高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年11月


11月30日


国内の動きから

 大流行が予想される新型インフルエンザへの対応を目的とした県民講座が二十九日、松江市の島根県民会館であり、県の担当者が感染予防の基礎知識を解説した。
 講座では、県健康福祉部の竹内俊介医療統括監が「都会地で感染拡大を防ぐことは困難だが、島根県は人口密度が低く、しっかり対応すれば拡大を抑えることができる」と強調した。

 富山県は二十八日、新型インフルエンザで発熱などを訴えた人たちを診察する「発熱センター」について検証する初の総合訓練を富山市秋ケ島の県総合体育センターで開いた。
 新型インフルエンザが国内で発生した場合、県は病院などに発熱センターを設置。感染が疑われる症状が出た場合はかかりつけの病院ではなく、センターでの受診を呼び掛け、感染拡大を防止する。訓練には、厚生センターの職員ら四十人が参加し、医師や看護師、消防士ら百二十人が見学した。
 県内で患者が発生し始めた時期を想定し、発熱センターの受付での患者応対や診察室となる「発熱テント」での医師とのやり取りなどを確認した。

報道
松江・新型インフルに備え県民講座 山陰中央新報 
新型インフル拡大防げ 富山で医師ら 発熱者の対応訓練 中日新聞 

 
Blame your genes for lengthy illness The Age, Australia (オーストラリア) 感染症の重症度を遺伝子が決定

 同じ感染症でも、ある人は一晩で回復し、別な人は2週間も闘病生活を続ける理由は、遺伝子で説明がつく可能性が出てきた。

 シドニーの感染症専門家チームが、ハイリスク遺伝子を保有する人々は、感染症に罹患したとき、重症度と回復するまでの期間が、それぞれ8倍高く、要することを見いだした。
 少数の人々は感染症に対して抵抗性が強く、症状がより軽度に終わる遺伝子の組み合わせを持っている。
 NSW大学の Ute Vollmer-Conna博士等の研究者チームが明らかにし、医学雑誌  「 Clinical Infectious Diseases」に発表した。

 研究は、300人の急性腺熱、ロスリバー熱、およびQ熱発病者を対象に行われた。
 研究者達は感染防御に働く、免疫系のホルモン様タンパク質であるサイトカイン5種類について分析した。
 28%が遺伝的に重症化しやすく、回復までの期間を長く要する遺伝的感受性を保有し、18%が抵抗性遺伝子を保有していた。
 しかし、この事実を一般化するには早すぎると研究者は語っている。

 Ute Vollmer-Conna博士によると感染症に対する脆弱性は、過剰な免疫反応によると説明される。
 「ある人々は急性感染症に罹患したとき、他の人々よりも重症症状を呈するが、これはこれらの人々の体(免疫系)が過剰に反応するからで、言い換えれば、遺伝的素因によるものだ」、と研究チームのリーダーであるVollmer-Conna博士は説明する。
 「これらのグループに属する人々は、平均的な人々の2倍の期間が回復までかかり、仕事の現場に復帰するまで2倍の期間が必要とされている」。

 今回得られた知見は、このような感染症に脆弱性を保有する人々を識別することで、通常の感染症に対する個別の予防と治療方法を提供し、またパンデミックに際し、治療の優先性が確保される。
 「場合によっては、命を救うことも可能になる」、と同博士は語っている。
 

新型インフルワクチン、途上国に無償提供 WHOが共同備蓄  日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザワクチンの国際的な共同備蓄制度を創設する。新型インフルエンザが世界的に大流行(パンデミック)するのを防ぐには、発生国に素早く大量のワクチンを供給し、感染拡大を抑え込む必要がある。ワクチンを無償で供給する備蓄制度をつくることで、独自に備蓄するのが困難な発展途上国で発生した場合でも、即座に対応できるようにする。
 新型に変異する恐れのあるH5N1型の鳥インフルエンザはインドネシアで頻発しているが「ワクチンを高値で売り付けられる」との理由で開発に必要なウイルス検体の提供を拒んでいる。備蓄制度を設けて無償供給する体制を築くのは、同国に検体提供を促し、有効性の高いワクチン開発を支援する狙いもある。

*これは1年半前からWHOが提唱していた対策である。ワクチン製造企業の協力の下に行うと言われていた。12月に、分離ウイルス提供を拒んでいるインドネシアのスパリ保健大臣とWHOが話し合いに入ることから、正式に決定したのだろうか。詳細は不明だ。

Influenza Pandemic a Growing Possibility Discover Foothills, Canada  (カナダ) パンデミック・インフルエンザの発生の可能性は高まっている
 アルバータ州医師会長は、州のパンデミック・インフルエンザ対策計画が、どのような内容になっているかを医師達は知りたがっていると語った。
 医師会は行動計画作成に加わりたいとの意志を表明している。
Flu thrives because people don’t get shots Prince George Citizen, Canada  (カナダ) インフルエンザワクチンを接種しないと、インフルエンザが流行する
 プリンスジョージ市(ブリティシュ・コロンビア州の州都)の80%以上の人々が毎年インフルエンザ・ワクチンを接種するなら、地域からインフルエンザは一掃されるだろう、と北部地域の保健局が言っている。
 「もし6ヶ月以上の住民が毎年ワクチン接種を受けるなら、インフルエンザウイルスの人々の間での循環は減少し、インフルエンザに罹患する人々は希になるだろう」、と保健局のウイリアム・オッセイ医師が語っている。
 「インフルエンザは高熱と、頭痛、筋肉痛、易労感、脱力感等の症状を起こす重病の一つで、発病者は数日間の臥床を強いられる。そして完全に体調が戻るまで2~3週間を要する」、とオッセイ氏は付け加える。
 そうした理由でワクチンはは製造されているのだが、多くの人々は、インフルエンザを感冒、胃腸炎、胃腸インフルエンザと多くの人々が呼ぶノロウイルス、等と混同している。しかしこれらの病気で死ぬことはない、昨年ブリティシュ・コロンビア州では1400人がインフルエンザで死亡している(430万人:致死率0.03%)」
 「多くの場合、人々はワクチンはしたけど、インフルエンザにかかったと言う。しかし多くの例は、インフルエンザではない。多くの病原体が存在していて、それらに罹患するとインフルエンザに似たような症状を出す(いわゆる風邪:訳者)。それらの病原体に対してはワクチンはない」
 インフルエンザワクチンは以下の人々には無料である。
 65歳以上の高齢者、長期療養施設の入所者、慢性疾患保有者、6ヶ月から23ヶ月までの小児、23ヶ月までの小児介護者、ハイリスクの人と生活する家族、インフルエンザ・シーズンに第3トリメスター(妊娠後期)に入る妊婦、家きんや豚飼育場で働いている人々、保健医療従事者、心肺系疾患を保有する人、緊急業務に携わる人、等。

      ~~~~~特掲2年前の報道から~~~~~

 
米国における対策状況--今後の日本での対策の参考のために

2006年11月28日
State bankers prepare for bird flu Charlotte Business Journal, NC  (米国) 州の銀行で鳥インフルエンザ対策計画

 ノースカロライナ州銀行協会(North Carolina Bankers Association)は、パンデミック・インフルエンザ発生に対する金融機関の対応のために、セミナーを開く。
 協会の説明によると、パンデミック発生により、銀行が前もって対策を取る必要がある破滅的経済的大損害が生じる可能性が高いという。
 医学技術と治療方法の進歩にも関わらず、パンデミックが発生した場合、米国人の200万人が死亡し、国内総生産が5%は低下すると、米国議会予算局では推定していると、協会は説明している。
 セミナーは12月5日に開かれ、鳥インフルエンザが人に感染する様式、そして金融機関はそれに如何に対策をとるべきかを論議する。

11月29日



国内の動きから

 山梨県内でインフルエンザが早くも流行し、全国的に突出した患者数が報告されている。東京・国立感染症研究所(感染研)は28日までに、中北保健所管内にこの冬全国で初めてとなるインフルエンザ注意報を発令した。4週間以内に大流行する可能性があるという。県内では既に休園措置を取った幼稚園も出ており、各小学校は児童にうがいや手洗いを徹底させる対策に躍起。県は「年末年始にかけてさらに患者が増える可能性があり、注意が必要」として、学校や職場での予防を呼び掛けている。

 政府は28日、関係省庁対策会議を開き、新型インフルエンザ対策の礎となる行動計画の改定を決めた。海外で発生した場合にウイルスの国内流入は避けられないとの前提に立ち、(1)感染拡大を可能な限り抑制する(2)社会経済の破綻(はたん)防止――を基本方針として初めて明確化した。年明けにも正式決定する。 改定では、世界保健機関(WHO)が出す警戒レベルでなく、国内発生状況に応じて「未発生期」「海外発生期」「国内発生早期」「感染拡大、蔓延(まんえん)、回復期」「小康期」の5段階に整理し、各省庁の役割分担を決めた。
 具体的には、国内発生早期には、文部科学省や厚生労働省が、学校の休校や外出・集会の自粛を要請。感染拡大期には各省庁が企業に業務の縮小を呼びかける一方、ライフラインなど生活に必要な事業については継続を要請する。

 世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザの発生に備えて28日、県内では初めての実地対応訓練が行われました。
 訓練は新型インフルエンザの患者が県内で25人発生しているという「発生の早期」から「感染の拡大期」までを想定して行われました。

報道
インフルエンザ大流行か 山梨日日新聞 
新型インフル対策、感染拡大抑止に転換 政府の行動計画 朝日新聞 
新型インフルエンザ、初の実地対応訓練 北日本放送

 
Assam bird flu due to migratory birds: Ramadoss Newstrack India, India  アッサム州の鳥インフルは渡り鳥によると推定:インド保健省大臣
 保健省大臣は今回のアッサム州の家きんで発生した鳥インフルは主として渡り鳥によるものと考えられると語った。
 発生域周辺5キロ以内の家きんの殺処分が行われていて、全てはコントロールされていると、当局では語っている。

*渡り鳥説を云々する必要があるのか分からないが、渡り鳥によるものであるなら、なぜアッサム州でだけ発生しているかは説明できない。
Birdflu kills 11 over past 4 years Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 中央ジャワでの鳥インフルでの死亡者の状況
 中央ジャワでは2005年から2008年11月まで11人が鳥インフルで死亡している。27日当局者がその状況について語った。
 2005年度は1例、2006年度は3例に増加、2007年度は5例に増加、しかし今年度は11月まで3例と減少している。
 半数は病院受診が遅すぎて、十分な治療がなされていない。
 半分の患者は家きんとの直接的接触で感染。残りの半数が不衛生な環境で感染。
 現在は、病院やクリニクに、タミフルや疾病の対処に関するガイドブック、そして十分トレーニングされたスタッフが派遣されている。

Measures taken to control bird flu The News International, Pakistan (パキスタン) パキスタン、鳥インフル対策が強化
 保健省は、他の関係省庁と共に、冬期間の人における鳥インフル感染対策の強化に着手した。
 保健、家畜、野生生物の各部局および家畜研究所が、保健局長官の主管のもとに対策会議が28日開かれた。

Preventive steps to check bird flu stressed The New Nation, Bangladesh  (バングラデシュ) バングラデシュ、鳥インフルの予防啓発強化が必要と
 ワークショップで、鳥インフルの予防啓発を末端の農家にまで行き渡らせる必要があることが強調された。

Culling operations on in Hajo Assam Tribune, India  (インド) ハジョでの殺処分が開始
 アッサム州ハジョででH5N1鳥インフルエンザ発生が確認され、家きんの殺処分が開始された。

Gaming the next pandemic CNET News, CA  (米国、カリフォルニア) パンデミックゲームで訓練


米国CDC提供写真
 映画「感染大爆発(Outbreak)を見た人は、未知の感染症が発生した場合、軍隊が関与してくることを知っているが、問題はどんな方法で介入してくるかである。(国防省行動計画)
 防衛省は一般のそのような疑問に答えるべく、発生するパンデミックに対する軍の行動計画の基本に基づいたシミュレーション・ゲームの作成を依頼した。
 ゲームはSimQuest社が作成するが、初期の段階で保健医療専門家と軍が、初期の感染症発生の予兆を感知し、そして感染症拡大のためにどのように動くか等をシミュレーションゲーム化している。

 

Fate and effects of the drug Tamiflu in the environment innovations report (Pressemitteilung), Germany  (ドイツ) 環境中におけるタミフル分解産物の影響
 スウエーデンの研究チームが、タミフル代謝産物が下水道をから水系を汚染し、水鳥の保有するインフルエンザウイルスのタミフル耐性に影響する可能性の研究に着手。

    ~~~~~特掲2年前の報道から~~~~~

 
米国各州における対策状況--今後の日本での対策の参考のために

 2006年12月18日
State Pandemic Preparations Vary Widely KFMB, CA 各州のパンデミック・インフルエンザ対策整備状況には大きな差 (AP通信調査)
 印刷用ファイル
 パンデミック・インフルエンザが発生した場合、簡易ベッドや医薬品等を満載したトレイラーがコロラド州中の秘密の場所に待機し、学校体育館における臨時の病院設立に備える。
 ワシントン州西南部地域では、パンデミックの間、ドライブ・スルー方式でワクチン接種を行うことを考えているが、今秋の季節性インフルエンザ接種の経験から言うと、整理のための交通警官が必要なようだ。
 もしアラバマ州でパンデミック・インフルエンザの間学校が閉鎖されるとしたなら、学生達は公共テレビを通じて学ぶことになる。ダラス市では市の図書館員が、発病した「911 operator」の代わりを務める予定になっている。

 各州と地域社会は、ブッシュ政権のパンデミック・インフルエンザ対策の強化の求めに応じて苦慮しながら、地域によって様々な創造的対策を展開しつつある。

 AP通信では、各州の対策準備状況を詳細に調べたが、州によりその状況は様々で統一性がない。

 ほとんど半分の州では連邦政府の対策補助金の他に、対策用に独自の出費はしていない。

 十分量確保できない抗インフルエンザ薬とワクチンの配分に関する倫理的問題が存在している。オクラホマの疫学研究者のブレット・コウセン博士(Dr. Brett Cauthen)はそれを強調する。”最も困難な課題がそこにある”、と同博士は言う。

 いくつかの州では、連邦政府から勧奨されている抗インフルエンザ薬の購入と備蓄をすべきか、または連邦政府から十分量を得ることができるのではないか、と言った論議が続いている。

 いくつかの州では、警備された倉庫に備蓄している他のパンデミック対策用品のリストを示している。例えば450万人分のフェースマスクを備蓄していることを、ニューヨーク州では誇っている。その一方、ウエストバージニア州では、行動計画の最終案の草稿中である。

 ”どのように各州では対策を立てているのか?、そして、如何にして我々はそれを知ることが出来るのだろうか?”、 とCDCのパスカル・ワートレー博士は疑問を呈する。
 ”重要であるが、実行が非常に困難な対策が多く存在している。これは本当の意味でチャレンジなのだ”。

 実際、政府がこの数週以内に各州の対策状況を確認するが、当局者達は、最も重要な課題を解決できている州はほとんどないのではないかと、予測している。
 ・どのようにして食料店に商品を備蓄しておくか?
 ・公共事業従事者が、水道や電気の配給を維持するために、彼等に提供する抗インフルエンザ薬は十分に保存しているか?
 ・もし学校が閉鎖されるとした場合、地域の企業界は従業員が子供達の世話を家庭で行うため、従業員の欠勤を許すだろうか?それとも首にするだろうか?
 ・連邦政府がワクチンと薬品の配給分を、各州に空輸した場合、それは安全に保管され、強奪されることなしに患者に届けられるだろうか?

 ”5000の自治体に全力を尽くして問題を解決してもらう以外、良い方法は思い浮かばない”、と連邦保健福祉省の危機管理対策主任のウイリアム・ラウブ博士は語る。
 ”ある州でうまく運ぶ対策が、他の州でも通用するとか限らない”。

 容易に変異するスーパー・インフルエンザウイルスが2,30年毎に世界で流行する。前世紀は3回流行した。
 最悪の流行事例は1918年のパンデミックで世界中で約5000万人死亡した。米国内では50万人死亡している。もしこの1918年のパンデミックと同程度のものが発生したなら、米国内で人口の三分の一が発病し、190万人が死亡する可能性がある。

 いつでも起きえる次のパンデミックに備えて、CDCは政府に対策を立てるように何年も前から言い続けてきた。この対策はH5N1鳥インフルエンザが世界中で発生しだしてからは、緊急を要する課題となった。2004年には29州だけが何らかの行動計画を作っていたが、現在は紙の上の草案を含めると全ての州で計画を作成している。

 来春、連邦政府保健当局では各州に対してアンケート調査をし、それを集計発表する予定になっている。質問は保健問題だけではなく、地域社会が如何にして経済と社会機能を維持できるかという問題まで踏み込んでいる。
 ラウブ氏は、決してそれは”摘発”ではなく、各州が結果に対して反応することにより、対策の遅れた州が、より対策が進んだ州をまねることが期待される、と考えている。
 ”私はそれにより全ての重要な対策がカバーされるだろうと確信している”、と同博士は付け加える。
 
 現在、初期対策の課題として、病院での患者収容限界、タミフルの購入、学校閉鎖、そして如何に州が流行に対して行動をとるか、が挙げられる。
 レイビ等のグループの研究では、半分の州でパンデミック発生2週後には病院での患者対応能力は破綻するとされる。それは1918年に発生したパンデミック程重度のものでなくてものようだ。
 AP通信が各州の担当者に行ったインタビューでは、保健担当責任者達は繰り返し、病院での患者対応能力は破綻するのは間違いはないが、それはベッド不足が最も重要な原因ではない、と言う。
 ”全ての患者を扱うだけの医療従事者がいない”、とアラバマ州保健局のドン・ウイリアムソン氏が言う。
 看護師不足や他の問題で、今日の病院は保有するベッドの6割に対応出来るだけのスタッフしかいない。パンデミックに陥った場合、これらスタッフは自身が発病したり、発病した家族の看護のために自宅にいなければならない。そのため病院へはやってこれなくなるだろう。
 そのためいくつかの州では様々な創意工夫している。

 コロラド州中の戦略的地点に駐車しているトレイラーには、計6500個の簡易ベッドが積み込まれてあり、学校の体育館、またはイベントホール等に、電力、水、そしてバスルームと共にセットアップ出来る態勢にある。
 州ではこれらのベッドに横たわる感染者を看護するボランティアを募集している。さらに薬剤師から理学療法士まで、通常はインフルエンザ看護に関与しない保健医療関係者のマスターリストを作成している。
 エルパソ郡では退職した医師達の電話バンクを作成している。市民が混雑した病院を受診すべきか、それとも家で安静にしているべきかの相談にのる。

 ルイジアナ州では、親戚関係者が患者を看護するのをサポートするために訪問時間を拡大することや、回復患者に何らかの容易な義務を与えることを考えている。

 カリフォルニア州では、今年1800万ドルの予算を計上して、3個の200床移動病院を購入予定とし、7800万ドルで2万個のベッドを含む医療用具を購入する。
 考え方として、非常に重症な患者は入院とし、中等度の場合は家庭、そして中間型は学校やイベントホール等のベッドに収容すると、している。
 
 病院内ではベッド以外にも不足は色々ある。例えば、ジョージア州では重度のパンデミックの間2万台のレスピレーターが必要と考えられる。州全体で現在は1500台しかない。当局は2000台の携帯用レスピレーターを購入したが、それらの耐久性に関しては不安感が持たれている。

 パンデミックが生じてから、そのウイルスに適合したワクチンが製造されるまで数ヶ月は要する。それまでの期間、タミフルを中心としたインフルエンザ治療薬が重要な存在となる。世界のインフルエンザ専門家達は、人口の四分の一、または米国の場合なら7500万人分の抗インフルエンザ薬の備蓄を勧めている。
 ブッシュ政権は4400万人分のタミフルを購入しつつあるが、各州の購入分と合わせて国家備蓄量とされる。
 各州は残りの3100万人分のタミフルを購入する予定であるが、連邦政府は25%割り引いた価格で提供することになっている。
 ほとんどの州は、少なくともある程度の量は購入予定としているが、現在議会の予算の承認を待っている段階とされる。
 しかしながら少なくとも四州では、これら余分の薬剤を購入するだけの予算が取れるか分からないという。薬剤はスーパー・インフルエンザに効かないかもしれないし、または備蓄していても期限切れになるかも知れない、と消極的態度の理由を付け加える。
 ”それは役立つ可能性もあるし、また全然役立たない可能性もある”、とアリゾナ州の保健局副局長のウイル・ハンブル氏が言う。州は連邦政府からの助成金100万ドルで、66000人分の薬(タミフル)を購入している。しかし同氏は、さらに州が購入するかどうかは分からないと語る。

 ネバダ州は200万ドルの国からの助成金でタミフルを購入したが、さらに購入する考えはないようだ。
 他。
 

11月28日


国内の動きから

 政府は28日、新型インフルエンザに対する国の対策の基本になる行動計画を全面改定した。従来の計画より「ウイルスの国内侵入を防ぐのはほぼ不可能」との前提で(1)感染拡大を抑制して健康被害を最小限にとどめる(2)社会・経済を破綻(はたん)に至らせない--と目的を明確化した。一般から意見聴取したうえで、年明けに正式決定する。

 大分県民の新型インフルエンザ対策を県が調べたところ、流行時に外出しなくても済むように2週間分の食料備蓄をしているのは10%にとどまることが分かった。県はポスターやホームページで、流行前に対策を講じる必要性を呼び掛ける。
 、「咳エチケットを知っている」人は34%にすぎなかった。「具体的に知らない」「知らない」が計66%を占めた。

 京都府は27日、上京区の府職員福利厚生センターなどで、自治体と連携した新型インフルエンザ図上訓練を行った。府は「万一に備え、全庁ぐるみで危機管理意識の向上に努めたい」とした。併せて府立与謝の海病院(与謝野町)でも感染患者を効率よく分離し、治療にあたる実働訓練があった。
 同センターでの訓練では、仕事で東南アジアから帰国した京丹波町の40歳代の男性が高熱や呼吸困難などを訴え、国内初の新型インフルエンザ要観察例になったとの想定で臨んだ。
 医療機関から連絡を受けた府は、山田知事を本部長とする対策本部を設置。関係機関との情報の共有や、各部局への指示などの手順を確認した。

 高病原性鳥インフルエンザ対策で、長野県は27日、水鳥が集まる岡谷市の横河川河口の諏訪湖で、ウイルスの保有状況を調べるためのふん便採取を始めた。環境省による全国調査の一環で、国内への侵入を早期に発見し、感染拡大を防ぐ狙い。来年5月にかけて全国52地点で同様の調査が行われるが、県内では諏訪湖が唯一の調査地となる。

 高知県の新型・高病原性鳥インフルエンザ対策推進本部会議が27日、県庁であり、鳥インフルエンザを媒介する可能性がある野鳥の検査をする方針を決めた。国が9月に野鳥についての対応マニュアルをまとめたことを受けた。12月にも調査を始める。

報道

新型インフルエンザ:行動計画を全面改定 「侵入阻止不可能」前提に 毎日新聞 
「2週間分食料備蓄」は10% 新型インフル対策、県民調査 感染時対応でも認識不足 西日本新聞 
新型インフル 府、全庁一丸で図上訓練 読売新聞
鳥インフル 媒介警戒 野鳥検査へ 読売新聞
諏訪湖で鳥インフルエンザの県調査 長野日報 

 
India reports outbreak of bird flu in northeast Reuters AlertNet, UK - (英国) インド、北東部で鳥インフルが発生したことを報告
 インド北東部のアッサム州当局は、27日、家きんでのH5N1鳥インフルエンザが発生したので、地域の鶏やアヒル数千羽を殺処分すると発表した。


*本年1月、2月には西ベンガル州で家きんにおける鳥インフルが発生し、隣接するアッサム州では、感染拡大防止のために家きんの殺処分を行っている。アッサム州の北側はブータンであり、ネパールも近い。しかし両国では、これまで鳥インフルは発生していない。国境で家きん密輸が厳しくチェックされている。鳥インフルが渡り鳥で拡大するという説は、ここでは真ではないようだ。
Test confirms Hajo bird flu Calcutta Telegraph, India  (インド) アッサム州の家きん死亡、鳥インフルと確定
 カムルプ地区行政当局は、ハジョ近くのラジャパラ村の家きんが鳥インフルに感染していることが確認されたことから、殺処分を開始することを発表した。
 行政当局では、324羽の家きんが先週死亡してから、検査のための検体をボパルの高レベルセキュリティー検査所に送られていた。
Bird flu scare in Assam, 300 poultry dead Frontline, India  (インド) アッサム州で300羽の家きんが死亡、鳥インフルの脅威
 昨日報道済み

HSPH's Center For Public Health Preparedness Receives $8.6 Million ... Medical News Today (press release), UK  (英国) ハーバード大学公衆衛生学センター:国内公衆衛生学的危機管理体制計画に、CDCから860万ドルの研究費が提供
What Effects Does Tamiflu Have On The Environment? RedOrbit, TX  (米国) タミフルの分解産物は環境中にどのような影響を持つか?

