高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
1月31日


Bird flu scare in Darjeeling hills NDTV.com, India  (インド) 鳥インフル、ダージリン地方へも拡大の怖れ
 31日、北部ベンガルのダージリン地区タクダー村で38羽の鶏が死亡した。
 検体は研究所に送られ、検査中であるが、H5N1鳥インフルの可能性が高い。
HK closes aviaries after bird flu fears  MiamiHerald.com, FL (米国) 香港、鳥インフル発生の恐れから飼鳥園を閉鎖
 香港でポピュラーなテーマパーク内で死亡した野生のサギから、H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出されたため、テーマパーク内の飼鳥園が31日から3週間閉鎖されることになった。
Bird Flu: 33 villages under surveillance The Statesman, India  (インド) 鳥インフル:33人の村人が医学的監視下に
 マルダ保健局は、国立伝染病研究所(NICD)の指導のもとに、鳥インフルが発生し、死亡した家きんを触ったり食べた人々の中で発熱、咳等の症状を呈した33人を医学的監視下においた。
 「死亡した家きんを食べた33人を症状があるため、医学的監視下においた。彼等は急性呼吸困難を呈しないが、鳥インフル感染を否定できない」
 マルダ保健局のスタッフは、昨日からマルダ地区北部の鳥インフルが発生した地域周辺の家庭を回り、症状を呈している村人の発見に努めている。
'Bangladesh dumping dead poultry in no-man's land' Times of India, India (インド) バングラデシュ、死亡した家きんを無人の地域へ投げ捨てている
 西ベンガル州とバングラデシュの国境沿いの無人の地帯に、死亡した家きんが投げ捨てられていて、インドの心配の種となり始めている。
 バングラデシュ市民が死亡した家きんを無人地帯に投げ捨てているの目撃されている。
 西ベンガル州の当局者は、家きんがH5N1鳥インフルで死亡した可能性が高く、死骸が野鳥や犬によって食べられ、そしてウイルスが拡大してゆく怖れがあると考えている。
 バングラデシュ政府との間で協議して、何らかの対策を立てる必要が出てきている。
Bird flu outbreak almost 'under control' Independent Online, South Africa  (南アフリカ) インド、鳥インフル発生はほとんど”コントロール”下に:国連ナバロ博士談話
 西ベンガルの家きんにおける鳥インフルの発生は、コントロールされつつある。しかし当局は、H5N1鳥インフルウイルスの感染の輪を断ち切る必要がある、と国連のインフルエンザ調整官が30日にインタビューで答えた。
 「私は状況はコントロールされつつあると思っている」、とデービド・ナバロ氏はロイターに語った。そしてコントロール下にあるか否かの最終的判断は、西ベンガル州の鳥インフル発生を実際に減少させられるかどうかにある、と説明している。
 鳥インフルは西ベンガル州の19地区のうち13地区まで広がっている。さらに2新規地区で死亡した鶏からウイルスが検出されている。
 隣のバングラデシュでは昨年の3月以来、64地区のうち29地区で発生していて、大量の鶏の殺処分がおこなわれている。
 当局にとって必要とされることは、継続的にH5N1鳥インフルウイルスが感染し続けることを断ち切ることだ、とナバロ氏は、スーツで身を固め、ジャカルタの5つ星ホテルで語った。
 この公衆衛生専門家は、4日間インドネシアに滞在し、大臣や専門家達とインドネシアにおけるこれまでの鳥インフル対策について話し合う。
Kolkata panic after death of 200 chickens at city farm The Asian Age, India (インド) コルカタ、市営農場で200羽の鶏が死亡したためパニックに
 30日、州政府は鳥インフルの拡大は速度を減じてきていると発表したが、コルカタのマヘシュタラで鶏200羽が原因不明の死を起こしてから、周辺ではパニック状態となった。
 しかしながら州の家畜局長官のアニスール・レーマン氏は、それが鳥インフルによるものか、まだ確認できていないと語った。
 「我々はボパールの動物疾患研究所からの報告を待っている。しかし中央政府が、殺処分を開始する許可を出したことから、我々は殺処分を開始する」、と同長官は語った。
1月30日

Bird flu spreads in India's West Bengal, metro Kolkata on alert Earthtimes, UK  (英国) 西ベンガル州での鳥インフル拡大中、州都コルカタ警戒態勢に
 西ベンガル州でのH5N1鳥インフル発生は、19地区のうち14地区まで拡大した。
 人口1300万人を抱える州都コルカタでは、ウイルスが侵入してくるのを防ぐために監視態勢を強化している。
 最も新しい発生地区はノース24パルガナスで、家きんの殺処分が行われている。1農場で200羽の鶏が死亡した。ウイルスは確定されていないが、状況から鳥インフルと判断されている。
 ノース24パルガナス、サウス24パルガナス、およびホウラーの3地区で鳥インフルが発生していることから、コルカタの周辺は全て発生地区となった。
 現在のところ人での感染者は報告されていない。
India sprays markets, roads to halt bird flu outbreak  National Post, Canada  (カナダ) インド、コルカタ市内の道路と市場を消毒
 西ベンガル州、コルカタへの鳥インフル侵入を防ぐために、市内の道路や市場で消毒液が噴霧されている。
 西ベンガル州で家きん殺処分に加わった保健関係者や、感染地域の村人達が鳥インフル症状を呈していないかチェックされている。
 バングラデシュでは地区の病院に隔離病棟の準備を指示したが、現在までに人での感染者は報告されていないと発表されている。
Indonesian dies of bird flu, source remains unknown Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア男性、鳥インフルで死亡するも、感染源はいまだ不明
 下記事例、当初はペット用鳩から感染した疑いが持たれたが、検査の結果鳩はウイルス陰性であった。
 当局者によると、感染源は不明で大きな謎のままだ、とされる。また今週死亡した4人中3人は感染源が不明となっている。
Indonesian dies of bird flu, doves might be source Reuters India, India (インド) インドネシアで鳥インフルによる死者発生、鳩から感染した疑いも
 検査で鳥インフルウイルスが陽性だったインドネシアの32歳男性が、死亡したことを30日、保健省の当局者が発表した。そして男性は、近所で飼育していたペット用の鳩の群れから感染した疑いもあるとも説明された。
 男性はジャカルタの西のタンゲランに住んでいたが、29日にジャカルタのペルサハバタン病院で死亡した。男性の死で、インドネシアの鳥インフルによる死者数は101人となった。
 男性の家から500メートル離れた場所で、ペット用の鳩の群れを飼育していて、そこが男性の感染源であったと考えられる、と当局者は電話取材で答えている。
Indonesia's bird flu death toll hits 101 Earthtimes, UK  (英国) インドネシアでさらなる鳥インフル死者発生
 28日に報道された西ジャカルタ近郊のタンゲランに住んでいた32歳男性が22日死亡した。男性はジャカルタのペルサハバタン病院に入院していた。
 保健省の鳥インフルセンターの発表によると、男性は1月17日に発病し、地元の保健所診療所で医療を受けていたが、4日後にタンゲランのバークチ・アシー病院へ移った。その後26日にジャカルタのペサハバタン病院へ、高熱と呼吸障害、肺炎で移された。
 感染源は調査中とされる。
Saudis Kill Poultry After Bird Flu Found Auburn Citizen, NY  (米国) サウジアラビア、鳥インフル発生により家きんの殺処分
 サウジアラビアは29日、158000羽の鶏を 致死的H5N1鳥インフルが発生したために殺処分したことを発表した。
 発生場所は首都リヤドの南にあるカーラジ県である。
 475人の関係従業員が検査されているが、人での感染者は見つかっていない。
 サウジでは昨年11月にカーラジ県で鳥インフルが再興した。
Centre seeks info from Bangladesh on source of bird flu outbreak Hindustan Times, India (インド) インド政府、鳥インフル発生源に関してバングラデシュに情報を求める
 西ベンガル州の家きんの死亡数報告は下降に転じている、と29日、中央政府の保健相は語り、鳥インフルウイルスは封じ込まれつつあるが、ウイルスの侵入ルート検索のために、バングラディシュに情報を求めていると語った。
 「鳥インフルで死亡している家きん数は減っている。我々はウイルスを封じ込めれると確信している」、と保健相のアンブマニ・ラマドス氏が語った。
 西ベンガル州では19地区のうち13地区で鳥インフルが発生しているが、その新たな地区での発生は報告されていない。
 中央政府の保健省は、外務省に手紙を送り、バングラデシュで流行している鳥インフルウイルスの遺伝子構造の詳細を伝えるように求めた。
 これにより現在の西ベンガル州での鳥インフルの発生源が確認されると同時に、招来における対策につながると、保健省では説明している。
Civil surgeons asked to ensure isolated units The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) 州政府、全ての地区の病院に隔離病棟設置を指示
 鳥インフルの人での発病の可能性もあることから、バングラデシュ政府は全ての地区の病院に隔離病棟を緊急に設置することを指示した。 4ないし5個のベッドを設置し、各ベッドは1メートル以上離すように指示した。
Under-the-tongue vaccination may spare children needle jabs Brisbane Times, Australia  (オーストラリア) 舌下ワクチン、小児に対する注射無用に
 韓国の研究者達による動物実験での報告。
 マウスの舌の下に実験的作成インフルワクチンを投与することで、肺でのウイルスに対する免疫が成立した。
 将来的に注射によるワクチンの必要性がなくなる期待。
Bird flu spreads to new areas in West Bengal Sify, India  (インド) 西ベンガル州、鳥インフルさらに新地区へ拡大
 西ベンガル州では29日、鳥インフル感染地区のホウラー、ビルブーム、およびナディアの中の新地域へさらに拡大した。またさらにいまだ感染地区に含まれていないノース24パルガナスでも多くの鶏の死亡が確認された。 
WHO studies Tamiflu resistance after new report Reuters AlertNet, UK (英国) WHO、タミフル耐性株の調査に
 印刷用PDFファイル
 WHOは29日、ヨーロッパの一定地域で広く使われているタミフルが、季節性インフルエンザウイルスに耐性を示したという研究結果を受けて、季節性インフルウイルスのタミフルに対する耐性程度を調査すると発表した。
 ヨーロッパ疾病管理センター(ECDC)の発行した28日の予備的調査結果によると、昨年11月と12月に、ヨーロッパ10カ国から集めた148検体のインフルウイルス株のうち19株がロッシュ社製造のタミフルに抵抗性を示したという。
 WHOは29日、タミフルのインフルに対する効果が低下しているのか否かの評価を、世界リスクアセスメントとして開始し、各国のインフルエンザ研究機関や施設と連絡をとり、インフルウイルスの耐性率等に関し情報を収集している。
 WHOのフレドリック・ハイデン氏は、通常のインフルエンザにも広くタミフルを処方している日本も含めて、多くの国の関係当局では、タミフルに対する異常と思えるインフルエンザウイルスの耐性株は経験ないと報告している、と語った。
 「初期の報告を読む限り、今回の問題は世界的問題ではないが、世界的関心問題ではある」、とハイデン氏はロイターに語った。
 調査中ではあるが、現在はこれまでのタミフル使用に関するWHOの勧奨、すなわち通常の季節性インフルと鳥インフルの治療に最初に選択すべき薬剤であるとする見解、に関しては変更はない、状況の監視を続ける、と同氏は語っている。

 ECDCの調査では、ノルウエーで分離された16検体のうち、12検体がタミフルに耐性を示したとされる。
 他にインフルエンザ治療薬としてリレンザ(GSK社)とアマンタジンおよびリマンタジンがあるが、WHOは後2剤は高度にウイルスが耐性になっているとして、推奨していない。
 WHOの報道官であるグレゴリー・ハートレ氏は、今回の研究での高度の耐性率は驚きだとコメントしている。今回対象となったウイルスは、今冬ヨーロッパで流行しているH1N1株である。
 全体として今回のストックホルムに基盤を置くECDCの研究結果は、13%のウイルス検体がタミフル耐性株となっており、これまで報告されてきた0~2%の季節性インフルエンザが耐性となっているとする研究結果と比較すると、大きな差が出ている。
 ロッシュ社は28日、タミフルがいかなる致死的鳥インフルウイルスに対しても有効であるという事実に疑いはない、とコメントを発表した。
 ハイデン氏は、タミフルを投与されなかった鳥インフル発病者の90%近くは死亡し、投与された発病者の50%は生存しているとコメントしている。
 「これは非常に意味のある生存率の改善ではあるが、まだ十分とは言えない」、と同氏は付け加える。
 米国の専門家によると、生存率の多様性は、患者の治療開始の遅れも原因とされる。
1月29日

China reports bird flu outbreak in poultry in Tibet Reuters  (国際) 中国、チベットで鳥インフルが発生したことを報告
 チベットの家きんで高病原性のH5N1鳥インフルウイルスが検出されたと、29日に中国政府はウエブで発表した。
 Gonggan郡で1月25日以来、合計1000羽の家きんが死亡し、13080羽が殺処分されたと、農業省が発表した。
 国立鳥インフルエンザ専門機関がウイルスをH5N1株と確認した。
H5N1 spreads to more districts in India, Bangladesh CIDRAP, MN  (米国、ミネソタ大学)
 各種報道から西ベンガルとバングラデシュの状況をまとめている。
 特に目新しい情報として:
  昨日の Indo-Asian News Serviceで、人の検体17人分がH5N1ウイルス検査されたが、全て陰性であったと、R.S.Shukla氏が報告している。報告の中で、さらに州政府は、地域の病院にベンチレーターとタミフルを配っている、と伝えられた。
India steps up culling, calls for calm as bird flu spreads AFP  (国際) インド、殺処分を強化、鳥インフル拡大にパニックに陥らないように呼びかける
 インド西ベンガル州政府は28日、鳥インフルが新規に人口密度が非常に高い、8000万人が住む地域へ広がり、鶏の殺処分は戦場のような状況下でおこなわれている、と発表した。
 鳥インフルは現在、西ベンガル州の19地区のうち13地区で発生しており、人口1350万人の州都コルカタへ拡大することが懸念されている。
 州政府は当初殺処分家きん数を200羽と考えていたが、現在それは300万羽に増やすことになりそうだ、と発表した。
 「コルカタからわずか22キロしか離れていない村からの検体から、H5N1鳥インフルウイルスが検出された。我々は事態を心配している」、と西ベンガル州の動物資源省長官のラーマン氏は語っている。
 {殺処分チームは夜中中、働かなければならないだろう」。
 150万羽以上の家きんが、鳥インフルが発生してから、この2週間で処分された。
US offers help to check avian flu MSN India, India  (インド) 米国、鳥インフル診断のための援助
 昨日報道の内容。
Over two million chickens slaughtered in West Bengal Daily News & Analysis, India  (インド) 西ベンガル州で200万羽以上の鶏が殺処分
 西ベンガル州では既に初期の殺処分目標である220万羽の鶏の処分を終えたが、さらに新規発生した地域での殺処分対象の家きんが多く存在し、この2日以内に作業を終えたいと当局では語っている。
 「我々は既に初期の目標であった、感染地域全体の家きん220万羽の処分を終えた。しかし、さらに新規に発生した地域の家きんの殺処分をおこなう予定である。すなわちサウス24パルガナスと西ミドナポーレである、2日以内に終える予定である」、と西ベンガル州動物資源局のアニスル・ラーマン長官が語った。
 同長官は、西ベンガル州で鳥インフルが発生した13地区では、事態は極めて良くコントロールされている、と説明された。
Indonesia bird flu death toll hits 100 Reuters  (国際) インドネシアの鳥インフル死者数が100人に
 東ジャカルタの23歳女性が、鳥インフルで死亡し、同国で100人目の死者となったことが、インドネシア鳥インフル情報センターから28日報告された。
女性は27日に死亡し、2つの検査所でH5N1鳥インフルウイルス感染が確認された。
 28日朝早くに、やじゃりH5N1鳥インフルウイルス感染が確認されていた9歳の少年が死亡したことが、保健省から発表されている。
 少年はジャカルタ近郊に住んでいて、2週間地元の病院で治療を受けた後、ジャカルタのスリアントサロソ病院で27日死亡した。
 少年が家きんに接触したかどうかについては現在不明とされる。
 また、31歳女性と32歳男性がペルサハバタン病院に、発熱と呼吸障害で入院し、同様にH5N1鳥インフルウイルス感染が、28日確認されたと、保健省が発表した。
 発表では女性は東ジャカルタで”と殺場”の側に住んでいた。
 男性はタンゲラン出身で近隣で飼育していたペット用鳩から感染したと考えられている。
BANGLADESH: Excerpts dub deaths amongst crows, ducks "alarming" Reuters AlertNet, UK  (英国) バングラデシュ:カラスやアヒルの死亡は”警告”を意味している
 鳥インフルはバングラデシュ国内に広がっている。この4日間、1000羽以上のカラスが、バリサル、パツアカリ、ディナジプル地区で落ちてきて死亡した。検査室ではH5N1鳥インフルウイルス感染が確かめられた。
 当初の報告では、カラスが鳥インフルに感染し、死亡して、農民に投げ捨てられた鶏を食べて感染したとされた。
 政府が死亡した家きんを焼却したり、農民から買ったりしているにも関わらず、多くの場所では鶏やカラスの死骸が腐ったまま放置されている。
 マイメンシン(Mymensing)農業大学の鳥インフル専門家で、ウイルス学者のハビブル・ラーマン氏は、状況を”警告領域”だと表現する。
 「カラスだけでなく、約1000羽のアヒルが昨日ナオガノン地区で死亡している。アヒルは通常H5N1ウイルスを保有しても、死亡はしない。アヒルが死亡するとき、それはウイルスが非常に病原性が高いことを意味する。ウイルスが変異したことも除外出来ない状況だ」、と警告する。
 27日、鳥インフルはダッカのペールカーナの家きん農場で発生した。人口1200万人のダッカでは、その四分の一が、掘っ立て小屋が過密状態で並び、保健衛生設備がほとんどなされていない地域に住んでいる。
1月28日


