高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
翻訳者
Overseas News
2008年
3月31日


鳥インフル死者107人に インドネシア MSN産経ニュース 
 インドネシア保健省は31日、首都ジャカルタ郊外の西ジャワ州で新たに2人が鳥インフルエンザで死亡し、世界最多となっている同国の死者が107人になったと発表した。
 3月26日に死亡した少年(15)と、28日に死亡した少女(12)の感染が確認された。
 少年が発症した19日以前に近所で鶏3羽が死んでおり、この鶏が感染源となった可能性がある。少女の感染源については手掛かりがつかめていない。
Bird flu kills 2 more in Indonesia USA Today  (米国) インドネシア、鳥インフルで2人が死亡
 インドネシアでさらに2人が鳥インフルで死亡し、世界で最も多くの犠牲者を出している同国で死者数は107人となったことが、31日保健省から報告された。
 1人は15歳少年で、もう1人は12歳少女である。
 保健省のリリー・スリチョワチ担当官によると2人は先週死亡し、ジャカルタ郊外に住んでいたが、場所は離れていた、とされる。感染源は調査中とコメントされた。
 一方、西スマトラ州で治療されている22ヶ月女児が、鳥インフルに感染していることが確認されたと、同担当官が発表した。女児の状態は回復しつつあるとされる。
Bird flu kills 2 people in Indonesia, bringing country's death ... International Herald Tribune, France  (国際) インドネシアで2人が鳥インフルで死亡
AP通信
 インドネシア保健省の当局者は鳥インフルで2人が死亡したことを発表した。
 保健省の当局者のLily Sulistyowatiさん は、2人の死亡でインドネシアにおける死者数の合計は107人となったと語った。
 死亡者の1人は15歳少年で、もう1人は12歳少女である。
 両者とも先週死亡したが、住んでいた場所はジャカルタ郊外であるが、離れた場所であった。

*インドネシアでは多くの疑い例が出ているが、この15歳少年に関しては既に知られていた。しかし12歳少女に関しては初の情報である。
 インドネシアから生の情報を伝えてくれている{Berita Flu Burung}では、多くの疑い者が検査中であるが、中には院内感染が疑われている事例もある。もし院内感染が確認されら、ウイルス変異の可能性も出てくる。
Even cheap masks stop flu spreading ABC Science Online, Australia (オーストラリア) 安価なマスクでもインフルエンザ拡大を防止する
 
 通常の外科用マスクが、他の高価なマスクと同じく、インフルエンザ感染患者からウイルスが周辺に拡大することを防止することが、研究結果により示された。
 オーストラリアの研究者達が、実際のインフルエンザ流行に際した研究で、外科用マスクが感染した患者が咳をした際にウイルスの拡散を抑える事を確認した。
 インフルエンザ患者(平均2病日目)に、外科用マスク、またはN95マスクを着用させ、シャーレに向かって咳をさせ、そのシャーレ内にどの程度の量のインフルエンザウイルスが飛散されるか検討した。両マスクを着用した場合、ウイルスは全く検出されなかったが、マスクを着用していない場合は、大量のウイルスが検出された。

*外科用マスクでもインフルエンザ患者が咳やくしゃみをした際にウイルスが周辺に飛散するのを防止する効果が確認されたが、これは飛散物質が比較的大きく、フリーのウイルス粒子が飛散物質の中には含まれていないからと思われる。
 ここで誤解してならないのは、予防用にマスクを着用する場合、飛散物質はマスクを通過しないと考えられるが、顔や髪の毛、衣服等に付着することである。患者はマスク着用で周辺にはウイルスを撒き散らさないが、もし撒き散らされた場合、周辺の人間はマスク着用だけでは防止は出来ない。故に咳をする際はティッシュを当てて分泌物が飛散するのを防ぐか、もしくは外科用マスクを着用することが求められる。

Indonesian child tests positive for bird flu Reuters UK(英) インドネシアの幼児、鳥インフル検査で陽性に
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドネシア人幼児を検査したところ鳥インフルエンザ陽性となり、同国の確認済みのヒトの症例は130件となったと同国厚生省筋が月曜(31日)語った。
 同省報道官であるリリー・スリスティオワティ氏によると、スマトラのブキット・ティンギに住む生後22ヶ月の女児が3月19日に発症した。同省はこの女児の住む地域で家庭で家禽を育てていた可能性があるとして調査しているという。
 「女児の容態は快方に向かっており、パダンの病院で治療を受けています」と、スリスティオワティ氏はロイターの記者に電話で語った。
 感染している家禽と接触することは、H5N1ウイルス感染において一番起こりやすい経路である。同ウイルスはインドネシアの大部分の地域の鳥の間で流行している。
 インドネシアは鳥インフルエンザ・ウイルスにより105人の死者が出ており、世界最悪となっている。
 専門家が危険だとしているのは、このウイルスがヒトに容易に感染する形態に変異しヒトの間で広まりかねないという点である。こうした場合には、感染率が上昇し数百万人が死亡するパンデミックを引き起こしかねないのである。

*これまでインドネシアの現地情報では流されていた事例が公式に確認されたようだが、この幼児の兄も3月19日に死亡していたとされる。28日情報を参考に。状況は未だ不明瞭である。

混乱に近いインドネシア状況--Berita Flu Burung (インドネシア 鳥インフルエンザ情報)

 本日は月曜日。海外情報は非常に少ない。欧米は1日遅れの日曜日だからだ。情報が瞬間的に見えなくなる、僕にしてみたら一時のオアシス的曜日だ。しかし役所では会議が多い。

 インドネシアの現地新聞レベルでは多くの情報が乱れ飛んでいるようで、感染疑い者は多数出ているようだ。現地の記者ならではの取材網のせいかも知れないし、また欧米の英語しか話さない記者では保健省などのお役所からの発表に情報を頼るしか術がないせいかも知れない。しかしその保健省も揺れ動いている。
 Berita Flu Burung  による現地報道からのニュースは大変役に立つ。現地の状況が肌に伝わってくるからだ。現地語の訳も見事である。いかは現在、最も気になる情報の一つである。
 ・パダン:看護婦が感染疑いで隔離病室に入院
感染疑いの患者をケアしていたナースにも症状が出て、隔離病棟で治療中とされる、この情報に関する報道が多数出ているようで、丁寧に邦語に訳されている。


3月30日

Bird flu situation improves in Bangladesh with temperature rising Xinhua, China  (中国) バングラデシュ、気温上昇と共に鳥インフル状況に改善の兆し
 30日、家畜局の専門家が気温上昇と共に、バングラデシュ国内における家きん農場での鳥インフル発生状況が、緩徐となってきたと発表した。
 当局によるとバングラデシュ国内64県のうち47県で鳥インフルが発生し、内訳は486商業農場と42個人農場となっている。
 政府機関は鳥インフル予防啓発として、電子媒体やSMSサービスで、70度に加熱して調理すれば鶏肉や卵は食べても安全であるとのキャンペーンを行ってきた。
 医師達はバングラデシュでは人の発病例はないのだから、人々がパニックになる必要はないと発表してきた。
 初期にはウイルスの拡大とともにパニックを起こして、鶏肉や卵を食べるのを止めた人々も、今は考え方を変えたようだ。多くの主婦達は十分加熱して調理した鶏肉や卵を、食卓に乗せるようになった。
Southern metro gets tough on bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム)  ベトナム南部、鳥インフルで苦境に直面
A.Tohda訳

 「各地区の指導者達は、H5N1ウイルスの拡大を抑えるために、鳥インフルに感染した家禽の違法な畜殺や輸送に対する対策を強化すべきである」、とホーチミン市の副市長が土曜日(29日) 語った。

 鳥インフル撲滅を話しあう緊急会議で、ホーチミン市人民委員会の副議長 グエン=タイ=タイ氏は、いくつかの地区では家禽の密輸業者やもぐりの畜殺場に対する取り締まりが、あまりにも手ぬるすぎると語った。
 同氏は、違法な家禽の畜殺と移送が続いているのを当局がその鼻先で許していると、特に Go Vap 地方のリーダーを激しく非難した。
 タイ氏は、いかなる鳥インフル発生の進展にも厳しい監視をするよう市当局に求めた。
 彼はまた、対鳥インフル命令を無視する人々を処罰するよう関係機関に求めた。

 木曜日(27日)、同市のパスツール協会はまた、鳥インフルが原因と言われていた水曜日の男性の死亡は実際は、鳥ウイルスではなく肺炎によるものと発表した。

 2003年以来ベトナムで確認された鳥インフルの感染者106人にうち、52人が死亡した。

 最近確認された犠牲者は、北部ハナン省で先週亡くなった11歳の少年である。

 今年にはいり、10の省(ほとんどが北部)が鳥インフル発生を報告したが、いくつかの省でのアヒルの放し飼いと家禽輸送や取引に対する不十分な監督のために、メコンデルタは大規模な発生の危機に直面していると、24日 保健当局者は語った。

Proper surveillance can stop flu pandemic: expert REUTERS (国際) 新型インフル・パンデミックは適切な監視で阻止できる:専門家
A.Tohda訳

香港(ロイター)「新型インフル・パンデミックは、適切な監視と抑制対策を実行すれば避けることが出来る。」と、主要な鳥インフル専門家であり微生物学者であるイー=グアン氏が語った。

 グアン氏は、1997年 H5N1鳥インフル・ウイルスが香港のヒトに出現したあとその研究をし、それ以来 世界中での足跡を追ってきたが、彼は、もし堅固な意思があれば、世界はその場でウイルスを阻止できると信じている。
 「もし、動物と人間に対する監視が適切なものであれば、もちろん我々はパンデミック・インフルを永久に阻止できる。適切な監視をすれば、H5N1だけでなく、他のウイルス亜型にも対応できるかもしれない」と、彼はこの週末に行われたインタビューで語った。
 香港大学の教授であるグアン氏は、忍耐力を要する実質的な監視作業が、どのようなものであるかを実際に知っている。
 彼とその研究グループは、中国各地で採集されたニワトリ、水鳥、野鳥の糞のサンプルを2000年から20万件以上分析し続け、新型インフルを引き起こすと、専門家達に指摘されているH5N1ウイルスを選別してきた。
 グアン氏が働く香港大学の研究所は、WHOの委託機関のひとつであり、世界各地、特にアジアのH5N1サンプルも分析している。
 ここで、グアン氏は、H5N1サンプルを比較でき、ウイルスの変化の経緯を追跡してきた。

 先週、彼とその共同研究者達は、2003年後半にベトナム、タイ、マレーシアで出現したH5N1株は、おそらく中国南西部の雲南省から生じたと仮定する論文を、「ウイルス学ジャーナル(J.Virology)に発表した。
 「遺伝的相関関係に基づくと、それらのウイルスは雲南からのもののようだ。我々は、2002年後半と2003年初期の雲南のウイルスにほぼ同一のものを発見した。」と彼は語った。

家禽取引

 論文はさらに家禽取引が、ベトナムへH5N1ウイルスが侵入した原因だったかもしれないと指摘している。
 「2003年11月に出現したインドネシアのウイルスに関しては、同一のウイルスが2002年と2003年に中国中央の湖南省で発見された。」とグアン氏はつけ加えた。
 論文は、ウイルスがインドネシアにどのように侵入したかについては言及していない。
 グアン氏は、これまでの香港や中国、その他多くの世界各地でのH5N1監視は成功した、とグアン氏は言う。
 これまで専門家がH5N1パンデミックを警告してきたが、ウイルスはまだ大部分 鳥の病気としてとどまっている。236人を死亡させた相当な殺傷力はあるが、2003年後半以来、わずかに373人が感染した。
 「抑制策として、監視は長期間続ける必要がある。それにより我々は、危険なウイルスがどこに存在し、それがいつ来るかが分かっていれば、火花を消すように、それも消すことが出来る。」とグアン氏は言う。
 「もしこれまでの監視と検出能力がなければ、パンデミックはおそらくすでに起こっていたはずだ。」
 過去のパンデミックから鑑みて、グアン氏は、監視と厳格な抑制策がその答えだと信じている。
 「パンデミックは突然起こらない。それには初期の段階、進行の段階、発生の段階がある。ウイルスは徐々に変化する。発達するのに長い時間を要する。」と彼は言う。
 「もし、初期の段階でウイルスが人間に感染すれば、その伝播力はたいへん弱い。せいぜい、家族内の感染で、コミニュテイに拡がることはない。」

「この段階が抑制するための重要な局面である。いったんウイルスが十分に変異し、効率的なヒト-ヒト感染へと移行したら、もう遅すぎる。」

*香港の専門家から適切なコメントが出された。現場における適切な監視が行われるならばパンデミックは抑えることができる。僕は(管理人)このコメントで大変力づけられ、そして現場における情報を国内に伝えることの意義を再確認した。
 管理人の「パンデミック阻止のための防衛線構想の中で、最も重要な防衛線は最前線で、そこが突破されると、市街戦になるまでは時間の問題と考えている。しかし、この香港の研究者のように、最前線での監視が効果を上げるならば、パンデミックは抑えられるという考え方は極めて重要で、かつ我々に安心感を与えてくれる。いかに我々は最前線の戦いに協力出来るか?そこを考える必要がある。
Bird flu can mutate to infect humans
 TREND Information, Azerbaijan  (アゼルバイジャン) 鳥インフルウイルスは、人へ感染出来る株に変異可能
 国際医学界がバリ島で、第6回国際鳥インフルサミットを開催し、H5N1鳥インフルウイルスが、人パンデミックウイルスに変異する可能性について討議した。

 ロシアから参加したのは、ディミトリー・ルボフ(Dmitry Lvov,)、ロシアアカデミー医科学のウイルス研究部門の「イヴァノフスキー研究所」長である。
 変異の危険性は十分考慮すべき問題であり、現在の状況は非常に危険であり、警告されるべきである、とルボフ所長は警告している。
 「H5N1鳥インフルウイルスは、ほんの1~2個のアミノ酸の変化が起きさえしたなら人人感染を起こすようになる。しかし誰もこれらの変異ウイルスがいつ現れるか分かっていない、全てはウイルス上のリセプターの特異性にかかっている。これまでウイルスは呼吸器の下気道に達した後、(初めて)病理学的変化を起こすことが出来ている。通常のインフルエンザウイルスは上気道から感染出来る」。
 科学者達は次のように語る。
 「H5N1ウイルスの変異は決して止まることはないから、ウイルスは偶然的に、上気道細胞に感染出来るような変異を起こすことが有り得る。これは非常に悪いことであるが、さらに最悪のシナリオでは、同じ対象者にH5N1ウイルスと季節性インフルエンザウイルスが同時に感染することである(通常ブタで起こりやすい。そこで遺伝子の交雑が起きて、人に感染しやすく、H5N1ウイルスの毒性をもった遺伝子が誕生する)。しかしそうしたことが起きる確率は100万分の1であるが、もし起きたなら世界的に数百万人死亡する大災害となる」。
 「危険度は計り知れない。全ての国は完全にはこの感染症の侵入を食い止めることは出来ないだろう。スペインインフルエンザ(1018年ー1919年)の際のように、検疫はほとんど効果を示さないと考えられるからだ」。ルボフ氏はそのように話す。

 -ウイルスはいまだ、人に感染することを防いでいる遺伝子的障害を乗り越えていない。それでも人は鳥インフルで死亡している、もっともその多くは東アジアではあるが。でもそれはなぜなのだろうか?
 -約400人が感染している。これまで、分子学的、遺伝子学的理由で、人がH5N1ウイルスに感染する事は極めて希であった。人は直接感染した鶏に接触し、ウイルス感染を受ける必要があった。例えば感染した鳥の血液を飲むとか、感染した雌鳥にキスするなどの行為によった。私が聞いた話では、卵の時から可愛がっていた雌鳥が感染して、それに女の子がキスして発病、そして死亡したという。
 言葉を換えると。衛生が今も生命と死に大して決定的役割を担っていると言うことだ。これまで、ウイルスが人人感染した事例はない。
 -鳥インフルは有史以前から存在した。何が原因で現在のような毒力性の高い株に変わったのだろうか?
 -鳥は鳥インフルウイルスの自然宿主だ。鳥とウイルスは3億年間は共存してきている。それだから野生の水禽類はそれらウイルスに免疫となっている。しかし環境が変化するとき、鳥インフルウイルスの遺伝子も変化し、新型の高毒性の株を産生する。生存してゆくためにウイルスは変異しなければならない。時々新型で、危険な株が人に感染するようになり、世界中に広がる。
 
 科学者達は40年前に、鳥は全てのパンデミック・ウイルス株を保有していると報告したが、全ての科学者がその意見を受け入れたわけではなかった。最初の提案者はメンフィスの聖ユダ小児研究病院のロバート・ウエブスター博士とオーストラリアのグレーム・レイヤー教授、および私自身だった。我々はあざ笑われた。しかし残念ながら我々は今、その正当性が立証された。
 -我々はまた同様に動物界での感染症のパンデミックも予知出来る。
 私の施設では2003年9月に動物界でのパンデミックを警告した。それは最初の鳥インフルが見つかる3ヶ月前のことだった。私は日本で行われた国際インフルエンザ会議の報告書の中で、ロシアの科学者はシベリア南部のアルタイ地域と南部のマチチム地域で、家きんから低病原性のH5ウイルスを分離したことを報告した。我々はさらにウイルスは東南アジアの家きんに拡大し、そして速やかに高病原性に変化するかも知れないと予知した。残念な事に我々の予報は後に正しいことが立証された。
 -流行病はワクチンで防ぐことが出来るのだろうか?ワクチンを我々は持っているのだろうか?
 ワクチン作成は基本的プロジェクトで、我々の施設も関与している。ロシアはワクチンの家きん接種プログラムを制定している。そして実際の必要量の8倍量を製造していて、多くを海外に輸出している。
 我々は人に対するワクチンを持っていないし、持つことも出来ない。なぜなら、どの株が人でのパンデミックを引き起こすか分からないからだ。
 パンデミック発生の際、当該ウイルスに対するワクチン製造には最速で2~3ヶ月要する。
 -現在、H5N1ウイルスはどのような感染の仕方をしているのか?危険な変異のリスクは上がっているのか?
 ウイルスは変化している。そして決して我々が望んでいる方向にではなく、危険な方向に向かっている。誰もウイルスの変異を人為的に変化させることは出来ないし、パンデミックの発生を抑えられない。最悪なことは、H5N1鳥インフルウイルスが野生の鳥に感染して冬から夏の間に各地にウイルスを広げ、その過程で家きんに感染させることだ。
 ロシアは2005年に、鳥インフルの脅威を知った。そのときウイルスは中国の青海省の湖からロシアにやってきた。それは後にシベリアから世界中に広がった。

 最も重要な情報は、高毒性のH5N1ウイルスが一旦自然界の中に広がり、蔓延してしまったら、いつかは消え去るということはあり得ないというこだ。それはいつまでもそこで感染を繰り返し、そして高病原性の性格を保持し続ける。

3月29日


新型インフルエンザの“リアル”を語ろう nikkei BPnet 
 鳥インフルエンザの危険性について、SAFETY JAPANではこれまで書評を通じて警鐘を鳴らしてきた。新型インフルエンザの脅威は、ようやく知られるようになったが、まだまだ正しい情報が一般に届いているとは言えない状況だ。特にこの問題を専門としている研究者の生の声はなかなか表に出てこない。
 田代眞人氏は、日本を代表するインフルエンザの研究者であるとともに、世界保健機構(WHO)で新型インフルエンザ対策を担当するインフルエンザ協力センターのセンター長を務めている。今回のインタビューはWHOに勤務する田代氏が帰国するタイミングで、貴重な時間を割いていただき行ったものだ。
 田代氏は、新型インフルエンザが、全身感染を起こす、これまでにない高い病原性を示すものになるであろうと指摘する。このままでは被害は第二次世界大戦以上になる可能性もある。「不作為は、犯罪ですらある」と、国を挙げての対策推進を訴える。
 以下対談集に続く。

*結構なボリュームの対談記事である。科学性もあり客観的事実に基づいての対談集。
  教科書、または参考書になる。
France raises bird flu risk level on Swiss case Reuters  (国際) フランス、スイスで鳥インフル発生により鳥インフル危険度を引き上げる
 フランス農業省は28日、鳥インフル危険度を(低度)から(中等度)に引き上げた。理由は前日にスイスで2年ぶりにカモからH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことによる。
 野鳥との接触を避けるために家きんは屋内飼育、狩猟のために用いられる鳥の国内輸送禁止等。
Centre reviews bird flu situation Hindu, India (インド) インド、鳥インフル状況を集約して発表
 バングラデシュとの国境沿いのジャルパイグリ県における最新の鳥インフル発生により、中央政府は28日、最高会議で国内の鳥インフル状況を検討した。
 西ベンガル州ではこの2~3週間に新規の鳥インフルが発生している。
 まずマルダ県が鳥インフル発生を報告した。45000羽近い家きんが殺処分された。27日、中央政府はジャルパイグリ県でも鳥インフルが発生したことを発表した。
 インドでは最低3ヶ月間、国内で鳥インフル発生報告がない限り、鳥インフル撲滅宣言は行わない。
Vietnamese man died of pneumonia, not bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム男性、鳥インフルではなく、肺炎で死亡
 26日、ホーチミンシ市で死亡した男性はH5N1鳥インフルウイルスには感染していなかったことが確認された。
 市のパスツール研究所の所長は27日、死亡原因は急性肺炎であったと発表した。
 患者はパンゴックタック病院へ25日、呼吸困難、高熱等の鳥インフル様症状で入院していた。
 病院当局の話では、患者は基盤に腎臓疾患を保有していて、そのために免疫力が低下していたとされる。

Russia proposes bird flu vaccine cooperation with Southeast Asia Budapest Business Journal (ハンガリー) ロシア、東南アジアと人用鳥インフルワクチンを協力開発

A.Tohda訳
 「ロシアは鳥インフル・ワクチンの製造で東南アジアと協力する用意ができている。」と、ロシアで最も重要なワクチンの会社の役員が、火曜日(25日)バリで始まった国際鳥インフル・サミットで語った。
 第6回 国際鳥インフル・サミットは、この分野の世界の主要な専門家を集め、世界的パンデミックの脅威と戦う方法やその最新の進捗状況を話し合うために開かれた。「我々は、これまで2種類の鳥インフル・ワクチンを開発した。ひとつは政府の認可が下りており、もうひとつは現在試験中である。」と、モスクワに本拠を置くミクロゲン社 (Mikrogen) の上級研究開発スペシャリストであるクラシルニコフ氏(Igor Krasilnikov)は語った。
 ミクロゲン社は、ロシアに鳥インフル・ワクチンを製造する14の子会社を持ち、同国ではこの分野のリーダーである。同社は、鳥インフルがもっとも流行しているインドネシア、ベトナム、タイでワクチンを製造するために、WHOとすでに契約を交わしている。ベトナムのMedicsもまた現在、鳥インフル・ワクチンを試験中である。ワクチンがボランティアの人々へ注射され、最初の臨床試験は3月初旬に成功した。さらなる臨床試験が4月初旬にも予定されている。ワクチンは、少なくとも300人に試されれば、人での試験に合格したものとして承認されるだろう。

*国際的にワクチン開発競争が激しくなっている。かっての核開発競争にも似ているのが、少々気にはなる。
3月28日

Indonesian teenager dies of suspected bird flu Mathaba.Net, UK (英国) インドネシアの10代少年、鳥インフル疑いで死亡
新華社配信
昨日AFP版でフィリピンの報道で紹介済み

 西ジャワの15歳少年がハサン・サディキン病院に入院後まもなく死亡した。少年は鳥インフル様症状を呈し、26日病院へ到着時には危篤状態であったとされる。呼吸困難があり、意識も不明瞭であった。ジャカルタ・ポストがそのように伝えた。
鳥インフルワクチン、特別認可へ=北京五輪に備え初適用-中国 時事通信
 新華社電によると、中国国家食品薬品監督管理局は28日、鳥インフルエンザの人への感染を抑制するワクチンに特別認可手続きを初めて適用した。北京五輪を前に認可申請に迅速に対応し、緊急時に備える方針だ。
 2005年に公布された特別認可手続きは、突発的な公衆衛生事件の際などに適用される。同局の専門班による技術審査を最短時間で終えた後、同局が3日以内に認可を決定する仕組みという。

*緊急時に備えるとは?
 生ワクチンだと接種して数日後には抗体が産生されだし、確かに緊急時に使える(麻疹ワクチン、水痘ワクチン)。インフルエンザワクチンは2週間前後か。
 緊急時とは中国内に新型が出た場合としたなら、ワクチンはどのように使う?オリンピックとどう関係があるのだろうか?

