高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
翻訳者
Overseas News
2008年

6月30日


AI移動制限など防疫措置 6/.29付けで全て解除 安東Net  (韓国、ハングル)
 慶尚北道は、4/1から5/12にかけて発生したAI地域における移動制限などの防疫措置を、6/29の慶北慶山を最後に全て解除したと明らかにした。
 AIは全北金堤に始まり計33件発生し、鶏・鴨846万羽が処分され、殺処分補償金、鶏・鴨買い取り資金、経営安定資金融資などで計2,637億ウォン(6/26現在)が投入された。
 慶尚北道はこれまでの流入経路に関する疫学調査の結果、2003・2006年と同様に渡り鳥による可能性が一番高いと推定しているが、中国・ベトナムなどAI発生国からの旅行者や外国人労働者などによる流入の可能性も排除できない。国内伝播経路は養鶏業者の輸送車、出荷流通業者、鶏輸送車、在来市場および零細業者を通じて拡散したと推定していることを明らかにした。
 慶尚北道はAI発生地域に対する防疫措置が全て解除されたため、6/29付けで国家危機警報(警戒段階)を解除して、国際水域事務局(OIE)規定により最後の発生地域(慶山)の殺処分・消毒措置が完了した日から 3ヶ月経過する8/15頃、OIEにAI清浄国回復を報告予定である。同時に6/27の第8次中央家畜防疫協議会において最終検討されたAI再発防止対策を成立させ、年中常時防疫体勢を維持する計画だと明らかにした。H.I訳
RFA「WHO・FAO、北朝鮮鳥インフル防疫体制構築を共同推進」  中央日報 (韓国、ハングル) 
 WHOと国連食糧農業機関(FAO)が、北朝鮮で鳥インフルエンザ(AI)の予防のため、共同で防疫体制構築事業を行うとアメリカの自由アジア放送(RFA)が30日明らかにした。
RFAはFAO関係者の言葉を引用し、「先週平壌で北朝鮮当局者とWHO・FAO関係者が参加して事業開始説明会が開かれ、共同事業は今年の12月末までの6ヶ月間実施される」と伝えた。
FAO関係者は「まだ着手段階であり具体的な事業内容は北朝鮮政府と協議中だが、 FAOと WHOは鳥インフルエンザ研究所に対する設備支援、農畜産業及び公衆衛生専門家の教育などに必要な資金50万ユーロをヨーロッパ委員会(European Commission)の支援により確保した」と説明した。
 先週平壌を訪問したFAO関係者は「WHOとFAOの共同事業は北朝鮮のAI予防、発見能力を強化するために我々が北朝鮮で進めてきた既存の事業とは別に企画された特別な事業だ」と語った。H.I訳
South Korea lifts bird flu alert The West Australian (オーストラリア)  韓国、鳥インフル警報を解除
 韓国農業省は今日、800万羽以上の鳥を殺処分することになった鳥インフルの発生を抑えるため課されていた制限を解除したと発表した。同省によると、日曜日(29日)の時点で 鳥インフルの被害を受けた全ての地域で鳥、人、車輌の移動制限が解除された。
 韓国は4月1日以来、800万羽以上の鳥を殺処分した。今年の発生は、2,000億ウォン(約200億円)の損害にのぼり同国における最悪のものとなった。
 5月12日以降 鳥インフルの事例は報告されていない。「新しい事例が報告されなければ、我が国は8月に鳥インフルからの安全宣言をする」と農業省の広報官がAFPに語った。
 同国では、2003-2004の発生で528万羽の鳥が処分され、2006-2007には280万羽の鳥が処分されている。
 H5N1ウイルスで2003年後半以降、世界で240人以上の人が死んだが、韓国では人の感染は確認されなかった。
 しかし、首都ソウルやその他いくつかの都市でのH5N1株の発見は、人での犠牲者が出るかもしれないという恐怖を煽った。A.Tohda訳
Ramsar plans wetland guidelines to halt bird flu The Daily Yomiuri, Japan  (日本) ラムサール計画:鳥インフルエンザ発生防止に向け湿地帯管理ガイドライン作成に
 ラムサール条約委員会が、水棲鳥が集まる湿地帯を鳥インフルの脅威から保護するためのガイドラインを編集した。
 ガイドラインの中心となっているのは、渡り鳥の改良された監視方法や、鶏などの家きんの飼育方法における隔離対策である。
 ガイドラインは10月末に韓国で開催される第10回ラムサール条約総会で提案される。
 致死的鳥インフルウイルスが4月と5月に、日本の3地域 (一カ所はラムサールリストの湿地帯に登録されている野付半島)で見つかっている。
 (日本の)環境省は、トランスミッターを用いた野鳥のモニターシステムや、ウイルスの危険性に対してどのように対応するかを示したマニュアルを地方当局用に作成している。
 しかしながら野鳥専門家のいない途上国では、(湿地帯における鳥インフル対策に関して)何ら発展を見ていない。
 ウイルスが渡り鳥で運ばれている可能性が危惧されていて、途上国でも対応できるガイドラインの作成が急がれている。
 提案されたガイドラインでは、2005年4月に中国の青海湖で鳥インフルエンザが大発生して以来、ウイルスがアジアからヨーロッパへ短期間に拡大したことを指摘している。
 委員会では、猟鳥(カモ、ガン等)のウイルスチェックを行い、ウイルスの伝搬経路を調べ、渡り鳥とウイルス拡大の関連性を明らかにしたいとしている。
 また委員会では条約に参加している各国に対し、感染した野鳥の種類について報告するように求めている。
新型インフルエンザの発生に備え、国は10月にも中国、韓国政府と初の3国合同訓練を行うことを決めた。 読売新聞
 新型インフルエンザの発生に備え、国は10月にも中国、韓国政府と初の3国合同訓練を行うことを決めた。
 発生後の情報交換や検疫対策などを検証し、各国の対策指針に反映させる。国内の医療機関や自治体と合同で実施する訓練と合わせ、今年度内に国全体の態勢を総点検したい考えだ。
 新型ウイルスは、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が変異して発生し、流行はH5N1の感染者が多いアジアから始まると考えられている。3か国間は旅客・貨物の行き来や長期滞在者も多く、ウイルスを運ぶ渡り鳥も往復するため、3か国合同の対策が欠かせないと判断した。
 日本は海外発生時、在外邦人を早期帰国させる方針を示しており、訓練では、日中韓いずれかで感染者が出たと想定。邦人救出のチャーター機が着陸する国内4空港で、検疫職員が専門機器で感染の有無を確認できるかなどの検疫強化策を検証する。
6月29日

Fatal strain of bird flu fails to land in Alaska Anchorage Daily News (subscription), AK 
 (米国) 致死的鳥インフルウイルス、アラスカには拡大せず
 2,3年前には、アジアの鳥インフル(H5N1ウイルス)とそのアラスカへの拡大が、非常に大きな関心事であり、数十人もの科学者達がアジアからの渡り鳥の調査を始めた。
 これまでのところ悪いニュースは聞かれていない。
 「ここには鳥インフルウイルスはいる。しかし致死的株は存在していない。神のご加護に感謝したい気持ちだ」、とアラスカ保健局のグレッグ・ウイルキンソン氏が語っている。
 米国政府はこの2、3年間に数百万ドルを費やして、生物学者達に渡り鳥を捕獲させ、ウイルス検査を行い、1997年に香港で見つかった致死的ウイルスがアラスカに侵入してきていないか監視を続けてきた。
 これまではアラスカにはH5N1ウイルスは入ってきていない。
Health Bureau: no avian flu cases found in Macau Macau Daily Times, Macau  (マカオ) 保健庁:マカオでは鳥インフルは発見されていない
 香港の報道で、マカオでは散発的に鳥インフルが発生しているされたことに対して、マカオの関係当局では、人でも、家きん、野鳥でも一切鳥インフルの発生は認めていないと発表した。
Region continues battle with infectious disease Macau Daily Times, Macau  (マカオ) 地域ぐるみで感染症との闘いが続く
 マカオは近隣地区と合同で、デング熱や結核、HICV等の地域で問題化している感染症の対策を継続する。
 広東省、香港、マカオの保健担当者がこの2日間集まって、感染症の頻度の低下やいまだ猛威をふるっている感染症対策等について話し合った。
 昨日の3地区代表による記者会見では鳥インフルにテーマが集中した。
 香港の保健長官であるラム・ピンヤン(Lam Ping-yan,)氏は、香港では生きた家きん市場でウイルスは見つかっているが、鳥インフルは最近発生していないと強調した。同局では生きた家きんの売買を永久に禁止することを考えている。
Roche Urging Companies To Stockpile Tamiflu Before Pandemic  ChattahBox, MA (米国) ロッシュ製薬、パンデミック前にタミフルの備蓄を企業に促す

 抗鳥インフル薬であるタミフルの製造会社であるロッシュ社がパンデミックに備えて各企業が備蓄用タミフルを購入するように促し、新しい計画を発表した。
 現在、世界の一般的感覚では、遅かれ早かれインフルエンザのパンデミックはいつか発生するとされる。
 ロッシュ社は企業に一定の契約金で、タミフルを備蓄する計画を発表した。
 同社の最終的目的は、タミフルの販売量の売り上げを伸ばすことと、人々に再度、パンデミックはいつでも起きえるのだという考えを呼び起こしてもらうことにある。

 ロッシュ社は各社に備蓄用タミフルを購入してもらうための新計画の詳細を発表した。それによると、新計画では企業はタミフルの備蓄と保存をわずかな金額で契約でき、ロッシュ社はタミフルの備蓄と、古くなった場合の新薬への交代、そして必要には配布(48時間以内)するという仕組みになっている。
 米国保健福祉省も全面的にロッシュ社の方針を支援している。

Stockpiling Anti-Flu Drug Urged  RedOrbit, TX (米国) 企業での抗インフルエンザ薬の備蓄が推奨される
 ロッシュ製薬と米国保健福祉省が各企業にタミフルの備蓄の推奨。
6月28日


Roche Urging Stockpile Of Tamiflu In Case Of Flu Pandemic dBTechno, MA  (米国) ロッシュ社、インフルエンザ・パンデミックに備えて企業にタミフルの備蓄を勧める

Tamiflu Maker Tries to Convince Companies to Stockpile Drug eFluxMedia  (国際) タミフル製造会社、企業へタミフル備蓄の勧奨

 


 ロッシュ社はタミフルの市場での需要量が低下しているため、新方式の販売戦略を計画した。
 各企業にタミフルの予約制度を導入し、パンデミック発生時にタミフルの供給の保証をするといものだ。
 1人分年間6ドル契約となる。
 パンデミック発生時には各企業に従業員用に配布され、薬代全額を企業側が支払う。
 この制度は米国保健福祉省によると、国は助成しないが全面的に支持している。
 伝えられるところによると、多くの企業が予約制度を求めていることから始められたようだ。
 
 問題は、ヨーロッパの十ヶ国以上でタミフルに耐性となっているインフルエンザウイルスが見つかっていることだ。WHOが本年1月末に発表したところによると、今年の主要な流行株であったH1N1株の13%がタミフルに耐性となっていた。
 この株は一カ所の遺伝子変異を起こしていた。この新株は、H274Y遺伝子変異と呼ばれるが、従来株以上に人に対する病原性は強くはない。また他の抗インフルエンザ薬は効果を持っている。しかしながら専門家達の間では、耐性株が世界中に広がるならばタミフルが無効になるという不安感が高まっている。
 
 また気になる情報として、5月6日にジュネーブで開かれた国際会議でWHOの専門家達が、鳥インフルウイルスが以前よりも人への感染性を増してきていることから、人のパンデミックの危険性が高まっていると警告している。タミフルは人の鳥インフルに対して中程度に効果を発揮すると考えられている。
6月27日

Reserving Tamiflu for workers in case of pandemic
 The Associated Press (国際) パンデミックに備え、従業員用にタミフルの予約制度

印刷用ファイル
 鳥インフルに対する不安感が社会の中で希薄になってきているため、抗インフルエンザ薬のタミフルの売り上げが停滞している。 そのため、製造会社では企業経営者達に新しい提案し始めた。年間契約することで、新型インフルエンザが発生した際に、全ての従業員の感染予防用に十分なタミフルを提供するというものである。
 計画は26日発表されたが、連邦政府がパンデミックに備えて各企業も抗インフルエンザ薬を備蓄するように勧めだしたのに歩調を合わせる結果となった。 これらの個人的備蓄は、連邦政府の備蓄量が特定の集団用であるのに対し、その追加用として勧められる(連符政府が対象とする集団以外の一般の人々用)。 しかし備蓄への投資は、決して起きないかもしれない脅威に対するものであること、薬には服用有効期限があることから、一定年限毎に入れ替える必要があることから、なかなか一般的となっていない。タミフル製造会社のロッシュ社は、新計画ではこれらの不安材料は撤去されると説明している。
 米国政府はロッシュ社の計画に異例なほどに賛同の意を表し、その宣伝に協力し始めた。
  「我々はロッシュ社の計画を評価する(拍手喝采する)」、と保健福祉省の副長官で、米国のパンデミック対策責任者でもある、テビ・トロイ氏が語っている。
  「パンデミック対策は政府レベルに限られた問題ではなく、社会全体で取り組むべき問題なのだ」。
 パンデミックは、人類がこれまで遭遇したことのないウイルスが変異して容易に人人感染を生じるようになったとき生じる。そのウイルスの第一候補として、現在アジアで蔓延しているH5N1鳥インフルウイルスがあげられている。
 新型ウイルスに対するワクチンが開発されるまで数ヶ月は要する。そのため米国政府は、5千万人分の抗インフルエンザ薬、主としてタミフルを備蓄しているが、さらに3100万人分の追加が急務とされている。
 抗インフルエンザ薬は、ワクチンが届くまで予防用として用いることも可能とされている。これまで連邦政府は、季節性インフルエンザ等でも使用されている世界中のタミフル製造量が不足する恐れから、企業にタミフルの備蓄は勧めてこなかった。 しかしロッシュ社は世界における製造量を15倍に増量した。そのため今月初めに提案された政府のガイドラインでは、企業における抗インフルエンザ薬の備蓄は可能であると説明すると共に、従業員の感染予防用としても、企業が事業の継続のためにも、薬剤の備蓄を勧めている。
 「保健医療、安全管理、緊急事態、等に関与する企業はパンデミックに際して機能(事業)を維持出来るように対策を講じる義務がある」、とガイドラインでは説明している。
 ロッシュ社はすでに米国内の300社以上にタミフルを販売していると、同社のアーバークロンビー米国支社長は語っている。 新規計画では1人分10カプセルを年間6ドルで備蓄契約する。そしてパンデミックが発生し、配布を要求された際には、ロッシュ社で48時間以内に提供する。 供給されたときには、企業は現在1人分74ドルで販売されている額に相当する残金を支払う。実際にパンデミックが発生したときには価格が急騰すると言われているが、ロッシュ社ではそのようなことはないと否定している。
  なぜ1人、10カプセルなのか?それは治療量であるが、感染可能期間に予防のために服用する場合は、1日1カプセルとされる。
 各企業がどの程度の量のタミフルの備蓄予約をするかは、各企業が何人の従業員の治療、または予防用に用いるか、さらには従業員の家族も含めるかによる。ロッシュ社の計画では1人分10カプセルがパックになった2500個が最低量となっている(通常の治療用では2500人分、予防用では5000人分)。
 しかし米国支社長のアーバークロンビー氏は、さらに小さな企業に対しても応じたいと語っている。
  「この計画は多くの企業にとって、パンデミック防衛のために大きな役割を果たすはずだ」、と米国商工会議所のアン・ビューチェスン( Ann Beauchesne)氏が語っている。商工会議所は現在連邦政府と各企業と一緒になってパンデミック対策にあたっている。
  1月、ロッシュ社は各国政府の鳥インフルに対する警戒感が薄れ、各国の備蓄用受注量が減少したため、タミフルの販売量が19%減少し、19億2千ドルとなっていることを発表した。アーバークロンビー氏は26日、供給量が過剰となっているため、生産量を減らしていると発表した。4億人分(年間:訳者)生産可能であるが、世界の政府から発注された総量は2億2500万人分となっている。

6月26日

 特記すべき重要情報はなし
 夏に入ったせいか、各国での家きんに対するH5N1鳥インフル対策が進んでいるせいでしょうか?

 未確認情報として、ロシア地域の北方領土、さらに北部で野鳥の大量の死が認められ、韓国、日本、に続くH5N1鳥インフルウイルスの拡大が示唆されているようです。
 
6月25日

Fears of pandemic remain despite progress combating avian influenza MediaGlobal, NY  (米国) 鳥インフルへの対策は進んでいるが、パンデミック発生の脅威は未だ続いている
 国連のインフルエンザ対策調整官のデービット・ナマロ氏は、多くの国では、家きんに対する獣医学的対策と、家きん飼育におけるバイオセキュリティーが改良されてきている、と語った。
 しかし同氏は英国と韓国は家きんにおける鳥インフル発生は迅速に終息させることが出来たが、他の国々では同様の成功を収めることが出来ていないと、警告した。
 ナバロ氏は2008年に、インドネシア、ベトナム、バングラデシュ、エジプト、および低規模ではあるがナイジェリア(この数ヶ月状況は大きく改善されてきている)で、家きんの間での鳥インフルが発生している。
 FAO(国連食糧農業機関)はこの3月に、インドネシアは鳥インフルが最も蔓延している国であると発表した。
 インドネシアの14億羽の鶏のうち20%が放し飼いで、それはインドネシアの家庭の30%が食料または収入源として飼育しているものである。それが最も鳥インフル流行の原因となっている。
 さらにFAOの獣医責任者であるヨセフ・ドメネク氏は、人も同じように感染していると語る。
 「インドネシアにおける鳥インフルの死亡率は最も高い。もし我々が家きんにおける発生対策を講じなければ、さらに人の発病者は増加する」、と同氏は警告している。
 「最も重要なことは、国家的鳥インフル対策行動計画を即刻実行することだ。すなわち監視体制の強化、感染家禽の緊急処分、そして処分に対する補償、家きんへのワクチン接種、飼育方法におけるバイオセキュリティーの強化、研究室と検疫対策の効果的機能、家きんと家きん産物の移動の制限などである」、とドメネク氏は付け加えている。
6月24日

特記すべき報道はなし。

米国CDC長官がマレーシアの国際感染症学会で語った、パンデミックの危険性は未だ高いにも関わらず、一般社会では耳を傾けるのに疲れてしまい、無関心となってしまった。これは公衆衛生上最も最大の敵なのだ、とする報道が世界中を駆けめぐっている。国内では報道されたのかは不確かだ。

インドネシア、情報開示わざと遅らす? 鳥インフル感染死 日本経済新聞 -
 インドネシア保健省が鳥インフルエンザの感染死者の情報開示を意図的に遅らせたとして、国際社会で問題となっている。同国のスパリ保健相は今月上旬、感染死者数を即時に公表するのは「国の評判を落とすだけだ」と発言。20日には世界保健機関(WHO)が新たな感染死情報を発表した後になって同相が事実関係を認めるなど、情報開示に消極的な姿勢が明らかになったためだ。 
 感染者情報の開示は新型インフルエンザの発生を判断する重要な手掛かりになるため、WHOは即時公表を求めている。だが、同相は「公表は半年に1度程度で十分だ」として要求を突っぱねており、日米欧などが問題視している。


*最新ニュースは6月14日。この問題は以前から報道対象となっている。表面的にとらえると誤解する。
Audit finds Health Department broke rules TheNewsTribune.com, WA  (米国) 監査で健康局が違反が発覚
 抗インフルエンザ薬購入に関する不正事件

