高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
翻訳者
Overseas News
2008年
4月30日


Suspected Bird Flu Case Reported in Gyeongsang Region 조선일보(영문판), South Korea - (韓国) 韓国、ウルサンで鳥インフル発生疑い
Japan Detects First Case of Bird Flu in a Year, Kyodo Reports  Bloomberg  (米国) 日本で1年ぶりに鳥インフルウイルスが検出

Indonesian boy dies of avian flu; Japan confirms H5N1 in swans CIDRAP, MN (米国) インドネシアの少年、鳥インフルで死亡;日本で死亡した白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが分離
 3件の事例について報告。

 ・インドネシアの3歳男児がH5N1鳥インフルを発病し、4月23日に呼吸困難で死亡したと、インドネシア保健省から発表された。
 男児の家庭で数羽の鶏が突然死亡し、男児はそれらに接触していたとされる。

 ・日本で政府当局者が、北東部の十和田湖で4羽の死亡、または死にかけている白鳥から致死的H5N1鳥インフルウイルスを検出したと発表したことが、AP通信から報じられた。秋田県庁ではこの2日間に、30キロ以内に存在する15農場のチェックを行うと発表した。
 
 ・韓国では新たな家きん農場におけるH5N1鳥インフル発生が疑われていることが発表された。同国の南東部のウルサン市の養鶏場であるが、これまでの鳥インフル発生地域は南西部地域に限られていたことから、全土的に拡大していることが示唆されている。

Boy dies of bird flu in Indonesia RIA Novosti, Russia  (ロシア) インドネシアで少年が鳥インフルで死亡
 インドネシアのジャワ島で3歳の男児が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が108人となったことを保健省が発表ししたことを地元紙が報道した。
 男児は明らかに死亡した家きんに接触して感染したと考えられる。
 インドネシアでは132人が発病していて、致死率は世界で最も高い。
 25日、インドネシア当局は、インドネシアで鳥インフルのパンデミックが発生したとの仮想で、模擬訓練を行った。

*当事例に関して他からの報道も無く、現在はその詳細に関して不明である。
Japan confirms H5N1 bird flu strain in swans Canada.com, Canada  (カナダ) 日本で死亡した白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出
 秋田県十和田湖の事例。
 昨日のロイター通信内容。

Many Egyptians keep birds despite bird flu: poll Scientific American - (米国) 多くのエジプト人はいまだ家きんを家庭で飼育:世論調査
 エジプト政府が行った世論調査で、25%以上のエジプト人が、鳥インフルの怖れがあることを知りながら、家庭内での家きん飼育を続けていることが29日分かった。
 2006年初めから50人が鳥インフルを発病しているエジプトは、アジア外で最も多くの発病者を出している国家で、発病者のうち22人が死亡している。
 「家庭内で飼育されている家きんが、感染源として最も多くを占めている」、と政府の公報では述べているが、同時に、それでもいまだ多く飼われていると付け加えている。
 広報では鳥インフルが発生してから2年間で48%の人々が家庭内での家きん飼育を止めた。
 しかし28%はいまだ飼育を続けていると調査で答えている。
 さらに75%の人々が新規に殺処分された家きんを料理して食べていると答えている。
4月29日

충북서도 AI 발생?, 충북도 ‘비상’ Medical Today (韓国) 忠北にもAI発生? 忠北道「非常
 当内容は本日のYonhap News,(下方に掲載)で報道されていますが、さらに詳細な内容を現地報道から訳されています。

 高病原性鳥インフルエンザ(AI)予防に総力を挙げている忠北道がパニックになっている。
 忠北道チョンウォン郡オチャンの畜産農家から去る21日蔚山広域市蔚州郡(ウルジュ)に出荷された地鶏100余匹が去る22日から皆斃死したからだ。(ウルジュ:日本海側のウルサン特別市の一部。下方の地図で示す。韓国南西部地域で初の鳥インフル発生の可能性が出た)。
 蔚州郡は斃死したニワトリに対する蔚山広域市家畜衛生試験所の簡易キット検査の結果AI 1次陽性判定となり、??と糞便を採取、国立獣医科学検疫院に精密検査を依頼したと29日明らかにした。
 蔚州郡からこのような内容を知らされた忠北道は緊急防疫対策組をオチャン畜産農家に派遣し、畜舎と近隣地域に対する緊急防疫を実施する一方、この農場で飼育されているニワトリの血清を採取して検査を実施している。
 関係者は「現在この農場でニワトリが斃死したという申告は受けておらず、AI感染有無は検査してみなければわからない」とした。「しかし万が一の事態に備えてこの地域に対する集中的な防疫消毒を実施して、AI感染有無検査も強化した」と明らかにした。
 また「AI簡易キットはとても敏感なので、蔚州郡で斃死したニワトリのAI感染有無は精密検査結果が出て見みないとわからない」と付け加えた。
 一方、チョンウォン群オチャンのこの畜産農家は21日釜山市機張郡地域5農場にニワトリを出荷しつつ蔚州郡(ウルジュ)にも100匹のニワトリを販売したと判明した。
 しかし釜山地域に出荷したニワトリはいまだに斃死していない。H.I訳

*訳者コメント
  韓国ウルジュの疑い例は、他地域から出荷された鶏であり、これが感染判定となれば、感染した鶏が大規模に移動したという事実と、韓国の検疫体制が全く成立していないことを意味します。

 管理人コメント
  韓国内では本年4月以来、全羅南道、全羅北道、忠清南道、京畿道でH5N1鳥インフルが発生しているが、今回はさらに忠清北道でも発生し、国内の半分の地域で発生していることになる。しかし、上記報道のごとく、感染鶏を出荷した業者は釜山にも出荷しているようなので、さらに国内全体に広がる怖れがでてきた。

蔚山(ウルサン)広域市は赤丸の部分で、その地域に蔚州郡(ウルジュ)がある。

Japan confirms bird flu in swans The Mercury, Australia  (オーストラリア) 日本、白鳥で鳥インフルを確認

Japan confirms H5N1 bird flu in dead swans Xinhua, China  (中国、新華社) 日本、死亡した白鳥からH5N1ウイルスを検出

Japan confirms H5N1 bird flu strain in swans Reuters  (国際) 日本、白鳥感染、鳥インフルウイルスをH5N1ウイルスと確認
 日本政府は29日、先週発見された4羽の白鳥が、H5N1鳥インフルに感染していたことを確認したことを発表した。

 2007年3月に熊本で野鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されて以来、今回初めてH5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 4羽の白鳥は21日に秋田県の十和田湖畔で見つかったが、そのうち3羽は死亡していたと、秋田県庁から発表された。
 検査官は初期的検査でH5亜型株を確認していたが、さらなる詳細検査を行っていると、28日に県庁が発表した。
 白鳥が見つかった地域から10キロ以内には養鶏場はないとされる。また近くの農場でも異常な事例は発生していないとされる。
 地方当局では、4月30日に現場を調査し、5月1日に現場から30キロ以内にある25農場を調査する予定としている。
 
 29日早くに韓国は、ウルサン市の養鶏場で鳥インフルが発生した疑いがあることを発表した。もし確認されたなら、韓国の南東部で初の鳥インフル発生となる。
 韓国でも日本でも、鳥インフルによる人の死亡例は報告されていない。
 (No human deaths from the disease have been reported in South Korea or Japan. )。

*日本でも韓国でも鳥インフルによる死者は発生していないとのコメント。韓国では以前に発生した際に抗体検査で数人が感染したことが分かっていて、さらに今月発生している鳥インフルで、殺処分に参加した兵士が発病した疑いが持たれている。日本では発病者がいたのだろうか?死者は出ていないという表現は、感染者ないし発病者がいたことが公式情報として提出されていることを意味する。2004年の京都府で発生した際に殺処分に従事した人々の何人かで抗体が産生されたことを意味しているのだろうか?
S. Korea reports another suspected bird flu case Yonhap News, South Korea (韓国) 韓国で新たなる鳥インフル発生の疑い
 ソウルの南東414キロ(地図で調べると300キロ程度)のウルジュ(蔚州)の農場で鳥インフルが発生した疑いがもたれたことが、29日農業省から発表された。鳥インフル検査で陽性となったが、さらに詳細なる検査を行っている。
 農場主は21日に120羽の鶏を購入したが、その後104羽が死亡したという。
 当局は地域を閉鎖した。
 当局によるとこの最新例を含めてこれまで54件の鳥インフル発生が報告されている。そのうち29件で鳥インフルが確認され、20件では他の感染症とされ、残りの5件は検査中となっている。
 29日早くに当局は、これまで500万羽以上の家きんが殺処分されたと発表した。

ウルジュの位置:日本海側のウルサン特別市の一部
赤色で囲んだ地域がウルサン特別市。ウルジュはその地域の中に存在する地区。

①釜山(プサン)の北50km
②対馬まで150km
③日本本土まで200km
④今までの韓国鳥フル発生地点から200km

①釜山(プサン)の北50km
②対馬まで150km
③日本本土まで200km
④今までの韓国鳥フル発生地点から200km

 *管理人:日本海を真ん中にH5N1鳥インフルウイルスが蔓延し出しているかのようだ。
Nepal on flu alert, tests poultry on India border Reuters India, India  (インド) ネパール、鳥インフル警戒警報、インドとの国境沿いで家きんの検査を強化
 ネパールではいまだH5N1鳥インフルは発生していないが、発生しているインドの西ベンガル州との国境沿いの地域で、いつインドから拡大してくるか分からない状態で警戒感を強めている。
 インドからの家きんの密輸入も不安感を高める原因となっている。
Tripura poultry facing serious threat from birdflu in Bangla Newindpress, India (インド) トリプラの家きん農場、バングラデシュからの鳥インフル拡大で深刻な脅威に直面
 トリプラ州のバングラデシュとの国境沿いの村々では、鳥インフル発生家きんを殺処分しても、すぐ近くのバングラデシュで鳥インフルが発生しているので、対策が成り立たない状況にある。、隣国のバングラデシュでの対策強化が進まない限り、根本的封じ込めは不可能と、当局では声明を出している。

Bird Flu Alert Issued in Eastern Districts Himalayan Times, Nepal - (ネパール) ネパール、東部地域で鳥インフル高度警戒
 


ネパールの東部地域を鳥インフル拡大危険度から3地域に分類し、16地域のうちインドと隣接している6地域を高度警戒地域とし、インドからの家きん、その産物等の輸入を厳しくチェックポイントで監視している。
緑線で囲まれた地域が高度警戒地域


Japan detects bird flu in four wild swans U.S. Daily, ca  (米国) 日本で、4羽の野生の白鳥から鳥インフルウイルスが検出
ロイター
 昨日報道内容

 日本は隣国の韓国で鳥インフルが拡大していることから、監視態勢を強めている中、4羽の野生の白鳥で鳥インフルウイルスを検出した。28日地方当局と政府の当局者が発表した。
 白鳥は秋田県の十和田湖畔で21日に見つかり、そのうち3羽は死んでいた。県庁の報道発表で明らかにされた。
 検査官は白鳥からH5亜型ウイルスを検出したが、それがH5N1鳥インフルウイルスであるかどうかは検査中であると発表された。
 当局では地域を見回ったが、野生の水鳥の異常な大量の死亡は確認していない。
 地域の10キロ以内には養鶏場はなく、他の農場でも異常な事例は発生していない。
 「青森県、岩手県、および秋田県の家きん農場に監視態勢を強化するように指示を出した」、農水省の当局者は語っている。
 「政府は4月初めに韓国で鳥インフルが発生して以来、家きん農場に監視態勢を強化するように求めている」、と同氏は付け加えている。

Tamiflu tablets available without prescription push  Daily Telegraph, Australia (オーストラリア) オーストラリア、タミフルの(処方箋無し)薬局販売を検討に
 インフルエンザの症状を30%程度軽減する抗インフルエンザ薬が、処方箋無しでも購入出来る可能性が出てきた。
 
 委員会がタミフルを医師の処方箋無しに一般市民が購入出来るようにすべきか検討中である。
 タミフルは発症後48時間以内に服用することで効果が発揮される。
 しかし、多くの人々は発症後短時間内に、病院を受診し処方箋を得ることが困難となっている。
 薬局で処方箋無しで購入出来るようにすれば、患者が早期にタミフルを服用することが可能となる。
 国家薬品毒物承認委員会(The National Drugs and Poisons Scheduling Committee)では、この6月の会合でタミフルを処方箋無しで薬局で販売することを許可するかどうか、検討をするよていになった。
 しかしながら人々は一回の治療コースに必要なタミフル10錠に50ドル支払う必要がある。
 鳥インフル流行に備えて備蓄中のタミフルは、一般的に薬局販売可能な流通システムに組み込まれていないが、ロッシュ社では十分対応出来ると言っている。
 委員会では2005年にタミフルの店頭販売を、タミフルに耐性のウイルスが出来やすいと言うことや、薬局で正しくインフルエンザであるとの診断が可能かという問題で、反対したいきさつがある。(薬局で、インフルエンザの迅速診断で判定してから売るというシステムが考えられていた)。
4月28日


AI 의심환자, "감염력 없어…내달 11일 최종" (AI疑い患者「感染力なし…来月11日最終)  Medical Today (韓国) 
 韓国疾病管理本部は高病原性鳥インフルエンザ(AI)疑い患者の臨床的症状は完全に解消したと見られ、現状態で感染力はないと判断される、と28日明らかにした。
 疾病管理本部関係者は「患者は26日付けで陰圧隔離から非陰圧隔離に変更された」とし、「隔離解除ではなく今後肺炎の原因について専門家諮問を経ることになる」と説明した。
 また患者の感染有無確認のための検査終了予定は来月7日から11日頃と予想されると付け加えた。
 H.I訳


野鳥への警戒呼び掛け 秋田県、鳥インフル検出で  京都新聞 
 秋田県小坂町の十和田湖畔で、ハクチョウから鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は28日、付近の養鶏農家に鶏舎への野鳥の侵入防止を徹底するよう呼び掛けた。
 県は、最初にハクチョウを発見した地元漁協の組合員や、死骸を回収した県北部家畜保健衛生所の職員から健康状態について聞き取り調査も実施。今のところ異常はないという。
 県から依頼を受けた独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の動物衛生研究所(茨城県つくば市)が、ウイルスのタイプが毒性の強いH5N1型かどうか調べており、早ければ29日にも判明するという。 県によると、ハクチョウはシベリアなどから越冬のために飛来、途中で十和田湖に立ち寄るという。今回のハクチョウは越冬を終えシベリアなどに戻る途中とみられる。
Japan detects bird flu in four wild swans Scientific American (米国) 日本で四羽の白鳥から鳥インフルウイルスが検出
 下記ロイター報道

Japan detects bird flu in four wild swans Reuters AlertNet, UK  (国際) 日本で四羽の白鳥から鳥インフルウイルスが検出
 日本は隣国の韓国で鳥インフルが拡大していることから、監視態勢を強めている中、4羽の野生の白鳥で鳥インフルウイルスを検出した。28日地方当局と政府の当局者が発表した。
 白鳥は秋田県の十和田湖畔で21日に見つかり、そのうち3羽は死んでいた。県庁の報道発表で明らかにされた。
 検査官は白鳥からH5亜型ウイルスを検出したが、それがH5N1鳥インフルウイルスであるかどうかは検査中であると発表された。
 当局では地域を見回ったが、野生の水鳥の異常な大量の死亡は確認していない。
 地域の10キロ以内には養鶏場はなく、他の農場でも異常な事例は発生していない。
 「青森県、岩手県、および秋田県の家きん農場に監視態勢を強化するように指示を出した」、農水省の当局者は語っている。
 「政府は4月初めに韓国で鳥インフルが発生して以来、家きん農場に監視態勢を強化するように求めている」、と同氏は付け加えている。 
白鳥から鳥インフル=秋田・十和田湖畔 時事通信 
 秋田県は28日、十和田湖畔で回収した死んだ白鳥3羽と衰弱した白鳥1羽から、H5亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。発見場所から半径10キロ以内に養鶏農家はないが、農水省は秋田、青森、岩手各県に対し養鶏場への緊急指導を要請した。水鳥などが低病原性の同ウイルスを保有していることは知られており、同省は「鶏への感染がなければ、大きな問題はない」(動物衛生課)としている。
秋田の白鳥4羽から低病原性鳥インフルエンザウイルス検出 読売新聞 
 秋田県は28日、同県小坂町の十和田湖で死んでいるのが見つかった白鳥から、低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5型)を検出したと発表した。
 発表によると、県職員が21日に回収した死んでいた3羽と衰弱した1羽から見つかった。十和田湖では、ほかに野鳥の大量死はみられないという。
 動物衛生研究所(茨城県つくば市)で調べている。
 白鳥の発見現場から半径10キロ以内には、養鶏農家はないが、県では農家に注意を呼びかけている。

*低病原性との根拠は今のところは無いと思うが…。むしろ高病原性の疑いを持つのが正しいのではないか。

秋田県十和田湖で鳥インフル、白鳥から検出  日本経済新聞 
 環境省は28日、秋田県・十和田湖の白鳥から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにした。同県は被害を詳しく把握するため、調査に乗り出した。
 環境省によると、白鳥が死亡しているとの連絡が秋田県に入り、同県が死んでいた3羽と衰弱した1羽について専門機関にウイルス感染の分析を依頼した。
 その結果、「H5亜型」のウイルスを検出した。病原性の強いH5N1型かどうかをさらに詳しく調べる。

* 鳥インフルで死亡した白鳥の報告は日本では初。ヨーロッパではH5N1ウイルスで死亡する白鳥が時折見つかっている。
 渡り鳥でH5N1ウイルスが確認されたとしたなら、日本での新たなる展開が開始か?
4月27日

AI疑い兵士、からだ状態正常回復 innolife.net 
 疾病管理本部は、AI鳥インフルエンザ感染の疑いで特殊病室で隔離治療を受けているチョ・某上等兵の状態が正常に回復していると明らかにした。疾病管理本部はチョ上等兵を外部と遮断された特殊隔離病室から一般隔離病室に移したとして完全な隔離解除ではなくこれからウイルス排出期間を考慮して隔離を解除する予定だと伝えた。

*ウイルスがH5N1かH5N2か不明瞭である。不顕性感染との報告もあるが…。
Bird flu spreads to Indo-Bangladesh border NDTV.com, India (インド) 鳥インフル、インドとバングラデシュ境界地域で拡大
 鳥インフルがトリプラ州で発生しているが、それはダライ県のカマルプルに広がっている。なお州都アガルタラ近くのモハンプールとビデャルガルでは既に発生している。
 これら3地域は、すでに数カ所で発生しているバングラデシュ境界地域に属する。
 「バングラデシュとの境界を閉鎖しない限り、ウイルスの拡大を抑えることは不可能だ。国境をを超えるような移動はないと言われるが、それは信じられない。境界は隙間だらけだ」
、と州の動物資源省の長官補佐官が語っている。
 「感染地域は全てバングラデシュと国境を隔てている。もしバングラデシュが直ちに対策を講じなければ、我々に極めて悪い状況としかならない。現在、精神的に多大の恐怖感が広がっている」。そのように、州都行政府の高官が懸念を表している。
 国境での警戒態勢が改善しない限り、鳥インフルは間もなく手の尽くしようがなくなる可能性がある。
鳥インフルエンザ:忠清南道でも感染確認  朝鮮日報JNS 
  農林水産食品部は25日、今月22日に忠清南道論山市の養殖場
で発生したとの届け出があったカモの感染症も、人体に感染す
る恐れがある「高病原性鳥インフルエンザ」と判定された、と
発表した。
 今月1日、全羅北道金堤市で初めて感染が確認された鳥イン
フルエンザは、全羅南北道や京畿道南部に続き、忠清南道でも
感染が確認されたことで、韓国の西海岸一帯に被害が広がった
ことになる。
 政府当局はこの日、論山市の養殖場で飼われていたカモ7800
羽と、半径3キロ以内で飼われていた鶏やカモを殺処分し、地
中に埋める作業に着手した。


忠清南道:チュンチョンナム=ド
 京畿道と全羅北道との間、ややソウル寄り・

論山市 ノンサン=シ Nonsan-si

4月26日

インドネシア:新型インフルに備え、バリ島で大規模訓練 毎日新聞 
 鳥インフルエンザによる死者が世界最多の107人に上るインドネシアの観光地バリ島で、人から人への強い感染力を持つ新型インフルエンザが発生したとの想定で訓練が行われている。白い防護服を着た職員らが人口約4500人の村を閉鎖し、鳥類を処分して地中に埋めた。新型インフルエンザは世界中で爆発的に感染拡大する恐れもある。訓練は27日まで3日間の予定で、インドネシア保健省担当者は「準備が万全なことを世界に示したい」と話した。
Indonesia holds major bird flu exercise The China Post (台湾)  インドネシア、鳥インフル訓練を大々的に実施

A.Tohda訳

 世界で鳥インフルによる最も多くの死者を出しているインドネシアが金曜日(25日)、鳥インフルウイルスで引き起されたパンデミックに対処する能力を試すため、リゾート地バリで訓練を開始した。
 同国においてこれまでで最大のテストである3日間のシュミレーションには、警察や軍関係者を含む約1,000人が参加した。参加者の一部は、白い防護服を着、会場となったバリ島西部の村を戸別訪問してまわった。
 「これは我々に用意は整っている、準備が出来ているということを世界に示すためである」と、保健省伝染病管理局のニョマン・カンドゥン長官が述べた。
 国際連合食糧農業機関(FAO)は先月、インドネシアは鳥インフルを抑えるために努力はしたが、ほとんど何も成しえていないし、更なる援助を必要としていると語った。
 今回の訓練では土曜日(26日)、家禽が感染地域で殺処分のあと埋却され、村は隔離されることになっている。
 WHO のデータによると、インドネシアでは世界中の鳥インフルの死者240人に対し、132人が感染し、うち107人が死亡している。
 病んだ鳥との接触がH5N1鳥インフルにかかるもっとも一般的な習慣だが、インドネシアのほとんどの地域でH5N1ウイルスは鳥の風土病となっている。
 専門家たちは、ウイルスが人から人へ簡単に感染する型へ変異し、その場合、感染が爆発的に起き、世界中で何百万人をも死に至らしめるパンデミックを引き起こすと危惧している。
 「キーワードは、〝 準備ができていること〝だ。なぜなら、我々はパンデミックがいつ、どこで、どのように起こるか分からないからだ」とカンドゥン氏は述べた。
 日曜日(27日)には、訓練の一部として、バリ島を往来する旅行者の中から感染被疑者を選別するため、バリ空港にも体熱探知機が設置される。
 バリのサングラー病院が鳥インフル患者を治療するために指定され、その他の病気で入院していた患者は隔離期間が終わるまで病院を出ることを許されない。
 インドネシアの保健当局者は今週、パンデミックが起きた場合、500万人のインドネシア人がウイルスに感染し、そのうち5%から10%が死亡するだろうと語った。
 また、インドネシアは、ワクチン開発に決定的とされる鳥インフルウイルスのサンプルの共有に関して、国際社会との争いの中に閉じ込められている。
 米国保健省のリビット長官は今月、インドネシアのユドヨノ大統領との会見でウイルスの透明性の高い共有化の必要性を強調したと語った。
 しかし、インドネシアの承認なしに営利目的で標本を使用しないことが保証されなければならないと、同国は、新しい世界的なシステムが実施されるまでは、ウイルスのサンプルをWHOと快く共有することを拒否した。
 ジャカルタは、途上国が彼らのサンプルから作られた入手可能なワクチンの権利を得るため、富裕な国々や製薬メーカーからの保証がほしいと言う。


新型インフルに鼻からワクチン、聖マリアンナ医科大開発 日本経済新聞
 聖マリアンナ医科大学の清野研一郎・准教授らは新型インフルエンザの発生に備え、鼻の粘膜にスプレーで吹き付けて使う予防ワクチンを開発した。実用化できれば注射器が不要になるうえ、様々な系統のウイルスに対しても効果が期待できる。マウスを使った実験で、2系統の鳥インフルエンザウイルスへの感染予防効果を確認した。3―5年以内の臨床応用を目指している。 開発したワクチンは、ベトナムで採取された病原性の強い「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスをもとに作製した。免疫効果を高めるため、「海綿」という海洋生物から発見された化合物を補助剤として加えてある。鼻の粘膜に投与すると、体内の免疫細胞が活性化されて粘膜にウイルスへの抗体ができ、感染を防止する

*鼻腔スプレー式ワクチンは、米国ですでに開発中である。2007年7月14日、2008年2月121日に紹介済みであるが、米国カリングトン社の子会社であるデルサイト・バイオテクノロジー社が臨床試験第二相に入っている。さらに3月12日には、日本の国立感染症研究所でも鼻腔スプレー型ワクチン開発の記事が出ている。
4月25日

Fresh Bird Flu Epidemic In Vllage Near Agartala TopNews, India (インド) インド、アガルタラ(トリプラ州都)近くの村で新規鳥インフルが流行
 トリプラ州の鳥インフル拡大は、さらに深刻な様相を呈しだしてきた。
 州都アガルタラから130キロ離れた村における放し飼いの鶏の血液および排泄物から致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された。

*西ベンガル州、トリプラ州、バングラデシュでは、インドネシアと同じように、家きんにおける固有の風土病のごとく鳥インフルはなりつつある。
India blames Bangladesh as bird flu spreads  Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) インドネシア、鳥インフル拡大の原因としてバングラデシュを非難

 インドのトリプラ州で家きんにおける鳥インフル対策の苦慮している州政府は、バングラデシュを24日、ウイルス拡散源として非難した。しかし、専門家達の意見では、インドは対策を十分行っていないとコメントしている。

 すでに25000羽以上の鶏とアヒルが、今月同州でH5N1鳥インフル発生が確認されてから殺処分されている。
 24日、トリプラ州行政府に新規鳥インフル発生が報告された後、当局はバングラデシュでウイルスが封じ込められない限り、トリプラでの鳥インフル対策には無理があり、今後も発生が続くだろうとコメントした。
 バングラデシュと国境を隔てているトリプラ州で対策が思うように進まない苛立ちが感じられる。
 

化血研、新型インフル用ワクチンの製造販売承認を申請 日本経済新聞 
   ワクチン製造の財団法人・化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)は24日、新型インフルエンザの大流行に備えて政府が備蓄を進めている事前接種用の「プレパンデミック・ワクチン」の製造・販売の承認を厚生労働省に申請したと発表した。申請は北里研究所とデンカ生研、阪大微生物病研究会に続いて4件目。
 化血研が承認申請したプレパンデミック・ワクチンは、病原性の強い「H5N1型」と呼ばれる鳥インフルエンザのウイルスをもとにつくった。新型インフルエンザの発生に備えて政府はすでに2000万人分を備蓄し、さらに増やす方向で検討している。

*よく分からないが、原材料は同じで、それを製品化して発売する企業が増えたということなのだろう。新規開発製品ではなく、備蓄量を増すために、ワクチン企業が動員されたということか?
4月24日

Indonesia defends its bird flu stance against US criticism Forbes, NY (米国) インドネシア、ウイルス提供拒否に対する米国の非難に反論
 インドネシアは致死的鳥インフルウイルス提供の代価を求めているのではないと、23日保健省当局者が米国の非難に対して反論した。
 インドネシアは各国政府や製薬企業に、将来パンデミックワクチンが途上国でも容易に入手出来る体制を作るように希望しているのであって、提供ウイルスに対する代価の支払いを要求しているのではないと、シチファディラ・スパリ保健大臣のアドバイザーであるウイジャジャ・ルキト(Widjaja Lukito)氏が語った。
N KOREA BANS S KOREAN POULTRY, EGGS FROM KAESONG Trading Markets 北朝鮮、韓国の家禽・卵のケソンへの持込みを禁止
 ソウル 2008年4月24日(AsiaPulse via COMTEX)- 国境を越えた鳥インフルの拡大を防ぐため、北朝鮮が同国にある南北共同の工業団地への韓国からの家禽製品の持込みを22日 禁止したと、韓国統一省は語った。
 ケソン工業団地(開城)にある北の検疫局からの禁止令には、家禽、卵、その他の鳥が含まれ、4月26日から実施されると、同省のスポークスマンKim Ho-nyoun氏が述べた。
 「これまで韓国で鳥インフル発生の新たな報道があるたびに、北朝鮮は韓国に家禽製品を持ち込まないよう要請してきた」と、匿名を条件に同省の職員が語った。
 これまでの要請は口頭によるものだったが、最新の要請は文書によりケソンにある韓国の民間管理事務所に届いたと、その職員は述べた。
 韓国の検疫当局者によると、今月初め全羅北道 金堤市で最初の発生が報道されて以来、鳥インフルの拡大を止めるため500万羽以上の鳥を殺処分してきたが、これは同国に300億ウォン(3,000万米ドル)以上の損害をもたらした。一方、北朝鮮ではこれまでのところ報告された鳥インフルの事例はない。
 両国を二分する非武装地帯の北に位置する北側の町ケソンでは、現在、69の韓国の労働集約型の製造業者が稼動している。
 北の安い労働力や土地から恩恵を受ける韓国企業で、約24,000人の朝鮮人が現在働いている。
 韓国統一省によると、韓国は同工業団地の簡易食堂へ毎月 約8.5トンのニワトリと127,000個の卵を送っている。
A.Tohda訳

1000 volunteers to trial Flinders Medical Centre flu vaccine Advertiser Adelaide, Australia  (オーストラリア) オーストラリア、1000人のボランティアが新インフルワクチンの臨床試験に参加
 フラインダース医療センター(FLINDERS Medical Centre)は、世界的インフルエンザ流行、または世界的鳥インフルパンデミックに際して重要な役割を担うと考えられる新規ワクチンの臨床試験を行う。
 糖類化合物で効果を増強させたワクチンを用いて、一ヵ所のセンターとしては世界最大規模の臨床試験となる。
 この新規ワクチンは既に健康市民を対象に臨床試験が行われており、その効果が確認されているが、今回は高齢者と慢性疾患を保有した市民を対象に行われる。
 「ワクチンはいまだ臨床試験の段階にあるが、我々は、インフルエンザ、もしくは新型インフルエンザに対する世界の最善の予防方法はワクチン接種と考えている」、と南オーストラリア保健局の主任研究員であるディミタール・サジコフ氏が語っている。
 新ワクチンは自然の砂糖をワクチン効果を高めるために用いられ、研究者達は最近開発されているワクチンよりも10倍効果が増強されると考えている。
 (この砂糖を混ぜることにより)実際にパンデミックが発生した場合、ワクチンの備蓄量を10倍に増加させることになる。
 昨年、200人のボランティアを対象に臨床試験が行われたが、安全性が確認されただけでなく、実際にインフルエンザウイルスに対する免疫効果も非常に高いことが確認されている、とフラインダース医療センターのチームリーダーであるニコライ・ペトルスキー氏が説明している。
 今回のワクチンの臨床試験は、60歳以上の健康高齢者、慢性腎疾患保有者、慢性心疾患保有者、および慢性肺疾患保有者を対象とする。

*抗原がH5N1ウイルスか、通常の季節性インフルエンザウイルスか不明瞭である。アジュバントとして用いる自然の砂糖が有効であるとの研究とも読みとれるが…。いずれにしてもアジュバントにより、インフルエンザワクチンの効果が10倍増強されるという話。
Bird Flu Patient 'Not Infected' With Deadly Strain Arirang News (韓国) 鳥インフル発症の韓国兵士、致死的鳥インフルではないことが確認
 韓国CDCによると、名前を趙(チョ・Cho)とだけ確認された伍長は、致死的H5N1株に感染していないようだという。 当局はまた、趙の初期の症状である高熱を細菌性肺炎と考えている。
 兵士に実施された検査の最終結果は、約3週間以内に出る。趙は依然として隔離病棟に収容されていると思われる。
A.Tohda訳

*詳細は不明であるが、H5亜型株感染は確認されていることから、H5N1株ではなく、H5N2株ということになるのだろうか?

