高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年

7月31日

国内の動き
 
 30日開催された専門家会議で厚労省の示している新型インフル発生による想定被害が低く見積もられているとする意見が出され、厚労省は想定被害を再検討することになった。今更と思うが、何とも権威のない専門家会議だ。想定被害は幅が大きく、そのどこかにラインを引くことは難しい。また何もしないときの想定被害ばかり強調され、現在の対策での想定被害が考えられないのは極めておかしな話だ。
 またタミフル備蓄量が倍増されることになった。
 何か知らないけど、チビチビと酒を飲むように対策が変更されてゆく。もっと対策に責任をもつインテリジェントな専門家集団と、その柱となるCDC長官のような責任者が必要なのではないだろうか?

報道

「タミフル」の備蓄倍増を承認  キャリアブレイン 


Biota advancing on flu treatment trials Business Spectator, Australia  (オーストラリア) ビオタ社、インフルエンザ治療薬臨床試験で良好な成績を収める
 週1回以下の投与で効果を発揮するニューラミニダーゼ阻害薬であるCS-8958(リレンザの長時間作用型)の臨床試験第二相が成功したニュース。下方での報道と基本的に内容は同じ。日本の第一三共製薬とオーストラリアのビオタ製薬が共同開発。なおグラクソスミスクライン社が販売しているリレンザの開発元はビオタ社である。
 今冬に日本、香港、台湾、韓国で第三相試験亜が行われる。
 週1回程度の吸入で効果を発揮することから、パンデミック・インフルエンザ用に備蓄する場合、少量ですむという利点と、コンプライアンスが高くなることが考えられる(服用率)。
Researchers study flu transmission Times and Transcript, Canada (カナダ) インフルエンザの感染様式を研究に
 西カナダのヒュテリテ(Hutterite)村落で、ハミルトンのマックマスター大学のマーク・ローブ博士が率いるチームが、インフルエンザの感染様式を研究する。発病した小児や成人がどの程度の期間、ウイルスを放出して感染の機会を作っているか、無症候性の感染者がウイルス拡大に果たす役割、そしてどの程度の頻度で人から豚にウイルスが感染するかを分析する。
 ローブ博士はインタビューで、ヒュテリテ村落では外部の人間との接触は制限されているので、住民間でのインフルエンザの感染様式を分析するのは容易だと説明している。すなわち住民間での接触過程が容易に記録できるという。インフルエンザ季節に、大学の構内や他の外部の人間と容易に接触する地域に比べて、ウイルスが侵入してくる頻度は極めて低いと考えられる。
 ヒュテリテ村落は16世紀にスイスからプロテスタント教徒達が移住してきて造った。大体80人から120人の住民で小さなコロニーから成り立っている。住民は共同農作業で生計を立てている。
 「彼らは間違いなく隠修士ではない」、とローブ博士は語り、3年間に渡る研究に住民が同意したと説明している。
 
 またこれらのコロニーでは子供の数が多く、四分の一は子供である。そうしたことから子供から大人への感染様式を調べるのに適しているという。
Longer-Acting Relenza Fights Flu as Well as Tamiflu, Study Says
 Bloomberg  (米国) 研究報告:長時間作用型リレンザ(CS-8958)がタミフルと同等の効果
 グラクソスミスクライン社の抗インフルエンザ薬であるリレンザの長時間作用型タイプを開発中の第一三共製薬は、一回の吸入でタミフルと同等の効果を認めたと発表した。
 安全性と効果に関する臨床試験で、1回の吸入で同薬剤が、ロッシュ社のタミフルの1日2回服用5日間、と統計的に有意差のない結果を得た。日本の第一三共製薬と同薬剤を共同開発している、メルボルンに本社を置くビオタ・ホルディング社(Biota Holdings Ltd)が発表した。臨床試験は季節性インフルエンザ患者数百人規模で行われ、臨床第二相を終了している。第三相が成功すると、医薬品として認可される。
 開発企業では今後最終的臨床試験を日本、台湾、香港、および韓国で今冬に行う予定としている。もし同薬剤が承認されたなら、年間25万から50万人世界で死亡するインフルエンザに対する治療薬として提供されることになる。また、先の研究では同薬剤はH5N1鳥インフルウイルスにも効果を示している。
 世界ではパンデミック・インフルエンザに備えてタミフルとリレンザを備蓄中であるが、一度の吸入で効果を発揮する薬剤の開発は、備蓄量を減らすことが可能となる。
 第一製薬の研究開発中の抗インフルエンザ薬は、CS-8958というコードネームで知られ、タミフルやリレンザと同じく、ウイルスが感染した細胞から遊離することを阻止する。

Preventing flu deaths Next Big Future, CA  (米国) インフルエンザによる死亡予防
 ロンドン王立大学の研究者達が、インフルエンザに際して免疫過剰反応のトリガーとなる肺のリセプターを分離した。
 リセプターの同定により、リセプターと結合する物質を用いた、致死的免疫反応を阻止できる治療方法が開発出来る。また、特定のインフルエンザウイルス株に対するワクチンとは異なり、突然変異したウイルスにより起こる肺の炎症にも、当治療方法が効果を持つ可能性が示唆される。
 インフルエンザは毎年平均25万人から50万人の死亡者を出しているが、流行期には100から200万人の死者数にも上る(より悪性なスペイン・インフルエンザの場合には、さらに多数の死者数となった)。
 今回の研究による発見は、インフルエンザや他の感染症により生じる肺の炎症を停止させる治療方法につながる。当研究をまとめた論文が本日のjournal Nature Immunologyに掲載された。ウイルスはしばしば、インフルエンザ症状が発現される前、または継続中に消失するが、症状が消えるまでにはさらに多くの日数を要する。その理由は障害された肺の中で免疫反応が継続しているからである。免疫反応はウイルスを排除するには必要であるが、速やかに反応が収まらなければ、それは過剰反応となり臓器障害を起こす。
 免疫の過剰反応は1918年に発生したパンデミック・インフルエンザの際に、健康な若い成人が多数死亡した理由とされている。通常インフルエンザは非常に若い小児か、慢性疾患を保有した人、さらに高齢者を死亡させるが、1918年のパンデミック・インフルエンザの場合は、健康成人の免疫過剰反応を起こし、世界で5千万から1億人の死者を出した。これらの被害者数は、将来発生すると推定されているH5N1ウイルスによるパンデミックに対する新治療方法の重要性を示している。
 研究方法は、インフルエンザに感染させたマウスに、合成されたCD200またはCD200R(CD200に対するリセプター)を刺激する抗体を投与した。そしてCD200Rが免疫反応をコントロールして、炎症を収めるかどうか検討した。
 治療を受けたマウスは、対照群よりも体重減少は少なく、そして気道や肺組織での炎症程度が低かった。インフルエンザウイルスは、肺組織から7日以内に消失していて、当治療方法が免疫システムがウイルスを排除する能力に影響しないことが確認された。
 研究者達は、H5N1ウイルスのようなウイルスでパンデミックが発生した場合、現在の抗インフルエンザ薬やワクチンによる治療方法に、この新規治療方法が加えられることを期待している。当治療方法の利点は、治療方法がウイルスに対する過剰反応を抑えることなので、ウイルス株が異なっていても効果が期待されることである。
 さらに付け加えられることに、インフルエンザ以外の免疫過剰反応により起きている他の疾患、例えば自己免疫疾患やアレルギーにも、当治療方法が応用可能であることである。

 *当報道は28日にも掲載され、ほぼ同内容であるが、参考のため読み比べてください。
 以下はオリジナル論文の要約です。

A critical function for CD200 in lung immune homeostasis and the severity of influenza infection  Nature Immunology August 2008 - Vol 9 No 8

Robert J Snelgrove1, John Goulding1, Arnaud M Didierlaurent1, Daphne Lyonga1, Seema Vekaria1, Lorna Edwards1, Emily Gwyer1, Jonathon D Sedgwick2, A Neil Barclay3 & Tracy Hussell1

要約

 肺は無害の抗原が侵入してきたとき、容易に炎症を誘発する免疫反応が起きないように、その反応の閾値が高くなっているが、それは炎症誘発シグナルとその抑制経路のバランスで均衡が保たれている。
 我々は気道マクロファージが、全身の他の臓器におけるよりも、CD200の抑制調節因子となっているCD200リセプター(CD200R)を膜面に高率に保有していることを確認したので報告する。気道マクロファージの機能は、気道上皮細胞の膜面に存在するCD200によって抑制される。CD200を不足しているマウスでは、マクロファージの活性は高く、インフルエンザへの感受性が高く、それは炎症持続期間を長引かせ、死亡の原因となる。しかしながら、CD200Rに結合する拮抗物質は肺の炎症を抑える。このように平常期における肺マクロファージの免疫恒常性を保つ重要な役割をCD200Rが担っており、発症炎症程度と、肺におけるインフルエンザ感染の持続期間を制限していると考えられる。
  1. Imperial College London, Kennedy Institute, London, W6 8LH, UK.
  2. Eli Lilly, Indianapolis 46285, USA.
  3. Sir William Dunn School of Pathology, University of Oxford, Oxford OX1 3RE, UK.

 上記を図示。
 (管理人はそれほど詳しくないので、間違っている場合は指摘してください。また引用は自由ですが、自己責任で行ってください。
肺マクロファージ表面CD200R → (結合)気道細胞表面CD200
                             免疫反応&炎症抑制、終了
 
 インフルエンザ → 気道表面CD200量の低下
                            肺胞マクロファージ表面CD200R活性化
                                           
                                        肺の炎症増強&継続
                                        サイトカイン・ストーム


7月30日


国内の動き
 厚労省は29日、企業におけるBCP(事業継続計画)作成作りのためのガイドラインを発表した。パンデミック時には40%の欠勤率、そして休業期間を10日間と推定している。30日午前の専門家会議で正式に公表する。了承されれば、一般から意見募集の上、9月にも正式決定する。

 職場ガイドラインは昨年3月に策定され、今回は流行規模(フェーズ)ごとに想定される企業への影響や取るべき対応、職場内での感染防止策などを、より具体的に示した。
 想定によると、国内で感染者が確認される初期には、数%の欠勤者が出始め、各地に感染が広がった段階では20%、大流行期になると40%としている。国内で感染が拡大する過程で、輸入停止などで企業の在庫品・備蓄品が不足し、資金調達や決済業務、通信にも混乱が出る。
 取るべき行動としては、発生初期の段階から業務を複数の班に分けて行う「スプリットチーム制」を提案。また来訪者にマスクの着用を指示し、フロアごとの立ち入りを制限すべきとしている。
 また、大流行期でも社会機能を維持するために事業継続が求められる事業者として医療▽治安維持(消防、警察など)▽ライフライン(電気、ガス、金融、情報処理、生活必需品製造販売など)▽情報提供(報道機関など)▽行政--を例示した。

 一方、30日開催された専門家会議で厚労省の示している新型インフル発生による想定被害が低く見積もられているとする意見が出され、厚労省は想定被害を再検討することになった。

報道
新型インフル被害を再検討へ 厚労省の専門家会議 東京新聞
新型インフルエンザ:「最大4割欠勤、対策を」 職場にガイドライン--厚労省 毎日新聞
厚生労働省は29日、新型インフルエンザが国内で大流行した場合に想定される社会への影響をまとめ、初公表した。読売新聞 
発生時、社員の4割欠勤も=企業の計画づくり推進-新型インフルで新指針・厚労省 時事通信 


Pijit suspects 4 new cases of bird flu Thaindian.com, Thailand  (タイ) タイ、ピジト県で鳥インフル発病疑い者4人発生
 ピジト( Pijit)県の公衆衛生局は、4人の鳥インフル疑い患者が発生したことを発表した。
 患者は6歳と10歳の子供と、62歳と70歳の女性である。患者はそれぞれ別の地域で発生しているが、全員発病前に家きんとの接触の既往があり、さらに咳、易労感、呼吸促迫等の鳥インフル様症状を呈している。医師団は患者からの検体をウイルス検査のために研究所に送ったが、結果が出るまで1~2日要するとされる。
 4人は隔離されているが、全員が接触した鶏は、過去に原因不明で死亡している。
7月29日

国内の動き
 26日に都内で行われた臨床医を中心とする研究者等による「新型インフルエンザのワクチン事前接種」に関するシンポジウムが開かれた。厚生労働省は8月、事前接種の有効性を調べるため、医療関係者など約6400人から希望者を募って臨床研究に乗り出す。効果や安全性が確認されれば、接種を希望する国民へと、段階的に拡大することも検討している。
 副作用の懸念から賛否両論が展開された。
 また厚労省は抗インフルエンザ薬の備蓄量を国民の半数近くにまで増量することを発表した。現在のタミフルの備蓄量は3000万人弱であるから、ほぼ倍量の増量となる。

報道
抗インフル薬の備蓄倍増、国民の半数近くを目標に…厚労省  読売新聞 
新型インフルワクチン、事前接種に賛否 研究者ら都内でシンポ 日本経済新聞

Cat Becomes First Mammal to Die of Bird Flu in Korea  朝鮮日報(韓国) 鳥インフルエンザで死亡した韓国初の哺乳類はネコ
 韓国で初の鳥インフルエンザの哺乳類への感染が月曜確認された。農林部の発表によると、全羅北道金堤市の萬頃川沿いの湿地で死体となり4月末に見つかったネコの死因は高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスH5N1と国立獣医科学検疫院が確認したという。
 国立忠南大の獣医学部が同検疫院に正確な死因を問い合わせていた。同部によれば、家禽と違いネコは高病原性の同ウイルスをヒトに感染させないという。ネコから見つかったウイルスは4月に数千羽の家禽を死に追いやったものと同じ株である。
 「4月に家禽から見つかったウイルスは哺乳類に感染する可能性があります。しかし、この種がヒトに感染したことは例がありません」と、同検疫院の動物疾病抑制部長である
 Joo Yi-Seok氏は述べている。「ネコは体内で鳥インフルエンザ・ウイルスを増殖できるほどの丈夫な器官を持っていませんから、ネコが鳥インフルエンザ・ウイルスを拡大させるリスクはありません。世界中でもヒトがネコからこのウイルスを感染した事例はありません」 T.Mori訳