US offers help to contain bird flu outbreak in WB Frontline, India  (インド) 西ベンガル州の鳥インフル封じ込めに米国が援助を申し出る
 米国はインド西ベンガル州における鳥インフル拡大に非常に大きな関心を寄せていて、小児用のタミフルシロップ、感染防止用装具を提供したことを発表した。
 援助は人の感染者の監視に関する技術的サポート、家きんの感染監視と殺処分に対する技術的サポートを含んでいる。
India swoops on homes in night raids to halt bird flu Scientific American  (米国) インド、各家庭を夜中に急襲して家きんを殺処分のために捕獲
 東インドの獣医師達は、各家庭の放し飼いの鶏を捕獲するために、夜中に各家庭を急襲して、殺処分のための鶏を捕獲している。村人達は、家庭で飼育している鶏を処分のために当局に提供するのを拒んでいるため、そのような措置になった。
Indonesia boy dies of bird flu, making death toll 99 Reuters AlertNet, UK (英国) インドネシア、少年が鳥インフルで死亡、同国で99人目の死者に
 インドネシアの9歳少年が27日H5N1鳥インフルで死亡し、同国で99人目の死者となったと、保健省が発表した。少年はジャカルタ近郊の町に住んでいたが、スリアント・サロソ病院で27日死亡した。同病院へ入院する前に他の病院で2週間治療を受けていた。
 少年が家きんと接触した既往があるかどうかは不明である。
 さらに、31歳女性と32歳男性がペルサハバタン病院へ発熱と呼吸障害で入院し、検査の結果H5N1鳥インフルウイルス感染が28日確認された、と保健省が発表した。
 女性は東ジャカルタの”と殺場”の近くに住んでいた。男性はジャカルタの西のタンゲランに住んでいた。近くで飼っていたペットの鳩から感染したと考えられるとM保健省ではコメントしている。
One dies, 2 others infected on bird flu in Indonesia EastDay.com, China (中国) インドネシア、鳥インフルで1人死亡、2人発病
 インドネシアで鳥インフルで少年が死亡し、2人の成人が発病した。同国で発病者数は計123人となり、死者数は99人となった。本日インドネシア保健省が発表した。
 少年は9歳で、他の発病者は32歳男性と31歳女性である。ジャカルタとその近郊の都市に住んでいた。
 少年はジャカルタ近郊のデポクに住んでいたが、27日にジャカルタの鳥インフル専門病院であるスリアンチ・スロソ病院で死亡した。少年が家きんに接触した既往があるかどうかは不明である。
Bangladesh bird flu spreads as it closes border with India Hindustan Times, India  (インド) バングラデシュ、鳥インフル拡大のため、インドとの国境を閉鎖
 バングラデシュの64地区のうち29地区までH5N1鳥インフルが拡大し、バングラデシュ政府はインドとの国境を閉鎖した。
India steps up vigil as bird flu spreads Reuters  (国際) インド、鳥インフル拡大、さらなる警戒強化
 東インドの獣医局職員は、村人達が拒否するため、夜間に放し飼いの鶏を捕まえ、殺処分している。
 西ベンガル州の鳥インフルは、19地区のうち13地区にまで広がったと、28日当局は発表した。
 専門家はH5N1鳥インフルウイルスが変異して容易に人人感染するようになることを恐れているが、インドではこれまでのところ、人での感染は報告されていない。
 「村人達が彼等の鶏を隠したり、遠い親戚の家まで運んだりしているので、放し飼いの家きんの間で広がっているウイルスを封じ込めるのは非常に困難だ」、と西ベンガル州の動物資源省のアニスール・ラーマン長官が語っている。
 当局では、27日に人口密度が高い州都コルカタから20キロの地のSouth 24 Parganas 地区まで鳥インフルが広がったため、コルカタへの拡大を懸念している。
 インドの大都市の一つであるコルカタへ感染した家きんが持ち込まれないように、監視態勢は強化されていると、当局では説明している。
 また当局ではラウドスピーカーやリーフレットにより、村人達へ殺処分チームへ鶏を渡すように呼びかけている。
 村人達は、政府の殺処分補償費、1羽1ドルは安すぎると言っている。
 「それは単に金だけの問題ではない。村人達はアヒルや鶏をペットのように可愛がり、彼等に名前までつけている」、と西ベンガル家きん協会のナズル・イスラム氏が語っている。
 西ベンガル州はさらなる補償費を村人達に支払う約束をしたが、家きんが迅速に処分されない限り、ウイルスは拡大してゆく。
Bird flu has spread to 29 districts: aide Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフル29地区へ拡大
 27日、当局者が記者会見で発表。
Bangladesh bird flu situation alarming, says official Hindu, India  (インド) バングラデシュの鳥インフル発生状況は警戒域に、当局者警告
 バングラデシュ政府は、繰り返し警告されている同国の鳥インフル拡大防止のために、各戸を監視する態勢を近々構築する。
 政府は各関係機関に、この数週間鳥インフルが拡大している西ベンガル州から家きんの密輸を防ぐように指示している、と記者会見で発表した。
India to Bangla: Don't hide facts  Times of India, India  (インド) インドからバングラデシュへ:事実を隠さないで
 西ベンガル州の鳥インフルはバングラデシュから侵入してきたことは明らかで、ダッカ政府は国内の鳥インフル状況を隠さないで、公開しなければならない。
31 under close observation after contact with flu-infected poultry Bangkok Post, Thailand  (タイ)  タイ、鳥インフル発病家きんと接触した人々31人が厳重な医学的監視下に
 鳥インフルに感染した家きんに接触した31人の健康状態がこの2週間厳重に監視される、と公衆衛生省は発表した。
 13人はナコーンサワン省クムセング地区、18人がピキト省のサクレク地域であり、両地域とも最近鳥インフルが家きんの間で発生している。
Bird flu in 13 of 19 districts The Asian Age, India  (インド) インド西ベンガルの鳥インフル、19地区中13地区へ拡大
 西ベンガル州における鳥インフルは、州政府が状況はコントロールされたと発表しているにも関わらず、拡大し続けている。
 27日ウイルスはさらに2地区に拡大した;South 24 Parganas と West Medinipurで、コルカタから20キロに地にあり、鳥インフルは事実上州都の入り口まで来ている。
Bird flu spreads to more districts; culling targets increased Hindu, India  (インド) 鳥インフル拡大;殺処分家きん数増加
 コルカタに隣接する2地区、South 24 Parganas とHowrahでの鳥インフル発生は、コルカタへの拡大が懸念され、市場での家きん販売の監視、周辺から家きんおよび産物が感染地域から運び込まれないか厳重な監視が為されている。
Kolkata hit with bird flu – the human tragedy can be immense – who ... India Daily, NJ  (米国) 鳥インフルが発生したコルカタ-人での計り知れない惨事の可能性-誰の責任?
 コルカタで初の人での鳥インフル発生事例が出たという噂を、当局は否定している。
 しかしコルカタ市民は、流行が市内で発生していることを知っている。鶏や鶏卵が周辺からインドで最も人口の多い中心地であるコルカタへ運ばれてくる。鳥インフルはすでに西ベンガルの19地区のうち13地区まで広がった。共産主義者が治める州政府は、感染地域で人の発生者が出た場合に備えて十分な用意をしていると語っている。
 しかし保健体制は流行を抑えるには全く無防備だ。これは全てのコルカタ市民にとって悪夢である。不満足な水道水と下水設備、そして遅れた保健体制は鳥インフルが多数の人々に感染し、そして世界的流行を引き起こすのに十分な環境となっている。
 マルクス主義者の指導者達が非難されるべきだ。彼等は彼等の支持者の収入が減ることを懸念して、鶏の殺処分に反対した。その結果招来されている被害は甚大で、そして無知な共産主義者達は何も知らない。
 コルカタは最悪の下水事情で、飲用水は下水からの汚染水で汚れている。
 病院や診療所は世界のどこにも見られないくらい混雑している。医師達は患者達にせがまれると、副腎皮質ホルモンを処方する。
 コルカタは人での鳥インフルが破裂する時限爆弾のようなものだ。
 保健担当者達や市の政治家達は、この世界で最も人口過密な市で、一度人での鳥インフルが鳥から広まった場合、どのような状況になるのか完全に分かっていない。

 訳者注:当ウエブがどのような方向性を持った情報を提供しているのか不明なため、内容に関しては参考程度かも知れません。
1月27日

Birdflu spreads to two more districts of West Bengal Hindu, India (インド) 西ベンガル州、さらに2地区で鳥インフルが発生
 西ベンガル州の鳥インフルは、本日2地区で発生が確認され、州19地区のうち13地区にまで広がったことになる。州政府は人における感染者が出たとしても、対応できるように準備していると発表しているが、拡大傾向は続いている。
West Bengal prepared to tackle human infection: Health Min MSN India, India  西ベンガル、鳥インフル人感染者発生に対する準備開始:州保健省
 西ベンガル州は、H5N1鳥インフルウイルスが人に感染した場合に備えて、十分な用意をしていると、西ベンガル州の保健省長官が語った。
 発生地域の病院へレスピレーターを15台送ったが、州政府は中央政府にさらにレスピレーターを準備するための経済的援助を求めた、と長官は記者会見で語った。
 各地域の病院は隔離病棟の準備を始め、いつでも患者を収容出来る態勢を固めている。
 保健省長官はさらに、3医科大学からいつでも医師を、州のどの場所にでも派遣できる態勢にしている、とも語った。
Bangladesh bird flu situation alarming, says science adviser Economic Times, India  (インド) バングラデシュ、鳥インフル状況は警戒域に:政府科学アドバイザーが警告
 27日、週末にさらに3地区で鳥インフル発生が報告され、国のほぼ半分以上の地域にH5N1鳥インフルが拡大したと思われ、警戒域に入ったと、当局者が語った。

 北部と南部のバングラデシュで1万羽以上の家きん(鶏)が26日遅くに殺処分されたことが、政府の上級科学アドバイザーから発表された。
 「26日だけで我々は18農場で殺処分をおこなった。そして今朝、さらに10以上の農場で感染が広がっていることが確認された」。
 昨年2月のバングラデシュで初の鳥インフル発生以来、国の64地区のうち29地区で感染が確認されている。少なくとも36万羽以上の家きんが殺処分されている。
 当局では、1億4千4百万人が住むバングラデシュの鳥インフルの状況は非常に難しく、野生のカラスの間でも明らかに広がっている、と語っている。
 「警戒すべき状況だ。毎日国中で数百羽のカラスが鳥インフルで死亡している。政府は健康被害を及ぼす緊急問題として対策にあたるべきだ」、と科学アドバイザーは警告している。
 「いくつかの村で農民達は死亡した鶏を水路や池に放り込んでいて、ウイルスの感染が広がっている」。
 専門家達は今月初めに、状況は当初政府が発表したよりも悪化していると警告しているが、理由は農民達が鳥インフル発生の多くについて報告していないことによる。
 国連機関のFAOは、24日、バングラデシュでは各戸を見回って監視しなければ、鳥インフルの拡大を抑制出来ない、と警告した。
 バングラデシュの家きん産業は、年に2億2千万羽の鶏と3千7百羽のアヒルを産生している。
 バングラデシュは世界で最も人口密度が高く、1平方キロに1000人近い人々が住んでいる。
India says no fresh reports of bird flu Reuters (国際) インド、鳥インフル発生の新規報告は無しと
 鳥インフル拡大に懸命な対策を講じている東インドの当局は、27日新規の家きんの死亡報告はないが、ウイルスがさらに拡大している可能性はあると発表した。
 「鳥インフルの状況は、ゆっくりではあるがコントロールされつつあるように思える。しかし我々は2,3の場所で見つかった死亡した家きんの検査結果を待っている」、と西ベンガル動物資源省長官のアニスール・ラーマン氏が27日語った。
 「いまださらにウイルスが拡大するかも知れない」、と付け加えた。
 インド政府は、検査室診断でH5N1ウイルスが西ベンガル州の19地区のうち2地区で確認されているが、鳥インフルが発生している他の9地区でも同じウイルス株が関与しているだろう、と発表している。
Bird flu spreads in new area of affected Howrah district Expressindia.com, India  (インド) 鳥インフル、コルカタ隣のホウラーで拡大
 鳥インフルが発生したコルカタ隣のホウラーで、さらに別のブロックで感染が確認された。コルカタに拡大しないように、感染防御態勢が強化されている。
 感染地域から家きん産物のコルカタへの搬入は許可されず、さらに8緊急対策チームが結成され、州都に鳥インフルが侵入するのを防止する任務を与えられている。
Rains offer hope for bird virus outbreak Earthtimes, UK  (英国) インド西ベンガル州、雨が鳥インフル拡大抑制につながる期待
 降り続ける季節はずれの雨が、家きんの殺処分の遅れとなっているが、一方専門家の中には、降り続ける雨がウイルスの拡大の抑制になるとの意見もある。
Now, fish dying in Bengal Times of India, India  (インド) 西ベンガル州、今度は魚が大量死
 西ベンガル州のいくつかの池で、2,3百匹の魚が死亡し、水面に浮いているのが見つかった。
 専門家は鳥インフルウイルスは魚に感染しない、と説明しているが、何らかの毒性の強い物質が池に流れ込んでいる可能性が強い。
Bird flu: strict vigil in Kolkata Hindu, India  (インド) 鳥インフル:コルカタで厳重な警戒
 コルカタ市内へ入る道でのチェックや、市内の家きん市場のチェック等、警官も動員して厳重な態勢が敷かれている。
Avian flu suspected in Kalasin Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、鳥インフル、さらにカラシンでも発生の疑い
 タイで昨日北東部カラシン省で大量の鶏が死亡した。H5N1鳥インフルが発生した、第3の省となった疑いが持たれている。24日に初めてナコーンサワン省でウイルスが検出されていた

 25日、保健省はピキト省の鶏の死亡はウイルスによるものと発表し、昨日H5N1鳥インフルであると確認した。
 ピキト省ではサクレク地区で19人が病的状態となり、2人は5歳以下であると、省の保健担当官のプラチャク・ワタナクル氏が語った。
 「彼等全ては鶏に直接触れている。彼等は少なくとも21日間毎日健康状態を監視する必要がある。もし彼等がインフルエンザ(鳥インフルエンザを指しているものと思う:訳者)と分かったなら、病院へ収容されるだろう」、と同氏は語った。
 他の当局者は同省でさらに262羽の鶏が殺処分され、合計600羽となったと語った。
 
 カラシン省知事のプラチャ・ジツチポール氏は、省で2004年に数千羽の鶏を殺処分し、厳重な予防対策とモニターが行われたと語った。
 「その後数年間病気は起こっていなかったが、今年の冬の長期間の雨と寒冷が動物と鳥に健康障害を起こしている」、と知事は語った。
 「我々は最近見つかった大量の鶏の死が、鳥インフルによるものであることを恐れている」。知事はそのように付け加えた。
 「全ての地区のモニターと、もし鶏の死が鳥インフルと分かったなら、その地区から5キロ以内の全ての家きんは殺処分される」。
1月26日

                     ~~~~~~~
新型インフル流行なら「転職」…看護師31%、医師17%(読売新聞)
新型インフルエンザが大流行した場合、医療従事者の26%が転職も考えていることが、産業医科大学などの調査で分かった。
 患者に接する機会が多く、インフルエンザの予防知識が十分でない人ほど、不安を強く感じる傾向が見られ、医療従事者への研修なども必要になりそうだ。
 調査は、6都府県の七つの大学病院などで働く約1万人を対象に実施、約7400人から回答を得た。
 複数回答で、75%が「仕事で感染するリスクがあるのは仕方がない」と答える一方、26%が「感染リスクがあるなら転職も考えたい」とした。
 転職を考える人は、看護師が31%と最も多く、次いで、技師や事務職員が23%、医師が17%だった。
 看護師は、患者に接する機会も多いだけに、68%が仕事を通じて新型インフルエンザに感染する恐れを抱いていた。
 研究チームの高橋謙・産業医大教授(環境疫学)は「予防に関する知識が必ずしも十分でなく、不安が先行している可能性がある。新型インフルエンザに関する教育、研修などの取り組みを、各施設で強化することが重要だろう」と話している。

訳者コメント:対象が大学病院で働く医療関係者であることから、かなりバイアスがかかった結果と考えられる。社会全体における危機管理、それに対する責任感は、大学関係者に間では低いと考えられる。
 現在までに、新型対策で社会の中心となって動いた大学病院は皆無と思われるし、さらに医師会全体でもそのような動きは乏しい。
 現在の世界におけるH5N1鳥インフルの状況を熟知し、それが今後社会の中でどの程度危機となってゆくのかを予知し、そしてそれに対して医療機関と医療界はどのような態勢を整えるべきか、活発な論議が2年前から起きていなければならない。

                    ~~~~~~~~
Sixth bird flu swan at sanctuary BBC News, UK  (英国) 英国ドルセ、野鳥保護区で鳥インフル感染白鳥6羽目が確認

 英国、ドルセの野鳥保護区で、H5N1鳥インフルウイルスに感染した6羽目の白鳥が見つかった。環境食料農業庁(Defra)が発表した。
 Defraによると白鳥は1月21日に検査され、強毒性のH5N1鳥インフルに感染していることが確認された。
 最初の3羽は1月10日に感染が確認されたが、この6羽目に関してDefraは、予期していなかったわけではない、と説明している。
 「この地域の野鳥の監視態勢が強化されている。死亡した野鳥を積極的なパトロールで発見に努めている」。そのように報道官は語った。

Indian state asks for 'all possible help' to defeat bird flu AFP (国際) 西ベンガル州、鳥インフル封じ込めのための全ての可能な援助を連邦政府に求める
 インド、西ベンガル州は同国で最悪の致死的鳥インフルの封じ込めのために、連邦政府に全ての可能な援助を求めた。
 「我々はすぐに鳥インフルをコントロールしなkればならない。H5N1鳥インフルウイルスは非常な早さで広がっている」、と動物資源省のアニスール・ラーマン長官が語った。そして、
 「鳥インフルはコルカタの入り口まで来ている」、と付け加えた。
 「私は連邦政府に、ウイルスが人に感染する前に、ウイルスを封じ込めるために、あらゆる可能な援助を求めた」。同長官はそのようにAFPに語った。
 ニューデリー政府は、既にいくつかの医学チームと他の援助を西ベンガル州に送った。
 3日間に亘る豪雨は、家きんの殺処分を妨げ、いくつかの田舎道を泥流に変えてしまい、医学チームを鶏農場に派遣するのを不可能にしている。
 ラーマン長官は、田舎の村で殺処分された鶏を食べているという報告を受け、非常に心配していると語っている。
 「我々は、何度も人々に警告しているのに、なぜ鳥インフルの危険性を分かってくれrないのか、理解に苦しんでいる」、と長官は語り、さらに子供達が相変わらず鶏と遊んでいると嘆いた。
インド、バングラデシュで鳥インフルエンザ拡大 人への感染も懸念 MSN産経ニュース
 インド東部の西ベンガル州と隣のバングラデシュで、鶏の鳥インフルエンザが急拡大している。人にも感染のおそれがある高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1による流行で、感染範囲は農村部から拡大、1400万の都市圏人口を持つ州都コルカタにも迫る勢いを見せている。インド政府は鶏などの家禽210万羽以上の殺処分を進めているが、個人で鶏を飼う農家などの拒否反応は強く、処分作業は難航しているという。
 ……
Rains hamper culling operations in WB Zee News, India (インド) 西ベンガル州、豪雨で家きん殺処分が進まず
Ministries alert public on bird flu Gorkhapatra, Nepal  (ネパール) 政府、鳥インフルの警戒を呼びかける
 各地域の家きんの検査、パトロール、手洗いによる感染予防方法、子供達に鳥に近づかないように注意等。
壊滅被害防止へ警戒強化、鳥インフル会議閉幕 日本経済新聞 
 タイ政府とバイオ研究機関がバンコクで開いていた「鳥インフルエンザ国際会議」は25日、閉幕した。鳥インフルエンザの被害がインドなどへ広がる中、参加した研究者らはヒトからヒトへの感染が発生するリスクが高まっているとの認識を確認。壊滅的な被害を防ぐために世界的な警戒を強化していく重要性を確認した。
 米セント・ジュード大学小児研究病院のロバート・ウエブスター教授は3日間の研究発表を総括し、「パンデミック(感染症の世界的大流行)は起こりうるが、対策はあり、そのための仕事をすべきだ」と述べた。
 世界中で大流行の恐れが指摘される「新型インフルエンザ」は、健康被害にとどまらない。ミシガン大学(ミネソタ大学の間違いと思う:訳者)のマイケル・オスターホルム教授は「世界経済が高度に連携した中で初めて迎えるパンデミックとなる」と指摘。感染拡大防止のためヒトやモノの移動が妨げられることで、エネルギーや食料の供給が滞り、数日間で市民生活に甚大な影響が出ると説明した。
Supply more Tamiflu, govt tells pharma companies Times of India, India  (インド) インド、もっとタミフルの供給が必要と、政府が製薬会社に要望
 人におけるH5N1鳥インフル感染症に最も有効な薬剤であるオセルタミビル(タミフル)の補充をするために、中央政府は製薬会社に可能な限り早急に補充するためのストックを製造するよう要請した。
 インドの鳥インフル行動計画では、中央政府の保健省が、常時100万カプセル備蓄する計画になっている。しかし現在、備蓄可能期間5年間のオセルタミビルが75万人しか残っていない。先週20万カプセルを西ベンガルに送ったせいだ。
 保健省長官は国内でオセルタミビル製造が許可されている製薬会社に緊急に備蓄用に提供するように要望している。各社とも保存用のバルク製剤はあるので、1週間ほどで提供できる体制にあると返事をしているようだ。
India worst bird flu outbreak France24, France  (フランス) インドで最悪の鳥インフル流行
 AFP

 インドで最悪の鳥インフルが広がっている。保健省はコルカタへの拡大を防止するために25日、必死の対策を講じているが、豪雨が家きんの殺処分作業の停止を余儀なくした。

 当局は鳥インフルはさらに2地区へ拡大し、西ベンガル州の19地区のうち12地区へ拡大したと報告している。
 新規感染地区のホウラはコルカタに隣接している。もう1ヶ所のプルリアは、東部のビハール省に隣接している。
 「我々は鳥インフルが多くの地域へ拡大することを恐れている…、それはすでに新規2地区へ拡大した」、と州の動物資源省のアニスール・ラーマン長官がコルカタで語った。コルカタの人口は1320万人で、その多くは人口過密状態のスラム街に住んでいる。
 「我々はいまだ鳥インフルをコントロール出来ていない」、と長官はAFPに語っている。さらに新規に追加された感染地域は、もっと早くから感染が広がっていた、と付け加えた。
 感染症は、1週間以上前に死亡した鶏でH5N1鳥インフルが確認されてから、西ベンガル州の半数以上の地域へ広がっている。
 「政府は感染地域の鶏を持ち出して、市の市場で売ることを禁止している。我々がすべきことは、市場を監視することだけだ」、とラーマン長官は語った。
 市の当局者はコルカタ市内へ入る道路をチェックして、車や他の乗り物を消毒している。
 インドではいまだ人での感染者は出ていない。しかしラーマン長官は、数百人の人々がインフルエンザ様症状を呈していたり、子供達が鶏と遊んでいるので、いつ人へ感染してくるか、非常に不安である、と語っている。
Seasonal flu vaccine may help in fight against H5N1 TamilStar.com, Sri Lanka (スリランカ) 季節性インフルエンザに対するワクチンが、H5N1予防に効果を持つ可能性
  ロイター

 あらかじめ通常の季節性インフルエンザに対するワクチンを接種されていた動物は、続いて接種したH5N1ウイルスに対するワクチンに迅速に反応し、大量の抗体を産生した。

 多くの医師達は、季節性インフルエンザはH5N1ウイルスにほとんど、または全く予防効果を持たないと考えている。
 しかしながらワクチン製造企業である、バイオテクノロジー企業のメドインムーン社は、フェレットを使った実験で、あらかじめ通常の季節性インフルエンザワクチンを投与されていたフェレットが、後にH5N1ワクチンを投与されると、より迅速に反応し、高い免疫を獲得することを、確かめた。
 「もし通常のインフルエンザワクチンを受けていたなら、H5N1ワクチンをその後受けた場合、非常に良い反応が得られる(十分免疫がつく)」、とメドインムーン社の研究者であるホング氏が、バンコクで開催されている国際会議で発表した。
 ローマの国立感染症研究所の研究者チームが昨年12月、「journal Emerging Infectious Diseases(米国CDCで発行している医科学雑誌」に、通常のインフルエンザワクチン接種で、少量ながらもH5N1ウイルスに対する抗体が出来ることを発表した。
 彼等の研究は、通常のインフルエンザワクチン接種が、H5N1ウイルス排除にある程度の効果をもっているいることを明確にした初の研究となった。
 彼等の研究では、季節性のインフルエンザワクチン投与を受けたボランティアの血液にH5N1ウイルスを加えると、何人かの血液中にH5N1ウイルスに対する抗体が検出された。
 *12月27日のロイターによる記事を参照 

