高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集

Overseas News
2008年10月

10月31日

国内の動きから

 新型インフルエンザの流行も懸念される冬場を前に、感染が疑われる患者を乗せた船が入港した-との想定で、患者を隔離、搬送する検疫訓練が三十日午前、神戸市中央区新港町、神戸ポートターミナルに停泊中の貨客船内であった。厚生労働省神戸検疫所と神戸市保健所が実施。同検疫所によると、高病原性鳥インフルエンザの発生地域や患者数は世界的に増えており、万一に備え計画した。医療・保健機関や港湾関係者らが見守る中、検疫所の職員ら約二十五人が参加した。訓練では、神戸入港中の船内で患者が見つかり、船長が検疫所に連絡。入港後、医師が患者を診察するとともに、ほかの乗船客の感染を調べた。計二人の感染が分かり、消防局の高所活動車などで下船し、専用の搬送車で病院に運ばれた。また、船内は消毒された。

佐賀県は11月から「インフルエンザ半減キャンペーン」を展開する。県民に予防意識を徹底し、将来的に大流行が懸念されている新型インフルエンザへの対応に生かすのが目的。マスク着用やうがい、せっけんでの手洗い励行を呼び掛けるなどして、毎年10万人と推定される患者の数を5万人に抑えたいという。

*新型インフルエンザ対策先進地である、佐賀県でインフルエンザ半減キャンペーンが行われる。新型インフルエンザ対策の基本は、通常のインフルエンザ対策である。ウイルスの感染様式は同じである。通常のインフルエンザ対策を行わず、いきなり新型インフルエンザ対策を行うということは、飛躍した論理であり、まずインフルエンザの基本的感染予防を地域でマスターするのが基本で、今年の米国ではまさにパンデミック対策の模擬訓練として、季節性インフルエンザ対策が行われている。佐賀県の取り組みは全国でも見習うべきのものであり、本来は国が率先して指導すべきなのである。
 
報道
新型インフルエンザ防げ 神戸港で検疫訓練  神戸新聞 
インフルエンザ:半減キャンペーン 県、来月から展開 予防意識を徹底 /佐賀 毎日新聞
新型インフルエンザ防御作戦!6つのウィルス防御用品をコンパクトにまとめた「対策セット」Techinsight japan 


10月30日


Pneumococcal Vaccine Could Prevent Numerous Deaths, Save Costs ... PharmaLive.com (press release), PA  肺炎球菌ワクチン接種により、パンデミックインフルエンザによる死者数が大幅に減少:モデル研究
 乳児に対する肺炎球菌ワクチン接種は、通常のインフルエンザに対して死亡数と費やされる費用を減少させる効果だけではなく、パンデミックインフルエンザに対しても、357000人以上の死亡を防止し、70億ドルの費用の出費が抑えられることが、モデル研究によって確かめられ、学会発表される。
 エモリー大学公衆衛生学部のケイス・P・クルクマン教授は、ハーバード大学の共同研究者と行った予知モデルを用いた研究結果を、ワシントンの抗生物質と感染症に関する会議と米国感染症学会の合同会議で発表する。
 細菌性感染症、中でも肺炎球菌感染症は、インフルエンザのようなウイルス感染症の合併症として重要である。インフルエンザ症状を悪化させ、しばしば、死亡原因ともなる。
 細菌感染症は1918年のスペイン・インフルエンザで死亡した若い兵士の死因の、半数近くを占めていた可能性がある。
 「我々は以前から、細菌感染症がインフルエンザの後に発症することがあることを知っていた」、とクルクマン教授は言う。
 「抗生物質物質がいまだ作られていなかった1918年とは違い、今、我々は肺炎球菌感染症を防止できるワクチンを使用できる。今回のモデル研究により、標準的肺炎球菌ワクチン接種で、劇的に結果が変わることが示された」。
 2000年以来、CDCの予防接種勧奨委員会は、乳児と小児に肺炎球菌ワクチンの接種を勧奨してきている。
 今回のモデル研究では、最近行われている2歳以下の乳幼児に対するワクチンの効果を、ワクチン無接種の場合と比較した。
 研究者達はワクチンの効果が劇的に得られる結果から、いまだ肺炎球菌ワクチン接種を行っていない国に対して、パンデミック・インフルエンザ対策の一環として行うことを勧めている。
10月29日

今週は本州各地を講演旅行してますので、細かい情報は省きます。
重要な情報があれば掲載します。
10月28日


Masks, hand washing, prevent spread of flu-like symptoms by up to ... Genetic Engineering News (press release), NY (米国、ニューヨーク) マスク着用と手洗いは、インフルエンザ様症状の発現を50%近く減少させる可能性がある
 インフルエンザ感染予防の非薬学的対策であるマスク着用と手洗いの効果について、ミシガン大学公衆衛生学部の研究チームが昨年から2年間の研究を行っている。
 ミシガン大学の7ヵ所の学生寮の1000人以上の学生を対象にした。
 「最初の年度(2006~2007)の結果からみると、マスク着用とアルコール含有手指消毒薬は、インフルエンザ様症状の発現を、研究期間において10~50%減少させた」、と研究者達は、ワシントンで開催された、”抗生物資と化学療法”学会で発表した。
 インフルエンザシーズンの開始から6週間、マスク着用群、マスク着用と手洗い群、何もアドアイスしない対象群に分けて、インフルエンザ様症状の発現を比較した。
 昨年度の結果をみると、研究開始3週間後から、インフルエンザ様症状(咳と、発熱、悪寒、身体痛の症状一つの発生)の発現は、マスク着用およびマスク着用と手洗い群で、有意、または有意に近く減少していた。
 ただし、昨年のインフルエンザは症状が軽度であったこと、実際発生したインフルエンザ患者は少なかったこと、介入群の感染に対する意識の啓発等が加味されていた可能性があること等から、、これらの結果の判断には注意を要すると研究者達は付け加え、さらなる研究で確認すると言っている。
Egypt conference on avian and human influenza : "We must remain ... Reuters AlertNet, UK (英国) ”鳥及び人インフルエンザ”エジプト国際会議:我々は警戒し続けなければならない。
 エジプトで開催された閣僚級国際会議に招待された国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)の特別代表へのインタビュー記事。
 H5N1鳥インフルエンザの感染者数が減ってきて、マスコミはパンデミックの危険性は低下してきたと考えているが、鳥インフルエンザウイルスはいまだ家禽の間で活発に感染を広げていて、いつでも変異の危険性がある。またH5N1ウイルス以外もパンデミックを発生する危険性はある。 警戒は今後も必要だ。

W. Africa bird flu risks remain, despite early action Reuters (国際) 西アフリカは、早期対応にも関わらず、いまだ鳥インフルエンザの危険性が高い
 西アフリカは鳥インフルエンザ発生の危険地帯であり、迅速な対策を講じてきたが、完全に監視することが困難な複雑な国境線がウイルスの完全な排除の障害となっている。エジプトで行われた閣僚級国際会議で、ガーナの副農業大臣から報告された。
 人々が貧しいことと、自由に秘密のルートで国境線を家きんと共に移動して歩く状況が、西アフリカにおける鳥インフルエンザ対策を困難にしている。
 2006年にウイルスが西アフリカに侵入して以来、ガーナ、ナイジェリア、トーゴ、フリキナファソではいまだウイルスが家禽の間で感染を繰り広げている。
 複雑な国境線を越えて家きんの不正な売買等が行われ、それを各国が取り締まることの難しい現状がある。
10月27日

現段階では新型インフルエンザに関する重要情報はありません。
2008年10月27日 23:30:40
10月26日

国内の動きから

 麻生太郎首相は25日、アジア欧州会議(ASEM)首脳会合で、アジア各国の鳥インフルエンザ対策への支援拡充を表明した。支援対象国をこれまでの東南アジア諸国連合(ASEAN)各国から、中国などを含むASEM参加国に広げる。鳥インフルエンザ治療に効果がある抗ウイルス剤「タミフル」の提供量も100万人分に倍増する。

 山梨県の韮崎市は県内市町村では初めて、新型インフルエンザ対策本部の設置などを盛り込んだ「対策行動計画」を策定した。市保健課によると、新型ウイルスの感染規模について、米国疾病予防管理センターの推計データを基に試算したところ、市人口(3万2500人)の25%が感染し、50~180人が死亡すると推定。行動計画では、市民の対策として、うがいや手洗いなどに加え、外出の自粛、新型ウイルス対応のマスク購入、食料、医療品の備蓄を奨励している。市では、さらに情報を得て対策を順次加えることにしている。

 高病原性鳥インフルエンザが発生した場合を想定し、県などは25日、大規模な養鶏場がある紀美野町で対応訓練を行った。同町動木の中央公民館などを会場に、医療機関や消防などの約250人が参加した。防護服の着脱法を学んだ後、ニワトリの縫いぐるみを使って、ベニヤ板で捕獲したり、炭酸ガスで殺処分したりする訓練を実施。ウイルスが飛散しないよう、消毒した袋に死骸(しがい)を密閉し、注意深く搬送した。


報道
首相、鳥インフル対策で支援拡充を表明 ASEM首脳会合 日本経済新聞 
韮崎市が新型インフルエンザ対策行動計画策定 山梨 MSN産経ニュース
鳥インフルに備え処分や搬送法訓練 読売新聞 


米国、鳥インフルエンザ対策に300億円追加拠出 ロイター  (国際、日本語版)
  25日 ロイター] 米国は25日、鳥インフルエンザ対策への国際的な取り組みのため、3億2000万ドル(約300億円)を追加で拠出する方針を明らかにした。
 米国はこれまでも、鳥インフルエンザ関連の国際的支援として6億ドル余りを拠出しているが、今回の追加分は関連施設の建設費や研究費などに充てられるという。
 ドブリャンスキー米国務次官は、エジプトで開かれている関係閣僚会議で、「鳥インフルエンザの脅威がなくなったという感覚が広まっている」と指摘。国際社会に対策を弱めずに推進するよう、警戒を呼び掛けた。
 これに対し、欧州連合(EU)は、これまでに拠出した4億1300万ユーロ(約490億円)のうち半分がまだ残っているとして、追加の拠出を見送る方針を示している。

Bird flu fight hindered by complacency: UN agency eTaiwan News, Taiwan (台湾) 国連機関:緊張感低下が鳥インフル対策の障害に-世界が完璧に協働したなら3年でウイルスは駆除と
 途上国、特にエジプトとインドネシア、は致死的鳥インフルウイルスに対して独断的になり、ウイルス駆除に対する熱意が失われている、と国連の当局者が語った。…
 昨日のロイター通信の内容。

US to provide extra $320 mln to fight bird flu Xinhua, China  (中国、新華社) 米国、鳥インフル対策の国際支援に、新たな3億2000万ドルを提供
US pledges extra $320 million for bird flu fight Swissinfo, Switzerland (スイス) 米国、鳥インフル対策に、新たなに3億2000万ドルを提供
US pledges extra $320 million for bird flu fight National Post, Canada  (カナダ) 米国、鳥インフル対策に、新たなに3億2000万ドルを提供
US pledges extra $320 million for bird flu fight guardian.co.uk, UK  (英国) 米国、鳥インフル対策に、新たなに3億2000万ドルを提供
 エジプトで開催されている大臣級国際会議の開会式で、米国国務省高官が、国際的鳥インフル対策に3億2000万ドルの新たなる援助を行うことを発表した。
 米国政府の鳥インフル対策への提供資金額は合計9億4900万ドルとなった。
10月25日


国内の動きから

 全国各地で新型インフルエンザ対策に関する会議や訓練が行われている。
 マニュアル作りとか、役所内における体制とか検討している。
 また鳥インフルエンザ対策の模擬訓練や、検討会も渡り鳥が飛来してくる地域で行われている。

 *SARSのときも感じたが、対策やマニュアル作り、訓練等は何となく型にはまっている感じで、はっきり言えばマンネリ化した業務の延長線上で行われている感がある。

報道
市川で新型インフル講演会 『個人でも対応考えて』 東京新聞
新型インフルエンザ:備えを 明石で患者搬送訓練 /兵庫 毎日新聞 
新型インフルエンザ発生に備えて 北日本放送



US pledges extra $320 million for bird flu fight Washington Post, United States  (米国) 米国、国際的鳥インフル対策に3億2000万ドルを追加援助
 米国は、世界の鳥インフル対策に3億2000万ドルを追加援助し、ウイルス対策に油断しないように25日警告した。
 今回の追加援助で、米国の鳥インフル対策援助額は合計で9億4900万ドルとなった。
WHO's draft pandemic flu guidance revises phases CIDRAP, MN  (米国、ミネソタ州) WHOのパンデミック・インフルエンザ草案、フェーズ分類の内容を改訂
 WHOはパンデミック・インフルエンザ対策案を改定し、その草案を発表した。そこではパンデミックのフェース分類の定義を更新し、パンデミックによる社会的および経済的影響が強調されている。
 案は、2005年に発表されたものが入れ替わることになるが、より単純に、より正確に、6段階のフェーズを定義することを目的としている。そして対策がより明確に講じられるように意図している。草案では、また、”ピーク後”および”新規波発生の可能性フェーズ”も定義している。
 WHOは当草案に対して広くパブリックコメントを求め、12月に最終案を発表するとしている。

WHO新ガイドライン草案

Bird flu fight hindered by fatigue KSFY, SD  (米国) 鳥インフル対策は、慢性疲労が障害に

途上国、特にエジプトとインドネシア、は致死的鳥インフルウイルスに対して独断的な考え方を持ち出していて、ウイルス駆除に対する熱意が失われている、と国連の当局者が語った。

 「我々が抱えている問題は、は主として、エジプトやインドネシアの貧しい家庭における放し飼いの家きんである」、と国際獣疫事務局のベルナール・ヴァラ事務局長が、24日ロイターに語った。…

 下記のロイター記事が配信。

INTERVIEW-Bird flu fight hindered by fatigue -UN agency Reuters AlertNet, UK  (英国) 国連機関警告:緊張感低下が鳥インフル対策の障害に-世界が完璧に協働したなら3年でウイルスは駆除と
印刷用ファイル
 途上国、特にエジプトとインドネシア、は致死的鳥インフルウイルスに対して独断的になり、ウイルス駆除に対する熱意が失われている、と国連の当局者が語った。

 「我々が抱えている問題は、は主として、エジプトやインドネシアの貧しい家庭における放し飼いの家きんである」、と国際獣疫事務局のベルナール・ヴァラ事務局長が、24日ロイターに語った。
 報告されているH5N1鳥インフルエンザによる世界の死亡の半数前後は、WHOのデータによるとインドネシアで発生している。アジア以外で最も多く人の発病者が出ているエジプトでは、50人が発病していて、22人が死亡している。
 インタビューで、ヴァラ氏は、H5N1ウイルスが家きんの間で感染を続けている国では、当初ウイルスが見つかったとき程熱心に対処しなくなっていると、危機感を募らせた。
 「現在、疲労感が漂っている。問題は、これらの貧しい人々に、ウイルス駆除のための獣医学的対策に協力してもらうためには、どのようなアプローチをするべきか、ということである。 もし彼等の無関心に打ち克つことが出来るなら、世界で245人を殺し、数え切れないだけの家きんを殺処分に追いやったウイルスの駆除は、3年以内に達成することも可能になるはずだ」
 「もし世界における協力が完璧に行われ、家きん所有者達に対策への協力に対する動機付けを持たすことが出来たなら、ウイルス駆除には3年間もあれば十分である」、と同氏は言い切った。
 今週、国連と世界銀行は、国際的努力で鳥インフエンザの拡大は抑止されてきたが、世界で数百万人以上の犠牲者を出すパンデミックの発生の危険性は依然としてある、と警告した。
 国連と世界銀行から出された報告書によると、ほとんどの国ではパンデミック対策の行動計画を作成しているが、その多くは欠陥だらけだと述べられている。
 世界銀行は、鳥インフルエンザウイルスの変異により発生する世界的パンデミックにより、世界経済は3兆ドルの損失を被り、世界GDPは5%近く減少すると評価した。

家きんへのワクチン接種だけでは不十分

 エジプトでは500万世帯が主要な食糧と収入を家きん飼育に頼っている。そして政府は、大規模なワクチン接種計画にも関わらず、家きん飼育世帯の協力が得られないために、ウイルス駆除が困難になっている、と説明している。
 家きん殺処分によるウイルス駆除計画は、感染家きんの報告により収入が減ることを農家や家きん飼育者が恐れることから、しばしば成功しない。ヴァラ氏は、そのように説明している。
 大規模なワクチン接種で家きんにおける鳥インフル発生を抑止してきた中国とベトナムは、この問題が、それで解決したと考えるべきではない、と同氏は言う。
 「ワクチン接種でウイルスの完全な駆除は出来ない」。
 ワクチン接種は3~4年以内に終わらせるべきだ。そしてさらに鳥インフルが家きんで発生した場合、それらの殺処分を行い、農家には補償費を支払うことが最善の方法である。そのようにヴァラ氏は強調した。
 OIE事務局長は、紅海に面したリゾート地であるシャルムエル・シェイクでの大臣級国際会議に先立ち見解を明らかにした。同会議には世界60ヶ国から保健および農業大臣が参加し、鳥インフルエンザと他の新興感染症の脅威への、世界的対策計画をまとめる予定になっている。

10月24日



国内の動きから

 山形県は、鳥インフルエンザに関する全庁的な対応マニュアルを改め、簡易検査段階で対策本部を設置し、感染の拡大防止策などをより迅速に進める体制を整えた。2005年3月に策定された従来のマニュアルでは、県内で飼育されている鶏などに感染が疑われる症状が確認されても、対策本部設置は詳細検査でウイルスが検出された際としており、発生から3日-1週間かかる可能性もあった。

報道
県、鳥インフルのマニュアル改定 山形新聞 


パンデミック-保険業界で発生する可能性ある衝撃(Pandemic—Potential Insurance Impacts LLOYD’S EMERGING RISKS TEAM REPORT (英国、ロイズ 保険組合危機研究チーム報告)

報告書から一部を抜粋した。

状況

 人にも感染しうる動物由来ウイルスの変異が継続的に起きている。例えば、一般的に承認されたものではないが、いかに頻繁にこのような事実が起きてきたか、次に示している。近年はより詳細にモニターされているが、以前にも同じくらいの頻度で発生していたが、それは認識されることがなかっただけと思われる。
• 1918 Pandemic “Spanish flu” H1N1
• 1957-58 Pandemic "Asian flu" H2N2
• 1968-69 Pandemic "Hong Kong flu" H3N2
• 1977 new strain in humans “Russian flu” H1N1
• 1997 new strain in humans H5N1
• 1999 new strain in humans H9N2
• 2002 new strain in humans H7N2
• 2003 new strain in humans H7N7, H7N2, H9N2, SARS
• 2004 new strain in humans H7N3, H10N7


今日では被害は小さい?
 いくつかの論点

 被害は小さい
  ・抗インフルエンザ薬とワクチン(第二波に対して)の存在
  ・WHOを中心とした世界の協働的予防対策
  ・多くの情報交換・提供手段(テレビ、ラジオ、ネット)
  ・途上国での健康状態、栄養状態は昔よりも改善(もちろん全ての地域ではなりが)

 被害は大きい
  ・企業界における世界的ネットワークが破綻する可能性(食料を含む物流、生産等)。
  ・世界的旅行状況の変化。1918年のスペイン。インフルエンザでは、兵士達の移動によって世界中にウイルスが短期間で拡大された。今日、航空機、車、列車等で世界中を旅行する人々の数は、比較にならない位多い。ウイルスの拡大は昔以上に早い。
 ・都市の人口過密度は昔以上である。
 ・途上国にはエイズを含めて、パンデミックを乗り越えることが出来ない病的状態の人々が多数存在する。

 もちろん、パンデミックによる世界の被害程度は、それを引き起こす病原体の毒性が一番問題となる;感染性の強さ、致死率。
 次に到来するパンデミックは、過去のパンデミックよりも重度であるか軽度であるか?

