高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
翻訳者
Overseas News
2008年
5月31日

Bird flu reoccurs in Nghe An, Ha Tinh and Kien Giang provinces Nhan Dan, Vietnam  (ベトナム) ベトナム:ニェアン、ハティン、キエンギアン省で鳥インフルが再興
 ベトナムの北部中央のニェアン省とハティン省でアヒルで、南部メコンデルタ地域のキエンギアン省で鶏で鳥インフルが再興した。それぞれ周辺の家きんを殺処分した。
新型インフル対策進む 社内での面会制限や機内にマスク配備 日本経済新聞
 新型インフルエンザ発生時の対策をまとめる企業が増えてきた。NECは発生国から取引先の顧客が来日したとき、同社事業所で面会しないようにする。全日本空輸は発生国で発着する航空機へのマスク配備を決めた。新型インフルは世界的大流行(パンデミック)の可能性が指摘されている。各社が事前に準備することで、国内外での感染拡大防止や事業継続を目指す。
 NECは今年度から海外で新型インフルが発生した場合、発生国の駐在員を家族とともに帰国させるようにする。発生国から来日した顧客との面談場所も、空港近くの医療機関などにするよう改めた。日本で発生した際には本社や工場など事業所の共用施設の利用を制限。いずれも感染の確率を低くする狙いがある。


今週の主要なニュース(5/26--5/31)

Children Advised to Keep Watch Over Bird Flu Symptoms TheTideOnline,NIGERIA (ナイジェリア) ナイジェリア、子供達の鳥インフル様症状に注意
 鳥インフル対策チームによる啓発講演。鳥インフルがどのように人に感染するか等。

GPs Sidelined in Bird Flu Fight: Study ABCnet, AUSTRALIA (オーストラリア) パンデミック時の家庭医の役割が不明確:研究
 オーストラリアの研究者がパンデミック対策における家庭医の役割が明確にされていないことから、パンデミックが実際に発生した場合の行動計画の有用性に疑問を呈した。

North American Bird Flu Viruses Becoming More Adapted to Humans TheCanadianPress, CANADA (カナダ) 北米の鳥インフルウイルスが人に適合し出している
 H7亜型株に関する研究。

BANGLADESH: Human Bird Flu Case Deadly for Poultry Industry  IPS, DHAKA  (ダッカ) バングラデシュ:初の人での発病者
 大都心での発病であるが、感染した鳥への暴露が示唆されている。しかし家族などからの発生はない。
 容易に回復したこと、周辺からの発病者がいないこと、等を考えると、ウイルスの病原性が低いことも考えられる。検査の結果が待たれる。
5月30日

AI、事実上終熄?…鳥肉販売は回復  アジア経済 (韓国、ハングル)

 先月1日、全北金堤で発生し全国に拡大した高病原性鳥インフルエンザ(AI)が動きを止めている。
 農林水産食品部によると、28日現在のAI申告件数は68件、うち陽性が42件、陰性が26件、疫学調査や予防的殺処分後の検査で陽性となったものを除く発生件数は33件である。
 12日慶北慶山での地鶏斃死申告を最後に現在まで2週間申告がなく、事実上鎮静局面に入ったのではないかという期待が高まっている。
 国立獣医科学検疫院 李サンジン疫学調査課長は、27日記者との通話で「通常AIウイルスの潜伏期間は15日程度であり、現在半月ほど新たな申告がなく、ほぼ鎮静局面に入ったのではないかという分析が優勢だ」と語った。
 今年発生したAIによる畜産農家の被害は、2003年と2006年の規模をはるかに越え、史上最大となった。
 殺処分された鶏・鴨とその被害額は、2003年に560万羽で1500億、2006年には280万羽で560億であったが、今年は840万羽が殺処分され被害額は2300億ウォンに達している。
 さらに関連業界の被害はより大きい。家擒産業発展協議会によると、4月のAI 発生から一ヶ月余りで家擒産業界の被害額は約5000億ウォンに達する。
 また国内最大のチキン店チェーンのBBQチキンの関係者によると関連従事者たちの経済的被害額は6000億ウォンを超えているとした。
 しかし今までAI ウイルスによる人体被害は一度もないという点と、AIに感染した家擒類は出荷されないという点、そしてAIウイルスは熱に弱く75度1秒で死滅するという点等を政府と関連業社が積極的に広報したことにより、AIに対する不安は徐々に収まりつつあるようだ。
 実際に農協ハナロマートのヤンジェ店、チャンドン店、コヤン店、ソンナム店の4大売場における鳥肉販売調査の結果、4月1日時点で1483万2000ウォンの売上高であったが、今月8日には5分の1の300万7000ウォンとなったが、これを底として25日には1042万2000ウォンとなっている。
 政府による国民向けAI安全広報と、関連団体・機関による鳥肉料理の無料配布などで消費促進を先導しており、イーマートとホームプラス、ロッテマートなどは鳥肉割引販売イベントなどで鳥肉の安全性を訴えている。
 こうした広報活動により一般人たちのAIに関する不安と誤解が大きく改善し、AI自体も気温が上昇するにつれ鎮静局面に入っていると言われている。
農林水産食品部関係者は「鎮静傾向にあるが、終熄というのはまだ早い。再発しないよう消毒など遮断防疫を怠ってはならない」と述べた。H.I訳

「北朝鮮、AI予防大規模防疫」 毎日経済 (韓国、ハングル)

 北朝鮮は鳥インフルエンザ(AI)予防のため、各郡の衛生防疫所を通じて各村で消毒を行い、鶏など家擒類に注射を打つなど大々的な防疫事業を進めている、と対北人権団体である「良き同朋たち」が28日伝えた。
 この団体は「今日の北朝鮮ニュース」第133号で「家擒農家では、家禽がエサを食べなかったり、下痢症状を伴って斃死した際は適宜報告することになっている」と報じた。
 北朝鮮当局は「鳥インフルエンザが流行しており、伝播を防ぐため」市場で鶏や鴨など弱った家畜の販売を禁じ、違反した場合1羽につき罰金1千ウォンを徴収すると消息誌は伝えた。
 政府関係機関が衛星写真を分析した結果、北朝鮮全域の28家擒農場で防疫作業が実施されたことを確認したが、AIが発生したのではなく予防のためと見られる。
 関係機関は19日から咸南ムンチョンと江原道ウォンサン、咸境道ハプム地域などで大規模防疫作業が行われたことを観測したとしている。H.I訳

*もし北朝鮮で鳥インフルが発生していないとするなら、その理由は?日本に簡単にいつも拡大してくるH5N1鳥インフルが、単なる地図上の国境を隔てた北朝鮮には拡大しない理由。渡り鳥説を云々する専門家達は、明確に答えを出さなければならない。
Preparing for pandemic flu Catholic Messenger, IA  (米国) パンデミック・インフルエンザへの対策が必要
 アイオワ州ダベンポート司教管区でのパンデミック・インフルエンザへの早期の対策が必要であるとの医師による講演。
 インフルエンザの説明:3種類ある。季節性インフルエンザ、鳥インフルエンザ、パンデミック・インフルエンザ。
 パンデミック・インフルエンザとしてスペイン・インフルエンザを例にして、ダベンポート地区におけるカソリック信者11万人のうり3万3000人が発病し、825人が死亡する可能性があると警告。
 集団感染を防ぐためには、ミサや集会等も中止する必要がある等。

5月29日

HIGH LEVEL ADVOCACY MEETINGS ON BIRD FLU PREPAREDNESS  (ブータン)農業省  鳥インフル対策のための高次元啓発会議
 ブータン保健省と農業省が、鳥インフルが拡大してきたときのための対策を学ぶための、啓発会議を開いた。軍隊、警察、産業界から代表者が参加した。
 世界の鳥インフル状況、流行しているインドからブータンに拡大してくる可能性、そして国家対策プランが作成されていることなどが、情報として参加者に伝えられた。




Flu pandemic medical help left in the waiting room HULIQ (press release), NC  (米国) パンデミック・インフルエンザに対する家庭医の役割が見逃されている
 家庭医(General Practioner:Gp)は、実際にパンデミックが発生した場合には、死亡者数の減少に多大の役割を発揮すると考えられるにも関わらず、オーストラリアのパンデミック行動計画に役割が統合されていない。オーストラリア国立大学の研究で明らかにされた。
 大学付属疫学保健センターと医学部の研究者達は、89のオーストラリアと国際的パンデミック対策行動計画を分析し、家庭医の役割が小さいことと、中には何ら考慮されていないものもあることを見いだした。
 多くの保健医療専門家達は、パンデミック・インフルエンザは起きるかどうかというよりも、いつ起きるかという状況であると言っているが、実際の行動計画では、保健当局、家庭医、そして病院の役割が十分統合されて検討されていない。
 多くの国の調査によると、公衆衛生学的危機が発生した場合、多くの市民は家庭医を頼りにすると言われている。それにも関わらず、多くの行動計画では家庭医の役割が組み込まれていない。

*オーストラリアにおける問題と言うよりも、各国の行動計画全般に言えることのようだ。
 原因は作成者が保健医療担当者であり、実際の医療の現場に関わっている人々が中心でないからとされる。

Young boy in Bangladesh recovers from bird flu-WHO Reuters  (国際) WHO発表:バングラデシュの男児、鳥インフルから回復
 WHOは、バングラデシュで初の鳥インフル発病者となった幼児が、回復したことを28日発表した。
 発表によると(首都)ダッカのコマラプールに住む16ヶ月の男児が1月末に鳥インフルを発症したが、その後回復した。
 男児は家庭で生きている鶏、および殺処理された鶏に暴露されたと言われ、家族と周辺の人々から血液が採取され、感染の有無が調べられている。

WHO原文

 当男児は季節性感染症サーベイランスとして、バングラデシュ国際下痢症研究センター((ICDDRB)が行っている調査の過程で回顧的に見つかった。

The case was identified retrospectively as part of seasonal surveillance activities run by the International Centre for Diarrhoeal Disease Research, Bangladesh (ICDDRB).

5月28日

GPs ignored in flu pandemic plan ABC Online, Australia  (オーストラリア) オーストラリアのパンデミック対策計画では、家庭医の役割が無視されている
 オーストラリアのパンデミック・インフルエンザに対する行動計画は、家庭医の役割が認識されていないことから、十分機能しないことが指摘された。
 米国、カナダ、ニュージーランド、英国の対策と比較し、欠点があることが指摘された。
 各地域の家庭医(General Practitioners)の役割が明確にされていないことから、パンデミック対策としては十分機能しないと想定されている。
New bird flu dangers investigated United Press International (国際) 新鳥インフル株がより危険に:研究
 米国CDC研究者のH7亜型株鳥インフルウイルスが変異して人に危険性を帯びてきたという研究報告。昨日詳細に掲載。
Nepal bans bird sacrifice at two Hindu temples Hindu (インド) ネパール、2つのヒンドゥー寺院で鳥の供犠(いけにえ)を禁止
 ネパール西部のゴルカ郡当局は、国境をまたいで隣接するインドでの鳥インフルの発生を受けて、マナカマナとゴラクカリの2つの有名な寺院での鳥の供犠(いけにえ)や、功徳のためにする鳩の放鳥の習慣を禁止した。これらの寺院では、数十羽もの鶏やアヒルが毎日、南部のタライ地方からやってくる熱狂的な信者によって神へのいけにえとしてささげられてきた。この寺院周辺で複数の鳩が死んだという報告は、鳥インフルが発生したのではないかという恐怖を先ごろもたらした。警察と協力者らは周辺での鳥の動きから目を離さないよう指示されている。A.Tohda訳

Avian flu viruses mutating, making humans more vulnerable: study CBC.ca, Canada  (カナダ) 研究報告:鳥インフルウイルスが変異、人への感染力が増強
 昨日の報道と同じ内容。

5月27日

Bird flu strains are evolving: study  Sydney Morning Herald, Australia  (オーストラリア) 
 いくつかの鳥インフルエンザ株が、人のパンデミックを引き起こすのに必要な性質に今までになく近づいている傾向があると、新しい研究で警告された。
 研究者らは、最近の鳥インフルエンザのサンプルを分析し、2002~2004年の間に米国で人の間で軽度で、非伝染性の感染を引き起こしたH7株ウイルスの中のいくつかが、人の気管細胞内での糖親和性を増大させていることを発見した。
 続いて行われたフェレットを用いたテストでは、これらのウイルス株は、すぐに伝染性があるものではないとの結果だった。
 しかし、H7N2ウイルスの中のある一つの株(2003年ニューヨークのある男性から抽出された低病原性の鳥インフルエンザ株)は、フェレットの呼吸器官のなかで複製され、そして、未感染のフェレットに感染させたのである。このことは、ヒトの間でも伝染する可能性を示している。
 この研究結果は、そのウイルスが、1918年、1957年、1968年の過去三回、世界中で発生したパンデミックの時の同じ、強い糖結合の特性に進化している可能性があると研究者らは話す。
 「これらの発見は、H7クラスのウイルスが、ヒトのインフルエンザウイルスの好むレセプターを認識するよう部分的に適応させていることを示している。」とアトランタの疾病対策センターに長年勤務する微生物学者、テランス・タンペイ氏が語った。
 もし、ウイルスがこの方向に変異をし続けるならば、鳥インフルエンザウイルスは、もっと簡単に他の動物と人間の間を行き来することができるようになるかもしれないと著者らは言う。また、鳥インフルエンザを厳しく監視し、将来の起こりうるパンデミックに向けての政府レベルでの準備を訴えた。
 月曜日に発表されたこの研究は、「the Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載される。Y.Takei訳
5月26日

インフルエンザワクチン、製造期間短縮へ 大流行に備え 朝日新聞 
 
*5月20日に、関連報道も含めて掲載している。

 当方法は蛾の幼虫の細胞を大量に培養し、それら細胞にH5N1ウイルスの重要な抗原を発現する遺伝子を組み込み、それら抗原の大量製造をするというものである。しかしこれらのオリジナル方法は米国企業が開発したものであるが、米国の方式は、それら細胞に感染する人に無害なウイルスの中にインフルエンザウイルスの遺伝子を組み込む方法をとる。

Fifth bird flu monitoring to start in Azerbaijan earlier this November Azerbaijan Business Center (アジェルバイジャン) アジェルバイジャン、今年5回目の鳥インフル監視を11月初旬に開始
 アジェルバイジャン農業省の国立獣医学局 (SVS)は、今年4回目の鳥インフル監視を5月12日から23日に行った。13羽の野鳥と1,352羽の庭飼いの家禽からサンプルが採られたが、鳥インフルの兆候を示すものはなかったと、同局のKhanveli報道官が発表した。鳥インフル監視は、SVS、環境および自然資源省、保健省、狩猟家組合の職員や専門家によって行われた。SVSは、今年5回目の監視を今年の10月か11月に予定している。SVSでは、密閉した状況下での渡り鳥の保管、野鳥狩り、渡り鳥や野鳥の販売と調理を禁止している。A.Tohda訳

Concern over mystery of Bangladeshi baby with bird flu  News-Medical.net(豪) 鳥インフルエンザに感染したバングラディッシュ人幼児の謎に関する懸念
 バングラディッシュ人幼児の鳥インフルエンザ感染症例が懸念を呼んでいる。バングラディッシュの厚生当局によれば16ヶ月の幼児が、同国初のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスのヒトへの感染事例であると確認されている。
 この幼児は治療を受け回復しているが、どの様に感染したかが問題となっている。
この男児は首都ダッカの貧しい人口過密のスラム地域で暮らしており、養鶏場は付近にはない。今回の感染は定期健診でみつかったものである。
 大規模な殺処分計画が現在実施中で当局はH5N1ウイルスのヒトへの感染は単に時間の問題だったとしている。
 厚生省は、こうした地域の監視作業を強化するとしている。
 H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスは1年以上前にバングラディッシュに初めて発生し、それ以降も拡大し恐怖を巻き起こしている。
 同ウイルスは同国の3分の2以上の地区でニワトリ、アヒル、野鳥に感染している。またインドの隣接地方でも動揺になっている。しかし影響は大きいものの、現時点では損害は主に経済的なものであり、総額6億5千万ドルとなっている。
 200万羽の鳥と同数の卵が廃棄され、150万人以上が現在職を失っている。
 国内の鳥の数があまりに膨大で多くの養鶏場がお互いに近接しているために、鳥インフルエンザ・ウイルスは急速に拡大している。
 専門家が恐れていることは、H5N1ウイルスが最終的に変異または感染性の強い季節性インフルエンザ・ウイルスと結合しパンデミックを引き起こすことである。特にバングラディッシュのような人間が家庭で飼育されている家禽と密接に暮らしている国では恐ろしいことになる。
 同ウイルスがヒトに感染することは稀だが、2003年以降で382人が世界中で感染しており、うち241名が死亡していると、世界保健機関はしている。多くの場合は感染した鳥との接触に端を発している。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

5月25日


ジャカルタの日本企業における新型インフルエンザ対策-アンケート調査  Berita Flu Burung (現地報道からのインドネシア 鳥インフルエンザ情報:個人ブログ)
 ジャカルタでは公式情報に出ていないが、多数のH5N1鳥インフル疑い者が発生している。(インドネシア国内報道に基づいた統計:非常に精力的にまとめられている相木さんに深謝)。こうした状況下で、日本からの進出企業各社は様々な対策を講じている。中でも多いのはタミフルの備蓄である。さらにフェーズ4が近いと判断された場合、家族の帰国を考えている企業も多いようだ。そのほか色々な情報が現在行われているアンケート調査の結果から分かる。なお、このアンケート調査は、現在行われている最中で、途中報告が掲載されている。

*WHOのフェーズ分類は当てになるのか、またその発表には迅速性があるのか、管理人は疑問である。
H5N1 outbreaks in Korea, Japan seen as linked  CIDRAP (米国) 韓国と日本で発生したH5N1鳥インフルウイルスは同一と推定
 4月1日以来発生した韓国のH5N1鳥インフルの原因ウイルスは、日本の十和田湖で発見された死亡白鳥から分離されたH5N1ウイルスとほぼ同一であることが確認された。朝鮮日報によると、冬期間南方で過ごした渡り鳥が春にシベリアへ帰る際に、韓国と日本へウイルスをもたらしたと説明されている。
 詳細は過去記事参照。

Indonesia holding out for bird flu vaccine deal New Scientist (subscription), UK  (英国) インドネシア、あくまでもワクチンに関する交渉を要求
 インドネシアは未だ同国で分離されたウイルスを、国際社会に提供することに難色を示し続けている。
 最近発生した鳥インフル患者から分離されたH5N1ウイルスのほとんどを、インドネシアは国際社会に提供していない。それらウイルスは、パンデミック発生に際し、最も有効なワクチンを製造する上で重要な存在である。しかしインドネシアは、提供ウイルスで製造されるウイルスが、インドネシアで容易に入手出来る保証が先進国(裕福な国家)から得られない限り、ウイルスの国際社会との共有を拒否している。
 今年度、確認された16人の患者のうち、わずか2人からの検体がWHOに提供されただけである。
 最近、保健省大臣が分離ウイルスの遺伝子配列情報を国際的データベースに掲載すると発表し、その態度にある程度の軟化がみられた。そうした情報により世界の研究者達は、ウイルスの変異程度は分析できるが、ワクチンの作成には、ウイルスそのものが必要である。
 しかしながら別な有望な展開が認められている:EUがグラクソスミスクライン社が製造している人用H5N1ウイルスワクチンである”プレパンドリクス”を承認した。これは2004年にベトナムで分離されたウイルス株を用いているが、臨床研究で他のH5N1ウイルス株に対しても有効であることが示されている。(すなわち現在のインドネシア株に対しても免疫的に反応する)。
5月24日


インドネシア、スラウェシ:依然としてクラスターの恐れ。6人が感染疑い Berita Flu Burung (現地報道からのインドネシア 鳥インフルエンザ情報:個人ブログ)
南東スラウェシ州、Kendariでは、昨日までのところ、6人がSulawesi Tenggara公立病院の隔離病棟に入院している。この6人は、すべてKendari Barat郡、Sanua集落のLasolo通りの住民である。この地域で80羽のニワトリが突然死に、畜産局の実地調査によって、鳥インフルエンザ陽性が出ている。
 これらの患者は、高熱、咳、腹痛の症状がある。6人の患者は、Asdar(8)、Andika Saputra(1.3)、Sarminda(10)、Nuraminah(4)、Dg.Sholeh(53)、Ain(8ヶ月)だと、病院長のM.Zamrud医師が語っている。6人の症状は安定しているが、ジャカルタに送られた血液サンプルの検査結果が来週に出るのを待っている状態だという。



注目研究論文から
 要約
Cross-recognition of avian H5N1 influenza virus by human cytotoxic T-lymphocyte populations directed to human influenza A virus From Jun J Virol  ヒトA型インフルエンザウイルスに対する細胞障害性Tリンパ球がH5N1ウイルスに対する交差認識性
 Journal of Virology, June 2008, p. 5161-5166, Vol. 82, No. 11

 H5N1鳥インフルエンザウイルスによる多くのヒト感染事例が増えてきていることから、当ウイルスによるパンデミックの発生が危惧されている。そうした理由から、ウイルスに対する特異的抗体の問題に加えて、これらのウイルスに対しても効果を発揮する万能型ワクチンの開発にも関係する、H5N1ウイルスに対する生体の免疫反応の広さに格別の関心が集まっている。
 H3N2型やH1N1型の季節性のA型インフルエンザに感染した後、体内にはウイルスに特異的な細胞障害性Tリンパ球が産生されてくる。それは主として核タンパク(NP)のようなウイルス粒子内のタンパクを標的とする。
 ウイルス特異性細胞障害性Tリンパ球は(CTL)、ウイルス感染に対して寄与していることが知られているが、H5N1ウイルスとの交差反応の程度に関しては知識は得られていない。
 この研究で我々は、他研究で得られた多クローン性CTLのH5N1ウイルスに対する交差反応性について調べた。その結果、A型インフルエンザウイルス(H3N2)で誘導されたCTLはH5N1ウイルスに対しても有意な反応性を示すことが明らかとなった。
 今回の研究は、既に存在しているTリンパ球の保有する交差反応性が、次期に登場するパンデミックの衝撃を和らげる可能性があることを示している。


*季節性A型インフルエンザウイルス(H3N2)感染で産生されてくるTリンパ球の免疫反応が、H5N1ウイルスに対しても生じる。すなわちH5N1ウイルスに対して、ヒトの免疫は全く無防備ではなく、パンデミックが発生したとしても、ある程度は既に保有している免疫反応で対抗出来る可能性がある。
 マウスの実験では通常のインフルエンザワクチン投与で、H5N1ウイルス感染死亡率が半減したという報告や、あらかじめ通常のワクチンを投与しておいてからH5N1ウイルスに対するワクチンを投与すると、その効果が増強されるという研究報告もある。
 1月26日に報道された記事を参考のために以下に掲載。


Seasonal flu vaccine may help in fight against H5N1 TamilStar.com, Sri Lanka (スリランカ) 季節性インフルエンザに対するワクチンが、H5N1予防に効果を持つ可能性
  ロイター

 あらかじめ通常の季節性インフルエンザに対するワクチンを接種されていた動物は、続いて接種したH5N1ウイルスに対するワクチンに迅速に反応し、大量の抗体を産生した。

 多くの医師達は、季節性インフルエンザはH5N1ウイルスにほとんど、または全く予防効果を持たないと考えている。
 しかしながらワクチン製造企業である、バイオテクノロジー企業のメドインムーン社は、フェレットを使った実験で、あらかじめ通常の季節性インフルエンザワクチンを投与されていたフェレットが、後にH5N1ワクチンを投与されると、より迅速に反応し、高い免疫を獲得することを、確かめた。
 「もし通常のインフルエンザワクチンを受けていたなら、H5N1ワクチンをその後受けた場合、非常に良い反応が得られる(十分免疫がつく)」、とメドインムーン社の研究者であるホング氏が、バンコクで開催されている国際会議で発表した。
 ローマの国立感染症研究所の研究者チームが昨年12月、「journal Emerging Infectious Diseases(米国CDCで発行している医科学雑誌」に、通常のインフルエンザワクチン接種で、少量ながらもH5N1ウイルスに対する抗体が出来ることを発表した。
 彼等の研究は、通常のインフルエンザワクチン接種が、H5N1ウイルス排除にある程度の効果をもっているいることを明確にした初の研究となった。
 彼等の研究では、季節性のインフルエンザワクチン投与を受けたボランティアの血液にH5N1ウイルスを加えると、何人かの血液中にH5N1ウイルスに対する抗体が検出された。
 *12月27日のロイターによる記事を参照 

 メドインムーン社の研究グループは、フェレットに季節性ワクチンを投与し、対照群のフェレットには投与しなかった。
 40日後、両群のフェレットはH5N1ワクチン(2003年に香港、そして2004年にベトナムで分離されたウイルスから作成された)が投与された。
 それから両群におけるH5N1ウイルスに対する抗体産生状況が観察された。
 「季節性インフルエンザワクチンを投与されたフェレットは強い反応を示し、大量の抗体産生を示したが、対照群では反応がなかった」、とホング氏はロイターに語った。
 用いた両タイプのワクチンは、2003年に同社が開発した鼻腔スプレー方式によるものである。



新型インフルのワクチン、全国民に用意・経済界要請へ 日本経済新聞 
 日本経団連は、新型インフルエンザ対策の大幅強化を政府に要請する。インフルエンザの流行に備えたワクチンは今は2000万人分しかないが、これを全国民分用意し、事前接種を希望する人すべてが受けられる体制を整えるよう求める。ワクチン量産のため一定の企業負担も検討する。日本商工会議所も同様の要請を検討中で、経済界が政府に対策のテコ入れを迫る形だ。
 鳥類などのウイルスが変異し人に感染する新型インフルエンザは、強い感染力で大流行する懸念がある。国内で感染が広がれば経済活動に深刻な影響が及ぶ。経団連はこの新型インフルエンザの予防措置を政策提言として6月にも打ち出す。

*国民の希望者にプレパンデミックワクチンを投与する考え方は、間違ってはいないと思うが、その必要性、その効果等をもっと説明する必要がある。WHOを初めとして、各国の専門家は必ずしも納得していないのだから、日本ではなぜ事前接種を全国民対象に行おうと考えているのか、医科学的にも納得ゆく説明が必要である。5月21日のNature論文の紹介にある、世界的ウイルス学者であるオランダのオステルハウス教授のコメントも参考になる。すなわち一定度の副作用が生じるプレパンデミックワクチンの接種が、すぐにはパンデミックの危険性がない地域の人々に受け入れられるか?と言った疑問である。