 メドインムーン社の研究グループは、フェレットに季節性ワクチンを投与し、対照群のフェレットには投与しなかった。
 40日後、両群のフェレットはH5N1ワクチン(2003年に香港、そして2004年にベトナムで分離されたウイルスから作成された)が投与された。
 それから両群におけるH5N1ウイルスに対する抗体産生状況が観察された。
 「季節性インフルエンザワクチンを投与されたフェレットは強い反応を示し、大量の抗体産生を示したが、対照群では反応がなかった」、とホング氏はロイターに語った。
 用いた両タイプのワクチンは、2003年に同社が開発した鼻腔スプレー方式によるものである。
1月25日


West Bengal: Bird flu continues to spread NDTV.com, India  (インド) 西ベンガル州:鳥インフル拡大を続ける
 西ベンガル州の鳥インフルは広がり続け、コルカタに侵入しようとしている。
 コルカタの郊外のハウラーでも鳥インフルが確認された。
 西ベンガル州の19地区のうち11地区で家きんの鳥インフルが確認されている。
Low compensation for culling hits India bird flu fight Reuters AlertNet, UK (英国) 殺処分に対する補償費が少なく、村人達の鳥インフル対策への協力が得られず
 殺処分1羽につき40ルピア。通常市場では80~100ルピア。
Bird flu spreads to 11 more districts of WB Zee News, India  (インド) 西ベンガル州でさらに11地区へ鳥インフルが拡大
 西ベンガル州の半分以上でH5N1鳥インフルが拡大。
Bird flu outbreak in Phichit Bangkok Post, Thailand (タイ) タイ、ピキト省でも鳥インフル発生
 タイ、家畜局はピキト省での、同国として最近2件目の鳥インフル発生を確認した、と25日発表した。
 サクレク地区の家きんからの検体で、H5N1鳥インフルウイルスが確認された。
 当局によると30羽近い鶏が既に死亡している。
 24日にナコーンサワン省で発生が確認されたが、ピキト省での発生はそれに次ぐ2件目の事例となった。
Bird flu awareness campaign to be launched on radio, TV Mangalorean.com, India (インド) ラジオとテレビを使って鳥インフル教育キャンペーン
 西ベンガル州で広がりを見せている致死的鳥インフルに関して、心配している中央政府は24日、電子および印刷媒体による教育キャンペーンを行う予定を発表した。
 首相の意志による。
Wild bird deaths spark cull debate Times of India, India  (インド) 野鳥が死亡しているも、その対策を行う行政部署がなし
 西ベンガル州の湖等で多数の渡り鳥が死亡しているが、その調査と対策を行う機関がどこなのか明確でなく、各機関の間で論争となっている
 先週、ある湖で死亡した渡り鳥が調べられたが、鳥インフルではなかったとする当局の報告もあるが、全体的には不明瞭な状況である。
Flu panic rises as goats drop dead Times of India, India (インド) 山羊が多数死亡、鳥インフルのほ乳類への拡大が心配
 ビルブーム地区のランプルハット区画Ⅱで、数百頭の山羊が、この4日間に原因不明死している。
 専門家の中には、H5N1ウイルスが鳥からほ乳類に感染出来るように変異し、次ぎに人に感染してくるのではないかと、警戒心を抱いている人も出ている。
 山羊は発熱し死亡しているが、獣医師達は診断をつけることが出来ていない。
鳥インフル、州の半分に拡大=インド東部 時事通信 
 インド東部の西ベンガル州の家禽(かきん)に流行中の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染地域は24日までに、州内全19県のほぼ半分に当たる9県に拡大した。PTI通信によれば、殺処分の対象となる家禽はこれまでの200万羽から上方修正される見通し。
 死んだ鶏の扱い方などについて住民への周知が徹底されておらず、人への感染の懸念が増している。
Bird flu: Centre peeved at West Bengal Newindpress, India  (インド) 鳥インフル:中央政府、西ベンガル州の対応に不満足の意
Bird flu heads for Kolkata Hindustan Times, India (インド) 鳥インフル、コルカタへ向かう
 コルカタ市内の家きんへウイルスが感染する可能性が高いことから、市内での拡大を危惧。感染は野鳥によってももたらされる可能性があるとも。
The prevention checklist The Statesman, India (インド) (家きんから鳥インフル感染)予防のためのチェックリスト

家きんからの感染予防のためのチェックリスト


・鶏を買う前に、目の前で”と殺”されたことを確認すること
・鶏の調理は適切に行うこと。調理後にピンク色した部分がないことを確認すること。これまで十分加熱して調理した鶏を食べて、鳥インフルを発病した事例はない。
・生卵や鶏肉を触った後は、15から20秒間、手に石けんをつけて洗うこと。この時間は石けんがウイルスを殺すのに必要である。
・卵の表面は洗剤で十分洗い、完全に加熱すること。
・鶏肉の加熱は70℃以上で行うこと。
・卵の黄身の形が壊れて、中身が流れ出していないことをチェックすること。
・どんな場合でも、生卵は料理に使わないこと。
・鳥と接触した後、インフルエンザ様症状を呈したなら、医師に相談すること・もし鶏の鶏冠の色がピンクでなく黒かったなら、買わないこと。
・当分の間、冷凍鶏肉や缶詰となった鶏肉は買わないこと。
・異常に安い鶏は買わないこと。


8 countries ban poultry imports from India Times of India, India  (インド) 8カ国がインドからの家きん輸入を禁止に
 1月24日までに8カ国が、インドからの家きん産物の輸入を禁止にした。
Bangladesh bird flu worsening: UN AFP  (国際) バングラデシュの鳥インフル拡大:国連警告
 国連機関のFAO(国連食料農業機関)は、バングラデシュの鳥インフル発生状況は悪化してきており、各家庭を回る監視態勢が必要であると24日、警告した
 FAOの声明は、隣国インドでバングラデシュから拡大したと考えられているH5N1鳥インフルが家きんの間で拡大しており、同国がその対策に苦慮していることから、出された。
 「これまでの2,3ヶ月間に比較すると先週の状況はさらに悪化している。国際社会は非常に心配している」。FAOのバングラデシュ担当主任がAFPに語った。
 「我々は23日大臣に状況の悪化を警告し、基金提供国が政府と早急に会談し、対策について話し合う予定だ。人々の健康に危険が迫っている」、と同氏は語った。
また、政府は当感染症を抑えるために、各家庭を回って状況の調査(サーベーランス)をしなければならない、と付け加えた。
Calcutta under threat as bird flu flares in Asia MSNBC (米国) アジアにおける鳥インフル拡大に、カルカッタも警戒態勢に
 カルカッタの30キロ近くの農場でも鳥インフルが発生してきたことから、人口14000万人のカルカッタ市では、感染症の侵入を食い止めるために、家きん市場をパトロールし始め、警戒態勢に入った。
FAO stresses house-to-house surveillance to fight bird flu The New Nation, Bangladesh (バングラデシュ) FAO(国連食料農業機関)警告:バングラデシュ、鳥インフル拡大対策の為に各家庭を回って調査すべきと
 バングラデシュで家きんの間での鳥インフルが拡大していることにFAOは警戒感を強め、当局に各家庭をパトロールして、早期に鳥インフル発生を検出することを24日求めた。
 AFP
Avian flu control starts with police help The Statesman, India (インド) 鳥インフル対策、警官の協力を伴って開始される
 村人達の抵抗にも関わらず、動物資源局当局者達は、警官の協力のもとに、北部マルダのチャンチャル区域で、夕方から家きんの殺処分を開始した。
 1チーム5人から成る40チームが、午後から医学チェックを受け、処分の訓練を受けた。
 各チームに地域の労働者達8人が加わったが、獣医師が不足しているため、5チームに1人の獣医が指導者として協力に当たった。
 夕方から各家庭を回って裏庭で放し飼いの家きんを集め、夜に殺処分すると責任者は説明した。

鳥インフル国際会議・情報公開や連携、研究者らが訴え 日本経済新聞 
 バンコクで開催中の「鳥インフルエンザ国際会議」は24日、参加各国の研究者らがヒトへの感染・治療事例や世界的な大流行の可能性などについて研究成果を発表した。ケネディー・ショートリッジ香港大学名誉教授は「世界的な問題であり、世界的な戦略が必要」と強調、各国の利害を超えた国際協調や情報共有の重要性を訴えた。
 日本から参加した鈴木康夫・中部大学教授は鳥インフルエンザのヒトへの感染について、ウイルスがヒトの細胞にある特定の分子と結びつくことで感染する仕組みを説明した。その上で同教授はヒトからヒトへの感染防止に向け「世界的な監視を強めるべきだ」と強調、各国による迅速な情報公開や連携強化を促した。

.

1月24日


Indonesian man dies of bird flu The Press Association  (国際) インドネシア男性が死亡
 22日に発表された30歳男性が死亡。インドネシアで98人目の死者に。
 感染源は特定されていない模様。
 男性は、ジャカルタ郊外の病院で2日間治療を受けた後、ジャカルタ市内のペルサハバタン病院に1月20日から入院していた。
Rain forces culling halt as India battles France24, France  (フランス) インド、豪雨により家きんの殺処分作業が中断
AFP

 西ベンガル州での家きん殺処分作業が、豪雨により中断を余儀なくされ、対策が思うように進んでいない。
 H5N1鳥インフルウイルスは既に州の半分以上に拡大しており、州政府は鳥インフル発生を、”危機”と位置づけし、H5N1鳥インフルウイルス封じ込めに失敗したと認めている。
 「殺処分作業は雨のために中断している。雨が止んだら再開する予定だ」、と州政府の動物資源省長官のアニスール・ラーマン氏がムルシダバードでAFPに語った。
 医師や獣医師が近隣の州から殺処分チームに加わるために、コルカタに到着してきている。そのように長官は説明している。
 しかし24日早朝から降り始めた雨が多くの田舎の道を泥流化してしまっている。
 これまでインドでは人の感染者は報告されていないが、ラーマン長官は、数百人のインフルエンザ様症状を呈する人々が報告されていることや、感染地域の村々で子供達が鶏と遊んでいることから、人での感染者の発生を恐れている、と語っている。
Officials worry bird flu will hit Kolkata Deccan Herald, India (インド) 当局、コルカタへの鳥インフル拡大を心配
 下記ロイター
Authorities worry bird flu will hit major India city Reuters  (国際) 当局、インドの大都市に鳥インフルが拡大する可能性を懸念
 西ベンガル州で大発生している家きんにおける鳥インフルが、州都であるカルカッタに拡大することが警戒されている。
 当局では市内の家きん市場をパトロールしている。
 人口密集都市であることから、市内に鳥インフルが広がった場合、人への危険性が高まる。
 インドの人口の6割は田舎に集中しており、その多くが家きんを放し飼いで飼育している。そして収入をそれらに頼っている家庭が多く、不十分な補償での殺処分は不可能となっている。村人達は補償が十分得られない限り、殺処分のために飼育家きんを提供せず、家の中等に隠すことから、対策は進まない。
 現在殺処分に際して1羽40ルピア(1ドル)の補償としている。
Bird flu strikes again in northern Thailand Reuters AlertNet, UK  (国際) 鳥インフル、タイで再び発生
 H5N1鳥インフルがタイの北部の省で、昨年の3月以来初めて発生した。1万羽の鶏が殺処分された。24日農業省の当局者が発表した。
 発生したのはバンコクの北方230キロのナコンサワン省の農場で、今月初めに4085羽の鶏が死亡した。
 「H5N1鳥インフルウイルスが農場で検出され、残りの鶏を我々が殺処分した」、と家畜局の高官が語った。
Bird Flu scare in Tamil Nadu? Times Now.tv, India (インド) タミールナドゥ州でも鳥インフル発生の可能性
 タミールナドウ州でこの数日間、鶏百羽以上が原因不明死を遂げていて、住民達は西ベンガル州で流行中の鳥インフルが拡大してきた不安を抱いている。
 鶏の血液検査は為されていないにも関わらず、州政府は心配する理由はないと発表している。
Bird flu emerges in Nakhon Sawan Bangkok Post, Thailand (タイ) タイ、ナコーンサワン省で鳥インフル発生
 ナコーンサワン省で鳥インフルウイルスが検出されたと、家畜局のサムブーン・スリステープ氏が発表した。
 同省のクムサング地区で数千羽の鶏が死亡し、当局では農場でH5N1鳥インフルが発生したと疑っている。検査所では、鶏が鳥インフルウイルスで死亡したことを確認したと、だけ発表されている。
 当局では発生農場5キロ以内の全家きん農場の消毒と、家きんの移動を禁止した。
India fails to stop bird flu Brisbane Times, Australia (オーストラリア) インド、鳥インフル拡大阻止に失敗
 東部インドでさらに2地区で鳥インフルの発生が確認されたが、当局者達は、悪天候、十分訓練を受けた職員がいないことが、同国での最悪の鳥インフル発生を阻止できなかったとしている。
 鳥インフルは西ベンガルの Cooch Behar と Hooghly 地区でも確認されたことが、州の動物家畜担当局長官から発表された。
 Hooghlyでの発生は特に警戒すべきで、1400万人住むコルカタから30キロしか離れていない。
 鳥インフルは西ベンガル州の19地区のうち9地区に広がり、先週発生が報告されて以来、数十万羽の鶏を死亡させている。
 人での発病例は報告されていない。
Is Kolkata ready to handle bird flu? Times of India, India  (インド) コルカタ、鳥インフルへの対策は十分か?
Flu in 2 more dists, Kolkata sealed Kolkata Newsline, India  (インド) さらに2地区へ拡大したため、コルカタを封鎖に
 西ベンガル州で鳥インフルが拡大して9地区まで広がっているため、州都のコルカタへウイルスが拡大してくるのを阻止する目的で、コルカタへ入ってくるルートを全て閉鎖し、家きんと、その産物が運び込まれるのを、当局者と警官が監視している。

鳥インフル国際会議が開幕、ヒト・ヒト感染を警戒 日本経済新聞 
 インド東部などで鳥インフルエンザの被害拡大が伝えられる中、タイ政府とバイオ技術研究機関は23日、70カ国・地域から730人が参加する「鳥インフルエンザ国際会議」をバンコクで開いた。出席者の多くはヒトからヒトへの感染発生を警戒。鳥から他の種への感染で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスが変異し、感染経路が拡大した新型インフルエンザの懸念が増していることが明らかになった。一定量以上の投与でウイルスの増殖を抑える薬剤の報告もあった。
 会議は世界の学者・研究者や政府関係者を招き25日まで3日間開催する。23日は感染の拡大状況などで出席者が研究成果を発表した。
Pharma cos gear up with Tamiflu Times of India, India - (インド) 製薬会社、タミフル製造の量産に
 インド国内の製薬企業の何社かはロッシュ社から、タミフルのジェネリック薬製造を許可されている。それらの会社が備蓄量の増産に入った。
Flu stain widens, doubts rise on border scan Calcutta Telegraph, India (インド) 鳥インフル、他地区へ拡大、周辺における監視態勢に疑い
Bird flu alert in Meghalaya Newindpress, India (インド) 西ベンガル州隣接のメガーラヤ州でも鳥インフル高度警戒報
 メガーラヤ州で鳥インフル警戒感が強まっている。
Nine districts affected by bird flu Hindu, India (インド) 西ベンガル州の9地区に鳥インフル拡大

Bird flu grips half of Bengal Business Standard, India  (インド) ベンガルの半分に鳥インル拡大
1月23日


鳥インフル国際会議が開幕、「ヒトからヒト」感染に警戒 日本経済新聞 
 インド東部やベトナムなどで鳥インフルエンザの被害拡大が伝えられる中、タイ政府とバイオ技術研究機関は23日「鳥インフルエンザ国際会議」をバンコクで開いた。
 欧米やアジアの研究者らは相次ぎ、ヒトからヒトへの感染警戒を提唱。高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の変異による感染経路拡大の恐れが現実味を増していることが明らかになった。タミフルなど一定量以上の薬剤投与などウイルスの繁殖抑制策の報告もあった。
Don't blame wild birds for H5N1 spread: expert Reuters  (国際) 専門家:H5N1鳥インフル拡大は野鳥によるものではない

 アジアから、ヨーロッパ、アフリカ、そして中東へH5N1鳥インフルウイルスを野鳥が運んだという明確なエビデンスはないと、専門家がバンコクの国際会議で発表した。
 また野鳥がH5N1鳥インフルウイルスを保有して、それを周辺に感染させているという証拠もない、とも語った。
 国連の食料農業機関の国際野生動物調整官のスコット・ニューマンの講演。

Experts urge stockpiling of flu vaccine additives  Reuters (国際) 専門家達、ワクチン添加用の免疫賦活剤の備蓄が必要と
 バンコクで開かれている国際会議の話題。
 オランダのウイルス学者のオスターハウス博士は、パンデミックがH5N1ウイルス以外でも発生する可能性もありえることを考えると、H5ウイルス抗原(ワクチン材料)と別個に免疫賦活剤(アジュバント)を備蓄しておくことを提案している。万が一H5N1ウイルス以外によるパンデミックが発生した場合、当該ウイルスによるワクチンを製造し、そこに備蓄していたアジュバントを加える方法がベターと説明している。免疫効果を高めるアジュバントを製造する無駄が省けるというのが理由。
 3日間に亘る会議において、他の講演者達はパンデミックに対する強力な対策が必要と訴え、H5N1ウイルスに対するパンデミック発生の可能性が最も高いと主張している。
 アジュバント:少ない抗原量で免疫効果を高める化合物。最近開発されているアジュバントは、抗原量を20~30倍増量したのと同じ程度の効果をワクチンに付与出来る。実際にパンデミックが発生したときに、H5N1ウイルス以外による場合、当該ウイルスを抗原としたワクチン製造が急がれるが、そうした場合免疫効率を高めるアジュバントが別個に備蓄してあれば、製造抗原量が少なくても、大量のワクチン製造が可能となる:訳者
Thailand hosts International Conference on Avian Influenza Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) タイで鳥インフルに関する国際会議が開催
 タイは世界40カ国を超える国から約500人の研究者や学者が集まった、家きんと人の鳥インフルワクチンに関する情報交換の国際会議を開催した。
Bird flu threat still real, scientists say Reuters  (国際) 鳥インフルのパンデミック脅威はいまだ現実的に存在、と科学者達が警告
 バンコクで世界40カ国から専門家が集まって3日間の国際会議が開かれた。鳥インフルのパンデミックに対する脅威はいまだ同じように続いている、と専門家達は警告している。
Shortage of vets hampers India's bird flu battle AFP  (国際) 獣医師の不足が、インドにおける鳥インフル対策を困難に
 西ベンガル州の鳥インフル対策に、さらに1000人以上の獣医と医師が必要とされると当局が、対策の遅れと困難性を発表。
Bird flu kills man in Vietnam's north The West Australian, Australia  (オーストラリア) ベトナムの北部で男性が鳥インフルで死亡
 AP

 北部ベトナムで男性が鳥インフルで死亡し、同国で今年度初の人の発症事例となった。
 ツエンクアン省の32歳男性が先週、ハノイの国立熱帯病病院に入院して2日後に死亡した。省の予防医学センターの発表による。
 検査結果でH5N1鳥インフルウイルスの感染が確認された。
 今回の死亡で、ベトナムとして合計48人の死者数となった。
 発表によると男性は庭で飼育している6羽のガチョウと2羽の鶏が1月9日に死亡したため、その処分を(調理?)した後に発病したとされる。
Humans safe from Bird flu in WB, 20 lakh birds to be culled Fresh News, India  (インド) 西ベンガル州、人での検査は陰性、200万羽の鶏の殺処分が予定
  南Binajpurとビルブーム地区での鳥インフル様症状を呈している8人の血液検査が行われ、ウイルス感染は否定されたと当局では発表したが、来週200万羽の鶏を殺処分する予定であると伝えた。
India risks bird flu ‘disaster’, human cases feared Daily Times, Pakistan (パキスタン) インド、鳥インフル”大惨事”の危険性、人での感染者発生が危惧

Over 2000 complain of fever, govt says ‘it means nothing’ Kolkata Newsline, India  (インド) 西ベンガル州、2000人以上が発熱を訴えているが、州政府は問題なしと
 約2324人の人々が発熱を呈していると、西ベンガル州の鳥インフル発生震源地であるビルブーム地区から、この5日間に報告されている。

