高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
2006年末~2007年 韓国と日本におけるH5N1鳥インフルエンザ発生状況

直近の集約情報
9月30日

 特記すべき情報無し
2007年9月30日 14:35:48
9月29日

不在のため情報未収集
9月28日

Bird flu virus can pass mother to child - study  Reuters AlertNet(英) 鳥インフルエンザ・ウイルスは母子感染の可能性が:研究結果
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスは妊婦から胎盤を通じて胎児に感染する可能性があると、研究者が27日に報告した。
さらに医師が長きにわたり疑っていた事柄--鳥インフルエンザ・ウイルスが肺だけではなく通じ胃腸、脳、肝臓、血球に感染する証拠も見つけている。
 「この研究で、H5N1による高い死亡率が理解できます。同時に新興感染症分野での国際協力のモデルにもなっています」と、研究責任者であるニューヨーク・コロンビア大のイアン・リプキン博士は述べている。
 リプキン氏と北京大チームは、中国でH5N1により死亡した24歳の妊婦と35歳男性の2名から採取した体組織を研究した。
 この研究は北京にある北京大・感染症センターの初の成果である。同センターは2003年に中国から広まった新興ウイルスによる重症急性呼吸器症候群(SARS)の後に設立されたものである。流行が止むまでにSARSにより800名が死亡し8000名が感染している。
 同センターは現在H5N1鳥インフルエンザの犠牲者に目を向けている。このウイルスが感染するのは主に鳥であるが、ヒトに感染することも時折ある。これにより2003年以降で328名に感染し、うち200名が死亡している。専門家は百万人単位でヒトを死亡させるパンデミックを引き起こしかねないと恐れており、極めて詳細な研究が行われている。
Jiang Gu氏と北京大チームは、犠牲者の全身から採取した体組織標本を調べた。
 予期したとおり肺にいたウイルスの遺伝子物質が、脳・胎盤・腸・血液中の免疫組織・肝臓にもみられたのである。
 母体と共に死亡した4ヶ月の胎児も感染していたと、今回の研究者たちはランセット・メディカルジャーナルに報告している。
 この発見は「サイトカイン・ストーム」説--免疫システムがウイルスに過剰反応して驚くほど大量の伝達化学物質を送り出し、最終的に患者を死に至らしめることがあるという概念--を裏付けるものである。
 「多くの人がサイトカイン・ストームについて語ってきました」と、リプキン氏は電話インタビューで語っている。
 「今回の肺での発見は、被害が感染した細胞数と釣り合わないように思えることです。これは、間接的な被害の仕組みがあるという推理を裏付けています」
 また鳥インフルエンザ・ウイルスがマクロファージなどの免疫細胞に被害を与えていることも裏付けられた。これは鳥インフルエンザ・ウイルスが、免疫システムの一部を過剰に刺激するだけでなく他の部分を抑圧していることを示していると言う。
 これまでの研究でも、免疫システムを押さえ込むことで同ウイルスが免疫による防御力を駆逐しまったのかもしれないという証拠をH5N1の犠牲者は示していた。
 ヒトのインフルエンザが胎盤を通じて胎児に感染しうるなどと考えたものはいなかったと、今回の研究者たちは記している。「しかし、大して情報がなかったに過ぎなかったのですね」と、リプキン氏は述べている。
Canada finds bird flu strain in Saskatchewan  Reuters (国際) カナダのサスカチェバンで鳥インフルが発生
 カナダ獣医当局は27日、サスカチェバンの鶏農場でH7N3と鈴フルエンザが発生したことを発表した。しかし、この株は科学者達が次期のパンデミック株となると考えている致死的株とは異なることを強調している。
Bird flu strain found in Saskatchewan  Canada.com, Canada  (カナダ) カナダのサスカチェバンの鶏農場でH7N3鳥インフルが発生。
 
この鳥インフルは高病原性H5N1鳥インフルとは異なり、通常人には重大な感染症を起こさない。
 H7N3鳥インフルは通常野生のカモに感染している低病原性の鳥インフルエンザである。
9月27日

H5N1 found in Thailand's Phichit province  Xinhua, China  (中国、新華社) H5N1鳥インフル、タイのピキト省で発生
 鶏の死骸からH5N1鳥インフるウイルスが検出。鶏90羽が殺処分。
Bird flu forces Bangladesh to cull chickens Reuters (国際) バングラディシュで鳥インフル、鶏の殺処分に
 バングラディシュは北部の農場で鳥インフルが発生したため、5000羽の鶏を殺処分した。27日に当局が発表した。
 「ダッカの北方250キロボグラ近くの農場でH5N1ウイルスが検出された後、26日に鶏は殺処分され埋められた」、と家畜局の当局者が語った。
 鳥インフルは最初3月に首都ダッカ近くで発生し、それ以来北部へ拡大していった。
 3月以来、バングラディシュの64地域のうち18ヶ所で鳥インフルが発生しているが、人での感染は起きていない。これまで26万羽の鶏が殺処分されている。
H5N1 found in Phichit province Bangkok Post, Thailand (タイ) タイ、ピキト省でH5N1鳥インフル発生

MedImmune licenses reverse genetics United Press International   メドインムーン社、レバースジェネティクス技術ライセンスを提供
 グラクソスミスクライン社は、マリーランドに本社を置くメドインムーン社から、新規ワクチン作成用にリバース・ジェネティクス技術のライセンスを提供された。
 同技術を用いると、危険なウイルスを直接操作する必要がなくなる。
Bank exercise plans for disaster The Register-Guard, OR  (米国) インフルエンザ・パンデミックを想定し、金融業界が訓練
 鳥インフルが変異して人に感染するようになったらどうするのか?それが旅行客によって米国に侵入し、短期間で国内に広がったなら、どうするのか?
 金融機関が3週間のパンデミック・インフルエンザを想定して訓練に入っている。
 2725の銀行が参加している。
 欠勤者が増加してゆくなかで、業務がどのように継続できるのか等を検証。
Nosespray Vaccine Using Aloe Vera Has Exciting Potential  Newswise (press release)  (米国) アロエの葉を用いた鼻腔スプレー用インフルエンザワクチンが効果
 テキサス A&M大学の研究者達が鼻腔スプレー用ワクチンの開発を行っており、非常に効果が発揮される可能性が高い。
 現在H5N1鳥インフル用のワクチンを開発しているが、それは他のインフルエンザにも適用出来る。
 アロエベラの葉から抽出した液を微小粒子化し、それにワクチンを結合して作る。アロエベラからの成分はワクチンを鼻腔にスプレーしたとき、ジェリー化する。そして含まれるワクチンは効果的に体内に吸収されてゆく。
Bird flu virus detected in northwestern Bangladesh  NewKerala.com, India  バンフラディシュ北西部で鳥インフルウイルスが検出

 首都ダッカから170キロ離れた村で鳥インフルが検出され。約6000羽の鶏が殺処分された。
 
9月26日


Tests clear suspected bird flu death in Indonesia  Khaleej Times, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) インドネシアで死亡した鳥インフル疑い女性は、検査で陰性と
 週末に死亡し、鳥インフルの疑いが持たれていたインドネシア女性は、2ヶ所での検査で陰性であったと、保健省が25日発表した。
 30歳女性は、22日に西ジャワのバンドゥンで、H5N1鳥インフル様症状を呈して死亡した。
 インドネシアでは、通常二ヶ所の検査所で陽性結果が出なければ、鳥インフルと確定されない。
30 Minute Bird Flu Test  Medgadget.com, CA  (米国) 30分間で鳥インフルを診断できる検査法が開発
Lab-on-a-Chip Conducts Testing of Avian Flu Bioscience Technology, NJ  (米国) チップ上の小検査室で鳥インフルが診断可能に
 バイオエンジニアリング&ナノテクノロジー研究所(IBN)、分子細胞生物研究所(IMCB)、およびシンガポール遺伝子研究所(GIS)が協同で高病原性H5N1鳥インフルウイルスを検出出来るミニチャアサイズの検査装置を開発した。
 咽頭拭い液に、シリカでコーティングされた磁力を保有した小粒子を混ぜて、磁力を利用して検査する画期的装置とされる。
New cases of bird flu suspected The Brunei Times (ブルネイ・ダルサラーム国) インドネシア、鳥インフル発病疑い事例が発生
 インドネシアの「ANTARAニュース」によると、RIAU州で2人の5歳以下の子供達が鳥インフル疑いで23日夜間に、Arifin Achmad 総合病院に入院した。担当医師の発表の引用による。
 2人の子供達は、イニシャルでAZとMと表現され、病院の鳥インフル専門チームの主任医師であるAzizman Saad医師によると、隔離室で治療されている。
 AZは1歳で、先にAwal Bross病院で3日間治療を受けていたが、解熱しないためArifin Achmad病院へ移された。
 一方、4歳のMは、高熱を呈し始めた直後に両親によって病院へ運ばれてきた。
 2人は鳥インフル疑い患者として病院の隔離室で治療されている、とAzizman Saad医師は語った。