Bird Flu Confirmed In Bangladesh Said WHO Medical News Today, UK  (英国) WHO、バングラデシュで鳥インフルが確認されたと発表
 16ヶ月男児が首都ダッカでH5N1鳥インフルを発病し、完全に回復。米国CDCでウイルスを確認。
 問題は家きんが近くに存在しないダッカの人口密集地帯で感染した理由が不明なことと、国内で行われたH5亜型検査で陰性だったこと。
5月23日


12日以後「ぱったり」 AI消滅か  韓国日報 (韓国、ハングル)

 全国に拡大した鳥インフルエンザ(AI)の発生が減少傾向にあり、峠を越したように見える。 しかし年中発生する恐れもあり、防疫警戒を緩めてはいけないという指摘が多い。
 22日農林水産食品部によると、AI疑い事例申告は12日の慶北慶山を最後に、10日間で1件もない。先月3日、全北金堤で今年初めて高病原性AIが確認されて以後、AI疑い事例申告は12日まで一日平均2件ずつ続いた。農食品部の公式集計では、高病原性AI判定も14日慶北慶山、慶南梁山の2ヶ所を最後に42件で停止している。
 今回のAI震源地である全南・全北は殺処分防疫措置が一ヶ月前に終了し、AI 危険地域から警戒地域となっている。防疫当局は現在までに、全国で814万羽の鶏・家鴨などの家擒類を殺処分・埋沒処理した。
 しかし専門家たちは、今回のAIが終熄したと判断するのは尚早だとする。疑い事例の申告は停止しているが、病性鑑定依頼やAI発生地と疫学関係のある農場に対する検査でも高病原性AIが追加確認されることがあるからだ。
 慶北霊泉発生農場と疫学的に関係する慶州の農場は、14日予防のため鶏・家鴨2万羽の殺処分後の検査で、高病原性AI感染が確認された。農食品部関係者は「AIウイルス潜伏期(21日)を考慮し、最後の疑い申告及び発生から一月経過すれば安心といえる」と語った。2003~04年、2006~07年の場合、初期の一ヶ月間にそれぞれ19件中16件、7件中4件が集中して発生しているが、終熄までは3ヶ月以上かかっている。
 冬期渡り鳥が北上する春期にAIが発生したことで、防疫体制も常時必要であるという指摘もある。李ハンス韓国環境生態研究所長は「シベリア等から、10月頃韓国を経て中国南部や東南アジア等に降りた冬期渡り鳥が北上し、3~4月に再度韓国を通過する。今回のAIは北上する渡り鳥によって発生したと考えられる」とした。渡り鳥が南下する冬季のみならず、1年中AIが発生する可能性が高くなったということだ。H.I.訳

Bangladesh says child recovers from bird flu Reuters UK, UK (英国) バングラデシュ、小児が鳥インフルから回復と発表

 バングラデシュ政府は22日、幼児が鳥インフルに感染し、同国で初の報告例となったが、既に回復していると発表した。
 「男児はH5N1ウイルスに感染したが、治療後に回復し、現在は完全な健康状態にある」、とダッカに本部を置く疫学疾病管理研究センター長官のマムドゥル・ラーマン氏がロイターに語った。
 同氏によるとこの事例は最近定期的検査の中で確認されたとされるが、詳細に関しては明らかにしてない。
 バングラデシュにおける鳥インフルは昨年3月に初めて検出され、それ以来当局では200万羽の鶏の殺処分と200万個以上の卵を破棄処分してきた。
 バングラデシュの64県中47県に鳥インフルは拡大したが、今年の4月上旬以来、さらなる拡大の報告はない。
 同国の15万カ所以上と推定される家禽農場の60%近くが閉鎖され、150万人が職を失っている。
Child infected with bird flu virus cured The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル感染小児が治癒
 保健省大臣が昨日、1人の小児が致死的H5N1ウイルスに今年の1月に感染したが、診断がつく前に治癒したと発表した。
 大臣によると定期的サーベイランスの一環として、16ヶ月の小児の鼻咽頭からの拭い液(スワブ、swab)が米国CDC(疾病管理センター)に送られていたが、そこから致死的H5N1ウイルスが検出された。
 「小児が我々の病院へ入院したとき、検査でA型インフルエンザと診断されたが、H5亜型株の検査では陰性だった。しかしながら1ヶ月半後に、サーベイランスの一環として検体をCDCに送ったところ、培養でH5N1ウイルスが検出された」、と疫学疾病管理研究研究所長官のマムドゥル・ラーマン教授が説明した。教授によると、バングラデシュにはウイルスを培養できる研究機関はない。
 男児はダッカのカマラプールに住んでいて、インフルエンザに対する(特異的)治療なしに回復した。14日間呼吸器感染症の治療を受けたのみであったが、長官によると、男児のH5N1ウイルス感染は、それほど強いものでは無かったと推定されるようだ。
 入院していた時点で男児がH5N1ウイルスに感染していることが疑われなかったので、検体は即送られなかった、と長官は付け加えた。
 保健省の昨日の記者発表では、少年は完全に回復しているとされる。
 鳥インフル専門家会議が昨日開かれ、同国の鳥インフル状況が分析された。そしてさらに保健省の対策が強化されることになった。
 会議に参加した専門家は、同国の鳥インフルは制御下にあり、何も心配する必要はないと語っている。       
鳥インフルエンザ、バングラデシュで初のヒトへの感染 AFPBB News 
 バングラデシュの保健・家庭福祉省は22日、同国で初めて、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)のヒトへの感染が確認されたと発表した。
 感染したのは首都ダッカ(Dhaka)の貧困地区に住む16か月の男児で、同省当局者がAFPに明らかにしたところによると、男児は既に隔離されており、状態は改善しているという。男児が住む地域の付近に養鶏所はないが、家族が買ってきたニワトリから感染したとみられている。
 米疾患対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)が検査を行った結果、21日に毒性の強いH5N1ウイルスが確認されたという。当局者は、男児の発症時期については明らかにしなかった。
 同国では今年に入ってこれまでに、約800人にインフルエンザ感染の疑いがあったが、H5N1ウイルスと診断されたのは初めて。
5月22日 

Bangladesh says first human case of H5N1 bird flu has been found PR-Inside.com(Pressemitteilung), Austria バングラデッシュ、初めてのH5N1鳥インフルの人事例が確認されたことを発表
ダッカ、バングラデッシュ(AP)- バングラデッシュの保健省が、同国で初めてのH5N1株鳥インフルの人での感染事例が発見されていたと発表した。今日 保健局長官による発表では、子供の名前、年齢、その他の詳細は分からないが、1月に感染したと言う。子供は治療後 回復している。この事例はアトランタの米国CDCによって診断された。バングラデッシュでは昨年ウイルスが検出されたが、ここ数ヶ月も何十万羽もの鳥を殺処分している。A.Tohda訳

*バングラデシュでの初報告例。多くの子供達が死んだ鶏をおもちゃ代わりに触っていたり、死亡した鶏を村人達が食べたりしているバングラデシュで、鳥インフルを誰も発病しないことが非常に不思議だったが、やはり発病者はいることが確認された。同国の保健省が報告しているが、WHOはなぜ無言なのだろうか?

鳥インフル:十和田湖のオオハクチョウ2羽からH5N1型 毎日新聞
  国と県のずさんな検査体制明らかに

 青森県は22日、同県の十和田湖畔で見つかったオオハクチョウ2羽の死骸(しがい)から強毒性「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。うち1羽は県の簡易検査で「陰性」とされ、鳴海勇蔵・県農林水産部長は「国が自治体に求めた簡易検査では異なる結果が出てしまう。検査方法を国に提言したい」と話した。
 県によると、1羽は4月18日に衰弱した状態で発見され、2日後に死んだ。別の1羽は今月8日に死骸が見つかり、簡易検査で陰性の結果が出た。県は冷凍保存していた2羽を、環境省の求めに応じて13日に提出。鳥取大が検査していた。
 環境省によると、強毒性ウイルスが検出された野鳥は、04年に京都府・大阪府のカラス9羽、07年に熊本県のクマタカ1羽、今年4月に秋田県、5月に北海道のオオハクチョウ計5羽がいる。

 また同省は22日、北海道ウトナイ湖で4月17~30日に見つかったオオハクチョウの死骸3羽からは、強毒性ウイルスは検出されなかったと発表した。さらに、秋田県三種町で今月12日と15日に計7羽、青森県佐井村で同18日に1羽、衰弱したオオハクチョウや死骸が見つかったと発表。簡易検査で強毒性は陰性だったが、近く鳥取大にウイルス検査を依頼する。


*要するにずさんな検査体制ということだろうか。今後、さらに見つかる可能性がある。

2008/05/22-19:32 青森でも強毒ウイルス=ハクチョウ2羽から-鳥インフル 時事通信 
 環境省は22日、青森県十和田湖畔で4月18日と5月8日に回収されたオオハクチョウから、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今年に入ってから、秋田県十和田湖畔、北海道野付半島、同サロマ湖畔でも、オオハクチョウが同型のウイルスに感染しているのが明らかになっている。
 同省は、今回検出されたウイルスの遺伝子分析を鳥取大学に依頼。北海道と秋田県で検出されたウイルスとの関連を調べ、感染経路の特定につなげる。さらに青森県と連携して、鳥の大量死などの異常がないか引き続き監視を行う。

Animals need license to travel
 Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、動物の移動にはライセンスが必要
 インドネシア農業省の検疫機関(Barantan)は水曜日(21日)、鳥インフルの拡大を抑えるため 国民の検疫システムへの意識を高めようと、ジャカルタでキャンペーンを開始した。                                       
動物を海外や別の地域へ持ち込む人は農業省から許可を得なければならない。さらに空港では、動物は検疫官に検査され、適切であれば衛生証明書が発行される。また保護動物の場合、所有者は林業省が発行する輸出許可証を提示する必要がある。規則に違反した場合、最高5年 収監される。
 Barantanの責任者イワントロ氏は、正しい検疫手続きで、鳥インフル、SARS、狂犬病、炭疽病などの拡大を最小化することができると述べる。また、「情報不足のために 多くのインドネシア人はいまだに検疫手続きを知らない。動物を飛行機や船に持ち込む人々は動物の健康状態を知り、Barantanが定める安全基準条件を知っておくべきだ。情報を提供するため、我々は手始めにスカルノ・ハッタ国際空港のターミナル1にブースを設け、パンフレットの配布も始めた」と語った。
 このキャンペーンはインドネシア検疫強化計画(IQSP)の一部であり、インドネシアでの鳥インフル発生を非常に危惧してきたオーストラリア検疫検査局とBarantanによる共同プロジェクトである。オーストラリアとインドネシアは2年間 検疫に関して協力し、オーストラリア政府はIQSPに対し、1,200万米ドルに相当する援助をしてきた。
 キャンペーンは、5月から7月にわたって行われ、ジャカルタを皮切りにインドネシアのその他の7つの地域でも計画されている。A.Tohda訳

青森側でも強毒性ウイルス 東奥日報
 青森県は22日、十和田湖畔の同県側で先月と今月、衰弱・死亡した状態で見つかったハクチョウ2羽から、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
 国内では4-5月にかけ十和田湖畔の秋田県側や北海道で見つかったハクチョウの死骸から同型のウイルスが検出され、いずれも韓国の家禽から検出されたものと遺伝子レベルで近いことがすでに判明。環境省は今後、青森県で検出されたウイルスも遺伝子分析し、関連性を調べる。
 青森県によると、4月18日、十和田湖畔南側にあるホテルの敷地で衰弱したハクチョウを発見。2日後に死んだため同県平内町の鳥獣保護センターに冷凍保存した。ウイルス検査はしていなかった。今月8日に湖畔北部でも1羽の死骸が見つかったが、県の簡易検査では陰性だった。

*今頃発表とは!!!。
 あまりにもずさんな国の対応。周辺の調査、消毒等、どうなっていあたのか?立ち入り制限もしていなかったなら、歩いた人達の靴底にウイルスが付着して、ウイルスはすでに拡大してしまた可能性を否定できない。H5N1鳥インフルウイルスに対してあまりにもいい加減な国の対応が続くが、新型インフル対策の初期対応であることは、分かっているのだろうか?


[社説] 足下の火が見えたAIヒト人体感染の危険性 ソウル新聞 (韓国、ハングル)
 
 今年来襲し国土を荒らし回った鳥インフルエンザ(AI)は、ヒト感染の可能性があり致死率も高い中国安微型系統と確認された。ソウル新聞が昨日、疾病管理本部関係者たちに取材、報道した内容だ。ヒト感染ウイルスとは違うという政府の見解とは完全に異なる。政府の見解発表で大騒ぎとなった 「狂牛病怪談」に続き、これからは「AIヒト感染恐怖」が足下の火だと確認されたのか。
 農林水産食品部傘下国立獣医科学検疫院疫学調査委員会は16日、「今回のAIはヒト感染事例のあるベトナム型やインドネシア型とは異なる」とした。「国民はよく分からないので」わざわざ知らせてこなかったにも関わらず、今回のAIは2-3-2系統だとした。これは致死率が65%にのぼる安微型(2-3型)の変種にあたる。凄まじいこのウイルスの危険性を政府が故意に矮小化したという疑惑を招くのに十分だ。先月殺処分に動員された後AI疑い症状が見られたが、細菌性肺炎と発表された陸軍兵士の症状についても「もしかしたら」の疑問が残る。
 今月初め科学関係者が集まり「AIは現実的には狂牛病よりも大きな問題」と口をそろえたが、耳を傾けるものはなかった。AI拡散によるインフルエンザの大流行(パンデミック)予防ワクチンを、日本は3000万人分、スイスは全ての国民分にあたる734万人分、アメリカは590万人分をそれぞれ備蓄中だ。我が政府は今年中に4万人分を備蓄する計画だという。唯一のAI治療薬であるタミフルも、かろうじて135万人分を備蓄しているにすぎない。
 2003年初めに発生以降6年目を迎えるも、まともな予防マニュアル一つないのが私たちの情けない現状だ。政府は今からでも国民にAI遺伝子分析結果を正確に発表し、,AIを終熄させる詳細な対策とワクチン確保方針を提示せよ。それしか国民をAI感染恐怖から解放する術はない。H.I訳

                  ~~~~~~
*管理人
 ワクチン備蓄量は、一般的報道によると、日本が2000万人分、スイスが800万人分(これはここで言っている734万人分が正しいのかもしれない)、米国は600万人分備蓄中で、さらに2750万人分をグラクソ社に発注中とされる。
 
 韓国内におけるパンデミック対策は、最近、イ・ミョンバク大統領の指示で強化されることになり、ワクチンは韓国内に製造工場を建設予定。タミフルは備蓄量を倍増して人口の5%分(250万人分)とされる。


韓国検疫院「我が国のAI人体感染 事実無根」 CBS News (韓国、ハングル)
 国立獣医科学検疫院は今年国内で発生した鳥インフルエンザ(AI)がヒトへの感染の危険性が高いという一部メディア報道に対して事実と異なると21日説明した。
 検疫院は「今年発生したAIはクレード2-3-2型で、(ヒトに感染するという)2-3型の変種にあたるが、インドネシア(2-1型)とベトナム(2-3-4型)でヒト感染を起こしたウイルスとは異なる」と明らかにした。
 クレード2-3-2型とはAI ウイルス分類体系で、国内某メディアは「2-3-2型はヒトに感染するだけではなく致死率も高い中国安微型(2-3型)系統」と報道している。
 しかし検疫院は「我が国のウイルスはヒト感染事例が確認されたことがない。今回発生した AIのヒト感染の危険性は、疾病管理本部がアメリカ疾病統制センター(CDC)に依頼した分析結果が出れば正確に判断できる」と説明した。
 疫学調査委員長である金ギソク慶北大獣医大教授もCBSとの電話で「2-3-2型は人体感染事例がなく、現在アジア地域の家擒類でしか報告されていない。また2-3-2型と言うのは2型が遺伝子変異を続け2-1型から2-5型まで分化し、2-3型はさらに2-3-1型から2-3-4型まで分化している。2-3型でヒト感染事例があったとしても2-3-2型でヒト感染の危険が高いとは言えない」と強調した。H.I訳
韓・日AI遺伝子99.7%以上同じ-渡り鳥流入説を裏付け  中央日報 (韓国、ハングル) 
 今年韓国と日本で発見された鳥インフルエンザ(AI)ウイルスの遺伝的性格が事実上一致することが確認され、渡り鳥による伝播仮説がさらに有力なものとなった。
 獣医科学検疫院疫学調査委員会の金ギソク委員長は21日「金堤で分離したAIウイルスと秋田県で分離したAIウイルスは、全ての遺伝子で99.7%以上の同一性が見られた。お互いに遺伝的に非常に関連性が高いことが確認された」と発表した。
 これは冬に渡り鳥が韓国を経て東南アジア地域まで南下し、再度3~4月頃韓国と日本に立ち寄り北に移動する過程で、韓日両国に共通のAIが流入したというシナリオを裏付ける。
 2003~2004年、2006~2007年にも韓国と日本で同種の高病原性AIウイルスが確認された事がある。H.I訳
A(鳥インフル)I沈静化…9日間病性鑑定1件 中央日報(韓国、ハングル)
 一週間以上鳥インフルエンザ(AI)の追加発生報告がなく、鎮静局面に入ったのではないかという観測が慎重ながらも出始めている。
 21日農林水産食品部によると12日以後 20日まで9日間AI疑い事例として申告された件数は全くなかった。
 これで14日慶南梁山と慶北慶山の件が高病原性AIと確認されて以降、陽性判定件数の増加は42件で停止した。以下詳細ページで。 H.I訳


新型インフル対応の隔離病床わずか177 推定入院患者の4% 道内(05/22 00:50) 北海道新聞
 鳥インフルエンザなどの新型インフルエンザがヒトに感染し、大流行した場合、道内では入院患者の推定が一日最大四千五百人となっているのに、感染者を隔離できる病床が百七十七病床と大幅に不足していることが二十一日までに分かった。道は三年前に策定した行動計画を年度内に改正し、流行に備え受け入れ可能な病床の確保を急ぐ。
 鳥インフルエンザは二〇〇三年以降、東南アジアを中心に三百八十人以上が鳥から感染し、約六割が死亡した。通常、ウイルスはヒトからヒトには感染しないが、突然変異が起きて、ヒトに大流行を起こす可能性も指摘されている。
 厚生労働省は大流行時の患者数を全国二千五百万人、道内百十一万人と推定。うち入院患者は全国で一日最大十万一千人、道内は同四千五百人とする。
 発生後にウイルス拡散を防ぐには、病室の気圧を外気圧より低くする「陰圧(いんあつ)病床」で隔離するのが有効で、道は現在、この病床を新型インフルエンザ患者の受け入れ施設としている。しかし、道の四月の調査では、陰圧病床は十四の感染症指定病院に五十八床、結核病棟を持つ七病院に百十九床と、推定入院患者の4%にとどまる。
 陰圧病床は国と道の補助による設置が基本で、費用は一病室六病床で数千万円。道健康推進課は「推定患者数分をすべて陰圧病床で確保するのは非現実的」とし、流行時には病院の階や、病棟の一般病床をすべて患者受け入れ施設に転換し、患者を隔離することを検討。民間病院を含む受け入れ可能な医療機関を調査し、年度内に改正する新型インフルエンザ対策行動計画に盛り込む方針だ。
 新型インフルエンザに関する著書もある小樽市保健所の外岡立人所長は「万一に備え、患者がどこへ行けばいいのかなど、病院や行政の対応を整備しておくことが重要」と訴えている。
5月21日

速報:インドネシア、スラウェシで5人の感染疑い  Berita Flu Burung (現地報道からのインドネシア 鳥インフルエンザ情報:個人ブログ)
 南東スラウェシ州、Kendariの1つの集落で、5月20日、5人の住民が、鳥インフルエンザ感染疑いを持たれている。
5人は、Kendari Barat郡のSanua集落の住民であり、現在Sulawesi Tenggara公立病院の隔離病室で看護を受けている。患者は4人の子供と1人の成人である。
Sulawesi Tenggara公立病院の医師によると、5人の鳥インフルエンザ感染患者の確認に対して、名前の公表はできないとしている。しかし、イニシャルは、AR(8)、HA(4)、SH(10)、AA(1)、SE(43)の5人で、患者達は、高熱と咳、呼吸困難の症状があると話している。

*これは少々気になる情報。発熱と呼吸困難が主症状となると鳥インフルの可能性が大。さらに集団発生は気になる。最終的確認が待たれるが、全て検査の結果が陽性となると、これだけの子供を含む集団発生は、2006年1月のトルコの事例以来となる。

十和田湖の鳥インフル、韓国の遺伝子と酷似 環境省発表 朝日新聞 
 
英グラクソなど、新型インフルワクチンを日本に輸出へ 日本経済新聞
 海外製薬大手の英グラクソスミスクライン(GSK)と米バクスターが新型インフルエンザの流行に備えたワクチンを対日輸出する方向で検討に入った。日本では北里研究所などが生産しているが、大流行の際の供給力不足も懸念される。両社は近く承認申請する方針で政府のワクチン備蓄計画にも追い風になる。
 両社はそれぞれ自社開発したプレパンデミック(大流行前)ワクチンの承認申請に向け厚労省と協議に入った。両社とも申請から3カ月―半年程度で出荷できるという。

*国内での臨床試験が行われる必要がある?となると3ヶ月から半年で出荷、国内で使用可能となるのか不明。

協力病院に都が助成金・新型インフルエンザ(5/21)  日本経済新聞
 東京都は新型インフルエンザ患者の検査や入院隔離を担う協力病院に施設整備費を助成する支援策をまとめた。協力施設を増やすのが狙いで、運営にかかわる資金も提供して病院の負担を軽減する。感染を防ぐ特殊防護具も都が備蓄して優先的に配給する。新型流行に備え、自治体が独自に病院を支援する取り組みは珍しい。
 都は新型インフルエンザ発生時の医療体制の整備のために今年度、計14億5500万円の予算を計上。独自の取り組みで対策を強化する。

[単独] 「今年のAIはヒト感染致死率が高い」;‘中国 安微型’と確認…16日政府発表矮小化疑惑 ソウル新聞 (韓国、ハングル)
 今年全国を荒らし回った鳥インフルエンザ(AI)はヒト感染の可能性があり、致死率も高いウイルスであることが20日確認された。「ヒト感染事例がなく、インドネシア等でヒトに感染しているウイルスとは違う種類」という政府の説明と異なっている。専門家たちはAIの危険性を鑑み、ワクチン開発と防疫活動強化を要請した。以下は詳細に続く。H.I訳 詳細

 問題点は本日早くに紹介している”ソウル新聞”記事を参考に。
Bird flu vaccine to hit the shelves Nature.com (subscription), UK  (ネーチャー、英国) グラクソ社による人用鳥インフルワクチン開発の波紋

印刷用ファイル

 EU委員会は将来のパンデミック対策用のH5N1ウイルスに対する新規ワクチンを承認した。しかしこのプレパンドリックスと呼ばれるワクチンが、各国政府によってどのように位置づけられるのか不透明である。
 英国の巨大製薬メーカーであるグラクソスミスクライン社により開発されたワクチンは、最近鳥の間で感染を繰り広げていて、疫学研究者達が人の間でのパンデミックを起こす可能性が非常に高いと考えているH5N1ウイルスに対するものである。当ウイルスは南西アジアで発生し、そして渡り鳥や家きんで世界各地に運ばれ、2003年以来世界中で382人を発病させ、241人の命を奪っている。
 この”プレパンドリックス”は、アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカで見つかっているA/Vietnam/1194/04と呼ばれるH5N1ウイルス株を抗原として作成されている。
 臨床試験の結果では、H5N2のようなH5N1ウイルス近縁の株にも効果を発揮するようだ。
 ワクチン発売は、将来発生するパンデミックがこのベトナム株に近縁なウイルスが原因となるものと見なした、ある意味では賭とも言える。

波紋

 各国政府は今後ワクチン使用を巡って、二つの戦略の間で逡巡することになる。すなわちワクチンをパンデミック用に備蓄しておくか、それとも事前投与してパンデミック発生前に免疫をつけるか、の二者択一においてである。
 これらの決定には、ヨーロッパ各国の保健当局に多大な責任を負わすことになる。
 決定するには多くの要因を考慮に入れる必要がある:例えば、オランダ、ロッテルダム大学の世界的ウイルス学者であるオステル・ハウスワ博士によると、ワクチン投与の優先権の問題が大きい。すなわち、保健医療関係者を優先するべきか、それとも家きん産業従事者、または全人口を対象にするか等である。
 専門家達は、被接種者の中の一部で、ワクチンに対する副作用が生じる可能性を指摘している。
 「すぐにはパンデミックの危険性がない地域の人々に、(副作用を生じる危険性を冒してでも)ワクチンの事前接種が受け入れられるかどうかはわからない」、とオステル博士はコメントしている。
 ヨーロッパ委員会で承認される前に、”プレパンドリックス”は昨年スイスとフィンランドから発注された。その後2007年中に世界中から2億8400万ドル発注された。
 
 パンデミック発生の場合、早急にワクチンを作成するために、原因ウイルスが研究者達によって特定される必要がある。インフルエンザウイルスは極めて素早く世界中に広がる。そのため、その拡大速度を制御するための迅速な対応が、対策上最も重要となる。
 パンデミックを引き起こしているウイルス株が、ワクチン対象株と異なったとしても、”プレパンドリクス”を事前に投与しておくと、研究者達に少なくともパンデミックワクチンを作成するだけの時間的余裕をもたるす可能性はある。(プレパンドリクスがそれなりに効果を発揮している間にパンデミックワクチン製造の時間的余裕が生まれる可能性)。
 最近のワクチン製造技術は、ワクチン製造までの時間を数週間まで短縮できている。ペンシルバニアのピッツバーグ大学のアンドレア・ガモットは、36日以内にH5N1ウイルスに対するワクチン製造技術を開発している。
 当テーマに関する報道記事
2006/1/27