鳥インフルエンザで国際会議、治療薬開発訴え 日本経済新聞 -
 インドネシアのバリ島で27日、日米中など25カ国の鳥インフルエンザの研究者などによる国際フォーラムが開催された。感染死者が世界最多のインドネシアのアミン・スバンドリオ科学技術省副長官は「同国では治療薬タミフルの効果が十分ではない」などの調査結果を報告、新たな治療薬開発の促進を訴えた。
Gov't to ban poultry killing in markets from April 1 China Post(台湾) 中国政府、4月1日から市場での鳥の屠殺を禁止へ 
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 昔ながらの市場での家禽の屠殺禁止が、元の予定の通り4月1日から効力を持つことになったと、中国国立科学委員会委員長の陳建仁氏が昨日語った。
 「禁止が生活を脅かすと恐れる家禽販売業者の抵抗はありますが、この方針は4月1日から発効します。それから後は全てのニワトリ、ガチョウ、アヒルは資格を持った屠殺場で処理しなければなりません」と、陳氏は述べている。
 しかし、まだ業者を補助するための取組みが一部とられていないこともあり、政府は実施を元来予定されていた10月1日から3~6ヶ月遅らせるだろうと、同氏は述べている。
 現在、鳥インフルエンザ流行予防内閣任務チームの主催者を務めている陳氏は、水曜日に会合を開き関連する問題を討議していた。
 陳氏の説明では、電流による屠殺施設の設置や屠殺上の設備の消毒、食品衛生の広報活動などの準備作業が完了していないとのことで、関係する政府省庁は政府が罰則を科するには更に時間が必要だとしている。
 鳥インフルエンザ流行とヒトへの感染の脅威はいまも残っており、一般向けの市場での家禽屠殺禁止は鳥インフルエンザ予防と食品衛生推進を助けるものだと、陳氏は協調している。
パダンの幼児、感染源不明  Berita Flu Burung  個人ブログ
 (幼児の診断について)鳥インフルエンザ感染の確定を難しくしているのは、患者が直接的に家禽類との接触をもっていないことである。しかしながら、症状からは鳥インフルエンザ感染の可能性がある。

*国際的情報がいまだ出てない段階の貴重情報である。感染源が不明であるという事例はインドネシアでは珍しいことではないが、検査結果だけが頼りである。この例は兄妹感染の可能性があるが、兄の方は既に検体検査が出来ないのかも知れない。

西スマトラ、パダンで鳥インフルエンザ感染疑いの女児が重態(兄は死亡)
 Berita Flu Burung  個人ブログ

 西スマトラ州、パダン市のM Jamil Padang病院にAnisa(33ヶ月)が鳥インフルエンザ感染の疑いで隔離病室で看護されている。
 彼女は、月曜日(24日)から看護を受けており、鳥インフルエンザ感染が陽性か陰性かは確定されていない。
 同病院のIrayanti医師がokezoneに語ったところでは、AnisはBukittingi病院から移送されてきた患者で、現在病状は、重態で、点滴と呼吸器をつけている。
 「現在まで、隔離病室で看護を受けており、病状は重態で、さらに咳、呼吸困難、高熱、そして痙攣の症状がある」と3月27日木曜日に語った。
 Irayanti医師によると、Anisaの血液サンプルは、すでに火曜日(25日)にジャカルタの検査機関に送られた。もしも結果が鳥インフルエンザ陽性だとすると、送付後5日以内に結果が送られてくるはず。陰性の場合は結果はもっと時間がかかる。
 この以前に、Anisaの兄のEdi Satria(21)が、Bukittingi病院で、19日水曜日に肺炎症状で死亡しており、彼はM Djamil Padang病院に移送できなかった。
 叔母のEvaによると、姪は、3月13日の土曜日からすでに熱と咳があり、その時兄のEdiは、やっとBukittingi病院に運ばれた。「しかし、兄は看護中に亡くなった」とEvaは語った。
 Anisaは、西スマトラ州、Agam県、KotoIV郡のNagari Lambahの住民で、看護中は母のFatmaとEvaに付き添われている。

*公式報道が遅れるインドネシアからの貴重な情報。33ヶ月の女児例は症状からH5N1鳥インフルが十分疑われ、19日に死亡した兄も同様だ。ウイルスが検出されるならば確定されるが、そうでない場合は、死因不明で片づけられている可能性がある。
 しかしながら、一番怖い変異ウイルスによる発病なら、周辺での集団発生が見つかるから、そうでない限り、もしH5N1鳥インフルであったとしても、緊急性はない。
 この事例の場合、兄が鳥インフルであったとして、妹にそれが感染したなら人人感染であるが、そうだとしても従来からよく見られている人人感染のように、血族内での感染と考えられる。
 血族内感染:これまでインドネシア、ベトナム、中国等で生じた人人感染は血族内に限られていて、可能性から言うとインフルウイルスリセプターが、一般人では肺の奥にしか認められないのに対し、上気道にも分布していて、容易にウイルス感染を受けやすい遺伝的家系かな(と管理人は思っている)。
3月27日

Swiss report first bird flu case in 2 years Reuters  (国際) スイスで2年ぶりに鳥インフルが確認
 2年ぶりにスイスで鳥インフルが確認された。
 セムパッヘル湖で1羽のカモからH5N1ウイルスが検出された。カモには何の症状もないという。2006年初期にジュネーブ湖とコンスタン湖で32羽の野鳥でウイルスが見付かって以来のことである。

* 定期的検査で見つかったものと考えられる。マガモなのだとしたなら、無症状でウイルスを排泄していたのは十分考えられる。
Bird flu not confirmed in humans: West Bengal official Thaindian.com, Thailand  (タイ) 西ベンガル州当局:人での鳥インフル発症者は確認されず
 西ベンガル州政府は27日、人での鳥インフル発症者は確認されていないと発表した。昨日鳥インフル様症状を呈し、4人が病院で経過観察を受けたが、全て検査でH5N1ウイルス陰性だった。
ホーチミン:鳥インフル感染で男性死亡か 日刊ベトナムニュース 
 ホーチミン市のファムゴックタック病院は26日、H5N1型鳥インフルエンザ感染が疑われる症状の男性(20歳)が同日午前0時20分に死亡したと発表した。男性は25日に激しいせき、高熱、呼吸困難などの症状で、在住地の東南部ビンズオン省の病院から同病院に転院していた。男性は死亡する10日前に実家のある北中部ゲアン省でアヒルをさばいて食べていたという。現在、パスツール研究所で原因を調べている。
Jalpaiguri declared bird flu-hit Hindu, India (インド) ジャルパイグリ県で鳥インフルが発生
 西ベンガル州で二度目の鳥インフルが発生してから、ジャルパイグリ県でも112羽の鶏で発生が確認され、マルダ県とムルシナバド県に続いて3ヶ所目での発生となった。
 発生は放し飼いの鶏で起きた。

*以前発生した地域での家きんは全部殺処分されていなかった?村人が隠していた鶏から発生?
HCM City: H5N1 suspected in death VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) ホーチミン市:H5N1鳥インフル疑いで患者が死亡
 ベトナム中央のゲアン省(Nghe An)出身の20歳の男性患者が、ホーチミン市立ファムゴックタック病院で26日死亡したが、臨床症状はA/H5N1インフルエンザのそれと同様であった。
 病院に行く前に患者は咳、発熱呼吸困難等のA/H5N1に特有な症状を示した。医師達は急性肺炎と診断したが、A/H5N1インフルエンザの可能性について否定しなかった。
 患者の家族によると、患者が住んでいたゲアン省で鳥インフルの発生が報告されていたと言う。
 3月15日、患者はアヒル1羽を殺処分した。その後患者はホーチミン市に戻り仕事に従事していたが、発症した。
 病院では患者の血液検体をホーチミン市のパスツール研究所に検査のために送った。

*経過と症状からH5N1鳥インフルによるものと考えられる。 
Bird flu suspected in boy's death  Edmonton Journal, Canada  (カナダ) 鳥インフル疑いでインドネシア少年が死亡
 下方AFPの記事と同内容
インドネシア、バンドゥン:感染疑いの患者1名死亡  Berita Flu Burung  個人ブログ

 バンドゥンのHasan Sadikin病院の 隔離病室に入って、1時間も経たず、Subang(西ジャワ州)出身の鳥インフルエンザ感染疑いの患者Agus Suhadi(15)が、息を引き取った。
 Agusは、母親のTuti(36)によって、16:30頃運び込まれ、すぐに鳥インフルエンザ感染患者専用の隔離病室に収容された。Agusは、西ジャワ州SubangのCimerta村の住民である。
 17:40頃、記者に対し、母親のTutiは、自宅でニワトリを飼っていたことを話したが、ニワトリが死んだかどうかの詳細は聞く事ができなかった。
 その後しばらくして、母親は、悲しみの涙とともに部屋から出てきた。Agusが息を引き取ったところであった。
 母親を病院に案内した知人の一人によると、Agusはここに来る前にSubang病院に入院していたようだが、期間については、わからなかった。
 Agusが亡くなって、約1時間後に到着した、母親の兄弟も、「すみません、混乱して、今は何も話せません。遺体の運び出し、及び埋葬は、病院側の判断待ちです。」と語った。
 本記事が投稿された時点で、病院側からの正式発表は無い。これ以前にも火曜日(3/25)に入院した一人の鳥インフルエンザ感染疑いのある患者、Syamsudinは、現在まだ隔離病室で看護を受けている。

*下記報道の現地からの詳細情報。イニシャルは異なるが、どちらかの間違い思う。年齢が15歳と同じで、医師団が発表していることから間違いのない事例と考えられる。
Indonesian boy's death could be bird flu: report ABS CBN News, Philippines (フィリピン)報告:インドネシアの少年、鳥インフルで死亡した可能性
 AFP

 15歳のインドネシア少年が鳥インフルの疑いで死亡したことが医師から27日発表された。
 少年はAYとだけ表現され、西ジャワの病院に移送されたが、26日遅くに死亡したと、病院の鳥インフル専門家チームの責任者であるハディ・ユスフ医師から発表された。
 「かれは家族が裏庭で飼育していた家きんと接触した既往がある」、と同医師は説明した。
 組織検体がH5N1ウイルス検査のために採取されたと、付け加えられた。
 2つの検査所での陽性所見が得られると、インドネシア保健省が人感染者として確認するシステムになっている。
 今年インドネシアでは11人が鳥インフルで死亡し、そのうち10人がジャカルタかその周辺で発病している。
鳥インフルワクチンの臨床試験 300人に実施へ 日刊ベトナムニュース
 第一ワクチン生薬製造社のグエン・トゥー・バン社長は19日、保健省が同社製H5N1型鳥インフルエンザウイルス予防ワクチンの人に対する臨床試験を許可したことを明らかにした。臨床試験には軍医学校の学生が任意で参加することになるが、実施にあたっては国防省の許可が必要になる。また、参加者は年齢18~45歳で、B型肝炎、HIV感染、結核など慢性的な病気に罹患(りかん)しておらず健康なこと、女性の場合は妊娠していないことが条件となる。
 臨床試験は2度に分けて実施される。最初は30人を対象にワクチンの安全性を試験する。安全性が確認された後、さらに対象を広げて安全性を評価する。8カ月かけて全体でおよそ300人を対象に試験を実施する。順調に進めば2009年末にはワクチンの生産が開始される予定だ。

* 既に知られている報道である。
Study finds key factors behind bird flu outbreaks Reuters UK, UK  (英国) 鳥インフル発生の背景に潜む要因を明確に:研究報告
 アヒル、人々の数、および稲作が、タイとインドネシアにおける鳥インフル発生の原因因子として重要で、鶏の数はそれほど重要でないという、研究結論が研究者達から26日発表された。
 国連機関のFAOの専門家と他の研究者が、2004年から2005年における鳥インフル発生の3つの波を検討した。ウイルスは世界の12カ国で236人を死亡させている。
 研究者達はコンピューターモデルを用いて、どの要因がウイルスの拡大に大きく関与しているが分析した。要因には、アヒル、カモ、鶏の数、人口サイズ、米の収穫、および地域の地勢が含まれる。
 結論は、アヒルの数、人口、及び米の収穫の規模となった。
 以下続くか省略。

*アヒルはウイルスを保持したまま発病しないケースがあるし、またワクチンを接種していると、健康状態を維持したままウイルスをまき散らす。米の収穫時にはアヒルたちは水田に離され、その辺を泳ぎ回る。水田の数が多く、収穫規模が大きいほどアヒルから周辺へのウイルス拡大が起きるものと考えられる。

Bird Flu Hits Staple of Egypt's Streets Auburn Citizen, NY  (米国) 鳥インフルが、エジプトの通りから鶏を消した
 かっては田舎の汚い道や都市の路地等を鶏が徘徊していた。
 しかし鳥インフルの発生が、こうした光景を一変させた。鳥インフルの知識の普及および脅威が一般化し、路上を徘徊する鶏が殺処分、破棄、または檻の中に収容されたためだ。

 世界のニュースのヘッドラインから鳥インフルのニュースは消えたにも関わらず、専門家達は世界中でその発生が持続していることに警鐘を鳴らし続けている。エジプトでは47人発病し、20人死亡している。世界で、インドネシアとベトナムに次いで3番目に多くの発病者を出している。
 この2年間、政府はエジプトにおける家きん飼育の習慣、それが7600万人の人口を保有する同国を鳥インフル発生の危険地域にしてきたのであるが、を変えるべき努力してきた。
 しかし、田舎で習慣的に家きん飼育作業を担っている女性達の死亡数が増えてきたことにより、同国の貧しい人々がようやく彼等の習慣を変える必要に気づいたようだ。
 当初、人々は彼等の鶏にだけ不安を感じていたが、現在は自分達自身への感染を恐れている、とされる。

*エジプトでは、カイロですら個人の家庭で鶏を飼育し続けてきた。そしてそその作業の中心が女性と子供であるため、エジプトでの発病者の多くは女性と子供であることが特徴であった。発病家きんから人への感染は、生活圏内における、日常の家きんとの接触距離に比例する。カイロ市内では屋上で鶏を飼い、また郊外では自宅周辺に放し飼いしている。このような習慣が続く限り、人での発病者の発生は続き、そしてウイルス変異の機会が増えてくると思われてきた。
 エジプトで、女性や子供達の死亡が相次ぎだし、人々は初めて鳥インフルの人に対する危険性を認識し、住居周辺で鶏を飼育することをやめだした。今後エジプトでの人における鳥インフル発生数が減少してゆくことを期待する。

Four culling workers under watch for bird flu infection Thaindian.com, Thailand  (タイ) 西ベンガル州、殺処分に加わった作業者4人が鳥インフル発病の疑いで入院、経過観察中
 西ベンガル州マルダ県イングリッシュ・バザールの効率家きん農場で鳥インフルが再流行した。
 約200羽の鶏が3月13日以来農場で死亡した。
 殺処分に従事した作業員4人が”鳥インフルを疑わせる症状”を呈し、入院して経過観察中と発表された。検査結果待ちの状況。

*患者の症状が明確にされていないため、判断がつかない。鳥インフルを疑わせる症状としか記載されていないが、これでは報道の質の低さを疑わせる。
 病院に収容して、検査後、症状の経過を観察中というのは、単に発熱だけの可能性が高い。季節性インフルエンザと思われる。呼吸困難がありレスピレーターを必要としている場合は、まず鳥インフルであるし、予後は悪い。しかし早期に患者を検出し、タミフルを服用させているのなら、発熱だけの症状で収まる。もっと医学的詳細情報が欲しいところ。
3月26日

インドネシア、バンドゥン:Chimahiで感染の疑いで入院 Berita Flu Burung  個人ブログ
 飼っている15羽のニワトリが死に、Cimahi(バンドゥンの西)の住民Syamsudinが、火曜日の夕方(3/25)、Hasan Sadikin病院に運び込まれた。すぐに鳥インフルエンザ感染の疑いとして、隔離病室で看護を受けている。

*インドネシアの現地新聞からの情報であるが、同国で疑い例は多く発生し、検査でH5N1鳥インフルウイルスが確認されるまでは、判断は難しい。専門病院に収容される疑い患者のうち、確定患者となるのは1割との情報もある。
Culling worker reports sick, mopping up continuing in Malda Economic Times, India  (インド) 西ベンガル、マルダ県で家きん掃討継続中、殺処分担当作業員が発熱で倒れる
 マルダ県で家きんの殺処分作業中、発熱で作業員が倒れ、病院で経過観察中であると、当局筋が語った。しかしながら県の鳥インフル発生地域における、家きん掃討作業は継続されている。
 経過観察中になっているのは58歳の男性で、殺処分作業2日目に発熱した。詳細な検査が行われ、血液検体は鳥インフルウイルス検査のために送られたと、当局筋が本日語った。
 家きん掃討作戦は23日に開始され、家きんがいまだ残っていないか、感染地域のイングリシュバザール、旧マルダ市街、および隣接するサハプールで行われている。

*あまり問題となる事例ではないと思われる。高熱で倒れたという表現の場合、通常H5N1鳥インフルではない。鳥インフルの場合、症状について通常は発熱と呼吸困難と表現される。しかし発熱しただけで検査を受けて、病院での観察下に置かれるのはかなり慎重と考えられる。このあたりの対応は本質的にインドネシアと異なっている。
 なお気になることとして、当男性の名前が報道上で公開されているが、これはインドネシアでも同様であるが、個人のプライバシー保護という観点からは国際的にも問題視されるべきである。先進国ではあり得ない。米国の医師達からも類似の抗議が、関連サイトで上がっている。熱を出しただけで地球上に自分の名前が流れるなんて…。

CDC pandemic exercise highlights drug, mitigation, travel issues CIDRAP  (米国) 米国CDC によるパンデミック模擬訓練は、抗ウイルス剤の扱い、地域の被害軽減策、旅行者の選別に重点が置かれた
 3月17日のCIDRAPの解説記事

 要約

 2008年3月に、アトランタの米国疾病管理予防センター(CDC)でパンデミック・シミュレーション訓練が行われた。
 この訓練で多くの問題が提起された。
 そのうち、治療用に限定している抗ウイルス剤について感染を封じ込めるために予防投与に使用することを認めるかどうか、さらに、学校閉鎖中における学校給食を必要としている子供への対応や、子供の世話のために仕事を休めない親の子供たちへ対応をどうするか、また、米国に入国する旅行者のスクリーニングの有効性などの問題について3月17日のCIDRAPニュースは伝えている。

本文 (A.Tohda訳)


HK to reopen schools next week, flu virus unchanged  Reuters AlertNet, UK  (英国) 香港、インフルエンザウイルスに変化が見られないことから、来週から学校を再開
 香港は、市内で流行している季節性インフルエンザウイルスに危険な株への変異の兆候が見られないことを専門家達が確認したことから、閉鎖していた小学校(および幼稚園)を来週から再開すると26日、発表した。
 今回のインフルエンザ流行はH5N1鳥インフルエンザとは無関係だったが、学校の閉鎖は2003年にSARSが勃発した際の恐怖感を市民に引き起こした。
 「ウイルス学的分析結果、ウイルスは変異していないことが確認できた(今回流行の季節性インフルエンザ)。それらウイルスは今シーズンに流行している株と同じで、遺伝子分析でも、より毒性の高い株への変異は示されなかった」、と保健センターの責任者であるトーマス・ツサン氏が語った。
 香港では、2人がインフルエンザで死亡した後、3月中旬から2週間の予定で小学校と幼稚園が閉鎖された。
 しかし専門家達は後で2人の子供の死は、より毒力の高いウイルスによってもたらされたものではないことを確認し、死の原因が他にある可能性を示唆していた。
 「この2週間に、6人の学童で重い合併症を引き起こしたが、それでも平年と比較して同じほどの流行程度と思われる」、と同氏は説明し、3月31日から学校を再開しても、問題ないと考えていると語った。

*数十万人の学童と幼稚園児を巻き込んだ香港の学校閉鎖もようやく解かれることになったが、これは予定通り2週間の閉鎖期間が終了することからだ。
 公衆衛生学が英国流で進んでいる香港では、SARSの際もそうであったが、社会全体の危機管理が最優先され、それ故、日本ではまごつくような意志決定が、責任者による迅速になされる。今回の全市内の小学校と幼稚園の閉鎖、それも2週間という期間は、当初は多くの反発や意見があったようだが、確実に実行された。日本ではどうなるだろうか?
Minister warns of bird flu threat in Mekong Delta Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 大臣、メコンデルタ地域での鳥インフル脅威を警告
 農業副大臣のブイバ・ボン氏は、25日、南部の省、特にメコンデルタ地域で鳥インフルが発生する可能性が高いと警告した。
 ボン氏はハノイでの会議で、ソクトラン省とカマウ省は鳥インフル対策が十分講じられていないと警告した。デルタ地域では米の収穫時期に入るが、その時期にはアヒルが自由に水田を動き回り、鳥インフルウイルスを周囲に感染させる危険性が高まるとされる。
 政府の調査報告によると、同地域では5年間に亘る鳥インフルとの共存から、もはや鳥インフルを致死的脅威を保有する対象と見なさなくなっているようだ。

*ベトナムだけでなくインドネシアも含めて、H5N1鳥インフルが家きんで流行し、時々人での発病者と死者がでている途上国では、同インフルエンザを特に目新しい危険な感染症とは認識しなくなってきているようだ。日本の交通事故と同じように、出くわす確率が極めて低いことが経験的に知られてくると、対策には無頓着となってくる。
 万が一ウイルスが変異すると、発生国だけの問題ではなく、世界の脅威となり、世界中で多くの犠牲者が出る故、現在の鳥インフルの対策が重要なのだ、と我々先進国側が警告しても、途上国に対しては、先進国側の身勝手な意見としてしかとられないかも知れない。
 ある意味では、地球温暖化対策と本質が似る。

「スペイン風邪」、今発生したらどうなる? USFL.COM 
 1918年に猛威を振るったインフルエンザの一種「スペイン風邪」は、全世界で推定約5000万人、米国では同67万5000人もの命を奪った。同規模のインフルエンザが今発生したら、どうなるのだろうか。
 ニューヨーク・タイムズによると、90年前と比較すると、ニュージャージー、コネチカット、ニューヨークの各州は、インフルエンザ大流行に備えた対策を調えているようだ。
 しかし、アジアでの鳥インフルエンザ発生から5年たった今、伝染予防のための政府予算が減り、警戒も弱まりつつあると、専門家らは警鐘を鳴らしている。
 非営利団体の「トラスト・フォー・アメリカズ・ヘルス」(本部ワシントンDC)は昨年、伝染病発生などの緊急事態が起きた場合の各州の対策水準を調査した。同調査によると、半数以上の州が10点満点中5点以下だった。ただし、コネチカットは8点、ニューヨークは9点、ニュージャージーは10点満点だった。
 世界的な伝染病は、インフルエンザ・ウイルスが突然変異し、人から人へと簡単に感染することで起こる。州の保健当局は、アジアや欧州で広まった鳥インフルエンザが人体にさらに感染しやすいように変異することを恐れている。
 インフルエンザの流行を予防しようと、コネチカット、ニューヨーク、ニュージャージーの3州は、ワクチンの準備が整う前に、2つの基本対策を実行する計画だ。抗ウイルス剤の利用および大衆の管理である。
 連邦政府は抗ウイルス剤500万人分をすでに購入。保健社会福祉省は、各州に対し、政府が提供する割引プログラムを利用して抗ウイルス剤を購入するよう呼びかけている。政府は、最低でも全人口の4分の1に相当する抗ウイルス剤を用意するという目標を掲げている。
 しかし、実際にインフルエンザが大流行した場合、抗ウイルス剤がどこまで効果を発揮するかは不明だ。また、抗ウイルス剤の寿命は5年程度であるため、購入した薬がすべて無駄になってしまう恐れもある。そのため、積極的に購入する州もあれば、購入を控える州もある。
 大衆の管理とは、人が集中する場所や学校を閉鎖したり、感染した可能性のある人を隔離したりして、伝染病の流行を防ぐこと。ニュージャージーでは、学校の長期欠席とインフルエンザの診断結果を週ごとに分析。同州のホームページでは、伝染病が大流行した場合のプランやその分析データを見ることができる。

*保健福祉省が熱心に各州に呼びかけたり、予算配分を行っているのは評価される。それにより各地域における対策の必要性が論議されている。日本の場合対策が遅れているのではなく、新型インフルエンザに対する情報と知識が、末端行政機関に余りにも無いのが問題だと思う。孤軍奮闘していると、狼少年呼ばわりされて、そんなことより他にすることがあるのでは?と批判され出す。

不備や盲点次々 中部空港の対策急務  読売新聞

検疫所での体制とそこに潜む問題点を指摘した参考になる報道

近い将来の出現が予想され、世界的な大流行が懸念されている新型インフルエンザ。国は、発生に備えて国際線の使用空港を四つに限定し、中部国際空港もその一つに加えることを決めている。水際で侵入を防ぐのが狙いだが、計画通りに防げるのか、職員の安全は確保できるのかなど、課題は山積している。国内で最悪64万人が死亡するとされる新型インフルエンザ。中部空港での対応を探った。(柴田永治)

■発生に備え訓練 「実際に起きたら、機内はパニックに陥るのではないか」「ただ待たせるだけでなく、もっと情報提供が必要」。「新型」発生に備えて2月末、中部空港で本物の航空機を使い、厚生労働省中部空港検疫所支所が行った訓練。参加した医療機関や自治体関係者らからは、こんな声が漏れた。

 人から人に感染する新型が恐れられているのは、高い死亡率とともに、航空機でウイルスが運ばれ、短期間に世界中に広まる恐れがあるためだ。

 開港以来、訓練は今回で6回目。患者2人が見つかったとの想定で、防護服の医師らが機内に乗り込み、乗客の発熱を確認する一方、患者の周辺の乗客が機内にとどめられ、他の乗客は機外に誘導される手順などが確認された。

 だが、訓練を重ねれば重ねるほど、不備や盲点が浮かび上がる。汚染地域から乗り継ぎで帰国する乗客をどう把握するのか。乗り合わせた乗客が帰宅後に発症する恐れがある場合、行動を制限できるのかなど、細部は詰められていない。

■ワクチンどこまで 侵入を防ぐ空港の態勢はどうか。新型が発生した場合、水際で抑えるために検疫職員は石川、富山、新潟県の各空港から中部に動員され、30人態勢が100人に増強される。

効果が期待される既存ワクチンは、直接患者と接する危険性が高い検疫、入管、税関職員などに接種される。だが、現状は原液で保管されており、接種して抗体ができるまでに約2か月かかる。インフルエンザ治療薬「タミフル」は新型にも有効とされるが、備蓄は1人10日分。長期間服用した場合の副作用などは未知数だ。

 
厚労省結核感染症課は、「予防的に使うワクチンやタミフルの投与は、副作用を考えれば慎重に扱うべきだ」とし、どのタイミングで、どう配布するかあいまいな部分を残す。まして、航空会社の地上スタッフや空港会社社員が接種対象となるかは決まっていない。

 新型用の本格ワクチンは発生してから、しかも半年以上たたないとできないという。中部空港検疫所支所が保有している簡易マスクは7万枚、簡易防護服5000着。ワクチン完成までの半年を不完全な装備でしのぐことになりかねない。

■総合対策早急に 三木和彦支所長は「汚染地域から来る人を完全に把握し、ウイルスを国内に入れないことが大切。自治体と協力して帰国者の健康監視と、感染者の隔離を完全に行う」と話す。

 だが、空港会社の荒尾和史・運用副本部長が「職員の安全確保は厚労省や国交省から細かい説明を受けていない」と話すように、対応が後手に回っている印象は否めない。

 一度侵入を許せば、社会的混乱が必至の新型インフルエンザ。侵入を許さず、空港機能を維持するための総合的な対策を、早急に作らなければならない。

 ◇新型インフルエンザ 病原性の強い鳥インフルエンザウイルスが突然変異し、人から人に容易に感染するようになると予想されている感染症。厚労省は大発生した場合、最大で国内のすべての死因による年間死亡者にほぼ匹敵する64万人が死亡するとしているが、210万人とする外国の研究機関の予測もある。












 ・国でいうところの国内で最大死亡数64万人というのは、あまり根拠がないまま一人歩きしているのが不可解。厚生労働省のお墨付き数値となっているが、正しい?最大数はもっともっと多いと思う。
 ・パンデミック発生時には国内での国際便を扱う空港を4ヶ所に限定するのは良いが、その前提は、海外で患者発生、もしくはウイルス変異の疑いが濃厚、またはその兆候が明確等のパンデミック発生前に、全てを開始しなければ検疫での厳重体制は意味を失う。国内にウイルスが侵入してしまい、国内で広がり始めても検疫体制は同じように維持し続けるのか?
  ・気になる表現:新型が発生した場合-この定義は?周辺の病院で次々と呼吸困難で死亡する患者が発生しだしてから?WHOが緊急発表してから?または米国CDCのように独自に情報を収集し、危険となったなら長官から大統領に緊急電話するような態勢で臨む?なお、WHOが発表した時点ではウイルスは世界中に広がっている確率が高いと、管理人は考えている。
 ・ワクチンはいつ接種する?答えが新型が出てからとするならば、その答えは安易すぎる。その理由は上記につながる。
 ・ワクチン接種して抗体が出来るまで2ヶ月要する。なぜ?通常のインフルエンザワクチンなら1週間。2ヶ月要するような態勢が問題?
 ・タミフルを予防的に使用する場合の、その方法は医科学的に考察されているのか?なぜ長期間服用しなければならないのか?またはなぜそのような状況にしてしまうのか?
 ・ワクチンとタミフルの副作用:副作用がありえるから慎重に用いると国では言っているが、その意味は不明。突然な非医科学的表現を用いてはいけない。これは医療なのか、危機管理なのか?医療ならば訳の分からないワクチンは使用すべきではないし、タミフルも使用する必要はない。
 ・新型発生時のパンデミックワクチン製造には半年要する?人によっては1年等と表現する人もいるが、世界最速では2~3ヶ月になっているはず。細胞培養法で大量製造出来る時代(米国バクスター社は完成している)。正確に日本ではどの位の期間でワクチンを用いることが出来るのか、誰か責任を持って考えているのだろうか?これはワクチン行政の分野ではなく、危機管理体制の分野。
 ・プレパンデミックワクチンも含め、国産ワクチンしか使用しない日本の場合、実際にパンデミック発生の予兆があった場合、欧米とワクチン使用開始時期および使用可能量で差が生じるように思う。
 ・検疫での対策は、管理人の防衛戦構想では第二次防衛戦に相当する。どんなにがんばってもウイルスには突破される。日本の優秀な検疫態勢がどの程度持ちこたえることが出来るか、検疫所だけの努力では期間は限られる。各関連機関、一般社会との協力関係を得ることで、持ちこたえる期間が変わるはず。もっと横の関係、民間機関の関与、マスコミによる啓発、一般社会の意識の向上等、社会全体で取り組むことで、検疫での効果(第二次防衛戦)が決定されると思う。なお第二次防衛戦が突破された後の態勢も同時に取り組む必要があるのは当然。さらに市街戦対策も。
 下記参考:詳細は「潮流」で掲載

