高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年12月


12月31日


Shenzhen says no further bird flu infections after infant case Xinhua, China  (中国) 深セン市、さらなる鳥インフル感染者はいないと
 生後82日の乳児が鳥インフルに感染した深セン市ではさらなる感染者は見つかっていないと、市保健局の広報官が31日発表した。
 チェンという姓の女児は、香港で生まれた。両親が香港で働いている間、女児はナンシャンのキアバイシ村で祖母と住んでいた。
 女児はこの月曜日(29日)に発病し、30日にH9N2ウイルスに感染していることが香港の病院で確認された。
 当局は祖母と女児を扱った地域の病院スタッフ8人の血液を検査したが、誰もウイルスに感染はしいなかった。
 さらに患者の家の近くのレストランで鶏を飼育していたことから、レストラン従業員の血液も調べたが感染者は見つかっていない。
 専門家によると、H9N2ウイルスは、H5N1ウイルスに比べると病原性は低いとされる。
Toddler recovering from avian infection News.gov.hk, Hong Kong  (香港) 乳児、鳥インフルから回復
 H9N2鳥インフルエンザに感染した2ヶ月の女児の症状は改善していることが、健康予防センターから発表され、また同時に両親は検査で陰性だったことも告げられた。
 女児の状態は安定しているが、いまだツエンムン病院に入院している。少女と接触した可能性のある患者や医療スタッフは検査を受けている、呼吸器感染症様症状を呈した者は誰もいない。
 広東省保健局では、深セン市の少女の家の近くの食料店で少数の鶏を飼育していることを見いだした。女児と深センせ接触した人および食料店の従業員は無症状であるが、医学的監視下におかれている。
Drug-Resistant Flu Linked With Pneumonia, Norwegian Doctors Say Bloomberg  (米国) タミフル耐性H1N1株は肺炎を合併しやすい:ノルウエー研究
 今年度世界に拡大しているタミフル耐性インフルエンザウイルス株に関して、さらにその毒性に関して研究する必要があると、ノルウエーの医師達が耐性株が重症な症状を呈する可能性を得たため、警告している。
 オスロの公衆衛生学研究所と英国の健康予防局の研究者達が、タミフル耐性のH1N1株が肺炎と副鼻腔炎を高率に合併しやすい傾向にあると、発表した。
 「統計学的には有意ではないが、300人程の患者分析から得られた結果は、さらに調査の必要があることを示している」、と研究者達は米国CDC発行の「新興感染症( Emerging Infectious Diseases)」の2月号に発表した論文で警告している。

 予備的調査データでは、タミフル耐性H1N1株は、非耐性の従来株と比較して重症度に差がないとされていた。米国CDCが12月19日に発表していた。
 ノルウエーの研究では9.2%が肺炎を合併し、6.2%が副鼻腔炎を合併した。従来のH1N1株の肺炎合併率は2.9%で、副鼻腔炎合併率は3%であった。しかし、年齢、性、基礎疾患の有無等を考慮に入れて比較した場合、危険率は有意ではなかった。
 
なおタミフル耐性株の出現は1月にノルウエーからWHOに報告されたが、ノールウエで出現した耐性株はタミフル使用とは無関係である、ノルウエーではタミフルは処方箋が無ければ入手出来なく、また処方される率も低い。
Editorial: Count our blessings Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 社説:多くの神の恵み -鳥インフルエンザは大部分コントロールされた
 今年一年を振り返って、大きな問題が起きなかったことを、神の恵みによるものと感謝の言葉を表し、重要な問題に関してコメントしている。 

 ひとつの年が終わろうとして、あらたな年が始まろうとしている。今年は多くの神の恵みに感謝すべき年だ。世界の多くの地域で起きている争乱や暴力がインドネシアでは比較的少なかった。
 …
 今年、我々はいくつかの洪水を経験させられたが、他の地域に比べると、それほど重大なものは少なかった。そして鳥インフルエンザの発生は広くコントロールされた。
 …
We have had our share of floods but not as severe as was experienced in other parts of Asia. And the bird flu epidemic has largely been brought under control.

Hong Kong reports baby has H9N2 virus CIDRAP, MN  (米国、ミネソタ州) 香港、乳児がH9N2ウイルスに感染

 AP、ロイター等の報道を参照しながら解説。
 これまでの報道内容にはない、新規内容に関して以下に記載する。

 H9N2鳥インフルエンザウイルスは致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスとは異なるが、世界の公衆衛生専門家達は、H9N2ウイルスをパンデミック・インフルエンザを引き起こす株に変異する可能性を指摘している。
 研究によるとウイルスが豚に感染して、そこで他の人に感染しやすいウイルスと一緒になり、遺伝子の組み替えが起こる(遺伝子再集合)ことが報告されている。
 血清学的調査によると、これまで検出されていたり、報告されていた以上の感染者がいることが示唆されている。
 今年8月に発表された研究結果によると、人のH3N2株とH9N2株の遺伝子が入れ替わった(再集合した)ウイルスは、上気道だけでなく下気道にも感染するようになり、より毒性の高いウイルスに変化することが示されている。
ベトナム、全土で鳥インフル警戒要請 日本経済新聞
 ベトナム保健省は全国の地方政府に鳥インフルエンザの発生に警戒するよう要請した。年明けの長期休暇「テト」(旧正月)で鶏肉の消費量が急増するとみられるためで、各省や市に検査体制の強化や大流行した場合の対応の確認などを徹底するよう促した。
香港、女児が鳥インフル感染 日本経済新聞
 香港衛生当局は30日、生後2カ月の女児から鳥インフルエンザ(H9N2型)ウイルスを検出したと発表した。検出されたウイルスはH5N1型に比べて毒性が低く、女児の容体は安定している。家族への感染は確認されていない。この女児は隣接する中国・深セン市での暮らしが長く、当局は中国の当局と協力して感染経路を調べる。
Hong Kong-born baby girl contracts mild form of bird flu France24, France  (フランス) 香港生まれの女児が低病原性の鳥インフルエンザに感染
Baby gets bird flu The Standard, Hong Kong  (香港) 乳児、鳥インフルに感染
 
広東省に住んでいる香港生まれの乳児がH9N2鳥インフルエンザウイルスに感染し、新たな鳥インフルエンザの流行が懸念されている。

 香港保健局の責任者は、2ヶ月の女児が鳥インフルエンザに感染してツエンムン病院へ入院していることを発表したが、それは通常家きんとの直接的接触でしか感染しないことから、特別な関心が持たれている。
 家庭では家きんは飼育してない上に、近くには農家はないとされる。
 保健医療スタッフと女児と接触した患者が現在検査を受けているが、これまでは異常は見つかっていない。
 健康予防センター(Centre for Health Protection)の管理者であるトーマス・ツング・ホファイ氏は、昨日、H9N2ウイルスは南部中国で良く見られる鳥インフルエンザウイルスで、低病原性(mild form)であると説明しているが、2008年の8月に、米国の研究チームが同ウイルスも人に対するパンデミックの脅威を保有していると報告している。

 今回の事例は、当ウイルスが香港で人で初めて感染した2003年以来5例目となった。
 乳児は香港で生まれたが現在は深セン市に両親と祖母と生活している。
 女児は12月22日に、嘔吐、咳、および鼻汁で、ツエンムン病院へ入院したが、翌日には退院している。
 女児は深セン市に戻ったが、食欲がなく、両親は医師の元へ連れていった。医師は女児の白血球数が多いことを指摘し、再びツエンムン病院へ29日送った。同病院で気道分泌物でH9N2ウイルスが検査で陽性となった。
 ツサン氏は、香港の保健局は広東省の保健局と共同して、女児の感染源について調査していると語っている。同氏によると、ウイルスが完全に鳥インフルエンザウイルスの状態なのか、それとも変異したものなのか、遺伝子構造の分析が行われているが、結果が出るまで1~2週間は要するされる。
 ツエンムン病院では、女児の白血球増多の原因について調べている。しかしながら、背景に血液学的疾患があり、H9N2鳥インフルエンザウイルスと、直接関係がないことも示唆されている。
 これまで報告されているH9N2感染者は、1歳、4歳、5歳、そして9歳の子供達で全員回復している。
 ツング氏は、ウイルスはどこにでもいるから感染することは無いとは言えないから、生きた家きんに接触しないように言っている。

1918 Flu Killed Millions Because Of Three Genes Medical News Today, UK  (今日の医学情報、英国) スペインインフルエンザ・ウイルスの強毒性は3種類の遺伝子に由来

 米国と日本の研究者チームが、1918年の数千万人の死者を出したパンデミックのウイルスの毒性に寄与していた、3種類の遺伝子の組み合わせを同定した。
 研究はウイスコンシン-マディソン大学と日本の二つの研究センターの研究者達により行われ、12月29日に国立科学アカデミー紀要に掲載された。研究は、インフルエンザウイルス研究者として国際的に知られている、ウイスコンシン-マディソン大学獣医学部の河岡義弘氏博士により率いられたチームにより行われた。
 1918年のスペインインフルエンザで死亡した人々を剖検すると、大量の出血により肺組織の大部分は極度に障害されている。ウイルスが肺組織に侵入しているのは明らかであるが、どの遺伝子がウイルスに致死的性格を附与しているのかは正確には分かっていなく、一種の謎となっている。
 人のインフルエンザ感染様式と類似のパターンをとるフェレットを用いて、河岡等は1918年のウイルスの毒性に関係している3種類の遺伝子を特定し、それらが肺組織にウイルスが侵入して増殖する能力を規定していることを見いだした。通常のインフルエンザウイルスは上気道でしか増殖できない。
 一旦、ウイルスが肺に侵入したなら、ウイルス性肺炎を起こす機会が生じ、それは続発的に細菌性肺炎を起こして、1918年のパンデミックで2000万から5000万人の人々を世界中で死亡させた。
 研究で逆遺伝子学( reverse genetics)という技術が用いられた。1990年代にスペインインフルエンザの死者の肺から回収されたウイルスから、研究者達は遺伝子を抽出した。そして現在流行を起こす季節性インフルエンザウイルスの遺伝子と、一つずつ入れ替え、他種類のウイルスを再構築した。研究者達は、それからフェレットを用いて、各ウイルスがどのような感染様式を体内で示すか観察した。
 遺伝子を入れ替えられた(遺伝子再集合された)季節性インフルエンザウイルスのH1N1株の大多数は、上気道に限定した感染しか起こさなかったが、1例の例外が見られた。その3種類の遺伝子が入れ替えられた例では、ウイルスが肺組織に侵入し、そこで増殖した。3種類の遺伝子はPA、PB1、PB2であり、それらはウイルスが肺細胞でRNAポリメラーゼを合成するのに必要な遺伝子である。それはウイルス増殖に必要なタンパク合成に関係する。
 3種類の遺伝子を組み換えられたウイルスの感染様式は、研究者達が1918年のパンデミックウイルスの”野生タイプ”と呼ぶ株に非常に似ている。
 研究者達は次のように結論している。
 「我々の得た知見は、1918年のパンデミックウイルスの病原性の主要な決定因子は、ウイルスのRNAポリメラーゼ複合物であることを強く示唆している。この新しい考え方により、将来発生するだろうパンデミックウイルスの毒性を同定することが可能となり、抗インフルエンザ薬の標的箇所も明確になった」
 河岡氏は、この3種類の遺伝子複合体を新規抗インフルエンザ薬の標的とすることが可能であり、それは、ワクチンが十分な量製造不可能な現在、実際的に非常に有用と考えられるという

 2004年、河岡氏と共同研究者達は1918年のウイルスから別な遺伝子を同定し、それがマウスに強い毒性をもたらす要因となっていることを見いだした。その遺伝子は、ヘマグルチニンと呼ばれるタンパク合成をコードしているもので、ヘマグルチニンは、ウイルスが細胞表面に付着し、細胞内へ侵入するのに必要なタンパクである。
 しかし今回明らかにされた知見は、別な機構であると、同氏は説明している。ヘマグルチニンはウイルスが細胞内に侵入するのに必要であるが、この3種類の遺伝子複合体は、細胞内に入ったウイルスが自己複製に必要なRNAポリメラーゼを作成するのに関与しているのだ、と説明している。

論文の要約原著

 
In bird flu-hit Assam, people get cakes from outside Bombay News, (インド) インド、鳥インフルの被害地アッサム州では、州外からケーキを入手している
 鳥インフルの被害を受けたアッサム州の住人、レイラー・カーンさんは彼女の息子がニューデリーから帰ってくるのを待ちかまえていた。息子に1年間会わなかったのが、彼女の興奮の唯一の理由ではなかった。彼女の息子が持ち帰ってくる鶏と卵で食事をこしらえるのを楽しみにしていたのだ。
 「私たちは、(牛肉・羊肉などの)赤肉は好まず、むしろ鶏や魚のような脂肪の(ほとんど)ない肉が好きです。しかし、鳥インフルのために、1ヶ月以上 鶏は献立にのぼらなかった。私の娘は朝食にゆで卵や目玉焼きを用意しなければならないから、鶏インフル以来、卵をくすねているのよ」、と主婦のカーンさんはIANS(通信社)に語った。
 「彼女の兄が休暇でニューデリーから帰ってくる時、下ごしらえのすんだ鶏や卵を持ってくるよう彼に頼んだのは私の娘のアイデアよ。今や息子は3キロの鶏と2ダースの卵を入手したの。私は彼に、卵を運ぶために、卵をゆでて殻をむかないまま、容器に詰めるように頼んだわ」、と彼女は続けた。
 仕事のためにムンバイに行った会社重役のアナンド・シャルマ氏は、娘のためにかご一杯のケーキとクッキーを持ち帰った。
 「私の娘はチョコレートケーキやクッキーが好きですが、鳥インフルで妻は卵を使うものを一切 焼けなくなったのです。仕事でムンバイへ行ったので、チョコレート、バニラ、プラムのような様々な種類のクッキーやケーキを買おうと決めました。言うまでもなく、娘は興奮しました」、と彼は話した。
 鳥インフルの発生以来、アッサム州では家禽の殺処分が能率的に行われた。この1ヶ月で50万羽以上の家禽が処分され、当局は家禽や家禽製品の販売と消費を禁止した。
 現在、新たに15の村で鳥インフルウイルスが検出 確認されたため、さらに7万羽の鳥の処分命令が出ている。
 ほとんどの人にとって、この事態は彼らがいつもよく食べる食物に影響した。アメイヤ・タルクダールさんのような母親は、それは彼女の6歳の息子に食事を食べさせるための挑戦だと言う。
 「私の息子は食べ物に対して選り好みが激しいのです。彼は牛乳や乳製品が嫌いですが、卵は好きだし、朝食で1個は食べなければならないから、私は心配しなかった。同じように、彼は魚が嫌いでしたが、これまでは鶏肉で補えました。」
 「しかし、今や私にとって毎日がチャレンジです。なぜなら、息子の好きな栄養のある食べ物が、我が家の食品リストから消えたのですから。私は彼の興味をひくものを見つけるため、料理の本と首っ引きで創造力を発揮し続けなければなりません」、と医者であるタルクダールさんは話した。A.T.訳
12月30日


国内の動きから

 1918年に世界で大流行し、約4000万人が死亡したとされるインフルエンザ「スペイン風邪」の強い毒性の鍵を握るとみられるウイルスの成分を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らのチームが特定し、米科学アカデミー紀要(電子版)に29日付で発表した。

 厚生労働省では企業向けの新型インフルエンザ対策ガイドライン(年明けに正式決定)の中で、「従業員の4割が10日間程度欠勤する事態が複数回にわたって訪れること」を想定して企業ごとに、事前に対策を立てるよう要請している。
 その中では企業に、「継続する業務を絞り込み、可能な範囲で業務の縮小や休止を積極的に行う」ように求めている。
 具体的な感染防止策では、各企業が危機管理組織を立ち上げた上で▽出張や会議を中止▽社員食堂などを利用制限▽発熱した従業員の出勤拒否▽全経営幹部が一斉に発病しないように幹部の勤務を交代制にする▽従業員の勤務を複数班による交代にする▽社内の廊下を一方通行にして不必要な接触を避ける-といった対策をとるように提案している。
 ガイドラインでは、大地震などの自然災害と異なりインフルエンザが「施設への被害ではなく人への被害が大きい」ことや、「被害が全国・全世界レベルで訪れるため代替施設での操業が難しい」ことなどを念頭に置いた対策をとるようにも求めている。


報道

強毒の鍵握る成分特定 スペイン風邪で東大チーム 東京新聞
「業務縮小や休止を」企業の新型インフル対策でガイドライン 厚労省 MSN産経ニュース 



Baby girl hospitalized in Hong Kong with mild form of bird flu Earthtimes (press release), UK  (英国) 女児、中等度毒性の鳥インフルに感染して香港の病院に入院
 30日、2ヶ月の香港の女児が中等度の毒性の鳥インフルエンザに感染して、病院に入院した。女児は普段は広東省の深セン市に住んでいるが、咳、鼻水、嘔吐の症状で今週入院したが、H9N2鳥インフルエンザの感染が確認された。
 以降は、他の報道と同じ。
Hong Kong baby living in China has mild bird flu Fort Wayne Journal Gazette, IN  (米国) 中国に住む香港の乳児、中等症の鳥インフルに感染

AP

 中国に住む2ヶ月の香港生まれの乳児が中等度の毒性の鳥インフルエンザに感染したことが、香港の保健省から発表された。
 乳児はH9亜型株に感染していることが確認されたが、地域の病院に隔離されているが病状は安定しているとされる。香港の健康予防センターのトーマス・ツアング氏が記者会見で語った。
 乳児は両親と共に南部中国の深セン市に住んでいたが、最近症状が出てきたため、香港の病院を受診した。
 同氏によると広東省の保健局が、感染源について調査中とされる。
 同氏はまた、香港ではこれまで4人のH9亜型ウイルス感染が見つかっているが、全例回復しているという。
HK says baby girl infected by H9N2 bird flu strain Reuters India, India  (インド) 香港政府発表:女児が鳥インフルH9N2に感染

ロイター

 香港で2ヶ月の女児がH9N2鳥インフルエンザに感染していることが30日確認されたことが、政府の記者会見で発表された。1999年以来5例目とされる。
 
 世界中の国ではパンデミック対策としてH5N1ウイルスを可能性あるウイルスとして考えてきているが、2008年に8月に研究チームがH9N2株もパンデミックを発生する危険性を指摘している。
 H9N2ウイルスはほとんどの場合、鳥でしか見られないが、これまで少なくとも香港で4人の子供に感染している。症状は中等度であり、鳥、豚、さらに他の動物で、ヨーロッパとアジアで見つかっている。
 マリーランド大学、聖ユダ小児研究病院他の研究者達が、H9N2ウイルスが一回の変異によって、より強毒性を帯び、高病原性を獲得し、容易にフェレット間同士で感染するようになることを確認し、8月に研究論文を発表している(Public Library of Science journal PLoS ONE)。(フェレットは人に似た感染様式をとることから、インフルエンザウイルスの実験動物として用いられる)。
 研究者達はさらにこのH9N2ウイルスの遺伝子と、季節性インフルエンザウイルスであるH3N2の遺伝子組み換えを行い(遺伝子再集合)、容易にフェレット間で感染が起きやすくなったことを確認している。
 人に同時にこれらのウイルスが感染する危険性が、懸念されている。
 WHOによると、これまで人に感染したことのある鳥インフルエンザウイルスは、H5N1、H7N3、H7N7、およびH9N2とされている。
Baby girl suspected to have bird flu The Standard, Hong Kong  (香港) 香港、女児が鳥インフル感染疑い
 鳥インフルH9亜型株に感染した女児が最近地域の病院に隔離されたが、様態は安定していると、健康予防センターのトーマス・ツサンホファイ氏が語った。
 広東省保健当局は、女児の感染経路調査している。
 ツサン氏によると、香港ではこれまでH9亜型株の人への感染は4回記録しているという。全ての患者は全快している。
8000 could die if pandemic flu hits Wiltshire says NHS This is Wiltshire.co.uk, UK  (英国) 英国、ウイルトシャー州で最悪のパンデミック・インフルエンザで8000人が死亡する可能性も
 英国の医療サービスの提供元である、国営保健サービス(National Health Service、NHS) がまとめた、ウイルトシャー州におけるパンデミック・インフルエンザ対策の概要。
 発病者が人口の50%となる最悪のシナリオでの州の死亡者数は8000人と推定。25%の発病者数なら、3215人が死亡。
 誰も次のパンデミック・インフルエンザの発生を予知できないが、ウイルトシャーのNHSでは、パンデミックに対してどのように対応するか、計画を編集した。
 
 パンデミック・インフルエンザに罹患した人々は、国家インフルエンザ電話窓口に電話をつないでアドバイスを受けることが勧められる。
 約40カ所の抗インフルエンザ薬配布ポイントが州内に設けられ、また大量ワクチン接種場所が町立会館や村民会館に造られる。(全ては国家インフルエンザ電話による指示に従う)。
 ウイルトシャーのNHSは、家庭医達はパンデミック・インフルエンザに対応するために、日常業務を停止するか、減らすことを考慮すべきと考えている。
 ウイルトシャーの州立病院の業務内容は、通常の患者に対しては大きく変わらないが、パンデミック・インフルエンザに罹患した人々は、急患室を受診することは勧められない。
 大勢の人々が発病した場合は、患者を自宅で治療するための、地域の保健医療専門家チームに対する要求が大きくなると計画では推定している。
 ウイルトシャーNHSでは、スタッフのための感染予防装具(マスク、手袋、予防衣、アルコール消毒布、および手洗い用の消毒ゲル等を2009年始めに備蓄を開始する予定としている。
Three gene changes can turn normal flu into a killer, University ... Wisconsin State Journal, WI  (米国、ウイスコンシン州) 3種類の遺伝子が季節性インフルエンザを殺人ウイルスへ変える

印刷用ファイル
 3種類の鍵となる遺伝子が通常の季節性インフルエンザ・ウイルスを、90年前に大被害を世界にもたらした殺人的ウイルスに変異させることが可能であることが、ウイスコンシン-マディソン大学の研究者達による、フェレットを使った実験で確認された。

 ウイルス学者のヨシヒロ・カワオカ(河岡義裕)氏が率いる研究者チームによる発見は、パンデミックを引き起こすウイルスの認識に役立つと同時に、抗インフルエンザ薬の開発に役立つと研究者達は語っている。
 「これらの発見は、発生するパンデミックウイルスの中の毒性を決定する因子を同定することに役立つと同時に、新規抗インフルエンザ薬の開発を促進出来ると思う」、と研究者達は29日にオンライン版の米科学アカデミー紀要に掲載された論文の中で言っている。

 河岡氏は、研究のゴールは、1918年のスペインインフルエンザのウイルスが、なぜ世界中で5000万人も死亡させる程に、致死的性格を保有していたかを知ることであると語っている。死亡した多くの患者は若者達で、彼等は肺の奥まで炎症を起こす重篤な肺炎を起こしていた。それは通常のインフルエンザでは認められない。
 2004年に河岡氏は、1918年のウイルスがマウスの細胞に付着するための遺伝子を同定したが、それだけでは同ウイルスの致死的病原性は説明出来ていなかった。
 今回の研究で同氏は、通常の季節性インフルエンザ・ウイルスと1918年のウイルスの遺伝子を入れ替えて、フェレットを用いた実験で、遺伝子組み換えによるウイルスの病原性の変化を調べた。
 その結果、1918年のウイルスから、ウイルス増殖タンパクを産生する3種類の遺伝子が組み込まれた季節性インフルエンザウイルスが、下部気道の細胞に感染するようになることを見いだした。それは1918年のウイルスが、人に感染して死亡させた様式と類似である。
 「これは非常に確定的研究結果である」、とニューヨークのマウントシナイ医学大学の微生物部の部長であるピーター・パレーゼ(Peter Palese)氏が語っている。
 「ウイルスの遺伝子を入れ替えて分析することは、重要なことだ」。

 河岡氏と他のパレーゼ氏を含む研究者達は、先にアラスカの凍土から1918年の死亡者から得た組織から、スペインインフルエンザ・ウイルスを再構築している。研究チームは河岡氏が開発に関与した”逆遺伝学(reverse genetics)*”と呼ばれる技術を使った。同方法はワクチン開発の際にも用いられる。
 H5N1として知られる鳥インフルエンザウイルス株は、2005年と2006年に世界中で注目を浴びた。理由はパンデミックを起こす脅威があったからだ。その後は人での発病者数は減少しているが、ウイルスは未だ家きんの間で感染を繰り広げている。
 本年度は40人が発病して30人が死亡している。そのほとんどはインドネシアである。2006年度は155人が発病して、79人が死亡していた。

*合成したウイルス核酸を使って完全なウイルス粒子を人工的に作り出す技術。
US, Japanese Researchers Mix Samples of 1918 Flu Pandemic to ... Citizens for Legitimate Government  (米国) 米国と日本の研究者、スペイン・インフルエンザと季節性インフルエンザの遺伝子を交換
 研究者達は、1918年のインフルエンザ・ウイルスと最近の季節性インフルエンザ・ウイルスの遺伝子交換を行い、下気道に感染して肺炎等の重篤な症状を起こす遺伝子を特定した。研究結果は米科学アカデミー紀要(電子版)に29日付で発表された。
 ほとんどの研究者は、パンデミック・インフルエンザは、ほとんど間違いなく発生すると考えている。しかし、誰もいつ、どの株がそれを起こすのかは分かっていない。しかし、H5N1鳥インフルエンザウイルスが、その第一候補と見なされている。
Bird Flu spreads to new areas in Assam MorungExpress, India (インド) アッサム州でさらに鳥インフルが拡大
 15カ所の村でも発生し、鳥インフルは11月下旬以来、合計8県150カ所の村で発生している。
High alert against Bird flu sounded in Orissa Newstrack India, India  (インド) インド、オリッサ州で鳥インフル警報
 冬期間に入り、州内の国立公園に多くの渡り鳥が飛来してきていることと、西ベンガル州で鳥インフルが発生していることから、当局では鳥インフル発生に十分注意するように警戒報を出した。

左がオリッサ州、右が西ベンガル州
    
12月29日


国内の動きから

 米国でこの冬、抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」がかなり効きにくいタイプのインフルエンザが流行しているという。タミフル耐性ウイルスの増加が原因だ。CDC発表に基づき、警戒されている。

 新型インフルエンザ発生時の行動計画(指針を含む)について、新潟県内31市町村のうち今年末段階で策定を済ませているのは新潟、見附の2市だけであることが27日、新潟日報社の調べで分かった。策定中のところも長岡、上越など4市にとどまっており、対応の遅れが際立っている。
 行動計画を「策定予定または検討中」とした17市町村では、「正直、何から手を付ければいいか分からない」(五泉市)「震災より大変と聞くが、どうなるのか見えない」(小千谷市)など不安の声が相次ぐ。
 「未定」とした8市町村は「医療の知識がない中で独自に作るのは難しい」(川口町)「他市町村の動向を見たい」(刈羽村)といった理由を挙げているた。

報道
タミフル耐性/十分な監視が迫られている 河北新報
新型インフル行動計画2市のみ 新潟日報




Mass awareness campaign on against bird flu Bombay News, India  (インド) インド、鳥インフル啓発大キャンペーンが開始に
 インド保健省は、西ベンガル州とアッサム州の2州で鳥インフルが再発し、大量の家きんの殺処分が行われたことから、国内での鳥インフル再発予防大キャンペーンを開始する。
 保健省が29日発表したところによると、2州で421057羽の家きんがこれまで処分された。
 「我々はテレビやラジオを用いて、社会の注意力を高める」、と当局では言っている。
 また村人達とも接触して啓発に努める予定とも言っている。