Tamiflu In The Environment Medical News Today (press release), UK  (英国) 環境に及ぼすタミフル分解物
 季節性インフルエンザに服用されるようになってきているタミフルが、排泄され、下水から環境中の水系を汚染してゆくと、水鳥等の保有するインフルエンザウイルスが耐性となってゆく原因となりえる。
 タミフルを大量に使用している日本の環境中の水系から得た検体と、カモを実験動物として使い、上記の仮説を確かめる。スエーデンの大学と日本の京都大学が合同研究に。
11月27日



国内の動きから

 大阪府の橋下徹知事は26日の記者会見で、厚生労働省が新型インフルエンザ対策としてタミフル備蓄のための財政負担を地方に求めていることについて「本当にバカげている。あきれる」と酷評した。 同省は今秋、タミフル2660万人分を新たに備蓄することを決め、負担の半分を人口に応じて都道府県に配分。府も来年度予算で約25億円(92万人分)の財政負担が必要になっている。

 大阪府の橋下徹知事は26日の記者会見で、政府が新型インフルエンザ対策に治療薬「タミフル」の備蓄量を増やし、うち半分の購入を都道府県に求める方針を示していることに対し、「地方の財政状況を考えず、むちゃくちゃ。厚生労働省はもっと地方の現場に来いと言いたい。知事職を2、3日でも代わってやりたいぐらいだ」と述べ、国を厳しく批判した。
 府によると、現在は都道府県と国で人口の23%分のタミフルを備蓄。厚労省は45%分にまで引き上げる方針で、府は上積み分の半分(約92万人分)の購入費負担を求められるとみており、約25億7000万円と試算している。

 東京ディズニーリゾート(TDR)など大規模集客施設があり、国内外から多くの観光客が訪れる浦安市は、新型インフルエンザの発生に備えて対策本部(本部長・松崎秀樹市長)を設置、市内での行事に合わせて市民にマスクを配布することなどを決めた。
 浦安市は成田空港から都心への経由地でもあり、市内には年間約二千六百万人以上の観光客らが訪れ、新型インフルエンザの発生が懸念されるという。
 対策本部は市内四病院の医師ら約三十人で構成。まず、来月十日に実施する年末の防犯・交通安全キャンペーンで市民にマスクを配る。また予防法や感染防止策、備蓄品などを知らせるパンフレットを全戸に配布する。
 市は「新型インフルエンザ応急対処計画」を策定し、医療関係者や救急隊員用のマスク、手袋を購入するなど対策に乗り出している。 

報道
橋下知事「タミフル備蓄での地方負担はバカげている」 朝日新聞
知事、厚労省にキレた 「地方の財政考えず・・・現場に来い」 読売新聞 
市民にマスク配布 新型インフルエンザ対策で浦安市 対策本部を設置 東京新聞 

 
Bird flu alert in Bhitarkanika Express Buzz, India  (インド) インド、オリッサ州:ビタルカニカで鳥インフル警報
 オリッサ州林業獣医局は、冬期間の入り、大量の渡り鳥が飛来してきていることからビタルカニカに鳥インフル警報を出した。当局は公園周囲での病的になっている鳥の検出を開始した。
 2年前、ボンベイ自然歴史協会の専門家2人がこの地域の渡り鳥や留鳥の鳥インフルエンザウイルスの検査を行ったことがあったが、その際にはウイルスは検出されなかった。
Units sought for influenza patients in hospitals The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、病院の隔離病棟設置が求められる
 パキスタン胸部疾患学会は、政府に各病院へ鳥インフル患者隔離専門病棟の設置を要求した。昨年11月に鳥インフルを発病した3兄弟も記者会見に参加した。
 政府は病院内の隔離病棟の設置を約束していたが、未だにそれは実行されていない。

Fate and effects of the drug Tamiflu in the environment EurekAlert (press release), DC (米国、ワシントン) 排泄タミフルの環境中での影響について研究が開始
 スウエーデンのアプサラ大学と京都大学が共同して、下水に排泄されたタミフル分解物が、水系に混入し、それがカモ等の鳥にどのような影響を及ぼすか調査研究する。スエーデンから研究費が助成された。
 日本では季節性インフルエンザに罹患した患者の40%がタミフルを内服している。排泄されたタミフル分解物が湖水や河川の水系に混入し、カモ等の水鳥が保有する鳥インフルウイルスにどのような影響を及ぼすか検討する。
 水系の調査と、続いてその分析結果によるカモと低病原性鳥インフルエンザウイルスを用いた実験系で、タミフル分解物が鳥インフルウイルスに及ぼす影響をみる。

Days after India says it’s clean, bird flu strikes Assam block Indian Express, India  (インド) インド:鳥インフルの発生はないと宣言後、再びアッサム州で鳥インフルが発生
 鳥インフルの発生が認められてないと宣言して2週間も経っていないのに、アッサム州で鳥インフルが発生した可能性が報告された。予備的検査で鳥インフルと確認されている。アッサム州のカムルプ県のハジョ地区で、200羽以上の家きんが22日以来死亡している。
 
 今年の5月に西ベンガル州ダージリングで発生して以来、鳥インフルの報告はインドではなかった。1月から5月までには、西ベンガル州とトリプラ州で42件の発生事例が認められた。
Bird flu scare in Assam, 300 poultry dead Smash Hits, India  (インド) インド、アッサム州で鳥インフル発生の疑い
 アッサム州のいくつかの村ででこの数日間、鶏とアヒルが300羽死亡し、鳥インフル発生の不安が高まっている。28日に当局が発表し、同時に地域に警戒を呼びかけている。
 州の獣医局が、アッサム州の主要な都市であるグワティから西に35キロ離れたハジョ周辺のいくつかの村で、300羽の鶏とアヒルが不自然な死亡を遂げたと発表した。
 ウイルス検査のための検体は、プンやバンガロレの検査所に送られた。死亡が鳥インフルウイルスのせいかどうかは、今のところ不明である。
 住民によると多くの家きんが何の前触れもなく突然死亡しているという。
11月26日


国内の動きから

 北海道内などで今年春、野生のオオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを受け、道は道内の野鳥の調査監視について対応マニュアルをまとめた。 マニュアルでは、警戒レベルを〈1〉通常時〈2〉近隣国で鳥インフルエンザが発生した時〈3〉国内で発生した時――の三つに区分。通常時でもオオハクチョウなど感染リスクが高い野鳥33種について、同一場所に3羽以上、タカ目の野鳥は1羽以上の死骸が見つかった場合、ウイルスの保有検査を行うこととした。

世界的な流行が懸念されている新型インフルエンザへの対応訓練が25日、佐賀県庁であった。東南アジアで患者が発生した想定で、県庁内に設置した対策本部で今後の対応について協議。感染拡大防止へどの段階で社会活動などの自粛を促すのか、輸送、ごみ・し尿処理など社会機能維持のための態勢確保をどうするかなどについて確認した。

 新潟県は25日、新型インフルエンザ対策として県内の35病院に人工呼吸器各1台と防護具各330セットを配備すると発表した。入院が必要な重症患者の受け入れに協力する病院が対象。県の12月補正予算案に関連費用約1億1600万円を計上し、本年度内に配備する。
 同県は病院だけでなく、学校なども利用して入院用施設を確保する方針を打ち出している。このため、35病院の医師らが今回配備される資機材を使い、病院外で入院患者を診療するケースも想定されている。

浦安市で25日、新型インフルエンザ発生に備えた対策本部が発足した。市内には年間2600万人を超える行楽客が訪れる東京ディズニーリゾートがあり、「危険度が高い」と設置に踏み切った。初会議では、発生時の行動計画を話し合い、対策や心構えを分かりやすくまとめたパンフレットの全世帯への配布、医療用マスクを市のイベントなどで配ることを決めた。

 東京都で、新型インフルエンザが流行した際に感染拡大を防ぐ一方で、ライフラインをどう維持していくかを話し合う検討会が開かれた。


報道
鳥インフル対応で、道が対応マニュアル 読売新聞 
海外発生時の対応確認 新型インフルエンザ訓練 佐賀新聞 
新型インフル対策で器具配備 新潟日報
インフルエンザ対策本部、発生前に設置 千葉・浦安市 MSN産経ニュース
新型インフルエンザ対策、都が検討会 TBS News

 

Indonesia says big market should spur drug makers to invest more Reuters  (国際) インドネシア保健相、国内の大きな市場に対して海外の製薬企業へさらなる投資を呼びかける
 26日、保健相はインドネシアの巨大な処方箋薬市場に海外の製薬企業が製造工場を設立し、政府が制定した新規法令基準に満たすよう求めた。
 新規法令は、今月初めに制定されたが、海外の製薬企業は製造工場をインドネシア国内に設立することで、企業の製品を同国内で販売出来るライセンスが下りるというものである。
 企業は投資の決定まで2年間の猶予期間が与えられている。
 新規法令は、海外企業のインドネシアへの技術提供を含むが、いくつかの大手企業に影響することは必須と考えられる:Merck Sharp & Dohme Corp, Johnson & Johnson (JNJ.N: Quote, Profile, Research, Stock Buzz) of the United States, AstraZeneca (AZN.L: Quote, Profile, Research, Stock Buzz) of Britain and Servier of France.
 スパリ保健大臣はロイターとの記者会見で、次のように語っている。
 「大企業は小さな部屋と2人の社員を国内におきさえすればいい。そうしたなら全利益は彼等の母国にもたらされる。私は公平であることを望んでいる」。
Drive thru flu shot exercise to be held on Futenma U.S. Marine Corps Bases Japan, Japan
 (米国海軍日本基地) 普天間基地でドライブスルー方式のインフルエンザワクチン接種訓練
 普天間基地で12月9日午前11時から午後5時までの間、ドライブスルー方式の季節性インフルエンザワクチンの接種訓練を、希望者に対して行う。
 訓練は危機が迫っていることからではなく、計画作成とその準備を検査するために行うものである。
 これは毎年行っている季節性インフルエンザ接種の一環であるが、同時にパンデミック・インフルエンザのような、公衆衛生上の緊急事態対応計画の見直しを検討するためでもある。
 車内でワクチン接種後15分間観察のために待機させられる。
 トイレや緊急医務室等も準備される。
 車内でワクチン接種を行うことは、社会的隔離手法(Social distancing techniques )を用いたもので、市民同士が接触することにより、感染を拡大することを防止することが目的である。
 社会的隔離手法はパンデミックに際し、その拡大防止に重要な役割を担うものと考えられている。

 他に個別訪問によるワクチン接種も行われる。

Hospital pandemic drill reveals major supply challenges CIDRAP, MN (米国、ミネソタ州) 病院パンデミック訓練で、感染予防装具着用維持に問題が噴出

 時間が出来たら訳します。

新型インフルエンザ対策 山梨・富士吉田市の市立病院を紹介 MSN産経ニュース 
 新型インフルエンザの流行を想定、全スタッフが参加して実施した机上訓練。議論を重ねると課題が次々にあぶり出された。訓練は、医師、看護師、医療機器を担当する技師に事務職員も含め計120人が参加。3回に分け40人ずつで行われた。
 ・課題は「中国で死亡例が報告され、国内でも感染を確認。こうした状況で休日の昼間、5日前に中国から帰国した男性が発熱を訴え、救急入り口のインターホンを押した」「国内各地で感染し、朝から30人が抗インフルエンザウイルス薬タミフルの処方を求めて来院した」の2題。
 ・感染拡大を防ぐためには、新型インフルエンザの患者と接触する医療従事者を少なくする
 ・休日外来で新型インフルエンザの疑いがあれば院内に入れず、インターホンで(治療順位を判断する)トリアージを行い、新型インフルエンザなら(別棟の)感染症診察室に隔離、主要病院に転送する
 ・平日昼間に感染者が受付ロビーに入ってきたらどうするか
 ・医師が感染防止で着用する防護服は体を密封し息苦しく、着用は3時間が限界といわれる。医師が長時間着用に耐えられるのか。
 ・市立看護学校に感染患者を移し、地元医師会の応援を求める
  他

Avian and Pandemic Influenza: The Global Response NewsBlaze, CA (米国、カリフォルニア) 鳥およびパンデミック・インフルエンザ:世界の対策
 秀逸なるレビュー。
 H5N1鳥インフルエンザの歴史
 人への感染
 各国における対策
 国連を中心にした、鳥、家きん等における監視のためのネットワークの構築
 等

Flu Clinic 101 North Attleborough Free Press,  United States  (米国、マサチューセッツ州) インフルエンザ・クリニック101(ワクチン接種クリニック)
 ノース・アテルボローで11月15日(土)に、インフルエンザ・クリニックが開催され、大成功に終わった。
 クリニックを運営した75人のBランティア達は、ノース・アテルボローの住民539人にワクチン接種を行うことが出来た。
 場所は、ノース・アテルボロー高校で、午後1時から2時の間に行われた。
 接種されたのは、6ヶ月の乳児から90歳の高齢者までだった。
 「我々は1時間足らずで539人にワクチン接種を行うことが出来た。非常に短時間で行えたことは評価出来る」、と保健局のボブ・デービス氏が語った。
 今回のクリニック開催の目的は、パンデミック・インフルエンザ、健康危機、バイオテロに際して、いかに早急に住民に抗生物質を配布するかの訓練も兼ねていた。
 当局によると、ボランティアはさらに多く参加が可能で、自信を深めたようだ。
11月25日


CDC reports swine flu virus in Texas patient CIDRAP, MN (米国、ミネソタ州) CDC報告:テキサス州で豚インフルエンザ感染者が報告
 豚のA(H1N1)インフルエンザを発症した男性例が、インフルエンザ・サーベイランスで報告された。軽いインフルエンザ様症状で、周辺からは感染者は見つかっていない。同男性は、病的になった豚も含めて数頭の豚に接触していた。
 CDCによると年に1例ほどの割合で、豚インフルエンザ(H1N1またはH3N2)の発病例が報告されるという。
 豚に接触することで人は発病するが、豚のインフルエンザウイルスも鳥インフルエンザウイルスと遺伝子組み換えを起こしたりして、時々変異している。
新型インフルエンザ 国の危機管理体制が問われる 毎日新聞 

社説
 以下要点

 厚生労働省の専門家会議が医療体制や感染拡大防止などの指針改定案をまとめたが、準備体制は不十分だ。
 ・約200万人が入院、64万人が死亡すると厚労省は試算する。ただ、これは過小評価だとの見方も強い。
 ・国の指針案では、発熱した人が訪れる「発熱外来」を医療機関に設ける。だが、どのような施設が、どのぐらい必要か、具体的な検討はこれからだ。感染者が発熱外来を訪れることで、感染が広がる恐れも指摘される。多数の人が受診し、外来がパンクすることも十分に考えられる。
・抗インフルエンザ薬を電話診療で処方できるとの指針案が示されたが、これはかかりつけ医のいる慢性疾患の患者が対象だけであり、感染拡大を防ぐ決め手とはならない。
 ・ 米国は、個人が家庭でタミフルなどを備蓄することの是非も検討している。さまざまな備蓄方法を検討し、法律や制度を見直しておくことは日本でも必要だ
・流行の度合いによって、病院の受け入れ指針が変わることも混乱につながる可能性がある。発生初期は感染者を入院させて拡大を防ぐが、蔓延した場合には重症者以外は自宅療養が求められる。こうした情報提供はもちろん、医師や看護師らの往診体制を整えておかなければ人々を納得させられない。
・1例目の患者が確認された時点で都道府県全域を休校にすることが提案されている。感染拡大を防ぐ重要な切り札だが、学校が閉鎖されると、自宅にいる子供のために欠勤する親が多くなるだろう。それがひいては、医療・看護などの分野の人手不足につながる恐れがある。
・現在、新型インフルエンザ対策室も専門家会議も厚労省に属しているが、これは国全体の危機管理の問題だ。縦割り行政では対応できず、今から首相直轄の体制で取り組むべきだ。

鳥インフルエンザ:鳥処分しかたないが…「住民感染」報道に怒り--インドネシアの村 毎日新聞 
 新型インフルエンザの発生が心配されるインドネシアのスラウェシ島のパテネ村で、今月中旬、住民17人が強毒性鳥インフルエンザに集団感染した疑いが出た。当局は感染防止のため、村内のすべてのニワトリを焼却処分したが、その後、住民は鳥インフルエンザとは無関係と分かった。パテネ村を訪ねると、住民らは「ニワトリの補償がない」と訴えた。
 これまで続いている、途上国での鳥インフルエンザ対策で一番問題となているのは、感染が疑われた家きんの殺処分に対する補償費である。FAOや国連でも、援助するとともに、そうした対策には力を入れている。毎日新聞派遣記者からのレポート。

Free flu clinic tests point of distribution center Laconia Citizen, NH  (米国、ニューハンプシャー州) 無料のインフルエンザ接種クリニック、パンデミック時の模擬訓練と実証に
 レイクス地域(Lakes Region )で最近、インターレイク高校駐車場で無料のインフルエンザワクチン接種クリニックが開催された。パンデミックにおける模擬訓練で、どの程度の時間内にどの程度の住民のワクチン接種が可能かをテストすることと、スタッフの訓練を兼ねていた。
 住民が車で駐車場に入ってきてから、ワクチン接種を受け、駐車場から出て行くまでの間、その流れが検討された。
 11月8日、午前10時から正午まで225人が対象となった。

Making moral decisions in a health care crisis Varsity, Canada  (カナダ) 健康危機発生時の倫理的判断
 トロント大学付属生命倫理センターの研究チームによる報告書は、パンデミック・インフルエンザに対する世界規模での考え方に基づいている。
 この倫理的フレームワークの内容は、対象としてパンデミック発生時に各種の決定権を持つ職種である;病院長、医師、ナース、疫学者、公衆衛生担当者、等のパンデミック・インフルエンザ対策を検討している人々。
 報告書は鍵となる倫理的問題を抽出している。たとえば、保健医療スタッフが感染の危険性に遭遇した場合、どのような種類の制限が加わるか、また、保存ワクチンを優先的に誰が接種するか、またパンデミック対策のための市民の権利を制限することが公正化されるのは、どの時点なのか、等

University updates pandemic influenza response plan Iowa City Press Citizen, IA  (米国、アイオワ州) アイオワ大学、パンデミック・インフルエンザ行動計画を更新
 2006年に学長によってパンデミック・インフルエンザ対策委員会が設立され、行動計画が作成された。行動計画は地域におけるパンデミック発生時に備えたもので、連邦危機管理局(FEMA)が作成した標準的危機管理計画マニュアルに従っている。(米国危機管理体制:NIMS)。
詳細(オリジナル)
http://provost.uiowa.edu/work/pandemic.htm
11月24日


国内の動きから

 新型インフルエンザ対策の基本は、通常のインフルエンザ対策と同じである。最近、ようやくそのような考え方が一般化しつつあり、マスコミの解説でも取り上げられている。

 世界的な大流行が懸念されている新型インフルエンザ。静岡市静岡医師会(大石達夫会長)と県立大(西垣克学長)は共同で流行対策の検討を重ねている。国の対策の動向をにらみながら、地域の実情に合った独自の行動目標の策定を急ぎ、年内にもまとめたい考え。


