高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
2006年末~2007年 韓国と日本におけるH5N1鳥インフルエンザ発生状況

直近の集約情報
8月31日(金)


Person-to-person bird flu confirmed  Sydney Morning Herald, Australia (オーストラリア) 人人感染が確認
 鳥インフルは数事例でこれまで人人感染を生じていたとする、昨年のインドネシアにおける死亡例に関する分析結果が発表された。
 昨年5月にスマトラの村で同居していた7人の親族が死亡したとき、H5N1ウイルスが人から人へ感染した可能性が指摘されていたが、確認出来なかった。
 ワシントン、シアトルのフレッド・ハッチンソンガン研究センターによる研究は、初めて人々のクラスター内でウイルスが感染したことを立証した、と研究者達が語った。
 以下、29日の報道を参照。
Child hospitalized in Bali for suspected bird flu People's Daily Online, China (中国) バリで鳥インフル疑いで子供が入院
 インドネシアのリゾート地であるバリで、鳥インフル様症状を呈した4歳の子供が入院した、と30日に地元紙が報道した。
 子供は高熱と呼吸困難を呈し、近隣の人々の話では、死亡した鶏と遊んでいたという。
8月30日(木)


2007年8月30日 5:46:22
現在の処、特記すべき情報はなし

 インドネシア情報なし
8月29日(水)
Study confirms 2006 human-human spread of bird flu  Reuters AlertNet(英) 2006年に鳥インフルエンザがヒト-ヒト感染していたことが研究で確認
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 数学的分析によってH5N1鳥インフルエンザがインドネシアでヒトからヒトへ感染していたことを確認する報告が、28日に米研究者によってなされた。
 この研究者によると、迅速に疾病の流行を検査し危険な流行が進展しつつあるか確認するツールを作成したという。
 世界中の衛生当局者はインフルエンザのパンデミックはいつ到来してもおかしくないという点で意見を共にしており、家禽の間でアジアからアフリカまで広がっているH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスを最も憂慮している。
 このウイルスは滅多にヒトには感染しないが、2003年以降で322名に感染し内195名を死亡させている。
 ほとんどの場合は鳥からの直接感染である。しかし数件の集団感染が見受けられ、鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトから他のヒトへ容易に直接感染する能力を得た可能性があると当局筋は極めて憂慮している。そうした場合、パンデミックを巻き起こすからである。
 シアトルのフレッド・ハッチンソン癌研究センターのイラ・ロンギニ氏たちは、2件の集団感染を観察した。1件は2006年にスマトラで家族8名が死亡したもので、もう1件はトルコで8名が感染し4名が死亡したものである。
 「スマトラの件ではヒト-ヒト感染の統計的な裏づけが得られましたが、トルコの場合は得られていません」と、同氏たちは新興感染症ジャーナルに掲載された報告に書いている。
 「これは低レベルのヒトヒト感染がこの流行で起こらなかったということを意味するわけではなく、そうした感染の統計的な裏づけが得られなかったというだけなのです」
 インドネシアの島嶼の一つであるスマトラでは、37歳女性が10歳の甥に感染させたと思われる。さらにこの少年が自分の父親に感染させたようである。DNA検査で確認されたところでは、この父親を死亡させたウイルス株は少年の遺体から検出されたウイルスと極めて類似している。
「2世代間を伝播し、そこでぴたりと停止しました。けれども歯止めが利かなくなっていた可能性もあります」と、ロンギニ氏は声明で述べている。
 「世界は本当にギリギリのところで危機回避したのかもしれません。次の時はそう幸運ではないかもしれませんが」と、同氏は付け加えている。
 この研究者たちの見積もりでは、二次感染率(あるヒトが他のヒトに感染させるリスク)は20パーセントとしている。これは米国における通常の季節性A型インフルエンザの場合と同じである。
 この研究者たちはトランスタットというソフトウェアを開発した。国立衛生研究所の感染症病原体研究(MIDAS)のウェブサイトで無料で配布するとしている。
 「パンデミック防止の鍵が、早期検知、封じ込め抗ウイルス治療による緩和であることは判っています。このツールによって医師や疫学者などの公衆衛生当局者といった第一線に立つ人たちが効率的にこうした活動を遂行できるようになります」と、この研究に携わったエリザベス・ハロラン氏は述べている。
8月28日(火)


Bird flu hits one more Vietnamese province Xinhua(中国) 鳥インフルエンザ、更にベトナムの一省に被害
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 鳥インフルエンザがベトナム南部のトラ・ビン省に被害を与え、現在鳥インフルエンザが流行している地域は合計4つとなったと、現地の動物衛生機関が28日に述べた。
 同疾病により8月20日以降にトラ・ク地区で死亡したアヒルは、家庭で飼育されていた450羽中150羽となっていると、農業地方開発省管轄下の動物衛生部はしている。感染した家禽からの検体は、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに陽性を示しているという。
 現地の動物衛生当局は感染した家禽がいた群れの全てを殺処分し、感染拡大防止のため飼育場の除洗を行った。
 ベトナムでの鳥インフルエンザ流行は2003年12月に始まり、同国の数千万羽の家禽が死亡したり殺処分されたりしている。
Germany enforces buffer zone around farm Independent Online(南アフリカ) ドイツ、飼育場周辺に緩衝地帯を設置
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 欧州委員会とドイツは27日、問題のババリア州の飼育場周辺に15キロメートルの緩衝地帯を設置することに合意した。これは高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが発見されたことに伴うものだと、EUスポークスマンは語った。
 ドイツ当局の25日の発表では、ミュンヘンの北200キロメートルにある南部の都市エアランゲン付近のバッヘンロスの飼育場の多数のアヒルを検査したところ、同ウイルスが確認されたという。また16万羽の家禽が殺処分されるという。
 ドイツとEUの当局がブリュッセルでこの問題を27日に討議し、欧州委員会は声明で実施済みの緊急措置について「満足している」と宣言している。
 緩衝地帯は町や村落の周囲に設けられ完璧な円形になるものではないと、欧州委員会スポークスマンのフィリップ・トッド氏は語っている。
 しかしながら、通常こうした事態に適用される保護・観察地帯の条件(3・10キロメートル)よりも、今回のものは大規模である。
 緩衝地帯では家禽の輸送が制限されるが、殺処分は必須とはされていない。
 今回の措置は、流行への対処が成功しているかを考えた上で来月見直されることになる。
 H5N1はヒトにも感染することがあり時に致死的となる高病原性のウイルスで、今月ババリア州の他のアヒルからも見つかっている。またこの夏に約50羽の野鳥が、このウイルスに感染して死亡しているのが全国で見つかっている。
 野鳥がこの高病原性のウイルスを飼育されている鳥に感染させることはありえることである。専門家が恐れていることは、このウイルスがヒトからヒトへ感染しうるウイルスに変異しかねないと言うことである。
8月27日(月)

2007年8月27日 5:54:38
一昨日と昨日報道下記事項以外、特記すべき情報無し
 バリ島での鳥インフル疑い死者発生
 ドイツババリア州での農場におけるアヒルでの発生
8月26日(日)

H5N1 strain of bird flu found at German farm CTV.ca, Canada (カナダ) ドイツの家きん農場でH5N1鳥インフル発生
 南ドイツの農場で発生した家きんの死は、致死的H5N1鳥インフルによると確認された。16万羽近くの家きんが殺処分される予定となった。
 ウイルスは北部ババリアのエアランゲン近くの農場でアヒルの子で検出された。連邦研究所の一ヶ所でウイルス検査が行われ、致死的H5N1ウイルスが検出された。
Another suspected bird flu patient dies in Bali Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) バリ島で鳥インフル疑い患者が死亡
 鳥インフル疑い患者の Ni Ketut Sariasihさんが、サングラー公共病院で25日遅くに死亡したことを、医師が26日発表した。
 Sariasihさんは40才女性で、最近死亡した鳥インフル疑い患者の3番目となる。
 女性はサングラー病院へ運ばれる前2日間、デンパサールのワンガヤ公共病院で治療を受けた。
 検査室での検査結果では、肺感染症に罹患していた、とサングラー病院の医師は語っている。
 ウイルス検査のための検体はバリ州保健局に送られている。
 Sariasihさんは8月22日に発病した。しかしながら彼女の家の周辺には放し飼いの鶏やアヒルはいないことから、女性の親族は彼女が鳥インフルに感染したとは考えていなかった。
One die of lung infection in Bali, bird flu suspected Times of India, India (インド) バリ島で肺感染症で1名死亡、鳥インフルの疑い
 インドネシア女性がバリ島で鳥インフル発病の疑いが持たれている。26日女性の入院している病院関係者が語り、リゾート地でさらなる感染拡大が恐れられている。
 バリ島の主要都市であるデンパサーに住んでいる43歳女性の検体が、ジャカルタに鳥インフルの検査のために送られた。サングラー総合病院の鳥インフル対策室の責任者が語った。
 女性は25日死亡したが、鳥インフルの主要な症状である重症肺感染症で死亡したと、説明された。
 女性が死亡した鳥と接触の既往があるかどうかについては不明である。
Bird flu at German poultry France24, France  (フランス) ドイツ家きん農場で鳥インフルが発生


バヘンロスのチェックポイントでの監視
AFP
 南ドイツ、ババリア州の家きん農場で、数羽のアヒルでH5N1ウイルスが確認された。25日地域の関係当局者が発表した。

 24日発見されてからエアランゲン近くのバッヘンロスの農場周辺3キロに安全地帯が設けられた。
 H5N1ウイルスのどの株が原因となっているかの検査は、北部ドイツの検査所で行われ来週には判明する。

 ウイルスは、4週間前に北部ドイツのロウアー・ザクソニー州の業者から仕入れた中の3羽の若いアヒルで見つかった。業者も調査される予定になっている。
 バッヘンロスの農場にいる全アヒル44000羽は検査結果により殺処分される予定であるが、さらに6万羽の他の家きんがいる農場を全て調査する予定となっている。

 H5N1鳥インフルウイルスは今月ババリアでカモの間でも見つかり、夏の間、国中で50羽の野鳥の間でも見つかっている。

 H5N1鳥インフルウイルスには2種類あり、一つは低病原性で危険性は低いが、もう一つは高病原性で鳥に対して致死的で、さらに人にも感染する場合もあり、多くの例で致死的である。
 渡り鳥が国内の家きんに高病原性ウイルス株を感染させる可能性をもっている。
 専門家達はウイルスが人人感染を起こすように変異することを恐れている。

Deadly bird flu hits Germany New Zealand Herald, New Zealand  (ニュージーランド) 致死的鳥インフルがドイツで発生
Deadly bird flu found in German poultry farm Scientific American  (米国) ドイツの家きん農場で致死的鳥インフルが発生

H5N1 bird flu cases found at German poultry farm PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) ドイツの家きん農場でH5N1鳥インフルが発生
 南ドイツの家きん農場で家きんがH5N1鳥インフルで死亡したことが検査で確かめられ、約16万羽の家きんが拡大防止のために殺処分される。25日、当局が発表した。
 ウイルスは北部北部ババリア州のエアランゲン近くの農場の”アヒルの子”で見つかった。
  連邦研究所でウイルスが致死的H5N1ウイルスであることが確認された。
 同州の消費者保護省の報道官の話によると、同農場で短期間のうちに400羽の家きんが死亡しが。25日夕方同省はさらなる拡大予防のために、同農場の16万羽の家きんの殺処分を決定した。
 昨年ドイツ国内で野鳥における感染事例は数回発生していた。また先月国の東部で家きんにおける感染も発生していた。
ドイツで鳥インフルエンザ確認、16万羽を処分へ AFPBB News 
 独バイエルン州(Bavaria)エアランゲン(Erlangen)近郊の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)の感染が確認されたことを受け、政府は24日、家禽(かきん)16万羽を処分すると発表した。地元政府当局の報道官が伝えた。感染経路に関する調査は引き続き継続していく予定。
 感染が確認されたのは3羽の雛鳥からで、北部ニーダーザクセン州(Lower Saxony)の業者が納入したものだという。農業省の報道官は、この業者の施設についても調査対象にするとしている。
 ドイツ国内では、今年の夏だけでも50羽前後の野鳥が鳥インフルエンザに感染、死亡が確認されている。

Deadly bird flu found in German poultry farm Reuters AlertNet, UK  (英国) ドイツの家きん農場で致死的H5N1鳥インフルが発生
 南ドイツババリア州の農場で致死的鳥インフルが発生したことが、ババリア州環境省から25日発表された。
 報道官によると、ババリア州エアランゲン・ヘクシタット地域の農場で死亡したアヒルが、検査で致死的H5N1ウイルスが感染していたことが確認された。ウイルス株は鳥と濃厚に接触して生活している人々に感染すると致死的である。農場の全ての家きん16万羽は殺処分される予定となっている。農場は閉鎖された。
8月25日

Bird flu hits poultry in two Vietnam provinces Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 2省で家きんにおける鳥インフル発生
 北部の Thai Nguyen省と南部の Dong Thap省で家きんのH5N1鳥インフルが発生したことが、農業省から発表された。
 Thai Nguyen省では150羽のアヒルと35羽の鶏が22日死亡し、Thai Nguyen省では19日250羽の鶏が死亡した。それぞれ検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
8月24日