US health official says flu threat high Wyoming News, WY  (米国) 米国保健当局者、鳥インフルの脅威は以前として高いと
 米国CDC長官がマレーシアの国際感染症学会で語った講演。既に関連ニュースは多く掲載。
6月23日


New bird flu outbreak in Swabi The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、スワビで新規鳥インフル発生
 22日、パキスタン政府は北西部のスワビ県の商業家禽農場で鳥インフルが発生したことを発表した。

 農場側から数日間に4000羽の鶏が死亡したことが20日に報告され、当局がイスラマバードの研究所で検体を調べた結果、H5N1鳥インフルと確認された。さらに2000羽の家きんが殺処分され、地域は封鎖された。
 農場従業員は保健省により検査されたが、ウイルスに感染している従業員はいないと発表された。
 ウイルスは昨年2月にパキスタンの養鶏場で再興し、今年の2月にはカラチで発生した後、1万羽の鶏を処分し、数カ所の農場を閉鎖した。
Bird flu vaccine strength could be under-or overestimated due to ... CanadaEast.com, Canada  (カナダ) 鳥インフルワクチンは測定方法の違いから、過小、または過剰評価の可能性
 ワクチンメーカーが用いている評価方法が異なり、検査の感受性に大きな幅があることが英国の研究者から報告された。
 検査の感受性が異なるということは、メーカーによっては作成ワクチンの有効最小量判定に際し、投与必要量の過小評価、または過剰評価につながる
 「A社の検査方法がB社のそれよりも10倍感度が高かったとした場合、同じワクチンを評価した場合判定は大きく異なる可能性がある」、と、今回の研究には関係していない、ワクチン専門家である、ロッチェスター大学医学センターのトレノール博士が語っている。
 H5N1ウイルスに対する抗体価測定の国際的基準の設定を試みている、英国立生物製剤標準化管理研究所のジョン・ウッド博士は、
 「今回の研究は、研究所間の評価を行うことではなく、各研究所で得られた結果に対してのコンセンサスを得ることだ」、と語っている。
 「この研究結果で、WHOや各政府機関は、実際に比較することが出来る」
 
6月22日

US health official says flu threat high Washington Post, United States (ワシントンポスト、米国) 米国保健当局者、パンデミックの脅威はいまだ高いと

AP

 米国の保健当局者のリーダーがインフルエンザ・パンデミックの脅威はいまだ高いと警告している。
 そして各国政府は多くの対策を講じてきているが、いまだ不十分だと語っている。

 米国CDC長官のジュリー・ガーバーディング博士は、各国政府と一般社会の中に”鳥インフル疲労”が発生してきているが、それは非常に警戒すべき状況と言っている。
 
 科学者達はH5N1鳥インフルウイルスを、変異してパンデミックを起こすウイルスの筆頭候補と考えている。

 「人々は非常に短期間しか注意力を継続出来ない。そして何かがしばらくの間ニュースになったとしても、その後それは古いニュースとなり、そして消え去ってゆく」、と同長官は21日の記者会見で語った。
 「ニュースが途絶えて、社会が無関心になってゆくことを指導者達や政府が絶えず気にかけるように、我々専門家は戦略的に対策を講じる必要なある」。


US health official: Complacency is 'public health enemy No. 1' San Diego Union Tribune, United States  (米国) 米国CDC長官:無関心が公衆衛生にとって最大の敵

AP

 世界中の多くの人々がインフルエンザ・パンデミックや他の新興感染症を無視しているとして、米国CDC長官が21日、無関心が公衆衛生にとって最大の敵であると警告した。

 H5N1鳥インフルウイルスは2年前には、世界中で大惨事の発生を食い止めるために対策を講じ始め、報道のヘッドラインでも頻回にH5N1ウイルスの名前が登場した。
 鳥インフルは未だ家きんの数を減らし続け、そして散発的に人を死亡させている。しかし一般社会は既にその関心の大部分を失ってしまった。なぜかと言うと、ウイルスがいまだ人に脅威を与える株に変異していないからだ。
 「新興感染症は世界の公衆衛生上で最大の危機である、そしてその危機が小さくなってきていると根拠は何もない」、とジュリー・ガーバーディングCDC長官がマレーシヤの会議で語った。
 「パンデミックが、これまで発生したパンデミックの特性、すなわち感染性や致死率等を伴って発生するならば、それは人類の健康に対して大惨劇となるだろう」、と同長官はつけ加えた。
 発生の可能性あるパンデミックに対して、多くの対策は施されてきたが、それが発生するのは遠い将来のことだとする、悪い報道がなされている」。
 長官は人々は警戒感を緩めるべきではないと警告する。
 「公衆衛生の最大の敵は、人々が無関心になること、および脅威をいつも社会の中の中心に据え置くことが出来ない我々の能力の無さである」。
 同長官はさらに、人々はもっと気候の変化に注意を向けるべきと警告する。ある国々では水害が起こるかと思えば、他の国では水不足が起こる。……。
 以下、環境変化による健康危機の問題へ。
The world said to be unprepared for bird flu pandemic Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 世界のパンデミック対策は十分ではない
 米国でCDCは、世界はパンデミックに対して十分の準備が出来ていないと警告した。
 長官のジュリー・ガーバーディングは、万能的効果を持つワクチンは無く、国々によって監視体制のギャップが大きく、野生動物におけるウイルスのコントロールもされていない、と語った。
 マレーシヤの首都クアラルンプールで開かれた感染症会議で、世界は情報の共有を強化する必要があると語った。ウイルスが人に感染しても、検出されてない、報告されていない等の状況を警告した。
6月21日

US health official says flu threat high WYMT, KY  (米国) 米国CDC長官、パンデミック・インフルエンザの危険性は高いと警告

 米国の保健当局者のリーダーが、パンデミック・インフルエンザ発生の危険性は高いと語り、世界は対策を練ってきたが、まだまだ十分ではないと警告した。

 米国CDC長官のジュリー・ガーバーディング博士は、各国政府と公衆の間における”鳥インフル疲労(bird-flu fatigue)は、大きな問題となりつつある、と語った。
 科学者達は、H5N1ウイルスを、変異することによりパンデミックを生じるウイルスの第一候補と考えている。
 ガーバーディング博士は、マレーシヤでの本日の記者会見で、ニュースに対して人々は非常に短い期間しか注意を向けない、と説明し、そのため政府や保健当局のリーダー達は、社会の関心が継続するように、戦略的にパンデミック対策を講じなければならないと語った。

*鳥インフル疲労:脅威が伝えられ続けることに疲れ切った。

Flu battle over but fight continues Shanghai Daily, China - (中国) 鳥インフルとの格闘の時期は去ったが、対策は継続しなければならない
 鳥インフルに対する最悪の脅威は去ったが、ウイルスを除去する対策は未だ弱い。世界の食糧危機を悪化させる可能性がある状況だ、保健専門家達が昨日警告した。
 「ピークは去ったが、いまだ多くの発生が大小多く起きているので、それらに十分対処し続ける必要がある」、と国連のFAOの代表が国際医学会議で発表した。
 「それは沸騰するポットのようなもので、我々は悪化する前に蓋を抑え続ける必要がある」、とFAO代表のルブロス氏がマレーシヤのクアラルンプールで開かれた第13回国際感染症学会で講演した。
 しかし現在鳥インフルは世界10各国でいまだ活発に発生しているが、2003年以来60ヶ国で発生してきたことを考えると、発生地域は縮小してきている。現在のホットスポットは、中国、エジプト、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン、ベトナムである。
 ルブロス氏は、FAOの危機管理部門の責任者であるが、家きんの間からウイルスを排除するには、現在の方法では弱点と欠点がある、と語る。
 家きんの死亡は、世界中で自分たちの生計のために家きんを飼育している貧しい農家の80%に影響する。
 ルフォルフ氏はさらに、家きんは毎日食に困窮している人々にとっては重要なタンパク源となっていると説明する。
 同氏は、このような食に困窮している人々の食料を確保しなければ、世界の食糧危機は、米や、キビ、そして他の主要食品の価格が急騰することで悪化するだろうと語っている。
 ルドルフ氏によると、世界でこれまで2億4千羽が鳥インフルで死亡または殺処分を受けてきたし、数百万人の人々が生計が破壊されてきたという。
 世界の獣医部局はもっと強化される必要があり、そしてもっと多くの専門家が養成される必要がある。その報告内容はもっと透明性が必要であり、各国はもっと監視態勢を強化する必要があり、そして対策のための政策を実行しなければならない。「公約が果たされている例は見ない」、とルドルフ氏はコメントする。
 食料危機に加えて、鳥インフルは人の生命にもっと直接的に危険性を持っている。
 中国、香港、ベトナム、そしてインドネシアで突発的に”人人感染”が生じている疑いがもたれている。しかしそれが立証された事例はない。専門家達は、ウイルスがいつ人人感染を起こすように変異して、世界的パンデミックを起こすか恐れている。

Alaska pathway seems free of deadly bird flu SitNews, AK  (米国) 渡り鳥のアラスカルートでは致死的鳥インフルウイルスは運ばれていない
 数年前まではアラスカに渡り鳥によりアジアから鳥インフルが拡大してくると多くのアラスカの研究者が考えていた。しかし今日まで、鳥インフルはウイルスは見つかっているが致死的鳥インフルウイルス株は見つかっていない、とアラスカ州政府の担当部局では語っている。

発生半年内に全国民のワクチン 与党が新型インフル対策  中国新聞 
 新型インフルエンザ対策を検討してきた与党プロジェクトチーム(座長・川崎二郎かわさき・じろう元厚生労働相)は二十日、新型の発生後、半年以内に全国民分のワクチンを供給することや、タミフルをはじめとする治療薬の備蓄倍増などの強化策を、提言として公表した。政府の「骨太の方針」や、近く改定される新型対策の行動計画に反映させる。
 ワクチン接種では、重症化の恐れが大きいとされる子どもを優先させる方針を打ち出したほか、搬送や医療での自衛隊活用を明記した。
 新型発生後に原因ウイルスを基に製造する「パンデミックワクチン」は、鶏卵を使う従来法では全国民分の製造に約一年半かかるとされていた。提言は、細胞培養という新技術の導入などでこれを半年以内に短縮する態勢をつくるとした。
 また、段階的に製造が進むワクチンを接種する際の優先順位をめぐっては、医師や警官、ライフライン関係者や感染率が高い地域の住人と並び、鳥インフルエンザ感染で重症化の恐れが大きいとされる、子どもなど若年層の優先を打ち出した。
 これとは別に、鳥インフルエンザウイルスを基に製造、国が約二千万人分を備蓄している「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」については、絶対量に限りがあることから、接種の優先順位を「国民的議論も踏まえ速やかに検討し、具体化する」よう国に求めた。
 治療薬の備蓄量は、現在は人口の23%程度だが、段階的に英国やフランスなどに近い40―50%に倍増させることにした。
 自衛隊関連では在外邦人の帰国に自衛隊機や艦船利用を挙げ、自衛隊病院の活用や物資搬送など役割を例示。海上保安庁の巡視船も活用する。
 このほか、都道府県知事に大規模災害時と同様の権限を与える法整備の要否や、輸入経路の遮断を想定した食料や生活必需品の確保策などを検討課題とした。
新型インフルエンザ対策まとまる 与党PT MSN産経ニュース 
 パンデミック(世界的大流行)が懸念される新型インフルエンザ対策を議論してきた与党プロジェクトチーム(座長・川崎二郎元厚生労働相)は20日、感染防止のため都道府県知事に地域の企業活動の停止の権限を与えることなどを盛り込んだ新法策定の検討などを柱にした提言をまとめ、政府に提出した。提言は政府の「骨太の方針」などに盛り込まれる予定。
 国内で新型インフルエンザが確認された場合には、感染地域を広げないために、感染確認地域にインフルエンザを封じ込めることが必要になる。検討される新法では、都道府県知事に、人の移動制限や企業活動の禁止、さらには地域の医療態勢確保、自衛隊との連携などで強い権限を与えることを想定している。
 また、新型インフルエンザに変異する可能性がある鳥インフルエンザウイルスから製造する、感染予防用のプレパンデミックワクチンについて、臨床研究として今年8月から医療従事者や外交官など、感染リスクが高い約6000人へ優先的に接種することが盛り込まれた。有効性を議論し、確認されれば、備蓄や接種を進めることを決めた。

Hong Kong, Shenzhen hold avian flu exercise after outbreak in nearby farm  China Internet Information Center (中国) 辺農場(広東省)での鳥インフル発生を受け、香港市と深?市が合同訓練

 中国農業省が17日に発表した広東省での鳥インフル発生を受けて、香港市とこれに隣接する新興都市 深圳市の保健検疫当局が木曜日(19日)合同訓練を行い、鳥インフル疑い患者が深?港で出た場合の緊急対応能力を確認した。出入国管理局、間接物品税局、警察、消防局、ラジオ・テレビ香港を含む 両市の関連する政府機関から80人が参加した。保健当局の責任者であるP.Y.ラム博士は、香港と深?を行き来する人の流れは増え続けており、この訓練は公衆衛生的危機が起きた場合の両市の意思疎通と協力を強める上で意義があると語った。
 訓練は、香港あるいは深圳から入港する乗客の中に発熱した鳥インフル様症状の人が見つかったというシナリオを中心に行われた。香港側では、保健局が治療のため患者を病院へ運び、使われた搬送車輌の徹底的な消毒が行われた。また、深圳の保健検疫当局は緊急対策組織を立ち上げた。
 香港食料保健庁長官のヨーク・ショウ博士は水曜日(18日)、隣接する広東省のアヒル農場での鳥インフル発生のあと防衛処置が取られたため、香港での人における鳥インフル発生の危険度は"低い"と語った。
しかし、その広東省のアヒル農場からわずかに13キロ以内に香港に供給する家禽農家が見つかったため、火曜日(17日)から3週間の間 そこから香港への輸出が停止された。また、香港の2つの生きた家禽を扱う市場で採取された糞のサンプルからも今月初旬 致死的H5N1ウイルスが陽性との検査結果が出ており、香港中の全ての生きた家禽が殺処分され家禽製品の取引きが停止されるに至った。T.Mori訳
6月20日


Bird flu mistaken as dengue, typhoid in Indonesia Reuters(英) インドネシアで鳥インフルエンザがデング熱や腸チフスと誤診される
 インドネシアでのヒトの鳥インフルエンザ症例のうち何件かは、デング熱や腸チフスなど様々なものに誤診されていた。こうした結果、タミフルの処方が遅れる結果になっていると、同国の鳥インフル研究の第一人者である医師が金曜日語った。
 インドネシアは世界で最も多くヒトのH5N1の症例が発生している。他国での死亡率が約60%であるのに対し、インドネシアでは世界最高の81%となっている。
 インドネシアにあるスリアンティ・サロソ感染症病院院長のサーディキン・ギリプトロ氏はクアラルンプールでの感染症会議で、誤診と処方の遅れが高い死亡率の一因となっていると語った。
 「(H5N1は)似たような臨床上のの特徴(症状)のために、初期はデング熱、バクテリア肺炎、腸チフスや上気道炎と誤診されるのです」とギリプトロ氏は語っている。
 インドネシアでは2003年暮れから2008年5月までで135件のヒトのH5N1症例が確認されており、110件は死亡に至っている。同国は更に2件の確認症例を今週報告したが、これらはギリプトロ氏の示した数字には反映されていない。
 オセルタミビル(商品名タミフル)は鳥インフルエンザに対し選択肢となる薬剤と考えられており、ギリプトリ氏は同薬剤の処方が遅れるほど死亡率は上昇するとしている。
 発症から2日以内にタミフルが与えられた場合は生存率は極めて高いが、投与が遅れるほど生存率は低下する。
 「発症から24時間または36時間以内に投与されれば最高です」と、同氏はロイターに語った。
 動物の場合は迅速検査キットを現在使用しているが、こうした装備は人間の場合にはそれほど信頼性が高くないと、ギリプトロ氏は述べている。
 「(患者から採取した検体内の)ウイルス量に左右されます」と、同氏は言う。さらにH5N1に感染していても検査結果が陰性となることもあるという。これは単に採取した検体内に十分な料のウイルスがないためである。
 死亡率低減のために、インドネシア政府はH5N1症例が発生した地域の厚生センターにタミフルの配給を開始している。
 「医師がインフルエンザのような疾病を見かけて更に病気の家禽との接触の証拠がある際には、タミフルを(検査結果を待たずに)投与します」と、ギリプトロ氏は述べている。
 H5N1は本質的には今も鳥の疾病である。しかしヒトの間で用意に感染するようになればパンデミックを引き起こし数百万人を死亡させるかもしれないと、専門家はこれまで長年にわたり警告を発している。T.M訳
Indonesia: 2 Bird Flu Deaths New York Times, United States  (米国、ニュ-ヨークタイムズ) インドネシアで2名鳥インフルで死亡
 下記と同内容。ニュ-ヨークタイムズとしては久しぶりの鳥インフル関連記事 
Two women die from bird flu in Indonesia - WHO Reuters AlertNet, UK (国際) インドネシアで2女性が鳥インフルで死亡
 WHOがインドネシア保健相からの報告として2名のインドネシア女性が鳥インフルで死亡したと発表した。
 2週間前にインドネシア保健相のシチ・ファディラ・スパリが、今後死亡例はまとめて半年毎にしか発表しないと政策を変えてから初めての報告と思われる。
 南ジャカルタで16歳少女が5月14日に、34歳女性が6月3日にバンテン省で死亡した。
6月19日


North Korea denies bird flu USA Today  (米国) 北朝鮮、鳥インフル発生を否定

AP

 19日、北朝鮮は、国外の支援団体による同国内で鳥インフルが発生しているという報告を否定した。
 ソウルに本部を置く「良き同胞団体」は、先週、6月3日に北朝鮮北東部の軍隊の基地内で死亡した鳥が見つかり、それが鳥インフルであったと発表した。
 団体の報告では。隣接する県の、政治犯を収容する刑務所内でも数十羽のカササギが死亡していたとされる。さらに刑務所職員の子供が1人高熱を呈して死亡したと報告している。死因は不明である。
 北朝鮮国営中央通信は、国家検疫局の調査では鳥や人での鳥インフルによる死者は出てなく、地域における健康状況には全く問題はないと報告している、と報道した。
 同通信は、我々には隠す理由は全くないと報道している。

 「良き同胞団体」は仏教徒による支援団体であるが、北朝鮮に食料等の援助を行い、同国内で何が起きているか定期的に情報を発表している。
 先に同団体が発表した報告書では、内容は立証されているが、情報源は明かせられないとされていた。
 北朝鮮は世界で最も閉鎖的国家の一つで、内部で何が起きているかを確認することは本質的に不可能である。