*24日に中国の新華社からも報道されている情報。しかし他の報道機関、およびインドネシア当局からの発表はない。
9月25日

Financial institutions to undergo test  White Rock Reviewer(米) 金融機関の鳥インフルエンザ対策を検証
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 これから3週間、地元の銀行の窓口が少し病気にかかっているように見えても身構えてはいけない。コンピュータ上の病気にすぎないのだから。
 検証作業は24日に始まり、3週間にわたる予定である。2700以上の金融機関が参加を約束しており、この数は財務省が見込んでいた数の約5倍になる。
 財務省は他の連邦機関や民間の協力の下、深刻な鳥インフルエンザ流行が銀行業務にどのような影響を及ぼすかを知るための3週間にわたるシナリオを準備した。銀行の規模は最小の規模から最大級のものまでにおよび、他にも消費者信用組合、証券会社や保険会社も参加する。
 財務省による破滅的状況のシナリオによれば、鳥インフルエンザのヒトへの感染症例が海外で多数報告され、国際便で旅行した人によって米国へも急速に拡大することになっている。
 この訓練全体は2006年にブッシュ大統領が発表した計画の一部である。この計画は様々な政府省庁にパンデミック対応計画の更新を指示するものであった。会計検査院は今月、各省庁が自身の責任を自覚するように政府が十分な検証をしていないと批判している。
 欠勤者を決めるために、苗字が一定の文字で始まる人を想定するように財務省は金融機関に指導している。こうすることで頭取から窓口の行員まで勤務不能の者をカバーできるのである。25%の欠勤率が2週目には49%に跳ね上がるようになっている。
 世界中に鳥インフルエンザが蔓延するにつれ、投資家が安全地帯を求めてドル高になると設定されている。同時にパンデミックが経済活動にどの様な影響を与えるかと言う懸念から株価は下落するとされている。
 3週間の検証期間がの終わるまでに、政府と参加金融機関はインフルエンザが合衆国でどういう意味を持つか遥かに理解できるようになっているだろうと、アベンド氏はしている。
 同氏は、この検証によって金融機関は自社の緊急対応計画のどこを改善すべきか判るべきだとしている。
 2700以上の参加組織の内訳は、三分の二が銀行で20パーセントが証券会社、10パーセントが保険会社となっている。企業規模は10万人以上の従業員がいる超大規模なものから250人以下の小規模なものまでに亘っている。
 「実施後報告書で、金融機関は他の金融機関と対比したベンチマークをつけられるようになります」と、アベンド氏はしている。
HK resumes China poultry imports  Daily Times(パキスタン) 香港、中国南部からの家禽輸入を再開
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 香港はH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス流行の疑いによる輸入停止から一週間ぶりに、中国南部からの家禽輸入を部分的に再開したと、同政府は24日述べた。
 香港は、南部の広東省からの冷蔵・冷凍化されたアヒル・カモ製品輸入を9月17日からの1週間、ニワトリの輸入を21日間禁止した。これは、広東省番禺区のアヒルの間でH5N1が流行した疑いが出たことによる。
 25日に政府は、アヒルとカモの制限を解除したと述べた。これは調査の結果、雛のアヒルが死亡したのはワクチン接種後に免疫ができる時間が足りなかったと判ったことによるとしている。
 「広東省当局は適切な抑制・予防措置を取り、現在のところ異常なアヒルの死亡は発生していません。広東省の飼育場での新規の鳥インフルエンザ感染症例も発生していません」と、政府スポークスマンは声明の中で語っている。
 世界最多数の家禽と数百万羽の家庭で飼育されている鳥が自由に歩き回っている中国は、鳥インフルエンザ対策の中心的な地である。
 科学者が恐れていることは、鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異し世界的なパンデミックを引き起こしかねないことである。
 鳥インフルエンザによるヒトの症例はこれまで中国で25件あり、その内16名が死亡している。鳥の間の流行は数十件発生し、数百万羽の家禽の殺処分に至っている。
New test makes bird flu detection easier, cheaper Scientific American (米国) 新鳥インフル診断装置、より安価で、より迅速に診断可能
 下記と同内容。

New test makes bird flu detection easier, cheaper  Reuters (国際) 安価で迅速に診断可能な、安鳥インフル診断装置が開発
 咽頭拭い液から鳥インフルウイルスを30分程度で検出出来る診断システムが、国際研究者チームにより開発された。
 世界的規模でH5N1鳥インフルを封じ込める手段として、安価で、使いやすく、迅速にウイルスを検出出来る装置が不可欠であると、シンガポールのバイオエンジニアリング&ナノテクノロジー研究所のJuergen博士が共同研究者と共に研究雑誌である「Nature Medicine」に掲載された論文で語っている。
 彼らの論文によると、磁気を帯びた粒子と永久磁石を用いて、微量の検体中に含まれるウイルスを分離、純化、そして濃縮する。続いて検体はウイルスRNAを同定するためにPCRで検査される。
 従来法と比較し、H5N1ウイルスを検出する時間が4倍速く、そして50分の1程安価で済むとされる。
 研究者達によると同装置は、他のウイルス(HIV,SARS,B型肝炎ウイルス)の検出にも用いることが可能だと言っている。
Device Provides Bird-Flu Test Results Within 30 Minutes  DentalPlans.com, FL (米国) 30分以内で鳥インフルを診断可能な装置が開発
Health Highlights: Sept. 24, 2007 -Device Provides Bird-Flu Test Results Within 30 Minutes Forbes, NY  (米国) 鳥インフルを30分以内で診断できる診断装置が開発
 シンガポールの科学者達によって、30分以内で鳥インフルを診断出来る、持ち運び可能な検査装置が開発された。
 BBCニュースによれば、この装置で患者の咽頭拭い液を検体として、ウイルスを分離し、増幅し、そしてウイルスDNAを同定できる、と開発した科学者達は説明している。
 この装置で致死的H5N1ウイルスを含んだ検体を分析したところ、28分で正確な結果が出たという。
 シンガポール・バイオエンジニアリング&ナノテクノロジー研究所で開発された。
 いわゆる”ミニラボ”と呼ばれるこの装置に関する研究論文は、最新号の「Nature Medicine」に掲載された。
9月24日

Revolutionary device 'can detect bird flu in 30 minutes' Daily Mail, UK (英国) 革命的診断装置で鳥インフル診断が30分以内で可能に
 咽頭拭い液からH5N1鳥インフルウイルスを30分以内で確認出来る携帯型診断装置が考案された。
 迅速な致死的鳥インフルの診断と撲滅に効力を発揮することが期待される。
 従来法では4時間はかかるが、検査の前にウイルスを分離、そして増幅する必要がある。
 最新の「Nature Medicine」に、シンガポールの研究者達が論文を発表した。
2 Indonesian children hospitalized with bird flu symptoms Xinhua, China (中国、新華社) インドネシアで2人の子供が鳥インフル様症状で入院
 インドネシアのRiau州で2人の子供が危篤状態で入院しているが、医師団は鳥インフルを強く疑っている。地域のメディアが24日伝えた。
 患者は1歳と3歳の男児で、州都のPekanbaruのArifin Ahmad病院の隔離室で治療を受けている。
 「二人とも高熱と呼吸器症状を呈している。2人の肺は大量の浸出液で機能不全に陥っている」と、医師団では説明している。
 病院での検査では2人とも鳥インフル感染が確かめられているが、さらにジャカルタでの検査確認が必要とされている。
 Riau州では過去2年間に3二院が鳥インフルで死亡している。
シンガポールの研究チーム、鳥インフルの迅速な検査方法を発明 AFPBB News
 致死性の高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)型のウイルスを、30分以内で解析する検査方法が、米科学誌「ネイチャー・メディスン(Nature Medicine)」で発表された。
 新たな検査方法は、シンガポールのバイオ工学・ナノテクノロジー研究所(Institute of Bioengineering and Nanotechnology)のJuergen Pipper氏率いる研究チームが開発した。「あらゆる種類のインフルエンザの世界的流行の防止に向けた取り組みを後押しする、飛躍的な発明」だとしている。
 現在の検査は、ウイルスを分離するのに時間がかかり、結果が判明するまでに数時間から数日を要する上、検査費も高額だ。だが、新たな検査方法は「感度は従来の検査法と同等で、検査速度は440%増、価格は2000-5000%減」だという。
 鳥インフルエンザの流行に対処するうえで重要なのは、発生後すぐに感染個体を識別、隔離して、感染の拡大を防止することだ。最初の20例以上に感染が拡大しない、または1例目が発生した後3週間以内に封じ込めに成功することが最善のシナリオとされる。そのためには、安価かつ正確な簡易検査装置が求められていた。
 研究チームは、従来より小型の検査装置を開発、試作品でH5N1型ウイルスをサンプルとした実験を行ったところ、28分以内に正確な検査結果が得られた。
 同研究者らは、この技術を利用して、エイズ(AIDS)やB型肝炎、重症急性呼吸器症候群(SARs)の原因となるウイルスをも検出できる可能性があるとしている。
Scientists create device to detect H5N1 Reuters UK, UK (英国) 迅速にH5N1ウイルスを検出する小型装置を開発
 シンガポールの研究者グループが、咽頭拭い液から30分間でH5N1ウイルスを検出する持ち運び可能な小型装置が開発された。
 従来の研究室での装置では4時間はほど要し、分離、そしてウイルス遺伝子の増幅のための機械が必要とされてあ。
 研究論文は最新の「Nature]に掲載されたが、中で著者等は公衆衛生的基盤の発達していない国々に置いて非常に有用だと言っている。