研究成果:新鳥フルワクチン製法で1カ月でワクチンが準備と
 病原体を用いない新製法で鳥フルワクチンが1カ月で作成され、それは鶏が致死的H5N1鳥フルに感染するのを、完全に予防出来ることが米国の研究者によって26日[NATURE]に発表された。
 遺伝子学的手法により作成されるワクチンは、従来型の時間がかかる製法から現代的製法へ転換して作成されるワクチンとして、その条件を十分満たしている。
 米国ピッツバーグ大学のチームは新製法によるワクチンの人における臨床試験を計画している。
 ”これは非常に能力が高いワクチンだ”、と同大学のアンドレア・ガムボット博士は語る。
 ”アトランタのCDCからウイルスの遺伝子情報を得てから1カ月でワクチンを作成出来る”。
 現在の鳥および人に対するワクチンは作成するのに数ヶ月要し、ワクチンウイルスは鶏受精卵中で増殖される。産生量は不安定で、ワクチンも完全な予防効果はない。
 専門家達は受精卵のかわりに人培養細胞でウイルスを増やすことに賛成している。
 
 彼等は新型インフルエンザウイルスがパンデミックになったとき、その遺伝子情報をCDCから電子メールで知らせてもらい、続いてウイルスの”H”基を構成しているタンパク情報を持つDNA情報を解析し、そのDNA鎖を人工的に作成する。
 続いてそのDNA鎖を人の一般的風邪ウイルスである、アデノウイルスに組み込む。
 増殖されたアデノウイルスがワクチンとして用いられる。(H5N1ウイルスのH基に対する抗体を産生させる)。
 このようにして作成されたワクチンはマウスと鶏を用いた実験で、鼻腔スプレー方式で部分的予防効果、注射で100%の予防効果を示した。

 さらにワクチンと抗インフルエンザ薬だけが我々の戦略部隊の武器ではない。
 先月、ジョージア州アトランタのエモリー・ワクチンセンターとオクラホマ医学研究財団の研究者は、毒性の強いウイルスを攻撃できる人のモノクローナル抗体を迅速に大量製造できる方法を開発している。この方法は高価ではあるが、将来のパンデミック対策に有用である可能性が高い(モノクローナル抗体投与を用いた予防と治療)。
 当情報を伝える報道内容は下記
2008/4/16

H5N1鳥インフルウイルスに対するモノクローナル抗体のライブラリーが作成される
 昨日カナダの報道で紹介されていたニュース。
 米国とトルコの研究者が、米国の製薬企業と共同的に研究開発。
 トルコのH5N1鳥インフル発病、そして回復者の骨髄から抗体産生細胞を分離して、その培養細胞から産生されるH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体をを分離、解析。
 300種類以上の抗体が分離され、それらは必要に応じて大量増産が可能。
 H1とH5亜型株両方に作用する抗体も3種類分離されている。

 患者治療用(受動免疫)に、さらに万能ワクチン開発に役立つと、研究者達はコメント。
 研究報告は、世界的科学雑誌である「米国科学アカデミー紀要」に掲載。



国民不安を憂慮、AI感染危険性隠蔽疑惑指摘により  ソウル新聞(韓国、ハングル)

 *韓国で分離ウイルスが心配ないとする政府発表に対する専門家達の反論記事
 今年国内で発生した鳥インフルエンザ(AI)がヒトに感染した事例がないという政府の発表で収集しつつあった不安は20日、専門家たちの反論により再燃する兆しを見せている。
 政府はAIのヒト感染の危険性を明確にしなかったが、専門家たちは警告している。16日、AIの遺伝子分析結果を発表した金ギソク国立獣医科学検疫院調査委員長は、20日ソウル新聞とのインタビューで、国内で発生したAIウイルスが中国の発生時にヒト感染して死亡した事例があり、ヒトに感染しないと言うことはできないと明らかにした。

 金ジェーホン(43・ソウル大獣医学科教授)前検疫院疾病研究部長は「2.3.2型は人体感染事例のある2.3型から遺伝子変異で派生したもので、ヒトに感染しないとはいえない。国民の不安を気遣って検疫院でそう発表したのだろう」と言った。
 モ インピル(43・忠北大獣医学科教授)前検疫院鳥類疾病課長も「2.3型と分類された4種類型はお互いに遺伝的に似ており、ヒトにいくら接触するかによってヒト感染程度に差があるだけで、細かい分類は無意味だ。2.3型に属する4個の下位クレードの中でもヒトに感染して死亡をもたらしたものもあるので、2.3.2型も感染した鶏や家鴨に人間が接触する場合、ヒト感染が発生することがあり得る」と指摘した。
 実際に2.3型系統である2.3.4型はベトナム等で発病して50人余りが死亡した。同じ遺伝子系統の2.3.2型も安全ではないということの傍証となる。2.3.2型は2005年8月ベトナムでジャコウネコ3匹が感染して死んだ事例もある。これは哺乳類への感染力がすでに立証されていることを意味する。モ インピル前課長と金ギソク委員長は「哺乳類が感染するということは同類のヒトも感染する危険性がそれだけ大きいということだ」と説明した。
 しかし検疫院は2.3.2型のヒト感染の危険性を確認するためにアメリカ疾病統制センターに分析を依頼しており現在哺乳類を対象に実験していることがわかっている。保健福祉部傘下疾病管理本部金ウジュ(39・高麗大病院感染内科教授)諮問委員は「”心配ない、心配ない”と嘘ばかり繰り返して国民を安心させようとすれば、かえって大きな災いをもたらす。国民に事実に基づく説明を行い、AIを早期に終熄させる対策と、ワクチンの確保など実際の行動で示すのが正しい方法だ」と主張した。H.I訳

                       ~~~~~
*今回、韓国で分離されたH5N1ウイルス:クレード2.3.2

   以下、岡田・田代著「新型インフルエンザH5N1(岩波書店)」から引用。{ }内は上記記事から追加。

   H5N1ウイルス-->クレード1、2、3に分類
        クレード1(ベトナム系統):ベトナム、タイ、カンボジア
        クレード2
             2-1(インドネシア株):インドネシアで家きんと人に猛威中
             2-2(青海系統):2005年6月、中国青海湖~>欧州、中東、                         アフリカ(中東、エジプトで人で死者多数)
             2-3(福建系統):中国南部で患者から分離~>ベトナム、タイ
              {2-3-2:今回、韓国で分離}
              {2-3-4:ベトナムで50人余死亡}
        クレード3:1997年に香港で人に初の感染H5N1株



釜山高病原性AI6件に 中央日報 (韓国、ハングル)

韓国内でH5N1ウイルスの封じ込めが成功せず、釜山で発生が継続との報道
 釜山の家鴨・鶏飼育農家で、高病原性鳥インフルエンザ(AI) 3件が追加確認された。
 これで釜山の高病原性AIは10日機張郡長安邑で初めて確認されてから6件となった。

 20日釜山市によると、15日鶏16羽が斃死した金井区の飼育場の鶏に対する精密検査の結果、高病原性AIと確認された。
 釜山金井区役所は15日、飼育場の鶏96羽と半径500m以内の他農家の鶏160羽を殺処分したのに続き、(※1) 21日半径3km内危険地域の81羽(鶏77羽、家鴨4羽)も殺処分した。
 釜山江西区と機張郡の鶏と鴨に対する精密検査でも2件の高病原性AIが発見された。
 江西区の農家は、3月末?4月初全南潭陽から雛鴨4千匹を仕入れ飼育中であったが、高病原性AIの流通経路と確認され、4千羽を全て殺処分した後、精密検査を行っていた。
 釜山市は一帯の農家の家鴨3,600羽を殺処分して、周辺農家に対して防疫を強化している。
 機張郡の農家の場合は、飼育農民が高病原性AIの流通経路と指定された蔚山市蔚州郡の在来市場に行って来たことが確認され、鶏18羽と家鴨25羽43羽を殺処分した後、精密検査を依頼した。
 市はこの飼育農家と接した農家1ヶ所にいた鴨4,800羽を殺処分して防疫を強化した。H.I訳

5月20日


EU licenses first pre-pandemic bird flu vaccine Reuters (国際) EU、人用鳥インフルワクチンに初の販売ライセンス
 グラクソスミスクライン社の人用鳥インフルワクチンに対する、EU内での販売ライセンスがEU委員会から下りた話題。

Korea earmarks money for fight against bird flu Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、鳥インフル対策に予算を計上
 韓国は2640万ドルの予算を鳥インフルのさらなる発生予防と、人での発病予防のために今年度計上した。
 半分の額はタミフル購入に宛てられ、残りは感染予防装具購入に充てられる。
 タミフルは現状の135万人分から倍量に増量され、人口の5%分である250万人分が対象とされる。
ワクチン開発 「カギは蛾の細胞」 読売新聞 
 新型インフルエンザ発生に備え、ワクチンの備蓄が課題になるなか、製造期間を従来より3分の1の約8週間に短縮できる製造手法が注目されている。蛾の細胞を使うもので、大量生産にも対応できるためだ。6月から治験が始まる。 

蛾の細胞を使う製造法とはいかなるものか。

 「インフルエンザのワクチンとなるたんぱくを、大量に培養した蛾の細胞につくらせるという方法です。現在承認されているワクチンは、製造に大量の鶏卵を使っていますが、蛾の細胞が鶏卵の代わりをするのです」
 新型ワクチンの開発に取り組む「UMNファーマ」(秋田市)の林成浩取締役が、そう説明する。同社は大学などが持つ技術を活用して、新薬などを開発する医療ベンチャーで、秋田県などが関係するファンドの出資を受け、2004年に設立された。
 新型インフルエンザは、鳥インフルエンザ「H5N1型」がヒトに感染し、ヒトからヒトにうつる段階で発生するとされている。ひとたび発生すると、世界的大流行が懸念されており、ワクチン備蓄が各国共通の急務となっている。
 UMNファーマの場合、培養タンクであらかじめ増殖させた蛾の細胞に「H5N1型」の遺伝子を導入。ウイルスの感染にかかわっているたんぱくを細胞に産生させた後、これらを取り出して、純度が高いたんぱくに精製。さらに、免疫を高める薬剤などを加えて製剤化したものを新型インフルエンザに備えたワクチンとする考えだ。
 ワクチン開発にあたっては、アメリカのバイオベンチャー・PSC社から技術供与を受けた。 鶏卵を使う従来の方法では、ワクチン製造に約6か月かかるが、蛾の細胞を使う方法では、約8週間ですむ。増産するには、その分の培養タンクを増やせばいいため、比較的すばやく対応できるという。
             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 上記製造方法は昨年海外報道されていた米国の研究者によるインフルエンザワクチン製造方法で、この方法によりH5N1鳥インフルワクチンを製造するものだ。
 昨年発表の報道を下記に再掲載。


2007年4月11日

Flu Vaccine Grown in Insect Cells Called a Promising Alternative  Forbes, NY (米国) 昆虫細胞で製造されるインフルエンザワクチンが有望視
 シンシナチ小児病院医学センター、ロッチェスターおよびバージニア大学の研究者による発表。4月11日号の、Journal of the American Medical Associationに掲載された

 新規ワクチンは”FluB1OK”と呼ばれ、Protein Sciences Corp. of Meriden, Connが製造元。
 ウイルスは通常昆虫に感染するbaculovirusで、毛虫の中で増殖させワクチン材料として用いている。
 {訳者注:遺伝子組み換え技術で、baculovirusにインフルエンザウイルスの抗原が(Hタンパク等)発現できるように、各種インフルエンザウイルスの遺伝子を組み込んであると想定される。詳細は報道では無記載。}

 この研究では抗原量が75マイクログラム含んだワクチンと、135マイクログラム含んだワクチン、そしてプラセボ群が使われた。
 作成されたワクチンは、2004年~2005年に流行が想定されたウイルス株3株を用いて、同期間に臨床試験が行われた。
 154人がプラセボ群で、153人が少量抗原、他の153人が大量抗原投与を受けた。
 
 ワクチン投与による副作用は注射部位局所の痛み程度で、重大な副作用は観察されていない。
 さらに重要な結果として、大量抗原投与群からはインフルエンザ感染者は発生していなく、プラセボ群からは5%発生、少量抗原投与群では1%の患者が発生した。

 この結果は非常に期待を抱かせるものではあるが、受精卵を使用しないで抗原を増殖させる方法に関してもっと研究を進めてゆく必要がある。そのように研究責任者は語っている。

GlaxoSmithKline given OK to sell bird-flu vaccine in Europe Triangle Business Journal, NC  (米国) グラクソスミスクライン社のワクチン、ヨーロッパで発売の許可

WHO assembly rejects Taiwan bid for observer status Canada.com, Canada  WHO総会、台湾のオブザーバー参加を不承認
 以前からの懸案事項でもある台湾からのWHOへのオブザーバー参加は、今回も否決された。
 中国が台湾2300万人の人々の健康問題に果たす責任があるとされる。
 この12年間、台湾の要求を拒否してきたWHOであるが、今回の6日間にわたる総会の初日に問題が取り上げられ、前回同様にオブザーバーとしてWHOに参加することが拒否された。
 台湾は同国が193カ国加盟のWHOから除外されることは、WHOが鳥インフル等の感染症に対して国際的対策を講じる上で不利益を被ると主張している。
 
GlaxoSmithKline Comes Up With Approved Flu Vaccine  eMaxHealth.com, NC (米国) グラクソ社の鳥インフルワクチン、ヨーロッパで承認
 全てのH5N1ウイルスに対して効果を持つとされるグラクソスミスクライン社のワクチンが欧州委員会で承認された。
 ベトナム株を抗原として作成されているが、全く遺伝子が異なるとされるインドネシア株に対しても予防効果を持つことが確認されている。
 スイス、米国からはすでに注文が入っており、ほかにヨーロッパの数カ国からも発注されているという。
 開発に20億ドル要した。

 さらなる詳細は昨日のロイター報道。
5月19日


Siberian birds test positive for bird flu antibodies RIA Novosti, Russia (ロシア) ロシア、シベリアの渡り鳥から鳥インフル抗体 陽性
 ロシアの家畜農作物監視局Rosselkhoznadzorが19日 文書で出した声明によると、南シベリアの渡り鳥から鳥インフル抗体が検出された。検査によると、アルタイ地方の3地域の渡り鳥から採られた18の血液サンプルと、トゥーバ共和国のウヴス湖の渡り鳥から採られた3つの血液サンプルからH5亜型ウイルスの抗体が発見された。抗体が見つかったということは、鳥たちが感染した鳥に接触したか、鳥インフルを生き延びたということであるが、これらの鳥たちが感染源というわけではない。現在継続中の研究で、これまで903のサンプルが採られた。また、反鳥インフルキャンペーンの一環として、リスクの高い地域の合計580万羽の鳥のうち400万羽以上の家禽が2回のワクチン接種を受けている。シベリアでは、2007年度は鳥インフルは発生していない。A.Tohda訳
Glaxo to market bird flu vaccine in EU The Age, Australia  (オーストラリア) グラクソ社、EU内で鳥インフルワクチンを販売に
 グラクソスミスクライン社は、欧州医薬品規制委員会(European medical regulators)から人用鳥インフルワクチンの販売の許可が得られたと発表した。グラクソ社のワクチンは既にパンデミック用に世界数カ国に備蓄用として販売されている。
 同社のプレパンドリックス(Prepandrix,)はH5N1鳥インフルウイルスを標的にした人用ワクチンであるが、EU加盟27カ国に対して、プレパンデミック・ワクチンとして販売出来るライセンスを得たことになる。
 グラクソ社は既にスイスと米国から発注を受けているが、同ワクチンはベトナムで分離されたウイルスを用いて、20億ドルの開発費を要している。
 スイスは同国の人口分である800万人を対象にしたワクチンを発注している。また米国の保健福祉省は、2750万人分を発注している。
 グラクソ社ではフィンランドとたのヨーロッパ内の数カ国も発注したと語っている。それらの国は名前を明らかにすることを許可していないという。

 グラクソ社のワクチンはH5N1鳥インフルウイルスの他の株に対しても有効とされるが、パンデミックが他の鳥インフルウイルス株のH7やH9で発生した場合、無効になる。

 グラクソ社はWHOから、途上国用に5000万回分のワクチンを発注されているが、今後3年間で製造するが、1人が2回接種するので2500万人分のワクチンとなる。
SKorea mobilises troops for bird flu fight  AFP (国際) 韓国、鳥インフル対策に軍隊を派遣

 韓国は18日、すでに700万羽の家禽を殺処分している鳥インフル対策に、2度目の軍隊兵士を動員した。
 約200人の兵士が、H5N1鳥インフルが発生した南東部のYangsanで、31万羽の鶏と他の家禽の殺処分のために派遣された。
 数百人の兵士が以前に感染家きんの殺処分に動員されたが、1人の兵士が感染疑いとなったため、呼び戻されていた。兵士はその後異常ないことが確認されている。

Bird Flu Hits Chicken Restaurants Hard  코리아타임즈, South Korea  (韓国) 韓国、レストランをも鳥インフルが直撃
 鶏料理はほとんど敬遠され、ソウル市内の古手のレストランでは、30年前に開店して以来はじめといえるほど客が入らないと嘆いている。家きんにおける鳥インフル大発生の影響がレストランに及んでいる状況を取材。

EU set to OK poultry bird flu vaccination  Edinburgh Evening News, UK (イギリス) EU、家禽への鳥インフルワクチン接種を承認
 家禽への鳥インフルワクチンの接種を開始するかどうか、どたん場での障害がなければ、この議論の多かった問題は、25のEU加盟国の獣医学の専門家らによって今日、限定的ではあるがゴーサインが出される。食物連鎖および動物保健に関するEU常任委員会は、致死的H5N1株ウイルスがヨーロッパ中に広がっているため、ブリュッセルで2日間の会議を開き、鳥インフルの管理強化を議論していた。
 家禽へのワクチン接種は、費用とその効果について意見の相違があり、ヨーロッパを分裂させていた。また、家禽の輸出にもリスクが生じるとして大きな懸念があった。
 この問題について、ドイツ、オーストリア、デンマーク、ポルトガルは会議の1日目に強く反対し、イギリスも家禽へのワクチン接種で何が利益になるかと懸念を表明していた。
 しかし、家禽へのワクチン接種についての投票は、スロバキアがEUで8番目の鳥インフル感染国になったことで、期限がきていた。A.Tohda訳
5月18日


Volunteers get second shot of bird flu vaccine Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、ボランティアに2回目の人用鳥インフルワクチンを注射
 ベトナム北部Ha Tay省の陸軍医学専門学校で土曜日(17日)、30人のボランティアに2回目の人用H5N1鳥インフルワクチンが打たれた。4月19日に始まった臨床試験は、28日後の昨日が2回目(1人に対し1ml)であった。同専門学校の疫学部隊の責任者 Doan Huy Hau博士は、ワクチンに効果があれば、保健省に より多くのボランティアを動員して更なる試験を続けるよう提案したいと語った。来年には市場に出したいとしているが、その場合1回の注射の値段は、約30,000ベトナムドン(1.88米ドル=193円)と考えられている。A.Tohda訳

Nepal team learning from State expertise E-Pao.net, India (インド) ネパール、鳥インフルの専門知識を学ぶため チームをインドへ派遣 
 ネパール農業省の副大臣を代表とする7人の政府職員が、インド政府の許可を得て、13日からインド東部マニプル州の州都インパールを訪れ、鳥インフルの管理と抑制について、同州 獣医学畜産学局の経験と専門知識から学んでいる。18日には、同じく東部 西ベンガル州の州都コルカタを訪れる。A.Tohda訳

Bird flu back in Bengal, culling to start on Sunday Hindustan Times, India  (インド) ベンガルで鳥インフルが再興、日曜日(18日)から殺処分開始
 西ベンガル州当局は、ダージリング県で鳥インフルが発生し。感染した5ヵ所の村での家きんの殺処分が日曜日(18日)から開始されると発表した。
Don't carry eggs on return from trips abroad Khaleej Times, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) 海外から鶏卵や鶏肉等を持ち帰らないように

 アラブ首長国連邦の国家鳥インフル緊急対策委員会は、海外旅行に出かける人々に、帰国の際に持ち込む家きん産物についての警告を発令した。
 夏が近づいていることから、多くの人々が国外へ旅行に出かけることが予想され、鳥インフルウイルスが持ち込まれないように、空港、港湾、および他の国境における帰国時のセキュリティー・チャックが強化される。
 「全ての家きん及びその産物は国内に持ち込むことは出来ない」、と環境省のバイオセキュリティ責任者であるミーン・アハマド・アルハキム博士が強調している。
 同氏はカリージ・タイムズ(Khaleej Times )に、それは鶏肉や鶏卵から羽根まで全てを意味していると説明している。
 「もちろん、個人的に食べるための卵が用いられたケーキの類は構わないが、もし生卵や調理された卵の場合は持ち込みは許されない」、とアルハキム氏はそのように説明している。
 .「違反した場合の罰金や罰則はないが、それらは没収される。また我々は入国者が鳥インフル発生国から来た場合は、より厳しいチェックを行う」、と同氏は付け加えている。
 
 「感染した鳥の排泄物には大量のウイルスが含まれている。感染した家きんや、排泄物が付着した物の表面に直接接触することが、人の主たる感染原因となっている。さらに感染した家きんの”と殺”や、羽毛むしり、肉加工、料理等は感染の危険性をさらに高める。しかし適切に調理された家きんや家きん産物が感染源となるという根拠はない」、とWHOの専門家は述べている。 

 
5月17日

Authorities ask people to be alert about 'bird flu' Nepalnews.com, Nepal (ネパール) ネパール、当局が国民に 鳥インフルへの警戒態勢を求める
 ネパール東部と国境を接する隣国インドのダージリンとカルサーン地域での最近の鳥インフル発生を受けて、ネパールの家禽サービス局は土曜日(17日)、鳥インフルが同国へ入らないよう最大限の注意をするよう一般市民に通達を出した。政府もすでに禁止しているが、この通達で同局は、家禽商人、農家、一般市民に国境を越えて鳥を持ち込まないよう命じた。また、正式の衛生証明書を持たなければ、国内での鳥や鶏の輸送を禁じている。当局は、いかなる場所でも大量の鳥や鶏の突然死について聞いた場合は、直ちに知らせるよう人々に強く求めている。A.Tohda訳

South Korea bird flu bypasses humans United Press International  (国際) 韓国の鳥インフルウイルスは人に感染しない株と推定:当局
 16日、韓国検疫局は、現在韓国で流行中のH5N1鳥インフルウイルスは、これまで人に感染したことがない株であると発表した。
 国立獣医研究検疫局の報告では、ウイルス株はインドネシアやベトナムで人に感染したことがある株とは異なるとされる。

*昨日の中央日報での報道では、クレード2.3.2とされ、これは中国南部からベトナムで分離されている株であるが、いまだ人での感染報告はないとされる。しかしながら、人に感染しない株という表現は妥当ではなく、どのH5N1鳥インフルウイルス株も人に感染する可能性はあり、また小さな変異が起きていれば同一クレード内でも、人への易感染性を獲得していることもありえる(管理人)。

Bird Flu Vaccine Factory to Be Built Next Year: South Korean Ministry MedIndia, India (インド) 韓国で来年度に鳥インフルワクチン製造工場が設立
 年間2000万人に投与出来るワクチン量を製造出来る向上を来年度設立と、韓国保健省は発表した。
 また2012年までに1000万人分のタミフルを備蓄すると確約した。
 ワクチン工場はGreen Cross社が開発中のワクチンを製造するが、同社報道官は、現在さらに臨床試験が必要な段階であるが、可能な限り製造段階に持ち込みたいと語っている。

US experts to research Vietnamese’s anti-H5N1 ability VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) 米国専門家、ベトナム人のH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体保有率を検査
 ベトナムでは多くの家きんと家畜が一緒に同一場所で飼育されている。各動物は異なったウイルスを保有しており、それらウイルスの遺伝子とインフルエンザウイルスの遺伝子が交雑し、各種のインフルエンザウイルスが存在している可能性がある。
 弱毒性H5N1ウイルスに感染した人々の体内で産生された抗体が、強毒性のH5N1ウイルスに対しても感染予防効果を持っている可能性がある。
 米国の健康研究所(NIH)の研究者達が、ベトナムの3省の850家族を対象にした調査では1万2千人が鳥インフルに暴露された可能性があるという。
 人と家きんの血液および水の採取、そして人々の鳥インフルに対する知識保有と警戒に対する意識調査が行われる。

 一方、ベトナムにはワクチン製造会社が3社あるが、そのうちの1社である”The Vaccine and Biotechnology Company 1 ”は、猿の細胞を培養して人用H5N1鳥インフルワクチンを製造している。
 米国の専門家によるとWHOは、猿や犬の生きた細胞を用いて作られるワクチンの安全性に関して非常に心配していると言う。
 これらの細胞内には、まだ知れれていないウイルスや、人に感染する病原体が存在している可能性が否定出来ない。
 これら細胞がワクチンを製造するのに適しているかどうかを確認する必要があるが、それの検査は、ワクチンを非常に高価なものにする。
 WHOは、現在ベトナムで行われているワクチンの臨床試験が、十分注意深く行われる必要があると警告している。
 一方、米国大使のJ・E・ランゲ氏は、ベトナムの科学者と保健省は、WHOと米国の研究者と密接に共同研究に参加している。それ故、パンデミックが発生した場合、優先的にワクチンが提供されるだろうとコメントしている。

Drill prepares for flu pandemic Blue Mountain Eagle, Grant County, Oregon(米国) 米国オレゴン州グラント郡、パンデミックに備え訓練
 米国オレゴン州のグラント郡では、国土安全保障省の病院準備プログラムの一環として、4月18日、地元の緊急対策関係者や病院スタッフが参加する訓練が行われた。また 5月9日にも、オレゴン健康科学大学の看護学科の学生2人と郡保健局の職員1人が立案した緊急対策計画に基づき、郡保健局の主催で訓練が行われ、ジョンデイ警視庁、郡保安官事務所、ブルーマウンテン病院、医療従事者が参加した。屋内での訓練だったが、パンデミックの様々な段階に地元当局者がどのように対応すべきかをテーマに進められた。
ブルーマウンテン病院の代表者は、現在 患者がインフルエンザの治療のために来院した際は、どのようなインフルエンザ株が検出されるか検査していると語り、同席したオレゴン州 化学薬品備蓄緊急事態準備プログラムのブライアン・ホプキン公衆衛生局長は、WHOのフェーズが3の現段階での監視は重要だと述べた。
また ホプキン局長は、パンデミックが起きた場合、州や連邦政府が支援物資を届けるには時間がかかるので、各人、各家庭での準備も重要で、少なくとも2週間分の水と3か月分の食糧を備蓄するよう助言した。A.Tohda訳

