高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年
2月29日

「感染拡大は防げない」 新型インフルでWHO幹部 東京新聞  
 世界保健機関(WHO)の尾身茂(おみ・しげる)西太平洋地域事務局長は29日、新型インフルエンザについて都内で開かれた会合で「発生国で封じ込めが失敗した場合、感染の拡大を防ぐことができない」と述べ、発生時の対策は社会機能の維持と死者を最小限に食い止めることを目的にするべきだと訴えた。
 国の対策を検証する与党チーム(座長・川崎二郎元厚生労働相)の会合で講演した。
 尾身氏は、現在アジアを中心に流行し新型への変異が懸念される鳥インフルエンザ(H5N1型)の現状を報告し、「WHOが最も注意しているのは死亡者数ではなく致死率だ」と述べ、致死率の低下を新型発生の指標にしていることを明らかにした。現在、H5N1型の致死率は約60%だが、新型になると2-3%になるという。

管理人注:新型になると致死率が下がる(致死率が下がらなければパンデミックにならない)という意見も多いが、それは保証された話ではない。WHOの以前の発表でも、致死率が下がって、初めて人での感染力が高まる、という根拠はない、とされている。ここでは、2-3%に下がる可能性も考えられる(2-3%に下がらなければ、パンデミックを生じる新型インフルエンザとはならない可能性が高い)、程度の表現にすべきと思われる。尾身氏がそう表現したのか、それとも報道側がそう表現したのか不明であるが、こうした数値は一人歩きしてしまうので、慎重に発言、または表現すべきと考える。さらにWHO関係者によって意見が異なるのも非常に困る。尾身氏の発言がWHOの公式見解なのか、個人的見解なのかも、明確にすべきである。
 2006年11月3日の報道を参照

FAO praises India's H5N1 response, urges vigilance CIDRAP, MN (米国)  FAO、インドにおけるH5N1鳥インフル対策を評価するも、継続的警戒が必要と

UN body commends India for controlling bird flu outbreak Thaindian.com, Thailand (タイ) 国連機関、インドの鳥インフル対策を評価
 国連機関のFAOはインド、西ベンガル州での高病原性鳥インフル対策を、迅速で包括的な対応だと賞賛したが、継続的な国の当局にによる監視が重大であることを、27日に発表した。
 「放し飼い家きんの積極的殺処分が、鳥インフルのさらなる拡大を防いだように思える」、とFAOの獣医専門家であるモヒンダー・オベロイ氏が感染地域を視察後語った。それら地域では2月2日以来発生報告はない。
 一方、FAOの主任獣医官であるジョセフ・ドメネク氏は、インドのハイリスク地域では継続的監視が重要であると警告した。それら地域では新規発生の可能性が高いとされる。
 ウイルスは環境内に存在している可能性があると説明した。
 
 1月における西ベンガル州における鳥インフル発生は、周辺の州でも家きんの殺処分が行われた。またバングラデシュでも発生している。
 FAOの当局者は西ベンガル州での成功の理由として、積極的な政治的および経済的介入をあげている。すなわち、社会的啓発キャンペーン、県と村との強力な連携、補償費の支払い、家畜保健当局と保健衛生当局の現場レベルにおける連携。
 迅速な拡大抑制と、人での感染の危険性を避けるために、西ベンガル州政府は、390万羽の鶏とアヒルを殺処分しなければならなかった。それら家きんの大部分は、貧しい農家が放し飼いしているものであった。州政府高官の話によると、州は50億ルピア(約19億円弱)の出費を余儀なくされた(補償費として:訳者)。
 「社会的啓発キャンペーンは来月も継続すべきである。田舎地域における安全な家きん生産と、基本的バイオセキュリティー対策による人への感染リスクを大幅に減らすためである」、とFAOはプレス発表でコメントしている。
25369 more fowls culled The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、25369羽の家きんが殺処分
 鳥インフルに感染した約25、369羽の鶏と2、372個の鶏卵が、この2日間に3地区の8農場で処分された。
 今回の処分で、2007年2月以来、1084、473羽の鶏と1、458、967個の鶏卵が処分されたことになった。
 政府の鳥インフル対策室では、気温が上昇してくると、鳥インフル感染農場の数は急速に減ってくるだろうと予測している。
2月28日


新型インフル 12病院859床で入院可 県、発生備え体制強化要請へ  読売新聞
 滋賀県は27日の県議会一般質問で、発生が懸念されている新型インフルエンザの患者を受け入れ可能な県内の病院が12か所、計859床あることを明らかにした。大流行時には県内で1日に最大1080人の入院患者が発生すると推定しており、馬淵義博・県健康福祉部長は、病床数をさらに増やすよう県内病院に協力を求める考えを示した。
 大流行時に県内で治療が必要な感染者は26万7500人に上ると推定される。県は現在、重症化を抑える抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」を11万2000人分備蓄しており、国の備蓄分からの供給など含め、馬淵部長は「必要数は確保できると考えている」と説明した。
 また、嘉田知事は大流行時に、医療関係者や警察、消防署員など社会機能を維持する人を対象にした備蓄ワクチンを接種する具体的手順などを盛り込んだマニュアルを早急に整備する方針を明らかにした。
FAO: bird flu could strike again in high-risk areas Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) FAO:鳥インフルは、危険地域では再発の可能性
 国連のFAO(国連農業食料機関)は27日、鳥インフル発生危険性地域では高度の警戒態勢を継続する必要があると警告した。
 大規模な殺処分や地域の消毒にもかかわらず、ウイルスはいまだ環境内に存在している可能性がある。また他の地域からもたらされる可能性もある。
 FAOの主任獣医担当官であるジョセフ・ドメネクヘ氏が警告した。
WHO plays down bird flu threat in China after three human deaths AFP  (国際) WHO、中国における3人の鳥インフル死亡は人人感染によるものではないと発表--危険性は高まっていない
 今年度中国で3人の死者が出ているが、現在、鳥インフルが中国で拡大していて大きな問題となっている兆候はない、とWHOが27日発表した。
 WHOによると、冬期間であることと、ウイルスが環境内に存在していることを考えると、3人の死は予期せぬことではない、と説明された。
 このように各地で散発的に起きている人の鳥インフルを検出出来る中国の監視態勢は、十分信用できることを意味し、WHOはそうした態勢が確立されていることに満足している。WHO中国支部代表のハンス・ツローヅソン氏は、声明文の中でそのように語った。
Commending India's Control of Bird Flu Outbreak, UN Says Vigilance ... NewsBlaze, CA  (米国) インドにおける鳥インフル警戒は今後も必要と国連が忠告
 西ベンガル州での鳥インフルは封じ込められたと考えられるが、ウイルスは既に環境内に土着している可能性が高い。今後も十分警戒してゆく必要がある。国連機関のFAOが語った。
2月27日


 エジプト、中国、ベトナム、インドネシアで家きんから人へH5N1鳥インフルが感染しているのに対し、素手で感染鶏や死亡した鶏を掴み、さらに調理して食べている人々もいるバングラデシュ、パキスタン、西ベンガル州で、なぜ人での発病者が皆無なのか謎としか言いようなない。
 バングラデシュでのウイルスは、グレード2.2(中国青海湖~シベリア~欧州~中近東~アフリカ)と言われるが、余程人に感染しづらい株に変異しているのだろうか? 謎??
 

WHO rules out human transmission in China bird flu deaths Reuters (国際) WHO、中国における鳥インフル死者における人人感染を否定
 今年度中国で発生した3人の鳥インフル死者について、WHOは人人感染が起きた可能性を否定した。
 人人感染が起きたという証拠はないとされる。
Bird flu reappears in Mekong Delta Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル、ベトナムのメコンデルタ地区で再興
 メコンデルタ地区で家きんのH5N1鳥インフルエンザが再興した。
 ベトナム保健省の決まりでは3週間発生がなければ、その地域は鳥インフルが清浄化あれたとされる。そこで再び発生すると、再興したと考えられる。
 メコンデルタ地区でVinh Long 省の養鶏場で鳥インフルが発生し、ベトナムで発生地区として第8の省となった。
 他に発生している7省は、 Thai Nguyen, Quang Ninh, Hai Duong, Nam Dinh, Ninh Binh, Tuyen Quang in the northern regions, the southern Long An 省、となっている。
Two Vietnamese suspectedly infected with bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナムで2人が鳥インフル感染の疑い
 ベトナムの国立感染症および熱帯病研究所は、北部のフンエン省とタイニュエン省に住んでいた2人を鳥インフル症状を呈したため治療していると、地方紙の「パイオニア」が27日報道した。
 フンエン省の23歳患者とタイニュエン省の48歳患者は、現在肺が極度に障害されているため人工呼吸器につながっているが、採取された検体はH5N1ウイルスについて検査中である。
 両患者とも症状を呈する前に家きんに接触したと言われる。
Taiwan not to follow HK in raising H5N1 alert level China Post, Taiwan  (台湾) 香港が鳥インフル警戒レベルを上げるも、台湾は現状維持と
 広東省で女性が鳥インフルで死亡したことから、香港では警戒レベルを上げ、家きんのチェック態勢、国境でのチェック態勢、さらに病院での態勢等が強化された。しかしながら台湾は現状のまましばらく様子を見ると発表。
 *関連報道は昨日の香港のThe Standardに
South China province on high alert after confirmed human bird flu case  Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) 人での感染者が確認された南部中国広東省では高度鳥インフル警戒報

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 薬が効きすぎて寝坊しました。
 本日の報道は、中国での死亡例、エジプトでの死亡例等の遅れたニュースが中心で、特記すべき報道は、香港で病院などを中心に対策を強化したというものだけです。香港のとなりの広東省で女性が死亡していますから、香港市内は相当警戒感が高まったいると思われます。また野鳥で感染死している事例も今年に入って数件起きています。

Bird Flu is Suspected in New Death in China Hong Kong Tightens ... RedOrbit, TX  (米国) 中国で新規鳥インフル患者が死亡:香港対策を強化
2月26日



China, Pakistan and Vietnam on bird flu alert Washington Post, United States (米国) 中国、パキスタン、ベトナムで鳥インフル警戒
 中国とパキスタンは家きんにおける鳥インフル発生を報告したが、両国とも1日前には女性が鳥インフルで死亡したことを報告したばかりである。
 中国では昨年12月以来4件の家きんにおける鳥インフルの発生を報告しているが、同国では、過去10年間で最低の平均気温を記録している。鳥インフルウイルスは気温が低ければより活発化する傾向にある。
 パキスタン当局はカラチ市内の家きん農場で、H5N1鳥インフルが発生したことを26日発表した。
 パキスタンでは昨年12月に北西部のアボットバード近くで初の人での感染者を確認している。
 中国では3例の人での鳥インフル死者を今年度報告している。最も最新の例は、香港に隣接する南部の広東省で発生している。
 44歳の出稼ぎ労働者である女性が、裏庭で飼育していた鶏から感染したと考えられている。香港政府の保健当局者の発表による。

 ベトナム国営ラジオは26日、北部で女性教師がH5N1鳥インフルで死亡し、今年度4例目の死者となったことを報じた。
 23歳女性は25日ハノイの病院で死亡したが、女性の実家があるプート省で飼育している鶏を食べた事が感染理由と考えられている。国営ラジオは保健省発表として繰り返し放送している。
 女性の死は、今年度同国で発病した5人のうちで4人目の死亡例となった。
Pakistan reports fourth February bird flu outbreak Reuters AlertNet, UK (英国) パキスタン、2月に入って4事例目の鳥インフル発生を報告
 パキスタン当局は、鶏におけるH5N1鳥インフルの新規発生事例を26日報告した。2月に入ってから4事例目となる。
 新規発生が確認されたのは、パキスタン最大都市のカラチの家きん農場であるが、同市では今月初めに2件の事例が発生している。
 パキスタンにおけるこれまでの最後の発生は2月16日に北西部の町で報告されていた。
 「検査結果でH5N1ウイルスが、人口密集地域から離れた場所の農場で検出された」、と保健省の報道官が発表した。
 検体をイスラマバードに送る前に、農場所有者は鶏を殺処分して、井戸に投げ捨ててしまった。それは保健省によると法律違反とされる。
 「全く危険だ。現在井戸に消毒液を撒き、そして塞いだ」と、保健省では言っている。
 同農場には約1万羽の家きんがいた。
 パキスタンでは2006年初頭にウイルスが検出され、それ以降主に北西部で家きんや他の鳥で鳥インフルが発生してきた。
 昨年12月には北西部の町のアボッタバードで最初の人感染事例が生じている。
Vietnam considering using bird flu vaccines on humans on trial basis Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナム、鳥インフルワクチンの臨床試験を考慮
 
ベトナム最大のワクチン製造企業が保健省に臨床試験的に鳥インフルワクチンを使用する許可を求めていることが、地方新聞の「New Hanoi」が26日報道した。
 中央カーンホア省ナァトラン市のワクチン研究所(The Institute of Vaccines and Biological Substances)が最近製造した5500人分のH5N1鳥インフルワクチン(フリューワク:Fluvac)を人々に接種して臨床試験を行う計画をしている。当該ワクチンはマウス、モルモット等の動物実験では効果が確認されている。
Bird flu kills woman in Vietnam CNN  (国際) ベトナムで鳥インフルで女性が死亡
 鳥インフルで北部ベトナムの女性教師が死亡し、同国で51人目の死者となった。そして保健省の当局者は26日、ウイルスはさらに拡大してゆくだろうと警告した。

 女性は23歳で、ハノイの北西50マイルのプゥト省で鳥インフルに感染した。そして女性は25日朝にハノイの病院で死亡したと、保健省予防医学局長官のニュエンフイ・ニャ氏が語った。

 国内の検査機関で女性がH5N1鳥インフルウイルスに感染していることが確かめられた。女性は、2003年末からウイルスがアジアの家きんの間で流行しだしてから、ベトナムで51人目の死者となった。
 長官は家きんの間での鳥インフル発生はいまだ報告されていると語った。
 「人々の間での鳥インフル感染の危険性は残っている。我々はさらなる感染者の発生を予想している」、と長官は警告した。
 女性は2月14日に鳥インフル様症状を呈し、そして4日間国立熱帯病病院で治療後、25日に死亡した。
 女性の感染源はいまだ不明とされる。
 学校の周辺で2、3百羽の鶏が死亡したと伝えられるが、検査ではH5N1ウイルスは検出されなかったと、省の予防医学局長官のマオ氏が語っている。
Vietnamese woman dies from bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナム女性鳥インフルで死亡
 ベトナムの地方新聞紙「Youth」は、26日、北部プゥト省の23歳女教師が、鳥インフルでハノイの病院で5日間の治療後に2月25日に死亡したことを報道した。
 女性は2月14日に鳥インフル様症状を呈し、2月19日に省の病院に入院した。21日にハノイの熱帯病病院へ移送された。
Bird flu kills Vietnamese woman - state radio Reuters India, India  (インド) ベトナム女性、鳥インフルで死亡:国営ラジオが報道
 北部ベトナムで女教師が鳥インフルの今年度4人目の死者となったことが、国営ラジオを通じて26日報道された。
 23歳女性が、プゥト(Phu Tho)省の自宅で鶏を食べた後発病し、25日死亡したと、保健省の発表を報道は引用した。
 ラジオ放送は繰り返し伝えられている。
 検査はベトナムの検査機関で行われ、H5N1鳥インフルウイルス感染が確認されたと発表されている。
 女性の死亡はWHOでは確認されていない。
 ベトナムでは今年度5人が発病し、女性の死で、死亡者は4人となった。
 北部ベトナムでは寒冷気候が非常に長く続いており、これが鳥インフルの発生を助長していると考えられている。
 ウイルスは通常、寒冷気候で最も活発化する。
 なお北部ハイズオン省の7歳の子供は、ハノイの小児病院で治療中であると、医師団は発表している。
Egypt confirms its 44th human case of bird flu MSNBC  (国際) エジプト、44人目の鳥インフル発病者を確認
 下記ロイター記事。
Egyptian girl tests positive for bird flu-MENA Reuters UK, UK (英国) エジプトの女児、鳥インフル発症
 25日、エジプトの4歳女児が鳥インフルに感染していることが確認された。アラブ世界で最も人口の多い国の44人目の鳥インフル発病者となった。国営通信のMENAが伝えた。

 保健省の報道官は、女児がタミフルで治療されていることを伝え、ミニャ県からカイロの病院へ移送されたと発表した。
 少女は高熱と片肺の炎症による呼吸困難を呈していると説明された。
 昨年12月には、4人のエジプト人女性が鳥インフルで死亡している。彼女たちの死はエジプトで5ヶ月ぶりのことで、2006年始めにエジプトで鳥インフルが見つかって以来19人の死者数となっていた。
Bird flu and our media The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) 鳥インフルと我々のメディア
 バングラデシュの代表的新聞の論説から。

 要約
 鳥インフルの危険性だけを社会にアピールしてゆくだけでは、バングラデシュの家きん産業は崩壊するだけだ。正しい知識と情報を国内に伝えてゆき、家きん産業の維持を図ることもメディアの役割であり。
 部分訳

 …
 WHOは2003年以来H5N1鳥インフルに感染死亡した人の数を225人と発表している。
 一方、下痢症では200万人以上の子供達、そしてマラリアでは300万人以上が死亡している。
 しかし鳥インフルではわずか225人の死者に過ぎない。
 しかしメディアはパニックを起こしている。
 今、必要なのは鶏の適切な処理と加工の後に、どのようにして摂食すべきかの知識と情報を広めることである。

 鳥インフルに感染した鶏肉を70℃で加熱したなら、ウイルスは死滅する。なぜメディアは人々にそのような啓発をしないのだろうか?
 鶏肉を扱うとき、マスクを着用し、鶏肉に触れた後の十分な手洗いで、鳥インフルの感染は防止できる。
 我々はこれらの情報を人々に広めなければならない。鶏肉を食べることを避けるように伝えるだけでは、我が国における健康と経済の維持は不可能なのだ。
 
WHO reports that deaths from bird flu has stood at 225 since 2003. Diarrhoeal disease has killed over two million children, and malaria 3 million, but avian flu only 225, but the media has created a panic. Now awareness should be created about how to eat the meat after proper treatment and processing.

When the meat of the chicken affected with bird flu can be taken after boiling it at 70 degrees Celsius, why don't we encourage the people to follow it? Wearing a mask while processing the meat and washing the hands after touching the meat can save an individual from being affected by bird flu. We must spread this message among the public without encouraging them to avoid eating chickens. We must give emphasis both on our health and economy.

20185 more fowls culled The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、2万羽以上の家きんが殺処分
 鳥インフルの拡大が続くバングラデシュで、ダッカ、サツキーラ、キショレガンジで昨日、2万羽以上の鶏と、49507個の鶏卵が処分された。
China death triggers bird flu alert The Standard, Hong Kong  (香港) 中国女性の死亡は鳥インフル警戒強化に
 広東省での女性の死亡により、香港内ではH5N1鳥インフル予防対策が強化された。

 ・病院の医師達に鳥インフル様症状の患者を診たら即報告
 ・過去半年以内に広東の感染地域を旅行した既往を持ち、公的病院に肺炎で入院している患者に対して鳥インフル検査
 ・検疫における発熱チェックの継続
   他

China reports bird flu outbreak in poultry China Daily, China  (中国) 中国、家きんにおける鳥インフル発生を報告
 新華社情報

 中国南西部の山岳部の貴州省で家きんにおけると鳥インフルが発生したことを農業省が25日発表した。
 国立鳥インフル専門検査所がH5N1鳥インフルであることを確認した。
 3993羽の家きんが死亡し、23万8364羽の家きん殺処分が行われ、現在はコントロールされている。
 中国における家きんでの鳥インフル発生は本年4事例目で、そのういち2件はチベット自治区である。

 44歳女性が鳥インフル疑いで入院していたが、25日南部の広東省で死亡したことが、同省保健局から発表された。
 WHOによると、中国は合計29人の鳥インフル発病例を確認しているが、そのうち19例が死亡している。
2月25日


China bird flu victim ate sick chickens: officials Canada.com, Canada (カナダ) 中国の鳥インフル死者、発病鶏を摂食と:当局
 死亡した44才女性は鶏を放し飼いしており、それらが病的になり死亡していた。また女性はそれら鶏を調理して食べたとされる。
Woman dies of bird flu in southern China Times of India, India  (インド) 南部中国で女性が鳥インフルで死亡
ロイター

 南部中国広東省で女性がH5N1鳥インフルで死亡したと25日、政府が発表した。昨年末から4人目の死者となった。
 44歳の出稼ぎ労働者である女性、ツアンさんは、広東省の東部のハイフェン郡で働いていたが、そこで死亡した家きんに接触した。女性はその後発熱と咳を呈した後、死亡した。
 「患者の状態は非常に悪く、25日に治療が奏効せずに死亡した」、と広東省の保健局ではウエブサイトで伝えた。
 女性は広東省の疾病予防管理センターで検査を受けたが、H5N1ウイルスが陽性だった。この結果については保健省でも確認している。
 ツアンさんは、2月16日に発熱、咳、そして肺炎を呈した。しかし22日になって郡の病院に入院した。
 当局の発表では、さらに発病した事例はなく、ウイルスが変異して人人感染を起こしている証拠はないとされる。また、これまで女性と濃厚接触した人々の中で、鳥インフル様症状を呈している人はいないとも報告された。
S China migrant worker suspected to have bird flu People's Daily Online, China  (中国) 南部中国で出稼ぎ労働者が鳥インフル発病疑い
新華社