1918年のスペイン・インフルエンザは、最悪のケースか?
 多くの人々が過去の記録から最悪のシナリオと考えているのが、1918年に発生したパンデミック・インフルエンザである。1918年に発生したスペイン・インフルエンザは確かに、パンデミック被害の極端な例である。連隊によるウイルスの拡大を考えると、今日のような世界環境では一気にウイルスの拡大は起きえる。しかしながらスペイン・インフルエンザの致死率は2.5%に過ぎない。黒死病(ペスト)は50%である。でも、非常に少ないH5N1鳥インフルエンザ患者のデータではあるが、その致死率は60%を超える。しかしながら、ウイルスが人に感染しやすくなると(人に適合してくると)、と毒性が低下してくるという楽観的考え方もある;しかし定かではない。
 ここで恐怖を煽ることが目的ではないが、パンデミックに対して他の可能性も十分熟慮しておくことが重要である。
 重要なポイントは、政府にしても企業にしても、パンデミック対策を一つの特定の病原体に特化して考えるべきではないということである。

Flu outbreak could cause global recession: Lloyd's Workforce Management Online (英国) ロイヅ保険組合:パンデミック・インフルエンザは世界的不景気を引き起こす


10月17日に発行されたロンドン・ロイズ保健組合の危機研究チーム( Lloyd’s of London’s emerging risk team)の報告書によると、1918年のスペイン・インフルエンザ並のパンデミックが発生した場合、世界的不景気が発生し、世界のGDPが1~10%減少する可能性があると述べられている。
 ロイズ・レポート、”パンデミック-保険業界で発生する可能性ある衝撃(Pandemic—Potential Insurance Impacts”によると、パンデミックはいつでも起きえる可能性があって、歴史的には30~50年毎に発生している、と結論している。報告書は、世界的パンデミックの企業界と、特に保険市場に対する衝撃に焦点を合わせている。

 「重要なメッセージは、社会は最悪の事態として特定のシナリオに限定して考えるべきではないと言うことだ」、とチームの責任者で、報告書の著者でもあるトレボー・メイナルド氏が強調している。
 「多くは世界で1億人近く死亡した、1918年のスペイン・インフルエンザを参照している。鳥インフルエンザは次に発生するパンデミックとして最も可能性が高いものとして取り上げられているが、我々は他のパンデミックに関しても準備する必要がある。パンデミックによって対応は異なり、またインフルエンザ以上に死亡率の高いものもあり、それらに対しては全く新しい挑戦となる」、と同氏は報告書の中で述べている。

10月23日

国内の動きから

 厚生労働省と全国知事会は23日、新型インフルエンザ対策について協議し、同省が都道府県と協力しタミフルなどの治療薬備蓄を増強する方針を示したのに対し、知事会側は「国家の危機管理的な問題で、国が必要量を確保すべきだ」と地方の財政負担が増えることに反発した。治療薬の備蓄量は現在、国と都道府県合わせて人口の23%分程度だが、国は英国やフランス並みに40~50%分に引き上げることを目指している。 厚労省は備蓄増分の経費として386億円を補正予算に計上。都道府県も同額の負担をすれば人口の45%程度分を確保でき目標量に達するが、国だけの負担だと34%分にとどまる。

* 国に全ての責任を押しつける都道府県側の対応に少し不安を覚える。いつ新型インフルエンザが発生するか分からないと言いながら、考え方は従来型。危機管理には抜本的発想が必要。


 厚生労働省は23日、新型インフルエンザが発生した場合、国民へのワクチン接種を無料で実施する計画を明らかにした。全国知事会との定期協議の中で素案として示したもので、国と都道府県、市町村が3分の1ずつ費用を負担する。全国民が対象となるが、接種には優先順位があり、医師や警察官らが優先される。 また、発生前に医療関係者らに接種する費用は、国と都道府県が半額ずつ負担する。

*H5N1ウイルス以外でのパンデミックも予想される中、国はいつまでも備蓄してあるプレパンデミックワクチンの消費を考え続けているのだろうか…。
 無料で国民全てが接種出来るのは当たり前と思うが…

 広島県で、新型インフルエンザの発生に備え、22日までの2日間、県庁で防疫訓練会議を開いた。発生時の役割分担や感染の拡大を防ぐ態勢づくりについて意見を交わした。県内の保健所や市町から約50人が参加。22日は庄原赤十字病院の感染管理認定看護師)らが、行政や医療機関などの連携が進む庄原市での取り組みを説明した。感染が疑われる患者を隔離する「発熱外来」での受診、患者の搬送といった訓練の様子などを紹介。一方、看護師らへのアンケートで、感染の拡大時に「働かない」と答えた人が「働く」を上回るなど医療従事者の確保の難しさも報告した。防護服の着脱訓練など実習もあった。


報道
新型インフル対策 知事会、財政負担に反発「国が治療薬確保すべき」 MSN産経ニュース
新型インフルエンザ、ワクチン接種は無料で 読売新聞 
新型インフルの防疫準備急げ 中国新聞 


China to get US training on handling outbreaks Reuters AlertNet, UK  (英国) 中国、流行病対策訓練を米国の指導を受ける

 米国は、中国保健当局者に対する訓練プログラムを、感染症流行中の情報の透明性を推進する為のコミュニケーション手段まで拡大する予定と、CDC長官が23日発表した。
 南部中国は人口過密都市が多く、生きた家きんを売る市場も無数に存在している。さらに比較的温暖な気候と、人、家きん、および動物が接近して生活を営む田舎地帯の存在などが、新規感染症を誕生させる絶好の土壌となっている。世界貿易が盛んとなって、輸送手段速度も早くなっている現代では、それら感染症が世界に短時間で拡大する危険性がある。

 米国はこれまで数十人の中国の感染症専門家を訓練してきたが、今度は情報の正確さと透明性を改善するために、公共の場で活動する保健専門家達に対する新たな訓練プログラムを用意する。CDC長官のジュリー・ガーバーディングが記者会見で語った。
 「流行が起きているとき、または深刻な社会的健康危機が始まっているとき、やれる手段を完全に実行することは可能だけど、もし効果的に社会と情報交換が行えなければ、対策は失敗する」、と同長官は語った。
 中国はSARS勃発以来、情報の透明性を改善した。SARSは2002年に南中国で発生し、世界で数百人の死亡者を出した。
 初期の情報隠しの後、中国政府は情報公開、および報告と対応手続きに関して、法的に制定した。それは今年の四川省の大地震の際には実行されたと、専門家の中で評価する声も出ている。
 しかしながら情報隠しはいまだ人の生命を奪っている。
 中国の乳児達が、メラミンで汚染されたミルクを飲み、少なくとも4人が死亡し、数千人が体調不良を起こした。
 ミルクを発売していた企業は、北京でオリンピックが開催されていた間、何週間も危険性を公表しなかった。
 ガーバーディング長官は、情報の透明性は疾患の拡大を抑えることが出来、それは2003年以来アジアの家きんの間に根付いてしまって、245人の命を奪っている鳥インフルエンザや、しばしば無自覚の人々により拡大されるエイズに対しても同じ効果を持つのだ、と強調した。
 
.
Global plan to tackle bird flu threat Thaindian.com, Thailand  (タイ) 鳥インフル脅威と向き合う世界的対策

Global plan to tackle bird flu threat SINDH TODAY, Pakistan  (パキスタン) 鳥インフル脅威と向き合う世界的対策
INDO-ASIAN-NEWS-SERVICE(IANS)

エジプトのシャルムエル・シャイクで開催される「鳥およびパンデミック・インフルエンザに関する大臣級国際会議」において、鳥インフルエンザのような新興感染症と向きあう世界的対策計画が話し合われる。
 計画は、”一つの世界で平等な健康を(One World, One Health (OW-OH))主導権”と呼ばれる。

 「OW-OH主導権は、従来型のセクショナリズムに基づいた健康対策からの、抜本的な改革である。各国大臣達に対策を再確認してもらうのではなく、再考してもらうのが目的である」、と新報告をまとめて提出する英国の研究者チームは語っている。

ソウル市の漢江での野鳥大量死は鳥インフルではなかった
仁川市 「マガモ集団斃死原因はボツリヌス菌」 毎日経済 (韓国、ハングル)
 仁川市は、南洞遊水地と松島で最近発生したマガモ集団斃死の原因は、家擒類に致命的なボツリヌス菌感染によるものと23日公表した。市保健環境研究院によると、回収したマガモの死骸を簡易検査した結果、蛆虫に発生するボツリヌス菌に感染して集団斃死したことがわかった。
南洞遊水池一帯の水質と土壌の汚染に加え、気温が高く溶存酸素量が不足し、有機物の腐敗で蛆虫が発生してボツリヌス菌が繁殖したと専門家たちは見ている。
一方、鳥インフルエンザ(AI)は陰性反応であった。
ボツリヌス菌は人体に有害ではないが、家擒類には麻痺や呼吸困難を引き起こし、致命的な細菌として知られている。
仁川地域では19日〜22日の4日間に、南洞遊水地と松島でハシビロガモ、マガモなど計740羽余りが集団弊社し、市が原因調査を進めていた。
市は南洞区と共同して24日から人員を倍増し、120人余りを二箇所に集中投入して斃死した死骸を回収して2次感染を防止する計画だ。H.I訳

*ボツリヌス菌は人体に有害でないというのは間違い。強毒な毒素を産生して、食中毒菌としても怖い菌である。(管理人)。


Avian flu threat: New approach needed Genetic Engineering News (press release), NY  (米国、ニューヨーク) 鳥インフル脅威に対して別なアプローチが必要
 地球上における最も深刻な健康脅威に対する初めての世界的に協働した対策が、今週末に世界各国から集まった大臣達により検討される。計画のテーマは”一つの世界で平等な健康を( One World, One Health)”。
 保健大臣と農業大臣達が鳥インフルエンザや他の新興感染症の脅威に対する世界的対策を話し合う。

Egypt to Host Conference on Avian and Pandemic Influenza NewsBlaze, CA  (米国、カリフォルニア) エジプトで、鳥およびパンデミック国際会議が開催
 高病原性H5N1鳥インフルエンザによる感染者数と家きんや鳥における感染が減少して来ている中、世界116ヶ国と国際機関からの代表が集まり、10月24日~26日までエジプトで国際会議が開かれ、鳥及びパンデミック・インフルエンザに関する現状と今後の対策等が話し合われる。
Egg-free flu vaccine WHOI, IL  (米国、イリノイ州) 卵を使用しないインフルエンザワクチン
 受精卵を使用している限りインフルエンザワクチンの製造は時間がかかり、また製造量にも限界がある。
 ロッチェスター大学医学センターの研究者達は、昆虫細胞の培養系で作成したワクチンの臨床試験を行い成功した。ワクチンは遺伝子組み換えヘマグルティニン、またはFluBlØk™.。
 新規ワクチンを作成するために、研究者達は昆虫ウイルスの遺伝子を操作し、インフルエンザウイルスのヘマグルティニン(HA)の遺伝子を組み込んだ。改良されたウイルスは昆虫細胞に注入され、そして2,3日培養する。昆虫細胞が増殖するに従って、細胞内でインフルエンザ・蛋白(ウイルス表面のHA)が増殖する。その後細胞から抽出液を得て、それからワクチン用の蛋白を純化する。

*2007年4月14日に第一報が掲載されている。

Avian Influenza and the Threat of a Pandemic Are Serious Risks to ... Voice of America  (米国、VOA) 鳥インフルエンザのパンデミックはいまだ世界の脅威

 元のボツワナ米国大使である、ジョン・E・ランゲ大使は、現在米国国務省の鳥及びパンデミック・インフルエンザの特別代表を務める。同氏は、鳥インフルエンザのパンデミック脅威は世界にとって深刻であると語る。そして、もし鳥インフルウイルスが(H5N1ウイルスとも言われる)、1918年に発生したようなパンデミックを引き起こすウイルスに変異すると、それは世界中で数千万人の人々を殺すことになるだろう、と警告する。
 10月24日~26日にエジプトで開かれる「第6回国際鳥及びパンデミック・インフルエンザ大臣級会議」に先立ち、ランゲ代表はワシントンでVOA関係者と共に記者会見を行った。
 ランゲ代表は、鳥インフルエンザはエジプト、バングラデシュ、ナイジェリア、インドネシア、および東南アジアの他の国で最も流行している、と説明した。最近発生したいくつかの流行はこれらの国であり、問題の深刻さは各国の指導者達に十分記憶させている。鳥インフルエンザはいまだ西半球で人に感染していないが、もしウイルスが変異したなら、西半球の人の間にも迅速に拡大するだろう。そのように同代表は語った。
 ランゲ代表は、今回の会議では、鳥インフルエンザ封じ込めのための最善の訓練と対策、パンデミック・インフルエンザ行動計画、および最近見つかった、新興感染症における人と動物の間における問題点について話し合われると語った。世界100ヶ国から大臣と代表、その中には米国からの多数の代表も含まれている、がシャルムエル・シャイクに集まる。
 代表は鳥インフルエンザは、エイズや結核に比べると身近な脅威に感じされていないが、ウイルスが一旦変異すると、それは世界的に迅速に拡大し、数百万人に感染する。同氏は、それは自分達が生きている間に発生するだろうと語った。

10月22日  

国内の動きから

 福岡県は21日、高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した防疫演習を同県飯塚市で開いた。佐賀をのぞく九州各県の担当者や、養鶏関係団体の職員など約330人が参加し、防護服を着て鳥インフルエンザに感染したと想定したニワトリを捕獲するなど実戦的な訓練を行った。 鳥インフルエンザの原因とされる渡り鳥のシーズンを前に、各機関の連携や防疫意識の向上を図るのが狙い。福岡県内4つの家畜保健衛生所では机上演習をしているが、野外で実態に即した演習に取り組むのは初めて。

*東南アジアを中心に各国で渡り鳥シーズンを迎えて、家きんへの鳥インフル感染を警戒して対策を強化している。日本でもそのような警戒感が高まり、模擬訓練が行われるのは正しいと思うが、渡り鳥からウイルスがもたらされているという確証はない。

報道
鳥インフル想定し演習 九州各県から330人 野外で捕獲方法も学ぶ 飯塚市 西日本新聞 


Senior UN expert urges better preparedness for flu pandemic Xinhua, China (中国、新華社) 国連の高官、パンデミック対策の改善が必要と警告
 基本的に下記ロイター記事と類似。

 ナバロ博士の談話を中心に。
 各国の行動計画は十分検証して、パンデミックに対応可能な計画に改善する必要がある。
 H5N1鳥インフルエンザの脅威は、以前よりも軽減している。
 パンデミック発生のリスクは以前と同じである。
Bird flu pushed back, pandemic threat remains: UN Reuters UK, UK  (英国、ロイター) 国連:鳥インフル発生数は減少してきているが、パンデミックの脅威はいまだ続いている

印刷用ファイル
国連(ロイター)

 国際的努力で今年度の鳥インフルの発生は減退傾向にあるが、数百万人以上の犠牲者数を出す世界的パンデミック・インフルエンザ発生の危険性は、いまだ同じように続いている。21日に国連と世界銀行が報告した。
 ほとんどの国はパンデミック対策を立てているが、多くの計画は欠陥があると、報告書には書かれている。それは世界60ヶ国の大臣が参加して、エジプトのシャームエルーシャイクで10月24日~26日に開かれる会議に先立ち発表された。

 3年前に鳥インフルの脅威が世界中に広がってから4回目になる報告書の発表であるが、そこには世界銀行が最近再評価した、最悪のシナリオによって、世界で3兆ドルの損失が生じ、世界のGDPの約5%が低下するとの見解も記載されている。

 高病原性H5N1ウイルスはアジアのいくつかの地域で家きんの間に根付いてしまっている。専門家達はウイルスが人人感染を起こすような株に変異して、前世紀に発生した3回のパンデミック類似のパンデミックを引き起こすことを懸念している。
 国連の世界銀行は、今年の9月まで新規にウイルス感染が見つかった国はなく、それは昨年の前半期で4ヶ国だったのに比較すると明らかに減少していると報告している。また今年はこれまで(9月まで)20ヶ国でウイルスが確認されているが、昨年は25ヶ国であった。
 2003年末以来、世界で387人がH5N1ウイルスに感染、発病しているが、そのうち245人が死亡している。それはアジア、アフリカ、およびヨーロッパ(アゼルバイジャン、トルコを意味していると思われる:訳者)である。しかし今年度はわずか36人が発病し、そのうち28人が死亡している。
 「このH5N1ウイルスは2005年9月の状況に比較すると、より脅威は減じている(much milder threat now)」、と国連のインフルエンザ調整官であるデービット・ナバロ氏が記者会見で語った。
 しかし報告書では、H5N1ウイルスはいまだ多くのホットスポットで家きんの間で活発に感染を繰り広げており、そしてインドネシアやエジプトでは完全に根付いてしまっていると述べられている。報告書は鳥インフル対策は今後も世界的に警戒を続けることが必要であると警告し、そして対策のための投資を求めている。
 報告書ではさらに、データを提供した148ヶ国で、パンデミック対策計画を作成していると書かれている。
 しかしながら多くの計画は、法律的にも兵站学的にも弱さを残している。そして模擬訓練を行い、その結果による計画の更新が行われていない。また裕福な国は貧しい国に比べて、より良い計画が立てられている。そのようにも報告書は述べている。
 「これらの計画がパンデミック時に、実際に有効か否か検証されてないことが心配である」、とナバロ氏は語っている。 
 「計画書が作成され、みんながサインして終了ではなく、その内容が実際に機能するのか検証して確かめることが必要である」。
 またナバロ氏は、これまでH5N1ウイルスに焦点が当てられてきたが、他のウイルスもパンデミックを起こす可能性があるのだ、と語り、それがいつ発生するかについては定かな事は言えない、と付け加えた。

 世界銀行は、重度のパンデミックが起きたなら世界で7000万人以上死亡することもあり得ると推定した。スタンフォード大学のウエブサイトでは、1918年~1919年のスペイン・インフルエンザで、2000万~4000万人の人が死亡したと伝えている。
 2年前に最初に発表されて以来、最新の研究報告となったこの報告書では、世界銀行の推定で、最悪のパンデミックに際して3兆ドル以上の損失が世界で発生し、GDPが1.8%低下するとされている。 

UN reports broad, but untested bird flu planning  International Herald Tribune, France (フランス) 国連;各国のパンデミック・インフルエンザ対策は強化されてきているが、いまだ検証されてなく、無効の可能性が高い
 国連:良い情報は、ほとんどの国家で世界的鳥インフルパンデミック対策計画を作成していることである。一方悪い情報は、これらの計画のほとんどが検証されてなく、実際にパンデミックが発生した時には失敗に終わるかもしれない。21日国連の当局者が語った。

 今週エジプトで開催される会議に先立ち、致死的H5N1ウイルスの拡がり状況に関するデータを提出した148ヶ国のほとんど全てから、対策行動計画が作成されていると報告された。
 国連のインフルエンザ調整官であるデービト・ナバロ博士は、3年前には世界規模で対策が必要と叫ばれていたが、現在の多くの国での対策の取り組みは非常に大きい進展であると評した。
 2008年の9月まで20ヶ国で鳥インフルエンザの(家きんにおける)発生が報告されている。一方、昨年の同期間では25ヶ国であり、明らかに発生は減少している。人での発病と死亡も減っている。
 しかしながら、105ページに及ぶ報告書では、多くの国の対策行動計画は検証されてなく、パンデミックの脅威はいまだ存在しているとされる。報告書は、21日、ナバロ博士と世界銀行のオフィスから提出されたが、それにはパンデミックで世界の経済的損失は3兆ドルにも上るとされている。
 鳥インフルは、アフリカ、アジア、ヨーロッパの世界15ヶ国で、2003年末より15ヶ国で245人以上を死亡させている。最も犠牲者を出している国はインドネシアである。
 H5N1ウイルスはまた飼育家きん数を減らし続けている。しかし当局者達は、ウイルスが人人感染を容易に生じるような株に変異しないため、一般社会では関心を失ってきた、と心配している。ウイルスはいまだ人には容易に感染せず、ほとんどの人発病例は感染した鳥との直接的接触による。
 専門家達は、ウイルスの拡大は、国境を越えた密輸を含む、家きんやその産物の貿易が大きな原因となっていると考えている。野鳥もウイルス拡大に関与していると考えられているが、最近のWHOが発表した「NEJM(ニューイングランド・オブ・メディスン」のレビューでは、北米に渡り鳥でH5N1ウイルスが拡大する危険性は低いと述べられている。
10月21日


国内の動きから

 26日から岡山市で開かれる日本ウイルス学会で昨シーズン、タミフル耐性H1N1株が全国的に広がっていたことが、調査した国立感染症研究所から発表される。今冬以降、さらに全国的に広がっていく可能性もあり、同研究所では引き続き監視が必要とみている。同研究所では昨冬、欧州を中心に耐性ウイルスが急速に広まっているため緊急調査を実施。全国の地方衛生研究所から送られてきたソ連型ウイルス(H1N1)1544株について、耐性株かどうかを調べた。 その結果、全体では2・8%にあたる44株が耐性株だったが、鳥取県だけは68株のうち22株(32%)と、耐性ウイルスの割合が特に高かった。隣接している島根県(1・2%)や兵庫県(7・5%)では1割以下だった。タミフル耐性ウイルスは昨年11月以降、欧州を中心に世界中に流行が拡大。ノルウェーの67%をはじめ、欧州諸国全体で20%以上を占め、南アフリカなどではソ連型ウイルスのほぼすべてが耐性ウイルスになっている。

*学会発表もいいけど、対策の方にどのように生かしているかが問題。当ページでは潮流のページの「世界のインフルエンザ発生状況」で、WHO発表によるタミフル耐性H1N1の出現状況を地域別に掲載している。今年度のワクチン株には、このタミフル耐性H1N1株が含まれている。

 住友スリーエムは、官庁、企業の備蓄用や医療機関向けに販売しているウイルス対策用のマスクを11月1日から市販する。厚生労働省は、新型インフルエンザへの備えとして家庭にもマスクの備蓄を求める考えを示しており、高い機能を持つマスクへの需要も増えると判断した。 商品は「ネクスケア 呼吸保護具8670F」。不織布を重ねた構造で、0.055―0.095マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの微粒子も95%以上とらえる性能があるという。大人用で、1回ごとの使い捨てタイプ。鼻に当たる部分にアルミ製とポリウレタン製の部品がついており、鼻の形に合わせて折り曲げ顔に密着させる仕組み。耳の上から後頭部にかけるひもと、首の後ろを通るひもの2本で、しっかり固定できるという。薬局やドラッグストアで販売する。価格はオープンだが、店頭実勢は1枚698円程度を見込んでいる。

*使い方と、どのような場合使うか、医科学的には不明瞭。医療の場で用いる場合と、一般市民が感染予防用に使うのは、全く異なる次元。スーパーの中をこのようなマスクで買い物が出来るかどうか…。とりあえず今冬のインフルエンザ予防用に試験してはどうだろうか?米国ミシガン大学では失敗している。

報道
治療薬タミフル効かない 読売新聞 
住友スリーエム、医療機関向けマスクを市販 ウイルスに対策 日本経済新聞


冬期渡り鳥330羽余り南洞団地遊水地で集団斃死 中部日報  (韓国、ハングル)

 韓国でのマガモ等の野鳥死亡に関する現地報道。
 鳥インフルエンザは否定的か?
仁川市南洞区南洞団地内の第1遊水地一帯で、冬期渡り鳥であるコガモ、ハシビロガモ、カルガモなどが集団斃死しているのが見つかり、管轄機関が死体回収と防疫などの対策に乗り出した。
20日の仁川市と南洞区の発表では、環境部傘下の環境団体が18日午後4時頃環境調査中に鴨の死骸を初めて発見し環境部に報告した。
環境部は19日国立保健環境研究所に53羽のカモの死骸について検査を依頼、鳥インフルエンザ(AI) 陰性判定を受け、現在斃死原因と推定される家擒類コレラとボツリヌス菌について検査を進めている。
ボツリヌス菌は蛆虫等に保菌されており、鴨がこれを食べると運動神経マヒなどを起こして溺死することが知られており、斃死率も高いことが確認されている。
環境部は19日午後3時頃から100人余りの人員を投入し、20日現在までに計330羽余りの死骸を回収する一方、2次感染防止のため防疫作業などを拡大している。
しかし現在も斃死したカモの数は把握されておらず、毎年2万羽余りの渡り鳥が遊水地付近を訪れる状況では、2次3次感染によりカモの斃死数はさらに増えると関係者は予想している。
回収人員は遊水地内の活動に必要なボートや双眼鏡などが準備できない状況で、死骸回収作業はさらに遅れるものと思われる。
これについて関係者は「専門家によると蛆虫の発生を防止することが急務ということだ。迅速な死骸処理と防疫を実施するとともに、一帯にカモが寄りつかないよう空砲弾を撃つなどの対策も考えている」と述べた。
一方、仁川環境運動連合はこの日声明を出し、「今回の集団斃死は見境のない開発による棲息地破壊と環境汚染物質の排出が招いた結果だ。市と環境部は迅速に感染経路と原因を把握し、拡散しないように対策を立てなければならない」と主張した。H.I訳

状況を整理すると下記の通り(H.I)
【a)漢川流域の件】
・発見日:10/14(火)~
・斃死数:計57羽(10/20時点まで)
・原因 :H5N1の可能性は低いようだが検査中
2週間後に判明(一部報道では11/4)