パンデミック阻止のための防衛線構想
防衛線 目的 役割 担当
最前線(第一次防衛線)
H5N1鳥インフル発生地域
最重要防衛線 ・人での発生事例の監視
・分離ウイルスの分析
・感染者・疑い者の隔離
・地域における完全なる封じ込めを目指す周辺へのワクチン、抗ウイルス薬投与
・世界への迅速な情報公開
・当該国関係機関・WHO,CDC,先進国専門家チーム
世界のマスコミ
 *日本が対策上、最も力を注ぐべき防衛戦パンデミック・ウイルスの最前線突破を阻止することが、日本国内における対策以上に重要。
第二次防衛線
国境線
グローバル化阻止 ・空港、港湾での検疫強化
・国境封鎖(オーストラリア、ニュージーランド等が考慮)
・国内への迅速な情報発信
・各国検疫機関
・国内マスコミ
第三次防衛線
国内各地域
国内での拡大阻止 ・国内での迅速な情報発信
・発熱患者スクリーニング、・専門収容施設における患者隔離、
・集会禁止、不要不急の移動(旅行)禁止
・国家危機管理責任機関
・国内マスコミ
最終防衛線(第四次防衛線)
各都市における市街戦
地域内での拡大阻止 ・各都市:市街戦0.8%~20%の死者発生
・国内での死者数 96万(発病率40%、致死率2%)~2400万人(致死率50%)
・地域内行政機関、医療機関、消防署、警察署他、関連機関、および一般市民
・国内マスコミ

US, Thailand open regional supply depot for anti-bird flu supplies Philippine Star, Philippines  (フィリピン) 米国、タイに鳥インフル対策用品備蓄センターを設立
 アジアで鳥インフル発生地域に迅速に対策用品を供給する、初の鳥インフル対策用品供給センターがタイの首都近くに設立された。
 米国海外発展支援機関(The US Agency for International Development)がセンターを摂理したものであるが、鳥インフル発生地域へ24時間以内に感染対策用品を空輸される。
 用品はバンコクのスワンナブーム(Suvarnabhumi)国際空港近くの貯蔵庫に保管され、用品としてはPPE(個人的感染予防装具:予防衣、マスク、ゴーグル等)、消毒薬、検査用キットとあると、同機関が発表した。

*米国の支援体制等は報道で明確になっているが、日本の場合はどうもはっきりしない。金額的には相当額が費やされていると思うが、具体的支援内容が水面下でしか分からない。
 口でも行動でも明確に表現する米国と、表情乏しく、しかし静かに行動している日本の違いなのか、それとも日本の場合、官庁業務は縦割りだから、総体としては米国並みに支援していても、その総体が明確にされていないため、国民および国際社会では十分評価されていないとか、そんな可能性はないのか?、とふと思う。
New Computer Chip Detects Bird Flu  Switched, NY  (ニューヨーク) 新コンピューター用チップが鳥インフルを診断
 STMicro社は鳥インフルウイルスを含む全てのインフルエンザウイルスを検出するマイクロチップを開発したと発表。VereFluチップと呼ばれ、数時間以内で多種のインフルエンザウイルスを同定する。現在は数日から数週間要している)。
A Portable Chip to Detect All Influenza Viruses ShortNews.com, Germany  (ドイツ) 全てのインフルエンザウイルスが検出出来る、ポータブル型チップが開発
 STマイクロエレクトロニクス社が、全てのインフルエンザウイルスを検出出来る親指爪サイズのポータブル型チップを開発した。
 VereFlu Chipと呼ばれるこの検出機器は、シンガポールの企業と共同開発され、同国の国立大学病院で臨床試験された。
 
*昨日もいくつかの報道を紹介。これはかなり利用価値が高い。

Germany declares free of bird flu Xinhua, China (中国、新華社通信) ドイツ、鳥インフル清浄化を申告
 この3ヶ月間、野鳥や家きんでH5N1鳥インフルの発生を見ていないことから、清浄化出来たとドイツ政府がOIE(国際獣疫事務局)に申告した。
 鳥インフルが家きんから消失した、または清浄化は、OIEの基準では3ヶ月間発生をみないことになっている。

*昨年12月、ブランデンブルグ州を中心に鶏でのH5N1鳥インフルが発生していた。それ以前にも南部の州でも発生を見ていたが、拡大はその都度断ち切られていたようだ。家きんの飼育状況が東南アジアとは全く異なるから、家きん間での広がりは小さく、また人への感染の危険性も低いのだろう。
Culling over in Malda, target scaled down by about half  Newindpress, India  (インド) マルダでの殺処分終了、処分対象数が半分に減少
 マルダ県の2地域での鶏の殺処分作業は終了したと25日、動物資源開発局(animal resource development)が発表した。なお殺処分対象数が44000羽から23500羽に修正された。
3月25日

Guidelines for Epidemics: Who Gets a Ventilator? New York Times, United States (米国) パンデミックガイドライン:誰がレスピレーターにつながる

 感染症流行等の公衆衛生学的大災害に際して、生命維持を拒否しなければならない人々を、選択しなければならないという考え方は、全く想像出来ないことだ。しかし最近出た報告書で、医師や保健担当者、そして一般社会は、それらに関して考え始める必要があると結論されている。
 ニューヨーク州保健局から出された報告書で、2006年に作成されたパンデミック・インフルエンザ行動計画では考慮されなかった領域に問題点を広げた。問題点はベンチレーター(レスピレーター)と呼ばれる人工呼吸器である。
 現在、十分量のレスピレーターの数がある。しかし、流行が始まった場合、レスピレーターの台数、さらに重要なこととして、レスピレーターを管理する医師やナースの極度な不足が起きる。報告書が言うには、その時点で医師や病院には、既に生存の可能性が低い人々からレスピレーターを外し、生存の可能性が高い人々に接続する以外の選択肢はないとされる。
 レスピレーターを外すことは、”絶対、問題の核心となる”、と研究の責任者であるチア・ポウエル医師が言う。同医師は医学倫理の専門家である。
 「レスピレーターを装着しても助からない人々に限りあるレスピレーターを用いて、助かるかも知れない人々を死亡に追いやる可能性もある」
 流行が始まる前に、一般社会はこの問題に取組み、そして倫理的および医学的標準指針と同じように社会的見解をも、患者選択(トリアージ)決定に反映させる必要がある。
 「これは決して技術的に解決出来ることとは違う」、と、ニューヨーク州生命と法律に関する特別委員会の責任者であるポウエル医師は語る。
 「これは価値観の問題だ。人々は皆、これに関して専門家であるべきなのだ」、と、同医師は付け加える。
 「公衆衛生上の大災害時におけるレスピレーターの割り当て」と題する報告書は、米国内科学会の季刊誌である、「災害医学および公衆衛生的準備(Disaster Medicine and Public Health Preparedness)」に発表される。

 今回のプロジェクトは、アジアにおけるH5N1鳥インフルの発生に対しての危機感から始まった。単にこれまで2~3百人の発病者数に過ぎないが、彼等の多くは死亡している。それ故、もし広範に流行したなら、医療器械だけの問題だけではなく、医師、ナースや、機械を使うための他のスタッフの絶対的不足が生じる。
 報告書ではトリアージ(治療を受ける人と受けない人の選択)は、年齢や健康状態のような因子ではなく、主として回復する可能性があるか否かに従うべきとしている。
 「我々の問題は生命の質には無関係だ。我々が関与しているのは、単にこの危機を対象者が生き残ることが出来るかという点についてである。
 とにかく、H5N1インフルの場合、年齢が”特に生存の可能性を決定する要因にはなっていない、と同医師は説明する。死亡者の多くは若者である。
 これらの問題は倫理学者や保健専門家にとって絶え間ないトピックではあるが、今回の報告書に示されたガイドラインはこの種のテーマを扱ったものとしては米国初であり、他の災害にも応用出来る雛形と考えられる、と著者等は語っている。
 「この種のテーマを論じることは非常に恐ろしいことのように思えるが、パンデミックが始まってから論じるのではなく、今、論じることが絶対重要なのだ」、とエモリー大学のアート・ケラーマン医師が言う。同氏は救急医学の専門家である。
 ケラーマン医師は今回の研究には関係していないが、インフルエンザ・パンデミックのような危機は、起きるかどうかという問題ではなく、いつ起きるかという問題であると語り、さらに、それは大して問題ではないと考えたがる人々、または、救急対策専門医師に問題を押しつけようとする人々がいることに、大いに失望していると語る。
 ガイドラインでは、レスピレーター使用を決定するスタッフは、どの程度の数の患者が来るかということと、患者の状態に基づきトリアージだけを行うべきで、決してそれら患者の治療に関与してはならないと述べられている。もし患者の治療やケアに関わるスタッフがトリアージも行うとしたなら、彼等の精神的ストレスは極度のものになるだろう、と説明されている。
 ガイドラインでは、”直接的患者のケアを行う者は、患者をレスピレーターに接続しておくべきか、それともレスピレーターから外すべきかを決定する役割を担ってはいけない”、とされる。
 ポウエル医師は、
 「患者達はスタッフが彼等を擁護していることを知る必要がある。スタッフ達はどの程度の患者がケアを希望して待っているか、ドア越しに見るようなことは出来ないのだ」。
 ポウエル医師は、医療の提供の配分ということについては、多くの米国人が反発する、と言う。腎臓の人工透析の初期には、装置が不足していて、それが必要な人々誰にでも透析を行って上げるという意味で、非常に精神的ストレスを受けた、と語る。
 しかし、危機状況においてはそのような考えは通用しない。これは真の緊急事態なのだ。リストの上を注意深く選択するような時間はないのだ。同医師はそのように説明する。
 そのため委員会は、レスピレーター使用の選択にとって、決定的となる要因の同定を始めた。それらには下記の事項を含んでいる: 疲れてもう訳するエネルギーはなし。もう少しでダウン。この論説は難しい。さすがニューヨーク・タイムズ。誤訳しているかも知れない。自分の英語力の限界を感じる(訳者)。

¶Recognizing that patients deprived of mechanical breathing assistance should continue to receive care.

¶Using scarce resources like mechanical ventilators to save the greatest number of lives while continuing to care for patients individually. “As the number of affected patients multiplies, accommodating these two goals will require making increasingly difficult decisions,” the report says.

¶Planning, so as not to leave decisions in a pandemic “to exhausted frontline providers.” Public health agencies must accept this obligation, the report says, “despite the difficulties inherent in planning.”

¶Applying any plan broadly and consistently.

¶Publicizing guidelines, seeking public comments and incorporating suggested revisions.


 ガイドラインは以下で手に入る。http://www.health.state.ny.us/diseases/communicable/influenza/pandemic/ventilators/.

*訳するだけの価値はありそう。しかし内容が多すぎる。残念ながら資料としてだけ掲載。


FOX Files - Bird Flu Drug MyFox Saint Louis, MO  (米国) 鳥インフル薬
 ペラミビルの臨床試験がワシントン大学医学部で行われている。
 同薬は経口的投与ででは効果がないが、注射で効果を発揮すると考えられている。

 *ペラミビルは日本の塩野義製薬でも臨床試験していたと思うが、これまでの各種の情報では相当効果がある抗インフルエンザ薬と言われている。この情報ではいまいちインパクトはないようだが。
Indonesia: Warnings on Failure to Contain Avian Flu and on ... New York Times, United States  (米国) インドネシア:鳥インフル封じ込め失敗とウイルス変異に対する警告
 インドネシアにおける鳥インフルの状況は深刻である。そして、もし対策が十分取られなければ、人でのパンデミックの原因となるウイルスへの変異の危険性が高まる。そのような警告が国連機関のFAOから出された。

 「鳥インフルによる致死率はインドネシアで最も高い」、とFAOの主任獣医官であるジョセフ・ドメネク博士が語った。
 「も我々がウイルス供給源である動物における感染症の封じ込めに焦点を当てて行かない限り、人での発病者数はさらに増えるだろう」。
 インドネシアは家きんにおける鳥インフルの封じ込めに失敗した、と同博士は説明する。
 博士はその理由を、インドネシアの地方分権化、獣医師数不足、商業的生産者の鳥インフルに関する無関心、政治的介入不足、および3000万人のインドネシア人が放し飼いで鶏を飼育していることを上げている。
 WHOによると、インドネシアは129例の鳥インフル患者を確認していて、そのうち105人が死亡している。本年、人における発病例を報告しているのは他に中国、エジプト、およびベトナムである。

 保健専門家達は、またバングラデシュとインドにおける鳥インフル発生についても心配している。今月バングラデシュでは400ヵ所の以上の農場での殺処分を報告している。インドの西ベンガル州境から鳥インフルを一掃したしたとの発表があったが、その後新規鳥インフルが確認されている。カラスでの感染が見つかっているから、ウイルスは容易に入ってくると思われる。

 ドメネコ博士はまた、新型H5N1株がインドネシアで発生する可能性があると警告している。そうなると、現在使用中のワクチンが無効となる可能性が高い。エジプトではワクチン接種されている家きんで、新規ウイルスが見つかっており、不良なワクチン使用によりウイルス変異が早まることを示している。

 *久しぶりのニューヨーク・タイムズの鳥インフルに関する記事であるが、内容的には既に報道されているものだ。
  ニューヨーク・タイムズに鳥インフル関連記事が載るのは、以前に比較して極めて少ないのが気になっていたが、この報道を見る限り、危機感を社会に伝える姿勢は同じようだ。
Indonesia limits sharing of bird flu samples  The Post, Pakistan  (パキスタン) インドネシア、分離ウイルス提供に制限
ロイター

 24日、インドネシアの高官が、今後インドネシアで分離される鳥インフルエンザウイルスのWHOへの提供は、ウイルス提供に関する世界的システムが確立されるまで、制限すると発表した。

 インドネシアはH5N1鳥インフル発生が世界で最も多い国となっている。129人が発病して105人死亡している。
 インドネシアは先月、半年ぶりに鳥インフルウイルスのサンプルをWHOの協力機関である米国CDCに送った。それは開発される鳥インフルワクチンが自国でも入手可能になるという保証をWHOから取り付けたことによる。
 しかし、国立鳥インフル対策委員会の委員長のバユ・クリスナムルティ氏は、新規ウイルス提供システムがWHOにより確立されるまで、ウイルスの提供は事例毎で判断されると語った。

 *インドネシアの判断は、保健省のシティ・ファディラ・スパリ大臣が主導していると思うが、その思想の底流には、先進国の独断的、またはエゴが優先された政策に、WHOがそのまま従っていることに対する反抗がある。
 インフルエンザ・パンデミックに対する心配と警戒は、日本も含めて米国や主な先進国は自国の安全のみを優先している。
 パンデミック時の世界におけるタミフル量、食料や生活品の不足などに関して、先進国の報道で取り上げられたことがあろうか?
 ましては日本国内では、途上国のことを心配している一般人は皆無であろうし、グローバルな視野にたって情報を伝えるべきマスコミでも、そのような認識と情報発信はない。
 問題だ…。

インフルエンザ、2時間内に検出・STマイクロなど診断装置 日本経済新聞 
 欧州半導体大手のSTマイクロエレクトロニクスとシンガポールのバイオ企業ベラダス・ラボラトリーズは24日、鳥インフルエンザなどの病原体を2時間以内に検出できるDNA(デオキシリボ核酸)チップを使った小型診断装置を開発、近く販売すると発表した。短時間で主なインフルエンザ・ウイルスを一度に検出できる装置の商品化は世界初という。
 DNAチップは使い捨てで、小指の指先ほどの大きさ。血液など検体を試薬に混ぜてチップに注入後、特殊装置でDNAを増やし、光学式読み取り機で分析する。システムの重量はDNAを増やす装置と読み取り機の合計で約10キログラム。従来の診断には設備の整った研究施設が必要で、分析には数日から数週間かかっていた。
 鳥インフルエンザの感染が続くアジア各地の病院、空港、港湾施設、養鶏農場などに販売する計画だ。装置やチップの販売価格は未定。検査費用は1回200シンガポールドル(約1万4000円)以下になるとみられる。
Bird Flu Detection by "VereFlu" Disposable Lab-on-a Chip  Gizmodo (米国) 使い捨てチップVereFluにより、人インフルの検出が数時間で可能

VereFlu To Be The First Flu Detection Chip On Humans HULIQ, NC (米国)VereFluは、初の人の鳥インフルを検出するチップである
 下記と同内容。
STMicro Joins The Battle Against Bird Flu Forbes, NY  (米国) STMicro社、鳥インフル対策産業に参加
 STマイクロエレクトロニクス社はシンガポールの研究所と提携して、鳥インフルを含む各種の人のインフルエンザウイルスを検出するマイクロチップを開発した。
 開発されたVereFlu チップは、一回の検査で多数の病原体や遺伝子のスクリーニング検査が数時間以内に出来る。
 同社のチップはシンガポール国立大学病院で共同して開発された。
Girls death in bird flu-hit district re-ignites fear Navhind Times, India  (インド) インド、西ベンガル州、鳥インフル発生地域で少女が死亡、鳥インフルの再脅威が高まる
 ビルブームのいくつかの地区で鳥インフルが家きんの間で再興し、その後2週間で感染拡大防止のための殺処分は終了したが、鶏を食べた後に少女が急死したことから、鳥インフルに対する脅威が高まっている。
 当局の調べでは、ランプルハトの8歳少女が鶏を食べた後22日に死亡し、家族も病的状態に陥り病院に入院した。
 周辺では鳥インフル発病の不安が高まっているが、当局では、少女の死と家族の入院は鳥インフルとは関係なく、食中毒によるものと説明している。

*これは間違いなく食中毒の類。少女の死が早いが、原因菌は何だろう?毒素産生菌なんだろうが、ボツリヌスくらいしか思い出せない。
200000 fowl killed to stop bird flu Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル拡大防止のために20万羽の家きんが殺処分
 鳥インフルはバングラデシュの64県のうち47県に拡大した。そして昨年3月以来150万羽の家きんと200万個の卵が処分された。
 「この2週間、20万羽以上の鶏とアヒルが、数十ヶ所の農場で処分された」、と家畜省の高官が語った。
 国の15万ヶ所以上の家きん農場の訳6割が閉鎖され、150万人以上の人々が職を失っている。

 家きんが一般的家庭で飼育されている人口過密なバングラデシュでは、人での感染者は報告されていない。

 *バングラデシュではなぜ人での発生例がないのだろうか?謎だ。
  何人かの研究者にも聞いてみたけど、意外と関心は薄く、サーベーランスがきちんとされてないだけで、実際はいるんじゃないのだろうか、とのやや無責任な返事。国内でも超有名な研究者もそう語っているが、もしそうなら大変だと思うのだが…。
3月24日

Bird Flu Scientists Say Mallards May Carry Virus Long Distances Bloomberg (国際) マガモが鳥インフルウイルスを世界に拡大の可能性:鳥インフル専門家
 オランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターの研究者達の報告。6種類の野生のカモにH5N1鳥インフルウイルスを感染。その中でマガモだけが発病することなくウイルスを保持して、体外に排出し続けた。他はウイルスを大量に排出したが、発病して病的状態になるか、早期に死亡した。
 研究者達はマガモが、H5N1鳥インフルウイルスの拡大に主要な役割を果たしている可能性があると結論。
 他に家きんの密輸等も拡大にある程度関与しているだろうとの考察。

 *本日は人での発生事例報告はなし。
   最近インドネシア&ベトナム情報が少ないが、気候が温暖になってきたせいか?
   しかし明らかに鳥インフル関連の国際情報は減ってきている。良い兆候なのだろう。
3月23日


【探訪2008】新型インフルエンザ 世界的大流行に備えよ MSN産経ニュース
  死者は最悪で64万人に-。新型インフルエンザがパンデミック(世界的大流行)を起こしたときの日本国内の被害を予測した厚生労働省の試算が衝撃を与えている。
 いま、世界で感染が拡大している鳥インフルエンザ。WHOによると、感染者は373人にのぼり、236人が死亡した(いずれも3月18日現在)。そのウイルスが、ヒトからヒトに感染する、人類が免疫を持たない未知の新型に変異したら…。
  航空機網の発達で地球が小さくなり、大量の人と物が行き交う中では感染者はあっという間に世界中に拡散する。医療機関は患者であふれ、社会の機能を維持することさえも困難になる。国内を見ると、ワクチンの備蓄や自治体の訓練など対策はとられているが、国家の安全保障レベルで対応している国と比べるとまだまだ不十分との声もある。
  パンデミックは本当に起こるのか。専門家は「大地震と同じこと。いつ起こるかはわからないが必ずやってきます」と警鐘を鳴らす。
 写真:国立国際医療センターの隔離病室
Illegal chickens in northern area test positive for bird flu Viet Nam News, Vietnam(ベトナム) ベトナム北部で押収された密輸入鶏で、鳥インフル検査が陽性に
 2月以来、密輸入されて押収された鶏の104検体のうち24検体で、H5N1ウイルスが検出されたことがランサン省動物保健局から昨日発表された。
 ほとんどの鶏はランソン省北部のタランディン県とロクビン県、そしてランソン市で押収されている。
 省の獣医師達が押収された鶏が殺処分される前に、いくつかの検体を採取して検査に回している。
 省は、今年に入ってから、検疫されていない60トン以上の鶏を押収し、殺処分してきた。
 しかし当局では、省に密輸入されて消費されている鶏の数に比較すると、押収されている鶏の数は極めて少ないと言っている。
 *ランソン省北部:中国国境沿い地域。明確に中国からの密輸とは表現されていないが、中国南部からの密輸入である。鳥インフルに感染して弱った鶏は非常に安く、ベトナムとの国境沿いの町で売られている。
Tests bring positive results for Iomai's bird flu vaccine San Antonio Business Journal, TX  (米国) アイオマイ社の鳥インフルワクチン、臨床試験で成功
 アイオマイ社の開発したスキンパッチを併用することで、鳥インフルワクチン一回接種で十分な免疫効果が得られることが確認された。
 45マイクログラムの抗原量の鳥インフルワクチンを1回投与し、同時にアイオマイ社の開発した、皮膚パッチ型アジュバント(50マイクログラム)を接種すると、92%の被験者で何らかの免疫反応が起こり、73%の被験者で十分な抗体産生が認められた。パッチ無しの場合は49%で感染予防レベルの抗体産生が認められた。
 パンデミック発生の場合、当パッチを用いると、1回のワクチン接種で免疫可能となる。
 *関連情報は、21日、22日に。
Bird flu detected in Turkish village, all poultry culled Times of India, India  (インド) トルコの村で鳥インフルが発生、全家きんが殺処分に
 20日の報道の続報。
 トルコ当局は北西部の村で鶏における鳥インフル発生が確認された事を発表した。そして1000羽の家きんが殺処分された。国営通信が22日伝えた。

 発生場所はギリシャとの国境に近いエセトセであるが、ウイルスがH5N1であるかどうかは不明。
 エセトセ町長によると、発生村は閉鎖中とされる。
 1月には当局は黒海近くの村でH5N1鳥インフル発生を確認していた。
20000 chicken culled in Malda The Asian Age, India  (インド) 西ベンガル州、マルダで2万羽の鶏が殺処分に
3月22日

Free-range ducks pose bird flu risk in Mekong Delta Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) メコンデルタで、放し飼いのアヒルが鳥インフルの発生の源に
 メコンデルタ地域の各省は、大量の鳥インフル再発の可能性が高まっている。理由は放し飼いのアヒルの存在と、不適切な家きん売買による。

 水田で放し飼いのアヒルの多くがワクチン未接種。
 この地域では家きんの多く(80%近く)がアヒル。
 家きん売買を監視する”疫学的監視ステーション”が、全ての省の道に作られているが、家きんの輸送は、網の目状に広がる川で行われるため、監視するのは極めて困難な状況。
Vietnam could produce bird flu vaccine by 2009 Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) ベトナム、2009年まで鳥インフル(人用)ワクチンを生産可能に
 人用鳥インフルワクチンの大量生産が2009年末までには可能になるだろうとの予測を、ワクチン開発中の企業のVABIOTECHが発表した。
 今月末から主として軍医学校の学生を中心としたボランティア300人を対象に臨床試験が開始される。
 今週初めに保健省は臨床試験の許可を製造企業に出したが、防衛省からの許可がまだ保留されたままであると、VABIOTECHの責任者である、ニュエンツ・バン教授が語った。
 ワクチンは昨年マウスで実験が行われ、良好な結果が得られている。
Tests bring positive results for Iomai's bird flu vaccine Bizjournals.com, NC  (米国) アイオマイ企業作成の鳥インフルワクチン、臨床試験で効果が確認
 皮膚へ貼るパッチに免疫賦活剤を塗布し、それを用いることで、一回のワクチンで十分な免疫効果が得られることを、アイオマイは確認した。
 政府から1450万ドルの助成金が支給される。
 *昨日のオーストラリアからの報道を参照。
Culling continues in Malda Sify, India (インド) 西ベンガル州、マルダでの家きんの殺処分は継続

China intensifies efforts to prevent further bird flu outbreaks People's Daily Online, China (中国) 中国、鳥インフル発生防止体制を強化
 鳥インフル発生防止のために、渡り鳥の監視体制を強化すると国立林業局(State Forestry Administration)が発表したことを、新華社通信が伝えた。
 林業局は地方当局に疫学的監視の強化、新規発生に対する住民の注意力の増強、関係スタッフに対する、原因不明で死亡した動物の死骸の扱い方教育等を指示した。
 専門家達は感染地域から飛び立つ渡り鳥がウイルスを伝搬することを心配している。
 中国は今年に入ってから、家きんにおける発生を5件経験している。最も最近の事例は広東省における事例で、114羽の家きんを殺し、518羽を拡大防止のために殺処分している。
 隣のベトナムでは、家きんにおける鳥インフル発生が報告され、香港では野鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されている。
 一方、今年は予期せぬ雪嵐が、鳥インフル発生予防対策の障害となっている。
 農業省の獣医局では、ブリザードは鳥インフルウイルスを活発化し、また定期的家きんに対するワクチン作業を妨げている、と言っている。このワクチン作業は例年なら2月と3月で終えている。
 また雪や低温で家きんの健康状態が低下し、それがまた鳥インフルに感染しやすい状況にもなっている、と当局では付け加えている。
3月21日


India Culls Thousands of Birds to Tackle Latest Bird Flu Outbreak  Voice of America (米国) インド、最近発生鳥インフル拡大防止対策のため、大量の鶏を殺処分に
 インドの獣医局の当局者達は今週数万羽の鶏を、最近発生した鳥インフル拡大対策のために殺処分する。
 当局は20日、44000羽の鶏が西ベンガル州のカルダ県で殺処分する予定と発表した。
 この数日間にマルダ県では1000羽の鶏がH5N1鳥インフルで死亡している。
 西ベンガル州は度重なる鳥インフル発生に手を焼いている。
 約5万羽の鶏が今月早くにムルシダバード県で、鳥インフル発生のために殺処分されている。
 インドではこれまで人での発病者は報告されていない。
Govt to blame for this Flu outbreak? The Statesman, India  (インド) インド、西ベンガル州の鳥インフルの再興は、家きんの密売であると政府が非難
 最近の西ベンガル州マルダ県の県営家きん農場における鳥インフルの発生は、無知な農民の違法な鶏の売買が原因で、県営農場に落ち度は無いことが、当局から発表された。
Skin patch helps bird flu vaccine: study  The West Australian, Australia (オーストラリア) 研究報告:スキンパッチが鳥インフルワクチンの効果を増強
 免疫を増強させる効果を持ったアジュバント(化学物質で免疫全体を賦活する効果をもつ)を含んだ皮膚上に貼り付けるパッチを使用すると、鳥インフルワクチンが一回でも十分な免疫が獲得されることが、バイオテクノロジー企業の「アイオマイ(Iomai )の研究者から発表された。
 サウンドぺーパー様器具で皮膚表面を軽くスクラッチ(傷つける)してから、当スキンパッチを貼り付ける。そこにアジュバントが作用して免疫力を賦活する効果を現すとされる。
 当スキンパッチを、鳥インフルワクチンの安全性試験(臨床第一相試験)で、ワクチンが1回投与された後に用いると73%のボランティアに抗体が産生され、パッチを用いられな無かった場合は、49%でしか抗体産生が見られなかったという。