One more bird flu suspect found in Indonesia Mathaba.Net, UK (英国) インドネシアでさらに1人の鳥インフル感染疑い事例が発生
 下記報道と同じ。

Another suspected bird flu case in Bali Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) バリでさらに鳥インフル疑い者発生
 24日、バリでさらに鳥インフルの人感染疑い事例が見つかった。
 メトロテレビの報道によると、18ヶ月の幼児がデンパサールのサングラー病院で治療を受けている。

Mass chicks die in Vietnam's southern province Xinhua(中国) ベトナム南部の省で多数のひなどりが死亡
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 金曜日の現地紙のベトナム農業によると、ベトナム南部のドン・サップ省の民家で飼育されていた多数のひなどりが死亡し、鳥インフルエンザへの感染が疑われている。
 現地の動物衛生当局はラップ・ボ地区の100羽以上の病気になったひなどりを殺処分した。この病気になった家禽からの検体は、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスについて検査中である。
 鳥インフルエンザは現在北部のディエン・ビエンとカオ・バンの2州にある2コミューンに被害を与えていると、ベトナム農業地方開発省管轄の動物衛生部はしている。
 2003年12月に始まったベトナムでの鳥インフルエンザの流行によって、同国では数千万羽の家禽が死亡したり殺処分されたりしている。
Bali restaurants pluck chicken from menus Jakarta Post(インドネシア) バリ島のレストランがメニューからニワトリを外す
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 バリ島の多くのホテルやレストランがメニューからニワトリを外している。これは、最近の2週間で同島において、2名が鳥インフルエンザにより死亡したことが確認されたためだ。
 「ホテルやレストランの中には、最近の鳥インフルエンザ発生のためにメニューにのせる鶏料理を減らしているところもあります」と、インドネシア・ホテル・レストラン協会(PHRI)バリ支部長のコク・オカ・アードハナ・スカワティ氏は22日に語った。
 アードハナ氏によると、丘陵の街アバドのあるレストランはメニューから鶏を一切なくし他の店も3分の2近くの鶏料理をなくしたという。
 「こうした店は、お客さまに全く異なるメニューを作って提供しております」と、同氏は言う。
 こうした措置が取られたのは、水曜に。同島タバナン地区にあるケディリのASという28歳の女性が同島で2人目の鳥インフルエンザによる死者であることが確認されたことによるものである。
 ジェンブラナ地区にあるネガラのSWという29歳の別の女性も、鳥インフルエンザ・ウイルスにより死亡したことが死後の検査で先週確認されている。
 22日にこの28歳女性が鳥インフルエンザで死亡したことが確認されたことで、同国の鳥インフルエンザによる死亡数は確認されたヒトへの感染症例105名中84名となった。これは世界最悪の被害である。
 ヌサ・ドゥア地区にあるウエスティン・リゾートホテルのスポークスウーマンは、鳥インフルエンザ発生に伴い同ホテルが鶏をメニューから外したという。これは大量の殺処分と家禽の売買制限を考えてのものである。
 「先週の女性死亡の一報を聞き、こうした措置を取りました」と、リーナタ・ジョア氏は述べている。
リーナタ氏はこうした措置は予防的なものであるとしているが、世界保健機関(WHO)は鳥インフルエンザは調理済みの食品経由では感染しないと公式に発表している。
 「あくまでも予防的な措置です。実際、当ホテルのレストランの目玉はシーフードですし」と、同氏は述べている。
 同氏によると、ウエスティンホテルのイカン・レストランはバリ島における現在の鳥インフルエンザ流行が止むまで鶏なしのメニューを続けるとしている。
 しかしヌサ・ドゥア地区の全てのレストランがメニューから鶏を外したわけではない。日航バリ・リゾートスパのスポークスマンであるフレッティ・ウィディアサフィトリ氏は、同ホテルのクプ-クプ・アンフィシアター・レストランは通常時のレストランを継続するとしている。
 「当ホテルへの納入業者は厚生省の認証と監査を受けていると保証します。全ての肉類が摂氏70度で調理されていることも保証します」
 家禽飼育業者は今のところ需要減少を経験していないが、レストランの中には鶏料理を減らしているところもある。
 インドネシア農業組合バリ支部長のニョマン・スパルタ氏は、鶏の需要は今のところ1日当り10万羽の平均の範囲内にあるとしている。同氏は、飼育業者は2日ごとに消毒剤を養鶏場に散布する安全措置を取っているとしている。
 最近の死亡例は、鶏の間での流行拡大と同様に、リゾート地である同島の観光への懸念を高めている。同島は2005年と2002年の爆弾テロの後遺症から立ち直り始めたばかりだったからである。
 PHRIバリ支部は、サナー、ヌサ・ドゥア、クタといった有名観光地から生きた家禽を一掃するようにバリの行政当局に呼びかけている。
 「地方政府に対し、一般住民が家禽飼育をやめるよう指示することを求めました」と、アードハナ氏は述べている。
 バリ島には自宅の庭に開放型の養鶏小屋を設けている住人がおり、鶏が近所を自由に歩き回っている。
 バリ・ホテル協会の専務理事であるジナルディ・ゴサナ氏は、ホテル側は喜んで鶏の所有者に補償金を払う用意があるとしている。
 「観光客からの税収入減少による損益は、鶏の所有者への補償金支払いによる損失より大きなものになるでしょう」と、同氏はしている。
WHO report: Diseases spreading like never before Euronews.net, France (フランス) WHO報告:疾病は以前よりも急速に世界中に拡大している


 感染症が世界中に予期せぬ速度で拡大していることが、WHOの年次総会で発表された。2007年度WHO報告で、さらに新規感染症が年間1種類以上の速度で発生しており、その治療が非常に困難となってきているとも報告した。

 WHOの事務局長であるマーガレット・チャンさんは以下のように語った:
 新しい感染症に対する今日の世界の脆弱性を考えるならば、世界中で結束して協働して安全性をより高めるべきだ。
 1979年代から39種類の新規感染症が世界に現れている。その中には鳥インフル、SARS、エイズ、およびエボラ出血熱が含まれている。
 その多くは年間20億人からの航空機利用客により、以前よりも迅速に世界中に広まる可能性がある。
 過去5年間だけでもWHOは、コレラとポリオを含めて1100の感染症の流行を確認している。
 報告ではまた、SARS、エイズ、エボラ出血熱のような感染症がいつか発生するか否かを判断するには、十分な確証はないとも言っている。

WHO warns over global epidemic risk The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) WHO、世界的感染症の流行を警告
 感染症が以前よりも速やかに発生している、とWHOが23日年次総会で報告した。増大する世界の健康脅威に世界中が協力して対処する必要性が強調された。
 報告では、伝染病流行、食物由来感染症、そして化学物質や生物由来物質および原子力による事故、またはそれらによりテロ攻撃、そして工場公害等を警告した。
 報告ではまた、気象の変化により、数カ国で数百万人の人々が危険状態に晒される可能性を指摘している。
 他。

WHO Ties Rising Population, New Diseases  Washington Post, United States (米国) WHO、人口の急増、新規感染症の増加を警告
 急増する世界人口、農業開発による自然破壊、そして性行動の変化等が予期せぬ新規感染症発生の土壌となってきている。国連機関は23日警告した。
 新しい疾病が年間予期せぬ率で発生している、WHOが発表した。前世代では知られていなかった39の病原体が現在存在している。その中にはエイズ、エボラ出血熱、SARSが含まれている。
 昨年だけで21億人の人々が航空機を利用して世界中を移動している。感染症が以前考えられていた以上に迅速に世界中に広まりつつある。
 ……
WHO warns on emerging deadly diseases worldwide Afrique en ligne, France (フランス) WHO、世界で発生する致死的感染症を警告
 WHOは23日、予期せぬ速度で新感染症が世界中で発生していると警告した。
 「新規発生感染症はより迅速に世界中に広がるため、治療も難しくなってきている」、とWHOは本年度のジュネーブでの年次総会で警告した。
 将来、エイス、SARS、エボラ出血熱のような世界中で数百万人を犠牲にする感染症が発生する可能性は非常に高い、と世界の注意を促した。
Millions ‘at risk from worldwide pandemic’ Metro, UK  (英国) 数百万人が世界的パンデミックの危険に
 航空機網の発達により、鳥インフルのような世界的パンデミックが世界中で数百万人に速やかに感染する可能性があることが、WHOの専門家から警告された。
 約21億人が昨年航空機を利用したが、航空機の利用は迅速にウイルスを拡大させる。
 地球上のどの部分における伝染病の発生は、ほんの数時間で地球上の他の地域の脅威となりえる。
 WHOが年次総会で警告した。
Infectious diseases spreading faster than ever: UN Global National, Canada (カナダ) 国連報告:感染症急速に拡大
 感染症が迅速に発生し、世界中に以前よりも速やかに拡大し、治療が非常に困難になってきているとWHOが年次総会で23日発表した。
 毎年数十億人が地球上を移動することで、危険な感染症の地域的発生はほんの数時間で他の地域で緊急事態を生じる、と国連機関は発表した。

最大脅威は新型インフル 人から人へ、WHO報告 神奈川新聞 
 世界保健機関(WHO)は23日、鳥インフルエンザウイルスの変異で発生するとみられる、人から人へ感染する新型インフルエンザの世界的な大流行が、世界の潜在的な公衆衛生上の脅威の中で「最も懸念される」問題だとする2007年の年次報告を公表した。
 インフルエンザの大流行は歴史的に繰り返し発生しているが、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)などの変異による流行が、次に起こる可能性が最も高いとされている。
 報告書によると、インドネシアなど東南アジアを中心に鳥から人への感染が拡大したH5N1型の感染者の死亡率はことし5月までの集計で58%以上。人から人に感染する新型に変異した場合には、ウイルスの病原性が弱まるものの、世界で4000万-5000万人が死亡したとされる1918-19年の「スペインかぜ」流行時の死亡率2・5%を大きく上回るとみられる。
新種の病気が40年で39種 読売新聞
 世界保健機関(WHO)は23日、2007年の「世界健康報告」を発表、1967年以降、毎年1種類という前例のないペースで未知の病気が発生しており、1世代前には存在しなかった病気が少なくとも39種類見つかったことを明らかにした。
 同報告によれば、これらの新種の病気は、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)や鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、エイズウイルス(HIV)など。
 また、同報告はグローバル化に伴い人やモノの移動が激増する中、世界各地で過去5年間、約1100件の伝染病の流行があったことも指摘した。
 既存の疾患が抗生物質への耐性を強める傾向もある。WHOは特に、既存の薬が効きにくいタイプの結核の流行を懸念している。
 さらに、過去半世紀で食物連鎖が大きく変化した上、グローバル化が進行しているため、安全ではない食物が国境を越えやすくなり、食べ物にからんだ病気が一層、増える可能性があるという。すでに、BSE(牛海綿状脳症)のような食に関した疾患が世界的な問題になっている。
 2006年に航空機を利用し、移動した人は世界で延べ21億人。WHOは「一つの場所で発生した伝染病が、ものの数時間で世界中に伝播(でんぱ)する恐れがある」と警告し、国際社会に伝染病予防に向けた協力体制を強化するよう求めている。
8月23日