報道
インフルエンザ 予防策を身につけて 信濃毎日新聞 
新型インフルエンザ対策、行動目標策定へ 静岡新聞

 
Makassar stages first urban bird flu sim Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、マカッサル市で初の市中鳥インフル模擬訓練
 家きんで鳥インフルが発生、そして住民にも感染したとの前提で模擬訓練。完全に感染予防
装具を身に着けた当局者が検査、患者の移送等の訓練。
 先に感染疑いで入院し、ウイルス検査で陰性となった17人中7人は退院したが、残りは完全に回復していないため、入院を継続している。 

*入院後、すでに10~12日経過している。通常のインフルエンザであったとしても回復するのに時間がかかりすぎている。H5N1ウイルス感染症でなかったとしても、一体、何の感染症なのだろうか。医師として率直にそのような疑問が起きる(管理人)。

資料
3年前の海外情報から
2005年12月21日


・French experts reduce possible birdflu death toll Metro Toronto (カナダ) フランス:専門家は鳥フル発生時予想死亡者数を下方修正
  フランス国内に鳥フルがパンデミックとなり拡大してきた場合、死者数は8万人と、昨年1月に政府が計算した数値よりも3割少ない予想を、フランス国立健康対策研究所(INVS)の疫学専門家sabelle Bonmarinが鳥フル会議で発表した。
 ”予想死亡者数の減少は、最近の抗ウイルス剤の政府備蓄量からだ。備蓄量が十分なので、もし人口の25%が感染したとしても十分な治療が可能となる。先の研究では118500人と計算したが、それは保健医療が介入せず、自然状態で流行が拡大した場合の話だ”、と同氏は説明した。
 政府のタミフル備蓄量は現在1460万人分となっている。2006年9月には3000万人分備蓄される。
 ”約10億枚のマスクが発注されて、それが入荷するのは1年後と考えられる”。
 現在国内では5000万枚のマスクが備蓄されている。
 Bonmarinはさらに、タミフル治療により流行の拡大率が下がり、また患者の隔離対策、マスク着用による感染率の減少等を考慮したなら、予想死亡者数はさらに減少する可能性がある、と語った。

12月19日

・NIH Uses Live Viruses for BirdFlu Vaccine Washington Post (米国) NIH、鳥フル用ワクチンに生きたウイルスを使用と
 NIHは開発中の鼻腔スプレー方式の鳥フル用ワクチンの臨床試験を、バリチモア病院で30人のボランティアを対象に行う。H5N1を弱度化して病原性を失わせた株を使用する。もし臨床試験が成功したなら、今後発生すると考えられるパンデミックウイルスに対するワクチン製造に応用可能で、短期間に多くの人々に接種が可能になる。

12月15日

・Special birdflu clinics proposed NZ City (ニュージーランド) 鳥フル専用診療センターを提案
 ニュージーランド保健省は、鳥フルがパンデミックになったときのための鳥フル専用診療センター設立を提案している。センターの設立で、患者が病院の救急部門や家庭医を受診することを防ぐことが出来る。センターは他に抗インフルエンザ薬や抗生物質の配布の役割も持つ。 


・First state flu meeting shows preparations slow Reuters (国際) 最初の鳥フル対策視察で、準備の不足を指摘
 米国保健省は各州の鳥フル対策視察を開始して、初めにミネソタ州を訪れた。
 ミネソタ州保健局長の Dianne Mandernachさんは、新型インフルエンザ大流行が起きたときに必要なベッドは10%しかなく、患者を治療する人工呼吸器や薬も十分無いと語った。
 それでもミネソタ州はパンデミックやたの緊急事態に備えがもっとも出来ている州の一つであると言われる。


11月23日


国内の動きから

 ニワトリから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出される事態を想定し、山形県最上総合支庁(新庄市)は20日、支庁と最上地方の市町村職員を対象にした防疫演習を同支庁で行った=写真=。職員がこうした訓練に参加するのは県内初という。職員らは非常時に迅速な対応ができるよう、鳥の処分や防疫服の着用方法、処分後のウイルス拡散を防ぐ方法などを学んだ。

報道
鳥インフル想定職員ら防疫演習 読売新聞

 
インドネシア:新型インフルエンザ対策 初の模擬訓練、200人参加  毎日新聞
 新型インフルエンザのパンデミック(大流行)発生地となる危険性が最も高い国の一つ、インドネシアで22日、州政府主催の模擬訓練が初めて実施された。
 国内では、ジャカルタなどの大都市圏で米疾病対策センター主導の訓練が行われたことはあるが、今回は南スラウェシ州が独自に実施。同州では今月13日にも、鳥インフルエンザが疑われる患者17人の発生が明らかになったばかりだ。
 訓練には、医療関係者や州警察、軍関係者ら約200人が参加。マカッサル市の農村部で、鶏を飼う2軒の民家から計5人の患者が発生したと想定し、救急車で駆けつけた防護服姿の医療関係者が鶏を処分・消毒するとともに患者からの検体を採取。病院を想定した小学校に運んで応急処置をした。住民1000人近くが興味深そうに見守った。
 新型インフルエンザは、鳥インフルエンザウイルスが人間への感染力を持つ型に変異して発生すると考えられている。インドネシアでは、鳥インフルエンザによる死者が100人を超え、世界の死者の約半数を占める。
 この日は、新型インフルエンザ対策支援のため日本から現地入りしている国際協力機構(JICA)の関係者らが視察した。チーフアドバイザーとしてマカッサル市に赴任している平山隆則医師は「患者と接触した人の追跡調査を実施していないなど訓練に不十分な点はあるが、住民に見せることによって意識が高まる」と話した。

*州政府が主体的に鳥インフル対策委員会を立ち上げたりと、疑い患者が出ているスラウエシ州では積極的取り組みが最近見られる。

Family doctor blasts loss of local 'blue light' services Pendle Today, UK  (英国) 家庭医、パンデミック時には地域医療は混乱すると警告 
 英国、バーンレイ(Burnley)地域。家庭医がパンデミック時の地域医療サービスは混乱すると警告。ベッド数、医療スタッフ数の限界等。

Every business, family needs emergency plan Richmond Register, KY (米国、ケンタッキー) 全ての企業、家庭では災害発生時のための緊急計画を作成の必要性
 マディソン郡危機管理局長官の”危機を乗り越える”と題した会議における講演。災害発生時に企業や家庭が直面する問題点を上げ、いかにそれに対処すべきかを考えて、緊急計画を作成する必要があることを強調。
 
 ルイスビレ大学医学部の予防医学講座のディレクターから、パンデミック・インフルエンザの講演。
 実例を交えて、パンデミックが海外からケンタッキー州に入ってきたときの状況から、対策について説明。
 香港でパンデミック・インフルエンザが発生。空港が閉鎖される前に航空機に搭乗。そしてロス空港に着く前には体調不良。家庭に着いてから家族とパーティー。…。


11月22日


国内の動きから

 秋田県は21日、県庁議会棟の大会議室に県の各部局や県警などの幹部、医師ら約120人を集め、初めての机上演習を行った。演習後、医師たちから、発生が確認された場合の県と医療機関の連絡体制のマニュアルがないことや、対策が「付け焼き刃だ」などとの指摘が相次ぎ、問題点が浮き彫りになった。

 さいたま市は21日、新型インフルエンザ対策として独自に、インフルエンザ治療薬タミフルを平成21年度末までに30万人分備蓄すると発表した。タミフル備蓄は各自治体が進めているが、さいたま市によると、市の人口の約25%に当たる。本年度中に3万人分確保し、21年度に27万人分を追加購入する方針。
*市として独自にタミフルの備蓄を行う自治体がでてきた(管理人)。


報道
新型インフルエンザ 対策に課題 読売新聞
タミフルを30万人分備蓄 埼玉 MSN産経ニュース



Finding the real case-fatality rate of H5N1 avian influenza Journal of Epidemiology and Community Health  (英国、疫学と地域保健) 真のH5N1鳥インフルエンザの致死率
 カナダの研究チームによるH5N1鳥インフルエンザの致死率に関する研究。
 
 正確な致死率( case-fatality (CF) rate)の評価はパンデミック対策の基本的骨幹である。
 過去のパンデミックにおける致死率は、0.1%(1957年のアジア・インフルエンザ、1968年の香港インフルエンザ)から2.5%(1918年のスペイン・インフルエンザ)であるのに対して、WHOは最近のH5N1鳥インフルエンザの致死率を60%前後と推定している。

 WHOのH5N1致死率の推定値は、何人かの研究者から過剰評価と批判されている。パンデミックが起きている状況下での、様々な要因が絡んだ致死率として評価していないということが理由である。:多くの無症状感染者と軽症者が検出されていない、経済的、または他の理由でいくつかの国から全てが報告されていない、もしウイルスが広く人に感染しやすくなっているなら、ウイルスの毒性は減じてくる。
 しかしながら最近のデータでも、文献でも、これらのシナリオを適切に支持しているものは見つからない。
 研究チームでは、数カ国でのサーベイランス態勢と血清学的検査(抗体保有率)等を調査して、真の致死率は、14~33%と推定した。
 そして、もしこの致死率がパンデミックに際しても維持されるならば、H5N1は本当に脅威的シナリオでパンデミックを展開することが示唆される。
 ウイルス感染国における動物と人における感染対策を強化して、パンデミックを回避するための国際的対策が、今、世界規模で急がれると、研究チームは警告している。
Bird flu suspects declared negative Jakarta Post, Indonesia  (インド) 鳥インフル疑い事例、検査で陰性:新たに2名の疑い者が発生

 マカッサル市のワヒディン・スディロフソド病院で治療されていた17人の鳥インフル感染疑い者は検査結果で陰性と確認されたが、その一方で2人の疑い者が18日入院した。

 南スラウエシ保健局長官のラクマト・ラティフ氏は21日、17人の患者の血液と痰のウイルス検査が保健省の研究所で行われ、結果が陰性と報告されたことを発表した。
 保健局では結果を、保健省の疾病管理公衆衛生長官から18日の夕方に受け取った、と同局長は語った。
 患者のうち5人は退院したが、残りの3人の成人と9人の子供達は、退院する程には回復していないので入院継続となっている。
 小児科医のボブ・ワヒュウディ医師は、9人の子供達はさらに呼吸障害の治療を続ける必要があると説明している。原因は様々で、肺炎や肺浮腫が含まれていると言う。
 「検査結果は陰性だったが、医師の診断は9人はまだ入院している必要があるというものだ」、と保健局長は説明している。
 9人のうち3人は兄弟で、それぞれ5歳、3歳、4ヶ月である。
 病院の鳥インフル専門チームの広報担当者は、患者達の退院は医師の診断次第によると語った。
 「現在、患者達は鳥インフルエンザウイルスに感染してないとしても、異なった種類の病気の治療が行われている」、と付け加えた。

 一方、18日、2人の鳥インフル疑い患者がビリンカナヤ県のスデャンラヤ地区から入院した。先の17人の疑い患者の居住地の近くである。
 州の保健局では患者の血液と痰を保健省の研究所に送った。
 ラクマト保健局長は、マサッカルの住民に、先の患者の検査結果は陰性ではあったが、(鳥インフル)ウイルス感染に警戒するように警告した。いつでも、どこでも鳥インフルが発生する可能性があると懸念の意を表している。
 
 

Pandemic influenza drill spans agencies and counties Journal-Advocate, CO  (米国、コロラド州) コロラド州:パンデミック・インフルエンザ模擬訓練、多数の機関と郡を対象に拡大
 北部コロラドの保健および緊急業務機関が集まり、参加する模擬訓練内容に関して論議した。
 目的はパンデミックに際して、各機関の間での協同行動がスムーズに行われるかである:患者や住民の隔離と避難、公共への情報提供、医療体制、医薬品供給体制、および救急医療センターの管理等。

GSK Signs Pre-JV Vaccine Pact with Shenzhen Neptunus Interlong istockAnalyst.com (press release), OR  (米国) グラクソスミスクライン社(GSK)、中国のワクチン製造企業と提携
 英国に本社を置くGSK社は、中国シンセンにあるワクチン製造企業のShenzhen Neptunus Interlong Bio-Technique Co. Ltd. (NIBT)社と提携して、中国内向けのワクチン製造と販売を行う。新会社JV companyを78億円で設立する。
 GSK社は新会社にワクチンのアジュバント技術を提供するとともに、ワクチン開発の助言を行い、NIBT社は中国内のインフルエンザウイルス株の収集と中国内のワクチン市場の開拓を行う。
 新会社の最終目的は、効果的な季節性インフルエンザワクチン、プレパンデミックワクチン、およびパンデミックワクチンの製造にある。
 ワクチン株は、中国内、香港、およびマカオで収集される。
Half traditional markets prone to bird flu: Commission Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、伝統的市場の半数は鳥インフル感染の可能性
 鳥インフル対策国家委員会は、生きた鶏を処分して売る伝統的市場の半数が鳥インフルウイルスを拡大する危険性があると警告した。
 委員会の委員長であるバユ・クリスナムルチ氏によると、ジャカルタにはこのような感染源となり得る市場が多いと、21日に語った。
 同氏によると、市場では鶏の殺処分するための専用場所を用意していなく、そして生きた鶏とともに売っていることから、ウイルスの拡大が容易に発生すると説明した。
 2002年から2008年までの間、農業省によると1300万羽の家きんが31省で”と”殺された。その中で鳥インフルエンザが発生していないのは、わずか2省でだけだ。

*先にジャカルタでは、生きた鶏の伝統的市場での販売を禁止することを決定している。
11月21日

最終更新 2008年11月21日 6:26:02

国内の動きから

 新型インフルエンザの発生に備え、御坊保健所と国保日高総合病院が20日、両施設で合同訓練を行った。職員ら約70人が参加し、感染者の移送や疫学調査、発熱外来の設置などに取り組んだ。訓練は、同保健所管内の病院に入院した外国人の患者に新型インフルエンザ感染の疑いがあり、患者との接触者が発熱。感染症指定医療機関の同総合病院に入院受け入れを要請する-などの想定で行われた。

 新型インフルエンザへの対応策を検討している厚生労働省の「新型インフルエンザ専門家会議」が20日開かれ、国内での発生直後に都道府県単位による大規模な学校閉鎖などを盛り込んだ緊急時の対策ガイドラインの改定案が示された。関係省庁との協議を経て、年度内に内容を固める。

報道
新型インフルエンザ対応訓練 御坊保健所と国保日高総合病院 MSN産経ニュース
新型インフル対策ガイドライン改定案 学校閉鎖、電話診療も MSN産経ニュース



PASG seizes China frozen goods in Valenzuela ABS CBN News, Philippines  (フィリピン) フィリピン:中国からの冷凍肉類が押収
 バレンズエラ(Valenzuela)の倉庫で21日、大統領直属密輸監視部隊が、中国からの冷凍肉を大量押収した。
 北京ダック、黒鶏、ガチョウ、魚の切り身等の冷凍物が入った多数の箱を回収したと指揮官は語った。全ての冷凍物は中国から運ばれたものである。
 冷凍物は鳥インフルウイルで汚染されている可能性があると部隊ではコメントしている。
 これらは税関での検査をすり抜け、密輸されたものであるが、担当者の不正により行われたようだ。
 中国の北京ダックは6年前から輸入が禁止されている。

Concerns over frozen chicken Straits Times, Singapore  (シンガポール) 冷凍鶏肉に対する問題
 タイからの密輸冷凍鶏肉にH5N1ウイルスが汚染している危険性が、マレーシアの獣医管理局当局者から警告。


Regional Experts To Gather For Pacific Pandemic Task Force Meeting pacific, HI  (米国、ハワイ州) 太平洋地域パンデミック対策委員会に地域の専門家達が集合
 来週、鳥およびパンデミックインフルエンザ対策委員会がフィジ島のナジで、24日から26日まで開催される。鳥インフルエンザとパンデミックインフルエンザ、および他の新興感染症に対する対策状況を話し合う。
 現在、太平洋地域に広がっているデング熱対策が緊急課題となっている。

Smuggled frozen chicken carry risk of bird-flu New Straits Times, Malaysia  (マレーシア) 密輸冷凍鶏肉が鳥インフルウイルスを拡大させる危険性
 タイからマレーシアに密輸されている冷凍鶏肉がH5N1ウイルスに感染している可能性が否定できなく、危険であるとマレーシア獣医管理局( Veterinary Services Department )で警告している。
 タイでの冷凍鶏肉は、用いる鶏のウイルス検査は行っていないことから、危険性が高いと説明している。

*日本でも数年間に中国から輸入した冷凍鶏肉にH5N1ウイルスが混入していた事例があった(訳者)。

Virginia continues to prepare for a pandemic WSLS.com, VA  (米国、バージニア州) バージニア州、パンデミック対策を継続
 WHOの発生危険指数は現在フェーズ3であるが、もしフェーズ4になったなら、州保健局と連邦政府は拡大対策を開始すると同時に、タミフルや他の医療用品を地域自治体へ配布する。
 州内20キロ以内でタミフルを入手できるように、州保健局は調整している。
 州としては倉庫に77万5千人分のタミフルを備蓄していて、厳重に管理している。倉庫の所在地は秘密である。 タミフルが足りないときは連邦政府から入手できる。
 しかし誰でもがタミフルを入手できるわけではなく、パンデミック発生時には、保健医療担当者と、合併症を起こしやすいハイリスクの人々が優先的に投与される。
 タミフルは症状発現時に早期に服用するならば、症状の軽減が図れる。
 ワクチンは、パンデミック発生から4~6ヶ月後に製造される

 当局者によるとバージニア州とカリフォルニア州は、CDCからパンデミック対策が100%完了していると評価を受けている、と語っている。
Health Department Uses Flu Clinic as Drill New Canaan News Review, CT  (米国。コネティカット州) 保健局、インフルエンザワクチン接種クリニックをパンデミック模擬訓練に応用
 ニューカナアン公衆衛生局
 駅で乗降客にワクチン接種。大都会で定時にワクチン接種をすることは困難。駅で行うことにより、市民が自由に時間を選びながらワクチン接種を受けることができる。パンデミックに備えた模擬訓練の一環。    ”Station Vaccination”

*駅でインフルエンザワクチンの接種
Report says pandemic will threaten coal, power supplies CIDRAP, MN  (米国) パンデミックで石炭依存火力発電量が低下に
 ミネソタ大学の研究によると、パンデミック・インフルエンザが発生すると石炭産業界も影響を受け、石炭に依存している火力発電量が有意に減少する危険性が発生すると警告された。
 地域による石炭使用量に関わらず、パンデミックが発生すると石炭供給チェーンが切断され、それは電気生産量に多大の影響を及ぼす。
 研究報告はCIDRAP(ミネソタ大学の感染症研究と政策)から発表された。

*日本国内では、1970年代前半には石油による発電が大半を占めていたが、オイルショック以降、他の燃料への代替が進み、石炭や天然ガスによる発電量が増加した。さらに、90年代後半の電力自由化によって価格の安い石炭にシフトする傾向がある。2004年度では、火力発電の内訳は石炭と天然ガスがそれぞれ40%強、石油は15%弱となっている。近年の原油高によって温室効果ガスの排出量が最も多い石炭への依存度は高い状態であり、地球温暖化対策の足かせになっているという懸念もある。(Wikipediaから引用)。
 以上、部分訳。

Common Cold Virus Came From Birds About 200 Years Ago Science Daily (press release)  (国際) 感冒ウイルスは200年前に鳥からやってきた
 冬期間に風邪症状を呈する原因ウイルスとして知られる、ヒトメタニューモウイルスhuman metapneumovirus (hMPV)の遺伝子分析で、このウイルスが鳥から200年前に人に感染するようになったことが研究で示唆された。
 ヒトニューモウイルスは5歳以下の小児や高齢者の気道に感染して風邪症状を起こすが、しばしば下気道にも感染して、気管支炎や肺炎を起こす。
 2001年に見つかり、風邪の原因ウイルスとして知られるようになった。研究では人の間で50年前から感染を繰り返していたことが分かったが、さらに鳥の類似ウイルスであるトリメタニューモウイルスか変異して、人に感染するようになったことが、今回の研究で示された。
11月20日


Sulawesi: 17 Not Infected With Bird Flu Javno.hr, Croatia (クロアチア) スラウエシ:17人は鳥インフルに感染してはいない
下記ロイター

Veterinarians with a dead swan (死亡した白鳥を回収する獣医師)。今回の事例とは関係なし。

Indonesia says 17 in Sulawesi not infected with bird flu 3 News NZ, New Zealand  (ニュージーランド) インドネシア、スラウエシの17人は鳥インフルに感染していないと発表
 下記ロイター記事

Indonesia says 17 in Sulawesi not infected with bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア、スラウエシの17人は鳥インフルに感染していないと発表
 スラウエシのマカッサルで発生した17人の鳥インフル集団発生の疑い事例は、否定されたことを20日、保健省当局者が語った。
 17人は今月、地域で突然鶏が死亡した後に、病的状態に陥り、入院していた。
 「検査結果は陰性だった」、と保健省の広報官が詳細な説明はなしに発表した。
 この集団発生疑い事例は、H5N1ウイルスの人人感染が生じたか、またはウイルスが変異して容易に人に感染しやすくなった可能性を提起していた。
 同国で発生したもっとも大きなクラスター(集団発生)は、2006年の5月に北スマトラ州のカロで発生した。同居する親族のうち7人が死亡した。WHOはこの事例を、限定的ではあるが人人感染を起こした可能性は否定できないと説明し、分離ウイルスは明確な変異を起こしていないと発表した。

*カロの事例は、血族関係にある親族間での発生で、非血縁関係者間での感染事例は未だない。H5N1ウイルスに感染しやすい(リセプターが上記道の細胞にある?等)遺伝的体質の人々でのみ感染している可能性が高い。そういう意味で限定的人人感染とも言える。

鳥インフルや洪水対策協議 アジア大都市ネット総会  京都新聞
 東京、ソウルなどアジアの11都市でつくる「アジア大都市ネットワーク21」の第7回総会が20日、マレーシアの首都クアラルンプールで開幕した。東京都の石原慎太郎知事らが出席。21日までの日程で、鳥インフルエンザや洪水への対策、スポーツ振興などについて話し合う。
 アジアでは鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の人間への感染が相次いでおり、人間に感染しやすい新型への変異が懸念されている。また、インドネシアのジャカルタなどで都心部の大通りが冠水するような洪水も続発している。
 大都市ネットは、アジアの発展に向けた連携を目的に、石原知事の提唱で2001年に発足した。05年には、台北での総会開催予定に反発し、北京が脱退した。