下記にインドネシアに関する情報をいくつか紹介している。

インドネシアのWHOと米国に対する不満の結果であるが、背景にはインドネシアの米国を中心とした先進諸国に対する不満、すなわちH5N1鳥インフルウイルスを持ち出し、それにより利潤を得ようとする欧米(日本も含む)企業の姿勢、それを黙認しているWHO、そして、それらから開発される産物(ワクチン、抗インフルエンザ薬)は、インドネシア等の途上国では高価すぎて購入出来ない…。その結果分離ウイルスのWHOとの共有の拒否、さらには今回の米海軍医学研究所であるNamru-2の閉鎖要求につながっている。

Indonesia denies seeking payment for virus samples  CIDRAP, MN - (米国) インドネシア、ウイルス検体の代価の要求を否定
 ンドネシアの衛生当局者は本日、最近の米・保健教育福祉長官のコメントに対し、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルス検体の提供を再開した場合に同国が経済的補償を求めることを否定した。
 同国が外国諸政府や製薬会社に求めることは発展途上国がパンデミック・インフルエンザ・ワクチンを公平に手に入れることができる仕組みを確立してもらうことだとインドネシア厚生相・シティ・ファディラ・スパリ氏の側近であるウィジャジャ・ルキト氏は述べたと、本日APは報じた。
 「様々な種類の、見返りをもたらすためのプログラムが議論の対象になります。製薬会社が作る回転資金というのも一つの手です」と、ルキト氏はAPに語った。
 同氏は同時に、こうした仕組みは諸政府やワクチンメーカー、個人レベルの貢献者が資金的に支える相互信頼になるかもしれないと示唆している。こうすることでワクチンの製造・供給を公平なものに出来るとAP電ではしている。
 インドネシアは2007年初めに、H5N1ウイルス検体を世界保健機関(WHO)に提供することを停止すると発表した。同国はこの行動の根拠を、先進国の製薬会社が提供された検体から作るパンデミック・ワクチンを手に入れる仕組みがないからだとしている。
 ウイルス検体提供問題の解決を専門とするWHO作業部会は問題発生から数回の討議を持ったが、大きな進展は得られていない。この問題は5月のWHO国際衛生総会でも取り上げられそうで、同作業部会の次回の公式会合は11月に予定されていると前回の報告書はしている。
 今月に入り米・保健教育福祉長官であるマイク・リービット氏は、東南アジア三カ国歴訪の途上でスパリ氏などのインドネシア高官と会談した。インドネシアとの会談に関するブログ記事で、リービット氏はワクチン共有問題が膠着していることに進展はなかったとしている。しかしながら、米国とインドネシアの代表は今後60日間は協議を続けるとしている。
 リービット氏は、インドネシアが持つパンデミック・ワクチンが公平に手に入らないのではないかという懸念は正当なものだとしている。しかしインドネシアがウイルス検体提供に対し報酬を求めているという印象を受けたと、同氏はしている。「スパリ氏が言う要求とは、提供したインフルエンザ検体から営利企業が作り出す価値の分け前を検体提供国が得る資格です」と、リービット氏はブログに書いている。リービット氏はまた、ウイルス提供問題は解決しないかもしれないと警告している。
 しかしルキト氏がAPに語ったところでは、リービット氏とスパリ氏の会談は、双方の意思疎通能力の問題のために上手くいかなかったかもしれないという。
 他のニュースとして、スパリ氏が近著で書いた「米国が鳥インフルエンザ・ウイルスから生物兵器を作ろうとしている」という主張をジャカルタの米国大使館は昨日否定したと、ジャカルタポストが昨日報じた。
 米国大使館は発表で、スパリ氏の主張は「馬鹿げており、米国市民への重大な侮辱」だと述べたと、同紙の記事はしている。
 大使館の発表ではまた、米国は外国政府や国際機関と協力して鳥インフルエンザの拡大防止やパンデミックの予防、パンデミック関連の衛生上の緊急事態計画に取り組んでいると述べていると、ポスト紙はしている。
 2月にスパリ氏は「世界が変わるとき:神が鳥インフルエンザ・ウイルスの背後に」(182ページ)という著書を出版した。この本の中で米国に関する主張が述べられると共に、WHOがH5N1ワクチンから利益を得ようと企んでいるとも書いている。
 インドネシアのスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は、同書に序文を寄せていたが、後にスパリ氏に対し著書を回収するように命じたと、過去の報道はしている。しかしスパリ氏の国際社会での公平なウイルス提供政策は支持していると、同大統領は述べている。
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


NAMRU di Bawah Wilayah Hukum AS, Bukan Mata-mata  (detik.com)   
Berita Flu Burung 訳  (インドネシア島鳥インフルエンザ情報)  NAMRUはインドネシアの法を犯していない

インドネシアの保健省が所有する健康調査研究機関と同じ場所にある、NAMRUは、インドネシアの法律を犯していない。米国海軍が保有する研究機関は、米国法権内にある。「NAMRU-2はジャカルタの米国大使館の一部である、NAMRU-2は米国法権内にある。」という内容のリリースをditik.com(現地報道機関)は4月23日水曜日に、米国大使館より受け取った。

そのリリースの中で、米国大使館は、中央ジャカルタ市のRawasariにあるNAMRUが、秘密機関でスパイ行為をしているという意見に反論している。

NAMRUは、すべての人に開かれた施設である。例えば、専門家や政府からの研究者、軍人、大学関係者等に。

NAMRUのすべてのプロジェクトは、インドネシア保健省の研究機関Litbangkesに認められているものである。さらに、NAMRUの多くの研究者、医師、獣医、技術者、管理部門スタッフは、プリブミである。175人の職員のうち、19人だけが米国国籍である。


Indonesia self-sufficient in chicken meat, eggs but industry not ... Antara, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、鶏肉と鶏卵は十分量産生されているが、加工工場が不足している
 インドネシア農業省大臣は、この数年間、国内での鶏肉と鶏卵の産生量は十分であるが、加工工場が不足していて、今後家きん生産者は海外市場を目指して、加工工場を増やす必要がある、と語った。
Foreign observers to witness bird flu-handling exercise in Indonesia Xinhua, China (中国) インドネシアでの鳥インフル模擬訓練を国外関係者が視察、そして目撃者に
 4月25日~27日までの期間、バリ島で鳥インフル模擬訓練が行われるが、そこに少なくとも国際機関の代表と各国政府の代表が少なくとも42人以上視察に訪れる、と実行委員会が23日発表した。
 インドネシア政府とバリ州行政府が連携した本部会議から全てを参加者は視察可能となる、とバリ島の実行本部の責任者は発表した。
 模擬訓練には、バリ島の3地区と1都市の住民と行政機関が参加する。
 視察には他に、専門機関、中央の各種省庁、関連病院およびインドネシア各州の公衆衛生担当機関からの代表者も参加する。
 ジャンブラナ地区で行われる開会式は、保健大臣のシチファディラ・スパリによって開始宣言される。
Government urged to stop cooperation with Namru-2  Antara, Indonesia  (インドネシア) インドネシア政府、米海軍医学研究施設Namru-2との連携を停止に
 政府はNamru-2との協働研究を、これ以上続けないように指示を出した。
 声明は、医学研究事態対策委員会(the Medical Emergency Rescue Committee (MER-C) )とアンナシール(An Nashr )研究所の両長官の名前で出された。
  Antara に送られた声明文の中では米国海軍スタッフとNamru-2の職員の退去命令が盛り込められている。
 こうした事態はこれまで30年間に及ぶジャカルタでのNamuru-2の活動が、インドネシア国民に何ら利益をもたらさなかったことから招来された。

*Namuru-2:感染症等の医学研究が目的と言われ、各種病原体分析などが現地社会へ寄与していると考えられている。しかしながら医科学研究だけではなく、分離各種病原体を本国の研究所へ送り、そこで生物兵器化する研究にも用いられていて、インドネシアで分離されたH5N1鳥インフルウイルスは現実にそのような研究に用いられていると、インドネシア保健省大臣は主張し、自ら出版した図書の中で強く米国を非難している。
インフルエンザ薬、国産化・「新型」にも効果期待 日本経済新聞
 医薬品各社がインフルエンザ治療薬の国内生産に乗り出す。富士フイルムホールディングス子会社の富山化学工業が2009年にも新工場を建設、新型インフルエンザへの効果が期待される新薬の生産を始める方針を固めたほか、第一三共や塩野義製薬も承認申請に向けた最終的な臨床試験(治験)を年末に始める。いずれも厚生労働省の承認が必要だが、輸入に全面依存する治療薬の国産化により新型インフルへの対策が加速する。
新型インフル法案、衆院委で可決 日本経済新聞 
 衆院厚生労働委員会は23日、新型インフルエンザ対策を盛り込んだ感染症予防法・検疫法の改正案を全会一致で可決した。24日の衆院本会議での可決を経て、25日の参院本会議で成立する見通しだ。
 同法案は出現が懸念される新型インフルエンザに備えて患者の入院措置や移動制限、感染が疑われる者の医療機関・ホテルへの停留などを可能にすることが柱。新型インフルエンザと「H5N1型」の病原性の強い鳥インフルエンザを指定感染症とし、水際対策など感染拡大防止策に法的根拠を与える狙いだ。
 自民・民主両党は同法案について緊急性が高いとして、条文を修正して早期成立させることで合意している。民主党の主張を受け入れ、移動制限の対象となる者の範囲が広くなるよう条文を修正した。ワクチン・治療薬の研究開発の促進や備蓄拡大なども付則に盛り込んだ。
4月23日    
気候が春から夏に向かい、各地のH5N1鳥インフル発生が弱まっています、そうした中警戒を要するのは韓国ので発生です。家きんでの拡大はいまだ続いていて、一昨日、殺処分に携わっていた兵士が倒れ、昨日H5亜型ウイルスが検出され、H5N1鳥インフルウイルスに感染したのはほぼ確実と考えられています。医師団は細菌性肺炎の可能性もあると言い、抗生物質を服用しているので、肺炎は改善されていると伝えられています。
 殺処分従事中にタミフルも服用していて、その結果発病しなかった可能性もあります。
 ただ韓国筋の発表では、ウイルスは検出されたが感染しているかどうかは不明とされています。
 病原性のないH5亜型株がたまたま咽頭に付着していたのならともかく、この場合は感染していると表現すべきと思います。
South Korean Soldier Under Quarantine For Possible Bird Flu Infection Allheadlines 
 (国際) 隔離下の韓国兵士鳥インフル感染の可能性
 韓国保健省は、鶏とアヒルの殺処分に従事した後、高熱を呈した兵士を隔離した。

 韓国CDCは22歳の伍長が、致死的鳥インフルウイルスH5亜型株に感染したことを、20日確認した。伍長の症状は高熱であり、鳥インフルの症状となっている。以上は、JoongAng Daily紙の報道による。
 検査結果でH5N1ウイルスかどうか確認出来るまで同兵士は隔離されると、当局では説明している。
 18日と19日に兵士は全羅道で鶏とアヒルの殺処分に従事した。同地域では4月1日からH5N1ウイルスによる鳥インフルが家きんの間で広がっている。
 一方、韓国軍当局は、22日、家きん殺処分地域から兵士を引き上げされると発表した。理由は明らかにされてない。また殺処分が完了したか否かも不明である。 
S. Korea reports new suspected bird flu outbreak
Yonhap News(韓国) 韓国 新たな鳥インフルエンザ疑い例を報告
 韓国中部で鳥インフルエンザ疑い例が報告され、当局はこうした発生源からの拡大防止に努めていると政府は23日発表した。
 農林部によると、ソウルの南213キロの論山市にあるアヒル飼育場が22日、アヒルが死亡し始めたこと隔離された。卵の生産も顕著に減少したという。
 今年に入り忠清南道で鳥インフルエンザが報告されたのは初めてのことである。
 今年の発生報告の大半は、金堤市・井邑市・霊巌郡といった韓国南西部の全羅道に集中していた。隔絶した事例は1件、ソウルの南70キロの京畿道平沢市で確認されている。
 一方、同部は論山市の疑い例で、今年報告された鳥インフルエンザ発生件数が50件になったとしている。全体のうち26件が鳥インフルエンザと確認されたが、8件が陰性または別の原因によるものと判断された。残りの16件は検査中である。
 4月に入り初の発生が報告されてから当局は、533万羽の殺処分・埋却処理を実施したと、同部は付け加えている。
 2003年から2004年の冬季に韓国は、560万羽を鳥インフルエンザ流行のために殺処分し、2006年から2007年にかけては拡大防止のために更に280万羽を殺処分している。
 森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

Soldier May Be Korea's 1st Human Bird Flu Case  조선일보(영문판), South Korea  (韓国) 殺処分参加兵士、韓国で初の鳥インフル発病事例の可能性

鳥インフルエンザ感染疑いの兵士、不顕性感染か 中央日報 
疾病管理本部は22日、鳥インフルエンザ殺処分作業を行い、鳥インフルエンザに感染した疑いで隔離治療している兵士は、鳥インフルエンザのウイルスに感染はしたが発症しない“不顕性感染”である可能性があると推定した。
  保健当局がこの患者から検出したウイルス抗原を調べた結果、A型インフルエンザウイルスの中でも高病原性に分類されるH5型ウイルスが検出された。
NKorea to ban SKorean poultry, eggs as bird flu precaution  MSN Money - (国際) 北朝鮮、鳥インフル予防の為に韓国からの家きんと卵の輸入を停止
 韓国の当局者は北朝鮮が、韓国からの家きんと卵の輸入を停止したと語った。
Fresh bird flu outbreak in Tripura Calcutta Telegraph (インド) トリプラで新規鳥インフル発生
 ダーライ県のカマルプール郡(subdivision)で鳥インフルが消失したとの報告が上がった1週間後、トリプラ州政府はバングラデシュ国境沿いのサダール郡のモハンプールで新規鳥インフルの発生を確認した。
 またたの7箇所の郡でも鳥インフル発生が続いており、感染地から5キロ以内の全家きん、すなわち鶏、アヒル、鳩、および他の家きんの殺処分を行うと、当局は発表している。
韓国兵士から鳥インフル「H5N1型」検出  日本経済新聞 
 韓国の聯合ニュースによると、同国の疾病管理本部は22日、21日に病原性の強い鳥インフルエンザ(H5N1型)のウイルス感染の疑いが明らかになった韓国軍兵士について、簡易検査の結果ウイルスが検出されたと明らかにした。ただ保健福祉家族省は兵士の高熱症状は「細菌性肺炎が原因の可能性もある」と説明。ウイルスは大きな害を与えずに体内で消滅する可能性もあるため、最終的な感染の判断を下すまでには1―3週間の経過監視が必要という。

*これは感染したと表現すべきである。
 ただ発病したのかどうかは病状による。
 タミフルを服用していたことから感染で終わり、発病しなかったとの解釈もできるかも知れない。
4月22日

Bird flu resurfaces in northeast India Canada.com, Canada (カナダ) 鳥インフル、北東インドで再興
 今月H5N1鳥インフルが8箇所の村で発生したトリプラ州の他の地域で発生が確認。

韓国軍兵士から鳥インフルウイルスH5亜型株を検出 韓国MBCニュース
 20日に鳥インフル様症状を呈した韓国軍兵士の咽頭からH5亜型ウイルスが検出されたと当局が発表した。
 22歳の兵士は、19日と20日に家きんの殺処分に従事していたがその後高熱と昏睡症状を呈したと報道されていた。また殺処分に従事中は感染予防具を装着し、予防薬タミフルを服用していた。
 当局によると、抗生物質の投与で兵士の容態は改善しつつあるという。

*兵士の咽頭からH5亜型ウイルスが検出されたと言うことは、兵士はH5N1鳥インフルに感染していた事をほぼ意味する。H5N1鳥インフルウイルス以外のH5亜型株で、人に感染する株はないと思う。株としてはH5N2が知られている。タミフルを服用していたが、それでも感染したとしたなら、明らかに変異株だ(訳者)。

Fresh outbreak of bird flu in Tripura Sify, India - (インド) インド、トリプラ州で新規鳥インフル発生

Two new suspected cases of bird flu reported Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、新たに家きん農場で2発生事例が報告
 高病原性の鳥インフルエンザの拡大防止の努力を強めている最中、さらに2件の疑い例が韓国南西部で報告されたと、政府筋が22日に語った。
 韓国農林部によると、全羅北道益山市の2件の養鶏場で報告された事例を調査中であるという。この調査は、これらの養鶏場で最近家禽が死亡した原因が鳥インフルエンザによるものか否かを確かめるためのものである。
 それぞれ2500羽と450羽のニワトリの死亡を報告した2件の飼育場は、先週17日に鳥インフルエンザ発生が確認された地域から約25キロの場所に所在していると、同部はしている。予備検査では検体は陽性を示しているが、同部は更なる検査が必要としている。
 益山市での最新の症例によって、鳥インフルエンザ発生の疑い例件数は22日朝の時点で49件となっている。当局によると、その内26件は高病原性鳥インフルエンザによるものと確認されていると言う。
 今月に入り報告された今年初の鳥インフルエンザ発生以来、韓国は隔離作業を強化して拡大を防ごうとしている。
 症例の大部分は、韓国南西部の全羅北道と全羅南道に集中している。しかし最近発生した平沢市はソウルの南約70キロであり、鳥インフルエンザが急速に韓国全土に広がっているかもしれないという懸念を高めている。
 先週韓国は、全国に2番目に高いレベルの鳥インフルエンザ警報を発令した。隔離作業の関係当局者は、今年約507万羽のニワトリとアヒルを殺処分し埋却したとしている。
 2003年の冬季に韓国は、560万羽の家禽を鳥インフルエンザ流行のために殺処分し、2006年にはさらに280万羽を殺処分している。鳥インフルエンザによるヒトの死亡は報告されていない。
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

South Korea checks soldier for bird flu infection Reuters (国際) 韓国、鳥インフル発病疑いの兵士を検査中
 韓国は、殺処分に従事した兵士が鳥インフル様症状を呈したため、入院させ検査中であると発表した。22歳の兵士であるが、H5N1ウイルス感染の有無が確認されるまでには1~3週要すると発表された。
 兵士の症状はWHOが発表している鳥インフル発病者の症状に類似しているが、細菌性肺炎の疑いもあり得る、と当局では説明している。

*兵士の症状は高熱と昏睡状態と報道されているが、もしH5N1ウイルスによるものだとしたなら、韓国内ではパニック状態が招来されるかも知れない。なお印象としてはH5N1ウイルス感染症である可能性は低いと管理人は考えている。高熱と呼吸困難がH5N1鳥インフルの主症状であるが、今回の症例に関しては詳細が不明であり、潜伏期間から考えても発症がやや早いと考えられる。昏睡状態と言うのは鳥インフルの末期ならいざ知らず、初期症状としてはおかしい。
Vietnam tests bird flu vaccine among humans Zee News, India (インド) ベトナム、人用鳥インフルワクチンの臨床試験を開始
 ベトナムは同国で作成したH5N1ウイルスに対するワクチンで、初の大集団での臨床試験を30人のボランティアを対象に開始したと同国の報道機関が21日発表した。
 臨床試験は先週末から開始され、対象は健康な18~45歳までのボランティアとなっている。ボランティアはハノイの軍医学学校のスタッフと学生から構成されている。
 ワクチンは猿の腎臓細胞の培養株を用いて製造されているが、”ワクチン&バイオテクノロジー製品開発会社NO1”が担当している。
 当ワクチン開発プロジェクトは4年前に開始されている。
 もし今回の臨床試験が成功したなら、6月に240人の学生とスタッフを対象に2回目の臨床試験のを行う予定としている。
 全てが順調に進めば、ベトナムはワクチンを2009年に1人分USD 2(2米ドル)の価格で売り出す予定とされる。
 初期に10人の研究者を対象に行われた臨床試験では効果が確認されたと、報道されている。また被験者の健康状態には現在も変わりはないとされる。
US says Indonesia stalling in talks on US lab Reuters UK, UK (国際) 米国とインドネシアの米国海軍の研究所(NAMRU-2)に関する話し合い進まず
 ジャカルタの米海軍医学研究所(NAMRU-2)の今後の活動の継続に関する関する話し合いが、分離ウイルスの共有に関する問題が頓挫しているため進んでいないと、米国のレービット保健福祉省長官が語った。
 長官によるとインドネシア保健省は分離ウイルスの他国との共有を拒否していて、海軍研究所に関する話し合いも保留状態だという。
 インドネシア側は分離ウイルスで作成されるどのワクチンに対しても自由に入手出来る権利を求めているとされるが、レービット長官は、インドネシア側は提供ウイルスに対する支払いを求めていると言う。
 NAMRU-2はジャカルタでの活動に対する許可期限が2年前に終了して、以後更新されていない。同医学研究施設は、H5N1ウイルスの遺伝子分析も出来る高度な研究施設となっている。
 レービット長官によると、NAMRU-2から世界で最も有益な情報を得ているのはインドネシアである、とされる。
殺処分作業の兵士感染か 韓国の鳥インフルエンザ USFL.COM
 鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染が拡大している韓国南西部の全羅北道当局者は21日、感染確認現場で家禽(かきん)の殺処分に従事した韓国軍兵士(22)が20日に同型ウイルスの感染が疑われる高熱を出し治療を受けていると明らかにした。
 全羅北道によると、兵士は18、19両日に殺処分作業に動員され、部隊復帰後に39.8度の熱を出しソウルの軍病院に搬送された。ソウル新聞は兵士が一時昏睡(こんすい)状態に陥ったと報じた。
 韓国では今月、南西部を中心に家禽の感染が続出。20カ所以上の養鶏場やアヒル飼育場でウイルス感染が確認され、韓国メディアによると延べ約6700人が約300万羽の家禽の処分作業に従事した。軍部隊は集団生活による部隊内感染のリスクがあるとして昨年まで参加しなかったが、今年は被害拡大を受け、16日に初動員された。
4月21日


殺処分作業の兵士感染か 韓国の鳥インフルエンザ MSN産経ニュース
 韓国紙、ソウル新聞は22日付早版で、韓国南西部全羅北道の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染確認現場で、家禽(かきん)の殺処分に従事した韓国軍兵士(22)が高熱を出し、ウイルスの感染が疑われていると報じた。
 同紙が入手した防疫当局が作成したとみられる文書によると、兵士は18、19両日に作業に投入され、部隊復帰後の20日から39・8度の熱を出し、ソウル市内の軍病院に収容された。同紙は兵士が所属する部隊の軍医官が、電話取材に対しウイルス感染の疑いがあると認めたと報じた。
 韓国では2003年冬から翌04年春に鳥インフルエンザが家禽類の間で流行した際、家禽を処分した複数の作業員がH5N1型ウイルスに感染したが発病はせず、06年になって感染が確認されたことがある

South Korea to slaughter record 5.32 million birds USA Today  (米国) 韓国532万羽の家きんを殺処分
 韓国は少なくとも532万羽の家きんを、鳥インフル封じ込めのために殺処分の予定と発表した。韓国史上最も多い処分数となる。
 一方、殺処分作業に加わった兵士が鳥インフル様症状を呈したとの報告がなされた。
 家きんの殺処分に加わった軍の伍長が20日から高熱を呈し、予備的検査では鳥インフルの症状が確認されたとYonhap ニュースが報じた。詳細検査結果が出るには3週要すると、ニュースでは説明された。

*鳥インフル様症状に関して具体的内容は伝えられていない。
韓国で兵士が鳥インフルに感染の疑い 韓国MBCニュース
 韓国で家きんの殺処分に従事していた兵士が高熱と昏睡状態を呈し、病院の隔離病棟に収用され、検査を受けているが、当局ではH5N1鳥インフルによる疑いを強めている。

新型インフルエンザのワクチン増産、備蓄3千万人分に 読売新聞
 今週の秋以降に1000万人分追加。
South Korea Will Cull Millions Of Birds to Contain Bird Flu Wall Street Journal  (米国) 韓国鳥インフル封じ込めのために数百万羽の家きんを殺処分に
 韓国は少なくとも532万羽の家きんを殺処分する計画で、これは鳥インフル撲滅のために行われる同国史上最多数の処分数となる。
 韓国は1年以上の発生を見ていなかった家きんにおけるH5N1鳥インフルが、今月初めに発生して以来、すでに485万羽の家きんの殺処分を行った。
 一方22日までに、最新の発生地における47万7千羽の殺処分を行う予定にもなっている。
 農業省は先週、鳥インフル拡大防止のために全土的高度警戒報を発令した。
 これまでの最も多数の家きん殺処分数は、2003年度の529万羽となっていた。
「AI人体感染を防げ」...今日保健課長会議 innolife.net 
 拡散の兆しを見せている鳥インフルエンザが、人にまで伝染する事態を防ぐために、今日午後全国市道保健課長会議が、疾病管理本部で行われる。疾病管理本部は今日の会議で、AI発生地域が広大で、殺処分に参加する人員も6,700人余りに上るなど増えているT点を強調し、人体感染予防対策を強化するよう指示する予定だ。会議には、キム・ソンイ保健福祉家族部長官も参加しAIが人体に感染することがないように、予防措置を徹底的に行うことを訴える予定だ。
鳥インフル、アジアでの対策協議・国際会議が開幕 日本経済新聞 
 アジアでの鳥インフルエンザ対策を協議する国際会議が21日、都内で開幕した。中国やタイなど約20の国や地域が参加。早期の通報体制の整備や、ウイルス分析のデータベース化などを協議する。国際獣疫事務局(OIE)と日本の農林水産省との共催で、最終日の22日に会議の成果を発表する。
 開幕したのは「アジアにおける鳥インフルエンザ防疫体制強化プログラム準備会合」。今年度から5年間、日本が政府開発援助(ODA)などを通じて実施するプログラムの内容を詰める初めての会合となる。会議では各国の現状報告や意見交換を通じ、感染ルートを解明する体制づくりなどを協議する。
全羅北道金堤でまた鳥インフルエンザ発病 innolife.net 
 高病原性鳥インフルエンザが初めて発生した全羅北道金堤で再び鳥インフルエンザが確認された。全羅北道は鳥インフルエンザと疑われる申告があった金堤市金溝面の養鶏農場のニワトリが集団死した原因を調査した結果、「H5」型の鳥インフルエンザウイルスと確認されたと明らかにした。この農場は鳥インフルエンザが初めて発生した金堤の農場から5kmほど離れ、ニワトリ3万5千羽中、260羽が集団死した。
South Korea has new bird flu case Scientific American  (米国) 韓国で新規鳥インフル発生
 韓国政府は21日、ここ3週間で17番目となる鳥インフルが発生したことから、通算530万羽となる家きんの殺処分を行う予定であると発表した。
 また国内260ヵ所のアヒル農場全てでウイルス検査を行う予定とも発表した。

*報道で発表される件数に関しては、報道機関により異なり、その意味する内容についても不明なことが多い。ここで言う17件目の内容は不明。
インフルエンザ 国際協力も強めたい 信濃毎日新聞

 人類が経験したことのない新型インフルエンザの大流行は起こるかどうかではなく、いつ起こるかという問題である-。世界保健機関(WHO)はこんなふうに警告している。
 なのに、対策は遅れがちだ。現状のまま流行を迎えた場合、世界中で混乱が起きる心配がある。
 厚生労働省の専門家会議は、備蓄ワクチンの事前接種や、新型発生後に作るワクチンの製造期間を大幅に短縮する新技術の導入などを進める方針を決めた。
 政府が決めた新型インフルエンザ対策行動計画でも柱はワクチンと治療薬の備蓄としている。とはいっても十分な効果が期待できるワクチンは新型の発生後でなくては作ることはできず、製造にも時間がかかる。
 このため、時間稼ぎとして新型への変異が懸念されている鳥インフルエンザウイルスから製造した「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」の製造、備蓄を国は進めている。 効果がどの程度あるかは分からない。だとしても、事前接種で、流行する前に最前線で対策に当たる検疫担当者や医療従事者らに基礎免疫をつけておきたい、というのが国の考え方だ。 事前接種を進める場合、安全性は十分に確認しなくてはならない。有効性や副作用、接種対象者をどう選ぶかなど、国民に広く情報を開示し、理解を得ながら進めることが大切だ。
 一方、約1年半かかるとされる全国民分のワクチンの製造期間を新しい技術で半年程度に短縮することにした。ワクチンを作る際に鶏卵は欠かせない。が、発生後の混乱の中で多量の鶏卵を確保し、ワクチンを作るのでは時間がかかりすぎるため、鶏卵に依存しない培養技術を確立する考えだ。
 ワクチンは基本としても、それだけで新型を抑え込むことはできない。医療機関や地方自治体の対応、国民レベルの心構えや準備が進んでいるとはいえない。国は指針となる総合的な対策の構築を急がなくてはならない。
 新型の震源地として、鳥インフルエンザが猛威を振るっているアジアに世界の目が注がれている。医療態勢が不十分で、対策も進んでいない国が多い。新型は簡単に国境を越えて広がる。日本はそんな状況の中にいることを深く認識すべきだ。
 国内対策に力を入れる傍ら、アジアなど他の国々とも連携を深めて、世界的な視野で指導的な役割を果たすことを考えたい。

*非常に参考になる論説

新型インフル発生時、ワクチン検査不要・厚労省、素早い接種可能  日本経済新聞 
 厚生労働省は新型インフルエンザの発生時に政府が備蓄しているワクチンを国民に素早く接種できるようにするため、薬事法で定める品質などの出荷前検査である「国家検定」を例外的に不要にすることを決めた。近く薬事法の施行規則などを改正する。
 政府は新型インフルエンザの発生に備え、毒性の強い鳥インフルエンザのウイルスをもとに製造した「プレパンデミック・ワクチン」を2000万人分備蓄し、追加も検討している。新型ウイルスの発生後には、より効果の高い「パンデミック・ワクチン」の製造にも着手する方針だ。
Purdue Researchers Wage Long Battle Against Bird Flu Fox 28, IN  (米国) パーデュー大学の研究者達、鳥インフル予防に長期間の戦い
 米国CDCの研究者達はパーデュー大学の科学者達とチームを作り、7年間に渡って人を鳥インフルから守るためのワクチン研究を行ってきた。
 最近研究者達はマウスの実験で成功したが、次にはH5N1鳥インフルウイルスの変異株で行う計画を立てている。

*当ニュースは本日AP通信から全米的に流されているが、詳細に関しては18日に、ロイター、AFPにより流されている。
 感冒ウイルスである人体では無害となるように処置されたあでのウイルスに、H5N1ウイルス表面の強い抗原となるHを規定する遺伝子を組み込んだもので、ワクチンの抗原となるアデノウイルスは細胞培養で大量に製造される。

Human testing of Vietnamese H5N1 vaccine starts  VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム製H5N1ワクチンの人へのテストを開始

陸軍医学研究所の24人の学生(うち7人が女性)と同研究所の6人の職員がテストにボランティアとして参加した。
ボランティア全員が同国の鳥インフルとの戦いに貢献したいと述べ、実験は成功するだろうと語った。成功すれば、一般の人々へのワクチンの使用を促進し、鳥インフルの流行を終わらせることになるだろう。
同研究所の疫学部の責任者、Doan Huy Hong博士によると、実験の第一段階は56日間続けられ、ワクチンの安全性がテストされる。最初のワクチン注射の直後から、免疫抗原の有無を調べるため、ボランティアは定期的な健康診断と3回の血液検査を受ける。
ワクチン接種28日目に、30人のボランティアは2回目のワクチン注射をし、そのあと定期的な健康診断と3回の血液検査を受ける。
Hong博士は実験の第二段階は240人のボランティアを動員し、今回より大きな規模で行われると強調した。ボランティアは18歳から30歳までの400人の中から選ばれ、90日間のテストを受けると言う。そのテストで、H5N1ウイルスに対し免疫抗体を産生する能力をワクチンが持っているかどうか、科学者たちが評価する。
先に、VABIOTECH社(The Vaccine and Bio-Technology Products Company No.1)は、H5N1ワクチン10万人分に相当する実験室での5回分のワクチン生産を発表し、20匹のサルへの動物実験を行った。その結果、ワクチンを注射された後 サルの免疫システムが適切な免疫抗体を産生し、すべてのサルの健康状態は良好であったと、同社の取締役 Nguyen Thu Van博士は語った。
さらに、衛生学疫学研究所の最初の10人の職員に対してもテストが行われ、彼らは先月2回H5N1ワクチンの注射を受けたが結果は陽性であったと、同博士は述べた。
 しかし、同博士は、サルと10人の職員への先の実験は、昨日始まった大規模な人へのテストの準備にすぎないとコメントした。もし、陸軍医学研究所のテストが成功すれば、H5N1ワクチンは来年の半ばまでに大量生産されるだろうと、彼女はつけ加えた。
 A.Tohada訳