Illegal fishing threatens Australia with bird-flu Daily Telegraph(豪) 違法漁業がもたらすオーストラリアへの鳥インフルエンザの脅威
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 インドネシア人による違法漁業のために、鳥インフルエンザや狂犬病といった疾病がオーストラリアに持ち込まれるリスクが高まっていると、政府は警告を発した。これは軍艦と密猟者との小競り合いに伴うものである。
 インドネシア漁船と思われる船にオーストラリアの哨戒艇が北部水域で発砲してから数週間が経過した本日、漁業相のエリック・アベッツ氏は新法により政府は密猟者に対し強硬な行動を取れるようになると語った。
 「我が国の魚を盗んでいるだけでなく、バイオセキュリティも脅かしているのです」とアベッツ上院議員は語っている。
 「こうした船には、生きたニワトリや犬を乗せてあることが多いのです。
 「現在インドネシアで鳥インフルエンザが発生していることが判っており、狂犬病も流行していることも知られています」
 連邦政府は密猟者対策活動を強化し過去3年間に目覚しい成功を収めている。これは多くの外国漁船がオーストラリアの国土に上陸したことが判明して以降のことである。
 「昨年度、365隻のインドネシア漁船を拿捕し365隻を破棄しました」とアベッツ上院議員は述べている。
 「今年は約40隻しか拿捕していませんが、その理由はわが国領海への侵入が約90パーセント減ったからです。
 「わが国の強硬姿勢が功を奏していますし、小競り合いが明確なメッセージをインドネシア人に発することになっています。特にわが国の魚を盗むなら手をこまねいてはいない。行動によって阻止してみせるというものですね」
 「インドネシアは自国領海でするのと同じようにわが国が違法漁業に対し強攻策を取ることを支持しているという、インドネシア大使の言葉は痛快です」
 国防相のブレンダン・ネルソン氏が昨日明らかにしたところでは、先月の海上での劇的な衝突の際に哨戒艇が違法漁船に発砲して喫水線上に穴を開けたという。
 この衝突で漁船が海軍艦船に体当たりしようとした際に、負傷者は出なかった。
 鋼鉄製の漁船からは鉈などが豪海軍乗組員に投げつけられ、漁船は衝突後逃走した。
 アベッツ上院議員は本日、この事件によりオーストラリアは新法での強化された交戦規則を使う決心が示されたと語った。
 「興味深いのは、この漁船が戻ってきてはいないということです」と、同氏は言う。
 「この船が戻ってくるかは疑わしいですね。もっと大きな船にも強硬に対応しますし、こちらを避けようとしても発砲しますし」
 密漁船による衛生上のリスクに関する政府の警告は、最近バリ島の女性がH5N1ウイルス-鳥インフルエンザといったほうが通りがいい-により死亡したことによるものだ。
 インドネシア厚生相のジョコ・スヨノ氏は、21日にバリ州州都デンパサールの病院で死亡したこの女性は二次検査でH5N1陽性となったとしている。
 この女性は28歳の家禽売買業者で、高熱と呼吸障害を訴えて居住地のタナ・ロット村付近の病院に入院した。
 彼女が死亡したのは、人気のある観光地である同地でバリ西部の29歳のインドネシア人女性が1週間以上前に死亡した後のことである。
 先週同島で初の鳥インフルエンザによる死者が検査で確認されて以降、当局は既に数千羽のニワトリを殺処分し家禽の輸送を禁止している。
 病気になった家禽との接触が、ヒトがこの疾病に感染する最もありふれた経路である。
 インドネシアではヒトの鳥インフルエンザの感染症例が105件確認されており、うち84名が死亡している。これは世界最悪のものである。
Jakarta fights to control bird flu TODAYonline, Singapore (シンガポール) ジャカルタ、鳥インフル制圧との闘い続く
 インドネシア政府はバリ島でさらなる鳥インフル患者が死亡したことを発表し、同国で84人目の死者となったことを確認した。
 バリ島での2人目の死者の発生は、同国の観光産業に対する影響が懸念される。
 数千羽の家きんが殺処分され、また一ヶ月間に亘る家きんの輸出入が禁止された。
WHO Recommends Tamiflu as First Line Treatment for H5N1 Southwest Nebraska News, NE  WHO勧奨:タミフルはH5N1鳥インフルエンザ治療の第一選択

 WHOはタミフルがH5N1ウイルス感染者にとって第一選択の治療薬であることを、ウエブサイトのガイダンスで本日再度強調した。専門家達は人のパンデミック・インフルエンザはいつ発生してもおかしくはないと考え、それは高病原性のH5N1鳥インフルウイルスが引き金になると考えている。H5N1鳥インフルはこれまで321人の発病者を出し、194人の死亡者を出している。

 「経験では明らかに患者が可能な限り早期に薬を服用する限り死亡率が下がっており、また遅くに服用しても効果がある可能性が示されている」、とジョン・オクスフォード教授( Professor of Virology at St Bartholomew's and the Royal London Hospital)コメントし、「H5N1ウイルスは人に対して非常に毒力が強く、いくつかの国では、投与タミフルを増量、そして投与期間の延長により効果が得られている」、と追加した。

 今回のWHOのアドバイスは、各国の専門家から提供された自験例からの事実に基づいている。
 タミフルは人のH5N1ウイルス感染症に用いられる唯一のニューラミニダーセ阻害薬であり、そしてWHOにより最も強く推奨される唯一の抗インフルエンザ薬である。
 最近の得られた事実でWHOは以下のように勧奨する。
 ・ケアの標準化と、疾患のさらなる理解と適切な治療方法の改善のために、迅速な臨床的および治療上の情報の共有
 ・初期と後期におけるタミフル治療。ウイルスが増殖が予期した以上に長く続いていることから、後期の投与は有効と考えられる。
 ・タミフル投与方法の変更:最近みられているいくつかの毒性の高い株に対しては投与量の増加と投与期間の延長。
 ・場合によってはadamantanesとの併用も考える。特に肺炎合併症やより進展している患者の場合。

 WHOのガイダンスでは吸入薬のリレンザについても言及している:これまでリレンザのH5N1インフルエンザに対する効果は確かめられてこなかった。下気道で極度の炎症を起こしている患者や気道外で感染が広がっている患者での効果など、研究する必要がある。

ロッシュ社は臨床試験の中でより大量のタミフル投与に関しての研究を行ってきた。安全性試験ではさらなる研究の有効性が示され、現在H5N1鳥インフル感染者や、季節性インフルエンザの重症者に対して、投与試験がOKなわれている。
 

New Bali bird flu death The Age, Australia  (オーストラリア) バリでさらに鳥インフル死者が発生
 インドネシア保健省はリゾート地のバリ島で2人目の鳥インフル死者の発生を確認した。同国で84番目の死者となった。
 タバナンで鶏販売を行っていた28歳のアユ・スリナジさんが昨日サングラ病院で死亡し、29歳のジェンブラナ出身の女子が8月に死亡した。
 「二つのジャカルタの検査所とバリ大学での検査結果で陽性だった」、と保健省当局者が語った。
 同国では105人の鳥インフル患者が発生して、80%が死亡している。
 
 女性は19日に、発熱、呼吸困難、咳の鳥インフル様症状で入院した。
 58歳男性が同様に鳥インフル様症状で入院し治療を受けているが、検査の結果では陰性だったと発表されている。
 
 最初のジェンブラナの死者には5歳になる娘がいて8月に鳥インフル様症状で死亡している。しかし少女からウイルス検査をするための検体が採取される前に埋葬されている。
バリ島の鳥インフルエンザ、2人目の死者で拡大懸念 読売新聞 
 インドネシア保健省は22日、バリ島南部に住む女性(28)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡したと発表した。
  バリ島で人への感染が確認されたのは、12日に死亡した主婦(29)に続いて2人目。被害拡大の懸念が広がっている。
 イスラム過激派による2度の爆弾テロ事件(2002年と05年)から立ち直り、観光客が戻り始めた矢先だけに、島民の衝撃は大きい。
 今回感染死した女性は、タバナン県バトゥガイン・ブラバン村で鶏の販売をしていた。14日から高熱など肺炎に似た症状が続き、21日に死亡した。人への初感染が確認されたジュンブラナ県は島西部の遠隔地だったが、今回は最大都市デンパサールの北西約20キロで、タナ・ロット寺院など観光スポットにも近い。インドネシアの死者はこれで計84人、感染者は105人となり、いずれも世界最多を更新し続けている。
  バリ州政府は、初の感染死者となった主婦の自宅から1キロ以内の家禽(かきん)計6000羽以上を大量処分したほか、消毒作業などの対策を全島で実施。さらに島外からの家禽持ち込みを禁止するなど、被害の拡大阻止に全力を挙げている。
 ただ、島内各地で鳥インフルエンザウイルスに感染した家禽の死骸(しがい)が見つかっているほか、新たに感染が疑われる患者も出ており、どこまで封じ込められるかは不明だ。
8月22日

Attack on house of flu official Calcutta Telegraph(インド) インフルエンザ対策当局者の自宅へ攻撃
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 正体不明の人間が代議士宅に手榴弾を投げ込んでから一日後の正午少し前に、今度はマニプール当局者の住居の玄関先へ手榴弾が落とされた。
 活動家と思われる人間がマニプールの動物衛生家畜部部長であるTh.ドレンドロ・シング氏の私宅に手榴弾を投げ込んだ。これにより実施中だった鳥インフルエンザ対策プログラムが中断した。
 警察によると、インパール東地区のポロンパット・アヤンパリ通りにある同部長宅の外から投げ込まれた手榴弾は庭園部で11時50分に爆発した。
 爆発により負傷者は出なかった。同部長は事務所にいて、医師である同士の妻は勤務中だった。同夫妻の子息のディーパックさんだけが自宅にいた。
 破片が、爆発場所付近にあった一家の駐車場に停めてあった車に損害を与えた。
 目撃者によると、1人の若者が手榴弾を投げ込みエンジン付きの輪タクで逃げ去ったという。警察は捜査を開始したが、捕まらなかった。
 ドレンドロ・シング氏は実施中の鳥インフルエンザ対策プログラムの責任者である。このプログラムは、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスがインパール東地区のチンメイロンにある家禽飼育場で確認されてから一日後の7月26日に開始したものである。
 現時点では、同部は殺処分後の作業と感染した飼育場から半径10キロ以内の監視活動を継続している。
 マニプールの手織りばた製品委員会長のワヒダー・レーマン氏が本日、活動家と思われる人間にインパール東地区のケイラオ・メイキングにある自宅で射撃されたと、PTIは伝えている。

Study finds key markers for bird flu change  Reuters AlertNet, UK (英国)  研究:鳥インフルウイルスの変異を示す「鍵」となるマーカーが発見
 セントジュード小児研究病院の研究者達の報告。H5N1鳥インフルウイルスが鳥だけに感染する株と、人にも感染する株の間にウイルスタンパクのアミノ酸組成の違いを発見。そのアミノ酸組成をチェックすることで、ウイルスが人に感染しやすくなってきているかが判断される
Suspected bird flu victim dies in   France24, France (フランス) バリ島、鳥インフル疑い女性が死亡

28歳女性のために祈りを捧げる親族
 インドネシアの28歳女性が、リゾート地バリ島で鳥インフルの疑いで死亡したことが21日に当局から発表された。
 「彼女は地域の検査所では鳥インフル陽性だった。我々は今確認の検査結果を待っている」。ジャカルタの保健省の鳥インフル情報センターの当局者が語った。
 犠牲者が鳥インフルと診断されるためには、2ヶ所の検査所から陽性結果が届く必要がある。
 女性は鶏の売買業に従事していて、ウイルス感染した鳥から感染したと考えられている。
 もしこの女性の鳥インフル感染が確認されたならば、インドネシアで84人目の死者となる。この数値は世界で最も高い。

 最初のバリ島での鳥インフル死者は先週確認され、発生場所がリゾート地よりも遠かったにもかかわらず、観光産業への影響が懸念された。
 数千羽の鶏が殺処分されている。
 バリ島での家きんにおける鳥インフルは1年以上も前に見つかっていた。
 H5N1ウイルスはインドネシアの全ての地域の家きんが感染している。

Fears second bird flu death in Bali Radio Australia, Australia (オーストラリア) バリ島、2人目の死者の発生で不安感が広がる
 バリ島で死亡した2人目の女性が鳥インフルで死亡したのではないかと、警戒感が強まっている。
 インドネシアのリゾートで発生した最初の鳥インフル患者は先週確認されている。
 インドネシアでは鳥インフルの診断は、2ヶ所の検査所で鳥インフル陽性であることで決定される。
 28歳の女性のAyu Srinadiさんは、バリのタバナン地域で鳥インフルで死亡したことが、地域での最初の検査で示唆された。
Pakistan Culls Chickens After H5N1 Bird Flu Found Javno.hr, Croatia  (クロアチア) パキスタン、H5N1鳥インフル発生により鶏の殺処分へ
 パキスタン当局は、北西部の町の家きん農場でH5N1鳥インフルの発生が起きて、3万5000羽以上の鳥が殺処分されたと21日発表した。
 パキスタンでは本年家きんにおける鳥インフルを数回経験している。最初に見つかったのは2006年のはじめであった。
 人での発生は報告されていない。
8月21日

Bird flu may have claimed second Bali victim  The West Australian(豪) バリ島で鳥インフルエンザによる2人目の死亡者か
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドネシアの観光地バリ島で2人目の女性が鳥インフルエンザにより死亡した可能性が出ている。
 バリの衛生機関長のデワ・ケタット・オカ博士によると、現地女性が同島のサングラー病院で本日午後2時に死亡した。
 この女性は19日に、高熱・咳・呼吸障害といった鳥インフルエンザ様の症状を訴え入院していた。
 匿名を希望するインドネシア厚生省職員がAAPに語ったところによると、予備検査の結果では、この女性は高病原性のH5N1鳥インフルエンザに感染していたという。
 予備検査の精度は高くなく、検体は確認のためにジャカルタにある複数の検査施設に送付されている。
 「サングラー病院からの情報によると、(この女性の)現地での検査結果は陽性だったそうです」と、この職員は述べている。
 同病院で鳥インフルエンザ疑い例として治療中の現地の男性は予備検査では陰性だったと、この職員はしている。
 「(男性患者の)検体は陰性でした」と述べている。
 本日インドネシアのオンライン・ニュース・サイトのDetik.comは、この男性も女性も予備検査では陰性だったという同病院の鳥インフルエンザ対策チームのグスティ・バガス・ケン・ウィラサンディ博士の言葉を伝えていた。
 バリの衛生当局者は、今月に入っての同島初の鳥インフルエンザによるヒトの死亡に伴い警戒態勢に入っていた。
 29歳の女性の犠牲者は8月12日に死亡した。この女性の5歳の娘も8月3日に鳥インフルエンザ様の症状を訴えた後に死亡したが、検査用の検体採取の前に遺体は火葬されてしまっている。
 彼女の死によって同島の観光業界は大量の予約キャンセルが押し寄せるとの恐怖に震えたが、これまでの処そうしたことは発生していない。
 インドネシアでは104件の鳥インフルエンザのヒトへの感染症例が確認されており、その内83名が死亡している。これは世界で最も大きな被害である。
 専門家が恐れていることは、このウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異しパンデミックを引き起こしかねないということである。現時点ではヒトへの感染事例の大半は感染した鳥との接触に関連している。
Suspected bird flu patient dies in Indonesia People's Daily Online, China  (中国) インドネシアで鳥インフル疑い患者が死亡
 28歳女性が21日にインドネシアのリゾート地であるバリ島で、鳥インフル様症状で治療を受けた後死亡した。
 女性はタバナン地域で鶏の販売業をしていた。
 もし検査で確認されたら、女性はバリ島で2人目の鳥インフル死者となる。
Second Bali death attributed to bird flu The Age, Australia (オーストラリア) バリ島で2人目の鳥インフル死者
 インドネシアのリゾート地のバリ島で、2人目の女性が鳥インフルで死亡した可能が高くなった。
 予備的検査では、28歳女性が致死的H5N1鳥インフルウイルスに感染しているこが示された。
 もしジャカルタでの信頼性ある検査でも陽性であるなら、同女性はバリ島で2週間以内に死亡した2人目の犠牲者となる。
 