「北朝鮮で鳥インフルエンザ発生」との外信報道は嘘である:朝鮮中央通信  毎日経済 (韓国、ハングル)
 北朝鮮国営朝鮮中央通信は、最近咸鏡南道地域で鳥インフルエンザ(AI)が発生したという外信の報道内容について「途方もない嘘」であると19日報道した。中央通信はこの日「アメリカAP通信は北朝鮮で鳥インフルエンザが発生したという虚偽報道を行った。内閣による現地の獣医防疫機関を通じた調査では、この地域で鳥や家擒類の斃死や人が死亡した事実は全くなく、疫学状態が非常に良好だということが確認された」と主張した。
 中央通信は「私たち共和国(北朝鮮)には鳥インフルエンザの予防策が張り巡らされている。予防のための中央指揮部として、内閣に国家非常防疫委員会が組職されており、国連食料農業機関(FAO)や国際獣疫事務局(OIE)など多くの国際機関と連携して鳥インフルエンザに対する監視、通報、防疫対策を行っている」と強調した。
 中央通信はまた「虚偽捏造ばかりを報道するのは、共和国の対外的イメージを汚し孤立圧殺しようとするアメリカの対北朝鮮敵視政策によるくだらない政治的欺瞞劇である。稚拙な謀略劇では決して私たちを脅かすことはできない」と伝えた。
 中央通信は「アメリカの言論機関が、通貨偽造を初めとする様々な反共和国謀略説を流布するのは今回が初めてではない。滑稽な反共和国謀略騒動は、アメリカ自身のイメージを汚すだけだ」と付け加えた。H.I訳
Bird flu cases in Indonesia down, health minister says Antara|(インドネシア) インドネシアでの鳥インフルエンザ症例は減少と保健相語る
 保健相であるシティ・ファディラー・スパリ女史は、過去6ヶ月間でインドネシアにおけるヒトの鳥インフルエンザ症例は大幅に減少したと語った。
 2008年の下半期の開始時点でヒトの鳥インフルエンザ症例は減少し、2005・2006・2007年における症例数と比肩しうる最低のレベルにまで到達したと、同大臣は述べた。この発言は北スマトラ厚生庁長官チャンドラ・シャフェイSp. OG博士、北スマトラ地方代表委員会(地方代表議会)委員パーリンダンガン・パーバ氏と共同で18日にネダン・ポロニア空港到着時に行われたものである。
 ヒトの鳥インフルエンザ症例の大幅減少の原因は、この高病原性のウイルスに感染した症状を見かけると即座に何かをしなければならないことを国民が分ってきているからだと同大臣はしている。
 現在、各地方自治体は社会の各層に配布するための鳥インフルエンザに関するガイドブックを持っている。
 「幸い鳥インフルエンザに関するガイドブックが既にあり、オーストラリア・ドイツ・インド・中国などの外国からの支援も得ています」
 北スマトラ・カロ地域で家族全員が鳥インフルエンザ・ウイルスに感染したことでインドネシアの鳥インフルエンザはヒト-ヒト感染するようになったという外国報道機関の報道の結果としてインドネシアは国際社会から禁忌されていたとも、同大臣は語っている。
 その際には8人家族のうち7人が鳥インフルエンザのために死亡したがジョンズ・ギンティングという1名だけは生き残り治療を受け退院したと、同大臣は語っている。T.Mori訳
Alaska pathway seems free of deadly bird flu AlaskaReport, AK - (米国) 渡り鳥のアラスカ・ルートでは致死的鳥インフルは運ばれていない
 数年前はシベリアからアラスカへ致死的鳥インフルが渡り鳥で運ばれると専門家達は恐れていたが、今日まで鳥インフルウイルスは見つかっているいるが致死的H5N1鳥インフルウイルスは幸運なことにアラスカの野鳥では見つかっていない。
Health department plans emergency drills Explore Howard County, MD (米国) 保健局、危機管理計画を作成
 ハワード郡保健局では緊急事態に対処するために、その対応速度を検討するために6月18日に、ノース・ロウレルとエリコット市で模擬訓練を行う。
 修繕対のパンデミック・インフルエンザ訓練の間に、当局者は食料を住人に配布する。
 実際の緊急事態に際しては、当局は迅速に医薬品を各家庭に配布する。

6月18日

China Internet Information Center|(中国) China Internet Information Center|(中国) 広東省での鳥インフルエンザ流行は制圧中
 中国南部・広東省での鳥インフルエンザ流行を制圧中であると、農林部が17日語った。
 崖山村のここ数日に死亡したアヒルを検査した結果、高病原性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されたと同部は短い声明で述べた。流行の開始時期には触れていない。
 計3873羽のアヒルが死亡し、別に17,127羽を殺処分したとしている。
 緊急措置を講じたので流行は制圧中であると、同部はしている。
 同国は2008年年初以降、7件の家禽の鳥インフルエンザ流行を報告している。
 この最新の事例以外に、他の流行事例として北西部の新疆ウイグル自治区での流行1件、南西部のチベット自治区での流行3件、南西部の貴州省での流行が1件、そして別の広東省での流行1件がある。今年、厚生部はヒトの鳥インフルエンザ感染症例3件を報告しており、それらは全て2月に発生したものである。発生場所は、中部の河南省、南部の広西チワン族自治区、そして広東省である。感染した3名は全て死亡している。T.M訳
鳥インフルエンザ今後発生なければ今月末防疫完全解除 アジア経済  (韓国、ハングル) 鳥インフルエンザ今後発生なければ今月末防疫完全解除
 4月に発生し全国に拡大した高病原性鳥インフルエンザが今後発生しなければ、今月末頃に移動制限などの防疫措置が完全解除される。
 農林水産食品部は18日、高病原性鳥インフルエンザが先月12日を最後に今後発生しなければ、発生地域に実施されていた移動制限措置を緩和すると明らかにした。
 鳥インフルエンザは19市・郡・区で計33件が発生したが、この一ヶ月余り追加発生申告はなく、発生地域のうち15地域は既に移動制限措置が解除されており、現在は釜山江西・機張、慶北慶山および慶南梁山等4地域のみで防疫措置を継続している。
 また防疫措置を継続している4地域のうち、梁山は境界地域内に鴨がおらず臨床検査が完了する19日に防疫措置が解除される予定であり、その他3地域も現在実施している鴨の精密検査で異常がなければ29日頃に防疫措置が解除されると思われる。
 農食品部は「今後高病原性鳥インフルエンザが発生しなければ、6月末頃全国的に移動制限措置を全て解除し、早期根絶のために実施してきた他の防疫強化措置も解除する予定だ」と明らかにした。
 農食品部は、鳥インフルエンザ発生地域に対する防疫措置が全て解除されれば、国家危機警報「警戒」段階を「関心」段階に引き下げ、国際水域事務局(OIE)規約に従い最後の発生地域(梁山)の殺処分など防疫措置が完了した5月15日から3ヶ月後の8月15日に韓国のAI清浄国(封じ込め完了)を宣言する予定だ。H.I訳
新型インフルエンザ対策に関する提言  日本経団連 
 

はじめに

鳥インフルエンザウイルスが変異し、ヒトからヒトへと感染伝播する「新型インフルエンザ」が出現した場合、その感染力の強さや強毒性から、世界的に流行し、社会生活に甚大な影響を及ぼすと指摘されている。現在、鳥インフルエンザのトリからトリへの感染が拡大していることに加え、トリと接触したヒトへの感染事例もアジア諸国で増加しており、その致死率は60%にも及んでいる。海外にいる在留邦人の健康・安全確保はもちろん、人と物が短時間に大量に移動する今日にあって、わが国にとっても対岸の火事ではない。
こうした事態を受けて、政府にあっては、新型インフルエンザ発生時の感染拡大防止と社会機能の維持のために、新型インフルエンザ対策行動計画ならびに各種ガイドラインの策定、ワクチンや抗インフルエンザウイルス薬の備蓄、水際対策の公表など種々の施策を展開している。
経済界としても、政府の動きに呼応し、パンデミック(新型インフルエンザの大流行時)に備え、「社員・家族の安全確保」と「社会機能の維持・事業継続」という2つの課題を両立させるべく、対策マニュアルや事業継続計画の策定などに取り組んでいるところであるが、これまでに示された政府方針のみを拠り所として課題を達成することは極めて困難と言わざるを得ない。
国家の危機管理は最重要な政策課題である。政府の新型インフルエンザ対策に対し、国民の健康と安全確保の観点ならびに社会機能の維持・事業継続の観点などから、一層の充実、強化が早急に図られるよう以下の点を要望する。
 以下続く。 
ASEAN launches infectious diseases information site AFP アジアにおける感染症情報センターが設立
 東南アジア連合は、17日、地域を脅かす可能性のある感染症情報を共有するためのウエブサイトを立ち上げた。
 ASEANと3カ国からなるウエブサイトは、ASEANと中国、韓国、および日本の間で致死的感染症を協力しながら防いでゆくことを目的としている。
 ウエブサイトはインドネシアの保健省が管理し、そこに ASEANが協力する予定だ。 

ASEAN+3Countries
Information Centre on Emerging Infectious Diseases in the ASEAN Plus Three Countries

World better equipped to fight flu pandemic: UN National Post, Canada  (カナダ)国連:世界は鳥インフルに良く対策を講じている
 国連のインフルエンザ調整官のナバロ博士の講演。
 下記とほぼ内容。
 良く対策がなされてきているが、それでもインドネシアを中心に拡大している国も多い故、警戒は必要。

*いつもナバロ博士は似たようなコメントを発している。

Avian influenza: situation improving but threat remains, UN expert ... Scoop.co.nz (press release), New Zealand (ニュージーランド) 鳥インフル状況:改善しつつあるが、いまだ脅威、国連専門家
 いくつかの国々ではいまだ重大な鳥インフルの発生は続いているが、残りの地域では政府の対策で状況は改善してきている、。と国連のインフルエンザ調整官のナバロは博士が語った。
 「状況は本当に改善してきている…、ただしそれは、我々が世界の鳥インフル発生を制圧しつつあるということを意味しているわけではない。中には流行が膠着状態になっているいる国もある。他の発生していない国々でも警戒と発生予防対策は継続しなければならない。
 ナバロ氏は、韓国や英国が強力な対策で発生を封じ込めたことを引き合いに出し、またオーストラリアと米国の金融界でのパンデミック発生時に対する訓練を引用して説明した。同氏は。各国政府は家きんの飼育様式の改善にも力を注いでいるとも語った。
 また旅行や観光業界においても準備は進んでいた、さらに世界保健規則が改正されたことにも言及した。
 さらにナバロ博士はサノフィパスツール社からの6千万人分のワクチンの提供を受けたことを感謝している。
Home-grown bird flu vaccine ready to go NEWS.com.au, Australia  (オーストラリア) オーストラリア、自国製ワクチンがいつでも使用が可能に
 昨日報道済み。
6月17日

Bird Flu Hits Vietnam's Quang Ngai Province ThePoultrySite.com(英) 鳥インフルエンザがベトナム・クアンガイ省で発生
 ベトナム中部のクアンガイ省が鳥インフルエンザの被害を受けた。これにより被害を受けている地域数は2つとなったと、現地紙が17日伝えた。
 鳥インフルエンザにより6月12日以降ソンチン地区の家庭で飼育されていた690羽のニワトリが死亡したと、人民紙は伝えている。同紙はクアンガイ省と南部のチャーヴィン省が鳥インフルエンザの被害を受けているとしている。
 ベトナムでの鳥インフルエンザの流行は沈静化しているが今も複雑な変化をなしているという農業・地方開発担当副首相のブイ・バ・ボン氏の言葉をベトナム経済タイムス紙は伝えている。
 ベトナムは政府中央および地方レベルの両方で鳥インフルエンザ対策活動を遂行し続け、関連研究を強化すべきだと、同氏はしている。
 ベトナムは感染した家禽や野鳥から採取したH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスの30を超える変異種の研究をしている。
 ベトナムでの鳥インフルエンザ流行は2003年12月に始り、同国の数千万羽の家禽が死亡または殺処分を受けるに至っている。T.Mori訳
China confirms bird flu outbreak in Guangdong Province Xinhua, China  (中国、新華社) 中国、広東省で鳥インフルの発生を確認
 中国南部の広東省で発生した鳥インフルは封じ込められた、と農業省が17日発表した。
 ヤシャン村で死亡したアヒルから致死的H5N1ウイルスが検出されたと農業省は発表したが、いつ発生したかについては触れなかった。
 3873羽が死亡し、さらに17127羽が殺処分されたと報道された。
 緊急対策がとられ、流行は封じ込まれたと同省では発表している。
Aust vaccine 'can fight bird flu pandemic' ABC Online(オーストラリア)  オーストラリア製 人用 新ワクチンが鳥インフルパンデミックに対応可能
 オーストラリア製の人用新ワクチンが、パンデミックに際し新型インフルエンザにかかることから人々を守るために今や使用できるようになった。
 ニコラ・ロクソン連邦保健相が、オーストラリア製の新しいワクチン、パンバックス(Panvax)がすでに治療製品管理局から承認され、H5N1ウイルスのいかなる新規株へも対応すべく製造できると発表した。新ワクチンは、開発と試験に政府から700万ドル以上の援助を得て、生物薬剤会社CSL社が3年間 開発してきた。
 新ワクチンは、WHOによってパンデミックが公式に宣言された時のみ使用されるが、新規ウイルス株が確認された場合は数週間のうちに製造される。異なるウイルスの株に対応するために新しいワクチンを作る必要があるが、その度ごとに新たな承認を取る必要がなくなった。
 すでに備蓄してある外国製の120万人分のワクチンとともに、同国製 新ワクチンは、オーストラリア人により大きな安全と保護をもたらすだろうと、ロクソン保健相は語った。また、最前線の保健従事者が最初にワクチンを接種することになると、彼女は述べた。A.Tohda訳

State Prepares for Possible Flu Pandemic 93.1 WIBC Indianapolis, IN  (米国) インディアナ州、パンデミック・インフルエンザ対策計画
 科学者達はどんな状況が起こるのか不明瞭ながらも、インフルエンザのパンデミックはいつ起きても不思議ではないと考えており、地方の保健局ではその対策にとりかかっている。
 サウス・ベンドでは、保健局、緊急対策機関、学校、および他の機関の当局者達による委員会が毎月開かれている。委員会では個人が全て同じ対策を講じることを期待している。
 「家庭で個人が2週間生活できるように十分な生活用品の備蓄が必要と考えている。飲料水や保存食だけでなく、医療用品等も必要だ」、と聖ヨセフ郡保健局の疫学専門家のケリー・ジョリフ氏が語っている。
 ジョリフ氏によれば。鳥インフルの脅威は誇張されている。心配すべきは、その株、またはたの株が変異して、ワクチンが作成される前に人人感染を始めることだ、と説明している。
Bird flu cleaner free of killer virus The Standard, Hong Kong (香港) 鳥インフル感染市場の清掃人、鳥インフル様症状で検査
 最近鳥インフルが発生した市場の一カ所に清掃のために雇われた作業員がインフルエンザで倒れたが、検査の結果H5N1ウイルスは陰性だった。
 男性は食料環境衛生庁に、6月7日に9棟中3棟でH5N1ウイルスが見つかった、シャム・シュイポのポ・オンロード家きん市場の清掃のために雇われた。
 男性はプリンセス・マーガレット病院へ、カリタス医学センターから昨日、発熱と咳のために移送された。
 検査の結果男性は、人インフルエンザBに対しては陽性であったが、H5N1ウイルスに対しては陰性だった。
 男性の家族の中には昨夜までインフルエンザ症状を呈した人はいない。
 男性は最近の鳥インフル発生の中で、インフルエンザ様症状で倒れた2人目の患者である。先週金曜日(13日)、食料環境衛生庁の職員が、インフルエンザ様症状でプリンセス。マーガレット病院へ入院したが、やはりH5N1ウイルス陰性であった。
 香港大学のウイルス学者であるマイケル・チャン・チ-ワイは、B型インフルエンザウイルスがH5N1ウイルスに変異するは極めて低いと語っている。
 「両ウイルスは完全に異なった株だ」、と同氏は語り、A型インフルエンザウイルスであるH5N1ウイルスの遺伝子は、B型ウイルスのそれとは交雑しない、と付け加えた。
 さらに同氏は、H5N1ウイルスは種の壁を越えて容易に人には感染しない。また(人)インフルエンザ流行期に感染するのは珍しいことではないのだから、何も心配はいらない、と付け加えた。
 昨日、立法議会で開かれた緊急会議で、食料健康庁のヨークチョウ・ヤト-ニョク(York Chow Yat-ngok)長官は、シャム・シュイポで見つかったH5N1ウイルスは全て同じ株で、変異はしていない、と発表した。
Sanofi to give 60 million doses of bird flu vaccine to WHO ... CBC.ca, Canada (カナダ) サノフィ社、WHOに6千万人分の鳥インフルワクチンを提供
 巨大なワクチンメーカーであるサノフィ・パスツール社は、今後3年間にH5N1ウイルスに対するワクチンを6千万人分WHOにパンデミック備蓄用として提供すると、16日発表した。
 先にグラクソスミスクライン社が5千万人分のWHOへの提供を表明している。
 「H5N1ウイルスは最近、いくつかの途上国で蔓延している。パンデミック・インフルエンザはワクチンが容易に手に入らない国々で発生する可能性が高い」、とサノフィ社のピサノ社長が語っている。
 「ワクチンの提供はこのような最も感染しやすい国々に提供するのが目的だ」。

 WHOは科学的アドバイザーにより、1億5千万人分のワクチンを用意しておくように薦められている。5千万人分は発生した際に、地域周辺に拡大防止のために用い、1億人分は自力でワクチンを購入できない国々のためのものである。それらの国々では、パンデミック発生に際して中心的に活動しなければならない人々のために、ワクチンが必要となる。
 グラクソスミスクライン社(GSK)の決定は、昨年6月にビル&メリンダ財団が開催した”健康サミット”の際に発表された。その時、他のインフルエンザ・ワクチンメーカー(サノフィ、ノバリス、バクスター・インターナショナル)も何らかの支援を考えることを表明している。
 現在、ノバリスとバクスターは、どの程度のワクチン提供を考えているのかは公表していない。
6月16日

Philippines Keep an Eye on Bird Flu ThePoultrySite.com, UK  (英国) フィリピン、鳥インフル監視態勢を維持
 フィリピンは2003年NアジアでH5N1鳥インフルが再興して以来、いまだ家きんでも人でも発生していない。大統領が監視を続行することを農業省に指示し、特に発生国からの輸入には十分警戒するように指示した。
Sanofi gives 60 mln H5N1 flu vaccine shots to WHO Reuters (国際) サノフィ社、WHOに6千万人分のH5N1ワクチンを提供
 フランスの薬品メーカーのサノフィ-アベンティス社は、WHOにH5N1ワクチン6千万人分を提供すると16日発表した。
 このワクチン提供は今後3年間に亘って行われるが、WHOがパンデミック発生時の途上国のために計画している、ワクチン備蓄を援助することになる。
 米国や他の数カ国ではワクチンの国家備蓄を行っているが、世界の貧しい国々では何ら予防対策が取られていないことに関心が高まっている。
 結果としてWHOは、パンデミックが発生した場合即座に貧しい国家にワクチンを提供できるように備蓄することを決定した。
 サノフィ社の決定は、昨年グラクソスミスクライン社がやはり、WHOに5千万人分のワクチンを提供することに合意したことに続くものとなった。
 ワクチンはサノフィ・アベンティスのワクチン部門のサノフィ・パスツール社で製造されているが、世界のインフルエンザワクチンの40%を製造している。
6月15日


2008/06/15 6:06:58
特記すべき情報はなし
6月14日

Indonesian government mum as AP reports H5N1 case CIDRAP, MN (米国) AP通信、インドネシア政府が無報告のH5N1鳥インフル死者事例を報告