*非常に有用なネットワーク構想である。十分機能してゆくことが期待される。

集団入院、全員が陰性=鳥インフルエンザ-インドネシア 時事通信 
 インドネシア保健省は20日、鳥インフルエンザに集団感染した疑いで、南スラウェシ州マカッサルの病院に入院した患者17人について、検査の結果、全員が陰性だったことを確認した。
 病院関係者によれば、17人はいずれも回復しており、検査結果を受けて近く退院する見通し。

*保健省が公式に陰性だったことを発表したのか不明であるが、いずれにしても良い布告ではある。H5N1ウイルスが陰性であったのか否か、いまいち不明ではあるが、季節性インフルエンザのH3N2なのかH1N1なのか、それとも不明なのか、もう少し詳細情報が欲しいところではある。

Forum: Bird flu patients Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア、ジャカルタポスト) (投稿記事)フォーラム:ジャカルタ、マカッサルの鳥インフル患者のその後の行方

 ジャカルタポストの編集者一同にこの場で感謝の意を表します。あなた方の献身的努力で、私はインドネシアにおける重要な鳥インフルエンザ情報に接することができています。

 現在、マカッサルの状況は非常に不明瞭です。最後の貴紙での報道内容で、マカッサル保健局の局長が、鳥インフルエンザ様症状を呈した住民がさらに入院してこないことは、神の救いによるものだと語っていたようです。私も、本当にそう思います。

 しかし私には次のことが どうしても疑問です。本当にそれが事実であるのか、そして第二回目の検査でやはりH5N1ウイルスが陽性にでるのか(マカッサルの病院とマカッサル国立大学の検査でH5N1ウイルスが陽性だったと報道されている)、そうしたなら17人の患者の中からすぐに状態が悪くなる患者がでると思うのです。

 最初の検査結果(陽性と判断された:訳者注)について次のようにも報道されています--病院はこれらの結果を病気の診断には使わないことを決定した--。このことは、私にとって非常に不思議に思えます。病院では患者たちを抗インフルエンザ薬で治療してないのでしょうか?患者たちの住んでいた地域の家を個別に訪ねて、感染者がでていないのか調査はしていないのでしょうか?
 これらは、この4~5日間、私が抱いている大きな関心です。
  シプライアン・ペーター(CIPRIAN PATER)
  オスロ、ノルウエー

*当ウエブサイトでは、マカッサルの集団発生疑い事例の警戒は解除したが、ジャカルタポストが、この投稿記事を掲載したことには、次の2点が可能性として上げられる。
 ・未だにマカッサルの集団感染疑い事例は終結していない。
 ・疑い事例は終結していると想定されるが、インドネシア政府が一切発表しないことに対する抗議表明として掲載した。

 いずれにしても国際的に懸念されている事件であるので、WHOも何らかの情報を出すべきと考えられる。インドネシア保健省は、最初から何も発表していないので、今後も何も言わないと思われる。マカッサル保健局と当該病院がどのような発表をするのか気にはなる。
 最近のインドネシア状況は、保健省と大臣が不明瞭な動きをしているので不安ではある。こうした場合に国連(WHO)が動くべきだが、そのWHOと保健大臣が対立しているので始末に負えない。今冬に新型ウイルスがでなければよいが…。

Middle School Tests Flu Pandemic Preparedness WNNE-TV, VT (米国、バーモント州) ニューハンプシャー州、レバノン町:中学校でパンデミック・インフルエンザ模擬訓練
 インフルエンザ・ワクチンの接種もかねて、模擬訓練が行われたニュース。

Govt seeks to buy bird flu vaccine Gulf Times, Qatar (クエート) クエート、人口分のワクチンを購入予定
 クエートは備蓄中の抗インフルエンザ薬(タミフルとリレンザ)の有効期限が切れることから、7年間の有効期限の新製剤を購入予定と発表し、またプレパンデミックワクチンを購入予定で、当該ワクチンが米国FDAで承認されるのを待ってると発表した。いずれも人口分(150万人)用意する。

Drive-by shots Sandwich Broadsider,  USA  (米国) 車内でワクチン接種

 先週金曜日(11月14日)、インフルエンザ・ワクチン接種クリニックが設営された。目的は2つ:多くのサンドイッチ市民の健康を守ることと、町の緊急行動計画の実効性を確認することである。
 コルパス・クライスト教会に設営されたドライブ・スルー方式のワクチン接種クリニックに1100人以上の住民が訪れた。
 開催はサンドイッチ看護協会、サンドイッチ保健局、警察、消防署、危機管理局、およびバーンステイブル郡と連邦軍隊の協力のもとに行われた。
 ワクチン接種は18歳以上の全サンドイッチ住民と町の役場の被雇用者であり、10ドルの接種費用を要した。
 「これは単なるワクチン接種クリニックではなく、大きな危機管理対策の訓練として位置づけられている」、と副町長が語っていた。
 同氏によると、パンデミック・インフルエンザ発生の際に、全町民にワクチン接種を行えるように、緊急管理チームが訓練される。
 車で来れない少数の住民に対しては、ドライブスルー方式外の接種外来が用意された。
 ワクチン接種の後、15分間健康状態が観察された。

New Pandemic ‘Flu Protection for General Public PRLog.Org (press release), Romania (ルーマニア) 英国企業:一般市民に対する”パンデミックインフルエンザ予防サービス”
 提案されているサービスは、抗インフルエンザ薬の提供で、パンデミック・インフルエンザ発生の際の不安を解消するというもである。
 ヘルスケア・コネクション社の抗ウイルス剤予防計画は会員に年間9.99ポンド(1429円)で抗インフルエンザ薬を備蓄しておくというものである。
 もしパンデミックが発生した場合(パンデミック発生が申告された場合、またはパンデミック・インフルエンザの症状が出た場合)、電話、またはウエブで所定の申告書に記入して送れば、同社の担当医師がチェックし、承認されたら緊急に抗インフルエンザ薬が同社の薬剤師から配送される。最終的に合計費用は49.95ポンド(7193円)となる。
 ヘルスケア・コネクション社

*日本では保険適用で1000円少々、保険適用外(予防内服の場合~3000円少々)。

Flu pandemic action plan approved This is Wiltshire.co.uk, UK  (英国、ウィルトシャー) パンでミック・インフルエンザ行動計画が承認
 イングランド南部のウィルトシャー州。NHS(国民医療サービス)が行動計画を承認した。
 英国に大きな被害を生じる可能性の高いパンデミック・インフルエンザが発生したとき、計画は実行に移される。
 
 NHSウイルトシャー本部に緊急管理チームが結成され、毎日ロンドンの保健省に状況が報告される。
 地域のマスメディアを通じて、市民に対応アドバイスを定期的に伝える。
 しかし、NHSウィルトシャーでは、同州の人々は公共交通機関をあまり使わないことと、ロンドンのように地下鉄がないことから、特に発生の危険性が高くはないと考えている。


11月19日


国内の動きから

 新型インフルエンザの流行を水際で食い止めようと、厚生労働省や航空各社の担当者らが19日、成田空港に集まり初めての対策協議会を開いた。

 各都道府県内で1人でも患者が発生した場合には、その都道府県内の保育園から大学までの教育施設をすべて一斉に休校とする。流行初期の柱となる対策で、地域で流行する前の早い段階に学校を閉鎖することで、流行の規模を少しでも小さく食い止めるのが狙い。20日に都内で開かれる同省の専門家会議で提案される。 「一斉休校」は、早期対応の柱の一つで、対象となるのは、保育園、幼稚園、小中学校、高校、大学。すでに隣接地域で流行している場合には、流行前からの休校も知事などが最終決定できる。
 今後、文部科学省など関連省庁とも協議するが、専門学校や予備校、塾などについても、こうした方針に準ずることが望ましいという。

*良く分からない案。ここでいう新型インフルエンザの定義が不明瞭。香港インフルエンザ並の新型インフルエンザでも、このような大袈裟な対策を講じる??
 休校することによる社会的混乱と社会機能の破綻が米国では言われている。こうしたことも十分考えられているとは思えない。国家的新型インフルエンザ対策BCPとして考える必要がある。
 
別ページに問題点をまとめた

 新潟県は18日、新型インフルエンザ発生を想定した対応訓練を県庁などで行った。今回が初となる専門外来の運営では住民も患者役に。県との連絡体制を確認した全市町村や消防本部、ライフライン関係事業者なども含め、総勢約450人が緊急時の円滑な対応の実現へ課題を探った。
 県主体の大規模な訓練は3月に続き2回目。
 鳥インフルエンザウイルスが人から人へ感染する新型ウイルスに変異し、県内でも患者が発生したとの想定で実施された。新型ウイルスへの感染が疑われる患者を診療し、入院の必要性を判断する「発熱外来」が新潟、新発田市に開設された。
 新潟市の外来には親子ら20人が押し寄せ、熱やせきを訴えた。防護服を着た医師が呼吸の状態や心音を確認。「家族もなるべく外出は避けて」と自宅療養を命じたり、重症者を病院に搬送したりした。新発田市では住民も患者役を務めた。


報道
成田空港で新型インフル対策会 「入る可能性一番高い」 MSN産経ニュース
新型インフル、感染1人でも都道府県一斉休校…国が指針案 読売新聞
県庁などで新型インフル訓練 新潟日報 



パンデミックにおける学校閉鎖措置の困難性 特別掲載 (管理人)
 パンデミック時に学校閉鎖を行うことは、感染拡大という局面からは正しい。しかしそれが実施可能かとなると、多くの問題が派生してきて、実際には実施は難しいと欧米では考えられている。
 ・両親が家庭にこもることからくる社会機能の破綻
 ・若年成人層が家庭内に留まらせる方法はない。
 ・2,3ヶ月にも及ぶ学校閉鎖は不可能である。
  他

S. Sulawesi establishes bird flu commission Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 南スラウエシ州、鳥インフル委員会を設立
 南スラウエシ州行政府は18日、H5N1ウイルスの拡大を阻止するために、州鳥インフル管理対策委員会を発足した。
 州知事のシャルル・ヤシンリンボ氏は、委員会の51人のメンバーを指名したが、州内を鳥インフルが広範に拡大しており、先週にはマカッサルのスディアンで新規例が発生していると懸念の意を表した。
 道知事はさらに、ウイルスを追跡することは難しいので、さらに人に感染することを防ぐために、州は予防対策を強化することとしたと付け加えた。
 「鳥インフルエンザは人の間で感染するようになったなら非常に危険である。それは多くの死者を出すことになる」、と道知事は語った。
 「それ故、我々は社会の中の多くの組織が一体となて予防に取り組まなければならない。私は委員会がもっと鳥インフルに関する情報を広げる役割をもってくれることに期待している」。
 委員会は、鳥インフルが発生している間、拡大予防と対策に関与し、それは回復期まで続けられる。
 新規対策内容は、鳥インフルが見つかったとき、感染地域の全家きんは殺処分され、地域は閉鎖される。そして症状を呈している全住民が近くの保健センターに運ばれ、指定された病院で治療を受ける。

 一方、南スラウエシ保健局のラクマト・ラティフ局長は、鳥インフルが疑われている17人の患者の状態は、6日間の濃厚治療が行われた現在、非常に良好であると発表した。
 しかしながら、血液と痰の検査結果が、ジャカルタの保健省の検査機関から戻ってきてないので、退院は保留とされている。
 「全体的に彼らの状態はすでに良好となっている。しかし、我々は彼らがウイルスに感染していたのかどうかを判断するための検査結果を待っている」、とラクマト局長は語っている。
 病院の鳥インフル治療チームの広報官のカーリク・サレ氏は、18日に患者たちは回復してきていることを確認している。
 「彼等の状態を考慮に入れるなら、ウイルスに感染していないと判断できるかもしれない。しかし、我々は検査結果を待っている。鳥インフルに感染していないことを願っている」、と同氏は語っている。
EGYPT: Contingency planning for an avian flu pandemic Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト:鳥インフル・パンデミックに対する国家事業継続計画の作成に
 中東で最も鳥インフルが発生してきたエジプトは、人のパンデミック・インフルエンザ発生を阻止するための予防対策を進めている。政府とWHO、FAOおよびOIEが協働して国家的事業継続計画を作成している。
 国連による国家的BCP作成ガイドライン

 内容の要点
 ・緊急時に意志決定する責任者の指名
 ・模擬訓練
 ・ワクチン接種の優先権
  ワクチン生産能力は現在9億人分とされる。
  途上国は少量しか入手出来ない可能性がある。
  多くは、タミフルによる予防内服が必要と考えられる。
11月18日

Ask the expert: flu shots Canada.com, Canada (カナダ) インフルエンザワクチン:専門家に聞く

 

 私はインフルエンザワクチンを接種するつもりはない。なぜかと言うと、私は体調が悪くなることは希であり、健康人がインフルエンザワクチンを接種することは意義のあることとは、私には思えないからだ。また、インフルエンザワクチンを接種する人が増えることで利益を得るのは、企業の経営者だと思う。なぜなら、被雇用者がインフルエンザに罹患して欠勤する日数を減らしたいと願っているからである。
 私の考え方は間違っているでしょうか?

 答


 被雇用者に無料のワクチンを接種する目的は、インフルエンザで寝込む期間を減らして職場の業務遂行能率の低下を防ぐことであるという言い方は正しい。しかしそれはまた被雇用者達が、インフルエンザワクチン接種を受けない他の被雇用者達よりも、健康を維持出来ることも意味している。
 私は、ワクチン接種に対する考え方は、病気に対する心構えによって異なると思う。もし、貴方が発病することに無頓着でいれるのなら、貴方の好きな選択に従えば良い。
 また、ワクチン接種が健康人よりもリスクの高い人々で、よりメリットが得られるという考え方は正しい。それ故ワクチンは65歳以上の高齢者、慢性疾患を保有した人々、そして2歳以下の乳幼児に特に接種が勧められている。これらの層では死亡率が高いからである。
  もし貴方が介護施設等のリスクの高い人々に接するような職場で働いているならば、地下室等でビデオゲーム等のデザインをしている職種以上に、ワクチン接種を勧められる可能性が高い。
 ワクチン接種が、貴方の免疫系に悪い影響をもたらすかという疑問は逆であり、免疫系には良い影響をもたらすと考えるのが正しい。免疫系がより頻回に刺激される人々の方が、免疫系は活発化する。もし貴方がインフルエンザワクチンの接種を受けたなら、免疫系はインフルエンザに罹患すること無しに活発に活動することになる。
 これまで無菌環境下での多くの動物実験があり、そうした環境下では、免疫系が未発達となることが確認されている。そうした動物に重篤な症状を呈する感染症を発症させると、全く抵抗することが出来ない。人間の場合で考えてみると、いまだ遭遇したことのないウイルスが誕生すると、誰も免疫を持っていないので、パンデミックが発生しやすい。
 例えば、1917年(1918年の間違い:訳者)に発生したパンデミックで死亡したのは、20~40歳の若い年齢層だった。このようなことは、いかなる感染症でも見られることはない。これらの年齢層よりも上の世代では、ウイルスに対して抵抗力があったように思われる。理論として、40年以上前に1918年のウイルス類似のウイルスに既に感染していて、免疫が出来ていた可能性がある。
 新規ウイルスが誕生して感染を広げる可能性がある場合、我々が何らかの形でそれらの株に前もって接触しているならば免疫が出来ていて、流行は防ぐことが可能となる。
 しかし民主的社会では、他人に害を与えない限り、自分の健康に対する決定権は自分が持っているから、ワクチン接種を強制は出来ない。
 

11月17日


国内の動きから

 新型インフルエンザが発生した際、自分に発熱の症状が出た場合は最大で約97%の人が医療機関を受診する――。こんな意識調査結果を、国立感染症研究所の研究グループがまとめた。

 新型インフルエンザの流行を食い止めるための模擬訓練が16日、京都府亀岡市篠町の安詳小学校体育館で行われた。市民約200人が参加し、感染拡大を防ぐ手順について理解を深めた。府によると住民参加の訓練は府内初という。

報道
新型インフルで意識調査 最大97%「病院受診」 日本経済新聞
どうする?新型インフルエンザ 感染阻止へ住民訓練 亀岡 読売新聞 



Jakarta to combat bird flu by restricting poultry sales Xinhua, China  (中国、新華社) ジャカルタ、市内での家きん売買を禁止に
 ジャカルタ行政府は、首都における鳥インフル発生の防止のために、伝統的市場における家きんの販売を、市内で禁止する計画を立てている。Jakarta Globeが当局の発表として伝えた。
 「我々が彼等の商売を閉め出すことになるから、彼等は別の商売の方法を考えなければならない」、とジャカルタ行政府の家畜水産漁業局長官のエディー・セチアルト氏が語っている。
 行商人はジャカルタ市内、または伝統的市場で生きた鶏を売ることが、2010年まで禁止される。
 商売が出来なくなる商人達に補償はされない。
Biota Holdings Limited (ASX:BTA) LANI Phase III Clinical Trials ... ABN Newswire (press release), Australia )オーストラリア) ビオタ製薬(株)、長時間作用型ニューラミニダーゼ阻害薬(CS-8958)の臨床第三相試験に
 オーストラリアのビオタ製薬は本日、長時間作用型ニューラミニダーゼ阻害薬(LANI)であるCS-8958の臨床第三相試験を多数の施設で開始することを発表した。患者はアジアのインフルエンザ季節を通して組み込まれる予定である。
 試験は、日本、台湾、香港及び韓国で、インフルエンザA及びBと診断が付けられた成人を対象に行われる。
 試験は、CS-8958を1回吸入した後に、臨床症状が消失するまでの期間で評価される。二重盲検試験で行われ、対照群としてタミフル75mgを1日2回服用する患者を選ぶ。また安全性も同時に評価される。
 また小児の2回目の臨床第二、三相試験が9歳以下の子供達を対象に日本で行われる。
 研究期間は患者の参加率で決まるが、それはアジアにおけるインフルエンザの流行状況に依存する。
 CS-8958は長時間作用型ニューラミニダーゼ阻害薬で、第一三共とビオタ社で開発された。計560万ドルの助成金が、米国の国立健康研究所(NIH)から西欧での臨床試験用に提供されている。
 この吸入薬の特徴は、1回の吸入でインフルエンザ治療に効果を示し、また週に1回の吸入で予防効果を持続することである。
 臨床試験前の検査で、CS-8958はインフルエンザAとBの他にH5N1ウイルスにも効果があることが示されている。

第一三共、インフルエンザ治療剤CS-8958の第III相臨床試験を開始 日本経済新聞 (プレスリリース)
インフルエンザ治療剤CS-8958の第III相臨床試験開始について

 当社が自社創製したインフルエンザ治療剤CS-8958の、本邦での第III相臨床試験を開始しましたので、お知らせいたします。
 CS-8958は、長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害剤(Long Acting Neuraminidase Inhibitor、以下LANI)であり、1回の投与のみでの治療効果を期待しています。現在、本剤はインフルエンザウイルスの感染部位である肺、気管に直接作用する吸入治療剤として開発中です。また、これまで実施した非臨床試験において、A型、B型のインフルエンザのみならず本剤のH5N1鳥インフルエンザウイルスに対する効果も確認しております。
 第III相臨床試験は、A型またはB型のインフルエンザに感染した成人患者を対象に、1群数百人規模でCS-8958の有効性と安全性を検討することを目的とし、CS-8958 1回吸入投与群とリン酸オセルタミビル75mgの1日2回、5日間連続投与群との二重盲検試験を実施します。
 有効性評価項目は、投与後のインフルエンザ関連症状の改善と解熱効果であり、CS-8958とリン酸オセルタミビル投与群との間で統計的に差がないこと(非劣性)を検証することを目的としています。安全性についても臨床使用上問題がないことを確認します。
 当試験はMARVEL(Multinational Asian Clinical Research for Influenza Virus Extermination on LANI)と名づけられ、台湾、香港、韓国での国際共同試験として実施します。
 また、小児を対象とした第II/III相試験も並行して実施し、小児に対する有効性と安全性を検討する予定です。

本年7月31日に、共同研究しているオーストラリアのビオタ社が、南半球での臨床試験結果を発表している。
7月31日

Longer-Acting Relenza Fights Flu as Well as Tamiflu, Study Says
 Bloomberg  (米国) 研究報告:長時間作用型リレンザ(CS-8958)がタミフルと同等の効果
 グラクソスミスクライン社の抗インフルエンザ薬であるリレンザの長時間作用型タイプを開発中の第一三共製薬は、一回の吸入でタミフルと同等の効果を認めたと発表した。
 安全性と効果に関する臨床試験で、1回の吸入で同薬剤が、ロッシュ社のタミフルの1日2回服用5日間、と統計的に有意差のない結果を得た。日本の第一三共製薬と同薬剤を共同開発している、メルボルンに本社を置くビオタ・ホルディング社(Biota Holdings Ltd)が発表した。臨床試験は季節性インフルエンザ患者数百人規模で行われ、臨床第二相を終了している。第三相が成功すると、医薬品として認可される。
 開発企業では今後最終的臨床試験を日本、台湾、香港、および韓国で今冬に行う予定としている。もし同薬剤が承認されたなら、年間25万から50万人世界で死亡するインフルエンザに対する治療薬として提供されることになる。また、先の研究では同薬剤はH5N1鳥インフルウイルスにも効果を示している。
 世界ではパンデミック・インフルエンザに備えてタミフルとリレンザを備蓄中であるが、一度の吸入で効果を発揮する薬剤の開発は、備蓄量を減らすことが可能となる。
 第一製薬の研究開発中の抗インフルエンザ薬は、CS-8958というコードネームで知られ、タミフルやリレンザと同じく、ウイルスが感染した細胞から遊離することを阻止する。


Migratory birds do not cause bird flu: experts The Nation, Pakistan, Pakistan  (パキスタン) 専門家:渡り鳥は鳥インフル拡大に関係ない
 パキスタンの専門家による、H5N1ウイルスは渡り鳥により拡大されていないという論説。
 渡り鳥が鳥インフルを拡大していると証拠は、パキスタンも含めて、世界のどこでも得られていないことが、最近の研究で明らかになった。
 FAO(国際連合食料農業機関)は、世界中から30万~35万羽の野鳥から検体を集めた。これらの検体からH5N1ウイルスは全く検出されなかった。最近の科学的文献の包括的レビューの後に、世界的なウイルス拡大の主要な原因は、渡り鳥というよりも家きん貿易によるとされた。