Bird flu outbreak occurs in northern Vietnam Xinhua, China  (中国、新華社) 北部ベトナムで家きんの間で鳥インフルが発生
Bird flu found in poultry in northern Vietnam Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 北部ベトナムで家きんの間で鳥インフルが発生
 AFPとロイターが情報源

Bird flu hits Vietnam poultry farms: report AFP  (国際) 報告:鳥インフル、ベトナムの家きん農場で発生
 
 鳥インフルが北部ベトナムの2家きん飼育場で発生したことが28日現地報道が発表した。当局が寒冷で湿度の高い冬期間にはウイルスが活発化することから、警戒を呼びかけていた直後のことである。

 致死的H5N1ウイルスはベトナムで、今年度当初に5人を死亡させている。しかし3月以来人の発病者は出ていない。
 先週ウイルスはハノイの北方80キロの地にあるタイグエン市で発生し、一カ所の農場で数羽のアヒルが死亡し、別な農場では鶏が多数死亡している。”ツオイトレ毎日”が報道した。
 獣医家畜局では100羽のアヒルと4000羽以上の鶏を殺処分したことが当局の発表として、報道で引用されている。

 北部ベトナムでは最近気温が下がり、呼吸器感染症が広がる傾向にある。ウイルスの生存期間が長くなることと、人々が集団で家庭内に留まることが原因である。
 1月の旧正月(テト)には、鳥インフルの危険性が高まることを当局は懸念している。家きんの殺処分数、販売数、消費量などが増えると共に、中国からの密輸量が急速に増えることが原因である。
 ベトナム保健省は先週、全国に警報を発し、各都市や県に、監視を強めて発生を防止するように求めた。
 共産国家のベトナムは、かって最悪のH5N1鳥インフルが発生したが、大量のワクチン接種、大量の家きんの殺処分、および人々への教育により、早期に発生を抑えることに成功している。

 
*テトに人への感染が増えることが毎年懸念されてきたが、実際に人の発病者が出たことはない。2005年度には家きんの持ち運びも禁止された。

Culling continues in Assam, people resist operations India Today, India (インド) アッサム州の家きん殺処分、住民の抵抗が続く
 28日、鳥インフル発生地域のアッサム州のいくつかの地域では殺処分作業が続けられているが、住民の作業に対する妨害が鳥インフル封じ込め地域の拡大が障害されている。
 当局筋によると、殺処分作業はナガオン県とチラング県の新感染地域で続けられているが、補償費が十分でないことから住民の作業に対する妨害が起きている。
Bird flu found in poultry in northern Vietnam MSNBC  (国際) 北部ベトナムで2軒の農場の家禽に鳥インフルを確認
 下記ロイター
Bird flu found in poultry in northern Vietnam  Independent Online, (南アフリカ) 北部ベトナムで2軒の農場の家禽に鳥インフルを確認
 ロイター

 ハノイの北80キロのタイグエン市の農家で100羽以上のアヒルのうち5、6羽がH5N1ウイルスで死亡したことを、土曜日(27日)家畜衛生当局者が確認したと、ホーチミン市共産党青年同盟運営のトゥイチェ新聞が報道した。
 また、同じタイグエン市の別の農場でも複数の死んだ鶏からH5N1ウイルスが検出され、ウイルス拡大を防ぐため4,200羽近くの鶏が殺処分されたことを、日時は明らかでないが同紙が報じた。
 北ベトナムでは冬と春の期間、鳥インフルの再発する可能性が大変高いと、T. Q. フアン保健副大臣が今週 語った。H5N1型ウイルスは低温の環境の中で最も増殖するようだ。
 北ベトナムでは今年1月から3月までに、5人のH5N1ウイルス感染者が死亡している。
 WHOによると、2003年以降 世界で391のH5N1ウイルス感染事例が確認されたが、そのうち247人が死亡した。
 ベトナムの感染事例は106件である。これはこれまで人での感染があった15カ国のうちインドネシアに次ぐ2番目に多い件数である。A.T訳
12月28日

 インド、アッサム州での鳥インフル拡大とベトナム北部で発生したという、昨日報道済みの記事だけ。
 新規情報はなし。


国内の動きから

 成田国際空港会社(NAA)が新型インフルエンザの流行に備え、タミフル1万錠の備蓄や滑走路の誘導員養成、流行が長引き大幅な減収に見舞われた際の資金調達方法などを盛り込んだ「行動計画」の基本方針をまとめていたことが27日分かった。
 厚生労働省は、発生国からの航空機の受け入れを成田と関西、中部、福岡の4空港に集約する方針で、NAAの行動計画がモデルケースになると期待される。
 行動計画は、厚労省のガイドラインに沿ったもので、NAAは来年5月末までに整備する。
 NAAによると、基本方針は(1)旅客と従業員の安全確保(2)空港機能の維持(3)収入減における財政的な対応−の3つ。
 新型インフルエンザにかかった旅客から感染拡大を食い止めるため、医師と協議の上、タミフル1万錠や医療用マスク5万枚などを備蓄し、旅客や従業員の安全確保を目指す。
 発生国から感染を逃れたい邦人や救援物資を積んだ貨物便を国内に受け入れるため、空港閉鎖はしない方針。航空機を空港内でスムーズに移動できるよう、誘導要員を養成するとしている。
 また新型インフルエンザの流行から終息まで1年以上かかるといわれることから、大幅な減収も予想されるため、銀行などから資金を調達することも検討している。

 新型インフルエンザ(H5N1)の感染患者の発生を想定した訓練が25日、防府市泉町の県立衛生看護学院であり、防府医師会や市消防本部など関係機関の約50人が参加して通報手順などを確かめた。
 高熱と呼吸困難を訴える女性が市内の病院を訪れる場面からスタート。防府環境保健所や県立総合医療センターなどに「感染の疑いあり」と伝達され、防護服を着た救急隊による患者の搬送や検体採取などが行われた。


報道
厚労省のガイドライン 西日本新聞 
まちかど:新型インフルエンザ想定し訓練 /山口 毎日新聞


12月27日


国内の動きから

 北九州市は25日、新型インフルエンザの発生に備える対策準備本部(本部長・麻田千穂子副市長)の第2回会議を開催。策定した「新型インフルエンザ対策マニュアル総括編」の内容を各部局幹部に説明した。

 ことし4月、秋田県や北海道などで鳥インフルエンザに感染した野鳥が発見され、養鶏場の鶏への感染拡大が心配されたことから、環境省や農林水産省では、全国50か所余りで野鳥の感染状況を継続的に調べ、いち早く対処できるよう監視を強化する。
*欧米に遅れること3年(管理人)。


報道
新型インフルエンザ:北九州市、基本方針など説明 対策準備会開く /福岡 毎日新聞 
全国で鳥インフル感染調査 NHK 


Fresh bird-flu outbreak detected in Thai Nguyen VOVNews.vn, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、タイニュエン省で鳥インフル発生
 北部タイニュエン省家畜局は、ティエンボ村、ルオンソン自治区、タイニュエン市の農家が飼育している鶏が死亡し、致死的H5N1ウイルスが検出されたことを発表した。感染した家きんは全て殺処分された。
 タイニュエン省でのH5N1鳥インフル発生は今年2度目になる。
Bird flu spreads to new places in Assam Zee News, (インド) インド、アッサム州で新たな地域へ鳥インフルが拡大
 先月27日 最初の鳥インフルが発生したアッサム州カムループ(田園)県の Hajo地区 Manahkuchi村と Chayani Barduar地区で、新たに鳥インフルの事例が報告されたと、同州 家畜獣医局の関係者が語った。
 その他にも、バクサ県のTihu- Barama、ナガオン県のChachaligaon Burachowk村、Rangamati、カムループ(都市)県のAurpakmoniari Tiniali、 ボンガイガオン県のDoloigaon Uzanparaで、新たに鳥インフルウイルスの被害を受けている。
 これら7つの新規発生地を加えると、これまでにアッサム州では7つの県の19の地域で鳥インフルの発生が公式に発表された。
 約150の村がこれまでに鳥インフルの発生を宣告され、そのために1,720の緊急対策チームが配置された。
 これまで鳥インフルの発生が報告された地域での殺処分作業は続行中だが、新たに報告された被害地でも半径3キロの範囲で殺処分が始まった。
 同州では これまでに50万羽以上の鶏とアヒルが処分され、約20万個の卵と14,000キロの飼料が破棄された。
 殺処分、片付け、消毒作業は、州都グワハティのKharghuliとKhanapara、 Dibrugarh town、 Rajabazar、Sarpara、Patgaon、Kathla、Katajhar、およびBejerajalahの9つの被害地で完了した。
 チラン県Nalibari村の住民が殺処分に抵抗したが、獣医学当局者らは住民への殺処分作業の説得に自信を示した。
 家禽所有者へこれまでに2,565万円(Rs 1.35 crore)の補償金が支払われた。
 被害を受けた県は、カムループ(都市)、カムループ(田園)、ナルバリ、バルペタ、チラン、ディブルガル、ボンガイガオンである。
12月26日


国内の動きから

 インフルエンザの流行期に入り、マスク姿の人たちが増えてきた。かつてマスクといえばガーゼ型だったが、最近では使い捨てが主流となり、市場規模は拡大を続ける。
 厚生労働省の専門家会議は今秋、新型インフルエンザの流行に備え、マスク使用のガイドラインを示した。1人当たり20~25枚のマスクを備蓄すべきだとし、繊維を化学的に結合させて布にした不織布製の使い捨てタイプの「プリーツ型」や「立体型」が望ましいとしている。
  だが、マスクは万能ではないとの指摘もある。厚労省の専門家会議のメンバーで、北里大医学部の和田耕治助教(衛生学・公衆衛生学)は「マスクは健康な人が予防的に使うよりも、せきなどの症状のある人がマスクを着用して飛沫(ひまつ)を飛ばさないために使うことが大事だ。予防には、人込みを避けたり、手や指を清潔に保ったりすることが重要」と話す。

 NECは25日、世界的な流行(パンデミック)が危惧(きぐ)される新型インフルエンザへの対策の実証実験として、東京・芝の本社入り口に、入場者の体表面温度を測定する「赤外線サーモグラフィシステム」を設置したと発表した。
 政府の「新型インフルエンザ対策ガイドライン」では、職場内での感染拡大防止のため、事業者に対して従業員・入場者の発熱チェックを行うよう求めている。NECはこれにいち早く対応した。実験結果を踏まえ、事業場や支社の入り口などへの導入も検討する。

文部科学省は25日、新型インフルエンザに対する行動計画の改定案をまとめた。原則として1例目の患者が出た時点で発生地の都道府県の全学校が臨時休校するという、11月に示された政府の行動計画改定案を受けた。学校と家庭との連絡網の確認や問い合わせ窓口の設置など、対応策の強化を学校設置者に要請することなどを盛り込んだ。

報道
知りたい!:マスク多様化 店頭に50種類…使い捨て、立体型が主流  毎日新聞
NEC、新型インフル対策に入場者の体表面温度測定装置を設置 朝日新聞 
新型インフル:患者1例目で発生県すべて休校 文科省計画 毎日新聞 



Centre to set up four new labs to test bird flu samples Frontline, India  (インド) インド政府、鳥インフル検体の検査が可能な研究所4カ所を設立に
 現在、ボ-パルとバンガローレの2カ所にしかない鳥インフルウイルス検査が可能な研究所を、インド国内に4カ所設置予定であることが、中央家畜局の長官から発表された。
 2009年6月までに稼働予定という。
China preparing to share bird flu samples -report Reuters  (国際) 中国、鳥インフルウイルスのWHOとの共有に
 中国はWHOと鳥インフルウイルスの共有に同意したと発表した。中国の検体不提供が、国際社会の鳥インフルエンザ対策に障害になっているとする不満への対応と考えられる。
 最後に中国がWHO協力機関にウイルスを提供したのは1年前で、それ以来少なくとも5人の人での発病者が出ている。WHOは新規患者からのウイルス提供を要求してきていた。
 報道官の説明によると、最近の2名の患者と、2003年に北京の陸軍病院で確認された患者からのウイルスをWHOに送る予定とされる。

*中国がウイルス共有に同意した理由は、チャン事務局長がインドネシアにウイルス提供を要求している状況下で、香港出身のチャン女史の母国の中国が、ウイルスの提供を行っていない状況は、非常に矛盾しているからと思われる。12月に入ってからウイルス共有問題に関して政府間協議が行われている。ウイルス共有を拒否してきたインドネシアも軟化してきており、早急に問題が解決されることが期待される。
 今回中国から提供されるウイルスに、2003年に北京で発生した患者のウイルスが含まれることは興味深い。この5年間に、中国でのウイルスがどのように変異してきているか、詳細が分かるかも知れない。2003年のウイルスの素性が知りたい。
Localities urged to prevent bird flu recurrence  VOVNews.vn, (ベトナム) ベトナム、全地域に鳥インフル再発警戒報が発令
 ベトナム保健省は鳥インフルの再発の可能性を全国の市と省に警告し、人における致死的鳥インフルの予防策を強めるよう要請した。
 これら地方保健機関への最近の至急通信の中で、同省 予防医学環境局は、鳥インフルの被害地域での注意深い見張りを続け、緊急かつ完全な治療を施すためH5N1ウイルス感染者の早期発見に努めるよう要請した。
 同省はまた、鳥インフルの症状を呈する訪問者がいないかを注意深く監視するよう国境沿いの地方へ要求した。
 同省によると、2003年12月26日に人における初めての事例を報告して以来、ベトナムでは106人が感染し、そのうち52人が死亡している。
 2008年だけでも、5人にH5N1ウイルスが陽性との検査結果を出し、全員が死亡した。A.T訳
Bird flu spreads to six new areas: 4,16758 poultry culled so far Assam Tribune, India  (インド) 鳥インフル、6地域に拡大:4.16758家きんが殺処分に
 アッサム州での鳥インフルは、あらたに6地域の農場での発生が確認された。
 11月27日以来、発生地域は州内の18地域に上っている。殺処分と消毒が行われ続けている。
 昨日まで合計4,16,758羽の家きんの殺処分が行われ、1,60,317個の卵と12,553キロの飼料が処分された。
No evidence of smuggling in bird flu investigation South China Morning Post (subscription), Hong Kong  (香港) 香港、鳥インフル発生の農場では受精卵の密輸の事実はなし
 鳥インフルが発生したユエン・ロング農場を調査していた当局は、受精卵が密輸されていた事実はないと発表し、同農場におけるバイオセキュリティーを強化する必要が認められたため、、そのように勧奨したことを付け加えた。
12月25日



国内の動きから

 環境省は、23都道県(注1)26市町で、平成20年10月に実施した野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査で、採取した全検体にウイルスが確認されなかったことを発表した。
 今回のウイルス保有状況調査は、野鳥の糞計1,832検体を採取して独立行政法人国立環境研究所で検査したもの。

*H5N1ウイルスだと思うが(管理人)
 なお米国では3年前から全州における調査結果をリアルタイムで発表している。このIT時代、日本は遅れている(管理人)。

 富山県警は二十四日までに、国内外での新型インフルエンザの発生に備えた行動計画を策定した。感染の拡大防止に向け、港湾施設での警戒や混乱に乗じた犯罪の取り締まりの強化などを幅広く定めた。県警は今後、職員に計画の周知を図り、関係機関との訓練を重ねるなどして不測の事態に的確に対応し、治安の確保に万全を期す考えである。

 久留米市は24日、庁内に市新型インフルエンザ対策連絡会議を設置し、市役所で第1回会合を開いた。会合で市保健所の筬島(おさじま)健一所長は「新型インフルエンザが流行した場合、市内では8週間で人口の25%に当たる約7万5000人が発病し、約1000人が入院、180‐420人の死者が出る可能性がある」という予測を示した。同会議は、新型インフルエンザが発生した際の行動計画策定に向け、来年3月までに原案をまとめる。

報道
検査した検体すべてで異常みつからず 野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査(平成20年10月分) EICネット 
発生時の治安維持に全力 新型インフルエンザで県警が行動計画 北國新聞 (会員登録) 
久留米市 新型インフルエンザ流行すると… 最大420人の死者予測 対策連絡会議設置 行動計画策定へ 西日本新聞


Assam bird flu: poultry culling on, local resistance hampers drive RxPG NEWS, CA  (米国、カリフォルニア) アッサム州での鳥インフル状況:家きんの殺処分続行中。地域住民が作業を妨害
 これまでアッサム州では、3週間前に鳥インフルが発生して以来、40万羽以上の家きんが殺処分されてきた。しかし当局はいくつかの地域で住民の妨害により、完全に作業を終了できていない。当局が24日語った。
 「殺処分は感染7地域のうち4地域でほぼ完了しているが、3地域では住民の協力が得られないため、完全に終了していない」、とアッサム家畜局長官が語った。
Bird Flu Outbreak Detected in Bangladesh Voice of America  (米国、ボイス・オブ・アメリカ) バングラデシュで鳥インフル発生が確認
 バングラデシュ当局は、同国で新規鳥インフルが発生したため、1万羽の鶏を5県で殺処分したことを発表した。
 水産家畜省の当局者が、北部のクリガム県で家きんの検査で致死的H5N1ウイルスの感染が確認されたと語った。同県は、バングラデシュで鳥インフルが再興してこの数ヶ月で5番目の県となった。
 今年度初めに当局が鳥インフルを確認した際、100万羽以上の家きんが同国内64県中50県で殺処分された。
 バングラデシュ当局は監視体制と予防体制を強化すると発表した。

Japan grants half-million birdflu antiviral Tamiflu pills to Thailand Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) 日本、タイに50万錠のタミフルを提供
 日本はASEANとの協力の一環として、50万錠のタミフルをタイに提供した。
 タイ政府は提供されたタミフルを、患者と接触して感染する危険性のある保健医療担当者用に使用すると語った。

Is Hawaii Ready for a Disaster? Hawaii Reporter, HI  (米国、ハワイ) ハワイは、災害に対する準備は出来ているか?
 パンデミック・インフルエンザを含む災害に対する準備が、どの程度ハワイ州で出来ているかの検証。
Study: Local govts lack sense of urgency on flu The Daily Yomiuri, Japan  (日本、読売新聞) 調査:地方自治体、新型インフルエンザ対策への関心が薄い
 厚労省研究班の調査結果。
 地方自治体の6%程度しか対応計画や模擬訓練を実施していないことが分かった。
 昨日の読売新聞の英語版。
Pandemic planning slips down the UK business agenda Workplace Law Network (subscription), UK  (英国) 英国企業界でパンデミック対策が行き渡らず
 業務継続フォーラムとロッシュ社が共同でサポートした新調査で、英国の企業経営者の四分の三がパンデミック対策計画に熱心でないことが分かった。
 「National Risk Register」が、パンデミック・インフルエンザが最近の英国における最大の危機であると強調しているにも、このような結果となっている。
 36%以上の企業が社員の欠勤対策をしていないと答え、11%の企業のみが抗インフルエンザ薬の備蓄をしていると答えた。
Screening of passengers for flu called a success Honolulu Star-Bulletin, HI (米国、ハワイ州) 国際空港でのインフルエンザ患者のスクリーニング検査が成功
 JALでハワイのホノルル空港に到着した乗客に、インフルエンザ様症状を呈する乗客のスクリーニングの模擬訓練が行われ、短時間でスムーズに終わり成功した。来年度は、さらに訓練の回数を増やす予定であると当局では語っている。

 訓練は鳥インフルやSARSなどの感染性を有する可能性のある乗客を、検出することを目的で行われた。対象はJALで到着した435人の乗客であった。
 乗客達は十分に係官の指示に従い、訓練はスタッフ達が驚くほどに迅速に行われた。
 機内で乗客は英語と日本語からなる、感染症の説明と、これから行われるスクリーニング検査の説明を受け、それから問診票を手渡された。
 16カ所の訓練された医療専門家のいるチェックポイントが設けられ、そこで乗客は記入した問診表を手渡し、発熱の有無を聞かれた。
 2人の客が体調不良を訴えたが、発熱はしていなかった。それでも念のため、医師やナース、CDCのオブザーバーのいる医学的評価室でチェックされた。

 機内に発熱等の体調不良の乗客が出た場合、パイロットは管制塔に連絡し、空港側で上記スクリーニング体制を敷く。
 今回のスクリーング訓練が予想外にスムーズに行うことが出来たことから、空港側ではこれからも訓練を繰り返してゆく予定としている。
Bangladesh slaughters 10,000 birds over avian flu AFP, (フランス) バングラディシュ、鳥インフルに直面し1万羽の鳥を殺処分
 貧困にあえぐバングラデッシュだが、致死的鳥インフルの新たな発生に直面し、この2ヶ月の間に1万羽近い鳥が殺処分されたと、H5N1型ウイルスの対策を担う同国政府担当官が水曜日(24日)AFPに語った。
 同国は2007年2月に初めて鳥インフルの被害を受けが、今年1月にも再発した。今年初め、同国では64の県のうち50県が被害を受け、100万羽以上の鳥が処分された。
 この鳥インフルの発生で、同国の家禽農家の40%が閉鎖を余儀なくされ、50万人の失業者が発生したと、家禽産業の役員らは語った。
 年間 2億2千万羽の鶏と3千7百万羽のアヒルを生産する バングラディシュの家禽産業は世界的にも大規模なもののひとつである。
 同国は今年5月、鳥インフルの人での初めての事例を報告したが、同国政府は感染した16才の少年は回復したと発表した。A.T訳
Bangaldesh steps up birdflu surveillance Australia Network News, Australia  (オーストラリア) バングラデシュ、鳥インフル監視態勢を強化
 バングラデシュは、新規H5N1鳥インフルが見つかったため監視体制を強化した。
 政府は5県のいくつかの農場で1万羽近くの鶏を殺処分した。
 H5N1ウイルスは2007年3月に首都ダッカの近くで検出され、それから同国64県中47県に拡大し、合計150万羽の鶏の殺処分が余儀なくされている。
12月24日


国内の動きから

 新型インフルエンザの発生に備え、行動計画を策定したり、対応訓練を実施したりしている市区町村が、それぞれ全体の6%しかないことが23日、厚生労働省研究班の調査でわかった。

 厚生労働省は22日、新型インフルエンザの発生に備え、30万人分の「大流行前ワクチン」を、来年度中に製剤の形で準備する計画をまとめた。
 当初は来年度中に医療従事者ら約150万人に接種することを検討していたが、発生前の大規模接種には反対意見もあるため、流行時に出入国が認められる空港・港がある7地域の医師ら30万人に接種対象者を絞ることにした。  厚労省は新年度予算の概算要求で、ワクチン約150万人分の準備費と接種費計55億円を計上していた。しかし、流行する前に約150万人もの人に接種するのは拙速すぎるという意見もあって、当初予算では30万人分の準備費1億5000万円に減額され、接種費は盛り込まれなかった。国は新型インフルが発生した場合、出入国を4空港(成田・関西・中部・福岡)、3港(横浜・神戸・関門)に限定する方針。


報道
新型インフル、「対策ある」市区町村は6% 読売新聞
新型インフル、大流行前ワクチン30万人分に絞る…厚労省 読売新聞 


Bangladesh confirms bird flu outbreak Reuters  (国際) バングラデシュ、鳥インフル発生を確認
 24日、バングラデシュ当局は、致死的H5N1鳥インフルが見つかったため監視体制を強化したと発表した。
 「5県で数カ所の養鶏場と周辺で1万羽の家きんが殺処分されたと、政府の家畜局長官が発表した。
More avian flu found in Bangladesh poultry CIDRAP, MN  (米国) バングラデシュの農場で、さらなる鳥インフルが発生
 バングラデシュ農業省は本日、10月以来5番目となるH5N1鳥インフルの発生を農場で確認したと発表した。
 サラフウディン・カーン農業省報道官は、同国北部のクリグラムの農場で鳥インフルの発生が確認され、100羽の家きんが殺処分されたと発表したことが、AFPから報道された。
 カーン報道官は、クリグラム県は10月以来鳥インフルが発生した5番目の県となると説明した。
 インドの2州、最近鳥インフルが発生し、対策に懸命となっている西ベンガルとアッサムがバングラデシュと国境を隔てている。

 また本日中国の新華社通信は、北部ベルギーの2農場でH5亜型鳥インフルエンザが発生したことを伝えた。ベルギーのマスメディアの報告の引用にによると、ウイルスは致死的H5N1株ではなく、人には危険性はないとされる。しかしN基に関しては報告されていない。
 他にデンマークでも、家きんの血液の定期検査で鳥インフルエンザの感染が見つかったと、ロイター通信は報じたが、詳細は不明である。
 デンマークにおける最終的に発生した鳥インフルは、OIEによると本年4月の低病原性H7N1であった。
Bangladesh reports bird flu outbreak AFP (国際) バングラデシュで鳥インフルが発生
 バングラデシュ北部の農場で鳥インフルが発生したことを、23日当局が発表した。
 家畜局の報道官によると北部のクリグラム県の農場で、鶏から致死的H5N1ウイルスが検出されたため、少なくとも100羽以上の鶏が殺処分された。
 報道官の説明によると、10月に4ヶ月ぶりに鳥インフルが再興して以来、今回の発生は5番目の県になるとされる。
Bird flu detected in Belgian farms Xinhua, China  (中国、新華社) ベルギーの農場で鳥インフルが検出
 北部ベルギーの2農場で鳥インフルエンザが発生し、緊急対策がとられたことが、ベルギーのメディアから発表された。
 ウイルスはH5亜型で、H5N1ウイルスとは異なり、人には危険性がない。
 H5N2ウイルスと判断される(訳者)。
Glaxo Prepares Work Force For Worst-Case Flu Scenario EasyBourse.com, France (フランス) グラクソスミスクライン社(GSK)、最悪のシナリオでの企業対策計画を作成
印刷用ファイル
グラクソスミスクライン社(GSK)は、パンデミック・インフルエンザ発生時には、世界でもっとも安全な職場を目指している。