Dead birds spark concern at HK equestrian centre Horsetalk, New Zealand  (ニュージーランド) 香港の五輪馬術会場で死亡した野鳥が発見、鳥インフル警戒感が高まる
Authorities testing for bird flu after two dead birds found at ... Victoria Star, Canada  (カナダ) 五輪会場で見つかった死亡した2羽の鳥で鳥インフル検査
Two dead birds found at Olympic site Winnipeg Sun, Canada  (カナダ) 五輪会場で死亡した2羽の鳥が発見
Nigeria Reports New Outbreaks of Bird Flu at Farms in North Bloomberg  (米国) ナイジェリアの北部の農場で新規鳥インフルが発生
 OIE(国際獣疫事務局)はナイジェリアの北部の2州で新規鳥インフルが発生したことを発表した。
 両事例ともH5N1ウイルスによるもので、放し飼い農場で発生した。
 感染源は調査中であるが、可能性から言って新種をこれまでの飼育集団に加えたことが原因と考えられている(新種にウイルスが感染していた)。
 2農場で5000羽以上の家きんが殺処分された。
2 dead birds found at Hong Kong equestrian site USA Today (米国) 香港の五輪馬術会場で死亡した2羽の鳥が発見
 下記の報道と同じ。
Chinese investigate bird deaths at equestrian venue Los Angeles Times, CA  (米国) 中国、五輪馬術会場で死亡した鳥のH5N1ウイルス検査に
 香港の五輪馬術会場で2羽の死亡した鳥が見つかった。AP通信が報告したが、中国当局はH5N1ウイルスに感染しているかどうかを検査している。
 鳥は先週見つかったが、28日に馬術競技委員会の当局者が語った。
 五輪馬術競技は8月9日から21まで開催されるが、馬の感染症の多発と検疫上の問題で、会場が北京から香港に移された。
Beijing Olympics Tickets Sell Out Voice of America  (米国) 北京五輪入場券が完売に
 五輪組織委員会は、8日から24日まで開催される入場券が完売したことを28日発表した。
 一方香港の馬術会場で見つかった二羽の死亡した野鳥は、H5N1ウイルス検査のために研究所へ送られた。
Bird flu scare in equestrian venue Hindustan Times, India (インド) 五輪馬術会場で鳥インフル恐怖
 香港の五輪馬術会場で2羽の死亡した鳥が見つかり、当局はH5N1ウイルス検査を行っている。当局が28日発表した。
 鳥インフルは馬への感染は起こさないが、人へは感染する。
7月28日


Midland County health officials prepare for pandemic The Saginaw News - MLive.com, MI  (米国) ミドランド郡保健局、パンデミック対策に
 主として発病者のトリアージ訓練。高校の体育館に模擬患者を集合させ、症状から病院、他の医療施設、家庭の三カ所に送る。
Lung inflammation from flu could be "turned off" Nursing in Practice, UK  (英国) インフルエンザによる肺の炎症は終了させることが可能に(サイトカイン・ストームの治療に朗報)

 最新の研究による新発見は、インフルエンザや他の原因による肺の炎症を、人為的に終了させることが出来る可能性を示している。
 インフルエンザによる呼吸促迫、体重減少、発熱等の症状は、ウイルスが体内から消えても何日間は続く。理由は免疫システムが傷害された肺の中で活発に機能し続けるからだ。
 ウイルスを排除する為には免疫系は重要であるが、活発化した免疫系が早急に抑えられないと、それは過剰反応を起こし組織を傷害する。このような過剰反応は多くの他の疾患でも生じる。例えば喘息や大腸の炎症性疾患等である。
 インフルエンザ感染の間、長引く免疫系の反応は肺に炎症を起こし、気道閉塞、そして呼吸困難を生じる。
 ロンドン王立大学の研究者による新研究は、医科学雑誌である、Nature Immunologyに掲載されたが、そこでは肺胞に存在するCD200Rが、CD200と呼ばれる分子と共に、肺を正常に保つ役割を担っているいることを証明している。(CD200のリセプターがCD200Rとして肺胞細胞面に存在している:訳者注)。
 CD200Rは肺に多く存在し、今回の研究で、そのリセプターにCD200が結合して、スイッチオンされると免疫反応の程度が抑制され、炎症過程が終了することが、判明した。
 インフルエンザはCD200分子の機能を落とし、その結果CD200RはCD200と結合出来ないため、CD200Rによる免疫系の過剰反応抑制効果が発現されないため、肺で炎症が起きてくる。

 研究によると、インフルエンザ・ウイルスを感染させられたマウスに、CD200Rに対する抗体を投与して、CD200Rを刺激すると肺や気道の炎症程度が低くなることが確認された。(他の報道ではCD200分子を投与しても同様効果を得ている)。
 インフルエンザ・ウイルスは、無処置の場合と同様に7日以内に消滅していることから、CD200Rに対する抗体の効果が、ウイルスに対する免疫力の低下を招いていないことが確認されている。

 以上の研究結果から研究者達は、もはや肺における免疫反応の必要が無くなったとき、その免疫反応を停止させる治療法の開発が可能と考えている。
 彼らはこの方法で、肺や他の臓器における過剰免疫反応で発生する臓器障害を迅速に抑制可能と考えている。

 当方法は、パンデミック・インフルエンザの治療方法に加えられることも出来るとされ、ウイルスが変異しても有効なことから、期待感が高まっている。

 パンデミック・インフルエンザの高病原性は”サイトカイン・ストーム”によるところが大きいとされ、今回の研究で確認されたCD200Rの刺激が、サイトカインによる肺の障害を抑えると考えられる。

FAO to help Myanmar prevent highly pathogenic avian influenza Xinhua(中国) 国連食糧農業機関がミャンマーの鳥インフルエンザ予防対策を支援
 国連食糧農業機関(FAO)は、相互協定でミャンマーの高病原性鳥インフルエンザの予防・抑制・駆除を支援することとなった。この中には世界銀行の財政支援も含まれると、国有新聞の「ミャンマーの新しい光」紙が28日に伝えた。
 同機関とミャンマーの家畜・動物衛生省(LBVD)の間の協定は3ヵ年計画に関するもので、ヤンゴンで27日に調印された。この計画は2008年から2011年に実行され世界銀行は131万5千ドルの資金援助を計画に提供すると、報道ではされている。
 今年4月、国際獣疫事務局(OIE)はミャンマーからの鳥インフルエンザ駆逐を宣言した。これは1月から3ヶ月間、鳥インフルエンザ・ウイルスが同国に残留していないことが判明したことを受けてのものだ。
 その時のOIEの声明によれば、至近のH5N1ウイルス流行である昨年11月のシャン州のケンタンからモンヒャットへの拡散(その後12月に7歳の少女への感染を引き起こした)は今年1月には制圧された。この流行は外国からの持ち込みに起因するとされている。
 2006年2月から2007年12月の至近のものまで2年間でミャンマーでは全国6つの州と地区の25の町で鳥インフルエンザが度々発生していた。
 発生した流行は全て海外からの感染が原因で、特に寒冷な地域からの渡り鳥がミャンマーの鳥に感染させることで持ち込まれたとLBVDはしている。
 ミャンマーは2006年初頭にマンダレイ・サンゲイン両地区の家禽飼育場での鳥インフルエンザ発生を同国初のものとして報じている。更にヤンゴン地区での2007年初めの流行があり、7月のモン州タンビュザヤットと西バゴ地区レトパダン、10月の東バゴ地区タナトピンとヤンゴン地区のフマウビィで発生している。T.M訳

たんぱく質を変化させインフルエンザ抑制  読売新聞 
 インフルエンザウイルスの増殖を抑えるのに重要なたんぱく質の立体構造を、横浜市大などの研究グループが突き止めた。27日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載された。
 ウイルス内にあるたんぱく質のアミノ酸を1か所変えるだけで、増殖効率が大きく抑えられることも分かり、流行が懸念されている新型インフルエンザの治療薬開発につながる発見として注目されそうだ。このたんぱく質は、新型インフルエンザの最有力候補とされるH5N1型の鳥インフルエンザでも、ほぼ共通の構造をしていると考えられている。
Experts try to block flu virus replication-study Reuters  (国際) 研究:ウイルス増殖阻止の研究が発展
 日本の研究者がインフルエンザ・ウイルス増殖のメカニズムの解明につながる新発見を行った。この研究結果により、ウイルス増殖を阻止する抗ウイルス剤の開発に弾みがつく可能性がある。

 最新の世界的医科学雑誌である”Nature”に、ウイルスが増殖するときに必要とする酵素に照準を合わせ、その酵素の詳細を明らかにした論文が掲載された。
 インフルエンザ・ウイルスの酵素は3種類の蛋白が強固に結合して出来ている。
 「研究者達は酵素の構造を明らかにしようと試みてきたが、これまで酵素の詳細な全体像を誰も捉えることは出来ていなかった」、と研究チームのメンバーである、横浜市立大学のジェレミー・タメ(多米?)氏が説明している。
 しかし研究チームは、蛋白を結晶化し、酵素の構造をかいま見ることに成功した。一個の蛋白の先端が、他の蛋白と接触していることを確認した。
 「この発見は、この接触部位を妨害出来る期待を我々に抱かせる」、とタメ氏は説明している。
 「この部分を妨害することはウイルスを殺すか、増殖速度を減速することが可能となる」、と同氏は付け加えた。
 
 全てのA型インフルエンザはH5N1ウイルスを含めて類似の構造をしていると考えられている。理論的に考えると、1種類の薬でA型インフルエンザ全てに効果が得られることになる。
 「我々はそのような方向性の研究に向かう。我々は完全に新しい薬剤の開発につながる研究になることを期待している」、とタメ氏は語っている。.
7月27日


More than half of nursing homes lack plan for pandemic flu WebWire (press release), GA - (米国) 半数以上の高齢者施設ではパンデミック対策計画が立てられていない。

 もしパンデミック・インフルエンザ が米国に起こった場合、急性期病院では対応しきれないと予想される。そこであふれ出た患者を高齢者施設で受け入れることが考えられているが、米国医師会雑誌に掲載された新しい調査結果では、多くの高齢者施設ではそのような対策はたてられていないと述べている。調査された400以上の高齢者施設のうち、わずかに23パーセントが具体的なパンデミック ・インフルエンザ計画を立てていた。また4分の1の高齢者施設が、全般的大災害への対応計画に組み込まれたパンデミック対策を持っていた。半数以上の52パーセントの施設はパンデミック計画を全く立てていなかった。
 「もし高齢者施設が患者収容を求められたなら、施設での対応は困難を極めるだろう。高齢者施設は、緊急事態に最も弱い集団を収容している」と、ネブラスカ大学医療センター 感染症部門の教授であり責任者である、 本調査の筆頭著者のフィリップ・W・スミス医学博士は語る。「大部分の病院は、パンデミックの時 高齢者施設で病院からあふれ出た患者の受け入れが見込めると感じているが、実際にはほとんどの高齢者施設がそうすることができないだろう。」

 「高齢者施設はインフルエンザ侵入に対して準備できていない。もし収容している人々を他に移してまで、患者を収容することが要求されるとしたなら、施設側は反対するだろう」と、ミシガン大学医療システム 内科医学の助教授であり、退役軍人問題アナーバー医療システムの教育臨床センター老人学研究の研究員でもある 本調査の主席著者のローナ・モディ医学博士は付け加える。「高齢者施設は非常に収容率が高いので、多くの患者を受け入れることは難しい」。
 モディ博士はさらに、「地域の保健局や病院とのコミュニケーションを含め、改善の余地がある。職員の欠員に対する対応も必要である」と述べた。
 調査した高齢者施設の半分は、感染予防用手袋や手指消毒製品など 一般的に使われる生活用品をある程度備蓄していた。半分以下の施設で、スタッフに対しパンデミックに関する教育をしていた。わずか6パーセントで、パンデミック・インフルエンザ発生訓練を行っていた。
 楽観的情報として、ミシガンとネブラスカ州の高齢者施設の四分の三以上の77%で、パンデミック担当者が決められていた。84%の施設でインフルエンザ検出のために研究所との連絡体制ができていた。さらに71%では、精神的ケア、および宗教的サービスも提供できる体制にある。

 パンデミックとは地球規模の病気の発生である。通例、パンデミックは長びき、現在存在している医療機関に過大な負担をかけるだろうと、感染症の専門家らは語る。このような負担を和らげるため、救急治療センターあるいは近隣非常時救助センターと称する追加的な場所が、学校、州兵部隊本部、ショッピングモール、高齢者施設などに設立されるだろう。

 今回の調査方法は、ネブラスカとミシガンの656ヵ所の保健局、または医学センターと国民医療保障制度に登録された高齢者施設に、パンデミック対策の有無をアンケートによる調査を行った。回答率は69%だった。

 論文が掲載されたのは米国医師会雑誌の7月23日号で、300巻4号である。A.Tohda訳

Area nursing homes are prepared in case of pandemic Grand Island Independent, NE  (米国) パンデミックに備える高齢者施設