 同島における最初の犠牲者は8月12日に死亡した29歳女性である。同女性の5歳になる娘は8月3日に鳥インフル様症状を呈して死亡したが、少女の遺体は検査のための検体が採取される前に埋葬された。
 今回21日にバリ・サングラ病院で死亡した女性は、タバナン地域で家きんの配達者をしていた。
 女性は19日に、発熱、呼吸困難、および咳を含む鳥インフル様症状を呈して入院した。
 一方58歳男性もサングラー病院で鳥インフル疑いで治療を受けており、検査も受けている。
 男性の症状は改善してきていると思われると、バリの保健局の責任者が語っている。
 男性はゴミ処理に従事していて、仕事の中で死亡した鶏に接触したという。
 インドネシア保健省のスタッフの一人は、地域での初期の検査では、女性はH5N1ウイルス陽性で、男性は陰性であると話している。
 最近のバリでの鳥インフル死者、または疑い患者の発生は、観光地から遠く遠く離れている。
 しかしながら、インドネシア政府はウイルス変異の恐れから、分離ウイルスをWHOへ分析のために送った。
More suspected bird flu cases in Bali Sydney Morning Herald(豪) (オーストラリア) バリ島で更に2件の鳥インフルエンザ疑い例
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 インドネシアのリゾート地であるバリ島で新たに2名が高病原性の鳥インフルエンザに感染した疑いを、厚生当局は持っている。
 ジェンブラナ地区の58歳男性とタバナンの28歳女性が、バリ島のサングラー病院で治療を受けていると、バリ衛生機関長のデワ・ケタット・オカ博士は述べている。
 この疑い例は、バリ島での初の鳥インフルエンザによるヒトの死亡をインドネシアが確認した1週間後のことだった。29歳女性が犠牲となり8月12日に死亡している。
 この女性の5歳の娘が、インフルエンザ様の症状を訴えた後に8月3日に死亡している。しかしこの女の子の遺体は、検査用の検体採取の前に火葬されてしまっている。
 インドネシアでは鳥インフルエンザによる死者が83名が発生しており、鳥インフルエンザ・ウイルスにより世界で最悪の被害を受けた国となっている。
 オカ氏は、この男性と女性がH5N1に感染したかどうか決めるために同氏の衛生機関が検査のためにジャカルタに送付したと述べている。
 H5N1の症例が確認されたと考えるためには、2つの別個のジャカルタの検査施設が陽性という検査結果を出さなければならないとされている。
 「両名とも依然として(鳥インフルエンザの)疑い例です。検体は既にジャカルタの厚生省に送付済みです」と、オカ氏はAAPに語った。
 「両名ともまだ治療中です」
 同氏は、ごみ処理作業員である男性は仕事中に死んだニワトリと接触したとしている。
 「しかしタバナンの女性は、死んだニワトリと全く接触していないのです」と同氏はしている。
 「ジェンブラナの男性は回復中です。しかしタバナンの女性は-今も治療中で-安定した容態です」
 H5N1は一般に感染したニワトリと接触したヒトが感染する。
Two more suspected bird flu cases in Bali  The West Australian, Australia (オーストラリア) バリでさらに2人の疑い例
 インドネシア保健当局は、インドネシアのリゾート地であるバリ島でさらに2人の鳥インフル疑い者が出たことを発表した。
 ジェンブラナ(Jembrana)地域の58歳男性と、タバナン地域(Tabanan)の28歳女性が、病院で治療を受けていることがバリ保健局の責任者から発表された。
 これら2人の疑い患者は、バリ島で初の死者となった29歳女性が12日に死亡1週間後に発生した。
 29歳女性の5歳になる娘は鳥インフル様症状で8月3日に死亡しているが、検査のための検体が採取される前に埋葬されている。
'World best' flu shot Advertiser Adelaide(豪) 「世界最高」のインフルエンザ注射
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 フリンダース医療センターの研究者により、季節性のインフルエンザや鳥インフルエンザに対し世界で最高の防御となるうると考えられるワクチンが開発された。
 このインフルエンザ・ワクチンは現在は初期試験段階にあり、天然の糖のアジュバンドで増幅されている。アジュバンドによりウイルスに対する免疫システムの反応が強化され、ワクチンの効率が高まる。
 研究チーム・リーダーである糖尿病・内分泌学教授のニコライ・ペトロフスキー氏は、糖ベースのアジュバンドは安全だという。
 「我々のデータで既に、このアジュバンドにより通常のインフルエンザ・ウイルスへの免疫反応が強化されたことが判っています。また鳥インフルエンザ・ワクチンに対しても、同じように良い効果を示すと考えています。
 微生物学・感染症学部長のデビッド・ゴードン教授は、アジュバンドの添加はパンデミック時に保護の手を差し伸べワクチン供給を守るためには重要だという。「従来のワクチンは2、3日の間痛みを感じさせることがありますが、このワクチンのもう一つの大きな利点は多くの人が注射時に痛みを感じなかったということです」と、同氏は述べている。
 同チームは。今年インフルエンザ・ワクチン接種をしていない18歳から70歳の間の健康な人間へのワクチン試験を考えている。
 この研究への参加希望や詳細な情報については、ゴードン教授(電話(08)8204-4720)に連絡されたい。
St. Jude Influenza Survey Uncovers Key Differences Between Bird... PR Newswire (press release), NY  (米国) セントジュード小児研究病院研究チーム、鳥インフルウイルスと人インフルウイルスにおけるウイルスタンパクのアミノ酸組成の相違を検出
 ウイルスタンパクのアミノ酸組成を数理学的に分析して、人感染インフルエンザに特有なアミノ酸組成を発見。この組成を持つタンパクが多いH5N1鳥インフルウイルスが増加してくると人に感染しやすくなる。鳥だけに感染しているH5N1ウイルスではこのタンパクは検出されない。分離ウイルスのタンパクのアミノ酸組成を解析し、これらの人感染ウイルスに特有な組成を監視してゆくことで、H5N1ウイルスの危険な変異が予知可能となる。

Scientists at St. Jude Children's Research Hospital have found key features that distinguish influenza viruses found in birds from those that infect humans. The St. Jude team used a mathematical technique to identify specific amino acid building blocks that are statistically more likely to appear in avian influenza virus proteins and those that are more likely to be in human influenza virus proteins. The differences in these amino acids can be used as markers to track changes in H5N1 avian influenza strains that threaten humans. "Influenza mutates rapidly, so that any marker that is not the same in bird flu but remains stable in human flu is likely to be important," said David Finkelstein, Ph.D., research associate at the St. Jude Hartwell Center for Bioinformatics and Biotechnology. "If human specific markers start accumulating in bird flu viruses that infect humans, that suggests that the bird flu may be adapting to humans and could spread."
Japan to give US$14,8 million to help RI fight bird flu Jakarta Post, Indonesia  日本、鳥インフル対策費として148万ドルをインドネシアに提供
 インドネシアを訪問中の日本の安倍首相が記者会見で発表。
 インドネシア側は、自国で分離ウイルスを提供することで、鳥インフル用ワクチンの日本との研究開発の意向を発表。
Indonesia again sends bird flu virus specimen to WHO lab Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、WHO研究所に分離鳥インフルウイルスを再び提供と
 インドネシア政府は分離H5N1鳥インフルウイルスをWHOの研究機関に送ったと、保健省の報道官が発表した。
 「検体はWHOの(研究協力機関である)アトランタのCDCに、先週の16日に送った」、と報道官が語った。
 検体はバリ島で死亡した29歳女性NLPSと、感染疑いの34ヶ月のNKPであるが、結果はインドネシアの検査所と同じであり。NLPSが陽性であった。
Method 'extends' stockpile of bird flu vaccine SciDev.net, UK  (英国) 鳥インフルワクチンの備蓄量を拡大する方法が開発
 Geert Leroux-Roels, from the Belgium-based Centre for Vaccinology at Ghent University, and colleagues published their results in the Lancet last week (17 August).
a. Prof Geert Leroux-Roels, Centre for Vaccinology, Ghent University and Hospital, Ghent, Belgium
b. GlaxoSmithKline Biologicals, Rixensart, Belgium

 先に報道のベルギーの研究者達による研究。新アジュバンドを用いて、グラクソ社のワクチンの効果が20~25倍増加。
 この新規アジュバンドを用いたなら、ワクチン量が20~25倍増加することを意味する(使用抗原量が少なくて済む)。

 ワクチンとして、2004年のベトナム株を使用。
 21日間の間を置いて2回接種。
 アジュバント使用で最低の抗原量でも抗体産生。
 2005年度分離のインドネシア株に対しても77%被接種者で十分な抗体産生。

 当研究は18日にも報道が出ている。
 香港のThe Standardによれば、米国CDCの研究者によると報じられたが、実際のLancetではベルギーの研究者達による発表である。

 要約

 All eight vaccine formulations had a good safety profile. No serious adverse events were reported. The adjuvanted vaccines induced more injection-site symptoms and general symptoms than did the non-adjuvanted vaccines, but most were mild to moderate in intensity and transient in nature. The adjuvanted formulations were significantly more immunogenic than the non-adjuvanted formulations at all antigen doses. At the lowest antigenic dose (3·8 μg), immune responses for the adjuvanted vaccine against the recombinant homologous vaccine strain (A/Vietnam/1194/2004 NIBRG-14, clade 1) met or exceeded all US Food and Drug Administration and European Union licensure criteria. Furthermore, 37 of 48 (77%) participants receiving 3·8 μg of the adjuvanted vaccine seroconverted for neutralising antibodies against a strain derived by reverse genetics from a drifted H5N1 isolate (A/Indonesia/5/2005, clade 2).

Interpretation

Adjuvantation conferred significant antigen sparing that could increase the production capacity of pandemic influenza vaccine. Moreover, the cross-clade neutralising antibody responses recorded imply that such a vaccine could be deployed for immunisation before a pandemic.


8月20日(月)


Indonesia offers Japan to cooperate in producing bird-flu vaccine People's Daily Online, China (中国) インドネシア、鳥インフルワクチン製造に日本に協力
 20日、インドネシアは日本に、インドネシアで分離されたH5N1ウイルスを提供することで、鳥インフルワクチン製造の協力をすることで合意した。
 インドネシア大統領のスシロバンバン・ユドホノヨ氏は、訪問中の日本の安倍首相との合同記者会見で、声明を発表した。
 安倍首相は17億円の鳥インフル対策援助金の提供を発表した。
8月19日

 現在の処、特記すべき情報無し
2007年8月19日 6:55:48
8月18日

Authorities cull 5400 chickens to prevent Bali bird flu outbreak Jakarta Post, Indonesia インドネシア、バリ島、5400羽の鶏が殺処分
 人での鳥インフル死亡者を出したバリ島で、H5N1ウイルスの拡大を抑えるために5400羽以上の鶏を先週殺処分したと、18日当局が発表した。
 29歳女性が18日、鳥インフルを発病した鶏に接触した後死亡した。当局は13日に女性の住んでいた村での鶏の殺処分を開始した。5300羽は17日までに処分され、18日に残りの100羽が処分された。
米研究者、鳥インフルエンザ大量発生に少量で対応できる新ワクチンを開発 AFPBB News
 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)型の新ワクチンにより、より多くの人への感染防止が可能になるという研究結果が17日、英医薬誌「Lancet」に発表された。
 この研究はアトランタ州にある米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)のSuryaprakash Sambhara博士とミネソタ州ロチェスターにあるメイヨークリニックワクチン研究グループのGregory Poland博士が行ったもの。
 この新ワクチンは、医薬品大手グラクソ・スミスクラインの研究援助により開発された。独自の新しい免疫補助剤が使われているため、同剤なしの同量のワクチンと比較して、6倍の効力を持つ抗原を生み出せるという。また、少ない投与量で高い免疫応答が得られることも証明されたとしている。
 両博士は、これにより鳥インフルエンザのパンデミックワクチンの投与数を20-25倍に増やすことが可能だと述べている。
 世界保健機関によると、鳥インフルエンザの感染が確認された318件のうち60%にあたる192人が死亡している。
Breakthrough in vaccine to fight bird flu The Standard, Hong Kong (香港) 鳥インフル対策用ワクチンにおけるブレークスルー
 
 新規開発される斬新なH5N1鳥インフルエンザウイルスに対するワクチンは、世界的パンデミック発生の際に、より多くの命を守ることを意味する。 
 今回の臨床試験において、(ワクチン混合)新規薬剤が使用ワクチン抗原量が少なくて済むだけでなく、より免疫力を高める効果も持っていることが確認され、24日発行の英国の医学雑誌である「Lancet」に発表された。
 (Geert Leroux-Roels, from the Belgium-based Centre for Vaccinology at Ghent University, and colleagues published their results in the Lancet last week (17 August)).