 GSK社はパンデミック発生時に薬とワクチンの製造を継続するための、業務継続計画を作成するのに2年間要した。
 対策が十分講じられているか否かの判断は、広く問題となることであるが、専門家達はGSK社が関与出来る範囲外の要因が、それを決定すると指摘している。
 GSK社の計画には、世界137カ国の43万5千人の人々を対象に、抗インフルエンザ薬とパンデミックに関連したワクチン(プレパンデミックワクチンとパンデミックワクチン:訳者)の提供を含んでいる。それら対象者の数は、10万人以上の社員と家族、さらにワクチン製造に必要な有精卵を提供する農家の人々を含んでいる。
 数千人の社員は自宅での業務を指示されるであろうが、出社しての業務にあたる社員の場合は、可能な限り人との接触をさけるために、分散して仕事をすることになる。
 GSK社によると、パンデミックに際して、抗インフルエンザ薬のリレンザとパンデミック・ワクチンだけでなく、他の医薬品とワクチンの製造量の低下を極力避けたいと考えている。
 「もし我々の医薬品製造に障害が起きたなら、HIVの患者や、喘息および癌患者を失う可能性が出てくる」、と”社員の健康と業務継続”担当部長のロナルド・ジョイネス氏が、GSKフィラディアフイア支社近くで行われた記者会見で語っている。
 世界中の保健当局ではこの数年、パンデミック・インフルエンザの発生を危惧している。それは多くの国から家きんでの発生が報告されているH5N1鳥インフルエンザが、ウイルスが変異することで、人の間でパンデミックを起こし、世界中で数百万人死亡する危険性があるからである。
 2002年以来、WHOは世界で391人の人でのH5N1感染者数を提示しているが、そのうち247人が死亡している。
 先週中国でH5N1ウイルスに感染している鶏が見つかり、数千羽の鶏が殺処分され、パンデミック発生の危険性がいまだ継続していることが再認識された。
 GSK社は各国の政府とWHOに、パンデミック対策として抗インフルエンザ薬とワクチンを販売、および提供をしている。
 しかしながら最近、リレンザの販売量が低下し、同社は各国における備蓄促進の販売強化に乗り出した。
 リレンザ販売量は2008年の9月まで前年比77%(8600万ドル)に低下した。競争薬のタミフルを販売しているロッシュ社も類似の推移を見せている。
 リレンザはインフルエンザの予防と症状の軽減治療に用いられる。付け加えるに、GSK社はパンデミック・インフルエンザ・ワクチンであるパンデミックスを製造し、また予想されるH5N1ウイルスによるパンデミック前に投与するプレパンデミックス・ワクチンであるプレパントリクスも製造する。GSK社は北米でも類似のプレパンデミック・ワクチンの研究を行っている。米国ではサノフィ・アベンティス社のH5N1ワクチンが米国内での使用を承認されている。
 GSK社が行った第一段階の社員に対するアプローチは、季節性インフルエンザワクチンの接種を勧めることであった。季節性インフルエンザワクチンの接種は、毎年流行する非パンデミック・インフルエンザを予防することを意味する。
 これまで世界のGSK社の関係社員全体の40%しか、ワクチン接種を受けられる環境になかったが、その理由として国によってワクチン接種が容易に受けられないことがあげられている。
 現在、90%は接種可能となっているとジョイネス氏は語っている。
 直接的利益は別として、季節性インフルエンザワクチン接種を社員に促すことにより、社員にインフルエンザワクチン接種への関心を抱かすこと可能となる。GSK社は、季節性インフルエンザワクチン製造能力を拡大しているが、それはパンデミック発生時にも利用される(パンデミックワクチンの製造として:訳者)。
 もし保健当局がインフルエンザの発生が、パンデミックの初期であると発表した場合、GSK社の社員達は頻回な手洗いと、消毒用”拭き取り布”で職場を定期的に消毒する。社員は使用していない会議室へ拡散し、またカフェテリアは人の接触を防ぐために閉鎖する。いわゆる社会的隔離(social distancing)と言われる概念である。
 約三分の一の社員は、製造工場等の重要な業務に就くと判断され、保健当局がパンデミックの開始を発表する前から予防的抗インフルエンザ薬の毎日の服用を開始し、中には業務中にマスクの着用を指示される業種も存在する。抗インフルエンザ薬はリレンザだけでなく、ロッシュ社のタミフルやジェネリック薬も選択される可能性もある。
 自宅で業務を行う危険性の低い社員は、予防内服は行う必要はないと考えられている
 予防投薬およびワクチン接種への社員の参加は、あくまでも個人的選択によると、ジョイネス氏は説明している。なぜなら、もし強制的義務としたなら、それは非倫理的であるからだ、と同氏は言う。
 このような対策はGSK社としての事業推進の一環としてではない。リレンザはGSK社が活動している30カ国以上で承認されていなかった。その理由は同社が商業的にそれほど利潤を得ることが出来ると判断していなかったことと、それらの国の政府が、薬を必要としなかったからだ。しかし現在、GSK社はこれらの国で、同社の社員がパンデミックに際して、リレンザを入手出来るようにするために、リレンザの国内使用の承認を求める交渉を行っている。
 GSK社は600万ドルから1000万ドルを業務継続計画作成のために費やしてきた、とジョイネスは推定している。
 しかしこれらの計画で十分であるかどうかは、さらに検討の必要があるという。
 企業は、多分、個々の社員全員を守ることは出来ないだろうと同氏は言う。最悪のシナリオの場合は、1~2%の社員は死ぬかも知れないとも言う。しかしながら同氏は、同社の対策により社員の発病率と死亡率は、一般社会のそれらよりも低いものになると信じているとも語っている。
 GSK社の計画に影響する、同社が関与できない要因もある。
 ミネソタ大学の感染症研究対策センター長のマイケル・オステルホルム氏は、パンデミックは石炭の供給システムを破壊し、その結果電力供給が低下すると語る。このことは全ての企業の業務継続計画に問題を投げかけることになる。
 「私はこのような努力が意味ないと言っているのではない」、とオステルホルム氏は、GSK社の方向性を否定はしていない。
 「我々は基本的基盤(インフラストラクチャー)の崩壊の防止のために、世界中で協力する体制を確立する必要があるのだ」、と同氏はコメントを締めくくった。.
 
Kaohsiung residents urged to eat chicken without fear eTaiwan News, Taiwan  (台湾) 調理した鶏はは心配ないと当局が啓発
 台湾南部のH5NW鳥インフルが発生したKaohsiung郡では、H5NEウイルスは人に感染しないから、調理して鶏肉や卵は食べでも心配ないと当局による啓発が行われている。また同郡周辺では鳥インフルの発生は認められていない。
 当局では発生農場から3キロ以内に存在する農場の鶏に関して、23日から毎月1回血液を調べる予定とした。
Bird flu: culling operations on in West Bengal, Assam Bombay News, (インド) インド、西ベンガル州とアッサム州で殺処分が続行中
 22日、西ベンガル州の動物資源局アニスル・レーマン長官によると、マルダ県のナルハッタ村とサトゲリア村では、12月16日から始まった殺処分作業で 日曜日(21日)の夜までに30,000羽以上の鶏とアヒルが処分され、片付け作業も月曜日(22日)の夜に終わった。県当局者が火曜日(23日)にそれらの感染地域を視察し、殺処分作業は成功したと報告した。
 一方、アッサム州のS. メウラ獣医局長によると、同州での殺処分は、約3週間前に鳥インフルの被害をうけた7県のうち4県で 現在ほぼ完了したが、チラン、バルペタ、ボンガイガオンの3県では、住民の協力が得られず 今だ作業を終えることが出来ずにいる。同州では、これまで420,000羽の鳥が処分された。また、先週以降、新たな地域での鳥の死亡や鳥インフルウイルスの報告はない。
 「しかし、この3県における住民の非協力は深刻な健康への危害の恐れを生み出している。もし、3県の住民が殺処分作業に協力しないならば、隣接する地域へ鳥インフルウイルスが拡大する可能性がある。人々が殺処分に抵抗するならば、ウイルスが人へ感染する危険もある。」、と同局長は語った。
 中央政府から派遣された熟練した保健チームが、ウイルスが人に感染していないことを確認すべく 現在も戸別訪問を続けている。「これまでのところ、ウイルスが人へ感染したという報告はない。」、とインド中央政府保健省の当局者は語った。A.T訳
12月23日
 

国内の動きから

 世界保健機関(WHO)は今月8~13日、ジュネーブで新型インフルエンザに関する政府間会合を開催した。テーマは、すでに発生している鳥インフルエンザウイルス(H5N1)から製造する「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」の、途上国用の共同備蓄だ。 参加した約100カ国は1億5000万本(7500万人分)の備蓄に向け体制を整えることで合意した。しかし、細部はまで決まって無く、今後の調整過程が注目される。

*昨年の春には、大手のワクチン企業がWHOに協力して、途上国用にワクチンの提供を申し出て、WHOとしても途上国に提供できるだけのワクチン量を備蓄可能になっていた。

国土交通省の国土交通政策研究所は22日午前、新型インフルエンザの発生時に鉄道車内での感染拡大を防ぐための実証実験を都内で実施した。実際に地下鉄の車両を使い、乗客同士で一定の間隔を保ちながら乗車できるかどうかや、乗り降りにかかる時間などを調べた。
 実験があったのは、東京都足立区内にある東京地下鉄の車庫。同研究所の職員ら約20人が車両に乗り込み、感染拡大を防ぐための目安とされる1―2メートルの間隔をあけて乗車した場合の車内での着席位置などを確認。駅で停車したときに乗り降りにかかる時間や乗客の誘導方法も検証した。
 インフルエンザは主にくしゃみやせきをしたときの飛沫(ひまつ)でうつる。都市部では鉄道の車内が感染を拡大する原因になると懸念されている。このため、乗車の自粛などによって車内の混雑を緩和する必要があると考えられている。

*マスク装着により車内における感染は防止可能であるが、その際もある程度んP距離を置いた方がさらに安全とはなる。しかし発病者の外出を禁止(自粛)と乗車する際のマスク着用義務は必須である。
報道
新型インフルQ&A:世界のワクチン備蓄は? 毎日新聞 
鉄道での新型インフル感染拡大防げ 国交省、地下鉄で実証実験 日本経済新聞 



Fresh outbreak of bird flu detected in Bangladesh Xinhua, China  (中国、新華社) バングラデシュで新規鳥インフルが発生
 冬期間に入り、バングラデシュで、新規鳥インフルエンザが発生したことが当局から発表され、5地域で1万羽の鶏が殺処分された。
 バングラデシュの水産家畜局のムハマド・サレフディン局長は、新華社に、23日、今月に入ってから5地域の商業農場と個人農場でH5N1鳥インフルエンザの発生をみていると語った。
 人での感染は報告されていないが、対策を強化していると語った。
More birds die in Malda The Statesman, India  (インド) マルダ県でさらに家きんが死亡
 土曜日(昨日)以来、マルダ県のナトゥンパル村とマンダラルパラの二村で放し飼いの鶏が大量に見つかった。
 血液検体が集められ検査に送られている。
 当局は検査結果が出るまでは何も言えないとコメントしている。
Bird flu suspected in Denmark AsiaOne, Singapore (シンガポール) デンマークで鳥インフル発生の疑い
 南西部エンマークの放し飼いの鶏で血液の定期検査により疑いが生じた。詳細な結果は数日後に出る予定とされる。

*死亡していないからH5N2か、他の弱毒性ウイルスと考えられるが、ワクチンを使用している国なので、H5N1も否定は出来ない(訳者)。
Bird flu vaccine protects children Reuters (国際) 鳥インフルワクチン、小児に対しても効果
 成人の臨床試験で有効性が確かめられていた鳥インフル用ワクチンが、小児でも効果と安全性が予備試験で確かめられたことが、ハンガリーの研究者から「小児感染症ジャーナル(Pediatric Infectious Disease Journal)」に発表された。
 以下家宝のカナダからの報道と同じ。
No further reports of bird flu from States Hindu, India (インド) インド、さらなる鳥インフル報告はない
 ボーパルの高度セキュリティー動物疾患研究所は、22日、全州から集まっている検体でH5N1ウイルスは見つかっていないと発表した。西ベンガル州とアッサム州からの検体も含まれている。
'Recurrence of bird flu in West Bengal worrying' Sify, India (インド) 西ベンガル州での鳥インフル再発が心配
 インド保健省のアンブマニ・ラマドス氏が22日、中央政府は西ベンガル州における鳥インフルが再発することを恐れていると語り、全州の政府に対策をまとめるように指示した。
Bird flu vaccine protects children Canada.com, Canada  (カナダ) 鳥インフルワクチン、小児に対しても効果
 成人の臨床試験で有効性が確かめられていた鳥インフル用ワクチンが、小児でも効果と安全性が予備試験で確かめられたことが、ハンガリーの研究者から「小児感染症ジャーナル(Pediatric Infectious Disease Journal)」に発表された。
 ハンガリーのオムニンベスト社により開発中のフリュウバル(Fluval)である。
 9歳から17歳までの小児12人を対象にフリュウバルを1回接種し、その副作用と効果を評価した。副作用は見られなかった。
 接種21日後の評価では75%で予防効果が見られ、その率は146人の成人で行った有効率と同じだった。
 当ワクチンは米国とヨーロッパにおける販売ライセンス獲得の条件も満たしていると論文の著者達は述べている。
 このフリュウバルは1回の接種で効果を発することが特徴である。
 SOURCE: Pediatric Infectious Disease Journal, December 2008.

Ramadoss urges states to be on alert after bird flu outbreak Newstrack India, (インド) インド、連邦政府ラマドス保健相、一部の州での鳥インフル発生により、全州に警戒報を発令
  月曜日(22日)、連邦政府保健相 アンブマニ・ラマドス氏は新たな鳥インフルの発生に備え周到な寝ずの番を続けるよう全州に求め、いかなる危機にも対処すべく準備と努力を怠らぬよう要請した。
 特別再検討会議で、同保健相は、アッサム州と西ベンガル州の今回の鳥インフル再発に懸念を表明し、啓発キャンペーン拡大への更なる必要性を強調した。
 殺処分作業中 地元住民が非協力だったという報告を受けて、同保健相は、安全な習慣を身につけ殺処分に協力するよう 人々を教育し それらの意識を普及させるよう州政府へ訴えた。
 彼は、鳥インフルを乗り切るため中央政府から最大限の支援をすることを全ての州に約束するとともに、今後の鳥インフルに取り組むため この事態を永続的インフラを整備するために利用するよう要請した。
 アッサム州、西ベンガル州、メガラヤ州、ビハール州、ジャルカンド州の代表者らが出席したこの会議の中で、農家が十分な補償金をもらえないために抵抗し、殺処分作業が遅れた理由が同保健相に報告された。
 ラマドス保健相はまた、家畜学と緊急対策チームに関係する様々な機関の準備を再検討するよう、これらの州の首相と保健大臣に文書で求めるようである。
 しかし、12月16日以降これまで 新たな発生事例は報告されていない。鶏やその他の鳥の血液サンプルが、西ベンガル州やアッサム州を含む全インドから集められたボッパールの高度セキュリティ動物疾病研究所からの最新の報告は陰性だった。
 鳥インフルの新たな事例がないにもかかわらず、アッサム州と西ベンガル州に近いトリプラ州やミゾラム州では、アッサム州、西ベンガル州、隣接するバングラデッシュからの鶏やその他の鳥の輸入について一括禁止を課したことが同会議で報告された。一方、オリッサ州政府高官は、8つの県で10万羽近い家禽にワクチンを接種させる計画が完了したことを報告した。A.T訳
12月22日


国内の動きから

 信州、各地で新型インフルエンザ研修会。
 ◆各地で研修会
  「怖いのは我々が免疫を持っていないこと。流行はとても速く、患者は重症に陥る。いつ発生するかも分からない」 
  県木曽合同庁舎で4日夜開かれた感染症防止研修会。地元の福祉施設職員ら約100人を前に、木曽保健所の町田幸一さんが感染防止策、流行時の対応、病院の受け入れ態勢などを説明した。なじみが薄い用語が飛び交ったが、参加者は真剣な表情で資料を繰った。
 ◆県は行動計画改訂
  県は取り組むべき対策などをまとめた「新型インフルエンザ対策行動計画」を5月に2年半ぶりに改訂した。
 ◆市民の備えは?
  実際どう備えれば良いのだろうか。「通常のインフルエンザと同様の対策を徹底してもらうしかない」と県健康づくり支援課の斎藤政一郎係長は言う。
 まず、ウイルスを吸い込まないために「マスクの着用」が必須。ドアノブや手すりを介してウイルスに触れないよう「こまめの手洗い・うがい」も不可欠。「不要な外出を控える」ことも忘れてはいけない。
 「感染したかも」と思って医療機関を受診すると、待合室などで感染を拡大してしまう可能性がある。まずは保健所の相談窓口へ電話し、指示を仰ぐことが大切だ。ピーク時に外出しなくても済むように2週間程度の食料備蓄も推進している。
 


報道
信州・取材前線:新型インフルエンザ対策 マスクや手洗い不可欠 /長野 毎日新聞 


Bird flu scare confined to Malda Express Buzz, India  (インド) 鳥インフル、マルダ県以外では発生せず
 西ベンガル州、マルダ県での鳥インフルはマルダ県から拡大していない。
People shouldn’t fly when they’re sick, but they do Atlanta Journal Constitution,  USA  (米国) 航空機、病気になったなら搭乗すべきではないが、それでも多くは搭乗する
 いつでも、全ての種類の感染症に罹患している搭乗客はアトランタ国際空港を通り抜ける、何人かは体調を崩していてパラメディカルが呼ばれる。しかし航空会社は基本的には体調の悪い乗客を乗せる。
 航空会社は誰が病気で、誰がCDCに報告すべき患者かを知ることは容易ではない。
 「病気になった人は旅行に出るべきではない」、とCDCの移民隔離局のマーチン・セトロン局長は語る。
 「それは病気にとっても良くないし、周辺の乗客にとても間違いなく良くないことだ」。
 しかしながら、体調を崩した人々は旅行に出る。10月と11月だけでも、医療班は75人の体調不良客の報告を受けた;嘔吐、悪心、下痢、発熱、咽頭痛、および咳。何人かはこれらのしょうじょうの全てを保有していたと言う。
Bird flu teams inspect high-risk villages in Uttaradit Nation Multimedia, Thailand (タイ) タイ、鳥インフル監視部隊、ウッタラディットの危険地域を視察
 当局者とボランティアからなる鳥インフル監視部隊が、低地の北部のウッタラディット省ピチャイ県の村を視察した。
 同省の家畜局長パノム・メシリパン氏に率いられた”レントゲン部隊(Xray)は、家きん農家が多いビチャイ県から視察を開始した。
 ピチャイ県は、当局が10月末に死亡した家きんでH5N1ウイルスを検出したスコタイ県に隣接していて、発生危険地区と考えられている。
Poor hygiene in poultry industry could lead to spread of bird flu Financial Express, India (インド) 家きん農場の非衛生的管理が鳥インフルの拡大の原因
 アッサム州と西ベンガル州で迅速な対策でと鳥インフルの拡大を抑えたが、農場の衛遅れた生管理の問題と、隣国バングラデシュとの情報共有等の問題が未解決なので、鳥インフル発生の可能性はまだまだ高い。
Four culling staff fall ill in Malda The Statesman, India  (インド) マルダ州、4人の殺処分作業員が倒れる
 少なくとも4人の作業員が、殺処分中と清掃中に発病した。1人は隔離病棟に入院した。
 入院した作業員は腹痛が原因であり、呼吸器症状はない。鳥インフルとは関係ない思うが、念のため入院させたと担当医師は説明している。
 もう1人は症状が消えたので、今日から作業に加わるという。
 残りの2人も鳥インフルとは関係なさそうで喘息が症状という。
Over 22,000 poultry culled in bird flu-hit Malda  Bombay News, (インド) インド、鳥インフルの被害地マルダ県で22,000羽以上の家禽が処分
 西ベンガル州 動物資源局のアニスル・レーマン長官によると、マルダ県のイングリッシュ バザール警察本部のもと ナルハッタ村とサトゲリア村で、約22,500羽の鶏とアヒルが土曜日(20日)の夜までに処分された。「殺処分の大部分は土曜日の夜に終わった。残りの全てを、作業員たちは日曜日の夜までに終えるだろう。同時に、片付け作業を日曜日から始め、月曜日まで行う」、と長官は語った。
 州動物資源局は約25,000羽の家禽の殺処分を目指し、白い防護服と手袋、マスクを着けた作業員たちが火曜日(16日)から作業を始めていた。A.T訳
12月21日


国内の動きから

 新型インフルエンザ対策に乗り出す企業が中国地方で増えている。行動計画を策定したり、感染を防ぐマスクや手袋を備蓄したりして、大流行時の企業活動への影響を最小限に抑えようと準備を整えている。
 金融機関、決済などを優先
 ホテルは手袋・マスク備蓄

 着けないよりはずっとましだが、予防策としてマスクは万能ではない。ウイルスを100%遮断できないからだ。しかし、感染した人が、せきやくしゃみでウイルスをまき散らすことを防ぐのには役立つ。

報道
新型インフル対策進む 中国地方の企業 中国新聞
(中)マスクで「せきエチケット」 読売新聞 


Cambodian survives H5N1 bird flu virus: official Reuters  (国際) H5N1感染、カンボジアの青年、回復して退院:当局
  死亡した家きんを食べた後発病した19歳のカンボジアの青年が、20日回復して退院したことが当局から発表された。
 青年は11月28日に発病し、12月11日に診断が確定した。10日間の入院期間だった。
H5N2 confirmed as cause of chicken deaths China Post, Taiwan  (台湾) 台湾、鶏の死因がH5N2ウイルスによるものであることが確認

Assam: No fresh report of spread of bird flu All India Radio, India  (インド) アッサム州、新規鳥インフル発生の報告はなし
 アッサム州での新規鳥インフル発生は起きていないことが当局から発表された。
 先週アッサム州の各地域から送られて検体は、ボッパールの高度セキュリティー家畜感染症研究所で検査されていたが、ウイルスは検出されなかったことが当局から発表された。
More birds culled in West Bengal's Malda district Frontline, India (インド) 西ベンガル州、マルダ県でさらなる家きんの説処分
20日夕方。マルダ県の旧マルダ地域の6カ所の村で3000羽以上の家きんが殺処分された。
 家畜資源局の副長官のニキル・クマルシト氏は、
 「日中捕獲するのは難しい愛玩用鶏をほとんど処分できた。これらの村は、最初の鳥インフル発生地のサタリアに近かった」、と話している。
 同氏によると21日には、これらの村には5000羽の愛玩用鶏がいるとされているから、さらに2000羽が処分される予定となっている。 
4.25 Lakh birds culled in Assam, operations still on  Indopia, (インド) インド、42万5千羽の鳥が処分されたアッサム州で殺処分作業が続行中
 今回、H5N1ウイルスはアッサム州の7つの県の120村に被害を与えた。これまで42万5千羽の鳥が処分されたが、今日も残りの4つの県で殺処分作業が続行された。
当局者によると、州政府は家禽農家への補償金として、2,430万円を支払った。
鳥におけるH5N1ウイルスの発生を今後 防ぐため、州政府は適切な措置をとるべく専門家委員会の設置を決めた。同州 獣医家畜局は被害を受けた県で県当局とともに、清潔運動と啓発キャンペーンを開始した。
12月20日


国内の動きから

 新型インフルエンザ対策訓練が18日、中京区の京都市立病院と市衛生公害研究所で行われた。市や病院関係者ら約100人が参加。各保健所に配置され感染症対策を専門的に行う「感染症専任保健師」も今回初めて加わった。
 アジアの国で新型インフルエンザが発生して世界規模で感染が拡大し、市内でも患者1人が発生して市立病院に入院、他にも感染が疑われる患者が増えているとの想定。発生時に保健所などに設置され、受診が必要な市民を判断する「発熱相談センター」で聞き取り調査を行ったり、カプセル型の隔離機で他の病院から搬送されてきた患者を感染症病棟へ搬送する訓練などに取り組んだ。

報道
新型インフルエンザ:大流行を想定、京都市と病院関係者ら訓練--中京 /京都 毎日新聞



H5N2 confirmed as cause of chicken deaths in southern Taiwan eTaiwan News, Taiwan  (台湾) 南部台湾での鶏の死亡はH5N2ウイルスによると確認
 台湾農業局(省)は、20日、最近南部の農場で死亡した鶏はH5N2鳥インフルによるものと確認した。低病原性鳥インフルエンザウイルスである。
 農業省大臣は、消毒作業と、野鳥や渡り鳥の監視を行っていると語った。
 農業局では、H5N2ウイルスは人に感染したことはないと説明している。

*H5N2ウイルスで鶏が死亡するのは珍しいことではないだろうか?(訳者)。
Indonesia sees progress on bird flu sharing Reuters  インドネシア、鳥インフル情報共有の進展を注視
 インドネシアは、鳥インフルエンザの検体を共有する新しい世界的機構の合意に向かって事態が進展していると考えている。しかしながら、インドネシアが検体提供のボイコットを終了するまでには、まだ詰めなければならない詳細があるとしている。
 19日遅くに、ロイターがスパリ保健大臣と経験した内容。
GSK Ready to Supply RELENZA(R) to Meet New CDC Interim ... International Business Times, NY  (ニューヨーク) グラクソスミスクライン社、リレンザ供給量を増量
 GSK社は米国CDCから発行された「今シーズンの抗インフルエンザ使用基準」に適合すべく、同社のリレンザ量を増量して、必要量の需要に応じられる態勢を整えたと発表した。
 リレンザは、CDCにより全ての発生しているインフルエンザ株に対して有効と発表されている。
 CDCは今シーズン初期の限られたデータに基づいてはいるが、以下の事実に基づいて、抗インフルエンザ薬の使用に関する勧奨を行った。
 現在、タミフル耐性H1N1株が有意に増加しているデータが得られている。しかし、今シーズン、さらに当株がどの程度流行するのかは予知はできない。
 一方、全ての検査されたウイルス株はリレンザには耐性を示していない。
 GSK社は、CDCの勧奨に応えるべく、2008年~2009年のインフルエンザシーズンの需要に応じられるリレンザ量を準備した。各薬局は卸元から入手出来る。

 CDCガイドライン要約
 現在まで、インフルエンザの発生状況は低いが、初期の分離ウイルス検査では、A(H1N1)株の多くがタミフル耐性株である。それ故CDCは、2008-2009年のインフルエンザシーズンにおける、インフルエンザ予防と薬物治療に対する暫定的勧奨を行う。
 A(H1N1)株の感染が疑われた場合は、リレンザ(ザナミビル)か、タミフル(オセルタミビル)とリマンタジンの併用が、タミフル単独よりも勧められる。地方のサーベイランスデータや、研究所での検査結果が判断する材料となる。
 2008-2009年度のワクチンは、タミフル耐性株を含めて、現在発生しているインフルエンザのウイルス全てに有効と考えられ、発病の阻止、または症状の軽減に有効である。現在、インフルエンザの発生状況は低いが、今後流行が拡大すると思われるから、ワクチン接種は勧められるべきである。
Unhygienic condition in poultry farms caused birdflu MorungExpress, India  (インド) 家きん農場における非衛生的環境が鳥インフル発生の原因
 NPO組織の「動物倫理委員会The People for Ethical Treatment of Animals (PETA)」が、記者会見して、度重なるインド国内の鳥インフル発生は、不潔で非衛生的家きんの飼育によるもで、PETAはそれをアッサム州政府に忠告してきているが、無視され改善されていないと発表した。 飼育方法と殺処分方法。
India seals part of Bangladesh border over bird flu Geo TV, Pakistan (パキスタン) インド、バングラデシュとの国境を封鎖
 鳥インフルがバングラデシュから流入するのを防止するために、部分的に閉鎖。新規地域での発生が、バングラデシュからの密輸された家きんとその産物による疑いから。

Health threat from bird flu again The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ) 再び、鳥インフルエンザによる健康危機が到来
 鳥インフルの脅威は2007年に起き、そしてさらに2008年には、より大きなものになった。この数ヶ月間、やっと発生は制圧された。そして消費者の鶏産物の拒否と、多くの殺処分の傷手から、家きん産業はようやく立ち上がりかけていた。
 しかし、鳥インフルがバングラデシュに隣接するインドのいくつかの州で発生したことが、報じられるという、悪いニュースが入っている。H5N1ウイルスがこれらの州で検出されていることは、バングラデシュにもウイルスが拡大し、再び家きん農場に被害を及ぼす可能性が出ている。
 報告によると、西ベンガル州で数千羽の死亡した鶏で鳥インフルが確認され、そしてアッサム州では30万羽の鶏とアヒルが殺処分されている。
 危険性はバングラデシュとインドの国境沿いで鶏や卵の不正売買が行われ、バングラデシュ内にこれらの感染した産物がもたらされる可能性があることである。
 マスメディアを通して、人々にこうした危険性を知らせる必要がある。
 不穏な情報として、18日に、アッサム州で100人の住民が発熱と呼吸器症状で入院したという。これら住民は鳥インフルに感染したと疑われている。この事実は非常に警戒されべきである。全ての国では、ウイルスが変異して鳥から人に感染するようになることを防いできて、これまでは成功している。もし変異が起きたなら、世界で数百万人が短期間で死亡する可能性がある。
Migratory birds to be monitored Assam Tribune, India  (インド) アッサム州:渡り鳥のモニターが開始
 渡り鳥が鳥インフルウイルスをもたらしていると考える説があり、またそれを信じる人々が野鳥の殺処分を行った事例もある。
 アッサム州森林局では、渡り鳥の動向や、死亡野鳥がいないかの調査を開始する。
Official: tide of poultry death not from bird flu in east China ... Xinhua, China  (中国、新華社) 当局:東中国の家きんの死亡は鳥インフルによるものではない
 東中国の江蘇省の2カ所の地域での家きんの死亡は鳥インフルが原因ではないと、当局が19日発表した。
 江蘇省農業林業局は、いくつかのメディアが報道している、最近二カ所で発見されたH5N1ウイルスは、死亡した鶏からのものだという間違った情報を修正する目的で、19日、記者会見を行った。
 「検査用の検体は生きている鶏からのもので、それらは無症状であった」と、ウ・ペイリアン局長が語った。
 同局長は省の動物疾病予防管理センターは、多くの鶏たちの死亡原因は呼吸症状が原因で、多くは低気温によるものだ、と説明した。
 同局では死亡した鶏の明らかな数は示さなかった。
 ウ局長によると、二カ所の市で検出された変異H5N1ウイルスは、2006年に北部の山西省の鶏で検出されたものに類似しているとされる。 中国当局はそのウイルスに対して効果的ワクチンを製造してある。
 「ワクチンは家きん農家に送られてある。20日までにワクチン接種は終了するだろう」、と同氏は語った。
 ”Wu said that the mutant H5N1 virus found in the two cities were similar to the one found on sample chickens in north China's Shanxi Province in 2006. China has developed effective vaccines to fight the virus.
 "The vaccine has been sent to poultry farmers for free. The vaccination work will be finished by Saturday," he said.”