印刷用ファイル

 インドネシア女性が10日前にH5N1鳥インフルで死亡したが、その事例は鳥インフル事例に関して無公表を続けているインドネシア政府からいまだ発表されていない。AP通信が本日報告した。
 ニュースは、WHOがインドネシアが人の死亡例を報告すると約束したと発表した直後に伝えられた。WHOの発表によると、インドネシア政府は、世界保健規則に反するような、死亡事例を報告しないようなことはしないと言っているとされる。 しかしながらWHO当局者のコメントは先週、インドネシア保健相が発表した声明とは異なっているようだ。
 6月5日、保健相のシチ・ファディラ・スパリ女史は、インドネシア政府はもはや人でのH5N1鳥インフル発症事例と死亡事例を、迅速に発表することはしないと語った。他の報道機関の説明では、彼女は事例を報道発表した後、または6ヶ月間隔で事例の”公式発表”をすることを考えているとされる。スパリ女史は、同国の鳥インフル対策が成功を収めることだけに焦点を合わせたいと語っている。
 本日のAP通信によると、34歳の女性、スシ・リスナワチさんが6月3日に鳥インフルで死亡した。匿名の保健省高官と4人の保健当局者が、リスナワチさんの事例を確認していることをAP通信に語っている。しかし政府は、いまだ夫の、アリ・ウスマンさんに報告していない。同女性はスラエシ島北東部のビツン市に住んでいた。
 当事例は地方のメディアでも報告されていない。AP通信で確認するまで1週間要している。
 当事例はインドネシアで135人目の発病者で110人目の死者となる。WHOの報告では133人の発病者で108人の死者数となっている。WHOはいまだリスナワチさんと、先週スパリ保健相が発表した15歳少女の事例、同少女は5月14日に死亡しているが、を報告の中に入れてない。
 WHOの高官であるデービット・ヘイマン氏は、昨日、インドネシアが事例の発表継続は続けることを保証したと発表している。昨日カナディアンプレス(CP)が報道している。
 「昨日、ジャカルタのWHO事務所にスパリ保健相が、世界保健規則に従って、感染確認事例をWHOに報告することを継続する、との公式通知が届いている」、とヘイマン氏はCPに語っている。
 「彼女は国際保健規則に反することは企てていないし、インドネシアの立場も良く理解している。彼女はなぜ世界保健規則があるのか承知していると語っている」。
 今日のAP通信では、ヘイマン氏の類似のコメントを伝えているが、同通信では、ヘイマン氏が、政府が事例を公表するまで数週要しても構わないと言っている。そしてその条件として”ウイルスが知られ、適切に処理されている限り”としている。同氏はまた、インドネシアは国際保健規則を無視しているようではないとも語っている。
 世界保健規則はWHO加盟国全てに承認されているが、そこでは政府は世界的健康危機につながる事例の速やかなWHOへの報告が義務づけられている。特に新型インフルエンザはその中でも重要な感染症となっている。
 インドネシアは2007年初めからWHOと関係がぎくしゃくしている。スパリ保健相が今後分離ウイルスのWHOへの提出はしないと宣言したからだ。同国は、同国から提出されたウイルスで作成されるワクチンの、同国への提供の保証を求めている。WHOは数十年間に亘り、新規ウイルスの同定、ワクチン開発、薬剤耐性の監視等の必要性から、各国へ分離ウイルスの無償の提供を求めてきている。

Indonesia's new bird flu policy angers families Forbes, NY  (米国) インドネシアの新規政策に(鳥インフル犠牲者の)家族達が怒る

AP

印刷用ファイル

 アリ・ウシマンの妻は10日前に鳥インフルで死亡したが、彼は未だ政府から公的にはその事実を知らされていない。彼は新聞報道に情報を探し続けたが、先月まで鳥インフル情報を徹底的に書き続けていた各紙には、一切情報は見つからなかった。
 その理由は、個々の鳥インフル患者発生事例をすぐには発表しないという政府の新政策によるものだ。政治家達は死亡情報を発表しても、同国としては何の得策にもならないという判断をくだしたのが、新政策の根拠だ。
 これから死亡者発生に関して、まとめて、多分数ヶ月ごとに発表される予定だ。
 このような報道管制に保健専門家達は心配し、政府の担当者達と、ウイルスが広大に感染を広げている地域の人々に混乱と不満の増大をもたらしている。
 
 AP通信は6月3日に死亡したウシマンの妻のスジ・リスナワチの事例を確認するのに1週間要した。彼女の死亡は同国で110人目となる。
 彼女は典型的鳥インフル症状、すなわち呼吸困難、咳、高熱を呈していたが、2日間の入院期間隔離されてなく、また鳥インフル疑い者として治療されることもなかった。そのように夫は語っている。
 彼女は伝統的イスラム教式埋葬で葬られた。遺体は家族が素手で洗い清められてから埋葬の準備がなされた。
 「私はすごく不安だ。検査結果を知る必要がある」、とウシマンは言う。44歳の仕立屋で3人の息子がいる。
 「政府は一般大衆の注意を喚起すべきだ」。
 世界で最も鳥インフルによる人の死が発生しているインドネシアは、パンデミック発生の震源地となる可能性が高い。理由はその人口密度の高さと、放し飼いの鶏の多さである。
 
 ウイルスは未だ人には感染しづらいが、専門家はウイルス変異により簡単に人人感染が起き出し、世界で数百万人死亡するパンデミックが起きることを警戒している。
 WHOは2007年初めからウイルス検体の共有に関してインドネシアと激しい論争を続けているが、今回の件に関して、インドネシア保健相のシチ・ファディラ・スパリ女史が、新規死亡者事例はWHOに報告し、国際保健規則に違反するようなことはしないと約束したと発表した。
 「インドネシアは継続的にWHOに報告することに同意した。報告しないとは、決して言ってないとインドネシア政府は言っている。WHOのインフルエンザ専門家のリーダーであるデービット・ヘイマン氏は、そのように語っている。そして、「ウイルスが分かっていて、適切に扱われている限り、国の死者数の公的発表まで数週間要したとしても問題ではない」、と付け加えている。
 それでも事態の不透明性は、保健担当者、科学者、そして市民達の間では、政府が死亡事例を隠蔽するのではないかとの不安感が高まっている、とくに、WHOと連携せずに、インドネシア政府が単独で、診断やリスクアセスメントに必要なH5N1ウイルスの遺伝子分析を行うことを危惧している。
 
 政府の発表では、近親者達の公的検査結果はほとんど迅速に(家族に)伝えられているとされる。ウシマンの報告されなかった事例は例外的なのかも知れない。
 しかし、保健省は説明を求められたとき、報道官であるリリー・スリチョワチさんが、検査結果は陰性だった、そして数日以内に家族の元に結果が知らされただろう、と言っているが、保健省のある高官は匿名で、検査結果はその後陽性と確認されたと語っている。
  他の4人の保健担当者達は、国内の機関で検査された結果について、のはやメディアに報告することはないと言っている。
 バリ島のウダヤナ大学のウイルス学者であるグスチ・ニュウラ・マハルディカさんは、発表された新政策は時代に逆行するもので、人々は鳥インフルとその脅威について、何も心配しなくなるだろう、と語っている。

*検査結果が報道機関と家族に明確に伝えられていない状況は、今後の世界における鳥インフル対策上、大きな問題である。
6月13日

WHO says Indonesia has given assurances it will report bird flu cases The Canadian Press(カナダ) 
 世界保健機関(WHO)高官が述べたところによると、同機関へのインドネシアによるH5N1鳥インフルエンザによるヒトの症例と死亡事例についての即時報告継続の確約を受けたという。
 同国厚生相のシティ・ファディラ・スパリ氏が先週、同国は以降H5N1による死亡事例を散発的なペースで、恐らくは6ヶ月単位でしか報告しないであろうと述べたことを受け、WHOはインドネシアに態度を明確にするように求めていた。
 この示唆の内容は失望を呼び、スパリ氏の恫喝が実行されればインドネシアは国際保健規則に違反することになるという警告を受けていた。
 国際条約である国際保健規則では、国際的な衛生上の脅威と指定されているH5N1のような疾病の症例に関しては即時の報告が求められている。インドネシアは、この条約に調印している。
 「WHOのジャカルタ事務所で、同相がこれまでと同じく-国際保健規則にのっとりWHOに対し確認された感染事例を報告するという公式な通知をうけました」と、保健保障・環境担当の事務次長であるデビッド・ヘイマン博士がジュネーブで語った。
 「同大臣が世界保健機関に不快の念をもたらす意図はなかったという点については明確でした。大臣はWHOが如何なるものかは理解しており、国際保健規則で必要な事項について話を聞いていたのです」
 こうした確約にもかかわらず、インドネシアは1ヶ月近く前に発生したH5N1による死亡事例を正式にはWHOに通告していないかもしれないと思われる。
 先週のAPとのインタビューで、十代の少女が5月14日に死亡したが政府はすぐにはその死亡を公表しないことを決定したとスパリ氏は明らかにした。
 「こうした死亡事例を公表して、わが国に何か良いことがあるのですか?」と、同氏はインタビューで尋ねている。
 インドネシアがWHOに報告した一番最近の死亡事例は、4月23日のものである。木曜日の時点でのWHOによるインドネシアでの公式な症例の総数は、確認症例133件中死亡事例108件というものである。これはH5N1に被害を受けた国の中で最悪のものである。
ヘイマン氏によれば、ジャカルタにあるWHOの国別事務所は木曜日に死亡事例の通知を受け、情報を関係筋に流したという。しかし、もしそうでないならば、WHOは疑問を投げかけることになる。
 「もし、それが確認症例ならば、(通知の過程で)何が間違っていたのか理解する努力をしなければなりません」と、ヘイマン氏は述べている。
 国際保健規則では、加盟国は新規のH5N1症例を確認から24時間以内に報告しなければならないと規定している。また死亡事例といった重要な関連情報も適宜迅速に報告するように定めている。
 こうした発生事態によるリスク評価のために、WHOは情報を必要としている。例えばH5N1の死亡率の変化はウイルスの変異の兆候かもしれず、その場合は専門家がウイルス検体を研究して何が変異の引き金になったかを調べることが必要になる。
 インドネシアは1年以上にわたりWHOとの紛争に巻き込まれており、インドネシアのウイルスから作成されるワクチン全てから何らかの代償を得るという確約を手に入れるまでは外部の科学者の研究用にウイルス検体を引き渡すことを拒絶してる。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳


Banglaesh Risks Tripura on Bird Flu Front ABC Live, India  (インド) バングラデシュからトリプラ州へ鳥インフルが拡大している危険性
 トリプラ州政府は、インド連邦政府に、公的ルートでバングラデシュに家きんの密輸出を抗議するよう求めた。
 トリプラ州のバングラデシュ国境沿いで、バングラデシュから鳥インフルに感染した家きんが違法に持ち込まれることが、同州でのH5N1ウイルス拡大になっていると考えられている。
 一部の村で発熱等のインフルエンザ様を呈する109人が見つかっているが、現在専門家チームが調査にあたっている。
 しかしながら州の担当者によると、これまで人での発病が確認された例はなく、また薬品も適切な量が備蓄されている。
New Bird Flu vaccine looks promising KEPR 19, WA (米国) 新開発鳥インフルワクチンは効果が期待される
 バクスター社の人用H5N1ウイルスワクチン、Celvapan (セルバパン)開発の話題。AP配信による世界的話題。先日のAP発信内容が、さらにボリュームを増やした。
 以下要点だけ。

 ・受精卵の代わりに細胞培養法を用いた初のワクチンが、人に対する予防効果が高い可能性が示された。
 ・方法論が確立されたことは、通常の季節性インフルエンザ製造にとっても応用可能で、迅速なワクチン製造が可能となる。
 ・製造期間を半分に短縮。3ヶ月。
 ・セルバパンの2回接種で、成人の76%に、標的としたH5N1ベトナム株と類似系統の香港株に対する十分な免疫。インドネシア株に対しても46%で免疫効果。
 ・米国は受精卵法で製造されたワクチンを3社から合計2300万人分備蓄。欧州でも数カ国が同様に備蓄しているが、さらにバクスター社の細胞培養法によるワクチンを発注している。
 ・他社でのワクチン:細胞培養法、遺伝子組み替え法が2,3社で進行中であるが、多くは受精卵法。
 ・バクスター社により助成された研究結果は12日発行の「New England Journal of Medicine.」に発表。
 ・オーストリアとシンガポールで275人のボランティアで臨床試験。4種類の抗原濃度で試験。最大効果は2番目に低い濃度。

Promising Bird Flu Vaccine produced in Monkey Cells The Money Times, India  (インド) 予防効果が期待される鳥インフルワクチンがサルの細胞で製造
 バクスター社の人用H5N1ウイルスワクチン、Celvapan (セルバパン)開発の話題。

Traders face overnight ban The Standard, Hong Kong  (香港) 香港、鶏販売、同日内に処分することが義務づけに
 鶏販売業者は、生きた鶏を翌日まで市場に置くことが禁止され、売れ残った鶏は同日中に殺処分することが法的に義務づけられる予定となった。
 現在、生きた家きんを扱う市場では、月の11日と25日に市場の清掃が義務づけられているが、新しい計画では毎日清掃の義務付けとなり、売れ残った鶏は同日中に殺処分しなければならなくなる。
 H5N1鳥インフルが、市場で感染する事を防止するのが目的とされる。通常、ウイルスの潜伏期間は3~5日間であるが、長く鶏を置くとウイルスが感染する期間が増える。
H7 Bird Flu Increasing Potential To Infect And Spread Among Humans ... Medical News Today, UK  (英国) H7亜型鳥インフル、人への感染力を強めている
 H7亜型鳥インフルウイルスは鳥の間では一般的によく検出されるが、人には希にしか感染しない。北米で分離されたH7亜型鳥インフルウイルスを分析した結果、いくつかの株が人インフルエンザ類似の感染様式を獲得してきている。
 ・2003年、オランダで分離されたH7N7亜型は高病原性であるが、感染様式では容易に人へは感染しない。
 ・H7N2、H7N3亜型(低病原性)の一部は、人の気管支の細胞へ感染する性格を有している。
 米国CDCの研究者達によって発表された論文は「国立科学アカデミー紀要」に掲載された。

Epidemic response better for poultry than people: report  National Post, Canada (カナダ) 鳥インフル拡大対策は家きんでは強化されているが、人では遅れている
 カナダ内科学会雑誌に掲載されたレビュー記事。
 先進国の中で人に対する鳥インフル対策は最も遅れているが、家きんの間での拡大対策は十分講じられている。
Hong Kong poultry traders may have ignored bird flu warning signs - govt Forbes, NY (米国) 香港、家きん販売業者が鳥インフル報告を怠った可能性:当局
 香港の家禽業者たちが鳥インフル発生の可能性を迅速に当局へ警告するのを怠った可能性があると、食料保健庁長官のヨーク・チョウ氏が語った。調査チームが現在、香港中の4つの生鮮市場に鳥インフルが広がるまで、なぜH5N1ウイルスが検出されなかったのかを究明している。「今回の事例について我々に通報しなかった可能性がある。そのために我々の調査が遅れた」とチョウ氏は述べた。生きた家禽を取り扱う業者は、死んだ鶏が見つかれば直ちに当局へ通告するよう求められている。
 しかし、これまで人間の間でも地元の養鶏農場でも感染例はない。また、ウイルスの変異もなく、鳥インフルに対する鶏の免疫システムが変化した兆候もない。香港行政府はまた、香港の主要な鶏の供給源である中国本土の登録農場の状況も調査中である。
 香港大学の微生物学者 Yuen Kwok-yung氏は、鳥インフルの事例に関する監視システムを徹底的に再検討する時期に来ていると語った。「我々はいま定期検査で見つかった最初の鳥インフルウイルスについてだけでなく、そのあと4つの生鮮市場で見つかった感染した鶏について関心を持っている。つまり、我々の現行の監視システムは目的を果たしていないということだ。近年、毎日報告される問題のある鶏の数はあまりにも少なかった。感染している可能性のある鶏を当局へ引き渡すのを嫌がる人々がいると考えられる」とYuen Kwok-yung氏は述べた。A.Tohda訳
6月12日

香港、農場などH5N1ウイルスの出所を捜索中  Reuters AlertNet (英国) 香港、農場などH5N1ウイルスの出所を捜索中
 香港当局は、今日12日、H5N1鳥インフルウイルス発生の出所を求めて農場や卸売市場を捜索した。香港は、本島の商業・小売の中心地を含む 市の北部および中央地域に散在する4つの市場でH5N1ウイルスが見つかったあと、昨日(11日)3,500羽の家禽の殺処分を命じた。
 これまでのところ地元農場から採られたサンプルは陰性である。しかし、当局はいくつかの卸売業者でウイルスの事例を発見した。そのため これらの卸売業者の設備は清掃され消毒された。
 「我々はウイルスの感染源を見つけるべく努力しているが、まだ発見していない。我々はまた家禽業者や従業員が鳥インフルの症状を見せていないか 彼らの健康状態も監視している」と農業水産林業庁のサリー・ホン広報官が語った。A.Tohda訳

The New England Journal of Medicine Publishes Study Investigating ... CNNMoney.com (press release)  (米国) New Engl Journal of Medicineが、バクスター社の細胞培養法により作成された鳥インフルワクチンの安全性と効果についての論文を掲載
 バクスター社の人用鳥インフルワクチン、セルバパンの臨床試験フェーズⅠおよびⅡが終了し、その安全性と免疫原性が確認された。
 以下要点のみ。
 ・細胞培養:サルの腎臓細胞の培養株であるベロ細胞を用いてウイルスを増殖。ベロ細胞は培養樹立株なので、継続的に細胞は増殖。受精卵法のように、受精卵の確保が増殖させることの出来るウイルス量の限界とはならない。
 ・使用抗原(ウイルス):A/Vietnam/1203/2004 (ベトナムで2004年に分離された株)
 ・オーストリアとシンガポールの18歳から45歳までの健康成人284人を対象。
 ・使用抗原量は3.75~30マイクログラムで4段階。7.5と15マイクログラムではアジュバント添加、無添加群に分けた。
 ・抗体産生量は、7.5と15マイクログラムの、アジュバント無添加群で最も高かった。

New-style bird flu vaccine shows promise Reuters  (国際) 新作成法による鳥インフルワクチンは十分効果を発揮する可能性
 鶏卵の代わりにサルの細胞を用いて作成する新規作成法の鳥インフルワクチンが臨床試験で安全性が確認され、さらに効果も認められたことが、共同研究者達によって11日発表された。
 バクスター・インターナショナルにより製造されたH5N1鳥インフルに対する人用ワクチンは、鶏卵を用いずに細胞培養系で作成される世界初の鳥インフルワクチンである。
 この細胞培養法は、以下の2点で重要な製造法となっている。まず受精卵を入手することが難しいことと、H5N1ウイルスは急速に受精卵を殺すことが理由となる
 250人以上での臨床試験はフェーズⅠ/Ⅱの安全性を確認する試験であるが、New.Engl.J.Medに掲載された研究報告によると、2回のワクチン接種を受けた人々に強力な免疫が成立したとされる。
 今回の研究で、免疫増強剤(免疫をブーストする)を加えても効果は現れなかったことが、バクスター社の研究陣の責任者であるハルトムト・エーリッヒ博士と共同研究者達が明らかにした。他の鳥インフルワクチンの場合、アジュバントはワクチンの免疫効果を増強するのに、今回開発のワクチンに対してはなぜ効果を持たないのか謎となっている。
 世界で少なくとも16社がH5N1鳥インフルウイルスに対するワクチンを開発しているが、それらが実際にパンデミックになったとき効果を発揮するかどうかについては誰も分かっていない。しかし準備しておく必要があることでは意見の一致はみている。
 バクスター社は季節性インフルエンザワクチンを細胞培養法で製造している。細胞培養法では受精卵の確保が必要ないため、容易にいつでも製造出来る利点がある。
Bird flu vaccine grown in monkey cells, not eggs, shows promising ...The Canadian Press, TORONTO  (カナダ) 受精卵ではなく、サルの細胞で作成された鳥インフルワクチンは有効の可能性