【b)仁川南洞の件】
・発見日:10/18(土)~
・斃死数:計330羽余(10/20時点まで)
・原因 :H5N1陰性
家禽類コレラとボツリヌス菌の検査中

人での鳥インフル感染診断、早期診断体系が全国拡大へ Money Today  (韓国、ハングル)
 今冬から鳥インフルエンザ(AI)早期診断体系が全国的に実施される。
疾病管理本部は21日、鳥インフルエンザ(AI)疑い患者が発生した際に実施している「AI 早期診断体系」を光州、蔚山、忠南および京幾北部を除いた全国13市の保健環境研究院に拡大すると発表した。
これにより、疾病管理本部が行ってきたAI疑い患者呼吸器検体に対する遺伝子検査は、これら保健環境研究院で実施される。
疾病管理本部は、各保健環境研究院の遺伝子検査でAI陽性と判定された検体について、最終確認する役目を負う。ただし遺伝子検査以外のウイルス分離および抗体検査は、今まで通り疾病管理本部で行う。
疾病管理本部は今後の市・道保健環境研究院がBSL-3実験室を確保できればウイルス分離検査業務も移管する計画だ。
疾病管理本部は「AI 早期診断体系を全国的に拡大することで、AI発生地域での人体感染を早期に診断、国内AI拡散防止が期待できる」と述べた。H.I訳

Early Pandemic Flu Wave May Protect Against Worse One Later PR-USA.net (press release), Bulgaria  (ブルガリア) 初期の軽症パンデミック・インフルエンザに罹患すると、その後に流行してくる重度のインフルエンザ感染が防がれる

印刷用ファイル
 1918年のスペイン・インフルエンザ流行の初期に罹患した人々は、その後の致死的第二波に対する免疫を獲得していた可能性を示唆する事実が得られた。

 1918年から1919年に流行した世界的パンデミック・インフルエンザで、1918年初めに流行した軽症のインフルエンザに罹患した、米国の軍隊兵士、英国の水兵、そして英国市民は、その年の後半に流行した重症のインフルエンザに対して、明らかに他の人々よりも免疫が出来ていたこと示す研究結果が、11月15日発行の「感染症雑誌( Journal of Infectious Diseasesby)に掲載された。NIHとワシントン大学の研究者達による。
 「もし軽症の流行第一波が認識されたならば、単にウイルスに対する暴露を防ぐという公衆衛生学的介入手段の前に、その後発生してくる重症のインフルエンザ流行の波に対して、交差予防効果の利点を考慮すべきだ」、と著者等は主張している。(軽症インフルエンザに罹患することで交差免疫を獲得させておくことも有効な手段となる。ウイルス暴露を回避するだけでは、その後の重症インフルエンザ流行の波で感染する:訳者)。
 今回の研究が成されたNIHのフォガルティー・センタ長である、ーマーク・ミラー博士(director of the Fogarty Center’s Division of International Epidemiology and Population Studies)は、今回の発見は将来のパンデミック対策に対して、非常に示唆に富むものであるとコメントしている。
 「もし1918年並のパンデミックが繰り返されるとした場合、初期に流行する毒性の低いウイルスは、社会の中で一定の免疫効果を持ち、その後発生してくる第二波による被害をある程度防止出来るかも知れない」。
 また著者は、次のように説明している。
 「最近明らかにされたデンマークとニューヨーク市の歴史的データと共に、今回の研究は、新型パンデミック・インフルエンザを起こすウイルスの人への適合過程、および毒性の獲得過程に対する従来の見方、考え方を変える必要があることを示唆している」。
 
 研究者達は、当時の米軍基地、英国艦隊、およびいくつかの英国の地域におけるデータを分析した。そしてパンデミック研究のための現代の数理学的手法を応用した。彼等の得た結論は、1918年の春に米国中に程度の異なるインフルエンザが流行したが、それらは必ずしもパンデミック・インフルエンザとは認識されていなかった。しかしながら、春に罹患していなかった兵士の秋の罹患率は、罹患していた兵士達に比較して、3.4倍、致死率は5倍となっていた。(春頃のインフルエンザに罹患していた兵士は罹患率、致死率とも低かった:訳者)。
 英国の水兵と市民における記録では、差はそれほど顕著ではなかった。
 初期の第一波に罹患した人々の第二波に罹患するリスクは、35~94%に減少していた。これは現在のワクチンの予防効果、70~90%にほぼ匹敵している。死亡するリスクは56~89%に減少している。
 
 著者等は1918年の春に流行したインフルエンザ罹患率が、全米37の基地で大きい差があることを見いだしている。春に罹患した兵士達は秋に流行した、より致死的インフルエンザの波に対して罹患率および致死率とも低かった。例として、ハワイから移動してきた連帯は、ハワイで春にインフルエンザ流行を経験していたが、秋の第二波に対する罹患率は6.6%であり、またアラスカから移動してきた連帯の罹患率は48.5%であった。アラスカでは春の第一波を経験していなかった。
 
 今回の研究で二つの波における感染率と致死率の差の理由に関して、二つの可能性が示唆されている;春には比較的弱かったウイルスが、秋には強い株に変異した、または、秋の流行で呼吸器に存在する病原体が発病者をより重篤にした。(ウイルスが変異して病原性が高まった説と、秋の流行では細菌感染症が加わって、重篤な流行となったとする説)。
 1918年~1919年のパンデミックでは、世界で5000万人から1億人の人々が死亡した。そして異常な程に兵士を含む若い世代が死亡した。
 

Bird Flu Vaccine Could Save People, Pets WJACtv.com, PA  (米国、ペンシルバニア) 鳥インフルワクチンが人とペットを救う可能性
 新研究によると1回のワクチン接種により、人、ペット、および農場の家畜を鳥インフルエンザから守ることが出来る可能性がある。
 研究は「Journal of General Virology」の11月号に掲載された。
 掲載論文によると、ワクチンはほ乳類で、いくつかの(インフルエンザ)ウイルス株に対して有効で、さらに鳥に対しても卵の段階で接種可能という。研究者達によると、卵にワクチンを接種することで、野鳥や家きんがパンデミックインフルエンザ・ウイルスに感染することを防止出来るという。
 研究者達は、他のインフルエンザウイルス株のH9N2を低病原性化してワクチンとして用いた。このワクチン接種を受けたマウスは全て、スペイン・インフルエンザ株であるH1N1および現在流行中のH5N1の感染から発病を免れた。

*H9N2ウイルスの中心的、または基本的遺伝子が関与している。昨日も紹介。
Crow carried flu virus Shanghai Daily, China  (中国、上海) 香港;カラスからH5N1ウイルスが検出
 
昨日のロイター通信
 先週、香港市街の混雑した地域で1羽のカラスが死亡していて、検査の結果高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。20日政府の広報官から発表された。
 「10月から3月までの冬期間、ウイルスは活発化し、その検出は、130億羽の家きんが飼育されている本土中国におけるウイルスの拡大状況を反映するので、厳重に監視してゆく必要がある」
 「カラス(house crow)は香港では普通に見られる。どこでどのように感染したのか不明である」、と政府の農業局の報道官が語った。
 死亡したカラスは15日、公共の蓋付きゴミ箱の中で見つかった。

 2003年以来、H5N1ウイルスは15の国と地域で387人に感染し、発病させている。
CDC urges public to get flu shots after local death Taipei Times, Taiwan  (台湾) 台湾CDC、インフルエンザ死者発生により、ワクチン接種を呼びかける

台湾で季節性インフルエンザ?で初の死者
 台湾CDC(疾病管理センター)は昨日、今秋初のインフルエンザ死者がでたことを発表した。死者は75歳女性で、発病4日後に死亡した。
 女性は台湾南部に住んでいて、元来高血圧症を保有していた。
 女性は13日に発病し、インフルエンザによる肺炎が原因の出血性ショックで4日後に死亡した。
 彼女はA型インフルエンザに感染していて、高熱、咳、呼吸困難を呈していた。
 この1年以内に旅行したこともなく、またインフルエンザ・ワクチンの接種を受けたこともなかった。同居していた女性の夫も高熱と咳で10月10日に入院したが既に回復している。
 CDCの説明によると、女性はワクチン接種を受ける資格があったが、接種に出向かず、ワクチンを接種していたら死亡が避けられた可能性があるという。
 CDCの説明によると、台湾では来月末からインフルエンザ・シーズンが始まり、クリスマス周辺でピークを迎えるという。ワクチン接種で免疫が得られるには2週間要するので、接種資格がある人達は急いで受けるようにCDCでは呼びかけている。
 
 今月から無料のインフルエンザ・ワクチンの接種がハイリスク・グループを対象に行われている;6ヶ月から3歳までの乳幼児、65歳以上の高齢者、医学及び疫学的対策担当者、鳥および家きん農場での作業員、そして小学校1~4年生。

*A型インフルエンザによる死者の発生であるが、同居していた夫も罹患していることから感染力は強そうだ。香港株(H3N2)と思われるが、株が確定していないので、H5N1ウイルスも含めて要警戒かもしれない(訳者)。

10月20日


国内の動きから

 鳥インフルエンザウイルスの変異による「新型インフルエンザ」の流行に備え、企業が感染予防に向けた行動計画づくりを急ぎ始めた。食料備蓄から自宅待機まで幅広い対策が検討されている。だが、まだ1割程度の企業に止まっており、スペイン風邪以来の深刻な感染になるとして研究者らは大流行(パンデミック)への警戒を呼びかけている。
 厚生労働省は被害を抑える対策として昨年、全般的なガイドラインをつくったが、企業からは具体的対策を知りたいとの要望が強く、7月末出した追加案をもとに年内に改正版を公表の予定。
 企業はガイドラインをもとに、感染予防の行動計画をつくるとともに、工場の一定期間の停止、自宅待機など人員計画も盛り込んだ「事業継続計画(BCP)」を策定する。

報道
新型インフルエンザ大流行を警戒 企業が行動計画の作成急ぐ MSN産経ニュース


松島(Songdo)でトモエガモなど渡り鳥集団斃死 京畿日報 (韓国、ハングル)
 渡り鳥の飛来地として有名な仁川(Incheon)の松島(Songdo)干潟に隣接する遊水地で、渡り鳥数十羽の集団斃死が見つかり、国立環境科学院が死骸を回収、疫学調査に乗り出した。
仁川市によると、19日午前、仁川南洞(Namdong)区南洞公団遊水地と松島5・7工区を流れる水路などで、マガモや世界的に稀少なトモエガモなど70~80羽の集団斃死が発見された。
市は環境部と南洞区関係者から成る緊急調査班を結成し原因調査を行う一方、マガモの死骸26体を回収、国立環境科学院と仁川市保健環境研究院に疫学調査を依頼した。
市関係者は「遊水地の異物や汚廃水の摂取による神経系統の麻痺で死んだと考えている。鳥インフルエンザ(AI)による感染ではないと思うが、正確な原因は疫学調査結果が出るまでわからない」と述べた。
盧ヒョンギ仁川環境運動連合事務所長は「渡り鳥が集団斃死したのは、埋立工事を行っている近隣の松島干潟に持ちこまれた浚渫土など外部の土に付着していたウイルスや細菌などによる伝染病の可能性がある。この地域はマガモだけではなくコガモやヘラサギなどの渡り鳥や稀少鳥類が多く飛来するため、正確に原因を把握しなければならない」と語った。H.I訳

Tripura sounds bird flu alert along Indo-Bangla border Press Trust of India, India  (インド) トリプラ州:インド・バングラデシュ国境沿いに鳥インフル警報
 バングラデシュの家きん農場で鳥インフルが発生したことから、トリプラ州の国境沿いの地域に鳥インフル警戒報が出された。当局筋が本日明らかにした。
 西トリプラ地域に隣接するバングラデシュで最近鳥インフルが発生した。
 国境警備隊は856キロに亘る国境警備を強化した。鶏や家きんが国境周辺の市場に持ち込まれないかを監視する。
More Wild Birds Found Dead in Seoul, Incheon KBS, South Korea  (韓国) ソウルとインチョンで野鳥が多数死亡
 ソウルとインチョン(ソウルの西部)で100羽以上の野鳥が死亡した。公衆衛生局では鳥インフルエンザが原因で死亡したか否かについて調査中である。
 漢河管理局によると、支流が合流する場所で4羽のマガモが死亡しているのが見つかった。
 さらに合流点で27羽の野鳥が死亡していた。また80羽前後の死亡したマガモが、インチョンのソングド島で19日と20日に見つかった。
 公衆衛生環境研究所では野鳥の死亡原因が鳥インフルか毒物によるものか調査中である。

*17日に現地の報道による第一報を掲載している。鳥インフルによるものかどうかは、既に判明していると思うが…。

Hong Kong finds bird flu virus in crow Reuters  (国際) 香港で街中のカラスがH5N1鳥インフルで死亡

 先週、香港市街の混雑した地域で1羽のカラスが死亡していて、検査の結果高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスが検出された。20日政府の広報官から発表された。
 「10月から3月までの冬期間、ウイルスは活発化し、その検出は、130億羽の家きんが飼育されている本土中国におけるウイルスの拡大状況を反映するので、厳重に監視してゆく必要がある」
 「カラス(house crow)は香港では普通に見られる。どこでどのように感染したのか不明である」、と政府の農業局の報道官が語った。
 死亡したカラスは15日、公共の蓋付きゴミ箱の中で見つかった。

Bird Flu Vaccine Protects People And Pets Science Daily (press release) (国際) 新規鳥インフルワクチン、人にもペットにも効果
 弱毒性株のH9N2鳥インフルエンザウイルスを用いた弱毒化インフルエンザワクチンが、マウスや鳥でのH1N1及びH5N1ウイルス感染を防止するという研究結果が得られた。要するに万能型に近いワクチンで、人から他の哺乳動物、そして鳥にも有効という結論が得られている。雑誌「 Journal of General Virology」の11月号に掲載された。
 H9N2ウイルスの中心的、または基本的遺伝子が関与している。弱毒化された生ワクチンをマウスに鼻腔スプレーすると、H1N1ウイルスおよびH5N1ウイルスに対して、完全に予防効果を現した。

 雑誌における要約(原文)
10月19日



国内の動きから

 新型インフルエンザの感染拡大時までを想定した大掛かりな実地訓練が十八日、松田町松田惣領の足柄上病院で行われた。県や同病院、足柄上地域の医師会、消防など関係機関のほか、住民や高校生ら計約百人が参加した。近くの足柄上合同庁舎(開成町吉田島)では、情報伝達などの図上訓練にも取り組んだ。
 実施主体の県によると、過去に新型インフルエンザの疑いがある患者に対応する訓練はあるが、大勢の患者が発生して感染拡大という想定は初めてという。


 世界的に流行し、大きな被害を出すとされる新型インフルエンザ。通常のインフルエンザシーズンを前に、最前線である自治体や医療関係者らは「有事」に備えて何をすべきか。東京都港区の東京慈恵会医科大で15日に行われた新型インフルエンザに備えた演習で、限られた医療資源の中、現場が抱える問題が浮き彫りになった。
 土曜日の午後8時。東京慈恵医大病院救急室に、商社に勤務する男性が訪れた。3日前に、鳥インフルエンザの人感染が発生するインドネシアから帰国後、発熱。自宅近くのクリニックで薬をもらったが、熱が下がらず、呼吸困難などの症状が出たため受診したという。
 「新型」を疑った救急医が保健所に電話連絡。男性から採取した検体が東京都健康安全研究センターに届けられた。同大学の会場で行われた演習の1シーンだ。
 同病院の医師や看護師、港区の副区長や保健所保健予防課長らが、患者が勤務する会社や住んでいるマンションなどに連絡、危機管理対策本部の設置など一連の経過を舞台で“熱演”した。


報道

新型インフルエンザに備えよう/足柄上病院で実地訓練 神奈川新聞
「有事」へ手探りの現場 新型インフル 医療資源に限界、連携で封じ込め  産経新聞


Bangladesh finds more bird flu AsiaOne, Singapore  (シンガポール) バングラデシュの農場で鳥インフルが4ヶ月ぶりに確認
 バングラデシュ当局は19日、4ヶ月ぶりに家きん農場で鳥インフルが発生したことを報告した。
 家畜局の報道官は、北部のナオガノン県の農場で、先週致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出され少なくとも300羽の家きんが殺処分された、と発表した。
 そして、国内の監視態勢は既に強化されたと発表された。
 家畜局によると鳥インフルの発生は4ヶ月ぶりで、夏に入ってウイルスが不活発化していたが、冬期間が近づいてきて、再び活発化して来る可能性がある。
 鳥インフル発生により、同国の15億ドルの家きん産業が脅かされることになる。
 バングラデシュでは2007年2月に初めて鳥インフルが発生し、その後今年の1月に再興していた。
 流行のピーク時には国の64県のうち50県で発生して、100万羽以上の家きんが殺処分された。
 バングラデシュの家きん産業は世界でも最も大きな地域の1つで、2億2200万羽の鶏と、3700万羽のアヒルが毎年生産されている。
 今年春の鳥インフル発生ピーク時には、国の家きん農場の40%が閉鎖され、50万人の労働者達が職を失っていた。
 また5月には同国で初の人感染者が確認されているが、政府の発表によると、この16ヶ月の乳児は回復している。

Flu Season Takes a Toll on Local Businesses KNWA, AR  (米国、アーカンサス州) インフルエンザ・シーズンは地域業界に多大な損失を及ぼす

 パンデミック・インフルエンザは地域社会で数日間のうちに拡大する。そして医師達は、もし人々が適切な予防対策を講じていなければ、企業主達は多数の被雇用者達の欠勤に直面するだろう、と警告している。

 インフルエンザに罹患した人々は、1週間またはそれ以上の期間、体調を崩して働くことは出来なくなる。ある人々は肺炎のような合併症を起こして入院することもある。
 フェイエッテビレのメディサーブ・クリニックのクリントン・シミット医師は、今年度米国でインフルエンザにより3万人死亡するだろうと推定している。
 しかし良い情報もある。インフルエンザを防ぐ方法はあるのだ。最善の方法は、インフルエンザ・ワクチンを接種することである。さらに頻回なる手洗いと良い衛生管理は同じように効果が期待される。
 シミット医師は企業主達に、被雇用者達にワクチン接種を呼びかけるように勧めている。同医師によると、いくつかの企業では集団でワクチン接種を受けているという。もし被雇用者の40%が欠勤された場合を考えると、こうした措置は企業主にとって取るにたらない経済的出費に過ぎない。
 「企業が閉鎖することもあり得る。過去には、児童の多くが発病したため、学校が閉鎖されたこともある。企業界でも同じようなことが起きえる」、とシミット医師は警告する。
 予防対策は今月から始まった。今、ワクチン接種を受けたなら、12月から3月までのインフルエンザ・シーズンの間、免疫力は高く維持される。
 11月第1週の間に、アーカンサス州の各保健部局では無料でインフルエンザワクチンを以下の場所で記載されている時間内に行う。

Northwest Region Flu Clinic List
County Date Drive Thru Time Location
Logan- Paris 11/6 Y 8-4:30 1st Baptist Church, 311 E. Main
Yell- Dardanelle 11/6 Y 8:30-6:00 Dardanelle Fire Station, 2005 St. Hwy. 22, Dardanelle
Franklin 11/6 N 8-6:00 Franklin County Fair Grounds Hillbilly Dr. , Ozark
Crawford 11/6 Y 8-5:00 1st Baptist Church, 1121 E Main, Van Buren
Pope 11/6 Y 7-4:00 County Fairgrounds, Hwy 7T South
Conway 11/6 Y 8-4:00 Old Hagen's Dodge, 1215 E Broadway, Morrilton
Marion 11/6 Y 7:30-2 700 Hwy 202 West, Yellville
Johnson 11/7 Y 8:30-3 Johnson County Fairgrounds, Clarksville
Boone 11/7 BOTH 8:00-6:00 Eagle Heights Baptist Church, 703 E. Walters, Harrison
Logan- Booneville 11/7 Y 8-4:30 1st Baptist Church, 382 N. Kennedy
Yell- Danville 11/7 BOTH 7-5:00 1st Baptist Church, 1009 Main St, Danville
Washington 11/7 Y 8-5:00 Arvest Ball Park located at: 56th and Watkins Streets in Springdale
Carroll 11/7 Y 7-5:00 1st Assembly of God, 907 S Main, Berryville
Madison 11/7 Y 9-5:00 Huntsville 1st Baptist, 803 Governor Rd, Huntsville
Newton 11/7 BOTH 7-6:00 Newton Co Fairgrounds, Hwy 7, Jasper
Baxter 11/7 Y 10-6:00 ASU, 1600 S College St, Mt. Home
Searcy 11/7 Y 9-5:30 Searcy Co Airport, 894 Airport Rd, Marshall
Van Buren 11/7 BOTH 7:30-3:30 Van Buren Co Fairgrounds, 1827 Hwy 16E, Clinton
Benton- Location 1 11/7 Y 8-5:00 Phillips Park, West off of Southwest J St, Bentonville
Benton- Location 2 11/7 Walk In 8-5:00 St. Francis House Annex 304 S Maxwell, Siloam Springs
Scott 11/7 N 8-5:00 Memorial Hall, S.Main St, Waldron
Sebastian 11/7 Y 9-4:00 House of Praise, Corner of N 50th and Skywood, Ft Smith


Update: More And More People Receive Influenza Vaccine Enews 2.0, UK  (英国) 多くの人々がインフルエンザ・ワクチンを接種
 米国の状況。
Vaccinations are best way to handle flu season South Carolina Now, South Carolina (米国、サウス・カロライナ) 季節性インフルエンザを予防するには、ワクチンが最善の手段

Have You Had Your Flu Shot? HealthNews, CA (米国、健康ニュース、カリフォルブア州)) インフルエンザ・ワクチンは済ませた?