 パンデミックが発生した場合、当スキンパッチを用いることで、ワクチンの1回投与だけで十分な免疫が出来る可能性が示唆されている。
3月20日


Border villages on alert Newindpress, India (インド) インド、オリッサ州、西ベンガル州境に鳥インフル警戒報 
 隣の西ベンガル州で新規鳥インフルが発生したため、バラソーレ県庁は州境の村に、警戒態勢を強化するように指示した。
 県庁は州境の全ての村に、西ベンガル州産の鶏は食べずに、オリッサ州の鶏だけを食べるように指示した。少なくとも同州に西ベンガル州から通じる25ルートは、4月末まで閉鎖されたと当局者は語った。
Bird flu detected near Greek border Turkish Daily News (subscription), Turkey  (トルコ) トルコ、鳥インフルがギリシャとの国境近くで発生
 トルコ当局が北西部、ギリシャ国境近くの村を、鳥インフルが鶏の間で発生したため閉鎖したことを、アナトリア報道機関(Anatolia news agency)が18日伝えた。
 鳥インフルが発生したのは、イプサラ町近くのエセトセ村であるが、鶏から採取した検体で鳥インフルが確認された。それがH5N1鳥インフルか否かは不明である。
 県知事は全ての対策は順調に進んでいると語っている。
 イプサラ町はギリシャ国境から15キロの地にある。
 先月、トルコ農業省は北西部のサカリャ県の村と黒海側のサムスン市でH5N1鳥インフルウイルスを検出している。
Travellers test negative for bird flu Globe and Mail, Canada  (カナダ) 帰国者の検査結果は陰性
 トロントの公衆衛生局は、バングラデシュから帰国してインフル様症状を呈し入院したカップルの検査で、H5N1鳥インフルウイルスは陰性だった。
That bird flu scare? Never mind...  National Post, Canada - (カナダ) 鳥インフルの怖れはある?そんな心配はない
 本日トロント市内でちょっとした鳥インフルパニックが起きた。鳥インフル流行中のバングラデシュから帰国した中年のカップルが、鳥インフル発病の怖れから病院に隔離されたことが原因だ。
 トロント東総合病院の感染症管理医であるジェームス・ダウニー医師は、誰が最初に不正確な情報を流したのか分からないが、あまりにも大きな反響となったことに驚いていると語った。
 最初の報道では、カップルが昨晩インフルエンザ様症状を呈したため病院を受診したが、スタッフが呼吸器感染症を扱うときの標準的予防装具である、マスク、グローブ、及び予防衣を着用していた、と発表された。
 「メディアは鳥インフルを発病した患者がでたという報道をしたがっているだろうが、そのようなことを欲する報道の姿勢を自分は非難する。この事例では診断を可能にする情報は一切無い」、と同医師は語った。
 同医師は、患者は鳥インフルでないと強調し、またバングラデシュで人が発病したという報告もないと語った。

訳者注:下記の注釈と同じ。またバングラデシュで人の発病者がいないとされることが、それほどの根拠となり得るのか疑問。
East York hospital: No reason for bird flu speculation Toronto Sun,  Canada (カナダ) イースト・ヨーク病院:鳥インフルを疑う理由は何もない
 地元紙がバングラデシュ帰りのカップルがインフルエンザ様症状を呈して、病院に入院したことから、入院理由を鳥インフルの不安から、と表現したことに対する病院側の反発。
 訳者注
 風評被害に関する問題の範疇か?
 しかしH5亜型か、H3またはH1亜型くらいはすぐ判明するだろうから、結果を発表することが社会的不安を消す、最も正しい方法と思うが。
Has Avian Flu Hit Toronto? Canada Free Press, Canada  (カナダ) カナダまで鳥インフルが拡大してきたのか?
 内容的には昨日の報道と同じであるが、ただ鳥インフルの否定が強調されている。

 トロント東総合病院は、鳥インフルに暴露された可能性ある患者を治療しているという噂を否定した。
 19日朝に発表された病院当局の声明文で、当局は季節性インフルエンザ罹患患者数は増えているが、それは鳥インフルではないとしている。
 「当総合病院は、増加している季節性インフルエンザ様患者に適切に対応しているが、その中にH5N1鳥インフルに罹患した患者がいると考える根拠は全くない」。

 H5N1鳥インフルは中国で多数の死者をだしている。
 先のメディアの報告では、病院はインフルエンザ様症状を呈しているカップルを治療しているが、2人が最近バングラデシュを旅行してきたことから、特に注意を払っているとされた。
 保健担当者達が患者を病院に運び入れるとき、予防衣、グローブ、およびマスクを着用していた。そして車いすさえカバーで覆われていた。
 病院の感染症専門医であるジム・ダウニー医師は、標準的感染予防操作を行っただけである、と語った。
 「SARS発生の時以来、オンタリオのほとんどの病院では、原因不明の呼吸器疾患に罹患した患者が来院した場合、スタッフが不必要に何か危険なものに暴露されないように、完全な予防装具を身につける習慣になっている」、と同医師は語った。
 発表文の中で、病院側はWHOはバングラデシュでは人の鳥インフル発病者は出ていないと報告していると伝えている。
 病院当局は、また院内は安全であり、業務はいつもと変わらず行われていて、来院者に対する制限事項は一切無いと強調している。

訳者注:バングラデシュからの帰国者が発熱したのなら、H5N1鳥インフルを疑って隔離観察、または治療するのは正しい。それを敢えて鳥インフル罹患疑い者はいないと強調するのは不自然である。また大きな間違いとして、WHOがバングラデシュでは、人における鳥インフル発病者がいないと報告しているとする、病院側の発表である。WHOの発病者リストの中にはバングラデシュは、まだ入っていないが、H5N1鳥インフルウイルスは国土の大半に広がり、多くの養鶏場で発生が見られている。WHOが患者が発生していると言っていないだけで、発生していないと言い切れるほど状況を掴んではいるのかについては、筆者は定かではない。
 当事例は鳥インフル発病疑い者として厳重に感染予防対策を行って、検査結果待ちとするのが正しい。ただし明確にH5N1鳥インフル感染鳥に接触したなどの既往がないから、日本で言うところの症例定義中の”要観察例”には該当しないかもしれない。
3月19日

Couple Isolated At Toronto Hospital Over Bird Flu Fears CityNews, Canada  (カナダ) トロントでカップルが、鳥インフル発病の怖れから病院の隔離病室へ
 中年のカップルが、トロント東総合病院へ鳥インフル発病の可能性から入院したと報告された。
 カップルは丁度、鳥インフルが流行しているバングラデシュから帰国したばかりであった。カップルが滞在していた地域は、鳥インフルが家きんの間で発生していた。
 18日夜に二人はインフル様症状を訴え、病院に収容された。
 2人が入院してから、病院のスタッフ達はマスクやグローブ等を身に着け、感染予防対策を強化した。
 当局では過度に心配していないが、念のため大事をとることにしていて、検査結果を待っている。結果が出るまで2~3日要するとされる。
インドネシア、ランプンの11人全員感染無し Berita Flu Burung  個人ブログ

 ランプンのAbdul Muluk病院で看護を受けていた11人は、全員鳥インフルエンザには感染していないことが、検査の結果判明した。
 しかしながら、東ランプンBatangharjo村の住民37歳)が鳥インフルエンザ感染の疑いで3月18日、Ahmad Yani Metro病院に入院したという情報も出ている。
India culls chickens to stop bird flu spreading Reuters AlertNet, UK (英国) インド、鳥インフル拡大防止のために大量の鶏を殺処分
 19日、新規鳥インフルが家きんの間で発生したため数千羽の鶏の殺処分が始まった。
 西ベンガル州のマルダ県の公営家きん農場で1000羽の鶏が、この2~3日に死亡し、検体がウイルス検査のために採取されていた。
 鳥インフル拡大防止のために、生きている他の全鶏を殺処分することに決定したと、州の動物資源省のアニスル・ラーマン長官が語った。
Bird flu confirmed in new West Bengal town Thaindian.com(タイ) ベンガル西部の街で鳥インフルエンザ確認
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 高病原性H5N1ウイルスの3月初めの再発に次いで新たにベンガル西部地域で鳥インフルエンザが発生したと、当局筋が水曜日(19日)発表した。これは政府がH5N1ウイルス封じ込めを宣言してから、ほぼ一ヶ月後のことである。「鳥インフルエンザが確認されたのは、マルダ地域のイングリッシュ・バザール市です。現在可及的速やかに殺処分を開始できるように動員をかけています」と、西ベンガル・動物資源開発(ARD)相であるアニサー・ラーマン氏はIANSに語った。
 3月13日から約200羽のニワトリが、同市の州経営の養鶏場で死亡していた。
 約2万8千羽の家禽が、マルダに隣接のマーシダバッド地域で先週殺処分されている。
 2月に西ベンガル州当局は、同州で発生したインド最悪の鳥インフルエンザ危機は終結したと思うとしていた。1月15日の発生発表以降、約400万羽の家禽が殺処分されている。
家禽製品の販売や消費を禁止する命令も、西ベンガルの鳥インフルエンザが発生した19地域のうちの13地域で解除されていた。
 検査のために送付した19人の血液検体が陰性と判明してから、州政府はヒトへの感染の恐れを沈静化させていた。
Bird flu in Indonesia could mutate into human form : UN agency  Antara, Indonesia  インドネシアの鳥インフル、人型へ変異するかも知れない:国連機関
 昨日のロイター内容。
 インドネシアの至る所に土着化してしまったH5N1鳥インフルウイルスが、さらに家きんの間で感染を広げ、人にも感染することが続くなら、パンデミック・ウイルスが誕生する可能性が高い。
 それ故、今、対策を取らなければ大事にいたるのだ。
FAO: H5N1 levels in Indonesia raise pandemic risk CIDRAP, MN  FAO:インドネシアにおけるH5N1ウイルスの蔓延は、パンデミックを引き起こす可能性が高い
 国連のFAOは本日、インドネシアの家きんでにおけるH5N1鳥インフルの高い発生状況は、パンデミックに通じるウイルス変異を起こす可能性が高いと、警告した。
 以下は昨日のロイター配信内容を参照。

Gene study suggests China source of H5N1 virus Scientific American  (米国) 遺伝子分析でH5N1ウイルスの発生地が中国であることが確認

ロイター配信

 南中国が多くの地域に拡大したH5N1鳥インフルウイルスの発生地であることが研究報告で18日示唆された。
 ウイルスの遺伝子分析で、2002年と2003年にベトナム、タイ、およびマレーシアで分離されたウイルスが、中国のユンナン省の市場で分離されたウイルスの遺伝子とほぼ同じであった。
 中国の湖南省で2002年と2003年に家きんから分離された2種類のウイルスは、インドネシアで分離されたウイルスに最も似ている。そのような結果を載せた研究論文が世界的ウイルス学雑誌である「Journal of Virology.」に掲載された。
 「これらの結果は、H5N1鳥インフルウイルスがユンナン省からベトナムに直接伝わり、さらに同じように湖南省からインドネシアに2002年と2003年に間に伝わったことを意味している。そのように論文の著者達は説明している。(香港大学のグアン・イ氏および米国の聖ユダ商に研究病院のロバート・ウエブスター氏)。
 「家きん貿易(密貿易を含む:訳者)がベトナムへのウイルス侵入の主たる原因だろう。しかし湖南省からインドネシアへのウイルス伝搬についてはわからない」、と彼等は論文の中で記載している。
 H5N1ウイルスは最初南中国の広東省でカモから見付かり、1997人は、香港で6ニンを殺している。
 ウイルスは2003年に再興して香港で、中国の福建省を旅行してきた家族5人のうち2人が発病し、1人が死亡した。
Vietnamese boy dies of avian flu  CIDRAP, MN  (米国) ベトナムの少年、鳥インフルで死亡
 11歳の北部ベトナムに住んでいた少年が、同国で家きんの間でH5N1鳥インフルが流行している最中、最近鳥インフルで死亡した。同国の報道と国連が発表した。
 少年はハナム省のターンリーム地域に住んでいて、3月4日に発症し14日に死亡した、とWHOが本日の声明文で伝えた。少年の死亡で同国は合計106人の発病者数となり、そのうち52人が死亡したことになった。WHOによる世界の発病者数は373人で236人が死亡している。
 AP通信は昨日、少年の家族が鶏を飼育していて、2月末には何羽かの鶏が発病したとされる。そしてそのうち数羽が死亡し、家族は残っていた鶏を殺処分し、調理して食べたとされる。省の保健局長官がAP通信に語った。
 ベトナムは今年度、これまでに5人のH5N1鳥インフル発病者を確認しているが、その全ては死亡している。
 最新の事例はプト省の23才女性で、2月中旬に発病し、WHO報告によると2月25日に死亡した。
 中国国営通信の新華社が昨日報道したところによると、2007年6月に、今回11歳少年が死亡した地区で女性が死亡しているとされる。
 昨日ベトナムの首相、ニュエンタン・ヅング氏が、農民達が鳥インフル発生を報告していないこと、中には発病したり、死亡した鶏を食べているいることを批判した。
 首相は感染した鶏を食べたことが今年度発生した先の4事例の原因であるとした。今年度当初から13省で家きんにおける鳥インフルが流行していた、と彼は語った。

 他の地区の問題としては、香港の保健局が最近流行している季節性インフルエンザの最中死亡した2人の小児のウイルスは、新しい株では無かったことを確認した。
 遺伝子分析で7歳少年はブリスベン株のA/H3N2(香港株の一種)に感染していて、少女はブリスベン株のA/(H1N1株(ソ連株の一種)に感染していた。両株とも最近、世界中で流行している。
 先週香港当局は全ての小学校と幼稚園、および保育所を。季節性インフルエンザが拡大してきているために閉鎖した。機関は3月13日から2週間となっている。
3月18日


Bird flu may mutate to human form in Indonesia: FAO Reuters (国際) 鳥インフル、インドネシアで人型へ変異する可能性:FAO
 インドネシアで拡大している鳥インフルウイルスが変異して、人のインフルエンザ・パンデミックを引き起こす可能性があることを、国連機関のFAOが18日発表した。
 「インドネシアの家きんの間で高レベルでウイルスが蔓延している状況は、ウイルスの変異する多くの機会を作り、最終的に人のインフルエンザ・パンデミックを引き起こす可能性が高い。自分は本当に心配している」、とFAOの主任獣医官のジョセフ・ドメネク氏が声明文を発表した。
 鳥インフルエンザはほとんどの場合、鳥にしか感染しないが、その致死的H5N1株は2003年にアジアで発生して以来、世界中で372人の発病者をだし、235人を死亡させている。
 「人での致死率はインドネシアで最も高く、もし我々が同国における家きんでの対策に焦点を合わせなければ、人での発病例はさらに増えると思われる」、とドメネク氏は語った。
 鳥インフルはインドネシアの33省のうち31省で発生しており、ジャワ、スマトラ、バリ、および南部スラウエシではウイルスが土着化している。
 精力的対策にも関わらず、インドネシアは家きんにおける鳥インフルの拡大防止に失敗したが、理由として、同国で飼育されている14億羽の鶏の20%近くが、多くの地域に散らばって存在する、3千万ヶ所の裏庭で飼育されていることが上げられる、とドメネク氏が説明している。
 「我々は、また、新型H5N1鳥インフルウイルス株が最近発生していることに気づいているが、それは現在使用されているワクチンが、家きんに対して完全な予防効果を持たない可能性を示唆している」
 高度に地方分権化された政治体制、国家の不十分な獣医学的対策、対策実行の上で要する国際的および国家的財源と人的資源不足が、インドネシアにおけるウイルス封じ込めを困難にしている主要な問題だ、とドメニク氏は語った。

Ban on slaughter of live poultry at traditional markets postponed China Post(台湾) 伝統的な市場での生きた家禽の屠殺の禁止が延期される
森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 台湾政府は4月1日の発効が予定されていた伝統的な市場での家禽販売業者による生きたニワトリやアヒルの屠殺禁止を延期する見込みである。これは野党・国民党議員である丁守中によるものである。
 丁氏によると、政府が政策遂行のための適切な補完的取り組みを実行できていないために、この計画が棚上げされるかもしれないという。
 同氏の発言は、家禽飼育業者、販売業者、行政委員農業委員会(COA)関係者の間の調整会議が開催された後のものである。
 伝統的な市場で買い物客の目の前での生きたニワトリやアヒルの屠殺の禁止は、政府による高病原性鳥インフルエンザ・ウイルス抑制のための様々な取り組みの一つであった。
 政府は家禽販売業者にこの慣習をやめるように呼びかけてきたが、いまだに一部の消費者は冷凍の鶏肉を避けて「新鮮な」家禽だけを飼うと主張している。この「新鮮な家禽」とは、冷却冷凍処理を経ていない屠殺されたてのニワトリやアヒルのことである。
 こうした消費者は通常、輸入家禽製品や地元で生産された冷凍家禽を避けている。
 丁氏は、こうした禁止令は屠殺業務を台湾で近代的な屠殺施設を運営している数社しかないコングロマリットに委ねるだけだと言う。
 しかし新規雇用創出など問題を政府が解決できなければ、この政策は台湾全体で約30万件の家禽販売業者に影響すると丁氏はしている。
 家禽販売業者と政府は、隔離、消毒、公衆衛生そして消費者権利に関する問題については確固とした同意を形成してきたと同氏は述べている。
 しかし家禽販売業者は、「屠殺禁止政策」が実施されるのは政府が適切な取り組みを行ってからであると主張している。
 同時に丁氏は、屠殺制限の対象となるならば、大多数が台湾中に広がっている家禽飼育業者も販売業者と別に問題を提起するだろうと指摘している。
 飼育業者の問題も政府が対処すべきと、丁氏はしている。
 農業委員会副委員長である胡富雄氏は、同会合で政府が禁止令の実施や家禽の飼育業者や販売業者が直面する問題に対応するための補足的な取り組みを何ら実行していないと認めている。
 目標となる4月1日を前に、行政院農業委員会は関係する全ての政府省庁間の調整会合を3月26日に開催し手同問題に関する最終決定を下す予定であると、胡氏は述べている。
 業界筋によると、家禽産業で生計を立てている人口を考えれば家禽販売業者は今も一定の政治的影響力を保っているという。
推定では、全体で少なくとも百万人の家禽販売業者の票が次の土曜日の総統選で投じられるという。
 張俊雄行政院長と与党・民進党が実施したことは、新規の職を見つける補助をせずに家禽業者から職を奪っただけだと、この業界筋は語っている。

No humans involved in bird flu outbreak China Daily (中国) 鳥インフルエンザ、人への感染なし!

M.Yano訳
 広州(2008年3月18日)‐3月17日に開かれたNPCセッションで、省知事であるホワン(Huang Huahua)氏は広東省の中心地で発生した鳥インフルエンザの集団発生では人間への感染はないとした。
 先週の木曜日(13日)、広州のリワン(Liwan)地区の鶏肉卸売り市場で最初に確認されたこの集団発生で、農林水産省は114羽の鶏を死亡し518羽が処分されたと発表している。 今回の集団発生はリワン地区のジンファ(Jinhua)新市場を巻き込んだ。広州の農業局は全ての感染した家禽は広東省仏山南海地区にある不認可の家禽卸売市場で購入されたものとしている。
 南海地区農業局副長官のHe Rucheng氏によると、南海地区の卸売市場では3月6日に隣接している広西壮(Guangxi Zhuang)自治区から順番で家禽を購入したという。南海に位置するこの不認可市場は金曜日に閉鎖され、広西壮(Guangxi Zhuang)自治区から購入された2000羽を超える生鳥も処分された。
 香港の食品安全事務局によると、鳥インフルエンザの集団発生により、生きた家禽の輸入は即座に停止されたようだ。リワン地区の集団感染地域から半径13kmの範囲内には、香港に輸出するための観賞用の鳥園が2ヶ所ある。この業界は香港への輸出を21日間停止されたと、広東省出入国検疫局関係者は述べた。これを受け、先週日曜日(16日)、香港の食品安全局は輸出停止の決定を下した。
 香港の関係省は鶏肉の違法輸入の取締りを強化すると同時に、本土の他地域からの輸入鶏肉についても検査の対象にする可能性を述べている。
 国立鳥インフルエンザ照会研究所は日曜日(16日)、感染した鳥はH5N1ウイルスに陽性反応を示したと確認した。これにより、今年中国で発生した鳥インフルエンザの家禽集団発生は5回目となった。
 「我々は、動物園、養鶏場、鶏肉輸送セクターの労働者の為に厳しい監視システムを構築しました」と広州健康局のXiong Yuanda氏は語る。医療専門家であるZhong Nanshan氏は鳥インフルエンザの感染を防ぐために生きた家禽に触れるべきではないとしている。専門家はH5N1ウイルスがヒトーヒト‐感染が容易な形に突然変異しパンデミックを引き起こすことを危惧している。


China Confirms Outbreak of Bird Flu  CBN News  中国は鳥インフルの発生はあったと明言
A.Tohda訳
香港 - 中国政府高官は、中国南部・広州市の家禽市場におけるニワトリの死は鳥インフルが原因であったと明言した。(香港保健局、16日)

中国農業相が、死んだニワトリはH5N1鳥インフルのウイルス・テストで陽性の結果が出たことを政府に報告したが、これは、今年、中国の家禽における5番目の発生になると、香港の食料保健局は発表した。

中国農業相はまた、そのホームページの中で、先週の広州市における鳥インフル発生で、114羽のニワトリが死亡し、518羽を殺処分したが、この発生は封じ込められたと述べた。

中国は世界のどの国よりも多くの家禽を育てているが、ウイルスに対し果敢に戦うことを誓っていた。WHOによると、H5N1は世界中でこれまで235人の死者を出した。専門家たちは、H5N1が、容易にヒトヒト感染する型へ突然変異し、それは多数の人を死に至らしめるパンデミックを引き起こすと恐れている。これまでのところ、ほとんどのヒトの事例は、感染した鶏に接触したためである。

中国は、今年に入り、先月の広東省南部における44歳の出かせぎ労働者を含めて、すでに3人の鳥インフルによる死者を報告している。鳥インフル・ウイルスが中国の家禽に猛威を振るい始めた2003年後半以来、20人の死者を記録した。


Fresh bird flu scare in Malda The Times of India (インド) マールダ(西ベンガル)で新たな鳥インフルエンザの恐怖
M.Yano訳

 この地区で再び鳥インフルエンザに脅かされるかもしれない。関係者によると、ボパールからの報告で、送った検体に鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたことが伝えられたという。
 しかし、県当局はまだ報告を受けていないとしている。県副長官P. C. Shit氏は「我々はボパールからの報告を待っています。報告書は1、2日の内に届くはずです」という。さらに「コルカタからは既に鳥インフルエンザを示唆する報告があった」ことを認めた。
 関係者によると、鳥の死骸からウイルスが確認したという報告は月曜(17日)の午後に管理局に届いたという。8つの血液サンプル(3つの鳥の死骸と便)がボパールとコルカタに届けられたのは、先週政府管理の養鶏場の鳥が死亡した後である。
 政府管理の養鶏場の鳥が死んだことはマールダを新たな脅威を与えている。ARD(動物資源局)は現在のところ感染の封じ込めに失敗している。ARD局次長のN. K. Shit氏は「12日以来、雛を始めとする551羽の鳥が死んだ。我々は感染拡大をコントロールできない。昨夜だけでも132羽の鶏が死んでいる」としている。
 しかし、非公式な情報筋では死亡した鶏の数はここ4日間で1000羽を超えているという。N. K. Shit氏は「我々は養鶏場の殺菌プロセスを始めた。また養鶏場からの鶏肉や卵の販売を停止している」という。この養鶏場では3000羽を超える鶏と13000羽の雛がいる。これはバルガット(Balurghat)でのウイルス直撃を含め、政府管理養鶏場としては2例目となった。
 その間、モサバリ(Mothabari)、カリアチャック(Kaliachak)、アーリアー(Earlier)からは新たな鶏の死亡が報じられた。チャンチャル(Chanchal)第1ブロックではマハナンダトーラ(Mahanandatola)での鳥インフルエンザウイルスが発見されたことを受け、86,000羽以上の鶏が処分された。しかし、他地域は影響を受けることもなく感染拡大は窺えない。
 その一方で、イギリスのバザール自治体は月曜日(17日)から鶏肉と卵の販売を禁止すべきか管理局に尋ねている。

3月17日


Bird flu kills a Vietnamese teenager Reuters  (国際) 鳥インフル、ベトナムのティーンエージャーを犠牲に
 17日、保健当局者が、北部ベトナムに住む11歳少年が鳥インフルで死亡し、今年度5人目の死者となったことを発表した。
 少年は14日にハノイの病院で死亡したが、発病1週間以上経過していた。
 検査でH5N1鳥インフルウイルス感染が確認された。以上は、ハナム省の保健局長官によって発表された。
 「鳥インフルを制圧することは難しい。大農場で飼育されているのではなく、農家レベルで飼われているからだ」、と長官は電話インタービューで答えた。
 長官によると、家畜保健担当者達が、少年の住む家の周辺の家きんを全て殺処分したと言う。
 「地域で鳥インフルのワクチンが完全に終わっていても、農民達は新たに家きんを購入し、彼等の飼育している家きんに加える。もし新規に購入した家きんがワクチンをしていなければ、ウイルスを拡大する原因となる」、と長官は説明した。
Vietnamese child dies from bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナムの子供ら鳥インフルで死亡
 ベトナム国立公衆衛生疫学研究所は、北部のハナム省の11歳少年が鳥インフルを発病し、ハノイの病院で4日間治療後に死亡したことを発表した。17日、国営通信社が同発表を報道した。

 報道によると、少年は3月5日に倒れ、8日にハナム総合病院に入院した。そして3月11日にハノイの国立小児病院に入院した。
 少年から採取された検体でH5N1鳥インフルウイルスが、同研究所で確認された。
 2月末に、少年の家庭で飼育していた鶏の中から10羽が次々と死亡した。その後、残っていた健康的に見える鶏を殺処分して家庭で食べたち言う。
 感染地域を当局は消毒し、他の家きんから検体を採取してウイルス検査を行う。
No further outbreak of bird flu in West Bengal: Govt Newindpress, India  (インド) 西ベンガルにおいて新たな鳥インフルエンザの発生はない
A.Tohda訳
ニューデリー:「西ベンガルでは新たな鳥インフルの発生は届け
られていない」と金曜日、公式声明で発表された。

今年3月9日、政府は西ベンガル、マーシダバドの2つの街区、
ジャガンとラグナスガンでウイルスの発生(再発)があった
ことを発表した。

西ベンガルは、この1月、H5N1株のウイルスにより激しい
打撃を受けた。

Thailand to launch bird flu prevention drills Xinhua, China (新華社、中国) タイでは鳥インフル予防訓練を始める
A.Tohda訳

バンコク - チャイヤ・サソムスプ保健相および
地元メディアによると、タイでは過去18ヶ月、ヒトでの
鳥インフルの新しい事例は起きていないが、公衆保健局が
まもなくタイ全土で鳥インフル予防訓練を始める。
 チャイヤ保健相の発表をタイ・ニュース・エージェンシーが
伝えるところによると、タイでは過去1年半、致死的な被害が
予想される新たな鳥インフルは報告されていないが、公衆保健局は、
鳥インフルはタイおよび近隣諸国でいつでも再発しうるとして、
危険な状況にあると考えている。
 「国境地帯の30の地方の保健所当局者は、鳥インフルに
対して警戒するよう指示されている。特にこれまで家禽と
人が鳥インフルの発生に冒されたり死亡事例まで出た地域では。」
とチャイヤ保健相は語った。
 チャイヤ保健相は、保健省が鳥インフルの発生に備えており、
対応を予行演習することと、政府主導で状況にあたることを国民に
再確認させるために、全国的規模で実地訓練を行うことに言及した。


Pandemic flu drill will test regional hospitals Walker County Messenger, GA  (米国) パンデミック・インフルエンザの訓練で地域病院が試された

M.Yano訳
 GDPH(ジョージア州公衆衛生課)とGHA(ジョージア州病院協会)はIHMD(UGA健康管理および大量破壊防衛止研究所)と協力し、本格的なパンデミック・インフルエンザの訓練を行う。訓練はGHAのA地域病院で3月19日水曜日の午前8時半から正午まで。