 南部中国広東省で44歳女性が鳥インフルを発病した疑いが持たれている。同省の保健局が25日確認した。
 出稼ぎ労働者である女性は名字をツアンさんと言い、病死した家きんと接触し、その後発熱と咳が2月16日から現れた。
 女性は22日にシャンベイ市の病院に入院した。
 省の保健局は女性の治療のための専門チームを編成した。
Suspected H5N1 patient dies in China Reuters AlertNet, UK  (英国) 中国でH5N1鳥インフル発病疑い患者が死亡
 中国南部の広東省で発生したH5N1鳥インフル発病疑い女性患者が死亡した事を、香港政府が25日発表した。
 出稼ぎ労働者である患者は家きんと接触後、発熱と咳が出現し、死亡したと中国国営通信の新華社が報じた。
 「我々は女性が今朝死亡したと報告を受けたばかりだ」、と香港保健局の報道官が語った。
 女性は2月16日に発病したとされるが、詳細に関しては不明である。
Migrant worker in southern China suspected to have bird flu... China Post, Taiwan (台湾) 出稼ぎ労働者、南中国で鳥インフル発病の疑い
AP
 44歳の出稼ぎ労働者が死亡した家きんと接触し、H5N1ウイルスに感染した疑いが南中国のシャンベイ市でもたれている。政府が25日に発表した。
 患者は女性で名字をツアンさんと言い、2月16日に発症し、現在重体とされる。広東省保健局がウエブサイトで発表した。
Guangdong woman has suspected bird flu The Age, Australia  (オーストラリア) 広東省の女性鳥インフルの疑い
Guangdong woman has suspected bird flu Sydney Morning Herald, Australia (オーストラリア) 広東省の女性鳥インフルの疑い
 下記ロイター内容。
Woman in China's Guangdong has suspected bird flu Reuters (国際) 中国、広東省の女性鳥インフル発病の疑い
 南部中国の女性がH5N1鳥インフルに感染した疑いが持たれていると、24日、香港政府が発表した。昨年以来3例目の発病者を報告して1週間しか経っていない。
 香港健康予防センターが、中国南部の広東省保健局と中国保健省から、44歳女性が2月16日に、鳥インフル様症状を呈し、現在検査中であると報告された、と発表した。
 さらに詳細な情報はない。 
【主張】事前対応ワクチン 早期接種の検討を始めよ MSN産経ニュース
 「新型インフルエンザ」の本格的ワクチンを量産するには半年以上かかる。
 このため政府の対策の行動計画と指針では、どこかの国で「新型」が出現した場合、当面の措置として備蓄中の「プレパンデミック(世界的大流行前)ワクチン」を打ち始めるよう定めている。
 すでに政府は、45億円をかけて人に感染した鳥インフルエンザウイルス(H5N1タイプ)から1000万人分のプレパンデミックワクチンを作り、昨年3月以降、原液の状態で備蓄している。
 しかし、厚生労働省によれば、そのワクチンもあと2年ほどで効き目がなくなるという。しかも、原液をアンプル(小容器)に小分けするだけで最低2カ月を要し、投与して人体に免疫ができるまでには、さらに1カ月が必要だ。「新型」発生後の投与では遅すぎるとの専門家の指摘もあるほどだ。
 そこで提案したい。「新型」はいつ発生してもおかしくないのだから、プレパンデミックワクチンを現時点で打ち始めることを検討すべきではないか。専門家の間ではすでに議論されているし、スイスやフィンランドではその準備を進めている。「新型」の発生を待つまでもないだろう。
 いまから計画的に打てば、いざという時のパニックも避けられよう。指針に示された投与の順番(医療従事者や社会機能維持者らから優先的に接種)の問題点も具体的に把握できる。
 “丸腰”状態で空港や港で検疫に従事している職員にとっても最善の予防策になる。ワクチンは人に投与する臨床試験(治験)も行い、基本的な安全性は確認されている。追加の1000万人分のワクチンも製造中である。
 インフルエンザウイルスの治療薬(タミフルリレンザ)には、それが効かない耐性ウイルスの問題がどうしても残る。その点、人体に免疫を作って感染を予防するワクチンにはそうした問題はない。
 ただ、インフルエンザワクチンの場合、できた免疫は半年しか持たない。「新型」がH5N1以外のタイプだと効果はない。すべての国民に投与できる体制もまだ整っていない。これらの問題点も踏まえながら、投与を始めるよう検討を進めてほしい。
Over 58000 fowls culled in 8 districts The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、8地区で5万8千羽以上の家きんが殺処分
 バングラデシュ当局は、昨日8地区で鳥インフルが検出されたために、58032羽の家きんと53434個の卵を処分したと発表した。
 今回の事例を含めると、バングラデシュではこれまでに、968731羽の鶏が殺処分され、1171636個の卵が処分されたことになる。
 発生地はシラ家きん農場と、サバール周辺1キロ以内の農場である。
More fowls culled as bird flu rages on in Bangladesh Hindustan Times, India  (インド) バングラデシュ、鳥インフル拡大のため、さらなる家きんを処分
More fowls culled as bird flu rages on in Bangladesh Thaindian.com, Thailand (タイ) バングラデシュ、鳥インフル拡大のため、さらなる家きんを処分
2月24日


Pakistan finds new bird flu outbreak near southern city of Karachi Earthtimes, UK  (英国) パキスタン当局、カラチ周辺で鳥インフル発生を確認
 パキスタン保健当局は24日、南部のカラチ市の郊外の農場で新規鳥インフルが発生したことを発表した。
 今月に入ってカラチ周辺で3件目の農場におけるH5N1鳥インフル発生事例となる。
 なお人での感染は起きていないとされる。
Bird flu strikes another Bangladesh district Reuters  (国際) バングラデシュでさらに鳥インフルが拡大
 当局による大量の家きんの殺処分にもかかわらず、鳥インフルがバングラデシュの他の地区へ拡大し、国内64地区のうち44地区が感染地区となったことが、当局から発表された。
 最新の発生地は、首都ダッカから60キロ離れたムンシガンジで、H5N1鳥インフルが確認されたことが24日当局から発表された。
 なお人での感染は報告されていない。
Bangladesh's poultry industry losses over $580 mln due to bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) バングラデシュの家きん産業、鳥インフルにより5億8000万ドル(580億円)の損失
 バングラデシュ家きん産業委員会は先週政府に、鳥インフル発生のために2007年2月から本年1月までの1年間で、同国の家きん産業界は、5億8600万ドル以上の損失を被ったと報告した。
No reports of bird flu in Islamabad GreaterKashmir.com (press release), India  (インド) パキスタン、イスラマバードでは鳥インフル発生報告はなし
 イスラマバードで各関係機関代表が集まり、鳥インフル対策について話し合いが行われた。市内における行動計画が確認され、そして現在まで鳥インフルの発生報告がないことが告げられた。
Around 100 crows found dead Asian Age, India (インド) 100羽近いカラスが死亡
 西ベンガル州家畜局は、鳥インフルのコントロールは成功したと発表したが、南コルカタのチェトラで突然100羽近いカラスが原因不明の死を遂げたことから、再度鳥インフルの不安感が高まった。
 23日、チェトラで多くの死亡したカラスが横たわっているのを見た住人の間でパニックが広がった。
 「私は鳥達が死亡してゆく前にヨダレを垂らし、羽ばたいているのを見た」、と地域の住人が語った。
 まもなくカラスは木々から落ちてきた。
 「我々は何らかの神経毒を含んだ物質を疑っている」、と保健局の責任者が語っている。
 「カラスは鳥インフルウイルスのキャリアとなることはあっても死亡することは希である。しかしながら我々はそれを確認するために検体をボパルに送ることを考慮している」、と州の動物資源局の長官は語っている。
Special teams start market monitoring The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) 専門チームが市場の監視を開始
 ダッカ市内の10家きん市場を、獣医を中心とした専門チームが24時間監視し、病的になった鶏の販売の摘発や、衛生管理等を指導してゆく。
26000 more fowls culled in 4 districts The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) 4地区でさらに26000羽の家きんが殺処分に
 サバール、ニルファマリ、バリサール、タクルガオンの4地区で鳥インフルが発生したため、いくつかの農場で26159羽の家きんが、22日夜から昨日にかけて殺処分された。
2月23日

Girl admitted in Meghalaya hospital with bird flu symptoms  Indianexpress  (インド) 鳥インフル様症状で少女がメガラヤ病院へ入院
 インド、メガラヤ州保健局は少女が鳥インフル様症状でシロン市民病院へ入院したことから混乱に陥っている。
 少女の症状は発熱と発疹とされる。少女は隔離病棟に収容された。
 保健局では、少女の症状から鳥インフルが除外出来ないことから、検査を行っていると語り、結果が出るまで数日要すると説明している。周辺で鶏が死亡しているが、検査ではH5N1ウイルスは検出されていないと言う。

 メガラヤ州:西ベンガルの北東部。
 訳者注:少女の症状からは鳥インフルではなく、麻疹かもしくは他のウイルス性疾患が考えられる。鳥インフルでは発疹がでることは通常ない。

人での鳥インフル症状

高熱 38.5℃以上
下痢
咳、時として血痰
呼吸促迫
白血球減少
歯肉出血
鼻出血

通常のインフルエンザではよく見られるが、鳥インフルエンザでは一般的ではない症状。:

咽頭痛
結膜炎
鼻汁
発疹


Bird flu outbreak in Tibet kills 1000 birds, more than 13000 High Plains Journal, KS  (米国) チベットで家きん千羽鳥インフルで死亡、13000羽以上が殺処分に
AP
 南西チベットの家きん農場でH5N1鳥インフルが発生し1000羽の家きんが死亡し、同農場が閉鎖された。中国農業省が発表した。
 ゴンガ郡で1月25日に発生した鳥インフルは、1月29日にH5N1鳥インフルと確認され、それ以来13080羽が拡大予防対策として殺処分された。
 これまでは人での感染は報告されていない。
GlaxoSmithKline wins European nod for bird flu vaccines Economic Times, India
 (インド) グラクソスミスクライン社、ヨーロッパにおける、鳥インフルパンデミックワクチン競争で勝利
 英国巨大製薬会社であるグラクソスミスクライン社は、鳥インフル対応の2種類のワクチンでヨーロッパ医薬品局(European Medicines Agency:EMEA)の、EUで許可すべきという推薦を受けたため、事実上鳥インフルワクチンにおけるヨーロッパでの勝利を得たことになった。

 プレパンデミックワクチン:プレパンドリクス(Prepandrix ) ベトナム株で作成
  すでに数カ国が備蓄用に同社と折衝中

 パンデミックワクチン:パンデムリクス(Pandemrix
  パンデミック発生後4~6ヶ月で製造

 *訳者
  近い将来、プレパンデミックワクチンが希望者に接種出来るようになった場合、日本からワクチン接種に出向くことも可能となるのかも知れない。
  日本では国産ワクチンが昨年2月に1000万人分用意されたが、その後もう少し追加された可能性がある。グラクソ社のワクチンは、日本での販売許可が下りなかったと聞いている。


FACTBOX-Bird flu's spread around the globe  Reuters (国際) 鳥インフル、世界中に拡大した
 世界中の家きんで鳥インフルが発生している状況と人での散発的発生。ウイルスは世界中に拡大している。
Slaughtered sick chickens on sale at city markets  The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、発病して処分された鶏が市のマーケットが売買
 処分後の鶏が密かに市場へ流れ、貧しい人々の間で購入されることが多い。バングラデシュの貧しさと健康危機との対比。
 *訳者:いまだバングラデシュで人での発病例が報告されていないのには、ある種の驚きを覚える。
 ・ウイルス クレード2.2と言われ、中国青海省からヨーロッパ、アフリカへ広がった株と思われるが、決して人に感染しないとは思われない。
 ・インド政府は、鶏での流行はコントロールだれたが、今後3ヶ月間は人での発生に警戒しなければならないと、警報を出している。その意味がやや理解できない。
2月22日

GlaxoSmithKline's pre-pandemic flu vaccine recommended for EU ... Forbes, NY (米国) グラクソ・スミス・クライン社のプレパンデミックワクチンが、ヨーロッパ委員会へ推薦
 EUにおける医薬品許可を討議する委員会が、グラクソ社のプレパンデミックワクチンをEU委員会へ許可推薦をすることに決定された。これにより同プレパンデミックワクチンがEUで認可されるのは間違いにことになったが、問題は各国政府がそれを購入するか否かである。
China confirms 2nd human bird flu fatality in February People's Daily Online, China  (中国) 中国、2月に入って2例目の鳥インフル死者発生
 H5N1鳥インフルが中国で今年に入って2例目の死者を出したことを、保健省が21日発表した。患者は広西自治区の男性である。
 41歳の南寧市に住むリアンさんは発熱と頭痛を2月12日に訴え、14日に入院した。しかし治療にも関わらず症状は悪化し、2月20日の午後に死亡した。
 男性の検体は中国のCDCで検査され、H5N1ウイルス感染が確かめられた。リアンさんは発症する前に病的になった家きんと接触した既往があったとされる。
 リアンさんと接触した人々の健康調査が行われているが、これまで異常者は見つかっていない。
 当事例は中国で今年度2例目の人での発病事例となった、
 2月18日に、保健省は湖南省の22歳のリさんが検査でH5M1陽性で、1月16日に死亡したことを発表している。
 2003年以来中国で29例の発病者が出て、そのうち19例が死亡したことになった。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters (国際) WHO、人での鳥インフル感染事例をまとめる

 WHOは21日、27歳のニンビン省出身のベトナム人男性がH5N1鳥インフルで死亡したことを確認した。
 またWHOはインドネシアにおける2人の死亡、16歳男性、2月10日死亡、と3歳男児、2月15日死亡、を発表した。
 中国も同様に21日41歳男性がH5N1鳥インフルで死亡したことを発表しているが、WHOはいまのところ確認していない。
 これまでベトナムで確認された発病者数は104人で、そのうち50にんが死亡している。世界では231人が死亡し、発病者数は365人とされている。
 以下は確認された人でのH5N1鳥インフル発病例数と死亡例数である。発病例数には死亡例数も含まれている。死亡、発病の順である。

Deaths Total cases AZERBAIJAN 5 8 CAMBODIA 7 7 CHINA 18 28 DJIBOUTI 0 1 EGYPT 19 43 INDONESIA 105 129 IRAQ 2 3 LAOS 2 2 MYANMAR 0 1 NIGERIA 1 1 PAKISTAN 1 1 THAILAND 17 25 TURKEY 4 12 VIETNAM 50 104 ---------------------------- TOTAL 231 365

*訳者
  WHOの公式情報がどこまで真実を反映しているのか誰にも分かりません。今回のまとめでも。インドネシア保健省は4人死亡しているとの発表をしていますが、公式例では2名となっています。以前から気になっていた7歳少年はインドネシア報告では死亡しているようですが、WHO情報では触れていません。
 WHO情報は世界的にどのような意味を持つのか不明です。各地域で報道された、または当局が発表した事例について、当然吟味していると思われますが、それらについてのコメントが欲しいところです。
 パンデミックが発生してから、積み上げられた遺体の数を数えて、その数を公式発表にすることだけが役割になって欲しくはないと思います。

FACTBOX-Bird flu's spread around the globe Reuters  (国際) 鳥インフル、世界中に拡大

 WHOは21日、27歳のベトナム男性のH5N1鳥インフルによる死を確認した。男子はニンビン省出身である。
 WHOはまた同様にインドネシアにおける2人の死を確認した。2月10日に死亡した16歳少年と、2月15日に死亡した3歳男児である。
 中国政府は21日、41歳男性がH5N1鳥インフルにより死亡したと発表した。しかし当事例はWHOで確認されていない。

 抗病原性H5N1鳥インフルはアジアで2003年に発生し始めた。その後の状況をいかにまとめる。
  省略(訳者)

Suspected bird-flu case in Meghalaya Newindpress, India  (インド) インド、メガーラヤで鳥インフル疑い例が発生
 シロン市民病院へ21日少女が鳥インフル疑いで入院した。メガラヤ州の保健局に伝えられた。



 州の保健サービス局のラキアン長官によると、21歳女性のアンジアリナ・パスラチンは、発熱と発疹で入院し、隔離病棟へ収容されている。
 少女はジャインチアヒルズ地域のシプン出身で、最初に地域の保健センターに入院した。その後、シロンの個人病院へ入院したが、即日市立病院へ移送された。
 主治医は血液と糞便を採取してウイルス検査にまわしてあると語っている。
 他の専門家達も、検査結果が分かるまでは何も言えないと語っている。

 少女の住んでいたジャインチアヒルズは、西ベンガル州とメガラヤ州の境をなしている。
Bird flu and mass hysteria The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ 鳥インフルエンザと集団でのヒステリー
 家きんの殺処分、家きん産物の接触禁止等からくる混乱。そうした中でもH5N1鳥インフルに対する危険の認識度は低い。
UPDATE 1-EU backs first pre-pandemic flu shot from Glaxo  Reuters  (国際) EU、グラクソ社のプレパンデミックワクチンを承認
 ヨーロッパ医薬品機関(The European Medicines Agency)は、プレパンドリックス( Prepandrix)を初のプレパンデミックワクチンとして承認した。同ワクチンは英国のグラクソスミスクライン社が開発した。
 ワクチンはパンデミックの前、または期間中に接種するのを目的にしている。その目的は免疫機構をH5N1鳥インフルウイルスに対して賦活することで、ある程度の免疫がH5N1鳥インフルウイルスにたいして成り立つと同時に、再度ウイルスが入ってきたとき(ワクチン)、大量の抗体が産生される。
 グラクソ社のワクチンは既に世界の数カ国で輸入する契約を結んでいる。
 他にワクチンを製造している企業は、Sanofi-Aventis (SASY.PA: Quote, Profile, Research) and Novartis AG (NOVN.VX: Quote, Profile, Research)他。
2月21日


Bird flu leading suspect in southern man’s death VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) 南部ベトナムで鳥インフルで男性が死亡した疑い
 バクリュウ省で男性がH5N1鳥インフルで死亡した可能性があることが当局から発表された。
 43歳男性のライバン・タンさんは、バクリュウ省の病院へ水痘、咳、そして呼吸困難で入院した。その後、胸部写真を撮影した後、H5N1鳥インフルウイルスに感染していることが疑われた。
 男性は直ちにノーチミン市の病院へ転送されたが、移送中に死亡した。
 初期の調査では、男性が闘鶏に接触していたことが判明している。

 他のニュースでは、ベトナムは今年度これまでH5N1鳥インフルで4人が死亡していることが報告されたが、2人はハイズオン省、1人はニンビン省、そして1人がツエンクアン省である。
Vietnamese man might die from bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナム男性、鳥インフルで死亡した可能性
 40歳のベトナム南部のバクリュー省の男性が急性肺炎で死亡し、鳥インフルに感染していた疑いが持たれていることが、地方紙の「Youth 」で21日に報道された。

 男性の名前はライバン・タンさんと言われ、鳥インフル様症状を呈した後、2月19日に死亡した。彼の近隣に住む人々は、男性が頻繁に闘鶏に接触していたと語っている。
 これまでベトナムでは鳥インフルの発生が始まった2003年以来104人が発病し、50人が死亡している。
 2月中旬、2人の地方の人、すなわちニンビン省の27歳男性、および北部のハイズオン省の40歳男性が鳥インフルで死亡している。
 昨年12月には、4ヶ月ぶりに北部のソンラ省で4歳男児が死亡した。
 最近検出された鳥インフル患者は全て、症状を呈する前に家きんとの濃厚接触の既往がある。
 最近のベトナムでは6ヶ所の地域で家きんの間で鳥インフルが発生している。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans  Reuters  (国際) WHO人における鳥インフル患者数更新
 WHOは20日、中国の湖南省の22歳男性のH5N1鳥インフルによる死を確認した。
 中国で確認された28事例のういち18人が死亡している。
 以下はこれまでの世界で確認された人でのH5N1鳥インフル感染者と死亡者の合計数である。
死亡者数・発病者数: AZERBAIJAN 5 8 CAMBODIA 7 7 CHINA 18 28 DJIBOUTI 0 1 EGYPT 19 43 INDONESIA 103 127 IRAQ 2 3 LAOS 2 2 MYANMAR 0 1 NIGERIA 1 1 PAKISTAN 1 1 THAILAND 17 25 TURKEY 4 12 VIETNAM 49 103 ------------------------------------------------- 世界 228 362
 *訳者注:WHO報告は一般的に公式情報とされているが、実際には非公式ではあるが、他ににも患者。死者は発生していると考えられる。WHOが検体を確認していない限り、これらの事例は公式統計に入らない。実際に本年度にはいってからベトナムでは4人発症、そのうち3人死亡しているが(ベトナム保健省発表)、WHO統計では2名の発病者(死亡している)しか含んでいない。

Bird ‘flu outbreak – simulation exercise Scoop.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) 鳥インフル勃発-シミュレーション訓練
 鳥インフル勃発-シミュレーション訓練
 各種の鳥インフルが国内で発生したときの「バイオセキュリティー」対応のシミュレーション訓練
US: States better prepared for disasters Chippewa Herald, WI (米国) 米国:大災害に対する準備は改善されている
 米国保健当局の報告の中で、各州と都市は、パンデミック・インフルエンザ、バイオテロ、そして他の健康危機に際しての対策に強力な労力が支払われていて、採点すると”A”の評価がつけられると、CDCのリチャード・ベッサー博士が発表した。

2月20日

鳥インフルウイルスが人の細胞に感染するために必要な能力
スペインインフルウイルス等を用いて証明
MIT研究陣
2008/1/7&2/20
 H5N1鳥インフルエンザウイルスが人に感染性を獲得するために必要な変異

 H5N1鳥インフルウイルスのH基が結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=alpha 2-3(円錐形):主として鳥の細胞と人の肺の奥の細胞に存在。希にウイルスを大量に浴びて、肺の奥にウイルスが侵入した場合、感染する人がいる。
 通常の人インフルエンザが結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=長い、傘型alpha 2-6:主として人の上気道細胞に存在。alpha 2-6には他に短い円錐形のタイプもあり、それには人インフルエンザウイルスは結合できない。H5N1鳥インフルウイルスが希にそれに結合することもある

 H5N1鳥インフルウイルスが人人感染を生じるために必要な変異
  人の上気道細胞膜面に存在する”長い、傘型alpha 2-6”リセプターに結合出来る能力の獲得
 H5N1鳥インフルウイルスに対する有効なワクチン:
  上記のごとく変異したウイルスに対するワクチン。通常のH5N1鳥インフルウイルス(alpha 2-3リセプターにしか結合できない)に対するワクチンは効果が低いと考えられる。

