月に始まった鳥インフルの発生で、同国ではこれまで1千万羽以上の家禽が死亡したり処分されている。A.Tohda訳
Bacteria Not Flu Killed Most In 1918 Mother Jones(米) インフルエンザではなく細菌によって1918年の犠牲者の大半は死亡した
 インフルエンザではなく細菌によって1918年のインフルエンザ・パンデミックの犠牲者の大半がもたらされたと、新興感染症に関する新たな研究は結論付けている。
ここから、鳥インフルエンザ、馬インフルエンザそして他のインフルエンザであろうと次のインフルエンザ・パンデミックへの備えとして抗生物質を備蓄すべきという教訓が導かれる。
 New Scientistの記事によれば、研究者は1918年から1919年にかけての一次記録、医療記録そして感染パターンを調査したという。
 その結果、細菌性の肺炎が驚くほどに軽いインフルエンザの症例に便乗したということが分かったのである。そのため犠牲者は急速には死亡しなかった。スーパー・ウイルスであれば3日間で死亡させそうなものだったのに。
 その代わりに大半の人は1週間以上持ちこたえ、中には2週間も耐え抜いた人もいた。これは典型的な肺炎の特徴である。
 極めて興味深いことがある。当時の医療専門家は肺炎を1億人の死者の大半の原因としていたのである。これは近代史における最も激甚な自然災害である。
 10年後にはペニシリンがインフルエンザ大流行に続いた細菌を圧倒した。しかし今日は抗生物質に関する厄介な問題を抱えている。
 そのため衛生当局は細菌が次のパンデミックで果たしそうな役割について益々関心を高めている。しかし実際の行動は、ほとんど取られていない。「ようやく認識される段階に至ったばかりです」と感染症専門家のジョナサン・マッカラーズ氏は言う。「これは1918年に関する集団的な健忘症ですよ」
 T.Mori訳
Bacteria were the real killers in 1918 flu pandemic New Scientist (国際) 1918年のパンデミックの死因の多くは細菌感染症であった
 医学および科学者達は現在、1918年のスペイン・インフルエンザで発生した多くの死者は、インフルエンザ・ウイルスではなく、細菌による感染症であったことに同意している。
 政府のパンデミック・インフルエンザ対策は抗生物質に注意を向け、その備蓄を行うべきであると、マリーランド、シルバースプリングの陸軍健康監視センターの細菌学者であるジョン・ブルンダジが主張している。
 ブルンダージの研究チームは、1918年から1919年までの間の医学記録と感染様式を分析した。いわゆるスペイン・インフルエンザの際に、悪性のインフルエンザウイルス株が世界中に蔓延したが、ほとんど中庸の重症度に過ぎなかったインフルエンザ発病者の多くが細菌感染症で死亡し、その数が推定されるスペイン・インフルエンザ総死者数2千万から1億人の大部分を占めると、研究者等は結論している。
 「我々はスペイン・インフルエンザでの死亡の主要な原因は細菌性肺炎であることに同意している」、と国立アレルギー&感染症研究所の長官で、来月発行される医学雑誌で同様の結論を導いている論文著者でもあるアンソニー・ファウチが語っている。

二重攻撃

 インフルエンザにおけるほとんどの死亡原因は肺炎であることは良く知られている。19世紀末に医師達は、ほとんどのインフルエンザ死亡者の原因が肺炎であることを認識していた。20世紀にペニシリンのような抗生物質が開発されてから、医師達はインフルエンザの死亡者数を減らすことが出来ている。ペニシリンは1928年に発見され、1942年から実用化されている。
 このことはインフルエンザウイルスが何もしないということではない、とメンフィスの聖ユダ小児研究病院のインフルエンザと細菌感染症の同時感染について研究しているジョナサン・マックカラーが言う。
 マックカラーの研究によると、インフルエンザ・ウイルスは気道の細胞を殺し、そこに細菌が宿り易い環境になる。そこに過剰免疫反応が加わり、細菌が感染しやすい足がかりが出来る。
 しかしながら、1918年の大量死亡は多くの微生物学者に細菌感染症の役割を再考させる原因ともなっているが、一方、中にはウイルスが原因であるとかたくなに意見を変えない研究者もいる。