 パテントのある”水と油からなる乳剤”を通常のワクチンに結合させた”ワクチン”が、鳥インフルウイルスに対して6倍量の抗体を産生することが確かめられた。
 さらに使用ワクチン(研究を助成しているグラクソ社のワクチン)を、少量投与した場合でも非常に効果的であることも確認された。
 「パンデミック用ワクチンの量が、20~25倍増量可能となることを意味する」、と米国CDCのウイルス研究者のSuryaprakash Sambhara とロッチェスターの Mayo Vaccine Research GroupのGregory Polandが語っている。

 高病原性H5N1ウイルスが、特にアジアで、広く鳥の間で広がっている。またそれは人に対しても致死的感染を引き起こしている。人の体はこのウイルスに対して抗体を産生する能力に乏しく、それは特にヘマグルチニンH5に対して著しい。
 WHOによるとこれまで318件が検査で確認され、そのうち192人が死亡している。
 科学者達が警戒しているのは、ウイルスが変異して、容易に人の間で感染を広げるようになることである。
 今日まで、発病した人のほとんどは感染した鳥に濃厚接触してウイルス感染している。
 世界の製薬会社のワクチン製造能力は既に、標準的季節性インフルエンザワクチンの需要量を満たすことができなくなっている。100年前に発生し5000万人の犠牲者を世界で出したスペイン・インフルエンザのようなパンデミックに際し、現在のワクチン製造体制では十分のワクチンを製造することは不可能と考えられている。(受精卵を用いた現在のインフルエンザワクチン製造方法では、製造量に限界があり、世界で年間4億人分相当と考えられている:訳者注)。
 さらに、ほとんどの人々はH5N1ウイルスに暴露されたことがなく、それは”免疫学的にナイーブ”とウイルス学者達によって表現される状態で、1回のワクチン投与だけでは十分な免疫が着かないと考えられている。(すなわち2回接種が必要と考えられ、そのためにも必要ワクチン量は多くなる:訳者注)。

 今回の研究で、4段階の抗原量(3.8マイクログラム~30マイクログラム)が、18歳から60歳までの成人を50人ずつ8グループに別けて投与された。そのうち4グループに対してはワクチンに”乳剤”が混合された。
 試験結果では、ワクチン抗原量の最低である3.8マイクログラム投与群でも、アジュバント(乳剤)投与により、アジュバント無しの30マイクログラム投与群の2倍量の抗体を産生した。
 

Baxter signs British flu vaccine deal  United Press International  (国際) バクスター社、英国とワクチン契約
 バクスター・インターナショナルは、鳥インフルのパンデミックに際し、英国とワクチン提供の契約を締結したと発表した。
 バクスター社によると、血清無添加のベロ細胞を使用した細胞培養法によりワクチンは製造される。
 ベロ細胞とは、アフリカミドリザルの腎臓細胞で、この細胞にウイルスを感染させて増殖させ、そしてワクチンを製造する。
 受精卵を使用した製造法よりも、短期間(12週間)でワクチンを製造することが可能とされる。
 英国保健省の当局者によると、英国はバクスター社とグラクソ社と、WHOがパンデミック株を同定した場合、できるだけ早急に当該ウイルス株に対するワクチンを製造し、英国に提供する契約を3億ポンド以上で結んだと、語っている。
Glaxo bird flu vaccine can be stretched: study Reuters.uk, UK (英国) グラクソ社の鳥インフルワクチン、新アジュバント使用で少量でも効果発揮:研究報告
 新規アジュバント(免疫賦活剤)を用いると、グラクソ社のワクチンを希釈しても効果を発揮する可能性が確認された。
 このことは製造量に限界のあるパンデミック・インフルエンザ用ワクチンの量を、20-25倍量増加する効果が期待され、パンデミック・インフルエンザ対策に関与している全ての人々にとって朗報となる、とCDCの専門家はコメントしている。
 ベルギーの研究者達が(Geert Leroux-Roels of the Centre for Vaccinology at Ghent University in Belgium and colleagues )400人の成人を対象にグラクソ社の実験的ワクチンの臨床試験を行ったが、ASO3と呼ばれる油と水、そして界面活性剤からなるアジュバント(免疫賦活剤)をワクチンに加えて使用し、少量のワクチン量でも十分な免疫効果を発揮することを確認した。24日発行の医学雑誌「Lancet」に発表された。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO公式統計:人における鳥インフル事例
 WHOはウエブサイトで、ジャカルタの西方タングランに住む17歳のインドネシア人女性が、鳥インフルで死亡したことを確認した。
 今日までインドネシアで確認された鳥インフル患者104人のうち、83人が死亡している。
 2003年に香港でH5N1鳥インフルが再興して以来、世界中で321人が発症し、194人が死亡している。
 ベトナムは2007年に入ってから4人の死亡を報告しているが、WHOは今のところこれらの事例を確認していない。
 以下はWHOが確認した、これまで世界で発生した事例である。
 アゼルバイジャン 5、8(死亡数、発症数)、 カンボジア 7、7、中国 16、25、ディブチ 0,1,エジプト 15、38、インドネシア 83、104 イラク 2、3、ラオス2、2、ナイジェリア1、1、タイ 17、25、トルコ 4,12、ベトナム 42、95(*)。

 *通常、H5N1ウイルスに感染しているか否かの確認の初期検査には、1ないし2日要する。さらに政府の研究機関、またはWHO承認研究機関による確定検査には1週間以上要する。
 H5N1ウイルスは主として鳥のウイルスであるが、専門家は人に容易に感染する株に変化する可能性があり、そうなれば世界的パンデミックを引き起こす可能性があると警戒している。
 *ベトナムの保健省は、2007年に7人の新規事例を報告している。このうち4人が死亡している。しかしWHOは2名のみ確認し、死亡例に関してはこれまで確認していない。
8月17日

Government sends Bali bird flu sample to WHO Jakarta Post(インドネシア) インドネシア政府 バリ島の鳥インフルエンザ検体をWHOに送付
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 インドネシア政府は、バリ島で女性を死亡させた鳥インフルエンザ検体を世界保健機関(WHO)に送付することに合意したと、厚生相のシティ・ファディラー・スパリ氏が語った。
 シティ・ファディラー氏が語ったところでは、この高病原性ウイルスがヒト-ヒト感染に至っているかどうかを調べるためにバリ島の鳥インフルエンザ検体の共有は必要だという。
 さらに、世界的に有名な観光地であるバリ島でのパニックを回避することも重要であると、同氏は語った。
 政府は鳥インフルエンザ検体のWHOとの共有を拒否していた。これは、インドネシアがインドネシアを含む様々な国からの検体を基に世界の研究所が生産した鳥インフルエンザ・ワクチンを購入する余裕がないかもしれないためである。
 インドネシアは、パンデミック時のワクチンを購入しやすくすることを繰り返し要求していた。
 鳥インフルエンザによりインドネシアでは83名が死亡しており、世界最悪の被害となっている。
インドネシアで鳥インフルエンザの死者、83人目に AFPBB News -
 インドネシアで17歳の女性が鳥インフルエンザA(H5N1)により死亡した。鳥インフルエンザによる同国の死者は83人に達した。
 16日付のインドネシア保健省の発表によれば、この女性は13日に首都ジャカルタ西部にあるタングラン(Tangerang)の病院に入院したが、翌14日に死亡したという。
UK government signs bird flu vaccine with GSK  Echorouk Al Yaoumi, Algeria  (アルジェリア) 英国、グラクソ社と鳥インフルワクチン契約に
 英国政府は1億5540万ポンド(350億円)でパンデミックの際のワクチン購入をワクチンメーカーと契約を結んだ。
 英国はグラクソスミスクライン社およびバクスター製薬と、インフルエンザ・パンデミックに際するワクチン供給の4年間契約を結んだ。
 保健相のDawn Primarolo氏は、これで英国はパンデミックに際し、可能な限りの対策を施したことになる、と語った。
 英国はすでに1400万人以上のタミフルを備蓄している。
8月16日

 
Bird flu kills Indonesian girl, raises death toll to 83  Jakarta Post(インドネシア) 鳥インフルエンザによりインドネシア人少女が死亡 死者数は83名に
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 厚生省によると、16日に鳥インフルエンザによる新たな犠牲者が発生した。これによりインドネシアでの鳥インフルエンザによる死亡者数は感染者103名のうち83名となった。
 同省スポークスウーマンのリリィ・セトヨワティ氏によると、バンテン州のタンゲランに住む17歳の少女が明らかにH5N1ウイルスにより死亡したという。
 「2つの検査施設で、死亡した少女の検査結果が陽性であることが確認されました」と、同氏はジャカルタ・ポスト紙に語った。
Indonesia confirms another bird flu death ABC Online, Australia  (オーストラリア) インドネシアで、さらなる鳥インフル死者発生
 17歳のインドネシアの少女が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が83人になったことを保健省が発表した。
 少女は首都の西方にある衛星都市Tangerangで、入院翌日に死亡した。
 「女性は8月8日に発病したが、女性が発病した家きんと接触したことがあるかどうかについては不明である」、と鳥インフル情報センターの当局者が語った。
 保健省は女性が住んでいた周辺や勤務場所を調査し、感染源を探している。
 インドネシアは104人の鳥インフル患者を確認し、そのうち83人が死亡している。
Preparing for Pandemic Influenza With Emergency Kit  WDEF CBS 12  (米国) 緊急キットでパンデミック・インフルエンザ対策を
 

 ノースジョージア州保健当局者は、住民にパンデミック・インフルエンザに緊急キットで備えるように勧奨している。
 危機管理対策委員長の Ron Hernandez氏は、もし鳥インフルのような流行病が発生した場合、それは世界中の人々に拡大するであろうと説明する。
 同氏は、「多くの公共サービスや商店は閉鎖し、人々は外に買い物に出歩けない」と語る。
 同氏によると家庭での備蓄品として、食料の缶詰、瓶詰め飲料水、医薬品、そして缶切りなどが必要という。
 以下は必要な完全なリストである。
· Ready-to-eat canned meats, fruits, vegetables, and soups
· Protein or fruit bars
· Dry cereal or granola
· Peanut butter or nuts
· Dried fruit
· Crackers
· Canned juices
· Bottled water
· Baby food and formula
· Pet food
· Other nonperishable foods
· Prescribed medical supplies
· Cleansing agent/soap
· Medicines for fever
· Thermometer
· Anti-diarrheal medication
· Vitamins
· Fluids with electrolytes
· Flashlight
· Batteries
· Portable radio
· Manual can opener
· Garbage bags
· Toilet tissue and disposable diapers
· Personal protective equipment


ducks found with H5N1 bird flu virus in France  Expatica France, France (フランス) フランス:H5N1鳥インフルに感染したカモが見つかる
 先週フランス北東部で34羽の死亡したカモから、人へ致死的であるH5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 既に7月末には、モゼール地域のDiane Capelle池で2羽の死亡した白鳥が鳥インフルであったことが確認されていた。
 昨年はフランスで63羽の鳥からH5N1ウイルスが検出されていた。
8月15日