Indonesia president urges fair bird flu virus sharing Reuters (国際) インドネシア大統領、公正なウイルス共有を求める
 昨年8月以来分離ウイルスの提供を拒否しているインドネシアは、提供国が公正な体制に同意する場合にのみ、鳥インフルウイルスを共有することを望んでいる。そのようにインドネシア大統領は語った。
 提供する場合、ウイルスは検査の為にのみ使用し、商業的目的には使用しないという保証書が必要だと、インドネシア政府は主張している。
Ministry declares March high-risk month for bird flu Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) ベトナム保健省、3月は鳥インフルの高度警戒が必要と
Vietnam health officials fear bird flu could spread nationwide Earthtimes, UK  (英国) ベトナム保健当局、鳥インフルが国内に拡大する可能性を警戒
 鳥インフルウイルスが7省に広がり、さらに3人が死亡したベトナムでは、保健省が3月に鳥インフルが国内全体へ拡大する可能性があるとして、対策を強化するように20日発表した。
 「もし対策が不十分ならば、3月には、人での感染は広がり、2005年度のような酷い状況になる可能性が高く、そして家きんでの発生も国全体に広がる可能性がある」、と農業省副大臣が語った。
Bird flu over, alert for human infection Times of India, India  (インド) 西ベンガル州、鳥インフルは過ぎ去ったが、人感染への警戒を強化
 西ベンガル州内での家きん産物の販売禁止が解禁されて1週間経過したが、州政府は18日に突然、鳥インフルの人の間での感染拡大に注意するように警戒報をだした。

 保健局は当局者達にH5N1鳥インフルの感染の可能性について十分注意するように求めた。
 「今後3ヶ月間、人での発病者の出現に十分注意を払わなければならない」、と鳥インフルの脅威を評価する高官会議に出席した、ある当局者が語った。
 保健当局者達は、殺処分に関与した作業員や市民達が、厳重な隔離対策を逃れていないか心配している。殺処分に参加したチームの健康状態は綿密に地域の医師達によって監視される必要がある。
 「死亡した鶏に接触した後、5日間以上続く発熱を呈している人々は、鳥インフルに関する全ての必要な検査を受けるように、全ての関係する保健当局者に伝えられている」、と高官の一人は語っている。
MIT explains spread of 1918 flu pandemic WebWire (press release), GA  (米国) マサチューセッツ工科大(MIT)の研究陣、スペインインフルの拡大を説明
 下方、ワシントンポストの解説記事。
 鳥型インフルウイルスが人の上気道の細胞に結合するためには2つの変異が必要。
600 chickens culled in Jharkhand's Pakur district Newindpress, India  (インド) ジャルカハンド州のパクール地域で600羽の鶏が殺処分
 合計600羽の鶏が、西ベンガル州に隣接している地域の村で、中央政府の命令に従って殺処分された。
 鳥インフルが大流行した西ベンガル州との間に5キロの無ウイルス地帯を設けるために、中央政府からの命令で、ジャカルハンド州の各地域で家きんの殺処分が行われている。
 同州では鳥インフルの発生は報告されていない。
2 Mutations Were Critical to Spread of 1918 Flu  Washington Post, United States (米国) スペインインフルエンザ・ウイルスの人の間での拡大には、2ヶ所の変異が必要だった

 1918年に世界中で5000万人以上の犠牲者を出したスペインインフルエンザ・ウイルスに関する新研究が、今日のパンデミックを生じる可能性の高い鳥インフルウイルスの研究に寄与するところが大きいと、研究者達が語っている。

 マサチューセッツ工科大(MIT)の研究者達が、1818年の鳥インフルウイルスが、表面に存在するヘマグルチニン(HA)と呼ばれる、人の上気道のリセプターに強く付着するために必要な分子nの二ヶ所で変異を起こしたことを見いだした。
 ウイルスが細胞内に侵入するためにリセプターに強く付着出来るかどうかは、ウイルスの人への感染にとって極めて重要なことである。2月18日に「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載された論文でそれらの事実が明らかにされた。

 「二つの変異が起きると劇的にウイルスは人の上気道の細胞のHAリセプターに結合するようになる」と、発表論文の筆頭著者であるラム・サシセクハラン教授(the Underwood Prescott Professor of Biological Engineering and Health Sciences and Technology)は論文の中で語っている。
 サシセクハラン教授と共同研究者達は、先に1月号の「Nature Biotechnology」に、インフルエンザウイルスは人の呼吸器の細胞の表面に存在する糖鎖の受容器の形に、ウイルスのHAが適合出来る場合にのみ、結合出来るという事実を発表した。受容器はアルファ2-6(alpha 2-6)として知られ、それには2つの形があり、一つは円錐形で、もう一つは開いた傘状である。
 今回発表の新研究では、鳥インフルエンザウイルスが人に感染するためには、傘状のリセプターに結合できる能力を獲得する必要があることが、明らかになった。
 「インフルエンザウイルスのHAが細胞表面の糖鎖受容器と結合出来る能力が、ウイルス感染にとって決定的に必要なものとなっているようだ」、とサシセクハラン教授は語っている。
 研究者達は、1918年のスペインインフルエンザを起こしたパンデミックウイルスと、他の似たウイルス株(NY18とAV18)を比較した。後者はHAで1ないし2個のアミノ酸が違うだけである。
 人のインフルエンザに感受性あるフェレットを用いて実験は行われたが、研究者達は以前にパンデミックウイルスはフェレットに効率良く感染するが、NY18は軽度にしか、そしてAV18は全く感染しないことを見いだしていた。
 軽度の感染しか起こさないNY18は傘様受容器に結合したが、パンデミックウイルスのように強い付着は起こさなかった。さらに感染を起こさないAV18は受容器に全然付着できなかった。
 NY18よりも感染性が高いTX18という他の株は、傘様受容器に対する結合能力は高かった。
 米国CDCの研究者達は昨年、これらの株の人の細胞に対する感染性の違いを明らかにしているが、生化学的に感染性の違いを明らかにしたのはMITの研究者が初めてである。 

先に発表された研究報道の訳文は-->ここです

2月19日

Dead poultry raises bird flu alarm in Vietnam Reuters UK, UK  (英国) ベトナムで大量の家きんが死亡、鳥インフル拡大の危険性

 北部ベトナムで川や流れで多くの死亡した家きんが見つかっていて、長い低温の気候が続いていることから、新規の鳥インフルが発生している兆候かも知れないと、当局者が19日語った。

 農業省が5省で大量の家きんが死亡していることを発表した。
 またH5N1鳥インフルが、記録的低温が続いた1月18日から2月14日までの間、3人を殺した。H5N1鳥インフルウイルスは低温で活発になると思われている。
 「最近、動物保健局は、いくつかの省で大量の家きんが死亡している報告を受けている」、と同局はウエブサイトで発表している。
 「低温が続くと、北部で鳥インフルの発生が予想される」、と同局は懸念を伝えた。
 また同局は別な報告として、北部のハイズオン、ナムディン、ツエンクアン省で2500羽のアヒルと鶏が死亡したことを伝え、それらの省を先にリストに載せた鳥インフル監視地域の7省に付け加えた。動物保健局のスタッフが、3農場の残りの1900羽の家きんを殺処分した。

 一方医師団は週末に北部のハイズオン省に住んでいた7歳の小児が、H5N1鳥インフルに感染していることを確認した。子供はハノイで、他の感染疑い者と一緒に治療を受けている。
 ベトナム保健省によると、2003年末以来106人が鳥インフルを発症し、そのうち50人が死亡している。
 当局では北部で国境を隔てている中国からの家きんの密輸を取り締まることが困難であると発表しているが、中国では18日に人での死亡が確認されて、同国で18人目の死者となっている。

China reports another bird flu outbreak in Tibet Reuters AlertNet, UK  (英国) 中国、チベットで鳥インフル発生と
 中国はチベットで家きんにおける鳥インフルが発生したことを報告した。ヒマラヤ地域でこの2週間に2件目の発生事例となった。
 地域の首都であるラサの郊外にある村で2月6日に鳥インフルが発生しだした。中国農業省によると、132羽の家きんが感染死し、拡大防止のために7698羽が殺処分された。国立鳥インフル専門研究所の検査で、ウイルスがH5N1株であることが18日に確認された。
Bangladesh culls 200000 chickens to contain bird flu The Post, Pakistan  (パキスタン) バングラデシュ、20万羽の鶏を殺処分に
ロイター

 バングラデシュは20万羽近い鶏を鳥インフル感染農場で一晩で殺処分した。同国では国内の三分の二に鳥インフルが広がっている。
H5N1 cases rise in China, Indonesia, Vietnam CIDRAP, MN  (米国) 人でのH5N1ウイルス発病者が、中国、インドネシア、ベトナムで増加

 中国保健省は本日22歳男性が本年度同国での初の鳥インフル死者となったことを発表し、またインドネシアとベトナムの保健省は、3例のH5N1感染者を発表し、そのうち2人は死亡例であった。

 中国保健省は本日ウエブサイトで、中央中国の湖南省に住んでいた男性が1月16日に発病し、数日後に入院、そして1月24日に死亡したことを発表したとロイターが報じた。もしWHOが確認するなら、中国として28人目の発病者となり、そのうち18人が死亡したことになる。
 中国保健省によると、最初に男性から採取された検体は、2月15日にH5N1ウイルスに陽性であったことが確認されたが、さらに北京のCDCに送られて、昨日確認されたという。
 国営通信の新華社は本日、保健省は男性の感染源に関しては一切発表していないと報道している。男性と濃厚接触した人々は、現在医学的監視下に置かれているが、AP通信によると、健康上異常を示している人はいないとされる。

 一方、インドネシア保健省は16日にH5N1ウイルスにより2人が死亡したことを発表した。中央ジャワの16歳少年とジャカルタ郊外の3歳男児である。16日のAP通信による。
 保健省のウエブサイトによると、16歳少年は2月3日に呼吸器症状で発病し、2月10日にソロ町の病院で死亡した。もしWHOが確認すると、男性は同国で128人目の発病者で、104人目の死者となる。
 保健省によると、少年の周辺で病的になった鶏がいて、少年が発病する前に処分したと考えられている。
 一方、保健省の伝染病対策のニオマン・カンズン長官が、南ジャカルタに住んでいた3歳の男児が2月15日に死亡し、二ヵ所の検査所での検査結果でH5N1ウイルス感染が確かめられたと発表した。ロイターの報道による。もしWHOが確認するなら、インドネシアで129人目の発病者で、かつ105人目の死者となる。
 カンズン長官はロイターに、男児の周囲に住む人々の多くが鶏を放し飼いしていて、男児は多分それら家きんから感染したと考えられると語っている。

 さらにベトナム保健省は2月16日に、北部のハイズオン省の7歳の小児がH5N1ウイルスに感染したと発表し、先週同国で発病した患者数が3人に増加したと、2月16日に新華社が報じた。
 新華社は、現地の報道「Young People」の内容を伝えているが、小児の性は不明で、ハノイの中央小児病院で治療を受けているとされる。もしWHOに確認されるならば、ベトナムで105人目の発病者となる。
 

Children's protein intake at stake The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル発生により、小児のタンパク質摂取量に問題が波及
 バングラデシュの子供達の蛋白資源は鶏卵と鶏肉が中心となっている。魚は効果で、中流以下の家庭では主要な蛋白源とはなり得ない。最近の鳥インフルの広範な発生で、小児の蛋白源の問題がクローズアップされてきた。
Vietnam strengthens antibird flu activities Mathaba.Net, UK  (英国) ベトナム、鳥インフル対策を強化
 ベトナム農業食料省大臣は、全国的に鳥インフル対策を強化するように通達をだした。
 最近、人や家きんの間で鳥インフルの発生が相次いでいるためである。
 
 ベトナムでは今年に入って4人の鳥インフル発病者を出し、そのうち3人が死亡している。同国で初の発病者が2003年に発生して以来、105人の発病者数となり、そのうち50人が死亡している。
 住民に対する鳥インフルの知識の啓発、病的になった家きんを食べてはいけないこと、感染予防のたの衛生の向上等、の啓発強化する必要が占めあれた。
China confirms new bird flu death Adelaidenow, Australia  (オーストラリア) 中国、新規鳥インフル死者を確認
 中国中央の湖南省に住む22歳の中国人男性が、H5N1鳥インフルで死亡し、今年に入ってから2人目の鳥インフル死者となった。保健省が昨夜発表した。

 男性はリさんと言われ、1月16日に高熱と頭痛で発症した。その数日後に男性は病院を受診し、1月24日に死亡した。そのような内容を保健省はウエブサイトに掲載した。
 男性からの検体を調べた北京のCDC(疾病管理センター)は、昨日H5N1ウイルスが陽性であることを発表した。
 保健省は検査の遅れの理由については言及していないが、湖南省は激しい吹雪に見舞われていて、100人以上の人々が死亡し、また道路も寸断されていた。中央政府は適切な処置をとったとコメントしている。
 男性と濃厚接触した人々は厳重な医学的監視下にあるが、現在まで健康に異常を呈した人はいないとされる。
Bird flu kills central China man  BBC News, UK  (英国) 鳥インフルで中国男性が死亡
 中国保健省が、中国中央で22歳男性が鳥インフルで死亡したことを確認した。

 男性は姓をリさんと言われ、1月10日に発熱と頭痛で発病し、1月24日に死亡したと、国営通信が報道した。
 リさんは27歳で、中国内でH5N1鳥インフルに感染し、中国として18人目の死者となった。

WHOも認識

 リさんから採取された検体は、北京の疾病管理センターに送られ、H5N1鳥インフル感染が確認された。
 保健省からの発表で社、リさんと濃厚接触した全ての人々は検査を受けたが、健康上異常を呈する人は今までの処見つかっていない。
 保健省はWHOと海外の政府機関に報告したと、ロイターが報道している。
China confirms bird flu death: state media AFP (国際) 中国で鳥インフル死者が出たことを国営通信が報道
 中国中央で22歳男性が鳥インフルで死亡したことを保健省が18日確認したと、国営通信の新華社が発表した。
 男性はリさんと言われ、湖南省に住んでいて、1月16日に発熱と頭痛を呈して入院した。しかし男性の症状は悪化し、2日後に死亡した。
 中国の疾病管理センター(CDC)は男性から採取された検体を調べたが、H5N1鳥インフルウイルスが陽性であった。報告では、男性の感染源に関しては言及しなかった。
 地域の行政府は、鳥インフルの予防対策を強化し、男性と濃厚接触した人々を厳重な医学的監視下に置いたが、現在までに鳥インフル様症状を呈した人はいないとされる。
 男性の死は18日早朝に香港保健省から報告された。
 中国の鳥インフルでの死者数は18人となり、他に10人の回復者がいる。

2月18日

Bird flu spreads to more regions VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル、さらなる省へ拡大
 ベトナムではハイズオン、ニンビン、およびチュエンクアンの3省で鳥インフルが再興し、他の北部のクアンニン省と南のロングアン省では拡大を続けていると、最新の保健省の報告で発表された。


 ニュエンフィ・ニャ(Nguyen Huy Nga,)国立予防保健局長官が、最近H5N1鳥インフルで死亡した4人について、(ハイズオン省の2人、ニンビン省とツエンクアン省、各1人)鳥インフルに関しての警戒心と理解力が不足していたと非難した。
 H5N1鳥インフルの治療には、48時間以内に開始しなければならないという医学的根拠があるが、これらの患者達が入院したのは余りにも遅すぎた、とニャ氏はコメントした。
 しかしながら先週早期に発病した患者達は、旧正月早々病院へ行くのは不吉で、1年間不運に見舞われると信じていた。
 当局がH5N1鳥インフルに対する警告を発しても、何人かの人々はいまだ病的になったり、死亡した鶏を料理して食べている。理由は死亡した鶏は通常のインフルエンザで死亡したと考えているからだ。
 ニャ氏はまた、最近発生しているH5N1鳥インフルによる死亡は、H5N1鳥インフル発病家きんに接触する危険性がある地域として社会的にリストアップしていない、地域で認められていると語っている。
 国立保健局のメンバーのズオン氏は、H5N1ウイルスの株の中のいくつかは、感染した鳥から空気中に拡散し、羽を抜いたり料理している人々に感染してゆく能力を獲得している可能性がある、と語っている
 現在、北部の省は1年の中で最も寒い時期を迎えている。そして、結果として多くの渡り鳥が温暖な地域へ移動を開始している。その結果現在の場所から次の場所へウイルスを運んでいる、とズオン氏は説明している。
 しかしながらズオン氏はベトナム国内には、抗H5N1ウイルス薬(タミフル)が十分あることを強調した。13日に保健局では国内のタミフルの備蓄状況をチェック済みであると付け加えた。

2月17日

Indonesian boy dies of bird flu, putting death toll to 105 Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) インドネシアの男児、鳥インフルで死亡、同国で105人目の死者に
 南ジャカルタの3歳男児が鳥インフルで死亡し、同国の発病者数が129人、死者数が105人となったことが、保健省から発表された。
 インドネシア保健省の疾病管理環境保健局長官のカンズン氏は17日、男児の血液検体で男児がH5N1鳥インフルウイルスに感染していたことが確認されたことを発表した。
 男児は東ジャカルタの鳥インフル専門病院であるペルサハバタン病院で15日死亡した。男児は死亡する前にジャカルタ近郊のタンゲランの病院から転送された。
 男児の感染源は明らかにされていないが、少年の家の周辺に鶏の”と殺場”があり、そこが感染源の可能性があると、関係者は話している。
Bird flu spreads to another Bangladesh district Reuters (国際) 鳥インフル、バングラデシュでさらなる地域へ拡大
 当局が大量の家きんの殺処分を行い、鳥インフルの拡大を抑えているにもかかわらず、バングラデシュではさらに新地域で鳥インフルが発生し、同国64地区のうち43地区で感染が広がっていることが、当局から17日発表された。
 感染が確認された新地域は、南西部のシャリアトプールであると、家畜局の当局者が語った。
1.6 lakh chickens to be culled from single farm in Dhaka Frontline, India  (インド) バングラデシュの首都ダッカの農場で16万羽の鶏を殺処分に
 バングラデシュの家畜局が、首都ダッカで大手の家きん農場で約16万羽の鶏の殺処分を開始した。H5N1鳥インフルの発生が確認されたためである。
 1農場でこれだけの数の鶏の殺処分が行われるのは、バングラデシュでは初めてとされる。作業には2日間要する。
 *本日、中国新華社でも同内容の報道を行っている(訳者)。
Bird flu kills one man, infects poultry in Vietnam Farming UK, UK  (英国) ベトナム:鳥インフルで1人死亡、子供と家きんで感染確認
 ロイター

 ベトナムで鳥インフルで今週2人目の死者がでた。さらに2省で、子供と家きんで感染が発生した。保健省は今後さらなる感染者が出る可能性があると16日、警告した。

 27歳男性が14日夜に死亡したが、男性は北部のニンビン省から12日、重症の肺炎の為に運ばれてきた。
 1月31日、男性は2羽の病的になった鶏を処分したが、その2日後に肺炎を起こし倒れた。保健省は男性の鳥インフルによる死亡は、今年に入ってから3例目となると発表している。
 医師団はまた、北部のハイズオン省の7歳の子供がハノイの小児病院で治療中であるが、H5N1鳥インフルに感染していることを確認したと発表した。情報を報じたベトナム国営通信(VNA)は、子供の性別やその他の詳細に関しては伝えていない。

 ハイズオン省は12日死亡し、同国の49人目の死者となった40歳男性が住んでいた地域である。
 鳥インフル患者が発生したニンビン省とハイズオン省は、政府の鳥インフル警戒地域リストに載っていない。しかし当局では、この季節には鶏はもっとも一般的に食べられる食材であることから、さらに人での発病者は出る可能性が高いと警告している。
 「今、春節の祝いが始まり、多くの鶏が食卓に載っている」、と保健省の予防医学局の長官が語っている。
 「多くの患者がこれから見つかるだろう」、と同長官は、人々が死亡した鶏を報告せずに調理して食べる状況を批判しながら語った。
More than 100000 chickens being culled in Bangladesh's capital Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) 10万羽以上の鶏がバングラデシュの首都で殺処分
 ほぼ毎日鳥インフルが拡大し続けているバングラデシュで、家畜局の職員達が首都ダッカで10万羽以上の鶏の殺処分を開始した。農場には合計16万5千羽の鶏がいる。
 鳥インフル対策室によると、さらに1地区で鳥インフルの発生が報告され、バングラでショの49地区中、合計43地区で発生していることになった。
 この2日間に、5地区の6農場で、13820羽の鶏、鳩および卵が処分された。
1.65 lakh fowls culling begins in city farm The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) 市立農場で16万5千羽の家きん殺処分が開始
 首都ダッカのバッダの家きん農場で、H5N1鳥インフルが発生したため、16万5千羽の鶏の殺処分が昨日始まった。当局によると、同国でこれまで最大となる処分数とされる。
 一方、鳥インフル対策室や関係者の話によると、13730羽の鶏と他の家きんが、この2日間に4ヶ所の農場で行われたという。
Bird Flu Kills Another Indonesian Boy ABC News  (国際) インドネシア、さらに男児が鳥インフルで死亡
 
AP通信内容。
Bird Flu Kills Another Indonesian Boy Newsday, NY (米国) インドネシア、さらに男児が鳥インフルで死亡
 AP通信内容
Bird Flu Kills Another Indonesian Boy Guardian Unlimited, UK  (英国) インドネシア、さらに男児が鳥インフルで死亡
 AP通信

 3歳のインドネシアの男児が鳥インフルで死亡したと、インドネシア保健省が16日発表したが、同国として同日に2例の死亡例の発表となった。
 これら2例は互いに関連はなく、インドネシアでの死者数は105例となった。
 ラジオ「エルシンタ」によると、最新の死亡例は、ハンさんという3歳の男児でジャカルタの南部に住んでいた。
 保健省の高官ニオマン・カンズン氏は、報告を確認し、検査室診断で少年がH5N1鳥インフルに感染していたことが確認されたと語っている。しかし、同氏はそれ以上の詳細に関しては不明と語った。
2月16日
         
Pakistan confirms new bird flu outbreak in NWFP Reuters  (国際) パキスタン、ノースウエスト・フロンティア州(北西辺境州)で新規鳥インフル発生を確認
 パキスタン当局は、鶏におけるH5N1鳥インフルの発生をノースウエスト・フロンティ州(NWFP)で確認したことを発表した。当州では昨年12月、パキスタンで初の人での鳥インフル死者が発生している。