  米国医師会雑誌に掲載された論文で、パンデミック・インフルエンザ発生時に、病院に収容しきれない患者を高齢者施設が収容すべきであると提案したのは、一種の驚きだった。
 中央地域保健局調整官で危機管理を担当しているマイク・ダルブロ氏も同様だった。
 中央地域保健局はホール、ハミルトン、およびメリック郡を統括している。
 ダルブロ氏によると、彼と地域の担当者は、病院で収容しきれない患者を収容しなければならない場所を郡の中に指定した。
 しかしながら高齢者施設はこれらの場所の対象施設にはなりえなかった。ダブブロ氏によると、高齢者施設はしばしば満床で、空いたベッドはないという。
 彼はまた、発病患者を高齢者施設に動かすことは、高齢者に感染を広げることになるから、決して良い考えではないと言う。
 実際、グランド・アイランド・退役軍人ホーム等では、季節性インフルエンザが発生しているときは外部の者を中には入れない。パンデミック・インフルエンザが近づいている事では無いときにもである。
 ダルブロ氏によると、このような対策はグランド・アイランド退役軍人施設だけでなく、他の施設でも、入所者を感染症から予防するための措置として取られている。
 同氏によると、これらの措置は、地域の高齢者施設がパンデミック・インフルエンザに際しての業務継続計画を作成していないことを意味してはいないのではないと言う。
 実際、ダルブロ氏は、保健当局は3郡の全高齢者施設にパンデミック対策計画の指導を行っていると説明する。
 しかしこれらの計画は、感染対策と業務の継続に焦点を合わせたものとなっている。ダルブロ氏によると、「職員の半数が発病し、欠勤した場合、業務は同じように継続出来るか?」、という課題に取り組んでいる。
 結果的に、高齢者施設におけるパンデミック・インフルエンザ対策は、しばしば”クロストレーニング”のような問題に焦点が合わされる。そうした対策により職員全員がいなくても、入所者のケアが可能となる。
 別な方法として、健康で自分で動くことが出来る施設入所者を、家族によって介護可能な家庭に一時的に帰すことも、ダルブロ氏は考えている。
 高齢者施設における患者数を減少させる戦略は、もし施設のスタッフ数が減少したとしても施設内での入所者のケアを可能にすると、同氏は説明する。
 同氏は、個人的業務も同じように、スタッフ数が減ったときのために、パンデミックの前に業務継続計画を立てるべきであると言う。
 地域の危機管理局では、同様に大勢の人々にパンデミック・ワクチンを投与する場所を決めている。多くは学校であるが。
 ダルブロ氏によるとワクチンはパンデミックの第一波では役に立たず、国民に提供可能になるまでに6ヶ月要するという。
 しかしながら同氏は、パンデミックは一波で終わることは希で、しばしば第二波、時には第三波になって発生するという。
 ダルブロ氏によると別な効果的対策として社会的隔離対策(social distancing,)があるという。それは学校や他の多くの市民が集まる集会を閉鎖して、感染の拡大を抑えることである。
 同氏は学校を閉鎖したり集会の禁止により、スペインインフルエンザの際に死亡率が減少したという研究があるという。
 このような市における経験から考えると、患者で溢れかえった施設を中央地域保健局により開放することは大きな問題となる、とダルブロ氏は言う。
 発病した人々に投与すべき医薬品が欠乏しているような状況の場所に、患者を収容させることは全く意味をなさないだろう、と同氏は言う。
 患者で溢れかえった場所に人がやってきて、何も薬はないよ、と言われるに過ぎないのなら、彼らは家庭に戻るべきだ。このような場合、最初から家庭に留まることの方がより意味があると考えられる。
 ダルブロ氏によると、人々で溢れかえった場所を開放するかどうかは、どの程度の人々が発病しているかによるとされる。
 人々で溢れかえった施設が意味をなす場合は、発病者数が少なく、医学的ケアが出来る場合のみであると、ダルブロ氏は語る。しかし、多くの入所者が発病した場合は、施設に患者を収容するのではなく、社会的隔離対策により拡大を防ぐことが正しい、と言うのがダルブロ氏の結論である。

 米国医学界雑誌では、調査した400カ所の高齢者施設では、何らパンデミック対策計画が成されていない。しかし、同調査では、ミシガンとネブラスカ州では77%以上の施設で、パンデミック対策責任者または担当者がいるとされる。 
7月26日

Chicken traders must see writing on the wall South China Morning Post (subscription), Hong Kong  (香港) 香港での生きた家きん売買市場が閉鎖に
 この数年間論議が続いてきた生きた家きん市場を閉鎖することを保健当局が決定した。食料保健局長官のヤニョク氏は(York Chow Yat-ngok)、昨日、政府が家きんの小売り商人から買い上げることを開始すると発表した。いまだ72%の商人しか同意していない。
Nigeria finds H5N1 in bird markets CIDRAP, MN  (米国) ナイジェリアの家きん市場でH5N1ウイルスが検出他。CIDRAPニュース

 ナイジェリア
  動物保健局は本日2カ所の生きた家きん市場でH5N1ウイルスが検出されたことを報告した。定期的検査で見つかったもので、ウイルスが検出された家きんの状態や、周辺でH5N1鳥インフルが発生しているか等の詳細は不明。
 同国では2007年10月にH5N1鳥インフルが発生している。

 香港
  当局が家きんの買い取り制度を進めることを発表した。それにより市場での生きた家きんの売買を減少させ、H5N1鳥インフルウイルスの人への感染の危険性を絶つとされる。

 韓国
  これまで渡り鳥が飛来する時期(11月から翌年3月)だけ行っていた鳥インフル監視を通年行うことにしたと発表した。渡り鳥と野生の留鳥の定期的チェックと、鶏とアヒルの2週間毎の、高病原性と低病原性鳥インフルに関する視察(inspect)が行われる。
7月25日


OLYMPICS HEALTH CONCERNS TRAVELERS VISITORS Newswise (press release) - (国際) 北京オリンピックへの観光客向け健康情報
 ニューヨーク州立大学バッファロー校のリチャード・リー教授(地理医学専門家)によるQ&A形式による解説。

Q:中国へ行くには何か特殊な予防注射が必要か?
A:北京に行くだけならば、風疹、ジフテリア、破傷風、ポリオ、A型肝炎の基本的ワクチンでよい。これらの感染症はいまだ中国全土で発生している。もし北京から広く地方へ旅行するならチフスやB型肝炎も必要である。

Q:水は飲めるか?
A:水道は安全ではない。ボトル入りの良質の飲料水を買うこと。水道水での入浴やシャワー、歯磨きは構わないが、水を飲みこむことは避けること。

Q:オリンピック参加の人々に対して鳥インフルはいまだ問題があるのか?またそれは地方だけの問題なのか?
A:中国ではH5N1鳥インフルはいまだ問題である。ほとんどはウイルスが土着してしまった南部で発生している。北京では大きな危険はないが、生きた家きん市場に出かける場合は十分に神経を使う必要がある。そこでは多くの生きた家きんと人々で混雑している。注意点としては、生きた家きんに触らないこと、調理されていない鳥の肉を食べないこと、市場内を歩き回っている猫には接触しないこと(猫はH5N1ウイルスを保有している場合がある)。

Q:.中国料理は美味であるが、何か心配すべきものが混入している可能性はあるか?
A:街頭で売られているものもそうであるが、中国料理は素晴らしい。しかし目の前で料理されていて、十分加熱されているならば心配はない。果物も皮を向いていないものは心配ない。サラダには注意した方が良い。5つ星ホテルなら構わないと思うが、フライ料理されたものが安全だ。

Q:中国人は犬の肉を好むと言われるが?
A:五輪の間は犬肉のメニューは禁止される。中国外からくる人々はそれを嫌うからだ。しかし猫肉を使った料理はレストランのメニューにはある。それよりも狂犬病に気をつけるべきだ。中国には野犬が多く、狂犬病の発生が問題となっている。犬には手を出さないで、もし寄ってきた場合は、石や棒で追い払うこと。

Q:ニュースによると北京の空気は非常に汚れていると言うが、そんなに悪いのだろうか?
A:空気の質は恐ろしく悪い。たまには太陽が輝いている快晴の日があるが、スモッグは異常に酷い。室内の空気も同様であるが、さらに屋外よりも悪い場合もある。たばこも多くの中国人が吸っていて、禁煙場所はほとんどない。もし呼吸器に問題があるなら酸素吸入が必要なこともあるだろうが、むしろ行くべきではない。
7月24日

Vaccination plan puts health care workers first Reuters (国際) パンデミック時には保健医療スタッフが最初にワクチン接種

印刷用ファイル
 米国ではパンデミック・インフルエンザが発生した場合、直接現場で関係する保健医療担当者が最初にワクチン接種を受ける予定であると、政府が23日発表した。

 保健福祉省が、長らく発表が待たれていた、世界で大被害が発生するパンデミックが起きたときのワクチン接種順に関する詳細を発表した。
 計画によると、ワクチン接種を受ける対象者はまず、救急治療室の医師やナースを初めとする100万人の保健医療関係者である。続いて軍隊や”ミッションクリティカル(24時間365日、止まらないことを要求される基幹業務、あるいは、そのような業務遂行のために使用されるコンピュータシステムのこと)に従事する人々、公衆衛生担当者、そして病院や高齢者施設の職員である。
 これらの対象者の役割は、重体患者のケアに従事したり、ウイルスに暴露される危険性が最も高く、職業上の役割から感染を受ける可能性の高い人々である。
 「このガイダンスは民主的審議を経た結果によりまとめられたものである」、と保健福祉省のマイク・レービット長官が声明文で語っている。
 「当文書は十分に責任分担と意志決定が反映されたものである」。

 ミネソタ大学の”感染症研究と対策センター(CIDRAP)”の感染症専門家のマイク・オステルホルムは、計画書は重要な役割を果たすスタッフを十分保護する内容ではないと語っている。
 ガイダンスでは、インフルエンザ・ワクチンや抗インフルエンザ薬製造に携わっている人々を接種対象者に選んでいるが、他の薬剤、例えばインシュリンや抗生物質製造に携わっている人々は対象にされていない、と同氏は語っている。
 「海外等における薬剤製造から、それを米国に運送するシステムの保護が全く考えられていない」、と政府のガイドライン作成にアドバイスしたオステルホルム氏は電話取材でそのように語っている。

 多くの公衆衛生専門家は、何らかの種類のパンデミック・インフルエンザが起きる事は予想しているが、ただそれがいつ発生するのか、どの程度の被害がでるのは誰も予知できない。
 アジアの家きんの間で流行しだし、続いてヨーロッパ、中東、そして多分アフリカへ広がったH5N1ウイルスがパンデミックを起こすと考えれれているが、正確にはどの種類のウイルス株がパンデミックを起こすかを予知するのは不可能とされている。
 2003年以来385人が世界で感染し(正確には発病し:訳者)、243人が死亡しているため、専門家達はH5N1ウイルスが変異して人人感染を生じるようになり、世界で数億人(hundreds of millions )の死者を出すパンデミックが発生することを危惧している。(一般的には数百万人の死者(millions)と言われている:訳者)。
 
 全国民分のワクチン確保まで数ヶ月の待機

 パンデミックの発生が確認され、全ての国民分のワクチンが製造されるまで数ヶ月間要するため、専門家達は工場から出荷される最初のワクチンを接種する優先順序を決める必要があると考えている。
 保健福祉省では、ワクチン接種優先順位として、最初に中核となる保健医療専門家、引き続き、70万人の軍隊とミッションクリティカル従事者、続いて30万人の公衆衛生担当者、続いて570万人の外来と入院患者をケアする医療専門家、そして160万人の長期療養施設の看護者としている。
 「1918年のパンデミックでは、多くの米国の兵士が第一次世界大戦の戦場におけるよりも死亡したことに注目しなければならない」、と計画では述べられている。
 緊急活動業務、警察、パンデミック・ワクチンおよび抗インフルエンザ薬製造業者、妊婦と乳幼児は、第一の優先グループに入れられている。
 保健福祉省では現在の計画は、実際のパンデミックに際して、その特徴に応じて変更されると説明している。(パンデミックを生じるウイルス株により、パンデミックで被害を受けやすい年齢層や、被害全体が変わる:訳者)。
 どの優先グループにも入っていない健康成人は、優先順位として最後になる。

 少なくとも10ヶ国の16以上の企業でH5N1ウイルスに対するワクチンが製造されている。しかしながらそれらの量には制限があるため、米国での計画では、学校の閉鎖や公共の場所での集会、さらに他の対策でウイルスの拡大を防止することが検討されている。
 オリジナルガイダンス

以下はオリジナルガイダンスから

米国における全人口3億人分のワクチン接種基準
Tier1:最優先層、Tier2: 第二優先層 …。

 最優先層(2400万人):重大な業務遂行者--パンデミック対策動員軍隊兵士、最前線勤務の保健医療者、消防士、警官他
        ハイリスク市民--妊婦、乳幼児
 第二優先層(1500万人):重大な業務遂行者--軍兵士、国境警備隊、諜報機関、薬剤師、国家安全に関与する関係者、埋葬業者、他
        ハイリスク市民--保育者、慢性疾患保有小児(ハイリスク小児)、
 第三層(6400万人):重大な業務遂行者--義務的業務が課せられている上記以外の遂行者、保健医療従事者、行政機関勤務者、
        ハイリスク市民--健康小児
 第四層(7400万人): ハイリスク市民--慢性疾患保有成人&高齢者(ハイリスク成人)
 残りの層(1億2300万人)
 
7月23日

ASEAN states to test readiness on bird flu pandemic AFP (国際) ASEAN諸国、パンデミック・インフルエンザ対策をテスト
 ジャカルタでASEAN諸国の鳥インフル担当責任者が会議を開き、3日間、各国政府の協力態勢等を話しあう。
Japan, ASEAN reaffirm plan for FTA to enter force by end of year+ TMCnet (国際) 日本、ASEANにタミフル50万人分を提供
 ASEANで高村外相が、50万人分のタミフルを追加援助することを発表。これで援助量が従来の倍になった。
Flu Pandemic: Not If, But When NewsRadio 610 WTVN, OH  (米国) パンデミック・インフルエンザ:もしもではなく、いつ発生するかという問題である


 オハイオ州保健局はパンデミック・インフルエンザへの注意を促すためのキャンペンを始めた。

 「1918年、フットボールの試合や映画館は禁止された。オハイオ州の公共施設は閉鎖された。」
 「1957年、アジア・インフルエンザ発生の際のオハイオ州での最初の死亡者は子供だった。20世紀のパンデミック・インフルエンザによる死者数は世界大戦以上だった。それはまた起きる。我々は準備しなければならない」
 キャンペーンは連邦政府から40万ドルの助成を受けている。
 「パンデミックは起きる」、と保健局の報道官であるサラ・モルマンさんは語る。
 専門家の中には起きる時期に関して意見が分かれているが、モルマンさんはパンデミックは30年ごとに起き、彼女によると、オハイオ州では既に起きてきても不思議ではないという。
 オハイオ保健局によると、次のパンデミックは、現在海外で発生している鳥インフルエンザによりもたらされる可能性が高いとされる。
 モルマンさんは、このキャンペンは人々を怖がらせるのではなく、注意を促し、パンデミックへの対策を進めることだ、と強調する。

 韓国内で発生した鳥インフルエンザウイルスが、哺乳動物も感染させる種類であることが確認された。4月に疾病管理本部が韓国内で発生したAIウイルスを分離し、アメリカ疾病統制センターに送り調査を依頼した。その結果、イタチの一種であるフェレットとネズミから感染反応が現われたことが明らかにされた。こうして哺乳類も感染することが確認された。5月に検疫院の疫学調査委員会が、韓国内のAIウイルスが「H5N1」であることが明らかにされたことはあるが.... 東南アジアで流行ったAIと類似した高病原性であるため、格別の注意と対策が必要である。

*当然予想はされていたが、逆にほ乳類へ感染しないことが確認されているH5N1鳥インフルウイルスは存在するのだろうか?フェレットやマウス?