 江蘇省では合計377000羽の家きんが殺処分された。しかし、鳥インフルの発生は、(ウイルスが検出された)2地域と、周辺では発生していないと、農業省では説明している。




*当記事は18日にロイターがまとめた記事の中の、香港の高名なウイルス学者のグアン氏の下記の説明と異なる。
 ”グアン氏は、中国で現在使われているワクチンは、1996年と1997年に分離されたH5N1ウイルスがワクチン株として使われていて、香港のワクチンは1995年のH5N2ウイルス株が使われていると言う”。

Bird flu under control: Centre Hindu, India  (インド) 鳥インフルはコントロール下に
 ボーパルの高度セキュリティー動物疾病研究所から、アッサム州や西ベンガル州を含む各地から集まっている検体で、新たなH5N1陽性例は出ていないと発表された。
 また家畜局からも国内で異常な家きんの死亡は報告されていないことも発表された。
No New Bird Flu Cases Reported Press Information Bureau (press release), (インド、政府広報室)  インド、新たな鳥インフルの報告はない

 アッサム州や西ベンガル州を含むインドのあらゆる地域から採取された検体のうち、鳥インフルウイルスが陽性だという新たな報告は、ボーパルの高度セキュリティ動物疾病研究所から出ていない。
 また、アッサム州や西ベンガル州を含むインドのどの地域からも、新たな家禽の異常な死亡の報告はない。
 18日、アッサム州では、合わせて129の緊急対策チームが殺処分に従事し、10,363羽の鳥の処分を完了した。これまでアッサム州で処分された鳥の累計は、391,000羽に上る。
 同じく18日、西ベンガル州マルダ県では、合わせて30の緊急対策チームが殺処分を行い、16,963羽の鳥の処分を完了した。
 アッサム州では12の感染場所のうち8つの地域で殺処分が完了した。同州では18日までに補償金として総額 約2,356万円(Rs.1.24 crore)が支払われた。
 西ベンガル州の2ヶ所の感染場所での殺処分は20日までに終わるだろう。消毒作業の完了は25日を目指している。西ベンガル州では、18日までに補償金として総額 約95万円(Rs.4.99 lakh)が支払われた。A.T訳
12月19日




国内の動きから
 ダイワボウ(3107)が8日続伸、連日の高値更新と仕手化人気に沸いている。インフルエンザウイルス感染予防マスク、花粉・アレルゲン吸着マスクで展開、10月には京都産業大学・鳥インフルエンザ研究センターとの産学協同研究による鳥インフルエンザウイルスの感染予防など抗ウイルス素材を使った多機能マスクも発売した。

 

 プレパンデミックワクチン臨床研究で接種した約6000人中8人が脳血栓などで入院したため、厚労省研究班は、年度末までに安全性確認の追加調査を行う方針を決めた。接種対象者と同じ病院などに勤務して、ワクチンを接種しなかった人と、入院頻度を比較し、8人の入院とワクチン接種との間に因果関係があるかどうか調べる。

報道
ダイワボウが8日続伸・インフルエンザ関連で仕手人気化 ストックステーション
新型インフル用の備蓄ワクチン、安全性を追加調査へ 読売新聞


Watch being kept on migratory birds Indopia, India  (インド) 西ベンガル州、渡り鳥の監視を強化
 西ベンガル州に2度目の鳥インフルが発生した原因がいまだ明らかにされてないことから、冬の到来とともに渡り鳥の監視を強化すると、同州の家畜資源局のアニスル・レーマン長官が語った。
 同長官は全力で発生原因を調査していると語り、当局に渡り鳥について自然保護区等を中心に監視するように求めたとされる。
 またマルダ県での発生に家きんの密輸が関係している可能性について、また十分調査が行われていないとも語った。
Over 16000 chickens culled in Malda, culling drive to end Howrah News Service, India  (インド) 西ベンガル州マルダ県で16000羽以上の家きん殺処分が終了
 西ベンガル州の鳥インフル発生地であるマルダ県で16000羽以上の鶏が殺処分され、作業は18日中に終了予定となった。
 感染地域の予定殺処分家きん数は25000羽で、昨夜までに16963羽処分されたという。
 今日、216人からなる27チームが24カ所の村の殺処分を行っている。
 明日から感染地域の消毒が行われる。
 人での発病例は報告されていない。
EU backs Sanofi 'micro' flu shot, Baxter pandemic Reuters (国際) EU、サノフィ社の微量ワクチン接種法とバクスター社のパンデミックワクチンを推奨
 18日、欧州医薬品調査委員会(European regulators)は、サノフィ・アバンティス社の皮内接種用の微量ワクチンとバクスター社のパンデミックワクチンを、ロンドンの欧州医学委員会(European Medicines Agency)の専門家による承認に推薦した。もし承認されたら欧州委員会は数ヶ月以内に、欧州内での販売を承認することになる。
 サノフィ社のIDfluは、初の皮内接種型ワクチンで、注射法開発の専門であるベクトン・ディキンソン社との共同開発になる。
 当ワクチンは多くの免疫細胞が集結している皮内に抗原を投与するもので、高い全身的免疫効果が得やすい。アジュバント無しでも相当な免疫効果があるようだ。アジュバントを含まないだけ、副作用が少ない。
 サノフィ社は世界最大のワクチンメーカーであるが、7000人以上の成人と高齢者層と対象に臨床試験を行ってきたが、従来の季節性インフルエンザワクチン以上に効果的に免疫が獲得される結果を得ている。通常の季節性インフルエンザ予防に、従来以上の効果が期待されると、同社ではコメントしている。
 またバクスター社のパンデミックH5N1ワクチンも推薦されている。
Baxter Receives EMEA Positive Opinion for CELVAPAN, The First Cell ... Stockhouse, Canada  (カナダ) バクスター社、細胞培養法ワクチン、セルバパンがEMEAで良好な反応を得る
 バクスター社が開発中である猿の腎臓細胞の培養系であるベロ細胞を用いた、人用H5N1ウイルスワクチンの臨床試験成績が、欧州医薬品局の医薬品臨床使用委員会(he Committee for Medicinal Products for Human Use (CHMP) of the European Medicines Agency (EMEA) )で、良好な反応を得られたことが、同社から発表された。
 これは”模型”ワクチンで、いわゆるプレパンデミックワクチンに相当する。製造認可がありたなら、パンデミックが発生した場合、当該ウイルスで製造する。
 とう模型ワクチンは、2004年のベトナム株を用いて作成されているが、現在のH5N1ウイルスに対しても交差免疫効果を現した。
 臨床試験による副作用は、通常の季節性インフルエンザワクチンのそれとほぼ同じで、局所の腫れと疼痛、頭痛、倦怠感などであった。
 細胞培養法を用いるので、有精卵方式とはことなり、ウイルスを処理することなく使用でき、短時間で大量製造可能となる。

{バクスター社、セルバパン関連報道}

2007年8月18日報道

Baxter signs British flu vaccine deal  United Press International  (国際) バクスター社、英国とワクチン契約
 バクスター・インターナショナルは、鳥インフルのパンデミックに際し、英国とワクチン提供の契約を締結したと発表した。
 バクスター社によると、血清無添加のベロ細胞を使用した細胞培養法によりワクチンは製造される。
 ベロ細胞とは、アフリカミドリザルの腎臓細胞で、この細胞にウイルスを感染させて増殖させ、そしてワクチンを製造する。
 受精卵を使用した製造法よりも、短期間(12週間)でワクチンを製造することが可能とされる。
 英国保健省の当局者によると、英国はバクスター社とグラクソ社と、WHOがパンデミック株を同定した場合、できるだけ早急に当該ウイルス株に対するワクチンを製造し、英国に提供する契約を3億ポンド(405億円)以上で結んだと、語っている。

~~~~~~~~~~~~~
本年6月12日情報


The New England Journal of Medicine Publishes Study Investigating ... CNNMoney.com (press release)  (米国) New Engl Journal of Medicineが、バクスター社の細胞培養法により作成された鳥インフルワクチンの安全性と効果についての論文を掲載
 バクスター社の人用鳥インフルワクチン、セルバパンの臨床試験フェーズⅠおよびⅡが終了し、その安全性と免疫原性が確認された。
 以下要点のみ。
 ・細胞培養:サルの腎臓細胞の培養株であるベロ細胞を用いてウイルスを増殖。ベロ細胞は培養樹立株なので、継続的に細胞は増殖。受精卵法のように、受精卵の確保が増殖させることの出来るウイルス量の限界とはならない。
 ・使用抗原(ウイルス):A/Vietnam/1203/2004 (ベトナムで2004年に分離された株)
 ・オーストリアとシンガポールの18歳から45歳までの健康成人284人を対象。
 ・使用抗原量は3.75~30マイクログラムで4段階。7.5と15マイクログラムではアジュバント添加、無添加群に分けた。
 ・抗体産生量は、7.5と15マイクログラムの、アジュバント無添加群で最も高かった。

New-style bird flu vaccine shows promise Reuters  (国際) 新作成法による鳥インフルワクチンは十分効果を発揮する可能性
 鶏卵の代わりにサルの細胞を用いて作成する新規作成法の鳥インフルワクチンが臨床試験で安全性が確認され、さらに効果も認められたことが、共同研究者達によって11日発表された。
 バクスター・インターナショナルにより製造されたH5N1鳥インフルに対する人用ワクチンは、鶏卵を用いずに細胞培養系で作成される世界初の鳥インフルワクチンである。
 この細胞培養法は、以下の2点で重要な製造法となっている。まず受精卵を入手することが難しいことと、H5N1ウイルスは急速に受精卵を殺すことが理由となる
 250人以上での臨床試験はフェーズⅠ/Ⅱの安全性を確認する試験であるが、New.Engl.J.Medに掲載された研究報告によると、2回のワクチン接種を受けた人々に強力な免疫が成立したとされる。
 今回の研究で、免疫増強剤(免疫をブーストする)を加えても効果は現れなかったことが、バクスター社の研究陣の責任者であるハルトムト・エーリッヒ博士と共同研究者達が明らかにした。他の鳥インフルワクチンの場合、アジュバントはワクチンの免疫効果を増強するのに、今回開発のワクチンに対してはなぜ効果を持たないのか謎となっている。
 世界で少なくとも16社がH5N1鳥インフルウイルスに対するワクチンを開発しているが、それらが実際にパンデミックになったとき効果を発揮するかどうかについては誰も分かっていない。しかし準備しておく必要があることでは意見の一致はみている。
 バクスター社は季節性インフルエンザワクチンを細胞培養法で製造している。細胞培養法では受精卵の確保が必要ないため、容易にいつでも製造出来る利点がある。
Bird flu vaccine grown in monkey cells, not eggs, shows promising ...The Canadian Press, TORONTO  (カナダ) 受精卵ではなく、サルの細胞で作成された鳥インフルワクチンは有効の可能性

 受精卵の代わりに、アフリカミドリザルの腎臓細胞で作成された鳥インフルワクチンが比較的低濃度で効果を発揮することが、新研究発表で明らかにされ、いわゆる”細胞培養ワクチン製造方法”に大きな期待が寄せられている。
 ”バクスター・バイオサイエンス”は既に欧州ワクチン規制局(European vaccine regulatory body)に、初の細胞培養法によるH5N1鳥インフルに対するワクチン製造技術のライセンス申請をしている。
 研究結果と方法の周辺に関する問題等が、12日発行の「New England Journal of Medicine」に論文として掲載された。
 バクスター社によると、パンデミック開始12週後にはパンデミックワクチンの最初の出荷(集荷可能なバッチが製造)が可能となるようだ。従来の受精卵方式では20~28週要した。
 バクスターの研究では2種類の抗原量を用いた。一つは7.5マイクログラムで、もう一つは15マイクログラムである。両者とも免疫増強剤のアジュバントは加えていない。多くの他社の製品では。パンデミックワクチンにアジュバントを入れる計画になっている。
 得られた結果はオーストリアとシンガポールで行われた臨床試験に基づいている。合計275人の成人を対象としている。
 研究の筆頭責任者であるハルムート・エーリッヒ博士は、バクスター社ではさらに抗原量を1.9マイクログラムに引き下げて、今秋に米国内で臨床試験を行う予定としていると語っている。
 しかしながら専門家の間では、バクスター社の効果判定基準は、他社の用いている判定基準よりも低いとの批判がされている。米国FDAの基準も高い。
 バクスター社では現在の判定基準は、十分臨床的予防効果の判定として見なせると説明している。
 バクスター社のワクチンはウイルス粒子そのものを用いているので、免疫効果が高く、また他H5N1鳥インフルウイルス株との交差予防効果も高く期待される。他社のワクチンはウイルス粒子表面の蛋白を分離して用いているので、全粒子ワクチンよりも免疫効果は低い。
 しかしながら全粒子ワクチンは、注射部位の疼痛、全身倦怠、頭痛等の副作用を起こす等が欠点となっている。

Bird-flu vaccine from cells in lab shows promise WLFI.com, IN  (米国) 細胞培養法による鳥インフルワクチンは十分効果を示す

AP

 世界初の細胞培養法によるH5N1ウイルスに対するワクチンが十分な効果を発揮することが示された。
 研究者達は開発中盤時点での臨床試験結果を発表し、十分効果が得られる可能性が高いことを示した。
 バクスター社の開発するセルバパン(Celvapan)は、受精卵の代わりに細胞培養で抗原となるウイルスを増やしているが、このワクチンを2回接種した成人の四分の三で十分効果が発揮されると考えられるだけの抗体が産生された。またその抗体は、抗原として用いたウイルスとは別の株に対しても十分作用した。
 さらにインドネシアで分離された株に対しても、45%の成人の血液中の抗体が反応した。
 このニュースはパンデミック対策に取り組んでいる保健当局者には良い報告であるが、その一方で、通常の季節性インフルエンザに対するワクチンの迅速な製造方法として注目される。
 研究結果は、(世界的医学雑誌の)「New England Journal of Medicine」の12日号に掲載される。

*細胞培養法により作成されたワクチンの臨床試験は、他にベトナムでも行われていて、今のところ副作用もなく効果は十分確認されているようだ。日本でも秋田のベンチャー企業が開発している昆虫の細胞培養系を用いたワクチンが、今月から臨床試験に入る。

~~~~~~~~~~~~

High alert in Bihar after outbreak of bird flu in Bengal JaiBihar, India  (インド) ベンガルでの鳥インフル発生により、ビハール州でも高度警戒態勢
 西ベンガル州で鳥インフルの発生に引き続き、隣接するビハール州でも高度の警戒報が出された。
 州の家畜局では、厳重な監視と州内の鶏のウイルス感染チェックを行っている。
 鶏の血液検体はボッパールの高度セキュリティー診断研究所に送られH5N1ウイルスが行われている。

Dead chickens get H5N1 mutation all-clear The Standard, Hong Kong  (香港) 香港、家きんから分離されたH5N1ウイルスは変異の兆候はない
 香港のユエンロン農場で死亡した鶏から分離されたH5N1ウイルスには変異が見られなかったことが当局から発表された。
 12月9日に農場で検出されたウイルスの遺伝子配列には、従来株と比較して明らかな差異は認められなかったと、食料保健省の次官が発表した。
 同次官は、どうして鶏がウイルス感染したのか、さらに調査が必要と語った。

 良いニュースとして、21日間再発生しなければ、鶏販売の禁止は解かれ、正月の食卓に鶏が並ぶ可能性がでてきたことである。


Culling runs behind schedule in Malda  SamayLive, (インド) 西ベンガル州マルダ県での殺処分が予定より遅れる
 殺処分チームの1人が何人かの村人に襲われ、他の作業員たちが安全を要求したため、マルダ県での今日(18日)の処分作業は手間取った。目標の16,000羽のうち、これまで9,528羽のみが処分された。
 県の行政官 シリーダール・ゴーシュ氏によると、昨日アナンディプル村で作業員が暴行を受けたため、殺処分チームがそれまで以上の安全を要求し、県の上級職員らの仲裁のあと、作業は午後2時から開始された。同氏は殺処分は明日も続くかもしれないと語った。
 同県では、216人の作業員から成る27のチームが殺処分を実行している。状況をじゅうぶん把握するため、国立研究所からも2人の専門家が参加している。
 一方、村人たちの抵抗を受けて、補償金は鶏の成鳥1羽につき67円(Rs35)から95円(Rs50)へ引き上げられ、アヒルは76円(Rs40)から143円 (Rs75) に上がった。
 家禽所有者は、処分された鶏卵やひよこについても補償金を受け取るだろう。ゴーシュ氏は、家禽農家への補償金として、総額760万円(Rs 40 lakh)が承認されたと語った。
 家禽や家禽製品の流入を阻止するため、アッサム州とバングラディシュとの国境が閉鎖された。州全域への警戒態勢は火曜日(16日)すでに発令されている。A.T訳
Surveillance stepped up as bird flu grips Assam, Bengal Smash Hits, (インド) インド政府、鳥インフルがアッサム州と西ベンガル州に流行する中、監視を強化
 鳥インフルがアッサム州と西ベンガル州で流行する中、インド中央政府は、致死的H5N1ウイルスの拡大を封じ込めるため、周辺地域での監視を強化した。
 致死的ウイルスはアッサム州の6つの県に広がったが、当局はこの規模を流行病が発生したものと捉えている。西ベンガル州のマルダ県でも、このウイルスは今年2度目の出現になる。
 農務省 畜産酪農業局によると、この2つの州で合計368,935羽の鳥が処分された。
 保健省が木曜日(18日)に出した声明では、約1,150人の保健所職員が現在もこの2州で監視に従事している。
 同声明によると、熱を伴う143件の上気道感染症の症例が見つかったが、これらの患者に死んだ鳥や病気の鳥に接触した者はいなかった。
 また、122件の発熱の症例が、さまざまな医療施設から報告された。
 精力的な戸別訪問による監視も、感染場所から0~3キロと3~10キロの範囲で続けられている。監視は、0~3キロの地域で合計178,485人の住人に及び、3~10キロの地域では145,317人に及んだ。A.T訳
12月18日



国内の動きから
 国は新行動計画案に基づき、具体的なガイドラインも見直した。

 最も踏み込んだのは感染者発生時の学校閉鎖だ。各都道府県で一例でも感染者が確認されれば、都道府県が管内の全学校に対し臨時休校を要請できるようになる。 
 発生時の医療機関の混乱を防止するため、原則として軽症患者は自宅療養とし、重症患者のみ入院とする。
 慢性疾患を持つ患者には、服用中の薬剤を多めに処方して医療機関での受診回数を減らして新型の感染の機会を少なくする一方、災害時と同様に電話での診療、ファクスによる抗ウイルス薬の処方箋(しょほうせん)の発行を認める。
 一般国民の協力も具体的に求めている。新型も従来型と同様に、咳(せき)やくしゃみなどの飛沫(ひまつ)や接触で感染する。咳などが出る際にはティッシュで口を覆うなど「咳エチケット」の実行が重要。これだけでも感染の拡大防止に役立つ。
 新行動計画案は国民からの意見募集のあと、年明けにも政府全体の方針になる。

 新潟県三条地域振興局は、17日午後2時から三条市中央公民館で「新型インフルエンザに備えて」をテーマに知事とのタウンミーティングを開き、パネルディスカッション形式で泉田裕彦県知事、国定勇人三条市長や市民らがそれぞれの立場で、必ず起きると言われる新型インフルエンザの感染爆発(パンデミック)に備えた対応などを意見交換した

報道
新型インフルエンザ 万全の備えがいる段階 中日新聞
三条市で「新型インフルエンザに備えて」をテーマに県知事とのタウンミーティング ケンオー・ドットコム


India seals part of Bangladesh border over bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) インド、バングラデシュとの国境を、鳥インフル拡大阻止のために部分的に封鎖
 バングラデシュからの家きんの密輸により鳥インフルエンザが拡大してきている可能性から、西ベンガル州とバングラデシュとの国境の部分的閉鎖。
Crows test positive for bird flu, H5N1 spreads to 7th district Sakaal Times, India  (インド) アッサム州、死亡カラスがH5N1陽性、7番目の県に拡大

アッサム州でさらに家きんの死亡が報告され、州の7県にまで広がった。また何羽かの死亡したカラスの検体でH5N1が陽性であった。

鳥インフルエンザ(AI)発生が本格化、遮断防疫を徹底 Medical Today (韓国、ハングル)
 農林水産食品部(以下 農食品部)は、タイ・香港などで鳥インフルエンザ(AI)の発生に続いて中国江蘇省とインド西ベンガル州の家擒類農家でも発生したという16日の報道を受け、国内の鶏・鴨農家に対して徹底的な遮断防疫が必要だと18日明らかにした。
 また農食品部は、現在タイ・香港など鳥インフルエンザ発生国に注力している旅行携行品チェック強化などの国境検疫を、中国・インドを始め全ての東南アジア国家まで拡大し、海外渡航者が鳥肉などを不法に携行していないか調査を徹底する。
 農食品部関係者は「家畜防疫機関及び生産者団体などを通じ、鶏・鴨飼育農家に農場へ出入りする車や人員に対する消毒を徹底的に実施するほか、渡り鳥渡来地への訪問を自粛するなどの遮断防疫を強化するよう徹底する」と説明した。
 最近の高病原性AIはベトナム(11/30)、タイ(11/10)、ラオス(11/8)、インドアッサム州(11/21)、バングラデシュ(12/2)、香港(12/9)で発生している。
H.I訳
Migratory birds under scanner in Malda The Statesman, India  (インド) マルダ県で渡り鳥の監視
 マルダ県の森林局では、冬期間に入り、飛来してくる渡り鳥の監視を始めた。
 死亡した野鳥を探して、家畜資源局に持ち込み鳥インフルウイルス検査を行う。
 これまではまだ死亡鳥は見つかっていないという。
 しかしながら、森林局では、マルダ県での繰り返される鳥インフル発生が、渡り鳥によるものとは考えていないと言う。
Bird flu flares anew, raising uneasy questions Reuters (ロイター) 鳥インフルの再燃、不確かな疑問を提示
 アジアとエジプトにおける鳥インフルの再興は、専門家たちに難しい問題を突きつけている:絶えず変異し続けているウイルスに対してワクチンは効果があるのか?政府はウイルスの拡大阻止のために十分対策をとっているのか?