ユニークな出来事

 研究者達が1918年と1919年の文献や医学記録を調べると益々死亡原因が細菌性肺炎であることが明確になってきて、それは今日では、インフルエンザ専門家の多くの同意が得られている。
 例えば、ほとんどの死亡がスーパー・ウイルスによるものとしたなら、発病者は急速な経過で、または少なくとも類似の進行状況で死亡すると考えられる。しかしながら、研究者達は症状を示して3日以内に死亡した患者は希で、ほとんどの患者は1週間以上、中には2週間以上経過してから死亡していることを見いだしている。これは肺炎による死亡の特徴でもある。

 以下簡約
 ある程度はインフルエンザウイルスが関与しているが、それだけでは多くの死亡の説明につながらない、と研究者達は説明する。

 WHOは次にくるパンデミックに対して、致死的スーパー・ウイルスへの対策を促している。
 世界中に広がっているH5N1鳥インフルウイルスが、細菌感染無しに人を死亡させると思われているが、これらのウイルスは完全に人に適合していない、とマックカラーは説明する。もしH5N1鳥インフルウイルスが人に適合したなら、細菌が死亡原因の多くを占めるだろうと、同氏は語る。
 「全ての人はウイルス対策に焦点を合わせるが、それは多分ベストな考え方ではないと思う」、と同氏は付け加える。
 細菌性肺炎に対する抗生物質やワクチンが、次のパンデミックでの死者数を減らすことが出来る可能性が高い。パンデミックウイルスに対するワクチンの製造と、その配布には数ヶ月要する。
 「細菌に対するワクチンと抗生物質の備蓄は真剣に考慮されなければならない」、と米国政府のパンデミック・インフルエンザ対策委員会を率いるファウチ氏が語っている。
 最近のパンデミック対策における会議では、保健当局では徐々に細菌の役割に関心を持ち出しているが、その対策には乗り出していない。
 「まだ準備は出来ていない。認識段階に至った状況だ。1918年のパンデミックに関して記憶喪失にかかった状態だ」

オリジナル論文(Emerg Infect Dis. 2008 Aug)

*細菌性肺炎:肺炎球菌による肺炎。高齢者のインフルエンザでの死亡原因。ワクチンはあり、米国では高齢者の多くに接種されている。またこの細菌はペニシリン系抗生物質で治療が容易である。
Ohio Department of Health warns of flu pandemic Columbus Dispatch, OH  (米国) オハイオ州、保健局、パンデミック・インフルエンザを警告
 多分、多くの人々はテレビの宣伝や、ラジオからの不吉な呼びかけで、パンミック・インフルエンザに対する備えの必要性を知っていると思われる。
 過去のパンデミックを思い起こさせるように、テレビは人影のないフットボール競技場や誰もいない学校の教室、さらに墓場を写しだし、そして「それはまた起きるのです」と呼びかけられる。
 2,3年前に連邦政府がパンデミック・インフルエンザに関して緊急警告を発して以来、米国において差し迫った脅威という意味では、何も状況は変わっていない。海外での鳥インフルは発生し続け、専門家達はいまだパンデミックはいつ起きても不思議ではないと言う。しかし彼等はいつそれが発生し、どの程度の被害が起きるのか予測がついていない。最近起きたパンデミックは1918年、1957年及び1968年である。
 最近のキャンペンはパンデミック・インフルエンザは重要であることを呼び起こすことが目的となっているが、連邦政府からの補助金は出ていない。
 キャンペンの言葉は確かにトゲトゲしい、とオハイオ州保健局の広報官であるブレト・アトキンス氏が語っている。
 しかし、脅威的であることを告げる言葉無しに、社会が緊急事態に飲料水や食品の供給を維持するような対策を講じることを促すことは難しい、と同氏は語る。
 事態をさらに困難にすることとして、CDCのパンデミック・インフルエンザの補助金が今週末には打ち切られる、と同氏は説明する。
 結果として州におけるパンデミック・インフルエンザ対策費が減少すると、同氏は懸念している。
 2006年以来オハイオ州は1400万ドル以上のパンデミック・インフルエンザ対策費を受け取ってきた。州は550万ドルを受け取り、残りは地域の保健局に配分した。
 この数年間の対策は、多数の発病者と死者をどう扱うか、公共の場での感染率を如何に減少させるかが焦点だった。
 写真を用いた宣伝は比較的少ない。本年、州はテレビとラジオのスポット放送に43万9152ドル費やした。それはデイトンで先月始まった。コロンバスでは、スポット放送が先週始まり、金曜日に終了した。
 宣伝が始まる前にはパンデミック・インフルエンザのウエブには平均20人台しかアクセスしてこなかったが、8月1日には1998人のアクセス数があった。
 オハイオ州危機管理局運営責任者のメル・ハウス氏は、色々な団体と行政機関が一緒に、脅威的健康危機にどのように対処するか対策を講じ始めていると語った。
 「我々は間違いなく前進している」
 助成金が無ければ対策の速度は遅いかも知れないが、それでも真剣に事は進められている、とハウス氏は語っている。
 同氏によると、いまだ解決されていない課題は患者のトリアージとされる。
 「もし重症患者の全てをケア出来る余裕が無い場合、どのようにしてケアの優先順序を決定すれば良いのか?」、と同氏は語る。
 各関連機関と州の住民を長期間に亘って、いかに保ってゆくかが、対策の全てとなる。
 誰もパンデミックがいつ発生するか分かってはいない。
Indonesia reports new H5N1 death CIDRAP, MN  (米国) インドネシア、新たなH5N1死者を発表
 インドネシア保健省の高官が19歳男性がH5N1鳥インフルで死亡したjことを発表した。
 2日のAP通信によると、ジャカルタの西の病院で先週、男性が鳥インフルで死亡したと保健省の伝染病局長官のニオマン・カンドゥン氏が発表した。
 以下は先の報告と同じ。