Vietnam finds bird flu in poultry near China  The Timaru Herald(ニュージーランド) ベトナムが中国近傍で鳥インフルエンザを検知
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ベトナムは、中国と接する北部のカオ・バン省で鳥インフルエンザ発生を検知した。これは今月に入り同国で2回目の感染であると、農業相が述べた。
 89羽のニワトリとアヒルは先週土曜日(11日)に飼育場で死亡し、ハノイでの検査の結果、H5N1ウイルスに感染していたことが確認されたと、農業省動物衛生部が報告書で述べた。
 感染した飼育場はサッチ・アン地域にあり、中国広西チワン自治区との国境線の約70キロ南に所在する。
 前回の家禽への感染は8月2日に北西部のディエン・ビィエン省で検知され、カオ・バンそして南部のドン・サップ省と共に政府の鳥インフルエンザ感染に関する要観察リストに今も記載されている。
 鳥インフルエンザはベトナムで今年これまでに7名に感染している。その内4名は死亡して、2003年暮れ以降の確認された感染者総数100名のうちのうち死亡者総数を46名にしていると、厚生省は述べている。
 今月、北部のタン・ホア省の15歳少年がハノイの病院に向かう途中で鳥インフルエンザのために死亡している。
 世界的にみると、H5N1ウイルスにより320件の判明している症例のうち193名が死亡している、と世界保健機関の統計ではしている。数億羽の鳥が死亡または殺処分されてきたのである。
 H5N1ウイルスは今も主には鳥のウイルスである。しかし専門家が恐れていることは、このウイルスヒトから、ヒトへ容易に感染する形態に変異して世界を席巻し数百万人を死亡させかねないことである。
Bird flu suspect in Indonesia’s Bali cleared Khaleej Times, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) インドネシアの2歳女児、鳥インフル陰性と確認
 インドネシアのリゾートであるバリ島の鳥インフル疑いの2歳女児は、検査の結果疑いが消えたことが15日当局から発表された。
 「昨晩女児の検査結果が届いたが、鳥インフルウイルス陰性であった」、と国立鳥インフル情報センターの医師が語った。
Avian influenza - situation in Indonesia - update 13  WHO  鳥インフルエンザ-インドネシアの状況-更新13

 インドネシア保健省は新規人でのH5N1鳥インフルの発病例を発表した。
 患者はバリ州の29歳女性で、8月3日に症状を呈し始め、8月7日に入院した。女性は8月12日に死亡した。感染源の調査では、病的および死亡した家きんとの接触が考えられた。
 女性の娘の5歳女児も、母親が発病する数日前に呼吸器症状で発病した。娘は7月26日に発病し、30日に入院した。しかしながら鳥インフルを疑われないまま、地域の病院で8月3日に死亡した。娘の場合も発病前に、病的および死亡した家きんとの接触歴があった。
 確定患者(29歳女性)と接触した家族と医療関係者の健康状態は調べられたが、異常は認められていない。
 これまでインドネシアでは103人が発病し、82人が死亡している。
INDONESIA: WHO confident Bali outbreak can be contained. - 14/08/2007 Radio Australia, Australia  (オーストラリア) インドネシア:WHO、バリ島での鳥インフルは封じ込まれたことを確信
 WHOは、インドネシアのバリ島で初めて発生した人での鳥インフルは、拡大する可能性はないことを確認したと、発表した。
 インドネシア当局はバリ島で死亡した女性が、致死的H5N1鳥インフルによるものであることを確認している。
INTERVIEW-"Uncontrolled" bird flu in region worries India Reuters AlertNet(英) インタビュー-野放しの地域内の鳥インフルエンザに苦慮するインド
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドは鳥インフルエンザ対応準備を強化している。これは家禽の間での「流行が野放しになっている」国と国境を接している上に、ヒトへの感染症例が発生している国にも近いためであると、厚生当局筋が語った。
 連邦厚生長官であるナレシュ・ダヤル氏はミャンマーとバングラディシュについて述べた。両国は今年家禽の間で数回流行が発生しており、インドの東北部辺境と長い国境線を共有している。
 「わが国は、家禽など鳥の間での流行が放置されている国に囲まれているのです」と、ダヤル氏は14日のロイターとのインタビューで語った。「更にその上、ベトナムやインドネシアもあるのです」
 インドネシアとベトナム--両国から2、3時間飛行機に乗れば到着できるインドの都市もある--は、今年鳥インフルエンザによるヒトの死亡を報告している。
 インドネシアでは2003年以降で鳥インフルエンザによる死亡例が83件確認され、世界最悪となっている。
 「世界中でヒトからヒトへの感染は恐れられています。万が一、(ヒトからヒトへの感染が)始まったら対応できるようにならなければなりません」
 世界保健機関によれば、2003年以降でH5N1ウイルスによる鳥インフルエンザのヒトへの感染症例は300件以上確認されており、うち200名近くが死亡している。
 H5N1ウイルスは今も主に鳥に感染する疾病だが、専門家が憂慮していることはヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異するかもしれないということである。

自国の利益

 インドは今月、ミャンマーと国境で接する辺境のマニプール州におけるニワトリの間での鳥インフルエンザ流行をなんとか押さえ込んだ。ミャンマーでは7月だけで2回の流行再発が起こっている。
 インドはミャンマー及びバングラディシュとの国境への監視を強化しているとダヤル氏は述べ、インド政府は両国の鳥インフルエンザ対策に支援を差し伸べているとも語った。
 「我が国は喜んでバングラディシュを支援します。自国の利益にもなるからです」と、同氏は語った。また要請があればインドはミャンマーの鳥インフルエンザ対策も支援する用意があると述べた。
 インド政府は2006年以降の3件の家禽における大規模流行で、ヒトへの感染は報告していない。しかし厚生当局者は、2003年以降で16名の死亡が報告されている中国とも同国東北部が国境を共にするため憂慮している。
 当局は鳥インフルエンザのヒトへの感染を検査できる検査施設を増強中である。
 既存の3施設に加え、インド政府は新施設を東北部のアッサム州と東部の都市コルカタに建設すると、ダヤル氏は述べている。
 インドは緊急用備蓄として抗ウイルス剤タミフル90万錠を持ち、一般薬局での販売を防止することで自家治療により薬剤耐性が発生しないようにしている。
 ダヤル氏は、「地域対応チーム」を更に訓練しヒトへの感染疑い例が発生すれば必ず迅速に対応できる様にするとしている。これは人口密度が高い同国では極めて必要なことである。国としての医療インフラが手一杯になっている上に低品質なのだ。
 「迅速に対応しなければなりませんが、パニックになる必要はありません」と、同氏は述べた。
Officials: 4 ducks found dead in eastern France test positive for ... Live-PR.com (Pressemitteilung), Austria (オーストリア) 当局発表:東部フランスで4羽の死亡したカモからH5N1鳥インフルウイルスが検出
 8月8日にモゼール地域のDiane Capelleで死亡したカモが見つかり、検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
France Reports Four Ducks Found With Bird Flu Voice of America  (米国) フランスで4羽のカモで鳥インフルが確認
 フランス当局は、北東部のモゼール地域で、先週死亡した4羽のカモからH5N1鳥インフルウイルスを検出したと発表した。
 カモは同地域のDiane Capelleとして知られる場所で見つかった。
 同地域では7月末に2羽の死亡した白鳥が鳥インフルであったことが確認されている。
 また1ヶ月前には、同地域から10キロ離れた場所で3羽の死亡した白鳥からウイルスが検出されている。
Abbott rules out release of flu vaccine NEWS.com.au, Australia (オーストラリア) アボット保健相、国家備蓄抗インフルエンザ薬の放出を拒否

 オーストラリアではこの5年間最悪のペースでインフルエンザが流行中であるが、その一方、WHOはバリ島で29歳のインドネシア女性が致死的H5N1鳥インフルで先週死亡したことを確認した。
 アボット保健相は、バリ島での女性の死亡を招いたH5N1ウイルスは人人感染を起こす可能性はないと語った。H5N1ウイルスは、発病した鳥と接触した場合に人に感染する。
 一方、オーストラリアの当局者達は、最近、4州で死亡した6人の小児とクイーンズランドで死亡した37歳男性の死亡が、インフルエンザによるものであるのか否かの最終的確認を待っている。

 昨日、指導的科学者達が、タミフルを広く利用できるようにすべきで、薬局で市販できるようにすべきであると語った。
 先のオーストラリア国立大学の分子生物学者であるグレーム・ラベール(Graeme Laver)氏は、インフルエンザはオーストラリアで急速に拡大中で、対策は十分なされていないと警告した。
 ラベール博士は、保健当局は数ヶ月前に抗インフルエンザのタミフルとリレンザを薬局に備蓄しておくべきであって、季節性インフルエンザに罹患した人々が容易に入手できるように市販すべきであったと語っている。
 これら二種類の薬は現在処方箋でしか入手できず、また薬局での備蓄量はそれほど多くはない。
 「処方なんて必要はない」、とラベール博士は語っている。
 「タミフルは薬局で市販すべきなのだ。医師の元で診察を受けて処方箋を入手してからでは、多くの場合はタミフルはすでに効果を発揮できない」
 クイーンズランドのピーター・ビーティー首相は、インフルエンザ対策用国家備蓄薬を、高齢者施設入居者へ提供すべきであると語ったが、アボット大臣は昨日、国家備蓄薬のいかなる配布も拒否した。
 「国の備蓄薬は緊急時のためのものであり、今年のインフルエンザ流行が我々が予測していたよりも大きいとしても、それは国家的緊急事態には相当しないと、自分は考える」
 ビーティー首相は、州政府の備蓄タミフルを放出し、インフルエンザ治療用に配布している。
 クイーンズランド州では既に2000人のインフルエンザ患者が記録されており、通常の700人の数を大きく上回っている。
 ブリスベーンで開催された本年度のRoyal National Show の”The Ekka”は、参加者数が著明に減少した。保健当局が先週、参加することでインフルエンザが蔓延する可能性があると警告したからである。
 10日間のイベントで10万人以上の参加者数の減少が見込まれている。
 

インドネシア、鳥インフル検体提供を依然拒否・WHOが非難 日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)とインドネシアの間で、鳥インフルエンザウイルスの検体提供問題が再燃してきた。同国は5月、昨年末に中止した検体提供の再開で合意していた。WHOは今月上旬「インドネシアは検体を依然として提供していない」と批判、同国に合意履行を求めた。同国保健省は「ワクチンを途上国に安価で提供する枠組みができていない」とWHO側の対応を非難した。
 WHOは「提供が遅れれば、インドネシアのみならず世界的な問題に発展する懸念がある」と警告。インドネシアの感染死者は82人で世界の4割を占め、12日にはバリ島でも初めての感染死者が出た。
Indonesia Still Not Sharing Virus Samples for Avian Flu Vaccines PressZoom (press release), Netherlands (オランダ) インドネシア、鳥インフルワクチン製造のためのウイルス検体をいまだ提供せず
 本年3月にWHOと分離ウイルスの共有について同意したにも関わらず、致死的鳥インフルでの感染者と死者数が最も多いインドネシアは、未だ約束を実行していない。

 インドネシア以外の全ての国は、鳥インフルを発症した人から分離されるH5N1ウイルスを、WHOの世界インフルエンザ監視ネットワークに提供していて、それにより専門家達がウイルスの変異の有無を確認し、ウイルスが人人感染を容易に生ずるようになっていないかチェックし、またウイルス診断キット、そしてワクチンの作成に利用されている。
 8月6日に行われたWHOの伝染病対策副局長のデービット・ハイマン氏の記者会見で、同氏はインドネシアがウイルスをWHOと共有しないことは、同国民を危険に陥れることを意味してと語り、その理由として、もしこれらのウイルスが自由にワクチンメーカーと共有されないなら、ワクチンにはインドネシアで感染を広げているウイルス成分が含まれないことになるからであると説明し、さらにそれは世界にとっても危険な状況を意味するとも語り、インドネシアを非難した。
8月14日

Vaccine maker gears up in case of flu pandemic WZZM, MI (米国) ワクチンメーカー、パンデミック・インフルエンザ発生に備え、ワクチン製造能力の拡大へ
 SWIFTWATER, Pa.
 新規ワクチン製造工場がこの地で来年頃から活動し始め、季節性インフルエンザワクチンの増産と、パンデミック・インフルエンザ発生の際のワクチン量産を可能にする。
 フランスのワクチンメーカーであるサノフィ・パスツール社がPocono Mountains(ポコロ山系?)の500エーカーの広さの中に1億5000万ドルで工場を建設した。工場は1970年代に建設された米国内へ供給するインフルエンザワクチン工場の旧工場と一体化される。
 旧工場はインフルエンザワクチンを年間5000万回分製造可能で、新規工場は2008年末、または2009年早々から稼働し始め、年間1億回分のワクチン製造が可能となり、旧工場と合わせて合計1億5000回分(1人につき1回、または2回投与)の製造が可能となる。
 同社によるとパンデミック・インフルエンザが発生した場合、1日以内に季節性インフルエンザワクチンからパンデミック・インフルエンザワクチンへ製造が切り替えられるという。

ゴールは細胞培養法によるワクチン製造

 サノフィ社の工場新設は連邦政府からの助成は受けていないが、パンデミック・インフルエンザに対策に向けた第一歩であると、同社では説明している。しかし、それは単なる対策の一環に過ぎない、とも同社では付け加える。
 さらなる米国内のインフルエンザワクチン製造に向かって、保健福祉省は6月に1億3200万ドルの助成を、サノフィ・パスツール社、メドインミューン社(鼻腔噴霧型ワクチンであるFluMist製造会社)に行い、現在の従来法によるワクチン製造工場の刷新を推し進めた。従来法によるワクチン製造方法は、第二次世界大戦前から続けられている受精卵を用いた方法で、長い間の経験からくる安全性と低価格で製造できることが利点とされる。しかし、受精卵の供給量にばらつきがあるためワクチン製造量が安定しないこと、さらに製造過程に時間がかかり、通常6ヶ月間要する。
 さらなる信頼性あるワクチンの確保のために米国保健福祉省は、ワクチンメーカー6社に10億ドルの助成を行い、細胞培養法によるワクチン製造方法の開発を促した。細胞培養法によるワクチン製造は受精卵の代わりに巨大な鉄製の培養器を用いる。
 細胞培養法によるワクチンは、ポリオ、狂犬病等で用いられている。
 同方法によるワクチン製造はコストがかかるが大量製造が可能で、最も重要なことは短期間でワクチン製造が可能になることだ、と保健福祉省のワクチン担当者は説明する。それはパンデミック・インフルエンザが発生した場合、非常に重要になると説明する。
 