 ウイルスは先週、先進的バイオセキュリティー対策を施している香港の農場で100羽以上の鶏を殺し、約8000羽に上る農場や市街市場で家きんの殺処分が行われた。
 
 香港大学のH5N1ウイルス専門家であるグアン・イ氏は、世界中の家きん農家の中には、完全に予防効果を持たないワクチンを使用している例があり、ウイルスの変異過程を止めることが出来ていないと警告している。
 「香港で使用されているH5N2ワクチンは、米国のH5N2ウイルスに対して作成されたもので、広東H5N1株とは大幅に異なる」、と同氏は警告する。
 「何も鳥インフルが発生してないときは、我々はそれが効果的と考えていた。しかし、今、鳥インフルが(香港で)発生したのだから、我々はワクチンが無効であると考えるべきだ」、と同氏は説明する。
 人のワクチン使用に関しては、WHOは厳格に監視しているが、家きんに対するワクチン使用に関しては極めて指導は手ぬるい。
 「人のワクチンに関してはWHOから勧奨が出る。しかし家畜のワクチンに関しては現在、そのような指導はない」、とロッテルダムのエラスムス医学センターの指導的ウイルス学者のアルベルト・オステルハウス博士が語る。
 「ワクチンの質の問題があるが、これまでの使用されてきたワクチンの質は低い」。

 
 11月末からウイルスはインドネシアで2人の子供に感染し、1人を殺している。またエジプトでは1人の少女を殺した。さらにカンボジアの若者は検査でウイルス感染が確認されている。
 またインドでも、西ベンガル州やアッサム州、及び隣のメガラヤ州で、H5N1ウイルスが検出されて数十万羽の家きんだ殺処分されている。

現在のワクチンはもはや無効

 グアン氏によると、ウイルスは間違いなく変異しているという。そしていくつかの地域の政府に、もはや無効となっているワクチンを使い続けていることを警告する。
 グアン氏は、中国で現在使われているワクチンは、1996年と1997年に分離されたH5N1ウイルスがワクチン株として使われていて、香港のワクチンは1995年のH5N2ウイルス株が使われていると言う。
 「もう時代は2009年に入るのだ。これらのワクチンが効果を持っていると、誰か考える?」
 1997年にH5N1ウイルスが香港で人で同定されているが、それ以来科学者たちはH5N1ウイルスを10系統確認している。それはウイルスの変異の速度と頻度を物語っている。

 例えば、インドネシアで検出された株はヨーロッパや中東、そしてアフリカで見つかっている株とは非常に異なっている(前者は青海株:訳者)。
 「家きんに対するワクチンは、正しく使われるならば、効果は持つが、ワクチンに用いられた代表的株が、現在流行している株と適合していないという憶測はされている」。オステルハウス博士はそのように語っている。
 「理論的にワクチンで用いられている株が、流行している株と相当異なっている可能性はある」、と同博士は繰り返した。
Asian Countries Battle New Bird Flu Outbreaks Voice of America  (米国、VOA) アジア諸国、鳥インフル発生で対策に大わらわ
 アジアの数カ国で鳥インフルが新規に発生したため、対策に追われている。
 カンボジア:プノンペン南部の地域で家きんの殺処分が行われている。19歳男性が致死的H5N1ウイルスに感染していることが確認されたことから、家きんでの感染が分かった。
 インド:東部の西ベンガル州当局は、今週早くに鳥インフルが家きんの間で確認され、その殺処分を開始したが、住民の抵抗にあっている。
 地域当局と住民は、多くの村人たちは補償費を即支払わない限り、家きんを手放さないと主張していると言っている。

 一方、先月末に鳥インフルが発生した北東部のアッサム州では、数十万羽の家きんが殺処分されたが、ウイルス感染の症状のある少なくとも100人以上の住民が健康監視下に置かれている、しかし当局では、人での鳥インフル発病者はこれまで確認していない。

 またフランス報道配信社であるAFPは、国連当局者の談話として、東中国の江蘇省で見つかったH5N1鳥インフルエンザに関して、それほど危険性はないため、重要視していないとする発言を伝えた。
Flu pandemic guidelines underscore role of health care employers SmartBrief, DC (米国、ワシントン) パンデミック・インフルエンザ-ガイドラインは保健医療機関の雇用者の役割を強調
 米国保健福祉省は新規ガイドで以下の勧奨を行った;保健医療機関の雇用者(経営者、責任者)は、抗インフルエンザ薬を備蓄し、パンデミック時に救急医療スタッフや他の医療担当者への使用の決定権を持つ(使用基準等の決定権)。
 「雇用者は被雇用者の健康と安全を守る役割を果たさなければならない。それによりパンデミックが国の健康状況、経済状況、社会状況に及ぼすインパクトを軽減することにつながる。
 *詳細報道は昨日掲載。
Bird flu outbreak in Indian states around Bangladesh The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ周辺のインドの州で鳥インフルが発生
 アッサム州と西ベンガル州で鳥インフルが発生した事実だけを報道。
Bird flu spreads to Barpeta Assam Tribune, India  (インド) 鳥インフル、バルペタ県に拡大
 下記報道と類似内容。他県における検査結果が出ていないが、さらに拡大している可能性がある。
Bird flu spreads in more areas in Assam Sakaal Times, India  (インド) アッサム州で鳥インフル拡大
 アッサム州で鳥インフルがさらに新地域へ拡大した。同州ではすでに7県で発生しており、そのうち3県で殺処分が行われている。
 ボッパールの高度セキュリティー診断研究所の結果により、鳥インフル発生地は6カ所から9カ所に増えた。
 新規感染地は、バルペタ県のサリハ村、ボンガイガオン県のケルアマラ村、および当初殺処分が行われたグワハチ市のカグリ村である。
WB: Culling faces villagers' opposition NDTV.com, India (インド) 西ベンガル州、殺処分に村人たちが抵抗
 西ベンガル州のマルダ県は家きんを国境沿いのバングラデシュから輸入、また鳥インフルが発生しているアッサム州からも輸入していた。
 州行政府は18日まで16000羽の家きんの殺処分を予定していたが、村人たちの家きんに対する補償費問題の抵抗に会い、順調に進んでいない。
No bird flu threat Ceylon Daily News, Sri Lanka  (スリランカ) スリランカ、鳥インフル発生の心配はない
 スリランカではこれまでH5N1鳥インフルエンザの発生はないが、周辺国(インド、パキスタン、中国、タイ)で発生しているので危険性はある。
 保健栄養省は、警戒態勢をとっているが、薬、医療用品、隔離室等の準備もしている、と語った。
Bird flu outbreak in China 'not a real concern': UN AFP  (国際) 中国の鳥インフル発生、重大性はない:国連

 17日、国連は中国における鳥インフル発生に関して、冬期間における散発的発生は心配はないもので、今回の事例もそれほどの重大性はない、と見解を発表した。

 16日、中国政府は東部の江蘇省でH5N1ウイルスが検出されたため、家きんの殺処分とワクチン接種を開始したと発表した。
 

 「我々は、状況の推移を見守っている。もし何らかの理由でさらに発生が広がるならば、関心を待たざるを得ないが、現在の状況は全く心配はない」、と国連食料農業機関(FAO)中国事務所の上級技術顧問である、ビンセント・マーチン氏が語った。
 「現在我々は綿密に状況をモニターしている。冬期間にこの地域で散発的に発生したとしても、それほど心配なことではない」。
 2003年以来、既に200人以上の人々を犠牲にし、世界中の家きんに広がった致死的H5N1ウイルスが、東台市と近隣の海安郡で検出されたと中国農業省は16日に発表している。

 鳥インフルが検出されたことから、地域の農業担当局は家きんに対するワクチン接種の強化を図っているが、その一方、発生地域周辺で37万7千羽の鶏の殺処分を行った。
 ウイルスは他の地域では検出されていない。
 今年度中国では数回にわたって鳥インフルの発生があった。初期の報告では家きんから感染して3人が死亡している。
 マーチン氏によると、FAOは16日に鳥インフル発生に関して中国当局から報告を受け、それは渡り鳥によりもたらされた可能性が高いと説明されている。
 「この4年間、中国の状況は改善されてきている。昨年、発生は非常に少なかった」、と同氏はコメントしている。
 「中国政府は監視態勢を強化している。そしてワクチン接種キャンペーンを積極的に推し進めている」
 江蘇省での鳥インフル発生は、先週香港で発生し、9万羽の鶏が殺処分された事例に引き続き起きている。

Cambodian authorities begin poultry cull after bird flu case Earthtimes (press release), (英国)  カンボジア当局、人での鳥インフル感染事例後に殺処分を開始
 カンボジア農務省のカオ・ファル長官によると、カンボジア当局は水曜日(17日)、5日前に若い男性が鳥インフルと診断されたカンダール州の村で、300羽以上の鶏やアヒルの殺処分を開始し、住民の血液検査も同村や周辺地域で続けている。
 また、感染地域10キロ以内の全ての家禽に30日間の隔離措置をしいた。
 「今後10日間、鳥インフルを疑わせるような地域があれば、鶏やアヒルの更なる処分を続ける」とファル長官は語った。
 19才の若者は、2005年以降 H5N1ウイルスに感染したと診断された同国で初めての患者であるが、現在、プノンペンの病院で安定した状態にある。彼は2003年から数えると、カンボジアで8番目の鳥インフル患者である。彼以前の7人は全員死亡した。
 疾病管理局のリ・ソバン副局長は、今回被害を受けた村や同国内のその他のいかなる場所からも、人での新たな感染事例は見つかっていないと語った。A.T訳
Earthtimes (press release), (イギリス)
First Phase Culling Operation in Bird Flu Affected Areas in Assam
Successful!
  MedIndia, (インド)  インド アッサム州、鳥インフル感染地域での殺処分の第一段階に成功!
 アッサム州の鳥インフル感染地域、カムループ県、ナルバリ県、バルペタ県、ディブルガル県での殺処分作業の第一段階が完了した。また、鳥インフルが他に拡大したという新たな報告は、同州のいかなる地域からも届いていない。
 同州のタルン・ゴゴイ首相はディスプルでの高次元会議で、州内の鳥インフル状況を再検討すると同時に、関係当局者たちに、この恐ろしい病気に対する大規模な啓発運動を始めるよう要請した。彼はまた鳥インフルを封じ込めるため州政府に協力するよう人々にも訴えた。
 一方、致死的H5N1鳥インフルの広がりは、家禽の販売に打撃を与えた。ウイルス拡大阻止する予防的措置が取られたため、同州の家禽農場は休業に追い込まれ、多くの失業者が発生している。ビジネスを上手くやっていた農民は今や損害を嘆いている。
 「我々は月に平均 約15,000羽の鶏を供給していたが、今や農場は閉鎖され、これから3ヶ月はこのままの状況だろう」、と家禽農場の経営者サム・クンドゥ氏は語った。
 「私の農場はこの辺りでは最も大きな農場の1つで、常時6~8人の少年が働いていたが、農場が閉鎖されてからは、彼ら全員が失業した。私にも他の仕事はなく、ぶらぶらして時間を無駄に過ごしている。この地域のほとんどの人々が失業し、今は各自の家族に扶養されている」、と別の家禽業者サイフディング氏も話している。A.T訳
12月17日

Indonesia Plans To Eliminate Bird Flu By 2014 Bernama, Malaysia  (マレーシア) インドネシア、2014年までに鳥インフルウイルスを駆除(封じ込め)と
 インドネシアの高官は、2009年から2011年の間、より強力なウイルス封じ込め対策を行って、順調にゆけば2014年までにウイルスの駆除を完結させる予定と語った。
Indian villagers resist bird flu poultry cull Reuters AlertNet, UK  (英国) 西ベンガル州、村人たち、家きん殺処分に抵抗
 東インド当局によるH5N1ウイルス拡大防止のための家きんの殺処分は、貧しい農家で家きんを隠すために作業が進んでいない。17日、当局者が語った。感染予防衣で身を包んだ数百人の殺処分のための作業員は、いまだマルダ県で250羽の家きんしか殺処分出来ていない。彼等の計画では18日までに16500羽の鶏とアヒルを殺処分することになっている。
 村人たちは感染して生き残った家きんを隠している。
 家きんが殺処分される前に補償金が支払われないことが、協力しない理由のようだ。しかし、村人たちと家きん農家に対して、殺処分した家きん1羽につき20~50ルピー支払うことになっていると、当局では説明している(補償費は年齢によって異なる。)

 他に村人たが家きんの殺処分に抵抗する理由は、正月前に家きんを失うことである。低額の補償費を受け取っても、正月の準備の足しにならない、と村人たちは不満を抱いている。

 アッサム州での補償費は当初1羽につき60ルピーであったが、その後90ルピーに増額している((約94円から170円)。

Developed Countries Agree to Share Benefits of Bird Flu Virus Tempo Interaktif, Indonesia 先進国、鳥インフルウイルスの共有による利益共有に同意
 ジュネーブせのパンデミックインフルエンザ対策政府間協議が12月13日に終了し、大きな進展を得た。
 保健省大臣のシチ・ファディラ・スパリ女史がインドネシア代表として参加した。
 協議では5項目の合意が得られた。
 インドネシアから11カ国の支持を得ている、ウイルス共有の利益に関する提案は受け入れられた。
 また60年の歴史を持つWHO世界インフルエンザ監視ネットワーク機構は、利益共有型ウイルス共有システムを取り入れた新システムに置き換えられた;WHOインフルエンザ・ネットワーク

Cambodia confirms bird flu outbreak, starts culling Reuters AlertNet, UK (英国) カンボジア、鳥インフル発生を確認、殺処分が開始
 カンボジアはカンダル省での家きんで鳥インフルの発生を確認し、その殺処分を開始した。同省で若い男性がH5N1ウイルスに感染したことが判明して5日後である。
Joint exercise tests bird flu strategy IBTimes Hong Kong, CA  (米国、カリフォルニア) 香港、マカオ、および中国が共同で、鳥インフル拡大阻止訓練
 香港、マカオ、および中国本土の保健担当者と医療関係者60人が、人発病事例を伴った国境をまたがった鳥インフル発生に対する協力関係を確認する模擬訓練が行われた。
 想定されたシナリオは、香港に住む48歳の男性が13歳の娘と、中国本土に住む妻の元を訪問した後に鳥インフルを発病したというものである。本土に住む妻も感染が確認された。
 香港政府は緊急事態レベル(serious response leve)と位置づけて警戒報を発令し、本土とマカオに緊急連絡した。3地域の保健局では緊急対策を開始し、事態はコントロール下に置かれ、新たな人の発病者は出なかった。

*中国本土で感染して香港に戻るというシナリオは、まさしくSARS勃発時の状況を真似たものだ。しかしあのときは広東省で多数の発病者が既に出ていた。中国本土で家きんの流行だけで、そこを訪問した旅行客がウイルスに感染して発病するということは、まずあり得ないと思われる。本土で人での発病者が出て、ウイルスが変異して、そして人人感染が起き出してから、このような事態が発生すると思われるu(訳者)。

Farms may not be using 'right vaccines' China Daily, China  (中国) 農家では適正なワクチンを使っていない可能性
 アジアとエジプトにおける鳥インフルの再興は、農家で使用しているワクチンが適正でない可能性とウイルスが変異している可能性を示唆していると、専門家たちが16日語った。

 香港大学のH5N1ウイルス専門家であるグアン・イ氏は、世界中の家きん農家の中には、完全に予防効果を持たないワクチンを使用している例があり、ウイルスの変異過程を止めることが出来ていないと警告した。
 「香港で使用されているH5N2ワクチンは米国のH5N2ウイルスに対して作成されたもので、広東H5N1株とは大幅に異なる」、と同氏は警告する。
 「何も鳥インフルが発生してないときは、我々はそれが効果的と考えていた。しかし、今、鳥インフルが(香港で)発生したのだから、我々はワクチンが無効であると考えるべきだ」、と同氏は説明する。
 11月末からウイルスはインドネシアで2人の子供に感染し、1人を殺している。またエジプトでは1人の少女を殺した。さらにカンボジアの若者は検査でウイルス感染が確認されている。
 グアン氏によると、ウイルスは間違いなく変異しているという。そしていくつかの地域の政府に、もはや無効となっているワクチンを使い続けていることを警告する。
 香港でウイルスが同定された1997年以来、科学者たちは10系統以上のウイルス株を検出してきた。変異の速度と回数は非常に早いが、人に感染する株への変異は起きていない。
 例えば、インドネシアで検出された株はヨーロッパや中東、そしてアフリカで見つかっている株とは非常に異なっている(前者は青海株:訳者)。
 オランダのエラスムス医学センターの有名なウイルス学者のアルバート・オステルハウス教授は、理論的にはワクチンで用いられている株は、流行している株と相当異なっている可能性はある、とコメントしている。
HHS Releases Guidance for Use and Stockpiling of Antiviral Drugs ... International Business Times, NY  (ニューヨーク) 米国保健福祉省、パンデミック時における抗インフルエンザ薬の使用と備蓄に関するガイダンスを発行

 パンデミック・インフルエンザ時に患者と接触する業種の人々、例えば保健医療担当者と救急業務担当者は、接触前、発病前でも抗インフルエンザ薬で守られる必要がある。米国保健福祉省が発行したガイダンスには、そのように記載されている。
 これらの抗ウイルス薬の備蓄や使用計画は雇用者の責任とされる。
 ガイダンスでは、ある種の業務についている人々が、患者と接触した後に予防内服することも勧めている;免疫力が低下している人、消防士、通常は患者と接触しない救急業務に携わる人、高齢者施設の入所者、囚人、他。
 保健福祉省ではさらに、パンデミック・インフルエンザに罹患した人々の治療のために抗インフルエンザ薬を使用することも勧め、可能な限りパンデミックの拡大を抑えることを目的としている。 国と州における備蓄目的は主にこの治療目的にあるが、量は7200万人分以上あり、十分量存在している。

 雇用者の責任を明確にすることで、新抗インフルエンザ使用ガイダンスは、公共と企業両者における準備の重要性を強調している。
 「パンデミック・インフルエンザ対策と準備は、社会の中の全ての構成要素の行動が要求される。個人、家庭、地域社会、企業の雇用主、そして全ての行政組織である」、と保健福祉省のパンデミック対策担当高官であるクレイグ・バンデルワーゲン氏が語っている。
 「雇用主は被雇用者の健康と安全の確保を果たす必要がある。それにより国全体への健康、経済、社会機能に及ぼすパンデミックの衝撃が緩和される」。

 関連する文書で保健福祉省は、雇用主に抗インフルエンザ薬がパンデミック対策の一部分に組み入れられるべきことを示し、抗インフルエンザ薬による戦略についても説明した。
 「企業界はパンデミックの兆候があったとき、迅速に職場の感染対策と業務の継続を可能にするための計画を前もって作成するべきである」、とバンデルワーゲン氏は語り、
 「雇用主はその計画の中で、一つの手段として抗インフルエンザ薬の備蓄を考えても良いだろう」とも言っている。

 抗インフルエンザ薬の使用は、パンデミック・インフルエンザ中のこれまでの予防対策の一つとして付け加えられることができる:発病者は休業して、自宅で療養、職場で人との接触回数を減らす、手洗い等の衛生管理の見直し等。
 保健福祉省のガイダンスは、雇用主に、処方薬である抗インフルエンザ薬の発注、保管、配布等に関して、合法的、倫理的、兵站的、医学的、そして経済的問題に十分配慮することを勧奨している。

ガイダンス原文へ



   
  西ベンガル州(左)とアッサム州(右) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


West Bengal starts 3-day culling in bird flu hit Malda  Newstrack India, (インド) 鳥インフルの被害地、インド西ベンガル州マルダ県で3日間の殺処分が開始
 火曜日(16日)、西ベンガル州マルダ県の被害地 半径3キロの地域で家禽の殺処分が始まった。「住民の協力があれば木曜日(18日)日(18日)までに終わるだろう」と、県家畜資源局のN.K.・シット副局長がIANSに語った。
 白い防護服を着、手袋やマスクを着けた17の殺処分チームが、マルダ県のイングリッシュバザール警察本部のもと、ナラッタ村とサトゲリア村で、鶏やアヒルを殺処分し埋却しはじめた。シット副局長は、州家畜資源省が1万6千羽の鶏やアヒルを処分することを決め、その数は3日間の処分作業中に増えるかもしれないと語った。
 「住民は今や鳥インフルについて これまでより多くを知っていて大人しく我々に鳥を引き渡しているが、ことによると彼らはいつどこで協力をやめ我々に抵抗し始めるかもしれず、それは殺処分作業を遅らせるかもしれない」と彼は話した。
 今回の発生は、5万羽以上の鳥が処分された今年の3月以来、マルダ県では今年2度目の鳥インフルである。
 一方、西ベンガル州政府は、状況に取り組む準備ができていると語り、住民にパニックにならないよう求めた。同州家畜資源省のアニスル・レーマン長官は、「我々は鳥インフルの拡大を防ぐため あらゆる対策を講じ、準備も十分出来ている」と語った。「パニックにならないで下さい。州政府は状況を絶えず監視しています。また、被害地域から半径3キロの圏外では、家禽製品の販売や消費を妨げるものはありません。しかし、住民はいくつかの予防手段を取らなければなりません」と彼は話した。(家禽製品の販売と消費は被害地域では禁止されている。)
 県の行政官シリダール・ゴーシュ氏によると、これまでのところ西ベンガル州マルダ県ではH5N1鳥インフルウイルスの新たな発生は起きていない。A.T訳

India Reports Bird Flu Virus Outbreak In West Bengal Gant Daily, PA  (米国) インド、西ベンガル州での鳥インフル発生を報告
 東インド当局は、西ベンガル州で数千羽の鶏が死亡し、検査で致死的H5N1ウイルスが確認されたことを発表し、同州で鳥インフルが発生したことを確認した。

Alert sounded in entire West Bengal against bird flu Sakaal Times, India  (インド) 西ベンガル州全域に鳥インフル警報
 西ベンガル州で鳥インフル再興により警戒報が出された。発生マルダ県では家きんの殺処分が始まったが、農家の抵抗にあっている。
 家畜資源局のアニスル・レーマン長官はムルシダバド県のドムケルで、感染はマルダ県でのみしか確認されていないが、州全体に警戒報が出されたことを発表した。州としては11ヶ月ぶりの発生である。


 殺処分は最初にナラッタ村でだけ行われる予定であったが、住民が処分前の補償費を支払うように求めてきたと、警察では言っている。
 8人の男性から構成される18殺処分チームが、移動警官の6チームと共に感染地域の家きんの殺処分を行う予定になっている。
400000 poultry culled in bird flu hit Assam Smash Hits, India  (インド) 40万羽の家きんがアッサム州で殺処分に
 40万羽の家きんの殺処分がほぼ完了し、地域の消毒作業に入る予定であると、アッサム州の家畜局長官が語った。
 アッサム州ではこれまで少なくとも8県で、家きんの間での鳥インフルが発生している。

Deadly bird flu virus found in Jiangsu Shanghai Daily, China  (中国、上海) 江蘇省で致死的鳥インフルウイルスが検出
 東中国の江蘇省で致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出され38万羽近い家きんが殺処分されたことが、農業省から昨日発表された。
 ウイルスは東台市、および隣接する海安郡で検出されたと、農業省はウエブサイトで発表した。
 人での発病者は報告されていない。

 同省によるとH5N1ウイルスの感染は、両地域の鶏の定期検査で15日見つかったとされる。病的になった鶏の存在は報告されていない。
 農業省の専門家による初期の検査では、ウイルスは渡り鳥によって地域内にもたらされた可能性があるが、南部で見つかっているウイルスとは異なっているとされる。
 農業省の研究所ではウイルスの変異について昨日分析を開始した。
 発生2地域からの家きんと、その産物の輸送は禁止された。
 ウイルスの検出は、香港で鶏からウイルスが見つかったことから8万羽の鶏が殺処分された1週間後である。

Suspected birdflu patient dies Antara, Indonesia  (インドネシア、国営通信) インドネシア、鳥インフル疑い患者が死亡
 バンテン、タンゲランのビンタロ村の鳥インフル疑い患者が死亡した。イニシャルがSuさんと言い、24歳の女性である。
 彼女の叔母の話では、女性はタンゲランのシレヅンのサリアシ病院で濃厚治療を受けていた。
 女性の症状は高熱と咳、そして呼吸困難であったが、症状が悪化するため、家族は女性を病院に運んだ。
 タンゲラン保健局の長官であるハリ・ヘリャント氏は、保健局では彼女の死が鳥インフルであるかどうかは、まだ確認していないという。
 女性の血液検体は検査中とされる。

 タンゲラン地域はジャカルタの西に位置し、鳥インフル流行地域として知られ、これまでもっとも多くの患者が発生している。合計17人の患者が報告され、そのうち15人が死亡している。

12月16日


国内の動きから
 信大医学部付属病院(松本市)は14日、公開講座「市民として新型インフルエンザに備える」を同市の県松本文化会館で開いた。教授や看護師ら3人が講演。世界的大流行が懸念される新型インフルの出現に備え、食料品や日用品の備蓄を進めたり、手洗いやうがい、マスク着用などの感染症予防を習慣づけていく必要性を訴えた。

*従来型の啓発内容であるが、市民に対する啓発なのか、煽りなのかの慎重な判断が必要。
 公衆衛生学的アプローチが無いのは、大学病院主催としては疑問(管理人)。

報道
新型インフルエンザ 信大病院が公開講座  長野日報 

Bird flu found in chickens in eastern China eTaiwan News, Taiwan (台湾) 東中国の養鶏場で鳥インフルが確認
 下記AP通信
Bird flu found in chickens in eastern China IBTimes Australia, Australia  (オーストラリア) 東中国の養鶏場で鳥インフルが確認
 
 AP
 東部中国で、鶏における鳥インフルが発生したため、鶏30万羽以上が当局により殺処分されたと、16日、中国農業省が発表した。

 江蘇省海安郡と東台市の獣医局当局者が、地域の鶏で検査の結果、H5N1ウイルス感染を確認したと、保健省がAP通信にFAXで連絡してきた。
 いつから鶏が死にだしたのか等詳細は不明であるが、両地域は20キロ程離れている。
 拡大を防ぐために両地区の当局では、鶏と他の家きん37万7千羽を殺処分した、と農業省では説明している。
 感染地域は消毒され、家きんとその産物の移動は禁止されている。
 農業省は詳細は伝えずに、渡り鳥がウイルス感染の原因と考えられると説明している。
 専門家達は、渡り鳥は商業用家きん農場へH5N1ウイルスをもたらしている可能性はあるが、ウイルスの拡大は、主に家きんやその産物の輸出入、特に密輸が原因となっていると考えている。
 先週、香港政府は、農場で3羽の鶏からH5N1ウイルスを検出したため8万羽の家きんの殺処分を行った。
 本年度9月まで世界20カ国で家きんのH5N1鳥インフルが発生したが、昨年は25カ国であったことから発生数は減っていると、国連の当局者は語っている。

韓国報道から
中国、AI 感染鶏が数十万羽流通 希望の声 12/16  (韓国、ハングル)
 家擒農場が集中している中国南部江蘇省で、鳥インフルエンザ(AI)に感染したと疑われる鶏数十万羽が市場に流通していることが判明した。
 自由アジア放送(RFA)の15日の報道によると、江蘇省通州市、東台市などの地域で最近AIが発生したが、政府の補償金が少なすぎるとの理由で、農民たちは捨値で卸業者に販売しているという。
 海外中国語サイト「博迅」でも、不法商人が東台市の各養鶏場で斃死した鶏を過酸化水素で消毒後冷凍して全国各地に流通させていると伝えている。
 「博迅」の市民記者の情報によると、中国最大の祝日「春節」を控えて需要が急増しており、安価のため毎日数万羽以上売れているという。
 「博迅」の他の情報提供者も、通州市興東鎮永慶村の養鶏場では鶏4千羽余のうちほぼ半数がAIで斃死したが、全て上海、蘇州、南京など周辺の大都市で燻製鶏として売られていると伝えている。
 自由アジア放送がインタビューした現地目撃者は、普段より多くの鶏が外部に運びされていると言い、 上海など南部地域の検疫が厳しくなったため、現在は山東省など北部地域の卸業者が出入りしていると伝えた。
 この目撃者によると、現地当局はこうした状況を隠蔽しているのではなく、2004年のように急速に拡大しない限り強い措置は取らないという。
 中国衛生部と国営メディアは今のところ関連情報を公表していない。
 H.I訳


India confirms new outbreak of bird flu AFP  (国際) インド西ベンガル州で鳥インフルが発生

 東インドの行政当局は16日、数千羽の鶏が死亡した原因が鳥インフルによるものであることを確信したが、一方アッサム州では鳥インフル制圧に困難を極めている。

 西ベンガル州で家きんが致死的鳥インフルで死亡したことが検査室で確認された。州都コルカタで家畜資源局が発表した。
 殺処分が17日から開始される。
 西ベンガル州の保健局は今年始めに最悪の鳥インフルが発生したとき、その拡大を抑えるために、500万羽の家きんの殺処分を余儀なくされた。
 ウイルスは19県のうち14県に拡大した。同地域の人口は8000万人であるが、人での感染者は報告されなかった。

 北東部のアッサム州では既に25万羽の鶏がこの二週間に殺処分された。同地域では多くの住民が病的状態になったと報告された。(発熱や上気道炎:訳者注)。
 しかしながら、インドではこれまでH5N1ウイルスに感染した人の報告はない。

Health officials confirm bird flu virus in an area of eastern India News1130, Canada  (カナダ) 東インドで保健局が鳥インフル発生を確認
 東インドで死亡した鶏から得られた検体で致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 この西ベンガル州での鳥インフルの発生は、同州として2度目で、隣接するアッサム州での流行から拡大してきた。
 西ベンガル州の州都コルカタの北東354キロのロルハタ村で検体は採取され検査されていた。
Movement of poultry banned from flu hit villages The Statesman, India  (インド) 鳥インフル発生村からの家きんの移動が禁止に
 家きんにおける鳥インフル発生が確認された、西ベンガル州マルダ県の発生村からの家きんの移動が禁止された。
Bird Flu alarm bell rings in Jalpaiguri, S Dinajpur districts The Statesman, India  (インド) ジャルパイグリ、南ヂナジプル県でも鳥インフル警戒報
 西ベンガル州のジャルパイグリ県と南ジナジプル県でも鳥インフル警戒報。アッサム州とバングラデシュからの家きんと家きん産物の輸入を禁止。