Bird Flu outbreak in Darjeeling hills  Times Now.tv, India (インド) インド、西ベンガル州ダージリン丘陵で新規鳥インフル発生
 インド東部の西ベンガル州 ダージリン県のラジェシュ・パンディ県知事は、ボパールのハイセキュリティ動物疾病研究所からの報告で、ダージリン丘陵のビジャンバリ地区で新たな鳥インフルの発生を16日 確認した。同知事によると、17,000羽の鳥がビジャンバリ地区とその周辺で18日から殺処分される。
 ダージリン県では5月8日に、ダージリン山麓の丘にあるスクナと、シリグリ郡のマテガラとバグドグラ地区で鳥インフルが初めて検出され、県当局は32,000羽の鳥を殺処分し補償金を支払った。全ての予防策が取られたが、不必要なパニックを回避するため、シリグリの市場での鶏と家禽製品の売買は停止しないことが決められた。A.Tohda訳
5月16日


Bird flu virus in S. Korea a type that caused no human infection ... Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国で流行中の鳥インフルウイルスは、人での感染を起こしたことがない株
 人での感染を生じているインドネシアやベトナムでの株とは違い、また2003年と2006年に発生した株とも違う。韓国検疫局の発表。

今度のAIはヒト感染事例の種類-2003年、2006年とは違うもの 中央日報 (韓国、ハングル) 
今年我が国で発生した鳥インフルエンザ(AI)は今まで人体に感染した事例がない種類であることが発表された。
 国立獣医科学検疫院16日、疫学調査委員会の中間検査結果で今度のAI事態の初期に発生した金堤・井邑・霊岩・論山・平沢件で分離した「H5N1型」ウイルスが「2.3.2」系統のウイルスと確認されたと発表した。
 検疫院によればこの種類のAIは今まで世界的に中国、香港、ベトナムなどで発見されたものと同じ系統で、鶏と鴨などで発生したのみで人体感染事例は報告されたことはない。
 金ギソプ疫学調査委員長(慶北大教授)は「このウイルスはインドネシアなどで発見された人体感染AIウイルスとは異なる」と説明した。
ただ今回のAIウイルスは、2003年と2006年の二度我が国で発見された系統とも異なることが確認された。
 2003年は中国南部地域ウイルスに似ており2006年の場合は中国青海湖周辺ウイルス、 すなわち「青海グループ」に属しており、北方の渡り鳥と共に流入した可能性が高い一方、今度はベトナムなど南側から北上して来た渡り鳥を通じて伝わったと推定された。
 しかしこのようなウイルス系統の差は、AIの常時化、または土着化を意味しない。
 金委員長は「ウイルスの常時化は防疫に失敗した事を言うもので、ウイルス特性自体によって変わるのではない」と強調した。H.I訳

Bird flu medication passes use-by date Newstalk ZB(ニュージーランド)  鳥インフルエンザ薬が使用期限切れ

 鳥インフルエンザ薬に100万ドル以上を浪費したとして、厚生当局が批判を受けている。
 国民党の厚生関係スポークスマンであるトニー・ライアル氏は、有効期限が切れたという理由で同薬剤が実際に廃棄されたと憤りをみせている。
 同氏は、この薬剤は無駄になったとし、なぜニュージーランド国民に役立つようにしなかったのか知りたいとしている。
 しかし厚生相のデビッド・カンリッフ氏は、そうした批判を退けている。
 同大臣は、ライアル氏は政府がタミフルを鳥インフルエンザに感染していない国民に施すべきだったとしているとし、ライアル氏が自分のかかりつけの医者でなくて良かったと述べている。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


Bird flu mutations resistant to drugs Brisbane Times, Australia  (オーストラリア) 薬剤耐性変異鳥インフルウイルス発生の危険性
 昨日報道された英国研究者によるNature論文に関して。
 詳細はロイターで報道済み。

 現在各国が備蓄中のタミフルは、季節性インフルエンザウイルスとH5N1鳥インフルウイルスに、容易に耐性となりえることが実験室で確認された。一方、リレンザに対しては容易に耐性とはならない。
 以上のことから、パンデミックに際してはタミフル単独投与では危険で、リレンザ等の他の薬剤と併用した多剤療法が必要。

 オーストラリア保健省の報道官によると、同国ではタミフルは870万人分、リレンザは180万人分備蓄している。
 同省ではインフルエンザウイルスのこれら2剤に対する感受性をモニターしているという。今回の研究結果はあくまでも試験管内の話であって、患者の治療に役立たない可能性があると結論するには早すぎる、とコメントした。
Indonesia agrees to hand over bird flu data for new global database CFTKTV, Canada  (カナダ) インドネシア、鳥インフルウイルス情報を新国際データベースに登録することに同意
 昨日報道済みのインドネシアが鳥インフル情報を、新規制定国際データベースに登録することに同意した内容。

 インドネシアは15日、発生鳥インフル事例の全ての情報を、H5N1鳥インフルウイルスが変異して、危険なパンデミック株になってきているかモニターするための、新規国際データベースに登録することえお発表した。
 専門家達は、世界で最もH5N1鳥インフルの発生数が多いインドネシアがデータベースに情報を登録することは、非常に大きな進展となると評価している。この1年間近く、インドネシアはWHOのウイルス共有システムに参加することを拒否してきた。

*インドネシアは、分離ウイルスをWHOに提供しても、それが米国等の先進国に渡り、ワクチン研究や生物兵器開発に利用され(生物兵器問題はスパリ保健省大臣の主張であるが)、途上国の利益にならないことから、ウイルスを国際社会に提供することを拒否してきた。
 インドネシアで解析された情報を提供することで、分離ウイルスを国際社会と共有することではないと思う。
Bird Flu Alert Sounded in Jhapa Himalayan Times, Nepal  (ネパール) ネパール、ジャパ郡で鳥インフル警報
 ネパールのジャパ郡(Jhapa district)当局は、ネパールとの国境沿いのインドで鳥インフルが発生したため、警戒報を発した。
 鳥インフル発生監視の強化と、インドからの鶏、アヒル、ワクチン、飼料の輸入を禁止した。
 一方警察はインドから密輸された鶏卵やブロイラー用の鶏を押収し、土中に埋めて処分している。
 ジャバ郡:下記ネパール地図の東部の右下。


*各国とも、H5N1鳥インフルの侵入防止に懸命。
 拡大様式を見ると、やはり人為的であり、野鳥類によるウイルス伝搬とは考えられない。野鳥類によるものならば、簡単に西ベンガル州から拡大してもおかしくはない。

Bird flu confirmed in Bijanbari The Statesman, India  (インド) ダージリング、鳥インフルが新たにビジャンバリで確認
 インド西ベンガル州、ダージリング県のビジャンバリ地区でH5N1鳥インフルが発生した。 当局によると5月11日にビジャンバリから送られた検体からH5N1ウイルスが検出された。
5月15日


ちょっと気になるニュース
<大量死>原因不明 タヌキとキツネが続々と 北海道   毎日新聞

北海道後志支庁は14日、後志管内泊村照岸の土砂置き場内の池で、タヌキとキツネ計12頭が死んでいるのを見つけたと発表した。個体に外傷はなく、池の水質にも異常はなかったが、念のため、道立衛生研究所などで死因の確認を行っている。死後1週間以上が経過していたという。

*野鳥の間でH5N1鳥インフルが拡大している可能性も否定出来ない北海道。死亡した感染野鳥を食べて感染死した猫、イタチ等の例は海外で報告されている。

速報:ジャカルタ、さらに死亡患者の兄が入院(3人目) Berita Flu Burung (インドネシア 鳥インフルエンザ情報)
 鳥インフルエンザ感染疑いで死亡したIstiqomahの兄、Alamsyah(24)が、ジャカルタのPersahabatan病院に5月13日に、鳥インフルエンザ感染が疑われ入院。現在同病院の隔離病室で看護を受けているという。
 家族によれば、38度の高熱で、咳の症状もあるという。
 妹のIstiqomahは、Persahabatan病院で4日間看護を受けた後、5月14日の7:00に死亡している。

 姉弟が鳥インフル疑いで死亡した報道は、昨日(14日)、新華社が行っていて、訳文は掲載済みである。
*状況から家族内感染が疑われる。 

AI(Avian Influenza:鳥インフル)「清浄地域」すり抜けた梁山「虚脱感」 聯合ニュース (韓国、ハングル)

 慶南最大の産卵飼育農家が密集した梁山地域で高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生し、数百万羽の家擒類を殺処分することになり、飼育農家と地域職員は虚脱状態となっている。
 15日慶南道と梁山市によれば先月3日全北金堤で高病原性AIが発生して以降、梁山地域ではAI流入を遮断するための徹底的な防疫と、高品質××剤(訳不能。ワクチンか抗生物質?)投入などで40日以上「AI清浄地域」の地位を維持してきた。
 しかし11日梁山市上北面の農家で斃死した鶏で発見されたウイルスが「H5N1型」と確認され、防疫活動に邁進した農家と職員たちは虚脱感に陥った。
 15日午前から高病原性AI発生農家から半径3km以内の45農家で、126万7千羽の鶏と鴨などの殺処分を開始したが、該当の農家は虚脱感のため大部分は殺処分現場に姿を見せず、慌ただしい職員の姿だけが見られた。
 梁山で初めてAIが発生した上北面の農場から500mにあり、最も近くの農場では15日午前から市職員と畜産協同組合など50人余りが3万7千余羽の産卵鶏の殺処分を開始したが、農家の姿は見えなかったと市職員は伝えた。
 職員も全国でも先進的な防疫活動でAIを阻んで来たにも関わらず、ただ一件の高病原性 AI発生が130万羽の家擒類の殺処分に発展したことに途方に暮れた表情だ。
 市関係者は「高速道路や国道などに10箇所以上の検疫所を設け、非常対策状況室の運営、 車の消毒など多様な防疫活動を拡充してきたうえ、2004年に発生したAIの影響で、農家たちが自主防疫を徹底的に進めてきたが、AI発生を避けることができなかった。全ての家擒類を殺処分するのに10~15日位かかる」と述べた。
 梁山養鶏関係者も「梁山は他地域でAIが発生してから、大変な時間と費用をかけてAIを遮断してきたが、どうやって流入したか不可解だ。今となっては防疫当局が殺処分対象農家を最小限にしてくれるのを望むだけ」と述べる姿に喪失感が見て取れた。
 一方慶南道と梁山市は今回のAI発生について、流入経路及び発生原因を把握することができず、いらだちを隠せない。
 他の地域に比べて現代的な施設である産卵鶏舎のうえ、防疫も徹底的に行ってきた場所でAIが発生したことに対して、今のところ外部からの人や車による感染が原因だと推測するしかなく、道と市は国立獣医科学検疫所関係者とともに病原体流入経路などの疫学調査を行っている。
 また農林水産食品部 朴トクベ第2次官は15日梁山市庁のAI非常対策状況室を訪問し、 AI発生状況の報告を受けた後、「発生農家から危険地域内すべての鶏と鴨など家擒類を早急に殺処分し、家擒類の移動も行わないよう徹底的に統制を行うこと。政府側関連予算で最大限支援する」と激励した。
H.I訳

*韓国は大変な状況となりつつある。感染源、感染経路が全く掴まれていない。人為的経路による感染拡大であろうが、ウイルスの性状が早く知りたいところである。
 日本も遅まきながら対策が強化されだした。どうなることか、先は霧の中だ。

慶北慶山、慶南梁山 高病原性AIと判定…疑い事例68件 Medical Today (韓国、ハングル) 
 慶北慶山と慶南梁山の鳥インフルエンザ(AI)ウイルスが高病原性であると判定された。
農林水産食品部は慶北慶山の地鶏と慶南梁山の産卵鶏の斃死原因が高病原性AIと判定され、全南寶城は検査中であると15日明らかにした。
これで14日現在までに19市・郡・区で68件の疑い事例が申告され、うち陽性が42件、陰性が25件、検査中が1件となる。
防疫当局は慶北慶山で12万5000羽、慶南梁山86万9000羽について殺処分を完了し、発生農場から半径10km内の移動制統制警戒所運営など防疫措置を取った。H.I訳

S. Korea to build bird flu vaccine plant  Yonhap (韓国) 韓国、人用 鳥インフルワクチンの製造工場を建設
 木曜日(15日)保健当局者によると、韓国は 致死的鳥インフルが人に広がる可能性への備えを強化するため、人用鳥インフルワクチンを製造する大規模な工場を建設する予定である。
 ソウルの南西 約340キロにある町 和順(ファスン)に建設予定で、年間およそ2,000万人分のワクチンを製造する計画だと、韓国 保健福祉家族部が国会への報告で公表した。新工場は来年末までに完成する。投資額などの詳細は不明。
この計画は同国が今年4月1日以降 全国各地で発生する鳥インフルに対処する過程で作られた。同国は、今年にはいり42件の高病原性鳥インフルを記録し、人への感染の懸念が高まっていた。A.Tohda訳
Indonesia to give bird flu information online Khaleej Times, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) インドネシア、鳥インフル情報をオンラインに提供
 ンドネシアの保健相が同国の鳥インフルウイルスについての遺伝子学上の全ての情報を新設された世界的なデータベースに提供すると発表した。
 専門家は、これはパンデミックを引き起こすとして脅威となっている鳥インフルを監視するためにとても役に立つと述べている。
 インドネシアは これまで1年以上 WHOに対し、鳥インフルウイルスの標本やDNA配列データの提供を差し控えてきた。同国は、世界の50年にわたるウイルス共有システムは途上国にとって不平等だと言う。
 それはウイルスがより危険な型に変異したかどうかを、科学者が確認するのを不可能にしてきた。
 同国のシティ・ファディラー・スパリ保健相は、完全に透明性があり知的所有権を守れるので、木曜日(15日)に始まったオンライン データバンクと協力することを決定したと語った。A.Tohda訳
Two More Cases of Virulent Bird Flu Confirmed 조선일보(영문판), South Korea  (韓国) 韓国、さらに2件の強毒性鳥インフルが確認 
 慶尚北道と南道で2件の人にも感染する可能性のある高病原性鳥インフル発生が14日、確認された。これで高病原性鳥インフルの発生件数は、4月1日に全羅北道金堤市で発生以来、合計42件となった。
 発生農場から3キロ以内の農場の家きん99万4000羽が殺処分される。
 また江原道でも発生疑い事例が起きている。
タミフル効かぬ鳥インフル、「リレンザ」効く可能性・英で研究 日本経済新聞 

抗インフルエンザ薬の「タミフル」(スイス・ロシュ)が効かない「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに別の薬である「リレンザ」(英グラクソ・スミスクライン)が効く可能性があるとする研究成果を英国立医学研究所がまとめた。
 鳥インフルエンザが変異して人の間で感染する新型インフルエンザ対策には、タミフルだけでなくリレンザも備蓄するのが望ましいという。15日発刊の英科学誌ネイチャーに発表する。
Multiple meds needed to stop bird flu pandemic MSNBC (国際) 鳥インフルのパンデミック阻止には多剤が必要
 下方ロイター電。
All poultry in Seoul killed after bird flu outbreak  Jordan Falls News, Canada (カナダ) 鳥インフル発生により、ソウルの全家きんが殺処分に
 ソウル市内に新規鳥インフルが発生したことから、政府はソウル市内の家きんを全部殺処分した。
 これまで韓国では4月から680万羽の家きんの殺処分を行ってきている。

 既に既報済みの内容。
Bird flu pandemic seen needing multiple drugs National Post, Canada  (カナダ) 鳥インフルのパンデミックには多剤が必要
 下記ロイター電
Bird flu pandemic seen needing multiple drugs Reuters (国際) 鳥インフルのパンデミックには多剤が必要
 NATURE掲載論文の紹介
印刷用PDFファイル









© PJ Collins et al, Nature
X線結晶解析によるリレンザと結合したニューラミニダーゼ蛋白画像

 各国政府は、ロッシュ社の製造するタミフルだけではなく、異なった種類の抗インフルエンザ薬を備蓄する必要がある。それは鳥インフルのパンデミックに際し、タミフルに対する耐性株が出現する危険性があるからである。そのよう研究結果を英国の専門家達が14日発表した。

 この警告はグラクソスミスクライン社の吸入用薬剤であるリレンザに対する要求に拍車をかける可能性がある。リレンザはロッシュ社の製造するタミフルが錠剤であるという利点の陰に隠れて、これまで見逃されてきた。
 H5N1鳥インフルと季節性インフルの主要な蛋白を分析している研究者達は、両ウイルスはタミフルに耐性となりえるが、リレンザに対しては高度に感受性をいまだ持っていることを確認した。
 「この研究結果の意味することは、どのような薬剤でも1種類だけの備蓄では十分パンデミックをカバー仕切れないということである」、とロンドンの国立医学研究所のスチーブ・ガンブリン博士が語っている。
 「ウイルスに完全に対抗するためには、現在存在する両薬剤の備蓄が必要だろう」
 患者治療をより完全にするためには、さらなる薬剤の開発が重要課題となっていて、HIVとエイズの治療のように、多剤を用いたカクテル療法が必要となる。ガンブリン博士はそのように語った。
 バイオクライスト製薬(Biocryst Pharmaceuticals Inc)が開発中の新抗インフルエンザ薬の”ペラミビル(peramivir)は期待されるが、注射薬である欠点と、臨床的治験が未だ良く進んでいない。それに対して、2種類の古い抗インフルエンザ薬は使いやすいが、インフルエンザウイルスは早期に耐性を獲得した。しかしながら研究者の中にはカクテル療法として、新規薬剤と一緒に投与することで効果が増強される可能性を指摘している。
 インフルエンザウイルスとHIVウイルスは、高率に変異を生じるため、治療には十分工夫を凝らす必要がある。
 これまでH5N1ウイルスは主として鳥に感染してきた。しかし20003年以来世界で200人以上の命を奪ってもきた。
 専門家はH5N1ウイルスが、次の致死的インフルエンザパンデミックの筆頭候補と考え、ウイルスが間もなく変異して容易に人人感染を起こすようになることを警戒している。
 一般名をオセルタミビルとして知られているタミフルと、ザナミビルの一般名であるリレンザは、ウイルス蛋白のニューラミニダーゼを標的としている。この蛋白は細胞内で増殖したウイルスが細胞外に放出される際に働く。
 ガンブリン博士と共同研究者達は、X線結晶解析法を用いて、タミフルに耐性を獲得する過程に関与するウイルスの蛋白構造の詳細な変異を調べ、リレンザの蛋白は異なった性格を保有していて、いまだウイルスに対して効果を示すことを確認した。
 彼等の研究成果は「Nature」に発表された。
 今年、米国やカナダ、およびヨーロッパの一部の国で出回っている主要な季節性インフルエンザウイルスは、高度にタミフルに耐性となっている。しかしながら、治療が困難になっている症例は希である。
 
5月14日

Bird flu scare: Over 20000 fouls killed, culling to continue in WB Zee News, India  (インド) 西ベンガル州、2万羽以上の家きんを殺処分
 西ベンガル州で鳥インフルが発生したダージーリング県で10日以来、2万298羽の家きんが殺処分された。しかしさらに2日間作業は継続されると当局では発表した。
 2,3ヶ所の村で処分に非協力的なため、数千羽の家きんが処分を逃れている。
Two siblings die of suspected bird flu in Jakarta Xinhua, China  (中国、新華社) ジャカルタで2姉弟が鳥インフルで死亡疑い
 ジャカルタで、同一家族内の2人の10代の姉弟が、10日以内に続けて鳥インフル疑いで死亡し、保健当局で残りの家族の血液を採取して検査していることを、現地の新聞が報道した。
 16歳の少女、イスティゴマさんがジャカルタ市のペルサハバタン病院に8日に入院。4日後にに死亡したが、検査室での検査で鳥インフルと診断された。
 少女は鳥インフル患者用の隔離室で濃厚治療を受けたが、治療に反応せず死亡した。代表的報道ウエブサイトである Detikcomが報告した。
 一方、彼女の死の10日前に、15歳の弟であるアハマド・リズキさんが鳥インフル様症状で簡単な治療を受けた他の病院で死亡した。
 「症状は高熱と、咳、失神で全く同じであった。しかし我々は単なる風邪と思たので、病院で十分な治療を受けさせなかったが、彼は死んだ」、と2人の父親が語った。
 しかし弟が鳥インフルであったかどうかは血液検査で確かめられていないことから不明なままだ。
 家族は人口密集地帯に住み、近くの家では鶏を飼育していた。

全国に広まるAI…ヒトへの感染への危険高まる、4月より発生したAI長期戦…土着化防止に死活 Medical Today (韓国、ハングル) 
 南部地方のみならずソウル、釜山など全国に広まる鳥インフルエンザ(AI)が長期戦となり、ヒトへの感染危険がまっている。
 4月初めに全羅北道金堤市の鶏農場で発生して以来、急速に拡散しつつあるAIが土着化しないよう保健政府は防疫に死活をかけている。
 今年発生したAIウイルスがヒトへの感染の危険が高い南方系の場合、事態がさらに深刻になると見ている。

◇ 2008年AIはヒトへの感染力が高いか?

 4月初めに全北金堤で発生し、全国に拡散しているAIウイルスの塩基配列がベトナムで発生したAIウイルスと似ていることがわかった。
 国内のAIウイルス遺伝子が、ベトナムなどで発生している南方系AIウイルスと推定されるという。最終結果ではないが遺伝子配列が似ており、鶏よりAI潜伏期が比較的長い鴨(家鴨?)が斃死するなどの状況を見ると、南方系ウイルスではないかと注目される。
 南方系ウイルスはヒトへの感染危険性が他の類型より高く、すなわち国内のAIウイルスは感染の可能性が高いということになる。
 しかし農食品部は、現在AIは継続して発生しており、遺伝子分析など疫学調査を実施中であると発表した。
 今年初めて発生した全北金堤のウイルスサンプルをアメリカ疾病管理センター(CDC)に送付して分析中であり、まだどのようなウイルスか確定していないと説明した。
 農食品部は16日、国立獣医学検疫院に設置された疫学調査委員会が進めている遺伝子分析など疫学調査結果を中間点検する計画だと付け加えた。(後略)
H.I訳
Has Bird Flu Made a Permanent Home in Korea? 조선일보(영문판), South Korea  (朝鮮日報、韓国)鳥インフルは韓国を定住地にしてしまったのか?
 最近のソウルと釜山での発生で、鳥インフルは今や事実上 韓国全土に広がったと言える。これまで680万羽の鶏やアヒルが殺処分された。鳥インフルは農村地帯だけでなく、韓国の主要な都市でも"土着"の病気となったのかもしれない。"土着"という意味は、ウイルスが特定の地域の条件に完全に順応するために変化したということである。もし そうだとすれば、渡り鳥のような外部の感染源とは関係なく、年中いつでも鳥インフルが発生する。それが東南アジアで起こっていることであり、中国もその段階に来ている。

 一度 土着となれば、感染地域周辺の家禽を殺処分することで鳥インフルの拡大を防ぐことは不可能になる。1997年、香港でウイルスが人に広がり、感染者18人中 6人の死者を出した時、香港政府はすべての鶏150万羽を殺処分しなければならなかった。韓国では現在、約1,000軒の養鶏農家が950万羽のアヒルと1億2,000万羽の鶏を飼っている。

 しかし、防疫当局は十分にやっているとは言えない。たとえば、鳥インフルが確認されたソウル市 南東部の松坡区(ソンバ=グ)では、住民が、建設プロジェクトのために彼らの土地を買収する造成業者から有利な補償金を得ようとして、8,200羽の鶏とアヒルを飼っていた。しかし、ソウル市も松坡区もそのような農場が存在していたことは知らなかった。また、鳥インフル感染を決定する韓国唯一の機関である国立獣医科学検疫院には、先月まで鳥インフルを検出する担当者がたった一人しかいなかった。

 このぶんでは、鶏やアヒルだけでなく、鳩やスズメやその他の野鳥も感染するかもしれない。もし そのようなことが起これば、国民全員が致死的ウイルスに感染するかもしれないという恐怖の中で生きていかなければならない。

 先ず、我々は国中のアヒルの鳥インフル感染経路を調査しなければならない。鶏はウイルスに感染して わずか3~4日後に死ぬ。しかし、アヒルには鳥インフルの症状を見せる前に長い潜伏期間があり、これが感染経路の広範囲な調査を行う上で非常に重要な点である。鳥インフルがどれだけ遠くにすでに広がってしまったかを先ず知ることなしに、対策を打ち出すことはできない。A.Tohda訳

Sanofi Pasteur focuses on fighting bird flu Pocono Record, PA (米国) サノフィ・パスツール社、鳥インフルとの戦いに焦点を合わせる
 サノフィ・パスツール社と米国保健福祉省は、鳥インフルのパンデミックという悪夢的シナリオから米国人を守るべく協同的に対策を講じている。
 先月、サノフィ社は同省に、3850万人分の新規鳥インフルエンザ株予防のためのワクチンを配給した。
 サノフィ・パスツール社は、米国の保健福祉省と、同省のパンデミック対策の一部分として多年契約を結んでいる。
 同社は2008年度第2四半期に予約したバルクワクチン代として1億9250ドルを受け取る。また2007年度には同社は1億2690億ドルをバルクワクチン代として受け取っている。
鳥インフルエンザ:鶏の「出張殺処分」実施 /ソウル 朝鮮日報 
 今後は、ソウル市内で飼っている家きん類についても、飼い主が希望すれば殺処分し、埋葬までする上、現金も補償されることになった。
 ソウル市は13日、鳥インフルエンザ対策に関連し、「12日までに野外で飼育中の鶏やカモ1万6643羽を埋めたが、一般家庭で食用目的で飼っている鶏やカモがまだいる可能性もあるため、市民からの通報をお願いしたい。一般家庭の食用目的家きん類については、農林水産食品部の鳥インフルエンザ防疫指針に基づき、1羽当たり最高1万1000ウォン(約1000円)までの範囲で補償することにした」と発表した。居住地の区庁やソウル市の市民相談案内電話(局番なしの120)に通報すれば、公務員が現場に向かい、補償を行った後、処分する。
 また、ソウル市は鶏やカモの食肉処理や販売を取り締まり、鳥類を売る店や野生の鳥類を予防のため観察する一方、生きたまま鶏を売っていた市場の管理・監督などを徹底することも各区に要請した。 ソウル市のキム・ユンギュ生活経済担当官は、「産地で直接鶏やカモを捕まえた後、商標を付け包装した状態でソウル市内に持ち込むなら、市民の信頼も高まるだろう」と話している。