 「西ベンガル州政府は事態の重大さを理解出来ていない」、とインド政府保健福祉省(Union Minister of State for Health and Family Welfare )ラクシミ大臣が、22日ビルブームを視察して発表した。
 (*インドの州と国における制度が不理解のため、大臣の職位の訳が間違っているかも知れません。:訳者)
 ラクシミ大臣は州に入って殺処分の状況を視察しているが、鳥インフル感染予防対策のための適切な保健医療システムが構築されていないことを知った。同大臣は州政府の無責任さと、鳥インフルと真剣に取り組む姿勢の欠如を指摘して批判した。
 「十分な医療システムが構築されていないばかりか、質の良い医師すらいない。我々は薬や医療用具を送ったが、必要な物品は今日までに現場に用意されていない。州政府当局は、これが緊急事態であることを認識してない。彼等は事態に対処しなければならない」、と大臣は付け加えている。
 しかしながら州政府は、人でのH5N1イルス感染者は出ていないと繰り返し、そしてビルブームでの発熱者の数の報告を減らすことに懸命となっている。
 「パニックになる必要はない。我々は人が感染したという報告は得ていない。だから2、3百人の発熱した人々がいたとしても、それは問題ないことだ」、と州保健局長官のサンキタ・バクシ氏が語っている。
 州の報告によると、1月18日に、ビルブーム地区から707人もの多くの発熱した事例が報告されている。
 翌日には304人の事例がリストに付け加えられた。
 20日は日曜日のせいか、報告はされていない。
 21日には、さらに707人が加えられ、本日は613人が加わった。
 報告によると南Dinajpurから5人の血液検体が採取されたが、結果は陰性であったとされる。
Bird flu in India may get out of hand GulfNews, United Arab Emirates  (アラブ首長国連邦) インドの鳥インフル制御不能の可能性
 インドの最も人口過密な州で発生した鳥インフルは制御不可能に陥っている。7番目の地区まで拡大していることが確認された。
 22日マルダの家きんの間でも感染が確認され、西ベンガル州の19地区のうち7地区で感染が拡大していることになった。
 「もし対策が少しでも遅れたなら、ウイルスはいくらでも拡大する可能性がある」、と州の保健省長官が警告している。
インド東部で鳥インフル流行=200万羽処分へ 時事通信
 インド東部の西ベンガル州で今月に入り、家禽(かきん)の間で高病原性のH5N1型鳥インフルエンザが猛威を振るい、22日までに同国では過去最悪の被害となる約16万羽が殺処分された。
 流行は今月上旬に始まり、PTI通信によれば22日現在、ビルブム、ムルシダバードなど州内7県に広がった。保健当局は向こう1週間でさらに200万羽を処分する。また、地域住民らにスクリーニング検査を行い、人への感染に警戒を強めている。
インド東部で鳥インフルエンザ拡大  日本経済新聞
 インド東部の西ベンガル州で今月上旬から、鶏などの食鳥に感染する高病原性のH5N1型鳥インフルエンザが拡大。22日までに鶏など40万羽以上が殺処分されるなど、過去最大規模の被害が発生している。
 同州政府は、今後1週間で当初計画の5倍に当たる200万羽を処分する計画を発表した。これまでに人間への感染は確認されていないが、州保健衛生当局者は「対応が遅れればさらに被害が拡大する可能性がある」として警戒を強めている。
 西ベンガル州では今月15日、中部のビルブム、南ディナジプルの2行政区で鳥インフルエンザの発生が確認された。その後、被害は州内19行政区のうち約2400万人が暮らす7区に拡大し、鶏など10万羽以上が死んだ。隣接するバングラデシュでも同様の被害が広がっている。
Flu spreads but no human infections The Tribune, India  (インド) 鳥インフルは拡大しているが、人での感染者はない
 保健大臣のアンブマニ・ラマドス氏は、これまで人での発病確定例の報告はないと、記者会見で22日語った。
 西ベンガル州でさらに家きんにおける鳥インフルは拡大しているが、感染地域から10キロ以内に住む人々のスクリーニング検査は行われ、鳥インフル発生村々に住む全ての村民を対象にランダムに選出して、派遣チームによる検査を行っている、と同大臣は語った。
 人での鳥インフルが発生したと心配する根拠は全くないと、同大臣は語ると同時に、我々は全て警戒する必要があると付け加えた。
No case of human bird flu, says Anbumani Hindu, India (インド) 人での発症者はいないと、政府発表
 政府保健福祉大臣(Union Health and Family Welfare Minister )のアンブマニ・ラマドス(Anbumani Ramadoss)氏は22日、インドでは人の鳥インフル発病例は報告されていないと語り、西ベンガル州政府の対応が遅れたために、同州で鳥インフルが拡大したと、州政府を非難した。
 政府への報告が1週間遅れたのが原因だが、対策は現在軌道に乗ったと、記者会見で語った。
Human samples test negative for bird flu Times of India, India (インド) 西ベンガル、人での検査は全て陰性の可能性

 ムルシダバドで鳥インフル様症状を呈した5人から血液検体と咽頭拭い液を採取し、ウイルス検査を行った検査機関の一つである、国立伝背病研究所の長官、シブ・ラル博士は検査結果は陰性だったと発表した。
 同博士はさに20日朝に、他の3人の患者の検体が届けられたが、それらも陰性であったと話した。
 一方、インド保健省は西ベンガル省に対して、人の検体のランダム・サンプリングを行ってH5N1鳥インフルウイルス検査を行うように指示した。同省はまた、タミフル10万カプセル(1万人分)とマスクと予防衣2500セットをベンガルに送った。またタミフルシロップを50瓶22日あさに送った。

Bird flu hits Vietnam poultry, may have killed a man Scientific American  (米国) ベトナムの家きんで鳥インフル発生、男性が発病し、死亡した可能性
 ロイター

 ベトナム国営通信と政府発表によると、H5N1鳥インフルウイルスが家きんで検出された北部ベトナムで、32歳男性が発病して、死亡した可能性がある。
 男性は今月早くに肺炎でハノイの病院で死亡した。チュエンクアン省からハノイの病院へ入院して2日後であった。
 男性は1月16日に発症したが、親戚の話だと、その前に自宅周辺で原因不明で死亡した鶏とアヒルを食べている。
 ベトナムの医師は彼がH5N1鳥インフルウイルスに感染したいたかどうか、検査している。
 一方、動物保健省は(Animal Health Department)、チュエンクアン省で家きんの間でH5N1鳥インフルが発生していることを確認した。
1月22日

Five People Quarantined in WB With Symptoms of Bird Flu Virus  MedIndia, India  (インド) 西ベンガル州で鳥インフル症状を呈し、5人が隔離
 インドの史上最悪の鳥インフルは、大災害発生にも相当すると、当局者が22日警告した。また5人が鳥インフル様症状(発熱、咳、咽頭痛)を呈して隔離された。もし検査でH5N1鳥インフルウイルス感染が確認されたら、インドで初の感染者となる。
Bird flu hits India as Turkey, Indonesia detect cases Reuters (国際) 鳥インフル、インドとトルコで発生、インドネシアで新たな感染者
 インド西ベンガルでの家きんに於ける鳥インフルは当局が制御困難な状態に陥っている。すでに多くの地区でウイルスが見付かっているが、中央政府への報告が遅すぎ、当局による対策が制御不能に陥っている。
 一方、黒海周辺のトルコの村で、死亡した鶏からH5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 まだインドネシアのジャカルタの病院に入院した30歳男性が検査で鳥インフル感染が確認されたと、22日当局から発表された。同国の発病者数は120人となり、そのうち97人が死亡している。
Fear fever grips flu villages Calcutta Telegraph, India (インド) 西ベンガル州、発熱した村人達の間で鳥インフルの恐怖
 鳥インフル発生地域の村人達がインフル様症状で診療所を受診しているが、抗生物質だけの投与で、発熱が続くようなら専門病院へ行くように指示されている。
Boy dies after eating sick chicken The Statesman, India  (インド) インド、発病した鶏を食べた後、少年が死亡
 西ベンガル州ナディア地区で病的になった鶏を調理後食べた9歳少年が、48時間後に病院へ向かう途中で死亡した。
 医師団は鳥インフルによるものかどうかは分からないと言っている。
 当局は必要なら死体を発掘すると言っている。
New bird flu case reported in Turkish village PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) トルコの村で新規鳥インフルが発生
 北部トルコのゾングルダク(Zonguldak)州のサツ村で鶏が死亡したと、農業省が発表し、検査の結果鳥インフルが確認されたが、H5N1鳥インフルかどうかは確認中とされる。
 トルコでは2006年1月に鳥インフルが発生し12人が発病して、4人が死亡している。
Cull target bloats to 20 lakh Calcutta Telegraph, India  (インド) 西ベンガル州、殺処分対象家きん数2百万羽に増加
 ベンガルでの鳥インフル発生地域は、本日Malda地区からの検体検査が陽性であったため、州政府の殺処分対象家きん数が200万羽となった。
 当初予定の(40万羽)5倍となったが、いまだ1割程度しか処分出来ていない。
 発生地区は7地区となったが、ウイルスが検出されただけで、現実に発生が拡大しているか分からないという意見もある。

1月21日



EGYPT: Avian flu outbreak abating, says government Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト:鳥インフル発生減少に、政府発表
 エジプト国家鳥インフル対策委員会は、19日、農場や家庭における家きんでの鳥インフル感染率は急速に1月第2週から下降していると発表した。
 委員会の説明では、社会的注意の喚起キャンペーンと、鶏に対するワクチン接種が効を奏してきたとされる。
 先週内閣の報道官マグディ・ラディ氏が、国内飼育家きんの60%がワクチン接種されていると語り、さらに政府はワクチン接種を強化し、田舎での接種率を上げて、残りの40%の家きんのワクチン接種を行う、と発表した。
Bird flu spreads in east India as culling slows Reuters India, India (インド) 東インドの鳥インフル、殺処分が遅れ、拡大傾向
ロイター
 西ベンガル州の致死的鳥インフルは、村人達の家きんの殺処分に対する抵抗、および感染予防に対する無理解から、拡大している、と21日当局が発表した。
 H5N1ウイルスが西ベンガル州のバンクラ地区で検出され、現在、西ベンガル州の19地区のうち6地区まで広がった。
 これらの地区に2千万人が住んでいる。
 ウイルスはまた既に見つかっている地区の中の新規地域にも広がっており、州ではウイルスを封じ込めるのは不可能であると苦慮している。
 「対策は非常に困難で、ウイルスは次々と広がっている」、と州の保健省長官であるサンチタ・バクシ氏がロイターに語っている。
 「我々は状況を打開するために、現在緊急対策を講じなければならない」。

 イスラム教徒達が多くの場所で殺処分のために鶏を提出することを拒み、20日は殺処分が停止した。
 多くの農夫達は、保健医療従事者達の警告を無視して、いまだ死亡した家きんを湖や池に放り込んでいる。
 「村人達は危険であることを知らずに、素手で発病した鶏を掴んでいる。非常に危険で、さらなる感染の拡大の可能性がある」、と保健相のスルジャ・カンタ・ミシラ氏が懸念を表している。
 インドではいまだ人の発病者は報告されていないが、保健医療専門家達は、感染地域でインフルエンザ様症状を呈する患者が出ていないか、調査を続けている。
 専門家達は、ウイルスが変異して容易に人人感染を起こすようになり、世界の人口の五分の一に感染するパンデミックを生じることを懸念している。
 
 テレビの映像では、子供達が死亡、または病的になった鶏と遊んでいる光景が映し出されていた。
 いくつかの地域では獣医師達が村人達に殴られ、家きん農場から追い出された。
 「我々の健康な鶏を、なぜ彼等に処分させなければならないんだ?我々は全ての蓄えを使って農場を作ったのに」、とある家きん農場所有者が電話インタビューで答えた。
 さらなる拡大が心配され、緊急対策チームが400まで増やされた。
 多くの地域で家きんの死亡が報告されているため、保健医療専門家達は休日を返上して対策にあたっている。

Bird flu spreads to sixth district in West Bengal Herald Publications, India (インド) 鳥インフル、西ベンガルで第6番目の地区へ拡大
 西ベンガル州の鳥インフルはバンクラ地区でも発生し、第6番目の発生地区となった。さらに同州で北部地区のDarjeeling とCooch Behar.でも家きんの死亡が報告されている。
‘No humans affected by bird flu Financial Express, India  (インド) インド、人への感染事例の報告はなし

Slow culling causes H5N1 to spread The Statesman, India )(インド) 殺処分作業が遅いため、鳥インフルの拡大が続く

Culling teams refuse to work, demand security The Tribune, India -(インド) 殺処分作業チーム、(住民からの攻撃に対する)安全性を要求して業務拒否

Bird flu spreads in Bengal, no human cases reported CNN-IBN, India  (インド) ベンガルで鳥インフル拡大、しかし人での感染報告は無し
1月20日

No humans affected by bird flu in India: Ramadoss Times of India, India  (インド) 保健相、人感染者は発生していない
 インドの鳥インフル発生地域でこれまで人の感染者は報告されていない、とインド政府保健相のアンブマニ・ラマドス博士が記者会見で20日、語った。
Bird flu cases found in northern Iran
 IranMania News, Iran  (イラン) 北部イランで鳥インフル発生
 イランの獣医機関は、渡り鳥と家きんからH5N1鳥インフルウイルスが検出されたと発表した。
 「先に国際アンザリ湿地帯で渡り白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが見付かったが、今回、湿地帯近くのバルザンギブ村のガチョウ、アヒル、および鶏から検出された」、と同機関の責任者であるモジェタバ・ノロウウジ氏が語った。
 同機関は、拡大防止のために、村の家きんを殺処分した。
Tamiflu nowhere to be found at Ground Zero Kolkata Newsline, India  鳥インフル発生震源地にタミフルが無し
 鳥インフル発生地域で、毎日数百人の村人達が保健センターに診察と薬をもらいに殺到している。しかし、これらの診療所では訓練された医療従事者と専門医が不足し、薬を提供することすら出来ていない状況だ。
 タミフルの在庫は極めて少なく、人々は保健センターや診療所で入手出来ない。
 マルグラム保健所(Margram Primary health centre)の外来診療所には、毎日120人前後の患者が受診していて、その80~90人が、鳥インフルの症状の一つである発熱を呈している。また他の保健センターでは220人が受診し、そのうち150~170人が発熱患者となっている。
Bird flu spreads to new districts in India's east Reuters UK, UK  (英国) インド東部で鳥インフルがさらに拡大
 鳥インフルが東部インドの州で拡大を続けていることが、当局によって19日確認された。
 H5N1鳥インフルウイルスがBurdwanとNadiaで確認され、合計感染地区は西ベンガル州で5地区となった。
 貧しく無学の村人達は衛生に無関心で、それが対策の障害となっている。獣医ボランティア達が、村人達が水路や池に村人達が投げ込んだ死亡した家きんを集めている。
 保健担当者が感染地域の村々で、インフルエンザ様症状を呈する村人の発見に歩いている。
インドの鳥インフルエンザ、養鶏家ら処分反対で拡大懸念 AFPBB News 
 【1月20日 AFP】
 高病原性鳥インフルエンザの拡大が懸念されるインド東部で19日、死んだニワトリの検査が行われた。同国東部での鳥インフルエンザウイルスの感染は深刻だが、地元の養鶏家らは大量処分に反対しており、ニワトリの殺処分が難航している。
 世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は、人口が過密する同国東部西ベンガル(West Bengal)州での鳥インフルエンザの影響は、これまでより広範囲に及んでいることもあって、同国史上もっとも深刻な事態だと指摘する。
 同州当局者は、状況は「非常に深刻」とした上で、村民らがニワトリの死骸(しがい)を川や池に投棄し、ウイルスの拡大リスクが増加していると強調した。インド政府によると、同州の3地域で鳥インフルエンザが確認されており、ニワトリ約8万5000羽が死んだという。
 人口11億人のインドでは、鳥インフルエンザが2006年から3度発生しているが、ヒトへの感染は確認されていない。
 養鶏家らの補償には、約3000万ルピー(約8200万円)の予算が充てられた。しかし政府のウイルス拡大阻止への試みは、死んだニワトリへの補償が十分ではないとする地元住民との間で、協力関係が築けず行き詰まりをみせている。
Govt in panic mode as bird flu spreads Times of India, India  (インド) 西ベンガル州、鳥インフル拡大に州政府パニック状態
 インド中央政府は西ベンガル州政府に、鳥インフルが疑われる段階での家きんの殺処分を指示した。
 これまでプロトコールに従って、H5N1鳥インフルウイルスが検出された地域での殺処分をおこなってきた西ベンガル州当局では混乱に陥っている。
 西ベンガル州での鳥インフルの予想以上の拡大に、中央政府も事態の緊急性を認識し出している。西ベンガル州では、毎日数千羽単位で感染していると推定される。
Bird flu spreading fast in West Bengal The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ) 西ベンガルで鳥インフルが急速に拡大
 下記情報と内容的には同じ。

West Bengal's two more districts hit by bird flu DailyIndia.com, FL  (米国) 西ベンガル州でさらに2地区で鳥インフル発生
 西ベンガル州でさらにNadiaとBurdwanの2地区で鳥インフルの発生が19日に確認された。家きんでのH5N1鳥インフル発生が確認された地区は合計5地区となった。
Bird Flu Continues to Spread in Northeastern India Voice of America (VOA、米国) 北東部インドで鳥インフル拡大し続ける
 インド政府は、西ベンガル州で家きんの間で鳥インフルが拡大し続けていることから、さらに家きんの殺処分を指示する。
 州当局者はウイルスが少なくともさらに2地区でも確認されたと発表している。インドでの鳥インフルは、ビルブーム地区のモルグラム村周辺で先週発生した。
 新規発生した地域での家きん殺処分は、検査結果を待たずに行うと、当局では言っている。
1月19日

Govt. to cull birds without waiting for Bhopal report  Hindu, India  (インド) インド政府、検査結果を待たずに家きん殺処分に
 西ベンガル州における鳥インフルの拡大報告を考慮した政府は、大量の家きんが死亡した地域で、ウイルス検査結果を待たずに殺処分作業に入ることを決定した。
 「西ベンガル州で急速に広がっている故、検査結果を待たないことを決定した」、と農業食料大臣のシャラド・パワー氏が19日語った。
Bird flu kills fifth swan Mirror.co.uk, UK (英国) 英国、ドルセ、鳥インフル死亡白鳥が5羽に
 ドルセの野鳥保護区で見つかっているH5N1鳥インフル死亡白鳥の5羽目が見つかったことが環境省から発表された。
 地域でさらに鳥インフルが広がっている事実はないと説明されている。
India: Bird Flu Spread ‘Alarming’ New York Times, United States  (米国) インド:鳥インフル拡大警報

 
 インドの家きんの間における第3の発生は、同国でこれまでにない最悪の状況となっていると、WHOが警告した。
 西ベンガル州の首相は、40万羽の鶏を殺処分の予定にしているが、ウイルスが拡大しており、警戒を呼びかけた。
 非協力的村人達は、鶏1羽の殺処分に対する補償費が75セントに過ぎないことに怒り、彼等の保有する鶏を勝手に売ったり、死亡した鶏を水路に投げ込んだりしていて、ウイルス拡大の危険性が高まっている。
 一方、新規鳥インフルの家きんにおける発生が今週、イランとウクライナでも報告されている。
富山化学工業、新型インフルの新薬開発中 読売新聞 
 同社によると、開発中のインフルエンザ治療薬「T―705」は、強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果が動物実験で確認されている。「タミフル」など従来の治療薬は、体内で複製されたウイルスが広がるのを防ぐのに対し、T―705は複製自体を防ぎ、治療の選択肢が広がる。
 同社は昨年1月に国内で、同3月には米国で、それぞれ健康な人を対象にした第1段階の治験を開始、「安全性で大きな問題はなかった」としている。
 今月8日から始まった第2段階では、実際のインフルエンザ患者に投与し、安全性や有効性を調べている。治験は県内を含む全国各地で行っている。
 富山化学は09年度中にT―705を厚労省に承認申請し、同年度中の発売を目指している。自社で製造拠点を整備するまでは他社に製造委託する方向で検討する。
 同社は「新型インフルエンザの大流行が世界的に懸念されることから、早期開発は社会的使命と考えており、最優先で進める」としている。
 厚生労働省などによると、鳥インフルエンザの感染者数は11日現在、インドネシアやベトナムを中心に全世界で349人を数え、うち216人が死亡。国内では人への感染は報告されていないが、昨年は、宮崎、岡山両県の養鶏場でウイルスが見つかっている。
 鳥インフルエンザは、人から人に感染する新型インフルエンザへの変異が懸念されており、それに備えるため、県は06、07の両年度、タミフルを国の計画に沿って計9万2000人分備蓄した。
 だが、タミフルは、服用と「異常行動」との因果関係が取りざたされたことから、厚労省は昨年3月、10歳代の患者には原則として使用しないよう求めた。
H5N1 reappears in Ukraine; India battles outbreaks CIDRAP, MN  (米国) H5N1鳥インフル、ウクライナで再興:インドで発生拡大阻止にに苦戦
 ウクライナで発生。
 インド、西ベンガルでの拡大について。
  昨日までの情報以上の内容はない。

H5N1 bird flu virus hits ducks, geese in northern Iran Reuters (国際) H5N1鳥インフルウイルス、北部イランのアヒルと、ガチョウに感染
 北部イランで白鳥がH5N1鳥インフルに感染しているのが見つかった後、アヒルとガチョウでも感染していることが分かり、18日当局から発表された。
 イランのマザンダラン州バルザンギブ村周辺で、ウイルスは最初野生の白鳥で見付かったが、それはアヒルとガチョウの間でも検出されたと獣医機関が発表した。
Lab tests begin on migratory birds for H5N1 Bangkok Post, Thailand  (タイ) タイ、渡り鳥のH5N1鳥インフルウイルス保有に関して調査へ
1月18日

Indonesia reports 97th bird-flu death Mail & Guardian Online, South Africa  (南アフリカ) インドネシア、97人目の鳥インフル死者を報告
AFP