GHAのA地域はカトゥーサ、デイド、ファニン、ギルマー、ゴードン、マレー、ピッケンズ、ウォーカー、そしてホイットフィールド郡からなり、調整病院としてはハミルトン医療センターがダルトンに居を構えている。

北ジョージア健康蓄の広報職員であるジェニファー・ムーラー(Jennifer Moorer)氏によると、HSEEP(国土防衛訓練および評価プログラムガイダンス)に従い準備されたこの訓練は。各病院の緊急対応における弱点領域をテストし、評価するとしている。また現存するプロトコルと現実との相違や格差などを発見できるため、この訓練での経験や教訓に基づいて将来の行動が取られるという。

この訓練では、ハチソン(Hutcheson)医療センター、カトゥーサ地区保健局、カトゥーサ地区保安官事務所の代表者だけではなく、その他地区および各都市の協力者が参加し、シナリオに対応する災害対策上での各々の役割をテストすることになるそうだ。

訓練関係者にはA地区病院、地区と地域の公衆衛生局、法執行機関、US&R(火災・都市探索&回復機関)、緊急事態管理局、政府、企業、学校、そして地域ボランティアと公開情報担当者など様々な協力機関が挙げられている。

ムーラー氏は、この本核的訓練実施のための準備と努力により、A地域の全ての通信技術と公開情報能力を含む非常事態通信システムをテスト、災害対策必要資源・有効性・接続手段・管理方法等のテスト、非常事態における安全対策の判断、患者への臨床評価、病院自体のサージキャパシティや建物の維持と実用性までも評価するとしている。

3月19日の訓練では人命救助の為に公衆衛生上必要だとされている、地域の救急隊の要請と指揮統制、重要事項の決定、通知、および資機材源の確保などに焦点をあてる。

Bird flu breaks out in Quang Nam Thanh Nien Daily(ベトナム) クアン・ナム省で鳥インフルエンザ発生

森 孝夫訳 (株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

中部クアン・ナム省の約300羽のアヒルが鳥インフルエンザで死亡したと、同省人民委員会は16日発表した。
 サン・ビン地区の飼育場で死亡した、これらの鳥の検査結果はH5N1ウイルス陽性であった。
 現地当局は感染した全てのアヒルを焼却処分し、近隣の飼育場のニワトリを殺処分している。
 動物衛生ゾーン4機関はクアン・ナムでも鳥インフルエンザを確認している。
 鳥インフルエンザの症例がこれまでに報告されているのは、クアン・ニン、ハイ・ドゥオン、ナム・ディン、トゥエン・クアン、ニン・ビン、ビン・ロン、フ・ソ、ハ・ナンそしてハノイである。
 地方政府の規則では、新規の鳥インフルエンザの症例が21日間報告されない場合は、その省は鳥インフルエンザを駆逐したとみなされる。
Bird flu outbreak halts live poultry imports  Courier Mail, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル発生により、家きんの輸入を保留とする
 中国政府は南部広州市の市場で鳥インフルが発生したことを、州のメディアを介して発表した。それを受けて、隣接する香港は発生地域からの生きた家きんの輸入を保留とした。
 広州市の鳥インフル発生は、最初3月13日に市の家きん市場で気がつかれた。108羽が死亡したが、さらに拡大対策のために518羽が殺処分された。
 「発生は効率良く封じ込まれた」、と新華社は伝えている。
Human and avian flu alert as Guangzhou confirms H5N1  The Standard, Hong Kong  (香港) 広州市でH5N1ウイルスが確認され、人と鳥にインフルエンザ警報
 香港は、本土で広州市が家きんでのH5N1鳥インフル発生を確認したことから、人と鳥のインフルエンザ発生に対して高度の警戒態勢をとりだした。
 香港食料保健庁は、3週間、感染地域からの家きんの輸入を禁止した。

 以上の措置は保健センターが、先週13日に報告システムが施行されてから12例目の新規患者が16日に報告されたことによる。
 最新の患者は2歳女児でB型インフルエンザに罹患していた。女児はツエンクワンO病院に13日に入院した。現在の病状は安定しているようだ。
 訳者注:B型インフルエンザならば、心配はない。多少変異しても症状は重くはないし、それよりもパンデミックウイルスになることもなく、A型のH5N1鳥インフルウイルスとの交雑なども心配はない。
  一方、本土の当局者は広州市の湾区の市場で、114羽の家きんが死亡し、518羽が殺処分されたこを発表した。
 広東省行政府と農業省はは緊急対策を開始し、拡大を封じ込めることに全力を注いでいる。新華社が報告している。
 香港食料・環境公衆衛生局は、本字地広東省に調査チームを派遣し、香港に家きん産物を出荷している農場を検査する。
 関東省の知事は北京で記者会見し、当局は湾地区で家きんに接触した労働者の健康調査を行っているが、これまでのところ異常者は見つかっていない。
3月16日

Thailand to launch bird flu prevention drills Xinhua, China (新華社、中国) タイでは鳥インフル予防訓練を始める
 以下A.Tohda訳
 
 3月15日 バンコク - チャイヤ・サソムスプ保健相および地元メディアによると、タイでは過去18ヶ月、ヒトでの鳥インフルの新しい事例は起きていないが、公衆保健局がまもなくタイ全土で鳥インフル予防訓練を始める。
 チャイヤ保健相の発表をタイ・ニュース・エージェンシーが伝えるところによると、タイでは過去1年半、致死的な被害が予想される新たな鳥インフルは報告されていないが、公衆保健局は、鳥インフルはタイおよび近隣諸国でいつでも再発しうるとして、危険な状況にあると考えている。

 「国境地帯の30の地方の保健所当局者は、鳥インフルに対して警戒するよう指示されている。特にこれまで家禽と人が鳥インフルの発生に冒されたり死亡事例まで出た地域では」と、チャイヤ保健相は語った。
 チャイヤ保健相は、保健省が鳥インフルの発生に備えており、対応を予行演習することと、政府主導で状況にあたることを国民に再確認させるために、全国的規模で実地訓練を行うことに言及した。
No further outbreak of bird flu in West Bengal: Govt Newindpress, India  (インド) 西ベンガルにおいて新たな鳥インフルエンザの発生はない
 以下A.Tohda訳

ニューデリー:「西ベンガルでは新たな鳥インフルの発生は届けられていない」と金曜日、(14日)公式声明で発表された。
 今年3月9日、政府は西ベンガル、マーシダバドの2つの街区、ジャガンとラグナスガンでウイルスの発生(再発)があったことを発表した。

西ベンガルは、この1月、H5N1株のウイルスにより激しい打撃を受けた。

China confirms poultry bird flu outbreak Toronto Star,  Canada  (カナダ) 中国、家きんにおける鳥インフルの発生を確認 
 AP

 中国当局は南中国の広州市の市場で、鳥インフルにより、鶏が死亡したことを確認した、と香港の保健当局が発表した。
 中国農業省は検査でH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことを香港当局に伝えた。本事例が中国で家きんにおける鳥インフル発生事例として、本年5例目であることが、香港の保健当局からコメントされた。
 中国農業省はそのウエブサイトでも、先週広州市で鳥インフルで114羽が死亡し、拡大防止のために518羽が処分されたと伝えている。しかし発生は封じ込まれたと付け加えられている。
China's Guangdong reports poultry bird flu outbreak Xinhua, China  (新華社、中国) 広東省で家きんにおける鳥インフルが発生
 南中国の広東省で家きんにおける鳥インフルが発生したことが農業省から16日発表された。
 国立鳥インフル専門研究所が事例を確認した。広州市の湾地域(Liwan District)の市場で13日に発生した事例である。
 農業省によると、高病原性H5N1鳥インフルウイルスが確認された。
 114羽の家きんが死亡し、拡大防止措置のため、518羽が殺処分された。

 当事例は今年度中国で5番目の家きんにおける鳥インフルの発生となる。
広州でも高まるインフルエンザへの警戒 エクスプロア中国 
 香港でインフルエンザが原因で4人が死亡したことを受けて、広州市でもインフルエンザに対しての注意が促されている。広州市では、今月に入って8件のインフルエンザ集団感染が報告されていて、地下鉄などでもマスクをしている市民を見かけるようになった。
 公共のエリアでは消毒や通風を強化し、当局も市民にはできる限り人混みに出ないように呼びかけている。
 広東省教育庁では、宿舎やクラスで1日に3例以上、もしくは3日以内に多数のインフルエンザに似た症状の患者が発生した場合は、集団感染の疑いがあるとして、当局に報告することを義務づけているほか、発熱した場合は登校せず、解熱して48時間後に登校することになっている。また、広州市教育局でも、授業中は1時間につき3回以上窓を開けるように呼びかけている。
香港のインフルエンザ、患者数は350人に増加 エクスプロア中国
 香港のインフルエンザの流行が拡大傾向にある。これまで4人の児童が亡くなっているが、香港衛生当局によると、インフルエンザが流行してる学校は、これまでに60カ所確認され、感染者は350人の増加した。現在、香港では小学校と幼稚園が学校閉鎖となっているが、中学校に関しては授業は行われている。当局では、1億香港ドルを拠出して12歳未満の児童に対して、インフルエンザワクチンの予防接種を行うことを発表している。
 現在、死亡した患者4人のうち、2人からそれぞれH1N1型とH3N2型のインフルエンザウイルスが確認されている。
 一方で、深センでもこの1週間で9件のインフルエンザ集団感染の報告が出されているが、ウイルスの遺伝子は香港のものとは異なっているとし、死亡者も出ていない。
インドネシア、ランプン:10人は陰性? Berita Flu Burung  個人ブログ

 シティ・ファディラ・スパリ保健相によれば、ランプンのAbdul Moeloek病院に入院中のWay Laga村の10人の住民は、検査の結果H5N1に感染していないことが確定された。
 「結果はすべて陰性。したがってH5N1に感染した者はいないし、ましてクラスター(集団感染)は起きていない」とシティ・ファディラ・スパリ保健相は、3月15日にジャカルタで開かれた、鳥インフルエンザに関する自著の出版記念会の合間に語った。
 保健省の担当指揮官のニョマン氏によれば、10人は鳥インフルエンザに感染していないが、肺炎、結核、気管支炎等に感染している可能性がある。
 診断は一般の病気で、鳥インフルエンザではない。
 それ以前はPanjang郡Way Laga村の10人の住人は、住居近くで多数の家禽類が突然死んだのと時期を同じくして、インフルエンザに似た症状を示しており、診断ではインフルエンザ陽性の可能性と診断されていた。


No Unusual Flu in Hong Kong Enews 2.0, UK  (英国) 香港、異常なインフルエンザの流行ではない
 香港の学校閉鎖の原因となり、2人の小児を死亡させたと噂されているインフルエンザウイルスは、新型株ではないと保健当局者が15日発表した。
 流行中のインフルエンザウイルスは、これまでのウイルス以上に毒力が強いということはないと思われている。3歳女児と7歳少年からのウイルスは、H1N1株とH3N2BrisbaneK株で、世界中で流行している株であった。専門家によると2人の小児は、他に死因となるような疾病を保有していたとされる。
 WHOによると香港の状況は、季節性インフルエンザが流行しているに過ぎないとされる。
 香港当局は12歳以下の子供達に無料のインフルエンザワクチンを接種する予定だが、総額は1280万ドルとなる。

 しかしながら、注意は他のインフルエンザ株に向けられた。すなわち南中国の香港に隣接する広州の市場で死亡した鶏が見つかったことが、香港食料健康局のヨーク・チョウ長官から発表されたことによる。
 鶏がなぜ死亡したのかまだ明らかにされていないが、予防策として死亡した鶏の卸元の鶏が全て殺処分された。

 香港における高齢者施設、幼稚園、および小学校は3月28日まで、インフルエンザ拡大予防措置のために閉鎖される予定になっている。
 香港では1997年に鳥インフルで6人が死亡している。そして現在まで少なくとも235人の人々が世界で死亡している。
 科学者達はウイルスが変異して、人に容易に感染するようになることを恐れている。
South China city culls 2000 chickens after abnormal deaths Xinhua, China  (中国) 中国南部の都市で、鶏が異常死したことから、2000羽が殺処分に
 昨日、国際ヘラルド・トリビューンで一部報道されていたが、新華社側からの情報

 2000羽の鶏が南中国広東省の仏山市南海区で、殺処分されたと地域の行政当局が15日発表した。
 13日に広州市に隣接するライワンのジンフアキシン市場で114羽の鶏が異常死したことから、ナンハイで2000羽の鶏が検査では異常を呈していなかったが、殺処分された。当局が記者会見で発表した。
 処分された鶏はサンニオ市場の行商人のもので、ジンフアキシン市場に卸していたとされる。市場の合計826643羽の鶏は検査で陰性であったと当局者は語り、しかし同市場は無許可営業であったので閉鎖された。
 南海区で2人が鶏を食べた後、鳥インフルを発症したという噂が流れているが、当局はそれを否定した。

訳者注:広東省は香港に隣接しており、H5N1鳥インフルに感染した野鳥や家きんは、広東省から入ってきていると考えられる。SARSも同じであった。
 広東省の詳細情報が明確になるかどうかは、香港の今後のインフルエンザ推移に関して予知可能か否かに関わる。
3月15日

インドネシアのランプンで2名が発病、8人が疑い(集団感染の疑い)  Berita Flu Burung  個人ブログ
 
 ランプンのAbdul Muluk病院では、鳥インフルエンザ感染の疑いのある11人が看護を受けている。11人のうち10人は同地域の住人で、親族関係にある。この状況を受け、ジャカルタの保健省の医療チームが現地入りしている。
 チームは血液及び粘液のサンプルを採取し、検査中であるが、その以前にもランプン保健所がジャカルタにサンプルを送付済であるが、再比較のためとしている。
 10人の患者は、Panjang郡にある村の住民で、5家族から構成されている。もう1人はRajabasaにある村の住民である。
 11人の患者の内、2人については、H5N1への感染が明らかになっており、Karnitiとその子供にあたるLolaで、それぞれ別の病室に隔離されている。一方他の9人はまだ、経過観察中である。
 Abdul Muluk病院の対策チーム長によればこれらの患者はいまだに鳥インフルエンザとは確定されておらず、保健省の検査結果を待っている状態であるとのことである。



Dead chickens cause worry in Hong Kong Independent Online, South Africa  (南アフリカ) (南中国で)死亡した多数の鶏が香港の不安材料に
 下記と同内容
Hong Kong reports 1 new flu outbreak as worry shifts to mainland ...
International Herald Tribune, France  (国際) 香港当局、1施設だけのインフルエンザ報告に減少したが、中国本土の鳥インフル発生に警戒感が移行

 国際ヘラルド・トリビューン

 香港のインフルエンザ発生は、14日は1施設でしか発生報告がなく、発症患者数が減少してきているように思われるが、15日、不安は鳥インフルに向けられた。東南中国で多数の鶏が死亡したことによる。

 香港保健当局は13日、インフルエンザが9施設で発生したと報告したが、14日には高齢者施設1箇所の発生報告に留まった。
 患者発生の減少は、7歳少年と3歳女児が死亡したことから、当局が小学校と幼稚園を2週間閉鎖に踏み切ったことが効果を上げたと考えられる。
 最新のインフルエンザ発生数は、3月6日以来、19施設での発生が確認され、116施設での疑い事例が確認され、そして7百万人近い人口の町で880人が発病した。
 WHOは香港の状況を通常の季節性インフルエンザの流行と表現している。
 学校閉鎖は、SARSが南中国で2002年11月に発生して以来、初めての公衆衛生的措置である。そのSARSは香港へ拡大し、299人が死亡し、社会的パニックを引き起こした。
 
 一方、現在、警戒心は別なタイプのインフルエンザに向けられ始めた-鳥インフルエンザ

 中国当局が、南中国の広州市の市場で多数の鶏が死亡したと報告したことを、香港保健食料省のヨーク・チョウ長官が15日記者会見で発表した。
 鶏が鳥インフルで死亡したのか、さらにその数などについて詳細がいまいち明確になっていないと、同長官は語った。広州市は香港と接している。
 詳細は不明ながらも、死亡した鶏を市場に供給していた卸元の市場にいた全ての家きんが殺処分された、と長官は説明している。
 15日の広州デイリー紙報道によると、市場で114羽の鶏が死亡したとされる。
 記者が広州市保健局へ電話で確かめたが、電話に出た女性が、誰もコメントは出来ない、と返事をした。
 鳥インフルは1997年に香港で6人を感染死させている。
 香港では時々H5N1ウイルスに感染した野鳥が見つかっているが、最新の事例では14日にハヤブサがH5N1鳥インフルウイルスに感染して死亡していることが、当局から発表されている。
Vietnam PM urges action against bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム首相、鳥インフル対策強化を内閣に求める
 ベトナム首相のニュエン・タンヅン氏は内閣に、本年4人の死者を出している鳥インフル拡大を防ぐために全力を注ぐいで対策を講じるように求めた。
 13日に出された指示によると、鳥インフルが発生した13地区の行政機関に、発生場所の閉鎖と消毒を徹底するように伝えた。
 首相はさらに鳥インフル発生地域との間における家きんの輸出入の条件をより厳しくするように求めた。
 首相は、各地域で発生を見逃したり、流行の封じ込めに失敗した場合は、地域行政府のトップと組織の責任であることを自覚するように伝えた。
Health Ministers warns about spreading of bird flu Bangkok Post, Thailand (タイ) 保健大臣、鳥インフルの拡大を警告
 公衆衛生大臣のチャイヤ・サソムサブ氏は15日、鳥インフルの拡大を警告した。
 タイでは1年半余り鳥インフルウイルスが拡大したことはないが、チャイヤ氏は、最近大量の鶏が死亡しているから、人々は安心するべきではないと、警告した。
 同氏はまた、ウイルスの拡大は周辺国から起きてくることも有り得ると、語った。
Flu strain that closed Hong Kong schools not new, say experts Earthtimes, UK  (英国) 香港の学校閉鎖を引き起こしたインフルエンザ株は、新型株ではない:専門家
 
A.Tohda訳
 香港-土曜日(15日)、保健所当局者は、香港の学校を閉鎖に追い込み、2児死亡の原因と懸念されたインフルエンザ株は新型ではない、と明言した。7歳男児と3歳女児の遺体の検査によって、それは、この2~3ヶ月、世界の各所に広がってきているH1N1およびH3N2のブリスベーン株のウイルスであることが明らかになった。
 これら2児は、死因として他の病気の問題を抱えていたことも考えられている。
 2児から見つかったインフルエンザ・ウイルスの(遺伝子中の)ヌクレオチド配列の決定を行ったのは、政府の保健予防センターだが、かれらは、検査結果は、ウイルスが新型でもなく、より感染力の強いものでもないことを裏づけたと語った。
 この裏づけが出される一方で、1億香港ドル(1,280万米ドル)がかかるであろう12歳以下の子供への無料のインフルエンザ・ワクチン接種の提供を、保健所当局者が検討した。
 保護者にパニックをもたらした3人の子供の死亡ニュースのあと、木曜日にイースターより1週間早く、政府はすべての幼稚園と小学校に閉鎖命令を出した。
 保健相のヨーク・チョー博士は、水曜日の夜遅く、翌日からの学校封鎖の発表をしたとき、適切な予告を保護者や学校にしていなかったと非難を浴びた。
 しかし、発表は、社会不安を抑制し、ウイルス蔓延のリスクを減らすため学校構内浄化の時間を確保するための予防の処置であると、彼は強調した。
 このエピソードは、多くの香港の居住者にとって、死者299人、感染者1,755人を出した2003年の SARS 発生を思い出させる恐ろしいものであった。
 それは、SARS 発生時、大衆が買い求め、通りや学校や職場で身につけた"フェイス・マスク"が再び戻って来たことを意味した。
 SARS だけでなく、香港は、18人がウイルス感染し、うち6人が死亡した現代世界で最初の1997年の鳥インフルエンザの発生を体験している。

HK breathes a sigh of relief over flu reports Shanghai Daily, China (中国) 香港、インフルエンザ危険解除に安堵
 専門家チームにより、死亡した子供達から分離されたウイルス遺伝子が従来型の遺伝子と同じで、新型株ではないことが確認されたことから、一般的に安堵感が漂っているが、SARSの際の教訓から、政府も市民も感染予防対策には神経質になている。
Bird flu alert in Edinburgh  Scotsman, United Kingdom (英国) エジンバラで鳥インフル警戒
 エジンバラの農場で、農場主による定期検査で鳥インフルウイルスの感染を疑わせる家きんが数羽見つかった。
 しかしながら、獣医の専門家はそれがH5N1鳥インフルウイルスであるとは考えていないようだ。
The Hong Kong Flu Scare of '08 TIME  (国際) 2008年香港インフルエンザ・パニック

Y.Takei訳

 香港にあるトウエン・ムン病院の救急外来に入るときは、刑務所の通関手続きのようである。頭からつま先まで青い防護服で身を覆った女性が、ガラス戸に立ち目を光らせる。外来患者の額の熱を調べ、高熱を出している人が誰も通らないようにしているのだ。この検査をパスすると、青い外科用マスクが手渡されから、蛍光灯に照らされた待合室に入る。中に入ることを許可されなかった患者は、青いテントの中のプラスチック製のイスに座って待機するように告げられる-隔離とトリアージのための区画だ。近くに英語と中国語で「発熱区画(Fever Area)と書かれた案内板が立てられている。
 香港は、今年特にインフルエンザの打撃を受けた。通常の季節性インフルエンザの流行が、この過密都市で猛威をふるい、学校内での報告は、この8日間で800件にもなった。2月以降2人の子どもがインフルエンザで死亡したことを医師団は確認した。そして、政府が水曜日(12日)に突然すべての小学校・幼稚園・保育園を2週間閉鎖することを決定すると、それにより、時間を持て余す可能性のある数十万人もの子ども達と、事態への対応の仕方が判断出来ない大人達の発生が予想され、保護者達の間でパニックは極度に高まった。
 香港政府の過剰な対応は、おそらく現在の状況のせいではなく、過去にこの国で起こった医療の歴史があるからであろう。5年前、SARSの流行で街の機能が麻痺した。300人近くが死亡し、人々の生活が不気味に停止した。その時、政府の対策はこの疾病の広がりを押さえられなかったとして非難が集中し、結果的に臨時保健主任のヤオキョング氏が辞任することとなった。「今回はSARSほどひどくはありません」とSARS時の危機的状態の現場で働いてきた救急隊員、ラム・ティン・ラング氏が言う。「けれども、今回はもっと警戒しています。私達は病気に対してもっと注意すべきだということを学んだのですから。」

 ここ2週間、香港の医療従事者らは、病院の混雑のため、15,000時間もの時間外労働をしていると政府は言う。政府は4月までに260万ドル近くの追加資金を割り当てた。雇用の増強と、ツエンムン病院のような、救急外来病棟の入院患者数がここ数週間で約20%も急激に増加した病院で働く、超過労働者への支払いにあてるのである。特別任命された医師らの調査委員会が、今回の死亡した子どもたちの原因がインフルエンザにあるのかどうか、そして香港で流行しているインフルエンザ株が致死性のものか、もしくはH5N1型鳥インフルエンザの兆候を呈していないかを調べた。
 その調査委員によると、H5N1は発見されず、今回死亡した2人の子どもたちの両方のインフルエンザは、通常のインフルエンザ株であり、インフルエンザそのものが原因で死亡したのではなく、合併症によって亡くなったと考えられるとした。(3人目の子どもの死亡とインフルエンザとの関連性は今のところみつかってなく、現在調査中)「おそらく、今年は季節性のインフルエンザの患者が通常よりも多く、広がったのでしょう。」と香港大学教授、調査委員委員長のユエン・クウオン-ユング医師は語る。「けれど、今回のものはそれほど悪性のものではありません。」

 しかし、公衆衛生の専門家たちは、今回のインフルエンザの流行が、抗インフルエンザ薬であるタミフルの過剰使用につながるのではと心配する。この強力な治療薬は、H5N1に対し、特に有効であると実証されており、香港で広く処方されている。しかも、処方箋なしに薬局で違法に販売するケースが増えているので、薬に対する耐性ができるスピードが速まってしまう。タミフルの乱用は様々危険性を引き起こす。鳥インフルエンザ発生時に強力な武器になる薬の効力を弱めるだけでなく、薬の効かない、毒性株の通常インフルエンザを広げてしまうことになるのだ。「乱用は望ましくない。」とユエン医師は語る。

 しかし、いまだSARSでのことを怯える住民に、自分たちを守るためにしていることをやめさせるのは難しい。香港大学心理学部教授サミュエル・ホ氏は、SARSの流行時に、香港市民は自分の家族や愛する人がウイルスに感染することに対してひどく心配をした、と語る。「市民は自分自身がインフルエンザに罹ることを心配していましたが、それよりももっと、自分の大切な人たちが罹ってしまうことを心配していたのです。どうやって妻や子どもたちを守ればよいのか?と」とホ氏は言う。今回のような、ひどいインフルエンザシーズン中に香港で再び起こった集団不安を軽減するために、医師らは、人々が真に直面する危険性だけでなく、その危険性をどのように抑えることができるのかを知らせていく必要があると、ホ氏は続けた。

 とりあえず、保健省の役人らは学校閉鎖が高い感染率を低下させることを望んでいる。
 14日朝、通常であれば通勤客を乗せている電車が、家族でごった返している。巨大なベビーカーが通路をふさぐ。ある母親は幼い男の子の鼻水を拭き、その一方で、豚のしっぽとインフルエンザマスクをつけた女の子が、父親の肩につかまり笑っている。結局のところ、これは休暇だ。この電車は香港ディズニーランドに向かっている。病気休暇を過ごすのには悪くはないやり方だ。


 訳者注:香港でのインフルエンザ流行はいまだ下記の点で要警戒と考えられる。
 季節性インフルエンザが確認されたことから、新型インフルエンザまたはSARSの不安は消えたものの、低年齢層で非常に感染力が強いことと、脳炎発症(アスピリン等服用によるライエ症候群だったのではないかと、訳者は推定している)による死亡率が高いこと、従来株と同じ遺伝子を保有していたというのは、死亡した2人の子供達から分離されたウイルスの話であって、全般的にはどうなのか?さらに現在野鳥の間で発生しているH5N1鳥インフルのウイルスとの交雑が現在および今後起こらないのか(現に死亡した7歳少年からは香港型とソ連型のウイルスが2種類分離されている)?等々。
 もう少し経過を注意深く観察する必要がある。
3月14日


No New Flu Strain Found in Hong Kong The Associated Press - (国際) 香港、新インフルエンザウイルス株は同定されず
 専門家達は、最近死亡した2人の小児(7歳少年と3歳女児)から分離されたウイルスの遺伝子分析を終了したが、その結果分離されたウイルスは、既存のインフルエンザウイルスと同じ遺伝子を保有していて、新型株ではないことが確認された。14日、香港保健省が発表した。
 訳者注;WHOによると、死亡した小児は剖検で、脳炎と代謝病(他の報道では肝臓の脂肪化と表現)が見られたとされるが、そうならばRye症候群が考えられる。すなわちインフルエンザ、水痘等でアスピリンを投与すると発生する致死的症候群である。
 しかし、香港でインフルエンザ疑いの子供にアスピリンを投与するのか否かは不明ではある。少なくとも日本では使われないと思う。
2 flu viruses found in HK victim China Internet Information Center|, China  (中国) 香港のインフルエンザで死亡した少年から2種類のウイルスが検出
 香港で死亡した7歳の少年の体内から、H1およびH3ウイルスと副腎皮質ホルモンを香港保健省が検出したことが、新聞Guangzhou Daily(広東毎日?)で報道された。
 専門家達は少年が持病の喘息のために副腎皮質ホルモンを服用していて、それにより免疫が低下し、2種類のインフルエンザウイルスに感染したものと考えているようだ。
 少なくともH5N1ウイルスやSARSウイルスは検出されなかったようだ。
Indonesia: Eight persons suspected to have bird flu Mister Info, Hong Kong  (香港) インドネシア:8人が鳥インフル発症の疑い
 鳥インフルに感染した家きんを食べた後、発熱と呼吸困難を呈し、8人がランプンの州都の国立アブドゥールメレク病院へ収容された。
 「患者達は隔離室へ収容され、検査を受けている。しかし結果が出るまで2~3日要する」、と院長のウイルマン医師が語った。
Scientist: HK flu virus not deadlier than past viruses China Post, Taiwan  (台湾) 専門家:香港で流行中のインフルエンザのウイルスは、過去のウイルスよりも悪性とは考えられない
Hong Kong shuts schools amid flu outbreak  Reuters (国際) 香港、インフルエンザ流行のため学校を閉鎖に