釜山、鳥インフルエンザ拡散に非常対策 中央日報 
 江西区(カンソグ)、海雲台区(ヘウンデグ)、機張郡(キジャングン)などでも高病原性鳥インフルエンザ(AI)拡散の兆しが見られる中、釜山(プサン)市が市内全域の飲食店レベルで飼育中の家禽類をすべて処分することにした。
  釜山市は13日午前、許南植(ホ・ナムシク)市長の主宰で“鳥インフルエンザ拡散防止緊急対策会議”を開いた。
  釜山市は、郊外の大型食堂などで飼育している家禽類を料理して提供する行為を禁じ、食堂で飼育している家禽類は処分することを決定した。釜山市は飼育場の家禽類の移動を厳しく統制し、消毒することにした。処分は該当の区・郡で実施した後、補償する計画だ。
  釜山市は鳥インフルエンザが発生した江西区の農場の半径3キロ以内のニワトリとカモ4595羽を処分し、疫学調査を実施する。一方、拡散の可能性などを考慮し、警察と協力して移動統制を実施している。
  10日現在、釜山では65件の鳥インフルエンザが発生したという申告があり、37件が陽性、25件が陰性という判定が出ている。残り3件は検査中。

秋田・北海道のハクチョウ鳥インフル、同一地で感染か 日本経済新聞 
 秋田県と北海道の3カ所でハクチョウから「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルス検出が相次いだことを受け、農林水産省は13日、専門家による「家きん疾病小委員会」を開いて感染経路などを議論した。3カ所で検出されたウイルスの遺伝子はほぼ一致、死んだハクチョウは同じ場所でウイルスに感染した可能性が高いとの見解が示された。
 秋田県の十和田湖畔と北海道の野付半島、サロマ湖でハクチョウから検出されたウイルスについて遺伝子を分析したところ、配列がほぼ一致していた。同委員会の委員長を務める北海道大学の喜田宏教授は記者会見で「ほぼ同じ種類のウイルスといえる。死んだハクチョウは同じ場所でウイルスに感染した可能性が高い」と話した。感染した場所が十和田湖か、それより南にある別の湖沼なのかは不明という。
 今回のウイルスは、昨年に宮崎県や岡山県でニワトリの大量死を引き起こした「青海湖型」と呼ばれるタイプや、インドネシアやベトナムで流行を続けているタイプなどとも遺伝的には異なるという。

Bird flu outbreaks in Long An province Nhan Dan (ベトナム) ベトナム、ロンアン省で鳥インフル発生
 ニャンザン(ベトナム共産党機関紙) - ベトナム南部のロンアン省では、5月1日 Thach Hoa地区の共同体で200羽のアヒルが死に、5月2日にはTan Thach地区の共同体でも90羽のアヒルが死んだと、獣医学局が12日発表した。死んだアヒルの標本からH5N1鳥インフルウイルスが陽性との検査結果が出て、残りのアヒルすべてが殺処分された。ベトナムでは、この21日間、北部のソンラ省と南部のビンロン省、カントー市、チャービン省、ロンアン省の5箇所で鳥インフルが発生している。A.Tohda訳

鳥インフル 国内3例、同じ型 道内での感染可能性低い(05/14 01:31)  北海道新聞  道内と秋田県で見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から確認された強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスがほぼ同一であることが十三日、分かった。同日の農林水産省食料・農業・農村政策審議会家禽(かきん)疾病小委員会で国内外の遺伝子解析の結果を照合した結果、判明した。
 二〇〇四年に山口県などで見つかったH5N1型とは別系統の遺伝子であることも分かった。
 道内、秋田の国内三例の遺伝子がほぼ同一のため、ある特定の場所で汚染されたと推定し、道内での感染の可能性は低いという。国内ではオオハクチョウの大量死がないことから、国外から持ち込まれた可能性が強い。
 小委員長を務める喜田宏北大人獣共通感染症リサーチセンター長は、過去に二度、国内で検出されたウイルスと朝鮮半島のウイルスの遺伝子がほぼ同一であったことなどから、道内のウイルスも「韓国からもたらされた可能性は高い」との見方を示した。
(韓国内で発生鳥インフル)、越のウイルスと酷似か 韓国の鳥インフル USFL.COM 
 韓国KBSテレビは13日、同国全土に拡大している強毒性鳥インフルエンザウイルスについて、遺伝子分析の結果、ベトナムで報告されたウイルスと酷似していることが確認されたと報じた。政府関係者の話としている。
 KBSは、人への感染が多く発生している「南方系」であることが公になれば、防疫作業に支障が出ると政府が憂慮していると指摘。しかし、農林水産食品省は「分析結果はまだ出ておらず、間違った報道だ」と否定した。
 韓国では過去、冬季に鳥インフルエンザが流行。しかし今年は4月以降に感染が拡大し、過去のウイルスとは別系統である可能性が指摘されている。

国内で発見ウイルスは全て遺伝子的に類似と判定され、同一場所で感染の可能性が出た。韓国のウイルスはベトナム系だとすると、日本のも同じものと考えるのが論理的だ。韓国での感染源は、一つの仮説としてベトナム、中国からの出稼ぎ労働者が多数入っているため、靴底等に現地のウイルスを身につけ、韓国内の家きん農場に運んできたのではないかとの仮説も立てられていて、作業員の医学的検査等が行われていた。

 日本と韓国で流行した昨年初めのウイルスは、中国の青海湖型と言われた。ベトナム型の方が人感染が多いようだ。暖かいベトナムでも最近拡大傾向を示している。近くのインド、バングラデシュ等でも大流行だ。
 日本海側の中国船や韓国船が出入りする港の周辺の河川、湖沼、湿地帯等が調査のターゲットと思われる。


All poultry culled in Seoul to curb spread of bird flu Earthtimes (press release), UK  (英国) 鳥インフル封じ込めのためにソウルの全家きんを殺処分に
 全家きん15000羽が殺処分に。学校で学習用に飼育している家きんや郊外の野上で飼育している家きんが対象となった。
5月13日


SKorea steps up fight against worst bird flu outbreak France24 (フランス) 韓国、最悪の鳥インフル流行への対策をさらに強化
A.Tohda訳
 火曜日(13日)韓国農業省によると、同国は最悪の鳥インフル発生を撲滅するため、全国すべての養鶏農場を消毒する。
 首都ソウルでは、致死的H5N1ウイルスが原因と見られる同市での2例目が確認された後、鶏、アヒル、学校の鳥小屋で飼われているペットを含むその他の家禽など合計15,000羽が殺処分された。
 4月1日前後に始まった今回の鳥インフル発生以来、全国で680万羽以上の鳥やアヒルが処分されたにもかかわらず、農業省は全国の31箇所で40の鳥インフルの事例を報告している。
 家禽飼育者協会は、5,000億ウォン(4億7,800万米ドル=496億円)の損害と見積もっている。農業省は食用の生きた家禽の流通および販売を制限すると述べている。農業省は伝統的市場での鶏やその他の家禽の畜殺をすでに禁止している。
 「政府は家禽産業に莫大な損害をもたらしている鳥インフルの拡大を阻止するため、処置を強化する予定だ」と農業省の役員の一人がAFPに語った。
 H5N1株は韓国第二の都市 釜山にも拡大しており、当局は約4,000羽の鳥を殺処分する予定である。
 警察も感染した鳥を売る密輸業者の取締りを強化した。
 聯合ニュースによると、警察は現在、殺処分した何千羽ものアヒルをドッグフード用に売ったり、何百羽ものアヒルを感染農場からレストランへ売った6つの養鶏業者と輸送業者を調査中である。
 H5N1株によって2003年の後半以降 世界で240人以上が死亡したが、韓国ではまだ人への感染は確認されていない。
 同国の2003-2004の発生では528万羽の鳥が殺処分され、2006-2007では280万羽の鳥が処分された。
 


경산 AI 신고 … 송파 고병원성 [연합] 中央日報  慶北慶山AI申告…松坡は高病原性・釜山海雲台・機張も高病原性と判明
 
 慶北慶山で鳥インフルエンザ(AI)疑い事例の追加申告があった。また、
ソウル松坡区と釜山海雲台・機張のAIは高病原性と確認された。
 農林水産食品部は12日、慶北慶山甲堤洞の養鶏場で14,700羽のうち2,500
羽が斃死したという申告を受け、AI感染有無を調査中であると13日発表
した。簡易検査では陽性となっている。
 また「H5型」まで判明していたソウル松坡長旨・文井地区と釜山機張
長安、海雲台盤如など3ヶ所のAIウイルスは全て「H5N1型」高病原性と判
定された。
 このため防疫政府は機張の発生地から3km以内126ヶ所の4,190羽をこの
日中に全て殺処分する計画である。また全国の食用鴨農場への一斉検査
で、慶南密陽市農家において「H7型」低病原性AIが発見されたが、この
農場内の1万匹の鴨についても処分を指示した。
 同時に昨日国務総理室国務次長主催の食品安全確保タスクフォース1次
会議では
▲ 生後5日以上(生きている家畜) 販売永久制限措置
▲ 家畜運搬車両の登録制
▲ 鴨飼育業許可制導入
などが議論された。
 松坡.海雲台.機張の件を追加し、この日午前現在高病原性AIと確認さ
れた事例は全部で40件となった。
 日付別では
金堤(3日判定)
井邑永元(7日)
井邑古阜(8日)
井邑永元(9日)
金堤5ヶ所・全南霊岩(12日)
金堤5ヶ所(13日)
羅州・金堤・井邑など5ヶ所(14日)
京幾平沢(16日)
全北淳昌及び金堤龍池・白鴎(17日)
全北井邑所聲(18日)
金堤金溝(20日)
全北益山礪山・龍東(23日)
忠南論山夫赤(25日)
蔚山蔚州熊村・慶北霊泉五味(5月1日)
大邱壽城晩村(2日)
京幾安城薇陽(5日)
ソウル広津区役所(6日)
江原春川史北(8日)
京幾安城孔道.釜山江西大著(10日)
ソウル松坡・釜山海雲台・機張(12日)
という順序となる。
 H.I訳

 韓国発生事件表1
 韓国発生事件時系列表

Culling slow in Darjeeling, fresh deaths reported  Newindpress (インド) 遅れるダージリンでの殺処分作業 新たな症例も報告
 家禽所有者の非協力により鳥インフルエンザが流行するダージリン地方での殺処分が遅れている中、新たな鳥の死亡例が報告され事態を悪化させている。
 地方行政長官であるラジェシュ・パンディ氏によると、11日までに1万8千羽を殺処分するという目標に対し9千500羽しか処分されていないので期限を13日まで延長したという。
 動物資源開発省情報筋によると、殺処分の進展が見込みほどでないのは家禽所有者が非協力的である地域があるためだという。
 目標数は現在2万羽に増し明日までに完了の見込みだと、同情報筋は述べている。
 家禽所有者への奨励のため、同省は鳥の殺処分への補償見直しを発表している。これは1羽あたりブロイラー40ルピー、アヒル75ルピー、産卵鶏50ルピー、子ガモ35ルピー、ヒヨコ20ルピー、卵1個2ルピーとなるものである。
 しかし、ダージリンのビジャンバリ地域でのカラス1羽・ツバメ2羽・水鳥7羽の死亡の報告を受けて状況は悪化している。非公式の報告によれば100羽が死亡したともいう。
 鳥インフルエンザの発生が、シリグリのバグドラ・マティガラ・ナクサルバリ、クルセオン郡のスクナでボパールの高度セキュリティ動物疾病研究所によって確認されている。政府は流行地域でのニワトリや家禽製品の取引を禁止している。
 一方、財界からの圧力で政府は家禽製品の売買を、この商業中心地で禁止していないという訴えもある。緩和措置により、この都市から15キロ以内にある流行地域からのニワトリや家禽製品が供給される可能性があるという問題が起こりうるのだと、一部の人は述べている。森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

Culling slow in Darjeeling, fresh deaths reported Newindpress, India   (インド) ダージリングでの家きん処分作業緩慢、新規鳥インフルが発生

All poultry in Seoul killed after bird flu outbreak Auburn Citizen, NY  (米国) ソウルで鳥インフル発生から、対策のために全家きんの殺処分に
 韓国当局者12日、ソウル市内の全家きんを鳥インフル封じ込めのために全処分したことを発表した。
 検疫当局は、市内の農場やレストラン、学校や家庭などで飼育している、15000羽の鶏、アヒル、キジ、七面鳥を鳥インフル拡大を抑えるために殺処分したと発表した。
5月12日


Cull after bird flu hits S Korea BBC News, UK  (英国) 韓国で鳥インフル拡大防止のために家きんの殺処分
  韓国検疫局では、鳥インフル拡大防止措置として、ソウル中の農場とレストランで飼育される全家きん15000羽(鶏、アヒル、七面鳥)を殺処分した。
All poultry in Seoul killed after bird flu outbreak Hinesberg Journal, Canada  (カナダ) ソウル市内の全家きん、鳥インフル拡大防止のために殺処分に
 韓国当局は、12日、新規鳥インフルがソウル市内で発生したため、拡大防止のために市内の全家きんの殺処分を行ったと発表した。
 ソウル市当局によると、殺処分はウイルスを封じ込めるために必要とされる。当局では生きた家きんの市内への搬入防止に、対策の焦点を合わせる。
ソウル、鳥インフルの拡大防止で全家禽類を処分 CNN Japan 
 ソウル当局は12日、鳥インフルエンザの拡大を防ぐため、同市内のすべての鶏、カモ、キジ、七面鳥、計1万5000羽を処分したと発表した。市内では11日、先週に続いて2例目の鳥インフルエンザ感染が確認された。
 市当局者によると、処分作業は11日夜に開始された。対象となったのは、農場やレストラン、学校、家庭で飼育されていた家禽(かきん)類。オウムやインコ、カナリアなどは、感染を広げる可能性が低いとして除外された。同市は今後、外部からの家禽類持ち込みに目を光らせる方針だ。
 市内で新たに見つかった感染例については、農林水産食品省が、高病原性のH5N1型ウイルスだったかどうかを調べている。
 韓国では4月初めに南西部で高病原性ウイルスの感染例が確認されて以来、鶏やカモへの感染が急速に拡大。これまでに680万羽が処分されている。同省によると、11日には安城で1羽、釜山の農場でも初めて1羽の高病原性ウイルス感染が見つかり、確認された例は計28件となった。
Bird flu vaccine intercepted  Bangkok Post(タイ) 鳥インフルエンザ・ワクチン押収される
 600万バーツに相当する100本以上の鳥インフルエンザ・ワクチンがチェン・セーン港で昨日押収された。
 税関職員が1本250CC入りのワクチン120本を、中国から来た中国籍貨物船・紅塔号で発見した。
 船長はワクチンに関しては何も知らないと、否認している。同船長によると、中国から貨物を運ぶよう依頼されたが中身については知らなかったという。
 税関長は、中国からの貨物船への捜査を強化するとしている。同税関長は、中国への鳥インフルエンザ・ワクチンの発注が増加してるのではないかと考えている。
 鳥インフルエンザ・ワクチンの使用はタイでは禁止されている。これは家禽輸出の障害となり、国による鳥インフルエンザ対策計画を妨害する恐れのためである。
 2004年1月に初めて表面化して以来、5件の鳥インフルエンザ流行が発生している。至近の事例としては、ナコンサワン県とピチット県で1月末に報告されている。
 今月に入り、家畜開発省がタイからの鳥インフルエンザ駆逐を発表している。これは同ウイルス流行から3ヶ月間、新規の報告がなかった事を受けてのものである。
 6千万羽以上の家禽が殺処分されたか死亡している。
 25人が同ウイルスに感染し、うち17名が死亡している。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


Bird flu hits one more Vietnamese locality People's Daily Online, China (中国) ベトナム、新たな場所で鳥インフル発生
 12日の地元紙パイオニアによると、鳥インフルが最近 ベトナム南部のロンアン省に被害をもたらし、同国での現在の鳥インフルの発生は5件となった。
Tan ThanhとThanh Hoaの2つの地区の2軒の家庭で飼われていた2,000羽以上の家禽のうち290羽のアヒルが死に、その標本からH5N1株 鳥インフルが陽性との検査結果が出たと、同省の獣医学局が報告した。
 しかし、同国の動物保健省はまだロンアン省の2件の発生を確認しておらず、同省は、現在 鳥インフルは ベトナムのソンラ省、ビンロン省、チャービン省と南部のカントー市で発生していると日曜日(11日)に発表している。
 2003年12月に発生したベトナムにおける鳥インフルは、同国の家禽を死亡させ、これまで何百万羽もの家禽が強制的に殺処分された。A.Tohda訳
ソウルで2例目の鳥インフル発生、釜山でもH5N1確認 AFPBB News 
 韓国農林省は11日、首都ソウル(Seoul)で2例目の高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)発生が確認されたと発表した。発生が確認されたのはソウル市南東部の松坡(Songpa)区にある違法経営の飼育場で、カモやニワトリなど8000羽以上を直ちに殺処分したとしている。
 聨合(Yonhap)ニュースによると、防疫当局者はソウル市で発生した2件の鳥インフルエンザの感染源について、市南部の伝統的な露天市場との見方を示しているという。韓国政府はすでに、露天市場での生きたニワトリやカモの売買を禁止する方針を発表している。
 一方、聨合ニュースは、同国第2の都市釜山(Busan)でもH5N1型の感染が確認されたと報じた。
Paltry compensation for culled birds sparks fresh cases of bird... Thaindian.com, Thailand  (タイ)  殺処分家きんに対する低い補償額が、西ベンガル州での鳥インフル発生に拍車
 当局では家きんの殺処分に対する住民の非協力を非難しているが、住民側は低い殺処分補償額に不満を呈している。
 獣医師達は感染地域の家きんの殺処分を開始したが、住民の協力が得られないことから、作業は難航している。
 彼等は真剣でなく、また嘘つきである。未だに鶏を食べている。当局者達はそのように住民達を非難している。
 住民達は、自分達の家きんだ。何で自分達が家きんを殺す?市場では1羽120ルピー(約300円)で売れるのに、当局ではわずか50ルピー(約125円)しか補償してくれない。そのように不満を漏らしている。

Culling drive to continue till Tuesday The Statesman, India  (インド) インド、殺処分作業、火曜日まで継続(13日)
 殺処分作業が開始後2日目の本日、西ベンガル州の動物資源開発庁は、これまで鳥インフルが確認された3地域で、約10000万羽の家きんの殺処分を終了したと発表した。
 
Second Bird Flu Case Found in Seoul Farming UK, UK  (英国) ソウルで第二の鳥インフル見つかる
 韓国政府は11日、ソウルで2件目の鳥インフル事例を確認した。この1週間以内に2件の発生となった。
 ソウル市 南東部 松坡区(ソンバ=グ)の無許可で営業されていた家きん農場の8000羽以上のアヒルと鶏が即日殺処分された。農業の家きんの検査ではH5亜型株が検出され、H5N1ウイルスかどうかは12日には判明するという。
New outbreak of bird flu confirmed in Seoul  中国、新華社 韓国、ソウルで新規鳥インフルの発生を確認
 韓国政府は日曜日(11日)、首都ソウルで家禽に新たな致死的H5N1鳥インフルが発生したことを確認した。
 農業省によると、感染した家禽がH5N1株 陽性と判明した後すぐに、ソウル市 南東部 松坡区(ソンバ=グ)の無許可養鶏場の8,000羽以上のアヒルと鶏が殺処分された。
韓国の鳥インフルは、4月初旬に政府が同国南西部で確認して以来、全土的に拡大している。
 1,000万人以上が暮らすソウルでは、5月5日に同市 東部で致死的H5N1株の発生を確認した。それは首都で鳥インフルが発見された初めての事例であった。
 鳥インフルの更なる拡大を防ぐため、韓国政府は最近 伝統的市場のせりで生きた鶏やアヒルの取引を禁じることを発表した。A.Tohda訳
ソウルで2例目の鳥インフル 時事通信 
 韓国農林水産食品省によると、ソウル市南東部の飼育場で11日、鳥インフルエンザの発生が確認され、カモやニワトリ8000羽以上が処分された。検査の結果、ウイルスは毒性の強いH5N1型の疑いがあることが分かった。処分された家禽(かきん)類は不法に飼育されていたという。
韓国政府、AI抗ウイルス剤の備蓄量を2倍に拡大 東亜日報
 政府はインフルエンザの大流行に備え、抗ウイルス剤の備蓄量を2倍に拡大することにした。疾病管理本部は鳥インフルエンザ(AI)の人間への感染に対する懸念が高まる中で、政府が抗ウイルス剤の「タミフル」の備蓄量を今年末まで現在の124万人分から250万人分へ拡大することにしたと11日、発表した。
 これは人口の5%が使える量で、これまで政府は人口の2.5%水準の124万人分を備蓄してきており、抗ウイルス剤の備蓄量を拡大すべきだという指摘が引き続き提起されてきた。
 政府はまた、全国60ヵ所の総合病院や600の小児科病院、保健所を連携したAIモニタリングシステムを構築することにした。政府はさらに、AIが21世紀の最初の「大流行インフルエンザ(パンデミック・pandemic)」になる可能性が極めて高いという専門家らの指摘を受け、特定インフルエンザウィルスがいきなり世界中で大量発生する状況に備え、前もって作っておくパンデミック事前予防ワクチン4万人分を今年末まで別途備蓄する案も検討している。
 農林水産食品部は10日、全羅南道宝城郡(チョルラナムド・ボソングン)の地鶏農場で飼育しているニワトリ3万4700羽のうち、400羽が斃死したという届け出があって、AI感染の有無を調査しており、11日までに28件のAIが発病したと集計した。
 大韓養鶏協会、韓国鴨協会など関連団体から成る韓国家禽産業発展協議会は13日から7月末まで、全国主要都市で「AI、見直しのためのセミナー」を開催するなど、AIと関連した国民向けの広報活動を強化することにした。
5月11日


私見-感染死した白鳥のウイルスはどこからきたのか? 管理人
 マガモを介して感染した可能性は高いが、どこから飛来してきたカモによるのか、それとも既に国内に留鳥となっているカモから感染した可能性があるのか?問題提起。

韓国、抗ウイルス薬の備蓄倍増急ぐ・鳥インフル拡大で 日本経済新聞 
 韓国の李明博大統領は10日、全国的な鳥インフルエンザの感染拡大を受けて関係閣僚による緊急対策会議を開き、抗ウイルス薬の備蓄を現在の2倍に増やすなど万一の人体感染に備えた対策を早急に講じるよう指示した。日本をはじめ他国とも協力し、感染経路や原因の究明を急ぐ。
 聯合ニュースによると大統領は「鳥類の感染拡大により、国民の人体に問題が起きないか心配している」と指摘した。韓国政府は抗ウイルス薬「タミフル」の備蓄量を倍増し人口の5%に当たる250万人分を確保する方針。消毒など防疫体制を強化するほか、食品の安全を確保するため省庁横断の対策チームを設置することも決めた。
 韓国では4月に全羅北道(南西部)で鳥インフルエンザが発生。その後各地に広がり、今月7日までにソウルで毒性の強いH5N1型ウイルスの鶏への感染が確認された。
5月10日


Swan tests positive for bird flu Channel 4 News, UK  (英国) 白鳥が鳥インフル検査で陽性に
 北海道サロマ湖の事例。
SKorea doubles Tamiflu stockpile over bird flu fears AFP  (国際) 韓国、鳥インフルの怖れから、備蓄タミフル量を倍増
 イ・ミョウンバク大統領の緊急閣議での指示に基づいて備蓄タミフル量を今年度末までに予定の124万人分から250万人分に倍増。
韓国大統領、鳥インフル拡大で対策指示・抗ウイルス薬備蓄倍増 日本経済新聞 
韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は10日、全国的な鳥インフルエンザの感染拡大を受けて関係閣僚による緊急対策会議を開き、抗ウイルス薬の備蓄を現在の2倍に増やすなど万一の人体感染に備えた対策を早急に講じるよう指示した。日本をはじめ他国とも協力し、感染経路や原因の究明を急ぐ。
 聯合ニュースによると大統領は「鳥類の感染拡大により、国民の人体に問題が起きないか心配している」と指摘した。韓国政府は抗ウイルス薬「タミフル」の備蓄量を倍増し人口の5%に当たる250万人分を確保する方針。消毒など防疫体制を強化するほか、食品の安全を確保するため省庁横断の対策チームを設置することも決めた。
 韓国では4月に全羅北道(南西部)で鳥インフルエンザが発生。その後各地に広がり、今月7日までに首都のソウルで毒性の強いH5N1型ウイルスの鶏への感染が確認された。

*このあたりが日本と韓国の違い。日本の場合、省による縦割り行政が顕著であるが、その各省を上から束ねる役割がを韓国の場合、大統領が担っているいる感じであるが、これは危機管理でもあるから当然かも知れない。
 H5N1鳥インフルは、野鳥の場合は環境省、家きんになったら農水省、人になったら厚労省担当でもいいのかも知れないが、その上に各省を統括する責任者がいなければ、大きなクレパスだらけになってしまう。
New outbreak of bird flu hits India: minister PhysOrg.com, VA  (米国) インドで鳥インフルの新規発生:長官発表
 ヒマラヤ山麓ダージーリング県での家きんでの発生。2万羽の家きんの殺処分が開始される。西ベンガル州の動物資源省長官が発表。
Japan finds new case of bird flu in swan Sydney Morning Herald, Australia  (オーストラリア) 日本、白鳥での新規鳥インフル感染例を確認
 下方のロイター通信内容。