 新規内容としては以下の点である。
 7月10日に38歳男性が死亡したことを家族と保健担当者がメディアに発表しているが、保健省報道官は月末にH5N1鳥インフルに関する情報をまとめて発表すると語り、その時点で38歳の死亡事例の発生を否定した。しかし7月末になっても、何ら発表はされていない。
 この事例を含めるとインドネシアにおける鳥インフルでの死者数は112人となるが、WHO統計ではいまだ110人となったままである。
NIGER-NIGERIA: Border on high-alert for bird flu Reuters AlertNet, UK  (国際) ニジェールとナイジェリア国境で鳥インフル高度警戒状況に

 ナイジェリア北部で7月29日、数千羽の家きんの大量死が発生し、当局は検体をイタリアの研究所に送って、H5N1鳥インフルウイルスの確認を急いでいる。
 それに伴ってニジェール家畜省では、1500キロに亘るナイジェリアとの国境沿いで監視態勢を強めている。ナイジェリアからの家きんやその産物の輸入禁止の監視を強化している。

GPs refuse to treat bird flu patients Mercury, Australia  (オーストラリア) ホームドクター(GP)、鳥インフル患者の診療を拒否
 オーストラリア国内で多くの報道

 鳥インフルのパンデミックは、いつかオーストラリアに拡大すると考えられているが、調査によると家庭医(GP)達は自身と家族の安全を優先し、治療を拒否すると答えている。

 専門家達はパンデミックは、”もし”起きたならという問題ではなく、”いつ”起きるかという問題だと説明しているが、多くの家庭医達はこの恐怖に満ちた状況に対処する準備をしてなく、決して起きないことを願っている。
 最新のオーストラリア医学雑誌(Medical Journal of Australia)によると、南オーストラリア州で調査された家庭医の10人に1人のみが、パンデミックに対処すると答えている。
 報告者によると、医師達は診療を継続する以上に、彼ら自身の健康を維持し、そして家族の発病を阻止する責任の方が重いと判断しているようだ。
 南オーストラリア州のオーストラリア医学協会長のピーター・フォード博士は、ほとんどの医師達はパンデミック・インフルエンザに対して正式な訓練を受けていないと語っている。
 南オーストラリア州保健局の推定では、パンデミックが発生した場合、2500人以上が死亡し、7万人が発病して入院する。(南オーストラリア州の人口は約150万人)。
 ワクチン専門家であるニコライ・ペトロウスキー教授(フリンダー医学センター)は、鳥インフルに対するワクチン研究をしているが、研究費不足と対策への明確な政策指針がないことが、いつ起きてもおかしくはないパンデミックに対する保健システムの対策が、十分為されていない原因であると説明している。
 「現実的に考えるといつか我々はパンデミックに遭遇する。しかし、それが今年なのか50年後なのか我々は知らない。そのため政府は、いつ起きるか分からないものに金や労力を費やすことを嫌う」、と同教授はコメントする。
 公衆衛生と臨床医学連携委員会(Public Health and Clinical Coordination )の会長であるステファン・クリストレイ氏は、パンデミック・プライマリーケア・ワーキンググループ(Pandemic Primary Care Working Group )は、オーストラリアでパンデミックが発生した場合の対策にに関するガイドラインの草稿が完成し、11月に発表される予定と語っている。(家庭医のためのガイドライン:訳者注)。
8月4日