M.Yano訳
 インフルエンザ流行を制圧するために政府が打ち出した小学校の2週間閉鎖を受けて、木曜日(13日)、香港の小学生たちは自宅に留まり、専門家たちはウイルスに起因したであろう死亡事例の調査に乗り出した。
 保健当局はH5N1ウイルスとの関連は無かったとしている。しかし水曜(12日)の夜に政府が下した学校閉鎖の決定は、2003年に香港を襲った重症急性呼吸器症候群(SARS)の記憶を呼び起こすものであった。
 政府指定公開討論の初会議で、専門家は二人の子供(3歳の少女と7歳の少年)から検出された季節性インフルエンザの毒性の強毒化を示唆する根拠は認められないとしている。
 「彼等の肺と呼吸器を除いた全身からウイルスは検出されませんでした。もしウイルスが強毒で攻撃的なものであったなら、他臓器からも見つかるはずですが、特にそういうこともありませんでした」と香港大学微生物学の教授で本討論会のリーダーであるユエン・コクユン(Yuen Kwok-yung)は語った。ユエン教授によると「インフルエンザ感染が二人の死に直接関係しているかどうかについても確証することが出来ない」という。
 一方、討論会に参加しなかった科学者たちは、何らかの変異が起きていないかを確かめるために検出されたウイルスを分析する必要があるとしている。ウイルスの小さな変化が酷いインフルエンザの流行を招く恐れがあるからだ。
 「もしこれが変異株であるなら、今までに誰も感染しておらず免疫が構築されていないため、多くの人が病気になる」というのは香港大学ウイルス学者であるレオ・プーン(Leo Poon)氏である。
 水曜の夜、幼稚園(保育園)や小学校の閉鎖を公表した保健長官のヨーク・チョウ(York Chow)氏は、それは必要な行動であったとしている。「流行ピークの前であれ、もし二人の死因がインフルエンザに関連しているのであれば、我々はこれから予想される死者数を最低限に抑えれ為に策を講じなければならない」という。
 子を持つ親たち(一部では学校閉鎖以前から子供を休ませているが)の心配は計り知れない。「香港の多くの人々がこのようなウイルスを怖がっています。以前のように子供が少し咳き込んだり熱を出したりしていたのとは違います。どれくらい酷い流行になるかが分からないから、私はとても心配しています」と10歳の子供を持つクワンさん(Mrs. Kwan)はいいます。
 しかし、プーン氏はパニックになる必要はないとしています。「今年は例年に比べ、インフルエンザの罹患者が少し多いと思われます。しかし我々は数年に一度は少々酷いインフルエンザを体験しています。例年に比べて不自然であるとか、大きく異なっているとは思いません」と語った。


Don't panic, but flu closes schools Brisbane Times, Australia  (オーストラリア) 香港、学校は閉鎖するも、パニックに陥る必要はない

 香港で50万人以上の学童が昨日から家庭待機となった。政府が流行中のインフルエンザを封じ込めるために、今後2週間、全幼稚園と小学校を閉鎖したことによる。

 政府が要請した専門家チームによる、過去2週間における3人の死亡者(2,3,7歳)の分析が行われている。
 健康危機脅威は、H5N1鳥インフルに関連していないとされるが、12日夜に政府が学校閉鎖を決定したことは、4年前のSARSの記憶を市民に蘇らせている。
 保健省のヨーク・チョウ長官は、今年度低年齢層の子供達の感染率が高いことから、学校と幼稚園の閉鎖に踏み切ったと語っている。
 「我々の主たる関心は、低年齢の子供達の感染だ。今年度の低年齢層の子供達のインフルエンザ感染率は高いようだ」、と長官は語った。
 「続いて致死率も気になっている。流行がピークになる前に2名の死亡が発生していたことが確認されたなら、これからの数週間(ピークが続く)、患者数を減少させる対策が必要となる」。

Massive school closures as flu hits Hong Kong CTV.ca, Canada (カナダ) 香港でインフルエンザ大流行、多数の学校が閉鎖
 香港で、50万人以上の小学生と幼稚園児が2週間、インフルエンザ拡大防止のために自宅待機(学校閉鎖)となった。
 学校の閉鎖は、先週3人の子供達が死亡したことから13日から開始された。3人の死亡はウイルスによるものと考えられている。
 香港の代表的研究者達が現在、死亡した3人(7歳少年、2歳と3歳の女児)の死亡原因間に何らかの関係があるのか調査している。
 香港保健庁(Hong Kong's Centre for Health Protection)のトーマス・ツアング長官は、3人のうち2人はインフルエンザウイルスに罹患していたことが確認された、と語った。
 しかしWHOの報道官のグレゴリー・ハートル氏は、3人の死の原因は直接インフルエンザに関連していない、そして2人は他の疾患を保有していた、と語った。彼によると、11日に死亡した7歳少年は脳炎により死亡したとされる。
 それにも関わらず、保健省長官のヨーク・チョウ氏は12日遅くに学校閉鎖を命じた。理由は200人以上に感染しているインフルエンザを封じ込めるためとされる。
 「子供達が学校にいる限り、彼等を安静にさせておくことは難しく、また感染を防ぐために、相互に接触することを防止することも不可能だ。彼等は教師の命令を聞かないだろうし、またマスク着用や手洗いも遵守しないだろう」、と長官は語った。
 「我々はこの予防的措置が、ウイルスを街中に拡大させる予防効果をもつことを願う」、と長官は付け加えた。
 また休校の間、学校は消毒される予定となっている。 
Whole new flu vaccine needed next year Canada.com, Canada  WHO:来年度のインフルエンザワクチンは、ウイルスが変異しているため完全に新規更新の必要がある
 世界的に発生している一般的インフルエンザウイルスは3種類であるが、それらが大きく変化してきていることから、来年度のインフルエンザワクチンは更新される必要があると、WHOは勧奨した。
 米国ではインフルエンザは適切が対策がとられているが、CDCは、ウイルスが明らかに変異してきていて、ワクチンの効果が下がっていると発表している。
 WHOによると類似の報告が各国から上がってきていて、来年度のワクチンは完全に新しいものに変える必要性があると考えられている。
 WHOは次年度のワクチンに使用するウイルス株の選定に関し、ワクチンメーカーや、それを購入する各国に対するアドバイスを開始する。

香港でインフルエンザ猛威、4児死亡 全面休校 朝日新聞 
 
3月13日


Hong Kong shuts schools amid flu outbreak  Reuters  (国際) 香港、インフルエンザ流行のために学校の閉鎖に
 基本的にAPと類似の内容
HK Flu Virus Not Deadlier Than Most The Associated Press  (国際) 香港で流行中のインフルエンザウイルスは、従来のウイルス以上に致死的とは考えられない:専門家チーム発表
 AP  全米ニュース
 13日、香港の代表的ウイルス学者が、50万人に上る小学生と幼稚園児を自宅待機(休校および休園)とした、現在流行中のインフルエンザは、従来のインフルエンザウイルス以上に致死的とは言えないと談話を発表した。
 ユエン・クオク-ユング博士を責任者とする専門家委員会が、死亡したインフルエンザ患者である7歳少年と3歳女児について検討した結果、インフルエンザウイルスは肺以外へは感染拡大しておらず、ウイルスが例外的に毒性が高いことは示唆されていないと発表した。
 「もし、より毒性が高いのなら、我々は(肺以外の)他の臓器でもウイルスを見いだすことが出来るはずだ」、とユエン博士は4時間に亘る専門家会議の後に記者会見で語った。
 13日早くに、WHOが同じように、香港の状況には、季節性インフルエンザ流行以上の兆候は見られないと発表している。
Hong Kong faces anger, worries over flu handling AFP  (国際) 香港、インフルエンザ警戒情報に関して苦言を呈す

Schools in Hong Kong close over mysterious flu outbreak RIA Novosti, Russia  (ロシア) 香港で正体不明インフルエンザ発生で学校閉鎖
Flu outbreak shuts Hong Kong schools for two weeks Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) インフルエンザ流行で香港で多数の学校閉鎖

Scientists Simulate Pandemic Influenza Outbreak In Chicago, Make Recommendations ScienceDaily (米国) 科学者らが提言。シカゴでのインフルエンザ・パンデミックの発生をシミュレーション

Y.Takei訳
 バージニア工科大学ネットワーク力学シミュレーション科学実験室(NDSSL)のバージニアバイオインフォマティクス研究所(VBI)の研究者らを含む国際調査団が、インフルエンザ・パンデミックが発生した場合、シカゴと同等規模の街でどのように感染が広がっていくのかをコンピューターでモデルケースを作成し、シミュレーションを行った。これは、インフルエンザの感染拡大の可能性を低くするために、人々が何をすべきかを含め、インフルエンザ・パンデミックの封じ込めのための対応策の優先順位の決定に役立った。
 3つの異なるコンピューターのシミュレーションモデルを用いて出された最新の結果は、感染症病原体モデル研究室(MIDS)の科学者らによって、National Academy of Sciencesの誌上で述べられている。MIDSは調査と情報学の団体であり、国立衛生研究所の支援を受けている。そこでは、病原体と宿主との相互作用、疾病の広がり、予測システム、そして対応策を分析するためのコンピューターシミュレーションモデルを開発している。
 家禽内での鳥インフルエンザの世界的まん延(同時に人に毒性の型を持つ鳥インフルエンザが人に伝染する危険性)のため、米国、欧州や他の国々においてインフルエンザ・パンデミック対策が公衆衛生の最重要課題になっている。1918年のグレートインフルエンザ・パンデミックでは、世界全体で4000万~5000万の死者をだした。今日、パンデミックが発生した場合、世界中で社会的・経済的混乱が引き起こされるであろう。
 「米国におけるインフルエンザ・パンデミックの段階的封じ込めのモデル」の紙面で、MIDASのインフルエンザ・パンデミックのシミュレーション作成チームは、感染源の家族に抗ウイルス薬を適切な時期に投与し、そして個々の接触を減少させることで、ワクチン接種までの疾病の蔓延を大幅に低下させることができると予測した。
 860万人が居住するシカゴと同規模の街で、パンデミックが発生した時に用いる対策案の効果を調べるために、ひとつひとつのシュミレーションモデルを開発することにチームは取り組んだ。使用された対策案は、・抗ウイルス薬による治療と特定された患者と家族の隔離、・疾病予防計画そして家族の隔離、・学校の閉鎖、・職場や地域での接触の減少である。同じ人口を使用しても、各々のモデルケースは対策案の組み合わせによってそれぞれ状況が異なる。すべてのモデルケースで、タイミング良く早期に家族単位で抗ウイルス剤を投与し、接触を最小限にとどめ、そして重要因子である学校閉鎖が行われる、といった対応策の組み合わせることで、疾病の蔓延の減少に大きな役割を果たすと示唆した。
「VBIのコンピューターシミュレーションモデルは、都会という環境の中で、社会的接触を細かく予測したものを元に作られました。」とVBIチームをシミュレーション作成チームに導いたVBI教授でありNDSSL副所長のStephen Eubank氏は語った。「そのモデルケースは、学校閉鎖や職場閉鎖といった薬剤を使用しない対応をした場合は、どのように社会の構成形態が変化するかといったようなことを、現実的な状況として示してくれます。例えば、学校が閉鎖されれば、年少の生徒たちは保護者の世話が必要となる。ということは、共働きの両親が家に居れば、社会の構成形態が崩壊するかもしれないし、もしくはその子どもたちが託児所に預けられたら、学校閉鎖は無意味になるかもしれない。この様々なシナリオの中で、これらのことを考慮し、私達は最良の対応を組み合わせる案を使用することができます。」
 VBIの局長で科学本部長である、Bruno Sobral 氏は語る「私達がVBIで研究している方法は、学術的科学が基盤になっています。学術的科学は、研究課題に取り組む本当に初期の段階で独特のチームワークが必要とされるのです。この国際的な調査計画を支える非常に綿密なソーシャルネットワークのシミュレーションは、専門分野の境界線を取り除き、そして新しい方法を推進させた学術的科学から生まれました。科学に対するこのようなアプローチは結果として、高性能のコンピューターと疾病モデルそして公衆衛生の実践という分野での多様な専門家たちの間の素晴らしい橋渡し役も担い、この調査への取り組みは成功したのです。」
 適切な時期に対処することで、人々のインフルエンザの広がりを非常に遅くさせることができる。そのことは、この三つの異なるモデルケースを使用したこの研究で明らかになったが、その一方で、研究者らはシミュレーションの結果を過大解釈しないようにと警告する。また、このシミュレーションは完全な予知をするものではなくて、助言を与える手段にすぎないと強調する。インフルエンザ・パンデミックが将来発生した時に、即時応答で調査を行い分析が行えるような能力、これを地域社会の公衆衛生と政策立案者にできれば利用してもらいたい。
 「最良の有効データと優良のコンピューターで構築されたこれらのシミュレーションは、どのようにパンデミックが広がり、またどのような手段が人々の健康を守ってくれるのか、ということを私達に理解させるという点においては非常に優れています。」とNIHの米国立医科学研究所所長でこのMIDASプログラムを支援したJermy M.Berg博士は言う。「けれども、データや道具だけで私達はシミュレーションをしているのではありません。というのは、現地調査や実験研究も非常に重要な意味を持ちますし、データの質や信頼性をより高めるのです。」

Now poultry deaths in Malda Kolkata Newsline, India(インド) 西ベンガルのマルダで家きんが死亡
 マルダの農家で放し飼いにしている家きんの間で鳥インフルが発生。
Boy, 7, is third victim in two weeks Electric New Paper, Singapore (シンガポール) 香港、7歳の少年、この2週間で3人目の死者に

 7歳少年の最初の病状は、決して警戒すべき状況を呈するとは思われなかった。
 しかし昨日、ロ・ホミング君がインフルエンザ様症状で香港市内における3人目の死者となった。わずか2週間以内でそれは起きた。
 ホミング君は病院に先週木曜日(6日)に、1週間続く咳と2日間の38.7℃の発熱で病院へ入院した。
 しかしながら少年は観察後に退院した(South China Morning Post (SCMP).による)。
 しかしながら8日、少年は四肢の痛みと意識混濁で病院へ再入院した。
 少年の病状は10日には悪化し、11日午後に死亡した。
 
香港市内における不安

 少年の死は両親にとって大きな悲しみとなったが、同時に最近似た症状で死亡している他の2人の子供の事例と合わせて、香港市内で大きな不安感が高まっている。
 保健局では、インフルエンザ様患者の数は香港市内で増加していると発表した。
 インフルエンザの流行は最近ピークに達してきており、公共病院の外来ではインフルエンザ疑い患者が以前よりも15%程度増加しているとされる。
 また1997年に18人が発病し、6人が死亡した鳥インフルの危険性も可能性として存在している。
 広東省の呼吸器疾患研究センターの責任者であるゾング・ナンシャン博士は、鳥インフルウイルスが変異している可能性を警告している。

 しかしながら、最近の子供達の新規インフルエンザウイルスに罹患しているように思える状況は、現実的な大きな不安感となっている。

 
10日、いくつかの学校で51人が発病していることが報告された。 
 地方のメディアによると、ホミング君のいた学校で、17人の少年と11人の少女が2月から3月7日までの間に発病している。
 当局によると同校は2週間閉鎖され、さらなる調査が行われる予定になっている。
 なおホミング君の検査ではインフルエンザは確認出来ていない。
 保健局では同君の死因は脳炎によるものと推定しているが、それは正式発表となってはいない。

Hong Kong Schools Shut Amid Flu Outbreak Auburn Citizen, NY  (米国) 香港の学校インフルエンザ流行のために閉鎖に
AP内容

Flu deaths probed, schools shut Shanghai Daily, China (中国) 香港、インフル死亡小児の原因調査、および全幼稚園と小学校が閉鎖

          
 香港保健省は指導的研究者の1人に、インフルエンザ大流行の最中の先週、死亡した3人の子供達の死因の調査を昨日依頼したことを明らかにした。
 長官のヨーク・チョウ氏は、4年前にSARSが流行した際に活躍した香港大学のウイルス学者であるユエン・クオク-ユング教授に、死亡した3人の子供達の死因の調査を依頼した。
 チョウ氏は記者団に、死亡した3人が相互に関連性があるのか不明であるが、11日に死亡した7歳少年に大きな関心を抱いていると話している。理由は、5人のクラスメートが入院しているからである。
 少年の死亡原因は特定されていない。当局者はクラスメートの何人かがインフルエンザに罹患していると考えられたため、今週早期から休校とした、と説明している。
 入院しているクラスメート5人の状態は安定しているとされる。

 
Hong Kong closes all kindergartens, primary schools mid flu outbreak 940 News, Canada -  (カナダ) 香港、インフルエンザ大流行のために全幼稚園と小学校を閉鎖に
AP

 香港政府は全幼稚園と小学校にインフルエンザ流行のために2週間の閉鎖を指示した。50万人以上の生徒達がいる
 また政府は代表的研究者の1人に最近死亡した3人の子供達の死因について調査するように頼んだ。

 教育庁(Education Bureau)は全幼稚園と全小学校、そして特殊学校をインフルエンザ流行のために2週間閉鎖することを決定し、そのように指示した。
 対象となる学校は1745校で、55万9019人(2006~2007年学期シーズン)の児童数が対象となる。
 保健省のヨーク・チョウ長官はインフルエンザ流行は拡大しているので、早めにイースター休暇を開始して流行を終息させたい、と説明している。
 「我々はこのインフルエンザ流行のピークが2~3週間続くと考えている」、と長官は12日夜の記者会見で語った。
 その日早くに長官は、香港大学のウイルス学専門家であり、SARS流行の際に研究面で指導的役割を果たしたユエン・クオク-ユング教授をリーダーとする専門家チームが結成され、最近死亡した3人の子供の死因の調査をすると、発表している。
 SARSでは香港で1755人が発病し、299人が死亡している。
 死亡した3人の子供達が相互に関係があるのか不明であるが、最近11日に死亡した7歳少年に関しては、特に注意が払われているが、理由は死亡した子供のクラスメート5人が入院しているからである。
 少年の死因に関してはいまだ不明とされる。
 当局では死亡した少年のクラスメートの何人かはインフルエンザに罹患していると考えられ、そのために政府は今週初めに同校を閉鎖とした。
 いまだ入院している5人の状態は安定していると説明されている。
 先週死亡した2歳と3歳の女児に関しての死因は不明なままである。
 これらの死は、香港市内でこの数日間にインフルエンザが大流行し始めた最中に発生した。
 保健当局では、学校、病院、高齢者施設で3月6日以来6件の流行を確認している。
 インフルエンザ流行は、いくつかの病院を混乱させているが、急患室を訪れる患者数が先月よりも16%増えているという。
 鳥インフルを疑わせる患者は報告されていない。
3月12日
 

Hong Kong asks top scientist to study child deaths Frontline, India (インド) 香港保健省、インフルエンザ様症状で死亡の小児の死亡原因調査を代表的研究者に依頼
 香港保健省は、インフルエンザ流行のの最中に、最近死亡している3人の小児の死亡原因に関して、香港の代表的科学者に調査を依頼した。

 保健省の報道官によると、4年前のSARS流行時に研究に参加した研究者を、調査チームの責任者に任命したとされる。
 保健省長官のヨーク・チョウ氏は記者団に、3人の子供達の死が互いに関係あるかどうかは不明だが、最も最近、11日に死亡した7歳少年に関して特に関心を抱いていると語った。理由は死亡した少年のクラスメイト5人が、入院していることによる。
 5人はいまだ入院しているが、状態は安定しているとチョウ長官は説明している。
 他の2名の死因についても不明とされる。
 香港では過去数日間にインフルエンザの流行が起きているが、その中で子供の死が発生している。
 保健当局によると、3月6日以来、学校、病院および高齢者施設で6件のインフルエンザ流行が起きている。
Hong Kong considers closing all schools as flu outbreak worsens Earthtimes, UK  (英国) 香港、インフルエンザ流行悪化のため、全学校の閉鎖を考慮


Fears over Hong Kong flu deaths BBC News, UK  (英国) 香港でのインフルエンザ死亡に関して不安感が高まる

 香港で原因不明のインフルエンザ様感染症が発生し、学校が閉鎖された。

 30人以上の生徒がインフルエンザ様症状を呈し、1人が11日に死亡した。
 さらに他に2人の子供達が、やはりインフルエンザ様症状で最近死亡している。
 専門家チームが、これら感染症が鳥インフルかSARSの疑いがあるのか調査中である。

非常に心配すべき状況

 7歳のロー・ホーミン少年が発熱とインフルエンザ様症状を呈し、意識混濁状態で先週末に入院した。
 少年は11日に、重篤な脳炎と脳浮腫で死亡した。
 (少年の通学していた)ホヤト・ツン(Ho Yat Tung)小学校では、5人の生徒が入院して、30人以上がインフルエンザ様症状を呈している。
 行政府の医療政務官達は、「非常に心配な状況である」と語り、学校を10日間休校とした、
 学校の閉鎖は、300人が死亡したSARS以来初めてである。
 関心は最近死亡している他の2人の子供達にも向けられている。
 2月に2歳の男児が死亡し、3月1日には3歳の女児が死亡し、鳥インフルウイルスの変異株による可能性がもたれた。
 政府の調査によると、他の25の学校、1病院の病棟、および障がい者施設ではインフルエンザが流行しているという。
 政府は香港大学の微生物学者をトップとする専門家チームを編成し、疾患の詳細な把握に乗り出す。
 専門家は重大なインフルエンザ流行に発展することを心配する理由は今のところはないが、3人の子供達の死因については分からないと言っている。
Third child dies of 'flu' in Hong Kong  RIA Novosti, Russia  香港、インフルエンザによる3人目の小児死亡
 M.Yano訳による

SIANGAN(香港)、3月11日(ロシア通信社ノーボスチ)
香港で鳥インフルエンザの疑いで先週の後半に入院した7歳の少年が火曜日に死亡した、と全国のマスコミが報道した。

 死亡したロー・ホーミン少年は3月6日に入院するまでの2週間あまり、熱と持続的な咳が続いた。一時退院したものの、8日にはTuen Mun病院の救急外来に駆け込むことになった。少年は昏睡状態に陥り、後に脳浮腫と診断されが、解剖結果ではインフルエンザは陰性であるとされた。
 以前にも香港の病院に入院した小児の2人が類似の症状を示し入院後数時間で死亡しているため、香港当局は微生物学者チームを派遣し少年死亡の原因究明を指示した。
 また、ロー少年の学校では他にも38人の生徒がインフルエンザ様の症状を示したため、学校では春休みに1週先行し、閉鎖している。地域の保健所は、インフルエンザ罹患者の数は例年と変わらないとしているが、医療従事者は子供たちを危険にさらさない様にと、学校関係者に学校閉鎖を促した。
 全国のマスコミは、一部の医者たちが「3人の子供の死因は鳥インフルエンザである可能性を疑っている」としている。WHOの統計によると、今までに鳥インフルエンザでによって371が発症、235人が死亡している。香港では、鳥インフルエンザが最初に報告された1997年に18人の感染者と6人の死者を出している。
 致命的なH5N1型鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染は報告されていないものの、科学者たちはウイルスの突然変異によりヒト間の感染が容易になり、世界的大流行が起きるのではないかと危惧している。1918~1920年に大流行したスペイン・インフルエンザでは5千万~1億ものヒトが死亡しており、これは第一次世界大戦による犠牲者数より多い。最近ではインフルエンザは鳥から人間に飛び火したのではないかとされている。

Bird flu expert urges vigilance in China during flu season peak China Post, Taiwan  (台湾) 中国、鳥インフル専門家、ウイルスは変異している故、警戒強化が必要と

鼻に噴射、新ワクチン開発 新型インフルで厚労省研究班  朝日新聞

 本年2月16日に米国企業が同様の鼻腔スプレー方式の鳥インフルワクチンを開発し、臨床試験に入っている。下記にSのニュースを再掲する。訳者
 他に皮膚にパッチを貼る方式のワクチンも米国で開発中である。2月12日報道を参照。

Self Administered Avian Flu Vaccine Set for Trial Medgadget.com, CA  (米国) 自己接種型鼻腔スプレー方式鳥インフルワクチン臨床試験段階に
 デルサイト・バイオテクノロジー社の子会社であるカリングトン研究所は、初の無針、自己接種型鳥インフルワクチンの臨床試験を開始すると発表した。
 当ワクチンはデルサイト社が特許を持つジェルバック( GelVac)鼻腔投与用粉末を用いるが、その利点は多くある:
 ・接種が容易な無針方法、自己接種可能で、医療関係者の介助を必要としない。
 ・鼻腔接種なので、全身の免疫系刺激以外に、鼻腔粘膜の局所免疫も刺激する。
 ・保存剤が混入されてないので、そのための副作用が起きない
 ・現在のワクチンは冷蔵保存の必要性があるが、当ワクチンは室温保存が可能
 ・インフルエンザワクチンを用いた実験では3年間の保存が可能。

 本年1月に臨床第一相試験として、ジェルバク鼻腔パウダー(H5N1)インフルエンザ・ワクチンを用いて毒性試験が行われ、成功した。

 カリングトン研究所のプレスリリース



Bird flu expert urges vigilance in China  Scientific American (米国) 中国、鳥インフル専門家、ウイルスは変異している故、警戒強化が必要と
 基本的には下記と同内容。
 これらの情報は世界的ニュースである(日本を除いて)
Bird flu virus mutating, warns top China doc Times of India, India (インド) 鳥インフルウイルスは変異してきている、中国の指導的医師が警告

 中国を代表する医師の一人が、H5N1ウイルスが変異した兆候を示しており、もし十分な治療が早期に行われなければ容易に発病者が死亡するだろうと、11日に記者会見で語った。
 呼吸器疾患専門医のゾング・ナンシャン氏が北京で 季節性インフルエンザがピークに達する3月に、特に人に発生する鳥インフルエンザには警戒はさらに強化されるべきであると記者会見で語った。
 「鳥インフルエンザウイルスが周辺に存在しているとき、人のインフルエンザが発生してくると、鳥インフルエンザウイルスが人型ウイルスへ変異する絶好の機会となる。我々は3月に極めて警戒力を高め、厳重に注意する必要がある」、とのゾング氏の談話が”ミンパオ”紙に掲載された。
 「昨年と今年に発病した人々は貧しいため、早期に治療を受けることが出来なかった。もし今後高熱と肺炎を呈したなら、早急な治療を受けなければならない」、と同氏は付け加えている。
 H5N1鳥インフルウイルスは2003年以来世界でいまだ368人しか発病させていないが、その死亡率は異常に高く、234人が死亡している。専門家達は、ウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックを起こすようになることを危惧している。

 「鳥インフルウイルスは変異の兆候を示している。もし感染した人が適時に治療を受けなければ簡単に死亡するだろう」、とゾング氏は、中国年次人民総会の合間に香港の記者に語っている。
 今年度3人の中国人がH5N1鳥インフルで死亡している。彼等は、多分、発病した家きんを通して感染したと考えられている。WHOではこれら3事例において、人人感染が生じたとする根拠がないとしている。

 南部中国に隣接する香港では、現在季節性インフルエンザがピークに向かっている。多くの学校で集団発生が報告されている。
 3歳女児が先週H3N2インフルエンザ(香港型インフルエンザ)で死亡し、当局では学童の体温チェックと、体調不良の学童の自宅療養を指示した。
 先週インフルエンザ様症状で入院した7歳少年が、11日昼頃死亡した。
 当局では死因を調査中であるという。