 受精卵の代わりに、アフリカミドリザルの腎臓細胞で作成された鳥インフルワクチンが比較的低濃度で効果を発揮することが、新研究発表で明らかにされ、いわゆる”細胞培養ワクチン製造方法”に大きな期待が寄せられている。
 ”バクスター・バイオサイエンス”は既に欧州ワクチン規制局(European vaccine regulatory body)に、初の細胞培養法によるH5N1鳥インフルに対するワクチン製造技術のライセンス申請をしている。
 研究結果と方法の周辺に関する問題等が、12日発行の「New England Journal of Medicine」に論文として掲載された。
 バクスター社によると、パンデミック開始12週後にはパンデミックワクチンの最初の出荷(集荷可能なバッチが製造)が可能となるようだ。従来の受精卵方式では20~28週要した。
 バクスターの研究では2種類の抗原量を用いた。一つは7.5マイクログラムで、もう一つは15マイクログラムである。両者とも免疫増強剤のアジュバントは加えていない。多くの他社の製品では。パンデミックワクチンにアジュバントを入れる計画になっている。
 得られた結果はオーストリアとシンガポールで行われた臨床試験に基づいている。合計275人の成人を対象としている。
 研究の筆頭責任者であるハルムート・エーリッヒ博士は、バクスター社ではさらに抗原量を1.9マイクログラムに引き下げて、今秋に米国内で臨床試験を行う予定としていると語っている。
 しかしながら専門家の間では、バクスター社の効果判定基準は、他社の用いている判定基準よりも低いとの批判がされている。米国FDAの基準も高い。
 バクスター社では現在の判定基準は、十分臨床的予防効果の判定として見なせると説明している。
 バクスター社のワクチンはウイルス粒子そのものを用いているので、免疫効果が高く、また他H5N1鳥インフルウイルス株との交差予防効果も高く期待される。他社のワクチンはウイルス粒子表面の蛋白を分離して用いているので、全粒子ワクチンよりも免疫効果は低い。
 しかしながら全粒子ワクチンは、注射部位の疼痛、全身倦怠、頭痛等の副作用を起こす等が欠点となっている。

Bird-flu vaccine from cells in lab shows promise WLFI.com, IN  (米国) 細胞培養法による鳥インフルワクチンは十分効果を示す

AP

 世界初の細胞培養法によるH5N1ウイルスに対するワクチンが十分な効果を発揮することが示された。
 研究者達は開発中盤時点での臨床試験結果を発表し、十分効果が得られる可能性が高いことを示した。
 バクスター社の開発するセルバパン(Celvapan)は、受精卵の代わりに細胞培養で抗原となるウイルスを増やしているが、このワクチンを2回接種した成人の四分の三で十分効果が発揮されると考えられるだけの抗体が産生された。またその抗体は、抗原として用いたウイルスとは別の株に対しても十分作用した。
 さらにインドネシアで分離された株に対しても、45%の成人の血液中の抗体が反応した。
 このニュースはパンデミック対策に取り組んでいる保健当局者には良い報告であるが、その一方で、通常の季節性インフルエンザに対するワクチンの迅速な製造方法として注目される。
 研究結果は、(世界的医学雑誌の)「New England Journal of Medicine」の12日号に掲載される。

*細胞培養法により作成されたワクチンの臨床試験は、他にベトナムでも行われていて、今のところ副作用もなく効果は十分確認されているようだ。日本でも秋田のベンチャー企業が開発している昆虫の細胞培養系を用いたワクチンが、今月から臨床試験に入る。

新型インフルエンザ:流行後ワクチン、半年以内全国民に--与党PT 毎日新聞
 新型インフルエンザ対策を検討している与党プロジェクトチーム(PT、座長・川崎二郎元厚生労働相)は11日、新型インフルエンザ発生後に全国民のワクチンを半年以内に製造する体制を整えるよう政府に求める方針を決めた。大流行(パンデミック)の原因ウイルスをもとにつくるワクチンは、鳥インフルエンザのウイルスから製造するより、感染防止効果が高いと期待されている。PTは来年度予算に反映させる考えだ。

*日本では、政治と科学が合体したのか?

Hong Kong slaughters all market poultry KSL-TV, UT (米国) 香港、全市場の家きんを殺処分に

AP

 香港の保健当局は、11日、香港の市場で売買されている全家きん(生きている)を殺処分を決定した。理由はこの数年間初めて経験する最大の鳥インフル発生を検知したからである。
 
 決定は、香港の屋外4市場(street markets)でH5N1ウイルスを検出した後、速やかに為された。どの程度の数の家きんが殺処分されるのか、またはどの程度の家きんが感染しているのかについては不明である。しかし10日夜の状況では、470人の家きん行商人により3500羽の鶏が町全体で売られていた。
 「我々は(感染鳥の推定を)軽率に判断は出来ない。それ故行商人の店を全て閉鎖し、全ての家きんを殺処分する決定をした」、とチョン・シウヒン(Cheung Siu-hing)農業水産林業庁長官が記者会見で語った。
 さらに、ウイルスで死亡した家きんが、未だ見つかっていないとも付け加えた。
 ウイルスは地方の養鶏場や配送センターでは検出されてなく、この数日間に病的状態に陥った関係者はいないとも語った。しかしながら、当局では何人かの市場従業員の健康状況をモニターする予定と発表している。
 「我々は人の発病事例の調査を綿密に行っている。また警戒報は維持している」、とトーマス・ツアン保健局長官は語っている。
 保健担当職員達は7日2700羽の家きんを、定期的検査で5羽の鶏が感染していることが確認されたため殺処分した。
 11日、担当者達は予防衣、ゴーグル、および外科用マスクを身に着け、地域内の市場を調査して歩いた。鶏はケージから引き出され、殺処分され、そして消毒剤で満たされた袋の中に詰められた。
 多くの市場では殺処分が始まる前に全ての鶏は販売済みであった。7日に感染鳥が見つかった後、中国本土と地方農場からの家きん購入が21日間禁止されている。
 行商の一人は、毎日200羽の鶏を売っていたが、9日に全てを売り切ったと話す。そして今後3週間は鶏の売買が出来ないことから、ウイルスに感染することよりも、生活の心配をしている。
 当局では感染源を特定することに懸命となっているが、何人かの当局者は、中国本土から密輸されてきた鶏が感染していたと考えているようだ。

 香港における最大の鳥インフルは1997年に発生し、その際ウイルスは人へも感染し、6人を死亡させた。その結果政府は香港市内の全家きん150万羽を殺処分した。
 2002年には、何カ所かの水鳥公園や食料市場で発生し、数千羽の家きんの殺処分が行われた。また翌年には、郊外の2農場で鳥インフルが発生したため、1万羽の鶏が殺処分されている。
すべての鶏を処分へ 香港政府 MSN産経ニュース 
 香港政府は11日、香港内の3つの市場で採取した鶏のふんから新たに鳥インフルエンザウイルスが検出されたため、香港内のすべての生きた鶏を処分すると発表した。
 香港では九竜半島にある市場で今月3日に採取した鶏のふんからウイルスを検出。鶏の産地は香港か中国本土とみられるため、本土からの鶏の輸入と香港の業者からの出荷を7日から3週間停止することを決めていた。
 その後、政府がさらに香港内の市場を検査したところ、3市場の鶏のふんからウイルスが見つかった。政府は引き続きウイルスの感染源などについて調査している。
6月11日

Hong Kong Poultry To Be Slaughtered After Bird Flu H5N1 Virus Detected My Fox Colorado (米国) 香港、H5N1鳥インフルウイルス検出のため、全ての家禽を殺処分に
 当局が新たに危険なH5N1鳥インフルウイルスを検出したため、香港の通りに面した市場や店の全ての生きた家禽が殺処分されることになった。検査で4つの市場で感染した鳥が見つかった。香港漁農自然護理署のCheung Siu-hing署長はどれくらいの数の鳥を殺処分するかは語らなかった。しかし、彼女は地元の養鶏農家や配送センターからのサンプルにはウイルスは検出されなかったと述べた。定期検査で5羽の鶏がウイルスに感染していたことが分かり、衛生関係者が先週土曜日(31日)市場の2,700羽の家禽を殺処分した。また 香港行政府は中国本土と地元農家からの全ての生きた家禽の供給を禁止した。香港は、1997年 世界で最初の人における鳥インフル発生を報告した場所であり、その時 6人が死亡している。A.Tohda訳

*香港で、結構H5N1鳥インフルウイルスが広がっているようだ…。

北朝鮮空軍基地近くで鳥インフルエンザ発生と、韓国団体 CNN Japan
 北朝鮮で援助活動を実施する韓国の団体「良き友人」は11日、平壌北東部にある咸鏡南道の空軍基地近くで6月の第1週に鳥インフルエンザが発生したと報告した。AP通信によると、北朝鮮の検疫当局者の情報としている。
 事実なら北朝鮮での鳥インフルエンザの発生は鳥類約21万羽を処分した2005年以来となる。
 最初の発見は6月3日で、基地近くの山間部で鳥数羽の死亡を確認。高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型ウイルス)なのかは不明。韓国の統一省はこの鳥インフルエンザ発生の情報は確認出来ないと述べた。
 「良き友人」はまた、咸鏡北道にある政治犯収容所内で数十羽のカササギが死亡したとも報告した。収容所の官吏の5歳になる子供が高熱を訴え、死亡した。死因は不明。政治犯2人が似た症状に陥り、別の3人はウイルス性疾患と診断されたという。
 収容所当局はこれを受け、所内で消毒作業を実施、病気の拡大阻止に動いたが、病因は突き止めることが出来なかった。

*北朝鮮でH5N1鳥インフルが家禽農場で発生しているのはほぼ事実と考えても良いと思う。人での発病者に関しては不明瞭。子供の場合、手足口病で死亡している可能性もあるし、他感染症でも死亡することが多い国ではある。

北朝鮮鳥インフル危機
北朝鮮 咸境道 AIと手足口病発生  聯合ニュース(Yonhap News) (韓国、ハングル)
 対北人権団体である「良き友たち」は11日、北朝鮮の咸境道地域に鳥インフルエンザ(AI)と手足口病が発生し、非常事態であると伝えた。
 この団体はNews Letterで「咸境道チョンジン市では道、市、軍非常防疫指揮部の責任者が鳥インフルエンザウイルス関連緊急非常会議を開いた。この会議ではすべての非常防疫責任者が、鳥インフルエンザの発生した地域と農村地域を中心に防疫監視員を派遣して、随時監視することを決議した」と明らかにした。
 News Letterは「咸鏡南道ジョンピョン郡空軍司令部所属ゴサチュン区域の裏山で多くの鳥が死んでいるのが発見され、調査を行った結果、鳥インフルエンザと判明した。政府は住民たちが日常使用する道路を伝染病発生区域に指定し、住民たちに家擒類をよく観察し異常があれば非常防疫指揮部に報告するよう指示した」と報じている。
 このNews Letterはまた「咸鏡南道ジャンジン区で手足救病が発生し、罹患した幼い子供達が高熱に苦しんでいる。病院では特別な治療薬や対策がなく、基本的に隔離し観察するのみにとどまっている」と報道した。
 一方WHOは国境地域でAI、手足口病、コレラなどが発生したとい噂が流布していることに対し、北朝鮮政府に真偽を問い合わせた結果、「AIや手足口病の発生は一件もない」と言う報告を受けたと、WHOの東南アジア地域担当ニューデリー事務所のナライン博士がアメリカの自由アジア放送(RFA)に語った。
 北朝鮮はまたフランスに本部を置く国際水域事務局(OIE)に提出した最新報告書でも現在 AIは発生していないとしている。H.I訳
 
咸鏡南道ジョンピョン郡 鳥インフルエンザ発生 「良き友たち」News Letter 143-1 (韓国、対北人権保護団体ウエブ、ハングル)
 6月3日午後5時頃、咸鏡南道ジョンピョン郡空軍司令部所属ゴサチュン区域の裏山で多くの鳥が死んでいるのが発見された。ハムフン市非常防疫指揮部が調査した結果、鳥インフルエンザと判明した。定平郡当局は鳥インフルエンザと発表せず、症状の似た病気だと発表した。翌日朝にもジョンピョン郡で多くのつばめが死んでいるのが発見された。政府は住民の生活道路を伝染病発生区域に指定し、住民に家擒類をよく観察して異常があれば非常防疫指揮部に報告するよう指示した。指揮部はまだ何も対策が打てない状態だ。現在全国的にすべての工場、企業、組織や公共建物には「鳥インフルエンザ伝染病を未然に防ごう」と掲げられ、どこでも見られるようになっている。H.I訳

咸境道鳥インフルエンザ非常事態 「良き友たち」 News Letter 143-4 (韓国、対北人権保護団体ウエブ、ハングル)
 6月9日、咸境道チョンジン市では道、市、軍非常防疫指揮部の責任者が鳥インフルエンザウイルス関連緊急非常会議を開いた。この会議ではすべての非常防疫責任者が、鳥インフルエンザの発生した地域と農村地域を中心に防疫監視員を派遣して、随時監視することを決議した。
 また高熱を伴う症状がある2~8歳の子供たちを綿密に観察し、鳥インフルエンザと判断されれば直ちにその区域を封鎖しなければならないと述べた。
 一方咸境道ファソン郡16号保衛部管理所内で数十羽のカササギが死んでいるのが発見された。カササギが集団死してから3日後に管理所保衛部員の5歳になる子供一人が三日間の高熱症状の後に死亡した。また二日後には囚人二人が同じ症状を見せ、一日後にまた3人が感染した。現在管理所区域の中で隔離し、獣医防疫医師が緊急防疫作業を行っているが、病名はまだ明らかになっていない。H.I訳



Prophylactic Use of Tamiflu Bad Idea, Leading Virologist Says HSToday, MD  (今日の国土安全保障、米国) タミフルの予防的投与は間違った方針:指導的ウイルス学者が警告

印刷用ファイル

 初期治療が唯一の成功方法
  米国政府はタミフルやリレンザのような薬をインフルエンザのパンデミックに対して感染防止を目的として、予防薬として用いることを提案しているが、その方針は完全に間違った方向性に向いたものだ、とオーストラリア国立大学、ジョン・カーティン医学研究校(John Curtin School of Medical Research at the Australian National University)の先の生化学・分子生物学教授であるグレメ・レ-バー博士( Graeme Laver)がコメントしている。
 レ-バー博士は、タミフルとリレンザの開発に重要な役割を担った研究者であるが、この40年近くインフルエンザ・ウイルスの研究に埋没してきた。同博士と、もう一人の世界的ウイルス研究者である聖ユダ小児研究病院のロバート・ウエブスター博士は、人インフルエンザと鳥インフルエンザの間に関連性があることを初めて見いだしたとされている。1960年代に両者はインフルエンザウイルスに対する新しく革新的ワクチンを作成することに成功したが、それに対して世界から賞賛を浴びた。

 レーバー博士は本編集局の取材に対して「パンデミックにおけるタミフルの予防的投与は間違っている。初期治療だけが唯一の成功に導くタミフルの使用方法だ」と語っている。
 しかし、米国政府はタミフルとリレンザを感染防止のために予防的に使うことを提案している。それは前もって薬剤を備蓄し、被雇用者の治療や感染防止に役立てようと考えている企業界へのガイドラインで次のように示されている。
 ”ウイルス感染が起きた地域の全ての人々に予防投薬のためのタミフルを提供する”。
 同様にWHOは、H5N1ウイルスのように毒性の強いインフルエンザ株が人の間で流行しだしたとき、感染が確定された人々と疑われた人々に抗インフルエンザ薬による治療を開始すると共に、ウイルスの拡大を防ぐために周辺地域へ予防投与のためにタミフルを提供する、と計画には記載している。
 米国保健福祉省のパンデミック対策計画案作成者であるベン・シュワルツ博士は、今回の新ガイドラインで次のように提案している。
 ”保健医療従事者や緊急業務従事者のための予防として、保健担当局が予防用薬剤を用意して置くべきである”。
 しかしながら本編集部は、保健福祉省内で、タミフルやリレンザを市民がパンデミックに際していつでも使用出来るように手渡しおくことに関して議論があることを知った。
 レーバー博士は米国保健福祉省のガイドラインで提唱されている考え方に、さらに次のような問題もあると言う。
 「個人的にタミフルやリレンザの備蓄は良い考え方ではない。それは次の2つの理由による。まず何も起こらずに、個人で備蓄した薬剤は無駄になるかも知れない。次に、もし備蓄されている薬剤が使われるとしたなら、それは自己診断に基づくことになる、決して素晴らしい発想ではない」
 「まだワクチンが製造されていないパンデミック初期に、(抗インフルエンザ薬を用いて)拡大を防ぐという考え方は完全に間違っている」、とレーバー博士は説明する。
 「価値ある抗インフルエンザ薬の資源を、意味無く無駄にすることになる。オーストラリアではパンデミックが始まってから6週間の間、重要な業務に携わる人々(essential workers)に、感染予防としてタミフルを服用させることになっている」。
 しかし、と博士は言う。
 「それから何が起こるか?重要な業務に携わる人々の選択も難しい、さらに何をしてでもタミフルを得たいという人々から、それを安全に保管することも難しいが、それよりも6週間が過ぎた後、タミフルを予防として服用した人々は、その後どのようにして感染防止をすれば良いのか?その時点では、備蓄していたタミフルは既に消費されているだろう」。
 レーバー博士は本編集部に次のように語った。
 「感染初期にだけタミフルを使うことが、より良い使い方なのだ。もしインフルエンザ様症状を呈した人々が、即、タミフルを服用するならば、例えば症状出現後6時間から10数時間以内であるが、そうしたならウイルス感染は急速に治まってゆくはずだ。そして感染した人々は回復し、さらに、これが最も重要なことであるが、体内で免疫が獲得され、その後のパンデミックの中でのウイルス再感染が防止される。これはどのようなワクチンよりも優れた効果を発揮する。これは”感染中絶免疫(Aborted-infection Immunization)と呼ばれていて、このようなタミフルの使い方で、多くの保健医療従事者等は、その後の再感染を恐れずに業務にあたれる」。
 「もちろん、人々は、感染中絶免疫の実績はない、と言うだろう」、とレーバー博士は説明する。
 「もちろん、いまだ実績はない。しかしタミフルによる長期間の予防効果も、プレパンデミック・ワクチン使用の実績もない。しかし、自分は感染中絶免疫が効果を発揮することに賭ける」
 効果を発揮するためには、タミフルは規定量を症状発現後6~12時間以内に服用する必要がある。
 「48時間以内がタミフルが効果を発揮する限界の時間だ」、とレーバー博士は語る。
 レーバー博士は、タミフルの予防的投与は、ある特定の環境下では意味があり、それはH5亜型やH7亜型ウイルスに感染した鶏を殺処分する作業員が服用する場合であると、考えている。
 米国保健福祉省が新提案を発表する前、レーバー博士は彼の考えを国立ワクチン計画局長官で、保健福祉省長官下のパンデミック・インフルエンザ対策委員会議長でもあるブルース・ゲリン博士に手紙を送っている。
 「自分はこれは全く間違っていると考える」とレーバー博士は書き、その理由を以下のように挙げた。
 「予防が終了すると即、タミフルを服用していた人々は、服用前と同じようにウイルスに感受性を示すようになる。感染して初期の治療の方がはるかに効果的だ」。そのようにレーバー博士はゲリン博士に伝えた。
 「タミフルは、今、店頭販売すべきだ。(over-the-counter [OTC])。それにより(季節性)インフルエンザ感染者は、医師に診察してもらってから処方箋をもらうという時間を要する手段を省いて容易にタミフルを入手出来る。
 「人々が季節性インフルエンザに対して、適切にタミフル(リレンザ)を服用出来るように学んでおくことは、地域全体がパンデミックに際して適切にこれらの薬剤を使用出来るように訓練されると考えられる」。
 レーバー博士はまた次のように語る。
 「迅速インフルエンザ診断テストを用いることは、インフルエンザに感染している人を速やかに検出し、症状発現後迅速に治療が開始出来ることになる。迅速に診断し、迅速に治療を開始出来ることは、感染症が速やかに終結し、インフルエンザ発病者が速やかに回復することを意味する」。
 2006年遅くに米国CDCは、1140万ドルで4社に、医師や疫学研究者達が迅速に、正確にH5N1鳥インフル感染者を検出するための診断検査の開発を契約している。
ロスアンジェルス郡のパンデミック・インフルエンザ調整官であるブリト・オイウルフスタット(Brit Oiulfstad)さんは、タミフルの予防投与に関して本社編集部に懸念を表した。
 オイウルフスタットさんは、自分も含めて他の当局者達は、長期間に亘る抗ウイルス剤による予防投薬(治療期間の数倍の期間)の効果が評価されていないのに、地域全体に長期間に亘る予防投薬をすることに懸念の意を表していると、語っている。
 オイウルフスタットさんはさらに、抗インフルエンザ薬による対策は非常に複雑であるという。なぜなら現在使用可能な抗ウイルス剤が、将来パンデミックを起こすウイルスにも効果があるか分からないからである。(予防効果を示すか否か不明:訳者)。しかしながら将来発生するパンデミックに対して、医学的治療を目的に医療機関に配布することは意味がある。なぜなら全体的予防効果を期待するのではなく、重症例や死亡例を減らすのが目的となるからだ、と言う。
 さらに、長期間使用による予防効果が明確ではないのだから、ガイドラインで推奨されていても、明確な答えが見いだされるまで、慎重に考える必要がある、とオイウルフスタットさんは語っている。
 2005年10月に、米国感染症学会(The Infectious Diseases Society of America (IDSA))は、声明文を発表した。
 ”個人的抗インフルエンザ薬の備蓄は、不適切な使用につながり、薬の浪費となる”、と主張し、さらに”施設が保健医療スタッフの予防のために薬を備蓄するべきではない。なぜならこうした戦略は膨大な量の薬剤供給を、戦略として薬剤を初期治療に用いる以上に必要とし、治療に必要となる国家的レベルの薬剤量の不足を招くからだ”。
 IDSAと米国保健疫学学会(Society for Healthcare Epidemiology of America (SHEA))では、地方保健局では患者の治療のために十分量の抗インフルエンザ薬を備蓄しなければならないと言っている。
 両学会は、保健局は十分量の薬剤を用意しておき、入院患者数や死者数の減少と、社会機能の維持を図らなければならないと助言している。