 インドネシア男性死亡記事以外、特記すべき海外報道はなし
 2008/08/04 6:42:11

国内の動き
 気になる報道が二つ。
 今春の十和田湖と野付半島で発見されたH5N1鳥インフル死亡白鳥事例を受けて、農水省が今後同様事例が起きた場合、半径10キロ以内の養鶏場を立ち入り検査する方針を発表した。MHK報道による。このような対策は欧州では3年前からとられていたが、日本で、なぜ、今頃、このような対策としては初歩的なことが決定されるのか驚きである。
 もう一つの報道は、日本を含む16か国が国際的統合情報通信ネットワークを構築することになったいうものだある。読売新聞による。
 国際連合の専門機関「国際電気通信連合(ITU)」が9月に開く研究委員会に共同提案し、来年2月の計画決定を目指す、とされる。
 鳥インフルエンザは国境を越えて移動する渡り鳥が媒介するが、国際規模の監視システムがないのが現状だ。ネットワークによって、渡り鳥の移動経路や所要時間がデータベース化されれば、病気が発生した場合も渡り鳥の移動先でワクチンを集中投入したり、住民に注意喚起したりすることが可能だ。

 下線部分は科学的根拠がなかったり、専門家の間での統一見解ではない。
 渡り鳥と鳥インフルエンザ拡大問題は、慎重な議論が必要とされている。こうした研究でウイルス拡大と渡り鳥の関係が明らかになるとは思われる。 

報道
鳥インフル 野鳥に対応手順 NHK
通信衛星で渡り鳥を追跡、鳥インフルエンザに国際監視網  読売新聞

8月3日


Man dies of bird flu in Indonesia Thaindian.com, Thailand (タイ) インドネシアで男性が鳥インフルで死亡
 新華社版
Man dies of bird flu in Indonesia SINDH TODAY, Pakistan  (パキスタン) インドネシアで男性が鳥インフルで死亡
 新華社版
Man dies of bird flu in Indonesia Xinhua, China (中国) インドネシアで男性が鳥インフルで死亡
 新華社
 19歳インドネシア男性が鳥インフルで死亡し、同国で112人目の死者となったと、保健省の伝染病管理局長官のニオマン・カンドゥン氏が、3日に発表した。
 男性は荷役労働者で、先週ジャカルタ郊外のタンゲラン町で死亡したと、長官は語っている。
Bird flu claims 112th Indonesian victim Bangkok Post, Thailand  (タイ) 鳥インフル、インドネシアで112人目の犠牲者を発生
 DPA (ドイツ・プレス)
 19歳インドネシア男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が112人となったことを保健省高官が、3日に確認した。
 西ジャワのバンテン省のタンゲラン地区の男性が7月31日に死亡したと保健省の伝染病管理局長官のニオマン・カンドゥン氏が発表した。
 国営通信のアンタラによると、男性は地域の公共病院に7月29日入院し、2日後に死亡したと伝えられる。
 この死者でインドネシアにおけるH5N1鳥インフル死者数は、137人診断された中で112人となった。
Indonesian man dies of bird flu, brings toll to 111 Reuters  (国際) インドネシア男性、鳥インフルで死亡、同国の死者数が111人に
 先週、19歳インドネシア男性が鳥インフルで死亡したと3日保健省当局者が語り、同国の死者数が111人になった。
 ニオマンマン・カンドゥン保健省伝染病管理局長が、男性がジャカルタの西のタンゲランの病院で先週死亡し、検査でH5N1鳥インフルに感染していることが確認されたと語った。
 WHOの6月19日の統計によると、H5N1ウイルスは世界15ヶ国で385人を発病させ、そのうち243人が死亡している。インドネシアが最も死亡者多い。

 *ロイター報道では、死者数をWHO発表に準じていて、7月17日にインドネシア保健省が発表した死亡例を含んでいない。この死亡例はインドネシア保健省では111例目としている。現在のWHO統計におけるインドネシアでの死亡者数は110人となっている。
Indonesian man dies of bird flu, official says The Canadian Press,  (カナダ) インドネシア当局、鳥インフルで男性が死亡と発表
 下記と同内容。AP通信。
Indonesian man dies of bird flu, official says Washington Post, United States (米国) インドネシア当局、鳥インフルで男性が死亡と発表
 AP