Miniature lab can detect deadly bird flu  France24, France  (フランス) ミニチェア研究室が致死的鳥インフルウイルスを検出
 シンガポールの研究者グループによる持ち運び可能な、短時間でH5N1ウイルスを検出出来る装置が開発された。

9月23日

チェック済み
特記すべき情報はなし
2007年9月23日 9:43:07
9月22日


Bird flu contained in Vietnam Nhan Dan, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル、ベトナムで制圧
 この3週間、新規鳥インフルの発生が見られないことから、ベトナムでは鳥インフルが制圧されたと農業省の獣医担当局が発表した。
Vietnam declares control over bird flu RIA Novosti, Russia  (ロシア) ベトナム、鳥インフル制圧を宣言
 ベトナム農業省は、再び鳥インフルを制圧したと21日発表した。
 発表によると最後の発生は南ベトナムのTra Vinh省であったが、この3週間完全に制圧されている。
 しかしながら2008年2月までの冬期間、再び発生する危険性に関して警告した。
9月21日

現在のところ特記すべき情報はなし
2007年9月21日 6:34:25
9月20日

2007年9月20日 6:10:17

現在のところ特記すべき情報はなし
9月19日

China steps up prevention efforts after new bird flu outbreak People's Daily Online(中国) 新規の鳥インフルエンザ流行を受けて、中国は予防措置を強化
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 中国農業部は12個チームを地方へと派遣し、鳥インフルエンザ予防・管理措置を監督する。これは中国南部の広東省における今回の鳥インフルエンザ流行を受けてのものである。
 中国は主要な動物関連疾病が頻繁に報告されるようになる秋期と、中秋と建国記念日という二大祭日を迎え全国で家禽売買が盛んになることによるリスクに備えている。
 疾病の予防・管理措置は、中国では今も大きな圧力を受けている。これは疾病が近隣国に被害を与え続けているためだと、尹成傑副部長は語っている。
 尹氏は監督チームに地方でのワクチン接種作業を検証するように、強く求めている。この監督チームは、家禽飼育場での疾病予防措置の確認も実施する。
 鳥インフルエンザの新規流行は中国南部の広東省で9月初めに確認され、9830羽のアヒルが死亡している。
 この流行はH5N1鳥インフルエンザ亜種と国立鳥インフルエンザ委託研究所で確認され、政府は3万6130羽の家禽を殺処分し、感染地域でさらに1万羽を殺処分する予定である。
 中国は2003年以降で25件の鳥インフルエンザのヒトへの感染症例を報告しており、うち16名は死亡に至っている。
China bird flu outbreak 'controlled': government  AFP (国際) 中国、鳥インフルは制圧下に:政府発表
 南中国の鳥インフル発生は関係地域の家きんを全部殺処分したことから、完全に制圧されたと中国農業部が発表。
Bird flu vaccine protective at ultra-low dose; bodes well for ... Canada East, Canada  (カナダ) 鳥インフルワクチン超低濃度で予防効果-パンデミック用ワクチン準備の先触れ
 下記サノフィ・パスツールの報道。
Bird flu vaccine protective at ultra-low dose; bodes well for ...  CBC News, Canada (カナダ) 鳥インフルワクチン、超低濃度の抗原量でも効果を発揮
 ワクチンメーカーのサノフィ・パスツール社は超低濃度の抗原量で効力を示すH5N1鳥インフルウイルスに対する人用ワクチンを開発した。これまでのどのワクチンよりも低濃度の抗原量で効果を示す。同社が18日に発表した。
 ワクチンにはアジュバントと呼ばれる化学物質が含まれて、免疫効果を賦活する作用を持つが、今回のワクチンでは1.9マイクログラムの抗原が含まれるワクチンを2回接種するだけで、効果が示された。通常の季節性インフルエンザに対するワクチンは、3種類のインフルエンザウイルス抗原が含まれ、15マイクログラムの抗原量となっている。
 これまでの最も良好なワクチンの臨床試験結果はグラクソスミスクライン社のもので、先月の「ランセット」に発表された。
 同社は3.8マイクログラムの抗原量のワクチンを2回ボランティアに接種して、77%で十分な免疫効果を確かめている。なお同社では1.9マイクログラムでは確かめていない。
 サノフィ社のワクチンに含まれているアジュバントは、AF03と呼ばれ、意味は第3番目のアジュバント(adjuvant formulation No. 3)となっている。
China Reserved on Bird Flu Outbreak Details  Washington Post, United States  (米国) 中国、鳥インフル発生の詳細発表を留保

 広東州広州市で発生しているアヒルでH5N1鳥インフル。情報が明確に発表されていない。
 広州市から広東州、さらに中央政府へどのような情報が伝わっているのか。

 地方紙によると、番禺区で大量のアヒルが死に始めたのは9月5日であるが、12日まで地方の当局者は番禺区の行政局に報告しなかった。そして広東省に報告したのは13日であった。
 地方の当局者が省に報告するのが遅れるので、住民は中央政府が鳥インフル対策を十分行ってくれるのかどうか心配している。そのように地方紙は報道している。
9月18日

Sanofi-Aventis: bird flu vaccine trial showed high response at low ... Forbes, NY  (米国) サノフィ-アベンティス社:開発人用鳥インフルワクチンが低濃度でも効果
 わずか1.9マイクログラムの抗原量で十分免疫効果が得られることが確認された。免疫賦活剤として新アジュバントを使用している。70%の被接種者に十分量の抗体産生を認めた。
 他H5N1ウイルス株に対しても交差予防効果(cross-protection)を認めている。
China confirms bird flu outbreak: HK official  AFP (国際) 中国、鳥インフル発生を確認:香港当局

 中国農業部は17日、南部でアヒルの間で鳥インフルが発生したことを確認した。
 同部によると15日、9830羽のアヒルが香港との境界に近い広州市の郊外の村で、9月5日から13日の間に死亡した。
 17日遅くに香港衛生部長官のヨーク・チョウ氏が中国農業部発表と引用して、検査の結果H5N1ウイルスが検出されたことを発表した。
 香港のメディアによると17日地域の当局者により10万羽近いアヒルが殺処分された。
 広東州の動物流行病感染センター長官のYu Yedong氏によると、アヒルは全てワクチン接種済みであるという。
 同氏によると最初のワクチンは65%しか効果がなく、続いて2回目のワクチンの接種が必要となり、それで鳥は90%免疫されたという。同氏は最初のワクチン接種の後にアヒル達が感染したものと考えていると、新聞に伝えている。
 香港大学の感染症専門家のHo Pak-leung博士は、香港の世界的新聞である「Standard」に、ウイルスが変異した恐れがあると語っている。

Bird Flu Confirmed in Ducks in Southern China  Voice of America  (米国) 南部中国でアヒルの間でH5N1鳥インフルの発生が確認

 中国農業部の当局者は、17日、広東州広州市番禺区でアヒルの間で発生した鳥インフルが、H5N1ウイルスによるものであることを確認した。
 番禺区の5ヶ所の農場で、9000羽以上のアヒルが死亡し、32000羽以上のアヒルが殺処分された。
 地域は香港に近く、香港行政府は17日、アヒル、ガチョウの冷蔵・冷凍肉の広東州からの輸入を1週間禁止した。

9月17日

Infected China ducks had shots AFP (国際) 中国、鳥インフル発症アヒルはワクチン接種済み
Mutation fears in bird-flu outbreak The Standard, Hong Kong  (香港) 鳥インフル発生によるウイルス変異が脅威
 中国広東州広州市番禺区近くの農場で1万羽近くのアヒルが鳥インフルで死亡したが、大半のアヒルはワクチン接種を受けており、致死的H5N1ウイルスが変異した可能性があるため、不安感が高まっている。
 広東省動物疾病管理センターのYu Yedong氏によると、Sixian村で死亡した9800羽のアヒルはワクチン接種を受けていたとされる。。しかし同氏は、最初のワクチン接種の効果は65%しか効果がなく、2回目の摂取は90%のレベルまで高まったと、付け加えた。
 彼はウイルスは最初のワクチン接種後に感染したと考えている。ウイルス封じ込めのための36000羽のアヒルの殺処分が14日に行われた。
 保健医療担当者達は、村周辺を通る車両やアヒル農家を消毒してまわっている。
 番禺区の保健当局者によると、Sixian村の5キロ以内の家きんは登録され、隔離され、そして消毒作業が強化された。
 初期の検査ではH5N1ウイルスが陽性とされたが、検体が国立鳥インフル専門検査所に送られている。