Shopping Cart Wash Offered in War on Germs Washington Post, United States (米国) 病原体汚染防止のためにショッピング・カートを洗浄
 鳥インフルエンザウイルスを含む各種病原体が、ショッピング・カートを通じて人から人へ感染することを防ぐために、ショッピング・カートの洗浄機が考案された。


Jason Kirsch, one of the family members that owns Chevy Chase Supermarket puts some carts through the newly installed washing machine for carts. (Katherine Frey -- The Washington Post)
霧状になった過酸化水素水が噴霧され、それは直ちに数秒で乾燥される。

スーパーマーケットにはトイレもあり、そのシートと同じように病原体で汚される。

 ワシントン、コネチカット通りのスーパーマーケット

*考えてみれば、使用後に毎回消毒している店はあったろうか?
7月22日

Bird flu occurs in Nghe An  Nhan Dan (ベトナム) ベトナム、中部ゲアン省で鳥インフル発生

 7月21日、獣医学局は、ゲアン省ギロク地区ギプオン・コミューン第9村の動物を飼育する家庭で鳥インフルが発見されたと発表した。鳥インフルのワクチンをまだ接種されていない180羽の鶏のうちの30羽と、570羽のアヒルのうちの160羽が鳥インフルで死んだ。そのため、地元の家畜関係者がすべての鶏とアヒルを殺処分した。これまでベトナム全体で、メコンデルタ地方のチャービン省とドンタップ省、および中部のゲアン省の3つの省のみが、鳥インフル消失宣言をだすことが出来る21日間の鳥インフル無発生を果たせていない。A.Tohda訳

SKorea to start year-round monitoring for bird flu AFP (国際) 韓国、年間を通した鳥インフル監視に
 韓国は今年の春の家きんにおける史上最悪の鳥インフル流行があったことから、年間を通した鳥インフルの監視を行う予定であることを22日、農業省が発表した。
 発表によると渡り鳥と野生の留鳥が定期的にモニターされ、全ての鶏とアヒル農場が2週間に一度、強毒性と弱毒生の鳥インフルウイルスに関して監視される。
 国内に23の監視チームが結成された。
 本年4月初めに家きんでH5N1鳥インフルが発生し、国内のほとんどの地域に広がったことを、検疫局では重視している。
 これまでは鳥インフル警報は11月から3月まで発令されていたが、理由は渡り鳥が国内にいることと、気温が低くウイルスが活発化しやすいことが上げられていた。
 政府は800万羽以上の家きんを殺処分し、経済的損失は2640億ウォン(260億円)に上る。
 5月12日以降新たな事例は報告されていないが、もし今後発生が無ければ、8月に韓国から清浄国としての申請が出される予定となっている。
UK report casts doubt on pandemic response effectiveness News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) 英国議会、世界のパンデミック対策への疑問を投げかける
 国際的連携がとれていないこと、WHOが十分機能していなく、それはWHOの組織体制に不備があること等。昨日の英国議会からの報告書の話題。

‘World Faces Killer Flu Pandemic’ The Statesman, India  (インド) 世界は殺人的インフルエンザ・パンデミックに直面する
 昨日の英国上院議会での報告書に関する報道。

Australia has bad reaction to British flu report New Zealand Herald, New Zealand (ニュージーランド) 英国のパンデミック対策報告にオーストラリアは反発
 昨日の英国上院議会での報告書に関するコメント。

 オーストラリアのインフルエンザ専門家は、いつ発生するか分からないパンデミックに対して世界が十分対策がとれていないとする英国の報告に対して、あまり意味のないものだと評価している。
 英国政府の報告は、ほとんどの国ではパンデミック発生初期における警報システムが完全でなく、国家間での協力態勢も不十分であるとしている。
 この英国上院での報告の中ではWHOも批判され、機構的に機能不全を起こしているため、新興感染症に対処するのは不完全な組織となっているとされる。
 しかし、オーストラリアの専門家達は、この2~3年間は多くが為されているにも関わらず、状況を単純化しすぎ、またネガティブに捉えすぎていると批評している。

 報告ではH5N1鳥インフルウイルスの様なウイルスが破滅的な惨事を引き起こす可能性を警告しているが、オーストラリアのパンデミック委員会メンバーのタンノク教授は、ウイルスは、H5N1ウイルスは容易に人の間で感染するようになるのは、自ら不可能であることを実証している、とコメントしている。(10年以上も容易に人に感染するように変異の兆しを見せていないことを指す:訳者)。
 「そして、我々オーストラリアはワクチンも抗インフルエンザ薬も備蓄していて、最も対策が施されている国と言える」
 しかしオーストラリア国立大学疫学人口健康研究センターのマホメド・パテル教授は、いまだ改善の余地があることを指摘し、それは特に第三世界において著しいと、英国の報告の記載と同様の意見を呈した。
7月21日

Bird flu relapses in Mekong Delta Thanh Nien Daily(ベトナム) ベトナム、メコンデルタで鳥インフル再興
 鳥インフルの発生がメコンデルタのドンタップ省で再興したと、農業地方開発省 獣医学局が日曜日(20日)に発表した。チャウタン地区のタンニュアンドン・コミューンの飼育場の500羽のうちの350羽の鶏がH5N1ウイルスに関係する原因で死んだ。チャービン省とドンタップ省は、まだ鳥インフルからの安全宣言をする前の21日の期間内にあると、地元当局は述べている。A.Tohda訳
Disease pandemic 'inevitable' in Britain warns House of Lords Telegraph.co.uk, United Kingdom (英国)英国にパンデミック・インフルエンザはいつ発生するか分からない:上院委員会が警告

More should be done to provide early warnings.
早期の警報発令のためにもっと緻密な態勢が必要だ。
The Lords intergovernmental organisations committee says the "dysfunctional" World Health Organisation needs to be better organised to cope with the threat.
上院内閣委員会は、機能低下を起こしているWHOは組織を抜本的に立て直し、パンデミック脅威対策に当るべきだと報告。
The Government should consider "urgently" how it funds aid projects with developing countries so the money is spent most effectively to help "Britain's own defences" against pandemics.
内閣は早急に途上国支援のあり方を再考し、いかなる援助方法が、英国自身のパンデミック防衛につながるかを早急に決定すべきてある。



World warned over killer flu pandemic Independent, UK  (英国) 殺人的インフルエンザ・パンデミックを世界に警告英国上院委員会
 世界的監視対策を強化する必要がある。
 WHOは無力化しているので、抜本的に組織見直しが必要。
  下報道と内容的には同じ。

‘Inevitable pandemic’ will kill 75000 in Britain Times Online, UK  (英国) いつでも発生が予測されるパンデミックで、英国で75000人が死亡する可能性がある:英国上院議会委員会報告

印刷用ファイル
 英国議会委員会によると、75000人が死亡する可能性のあるパンデミックがいつ起きるかわからないとされる。

 本日、上院議会委員会(House of Lords Intergovernmental Organisations Committee )に提出された報告書によると、生活様式の変化により新感染症が発生し、社会の中に拡大してくる可能性が高いとされる。委員会では、新感染症が発生してパンデミックになる前に行動を取ることが出来るように、国際的監視態勢を緊急に改善することを求めている。

 報告書の作成者らは、政府の見解として以下のことを引用して伝えている:感染症に対する国際的活動は十分調整されてなく、多くの機関が互いに調整されないままに活動している。しばしば内容は重複していたり、時には感染症が発生している途上国に過剰な役割を課していたりする。
 WHOは十分機能していなく、もっと対策へのリーダーシップを取るべきだ、と委員会では報告している。
 委員会では、事態を改善するためには、WHOは、”組織編成を見直して、より機能が働くような組織にしなければならない”、と強調している。
 
 委員会によると1968年以来パンデミックは発生していないが、新パンデミックはいつ発生してもおかしくはないとされる。
 「推定されることは、次のパンデミックで200万人から5000万人が世界中で死亡する可能性があり、英国では5万人から7万5000人が死亡すると考えられる。膨大な社会経済的損失も発生する」
 委員会報告では、また動物における感染症対策が遅れていることを指摘し、最も最近発生している人の感染症が動物由来であることを上げている。極めて希にではあるが、新感染症が種の壁を越えて人に感染、発病してから、その感染症が認識されることすらあると、報告書では伝えている。
 上院委員会は、途上国に対する援助のあり方を緊急に考慮し、その援助が結果的に英国のパンデミック防衛に役立つようにすべきであると、報告している。
 最後の2回のパンデミック、すなわち1950年代と1960年代のものは、それほど強毒な株で引き起こされなかったが、将来発生する可能性のある株はもっと強毒であるかも知れず、実際現在鳥から人へ感染するようになったH5N1ウイルスは、非常に毒性が高い。

 委員長のソレイ卿は、
 「この100年間に公衆衛生と疾病コントロールの領域で著しい発展をみているが、グローバリゼイションと生活様式の変化は新感染症の発生を助長し、その短期間内での世界的拡大につながっている」、とコメントしている。
 「我々は感染症対策に国際的に多くの組織が関与し、活動していることに印象づけられているが、この状況が継続し、さらに拡大することを期待する。しかしながら、それらの活動がより効果的となるためには、感染症発生の有効な監視態勢が必要で、それにより世界への拡大が阻止される」
 「新規人の感染症の四分の三は、動物から伝搬されてくる。我々はこの問題に対処するためにより良い監視態勢を構築する必要がある。。
 「我々はまた途上国における保健管理体制の改善にも焦点を合わせるべきだ。最新の治療を行うにも、重篤な感染症の発生を予知し、確認するためにも、関連施設の改良が必要だ」

我々はいつか全て倒れるのだろうか?

 前世紀に発生したパンデミックは、人に初めて感染するインフルエンザウイルス株で引き起こされた。
 1918年~19年に発生したスペイン・インフルエンザはH1N1ウイルスで引き起こされ、4000万人近くが世界で死亡した。1957年~58年に発生したアジア・インフルエンザはH2N2株で引き起こされ400万人近くが死亡した。
 1968年~69年に発生した香港インフルエンザはH3N2株で引き起こされ、100万人死亡した。

クローズアップ2008:新型インフルエンザ 自治体、対策遅れ 毎日新聞 
 日本で大流行した場合、最大64万人が死亡するおそれがあるとされる新型インフルエンザ。国はその時に備え、05年11月、各都道府県に行動計画を策定するよう要請したが、毎日新聞が行った調査からは、実効性のある準備が十分にできていない現状が見える。何が障害なのか。対策の技術的な難しさのほか、国の支援の不足も浮かぶ。

新型インフル対策/企業側にも拡大防止の責任 河北新報 
 鳥インフルエンザがいずれ変化し、人間に感染が広がる新型インフルエンザ発生の危険性が指摘される中で、企業の対策がまだまだ不十分なことが、民間シンクタンクの調査で明らかになった。現時点で何らかの対策を実行しているのは10%にすぎず、半数以上の企業は「対応する予定もない」という。
 
7月20日

Great pall of Beijing Independent Community Newspaper, New Zealand  (ニュージーランド) 北京という名の巨大な棺

 ニュージーランドの五輪チームは、北京での公害予防のためにカーボンフィルター・マスクを装着する予定である。
 
 ニュージーランドの五輪委員会は、182人の選手団が五輪村周辺を出歩くときのために、マスクを支給される予定であることを初めて明らかにした。
 公害問題に関しては中国政府が3週間内に迫った五輪開催日までには、大気は清浄化すると宣言していることもあり、政治的に敏感な問題ではある。
 しかしニュージーランドの女子ホッケーチームのコーチであるケビン・タウンさんは、北京の空気は酷いもので、現在政府が懸命に行っている工場や車からの排気対策では全く不十分であると考えていると、最近語っている。
 ニュージーランドチーム派遣団長のデーブ・キュリー氏は今日北京に到着し、外交的に問題を軽く取り上げ、ロス・アンジェルスで遭遇する、程度の酷いスモッグに例えて表現した。
 しかし公害は十分酷く、全てのニュージーランド選手団に、何らかの健康被害が生じないか、スクリーニング検査をした方が良いと考えられている。
 全選手は約30ドルするマスクを支給される。10日間使用するための5枚のカーボンフィルターが付属する。
 喘息やアレルギーがある選手はカーボンマスクを装着すべきと考えられ、他の選手も予防のために使うことが勧められる。
 米国五輪チームもマスクを携行するが、ニュージーランドチームと類似のマスクである。
 米国チーム団に同行する医師のランディー・ウイルバー氏は、マスクは健康のために重要であるが、競技中は装着しない方が賢明だと言う。
 「自分が思うには、それは大きな政治的問題であり、もし選手達が競技中に装着したなら、中国の人々や五輪委員会に対する侮辱になるだろう」、と語っている。
 「もしそうした光景がテレビで世界中に映し出されたなら、大きな問題を起こすに違いない。競技前にマスクで肺を防護して、綺麗な肺で競技に参加することがより重要なことだ」。
 北京の大気は、これまで五輪が開催された地域の中で最も汚れているとされる。

 使用されるマスクは細菌やウイルスの99.9%を捕捉する性能を持っている。
 

7月19日


Poultry farmers to learn about bird flu Solomon Star, Solomon Islands  (ソロモン諸島) 家きん農家が、鳥インフルについて学習
 まもなく家きん農家達が鳥インフルについて学習を始める。 農業家畜省がそのプログラムを提供する。
 鳥インフルは通常野生のカモやガンと家きんに感染する。すでにそれは主としてアジアの数百の家きん農場で発生し、巨額な損失を与えている。
 鳥インフルはこの地では報告されていない。

 農業省は最近ホニアラで開催された全国貿易農業博覧会で、鳥インフルに対する注意を呼びかけるプログラムを提示した。
 今回はそのプログラムを国内の家きん農家に直接提示する予定としている。メディアを通したり、直接戸別訪問したり、パンフレットを配布したりして行われる。情報は鳥インフルはどのようにして家きんに感染し、被害を生じるかについての説明が基本となっている。

Siraha prone to bird flu Gorkhapatra, Nepal  (ネパール) ネパール、シラハ地域等、鳥インフル侵入警報
 シラハの地域家畜担当局は、10地域で鳥インフル侵入の危険性が高いと警告した。
 危険地域は、インドとの国境沿いの地域、商業用家禽農場がある地域で、鶏が死亡し始めたなら危険であると通告された。
 250近い検体がビラトナガールの地域検査所に送られた。
 一方家きんや卵の密輸が報告されており、国境地帯に監視官が居ないことが原因となっている。