インフルエンザワクチン接種の基本的意義と社会的啓発に関する米国の状況 

印刷用ファイル
 インフルエンザ・ワクチンは済ませましたか?医師達は何回も年に尋ねる。もし誰かが、咳やクシャミをしたなら、友人や知り合いも同じような質問をする。概してそれは言葉の上だけでのやりとりであるが、本当はもっと真剣にとらえるべきである。

 インフルエンザはよく見られる病気であるが、それはかなり重篤になる場合もある。米国では年に平均20万人入院し、36000人死亡していると推定されている(米国cdc:訳者)。ワクチンが開発される前には、世界で5000万人死亡した1918年のパンデミックのように、多くのインフルエンザ流行があった。
 その年流行すると予想されるインフルエンザ株は、最近流行した株のデータから、数ヶ月前に予測している。そしてその予測に基づいてワクチンが製造されている。毎年製造されているワクチンは、3種類のインフルエンザ・ウイルスを標的にしたものである;2種類のA型ウイルスと1種類のB型ウイルスである。
 接種方法には2通りある。ワクチン注射は不活化ワクチンで、ウイルスは死滅したものを用いている。通常腕に注射し、対象年齢は6ヶ月以上である。慢性疾患を保有する人々も対象となる。一方、鼻腔スプレー方式ワクチンは、2歳から49歳までの健康者が対象で、妊婦は除外される。



 ほとんどの年のワクチンは流行する株に適合しているが、もし適合していないとしても、接種はするべきである。なぜならワクチンには交差予防効果があり、毎年受けていると、多分、以前の免疫が残存していて、多少異なる株に対しても効果があると考えられている。(同系統のウイルス株であるなら、多少の抗原変異があったとしても、その抗原以外に対する抗原に抗体を産生することから、交差予防、または交差免疫が期待される:訳者)。
 米国小児科学会雑誌”Pediatrics(小児科)”では、6ヶ月から18歳までの年齢層でのインフルエンザに関連した死亡者数が年々増加してきていると警告している。先に学会は5歳以下の小児へのワクチン接種を勧奨した(昨年までの米国保健福祉省での接種勧奨年齢は5歳以上であった:訳者)。
 CDCは今年、6ヶ月から18歳までの年齢層に対して、全人口の中での発病者を減少させるために、毎年のワクチン接種を勧奨した。(インフルエンザは小児や学生達の間で拡大し、それが地域社会へ拡大することから、集団生活で感染を受けやすい小児と学生達へのワクチン接種が勧奨された:訳者)。
 最も重篤な合併症は65歳以上の高齢者に多いが、インフルエンザは小児の間で広まる。
 インフルエンザ・ワクチン接種はまた、子供達の学校欠席率を減らし、同時に保護者達の欠勤率をも減らすことに通じる。今年度は供給されているワクチン量は多いので(史上最多:訳者)、健康な人々だけでなく、高齢者や慢性疾患保有者等のハイリスク者も積極的に接種を受けるべきである。
 家庭医のクリニックだけでなく、薬局、他の営利を目的としていない機関等が公衆のワクチン接種場所を提供していて(flu shot clinic:ワクチン接種クリニック)、誰もが容易にワクチン接種を受けることが出来る。
 何らかの疾患で治療を受けている場合は、主治医にワクチン接種を受けて良いか確認する事が必要である。
 ワクチン接種を受けても、咳やクシャミが出る場合、顔を覆うとか、手は頻回に洗うとか、発病した可能性がある場合は家で療養するなどの、一般的注意事項は守る必要がある。
 

Bird flu - stay alert says MEP for SW Devon 24, UK  (英国) 鳥インフルエンザ: 英国で警戒を呼びかける
 10月10日にドイツ東部のザクソニー州のアヒル農場でH5N1鳥インフルが発生していることを受けて、英国で注意を促す警戒報。
10月18日

一般的話題は「徒然日記」で展開してます。


国内の動きから

 新型インフルエンザの発生に備えた研修会が水俣市で開かれた。水俣保健所の主催で、同市と芦北、津奈木両町の医療、消防、自治体関係者ら約500人が参加した。同保健所が9月にまとめた対応指針は、1市2町の人口約5万5000人に対し、患者数を国の推計に基づき25%の約1万4000人▽外来受診者数をその80%の約1万1000人と想定した。水俣市立総合医療センターと民間5病院が発熱外来を設けて患者かどうか見極める。患者隔離のため医療センターの一部病棟を入院者用に確保し、患者が爆発的に増えた場合はセンター以外に対応医療機関を拡大する。

報道
新型インフルエンザ:医療関係者ら対象に対策研修--水俣 /熊本 毎日新聞 


ECONOMY: Threat of 'Major Global Recession' Tied to Bird Flu IPS, Italy (イタリア、IPS) 経済問題:鳥インフエンザによる世界的大恐慌発生の脅威

(インタープレスサービス(IPS)は、地球規模の諸問題と密接に関連する南(開発途上国・地域)における諸問題を、北(先進国)の政策責任者、NGO、各種専門家にコマーシャリズムに左右されることなく伝えていくことを理念として、1964年(昭和39年)に発足したローマに本部を置く、開発分野専門の国際通信社である)。

印刷用ファイル
ワシントン(IPS)
 大規模なインフルエンザ流行が起きたなら世界で数千万人が死亡し、大恐慌が引き起こされる可能性が高いことを示して、世界銀行は各国の指導者達に経済、食料、そしてエネルギー危機について十分考慮する必要性があることを警告した。

 世界銀行は最悪のシナリオをで示した。すなわちパンデミックで世界で7100万人死亡し、3兆ドル近いコストが費やされ、そして世界のGDPが大体5%低下する、と推定している。
 専門家の中には、(最悪のシナリオでは)死者数は1億8000万人を超えると推測している人もいる。
 パンデミック発生の脅威は、H5N1鳥インフルエンザウイルスからきているが、それは現在アジアやアフリカのいくつかの地域に根付いていてしまっている。ウイルスはこれまで数百人の人々の命を奪い、数十億ドルの経済的損失を世界に与えている。
 2006年に世界銀行はパンデミックにかかるコストを世界GDPの3.1%、または2兆ドルと計算していた。
 最近、再評価された悲惨な結果について、来週エジプトで開催される国際会議で発表される前に明らかにされた。

 貧しい国は最も大きなリスクを抱えている。
 「概して途上国は最も大きな痛手を受けそうだ。なぜなら人口密度が高いことと、貧しさ故、経済的衝撃を緩和することが出来ないからだ」、と同銀行のエコノミストであるアンドリュー・バーン等が最新の評価の中で説明している。
 彼等の最新の評価では、軽度のパンデミック(1968年の香港・インフルエンザ程度)では、140万人が死亡し、GDPは最初の年で0.7%低下する。中等度のパンデミック(1957年のアジア・インフルエンザ程度)では、1420万人死亡し、世界のGDPは最初の年で2%低下する。最も重度なパンデミックでは7100万人死亡し、GDPは4.8%低下する。
. 損失のある部分は、死亡者や35%と評価される発病者の発生に由来する。しかし、同銀行が強調することは、人々が感染を防止しようとする生活内容の変化の方が、死者の発生によるよりも5倍影響力が大きく、また発病者の発生によるよりも2倍大きいと説明する。
 ほとんどの損失は、人々が感染を回避しようと生活様式を変えることが大きな原因となる、と分析している。
 同銀行の推定では、重度のパンデミックが発生した初年度は、感染の脅威から、人との接触を避ける目的で航空機の利用率は20%低下し、そして類似の傾向が旅行業界、運輸業界、およびレストラント業界でも認められるとしている。
 「推定した20%の低下率は、SARSの際に香港へ向かう搭乗率の最大低下率75%よりは高く、また4ヶ月間の平均低下率であった50~60%よりも高い」、と報告書では説明している。
 実際にどの程度の被害をパンデミックが、いつ起こすかは不明なので、この最新のシナリオは、あくまでもイメージ的に描かれたものである、と世界銀行では注意を促している。
 「報告書はあくまでも発生する可能性ある全体的コストの大きさを示しているのであって、人の生命および経済両者において、実際に失われるコストは非常に違うと思われる

 ワクチンが開発され、感染家きんが香港から英国に至るまで殺処分され、公衆の知識も増え、保健担当者も人の発病者を早期に区別できるようにトレーニングされた。
 その結果、WHOは、今年度は2006年と2007年に比較し、家きんでの発生数、新規発生国の数、人での発病数および死者数が減った、と評価している。(Fourth Global Progress Report on Responses to Avian Influenza and Pandemic Readinessで報告)。
 H5N1鳥インフルが発生した61ヶ国中50ヶ国以上で、鳥インフルを排除出来ているが、ウイルスはいまだ数カ国で根付いていて、さらに家きんでの発生、または人での散発的発生の危険性が残っている。報告書ではそのように記述している。
 しかしながら、報告書では以下のようにも警告している;このような努力を継続したとしても、将来、結局的には、いつか人でのパンデミックは起きえる。(H5N1ウイルスに限定せず、何らかのウイルスを含むという意味で:訳者)。

 2007年12月以来、世界銀行によると、(H5N1鳥インフル)新規発生が以下の国で確認されている;バングラデシュ、ベニン、中国、エジプト、ドイツ、インド、インドネシア、イラン、イスラエル、ミャンマー(ビルマとも言われている)、ポーランド、ロシア、トルコ、ウクライナ、そしてベトナムである。感染した鳥は、鶏、七面鳥、ガチョウ、アヒルであった。(韓国が含まれていない?:訳者)。
 他の動物由来のウイルスで人に感染して死亡させたものは、SARS、HIV、エボラ、ウエストナイルである。
 季節性インフルエンザは、WHOによると、年に25万~50万人の死者を出し、そのほとんどは高齢者であるとされる。

*costとlossの訳が不明瞭になっています。悪しからず(訳者)。

 
2008-2009 Influenza Vaccine Available, Says Utah Department Of Health Medical News Today (press release), UK (英国) 2008-2009年度インフルエンザワクチン接種が開始:米国ユタ州保健局

 印刷用ファイル
季節性インフルエンザ・ワクチン接種に関する話題であるが、パンデミック・インフルエンザと共通する重要な情報も含んでいる(訳者)
 (米国)CDCによると、2008-2009年度シーズンは、昨年よりもインフルエンザ・ワクチン量は多く、推定1億4600万人分が用意されている。
 インフルエンザ・シーズンが始まり、6ヶ月から18歳までの年齢層の子供達はワクチンの接種が勧奨されている。これまでの勧奨年齢は5歳以上であった。
 ユタ州公衆衛生当局によると、インフルエンザは学童と彼等に接触する人々に大きな影響を与える;学校の欠席、抗生物質の使用量増加、医療機関への受診者数の増加、さらに両親の欠勤等。接種勧奨年齢層を拡大することで、発病者数の減少が期待される。
 ワクチンは2種類用意されていて、注射タイプと鼻腔スプレイタイプ(FluMist)である。FluMistは、2歳から49歳までの健康者が対象であるが女性の場合は、妊婦は除外される。両タイプのワクチン共使用株は同じで、A/Brisbane/59/2007 (H1N1)-like, A/Brisbane/10/2007 (H3N2)-like, およびB/Florida/4/2006-likeとなっている。(FluMistは弱毒化された生ワクチンで、注射タイプは不活化ワクチン:訳者)。
 「インフルエンザ・ワクチンは、インフルエンザに罹患するリスクを大幅に減少させるが、さらに人に感染させない、または感染を受けない個人的対策も必要である」、と保健局では説明している。
 ・咳やクシャミをするときは、使い捨てティッシュで口や鼻を覆う。
 ・覆うものがないときは、袖で覆う。
 ・日に何度も石鹸を使って、1回20秒間以上かけて手を洗う。
 ・体調が悪いときは(インフルエンザに罹患したとき)、ウイルスを周辺に感染させないために、学校や職場を休み、家で静養する。

 保健局ではさらに次のことを注意している。
 インフルエンザに有効でない抗生物質の使用は避けるべきである。ある種の抗インフルエンザ薬は、感染(発病が正しい:訳者)後2日以内に服用すると効果がある。誤った抗生物質の使用は耐性菌を作る原因となる。

 全ての人々はワクチン接種を受けることが出来るが、ユタ州保健局やCDCでは特にハイリスク者には早急に接種することを呼びかけている。これらのハイリスク者には以下の人々が含まれる;高齢者、乳幼児、保健医療従事者、免疫低下者、長期療養施設入所者、妊婦、ハイリスク者と同居している人、腎臓・肺・心臓疾患保有者。 
 「ワクチンは特に母乳を与えている母親や妊婦にとって重要である」、とユタ州保健局の妊婦保健専門家のリン・マルチネス医師が語っている。
 「これらの人々はインフルエンザに罹患した場合、合併症を起こしやすい。そして乳幼児と接触するので感染させる危険性が高く、これらの子供達は発病したなら治療や入院の必要性が生じることが多い」、と説明している。
 CDCや米国産婦人科学会では、全ての妊婦とインフルエンザ・シーズン中に妊娠する可能性のある女性に、不活化ワクチンの接種を勧めている。弱毒化生ワクチンは接種出来ない。母乳を与えている母親の場合は、両タイプのワクチン接種が可能である。
 ユタ州のインフルエンザ情報は次のウエブサイトに掲載されており、毎週水曜日に更新される。www.health.utah.gov/flu

Don't Wait For Cold Weather To Get Flu Shot, Says Texas Department ... Medical News Today (press release), UK  (英国) 寒くなる前にインフルエンザワクチンの接種を:テキサス州保健局

Time to think about getting your flu shot; vaccination clinic ... Wauneta Breeze, NE (米国、ネブラスカ州) ネブラスカ州保健局:インフルエンザワクチン接種の時期が到来、ワクチンクリニックが開設
 ネブラスカ州保健福祉局は、10月1日から例年のごとく、インフルエンザ・サーベイランスを開始した。それは公的インフルエンザ・シーズンが始まり、ウイルスが米国内に蔓延し始めることを意味する。
 ネブラスカ州では現在インフルエンザの発生は報告されていない。通常、インフルエンザ・シーズンは12月に始まり、2月または3月にピークを迎える。
 チェイス郡保健当局では、インフルエンザ・シーズンに備え始めている。インペリアルで集団ワクチン接種が土曜日(11月8日)、午前8時から10時に行われる。
 ハンディキャップのある人に対しては、ドライブスルー方式のワクチン接種が行われる。
MedImmune Licenses Reverse Genetics Technology to Omninvest RedOrbit, TX  (米国、テキサス) メドインミュン社、逆遺伝学技術のライセンスをオムニベスト社に提供

 米国のバイオテクノロジー企業であるメドインミュン社(MedImmune)は、同社の保有する逆遺伝学技術ライセンスを、米国のオムニベスト社に、人のインフルエンザ・ワクチンの新規開発のために提供する(ライセンス契約)と発表した。
 逆遺伝学技術(Reverse genetics)とは、合成したウイルス遺伝子を使って完全なウイルス粒子を人工的に作り出す技術である。その利点としてはH5N1ウイルスのような直接危険なウイルスを操作することはなしに、遺伝子だけを操作すれば良いことが上げられる。
 同社は既にワクチンメーカー5社(オーストラリアのCSL、サノフィ・パスツール、ノバルティス、グラクソスミスクライン社、及び日本の阪大微件)に同ライセンスの提供を行っている。。
 ワクチンメーカーとしては初めてメドインミュン社は同技術を、2008~2009年度の季節性インフルエンザ・ワクチンのスプレー方式に応用した。なお鼻腔スプレー方式のインフルエンザ・ワクチンは2003年度から市場に出している。
10月17日


国内の動きから

 高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、四年ぶり二回目となる島根県全体の対応訓練が十六日、松江市殿町の県庁と大田市波根町の県立農業大学校であった。県警や陸上自衛隊、養鶏業者らを含む約二百人が参加。本番さながらの雰囲気で、それぞれの役割や実施手順を確認した。訓練は、二十七万五千羽を飼養する大田市内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの想定。初動態勢や対策本部の運営、消毒作業などの実演訓練を行った。

 佐賀県は新型インフルエンザが発生した場合に備え、治療に当たる医師のために粉じん対策用の特殊マスクを配備したり、医療機関だけでなく薬局にも感染防護服を配るなど独自の対策を進めている。県健康増進課によると、特殊マスク38個、感染防護服3500着、予防薬としてのタミフル310人分などを本年度中に購入。県内の19医療機関とその周辺の薬局30カ所に順次、配備する。マスクは、通常はトンネル工事などで使われるもので、自動的にファンが回り口や鼻に送風する。フィルターの性能は医療用の感染防止マスクと同等な上、送風により呼吸が楽なため長時間の医療活動に有効だ。医師から「通常の感染防止マスクは息苦しい」との指摘があったという。 古川康佐賀県知事は「県は国の対応を待つことなく、必要な準備をしたい」と話した。

*佐賀県は非常に積極的に新型インフルエンザ対策を進めている。10月10日にも詳細報道 (管理人)。

報道

医師向けに特殊マスク配備 佐賀県の新型インフル対策 京都新聞 
松江、大田で鳥インフルエンザ発生対応訓練 山陰中央新報


Nurses offer flu vaccines tonight at Carmel Stadium Indianapolis Star, United States  (米国) カ-メル・フットボールスタジオでナースが今夜インフルエンザワクチンを接種
 カーメル高校フットボールチームは今夜、対戦相手のベン・デービス高校を打ち負かすために懸命に戦うが、訪問ナース・サービスは集まったファンにインフルエンザを打ち負かす為のワクチン接種サービスを行う。
 カーメル高校のナースであるキャロル・ゲラットさんと訪問ナース・サービスの彼女の仲間は、スタジウムのホーム側のブースで、午後5時から7時までの間待機している。
 6ヶ月以上の全ての人々がワクチン接種を受けることが出来る。ただし16歳以下の小児は保護者が同伴か、同意書持参の必要がある。
 料金は;

.6ヶ月から35ヶ月(半量接種):15ドル
• 3歳以上:25ドル
.鼻腔スプレー型ワクチン(2歳から49歳):35ドル
.チメロサール非含有ワクチン:40ドル
.チメロサール非含有ワクチン(6ヶ月から35ヶ月):35ドル
.肺炎球菌ワクチン:45ドル

 *10月10日にも当記事の予報が掲載。

*チメロサール:2000年6月に、アメリカ家庭医アカデミー(AAFP)、アメリカ小児科医アカデミー(AAP)、予防接種諮問委員会(ACIP)、公衆衛生協会(PHS)はワクチンに保存剤として含まれるチメロサールに関して共同声明を行った。チメロサールは水銀を成分として含み、混入感染を防ぐ目的でワクチン保存剤として使用されている。水銀の及ぼす身体への影響には一般の関心が高いこと、ワクチンから水銀を除去することが小児の水銀への暴露を減少させることにつながることを考慮して今回の声明がなされた。この声明で、AAFP・AAP・ACIPはチメロサール無添加ワクチンへの迅速な移行を求めている現行の政策を支持した。しかし十分量のワクチン供給が達成されるまでは、保存剤としてチメロサールを含むワクチンの使用はやむを得ないとした。ワクチン中のチメロサールによって健康上の被害を被ったという証拠は今のところ存在しない。(国立感染症研究所HPから)。
 国内で使用されているワクチンのチメロサール含量は痕跡程度(0.004mg/ml~0.008mg/ml)程度しか含まれていないが、非含有製品も徐々に出荷されている。しかし保存が効かないため、管理に注意が必要となっている(管理人)。

ソウルの漢江で斃死の野鳥8羽発見…ソウル市 鳥インフルエンザ検査 毎日経済  (韓国、ハングル)
 ソウル市内を流れる漢江沿いで、カルガモなどの野鳥8羽が斃死した状態で発見され、ソウル市が鳥インフルエンザ(AI)への感染を調査している。ソウル市によると、17日午前7時30分頃、漢江河口の安養(Anyang)川合流地点で斃死したマガモ4羽とカルガモ1羽、斃死寸前のカルガモ2羽が発見された。
 14日午前7時15分頃にも、安養川合流地点と加陽(Gayang)大橋の間で、斃死したカルガモ2匹とキジ1羽、斃死寸前のカルガモ1羽が発見された。
 ソウル市は斃死した野鳥を市保健環境研究院に移送してAI感染を検査する一方、さらに斃死した野鳥がいないか漢江沿いのサーベイランスを強化する。
 市関係者は「斃死した野鳥に特別な外傷はない。約2週間後の検査結果により斃死原因が明確になる」と述べた。H.I訳

Governors group identifies states' pandemic-preparedness gaps CIDRAP, MN  (米国) 米国州知事会、州におけるパンデミック・インフルエンザ対策の問題点を指摘
 この2~3年間、州におけるパンデミック対策は進んできているが、そこには大きな問題があることが全米知事会からの報告書で指摘された。すなわち保健医療分野と直接関係していない、行政機能の継続、ライフライン機能の維持、及び個人的対策への協力等。

原文

Cost of Severe Flu Pandemic Raised to $3 Trillion by World Bank Bloomberg  (国際) パンデミック・インフルエンザによる経済的損失は少なくとも3兆ドルに達する:世界銀行試算

 世界で7100万人が死亡する可能性のあるパンデミック・インフルエンザは、世界の経済を世界的不景気状況に陥れ、その損失は3兆ドル以上であると世界銀行が評価した。
 旅行業界、運輸産業、小売業界の落ち込み、企業での多数の欠勤者発生、そして低生産性により、世界的GDPは4.8%の低下が予想される。2006年6月に同銀行から発表された経済的損失モデルではGDPの3.1%低下で、金額で2兆ドルとされていた。
 必要とされる対策費の大部分は感染予防対策費であるとされる。
 それは鳥インフルエンザがパンデミックになった場合の対策である。
 人でのH5N1鳥インフル発病者は、今年度半数に減少しているが、家きんでの発生抑制対策が成功していることを意味している。
 「このような努力があっても、将来、いつか突然人でのパンデミックは発生しうる」、と同銀行のエコノミスト達は報告書に記載している。
 「このようなパンデミックは発生すると一気に拡大するため、さらなる対策の研究と世界規模での共同態勢が必要である」。
 以上意訳


Pandemic exercise to test quarantine plans Auckland airport to ... New Zealand Doctor Online, New Zealand  (ニュージーランド) オークランド空港でパンデミック模擬訓練
 今月末に、政府のパンデミック模擬訓練の一環として、オークランド空港の出入国ゲートラウンジで、パンデミック・インフルエンザ発病疑い者の発見(トリアージ)訓練が行われる。
 ”スプリングフィーバー訓練”と名付けられた2日間の模擬訓練は、保健省のパンデミック・インフルエンザ国内侵入阻止戦略が機能するか否かを検証するものである。

空港での入国者スクリーニング
 10月29日に行われる初日の訓練は、東南アジアから到着した航空機にパンデミック・インフルエンザを発病した乗客が搭乗していると設定で、オークランド国際空港を舞台に行われる。訓練責任者のジョーン・ガードナー氏が説明している。
 即刻ニュージーランドへの入国を拒否された乗客と乗務員は(地域のスポーツクラブからのボランティア達)、一箇所のゲートラウンジに集められ、症状をチェックされる。

病院へ回されるか、それとも隔離かの選択
 症状のある人はミドルモア病院へ送られ、すぐに医学的検査が必要とされない無症状の人は、近くのホテルへ8日間隔離され、観察される。保健省の検疫アドバイザー主任であるガードナー氏が説明している。

 健康チェックは、オークランド地区保健局国境管理チームから、保健師と医療官が参加する。

隔離計画を”戦争ゲーム”で論議
 国境での対策訓練の後、チームは保健省の隔離計画が実行可能なものかを、マンゲレのグランド・チャンセラーホテルで図上演習行う。
 ”戦争ゲーム”の手法を用いて、あらゆる角度から検討する。