 広州市の鳥インフル発生は、香港市内でウイルスが変異した不安が高まっている。香港大学の感染症専門家であるHo Pak-leung博士は、ウイルスが変異したか、またはワクチンが無効であった可能性があり、それらは不安材料であると語っている。
 もう一人の専門家であるLo Wing-lok氏は、番禺区周辺からのアヒルの輸入の禁止を求めている。
 香港バードウオッチング協会長のCheung Ho-fai氏は、番禺区からの渡り鳥がウイルスを香港へ持ち込む可能性があると言うが、先の香港で発生した事例は渡り鳥は関与していなかったと言う。
 鳥インフルが発生すると家きん売買が20~30パーセント低下すると言われる。
Possible bird flu outbreak occurs in China Science Daily (press release)  (国際) 中国で鳥インフル発生の疑い
 中国南部の広州市で数千羽のアヒルが死亡し、初期の検査でH5N1鳥インフルが確認された。32630羽のアヒルが殺処分された。中国の国営通信が報道した。
広州でカモ大量死 高病原性鳥インフルエンザの疑い 朝日新聞
 
アヒル1万羽死ぬ 中国広東省で伝染病  産経新聞 
 中国広東省広州市で10日から12日にかけて、約9800羽のアヒルが死んでいるのが見つかった。地元政府は、原因は鳥インフルエンザではなく、家畜などがかかる伝染病と判断、人への感染の恐れは少ないとしている。
 感染拡大を食い止めるために近くで飼われていた計約3万2630羽を処分した。
 15日付の広州市の地元紙、南方都市報などが報じた。現場一帯では約20カ所の飼育場があり、計約6万6400羽を飼育。鳥インフルエンザ対策のワクチン接種は終えていたという。
9月16日

South China city reports suspected bird flu outbreak Xinhua, China  (中国) 南中国で鳥インフル発生の疑い
 広州市でアヒルの間で鳥インフルが発生の疑い。
China finds suspected bird flu outbreak among ducks  AFP (フランス) 中国、アヒルの間で鳥インフルが発生の疑い
 下記と同内容。
China finds suspected bird flu outbreak  France24, France  (フランス) 中国、アヒルの間で鳥インフルが発生した疑い
 中国農業省は15日、南部の広州市の郊外の村でアヒルの間でH5N1鳥インフルが発生した疑いについて発表した。
 農業省によると、9月5日から13日までに間にPanyu地区で9830羽のアヒルが死んだため、検体を国立研究所に送った。
 もしH5N1鳥インフルが確認されるならば、中国で4ヶ月ぶりの発生となる。
 地域当局では、発生以来3万羽以上のアヒルを殺処分した。
 鳥インフルはこれまで中国で25人に感染し、16人が死亡している。
Guangzhou reports suspected bird flu outbreak  China Daily, China  (中国) 広州市、鳥インフル発生の疑い
 中国の南部の広州市は、鳥インフルで大量のアヒルが死亡した可能性を発表した。農業省のウエブサイトで報告された。
 9月5日、広州市の5ヶ所の農場でアヒルの死を報告し始め、9月13日までに9830羽のアヒルの死が報告された。
 死亡したアヒルから採取された検体は省の動物疾病管理センターに送られ、当初の検査結果では高病原性のH5N1鳥インフルであった。
 検体は同様に国立鳥インフル専門研究所に送られているが、結果はまだ出ていない。
 地域の獣医当局では14日までに32630羽のアヒルを殺処分した。
9月15日


Crucell to present pre-clinical results for H5N1 Virus treatment CNNMoney.com (米国) Crucell社H5N1ウイルス感染治療の前臨床段階実験で成功
 オランダのバイオテクノロジー企業のCrucell N.V.は14日、研究者達がH5N1鳥インフルウイルスに反応するモノクローナル抗体を作成したと発表した。研究結果はラスベガスで9月27日から28日まで開かれる第五回国際鳥インフルサミットで発表される。
 同社の研究者達は、 PERC6® 細胞系を用いて抗体を産生した。そしてその抗体の生物物理的及び免疫的性状を分析した。
 「バクテリオファージを用いた技術で、人のH5N1ウイルスに対するモノクローナル抗体の作成に成功した。マウスの実験でこれら抗体はH5N1鳥インフル感染を予防すると共に、感染したマウスの治療にも効果を示した。会議で我々はそれを示す」、と同社の研究者達は語っている。
 同社は会議でさらなる情報を提供する予定のようだ。
More ducks to be killed as Germany battles bird flu DigitalJournal.com, Canada  (カナダ) ドイツ、鳥インフル封じ込めのためにさらならアヒルの殺処分に
 ドイツのババリア州でH5N1鳥インフルの拡大を防止するために、さらに26000羽のアヒルが殺処分される。14日当局が語った。
 小さなシムバッハ町の近くの農場で飼育している2600羽のアヒルから鳥インフルウイルスのH5亜型株が見つかり、全て殺処分の対象とされた。

 8月末以来、40万羽以上の鳥がいくつかの家きん農場で殺処分されている。
 殺処分は、ウイルスが変異して人に危険なウイルスに変わる恐れから行われている。
 動物専門家団体は、鳥には危険性がない故殺処分の必要はないと反対している。
Crucell discovers antibody against H5N1 bird flu virus newratings.com (米国) Crucell社、H5N1鳥インフルウイルスに対するモノクローナル抗体を作成
 Crucell NV社は14日にH5N1鳥インフルワクチンの作成の画期的方法を開発できたと発表した。
 同社によると作成したモノクローナル抗体を用いて、マウスにおけるH5N1ウイルス感染阻止実験と、感染マウスにおける治療実験に成功したとされる。
 ただし同社は、作成されたものモノクローナル抗体は、前臨床段階の産物であり、現段階では商用的利用段階ではないと言っている。
H5N1 Human Antibody Discovered By Dutch Biotech Medical News Today, UK  (英国) H5N1人モノクローナル抗体がオランダBiotechで作成
 オランダのバイオテクノロジー企業である、Crucell NV(本部はライデン)は、致死的H5N1鳥インフルのウイルスに対する人のモノクローナル抗体を作成した。
 同社は前臨床的研究結果を、9月27日から28日に米国のラスベガスで行われる第五回鳥インフルサミットで発表する。
 同社の科学研究部主任のJaap Goudsmit博士は次のように語っている。
 「バクテリオファージを用いた方法で各種のH5N1ウイルス株に広く反応する人用モノクローナル抗体をを開発することに成功した」。
 会社では、この開発されたモノクローナル抗体がマウスでのH5N1鳥インフル感染を防止する実験結果を会議で発表する。
9月14日

Pacific flu threat 'serious as ever': WHO Radio Australia(豪) 太平洋地域における鳥インフルエンザは「依然としての脅威」:WHO
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 世界保健機関(WHO)は、太平洋地域における鳥インフルエンザの脅威は依然として深刻だと述べている。
 WHOの西太平洋地域の加盟国は現在韓国で、鳥インフルエンザ対策の方法について議論している。この議論は、多くの国が流行への対応において最小限の仕組みすら持っていないという報告を受けてのものである。
 WHOの感染症担当責任者であるティー・アーシアン氏は、西太平洋地域における鳥インフルエンザの状況は依然として深刻で、ヒトの鳥インフルエンザ・パンデミックの脅威も低下する兆しすら見せていないと言う。
 鳥インフルエンザ・ウイルスはアジアの様々な地域に侵入して2003年以降で約200名を死亡させたと、同氏は語っている。
 ヒトへの感染症例の大部分は病気の鳥や糞との接触からのものだが、ヒト-ヒト感染の事例も記録されている。
 WHOの鳥インフルエンザ流行対処ガイドラインでは、隔離とタミフルの配布が呼びかけられている。
Germans investigate bird flu source FarmersWeekly, UK  (英国) ドイツ、鳥インフル発生源の調査へ
 鳥インフル封じ込めた対策中のドイツの当局は、感染したアヒルが食物チェーンに混入した可能性を認めた。(通常の鶏肉販売網に入った)。
 最近鳥インフルが発生した地域の加工工場で18羽の冷凍アヒル肉の検査で、鳥インフルウイルスが検出された。これら18羽のアヒルは検査用として、とっておかれたものだ。
 ババリア州の消費者保護省のローランド・アイヒホルン氏によると、これらの感染肉が知らずに消費者の口に入った可能性は否定できないとされる。
 しかし同氏によると、通常これらの肉は蒸し焼き鍋で食べるので、危険性は極めて低いと語った。
 