 パキスタンでは、数件のH5N1鳥インフルが家きんや他の鳥でNWFPや首都イスラマバードで、2006年当初から発生している。
 パキスタン初の鳥インフル死亡は、NWFPのアボッタバード近くで昨年12月に確認している。
 当局はパキスタンの大都市であるカラチの2家きん農場で、今月初めにH5N1鳥インフルの発生を確認したが、その際、農場従業者12人の血液を調べたが、全員H5N1鳥インフルウイルスは陰性であった。
Indonesian teenager dies of bird flu Reuters UK, UK  (英国) インドネシアのティーンエイジャー、鳥インフルで死亡
 中央ジャワ州の16歳少年が鳥インフルで死亡し、インドネシアで104人目の死者となったことを、保健省が16日発表した。
 少年は、彼と隣人が飼育している鶏が突然死亡した後、2月3日に発熱と呼吸器症状で発病した。
 今年に入ってからインドネシアでは人の鳥インフル感染者が急増している。専門家の中にはその理由を、雨の降る季節の中で高湿度と、不衛生を指摘する人もいる。
Bird flu kills 16-year-old boy in Indonesia, bringing nation's ... PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria (オーストリア) 鳥インフルで16歳のインドネシア少年が死亡
AP
 中央ジャワ州で16歳少年が鳥インフルで死亡し、同国の鳥インフル死者数が104人となった。保健省が16日発表した。
 少年は2月3日に、咳とたの呼吸器症状を呈して発症した。その1週間後、ジャカルタの南東450キロにある、ソロ市の病院で死亡した。
 検査で少年がH5N1鳥インフルに感染していることが確認されたと、保健省は発表した。
Indonesian boy dies from bird flu China Internet Information Center|, China  (中国) インドネシアの少年、鳥インフルで死亡
 新華社
  中央ジャワ州に住む16歳の少年が鳥インフルで死亡し、同国の鳥インフル発病者数が128人となり、そのうち死者数は104人となった。
 インドネシア保健省が16日発表した。
 少年は2月10日に中央ジャワ州の病院で死亡したが、血液検査結果は15日に出て、H5N1鳥インフルに感染していたことが確認された。保健省の報道官のスリスチョワチ氏が発表した。
 「少年は10日に死亡し、2ヶ所の検査所で少年の血液検体を調べたが、15日にH5N1鳥インフル感染が確認された」、と報道官は新華社通信に語った。
 少年は自宅の家きんに接触した既往があり、それらの何羽かが少年が発病する前に突然死亡した、と説明された。少年は2月3日に発症した。
 「少年は病的になった残りの鶏を処分している」、と報道官は付け加えている。
 最初の症状、発熱と呼吸困難、咳が2月3日に出てきてから、少年は村の伝統的助産婦のもとに行ったが、その6日後にソロ町のモエワルディ病院へ入院した。入院翌日に少年は死亡した。
Vietnam reports new bird flu patient People's Daily Online, China (中国) ベトナムで新たに患者発生
 ベトナム保健省は北部のハイズオン省でH5N1鳥インフルに7歳の子供が感染したと発表し、2003年以来、ベトナムで発病した鳥インフル患者数が105人となったことを、地方紙の「Young People」を通じて16日に発表した。
 子供はハノイの中央小児病院で治療を受けている。
 数人の鳥インフル疑い患者が同じようにハノイ市立熱帯病病院に入院している。検体がベトナム国立公衆衛生疫学研究所で調べられている;
 ベトナムでは2003年12月以来、105人の人での鳥インフル患者が確認されており、そのうち50人が死亡している。
 2月13日以来2人の田舎に住んでいた男性が鳥インフルで死亡している。1人は北部のニンビン省の27歳男性で、もう1人は40歳男性で北部のハイズオン省に住んでいた。
 1月18日には32歳男性が北部のツエンクアン省で死亡している。
 最近発病している患者は全て発病前に、家きんと濃厚接触している。
Bird flu spreads in Bangladesh Scientist Live, UK  (英国) 鳥インフル、バングラデシュで拡大
 バングラデシュで懸命の家きん殺処分により、鳥インフルの拡大を当局が抑えこもうとしているにも関わらず、さらに新しい地区へ拡大し、全64地区のうち42地区に感染が広がっている。
 南東部のコミラ地区で死亡した鶏が鳥インフルによるものであることが確認されたことから、25000羽の家きんが殺処分された。
 *昨日のロイターと同記事。
Self Administered Avian Flu Vaccine Set for Trial Medgadget.com, CA  (米国) 自己接種型鼻腔スプレー方式鳥インフルワクチン臨床試験段階に
 デルサイト・バイオテクノロジー社の子会社であるカリングトン研究所は、初の無針、自己接種型鳥インフルワクチンの臨床試験を開始すると発表した。
 当ワクチンはデルサイト社が特許を持つジェルバック( GelVac)鼻腔投与用粉末を用いるが、その利点は多くある:
 ・接種が容易な無針方法、自己接種可能で、医療関係者の介助を必要としない。
 ・鼻腔接種なので、全身の免疫系刺激以外に、鼻腔粘膜の局所免疫も刺激する。
 ・保存剤が混入されてないので、そのための副作用が起きない
 ・現在のワクチンは冷蔵保存の必要性があるが、当ワクチンは室温保存が可能
 ・インフルエンザワクチンを用いた実験では3年間の保存が可能。

 本年1月に臨床第一相試験として、ジェルバク鼻腔パウダー(H5N1)インフルエンザ・ワクチンを用いて毒性試験が行われ、成功した。

 カリングトン研究所のプレスリリース

Culling operations start in Jharkhand Frontline, India (インド) インド、ジャルクハンド州で殺処分作業が開始
 西ベンガル州と境をなすジャルクハンド州で州境から5キロ以内の家きんの殺処分が開始された。一方、アッサム州では作業を完了している。
 西ベンガル州では異常な家きんの死亡は報告されていない。
 家きんの大量処分を行い、鳥インフルを一掃したと発表されている西ベンガル州では、293の迅速対応チーム(Rapid Response Teams)が、監視、清掃、消毒、衛生設備のチェック等にあたっている。

 西ベンガル州との州境の家きん処分は、アッサム州では完了、ビハール州では37%完了とされる。
2月15日


BANGLADESH: More needs to be done to tackle bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) バングラデシュ:鳥インフル対策をもっと強化する必要
 新規地域の家きん農場へH5N1鳥インフルが広がっている。これまで238ヶ所の商業農場で60万羽の家きんが殺処分されている。
 一方、800人以上の人々がこれまでH5N1鳥インフルウイルスの検査を受けているが、全て陰性であった。
 ダッカ市の高官は、地域の清掃と、ウイルスの拡大を防ぐための衛生が十分ではないと語っている。
 *以上部分意訳。
Bird flu kills second Vietnamese in two days Earthtimes, UK (英国) ベトナム、鳥インフルで2日間に2人目の死亡者
 ベトナム当局によると、鳥インフルを発病していた男性が15日朝に死亡した。2日間で2人目の死者で本年度3人目の死者である。
 27歳男性が、ハノイの南120キロのニンビン省の病院に11日に入院した。そして翌日、ハノイの病院へ転送された。
 保健省は14日遅くに男性が検査でH5N1鳥インフルウイルスが陽性であることを発表した。男性と家族は旧正月の間に、地方の市場で購入した鶏を食べたとされる。
 男性の妻も4歳になる子供も鳥インフルの症状を呈していないが、医師達は経過を追っている。
 ベトナムでは、13日に、北部のハイズン省で41歳男性が鳥インフルで死亡しているが、また1月には32歳男性が北部のツエンクアン省で死亡している。
Bird flu spreads to another Bangladesh district Reuters (国際) 鳥インフル、バングラデシュでさらに拡大
 バングラデシュで懸命の家きん殺処分により、鳥インフルの拡大を当局が抑えこもうとしているにも関わらず、さらに新しい地区へ拡大し、全64地区のうち42地区に感染が広がっている。
 南東部のコミラ地区で死亡した鶏が鳥インフルによるものであることが確認されたことから、25000羽の家きんが殺処分された。
Asia faces grave situation of bird flu outbreak Media For Freedom, Nepal  (ネパール) アジアにおける鳥インフル発生、重大な状況に直面

 現在のアジアに於ける鳥インフル危機問題を非常によくまとめた論説
 鳥インフル発生速度が高まっているアジアでは、深刻な対策状況に直面している。家きんだけでなく、さらなる人での感染者が最近報告されている。

 ベトナム保健省は、北部のハイズン省の40歳男性が13日鳥インフルで死亡したことを発表した。同国として49人目の死者となった。何羽かの鶏が彼の家の周辺で死亡したと、地域のメディアは報じている。
 ベトナムはまた2月11日から13日に、中央のクアンニャイ省で家庭で飼育されていたアヒル600羽以上が死亡したと発表した。
 ベトナムでは、2003年末に、同国でH5N1鳥インフルが流行しだしてから、合計103人の鳥インフル発病者が発生しており、そのうち49人が死亡している。また、数千万羽の家きんが、対策とのために殺処分されている。

 一方、香港の農業水産資源保護局は、14日、ロクマチャウで見つかった1羽の死亡したアオサギからH5N1鳥インフルウイルスを検出したと発表した。
 野鳥の死骸は2月8日に見つかり集められた。
 H5N1鳥インフルに感染し、死亡している野鳥が見つかったのは、本年に入ってから香港で、今回3回目の事例となる。
 
 さらにこの2ヶ月間に、アジアでは家きんにおけるH5N1鳥インフルが多くの国で発生している;インドネシア、タイ、バングラデシュ、ラオス、パキスタン、インド、ミャンマー、ネパール。

 インドネシアの西ジャカルタの15歳少女が鳥インフルに感染し、同国で127人目の発病者となっている。そのうち103人死亡している。12日に同国保健省が発表した。
 専門家によると、インドネシアにおける初期の医療が適切でなく、そして伝統的家きん市場が不衛生であることなどが、同国における人での鳥インフル致死率の高さの原因と考えられている。

 新規の家きんにおける鳥インフルがラオスの南部のルアンナムタ省で発生したことが12日に、地域の農業局担当者からの発表としてラオス新聞が報じた。H5N1鳥インフルウイルス感染が確かめられている。

 現在鳥インフルが拡大中のバングラデシュでは、これまで64地区のうち40地区に広がりを見せている。
 同国では2007年3月にダッカの北西30キロのサバーの家きん農場で、初めてH5N1鳥インフルが見つかった。状況は先月より悪化しだし、国中に広がっている。
 最近のデータでは40地区の228ヶ所の家きん農場で、昨年3月以来56万羽の家きんが殺処分されている。

 タイでは、先週地域の家きんが大量死亡したことから、北東部のコーンカエン省の26地域で、鳥インフルの高度警戒報が出されている。10日に省の知事が語った。

 ミャンマーでは昨年12月に同国で初の患者として7歳少女の発病が報告された。

 H5N1鳥インフルはまた、南部パキスタンの港湾都市カラチの家きん農場で見つかり、少なくとも5000羽の鶏が殺処分されている。

 インドでは、西ベンガル州で鳥インフルの発生が確認された1月中旬以降、約250万羽の家きんが処分され、ウイルスは州の13県まで広がっている。
 WHOは、西ベンガル州の状況を、”重大”と表現した。
 


Bird flu kills one, infects another in Vietnam Reuters  (国際) ベトナム、鳥インフルで1人死亡、さらに1人が発症
 鳥インフルでベトナムの40歳男性が死亡したが、さらに昨日1人が発病した鶏に接触した後発症した、と14日、国営通信が報じた。

 死亡した男性は13日にハノイの病院で、肺炎と腎不全の治療を4日間受けた後に死亡した。リベレーション・サイゴン(Liberation Saigon )紙が病院の副院長の談話として発表した。
 保健省では、このハイズン省(ハノイの南東部50キロ)に住んでいた男性から採取した検体で、H5N1鳥インフルウイルスを検出したと発表している。
 当男性は本年に入ってから、ベトナムで2例目の鳥インフルによる死者となり、同国での鳥インフルによる死者数は49人となった。
 保健省では男性と家族が原因不明で死亡した鶏を食べていたことから、家族の健康状態をモニターしている。
 医師達はさらに27歳男性がH5N1鳥インフルウイルスに感染し、現在危篤状態であることを、国営テレビを通じて14日夕方発表した。
 保健省によると、男性は北部のニンビン省に住んでいて、1月31日に病的になった鶏を処分し、2日後に肺炎を発症した。12日にハノイのバッハメイ(Bach Mai)病院に入院した。
 患者は本年度ベトナムで発症した3人目の鳥インフル患者となり、現在はレスピレーターにつながっている。
2月14日

Bird flu death toll rises in Vietnam Radio Australia, Australia  (オーストラリア) ベトナム、鳥インフル死者数が増加
 ベトナム保健省当局者は、鳥インフル死者数が49人となったことを発表した。
 最新の死者は、40歳男性で、肺炎と腎不全で昨日、ハノイの国立伝染病熱帯疾患病院で、4日間の治療後に死亡した。
 男性と濃厚接触した人々の検査が行われ、またタミフルの投与も行われている。
 男性はベトナムで本年2人目の鳥インフル死者となった。
Bird flu kills second Vietnamese this year-report Reuters  (国際) ベトナム、鳥インフルで本年度2例目の死者
 鳥インフルで40歳のベトナム人男性が死亡した。鳥インフル発症鶏を食べたことで感染したかも知れないと、国営メディアが14日報道した。
 男性の死は、ベトナムで本年2例目である。

 男性はハノイの病院で、肺と腎臓障害で4日間の治療後に13日死亡した。国営新聞の「Liberation Saigon」が、病院の副院長の発表として報じた。
 保健省はこの北部のハイヅオン省の男性がH5N1鳥インフルウイルスに感染していたことを確認したと報告している。
 保健当局では、男性の親戚達の健康状態を先週からモニターしているが、男性とその家族は原因不明で死亡した2羽の鶏を食べたとされる。死亡した鶏は周辺で他にも見られていたようだ。
Vietnamese man dies of bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) ベトナムの男性、鳥インフルで死亡
 ベトナム保健省は、北部のハイヅオン省で40歳男性が、ハノイで4日間の治療後に2月13日に死亡したと、地方紙「Young People」に14日発表した。
 男性は2羽の死亡した鶏を食事用に解体し、その後今月初めに鳥インフル様症状を呈した。男性はハノイ市立熱帯病専門病院へ2月8日に入院したが、そのときには彼の肺と腎臓はすでに障害を起こしていた。
 何羽かの鶏が彼の家の周辺で、この2,3週間に死亡していた、と新聞では報道している。
 先月末に保健省は32歳の少数民族の男性が1月18日に鳥インフルで死亡したことを確認した。彼からの検体でH5N1ウイルスが確認されている。
 男性は死亡した鶏を解体して調理し、食べていた。
 また昨年12月末にも、4ヶ月ぶりに人での鳥インフルを北部のソンラ省の4歳男児で確認している(12月16日死亡)。
Death of chickens in Jalpaiguri not from bird flu: Govt Times of India, India  (インド) ジャルパイグリ県の鶏の死亡は鳥インフルによるものではないと、西ベンガル州政府当局
 西ベンガル州政府は、13日、ジャルパイグリ県で報告のあった鶏の死亡は鳥インフルによるものではないと発表した。
 「死亡は他の理由によるもので、検査中である」と、動物資源省のアニスル・ラーマン長官が記者会見で語った。
 同省によると、ジャルパイグリ県のファラカタ地域のウマチャランプル村から、鶏の死亡が報告されていた。
NIH Funds Vaccine Research for Needle-free and Self-Administered ... Earthtimes, UK  (英国) 米国国立健康研究所、無針方式の自己接種ワクチン開発に助成金
 デンバー地区に本拠地を置く”Rocky Mountain Biosystems, Inc.® (RMBI)”が、皮膚上から個人で接種できるワクチン開発に対して、米国NIHの国立アレルギー&感染症研究所から助成金60万ドルを2年間に亘って提供されると発表した。
 インフルエンザ・パンデミックの際には、この無針接種法ワクチンを全国民に数日間で配布し、自己接種してもらうことが可能となる。
 RMBIの技術は、ワクチンによる効果の範囲を拡大できる可能性があり、バイオテロ等のさいに治療薬を直接皮膚上から接種することも可能で、また当ワクチンは量が少なくても効果を発揮できるので、接種可能対象数を増加出来る。この技術は季節性インフルエンザワクチンにたいしても適用できる。
 ワクチン接種器具は軽く、腕時計程の大きさである。
 当ワクチンの狙いは:
  ・個人で接種できる
  ・緊急時に2,3日以内に数千万人のワクチン接種が可能
  ・ワクチン貯蔵期間と長期間の安定性が改善
  ・ワクチン接種による効果の増強(皮膚からワクチンを浸透させるから)。

 *12日に米国報道で同内容を紹介済み
22000 fowls culled in 2 districts The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、22000羽の家きんが、2地区で殺処分
 パブナとクールナで12日夜、22127羽の家きんが、鳥インフル拡大防止のために処分された。
 鶏、アヒル、鳩等が含まれている。
Bird flu update Govt terms avian flu pre-pandemic: US to offer ... The New Nation, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ政府、状況をプレパンデミックと表現:米国、さらに24500人分の予防衣を提供

 バングラデシュ政府は昨日、鳥インフル対策のための最高会議(high level meeting)を開き、国内の鳥インフル発生状況をプレパンデミックと表現し、昨年の2月以来すでに41県に広がっている鳥インフル封じ込めのために、先進国からの援助を求めた。
 家畜局のメヘジ・フッサイン博士は、「バングラデシュではこの1年間に140ヶ所で鳥インフルが発生しており、プレパンデミックという状況だ」、と語った。

 会議は漁業家畜省が主催し、現在の対策をまとめ、今後の封じ込め対策を話し合う会議を開いた。国連FAO代表、WHOの同国代表、ユニセフ代表、アジア開発銀行等も参加した。
 FAO代表のAd Spijkersは、「あなた達だけではなく、我々もいるのだ」、と語り、住民に鳥インフルの危険性を教え、そして家きん産業を保護するのには、現在の情報共有方法は不適切であると語った。
 情報共有手段を見直し、成果の上がる方法にしなければならない。
 「全ての労力を結集させて、状況を完全にコントロールしなければならない。H5N1ウイルスが人から人へ感染するするようになるパンデミックに陥らないように、少しの油断も出来ない」、とSpijkersは警告した。
 米国国際協力機関(USAID)のローリング長官は、同機関と米軍が既に16500人分の感染予防装具(PPE)を提供しており、さらに3月までに24500人分が提供の予定であると、語った。
 他にウニセフが鶏肉と鶏卵は調理して食べる限り安全であること等を、感染予防のための教育に盛り込んでゆくこと、国内で不足している感染予防装具等について話し合った。

Bird flu fear grips Bengal again TopNews, India  (インド) 西ベンガル州で再び鳥インフル発生の怖れ
 ファラカタ村で402羽の家きんが鳥インフルウイルスに感染したことが分かり、西ベンガル州で再び鳥インフルの脅威が高まった。
 「1000羽の家きんの死亡が報告され、我々はその場所に調査に入った。402羽以上の家きんが感染していた。我々は検体を送って検査を依頼しているが、結果が出るまでは何も言えない」、と獣医政務官のシャンタヌ・ゴスハル氏が語った。
 以下下方のMedIndia, Indiaの内容と同じ。 
Culling completes in West Bengal NDTV.com, India (インド) 西ベンガル州、家きんの殺処分完了
 鳥インフルが広大に発生している西ベンガル州での家きん処分が13日に完了した。さらなる新規の検体からウイルスは見つかっていない。家畜農業庁が発表した。(Union Animal Husbandry Department)。
Bird Flu Fear Resurfaces in West Bengal Again MedIndia, India (インド) 西ベンガル州、新たに鳥インフル発生の疑い

 西ベンガル州で死亡した402羽の家きんがファラカタ村で見つかり、鳥インフルの再出現の不安が高まっている。
 「1000羽の家きんの死亡が報告され、我々はその場所に調査に入った。402羽以上の家きんが感染していた。我々は検体を送って検査を依頼しているが、結果が出るまでは何も言えない」、と獣医政務官のシャンタヌ・ゴスハル氏が語った。
 西ベンガル州当局では12日、州内での家きんと家きん産物の売買および輸送の禁止令を解いたばかりだ。
 州の動物資源省のアニスル・ラーマン長官は、新規発生が見られないから禁止令を解くと発表している。それを聞いた州都コルカタの鶏業者は安堵感を漂わした。
 州内で150万羽の家きんが鳥インフルで死亡し、380万羽又は州内の家きんの6パーセントが殺処分された。
 州の19県のうち16県で、合計50地域で鳥インフルが発生した。
2月13日

少女がH5N1型感染、母から移った可能性も WHO CNN Japan
 ジャカルタ――世界保健機関(WHO)は13日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し今年1月26日から入院中の38歳母親の14歳の娘も同じくH5N1型に感染していることが判明したとウェブサイトで報告した。
 娘は首都ジャカルタの病院に入院中だが、重体だという。WHOが詳しい感染経路を調査中だが、母親から移った可能性もあるとしている。ただ、母娘の自宅周辺では鶏、他の鳥類も飼育する環境にあった。
 人から人への感染が確認されれば極めてまれで、ウイルスの変質も懸念される事態となる。インドネシアにおける鳥インフルエンザ死者は世界最多の計103人だが、感染した家禽(かきん)類との接触が大多数の原因となっている。
 鳥インフルエンザ感染は2003年以降、アジア中心に一気に拡大した。他国では対応策の徹底で感染に一応歯止めが掛かっているが、インドネシアでは逆に増加傾向にあり、世界保健機関(WHO)などが迅速な対策の実施を求めている。

 インドネシア政府はジャカルタでの家禽類飼育の規制を一応打ち出しているが、罰則規定がないなど施策が徹底していないとの批判も出ている。鶏が貴重なたんぱく源となっている背景もあり、住宅地から鳥類を完全に閉め出すことが難しい状況にもある。
Indonesian girl may have caught bird flu from mother CBC News, Canada  (カナダ) インドネシア少女、母から鳥インフルが感染した可能性
 下方AP通信の内容とほぼ同じ。

Human-to-human bird flu suspected The West Australian, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル、人人感染発生の疑い
 WHOの発表を中心に報道。
Avian influenza – situation in Indonesia – update 39  WHO 鳥インフルエンザーインドネシアの状況WHO発表

 インドネシア保健省はH5N1鳥インフルエンザの人発病症例を報告した。西ジャワに住む15歳少女で2月2日に発症し、2月8日に入院した。現在、危篤状態である。当症例は、1月23日に発症し、鳥インフル発病が確認された、西ジャワに住む38歳女性の娘である。