 訳者注:季節性インフルエンザ(H3N2)による学童の死亡は、急性脳症によるものと考えられる。香港当局が心配しているのは、香港市内で野鳥からH5N1鳥インフルエンザウイルスが見つかっており、それらウイルスとH3N2ウイルスが人に同時感染して、遺伝子の交雑が生じて、ウイルスが人に感染しやすく、かつ高毒性に変わることである。そうした意味では現在流行しているH3N2インフルエンザの流行阻止と、早い段階での薬剤治療が必要であると、医学的に考えられる。

BANGLADESH: Poultry industry losses mount as bird flu spreads  Reuters AlertNet, UK (英国) バングラデシュの家きん産業界、鳥インフル拡大により多額の損失
 農場や市場でのバイオセキュリティーの強化や、テレビ、そして新聞などでの啓発にも関わらず、鳥インフルはバングラデシュで拡大し続けている。
 国の64地区(県?)のうち47地区で現在家きんにおける鳥インフルが発生している。この10日間、各地区における感染地域の拡大と感染農場数の増加が続いている。
 これまで、鳥インフルは7億4600万ドルの損失を同国の家きん産業界にもたらしている。現在、毎月1億2000万ドルの損失が続いている。そのようにバングラデシュの世界家きん科学協会(WPSA)のバングラデシュ委員長のモシウル・ラーマン氏が、今月初めに開かれた記者会見で語った。
 同国で消費する家きんの肉が半数以下に減少していると説明された。
 …以下続く。
3月11日


India conducts night raids to contain bird flu Reuters UK, UK (英国) インド、鳥インフル封じ込めのため、家きん農家を夜間に急襲
 西ベンガル州ムルシダバード県で再興した鳥インフルを封じ込めるため、当局は発生地の家きん農家を夜に急襲し、放し飼いの鶏やアヒルを捕獲して処分する。
 農民達の中には放し飼いの家きんを殺処分されるのを拒否し、隠してしまう農民も多い。昼間は放し飼いし、夜間は家の中に隠すため、当局は夜襲し、家きんを捕獲するという。
Bird flu kills four civets in Vietnam national park  Reuters (国際) ベトナムの国立公園で、4匹のジャコウネコが鳥インフルで死亡
 Cuc Phuong 公園で先月早くに4匹のジャコウネコが死亡し、検査の結果H5N1鳥インフルウイルスが検出された。ジャコウネコは豚肉、虫、果物は食べるが、家きんは食べない。
 2006年にも同じ檻の中のジャコウネコ3匹が死亡し、後でH5N1鳥インフルによるものと確認されている。
Bird flu shows signs of mutation: China expert National Post, Canada  (カナダ) 鳥インフル、変異の兆候を示す-中国の専門家談
Bird flu shows signs of mutation - China expert Reuters (国際) 鳥インフル、変異の兆候を示す-中国の専門家談
 3月10日に日中経済通信に邦語で掲載された内容と同じ。

 H5N1鳥インフルウイルスは既に変異しており、十分な警戒が必要と、中国の専門家が記者発表。特に3月に、人のインフルエンザがピークになるが、そのときにH5N1鳥インフルウイルスと人インフルウイルスの遺伝子がミックス(交雑)を起こす可能性を警告。
H5N1 infects another Egyptian boy  CIDRAP (米国) エジプトの少年、H5N1の新たな感染者

下記はM.Yano訳による。当事例は9日にロイターにより報道されている。
 エジプトの保健省は8歳の男児がH5N1型鳥インフルエンザ様の疾患で入院したと発表し、これはエジプトでの小児感染としては2例目となった。

 ロイター通信では2日前に、少年はカイロより53マイル南に位置したFayoum governorate出身で熱、呼吸困難、肺炎などの症状のため入院したと、報道している。この少年の検体がWHOにより確認されれば、エジプトでの47人目の感染者となる。
 保健省のスポークスマンであるアブドル・ラーマン・シャヒーン氏によると少年はカイロ病院に移送され、タミフルによる処置を受けているという(ロイター通信)。
 また、同Fayoum governorate出身の25歳の女性が今月H5N1型鳥インフルエンザで死亡しているが(3月4日WHOレポート)。正確な死亡日時の記載は無かったものの、保健省職員は少年と死亡した女性との間に繋がりは無いとしている。
 報道では少年がH5N1型に罹ったと思われる感染経路については記載していない。エジプトでの鳥インフルエンザ罹患者の殆どは普段から家畜の世話をする女性と少女であった。しかし、過去(前回と今回)2例の感染では少年が罹患している。
 この2週間でエジプトでは4件のH5N1型インフルエンザの罹患者が報告されている。その内の一人は死亡した25歳の女性で、残り3人は子供である。
 統合地域情報ネットワーク(IRIN-国際連合人道問題調整事務所 (OCHA) の内、紛争・災害情報等の普及を目的とした報道部門)の今日のレポートによると、国際連合食糧農業機関(FAO)の近況レポートは、エジプトのH5N1型ウイルスの拡大は、エジプトの巨大かつ流動が早い鶏肉のサプライ・チェーンに関係している(このため生物保全のレベルは低い)としている。
 IRINは、カモはH5N1型ウイルスの拡大を助長していることにも触れ、最近のアウトブレイクは屋根や裏庭で飼育されているカモや鶏と産業家禽施設との間に密接な関りがあることは明らかであるとしている。
 エジプトの鳥インフルエンザ委員会の職員であるアブドル-ナセル・アブドル-ガファーはIRINに対して、エジプトでは鳥を都市部で育てることを禁じているが、全ての人々が受容しているわけではないと伝えた。 都市部では、屋上で飼育されている鳥は比較的に隔離されているが、農村部では人々と鶏は、しばしば同じスペースに住んでいると言う。
 「人々の慣習を変えることは簡単ではありません」とアブドル-ガファーは話し、「中には鳥インフルエンザの危険性について信じない人もいます。そして何かが彼らに起きるまで信じないでしょう」とIRINに伝えた。

‘100 per cent culling wasn’t achieved in affected areas’ Kolkata Newsline, India  (インド) 西ベンガル州、感染地域での100%殺処分は困難
 ムルシナバードでの殺処分が100%の家きんに対して行うことは不可能であるとの、当局者の見解。すなわちウイルスを完全に封じ込めるのは難しい。

 訳者注:インドネシアでは完全にウイルスは国内にはびこってしまっている。常に家きんにおける鳥インフルは発生している状態。インドでもそのような状況に近くなる可能性が高い。
 バングラデシュでは国内の大半にウイルスが広がっている。しかし人での感染者は出ていないという。

Culling starts in Murshidabad Times of India, India  (インド) ムルシダバードで殺処分が開始

Smuggled chicken to blame for return of bird flu? Times of India, India  (インド) 
 西ベンガル州の鳥インフル非発生地から発生地への鶏の不正販売が、西ベンガル州における高病原性H5N1鳥インフルの再興の原因と考えられると、当局がコメントを出した。
 同州の鳥インフル管理封じ込めプロトコールでは、鳥インフル発生地域では少なくとも3ヶ月間は、家きんの再飼育は禁じられている。
 しかしながら、2週間前に西ベンガル州を調査して回ったチームによる報告では、同州で1月に最初に鳥インフルが発生したビルブームとムルシダバードで家きんの売買が行われていることが報告されていた。
India To Cull 50000 Birds Amid New Avian Flu Outbreak  AHN  (国際) インド、新規鳥インフル発生のために5万羽の家きんを殺処分に
 西ベンガル州で発生した新規鳥インフルを封じ込めるために、保健当局者達による家きんの殺処分が10日開始されたことが、当局者から発表された。州の当局者達は、感染した二箇所の地域で5万羽近い家きんを殺処分する予定になっている。
3月10日

Japan to make vaccines for multiple strains of flu Reuters  (国際) 日本で多数のインフルエンザウイルス株に対応出来るワクチンが開発段階に
 日本の研究者チームが、多数のインフルエンザウイルス株に有効なワクチン作成を可能にすると考えられる物質を開発した。ウイルスには致死的H5N1鳥インフルウイルスも含まれる。日本国立感染症研究所が10日発表した。
 この様な物質の開発は、毎年、変異するインフルエンザウイルスに適合するワクチンを作成する必要が将来なくなることを示唆している。
 研究者チームは、インフルエンザウイルスから得られたペプチド(様々なアミノ酸がつながってできた分子系統群)をリポソーム(脂質の膜でできた単なる容器でその内部に水相が閉じこめられている)と結合させ、それを生体に投与すると、多数のインフルエンザウイルス株(例えば、H3N2、H1N1、H5N1)に感染した細胞が破壊されることを見いだした。
 *訳者注:インフルエンザウイルス由来の各株に共通のペプチドが、生体内でウイルス感染細胞に対する細胞性免疫を誘導する。インフルエンザウイルス感染細胞表面には、各ウイルス株に共通する抗原(上記ペプチドを含んだ)が出現しているため、それら抗原を認識した細胞性免疫により(γグロブリン等の液性抗体ではなく、リンパ球系統)破壊される。詳細説明は下方にも。

 伝統的インフルエンザワクチンは、生体内でインフルエンザウイルスに対して反応する抗体を産生させる。しかしながらウイルスの表面(蛋白)は頻繁に変化するため、毎年(それに応じて)異なるワクチンを作成しなければならない。
 国立感染症研究所と化学物質メーカーのNOF Corpおよび2箇所の日本の大学が見いだした、”ペプチドが細胞性免疫を惹起する”であろうとの研究結果は、先月、日本の国立がんセンターで発表された。

 研究の一部分は2006年の”Journal of Immunology”に発表されている。
 この発見は、エイズや腫瘍等の他の疾患の治療薬開発にも応用出来る可能性があることを、主任研究者の内田氏が語っている。
 研究室ではマウスを用いた実験が行われているが、次の段階は万能型インフルエンザワクチンを作成することであるが、その為には人への安全性が確認されなければならない、と同氏は語っている。
 「臨床使用が可能なワクチンを完成させるには通常5年要する。しかし鳥インフル対策が緊急の課題なので、我々は可能な限り早期にこの万能型インフルエンザワクチンを完成させたい」、と内田氏は語った。
 研究に用いたリポソームはNOF Corpの開発したものであるが、株価が20.8%上がった。

通常のワクチン
 標的とするウイルスを死滅させたり、その表面蛋白を分離してワクチンとする。ワクチンを投与された生体内では、当該ウイルスに対する液性抗体(γグロブリン)が産生され、それが侵入ウイルスを破壊する。

ペプチド・ワクチン
 インフルエンザウイルス内から分離したペプチドを特殊なリポソーム(脂質の膜で構成された微小粒子)と結合させたワクチン。ペプチドは各インフルエンザウイルスに共通したものを使用。これを投与された生体は、インフルエンザウイルスが感染した細胞を破壊する細胞性免疫が誘導され、その細胞性抗体により、ウイルス感染細胞が破壊される。

 *訳者:この分野は素人ですから、解釈が間違っていたなら、ごめなさい。その際はメールでご指導願います。はっきりいって難しいですね。取材した記者さんも、すごく難しかったと思いますが、さすがロイターですね。と思っていましたが、知らないうちに上記リンク先のタイトルと内容が変更されていました。内容は半分になってしまいましたが、やはり難しいため、はしょったのかも知れません。ここに訳している内容は、以前の長い内容です。

Bangladesh's bird flu-suspect farm owner safe from danger Xinhua, China  (中国、新華社) バングラデシュの鳥インフル疑い農場主、検査で陰性と
 バングラデシュの西部、ラジシャヒ地区の鳥インフル疑い農場主と妻および息子は、検査の結果鳥インフル陰性と確認され、病院を退院した。
 咽頭や鼻腔からの分泌物でウイルス学的検査が疫学疾病管理研究所で行われたが、全て陰性だった。
全人代代表が鳥インフルエンザの人への大規模感染を警告 日中経済通信 
 全国人民大会代表で広州呼吸疾病研究所(呼研所)の所長である鐘南山氏はこのほど、鳥インフルエンザウイルスはすでに変異しており、人に感染し治療が遅ければ死亡に至るケースが増えていると発表した。また、鳥インフルエンザとSARS(重症急性呼吸器症候群)の予防が必要な「危険地域」における警戒態勢を強化し、ウイルス感染者の治療を適時行い、人への大規模感染防止の必要性を訴えた。
 また鐘代表は、SARS流行時に原因不明の肺炎に罹った患者が、治療費が払えないために医者にかかれず死亡したという事例を挙げた。昨年から今年にかけて鳥インフルエンザに感染した患者についても、大部分が治療の時期を逃しているという。汕頭で先ごろ発生した鳥インフルエンザ感染患者も、ウイルス感染後1週間経ってから入院し、治療の時期を逸したという。
 鐘代表は、鳥インフルエンザウイルスはすでに変異して対人感染が発生しており、現在はウイルス感染が頻発する前段階にあると説明した。現時点ではまだ人から人への感染は認められていないが、絶対的な警戒が必要であり、ウイルス感染者に対して早急に隔離治療を施し、初めて大規模感染を防ぐことができるという。

 訳者注:この記事のソースは確かめてないが、どれだけのインパクトを持つニュースであるかは不明。
Tamiflu alert The Standard, Hong Kong (香港) タミフル警報

 下記は、Y.Takei訳による
 インフルエンザを心配する患者たちが、医師に抗インフルエンザ薬、タミフルを処方するよう迫る。この行動が結果的には、致死性ウイルスであるH5N1型鳥インフルエンザウイルスの危険性を高める可能性があるのだ。
  H5N1型ウイルスに対して最強の武器である、タミフルの乱用。そのことが鳥インフルエンザ発生時に、タミフルが効かないという結果をもたらすであろうと、昨日3人の香港の専門家たちが警告した。

 中国大学微生物学Paul Chan Kay-sheung教授、呼吸器科長David Hui Shu- cheong氏、そして小児科のEllis Hon Kam-lun教授である。彼らは、患者たちの、居住地域で鳥インフルエンザが発生するのでは、という不安が高じ、医師たちは不必要なタミフルを処方するよう迫られているのではないかと危惧している。
 また、特に市街がパニックに陥った場合は、悪徳薬局が医師の処方箋なしで抗インフルエンザ薬を販売することは十分にありえることだと警告した。
 それら専門家たちの心配は、先月健康保護センターがすべての医師宛に通達した手紙で裏付けられた。香港で初めて通常のインフルエンザ株、A型インフルエンザ(H1N1)に対してタミフルが効かないウイルスが検出されたのである。
 センターによると、欧州の季節性インフルエンザの調査報告で、この冬流行したA型(H1N1)ウイルスの中にオセルタミビル(商品名タミフル)耐性のウイルスがいくつか存在したことが判明した。 
 昨年、欧州から抽出されたH1N1型ウイルスの約13%に耐性ウイルスがみられたのである。
 香港の公衆衛生検査では、2006年と2007年の両年にタミフル耐性のインフルエンザウイルスは検出されなかった。しかし、今年の1月、62個のサンプル中5個にH1N1型耐性ウイルスが検出されている。 
 センターは状況を厳重に監視中だ。
 Chan氏によると、2006年までの彼の調査ではH3N2型(今年のもう一つの通常インフルエンザ型)にはタミフルに対してまだ耐性がないことが明らかになった。
 「しかし我々はこの現状に確信はもっていません。タミフルは非常に効果的なインフルエンザ薬であり、H5N1と戦うときの最終兵器でもあります。この有効性を損なってしまってはならないのです。」とChan氏は語った。
  アマタジン(古いインフルエンザ薬)の耐性率は、69%に達した。そのことは、タミフルの製造がインフルエンザ拡大防止への取り組みのたった一つの方法になってしまうことだとChan氏は指摘する。
 Hon氏は、3歳のHo Po-yiがH3N2型インフルエンザに罹患し死亡したことに衝撃を受けた親たちが、主治医や小児科医に抗インフルエンザ薬を自分の子どもに処方するよう迫っていることを危惧している。
 彼女の6歳の姉は、インフルエンザ様症状の病気にかかり、同じ型のインフルエンザ検査に陽性を示した。
 しかし、インフルエンザ様の症状を呈し、インフルエンザに罹患していない患者にタミフルを不適切に処方することで、薬剤耐性のリスクを上げると、Chan氏の同僚であるHui氏の194人のインフルエンザ様症状を呈した高齢者の研究で最近発表された。 
 その研究では、それら患者の病気は、主に細菌やインフルエンザ以外のウイルス性の感染よって引き起こされたものであることを示した。 
 「鼻水やくしゃみなどの軽度の症状を呈するインフルエンザ患者は、すでに持っている免疫があるので、通常、タミフルは必要ありません。もちろん、症状が持続するときは受診をすべきですけれども。」とHui氏は語る。

 
Fresh outbreak of bird flu in West Bengal Hindu, India  (インド) 西ベンガル州で新規鳥インフルが発生
 この数日、西ベンガル州のムルシダバードのいくつかの地域で鳥インフルが報告されだした。
 2~3週前には、西ベンガル州の半数以上に広がっていた地域で殺処分作業が終了したばかりであった。
 鶏の死亡は鶏の死亡は2区画から報告され、検査した検体では鳥インフル陽性であったと、州の動物資源省のアニスル・ラーマン長官が9日語った。
 大規模発生にはつながらないと同長官は語ったが、ウイルスを数週間以内に封じ込めるのは困難であると付け加えている。
Scare spreads with bird deaths Calcutta Telegraph, India  (インド) インド、家きんの大量死亡で鳥インフルの脅威が広がる
 インドの西ジャカルタで、ブルドワン(Burdwan)、ビルブーム、そしてナディアで本日多くの鶏の死亡が報告された。ムルシダバードの2区画で鳥インフルが確認されて、まだ1日しか経っていない。
 6000羽近い鶏がブルドワンのバーター区画の4村で3月1日以来死亡している。
 2000羽以上の家きんがドブラジプール、ビルブーム、およびナディアのラナガートで死亡した。
 ボパールの高度セイキュリティー動物疾患研究所では、まだブルドワンとナディアからの検体でH5N1ウイルスを確認していない。
 州の動物資源省の当局者は、カルカタから170キロにあるバーターの鶏がラニクヘト病(鶏の感染症)で死亡したことが確認されていると、発表した。
 「我々はブルドワンとベルガチアの検体を調べた。しかしながら、我々はボパールからの結果を待っている」、とブルドワンの動物資源局の副長官が語った。
3月9日


Bird flu resurfaces in eastern India Reuters AlertNet, UK (国際) 東インドで鳥インフルが再興
 西ベンガル州で家きんの鳥インフルが再興したことが、当局から9日発表された。一ヶ月前には、当局がウイルスを封じ込めたと発表したばかりだ。
 西ベンガル州のムルシダバード県の2箇所の村で発生した。
 先に殺処分を逃れた放し飼いの家きんからウイルスが広がった可能性があると、州の家畜資源省長官が語った。
 9日遅くから家きんの殺処分が始まる。 当局では、拡声器で村人達に裏庭で飼育している家きんから離れて、殺処分に協力するように呼びかけている。
Farm owner in Bangladesh suspected to be sick with bird flu China Internet Information Center|, China (中国) バングラデシュの農場主が鳥インフル発病の疑い
 新華社配信

 バングラデシュの西ラジシャヒ(Rajshahi)地区の鳥インフル発生が疑われている農場の所有者が、最近病院に入院したことが9日、主要な英字報道である「Financial Express」で発表された。
 しかしながらラジシャヒ医科大学病院の医師団は、男性が鳥インフルに感染しているかどうかについては、まだ確認出来ていないと語っている。男性は医学的観察下にあり、血液検体がダッカに送られ検査中である。
 鳥インフル感染が疑われている男性は、42歳のアシラフ・ホッサインさんで、自宅の隣に家きん農場を所有している。
 アシラフ・ホッサインさんは医師達に、2月23日に彼の農場で鳥インフルが検出され、彼の所有する家きん600羽全てが市の公衆衛生局の監督下に殺処分された、と話している。
Bird flu resurfaces in West Bengal Times of India, India  (インド) 西ベンガル州で鳥インフルが再興
 西ベンガル州で鳥インフルが再興した。ボーパルの高度セキュリティー動物疾患研究所が7日夜にウイルスを確認した。発生地域はムルシダバード県の2地域(Raghunathganj とJiaganj )である。
 家畜局長官のクマール氏は、西ベンガル州で鳥インフルが放し飼いの家きんの間で発生以来、農民達は殺処分チームから自分達の飼育する家きんを隠す傾向にあった、と再発の理由について語っている。
 9日から、感染地域での殺処分作業を始めると語っている。
Egyptian boy confirmed with bird flu, 47th case Reuters (国際) エジプトの少年、鳥インフル感染が確認、同国で47人目の発病者に
 ファユム県の8歳少年が感染した鳥に接触後鳥インフルを発症し、2006年以来同国で47人目の発病者となったことが保健省から、8日に発表された。
 少年、アブデルハミド・エルサエド・ヨウスセフ、は高熱と呼吸困難、および肺の炎症で地域の病院に収容されたと、保健省の報道官が発表した。
 少年はその後、7日、カイロの病院へ移送され、タミフルによる治療を受けている。
 同県の エジプト人女性が先週鳥インフルで死亡しているが、今回発病の少年とは交流はなかったようだ。
3月8日

Dead bird found in HK tests positive for H5N1  Xinhua, China (中国) 香港で野鳥がH5N1ウイルス感染死
 先に香港のタイポカウ自然保護地区の管理センター近くで死亡していたシキチョウ (Oriental Magpie-Robin)が、H5N1鳥インフルで死亡したことが、一連の検査により確認されたと、農業水産環境庁(Agriculture, Fisheries and Conservation Department)が7日発表した。
 シキチョウは香港でよく見られる野鳥で、29日に死亡しているのが見つかった。
 昨年11月から香港では9羽の死亡した野鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されている。
 政府の報道官は、野鳥や生きた家きんとの接触は避けるべきで、接触した場合は十分手洗いをするようにコメントしている。

 *訳者注:
    香港の野鳥がH5N1鳥インフルに感染して死亡していることは、次の2点で注意が喚起される。
 ・野鳥がなぜH5N1鳥インフルで死亡するのか?
 ・明らかに本土広東省からウイルスが入ってきていると考えられるが、広東省でも野鳥がH5N1鳥インフルで死亡しているのか?


Hanoi reports bird flu outbreak Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) ハノイ、家きんにおける鳥インフル発生を報告
 ハノイ近郊の家きん農場でH5N1鳥インフルが発生。3700羽の家きんが殺処分に。
 現在、ベトナムの12省と自治市(こういう表現が正しいかどうか分かりません)のうち8地区で鳥インフルが発生していることになる。
Poultry farmer quarantined in Rajshahi The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、家きん農場主、鳥インフル疑いで隔離

 ラジシャシ医学大学に病院に、家きん農場主が。鳥インフルに感染した可能性のために入院隔離された。
 、ラジシャシのテロカーディア・パシチンパラ(Terokhadia Pashchimpara)に住むアシラフ・ホッサイン32歳が5日、多彩な鳥インフル様症状を呈したため病院へ入院した。採取された検体がダッカに送られた。
 「もし彼の検体が確認されたなら、バングラデシュで初の鳥インフル発病事例となるだろう」、と患者を治療している主治医が語った。
 2月23日に、患者の農場で鳥インフルに感染した500羽近い鶏が殺処分されている。

*訳者注
  これだけの情報では鳥インフル感染の可能性についてコメントは出来ない。通常、鳥インフルを発病した人の場合、症状に関して高熱と呼吸の問題(呼吸障害)と表現される。発熱と咽頭痛は通常のインフルエンザ。このように多彩な表情とされる場合は判断不能。ただし主治医が鳥インフルを疑っているから、もしかしたらH5N1鳥インフルかも知れない。
 もしH5N1鳥インフルがとしたなら、バングラデシュでの報告第一号になるが、さらに多数の患者が出ていることも示唆される。
 しかしながら集団発生の形態をとった発生が認められない限り、ウイルス変異により人人感染は起きている可能性は否定される。単に発病者が散見される場合は、単に感染予防対策が遅れていることを意味するだけである。
 問題は、どこまで情報が正しいのか、でもある。
 ロイター、AP、新華社の報道を待つ。
 
WHO warns against bird flu complacency  Daily Times, Pakistan  (パキスタン) WHO、パキスタンに鳥インフル警戒を高めることを要求
 WHOは7日、パキスタンに於ける鳥インフルの人への感染性の危険性はまだ高いから、独りよがりの解釈をせずに、鳥インフル予防対策の強化をさらに強化しなければならないと警告した。
 WHOパキスタンの人の鳥インフル調整官であるカーン博士は、メディアによるワークショップ「鳥インフル予防と管理からのメディアの退却」で、次のような講演を行った。
 人々は家きんが病的になったり、自分が体調不良を呈した場合は、すぐに保健当局に連絡しなければならない。
 予防対策に関して、カーン博士は、鳥インフルは第3フェーズに入っているため、人への感染がより発生しやすくなっている。このような状況下では、予防対策を定着させることだけが唯一の選択肢である。
 同博士は、野生動物と家きん動物、生肉と加熱された肉、病的鳥と健康的鳥、これは一緒にされてはならず、完全に分離されなければならないと強調した。
 十分な手洗いが鳥インフルに対する最も重要な予防対策となると説明した。
 現在の鳥インフルの死亡率は62%で、SARSよりも3倍高いと同博士は警告した。
 さらに同博士はパキスタンではいまだ人における発生の危険性は続いていると強調した。
Bird flu plane exercise goes without a hitch  Shanghai Daily, China  (上海、中国) 香港:鳥インフル患者発生航空機を想定して訓練
 政府機関と香港国際空港、航空会社の職員、300人以上による鳥インフルエンザ模擬訓練が昨日行われた。
 訓練は14関連機関が参加し、中国本土や海外からのオブザーバーも加わった。
 5時間の訓練は午後1時に始まった。
 キャッセー・パシフィック空港が56人の搭乗客と5人のクルーを乗せて国際空港に到着した。
 訓練の一部として、航空会社は鳥インフルを発症したと思われる病的患者が搭乗していることを報告した。
 航空機は隔離され機内の消毒が行われた。その間搭乗客とクルーは隔離下におかれた。
 空港危機管理センターが活動を開始した。病的搭乗客は、プリンス・マーガレット病院へ移送され隔離された。
 他の搭乗客とクルーは、予定された隔離地域へ運ばれ、さらなる健康状態の変化をモニターされる。
3月7日

Bird Flu Virus has Mutated into Form That's Deadly to Humans Natural News.com, AZ 米国) 鳥インフルウイルスは変異して人に感染しやすくなっている(2007年10月の報道と同じ)

 *2007年10月5日の報道のリミックス版でした。
 河岡義裕博士の昨年の研究発表です。H5N1鳥インフルウイルスの一部(ヨーロッパ&アフリカ)で小さな変異が起きていて、鳥の体温のような高温下でなく、人の上気道の温度でも増殖できるようになっている、という趣旨の研究です。

 鳥インフルは重大な変異を起こし、人に感染しやすくなっていることを明らかにした研究論文が医科学雑誌「PLoS Pathogens.」に掲載された。
 研究陣はマディソンのウイスコンシン大学マディソン校スタッフ達である。
 「我々はH5N1鳥インフルウイルスが、人の上気道で増殖出来ると思われる変異が起きていることを確認した」、と研究チームの責任者である、Yoshihiro Kawaoka(河岡義裕)氏が発表した。
 H5N1鳥インフルウイルスは、世界中で野鳥や家きんの間で感染を起こし、大量に死亡させている。
 この高病原性の鳥インフルは、公衆衛生専門家達にとって非常に警戒すべき感染症となっている。理由は過去においていくつものインフルエンザがが変異して、種を超えて人に感染するようになっているからである。
 2003年以来、329人がH5N1鳥インフルを発病し、201人が死亡している。大多数は、家きん農場などで感染した鳥との濃厚接触で感染している。
 鳥インフルエンザウイルスが、簡単に人に感染出来ない要因の一つに、ウイルスが増殖するための至適温度がある。
 鳥類の体温は41℃前後であり、H5N1鳥インフルウイルスが増殖するための適温となっている。一方人の鼻道や上気道の温度は、33℃前後である。これだけの温度差があると鳥インフルウイルスが人に感染して、人の体内で増殖することは不可能ですあり。