 野生動物専門家のコメントによると、150種類以上の渡り鳥が11月と12月にロシアやアフリカからパキスタンに飛来してきて、2月から3月に帰るという。
 「最近発生したH5N1鳥インフルと、その後に発表された、渡り鳥がウイルスをもたらしたという根拠のない発表に、世界自然保護基金パキスタン支部は重大な関心を抱いた。この様な発表は野鳥の大量殺処分を引き起こしたり、自然保護団体の労力を危うくするのものである。
 渡り鳥がH5N1ウイルスを運んだことを示す事実は多少あるが、主要な役割は、H5N1ウイルスの発生地域を分析すると、渡り鳥の飛行ルートとは関係なく、家きんの貿易ルートに一致している。2006年にナイジェリアで5000羽の水鳥を検査したが、ウイルスは検出されていない。
 …
11月16日


Mass vaccination test goes smoothly Journal and Courier, IN  (米国、インディアナポリス) インフルエンザ・ワクチンの大量接種が順調に行われた

 ティペカヌ郡共進会場で15日、1900人以上の人々が無料のインフルエンザ・ワクチンの接種を受けた。
 しかし、これは単なるワクチン接種クリニクではない。
 ティペカヌ郡保健救急局では、パンデミック・インフルエンザ発生等の緊急事態に備えて、同局のワクチン大量接種能力を試すことを考えてきた。
 当局は結果に十分満足してる。
 8時間に1913人のワクチン接種を行ったが、朝のある時間帯には、20分間に400人の市民に接種出来た。
 数百人のボランティアが、接種希望の市民を接種会場で誘導した。
 地域の看護学校の学生や、郡保健局のスタッフ、および警官等がボランティアとして働いた。
 郡保健局では無償でワクチンの接種を行った。

Drive-through shots offer hassle-free flu protection The Virginian-Pilot, VA (米国) ドライブスルー方式のワクチン接種、子供にも容易に予防効果

 Virginia Beach と SuffolkのBon Secours health centers で、多くの市民が自由なスタイルで車で、インフルエンザワクチンの接種に訪れた。 
 後部座席に赤ん坊を乗せていたり、パジャマ姿のままの女性や、さらには後部座席に犬を横たわらせた男性等。
 両親がそれぞれ窓を開けて腕をまくり、ワクチンの接種をするのを後部座席で眺める幼児達。
 接種を受ける両親は微笑む。
 「この方式はいいね。子供達を車から降ろす必要もないし、わずか5分間で終わる」、と父親は言った。
 この方式は、Hampton Roadsでは初めての試みであったが、発想としては2,3年前からあった。
 ドライブスルー・クリニクは通常公衆衛生局が、パンデミックやバイオテロの歳の大量ワクチン接種に備えての、予行演習となる。

World Health Organization Deemed "Dysfunctional" Over Pandemic ...  Natural News.com, AZ (米国) 英国上院、WHOはパンデミックに対して十分機能しないだろうと批判
 英国上院からの報告書で、WHOは十分機能してないと批判し、新感染症のパンデミック発生に世界は十分対策を講じていないと警告した。
 「1968年以来パンデミックが発生していない。いつ起きても不思議ではない」、と報告書で言っている。
 報告書は第三世界での流行病発生の初期検出と対策が不十分であると警告し、特にH5N1鳥インフルウイルスが変異して、人の間で急速に拡大してゆくことを懸念している。
 「我々は以前からパンデミック・インフルエンザはいつ起きても不思議ではないと警告してきた。もし起きたらということではなく、いつ起きるかであるが、パンデミックがH5N1ウイルス株から発生した場合は特に被害は大きい”、と報告書には記載されている。
 「この10年間、世界的監視態勢と対応組織は非常に良く発展してきているが、新規ウイルスが出現し、それが世界的に拡大する前に封じ込める為には、いまだ多くの課題が山積している」。
 先進国でパンデミックの兆しがあったなら、世界に拡大する前に阻止出来るだろうが、途上国の場合は信頼は出来ない、と委員会の座長を務めたソレイ卿は警告している。
 報告書は、現代の貿易量と国際旅行量を考えると、以前よりもパンデミックの発生の可能性は高いと、懸念の意をを表している。
 また報告書ではWHOを、批判の対象として取り上げ、基本的に構造改革する必要があると批判した。
 WHO内の機能不全があることから、基本政策策定や監視態勢において十分な余裕がないと説明している。
11月15日

Suspected bird flu patients isolated Jakarta Post, Indonesia  ’インドネシア) 鳥インフル疑い患者の隔離は継続

 南スラウエシのマカッサル、ワヒディン・スディオウソド地域病院では ビリンカナヤの鳥インフルに感染したと考えられている17人の患者の隔離を続けている。
 「全体として患者の状態は改善してきている」、と病院の鳥インフル対策チームの広報官であるハリク・サラ氏は14日説明した。
 2歳のイラハムという名の患者以外、全ての患者の体温は38度以下になっている。
 「我々は彼等の病状の変化を注意深く観察してゆく。なぜなら家きんの中でH5N1鳥インフル陽性であるものがいたからだ・、とハリク氏は語った。
 用心として、病院側はスタッフおよび家族メンバーと、患者との面会を制限している。
 病院は未だ保健省からの血液検査結果を待っている、とハリク氏は語っている。
 (病院での)初期の患者の血液検査では、全てで、H5N1鳥インフルウイルスの存在が示された。さらにマカッサルにある、ハサヌディン大学医学部微生物学研究室での検査結果も同じであった。
 ハリク氏は、同病院は上記検査結果を、今回の感染症の指標、または診断に用いないことを決定していると語った。
 「我々の患者を治療するために参照する唯一の検査結果は、保健省の研究所からのものだけとする」、と同氏は語った。
 マカッサル保健局のナイシャ・ツン・アジキン局長は、検査に必要な全検体はジャカルタに13日、14日に送っている。結果は1週間以内に判明するだろう、と語った。
 ナイシャ局長は、今後、鳥インフル疑い患者の増加が予想されることから、同局はさらに2カ所の病院で患者対応ができるように準備したことを発表した。
 「神の祝福で、今日は誰も入院していない」、とナイシャ氏は14日語った。
 行政局スタッフで構成されたチームが、14日患者達が住んでいた地域で61羽の鶏を殺処分した。
 当局者によると鶏の殺処分は3日間行われ、合計167羽処分したとされる。

 一方、中央ジャワのセマランでは、ガヤムサリ地区の3カ所の鶏”と殺場”が閉鎖された。
 理由は11日に15歳少女が鳥インフルで死亡したことによる。
 

*病院での検査結果と地元の大学での検査結果を破棄し、保健省の検査結果だけを信用するという決定は、妙に恣意的に感じられる。
 インドネシアでのH5N1鳥インフルエンザの診断は、国内の2カ所の検査機関で陽性に出た場合とされていた。
 妙に白々しく、政治的判断が見え隠れしている。

Louisiana Prepares For Pandemic Flu Outbreak eMaxHealth.com, NC  (米国) ルイジアナ州、パンデミック・インフルエンザ対策を強化
 ルイジアナ市民が季節性インフルエンザ対策を行っているのに対して、州の専門家達と医学専門家達は、パンデミック・インフルエンザに対する準備を進めている。世界で100万人以上死亡させたパンデミック・インフルエンザが発生してからほとんど40年経っている。しかしながら、保健専門家達は、非常に近い将来にパンデミック・インフルエンザが発生する可能性が高いため、対策を立てることは極めて重要と言っている。
 木曜日にルイジアナ保健病院局と保健局は、カーバイルのジルズ・ロングセンターでパンデミック・インフルエンザ・サミットを開く。当局者達は州の保健担当者達と救急隊員達に、ウイルスに関する情報や、対策等について教える。パンデミック・インフルエンザは国全体に拡大するので、ルイジアナは他の州や、連邦政府を当てにすることは出来ない。
Patients in Indonesian hospital suspected to have bird flu SmartBrief, DC (米国) インドネシア、鳥インフル疑い患者が入院中
 南スラウエシの病院に17人の患者が鳥インフル疑いで入院した。7人の患者の初期の検査ではH5N1ウイルス感染が示唆された。周辺の地域で死亡した鶏からもH5N1ウイルスが検出された。
11月14日

国内の動きから

 佐賀県は今月、インフルエンザ罹患(りかん)者を減らす「インフルエンザ半減キャンペーン」を始めた。行政が旗振り役となり、「半減宣言」をする事業所を募るなど全国でもユニークな取り組み。来年2月までの4カ月をキャンペーン期間とし、県民に手洗いなどの励行を定着させ、新型インフルエンザにも備えたい考えだ。

 島根県は、新型インフルエンザ発生時に県として取り組む具体的な行動を示した対応マニュアルの暫定版をまとめた。十二日、県庁で開いた対策推進本部会議で報告した。十八日の訓練で検証する。

 三重県、四日市市、四日市社会保険病院(四日市市)は、新型インフルエンザ対策実施訓練を12日、同病院で行った。病院が実際に起きた場合に即した形で綿密な計画を立てて実施した。
 訓練には約50人が参加した。患者からの問い合わせや市保健所の相談センターへの取り次ぎ、他の病院からの患者受け入れなど、さまざまな電話対応を訓練した。簡易診断で感染が疑われた患者を、感染拡大防止のため正式な診断を行うまで健診車で待機させたり、入院を拒否した患者に、保健所と病院が一緒に入院を勧めたりと、きめ細かい訓練を丁寧に行った。


報道
インフルエンザ半減へ 県がキャンペーン展開 来年2月までの4カ月間 賛同の事業所公募 西日本新聞 
新型インフルエンザのマニュアル暫定版 島根県 中国新聞 
新型インフルエンザ対策:感染拡大防止など訓練--四日市市・県・病院 /三重  毎日新聞 


新型インフルで初の調整会議 佐賀新聞 
 インドネシアで鳥インフルエンザ(H5N1型)と疑われる患者が発生したのを受け、佐賀県は14日、人から人へ感染する新型インフルエンザに備えて対策調整会議を開いた。2005年12月に策定した対応行動計画に基づき、初めて開催。関係する庁内18課・グループが情報を共有し、発生レベルに合わせた対応などを確認した。
 インドネシアで発生した鳥インフルエンザと疑われる患者は17人で、発熱やせきなど症状を訴えているという。県の新型インフルエンザ対応行動計画では「フェーズ3A」にあたる状況で、計画に基づき事務レベルの調整会議を招集した。
 会議では、現状について外務省などから得た情報を報告。人から人へ感染する新型インフルエンザの発生が確認された場合は「フェーズ4」に移り、対策本部を設置することなど、今後の危機管理体制を確認した。
 県健康増進課は「いつ新型に移行するかは分からないが、迅速な対応ができるよう全庁的に心構えはしておきたい」と話す。

さすがに早い!!(管理人)

鳥インフルエンザ感染情報について  在ジャカルタ日本総領事館

1. 11月13日、スラウエシ州マカッサル市において、鳥インフルエンザ(H5N1)と疑われる患者が発生した旨、メトロTV等で報道がありました。
報道内容は、17名の鳥インフルエンザ疑似患者を国立ワヒディン病院(鳥インフルエンザ政府指定病院)に収容した。このうち7名は子供である、とのことです

2. 現時点では詳細な状況が不明ではありますが、各種情報を総合すると、鶏が死亡したとの報告があったため、現地の畜産局及び保健局がサーベイランスを集中的に行った結果、原因は不明ですが、発熱等の徴候があった者を念のため予防的に幅広く入院させた模様です。

3. 大使館では引き続き情報収集に努め、新たな情報が入り次第速やかにご連絡します。

17 in hospital with suspected bird flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 鳥インフル疑いで17人が入院
 南スラウエシの病院は、2日間に17人が鳥インフルエンザ疑いで入院したため、患者で溢れかえっている。当局者が13日語った。
 ほとんどは小児であるが、高熱と咳、呼吸問題等の鳥インフル様症状を呈していると、マカッサルのワヒディン・スディロフソド総合病院の広報官であるアンディ・クルニア・ビンタン氏が説明した。
 クルニア氏によると、最初の患者は5歳の男児で12日の朝に入院した。その後、夕方に3歳と4ヶ月の同胞と、近隣に住む住人4人が入院した。
 同氏によると患者達は全て、ビリングカナヤ県のスディアンの住民で、2日間の高熱を呈しているとされる。
 最初に入院した5歳の男児の両親の話では、近くで7日に27羽の鶏が死亡し、その2日後に家族が飼育する4羽の鶏が死亡したという。
 クルニア氏の説明では、最初の患者について病院では迅速検査を行い、H5N1ウイルス感染が示唆されたという。
 病院では患者の血液検体での検査結果を待っている。
 病院にはさらに13日入院した10人の患者がおり、検査結果を待っているという。症状は高熱と呼吸障害とされる。

New outbreak of bird flu found in fowl in Thailand Philippine Star (フィリピン) タイ、新たな鳥インフルが家禽で発生
 家禽での鳥インフルがタイ北部で発見されたことを当局が確認した。首都バンコクの北180キロにあるウタイタニ省で庭飼いの5~6羽の鶏が死亡した後、十数羽の鶏を検査したところ、猛毒性のH5N1ウイルスが昨日検出されたと、サクチャイ・スリブーンスー家畜省長官が発表した。同省は、同じ北部のスコタイ省でも家禽に鳥インフルの発生があったと日曜日(9日)に確認しており、これは、タイにおいて、H5N1ウイルスによる2件の鳥インフル発生が報告された今年1月以来の事例である。A.Tohda訳
Nine northern Thai provinces under special watch for bird flu เดอะ เนชั่น, Thailand  (タイ) 北部タイの7省で鳥インフル警戒態勢に
 公衆衛生大臣代理のパイチャイ・バラキト博士は、同省当局者会議で北部の9省で鳥インフル監視を強化することを決定したと、13日発表した。
 9省の全病院で感染疑い患者が発生した場合、検査結果を待たずに迅速に治療開始するように通知された。
 寒冷期に入り、10月28日にスコタイ省で死亡した家きんからH5N1ウイルスが検出され、またウタイタニ省でも最近多くの家きんが原因不明死を起こしている。
Seventeen People Suffer Bird Flu Symptoms Tempo Interaktif, Indonesia  (インドネシア) 17人が鳥インフル発病疑い
 南スラウエシのマカッサールで10人が13日、鳥インフル様症状を呈して病院に入院したが、その前日には7人が同じ症状で入院している。
 17人全員はワヒディン・スディロフソド地域総合病院へ、同一地域(Jl Pate' ne in Sudiang District Biringkaya Subregency)から入院した。地域では数羽の鶏が死亡している。関係当局では鶏からH5N1ウイルスが検出されていると発表している。
 病院の救急室の責任者であるワシス・ウダヤ医師は、患者から(ウイルス検査のための)血液が採取され、また胸部写真が診断のために撮影されたと説明している。14人は子供で、最少年齢は3ヶ月である。
 他の医療スタッフによると、隔離ベッドが足りないため、17人中14人だけが隔離室で治療を受けている。
 病院では血液をハサヌディン大学と保健省に送った。検査結果は2日以内に出る予定とされる。
2008/11/14 4:13:39
11月13日


国内の動きから

 新型インフルエンザの大流行を想定し、福岡市中央区地行浜の国立病院機構九州医療センターが12日、市と合同で模擬訓練を実施した。同病院の医師や看護師、市消防局の救急隊員らが、防護服やマスクを装着して参加し、患者の搬送手続きや診療方法などを確認した。新型の大流行を想定した模擬訓練に福岡市が参加するのは初めて。


中外製薬は12日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の行政備蓄品について、使用期限を従来の5年から7年間に延長することが厚生労働省に承認されたと発表した。タミフルは新型インフルエンザ発生時の治療用として国と都道府県が合計2100万人分、予防用として国が300万人分を備蓄している。2005年度から国家備蓄を開始したため10年度から順次期限切れとなる分の買い直しが課題だった。2年間の延長で期限切れによる廃棄を減らせる。米国などでも行政備蓄用については使用期限を7年間としている。

報道

新型インフル対策 福岡市と模擬訓練 九州医療センター 大流行を想定 手順や診療法確認 西日本新聞 
中外製薬、行政備蓄用タミフルの使用期限延長


Indonesia to test 17 for bird flu in Sulawesi The Standard, Hong Kong (香港) インドネシアのスラウエシで17人が鳥インフル検査に
 ロイター報道
17 treated in Makassar for suspected bird flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) マカッサールで17人が鳥インフル疑いで治療中
 南スラウエシのマカッサールのワヒディン・スディロフソド病院で17人の患者が、12日から鳥インフル疑いで治療中である。
 13人は子供で、7人が12日に入院し、残りが13日入院している。
 病院の広報担当であるアンディ・クルニア・ビンタン氏は、患者は高熱と咳、呼吸困難を呈していて、鳥インフル症状に類似していると説明している。
 「迅速テストでは、患者達はH5N1ウイルスに感染している可能性があり、我々は血液検査結果がハサヌディン大学の研究室から届くのを待っている」、とクルニア氏は説明している。
 クルニア氏によると、子供達が10日に症状を呈する前に、先週31羽の鶏が周辺で死亡したとされる。
 さらにマカッサール家畜局では数羽の鶏が、鳥インフル迅速検査で陽性だったと話している。
Indonesia to test 17 for bird flu in Sulawesi Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア、スラウエシで17人が鳥インフル検査に
 南スラウエシのマカサール市で同一地域に住む17人の住民が、集団で病的状態に陥り、鳥インフル検査を受けている。保健省当局者が13日発表した。
 チャンドラヨガ・アドヒタマ伝染病対策長官は、周辺の鶏が突然死亡したため、住民達は入院させられたと説明している。
 「何人かは昨日入院し、残りは今日入院した。自分の認識では、周辺で鶏が大量に突然死亡したため、当局が念のための措置として入院させたと思っている」。
 同氏によると17人の全身状態は良好で、血液検体がジャカルタの保健省の研究所に送られた。
 17人の健康状態はさらに観察されるが、4人のみが成人で、多くが小児とされる。



インドネシア、鳥インフルエンザの疑いで17人が入院 日本経済新聞 
 インドネシアの保健当局は13日、スラウェシ島南部のマカッサルでH5N1型の鳥インフルエンザの疑いで地域住民17人が入院したことを明らかにした。患者の血液などの検体を採取、検査結果は14日以降に判明する。インドネシアでは鳥インフルエンザで全世界の4割強の112人が感染死しており、保健当局は警戒体制を強めている。
 マカッサルの保健当局によると、地元の空港周辺で11月に入って鳥インフルエンザによって大量の鶏が死んだ。このため当局は同地域で高熱を出している患者17人を国立病院に隔離、検査に着手した。仮に集団感染が確認されれば、人から人へ感染する新型インフルエンザが発生した可能性もある。

Thailand confirms second bird flu case PhysOrg.com, VA  (米国) タイ、第二の鳥インフル発生を確認
 バンコクの北部へ220キロ離れたウタイタニ省で家きんの間でH5N1鳥インフルが発生したことが確認された。
 「11月3日に放し飼いの鶏200羽が倒れて死にだした」、と家畜局長官のサクチャイ・スリブーンス氏が語った。
 「我々は2日後に気が付き、今日検査結果が出てH5N1ウイルス陽性であることが確認された」、と同氏は語り、全ての感染が疑われている家きんは殺処分されたと語った。
 タイは世界で4番目の家きん輸出国で、これまで数百万羽の家きんを殺処分してきて、今年の1月が最後であった。
 それ以来、同国はウイルスが根絶されたと申告してきた。
 人での発病者は出ていないと保健省では発表している。
Indonesia denies new case of bird flu death Xinhua, China (中国、新華社) インドネシア、新規鳥インフル死者の発生を否定
 インドネシアの保健大臣のスファリ女史は、15歳少女がH5N1鳥インフルで死亡したという海外報道について否定した。
 スファリ大臣は、2カ所で行われたウイルス検査の結果は陰性であったと語り、インドネシアでの死者数は112人であると語った。
Indonesian sources say teen died of H5N1 infection CIDRAP, MN  (米国、ミネソタ) インドネシア情報筋、H5N1鳥インフルで10代少女の死亡を報告
 最近中央ジャワで15歳少女がH5N1鳥インフルで死亡したことが、少女を治療していた医師と地域の保健当局者から、報道機関を介して発表された。
 6月にインドネシア保健省は新規患者が発生するたびに、公式発表することを中止して、定期的にまとめて報告することにしている。
 この数日間、メディアの報告によると、少女が家きんの”と殺場”の側に住んでいたことから、死因が鳥インフルによる疑いがあった。そして、本日、APとロイターが少女の検査でH5N1ウイルス陽性であったことを報道した。
 もしWHOがこの事例を確認するならば、インドネシアの鳥インフル発病事例は138人となり、そのうち死亡例は113人となる。
 少女を治療したドクター・カリアディ病院の医師団の責任者であるアグス・スリアント氏は、ロイターに、少女がH5N1鳥インフルで死亡したことは保健省の研究所で確認していると伝えた。また同氏はAPに、少女は10日間入院した後、死亡したと話した。
 地域の保健局のタチク・スリアンチ氏は、APに2カ所の検査所でH5N1ウイルスを同定したと伝えている。
 7日のジャカルタポスト紙によると、スリアント氏は、少女は11月7日に高熱を伴った呼吸不全で死亡したと語っている。
 