*以前からネパールは鳥インフルが周辺国から侵入することを警戒しているが、未だ発生していないことは驚きでもある。似たような環境としてブータンもそうだ。
 鳥インフルが拡大、または発生した場合、渡り鳥説で容易に片づけられてる傾向にあるが、このように隣接している国々(インド、バングラデシュ等)で多くの鳥インフルが発生していても、発生していないネパールやブータン等の例をみると、拡大のメカニズムには何か別の要因が関与していることが考えられ、発生しない理由を分析することの方が、拡大原因を突き止めるには近道と思われる。
7月18日

Biojector(R)2000 Data Presented in Vical's Pandemic Influenza DNA ... RedOrbit, TX  (米国) 無針注射器、バイオジェクター2000、バイカル社のインフルエンザDNAワクチン接種に効果
 無針方式注射開発の先端企業であるバイオジェクトメディカル・テクノロジー社は、本日、同社のバイオジェクター(R)2000、(B2000)が、バイカル社の人用H5N1ウイルスに対するDNAワクチンに用いられ、臨床第一相試験に成功したと報告した。ワクチンには、バイカル社の開発したアジュバントであるバクスフェクチンが加えられている。
18歳から45歳までのボランティアを対象に、プラセボ群、段階的にワクチン量を変えた被験者群に分けて臨床研究が為された。
 臨床試験では安全性と、従来型の針を使った筋肉内注射方式および無針方式のB2000を用いた方法による免疫効果が検討された。
 同社の副社長で医学担当責任者は、無針方式のB2000がバイカル社のDNAワクチン投与に有効であることが確認できたと語り、さらに他のワクチンにも応用してゆく予定と説明した。

Bird flu vaccine shows promise United Press International  (国際) 新規開発鳥インフルワクチンが有望視



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 カリフォルニアの製薬企業が、人用の新規鳥インフルワクチンを開発し、初期の臨床試験で良好な成績を収めた。

 ワクチンは従来の受精卵を用いた方式ではなく、大腸菌にH5N1鳥インフルウイルスの遺伝子を組み込み、大量に迅速に関連遺伝子を大量に製造するという方法をとっている。17日のウオール街ジャーナルで報告された。
 サンディアゴのバイカル社が100人の被験者を対象に臨床第一相試験を終了し、安全性とH5N1ウイルスに対する免疫効果が確認された。
 この50年間に渡る受精卵でウイルスを増殖させる方式とは異なり、バイカル社の大腸菌を用いる方式では、H5N1ウイルス粒子表面のH5蛋白とM2蛋白を合成させる遺伝子を大量に製造し、それをDNAワクチン化する方法となっている。
 受精卵方式では数ヶ月要するワクチン製造期間が、バイカル社の方式では、6から8週間で可能となる、と同社の会長が語っている。

Murray undergoes pandemic flu exercise Daily Citizen, GA  (米国) ジョージア州、マレイ郡でパンデミック・インフルエンザ演習
 もしもパンデミック・インフルエンザがマレイ郡に拡大してきた場合、保健当局者だけでなく、緊急サービス業務、警察、企業経営者、協会組織、各種のサービス企業他の組織は対策を講じておく必要がある。
 15日マレイ郡チャツワース市のトレーニングセンターで、机上訓練が行われ、各界から50人が集まり、パンデミック・インフルエンザが町や地域に拡大してきた場合に、どの程度の被害が起きるのか、そしてそれに対して何をなすべきか、について意見交換をした。
 「エピデミックというのは局所的、または地域的流行であるが、パンデミックというのは大陸間、または世界的な流行である」という、地域の公衆衛生担当者から説明があり、その後各界代表者が意見を述べた。

 チャツワース市長が市の代表者として意見を述べた。
 「我々は人口の30~40パーセントが発病すると考えている。そして致死率が50パーセントという高さの可能性があると想定している」、と同氏は語り、
 「基本的事項として、我々はどのようにパンデミックに対応し、そして必須業務を維持してゆくかである。例えば医療サービス、緊急サービス、消防、教会組織等。我々が決して起こらないように祈る程の”最悪のシナリオ”に対処しなければならない」、と提言した。
 ホリー・クリーク・バプテスト教会の福音伝道教育担当責任者は、パンデミックの間には精神的および肉体的サポートが必要になると述べた。
 「シナリオは二つに分けることが出来る。一つはパンデミック・ウイルスが地域に入ってきたとき何が起きるのか、そして教会組織は発生した事態にどのような援助ができるのか、ということだ」、と同氏は語った。
 「初期には食料や飲料水の配給、その後は自宅や他の場所への隔離対策が始まるならば、人々に電話やインターネット、街頭放送等で精神的サポートを行う」。
 企業界と薬品業界の代表者は次のように意見を述べた。
 「社会的隔離対策が必要になる。言い換えるならば、我々は小さな場所に集団で集合は出来ない。そして業務は停止することになるだろう。その代わり、ドライブ・スルー形式や、他の人々が集まり、ウイルスを拡大させない方法を活用することになる」。
 同氏はさらに、緊急事態チームが編成されて、必要な薬品を地域内へ届けることになるだろうとも語り、そして不必要な旅行を控えることでパンデミックの拡大速度を抑えることが出来るだろう、とも語った。
 
 公衆衛生担当者によると、国際的に鳥インフルエンザがパンデミックとなる可能性が警戒されているとされ、過去100年間に3回のパンデミックが発生し、それは1918年のスペイン・インフルエンザ、1958年の香港インフルエンザ、そして1968年の中国インフルエンザ(アジア風邪)であり、既に新しいインフルエンザが発生する時期は来ていると説明された。
7月17日

Indonesian man dies of bird flu FOXNews  (米国) インドネシア男性、鳥インフルで死亡
 インドネシアの荷役作業員が鳥インフルで死亡したことを17日、親戚が確認した。非公式情報ではあるが、同国の死者がこの3年間に111人に達したことになる。
 インドネシア政府は最近鳥インフル死者発生の報告を遅らせるようになり、時には数週間も経過してから発表する場合もある。しかし保健当局関係者が匿名ではあるが、今回の事例の検査結果が陽性であったことを確認したとしている。
 38歳の二児の父親が7月10日に病院で死亡したが、その数日前に高熱、咳、呼吸困難の鳥インフル様症状が出現した、と義理の兄弟が話している。
 「医師社鳥インフルで死亡したと我々に説明した。そしてジャカルタから戻ってきた検査結果が陽性だった」、と彼は話している。
 死者はジャカルタの西24マイルのベレンヅン村に住んでいたが、村の路地には鶏やアヒルが自由に動き回っている。しかし住人によると家きんが病気になったり死亡したことはないと言う。
 当局では死者の親戚や近隣の住人から採血していったが、家きんの殺処分は行っていないと義理の兄弟は語っている。
7月16日


Indonesia defends move to block virus sample sharing Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア、ウイルス検体の共有拒否の姿勢を継続
 インドネシアは研究者達および研究室が、病原体共有に関する国連規則を何度も破っていることを理由に、分離された鳥インフルウイルスのWHOとの共有を拒否していると、当局が発表した。
 発表された論文は、シンガポールで発行の医学界紀要(The Annals, Academy of Medicine)で、著者はインドネシアの研究者と保健当局者、その中には保健省大臣のスパリ女史も含まれており、最近の検体共有システムは不公正で、世界的システムの不公平さを永続させるものだ、と主張している。
 当局では全ての国に受け入れられるウイルス提供システムを設立することを求めている。
 事の発端は、2006年末に、インドネシアがWHOに提供したウイルスを用いて、オーストラリアの製薬企業がワクチン開発を行っていることを知ったことに始まる。
 WHO規則では、提供国の許可無くウイルスをWHO研究機関のネットワーク外には提供できないことになっていることから、このオーストラリアの製薬企業がウイルスを入手したのは、明らかに規則違反である。このようにインドネシア当局では抗議している。
 インドネシアの長期間に亘る抗議は、途上国が自由にウイルスを提供すると、先進国の製薬企業がそのウイルスを用いてワクチンや抗インフルエンザ薬の開発に利用するが、途上国ではそれら医薬品は高くて入手できない矛盾があるということである。
 途上国では鳥インフル対策に経済的負担が増し、先進国では医薬品で収入が増す。
 もしこの状況が続くと世界では、富める国家はますます富み、貧しい国家はますます貧しくなるという、貧富の差が拡大してゆく。このように論文では説明している。
Vietnam reports bird flu-hit chicken in southern province  Xinhua(中国) ベトナム、南部の省で鳥インフルに罹った鶏を報告
 本日付の地方紙「青年」によると、ベトナム南部のロンアン省で死んだ鶏の標本から、H5N1鳥インフルウイルスが陽性との検査結果が出た。
 ベトナムの第6地域動物保健センターによる検査で、カンドゥオク地区の家庭で飼っていた3,000羽の家禽のうちの複数の鶏が鳥インフルに感染したという結果が出たと、同紙は同省獣医局のドゥオン・ミン・フィ副局長のことばを引用している。
 10日前、群れの中の複数の鶏が鳥インフル様症状を見せたあと死に始めたと、彼は語った。
 ベトナム農業地方開発省 動物保健局は、まだロンアン省の鳥インフル発生を確認していない。現在、南部のチャービン省のみが鳥インフルの被害を受けていると、同局では発表している。
 2003年12月に始まったベトナムでの鳥インフル発生で被害を受けたり殺処分された鳥は1千万羽以上にのぼる。A.Tohda訳
7月15日

特に無し。

 報道が出たら掲載します。
7月14日

 特に無し。

 報道が出たら掲載します。
7月13日

 特記すべき報道はなし。

 インドネシアでも特に問題はなし。

 世界的に夏場に入ったせいかH5N1ウイルスは不活発になっている。

 この4年間で最も家きん、人への感染報告が少ない。

2008/07/13 7:23:38
7月12日


Bird flu outbreak could kill 3000 people a week  WalesOnline, United Kingdom (英国) ウエールズ州、鳥インフルのパンデミックにより週に3000人が死亡
 英国ウエールズ州、人口約290万人。
 パンデミック対策を保健省が強化計画。
 ウエールズの小さな村でパンデミックウイルスが発生した場合、数日間でウイルスは世界中に拡大する。
 さらに抗インフルエンザ薬を備蓄して、患者が発生した家族達へも十分行き渡るだけの量を確保する。

Campaign against Avain Flu launched Solomon Star, Solomon Islands  (ソロモン諸島) 鳥インフル対策キャンペンが開始
 これまでH5N1鳥インフルの発生はない。野鳥から家きんへの感染対策キャンペンが始まる。

H5N1 Avian Flu Strain Shown to Infect Bovine Calves Occupational Health Safety, TX  (米国) H5N1鳥インフルウイルス、牛に感染することが確認:ドイツの研究グループ
 ほ乳類におけるH5N1鳥インフルウイルスの病原性を研究する一環として、数頭の牛にH5N1鳥インフルウイルスを感染させ、鳥牛感染と牛牛感染について研究した。
 牛牛感染については明確では無かったが、鳥牛感染は、牛にウイルスに対する抗体が産生されたことから、感染したことが確認された。
 感染した牛には実験中、何ら症状は認められなかった。
Planning for Pandemic Flu KPVI-TV, ID (米国) パンデミック・インフルエンザ対策
 もし米国内にパンデミック・インフルエンザが広がってきたなら、専門家の言うところでは国内の全ての資源が枯渇する可能性がある。病院は混乱し、企業界の業務量は低下し、そして労働力は半減する。そうしたことから地域の保健当局では、我々がいつでも対応できるように準備しておくように呼びかけている。
 南東地区保健局は7月をパンデミック・インフルエンザ対策月間としている。当局ではパンデミックはいつ発生するか分からないから、我々が正確に何をすれば良いかを知ることは重要であると説明している。
 今月、保健局では最悪のシナリオを想定し、それに従って訓練を行う。
Bird flu not detected in Nepal Gorkhapatra, Nepal  (ネパール) ネパール、鳥インフルは未検出と
  専門家はネパールで鳥インフルは見つかっていないと発表した。

 発表は記者会見で行われた。

 政府はネパールに鳥インフルが侵入してくることを防止するために、雛、鶏および家きん産物の輸入を禁止している。
 記者会見では、ネパールは鳥インフルが長い間発生し続けているインド、中国、バングラデシュから、家きんやその産物の密輸により、鳥インフルがもたらされる危険性が高いと説明している。
Study: No Tamiflu link to abnormal behavior MSNBC  (国際) 研究:タミフルは異常行動の発現とは無関係 
 日本政府に依頼された研究者グループが、タミフル服用が若い世代に異常行動を誘発する根拠はないことを確認した、と11日、厚労省が発表した。
 この研究結果は、若い世代がタミフル服用後にビルディングから飛び降りたり等の異常行動を起こすと言うことから、10~19歳の世代にタミフルを処方することを留保するように昨年警告が出されていたが、その警告が解除される可能性が出てきた。
 タミフルは大量使用国である日本で、製造企業のロッシュ社傘下の中外製薬から発売されている。

 調査結果は厚労省の薬品安全委員会に提出され、そこで昨年3月に発令した、若い世代へのタミフル投与の警告を解除するか決定される。
 「報告書は出来るだけ早期に提出したい」、と同省の担当者が語っている。
 日本や他の国々は、一般名をオセルタミビルというタミフルを、パンデミック・インフルエンザに備えて備蓄している。
 今回の調査はインフルエンザと診断された18歳以下の年齢層を対象に行われた。
 医師や家族からの聞き取り調査ではタミフルを服用したグループでは、服用しなかったグループに比較して、むしろ異常行動は少なかったとされる。
7月11日


国内の動き

 厚労省の調査委員会が10代のタミフル服用による精神異常行動の発現に関して、1万人を対象に調査を行ってきたが、その結果によると、タミフル服用と異常行動発現の間には因果関係がないと結論が出された。この結果により10代へのタミフル処方を原則的禁止している現行措置を見直す可能性が出てきた。厚労省は8月にも薬事・食品衛生審議会安全対策調査会を開き、10代へのタミフル中止措置の妥当性を検討する。

報道
 タミフル、10代への使用禁止見直しも…厚労省部会 読売新聞
異常行動との関連見られず タミフルで厚労省疫学調査 「10代中止」の要否検討へ USFL.COM 

Japan finds no Tamiflu link to abnormal behavior Reuters (国際) 日本、タミフル服用青少年の異常行動とタミフルの因果関係を否定
 日本の厚労省の専門家委員会は、タミフルが服用青少年の行動異常を引き起こすという明確な根拠はないと、調査を発表した。
 研究結果は、昨年の3月に通知された、10代の青少年への処方に対する警告が解除される可能性がある。
 調査は18歳以下の青少年10000人について行われた。
 医師や患者の保護者からの聞き取り調査によると、タミフルを服用した青少年の異常行動は、服用しなかった青少年に比較し、むしろ少なかったと結論されている。
Scientists find genes needed to replicate bird flu virus SmartBrief, DC (米国) 鳥インフルウイルスの増殖に必要な遺伝子が発見

Fruit fly gene study may help uncover new flu treatments Smash Hits, India (インド) ショウジョバエの遺伝子を用いた研究がインフルエンザの新治療法開発に応用

対策
No pandemic plan for major businesses Nova Scotia Business Journal, Canada (カナダ) カナダ、ノバ・スコチア州、大手企業界はパンデミック対策は不十分
Jul 2, 2008

 もしあなたの企業で三分の一の社員が欠勤したならどうしますか?原因不明の致死的感染症が職場に拡大してきた場合、どうしますか?
 これらはパンデミック発生に対してカナダ政府が2年前、企業界に投げかけた質問の中のいくつかである。
 中央ノバ・スコチア州の企業はどのように答えただろうか?