Egyptian girl dies of bird flu stv.tv, UK (英国) エジプで少女が鳥インフルで死亡

Egyptian girl dies of bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプで少女が鳥インフルで死亡

 16歳少女が致死的H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに感染して15日死亡した。エジプトで51人目の発病者となり23人目の死者となった。国営通信のMENAが発表した。
 中央エジプトのアシュト県に住むサミハ・サレムさんは、自宅で飼育していた家きんが病的になった後接触して感染した。
 保健省によると少女は、2羽のアヒルが死亡し、残りを自宅で殺処分したが、その後、1週間前に発病したという。
 少女は高熱と嘔吐、および下痢で入院し、すぐに濃厚治療室に収容された。
 少女はタミフルで治療されたが、肺感染症と呼吸不全を起こし、15日死亡した。
 少女の死は、鳥インフル死亡としては、本年4月以来初めてとなる。
 ウイルスはエジプトに2006年2月に現れたが、夏には非活発となる傾向にある。
 約500万人のエジプト国民は、食料源と収入を家きんに依存していて、家きんにワクチン接種が行われているにも関わらず、ウイルスが駆除できない原因が、こうした市民の間で広がっている家きん飼育に原因があると、エジプト政府では説明している。

*初発症状に嘔吐と下痢の消化器症状が含まれている。比較的珍しい。死亡原因が治療開始の遅れに起因するのか、タミフルが無効だったのか気になる(訳者)
.
UPDATE 2-Tests prove new bird flu cases in east India state  Reuters India, (インド)  インド、検査で西ベンガル州における新規鳥インフルが判明
 ボパールの高度セキュリティー疾病診断研究所の検査で、インド東部の西ベンガル州で死亡した家禽にH5N1鳥インフルウイルスの発生が判明したと、月曜日(15日)、同州政府高官シリダール・ゴーシュ氏がロイターに語った。「ウイルスは、3羽の死んだ鳥から発見された」と同氏は話した。
 西ベンガル州政府高官らは、5~6百羽の死んだ鳥が見つかったと言い、5千羽もの鳥が死んだという地方メディアの報道に反論している。
 「我々は発生を封じ込めるため明日から殺処分を始められる」と、ゴーシュ氏はコルカタから350キロ北のマルダから電話で語った。
 今年1月、4百万羽以上の鳥が殺処分された 共産主義体制の西ベンガル州における鳥インフル発生を、WHOは「これまでのインドで最悪」と評した。
 一方、インド中央政府はすでにインド北東部のアッサム州で無数の鳥を殺処分しているが、同州では同時にウイルスに感染の兆候を見せた約100人の人々を保健当局が監視している。
 アッサム州の州都グワハチに集められた これらの患者たちは人におけるH5N1鳥インフルの症状である 発熱や呼吸不全を患っているが、これらの患者たちの中にH5N1鳥インフルの人での感染事例は確認されておらず、インドではこれまでも人における感染はなかった。
 しかし、専門家らは、H5N1ウイルスが変異もしくは、高病原性の季節性インフルエンザウイルスと結合し、多数の人々を死亡させるパンデミックを引き起こすかもしれないと危惧している。A.T訳
India Reports Bird Flu in West Bengal Voice of America  (米国 ボイス・オブ・アメリカ) インド、西ベンガル州で鳥インフル発生を確認
 インド当局は東部の西ベンガル州で、致死的鳥インフルエンザ・ウイルスの感染が確認されたと発表した。
 15日、西ベンガル州当局は同州で死亡した鶏から、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したと発表した。16日から殺処分が開始される。
 インド当局はすでに数十万羽の家きんを北東部のアッサム州で殺処分中で、また同地域ではウイルス感染症を呈した住民100人以上の健康状態を監視している。
 アッサム州のタルン・ゴゴイ首相は、先週VOAに人での発病者は確認されていないと語っている。
 ウイルスは先月末に、アッサム州の主要都市であるグワハチ近くの村で検出された。それ以来当局では30万羽の鶏とアヒルの殺処分を行っている。
Avian Flu virus found in West Bengal, culling ordered Express Buzz, India  (インド) 西ベンガル州で鳥インフルウイルスを確認、殺処分が開始
 西ベンガル州のマルダ県で鳥インフルウイルスが確認されたことが、同州の家畜資源省長官のアニスル・レーマン氏が発表した。
 検査はボパルの高度セキュリティ疾病診断研究所で行われた。
 鳥インフルウイルスが確認され、現在さらに詳細な検査が行われている。
 検体はマルダ県のナラッタとサトゲリアの2村で得られた。
 感染地域から半径3キロ内の家きんの殺処分を行う予定とされる。
 検査はナラッタで先週5000羽近い家きんが死亡したため行われた。
 レーマン長官は、必要な措置は行われているから、パニックになる必要はないと語っている。
12月15日


Bird flu outbreak hits Kandal province: MoH Phnom Penh Post, Cambodia  (カンボジア) カンボジア保健省:鳥インフル、カンダル省で発生
 カンダル省で19歳青年が鳥インフルを11月28日に発病したが、保健省では同省の村人達に鳥インフルに警戒するように求めた。
 青年は治療が早くから行われたせいで回復してきている。
 保健省では地域で発熱や咳を呈している住民がいないか、また死亡した家きんと接触した住民がいないか調査している。
 青年の感染源は未だ分かっていないようだ。

 一方、プノンペンの日本大使館は、タミフル1万2千カプセルと3万5千人分の感染予防装具を提供すると発表した。
5000 chicken die in Malda, fear of bird flu grips Bengal again Indian Express, India  (インド) 西ベンガル州マルダ県で5000羽の鶏が死亡、ベンガルで再び鳥インフル発生の脅威
 西ベンガル州で1年も経たないうちに鳥インフル流行の懸念が広がっている。
 この2,3週間にマルダ県のナラタで5000羽以上の鶏が死亡している。
 州の保健および家きん局からのチームが現地で家きんからのウイルス検査のための検体を集め、ボパールの高度セキュリティー疾病診断研究所に送っている。
 州の家畜資源局のアニスル・レーマン長官は、検査結果を待っていると語り、必要な対策は講じているので、パニックになる必要はないと注意を呼びかけている。
 先に発生した時(今年の1月)、州政府は、その対策の遅れに大きな批判を浴びたため、今回は非常に注意深くなっているようだ。 さらに隣のアッサム州で発生していることが、さらに州政府の警戒心を高めている。
 「我々は検査結果が出ていないので、発生の有無については発表していない。しかし我々の対策チームは準備段階に入っている」、とマルダ県の家畜局副長官は語っている。
 この4日間、ナラタで異常な家きんの死亡が増えている。
 「13日朝に起きてみたら飼育している110羽の家きんが全て死亡していた。何が起きたのかさっぱり分からない」、とナラタの住民の一人が語っている。
新型インフルのワクチン、共同備蓄で一致 WHO会合  日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)の新型インフルエンザに関する政府間会合は13日、「すべての国が検体と利益の提供で共同行動する」という議長報告をまとめて閉幕した。有効なワクチン開発に必要な検体の提供を拒んできたインドネシアが協力姿勢を示し、参加各国はワクチンの国際共同備蓄制度を創設することで一致した。
 備蓄制度の詳細は今後WHOの事務局が詰め、来年5月に再び政府間会合を開いて正式に決める。
 WHOはまず1億5000万本(7500万人分)のプレパンデミック(大流行前)ワクチンを備蓄する方向。大部分は英や仏の大手製薬会社が無償提供する。ただ、備蓄量を今後増やしたり、備蓄中に使用期限の切れたワクチンを入れ替える必要があるため、日本も含めた加盟各国は資金負担を求められる可能性がある。
Birbhum on edge, fears Bird Flu outbreak The Statesman, India  (インド) 西ベンガル州、ビルブム県、鳥インフル発生を懸念
 ビルブム県の保健省と家畜資源保護局(ARC)は、隣のマルダ県で異常な家きんの死亡が発生していることから、鳥インフルの県内での発生を懸念している。
 県の保健省は、県内3地域の全病院の責任者に、タミフル、個人的感染予防装具(PPE)の備蓄を確認し、それについての報告を行うように求めた。
 保健担当者によると600錠前後のタミフルとPPE10カートンが県内の各病院で準備されているようだ。もし発生が起きた場合は、さらに補充されることになっている。
Bhitarkanika safe from flu The Statesman, India (インド) オリッサ州、ビタルカニカ野生生物保護区は鳥インフルの発生はなし
 西ベンガル州南部に隣接するオリッサ州のビタルカニカ野生生物保護区の、国内外からの渡り鳥の調査が、鳥類学者や鳥専門家により、過去2ヶ月間にわたって行われてきた。
 その結果、国内外からの渡り鳥は、鳥インフルに感染している危険性はないと、州森林局筋から報告された。
Bird Flu outbreak feared in Malda The Statesman, India (インド) 西ベンガル州マルダ県で鳥インフル発生の恐れ
 12日以来、マルダ県のサツガーリアとサブジパラ村で鶏とアヒルの死亡が見つかり、マルダ県の保健当局では対策を強化したようだ。
 人々は鳥インフルが再興すると予知しているが、さらに家きんが死亡しているという報道にパニックに陥り始めた。
 マルダ県では本年の1月に家きんでの鳥インフル発生を経験している。
West Bengal stops movement of poultry products from Assam Hindu, India  (インド) 西ベンガル州、アッサム州からの家きん産物の移動を禁止
 西ベンガル州マルダ県でこの2日間に家きんの死亡が報告され、同県での鳥インフル発生が懸念されている。
 「死亡した鶏の検体がコルカタの研究所に送られている」、と関係者が語った。
 アッサム州との境界では、家きんと家きん産物の移動が1週間前から禁止されている。
India battles bird flu as farmers resist cull PhysOrg.com, VA  (米国、バージニア州) インドの鳥インフル対策、農家が殺処分に抵抗
 補償費を60ルピ-から90ルピ-へ増額。
 すでに25万羽の殺処分が完了しているが、さらに15万羽の処分が予定。
Editorial: Fifth time in three years Business Standard, India  (インド) 論説:この3年間で5度目の鳥インフルの発生
 2006年2月にマハラシュトラで発生して以来、5度目の家きんにおけるH5N1鳥インフルの発生である。以下論説。
250000 birds culled after bird flu outbreak in Assam Livemint, India  (インド) アッサム州で25万羽の家きんが殺処分に
 アッサム州23県のうち8県で、950人に上る保健医療担当者達が住民の健康チェックを行っている。
 25万羽の家きんが殺処分されているが、さらに2県で、死亡した鶏の検体が研究所に送られている。
Religious beliefs hampering culling in Assam Daily News & Analysis, India (インド) 宗教的問題が家きんの殺処分の障害
 宗教的問題や迷信等が、アッサム州の家きん殺処分の障害となっている。
 しかし、幸いなことに人での感染者は出ていないと、政府当局者が語っている。


12月14日


Religious beliefs hampering culling in Assam Mangalorean.com, India  (インド) 宗教的問題が家きんの殺処分の障害
 アッサム州ではさらに新規地域に鳥インフルが広がっているが、宗教的および迷信的問題が、家きんの殺処分の障害になっている。
 「我々は極めてデリケートな問題を抱えている。しかし、これまで人での感染は認められてはいない」、と中央政府の保健省当局者が語った。
 2人の殺処分に従事したスタッフを含めて4人が健康状態監視下におかれ、そして血液がウイルス検査のために研究所に送られた。4人は発熱と感冒症状を訴えている。
 これまで150人以上の人々が発熱と感冒症状を訴えていたが、全て鳥インフルは否定されている。
Birdflu: Culling continues in Meghalaya Hindu, India  (インド) メガラーヤ州で、家きんの殺処分がつづく
 メガラーヤ州での家きんの殺処分が二日目を迎えている。アッサム州とメガラーヤ州の境における家きんの検体の結果はまだ出ていない。
 アッサム州の家きんで鳥インフルが発生したカナパラ農場から3キロ以内に存在する村での家きんの殺処分が昨晩から始められている。
 
*メガラーヤ州:アッサム州の南部に位置する。

New form of avian flu vaccine may be available shortly Taipei Times, Taiwan (台湾) 新タイプの鳥インフルワクチンが間もなく実用化
 高性能アジュバントであるAS03を加えた鳥インフルエンザワクチンの臨床第三相試験が成功し、台湾の医学会「Taiwan Society of Pulmonary and Critical Care.」で発表された。
 臨床試験にはアジアからは台湾を含む4カ国が参加しているという(詳細は不明:訳者)。
 台湾では18歳から58歳までの400人の健康成人が参加し、320人にAS03を含むワクチンが接種され、81人がワクチン成分だけを接種される対照群に選ばれた。
 臨床試験は1年以上の期間にわたって行われたが、AS03を加えることで、ワクチンに含む抗原量が3.8マイクログラムで十分作用し、現在の季節性インフルエンザワクチンの抗原量15マイクログラムに比較して、極めて少量で済むことが確認された。
 接種者の90%で十分量の抗体が産生されたが、45.6%でワクチン株と異なる他H5N1株に対しても交差免疫が成立したことが確認された。
 抗原量が少なくても済むことは、一定量のワクチンでも、より多くの人々にワクチン接種が可能となることを意味している。
India battles bird flu as farmers resist cull Channel News Asia, Singapore (シンガポール) インドの鳥インフル対策、農家が家きん処分に抵抗
NorthEast battles Bird Flu as farmers resist cull MorungExpress, India  (インド) アッサム州での家きん処分に農家が抵抗
 鳥インフル発生地域で家きんの殺処分に抵抗している農家に対して、州政府は、処分補償費を鶏1羽94円から170円に増額した。
India's Assam State Battling Serious Bird Flu Outbreak Voice of America  (米国、ボイス・オブ・アメリカ) インド、アッサム州で発生鳥インフルが深刻な状況に
 アッサム州の鳥インフル発生地域の住民の中で、インフルエンザ様症状を呈している人々の健康監視のために、インド中央政府から保健医療専門家達が派遣された。現地では大量の家きんの殺処分が行われている。

 インド政府は鳥インフルエンザ専門家チームを、鳥インフルエンザ様症状を呈している人々の診断のために、北東部のアッサム州に派遣した。
 州の主要都市であるグワハチ市近くの家きんで、H5N1ウイルスが検出された先月末以来、約30万羽の鶏とアヒルが殺処分されてきた。
 州のタルン・ゴゴイ首相はVOAに、アッサム州が経験する最悪の鳥インフルエンザであると語った。
 「自分は状況を非常に深刻に受け止めている。しかし我々は封じ込めることが出来ると確信している」、と同首相は語っている。
 ニューデリーからの医療チームは、数千カプセルのタミフルや外科用マスクを予防用として携えてきた。
 首相によると、多くの人々がインフルエンザ用症状を訴えているが、検査でH5N1ウイルス感染が確認された人は、アッサム州ではいまだ出ていないという。
 「まだウイルスは人には感染していない」と、同首相は語り、「今日まで全ての予防的措置はとられてきた。保健局も一緒に動いており、人への感染を防ぐために、関連機関が全て動員されている」
 
 1月にアッサム州と境をなす西ベンガル州とバングラデェシュで発生した際には、数百万羽の家きんが殺処分された。
 インドの保健省は現在発生している鳥インフルエンザは、渡り鳥によってもたらされたとする見解を発表している(バングラデシュから拡大してきたと先に関係当局は発表していたはずだ;訳者)。

 現在行われている家きんの殺処分は、家きん所有者達の妨害にあっている。理由は殺処分に対する補償費が市場価格に比して安いことがあげられている。首相は補償費を増額する予定であることを発表した。
12月13日


国内の動きから
 東京都病院協会の医療安全推進委員会はこのほど、新型インフルエンザが発生した際の対応マニュアルをまとめた。
 東京都の分類に従って対応がまとめられている;(1)発生前期(2)海外発生期(3)国内発生期(4)都内流行期の前後期(5)大規模流行期(6)流行終息期。 これを踏まえ、マニュアルでは段階別の会員医療機関の課題や対応について、(1)では、▽感染防止策の徹底▽医薬品・医療資器材の確保▽業務継続計画の策定―の3点を指摘している。
 (2)と(3)では、病院業務を継続するため、院内の空調設備の把握や患者の行動を予測した診療体制の実施などが必要だとした。
 (4)と(5)では、パンデミック(世界的流行)期に入った場合は入院勧告を解除し、増加する患者に対する自宅療養やトリアージを推奨。この時期には、病院職員の4割が欠勤、さらに医師の17%と看護師の31%が転職すると予測されているため、職員の確保も課題となっている。
 (6)では、流行の第一波の終息確認と通常診療体制への復帰プロセスの一例として、「新規外来患者数が、1医療機関当たり週10人以下となる状況が2週間以上経過したら、通常診療体制へ移行する」としている。


報道
新型インフルの対応マニュアル作成―都病協 キャリアブレイン

Experts sent to India's Assam on bird flu scare Reuters AlertNet, UK  (英国) アッサム州へさらに専門家チームが派遣

 13日インド保健省は、さらに2専門家チームをアッサム州へ派遣したと発表した。100人近くがウイルス感染症の症状を出しているため、監視態勢を強化することになった。
 保健担当者達は人のH5N1ウイルス感染者をまだ確認していないが、最大の警戒態勢が必要とアッサム州保健局長官のヒマンタ・ビスワサルマ氏が語っている。
 中央政府から派遣された疫学者とウイルス学者を含む3医療専門家チームが、感染地域の住民を詳細に観察している。
 医療チームはタミフルを10000カプセルと6000千枚の外科用マスク、さらに2台のレスピレーターを持ち込んでいる。さらに医薬品と医療用品が、明日と明後日に届くとされる。
 人での発病例は報告されていないが、専門家達は、H5N1ウイルスが変異するか、または季節性インフルエンザウイルスの遺伝子と結びつくことで、人に感染するようになり世界的パンデミックが発生することを恐れている。
.
Bird flu suspected to spread in two more districts SamayLive, India  (インド) アッサム州、鳥インフル、さらに2県へ拡大の疑い
 シブサガールと北ラクヒムプル(Sibsagar and North Lakhimpur)県で家きんの死亡が見られ、検体がウイルス検査のために研究所へ送られた。
Bird flu out of control in Assam Sakaal Times, India  (インド) アッサム州、鳥インフルのコントロールが不能に
 アッサム州での鳥インフルエンザ対策は困難を極め、州政府は中央政府に緊急SOSを送り、経済的、技術的、人的支援を求めた。
WHO urges vigilance for bird flu after Hong Kong outbreak AG Week, ND  (米国) WHO、鳥インフル警戒の継続を求める

 WHOの当局者がアジア各国政府に、香港で鳥インフルが発生したことから、鳥インフルに対する警戒を緩めないように求めた。

 WHO西太平洋事務局長の尾身茂長官は、香港政府が鶏でH5N1ウイルスが検出されてから、満足できる対策を行っていることを評価した。
 香港でH5N1ウイルスが検出されたことから同長官は、世界では未だ鳥インフルウイルスが感染を繰り広げており、まだまだ警戒を緩めることが出来ないと、マレ-シアでのWHO会議の合間に記者会見で語った。
 今年度9月まで世界で家きんにおけるH5N1鳥インフルが発生した国は20カ国で、昨年の同時期の25カ国よりも減っている。
 WHOの中では、ウイルスが人人感染するような変異を起こさないことから、社会の中で関心が失われてゆくことを懸念する声も出ている。
 H5N1ウイルスは容易に人には感染せず、感染した鳥と直接接触した時に希に感染することがある。

Cambodia reports new H5N1 case CIDRAP, MN  (米国) カンボジア、新規H5N1患者を確認
 昨日のロイター報道以上の内容はない。
Health scare in Indian state as bird flu spreads AFP  (国際) アッサム州、鳥インフル拡大で住民の健康危機の懸念


鶏を処分する作業員(AFP)
 医療専門家達が鳥インフル様症状を呈する住民の有無を確認するため、インド北東地域の家庭を各戸訪ねて歩いている。当局が12日発表した。

 アッサム州の家きんにおける鳥インフル発生地域では、これまで致死的H5N1ウイルス感染者の報告はないが、150人の住民が何らかの感染症の症状を呈していたため、当局では住民の健康調査を強化した。
 「鳥インフル発生地域で150人の住民が発熱や上気道炎等の症状で治療を受けた。我々はこれら患者を隔離施設に収容した」、と州の保健担当責任者であるパルタジョチ・ゴゴイ氏がAFPに語った。
 全ての患者で鳥インフルは否定された。

 ウイルスは、この2週間でアッサム州の6県に広がった。これら感染地域の住民は約30万人である。
 これまで26万羽の家きんが殺処分され、さらに15万羽が処分される予定である。
 州政府はウイルスが人に拡大することを心配している。もしそうなったら当局では十分対応出来ないと想定している。
 州のほとんどの地域で、家きんや家きん産物の売買が禁止されている。

 インドでは今年早くに西ベンガル州で、家きんの間で最悪の鳥インフル流行が起きている。
 


Bird flu alert in north Bengal district Hindu, India  (インド) 北ベンガル州地域で鳥インフル警戒
 アッサム州と隣接するベンガル州北部地域で、アッサム州からの車両消毒や、家きんからの検体検査が始まった。なお家きんでの発生は今のところ報告されてはいない。