 8歳のインドネシア少年が鳥インフルで死亡し、同国で97人目のH5N1鳥インフルによる死者となったことが保健省から発表された。
 少年はジャカルタの衛星都市であるタンゲランで、昨年10月以来7人目の鳥インフル死者となった。
 少年の父親によると、少年は発熱し、当初はデング熱と地方の病院で診断された。
 病院での診断が変わってから、少年はジャカルタのスリアンチ・サロソ病院へ送られ、そこで数時間後に死亡した(今朝)。
 「少年の家の近くで鶏が突然死亡した。しかし、我々はそれらの鶏が鳥インフルで死亡したとの連絡を調査チームから受けていない。また少年の家の近くに鶏の”と殺場”もある」、と保健省鳥インフル情報センターのスハルダ・ニングラム氏は語っている。
Indonesian boy dies of bird flu Reuters (国際) インドネシアの少年、鳥インフルで死亡
 8歳のインドネシアの少年が18日鳥インフルで死亡したと保健省が発表した。同国で97人目の死者となった。
 少年は首都ジャカルタの西方にあるタンゲランに住んでいたが、同国の主要鳥インフル専門病院で1日治療を受けたが死亡した、と保健省はe-メイルによる発表で伝えた。
 保健省によると、少年の家の近くに鶏の”と殺場”があり、それが感染源の可能性があり、現在調査中という。
BANGLADESH: Bird flu “spreading fast”, says expert IRINnews.org, NY  (米国) バングラデシュ、鳥インフルが急速に拡大、と専門家が警告
 今週、バングラデシュで新規鳥インフルが発生し、拡大の怖れが強まっている。同国の64地区のうち23地区の72農場でこれまで発生が報告されている。
 「状況は実に悪い。対策に手が回らない状況だ。人々は感染した鶏を手にし、売り、そして食べている」、とバングラデシュ農業大学のハビビブル・ラーマン氏が警告している。
 「病気は急速に広がっている。2ヶ所で新規の発生が今週起きている」、と説明している。
India battles to contain 'very serious France24, France  (フランス) インド、非常に重大な事態に発展した鳥インフル対策に苦慮
 AFP

 東インドで保健医療従事者達は、非常に重大な事態に陥っている鳥インフル対策に苦戦している。ウイルスは新たな地域へ拡大し、村人達は家きんの大量処分に抵抗している。

 人口過密の西ベンガル州では、鶏はいまだ売られており、ニューデリー政府は家きんが持ち出されるのを防ぐために、軍隊の応援を求めた。
 「ビルブーム、ムルシダバード、および南ヂナジプール3地区における102村の状況は極めて悪い」、と西ベンガル州動物資源省長官のアニスル・ラーマン氏は語った。
 「村人達は家きんの処分作業を妨害している。禁止されているにもかかわらず、鶏は売られている。さらに家きんの死亡が新たな地域で報告されている」。
 しかし同氏は、鳥インフルが発生してからいまだ人での感染者は報告されていないと付け加えた。
 ニューデリー政府の当局者は、国境警備軍の応援を求めて、バングラデシュへの鶏の持ち出しの防止を図っている。
 しかし西ベンガル州保健局の長官は、村人達が鶏の死骸を川や池に投げ入れていて、ウイルスの拡大の危険性が高くなっていると語った。
 「さらにいくつかの地域では、村人達は死んだ鶏を食べ、そして鶏やアヒルを飼育しているかどうかを公表するのを嫌がっている」
 「数千人の人々が危険に晒されている」、と長官は警告し、地方の敵対感が家きんの処分を妨害していると語った。
Ukraine finds H5N1 bird flu in Crimea Reuters UK, UK  (英国) ウクライナ、クリミア半島でH5N1鳥インフルが発生
 ウクライナで人に致死的である鳥インフルが2年ぶりに発生したことが、18日、獣医師達から発表された。
 発表によると、発生場所はクリミア半島の Rovnoye村で、2005年末にも発生している。
 個人経営の家きん農場で合計153羽の家きんが突然死亡したが、同農場では25000羽以上の家きんを飼育している。
 昨日、検査でH5N1ウイルスのDNAが検出され、診断が確定された。
 村は閉鎖され、全ての家きんは焼却処分される。
 ウクライナでの最初のH5N1鳥インフルは、2005年末に北部クリミアで発生した。30ヵ所近い村に拡大し、数万羽の家きんが処分された。
Bird flu outbreak alarming: Buddhadeb Times of India, India  (インド) 鳥インフル警戒報:西ベンガル州首相
Buddha: Bird Flu outbreak "alarming" Times Now.tv, India  (インド) 西ベンガル州首相、鳥インフル発生に警戒を呼びかける
Ignorance of dangers hampers India bird flu fight Reuters UK, UK (英国) 危険に対する無知が、インドにおける鳥インフル対策の障害に
 インド保健当局者達は、18日、鳥インフル発生の中心となっている西ベンガルの村人達に、死んだ家きんを池に投げ捨てないように警告している。

 当局では、1週間で40万羽の鶏を殺処分する予定になっているが、作業は2週間以上かかりそうだと語っている。
 隔離された村の多くでは、上半身裸で木綿の巻きスカートを身につけた村人達が、死んだ鶏を素手で掴み池に投げ込んでいることから、ウイルスのさらなる拡大の危険性が高まっている。
 保健当局者や獣医師達が、鳥インフル発生の中心地であるMargram村で、スピーカーで村人達に死んだ家きんを池や水槽に投げ込まないように求め、家きんが死亡した場合は当局に連絡するように伝えている。
 「人々が無知であることが我々の対策の障害となり、家きんの殺処分が遅れている」、と西ベンガル州の動物資源省長官(animal resources minister)がロイターに語った。
 ボランティア達が村人達にウイルスの危険性や死亡した家きんの取り扱いの注意事項などを説明している。村人達の多くは教育を受けていなく、また貧しい生活をしている。
 現場では、笑いを浮かべた子供達が死んだ家きんをテレビカメラに向かって、素手で掴んで見せている。
Bird deaths trigger panic in Kolkata Times of India, India (インド) 鳥の死亡情報によりコルカタ市内がパニックに
 コルカタ市内では鳥インフルは発生していないが、近隣での家きんの死亡が伝わり、市内はパニック状態に陥っている。
鳥インフル対策 医療機関が研修会 広島 MSN産経ニュース 
 高病原性鳥インフルエンザの人への感染を想定した研修会が17日、広島市南区の県立広島病院で開かれ、医療・保健機関の職員約70人が防疫や検査、治療までの医療行為の流れを確認した。
 広島市や広島県医師会などの主催で、変異した鳥インフルエンザが養鶏から人間へと感染したとの想定で実施。防護服の着方や患者の搬送、検査、治療方法などを確認した。
 広島県では、海外などの鳥インフルエンザ流行地域から帰国した旅行者で、発熱やせきなどの症状が出た場合は、医療機関を受診する前に最寄りの保健所へ連絡するよう呼び掛けている。
Bengal bird flu source lies in Bangladesh Hindustan Times, India  (インド) 西ベンガルでの鳥インフルウイルスはバングラデシュ由来
 家畜保健局高官(Animal Husbandry official)が、西ベンガルで鳥インフルが発生した2地区のうち南Dinajpurのそれはバングラデシュから拡大したものと発表した。
 「ウイルスはバングラデシュからの風に乗って入ってきた」、と説明している。
Even water can carry bird flu Hindustan Times, India (インド) 水も鳥インフルウイルスで汚染
 WHO研究者達のこれまでの事例のまとめと、今回の西ベンガルにおける家きんの鳥インフル発生状況からの考察。
 感染鳥からの直接的感染以外にも、塵に混入、水に混入等環境因子からの感染も有り得る。
 十分加熱した感染鳥からは感染しないが、ウイルスの食品への付着等により体内にウイルスが侵入しての発病は有り得る。
Culling stopped for hours as employees protest Kolkata Newsline, India  (インド) 被雇用者の抗議で家きんの殺処分が数時間中断
 警察権を用いた強制的業務命令、および安全対策不足などに、殺処分のための被雇用者が抗議して、数時間殺処分が中断された。
Bird flu spreads The Statesman, India  (インド) 鳥インフル拡大
 村人達の無学と無知、さらに家きんの殺処分ペースの遅さが原因で、ビルブームの鳥インフル感染地域では対策が進んでいない。
 WHOは2006年以来インドで発生した鳥インフルの中で最も深刻な状況であると警告を発している。
1月17日

India, Bangladesh struggle to rein in bird flu spread Reuters UK, UK  (英国) インドとバングラデシュ、鳥インフル拡大阻止対策に苦戦
 インド東部の鳥インフル発生地域の村人達は、17日、所有している鶏やアヒルを殺処分のために当局に手渡すのを拒否し、家きんにおける拡大対策の障害となっている。
 一方、隣国のバングラデシュでは、鳥インフルが検出された3地区で数千羽の家きんの殺処分は順調に行われている。
 両国では新規の家きんの子房が報告されており、ウイルスの感染拡大が続いていると思われる。
 なお両国とも人での発病者の報告はこれまではない。
WHO: Bird Flu crisis very serious Times Now.tv, India (インド) WHO:(インドにおける)鳥インフル危機は極めて深刻
 インドの西ベンガルでの家きんにおけるH5N1鳥インフルの拡大に、WHOは深刻な懸念を表している。
インドの鳥インフルエンザ、住民が鳥の処分に抵抗 ロイター
 高病原性の「H5N1型」鳥インフルエンザが確認されたインド東部では、住民たちが飼育しているニワトリやアヒルの処分を拒否し、感染拡大を防ごうとする当局者の試みの妨げになっている。
 今回の鳥インフルエンザ発生に関しては、世界保健機構(WHO)が同国史上最悪とみており、当局者は西ベンガル州の3つの地区で、まん延防止に必要とされる衛生状態の監視を試みているが、住民を説得するのに苦労している。
 発生地となった村の住民は、ロイターのカメラマンに対し、飼っている鳥は感染していないと主張。当局者が捕獲して処理できないよう、アヒルやニワトリを逃がしたとしている。
 西ベンガル州の保健当局者は、住民の反対により、鳥の処理に遅れが出ていると認めたものの、今後作業を加速させるとの意向を示した。
 同州の当局者は16日、40万羽を処理するのに最大で1週間かかる見込みと述べたが、1日の作業で数千羽しか処理できなかったという。
WHO warning over Indian bird flu outbreak AFP  (国際) WHO、インドの鳥インフル拡大に警告
 WHOは東部インドでの鳥インフルの発生について、発生地域が拡大していることから、先に発生した2ヶ所での発生に比較して、事態は極めて深刻だ、と見解を発表した。
Bird flu strikes several farms in Bangladesh Reuters India, India  (インド) バングラデシュでさらに数カ所の農場で鳥インフルが発生
 鳥インフルが南部の沿岸Borguna地区と北西部の Rajshahi 地区に広がっていると、家畜省(livestock ministry)当局者が発表した。さらにダッカから275キロ離れたJessore地区でも報告されている。
Britain confirms positive H5N1 for another swan Xinhua, China (新華社、中国) 英国でさらに白鳥からH5N1鳥インフルウイルスを検出
 英国は16日、南イングランドのドルセで、先に見つかったH5N1鳥インフル感染白鳥3羽に引き続き、同地域で1羽の白鳥でもウイルス感染が確認されたと発表した。
 野鳥の間や家きんの間での拡大は認められていないと説明している。
Bird flu may be spread indirectly, WHO says Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥インフルが間接的に拡大する可能性を示唆:WHO研究
 下記報告内容と同一テーマ。
 追加する重要内容。
 ・人発病事例の四分の一が感染源が不明。
 ・環境の中で感染した可能性。
 ・何人かにおいて、単に家きん市場を訪れただけが感染の原因とされている。
 ・数人で呼吸器症状を呈する前に下痢がみられている。そしてウイルスが便中から検出されている。しかし消化器から感染することがあるのか否かは不明。
Review of human bird flu cases highlights patterns but more ... CBC News, Canada  (カナダ) 人発病事例のレビュー(解析)は、一定の人の感染様式を示してはいるが、不明要素も多い

 WHOの研究者、フレデリック・ハイデン氏等が、H5N1鳥インフル発病者に関するこれまでの記録や学会での発表をまとめて、その分析結果を報告した。論文は、New.Engl.J.Medに発表された。

 その要約は以下の通り。
 ・H5N1鳥インフルウイルスは、現在10系統に分かれている(クレード)。
 ・クレードによって人に対する病原性が異なっている可能性が高い。3系統のクレードが人に感染を生じている。クレード2.1はインドネシアで蔓延していて、クレード2.2はロシア、ヨーロッパ、中東、アフリカへ拡大している。
 ・生存率は国によって異なるが、ウイルスのクレードによる違いか、発見の早さによるのか不明。
 ・早期の症状が曖昧な場合も多く、そのため抗インフルエンザ薬の投与が遅れているケースが多い。臨床医の力量が試される結果となる。
 ・抗インフルエンザ薬は48時間以内に投与されないと効果の発揮は薄いが、それでもこれまでのデータを見る限り、タミフルを投与された患者の方が生存率が高い(投与時期に関わらず)。
 ・90%の患者が40歳以下で、患者の年齢の中央値は18歳。
 ・中高齢者での発症数が少なく、また死亡者数も少ないが、いくつかの研究報告では、15~20%の高齢者の血液にH5N1ウイルスに対する抗体が認められる、とされる。しかしハイデンは、それが高齢者の発症率の低さの原因であるかどうかは不明としている。
 ・6例の妊婦の発症例があるが、4例は死亡し、2例は生存している。生存例では自然流産を生じている。
 ・感染地域への旅行者での発症例はない。
 ・2003年から2006年まで米国で感染地域からの帰国者で、体調不良を呈した41人を経験し、そのうち27人がCDCのH5N1鳥インフル感染のクライテリアの疑い例に合致した。しかし検査での陽性例は出ていない。
 ・カンボジア、中国、タイ、ナイジェリアで家きん殺処分の従事者、家きん市場の労働者、保健医療従事者を対象とした抗体検査が、7つの研究で行われたが、合計対象者数1100人中、抗体が陽性だったのは1名のみだった。
 ・専門家達はこれまで発症している事例は、感染者の中の一部分(氷山の一角)と捉え、軽症例が多く存在すると考えたい気持ちでいるが(そうならば致死率は非常に低くなる。1割以下?)、上記研究結果は残念ながらそれを否定している。
 ・2人またはそれ以上の発症者が生じた集団発症(クラスター)事例が、人発病者の発生を確認した国の中で10ヵ国で認められ、その総数は発病者全体の四分の一に相当する。
 ・クラスターの中で人人感染が起きた事例の有無について、現在WHOは調査中であるが、明確な見解を保有するにいたってない。
 ・クラスターの中で90%以上が血縁者間での発病なので、遺伝的素因が感染に関係していることが疑われている。
State slept on flu symptoms Calcutta Telegraph, India  (インド) 州当局の鳥インフル発生報告が遅れたことが被害拡大の原因
 ベンガル州の家畜局の、同州における鳥インフル発生報告が4日間遅れたことが、政府当局者から報告された。
 この4日間の遅れが被害を拡大させた可能性が高い。


 ビルブームで家庭のアヒルを殺処分のために運ぶ女性
 Picture by Amit Datta.
Bangladesh border sealed Hindu, India (インド) バングラデシュとの国境封鎖

 西ベンガル州の2地域で鳥インフル発生のため、40万羽の鶏の殺処分が指示された。
 鳥インフルが数ヶ月に亘って発生しているバングラデシュとの国境が閉鎖され、隣接する州に警戒報が出されている
West Bengal: Culling begins, villagers smuggle out birds Times of India, India (インド) 西ベンガル:殺処分開始、しかし村人達は感染家きんを持ち出している
 16日、西ベンガルのビルブームに、緊急対策チームが鳥インフル封じ込めのために到着したが、事態は既に深刻なまでに進んでいる。村人達が、鶏の殺処分を避けるために数千羽の鶏を現場から持ち出している。その多くは鳥インフルに感染していると考えられる。他の地域へ鳥インフルが拡大する危険性が現実的問題となっている。
 すでにビルブーム以外の地域でも鳥インフルによる家きんの死が報告されている。
 ショッキングなことは鳥インフルがカルカッタ近くでも発生している可能性があることで、数百羽の鶏の原因不明死が起きている。しかし当局ではこれらが鳥インフルであることを否定している。
Bangladesh source of bird flu outbreak The Statesman, India  (インド) バングラデシュから鳥インフルが拡大
 専門家達は西ベンガル州とSouth Dinajpurで最近発生している鳥インフルは、バングラデシュ由来であると考えている。ニューデリーから昨日現地に着いた中央家畜局の副局長が談話を発表した。
 過去7日間に鳥インフルが発生した州立家きん農場はBalurghat病院の近くにある。また感染農場周辺には地域の行政機関の高官達の住居や子供達の公園が存在している。
 当局者達は家族を安全な場所に避難させているが、病院スタッフ達にはそのような時間的余裕がない。
 感染農場の従業員達は病院へ検査のために運ばれているが、病院には鳥インフルウイルスの検査機器がない。当局者は、自分達は全く無力だと語っている。
1月16日

No human infection reported due to bird flu: Pawar Times of India, India  (インド) インド農業省長官、人の感染者は出ていないと談話
 インド政府農業省長官のシェラド・パワー氏は16日、西ベンガルで鳥インフルが発生してから人の感染者は出ていないと語った。
 同氏は、当局は西ベンガル州ビルフム地区とSouth Dinajpur地区で発生した鳥インフルの制圧に成功したと、確信していると語った。
India culls chickens, fears bird flu spread Reuters (国際) インド、鶏の殺処分を開始するも、鳥インフル拡大の恐れ
 獣医師達がインド東部で数千羽の鶏の殺処分を開始した。しかし鳥インフルがさらに第3の地域へ拡大する可能性もある。
 当局はH5N1鳥インフルが確認された西ベンガル州の2地区での約40万羽の鶏の殺処分に1週間要すると発表している。
 当局では、ウイルスが第3に地区へ拡大することを恐れているが、同区域では既に死亡した鶏が見つかっており、ウイルス感染の有無が調べられている。
Bird flu spreads in Bangladesh South Western Rural Advertiser, Australia (オーストラリア) バングラデシュで鳥インフルが家きんの間で拡大
 下記ロイター内容

Bird flu strikes in another district in Bangladesh Reuters (国際) 鳥インフル、バングラデシュでさらなる拡大 
 16日、バングラデシュの家畜局当局者が同国でさらに家きんにおける鳥インフルが拡大し、1500羽以上の家きんを処分したと発表した。
 発表によると、H5N1鳥インフルが南部の沿岸地域のバリシャルで発生した。
 「鳥インフルを確認後、当局では発生地から1キロ以内の1531羽以上の鶏、アヒル、および他の家きんを殺処分た」。
 他にも北西部のRajshahiの農場と、北部のRangpurの農場でも発生している疑いが持たれている。
State decides to cull 3.76 lakhs birds Asian Age, India  (インド)  インド、西ベンガル州で37万羽の家きんの殺処分が決定。
 地域の農場でH5N1鳥インフルが発生している西ベンガル州では、本日から37万6千羽に上る鶏、アヒル、他の家きんの殺処分が始まる。
GelVac(TM) Nasal Powder H5N1 (Bird Flu) Influenza Vaccine Passes ... Earthtimes, UK  (英国) 鼻腔内スプレー式H5N1鳥インフルワクチンの毒性試験が完了
GelVac(TM) Nasal Powder H5N1 (Bird Flu) Influenza Vaccine Passes ... CNNMoney.com  (米国) 鼻腔内スプレー式H5N1鳥インフルワクチンの毒性試験が完了
 カリングトン研究所は本日、同社の子会社であるデルサイト・バイオテクノロジーが開発中の、鼻腔スプレー式インフルエンザ・パウダーワクチンの毒性試験を完了したと発表した。
 二種類の動物実験で、ワクチンに使用する抗原をH5N1鳥インフルウイルスを用いて、毒性試験を完了することで、今年度中に臨床第1相試験を開始できる。なお抗原に用いているウイルは受精卵で増殖させたものではなく、細胞培養により得られたものを用いている。
 当ワクチンが完成すると、粉末のまま輸送、備蓄出来るので非常に有用なワクチンとなる。

 昨年の7月14日に最初の報道が見られた。下記:訳者
7月14日

Carrington Subsidiary DelSite Receives H5N1 (Bird Flu) Antigen CNNMoney.com (米国) カリングトン社の子会社デルサイト社、ワクチン用のH5N1ウイルス抗原を確保

 カリングトン研究所(Carrington Laboratories, Inc)は本日、同社の子会社であるデルサイト・バイオテクノロジー社が数千人分のH5N1ウイルス抗原を確保し、鼻腔接種用の粉末ワクチンを作成し、米国で初の鳥インフルワクチンの臨床試験に入ることを発表した。
 臨床第一相試験が今年度末に行われる。

 粉末ワクチンの臨床試験が成功したなら、多くの利点が得られる。
 ・冷蔵保存が必要でないため、政府による備蓄が容易で、また輸送も容易
 ・市民が個人的に接種可能

 粉末ワクチンは、同社が開発したGelVac(TM) powderと抗原を混ぜたものであるが、GelVac(TM) powderは鼻粘膜に付着すると粉末ワクチンをゲル化し、長時間ワクチンを同部位で作用させる。
 GelVac(TM) powderのみでの毒性試験である臨床第一相試験は成功している。