Birdflu in Darjeeling, culling begins Business Standard, India  (インド) 西ベンガル、ダージリング県での家きんの殺処分が開始
 ヒマラヤ山麓のダージリング県スクナ周辺で283羽の鶏が死亡し、H5N1鳥インフルウイルスが陽性との検査結果が本日届いたため、県では42箇所の村での鶏の殺処分を今朝から始めた。
S. Korea to raise Tamiflu reserves amid bird flu scare Yonhap News, South Korea (韓国) 韓国、鳥インフルの脅威から備蓄タミフル量を増量に
 韓国は、最悪の鳥インフル発生状況の中で、人への感染に対処するために抗インフルエンザ薬のタミフルの備蓄量を増量することを計画していると、保健当局者が10日語った。
 韓国では4月1日から始まったこの鳥インフル発生で680万羽以上の家きんを殺処分した。5080万ドルの損害となっている。
 世界で240人以上がこの致死的H5N1鳥インフルで死亡しているが、(家きんでの大流行にもかかわらず)人での発病死は韓国では報告されていない。
 韓国疾病管理センターによると、現在124万人分のタミフル備蓄量を今年度末までに、人口の5%(250万人分)まで増量することが決定された。
 タミフルはスイスのロッシュ社に発注される。
 また政府は別にプレパンデミックワクチンの4万人分の製造を考慮中である、とセンターの当局者は語った。
 「ワクチンは1年間しか有効ではないので、価格の面から、少量備蓄することを考えている」。
H5N1 bird flu found in swan, third case in northern Japan in ... China Post, Taiwan  (台湾) 日本でH5N1鳥インフルウイルスが死亡した白鳥から検出、この2~3週で3事例目
Japan finds another case of bird flu in dead swan Reuters  (国際) 日本で、さらに死亡した白鳥から致死的鳥インフルウイルスが検出
 日本は最北端の中心的島である北海道で、別な死亡した白鳥からH5N1鳥インフルウイルスを検出した。10日、北海道庁がホームページで発表した。
 今回確認された白鳥は5日前に、北海道の東部のサロマ湖近くで見つかった。同日地方当局は、北海道の別の地域でも同じ株のウイルスが4月24日に見付かっていると発表した。
 この最新の事例は、日本で本年度3事例目となった。
 4月末に、本州の最北端近くの十和田湖畔で、H5N1鳥インフルウイルス株に感染した数羽の白鳥が見つかっている。
 家畜衛生保健所では30キロ以内の養鶏場に鶏舎の消毒を指示する予定であると、共同通信が伝えている。
 H5N1鳥インフルによる、人での死者はこれまで日本では報告されていない。
Lee calls for measures to stem human bird flu infection Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国大統領、人での鳥インフル感染対策を強化するように指示
 韓国のイ・ミョンバク大統領は、10日、内閣を招集して、人での鳥インフル感染対策を強化するように指示し、国内に鳥インフルが拡大した場合に備えて十分量のタミフルを準備するように求めた。

 「4月1日にジムジェで、今年度初の鳥インフルがジムジェの家きん農場で発生して以来、国民は人への感染を非常に心配している」、と大統領は緊急閣議の席上語った。
 「政府は抗インフルエンザ薬の輸入を含めて、十分な対策を講じなければならない」、と大統領は語り、致死的ウイルスの全土的拡大の原因を可能な限り早急に明らかにするように関連大臣に指示した。
北海道でまたH5N1型 サロマ湖のハクチョウ死骸 東京新聞 
 北海道は10日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていたサロマ湖畔のハクチョウの死骸から、強毒性のH5N1型ウイルスが検出されたと発表した。ことしの国内での同型の検出は秋田県の十和田湖畔、北海道の野付半島でそれぞれ見つかったハクチョウに次ぐ3件目。 ウイルス検出を受け網走家畜保健衛生所は同日中にも、家畜伝染病予防法に基づきハクチョウの発見場所から30キロ以内の養鶏場数戸に立ち入り検査を行う方針。鶏舎の消毒命令を出すとともに防疫体制を確認する。
 陽性反応が出た後の巡回調査ではいずれの養鶏場でも異常は無かった。
 ハクチョウの死骸は今月5日、巡回中の道職員が発見、北海道大で詳しい検査が行われていた。今後は同大が遺伝子分析を進め、過去に見つかったウイルスとの関連を調べる。
Bird flu resurfaces in Bengal Sify, India  (インド) 鳥インフル、ベンガルで再興
 西ベンガル州のダージリング県でH5N1鳥インフルが家きんの間で検出されたことが、州の動物資源局のアニスル・レーマン長官が発表した。
WHO seeks more collaborative research on birdflu Reuters (ロイター) WHO、鳥インフルに関する協働研究を求める
 WHOは9日、人でのパンデミック・インフルエンザにおける発病者数と死者数を減少させるのに役立つ、鳥インフルウイルスに関する協働研究を求めた。
 最近の国際研究は競争が激しく、研究結果はしばしば論文が雑誌に出るまで公開が保留となる。そのためそれら研究成果が公衆衛生学的危機管理領域で役立つまで、時間的遅れを見せている。そのようにWHOの高官はコメントした。
 WHOの世界インフルエンザ対策計画の調整官であるケイジ・フクダ氏が、2003年にSARSが南中国から発生しカナダまで広がった際に、非公式に多くの研究結果が共有されたように、鳥インフルに関しても、もっと研究結果の共有が必要であると語った。
 「WHOの鳥インフル関連の公衆衛生学的研究体系を確立するために、これまでの研究体制の変化を促すために啓発してゆく必要がある」、とFukuda氏は4日間のWHO会議の最終日に語った。
 「我々が望んでいる改善とは、情報の共有と、そのための流れであり、そしてその共有レベルを高めることである」、同氏は付け加えた。

 WHOの致死的パンデミックに対する対策強化のためのガイダンスの更新に関する会議には、30カ国から150人の専門家が集まった。今年度末までには新規ガイダンスを発行する予定とされている。
 H5N1鳥インフルウイルスは、アジア、アフリカ、ヨーロッパの一地域の多くで、家きんの間に広がっている。専門家達はウイルスが変異して容易に人から人へ感染するようになり、世界で数百万人の死亡者が発生することを危惧している。

研究成果

 多くの研究者達は個別に研究を行っているが、それは助成金出資元に影響されている。研究成果は助成金出資元に評価される必要性があるからだ、Fukuda氏は説明している。
 「研究成果が論文として発表されるまで内容は完全に秘密とされる。まるでポーカーゲームのごときだ」、とFukuda氏はロイターに語った。
 「SARSの際には、我々は公衆衛生のために必要であることから、協同的ネットワークを形成して、研究者間での情報共有を図ることが出来ることを経験している」。
 SARSは8000人が感染して、800人の死者を出した後終息した。
 鳥インフルウイルスは人には簡単に感染しない。しかしWHOによると、2003年以来世界で382人発病し、241人が死亡している。
 鳥インフルに関する臨床研究や細胞遺伝子学的研究を通して、科学的根拠を集積することは重要であると、WHOの世界インフルエンザ対策計画の医官である、フレデリック・ハイデン氏が説明している。
 「実際に、鳥インフルに関する多くの論点があるが、それを解析するための十分な根拠は得られていない」、と同氏は語っている。
 ”感染危険性の高さ”に関与していると思われる遺伝子学的危険因子の研究はさらに必要であると、ハイデン氏は説明する。多くの人が感染していないのに、ある特定の人が鳥インフルに発病している理由の解明のためにである。
 さらに詳細に研究すべき領域として、無症状の感染者達がどの程度ウイルス拡大に対して役割を果たしているかがあると、同氏は付け加えている。
 「研究体制を整えることで、我々はインフルエンザだけでなく、他の危険な新興感染症をも扱うことが出来る能力も高めたい」、とハイデン氏は語っている。

「政府と与党、対策会議は行ったものの…」 東亜日報 
 ハンナラ党と政府が鳥インフルエンザ(AI)の拡散を防ぐために9日国会で対策会議を行った。安商守(アン・サンス)ハンナラ党院内代表は、「一日も早く原因を把握し拡散を阻止してほしい」と話した。政府は在来市場の防疫強化や殺処分補償金の早期支給、政策資金の返済延期、利子減兔などの対策案を打ち出した。

鳥インフル、韓国で猛威 1カ月で全土に拡大 USFL.COM
 韓国で鳥インフルエンザの感染拡大が止まらず、9日までに全国26地域の農場など35カ所で鶏やアヒルへの感染が確認された。4月に今年最初の感染が確認されてわずか1カ月余りで済州島を除くほぼ全土に広がった状況で、韓国農林水産食品省によると、件数としては過去最悪。李明博大統領は関係閣僚による対策会議を10日に開くことを決めた。

 軍も動員し、これまでに650万羽以上を殺処分したが沈静化の見通しは立っていない。政府などの初動対応の遅れが拡大に拍車をかけたとの見方が強く「官災」との批判が高まっている。
 日本でも強毒性のウイルスが各地で検出されているが、環境省などは韓国の大流行との関連を調べるため比較分析を急いでいる。
5月9日


鳥インフル拡大止まらず  徳島新聞
 韓国で鳥インフルエンザの感染拡大が止まらず、9日までに全国26地域の農場など35カ所で鶏やアヒルへの感染が確認された。4月に今年最初の感染が確認されてわずか1カ月余りで済州島を除くほぼ全土に広がった状況で、韓国農林水産食品省によると、件数としては過去最悪。
 軍も動員し、これまでに650万羽以上を殺処分したが沈静化の見通しは立っていない。政府などの初動対応の遅れが拡大に拍車をかけたとの見方が強く「官災」との批判が高まっている。
 日本でも強毒性のウイルスが各地で検出されているが、環境省などは韓国の大流行との関連を調べるため比較分析を急いでいる。
 韓国では発症を伴う人への感染は報告されていないが、6日には首都ソウルで初めて強毒性のH5N1型ウイルスの感染を確認。風邪を鳥インフルエンザ感染と疑い相談するケースが相次ぐなど国民の間で不安が急速に広がっている。

Bird flu resurfaces in Bengal  MSN India, India(インド) インド、ベンガル州で鳥インフルが再発
 インド東部の西ベンガル州ダージリン県Kurseongで鳥インフルが再発したと、西ベンガル州 動物資源開発省のAnisur Rehaman大臣が金曜日(9日)確認した。同大臣によると、先週、約100羽の鶏がダージリン県のKurseongの町で死に、サンプルをボーパルのハイセキュリティ動物疾病研究所へ送ったところ、今朝(9日)、結果が陽性であることが確認された。すでに医師団が送られた。殺処分チームもただちに送られ、半径5キロのすべての鶏が処分される。
 西ベンガル州では鳥インフルが今年1月に発生し、19の県のうち13の県で被害を受け、約400万羽の家禽が殺処分された。4月4日以降 鳥インフルは発見されなかったが、州政府は定期的に監視を続けていた。A.Tohda訳

Vietnam bird flu vaccine has 'pleasing' results  ABC Online, Australia (オーストラリア) ベトナム、人用鳥インフルワクチンで満足な結果を得る
 ベトナム保健省の国立ワクチン・バイオ製品公社・VABIOTECH社が製造した人用鳥インフルワクチンは現在、陸軍医学大学の30人の学生に第一段階の臨床試験が行われているが、これまでのところ満足できる結果を得ていると、同社 社長トウ・バン博士がラジオ・オーストラリアの「Connect Asia program」で語った。
 今後8ヶ月間に300人の医学生に対し更なる臨床試験をし、VABIOTECH社は2009年後半に人用鳥インフルワクチンをデビューさせたいとしている。
 このワクチンは、猿の腎臓細胞を使って開発されたため、WHOのショーン・トービン博士は、「ベトナムがそのワクチンを国外で使うとするなら、もちろん追加的な厳密な調査が必要だろう」と言う。A.Tohda訳
Gov't to closely monitor Seoul's main traditional market for bird flu Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国政府、ソウルの伝統的市場の監視を強化
 韓国農業省は韓国市内でH5N1ウイルスが家きんから検出されたことで、市内の清渓川や、生きた家きんを売買している伝統的市場での病的鳥や家きんの監視を強化した。
South Korea says soldier not infected with bird flu Reuters AlertNet, UK  (国際) 韓国、鳥インフル発病兵士は検査で陰性と
 先に感染が疑われ隔離されていた兵士が検査の結果、急性肺炎のみであったと発表された。
鳥インフル、ソウルでも発生 事実上全国に拡大 東亜日報 

 5月7日の報道ではあるが、ソウルの状況が良くまとめられているので掲載した。


●ソウルで初めて感染確認…「子ども大公園」など防疫

 農林水産食品部とソウル市は6日、先月28日にソウル広津区紫陽洞(クァンジング・ザヤンドン)の広津区役所庁舍の自然学習場で飼育していたキジ、ニワトリ、七面鳥などが相次いで死んでいき、国立獣医科学検疫院で検査した結果、鳥インフルエンザ(AI)が疑われる「H5型ウィルス」抗原陽性と判定されたと発表した。
 AIが発見された自然学習場の畜舎は、庁舎の区内で設置され、ニワトリ、カモ、キジや七面鳥など57羽を観賞用として飼育していたところだ。防疫当局は残りのニワトリやカモなどを全て殺処分した。
 また、近くの「子ども大公園」の金のニワトリやキジなど鳥類10種の63羽と、京畿道果川(キョンギド・グァチョン)のソウル大公園内の烏骨鶏など17種221羽も殺処分された。これら動物園の残りの鳥類に対しては、消毒と出入り禁止など防疫措置が取られた。
 農林水産食品部は、「子ども大公園は区役所の畜舎と1.2キロ離れていて、疫学的な関係がないという結果が出ているが、万が一に備え、感染要因を遮断するため、公園はもちろん、京東(キョンドン)市場などに対しても民間人の出入り禁止と消毒および予防活動を行っている」と明らかにした。
 一方、広津区役所でキジが死んだ後、1日は七面鳥、2日は金のニワトリ、3日ニワトリが相次いで死んだにも関わらず、AI検疫の依頼が、死んだ家禽を初めて発見してから5日後の3日に行われていた点については、対応が出遅れたのではないかという指摘もある。ソウル市は、広津区役所の公務員や一般の人ら不特定多数がAIに感染した家擒類と接触した可能性があると見て、この地域で町内会を開いて接触の有無を確認した。

●在来型市場など、小規模取引で調査に苦労

 江原道(カンウォンド)でもAIが疑われる症状が発見された。同日、防疫当局と江原道によると、春川市史北面吾灘里(チュンチョンシ・サブクミョン・オタンリ)の農家2ヵ所で、4日、ニワトリ73羽の中で56羽、ニワトリ10羽の中で2羽が死んだ。簡易検査の結果、AI陽性反応を示し、獣医科学検疫院が精密検査を始めた。
 防疫当局は、主な道路に防疫検問所を設置し、ニワトリとカモの飼育農家に出入りする車両などを把握し、消毒を実施した。
 最近のAIの拡大は、主に在来型市場を通じた小規模取引によるもので、防疫当局が感染経路を追跡する上で苦労している。ソウル広津区で死んだキジは、先月24日、京畿道城南市(ソンナムシ)の家畜在来市場で購入されたものと明らかにされたが、近くの建国(コングク)大学の湖に野生のカモが暮らしている点から見て、これらのカモを通じて伝染した可能性も排除できないということだ。  
 江原道のAI疑い症状も、在来市場または小規模の販売商人が流通経路と挙げられる。AI疑心症状が発見された農家の隣の農家の家擒類も、検査結果、すべてAI陰性だと判明されたからだ。  
 防疫当局は、AIウイルスが小規模の販売商人を通じて広がったものと見て、流入経路の追跡に力を傾注している。


Pandemic planning committee hears from local churches Carthage Press, MO (米国) 郡パンデミック対策委員会、地域の教会対象に、パンデミック対策に関するアンケート調査
 米国ミズーリ州のジャスパー郡で多数の教会を対象に、パンデミック対策に関するアンケート調査が行われた。ミズーリ-カンサス市大学の2人の学生達がジャスパー郡パンデミック対策委員会のために、アンケート調査を行い、その結果が発表された。
 2人の学生は175箇所の教会にアンケートを行い、38箇所から完全な回答を得た。
 学生達によると、多くの教会が何らかの危機管理計画を作成しており、4地域では危機管理対策チームを既に結成していた。
 予想外に多くの地域で対策が進んでいた、と学生の1人は驚いていた。パンデミック対策委員会の調整役であるシンプソン氏は、竜巻、吹雪等の気象異常による近年の災害発生が、いくつかの教会における危機管理対策チームの結成に結びついたと考えられる、とコメントした。
 調査では多くの教会では優先度が低いということで、いまだパンデミック対策に関して話し合いは行われていないことが分かった。
WHO warns of rising bird flu pandemic risk FierceBioResearcher, DC  (米国) WHO、パンデミックの危険性は高まっている
 この数ヶ月。報道の見出しから消えたようにみえるが、世界的パンデミックの危険性は現実的には高まっていると専門家達は警告している。
 WHOは鳥インフルウイルスの世界への拡大状況を、対策のために集まった世界の専門家150人に示した。
 「我々は目を逸らすべきではない。パンデミック・インフルエンザの脅威は遠のいてはいない」、とWHOの世界インフルエンザ対策の調整官であるケイジ・フクダ氏が語った。
 以下詳細は5月5日のロイターに掲載。
5月8日


【ソウル=前田泰広】韓国で毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザが拡大、7日には首都ソウルでも初めて確認され、市民に不安が広がっている。 読売新聞 
 韓国で毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザが拡大、7日には首都ソウルでも初めて確認され、市民に不安が広がっている。
 4月3日以降、感染が確認されたのは全国35か所に上り、鶏など650万羽が処分されたが、行政や関係業者の認識の甘さや対応の遅れなども指摘されている。
 韓国農林水産食品省は6日、ソウル東部・広津区の庁舎敷地内で飼育中に死んだ鶏からウイルスを検出したと明らかにした。同市は、近隣の「子ども大公園」などで飼われていた鳥類約400羽を処分した。
 同公園には5月1日~5日までの連休期間に130万人の行楽客が訪れたことから、市民の不安が増幅。広津区が臨時に設けた窓口には「息子が熱を出した」など、問い合わせが相次いでいるという。保健当局はソウルの医療機関に、感染の疑いがある患者が見つかれば、すぐに連絡するよう求める非常警戒令を出した。
 広津区では4月28日以降、飼育中の鶏など5羽が死んだが、専門機関に検査を依頼したのは5月3日になってからだった。また、慶尚北道当局は大量死した鶏の感染を隠していた。全羅北道では、流通業者が感染区域内のアヒルなど600羽を、20か所以上の飲食店や農場に出荷していた事実も発覚している。
Vietnam spots new bird flu outbreak Xinhua (中国、新華社) ベトナム、新規鳥インフルの発生を発見
 8日ベトナム動物保健省によると、この2~3日間 南部カントー市で鳥インフルが鶏に被害を及ぼしている。今回の鳥インフル発生で、同市のPhong Dien rural district (農村地区)の家庭で飼っていた1,070羽の鶏を含む合計1,131羽の家禽が死んだ。地元の家畜関係者が水曜日(7日)、拡大を防ぐため、発生場所の829羽の健康な残りの家禽を殺処分した。ベトナムでは現在、北部ソンラ省、南部ビンロン省と同じく南部のカントー市の3ヶ所で鳥インフルが発生している。A.Tohda訳
Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、ソウルの南部で鳥インフルの疑い事例が報告
 ソウルの南およそ100キロにある農場(京畿道・安城市(キョンギド・アンサンシ))で水曜日(7日)大量の死んだアヒルと鶏が見つかり、鳥インフルが疑われている。韓国農林水産食品省によると、現在 鳥インフルが原因かどうか検査が行われている。当該農場の105,000羽の家禽のうち、502羽が死んでいた。この農場は、最近 高病原性鳥インフルのため大量の家禽が死んだ別の農場からわずか4.8キロの距離にある。
 同日(7日)これより先に、東部の春川と南東部の釜山での家禽の死亡はH5型鳥インフルが原因と判明した。ウイルスが猛毒性かどうかは、更なる厳密な調査が必要とされる。
 木曜日(8日)朝の時点で、猛毒性が確認された鳥インフルの事例は34件となった。
 初期に起きた鳥インフル事例のほとんどは同国の南西部に集中していたが、その後、その他のほとんどの地域に拡大している。火曜日(6日)には猛毒性の鳥インフルがソウルの鳥飼育場の2羽の死んだ鶏から見つかっている。首都での発生は鳥インフルが制御不能の状態で全国に広がっているという恐怖を高めている。
A.Tohda訳
Seoul hospitals on alert for bird flu  Xinhua(中国) 鳥インフルエンザ警戒体制をとるソウル市内の病院
 衛生当局者が鳥インフルエンザの兆候を監視するようにとの緊急警報を首都の全病院に発令したことで、ソウル市内の病院は鳥インフルエンザ警戒体制をとっていると、木曜日コリア・ヘラルドが報じている。
 韓国・疾病管理予防センターは首都の医療機関に対し、高熱・激しい咳・喉の炎症・呼吸困難などのH5鳥インフルエンザ・ウイルスによる症状を示す患者がいた場合は即座に報告するように呼びかけたと、同日刊紙はしている。
 「患者への詳細な検査を実施し、政府機関間の協力を強化することになります」と、同センター長のLee Jong-ku氏は水曜日に語っている。
 「抗ウイルス剤のタミフルの地域事務所への配給も行い、対処に必要な予算の確保にも努めます」と、同氏はしている。
また同氏は、H5ウイルスに感染した可能性のある患者の血液検査も実施するとしている。
 こうした措置は、高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルス流行のソウル東部での発生を政府が確認したことを受けたものである。鳥インフルエンザが首都で検出されたことは、これが初めてである。
 農林部によると、ヒトの疾病となりうる高病原性鳥インフルエンザは世界中で合計34件が確認されている。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

Cause of Bird Flu Outbreak in Seoul Still Unknown 조선일보(영문판), South Korea (韓国) ソウルでの鳥インフル発生源についてはいまだ不明
 当局では家きん購入先の業者の農場の調査や、発見場所近くの公園のカモ等について調査を行っているが、今の所は原因については不明である。
AIと思われる症状、発見時には直ちに届け出ること  innolife.net 
 疾病管理本部は、ソウルで高病原性AI鳥インフルエンザ感染事例が確認されることにより、ソウル地域のすべての医療機関に、AIが疑われる症状を持つ患者が発見され次第届け出ることを伝えた。疾病管理本部は、特にAI感染が確認された広津区役所動物飼育場や、近くにある子供大公園などで様々な鳥類と接触した人が、高熱の症状を訴えて病院を訪れた場合には、特別に注意しAIが疑われる場合には報告することを重ねて訴えた

<鳥インフルエンザ>ソウルの感染例はH5N1型ウィルス、住民が検査に殺到 AFPBB News
 
韓国農林省は7日、首都ソウル(Seoul)市内で確認された鳥インフルエンザは高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)型ウイルスによるものだと発表した。今年、ソウル市内で感染が確認されたのは初めて。

 鳥インフルエンザはソウル東部広津(Gwangjin)地区の鳥類の飼育小屋で確認されていた。検疫当局は、この飼育場のニワトリ、七面鳥、キジ計53羽と、近隣の公園とソウル南部の遊園地の家禽(かきん)類をすべて殺処分した。

 韓国で鳥インフルエンザが検出されたのは4月以降34件目。ヒトに感染した場合に高い致死性を持つH5N1型であることが確認されていない事例もある。

 鳥類への感染が確認された広津では、住民が感染検査のため病院に殺到しているが、ヒトへの感染は確認されていないという。(

  
《道々》鳥インフル対応 県VS業者 「危機意識」の差 読売新聞 -
 小坂町の十和田湖畔で見つかった白鳥の死骸(しがい)などから鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、県が発表したのは4月28日午後1時。その日の夕、県北の養鶏会社を取材すると、事務所前で霧状の消毒液を、スーツの上から全身にかけられた。「ごめんなさい。ウイルスがどこに潜んでいるかわからないから」。そう話す社員の厳しい表情から、感染は「死活問題」という業者の危機感が伝わってきた。
 この会社の対応は迅速だった。28日中に青森県八戸市から来る飼料運搬会社が湖畔を通っていないことを再確認し、不安を感じている取引先にフアクスを送り現状を説明。消毒液も確保した。幹部はため息を漏らし、こう言った。「県の対応は遅い。業者にもっと早く情報提供すべきだ」。ウイルス検出の一報は、報道機関に確認して初めて知ったのだった。
 十和田湖畔で白鳥の死骸3羽と衰弱した1羽が見つかったのは4月21日。このうち3羽の検体を県が簡易検査した結果、25日にウイルスの陽性反応が出た。29日には動物衛生研究所の検査で、ウイルスが強毒性のH5N1型であることが判明した。
 県は、実は26日の段階で、白鳥の死骸の発見現場に近い小坂町と鹿角市の約10の養鶏業者に、陽性反応が出た事実を伝えていた。鶏に異常がないか聞き取り調査するためだったというが、その範囲外の養鶏業者には知らせていなかった。県の担当者は「結果が確定するまで、不安をあおりたくなかった」と説明する。
 県の判断もわからないでもないが、複数の養鶏業者から県を批判する声を聞いた。「たまたま実害はなかったが、発表までの間に被害が拡大していたかもしれない。白鳥は広い範囲を飛ぶ。人や車がウイルスを運ぶかもしれない。現場からの距離は関係ない」
 県は30日から2日間、発見現場から半径30キロ以内の養鶏・採卵業者15戸を立ち入り調査した。一方、青森県は28日から1000羽以上飼育する養鶏業者160戸以上を対象に立ち入り調査を始め、30日の時点で半径30キロ外の業者も含め48戸の調査を終えていた。この対応の差は、“危機意識”の差だったのではないか。

Risk of bird flu pandemic probably growing  Canada.com, Canada (カナダ) 鳥インフルの危険性は、多分、上がっている
 昨日のWHO会議結果。ロイターが伝えている。
5月7日