 我々は対策を講じる予定である、と答えていた。

 現在、ノバ・スコチア州政府は企業界に、多くの社員が発病したとき事業を停止させないための危機管理戦略であり、事業継続計画(BCP)を作成するように求めた。
 想定されるパンデミックの被害を保健専門家や経済学者達の意見から想定し、企業はBCPの基本に立って自社に適合するような計画を作成する。中央ノバ州では、企業界はBCPが彼らにとってどのような意義をもつのか思考し始めた。ノバ・スコチア・ビジネスジャーナルが中央ノバ・スコチア州の大手3社にインタービューした。

 各社における進行中の対策。パンデミックが起きた場合、どの程度の社員が発病し、死亡するのか?そしてどの程度の社員が従業出来るのか?等。

Preparing for the worst Worcester Telegram, MA  (米国) 最悪の事態に備える
 Monday, June 30, 2008
 1970年代の山火事と2005年に発生したカトリーナによる大洪水。
 これらの大災害は米国人と、自然災害だけでなく、テロ、パンデミック、構内銃撃事件、そしてこれまで考えられないような緊急事態に対して責務を負わせられている人々に多くの課題を与えた。
 …


7月10日


国内の動き

 本日のローターでも紹介されているが、東大の河岡教授等のH5N1ウイルスが増殖する過程で必要とされる宿主細胞内タンパクの研究が、国内でも共同通信の配信で広く伝えられている。

 実験が容易なショウジョウバエの細胞と、ハエ細胞に感染するよう遺伝子を改変したH5N1鳥インフルエンザウイルスを使い、ハエが持つ約1万3000の遺伝子の働きを、「RNA干渉」と呼ばれる手法で1つずつ分析し、その結果、約110の遺伝子が、ウイルス増殖に関与していることを突き止めた。
 人間の細胞で、このうち3つの遺伝子の働きを抑える実験をしたところ、鳥インフルエンザ(H5N1型)や通常のインフルエンザウイルスの増殖が大幅に抑えられた。
 こうした分析から、ウイルスが感染細胞内で増殖するのを阻止する薬剤の開発につながることが期待される。
  詳細はロイター通信で。

報道
増殖に重要な遺伝子特定 インフルで東大、薬開発へ 東京新聞 


Experts identify genes for bird flu replication Reuters (国際) 鳥インフルウイルスの増殖に関係する遺伝子が同定される
 H5N1鳥インフルウイルスが宿主細胞内で増殖する際に必要とされる、100前後の遺伝子が同定された。この発見はウイルスの増殖を阻止する方法の開発に役立つと考えられる。

 「全てのウイルスは増殖するために宿主細胞のタンパクに依存している。ウイルスが増殖する際の各段階に関与する細胞内の遺伝子を同定することで、抗ウイルス治療の新しい道が開かれる」、と研究者らは、発表した「 Nature」の論文で語っている。 * NatureはScienceと並ぶ世界のトップ科学雑誌。ノーベル賞に値する研究の多くがこれら雑誌で発表されている(訳者)。

 今回の研究には、日本、インドネシア、そして米国の研究者が参加しているが、そこではショウジョウバエに遺伝子構造を変えたH5N1鳥インフルウイルスを感染させて実験を行った。
 ショウジョウバエは通常H5N1ウイルスに感染しないために、ウイルス遺伝子が修飾された。
 シュジョウバエが選ばれた理由は、細胞の持つ遺伝子数が14000と少なく、分析がしやすいからである。
 「我々は細胞内でウイルスが増殖するのに重要なタンパクを見つけ、それを合成する遺伝子を突き止めた。約100個の遺伝子が関与している」、と東京大学の世界のリーダー的ウイルス研究者で、鳥インフル専門家の河岡義裕博士はそのように説明している。

 これらの遺伝子(が規定しているタンパク)のうち3個は人の細胞内にもある。
 「我々はそれら3種類の遺伝子を取り出し、分析したが、人の細胞内でウイルスが増殖する際に、同じように重要であることを確認した」、と同博士はロイターに語った。
 「私は、我々が同定した多くの他の遺伝子も、人の細胞内で増殖する際に重要と推察している」。
 
 次に研究者チームは、H5N1ウイルスが増殖する際に結合する必要のあるタンパクの同定に照準を合わせる。
 「もしこれらのタンパクとウイルスの結合を阻止出来たら、ウイルスの増殖は阻止できる。これは新薬開発の照準となる」。
 H5N1ウイルスはいまだ主として鳥の間での感染症であるが、2003年に人に感染し出してからこれまでに385人を発病させ、243人を死亡させている。
 専門家達は数年前からこのウイルスが変異して人の間で感染するようになると、世界で数百万人を死亡させるパンデミックを引き起こす可能性があると警告し続けている。
 また悪いことに少ない有用な薬剤に対してウイルスが耐性獲得の兆候も出てきている。
7月9日


Pandemic mutations in bird flu revealed Genetic Engineering News(米) 鳥インフルエンザのパンデミック株への変異の仕組みが明らかに
 鳥インフルエンザが患者に適応していく仕組みを、科学者が発見した。これにより鳥インフルエンザを監視しパンデミックを予防する新たな方法ができたと、"Journal of General Virology"8月号に発表された研究では述べている。高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスは少なくとも三大陸45カ国に広がっている。その拡散能力にもかかわらず、同ウイルスはヒトからヒトへ容易に感染することはできない。このことは、同ウイルスが新たな宿主であるヒトに完全には適応できていないことを示している。しかし、この新研究で明らかになった事は、鳥インフルエンザの変異がパンデミックにつながるかもしれないということである。

 「パンデミックを起こしうるウイルスの出現に必要な変異は感染した人間の組織内で生まれ出でて選ばれることになりそうです」と、タイ・マヒドル大教授であるプラサート・オーワラカル博士は述べている。「死亡したヒトから採取したウイルス上のヘマグルチニン(H)という特定の分子を分析しました。その結果は、鳥インフルエンザがヒトに適応できるようになる変異の新たな候補を示しています」
 インフルエンザ・ウイルスのような高い変異率を示すウイルスは通常、変異体の群として存在しており、相互に軽微な差異を持っている。こうしたウイルスはH5N1トリインフルエンザ・ウイルス亜種とよばれている。オーワラカル博士とそのチームは、亜種中の変異のうちで、より頻繁に発生するものを発見した。これはヒトにより容易に感染するウイルスを作り出すような適応のための変化かもしれない。こうした変異の大部分は、宿主の細胞と結びつくためにウイルスが必要としている領域で見受けられた。
 「この研究はH5N1ウイルスがヒトに感染する度に適応を進めていることを示しています」と、オーワラカル博士は語っている。「こうした変異によってパンデミックを起こしうるウイルスの出現につながるのかもしれません。今回の研究で注目すべきことは、更なる適応を防ぐために感染を抑制する必要があるということです」
この研究で、科学者はパンデミックを起こしうる鳥インフルエンザ・ウイルスを観察するための遺伝子マーカーが得られた。これは危険性のあるウイルスを検知しパンデミックを予防しうることを意味する。また、この研究は、パンデミック・ウイルスの遺伝子の仕組みへの新たな洞察をもたらした。T.Mori訳
7月8日

国内の動き

 日本経済新聞のアンケートで、国内の中核病院で「新型インフルエンザ」対策として、行動計画やマニュアルを整備しているのは3割どまりとの結果。この結果が欧米に比して低いか否かについては分からないが、政府が医師会と協力し合って、各地域の病院へ啓発する必要性はある。3割という数字は、危機感の薄い現在の日本では、予想外に高いとみることも可能かも知れない。
 病院における食糧備蓄、生活用品備蓄等、当方のアンケート調査では、全く対策が講じられていないのに等しい。

報道

全国の病院、医師不足で6割が診療縮小 日経調査 日本経済新聞 


北朝鮮事情
 「良き友たち」(北朝鮮支援)韓国人権保護団体からの報告

吉州保育園で手足口病、子供患者死亡  「良き友たち」 NORTH KOREA TODAY No.162-1 (韓国、ハングル) 今日の北朝鮮 No.162-1
 6月23日、咸境北道吉州郡の保育園で4歳と5歳の子供二人が高熱で診察を受けたが、当初風邪と診断された。夕方になって注射を打ち薬を飲んだが、熱が下がらず呼吸困難の症状があり、担当医は流行している手足口病ではないかと疑った。翌日24日午前10時頃に5歳の子供は死亡し、4歳の子供は6月末現在も意識不明のままである。子供の死亡後、衛生防疫所部隊が保育園を訪問し、伝染病有無について詳細に調査を実施した。調査結果は公開されていないが、防疫所内部へは手足口病について対策が必要だと報告されている。 吉州保育園では、子供達がお互い接触しないよう隔離させており、消毒を行うなど伝染病の拡大に努めている。またこの保育園では、3月下旬に急性大腸カタルで3人の子供が死亡しており、4月にも小児麻痺で子供一人が発病後死亡するなど、子供の死亡事例が絶えない。H.I訳

平安南北道鳥インフルエンザ防疫に苦心  NORTH KOREA TODAY No.162-3  (韓国、ハングル) 今日の北朝鮮 No.162-3
 平安南北道各地域の保健当局では、鳥インフルエンザの防疫に苦心している。診療所の担当医師と防疫部隊が各世帯を訪問し、鳥インフルエンザの世帯別実態調査を行っている。 鶏、鴨、ガチョウなど家禽を飼っているか、その数は、家畜に異常症状がないか、どんな病気にかかったかなどを詳細に調査する。また家族に高熱の出た者がいないか、子供に病状はないか、外出や旅行した家族がいないかなどについても調査し、すべての調査が完了すれば印鑑を押してもらい終了となる。H.I訳

全国的に手足口病と鳥インフルエンザ警戒指示 NORTH KOREA TODAY No.162-4 (韓国、ハングル) 今日の北朝鮮 No.162-4
 保健省当局では、全国に手足口病と鳥インフルエンザに対する警戒指示を行った。全国的に人民班は手足口病の症状及び発生原因と予防措置などの広報を行っている。ただ具体的に発病地域がどこで、死亡者は何人いるのかについての情報はない。H.I訳




Researchers Identify Potential Drugs to Combat Bird Flu Infection Control Today, AZ (米国) 鳥インフルに有効な薬剤を多く同定
 コンピューター解析により、鳥インフルウイルスに効果を持つと考えられる薬剤を2~30種類同定。現在の薬剤よと効果が同等か、または強い可能性がある。カリフォルニア大学サンディアゴ校研究チームが発表。
Political borders, health-care issues complicate pandemic planning PhysOrg.com, VA  (米国)行政的境界が、パンデミック計画における保健当局の対策に混乱を招く
 パニック、職員配置方法、そして行政的境界に関する問題が、保健専門家達がパンデミック・インフルエンザ対策において焦点を合わせてゆくべき課題であるという研究結果が、インディアナ州パデュー大学の研究で報告された。
 「ほとんどの公衆衛生専門家達は、行政的に区分された地域、通常は郡であるが、その境界地域に焦点を合わせる必要がある」、とパデュー代替ケア計画チームのメンバーで、保健運動学専門家のジョージ・アベリーが語っている。
 行政地域によって対策は異なる。地域境界に住む人々が受ける保健対策に差が生ずる可能性があると共に、居住する郡で患者が多数発生した場合、病院が患者であふれかえっても、隣の郡では患者発生が少なく、それ故対策が強化されていない。そうした場合、境界地区の住民は自分達の取るべき行動が分からずパニックに陥る可能性がある。
 …
 かなりの意訳。

7月7日

現在特記すべき情報はなし。

グラフで示す「H5N1鳥インフルエンザ、その足跡と今後の予想」集を掲載。上方。

国内の動き

 今日からサミットが北海道洞爺湖で開催。それに向けて石原都知事が辛口の批判。
 その中、新型インフルエンザに関してのコメント。
 金と技術のある国家にとっては、ある程度防御可能な危機ともいえるが、それは結果として世界中に広がりつつある国家間のいいちじるしい格差を生み、適正なワクチンを製造し得る先進国のみが生きながらえる結果をもたらしそうだと、語っている。

 報道
 【日本よ】石原慎太郎 新しい経済概念の提唱を MSN産経ニュース

7月6日

現在特記すべき情報はなし。

 参考までにGoogle検索で収集される、「鳥インフル(bird flu)」と「H5N1」の検索用語での情報数をグラフ示しました。
2006年度が最も多く、翌年には急速に減少しています。
 世界の報道機関の関心度と起きたイベントの両者が合わさった結果と思います。



7月5日


国内の動き

 新型インフルエンザ発生に備え、政府が備蓄しているH5N1ウイルスに対する人用ワクチンを8000人に事前接種する臨床研究を行うことが決定されていたが、8月より医師等薬6400人を対象に始める計画が発表された。
 厚労省の研究班(研究代表者=庵原俊昭・国立病院機構三重病院院長)が行うもので、参加医療機関は50~100カ所で調整中と言われる。現時点で4000人~5000人程度が集まっているようだ、と研究代表者は話している。
 研究目的は安全性と有効性とされる。
 具体的には接種後の副反応・作用調査と、血液中に産生される抗体の性質を分析となる。すなわちインドネシア株とベトナム株の2種類がワクチンの中の抗原として用いられているが、それらウイルスに対する抗体の産生、さらに他の株に対する抗体の産生、等を分析すると考えられる。
 血液中に産生される抗体(液性、ガンマグロブリン)の量と発生抑制効果が相関するという根拠はないが、その他に細胞性抗体(細胞障害性Tリンパ球)の出現も評価すると考えられる。