 以後、米国内のタミフル備蓄状況などの話が続く。

原文PDF

 感染中絶免疫(Aborted-infection Immunization):管理人が昨年(2007年)の岩波書店発行「世界3月号」で論じたタミフルの使用法と全く同じ考え方である。管理人は、パンデミックに際し、国民全てにタミフルを配布しておき、発熱したなら即服用させる方法を提唱した。感染初期にタミフルを服用することで症状の軽症化を図るが、ウイルス感染は起きているため、それに対する免疫も成立すると考えていた。予防投薬は結果的にワクチン接種するならば良いが、そうでなければパンデミック終了まで内服を続けるという状況になる。
Bird Flu Warnings Lifted in Gangwon Province  朝鮮日報(韓国) 江原道の鳥インフルエンザ警報解除
 韓国衛生当局は江原道の鳥インフルエンザ警報を解除した。これは5月以降、家禽から鳥インフルエンザ・ウイルスが新たに見つかる事例がない事を受けてのものである。
 1ヶ月前の5月4日に、韓国北東部の小さな町である春川市で鳥インフルエンザが発生した。江原道に鳥インフルエンザが到来したことを当局の隔離担当者が宣言したことで、同地域全体に60箇所の隔離管理センターが一日で設置された。
 現在、今週の時点で同地域への警告は解除され、家禽の間で鳥インフルエンザの兆候がないことから管理センターは閉鎖された。
 辛い鳥の揚げ物で有名な春川市は、鳥インフルエンザ騒動で激減した観光客数に思いをめぐらせている。普通なら外部からの観光客が訪れるが、現在は元に戻りつつある。
 安心した養鶏業者は、1ヶ月に渡った業務中断から立ち直るために仕事に励んでいる。全国の様々な地域で高病原性のインフルエンザが検出されたことで、インフルエンザの拡大により数千羽の鳥の殺処分という結果になった。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳

パダン:患者の幼児に関する続報Berita Flu Burung (インドネシア鳥インフルエンザ情報、個人ブログ)
 現地報道によると、患者は6月2日に近所の助産院に運ばれ、4日間看病を受けたが快方に向かわず、他の助産院にも運び込んだが、症状が変わらず、6月6日にM.Djamil病院に運ばれたとある。また、高熱を出す4日前に家族が飼育するニワトリが突然死んでいるとのことである。家族は当初、(病院からの)明確な説明が無く、患者の血液検査を拒否していたようである。

Bird Flu Causes Major Scare In Hong Kong dBTechno, MA  (米国) 香港で鳥インフルが脅威に
 香港市場でのH5N1ウイルス検出に関して。
Hong Kong facing yet another bird flu scare OverTheLimit.info, Canada (カナダ) 香港、鳥インフル脅威続く
 7日に明らかになった市場での鶏からのウイルス検出に関しての話題。
South Asian nations for early warning system on bird flu Bombay News, India  (インド) 南アジア各国、鳥インフル発生早期警戒システム構築へ
 南アジア各国は国境を越えた動物感染症の拡大防止と、鳥インフル対策として早期警戒システムを構築することを決めた。最近の西ベンガル州とトリプラ州での鳥インフル発生は、先に発生していたバングラデシュに原因があるとされている。
 南アジア地域協力連合(South Asian Association for Regional Cooperation (Saarc),)加盟8カ国のうち7カ国からの獣医局責任者からなる会議が2日間開かれ、10日、適時情報を公開すること、地域における獣医対策の積極的協力関係の構築を目指すことで合意された。:アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、ネパール、パキスタン、スリランカ、インド。
6月10日

西スマトラ、パダンで幼児がトリインフルエンザ感染疑いで入院 Berita Flu Burung (インドネシア鳥インフルエンザ情報、個人ブログ)
 西スマトラ州パダンのM.Djamil公立病院に再び鳥インフルエンザ感染疑いの患者が入院した。患者はパダン市のBungus Timur町Pinag村落の住民でイニシャルHAP(1歳3ヶ月)である。患者家族によれば、患者のHendriは、突然死亡した鳥との接触があったとされている。患者は、親によって6月6日金曜日に運びこまれ、症状は高熱と呼吸困難があり、最初は小児病棟で看護を受けていた。
 症状が鳥インフルエンザに似ていたため、すぐに隔離病室に移された、とM.Djamil病院の医務局長のIrayantiは、Padang Ekspresに昨日語っている。患者の親からの話によって、さらにその幼児がH5N1ウィルスに感染疑いが深まったとIrayantiは述べている。両親によれば、HAPが高熱を出す前に、自宅周辺でニワトリが突然死んでいる。現在のところ、患者はまだ高熱が続いている。「患者は呼吸困難のため、酸素吸入器をつけている。体温は現在38度である。」とIrayantは明らかにした。
 M.Djamil病院では、現在のところ、すでに患者の血液サンプルを採取し、すぐに保健省の検査機関Balitbangkesに送られる。本日も喉の粘液の採取が行われる予定である。感染疑いの間は、鳥インフルエンザ対処標準に沿って看護が行われる。患者の家族はマスク、帽子、防護服をつけ、患者に付き添う。

*この相木氏のブログは、インドネシア国内報道を翻訳しているものであるが、インドネシア政府が公的情報を公開しなくなった現在、非常に貴重な情報源となっている。

短期製造ワクチン、治験へ 新型インフル対策で 京都新聞 
 発生が心配される新型インフルエンザ対策として、製造期間を従来より大幅に短縮できるワクチンの開発を進めているUMNファーマ(秋田市)は10日、同ワクチンが厚生労働省から「希少疾病用医薬品」に指定されたと発表、今月中旬から国内で臨床試験(治験)を始めると明らかにした。
 希少疾病用医薬品の指定を受けると、優先審査や、開発費補助などの対象となり、開発の後押しとなる。同社は2010年に製造販売の承認申請を目指しており、治験と並行して秋田市で工場建設を進め、年間1000万人分の製造能力を確保したいという。
 同社が開発しているのは、新型インフルエンザに変異する恐れがある、鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスに対するワクチン。

 5月26日に報道
 ”ファーマ社が取り組むのは、ワクチンづくりに必要なウイルスの遺伝子を、昆虫(ヨトウガ)の細胞に組み込んで培養する技術。従来の実験で使う哺乳(ほにゅう)類の細胞よりも増やしやすいのが利点。有精卵の準備やウイルス株を弱毒化する工程が省け、流行しているウイルスを使ってすぐにワクチンを作ることができる。製造期間は従来の半年から2カ月に短くできるという。 ”


Fear of flying infections exaggerated, study finds Brisbane Times, Australia (オーストラリア) 航空機内感染の脅威は誇張されている:研究報告
 航空機内での感染症のリスクは一般的に誇張されすぎていることが、オーストラリア政府の研究で明らかになった。
 航空機内の空気が病原体で充満されているという考え方は、外部からの空気取り入れがなく、持続的に空気が循環していることが前提となったものである。オーストラリア輸送安全局(Australian Transport Safety Bureau)が報告書の中で発表した。
 もしフィルターを用いた空気再循環システムを採用しているのなら、航空機内の病原体感染に関する限り、その感染リスクはバスでの旅行、またはレストラン内での食事中の感染リスクよりも高くはないだろうと、報告書では説明されている。
 安全局の説明では、2002年のSARS発生、およびアジアでの鳥インフルの発生は、航空機による旅行中の感染危険性に関しての関心を集め出した。
 報告書によると、航空機内で感染する感染症としては、インフルエンザ、結核、およびSARSが知られている。
 しかし毎日世界中で運行されているフライトの数を考慮に入れるならば、感染症感染事例の頻度は比較的低い。
 さらに知られている事実として、感染者は発病者のすぐ側に位置していて、くしゃみや咳からの飛沫物で感染していると考えられ、循環している空気を介しているとは考えられないことがあげられる。
 客室内へ入ってくる空気は基本的に滅菌されており、空気の循環様式と頻回なる空気交換は感染の拡大を最低限に抑える効果を持っている、と報告書では説明している。

 最新の空気循環システムでは、客室の上部から空気が下部に流れ、同一列内で空気は再循環に入る。すなわち前方から後方に流れる空気の量は制限されている。そのように報告書では説明している。
北朝鮮、WHOに対し鳥インフルや手足口病の発生を否定  毎日経済 (韓国、ハングル)
 北朝鮮保健当局はWHOに対し、鳥インフルエンザ(AI)や手足口病の発生は9日現在まで一件もないと報告した、とアメリカの自由アジア放送(RFA)が10日発表した。北朝鮮と中国国境地域で鳥インフルエンザ、手足口病、コレラなどが発生したという噂について、WHOが北朝鮮政府に問い合わせた回答として、WHO東南アジア地域担当ニューデリー事務局のナライン博士が伝えた。
 ナライン博士は、WHOと北朝鮮保健当局は鳥インフルエンザ予防のために緊密に協調しており、北朝鮮は鳥インフルエンザの発生についてWHOに定期的に報告していると付け加えた。
 フランスに本部がある国際獣疫事務局(OIE)も、北朝鮮からの最新の報告書でも鳥インフルエンザは発生していないとしている、とRFAは伝えた。
 最近韓国の一部対北民間消息筋と人権団体である「良き友たち」のNews Letterは、北朝鮮北部地方で鳥インフルエンザや手足口病が発生したという噂が流れていると伝えたが、韓国政府当局者は、北朝鮮地域で観測された大々的な防疫作業は鳥インフルエンザの予防次元であると思われる、と述べた。H.I訳
N.K. denies rumors on bird flu outbreak: report  Yonhap News(韓国) 北朝鮮 鳥インフルエンザ流行の噂を否定 
 北朝鮮が鳥インフルエンザまたは手足口病(HFMD)が同国で拡大しているという噂を否定したと、ラジオの報道が火曜日伝えた。
 北朝鮮の衛生当局が世界保健機関(WHO)に今年に入り当局に報告された鳥インフルエンザまたはHFMDの症例は一件もないと通告したと、ワシントンに本部を置くラジオ・フリーアジアは伝えている。
 こうした否定は、1週間前に韓国の支援団体「良い友人(Good Friends)」が発表した報告に反応したものである。同支援団体による報告は、鳥インフルエンザまたはHFMDの疑いのある謎の流行が中国との国境沿いにある北朝鮮の町で拡大しているというものである。この疾病により、ここ数ヶ月で多くの北朝鮮の幼児が死亡している。こうした幼児は既に食糧不足による栄養失調に陥っていたという、国境地域に住む匿名の北朝鮮医師の発言を同団体は伝えている。
 共産主義国家である北朝鮮が2005年に高病原性の鳥インフルエンザの被害を受けて以降、WHOは北朝鮮に対し技術的・財政的支援を差し伸べその流行を予防しようとしてきた。それ以降、新たな症例は報告されていない。
 ニューデリーにあるWHO東南アジア事務所の感染症担当責任者であるジェイ・ナレイン氏によれば、国際機関であるWHOは北朝鮮の衛生当局と緊密に協力し鳥インフルエンザ流行を予防に努めており、北朝鮮政府も関連の報告書を定期的にWHOに提出しているという。
 フランスに本部を置く国際獣疫事務局(OIE)も、同事務局に提出された最新の北朝鮮からの報告書には鳥インフルエンザ流行に関する情報や報告はまったく含まれていないとしていると、同ラジオ放送は伝えている。
 北朝鮮は家禽に対し鳥インフルエンザ予防注射を施して隣接する韓国から鳥インフルエンザ・ウイルスが拡大しないようにしてきたと、北朝鮮の国営通信社は伝えている。
 鳥インフルエンザが1年以上ぶりに発生したことで、韓国は4月初旬以降で800万羽以上の鳥を殺処分している。しかしながら、鳥インフルエンザで死亡した韓国人は出ていない。
一方、中国の報道によるとHMFDはここ数ヶ月で1万人以上に流行し26人を死亡させている。死者の全ては幼児である。
 森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳

‘Bangladesh didn’t inform us about bird flu Financial Express, India  (インド) バングラデシュは鳥インフル情報を我々に伝えない
 インドは、ネパールとブータン両国の支持のもとに、バングラデシュから鳥インフルがもたらされていることを指摘し、バングラデシュが情報を隣国に迅速に伝えていないと非難の声明をだした。
H5N1 fears on smuggled chickens The Standard, Hong Kong  (香港) 香港の市場で検出されたH5N1鳥インフルウイルス、密輸鶏由来の可能性

 香港の市場で鶏の排泄物からH5N1ウイルスが検出された問題で、当局は市場の3店に鶏を出荷していた中国本土の農場を検査したがH5N1ウイルスが見つからなかったことから、密輸された鶏からウイルスが感染した疑いを強めて、密輸事例の報告書の詳細なるチェックを始めた。
 さらに当局は関係機関と連携して水面下で行われている家きんの不正売買の防止の強化を図ると発表した。
6月9日

Bangladesh gears up bird flu preparedness program  Xinhua(中国) バングラデシュ、鳥インフル患者対応計画を強化
 バングラデシュ暫定政府は、この5月 子供で初めての鳥インフル感染が確認されたあと、全国規模で鳥インフル患者対応計画を強化してきた。
 保健当局は、鳥から人間へ感染する猛毒性のH5N1ウイルスの発生を防ぐため、高度警戒を維持している。保健省の建設・維持・管理部隊は、暫定政府により 33の県立病院に隔離施設を建てるよう命じられた。
 「各病院には、鳥インフルに感染した患者を治療するために少なくとも4床がある。また、2007年3月に初めて発生した鳥インフルの時 始めた12の県立病院での監視に加え、さらに18の県立病院へも監視プログラムを拡大した。H5N1ウイルスの人への感染に取り組む準備計画の一環として、大量の抗ウイルス剤と防護装備を備蓄した」と、疫学疾病管理研究協会のマームドゥラ・ラーマン長官が語った。
 感染を診断するため、暫定政府は、インフルエンザウイルス全種類を分析するための迅速な方法である"RT-PCR法(real-time polymerase chain reaction)"を駆使する研究所を設立し、研究所の機械類はまもなく調達される。また、国際的な金融機関や貸付機関の援助を受けて、暫定政府はすでに相当数の鳥インフルについての保健関係の専門家や人員を訓練した。県レベルでは12人構成のチームが、地区レベルでは4人構成のチームがあり、全国で迅速な活動を展開している。この緊急対策チームの知識を最新のものにするため様々な訓練プログラムが実施されている。その他に、地区の下にある組合に226,100人のボランティアがいて、メッセージやパンフレットを戸別訪問して配り、一般の人々の意識を高めるために活動している。
 同国では今年の5月21日に初めての人での鳥インフルが検出された。米国CDC(疾病予防管理センター)が16ヶ月のバングラデシュ人幼児をH5N1に感染していると診断した。同国の最初の家禽での鳥インフルは2007年3月に検出された。約287の農場で確認されたH5N1ウイルスは、今年5月21日までに47の県で報告された。暫定政府は、これまで全国で160万羽以上の家禽を殺処分し、約220万個の卵を処分した。A.Tohda訳

Thailand to ask Japan to lift ban on processed chicken Thai News Agency MCOT(タイ) タイが日本に処理済み鶏肉の輸入解禁を求める
 タイ農業協力相・ソムサック・プリザナンタクル氏は、同国が鳥インフルエンザを現在駆逐していることから、早急に日本政府へタイの処理済み鶏肉の輸入解禁を求めていく。
 ソムサック氏によると、四日間にわたる東京でのタイフルーツアンドフードフェスタで日本の農林水産大臣に対しタイの家禽輸入禁止解除を検討するように求めるという。これはタイが4月25日に鳥インフルエンザが3ヶ月間発生していないと宣言したことを受けてのものである。
 同氏によると、農業協力省の家畜開発部は国際獣疫事務局(World Organization for Animal Health OIE)にも、タイが鳥インフルエンザを駆逐した旨を通知したという。
 OIEの規制では、感染地域を消毒して後3ヶ月の間検出されない場合には、ある国は致死性の恐れのある鳥インフルエンザを駆逐したと考えられるとしている。
 タイの処理済み鶏肉は日本への輸出額では第2位のもので、輸出額の平均成長率は2007年には10%超となっている。
 ソムサック氏は同時に日本の農林水産大臣に対し、国際的な家禽の組織的区画システム(compartment system)の認証状のタイへの発行検討を進めるように求めるという。
 タイは現在9件のこうした区画を設置しているとソムサック氏はしており、品質規準に対し全て認証を得ているという。
 タイの家畜開発部は日本当局の協力を得て、こうした区画を査察するべきだと、ソムサック氏は述べている。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳
6月8日