参考
~~~~~~本年2月2日の報道から~~~~~~
 本年初頭の西ベンガル州での流行は最悪であった。
Health Workers Monitored as India Grapples With Bird Flu Voice of America (米国) 鳥インフル大流行中のインド、保健担当者達の健康監視に
 インド当局は、同国として最悪の鳥インフル流行の最中、保健担当者達の綿密な健康監視を行っている。
 西ベンガル州の東部で数百人の担当者達の鳥インフル様症状の発現に関して、健康監視が続けられている。
 家きんの殺処分に加わった獣医と医学スタッフ達は、業務を終え自宅に戻る前に、予防的措置として自己隔離することを求められている。
 病院は人での流行発生に備えて隔離病棟を用意している。
 
 州当局は250万羽以上の家きんが、これまで処分されたと言っている。
 人での感染が確認された例はインドではないが、当局では村人達へ感染が拡大していないか確認するために、血液検体を検査所に送り続けている。

 隣のパキスタンとバングラディシュでは、当局者は鳥インフルが家きんで見つかったため、数千羽の家きんの殺処分を指示した。


12月12日


Fears of human bird flu cases rise in India's Assam www.worldbulletin.net, Turkey  (トルコ) アッサム州、鳥インフルの人への感染の恐れ
Fears of human bird flu cases rise in India's Assam National Post, Canada  (カナダ) アッサム州、鳥インフルの人への感染の恐れ
 下記のロイター報道
Fears of human bird flu cases rise in India's Assam Reuters  (国際) アッサム州、鳥インフルの人への感染の恐れ
 インド中央政府は鳥インフル専門家を北東部のアッサム州へ派遣し、ウイルス感染症の兆候を示している90人の患者の治療のための隔離施設を設営する。保健省の当局者が12日語った。
 保健医療スタッフは、H5N1ウイルスに感染した住民がいるかどうかはまだ確認出来ていない。しかし何人かの患者は発熱と呼吸器感染症(気管支炎または肺炎か:訳者)を起こしている。それらの症状は人におけるウイルス感染症の症状である。
 アッサム州の獣医当局者達は、主要都市グワハチ近くの村で先月家きんでウイルスが検出されて以来、この2週間で25万羽以上の鶏とアヒルを殺処分している。
 ニューデリーの中央政府は疫学専門家とウイルス学者を含む医学専門家を現地に急遽派遣した。
 「我々はこれらの患者達を治療するために隔離施設を設営した」、とアッサム保健省大臣は語った。
 「これまで患者の中で感染した家きんと接触した既往のある人はいないが、見逃しは許されない。もし人に感染するならば、それは大災害につながる」、と大臣は語った。
 医療チームは、ウイルスが人に感染した場合に備えて、タミフル1万カプセル(千人分)、6000枚の外科用マスク、および2台のレスピレーターを持ち込んでいる。
Cambodian man gets bird flu, first case since 2007 Reuters AlertNet, UK  (英国) カンボジアで男性が鳥インフル発病、2007年以来初の事例
 カンボジアで、19歳男性が死亡した家きんを食べてH5N1に感染したことが、カンボジア政府とWHOが12日、共同で発表した。18ヶ月ぶりの事例である。
 男性は同国で2005年に初の事例が出てから、8人目の鳥インフル発病者となったが、首都の病院に入院していて、現在は状態は安定している、と保健省の伝染病局長官が語った。
 患者はカンダル省に住んでいたが、11月26日に発病し、12月11日に診断が確定したばかりである。
Special operation to prevent bird flu outbreak launched in 9 provinces Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) タイ、9省で鳥インフル発生予防のための特別指導
 特に鳥インフルが発生しやすい9省で、発生予防のための特別指導が行われる。
 農場の消毒と、家きんとの住み分け指導等。
Bird flu case detected in Cambodia Earthtimes (press release), UK  (英国) カンボジアで鳥インフル患者が発生
 カンボジア保健省とWHOは合同で、鳥インフル患者が発生したことを発表した。同国としては2005年以来8人目の患者となった。
 19歳のカンダル州の男性が11月28日に発病し、プノンペンの病院で治療を受けている。診断は11日に確定したとされる。
 調査チームは患者周辺に発病した人はいないか、家きんが死亡していないか等調査中である。
300000 people in bird flu-hit Assam under surveillance Hindu, India  (インド) 鳥インフル発生アッサム州で30万人が健康監視下に
 アッサム州の保健当局は、鳥インフル発生地域の住民30万人を健康監視下においたと発表した。約150人が発熱や上気道炎症状を呈し、致死的ウイルスが人に広がっている恐れを呈していると当局では付け加えた。
 「隔離病棟は疑い患者の収容と治療が出来るように態勢を強化している。しかしながらこれまで家きんと接触した人々でインフルエンザ様症状を呈しているものはいない」、と地域の保健福祉局長官が語った。
 「鳥インフル発生地域で、約150人が発熱や上気道炎症状で治療を受けた。症状はインフルエンザ様ではないが、我々は患者達を隔離した」、と長官は付け加えた。
 鳥インフルはアッサム州の6県で広がり、過去2週間で25万羽の家きんが殺処分され、さらに15万羽が殺処分の予定となっている。
 保健局では致死的鳥インフルエンザウイルスが人に広がり、州内でパンデミックとなることを恐れ、州内に警戒えお呼びかけている。
 「我々は鳥インフルエンザウイルスが、人の間に感染してゆくことを恐れている。もしそのような事態が起きたとき、保健局が十分対処出来るか自信はない」、とアッサム州の保健大臣は語った。

*今年1月と2月の西ベンガル州での大発生に際しても、発熱患者が多く出たが、全ては季節性インフルエンザ等だったようだ。インドでは一般的に誇大的表現をするのかも知れない。

Tests confirm H5N1 in Hong Kong outbreak CIDRAP, MN  (米国) 香港の鳥インフルがH5N1と確認
 香港農業省は最近、大規模商業用養鶏場で発生した鳥インフルは、致死的H5N1株によるものであることを確認したと発表した。
 当局はワクチン接種にも関わらず発生した理由と、密輸された受精卵がウイルスを持ち込んだ可能性について調査すると発表した。

 農業水産資源省の報道官であるジョリー・チョイさんは、初期の9日に行われた検査でH5亜型ウイルスが確認され、さらにその後3羽の鶏でH5N1株が確認されたと発表したことが、本日のAP通信で報道されている。
 一方、ヨーク・チョウ食料保健省長官は、昨日の記者会見で、専門家達は2つの可能性について調査していることを明らかにした:一つは農場におけるバイオセキュリティーの管理不全(そこから野鳥などによりウイルスがもたらされた:訳者)と、ウイルスが変異してワクチンが効かなくなっている。
 2003年以来初の香港における家きん農場での鳥インフル発生は、これまで8万羽の家きんの殺処分と、家きんの輸入制限措置となっている。
 チョウ長官によると、香港ではオランダから輸入されたH5N2ワクチンを用いている。この数年間の実績によると、このワクチンは十分効果を発揮していた。しかしウイルスが変異してきている可能性もあるから、ワクチンの種類を変えることも考えている。長官はそのように記者会見で語った。
 中国本土ではH5N1ワクチンを過去数年間家きんに投与している。そしてワクチンは定期的に修飾が加えられている。そのように長官は語り、さらに香港当局者は本土の当局者と相談して、ワクチンをH5N1にすべきかどうか考慮中である、と付け加えている。また当局では6月からワクチン研究が行われている香港大学にも相談中とされる。
 これまでウイルスが他の農場に拡大したという事実はないことも、長官は発表の中で伝えている。研究者達は農場から検体を集めて、PCR法でウイルス検査を行っている。1,2日で結果は出るようだ。

 他の問題として、香港の家きん貿易協会の代表が本日、中国から密輸された有精卵が、今回のH5N1発生の原因ではないかと語ったことが、AFPから報道されている。
 サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は本日、見せかけ上、食品として輸入されている卵がウイルス感染した胎芽を含んでいる可能性を報告した。しかしながら、H5N1発生農場の所有者は、そうした事実は否定したとされる。
Check bird flu soon, Delhi tells Assam Times of India, India  (インド) 中央政府、アッサム州行政府に早急に鳥インフル対策を講じるように指示
 中央政府がアッサム州に対して、ガイドラインに従って早急に対策を開始するように要求。
Dispur sounds health alert Calcutta Telegraph, India  (インド) アッサム州の鳥インフル発生は、住民への感染危険性をもたらしている
 州保健大臣の記者会見:
 もし人での発病者が発生し、数が増加してきた場合は、州内の病院の診療態勢では十分な対応は出来ない。患者が発生した場合、100~200人程度しか対応は出来ない。
 州内の感染地域で82人のインフルエンザ様症状を呈する人々が検出されているが、これらの患者がH5N1鳥インフルに関連したものかは現在は不明である。
 もし人での流行が起きたなら、被害は水害や台風以上になり、大災害につながる。
A gaping loophole in city's bird flu defences South China Morning Post (subscription), Hong Kong  (香港) 香港、鳥インフルエンザ監視態勢に抜け穴
 最近発生している香港の鳥インフルエンザは、我々の致死的ウイルスに対する監視態勢に抜け穴がある可能性を提起している。
 ユエンロン農場におけるH5N1鳥インフル発生が、密輸された受精卵が原因であるかどうかは未だ不明である。
 何人かの農場経営者たちが、食用と偽って受精卵を本土から不正に持ちこみ、その後孵化させていた事実は、上記の疑いを提起させる。

 この方法では、家きんを当局のチェックをくぐり抜けて市内に持ち込むことが出来る。
 家きん卸協会の会長は、この様な不正持ち込みは大々的に行われていて、”公然の秘密”となっているとコメントした。
 農場経営者達はこうした事実を否定している。
 しかし、このようなことがもし本当だとしたなら、密輸行為は公衆衛生に対して直接的脅威となり、より厳重な調査が必要と考えられる。
Bird flu could spread to humans in Assam, warns health minister Smash Hits, India  アッサム州の鳥インフルは人へ拡大する可能性もある、と警告:州保健大臣
 家きんにおける鳥インフルが拡大しているアッサム州で、人への拡大が懸念されている。感染地域での上記道感染者(要するに風邪症状)のスクリーニングが行われている。発熱者を中心に感染者の早期発見と隔離である。

Bird flu wreaks havoc in Assam, spreads to new areas MorungExpress, India  (インド) 鳥インフル、アッサム州でさらに拡大、混乱に
      
12月11日

Another Bird flu death reported in Indonesia, health ministry denies. The Money Times, India (インド) WHO発表の鳥インフル死亡例を否定:インドネシア保健省
 東ジャワ州の2歳少女が鳥インフルで死亡したとWHOが発表した。少女は11月末に死亡した。WHOは鳥インフル検査で少女は陽性であったと説明した。
 しかしながら、インドネシア保健省は2カ所の検査所での結果は陰性であったと、少女の死は鳥インフルでは無かったと発表した。

*WHO発表はウエブでは保健省発表となっている。
 また11月に保健省が発表した15歳少女事例はWHO発表には含まれていない。
 インドネシアの情報は混沌としている。
Hong Kong bird flu outbreak could be due to smuggled eggs: industry AFP  (国際) 香港の鳥インフルは密輸卵の可能性
 中国からの鶏の感染胎芽が含まれた受精卵の密輸が、香港の鳥インフル発生の原因である可能性があると、香港家きん卸売り協会長が語った。
 受精卵の密輸は、香港が中国から生後1日の雛の輸入を今年当初から禁止したことから増えている。禁止理由は中国との国境での感染拡大の防止である。

Hong Kong confirms H5N1 bird flu at chicken farm Reuters AlertNet, UK  (国際) 香港、養鶏場で発生鳥インフルがH5N1と確認
 感染源は、鶏、卵、人の可能性を考えて調査中と、当局が発表。しかし受精卵がウイルスに感染していた可能性は低いと。中国本土から受精卵が密輸されていた。
WHO: Bird flu still a threat Straits Times, Singapore  (シンガポール) WHO:鳥インフルはいまだ脅威であると警告
 下記と同内容。
WHO urges vigilance for bird flu after HK outbreak International Herald Tribune, France  (フランス) WHO、香港で鳥インフル発生により、警戒態勢を強化するように警告
 WHOの西太平洋地域事務所の尾身長官は11日、香港の家きんの間で鳥インフルが発生したことから、アジア各国に対して監視態勢を緩めないように警告した。
Bird flu wreaks havoc in Assam, spreads to new areas Newstrack India, India (インド) アッサム州、鳥インフルエンザが拡大し、大混乱に
 インド北東部のアッサム州で、この2週間で20万羽をこえる家きんが殺処分されているが、それにも関わらず拡大傾向を呈している、と当局者が11日に語った。
 当局者は、「別な地域に拡大しているから心配だ。最大の健康危機警報を発令した。医師やパラメディカルからなるチームが編成され、人の感染を防止するための指導が行われている」、と語っている。
 鳥インフルはアッサム州の27県中6県に拡大し、さらに15万羽の家きんの殺処分が予定されている。
 殺処分の対象となる家きんの大部分はアヒルと鶏である。

Smuggled fertilised eggs dodging bird flu control measures, say ... South China Morning Post (subscription), Hong Kong (香港) 本土中国からの密輸受精卵が鳥インフル拡大の原因に
 鳥インフルに感染した胎児を宿した受精卵の中国本土からの密輸入が、香港への鳥インフル拡大をもたらしている可能性が当局から発表された。 
HK battles bird flu outbreak Straits Times, Singapore (シンガポール) 香港、鳥インフルとの戦い



Government workers preparing to cull chickens at a wholesale market in Hong Kong yesterday, as the city acts to halt the spread of what it fears is the deadly H5N1 virus. -- PHOTO: AGENCE FRANCE-PRESSE(AFP)
 香港では鶏を鳥インフルから守るために接種ワクチンの変更を検討中である。

 ウイルスが変異している可能性がある中、大量の家きんの殺処分が昨日始まった。

 「ウイルスは過去6年間に少しづつ変異してきた(家きんへのワクチン接種が始められてから)。しかし、それは人人感染を生じるような変異、またはより重大な変異は起こしていない」、保健省長官のヨーク・チョウ氏が語っている。
 「ウイルスが変異してきている可能性があるから、ワクチンの変更を香港大学と中国本土に相談中である」
 現在接種しているワクチン株はオランダ製のH5N2株ワクチンであるが、それをH5N1株ワクチンに変更すべきかどうか)。


Bird flu hits more areas of Assam Economic Times, India  (インド) インド:鳥インフル、アッサム州でさらに拡大
 アッサム州内で大量の家きん殺処分が進んでいるが、鳥インフルはさらに他の県にも広がっている。

12月10日 更新 

HK relooks at vaccine Straits Times, Singapore  (シンガポール) 香港、ワクチンを見直す
 香港政府は10日、家きんへのワクチン接種に関して、使用ワクチンを変更すべきかどうか検討していると発表した。
 保健省長官のヨーク・チョウ氏は、鳥インフルウイルスは、ワクチン接種を開始してから、この6年間少しづつ変異してきているが、人人感染を起こすような変異、または重大な変異は起こしていないと語った。
 現在香港大学と中国本土に、ワクチンを現在使用のH5N2からH5N1に変えるべきか検討を依頼している、と同氏は語った。
Gov’t Orders Strengthened Bird Flu Quarantine KBS, South Korea  (韓国) 韓国政府、鳥インフル検疫を強化
 香港で鳥インフルエンザが発生したことから、韓国政府は監視と検疫態勢を強化した。
 食料農業水産省(Food, Agriculture, Forestry and Fisheries)は、空港で乗客が家きんを香港から持ち込むのを監視するために、監視犬を配置した。
Hong Kong begins mass cull of birds at marketplace Reuters AlertNet, UK  (国際) 香港、野外市場での家きん殺処分を開始
 香港の保健担当者たちは、マスクを着用して野外市場での家きん殺処分を10日開始した。前日に当局が警戒レベルを”重大”に引き上げた。
 発生地は中国との国境近くで、5年前に香港が家きんにワクチンを接種し始めて以来初めての発生となった。
 ワクチンが無効の変異ウイルス発生が危惧されている。
 「ワクチンの効果は(ウイルスが変異して)、5年前と異なっているかも知れない」、と香港大学の専門家がコメントしている。
HK reports first H5 bird flu cases on local farm in 6 years People's Daily Online, China (中国) 香港、家きん農場で6年ぶりにH5鳥インフルエンザが発生
 香港で死亡した鶏からH5ウイルスが検出されたが、これは6年ぶりに農場での鶏から検出されたことから、警戒態勢に入った。
Indonesia confirms two human bird flu cases Gulf Times, Qatar (クエート) インドネシアで2人の鳥インフル発病事例が確認
 WHOの発表によると;
 11月7日にリアウ州で9歳少女が、自宅で家きんが死亡した後に発病した。少女は5日後に入院し、11月22日に回復して退院した。
 東ジャカルタの2歳少女が11月18日に発病し、29日に死亡した。感染源は生きた家きん市場と推定されている。
 これらの事例により、2003年以来のインドネシアでの発病総数は139人となり、そのうち113人が死亡したことになる。
 しかしながら、WHO統計に中央ジャワで死亡した15歳少女が含まれない理由に関しては不明である。少女は主治医が11月初旬に死亡したことを発表し、保健省の検査所でウイルスが同定されていた。
Child death in Indonesia linked to bird flu WVLT, TN - (米国) インドネシア、鳥インフルで子供が死亡
 AP
 WHOによると、2歳の東ジャカルタに住む子供が11月18日に鳥インフルを発病し、11日後に死亡した。
 また、リアウ州の9歳少女が11月7日に検査で鳥インフルと診断されたが、その後回復したとも発表した。
 WHOは、これらの事例でインドネシアでの鳥インフル発病事例は公式に139人となったと説明した。
 一方、死亡例は113人となるが、今回の死亡例が発表される前に、先月インドネシア当局から、同じ数の死亡数が発表されていた。
 WHOではインドネシア政府の発表内容との違いに関して説明は出来ていない。
 
*インドネシアでの鳥インフル発症事例に関しては、WHO報告と、同政府報告が乖離している。
 インドネシア政府発表の最終死亡例は下記に再掲した11月12日の事例である。この事例に関してはWHOは触れていない。
 一方、今回WHOが発表した2事例に関しては、インドネシア保健省は発表していない。

11月12日にインドネシア政府が発表した事例

Indonesia records 113th bird flu death The Age, Australia (オーストラリア) インドネシア、113人目の鳥インフル死者を確認
AP
 インドネシアの15歳少女の死亡がH5N1鳥インフルであることが確認され、同国の鳥インフルによる死者数が113人となったことを保健当局が発表した。
 今回の死亡例は、東南アジア諸国とWHOが、分離ウイルスの共有を巡って論争中に発生した。
 15歳少女は先週ジャカルタの東方400キロのセマラン市で10日間入院後に死亡している。
 2箇所の検査所での検査結果で、H5N1ウイルス陽性であったと主治医団の責任者は説明している。
 少女は鶏の殺処分場近くに住んでいたことから、感染した鶏と接触して発病したと、当局では考えている。

12月9日  


国内の動きから
  伊藤忠商事や日本通運、米スリーエムなど医療・物流分野の有力15社が連携し、国・自治体や医療機関、企業の新型インフルエンザ対策を支援する事業に乗り出す。感染防止や応急措置に使う機器・資材や輸送サービスを一括して提供できる体制を整える。各分野の高いノウハウを結集、新型インフルエンザ発生時に自治体や企業などの業務継続を支援する。15社で「ジャパンメディカルパートナーズ」と呼ぶ企業連合を発足。

 新型インフルエンザの国内への感染を水際で防ぐ対応訓練が5日、下関港(下関市)に停泊しているフェリー「UTOPIA2」などであった。門司検疫所支所など10機関から約80人が参加し、患者の搬送手順などを確認した。

報道
新型インフル対策、伊藤忠・日通など15社連合 自治体など支援 日本経済新聞
新型インフル、水際で防げ 下関港で訓練 朝日新聞


Bird Flu Turns Up In Hong Kong Chickens CBS News, NY  (米国、ニューヨーク) 鳥インフル、香港の鶏でで発生
Hong Kong raises bird flu alert after H5 cases Reuters UK, UK  (英国) 香港、鳥インフル危険度を引き上げ
 香港保健省は、同市の鳥インフル危険度を”重大”に引き上げた。数十羽の鶏がH5ウイルスに感染して死亡し、8万羽の家きんの殺処分が開始されることからの措置である。
 ウイルスの詳細な株については、現在分析中であるが、専門家は、多数の鶏が死亡しているから高病原性H5N1ウイルスにYるものであることは間違いないと言っている。
Hong Kong reports bird flu outbreak Modesto Bee, CA  (米国、カリフォルニア州) 香港の鶏で鳥インフルが発生

AP

Hong Kong reports suspected H5 bird flu cases China Internet Information Center|, China  (中国、インターネット情報センター) 香港、家きん農場での、H5鳥インフル疑い事例を報告

Hong Kong reports bird flu outbreak The Associated Press (国際) 香港の鶏で鳥インフルが発生
 AP
 香港で死亡した3羽の鶏からH5亜型鳥インフルエンザウイルスが検出され、21日間の家きんの輸入の禁止と、8万羽に及ぶ家きんの殺処分が開始された。
 食料保健省長官のヨーク・チョウ氏によると、香港は鳥インフル流行の危険に直面したという。
 同氏によると、8日に6万羽の家きんを飼育する養鶏場でH5亜型ウイルスが検出され、さらに詳細なウイルス検査が行われている。
 同農場と隣接する家きん処理場は感染地帯と設定され、約8万羽の家きんの処分が行われる予定となっている。

 香港でもっとも大きな鳥インフルの発生は1997年に起こり、その際はH5N1ウイルスが人に感染し、6人が死亡している。その時香港政府は150万羽の家きんを殺処分して、ウイルルのさらなる拡大を防いだ。
Flu shot half dose just as good for younger adults National Post, Canada  (カナダ) インフルエンザワクチンは半量でも若い成人には効果を持つ
 50歳以下の成人に対してインフルエンザワクチンは半量でも、十分効果を持つことが米国の研究チームによって明らかにされ、8日、医学雑誌に発表された。将来的にワクチン不足が起きたときの参考になる知見と考えられる。
 研究では米国軍の兵士または退役兵士1100人を対象にした。
 2004年度のワクチン接種時期の11月と12月に、半数は半量接種、残りの半数は全量接種された。3週間後に採取された血液中の抗体価を分析すると、両者には差はなく、インフルエンザ様症状を呈した人の割合にも差は認めなかった。全員、過去1~3年以内にワクチンの全量接種を受けていた。
 研究グループは研究結果を”Archives of Internal Medicine(内科学雑誌)”に発表した。 
 研究者達と専門家は、将来的にインフルエンザワクチン不足が起きたとき、またはパンデミック・インフルエンザが発生したときに起きる、ワクチン不足に対する参考知見となると、コメントしている。.

 米国CDCによると、今年は小児3000万人の接種を目標にワクチン量を増加しているという。
 またCDCの担当者は、全国民の85%に相当する2億6100万人が季節性インフルエンザワクチンを接種すべきと説明している。

 米国にワクチンを供給しているメーカーは;仏のサノフィパスツール、オーストラリアのCSL社、英国のグラクソスミスクライン社、イタリアのノバルティス社、そして鼻腔スプレー方式ワクチンの製造元であるメドインミューン社等。
 米国では毎年季節性インフルエンザで36000人が死亡し、20万人が入院している。新型インフルエンザがパンデミックを起こしたなら、多くの人々が死亡すると考えられ、専門家達はワクチン製造方法とその配布方法の改良に努力している。

*毎年ワクチン接種を受けている場合、適切な最低接種量は予想外に少量なのかも知れない。このことがパンデミックワクチンの最低接種量とどういう関係を持つのかは定かではないが、季節性インフルエンザワクチンを毎年接種している人の方が、接種している人の方が、少量でも効果をもつ可能性はあり得る。季節性インフルエンザワクチンが、H5N1ワクチンに対するプライム効果を持つという研究結果が出ているからだ。 

Flu drug supply for pregnant women Channel 4 News, UK (英国) 英国、妊婦に対する抗インフルエンザ薬(リレンザ)の備蓄

印刷用ファイル
 英国政府はパンデミック・インフルエンザが発生した場合に備えて、妊婦用の十分量の抗ウイルス薬を備蓄したと発表した。

 保健省は35万人の妊婦治療用のリレンザを備蓄したが、それは最悪のシナリオで50%が発病するというパンデミックに対して十分量となっている。
 英国では年間63万5千件の出産がある。
 保健省大臣のアラン・ジョンソン氏は、昨年別な抗インフルエンザ薬のタミフルの備蓄量を倍増して、国民の半数の治療量を確保する計画を発表した。
 しかしながらタミフルは胎盤を通過して胎児に影響するため、妊婦の服用には適していない。一方リレンザは吸入薬で、体内への吸収率が低く、胎児への移行もほとんど心配ない(1)。それ故妊婦にはリレンザが用いられる。そのように保健省の報道官は説明している。
 保健省では妊婦用のパンデミック・ガイドラインを作成し、今週、関係者に配布する。

 政府のパンデミック・インフルエンザ対策委員長であるリンゼイ・デイビス博士は、英国のパンデミック対策は、順調に整備されており、英国は世界でも最も対策が進んだ国の一つである、と語っている。
 「当ガイダンスは医師や助産婦、また妊婦をケアする関係者に、パンデミックに際して必要な全ての情報を提供するものである」。
 また同博士は、感染拡大は、咳やくしゃみをするときにティッシュで顔を覆う習慣と、頻回な手洗いで防ぐことが可能である、とも強調している。

(1)リレンザは吸入されると上気道から下気道の粘膜に付着し、そこでウイルス感染細胞とウイルスに作用する。そして排泄は大部分が気道分泌物中に混じって排泄される。血中への移行率は8~15%といわれる。

リレンザ吸入用錠剤


吸入器
錠剤を吸入器にセットして、右側の突起部分を加えて吸入する

12月8日



国内の動きから
 新型インフルエンザの脅威を理解してもらうため、島根県は特別テレビ番組を制作し、来年一月三十一日に山陰中央テレビで放送する。感染拡大防止対策などをホームドラマ仕立てで分かりやすく伝える。
 放送時間は三十分。溝口善兵衛知事も出演し、県民に協力を呼び掛けるほか、十一月に実施した県の対応訓練なども盛り込む。

 国内での発生後に人々が外出を自粛すると、患者数を大幅に抑えることができるとの試算を、国立感染症研究所の大日康史・主任研究官がはじき出した。学校閉鎖や企業の事業縮小などの感染拡大防止策を取ると、何も対策を講じない場合に比較すると、国内第1号の患者帰国から1週間後(第1号が感染10日目)の感染者数は8154人と、何もしなかった場合の想定12万6591人のおよそ15分の1に抑えられるとの結果が出た。

報道
島根県が新型インフル対策のテレビ番組放送へ 山陰中央新報
新型インフルエンザ】外出を6割に抑えれば、感染者数は15分の1に 国立感染研試算 (1/2ページ) MSN産経ニュース 

Hundred Lithuanians get experimental bird flu vaccine The Baltic Course, Latvia  リトアニア人100人が実験的鳥インフルワクチンを接種 
 オーストリア製の実験的H5N1鳥インフルエンザワクチンが、100人のリトアニアのボランティアに接種されたニュース。2回の接種の後、副作用などの調査が行われる。
The Flu Vaccine TIME (米国) インフルエンザ・ワクチン
 パンデミック・インフルエンザの歴史とワクチン接種の意義の解説

India likely to ask B’desh to contain bird flu Financial Express, India  (インド) インド、バングラデシュに鳥インフル対策を要請する可能性
 インド当局は、アッサム州で広がっている鳥インフルエンザがバングラデシュから拡大してきたと考えている。そのため国境沿い地域の鳥インフル対策を強化するように要請する予定となったようだ。
 アッサム州の鳥インフルは、バルペタ県、ナラバリ県、およびカムルプ県に広がり、10万羽以上の家きんが殺処分されている。周辺のトリプラ州とミゾラム州では警戒報が発令されている。
 鳥インフルは2006年にインドで発生して以来、インドの家きん産業に大きな損害を与えてきていた。
 最終的鳥インフル発生は、今年の2月に西ベンガル州で起きた(正確には1月である:訳者)。大量の家きんの殺処分等により、11月中旬に封じ込めが成功し、鳥インフル発生は報告されなくなり、国際獣疫事務局(OIE)が鳥インフルエンザ清浄国と認めたばかりであった。
 早期からインド北東部で鳥インフルの発生が相次いでいて、インド政府は鳥インフルがバングラデシュから拡大して来ていると考えていた。
12月7日


国内の動きから
 新型インフルエンザの発生に備え、広島空港(三原市本郷町)で6日、初の対応訓練が行われ、厚生労働省広島空港検疫所支所や県尾三地域保健所、三原市消防本部や各航空会社などから約80人が参加した。サーモグラフィーで発熱患者が見つかったという想定。

 国土交通省は新型インフルエンザ発生時の鉄道への乗車制限をどうするかを検討するため、22日、地下鉄車両を使って実証実験する。感染を防ぐために乗客同士が一定の間隔をおいて乗車した場合の輸送可能な人数や、乗り降りに必要な時間を測定し、発生時のダイヤ編成などに役立てる。

報道
新型インフル拡大防げ 広島空港で80人訓練 読売新聞 
新型インフル発生時、鉄道の乗車制限探る 国交省、22日に実験 日本経済新聞 

Swine influenza reported in Texas East Texas Review, TX  (米国、テキサス) テキサス州で、豚インフルエンザH1N1に男性が感染
 
Copyright © 2001-2008 East Texas Review Newspaper


最近のCDCによる季節性インフルエンザ統計報告(46週報告)で、テキサスの男性が豚インフルエンザH1N1に罹患していたことが発表された。

 患者は10月中旬に病的になった豚に接触した後、軽度のインフルエンザ様症状で検査を受け、豚インフルエンザに感染したことが確認され、11月15日にまとめられたCDC統計で発表された。患者の周辺では感染者は見つかっていない。