 家きんでウイルス抗体が検出されたため、ミュンヘン北部140キロの二ヶ所で殺処分を終了した時点で事態が判明した。
Thailand and Laos discuss bird flu Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) タイとラオス、鳥インフル対策で会議
 ラオス当局者は13日、鳥インフルを検査する検査所は首都ビエンチャンにしかないが、事態の悪化を食い止めるには十分な施設ではなく、あらの検査所が必要であると語った。
 タイとラオスの医学関係者による地域の鳥インフル対策の協議で、両者は鳥インフル監視態勢の確立のための協力関係を結ぶことを協議した。
Flu pandemic preparation urged  Orange County Register, CA  (米国) パンデミック・インフルエンザ対策が急がれる
 パンデミックインフルエンザはほぼ30年ごとに起きている。現在、アジアで流行している鳥インフルエンザがパンデミック・インフルエンザとなる可能性は高い。十分な対策を急がれる。そのような講演が企業関係者になされた。
RI to receive $15 million from Japan to fight bird flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア)
 インドネシア、日本から1500万ドルの鳥インフル対策助成金を受領
 インドネシアは鳥インフル撲滅対策の計画のために1500万ドルを受け取る予定になっている。
 日本大使とアジア・アフリカ地域外務省長官が調印した。
 助成金の提供は、日本の安倍首相が辞職する一ヶ月もしない前の8月20に約束された。 
Pacific flu threat 'serious as ever': WHO Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 太平洋地域、パンデミック・インフルエンザの危険性はいまだ続いている:WHO
 WHOは太平洋地域での鳥インフルの脅威は以前と同じく続いていると発表した。
 WHO西太平洋地域のメンバーが最近ソウルで会議を開き、多くの国が鳥インフル発生に対する最低限の対策を立てていないことから、改善策を話し合った。

 WHOの伝染病対策長官であるTee Ahsian氏は、西太平洋地域では鳥インフルの状況はいまだ深刻で、人のパンデミック・インフルエンザ発生の脅威は衰えてはいない、と語った。
9月13日


UAE to review ban on Indian poultry products Economic Times(インド) UAEがインド産家禽製品輸入禁止を見直しへ
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 UAE当局は、マニプールでの鳥インフルエンザ検出を受けて7月以降禁止していたインド産家禽製品の輸入禁止の見直しを決定した。
 高官からなるインド代表団が、UAEとサウジアラビア当局にインド産家禽制品の輸入禁止を緩和するように求めた。こうした禁止は、直近の鳥インフルエンザ流行により課せられていたものである。
 「(インド産家禽製品の)輸入の大部分はタミル・ナドゥからのものです。この地は、鳥インフルエンザが発生したマニプールからはとても遠く離れています。そうした理由でUAE当局に輸入解禁を求めたのです」と、インド代表団団長で農業・加工食品輸出会会長のK S マネー氏は述べている。
 昨日のUAE政府当局者との会合の後の記者会見で、当局は禁止を見直すことを約束したとマネー氏は語った。
 同氏によると、UAEの所管官庁はこの問題を技術委員会に諮問し、至急に見直すとしている。
 またインド代表団は、UAEとサウジアラビア両政府の同問題に関する状況と鳥インフルエンザ拡大防止措置を評価した。
 5月のインド-UAE通商政策フォーラムの初会合で、インド通商産業相であるカマル・ナス氏も、UAE通産相のシャイク・ルブナ・アル・カシミと共にこの問題を取り上げている。
 UAEはマニプールでの鳥インフルエンザ検出を受けて、7月にインドからの鳥および家禽製品の輸入を全て一時的に禁止している。
 この決定は、インドでの鳥インフルエンザ発生に関する国際獣疫事務局の報告に伴う予防措置として取られたものである。
 インドは北東の辺境であるマニプール州での鳥インフルエンザ検出を7月25日に確認している。
More ducks to be destroyed in German bird-flu drive  DigitalJournal.com, Canada (カナダ) ドイツ、さらなるアヒルの殺処分へ
 致死的H5N1鳥インフルの封じ込めのために、ドイツの2家きん農場でさらなるアヒルの殺処分がおこなわれた。
 先月16万羽のアヒルが殺処分され、そして10日までの3日間における20万5000羽のアヒル殺処分に引き続き、保健当局者は、10日、ディーターバーグ近くのアヒル農場で4万1000羽を殺処分する予定であると発表した。同農場での検体からH5亜型ウイルス株が検出されている。
 またババリア州のディンゴル-リンドウ群の農場の持ち主は、たぶん14日に26000羽のアヒルを殺処分する通達を受ける予定のようだ。
 当局では生きてアヒルの売買でウイルスが拡大することを恐れている。
UN Helps Indonesia Chart 3-Year Bird Flu Plan Voice of America  (米国) 国連、インドネシアの3年間鳥インフル対策計画を支援
 国際的保健専門家達は、インドネシアの鳥インフル封じ込め3年間計画の草稿を作成した。
 鳥インフルは現在同国の家きんの間で流行病となっていて、さらに鶏は放し飼いが普通の状態になっている。
 インドネシアのバリに11カ国から150人の専門家が集まり、インドネシアの鳥インフル対策の強化を支援するための会議が開かれた。
 国連の鳥及び人インフルエンザ対策主席調整官であるデービド・ナバロ氏は、グループはインドネシアのおける鳥インフル拡大防止3年間計画の草稿を作成したと語った。
 同氏によると、インドネシアの15億羽に上る家きんで発生しているH5N1鳥インフルは極めて重大な問題で、次に人での感染症となってくる可能性があるとされる。我々はそれを強力に押さえ込む必要があるが、それにはこの2-3年要する、と語った。
9月12日

Indonesia to start producing anti-bird flu medicine: minister  People's Daily Online(中国) インドネシアが鳥インフルエンザ治療薬の生産を開始
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドネシアは鳥インフルエンザの更なる拡大がありうる事を考慮し、今年中に鳥インフルエンザ治療薬オセルタミビル(タミフル)の十分な量産を開始すると、高官が11日に語った。
 アンタラ通信社は、タミフルの生産は同国がもはや輸入する必要がないようになるだけの十分な数量で行われるという、国民福祉調整相のアブリザル・バクリー氏のバリ州州都デンパサールでの発言を伝えている。
 同相の声明は、インドネシア政府と11カ国からの150名の参加者による「鳥インフルとパンデミック対策における重要なるパートナー」との会合の開会式の後のものであった。
 この鳥インフルエンザ治療薬の国内生産が、価格を出来る限り低く抑えるためジェネリック医薬品の生産と同様に順調に進めば良いとしている。
 このタミフルは更なる鳥インフルエンザの拡大の可能性を考慮し、国中の地域医療センターと地域・州の総合病院に供給されることになっている。
 鳥インフルエンザ・ウイルスはこれまでに同国の全33州のうち観光地のバリを含む12州で流行している。
 同国で鳥インフルエンザは106名に感染し85名を死亡させている。

Bird flu test being used on horses Ninemsn(豪) 鳥インフルエンザ検査法を馬に使用
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 連邦科学産業研究機構(CSIRO)と豪バイオセキュリティ協力研究センター(AB-CRC)が開発した検査法が、馬インフルエンザ(EI)検査に使用されている。
 EIの原因は、鳥インフルエンザを発生させるウイルス株と関連のあるインフルエンザ・ウイルス株である。
 AB-CRCのセンター長であるスティーブン・プロウズ博士は、核酸を基にした検査で鳥インフルエンザ・ウイルスと同様に他のインフルエンザ・ウイルス株も検出可能で数時間で完了したという。
 「迅速なインフルエンザ診断検査法によって、適切な抑制・封じ込め措置が確実に素早く実施できるようになります」
 ジーロングにあるCSIRO家畜産業の豪動物衛生検査施設(AAHL)の微生物学的に安全確保された環境で、この鳥インフルエンザ検査法は開発された。その後にオーストラリアの全ての主要な政府の動物衛生検査施設に引き渡されている。
Bird flu almost gone in Vietnam but experts wary  Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) ベトナム、鳥インフルはほどんど消失、しかし専門家は再発を心配

9月11日

Vietnam seizes thousands of chickens smuggled from China in bird... China Post, Taiwan (台湾) ベトナム、中国からの密輸鶏数千羽を押収