 報道
 ・新型インフル、ワクチン事前接種 8月にも医師ら6400人対象 日本経済新聞 
 ・新型インフルエンザ:流行前ワクチン臨床試験、来月から六千人に
毎日新聞 



Indonesia seeks to shut Navy lab researching avian flu Los Angeles Times, CA  (米国) インドネシア、鳥インフル研究施設である米海軍医学研究所の閉鎖を模索中
 ジャカルタの米海軍医学研究所に関してインドネシア政府は、その存在はインドネシアにとって何ら有益ではなく、米軍のスパイ活動の隠れ蓑になっていると主張し、その閉鎖を先月から強く求めている。
Australia concerned by bird flu reporting August Margaret River Mail, Australia  (オーストラリア) オーストラリアは鳥インフル報告に懸念している
 オーストラリア政府は、WHOがインドネシアにおける鳥インフル対策状況を知り得ていないことに懸念の意を表した。最近、インドネシア政府がその報告システムを縮小したことが理由となっている。
 保健省大臣室はキャンベラ・タイムズ(The Canberra Times)に、インドネシアの人の鳥インフル発病事例のWHOへの報告態勢に関して、WHOに詳細を求めたと語った。
 これはインドネシア保健大臣のシチ・ファディラ・スパリ女史が6月に、インドネシア当局はもはら人の死亡例をWHOに即座に報告することを止め、6ヶ月に一度まとめて報告すると語ったことによる。
 鳥インフル、または類似のインフルエンザが発生した場合の迅速な報告は、パンデミックにつながる、ウイルスの人人感染を早期に検出するに必須とされる。
 これまでH5N1ウイルスの人人感染は検出されていない。
 
 外交筋によると、オーストラリアのスパリ女史の声明に対するオーストラリアの懸念は明確にインドネシア当局に伝えられているとされる。

 パンデミック対策に携わっているオーストラリア保健省の高官は、インドネシアの鳥インフル対策は極めて貧弱だと懸念の意を表している。
 「多くの情報が公開されていない。理由は明らかに外交政策上の理由だ。しかし、この事態に対して全然改善の動きはない」、と同高官は語っている。
 「インドネシアの保健当局は力が無く、時には無責任でもある。十分な数の獣医もいなく、放し飼いの鶏が無数な程にいる。スパリ大臣は鳥インフルに関して重大性を認識していない」
 「我々は、インドネシアがWHOに報告するまでの間、オーストラリアに帰国する旅行客を介してのみしか、人人感染に関して知ることが出来ないだろう。ある日、パンデミックが起きたとしても、それはしばらくの間、ジャカルタのスラム街で広がり続けて、情報が明らかになるまでしばらく時間が費やされるに違いない」。
 このオーストラリア政府代表の見解は、オーストラリアがブリスベンで主催した世界から各国代表2000人が集まった世界家きん会議で発言された。
Strategy to stop a pandemic Science News  (国際) パンデミック阻止のための戦略
 致死的鳥インフルがパンデミックを起こしたとき、現在の状況から地獄図に達するまで、”六次の隔たり six degrees of separation*下方に注釈”で進行すると考えられている。ワクチンが効果的と分かっても、全ての人々に迅速に投与するだけの十分量を産生するのは不可能と考えられる。
 そのため今回、研究者達は限られてワクチン量をいかに有効に用いて、パンデミックが社会のネットワークシステムに沿って拡大するを防ぐ理論的仮説を発表した。
 選択した人々にワクチンを接種することは、社会組織ネットワークの中の(人々の)交点を切断することに等しい。パンデミックに関する限り、これらのワクチンを接種された人々は、既に(感染対象者として)いないかのような存在になる。研究者達のアイディアは、(ウイルスが伝達されてゆく)社会組織をほぼ同じ大きさの小さな集団に分断してしまうように、キーとなって免役すべき人々を選びだすことだ。
 コンピューター・シミュレーションによると、研究者達の方法に従うと、ワクチン量が現在考えられている戦略によるよりも、5~50%でパンデミックが抑止されるという。研究結果は近く発行される「Physical Review Letters」に発表される。

 「戦略は社会のネットワークを分断するものだ」、と共同研究者の、イスラエルのラマトガンにあるバルイラン( Bar-Ilan)大学のシロモ・ハヴリン(Shlomo Havlin)が語っている。ハブリンと共同研究者は、彼らの方法は、他にネットワーク上で広がるコンピューター・ウイルスの拡大阻止、さらにはテロリスト・ネットワークの破壊にも応用可能と説明している。
 「ネットワークを同じ大きさ程度の小さなサブネットワークに分解するアイディアは非常に単純ではあるが、成功する可能性は高い」、とイリノイ州のエバンソンにあるノースウエスタン大学のネットワーク理論研究者のダーク・ブロックマンはコメントしている。
 「非常に効率的に機能するように思えて、自分は驚いている」。
 この方法論で最も大変な作業は、社会組織ネットワークに関する十分量の情報を得て、どの交点を(ワクチン接種対象となる)標的とするのかの分析である、とインディアナ大学の物理学者で、パンデミックの数理的解析を行っているアレサンドロ・ベスピニャーニがコメントしている。
 「私はコンピューターウイルスに関しては、この方法論は最も効果的と思う」、とベスピニャーニは語るが、その理由はインターネットの組織構造は分析するのに容易だからだ。パンデミックが対象となると、地球上の航空網の交点を閉じて旅行制限をするほうが、まだ効果的かも知れない、と同氏は語る。
 ネットワーク理論の研究者達はしばしば、最も効果的なパンデミック阻止の方法は、大勢の人々と社会的に接する人々にワクチンを接種することであると推察してきた。しかしながら、ほとんどの人々はほとんどの他の人々と「六次の隔たり」によってつながっている。そして最も高度なつながりをしている交点となっている人々を外すことが出来ても、「10次の隔たり」が次に残されるかも知れない(**)。そしてこれらの人々は少なくともつながりをもつことになる。そしてパンデミックは、速度は遅いながらも社会の中に拡大してゆく可能性がある。一方、ハヴリンと共同研究者は、既に分断され縮小されたネットワークの各部分に大量のワクチンを投与することが出来るだろうと説明する。
 「より賢い方法で手持ちのワクチンを使用しなければならない」、とボストン大学の共同研究者であるH・ユージン・スタンレイが説明する。
 これらのアイディアを確かめるために研究者達は、ネットワークが等しいサイズに分断される除去すべき”交点”を検出するためのコンピューター・プログラムを作成した。彼らはそれを、いくつかの異なったネットワーク・モデルに適用してみた。結果は、彼らの方法では速やかに、高度にネットワークを結合している交点を削除するよりも、シミュレーション上、パンデミックの拡大を抑える」ことが確認された。
 最も劇的な例は、スウエーデンの社会組織からのデータを用いて、パンデミックの拡大をシミュレーションした実験で得られた。そこでは31万人以上がモデルとして存在し、それぞれ同じ家庭内で生活しているか、または同一地域に居住しているかによって接点がもたれている。新規方法で、感染の拡大は4%にしか広がらなかった。従来の標準的方法では40%に広がるのに対して、顕著に感染拡大の抑制効果が認められた。そのように研究者達は説明している。

 制限された数量のワクチンを標的とする人々(赤)に投与した場合の、インフルエンザ拡大様式。

 上段、ランダムに選択した場合。効果は薄く、感染は制限されることなく広がる。

 中段、多くの人々と関連が築かれている人々に接種した場合、感染が拡大し続ける大きな集団が残される、また不必要に完全に孤立された集団も出来る。

 下段、ほぼ同じ大きさにネットワークを分断するように計画して、ワクチン投与の標的者を選択した場合、ほとんどの人々に感染防御のより良い機会を与える。

Illustrated are three different strategies for preventing the spread of a disease across a simple social network by targeting vaccine shots to a limited number of people (nodes marked red). Picking people at random (top) doesn’t help the others — the disease can still spread freely. Vaccinating the people who are most connected (center) leaves a large network where the disease could still spread, while some nodes are, unnecessarily, completely isolated. A targeted approach that partitions the network into roughly equal parts (bottom) gives a better chance at protecting the most people.


 六次の隔たり six degrees of separation

 世界中の任意の2人は、知人の知人というような知り合いの連鎖の中で5人程度の仲介者によって間接的につながっているという考え。すなわち1人の多数の知人へと関係は広がり、その数は対数的に拡大する。最終的に世界中の中の任意の1人と当初の1人の間には5程度の人しか関与していない。

**十次の隔たり
  任意の人と任意の人を結ぶ人の輪は大きくなるが、感染は速度は落ちるが間違いなく広がる。


Tanzanian Intensifies Campaign Against Avian Flu (Part 5/5) Voice of America  (米国) タンザニア、鳥インフル対策キャンペーンを強化
 渡り鳥の飛行路になっていることから、タンザニアは鳥インフル警戒を続けなければならない。多くの農夫達に知識を与え、警戒感を高める必要がある。キャンペーンのための資金を各界に要請している。保健省大臣がVOAに語った。

DNA vaccination for avian flu created The Money Times, India (インド) 鳥インフルに対するDNAワクチンが開発
 ペンシルバニア大学医学部の研究者達が、インフルエンザウイルスに対する抗体作成のための抗原として、合成されたDNAを用いて、各種の鳥インフルウイルスに対するワクチンを作成することに成功したと発表した。
 7月2日に詳細報道を掲載。
Bird Flu Antibodies Made in Quantity from Ostrich Eggs Inventorspot  (国際) ダチョウの卵を用いて大量の鳥インフルウイルスに対する抗体を作成
 京都府立大学で、最も鳥の中で巨大な卵を用いてH5N1ウイルスに対する抗体を大量作成することに成功。外科用マスクに塗布して使用するというアイディア。1個の卵からマスク8万枚に塗布できる抗体が得られるという。