 このような例は希であるが、年に1例程の割合で散発的に発生しているという。
 豚インフルエンザには、H3N2型とH1N1型があり、両者とも人の同タイプ株に近縁である。
 豚インフルエンザは時々人の季節性インフルエンザと混同されるため、保健医療担当者は患者に、動物園、祭り、農場等で豚に接触したことがないか尋ねるべきとされている。
 20年前に豚H1N1ウイルスは健康な32歳妊婦に感染し、妊婦は肺炎を発症し入院治療されたが死亡した。発病4日前に患者は郡の祭りに出かけ、感染した豚に接触していた。この後、豚を祭りに出していた飼育者達の血中抗体価を調べたところ、発病者はいなかったが78%で抗体が検出された。しかしながら、発病した妊婦の治療と介助に当たった保健医療担当者達の中で、3人が軽度のインフルエンザ症状を呈した。
 2007年には、ミズーリ州で豚インフルエンザウイルスの新亜型H2N3が見つかったことが医学研究者から報告されている。この株は豚と鳥のインフルエンザウイルスからの遺伝子を保有していた。実験的にマウスとフェレットに感染した。
 この研究報告は「国立科学アカデミー紀要」に発表され、豚が種類の異なったインフルエンザウイルスを同時に保有することが示され、新規インフルエンザウイルスが誕生する可能性が示された。
 CDCによると豚インフルエンザは通常秋と冬に発生する。人の季節性インフルエンザワクチンは、部分的に豚H3N2株に有効とされているが、H1N1株に対しては無効とされる。
 CDCの説明では、豚に同時に異なるウイルス株が感染し、遺伝子組み替えが生じて、新型インフルエンザウイルスが発生する危険性があるという。
Tripura, Mizoram sound bird flu alert Hindu, India  (インド) インド、トリプラ州とミゾラム州で鳥インフル警戒報
 


トリプラ州とミゾラム州の位置

インドの北東州に位置するトリプラ州とミゾラム州では7日、隣接するアッサム州で鳥インフルが拡大していることから、鳥インフル警戒報を発令したと、当局では発表した。
 鳥インフルが発生したアッサム州では、この10日間に10万羽以上の家きんが殺処分された。

 西ベンガル州とアッサム州、トリプラ州およびミゾラム州はバングラデシュを挟んで位置している。
 バングラデシュでの鳥インフル情報は現在定かではない。

Bahrain put on bird flu alert Trade Arabia, Bahrain  (バーレン) バーレン、鳥インフル警戒報発令
 冬期間に入るため、ウイルスが活発化しやすくなることと、渡り鳥が飛来してくることから、警戒報が発令。
One lakh poultry culled in State Assam Tribune, India  (インド) アッサム州で10万羽の家きんが処分
 アッサム州の3地区で発生した家きんにおける鳥インフル拡大防止のために、これまで約10万羽の家きんが殺処分された。
 当局では処分に非協力的で、強制的対応が要される農家には補償金を支払わないとしている。

Nigeria refutes reports of new bird flu outbreak African Press Agency, Senegal  (セネガル) ナイジェリアで超強毒性の鳥インフル発生の噂:当局が否定
 ナイジェリア農業水資源省の家畜およびペスト対策局長官であるジュナイド・マイナ博士は、H5N1よりも危険な、株が未同定な鳥インフルエンザが発生しているという報告に関して反論した。
 「自分の知る限り、ナイジェリアでは7月以来鳥インフルの発生はない」、と同博士は5日、アブジャで記者会見で語った。
 「国内の全ての関連機関に問い合わせたが、そのような検体は検査していないと報告を受けている」、と説明した。
12月6日

Bahrain put on high alert against bird flu Gulf Daily News, Bahrain  (バーレイン)
 バーレイン、鳥インフル高度警戒報
 バーレインは冬期間に入ることから鳥インフルの監視態勢を強めた。
 冬はウイルスが活発化しやすくなる季節である。そのため夏場よりも感染する危険性が高まる。そのように政府当局者は語った。
 「しかしながら、我々は常に高度の警戒態勢を敷いていて、他の国からの渡り鳥を含めて、鳥のウイルス検査は常に行っている」。
 バーレインの行動計画は常に更新されており、各省庁の責任態勢は整っているという。
新型インフルエンザ 県が新対策計画策定へ 読売新聞 
 国内で大流行すれば最悪で64万人が死亡するとされる新型インフルエンザについて、兵庫県は、感染拡大を防ぐため、学校の臨時休校や企業の営業自粛など、具体的な対策を計画に盛り込む検討に乗り出した。県内の死者は7400人と推計され、県は対策計画をホームページで公開するほか、住民説明会の開催を予定するなどして「わかりやすい内容にして、県民の危機意識を高めたい」としている。

新型インフルワクチン、5500万人分提供表明へ 世界の製薬大手 日本経済新聞 
 世界各国の製薬会社でつくる国際製薬団体連合会(IFPMA)は、8日から始まる世界保健機関(WHO)の新型インフルエンザに関する政府間会合で、1億1000万本(5500万人分)のプレパンデミック(大流行前)ワクチンの無償提供を表明すると発表した。英グラクソ・スミスクラインが5000万本、仏サノフィ・アベンティスが6000万本を提供する。
 IFPMAによると、2社以外にも数社が提供を検討中という。これでWHOが計画している1億5000万本のプレパンデミックワクチンの国際共同備蓄制度が実現する可能性が高まった。
 ただ、有効性の高いワクチンを開発するには、新型インフルエンザに変異する恐れのあるH5N1型の鳥インフルエンザが頻発しているインドネシアの検体提供が必要。IFPMAは「検体の提供を拒むことは地球を危機に陥れることになる」と警告した。

*一昨年暮れからインドネシアは分離ウイルスの提供を拒否している。それらウイルスで作成されたワクチンが、先進国企業の利潤につながり、提供した途上国では高価で購入できないのは不公平であるという理由からであった。
 それに対してWHOは、途上国にも安価で提供できるシステムを講じるべき、大手ワクチンメーカーに協力を呼びかけていた。その結果が今回の発表と思われるが、予想した程の量とはなっていない。インドネシア等の途上国が納得して、分離ウイルスの提供を開始するか不明である。
 12月8日から始まる各国政府間会議に向けての発表と思われる。
 WHOは最終的に全世界の人口分のワクチンが目標と言っている。しかし、効果的アジュバントが開発されているから、それらアジュバントを使用するならば、少なくとも10億人以上のワクチンは途上国に提供可能であると、管理人は計算していた。

Vaccine Makers Urge Speedy Accord on Pandemic Plan  ABC News  ワクチンメーカー、迅速なる世界のパンデミック計画の集約を求める
 来週WHO主催で、各国政府間会議が開かれるが、製薬企業各社は、パンデミック・インフルエンザ対策の切り札と考えられるワクチン製造のためのウイルスの共有問題に関して結論を求める。
 ワクチン製造企業は、パンデミック発生時に、季節性インフルエンザワクチンからパンデミックワクチン製造へ迅速に製造ラインを切り替える準備が出来ているとされる。パンデミック時に当該ウイルスの迅速なる入手が不可欠となっている。
 現在。インドネシアでは。分離ウイルスの提供は行っていない。
Drugmakers urge governments to finalize pandemic strategy SmartBrief, DC 製薬企業、各国政府にパンデミック戦略構想に結論を出すように求める
 世界的パンデミック阻止のために製造するワクチンに必要な分離ウイルスの共有に関して、各国政府に政策に結論を出すよう、製薬企業各社は求める。
 グラクソスミスクライン社、ノバルティス社、および国際製薬企業連合は、来週WHOにより主宰される各国政府間協議に参加して、パンデミック・インフルエンザのワクチンに関する協議に加わる。

Vaccine makers urge speedy accord on pandemic plan Reuters  (国際) ワクチンメーカー、迅速なる世界のパンデミック計画の集約を求める
 4日、世界をリードする製薬企業が、各国政府は”パンデミック疲労”を克服し、パンデミック・インフルエンザに対する対応計画を緊急に集約すべきと警告した。
 製薬企業は、パンデミック発生時に、迅速に季節性インフルエンザワクチンから、パンデミックワクチン製造へ切り替える準備が出来ていると、グラクソスミスクライン社のステファン・ガードナー氏が語った。
 同氏によると、パンデミックが発生してから、ウイルス提供(共有)問題を論じても遅すぎる。我々は迅速にワクチンを製造する必要がある。適切なワクチンの供給には時間が重要となっている、と語る。
 国際製薬企業連合(IFPMA)によると、製薬企業はパンデミックそしのために既に40億ドル(4000億円)費やしてきたという。
 同連合は、WHOが12月8日~13日までに開催する各国政府間で話し合われるウイルス共有問題に参加することを希望している。
 ノバルティス社のトニー・コレゲート氏によると、製薬企業が前もって危険なウイルスを知らされないならば、パンデミック発生が発表されてから、効果的ワクチンが製造されるまで4~6ヶ月要するという。
 「もし、WHOがウイルスを入手できないならば、彼等はパンデミックの発生に関して詳細は分からないだろうし、さらにどの株でワクチンを作るべきか、我々に情報を与えることも出来ない」、と語っている、

 H5N1鳥インフルエンザは、2,3年前よりもニュース記事は減っているが、危険性は未だ続いていて、ウイルスの致死率は40~60%である。
 「間違いなくパンデミックに対する関心は低下している。…しかし、危険性はいまだある。もしウイルスが人に適合し、通常の季節性インフルエンザのように拡大するならば、我々は大惨事の中に立たされる」、と同氏は付け加えた。
Bird flu spreads to two more districts Hindu, India  (インド) 鳥インフル、さらに2地区へ拡大
 アッサム州で、さらにバルペタ県とナルバリ県に鳥インフルが広がった。
Bird flu reaches outskirts of Guwahati The Week, India  (インド) 鳥インフル、グワハチ郊外まで拡大
 アッサム州境のパトガオンで家きんの殺処分が始まった。地域での鳥インフル拡大が懸念されている。
 専門家達は適切に調理されている鶏肉に対する健康被害を懸念する意見もあり、地域における家きんの売買は禁止されている。
 家きんの鳥インフルは、ハジョ地域から始まり、カムラプ県の半分まで広がり、主要なブロイラー産業のある周辺で発生している。
 当局者によるとハジョの大部分に広がった後、鳥インフルはアザラ地域まで広がっていることが確認されたという。
Birdflu spreads to new areas of Assam Deccan Herald (インド)  インド、鳥インフルがアッサム州の新地域へ拡大

 5日、鳥インフルがアッサム州の田園地区カムラプ県へ新たに感染拡大した。県当局はこれにより、専門家や医師を含む15の緊急対策チームを最も被害を受けたパラスバリ地域のDohali、Sarpara、Dokhola、Hudungpur、Rani、Patgaonへ配置した。同州で最も被害を受けているもう1つのハジョ地域でも、6万羽近くの鳥がこれまで処分され、さらに今後2、3日間 殺処分が続く。これまで殺処分された鳥に対し、地域住民に合計338万円(18,17,300ルピー)の補償が支払われたが、家禽を処分されたくない村民からは抗議の声があがっている。 A.T訳

Myanmar calls for precaution against cross-border bird flu Balita.org, UK -(英国) ミャンマー、国境沿いでの鳥インフル発生に注意を呼びかける
 ミャンマー家畜繁殖獣医局は5日、国境付近での鳥インフルの発生に十分注意を呼びかけた。理由は周辺国で鳥インフルの発生が先月以来発生してきているからだ。
12月5日


 特記すべき情報はなし。5:38:40
 
 本日遠方での講演のため、夜半まで更新できません。
12月4日


国内の動きから
 新型インフルエンザの発生を想定し、全校児童がマスクをつけて一斉に下校する訓練が3日、東京都荒川区立ひぐらし小学校で行われた。
 政府は先月末、1人でも患者が発生すればその都道府県の学校を一斉休校とする指針案をまとめたが、こうした訓練は全国的にもほとんど例がないという。
 同小ではこの日、給食終了後に各学級でマスクを配り、正しいつけ方を指導。その後、児童たちは校庭に集まり、集団下校した。

報道
新型インフル発生を想定、集団下校訓練…東京・荒川区 読売新聞

SADC states urged to intensify avian flu inspections African Press Agency, Senegal  (セネガル) 南アフリカ発展共同体、鳥インフル発生監視を強化
 南アフリカ発展共同体の14メンバー国は、2日、各国の国境線での家きんと人のインフレ運zな監視を強化することを決議した。
 これらの地域では未だ高病原性鳥インフルエンザによる家きんと人での死亡は報告されていない。
Bird flu spreads to new areas Assam Tribune, India (インド) インド、鳥インフル、新地域へも拡大
 ボパルに基盤をおく高レベルセキュリティー家畜疾患診断研究所(HSADL)は、致死的鳥インフルウイルスを、カムラプ県のサルパラとパツガオンの両村で死亡した家きんから検出したことを発表した。
 先に11月に27日に、同県のハジョのラジャバザル村でウイルスを検出しているが、今回はそれに引き続いて2カ所目となる。
Official: Vietnam faces high risk of human infection of bird flu Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナム:人の鳥インフル感染危険性が高まっている
 2省で家きんにおける鳥インフルが発生。気候状況から考えて人での感染のリスクが高まっていると、予防医学と環境局長官が記者会見で語った。
 家きんでの発生は、南部のカマウ省と中央のニェアン省であるが、人での発病者は出ていない。
 ベトナムでは本年度、これまで5人の死者が発生しているが、もっとも最近の事例は3月である。
12月3日

更新 2008年12月3日 20:06:03


国内の動きから

、東京都水道局は12月2日、新型インフルのパンデミック(大流行)時の対応マニュアルの概要を発表した。、対応マニュアルの概要は「鳥インフルエンザウイルスは、表面が壊れやすい外皮膜で覆われているため、塩素剤などの消毒剤によって容易に不活性化できる」として、「塩素消毒が行われている水道水は鳥インフルエンザに対して安全」と明記している。
 同局はまた、大流行の場合でも「いかに安全な水を、安定的に供給するか」をコンセプトに、対応マニュアルを策定している。政府の試算によると、新型インフル流行時は最大で4割の従業員が欠勤するとされているが、同局は浄水場などの運転管理要員を確保するため、他局への転職者や退職者を含めた業務経験者リストを浄水場ごとにあらかじめ作成しており、緊急時はこのリストを活用して要員を確保するという。

報道
新型インフル大流行でも「水道水は安全」 キャリアブレイン 



Bird Flu Outbreak in Assam Bhutan Ministry of Agriculture, Bhutan  (ブータン農業省) インド、アッサム州で鳥インフルエンザが発生
 
インド、アッサム州カムラプ県でH5N1鳥インフルエンザが発生したことが11月27日にブータン農業省に報告された。28日に緊急対策会議が開かれ、各種の対策について討議された。

以下強化される対策。

Bird flu spreads to new areas in India's Assam Reuters AlertNet, UK  (英国) アッサム州で鳥インフルエンザが拡大
 3日、アッサム州で新規鳥インフルエンザが家きんの間で検出された。数千羽に上る家きんが殺処分される予定となった。
 「鳥インフルが新地域へ拡大している。まもなく地域の家きんの殺処分を始める」、とアッサム州家畜局長官がロイターに語った。
 週末に、グワハチ(地域の最大都市)の西35キロにある村で鳥インフル発生が確認されたことから、周辺の20近い村で4万羽以上の鶏とアヒルが殺処分された。
 その後当局は、やはりグワハチ近くのパラスバリで家きんの死亡が報告されていたことから、鳥インフルの拡大を心配していた。
 「新規に鳥インフルが発生した地域には20近い村が存在している」、と当局では言っている。
 グワハチでの家きんの移動や売買は禁止された。そして州内の各地で発生に対する監視が強化された。
 保健担当者が感染地域へ入り、インフルエンザ様症状を呈する住民のチェックを開始した。
Assam on alert; bird flu spreads to new areas The Week, India  (インド) アッサム州鳥インフル警報:新地域へ拡大
 アッサム州政府は、鳥インフルが新地域へ拡大したことから、3日、健康警戒報を発令し、家きん売買を禁止した。
 「カムルプ県の多くの村で、死亡した家きん検査で鳥インフルが陽性にでた」、と州政府当局者が語った。
 「我々は4日から11の村で家きん殺処分を行う」。
 先週カムラプ県のハジョ地域でH5N1鳥インフルが発生している。
 発生地から5キロ以内の48村で6万羽の家きんの殺処分が指示された。殺処分はほぼ終了しているという。
 今後さらに拡大してゆく可能性が高いから、健康警戒報を発令した、と当局では説明している。
 医師達とパラメディカルのチームが、人への感染が生じないように対策を強化している。

Bird flu makes mallards thin, study finds Reuters  (国際) 鳥インフルエンザウイルスに感染したマガモは痩せる:研究報告

 鳥インフルエンザウイルスは、マガモに感染すると痩せさせるため、遠距離飛行してウイルスを拡大させることは出来ないことが示唆される研究報告が、研究チームから発表された。

 研究者達のスウエーデンにおける数千羽にのぼるカモの調査によると、鳥インフルウイルスは何らカモに影響を及ぼさないという従来の知識に反する結果が得られた。
 そして、研究者達も驚いているが、カモはほんの2,3日間のみしかウイルスを排出していないようだ。研究報告は、Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciencesに発表された。
 「マガモは自然界で低病原性鳥インフルエンザウイルスの宿主であるが、ウイルスの感染がマガモ達にどのような影響を及ぼすかについては、何も分かっていなかった」、とスウエーデン、カルマル大学のジョナス・ワルデンストロムとオランダ、ロッテルダムのエラスムス医学センターのアルベルト・オステルハウス、および共同研究者達が論文で記載している。
  自然宿主とはウイルスが感染しても何ら症状を出さずに、周辺にウイルス拡大を起こす種のことを言う。鳥インフルエンザウイルスは、もっとも頻回に水棲渡り鳥、特にマガモで見つかる。
 「我々はスウエーデンの渡りマガモからの1万検体について、インフルエンザウイルスの分析を行い、感染マガモは非感染マガモよりも痩せていて、体重減少程度は、体内から排泄物中に排泄されるウイルス量に相関していた」、と研究チームは説明している。
 「多くのマガモは渡り鳥であるが、ウイルスの排泄期間で1週間もないくらい短いので、大陸レベルで考える限り、それほど長距離に渡ってウイルスを拡大することは出来ない」。
 高病原性H5N1鳥インフルエンザが最近アジアや、ヨーロッパやアフリカの一部分で家きんの間で感染が拡大しているが、専門家達は、それが変異して人に感染するようになることを懸念している。
 専門家達は、それらウイルスがどのように拡大しているのか正確には分かっていないが、渡り鳥によるという考え方や、家きん貿易によるという考え方がある。
 研究者チームは、感染自体は鳥の移動速度や距離には影響しないことを確認している。
 しかしカモは平均、8日間感染していて、その初期の3日間に排泄物にウイルスを排泄して、ウイルス拡大を起こしている。
 「ウイルスの排泄期間は非常に短いので、マガモが大陸内、さらに大陸間でウイルスを拡大しているとは考えられない」、と研究者チームは結論している。
 しかしマガモ達は、ウイルス感染したとき、その場所での滞在期間が長くなっているが、その影響に関しては。さらに研究が必要だ、とチームは意見を付け加えている。
 

.Overseas Drug Company Clinical Trials Face More Scrutiny Newsinferno.com, NY  (米国、ニューヨーク) 海外製薬企業の臨床試験に、より厳しい指導が必要
 海外での製薬企業の臨床試験で死亡事故が発生している。各国にける製薬企業の臨床試験に対する正規の規則が運用されるように、試験の在り方が見直されている。
 *昨日、同内容の報道が紹介済み
Researchers identify genes that affect degree of illness SmartBrief, DC (米国、ワシントン) 病状の強さに影響する遺伝子が発見
 オーストラリアの研究者チームが300人の何らかの感染症に罹患した人々を対象に研究し、病状の軽重と回復までの期間が遺伝的に規定されていることを明らかにした。28%の人々では、感染症の症状が重くなり、回復までの期間が長引く遺伝子の組み合わせが推定され、18%では軽症に終わる遺伝的素因が推定された。このような遺伝的素因を考慮に入れた個別の感染症予防と治療が可能となることが示唆され、またパンデミックに対するワクチンの優先性の決定にも応用が可能と考えられる。

*12月1日に既報

UN lauds Malaysia's comprehensive level of pandemic preparedness SmartBrief, DC  (米国、ワシントン) 国連、マレーシアのパンデミック対策を賞賛
 国連のパンデミック・インフルエンザ対策部局では、マレーシアをアジア地域におけるパンデミック・インフルエンザ対策のモデル国に選んだ。

12月2日


国内の動きから

 強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスに感染した場合、5割以上の人が死亡している。若い世代での致死率が7割以上と高い。この原因としてサイトカイン・ストームなる仮説が持ち出されることが多いが、それはスペインインフルエンザでも類似だった。

* スペインインフルエンザで発病したのは青年が多かったが、死亡したのは高齢者と5歳以下の小児が多かった。青年は感染する機会が多く(軍隊など)、そのため発病率が高かったと思われるが、死亡者の比率は、通常のインフルエンザと同じように、高齢者と小児で高かった。そういうことから考えると、スペインインフルエンザでは、サイトカイン・ストームで青年層が多く死亡したというのは正しくはない(管理人)。管理人作成グラフ参照

報道
新型インフルQ&A:致死率の年齢による違いは? 毎日新聞 



As winter nears, officials urge farmers to stay alert for bird flu Myanmar Times, Burma  (ビルマ、ミャンマー) 冬期間が近づき、当局は農家に鳥インフル警戒報を発令
 冬期間に入り、ミャンマーは多くの渡り鳥の飛行路となり、それらの中には鳥インフルエンザに感染しているものもいて、そこから家きんへの感染が懸念される。
 当局では国内の家きん業者と小規模農家に警戒強化を呼びかけた。
Our Country Is Failing the AIDS Test Washington Post, United States  (米国、ワシントンポスト) 合衆国はエイズ検査を十分行っていない (鳥インフルはすでに脅威的ではないとする文節を含む)
 エイズは世界でトップの健康危機であり、米国においても、特に黒人世界では極めて高いリスクが続いている感染症である。100万人を超える米国社会におけるエイズ患者の半数は黒人である。
 米国でのエイズ検査の甘さを指摘し、症状が出るまで数年はかかり、症状が出てからの検査では遅すぎること、そしてそれに対する対策等の論説が続く。
 その中での一説。
 ”2,3年前に鳥インフルエンザが脅威的であったとき、ハイリスク地域では強制的な厳密な検査が行われ、それによって、流行の危機が大きく減少した。しかし、症状が即出現する鳥インフルエンザとは異なり、HIVは何年かも無症状のままである”。

*家きんで鳥インフルが流行しているハイリスク地域では、鳥インフル様症状を呈した患者は、即、鳥インフルの検査が行われた。一方、エイズの場合、感染するような行為があっても、無症状なため検査が遅れる。それが結果的にパンデミックにつながるのだ、という考え方。

Experts believe city is ready for looming pandemic threat The Standard, Hong Kong  (香港) 香港はパンデミック対策が十分整っている:専門家判断
 今後10年間に香港でパンデミック・インフルエンザが発生する確率は、専門家によると十分の一程度あるようだ。(one in 10 chance)。
 しかし良いニュースとして、香港はそのような事態に十分対処できる態勢にあるということである。

 昨日行われたパンデミック・インフルエンザのシンポジウムで、香港大学の科学技術経済学教授のフランシス・ルイ・チンミン教授は、香港は過密な人口と多くの海外からの観光客で、特にパンデミック・インフルエンザに脆弱性があると語った。
 またWHOは、世界でいつパンデミックが発生してもおかしくはないと警告している。
 WHOによれば、10~50年毎にパンデミックは発生しているが、すでに最後のパンデミックが発生してから40年経過している。

 新パンデミックは世界の人口の25%を発病させる可能性がある。
 保健福祉委員会のスチーブ・ペイン委員長は、香港はSARSの経験があるから、その経験を生かして十分対策が講じられていると語っている。
 同委員長によると、香港企業の15%は業務継続計画(BCP)を作成していて、さらに50%が作成中のようだ。
 同氏は企業に抗インフルエンザ薬の備蓄を勧め、政府との連携強化を図り、さらに被雇用者への啓発に努めることを求めた。
 パンデミックに際し、経済的およびセキュリティー問題が破綻する可能性がある。
 世界銀行はパンデミック発生により、3兆ドルもの経済的損失を世界は被ると推定している。

 ルイ教授は、政府は香港市民の30%の人口をカバーする抗インフルエンザ薬を用意する予定といい、世界の平均の15%に比較すると高い数値であると語った。しかしこれらのカバー率はさらに上げる必要があるが、すぐには無理であろうと付け加えた。
 「これらの抗インフルエンザ薬は非常にコストがかかる。全ての政府が常に準備しているのは不可能である」
 教授は、パンデミックは輸送業界と保健医療界に混乱を引き起こすと警告した。

Raise awareness to check spread of bird flu The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) バングラデシュ、鳥インフル拡大対策の強化が求められる
 昨日開催されたワークショップで、鳥インフルが家きん農場で発生したり、人の間へウイルスが拡大するのを防止するために、啓発強化を多くの講演者が求めた。
Overseas regulators toughens clinical trial stance FierceBiotech, DC  (米国、ワシントン) 海外でのワクチン接種臨床試験規則の問題
 ウォールストリート・ジャーナルは、今朝の報道で、海外における臨床試験規則の問題点を取りげた。
 最近、臨床試験でいくつかの死亡例が出ている。
 例えばインドでは、ワクチン接種後に乳児が死亡しているし、ポーランドではノバルティス社の鳥インフルワクチン(プレパンデミックワクチン)接種後に高齢者2名が死亡している。
 これらの例では、臨床試験の年齢制限を設ける必要があった。
 薬剤開発に際して、全ての臨床試験には基本的に危険性が伴っていることを研究者達は強調している。そして途上国では完成後に裕福な国家で使われる薬品の臨床試験を、それら国家の市民を対象に行われていることに反発の声が上がってきている。
 途上国では臨床試験が容易に行いやすい。理由として、非常にコストが安く済むということと、医薬品が容易に使用できないので、臨床試験に参加する患者が得やすいということがあげられる。
 2005年度の臨床試験の40%は、途上国(低~中所得国)で行われている。
12月1日


High alert in Orissa after bird flu hits Assam Smash Hits, India  (インド) アッサム州で鳥インフル発生により、オリッサ州では警戒態勢に
 オリッサ州には、冬期間、毎年シベリアやイラクから数百万羽の渡り鳥がやってくる。インドでもっとも大きい海水湖であるチリカ湖には少なくとも75万羽の渡り鳥が集まる。
 アッサム州の家きんで鳥インフルが発生したことから、オリッサ州の漁業家畜資源省では、鳥インフル発生に対する警戒態勢を州内に発令した。
40000 poultry culled in Assam after bird flu outbreak Frontline, India  (インド) アッサム州、鳥インフル発生後、4万羽の家きんを殺処分に
 アッサム州の当局は殺処分予定6万羽の家きんのうち、約4万羽の処分が終了したと1日発表した。発生地域から5キロ以内にある48カ所に上る村落が対象となっている。
 家きんは鶏とアヒルが中心で、緊急対策チームが22部隊編成され、処分にあたっている。
 中央保健省のチームも、地方当局の殺処分作業を応援に当たっている。
Genes blamed for lengthy illness Courier Mail, Australia  (オーストラリア) 闘病期間を規定する遺伝子が発見
 同じ感染症でも、ある人は一晩で回復し、別な人は2週間も闘病生活を続ける理由は、遺伝子で説明がつく可能性が出てきた。
 詳細は昨日の報道を参照。
Genes found that amplify illness ScienceAlert, Australia  (オーストラリア) 病状を増悪させる遺伝子の存在

 ハイリスク遺伝子を保有している人々は、感染症に罹患した場合、8倍の病状の悪化と回復までの期間が要することが、ニューサウスウエールズ大学の研究チームにより明らかにされた。
 これらの人々は感染症初期に、発熱や疼痛等の症状、すなわち免疫反応が開始された症状が増幅される。
 反対に、ある人々は病状が軽く終わる遺伝子の組み合わせを持っていることも、研究者達は見いだした。
 研究結果は、Clinical Infectious Diseases. に発表された。
 感染症による症状の軽重が、遺伝的素因で規定されている可能性を明らかにしたのは今回の研究が初めてである。
 終極的に、感染症に遺伝的に脆弱性である人々を同定することで、感染症に対する個別的予防および治療方法が可能になると共に、時には生命を救うことにもつながる可能性がある。
 SARSや鳥インフルエンザのような危険なパンデミックに際して、これらの感染症脆弱性グループの人々に、開発されるワクチンを優先的に投与することも考えられる。
 研究結果では、28%の人々が感染症に脆弱性となる遺伝子の組み合わせを持っていて、これらの人々は重い症状を呈し、回復までの期間も長い。

*研究者達は感染症に際して体内で産生される5種類のサイトカイン量を測定した。ウイルス感染により産生されるサイトカインの量が多い人ほど症状が重くなる。
 詳細は昨日の報道で紹介済み。


Bird flu still a threat Otago Daily Times, New Zealand (ニュージーランド) 鳥インフルは未だ脅威的である
 3年前、鳥インフルエンザ、すなわちこれまで世界で387人が発病している、は人々にパンデミックの危険性を知らしめた。
 現在、人々の関心はほとんど消え去ったが、脅威は依然として存在している。サウスランド地域保健局危機管理対策委員会のサンドラ・ミラーさんは、そのように警告している。
 何らかのインフルエンザウイルス株が、世界でパンデミックを発生させるのは、単に時間の問題に過ぎない。
 「WHO統計は大体30年間隔でパンデミックが発生することを示している」、とミラーさんは語る。
 「最後のパンデミックが発生してから36年経過している。我々はいつパンデミック・インフルエンザが起きるか分からないということを、人々が十分頭に入れておくことを望んでいる」

 人々の啓発のために、サウスランド地域保健局危機管理対策委員会と市民危機対策グループは共同で、ロードショウを行っている。
 内容は、パンデミック時に自宅待機、正しい手洗い、発病者に近づかないこと、等。

 ・咳やくしゃみをするときは、ティッシュで口と鼻を覆う。使ったティッシュは適切に破棄する。てを十分洗う。
 ・手を常に清潔に保つ。頻回に手洗いを行って、衛生的に保つ。
 ・人との間隔を1~2メートル保って、インフルエンザ・ウイルスに暴露することを最低限に保つ。もし発病した場合は家で静養する。
 ・家庭や職場でのウイルス汚染を抑える。ドアノブやコンピューターのキーボード、照明器具のスイッチ、おもちゃの表面を定期的に消毒。
 ・自分と家族における対策。緊急時の計画と、そのための必要キットの用意。
TOP