 他の問題として、バンドゥンの病院当局者が、鶏の”と殺業”を行っていて、また家で鶏の放し飼いを行っていた32歳男性が、明らかに肺炎に関連した病状で死亡したため、その検査を行っていることを、8日にポスト紙が伝えた。
 最初の検査はH5N1ウイルス陰性であったが、患者は家きんに直接接触していたことから、病院当局はさらなる検査が必要と判断しているとポスト紙に伝えている。
 獣医局が男性の飼育していた鶏500羽を検査したが、1羽でH5N1ウイルスが陽性であったとポスト紙は伝えている。
Osterholm named to pandemics council Post-Bulletin, MN (米国) オスターホルム教授、パンデミック委員会に出席
 ミネソタ大学の感染症研究対策センター(CIDRAP)長官のマイケル・オスターホルム教授は、世界パンデミック委員会に出席要請された。
 「パンデミックは起きるか否かということではなく、いつ、どのような規模で起きるかが問題なのだ」、と同教授は発表で語った。同教授は、国際的パンデミック対策をCIDRAPが支援したい意向を示した。
 パンデミック委員会は、世界経済フォーラムを介して、各国のパンデミック対策を支援する予定である。委員会には企業、政府、学会から専門家が集まり、対策の集約化が図られる。
Girl, 15, dies of bird flu ABC30.com, CA  (米国、カリフォルニア) 15歳少女、鳥インフルで死亡
 AP
 ジャカルタの東方250マイルのセマラン市の15歳少女が、10日間の治療の後に死亡したが、検査でH5N1ウイルスが陽性であったことが、地域の保健当局から発表された。
 当局によると少女は感染した鶏と接触したことが発病の原因とされる。
 当情報は昨日に他紙でも報道。
11月12日

 
国内の動きから

 鳥取県は、いつ発生してもおかしくないとされる新型インフルエンザに対応するため、県内十五病院に人工呼吸器各一台と医療従事者用の感染防護具各三百三十セットを配備する。約五千万円を計上する本年度一般会計の十一月補正予算案が県議会で可決され次第、対象の病院と協議を進める。

報道
新型インフルエンザ対策 鳥取県、人工呼吸器と防護具配備 山陰中央新報 



今日の海外情報
・インドネシアの15歳少女の死がH5N1ウイルスによるものであることが確認。
・中央ベトナムで家きんの間でH5N1鳥インフルが発生。
・スペインインフルエンザで中高年層の死亡数が少なかったのは、1890年以前に同系ウイルスが流行し、免疫が残っていた可能性が示唆。
韓国で鳥インフル発生に対して対策の強化に

AI 危機警報「関心」段階発令  KUKI News (韓国、ハングル)
 農林水産食品部は12日、高病原性鳥インフルエンザ(AI)危機警報の「関心」段階を発令した。家畜疾病に対する危機警報は、AIや口蹄疫などの発生が予想される際に危機レベルを評価したうえで、関心→注意→警戒→深刻という4段階で発令される。
 「関心」段階は、近隣諸国でAIが発生し国内に流入する可能性がある場合に、家畜防疫協議会の諮問を経て発令される一番低いレベルの警報だ。
 農食品部は、10日タイで高病原性AIが再発しており、韓国に渡り鳥が本格的に渡来する時期のため、AIウイルスが流入する恐れが強まっていると発表した。このため農食品部は、AI発生国からの旅行客に対する携行品検査と靴消毒などの検疫を強化する事にした。
 また市・道別点検チームを編成、養鶏農家と孵化場, 屠殺場及び家畜運搬車に対する消毒実態を集中点検する計画だ。H.I訳
Indonesia records 113th bird flu death The Age, Australia (オーストラリア) インドネシア、113人目の鳥インフル死者を確認
AP
 インドネシアの15歳少女の死亡がH5N1鳥インフルであることが確認され、同国の鳥インフルによる死者数が113人となったことを保健当局が発表した。
 今回の死亡例は、東南アジア諸国とWHOが、分離ウイルスの共有を巡って論争中に発生した。
 15歳少女は先週ジャカルタの東方400キロのセマラン市で10日間入院後に死亡している。
 2箇所の検査所での検査結果で、H5N1ウイルス陽性であったと主治医団の責任者は説明している。
 少女は鶏の殺処分場近くに住んでいたことから、感染した鶏と接触して発病したと、当局では考えている。
Bird flu outbreak occurs in central Vietnam Xinhua, China  (中国、新華社) 中央ベトナムで鳥インフルが発生
 中央ベトナムのニェアン省で鳥インフルの発生が確認されたことが、12日、省人民委員会から発表された。発生したのは、ディンホン地区で約1000羽の家きんが死亡した。検査の結果H5N1ウイルスが検出された。
Expert: Europe needs to step up flu pandemic preparedness  SmartBrief, DC (米国) 専門家:ヨーロッパは、パンデミック・インフルエンザ対策の強化が必要だ
 ヨーロッパCDCの高官であるアンガス・ニコル氏が、2005年以降の各国の前例のないパンデミック・インフルエンザに対する取り組みを評価したが、政治的が対策欠けていることをFinancial Timesで指摘した。
1918 Spanish flu records may hold the key to prevent future pandemics  Australian News, Australia (オーストラリア) 1918年のスペイン・インフルエンザの記録はパンデミック対策の重要な鍵を握る
 メルボルン大学の研究者による、スペイン・インフルエンザの英国におけるデータの解析。
 1918年~1919年にかけて3波に分かれて流行した。夏、秋、冬。その謎について。
 子供と高齢者では致死率は低く、若い成人で高かった理由。子供では内因性の免疫があった。高齢者では1890年以前に、類似のウイルスが流行して、免疫があった。1890年以降に生まれた若い世代での致死率が高いことからの仮説。
 意訳。
11月11日


解説やコメント等は徒然日記で展開しています。

国内の動きから

 大流行すると大勢の死者を出すと心配される新型インフルエンザの発生に備え、県は21日、県庁議会棟の大会議室に、各部局や教育庁、警察本部の担当幹部、医師らを集め、机上演習を実施する。新型インフルエンザの訓練は初めて。 
 机上演習では、国内で新型インフルエンザが発生し、県内で感染が確認されたと想定。今年1月にまとめた県の対策行動計画に沿って知事を本部長とする「新型インフルエンザ対策本部」を設置し、発生時から感染拡大、終息へ向かう段階ごとに指揮の手順と関係機関の対応を確認する。


報道
新型インフルエンザ想定訓練 読売新聞


今日の海外情報

・タイ北部の鶏でH5N1鳥インフルが発生し、保健省は人への感染を警戒している。

 インドネシアで発生した32歳男性(3日報道)と15歳少女(7日報道)の鳥インフル疑い事例は、その後ウイルス検査の結果が報道に載らない。肺炎から急速な呼吸不全に発展し、死亡したことから、現地の医師団も警戒感を強めている。


Health ministry on alert for possible bird flu outbreak เดอะ เนชั่น, Thailand  (タイ) タイ保健省、鳥インフル発生に警戒
 タイ保健省はスコタイでの鶏で鳥インフルが見つかったことから、住民の間での鳥インフル発生の監視を強めた。
11月10日


国内の動きから

 国は家庭向けガイドラインで備蓄品を例示し、9月に「不織布製マスクを1人20−25枚備える」と指針を出した。地方でも、北九州市が7月、備蓄品リストを全戸に配布。佐賀県鳥栖市も9月から市報で5回に渡り、家庭でできる準備を呼び掛けている。しかし「市民の反応はあまり見られない」(北九州市)。  

 富山県内での鳥インフルエンザの発生に備えた防疫演習が富山市役所であり、市や県東部家畜保健衛生所、JAなどから約六十人が感染拡大を防ぐ初動態勢や手順を学んだ。

 総務省消防庁の有識者検討会は10日、新型インフルエンザが国内で発生した場合、救急搬送や消防などの業務をどう続けるか定めたガイドライン案をまとめた。救急搬送を最優先することを明記している。年内に正式決定、全国の消防本部に配布し業務継続計画の作成を促す。


報道

新型インフルで消防庁指針案 搬送業務の最優先を明記 北海道新聞 
新型インフルエンザ 西日本新聞 
鳥インフルの感染拡大防ぐ 富山市など演習 中日新聞 



Bird-flu monitoring stepped up in Sukhothai Nation Multimedia, Thailand  (タイ) スコタイでの鳥インフル監視強化
 タイ、保健省はスコタイでの養鶏場で鳥インフルが発生したことから、人での発病の監視を強化したと発表した。
 最低14日間、発生周囲での発熱と咳を呈した住民は病院に収容され、健康状態を綿密にチェックされる。

韓国情報
始華(sihoa)湖で渡り鳥800羽集団斃死  全北中央新聞  (韓国、ハングル)

 京畿道安山市始華湖でマガモなどの渡り鳥数百羽が集団斃死し、保険当局が疫学調査を開始した。
 9日安山市によると、7日午後6時頃に始華湖マルチテクノバレー(MTV)事業現場内の北側干潟で、マガモやしぎなど6種類の渡り鳥7~800羽が集団死しているのを、始華湖一帯で生態調査をしていた市および動物団体関係者たちが発見した。
 安山市は民間動物救護団体との始華湖一帯の生態調査中に発見し、8日午前7時から10人余りを動員して斃死した鳥類を回収した。
鳥 類の死骸の一部は、国立獣医科学検疫院と京畿道畜産衛生研究所に疫学調査を委託され、残りは認可された感染性廃棄物業社で焼却処理された。
 市地区環境課関係者は「斃死原因は鳥インフルエンザではまずないと考えているが、疫学調査結果が出るまで断定はできない」と語った。
 始華湖管理人も「渡り鳥の集団斃死発見後すぐに処理され、被害が拡大しなくて幸いだ。疫学調査中に判断するのは難しいが、先月仁川でマガモが汚染物質を食べて集団死したことと関係しているかもしれない」と慎重に述べた。H.I訳

高病原性鳥インフルエンザ 海外からの渡り鳥が原因と結論 全北中央新聞 (韓国、ハングル)
 今年4月金堤より拡大した高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生は、海外からの渡り鳥が原因と判明した。
 9日農食品部国立獣医科学検疫院疫学調査委員会の疫学調査報告書によると、以下の点をその理由としている。北方からの渡り鳥が東南アジア及び南中国などに南下後、再度北上のため韓国内の発生地域を経由した時期と金堤のHPAI発生時期が一致すること、渡来した渡り鳥の捕獲や回収された糞便を検査した結果H5抗体などが持続的に確認されたこと、渡来地周辺で飼育中の産卵鶏、地鶏・鴨農家でHPAIが発生したこと、等だ。
 今回分離されたウイルスは2003年、2006年に韓国で分離されたものとは異なり、今年発生の前後に日本とロシアで分離されたものと同じであると分析された。
 HPAI ウイルスが韓国内に拡大した要因と経路は、外国から国内流入の後、農場間の伝播は感染動物の移動や人・車などによる機械的伝播によるものであると判断した。H.I訳


New bird flu outbreak in Sukhothai Bangkok Post, Thailand  (タイ) タイ、スコタイ省の養鶏場で鳥インフルが発生
 タイ北部のスコタイ省の放し飼い養鶏場で鳥インフルが発生し、拡大することが危惧されている。
 家畜局責任者のサクチャイ・スリブーンス氏は、死亡した鶏の検査でH5N1ウイルスが陽性であったことを発表した。場所はツーンサリアム県の養鶏場である。
 全18鶏が感染拡大を防ぐために、殺処分された。
 タイにおけるH5N1鳥インフルの発生は、今回で3事例目となる。最初はナコーンサワン省、2事例目がピキト省である。

*ラオス北部でも先日H5N1鳥インフル発生が報告されているが、中国南部からラオス、タイ、さらにミャンマーと気になる地帯である。雲南省等の中国南部ではどうなっているのだろうか?と気になっている。
11月9日


現時点では特記すべき情報はなし
11月8日


国内の動きから

 青森県の十和田湖畔で今春、鳥インフルエンザに感染したハクチョウが見つかったのを受け、県は、県内の市町村に対し、渡り鳥への餌付け自粛を啓発するよう求める文書を送付した。青森、秋田など他県でも「餌付け自粛」の動きが広がる中、冬の使者たちとの触れ合いを大切にしてきた自治体や市民にとっては、戸惑いも隠せない。
 県自然保護課によると、文書は県内の35市町村長と、県教委などに10月31日付で出された。「野生生物がもつウイルスや細菌が拡散する恐れがある」などとして、ハクチョウなどの渡り鳥に餌付けをしないよう、住民への啓発活動に取り組むことを求めている。

*この問題に関してのコメントは、徒然日記で記載(管理人)。

報道
ハクチョウ餌付け 自粛を 読売新聞
渡り鳥餌付け自粛拡大 東北4県、市町村に要請 河北新報 



今日の海外情報

・西ジャワで鳥インフル疑いで死亡し、検査でH5N1ウイルス陰性とされた男性の検査が続行
・英国からパンデミック対策問題に関する話題
・アライグマに鳥と人のインフルエンザが感染することが確認された研究の話題



West Java hospital probes bird flu death Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 西ジャワの病院で死亡の鳥インフル疑い患者の検査が続行
 #少々気になる報道#
 西ジャワのバンドゥンのハサン・サディキン総合病院で、鳥インフル疑いで先に死亡した肺炎患者の検査を行っている。初期の検査では、H5N1ウイルスは陰性であった。
 サイシーラチアナ・プラビラ病院長は、完全な結果は10日以内にでるとコメントしている。
 サイシー院長によると、ジャカルタの健康推進研究センター(Health Development and Research Center)から陰性という検査結果が6日、32歳の患者が死亡した4日後に届いた。
 患者は鶏の処分場で働いていた。
 同病院の微生物研究室でも検査は行ったが、同様にH5N1ウイルスは陰性であった。
 「我々は患者の死亡の原因となった病原体を突き止める必要がある。患者は家きんと直接的に接触していたのだから」、とサイシー院長はバンドゥンで7日語った。
 同院長は患者の死が治療の遅れが原因であることを強く否定し、むしろ診断の遅れが原因であると語っている。
 バンドゥン保健局の伝染病管理部門の責任者であるムハマド・ソンガ氏は、患者が住んでいた地域の調査では、近所の人々や患者の親戚に類似の症状を呈している人はいない、と説明している。
 ソンガ氏は、急性肺炎を起こし突然の死を起こす他のウイルスを疑っていると語っている。
 「鳥インフルウイルスの拡大が起きているかどうかは分からない。多分、それはH5N1ウイルスではないのではなかろうか。我々は、むしろ真の原因が知りたいくらいだ」。

 患者の家の500羽の鶏を検査した農業局の当局者によると、わずか1羽だけがウイルスに感染していたという。
 患者の父親の話では、少なくとも毎日3羽の鶏が熱やケージの中で過密状態のため死亡したと言う。
 西ジャワ保健局の環境保健責任者であるワヒュー・スリャプトラ氏によると、バンドゥンは家畜や家きん輸送のロード・チェックが甘いため、鳥インフルが発生しやすいとされる。
 ワヒュー氏は、次のように語っている。
 「我々は鳥インフルに焦点を当てて検査をしている。なぜならそれがパンデミックを起こすことを恐れているからだ。また、他のウイルスが、季節のせいで悪性になっている可能性もありえる」。
 西ジャワ州では今年の1月から7月まで6人の死者が出ている。

 当事例は3日にジャカルタポストで報告されていたが、7日に検査でH5N1ウイルス陰性と病院当局から発表されていた。

Time to panic? Liverpool Echo, UK  (英国、リバプール) パニックの時はいつ?

英国での問題提起

 ・ブリスベンH3N2インフルエンザが英国で流行する可能性がある。オーストラリアで数百人を死亡させ、この20~30年間で最も毒性の強い株。
 ・現在の英国政府は1400万人分のプレパンデミックワクチンを備蓄している。WHOが公式に集団感染の情報を出したとき、1億2500万回分のワクチンを受注する緊急計画もある。
 ・アルマゲドン(大災害)のシナリオでは、15週間に45万人の英国人が年齢に関わらず死亡する。
 ・1918年に発生したスペイン・インフルエンザでは、22万8000人の英国人が死亡し、世界では5000万人死亡し、それはそのとき終結した第一次世界大戦の死者数の10倍に相当する。
 ・1952年(1957年:訳者注)と1968年に発生した世界的パンデミック・インフルエンザで、それぞれ200万人と100万人が世界で死亡した。
 ・この様な流行が平均として20~40年ごとに起きている事実から考えると、今は既に発生時期が過ぎている。

 英国の主任医療政務官であるライアム・ドナルトソン卿は、起きるか否か?という問題ではなく、いつ起きるかという問題なのだと警告している。
 過去の事実からすると、英国の医療対応は反応が遅すぎている。
 
 もしパンデミックが発生したなら、家族を連れて、スコットランドの谷間でキャンプする、と言っていた男がいた。
 

Get your flu jab while you shop Boston Standard, UK  (英国) 英国、買い物中に、インフルエンザワクチンの接種を
 英国ボストン市の繁華街で買い物中に、薬局に立ち寄りインフルエンザワクチンの接種を受けることが出来る。
Raccoon study provides clues to how influenza strains could evolve SmartBrief, DC (米国、コロンビア州) アライグマ研究で、インフルエンザウイルスの変異様式の手がかり
 最近の研究でアライグマが人と鳥のインフルエンザウイルスに感染し、それを周辺に感染させることが示され、動物がパンデミックを起こす可能性のある、遺伝子が入れ替わったウイルスを産生する可能性が示唆された。別な研究発表では、赤ギツネがH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染することが確かめられている。
*既に6日に詳細が他紙で報道、紹介済みである。アライグマの上気道には鳥と人のインフルエンザウイルスに対するリセプターが存在し、両ウイルスが同時に感染する可能性があり、そうなると体内でウイルス間の遺伝子組み換えが起こる可能性があり、それにより変異ウイルスが誕生するという仮説が成り立つ。これまではブタで言われてきた。
 6日の報道を参照。
11月7日

国内の動きから

 北九州市は6日、新型インフルエンザ対策準備本部(本部長・麻田千穂子副市長)を立ち上げ、市役所で初会合を開いた。各部局の総務担当者らが出席。対策マニュアルを来年4月までに策定する方針を確認した。

報道
新型インフル対策 北九州市が準備本部 半年がかりでマニュアル 作業迅速化課題に 西日本新聞 



今日の海外情報

・英国グラクソスミスクライン社が新規季節性インフルエンザワクチンの大規模臨床試験を世界各国で開始した。効果的アジュバントが加えられている。
・H5N1ウイルスが感染した体内で、免疫系から逃れる機構を解き明かす仮説が発表された。
・インドネシア中央ジャワで少女が鳥インフル疑いで死亡

*3日に報道された、インドネシアの疑い事例は陰性であったと報告されました。


Japan donates anti-flu drugs, protective equipment to RP GMA news.tv, Philippines  (フィリピン) 日本、フィリピンへ抗インフルエンザ薬と感染予防装具を提供
 日本政府はフィリピン保健省へ、抗インフルエンザ薬のタミフル7万5000人分と個人用予防装具(PPE)3万5000任用を提供した。日本大使館から発表された。
Teenage girl bird flu suspect dies in Indonesia Xinhua, China  (中国、新華社) 鳥インフル疑いの少女がインドネシアで死亡
 下記、ジャカルタポスト情報
Bird flu suspect dies in Semarang Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、セマランで鳥インフル疑いで少女が死亡

 中央ジャワのセマランでケリアディ公共病院の4日間入院後7日に鳥インフル疑いで10代の少女が死亡した。
 
 15歳の少女はDSとイニシャルだけが発表されているが、主治医のアグス・スリャント医師は、死因は呼吸不全で39度以上の高熱を呈していたと説明した。
 少女は鶏の”と殺場”の側に住んでいたから、鳥インフルに感染していた可能性がある、と主治医は語り、血液検体は研究所に送ってあるが、結果はまだ出ていないと語った。

New Warning Over Bird Flu Vaccine - University Of Leicester ... Medical News Today (press release), UK  (英国、今日の医学ニュース) 鳥インフルワクチン接種法への新警告-ライセスター大学
 10月9日に発表された英国研究グループの論文発表に関する報道。
 先に発表された内容は、New.Engl.J.Medの編集者への手紙(Letter)であったが、今回は原著論文がThe Lancet Infectious Diseasesに掲載された。

 プレパンデミックワクチンを前もって接種しておけば、数年経過してからでも、パンデミック発生当初に1回パンデミックワクチンを投与すれば、1週間後には十分な免疫が出来るという結論。
 通常は、パンデミックワクチンを4週間隔で2回接種し、その2週間後に免疫が出来る。しかしこの方法だと、免疫が出来上がるまで6週間のタイム・ラグがある。パンデミック発生後、この6週間というタイム・ラグは大きい。
 プレパンデミック・ワクチンを事前接種しておけば、数年経過してからでも、H5亜型株である限り、1回のパンデミックワクチンの接種で、1週間後に免疫が獲得されることが確認された。
 以上の研究結果から、著者等は、現在備蓄しているプレパンデミック・ワクチンを即、事前接種することを提唱している。