 詳細は下記の読売新聞で3日に報道済み。
~~~~~~~~~~
ダチョウ卵から鳥インフル抗体・・・京都府立大教授が成功
読売新聞

 ダチョウの卵を使って、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)などの抗体を大量に作る技術を、京都府立大の塚本康浩教授(獣医病理学)が開発した。一つの卵からマスク8万枚分の抗体を取り出すことができ、大流行が懸念される新型インフルエンザへの備えとしての効果が期待される。今秋からの販売に向けて、抗体を吹き付けた防護マスクの製造を始めているという。

 塚本教授によると、鳥類には血液中の抗体を卵黄に集め、ヒナを守る免疫システムがある。ダチョウは病原体への抵抗力が強いうえ、卵の重さが鶏卵の25~30倍もあることに着目、検証を進めた結果、鳥インフルエンザや人のインフルエンザのウイルスを不活性化する抗体を大量に得ることができた。

 卵1個の抗体で検査薬も2万人分の製造が可能。ダチョウの産卵期間は約40年で、同質の抗体を長期間、安定供給できることも強みだという。


7月4日

Homeless Die in Poland of Bird-Flu Vaccine RedOrbit, TX  (米国) ポーランドで、鳥インフルワクチンを投与されたホームレスが多数死亡
 ポーランドで21人のホームレスが、未承認の実験的鳥インフルワクチンを投与された後死亡し、3人の医師と6人の看護師が取り調べられている。

 昨日も報道。

Two flu drugs help kids equally well: Japan study  U.S. Daily, ca  (米国)2種類の抗インフルエンザ薬は小児に等しく効果:人での研究
 インフルエンザ薬のタミフルとリレンザが小児に対して等しく症状の緩和に効果を示す事が、日本の研究で明らかになった。3日に報告された。

 研究結果の説明として、研究者達は、医師は小児を治療する際、どちらの薬を選んでも良いと考えられるが、10歳から19歳の若い世代に対しては、グラクソスミスクライン社が製造しているリレンザの方が選びやすいと言っている。
 研究者達によると今回の研究者は、小児を対象にした2種類のニューラミニダーゼ阻害薬である抗インフルエンザ薬の効果をみた初の研究とされる。
 当問題は日本では重要であるが、その理由は日本では抗インフルエンザ薬が過剰(heavily)なくらい使用され、医師達はいまだタミフルが十代の若い世代の自殺に関連しているのか調査している。
 横浜のけいゆう病院の菅谷憲夫医師と共同研究者達は、350人近い小児を、タミフルかリレンザで治療した。
 「世界で処方されている70%以上のタミフルが日本で使われている」、と研究者達は「J.Clin.Infect.Disease( journal Clinical Infectious Diseases)」に発表した論文に書いている。
 「ほとんどの日本のインフルエンザ様症状を呈する患者は、インフルエンザ迅速測定キットで診断された後、陽性であるならニューラミニダーゼ阻害薬、通常はタミフルを投与されている」、と付け加えている。
. しかし、精神症状出現の副作用の可能性があることから、日本の厚労省は10~19歳の若い世代へのタミフル使用について、推奨を保留としている。
 「結果的にザナミビル(リレンザ)が10代の若い世代で広く使われるようになってくる」、と研究者達は論文で述べている。
 両薬剤とも十分早期に投与されるなら、症状の重症化を防ぎ、治癒までの期間を2,3日短縮する。
 「オセルタミビル(タミフル)とザナミビル(リレンザ)はインフルエンザA、Bに感染している小児の有熱機関を有意に短縮する」
 両薬剤はH1N1ウイルスとBウイルスに比較するとH3N2ウイルスに対する方が、より効果を示すと、著者等は付け加えている。
 このような両薬剤の比較は、パンデミック・インフルエンザの対策にも有用と考えられる。
 多くの専門家達はパンデミックはまもなく発生すると考えており、その最大有力候補ウイルスとして、現在、アジアからヨーロッパ、中東、アフリカへ広がっているH5N1ウイルスが上げられている。
7月3日


Homeless people die after bird flu vaccine trial in Poland Telegraph.co.uk, United Kingdom  (英国) ポーランドで、鳥インフルワクチンの臨床試験後に、多数のホームレスが死亡

 ポーランドの北部にあるグルージズ(Grudziadz)の医療スタッフが、昨年無認可の高病原性インフルエンザワクチンの臨床試験を、350人のホームレスや貧しい人々に行っていた疑いで、取り調べを受けている。

 当局の発表によると被害者達は1から2ポンドの謝礼金で、鳥インフルエンザ用ワクチンを、季節性インフルエンザのワクチンと虚偽の説明を受け、その臨床試験を受けたが、調査官達によると、それは(開発中の)鳥インフルエンザ用ワクチンであった。
 グルージズ町ホームレスセンターの所長であるミチェスロウ・ワクロウスキー(Mieczyslaw Waclawski)によると、昨年同センターでは21人が死亡しているが、その数は例年の平均死亡数が8人であることからすると、異常に多いという。
 当局の調査は、ホームレスとワクチン接種の因果関係をいまだ確認してはいないが、ポーランド保健省のエバ・コパクズ大臣は、ワクチン接種に関係した医師と看護師から免許を剥奪すべきであると語った。
 「関与した人間が罰せられることを全ての医師達に強く認識させる必要がある」、と同大臣は付け加えた。
 
 容疑者とされる医療スタッフ達によると、関係者は臨床試験は抗H5N1鳥インフルウイルス・ワクチンであることを知っていて、快くそれを受け入れたとされる。
 


 下記はカナダの研究者が発表した経時的に推定した場合の、パンデミック発生累積確率です。10年後まで発生する確率は最大で65%としています。本年度の発生確率は最大で10%。

Dr Amin Mawani of the Schulich School of Business at the World Conference on Disaster Management in Toronto Canada at 6/2008
 出所 Pandemic planning 'worth the investment'
7月2日

Animal Study Identifies New DNA Weapon Against Avian Flu Newswise (press release)  鳥インフルに対する新DNAワクチンが動物実験で効果が確認

New DNA Weapon Against Avian Flu Identified Science Daily (press release)  (国際) 鳥インフルに対する新DNAワクチンが開発
 ペンシルバニア大学医学部の研究者達が、鳥インフルに対する新しいワクチン方法を見いだした。インフルエンザウイルスに対する抗原を作成するDNAを介したワクチンを微量の電気刺激法(エレクトロポレーション法)で作成し、投与することで、各種のインフルエンザウイルスに対する免疫効果が得られることを、動物実験で確認した。

 この研究が成功するならば、インフルエンザ発生時に、容易に効果的に配布するための備蓄が可能となる。
 「これはDNAワクチンが各種のパンデミック・インフルエンザに対して予防効果を惹起出来ることを、数系統の動物を使って成功した初の研究である」、と病理検査医学教授であるデービット・B・ワイナー博士が語っている。
 「この種のワクチンを用いると、単一のパンデミックワクチンでより多くの株に対応できるようになる」。
 これまでのワクチンは、特定のウイルスから得られた抗原を投与するので、体内にはその抗原に対応できる抗体しか産生されない。
 一方、インフルエンザウイルスの抗原を産生させるDNAを利用したDNAワクチンは、投与されるとそのDNAが細胞の一部分、すなわち遺伝子に組み込まれ、その結果、目的とするウイルス抗原が細胞表面に構築され、そしてそれに対する抗体が産生される。

 今回用いたDNAワクチンは、ウイルスから分離されたDNAを用いてなく、合成されたDNAワクチンで、免疫系をだますことで、多くのパンデミックインフルエンザ・ウイルスに対する抗体を産生させるものである。すなわち、合成されたDNAは各種のウイルス抗原を、取り込んだ細胞表面に構築するように意図されており、結果的に多くのインフルエンザウイルス株に対する抗体産生を行わせる結果となる。
 研究者達は二つのタイプの免疫効果を確認している。すなわち(ウイルスが感染した細胞を攻撃する)細胞障害性Tリンパ球と(液性)抗体の産生である。

*DNAワクチン:インフルエンザ・ウイルス全体を接種する必要があった従来の予防法に取って代わるものとして期待されているが、ウイルスから少量の遺伝子だけを抽出し、それを人間に注射することで、それを取り込んだ細胞内でウイルスの抗原となるタンパクが合成され、それが血中にでることにより、ウイルスに対する抗体が産生される。
 DNAを細胞内に取り込ませる方法が難しく、この研究ではエレクトロポレーション法を用いて、電気的刺激を利用してDNAを目的の細胞に直接入れている。

 エレクトロポレーション法:手順としては、目的の細胞の外側を囲む細胞壁を酵素で溶かし、細胞壁を取り除いた細胞(プロトプラスト)にする。このプロトプラストと遺伝子(DNA)を溶液に入れて、直流の電気パルス(数1,000ボルト/cmの高電圧で数10μ秒のパルス)をかけるとプロトプラストの細胞膜に短時間、小さな穴があき外液といっしょに遺伝子が導入される。

Indonesia tourist arrivals up nearly 14 pct in May Reuters India, India (国際) 5月のインドネシアへの観光客数昨年よりも14%増加へ

 インドネシアへの海外からの観光客数が、本年5月、昨年と比較し14%増加したことが同国の統計局から発表された。主たる原因はリゾート地であるバリ島への観光客数の大幅な増加が上げられている。
 インドネシアの観光産業は国民総生産の5%をしめる。それは近年の一連の災害、すなわち津波、バリ島での爆弾テロ、地震、そして鳥インフルエンザの発生、により経済的打撃を被っていた。
 しかしながら、バリ島で2002年と2005年に発生した自爆テロに対し、イスラム系の軍隊が取り締まりを行った事態が解放され、このヒンズー教中心の島への観光客の訪問が回復してきた。
 本年5月のインドネシアへの海外からの観光客数は50万8955人で、昨年の44万7000人よりも増加した。バリ島への観光客数は1年前よりも23.72%増加し、16万7342人となっている。
 「我々にとって多くの好材料が増えている。その中でも、最も大きいのは、米国の渡航禁止措置である」、とインドネシアホテル協会長のヤンティ・スカムダニ氏が語っている。
 「我々は6月から9月の観光シーズンのピークに、海外から700万人の観光客数を期待している。しかし航空機数が不足していることが問題になる可能性がある」。

 米国国務省は5月末に、治安回復を理由に旅行禁止勧告を解いた。オーストラリアは単に2州への渡航警戒勧告を緩めたに留まっている。
 群島からなるインドネシアは、熱帯雨林から海岸、火山、そして古代寺院等と、観光客を魅了し、本年度700万人の海外観光客数が見込まれている。

 2007年度は観光客数は、前年度の487万人から551万人に増加したが、政府の目標値であった600万人には到達しなかった。

 
7月1日


New Study Demonstrates That Lack of Pandemic Planning Will Affect Bottom Line  Ad-Hoc-News (Pressemitteilung), Germany  (ドイツ) 新研究:企業におけるパンデミック対策の有無は純利益に影響

 災害管理世界会議で、本日、トロントのヨーク大学シュリッヒ・ビジネス・スクール(Schulich School of Business)から、パンデミック・インフルエンザが個々の企業に及ぼすインパクトに関する研究が発表された。
 研究は、パンデミック対策への投資が、企業が受けるインパクトを遙かに上回る効果があることを強調した。
 経時的に評価した場合の、パンデミック発生の累積確率は、2008年度が3~10%、2012年度までが14~41%、そして2017年度までが26~65%と推定されている。
 パンデミック・インフルエンザが企業の被雇用者に与える不利益の確率は、火事が企業の所有財産に及ぼす確率よりも遙かに高い(研究のリーダーであるアミン・マワニ博士)。
 「企業は火災保険を購入することは躊躇わないが、パンデミック・インフルエンザ対策に投資することは渋っているように思われる」。
 パンデミック発生時には被雇用者の30~40%が長期欠勤すると考えられる。長期欠勤と供給連鎖の切断は、企業の利益を損なう。
 パンデミックの発生する確率とその結果被る不利益を考えたなら、シュリッヒ報告では、パンデミック対策(被雇用者を感染から予防するための抗インフルエンザ薬の備蓄の様な)を強化することの方が、経済的観点から評価すると遙かにメリットがあるとされる。

Bird flu virus 'unlikely to reach Australia' ABC Online, Australia (オーストラリア) 鳥インフルウイルスは、オーストラリアへは拡大してこない
 ブリスベーンで開催されている国際会議で、致死的鳥インフルウイルスは、オーストラリアへは将来的にも拡大してこないとの意見が出された。
 オーストラリアで初めての世界家きん会議が開かれ、初日には世界からの代表者2000人以上が参加した。

 免疫学者でノーベル賞受賞者のペーター・ドーティー氏は、海外で致死的H5N1鳥インフルウイルスが240人の人々を殺しているが、オーストラリアの乾燥した気候と孤立した地理的条件は、国内にウイルスが侵入してくることを妨げるだろうと語った。
 「何にも我々が心配するようなことではない」、と同氏は語った。

 しかしウイルス専門家であるアンドリュー・ターナー博士は、多少の危険性はあると語った。
 「我々は対策を講じる必要はある。ウイルスはH5N1鳥インフルウイルスではないかも知れない。現在でも他の鳥インフルウイルスが鳥の間で循環している。
 しかしながら同氏によると、厳重な検疫態勢が鳥インフルが海外から侵入してくることを防いでいるという。
 昨年発生した馬インフルエンザの際に、検疫態勢が不備なために広がったと非難の声が上がった。
 しかしながらターナー博士によると、家きんは馬に比較しより綿密にモニターされているという。
 「鳥や家きんの輸入制限は馬の場合よりもはるかに厳しい」、と同博士は語った。
 「それは非常に厳しい検疫制度であり、そして輸入されてくる家きん類は、海外で極めて厳重に感染予防対策が施されている条件のものである」。
 会議は4日まで続く。

*家きんに対するH5N1鳥インフルの話であり、必ずしもパンデミックに際してウイルスがオーストラリアへ入ってこないという話ではないと思う(管理人)。
World Bank Gives Sh17 Billion to Fight Bird Flu AllAfrica.com, Washington (米国、国際) 世界銀行、鳥インフル対策としてウガンダに10億円提供
 世界銀行はウガンダに、家きんと人における鳥インフル対策の4年間プロジェクトのために10億円を提供した。
 援助金は鳥と人における鳥インフルエンザと、他の人獣共通感染症対策に使われる。

 ウガンダではいまだ鳥インフルは発生していないが、発生したなら社会的経済的大損失を受けることは間違いは無い、と世界銀行のウガンダ担当責任者が語っている。
 ウガンダでは2006年に、鳥インフルのための研究所が設立されている。
N Korea to receive emergency food aid Ninemsn, Australia (オーストラリア) 北朝鮮、緊急食料援助に応じる
 食糧不足にあえいでいる北朝鮮は今週、米国から緊急食料援助を受けると予想されている。貧しい同国での飢餓状況には多大の関心が集まっている。
 核施設の撤去により、国連世界食料計画では米国の支援予定食料40万トンの最初の分である米国小麦37000トンをナンポ港で降ろし始めた。

 北朝鮮では国民の低栄養状態が慢性化しており、1990年代の飢饉では200万人、または国民の10%が死亡したと考えられている。
 極度の食糧不足、鳥インフルエンザ発生による大量の家きんの殺処分、そして世界的食料価格の急騰で、北朝鮮では新たな大食糧不足の危険性が高まっていると、アナリスト達は分析している。
 国連のFAOはこの4月に、北朝鮮では2001年以来最大の食糧不足が起こっており、150万トン以上の食糧が必要とされていると評価した。
 韓国の人権擁護団体で北朝鮮と接触ある”良き同胞”団体では、2006年と2007年の洪水の後、農民達は作物を育てることが出来ず、十分な収穫が出来ていない、さらに軍隊でも食糧不足が起きており、将校達は彼らの革ベルトを煮て、その汁をスープ代わりに飲んでいる、と発表している。

*北朝鮮の絶望的食糧不足の中で、鳥インフルが流行している。この”良き同胞”団体は、先にも北朝鮮の養鶏場で鳥インフルが大発生しており、また人での発病者疑いも発生していると発表した。しかし、人での発病者に関しては確認されていなく、子供達の間で出ている死者は、流行している手足口病が本態のようだ。(管理人)
Pacific Rim prepares for new avian flu United Press International  (国際) 太平洋沿岸国、新規鳥インフル対策
 日本、中国および韓国が新型(鳥)インフルエンザ発生に備えて合同で対策にあたる計画が進んでいる。
 3ヶ国は合同演習を行うが、その課題としては、情報の共有、隔離対策が十分な効果を持って連携されるかが上げられている。
 6月30日に読売新聞が報道した。

 H5N1ウイルスは変異して人に容易に感染しやすくなると予想されている。
 多くの専門家は新型インフルエンザの発生が、既にH5N1ウイルスで感染した人々が多数出ているアジアで起こると考えている。
 日本政府は、海外居住、または旅行中の日本人に、その地域で新型インフルエンザが発生した場合、即刻帰国するように指示を出す予定としている。
 演習の中では、帰国者を乗せた航空機を着陸させる日本国内の4空港で、帰国者の中から感染者を検出できるかどうかも含まれている。
 演習は北京五輪終了後の10月に行われる計画となっている。
Flu outbreak plan still up in air / Response steps to outbreak ... The Daily Yomiuri, Japan  (日本) パンデミック対策未だ曖昧-政府への対策提案は課題が積み残し
 6月30日、政府に提出された与党(新型インフルエンザ対策)プロジェクト・チームの新型インフルエンザ対策計画は、最新の経済的および財政的施策を基本に考えられ、新型インフルエンザ対策のより現実的実効性ある計画となっている。
 提案の骨子は対策は各省庁を横断的に講じられることが重要で、危機管理対策としての位置づけの強調がなされている。
 しかし計画では地方の自治体と医療機関の協力関係に関して十分具体的内容は盛り込まれていなく、まだまだ積み残しがあることが露わになっている。
 ………

 詳細は6月30日付けの読売新聞を参考に。非常に良くまとまった内容である。


日中韓が新型インフル訓練 10月にも、初の3カ国合同  北海道新聞 
 発生が懸念されている新型インフルエンザ対策として、政府は30日までに、10月にも中国、韓国とともに3カ国で初の合同訓練を行うことを決めた。具体的なシナリオは検討中だが、政府は合同訓練を通じ、新型インフルエンザに関する情報や対策を3カ国で共有したい考えだ。
 新型インフルエンザは、現在アジアを中心にまん延し鳥から人に感染して死者を出している鳥インフルエンザH5N1型ウイルスが、人から人に感染しやすくなる変異を起こして発生する可能性が指摘され、最初の流行はアジアから始まるとみられている。
 合同訓練は韓国が提案し、具体的な計画内容については現在、韓国を中心に検討中という。
 政府は、海外で新型インフルエンザが発生した場合に、発生地の在外邦人を速やかに帰国させたり、航空機の受け入れを成田、中部、関西、福岡の4空港に限定したりするほか、感染の恐れがある人を宿泊施設に一時隔離する方策などを打ち出している。
TOP