Chicken sales plummet in Hong Kong after bird flu is detected Earthtimes (press release), UK  (英国) 鳥インフル発生により、香港の鶏販売量急落
 香港の鶏販売量は、家きん市場でH5N1ウイルスが検出されたことから、8日急落した。
 町の市場で4000羽の鶏が売れ残り、国営ラジオによると、鶏の販売量は30%減少したと伝えられた。フェースマスクと感染予防衣を身に着けたスタッフが感染が見つかった市場の鶏2700羽を7日に殺処分したが、その光景は1990年代に鳥インフルが発生し、多数の市民の犠牲を引き起こした際の恐怖を市民に呼び起こしていた。
Virus previously killed vet Banbury Guardian, UK  (英国) 英国、検出ウイルスは以前獣医を死亡させたタイプ
 シェニングトン(Shenington)の農場で検出された鳥インフルウイルスは、2003年にオランダで獣医を死亡させたH7N7株であることが確認された。
 その際数十人の家きん農場従業者が結膜炎を発症した。

Outbreak of deadly bird virus at market Shanghai Daily, China  (中国) 市場で致死的鳥インフルの発生
 香港保健庁は、昨日鶏の排泄物から致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたことから、当該市場を閉鎖した。
 食料保健庁長官のヨーク・ショウ氏は、昨日午後に開かれた記者会見で、コウルーン(Kowloon)のポオンロード市場(Po On Road Market)が感染場所で、即時営業停止を指示した、と語った。
 チョウ長官によると、6月3日に3家きん販売店から集めた20件の排泄物の5件からH5N1ウイルスが検出され、即刻2700羽の鶏が殺処分された。
 「我々は現在もH5N1ウイルスの由来を調査している。他の64カ所の家きん市場からはH5N1鳥インフルの事例は報告されていない」、と長官は語った。
 長官によると、人での感染例は報告されていないが、保健庁では危険度を”警戒”から”重大”に引き上げた。
 食料保健庁では即刻中国本土からの家きん輸入を停止し、地方の養鶏場での売買を禁じた。長官によると措置期間は21日間である。

 長官の談話によると、中国本土の当該養鶏場では特に異常な事例は発生してなく、またこの数日間、市場の店の所有者から異常な鶏の死亡は報告されていないようだ。

 保健センター長官のトーマス・ツアン氏は、センターは生きた家きんと濃厚に接触した人々の健康チェックと抗ウイルス剤の処方を行うと語っている。

*中国では鶏にワクチンを接種しているが、そのためH5N1鳥インフルウイルスに感染していても発病はしないが、ウイルスは排泄する。今回の事例はそのような鶏が香港の市場に紛れ込んでいたと考えられる:管理人
6月7日

香港の市場で鳥インフルウイルス、輸入と出荷を即日停止 読売新聞 
 香港政府は7日、香港・九竜半島の市場から採取した鶏のふんから強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを明らかにした。
 ウイルスに感染した鶏が香港産か中国本土産か不明のため、香港政府は、鶏の中国本土からの輸入と香港の養鶏業者からの出荷をいずれも即日停止した。
 香港政府によると、ウイルスは今月3日に採取した鶏のふんから検出され、ウイルスが見つかった市場の鶏2700羽を処分した。
 香港政府は、ウイルス感染した鶏が今後市場でさらに発見された場合、香港内のすべての鶏を処分するとしている。
Hong Kong slaughters 2700 poultry after detecting bird flu in market International Herald Tribune, France  (国際) 香港、市場でH5N1鳥インフル発生のため2700羽の家きんを殺処分に

AP

 香港の保健当局者達は7日、市場で鶏からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたため、2700羽の家きんを殺処分した。
 もし他の市場でもH5N1鳥インフルウイルスが検出されたなら、香港内の市場の全ての生きた家きんの殺処分が行われ予定とされる。
 「市場でウイルスが検出だれたから、この市場の全ての鶏を殺処分する。もし他の市場でもウイルスが検出されたなら、リスクは非常に高いと考えられ、我々は全ての市場の鶏を殺処分するだろう」、と食料保健省長官が語っている。
 ウイルスは6月3日に鶏の排泄物から見つかった。
 保健当局は当該市場を感染地域と指定し、全ての売買を停止とした。
 また21日間、中国本土と地方の農場からの生きた家きんの供給は禁止される。

 香港では時折野鳥がH5N1鳥インフルで死亡しているが、大きな流行は1997年にウイルスが6人を死亡させて以来起きていない。その際は香港内の全家きん150万羽が殺処分された。
Hong Kong finds H5N1 bird flu in poultry market Reuters  (国際) 香港の家きん市場でH5N1鳥インフルが検出
 香港政府は、多くの市場が並ぶ一角の家きん市場で、恐れられているH5N1鳥インフルウイルスが検出され、2700羽の鶏の処分が指示されたと発表した。
 当局によると、政府は中国本土からの家きんの輸入を、21日間禁止した。
Hawaii begins testing some arriving travelers for flu CIDRAP, MN (米国) ハワイ、到着旅行客を対象に鳥インフル・スクリーニング訓練

 ハワイ州保健局によると、ホノルル国際空港で、今週、初の到着客を対象とした鳥インフルスクリーニング検査の実地訓練が、実際の現場で行われた。予定通りスムーズに行われたと発表された。
 ボランティアを活用した模擬訓練でのモルモット役は、ハワイ航空でオーストラリアのシドニーから到着した乗客で、飛行中にアンケート用紙への記載を求められ、空港に到着後に回収された。訓練の目的はパンデミック・インフルエンザ、または他の感染症発生に際して、乗客が感染しているか否かのスクリーニングである。
 非常にスムーズに事は運ばれ、149人の乗客のスクリーニングは10分半で終了した。
 乗客の中に病的症状を訴えていた人はいなかった。
 もしインフルエンザ様症状の乗客がいた場合は、咽頭拭い液でのインフルエンザ診断迅速キットでの検査を受けてもらう予定になっている。
 


WHO upset over Indonesia's shift in avian flu reporting CBC.ca, Canada  (カナダ) WHO、インドネシアの鳥インフル患者公表方式の変更に当惑

印刷用ファイル
 6日、インドネシア保健相は、今後インフォネシアでは鳥インフル死亡者が発生しても、即時公表はしないと発表した。-専門家によると、WHOが定めた世界の保健条約の柱となっている、”国際保健規則”に違反する政策となる。
 さらに国際法の専門家は、インドネシアが6ヶ月に1度の死者数の発表という危険な行動に、自分たちの要求を賭けているとしたなら、それは危険なゲームであると警告している。
 「インドネシアは今サイコロを転がしている。分離ウイルスの共有と、死者数の発表と二つの目が入ったサイコロだ」とインディアナ大学の米国と世界の安全保証研究センターのデービット・フィドラー氏は語っている。
 「もしH5N1ウイルスが変異したなら、自分はそれがどこで起ころうが構わないが、その株はジャカルタ株として知られるようになるだろう。なぜならH5N1鳥インフル対策に必要な世界的警戒態勢に参加することに、インドネシアが抵抗したことを原因と皆が考えるからだ」。
 フィドラー氏は、インドネシア保健相のシチ・ファディラ・スパリ女史が5日に発表したコメントに反応しようとしている。
 保健相の発表は、インドネシアにおける鳥インフルの死者の発表は、同国のイメージを悪くすると共に、政府が鳥インフル対策に懸命に努力して得た成果や、対策の強化内容等を覆い隠してしまう弊害があることを示唆している。
 「これらの死亡者を発表して、我が国にどれだけの得がある?」、とスパリ女史はインタビューの中で、AP記者に質問した。
 2007年当初からスパリ女史は、WHOの世界インフルエンザ監視ネットワーク(世界中のインフルエンザ研究機関のネットワーク、WHOへの協力機関)との共同作業の量を大幅に減じた。ネットワークは人のインフルエンザウイルスを追跡していて、毎年のインフルエンザワクチンの適正な組成を各国に助言している。
 センターはまた、パンデミックを発生するウイルスにも厳重な監視を続けていて、この5年間は、センターの大型レーダースクリーンに高度毒性H5N1ウイルスの拡大地域が映し出されている。

インドネシアはウイルスの国際社会との共有を拒否

 しかしながら、H5N1鳥インフルウイルスにどのような変化が起きているのか追跡しているWHOの労力は、昨年の初頭からインドネシアのウイルス提供拒否という行動によって妨害されている。スパリ女史は、インドネシアが提供したウイルスで製造される全てのワクチンが公正に、インドネシアとの間で共有されるまでは、ウイルスは提供しないと主張している。
 このような論争の間でもインドネシアは、H5N1鳥インフル患者と死亡者に関しての情報は発表してきた。しかし今回の発表は、死者数に関しては後からまとめて発表するというものである。
 WHOの報道官は、公式に政策の変更をインドネシアから伝えられていないが、保健相の発表の真偽を確かめている、と語っている。
 「我々は報道された内容が、実際に同国の政策の変更を伝えているのか否かを確認したい」、とジュネーブのジョン・レインフォード報道官が語った。
 上述インディアナ大学のフィドラー博士は、インドネシアは「国際保健規則」の妨害を意図しているのだろうと説明する。そのためにスパリ女史が脅しをかけていると考えられる。
 国際保健規則(IHR)は、良く知られているが、世界的に危険な疾病と分類されている疾病が発生したときに迅速な報告を各国に要求している。2005年にIHRが改正された時、SARS、ポリオ、天然痘、鳥インフルの人での発病が注意すべき疾病として分類された。改正された規則はインドネシアを含むWHOの193加盟国で承認された。
 保健規則では、新規H5N1鳥インフル患者が確認された場合、24時間以内に報告、そして死者が出た場合は、適時報告するように義務づけている。
 年に2度の報告は、規則で決められている適時性には合致しない、とフィドラー博士は語る。
 レインフォード博士もインドネシアがこのまま、その姿勢を保つならば、それは国際保健規則で決定されている事項を無視することになる、と語っている。
 「私は思うに、それは国際保健規則を承認したインドネシアを含めた193カ国が、鳥インフルは注目すべき危険な感染症であるという認識と、それ故発生した時の詳細報告は義務であるという認識を抱いていなければならないという、立場上の責任感の問題である」、と同氏はジュネーブから電話で語った。
 「しかし、再度強調するが、我々はインドドネシア保健相の発表を確認していないので、あくまでも推測として語っているだけだ。もし本当なら極めて重大な問題に発展するかも知れない」

 ミネソタ大学の「感染症研究と政策」センター長のマイケル・オスターホーム博士も同様に、当惑の意を表している。
 「これは公衆衛生上の危機を避ける上で陥りやすい、極めて危険な状況だ」、と同博士はミネアポリスから電話で答えた。
 「SARSの際に、状況を全て公開しないことで、何が起きるか周知しているはずだ」

 2003年末以来、世界15カ国で383人のH5N1鳥インフル患者が報告されている。そして241人が死亡している。致死率は63%に上っている。
 インドネシアは世界の報告数の三分の一を占め、さらに致死率は81%と際だって高い。
 同国は2005年7月以来、133人が患者として確定され、108人が死亡している。

Indonesia to cut bird flu reporting The Age, Australia  (オーストラリア) インドネシア、鳥インフル報告回数を年二回に
 インネシアは鳥インフル報告政策を変更し、死亡者報告を年2回に限定すると発表した。
6月6日


Indonesia Stops Announcing Human Bird Flu Deaths on Case-by-Case Basis Voice of America (米国) インドネシア、鳥インフル死者の即刻公表を中止に
 インドネシア保健相は、鳥インフル事例の公表方法を変更すると発表し、今後、人の死亡事例が発生しても、即時発表は控えることに決定したと語った。

 シチ・ファディラ・スパリ保健相は5日、インドネシアは今後鳥インフル死者の発表を、2,3ヶ月ごとにまとめて、多分数例づつ発表すると語った。同女史は、死者が出たときに即刻公表することが、インドネシアにとって何らメリットは無いことを示唆した。
 WHOはインドネシアで少なくとも108人が死亡していることを確認している。世界では241人の死亡が確認されている。

 インドネシア保健相は、同国の鳥インフル対策で、論争を巻き起こす姿勢をとり続けてきた。
 同女史は昨年、WHOを主とした国際的保健研究者達へのウイルス提供を停止し、自分たちの利益のためにウイルスを利用しない団体とだけ、ウイルスを共有すると発表した。
 スパリ女史は、インドネシアのような途上国には高価で購入できないようなワクチンを製薬会社が製造していることに懸念を表した後、インドネシアの政策を変えた。
 WHOは、検体提供は各国の自由意志であるが、各国からのウイルスを研究者達が分析することで、ウイルスの変異過程を追跡することが出来ていると説明している。
 科学者達は、ウイルスが人に感染しやすくなり、世界的パンデミックを生じることを懸念しているため、ワクチン開発が望まれている。

 現在、ほとんどの人発病事例は発病、または死亡した鳥との直接的接触が原因となっている。.
Indonesia changes policy on reporting bird flu deaths Reuters (国際) インドネシア、鳥インフル死者発表の方針を変更

6月5日


No bird flu in humans for now Viet Nam News, Vietnam (ベトナム) 現在は人での鳥インフルは発生していない:ベトナム
 ベトナムは過去100日間、人での鳥インフル発生を認めていないと、国家鳥インフル対策委員会が発表した。しかし同委員会は鳥インフル封じ込め対策は終わったのではなく、引き続き態勢は維持してゆく必要があると強調した。
Indonesia says it will no longer formally announce bird flu deaths Metro Canada - Halifax, Canada  (カナダ) インドネシア、鳥インフル死者報告を中止に
 下方のAP通信内容。

DA bans Denmark birds, poultry Philippine Information Agency(フィリピン) フィリピン農業省、デンマーク産の鳥や家禽の輸入を禁止
 アーサー・ヤップ農業長官は、農業省の隔離担当者・監視官に対し同国の主要な全ての空港・港湾でデンマークからの生きた鳥・家禽・家禽製品の搬入停止と押収を指示した。
 農業省による記者向けの発表によると、ヤップ長官による禁止命令は、デンマーク南部・スヴェンボー市のステンストラップにある家禽飼育場で低病原性の鳥インフルエンザの検出が国際獣疫事務局により確認された事を受けてのものである。感染したのは、ガチョウ・ニワトリ・アヒル・マガモである。
 国民の健康と国内の家禽産業保護のためにフィリピンは他にも、韓国・サウジアラビア・ポーランド・西アフリカのベナン共和国などの国からの鳥・家禽・家禽製品の輸入も禁止している。
 同農業長官はまた、ダビノ・カトバガン畜産局局長に命じてダバオ市とジェネラル・サントス市の空港・港湾での予防措置実施を強化させている。これは両市がアジアで鳥インフルエンザが流行している国の一つであるインドネシアに近接しているためである。
 フィリピン・ブルネイ・シンガポールの三カ国は、アジアで鳥インフルエンザが流行していない数少ない国であると、農業省による記者向けの発表はしている。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳

Japan reimposes ban on British poultry imports People's Daily Online(中国) 日本が英国産家禽の禁輸を再実施
 日本政府の水曜、英国からの家禽輸入を再度禁止する決定を発表した。これは同国で、鳥インフルエンザが再び発生したことを受けてのものである。
日本は英国産家禽の輸入禁止を2007年11月に実施している。これは高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスの流行によるもので、5月26日には禁輸を解除していた。
英国で新たに確認された鳥インフルエンザは、より病原性の低いH7ウイルスによるものである。
日本の農林水産省は、この新たな鳥インフルエンザが日本に侵入する恐れは余りないとしている。これは英国産家禽が、前回の禁輸解除以降は搬入していないためである。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部)訳

Indonesia says it will no longer formally announce bird flu deaths Newsweek (米国) インドネシア、鳥インフル死者報告を中止に
 AP

 先月インドネシアで15歳少女が鳥インフルで死亡したが、インドネシア政府は、今後情報を公表しないことを決定したと発表した。理由は鳥インフル発生でイメージダウンした同国のイメージ回復のためとされる。
 保健相のシチ・ファディラ・スパリ女史は、今後、死亡者が発生しても即公表しないと語った。しかし時々数例をまとめて発表することを約束した。
 「死亡者を公表して我々に何の得があるの?」と、同大臣は、南部ジャカルタに住む少女が5月13日に検査で鳥インフル陽性が確認された翌日死亡したことを発表し、その後にこのような言葉を口にした。
 インドネシアのこのような決定は、同国の公式発表をまつWHOを困惑されることは必須と思われる。
H5N7 Bird Flu Strain Found In Arkansas Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) アーカンサス州での鳥インフルはH5N7亜型株と確認
 米国で2番目に大きい養鶏会社のチソン・フードで検出された鳥インフルウイルスはH5N7亜型株と確認されたが、それは人には危険性のない株である。
新製法で新型インフル対応ワクチン生産 秋田の企業 河北新報 
 秋田市に本社のあるバイオベンチャー、UMNファーマ(金指秀一社長)は、新しい技術による新型インフルエンザワクチンの製造に乗り出す。同市御所野の秋田新都市工業団地に製造工場を建設し、2010年10月から本格稼働する。
 同社によると、ワクチンは「UMN―0501」。新型インフルエンザウイルスの遺伝子情報を基に、遺伝子組み換え技術を使い、ワクチンとなる毒性のないタンパクを精製する。製造期間は約8週間。ウイルスを工場に持ち込まないため、感染の危険性はない。この製法で新型インフルエンザワクチンを製造するのは国内で初めてという。
 新しい製造工場は、同工業団地の敷地約1万3000平方メートルに、延べ床面積約4000平方メートルの規模で建設する。今秋着工し、事業費は約20億円。臨床試験を経て国の承認を得た後、10年10月、約30人態勢で稼働する。
 当面、年間約1000万人分のワクチンを生産する見込みだが、設備の増設により、年間1億人分まで生産能力を高められる。 新型インフルエンザのワクチンは、国内では、ウイルスをふ化鶏卵に感染させ増殖する方法が一般的だが、鶏卵の確保やウイルスの弱毒化が必要で製造に6カ月以上と時間がかかる。
 同社は「新型インフルエンザに対する危機感が高まっている。より多くに人々に一刻も早くワクチンを供給できる体制を整えたい」と話している。
[新型インフルエンザ] 強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが変異し、人から人への感染が容易になる新型インフルエンザに変身し、世界で大流行するのではないかと懸念されている。人のほとんどが免疫を持っていないため厚生労働省は、国内で死者17万―64万人を予測。鳥インフルエンザは本来、人へ感染しないとされたが、世界で200人以上の死亡が確認されている。国内での感染例は報告されていない。秋田県や青森県で今春、オオハクチョウからH5N1型ウイルスが検出された。