* ベトナム国産のワクチンの臨床試験に関しては、4月3日にScientific American (米国)の報道で詳細に紹介している。
4月20日

Myanmar declares itself bird flu free AFP  ミャンマー、鳥インフルは封じ込められたと申告
 ミャンマーの軍事政権は20日、致死的H5N1鳥インフルの発生が3ヶ月間見られていないことから、鳥インフルの封じ込めを申告した(OIEに申告し、認められたら鳥インフル発生無しの清浄国となる)。
 最後の発生は昨年11月に東部のシャン州で認められたが、本年1月からは発生していないとされる。
SKorea culls 5 million poultry over bird flu Forbes, NY (米国) 韓国、鳥インフル対策で500万羽の家きんを殺処分に
 下記と同内容
SKorea culls 5 million poultry over bird flu Hemscott, UK (英国) 韓国、鳥インフル対策で500万羽の家きんを殺処分に
 今月初めから発生している鳥インフルの拡大対策のためにほぼ500万羽の家きんが殺処分されたと、20日、韓国農業省は発表した。
 4月1日に最初の発生が生じて以来25農場で、485万羽の鶏とアヒルが殺処分されたと、発表の中で説明された。
 20日に発表された同省の内容には、25農場で発生したH5鳥インフルの中でH5N1鳥インフルと確定された数については明確にしていない。
 農業省で鳥インフルを担当している責任者であるKim Chang-Sup氏によると、いくつかの報道が伝えている25事例全てが、H5N1ウイルスによるということを否定した。当局では先に少なくとも7事例が、H5N1鳥インフルにようものであると発表している。

*中国の新華社は25事例は全てH5N1鳥インフルと確認されているとの内容で昨日報道しているが、状況から見て、韓国で発生している鳥インフルは全てH5N1鳥インフルと考えるのが妥当である。
一般市民のための新型インフルエンザガイドライン改訂版 小樽市保健所

 昨年初版を発行し市内外で好評だった「一般市民のための新型インフルエンザガイドライン」が改訂された。内容が、より拡大された他、所外の人々による対策案、または意見なども掲載された。
4月19日


S. Korea confirms 25th outbreak of H5N1 strain of bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) 韓国25件目のH5N1鳥インフル発生事例を確認
 韓国政府は19日、新規H5N1鳥インフルの発生を確認したが、当事例は同国で3月末から25件目の発生事例となる。
 食料農業林業漁業省によると、新規事例は全羅北道の井邑市の農場で発生し17日に報告されたが、検査の結果H5N1鳥インフルと確認された。
 同農場は今月初めに鳥インフルが発生した地域から4キロの地点にある。
 同省は、家きん、人および車両の10キロ以内の移動を制限すると発表した。また感染農場から3キロ以内で飼育されている52万5千羽の鶏やアヒルの殺処分も行う予定だ。
 19日朝まで韓国政府は、46件の鳥インフルの確定および疑い事例の報告を受けている。その中で25事例がH5N1鳥インフルと確認されている。韓国の Yonhap News Agencyが伝えている。
 韓国政府は、16日に全土的に鳥インフル警戒レベルを、第2番目に高い”レベル2”に引き上げている。
 検疫局では4月上旬から371万羽の家きんを殺処分していると発表している。
 また政府の推定では、3千10万ドルの損失となっている。
South Korea confirms fresh bird flu case in poultry Reuters  (国際) 韓国、家きんでの新たなH5N1鳥インフル発生を確認
 韓国農場省は19日、南西部の養鶏場で新たなH5N1鳥インフル発生を確認し、この2週間余で16件の発生となった。
 新たにH5N1鳥インフルが確認されたのは、全羅北道の井邑市の農場で、同地域では今月初めににも、発生が確認されていた。
 今回報告されたのは、18日に当局がウイルス検査を行っていると発表した3事例の1つである。大量の家きんの殺処分を行っているにも関わらず、この4年間で最悪の発生数となっている。
 これまで韓国では人での発病例は報告されていない。
 韓国の報道によると、480万羽の鶏とアヒルが殺処分の予定になっているが、これまで370万羽が処分されている。この数は2003年末から2004年初めにかけて発生した際に530万羽の家きんが殺処分されたのに次ぐ。(2004年初めに京都府や山口県の養鶏場でも発生している)。
Boy's illness raises Egypt's H5N1 count to 50 CIDRAP, MN  (米国) エジプト、男児の発病で鳥インフル発病者数が50人に
 WHOは昨日(18日)、エジプトの2歳男児がH5N1鳥インフルを発病し、同国で50人目の感染者となったことを発表した。
 男児は北部エジプトのシャルケア県のアルホンサニャに住んでいた。4月13日に発病し、翌日入院した。男児はタミフルによる治療を受けていると、16日報道のクエート・ニュース機関が伝えた。
 男児の感染は自宅で飼育している鶏が、病的状態ないし死亡し、それらに接触した事が原因と考えられている。
 検査はエジプト中央公衆衛生研究所と米国海軍医学研究所Unit 3(NAMRU-3)の二箇所で行われ、H5N1鳥インフルウイルス感染が確認された。

*昨日同内容報道情報掲載済み
2008/04/19-05:34 子供への治験開始=ワクチン事前接種も検討-新型インフルエンザ対策・厚労省 時事通信
 新型インフルエンザの大流行(パンデミック)に備え、厚生労働省は19日までに、備蓄しているH5N1型の鳥インフルエンザウイルスから作ったワクチンについて、生後6カ月以上の子供を対象とした治験を開始した。今年末まで240人分の症例を収集し、有効、安全性が確認されれば子供向けとして製造販売を承認する。医療従事者らのように事前接種も検討する。
 治験に使うのは「プレパンデミックワクチン」と呼ばれ、新型発生後のウイルスから作るワクチンができるまでのつなぎ用として使用する。
 成人対象の治験で大きな問題がなかったことから、厚労省は昨年10月、北里研究所(東京都港区)と阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)が開発したワクチンを承認した。しかし、子供に対する治験は実施していなかった。
 厚労省や日本医師会治験促進センターによると、治験は今月から既に開始しており、生後6カ月以上の子供が対象。今年末まで2つのワクチンをそれぞれ9病院で低年齢児を中心に120人ずつ、計240人に接種する。
65 million Indonesians at risk if bird flu mutates: official AFP (国際)  インドネシア、鳥インフルが突然変異を起こせば、6500万人が危険にさらされると当局者

 もしウイルスがヒト-ヒト感染する型に変異すれば、6000万人以上のインドネシア人が致死的鳥インフルに感染するだろうと、18日 当局者が述べた。同国は鳥インフルに最も大きな被害を受けている国である。
 これまで107人が死亡し、そのうち13人が今年の犠牲者である。
 「もしパンデミックがインドネシアを襲った場合、約6500万人、あるいは人口の30%が感染するだろう」と、鳥インフル監視のための中央委員会の責任者、バユ・クリスナムルスィ氏が報道関係者に語った。同氏は、インドネシアはそのようなパンデミックの発生に備える準備の一環として、来週リゾート地バリで非常事態訓練を行うと述べた。
 「我々はそれがいつ起こるか分からないが、いつか鳥インフルが容易にヒト-ヒト感染する型に変異した時、このような訓練が事態に対処するのを容易にすると考えている」、と同氏は付け加えた。
 訓練には約1000人が参加し、インドネシアは「完全な内容でパンデミックに対する準備計画をテストする世界で最初の国になるだろう」と同氏は語った。


*国上げての模擬訓練は様々な国で行われていて、内容も机上訓練から、完全に関係者を動員した内容まで見られている。大きなものとしては昨年2月に行われた英国での”冬の柳”作戦がある。日本でも昨年1月に徳島を中心に行われている。インドネシアの予定しているのは、バリを中心にした訓練のようであるが、1000人規模の関係者が参加することは、インドネシアとしては最大の努力を払う訓練となり、また海外に向けてのデモンストレーションとしての意義もありえる。(管理人)
A.Tohda訳

Sweden to lower bird flu alert level  Trend Capital (アゼルバイジャン) スウェーデン、鳥インフル警戒レベルを引き下げ
 スウェーデンの農業評議会は金曜日(18日)、家禽や野鳥の死が増加しているという報告がないので、来週から鳥インフルの警戒レベルをレベル2から1へ下げると語った。これは、家禽やその他の鳥の展示会やコンテストが許されることを意味する。しかし、アヒルとガチョウは、他の家禽から離して飼うことになっている。家禽の自由な放し飼いはフェンスで囲う場合は許される。餌や水は、屋内あるいは壁や屋根によって風雨にさらされない場所で与えられるべきである。同評議会の獣医 クリスティーナ・ソーン氏は、2007年から2008年初めにかけてスウェーデンではH5N1ウイルスの事例は起きていないと報告した。同国の警戒レベルは、ドイツとポーランドで鳥インフルが報告されたあと、昨年12月に引き上げられていた。A.Tohda訳
New bird flu vaccine could last longer, protect more Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) 新鳥インフルワクチン、効果が持続し、より強力に作用する可能性
 下記報道と同内容
Health Highlights: April 18, 2008New Bird Flu Vaccine Shows Promise  Washington Post, United States  (米国) 新鳥インフルワクチン、強力な効果が期待される

 米国の研究者達が、新鳥インフルワクチンを開発中であるが、発表によるとワクチンは長期間被接種者のウイルスに対する免疫力を維持させ、広くH5N1ウイルス株に反応し、さらに現行のワクチンよりも容易に大量に製造出来るとされる。

 現在米国で承認されている唯一のワクチンは投与量が多く、かつ被接種者の6割でしか免疫効果がなく(免疫がつかない)、さらにH5N1ウイルス株の新規株に対しては効果がない、とAFPは報告している。
 今回発表された新規ワクチンは、感冒ウイルスの変異した株に2種類のH5N1ウイルスから得られた遺伝子を組み込んだもので、マウスの実験ではH5N1ウイルスとその変異株に対する免疫力を1年以上持続させた。
 研究結果は「感染症雑誌(The Journal of Infectious Diseases)」に掲載された。人での試験はまだ行われていない。
 「我々は、パンデミックが発生し、当該ワクチンが製造されるまで予防効果が継続するワクチンを前もって製造しておきたい」、とパーデュー大学のスレシュ・ミタール博士は語り、「我々が用いる遺伝子の組み合わせがそれを可能にすると考えられる」、と付け加えた。


*ワシントンポストが取り上げたが、欧米の報道の多くがすでに取り上げている。
 国内報道では残念ながら取り上げていない。ワクチンに関しては国内製造のものに関しても国内では情報が少ないが、海外の話題に関しては皆無。なぜなのか?と思う。

4月18日

New Vaccine May Give Long-term Defense Against Deadly Bird Flu And ... Medical News Today (press release), UK  新ワクチン、致死的鳥インフルおよび変異株に対して長期間の予防効果を持つ可能性
 パーデュー大学(Purdue University)と米国CDCの研究者達が開発中の高病原性H5N1鳥インフル用ワクチンは、H5N1ウイルスと変異株に対して、長期間の免疫効果を呈することがマウスの実験で確認された。
 同内容は下方の報道で紹介済み。
Thousands of dead chickens at Ukraine poultry farm Earthtimes, UK  (英国) ウクライナの家きん農場で数千羽の鶏が死亡
 17日、ロシアのInterfaxニュースは、ウクライナの家きん農場で数千羽の死亡した鶏が見つかり、鳥インフルの疑いがもたれていると発表した。
 大量の死亡が見つかった農場は、北部チェルカッシー(Cherkassy)州のシュポール(Shpol,)市近くの家きん加工農場である。
 これだけ大量の鶏の死亡は今年に入ってから2件目で、1件目は1月にクリミア州の家きん農場で発生し、これはH5N1鳥インフルによるものだった。
West Bengal still struggles with bird flu Howrah News Service, India (インド) 西ベンガル州、いまだ鳥インフルを封じ込めず
 西ベンガル州は本年1月に鳥インフルが家きんで発生して3ヶ月経過した現在も、封じ込めには成功していない。2~3週毎に新規地域で発生している。連邦保健省のラマドス大臣は、発生を根本的にコントロール出来ないならば、インドで初の人の発病者が出る可能性が高いと警告した。
新型インフルエンザにパニック対策委、警察庁が設置へ 読売新聞 
 警察庁は、鳥インフルエンザから変異した新型インフルエンザの流行に備え、住民のパニックを防ぐための対策などを検討する委員会を近く設置することを決めた。海外から感染者が入国した際に空港や駅などが混乱するケースや、感染者がホテルに宿泊したケースなどを想定して具体的な対策を策定するほか、混乱に乗じた犯罪の防止や警察官への装備、ワクチン投与などについても協議する。
 新型インフルエンザへの変異が懸念されている鳥インフルエンザを巡っては、中国などで毒性の強いH5N1型ウイルスがヒトに感染した事例が報告されているほか、韓国でも今月に入り、南西部の全羅北道やソウル近郊の京畿道などで同型ウイルスの鳥への感染が相次いで確認されている。
 政府が今月9日に発表した対策案では、発生国の在住者の査証発給停止や国内の発生地域の住民の外出自粛を求める「封じ込め」などが示されている。
ハン総理「鳥インフルエンザ阻止に汎政府的対応」 innolife.net 
 ハン・スンス国務総理は鳥インフルエンザ被害地域である全羅南道霊岩郡を訪問し、拡散防止のために汎政府的対応をしていると強調した。ハン・スンス総理は昨日、霊岩郡庁の対策本部で状況の報告を受け「防疫対策強化と被害農民への生計費支援、消費促進など、政府レベルの努力を惜しまない」と述べた。また「官民が心を合わせなければならない」とし「養鶏農家への消毒を徹底的にし、移動制限措置を強化する一方、被害農家への生計対策もおざなりにしないように」と述べた。
S.Korea probes three new suspected bird flu cases Reuters (国際) 韓国、新規鳥インフル疑い3事例を検査に
 韓国政府は18日、3件の新規鳥インフル疑い例が報告され、現在ウイルス検査が行われているが、当該農場の家きんの殺処分のために兵士を派遣したと発表した。
 農場省は全羅北道と全羅南道の家きん農場で、鳥インフル疑い事例が2件以上発生したと発表した。ソウル南方320キロの地点である。
 また発表によると、ソウル南方130キロの忠淸南道の公州市のアヒル農場でも疑い事例が発生しており、2003年に初めて韓国にウイルスが入ってきて以来、最速のスピードで広がっていることが示唆される。
 韓国は丁度2週間で、致死的鳥インフル発生の15事例を確認したことになる。
 こうした拡大の早さの理由が説明できていないことから、批判の声が当局に対して大きくなっている。
New bird flu vaccine could last longer, protect more AFP  (国際) 新鳥インフルワクチンは長期間、強力に予防効果を発揮
 新鳥インフルワクチンが米国の研究者によって開発されているが、H5N1ウイルス株全体に対して予防効果が期待され、そして現在のワクチンよりも大量に製造することが容易となっている。
 ワクチンはマウスの実験で1年以上も予防効果を呈し、人でも同じ効果が認められることを研究者達は期待している。
 またワクチンはH5N1ウイルスが変異しても効果を呈することが確認されており、研究結果は、「感染症雑誌(The Journal of Infectious Diseases)」に発表された。
 研究者達は感冒を引き起こすウイルスの変異型(アデノウイルス)を用い、そのウイルスに2種類のH5N1ウイルスの遺伝子を組み込んだ。

Experimental US bird flu vaccine uses cold virus  Reuters (国際) 実験的米国の鳥インフルワクチンは感冒ウイルスを利用
 感冒ウイルスとH5N1ウイルスからのDNAを組み合わせたワクチンが、マウスを使った実験で成功したと米国の研究者が17日発表した。
 「我々は前もって備蓄でき、接種後長期間免疫効果を維持出来、続いて製造するパンデミックワクチンに繋げることの出来るるワクチンを製造したい。」、とインディア州のパーデュー大学のスレッシュ・ミタール博士が語った。
 感冒ウイルスにはアデノウイルスを用い、細胞培養法で短期間に増殖出来る。
鳥インフルエンザ:防疫活動に軍隊を投入  朝鮮日報 
 韓国政府は17日、鳥インフルエンザの感染拡大を食い止めるため、感染した鶏・カモの処分に軍隊を投入することを決めた。
 政府はこの日、韓昇洙(ハン・スンス)首相の主宰で鳥インフルエンザ対策に関する関係閣僚会議を開き、まず全羅北道金堤市に200人の兵士を投入するとともに、さらに地方自治体が軍隊の派遣を要請した場合は積極的に投入していくことを決めた。また、感染地域の納税の期限を最長9カ月間延長するとともに、養鶏業者の損失分に応じて所得税や法人税を免除することも決定した。
 首相室の趙源東(チョ・ウォンドン)国政運営室長は「鳥インフルエンザに感染した鶏などの処分に軍隊を投入するのは初めてだ」とした上で、感染拡大を防ぐためには今後1週間の取り組みが重要であり、防疫活動のスピードを上げるため、軍隊を投入することにした」と説明した。
 一方、政府は鳥インフルエンザの被害に遭った養鶏業者などが納める税金について、納付を最長9カ月間猶予することとした。また、養鶏業者などが鳥インフルエンザのため、土地を除く事業用資産の30%以上を失った場合は、その損失分に応じ、すでに徴収した税金を返すとともに、今後徴収する所得税や法人税を免除する。
Gimje farmer attempts suicide in growing bird flu epidemic JoongAng Ilbo (韓国) 韓国、金堤市の農場主 鳥インフル拡大の最中に自殺未遂

 鳥インフルに感染した全羅北道 金堤市の55歳の農場主が、26,000羽のニワトリの殺処分を言い渡されたあと、自殺未遂した。農場主は名前をイさんとだけ確認されているが、金堤市の自宅で毒を飲んで自殺を図ったと、昨日(17日)警察が発表した。当局者によると、農場主は隣人らに制止されて助かったと言う。イさんは、口に薬品によるやけどを負ったが、傷は命を脅かすものではないと、警察や住民は言う。リーのニワトリは、消毒作業の一環として昨日殺処分された。
 一方、別のH5N1鳥インフルが全羅南道の淳昌郡(Sunchang)でも確認され、感染農家から半径3キロの268,000羽のニワトリが殺処分されたと、農業省が発表した。

.
{YONHAP}殺処分に動員されている軍兵士達。

 これまで同国では、ソウル近郊の平沢市の養鶏農家を含め、合わせて22の致死的H5N1の事例が確認されたと、当局は述べている。鳥インフル発生の結果、今年 合計300万羽の家禽が殺処分されたと、ロイターが昨日(17日)報道した。
 また韓国政府は、全羅北道の金堤市と任実郡、全羅南道の木浦市と求礼郡と羅州市でも7つの新たな鳥インフル発生があったと昨日発表した。国立獣医学研究検疫局はH5N1の存在を確かめるために、この全羅州の7つの農場を含む19の事例を検査中である。
 4月4日に金堤市で最初の鳥インフルが確認されて以来、韓国政府は発生を食い止めるため検疫を強化してきた。また、感染地域の農家に補償金、助成金、税額控除を提供するよう当局者に命じた。
 「全国的な鳥インフルの発生を食い止めるために、消毒作業を強化することになっている」と 韓昇洙首相(ハン・スンス)は述べた。「我々は、感染地域の志気を失った農場主たちを援助するため可能なすべての対策をとる必要がある。」

当局者らは、鳥インフルの現場に軍隊を送り続けると語った。
A.Tohda訳

Measures readied on avian flu risk areas GMA news.tv, Philippines (フィリピン) フィリピン、危険地域における鳥インフル予防対策が完了と
 沼の多い各地域等に渡り鳥が飛来することから、鳥インフルがもたらされる可能性があることから、十分ま警戒態勢がとられている。3日間に亘る「鳥インフル対策会議」で確認された。
 フィリピンはいまだ鳥インフルウイルスで汚染されていない。
New vaccine may give long-term defense against deadly bird flu and ...  Genetic Engineering News (press release), NY  (米国) 致死的鳥インフルに対する長期間作用する新型ワクチンが開発
 通常の風邪ウイルスであるアデノウイルスを用い、2種類のH5N1ウイルスから重要遺伝子を取り出し、アデノウイルスに組み込む。アデノウイルスの体内に入ってからの自己増殖力は不活化されているので、ワクチンとして投与されたアデノウイルスは、H5N1ウイルスの抗原情報だけを生体に示す。
 アデノウイルスは簡単に細胞培養で増やすことができ、組み込む遺伝子はH5N1ウイルスのもつ広い高原情報を保有しているので、H5N1株内での広い交差予防(免疫)効果が出来る。
 また投与してからの免疫持続効果が1年以上期待出来るので、続いて製造されるワクチン(パンデミックワクチン)投与につなげることが可能となる。パーデュー大学(Purdue University)とCDC研究者による。
 以上部分訳


4月17日

The ultimate weapon of mass destruction The First Post  (英国) 究極の大量破壊兵器--英国におけるH5N1鳥インフル対策の現況


ロバート・フォックス(Robert Fox)氏によると、H5N1型ウイルスの脅威はこれまで以上に大きいという。

ゴードン・ブラウン首相と顧問たちの視点からすると、鳥インフルエンザ等のウイルスによる世界的大流行の脅威は、国際テロにおける脅威を上回る。これが、パンデミックが先月公開された国家安全保障戦略でもテロや他の世界的疾病と並んで格付けされた理由である。
 国家安全保障戦略
 
表面上、この状況説明はただの人騒がせのように見える。世界保健機関(WHO)で確認されたH5N1ウイルスによる死者はわずか238人に留まっている。しかし科学者や危機管理の専門家たちは気候変動や地球温暖化よりも、この鳥インフルエンザの世界的大流行の危険性に関して一致した意見を持っている。

仮説に基づいた議論は科学者たちが低い確率に賭けているようにも見える。しかし政府の首席科学顧問を辞任したばかりのデビッド・キング卿は、「H5N1ウイルスが人間にとって有毒なものに変異するかどうかではなく、これはいつ変異するかが焦点です。我々はここ数年で20以上のウイルスの変異を確認しています」という。この意見は、当記者がここ数ヶ月間にインタビューした全ての公衆衛生関係者や医師達が支持している。国防相や合同情報委員長の経験者3人は首相が潜在的脅威にたいし警戒するべきだと述べている。、

H5N1ウイルスに関するニュースはまだそれほどでもないが、決して無くなったわけではない。先週、エジプトはおよそ1年間の鳥インフルエンザの死者が21人に達したとしている。感染者の1/4はそれぞれの家族間での感染だった。ランセット(The Lancet)は南京(中国)の52歳男性が、家禽市場で感染した24歳の息子からウイルスを移されていたと報告している。父親の方は抗ウイルス薬の迅速な投与のおかげで生き残った。
  
現在のところ、ウイルスは鳥の間で大流行し中国、インド、バングラデッシュ、そして韓国で発生している。パキスタンとエジプトの関係者は犬や猫への感染拡大を懸念している。イギリスと米国の公衆衛生学的研究は、鳥インフルエンザやSARSのような呼吸器疾患は労働人口に対し甚大な被害を与える可能性があるとしている。

公共の秩序に対する脅威-映画「トリフィドの日」(人類SOS)や原子人間のような-は実際にダウニング街の警戒を高めている。米国の研究では、最悪の場合、人口の半数が感染する―これは1348年のヨーロッパにおける黒死病に相当する―としている。さらにその半数が病院を訪れ、数百万人が第一波で死亡する。

       

政府は1460万人分のタミフル--H5N1に有効とされている2種類の薬剤の内の一つ--を備蓄している。しかしながら、タミフルは非常に短時間に投与した場合においてのみ効果があるとしている。また、WHOは少なくとも発生した感染の内2つのケースにおいて、タミフル耐性菌が見つかっており、ウイルスの薬剤耐性への変異を懸念している。

米国やイギリスの研究によりもたらされたかすかな希望は、鳥インフルエンザウイルスが人間に効率よく感染するためには少なくとも2回以上の変異が必要であるとしている。これはウイルスがglycans(肺気道に沿っているsugar chain)の中の【鍵を外す】ことが必要であるからだという。(気道細胞表面のウイルスH蛋白リセプターに結合するための変異を意味する。糖鎖がアルファ2-6結合していて、かつ傘型のリセプター:管理人)。本年1月7日に関連情報(MITの研究者による報告)を掲載。

しかし、ゴードン・ブラウン首相にとっての問題は、公共のパニックを抑えた上で警戒や準備を促すことである。危機管理の専門家は新バージョンの黒死病(ペスト)の蔓延の可能性を確信している。彼等の最大の関心事はテロリストが新しい大量破壊兵器としてこのウイルスを使用する可能性についてである。ブラウン氏のようなリーダー達は、そのような危険性が大きいことを知っている。
M.Yano訳

鳥インフルエンザ警報、韓国全土に拡大 朝鮮日報 
 京畿道平沢で14日に通報があったニワトリの伝染病も、人に感染する恐れのある「高病原性鳥インフルエンザ」であることが分かった。16日、農林水産食品部が明らかにした。
 これで、高病原性鳥インフルエンザは全羅南道・全羅北道だけでなくソウルに近い京畿道南部まで迫っていることが分かった。農林水産食品部はこの日、「鳥インフルエンザ警戒警報」の対象地域を全羅道から韓国全土に拡大した。
 現行の国家危機管理指針などによると、鳥インフルエンザが発生した場合、状況の深刻さにより段階別に「関心→注意→警戒→深刻」警報を出すことになっている。
 このうち「警戒警報」は、農林水産食品部と広域自治体が鳥インフルエンザに感染したニワトリやアイガモを殺処分・移動規制するため、警察や軍の動員を要請できる対応段階だ。
 危険性がもう一段階高くなると「深刻警報」を出し、国レベルで鳥インフルエンザを防ぐため、あらゆる人員や装備を動員することになる。今月初めに全羅北道金堤で初めて発生した高病原性鳥インフルエンザの判定件数は16日までに計21件と増えている。防疫当局は「高病原性鳥インフルエンザに感染したニワトリやアイガモの肉でも、75℃以上で5分間以上火を通せば人に感染する危険性はない」としている。
S.Korea culls 3 mln birds as bird flu spreads fast Reuters  (国際) 韓国、鳥インフル拡大対策として300万羽の家きんを殺処分に

 韓国政府は17日、既に300万羽の飼育中の鳥を殺処分しあらたな7件の鳥インフルエンザ疑い例を調査中と発表した。同国はこの4年間で最悪の鳥インフルエンザ流行に直面している。
 わずか2週間のうちに韓国は12件もの高病原性H5N1ウイルス流行を確認し、この高病原性のウイルスが同国で2003年に初めて症例が報告されてから、最も速いスピードで拡散していると警告を発している。
 17日の農林部発表によると、ソウルの南約320キロ(200マイル)にある全羅北道・全羅南道の家禽飼育場で新たに7件の鳥インフルエンザ疑い例が発生した。 ここは今月に入り1年ぶりの鳥インフルエンザ再流行が報告された地域である。
 韓国は16日、鳥インフルエンザのリスクレベルを2番目に高い段階に上げ、200名の兵士を派遣し鳥の殺処分と埋却にあたらせている。これはソウルの南わずか60キロの平沢の飼育場で発生が確認され、首都に鳥インフルエンザが接近したことを受けたものである。
 同部の17日の発表によると、検疫作業は殺処分の迅速化と拡大原因の調査に焦点を当てたものだという。考えうる原因としては、渡り鳥や同国の流行地域などを移動する輸送業者があるという。
 韓国は2006年11月から昨年3月までの間に7回の鳥インフルエンザ発生を経験し、2003年12月から2004年3月の間では19回経験している。この際は530万羽の殺処分を強いられた。
 世界保健機関のデータによれば、全世界で2003年以降でH5N1ウイルスにより240名が死亡し380名への感染が確認されている
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

*韓国で鳥インフルが発生した後には日本でも発生している。

クローズアップ2008:新型インフル大流行前ワクチン、6000人接種 毎日新聞 
 プレパンデミックワクチン接種問題に対する様々な意見と考え方の集約。

 新型インフルエンザに備え、鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスから作った「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」を約6000人に接種する臨床研究の実施が、16日の専門家会議で決まった。日本が世界に先駆けて実施することになるが、実効性や対象者の選定方法など不透明な部分も多い。
 ・「丸腰では被害拡大を止められない」。臨床研究の案をまとめた国立感染症研究所の田代真人・ウイルス第3部長は、専門家会議で訴えた。「
 ・押谷仁・東北大教授は「ワクチン接種に異論はないが、流行期に社会機能をどう維持するかなど、より重要な対策についての基本的戦略がない」と批判する。
 ・昨年製造したワクチンが期限切れになる。すてるのは惜しい。それくらいなら関係者に投与して、安全性や効果に関しての大規模臨床研究を行う方が良い。

    等など。

韓国、警報レベル引き上げ、鳥インフル拡大で 日本経済新聞
鳥インフルエンザ:韓国で被害拡大、全土に「警戒」 毎日新聞 
 韓国政府は16日、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)による被害拡大を受け、同国全土で国家危機警報の段階を「注意」から「警戒」に引き上げ、各道に防疫対策を指示したと発表した。また、感染地域で家禽(かきん)類を殺処分するため同日から韓国軍兵士200人を投入した。「警戒」は4段階の警報のうち最高の「深刻」に次ぐレベル。
South Korean troops sent to slaughter poultry Fort Mills Times, SC (米国) 韓国、家きん殺処分のために軍隊を動員
Asia is world's cradle for new flu strains Daily Breeze, CA  (米国) アジアは新規インフルエンザウイルスの”ゆりかご”
 東南アジアでインフルエンザウイルスは発生し、その6~9ヶ月後に北米、欧州へ広がる。そして最終的に南米でウイルスは燃え尽きる。その過程に関するレビュー。基本的には季節性インフルエンザの拡大様式。拡大する過程で病原性は弱まる。
 欧米各国は、ウイルスが広がってくる6~9ヶ月の間にワクチンを冬期間の拡大に備えて準備をする。
 東および東南アジアにおけるウイルス監視態勢は強化され、大陸に拡大してくる前に詳細な株の分析が可能な限り行われている。

 以上部分訳。


US: Indonesia Should Share Bird Flu Sample TIME (米国) 米国:インドネシアは分離ウイルスを提供すべきである
 世界はインドネシアが分離H5N1鳥インフルウイルスを国際社会に提供しない限り、安全性を保つことは出来ないと、米国の保健福祉省のトップが16日語り、さらに出来るだけ早急に問題が解決されることを望んでいると語った。
 米国の保健福祉省長官のマイク・レービット氏はAP通信に、インドネシアがWHOとのウイルス共有システムで、代償がない限り拒絶すると言うことは、非常に落胆すべき事だ、と語った。
 「もしインドネシアが世界の共同体の一部分になることを拒否し、この問題に関して国際的流れに従わないなら、非常に遺憾なことだ。そうしたなら世界の安全性(パンデミック・インフルエンザ発生に関する)を完全に保つことは出来なくなる。しかし、それでも世界の安全性を保つための他の方法を、我々は見つける必要がある」、とレービット長官は語った。
 レービット氏は、今週、食料の安全性に関しての啓発のために、東南アジアを訪問している。シンガポールとベトナムを訪問する前に、ジャカルタでインドネシア大統領と保健大臣と会談した。インドネシアは2007年1月以来、ほぼ全ての分離H5N1鳥インフルウイルスをWHOへ提供していない。理由は、途上国は彼等の提供したウイルスで製造された全てのワクチンを、自ら手にする権利を保持しなければならないということである。
 レービット長官は、この2ヶ月以内に問題を解決する方法を見つけることに両者は合意した、と語った。もし出来なければ、米国は単独で他の解決策を探すことになるだろう、とも付け加えた。
 H5N1鳥インフルウイルスは2003年末頃からアジアの家きんの間で広がりだした。人には容易に感染しないが、インドネシアでは107人が死亡し、それは世界の死亡者240人の約半数となっている(WHO統計による)。
 科学者達は発生した鳥インフルのウイルスを受け取り、ウイルス変異の有無を分析することは、ウイルスによるパンデミック発生を予知する上で、極めて重大なことだと語っている。
Egyptian 2-year-old boy infected with bird flu Scientific American  (米国) エジプトの2歳男児、鳥インフルに感染
 エジプトの2歳男児がH5N1鳥インフルウイルスに感染し、このアラブで最も人口の多い国で50人目の感染者となった。国営通信のMENAが16日報道した。
 MENAによると男児は、ナイルデルタのシャルキア県に住んでいた。家庭で飼育していた鶏に接触した後に感染したと伝えられている。
 MENA によると、男児は13日に症状を呈し初め、翌日病院へ運ばれ、そこでタミフルによる治療が開始された。少年の状態は安定している。
 2006年2月にエジプトでH5N1鳥インフルが出現して以来、合計22人のエジプト人が死亡している。
 エジプトでは約500万人の家庭が、食料や収入源として家きん飼育に依存している。政府によると家きんに対するワクチンが広く行われていても、なかなかウイルス封じ込めが出来ない理由は、以上のように各家庭で放し飼いによる家きん飼育が行われているからだと説明している。