(2nd LD) No one in Seoul infected with bird flu: gov't Yonhap News, South Korea (韓国) 韓国、ソウルに鳥インフル感染者は一人もいない:政府発表
 韓国CDCは水曜日(7日)、人での鳥インフル感染が疑われて検査を受けていた5人は通常の風邪と判明し、鳥インフルウイルス陰性の結果が出たと発表した。血清検査で最終的に誰も感染していないことが分かった。昨日、H5N1鳥インフルが発生したソウル東部の広津地区は、農業省の発表のあと、咳、熱、震えのような疑わしい症状が出れば報告するよう市民に求めていた。「実際の検査で、鳥インフル感染の症状とはかなり違うことが分かった」と保健当局者の一人が語り、鳥インフルにかかるのは容易なことではなく、過去の感染は病んだ鳥を殺処分したり埋却した人々に限定されるとつけ加えた。
検疫当局者によると、昨日のソウルでの鳥インフル発生の確認により、4月1日以来 同国では、60件の感染報告のうち34件の発生が確認された。最初、韓国南西部の全羅道周辺に集中していた鳥インフルの発生は、いまや中部の忠清北道(チュンチョンブクド)と済州島(チェジュド)を除いて、全ての道(地区)で報告されている。A.Tohda訳

「AI感染疑い兵士、細菌性肺炎と結論」 中央日報  (韓国)

ソウル広津区で症状訴えた5人、AIと無関係…「AIは簡単に感染しない」

 殺処分現場に投入され、鳥インフルエンザ(AI)感染疑いの兵士は最終検査の結果、AI人体感染はなく細菌性肺炎であると確認された。
 またソウル広津区役所庁舎内動物飼育場で発生したAIによって症状を訴えた5人の患者も全員AIと関係のないことが明らかになった。
 疾病管理本部は7日、AI疫学調査結果を発表した。
 AI感染疑いで特殊病室に隔離されていた兵士に対するウイルス遺伝子検出検査(PCR検査)と細胞培養検査、血清学的検査結果、全てAI陰性となった。
 また白血球数値など血液検査結果が正常値に回復し、兵士の隔離措置も解除された。兵士は肺炎症状も完治し、日常生活に何らの問題のない状況であると疾病管理本部は語った。
 疾病管理本部は同時に、最近ソウル広津区の学習用家擒類飼育場の鶏で高病原性AI感染が確認された後、AI疑い患者と申告された5人は「疑い患者」ではないと明らかにした。
 疾病管理本部は症状を訴えた5人の疑い患者はAIとは疫学的関連性がなく、症状がAI事例の基準と違なると説明した。
 疾病管理本部によると「AI疑い患者」は家擒類と接触するなど疫学的関連があるだけでなく上気道と下気道の感染症状が全て現われるはずである。上気道症状とは一般的な風邪症状で、下気道症状は痰など肺炎症状を言う。
 こうした基準で見れば、広津区保健所で相談を受けた5名の「上気道感染」症状患者たちはAI疑い患者に分類されない。
 三星医療院健康医学センター パク スンチョル教授は「AIはそれほど簡単に感染しない」と語った。
 しかし疾病管理本部は、AIがソウル市など大都市でも発生することで、子供の接触を通じて人体感染の可能性を遮断するために、教育施設の鳥類飼育場利用を暫定的に中断する措置を取ったと語った。
 疾病管理本部は、AI予防のためには感染の危険性を完全に排除できない野生動物との不要な接触は避けなければならないと語った。
 これと共に手洗いなど個人衛生手続を遵守するよう依頼した。特に風邪をAI症状と誤って不安を持つ必要は全くないと強調した。H.I訳

 
*AIとはAvian Influenzaの略で鳥インフルのこと。この結果は予想されていたことであるが、現在の韓国でいきなり発病者が出るとは考えづらい。
Suspected bird flu cases reported in Seoul Yonhap News, South Korea -(韓国) ソウルで鳥インフル発病疑い者が報告
 地域の保健当局は7日、鳥インフル様症状を呈した9人について検査をしたと発表した。
 しかし現時点で鳥インフル疑い者として分類された患者はいないと、関係者の1人は語っている。
 他にも保健当局に、鳥インフル発生が確認された後に発熱し、感染を心配する市民からの電話が時折入ってくると、伝えられている。
Five suspected H5N1 human cases reported in Seoul  People's Daily Online China (中国) 韓国、ソウルで5人のH5N1鳥インフル疑い例が報告
 ソウルで先に致死的鳥インフルの発生が確認されたが、少なくとも5人のH5N1鳥インフルの人での疑い事例が地元当局に水曜日(7日)の朝の時点で報告されていると、韓国の聯合ニュースが伝えた。
 保健当局によると、5人は火曜日(6日)から熱か咳の症状を報告している。
 当局は致死的H5N1株陽性かどうかを確認するため、5人に血液検査を行ったと、
聯合ニュースは報じた。
 韓国農林水産食品省は火曜日(6日)、ソウル市東部・広津区庁の動物飼育場で死んだ鶏から猛毒性のH5N1株を検疫当局が検出したと発表している。
 鳥インフルの新たな一連の広がりが同国で3月末に確認されて以来、猛毒性のH5N1鳥インフルがソウルで見つかったのは初めてのことである。
 当局は鳥インフルのため、これまで約600万羽を殺処分したが、首都での発生は当局がこの病気の拡大を封じ込めることができないのではという懸念を高めている。A.Tohda訳

ソウルでも鳥インフル MSN産経ニュース
 韓国・ソウル市内で6日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が検出された。今年、ソウルでH5N1型の感染が確認されたのは初めてで、感染は全国的な拡大をみせている。
 韓国農林水産食品省によると、ソウル市東部・広津区庁の動物飼育場で飼われていたキジや鶏が死んだため検査したところ、H5N1型のウイルスだったことが判明した。ソウル市は周辺の消毒作業を行うとともに飼育場から約1・2キロの「こども大公園」、10キロの「ソウル大公園」などの鶏やキジ約300羽を処分、緊急の防疫作業に乗り出した。これらの公園は前日の「こどもの日」に約50万人の市民でにぎわっていた。
 韓国では先月3日に南西部の全羅北道・金堤で感染が確認されて以来、全羅南北道、忠清南道、慶尚南北道に拡大。今月に入ってソウル近郊の京畿道、江原道でも鳥類が死ぬ事例が発生し、検査が行われている。1カ月で確認された感染発生件数は韓国全土で34件となった。

South Korea's bird flu outbreak spreads to Seoul GlobalTV, Canada (カナダ) 韓国の鳥インフルはソウルまで拡大

韓国の鳥インフルエンザ、首都ソウルにも感染拡大 AFPBB News
 韓国の農林省は6日、鳥インフルエンザの感染が首都ソウル(Seoul)にも拡大したと発表した。
 農林省によると、ソウル東部広津(Gwangjin)地区で、地区当局が管理する小規模な鳥類の飼育小屋で鳥インフルエンザの感染が確認されたという。
 同省当局者はAFPに対し、ソウルで感染が確認されたのは初めてで、地区当局者がソウル南郊の城南(Seongnam)の露天市場で購入したキジが感染していたことが原因との見方を示した。
 また、この小屋で飼われていた計53羽のニワトリ、七面鳥、キジすべてが、5日夜に処分されたという。
 初期の血液検査では、この小屋のニワトリとキジが鳥インフルエンザに感染していたことは確認されたが、ウイルスの型は判明しておらず、現在保健当局が強毒性のH5N1型かどうか検査を行って調べているという。
 一方、検疫当局は、近隣の公園で飼育されている鳥類も処分。さらに、ソウル市内のほかの地域にある鳥類の飼育小屋や養鶏場などで消毒作業も実施する予定だという。
 ソウル南部の大型遊園地でも、園内で飼育されていたアヒル、野生のニワトリ、ガチョウ計221羽が処分された。 
 農林省によると、同国では鳥インフルエンザが新たに確認された4月1日以来、600万羽のニワトリやアヒルを処分しているという。

Risk of bird flu pandemic probably growing: experts Budapest Business Journal, Hungary (ハンガリー) 専門家会議:鳥インフルのパンデミックの危険性は、多分高まっている
 ロイター内容
Risk of bird flu pandemic probably growing Windsor Star,  Canada - (カナダ) 鳥インフルのパンデミックの危険性は、多分高まっている
 下記ロイター内容。
Risk of bird flu pandemic probably growing: experts Reuters  (国際) パンデミック発生の危険性は高まっていると、専門家達が予想
 世界各国における配信ニュース

印刷用ファイル
 多くの国で家きんの間における鳥インフルエンザ蔓延が継続的になってきているため、人におけるインフルエンザ・パンデミック発生の危険性はいまだ続いているが、むしろその危険性はこれまで以上に高まっている可能性もある。保健医療の専門家達がそのような警告を6日に発した。
 WHOが主催する、致死的世界的インフルエンザの流行に対する各国の対策を、如何にして強化するか検討する目的の会議に、世界から150人余が出席した。
 H5N1鳥インフルウイルスは、アジア、アフリカ、そしてヨーロッパの一部の地域の国々の家きんに感染している。専門家達はウイルスが容易に人人感染を起こすように変異して、世界で数百万にもの生命が失われるパンデミックが発生することを恐れている。
 「パンデミック発生の危険性は続いているが、その危険性は多分高まってきているかも知れない」、とタイ保健省の疾病管理責任者で、この4日間の会議の議長を務めているスパミト・チュンスチワット博士が語った。
 スパミト博士は高病原性H5N1鳥インフルウイルスが、3大陸で継続的に家きんの間で感染を繰り広げていて、今年度に入ってから、インドネシア、エジプト、および中国で人の発病者が発生していることを指摘した。
 「渡り鳥によるウイルスの拡大が続いていることを、我々は警戒している。一度ウイルスが鳥(野鳥:訳者)の間に定着してしまうと、ウイルスの封じ込めは困難となり、当該国が効果的ウイルス排除方法を見いださない限り、人への危険性は続く」、と同博士はロイターの記者に語った。
 H5N1鳥インフルは希にしか人に感染しないが、WHO統計によると、2003年以来世界中で382人発病し、そのうち241人が死亡している。
 WHOの世界インフルエンザ対策調整官であるケイジ・フクダ博士は次のような談話を発表した。
 「我々はパンデミック・インフルエンザ脅威に関して目を背けるべきではない。……そうすることで脅威は減じることはない」。
 パンデミックがいつ発生するかについては、同博士は、いまだ推定の域を出ないと語った。

パンデミックへの対抗は非常に困難

 パンデミックが発生すると企業活動は停止し、学校も閉鎖する。そして保健医療機能も対応出来なくなる。それは途上国で顕著である。
 感染した人々は症状が現れる前にウイルスを周辺に拡散させるだろうから、無症状期の人々が航空機を利用した旅行により、国際的にウイルスは拡大すると考えられる。そのようにWHOは危惧している。
 ほとんどの国々は対策行動計画を作成しているが、その対策レベルは多様である。WHOは2005年に作成したガイダンスを、193加盟国のために今年度末までに改訂する予定とされる。
 「我々はガイダンスを改善し、各国と関係する人々にパンデミックに対処する、より良い対策を提供する予定だ」、とフクダ氏は語り、「パンデミック対策は決して保健分野に限られた問題ではなく、社会全体で捉えるべき課題なのだ」、と付け加えた。
 WHOは500万人分のタミフルをロッシュ社の協力のもとに、パンデミックに備えて2箇所で備蓄している。
 また同様に、ワクチンが製造されたとき、1億5000万人分のワクチンをWHOは独自に備蓄する予定である、ともフクダ氏は語った。、
 現在、英国のグラクソスミスクライン社やフランスのサノフィ・アベンティス社を含めて、少なくとも世界で16社が鳥インフルパンデミックに備えてワクチンの開発を行っている。
 「開発中ワクチンのいくつかは公式に承認される日が近い。これらは少量の抗原量を用いているが、免疫反応を効率に高める作用を持つアジュバントを加えている新世代のワクチンである」、とフクダ氏は説明を加えている。
 ワクチンの抗原となるものは、ウイルス、毒素、そして細菌等で、それらは体内に接種されると抗体を産生する。しかしこれらの抗原を培養で増殖させるのは難しく、そのため専門家達は少量の抗原量でも免疫反応を高めるためのアジュバントの研究を行っている。
 パンデミックが発生し、当該ウイルスが確定されるまで、ワクチンの大規模な商業的生産は行われないと思われている。
 WHOのパンデミック発生危険レベルでは現在はフェーズ3である。このフェーズでは新型ウイルスが人に感染することはあるが、まだ大規模に感染を繰り広げることは出来ないとされる。
 「危険性はこれまでには無いほど高いと考えられている。我々は、対策の強化の継続は必要であり、パンデミック発生の脅威は去ってはいないのだ、という明確なメッセージを世界に伝えたい」。そのようにフクダ氏は談話を締めくくった。 

5月6日


S Korea's bird flu 'out of control' Independent Online, South Africa  (南アフリカ) 韓国、鳥インフルの制御不能状態に
 最悪の鳥インフル発生状況下の韓国で、首都でも発生した疑いがあることを農業省が6日発表した。ソウル地区行政府が検査して鳥インフル陽性が確認された。
 韓国ではこの1ヶ月内に、24件の家きん農場でのH5N1鳥インフル発生が確認されている。すでに500万羽以上の鶏とアヒルが殺処分されているが、拡大の速度を抑えることは未だ出来ていない。
 ソウル地区行政府が檻の中で飼育している鶏、アヒル、および七面鳥57羽のうち4羽が死亡し、簡易検査で鳥インフルが確認された。当局ではH5N1鳥インフルかどうかの確認には、もう1日要すると言っている。
 当局は飼育している全家きんの殺処分と、近くの動物園と屋外市場への出入りを制限した。
 韓国は、同国での最初のH5N1鳥インフル発生時(2003年末~2004年初め)に529万羽の家きんを殺処分した。2回目の発生をみた2006年末~2007年初めには、その半数に近い数の家きんを殺処分している。
大邱・慶北地域、鳥インフル拡散の恐れ 中央日報
 大邱(テグ)と慶尚北道(キョンサンブクド)地域でもニワトリ殺処分の報告が相次ぎ、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の拡散が懸念されている。
慶尚北道では、永川(ヨンチョン)が7件、慶州(キョンジュ)、尚州(サンジュ)、慶山(キョンサン)、軍威(クンウィ)、盈徳(ヨンドク)がそれぞれ2件、浦項(ポハン)、青松(チョンソン)、漆谷(チルゴク)、醴泉(イェチョン)がそれぞれ1件だ。大邱では東区美垈洞(トング・ミデドン)と角山洞(カクサンドン)がそれぞれ1件だ。
そのうち、軍威郡・中央高速道路のインターチェンジ(IC)周辺の山に捨てられたニワトリ10羽と、大邱美垈洞(95羽)、角山洞(50羽)農家のニワトリは、簡易検査でH5N1型の陽性反応が確認され、高病原性である可能性が大きくなった。市・道は、殺処分されたニワトリの糞など試料を国立獣医科学検疫院に送り、精密検査を行っている。
防疫当局は、慶尚北道に殺処分が報告された22件のニワトリの一部が、市場で、不特定多数に少量流通されたことを確認し、移動ルートの把握に頭を悩ませている。大邱市晩村洞(マンチョンドン)のチョン氏も先月5日と25日、慶山市場でニワトリを購入していることが分かった。
慶尚北道は5日まで、永川のH5N1型感染農家と関連がある永川・高霊(コリョン)のニワトリ・カモ1万8477羽を埋却処分し、永川の同ウイルス感染農家から3キロメートル以内にあるタマゴ集荷場のタマゴ180万個も近く廃棄する方針を決めた。
養鶏農家は、地域全域にわたってニワトリが殺処分される状況となり、H5N1型が拡散するのでは、と緊張している。市・道は、鳥インフルエンザの拡散を防ぐために、養鶏農家付近に防疫所を設けるなど防疫を強化している。
South Korea's bird flu outbreak spreads to Seoul Reuters  (国際) 韓国の鳥インフルエンザ、ソウルへ拡大
 ソウル東部地域で檻の中に飼われていた鶏、アヒル、七面鳥57羽のうち4羽が死亡し、鳥インフルウイルスが検査で陽性となった。致死的H5N1鳥インフルからどうかについては両日中に分かる。
鳥インフル、ソウル市内でも=韓国 時事通信 
 韓国政府は6日、ソウル市内の公園で先月28日以降キジなど4羽が死んでいるのが発見され、検査の結果、鳥インフルエンザに感染していたことが確認されたと明らかにした。当局は公園内などで飼われている鳥類を処分した。
 4月に韓国南西部で今年初めて確認された鳥インフルエンザは全国に拡大する様相を見せており、釜山など南東部や首都圏でも発生が確認されている。聯合ニュースによると、北部の江原道でも家禽(かきん)の大量死が報告され、感染が疑われているという

*韓国は完全に全滅の様相。気温が上がってもウイルスは衰えを見せない。

Bird flu outbreak reaches S. Korea's capital city Yonhap News, South Korea  (韓国) 鳥インフル、韓国の首都に到達
 韓国内で猛流行中の鳥インフルは6日、首都のソウルにまで達した。検疫局では近くの子供の公園と屋外市場への出入りを制限すると共に消毒を始めた。
 農業省は、4月末に死亡していた4羽の鳥でウイルス検査を行っていたが、H5鳥インフルエンザに感染していることを確認した。
北朝鮮も警戒を強化 鳥インフルエンザ対策で USFL.COM 
 朝鮮中央通信は5日、北朝鮮の国家非常防疫委員会が、韓国や日本で相次いでいる鳥インフルエンザの防疫対策として、渡り鳥の移動経路が密集している東西の沿岸地域への約1600カ所の監視所設置などに乗り出したと伝えた。
 同委員会は、全国の養鶏農場で消毒や訪問者に対する規制を強化。特に黄海北道、黄海南道、江原道では家畜への予防接種を行っているとした。

鳥インフル:サロマ湖畔で1羽が陽性か 毎日新聞 
 北海道は5日夜、佐呂間町幌岩のサロマ湖キムアネップ岬で発見したオオハクチョウ1羽の死骸(しがい)から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたと発表した。北海道大に運搬し、詳細な検査を実施する。道は同日夜、庁内の緊急連絡会議を開き、網走管内の養鶏場の巡回調査を実施することを決めた。
 道によると、死骸は成鳥で、死後何日たっているかは不明だという。

鳥インフルエンザ:野付も強毒型 オオハクチョウ 十和田湖と同型 毎日新聞 
 根室管内別海町の野付半島で見つかったオオハクチョウの(死骸、し、がい)から強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出された問題で、道は5日、道庁内で「高病原性鳥インフルエンザ連絡会議」を緊急開催し、家畜伝染病予防法に基づき、死骸発見現場から半径30キロ以内にある養鶏場5カ所に立ち入り検査し、消毒を命じた。立ち入り検査を受けた養鶏場では、防疫服に使い捨て帽子や手袋、マスクを付けた道職員が消毒を行い、物々しい雰囲気に包まれた。
 消毒は鶏小屋や敷地の周辺1メートル幅に消石灰を巻き、ネズミや人などからウイルスが侵入しないようするのが目的。雨のため一部でしか実施できず、残りは天候回復後、早急に実施する。鶏の状態や飛来した野鳥への対応策などを調べる立ち入り検査では、5カ所ともに異常は確認されなかった。
 死骸の見つかった別海町でも同日、緊急連絡会議を開き、町内約100キロの海岸線を午前と午後の2回、職員が目視で巡回することなどを決めた。また道は今後、同30キロ圏内の小学校や公園などで鶏やアヒルなどを飼育している施設にも衛生管理の指導を行う。

 立ち入り検査を受けた養鶏場の代表者(67)は「簡易検査の陽性反応が出た段階で、改めてカラスやハトが入らないよう、できるだけのことはした。あとは消毒を徹底する以外にない。ただ、風評被害が怖い」と話す。同じ養鶏場の女性(46)は「今のところ鶏に異常はない。このまま何もなければいい、と願うだけ……」と不安そうな表情だった。
 また、環境省が実施している野鳥のフンのウイルス保有状況調査で、対象となった厚岸湖(釧路管内厚岸町)にある「厚岸水鳥観察館」の渋谷辰生専門員は野鳥への餌付けに警鐘を鳴らす。「えさをやることでカモもハクチョウも殺到し、フンをする。感染のリスクをはらんでいる」と安易な餌付けに感染拡大の危険性があることを指摘している。

Japan confirms fresh bird flue case Khabrein.info, India (インド) 日本、新規鳥インフルを確認
 北海道野付半島の事例。

5月5日  
 

Japan confirms fresh case of deadly bird flu Independent Online, South Africa  (アフリカ) 日本で致死的鳥インフルの新規事例が確認
 本日のロイター電。
H5N1 bird flu found in dead swan in Hokkaido Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) H5N1鳥インフルウイルスが、北海道で死んだ野鳥から検出
 致死的H5N1鳥インフルウイルスが4月24日に、東部北海道の野付半島で死亡した白鳥から検出された。
 東部北海道のサロマ湖でも、もう1羽の死亡した白鳥が同様に鳥インフルに罹患していることが簡易検査で確認された。
 4月21日に秋田県の十和田湖で死亡、ないし死亡しかけていた4羽の白鳥のうち3羽でもH5N1鳥インフルウイルスが検出されている。
Dead swan tested H5N1 positive in northern Japan Xinhua, China  (中国) 北部日本で死亡した白鳥、H5N1鳥インフル検査で陽性に
 4月24日に北部日本の北海道で死亡した白鳥が見つかったが、検査の結果、高病原性H5N1鳥インフルウイルスが検出されたことが、環境省が5日に確認した。
 北海道庁は、死亡した白鳥が見つかった東部北海道の野付半島から半径30キロ以内にある5箇所の養鶏場を調査した。
 今回の事例は、先月末に北東部の秋田県でH5N1鳥インフルウイルスが検出されたのに続き、2例目の事例となった。
 両地域で多数の鳥や動物の死は報告されていない。
北海道・野付でH5N1型検出 サロマ湖の1羽に陽性も  東京新聞
 環境省は5日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた北海道・野付半島のハクチョウの死骸から、強毒性のH5N1型のウイルスが検出されたと発表した。また北海道は同日、サロマ湖でハクチョウの死骸が見つかり簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

*何でもっと早くから調査を行っていなかったのか、非常に不満。ウイルスが拡散している可能性もあるし、他の野鳥、さらにはネコやキタキツネが死亡した野鳥を食べて、ウイルス感染している可能性もある。
Japan confirms another bird flu case in swan AFP  (国際) 日本、別の鳥インフル感染白鳥事例を確認


日本では人での発病者は発生していない。
 日本の北部で死亡した白鳥から致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたと環境省が5日発表した。13ヶ月ぶりに致死的ウイルスが検出されて、まだ1週間も経過していない。
 当局者の発表によると、北海道で4月24日に死亡して見つかった白鳥から、強毒性のH5N1鳥インフルエンザウイルスが見つかった。
 またウイルスは先に秋田県でも4月下旬に3羽の死亡した白鳥で検出されている。

North Korea inoculates poultry against bird flu following outbreak ... International Herald Tribune, France  (フランス) 北朝鮮、韓国からの鳥インフル拡大防止のために家きんへのワクチン接種開始
 北朝鮮中央通信は本日、検疫局の談話として、韓国との国境添いの地域の全ての家きんに、H5N1鳥インフル予防のためのワクチン接種を行うと発表した。
 韓国ではこれまで650万羽に上る鶏とアヒル、さらに他の家きんの殺処分を先月早くから行ってきた。
 検疫局の高官によると、東及び西海岸に1600箇所の渡り鳥の監視所を設営したとされる。渡り鳥が鳥インフルに重要な役割を担っている可能性があることからと説明された。

北海道の白鳥も鳥インフル「強毒性」 十和田湖と同型 人民網日本語版 
 北海道東部の野付半島で4月24日に見つかったオオハクチョウの死骸(しがい)から、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)を検出したと、環境省が5日に発表した。1日の簡易検査で陽性反応が出たため、北海道大人獣共通感染症リサーチセンターで調べていた。
 道内では野鳥の大量死などは確認されていないものの、道は家畜伝染病予防法に基づき、発見場所から半径30キロ以内にある5養鶏場で立ち入り検査と消毒などの防疫措置をとる。通常は鳥から人へは感染しないとされているが、同省などは野鳥や、鳥の死骸、糞に触らないよう、注意を呼びかけている。
 今回確認されたのは秋田県の十和田湖畔で4月に見つかった白鳥の死骸から検出されたウイルスと同型。この型はインドネシアなどで流行し、韓国でも急拡大している。
 道は、簡易検査での陽性反応が出て以降、野付半島のある根室地方の養鶏場を緊急に調査し、異常死した鶏がいないかなどを調べている。環境省も道内の野鳥が多い湖沼などで鳥の糞(ふん)を採取するなどして検査している。
H5N1 bird flu found in swan in Japan China Post, Taiwan (台湾) H5N1鳥インフル、日本で白鳥で見つかる
 4月24日に北海道で見つかった死亡白鳥からのウイルスが、致死的H5N1鳥インフルウイルスと確認された内容。
Japan confirms fresh case of deadly bird flu Reuters India, India  (ロイター) 日本、新規致死的鳥インフルを確認

Japan confirms fresh case of deadly bird flu Reuters (国際) 日本、新規致死的鳥インフルを確認
 日本は、致死的H5N1鳥インフルの新規例を確認したが、北部の主要な島である北海道で死亡した白鳥でウイルスを検出した。道庁のホームページで4日発表された。
 地域の当局者達は4月24日に死亡した白鳥が見つかった地点から30キロ以内にある5箇所の養鶏場の調査を開始した。共同通信による。
 道庁のホームページでは、死亡した当該白鳥と接触した人は全て地域の保健所に連絡するように伝えている。
 日本ではH5N1鳥インフルによる死者の報告はこれまでにはない。

 日本では休日のため、誰も環境省と道庁にさらなる情報を入手できない。
No one was immediately available for further comment at the Environment Ministry or prefectural government on Monday, a public holiday.