カリングトン社HP

1月15日

Chickens to be culled from tomorrow in Bengal  Times of India, India - (インド) ベンガルで明日から鶏を殺処分に
 死亡した鶏からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたため、西ベンガル州のビルブームとSouth Dinajpur地区で、37万6千羽以上の鶏が明日から殺処分される。
Bird-flu death brings Indonesia's human toll to 96 Earthtimes, UK (英国) インドネシアで治療中の少女が死亡、同国で96人目の死者に
 ジャカルタの西に位置するベカシ市の16歳の少女が、鳥インフルを発病し、ジャカルタの病院に入院していたが、死亡し、同国で96人目の死者となったことが、保健省の鳥インフル情報センターから発表された。
 当患者は、11日に報道発表、12日にWHOから公式発表されていた。当初から重体と言われていた。
India confirms new bird flu outbreak is H5N1 strain Reuters  (国際) インド、新規発生鳥インフルがH5N1株であると確認
 インド政府は15日、東部で発生した家きんの鳥インフルは、強毒性のH5N1鳥インフルであることを確認したと発表した。
 「検出されたウイルスは、鳥を殺すのに十分な毒性を持っている」、と連邦保健省長官のナレシ・デイアル氏は電話でロイターの取材に答えた。
 「政府の対策チームは既に現地に到着している。現在、現地の人々がインフル様症状に関してモニターされている」
 今回の鳥インフル発生は、インドとして4回目の発生となる。
 西ベンガル州のビルブーム地区のマルグラム村とその周辺で、この2,3週間に1万8千羽の鶏と他の家きんが死亡した、と当局では発表している。
 第2の発生も同様に西ベンガルの州のSouth Dinajpur地区で見つかっているが、上記地域とは離れていると当局では話している。
 死んだ鶏や少数のカラス、フクロウが地域全体に散らばっていると保健当局では語り、またテレビのニュース映像でも見ることが出来る。
 テレビの映像ではさらにシャツを身につけていない農夫達が死んだ鶏を素手で掴んで浅く掘った穴に放り込んでいた。何人かは木綿のスカーフで口を覆っていた。
 先の鳥インフル発生では、昨年8月に、西マハラシュツラ州で2度にわたって多くの家きんが死亡し、その後北東のマニプール州でも再び発生した。

 現在約300人の保健担当者達が予防衣とマスクを身につけ、村の各家庭を回り、発熱や他の症状を有する人が存在しないかチェックしている。
Top expert says bird flu risk overestimated  News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) OIE事務局長、鳥インフルの危険性は過剰に評価されていると談話
 OIE事務局長のベルナール・バレ博士が、H5N1ウイルスが変異してパンデミックを起こすという危険性が、過剰に評価されていると談話を発表。
 当情報は11日に世界的に流されているが、翌日12日、世界の専門家達から反発が起きているとする報道がなされた。
 詳細は11日と12日の報道内容を参照のこと:訳者
Do US pandemic plans threaten rights, ACLU asks Reuters (国際) 米国のパンデミック行動計画は市民の権利を侵害する可能性:アメリカ自由人権協会(ACLU)

 米国ACLU(米権利章典で保証されている言論の自由を守ることを目的とした、アメリカで最も影響力のあるNGO団体)は、14日、現在政府が作成中のパンデミックインフルエンザ対策案は、強力な法的権限を伴ったもので、危険な方向性を持った政策であると、問題点を指摘した。
 この団体は米国憲法に基づいて、個人の正当な権利を擁護するのが目的で存在しているが、連邦政府のパンデミック行動計画について、それは極めて混乱させる内容あり、道理にかなった公衆衛生学的手法に基づいていると言うよりも、警察権力と軍隊の力の動員が必要であることを強調しすぎているきらいがある、と見解を発表した。
 「政策作成者達は、米国人の生命と健康を守るために十分検討された対策に焦点を合わせるというよりも、.国家安全保障と法的権限を加味して公衆衛生学的政策を論じている」、とACLU報告ではコメントしている。
 しかし、米国保健福祉省では、団体は政府の考え方を誤解しており、最近の行動計画ではACLUの主張の多くを取り入れていると反論している。
 感染症の専門家達は、パンデミック・インフルエンザはいつ起きるか分からなく、ほとんどの専門家達はそれがH5N1鳥インフルで引き起こされると心配している。それは現在主として鳥に感染するが、ウイルスは2003年以来349人を発病させ、216人を殺した。
 ほんの少しの変異でウイルスは人に高度の感染性を示すようになり、世界で数百万人殺す可能性がある。
 ほとんどの国では対策のための国家的行動計画を作成している。
 米国の計画はpandemicflu.govのようなウエブサイトで閲覧出来る。
 ACLUの説明では、計画で隔離のために軍隊や警察を動員することになっているのが心配だとされる。
 ACLUの専門家達が特に気にしているのは、ブッシュ大統領から10月に出された行政命令で、それは保健福祉省に自然災害、テロリスト攻撃、新型インフルエンザ等の惨事に際して、国防省の協力を得ることが可能な機動部隊の結成を指示するものである。
 ブッシュ大統領命令は、国防省の役割に関しては特に明示していないが、数十年間健康に関して役割を担ってきた、軍の医学研究機関に関しては記述している。
 「パンデミック対策行動計画では、義務的ワクチンの接種と、強制された治療が強調されている傾向にある」、とACLUのTania Simoncelli氏が記者会見で語っている。
 「また行動計画では、発病した人々は、治療が必要な患者としてよりも、合衆国の犯罪人や敵のように取り扱われている」
 ACLUは、計画は家庭で閉じ籠もる人々(家庭に隔離された発病者)に無料でどのように援助するか、市民に単に食料品を備蓄することを助言するだけでなく、その(食料品備蓄を)援助する方法を示すべきだと言う。
 保健福祉省報道官の Bill Hall氏は、政府の計画は、(対策における)地域社会と個人の関与を強調していると説明している。
 「彼等は政府の行動計画作りを間違って解釈している。我々の限界を超えてウイルスが拡大したとき、その対策は国家の責任の範囲内であると混乱して考えている」。同氏はこのように電話取材で語った。
 「パンデミック対策で、市民の自由を尊重すべきであることは重要なのは間違いはない」
 同氏は、ACLUの多くの主張、例えば、自由意志でワクチン接種と治療を受ける、というような事は計画の中に盛り込まれている、とも語った。


 
1月14日


Bird flu kills Indonesian woman, raising country's toll to 95 Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 鳥インフルでインドネシアの女性死亡、同国の死者数が95人に増加
 32歳女性が医師の診察を拒否して、自宅で鳥インフルで死亡した。保健省が14日発表したが、これでインドネシアにおける鳥インフル死者数は95人となった。
 二ヶ所の検査所でH5N1鳥インフルウイルス感染が確認されたと、鳥インフル情報センターの当局者であるジョコ・スヤノ氏が語った。
 女性は首都の西方郊外に住んでいたが、重症肺炎となり、10日、病院を受診してすぐに死亡した、と同氏は説明している。
Indonesian woman dies of bird flu - health official Reuters AlertNet, UK (英国) インドネシア女性が鳥インフルで死亡-保健省発表
 インドネシアの首都、ジャカルタの西に住んでいた女性が鳥インフルで死亡した。同国で95人目の死者となった。14日保健省の当局者から発表された。
 タンゲランに住む32歳女性が、1日入院治療していた病院から家族と共に自宅に戻り、10日死亡した。保健省の鳥インフルセンターのスハルダ・ニングルム氏が発表した。
 女性は生きた鶏と卵を市場で購入し、自分で調理したと、同氏は説明したが、また女性の裏庭にも鶏が飼われていると付け加えた。
 二ヶ所の検査所の検査で女性のH5N1鳥インフル感染が確かめられた。
 鳥インフルはいまだ動物の感染症と位置づけられているが、専門家達はウイルスが変異して容易に人人感染を起こすようになり、世界で数百万人の死者を出すことを懸念している。
  昨年のクリスマスにはジャカルタの24歳女性が、やはり生きた鶏を市場で購入した後、鳥インフルを発症して死亡している。さらに先週には、10代の少女が鳥インフルを発病してジャカルタの病院に入院した。病院の当局者は、少女の状態は安定しているが、いまだ人工呼吸器に繋がれていると説明している。
 インドネシアでは現在発病者数は118人となったが、死者数も世界でも最も多い。
Chicken Deaths In India, Bangladesh, Raise Bird Flu Alerts dBTechno, MA  (米国) インドとバングラデシュで鶏の大量死、鳥インフル警戒感強まる

 過去10日間にバングラデシュと同じように、インドの農場で放し飼いで飼育されている鶏数千羽が全て死亡した。予備的検査では鳥インフルで死亡したことが確認され、H5N1鳥インフルの可能が高いとされている。
 バングラデシュでも多数の鶏が死亡していて、同じように鳥インフル警戒感が広がっている。


India sounds bird flu alert  The News - International, Pakistan (パキスタン) インド、鳥インフル発生の警戒感高まる
 過去10日間に東部インドで数千羽の放し飼いの家きんが死亡し、予備的検査で鳥インフルに感染していることが確認された、しかしH5N1鳥インフルであるかどうかは不明である。
 西ベンガル州のビルブーム地区のマルグラム村で1万羽以上の家きんが死亡したと方報告されている。
25000 birds die, avian flu scare in Bengal Hindustan Times, India  (インド) ベンガル州で25000羽の家きんが死亡し、鳥インフルへの警戒感が高まる
 13日、ビルブーム地区のインドとバングラデシュの国境沿いの村で25000羽の家きんが死亡し、鳥インフル発生の恐怖感が高まった。
 鳥インフルはバングラデシュの北東部のMoulabibazar地区で発生していることも報告されている。
 ビルブーム地区の主任医療政務官は、この数日間で1農場で数千羽の家きんが死亡し、鳥インフルかも知れないと説明し、全ての対策はとっていると語った。
India sounds bird flu alert after chicken deaths Reuters  (国際) インド、大量の鶏が死亡し、鳥インフル警戒感高まる
 この10日間、東部インドで放し飼いの家きん数千羽が死亡し、予備的検査で鳥インフルで死亡したことが確認された。しかしH5N1鳥インフルであるかどうかは、現在の処、不明とされている。

 真ショは西ベンガル州のビルブーム地区のマルガム村で、家きん1万羽以上死亡した。
 「予備的検査では家きんは鳥インフルで死亡したことが確認されたが、それがH5N1鳥インフルかどうかは、まだ分かっていない」。そのようにビルブームの主任医療政務官がロイターに語っている。
 明日から家きんの処分が始められ、もし地域に感染者がいたなら、地域の人々を隔離すると、対策をは語った。
 2006年、西部のMaharastra.州の数カ所で発生したときには、数千羽の家きんが殺処分されている。
1月13日


Bird flu strikes farm in northeastern Bangladesh Reuters AlertNet, UK  (英国) バングラデシュ北東部の農場で鳥インフル発生
 バングラデシュ当局は、同国北東部の家きん農場で500羽近い鶏が鳥インフルにより死亡したと13日発表した。同地域では初の発生とされる。
 農場は首都ダッカから250キロ離れたMoulavibazar 地区であると、政府家畜局長官が語った。
 当該農場周辺1キロ以内の800羽近い鶏、アヒル、および他の鳥が処分された。
 バングラデシュでは昨年3月に首都周辺でH5N1鳥インフルが発生して以来、主として北部へ拡大し、30万羽以上の鶏が処分されてきている。これまでにバングラデシュの64地区のうち22地区の71農場が、致死的ウイルスの感染を受けた。
Swans test negative for bird flu The Press Association (国際) 英国、検査中の白鳥、2羽で陰性


3羽の死亡した白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが見付かったAbbotsbury Swannery

 ドルセの一般公開されている鳥類保護区であるAbbotsbury Swanneryで死亡した2羽の白鳥の検査でH5N1鳥インフルウイルスは陰性であったと発表された。同保護区では、12月27日、31日、そして1月4日に計3羽の死亡した白鳥からウイルスが検出されていた。
 地域では計10羽の死亡した白鳥が見つかっており、残りに関しては検査中である。
 以上は環境食料農業庁(DEFRA)の発表による。
1月12日


Nine swans dead as bird flu concern grows Dorset Echo, UK  (英国) 英国で死亡白鳥が9羽に、鳥インフルへの警戒感高まる
 

英国Abbotsbury Swanneryで、死亡した白鳥を死骸収容バッグに収める当局者
野生の白鳥3羽でH5N1鳥インフルが見つかったAbbotsburyで、さらに死亡した白鳥が見つかり、合計9羽となった。
 6羽の死亡した白鳥の検査結果は、本日中に判明する予定となっている。

Avian influenza – situation in Indonesia – update 29  WHO インドネシアにおける鳥インフルの状況:WHO
 インドネシア保健省は、H5N1ウイルスの新規人感染例が発生したことを報告した。西ジャワに住む16歳女性が2007年12月30日に発症し、2008年1月4日に入院し、
現在も入院中である。調査によると、発症2ヶ月前に近所で鶏の死亡が確認されている。
 インドネシアで確認された発病例は117例となり、そのうち94人が死亡している。

 訳者注:既に報道で既報であるが、インドネシアでの検査はWHOにより信頼されているので、WHOの公式発表は政府の報告後極めて早いように思える。
OIE chief's downplaying of pandemic risk draws fire CIDRAP, MN (米国) OIE事務局長のパンデミック危険性が低いという発言に、専門家達が反発
 感染症専門家とパンデミック対策指導者達は、OIE事務局長のH5N1鳥インフルのパンデミックのリスクは低いとするコメントに対して、猛烈に反発した。

 昨日、パリに本部を置くOIE(国際獣疫事務局)事務局長のベルナール・バレ博士が、H5N1鳥インフルウイルスは極めて安定で、人のパンデミックを起こすように変異してゆくとは思えない、と発言した報道がなされた。
 本日のインタビューで、専門家達は、バレ博士の意見に反対し、ウイルスはこれまで何度も変異してきていることは知られており、科学的にも、歴史的に見ても、H5N1鳥インフルによるパンデミックの危険性は極めて現実的なものだと、語っている。

 AP、AFP、そしてロイターの報道内容は幾分異なっており、その中でもAPは最も安心感を与える、または独断的内容となっている。
 APによると、バレ氏は、パンデミック発生の危険性は過大評価されている、と語ったとしている。
 AFPでは、バレ氏の語ったウイルスの安定性に焦点を当て、このように安定したウイルスには長らく出会ったことはないとし、変異の危険性は低いと説明した、としている。
 一方、ロイターは、バレ氏の語った内容をより注意深く内容で伝えた。
 「我々はウイルスが現在非常に安定していると考えているが、H5N1ウイルスが変異しないという根拠はない。鳥インフルは常に危険性を保有しているが、それはH5N1ウイルスかも知れないし、他のウイルスであるかも知れない」

 これらの幾分交錯した報道内容に対して、専門家達はバレ氏が間違った情報を提供したとしている。
 欠けている主要なメッセージは、脅威は現実的なものだ、ということであると語る専門家が多い。
 訳者注:昨日このページで紹介したバレ博士の談話は、ロイター報道内容である。
Scientists Find Key to Avian Flu in Humans Voice of America - (米国) 研究者達、鳥インフルの人細胞への感染の鍵を見いだす


感染細胞内で増殖し、細胞外へ出て行くH5N1ウイルス
 マサチューセッツ工科大学の研究陣が、鳥に感染するインフルエンザウイルスと、人に感染するタイプの決定的違いを明らかにした。
 この発見は、研究者達が致死的鳥インフルウイルスの変化を監視したり、パンデミック発生を予防するためのワクチン作成に、有効な情報を提供することになると期待される。

 インフルエンザは季節性ウイルス感染症である。しかし、公衆衛生当局者が恐れているのは、1997年に香港に初めて現れて以来、世界で数百万羽の家きんの殺処分を余儀なくされ、また212人の死者を出している高病原性のH5N1鳥インフルウイルスである。
 研究者達はH5N1鳥インフルウイルスが変異して、容易に人人感染を生じるようになり、1918年に発生し、世界で5000万人を死亡させたスペインインフルエンザに匹敵するパンデミックが生じる可能性が高いと警告している。
 マサチューセッツ工科大学(MIT)の生物工学教授のラム・サシセカーレン教授は、鳥と人のインフルエンザウイルスの違いと類似性について研究をしてきた。
 サシセカーレン教授は、肺や鼻腔の細胞表面を覆っている糖鎖が、ウイルスが細胞内に侵入するための鍵となっていると説明している。
 「糖鎖はウイルスが人の組織、または細胞を認識して細胞内へ侵入する中心的役割を担っている」
 ウイルス表面の蛋白が、標的細胞表面の糖鎖(グリカン)リセプターに付着し、そこから細胞内へ侵入してゆく。細胞内へ入ったウイルス粒子は増殖し、そして細胞外へ出て行き、体内に広まってゆく。
  今週発行された「Nature Biotechnology」に同教授と共同研究者が発表した研究内容は、鳥と人の細胞表面の糖鎖は全く異なった形をしているということである。
 「鳥インフルウイルスは円錐形の糖鎖に結合するが、人のウイルスは傘形の糖鎖に結合するようだ」
 コンピューター・モデルを使った三次元構造でのイメージでは、より詳細な形を明らかにしている。
 サシセカーレン教授は、季節性人インフルエンザウイルスは傘形の糖鎖に結合するが、保健専門家が恐れているH5N1鳥インフルウイルスはそれには結合しない。
 「これらの事実から我々がすべきことは、H5N1鳥インフルウイルスが、我々の上気道の細胞にある傘形の糖鎖に結合出来るようになり出しているかの監視である」。同教授はそのように説明している。
 教授はさらに、今回の発見は研究者が抗インフルエンザ薬を開発したり、ワクチンを作成するのに役立つとも説明する。
 「傘形構造の分子物を薬剤として開発し、それを投与することにより、ウイルスをその疑似リセプターに結合させ、細胞にウイルスが結合し、侵入してゆくことを阻止させることも考えられる」。
 サシセカーレン教授は、今回明らかにされたインフルエンザウイルスに対する詳細なリセプター構造は、通常の季節性インフルエンザ(米国で毎年36000人が死亡している)に対する予防治療にも役立つだろうと語っている。

 上記MITの研究結果は、1月8日に多くの報道がありますので参照してください。下記は訳者が簡単にまとめましたが、 当方はウイルス感染に関係する細胞膜HAリセプターに関しては、全くの素人なので、訳文や解釈に間違いがあるかも知れません。ご了承願います。 訳者

 H5N1鳥インフルウイルスのH基が結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=alpha 2-3(円錐形):主として鳥の細胞と人の肺の奥の細胞に存在。希にウイルスを大量に浴びて、肺の奥にウイルスが侵入した場合、感染する人がいる。
 通常の人インフルエンザが結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=長い、傘型alpha 2-6:主として人の上気道細胞に存在。alpha 2-6には他に短い円錐形のタイプもあり、それには人インフルエンザウイルスは結合できない。H5N1鳥インフルウイルスが希にそれに結合することもある

 H5N1鳥インフルウイルスが人人感染を生じるために必要な変異
  人の上気道細胞膜面に存在する”長い、傘型alpha 2-6”リセプターに結合出来る能力の獲得
 H5N1鳥インフルウイルスに対する有効なワクチン:
  上記のごとく変異したウイルスに対するワクチン。通常のH5N1鳥インフルウイルス(alpha 2-3リセプターにしか結合できない)に対するワクチンは効果が低いと考えられる。

1月11日


Bird flu alert prompts farm search Petersfield Post, UK  (英国) 白鳥でH5N1鳥インフルが検出されたことから、家きん農場の調査が開始
 英国の動物保健専門家は、3羽の死亡したコブハクチョウから致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された事から、周辺の家きん農場の調査を開始した。
 また健康予防局(Health Protection Agency)は、死亡したコブハクチョウが発見された野鳥保護区の職員12人の健康状態の観察を行っているが、鳥インフル発病のリスクは低いと言っている。
Indonesian teenage girl tests positive for bird flu Reuters  (国際) インドネシアの少女が鳥インフル検査で陽性に
 西ジャワの16歳少女が鳥インフル検査で陽性となり、同国で117人目の発病者となったことが、保健省の当局者から発表された。
 発表によると少女は先月下旬に発病し、ジャカルタの病院で治療を受けている。
 発症する2,3日前に、少女は3個のゆで卵を食べた。また2ヶ月前に近所で数羽の鶏が死亡したという。
 病院の当局者は、少女が濃厚治療室でレスピレーターに接続されていると語った。
Indonesia records 117 bird flu patients  Xinhua, China  (新華社、中国) インドネシアで117人目の鳥インフル患者発生
 ジャカルタ郊外に住む16歳少女が鳥インフルに感染し、インドネシアで117人目の患者となったことが保健省から11日に発表された。
 ベカシ市(Bekasi)に住む少女は、1月4日から同市の病院で治療を受けていたが、9日から東ジャワの鳥インフル専門病院であるPersahabatan病院に移り、そこで治療を受けている。
 2箇所の検査所において、血液検体で感染が確認された。
 2ヶ月前に近くで数羽の鶏が死亡したが原因は不明である。そして2週間前に3個の鶏卵を少女が食べた既往がある。
 少女は12月30日に高熱と咽頭症状(多分、呼吸困難;訳者)を呈し、31日と1月2日に医師の診察を受けている。
 ベカシの病院に4日に入院したときには、少女は重症肺炎を起こし、白血球減少を認め、状態は悪化していた、と説明された。
Indonesia confirms another bird flu case Forbes, NY  (米国) インドネシア、鳥インフル発症者を確認
AFP

 インドネシアの首都の郊外に住む16歳少女が、H5N1鳥インフルに感染後入院したことが、11日、保健省の当局者から発表された。
 少女はジャカルタの病院で治療を受けているが、同国として117人目の発病者となる。
 血液と組織の検査で感染が確認されたと説明された。
 少女は現在、 Persahabatan病院で濃厚治療を受けている。
 2ヶ月前に少女の家の近くで数羽の鶏が突然死亡したとされるが、原因は不明である。
Alert over father-son bird flu Shanghai Daily, China  (中国、上海) 鳥インフル発病父息子事例に警戒感