*発症翌日からタミフルによる治療が開始されている。この男児がタミフル耐性株による感染を受けていない限り、容易に治癒するはずである。
4月16日


鳥インフルで「警戒」警報 韓国、殺処分に軍も投入 京都新聞
 韓国政府は16日、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)などの拡大を受け、同国全土で国家危機警報の段階を「注意」から「警戒」に引き上げ、各道に防疫対策を指示したと発表した。また、感染地域で家禽類を殺処分するため同日から韓国軍兵士200人を投入した。
 「警戒」は4段階の警報のうち最高の「深刻」に次ぐレベル。これまでは感染が確認された同国南西部の全羅北道、全羅南道だけに適用していた。各道は軍や警察に支援を要請できる。
 日本の農林水産省によると、日本は昨年11月から韓国からの家禽類輸入を停止。空港や港では韓国からの入国者の靴底や車両の下回りの消毒を徹底するなど防疫措置を強化している。 韓国では今月3日以降、全羅南北道の農場など11地域でH5N1型ウイルスの感染を確認。16日には感染確認地域の北端から北へ100キロ以上離れた北西部・京畿道の平沢市の養鶏場でも同ウイルスの感染が確認された。(共同通信)
Bird flu outbreaks in West Bengal not contained Reuters India, India  (インド) インド、西ベンガル州の鳥インフル、いまだ終息せず
 注目すべき内容だけ。

 ウイルスは明らかに温暖な気候に適合してきた。
 韓国や極東ロシアで4月になってから家きんで感染を広げている。
 インドネシアや南ベトナムでは年中発生している。
 つい数年前までは、10月から3月までが、ウイルスが活発化して感染を起こしていた。

S. Korea sends 200 soldiers to slaughter poultry Chicago Sun-Times, United States (米国) 韓国、家きんの殺処分に200人の軍兵士を派遣
 AP

 韓国防衛省は全羅北道金堤市に16日、兵士200人を鳥インフル発生農場における家きんの殺処分のために派遣した。
SKorea upgrades bird flu alert, troops on standby AFP  (国際) 韓国、鳥インフル危険度を引き上げ、軍が待機

 韓国は16日、国内全域に鳥インフル警戒報を発令し、軍隊や消防士達に拡大対策のために待機するように指令が出された。
 農業省はこれまで南西部に限局して発生していた鳥インフルが、国内全域に広がる可能性が出てきたため、国内全域の鳥インフル危険度を「橙」の、危険度レベル2に引き上げた。(これまでは南西部地域だけ発令)。
 農業省によると、H5亜型株による鳥インフルが20ヵ所で発生しており、そのうち少なくとも6ヵ所でH5N1ウイルスが確認されている。
 さらに14ヵ所で発生疑いがもたれており、検査されている。
 そのうち一ヵ所がソウル近郊の平沢市が含まれている。

S. Korea extends bird flu risk level to second highest nationwide Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、鳥インフル危険度を第2危険レベルに引き上げ
 韓国検疫局は16日、鳥インフル危険度を、2番目に高い危険レベルに引き上げたことを発表した。。国を超えてウイルスが拡大してゆく可能性が浮上している。
 危険度は、青、黄色、橙、赤の4段階になっているが、本日、農業省が橙に引き上げた。

Japan set to begin prepandemic vaccination CIDRAP, MN  (米国) 日本、プレパンデミックワクチンの接種開始予定
 ロイター、AP通信記事からのまとめ。
 
韓国で鳥インフルエンザ拡大・20カ所で確認 日本経済新聞
 韓国で病原性の強い鳥インフルエンザ(H5N1型)の被害が広がっている。15日までに全羅道(韓国南西部)4市・郡の20カ所で発生、首都圏の京畿道でも発生が疑われている。韓国政府は感染地域で鶏の処分や施設の消毒などの措置を講じる一方、流通している鶏肉や卵の安全性のアピールに必死だ。
 鳥インフルエンザは3日に全羅北道金堤市、12日は隣接する全羅南道霊岩郡でも確認された。14日までに感染地域の鶏やカモなど191万6000羽が処分された。首都圏の京畿道平沢でも14日に感染の疑いのあるウイルスが検出されており、政府は確認を急いでいる。
Small company gets US go-ahead on bird flu patch  Reuters (国際) 小企業開発、鳥インフルワクチン用、パッチ型アジュバントに政府から助成金
 米国の小バイオテクノロジー企業である、アイオマイ(Iomai)社が開発している、皮膚付着型(パッチ型)アジュバントが、保健福祉省から助成を受けて、臨床2相試験に入る。同社は昨年同省から12800万ドルの助成を受けている。
 同社のパッチ型アジュバントは、サウンドペーパー用の付属物で皮膚を軽く傷つけて、その上にアジュバントが加わったパッチを貼るものである。皮下にアジュバントが浸透することにより、通常のワクチンと混合して投与する方法に比較し、はるかに高い免疫を植え付けることが出来る。
 予備的試験では注射用ワクチンと一緒に用いると、一回のワクチン接種でも高い免疫が獲得されるようだ。すなわちパンデミックに際し、迅速に免疫効果が得られ、かつ使用ワクチン量が半量で済むなどのメリットがある。
Scientists create monoclonal antibody libraries against avian ... News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) H5N1鳥インフルウイルスに対するモノクローナル抗体のライブラリーが作成される
 昨日カナダの報道で紹介されていたニュース。
 米国とトルコの研究者が、米国の製薬企業と共同的に研究開発。
 トルコのH5N1鳥インフル発病、そして回復者の骨髄から抗体産生細胞を分離して、その培養細胞から産生されるH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体をを分離、解析。
 300種類以上の抗体が分離され、それらは必要に応じて大量増産が可能。
 H1とH5亜型株両方に作用する抗体も3種類分離されている。

 患者治療用(受動免疫)に、さらに万能ワクチン開発に役立つと、研究者達はコメント。
 研究報告は、世界的科学雑誌である「米国科学アカデミー紀要」に掲載。

 *非常に科学的で詳細に記述されている。出来れば一読することを勧める。
Bird Flu Reported In South Korea and Showing Troubling Mutations Wake Up America  (米国) 韓国で鳥インフル発生、変異の兆候が示唆
 H5N1鳥インフルの急速な韓国内での広がり方、気候が温暖になってからの発生、等から変異の疑いが持たれている。

Ministry investigating possible bird flu outbreak near capital   JoongAng Daily (韓国) 韓国農業省、首都周辺での新たな鳥インフル発生を調査中
 15日ソウルの南60キロの京畿道平沢市で鳥インフルの疑い事例が発見されたことから、鳥インフルが韓国全土に広がるかもしれないという懸念が高まっている。農業省は2日間で350羽のニワトリが死んだという報告を受け、調査を続行中である。即座の消毒作業と半径500メートル範囲の75,000羽のニワトリの殺処分が行われた。約1,000人の政府職員が検疫作業に狩り出された。平沢市のほとんどの市職員も殺処分と埋葬作業のため現場へかけつけた。今回のニワトリの死がH5N1によるものと確認されれば、当該農家の半径5キロの263,000羽のニワトリすべてが殺処分される。
 農業省によると、首都圏でのこの疑い事例と同時に、淳昌(Sunchang)、麗水(Yeosu)、羅州(Naju)でも疑い事例が見つかっている。この13日間で36件の鳥インフルが報告され、そのうち20件でH5N1が全羅北道と全羅南道で確認された。国立獣医学研究検疫局が15日の平沢市の事例も含めすべての事例を検査中である。
 同時に、鳥インフルの発生がソウルへ向かっているという懸念が国民の間に急激に高まっている。専門家らは、今回の急速な鳥インフルの広がりはすでに過去の同国での発生件数を上回っていると言う。2003年の冬は102日間で19件、2006年は104日間で7件の発生があった。A.Tohda訳

No bird flu danger in Primorye territory - official Itar-Tass (ロシア) ロシア、プリモリエ地域に鳥インフルの新たな脅威はないと当局者

 プリモリエ地域に鳥インフルの新たな脅威はないと、領土緊急事態委員会の第一副委員長 オレグ・メルニコフ氏が火曜日(14日)ウラジオストックでの記者会見で語った。「家禽への予防接種は続いている。野生の水鳥を撃つことは禁じられている。Vozdvizhenka村の隔離はまだ続いている。新たな発生はこれまでのところ登録されていない。地元住民はこの病気の新たな拡大を恐れるべきではない」と言う。鳥インフルが起きた農家のキルサノフ氏は水曜日(16日)に病院から帰され、しばらくは監視の下におかれるが、彼のテスト結果は陰性であった。
 プリモリエ地域では鳥インフル警戒態勢が取られた。60人以上の獣医が村周辺の家禽へ予防接種を続けている。これまで350,000羽の家禽が予防接種を受けた。多くの渡り鳥へ検査が行われ、結果は陰性であった。4月8日に村民に撃ち落された野生のガチョウが今回の病気のキャリアであるらしい。ハンターはガチョウを食べ 内臓を捨てた。家禽がそれを食べて数日後 死んだ。連邦獣医植物衛生管理局のプリモリエ獣医研究所がAH5鳥インフルウイルスを見つけ、国立研究所がその分析を確認した。
 それはロシア極東における初めての鳥インフル事例であった。野生の鳥は東南アジアから北方の彼らの巣へ渡ってくる途中で、プリモリエ地域を通過する。A.Tohda訳

韓国北西部でも感染確認 鳥インフルエンザ MSN産経ニュース
 韓国南西部の全羅南北道で拡大している家禽(かきん)の鳥インフルエンザウイルスの感染問題で、これまでの感染確認地域の北端から北へ100キロ以上離れた北西部・京畿道の平沢市の養鶏場でも15日、ウイルス感染が確認された。京畿道が明らかにした。
 感染力の強いH5N1型かどうかは17日ごろ判明する見通し。平沢市周辺では今月、死んだ渡り鳥が見つかったほか、問題の養鶏場で今年に入りタイ国籍の労働者が働いていることから、防疫当局は渡り鳥や人間を介した感染の可能性も念頭に感染経路の確認を急いでいる。
NEWS25時:韓国 鳥インフル拡大 毎日新聞
 韓国南西部の全羅道地域で今月初めから鳥インフルエンザ(H5N1型)による鶏やアヒルの大量死が次々に確認され、KBS放送など韓国メディアは15日、さらに拡大する恐れがあると報じた。韓国では前例のない特に強毒性のウイルスの可能性も指摘されている。
「鳥インフルエンザの北上を阻止せよ」緊急防疫 東亜日報 

政府の総力戦にもかかわらず、高病原性鳥インフルエンザ(AI)がさらに拡散している。15日、京畿道平澤市(キョンギド・ピョンテクシ)ポスン邑ソクジョン里のある農家で鶏の死骸からAIウイルスが確認され、防疫服を着た公務員たちが養鶏農家の鶏を屠殺処分するために農家に移動している。


Japan to vaccinate 6000 health officials for potential bird flu... International Herald Tribune, France  日本、6000人の保健医療当局者に鳥インフルワクチンの接種へ

 日本の厚労省は15日、数千人の保健担当者達に、政府の備蓄している人用鳥インフルワクチンを接種する計画を発表した。

 計画実行には16日の専門家委員会での承認が必要とされているが、内容としては6000人の検疫局・入国管理局の職員、医師や他の保健医療関係者が対象となっている。今年度末までに接種する予定と、厚労省の当局者であるKishiko Yamaguchi氏が発表した。
 鳥インフルは人に感染することは希であるが、WHOや世界の保健当局ではウイルスが変異して、容易に人に感染するようになり、世界的パンデミックが起きることを懸念している。
 日本の厚労省はまた、今回のワクチン接種計画が成功した場合(安全性、抗体産生の確認等)、1000万人からなる国会議員、警官、保健医療関係者、およびライフラインに関係する職種の人々を対象に、さらなるワクチン接種を行う予定と発表した。
 WHOの報道官であるグレゴリーハートレ氏は、今回の日本のワクチン接種計画を「大きな賭だ(a big roll of the dice)」と表し、しかしWHOはそれに反対はしないと語った。
 「明らかに日本政府は、今回のワクチン計画を実行することで何らかの利益が得られると考えている。WHOは個々の国が自らの開発資源を用いることに口は差し挟まない」、と同氏は語っている。

4月15日

Bird flu outbreak confirmed in parts of Russia Sify, India  (インド) ロシア各地で鳥インフル発生が確認
 ロシア極東当局は(Authorities in Russia's Far East )は15日、ウラジオストック近くのプリモリエ地域で先週家きんが多数死亡した原因が、H5N1鳥インフルによるものであることを確認した。
 40羽以上の家きんが農場で殺処分され、地域は閉鎖された。35万羽の家きんにワクチン接種がなされた。
 地域で150羽の野鳥でウイルス検査が行われたが、全て陰性だったと発表された。

 一方、ウラルのペルムで合計37500羽の家きんが死亡し、現在ウイルス検査が行われていると報告された。
Japan to vaccinate medical workers for bird flu Reuters  (国際) 日本、医療関係者に鳥インフルワクチンを接種の計画

 日本は6000人の医療関係者と検疫担当者に、備蓄中の鳥インフルワクチンの安全性と効果を確かめるために接種する計画を立てていると、保健省が15日発表した。
 計画は何人かの国会議員(lawmaker)と専門家のアドバイスによるもので、恐れられているパンデミックの発生前にワクチン接種を行うべきとされ、16日開かれる専門委員会に計画が提出され、その賛否を問うことになっている。
 もし承認されたなら、ワクチン接種は2009年3月までに行われる。そしてパンデミック前にこれだけの人数の人々に接種するのは世界初と考えられる。ワクチンは、中国とインドネシアで分離されたH5N1ウイルスが用いられている。
 日本では1000万人分のワクチンが備蓄されており、これまでの政府の考え方では、パンデミックが発生した後にのみ使用されることになっている。
 もし最初のワクチン接種が成功したと考えられた場合、保健省はさらにガス事業や電力事業等のライフラインに携わっている人々を中心に、1000万人を対象にワクチン接種を行う予定としている。
 実際にパンデミックを生じるウイルス株を予知するのは不可能であるが、これまで世界で200人以上死亡させているH5N1鳥インフルウイルスが、最もその可能性ある候補と考えられている。
 日本政府はパンデミックが起きた場合、人口の25%が発病し、最大で64万人が死亡する可能性があると推定している。
 備蓄用ワクチンはすでに日本で承認されており、大阪大学微生物研究所と北里研究所で製造している。

 
Bird flu spreading towards S. Korean capital city Yonhap News, South Korea (韓国) 鳥インフル、韓国の首都へ向かって拡大中
 今月初めに報告された鳥インフルの発生は、各地域の当局者達による懸命の対策にも関わらず、ソウルの70キロ以内にまで広がってきた。政府が15日発表した。
 食料農業森林水産省は、京畿道平沢市の養鶏場で14日突然多数の鶏が死亡したことを報告した。
 「多数の鶏の死亡状況から判断すると、平沢市の養鶏場では鳥インフル感染が起きていると考えるのが妥当である」、と同省の主任獣医官が語った。
 もし同農場でH5N1ウイルス発生が確かめられたなら、韓国の南西部の全羅道を中心に発生していた鳥インフルが、拡大してきたことを意味することになる。
 同氏は、平沢市の養鶏場での詳細な検査結果は15日遅くまで出ないと言っているが、当局は、同農場の26000羽の家きんの殺処分を行った。
 もしH5N1ウイルスが確認されたなら、同農場周辺500メートル以内の農場で飼育する全家きんの殺処分を行うと、同氏は説明している。
 さらに、同省では、京畿道平沢市の養鶏場での発生疑い例以外にも、全羅道で3件の発生疑い事例が報告されていると発表した。現在、発生報告事例の総数は36となっている。
 これらのうち20例で鳥インフルウイルスが確認されていて、14例では検査中となっている。また2例では鳥インフルは否定された。
 専門家は、本年これまでにどの位の数の家きんが殺処分されたか正確な数は抑えていないが、少なくとも以前の発生時以上の数である、と語っている。
 2003年冬に当局は560万羽の家きんを処分しており、また2006年の発生時には280万羽の家きんが処分されている。
South Korea probes new suspected bird flu cases Reuters AlertNet, UK  (英国) 韓国、さらなる鳥インフル発生を調査

 韓国政府は15日、新たに4件の鳥インフルエンザ疑い例を調査中であると発表した。この中にはソウル近郊の1件も含まれ、一連の流行に続いて鳥インフルエンザが全国に広がるかもしれないと言う懸念が高まっている。
 韓国政府が認めたところでは、この2週間足らずのうちに11件の鳥インフルエンザ流行が発生している。ただし全て、同国南西部であるソウルの南約320キロ(200マイル)の全羅北道と全羅南道に限られていた。
 「14日に新たに4件の鳥インフルエンザ疑い例の報告を受けました。うち1件は京畿道平沢市の家禽飼育場のものです」と、農林部は声明で述べている。
 平沢市はソウルからの南にわずか60キロである。
 韓国政府は今月50万羽以上の家禽を殺処分しており、疑い例の地域の隔離作業を継続すると共に消費者の懸念が高まる中で家禽の消費を呼びかけるとしている。
 アヒルとニワトリの価格は今月10パーセント下落しており、同部が監視している小売業大手4社でのニワトリの取引高も20パーセント減少している。
 韓国では2006年11月から2007年3月までの間に高病原性H5N1ウイルスが7回流行しており、580億ウォン(5922万ドル)を対策措置に費やしている。
 世界保健機関のデータによれば、世界的には2003年以降でH5N1ウイルスのために238名が死亡し、376件のヒトへの感染症例が確認されている。
 非常に懸念されていることはヒトからヒトへ簡単に感染する疾病へと変異する可能性があることで、この場合は世界的なパンデミックを引き起こすかもしれないのである。
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

備蓄ワクチンを事前接種へ 新型インフルで政府 中国新聞 
 舛添要一厚生労働相は15日、新型インフルエンザの流行に備えて国家備蓄しているワクチンの一部を、医療従事者や検疫担当者ら約6000人に事前に接種する方針を明らかにした。16日に開催される専門家会議に諮る。  備蓄ワクチンは、ベトナムなどで人に感染した鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)から作製したもので、国が約2000万人分備蓄している。現行の政府の行動計画では、新型の発生後に接種を始めることになっていた。  新型が大流行した場合、国内で最大64万人が死亡すると政府は推定している。

* 備蓄量の問題、備蓄ワクチン種類の問題、製造方法の問題、etc.
   でもなぜ今、接種?
   副作用(軽~重~死亡)までの補償等はまだ解決していない。
   こういう場合は、大臣、首相自らが接種するのも、国民に対するプロパガンダになると思う。

新型ワクチン 一部事前接種へ  NHK
 世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザがいつ発生してもおかしくないと指摘されていることから、厚生労働省は、現在備蓄しているH5N1型の鳥インフルエンザウイルスのワクチンを医療関係者など6000人に事前接種する方針を固めました。接種すれば世界で初めての対策になります。

* なぜ今やるべきか、根拠を示す必要がある。と同時に世界で初めての対策とは、どのような情報に基づいているのか疑問。
  H5N1鳥インフルがパンデミックになる危険性は2005年から2006年だったと思うが、なぜ今ワクチンを投与するのか、ニュースとして情報公開するのなら、根拠も必要だ。
 ワクチン製造&備蓄と、いつ投与すべきかは別の問題。

鳥インフルエンザの防疫網が崩れた  東亜日報 
 鳥インフルエンザの疑い例が相次いで報告されている中、防疫区域外に、鳥インフルエンザに感染したカモが不法に搬出された事実が確認された。
 農林水産食品部(農食品部)は14日、全羅北道益山市黄登面(チョルラブクド・イクサンシ・ファンドンミョン)の養鶏場と全羅南道咸平郡月也面(チョルラナムド・ハムピョングン・ウォルヤミョン)のカモ農場で、鳥インフルエンザと疑われる事例の報告があり、精密検査を行っていると発表した。
 このうち黄登面の養鶏場は、鳥インフルエンザに感染したカモと接触した小売業者が出入りしたことが確認されており、防疫網管理が不十分だったのではと指摘されている。
 農食品部と全羅北道・金堤(キムジェ)警察署によると、12日、鳥インフルエンザの陽性反応を示した金堤市金山面(クムサンミョン)の飲食店に供給されたカモは、中間流通業者の朴某氏(37)が、警戒地域内にある金堤市ヨンジ面の鳥インフルエンザ発生農場から持ち出したものだという。
 朴氏は4日から6日までの間に、同農場からカモ600羽を購入し、この中の40羽あまりを、小売業者の金某氏(41)に売り、金氏はさらにこのカモを金堤市金山面にある農場型飲食店に売った。
 カモが搬出された農場は、初めて高病原性鳥インフルエンザが確認された農家から1.7km離れた警戒地域内にあり、家擒類の移動が厳しく統制されている区域だ。
 調査の結果、朴氏は残りのカモ560羽のうちの360羽あまりを、全州(チョンジュ)と金堤、扶安(ブアン)、井邑(チョンウプ)の六つの市・郡の飲食店20ヵ所あまりに販売し、残り200羽あまりは地中に埋めたという。
 朴氏と接触した金氏はその後、数回にわたって飲食店と養鶏場に出入りした。金氏が出入りした金山のある飲食店と益山の養鶏場で、鳥インフルエンザと疑われる事例が発見された。
 この日まで、鳥インフルエンザの疑い例が報告または発見されたのは計32件で、このうち鳥インフルエンザであると判定されたのは15件だ。

* カモとされるのはアヒルである。
   間違いなく、一般市民への感染は生じていないのだろうか? 気になる。
Loophole in Bird Flu Quarantine 동아일보, South Korea (韓国) 韓国、鳥インフル隔離対策の抜け道
 南西部でH5N1鳥インフルが拡大している韓国で、拡大の理由に、初期の段階で隔離地域から感染した鶏を他地域へ持ち出して売買した業者がいることが判明。
 当局の隔離対策の甘さに非難が集中している。
Scientists Create First Successful Libraries of Avian Flu Virus ... Earthtimes, UK  (英国) 初のH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体ライブラリーが作成
Scientists Create First Successful Ad-Hoc-News (Pressemitteilung), Germany  (ドイツ) 初のH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体ライブラリーが作成
 下記と類似の報道
Antibodies could lead to bird flu treatment CTV.ca, Canada (カナダ) モノクローナル抗体が、鳥インフルの治療に効果をもつ可能性
 米国とトルコの研究者が、2005年と2006年のトルコにおけるH5N1鳥インフル発病患者で回復した5人の対象者から、その骨髄細胞を採取し、(細胞培養法にて)H5N1鳥インフルウイルスに対する抗体を産生させた(骨髄細胞の中に抗体産生細胞があり、それらから産生される抗体を分離)。様々なH5N1ウイルスに対する抗体300種類以上が分離された。その中でウイルスH1亜型とH5亜型両者に反応する抗体が3種類見つかり、また数種類の広くウイルス蛋白に反応する抗体も分離されている。
 これらの大量に分離される抗体を患者治療に用いたり、またワクチン開発に応用したりする可能が広がった。
 カリフォルニアのSea Lane Biotechnologiesとの共同研究。
 成果は「米国科学アカデミー紀要:Proceedings of the National Academy of Sciences.」に発表された。*米国の主要な研究者が中心となって発表される世界一流の科学雑誌」。
 管理人の頭は科学的にさび付いてますので、アブストラクトを掲載しますので、正しい情報はご自分で確認の程を。

Abstract:

The widespread incidence of H5N1 influenza viruses in bird populations poses risks to human health. Although the virus has not yet adapted for facile transmission between humans, it can cause severe disease and often death. Here we report the generation of combinatorial antibody libraries from the bone marrow of five survivors of the recent H5N1 avian influenza outbreak in Turkey. To date, these libraries have yielded >300 unique antibodies against H5N1 viral antigens. Among these antibodies, we have identified several broadly reactive neutralizing antibodies that could be used for passive immunization against H5N1 virus or as guides for vaccine design. The large number of antibodies obtained from these survivors provide a detailed immunochemical analysis of individual human solutions to virus neutralization in the setting of an actual virulent influenza outbreak. Remarkably, three of these antibodies neutralized both H1 and H5 subtype influenza viruses.


US urges Indonesia to share bird flu samples with WHO  米国、鳥インフル サンプルをWHOと共有するようインドネシアを説得
 米国保健社会福祉省のマイク・レーヴィット長官は、WHOと鳥インフル サンプルを共有することを拒否したインドネシアを非難した。長官は、人命救助のワクチンの生産を可能にしてきた60年近い世界的協力を、インドネシア政府がだめにしていると言う。同長官は、インドネシアに2日間立ち寄り、インドネシアの大統領や保健相と会談した。
 彼は月曜日(14日)、世界全体でのウイルス共有のシステム改善はできるだろうと語ったが、「ウイルスの交換に対価を求めはじめたら、終わりがなくなるだろう」ということも付け加えた。貧しい国々は、インフルウイルスのサンプルを無条件にWHOへ送ることを強いられている。それによって、WHOは製薬会社にワクチンを生産をさせることができる。そのようなシステムによって、研究機関はウイルスがヒト-ヒト感染する型に変異していないということを確かめることができる。これまで56年間 世界中のほとんどの国が効果的に協力してきたのだと、レヴィット長官は言う。
 しかし、インドネシアのシティ・ファディラー・スパリ保健相は、そのシステムは不公平であり、変えるべきだと主張する。パンデミックが起きた場合、インドネシアの鳥インフル標本から作られたワクチンは、インドネシアの国民に手の届く範囲にない、高価すぎるし、裕福な国々によって操作されているからと、彼女は主張している。(A.Tohda訳)
Indonesia says to launch bird flu pandemic plan Reuters  (国際) インドネシア、鳥インフル・パンデミック計画に着手
 インドネシアは、パンデミックに備えて今週後半に鳥インフル・パンデミック計画を開始すると、当局者が月曜日(14日)語った。鳥インフル抑制のための中央委員会の監視・観察の責任者によると、計画では、1週間後にリゾート地バリのいくつかの村の参加を得て3日間のパンデミック シュミレーションも行われる。(A.Tohda訳
4月14日


日本警戒 韓国で鳥インフル拡大  MSN産経ニュース 
 韓国西南部で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が広がっている。今月3日、全羅北道の金堤の養鶏場で初めて確認されたあと井巴、淳昌、さらに全羅南道の霊岩に広がり、14日にも2カ所から疑わしい事例が報告された。現在、高病原性と確認されたのは15農場、疑わしいのは32カ所に上る。事態を重く見た李明博(イミヨンバク)大統領は8日、現地視察後、「根本的な対策が必要だ」と拡大阻止と防疫のための予算措置などを指示した。
 全羅南道では非常対策状況室を設置、当初は半径3キロ以内の鳥類と卵を処分したが、その後、半径10キロにまで範囲を拡大して処分を進め、全羅道で14日までに鶏、アヒルなど155万羽が処分された。
 韓国で鳥インフルエンザが初めて確認されたのは2003~04年冬、06~07年冬だが、いずれも10月から3月までの間で、4月に確認されたのは今回が初めて。
 防疫当局が原因を分析しているが、地球温暖化との関連も疑われている。例年、2月には北に飛び立つ渡り鳥が今年はまだ、発生現場近くに残っている。温暖化でロシアの寒くなる時期が遅くなり、現在まで居残ったため、鳥インフルエンザが韓国で発症したのでは、という説だ。
Lab tests confirm bird flu in Primorye settlement ITAR-TASS, Russia  ロシア、ウラジオストック近くで発生の鳥インフルはH5N1ウイルスによるものと確定

 ロシアのウラジオストック北方100キロにあるVozdvizhenka村で発生した鳥インフルはH5N1ウイルスによるものであることが検査室診断で確定された。地域の報道機関が関連行政局の発表として報道した。
 報道によると、週末には他の地域への拡大は見せてないとされる。
 地域の家きんに対するワクチンは終了した。
 今回の鳥インフルは4月7日に個人の経営する農場で発生し、40羽の家きんが死亡した。
 当局者は、「東南アジア、インド、アフリカ等から渡り鳥が当地へやってくる。それらは鳥インフルウイルスを運んでくる。我々は警戒している」、と今後も発生の危険性が高いと警告している。

Indonesian leader meets U.S. health official over bird flu people’s daily on line (中国) インドネシアの指導者米国保健省高官と鳥インフルエンザについて会合
Y.Takei訳

 スシロ・バンバン・ユドヨノ インドネシア大統領が14日(月)米国保健省高官と、鳥インフルエンザウイルスの検体をインドネシアから世界保健機構(WHO)に送る件について協議した。
 スシロ氏と保健社会福祉省長官のマイケル・リーヴィト氏との会合で、WHOにウイルス検体を送る手続きとインドネシアの鳥インフルエンザ薬の入手権利について主に協議したと、シティ・スパリ保健大臣が公邸で報道者らに語った。
 インドネシア政府は、WHOの公正な処遇を求めている。WHOは、インドネシアの検体を使用した研究により、簡単に鳥インフルエンザワクチンを手に入れることができるからであると、サパリ氏は語った。
 インドネシアは、2003年に最初に鳥インフルエンザウイルスが確認されてから、今まで133例の人が感染した鳥インフルエンザが発生しており、107人が亡くなっている。
Bird flu spreads further in S. Korea Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国の鳥インフル、さらに拡大
 韓国の鳥インフルの確定事例と疑い事例を合わせると32例となった。隔離対策を強化しているが拡大対策は成功していない。
 韓国農業省は、全羅南道咸平郡(ハムピョン=グン)と全羅北道益山市(イクサン=シ)の二ヵ所で鳥インフル発生が13日遅くに報告されたと発表した。この地域では先月末に韓国で最初の鳥インフル危険報が出されたとき以来、報告はなかった。
 先週の8日までに報告された初期の鳥インフル発生は、主に全羅北道の金堤市(キムジェ)と井邑市(チョンウプシ)が中心地となっていたが、9日には全羅南道の羅州市 (ナジュ=シ)で、さらに 週末には霊巌郡(ヨンアムグン)で発生している。
 金堤市と井邑市は大雑把に言えば、ソウルの南方260キロにあるが、益山市はソウルから230キロ、そして咸平郡(ハムピョン=グン)は383キロの地にある。
 これまで把握された32事例のうち、15事例で強毒性H5株と同定された。他の事例も多分強毒性H5株であると専門家は考えている。
全南でも高病原性鳥インフルエンザを確認  中央日報 
 全北に続き全南地域でも高病原性鳥インフルエンザ(AI)の発症が確認された。
  全羅南道(チョンラナムド)は8日、霊岩郡新北面(ヨンアムグン・シンブクミョン)の農場で発生したニワトリの集団死の原因が高病原性(血清型H5N1)鳥インフルエンザであるものと判定されたと13日、明らかにした。
  今年、全南で高病原性AI鳥インフルエンザが確認されたのは今回が初めてだ。AI疑いがあるという届け出も相次いでいる。
  農林水産食品部は12日、全北金堤(チョンブク・キムジェ)と全南霊岩、務安玄慶(ムアン・ヒョンギョン)、雲南(ウンナム)など4カ所で鳥インフルエンザを疑う届け出があり、精密検査中だと13日、明らかにした。
South Korea: Bird flu quarantines increase  United Press International (国際) 韓国: 鳥インフルの検疫を強化
A.Tohda訳