*10日経過してから接触者調査??これまで何もしてなかった?
  感染していたら、もう死んでいるかも知れない。

北海道のハクチョウから鳥インフル「H5N1型」を検出 日本経済新聞 
 環境省は5日、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた北海道・野付半島のハクチョウの死骸から、強毒性のH5N1型のウイルスが検出された、と発表した。同省が北海道大に検査を依頼していた。
 ハクチョウの死骸は4月24日に観光客が発見。秋田県の十和田湖畔のハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出されていたため簡易検査を実施。陽性反応が出て北海道大で詳しく調べていた。

*予想通り。
 余りにもずさんな現場の管理だったが、感染拡大がなければ良いが、目に見えないウイルスがどこまで広がっているか?日本の危機管理対策が問われる。これは新型インフルエンザ対策における初動対策であるが…。
 今から慌てて現場の調査や立ち入り禁止対策、消毒を行っても手遅れですが、何もしないよりはましかも知れません。北海道全域の家きん農場のチェック、地域内の野生動物のチェック、特にキタキツネは要注意でしょうね。


5月4日  


日本、急性期が過ぎ、亜急性期に入ったH5N1鳥インフル拡大危機  個人的見解 管理人

……
……
感染した野鳥が遠隔地でさらに感染を広げたかどうかは早急に調査が必要である。これは感染拡大段階の亜急性期とも言える。または二次感染期とも表現可能である。
 調査内容は、野鳥の集団死の有無、マガモのようなウイルスのキャリアーになっても死亡しない野鳥の排泄物中のウイルス検査、キツネ等の野生動物の死亡、農家などに飼われている猫の死亡、さらにはカラスや雀等の大量死。

 死亡白鳥がどこで感染したかはいまで不明であるが、東北よりも南方の渡り鳥休憩地、また湿地帯等での調査は、すでに済んでなければならない。もしそのような場所で十和田湖畔で見つかった白鳥が感染していたとしたなら、そのような地域では既に野鳥や、周辺の家きん等で鳥インフルの発生が起きていてもおかしくはない。

 新型インフルエンザ対策の初動段階は、H5N1鳥インフルエンザ対策である。筆者の目指すところは、H5N1鳥インフルエンザ段階で(人人感染を起こすようなウイルスに変異する前に)ウイルスを封じ込めることである。それが新型インフルエンザ対策の基本で、また、全てと考えている(ウイルスが変異して国内に広がってからの対策には無理があり、どんなに準備しても犠牲は大きい)。
 首相や厚労省大臣がどの程度関心を持っているか不明であるが、英国で1羽の感染死した白鳥が見つかったときの反応に比べると、今回の日本のリーダー達の反応は極めて小さいようだ。新型は心配だけど、鳥インフルは家きん農場さえ守れば良いと思っているなら、新型インフル対策を主導するのは無理と考えられる。

韓国:鳥インフルエンザで虚偽発表 KBSテレビ 毎日新聞 
 韓国KBSテレビは2日、慶尚北道(同国南東部)の鳥インフルエンザ(H5N1型)について、先月末に養鶏場の鶏から「陽性」の結果が出たにもかかわらず、道当局が「陰性」と虚偽の発表を行い、被害を拡大させたと報じた。道関係者はKBSの取材に「混乱が起きるから公務員は神経を使う」などと述べ、隠ぺいの事実を認めた。

* 当局が検査結果を組織の上部に上げなかった等の話は中国で時々起こっている。関係者は即更迭。中国の場合は、マニュアル通りの対策をやることが大変なのと、やっていなかったことが上部機関に分かったなら処罰されるから隠し通そうとする。
 感染症に関して発生を隠す、拡大防止措置が遅れる等の基本が守られなかったなら、感染症の種類によっては地球最後の日を迎えることになる。
Bird flu spreading in SKorea, officials say  AFP  (国際) 韓国内で鳥インフルが依然拡大中、当局発表
 昨日のインドからの情報と同じ。
 
 韓国政府は、3日、同国を構成する9地区(道)のうち、6道で鳥インフルが拡大していることを発表した。
 4月30日、ソウル南東300キロの農場でH5N1鳥インフルの発生が確かめられた。これは発生している6道で23件目の確認事例となった。
 唯一北部の江原道(カンウェンド)、中央の忠清北道(チュンチョンブクド)、および南部の済州島(チェジェド)を残して、H5N1鳥インフルは韓国内に広がっていることになった。

5月3日  


Bird flu spreading in S Korea: Officials  Zee News, India (インド) 韓国、鳥インフルが拡大
 先月500万羽以上の鶏とアヒルを大規模に殺処分したにもかかわらず、鳥インフルは韓国の9つの道のうち6つの道に広がっていると、当局者が3日 語った。農業省によると、これまでまだ感染が報告されていない3つの道は、北東部の江原道(カンウェンド)、中部の忠清北道(チュンチョンブクド)と済州島(チェジュド)である。 A.Tohda訳
Highly pathogenic bird flu strain killed chickens in Daegu ... Yonhap News, South Korea  (韓国) 大邱市で高病原性鳥インフルが確認

 慶尚北道大邱市の家庭で飼育している鶏5羽からH5N1鳥インフルウイルスが検出された。地域の青空市場で購入したとされる。
 今週初めに当局は定期的に開かれる伝統的市場での全ての家きんの売買を禁止している。
 *釜山でも発生が確認されているから、韓国内ほぼ全域に亘ってH5N1鳥インフル発生が確認されたことになる。


韓国:慶尚北道が鳥インフル感染を隠ぺい 毎日新聞 -
 韓国KBSテレビは2日、同国南東部の慶尚北道が先月、大量死した鶏から鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出しながら「陰性」との結果が出たと発表し、感染事実を隠ぺい、その間に被害が拡大したと報じた。
 同道の関係者はKBSの取材に「混乱が起きるから」と理由を話した。
 KBSによると、慶尚北道は4月28日に永川市で鶏の大量死が起きたとの連絡を受け検査したが、結果を偽って発表。今月1日に国立機関の検査で感染力の強いH5N1型ウイルスが検出されたと伝えられた。同日、蔚山市や大邱市でも感染が確認され、2日には釜山でも感染が判明した。

鳥インフルエンザ 韓国で拡大 九州厳戒 各県 連休明けにも養鶏場消毒 西日本新聞 韓国で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染が同国東南部にも拡大し、農林水産食品省は2日までに、蔚山市と慶尚北道永川市で感染を確認した。蔚山市に隣接する釜山市や大邱市でも感染の疑いが出ており、国立獣医科学検疫院が詳しい検査を実施している。同日付の釜山日報が伝えた。

 韓国では4月初めに南西部の全羅北道金堤市で感染が確認されたのを皮切りに、中部の忠清道やソウルに近い京畿道に拡大していたが、東南部では今回が今年初めての確認となる。釜山日報は「過去の発生時より(病原性の)強い変種ウイルスとの見方が専門家から出ている」と報じている。

 韓国や秋田県などで高病原性鳥インフルエンザが発生している問題で、福岡県は2日、原則として県内すべての養鶏農家240戸を対象に、10日から農場内の緊急消毒を始めると発表した。空路と海路の直行便がある韓国で4月以降、発生が続いているためで、予防に万全を期す。同県による県内農家への聞き取り調査では、現在異常はないという。

 韓国の発生を重視する佐賀、長崎、熊本などの各県も、県内の養鶏場などを対象に連休明けにも実施する方向で検討に入った。大分県も今月末までに県内約170の養鶏農場で実施する。

 福岡県による消毒は、鶏舎周辺などに消石灰を散布し今月末までに終える予定。今回の措置は、1日付で農水省が出した緊急消毒に関する通知を受け、同県が家畜伝染病予防法に基づき実施。経費は国が全額負担する。

 同県によると、韓国では4月2日以降、飼育している鶏やアヒルが感染。陽性反応が出た29例のうち、17例が致死率の高い強毒性で、他に7例が検査中。韓国・釜山と福岡市を結ぶ高速船や福岡空港では、靴底の消毒措置が取られているという。

 福岡県は養鶏農家に対し、野鳥の侵入を防ぐ防鳥ネットの再点検なども呼び掛けている。

*韓国では4月初めから、極東ロシアのウラジオストックでは4月中旬にH5N1鳥インフルが家きん農場で発生している。国内での発生は時間の問題であった。(管理人)

5月2日


Bird flu breaks out in one more southern province VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、南部で新たな鳥インフル発生
 ベトナム南部のビンロン省で新たな鳥インフルが発見された。地元の獣医学局によると、Tra On district(郡)のXuan Hiep commune(共同体)の農家の400羽ちかいニワトリが4月26日に死亡した。28日に獣医学局が、鳥インフルが原因だという検査結果を発表した。ニワトリはワクチンを受けていなかった。ベトナムでは、現在、南部のカントー市とビンロン省、北部のソンラ省で鳥インフルが起きている。A.Tohda訳

Thailand declared free of bird flu New Straits Times, Malaysia (マレーシア) タイ、鳥インフルからの安全を宣言

タイ農業省 家畜開発局 は今日、国際獣疫事務局の基準に照らした上で、鳥インフル安全宣言をした。タイでは今年1月25日に鳥インフルが起きたが、それ以来90日以上発生していない。同局はまた、鳥インフルの根絶を目指し2ヶ月間の全国キャンペーンを開始した。2004年1月の最初のH5N1鳥インフルの発生以来、タイでは25人が感染し、そのうち17人が死亡している。 A.Tohda訳

5月1日

韓国で鳥インフル拡大 南東部でH5N1型確認 東京新聞 
 聯合ニュースによると、韓国の慶尚北道・永川市など南東部で1日、鶏の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が相次いで確認された。
 韓国では南西部の全羅道地域を中心に鳥インフルエンザが拡大しているが、南東部でのH5N1型の感染確認は今年に入って初めて。
 同ニュースによると、永川市の農園で死んだ鶏がH5N1型に感染していたほか、蔚山市の農家で死んだ鶏から検出された鳥インフルエンザウイルスもH5N1型と確認された。
 また、大邱市で死んだ鶏やアヒルから鳥インフルエンザウイルス(H5型)が検出。釜山市でも、死んだ鶏が鳥インフルエンザウイルスに感染していた疑いが出ており、調査中という。

*最近国内報道でも韓国でのH5N1鳥インフルの広がりを取り上げ始めている。
  日本海を挟んで韓国、ロシア極東でのH5N1鳥インフルの広がりを警戒しなければならないが、それは一ヶ月前からの話であった。

SKorea probes another suspected bird flu outbreak Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 韓国、さらなる鳥インフル疑い事例を調査に
 釜山での養鶏場で突然鶏が死亡し、専門家が鳥インフル疑いで調査に派遣された。
 一方、先に慶尚北道の2箇所でH5N1鳥インフル発生が確認されている。
北海道のオオハクチョウ、簡易判定で陽性 鳥インフル 朝日新聞
 
부산서도 AI 의심신고  中央日報 (韓国) 釜山でもAI疑い
 大邱に引き続き釜山でも鳥インフルエンザ(AI)疑い例が報告された。
 農林水産食品部は先月30日、釜山機張郡長安邑で鶏13羽のうち4羽が斃死したという申告を受け、AI感染有無を調査中であると1日発表した。
 蔚山、大邱事例と同じく、この農家も先月25日、近隣の市場で販売商から鶏4羽を購入していたことがわかった。
 これによりこの日午前9時現在までに申告、発見されたAI疑い事例は全部で56件となった。
 このうち金堤(3日判定)、井邑永元(7日)、井邑古阜(8日)、井邑永元(9日)、金堤5ヶ所と全南霊岩(12日)、金堤5ヶ所(13日)、羅州・金堤・井邑など5ヶ所(14日)、京幾平沢(16日)、全北淳昌及び金堤龍池・白鴎(17日)、全北井邑所聲(18日)、金堤金溝(20日)、全北益山礪山・龍東(23日)、忠南論山夫赤(25日)など全部で29件が高病原性AIと確認された。
 「陽性判定」基準ではない「発生」基準では論山夫赤農場まで20件のAIが発生した。一地点でAIが発病し防疫範囲を設定後殺処分が行われた場合、以後該当範囲でAIウイルスが確認されても「養成判定」にはなるが、「発生」件数では集計しない。
 昨日H5型と確認された蔚山農場件が高病原性と判断されれば、陽性判定及び発生件数はそれぞれ30件、21件となる。
 防疫政府は昨日、家畜防疫協議会を開き、地方自治体を通じてしばらく鶏・家鴨など家擒類を取り引きを禁止し、常設在来の市場などを出入りする500余台の小規模輸送車に対しては、屠殺場などの消毒施設を利用して必ず一月に1~2回消毒を行うよう決定した。H.I訳

AI 확산…경북 방역 문제점 `노출`  中央日報 (韓国) AI拡散…慶北防疫問題点が「露呈」
 AI拡散…慶北防疫問題点が「露呈」
非常防疫体制不備、一部斃死鶏で陽性反応

 大邱で弊社したニワトリの肝がAI(鳥インフルエンザ)検査で陽性反応が出たのに続き、慶北霊泉で斃死した鶏でも陽性反応が見られるなど、慶尚北道の防疫体制の問題点が露呈した。
 1日慶北永川市などによれば、先月23-26日、46羽の幼鶏が斃死した農場の鶏を国立獣医科学検疫院で検査した結果、H5型と確認された。
 これが低病原性なのか高病原性なのかについては精密検査が続いている。
 先月1日全北金堤の養鶏場で初めてAI発生が確認されて以来、一ヶ月で江原道と島嶼地域を除く全国に拡散した状態となった。
 慶尚北道も先月中旬AIが拡散に対して非常防疫体制を敷き「AI清浄地域」維持のため家擒類飼育農家に対する消毒を大々的に実施したが、地域での拡散を防止できなかった。
 また霊泉の鶏が斃死した後も流通経路を正確に把握することができす、小規模鶏・家鴨販売商や市場などに対する防疫措置は正常に行われなかった。
 このため一家擒小売商を通じ、慶北慶山市場でAIに感染した鶏が販売され、この鶏が大邱で斃死することにつながった。
 一方政府は先月30日、在来の市場を通じての家擒類の取り引きを禁止し、消毒を強化するなどの措置を行った。 H.I訳


Manipur out to check bird flu outbreak  DailyIndia, com(インド) インド、マニプル州、鳥インフル発生の調査へ乗り出す
 マニプル州の保健衛生当局は、隣接するトリプラ州で鳥インフルが再発しているため、同州での鳥インフルの発生を調査する手順について、3日間にわたるセミナーと訓練を実施した。州都インパールでのセミナーは、鳥インフルの突然の発生に対処するため、獣医と保健当局者にその知識と基本的なノウハウを授けるために行われた。マニプル州では、2007年、ニワトリにH5N1鳥インフルが発生し、300,000羽ちかい家禽を殺処分した。4月、隣接するトリプラ州の8つの村でH5N1鳥インフルが再発し、25,000羽以上のニワトリとアヒルが殺処分された。 
 A.Tohda訳

鳥インフル、釜山にも拡大か=韓国 時事通信
 韓国農林水産食品省は1日、南東部の釜山市と大邱市で鳥インフルエンザと疑われる事例が報告され、検査を実施していることを明らかにした。同国では今月に入り、南西部の全羅北道で鳥インフルエンザの発生が確認されて以降、被害が全国的に拡大する様相を見せている。
North Korea sets up emergency body against bird flu  HULIQ (press release), NC  北朝鮮、鳥インフル緊急対策室の立ち上げ
 北朝鮮は韓国で鳥インフルが拡大していることから、緊急対策室を立ち上げたと4月30日国営テレビを通じて発表した。
Caution is urged to avoid bird flu  Stars and Stripes(米国) 鳥インフルエンザ回避へ注意喚起(十和田湖)

 日本・三沢空軍基地-高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスが人気の観光地である十和田湖にいた、少なくとも三羽の白鳥から検出されたことで、三沢空軍基地の公衆衛生担当の飛行小隊長が米国人に野鳥に注意するよう呼びかけている。ただし基地関係者へのリスクについては、「皆無か、または低い」としている。
 マヘンドラ・カバー少佐によると、「ウミネコの島」として有名な蕪島のような野鳥保護区域を訪れることは避け、水辺で野鳥に餌をやることも慎むべきだという。十和田湖以外にも、下田公園の間木堤や同基地の小川原湖畔がその対象になる。
 「鳥インフルエンザに感染する可能性は皆無か、または低いものですが、予防措置に従えば鳥インフルエンザ感染に関連するリスクを最小限にできます」と、カバー少佐は星条旗紙に寄せた電子メールで述べている。
 4月21日に十和田湖付近で白鳥が、1羽は瀕死で3羽が既に死亡した状態で発見された。日本政府は29日に、死亡した白鳥が高病原性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していたことを確認した。香港で1997年に初の症例が報告されて以来、このウイルスによって数千万羽の鳥が死亡している。
 十和田湖は日本の本州で最大のカルデラ湖であり、三沢基地から35マイル南西に所在する。同湖は渡り鳥としてシベリアから飛来する白鳥にとっての、この地方に数ヶ所ある越冬地の一つである。
 十和田湖と下田公園は、白鳥のために一般客がパンくずを買ったり餌をやることが可能である。3月に開催の下田公園の白鳥祭りは、米国人にも人気がある。
 カバー少佐は、病気になったり死亡している鳥との接触は避けるべきだとしている。世界中で発生した鳥インフルエンザのヒトの症例の大部分は、養鶏場でのような鳥と直接接触して活動していたヒトが関係したものだとしている。
 「また現時点では、ヒトからヒトへの感染は確固としたものにはなっていません」と、同少佐は30日に記している。
 世界保健機関によれば2003年以降、少なくとも240名が鳥インフルエンザで死亡している。
 米国疾病管理予防センターによると、これまでのヒトへの感染症例の大半は、H5N1に感染した家禽への接近やH5N1に汚染されたものに触れることと関係している。
 感染した鳥はインフルエンザ・ウイルスを唾液や鼻水・顔面に排泄すると、CDCはしている。
 今回の死亡した白鳥は、2007年3月の後では初の日本での発生事例である。前回は日本南部の九州でワシから同ウイルスを研究者が検出した。
森 孝夫 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


鳥インフルで環境省が調査 ふん採取しウイルス把握へ 東京新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題を受け、環境省は1日、十和田湖周辺や北海道稚内市などの野鳥飛来地で、ハクチョウをはじめガン・カモ類のウイルス保有の有無を把握するための調査を始めた。
 調査は同省と北海道、青森、秋田両県が共同して実施。それぞれの地域で、数日かけて湖や河川などの水辺から鳥のふんを20-100個ほど採取し、鳥インフルエンザウイルスの有無を調べる。
 一方、秋田、青森両県は1日、防鳥ネットなど野鳥対策が万全か調べるための養鶏農家への立ち入り調査を秋田県大館市などで実施。消毒の徹底などを呼び掛けた。

*全くの無防備姿で調査している担当者の姿が気になる。やはりセオリーに従わなければ、何かあったとき責任が問われる。少なくともマスクとか、予防衣とか、手袋は装着して欲しい。
 国内情報は上方の国内報道集に集約。
WHO denies advising tourists to China for Olympics to pack bird... The Canadian Press, GENEVA  (カナダ) WHO、北京オリンピックへタミフル携行推奨を否定
 WHOは、先に北京オリンピックへのタミフル携行を推奨したという情報を否定した。

 28日にイタリアの報道機関であるAnsaが、8月の北京オリンピック見物に出かける観光客は、万が一鳥インフルウイルスに暴露した場合に備えて、タミフルを携行してゆくべきとWHOが警告したとの報道を流した。
 Ansaの報道は、イタリアのリミニ(Rimini)にあるWHO協力医学センターのワルター・パシニ氏の談話の引用であった。
 しかしながら、WHO報道官のグレゴリー・ハートル( Gregory Hartl)氏は、30日、パシニ氏はWHOと関係はなく、報道は間違っている、と語った。
北, AI 대처 국가비상방역위원회 설치  中央日報 (韓国) 北、AI対策 国家非常防疫委員会設置
 北朝鮮政府が鳥インフルエンザ(AI)に対処するための「国家非常防疫委員会」を設置、運営していることが明らかになった。
 北朝鮮の朝鮮中央TVは29日「鳥インフルエンザを未然に封鎖」という題の科学映画を紹介するプログラムで、金正日総書記が「鳥インフルエンザの大流行を防止の方向と手段」具体的に指示し、「国家防疫対策を確立ための国家非常防疫委員会が組職された」と伝えた。
 この委員会は内閣保健省傘下中央衛生防疫所と別の機関のようだ。放送では委員会の設置時期も組織体系も触れず、衛生・獣医防疫事業を指揮し、AI予防事業を行っていると説明した。

 北朝鮮では2005年2月にAIが発生し、鶏21万余匹を殺処分しており、その後WHOが運営する地域伝染病学研修プログラムに参加している。
 H.I訳


웅촌 닭 폐사 AI판정돼...고병원성 여부 내일 결과  Medical Today (韓国) ウンチョン鶏斃死 AI判定される...高病原性か明日判明
  去る 28日蔚山(ウルサン)蔚州(ウルジュ)郡熊村(ウンチョン)面地域で発生したAI疑い事例がH5亜型と判明し、蔚山市が緊急防疫対策会議を開催、非常防疫本部を設置した。
 蔚山市はパク某氏の農場で鶏120匹のうち104匹が22日から斃死したという申告を28日に受け、国立獣医科学検疫院の精密検査の結果、30日にH5亜型が検出されたと明らかにした。
 国立獣医科学検疫院の追加検査でN1血清型が検出されれば高病原性AIウイルス(H5N1)となるが、最終判明は5/1となる。
(中略):2003年の事例
蔚山市は発生農家に対し、28日時点で移動制限、前頭殺処分、埋設などの緊急防疫措置を実施した。
(後略):近隣への防疫指示
 H.I訳

*訳者注:22日の発生に対し、申告、対応が28日というのが疑問。

BIRD FLU TO BE PREVENTED ontsame Agency(subscription), Mongolia  (モンゴル) モンゴル、鳥インフル予防策の強化へ
 渡り鳥からだけでなく中国やロシアを経てモンゴル領土に鳥インフルの広がるリスクが高まっている。モンゴル政府は、生きた鳥、様々な種類の猟鳥、鶏肉、鶏卵、その他 半加工された鳥の中国からの輸入を禁止する処置を承認した。また、多くの渡り鳥が飛来する川や湖での観察、詳細な渡り鳥の進路の把握、狩猟許可の一時的な発行停止などがなされる。A.Tohda訳

Bird flu kills three-year-old boy in Indonesia, world hotspot for ... Truro Daily News, Canada  (カナダ) 世界の鳥インフル大発生地であるインドネシアで、さらに3歳男児が死亡
 AP

 インドネシアで108人目のH5N1鳥インフル死亡者が、保健省から4月29日に報告された。
 内容は既報。
 4月17日に、高熱と呼吸困難症状を呈し、5日後に病院で死亡した。
 男児は感染した鶏と接触の既往があるとされる。

 インドネシアでは、33省のうち2省を除いてH5N1鳥インフルが家きんの間で蔓延している。

Fighting the flu with antibodies from its victims Ars Technica, MA  (米国) 回復患者からの抗体でインフルエンザ治療が可能に
 下記と同じニュースソース。
 Natureの原文

Researchers find quick way to make human monoclonal antibodies ... Genetic Engineering News (press release), NY インフルエンザウイルスに対するモノクローナル抗体の迅速作成方法が開発
 季節性インフルエンザワクチンを接種されたボランティアから得られた少量の血液から、抗体産生細胞を分離して培養し、わずか2~3週で当該ウイルスに特異的モノクローナル抗体を産生する技術が開発された。これまでの方法では2~3ヶ月要する。
 アトランタのエモリー医学部ワクチンセンター等の研究者達が開発し、「Nature」のオンライン版に論文が掲載された。
 
 少量の血液から抗体を産生する形質細胞を分離し、そして大量に培養することで、当該ウイルスに強力に付着するモノクローナル抗体が製造可能とされる。
 とう抗体は治療と検査に用いられることが出来るが、モノクローナル抗体による治療は様々な疾患(癌や自己免疫疾患等)で応用されている。
 世界的パンデミックを生じるインフルエンザウイルスに対しても応用可能と著者等は説明している。

 類似研究として今月15日に、鳥インフル回復患者の骨髄から採取した細胞を用いて、H5N1鳥インフルウイルスに対するモノクローナル抗体作成の研究が発表されている。下記に再掲載する。

4月15日
Antibodies could lead to bird flu treatment CTV.ca, Canada (カナダ) モノクローナル抗体が、鳥インフルの治療に効果をもつ可能性
 米国とトルコの研究者が、2005年と2006年のトルコにおけるH5N1鳥インフル発病患者で回復した5人の対象者から、その骨髄細胞を採取し、(細胞培養法にて)H5N1鳥インフルウイルスに対する抗体を産生させた(骨髄細胞の中に抗体産生細胞があり、それらから産生される抗体を分離)。様々なH5N1ウイルスに対する抗体300種類以上が分離された。その中でウイルスH1亜型とH5亜型両者に反応する抗体が3種類見つかり、また数種類の広くウイルス蛋白に反応する抗体も分離されている。
 これらの大量に分離される抗体を患者治療に用いたり、またワクチン開発に応用したりする可能が広がった。
 カリフォルニアのSea Lane Biotechnologiesとの共同研究。



Govts act to contain bird flu / All Akita Pref. chicken farms ... The Daily Yomiuri, Japan (日本) 日本政府、鳥インフル封じ込めへ;秋田県の全農場を視察調査へ
 読売新聞

 秋田県十和田湖周辺で致死的H5N1ウイルスが死亡または衰弱した大白鳥から検出されたことから、地域の自治体と住民は感染拡大に向けて対策を講じている。
 4月21日に十和田湖南部の半径500メートル以内で3羽の死亡した、および死亡しかかっている大白鳥が見つかった。
 比内地鶏の産地として知られている秋田県では、風評被害による地鶏の販売に影響がでる懸念があることから、特に今回の鳥インフル発生に関心を抱いている。
 秋田県当局は、湖から30キロ以内にある15農場(14箇所が養鶏場、1箇所が産卵場)の視察調査を開始した。
 農場に対する指導は、野鳥侵入防止のガードネットの不備の有無、農場入り口に設置している靴底消毒のタンクの設置の有無等である。
 また同県では大型連休の間の住民の健康診断の場の提供と、保健所の相談窓口の設置を行った。
 また多くの養鶏場を有する青森県では、4月28日から湖から30キロ以内の養鶏場39箇所の視察調査を始めたが、29日にH5N1鳥インフルウイルスが確認されたことから、県内の全養鶏場163箇所の調査に拡大した。
 十和田湖周辺のホテルでは風評被害( incorrect information that may harm their business)を心配している。
TOP