 先月鳥インフルで死亡した若い男性は、たぶん、彼の父親にウイルスを感染させたと考えられるが、ウイルスが人に容易に感染しやすくなるような変異は生じていないと、中国保健省当局者が昨日語った。

 江蘇省南京市の52歳の父親は、24歳の息子が鳥インフルで死亡した数日後に、H5N1鳥インフル感染が確認された。
 通常鳥インフルは人に感染した鳥を介してうつるため、この家族メンバー2人での発症は、保健当局の関心を惹いた。
 WHOは人に容易に感染するような株に、ウイルスが変異する可能性があると警告している。
 保健省の報道官は、父親が息子からウイルスの感染を受けたと思われると発表した。
 「感染は両者の濃厚接触によるもので、ウイルス変異によるものと考えるべき、生物学的根拠はない」。
 また報道官は父親は回復したと付け加えている。
 しかし、保健省ではいまだ息子の感染源を特定できていない。病的になったり、死亡した家きんに接触した既往がないからだ。
 これらの事例は省都の南京で起きた。息子は12月2日に死亡した。父親は後に感染していることが確認された。その時、保健省は、専門家が息子に感染したウイルスは家きん由来であることを確認したが、変異はしていないと発表している。
 リュウと呼ばれる息子は11月24日に高熱、悪寒などの症状を呈し、11月27日に肺炎の診断で入院した。父親も息子の死後、肺炎の診断で入院している。

Birdflu virus stable but mutation risks remain-OIE Reuters AlertNet, UK  (英国) OIE(国際獣疫事務局):H5N1鳥インフルウイルスは安定しているが、変異の危険性は残っている
 10日、OIE(国際獣疫事務局)は、2003年以来数百人の人々を殺した鳥インフルウイルスは、現在安定してきているが、それでも危険な株に変異する可能性は残っていると発表した。
 2003年にアジアで高病原性H5N1鳥インフルが再興して以来、216人がウイルスに感染して死亡した。ウイルスは速やかにアジア、アフリカ、そしてヨーロッパへ拡大し、家きんや野鳥に感染した。
 「我々はウイルスが極めて安定していると考えているが、H5N1ウイルスが変異しないという根拠はない」、とOIEの事務局長ベルナール・バレ氏が語った。
 「鳥インフルは常に危険な変異のリスクを保有している。それがH5N1ウイルスか、他のウイルスかは別にしても」
 鳥インフル事例はいまだ常にOIEに報告されている。
 英国は10日、南部のドルセで3羽のコブハクチョウが死亡して見つかり、それらからウイルスが検出されたことを報告した。またバレ氏は、インドネシア、エジプト、そして程度は小さいながらもナイジェリア等は、ウイルスの保有国として心配する必要があると説明している。
Govt doing 'everything' to contain bird flu Politics.co.uk, UK  (英国) 英国政府:鳥インフル封じ込めのために全力を注ぐ

 英国政府は鳥インフル拡大阻止のために全力を注ぐと、首相が本日語った。
 デボンで3羽のコブハクチョウから致死的H5N1鳥インフルウイルスが見付かった後、ブラウン首相は万全な対策の再保証を行った。
 地域の他の鳥の調査は現在おこなわれている。そして環境食料農業庁(Defra)は、野鳥コントロール地域と監視地域が設定されたことを確認した。

Bird flu confirmed in mute swans in S Britain Xinhua, China (新華社、中国) 南部英国で、コブハクチョウから鳥インフルウイルスが検出
 南部英国のドルセ(Dorset)で強毒性のH5N1鳥インフルで3羽のコブハクチョウが死亡したことが、英国環境食料農業庁(DEFRA)から10日発表された。
 白鳥の死骸は定期的調査で見つかったとDEFRAは説明し、野鳥コントロール地域と監視地域が設けられ、家きん飼育者は地域内で家きんを野鳥から隔離するように指示された。
H5N1 bird flu strain kills three swans in England Reuters  (ロイター) 英国、3羽の白鳥H5N1鳥インフルに感染して死亡
 英国は、10日、3羽の野生の白鳥から致死的H5N1鳥インフルウイルスを検出し、家きん飼育者に感染対策を強化するように警告した。
 EU委員会は、英国南部のドルセ(Dorset)の野鳥保護区で発生した鳥インフルに対して、EUの通常の感染対策措置が講じられたと発表した。
 対策地域内では家きんは”と殺場”へ向かう以外、家きんの移動は禁止された。そして狩猟も禁止された。
 「この事実は明らかに歓迎すべきことではないが、以前から言っているように、英国では鳥インフルが発生するリスクは低い(家きんでの発生:訳者注)」、英国の主任獣医官が語った。
 英国における最初のH5N1鳥インフルは、2006年にスコットランドで死んだ1羽の野鳥で見つかった。続いて2007年2月、11月に東部の農場の家きんで発生した。
1月10日


中国で初、人から人への感染確認 鳥インフルエンザ 朝日新聞
 
China says son infected father with bird flu but virus not mutation Earthtimes, UK  (英国) 中国政府発表:息子から父親は鳥インフルを感染、しかしウイルス変異はなし
 中国国営通信の新華社は10日、中国最新の鳥インフル発病事例は、人人感染によるものであるが、ウイルス変異によって起きたものではないと、報告した。
 南京の52歳男性が24歳の息子に濃厚接触したことから、H5N1鳥インフルウイルスに感染したと、新華社は、保健省当局者の発表として報道した。
 息子は12月2日に死亡し、その1日後に父親が発症したが、その後回復した。人人感染は希である。ほとんどの発病者は感染した家きんと濃厚接触したことで感染しているが、専門家はウイルスが変異して世界的パンデミックを生じることを警戒している。
 当局は父親の感染源は特定したが、息子の感染源については不明なままである。息子は病的になったり、死亡した家きんとの接触歴もない。
 当局では2人と濃厚接触した83人について、医学的監視を続けたが、鳥インフル様症状を呈した人はいない。
南京に住む父子の鳥インフル、人から人への感染を確認  読売新聞 
 中国衛生省報道官は10日の記者会見で、江蘇省南京市の父子が昨年相次いで鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した事案について、「(家庭での)密接な接触によって感染した」と発表、人から人への感染だったと結論付けたことを明らかにした。
 中国で人から人への鳥インフルエンザウイルスの感染が確認されたのは初めて。
 一方、同報道官は、人の間で流行するようなウイルス変異については、「発生していない」と否定した。父子が、病死した家禽(かきん)類と接触した形跡はなく、感染ルートは分かっていない。
 父子は、息子が昨年11月に発症し、2日後に死亡した。その後、父親も発症、治療を受けた。
 鳥インフルエンザウイルスの人から人への感染は、ベトナムやインドネシアでも起きている。
China says son likely infected father with bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) 中国当局、息子が父親に鳥インフルを感染させた可能性が大と発表
 先月鳥インフルで死亡した中国の男性が、彼の父親に感染させた可能性が高いが、ウイルスが変異した結果ではないと、当局が10日、発表した。
 訳者注:12月2日に死亡した中国事例。12月3日、8日に関連情報掲載。
Polish bird flu under control, situation better-EU Reuters AlertNet, UK - (英国) ポーランドでの家きん発生は制圧され、状況は改善-EU発表
 ポーランドは、最近発生した家きんでの鳥インフルを制圧し、同国の一般的動物保健状況が改善されたと、EU委員会が9日発表した。
 12月初旬以来、ポーランド当局は9件の家きん、および1件の折内の野鳥における高病原性鳥インフルの発生を報告してきた。最後の発生は2週間以上となり、ウイルスは封じ込まれたと判断された。
Passengers quarantined at Pearson Toronto Sun,  Canada (カナダ) トロント、ピアーソン空港で乗客が隔離される
 エアーカナダ85便で、テルアビブからの乗客の3人がインフル様症状を呈したため、80人近くの乗客がピアーソン空港で隔離された。
 当該機は午後9時に200人の搭乗客を乗せて着陸した。
 隔離は午後9時に解かれた。
 報告によると、ツアーの3人が急性胃腸炎にて病院へ運ばれたという。
 詳細なコメントは出されていない。
Indonesian teenager hospitalized for suspected bird flu People's Daily Online, China  (中国) インドネシアの10代少年、鳥インフル疑いで入院
 昨日の新華社情報。西ジャワの12歳少年が、死亡した鶏を掴んで川に捨てた翌日に発症。

Tests show US man, member of Pakistan bird flu family, never ... CBC News, Canada  (カナダ) パキスタンの家族発生疑い米国在住メンバー、検査で陰性が確定
 パキスタンで初の鳥インフル発病者となった男性の兄弟のうち、米国在住の兄弟が検査で陰性と確定された。
 ニューヨーク州保健局は男性の血液にはH5N1鳥インフルウイルスに対する抗体価の上昇が何ら認められなく、その男性がウイルス感染を起こしていなかったことが示されたと発表した。男性は死亡した兄弟の葬儀(遺体の埋葬)に昨年末参列していた。
 このロングアイランドに住む男性は、鳥インフル発病確定、可能性、そして疑い者からなるパキスタンでの兄弟内集団発生の1メンバーとなっている。他の兄弟達はパキスタンのノースウエスト辺境州に住んでいる。
 家族内での発病様式からWHOは部分的人人感染があったとしているが、初期の検査では1人だけが陽性となっており、その後の抗体検査で最終検査が必要とされている。
 当家族内集団発生疑い事例は、10月末に家族の1メンバーである獣医が感染した家きんの処分に従事した後、発病したことが発端となっている。彼が発病した後、少なくとも2人の兄弟が家庭と病院で彼を介護していた。

 関連情報は昨年の12月14、15日を参照。
1月9日

Passengers land in Toronto with flu-like symptoms CTV Toronto (カナダ) トロント空港へ到着した乗客が多数インフル様症状を呈す
 エアー・カナダの国際便の乗客80人程が、8人の乗客がインフル様症状を呈していたため、一時空港で医学的観察下に置かれた。

 エアー・カナダ085便がイスラエルのテルアビブから、トロント市のピアーソン国際空港に201人の乗客を乗せて到着した。
 18歳から26歳までの8人の乗客が機内で体調不良となったと、カナダ保健省の当局者がCTV Torontoに発表した。
 約半数の乗客が空港で医療チームの診察を受けた。そしてマスクと予防衣を身につけさせられて(写真)、1時間ほど待機させられたが、その後帰宅を許された。
 インフル様症状を呈していた8人は病院へ転送された。
 訳者注:北部イスラエルの町で鶏からH5N1鳥インフルウイルスが検出されていることから、空港でのチェックが厳しくなっていると考えられる。一般乗客が開放されたことは、インフル様症状の乗客が、少なくともH5N1鳥インフルである可能性が否定されたためと考えられる。

Indonesian teenager hospitalized for suspected bird flu Xinhua, China  (新華社、中国) インドネシアの少年、鳥インフル疑いで入院
 インドネシアの12歳少年が、死亡した鶏に接触した後、鳥インフル様症状を呈し入院した。地域の新聞が9日報道した。
 少年は西ジャワ州の州都バンドゥンに8日、高熱と咳、および呼吸困難で入院した。
 親戚の一人が、少年が家の前で死亡した鶏を掴み、それを川に捨てたと語っている。その翌日、少年は発症したと言う。
 もし少年の発病が公式に確認されたなら、同国で108人目の発病者となる。
Toyama Chemical Gains as Flu Drug Advances in Trials (Update1) Bloomberg  (米国) 富山化学インフルウイルス薬開発試験で成功
 富山化学(株)は、東京為替市場でこの3ヶ月で最高の値上がりを示した。実験的抗インフルエンザ薬が臨床試験第2相に進んだ影響である。
 東京に本社がある富山化学は、T- 705と呼ばれる同社開発の抗インフルエンザ薬が、ロッシュ社のタミフルやグラクソ社のリレンザ以上に効果を持つかどうかの臨床試験を開始すると、電話取材で答えた。
 もしT- 705の臨床試験が成功に終わるならば、世界で年間35万人から50万人死亡しているとWHOが推定しているインフルエンザの治療に、新たな武器が加わることになる。さらに富山化学は、世界的パンデミックが恐れられている鳥インフルに対しても治療効果が得られると説明している。
1月8日


 下記に最近発表されたMITの研究結果を簡単にまとめましたが、 当方はウイルス感染に関係する細胞膜HAリセプターに関しては、全くの素人なので、訳文や解釈に間違いがあるかも知れません。ご了承願います。 訳者

 H5N1鳥インフルウイルスのH基が結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=alpha 2-3(円錐形):主として鳥の細胞と人の肺の奥の細胞に存在。希にウイルスを大量に浴びて、肺の奥にウイルスが侵入した場合、感染する人がいる。
 通常の人インフルエンザが結合可能な細胞膜面のリセプター(糖鎖)=長い、傘型alpha 2-6:主として人の上気道細胞に存在。alpha 2-6には他に短い円錐形のタイプもあり、それには人インフルエンザウイルスは結合できない。H5N1鳥インフルウイルスが希にそれに結合することもある

 H5N1鳥インフルウイルスが人人感染を生じるために必要な変異
  人の上気道細胞膜面に存在する”長い、傘型alpha 2-6”リセプターに結合出来る能力の獲得
 H5N1鳥インフルウイルスに対する有効なワクチン:
  上記のごとく変異したウイルスに対するワクチン。通常のH5N1鳥インフルウイルス(alpha 2-3リセプターにしか結合できない)に対するワクチンは効果が低いと考えられる。



Nearly 5% of poultry in Vietnam bear bird flu viruses Xinhua, China  (新華社、中国) ベトナムの家きん、5%が鳥インフルウイルス感染
 ベトナムの各地で採取した健康な家きんの1万5千検体調査で、5%からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたと、地域の新聞が報道した。
 水鳥の調査では約1.8%でウイルスが見つかった。動物保健局( Department of Animal Health)による最近の調査結果とされる。
富山化学、抗インフルエンザウイルス薬「T-705」の日本国内での臨床第II相試験を開始 日経プレスリリース 
  富山化学工業株式会社(社長:菅田益司)は、抗インフルエンザウイルス薬「T-705」の日本国内での臨床第II相試験を、本日開始いたしましたのでお知らせします。
 T-705は、富山化学が創製したウイルス由来RNAポリメラーゼ阻害剤です。H5N1型を含む広範囲なインフルエンザをターゲットとして、国内では2007年1月24日より臨床第I相試験を開始いたしました。
 また、米国においては、2007年3月9日に臨床第I相試験を開始し、現在試験中です。
China says latest bird flu outbreak under control Reuters AlertNet, UK (英国) 中国、直近の鳥インフル発生は制圧と
 中国の西方、新疆ウイグル自治区における家きんでのH5N1鳥インフルは制圧されたと国営通信が報道した。
 Turpan市当局は35000羽の家きんを処分したが、人における感染者は出ていないと報告している。
 1月4日に関連記事。
How bird flu virus jumps to humans Newindpress, India  (インド) どのようにして鳥インフルは人に感染するのか、様式の詳細が判明
Scientists discover new key to flu transmission Independent-Bangladesh, (バングラデシュ) インフルエンザ感染に必要な鍵が発見される
Shape Of Sugar Molecule Could Be All That Is Stopping Bird Flu... Medical News Today, UK (英国) 細胞表面の糖鎖構造が、鳥インフルのパンデミック阻止の全ての鍵となる

 MIT研究者論文から:
 米国研究者が、人上気道細胞表面の糖鎖の形が、インフルエンザウイルスが人に感染するか否かを決定していて、もし致死的H5N1鳥インフルウイルスが、この形の糖鎖に結合出来るように変異するとしたなら、ウイルスは容易に人人感染を生じるようになるかも知れないと、研究結果を発表した。
 H5N1鳥インフルウイルスが結合可能な糖鎖=alpha 2-3:主として鳥の細胞と人の肺の細胞に存在
 通常の人インフルエンザが結合可能な糖鎖=長い、傘型alpha 2-6:主として人の上気道細胞に存在
  *alpha 2-6には他に短い円錐形のタイプもあり、H5N1鳥インフルウイルスが希にそれに結合することもある
Scientists: Flu Viruses Must Pick Specific Lock To Enter Body NBC5.com, IL 
 (米国) 研究報告:インフルウイルスは身体に感染するためには特殊な鍵を外さなければならない

Avian flu viruses don't easily infect people: US scientists  CBC.ca,  Canada  (カナダ) 米国研究者:鳥インフルウイルスは容易に人には感染しない
 MITの研究者がNATUREに発表した研究内容。基本的には昨日までの報道内容と同じ。

 米国研究者が、鳥に感染するインフルウイルスと人に感染するウイルスとの間の決定的違いを見いだしたと発表した。
 マサチュウセッツ工科大(MIT)の研究者によると、インフルウイルスが人に感染するためには、人の呼吸器の細胞表面の特殊な形をしたリセプターに結合する能力を有する必要性があるようだ。
 これまでは、鳥インフルウイルスが人に感染できるような変化は、鳥の細胞表面のalpha 2-3 リセプターへの結合能力が、人の上気道の細胞表面のalpha 2-6 リセプターへの結合能力へ変化することが必要と考えられていた。
 しかし今回の研究ではalpha 2-6 receptorの中でも特殊な形をしたタイプへの結合能力の獲得が必要であることが明らかにされた。
 ワクチンや抗ウイルス剤作成に対する新情報となる。
1月7日

Scientits: Flu virus must pick lock before entering human People's Daily Online, China (中国) インフルエンザウイルスは人の細胞に侵入する前に、鍵を開けなければならない:新研究
 米国MITの研究者チームが発表。
 人の上気道細胞にあるインフルウイルスのHA基受容器となっている、糖鎖アルファ2-6のうち傘形タイプにウイルスのHA基が結合出来ることが、インフルエンザウイルスの人細胞への感染には必要となっている。 H5N1鳥インフルウイルスが容易に人人感染を起こすためには、通常はアルファ2-3受容器にしか結合できない鳥インフルウイルスのHA基が変異して、傘形アルファ2-6受容器に結合できるようになる必要がある。
 アルファ2-6受容器には長い傘形と短い円錐形がある。
 詳細は下方の情報を参照。
New key to flu transmission discovered The Age, Australia  (オーストラリア) インフルエンザ感染様式について新知見

鳥インフルエンザ感染、昨年末から拡大 MSN産経ニュース 
 鳥インフルエンザウイルスの人への感染例が昨年12月から広がっている。インドネシア、ベトナムなどで感染による死者が新たに報告され、エジプトでは1週間で4人が死亡した。パキスタンでは、人から人に感染した疑いもでており、新型インフルエンザがウイルスの変異でいつ発生してもおかしくない状況だ。
 感染は、昨年の夏から秋にかけては沈静化していた。しかし、ミャンマーで12月14日、人への感染が報告されたほか、エジプトでは同月だけで4人が死亡。世界保健機関(WHO)が2003年以来確定した世界の死者数は216人、致死率は62%にのぼっている。

 パキスタンのアフガニスタンとの国境付近では、感染した鶏を処分した男性とその家族が集団感染したとみられる事例もあり、WHOが現地に入り調査中だ。確定にはいたっていないが、家族が密接に接触する中で、人から人へ感染した可能性が高いとしている。これまで、人から人への感染は香港やインドネシア、タイで発生している。
 国連のナバロ調整官(鳥インフル担当)は「12月から4月にかけて、鳥インフルが家禽(かきん)に広がり、死者が増加する」と警告。国立感染症研究所の田代真人・ウイルス第3部長は「熱帯地域では年中、人のインフルエンザが流行しており、鳥ウイルスとの遺伝子交雑による新型インフルエンザの出現が懸念される。十分な警戒が必要だ」としている。
MIT scientists find reason avian flu viruses don't easily infect ... The Canadian Press  (カナダ) マサチューセッツ工科大(MIT)の研究陣、鳥インフルが容易に人に感染しない謎を解明
 H5N1ウイルスが人に感染するためには、そのHA基が結合可能なリセプターが人の上気道に存在する必要があるが、そのリセプター上のガラクトースが(アルファ2-6)結合である必要がある。
 今回の研究で、その結合にも2種類あり、H5N1ウイルスが結合するためには、長い傘形(アルファ2-6)結合が存在する必要であることが解明された。

 H5N1鳥インフルウイルスのHA基は、感染細胞表面のリセプター上の(アルファ2-3)結合しているガラクトース鎖に結合し、細胞内へ侵入すると考えられており、そうしたリセプターは鳥類の細胞と、人の肺の細胞に存在する。
 一方人のインフルエンザウイルスのHA基は、人の上気道に存在するalpha 2-6リセプターに結合する。
 ただこれだけの機構だけで解釈するのは非常に単純すぎると考えた研究者達は、さらに詳細にリセプターを構成する糖鎖を分析した。
 その結果研究者達は、alpha 2-6リセプターには2種類の形態があることを見いだした(アルファ2-3リセプター類似の円錐形と、長い傘形)。そして人インフルエンザウイルスであるH1N1株とH3N2株は、主として上気道に存在している、傘形のalpha 2-6リセプターに結合することが分かった。
 H5N1ウイルスは最近円錐形リセプターに付着しているが、容易に人人感染を生じるようになるには、傘形リセプターに結合出来るような変異が必要である。著者等はそのようにコメントしている。
MIT scientists find reason avian flu viruses don't easily infect ... CBC News, Canada  (カナダ) マサチューセッツ工科大(MIT)の研究陣、鳥インフルが容易に人に感染しない謎を解明