ソウル 4月13日(UPI) -農業省によると日曜日(13日)、鳥インフルの可能性がある事例が全羅南道のムアン(Muan)で発見された。これは韓国での今年にはいって29番目のH5亜型株の疑い事例となる。新たな鳥インフルの疑いが出てくる中で、霊巌郡(ヨンアムグン)、ナジュ市(Naju)、金堤市(キムジェシ)、Jeoneup、ムアン(Muan)では、鳥の輸送や 人間、車の往来が制限され、検疫が強化されている。さらなる発生を防ぐため全羅南道当局は、全道に鳥インフル警報を出した。
新型インフル水際対策、邦人帰国に企業も備え 日本経済新聞
 世界的大流行(パンデミック)のおそれが指摘される新型インフルエンザ。政府は「在外日本人の速やかな帰国」と「外国人の入国制限」を柱とする水際対策を9日に公表、自国民の保護を優先する姿勢を打ち出した。海外進出企業は対応マニュアルの見直しに乗り出すなど、機敏に反応。医療体制をどう確保するかなど、課題はなお山積しているが、「未知なる脅威」への備えが本格化しつつある。
 新型インフルエンザが発生した場合、社員の安全確保と業務の継続を両立させる必要に迫られる。海外に多くの社員を派遣する企業は政府の水際対策案を受け、対応マニュアルの見直しに着手したが、「まだ不明点が多い」と課題を指摘する声も上がっている。
South Korea: Bird flu quarantines increase United Press International 国際 韓国:鳥インフル隔離地域増加

 鳥インフル疑い農場が激増している中、韓国内の閉鎖地域が増えている、と当局が発表した。
 食料農業農業水産省は13日に、全羅南道務安郡 (ムアン=グン)で鳥インフルが発生し、H5N1鳥インフルによるものである可能性が持たれている。
 農業省によると務安郡 (ムアン=グン)での発生は、H5N1鳥インフル発生疑い例として、今年度29事例目となる。

Bird Flu Case Caused By Deadly Strain My Fox Boston, MA  致死的ウイルスによる鳥インフルが発生
全米ニュース。

Bird Flu Case Caused By Deadly Strain MyFox WGHP, NC 米国) 致死的ウイルスによる鳥インフルが発生
Bird Flu Case Caused By Deadly Strain MyFox Dallas, TX  MyFox Dallas, TX  (米国) 致死的ウイルスによる鳥インフルが発生

 韓国政府は、鳥インフル対策として既に130万羽の家きんを処分しているにも関わらず、新たに4番目の農場でH5N1鳥インフルウイルスを確認した。

 全羅南道の霊巖郡(ヨンアムグン)の農場である。

 昨日、他報道で既報。

4月13日

Bird flu spreads in South Korea Forbes, NY (米国) 韓国で鳥インフル拡大
 韓国は13日、今月に入って4事例目のH5N1鳥インフル発生を確認した。既に100万羽を超える家きんの殺処分や他の懸命の対策にも関わらず、鳥インフルは拡大している。
 農業省はソウル南方380キロの全羅南道(チョンラナムド)の霊巌郡(ヨンアムグン)の農場で発生した鳥インフルが、H5N1ウイルスによるものであることを確認したと、発表した。
 農業省の担当者は、今回確認されたH5N1鳥インフル発生は、今月(本年)に入って4事例目であると説明した。
 同地域では他に6件の鳥インフルが発生しているが、ウイルスはH5亜型株としか判定されて無く、H5N1鳥インフルウイルスかどうかは今後の検査結果によると説明された。現在、農業省は18以上の検体を検査に出していて、その結果を待っていると付け加えた。
 当局は、南部韓国の全羅南北道の感染農場周辺で、130万羽の鶏とアヒルを殺処分している。同地域は韓国の家きん産業の中心地域である。
 また当局は地域内における家きん、人、車両の移動を制限している。
 韓国では2006年11月から2007年3月までに、7件のH5N1鳥インフル事例が家きん農場で発生している。詳細

* 日本では、上記韓国での発生に引き続き、2007年1月10日に宮崎県清武町の養鶏場で発生した。
  昨年の韓国での発生は、忠清南道、京畿道および全羅北道とやや北部の地域で起きたが、今回は全羅北道および南道と南部地域で起こっている。また発生間隔が短く、まだ最初の発生から2週間程であるが、既に4件の発生が確認されている。他にも10例以上の発生が疑われており、最終的には昨シーズン以上の広範な拡大が予想される。今夜の韓国MBCテレビニュースで言っていたが、4月に入ってから拡大していること、アヒルで多くの感染が起きていることから、専門家の中にはウイルスが変異している可能性との意見も出ている由。
 さらに見逃せないのは、ロシアの旧満州地区のウラジオストック周辺でもH5N1鳥インフルが発生している可能性がある(12日報道)。
South Korea confirms latest deadly bird flu strain Malaysia Star, Malaysia  (マレーシア)韓国、致死的鳥インフル発生直近例を確認
S. Korea confirms fourth deadly outbreak of bird flu Jerusalem Post, Israel  (イスラエル) 韓国、致死的鳥インフルの4番目の発生を確認

Bird flu case caused by deadly strain  Newsweek  (米国) 韓国で致死的鳥インフル発生
 全羅南道霊巖郡の養鶏場でH5N1鳥インフルウイルスが確認された報道。
S.Korea confirms fourth deadly outbreak of bird flu China Post, Taiwan  (台湾) 韓国、致死的鳥インフルの4番目の発生を確認
 全羅南道霊巖郡の養鶏場。下方で既報。
全北、金堤でまたAIの疑い事例発見 innolife.net 
 月1日、今年初めての高病原性AI、鳥インフルエンザが発生した全北、金堤でAI疑い事例がまた申告された。全羅北道AI防疫対策本部は今日、金堤市金山面にある飲食店で育てた鶏が集団検査をした結果、AI陽性反応が出たと明らかにした。
 この飲食店は金堤の初めてのAI発生地から11kmほど離れており、鶏500匹の中で100余匹が死ぬや防疫本部に申告した。防疫本部は国立獣医科学検疫院に精密検査を依頼し、高病原性AIかどうかの結果は2~3日中に発表される予定だ。
South Korea confirms fourth deadly outbreak of bird flu The Economic times (国際) 韓国、致死的H5N1鳥インフルの4番目の発生を確認
A.Tohda訳

 ソウルの南西約380キロの霊巌郡(ヨンアムグン)の農家で最近ニワトリへの感染があったが、韓国農業省は本日(13日)、政府のテストでこれはH5N1株によるものと確認されたと発表した。これは、同国で確認されたH5N1鳥インフル発生の4番目のものとなる。全羅南道政府は、発生現場の半径3キロ範囲の20の農場で470,000羽のニワトリやアヒルが殺処分されたと語った。
Chickens of only affected farms to be culled in futureIndependent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、今後、感染農場だけの鶏を殺処分に
 感染農場から1キロ以内の農場では厳重モニター、500メートル以内の放し飼い家きんは殺処分、の予定。
Bird flu virus may have mutated Times of India, India - (インド) 中国、鳥インフルウイルスが変異したかこも知れない
 昨年12月の中国の父息子事例。

新型インフル、患者減に「長期休校」有効…英仏の研究グループ 読売新聞 
 現在のインフルエンザよりはるかに致死率が高いと推定される新型インフルエンザが流行したとき、終息までの長期にわたり流行地域内の学校をすべて閉鎖すれば、ピーク時の患者数を4割減に、総患者数も13~17%減らせるという予測結果を、ロンドン大などの共同研究グループが、英科学誌「ネイチャー」の最新号に発表した。
 これだけでは感染拡大を押さえ込めないが、抗ウイルス剤やワクチンなどを事前に備蓄できない場合に選択肢の一つとして注目されそうだ。
 研究グループは、フランスの開業医約1200人から集めたデータを使い、1985年から21年間にわたるインフルエンザの患者数を分析。クリスマスなど学校が休暇期間中の患者数に注目して、休校措置の効果を調べた。
 この結果、通常のインフルエンザの場合、休校期間中は、18歳未満のインフルエンザ感染率が20%以上低下することが判明。総患者数を16~18%減らす効果が見られたという。
 これをもとに、人口の半数が感染するような深刻な新型インフルエンザについて予測したところ、ピーク時の患者数を39~45%、18歳未満に限れば47~52%減らせると推定。期間全体でも総患者数を13~17%、18歳未満を18~23%減らせることがわかった。
 研究グループは、休校措置は、ピーク時の患者数を抑え、医療機関に集中する負担を減らせると分析。ただ一方で、それ以外の対策の必要性も明らかになった。

* ネイチャー論文をこのように部分的解釈している報道と、全体的論旨から別な結論を得ている報道があるが、正確に伝えている内容は、11日にロイターの記事で伝えているので参考にすること。
 現象面からとらえると、患者発生数を七分の六にしか落とさないが、ピーク時の発生者数を平坦化するため、医療機関に対する負荷量は減る。しかし子供達を家庭に長期間置くためには、保護者が家庭にいなければならない故、企業の人的パワーが減る。休むことから保護者の賃金がカットされるので、保護者は結局託児所等に子供を預けなければならない。そうなると。学校閉鎖をしているにもかかわらず、集団感染の場が新たに出来ることになる。
 ニュージーランドの報道では、タイトルをこうした対策は失敗、としている。
 有効とタイトルにはするには、無理がある。米国でも類似問題で壁に当たっており、ウエブスター博士は、現在の対策状況では学校閉鎖や企業閉鎖等の実行は不可能である、と昨年談話を発表していた。
  **この辺の意見がありましたらメールでお願いします。
4月12日


Russia confirms bird flu outbreak NDTV.com, India  (インド) ロシア、鳥インフル発生を確認
 先の報道と同じ内容。
 ロシア、ウラジオストック北方110キロの村で鶏等の家きんで鳥インフルが発生。詳細なウイルス株は検査中。
 42羽の家きんのうち28羽が死亡しているのでH5N1鳥インフルである可能性が高い。
 近くに自然保護区があり、渡り鳥の飛来地の可能性もあるが詳細は不明。

 韓国南部でも家きんの間でH5N1鳥インフルが拡大中であることから、この地帯全域でウイルスが広がっている可能性が気になる。


Russia ministry confirms bird flu outbreak The Times of India (インド) ロシア、農業省が鳥インフルの発生を確認
A.Tohda訳

モスクワ:ロシアの農業省が、数十羽のニワトリが死に検疫を受けていた極東地域プリモルイ(Primorye)の村のひとつで、鳥インフルが発生したことを確認した。
 ウラジオストクから北に110キロのVozdvizhenka村の農家で、2日間で42羽の雌鶏とホロホロ鳥のうち28羽が死んだと、同省の獣医学管理部門が木曜日(10日)声明を出した。
 死んだ鳥は焼却された。地域の研究所が死んだ鳥から採取されたサンプルをテストし、鳥インフルの発生を確認した。国立研究所が、それが致死的H5N1ウイルスであるかどうかを決定することになっている。
 当局が村に非常線を張り、当該農家のその他の鳥すべてを殺処分し、村と近隣地域の鳥にワクチン接種したと、同省は語った。
China rejects human-to-human bird flu report AFP (国際) 中国政府、鳥インフル人人感染の報告を否定
 中国政府は、鳥インフル人人感染の可能性例をまとめた研究報告の受け入れを拒絶したと国営通信が報道した。
 英国の医学雑誌「ランセット」の今週号に掲載された研究論文で、24歳の青年が父親にH5N1鳥インフルを死亡する前に感染させた可能性が高いことを報告していて、それはパンデミック発生の怖れを引き起こした。
 しかし保健省報道官のマオ・クンアン氏は、人人感染が起きたことを証明する明確な根拠はないと発表した。
 「これまで中国内で、H5N1ウイルスが容易に人から他の人へ感染することが出来るという考えを支持する、証拠は出ていない」、と11日、新華社通信を通じて発表した。
 昨年12月東部の南京市で発生した事例は、人から人へ感染したことが疑われる世界の少数事例のうちの1事例となっている。
 しかしながら、これまでのところ、これら全ての事例は、科学者達が「限定された、継続的拡大は起こさない人人感染」と呼ぶものであり、その意義は特殊な環境下でのみ生じた感染であるとされる。
 専門家達はH5N1鳥インフルウイルスが変異して、20世紀に発生した3回のパンデミックと同じように容易に人から人へ感染する性格を有してくることを恐れている。

*息子から父親にウイルスが感染したことは確かと考えられるが、ウイルスが人人感染を起こしやすくなったため、感染を生じたわけではないことを、中国政府は強調していると思われる。
China says no evidence of human-to-human H5N1 outbreak People's Daily Online, China (中国) 中国保健省、H5N1鳥インフルウイルスが人人感染を起こす根拠はないと
 昨年12月の息子から父へのウイルス感染が、ウイルス変異により、人人感染をウイルスが生じやすくなっているわけではないと、保健省広報官が定期の記者会見で発表。
Tripura completes culling in bird flu-hit area NewKerala.Com (インド) インド、トリプラ州、殺処分を完了
A.Tohda訳

 トリプラ州当局は金曜日(11日)、バングラデシュに隣接し鳥インフルが確認されたダーライ県でおよそ40,000羽の家禽の殺処分を完了した。家禽小屋の取り壊し、感染地域の消毒と清掃、隠された家禽や家禽製品の回収などの総仕上げの作業は土曜日から火曜日にかけて行われる。州政府は、被害を受けた養鶏農家や村人らに総額200万ルピー(約505万円)の補償金を支払った。同州ではこれとは別の場所で、ここ2、3日に新たに鳥インフルの報告があったが、それらの死んだ鳥からも血液サンプルが採取された。
Bird flu kills another woman in Egypt, bringing toll to 22 Jerusalem Post, Israel  (イスラエル) 鳥インフル、エジプト人女性を感染死、同国の死者数を22人に
 エジプト保健省は30歳女性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が22人となったことを発表した。
 当局によると、女性は飼育鶏から感染した。北部のナイルデルタ地域のマタリヤ県に住んでいた。高熱と呼吸困難で9日に入院し、タミフルによる治療を受けていたが11日に死亡した。
 2006年3月以来49人目の発病者である。

* 総合的に判断すると、発病した飼育中の鶏から感染し、4月2日発病、9日から入院、そしてタミフル治療、11日に死亡。発病1週間後からのタミフル治療では全く効果がなかったと判断。
4月11日

               

Egyptian woman dies of bird flu, 22nd death in Egypt Reuters South Africa, South Africa (アフリカ、ロイター) エジプト女性鳥インフルで死亡、同国22番目の死者に
 A.Tohda訳

 エジプト女性が鳥インフルで金曜日死亡した。同国保健省によると、女性は4月2日に鳥インフルの症状を示し、9日にカイロの呼吸器専門病院へ収容され、鳥インフル感染者への標準的治療薬 タミフルを処方された。
前年の冬よりも少ないが、エジプトではこの冬、H5N1鳥インフルで7人が死亡した。エジプトでは、約500万の家庭が家禽を主な食物・収入源としている。政府はこれが、大規模な家禽へのワクチン接種計画を実施しているにもかかわらず、鳥インフルを根絶できない原因になっていると言う。エジプトに鳥インフルウイルスが初めて出現したのは、2006年2月である。エジプトは、アジア以外で鳥インフルの被害を最も受けている国である。
Bird flu claims another life in Egypt Middle East Online, UK (英国) エジプトで鳥インフルで新たな死亡事例
 30才女性が4月2日に鳥インフル症状を呈し、9日にカイロの病院へ入院した。そして本日死亡した。
 女性の死亡は、この1週間で2人目となった。
 5日には19歳の青年が、タミフルが効果を示さず死亡している。
Egyptian woman dies of bird flu Africasia, UK  (英国) エジプト女性、鳥インフルで死亡
 エジプト保健省は、11日、女性がH5N1鳥インフルで死亡し、同国の死者数は22人となったことを発表した。
 国営通信のMENAが当局者の発表として伝えた。
France lowers bird flu risk level to "weak" Reuters (国際) フランス、鳥インフル発生リスクを”弱”に下げる
 フランス農業省は鳥インフル発生危険度を”中等度”から”弱”に11日下げた。理由は英国とスイスにおける、高病原性H5N1鳥インフルの疫学的状況が改善したことを上げている。
 フランスは先月スイスで致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたことから(カモで)、危険度を”中等度”に上げていた。
 フランスが危険度を下げたことから、マーケットでは再び生きた鳥が集められると予想される。
Bird flu threat hits Russia RussiaToday, Russia (ロシア) 鳥インフル、ロシア極東で発生
 十数羽の鶏が死亡し、鳥インフル発生の疑いがもたれているロシアの極東で、村人達の鳥インフル検査が行われ、健康状態がモニターされている。
  Primorsky 地域のVozdvizhenkaで村人達がウイルスに暴露された心配を医師達はしている。
 感染拡大を防ぐために40羽以上の家きんが殺処分され、埋められた。
 獣医達は地域を消毒し、近くの村の家きんにワクチンを接種している。
Bird flu spreading through southwestern S. Korea Yonhap News, South Korea  (韓国) 鳥インフル、韓国の南西部一帯に拡大
 韓国で3月末に大量の鶏とアヒルの殺処分が開始された鳥インフルの発生が、南西部地域でさらなる拡大の様相を見せている、と政府が11日に発表した。
鳥インフルエンザ、全南地域でも発生  朝鮮日報 
 全羅北道で広がっている鳥インフルエンザが全羅南道でも発生した。農林水産食品部は10日、「全南霊岩の養鶏場で今月9日に申告されたニワトリの伝染病を検査した結果、鳥インフルエンザであることが確認された。人体に感染する高病原性の可能性があるかどうかについては調査中」と明らかにした。
 霊岩の養鶏場は、高病原性鳥インフルエンザが確認された全北井邑地域から100キロ以上離れている。しかし、全北井邑永元面の高病原性鳥インフルエンザに感染した鴨を出荷した車両が出入りした地域に位置していることから、高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性を排除することはできない。
 防疫当局も、霊岩の養鶏場で発見された鳥インフルエンザが高病原性である可能性に備え、同農場で育てられたニワトリ1万8000羽を処分したほか、半径10キロ地域で防疫作業を行った。
Indonesia bans Navy medical research unit  navytimes  (米国) インドネシア、米海軍医学研究部隊(NAMRU-2)の活動を禁止
A.Tohda訳

共同通信社
 
 インドネシア政府は、米海軍医学研究部隊(NAMRU-2)の同国での活動を禁止したと、現地の夕刊紙が木曜日(10日)発表した。同部隊は、鳥インフルを含む東南アジアでの感染病を研究している。禁止令の理由ははっきりしていない。
 シナル・ハラパン紙(Sinar Harapan daily)は、禁止令に関する覚書に保健省 保健研究開発局のトリオノ・ソエンドロ長官(Triono Soendoro)がサインし、幾人かの閣僚に配布したと伝えた。
 「NAMRU-2のわが国での活動を禁止する。申し訳ないが、これ以上はコメントできない」と、同紙はソエンドロ長官のことばを伝えている。
 保健省 報道官 ソエマルディ氏もこのコメントの確認を拒んだ。
 「私はそれについてまだ情報を受けていない」と彼は共同通信社に語った。 
 この禁止令は、シティ・ラヒル・ファディラー・スパリ保健大臣の本の出版を受けて出された。本の中で、同大臣はWHOと米国政府が鳥インフルの拡大から利益を得ようとしていると非難している。NAMRU-2は、インドネシアで2004年に初めて鳥インフルの事例が確認されたあと調査を開始した。
 本の中で、スパリ大臣は、「いま世界が変わるべき時だ」と言う。彼女は、WHOの研究所が鳥インフルの標本を西側諸国に送りワクチンを作らせ、それを感染した国々へ売って儲けていると主張する。
 火曜日(8日)現在、鳥インフルは2003年12月の再出現以来、14カ国で少なくとも379人に感染し、WHOのデータではそのうち239人が死亡した。

インドネシアは107人の死亡で統計の一位を占め、52人のベトナム、21人のエジプトが続く。感染のあったその他の国は、アゼルバイジャン、カンボジア、中国、ジブチ、イラク、ラオス、ミャンマー、ナイジェリア、パキスタン、タイ、トルコである。

NAMRU-2部隊は1970年にインドネシアに設立され、東南アジアにおいてこの分野の最も先進的な設備のひとつである。その活動は、インドネシア保健研究開発局の援助と協力を得て行われてきた。

* 日本の共同通信社が配信している。当報道誌は米海軍により出されているようだ。
 いよいよインドネシア状況も雲行きが怪しくなってきたようだ。
 スバリ保健省大臣は優秀な医師で多くの研究論文を出している。
 優秀な故に、インドネシアの置かれている立場の不利な状況が分かり、また現在のインドネシアにとっての価値判断ができるのかも知れない。
 別な消息筋によると、分離H5N1鳥インフルウイルスの分析も同国の研究所で行う態勢を作り、WHOや米国の協力を求めないようにするという。

 民族主義的イデオロギーが先進国の独断的イデオロギーと対立と言うよりも、地球上においては全ての民族、人々は公衆衛生学的に平等であるべきという立場からの反動的行為なのかも知れない。


Migratory Birds Make Mistakes In Direction, But Not Distance Science Daily (press release)  (米国) 渡り鳥、渡りの方向を間違えてヨーロッパに


AFP
ドイツ、マールブルグ大学の鳥類学者と生態学者達の研究チームらが、シベリアから飛来する渡り鳥が、繁殖のために南方へ向かう方向を誤って、南アジアへ向かうのではなくヨーロッパへ向かってくるという仮説を証明する調査結果を発表。
 飛行距離は同じであるという。

 *
なぜヨーロッパへH5N1鳥インフルウイルスがもらされたか、渡り鳥説における新研究。

韓国で新たに鳥インフルの感染確認、今月9件目 AFPBB News 
 韓国の農林省は10日、今月に入って9件目となる鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。
 9件目の感染が確認されたのは、ソウルの南260キロメートルの金堤(キムジェ)で、同地域では3日に今年初の感染が確認されたばかり。

 農林省によると、感染が確認された9件すべてでH5型が、9件のうち2件で高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)の感染が認められたという。また、国内ではほかにも13件の感染の疑いがあり、検査結果が出るのを待っているという。

 保健当局は、畜産業の中心地となっている全羅南道(チョルラナムド)地域の、感染が確認された養鶏場の家禽(かきん)数十万羽を処分。また、家禽、ヒト、車両の移動も制限している。

 *現場写真が3枚掲載されている。
鳥インフルエンザ:「再度危機意識を」 韓国で発生、県が緊急会議 /宮崎 毎日新聞 
 鳥インフルエンザが4月に入って韓国で3件報告されている。本県でも昨年1~2月に3件発生した。渡り鳥シーズンは過ぎたが、県は「近隣国での発生。再度危機意識を」と警戒を呼び掛けている。
 農林水産省によると、4月に入って韓国北部の全羅北道(チョルラブクド)の肉用アヒル農場や採卵鶏農場で、2~8日に3件発生した。
 県は韓国での現状を受けて、農業団体や獣医約50人を集めて9日に緊急会議を開催。韓国での発生状況を説明したうえで、防鳥ネットや石灰消毒の徹底を要請した。会議では、伊藤孝利・県農政水産部次長が「渡り鳥シーズンが終わったと思った矢先に韓国での発生があった。再度危機意識を喚起して防止対策徹底を」と呼び掛けた。
 鳥インフルエンザは、昨年1~2月に、清武町、日向市、新富町で相次いで発生しており、渡り鳥がウイルスを運んだとみられている。

 *まさか初めての緊急会議ではないとは思うが…、でもこの報道で見る限り緊迫感は感じられない。なお韓国で報告されている件数は9件にはなっている。
  渡り鳥がウイルスを運んだとの意見はあるが、誰も確定していない。
4月10日
                                         
Suspected AI patient admitted to Madiun hospital Antara, Indonesia (インドネシア) インドネシア、鳥インフル疑い患者がマディウン病院へ入院
 鳥インフル様症状を呈する72歳男性が、マディウン郡のソエドノ総合病院へ9日、入院したことが病院当局者から発表された。
 患者は病院の隔離室で鳥インフル疑い患者として治療されている。
 患者は家の側で死亡した家きんに接触していて、入院時は熱はなく呼吸困難が認められたと当局者は説明している。

 一方、バンテン州タンゲラン郡で4日に45歳女性が鳥インフル疑いで入院した。
 タンゲラン総合病院の当局者の話では、女性は鳥インフル感染が示される兆候があるという。症状は発熱、咳、呼吸困難とされる。
 血液検体がジャカルタの保健省の検査所で調べられている。

*インドネシアでは疑い例が多いが、結果的に確定されている例は少ない。最終的に確定されると保健省から発表され、報道機関(ロイター等)から情報が流される。WHO情報は遅れる、

韓国、鳥インフル10カ所に拡大 MSN産経ニュース
 韓国農林水産食品省は9日深夜、家禽(かきん)類の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染確認が続く同国南西部の全羅道地域の新たに6カ所の農場でH5型ウイルスを検出したと明らかにした。これで感染確認場所は10カ所になった。さらに12カ所で感染が疑われている。
 同省によると、新たに確認された6カ所では感染力の強い高病原性かどうか判定されていない。うち5カ所は3日にH5N1型が検出された全羅北道金堤市の養鶏場から半径3キロ以内にある。残る1カ所はこれまでの発生確認地点から100キロ以上離れた全羅南道霊岩郡にある養鶏場で、感染経路の確認を急いでいる。
Tripura govt sounds red alert on bird flu Calcutta Telegraph, India  (インド) インド、トリプラ州で鳥インフル流行に赤信号
 州政府は州内への拡大を懸念して、高度警戒報を流す。

AI、全羅南道まで拡散の兆し 東亜日報 

全羅南道霊巖(チョンラナムド・ヨンアム)地域の農場で、鳥インフルエンザ(AI)と疑われる集団死が発生した。
 また、全羅北道井邑市ヨンウプ面(チョンラブクド・ジョンウプシ・ヨンウプミョン)では、4度目の高病原性AIの発生が確認された上、3件のアヒル集団死の届出が追加され、AI騒ぎが全羅南・北道地域全体へと広がる兆しを見せている。
 農林水産食品部(農食品部)と全羅南道の防疫当局は9日、霊巖郡新北面(シンブクミョン)の李某氏の養鶏場でAIと疑われるニワトリ80羽あまりが集団死し、国立獣医科学検疫院が精密検査に取りかかったと発表した。
 同農場では約1万7800羽の種鶏を飼育しており、8日午前から呼吸器疾患や顔面の腫れ、活力低下など、AIに類似する症状が現れたことがわかった。
 特に同農場は、2度目のAI発生地である井邑市永元面(ヨンウォンミョン)の農場から屠殺場へアヒルを運んだ車5台が出入りしたところで、霊巖農場の集団死の原因がAIと判明されれば、全羅北道地域に限られていたAIが、事実上、本格的な拡散の局面に入ったと観測される。
 これを受け、全羅南道は同農場に対し、ニワトリや車両などの移動制限措置を取り、防疫車を緊急投入して消毒を行う一方、他のニワトリの症状を見守るものとした。
  一方、農食品部は9日、7日に届け出を受けた井邑市永元面のアヒル農家の集団死の原因は、高病原性AIであることがほぼ確実だと発表した。
 これを受け、これまでに高病原性AIと最終的に確認されたところは、全羅北道金堤市(キムジェシ、4日確認)と井邑市永元面(7日)、古阜面(コブミョン、8日)、再度永元面の農家まで含め、計4カ所に増えている。
 また、全羅北道は同日、2度目の発生地である井邑市永元面の農場から2.9キロ離れたアヒル農場と、3度目の発生地である古阜面の農場からそれぞれ2キロ、14.3キロ離れた2ヵ所のアヒル農場で、AIと疑われる届出を受け、精密な調査を行っている。
 全羅北道は追加届出の地点がAIの発生地と隣接している上、力学的な関係性も大きいと判断し、永元面や古阜面周辺の殺処分の範囲を、発生地から半径500メートルから、3キロへと広げ、同地域に新たに含まれた9つの農場のアヒル15万羽あまりを追加で処分することを決めた。 
農食品部によれば、9日午後3時現在、殺処分されたニワトリやアヒルは計52万4000羽で、廃棄された卵は2330万2000個に上り、これまでの予想補償金額だけでも75億ウォンに上るものと試算される。
新型インフル:政府が対策案 直行便自粛要請も 毎日新聞

政府は9日、新型インフルエンザ発生時の「水際阻止」と「地域封じ込め」の対策案をまとめた。海外の主要都市で感染が広がった場合、直行便の全便運航自粛を航空会社に要請し、ビザ(査証)発行を止めて発生国からの入国者を極力減らす。関係機関の意見を聞き、7月までに改訂する国の新型インフルエンザ対策行動計画に反映させる。
 水際対策については、検疫ガイドラインで基本的な手順を定めていたが、今回初めて具体策を明示した。
 対応は(1)海外の主要都市で発生(2)辺境地で発生--の2パターンを想定。(1)の場合、全便の運航自粛を求めつつ、発生国から入国してきた全員を病院やホテルなどに10日間留め置く。発生国の外国人には緊急時以外は入国ビザを発給しない。日本人は政府専用機や自衛隊機を使って速やかに帰国させるが、発症者は完治するまで帰国できない。

 (2)の場合は、10日間の留め置きを患者との濃厚接触者に限り、外国人は現地の医師が非感染証明を出せば、ビザが受けられる。
 発生国からの航空機は▽成田▽関西▽中部▽福岡--の4空港、船舶は▽横浜▽神戸▽関門--の3港に到着地を限定。集中配置する検疫官や出入国管理官には、鳥インフルエンザウイルスから作ったワクチンを事前接種する。
 人の往来や交通を遮断して感染拡大を防ぐ封じ込めについては「国内では基本的に困難」(内閣府)との判断から、人口密度が低い離島や山間地でのみ実施を検討するとした。その場合、厚生労働省が専門家を現地に派遣し、住民に20日間程度の外出自粛を求め、抗インフルエンザ治療薬「タミフル」を一斉に予防投与する。


* 基本的対策の骨格と思われる。
  こうした案を検証する良い方法は、毎年流行する季節性インフルエンザを対象にして考えるのが良いと思う。このような方法で季節性インフルエンザが国内に入るのを防止出来るか?多くの箇所にウイルスが侵入する穴が無いのか?なぜ通常のインフルエンザ対策から考え方を発展させないのか理解出来ない。多分、インフルエンザ患者を診たことのない、またその対策に関与したことのない人々が考えているのかも知れない。
 海外の大都市、または田舎で発生した場合、いかにそこからの拡大を防ぐか?政府専用機や自衛隊機を使って帰国も理にかなっているが、パンデミック発生後なら、機材の消毒、乗せるべき乗客のスクリーニング(ウイルスに感染している人、無症状者、キャリア等はどうするか?)、如何に国内へウイルスを持ち込まないようにするか、等、各論部分が極めて難しい。
 各論部分が実行困難な総論は教科書だけにしておくべきだと思うが、じゃどのようにすればという疑問が生じそうだが、各論が実行困難になる前に有効な対策を立てるのが正解である。
 問題1として、現在のインドネシアは邦人を引き上げさせるべき?そうじゃないなら、どのような状態になったら引き上げさせるべきか?これに回答を下せないとしたなら、新型対策を検討するのは机上のお遊びに等しい。答えは、引き上げさせる必要はない。なぜか?それはこれまで、さらに現在のインドネシアの状況とH5N1鳥インフルの家きんにおける発生状況の推移、およびウイル学的分析結果から判断する。
 問題2として、中国でどの程度家きんでのH5N1鳥インフルが発生しているか把握しているだろうか?今後、月に数人程度の発病者が出たとした場合、五輪チームはどうするのか?また現在の状況で五輪に参加した場合、チームドクターはタミフルを持ってゆくのか?
 具体的に、現実的に、論理的に、科学的に、人道的に、危機管理対策を行う必要がある。
 オーストラリアチームはタミフルを持参してゆくと聞いた。
 このような対策案でいつも気になるのは、立案者が他人事のような立場で考えていることだ。いつ起きるのか分からないと言いながら、現在は何も対策を講じる気配はない。今日、明日、どこかで発生しているかも知れない。バングラデシュで、インドで、インドネシアで…。即対応出来る状況にしなければ、お金をもらっている業務にはならない。
 