訓練内容はオセアニア、アジア、南西太平洋地域の国から注目されている。
また訓練には。警察、税関、等の他の機関も参加する。

ニュージーランドでは、今回で3度目の訓練となる。
10月16日


A Drive-By Shot of Flu Prevention Washington Post, United States  (米国) 車に乗車したままインフルエンザワクチンの接種
 待ち時間は5~10分間。
 車で会場に行き、書類に記入し、ナースが体温を確認し、続いて次のナースがワクチンを接種する。
 米国CDCの発表では、今シーズンのワクチン量は史上最大で、1億4300万人分~1億4600万人分生産されたという。
VaxInnate To Present Positive Results From Clinical Trial Of ... Medical News Today (press release), UK  (英国) バクスインネート社、万能型インフルエンザ・ワクチンの臨床第一相試験で好成績
 バイオク企業で新発想のインフルエンザワクチン開発のパイオニアでもあるバックスインネート社は、万能型インフルエンザ・ワクチンの臨床第一相試験で、安全性と免疫原性試験で良好な成績を収め、今月ワシントンで開かれる第48回抗生物質と化学療法学会及び第46回米国感染症学会で発表する。
 バックスネート社の万能型ワクチンは、A型インフルエンザウイルス表面に存在するM2e蛋白を標的として、全てのA型インフルエンザウイルスに効果を現すとされる。
 8月22日にも同系の報道。
Central Africa states discuss bird flu prevention strategies African Press Agency, Senegal (セネガル) 中央アフリカ諸国、鳥インフル防止戦略について意見交換
 国連組織のFAOが主導し、中央アフリカ諸国の代表者がカメルーンの首都ドォウアラに集まって、鳥インフル対策に関して意見交換を行った。 
 アフリカでは、北アフリカのエジプトで多くの鳥インフルが発生していて、西アフリカではトーゴで報告されている。しかし中央アフリカでは報告はない。
 H5N1ウイルスを運んで渡り鳥が南下してくるのに備えている。
Idaho warns public about possible flu pandemic Northwest Cable News, OR  (米国) アイダホ州保健局:パンデミック・インフルエンザ発生の可能性を警告
 それはいつものインフルエンザとは違う、とアイダホ州ではパンデミック・インフルエンザ発生の可能性について警告している。
 世界は前世紀に3回、数百万人死亡するパンデミックを経験した。
 保健専門家達は、パンデミック・インフルエンザが再度発生することを警告しており、連邦政府も各州政府が直ちに対策を講じることを望んでいる。
 最近立ち上げられたパンミック・インフルエンザ専用ウエブサイトとは別に、アイダホ州保健局では、州の人々に対して準備を整えるように啓発キャンペンを1ヶ月に亘って開始している。
 「今、準備しなければならない」、とブッチ・オッター知事は語っている。
 新規専用サイトで、パンデミックの歴史や事実を知ることが出来る。
 ……

 アイダホ州のウエブサイトに関する報道は以前にも出ている。

3:20 pm - Pandemic Influenza Planning Guide Issued KARK, Little Rock  (米国) アーカンサス州保健局:企業BCP作成のためのパンデミック・インフルエンザ対策ガイドを発行

 アーカンサス州保健局では、企業主達のためのパンデミック・インフルエンザ対策BCP作成ガイドラインを出した。
 ガイドラインへ
 

 専門家達はパンデミック・インフルエンザはいつか起きると断言している。
 それは発生すると企業の被雇用者の40%は休業し、企業内の四分の一の部署は3~4ヶ月間閉鎖することになる。そして他の連携している企業も同じ状況に陥る。
 自然災害やテロとは違って、パンデミック・インフルエンザは広く拡大し、米国や他の国々で同時期に発生する。
 パンデミックはまた、同じ地域に数回に亘って発生する。各波は6~8週間続く。それらは1年以上に亘って繰り返される。
 パンデミックにおける被害を最低にするために、社会にとって重要なサービス請け負っている工場や企業における対策は必要不可欠なものである。
 ……

新型インフルで日中韓訓練 16日からソウルで(10/16 03:34) 北海道新聞
 厚生労働省は15日、新型インフルエンザの発生に備え、日本と中国、韓国が、初の合同机上訓練を16、17の両日、ソウルで実施すると発表した。
 第3国の小集団で始まった流行が、まず韓国に飛び火し、中国、日本にも広がるという想定。検疫や医療など複数の分野で、感染拡大の段階ごとに各国が取るべき対応策を検討、被害を最小限に抑える方法を3カ国が共同で模索する。
 訓練には、世界保健機関(WHO)担当者を含む20-30人が参加する予定で、結果をまとめた報告書は来月2日に北京で開かれる日中韓保健大臣会合に提出される。
 3カ国は地理的に近接し、人や商品の往来も盛んなため、この地域で新型が発生すると急速に拡大し、社会、経済に壊滅的な被害が出る恐れがあると指摘されている。
 厚労省は「中国では鳥から人へのインフルエンザ感染例があり、リスクのある地域との共同訓練には意義がある」としている。
10月15日

国内の動きから
 新型インフルエンザの発生が心配されるインドネシアで、患者発生を監視するサーベイランスシステムの支援事業に外務省が乗り出す。新型インフルエンザ対策で、日本が海外での患者対応にかかわるのは初めて。国立国際医療センター(東京都新宿区)の医師らを20日、現地に派遣する。国際貢献だけでなく、発生地域での実地経験を国内発生時の対応に生かす狙いもある。インドネシア保健省からの要請を受け、国際協力機構(JICA)が約3億8000万円の政府開発援助(ODA)を使い、同国中部の南スラウェシ州で3年間実施する。

一方、大流行が懸念される新型インフルエンザの発生に備え、長野県は14日、初めて大規模な対応訓練を行った。 訓練には、県警や医療機関も含めた約200人が参加。患者の搬送訓練のほか、流行の段階に応じて予想される課題について検討した。訓練の結果は、県が近く策定する「行動マニュアル」に反映される。市立岡谷病院では、県内初の患者が出たという想定で、実動訓練が行われた。一般病棟とは別の建物で、防護服に身を包んだ医師や看護師が診察。採取した検体の輸送、救急隊員の防護服や救急車の消毒方法などを確認した。一方、県庁内には対策本部を設置。各部局の担当者が、感染が拡大する「大流行期」に起こりうる課題を検討する模擬訓練を行った。衛生部は電話相談用の回線確保、県警は患者が病院に殺到することを想定した交通規制などに取り組んだ。

報道
新型インフルエンザ:発生監視へ医師派遣 外務省、インドネシアに 毎日新聞 
新型インフル初の訓練県、行動マニュアルに反映 読売新聞


明日から韓中日合同疾病対応訓練 毎日経済  (韓国、ハングル) 
 保健福祉家族部は、中国衛生部、日本厚生労働省と合同で新型インフルエンザに備えた韓・中・日合同危機対応訓練を、16日から2日間ソウルにて実施する。WHOがスーパーバイザーとなる今回の訓練は、3ヶ国のうち1箇所で新型インフルエンザが発生したという仮定のもと、3国が協力して被害を最小化する方策を検討する形式で行われる。
福祉部関係者は「韓・中・日は交流が多く地理的にも隣接しており、新型インフルエンザ発生時の伝播速度が早いため、社会・経済的に大きな被害を起こすことがあり得る。国家間の事前予防・対策の準備が重要だ」と語った。H.I訳
Ag Ministry outlines poultry plans Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア農業省、家きん対策計画の概要を発表
 ジャカルタ市内では、2010年までに小家きん農場の経営を禁止する予定であると発表された。
 鳥インフルによる人の死亡を予防するためである。14日の農業省発表による。またジャカルタ市内で生きた鶏を伝統的市場で売買されないようになることを期待している、とも声明を出した。
10月14日

Asian countries lagging in flu pandemic plans, UN Spero News (国際) 国連:アジア諸国はパンデミック対策が遅れている

 ほとんどのアジア諸国は、鳥インフル対策を強化しているが、人でのパンデミックが発生したときの、社会的および経済的大打撃に対する計画作成が遅れている。国連のインフルエンザ専門家の責任者が語った。
 「概して鳥インフルへの対策は進歩しているが、パンデミックに対する社会全体における多面的対策は遅れている」、と国連インフルエンザ対策主任調整官であるデービット・ナバロ氏がバンコクでIRINに語った。
 IRIN:統合地域情報ネットワーク。1995年に設立された国際連合人道問題調整事務所 (OCHA) によるアジアの一部、中東、サブサハラ・アフリカにおける、紛争・災害情報等の普及を目的とした独立した報道部門である。1994年のルワンダ虐殺と大湖沼地帯での難民危機を契機として人道援助関係者その他に広く情報を提供する目的で設置された。

Local officials learn how to raise awareness about bird flu in Myanmar UNICEF (press release), NY  (米国、ユニセフ) ミャンマー;地域の保健・獣医担当者、鳥インフル啓発方法を学ぶ
 60人以上の保健および家畜衛生専門家達は、鳥インフルの啓発計画を開始する準備が出来た。啓発計画は、シャン州、ニャンシュでこの3日間行われたトレーニング期間の間に草稿された。

 計画の目的は、鳥インフル発生の危険性が高い地域で、発生を防止することに寄与することである。特にトレーニングが行われたニヤンシュは、野鳥の南北飛行路にあたる、野鳥聖域である湿地帯に近い。
 トレーング内容
 ・コミュニケーション・スキルの改善
  家畜省、保健省、地方当局、およびユニセフが協同的に行った。 
  鳥インフルに関する情報を地域の家庭やコミュニティーメンバーに伝える技術の習得
  ユニセフは国連の、世界各地域における鳥インフルのリスクコミュニケーションを図る役割を持っている。そして日本政府が190万ドルの経済的支援を行っている。
 ・地域社会における予防対策のメッセージの伝達
 ・情報伝達の方法
  ポスター、パンフレット、子供達へのブックレット、テレビ、ラジオ。
  2006年度の調査では65%の国民が鳥インフル情報に接する方法を知らず、かつその予防方法を知っていなかった。
No bird flu case since May: government Financial Express, India  (インド) インド政府:5月以来、鳥インフル発生はなし
 鳥インフルの発生は5月以後ないが、国際動物保健機関(OIE)に、鳥インフル封じ込め報告をいまだ出さずに観察の強化を続けている。OIEで鳥インフルが発生していない”清浄国”と認められるためには、最終的発生があり、その消毒などが完了して3ヶ月間発生が無いことを申告する必要がある。
10月13日


Record Amount of Flu Vaccine KIMT, IA (米国、アイオワ州) インフルエンザワクチン量は過去最大
 州のインフルエンザワクチン接種啓発記事。
 米国CDCによると製造ワクチン量は史上最大とされる。
Preventing an Outbreak: McCain and Obama on Pandemics Popular Science, NY  (米国、ニューヨーク) 米国大統領候補マケーンとオバマのパンデミック対策
 両者のパンデミック対策に関するテレビ討論の話題。
 6つの質問に両者が答える。
Pandemic Flu Models Improve Food, Quarantine Strategies Newswise (press release) (米国) パンデミック・インフルエンザ発生時に、食料配給、学校閉鎖等の対策決定に役立つ被害発生予想モデルが発表
 ジョージア工科大学の研究チームが作成。
 パンデミック・インフルエンザはいつ、どのような規模で発生するのかは不明。
 研究チームは、米国赤十字やジョージア教育局が緊急対応計画を作成するのを支援するモデルプログラムを考案した。
 どの程度のパンデミックで、どの程度の食料が必要になるのか。どのように配布するか。
 学校閉鎖に関して、他。
10月12日

米国各地で”ドライブスルー方式のインフルエンザワクチン接種が始まっている。目的は短時間でワクチンの接種と、医薬品の地域住民への配布である。パンデミック・インフルエンザに備えて、今年から訓練を兼ねて実施している地域が多い。


FLU SHOTS: Clinic held today in York York Daily Record, PA (米国、ペンシルバニア州) インフルエンザワクチン:ヨーク郡でドライブスルー方式クリニック開設
 ヨークエクスポセンターで本日午前10時から午後4時まで、ドライブスルー方式のインフルエンザワクチン接種クリニックを開設する。9歳以上の全ヨーク州の住民が対象である。
 接種希望者はカーリスル・アベニュー入り口から入り、指定された場所まで車を進め、そこで車の窓を開けて、必要書類に記入してから袖をまくって、ワクチンの接種を受ける。
Health department offers drive-through flu shots Great Falls Tribune, MT  (米国、マサチューセッツ州) 保健局、ドライブスルー方式ワクチン接種を開始

 ドライブスルーはハンバーガーやポテトチップを売るのではなく、市の郡保健局が9日開いたそれは、インフルエンザワクチンの接種であった。
 イベントは、モンタナ・エクスポパークで開かれた。それはパンデミック・インフルエンザや、他の緊急事態に際して応用される新ワクチン接種方法のトライアルを兼ねた。
 人々を一同に集め、ワクチン接種と医薬品の提供が目的とされる。


Drive-Thru Flu Clinic WSAZ-TV, WV  (米国、ウエスト・バージニア、オハイオ州) ドライブスルー方式ワクチン接種クリニク 
 高校の駐車場で700人の18歳以上の成人を対象にインフルエンザワクチンの接種を11日(土曜日)行う。市民は車に乗ったまま接種可能。ナースが行う。
Drive-through flu shots available in Seattle KING5.com, WA (米国、ワイオミング州) シアトルでドライブスルー方式インフルエンザワクチン接種が開始
バージニア・マソン・メディカルセンターでは、プジェサウンド周辺でこの秋に、ドライブスルー方式ワクチン接種クリニックを開設する。
 ワクチン接種は、市民が車に乗ったまま受けることが出来る。
 ワクチンは登録された一般開業医により行われ、市民は車で駐車場に入り、渡された申込書に記入して、それからワクチン接種を受け、そして立ち去る。

Drive Through Flu Shot Clinic KGWN, WY  (米国、ワイオミング) ドライブスルー方式ワクチン接種クリニックが開設
 11日、冬の到来を思わせる天気であったが、ララミー郡では、”ドライブスルー方式ワクチン接種クリニク”が開かれた。
 100人以上の人々が、フロンティア駐車場に並んだ。
 当局によると、ドライブスルー方式クリニックは、パンデミックやテロによる生物兵器攻撃に際し、地域内の大勢の対象者へのワクチン接種に適している。我々は市民にほとんど接触すること無しにワクチン接種が出来る、と担当者は説明している。
 今年で2年目の開催である。
10月11日

国内の動きから

 ハクチョウなど野鳥の本格的な渡来シーズンを前に、福島市は、「あぶくま親水公園」(同市岡部)での野鳥への餌付けを自粛するよう、公園の利用者に求める方針を固めた。鳥インフルエンザへの感染の恐れを懸念したため。今回、福島市が餌付けの自粛に踏み切る背景には、近県で鳥インフルエンザウイルスが確認されたことがある。今年4月には秋田県・十和田湖のハクチョウから強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出され、5月には北海道の野付半島などでも同型のウイルスが見つかった。感染した野鳥に接触すると、人にも感染する恐れが否定できないため、秋田県は全市町村に餌付けの自粛を要請。ハクチョウの飛来数日本一で知られる山形県酒田市の「最上川スワンパーク」でも、今季の餌付けを実施しないことが今月、決まった。

 大阪市中央区のベンチャー企業「ジェイシーエス」が、ヒノキやヒバから抽出した天然成分「ヒノキチオール」を使って、インフルエンザウイルスの感染力を抑える消毒液を開発した。11月中旬から発売を始める。大流行が懸念される新型インフルエンザへの効果も期待できるという。
 *インフルエンザウイルスの消毒薬…。どのように使うのだろうか?まず今冬のインフルエンザシーズンで使用し、どのような効果があるのか実証すべき。実証されずに実験室内だけで効果が確認されても商品化の意味はなし。

 新型インフルエンザ発生に備え、長野県は14日、県庁と県諏訪合同庁舎、岡谷市立岡谷病院などで初の対応訓練を行う。訓練では、国内初の患者が確認された「国内発生期」、県内で初めて感染が疑われる患者が発生した「県内発生期」、県内の入院患者が50人を超えた「大流行前期」、県内全域に感染が拡大した「大流行期」の4段階を設定。県庁と県諏訪合同庁舎、岡谷市役所に対策本部を設け、段階ごとに対応を協議する。
 

報道
野鳥の餌付け自粛へ 読売新聞 
新型インフル抑制に期待、ヒノキから消毒液…大阪のベンチャー 読売新聞
新型インフルエンザに備え 14日に対応訓練 信濃毎日新聞


Bird flu cases discovered in Germany; no risk for Bulgaria Focus News, Bulgaria  (ブルガリア) ドイツで鳥インフルが発生;しかしブルガリアには危険性はない
 ドイツでH5N1鳥インフルが見つかった;しかしブルガリアには心配はない。国立獣医学局准教授のゼコ・ベイチェフ氏が発表した。
 感染した鳥はドイツのザクソニー州のゴルリツ町で、ポーランドとチェコ共和国の国境近くにある。800羽近いカモ(wild duck)と550羽近い雌鳥、及び20羽の七面鳥が殺処分された。ウイルスの確定は10日午後に行われ、感染は既に封じ込まれ、また10キロの安全区域(safety zone)が設けられている、と同氏は語っている。
Germany reports case of deadly bird flu France24, France  (フランス) ドイツ、致死的鳥インフルの発生を報告-今季EU初

 ドイツに当局は致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたために、当該農場の家きんを殺処分していると、ヨーロッパ委員会は10日発表した。
 EUでは今年度初めての高病原性鳥インフルの農場における発生である。もっとも2月には英国の野鳥の間で発生したことはあった。
 ドイツの当局者は9日ブリュッセルで、ポーランド国境近くのザクソニー州で鳥インフルが発生したことを委員会に報告し、定められた危険地域を設定した、と委員会では発表した。
 またドイツの当局では、がちょうとアヒル1350羽と鶏と七面鳥65羽を殺処分したと報告している。
 委員会によると、鳥インフルが発生した場合の必要な措置をドイツは全てとっていると発表し、その中には半径3キロの予防区域-家畜や人の出入りが非常に厳しく制限されている-と、10キロメート以内の監視区域が設けられている。

10月10日


病院や薬局にも防護服やマスク 新型インフル対策 佐賀新聞 

 新型インフルエンザの感染拡大防止策として佐賀県は、初期対応する県内19医療機関と薬局30カ所に感染防護服や専用マスクなどを配備する。保健所などの出先機関への配備例はあるが、医療機関や薬局まで含むのは「全国でも珍しい」(県健康増進課)という。  配備個所は、県立病院好生館や唐津赤十字病院など5つの感染症指定医療機関と佐賀大医学部付属病院、さらに初期対応指定の13医療機関。これらの医療機関の周辺にある薬局30カ所にも配備する。
 配備するのは、感染防護服3500着、小型ファンを内蔵した専用マスク38個、院内感染を防ぐための受診者用マスク5万人分、医療従事者の感染予防用のタミフル(310人、10日分)。事業費は約1800万円。
 感染拡大を防ぐためには、感染者が最初に受診する医療機関や薬を処方する薬局での対応が重要。県健康増進課では「装備整備と同時に、封じ込めの対応法も浸透させたい」としている。
 県では、2005年に新型インフルエンザの流行段階ごとの対応をまとめた行動計画を策定。地域ごとの細かな計画を盛り込んだ改訂版の素案作りを進めている。


国内の動きから

 日本経団連の国民生活委員会(岡部正彦委員長)および同委員会企画部会(高尾剛正部会長)は2日、東京・大手町の経団連会館で新型インフルエンザ対策に関する懇談会を開催し、内閣官房副長官補室の伊藤義典参事官ほか関係省庁担当官から、新型インフルエンザ対策における基本方針(案)および新型インフルエンザワクチン接種の進め方(第1次案)について説明を聴くとともに意見交換を行った。詳しくは下記の経団連タイムズを参照。

 各地域へ北からの渡り鳥が飛来する季節となっている。最上川河口に白鳥が飛来したが、愛する会は今年、鳥インフルエンザ問題への懸念から、長年続けてきた餌付けを初めて取りやめることを決定した。

*元気の良い白鳥はH5N1鳥インフルには罹患していない。病的になった、または死亡している白鳥を見つけたときは、側に近寄らないで行政当局に連絡する。H5N1ウイルスが感染している場合は、周辺にウイルスが飛散している場合もあるから、感染対策は十分行うことが必要となる。

報道
-新型インフルエンザワクチン接種の進め方などめぐり意見を交換 日本経団連タイムス
ようこそ冬の使者 最上川河口にハクチョウ初飛来 河北新報
鳥インフルエンザ:水鳥の餌やりは直接接触避けて 大崎市が対策検討 /宮城 毎日新聞 
 



Public urged to not be complacent over flu jabs Isle of Man Today, UK  (英国) 英国、インフルエンザワクチンを軽視しないように
 高齢者、慢性疾患を保有する人々はインフルエンザワクチンを必ず接種するようにと、公衆衛生局長官が促している。
 12月末までには、65歳以上の高齢者層の75%に接種を終えるようにしたいと、語っている。
 家きん農場で家きんと接触している作業員は、無料でインフルエンザワクチンを接種できる。通常の季節性インフルエンザと鳥インフルエンザが同時に感染すると、体内でウイルス同士が遺伝子組み換えを起こして、新型ウイルスが誕生する危険性があるからだ。
German State Says Bird Flu Case Found Javno.hr, Croatia (クロアチア) ドイツで鳥インフルが検出

 ドイツのザクソニー州当局は、9日、8日遅くに、ポーランド国境近く、ドレスデン近くの農場のアヒルでH5N1ウイルスが検出されたことを発表した。今年初。渡り鳥によりもたらされたかどうかは不明。
 *この春以降、欧州では初のウイルス検出と思われる。今後各国の渡り鳥対策と家きん飼育の監視が強化されると思う(訳者)。
       
Flu vaccines to be offered at Carmel football game Indianapolis Star, United States (米国、インディアナポリス) 
 カーメル・フットボールチームはベンデイビスと10月17日試合を行う。その日、訪問看護サービスが集まるファンに対してインフルエンザ・ワクチン接種サービスを行う。
 カーメル高校の看護師であるキャロル・ゲラートさんと、訪問看護サービスからの仲間が、スタジアムに夕方5時から7時までの間待機していて、スタジアムのホーム脇のブースでワクチン接種サービスを行う。
 6ヶ月以上の地域住民はワクチン接種を受けることが出来る。16歳以下の子供は保護者からの接種承諾書が必要である。