Bali in fear at bird flu death Daily Telegraph, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル死者発生でバリ島の警戒感強まる


鳥インフルで死亡した女性宅から200メートルの地に住んでいた2歳女児。鳥インフル様症状で入院したが、病院の発表では検査で陰性で、症状は軽減しているとされる。
 バリ島は鳥インフルでの初めての死者の発生を経験した。また感染原因となった数百羽の家きんが昨日殺処分された。
 今回死亡した女性の、今月初めに死亡した娘もH5N1鳥インフルが原因であった疑いがもたれている。
 しかしながら、子供は鳥インフルで死亡したかどうかを確認される前に、埋葬された。
 農業省当局では昨日、バリの北西のジェンブラナ地区のツカダヤ村の半径1キロ以内の家きん400羽を殺処分した。

 インドネシア国立鳥インフル対策委員会は、12日にデンパサーのサングラー病院で死亡した29歳女性のNi Luh Putu Sri Windaniさんが、H5N1鳥インフル陽性であったことを確認した。
 彼女は死亡3日前に肺炎様症状で入院していた。
 彼女の5歳になる娘も8月3日に地域の病院で類似の症状で死亡している。
 しかしながら娘は検査を受けていないため、鳥インフルであったか否かは不明である。
 死亡した女性の近隣で飼育されていた鶏が先に死亡し、検査の結果鳥インフルであることが確認されている。
 また同村の2歳になる女児も鳥インフル様症状でサングラー病院に入院し経過観察中であるが、検査では陰性で、症状も警戒してきている。
 女児の祖母は家族が所有している鶏が先に死亡していて、死亡した女性は200メートル離れた場所に住んでいたと語っている。
 
 年間、オーストラリアから数万人の観光客がバリ島を訪れている。当局の説明では感染発生が起こっている地域は、主要な観光地のクタから3時間の距離にあり、観光客が訪れる場所ではないという。
 ジャカルタの鳥インフル対策委員会のバユ・クリスナムルチ氏は、昨日、今回の事例の発生が観光産業にどの程度影響を与えるか不明であると語った。
 今回の事例で、インドネシアは2005年7月以来103人の発病者を確認し、そのうち82名が死亡したことになった。しかしながら、クリスナムルチ氏によると死者数は月に1人のペースまで減少してきているという。
 現在の処、バリ島では他の感染者は報告されていないという。
 

Deaths spark Bali bird flu warning  Melbourne Herald Sun, Australia (オーストラリア) バリ島、死者発生で鳥インフル警戒感強まる

 オーストラリアのバリ島への旅行客は、同地で母親と娘が鳥インフルで死亡したことから、家きんとの接触を避けるように警告された。

 29歳の女性と5歳になる娘は主要な観光地から3時間西方の村に住んでいた。
 母娘が死亡した村の全ての家きんは殺処分された。
 オーストラリア保健局は、状況を詳細に観察中であるが、同地への旅行客は十分注意するように警告をだした。
 「家きんが感染した地域への旅行客は家きんとの接触を避けなければならない」、と保健局の報道官は語っている。
 「オーストラリアは、インドネシアとWHOと良好な関係を保ち、鳥インフルが発生以来状況を詳細に観察している。しかしながら、鳥インフルはは人人感染は起こさないので、通常の感染予防で十分と考えられる(家きんに接触しない。もし接触した場合は十分てを洗う:訳者)」
 女性は北西部のジェンブラナ地区に住んでいて、バリ島の首都のデンパサールの病院で12日に死亡した。
 女性の娘も8月3日に死亡していることを、国立鳥インフル対策委員会のバユ・クリスナムルチ氏が語っている。
 「バリ島は観光客の目的地であるから、我々は最大の感染予防対策を施している」、と同氏は語っている。
 近所の2歳になる少女も鳥インフル疑いで12日に病院に入院した。

 昨年北西部で感染したかきんが見つかり、数百羽の家きんが殺処分されたが、人での感染は報告されなかった。
 インドネシアでは2005年7月に初の人での感染が確認され、それ以来81人の死者を出し、その数は世界で一番多くなっている。

 

First bird-flu death on Bali  Manila Times, Philippines (フィリピン) バリ島で初の鳥インフル死者
Bali sees first confirmed death from bird flu CBC Prince Edward Island, Canada  (カナダ) インドネシア、バリで鳥インフル死者が確認
Bali: Woman Dies of Bird Flu MSN Money  (米国) インドネシア、バリ:女性が鳥インフルで死亡
 週末にインドネシアの女性がバリ島で死亡し、ポピュラーなリゾート地での初の鳥インフル死者となったことを、当局者が13日発表した。

 2ヶ所の研究所での検査の結果、12日に死亡した29才女性が鳥インフルに感染していたことが確認された。女性は感染した鶏と接触した後に発病した。そのように保健省報道官が発表した。
 当局ではまた、8月3日に死亡し埋葬された5歳になる女性の娘も鳥インフルを発病していた可能性があり、その確認を行っていることも発表した。
 この最新の死者で、インドネシアにおける鳥インフル死者数は発病者総数103人中82人となった。
8月13日


鳥インフル、バリ島で初の感染死者 日本経済新聞 
 インドネシア保健省は13日、国際的観光地バリ島で鳥インフルエンザ感染により29歳の女性の死亡を確認したと発表した。同国では82人目の感染死者となるがバリ島では初めて。ほかにも疑いのある患者が出ている。バリ島で感染が拡大すれば、同国の観光業にも深刻な影響を及ぼしそうだ。
 女性は12日に死亡したが、出身の集落では数日前から鶏が大量死しており、同じ集落の少女も鳥インフルエンザの疑いで入院している。バリ島では夏休みのため、日本人など外国人観光客が多く滞在している。このためバリ州政府は感染した鳥の処分など感染防止対策を強化する方針だ。(

AP

Indonesian woman died of bird flu Bangkok Post, Thailand  (タイ) インドネシア女性、鳥インフルで死亡
 バリ島の病院に入院後死亡したインドネシア女性は、H5N1ウイルスに感染していたことが13日確認された。インドネシアで82人目の死者で、またポピュラーなリゾート地のバリ島で初の鳥インフル感染者で死者となった。保健省の高官が発表した。
First bird flu death confirmed in Bali Ninemsn(豪) バリ島初の鳥インフルエンザによる死者を確認
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 リゾート観光地であるバリ島で29歳インドネシア人女性が週末に鳥インフルエンザにより死亡したことが確認された。これは同地における初のヒトの死亡例であり、同国で82番目の死亡例の確認であると、厚生当局筋が語った。
 検体は二ヶ所の研究所でH5N1ウイルスが陽性であることが確認された。
 12日に入院した近所に住む2歳の女の子も高病原性H5N1ウイルスに感染したことが疑われていると、鳥インフルエンザ国家委員会長のバユ・クリスナムルチ氏が記者会見で語った。女性の5歳の娘も8月3日に死亡しているが、検体は採取されていないので、鳥インフル感染が確認されていない。
 
Indonesian woman in Bali may have died from bird flu  Reuters AlertNet(英)バリのインドネシア人女性、鳥インフルエンザで死亡か
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 リゾートの島バリ島で12日に死亡したインドネシア人女性からの検体は、一時検査の結果で鳥インフルエンザ陽性と判ったと、当局筋が13日語った。
 現在実施中の二次検査が一次結果の確認のために必要であると、厚生省の鳥インフルエンザセンターのジョヨ・スヨノ氏は述べている。
 確認されれば、インドネシアの観光産業の中心であるバリ島での初のH5N1ウイルスのヒトへの感染症例となる。
 この女性の5歳の娘も、最近ニワトリと遊んだ後に死亡している。しかし、この女の子が鳥インフルエンザのために死亡したかどうかは明確になっていない。
 29歳のこの女性は西バリのジェンブラナ地区の村の住人で、高熱で苦しんだ後に複数臓器の不全で死亡したと、バリ州州都デンパサールにあるサングラー病院の医師であるケン・ウイラサンディ氏は述べている。
 スヨノ氏は、この女性の自宅付近には病気のニワトリがいて、ここ数週間で多数が突然死亡したとしている。
 「村人はニワトリの死骸を焼却しませんでした。代わりに埋め立てたり豚の餌にしたりしたのです」と、スヨノ氏は語っている。
 病気の家禽との接触は、ヒトがH5N1ウイルスに感染する上で一番ありふれたものである。
 この女性は1週間以上前から症状を訴え始めたが、6日も経ってから初めて入院した。
 この女性は10日にデンパサールのもっと大きな病院へ転院し、ここで隔離病棟での治療を受けたと、スヨノ氏はしている。
 同氏によると、初期調査ではこの女性の娘が先月ニワトリと遊んだ後に発病し1週間後に死亡したという。
 「組織標本は採取できませんでしたので、この女の子が鳥インフルエンザで死亡したのか否かは確認できません」と、スヨノ氏は語っている。
 鳥インフルエンザはインドネシアの大部分の地域の鳥の間で流行しており、家庭の庭で飼育されている数百万羽のニワトリがヒトと極めて近接して暮らしているのである。
 専門家が恐れていることは、このウイルスがヒトの間で容易に感染する能力を獲得すればパンデミックで数百万人が死亡するかもしれないということである。
 インドネシアでは鳥インフルエンザによるヒトの死亡例が81件確認されている。これは世界のどの国よりも高い被害者数である。
これまで世界中で319件のヒトへの感染症例が確認され192名が死亡していると、世界保健機関はしている。
Bird flu test for winged guests  Calcutta Telegraph(インド) 翼をもった来客に鳥インフルエンザ検査
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 今月にも我が国に到着し始める渡り鳥にとって、今年の歓迎式典はすこし違ったものになりそうだ。
 翼を持った来客が、特に北東部への客は今年は検査を受けなければならないとセンターは決定した。
 環境森林省は全ての州の野生動物主席監視官に対し、渡り鳥の飛来によって発生する可能性のある全ての非常事態を監視するように命じた。これはマニプールでの鳥インフルエンザ発生に伴うものである。
 中国・シベリア・東欧からの渡り鳥は、冬季にインドの平原へとやってくる。しかし、早くも8月にやってくる鳥も多い。
 「鳥の個体数と種類、大まかな到着と滞在の期間を環境森林部に報告しなければなりません」と、センターの声明はしている。
 センターは全ての野生動物主席監視官へガイドラインを発行した。これは厚生省、家畜省などとの協力調整をもとめるものである。監視官への指示としては、捕獲と血清標本採取の際に鳥を傷つけないようにすることも述べられている。
 野鳥からの標本は全て貴重なものとされ、標本の採取・梱包・輸送は訓練を受けた家畜・動物衛生従事者と協力して実施される。
 情報源によると、現地NGOと鳥類学者にも協力依頼が出ている。
 センターはボランティアやバードウォッチャーに対しても、鳥が死亡していたら必ず近所の森林事務所か家畜事務所に報告するように求めている。
 鳥インフルエンザ発生後の過去数週間で、マニプールや他の北東部の州では数千羽の家禽が殺処分されている。
Bali doctors investigate possible bird flu deaths ABC Online(豪) バリ島の医師団が鳥インフルエンザ発生の可能性を調査中
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが、インドネシアのリゾートの島であるバリ島に広がったかもしれないという恐れが出ている。
 バリ島のサングラー病院の医師団は、29歳女性とその5歳の娘の死亡を受けて検査結果を待っているところである。
 検査結果が陽性ならば、観光客の島バリ島で高病原性の鳥インフルエンザのヒトへの感染が初めて確認されたことになる。
 ニ・ルー・プツスリ・ウィンダニさんが鳥インフルエンザで死亡したという疑いは、彼女の自宅付近で鳥が数羽突然死したという報告で強いものになった。
 また医師団は、彼女の娘が呼吸障害と高熱で今月死亡した件についても調査している。
8月12日

高病原性鳥インフル診断薬、秋に承認申請・栄研化学 日本経済新聞
 試薬メーカーの栄研化学は、H5型の高病原性鳥インフルエンザへの感染を調べる体外診断薬の製造販売承認を、今秋をメドに厚生労働省に申請する。患者ののどや鼻から粘液を採って検査すると一時間半程度で結果がわかる。短時間で感染の有無を判断できるため、まん延防止効果を期待できるという。
 H5型には死亡率の高いものもあり、アジアを中心に感染が増えている。国内では感染者は確認されていないが、感染が広がる前に備える。
Togo detects new cases of bird  France24, France (フランス) トーゴで新規鳥インフルが発生
 西アフリカのトーゴ共和国の首都ロメ東部の3ヶ所で家きん農場でH5N1鳥インフル発生が確認された。国立テレビの報道による。
 同国では6月末に首都の当方45キロの家きん農場で初のH5N1鳥インフルが発生している。
 同国は昨年10月以来、鳥インフル発生国からの家きんおよびその産物の輸入禁止措置を執っている。