Flu pandemic plans could fail TVNZ, New Zealand  (ニュージーランド) パンデミック対策計画は失敗するかも知れない
 下方のロイター配信内容。学校閉鎖を行っても両親が職場を長期間休めないために託児所等に子供を預けることで、そこで集団感染が発生する危険性等。

1 in 7 cases of bird flu could be prevented by closing schools in ... PhysOrg.com, VA パンデミック時の学校閉鎖は7人に1人の発病を抑える効果
 下記と同内容。
School closings may be no holiday for flu pandemic Reuters (国際) 学校閉鎖はパンデミックインフルエンザ流行に対して、単なる休日ではない

印刷用ファイル
 パンデミック・インフルエンザの際の学校閉鎖は、インフルエンザの罹患者数を7分の6にしか減らす効果しかなく、従来報告されていたほどの大きな効果はないと、ロンドン王立医学大学の研究者達がまとめた論文が9日、「ネーチャー(Nature)」に掲載された。
 研究者達によると学校閉鎖は、働く両親達が長期間職場を離れることができないことから、託児所等に子供を預けることにより、新たな集団発生の危険性が高まることも指摘している。
 しかし、研究者達は学校閉鎖は、ピーク時の患者発生数を最大40%減らす効果はあり、医療機関の負担を減じることが期待されるとしている。
 「主要な効果は、流行速度を遅らせ、そのピークを平坦化することだ--それによりピーク時に医療機関で診療すべき患者数が40%ほどは減らすことが出来る」、と研究者であるロンドン王立医科大学のコウシェメツ博士が語っている。
 保健専門家達の大多数は、インフルエンザの世界的大流行がいつ発生してもおかしくはないと判断している。そしてそれはH5N1鳥インフルが変異して、人人感染を起こすようになり発生する可能性が最も高いと考えている。
 (英国)政府はワクチンや抗インフルエンザ薬は、パンデミックを予防したり流行を遅延させるには十分な効果は持たないと判断している。
 米国政府のパンデミック対策行動計画では、ウイルス伝搬を制限するために、学校の閉鎖や公共的集会の禁止が盛り込まれている。
 もしもこのような対策が迅速にとられ、ワクチンや抗インフルエンザ薬が有効に用いられたなら、ある研究によると、大都市でのウイルス拡大は80%程度は抑えられるという。
 しかしこのような評価方法では、広く変化する要因が組み合わさっていることから(信頼性は乏しいため:訳者)、今回の研究者達は、フランスにおける休日中と通常の開校中におけるインフルエンザの拡大状況を比較検討した。

子供達の隔離

 研究者達は学校が休日中の間16~18%、インフルエンザ患者数が減少することを知った。研究者達はそれら結果から得られた計算式から、パンデミックになった場合、学校閉鎖で患者累積数が13~17%減少し、そしてピーク時の患者発生数が39~45%減少すると計算出来た。(要するにピーク時の発生者数が減少して、発生者曲線が平坦化)。
 しかし、実際に子供達を隔離状態にすることが難しいとなれば、これらの効果は期待出来ない、と研究者達は論じている。
 「もし我々が大きな効果を得るための対策を講じたいとしたなら、子供達の生活場所を分離し、さらに彼等を集団にさせないことが重要だ、とコウシェメツ博士は主張する。
 最近の研究結果によると、スペインインフルエンザに際し、米国で早期に学校閉鎖と公共的集会の禁止を行った町では(セントルイス市:訳者*)、何もそのような措置を行わなかった他都市に比較して死者数は半数に減っている。
 コウシェメツ博士は、特に致死的パンデミック・インフルエンザの場合には、両親達は子供達を家庭に隔離したいと願うに違いない、と考えている。
 「しかし、それは多くの両親達にとって極めて難しいことだ。なぜなら何ヶ月間も子供達の世話を家庭で行うために職場を休むことは出来ないからだ」、と同氏は説明する。
 コウシェメツ博士は、パンデミックの期間が長引けば、両親達は民間の無認可託児所に子供達を預ける可能性がある、と語り、それは政府が対策を考える中で、十分考慮すべきリスクの一つであると語る。
. 「我々は人々がどのような動きをするか予知出来ない。しかし、我々はこのようなことが起きると、学校閉鎖等の措置はインフルエンザ拡大防止にとって何の意味もなくなることを知っておく必要がある」、と同博士は警告する。

*詳細内容を翻訳してあります。
1918年のパンデミックの教訓は数百万人の命を救う(St. Louis Post-Dispatch) 2006/7/09


S Korean government confirms additional outbreak of bird flu Xinhua, China (中国、新華社) 韓国政府、さらなる鳥インフル発生を確認
A.Tohda訳

 韓国政府は木曜日(10日)、同国 南西部の6つの農場でさらなる鳥インフルの発生を確認したと発表した。
 全羅北道金堤市で今年最初の発生が報告されたが、農業省によると、同市の5つの家禽農場で今回あらたにH5亜系株の鳥インフルが発見された。金堤市はソウルの南 約262キロにある。
 同時に、政府はソウルの南 384キロにある全羅南道の靈岩(Yeongam)でも別の鳥インフル発生を確認した。

 これで、今年 鳥インフルに感染した農場の数は10に増えた。

Thousands of poultry birds culled in Tripura Thaindian News (タイ) インド、トリプラ州、多数の家禽を殺処分
A.Tohda訳

 アガルタラ 4月9日(IANS)- 州の各所からも新たな鳥の死の報告が入ってきているが、トリプラ州はとりあえずこの2日間で推定19,000羽の家禽を殺処分したと、水曜日(9日)、当局者が語った。「当局は火曜日(8日)に殺処分を開始し、9,000羽以上を(主にニワトリ)1日目に処分し、約10,000羽を2日目に処分した」と、責任者の州動物資源開発省ベンカテスワール筆頭書記官(U. Venkateswarlu)は述べた。
 トリプラ州南部のラジナガル(Rajnagar)と西部のビシャルガル(Bishalgarh)でも、新たな鳥の死が報告された。
 「死んだ鳥の血液サンプルが、ボーパルの高レベルセキュリティー動物疾病研究所へ検査のために送られた」と同氏は語った。
 殺処分作業は、20の緊急対策チームによって水曜日 集中的に実施された。これら20のチームは、200人の州動物資源開発省職員および同僚からなり、州都アガルタラの北150キロにあるマラヤとモハンプル地域に配置された。
 隔離病棟が、ダーライ県カマルプルのビマル・シンハ記念政府病院に設置され、インド保健省は3人の専門医を緊急に送り込んだ。
 鳥インフルを考慮すると、家禽と家禽製品の推定損失は250万ルピー(約640万円)にのぼり、影響を受けた村の9,000以上の世帯が直接被害を受けたと、ベンカテスワール筆頭書記官は語った。

4月9日

South Korea reports new bird flu outbreak Reuters 韓国、新規鳥インフル発生を報告
 9日、韓国は既にここ1週間で50万羽の家きんが3農場で殺処分されている南西部の地域で、さらに新規鳥インフル発生農場を確認したことを発表した。
 最新の発生は井邑であるが、さらに他の10農場でも発生している可能性があると言う。検査で確認できるまで2~3日要するという。
 先週木曜日(3日)、13ヶ月ぶりに強毒性のH5N1ウイルスが、井邑から30キロ離れた金堤の農場で確認されたばかりだ。

*感染疑い農場が10ヶ所に増えた。なぜ井邑周辺でこんなに広がっているのだろうか?
Bird flu spreads in South Korea - agriculture Hemscott, UK  (英国) 韓国農業省:家きん農場での鳥インフルさらに拡大
AFP

 家きんの大量殺処分やウイルス拡大に対する他の対策の強化にもかかわらず、鳥インフル発生は広がっていると9日、韓国農業省が発表した。
 全羅北道井邑(ソウル南方250キロ)でさらに3アヒル農場で鳥インフル発生が疑われている。
 今月に入ってから発生確定及び疑い農場は8事例と増加した。
 井邑での対策は強化され、9農場の15万羽のアヒルの殺処分が9日から開始された。
 また農業省は先に鳥インフル発生が報告された井邑のアヒル農場でH5N1ウイルスが確認されたことを発表し、同ウイルスによる鳥インフル発生が公式に確認された農場は3ヵ所となった。
 さらに農業省は井邑内での家きん、人及び車両の移動に制限措置を行った。

 韓国は2006年11月から昨年(2007年)3月までの間にH5N1鳥インフル発生7事例を経験している。その間日本、香港、および台湾等への輸出を停止した。
しかし昨年6月にはOIEが、韓国から鳥インフルが消失した(清浄国である)ことを確認している。
Lee calls for efforts to stem spread of bird flu  The Hankyoreh (韓国) 韓国、李大統領、鳥インフルエンザ拡大阻止の努力を求める
Y.Takei訳

 李明博大統領は火曜日(8日)、先週、全羅南西部地区で発生した鳥インフルエンザ(AI)の拡大を国内で協力し食い止める努力をするよう命じた。
 李大統領は、先週致死性ウイルス発生の拡大の被害を受けた、全羅北道地区の家禽農場を訪問し、コメントをした。大統領は、担当者らから事情を聞く前に、ソウルから約250km南に位置する井邑を訪れ、AIに感染した農場と隔離の前哨地を視察した。
 韓国政府は、4つAI感染の疑い例と確定例がある、井邑のあひる農場での大量のアヒルの死は、過去に人間に感染したことのあるH5N1型鳥インフルエンザによって引き起こされたと正式に発表した。
 「政府は、韓国で毎年発生しているAIを防ぐため、抜本的な措置をとらなければならない。農林省はこの疾病の原因を検証するために、徹底的に研究する必要がある。」と李大統領は語った。
 「とはいえ、今のところ、人への感染事例が報告されていないことは幸運だ。」
 大統領側近によると、大統領は、これ以上の拡大を防ぐためにも徹底的な隔離をする措置をするようにその地区の担当者に指示をした。
「大統領は、他の地域への感染拡大の兆候がある最中に、個人的にAI感染地域の訪問を決めました。」と側近は語った。

* さすがイ・ミョンバク大統領、人への感染を危惧している。十分なる知識と危機感はもっているようだ。

Genes could influence birdflu susceptibility  Radio Australia(豪) 遺伝子が鳥インフルエンザへの感受性に影響か
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ヒトへの鳥インフルエンザ感染に関する研究で、遺伝子レベルの感受性が同ウイルス感染の重要要素であるかもしれないと判った。
 医学雑誌ランセットの最新号に、鳥インフルエンザ・ウイルスによって昨年12月に死亡したベトナム(中国の間違い、以下当稿では中国と記載する)の24歳男性が自らの父親に感染させた症例の調査結果を研究者チームが掲載している。
 この父親は後に治癒している。
 死亡した男性に曝露した他の90名には感染の形跡がなく、これはこの父子が鳥インフルエンザへの遺伝子レベルでの感受性を共有していたことを示すものだと、研究者チームはしている。
 鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染はいまだ稀である。感染症専門家であるジェレミー・ファラー博士はラジオ・オーストラリアに対し、高病原性のH5N1鳥インフルエンザがパンデミックを起こしうるウイルスに変異したことを示すものはないと語っている。
 「これまでの世界中におけるH5ウイルスの370症例のうち、約100名は集団の一部であり、こうした集団は常に近親者内のものなのです」と、同氏は語っている。
 「つまり、夫から妻へ感染ではなく、父から息子へ、母から娘へ、母から息子へということです」と同氏は述べた。

*基本的に血縁家族内の感染であって、これは遺伝的に易感染性を有する家系と考えられる。以前からこのような仮説は存在している。上気道細胞にH5N1ウイルスに対するHリセプターを有する家系とか…。通常の人は肺の奥にしか存在せず、人型インフルウイルスに対するHリセプターが上気道細胞にある。
IBM launches mashups for business portfolio  CNET Networks  (国際)    IBM ビジネスポートフォリオ用のマッシュアップの立ち上げに
M.Yano訳



鳥の種類や風の動きを基に鳥の行動パターンを示す鳥インフルエンザのマッシュアップ
 火曜日(8日)に発表されたIBMマッシュアップセンター(IBM Mashup Center)ではエンドユーザーのためのフロント・エンドツールの統合と情報収集を統括するといい、そのベータ版は4月15日に始まる。
 マッシュアップセンターはロータスマッシュアップ(異なるウェブサイトからの情報を結合して、一つのスクリーン上で提示する)から成り、IBMインフォ・スフィア・マッシュアップハブ(IBM InfoSphere MashupHub)-IT専門家が異なる情報源からデータを配信するための軽量ツール-も含まれている。 IBMは二つの商品を別々に販売するという。
 この商品はもともとIBMの未来技術グループが提案したもので、エンドユーザーに「軽量で短命なアプリケーション作成に、より大きな権限を与える」というアイデアのもと、開発が進められていた。 これらのツールは新しいアプリケーションを求めるユーザーの要望に追いつけずにいたIT部門への重荷を減らすために開発された。
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※マッシュアップ(mash up)
http://kaden.yahoo.co.jp/dict/?type=detail&id=5114
Web上に提供されている情報やサービスなどを組み合わせて、新しいソフトウェアやサービス、データベースなどを作ること。Web 2.0の構成要素として注目されている。GoogleやYahoo、Microsoftなどが提供する地図サービス、Amazonが提供する商品情報など、自社の技術をWebサービスとしてAPIを 公開するケースが増えてきており、これらの機能に独自のユーザーインターフェイスを組み合わせて、新しいサービスが提供されている。米国を中心に数多くの マッシュアップ事例が登場し、犯罪の統計情報、ハリケーン情報、ガソリンスタンドの価格情報といった実用的なものから、温泉情報、UFOの目撃情報、 ニューヨークの映画ロケ現場のような、趣味やエンターテイメントに類するものなど様々。マッシュアップの源泉となるAPIの開発にも拍車がかかっている。 もともとはヒップホップ系の音楽用語で、たくさんの曲を混ぜ合わせてリミックスするテクニックのことを指す。


Chinese Man Caught Bird Flu From Son Chatter Shmatter, Canada  (カナダ) 中国男性、息子から鳥インフルを感染
 鳥インフルで死亡した息子の看病をしていた父親が感染した、という研究論文が「ランセット」誌に掲載された報道であるが、新規事実として、90人の接触者調査で誰も感染の事実がなかったことが、今回の研究で明らかにされている。
 ウイルスの変異はなかったことが明らかにされているが、息子から父へと人人感染が生じたにも関わらず、周辺で患者に接触した市民が全て感染しなかったと言うことは、H5N1鳥インフルウイルスが人に感染するためには、幾重ものバリアーが存在する可能性が高い、すなわち簡単には人に感染する株にはならない、という考察がなされている。
China Confirms Human H5N1 Transmission TIME  (英国) 中国、H5N1ウイルスの人人感染を確認
 北京の研究者達により、昨年12月の息子から父親へのH5N1鳥インフル感染事例が論文にまとめられ「ランセット」で発表された。
 限定的人人感染が起きたが、そこから周辺へ拡大することはなく、ウイルス自体もそのような性格を帯びてはいなかった…、との結論。

 人人感染はこれまで、カンボジア、タイ、ベトナム、トルコ等の国々で、十数回は世界で確認されている。その全ては血縁関係者の間だけで、それ以外に広がった例はない。

Vaccine a success for human-to-human H5N1 case FierceBioResearcher (米国) ワクチン、ヒト-ヒトH5N1症例において成功
A.Tohda訳

 鳥インフルのヒト-ヒト感染の症例が中国で確認されたが、当局は、これは病気の感染がが近親者の間に限定された新規事例(に過ぎない)であると言う。この症例は、実験的なH5N1ワクチンが、致命的ウイルスを抑制できるかもしれないことを実証した。これは、パンデミックワクチンの開発に重要な影響を与えうる。
 感染した息子(死亡)を看病していた父親は病気にかかり、抗ウイルス剤で治療を受けたが治らなかった。そこで、不活化ウイルス粒子を抗原とした実験的 人用H5N1鳥インフルワクチンを接種した女性の血漿が投与された。女性が接種したワクチンは、シノバク社が2004年のベトナム株から作ったものだ(ごく最近商業用としてワクチンを製造開始している、北京に本社を置く製薬会社)。
 父親の鳥インフルからの回復が、このワクチンと関連づけて、科学的に立証出来るならば、使用ワクチンがH5N1の突然変異株に対しても有効な免疫(交差免疫)を作る手がかりとなる。
 昨年後半、別の中国の鳥インフル患者も、鳥インフルの生存者の血漿を与えられて回復した。これは、治療用として免疫抗体が将来のパンデミックに対する戦いで果たす役割を示している。

* 基本的にγグロブリン製剤のH5N1鳥インフルに対する治療効果の可能性を示唆話である。
 スペインインフルエンザにおいて、回復兵士からの血液を患者に輸血して効果があったという記録があるようだ。H5N1鳥インフル回復患者からの血液を集めて、そこから液性抗体部分を抽出してγグロブリン製剤を作成する試みは既になされている。昨年、そのような話題をテーマにした報道がいくつか集中的なされていたと思う。探したらどこかに見つかるはず。

Experts taking stock of avian flu status in Assam, Meghalaya News On All India Radio  インド、専門家達がアッサム州とメガラヤ州の鳥インフル状況を調査
A.Tohda訳


 トリプラ州での鳥インフル発生を受けて、ニューデリーから来た専門家チームが、隣接するアッサム州とメガラヤ州の鳥インフルに関する状況を調査した。
 チームは、トリプラ州と州境を共有するアッサム州のカルジムガンジ県(Karjmganj)とハイラカンジ県(Hailakandi)の状況を調査した。
 メガラヤ州 獣医学畜産学局 長官 コングラー博士(Dr. D. Khonglah)は州都シルロング(Shillong)で、同州では警報が出ており、鳥の持込みを防ぐためバングラデシュとの国境に沿って監視が強められていると語った。
 鳥インフルに襲われたトリプラ州ダーライ県では、火曜日(8日)の朝からニワトリの殺処分が始まった。当局は25,000羽以上の処分を目指している。殺処分作業は今後3日間、モハンプル(Mohanpur)とカマルプル(Kamalpur)の7つの村で続けられる。これらの地域では、この2週間で約3,000羽のニワトリが鳥インフルのために死んだ。

*西ベンガル州で1月中旬から2月上旬にかけて大発生した家きんでの鳥インフルも、一旦封じ込め宣言が出されたにも関わらず、2月下旬から再興し、その後隣接するトリプラ州でも発生している。
 いずれもバングラデシュと国境を境にしているので、同国も同時に封じ込めに成功しない限り、インドでの封じ込めも困難である。
4月8日


Bird Flu Scare Spreads Further  코리아타임즈, South Korea  (韓国) 鳥インフル脅威、さらに広がる
 全羅北道、井邑のアヒル農場でさらに鳥インフル発生が疑われている。通算5件目の報告になる。
 農場で場所は最初に発生した場所から2.7キロしか離れていない。

 イ・ミョンバク韓国大統領がスケジュールを変更して全羅北道井邑を視察し、さらなる拡大を防ぐように包括的対策をとるように求めた。
【社説】問題の多い鳥インフルエンザ防疫 中央日報 

金堤(キムジェ)に続いて井邑(ジョンウプ)でも高病原性の鳥インフルエンザ(AI)発生が確認されるなど被害が広がりつつある。 さらに飼料価格の高騰に苦しむ家禽類飼育農家の経済難加重が憂慮される。

  防疫当局は飼育地の家禽類をすべて処分するなど拡散防止に力を注いでいるが、報告の遅れなど初期対応過程の問題があちこちで表れ、非難を免れなくなった。

  金堤市の場合、養鶏農家の申告も遅かったが、申告を受けた全羅北道(チョンラブクド)防疫担当部署の対処も安易だった。 上部に報告せず一日半ほどためらっていたところ、事態が深刻になり、対応に動いた。 報告が遅れた原因は農林水産食品部だ。 ‘春はAI発生の可能性が低い’という理由で2月末に‘特別防疫期間’を性急に解除した。 しかし昨年3月にも天安(チョンアン)でAIが発生していたため、不適切な対応だった、という批判が出ている。

  AI問題で全国民に不安が広がったのはわずか2年前のことだが、防疫体制は当時に比べてほとんど改善されていない。 監査院の‘AI人体感染管理実態監査の結果’を見ると、政府は世界保健機関の勧告に従って基本防疫計画を出しただけで、まだ患者の処置など具体的な実行計画は立てていない。 基礎自治団体は基本防疫計画さえも持っていない。 先進国は人体感染治療剤を人口比で20-25%ほど備蓄しているが、韓国の備蓄比率は昨年末現在わずか2%という。

  家禽類を加熱して食べれば人体への危険はほとんどないというが、依然として真相が十分に把握されていない人獣共通伝染病だ。 国内ではまだ被害者が出ていないが、世界的には03年以降238人が死亡するなど、致死率(63%)も高い。 食品の安全に関する限り最善の政策は予防だ。 韓国といっても、AIの人体被害無風地帯という保証はない。 国際基準に合わせて予防医療体制を整え、非常時の防疫体系がきちんと作動するようシステムの補完に力を注ぐ時期だ。 また万一の人体伝染に対応し、防疫作業の参加者に対する衛生管理にも万全を期する必要がある。


* これは良い論説だと思う。
  韓国でのタミフル備蓄量が2%とは、知らなかった。

全羅北道、鳥インフルエンザ防疫  innolife.net 
  金堤に続き、井邑でも鳥インフルエンザの発生が確認され、全羅北道は鳥インフルエンザが他の市郡へ拡散する可能性もあると見て、14か市郡全体に防疫状況室を設置するなど、防疫体系を強化している。特に1、2次発生地域を中心に、3km内ではニワトリやアヒルの臨床検査を、10km内では試料を採取するなど、事前防疫で鳥インフルエンザの拡散防止に総力を傾ける方針だ。全北道畜産当局は鳥インフルエンザの確認前でも臨床検査や試料の採取を通じて陽性反応があれば、拡散防止の次元で予防的処分を積極的に検討していく。
Bird flu hit central Vietnam province Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 鳥インフルエンザ、ベトナム中央で発生
M,Yano訳

 クワン・ナム(Quang Nam)中央省のタム・カイ・タウン(Tam Ky Town)で発生した鳥インフルエンザの集団感染で、関係者は今までより更に100羽を処分することとなった。
 Truong Xuan区が直面している鳥インフルエンザの流行に、省の農業および地域開発局長のNguyen Thanh Quang氏は現状を制御するために、現地の動物衛生局員との緊急会議を行った。

鳥インフルエンザ…対処方法は? 中央日報
 内容的には特に目新しいものはなく、加熱して食べれば心配ないとい結論で結んでいる。人への感染はごく希と表現。

China Confirms Human H5N1 Transmission  AP (国際) 中国、H5N1ノヒトへの感染を認める
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 7日に発表された報告によると、、昨年12月に家族内で父親が自分の息子から鳥インフルエンザを感染したと中国衛生当局筋が認めた。
 鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染は、カンボジア・タイ・ベトナム・トルコなどで過去十数回発生している。それらのほぼ全ての場合、感染は密接な接触を持った近親者間で発生しており、鳥インフルエンザ・ウイルスがそれよりも大きな集団に拡大したことはない。
 今回の中国の事例では、12月に江蘇省の52歳男性とその24歳の息子が双方とも1週間のうちにH5N1鳥インフルエンザ感染と診断されている。その時点で、世界保健機関(WHO)関係者はヒト-ヒト感染の可能性が排除できないと述べていた。
 息子の死亡後、父親である男性は抗ウイルス剤による治療を受けH5N1ワクチンの臨床試験に参加し現在も生存している。
 この男性の息子が唯一鳥インフルエンザに曝露したのは家禽市場である一方、父親の方は明らかに感染した鳥に直接曝露したことはない。父親の判明している唯一の鳥インフルエンザへの曝露は、感染した息子への密接な接触である。
 「限定的で非持続的なH5N1のヒト-ヒト感染が、おそらくこの家族内で発生したのでしょう」と、北京の中国疾病管理予防センターの研究者が医学雑誌ランセット誌上で述べている。
 「今回のデータからパンデミックが近づいているとは、けして言えません」と、リーディング大ウイルス学教授のイアン・ジョーンズ氏は語っている。鳥インフルエンザは依然としてヒトには感染しにくいもので、専門家は大多数の症例は感染した鳥への密接な接触に関係していると考えている。
 衛生当局関係者は、ヒト-ヒト感染の可能性がある全ての症例を特別に関心を持って監視している。これは鳥インフルエンザ・ウイルスがより簡単に拡大しやすい形態に変異したかどうかを確認するためである。現在までは、そうした変異は発生していない。
 インフルエンザ専門家の多くが懸念していることは、世界中で百万人単位で死者を出す可能性があるパンデミックが発生することである。しかし、2003年暮れ以降アジアおよび他の地域で広範囲に拡大したにもかかわらず、鳥インフルエンザがヒトに感染することは稀でしかない。4月3日時点でWHOは、世界中で378人の症例と238名の死亡を報告している。
【社説】鳥インフルエンザ、教訓生かせず 朝鮮日報 

 鳥インフルエンザの感染拡大が心配されている。今月1日に全羅北道金堤市の養鶏場から最初に鳥インフルエンザの疑いがあると届けられてから、3日には井邑市永元面、5日には淳昌郡東渓面、6日には井邑市古阜面、7日には金堤市竜池面などのカモ農場から相次いで届け出があった。井邑永元面の農場から出荷されたカモを積んだトラック5台が、全羅南・北道の13カ所の農場を行き来していたことも後になってから確認され、今後も鳥インフルエンザがさらに広まるのではと心配されている。
 鳥インフルエンザは早期に発見して対処しなければ、莫大(ばくだい)な被害を生み出す可能性が高い。2003年から04年に流行した際にも、鶏やカモ520万羽を処分するしか打つ手がなかった。当時、忠清北道陰城郡の養鶏場で大量死が始まったときには、なんと最初の大量死から5日も過ぎてから鳥インフルエンザの疑いがあると届けられた。それが実際に鳥インフルエンザとの判定が下されたのは、それからさらに5日後だった。今回も金堤の養鶏場では3月27日、井邑のカモ農場では31日に大量死が起きたが、市に届けられたのは金堤で5日後、井邑では4日後だった。どちらも高病原性鳥インフルエンザと最終的に確認されたのは、大量死が起きてから7日後だった。これでは早期に対応するのは到底無理だ。
 3日に井邑のカモ農場から鳥インフルエンザの疑いがあると届けられた全羅北道畜産衛生研究所は、国立獣医科学検疫院に精密検査を依頼しただけで、現地での感染防止に責任のある全羅北道に連絡する必要については考えも及ばなかったという。全羅北道は4日夜に農林水産食品部の発表を聞いて初めて、感染の疑いがある農家の統制と防疫を開始した。お互いがこのように連携が取れない状態で、どうやって感染の拡大を防ぐことができるだろうか。
 第一に農家が感染の疑いがあると感じた際には、直ちに届けを行うという雰囲気が必要だ。そのためには届けを行った農家に対し、そこで死んだ家畜に対しては、当局が十分な補償を行うということを確実に認識させなければならない。今回こそは前回の教訓を生かして、当局と農家が緊密に連絡を取り合って対応し、2003年から04年、06年から07年のような被害を繰り返してはならない。
 鳥インフルエンザは鶏やカモが実際に感染したとしても、通常の調理を経れば人体に害を及ぼす心配はない。当局は消費者が行き過ぎた反応を示さないよう、鳥インフルエンザに関する知識を十分に広めていくことも必要だ。


*ここでも家きん産業に対するダメージが主要な問題とされているが、防護服を着て家きんを処分する多くの作業員は、なぜに家きんの殺処分を行っているのか、その理由が明確に説明されていない。
 心配ないなら放っておけばよいが、もし心配がある故殺処分しているのなら、それは家きんへ拡大して、家きんが死亡する故だけなのか? ウイルスが時として人に感染し、6割以上の致死率で死亡させる危険性があることも大きな理由だからなのではないのか?

 なぜか、日本の論説に近い考え方だ。鳥インフルは新型とは異なる。(所轄官庁が異なるのだろうか?)

 なお訳は鴨になっているが、アヒルである。でももしかしたら韓国で鴨とアヒルは同じように鴨と呼び、前後関係から、日本で言うところの鴨かアヒルか判断するのだろうか?