ワクチン接種料金は:
 インフルエンザワクチン接種、3歳以上:25ドル
 半量接種(6~35ヶ月):15ドル
 肺炎球菌ワクチン接種:45ドル
 保存剤(チメロサール*)無添加ワクチン、半量:35ドル
 同上、全量:40ドル

 *2000年6月に、アメリカ家庭医アカデミー(AAFP)、アメリカ小児科医アカデミー(AAP)、予防接種諮問委員会(ACIP)、公衆衛生協会(PHS)はワクチンに保存剤として含まれるチメロサールに関して共同声明を行った。チメロサールは水銀を成分として含み、混入感染を防ぐ目的でワクチン保存剤として使用されている。水銀の及ぼす身体への影響には一般の関心が高いこと、ワクチンから水銀を除去することが小児の水銀への暴露を減少させることにつながることを考慮して今回の声明がなされた。この声明で、AAFP・AAP・ACIPはチメロサール無添加ワクチンへの迅速な移行を求めている現行の政策を支持した。しかし十分量のワクチン供給が達成されるまでは、保存剤としてチメロサールを含むワクチンの使用はやむを得ないとした。ワクチン中のチメロサールによって健康上の被害を被ったという証拠は今のところ存在しない。(国立感染症研究所HPから)。
German state says bird flu case found Reuters AlertNet, UK  (英国) ドイツ、鳥インフルが発生と発表
 ドイツのザクソニー州当局は、9日、8日遅くにドレスデン近くの農場のアヒルでH5N1ウイルスが検出されたことを発表した。株が高度に感染性あるものか検査中であるという。ウイルスは1400羽のアヒルを飼育している農場における、定期的検査で見つかったという。全アヒルは殺処分される予定。

 *この報道内容では強毒性H5N1ウイルスとは断定されていない。弱毒性株である可能性もある。アヒルの定期的検査で見つかったというから、高度致死的H5N1ウイルスではないかも知れない。

Bird flu returns to Germany Earthtimes (press release), UK  (英国) 鳥インフル、ドイツで再発生
 トイツ東部のザクソニー州のアヒル農場でH5N1鳥インフルが発生したと、当局が9日発表した。今年度ドイツでは初めての発生である。
 発生場所はポーランド国境に近いゲルリツで、当局では農場の全アヒルを殺処分する予定としている。
 北部リームのバルチック島のドイツ国立動物衛生研究所では、昨年12月に1事例発生後、発生危険レベルは中等度に下げていたので、今回の発生は予想外であるとコメントしている。
 どの程度の国内の野鳥が感染しているかは不明とされる。最近はドイツの近隣ではH5N1ウイルスが検出された報告はなく、ここ数ヶ月はウイルスはアジアでのみ報告されている。

10月9日



国内の動きから

 日本旅行医学会は10月31日、「新型インフルエンザ対策セミナー」を開催する。セミナーでは、ヒトからヒトへの感染変異が起こった場合、「新型インフルエンザ」についての正確な情報や対策を、専門家を招き、実践的な要素を多く取り入れ説明する。

 県の「新型インフルエンザ対策専門委員会」が7日、新潟市で開かれた。県は発生時に住民向け相談窓口を開設する主体として、市町村を想定していることを明らかにした。
 相談窓口は電話で開設し、住民の混乱や不要な受診を防ぐための情報提供に当たる。当初は13保健所を開設場所に想定していたが、きめ細かい対応には市町村の機関による開設が望ましいと判断した。県は今後、市町村職員用の相談マニュアルを作成する。

*市町村で相談マニュアルを見ながら電話対応とは?新型インフルエンザはそんな事務的業務で事足りるのだろうか…(管理人)。

報道
日本旅行医学会、新型インフルエンザ対策セミナーを開催-10月31日 トラベルビジョン 
新型インフル電話相談窓口開設 新潟日報 


特掲
全北CBS 金ヨンワン・李ギュンヒョン記者、今月の記者賞受賞  全北中央新聞 (韓国、ハングル)

 *今春の韓国における家きんでのH5N1鳥インフル大流行の状況と、ウイルスがオウムの密輸によりもたらされた可能性を追求したレポートが韓国記者賞を受賞した話題。

 全北CBSの金ヨンワン・李ギュンヒョン記者の「AI企画レポート、残酷な春とオウムの警告」が韓国記者協会企画報道分野で「今月の記者賞」を受賞した。

 「AI企画レポート、残酷な春とオウムの警告」は地域言論の限界を克服した秀作と評価され、審査委員16人中15人の圧倒的な推薦を受けて受賞作に選定され、後続報道いかんによっては「2008年韓国記者賞」候補可能性もある。
 「AI企画レポート…」は、今年4月に全北はもとより全国の家擒類を焦土化させた鳥インフルエンザの発生から防疫解除に至るまでを1~2部にわたり1時間のドキュメンタリー形式で、実態と問題点を挙げている。
 特にAI(鳥インフルエンザ) 発生原因を解明するにあたり、オウム密輸がAI感染源である可能性を指摘し、これに対する関係当局の対策作りを促した点が好評を博した。
 国家間で盛んなオウム密輸実態取材のため、密輸の温床として知られるタイ バンコクの「チャトチャック」市場潜入取材を断行した記者は、取材途中に現地商人たちに連行され、20分余りの拘束のうえ取材テープや名刺を奪われたのち釈放されるという経験もした。
今 回の授賞で金記者は「韓国放送大賞」、「今年の全北記者賞」などに続き、韓国記者協会主催「今月の記者賞」を受賞し、その多数の受賞歴にまた一つの記録を追加したことになる。
H.I訳

Vaccine can protect against bird flu in seven days Telegraph.co.uk, United Kingdom (英国) パンデミックワクチンは接種後7日以内で効果-プレパンデミックワクチンの事前接種による戦略
印刷用ファイル
 プライマーワクチン(免疫的記憶を生体の免疫系に植えつけるためのワクチン)は、パンデミック発生の8年前までに投与すれば、ブースターワクチン(免疫を呼び戻し、抗体産生を促すために接種する2回目のワクチン)を1回接種することで、完全に免疫が得られる。英国チームによる研究発表がなされた。
 科学者達は今回の研究成果から、もしパンデミックが急速に世界に拡大したとしても、ワクチンで迅速に予防可能と考えている。

 従来法でのワクチンは、4週間空けて2回接種するが、その後免疫が出来るまでさらに2週間かかる。
 1回目(プライマーワクチン)→4週後、2回目(ブースターワクチン)→2週後、免疫獲得
 *ワクチンの種類にプライマーとブースターの2種類があるのではなく、投与する際の目的から機能的にそのように名付けているだけである。

 英国のライセスター大学病院での研究結果では、約80%の被験者がブースターワクチン接種後7日以内に免疫が得られた。この結果は、従来法で得られる免疫効果と大体同じ結果となっている。
 (1回目ワクチン:7~8年前に接種)→2回目(ブースターワクチン)→1週後免疫獲得
 *数年前に2回ワクチン接種を受けていた被験者に、今回ワクチンを接種したということ。

 研究を主導したアイアイン・ステフェンソン医師は、
 「プライマ-ワクチン接種に、保健医療関係者のような特定の職種の人々をあらかじめ選んでおき、暇なときに接種しておけば、後は感染予防が必要になったとき、ブースターワクチンを接種すれば、1週間で十分な免疫が得られる」、と語っている。
 今回の研究では、第2回目のブースターワクチンはH5N1ウイルスを含んでいるが、最初のワクチン(プライマーワクチン)にはH5N3ウイルスとして知られる株が使われていた。このプライマーワクチンは、1999年から2001年の間に接種されていた。両ワクチンともノバルティス社(Novartis)のワクチンで、アジュバントとしてMF59を含む。
 プライマーとブースターのワクチン株は同一で無くてもよく、今回の研究からは、H5亜型株であれば交差免疫が得られることが示されている。ウイルス粒子表面蛋白のH5が抗原として作用しているものと考えられる。

 ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)への発表論文(これは編集者への手紙)によると、先にプライマーワクチンが接種されていた被験者では、ブースターワクチン接種1週間後に80%で十分な免疫が成立し、他の(プライマーワクチン未接種群)グループでは20%に過ぎなかった。
 ステフェンソン医師によると、政府はプレパンデミックワクチンを備蓄しているが、もしパンデミックが突然発生した場合、それらをどのように使用するか、いまだ明らかになっていないと言う。
 「ワクチンが1ヶ月間隔で2回接種必要で、さらに免疫が獲得されるまで2週間必要だ」、と同医師は説明する。
 「もしパンデミックが明日発生した場合、備蓄ワクチンがあったとしても、パンデミックが英国に拡大するまで6週間以上要するという保障はない。しかし今回の研究で、前もって、6年、7年、または8年前にワクチン接種しておけば、ただ1回のワクチン接種で1週間で免疫が獲得出来ることが確認された」。

New Avian Flu Vaccine Strategy Proposed Forbes, NY  (米国、ニューヨーク) 新鳥インフルエンザ・ワクチン戦略が提唱
New Avian Flu Vaccine Strategy Proposed U.S. News & World Report, DC  (米国、ワシントン) 新鳥インフルエンザ・ワクチン戦略が提唱
 昨日報道の英国ライセスター大学( University of Leicester )の研究。
 7年前にH5亜型株ワクチンを投与されていた24人のボランティアに、新規H5N1ワクチンを投与したら、1週間後には十分量の抗体が産生された。新規ワクチンを2回投与した群では抗体産生まで6週間要した。
 
 7年前 H5亜型株ワクチン接種者→新規H5N1ワクチン接種→1W後に抗体産生
 以前にワクチン接種なし→新規H5N1ワクチン2度接種→6W後に抗体産生

 先に別な株によるワクチン投与を受けていたなら、2回目に投与されるH5N1ワクチンに迅速に反応して早期に抗体が産生されることから、研究者達は、プレパンデミックワクチンをあらかじめ投与しておいて、実際のパンデミックが数年後に発生した場合に、迅速に作成されたパンデミックワクチンを少量投与することで、パンデミック・ウイルスに対する免疫が短期間で成立すると考えている。

研究者達の提案
・プレパンデミックワクチンは、事前投与することで意義がある。
・株が異なっても、数年後に投与されるパンデミックワクチンに迅速に反応して抗体が産生(交差免疫)

 
Vaxin begins pandemic flu study using Birmingham volunteers The Birmingham News - al.com, AL  (米国、アラバマ州) バキシン社、バーミングハム市民を対象にパンデミック・インフルエンザワクチンの臨床試験に
 バーミングハムに本社を置くバキシン社(Vaxin)は、非常に感染力の高いインフルエンザに対する鼻腔スプレーワクチンの臨床試験をバーミングハム地域の住民を対象に行う。
 年齢19歳から49歳までののボランティアを対象に臨床第一相試験がアラバマ大学のアラバマワクチン研究クリニックで行われる。
 2年間の研究には、世界でパンデミックを起こす可能性が指摘されている株を含む、強毒性インフルエンザ株に対して、バキシン社の開発しているワクチンがどの程度効力を持つかが中心となる。
 安全性と免疫源性の確認が目的である。
 バキシン社では他に、鳥インフルワクチンが臨床第二相、そして他の人の季節性インフルエンザワクチンが臨床第一相試験下にある。
 バキシン社のホームページ:Vaxin Inc

 *今回発表のワクチンに関して、その詳細な株は分からない:訳者
10月8日


国内の動きから

 セコムトラストシステムズ株式会社は、同社の、「セコム安否確認サービス」に携帯電話やパソコンからチェック項目にチェックするだけの簡単操作で、社員の感染状況や出社可否などの情報を速やかに収集することが可能なサービスを追加した。収集した情報を基に、全社員に的確な指示を出すことで、事業継続への影響を最小限に抑えることができるとされる。
 「新型インフルエンザ」のチェック項目は、以下の通りとなっている

●社員の罹患(りかん:病院で新型インフルエンザと認定された患者)状況
●出社可否
●ワクチン接種状況
●インフルエンザ特有の症状

報道
新型インフルエンザ対応安否確認  セコム


New Study Determines Double Flu Jab Needed Against Bird Flu Pandemic FemaleFirst.co.uk, UK (英国) 新研究、パンデミック・インフルエンザに対して2度のワクチン接種が必要と
 英国ライセスター大学( University of Leicester )の研究者が、パンデミックに際してワクチン接種が最も良い予防方法であるが、その為には2度のワクチン接種が必要と結論した。
 研究結果は(世界的医学雑誌である)「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New.Engl.J.Med)」の10月9日号に発表された。
 結論は以下の通り。
 ・7年前に人用H5亜型株ワクチン接種を受けていた人に、新しいH5N1ワクチンを接種すると1週間後には80%で有意な抗体産生が認められた。一方、先にワクチン接種を受けていない人では、2回のワクチン接種が必要で、抗体産生も接種後6週間経過してから認められた。
  以上の事実から、H5亜型株ワクチン接種を受けていた場合、数年後に他の株によるH5N1ワクチン接種を受けても、先のワクチンによるプライム効果が残っていて、抗体産生はすぐに始まる。
  H5亜型株プレパンデミックワクチンの事前接種が有効と考えられる。2回目のブースターに用いられる株がやはりH5亜型株ワクチンである限り有効と考えられる。
FAO conducts bird flu research activity in Cambodia Xinhua, China  (中国、新華社) FAO、カンボジアの鳥インフル研究を支援
 国連組織のFAO(国連食料農業機関)は8日、カンボジアにおける鳥インフルエンザ研究活動に関する、3日間のワークショップを開始した。
HEALTH: WHO Warns Against 'Bird Flu Fatigue' Inter Press Service, Italy (イタリア) WHO、鳥インフル疲労の警告
 どこでパンデミックが発生した?
 これは最も多く保健専門家に対して向けられる質問である。それは発生したなら世界で35%の人が発病するだろうと、パンデミックについて専門家から警告された後、続けられてきた。
 専門家は、パンデミックは繰り返される事象である故、いつでも発生する可能性があると警告する。彼等は、もしパンデミックが現在発生したなら、世界中で旅行客が非常に多いことから、3ヶ月足らずで世界中に広がり、世界の医療機関は大勢の発病者の対応に苦慮するだろう、と懸念している。
 専門家達は鳥インフルが次のパンデミックを引き起こす可能性が高いと指摘してきた。
 しかしながら、最近鳥インフルに関するニュースは、1年前に比べて非常に少なくなっている。この変化はある人々にとって良い方向性と捉えられるかも知れないが、一般社会に対して誤った安全性の意識を植え付ける可能性もあり、それをジュネーブに本部を置くWHOの心配の種となっている。

 WHOのマニラにある太平洋地域本部の当局者は、人々は鳥インフル問題に無感情となりつつあり、自分達を感染から予防しようとする警戒感が低下してきているように思えると語っている。
 「私は”鳥インフルエンザ疲労”、または無感情が人々の中に漂うのを観察した」、と地域伝染病監視と対策の顧問であるタケシ・カサイ医師が語った。
 「彼等は既に十分対策は行ったと考えているが、それがWHOが心配していることなのだ」、と同医師はIPSに語った。
 初めて鳥インフルが人に感染した報告がなされたのは、1997年である。ウイルス、すなわちH5N1ウイルスは種の壁を越えて、鳥から人へ、感染家きん、または排泄物で汚染された物の表面との直接的接触で感染し始めた。
 WHOによると、これまで人の発病者は387人いて、そのうち245人が死亡している。多くは家きんが放し飼いされている田舎で発生している。多く発生している国は、インドネシア、ベトナム、タイ、エジプト、そして中国である。
 もっとも最近の報告は、インドネシアから先月の9月になされていて、それは7月に発病した男性の事例であった。
 保健専門家達はH5N1ウイルスを詳細にモニターしている。その理由は、ウイルスがパンデミックを起こす場合のクライテリア3つのうち2つが既に起きているからである。すなわち当該ウイルスが新規インフルエンザウイルス亜型株であること、それは人に感染して重篤な症状を起こすことである。3つ目の状況は通常のインフルエンザのように人人感染を容易に起こすように変異することである。
 「鳥インフルが次のパンデミックを起こす危険性は同じである。それが2003年に東南アジアで発生して以来、何も変わってはいない」、とカサイ医師は警告する。
 同医師は、鳥インフルウイルスは変異し続けていると言う。
 「1997年、(初めて人での発病者が香港で出た年)、ウイルス株はたった1系統しかなかった。しかし、今、10以上の系統株が誕生している。ウイルスの変化を我々は既に観察しているのだ」。
 人にウイルスが感染する機会がある限り、H5N1ウイルスがパンデミックを発症させる能力を身に着ける危険性がある。そしてこのような機会は、ウイルスが鳥の間で蔓延している限り続くのだ、とWHOは説明する。
 WHOは、H5N1ウイルスが多くのアジアの国々で根付いてしまい、より多くの人々に感染する危険性があることを心配している。そうしたなら新規の感染事例が起きるたびに、ウイルスに人に感染しやすくなる機会(変異の機会)を与えることになるからだ。

 家きんでの鳥インフルの発生は続いているが、人での発生数はいまだ限定的である。この事実はカサイ医師にとって”良いニュース”として捉えられている。保健教育と情報伝達のプログラムが、人の間における感染率を低下させてきている要因かも知れないと、同医師は考えているようだ。
 9月末にマニラで開かれたWHOの地域会議で、代表者達は各国の対策が既に著しく改善していることに注目した。監視態勢と反応態勢の強化により、ウイルスが感染を引き起こしている国では、人の発病者発生に対する迅速な反応と、国民からの信頼性が十分得られていることに、代表者達は注目した。
 WHOは各国の検査体制や行動計画作成に協力している;ラオスでは2007年11月に迅速封じ込め訓練を行い、それに引き続き、2008年3月にはフィリピンでも訓練が行われた。
 さらに数カ国で、感染対策、検査室のバイオセキュリティー、およびフィールド疫学練習(感染者発見とそこからの感染拡大の調査:訳者)の強化が行われた。

 カサイ医師は結論として次のように語っている。
 「我々が未だパンデミック・インフルエンザを経験していないということは、単に運が良いだけの話で、我々WHOは、一般社会に対策を中断しないように警告する義務がある」。

「新型インフルエンザに備え抗ウイルス剤を備蓄せよ」  medifonews (韓国、ハングル)
 尹ソクヨン ハンナラ党議員は、新型インフルエンザに備え抗ウイルス剤を適正に備蓄しなければならないと主張した。
 WHOは各国家で人口の約20%にあたる抗ウイルス剤を備蓄するよう勧告している。
 韓国では2004年度に50万人分を備蓄していたが、2007年には計124万人分の抗ウイルス剤を備蓄した。
 特に今年は本予算(90億ウォン)と予備費(173億ウォン)などを費やして116万人分の抗ウイルス剤を購入、全人口の5%にあたる240万人分を備蓄したが、使用された量を考慮すると実際の備蓄量はこれよりはるかに低い水準だと指摘する。
 尹議員は「先進国のように、人口の20%に当たる1000万人分の抗ウイルス剤を備蓄しなければならない。 このためには約2500億ウォンの予算が必要となるため、別予算を編成して備蓄量を確保しなければならない」と声を高めた。H.I訳
New Idaho Health Website Warns of Flu Pandemic Fox 12 Boise ID (米国Mインディアナ) アイダホ州保健局の新ウエブサイトでパンデミック・インフルエンザ啓発
 アイダホ州(人口136万人)は、州民にパンデミック・インフルエンザに対する準備を呼びかけている。
 知事を含む州の指導者達は、州民にパンデミック・インフルエンザの危険性を理解してもらい、いかに備えるべきかを知ってもらうためのウエブサイトを創設した。
 そこでは20世紀に3回のパンデミックが発生したことと、多くの専門家達がさらにいつかパンデミックが起きることを確信していることが書かれている。
 最も大きなリスクを持ったパンデミックは、鳥インフルエンザから発生してくると考えられており、それはいまだ容易に人人感染を生じないが、変異によっていつでもそのように変わり得るという。
 「我々の用意したウエブサイトで、家族が備えるべきチェックリストを示してある。家に留まるよう指示された場合に備えて、2週間分の食料と飲料水を家庭に備蓄しておく必要がある。職場で、パンデミックに際して、どのような役割を個々の人々が担うかを決め、欠勤者が出た場合に備えて、クロストレーニングを行う必要がある」、と州保健福祉局のトム・シャナハン氏が語っている。
 このウエブサイトを紹介するマスコミのキャンペンが1ヶ月間続けられる。
 ウエブサイト
 *はっきり言ってこれはすごい。人口136万人の州でこれだけパンデミック・インフルエンザ啓発専用ウエブサイトを用意するとは。知事自ら啓発の言葉を流している。必ずクリックしてご覧あれ。行政関係者の方は上司、首長にも教えて欲しい。

H5N1 Human Vaccine Developed in Korea 동아일보, South Korea  (韓国) 人用H5N1ワクチンが韓国で開発
 韓国のチャングナム国立大学の研究チームが、遺伝子組み換え技術による人用H5N1ウイルスワクチンを開発したことが発表された。フェレットの実験で成功したという。ウイルスが培養されている培養細胞株は(human-infecting avian influenza germ cell lines)、WHOと米国CDCから移用する許可を得た。
UK's Jersey targets poultry workers for flu vaccinations SmartBrief, DC  (米国) 英国のジャージー島で、家きん業者にワクチン接種を勧奨
 英国チャネル湾のジャージー島保健当局では、今年度のインフルエンザワクチン・キャンペーンを開始し、家きん業者へ鳥および人インフルエンザ予防の為にワクチン接種を呼びかけた。また、ペンションや高齢者施設で働く人々に対してもワクチン接種を呼びかけている。
 英国ジャージー島
*鳥インフルエンザ予防のためにも、季節性インフルエンザ・ワクチンの接種を呼びかけているということは、興味を引く。最近の知見では、インフルエンザ・ワクチンのH5N1鳥インフルに対する予防効果も、ある程度認められるということになっている(管理人)。詳細
Virus row: Flu doctors v WHO Gold Coast News, Australia  (オーストラリア) インフルエンザ問題:専門家とWHOの対立
 先にも他紙で取り上げている、途上国で分離されるウイルスとその遺伝子情報は当該国に知的所有権が付与されるのかについて、国際的インフルエンザ研究者とWHOとの間で意見の食い違いがある。後者はWHO規則に基づいて、全ての病原体とその情報はWHOに提供されるべきで、そうした各国の協力でWHOによるグローバルな感染症対策が可能になっていると主張している。一方、途上国は感染症対策に協力しても、開発されるワクチンや抗インフルエンザ薬は高価すぎて自国では購入できない。それは健康の平等性に反するのではないか。それなら自国で分離される病原体は、知的所有権があるものと考え、WHOへの無償提供は出来ない、と主張する。国際的インフルエンザ研究者も途上国の意見に賛成で、WHOとは意見を異にしている。AP通信配信の論説であるが、東南アジア、台湾等を中心に報道されているが、日本では取り上げられていない。
 詳細は10月3日のAP通信報道で。なお日本では報道されていない。
10月7日