10月9日の報道内容で既に紹介済み  
~~~~~~~~~~~
印刷用ファイル

研究者達の提案
・プレパンデミックワクチンは、事前投与することで意義がある。
・株が異なっても、数年後に投与されるパンデミックワクチンに迅速に反応して抗体が産生(交差免疫)

South Bay tests mass vaccination clinic abc7news.com, CA  (米国、カリフォルニア州) サウスベイで、インフルンザワクチンの多数接種訓練
 サンホセで初めて、高齢者センターを利用してインフルエンザワクチンの、多数接種訓練が行われた。
 サンタクララ郡保健局が無料のインフルエンザ接種訓練を、緊急事態に備えて行った。
 大勢の人々に如何に短時間でワクチン接種を行い、免疫をつけるかが鍵である。
 アラマダ郡でも類似の訓練が行われ、ここではパンデミックに際して最初に接種される警官、消防士、医療機関スタッフに対して行われた。
Hospital Announces Bird Flu Tests Were Negative Tempo Interaktif, Indonesia  (インドネシア) 病院当局、鳥インフル検査は陰性と発表
 西ジャワのハサン・サディキン病院は6日、鳥インフルエンザ感染が疑われて死亡したバンドゥンの男性は、保健省のエイジクマン研究所での検査でH5N1ウイルスは陰性だったことを発表した。
 死亡した男性の肺炎の原因となった病原体は今の所不明とされている。
 4日、死亡した男性の住居周辺で飼育されている家きんで行われた迅速検査では、全て陰性であったと発表された。
 男性は2日に入院し3日に死亡した。
GSK initiates major seasonal influenza vaccine efficacy trial News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) グラクソスミスクライン社、新季節性インフルエンザワクチンの大規模臨床試験を開始
 グラクソスミスクライン社は本日、季節性インフルエンザ予防の革新的ワクチンの大規模臨床試験を世界各国で開始したことを発表した。
 季節性インフルエンザ対策の臨床試験としては、これまでに行われた中では最大規模のもので、世界中で43000人のボランティアが参加する。臨床第三相試験となる。
 新ワクチンには、グラクソスミスクライン社が製造しているプレパンデミックワクチンである”プレパンドリクス”と、’パンデミックに際し製造される)パンデミックワクチンである”パンデムリクス”に加えられているアジュバント類似の免疫賦活剤が加えられる。
 対象者はワクチン接種の時点で65歳以上の年齢層で、2群に分けられ、現在使用されているワクチン、または新ワクチンを1回接種される。2年間の継続試験である。
 臨床試験が行われる国は世界15ヶ国である:ベルギー、チェコ、エストニア、フランス、ドイツ、英国、オランダ、ノルウエー、ポーランド、ルーマニア、ロシア、台湾、メキシコ、米国、カナダ。

*新ワクチンの抗原組成等は分からないが、効果的アジュバントが加えられ、それはプレパンデミックワクチンである”プレパンドリクス”で効果が既に実証されている。
 今回の新規ワクチンが季節性インフルエンザへの効果が、従来よりも明確にされることにより、グラクソスミスクライン社が製造中の、プレパンデミックワクチンとパンデミックワクチンの意義も明確になると考えられる(アジュバント、使用抗原作成法等が同じ)。
 予想としては今回のワクチンは、多少の抗原変異を超えた交差免疫効果が期待されると考えられ、従来のワクチンでは明確でなかった臨床効果が、より有意に判定されることが期待される。すなわち、プレパンデミックワクチンも交差免疫効果があり、H5N1ウイルスである限り多少の抗原変異があっても効果が確認されていることから、季節性インフルエンザワクチンにおいても、同様の効果が確認されると推定できる。
Flu shots free for Cleveland residents WTAM.com, OH  (米国、オハイオ州) クリーブランド市民、無料でインフルエンザワクチンの接種
 クリーブランド市保健局は、6ヶ月以上の市民に無料のインフルエンザワクチンの接種を開始した。接種場所は毎日市内各地域で行われるが、場所は電話で尋ねるか、保健局特設のウエブサイトで確認する。
Protein tubules free avian flu virus Scientist Live, UK  (英国) 蛋白質の細管、H5N1ウイルスを隠す

Bird flu virus hides from immune system United Press International  H5N1ウイルスは宿主の免疫系から逃れることができる
 米国の科学者が、H5N1ウイルスが感染宿主の免疫システムからいかに逃れるか、その機構を明らかにしたことを発表した。
 ベイラー医科大学(Baylor College of Medicine)の研究者達によると、H5N1ウイルスは感染すると、蛋白で小さな管を作り、その中に二重螺旋構造のRNAを隠し、免疫系による認識を逃れるという。この小さな管をつくるのはNS1と呼ばれる非構造タンパク質で、従来からその役割が重要視されていた。
 研究者達は、H5N1ウイルスの感染増殖を防止する薬剤開発の上での新しいヒントになるとコメントしている。
 Natureのオンライン版に掲載される。
11月6日

今日の海外情報

・アライグマが鳥インフルと人インフル両者に感染することが確認。気道に両ウイルスに対するリセプターが存在

*3日に報道された、インドネシアの疑い事例のフォロー記事は未だ出ていない。


Test drill at Miami International Airport aims to slow pandemics MiamiHerald.com, FL  (米国、フロリダ州) マイアミ国際空港でパンデミック模擬訓練
 米国連邦政府初のパンデミック訓練が、マイアミ国際空港で400人が参加して行われた。
 致死的パンデミックが世界中に拡大してきたとき、米国はその上陸を出来る限り遅らせなければならないとしたならどうする?
 5日、マイアミ国際空港で初めて、連邦政府、州、そして地方の機関が合同で、重度のパンデミック・インフルエンザが世界に拡大しつつある状況下で、国際航空便が到着し、乗客のスクリーニングに必要な各段階の措置を行う模擬訓練を行った。
 「これは作成されている対策計画の実効性を検証する良い機会で、計画がどのように実行可能か、そして改善すべき点は何処なのかを検証し、実際のパンデミックに我々が即対応出来る計画に改善することが目的だ」、とアトランタのCDCの報道官が説明した。
 約400人の人々が訓練に参加したが、そのうち200人はボランティアの乗客の役を演じた。CDC、国土安全保障省、運輸省から関係者が参加した。
 「パンデミックはいつ起きてもおかしくはないが、すぐに起きるかどうかは分からない」、とCDCの検疫局長のマーティン・セトロン博士が語った。

 訓練は、空港の南ターミナルで行われ、乗客役の人々が健康問診書に記入し、体温を測定され、感染の可能性を評価された。全乗客は、乗客の中に病的状態の人がいないか確認されるまで、一緒に待機された。
 病的状態の人、または、感染している可能性のある乗客は、次に医学的検査を受けて診断を確定する。感染している可能性のある人は、発病するかどうかを確認するために健康をモニターされる。
 「訓練は我々の予想していた以上の問題を提起した。多くのことが改善されなければならないが、多分、最も重要なことは、全ての関連機関が協働作業を行う能力だと考えられる」、とセトロン博士は語った。

Flu vaccine now available Surrey Leader,  Canada  (カナダ) 現在、インフルエンザワクチンは接種可能
 カナダのブリティシュコロンビア州議会で、3日、医師や警官、事務職員、および政治家達が腕をまくってインフルエンザ・ワクチンの接種を受けた。
 今週、州全域でインフルエンザ予防の為のワクチンクリニクが開設されている。インフルエンザは毎冬カナダで、7000人を死亡させている。
 ワクチンはハイリスクの人々には無料で接種される:6ヶ月から23ヶ月までの小児、インフルエンザシーズンに妊娠3半期を迎える妊婦、65歳以上の高齢者とその介護者、保健医療従事者、緊急業務関係者、デイケアセンターの職員、および養鶏場や養豚場で働く人々。

 医学専門家は、2歳から64歳までの健康な人々も薬局や医師のクリニックで接種することを勧めている。
Raccoons can catch and spread the flu Canoe.ca, Canada  (カナダ) アライグマ、鳥インフルと人インフル両方に感染-遺伝子再集合により新型ウイルス産生の可能性


 アライグマがインフルエンザウイルスに感染するなんて、誰が知っていただろうか?

 新研究でアライグマが鳥インフルと人インフルに感染し、新ウイルスを誕生させる可能性が指摘された。
 アライグマの体内で鳥インフルウイルスが人インフルウイルスと遺伝子組み換えを起こして(遺伝子再集合)、人に適合するウイルスに変異する可能性がある。それは鳥インフルエンザウイルスが、パンデミックを生じる株に変異する一つの方法と言われてきた。
 研究結果は、米国CDCが発行する医科学雑誌”新興感染症(Emerging Infectious Diseases)”の12月号に発表される。
 同雑誌ではまた、オランダの研究者による、キツネ( red fox)がH5N1ウイルスに感染することを確認した研究発表が掲載される。しかし同研究では、キツネからキツネへの感染の有無に関しては確認されていない。

 これら二つの研究結果が示唆することは;
 インフルエンザウイルスがどのように進化するのか、どの種類の動物が感受性あるのか、水生動物の腸管に感染するように自然により規定されている(インフルエンザ)ウイルスが、どのようにして、馬、犬、豚、猫、アザラシ、人、そして今回示された小さな”清掃ほ乳類( scavenger mammals)の呼吸器に感染するように進化するのか等が、いまだに理解されないままであるということである。

 今回の研究では、米国内の各地域からアライグマの血液を採取し、血液内のインフルエンザウイルスに対する抗体を調べた。
 その結果地域によって異なるが、数系統の鳥インフルエンザウイルスに対する抗体が検出された。
 次に研究者達は、鳥インフルウイルスのH4N8亜型株と人のH3N2株を捕獲したアライグマに感染させた。ウイルスを感染させたアライグマは、発病しなかったが明らかに体内でウイルスを増殖させた。(すなわち不顕性感染:訳者)。また側で飼育したウイルスを感染させなかったアライグマにH4N8株が感染することも確認された。
 さらにアライグマの気道の細胞が採取され、インフルエンザウイルスに対する(HA)リセプターが分析されたが、鳥型と人型両者のウイルスに対する(HA)リセプターの存在が確認された。
 これまでは鳥インフルウイルスと人インフルウイルスが遺伝子交換を起こす宿主としてブタが推定されていたが(ブタは、ウイルス混合器と呼ばれている)、今回の研究はさらにアライグマでもそれが確認されたことになる。
 

11月5日


今日の海外情報

・昨年から行われている米国ミシガン大学でのマスク着用の予防効果に関する調査研究。その中間報告で、マスク着用によりインフルエンザ様症状を呈する学生の数が減ったことから、マスク着用がインフルエンザも含めて、冬期間の呼吸器感染症を予防する効果が示唆された。
・カナダのナイアガラ地域でのインフルエンザワクチン接種キャンペン。パンデミック・インフルエンザ対策のデータベース情報作成にも活用。
・米国の世界への感染症情報サイトであるミネソタ大学感染症研究対策センター(CIDRAP:Center for Infectious Disease Research & Policy )からラオスでの鳥インフル発生報道の紹介

*インドネシアの疑い事例のフォロー記事は未だ出ていない。

2008/11/05 10:14:06


Laos reports new avian flu outbreak CIDRAP, MN  (米国、ミネソタ大学感染症研究対策センター) ラオス、家きんでの鳥インフル発生を報告

 報道ニュースによると、ラオス政府当局者は、北西部の村でH5N1鳥インフルエンザが家きんで発生したと発表した。
 発生したのは、キサヤブリー省のドンニェウン村で、昨日鳥インフル対策委員会が、1キロ以内の全家きんの殺処分を指示したと、ベトナム国営報道機関が報告した。
 中国国営通信の新華社によると、ラオスのビエンチャン・タイムズが、家きんの殺処分対象には7箇所の村が含まれていると報道したとされる。
 さらに当局では5キロ以内をイエローゾーンとして、鳥インフル発生が確認されたら、ウイルス検査を待たずに家きんの殺処分を村人達に義務づけた。

 最近のラオスにおけるH5N1鳥インフルの発生は、OIEの9月14日の発表によると、9月に北西部の省の2箇所の村でアヒルで起きている。

*昨日の新華社報道は掲載済み。


Protect Yourself. Protect Your Family. Get a free flu shot! Niagara Region, Canada (カナダ) あなた自身と家族を守るため、インフルエンザワクチンを受けましょう!
 ナイアガラ地域公衆衛生局は、インフルエンザワクチン接種の大々的キャンペーンを行い、9箇所の地域でワクチン接種クリニクを開く。
 医学的理由が無い限り、6ヶ月以上の人々はワクチン接種を受けることが出来る。ウイルスは毎年変化するから、ワクチンは毎年接種しなければならないことを覚えておく必要がある。当局の作業をスムーズにするために、健康カードか免許証を持参する。これらの情報は、パンデミック・インフルエンザ対策のデータベースに入れられる。
Masks, sanitizer can reduce flu symptoms, survey shows The Ann Arbor News - MLive.com, MI (米国、ミシガン州) マスクと消毒薬はインフルエンザ感染を減らす可能性:調査研究
 公衆衛生学部の研究者達が、ミシガン大学の7学生寮の1000人以上の学生を対象者にして昨年のインフルエンザシーズン中に調査を行った。

 「初年度の結果は、マスク着用と手指用アルコール消毒液の使用は、インフルエンザ様症状の発現を10~50%減らした」、と共同研究者で疫学教室の助教であるアリソン・アイエロ氏が記者会見で語った。
 同氏によるとM-Fluと呼ばれる研究プロジェクトは2年間の期間設定で行われているが、初年度の昨年は、インフルエンザの流行は軽度で、インフルエンザ検査で陽性であった対象者はわずか数人であったことから、結果の評価には注意を要するという(断定的結論は出せない:訳者)。
 更なる調査で、インフルエンザ様症状を呈する他のウイルスに対する感染予防効果が検討される。
 「今回の調査結果で、呼吸器症状を呈する広い範囲のウイルス感染症に対してマスクや手指衛生が有効である可能性が示された」、と研究者達は語っている。

 *当研究に対する同様報道は10月28日にもなされているので、そちらも参考に。昨年研究開始に関する報道は2007年2月9日に掲載。
11月4日


今日の海外情報

・昨日死亡したインフォネシアの鳥インフル疑い者に関して、中国新華社からも報道。検査結果については未定。
・ラオスの家きんで鳥インフルエンザが発生

2008/11/04 21:46:31


Bird flu outbreak occurs in Laos Xinhua, China  (新華社、中国) ラオスの家きんで鳥インフルが発生
 ラオスのクサヤブリー省のクサヤブリー県のドンニェウン村で鳥インフルの発生が確認された。発生場所から1キロ以内のレッドゾーン(危険地帯)には7箇所の村があり、これらの村の全ての家きんは殺処分される。
 イエローゾーン(監視地帯)は5キロ以内の地域が含まれるが、もし鳥インフル症状を家きんが呈した場合は、ウイルス検査をする前に家きんの殺処分を行うことが義務づけられている。
 県の公衆衛生局は省の公衆衛生局と共に、危険地帯の村人達を中心に健康状態のチェックを行っている。

 *H5N1鳥インフルと確認されているとは思うが、そのような記載はない(訳者)。

【主張】インフルエンザ 徹底したいワクチン接種  MSN産経ニュース
 11月に入ると、インフルエンザが流行し始める。ワクチンの接種に加え、うがいや手洗いの励行で感染を防ぎたい。十分な休養と栄養補給も忘れてはならない。個々人の予防がしっかりしていれば、流行は最小限に抑えることができる。
 高熱、頭痛、倦怠(けんたい)感、筋肉と関節の痛みといった全身症状がインフルエンザの主な症状だ。肺炎を引き起こしたり、持病を悪化させたりもする。
 鼻水やせきをともなう呼吸器疾患としての通常の風邪とは異なり、高齢者や幼児ら健康弱者を中心に多い年で2000人近い死者を出している。「たかが風邪」と侮ってはならない。
 インフルエンザは感染者がせきやくしゃみをすることで、分泌物(唾液(だえき)や鼻水)に含まれたウイルスが周囲に飛び散ってうつる。ウイルスが空中を漂うことでも人に感染する。
 人込みはなるべく避け、通勤電車の中などではマスクの着用を心がけたい。自分の感染予防のためだけではなく、罹患(りかん)した場合に周囲にうつさないようにする当然のエチケットでもある。
 徹底したいのはワクチンの接種である。インフルエンザウイルスは突然変異を繰り返すため、世界保健機関(WHO)は毎年、その冬にはやるウイルスのタイプを予測し、それをもとに各国がワクチンを製造する。近年はこの予測が的確に行われ、着実に効果を上げている。
 ワクチンはインフルエンザウイルスを孵化(ふか)鶏卵の中で増殖させ、遠心分離器にかけて精製した後、エーテルを加えて不活化したものだ。つまり、生きたウイルスをそのまま使うのではなく、殺して感染力を奪ってから接種する。だからワクチンを打っても決して感染はしないし、免疫反応で体内に抗体(抵抗力)をつくってウイルスの侵入を防げる。
 ただ、わずかではあるがワクチンには副作用もある。心配なら医療機関で専門家に相談してから接種すべきだろう。
 甚大な被害をもたらす新型インフルエンザの発生も気になる。新型は鳥インフルエンザウイルスが変異して生まれるが、毒性の強いこのウイルスが東アジアを中心に蔓延(まんえん)し、人にも感染して多くの死者を出している。警戒を怠らず、危機管理の態勢を整えておかねばならない。

*季節性インフルエンザワクチンが、新型インフルエンザに対してもある程度の効果を持つ可能性を示唆する研究結果が最近いくつか相次いで出されている。当ページ上方の「現在、各自治体で可能な新型インフルエンザ対策の勧め」を参考に。(管理人)。

損保、新型インフル対策に“熱” 企業に流行時の支援提案 中日新聞 
 もしも新型インフルエンザが爆発的に流行したら、どの社員が何の仕事を続けるのか-。こんな想定で対策を立案する企業を支援するビジネスに損害保険各社が力を入れ始めた。社内で感染が広がれば、企業の存続にもかかわるだけに、潜在的なニーズは高いとみられ、損保業界は市場拡大に期待している。
 新型インフルエンザは、鳥など動物間でしか感染力のないウイルスが突然変異し、人同士で流行することが懸念されている。大半の人が免疫を持たないため、致死率も高くなる恐れが強い。
 損保ジャパングループの損保ジャパン・リスクマネジメントは昨年から企業の新型インフルエンザ対策の策定支援事業に本格的に乗り出した。篠目貴大コンサルティング第二部長は「ウイルス変異のもとになるとされる鳥インフルエンザの流行などで、企業の関心も少しずつ高まっている」と話す。
 今年から約30社の計画策定支援を請け負い、年間売上高は1億円を目指す。電力や水道、運輸などのライフラインを担う企業に加え、食品生産・販売や自動車部品などのメーカーにも業種は広がっているという。
 策定支援の具体的な流れは、「どうしても出勤して続けなくてはならない仕事」を決めることが前提となる。爆発的な流行になれば、一般的な企業の従業員で欠勤率は4割に上るとの試算もあり、不急の業務を継続する余裕はなくなるからだ。
 それを踏まえ、「メーカーなどの場合は、生産を一定期間止めてもいいように、在庫を積み増す量などを相談する」(篠目部長)という。社内で感染を広げないため、マスクや医薬品の備蓄も課題。海外拠点がある企業は、地域ごとの感染程度を見極めた対応も必要となる。顧客企業側からは「こんなに考えることがあったのか」という驚きの声が上がるという。
 ただ、新型インフルエンザ対策に取り組んでいる企業は、まだ少数だ。三井住友海上グループのインターリスク総研が今年、国内の上場企業にアンケートした結果、対策をとっている企業は、計画策定中を含めても24・1%。全体の52%が「対応の予定はない」としている。
 こうした状況から、損保最大手の東京海上グループも10月から、企業向けに新型インフルエンザ対策情報をメールで無料配信するなど、アピールに本腰。各社とも需要の掘り起こしに全力を挙げている。

Bird flu likely kills one more in Indonesia Xinhua, China  (新華社、中国) インドネシアで鳥インフルで死者発生の疑い
 インドネシアの鶏”と殺”業者が、2日間入院後に3日、鳥インフルで死亡した疑いがあることを、ジャカルタ・ポストが報じた。
 ハサン・サディキン病院の院長によると、患者は肺炎により呼吸障害で死亡したとされる。
 血液検体を検査所に送っているが、結果はまだ届いていないと言った。
 もしH5N1ウイルス感染が確認されたら、同国で113人目の死者となる。
11月3日

 一般的話題やコメントは徒然日記を参考にしてください。

国内の動きから

 神戸市で新型インフルエンザ発生に対する模擬訓練が行われた。
 鳥インフルエンザの流行国から帰国した西区と灘区の男性2人が帰国後に発症したとの想定で行われた。西区では、男性の家族から連絡を受けた医師が防護服を着て男性宅に見立てた神出地域福祉センターを訪問して診察。救急隊が男性を西神戸医療センターに搬送し、西衛生監視事務所職員が同センターの室内をアルコール消毒した。その後、地元のボランティアメンバー19人が町内の家々をまわり、家族の健康状態を聞き取るなどしたが、実際には、すでに住民の間で感染が広がっている可能性もある。メンバーの1人は「話をするには、住民同士の接触は避けられない。マスクだけでなくもっと感染を防ぐ対策を取らなければ不安」と話していた。
 一方、灘区の男性のケースでは、現場の訓練とともに市役所で図上訓練が行われた。矢田立郎市長は「限られた時間で全市をあげ、出来る限りの準備を整えねばならない。こうした訓練を通じて関係機関と連携を深めたい」と話していた。


報道
新型インフルエンザ 発生に備え初動訓練 読売新聞 



今日の海外情報

・インドネシアで男性が鳥インフル疑いで死亡。
・タイ、冬期間に向かって鳥インフル患者発生の危険性に態勢の強化
・英国におけるパンデミック対策の現状についての論説。医療的対策は極めて難しい。ボランティア組織による活動他。
・インドネシア、7月を最後に発病者は出ていないが、いまだパンデミックの脅威は去っていない。しかしウイルスは現時点まで変異の兆候はない。来年度からウイルス提供が再開される可能性もある。スパリ保健大臣が発表。

更新
2008/11/03 17:48:33



Indonesian man allegedly dies of bird flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア男性、鳥インフルで死亡の疑い
 インドネシアの鶏”と殺”業者が、2日間の入院治療後、11月3日に鳥インフルで死亡したと伝えられている。

 ハサン・サディキン病院のシシーラキアナ・プラウイラ院長は、患者が肺炎による呼吸不全で死亡したと語った。
 「我々は血液検体を今朝送ったが、まだ結果は返ってこない」、と同院長は語った。
 同病院の主治医は、患者が鶏”と殺”業に従事していたことから、鳥インフルに感染した可能性が高いと語っている。胸部写真では急性肺炎が確認されたと言う。
 患者の父親によると、患者は30日から発熱し、2日にサルチカアシー病院へ運んだと言う。
 「胸部写真を撮影された後、息子はその夜にハサン・サディキン病院へ運ばれた」、と父親は語っている。

*ハサン・サディキン病院:ジャカルタの鳥インフル専門病院(訳者)。
Flu Pandemic Threat Remains as H5N1 Deaths Ease, Indonesia Says Bloomberg  (国際) H5N1死亡者数は減少、しかしパンデミック・インフルエンザの脅威は継続:インドネシア保健省