Father caught bird flu from son, international study claims InTheNews.co.uk, UK  昨年末の中国事例、父親が息子からウイルス感染:国際的研究結果がまとまる
 新規研究で、中国で昨年末に発生した鳥インフルの父息子発症事例で、父親が鳥インフル感染した息子からウイルス感染したことが確かめられた。
 国際的研究者チームが研究結果をまとめ、国際的医学雑誌である「ランセット」に発表した。
 この事例は2007年12月に発生したもので、1週間以内に家族の中の2メンバーがH5N1鳥インフルと診断された例である。
 先に24歳の息子が死亡し、残った父親が初期からタミフルを服用して助かった。
 論文によると、息子の感染源は発症6日前に訪ねた生きた家きん市場であり、そこでH5N1ウイルスに感染したものと考えられた。父親の感染源は全くなく、唯一発病した息子との接触があったのみである。
 両者から分離されたウイルス遺伝子は全く同じだという。

 今回の事例も含めて、これまで認められている人人感染事例は基本的に血縁関係者内だけで起きていて、非血縁者への感染は起きたことはないとされる。ウイルス変異が起きて、人人感染が容易に起き出すとしたなら、非血縁者への感染が起きだしてくる。
 血縁者間内での感染:H5N1ウイルスリセプター(Hリセプター)が上気道にも存在する等、易感染性の原因が遺伝的に決まっている。

* 2008年(本年)1月10日に当事例の詳細報道が複数掲載。

井邑のカモ農場でも高病原性AIが発病 東亜日報 
 全羅北道金堤市(チョルラプクド・キムジェシ)の養鶏農場に続き、井邑市永元面(チョンウプシ・ヨンウォンミョン)のカモ農場でも高病原性鳥インフルエンザ(AI)の発病が確認された。また、6日に申告された井邑市古阜面(コブミョン)のカモ農場集団へい死の原因も高病原性AIである可能性が大きいという。
 農林水産食品部は、今月3日に防疫当局に届けられた永元面のカモ農場のへい死原因を調査した結果、高病原性(血清型H5N1)に最終判定されたと、7日明らかにした。
 これで、3日に金堤市ヨンジ面の産卵鶏農場で初じめてAI発病が確認された後、AIに判定されたか、もしくは疑いが持たれる家擒類農場は4日に申告された淳昌(スンチャン)のカモ農場を含めて計4ヵ所に増えた。
 特に、5日からカモ700羽が集団でへい死した古阜面のカモ農場に対する精密検査に乗り出した全羅北道の防疫当局は、高病原性AIの可能性に重さを置いている。
 古阜面のカモ農場が1次発生地である永元面のカモ農場からわずか4.5km離れている上に、1次剖検で腎臓出血など高病原性の症侯が現われたからだ。
 これによって防疫当局は、古阜面農場のカモ1万8000羽の搬出を禁止し、屠殺処分を検討している。
 これと共に永元面のカモ農場から6520羽のカモを受けて屠畜した全羅南道羅州市(チョルラナムド・ナジュシ)のファインコリア・カモ屠殺場に対しても2~5日の間に屠畜した計9万羽のうち、3万羽(永元農場6520羽含む)をすべて廃棄処分し埋めるように指示した。
 しかし、この期間に屠畜された物のうち、6万羽はすでに市中に流通し現在回収作業が行われている。
 農食品部の金チャンソプ動物防疫チーム長は、「流通したカモ肉はAIと直接関連はないが、もし同じ屠畜機械を使う過程で汚染した可能性があり回収する。仮に感染したとしても肉の安全性には問題がない」と話した。

*duckをカモと訳しているが、この場合はアヒルである。初歩的誤訳である。
Bird flu virus sends Bangladesh on high alert  NewsOXY, FL (米国) バングラデシュ、さらなる鳥インフル拡大、同国に高度警戒警報
 H5N1鳥インフルはバングラデシュのさらなる3県に広がり、人口過密国に高度の警戒報が出された。
 保健省によると、全病院は隔離病棟の準備を終えている。
 直近の発生は、南西部のゴパルガンジ(Gopalganj)、北東シルヘト(Sylhet)、および北部ミメンシング(Mymensingh)県である。
 なお情報筋によるとバングラデシュには、25800の家きん農場があり、誰でも家畜省から許可証を発行されると、家きん農場を持つことが出来る。
 また保健省では人の感染者の報告はないという。
Bird flu in Tripura, culling starts Tuesday Bombay News.Net (インド) インド、トリプラ州、殺処分を火曜日(8日)にも開始
A.Tohda訳

 「この北東のトリプラ州全体に一般警報は発せられていたが、鳥インフル発生は起こった」と月曜日(7日)当局者が語った。同州は火曜日(8日)から20,000羽の鳥の殺処分を始める。
 「我々は、ボーパル高度警戒動物疾病研究所(HSADL)から、ここから北に150キロのダーライ県モハンプル村での鳥インフルを初期確認する報告を受けている」と、トリプラ州農業動物資源省(ARD)のアゴレ・デッバルマ大臣(Aghore Debbarma)が述べた。
 「鳥の殺処分が火曜日に始まる一方で、鳥インフルウイルスの拡大を抑えるため大規模な予防的措置が取られた」と、同大臣はIANSに語った。
 3000羽以上のニワトリ、アヒル、カラス、その他の鳥が先ず病気になり、伝えられるところでは、その後この2週間でそれらの鳥は死んだと言う。
 州農業動物資源省アシム・ロイ・バルマン長官の指揮下に責任者や専門家が現場の村にかけつけ、100人以上の人員に20,000羽の鳥の殺処分の準備ができている。
 デッバルマ大臣は、「殺処分作業は、モハンプル村から半径5キロの範囲と隣接する7つの村(ビラスチャラ、ノアガオン、マヤチャリ、ハルフリ、ハレルクホラ、マラチャラ、カマルフル)で実施される」と述べた。
 これらの村への車の出入りは制限されている。
 同大臣は、「鳥インフルウイルスの最終確認を得るため、死んだ鳥の新鮮な血液サンプルがボーパルおよびその他の国立研究所へ送られた」と語った。
 また州森林省は、国内外からの渡り鳥が現在 繁殖中のトリプラ州の10の大きな水源地の監視を続けるよう省職員に要請した。
 州政府は、ダーライ県の感染した村や隣接する村での家禽および家禽製品の販売と消費を禁止した。当局はまた、被害を受けた関係者や養鶏業者への補償を発表した。


China reports birdflu in Tibetan poultry  Reuters (国際) 中国、チベットの家禽での鳥インフルを報告
A.Tohda訳

 中国は月曜日(7日)、チベット自治区の家禽農場で発生した鳥インフルで268羽のニワトリが死亡したと発表した。
 国立鳥インフル専門検査所によるテストで、ニワトリはH5N1ウイルスで死んだことが判明したが、感染地域は現在制圧されていると、農業省はそのホームページの声明の中で述べた。
 鳥インフルは低温でより活性化する傾向があり、中国は今年に入って鳥インフルによる3人の死亡と何ヶ所かでの家禽における発生を報告している。
 世界で最も家禽数が多く、何億という農民が裏庭で鳥を育てていることから、中国は鳥インフルウイルスに対する世界的な戦いにおいて重要であると考えられている。



Bird flu attacks Tibetan village Shanghai Daily, China (中国) チベット自治区で鳥インフルが発生
 中国農業省は昨日、チベット自治区の村で鳥インフルが発生たことを確認した。
 クアムド郡のツバ村の農場で268羽の鶏が死亡し、国立鳥インフル専門検査所でH5N1鳥インフルウイルスが確認された。当局に緊急対策が行われている。
4月7日


Chinese Drug Maker Begins Production of Bird Flu Vaccine Voice of America  (米国) 中国の製薬会社、人用鳥インフルワクチンの商業用製造を開始
 中国当局は、シノバク・バイオテク社に、商業用人鳥インフルワクチンの製造を許可した。2回の臨床試験で安全性と効果が確かめられたことによる。
 4月3日にも詳細記事。
 
China confirms Tibetan bird flu outbreak Xinhua, China (中国、新華社) 中国、チベット自治区での鳥インフルの発生を確認
 中国農業省は7日、チベット自治区の家きん農場で鳥インフルが発生したことを確認した。
 この数日間で死亡した268羽の家きんの検査が、国立鳥インフル専門検査所で行われて、H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 現在は制圧されている、と農業省ではコメントしている。
Gov't confirms virulent bird flu strain killed ducks in Jeongeup Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国政府、全羅北道、井邑市のアヒル農場の鳥インフルが高病原性であることを確認
 ・全羅北道、井邑のアヒル農場で5日発生した鳥インフルがH5N1株であることを確認
 ・ゴブの養鶏場から700羽の鶏が死亡した報告。ウイルスを分析中。

 今年に入って、3月末から4家きん場で鳥インフルが発生。
 全て全羅北道。
   金堤市の養鶏場 3月下旬
   井邑市のアヒル農場 4月5日
   スンチャンのアヒル農場 ウイルス未同定
   ゴブの養鶏場 ウイルス未同定
 
  参照用韓国地図

Suspected Bird Flu Case Reported In Southwestern Korea Bernama, Malaysia (マレーシア) 韓国南西部の養鶏場でさらなる鳥インフル発生の疑い
 韓国農業省は全羅北道のゴブの養鶏場から、最近700羽の鶏が死亡したと報告を受けた。
 農場は本日高病原性H5N1鳥インフル発生が確認された井邑市のアヒル農場から、わずか3キロ離れた場所にある。農場では18000羽の鶏を飼育している。
 当局では大量の鶏の死因が、H5N1鳥インフルによるものか確認を急いでいる。
Fresh bird flu case caused by deadly strain Philippine Star, Philippines  (フィリピン) 韓国、新たな鳥インフル発生は高病原性H5N1ウイルスによるものと確認
AP
 韓国保健省は7日、全羅北道、井邑市のアヒル農場で発生した鳥インフルは、高病原性H5N1ウイルスによるものであることを確認した。Yonhap報道機関が報告した。
 同アヒル農場は先週、高病原性H5N1鳥インフルが発生した金堤市の養鶏場から27キロの場所にある。
Another Bird Flu Case in N.Jeolla Province Chosun Ilbo, South Korea  (韓国) 全羅北道の農場で新たな鳥インフル発生
 全羅北道、井邑市のアヒル農場で新たな鳥インフルが発生した。ウイルスが致死的H5N1株かどうかは調査中である。先週、同道の金堤市の養鶏場で高病原性H5N1鳥インフルが発生している。
 一方、同道、スンチャンのアヒル農場でも発生した疑いが持たれている。
Bird Flu Outbreak Reported in Northeastern India Voice of America  (米国) インド北東部の州で鳥インフルが発生
 インド当局は、バングラデシュに隣接しているトリプラ州で、家きんが先週3000羽死亡し、鳥インフル発生の可能性が出たことを発表した。大量の家きんの殺処分が予定されている。
 先月、同様にバングラデシュ隣接の西ベンガル州でも鳥インフルの発生が確認されている。当局では9万羽以上の家きんを殺処分してウイルスの拡大を防いでいる。
 人での感染者は、これまでのところ報告はない。
 
トリプラ州:インドのバングラデシュを挟んで、東方に広がる南西部の小さな州


Bird flu hits India's remote northeast  REUTERS (国際) 鳥インフル、インド北東部の辺境で発生
A.Tohda訳

インド・アガルタラ 4月6日(ロイター)-「インド北東部の辺境の州のひとつで、家禽における鳥インフルの新規発生が報告された」と、獣医学局の責任者が日曜日(6日)語った。

 「3000羽以上の鳥が死んだという最初の報告のあと、家畜関係者が、バングラデシュ国境沿いのトリプラ州の何千羽ものニワトリやアヒルを殺処分する準備をしている」と当局者は述べた。
 「これは鳥インフルであり、詳細なタイプに関しての最終報告は明日になる」と、トリプラ州の州都・アガルタラで、州動物資源開発省長官のアシスロイ・バルマン博士はロイターに語った。
 「ウイルスは、バングラデシュから広まってきたに違いない。」バングラデシュ当局は何百万という鳥を殺処分してきたが、いまだにウイルス封じ込めに苦労している。
 インド東部の西ベンガル州では、バングラデシュと国境を接するナディア県(Nadia district)でも致死的ウイルスが再興したと、当局は語った。
 西ベンガル州では、19県のうちの14県で400万羽近い鳥を殺処分することで、発生を一時的に封じ込めたが、ウイルスは断続的に再興している。
 「我々は鳥をさらにまた殺処分しなければならない」と、州都コルカタからの電話で、西ベンガル州動物資源大臣のアニスル・ラーマン氏(Anisur Rahaman)は語った。

 両州の保健関係者は、鳥インフル様症状を呈する人々を探していると述べている。
 インドではこれまで人での鳥インフル感染は報告されていないが、専門家たちは、H5N1株がパンデミックを引き起こす人から人へ簡単に感染する型へ突然変異することを懸念している。

 この1月以来、西ベンガル州における家禽売上高は約70%低下し、家禽販売者は苦闘している。
 インドでは2006年、西部マハラシャトラ州で最初の鳥インフルが発生した。
 WHOは、西ベンガルでの1月の鳥インフル発生を、これまでのインドで最悪と表現していた。

Bird flu confirmed in Tripuras Dhalai district Thaindian News (インド) インド、トリプラ州ダーライ県で鳥インフルが発生
A.Tohda訳

 ダーライ県4月6日(ANI):トリプラ州当局者は、ダーライ県(Dhalai district
)カマルプル地区(Kamalpur area)で鳥インフルが発生したことを、6日明言した。

 「我々は、ダーライ県の(バングラデシュとの)国境沿いにあるカマルプル地区で鳥インフルが発生したという最初の確認を、日曜日(6日)に受け取った。」と、調査のため現場を訪れたトリプラ州高官バルマン博士(Dr. A. Roy Barman)が電話でANIに語った。

 3000羽以上のニワトリ、アヒル、カラス、その他の鳥が先ず病気になり、伝えられるところでは、その後この1週間で死んだと言う。
 バルマン博士は、死んだ鳥から採取したサンプルが、州立のボーパル高度警戒動物疾病研究所へ送られ、致死的H5N1ウイルス陽性の結果が出たと語った。
 同博士は、殺処分は火曜日(8日)に開始されるだろうと述べた。

More cases of bird flu suspected Joongang Ilbo, South Korea  (韓国) 韓国、鳥インフル発生疑い農場、さらに見つかる
 南西部のアヒル農場で鳥インフル発生が疑われる第2、3の事例が週末に見つかり、鳥インフルが国内に拡大する怖れが出ていることを、政府が6日発表した。

 昨日食料・農業・林業・水産省が全羅北道井邑市とスンチャン市の家きん農場で鳥インフルが発生した可能性があり、それら農場を閉鎖し、消毒作業をしていると発表した。
 井邑市は4月3日にH5N1鳥インフルが発生し、30万8千羽の家きんが殺処分された地域金堤市から、僅か27キロの場所にある。予備的検査では鳥インフルウイルスH5亜型株が見つかっている。しかし、スンチャン(金堤市から74キロ南方)ではまだ確認していない。
SKorea probes third possible bird flu outbreak, culls poultry PhysOrg.com, VA (米国) 韓国で、さらに3件目の農場で鳥インフル発生疑い
 韓国検疫局は、6日、先に今シーズン2事例目となる、鳥インフル発生全羅北道井邑市のアヒル農場から30キロ離れたスンチャンのアヒル農場で、この10日間、毎日40~50羽のアヒルが死亡している、と発表した。農場は閉鎖され、検疫局では原因が鳥インフルであるかどうか検査中とされる。検査結果は9日前後に判明する。
4月6日


Bird Flu Hits Southwest Korea Times, South Korea  (韓国) 韓国南西地域で鳥インフルが拡大
 国内南西部で鳥インフルが2ヶ所で発生したことから、当局は高度警戒を呼びかけた。
 さらなる拡大を防ぐために隔離対策は図られているが、当局はウイルスの由来については調査が困難な状況のようだ。
 農業省は、全羅北道金堤市の養鶏場と井邑市のアヒル農場で30万羽の家きんを殺処分し、地域内での家きんの移動を禁止した。
 井邑市のアヒル農場で6000羽のアヒルが死亡し、初期検査でH5亜型株と判明したため、対策が図られた。H5N1株であるかについては明日判明するとされるが、状況から強毒株によるものと当局では推定している(H5N1鳥インフル)。

 当局によるウイルスの由来についての調査が難航している。一昨年から昨年の発生は冬期間だったことから、渡り鳥の可能性が指摘された。今回もいまだ渡り鳥はいるとされるが、それらを感染源とするには無理があるようだ。
 検疫局では、モンゴール、ベトナム、および中国からの外人労働者11人について健康状態を調べている。これらの国では鳥インフルが発生しており、労働者がウイルスを身につけてきた可能性も推定している。
Another suspected birdflu case in Indonesia Radio Australia, Australia  (オーストラリア) インドネシアでさらに鳥インフル疑い患者発生

 16歳のインドネシアの少女が鳥インフル疑いで死亡した。インドネシア保健省では、最終確定診断のために検査結果を待っているとコメントしている。
 少女は5日午後に、ジャカルタの鳥インフル専門病院で3日間の治療後に死亡した。
 インドネシアで、人における感染を確認するためには、二ヶ所での検査結果が陽性である必要がある。

*詳細はBerita Flu Burung参照

高病原性鳥インフルエンザさらに広がる 中央日報
 高病原性鳥インフルエンザ(AI)の感染が相次ぎ、関係当局に緊張が走っている。
  前日の全羅北道金堤市竜池面(チョルラブクト・キムジェシ・ヨンジミョン)の養鶏農家に続き、5日には井邑市永元面(チョンウプシ・ヨンウォンミョン)の農家でも家禽類の集団死が高病原性鳥インフルエンザによるものであることが確認された。
  5日間で約6000羽の鴨が全滅したのを見ると、伝染性が強く、死亡率が高い高病原性鳥インフルエンザ(AI)である可能性が高い。
  これを受け、農林水産食品部と全羅北道は鳥インフルエンザ発生農場の半径10キロ以内の鶏と鴨などの家禽類の移動を統制し、近隣の扶安郡(プアングン)などに続く主要道路に防疫警戒所を設置した。これとともに金堤で鶏や鴨約27万羽および卵約30万個を、井邑で1万2500羽の鴨を埋めた。
  また、高病原性鳥インフルエンザ発病が確認されたすべての井邑農場で鴨6500羽が処理場に出荷され、同日、問題の鴨と一緒に処分されたほかの農場の鴨3500羽を含む計1万羽を廃棄処分した。
  03年12月に韓国で初めて事例が報告されて以来、高病原性鳥インフルエンザウイルスが冬ではなく、4月に発見されたのは今回が初めてだ。これまでは渡り鳥による感染が第1次要因と考えられてきた。金堤農場の場合、高病原性鳥インフルエンザ多発地域である東南アジア出身の労働者が勤めており、人が媒介してウイルスが伝播した可能性も疑われる。
  しかし、井邑の農場には外国人労働者はいない。2つの農場は27キロ離れており、農場から農場に直接伝染した可能性は低い。このため、防疫当局が原因ウイルスの流入経路を説明するため頭を抱えている。

* 管理人:鴨ではなくアヒルである。
South Korea Reports Second Bird Flu Outbreak Voice of America (米国) 韓国、2件目の鳥インフル発生を報告
 これまでの報告と同じ。
韓国で鳥インフルエンザ、今年2件目 AFPBB News  
 AFP 日本語版
 新内容はないが、写真も多いので参考までに掲載。


Suspected bird flu sufferer admitted to Tangerang Hospital Antara, Indonesia  (インドネシア) 鳥インフル発病疑い患者、タンゲランの病院へ入院
 M.Yano 訳
 先週の金曜(4日)、鳥インフルエンザの症状を呈す45歳の女性が鳥インフルエンザ疑い患者としてバンテン州タンゲラン病院に入院したと、同病院のスポークスマンが明らかにした。
 病院関係者のBambang Wisnusubroto氏は「女性-イニシャルはヌル(Nur)-が鳥インフルエンザウイルスに感染した徴候がある」とし、患者は金曜の夜4日)に搬送されたとしている。 女性は高熱、咳、そして呼吸困難であったため、病院の鳥インフルエンザ患者ようの隔離病室へ移された。
 医師が検査のためにサンプルを採り、それはジャカルタに位置する厚生省の研究所へ送られたという。
 Bambang氏は検査結果が土曜の夜(5日)~日曜(6日)の朝には届くだろうとしている。また、現在のところ、女性の容態は安定しているとBambang氏は語った。
 タンゲラン保健局職員によると、8件の鳥インフルエンザ発病例(内7人死亡)が、今年の3月まで報告されたという。
 インドネシアにおけるアメリカ大使キャメロン・ヒューム氏は、水曜日(2日)にこの地を訪れ、タンゲラン市とバンテン(Banten)県に対して、この地区での鳥インフルエンザ拡大に対する方針を尋ねた。
 この際、米国大使は、地元の養鶏業者がKarawaci Gerendeng 市場の近くの路上で商品を売っていた事実に強い懸念を示した。
 また、ヒューム大使はタンゲラン地区の養鶏業者の管理の悪さが、同地域での鳥インフルエンザの拡大を招く恐れがあるとしている。
 水曜日(2日)にタンゲランを訪れた大使一行は、人道援助として150億ルピア(1億6千万円)を地元行政に手渡し、同地区での鳥インフルエンザ対策に役立てるようにした。
 地元行政広報のアチェ・クルニワン(Aceh Kurniawan)氏は、米国からの援助金は鳥インフルエンザの制御とタンゲラン市での鳥インフルエンザ習熟プログラムに使用されるとしている。

Bird flu discovered in southern Korea Korea.net, South Korea  (韓国) 韓国で鳥インフルが発生

 韓国政府は5日、アヒル農場で今シーズン2事例目となる鳥インフル発生を韓国南西部で確認したことを発表した。
 韓国農業省は、死亡したアヒルに関しての予備的検査でH5亜系株が陽性であったことを発表した。
 農場の12500羽のアヒルのうち約半数が4日に死亡した。
 農場は先月末に多数の死亡した鶏が初めて見つかった、ソウル南西250キロの全羅北道井邑市の産卵農場から、27キロしか離れていない場所にある。
 当局では産卵農場の鶏の鳥インフルは、人に高致死性のH5N1鳥インフルウイルスによるものであることが確認されたと発表している。
 一方、今回のアヒル農場に関しては7日に詳細なウイルス株が明確にされると農業省では説明している。

 専門家は、中央政府と地方自治体の対策が緩慢であることと、鳥インフル監視期間を2月で終了していたことしていたことを批判している。
 「多くの鳥インフルの発生は2月までであるが、3月に入っても起きる事例はある」と専門家は話している。同氏によると、11月から2月までの間に制限した観察期間の制定は、農場経営者達に、それを過ぎたら鳥インフルの発生は起こらないという誤解を与える原因となる、とされる。
 韓国では2003~2004年、および2006~2007年の冬期間にH5N1鳥インフルが流行し、家きん産業に多大なる被害を及ぼしている。

*上記韓国での発生に引き続き日本国内でも発生している。
  2004年1月 京都府の養鶏場で発生
  2007年1月 宮崎県、岡山県の養鶏場で発生
Bird flu kills young man in Egypt, bringing toll to 21 International Herald Tribune, France (国際) エジプトで若い男性が鳥インフルで死亡、同国の死者数が21人に
 北部エジプトに住む若い男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が21人になったと国営通信が保健省発表として5日報道した。
 3日、北部ベヘイラ県のモハメド・イドリスさんが呼吸困難と発熱のためにアレクサンドリア市の病院に入院したが、タミフルによる治療に反応しなかったと保健省副大臣のNasr al-Sayyed 氏が国営通信MENAに発表した。
 イドリスさんの死は、同国で48人目のH5N1鳥インフル発病者で、かつ21人目の死者となった。
 エジプトでは家きんの世話や殺処分は女性や子供が行っており、そのせいで成人男性の死者は今回の事例以外では1人だけである。
 *年齢はロイターで19歳となっている。
Egyptian man dies of bird flu - WHO official Reuters (国際) エジプト男性鳥インフルで死亡-WHO発表
 エジプト男性がH5N1鳥インフルウイルスに感染し、死亡したことがWHOから5日発表された。同国で21人目の死者となった。
 カイロのWHO事務所のジョン・ジャボウル氏はロイターに、鳥インフルを発病した鶏に接触した後発病した19歳男性が4日死亡したと発表した。
 さらなる詳細は不明。
4月5日

Bird flu: Culling in Nadia district in WB from tomorrow Times of India, India  (インド) インド西ベンガル州、ナディア県で鳥インフル再興、家きんの殺処分に
 ナディア県で鳥インフル疑いで鶏が死亡したことを受けて、当局では5日、同県のラナガー地域のいくつかの村で鶏を殺処分する事に決定した。
 当局者の話では死亡した鶏の検体からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことから、6日に殺処分を開始する予定となった。
 ナディア県は、西ベンガル州19県の中で、1月に鳥インフルが発生した16県に含まれる。
 1月に発生した鳥インフルは、封じ込めの為に400万羽に近い鶏が2月5日までに殺処分された。

* 西ベンガル州の鳥インフルは、 一旦封じ込め宣言がされたが、1ヶ月もしないうちに再興している。
Authorities testing for deadly strain The West Australian, Australia  (オーストラリア) 当局、致死的鳥インフルウイルスの検査に

AP

 韓国政府は本日(5日)、新規鳥インフルエンザの発生を発表した。数日前には1年ぶりにH5N1鳥インフルの発生が確認、報告されたばかりだ。
 当該農場のアヒルが検査で鳥インフルウイルス陽性結果となったが、株の詳細については7日に結果が出ると、農業省の当局者が発表した。
 家きんの間では数種類のインフルエンザウイルス株が感染を繰り返しているが、中でも特にH5N1株は人に感染した場合、致死的となる。科学者達はこの株が人におけるパンデミック株となることを警戒している。
 この新規発生に対する措置として、当局では6500羽のアヒルの殺処分と、アヒル農場(ソウル南西250キロの全羅北道井邑市)から10キロ以内の地域における家きんの移動を禁止した。
 当該農場は、今週初めにH5N1鳥インフル発生が確認された養鶏場から27キロ離れた場所にある。

韓国の鳥インフル拡大か MSN産経ニュース 
 聯合ニュースによると、韓国農林水産食品省は5日、南西部の全羅北道井邑市のアヒル飼育場で、鳥インフルエンザの感染が確認されたと明らかにした。感染力の強い高病原性かどうかは7日ごろに判明する見通しという。

 全羅北道ではこの飼育場から約30キロ離れた金堤市の養鶏場で、3日に高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染が確認された。同省などはアヒル飼育場や周辺の養鶏場の鶏などを殺処分する方針。
New bird flu outbreak found in S Korea Xinhua, China  (中国、新華社) 韓国で、新規鳥インフル発生
 韓国政府は5日、南西部にあるアヒル農場で新規の鳥インフルが発生したと発表した。
 3日前に同じ地域の養鶏場で鳥インフルが見つかって以来、2事例目の鳥インフル発生となった。
 食料農業林業省の発表によると、全羅北道井邑市のアヒル農場で発生した鳥インフルは、初期の検査でH5N1鳥インフル陽性であり、合計1万羽飼育されているアヒルの半数が3月31日以来死亡したとされる。
 当該農場は、今週早くに鳥インフルが発生した養鶏場から27キロ離れた地域に位置している。
 同省は、さらなる検査でウイルスが弱毒性か強毒性か確認するといっている。
South Korea reports new suspected bird flu case Reuters (国際) 韓国、さらに別地域で鳥インフル発生の疑い
 韓国は5日、先にH5N1鳥インフルが発生した南西部の農場近くで、別な鳥インフルが発生した疑いがあることを発表した。
 農場省によると、今回はアヒル農場で発生し、H5N1ウイルスかどうかは7日に確定されるという。
 発生地は、先の養鶏場から27キロと離れた全羅北道井邑市の12500羽のアヒルを飼育している農場で、5日に6500羽のアヒルが殺処分される予定になっている。
 3日、韓国は13ヶ月ぶりに全北金堤(チョンブク・キムジェ)にある農場でH5N1鳥インフルを確認し、30万羽以上の鶏と他の家きんの殺処分が開始されていた。
 韓国は2006年11月から2007年3月までの間に、7回の家きん農場における鳥インフルを経験し、検疫対策に5917万ドル費やした。
HK on alert after bird flu outbreak in Pakistan South China Morning Post (subscription), Hong Kong  (香港) パキスタンで人人感染が確認:香港、鳥インフルに対する警戒感を強める
 昨日既報の、昨年11月のパキスタンのペシャワールでの兄弟間における、H5N1鳥インフルの人人感染が確認された事から、香港当局は警戒感を強めている。
 詳細は不明。
H5N1 resurfaces in South Korean poultry CIDRAP, MN  (米国) 韓国でH5N1鳥インフルが再興
 韓国の全北金堤(チョンブク・キムジェ)にある農場でのH5N1鳥インフル発生事例。昨日既報内容。

 当局はウイルスが渡り鳥由来か、鳥インフルが発生している海外地域からの労働者が身につけてきた可能性を考えて検査中とされる。農場に外人労働者がモンゴル、ベトナム、中国から11人きていると、AFPは伝えている。
Bird Flu Human Deaths Confirmed, Pakistan  Medical News Today, UK (英国) パキスタン、人の鳥インフル死亡を確認
 昨年11月のペシャワールにおける兄弟間でのH5N1鳥インフル感染が確認。昨日既報。
Seoul confirms bird flu outbreak Taipei Times, Taiwan  (台湾) ソウル、鳥インフル発生を確認

Vietnam Imports Bird Flu Vaccines From China  Bernama (国際) ベトナム、中国から鳥インフルワクチンを輸入
A.Tohda訳

 新華社が金曜日(4日)(ベトナムの)地元紙からの引用で伝えるところによると、ベトナムは先ごろ、家禽におけるH5N1鳥インフルの発生を防ぐため、6000万羽分の鳥用ワクチンを中国から輸入した。
 また、今週早くに、世界獣医協会(World Veterinary Association )は、ニワトリ用のH5N2鳥インフルウイルスワクチン2000万羽分を ベトナムに提供した。

 ベトナムの農業農村開発省動物保健局によると、鳥インフルは現在、ソクトラン(Soc Trang)、カマウ(Ca Mau)の南部2省と、中部のクアンナム(Quang Nam)省で発生している。
 ベトナムにおける鳥インフルの発生は、これまで数百万羽もの家禽を殺し、、さらに拡大防止のために殺処分へと至らしめた。

 人用鳥インフルワクチンの臨床試験に関しては、ワクチン研究者である10人のボランティアが木曜日(3日)に2回目の試験的投薬を受けた。
 地元紙パイオニアによると、彼らは3月6日に1回目の投薬を受けている。(28日間隔で2回接種)。
 2003年12月に鳥インフルがベトナムに発生して以来、現在までに、同国では106人の感染と52人の死亡を確認している。

4月4日


Pakistan claims first human-to-human transmission of bird flu Nation Multimedia, Thailand  (タイ) パキスタン、人人感染があったことは確定的と
 昨年11月発生した兄弟での鳥インフル感染疑い例について、WHOが本日、人人感染が生じたことを強く示唆されることを発表したが、パキスタン当局は、パキスタンで初の人人感染があったことは間違いないとコメントした。
 WHOにより兄弟の中で3人がウイルスに感染していたことが確認され、WHOは兄弟内で限定的人人感染が起きた可能性が強く示唆される、と発表したが、パキスタン保健省では、間違いなく人人感染が生じていたと主張している。
 今回、ウイルス感染が確認された2人は、家きんと接触した既往はなかった。2人は間違いなく家きんから感染した獣医の兄弟から感染した、と保健省高官は説明している。
 当時、状況から兄弟内で人人感染が起きた事が示唆されていたが、WHOによりウイルス感染が確認されたのは、当時は1名のみで、WHOは兄弟内での人人感染に関しては言及してなかった。今回他の2人でもウイルス感染があったことが確認されたため、WHOは兄弟間で人人感染があった可能性を肯定した。それに対してパキスタン保健省は、人人感染が生じていたことは間違いはないと、当時からの主張を繰り返した。

*詳細に関しては下方の情報を参考に。
S. Korea fighting deadly strain of bird flu USA Today  (米国) 韓国で致死的鳥インフル発生
AP

 韓国検疫局職員達が10万羽以上の鶏を、1年ぶりに発生した致死的鳥インフルの封じ込めのために殺処分した。
 農業省は発生農場周辺の合計30万8千羽の殺処分を、可能な限り早急に終えたいと発表している。
SKorean authorities cull thousands of chickens to fight bird flu... Forbes, NY (米国) 韓国当局、鳥インフル封じ込めのために鶏の殺処分へ
 AFP

 韓国は致死的H5N1鳥インフルウイルスが確認されたことから、鶏の殺処分を開始したと、当局者が語った。
 ウイルスの由来を確認するために当局は、ソウル南方260キロの全北金堤(チョンブク・キムジェ)にある発生農場の鶏、渡り鳥、外人労働者から採血した。(訳者:ウイルス遺伝子検査で、どこの株かの検査、感染している渡り鳥がいるのか、さらに東南アジア、または中国からの外人労働者の血液中に抗体が検出されるのか、検出されたら外人労働者がウイルスを運んできた可能性、等)。
 当局はウイルスは渡り鳥からもたらされた可能性、または最近、モンゴール、ベトナム、中国から外人労働者が農場に入ってきているので、それら労働者が靴裏や身体にウイルスを付けて来た可能性等を考えている。
 日本、台湾および香港は韓国からの未調理鶏肉の輸入を禁止した。
韓国南部で鳥インフル、27万羽殺処分 TBS 
 韓国南部で、毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出され、韓国政府は、この養鶏場から半径500メートル以内で飼育されている27万羽の鶏を殺処分しています。
 鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは韓国南部のキムジェにある養鶏場で、これまでに2300羽の鶏が死にました。
 検出されたウイルスは毒性の強いH5N1型で、韓国政府は、この養鶏場から半径500メートル以内で飼育されているおよそ27万羽の殺処分と、保管していた卵の廃棄を進めています。
 韓国で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは13ヶ月ぶりで、韓国政府は専門家チームを現地に派遣し、感染経路などを詳しく調べています。
 日本への影響は、今のところないということです。

*これはどこの判断なのか分からないが、意味不明。
  僕は、日本の養鶏業、家きん農場、およびその周辺では監視を強化すべきと思っている。当然していると思うが、「影響なし」との表現には違和感を感じる。