 少女の感染源に関して調査中である。しかしながら少女は、発病した母と1月27日~28日の間接触しており、また鶏と他の家きんを飼育している隣家にも滞在した既往がある。これらの家きんから検体が採取され、少女の感染源が家きんである可能性について調査されている。

 インドネシアでの発病者数は127人となり、そのうち103人が死亡している。

*訳者コメント
  通常H5N1鳥インフルは鶏等の家きんに感染すると短時間のうちに、ほぼ100%死亡させる。人が家きんから感染した場合、報道や政府発表では、周辺で家きんの死亡があった等、状況からH5N1鳥インフルの家きんにおける発生が示唆されている。今回の場合、死亡した家きんが存在したとの報道がなく、存在していた家きんのウイルス感染の有無を調べるとの表現であるので、娘の感染源はほぼ母親と考えられる。
 またはインドネシアのウイルスが変化し、家きんは死亡させないが、人に感染しやすいタイプになっている可能性も完全には否定できない。
Indonesian girl contracts bird flu in new family cluster: WHO Philippine Star, Philippines  (フィリピン) WHO:インドネシアの少女、鳥インフル発病、母から感染の疑い
AP
 鳥インフルを発病している母の娘が同じように鳥インフルを発病し、WHOが13日、人人感染の疑いがあることを発表した。少女の母である38歳女性は、鳥インフルで1月26日から入院している。
 「少女は発病した母と接触している。しかし鶏や他の家きんを飼育している隣家にも滞在していた」、とWHOは発表し、感染源はいまだ調査中であると付け加えた。
Bangladesh to seek Chinese strategy to fight bird flu disaster Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル大災害対策に中国の戦略導入を考慮
 家きんへのH5N1ウイルスワクチン接種で成功を収めている中国の例を見習い、国内の家禽へのワクチン接種を考慮「している。
Bird flu: 3 weeks after offer, India accepts US help Times of India, India  (インド) インド、米国の鳥インフル対策援助を3週間後に受け入れ
 西ベンガル州における鳥インフル対策に米国は援助を申し出ていたが、3週間経過してからその受け入れを発表した。
 2月2日以来、西ベンガル州で新たな県での発生が無いことから、最悪の状況は去ったと農業省では判断している。
 米国の援助で、感染地域の消毒や、見逃している家きんの発見と処分を行う。
Govt to set up 17 labs to carry out bird flu test The New Nation, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル検査のために17検査所を設立

Indonesian girl contracted by bird flu, putting total case to 127 Xinhua, China (新華社、中国国営通信) インドネシアの少女鳥インフルを発病、同国の発病者数127例に
 西ジャカルタに住む15歳の少女が鳥インフルを発病し、同国の127人目の発病者となった。なお死亡者数はそのうち103人である。同国の保健相が12日発表した。

 少女は1月23日に発病した38歳女性の娘であると、保健省の報道官が語った。
 少女は現在危篤状態である。
 検体は二ヶ所の検査所で分析され、鳥インフルウイルスが確認された。
 報道官によると、少女が家きんに接触した既往があるのか否かについては不明とされる。

 「少女の感染源については調査中である。しかしながら、少女は発病した母親に1月27日~28日の間接触していて、また身を寄せていた隣家にも家きんが飼育されていた」と、報道官は説明している。これらの家きんのウイルス検査は現在行われている。
 少女は最初に症状を2月2日に呈し、2月8日に入院した。
 *38歳女性はサさんと言われ、2月4日に報道内容を掲載。
West Bengal ban on sale of chicken goes Hindu, India  (インド) 西ベンガル州、鶏販売禁止が解かれる
 西ベンガル州政府は12日、2月5日に鳥インフル予防のために発令された州内における家きんと卵の販売禁止を解いた。
 しかしながら発生数が多かったビルブームとムルシダバードの特定地域では、制限は続けられる。
 感染地域での家きん飼育は今後3ヶ月禁止される予定だ。
H5N1 found in market The Standard, Hong Kong  (香港) 市場でH5N1鳥インフルウイルスが検出
 当局は(Cheung Sha Wan Wholesale)食料市場で、シキチョウ(Oriental Magpie Robin:四季鳥)からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたため、市場における感染予防対策を強化した。
 同鳥は香港ではよく見られる野鳥である。
 *香港市街ではこれまでもH5N1鳥インフルウイルスに感染して死亡した野鳥が時々発見されている。今回も同じであるが、市場で見つかったことから、市場内の消毒など、感染予防対策が大がかりに行われる。
 野鳥がどこで感染したかについては、中国本土とする考え方が主流である。
Indian state hit by bird flu lifts poultry ban Reuters  (国際) インド、西ベンガル州、家きん販売禁止を解く
 東インド当局は12日、広範に禁止していた家きんの消費、輸送、販売の禁止令を解いた。禁止令は鳥インフル拡大対策として1週間前に発令されていた。
 販売は最初、西ベンガル州の19県のうち、H5N1鳥インフルウイルスが検出された13県で禁止されたが、その後州全体に拡大された。
 州の動物資源省長官のアニスル・ラーマン氏は、記者会見で、先月始まった鳥インフルの流行はコントロール下に入ったと、当局では判断していると語った。
 WHOは人口密度の高い西ベンガル州全体に急速に拡大している鳥インフルは、これまでのインドで最も重大な発生状況であると警告した。インドではこれまで4回のH5N1鳥インフル発生を経験しているが、人での感染者の報告はない。
 ラーマン長官は、今回の流行で380万羽の家きんが殺処分されたと語っている。
2月12日

Bird flu resurfaces in N Laos Xinhua, China (新華社、中国国営通信) 北部ラオスで鳥インフル再興
 ラオスの南ルアンナムタ省で家きんの間で鳥インフルが発生したと、地域の農業担当者の発表として、12日ラオスの新聞が報道した。
 先週、ロン地域のナムマ村で600羽近い鶏が死亡し、検査の結果H5N1鳥インフルウイルスが検出されたと、農業林業省家畜水産局の責任者が語った。
 当局は、同村の鶏と鶏卵の輸送と販売を禁止した。半径1キロ以内の全ての家きんは殺処分される。
 ラオスでの鳥インフルは昨年ビエンチャンと3省で発生したが、封じ込めに成功している。


India: culling of poultry inches towards compltion in West Bengal Indian Muslims, CA  (米国) インド、西ベンガル州での家きんの殺処分は終了間近
 州内での家きんにおける新規発生報告がないことから、感染地域における家きんの殺処分はほぼ完了したと考えられる。
Most of districts in Bangladesh affected by bird flu Xinhua, China  (新華社、中国国営通信) バングラデシュ、ほとんどの地域に鳥インフルが拡大

 バングラデシュで急速に拡大している鳥インフルが、これまで64地区のうち40地区まで拡大したことを、英国の主要な新聞である「The Independent」が12日に報道した。
 最新のデータによると、40地区にある228ヶ所の家きん農場で56万羽の鶏が、昨年3月にバングラデシュで鳥インフルが検出されて以来、殺処分されている
 家畜省の特別担当官であるマニクラル・スマッダー氏は、11日、政府は鳥インフルの拡大を、可能な限りの手段でチェックしていると語った。
 先に同氏は、これまで823人の人々が鳥インフルの検査を受けたが、全て陰性であったと語っている。
 しかしながら同氏は、食料市場の業者達に、政府に協力して鳥インフルに対する人々の警戒心を高めるよう求めた。
 この点に関して同氏はさらに、地方の行政府の指導者達や教育機関の教師達、さらにモスクの僧達に政府から手紙を送り、地域や組織における鳥インフルに対する知識力を高めるように求めた、と語った。
 バングラデシュでは2007年3月に、首都ダッカの北西部30キロのサバー(Saver)で初めて鳥インフルが見つかった。
 状況は先月から悪化し、ウイルスは急速に国中に広がっていると、地方のメディアが報じている。
 
Academic says bird flu threat remains ABC Online, Australia  (オーストラリア) オーストラリア、研究者、鳥インフルの脅威は去ってはいないと
 WHOはパンデミック・インフルエンザが発生した場合、世界で年間750万人の死亡者が出ると推測しているが、中には6200万人の死者が出ると予測している研究者もいる。
 グリフィス大学のマーク・フォンイツステイン教授は、抗インフルエンザ薬の開発に業績を上げているが、オーストラリアを鳥インフルから守る魔法のカーテンはないと警告している。
 「我が国には様々な地域から多くの渡り鳥が集まる。それらがどれだけ(鳥インフル拡大に)インパクトをもっているどうかは別な問題で、いずれにしても脅威は去ってはない」、と教授は語る。
 「H5N1鳥インフルウイルスはいまだその辺にいて、われわれの生命を脅かしている。もちろん他の危険なウイルスが現れることもあり、監視態勢の重要性は今後も続く」。
NIH Funds Vaccine Research for Needle-free and Self-Administered ... WebWire (press release), GA  (米国) 米国健康研究所(NIH)、無針、自己接種法による鳥インフルワクチン開発に助成金提供
 デンバー地区に本拠地を置く”Rocky Mountain Biosystems, Inc.® (RMBI)”が、皮膚上から個人で接種できるワクチン開発に対して、米国NIHの国立アレルギー&感染症研究所から助成金60万ドルを2年間に亘って提供されると発表した。
 インフルエンザ・パンデミックの際には、この無針接種法ワクチンを全国民に数日間で配布し、自己接種してもらうことが可能となる。
 RMBIの技術は、ワクチンによる効果の範囲を拡大できる可能性があり、バイオテロ等のさいに治療薬を直接皮膚上から接種することも可能で、また当ワクチンは量が少なくても効果を発揮できるので、接種可能対象数を増加出来る。この技術は季節性インフルエンザワクチンにたいしても適用できる。
 ワクチン接種器具は軽く、腕時計程の大きさである。
 当ワクチンの狙いは:
  ・個人で接種できる
  ・緊急時に2,3日以内に数千万人のワクチン接種が可能
  ・ワクチン貯蔵期間と長期間の安定性が改善
  ・ワクチン接種による効果の増強(皮膚からワクチンを浸透させるから)。
Team from Un to monitor flu status The Statesman, India  (インド) 国連からの調査団が西ベンガル州の状況を視察に
 国連のFAOのアジア地域事務所から専門家チームが西ベンガル州を訪れ、感染拡大対策、汚染除去対策等をチェックする。
Mass awareness to prevent bird flu underscored The New Nation, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、集団の意識改革が鳥インフル防止の最善策と
 最近開催された鳥インフル対策会議でのテーマ
Bird flu update: DCC provides drums for dead fowls in city markets The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ)ダッカ市、死亡家きん収容のための専用ドラムを家きん市場に用意
 ダッカ市の対策室では、政府の指導により、市内50ヶ所の鶏市場に、死亡した家きんを破棄するための専用ドラム缶とコンテナーを用意した。
DCC asked to ensure clean poultry markets The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ)  ダッカ市に政府から、家きん市場の衛生状態の向上が要求される
 バングラデシュ政府は昨日ダッカ市に対して、鳥インフルの拡大措置として市内の全家きん市場の清掃と消毒を強化するように伝えた。
 一方、家きんの販売者達は、消費者の間で(鳥インフルに関して)パニックが起きているため、この2、3日間の売り上げは劇的に落ち込んでいると語っている。彼等は政府に家きん産業界を救うために、パニックを沈めるための緊急対策をとるように要求している。
 家きん市場からウイルスが広がらないために、ダッカ市対策室では毎日。家きん市場で血液、羽、皮膚、排泄物を集めて、日に2回、安全な場所に埋めている。作業自体も、ウイルスを広げないように安全な方法で行う必要がある、と専門家はアドバイスしている。
Steps to check bird flu spread in Hakaluki Haor taken Independent-Bangladesh, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、野鳥保護区ハカルキ・ハオルでのと鳥インフル調査
 関連当局ではムルビバザールの野鳥保護区ハカルキ・ハオルでの渡り鳥からの鳥インフル感染の予防措置を行った。
 当局ではまた、いくつかの渡り鳥でのウイルス検査を行ったが、鳥インフルウイルスはこれまで検出されなかったと発表している。
 消毒液が地域に持ち込まれる家きんや卵にスプレーされている。当局ではまた、地域内に持ち込まれる家きんは、証明書が無い場合は許可していない。
 5羽のカラスがスリマンガルで9日に発見された。
 クルアウラの環境局事務所では、毎年10万羽以上の渡り鳥がハカルキ・ハオルに飛来してくると説明している。環境局では、2006年以来、鳥インフル発生の調査を行っていると語っている。さらに住民との情報提供のための会合の開催、リーフレットの配布、そして、湖に立ち入る場合の署名、等の対策も行われている。
Update on Avian Influenza in West Bengal, India Health Newstrack, India  (インド) インド、西ベンガル州における鳥インフル状況

 西ベンガル州では鳥インフル感染地域で人での感染疑い例は出ていない。
 感染した県(地区)の数は14で、その後増加していない。感染県の中に48ブロックと5都市が含まれている。

 鳥インフルが世界中に拡大すると共に、ウイルスはアジア、ヨーロッパ、およびアフリカの鳥で検出された。
 これまで鳥インフルは、ほとんどの場合、鳥同士の間で感染を繰り返しているが、限局した人への感染も見られている。

 西ベンガル州では、現在220万9200人が健康監視下にある(96万9千人が感染地域から0~3キロ以内、130万2200人が3~10キロ以内)。0~3キロ以内では704人が発熱と上気道炎症状を呈している。3~10キロ以内では835人が発熱と上気道炎症状を呈し、そのうち2人が死亡した家きんとの接触歴がある。これらの事例は医学的にフォローされている。また病院では、714人の患者が発熱と上気道炎症状で受診し、3人が入院している。 

Death of crows not unusual this season Independent-Bangladesh, Bangladesh  (バングラデシュ) 今年のカラスの死亡は異常ではない
 ダッカ市対策室(Dhaka City Corporation control room)では、多くのカラスの死亡の報告が寄せられているが、この時期のカラスの死亡は決して異常とは言えないとコメントしている。対策室では。これまで死亡したカラスは鳥インフル様症状は呈していないと、再度確認している。
 8日に立ち上げられた対策室では10日に死亡した10羽のカラスが報告されたが、採取された検体は中央疾病研究所に送られた。当局では、さらに多くのカラスの死亡が各地から伝えられていると話している。
 先週調べられたカラスから鳥インフルウイルスは出ていないと当局では語り、一定の場所での1,2羽のカラスの死亡はこの季節では、鳥インフルが発生したことは意味せず、もし大量のカラスが一定の場所で死亡したなら、それは警戒すべきことになる、と説明している。
2月11日


Maharashtra takes steps to prevent bird flu  KalingaTimes, India  (インド) インド、マハーシュトラ州、鳥インフル予防対策を強化
 インドの家きん産業の10%を占めるマハーシュトラ州では、西ベンガル州で大被害を与えている鳥インフルの発生を防止するために、いくつかの強化策をとっている。
 マハラーシュトラ州では、2006年2月に鳥インフルが発生し、150万羽の鶏を殺処分している。
 西ベンガル州で鳥インフルが完全に消えたことが宣言されるまで、マハラーシュトラ州では、州外からの家きん産物と家きんの餌の輸入を禁止した。
 続いて対策として、州内の全ての地区からランダムに1000羽の鶏の血液を集めて、鳥インフルウイルス検査を行った。
 現在の処、全ての検体は陰性であったが、政府機関は最大警戒報を出している。
 以上要約。
【グローバルインタビュー】鳥インフル拡散犯は渡り鳥ではない ヘップワースCMS事務局長 (1/2ページ)  MSN産経ニュース
 国連環境計画(UNEP)の「移動性野生動物の種の保全に関する条約」(CMS)のロバート・ヘップワース事務局長は国連大学(東京都渋谷区)で産経新聞と会見し、高病原性の鳥インフルエンザ(H5N1)の流行が収まらない理由について、「最大の要因は渡り鳥ではなく、家禽の取引にある」と語り、“渡り鳥運び屋説”に反論した。
 ……

【追跡 鳥インフルエンザ】現在は第3フェーズ WHOによる6段階のパンデミック警告 MSN産経ニュース
  鳥インフルから新型インフル発生の危険性に関する日本の問題を、総括的に捉えている論説。
Curb on shuttlecock imports stays Hindu, India  (インド) バドミントン用の羽の輸入禁止は継続
 鳥インフル発生地域からの羽とバドミントンの羽付き玉の輸入は禁止が継続される。
 禁止は2004年2月から続けられているが、メディアの情報によると、羽の輸入禁止措置はバドミントンの試合に大きな影響を与えているとされる。
 しかしながら政府によると、鳥インフル非発生国からの輸入は許可されているという。
Fresh chicken deaths in Nadia The Statesman, India (インド) 西ベンガル州、ウイルス封じ込め宣言するも、ナディヤー県(地区)で新規に鶏の大量死発生
 西ベンガル州ではここ2,3日不自然な鶏の死亡報告がなく、州として鳥インフルの撲滅に成功したと考えられたが、本日ナディヤー県のレナガートⅡブロック地域で鶏の大量死が報告された。
 報告によると同ブロックの複数の農場で1300羽の鶏が原因不明死を遂げたとされる。症状は鳥インフルに類似しているとされる。県の当局では専門家チームを送り、検体を採取してウイルス検査を行う。
2月10日

Bird flu spreads to another Bangladesh district Reuters  (国際) 鳥インフル、バングラデシュでさらなる地区へ拡大
 バングラデシュで鳥インフルがさらに新地区へ拡大し、当局による懸命の封じ込め対策にも関わらず、全土で40地区で発生している状況となった。当局者が10日発表した。
 保健当局者は北東部で鳥インフルウイルスが確認されたため、12000羽の家きんを殺処分した。
 H5N1鳥インフルウイルスはバングラデシュで昨年3月に検出されたが、当初、迅速な積極的殺処分によりコントロールされたように思われたが、その後再出現し、急速に全土に広がっていった。
 バングラデシュは人口密度が高く、数百万戸の農家で家きんの放し飼いが行われ、全土に数千戸の養鶏場があるが、これまで人での感染例は報告されていない。
 
 暫定政府は、農家が積極的に鳥インフルの発生報告や、病的になった家きんの殺処分に協力するように、補償費を増額した。
 国中で50万羽以上の鶏が殺処分されたが、ウイルスは、住民の無知も加わって64地区からなるバングラデシュの半数以上の地区に広がっている。
 メディアの報告では、多くの子供達が笑いながら、死亡した鶏と遊んでいて、さらに保健担当者ですら、予防装具を身につけずに家きんの処分を行っているという。
Link between migratory birds, avian influenza unsubstantiated The News - International, Pakistan  (パキスタン) 渡り鳥と鳥インフル拡大の関係はいまだ実証されていない
 野生生物専門家とウイルス学者達は、パキスタンや世界の鳥インフルが、渡り鳥によってもたらされたという実証はされていない、と語った。
 しかしながら彼等は、渡り鳥説が完全に拒絶されない可能性も残っているが、渡り鳥に関する科学的調査がこれまで行われたことがなかったから、今後、そのような調査が必要であると語っている。
Thailand rules out suspected bird-flu case Xinhua, China (中国) タイ、鳥インフル疑い患者、検査で陰性と
 鳥インフルに感染した疑いが持たれていたタイの男性が、検査の結果陰性であったことが9日に病院当局から発表された。
 タイノピキト省の病院当局者は、高熱が続き鳥インフル疑いで入院中の32歳男性は、検査の結果鳥インフルは否定されたと発表した。
 男性はさらに5日間病院で様子を見ることになっている。
 *関連記事は8日。
No bird flu in interior Sindh The Post, Pakistan (パキスタン) パキスタン、シンド州内では鳥インフルの発生はない
 シンド州内の18地区の農場で、さらなるH5N1鳥インフルは検出されていない、と当局は発表した。
 テレビで当局者は、カラチの2農場でのみ鳥インフルは報告されているだけであると語った。
 さらに鶏肉は調理すれば安全であるが、半ゆで卵や、十分加熱してない鶏肉は感染予防の為にも避けるべきと説明された。
No restrictions on poultry movement, except in West Bengal Thaindian.com, Thailand  (タイ) 西ベンガル州以外では家きんの輸送は制限されていない
 インドではいまだ家きんの殺処分が続けられているが、中央政府は9日、鳥インフルが発生した西ベンガル州以外では家きんや、その産物の移動を禁止しないと発表した。
 政府はまた、鳥インフル発生地域からの羽やバドミントン用の羽の輸入禁止で、バドミントン界が大きな被害を被っているという意見に対して、強く反論した。
 
 9日の昼まで、推定360万羽の鶏を中心とした家きんが西ベンガル州、アッサム州、およびビハール州で殺処分された。
 注(訳者):西ベンガル州では鳥インフル感染地域のため、家きんの全殺処分、他2地区は西ベンガル州に隣接しているため、感染拡大を防ぐために、州境から5キロ以内の家きんの殺処分が行われた。
 動物家畜局は、政府は西ベンガル州以外での家きんやその産物の州間での移動は禁止しないと決定した、と発表した。

 当局者は、国内で新規の鳥インフル(家きんにおける)発生の報告はないと語っている。

 羽の輸入禁止の理由について当局は、羽のフォリクル(follicles :小胞;濾胞、とは医学事典ではなっていますが…)には皮膚や肉、そして血液の痕跡が、羽を抜く際に付着している、と説明する。
 これらの羽への付着物が、もし感染鳥から羽が得られたなら、ウイルスも付着している可能性が高い。付着したウイルスは少なくとも3ヶ月は感染性を有する。
 このように汚れた羽は十分鳥インフルの感染源となりえる。このように当局では説明している。
 羽を消毒して安全な製品にする方法に関してはOIEが研究中であるとされる。
 以上の事実から羽の輸入の禁止は適切と考えられると、当局では語っている。
Fish costlier in Kolkata TopNews, India  (インド) コルカッタ、鶏肉・鶏卵売買禁止により魚の価格が上昇
 
2月9日


Despite central directive, Orissa yet to start culling RxPG NEWS, CA (米国)
 中央政府の指示にも関わらず、オリッサ州では殺処分を開始せず
 インド中央政府が、西ベンガル州との州境から5キロ以内の家きんを殺処分するように指示を出したにも関わらず、オリッサ州では未だ作業を開始していない。一方、ジャルカンド州では対象地域の同定を開始し、またアッサム州とビハール州では殺処分を行っている。