Bird flu conference to start in Bali Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) バリでの鳥インフル会議が開始
 「鳥インフルとパンデミック対策における重要なるパートナー」と題する国際会議が11日に、バリのジンバランで開催される予定である。
 3人のインドネシアの閣僚と数カ国からの150人の参加者が出席する。
 講演者はユネスコのデービド・ナバロ他となっている。
WHO warns over complacency on bird flu  Manila Times, Philippines (フィリピン) WHO、鳥インフルに警戒を続けるように警告
 WHOのチャン事務局長は10日、新型インフルエンザのパンデミックはいつ起きてもおかしくはないことから、鳥インフル対策は怠らないように警告した。
 地域のWHO会議に出席した同事務局長は次のように語った。
 「私は、しばしばパンデミック対策への労力は無駄になるのではないかと聞かれる。しかし公衆衛生はそれほど頻繁にオオカミがやってくると、それほど大声で叫んできましたか?」
 {全然違うと思う。パンデミックは繰り返されるものだ。我々はH5N1鳥インフルのウイルスが次のパンデミックを引き起こすのか分からない。しかし我々は、遅かれ早かれ新型インフルエンザが世界に流行することは知っている」
Malaysia declared free from deadly bird flu virus  NewKerala.com, India  (インド) マレーシア、鳥インフルウイルスが消失と宣言
 マレーシアは都市的H5N1鳥インフルウイルスがSelangor州の農場で検出されて3ヶ月後、ウイルスが消失したことを宣言した。
 6月にH5N1ウイルス株が首都クアラルンプールの隣のSelangor州の農場で見つかった。
 保健省当局では迅速に村人達の健康調査と全ての鳥と家きんのの調査を行った。
 農業大臣は、獣医局による迅速な対応が鳥インフルの消失に効果を示した、と語った。
 三ヶ月間、監視態勢とウイルス検査結果でウイルスが検出されず、OIEの基準を満たしたことから、消失宣言を行ったと同大臣は語った。
Avian influenza is still a major threat Belfast Telegraph, United Kingdom  (英国) 鳥インフルは未だ脅威である
 口蹄疫が消え去ったが、秋になり渡り鳥シーズンになると新たな鳥インフルの脅威が起きる。獣医局の主任担当官であるバート・ヒューストン氏が警告している。
 秋の渡り鳥はいつでも始まる。
 「鳥インフルはいまだそこで発生している。それは大きな脅威である」、と同氏は警告している。
9月10日

WHO warns over complacency on bird France24, France  (フランス) WHO、鳥インフルを警告

Malaysia declared bird flu free Malaysia Star, Malaysia  (マレーシア) マレーシア、鳥インフル清浄化を申告
Swan dies of bird flu in southern Russia RIA Novosti(露) ロシア南部の白鳥が鳥インフルエンザで死亡
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 クラスノダル行政区で見つかった死んだ白鳥がH5鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していたことが検査で確認された。ただしN1株ではないと、地方行政当局筋が10日に述べた。
 これは南部ロシアの同地の家禽飼育場で410羽のニワトリが鳥インフルエンザ・ウイルスで死亡し2万2千羽が殺処分されて以来、同行政区で唯一の鳥インフルエンザ検出事例である。
 地域の検査施設が死亡したニワトリは高病原性H5N1ウイルスに感染していたと特定し、拡大封じ込めの措置を取った。
 この発生に伴う損失は、2000万ルーブル(70万2千ドル)と見積もられている。
9月9日

Bird cull begins in Germany  Globe and Mail, Canada  (カナダ) ドイツで家きんの殺処分が開始
German poultry farms culled as protective measure Reuters AlertNet, UK (英国) ドイツの家きん農場で、鳥インフル拡大防止のために家きんが殺処分
 ドイツの当局ではババリア州のトゥルムリングとホフィングの町の二ヶ所の農場で、H5N1鳥インフルの拡大の恐れから、家きんの殺処分を開始した。
 抗病原性H5N1鳥インフルの発生は8月25日にババリア州のバッケンロス町近くの農場でアヒルで確認された。
9月8日


German authorities order 200000 birds slaughtered over suspected ... International Herald Tribune, France (フランス) ドイツ、鳥インフル疑いで20万羽以上のアヒルを殺処分に
 下方の報道と内容は同じ。

Bird flu hits Germany  Pravda, Russia  (ロシア) ドイツ、鳥インフルが農場で発生
 南ドイツのババリア州で20万羽以上のアヒルが鳥インフル拡大防止のために殺処分された。
 ババリア州の保健食品安全局(Bavaria's state office for health and food safety)の責任者は、殺処分はH5N1ウイルスが検出されたための純粋に予防的措置であると語った。
 二つの農場はニュールンベルグの東、シワンドルフ近くに位置し、合計20万5000羽の鶏を飼育している。ウイルスがどこから感染してきたのかは明確になっていない。

 先月、ババリア州の他の地域の家きん農場でH5N1鳥インフルが発生し、16万羽以上のアヒルが殺処分された。当局によるとウイルスで汚染されたわらが原因と考えられているようだ。
German authorities order 200000 birds slaughtered over suspected ...  Live-PR.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) ドイツの当局、鳥インフル拡大予防に20万羽以上の家きんを殺処分
 南ドイツのババリア州のH5N1鳥インフルが見つかった2農場で20万羽以上のアヒルが殺処分された。
 村はニルンベルグの西、シバンドルフ近くにあり、アヒルたちは外見上元気に見えるという。
9月7日


世界の死者200人に 鳥インフル歯止めかからず 東京新聞 
 インドネシア保健省は6日、スマトラ島中部リアウ州の男性(33)が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。これにより2003年以降確認された鳥インフルエンザによる世界の死者は計200人となった。
 インドネシアの死者は世界最多で、85人となった。鶏の処分が政府の予算不足などで進まず、感染拡大に歯止めがかからない状況だ。
 鳥インフルエンザが人への感染を繰り返すうちに、人から人へ感染しやすい新型インフルエンザに変異する可能性があるとされ、世界保健機関(WHO)は8月に発表した年次報告で、新型インフルエンザの世界的流行の脅威に強い懸念を示している。WHOのまとめでは8月末の時点で世界の死者は199人となっていた。
Microbiologist will train technicians in India to test for bird flu  Iowa City Press Citizen, IA  (米国) 微生物学者が鳥インフル検査法を指導に
 アイオワ大学衛生検査研究部の微生物学者が、州の公衆衛生研究所の臨床医3人とCDCから2人の臨床医を伴って、10月からインドでH5N1鳥インフルの検査方法の教育にあたることになった。
Another bird flu victim in Indonesia Radio Australia, Australia ( (オーストラリア) インドネシアでさらなる鳥インフル死者が発生
 インドネシア、スマトラ島で33歳男性が鳥インフルで死亡した。
 この男性の死亡で同国の死者数は85人となった。
 男性は地域のマーケットで購入した鶏を食べてウイルスに感染したと考えられている。
Indonesia reports 85th bird flu  France24, France インドネシア85人目の鳥インフル死者を報告
 インドネシア、スマトラ出身の33歳男性が6日に鳥インフルで死亡し、同国で85人目、世界で200人目の死者になったことが保健省当局者から発表された。
 農園従事者の男性は6日午後2時に死亡したと、ペンカンバル市の総合病院の主治医が語った。
 保健省の当局者は先に男性がH5N1鳥インフルウイルスに感染していることを2回の検査で陽性であったと発表している。
9月6日

Indonesia: Man With Bird Flu Recovering, Health Ministry Says Sin Chew Daily, Malaysia (マレーシア) インドネシア:鳥インフル発病男性が回復中、保健省が発表
 鶏を料理後に鳥インフルを発病して入院していた男性が回復してきていることを6日、保健省が発表した。
 33歳男性で中央スマトラの農園従業員が10日間近く高熱と咳、そして呼吸困難で入院していた。検査でH5N1ウイルス感染が確認されている。

Indonesian man infected by bird flu People's Daily Online, China  (中国) インドネシア男性、H5N1鳥インフルに感染
 33歳の鳥インフルを発病したインドネシア男性がスマトラのリアウ州の病院で危篤であると、6日保健省から発表された。
 二箇所の検査機関でH5N1ウイルス感染が確認されたと当局者の一人が語った。そして男性は危篤状態であるとも語った。
Bird flu pandemic poses 'great risk' to Australia  ABC Online(豪) 鳥インフルエンザ・パンデミックはオーストラリアに「巨大なリスク」をもたらす
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 国連保健機関(WHO)の感染症プログラム責任者は、鳥インフルエンザのパンデミックが発生した場合、オーストラリアは巨大なリスクにさらされると警告を発した。

 昨夜のキャンベラでの談話で、デビッド・ヘイマン氏は医療関係者に鳥からのインフルエンザ・ウイルスは人類に脅威を与え続けるだろうと述べた。
 ヘイマン博士は、パンデミックは発生するか否かの問題ではなくいつ発生するかというだけの問題なのだと語った。
 「海外旅行やヒトへの感染速度のため、地球上の一地域にいるヒトが疾病の潜伏期間のうちに他の地域へと移動することがあり得ます。そして病状が進み帰国してから症状が出るのです」と、同氏は述べている。
 同氏は、ベトナムとインドネシアでH5N1ウイルスが感染したヒトから密接な接触を持った者へ感染した2,3の事例の証拠をWHOは得ているとしている。
 ヘイマン博士は、事例が医療関係者への警告にならなければならないと語っている。
「幸いなことに、これまで医療関係者が患者からH5N1ウイルスを感染させられたことはありません。それよりも更に濃密な接触なものは自宅での治療でして、家族は病人を看病する際に自衛の術を知らないかもしれないのです」と、同氏はしている。
 他情報
 ・ロシア南部の農場で鶏がH5N1鳥インフルに大量感染した情報が主。同地域からの拡大については不明。
 ・インドネシアのバリ島での人感染事例に関しては、いくつかの疑い者が発生していたが、そのフォロー記事はなし。
9月5日