 今回の研究によると、H5N1鳥インフルウイルス株の中に変異して、低い温度でも増殖出来る株が誕生している。
 「アフリカやヨーロッパで発生している鳥インフルのウイルスは、人に感染しやすくなるウイルスの代表候補となっている」、と筆頭研究者のYoshihiro Kawaoka氏が説明している。しかし同時に彼は、ウイルスが人に脅威的になるには一つの変異だけでは十分ではないと、以下のように、研究結果を安易に結論づけないように注意を促している。
 「H5N1鳥インフルが人に感染しやすくなり、パンデミックウイルスとなるには、間違いなくさらに必要な変異が有り得る」。

 

15783 more fowls culled The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、15783羽の家きんがさらに殺処分
 この2日間で15783羽以上の鶏と、19402個の鶏卵が処分された。:Sylhet, Narayanganj, Munshiganj and Jessoreore
 今回の処分で、バングラデシュでは同国で鳥インフルが発生してからの13ヶ月で、鶏1,239,093羽と鶏卵1,548,015個が処分された。
 人での発生事例の報告はない。
Churches to receive disaster preparedness booklets Carthage Press, MO  (米国) 教会に災害対策ブックレットが配布
 ジャスパー郡パンデミック対策委員会は、パンデミック対策、情報、およびスペインインフルエンザ並のパンデミックが起きたときに教会が何をすべきか問い合わせるための電話番号を掲載して、ブックレットとCDを250地区を越える教会に送った。
3月6日

WHO Reports Another Bird Flu Case In Egypt AHN (国際) WHO、エジプトの新たな鳥インフル発病者を確認
 WHOはそのウエブサイトで、エジプトの11歳少年がH5N1鳥インフルに感染し、同国で46人目の発病者となったことを発表した。
 WHOによると、マヌフィア県に住む少年の検査結果は2月26日に、H5N1鳥インフルウイルス陽性であることが確認された。
MIT explains spread of 1918 flu pandemic PR-USA.net (press release), Bulgaria  (ブルガリア) MIT(マサチューセッツ工科大)研究チーム、スペインインフルエンザのパンデミック化を説明
 先に「Nature Biotechnology 」にインフルエンザウイルスのH基(ヘマグルチニン)が付着する細胞表面のリセプター上の糖鎖の構造により、人インフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルスが感染可能な種の違いが生じていることを明らかにしている。すなわち細胞表面のH基リセプターを構成する糖鎖(グリカン)の構造には2種類あり、人のインフルエンザウイルスに結合するリセプターの場合、α2-6結合しているが、鳥インフルエンザウイルスに結合するリセプターの場合、α2-3結合している。前者は人の上気道細胞にしかないが、後者は鳥の腸官等の細胞表面に主に存在している。しかしながら人の肺の奥にも、α2-3リセプターが少量あるから、大量の鳥インフルエンザウイルスウイルスを人が吸い込んだりすると発症する。
 しかしながら研究者達は、上記の従来の知識の他に、さらに下記の新事実を見いだした。すなわちα2-6には、形として傘型と円錐型の2種類あることである。α2-6構造で、かつ傘型の形のH基リセプターが、人のインフルエンザウイルスに結合できるというのである。α2-6構造でも円錐型のH基リセプターだと、人ウイルスは結合できない。1月7~8日に報道記事を掲載。要約は下方に掲載。

 今回の研究では、スペインインフルエンザウイルスと他のインフルエンザウイルスを比較し、スペインインフルエンザウイルスが、なぜあのように感染を拡大できたのかを明らかにした。2月18日発行の「 Proceedings of the National Academy of Sciences.」に研究論文が掲載。

要約:スペインインフルエンザウイルスH1N1は、α2-6リセプターへ結合できる様に変異し、さらに傘型構造のリセプターへ結合できるように2段の変異をしていた。
ウイルス特性 コード名 人上気道細胞リセプターへの結合性 人への毒性
スペインインフルエンザウイルスH1N1 SC18 人の上気道細胞のα2-6傘型のH基リセプターに強固に結合 強毒性 
SC18とアミノ酸が1個異なる NY18 人の上気道細胞α2-6傘型のH基リセプターに軽度に結合 軽度毒性
SC18とアミノ酸が2個異なる AV18 人の上気道細胞α2-6傘型のH基リセプターに結合せず 無毒性


 下記に先に発表されたMITの研究結果を簡単にまとめましたが、 当方はウイルス感染に関係する細胞膜HAリセプターに関しては、全くの素人なので、訳文や解釈に間違いがあるかも知れません。ご了承願います。 訳者

 H5N1鳥インフルウイルスのH基が結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=alpha 2-3(円錐形):主として鳥の細胞と人の肺の奥の細胞に存在。希にウイルスを大量に浴びて、肺の奥にウイルスが侵入した場合、感染する人がいる。
 通常の人インフルエンザが結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=長い、傘型alpha 2-6:主として人の上気道細胞に存在。alpha 2-6には他に短い円錐形のタイプもあり、それには人インフルエンザウイルスは結合できない。H5N1鳥インフルウイルスが希にそれに結合することもある

 H5N1鳥インフルウイルスが人人感染を生じるために必要な変異
  人の上気道細胞膜面に存在する”長い、傘型alpha 2-6”リセプターに結合出来る能力の獲得
 H5N1鳥インフルウイルスに対する有効なワクチン:
  上記のごとく変異したウイルスに対するワクチン。通常のH5N1鳥インフルウイルス(alpha 2-3リセプターにしか結合できない)に対するワクチンは効果が低いと考えられる。



FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO、鳥インフルのひと事例統計を更新
 WH0はエジプトの25歳女性のH5N1鳥インフルによる死亡を確認した。女性はカイロの南西にあるファヨム県に住んでいて2006年当初に同国にウイルスが現れて以来、同国で20人目の死者となった。世界では2003年以来370人の発病者が報告されていて、そのうち235人が死亡している。
 以下にその最新リストを掲載する。
 (死亡者数 発病者数)
AZERBAIJAN 5 8 CAMBODIA 7 7 CHINA 20 30 DJIBOUTI 0 1 EGYPT 20 45 INDONESIA 105 129 IRAQ 2 3 LAOS 2 2 MYANMAR 0 1 NIGERIA 1 1 PAKISTAN 1 1 THAILAND 17 25 TURKEY 4 12 VIETNAM 51 105 ------------------------------------------------- TOTAL 235 370

 *管理人(訳者)注:
  WHO統計は科学的に確実とされた例だけに限定されているので、報道機関で紹介された事例の中で落ちている例もあったり、また当ページでは報道機関が発表すると同時に、訳者が信頼性ある事例は即掲載しているが、それがWHOで掲載されるまでには若干の時間が要されているため、当ホームページで表している各国の発生者数、疑い者数、死亡者数等は、WHO報告と若干の異なりがある。
Bangladesh backyard poultry hit by bird flu Down to Earth (subscription), India  バングラデシュ、放し飼いの家きんで鳥インフル発生:人での発生は認められていない
 鳥インフルはバングラデシュ当局の懸命の対策にも関わらず、2月19日までにH5N1鳥インフルウイルスは64地区のうち43地区まで広がった。世界でも有数の大家きん農場は今、建設以来最大の危機が訪れている。
 これまで人での感染者はいないとされる・
 「感染した鳥の処分に携わる作業員には抗インフルエンザ薬を投与し、感染した家きんと濃厚接触した人々の健康状態は厳重に監視している」、と当局者は言っている。

Russian health experts say global bird flu threat is growing  RIA Novosti, Russia (ロシア) ロシアの保健専門家、パンデミックの危険性は迫っていると

 ロシアの保健専門家達は5日、各国がパンデミック・危機に適切に対処することに心配していることから、パンデミックの危険性は膨らんでいると警告した。

 「感染国、特にインドネシアやエジプトでの対策が効果を示さず、野鳥の間には常にH5N1鳥インフルウイルスが存在し、そして家きんの間で感染が繰り返されている……、それはウイルスの変異を起こすことに通じる」、とロシアの農業省のウオッチドッグ(監視部)である「ロッセルコズナゾル」のニコライブラソフ氏が語った。
 しかしながら当局者は、「ロシアではパニックになる理由はない」と、強調し、ロシアでは鳥インフル対策として必要なことは十分していると付け加えた。
 やや悲観的な憶測として、保健当局は、インフドネシアで人感染する変異株が出現した場合、ロシアはそれに対処出来るませ数ヶ月は要すると語った。
 「もこれらの変異ウイルスが侵入して国内に広がったなら、対処可能な時間は数日しかない」、とニコライブラソフ氏が語っている。
 

WHO says Egypt reports 46th case of bird flu Jerusalem Post, Israel  (イスラエル) WHO、エジプトが46人目の鳥インフル発病者を報告と
 エジプトは46人目の鳥インフル発病者を報告した。
 患者は11歳少年で、検査でH5N1鳥インフルウイルスが陽性であった。5日に国連が発表した。
 エジプトはアジア外でH5N1鳥インフルが家きんの間で最も発生している国である。
 エジプトは渡り鳥の主要な渡りルートに当たり、それら渡り鳥からウイルスが拡大されていると考えられている。
 *当事例は昨日のロイターでも伝えられていた。
3月5日

2008年3月5日 22:35:44


Indonesia says H5N1 samples show no signs of mutation Reuters  (国際) インドネシア、H5N1鳥インフルウイルスは変異の兆候はないと
 2月にWHOのH5N1鳥インフルウイルス検査機関である米国CDCに、インドネシアで分離されたH5N1鳥インフルウイルス12株が送られたが、分析の結果、ウイルスは変異していないことが確認された。インドネシア保健省の報道官が5日発表した。
 すなわち、ウイルスはいまだ鳥の間で感染するH5N1鳥インフルウイルスで、希に鳥から人へ感染する状態が続いていることが確認されたことを意味する。
Bird flu wards equipped but empty Calcutta Telegraph, India  (インド) インド、ジャルカンド州、鳥インフル専用病棟は準備されているが、患者はいない
 隔離病棟と感染予防装具、治療器具、さらにタミフル等が十分用意されているが、隔離病棟には患者は収容されてこない。
 ジャルカンド州(西ベンガル州の西隣)、ランチ市に新規にオープンした感染症病院(IDH)の鳥インフル病棟、と州の先進的医学施設であるラジェンドラ医科学研究センター(RIMS)は、鳥インフル患者が州で報告されていないため、閑散としている。
 IDHとRIMSは各10及び28ベッドを備えているが、個人的予防装具(PPI)や抗インフルエンザウイルス薬で装備されている。
 ランチ地区の外科開業医のシング氏は、病棟は鳥インフル患者を収容するために用意されたと言う。
 「我々はこのように患者が全くいない状況が州内で報告されることを心配している」
 シング氏は、さらに州内の人々は鶏肉を消費しなくなったと言い、さらに州内の西ベンガル州に近いアナガダ、シリ、そしてソナハツで鶏の大量殺処分を行った。
 一方、RIMSのN.N.アガルワル長官は、隣接する州で鳥インフル患者がでているという噂があることから、病棟を開いた」と語り、長官はさらに、これは予防的手段の一環であり、今後年中開いてゆくつもりであると語っている。

'Abnormal' warning as world stockpiles Tamiflu Courier Mail, Australia  (オーストラリア) 世界でタミフル備蓄の最中、異常行動発現に関する警告
 米国医薬品監督局(US regulators )とロッシュ社は、医師達にタミフル服用により発生する可能性のある精神異常行動、それらは死に至ることも有り得る、に関して警告を発した。
 製薬企業のロッシュ社は2008年の2月の日付で健康専門家達に、米国FDAに従って、タミフルに添付する注意レベルを更新した。
 更新したラベルには、譫妄や他の異常行動が記され、その中には死に至った事例があることが記されている。
 更新は2007年11月のFDA顧問委員会との会合で出されて事例、その多くは日本で起きているが、に従った。
Bird-flu watchers call for efforts to save poultry industry
Independent-Bangladesh, Bangladesh  (バングラデシュ) 
Egyptian woman dies of bird flu, 20th in country Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト女性鳥インフルで死亡、同国で20人目の死者に
 25歳のエジプト人女性が鳥インフルで死亡し、2006年初めに致死的鳥インフルウイルスが侵入して以来、同国で20人目の死者となった。保健省が4日発表した。
 スザンヌ・アリサラ・ザキさんはカイロの南西部のファヨウム県に住んでいたが、2月27日に入院したと言われる。
 別な保健省からの報告では、ナイルデルタ地域のマヌフィア県の11歳少年が、26日病院入院後の検査で鳥インフル陽性であったとされる。->WHOは未確認
 これらの新規例を含めて、エジプトでは過去2年間に46人のH5N1鳥インフル発病者を確認したことになる。半数以上は回復している。
 今回報告された2人とも感染源は病的になった鶏との接触そされる。
Woman Dies of Bird Flu in Egypt Voice of America (米国) エジプト人女性、鳥インフルで死亡
 2日報道のエジプト25歳女性が死亡。同国で44人目の発病者で20人目の死者となった。
3月4日

2008年3月4日 8:18:13更新


 なぜか目新しい情報はありません。
3月3日

印刷用ファイル

Reports of Increased Survival in Bird Flu Patients Taking Tamiflu Antara, Indonesia  (インドネシア) タミフル服用は鳥インフル生存率を上げる
 致死的H5N1鳥インフルでの感染者が多数発生している国の研究者達が径口的タミフルの服用が、発病者の生存率を高めることを報告した。
 これらのデータは、WHOがタミフルがH5N1鳥インフルに罹患した人に対する唯一の薬であるとアドバイスしていることを、さらに強調する結果となった。
 医師達の報告は、今週、シンガポールで開かれる”International Symposium on Respiratory Viral Infections (ISRVI)”で発表される。

 要旨

 インドネシアではH5N1鳥インフルに119人が感染発病し、22人が生存している-18%の生存率である。
 これらの発病者のうち33人はタミフルの投与はされてなく、全員が死亡している。
 タミフルは86人に投与され、26%が生存している。
 タミフル投与による生存率は、発症からタミフル投与までの期間が重要な決定因子となっていて、24時間に投与された2人は、両者とも生存している。もしタミフルが4日以内に投与されたならば55%が生存している(6/11)。そして6日以内に投与された場合は、35%が生存している(13/37)。
 6日以降に投与された場合は生存率は18%(9/49).。

 最近の8人のベトナム患者の例についても発表されているが、全ての患者はタミフルを服用している。しかしながら全員は発病後5日以上経過してから入院している。3人だけが生存している。
 2人で径口的にタミフルを服用できなかった患者に、粉末にしたタミフルを鼻道チューブで胃内へ投与した。薬剤の吸収は良く、体内のウイルス量も減少する傾向にあった。

タミフル服用開始時期と生存率
服用開始 生存率
1日以内 2/2 100%
2~4日 4/9 44%
5~6日 7/26 27%
7日以降 9/49 18%

原文

Man suspected of contracting bird flu in Thai northeast Xinhua, China (新華社、中国国営通信) タイ北東部で男性が鳥インフル発症の疑い
 タイ北東部のチャイヤプーム省で、男性が病的になった鶏を食べた後に、発熱を呈して、鳥インフル疑いで入院したと、3日に地方のメディアが報道した。
Man suspected of contracting bird flu in Chaiyaphum Nation Multimedia, Thailand (タイ) タイ、チャイヤプームで男性が鳥インフルに感染の疑い
 病的になった鶏を食べた後、発熱とインフル様症状を呈した57歳男性が、チャイヤプーム病院に3日入院した。症状は1日から続いている。
 患者は濃厚治療室に収容され、鳥インフルの検査は施行中である。
The Church Programme Deutsche Welle, Germany (ドイツ国際放送) 教会におけるパンデミック対策

印刷用ファイル 配布自由
 我々は感染症が、単に国から国へと拡大するだけでなく、大陸から大陸へ拡大するとき、パンデミックが発生すると表現する。

 数百万人の命を奪う流行病は何も新しいものではない。ヨーロッパでは歴史上ペストで、何度もそのようなことは経験している。1918年から1920年にかけて2500万人以上の人々がスペイン・インフルエンザで死亡している。そして1968年には香港インフルエンザで100万人近い人々が命を失っている。エイズも同様にパンデミックの一つである。そして今、世界中で認められている鳥インフルエンザも重大な関心を抱かなければならない問題として浮上している。
 しかし将来、もし不明なウイルスが人類を攻撃し、瞬く間に世界中に広がったなら、我々はどのように対応出来るのだろうか?
 このような問題を頭に描いて、全国的大災害対策訓練がドイツで行われた。
 訓練結果によると、1ヶ月以内に市民社会は虚脱状態の寸前まで追いやられる。食料品は不足し出すだろう。警官や緊急事態に対処する機関は、最低限の業務にしか対応しなくなる。犯罪の取り締まりがないまま、犯罪件数は増える。
 学校や幼稚園は閉鎖されるだろう。そして全ての病院は地獄絵の様な状況で混雑するだろう。治療が施される前に数十万人の人々が死亡するだろう。そして全ての人々に接種するだけの十分な量のワクチンすらないだろう。

 ドイツ・ルーテル教会で危機管理を担当している司祭達も、このパンデミック訓練に参加した。三分の一の人々が発病し、どのような支援対策が優先されるべきかをテーマにしたワークショップも開かれた。
 ハンス-ロータル・ヘルシャー牧師は、異常事態における助言者としての訓練を積んでいる。10年以上も彼は昼夜を問わず、相談に対して助言してきた。
 彼は重大な事態が生じたとき何をすべきか正確に知っている:被害者やその家族をどのように世話するか、そしてその状況にどのように手助けするべきか等。
 しかし大災害対策訓練に参加した彼の経験は、発生する実態が彼の予想していたそれを遙かに超えていることが分かった。すなわち、牧師が一番懸念していた市民の良識ある行動は非常に速やかに消失し、生存のために市民間で壮絶が争いが生じてゆく可能性が高いことが示されたのだ。
 

New bird flu vaccine may offer broader protection The Standard, Hong Kong  (香港) 新鳥インフルワクチン、広範な予防効果を発揮する可能性
 昨日のロイター内容
3月2日
2008年3月2日 17:56:28更新


Indonesian father and son suspected of bird flu infection: doctor Thai News Agency MCOT, Thailand (タイ) インドネシアの父子、鳥インフル感染の疑い:医師が発表
 下記と同内容。
Indonesian father and son suspected of bird flu infection: doctor Antara, Indonesia  (インドネシア)インドネシアの父子、鳥インフル感染の疑い:医師が発表
インドネシアの9歳少年と父親が、鳥インフル疑いで病院に入院したことが2日、病院当局から発表された。
 父と子は中央ジャワのソロ市のムワルジ博士総合病院へ、鳥インフルの全ての症状を呈したため入院した。病院の鳥インフル病棟の責任者がAFPに語った。
 同氏によると、2人ともH5N1鳥インフルで死亡した鶏を埋めたという。
 2人は病院の隔離病棟に収容され、血液と組織検体が3日に検査のためにジャカルタへ送られる予定とされる。
 インドネシアでは、2ヶ所の検査所での確認が最終的診断に必要である。
 父子は住んでいたクラテン地区近くの病院から、ソロ市の病院へ移送された。
 今年に入ってインドネシアでは11人が鳥インフルで死亡しているが、10人がジャカルタ、またはその周辺に住んでいた住民である。
GSK bird flu vaccine shows broad cross protection Reuters (国際) グラクソ社(GSK)の鳥インフルワクチン、広い交差免疫(予防)効果を示す

印刷用ファイル
 英国グラクソスミスクライン社(GSK)の作成したH5N1鳥インフルエンザワクチンが、何種類かの異なったH5N1ウイルス亜系株に対しても効果を持つことが、同社から2日発表された。
 香港、シンガポール、台湾、およびタイで行われた1206人を対象としたアジア臨床試験において、ベトナム分離株だけでなく、現在インドネシアで蔓延している亜系株に対しても反応する抗体が、ワクチン接種者の体内で産生されたことが確認された。
 「ワクチンはベトナム分離株を用いて作成された。基本的に、広く反応する抗体が(ワクチン接種により)産生された。これらは中和抗体であるが(ウイルスに反応させるとウイルスを死滅させる効果を持つ)、これらの産生量は実際の臨床的予防効果に相関する」、とオランダのエラスムス医学センター長の(世界的)ウイルス学者である、アルベルト・オステルハウス博士が説明している。
 オステルハウス博士は研究には参加していないが、研究結果と方法論に関しては詳しく知っている。
 ヨーロッパにおけるGSKの先の臨床試験では、中国中央の安徽(Anhui)省とトルコで分離された亜系株2種類に対して有効であることが確認されている。
 これまで何年間も専門家達はインフルエンザのパンデミックは、既に発生していても不思議ではないと警告してきた。そして多くの専門家はH5N1ウイルスを、パンデミックを発生する第一候補のウイルスとして考えている。理由としてこのウイルスに誰も免疫をもっていないことと、このウイルス感染者における非常に高い致死率が挙げられている。
 このウイルスは2003年以来14カ国で368人に発病させ、そのうち234人を死亡させ、致死率は64%となっている。

 パンデミック・インフルエンザに対する最終的ワクチンは、発生原因となっている当該ウイルスを同定してから製造されるので、4~6ヶ月という期間が要される。
 しかし一般社会の中では、ワクチンが製造されるまでのパンデミック初期の間においても、何らかの予防手段が必要とされる。そのために製薬会社間では、プレパンデミック・ワクチンの精力的開発にしのぎが削られている。
 GSK社のプレパンデミック・ワクチンは非常に低濃度の抗原量、すなわち3.8μg(マイクログラム)しか必要としない。抗原とは毒素、ウイルス、または細菌のように体内に入った場合、免疫を刺激して抗体産生を促す物質である。
 しかしそれら抗原材料となるものは培養して増やすことは簡単でないため、研究者達は免疫賦活剤を用いる方法を開発してきた。(すなわち抗原量が少なくても、十分免疫を刺激(賦活)するために効果的な賦活剤を作成して、抗原と結合させる)。

 GSK社の臨床試験の対象となったボランティアは、3週の間隔をおいて2回ワクチン接種を受けた。
 2回目のワクチン接種3週後に被接種者の血液が採取され抗体検査が行われたが、その結果ベトナムとインドネシアのH5N1株に対する抗体産生が確認された。
 しかしながらオステルハウス博士は、パンデミックは完全に異なったウイルスによって引き起こされる可能性もあると、注意を喚起するコメントを出している。
 「全ての人々はH5亜系株を恐れているが、我々は他のウイルスも同様に恐れる必要があることを認識すべきで、インフルエンザに関して重要なことは、我々が予期できないことが起きえることを予期しなければならないということなのだ」、と語っている。
 「抗原とアジュバント(免疫賦活剤)を別個に備蓄しておくことは、極めて賢明な選択の一つと考えられる」、と同氏は付け加えた。
 この考えでは、パンデミックを起こしたウイルスが同定された後、増殖させられた抗原(通常当該ウイルスを細胞培養または受精卵を用いて増やし、その後ウイルスの膜だけ、または完全に殺したウイルスを抗原とする)に、備蓄しておいたアジュバントを混ぜて、迅速にワクチン製造が可能となる(すなわちアジュバントが無駄にならず、ウイルス抗原だけの準備で済む。現在の備蓄方法だと、ウイルス抗原とアジュバントが結合された状態になっているから、パンデミック発生ウイルスが予定外のウイルスであった場合、アジュバントも無駄になってしまう)。
 *括弧内は訳者の補足。

Egypt confirms new human bird flu case Xinhua, China (新華社、中国国営通信) エジプト、新規鳥インフル感染者を確認
 1日、エジプトは25歳女性が鳥インフルウイルスに感染したことを確認したと発表した。国営通信のMENAが伝えた。
 女性はカイロの南方85キロのファイユムの病院からカイロの病院へ、鳥インフル症状が出現してから移送され、タミフルで治療されている。
 この事例はエジプトで今週2例目にあたるが、先の事例は4歳女児で2月25日に感染が確認されていた。
Egyptian woman tests positive for bird flu-MENA Reuters  (国際) エジプト女性、検査で鳥インフル感染が確認:国営通信
 25歳のエジプト女性が、検査でH5N1鳥インフルウイルス陽性であることが1日に確認された。45人目の鳥インフル発病者となった。
 保健省報道官のアブデル・ラーマン・シャヘーン氏が、女性はタミフルで治療されていると語り、ファヨウム県からカイロの病院へ移された、と語った。
 女性は高熱を呈し、両側肺が炎症を起こし、、そして人工呼吸器につながれていると説明された。
 2月25日には4歳女児が検査で陽性となっている。
 昨年12月には4人の女性が鳥インフルで死亡している。彼等の死亡は人の鳥インフル死亡として5月ぶりのことで、合計死亡者数19人となった。
3月1日

2008年3月1日 18:04:55更新

人での新規発生情報はなし
ベトナムでの疑い患者に関するフォロー記事なし

 どなたか情報入手されていたら教えてください

新型インフル、国内発生時は在宅医療で…WHO地域事務局長  読売新聞
 世界保健機関(WHO)の尾身茂・西太平洋地域事務局長は29日、新型インフルエンザ対策の与党プロジェクトチーム(座長・川崎二郎元厚労相)の会合で講演し、新型インフル患者が、国内で発生した時は患者や感染が疑われる人を自宅待機させ、在宅医療で対応すべきだとの認識を示した。
 国は、国内で数十人規模の患者が発生した場合、医療機関に設置した専用外来で患者を診察し、感染拡大を防ぐ方針を示している。だが、尾身氏は、この方針に対し「病院は患者が集まる最大の感染源」とし、来院を重症患者に限るべきだとした。在宅医療を行う際は、「事前に誰が患者宅を訪れるのか調整が必要」と述べた。予防と重症化を防ぐ効果があるとされる抗インフルエンザ薬とワクチンは、「必要だが、十分ではない。大事なのは検疫や学校閉鎖で(患者との)接触をどれだけ防げるかだ」と強調し、対策の柱に水際対策と隔離を据えるべきだとの認識を示した。

管理人注:新型発生時は高齢者や若年者以外は自宅療養。必要があれば保健所から医師と保健師が往診。患者数が増えた場合は、市内の医療機関の応援を求める。これは小樽市保健所が2005年12月に作成した行動計画であった。自宅療養ということに関して、医師会からの賛同が得られず、また一般人からもインフルエンザになったにもかかわらず、病院へ行かずに大丈夫なのか等と抗議の声が相次いだ。
 参照:小樽市新型インフルエンザ行動計画

【香港】《安全》肺炎検査を強化、鳥インフル患者死亡で(NNA) (2月27日版)
 広東省汕尾市で鳥インフルエンザ(H5N1型)とみられる症状で女性が25日午前、死亡したことを受け、香港政府は同日、6カ月以内に広東省に滞在し、肺炎を発病した患者に対し、鳥インフルエンザ検査を義務づけると発表した。今後4週間継続する。
 26日付文匯報によると、中国本土では今回を合わせ過去3カ月で鳥インフルエンザとみられる患者計4人が死亡。発生地域が◇江蘇省(24歳男性、12月2日死亡)◇湖南省(22歳男性、1月24日死亡)◇広西チワン族自治区(41歳男性、2月20日死亡)――と南下、香港に近づいてきていた。25日に香港と隣接する広東省で死者が出たことから措置に踏み切ったもようだ。 
 同紙によると汕尾市には香港へニワトリを供給する登録養鶏場がないため、香港への鶏肉の供給に影響はないとしている。

New case of H5N1 found in Dorset Farming UK, UK (英国) 英国、野鳥保護区ドルセで、さらにH5N1鳥インフル感染野鳥が検出
 ドルセの野鳥保護区で、2月25日に検査のために集められた1羽のカナダカモから、H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 先に感染した白鳥が見つかった場所から1キロ離れた場所で見つかった。
 今回の事例で、同地域で11羽の野鳥からウイルスが確認されたことになった。
TOP