China steps up health monitoring in flu season Xinhua, China  (中国、新華社) 中国、インフルエンザ季節を迎えて、監視強化へ
 中国CDCは、国内の病院に毎週インフルエンザ症例をまとめて、10月から半年間報告するように求めた。
 各病院は月曜日にネットワークを通じてCDCにインフルエンザ症例を報告することになる。
 ネットワークには、198箇所の病院と63の研究機関が参加している。通達では、病院は患者からウイルス検体を採取して、定期的に決められた研究所に送る。
 「我々が重点をおいているポイントは、分離されるウイルス株の種類とその抗原性、遺伝子構造、薬剤耐性の有無である」、とCDCの研究者は語っている。

アンジェスMG、米社と新型インフルエンザDNAワクチンの開発販売権取得で合意 日経プレスリリース
 アンジェスMGが米国バイカル社開発のDNAワクチンの国内での開発販売権を取得する方向で検討していることを発表。
 DNAワクチンは、ウイルス表面の抗原を発現させる遺伝子をワクチン源とするもので、発現させたい抗原を遺伝子レベルで選択し、その遺伝子を細菌等に組み込んで増殖させる。大量に迅速にワクチンが産生可能になる。
 国内メーカーが開発に関与することは、近い将来日本国内でも、新型インフルエンザ・ウイルスに対するDNAワクチンが普及する可能性が出てきたことを意味する。

 本年7月18日のバイカル社の発表ニュースは以下の通り。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Bird flu vaccine shows promise United Press International  (国際) 新規開発鳥インフルワクチンが有望視



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 カリフォルニアの製薬企業が、人用の新規鳥インフルワクチンを開発し、初期の臨床試験で良好な成績を収めた。

 ワクチンは従来の受精卵を用いた方式ではなく、大腸菌にH5N1鳥インフルウイルスの遺伝子を組み込み、大量に迅速に関連遺伝子を大量に製造するという方法をとっている。17日のウオール街ジャーナルで報告された。
 サンディアゴのバイカル社が100人の被験者を対象に臨床第一相試験を終了し、安全性とH5N1ウイルスに対する免疫効果が確認された。
 この50年間に渡る受精卵でウイルスを増殖させる方式とは異なり、バイカル社の大腸菌を用いる方式では、H5N1ウイルス粒子表面のH5蛋白とM2蛋白を合成させる遺伝子を大量に製造し、それをDNAワクチン化する方法となっている。
 受精卵方式では数ヶ月要するワクチン製造期間が、バイカル社の方式では、6から8週間で可能となる、と同社の会長が語っている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Bird flu hits one more Vietnamese province Xinhua, China  (中国、新華社) ベトナム、2省目でアヒルにおけるH5N1鳥インフルが発生
 ベトナム中央のニュアン省で約300羽のアヒルが死亡し、ウイルス検査でH5N1ウイルスが検出されたことを農業省下の獣医局が発表した。
 アヒルは家庭で飼育されていたが最近死亡したという。
 ベトナムでは現在カマウ省とニュアン省の2省で家きんにおけるH5N1鳥インフルが発生している。
10月6日

韓国アヒル農場のおける現地ニュース

禮山AI 弱毒性と判定  聯合ニュース 10/4 18:50
 今年5月以来5ヶ月ぶりに忠南道禮山で発生した鳥インフルエンザ(AI)ウイルスは、伝染性が低く斃死などの被害がほとんどない「弱毒性」と確認された。
 農食品部と国立獣医科学検疫院は、4日忠南禮山の家鴨農場で採取したAIウイルスを分析した結果、最終的に「H5N2」型の弱毒性株であると発表した。
 このため検疫当局は、高病原性に備えた移動制限などの措置を解除した。しかし低病原性AI発生原因糾明のための疫学調査と、該当の農場での殺処分は予定通り進める方針だ。
 今回の低病原性ウイルスは「AI常時防疫体制」を敷いて以降、検疫当局が全国の家鴨農場を対象とした予防活動を行う中で、忠南道禮山の家鴨農場の試料でAI抗原陽性反応が確認された。

5ヶ月ぶりにまたAI」に忠南、驚き 大田日報 10/6
 忠南禮山郡で発見された鳥インフルエンザ(AI)ウイルスは弱毒性と確認された。
 忠南道は5日忠南道禮山郡の家鴨飼育農場で発見されたAIウイルスを国立獣医科学検疫院で精密検査した結果、H5N2型の弱毒性である確認されたと発表した。
 弱毒性株は伝染性が低く斃死の危険もほとんどない。
 このため忠南道は高病原性に備えた移動制限などの措置は解除した。
 しかしH5型の場合、弱毒性株であっても強毒性株に準ずる防疫措置を取るよう定めた「AI防疫実施要領」に従い、該当農場の家鴨5000羽と卵4100個を殺処分、埋設した。
 忠南道では4月末に論山市夫赤面で強毒性AIが発生しており、約5ヶ月ぶりに発生したAIが弱毒性と判明して安堵しながらも、追加発生防止のために予防活動を強化するなど緊張を解いていない。
 忠南道関係者は「たとえ弱毒性AIといえども例年より12ヶ月早い発生に全職員が驚いている。道内家鴨農家を含めた養鶏農家に対する日々の検査と予防及び消毒活動を行うなど常時防疫体制を続けていく。殺処分埋設地の覆土と悪臭除去など事後管理を継続的に拡大する」と語った。

H.I訳

*H5N2は日本では高病原性株に属するが、家きん類に致死的病原性はもたないことから弱毒性株に分類されている(管理人)。

10月5日


国内の動きから

 新型インフルエンザが発生し、できるだけ外出を控えるよう国が勧告を出しても、国民の半数以上が「外出する」と考えていることが、国立感染症研究所と早稲田大学の研究チームが実施した意識調査で明らかになった。食料の備蓄についても6割強が「していない」と回答、対策の遅れが浮き彫りになったとされる。2007年4月、アンケート調査。

 今年四、五月、道内や秋田、青森両県で、オオハクチョウの死骸(しがい)から強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたことを受け、環境省は都道府県向けに対応技術マニュアルを三年ぶりに改定した。 マニュアルは三編からなり、調査編では、通常時・警戒時・国内発生時の三つの段階に応じた監視方法などを示した。

 東京都は新型インフルエンザの発生時に、継続が必要な事業や一時中止する事業を振り分けるBCP(事業継続計画)を策定する。2009年度中の取りまとめを目指す。都内では荒川区が新型インフルエンザ発生時のBCPを策定。都民生活の維持や感染対策に必要な最低限の業務を事前に定め、新型インフルエンザ発生時に備える。 7日に設置する新型インフルエンザ対策会議(座長・山口一久副知事)で議論を始める。会議には都庁各局の危機管理担当部長などが参加し、全庁的に優先順位の高い事業を議論する。

報道
新型インフル発生でも…「外出する」が過半数 感染研など調査 日本経済新聞 
鳥インフル マニュアル改定 野鳥感染に対応  北海道新聞
新インフル発生時、都も計画策定へ 事業の中止・継続分類 日本経済新聞 



Singh highlights influenza concern Fiji Times, Fiji  (フィジ) フィジ-でパンデミック・インフルエンザ啓発勉強会
 フィジー諸島共和国(人口約80万人)で、専門家による対策勉強会が開かれた。フィジ医師会とフィジ家庭医養成医学大学(Fiji College of General Practitioners)の医学セミナー。
 ワクチンは高価で、かつ使用期限がある。
 病院や保健施設は患者収容能力を高める必要があり、そのためには他の機関も協力する必要がある。
 1918年のスペイン・インフルエンザの経験から多くの事を学ぶことが出来る
 ・多くの太平洋の島国では人口の半数を失った。フィジでは3ヶ月間で9000人死亡した。
 ・病院は完全に消耗し、新たな病院の建設が必要になった。
 ・多くの人々が食料不足から死亡した。
  等。

Pakistan declared Bird Flu free The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、鳥インフルを一掃(清浄国に)
 パキスタン当局は、パキスタンで2008年6月19日以来新たなH5N1鳥インフルの発生がなく、鳥インフルは一掃されたことを発表した。これはOIE(国際獣疫事務局)に報告される。
 最終的には6月にノースウエスト・フロンティア州の家きんでH5N1鳥インフル発生が起きたが、家きんの殺処分、地域の消毒が行われ、その後発生地域から10キロ以内の監視でも、新たな発生はみていないとされる。

韓国で鳥インフル発生 日本経済新聞
 韓国農林水産食品省は4日、中西部の忠清南道・礼山郡のアヒル飼育場で、鳥インフルエンザウイルス(H5N2型)の感染が確認されたと発表した。韓国で鳥インフルエンザ感染が確認されたのは5月中旬以来。同省はこの飼育場のアヒルを殺処分する。

*当ニュース配信は共同通信であるが、ウイルスが弱毒性のH5N2であると韓国農業省が発表したとする、報道は海外通信社からは現時点では出ていないが、状況から言って信憑性は高い。

New Suspected Bird Flue Case Found in Yesan 코리아타임즈, South Korea  (韓国) 韓国、礼山で新規鳥インフルが発生の疑い
 韓国で5ヶ月ぶりに、国の中心地域の礼山で鳥インフルが発生した疑いがあることが、4日、Yonhap Newsが伝えた。
 韓国食料農業水産省が4日、礼山のアヒル農場で鳥インフルが発生した疑いがあり、国立獣医研究所が詳細なウイルス検査を行っていると発表した。
 「我々はDNA分析を行い、ウイルスが高病原性か否か確認を急いでいる」、と農業省の担当者が語っている。
10月4日


特掲
ブリスベンH3N2株
オーストラリアを中心に流行したインフルエンザ香港株への警戒
公衆衛生先進国、英国での関心が高まっている
 Get ready to face the deadly flu virus threat Euro Weekly News, Spain  (スペイン) 致死的インフルエンザの流行にワクチンを早急に接種
 スペイン:ブリスベンH3N2が流行する危険性があるから、ワクチンの早急なる接種を呼びかけている。

 高齢者と医療従事者は新規インフルエンザ株の流行に備えて、インフルエンザ・ワクチンの接種が急がれる。ワクチンは今週から接種可能となっている。
 ワクチン株には昨年オーストラリアのサウス・ニューウエールズ州で大流行したブリスベンH3N2株に対するワクチンが含まれている。専門家によると、当ウイルス株は過去20年間で最も致死率が高いとされる。
 保健省では、遅かれ早かれウイルスの流行が始まる。より感染者が多ければ、それだけ死者数は増える。高齢者と乳幼児は、免疫が弱いから、よりリスクは高いと説明している。

 今冬の欧米のワクチン株
 A/H1N1;A/Brisbane/59/2007(タミフル耐性株); A/H3N2;A/Brisbane/10/2007;B component;B/Florida/4/2006.

因みに今季の日本におけるインフルエンザ・ワクチン株; A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)(タミフル耐性株); A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2); B/Florida(フロリダ)/4/2006 


国内の動きから

 今年五月、北海道内でオオハクチョウの死骸(しがい)二羽から強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたことを受け発生時の対処法を学ぶ防疫演習が三日、北広島市芸術文化ホールで開かれた。道内や東北の関係者が一堂に会し、鳥インフルエンザの防疫演習を開いたのは初めて。道と北海道家畜畜産物衛生指導協会の主催。道内へのハクチョウの飛来時期が近い、この時期に演習を企画した。道内や東北の行政関係者、養鶏家ら二百三十人が参加した。

報道
防げ!鳥インフルエンザ 北広島 防疫演習に230人(10/04 01:34) 北海道新聞 


New suspect case of bird flu found in S Korea Xinhua, China  (中国、新華社) 韓国で新規鳥インフル発生の疑い
 4日、韓国農業省はアヒル農場で鳥インフルが発生した疑いがあることを発表した。
 発生場所はソウルの南方134キロにある礼山の農場で、定期的検査で鳥インフルが感染しているアヒルが見つかった。
 現在、ウイルスが高病原性株であるかどうかを調べている。
 全アヒルは殺処分される。

S.Korea reports new case of suspected bird flu Reuters UK, UK  (英国) 韓国のアヒル農場で鳥インフル発生の疑い

 10月4日、韓国政府はソウルの南方にある礼山郡*のアヒル農場で鳥インフルが発生した疑いがあることを発表した。本年春に発生して以来5ヶ月ぶりとなる。
 現在ウイルス検査が行われていて、最終結果は夜遅くに出る予定である。農業省がマスコミを通じて発表した。
 アヒル5000羽を飼育する疑い農場での最初の検査では、ウイルス検査は陽性だったとされる。
 政府は当該農場の全家きんを殺処分する方針である。

*忠清南道の北東にある郡

TOGO: 17000 poultry killed in latest flu outbreak WOW, Gambia  (ガーナ) トーゴ、最新の鳥インフル発生で1万7千羽の家きんが損失
 9月上旬にアフリカのトーゴ共和国で発生したH5N1鳥インフルで、家きん17000羽が死亡、または殺処分されたが、流行は封じ込まれたと、国連組織のFAOが発表した。
 放し飼いの家きんが殺処分されたが、檻内で飼育の家きんが処分されていない。発生地域では25時間以内に農場の消毒を行った。
 家きんの処分が行われた農家にはただちに補償金が支払われ、合計9000ドルに上ると、当局では発表している。
10月3日



国内の動きから

 全国各地域で新型インフルエンザ対策が急ピッチで進められている。
 都議会厚生委員会は2日、新型インフルエンザの発生に備え、都が防護服50万セットやゴーグル、マスクを約6億2400万円で購入する契約案を承認した。採決に先立っては、実際に防護服を着た職員2人が登場した。
 また委員会では抗インフルエンザ薬2種類計300万人分を約84億円で購入する補正予算案も可決した。

 「新型インフルエンザの発生の危機が迫っているって本当!?」をテーマにした明石市の対策フォーラムが2日、同市立市民会館で開かれた。国立感染症研究所ウイルス第3部の岡田晴恵研究員の基調講演と、石井神戸大大学院教授ら7人による討論が行われた。

 福島県は、大流行が懸念される新型インフルエンザに迅速に対応するため、年度内に医療機関や保健所の取り組み、感染状況把握など、発生時の具体的な対応を独自マニュアルにまとめると発表した。

報道
新型インフルエンザ対策の防護服を披露する都の職員=都議会 朝日新聞 
新型インフルエンザ:予防対策を議論 明石でフォーラム /兵庫 毎日新聞 
新型インフルエンザで県が独自マニュアル 福島放送


特掲
ブリスベンH3N2株
オーストラリアを中心に流行したインフルエンザ香港株への警戒
公衆衛生先進国、英国での関心が高まっている
WHO seeks to ease worry over upcoming flu season CIDRAP, MN  (米国) WHO、今季のインフルエンザに対する不安感の打ち消しに努める
 WHOのインフルエンザ専門家の責任者が本日、今季の北半球におけるインフルエンザは特に悪性であるという恐れを否定した。
 電話記者会見で、WHO世界インフルエンザ対策調整官であるケンジ・フクダ医師は、現在北半球では散発的にインフルエンザが発生しているという報告があるが、今後、どのような流行が発生するかについては予知できていない、と語った。
 フクダ医師は、北半球では悪性のインフルエンザが流行するという噂が流れている理由について分からないと語った。同氏によると今季のインフルエンザワクチン株は全く新しい株3種類から構成されていることから、今季のインフルエンザは悪性ではないかと説明している人々がいるのかも知れない、と語った。
 しかしながら同氏は、「ワクチン株の変化は、今季のインフルエンザが悪性なものになることを意味してはいない」、と説明している。
 最近の英国メディアでは、ブリスベンのインフルエンザA(H3N2)株が、今冬、英国に入ってくるのではないかという恐れを報告している。この株はオーストラリアの2007年度インフルエンザ・シーズンの終わり頃に蔓延した。その後2007年~2008年度の米国のインフルエンザ・シーズンに予想を違えて流行した(当株が米国内で流行するとは予想されてなく、ワクチン株が合わなかった)。
 最新のインフルエンザ・ワクチン株は、両半球ともブリスベンH3N2株を対象に加えることがWHOから勧奨されている。
 南半球のインフルエンザ・シーズンはほぼ終了したが、使用したワクチンは非常に良い効果を収めたと思われる、とWHOのフクダ氏は語っている。WHOの当局者は頻繁にオーストラリアの保健当局と連絡をとっている。
 「オーストラリアのインフルエンザは非常に軽度だった。我々が確認出来ることはそれが全てである」。
 フクダ氏は、世界94ヶ国の122研究所から構成される”世界インフルエンザ監視ネット(Global Influenza Surveillance Network)を通して、WHOはシーズン中詳細にインフルエンザ発生状況を監視していると語っている。研究所ではインフルエンザ患者から分離される数千の検体を毎年分析している。
 今季のインフルエンザは特に異常な流行は起こさないと、現在は予想している。しかし最善を尽くすためには、人々がワクチン接種を受けることである、とフクダ氏は力説している。
 「人々が自分自身、周囲の人々、そして最も大切に思っている人々を守るために、するべき唯一のことはワクチン接種で、それが我々からの重要なアドバイスである」。

 フクダ氏は、H5N1鳥インフルやパンデミック・インフルエンザの脅威の陰に隠されてしまい、一般的季節性インフルエンザに対する関心が落ちていることに、懸念の意を表している
 「しかし、これはインフルエンザの基本的タイプなのだ。最も予防可能なタイプなのだ」、とフクダ氏は語り、インフルエンザはどの年齢にも感染し、そして容易に拡大することを付け加えた。
 9月22日、WHOは2009年度の南半球におけるワクチン組成について、今年度の勧奨株と同じ3種類の株を示した。
 A/H1N1;A/Brisbane/59/2007(タミフル耐性株); A/H3N2;A/Brisbane/10/2007;B component;B/Florida/4/2006.

因みに今季の日本におえKるインフルエンザ・ワクチン株; A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)(タミフル耐性株); A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2); B/Florida(フロリダ)/4/2006 


Indonesia: Influenza Scientists, WHO Face Off In Virus Row Sin Chew Jit Poh, Malaysia  (マレーシア) インドネシア問題:インフルエンザ専門家とWHOがウイルス問題で対立
 
 インド、台湾、南アフリカ、シンガポール他の途上国で取り上げられている報道

印刷用ファイル
AP
 それはダビデとゴリアテの戦い(小さな人間と巨大な怪物の戦い。結果的に小さな人間は勝つ:訳者)を彷彿させるが、世界の感染症監視と予防策のためのワクチン作成能力にも影響する可能性のある重大問題となっている。インドネシアや他の途上国は、自国で分離されたウイルスに関する重大な遺伝子情報に関して、発言力はあるかという問題である。
 世界のインフルエンザ専門家達による国際的ネットワークは、ウイルス提供国には発言力はあると判断していて、それが開発や研究にとって最も良い方法と言っているが、WHOの中にはウイルス分離国にウイルスに関する知的所有権を認めることに反対する意見もあり、世界の意見はまとまっていない。

 問題は、WHOが鳥インフルや他のウイルス情報を、ニューメキシコのロス・アラモのWHOのデータベースに保存し、世界の15研究機関にだけ公開していたことが暴露されたことにより、大きくなった。
 いくつかの国の政府は、分離検体やデータを自由にWHOに提出する義務づけのある、55年間続いてきたWHO規則のボイコットを求めた。
 ボイコットを求めたこれらの国の言い分は、途上国は分離ウイルス検体をWHOに提出することで、ウイルス検体に対する知的所有権を失ってしまうということである。それら検体はその後、民間の製薬企業によってワクチン作成に用いられ、製造方法はパテントを獲得し、多くの途上国では購入できない価格で販売される。
 WHOはこれらの国の言い分を理解し、途上国が容易にワクチンや抗インフルエンザ薬を入手出来る方法を話し合うことに同意したが、この2年間明確な進展はみていない。
 一方、世界の指導的科学者や保健医療専門家達は、途上国に対して透明性あるシステムの構築を提案した。しかし、それはWHOの中で必ずしも快く同意されてはいないようだ。
 GISAIDと呼ばれるこれら科学者達のNPOは、公共的に自由にアクセス出来る、史上初のオンライン・データベースを創設し、そこでは遺伝子情報を提供した国に、その情報に関する知的所有権を認めることとした。
 このデータベースの創設は、インドネシア、中国、ロシアや他の国々の賛同を得、ウイルスに関する情報の共有が開始され、GISAIDを世界で最も大きく、包括的なインフルエンザのデータベースにわずか4ヶ月の間に押し上げた。
 「私はこの方法に賛成している。もしうまくゆかないなら、どこかを変えればいい」、と米国のビル・クリントン大統領時代に”パテントとトレードマーク”委員会の委員長をしていたブルース・レーマン氏が語っている。
 そしてもし、科学的データや研究結果の普及を世界に促すメカニズムが見つかるなら、それは疾病の新規治療法につながるポジチブな方向性に向かうことだ、と同氏は付け加える。
 しかしながらWHOはGISAIDから極端な程の距離を保っている。それはデータベースへ提供された基金の保留という形で示されている。
 一方、WHOは自分のウイルスデータベース用に1000万ドル(10億円)の資金を探している。しかしながらWHOの研究者達の中には既に、GISAIDのほとんど無課金で使用可能なデータベースを使い出している人達もいる。例えば次年度のインフルエンザ・ワクチン製造のためのウイルス株選択が先月に当データベースを利用して行われた。日本の国立感染症研究所で、WHO協力センター長であるマサト・タシロ(田代真人)氏が、そのように語っている。
 多くの研究者達はこのシステムを、彼等のニーヅに合うように協力しているが、WHOがこの事態を歓迎していないことに対して、世界には当惑の思いが広がっている。
 WHOのインフルエンザ対策の責任者であるデービット・ハイマン氏は、理由は単純だ、と語る。
 この数十年間で初めて、途上国はWHOに対して疑いの眼差しを向けている。そして当局ではいかなるグループに対しても関わりを持つことは出来ない。そのように同氏は語り、そしてそれはWHOのマーガレット・チャン事務局長の指示なのだ、と付け加えた。
 ハイマン氏は、ウイルス情報をパブリック・ドメイン(公共的使用システム)で管理し、情報提供国の所有権を効果的に消失させるシステムの構築を支持しているが、最近までジュネーブのWHOの高官達の中に、ウイルスの遺伝子情報を全て公開することに反対する意見があった、と言う。
 最も最近のGISAIDのデータベースを巡る論争として、WHOが米国CDCから提供されたデータベース開発資金45万ドルを手渡すことを拒否した事件がある。1年前のことである。
 その金額はインフルエンザ研究者達にとって多額である。
 「我々はWHOの目的に沿ってこれらの資金を調達している」、と米国保健福祉省の報道官であるビル・ホール氏は、WHOから、資金の手渡しが遅れている矛盾する説明を受け取った後、不満を露わにしている。
 WHOのハイマン氏は、CDCからの資金は、特定の機関によるものではない、データベース作りの特別プロジェクトに使用されたと語っている。
 「我々は入札を通して仕事を継続しなければならない。しかしGISAIDはNPOなので、入札に参加する資格はない」、と同氏はAP通信に語っている。
 プロジェクトに最も重要な鍵を持っている途上国は、ジーンバンク(GenBank)からロス・アラモス(WHOのデータベース)までの5箇所のデータバンクをWHO協力4センターが比較して、WHOがまとめた報告書に対し、故意に公開されていない部分があると、反発している。
 科学者達はGISAIDをほとんど全てのレベルで(データの量、情報の種類、その機能性等)卓越した存在であると見なしているが、数カ国のメンバーは、データの更新を求めても、データの評価(アセスメント)は行われていないと告げられた、と述べている。