Indonesian man suspected of having bird flu Xinhua(中国) インドネシア人男性が鳥インフルエンザ感染の疑い
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 リアウ州の病院で治療を受けている33歳のインドネシア人男性が鳥インフルエンザに感染した疑いをもたれている。一時検査では鳥インフルエンザ陽性となっていると、厚生省が5日に述べた。
 厚生当局はこの男性がH5N1に感染したことを確認するために二次検査の結果を待っていると、同省鳥インフルエンザ対策センターのジョヨ・スヨノ氏は新華社に語った。
 感染が確認されれば、この男性はインドネシアで鳥インフルエンザに感染した105人目のヒトとなる。これまで84名が死亡しており、同国は鳥インフルエンザによる最大の被害を受けている国になっている。
 同氏によると、この男性は8月25日に発症する前にニワトリと接触したことがあるという。
 「この男性は近所の市場で買ったニワトリをさばいていました」と、スヨノ氏は語っている。
 症状を訴えて3日後の8月25日に、この男性は州都ペカン・バルのサンタ・マリア病院に入院した。 さらに9月2日に同州都の鳥インフルエンザ専門のアリフィン・アフマド病院に転院した。
 専門家が恐れているのは、高病原性のH5N1ウイルスがヒトの間で感染しうる一定の段階に変異し数百万人を死に追いやるパンデミックを引き起こしかねないことである。
 これまでに鳥インフルエンザ・ウイルスにより世界中で322名が感染し、うち195名が死亡している。その大部分はインドネシアでのもので、105症例で84名が死亡している。
 広大な国土、住宅の庭でニワトリを育てる風習、ウイルス拡大防止のためのインドネシア政府の決定を実行する地方当局への不服従などがインドネシアでの鳥インフルエンザ対策の障害になっている。
*9月3日に他中国報道で既報
Russia reports 3rd H5N1 bird flu outbreak in 2007 Reuters AlertNet(英) ロシア、今年3件目の高病原性H5N1鳥インフルエンザ発生を報じる
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 ロシアは3日、今年3件目の高病原性H5N1鳥インフルエンザの発生を報じた。これは410羽の鳥が同国南部の家禽飼育場で死亡したことによるものであるが、成長中の家禽業界はパニックを押し止めようとしている。
 現地での検査により死亡した鳥から鳥インフルエンザ・ウイルスが確認されたため、さらに414羽が殺処分され厳格な隔離措置がクラスノダル地区飼育場に適用されていると、ロシア獣医監督局は述べている。
 「確実に拡大を防ぐために隔離などの厳格な措置を取るに足るほどの、深刻な事態です」と、ロシア獣医監督局スポークスマンのアレクセイ・アレクシェンコ氏は述べている。
 「感染源特定のために調査を実行中です」
 高病原性H5N1ウイルスがLebyazhye-Chepiginskoye飼育場での鳥の死亡の原因である。この飼育場の同じ地域で、1月に死亡した飼育された鳥から鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されている。
 2007年に入ってのロシアでの2番目の鳥インフルエンザ発生は2月のもので、この際はモスクワ周辺の街で数例発生し感染源はモスクワで有名なペット市場であった。
 ロシアは今年、家禽食肉を16パーセント増産し約180万トンにすることを見込んでいる。これにより国内消費における輸入品割合を減らすことができる。ロシアの家禽生産業者は昨年、同国内の消費の53パーセントを供給していた。
 農産物市場研究所所長のドミトリー・リルコ氏は、ロシアの鳥インフルエンザ発生への対応はその規模と迅速さにより、家禽生産業者を鳥インフルエンザから保護できるとしている。
 「こうした発生はロシアを含む世界中の様々な地域で何度も繰り返されていくでしょう」と、同氏はしている。
 「ロシアでは、大規模な商業飼育場は緊密な隔離措置と家禽の低密度の集積率により、南部でさえ極めて良好に保護されています」
 ロシア最大の家禽生産業者は、ロンドン株式市場にも上場しているチェルキゾボ社である。同社は先月、同国第4位の生産業者であるチキン・キングダムを1億4300万ドルで買収した。
 ロシアは輸入品に関税を割り当てるなどして、家禽の増産を奨励している。家禽輸入量は今年前半で8.2パーセント落ち込んでいるが、価格上昇により総額では4億1910万ドルに上昇している。
 ロシアは先月イタリアとドイツからの家禽輸入を禁止した。これは両国の飼育場で鳥インフルエンザが見つかったためである。
 2003年に香港で再燃して以降、鳥インフルエンザにより世界中で判明している320症例のうち193名が死亡している。死亡例は大部分アジアで発生しており、ロシアでのヒトへの感染例は報告されていない。
 H5N1ウイルスは、主には鳥の間で感染する。ヒトの感染は直接間接の感染した鳥との接触にたどり着く。
 しかし専門家が恐れていることは、このウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異しかねないと言うことである。
Russia: H5N1 Bird Flu Found in Chickens  Houston Chronicle, United States  (米国) ロシア:鶏でH5N1鳥インフルが発生
Russia: H5N1 Bird Flu Found in Chickens MSN Money (米国) ロシア:鶏でH5N1鳥インフルが発生
 人に対して致死的であるH5N1鳥インフルが、南部ロシアの農場で鶏の間で発生した。ロシア獣医監督局(the country's veterinary watchdog agency )が4日発表した。
 当局によると発生したのはクラスノダル地区の農場である。410羽の鶏が鳥インフルで死亡し、他の414羽が拡大防止のために殺処分された。
9月4日

Five hundred chickens die of bird flu in south Russia RIA Novosti, Russia (ロシア) 南ロシアで500羽の鶏が鳥インフルで死亡
 南ロシアのKrasnodar Territoryで500羽近くの鶏が鳥インフルで死亡したことが4日、当局から発表された。
 鳥インフルの発生はRazdolny町の家きん農場で確認された。
 地域の獣医局の報道官によると、地域の検査所で死亡した鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたという。
 農場の22000羽の鶏が殺処分される予定。
Vietnam imports more bird flu vaccines from China  People's Daily Online(中国) ベトナム、中国から鳥インフルエンザ・ワクチンをさらに輸入
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ベトナムは今月に入り2億回分の家禽用鳥インフルエンザ・ワクチンを中国から輸入したと、現地紙のサイゴン・リベレイションが4日に報じた。
 この全ワクチンについては、1億回分が南部地域の家禽への接種に使用され残りは北部・中部で接種されることになるという、ベトナム農業地方開発省管轄下の動物衛生部の言葉を同紙は伝えている。
 同国は今年これまでに全64の市・省のうちの63の市・省にいる1億6,400万羽の家禽にワクチン接種している。この家禽の内訳は、8,740万羽近いニワトリ、7,280万羽超のアヒル、約390万羽のハジロモリガモであると、同部はしている。
 鳥インフルエンザの現在の被害は、北部タイ・グエン省と南部の2省、ドン・サップ省とトラ・ビン省にある3つのコミューンでのものだと、同部はしている。
 ベトナムでの鳥インフルエンザ流行は2003年12月に始まり、同国で数千万羽が死亡または殺処分されるに至っている。
Indonesia dismisses human-to-human bird flu report Scientific American (米国) インドネシア、人人感染の数理的研究報告を否定
Scientists Not Sure Whether Wild Birds Are Carrying Avian ... Voice of America  (米国) 科学者達は鳥インフルが野鳥で拡大する可能性を確認できず

研究者達はH5N1鳥インフルウイルスが野鳥で運ばれるかどうかについて、研究で確認できていないと発表した。VOAのルイス・ラミレスはバンコクで開かれている、鳥インフル拡大原因に関する会議における情報を伝えた。