 注:インド中央政府の指示で西ベンガル州とバングラデシュと境をなす州は、境から5キロ以内の家きんを殺処分することになっている。家きんの存在しない5キロの地域を設定することで、鳥インフルの州内(国内)への侵入を防ぐのが狙いとなっている。しかし村人達の反対で作業は容易ではないようだ。
West Bengal to review ban on movement and sale of poultry Newindpress, India (インド) 西ベンガル州、家きん売買禁止を再考に

 西ベンガル州における鳥インフル状況が改善してきたことから、州政府は8日、州内で禁止してきた鶏や鶏卵の輸送と売買の禁止について再考する予定と発表した。
 家畜資源庁のアニスール・ラーマン長官は、記者団に禁止措置をいつ解くことが可能か、2月12日に論議されると語った。
 発生地域の清掃と消毒が完全に終了したことから、中央政府に相談して、禁止措置は解かれるだろうと、同長官は語った。
 禁止措置は最近、鳥インフルが人の間で拡大するのを防止するためにとられたが、期間は不定期とされていた。
 ラーマン長官は人での発生報告はないと語った。
 「州内で人での発生報告はない。検査の為に送られてきた28検体全ては陰性だった」、と長官は語った。
 感染地域での家きんの殺処分作業は既に完了し、清掃と消毒作業は2月10日までに完了する予定だ、と付け加えた。

 訳者注:禁止措置は2月6日に出されたが、比較的短期間で解かれることになりそうだ。関連情報は2月6日分を参考に。
 

India offers Bangla help with flu tests Times of India, India  (インド) インド、バングラデシュに鳥インフル検査の協力を申し出る
 インドは、バングラデシュの家きんサンプルで、高病原性H5N1鳥インフル診断を行う協力をまもなく開始すると発表した。
 現在バングラデシュは、インドのようにバイオセキュリティーレベルⅢ(BSLⅢ)およびBSLⅣの検査室を持っていなく、ウイルス検査はOIEに依頼、また遺伝子分析は検体をタイや英国に送っている。
 インドでは西ベンガル州で19地区のうち13地区で鳥インフルが発生したのに対し、バングラデシュでは、状況はひどく、昨年3月に発生して以来、国内64地区のうち39地区で発生している。
Control room set up, mobile labs suggested The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) ダッカ市、鳥インフル対策室が立ち上げられる
 ダッカ市役所内に鳥インフル対策室が立ち上げられ、市内の鳥インフルに関する情報を収集する。
 一方、環境庁では、鳥インフル診断のための移動検査室が必要であることを政府に要求した。
2月8日

Birdflu situation under control: Govt Fresh News, India (インド) 政府:鳥インフルはコントロール下に
 鳥インフルに起因する家きんの死亡率が下がり、中央政府保健省は、状況は良くコントロールされており、数日以内にさらなる家きんの死は見られなくなるだろう、と楽観的見通しを語った。
Man suspected of contracting bird flu in Thai north Xinhua, China (中国) タイ、北部で男性が鳥インフル発症の疑い
 下記と同内容。
Man suspected of contracting bird flu in Phichit Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、ピキト省で男性が鳥インフルを発病した疑い
 ピキト省で男性が犬たちに餌として与えるために、死亡した鶏を集めていた後高熱をだし、鳥インフル発病の疑いが持たれている。
 32歳男性で7日夜にピキト省立病院へ入院した。
 医師達によると男性は高熱と呼吸困難を呈しているという。
Poultry workers in normal condition: Civil Hospital The News - International, Pakistan (パキスタン) 隔離された家きん農場作業員、異常なし市民病院
 臣民病院の隔離病棟に入院した3人の家きん農場作業員は、完全に正常であると14日に当局者は語った。
 入院初日、彼等は発熱を呈していたが、現在は全く異常が認められない。しかしながらさらに8~10日間、予防的に観察されると、当局者は言っている。
 3人はガダプ町の家きん農場で働いていたが、そこでは2月1日にH5N1鳥インフルウイルスが検出されている。
No bird flu in dead crows found in Dhaka Independent-Bangladesh, Bangladesh )バングラデシュ) ダッカで死んだカラスから鳥インフルウイルスが検出されず
 4日に回収したダッカ市内の死亡したカラスからウイルスが検出されたなかった。
20580 poultry birds culled in Dinajpur The Daily Star, Bangladesh (バングラデシュ) 2580羽の家きんがジナジプールで処分

‘Bird flu a seasonal virus’ The Post, Pakistan  (パキスタン) 鳥インフル、季節性のインフルのごとく
 鳥インフルはパキスタンに毎年渡り鳥によって運ばれてくる。医療政務官の高官が語った、「この時期渡り鳥は寒冷の地から、パキスタンを含む他の地域へ移動している。
 農業省は鳥インフルエンザ感染に対するガイドラインをを発行している。
2月7日

WHO team visits poultry farms in Gadap; isolation ward set up at ... The News - International, Pakistan (パキスタン)WHOチーム、ガダプの家きん農場を調査に:
 WHOから派遣の専門家チームと、イスラマバードの国立健康研究所の専門家達が6日、H5N1鳥インフルウイルスが検出されているガダプ町の2ヶ所の農場に調査に入った。
 チームは家きん農場の作業員に指導を行った後、地域の診療所(basic health unit )とBaqai 医学大学を訪れた。そこで、緊急事態発生に備えて隔離病棟を増設することを求めたと、健康研究所の長官代理のムリクは博士が語った。病院側からの反応は良かったとされる。
Over 12000 chickens culled in Bihar NDTV.com, India  (インド) ビハール州で12000羽以上の鶏が処分に
 西ベンガル州に隣接するビハール州で州境の村々で鶏の殺処分が行われている。西ベンガルから鳥インフルが拡大してくるのを防止するためである。
Bird flu update: Proper cooking of chickens, eggs advised as virus ... The New Nation, Bangladesh (バングラデシュ) 鳥インフルエンザ最新状況:ウイルスが拡大していても、調理した鶏肉と卵は安全
 鳥インフルは国内で拡大しているが、パニックになる理由はない。2007年3月以来(バングラデシュに初めて鳥インフルが現れた:訳者)これまで46万1311羽の鶏、アヒル、および鳩が179農場で殺処分された。
 政府はダッカ市内での家きん売買を禁止する措置はとっていない。
 マニクラル・サマッダー氏、水産家畜省の主任助言者の補佐役、は閣僚会議室で昨日記者会見で語った。
 「状況はコントロール下にある。そして我々はそれを維持するように努めている」、と同氏は語り、そして殺処分に対して支払う補償費も値上げしていると語った。
 鳥インフルは拡大しているが、何もパニックになる理由はないとマニクラル氏は説明している。
 「我々はウイルスの拡大を抑えるためにいくつかの段階的措置をとっている。全ての措置は人への感染を防ぐためにとられている。人々はインフルエンザについて十分理解し、そして自分達自身のバイオセキュリティー対策を確実なものにする必要がある。地方自治体には十分教育している」、と同氏は語っている。
 
 ウイルスは冬期間活発化している。しかし次第に夏に向かうと消えてゆく。マニクラル氏はそのゆな見解を示している。
 保健委員会のマームヅル・ラーマン教授は、
 「鶏肉や卵は十分熱を加えて調理すれば安全である。調理する人間は手を石けんや界面活性剤で良く洗うことが必要だ。それによりウイルスは失活する」、と語っている。
2月6日

Bird flu spreads to urban Bangladesh, officials say Reuters UK, UK  (英国) バングラデシュの鳥インフル、都市内へ拡大
 バングラデシュの鳥インフルは首都ダッカと港湾都市のチタゴン市内へ拡大した。家畜局の当局者が6日発表した。
 数十羽の死亡したカラスがこの2日間にダッカ市内で見つかり、検査でH5N1鳥インフルウイルスが陽性であった。市当局は市場での未調理の鶏の販売を禁止した。
 チタゴンでは数カ所の農場とカラスでウイルスを検出した。
 H5N1鳥インフルウイルスは、バングラデシュの64地区のうち38地区に広がり、国全体で50万羽近くの鶏が殺処分されている。
 バングラデシュにおける鳥インフルは、昨年3月にダッカ近くの家きん農場で発生した。
 その後これまで人口過密状態のバングラデシュではあるが、人での発病は報告されていない。
New bird flu outbreak in Turkey NTV MSNBC, Turkey (トルコ) トルコで、新規地域で鳥インフル発生
 トルコでこの1ヶ月間に3事例目となる鳥インフルが家きんで発生した。
 北西部のサカリャ州のイエニカム村で十数羽の家きんが死亡した。H5N1鳥インフルウイルス検査を施行中である。
Minister asks for end to city poultry farming Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 保健省大臣、ジャカルタ市内での家きん飼育禁止を求める
 インドネシア保健省のシチファディラー・スパリ大臣は、鳥インフル拡大阻止のために、ジャカルタ市内での家きん飼育を禁止するよう求めている、と語った。
 家きん飼育禁止は、集合飼育農場も放し飼い農場、両者を対象とすると説明した。
'Mysterious' bird flu baffles Indonesian scientists AFP  (国際) 鳥インフル、人への感染様式に変化:インドネシア研究者が疑問

 インドネシアの研究者達と当局者達が、最近の鳥インフルウイルスの動態に変化が出てきたことに当惑している。ウイルスは、本年に入ってから9人を殺している。

 インドネシアでは2005年以来、H5N1鳥インフルに126人が罹患し、そのうち103人が死亡している。本年は全ての発病者が首都ジャカルタか、その衛生都市から発生している。
 農業省の鳥インフル対策センターの当局者が記者会見で、インドネシアにおけるH5N1ウイルスの人に対する感染危険因子は不明なままであると語った。
 これまで発病者の家の周辺が調査され、感染源の特定が行われてきた。
 しかしある例ではウイルスが水や鶏から検出されているが、多くの事例では周辺からウイルスが見つかっていないと、5日の記者会見で当局者は語っている。
 通常、人へのH5N1ウイルス感染は、直接家きんから人へ起こっている。
 インドネシアでの人感染の多さと、その感染様式についてもっと詳細に研究する必要があると、当局者は語っている。そうすることで、人への感染の鎖を断ち切ることが可能となると説明している。

No bird flu infection among people in WB: health minister Udayavani, India  (インド) 西ベンガル州では人の感染者はいない:保健長官
 西ベンガル州には人の間で感染者は出ていないが、州政府は予防対策として新たな命令が出るまで、家きんの輸送と売買を3ヶ月禁止する。
 殺処分中に病的症状を訴えた作業員23人の血液を検査したが、全て異常はなかった。
 「しかしながら、政府は危険を冒すことは出来ない故、家きんの輸送と売買を禁止する」、と州の保健省長官のスルジャカンタ・ミシュラ氏が記者会見で語った。
 州政府は定期的に感染地域の住民や家きん農場所有者、さらに殺処分に携わった作業員等、計300万人の定期的健康チェックとモニターを行っている。また同様に家禽売買禁止についても監視してゆく予定とされる。
 また各地域で殺処分に従事した作業員の中で、政府の命令に背いて隔離病院へ入らなかった作業員は呼び戻されて、決められた病院へ健康監視のために入院させられている。彼等はタミフルの服用も指示される。
 州政府の殺処分に対する補償費は、1家庭につき500ルピー(約19000円)となっている。
Bird flu: pandemic in South Asia? Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラディシュ) 鳥インフル:南アジアでパンデミック?

 論説
 家きんにおける南アジアにおけるパンデミックとして事態を捉え、現状、問題点、対策等についてまとめてある。

インフルエンザ 「新型」流行への備えは大丈夫か(2月6日付・読売社説 読売新聞 

新型インフルエンザに対する備えは十分だろうか。

 アジアの各地で鳥インフルエンザの発生と、人への感染、死亡例が増えている。
 インドネシアでは、毎日のように犠牲者が続く。鳥から人に感染し始めた2003年11月以降、犠牲者数は、今年、ついに100人を突破した。世界の半数近くを占める。
 中国では昨年12月に、父子の間で鳥インフルエンザの感染が起きて息子が死亡した。人から人へ鳥インフルエンザが感染する事態は、2006年のインドネシアでの発生例に続き4例目だ。
 これまでは、飼育中の鶏を調理するなど、ほとんどが感染鳥と濃厚に接触して発症していた。だが、中国の例では鳥は飼育していなかったという。
 その他の症例でも、感染源が不明な例が増え、人と人の間で容易に感染する新型インフルエンザ出現への懸念が強まっている。新型に備えた対策に着実に取り組むことが大切だ。
 政府の予測では、新型インフルエンザが流行すると国内で17万人から64万人が命を落とす。入院患者は最大200万人にのぼる。混乱は避けられない。
 対策の柱は「新型インフルエンザ対策行動計画」と、これに基づく指針だ。拡大を抑え込むため、国民に外出自粛を要請し、入国の検疫を強化する。同時に、ワクチンや抗ウイルス薬を使って、新型インフルエンザウイルスと闘う。
 すでに、抗ウイルス薬タミフルを2800万人分、現在の鳥インフルエンザウイルスを使って開発されたワクチンを1000万人分備蓄している。
 だが、限られた薬とワクチンをどう使うか、といった細部はまだ詰まっていない。患者の収容施設や、治療に不可欠の人工呼吸器は圧倒的に足りない。
 症状を軽減させると期待されるタミフルも、本番では、どこまで頼れるか。今の鳥インフルエンザウイルスでさえ、この薬に耐性を持つものが出ている。
 海外の状況も踏まえ、与党は、プロジェクトチームを設けて対策の検証に乗り出した。重大な欠陥はないか、厳しくチェックすべきだろう。
 国際的には、新型ウイルスの監視体制に(きし)みが生じている。中国のように、世界保健機関(WHO)への情報提供が不十分な国がある。患者から検出したウイルスを海外に提供するのを渋るインドネシアのような国もある。ワクチンや治療薬開発で、先進国の企業が利益を得ることに不満があるという。
 大規模な感染症に国境はない。国際協力を進めなければならない


鳥インフル死者急増・インドネシア、住宅街で鶏処理禁止 日本経済新聞
 インドネシアで鳥インフルエンザによる感染死者が急増している。今年に入ってジャカルタ首都圏で9人が次々死亡した。政府は新たに住宅街での鶏の処理禁止措置を決めたが、死者総数は103人と全世界の4割を占め、国内外から感染対策の遅れに対する批判が高まっている。
 同国ではジャカルタ東部のバンテン州を中心に感染死者が急増。隣接するスマトラ島南部ランプン州でも鶏が大量に死んでおり、感染が広がっている。このため政府は住宅街にある鶏の集荷・食肉解体所の閉鎖、移転のほか、鶏肉を売る市場の洗浄の徹底や生鶏の取引規制を決めた。
 しかし、世界保健機関(WHO)は「実効性が上がっていない」と懸念を示しており、感染拡大は当面続きそうだ。
3 States yet to begin preventive culling Hindu, India  (インド) インド、3州で未だ予防的殺処分が開始されず
 ビハール州、ジャルカンド州、およびオリッサ州ではいまだ予防的家きんの殺処分は始まっていないが、アッサム州政府は西ベンガル州に隣接した2県で家きんの殺処分を開始した。
 中央政府は、アッサム州、オリッサ州、ビハール州、ジャルカンド州に対して、西ベンガル州に隣接した県で、家きんの殺処分を行うように勧めていた。
 当局筋の情報では、アッサム州政府は目標数の89254羽のうち10022羽の殺処分を終えたとされる。家きんを殺処分された農家は、即時補償金が支払われた。
 *訳者注:中央政府は、家きんでのH5N1鳥インフル大流行中の西ベンガル州との州境から、5キロ以内に存在する家きんの殺処分を、拡大防止のために指示している。
Bird Flu spreading  The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフルが拡大

論説
 
サブタイトル:処分された鶏の厳格な破棄が要求される

 現在人に対する危険性が危機的なまでに高まってはいないが、我々の警戒感が減じるならば容易に危機的状況は訪れる可能性がある。

 我々は現在、感染した家きんを完全に破棄するために、それらを埋葬することに焦点を当てた危機管理態勢の段階にある。

 家きん飼育上の衛生問題、それに対する中央および地方政府の管理責任等。

WHO tests Paksitan farm workers for bird flu Radio Australia, Australia  (オーストラリア) WHO、パキスタンの家きん農場従業員の検査に
 パキスタンの保健当局は家きんからH5N1鳥インフルウイルスが検出された農場で働いていた作業員12人について検査を行っている。

 カラチの郊外の農場で鳥インフルが発生したが、同国で最大の都市で4日間に2件目の農場での発生となった。
 保健省の広報官は、作業員は隔離され、WHOから派遣されたチームにより検査されていると発表した。
 
 一方、インドで史上最悪の鳥インフルは、西ベンガル州での大量の家きんの殺処分がほぼ終了し、ウイルスの拡大はほぼコントロールされつつあるように思われ、
 西ベンガル州隣のバングラデシュでは国の64地区の半数以上で家きんの鳥インフル発生を認めている。
West Bengal bans poultry trade state-wide to check virus RxPG NEWS, CA  西ベンガル州、州内での家きんの売買を禁止-州全体におけるウイルス探索を開始

 1月15日から急増している西ベンガル州での鳥インフル発生状況は、これまで300万羽以上の家きんが殺処分され、現在コントロールされはじめていると当局は発表している。しかし西ベンガル州政府は5日、州内における鶏と鶏卵の販売と注文を全面的に禁止した。
 同州の保健局高官のRSSシュクラ氏は、「(ウイルスを封じ込める)好機会を逃したくない。我々は州全体における家きんの売買を禁止する」、と語った。
 「我々は殺処分はほぼ完了している。現在は全域の清掃と消毒を行っている。しかしウイルスは人に感染することが可能だ。そのため、一定期間我々は、家きんの売買を禁止する」、とシュクラ氏は語った。
 4日、動物家畜協会( Union Animal Husbandry)のクマール長官は、「たぶん最悪の事態は過ぎ去ったと思う」、と語っている。

 西ベンガル州における鳥インフル感染地域での殺処分目標数が達せられた後、州の動物資源局は、村人達が隠している家きんの探索と殺処分を行っており、必要なら警官の協力を求めている。

 これまで人での感染例は報告されていない。

Fresh bird deaths in West Bengal as culling continues RxPG NEWS, CA  (米国) 殺処分が続く中、西ベンガル州で新たな家きんの死亡
 鳥インフル封じ込めのために西ベンガル州と隣のアッサム州で家きんの殺処分が続いている最中、少なくとも130羽の家きんが西ベンガル州で死亡した。
 ニューデリーの動物家畜保健局(animal husbandry officials)では、同国でこれまで合計351万羽の家きんを殺処分していると発表している。
 西ベンガル州では、ムルシダバード県(地区)、サウス24パルガナー県、ノース24パルガナー県で130羽が死亡し、家きんの死亡数が合計13万2883羽となっている。
 しかしながら国内の他地域では、新規発生の報告はないと当局では発表している。
2月5日

Indian state bans poultry trade to curb bird flu Reuters UK, UK (英国) インド西ベンガル州、鳥インフル対策のために家きん売買を禁止
 西ベンガル州政府は、家きんにおける鳥インフルはほぼコントロールされていると言っているが、本日、家きんの売買と消費を禁止すると発表した。H5N1鳥インフルの完全な封じ込めが目的となっている。
Pakistan tests 13 people for bird flu amid poultry outbreak Earthtimes, UK  パキスタン、家きんで鳥インフル発生の最中、13人の人々に検査を行う
 5日、パキスタン当局は南部のカラチで、12人の家きん農場従業員に鳥インフル検査を行った。また北西パキスタンで、鶏を食べた後突然病的状態に陥った女性でも検査を行った。

 家きん農場従業員達は農場でH5N1鳥インフルウイルスが検出された後、市民病院の隔離病棟へ収容された。
 「パキスタン保健当局者で構成する委員会とWHOチームが検査のための採血を行い、結果は7日に出る予定である」と、パキスタン保健省の報道官が語った。
 H5N1鳥インフルウイルスが農場で検出されてから数千羽の家きんが殺処分された。
 保健当局者は、ペシャワールのカイバル教育病院に入院している鳥インフル疑い患者から血液検体を採取した。女性は肺炎を起こし先週入院した。入院2日後に女性は、鳥インフル患者用に準備された隔離病棟へ移された。
 「我々は女性の血液をH5N1鳥インフルウイルス検査のために、イスラマバードの国立健康研究所へ送った。現在結果を待っている」、と、上級医療政務官が語った。
Pakistan poultry workers being tested for bird flu Reuters (国際) パキスタンの家きん農場従業員、鳥インフル検査を受ける
 パキスタンの保健当局が、致死的H5N1鳥インフルが発生した農場の従業員12人の検査を行ったと、保健省の報道官が5日発表した。
 当局では4日、カラチ郊外の家きん農場でH5N1鳥インフルが発生したことを確認した。4日間で2事例目となる。
 WHOチームにより、農場の12人の従業員が隔離され、そして検査を受けた。
 「彼等は隔離され、そして現在WHOのチームがそこに滞在し、別な検体を採取している。初期の検査では陰性であったが、WHOチームはそれを確認したいとしている」、と保健省の報道官が語った。
New bird flu outbreak confirmed PakTribune.com, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、新規鳥インフル発生が確認
 報告によると、致死的鳥インフル発生地域で女性がカイバル教育病院へ4日入院した。