金堤で高病原性鳥インフルエンザ発生 中央日報 
 全北金堤(チョンブク・キムジェ)で発生した鳥類インフルエンザ(AI)が高病原性であることが確認された。
  高病原性鳥インフルエンザは伝染性が高く、ニワトリ・カモには致命的だ。高病原性鳥インフルエンザが確認されたのは昨年3月6日に天安(チョンアン)で発生して以来1年ぶりだ。
  農林水産食品部は3日「1日、集団死の通報があった全北金堤市竜池面の養鶏場に対する国立獣医科学検疫院の診断結果、高病原性AI(血清型H5N1)と判明した」と明らかにした。農食品部と全羅北道は鳥インフルエンザが拡散するのを防ぐため、該当の養鶏場で育てていたニワトリ15万羽を処分し、埋めた。また保管中の卵30万個もすべて廃棄した。この農場で最近出荷されたたまごも流通経路を追跡し、回収した後、廃棄する。
  防疫当局はこれとともに鳥インフルエンザが発生した農場から半径500メートル以内の農場で育てているニワトリやカモ30万羽も処分し、半径3キロ以内で生産される卵を全量廃棄処分することにした。該当の農場隣近10キロ以内では家禽類と卵の移動が統制される。
  農食品部はまた、高病原性鳥インフルエンザ発生原因と伝染経路を把握するため、獣医科学検疫院の専門家で構成された中央疫学調査班を金堤に緊急派遣し、疫学調査に入った。鳥インフルエンザが4月に発生したのは国内では初めてだからだ。これまで鳥インフルエンザは主に気温が低い11~1月に発生し、気候が暖かくなる3月になると減っていた。
  キム・チャンソプ農食品部動物防疫チーム長は「時期的に移動動物がAIをまき散らした可能性は低く、農場の人足や住民が中国と東南アジアンなどの鳥インフルエンザ発生地域に行っていないかを調査する」としている。
全北・金堤で鳥インフルエンザ発生 朝鮮日報 
 農林水産食品部が3日に発表したところによると、今月1日に全羅北道金堤の養鶏場から申告があった鳥インフルエンザ(AI)が、「高病原性(血清タイプH5N1)」であることが分かった。
 韓国で4月に高病原性鳥インフルエンザが申告されたのはこれが初めてだ。このため防疫当局は、鳥インフルエンザ発生が遅くなったことと地球温暖化現象が関連している可能性もあると見て、調査している。これまで韓国では、鳥インフルエンザが発生するのは11月から2月までの間がほとんどだった。
 高病原性鳥インフルエンザは、感染した鶏の生肉を食べると人にも感染することがあり、重い場合は死に至る可能性もある。防疫当局は同日、全羅北道金堤の問題の養鶏場を中心に半径500メートル以内にある農場7カ所で飼われている鶏30万8000羽を殺処分し土中に埋める措置を取り、感染した鶏の卵など、鶏由来のほかの製品についても廃棄することとした。
 韓国では2003年に初めて鳥インフルエンザが発見され、これまで人に感染したことはない。しかし中国、ベトナム、インドネシア、カンボジア、フィリピン、タイなどでは03年から今年3月までに372人が鳥インフルエンザに感染、このうち235人が亡くなっている。

*非常に正確に情報を伝えている。
  4月に入ってからH5N1鳥インフルが養鶏場で発生したことは注目に値する。冬期間に向かって発生した昨年のように、中国からの渡り鳥説では説明が難しい。ここでは地球温暖化現象と関連付けようとしているが、やや唐突かも知れない。
 問題は日本への拡大である。
 日本国内での報道がないのは、いつものことであるが、水面下では情報収集と防疫対策が懸命に行われていることを確信したい。

S.Korea reports bird flu outbreak, culls poultry Reuters  (国際) 韓国、鳥インフル発生を報告、家きんの殺処分開始

 韓国は南西部で強毒性の鳥インフル発生を確認したことから、30万羽を超える鶏とたの家きんの殺処分を開始したことを、農業省が発表した。
 3日遅くに農業省は金堤市(ソウル南方215キロ)で発生した鳥インフルがH5N1株によるものであることを確認した。作業員達が農場と他の500メートル以内の6農場の家きんの殺処分を開始した。
 2日に、15万羽の家きんを飼育している農場が3月29日以来2400羽が死亡したことを報告していた。

             2006年~2007年 韓国での発生地
             2007年 日本での発生地と韓国での発生の関係

S Korea confirms bird flu outbreak Xinhua, China (中国、新華社) 韓国、鳥インフル発生を確認
 韓国は南西部の全羅北道金堤市で強毒性の鳥インフルが発生したことを確認した、と発表した。
 食料農業水産省の発表によると、ソウル南方260キロにある鶏卵産生農場で発生した鳥インフルはH5N1鳥インフル株であることが確認された。
 同省は、農場から半径500メートル以内の鶏30万8千羽を殺処分の予定と発表した。近隣の7農場から産生される全ての鶏卵は、鳥インフル拡大防止措置として、全て埋められる。
 また検疫局によると、特別予防措置として出荷済みの鶏卵を回収して処分するとされる。
 なお鶏卵を食べて病的になった患者発生の報告はないとも発表された。
 
 韓国における家きんでの最後のH5N1鳥インフル発生報告は昨年3月であった。 
South Korea Confirms Deadly Bird Flu Conde Nast Portfolio, NY (米国) 韓国、発生鳥インフルがH5N1鳥インフルと確認
AP
 昨日報道の韓国の養鶏場での鳥インフルがH5N1鳥インフルと確認された。

*一昨年11月から韓国の家きん農場で相次いでH5N1鳥インフルが発生し、年を明けた1月に宮崎県でも発生している。ウイルスは韓国も日本も青海省株と確定されていて、渡り鳥によりもたらされたという意見も出されている。
 本年も我が国で発生するか否か、やや緊張を要する。国内における反応が弱いのが気になるが…。
Limited bird flu spread among Pakistan brothers-WHO Reuters (国際) WHO発表:パキスタン兄弟内で限定した人人感染による鳥インフルが発生
 パキスタンで少なくとも3人の兄弟が、鳥インフルウイルスに感染し、そのなかで人人感染が生じた可能性があると、WHOが3日発表した。昨年11月の事例に関して5ヶ月ぶりに出した結論である。1人だけがウイルス検査で陽性で、他は検出されてないと発表したのが12月末であったが、その後の検査で判断が変わったようだ。
 しかしWHOは致死的疾患は、ペシャワールに住んでいた家族の範囲を超えて、拡大はしなかったと、限定的人人感染であったことを示唆した。
 「この発生は社会の中に拡大はしなかった。将来的人感染に対する危険性を減らすために適切な措置がとられた」、とWHOの声明の中で付け加えられた。
 類似のH5N1鳥インフルの家族内クラスター(集団)発生は、インドネシア、タイ、およびベトナムで見つかっている。

*訳者注
  昨年11末から12月上旬に世界的に心配されたパキスタンの家族内鳥インフル集団発生の疑い事例に関してのWHOの結論が、今、出された。当時は状況から見ても家族内人人感染があったと考えられており、WHO関係者もそのような見解を示した。しかしながらWHOは、12月末にその中の1例に関してH5N1鳥インフルウイルスが検出されたと発表しただけで、家族内人人感染は確認されていないと結論を出していた。
 少々嫌みになるが、5ヶ月経過してから、実は新型ウイルスでした等と発表することはないと思っている。そんなことをしたら、多くの犠牲者が既にでている状況下での意味のない発表となってしまう。

 以下は最終的結論。
  家きん殺処分に加わった獣医師から他の2名に感染した可能性が濃厚。もう1名の兄弟は、検体がとれなかった為、状況からみて可能性事例と結論。
家きん殺処分に加わった獣医師 + 3兄弟 -->肺炎様症状

    4兄弟はお互いに家庭と入院先の病院で看護にあたった。
    ・11月中旬 1人死亡 即埋葬
    ・11月23日 1人死亡 原因は特定されていない (今回ウィルス検出)
    ・11月28日 1人死亡  WHO協力機関でウイルスが検出

    ・獣医師は回復 10月中旬に家きん殺処分に加わり発病。(今回ウィルス検出)

詳細は昨年11月~12月の掲載記事を参照。多くの記事を紹介している。
 一部リンク
 ロイター報道+訳者コメント
 カナダ・エキスプレス報道(PDF)
 ネーチャー論文

インドネシア、鳥インフルエンザ感染が再び拡大  日本経済新聞 
 インドネシアで再びH5N1型の鳥インフルエンザ感染が拡大している。2日までに新たに3人の感染を確認、うち2人は死亡し、感染死者数は累計107人となった。政府によると、鳥インフルエンザ感染による政府関連の損失額は4兆1000億ルピア(約450億円)となり、慢性的な財政難の政府の負担が一段と重くなっている。
 保健省によると、3月末にジャカルタ郊外の西ジャワ州でそれぞれ15歳の男性と12歳の女性が死亡、また新たに西スマトラ州で1歳の女児の感染が確認された。インドネシアでは今年1月から2月15日までのわずか1カ月半で計10人が相次いで感染死したが、その後は感染者が出ていなかった。
4月3日


China approves bird flu vaccine for humans Scientific American  (米国) 中国政府、人用鳥インフルワクチンの製造を許可
 ベトナム株を用いた不活化ウイルスワクチン。2回目の臨床試験で安全性と効果が確かめられたことから、北京に基盤を置くシノバクバイオテク社(Sinovac Biotech Co., Ltd)に製造許可が出された。
 本日の新華社通信仁詳細記事(下方)。
Vietnam starts human trials for bird flu vaccine Scientific American (米国) ベトナム鳥インフルワクチンの臨床試験を開始
 ベトナムはH5N1鳥インフルウイルスに対するワクチン作成の為の臨床試験を始めた。3日、研究者が発表した。

 11人の、研究者からなるボランティアが2回目のワクチン投与を3日に、ハノイの国立公衆衛生疫学研究所によって運営されているワクチン製造会社で受けた。
 臨床試験の責任者である疫学者でウイルス学者のグエンツエ・ガ(Nguyen Tuyet Nga)博士は、ワクチンは2004年にベトナムの患者から分離された高病原性H5N1株を抗原として用いていると説明した(VN1194)。
 この株は世界中の研究者が、H5N1鳥インフルに対するワクチン研究株として用いている。
 「私はこれは複雑な研究であるが、同時に非常に重要な研究と考えている。外部からのサポートも得ている」、とガ博士は語り、さらに「交差予防の有無に関しては後期の臨床試験で確かめる」、と話している。(2004年のベトナム株で作成したワクチンが、他のH5N1ウイルスに対しても効果があるかについての確認。一般的には交差予防または交差免疫があると言われている)。
 同博士によると、米国CDCとWHOがこのプロジェクトを支援しているが、外国の製薬会社は関与していないとされる。
 臨床試験に用いられるワクチン量は、1回量3.75マイクログラムから45マイクログラムまで、いくつかの投与量に分けられ、28日間隔で2回投与される。(1回量3.75マイクログラムは訳者の記憶では、これまでのH5N1ワクチンの中で最少量のはずである)。
 なお博士によると、臨床試験では、免疫賦活剤(アジュバント)は用いないとされる。
 「我々はどの程度の期間、予防効果が続くか確かめる(抗体産生が続くか)」、と同博士は自分自身でワクチン注射を受けた後、語った。開発企業は、バビオテク(Vabiotech)として知られるワクチン開発会社である。
 先月、軍の当局者が、保健省が4月末から軍の医学校で別な臨床試験を行うことを許可したと発表している。
 実際にパンデミックが発生したとき、プレパンデミックワクチンが効かないかも知れないという憶測がある。
 しかし専門家は、このようなワクチン開発過程が、実際にパンデミックワクチンを製造する際に必要な組織体系を確立するのに役立ち、実際の製造時間の短縮に役立つと考えている。(通常4~6ヶ月要する)。
SKorea starts culling poultry amid suspected outbreak of bird flu International Herald Tribune, France (国際) 韓国、家きんの殺処分を開始
 韓国の検疫局は15万羽の家きん殺処分を、鳥インフル拡大防止措置として、鳥インフル発生疑いがもたれている養鶏場で開始したことを3日発表した。
 全羅北道金堤市の養鶏場でH5鳥インフル亜系株による鳥インフルが今週初めに発生したことが当局から発表された。H5N1鳥インフルかどうかは4日には判明するとされる。
FACTBOX-Bird flu's spread around the globe Reuters (国際) 鳥インフルは世界中に広がっている:ロイターによるまとめ
 WHOは2日、インドネシアの11歳少女と15歳少年の2人が、H5N1鳥インフルにより死亡したことを確認した。
 高病原性H5N1鳥インフルの流行は2003年にアジアで始まった。以下はその後の主な発生の推移である。
 ・アジアで再興以来、発生は世界の60カ国と地域に及ぶ。
 ・ウイルスは2003年以来238人を感染死させた。
 ・ウイルスは2003年以来376人を発病させたが、その多くは子供と若年成人である。
 ・WHOによると、ベトナムとインドネシアで最も多くの発病者が発生していて、159人もの死者を出している。
 ・H5N1ウイルスは科学の世界では新しい存在ではなく、1959年のスコットランドで発生していることが知られている。
 ・H5N1ウイルスは、唯一の鳥インフルウイルスではなく、他に多くの株が存在している。
 ・H5N1ウイルスが初めて人に感染したのは1997年の香港であるが、18人に感染し、6人を死亡させている。
 ・鳥インフル感染者の症状は多彩であるが、典型的症状は発熱、咳、咽頭痛、筋肉痛で、さらに結膜炎、肺炎、呼吸困難、ウイルス性肺炎、および他の合併症が知られている。
Bird Flu Virus Crosses Species Barrier to Kill Dogs (Update1) Bloomberg  (米国) 鳥インフルウイルス、種の壁を越えて犬を感染死に
 韓国で犬に感染し、多数を死亡させた鳥インフルウイルス(H3N2タイプ、人に感染するタイプとは異なる)は、1匹の犬から他へ感染したことが確認され、鳥インフルエンザは種の壁を越えて、広くほ乳類に拡大する可能性が指摘された。韓国の研究者チームによる報告。米国CDCが発行する、新興感染症雑誌journal Emerging Infectious Diseases.に報告された。感染した犬達の中には身近なペットドッグも含まれていた。
Dogs catch flu directly from birds, study finds Reuters  (国際) 研究報告:犬に鳥から直接インフルエンザウイルスが感染
 韓国の研究チームの報告。
 鳥が保有するH3N2インフルエンザウイルス(人で流行するタイプとは異なる株)に感染したペットドッグの分析で(回復した犬や死亡した犬た含まれる)、ウイルスが直接鳥から感染したことを、ウイルスの遺伝子分析で確認。新興感染症雑誌journal Emerging Infectious Diseases.に報告。
 鳥からインフルエンザウイルスに犬が感染し、そこから人がウイルスに感染する危険性を指摘している。
China authorizes commercial production of human bird flu vaccine Xinhua, China  (中国国営通信) 中国、人用鳥インフルワクチンの商業的製造を承認
 中国政府の食料薬品局(China's food and drug regulators)は2日、国内の製薬企業に対して人用鳥インフルワクチンの商業的製造を開始することを許可した。2年間の臨床試験がこれまで行われていた。
 北京に基盤を置くシノバクバイオテク社(Sinovac Biotech Co., Ltd)が、H5N1鳥インフルウイルス及びその変異株から人を守るためにワクチンの製造を開始する。
 同社の総支配人であるイン・ワイドン(Yin Weidong,)氏によると、同社はH5N1鳥インフルウイルスが変異した場合にもワクチン製造は可能であると説明している。
 中国は2005年11月からワクチン作成に取りかかっていた。
4月2日

全北・金堤の養鶏場で鳥インフルエンザ感染の疑い 中央日報 
 農林水産食品部は2日、全羅北道金堤市(チョルラブクト・キムジェシ)ヨンジ面の養鶏農場で高病原性鳥インフルエンザ(AI)に感染した疑いのある鶏が見つかったと、明らかにした。
  この農場では鶏15万羽を飼育しているが、先月29日から1日にかけて2380羽が死んだという。防疫当局は現在、人体伝染の可能性がある鳥インフルエンザかどうかを調べている。
  国立獣医科学検疫院は1日、農場主の申告を受け、詳しい検査を行った結果、一次的に「感染が疑われる」と判定した。高病原性については4日に判定結果が出される予定。
  農林水産食品部は鶏と卵の移動を制限、市・郡と畜産協同組合が保有する消毒・防除車を動員し、鶏や鴨農場の消毒作業を行っている。最終的に鳥インフルエンザと判定されれば該当農場の鶏は処分される。韓国では昨年3月6日にも天安(チョンアン)で鳥インフルエンザが発生している。
  農林水産食品部のキム・チャンソプ動物防疫チーム長は「季節的に渡り鳥による感染の可能性はほとんどない。農場で働いている作業員が中国や東南アジアなど鳥インフルエンザ発生地域に渡航した経緯がないか調べる予定」と述べた。
Mysterious disease claims thousands of birds in Tripura Thaindian.com, Thailand  (タイ) タイ、トリプラで数千羽の鳥が原因不明死
 トリプラで、家きんを含む鳥、約3千羽がこの1週間で原因不明死を起こしている、と当局が2日に発表した。村人達は、3000羽以上の鶏、アヒル、カラス、そして他の鳥が病的状態に陥り、そして死亡したと話している。地域はバングラデシュと国境を挟んでいる。
 動物資源開発局(animal resource development department (ARDD))の獣医達から構成されるチームが現地に調査に向かい、鳥たちの血液サンプルを集めている。
 「数匹の犬と5頭のジャッカルが、死亡した鳥を食べて、死亡しているのが見つかっている」と村人達は話している。
 調査チームの責任者は、鳥が鳥インフルで死亡したとは考えてなく、ニューカッスル病によるものと推定していると語っているが、詳細は検査結果が出るまでは分からないとしている。
 ニューカッスル病は全年齢層の鳥が感染する致死的ウイルス性疾患である。
Indonesian toddler tested positive of bird flu Xinhua, China  (中国) インドネシアの幼児が鳥インフル検査で陽性に
 インドネシア西スマトラで22ヶ月の幼児が鳥インフル検査で陽性になったことを保健省が2日発表した。
 幼児は西スマトラ州の州都パダンのムハマド・ジャミル(Muhammad Djamil )病院に鳥インフル疑いで入院している3人の患者の1人である。
 「我々は他の2人の検査結果を、ジャカルタの研究所から受け取っていない」、と州保健局長官のロスニニ・サビトリ氏が語っている。
 他の2人の患者は、29歳女性と、21ヶ月女児である、と長官は語った。

*西スマトラの22ヶ月幼児に関しては既に、3月31日、4月1日の報道で知られているが、29歳女性と21ヶ月女児の疑い例に関しては、今回が初報道である。しかし、21ヶ月女児と、今回感染が確定されたという22ヶ月幼児が別の事例なのか、同一例なのか疑わしい。
South Korea says probing suspected bird flu case Reuters India, India (インド) 韓国で鳥インフル発生の可能性
 ロイター
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 韓国は同国西南部の家禽飼育場で発生した鳥インフルエンザ疑い例を調査中であるという声明を、同国農林部が水曜に発表した。
 ソウルから約214キロ南にある金堤市の飼育場での鳥インフルエンザ・ウイルスの株はまだ特定されていないと、同部はしている。
 更なる検査結果は、4日の早い時間帯に判明するとしている。
 15万羽を飼育する同飼育場は、3月29日以来、2千4百羽近い家禽が死亡したことを報告してきたと、同部はしている。
 これにより、同飼育場から他の地域に家禽を供給することは禁止された。
 同国は、2006年11月から2007年3月の間に高病原性であるH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス流行を7回経験している。これにより隔離措置のために591万7千ドルを費やしている。
 また昨年11月に韓国では弱毒性の鳥インフルエンザ・ウイルスが検出され、1万3千羽の家禽が殺処分されている。
インフルエンザ:大流行対策テーマにシンポ 毎日新聞 
 アジアを中心に感染者が増えている鳥インフルエンザ問題や新型インフルエンザ対策を考える国際シンポジウム「パンデミック(大流行)の恐怖」(アジア調査会主催)が1日、東京都内で開かれた。
 強い毒性を持つH5N1型の鳥インフルエンザなどが変異し、人から人へ感染する新型インフルエンザとして大流行する可能性が懸念される。人は新型インフルエンザに免疫を持っていない。大流行すると世界の人口の20%が感染し、1億人以上が死亡するとの想定もあり、社会経済的にも大きな影響が出るとみられている。
 シンポジウムでは▽大流行が起こる可能性▽海外や日本の大流行に備える対策--などを議論。東北大の押谷仁教授は「対策で被害を抑えられることが分かってきたのに、日本は対策が遅れている。ワクチンや抗ウイルス薬をどうやって分配するかや、医療機関の麻痺(まひ)を避けるための具体策が必要だ」と指摘した。

*未だにこのようの会が開かれることに多少の違和感を覚える。訳者の考えでは2005年上半期が世界的にパンデミックの脅威がピークに達した時期で、その際は日本では全くといっていいほど反応が無かった。
 現在は、パンデミック危機は続いているものの、改めて対策が遅れている等という警告が発せられるシンポジウムが大東京のど真ん中で白昼(かどうか知らないが)開かれることに、新型インフル対策の後進性が暴露されている。
 「対策遅れている」論はもういいと思う。全ての危機管理が未熟な日本社会なのだから仕方がないと思う。じゃ、どうすれば良いのか?答えは簡単。責任を持って日本社会、そして地球上の危機を救うのだという見識を持ち、能力のある人達が結集して、与えられた役割を果たすという、至極当たり前のことを行えばよいだけだ。そういう意味でこの4月に創設された「新型インフルエンザ対策室」は期待される。
Shakeup in bird flu fight  The Standard, Hong Kong (香港) 香港、鳥インフル侵入防止対策を抜本的見直し
 香港は、中国本土の広東省で鳥インフルが発生したときの対応を、省全体からの生きた家きん輸入禁止の代わりに、区域選択禁止方式に切り替える。
 これまでは広東省で鳥インフルが発生したときには、広東省全体からの輸入を禁止した。
 香港では広東省の養鶏場の中で90箇所、凍結家きん肉加工工場の10数カ所を登録認定しており、家きんとその産物は全てそれら養鶏場やプラントから輸入していた。
 昨日発表された新規則では、登録養鶏場もしくはプラントで鳥インフルが検出されたときに、省全域からの輸入が21日間禁止される。
 さらに発生場所の半径3キロ以内の制限地域では、3ヶ月間の輸入禁止。13キロ以内のコントロール地域では21日間の輸入禁止措置となる。
 もし省内で人の発病者が出た場合は、感染した可能性のある場所から、半径13キロ以内の地域から21日間の輸入禁止措置となる。
 もし非登録養鶏場(香港へ輸出していない)1ヶ所で鳥インフルが発生した場合は、制限地域とコントロール地域から、それぞれ3ヶ月および3週間の輸出禁止措置がとられる。
 複数以上の非登録養鶏場で発生した場合は、上記と同様の措置がとられるが、当局は省全体からの輸入禁止を考慮する。
 今回の区域選択禁止方式(zonal approach)は、国連FAOの2006年の勧奨、および昨年世界動物保健機関の勧奨に基づくものである、と香港の情報筋では説明している。
 この措置は本年に入ってから2回適用されている。2月にShanwei、3月に Liwanで発生した鳥インフルに対してである。
Live birds being burnt to battle bird flu in West Bengal India PRwire(Press Release), India
 (インド) 西ベンガル州、鳥インフル封じ込めのため、生きた鳥を焼却処分している
 A.Tohda訳

 「西ベンガルの Jalpaiguri地方では、鳥インフルの再発後に開始された殺処分を終わらせるため、必死の努力の中、当局者は生きた鳥を焼き殺している」と、養鶏業者が語った。

鳥インフルウイルスはこの1月、西ベンガル州の19県のうち、13の県を襲った。しかし、2週間前、鳥インフルは、Malda地方の English Bazaarと Murshidabad地方の Raghunathgani および Jiagani 地区で再び発生した。州政府がウイルスを封じ込めたと断言して約1ヶ月後のことである。
 鳥インフルの発生は3月27日、Jalpaiguri地方でも確認された。州政府はこの地方の約4万羽の鳥を殺処分する目標を立て、40人から成るチームが3月29日に殺処分を開始した。この作業は4月6日に完了する予定としている。
 西ベンガル動物資源局のAnisur Rehaman長官は、「最初の目標は4万8千羽だったが、これは西ベンガル州の家禽の数を激減させることになる。そこで目標を4万羽に下げた」と語った。
 同長官は、殺処分は衛生的かつ計画的に行われていると述べていた。
 しかし、Jalpaiguri地方の養鶏業者は、殺処分チームが作業を終わらせるのを急いで、生きたまま鳥を焼き殺していると主張している。
 養鶏業者の Joydeep Nath氏は、「殺処分チームは、適切に殺処分せず、ほとんどの場合、生きたままか半殺しでニワトリを袋に詰め、廃棄場の火の中にそれらを投げ入れた。私は、火の中で焼かれて羽ばたきする鳥を見た」とIANSに語った。
 Nath氏はまた、彼が殺処分チームにその行為を注意すると、鳥はどうしようと殺されるのだから何も問題はないと彼らは言ったと述べた。
 別の養鶏業者のShambhu氏は、「我々は、メンドリやアヒルを自分の子供のように育てている。しかし、彼らは我々の健康な鳥までもひったくり、それらを焼き殺しても気にもしていない。私は実際 日曜日、火の上の乗せられた4羽のメンドリを見た。」
 殺処分チームの一人 Santosh氏はIANSに、「そのような申し立てに根拠はない。我々は鳥が最小の痛みで処分されるよう気をつけている。我々は鳥を生きたまま殺したりはしない」と語っている。

* 「人はどれだけ残酷になれるのだろうか?」
   民族的イデオロギーの違いは、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)、原爆の投下、さらには中国大陸における日本軍の大虐殺等をいとも簡単に起こす。
   動物と人との違いはどこにあるのだろうか?という問いに対する答えは無数にあるかも知れないが、このような報道を目にすると、僕は非常に胸が痛み、人間として生存し続けることが、他の動物達にとって非常に野蛮な行為に思えてくる。十字軍時代に、宗教改革時代に、多くの人々が焼き殺されたことは、恐竜時代が動物進化の過程ですごく身近になっている現代、それは現在とほぼ等しい時代層に起きていたとも言える。
4月1日

厚労省、新型インフル対策室を設置 日本経済新聞 
 病原性の強い鳥インフルエンザのウイルスが変異して人の間で大流行すると懸念されている新型インフルエンザへの対策を強化するため、厚生労働省は1日付で「新型インフルエンザ対策推進室」を設置した。
 推進室は専従の10人を含む29人の職員で構成。国際機関と連携した海外情報の収集、発生時の封じ込めやワクチン・抗ウイルス薬の備蓄など対策全般を幅広く担当する。民間からも、医師やジャーナリスト出身者など8人の専門家を採用した。
  同日午後には舛添要一厚労相が同推進室の前に看板を設置。職員に「新型インフルエンザの発生は時間の問題。きっちりと水際作戦ができるように、全省を挙げて取り組みたい」と訓示した。(

* 国も本格的対策に乗り出し始めたようだ。収集する海外情報は公開してくれるのだろうか?もしそうなら、このウエブも役割を終えることが出来そうだ。

Duck, rice, humans behind bird flu The Post Report  (パキスタン) 鳥インフル発生の背景に「アヒル、水田、および人」が重要な因子として存在

A.Tohda訳

 国連食料農業機構(FAO)による新しい研究で、タイにおける鳥インフルの拡大には、アヒル、水田、及び人間が重要な因子となっているとの研究結果が発表された。カンボジアやラオスでの発生も、これらの要因によると言う。これまでは、世界中のH5N1の発生には、ニワトリが大きく原因として関わっていると考えられていた。
 研究論文は、「米国国立科学アカデミー紀要」に掲載された。

 衛星による観測手段を用いて、研究者達はアヒル、ガン、ニワトリの数、人口密度の程度、米の収穫とその範囲などを含む因子を観察し、アヒルの摂食様式と米の収穫量のあいだに強いつながりがあることを見いだした。
 例えばタイでは、アヒルの幼鳥の割合は9月-10月が最も高くなり、そしては11月―12月の米収穫の最盛期に、それらのアヒルは水田で多くの米を摂食している。
 多くのアヒルが水田に集合するこれらのピーク時は、鳥インフルウイルスがアヒルから排出され、またそれに他の鳥が暴露する機会が増える時期となっている。 野鳥にとって、水田はしばしば一時的な生息場所になっている(のでそこでウイルスの感染を受けている可能性が高い)。
 アヒルは、主に水田で収穫の際にこぼれた米粒をえさにしているので、放し飼いのアヒルはさまざまな場所へ米収穫の時期に合わせて移動する。

 論文では、「我々はいつどこでH5N1が発生するか、いまや以前よりずっと理解している。」とコメントしている。

Three cases raise Indonesia's H5N1 count to 132 CIDRAP, MN  (米国) インドネシアで発病者数が3人増えて132人に

 インドネシア保健省は本日2人の十代の若者が、H5N1鳥インフルで死亡し、22ヶ月女児が入院したことを発表した。
 もしWHOがこれら事例を確認したなら、インドネシアの発病者数は132人で死者数は107人となる。
 インドネシア保健省の伝染病対策長官のニョマン・カンヅン氏は、死亡した患者の1人は西ジャワのスバンに住む15歳少年で、26日に死亡した。これはロイター報道による。
 また少年の弟(または兄?)が最近死亡しているが、これはデング熱によるもので、鳥インフルの家族内発生とは考えていないと、同長官がロイターに語っている。
 長官はさらにジャカルタの東部のベカシに住む11歳少女が、3月28日に死亡したとロイター記者に発表している。メディアの中には少女の年齢を12歳としている報道もあるようだ。
 カズン長官によると、少年の近所で死亡した鶏が見つかっていたとされるが、少女の場合は感染した家きんに接触したかどうかは不明とされる。
 本日保健省はさらに西スマトラのブキティンギ(Bukit Tinggi)で22ヶ月の女児が検査でH5N1ウイルスが陽性であったと、ロイター記者に発表した。
 女児は3月24日に、高熱と他の鳥インフルを疑わせる症状を呈した後、鳥インフル専門病院へ移送された。女児の様態は現在回復しつつある。

* インドネシアでの人発病者と死者が公式発表される毎に、またか…、という思いが心の中をよぎる。2005年上半期のベトナムもそうだったが、インドネシアでの人における発生状況は期間が長引いていると共に、死者数も多く、さらに何よりも感染源が不明瞭なことが、ベトナムの場合と異なっている。だからと言って人人感染が起こりやすくなっているかどうかは分からない。米国CDCの分析では、ウイルス変異は起きていないとされる。
 むやみに恐れることはないが、もっと客観的データが欲しいところである。インドネシアにおけるウイルス株は、全て専門機関でチェックされているのだろうか?感染源不明で発症する例が出るたびに妙に不安になる。
 一方、感染源としては無数にあるバングラデシュやインドの西ベンガル州では人の発病者は全く報告されていないし、国の関連機関も発生していないと発表している。
 インドネシアとバングラデシュ等の差はどこからきているのだろうか?訳者(管理人)の偽ざる疑問である。
 なお死亡した少年の兄弟がデング熱で死亡したとされるが、デング熱とH5N1鳥インフルの鑑別困難例があり、誤診されている例もあることから、今回の例が果たして兄弟間での感染でなかったのか気にはなる。

Simple screening chips could speed up detection of livestock viruses News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) 単純なスクリーニング用チップで家畜のウイルス検査が迅速化
 300種類のウイルスを迅速に検出するマイクロチップが開発され、今週エジンバラで開かれる国際総合微生物学会で発表される。ウイルス遺伝子の一部がチップに含まれ、人や動物から得られた検体中に当該ウイルスが存在すると反応する。
 すでにSARSウイルス類似のコロナウイルス等の検出に応用されている。いまだ実験段階なのでキットは高価なようだ。英国のバークシャーの動物健康研究所が開発した。

*各種のウイルス検査用迅速キットが開発されている。
  3月25日発表されたSTマイクロエレクトロニクス社のVereFlu チップも、一回の検査で多数の病原体が検出可能とされる。

Kolkata chicken lovers dare bird flu Howrah News Service, India  (インド) コルカタの鶏肉愛好者達、鳥インフルを気にせず
 鳥インフルが西ベンガル州の2箇所で再興したが、多くの鶏肉が2週間前に鳥インフルが発生したマルダ県や、殺処分が進んでいるジャルパイグリ県から入ってきているにも関わらず、コルカタの消費者達はあまり躊躇しないで消費している。
Culling almost over in Jalpaiguri The Statesman, India  (インド) 西ベンガル州、ジャルパイグリ県での殺処分作業がほぼ完了
 ジャルパイグリ県で鳥インフルが発生した二箇所の地域(Maynaguri and Sadar Blo-cks)での殺処分作業がほぼ完了した。本日午後まで49300羽の鶏が殺処分され、夜までに目標の5万羽に達する。
TOP