 インドネシアのシチ・ファディラ・スパリ保健相は10月3日、もしWHOの目的が、WHO加盟国に高価で標準以下のデータベースで、かつWHOにより作られた(ウイルス)追跡システムの強制的使用にあるとしたなら、それは機能しないだろう、と語っている。
 「WHOに対し長らくもたれてきた不信感に、さらに多くの感情を上塗りすることになるのは間違いないだろう」。

Emergency manager warns of flu outbreak possibilities Fort Scott Tribune, KS  (米国、カンサス州) 危機管理担当者、パンデミック・インフルエンザ発生の可能性を警告
 この5~10年間にパンデミック・インフルエンザが発生する可能性が高いと、バーボン郡の危機管理責任者であるケイス・ジェファー氏が警告した。
 「パンデミック・インフルエンザは、我々が注目している10種類の大災害の一つであり、起きるか否かではなく、いつ起きるのかが問題なのだ」、とジェファー氏は説明する。それは我々全てが対策を強化すべき脅威に満ちたものの一つである。インフルエンザ・クリニクはそうした強化策の一つである」。
 ジェファー氏は近日中に、開かれる地域内のインフルエンザ・クリニクでのワクチン接種を受けるように住民に啓発している。1人30ドルで接種を受けることが出来る。
 インフルエンザ・クリニックは地域内のいくつかの公共的場所で開催される。地域内の住民は同時に、パンデミックを含むインフルエンザ情報を伝えられ、対策が重要であることを認識してもらう。
Migratory birds pre-entry alerts Myanmar against bird flu Xinhua, China (新華社、中国) ミャンマー、渡り鳥飛来による鳥インフル拡大に警戒
 先週、シャン省インレイ湖に渡り鳥が飛来してきたのが目撃された。
 2ヶ月後に始まる冬期間には多くの渡り鳥で賑わう。
 渡り鳥は科学的に致死的H5N1鳥インフルウイルスの運び屋と考えられている。
 インレイ湖には250種類以上の渡り鳥が冬期間を過ごす。
 政府は、渡り鳥からの鳥インフル拡大を警戒し、強化を呼びかけている。

Flu Birds – DVD Review Monsters and Critics.com  (米国) SFドラマ、”鳥インフルエンザ”-DVDレビュー

2008年9月30日 米国ソニー 発売
 感染したら救いようのないウイルス。国境線を超えた恐怖。地球上のいかなる国も逃れることの出来ないH5N1鳥インフルエンザ。
 地方の市場で変異ウイルスが見つかり、中国政府は”感染症対策国際機関”のイリス・バーナック博士に緊急連絡した。
 彼女が中国に駆けつけたとき、全ては遅すぎたことに気づいた。-1人の米国ビジネスマンが、人人感染を起こす能力を身に付けたH5N1ウイルスの最初の犠牲者になっていた。鳥インフルエンザは潜航するように世界に拡大し始めたとき、保健福祉省のコリンズ・リード長官は、大災害を防ぐために立ち上がる。
 犠牲者の妻であるデニス・コンレイは他の人々へ感染が拡大するのを防ぐために、必死に協力をする。
 ……。


参考 2006年5月放送ドラマ、 9月DVD発売 ”致死的接触:米国にトリインフルエンザが上陸”
Fatal Contact: Bird Flu in America
10月2日


鳥インフルエンザの疑い例はシロ バンコク週報 (会員登録)
 プラート保健事務次官は10月1日、「先にピチット県で死亡した男性(48)は鳥インフルエンザには感染しておらず、ワイル病が死因」と発表した。 アヒルを飼育する農園で働いていた男性が鳥インフルエンザに似た症状を呈していたことから、血液と唾液を検査したが、高病原性H5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスは検出されなかった。
 男性の仕事を手伝っていた息子(12)も感染が疑われたが、検査結果は同じく陰性だった。
 ワイル病は、レプトスピラ属のグラム陰性菌を持つネズミなどの野生動物からヒトを含む哺乳類に感染する人獣共通感染症「レプトスピラ症」の重症タイプ。症状は悪寒、発熱、頭痛、黄疸、肝臓・腎臓障害など。死亡率は5~50%。


国内の動きから

 東京都荒川区は新型インフルエンザ発生時に、継続したり中止する事業を分類した「対応マニュアル」を策定した。総務企画部や教育委員会など15部局の計50課について、主要事業を「A・従来通り継続しなければならない事業」「B・取り扱い方法を変えて対応できる事業」「C・中断・中止する事業」、3種類に振り分け、職員が通勤できないなどの事態に備える。東京商工会議所は来年3月末までに、中小企業向けの対策指針を作成する予定で、新型インフルエンザ発生時のBCP(事業継続計画)づくりが都内で広がってきた。

 一方、新型インフルエンザ患者の発生を想定した岐阜県の訓練が30日、大垣市民病院(同市南頬町)などであり、医療や消防など関係機関の約100人が感染拡大を防ぐ「封じ込め」対策を確認した。
 大垣市民病院の曽根孝仁院長は「感染の疑いがある人はまず保健所の発熱相談センターに連絡し、指示を受けてから病院に来る体制を周知徹底していかないと、あっという間に大流行してしまう」と課題を挙げた。

報道
新インフル対応で業務分類 荒川区がマニュアル、職員効率配置 日本経済新聞 
新型インフル発生想定し訓練 感染防止へ連携 岐阜新聞


特掲
ブリスベンH3N2株
オーストラリアを中心に流行したインフルエンザ香港株への警戒
公衆衛生先進国、英国での関心が高まっている

We’re ready for Aussie super-flu Dorset Echo, UK (英国) オーストラリアのスーパー・インフルエンザに対してワクチンが用意されている
 
We’re ready for Aussie super-flu Bournemouth Daily Echo,  UK (英国) オーストラリアのスーパー・インフルエンザに対してワクチンが用意されている
 保健専門家は、オーストラリアで数百人の命を奪った新規インフルエンザを恐れる必要はないと語っている。
 強毒ブリスベンH3N2株は、これまでのインフルエンザの3倍もの感染力があると言われる。オーストラリアでは冬期間に、数人の子供を含む800人以上もの人々が肺炎で死亡した。
 ウイルスはまだヨーロッパに拡大していないが、WHOとワクチンメーカーは、ワクチンにブリスベンH3N2を加えて、来るインフルエンザ・シーズンに備えている。
 高齢者や乳幼児はワクチン接種により、この危険なブリスベンH3N2の感染が予防出来る。


Flu pandemic would ‘overwhelm’ US health care system, report finds Medill Reports, DC (米国、ワシントン、メディル報告) パンデミック・インフルエンザに米国の保健医療組織は対応不可能
 
 米政府監査院(GAO)が保健福祉省のパンデミック対策を分析して、もっと強化する必要があることを指摘した。

 今週、政府の監視機構が、パンデミック・インフルエンザ発生時に備えて、米国の医療組織は患者に十分対応出来るだけの用意が為されていないことを指摘した、
 米政府監査院(GAO)が発行した報告書で、保健福祉省のパンデミック・インフルエンザ行動計画を批判し、不適切な治療提供方法や行動計画を実行してゆく組織の不足等を指摘した。
 「保健福祉省は行動計画作成に多大の努力を注いでいるが、ガイドラインのいくつかを実行可能にするためには、さらなる行動の継続が必要で、州や地域の対策に必要なガイドラインの完成が必要だ」、とGAOの広報官グロスさんは語った。
 GAOは、国全体の保健医療の責任官庁である保健福祉省は、パンデミック発生下で効果的に各当局が行動をとれるようにガイダンスを改良するように推奨している。
 パンデミック下では、行政の役割として一定量の抗インフルエンザ薬の提供と非薬理的介入、すなわち患者の隔離や、ウイルスに暴露された市民の自宅内待機指導とその健康調査等が上げられる。
 しかし、
 「あなた方の業務はどのようにして維持される?また学校は?」、CDCの広報官であるフォン・レバック氏が電話インタビューで語った。
 「パンデミック時に如何にして自分達を守るかという問題だけでなく、もっと多くの業務がある。重要な役割を演じるのは地域社会である。我々は彼等が対策のキーとなると考えており、可能な限り援助してゆくつもりだ」。
 パンデミックの話となると専門家達は1918年~1919年に流行し、世界で5億人発病したスペイン・インフルエンザの再来として心配する。
 グロスさんは、スペイン・インフルエンザと同じ規模のパンデミックが発生したとしても、米国には十分の病床と医療用品は準備されていないと言う。
 ある特定のインフルエンザ・ウイルス株に対するワクチンが開発されているが、パンデミックはどんな新規ウイルス株が集団内で発生しても容易に起きえる。なぜなら人々には免疫はないことと、医療による治療が十分発達していないからだ。
 GAOはパンデミック・ワクチン製造には通常6ヶ月要するが、パンデミック最中には5ヶ月から6ヶ月で製造が可能になると推定している。
 パンデミックの間、政府はプレパンデミック・ワクチンを重要な職場(保健医療、法律執行機関)の市民に投与する予定にしている。続いてパンデミック・ワクチンが製造されて利用可能になったとき、より多くの市民に年齢や職業を考慮して投与される。

 GAOのこの問題(パンデミック対策)に対する研究は、パンデミック発生可能性に対して、議会と保健医療界が関心を抱きだしたことから拍車がかかった。その恐れは、2005年早期に鳥インフルエンザが、東南アジアで人々の間で感染を広げだした事から高まった。しかしながら議会機能の一部であるGAOは2000年から、保健福祉省はパンデミック・インフルエンザ対策を強化する必要があることをアドバイスしてきている。
 保健福祉省はコメントを出していない。

US approves test for human and bird flu AFP (国際) 米国、人及び鳥インフルエンザの迅速検査法を承認

 昨日、AP、ロイターがニュースを配信しているが、本日はフランス通信社(AFP)が取り上げ、フランス系報道各社が流している。関連情報のまとめ

 米国FDAは、人インフルエンザ及び鳥インフルエンザに罹患した人の迅速診断が可能な新規検査法を承認したことを発表した。
 検査法は米国CDCが開発し、国内のCDC関連検査機関で年内に使用を開始する。
 当検査法は、患者の鼻や咽頭から採取された検体に含まれるインフルエンザ・ウイルスの遺伝子を分析し、人のインフルエンザ・ウイルスだけでなく、H5N1ウイルスや他の株も同定可能である。
 FDA発表によると、当検査法は、RT-PCR法でウイルス遺伝子を増幅させ、そこに蛍光分子を結合させ、その後アプライド・バイオシステム社が開発しFDAが同様に承認した分析機器で判定する。
 結果は4時間で得られ、一度に多数の検体の分析が可能である。 
 「これは公衆衛生サーベイランスにとって非常に意義のある進展だ」、と保健福祉省のレービット長官がコメントしている。
 さらに、パンデミックの初期に原因ウイルスを検出する上で、非常に役立つ、とも語っている。
Faster genetic test for flu virus approved Howrah News Service, India - (インド) インフルエンザ・ウイルスの迅速遺伝子検査が承認
 米国CDCが開発の迅速検査。昨日報道。
It's flu season...What's up with that pandemic Austin American-Statesman, TX (米国、テキサス州) インフルエンザ・シーズン到来…パンミックの心配は?
 報道のヘッドラインからパンデミック・インフルエンザのタイトルは消えたが、その可能性は去ったわけではない。
 インフルエンザ・シーズンが始まり、パンミック・インフルエンザについて説明。
First responder training needs volunteers WISH, IN  (米国、インディアナポリス) パンデミック訓練のボランティアを募集
 インディアナポリス州当局では、来月南部インディアナポリスで行われるパンデミック訓練の、死者や発病者役を演じる18歳以上のボランティアを募集。
 国土安全保障省が11月14日と15日に主催。
 交通費、宿泊、食事は提供。
10月1日

特掲
ブリスベンH3N2株
オーストラリアを中心に流行したインフルエンザ香港株への警戒


Australian flu headed for Britain United Press International  (国際)オーストラリアの悪性インフルエンザが英国に向かっている
 今年のワクチン株の一つであるブリスベンH3N2は非常に悪性であるから、ワクチン接種が重要である。
Deadly Australian flu 'heading for Britain' Britain News, UK  (英国) 致死的オーストラリアのインフルエンザが英国に向かっている
 ブリスベンH3N2への警戒。

Australian Flu Headed For Britain Post Chronicle  (国際) オーストラリアの悪性インフルエンザが英国に向かっている
 英国保健当局では、オーストラリアで数百人を犠牲にしたインフルエンザウイルス、ブリスベンH3N2が英国に拡大してくる可能性があることからその対策に乗り出している。
 Daily Mail紙によると、2007年の6月と7月にオーストラリアのニュー・サウス・ウエールズで、このインフルエンザに罹った800人以上が肺炎で死亡したという。
 英国の保健当局者は、このウイルスが今冬英国に拡大してくることが予想されると言う。
 WHOとワクチンメーカーのサノフィ・パスツール社は、今冬のインフルエンザ・ワクチンにこのブリスベン株を加えている。
Deadly Australian flu 'may strike this winter' Telegraph.co.uk  (英国) 致死的オーストラリア・インフルエンザが今冬に英国に拡大の危険性
 ブリスベンH3N2と呼ばれるインフルエンザ・ウイルスが今冬に英国に広がる恐れがある。
 この株は非常に毒性が強く、保健局責任者は、インフルエンザ・ワクチンの作成を急遽変更することになった。
 株は通常のインフルエンザ・ウイルス株の3倍もの死者を発生し、その多くは肺炎である。
 2007年6月と7月にオーストラリアのニュー・サウスウエールズで800人以上の肺炎での死者が発生し、その多くは子供達であった。
 昨年はこの”ブリスベンH3N2”は、特に何も起こさなかったが、WHOはヨーロッパへ拡大することに注意を呼びかけている。
 WHOとサノフィ・パスツール社では今冬のインフルエンザ・ワクチンに、このブリスベンH3N2株に対するワクチンを加えている。

KILLER FLU IS ON THE WAY HERE Daily Star  (英国) 殺人インフルエンザが英国に向かっている
 殺人インフルエンザが英国に向かって来る、と専門家が昨夜警告を発した。
 ここ20年間で最も致死的性格を持つインフルエンザ・ウイルスがオーストラリアで発生し、多くの子供達の命を奪った。
 ブリスベンH3N2と呼ばれるインフルエンザ・ウイルスは、他のインフルエンザ・ウイルスの3倍もの犠牲者を出している。
 このウイルスは非常に危険で、従来のインフルエンザ・ワクチンではそれほど有効でないため、科学者達はより強力なワクチンにするため、他の2種類を加えている。
 冬期間の南半球からインフルエンザ・ウイルスが拡大してくることはいつもの事であるが、専門家達は今年は非常に危険な状況であると警告している。
 オーストラリアのニューサウス・ウエールズだけで、このウイルスが原因で800人以上が肺炎で死亡し、その多くは子供達であった。
 インフルエンザ・ワクチンの考案者であるグレーム・レーバー博士は、もし季節性インフルエンザの発生がオーストラリアの状況と同じになるなら、英国人は恐怖の期間を経験することになる、と警告している。
 アバーディーン大学のペニングトン教授は、もしこのインフルエンザがオーストラリアで流行しているなら、英国でも同じ状況になると予想することは理に適っている、と同じように警告している。
 「ウイルスは短時間で世界中に広がる。ここ数年、インフルエンザ・ウイルの活動は比較的穏やかだった。しかし我々は毎年、ウイルスが大流行する可能性を絶えず予想している必要がある」。

New Applied Biosystems test diagnoses flu fast Reuters  (国際) アプライド・バイオシステム社の新検査法、インフルエンザ診断の迅速化に
 アプライド・バイオシステム社と米国CDCが開発した新迅速インフルエンザウイルス遺伝子診断テストが、米国FDAによって、9月30日、承認された。
 検査法は、鳥インフルエンザと季節性インフルエンザのウイルスの両者を迅速に検出するもので、まもなく国内各州の保健局に配布される。
 CDCのP研究者は、この検査法で、季節性インフルエンザもパンデミックインフルエンザも、より迅速に検出可能となった、と語っている。
 検査方法は、ウイルス遺伝子を増幅して、迅速に感染している株を同定するものである。
 パンデミック・インフルエンザの早期検出に応用化可能と関係者は言っている。

 前述のAP通信版も参考のこと。
Suspected bird flu victim dies Bangkok Post, Thailand  (タイ) 鳥インフル発病疑い患者が死亡

 ピキト省のポ・プラタムチャン(Pho Prathap Chang )県の、アヒルの放し飼い農場で働いていた男性が、昨日鳥インフル様症状で死亡し、保健当局は男性の12歳になる息子を観察下においた。
 48歳の男性は9月29日に省立病院に入院した。症状は発熱、咳、咽頭痛、胸痛、呼吸困難であった。
 男性は、家きんとの接触の既往があったため、隔離濃厚治療室に収容された。男性が働いていた農場には1600羽以上のアヒルが飼育されていた。
 主治医は男性の死因を、腎臓と心臓の機能不全によると話している。
 男性の12歳の息子も、父親と同じように農場で働いていたため、昨日ピキト病院の隔離室に収容された。
 家畜局の担当者は、農場で先週多数のアヒルが死亡していることを確認し、検体を採取してウイルス検査を行っている。
 また公衆衛生局長官は、死亡した男性から採取された検体でH5N1ウイルス検査が行われていると談話を発表した。検査結果は本日発表される予定のようだ。
 先週、地域では多くのアヒルが死亡していることが報告されている。
 


Faster genetic test for flu virus approved The Associated Press  (AP、国際) インフルエンザ・ウイルスの迅速遺伝子検査法が承認
 9月30日、米国連邦政府は、これまで4日間要したインフルエンザウイルス株の遺伝子同定検査を、4時間で行える新規検査法を承認した。
 これまでは州毎に違う検査法で行っていたが、今回承認された新規検査法は全州で取り入れられるため、情報交換が正確で容易になる。
 米国CDCが中心となって開発した。
 この新規遺伝子同定方法は、特にパンデミック・インフルエンザウイルスの検出に威力を発揮すると考えられる。
 ウイルスの同定には、これまではウイルス培養の必要性から数日間要していた。
Feds award Hawaii $1.3 million KPUA, HI  (米国、ハワイ) 連邦政府、ハワイ州に1億円のパンデミック・インフルエンザ対策費提供
 パンデミック対策のモデル事業として提供される。
 当局ではCDCとの連携による先進的対策内容を考えている。
VaxInnate's Second Flu Vaccine Candidate Enters Clinical Development RedOrbit, TX  (米国) バックスインネイト社、第二の実験的インフルエンザワクチンの臨床試験に
 細菌へ遺伝子導入によるインフルエンザワクチン製造技術を確立しているバックスインネイト社が、今回第二の実験的インフルエンザワクチンの臨床試験を行うことを発表した。
 季節性インフルエンザウイルスのヘマグルチニン(HA)遺伝子を細菌に導入して、細菌表面に出現する同抗原を大量に短期間で製造し、それに免疫系を刺激する効果を持つ細菌の鞭毛蛋白を加えてワクチンとする。
 この実験的HAワクチンの第一相臨床試験は、2009年始めに結果が出る予定とされる。
 
 同社は8月に同方法を用いて、インフルエンザ・ウイルス表面のM2e蛋白を抗原とする万能型ワクチンの第一相試験に成功したことを発表している。大腸菌へ遺伝子を導入した製法で大量に短期間でワクチン製造が可能となる。
 下記に再掲する。

2008/8/26
Novel Technology Could Transform Production Of Flu Vaccine With ... Medical News Today (press release), UK  (英国) インフルエンザワクチンの新製造方法、効力、製造量、コストの大改革につながる可能性
 バックスインネイト製薬(VaxInnate Corporation)は、M2e万能型インフルエンザワクチンが安全で免疫的効果が得られることが、臨床第一相試験で確認されたことを発表した。この万能型ワクチンが、季節性インフルエンザとパンデミックインフルエンザの両者に予防効果を呈する期待が高まった。
 「我々はバンクスインネイトのM2e万能型インフルエンザワクチンが非常に期待に満ちたものであることを、臨床試験で安全性と免疫反応性を確認したことから確信する」、とテキサス大学医学部(UTMB)のシーリー・ワクチン開発センターの長官であるクリスチーヌ・ターレイ医師が説明している。同長官は研究の発案者でもある。
 「UTMBは今後さらにバックスインネイトのワクチンの研究を続ける。安全で非常に効果的で、さらに季節性およびパンデミックを起こすA型インフルエンザに効果を発揮する可能性がある」。

 当ワクチンの特徴は、A型インフルエンザウイルス表面のM2e蛋白を抗原とするもので、このM2e蛋白は株毎に変化せず、そのため全てのA型インフルエンザウイルスに効果を発揮すると考えられる。
 製造は細菌にM2e蛋白をコードする遺伝子を組み込み細菌を培養増殖させる。M2e蛋白抗原が細菌の鞭毛抗原と結合して産生される。鞭毛抗原は免疫系を強く刺激するため、M2e蛋白も効果的に抗原として作用する。
 臨床試験第一相では、抗原量 0.3, 1, 3, 10 ugで4週間隔で2回注射した。なおアジュバントは使用していない。
 60人の若い男性が被験者として参加し、ダブルブラインドで臨床試験が行われ、各濃度の抗原で安全性と抗体産生能が確認された。
 当製法によるワクチン製造期間は非常に短時間で済み、小規模施設でも世界的必要量をも製造可能とされる。
 ワクチン製造には、受精卵方式で6~9ヶ月、細胞培養法で6ヶ月要するが、当方法では非常に短期間で製造可能で、また施設的にも細菌培養だけですむので、大規模な施設は必要としない。

 結果は10月に米国で開催される関連学会で発表される。


TOP