 また4000羽の家きんのうち3000羽が原因不明の死を遂げた。
 女性は1月28日に、地域の保健所に運ばれた。肺炎と低酸素血症が認められたとされる。そしてそこの医師が女性を2月1日にさらなる治療のために、カイバー教育病院へ紹介した。同病院では鳥インフル患者用に用意した隔離病棟へ女性を収容した。
 女性から採取された血液検体は国立健康研究所(NIH)に送られたが、結果はまだ出ていない。
 しかしながら主治医は、彼女の症状から鳥インフルではないように考えられ、通常のインフルエンザと肺炎が合併したもので、間もなく回復するのではないかと、コメントしている。
 *内容が少々ぼやけた報道です。
Culling of chicken to start in Orissa today Sahara Samay, India  (インド) インド、オリッサ州で鶏の殺処分開始
 オリッサ州政府はやむなく中央政府の指示に従って、鶏の殺処分を行うことを決定した。
 西ベンガル州との境界から5キロ以内で飼育されている全ての家きんが対象となる。
 西ベンガル州からH5N1鳥インフルが拡大してくるのを防止するためである。
 マルユバンジ地区とバラソーレ地区が対象となり、少なくとも88万4000羽以上の鶏が殺処分される。
WHO team arrives to assess safety, treatment measures The News - International, Pakistan (パキスタン) WHOチーム、パキスタンの状況視察に到着
 WHOの代表を含むメンバーがカラチに到着し、病院の状況などを視察して回る。
Culling on in 2 states Calcutta Telegraph, India (インド) インド、2州で殺処分継続
 アッサム州とマニプール州では、西ベンガル州辺での鳥インフルの拡大が続いていることから、家きんの殺処分が続けられる。
12 isolated after bird flu outbreak The Nation, Pakistan, Pakistan  (パキスタン) 鳥インフル発生後、12人が隔離
 パキスタン当局は4日、カラチの第二の農場で鳥インフルの発生を確認した。そして12人の従業員を病院の隔離病棟に収容した。
 3日前に他の農場でウイルスが見付かったばかりであった。
 「我々は第二の農場で今朝H5N1ウイルスを検出した」、と農業家畜省のウスマニ氏が語った。両農場で約1万羽の鶏が殺処分された。
 「我々は業務に参加した9人の従業員を病院に収容し、医師による健康モニターが行われている」
 「われわれの医師達は、全ての農場の従業員の健康を監視しているが、これまでウイルス感染者は見つかっていない」、と保健省報道官がAFPに語っている。
Culling complete, now disinfection The Statesman, India  (インド) 西ベンガル州、殺処分作業は終了し、消毒作業へ
 州政府は本日、家きんの殺処分が完了した地域の消毒作業を開始するように指令を出した。
 人での感染者の報告はないが、殺処分チームで2名が、病的症状を訴えていて病院に入院した。サウス24パルガナー県のBudge Budge地区での作業に参加した2名で、両者とも発熱等の症状は呈しているが、鳥インフル様症状ではないとされる(呼吸困難および下部気道症状がない)が、検査結果がでるまで医学的監視下におかれる。
Culler may have got infected  Times of India, India  (インド) 殺処分従業者、鳥インフル感染した可能性
 西ベンガル州の鳥インフルはいまだ拡大しており、処分チームはそれにともなっていまだ隔離されている。さらに捕獲した鶏やアヒルが捕獲ネットから逃げだしている。
 マルダ県のよう地区の当局では、家きんを手渡さない飼育者には、処分に対する補償費を支払わないという強硬な手段をとっている。
 4日、サウス24パルガナー県では、殺処分に携わり、発熱、咳、関節痛を訴えている作業員の血液を検査に送った。同作業員が作業に先立ちタミフルを規定量服用していたか定かではない。
 「これまでいかなる人での感染者は確認されていない。検体は送られ、彼は厳重に健康の監視下にある」、と主任医療調整官が語った。
 政府は強硬な対策姿勢を示すことで、家きんの提供を拒んだり、隠したりして、殺処分チームに家きんを手渡さなかった農民達を懐柔することを考えている。
 「我々はこの先3ヶ月内、裏庭に家きんを隠している、いかなる村人に対しても、殺処分の補償費を支払わないだろう」、と州政府は計画を立てている。
Bangladesh refuses to share flu details Times of India, India  (インド) バングラデシュ、鳥インフル情報の共有を拒否
 バングラデシュはまだウイルスの遺伝子分析が完了していないとの理由で、インド側と分離ウイルスの情報共有を阻んでいる。
 ある専門家によると、バングラデシュでのウイルス分析は昨年夏頃には終了しているという。
 インド側の専門家の話では、インドの鳥インフルは、バングラデシュから感染した鶏の密輸によって起きていることは明らかで、遺伝子分析でさらにそれが明確にされるという。
 遺伝子構造が明らかになると、インド、バングラデシュ、パキスタンのH5N1鳥インフルウイルスの起源等も明確になる。
Bird flu spreads in Bangladesh The Mercury, Australia (オーストラリア) 鳥インフル、バングラデシュで拡大
 鳥インフルがバングラデシュでさらに3県(地区)で拡大した。これで感染した県は合計37ヶ所となった。昨夜当局が発表したが、政府は殺処分の補償費を上げることを約束した。
 最新発生した地域は、南部のバゲルハットと西部のクシチア県で、一方ウイルスはいくつかの地域で再興している。家畜局の当局者が発表した。
 保健当局者達は南西部のジェナイダー県で、200羽以上の鶏がH5N1鳥インフルウイルスで死亡したため、殺処分を開始した。昨夜地域の当局者が語った。
 バングラデシュの64県の半数以上で鳥インフルが発生しており、それはさらに拡大してゆく可能性があるが、当局者の説明だと、数百万人の農民達の無知が拡大予防対策の障害となっている。
2月4日

Bird flu claims two more victims in RI Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、2人の鳥インフル発病者を確認

 さらに2人のインドネシア人がH5N1鳥インフルウイルスに感染した。1人は2日にジャカルタで死亡した。保健省の当局者が発表した。

 発病者は2人とも女性で、タンゲランに住んでいたスさん(29歳)と、西ジャカルタに住んでいたサさん(38歳)であると、保健省の報道官であるスリチオワチ氏が語った。
 発表によると、スさんは、タンゲランのゴンドロン村に住む主婦で、1月22日に発熱と呼吸困難を呈した。
 彼女は1月28日にウサダインサニ病院へ入院したが、翌日東ジャカルタのペルサハバタン病院へ移された。そして2月2日の午後7時30分に死亡した。
 一方、サさんはジャカルタのカリデレス村の住人で、1月24日に発熱と咳、咽頭痛を呈した。彼女はタンゲランのMHタムリン病院へ1月26日入院したが、1月29日からウサダインサニ病院での治療を開始した。
 彼女はその後、j東ジャカルタのペルサハバタン病院へ移された。4日の時点で、彼女は人工呼吸器につながれている。
 これまでインドネシアでは126人が発病し、103人が死亡している、致死率は81.7パーセントである。

Bird flu confirmed at second Pakistani farm Earthtimes, UK  (英国) パキスタンで2ヶ所目の農場で鳥インフル発生
 パキスタン当局は南部の港湾都市カラチの家きん農場で鳥インフルウイルスを確認した。この4日間で、2ヶ所目の鳥インフル発生農場が確認された。
 検体は数日前にイスラマバドの検査所に送ったが、本日H5N1鳥インフルウイルスが確認されたと当局者は語った。
Bird flu spreads in Pakistan; new outbreak in birds Reuters (国際) パキスタンで鳥インフル拡大:家きんでの新規発生
 4日、パキスタン当局は、カラチの郊外の家きん農場で、H5N1鳥インフル発生を確認した。この4日間で同国の最大の都市で2事例発生したことになった。
 発生場所は先週発見された場所から300メートルしか離れていない農場である。検体が採取されたが、H5N1ウイルス陽性であったと食料農業省が発表した。
Two more dead swans had bird flu This is Wiltshire.co.uk, UK  (英国) 英国、ドルセ、さらに2羽の白鳥が鳥インフルで死亡
 英国ドルセの野鳥保護区で死亡した2羽の白鳥から、H5N1鳥インフルウイルスが検出され、同保護区で鳥インフルで死亡した白鳥は合計9羽となった。
Indonesian woman dies of bird flu: health ministry Reuters UK, UK  (英国) インドネシア女性、鳥インフルで死亡、保健省発表
 29歳のインドネシア女性が鳥インフルで死亡し、同国での死者数が103人となったことを保健省が4日、発表した。
 女性はジャカルタの西に位置するタンゲランに住んでいたが、2日にジャカルタのペルサハバタン病院で1週間の治療後に死亡した。
 女性が住んでいた住宅の近隣で鶏が飼育されていたが、感染源に関しては不明とされる。
 女性はインドネシアで本年8人目の死者となった。

 保健省はさらに西ジャカルタに住む38歳女性が、検査でH5N1鳥インフルウイルスが陽性であったことを発表した。女性はペルサハバタン病院で治療されているが、人工呼吸器につながれている。
 女性の発病で、インドネシアでの人の鳥インフル発病者数は126人となり、そのうち103人が死亡している。
Bangladesh bird flu spreads amid massive slaughter Times of India, India  (インド) バングラデシュ、大量殺処分の最中にも、鳥インフルが拡大
 バングラデシュは国中で拡大し続ける鳥インフル阻止のために、5万羽以上の家きんを殺処分したと、当局が4日発表した。
 家きんは首都ダッカ近くで殺処分されたが、致死的H5N1鳥インフルは新規地域へ広がっている。
 ウイルスは現在、バングラデシュの64地区のうち35地区に存在している。
 「日曜日(3日)に10ヶ所の農場で鳥インフルが発生している。地域の全ての家きんを殺処分することになった」、と家畜局の担当官が語った。

 先月から急速に広がったバングラデシュにおける鳥インフルで、人での感染者は報告されていない。しかし保健担当者は、少なくとも781人の農場従業員達に、感染予防のためにタミフルを投与していると語った。
 「彼等の中で、我々が健康状態をフォローしている数は少なくとも550人はいる。彼等は少なくとも2週間は健康状態を観察する必要がある」、と保健局の高官であるベナジールアーメド氏が語った。
 政府はまた、主要な病院に隔離病棟を用意するように指示した。
 「さらに我々は数人を家庭で隔離し、健康状態を監視している」、と政府の報道官が2日、語っている。
Bird flu in another Karachi poultry farm confirmed PakTribune.com, Pakistan  (パキスタン) カラチで別な家きん農場でも鳥インフルが確認

West Bengal: Two cullers down with influenza NDTV.com, India  (インド) 西ベンガル州:殺処分従事者2名、インフルエンザ様症状で倒れる
 鳥インフルが発生しているサウス24パルガナー地区(県)で殺処分に従事していた作業員2名が、インフルエンザ様症状で病院に入院した。
 両作業員ともBudge Budgeでの殺処分に従事していた。両者とも3日に入院した。
 血液検体は検査のために、検査所に送られている。

 ノース24パルガナー県でも、殺処分に加わっていた作業員2名が入院した。2名とも鳥インフルとは関係ないと当局は発表している。1人は下痢が主症状で、もう1人はインフルエンザと説明された。
Police to help hunt hidden poultry Calcutta Telegraph, India  (インド) インド、家きん探索に警官も協力
 家きんを飼育している農場では、殺処分に向かうチームに対して家きんを隠してしまう例も多い。警官も協力しながら、隠されている家きんを探索し、殺処分に回す。
Bird flu threat: hospitals put on alert The Post, Pakistan (パキスタン) 鳥インフルの脅威:病院は警戒態勢に
 連邦政府は各州の病院に対して、H5N1鳥インフルが人々の間に発生した場合、いかなる事態にも対処できるように準備するように指示をだした。
 鳥インフルはこの8時間以内に、多くのパキスタンの都市に拡大したと考えられる。
 カラチは最初に見つかった都市で。10万羽の家きんが殺処分されている。鳥インフルはさらに他の多くの地域で見つかっており、パニックを引き起こしている。
Bird flu panic in Ctg as dead crows test positive Independent-Bangladesh, Bangladesh  (バングラデシュ) チッタゴン、死亡したカラスからウイルスが検出されたためパニックに
 港湾都市チッタゴンは、死亡した何羽かのカラスからH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことから、鳥インフル高度警戒態勢が敷かれた。
 市に二ヶ所の対策室が設けられた。
Poultry workers quarantined  The Post, Pakistan (パキスタン) パキスタン、家きん農場従業員は隔離
 カイバー教育病院へ鳥インフル疑い患者が入院した。6日前からインフルエンザ様症状を呈していて、2日前に地方の病院から教育病院へ転送された。主治医は、症状は鳥インフル様であると語っている。
 患者の検体はイスラマバードの健康研究所に送られたが、結果は3日後に判明すると言われる。
 家きん殺処分に従事している人々は、殺処分農場から勝手に外に出ることは許されていない。ウイルスの外部への拡大防止のためである。
2月3日

Bird flu spreads in Bangladesh, port city on alert Reuters  (国際) 鳥インフル、バングラデシュで拡大、港湾都市が警戒態勢に

 鳥インフルがバングラデシュで拡大し続け、さらに3地区でも確認された。同国の半分以上の地域に広がっている。
 最新の発生地域は、南西部のゴパルガンジ、北東部のシルヘトおよび北部のミメンシングである。家畜局の発表による。
 港湾都市のチッタゴンでは死亡したカラスからH5N1鳥インフルウイルスが検出され、同市は高度警戒態勢に入ったと、地域当局者が語った。
 当局は、政府は鳥インフルの拡大防止対策を講じているが、貧しい国の数百万人の農民達の無知が、対策を阻んでいると説明している。
 政府は死亡した家きんを焼却、買い上げすると言っているにも関わらず、多くの農民や放し飼いで飼育している家きん業者は、政府の警告を無視している。
 20万人以上のボランティアが田舎の家庭を回り、人々に死亡したり、病的になった家きんを報告するように告げ、安全な家きんの破棄方法や、その他の感染予防方法について教育している。
 これまでバングラデシュでは人の発病者は報告されていないが、国民の400万前後が、家きん農場の作業に関与している。

Turkey detects bird flu virus in poultry Reuters AlertNet, UK  (英国) トルコ、家きん農場で鳥インフルウイルスを検出
 トルコは先月末に北部で死亡した鶏から鳥インフルウイルスを検出し、家きんの殺処分を開始したと、脳牛省が3日発表した。
 北部の黒海沿岸地域のサムスン州の村で、死亡した鶏から鳥インフルウイルスが検出された。H5N1鳥インフルウイルスか否か詳細は明らかにされていない。
 先月トルコは600羽近い家きんを黒海沿岸の別の州で殺処分したが、その際、H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 トルコは、渡り鳥がスカンジナビア半島とシベリアから南方の北アフリカへ向かう、飛行ルートに位置している。
India extends deadline for poultry cull as bird flu spreads AFP  (国際) インド、鳥インフル拡大の為、家きん処分終了予定日を延長
 AFP

 インド当局は、西ベンガル州の村で新規鳥インフルが発生したため、殺処分終了日を延長した。
 ウイルスは、1月中旬以来西ベンガル州の19地区(県)のうち13地区で検出されている。
 約300万羽の家きんが2日遅くまでに殺処分されたが、新規の鳥インフル発生が確認されたため、4日まで殺処分作業は継続すると、当局は発表した。
 「決して驚くことではない。4日までに鳥インフルの拡大は抑え込むことは可能だ」、と西ベンガル州の動物資源局のアニスル・ラーマン長官がAFPに語った。
 「殺処分チームが予定終了日までに作業を終えようと、戦場の中の戦いのごとく働いている」、と同長官は強調した。
 これまで人での感染者は報告されていない。
 「800人近くのチーム員達が、それぞれ異なった州立病院へ隔離されている」、と州保健局長官が語り、さらに合計5000人の作業員が、殺処分作業後に隔離される予定であると付け加えた。
 しかしながら、感染予防のために、作業員達はタミフルを服用している。
 *訳者注:殺処分後作業員達は7~10日程病院へ隔離され健康状態をモニターされる。異常がないことが確認された後に自宅へ戻ることが許可される。
CM confirms culling of birds to check flu Assam Tribune, India  (インド) アッサム州長官、鳥インフル拡大防止措置としての家きん殺処分を確認
 アッサム州の主任長官タルン・ゴゴイ氏(Chief Minister Tarun Gogoi)は本日、州への鳥インフル拡大防止措置として、家きんの殺処分が開始されることを確認した。
 「家きんの処分は、インドとバングラデシュおよびアッサムと西ベンガルの境界沿い半径5キロ以内で行われる。5地区(県)が含まれる」、と主任長官は記者会見で語った。
 長官はさらに、処分は中央政府からの指示によって開始される、と説明した。
 しかしながら、同州では鳥インフルは報告されていないとも長官は付け加えた。
 処分された家きんの補償費は、作業が終了してから支払われる予定とされる。
Bird Flu Scare In Assam, 85000 Poultry Being Culled NEWSPost India, India  (インド) アッサム州で鳥インフル拡大防止のために85000羽の家きんが殺処分に
 アッサム州は隣接する西ベンガル州で先月鳥インフルが発生したため、中央保健省から推定85000羽の家きんを殺処分するように指示が出されたため、殺処分を開始したと、州当局者は3日発表した。
 ”殺処分はすでに開始されている。そのために約40チームが編成された」、と当局では伝えている。
 処分は、西ベンガル州との境界から半径5キロ以内に存在する約40ヶ所の村で3日夕方から行われる。アヒルと鶏が処分の対象となっている。
 処分が完全に完了するまで7~10日間要すると考えられている。
 殺処分に従事する作業員はタミフルを予防的に服用する。
 インド保健省は1日北東部に位置するアッサム州に警報を出し、州当局に西ベンガル州との境界沿いの村で、鳥インフル侵入防止のために家きんの殺処分を行うように指示をだした。

Workers from bird flu-hit farm doing well Pakistan Dawn, Pakistan  (パキスタン) 鳥インフル発生農場従業員、健康悪化の兆しは認めず
 最も最近鳥インフル発生が報告されたカラチの農場の従業員に健康上の問題は起きていないことが確認された。
 最近家きんでの鳥インフルが確認されたカラチのユニ農場の3人の従業員は、カラチ市民病院に入院して様子を見ているが、健康上の問題は特に起きてなく、また鳥インフル様症状も呈していないと当局が発表した。
High alert in Pakistan after bird flu Confirmation Pakistan Times, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、鳥インフル高度警戒報
 カラチで鳥インフル発生が確認され、政府は全土に鳥インフル警戒報を発した。
 保健省によると、全病院に通知が出され、そして隔離病棟が準備された。
  情報はもっと詳しく書かれています。
Birdflu spreads in WB; fresh cases reported Hindu, India  (インド) 西ベンガル州で新たなる鳥インフル発生が確認
 サウス24パラグナス地区で2地域で新たに鳥インフル発生が2日に確認された。
Indian state says bird flu under control France24, France (フランス) インド、西ベンガル州、鳥インフルはコントロール下に
AFP

 インドで過去最悪の鳥インフルが発生した州が、鳥インフルのコントロールに成功したと発表したが、隣国のバングラディシュではウイルスは拡大している。

 致死的H5N1鳥インフルウイルスは、1月中旬鳥インフルの発生が報告されて以来、西ベンガル州の19地区のうち13地区で検出されている。
 州の動物資源局のアニスール・ラーマン長官はAFP通信に、2日遅くまでに保健従事者達は約300万羽の家きんの殺処分を終えるだろうと語った。
 「我々は1月14日以来、これまで290万羽処分した」
 同長官は、次の措置は、処分が行われた家きん放し飼いの場所の消毒であると語った。
 また同長官は、州政府は人への拡大防止のため、あらゆる可能な対策を行っていると語った。
 人は家きんと直接接触することで感染するのが一般的であるが、専門家はウイルス株が変異して人人感染するようになるのを恐れている。
 「全ての殺処分に従事した関係者は、少なくとも10日間病院にいてタミフルを服用するように指示されていて、また作業にあたっていた時に着用していた衣服は焼却されている」、とラーマン長官は説明している。
 これまで少なくとも700人が病院でタミフルを服用している。タミフルはWHOが最初の防御法として服用を勧めている抗ういるす剤である。
 
 インドとバングラデシュでは、これまで人での発病例は報告されていない。
 しかしインドネシアでは1日、31歳女性が鳥インフルで死亡している。それは、世界で最も多くの発病者を出している同国で、102人目の死者となった。
 「もし関係者の誰かが風邪症状または発熱した場合、我々は血液を採取してウイルス検査のために送っている」、とラーマン長官は付け加えた。
 殺処分作業が完了したなら、さらに多くの人々が病院に入院してタミフルを服用し、医学的監視下に入る、と同長官は説明している。
 
 西ベンガル州隣のアッサム州でも州境の村々で家きんの殺処分が指示された。家きんの死亡が報告され、鳥インフル発生が疑われているからである。
 また首都ニューデリーの隣のハリヤナ州でも死亡した家きんを検査のために送っている。

 一方、バングラデシュでは2日に1万羽の鶏を4地区で、鳥インフル発生のために殺処分している。
 「鳥インフルは拡大している」、と家畜局長官のスンニル・チャンドラ氏が語ったが、当局は状況をコントロール下においているとも表現した。
 H5N1鳥インフルは現在バングラデシュの64地区のうち34地区へ広がっている。この3日間に警官と家畜局職員が35000羽の鶏を処分している。
 ダッカの政府は、主要な病院へ隔離病棟を準備して、鳥インフル発病疑い者が出た場合に備えるように指示した。
 「我々は837人の人々から血液を採取して検査したが、ウイルスが陽性であったものはいない。また数人の人々を自宅に隔離させている。さらに1000人以上を健康監視している」、と政府の報道官が発表した。
 保健当局では鳥インフルの状況を警戒域に入っていると表現し、日々悪化していると説明している。
 「田舎では警戒感が全くない。人々は死亡した鶏を大地や水路、池等に投げ捨てている。死骸を食べたカラスが数百羽死亡している」、と当局者の1人がAFPに語った。
 鳥インフルはバングラデシュで昨年2月、首都ダッカ近くで初めて確認された。その後2007年末まで大した動きは無かったが、本年1月に入ってから拡大の加速度を増している。
Bird Flu Spreads In West Bengal, No Human Infection (Roundup) NEWSPost India, India (インド) 鳥インフル、西ベンガル州で拡大、しかし人での感染者はなし
 下方のIndian Muslims, CA と基本的に同内容。
Bird flu: Time to raise alarm The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) 鳥インフル:警鐘を鳴らすとき
 バングラディシュにおけるH5N1鳥インフル拡大にも関わらず、人々は無防備で衛生的ではなく、またダッカ市内における予防体制も不完全。死亡した鳥がいまだ売られており、人々は鳥インフルに対し無防備である。
 長いレビューであるが、一読の価値はあり。
 ここでは。時間の都合で邦訳しません。
Bird flu contained in India, spreading in Bangladesh NEWS.com.au, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル、インドでは封じ込められたが、バングラディシュでは拡大
 西ベンガル州の動物資源局アニスール・ラーマン長官は、24時間以内に保健従事者達は約300万羽の家きんの殺処分を終了すると語った。
 西ベンガル州における家きんでの鳥インフル発生は、1月14日確認された。
 長官によると殺処分後の措置は、数千の家きんの放し飼い場所の消毒であるとされる。
 また同長官は、州政府は人への感染を防ぐために、可能な措置を全て行っていると語った。
Bird Flu: Culling almost complete in West Bengal MorungExpress, India  (インド) 鳥インフル:西ベンガル州での殺処分作業はほぼ完了
 動物資源局のアニスール・ラーマン長官は、西ベンガル州で鳥インフルが発生した13地域での殺処分はほとんど終え、これまで270万羽殺処分され、残りの10万羽は本日中に終えると語った。
 殺処分後、全ての飼育場所、家庭、隣家等を消毒する予定になっている、と同長官は説明している。
No human infection found, culling ends in West Bengal Indian Muslims, CA (米国) 西ベンガル州、殺処分終了、人での発病者は見つからず