 専門家会議において、野鳥におけるH5N1鳥インフル感染を確認する統一されたシステムが確立されていないことから、信頼できるデータに基づいて論議することは困難であると発表された。
 FAO主催の会議には12カ国から70人以上の専門家が集まった。
 FAOの国際野生動物調整官のスコット・ニューマン氏は、会議の目的は、野鳥の監視態勢を改善するためには、どの国がどのようなサポート、そしてトレーニングが必要であるかを見いだすことであると語った。
 「我々は、野鳥が元気で、自然の中で生きている場合、ウイルスは検出されず、しかし、いくつかの国では死亡した野鳥が見つかり、それらからウイルスが検出されていると、報告を受けている」とニューマン氏は語った。
 「いくつかの国では健康な野鳥について監視態勢をしいている。しかし他の国では死んだ野鳥を集めて、ウイルス感染の有無を確認している。そういうことから監視態勢の活動性と内容の範囲に一定の幅がある」。
 鳥インフル専門家達の間では、渡り鳥の中では鳥インフルの発生が明確に認められていないのではないか、または、簡単にウイルスが見つかっていないでのはないか、との声が上がっている。彼らは統一された、包括的な監視態勢を整えて、渡り鳥の鳥インフル拡大に関する役割を確認する必要があると語っている。
 FAO事務局では昨年、渡り鳥がアジアとヨーロッパからアフリカへ鳥インフルを運んでいる可能性に強い関心を示した。しかし世界の他の地域と同様に、アフリカの野鳥の間では、ほとんど鳥インフルは見つかってこなかった。
 野生動物保護協会の獣医学担当責任者であるウイリアム・カレシ氏(The Wildlife Conservation Society Field Veterinary Program Director William Karesh)もバンコクでの会議に参加していた。
 「我々はナイジェリアで数千羽の野鳥を検査した。しかし感染した野鳥は見つからなかった。それは、鳥インフルが野鳥の間で発生しないということを意味してはいないだろうが、感染した鳥が他に行ったとも思えない。感染した場合、そこで死亡し、他へは感染していかないと考えられる(dead end)」。そのように同氏は語っている。
 カレシ氏は、アフリカや他の地域における野生動物の密輸が、ウイルスを運ぶ危険性をもたらしている、と語った。
 2003年に始まった流行以来、数百万羽の鶏、アヒル、ガチョウがウイルスに感染し、さらに数百万羽が拡大防止のために殺処分されている。
 WHOによると、世界12カ国で320人以上が鳥インフルに感染し、約200人が死亡している。インドネシアとベトナムでその三分の二を占めている。

Indonesia dismisses human-to-human bird flu report  Reuters.uk, UK  (英国) インドネシア、人人感染の数理的研究報告を否定
 インドネシア政府は3日、米国の研究者による昨年のインドネシアで発生したH5N1鳥インフルの家族内発生事例で、人人感染が生じていたとする研究結果を否定し、それは社会に混乱をもたらすものであると発表した。
 先週米国の「journal of Emerging Infectious Diseases」に掲載された数理的解析による研究報告で、2006年5月に8人の家族が死亡した北スマトラの集団鳥インフル発生において、人人感染が発生したことが統計的根拠によって証明されたと、発表された。
 インドネシア政府の保健相のシチファディラ・スパリは、この研究報告を社会に誤解を与えると語った。
 「それは純粋な論理上の結論に過ぎない…。もし人人感染が発生したとしたなら、鳥インフルは既にインドネシア中に広がり、数千人の人々が死んでいただろう」、とスパリ保健相は記者会見で語った。
 「我が国の科学者達は、2006年の北スマトラの事例は、人人感染によるものではないとすでに結論を出している」。
 シアトルのフレッド・ハッチンソン癌研究センターのイラ・ロンジニと共同研究者達は、集団鳥インフル発生の2事例を分析し、流行がパンデミックに発展する可能性があるか否か、迅速に診断出来る方法を開発したと発表した。
 「我々はスマトラの字異例で人人感染が生じた統計的証拠を得た。しかしトルコの例では得ることが出来なかった」、と研究者達は2集団発生事例の結果を、「 journal Emerging Infectious Diseases」に発表した。
9月3日

Indonesia dismisses human-to-human bird flu report Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア、人人感染の数理的研究報告を否定
 先に米国の研究者によおり数理的手法で昨年のインドネシアでの家族内集団発生事例が、人人感染によると発表された内容について、インドネシアは否定した。
Indonesian man hospitalized for suspected bird flu People's Daily Online, China  (中国) インドネシアの男性、鳥インフル疑いで入院
 インドネシアRiau省の33歳の男性が鳥インフル疑いで地方病院の隔離病棟で治療を受けていることが、3日地元紙によって報道された。
 患者は先に他の病院で治療を受けていたが、状態が悪化してきたため省都であるペカンバルの鳥インフル専門病棟がある病院へ移された。
 病院では臨床的初期診断は鳥インフルであると言っている。
 患者が感染した鶏に接触したかどうかについては不明とされている。
WHO confirms five human bird flu cases in Vietnam Reuters AlertNet(英) WHO、ベトナムでの鳥インフルエンザのヒトへの感染症例5件を確認
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 世界保健機関(WHO)は、ベトナムでの鳥インフルエンザのヒトへの感染症例5件を確認した。うち4件では死亡に至っていると、国連機関であるWHOは声明で述べている。
 この4件には女性2名が含まれ、7月21日から8月3日までのものである。5番目の29歳男性は回復したとしている。
 5件全てはベトナムにおける検査で確認されており、同国北部でのものである。これらの症例により東南アジアにある同国での2003年以降のヒトへの感染症例は合計100件となり、うち46件で死亡に至ったことになる。
 ベトナムの全64省のうち3省は-2省は南部メコン・デルタ地域、1省は北部-今も政府の鳥インフルエンザ監視リスト対象であると、農業省は金曜日に述べている。
 鳥インフルエンザは今年これまでにベトナムで7名に感染しており、当局はH5N1ウイルスは11月に始まる冬季に回帰するかもしれないとしている。
 H5N1ウイルスは今も主には鳥のウイルスであるが、容易にヒトからヒトへ感染する形態に変異し世界を席巻し数百万人を死に追いやりかねないと専門家は恐れている。
 世界的にみるとWHOの統計では、H5N1ウイルスによって判明している327症例のうち199名が死亡している。そして数億羽の鳥が死亡または殺処分されている。

FAO helping Bali eradicate bird flu Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) FAO、バリでの鳥インフル封じ込めに協力
  国連食糧農業機関(FAO)は、最近鳥インフルで2人が死亡したインドネシアのバリで、鳥インフルの監視体制と対応に協力を開始した、と関係者が語った。
 「72人からなる2チームが参加する。彼らは8地域と1市に配置される」、とバリ家畜事務所の報道官が2日に語った。
Bird Flu Vaccine Trials To Start YLE News, Finland  (フィンランド) フンランド、(人用)鳥インフルワクチン臨床試験開始

 タンペレ(Tampere)大学ワクチンセンターでは、H5N1鳥インフルに対する人用ワクチンの臨床試験を行うために200人のボランティアを探している。

 このワクチンはオランダのソルバリー製薬会社(Solvay Pharmaceuticals)が製造したもので、国立公衆衛生研究所が全国民に使用のために発注することを決定したものである。
 タンペレ大学のチモ・ベスカリ教授によると、ボランティアは最も効果的ワクチンを開発するために必要とされる。
 
 H5N1鳥インフルはこれまで約300人を発病させ、200人前後の人々を犠牲にしている。
 効果的ワクチンは未だ用意されていない。
 計画では、既に開発済みのワクチンを用いて色々な接種方法で効果を確かめる。

 経験的にフィンランドでは、ボランティアが見つかりやすいために、薬学的臨床試験の行いやすい地となっている。
 テンペレ・ワクチンセンターではヘルシンキとツルクで200人のボランティアを探している。ボランティアは2回のワクチン接種を受けて、血液検体を採取され、そしてワクチンの副作用発生の有無を観察される。ベスカリ教授によるとワクチンは無害で、生きたウイルスは含まれていないとされる。

 同じワクチンの臨床試験はドイツでも行われる予定となっている。
 ノバルティス社が開発した他のワクチンの臨床試験も、テンペレで行われる予定となっている。

 フィンランドは既にソルバリー製薬(Solvay Pharmaceuticals)に32億6600万円相当のワクチンを発注している。そのワクチンはどの程度効果を示すか今の処不明であるが、国立公衆衛生研究所では、H5N1ウイルスが人人感染を起こすようになったときは、少なくとも何らかの効果を発揮することを期待している。

 
9月2日(日)

2007年9月2日 6:01:05
 特記すべき情報はなし。
 WHOがベトナムの5名の感染者を確認したとの報道は世界的に多いが、これは新規に発生した事例ではなく、当ページではベトナム政府発表ということで、情報としてはこれまで掲載してきている。
9月1日(土)


WHO confirms 5 Vietnam H5N1 cases, lists lab test criteria CIDRAP, MN  (米国) WHO、ベトナムの5症例を確認、検査室診断のクライテリアを公表
 WHOはベトナムにおける5月末以降の事例を正式に確認した。さらに国立検査所からのH5ウイルスの陽性所見の公的基準についても公表した。
 追加されたベトナムの事例は5例で、うち4例は死亡している。同国の感染者総数は100例となり、うち46例が死亡したことになる。
 これらの事例は早くにベトナム政府が発表していたものであるが、これで同国から発表された事例は全てWHOで確認されたことになる。
 今年度ベトナムでは合計7例の鳥インフル発病者が出ていて、4例が死亡していた。

 昨日の声明ではWHOはH5N1ウイルスの陽性所見を公認する新基準を発表した。
 WHOの新External Quality Assessment (EQA)プロジェクトに参加している国立検査所で、かつ最近少なくともH5ウイルスを3件診断出来ている条件を満たしている施設におけるPCR検査結果とされる。

検査室診断に関するWHO声明
TOP