Scientists discover new key to flu transmission Canada.com, Canada  (カナダ) インフル感染に必要な解錠機構が解明
 下方のロイター情報内容
Migratory Birds May Bring Avian Flu To US, Scientists Say AHN (米国) 渡り鳥が鳥インフルを米国にもたらす可能性がある
 カンサス大学の研究者達が警告。
Study tells how people get bird flu The Standard, Hong Kong (香港) 人が鳥インフルに感染する機構が解明
 下記研究に関する報道
Scientists discover new key to flu transmission Reuters (国際) インフルウイルス感染に必要な解錠機構が解明
 インフルウイルスは人の気道の細胞に侵入するために、非常に特殊な鍵を開ける必要がある。6日に米国の研究者が発表した。インフルウイルスがどのように感染するのかを理解する新情報となる。
 この新発見は、科学者がH5N1鳥インフルウイルスが、人人感染を起こすように変化してゆく状況をモニターする有用な手段となる可能性がある。
 ウイルスが人の気道の細胞に侵入する前に、ウイルス表面の蛋白が細胞の外側に存在するグリカンと呼ばれる糖鎖と結合する必要がある。
 これらの糖鎖を科学者達は、化学的結合の仕方で分類している。鳥の細胞ではアルファ2-3受容器と呼ばれ、人の細胞ではアルファ2-6受容器と呼ばれる。
 人の細胞に感染するために、H5N1鳥インフルウイルスはアルファ2-6受容器に結合出来るように変異しなければならない。しかし全てのアルファ2-6受容器が同じ形をしていないことが分かった。あるものは短く、円錐形をしていたり、あるものは長く傘様形をしている。
 糖鎖の化学的つながりだけで人と鳥の受容器を定義するだけではなく、その形態も考慮に入れる必要がある、と研究者は説明している。
 H5N1鳥インフルウイルスが人の細胞に感染するためには、長い傘様形態のアルファ2-6受容器に結合する必要があることが、今回の研究で明らかにされた。
 ワクチン開発、ウイルスの危険な変異のモニター等、今回の新発見が重要な役割を担う可能性がある。

 研究は英国の世界的科学雑誌Nature Biotechnologyに発表された。

1月6日

Universal flu jab works in people Media For Freedom, Nepal - (ネパール) 万能インフルワクチン、臨床試験で効果確認

Universal Vaccine Developed To Fight All Kinds Of Flu Viruses  AHN (国際) 開発中の万能ワクチン、全インフルエンザに効果を持つ可能性
 英国とベルギーの科学者達が開発した新規ワクチン、ACAM-FLU-Aは、通常のインフルエンザから致死的鳥インフルまで長期間予防出来ると想定されている。
 Acambis社によって開発されたACAM-FLU-Aワクチンは、全てのA型インフルエンザに効果を持つことが想定され、パンデミックを生じるインフルエンザもA型であることから、パンデミック・インフルエンザを生じるウイルスにも効果を持つと考えられている。
 ワクチンはM2eと呼ばれる全A型インフルエンザウイルスに共通する蛋白を標的としている。
 今回の臨床試験では、投与された10人で良好な結果が得られた(安全性と免疫獲得?:訳者)。さらに当ワクチンの保有するメリットとして、年中製造が可能で(受精卵を使わずに製造可能)、パンデミックに対して備蓄しておくことも可能である。しかしながら完全なる実用段階になるまでは、さらなる臨床試験が必要とされる。
 現状のインフルエンザワクチンの大きな問題点は、ワクチン製造にあたって、10ヶ月前に流行株を予想しなければならないことである。
  
  詳細は4日のTimes Onlineを参考に。 
Bird flu spreads another Bangladesh district Independent-Bangladesh, Bangladesh (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフルはさらに他地域へ拡大
 バングラデシュでさらに他の地域へ鳥インフルが拡大し、保健職員と獣医が1500羽近い鶏を処分した。
 発生地は首都から380キロ北方のKurigramであることが、政府の家畜局から発表されている。
 鳥インフルは昨年3月に首都周辺で発生したが、その後北部へ拡大し、これまで30万羽以上の鶏が処分されている。
Lebanon on alert after Israel reports bird flu Middle East Times, Egypt  (エジプト) レバノン、イスラエルで鳥インフル発生したことから警戒態勢に
 
レバノン政府は5日、隣国のイスラエルで人に危険なH5N1鳥インフル株が見つかったことから、警戒態勢を強めたことを発表した。
 5日に行われた発表では、農業省が農家に警戒態勢を継続することと、国の南部国境近くに専門家チームを派遣した。
 「農業省派遣チームは、発生の有無を厳重にモニターし、レバノンにウイルスが拡大しないように努める」
1月5日

2008年1月5日 19:45:28

現在の処、特記すべき情報はなし!
1月4日


China reports bird flu outbreak in far west Reuters  (国際) 中国、新疆ウイグル自治区 で家きんの鳥インフル発生
 中国は西部奥地の新疆ウイグル自治区で家きんにおけるH5N1鳥インフルが発生したことを発表した。昨年9月以来の発生となる。
Universal flu jab works in people BBC News, UK  (英国) 万能インフルワクチン、臨床試験で効果確認
 M2と呼ばれるA型インフルウイルス表面のタンパクを標的としたワクチンの開発。
 下方「Times Online」の内容。十分期待されるが実用化まで数年要する。

Pakistan bird flu virus shows no mutations CTV.ca, Canada (カナダ) パキスタンでのH5N1ウイルスに変異は認めず:WHO
 WHOがパキスタンで初のとインフル死者と認めた患者から分離されたウイルスについて、英国のWHO協力機関で分析した結果、地域の鶏から分離されている従来のH5N1鳥インフルウイルスと同じであると、WHOのフレデリック・ハイデン博士が語った。
Bird flu discovered in northern Israel Leading The Charge, Australia (オーストラリア) イスラエル北部で鳥インフルが発生
 下方のAP内容。
Israel Says H5N1 Bird Flu Strain Found in Kindergarten Zoo Voice of America  (米国) イスラエル、幼稚園のペット動物園でH5N1鳥インフルが発生
 イスラエル保健当局は、幼稚園のペット動物園の死亡した鶏からH5N1鳥インフルウイルスを検出したと発表した。
 農業省によると、北部のビニャミナ(Binyamina)町の幼稚園で3日、18羽の鶏が死亡した。農業省によると、後ほど行った検査でH5N1鳥インフルであることが確認された。
 イスラエル政府は、地域の病院に鳥インフルの主要症状である高熱を呈した小児や成人に注意するように呼びかけた。
 当局は幼稚園から半径10キロ以内で、他に鳥インフルが発生していないか調査している。
Bird Flu Discovered in Northern Israel MSN Money  (国際) イスラエル北部で鳥インフルが発生
AP

 イスラエル当局は3日、北部イスラエルで、幼稚園で飼育している鶏が致死的鳥インフルと診断されたことから、鶏の殺処分を指示した。
 ビニャミナ(Binyamina)幼稚園で飼育されている鶏の多くが死亡し、獣医師達はH5N1鳥インフルによるものと診断した。
 ビニャミナから半径2マイル内の鶏は殺処分される。
 2006年にイスラエルとガザで鳥インフルが発生した。そして数十万羽の鶏が処分された。さらにイスラエルで鶏処分に加わった4人の作業員が、鳥インフルに感染した疑いがもたれたことが報告された。
UK flu vaccine could help control pandemic  Times Online, UK - (英国) 英国開発の万能型インフルワクチンは、パンデミック対策に有効の可能性

印刷用ファイル
 毎年新規に製造しなおすこと無しに備蓄可能であるインフルエンザ用新型ワクチンが、世界的パンデミック対策にも有効であることが、今回初の人での臨床試験に確認された。
 ケンブリッジに本社を置くアカンビス社(Acambis)により開発されているワクチンは、全てのA型インフルエンザ株によるインフルエンザ予防を目的とされている。
 既存のワクチンと異なり、毎年の流行株に合わせて再製造する必要がなく、備蓄してあるワクチンをそのまま、パンデミックに際しても即使用が可能となる。
 さらにこのワクチンは受精卵を用いること無しに、細胞培養で製造できることから、製造量が受精卵の供給量で制限を受けない。
 アカンビス社の本日の発表によると、ACAM-FLU-Aワクチンは、人のボランティアに対して安全性を示し、ワクチンが標的とするM2eと呼ばれる、全てのA型インフルエンザウイルスの表面にあるペプチドに対して免疫反応を惹起した。
 さらにフェレットを用いた実験も行われた。この実験動物は人と鳥のインフルエンザウイルスに感受性があるため、インフルエンザウイルスの実験で用いられる。
 フェレットは、ワクチン投与群と非投与群の2群に分けられた。続いてフェレットに対して大量のH5N1鳥インフルウイルスを感染させた。
 ワクチン非接種フェレットは全て死亡したが、ワクチンを接種したフェレットの70%は生存した。
 世界のワクチンメーカーは、パンデミックインフルエンザに有効で、迅速に製造できるワクチンの開発の競争中である。アカンビス社以外でも、多数の人の臨床試験で有効性が確認されているワクチンを製造出来ているメーカーはある。
 従来型のワクチンの主要な問題点は、迅速に変化するインフルエンザウイルスを標的にしていることである。毎年、WHOは世界で通常流行するインフルエンザ株-2種のA型と1種のB型-の、次シーズンに流行すると想定される詳細な抗原型を決定し、世界はそれに沿って毎年のワクチンを製造する。
 しかし、ワクチン製造のために数百万の受精卵を製造しなければならない故、それは常に時間との競争になる。そしてそれが使用されなかった場合、それは次のシーズンまでには使用期限が切れてしまう。
 アカンビス社は、ウイルスの毎年変化しない要素の分析に取り組んだ。パンデミックはA型インフルエンザウイルスで発生し、人でのみ感染するタイプのB型ウイルスでは局所的流行しか起きない。
 同社はM2eと呼ばれるペプチドを、全てのA型ウイルスの表面で見いだした。そしてそのM2eを標的とするワクチンを作成した。このワクチンを人に投与すると、人の免疫系はM2eを認識し、それに警戒態勢をとる(迅速に抗体を作成出来る態勢)。そしてインフルエンザウイルスに接触した場合、免疫系が活発化してウイルスに対して防衛的方向へ向かう。  
 ワクチンの効力を増すため、ワクチンは免疫原性を高める物質であるアジュバントという化学物資と結合された。そのアジュバントはQS-21と呼ばれ、アンチジェニクス社(Antigenics Inc)が製造している。その結果、QS-21を加えた場合、最も良好な結果が得られた。このアジュバント加えることにより、90%の被験者の体内でM2eに対する抗体がを産生された。
 アカンビス社の研究開発部門の責任者のマイケル・ワトソン博士は、パンデミック発生の危険性があるならば、3年以内に商品化出来る、と語っている。
 もしパンデミックの怖れがないならば商品化まで5年は要する。他社との共同開発も考えているが、良いパートナーが見つからないなら、自社だけで開発するつもりである、ともコメントしている。
 「このワクチンの素晴らしさはその単純性にある。それはいくつかの異なった方法で用いることが可能と考えられる」
 「まず、我々はA型インフルエンザ株に有効である、プレパンデミック・ワクチンを製造することが可能だろう。もしH5N1鳥インフルのような株がパンデミックを起こした場合、我々は備蓄しているワクチンを用いることが出来る」
 「別な使用方法として、発生しうるパンデミック株が予知され得た場合、可能な限り早急にワクチンを用いることができる。または、通常の季節性インフルエンザワクチンとして用いることも出来る。この場合B型ワクチンを加える必要はあるが」。
 「以上の使用方法は、ワクチンの保有する実際の効力によって決定されるため。さらなる臨床試験結果を待つ必要がある」
 「しかしながら、 ACAM-FLU—Aは、現在用いられているインフルエンザワクチンの短所の多くをカバーできる。それは1年の中で時間を問わずにいつでも製造可能である(現在は、受精卵製造、次期に流行するウイルス株の予測等が終了してから製造が可能となる)。パンデミックに先立ち備蓄が可能である。またさらに、パンデミック予防のために定期的に国民に接種が可能となる。
 WHOは、新規パンデミック発生の危険性を世界は抱いていると警告している。これまで世界は、1918年、1957年、および1968年にパンデミックを経験している。H5N1鳥インフル株は、このようなパンデミックを起こす可能性を持っているが、これまでの処、人人感染を容易に生じるような変異は遂げていない。
 アカンビス社は、天然痘ワクチンの製造企業として知られているが、他にウエストナイル熱とクロストリディウム・ディフィシルに対するワクチンの開発でも知られている。







 
1月3日

Deadly strain of bird flu found in Binyamina Ynetnews, Israel  (イスラエル) イスラエル、ビニャミナで致死的鳥インフルウイルスが検出
 イスラエル保健省は、ビニャミナ(Binyamina)幼稚園のペット動物園で3日朝、飼育されている鶏25羽中18羽が死亡し、原因をH5N1鳥インフルによるものと発表した。同省は半径6マイル以内の全ての鶏の移動制限を指示した。
Bird flu kills 350 ducks in northern Vietnam Reuters AlertNet, UK - (英国) 北部ベトナムで350羽のアヒルが鳥インフルで死亡
 タイニュエン省(Thai Nguyen)の2ヶ月のアヒルを飼育している農場で鳥インフルウイルスが検出され、当局は残りのアヒルを拡大防止のために殺処分した。動物保健省が定期発表の中でそのように伝えた。
Positive Phase I and Pre-Clinical Data Suggest Acambis' M2e-Based ... FOX News  (国際) アカンビス社のM2eペプチドを標的とした万能インフルワクチンが、パンデミックに対する有効な手段になる可能性
 世界的ワクチン開発会社のアカンビス(Acambis)社が本日、開発中の万能ワクチン(ACAM-FLU-A)が2種類の試験で成功を収めたことを発表した。
 新規のワクチンは、A型インフルエンザ株の全ての表面に存在し、変化することのないM2eペプチドを標的とする。それはパンデミック・インフルエンザウイルスも含む。
 このワクチンは、変化しやすいインフルウイルスのために、毎年新規ワクチンを作成しなければならない現状を打破出来る可能性を持っている。
 フェーズ1臨床試験では、ワクチンは人に対して十分な耐容性が示され、そして免疫原性があることが確かめられた。さらに前臨床的投与試験(pre-clinical challenge study )では、このM2e標的ワクチンがH5N1を含むパンデミック・インフルエンザ株のような高病原性株に対しても予防効果があることが示唆された。
Israel investigates suspected bird flu in chickens Reuters (国際) イスラエル、鶏での鳥インフル発生の疑い
 幼稚園のペット動物園で飼育している鶏が死亡し、検査の結果鳥インフルの疑いが濃厚になったことを、農業省が3日発表した。
 「鳥インフルウイルスのH5亜系株が見付かった」、と同省のシモン・ポカムンスキー博士が3日語った。
 「分析は完全ではないが、幼稚園の檻の中の鶏は殺処分する予定だ」。
Egypt: 4 Women Die of Bird Flu New York Times, United States  (ニューヨーク・タイムズ、米国) エジプト:鳥インフルで4人の女性が死亡

 先週発生したエジプトでの死亡事例を簡単に集約している。
 先週4人のエジプト女性が鳥インフルで死亡したことを、エジプト保健省とWHOから発表された。
 女性達の年齢は、25歳から50歳で、異なった県に住んでいたことから、各事例の間には関連性はないと考えられる。少なくとも1人は鶏の行商人で、他は家庭で家きんを飼育していたと言われる。
 H5N1鳥インフルはエジプトの家きんの間で蔓延していると思われている。先に発生した人の感染例は昨年の6月だった。2006年の初めにウイルスがエジプトに現れて以来、43人のエジプト人が発病し、そのうち19人が死亡している。

Wild birds might be involved in bird flu death in Vietnam Xinhua, China  (新華社、中国) ベトナムでの鳥インフル死亡、野鳥から感染した疑いもある
 ベトナム北部、ソンラ省で4歳の子供が鳥インフルで12月中旬死亡したが、そのH5N1ウイルスの感染源が野鳥であるかも知れないと、地域の新聞Youthが3日報じた。
 ソンラ省の家きんから採取された全ての検体でH5N1は陰性であった。そのため、動物保健局(Department of Animal Health)は、子供の家族が狩猟で得て、自宅に持ち込んだ野鳥から子供がH5N1鳥インフルに感染した可能性もあるとの考えを、同紙に伝えた。
1月2日

Bird flu infects new Bangladesh farm Reuters UK, UK  (英国) バングラデシュでさらに農場における鳥インフル発生
 H5N1鳥インフルがバングラデシュの北部の新たな家きん農場で発生し、当局が300羽近い鶏を処分したと発表された。
 この発生場所は首都ダッカから410キロ離れたDinajpur町である。
 バングラデシュにおけるH5N1鳥インフルは、昨年3月に首都周辺で初めて見つかって以来、20地域の69農場に及び、その間30万羽以上の鶏が殺処分されている。
 バングラデシュ国内には、約15万ヶ所の家きん農場があり、当局によると、年間7億5千万ドルの総売上がある。
 約400万人の国民が何らかの形で家きん産業に従事しているが、これまでの処、人での感染者は報告されていない。(人口:1億4000万人)
1月1日


Bird flu forces Bangladesh to cull 20000 chickens Reuters  (国際) バングラデシュで鳥インフルのために鶏2万羽が殺処分
 バングラデシュの首都の国営農場でH5N1鳥インフルが発生し、2万羽近い鶏が殺処分されたことが、1日に当局から発表された。
 この直近の鳥インフルの発生は、ダッカの郊外のミルプールで発生した。
Four Bird Flu Fatalities in Egypt in a Week Voice of America  (米国) エジプトで1週間で4人の鳥インフル死者が発生
 エジプト保健省は鳥インフルでさらに2人の女性が死亡し、同国でこの1週間内に4人の死者が発生したと、発表した。
 保健省の発表によると、1人は、ナイルデルタ地域のMenoufia 県の女性で、29日に入院し、31日に死亡した。保健省当局者によると女性は感染した家きんに接触した既往があるとされる。
 その後さらに保健省は2人目の女性の死亡事例を発表したが、同じようにナイルデルタ地域に住んでいたとされるが、詳細は不明である。
 もし31日の死亡例がWHOにより確認されると、エジプトでの死者数は19人となる。
 2006年2月にウイルスがエジプトに現れて以来、43人の感染者が出ている。
Egypt records 19th bird flue fatality after two women die Monday Jerusalem Post, Israel (イスラエル) エジプト、31日に2女性が死亡し、鳥インフル死者数が19人に

Egypt records 19th bird flue fatality after two women die Monday PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) エジプト、31日に2女性が死亡し、鳥インフル死者数が19人に
AP
 現在のところ、最も詳細で信頼性ある情報と考えられる
 エジプト保健省は31日に2人の女性が鳥インフルで死亡し、同国としてウイルスが初めて検出された昨年来(2006年)、通算19人の死者が発生したことになったと、発表した。
 エジプトでは、数日前に死亡した他の2人の女性とともに、この1週間内で4人が鳥インフルで死亡した。
 
 保健省は31日、最初にカイロの北方60キロのMenoufiaに住む36歳の女性Fardous Mahammed Hadadさんの死亡を報告した。女性は感染した家きんに接触したと考えられているが、30日、呼吸困難と高熱で入院し、その後H5N1鳥インフルに感染していることが確認された。
 遅れてさらに保健省は、もう1人の44歳の女性Hanim Ibrahim Attwaさんが同じように31日鳥インフルでカイロのAl-Abbasiya 病院で死亡したことを発表した。Attwaさんはカイロの北方200キロのナイルデルタ地域の Dimaytに住んでいた。
 先週死亡した2女性は、ナイルデルタ地域のDaqahliyaに住んでいたFatima Fathi Mohammedさんと、カイロの南、Beni Suef町に住んでいたOla Youness Mohammedさんである。

 WHOは28日、他の2人(今回の事例には含まれていない)のエジプト女性が検査でH5N1鳥インフル陽性であったと発表している。
 WHOによると、1人は50歳女性で、12月24日に危篤状態で病院に入院した。もう1人は22歳の鶏の行商をしている女性で、2日後(26日)に入院し、濃厚治療により回復しつつあるとされる。
 エジプト保健省により報告された事例により、同国の鳥インフル発病者数は43人、死者数は19人となった。

 エジプトはアジア外で最も鳥インフルが発生している国となっている。同国は渡り鳥の主要なルートとなっており、それが鳥インフル拡大の原因と考えられている。

UPDATE 2-Two Egyptian women die of bird flu Reuters  (国際) エジプト女性2人が鳥インフルで死亡

 12月31日、2人のエジプト人女性が鳥インフルで死亡し、同国でこの1週間内に4人の死者が出た。
 死亡した4人は全て感染したかまたは死亡した家きんと接触して、ウイルスが感染したと考えられている。
 ナイルデルタ地域のMenoufia県のFirdaus Mohamed Hadadさんが、12月29日病院へ入院し、31日早朝に死亡したと保健省が発表した。
 「彼女は、鳥インフルに感染したと考えられる鶏に接触した後、高熱と呼吸困難を呈し、肺炎を起こした。病院で人工呼吸器に繋がれたが、31早朝に死亡した」、と伝えられた。
 その後、WHOのエジプト支部のJohn Jabbour氏が、北部エジプトでさらに女性がH5N1鳥インフルで死亡したことを発表した。名前は明かされていない。
 これらの死亡例は、2006年初め以来、エジプトにおける18及び19番目の死者となる。
TOP