British bird flu outbreak 'highly pathogenic': officials AFP  (国際) 英国:発生鳥インフルは”高病原性”
 イングランド中央の農場で発生したH7亜型株による鳥インフルは、高病原性であることが当局から4日に発表された。
 当該農場も全鶏は処分されたが、ウイルスは人にはそれほどの危険視はないとされている。ウイルスは3日にオクスフォードシャーのバンバリーの農場で検出された。
 「獣医局責任者(The Chief Veterinary Officer )は、バンバリーの農場で衰弱していた鶏から検出されたH7亜型鳥インフルウイルスが、高病原性であることを確認した」、と環境食料農業省(DEFRA)が発表した。 
 高病原性とは、ウイルスが比較的高率に(家きんで)感染症を生じることを意味する。
 日本は英国からの家きんの輸入を停止することを発表した。
State: All chickens exposed to bird-flu killed, buried Biloxi Sun Herald,  USA  (米国) アーカンサス州:鳥インフルウイルスに暴露した全鶏は殺処分に
 北西アーカンサスのチソン・フード(株)の農場で鳥インフルウイルスに暴露した全鶏は処分され、埋められたと、州当局では発表した。
 定期的血液検査でH7N3鳥インフルウイルスに対する抗体が検出されたためであるが、同株は毒性が弱く、人への感染は心配ないとされている。
 チソン社は他の鳥1000羽以上の血液検体を提供したが、当局の検査ではウイルス抗体は検出されなかった。
Bird flu strain 'highly pathogenic' Guide and Gazette, UK  (英国) 発生鳥インフルは”高病原性”
 昨夕以来英国全土で報道。

 英国オクスフォードシャーの農場で検出された鳥インフルは高病原性であることが当局で確認された。
 3日にバンバリーの農場で弱っている鶏からH7亜型株が検出され、全ての鶏が殺処分された。
 詳細な分析が現在為されていて、ウイルスがH7亜型の中のどの株か近日中に明確になる。当局では人には感染の心配はないと言っている。

New bird flu plan suggests more drug stockpiles National Post, Canada (カナダ) 米国、改訂パンデミック対策計画、抗インフルエンザ薬備蓄量の増加を求める
 下記ロイター記事。

New US bird flu plan suggests more drug stockpiles Reuters  (国際) 米国、改訂パンデミック対策計画、抗インフルエンザ薬備蓄量の増加を求める

Maggie Fox, Health and Science Editor, Reuters 

有名なマギー・フォックスの論説
印刷用ファイル
 米国政府の改訂パンデミック対策ガイドラインでは、国民を感染から守るためにさらにタミフルの備蓄量を増やすことを提案し、また各家庭での感染予防のためのマスクの備蓄を薦めている。
 ガイドラインでは初めて感染予防のために、タミフルとリレンザを使用することを提案し、さらに企業に対して従業員の治療や予防のために前もってこれらの抗インフルエンザ薬を購入しておくことを薦めている。
 またガイドラインでは、市民にどの程度の数のマスクを備えておくべきかも明示している。

 米国政府は現在5000万人分の抗インフルエンザ薬を備蓄している。さらに各州は、連邦政府の助成のもとに計3100万人分の薬を購入することが出来、計画では合計8100万人分の抗インフルエンザ薬を備蓄する予定になっている。
 保健福祉省のパンデミック行動計画担当者の一人で、この改訂ガイドラインの大部分を書いたベン・シュバルツ博士の説明では、今回の提案では抗インフルエンザ薬の備蓄量は、パブリック・コメントも反映して1億9500万人分まで増量することを考慮している。
 ガイドラインでは、感染予防のための薬の使い方まで詳細に記載している。
 「保健医療従事者と緊急業務従事者の感染予防のために、抗インフルエンザ薬の発注と備蓄の責任は、基本的に保健機関、または緊急業務提供機関に課せられる。業務に携わる従事者を感染から守る責任があるからだ」、とシュバルツ博士は電話取材で語っている。
 同博士によると、連邦政府はインディアン保健局(Indian Health Service)と退役軍人局(Veterans Affairs Department,)で働く、連邦政府所属の保健医療従事者に対する抗インフルエンザ薬は購入する予定のようだ。

根付いてしまったウイルス

 抗インフルエンザ薬

 現在パンデミックに対する最大の脅威はH5N1鳥インフルエンザに向いている。それは多くのアジアの地域で鶏やアヒルの間に根付いてしまい、また、ヨーロッパ、中東やアフリカの一部の地域でも時折発生している。人の間での感染は希とは言っても、2003年以来15カ国で383人が発病し、241人が命を失っている。
 ロッシュ社とギリード・サイエンス社(Gilead Sciences)が製造するタミフル、または一般名オセルタミビルと、グラクソスミスクライン社とビオタ社(Biota)が製造するリレンザ、一般名はザナミビル、の両薬剤は、季節性インフルエンザと鳥インフルエンザの治療に用いられるが、また予防にも使われることもある。
 ワクチンは世界で数社がH5N1ウイルスに対して製造しているが、それらが変異したパンデミック・ウイルス株にも間違いなく効果を発揮するかは不明で、また(パンデミック時に)十分量備蓄されているかも分からない。また他のウイルス株がパンデミックを起こすこともあり得る。
 「1918年のスペインインフルエンザのようなパンデミックが生じた場合、その第一波による被害は、抗インフルエンザ薬の使用で14万4000人の死者を減らし、185万人の入院患者数を減らすことが出来る」、とガイドラインでは説明している。

 マスクと特殊マスク(レスピレーター)

 別な提案では予防用マスクとレスピレーターと呼ばれる特殊マスクの備蓄を薦めている。
 「適切な使用で、一人の介護者は一人の対象者のケアに1日数回レスピレーターを使用できる。そうした理由で家庭に20個のレスピレーターの備蓄が適切であろう」
 
 「パンデミックは各地域で6~12週間続くと考えられる」
 ガイドラインではそのように付け加え、
 「外出して仕事などで社会的に人々に接することを避けられない人々は、100枚程度のマスクを備蓄しておくと良いだろう」、と記載している。
 
 企業における抗インフルエンザ薬の備蓄

 三番目の提案として、企業の雇用主に対して従業員の感染予防のために抗インフルエンザ楽を備蓄しておくことを薦めている。
 ロッシュ社によると300社以上がパンデミック対策としてタミフルを購入していて、さらに数百社が発注しているとされる。

 マスク:日本で言うところの使い捨てマスクで外科用マスク他、歯科用マスク等。
 レスピレーター:原文によるとN95マスクを含め、フィルターが装着されているものを意味する。

米国保健福祉部公開原文

 ロイターの医科学記事のライターであるマギー・フォックスの論説は非常に参考になる。医学雑誌のレビュー並の内容である。 

Notice of Availability of Draft Guidances to Assist in Preparation for an Influenza Pandemic US.HHS (米国保健福祉省) パンデミック・インフルエンザ対策のためのガイドライン草案へのパブリックコメントの募集
 米国政府がパンデミック・インフルエンザ対策のためのガイドラインの草案を作成。そのパブリックコメントを求めている。
 ガイドラインは3部から構成され、1)感染予防用マスクと高度マスクの個人と家庭における使用方法と備蓄に関して、2)パンデミック時のための抗インフルエンザ薬の備蓄に関して(行政機関)、3)企業雇用主の抗インフルエンザ薬の備蓄に関して。

 各部分に関するガイドラインは個別に上記ウエブに掲載されている。
 
 概要に関しては、上記ロイターで、有名なライターのマギー・フォックスによりまとめられている。
6月4日


 H7亜型鳥インフルの人への病原性:H7亜型ウイルスは、家畜伝染病法上、高病原性鳥インフルエンザに分類されるが、多くは弱毒性で鶏に対して致死的毒性は持っていない。さらに人への病原性もないとされる。
 しかし中にはこれまで人へ感染し、死亡させた株もある。H7N7株がそうであり、オランダで多数の人への感染と1人の死亡者を出している。また家族内感染も確認された。詳細は国立感染症研究所の報告を参照。
 さらに先月末に紹介された、H7亜型株の分析により、ウイルスが人に適合してきている可能性もあることから、H5以外の高病原性鳥インフルであるH7亜型株に関しても警戒する必要がある。

Bird flu strain 'highly pathogenic' Evening Leader, UK  (英国) 英国、発生鳥インフルは高病原性と確認
 英国オクスフォードシャーの農場で検出された鳥インフルは高病原性であることが当局で確認された。
 3日にバンバリーの農場で弱っている鶏からH7亜型株が検出され、全ての鶏が殺処分された。
 詳細な分析が現在為されていて、ウイルスがH7亜型の中のどの株か近日中に明確になる。当局では人には感染の心配はないと言っている。
15000 Ark. hens test positive for bird-flu exposure USA Today  (米国) アーカンサスで15000羽の鶏が鳥インフルに暴露
 下記と同様内容。
15000 hens in Ark. positive for bird-flu exposure San Diego Union Tribune, United States (米国) 米国、アーカンサスで15000羽の鶏が鳥インフルに感染
 アーカンサス州の北西部の”チソン食料(株)”の養鶏場で検査の結果、人には無害な鳥インフルウイルスが鶏に感染していることが判明したために、15000羽の鶏が殺処分される。
 州の家畜家きん委員会が定期的検査で明らかになったことを発表し、また連邦政府の農業省も確認した。現在、鶏間で感染が広がっているのではなく、ウイルスに暴露されて一斉に感染したと説明されている。
 株はH7N3亜型で、アジアで人にも感染しているH5N1株とは異なり、人に対しては心配ないとされる。

Chickens test positive for bird flu Sleaford Today, UK (英国) 英国、養鶏場の検査で鳥インフルが検出
 下記と同内容。

H7 strain of bird flu found on British farm The Observer Blog, UK (英国) 英国の農場でH7亜型鳥インフルが発生
 オクスフォードシャーの養鶏場で、検査の結果H7亜型鳥インフルが発生していることが確認されたとDEFRA(環境・食料・農業庁)が発表した。
 感染鳥が確認されたバンバリー近くの農場で全鶏が予防対策として殺処分される予定になっている。
 保健局(Health Protection Agency)によると、H7亜型鳥インフルは広く鳥の間で見られる感染症で、簡単には人には感染しないという。これらの事実にも関わらずDEFRAでは、ウイルスが高病原性鳥インフルでないかの確認を続けると発表している。(今回発見されたH7亜型株は、鶏を殺さない低病原性鳥インフルと考えられる:訳者)。
 一方、周辺地域では3キロ以内のコントロール地域と10キロ以内の警戒地域が設定された。
 H7亜型株は時には人に感染するが、H5N1鳥インフルに比較すると毒力は遙かに弱い。
Mysterious epidemic hits North Korea The Post, Pakistan (パキスタン) 原因不明の流行病が北朝鮮で発生
 昨日報道のAFP内容。
New hope in bird flu fight The Standard, Hong Kong  (香港) 鳥インフル治療に新方法が開発
 香港の研究者達がH5N1鳥インフルに対する薬物カクテル療法を開発し、マウスを使った実験で生存率が4倍にあがることを確認した。
 香港大学の13人の研究者達が発表した研究論文によると、H5N1鳥インフルウイルスを接種されたマウスに48時間後から、抗インフルエンザ薬のザナミビル(リレンザ)と非ステロイド性の抗炎症薬のセレコキブ(celecoxib)とメサラジン(mesalazine)の3剤を投与し、生存率の大幅な増加と、時々致死的となる過剰免疫反応を抑えることを確認した。
 研究者達は次に人での臨床研究を行う予定と語っている。
  
投与薬剤 生存率 生存期間
カクテル 53.3% 13.3日
ザナミビル 13.3% 8.4日
無し 0% 6.6日

 肺の傷害程度や全身の炎症程度は、ザナミビルだけの投与に比較し、カクテル療法を行った群では明らかに低かった。
 研究者達によるとカクテル療法は、時々致死的となる過剰免疫反応の”サイトカイン・ストーム”を抑制する効果があるとされる。
 ザナミビル単独ではウイルスの増殖は抑えるが、抗炎症効果や致死率減少をもたらさない。
 一方、セレコキブやメサラジンは、生体の防御反応を落とすことなく、サイトカイン産生を抑制する。一方、ステロイド剤は全てを抑制する。

 研究者の1人であるユエン博士は、人に用いた場合、致死率は20%まで減少させることが出来るだろうと語り、今後、人での臨床試験を行う予定のようだ。

 微生物学教室の準教授ツエン・ボジアン(Zheng Bojian)博士を筆頭とした研究者達の研究論文は、米国の著名な国際的科学雑誌である「国立科学アカデミー紀要」の今月号に掲載される。
6月3日

Mystery epidemic hits NKorea: aid group  France24, France (フランス) 北朝鮮で原因不明流行病が発生:人権保護団体が報告

Mystery epidemic hits NKorea: aid group AFP  (国際) 北朝鮮で原因不明流行病が発生:人権保護団体が報告
 中国国境沿いの北朝鮮で原因不明の流行病が発生し、数十人の子供達が死亡していると、ソウルに基盤を置く人権保護団体が3日発表した。
 北東部のヘリョン市で4月27日以来感染力の強い流行病が発生し、毎日5,6人の子供達が死亡していると、人権保護団体である”Good Friends”が発表した。
 北朝鮮保健当局では正確な診断をつけられず、また拡大防止にも着手出来ていない。
 北朝鮮の医師達は、鳥インフルかも知れないし、手足口病かも知れないと考えているようだ。”鳥インフルが拡大している”、と同グループは、一人の医師の談話を伝えている。
 また同団体は別な医師の談話として、手足口病が中国から広がってきている可能性があるとも伝えている。手足口病は中国で数十人の子供達の命を奪っている。
 流行は主として国営の保育所や幼稚園で起きていて、成人での発生は報告されていないと医師が語っている。
 同団体の発表によると、症状は発熱、咳、咽頭痛、そして食欲不振で、さらに国境沿いに他の町に広がっている。
 貧しい北朝鮮では、今年韓国で鳥インフルが大流行して以来、その拡大防止のために大々的キャンペーンを繰り広げていた。
 北朝鮮では2005年に鳥インフルが発生した際に21万羽の鶏を殺処分し、WHOにより提案された対策に従って、鳥インフルを封じ込めている。
 韓国では4月1日に見つかった鳥インフルが流行し続け、未だに対策に追われている。

*状況と症状から考えると、手足口病の可能性が高い。しかし症状の一つである発疹が伝えられていないことが気になるのと、手足口病は臨床的に診断は難しくはないので、もしかしたなら鳥インフルの可能性も頭に入れておく必要がある。

新型肺炎終息5周年、シンガポール当局は予防対策を強化 アジア エックス (シンガポール、日本版)

 シンガポールが新型肺炎(SARS)に見舞われたのは5年前で、238人が感染し33人が死亡した。政府はSARSを含む伝染病への対策を強化しており、保健相の権限も強化した。
 病院のSARS対策では、公営病院の病床を集中治療室(ICU)に改造する作業が行われている。改造費用は1床当たり10万Sドル(約780万円)ほどで、130の病床が対象。現在あるICUは188室で、稼働率は70%弱。
 保健省広報官は「病気の大流行がいつ、どの程度の規模で発生するか知りようがない。このためそうした緊急事態に対する能力整備が必要だ」と語った。
 公営病院の隔離病室は、SARS以前の135室に対し、現在は492室。新型インフルエンザの治療薬とされるタミフルの備蓄は100万錠(100万人分:管理人)で、購入に3,500万Sドル(約27億円)を費やした。マスク、手袋は6カ月分の用意がある。
 SARS患者の収容体制が整っているタントクセン病院では医療従事者が病気休暇をとる場合、症状を申告することを求められ、場合によっては血液、尿を検査のため提出しなければならない。
 医師は患者経由で病気に感染する恐れがあるためだ。病院の玄関も、伝染のリスクの高い患者は入り口を別にした。

* シンガポール:人口448万人。タミフル備蓄量は1人分10錠であるが、この場合価格から計算すると100万人分のはずである。すなわち人口の25%分の備蓄量である。

Uganda Intensifies Fight To Prevent Avian Flu. Voice of America  (米国) ウガンダ、鳥インフルの予防対策を強化
 首都カンパラにインフルエンザ研究所が開設され、東アフリカ地域の鳥インフル監視が強化される。研究所は首都マケレレ大学の獣医学部に付属されている。関係者によると研究所の設立は、マケレレ大学と米国のウォルター・リード米軍医学センターとの共同プロジェクトによる。
 設立の目的は鳥インフルとインフルエンザ様ウイルスの監視を行うためとされる。
 ウガンダには他にエンテベ(Entebbe)に国立インフルエンザセンターがあり、そこでは人の検体検査を行っているが、今回設立されたセンターでは人以外の検体を扱う。
 マケレレインフルエンザ研究所は世界中の研究所のネットワークに組み入れられている。

System sniffs out respiratory infections Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイの病院、呼吸器感染症を検知するシステムが導入

 鳥インフルのような呼吸器感染症を早期に検出するために、ラジャビティ( Rajavithi)病院は病院受診者の体温を検知して、スタッフに発熱患者の存在を警告するシステムを導入した。
 システムは病院の外来に設置される。高熱を呈した患者は迅速に検査を受け、適切な医学的監視下におかれる。
 過去の調査では、10~15%のスタッフは外来患者から感染症が移されている。当モニターシステムが導入されることで、スタッフは受診の体温を個別に計測する必要がなくなり、スタッフが受診者からSARSや鳥インフルのような呼吸器感染症をうつされる危険性が減る。
 モニターは0.03秒で体温を計測し、同時に3~4人を計測する。
 

*発熱患者スクリーニング・システムを病院玄関に設置する必要性は、日本でもあるのか不明。発熱の有無を自己申告に従って、外来を振り分ける方法では、途上国では機能しないのかも知れない。また新型インフルが発生したときは、機械的に振り分けることが出来るから、その方が安全かも知れない。
6月2日

[科学の窓] AI見物だけの環境府  KUKI News (韓国、ハングル)

 論説

 昨年10月、日本の環境省から韓国環境府に、冬期渡り鳥の移動に関する共同研究要請書がに届いた。2006年冬に発生した鳥インフルエンザ(AI)に対し、アジア国家が共同で対処する必要があり、韓国に飛来する鴨を捕獲して渡り鳥の移動経路を追跡しようという内容だった。しかしこの要請は結局実現しなかった。環境府が協力しなかったからだ。
 今春に東南アジアに南下していた渡り鳥が北方に戻る過程でウイルスを韓国にまき散らしていった、とする、多少乱暴な仮説を持つ専門家が、韓国の環境府の業務怠慢さが、今回の韓国と日本におけるH5N1鳥インフル発生を招いたと批判する論説。
 このような厳しい論説を掲載出来る韓国のマスコミは健全なのかも。
 H.I.氏訳による全文
Study shows hybrids of bird flu and human flu viruses fit well ... CFTKTV, Canada  (カナダ) H5N1鳥インフルウイルスと人インフルエンザウイルスは容易に遺伝子組み換えが起きる:研究報告
 H5N1ウイルスと人のインフルエンザウイルス(香港型:H3N2)は、試験管内で遺伝子交換が行われやすく(再集合)、フェレットを用いた実験で、ハイブリッド・ウイルスの毒性はH5N1ウイルスよりは弱いが、少量のウイルスでフェレットが死亡することが確かめられた。
 H5N1ウイルスが容易に人のH3N2ウイルスと遺伝子の再集合を起こしやすいことが想定されたが、これまでなぜ実際にそのようなウイルスのハイブリッドが誕生してないのかは分からない。
 米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院のウイルス研究者達によるもので、「PLoS Pathogens」に発表された。
 遺伝子の再集合は、パンデミック・ウイルスが誕生する2過程の1つと考えられている。もう1つは突然変異が繰り返され、そして人に適合するウイルスが出来る過程である。これは適合変異(adaptive mutation)と呼ばれ、1918年のスペイン・インフルエンザを生じたウイルスの発生メカニズムとされている。
 一方、1957年(アジア風邪:H2N1)と1968年(香港風邪:H3N2)に発生した中程度のパンデミックは、鳥インフルエンザ・ウイルスと人のウイルス遺伝子の再集合と考えられている。
6月1日

2008年6月1日 7:37:45
特記すべき情報はなし
TOP