 インドネシアの工場労働者が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が112人となったことを3日、保健省の高官が発表した。
 19歳の男性が先週ジャカルタの西の地域の病院で鳥インフルで死亡したと、保健省の伝染病対策局長官のニオマン・カンドゥン氏が発表した。
 インドネシアはウイルスがアジア中で家きんの間に広がりだした2003年以来定期的に人の死亡が報告されている。その数は112人となる世界の死者数240人の半数近い。
 死亡者の詳細に関しては伝えられていない。
8月2日

Trial of second-generation zanamivir shows promise CIDRAP, MN  (米国) 第二世代ザナミビル(リレンザ)の臨床試験が成功

 吸入型抗インフルエンザ薬であるザナミビル(リレンザ)の第二世代製剤を開発している製薬会社2社が、臨床第二相試験で1回の吸入で、5日間が1コースとなっているタミフルの治療効果と等しい効果を得たと発表した。

 オーストラリアの製薬会社でザナミビルを作成したビオタ社が、昨日の発表で長期間作用が持続するニュ-ラミニダーザ阻害薬(LANI)でコードネームCS-8958を、日本の第一三共製薬と共同で開発していいることを発表した。
 ニューラミニダーゼ阻害薬は、インフルエンザの治療と予防に使われる。米国や他の多くの国では、パンデミック・インフルエンザに備えてオセルタミビル(タミフル)やザナミビル(リレンザ)を備蓄している。WHOはオセルタミビルを鳥インフルエンザに対して最初に用いられるべき薬剤と推奨しているが、この5月に英国の研究者達が「Nature」に、変異したH5N1ウイルスがオセルタミビルに耐性となったが、それはザナミビルへの感受性を増したとの研究結果を発表した。研究者達はパンデミックに備えてオセルタミビルだけの備蓄では十分でないと、各国に忠告した。
 今回の抗インフルエンザ薬開発において得られるメリットとしてビオタ社は、CS-8958の長期間作用が持続する性格は、投与回数を減じることが出来、またパンデミックのための貯蔵スペースも小さくて済む可能性を上げている。
 CS-8958の臨床第二相試験には、A型とB型インフルエンザに罹患した成人数百人が対象とされた。試験では薬剤の安全性と効果、それは発熱と他の症状の消失までの期間で判定された。
 二重盲検試験でCS-8658の1回吸入が、75ミリグラムのオセルタミビル(タミフル)の1日2回、5日間投与の効果と、統計的に差は認められなかった、とビオタ社では発表している。同社によると臨床試験前検査で、CS-8958はA型およびB型インフルエンザ以外にも、H5N1鳥インフルウイルスにも効果を持つことが確信されている。
 ボイタ社の発表によると臨床研究は、日本の医薬品医療機器総合機構のガイダンスに従って行われているという。
 ボイタ社によると次に第三相試験を北半球のインフルエンザシーズンに行う予定とされる。日本、韓国、台湾、香港が含まれる。
 米国NIH(国立健康研究所)からの助成を受けて、これら2社は他のニューラミニダーゼ阻害薬に関しても前臨床的研究を行っている、とビオタ社は説明している。

8月1日


国内の動き
 対策を庁内で横断的に進めるため、島根県は二十九日、知事を本部長とする新型インフルエンザ対策推進本部を設置し、県庁で初めての会議を開いた。知事をトップに常設の全庁的対策本部を設置したのは中国地方では岡山、鳥取に次いで三県目とされる。正確な情報提供や迅速な予防対策、医療、食料の確保へ全庁的な対応が必要と本部長の知事は語っている。県レベルで対策本部を設置している都道府県はいまだ少ないと思われる。

新型インフルで島根県が対策本部設置

中国新聞

Tourist arrivals up in Indonesia in the first six months of 2008 Earthtimes (press release), UK  (英国) インドネシア、2008年度上半期の観光客数が増加
 昨年同期に比較し11.6%の観光客数の増加をを認めた。最近数年間、テロ、地震、津波、そして鳥インフルエンザで観光客数の落ち込みがあったが、本年度は大幅に回復しつつある。


Bird flu explodes in southern province VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、南部の州で鳥インフル発生

7月31日、メコンデルタ地方のドンタップ省で、1,000羽の鶏の中に鳥インフルを発見したと、獣医学局が発表した。この新たな発見で、鳥インフルは現在、ドンタップ省と中部のゲアン省に起きている。 A.Tohda訳

TOP