 西ベンガル州政府は2日、殺処分後に病的状態に陥った保健従事者は検査の結果、鳥インフルの感染は否定されたと発表し。人での感染者発生の不安を払拭した。
 また西ベンガル州で鳥インフル疑いが持たれた19人の血液検体は中央の検査所に送られたが、結果は全て陰性と確認され、インド最悪の鳥インフルと戦っているインド政府に安堵感をもたらしている。
 「ビルブーム地区で殺処分後帰宅し病的状態に陥った男性は病院で厳重な医学的監視下に置かれていた。彼の検体は検査のため送られ、その結果は陰性だった」、と保健省高官のシュクラ氏が語った。
 保健従事者のスブハス・バルイは東ミドナポレのジャンカ村の住民であるが、1月30日に倒れた。彼はトムルク病院の隔離病棟に入院した。
 「彼がタミフルを予防的服用していなかったという報告がいくつかなされているが、それはありえないことで、全ての殺処分従事者はタミフルを服用することになっている」、とシュクラ氏は語っている。
 西ベンガル州全体で290万羽を目標とする殺処分作業は、2日に終了したとシュクラ氏は確認した。
 西ベンガル州でH5N1鳥インフルウイルスは、19地区のうち13地区に広がった。約180万人が感染地区に住んでいる。
 シュクラ氏は、隔離された人々がいるとの間違った報告がなされていると語っている。
 「だれも隔離されてはいない。殺処分に従事した人々は、決まった措置を受けることになっている(1週間健康状態をみてから自宅に戻る:訳者)。多くの参加者は厳しい寒さのため体調を崩した」
 「我々は体調を崩した従業者の記録をつけている。もし鳥インフルを発症した可能性が示唆されたなら、全ての必要な措置が迅速にとられる。しかしこれまで我々が行った19人の検査は全て陰性だった」、とシュクラ氏は説明した。
 コルカタ市内では、少なくとも10数カ所の農場(検査を受けて安全が保証された:訳者注)からの家きん産物が売られており、市当局では食べても心配はないと発表している。
 コルカタから50キロ離れてたノース24パルガナスのバドゥリア地域で、鳥インフル発生の可能性を伝える報告がなされているが、それはいまだ確認されていない。
 西ベンガル州で1月15日以来、鳥インフルが発生した地域は:South 24 Parganas, Howrah, Hooghly, Birbhum, South Dinajpur, Murshidabad, Nadia, Burdwan, Bankura, Malda, Cooch Behar, Purulia、および West Midnapore.
 隣国のバングラディシュでは64地区のうち29地区で鳥インフルが発生している。

 
2月2日

Health worker monitored for bird flu in India as culling nears end Earthtimes, UK  (英国) 保健従事者、鳥インフル感染疑いで監視下に
 インド、西ベンガル州当局は、鳥インフル拡大防止のための鶏殺処分数が2日にも290万羽に達する。その一方、殺処分に参加していた保健従事者が病的となり、医学的監視下におかれている。
 「殺処分業務が終わり家庭に戻った後、病的状態となった。現在病院で医学的監視下にある。彼から採取された検体は検査のために送られた。しかしこれまで我々は彼が鳥インフルに感染したことを示唆する所見は得られていない」、と西ベンガル州保健局のRSシュクラ氏が語っている。
 鳥インフルは西ベンガル州の19地区のうち14地区で確認されている。
 シュクラ氏はメディアが人の発病疑い者が出ていると報告しているが、それは間違いだ、と語り、誰も隔離されていなく、殺処分に参加したスタッフに対してルーティーンの監視を行っているだけだ、と語っている。
Culling man under flu watch Calcutta Telegraph, India  (インド) 殺処分従事者、インフル様症状で隔離
 24日に西ベンガル州での家きん殺処分は、一応終了を迎える。動物資源省のアニスール・ラーマン長官が語った。
 同長官は、昨日まで272万6840羽の鶏が殺処分されたと語った。
 「我々は目標数を若干増加し290万羽とした」と付け加えた。

 スブハス・バルイはビルブーム地区のランプルーハトにおける殺処分チームに加わっていたが、昨日インフルエンザ様症状でタムルク地区病院の隔離病棟へ入院した。東ミドナポーレのジャンカ村に住んでいて、1月22日から28日まで、殺処分に従事していた。家庭に1月30日戻った。
 バルイの血液と咽頭拭い液が、カルカッタのインド医学研究協議会(ICMR)に送られた。
 「もし予備的検査で鳥インフル感染が確認されたら、我々は検体を国立ウイルス研究所に送る」、と州の保健局のバクシ長官が語った。
 州政府は本日、殺処分チームは業務を終えて家庭に戻る前に最低1週間隔離されなければならいと指示した。
18 teams formed to cope with Bird Flu in Pakistan Pakistan Times, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、18チームを構成して鳥インフル封じ込めに
Bangladesh Hit by Bird Flu Outbreak TIME  (米国) バングラディシュで鳥インフルが拡大
Two more dead swans had bird flu Dorset Echo, UK  (英国) さらに2羽の白鳥が鳥インフルで死亡
 英国ドルセの野鳥保護区で、以前より白鳥がH5N1鳥インフルを発症して死亡して見つかっているが、今回さらに2羽の死亡が確認され、当保護区で鳥インフルで死亡した白鳥は計9羽となった。
 環境食料農業省(Defra)は、これからも発見されることはよおきされないことではないが、白鳥の間や野鳥の間での鳥インフルの拡大は起きていない、とコメントしている。
Only 28 lakhs out of 6 crs in state affected The Asian Age, India  (インド) 西ベンガル州の家きん6000万羽中、僅か280万羽が殺処分に過ぎないと、州政府
 西ベンガル州動物資源局のアニスール・ラーマン長官は、13地区へ鳥インフルが拡大しているにも関わらず、州全体の鶏の数に比較したなら感染した鶏の数は少ない、とコメントを発表している。
 「州全体には6000万羽の鶏がいるが、それらの中で280万羽がH5N1鳥インフルウイルスに感染した。それ故何もパニックに陥る必要はない」、と長官は語っている。
 長官は家きんの殺処分目標数は280万羽で、そのうち272万5千羽が既に処分されている残りは2月4日までに終える、と語っている。 
Health Workers Monitored as India Grapples With Bird Flu Voice of America (米国) 鳥インフル大流行中のインド、保健担当者達の健康監視に
 インド当局は、同国として最悪の鳥インフル流行の最中、保健担当者達の綿密な健康監視を行っている。
 西ベンガル州の東部で数百人の担当者達の鳥インフル様症状の発現に関して、健康監視が続けられている。
 家きんの殺処分に加わった獣医と医学スタッフ達は、業務を終え自宅に戻る前に、予防的措置として自己隔離することを求められている。
 病院は人での流行発生に備えて隔離病棟を用意している。
 
 州当局は250万羽以上の家きんが、これまで処分されたと言っている。
 人での感染が確認された例はインドではないが、当局では村人達へ感染が拡大していないか確認するために、血液検体を検査所に送り続けている。

 隣のパキスタンとバングラディシュでは、当局者は鳥インフルが家きんで見つかったため、数千羽の家きんの殺処分を指示した。
2月1日

India isolates 26 people as bird flu spreads in Asia Washington Post, United States  (ワシントン・ポスト、米国) インド、26人を隔離、さらにアジアで鳥インフルが拡大

India isolates 26 people as bird flu spreads in Asia Reuters  (国際) インド、26人を隔離、さらにアジアで鳥インフルが拡大
 インドで鳥インフル様症状を呈した人々26人を隔離した情報。下方に詳細。バングラディシュ、パキスタンでも家きん農場で拡大。
 アジアでの鳥インフルの人への危険な状況が良くまとめてあります。英語が読める方は一読されることをお勧めします。
 情報としては既に伝えてあることばかりなので、ここでは訳はしません。
Pak reports bird flu outbreak at Karachi poultry farm Times of India, India (インド) パキスタン、カラチの農場で鳥インフル発生を報告
 大都市カラチの農場でH5N1鳥インフルが発生。下方で詳細報告。
WHO reports some Tamiflu-resistant flu in US Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO、米国でタミフル耐性インフルエンザウイルスが検出と
 今シーズン流行株となっているH1N1インフルエンザウイルスの5%がタミフル耐性であることが、米国CDCから発表された。
 今週欧州CDCからも同様にH1N1株でタミフル耐性が認められることが報告されている:ノルウエーで分離された16株のうち12株がタミフル耐性であった(H1N1)。
 WHOでは流行中のH1N1株に限った話で、H3N2株、B型ウイルスにはタミフルは耐性となっていないと説明している。またH5N1鳥インフルウイルスに関しても同様で、タミフルが効果を示し、備蓄をWHOが推奨することは、現在のところ従来と同じであると、コメントしている。
Bangladesh steps up vigilance as bird flu spreads Reuters  (国際) バングラデシュ、鳥インフル拡大、警戒を強化
 バングラデシュにおける家きんでの鳥インフル拡大状況と、その対策の遅れ等をまとめている。
Pakistan culls thousands sick birds as H5N1 hits southern port city Earthtimes, UK  (英国) パキスタン、南部港湾都市でH5N1鳥インフル発生のため、数千羽の家きんを処分
 パキスタン当局は1日南部港湾都市カラチで、家きん農場での鳥インフルの拡大を防ぐために数千羽の家きんを殺処分した。
 獣医達は、市内の他の数百の家きん農場の監視を強化した。カラチには1500万人の人々が住み、それら家きん農場から多くの産物が供給されている。
 当局では1農場でしか鳥インフルは発生していないと発表しているが、いくつかのメディアは、数カ所の農場でも発生している可能性を伝えている。1万羽の家きんがこの3日間に死亡し、死んだ家きんが市内で違法に売られていると、「デーリー・イクスプレス紙」が伝えている。
 人での感染者はカラチでは報告されていないが、保健担当者達は家きん農場の従業員達の検査を行っている。
People isolated in India over bird flu TVNZ, New Zealand (ニュージーランド) インドで、鳥インフル疑いで人々が隔離
 下記と同内容。
India isolates 26 people on bird flu fears Reuters  (国際) インド、鳥インフル発症疑いで26人を隔離
 鳥インフル発生地域で家きんの殺処分に従事していた26人が体調不良に陥ったため、隔離された。また医療スタッフ達は他の数百人について健康監視をおこなっていると、当局でははっぴゅした。
 西ベンガル州で隔離された人々は、この2,3日間、発熱と呼吸困難を訴えているが、保健担当者は鳥インフルでは無いように思うと語っている。
 「予備的検査では、鳥インフルは否定的であるが、さらなる検査が行われる予定であり、また毎日病的となった人々のリストがチェックされている」、と当局では説明している。

セランゴール州西部の中学校でインフルエンザ流行 マレーシアナビ 

 マレーシア、セランゴール州サバク・ベルナム地区の中学校で通常型インフルエンザが流行しており、147人が学校の寄宿舎で隔離され、13人が入院している。同校の教師4人も、自宅で隔離されている。
保健省のイスマイル・メリカン事務次官は、死んだ鳥が発見されていないことを根拠に、鳥インフルエンザではないと述べた。また同校を視察に訪れたノー・オマル副教育相は、保健省が感染がこれ以上広まらないよう24時間体制の対策室を設置しコントロールに努めているとして、住民に冷静な対応を求めた。
最初にインフルエンザが発症したのは1月24日で、寄宿舎に住む生徒10人が咳や発熱などの症状を訴えた。生徒らは外来で病院にかかっていたが、そのうちに別の生徒が次々と発病したという。
一時は鳥インフルエンザではないかとの噂が広まり、29日には閉鎖された学校の校門付近にパニックになった保護者ら大勢の人が詰めかける騒ぎも起きていた。

Indonesian woman dies of bird flu near capital  Reuters  (国際) 治療中のインドネシア女性死亡
 ジャカルタ近郊の”と殺場”近くに住んでいて、鳥インフルを発症した31歳女性が1月31日遅くに多臓器不全で死亡したと、保健省が発表した。
 自宅のすぐ側に”と殺場”があり、鳥インフル感染との関連が疑われているが、詳細については不明なままである。
 女性の死で、インドネシアにおける鳥インフル死者数は102人となった。
 *鳥インフル感染事例としては既報。
Culling to begin in new areas of West Bengal TopNews, India  (インド) 西ベンガル州で新規発生地域での家きん殺処分始まる
 西ベンガル州のビルブームとムルシダバード地区の、それぞれスリ1ブロックとRaghnathganj Block-2で家きん殺処分が行われる。
 西ベンガル州家畜局の発表によると、ノース24パルガナス地区で4000羽の鶏が死亡したのを受けて、殺処分の目標数が合計280万羽に増やされた。
 「毎日殺処分する地域が増加してゆくので、最終的に何羽の鶏を殺処分することになるのか予測するのは難しい」、と西ベンガル州の動物資源局のアニスール・ラーマン長官が語っている。
 「我々は3500人以上から検体を採取して検査所に送っているが、ウイルス陽性者は出ていない」、と同長官は付け加えた。
 州における鳥インフル発生地区は19地区のうち13地区に上っている。
After recovery of dead wild birds, vety dept on bird flu alert KanglaOnline, India  (インド) 死亡した野鳥が見つかり、獣医局は鳥インフル警戒を呼びかける
 マニプル州の獣医家畜局(veterinary and animal husbandry services)は、この2,3日マハラビ村周辺で不自然な野鳥の死亡が起きているという報告を受け、インパール西地区に鳥インフル警戒報をだした。
 当局の報告によると、少なくとも地域の野鳥と渡り鳥8羽が、マハラビ村で最近3日間に死亡した。このうち3羽が獣医局の職員によって収容された。
Indonesian Chickens, and People, Hard Hit by Bird Flu New York Times, United States (米国) インドネシア、鶏と人の鳥インフル感染が続く
 鳥インフルの感染者数が多く、また致死率も高いインドネシアの現状。
 マラリアやデング熱で多くが死亡している国で、2年間に100人死亡したからと言って、鳥インフルに国民が危機感を抱きはしない現状。
Live poultry markets, improper medical treatment blamed for high ... People's Daily Online, China (中国) 家きん市場、不適切な医療態勢がインドネシアの高い致死率の原因

インドネシアの鳥インフル対策委員の一人であるウイディア・アスマラ教授に新華社が取材。

 人での発生数が多く、致死率が高い2大原因

 ・家きん市場にウイルス感染鶏が持ち込まれる
   家きん市場の消毒が必要
   週1日消毒日として市場を閉める:ウイルス感染の鎖を断ち切る
 ・感染者の多くは家きん商売人
  発熱して小さな診療所を受診するが、初期の診断が遅れている。

Bird Flu test results expected today Daily Times, Pakistan  (パキスタン) 鳥インフル検査結果、本日判明の予定
 下記関連情報。
Doctors’ team find no bird flu patient in Gadap The News - International, Pakistan (パキスタン) 医師団チーム、ガダプで感染者は発見せず
 シンドゥ保健局は、31日、ガダプ町の家きん農場で鳥インフルが発生したという報告を受け、医師団チームを人での感染者が発生していないか、調査に送った。
 「チームは人での感染者は見いだせなかった」、と保健局では発表した。
 イスラマバードの保健省から検体の結果が送られてきてから、保健局では対策を立てる予定としている。
Human victim of Bird Flu feared The Statesman, India  (インド) 鳥インフル発病の恐れ
 バルウルガート病院に17歳少女が入院し、鳥インフル発病の疑いからパニックが起きている。
 患者は高熱、呼吸困難、および全身の発疹で入院した。近隣の人々は少女が鳥インフルに罹患した恐れからパニックとなっている。
 医師は何もコメントしていないが、当局者は人のインフルエンザか、麻疹の可能性があると語っている。
 医師団に取材しても、噂が一人歩きすることを恐れて、取材に応じていない。
Bird flu in India "under control", officials say Reuters (国際) 鳥インフルは”コントロール下に”、と西ベンガル当局は発表

 容易ならない鳥インフルの発生に対応し続けている西ベンガル州政府は、31日、状況はコントロール下にあると、国連のインフルエンザ調整官の所感に呼応するように発表した。

 当局は彼等の自信を強調するために、人口密度が非常に高いコルカタの市民に、もしどうしても鶏肉を食べたいのなら、それも可能であると発表している。
 「我々は十数件の農場に家きん産物を市内で売ることを許可した。それらは十分検査しており、食用にしても安全である」、と保健局の高官のDeb Dwaipayan Chattopadhyay氏が語り、
 「パニックに陥ることは全くない」、と強調している。
 州の動物資源省のアニスール・ラーマン長官は、鳥インフルの発生はコントロール下にあり、彼の元への発生報告数は減少していると語った。
 鳥インフルは、2週間以上前に発生が確認されてから、西ベンガル州の19地区のうち13地区まで拡大した。
 西ベンガル州では、250万羽以上の家きんが既に殺処分され、この2日間に20万羽が処分される。
 家きん飼育に生活を頼っている農夫達が数百万人いて、その多くが文字を読めない州では、家きんの処分が困難となている。
 村人達の多くが処分に対する十分な補償費が支払われないことを警戒して、処分チームに飼育している家きんを手渡すことをしぶっている。
 こうした状況にも関わらず、国連のインフルエンザ調整官であるデービッド・ナバロ氏は、30日に、インドの鳥インフルは次第にコントロールされつつあると語っている。
 
 インドでは鳥インフルの拡大が収まったように見えるが、その一方、隣国のバングラデシュでは、拡大の速度が減じる傾向を見せていない。
 同国の64地区のうち30地区まで広がっている。
 
Bird flu scare in Haryana TopNews, India  (インド) ハリヤナ州で鳥インフル発生の怖れ
 ハリヤナ州のビーワニ地区で本日原因不明の鶏の死亡が数千羽で起こり、農夫達の間でパニックとなっている。
 家きん所有者達は鳥インフルウイルスによるものではないかと恐れている。
 「数千羽の鶏が毎日死ぬ。医師達(獣医?)がやってくるが、何も言ってくれない」、と家きん所有者達は不満をもらしている。
 H5N1鳥インフルが拡大してきているのかどうか、公的情報は一切ない。
 ハリヤナ州:インド北西部に位置。
Huge number of suspicious bird deaths Nation Multimedia, Thailand (タイ) タイ、多数の家きんが死亡、鳥インフル疑い
 ナコーンサワンとピキト州で鳥インフルが確認されているが、今年に入ってから他の11州でも多くの家きんが死亡しており、鳥インフル発生が疑われている。
 これらの州は;Nan, Udon Thani, Lampang, Sakon Nakhon, Phitsanulok, Surin, Nong Bua Lamphu, Chiang Rai, Lop Buri, Phetchabun およびSi Sa Ket。
 Lop Buri州のコクサムロン地区だけで先月3000羽以上の鶏が一ヶ所の農場で同時に死亡した。
 「我々は綿密に状況をモニターしている」、と医療局のチャトリ・バンチュイン氏が昨日語っている。
 チャトリ氏によると、本日スコタイで保健従事者達を集めて、鳥インフルの予防と治療法について教育を行う予定になっている。9州から参加する。また同様のワークショップは2月11日にバンコクでも行うという。
Poultry deaths spark H5N1 scare Bangkok Post, Thailand  (タイ) 家きんの死亡によりH5N1鳥インフルに対する不安感が高まる
 タイのナコンラチャシマのノンタイ地区の農夫が、突然20羽の鶏と10羽のアヒルが死亡したと、州の家畜局に届けでた。
 家畜局ではコレラ等、鳥インフル以外の感染症の可能性もあると言っているが、発生地域周辺の消毒を行った。
 検体はウイルス検査中とされる。
Over 1000 chickens culled in Khulna The Daily Star, Bangladesh  (バングラデシュ) クールナで1000羽以上の鶏が殺処分に
 監視チームは30日夜に、クールナで1000羽以上の鶏とアヒル、そして鳩を殺処分し、800個の卵を処分した。
 監視チームは10隊作られ、各チームは20人の警官、家畜局職員等で構成されている。
Complete culling by tomorrow, districts told Hindu, India  (インド) 西ベンガル州、明日まで完全なる殺処分を終了と
 西ベンガル州政府は、鳥インフルが発生した13地区の当局に、2日までに殺処分を終えるように指示した。
 殺処分する家きんの目標数は、280万羽に増えたが、これまですでに250万羽の処分を終えている。
Avian Influenza in West Bengal E-Pao.net, India  (インド) 西ベンガル州における鳥インフル
 インド政府は、西ベンガル州の鳥インフル封じ込めのために、米国大使からの協力申し込みを受けることにした。
 左翼勢力(共産党)が統治するする西ベンガル州に、米国が助成することになる。
Bangla dumps dead birds, fresh threat E-Pao.net, India  (インド) バングラデシュ、死亡した家きんを投げ捨てる:新たな危険性
 報告によるとバングラデシュは死亡した家きんを西ベンガルとバングラデシュの間の無人地帯に投げ捨てている。
 バングラデシュ自体は29地区で鳥インフルウイルスの感染が起きている。
 インド政府はバングラデシュに、両国間国境の死亡した家きんを処分するチームを立ち上げることを求めている。
 
 一方、鳥インフルは31日に西ベンガル州でさらなる地区で見つかっている。ビルブーム、ムシダバード、およびフーグリー地区の新規ブロックで見つかっている。
 州はこの2,3日で28万羽の鶏を処分する予定と発表し、そして既に230万2300羽が処分されていると説明した。
TOP