 最も鳥インフルエンザの死者数が多いインドネシアは、7月以来、新たなH5N1ウイルス感染者が出ていないが、致死的パンデミック・インフルエンザの脅威はいまだ去ってはいないと発表した。政府は来年度の予算に、6400万ドルのパンデミック・インフルエンザ対策費を配分したが、その中にはワクチン製造工場の建設費も盛り込まれている。保健大臣のシチ・ファディラ・スパリ女史が語った。同国はさらに来月行われるWHOとの会議で合意が得られたら、来年度から分離されたH5N1ウイルス検体のWHOへの提供を再開する可能性があることも、保健大臣は示唆した。
 
 同国でのワクチン製造は、インドネシアの立場の強化につながる。
 東南アジアでの鳥インフル死者数は、過去6年間、世界の46%を占めるが、2006年12月から、分離ウイルスは知的財産に属するとして、ウイルスのWHOへの提供を保留している。その結果、医師達は最近のウイルスが手に入らないため、最新のワクチンを作成出来ないでいる。
 「我々は季節性インフルエンザ・ワクチンの製造を行った」、と10月31日にジャカルタで行われた会見で、スパリ女史は語った。
 「鳥インフルワクチン製造への応用は、それほど困難ではない」。
 インドネシアは既に遺伝子を変化させて弱毒化させた”種ワクチン”は製造できており、後は大量に安全に製造する工程が残っているだけとされる。

 7月に最終的発病者が出て以来、インドネシアでは発病者は出ていない。
 スパリ女史は、社会が家きんの安全な飼育方法を、より良く理解してきたのが理由であると語った。
 「私は、脅威は去ったとは言うことは出来ない。しかし現時点ではパンデミックを引き起こすウイルスは存在しない。ただし、人為的に作成されるなら別ではあるが」、とスパリ女史は語った。
 分離ウイルスの分析と遺伝子解析は、インドネシア保健省の研究センターと、政府が設立した”アイジクマン分子生物学研究所(Eijkman Institute for Molecular Biology)で行われており、人人感染を起こすような変異の兆候は認められていないと、同女史は説明している。 

 インドネシアは4月にパンデミック・インフルエンザ対策行動計画を作成しているが、それによると30%の国民(6600万人)が発病し、15万3000人以上が死亡する可能性があるとしている。
 
Flu epidemic anniversary: How would modern Britain cope with an ... (英国) スペイン・インフルエンザ記念日:パンデミックに現代の英国は如何に対処出来るのか 

印刷用ファイル

英国では1400万人分のタミフルが備蓄されている。WHOが勧奨している人口の25%分である。
 90年前の今週、第一次世界大戦が終わる頃、脅威的流行病が英国中に蔓延した。

 「多くの人々が発病し、重症な人だけが病院にきた」と、ランキャシャーで家庭医をしていた医師の息子が当時を振り返る。
 「人々は家でも、通りでも、職場でも虚脱状態だった…。全ての治療は役に立たなかった」。

 乳幼児や高齢者で発病しやすい多くのインフルエンザウイルス株とは異なり、20~40代の成人でも多く発病した。英国では22万8000人が死亡し、世界では少なくとも5000万人死亡した。第一次世界大戦の死者の10倍の数に上る。

 現在、世界では新しいパンデミックが発生する危険性が高まっている。それを引き起こす可能性として、H5N1鳥インフルエンザウイルスが第一筆頭候補に上げされている。
 問題は、もしこのパンデミックが発生した場合、英国はいかに対処するのか、ということである。
 保健省の推定では英国の人口の四分の一が15週間に亘って発病し、37万5000人が死亡する可能性がある。しかし、このアルマゲドン(大惨事)のシナリオは、新鳥インフルエンザウイルスでは、さらに状況は悪い可能性が考えられ、45万人以上死亡することあり得るという。

 平均的に20~40年ごとにパンデミック・インフルエンザは発生している。最後のパンデミックは1968年に発生した。主任医療政務官のライアム・ドナルドソン卿は、パンデミックが起きるかどうかと言うことではなく、いつ起きるかということなのだ、と警告する。
 英国では人口の25%分のタミフルを備蓄している。そしてWHOの専門家がウイルスのパンデミック株への変異を告げた時には、1億2000万回分のワクチンを緊急に製造する契約が結ばれている。(国民一人2回接種で、1億2000万回分となる:訳者)。

 WHOがフェーズ4を宣言したとき、英国政府は国民に食料、飲料水、医薬品の備蓄を勧めるキャンペンを展開する予定になっている。
 英国で最初の発病者が出たときには、主任医療政務官がテレビで、国民に事態を告げ、対策の強化を呼びかける。
 鍵となる表現は、”事業の継続”である。政府が一番恐れていることは、パンデミックの英国経済に及ぼすインパクトである。
 もし人々が旅行や仕事に出ることが安全と保障されたなら、25%前後の休業率となるが、もしパニック状態となり家に引きこもれば、休業率は50%になると考えられている。こうなると食料供給や通信事業に障害が発生する。
 「英国経済は1918年当時に比べ、国際貿易への依存率は遙かに高くなっている」、と英国パンデミック・インフルエンザ対策責任者であるリンゼイ・デイビス教授が懸念を表する。
 「現代は、全てが国家間で互いに依存し合っている」。
 リンゼイ教授は、発病した人々は家庭にいて、国が提供するインフルエンザ・ホットラインからアドバイスを得て欲しいという。それによりウイルスが拡大することが防ぐことが出来る。しかし、もし人々がそれに従わなかったならどうなるだろう?もし四分の一の英国人(1500万人)が医療機関に殺到したならどうなるだろう?
 問題はさらに肺炎や呼吸困難等の合併症を10%の人々が起こしたならどうなるだろうか?150万人が濃厚治療と人工呼吸器を必要とする。
 現在、英国では緊急ベッドが11万床で、濃厚治療用ベッド(ICUベッド:訳者)が1800しかない。

 1918年当時でも、戦争を耐え抜いた市民が多かったにも関わらず、診療所は患者で氾濫し、多くの市民がパニック状態で薬を求めに薬局に群がった。このようなパニックは、保健省の高度の推測がパンデミック経過について打ち出されていたとしても、国民の間で多かれ少なかれ動揺が起こり、現代でも起きえるとされる。さらに保健省の推測が間違っていた場合、市民の冷静な判断力は失われる。これは政治家が狼狽え、そして効果的対策を打ち出せないときは特にそうなる。
 デービス教授により推進されている一つの企画は、1918年当時のボランティア行動の復活である。人々にパンデミックに際し、注意して状態を観察出来る対象を選んでもらう:”インフルエンザ・サポーター(Be a flu friend)。
 もう一つの企画は、”咳エチケットの伝道(tissue mission)”である。クリネックスと女性協会がスポンサーとなっている。人々に咳やクシャミをする際に、ティッシューで顔を押さえて飛沫物が飛び散らないようにするように啓発する。
 昨年オーストラリアで流行し、通常の3倍の数の人々を発病させたブリスベンH3N2が今冬英国で流行する可能性が危惧Sれている。今冬に、このようなキャンペンを行うことがタイミングとして非常に良いと考えられる。 
 

.
Bird flu threat returns with cool weather Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、冬期間の鳥インフル患者発生に態勢の強化
 雨期から冬期へ急速に変わりつつあり、当局では人での鳥インフル発生に態勢を強化している。
 「この2年間、人での発病者は出ていないが、寒冷下ではウイルスは活発になるため、我々はこれから監視態勢を強化しなければならない」、とタイ公衆衛生大臣のチャレーム・ユウバンルン氏が語った。
 予防対策として同大臣は、全州の公衆衛生局と80万人の健康ボランティアに、鳥インフルと季節性インフルの発病者をモニターするように指示した。特に頻回に家きんでの発病が認められた北部の平地地域が重要とされる。
 保健省では、地方の公衆衛生担当者に、肺炎や他の呼吸器疾患症状を呈し、鳥インフルを疑わせる患者の詳細なチェックを求めている。
 大臣は、疑わしい患者が見つかった場合は、迅速に病院へ送るように指示している。
 また疑わしい死に方をした鶏やアヒルを料理することも避けるように言っている。

11月2日


国内の動きから

 東京商工会議所は1日までに、新型インフルエンザへの対策をまとめた中小企業向けのガイドラインを作成し、ホームページ(HP)で公表した。マスクや消毒用アルコールなど備蓄品のほか、職場での感染拡大防止策などを紹介している。 当初は来年3月までに指針を策定する予定だったが、東商は「一刻も早く策定し、会員企業の危機意識を高めるべき」と前倒しした。
 
報道
新型インフル対策、東商がガイドライン作成 中小企業向け 日本経済新聞
東京商工会議所作成ガイドライン



今日の海外情報

・米国における抗インフルエンザ薬の家庭での備蓄に関する話題
・スリランカで警戒態勢
・日中韓でパンデミック対策の協力態勢に

更新
2008/11/02 12:16:41


China, Japan, ROK agree to jointly combat flu outbreak Xinhua, China  (中国、新華社) 中国、日本および韓国、鳥インフル対策の協力態勢に合意
 中国、日本、および韓国が2日、パンデミック・インフルエンザに対する協力態勢に同意した。
 3ヶ国は、鳥インフル情報の共有、危険対策の共同態勢の強化を盛り込んだ計画書に同意し、各国の保健相がサインした。
Sri Lanka on alert for avian flu The Island (subscription), Sri Lanka  (スリランカ) スリランカ、鳥インフルに警戒態勢
 スリランカでは鳥インフルエンザ発生に対していくつかの予防対策を講じたと、保健省の疫学局のプラブハ・パリハワルディナ博士が語った。
 「我々は近隣国で鳥インフルエンザ発生が報告された場合、各病院へ対策チームを送って、対策の強化を呼びかけ、また渡り鳥が集まる野鳥保護区へ監視チームを送る」。
 「スリランカでは家きんおよび人での発生はないが、近隣国で発生していることから、非常にリスクが高いと考えている」。
 発生に備えて病院での態勢とスタッフの訓練、及び抗インフルエンザ薬の備えは済んでいる。
Personal use -- US considers pandemic stashes Sault Star, Canada  (カナダ) 米国政府、パンデミック対策に抗インフルエンザ薬の一般家庭での備蓄を考慮
 下記CP内容。

US ponders stockpiling medications  Times and Transcript, Canada  (カナダ) 米国、家庭での抗インフルエンザ薬備蓄を考慮

CP(カナディアン・プレス)
印刷用ファイル
パンデミックに備えて市民が抗インフルエンザ薬を薬局で買い、そして備蓄することが許されるべきか否か?
 パンデミックに際して、如何にして抗インフルエンザ薬を配布するか、その方向性を探っている米国政府は、一般市民の家庭での備蓄に対する考え方は、さらに検討する必要性があると判断した。

 米国FDAの諮問委員会での会議で、製薬会社に”インフルエンザ・メドキット(タミフルとリレンザを含むキット)”を販売する許可を出す前に、多くの困難な課題があることが示された。
 問題は、人々が如何に適切に薬剤を保管し、適切に服用出来るかと言うことと、誤用することで薬剤抵抗性のあるウイルスが出現してこないか、ということに焦点が当てられている。
 専門家達の中には、両親がタミフルの粉末をカプセルから出して、子供の体重に応じて服薬させることが可能なのか、という疑問を呈している意見もある。
 またいつ人々に処方箋薬を手渡すかを決定する責任を、誰が負うかという問題もある。
 しかし、委員会のメンバーの中には、個人的にタミフルとリレンザを備蓄する体制は既に出来ているという意見もある。
 「既に体制は整っている。我々のすべき事は、如何に賢明に方法を決定するかだけである」、とカリフォルニア、サンディアゴの小児病院感染症科の部長であるジョーン・ブラドレイ医師が語っている。
 会議は、問題を主管する米国保健福祉省に、取捨選択的な勧奨意見を呈することは求められてはいない。
 その代わり、問題を解決するためにはどのような課題があるのかを、論議することを求められている。
 委員会では、メドキットの発売を考えている2製薬会社に、これまで提案されている内容以上にさらに調査研究することを、FDAが求めるべきであるという決定を、賛成20、反対6(欠席1)で可決した。

 保健福祉省の(Biomedical Advanced Research and Development Authority)事務局から、メドキットの開発を求められた、タミフルの製造企業であるロッシュ社と、リレンザのグラクソスミスクライン社は、市民が添付された説明書を理解出来るか、そしてリレンザの場合は吸入器の使用方法が理解できるかの調査研究を行うことを提案している。
 また、ロッシュ社とグラクソスミスクライン社は、それぞれタミフルとリレンザを含むメドキットを、季節性インフルエンザには服用してはいけないとの説明書と共に多数の市民に販売し、インフルエンザ・シーズン終了後に、それらキットが使用されていないことを確認する予定としている。

 パンデミック・インフルエンザにおけるメドキットの発想は、”共有責任”の理念から来ている。それは(Biomedical Advanced Research and Development Authority)長官のロビン・ロビンソン博士がインタビューで語っている。
 博士はこの対策方法が、危機発生時に必要性の全てを満足させることは出来ないことは、連邦政府は理解していると語っている。そして、一般社会の色々な組織が役割を担う必要があると説明している。
 同博士は1950年代に支持された市民防衛計画”civil defence programs”における、個人対策の理念に、今回の計画をリンクさせている;核戦争の脅威に対して、食糧備蓄や、時には核シェルターの建設等が行われた時代。

 カナダでは抗インフルエンザ薬の一般家庭における備蓄は検討されていない。
 ロビンソン博士によると、類似の計画を予定している国はないが、米国での論議がどの方向に向かうのかは、多くの国から注目されていると語っている。
 多くの国と同様に、米国政府は抗インフルエンザ薬を、パンデミックが発生したときの治療用に大量に備蓄している。さらに州によっては独自に備蓄しているところもある。しかし、実際にパンデミックが発生したときに、どのようにこれら薬剤を配布するかに関しては、色々な考え方があり、難しい判断が迫られている。
 医療機関は患者で溢れかえり、抗インフルエンザ薬を求める市民には対応出来ないことが予想される。さらに(抗インフルエンザ薬)配布センターに市民が集まるとした場合、そこでは薬剤配布と同時にウイルスも拡大される可能性がある。
 「これは非常に難しい課題である」、と委員会のメンバーである、バージニア州保健局の危機管理対策室ディレクターであるロバート・マウスカフ氏が語っている。
 同氏は、バージニア州では大量の抗ウイルス薬を購入しているが、パンデミック時に医療機関が溢れかかえり、医師が処方出来ない状況になり、また救急部門も機能が破綻した場合、如何に抗ウイルス薬を配布するか、計画を作成することは出来ていない、と付け加えている。
 同氏は、メドキットの一般への提供は、問題を解決する可能性があると考えているとも語っている。

 
11月1日


国内の動きから

 厚生労働省は30日、平成19年度のインフルエンザワクチン接種で、122人の副作用報告が医療機関からあったと公表した。前年度の107人に比べて15人増。新型インフルエンザへの関心が高まる中、ワクチン接種件数そのものも前年度比で2割増えている。
 死亡例は4人で、いずれも70歳以上。専門家による検討会は4人について「接種との因果関係が不明」としている。接種時に気管支肺炎などの症状があったため。
 筋力低下などの後遺症が出たケースは5人。このうちの2人については「接種との因果関係が否定できない」と結論づけた。
 
報道
インフルワクチンで122人の副作用報告 厚生労働省公表 MSN産経ニュース



Farmers, public told to be alert to bird flu threat Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) バリ島:農家と一般市民に鳥インフル警戒報
 バリ島の政府高官は、農家と一般市民に、島が間もなく雨期に入り、ウイルスが活発化することから、鳥インフルの警戒を強化するように求めた。
 「バリ島の鳥インフルは最近、制圧されているが、雨期に入るため、警戒を強めることを求める」、とバリ島の家畜局長官が語った。 
 「雨期は特にインフルエンザが発生しやすい」
 引き上げられた警報レベルは、モニターによる初期の警戒態勢強化と、発生の初期の兆候の報告の強化である。
 2008年に入ってからバリ島では、10月まで鳥インフル発の発生は3月に1事例あったが、鶏5羽が感染した。
Media Affects Public Perception of Infectious Diseases Washington Post, United States (米国、ワシントンポスト) 社会の感染症認識度はメディア報道が大きく影響
 下記と同内容。
Media Affects Public Perception of Infectious Diseases WFIE-TV, IN  (米国) 社会の感染症認識度はメディア報道が大きく影響
 カナダの研究チームが、社会における感染症脅威の認識はメディア報道が大きく影響していることを明らかにした。

 例えば、それほど危険でなくても大規模に報道されると特に危険な感染症と見なされる。
 「メディアは希で劇的な状況を呈する感染症に焦点を合わせる傾向にある。特定の感染症が繰り返し報道されると、人々はその感染症に焦点を合わせるようになり、そしてそれが本当に危険な感染症として認識し始める。このことは、人々が彼等自身の健康問題を如何に捉えるか、どのようにして病気を本当に理解するか、そして如何にして治療を受けるか、と言う問題につながっている、とオンタリオ、ハミルトンのマックマスター大学で心理学と神経科学を研究する論文著者の一人である、メレディー・ヤングが説明している。
 この研究で大学院生と医学生が二つのグループに分けられ、10の感染症に関して、重症度、感染性等について質問された。5種類の感染症は最近頻回にメディアに取り上げられている感染症で、炭素、SARS、西ナイル熱、ライム病、、および鳥インフルエンザである。一方、残りの5種類の感染症は、それほどマスコミの注目を浴びていない感染症で、ツラレミア、人バベシオーシス、黄熱、ラッサ熱、およびハンタウイルスであった。
 研究者達は、社会的リスクの軽減が困難であり、そしてパンデミックの可能性を秘めていると説明される感染症が、1回でもメディアに取り上げられると、非常に大きな社会的関心を呼ぶ可能性があることを明らかにした;鳥インフルエンザ、バイオテロ、炭疽菌感染症。
 しかし、学生達に病名を伏せて、感染症の説明だけで感染症を提示すると、学生達はメディアで取り上げられていない感染症を最も危険な感染症として位置づけた。
 「さらに興味がある結果として、感染症の事実に基づく情報と感染症名一緒に提示すると、メディアの効果はそれほど強くはならない」、と共同研究者のカリン・ハンフレイが語っている。
 「この研究結果は、人々に事実が告げられると、メディアの影響は弱まり、報告する目的は本当に重要性を持つことを示唆している」。
 また研究者達は、感染症について知識を持っているはずの医学生も、他の学生と同じくメディアの影響を受けやすいことに驚いたと語っている。
 研究結果は10月29日のPLoS Oneに掲載された。
US panel weighs Tamiflu and Relenza influenza pandemic medkits Scrip World Pharmaceutical News (subscription), UK (英国) 米国委員会、パンデミック用抗インフルエンザ薬キットの家庭での備蓄を検討

 米国FDAの勧告委員会は、抗インフルエンザ薬の「メドキット」を家庭で備蓄する考え方を支持したが、さらに検討する必要性があると発表した。

 抗ウイルス薬と非処方薬に関する勧告委員会(The antiviral and non-prescription drugs advisory committees)は、ロッシュ社のタミフルとグラクソスミスクライン社のリレンザを含む「メドキット」を医学的指導無しに配布した場合、それが安全に効果的に服用されるか、研究で確認する必要性があることを賛成20、反対6で決定した。
 委員会は、消費者が適切に抗ウイルス薬を服用する判断が出来るかどうかの調査が必要であると指摘した(いつ服用すべきかの判断:訳者注)。
 研究はさらに次の事項も必要とされる;高齢者や小児での使用、メドキット配布に対する消費者の同意、医師のメドキット処方に対する同意、市民のインフルエンザ感染予防に対する警戒心低下の可能性(メドキット備蓄による安心感から感染予防に対する注意力の低下:訳者注)、市民のパンデミックに対する理解度、さらに治療と予防の違いに対する理解度。
 
CDC uses expo to reach travelers Taipei Times, Taiwan  (台湾) (台湾)CDC、国際旅行フェアで、感染症予防啓発に
 2008年度台北国際旅行フェアの初日に、(台湾)CDCは、海外旅行で感染症に罹患し、それを国内に持ち帰る危険性について啓発した。
 CDCの副長官のリン・ティン氏は、感染症が国際的に広まる大きな要因が国際旅行であると説明し、感染症のリスクが高い地域への旅行に対して注意するように呼びかけた。
 CDCの統計によると今年度海外から戻ってきた旅行客の中で、感染症に罹患していた事例は388例で、デング熱、赤痢、A型肝炎が多く、それらの感染地はベトナム、インドネシア、および中国であった。
 さらにCDCは東南アジアに旅行する場合は、感染危険地域への立ち入りは避けるように警告した:家きん農場、家きんでの感染症発生地域、病院。もし発熱、咳、鼻汁等の症状が出た場合は、マスクを着用し、外出を避けるべきと注意を促した。
 また十分加熱していない料理は避けることと、生卵を料理に混ぜて食べることも避けるように警告した。鳥インフルエンザウイルスの感染を避ける為である。
No room for complacency about bird flu Middle East Online, UK (英国) 鳥インフル対策の強化が必要である
 エジプトで開催された国際会議(閣僚級鳥インフル会議)で、世界はパンデミック・インフルエンザ対策が未だ不十分であることが警告された。
 行動計画の検証が必要。多くは実際のパンデミックに有効な対策となっていない。
 貧しい国での危険性は未だ高い。
 他
Movement of Bird Flu from Asia to North America Via Birds Confirmed MedIndia, India  (インド) 鳥インフル、アジアから北米へ渡り鳥で拡大することが確認
 米国アラスカの野生動物研究者と東京大学の研究者達が、アラスカのカモに感染している低病原性鳥インフルウイルスの遺伝子を分析し、8本の遺伝子のうち1本以上が、北米の鳥インフルウイルスのそれよりも、アジアのウイルスに類似していることを確認し、Molecular Ecologyに研究論文を発表した。
 発表論文によると、約半数のカモ(northern pintail ducks)の遺伝子で確認され、これまで大陸間での野鳥による鳥インフルウイルスの伝搬は希とされていたが、今回の研究はそれを否定するものとなっている。
 今回対象とされたカモ(northern pintail ducks)はアジアと北米に広く生息し、大陸間を移動し、そして低病原性鳥インフルエンザウイルスに感染している率が高い。
 *2005年~2006年にかけてH5N1ウイルスはアジアからヨーロッパへ拡大したが、その後米大陸への拡大が予想されていた。しかし今日までウイルスは米大陸へ拡大していないことから、渡り鳥によるH5N1ウイルスは否定的に考えられてきた。今回の研究結果は、野鳥がH5N1ウイルスを北米へもたらす可能性が十分あることを示唆している(訳者)。
TOP