8 Boys with bird flu symptoms admitted to CMC, Vellore Times of India, India  (インド) ベロアの病院に8人の少年が鳥インフル疑いで入院
 アンドハラ・プラデェシュのチットールで、8人の少年が鳥インフル様症状で入院したことが当局者から発表された。
 少年達は10~12歳で高熱と、てんかん様症状を呈しているという。
 チットール周辺では鳥フル発生が報告されており、当局は検査と拡大防止処置を講じている。
 医師達は専門家チームと発熱の原因について話し合っている。

 訳者注:呼吸困難についての記載は無く、けいれん様症状を伴っていることから、鳥インフルとは考えられず、髄膜炎または脳炎なとが考えられる。
8月11日

Scientists mutate H5N1 in vaccine search SciDev.net, UK  (英国) 科学者達、ワクチン研究のために人為的変異H5N1ウイルスを利用
 科学者達はH5N1ウイルスのタンパクを変異させ、どの変化でウイルスが人の細胞間に容易に感染しやすくなるのかを分析した。
 研究結果は Yang Zhi-Yongと共同研究者により、「サイエンス」の8月10日号で発表された。
 これまでウイルスの人人感染は報告されていない。科学者達はウイルスが人の間に感染するようになるには、ウイルス表面のタンパクの突起である(HA)に変化が生じる必要があると考えている。ウイルスはHAの一部分である{receptor-binding domain (RBD):リセプター結合領域}が細胞膜の特異的部分と結合してから細胞内に侵入する。
 共同研究者の米国のNIHの科学者達は、H5N1ウイルスのRBDの特殊な変異を作り、そのウイルスのRBDが鳥や人の細胞を認識するか否か検査し、確認した。これらのウイルスは「pseudoviruses」と呼ばれ、感染症を引き起こさないので、非常に良いH5N1ウイルスモデルといえる。
 研究者等によると、将来のパンデミックとなる株が想定された場合、あらかじめBRDを人に感染するように変異させた株を作り、それでワクチンや、治療用抗体を作ることが可能と言っている。



内容に関しては既報:昨日のNIHニュース
原文
Immunization by Avian H5 Influenza Hemagglutinin Mutants with Altered Receptor Binding Specificity


8月10日

Ukraine says bird flu vaccine almost ready India eNews.com, India (インド) 鳥インフルエンザ・ワクチンはほぼ完成とウクライナ
 森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 ウクライナは鳥インフルエンザ・ワクチンの臨床試験をほぼ完了したと、ウクライナ国家動物衛生部長が述べた。
 鳥インフルエンザがアジア諸国に被害を初めて与えた2003年以来、世界中の専門家が恐れてきたことは、ヒトの間で容易に感染する形態にウイルスが変異して世界的なパンデミックを引き起こしかねないということだった。
 「ウクライナのバイオ産業は2種類の鳥インフルエンザ・ワクチンを開発しました」とフリホリー・イワノフ氏は述べる。
 「研究所での試験は成功していますが、まだ実地検証の実施が必要です」と、同氏は付け加えた。
 ウクライナのクリミア自治区は鳥インフルエンザの流行にもっとも脆弱な地域の一つである。これは渡り鳥が同自治区を渡りの間の休憩地点としているからである。昨年は鳥インフルエンザがクリミアの42の居住地域で発生したことが認められている。
 イワノフ氏は、研究所での試験結果でこれらワクチンは「極めて効果的」と判明しており、効き目がある可能性は極めて高いとしている。
 ロシアは、ヒト用のH5N1鳥インフルエンザ・ワクチンの臨床試験の第一段階を3月末に終えている。
研究者によるとワクチン生産技術を開発済みで、パンデミックの際には商用生産も即時開始可能だという。
NIH scientists target future pandemic strains of H5N1 avian influenza SpiritIndia, India  (インド) 鳥インフル流行前に効力を発揮する新型ワクチンが開発
New vaccine may beat bird flu before it starts Reuters (国際) 鳥インフル流行前に効力を発揮する新型ワクチンが開発
New vaccine may beat bird flu before it starts Canada.com, Canada (カナダ) 鳥インフル流行前に効力を発揮する新型ワクチンが開発
New vaccine may beat bird flu before it starts Scientific American (米国) 鳥インフル流行前に効力を発揮する新型ワクチンが開発
New Vaccine May Beat Bird Flu Before It Starts  ABC News 鳥インフル流行前に効力を発揮する新型ワクチンが開発
 下記内容のロイター情報。著明な医科学ライターのMaggie Foxによる。
 下記のNIHニュースを解説。

NIH Scientists Target Future Pandemic Strains of H5N1 Avian Influenza National Institutes of Health (press release) (米国) NIHの研究者、将来のH5N1鳥インフル株を標的としたワクチンの開発に着手

 H5N1ウイルスが変異して、将来人に感染する株を想定し、ワクチンと治療用抗体を作成する方法論が米国NIHの研究者等が、本日発行の世界的科学雑誌である「Science」に発表した。

 国立健康研究所(NIH)の組織の一つである、国立アレルギー&感染症研究所(NIAD)の研究者とエモリー大学医学部の共同研究者による研究発表が論文にまとめられた。
 研究内容は、ウイルスが容易に人から人へ感染することが可能となる重大な変異様式を予想し、予知されるウイルス表面のH5タンパクを保有するウイルスを作成し、そこからワクチンを作成するものである。
 研究者達は現在の鳥に感染を繰り返しているH5N1ウイルスとスペイン・インフルエンザを引き起こしたウイルスを比較分析し、細胞に付着、侵入するために重要な細胞表面のHタンパクの構造の違いから、現在のH5N1ウイルスが人人感染を生じるようになる株を推定した。そのHタンパクを変化させた推定変異株を用いてワクチンを作成し、マウスによる動物実験を行った。
 
 インフルエンザウイルスは常に変異するために、明日発生すると思われるウイルスに高度に特異的なワクチンの作成が困難となっている。
 研究者等は1年前に、H5N1ウイルスが人の細胞を容易に認識し、侵入するようになる変異に焦点を合わせた研究に着手した。
 鳥に適合しているH5N1ウイルスは、鳥の細胞表面のリセプターに結合する。これら鳥の細胞リセプターは人の細胞リセプターと若干異なっている。それ故現在のH5N1ウイルスは容易に人に感染しないと考えられている。
 研究者達は鳥に適合しているH5N1ウイルス表面タンパクと、人に適合したスペインインフルエンザのウイルスのそれを比較した。特にH5タンパクの一部で”receptor binding domain”と呼ばれるタンパクに焦点を合わせた。その結果そのタンパクが2ヶ所程度変化することで、H5N1ウイルスが容易に人の細胞に感染するようになることが分かった。
 他の付加的変異が、ウイルスがさらに容易に人から人へ感染しやすくなるのに必要となっている可能性もあるが、今回明確にされた2つの変異が、ウイルスの人への感染成立の中心になる変異であると研究者は主張している。
 研究者等はさらにこれらのウイルス変異が、いかに感染宿主の免疫系のウイルス認識力を、減弱させるか見いだした。すなわち、H5N1ウイルスを標的として作られたマウスの抗体は、この変異させたウイルスに対する効力が十分の一に低下した。
 一方研究者等が作成した変異リセプターを保有するウイルス(人に感染するようなHタンパクに変えたウイルス)を用いたワクチンで免疫されたマウスの抗体は、鳥と人に適合した各ウイルスを十分中和(死滅)させる効力を持っていた。
 研究者等によると今回の発見は、今後出現してくる鳥インフルに対して危険な変異(人の細胞に感染することを可能にするHタンパクの出現:訳者)を予測することで、より改善された監視体制が可能となり、さらに人に対して効果的ワクチンを、当該ウイルスが出現する前に想定可能になるとされる(すなわちパンデミックを起こすようになると想定される鳥インフルウイルスのHタンパクを変異させて、パンデミック前にワクチンを作成)。

訳者要約:鳥にのみ感染するタイプのウイルスが、どのような膜面のタンパク変異を起こすと人にも感染するようになるかを解明。そしてその変異する膜面タンパクをあらかじめ、将来パンデミックを引き起こすと推定されるウイルスの遺伝子を操作して、そのウイルス膜表面に出現させ、その変異ウイルスでパンデミック前にワクチンを作成する。

 
8月9日

Jakarta warned of undetected bird flu outbreak  Indian Muslims(米) インドネシア政府は鳥インフルエンザ発生を見逃している恐れ
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 鳥インフルエンザは大ジャカルタ地域の50万羽ものニワトリを過去6ヶ月で死亡させているが、全ての発生が厚生当局に報告されたわけではないという報道が8日あった。
 厚生当局が見逃している鳥インフルエンザ症例は多く、その理由は現場調査者の不足によるとジャカルタポストはしている。
 鳥インフルエンザがインドネシアの首都の家禽に関して初めて報告されたのは2003年のことである。
一 方、政府は世界保健機関の鳥インフルエンザ対応の基準に従っていると主張している。この基準とは、健康な家禽へのワクチン接種と感染したニワトリや感染した飼育上から半径1km以内の鳥の殺処分である。
 ボゴール農業研究所の獣医師であるヘル・セティジャント氏は、報告された鳥インフルエンザの症例数は氷山の一角に過ぎないかもしれないと警告している。
 「ニワトリはそこらじゅうで死ぬものです。問題はそうした死が必ずしも報告されないということです」という同氏の発言が伝えられている。
 ニワトリへの被害以外にも、インドネシア全土で鳥インフルエンザは100名以上に感染し内82名を死亡させている。これは世界で最悪の被害である。
CytoDyn DNA Vaccine Shows Low-Dose Protection From Bird Flu FDA news (subscription), VA 
 サイトダイン社(CytoDyn)はマウスの実験で、鳥インフルに対する9種類のDNAワクチンの評価を完了した。3種類のワクチンで低濃度で、有意な抗体産生を認め、さらなる開発段階に入る。
Good old fashioned measures may still save lives in a pandemic ews-Medical.net, Australia
 (オーストラリア) パンデミックに際し、古い慣習的対策が有効の可能性
 米国の研究者が、パンデミック・インフルエンザに際して、患者隔離、学校閉鎖、そしえ公共的集会の禁止等の公衆衛生的対策が死亡者数を減らす効果があることを見いだした。
 以下、下記の記事および昨日のTIMEの記事を参照。
Quarantine, isolation work in pandemic Science Daily (press release)  (国際) パンデミック対策における強制隔離と分離
 ミシガン大学医学史専門家と連邦政府の疫学専門家は、強制隔離などの社会的行動制限がパンデミックに際して多くの生命を救う可能性を指摘した。
 ミシガン大学とCDCの研究者達は、ワクチンが無かった時代の1918年~1919年に発生したスペイン・インフルエンザの間、社会的行動制限が43の米国の都市で数千人の生命を救ったと報告している。
 研究者達によると、非医療的対策(non-pharmaceutical interventions)の組み合わせ、その実行時期、継続期間等が各都市における死亡率に影響した、とされる。
 たとえば、流行初期における学校の閉鎖と公共集会のキャンセル、そしてその10週間近い継続、そうした措置を強制的に行っていた期間、セントルイス市での死亡者数は著明に減少した。
 研究論文の筆頭著者であるミシガン大学の医学史研究センター長のハワード・マーケル博士は、下記のように語っている。
 「新興および再興感染症の脅威に直面している現在の世界にとって、パンデミック対策として強制的な非医療的対策(社会的行動制限、強制的隔離等)がコストの面、社会的許容性の面から多くの生命を救い、死亡者数を減少させることができるのか、決定することは重要である」。
Vietnam teenager killed by bird flu United Press International (国際) ベトナムの10代少年、鳥インフルで死亡
 ベトナムの保健当局は、15歳少年が鳥インフルで死亡したことを確認したと報告した。
 少年は3日にH5N1ウイルスに感染して死亡した。今年度4人目の死亡となった。
 ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の報告によると、先月遅くに22歳の妊婦が鳥インフルで死亡している。
 VOAによると、ベトナム政府の懸命の努力にもかかわらず、鳥インフルは今年再興してきたようだ。多くは国中の家きん農場で起きている。
CytoDyn DNA Vaccine Shows Promise for Low-Dose Protection from ... Genetic Engineering News (press release), NY  (米国) サイトダインDNAワクチン、低濃度でも効果を発揮の可能性
 米国CytoDyn, Inc. (PINK SHEETS: CYDY) が開発中の鳥インフルに対するDNAワクチンは、マウスの実験で低濃度でも効果を発揮することが示された。
8月8日

H5N1 outbreaks in poultry could be 'tip of iceberg' Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア:家きんにおけるH5N1鳥インフルの発生報告は”氷山の一角”の可能性
 過去6ヶ月間に Greater Jakartaで少なくとも50万羽の鶏が鳥インフルで死亡しているが、全てが当局に報告されてはいない。獣医が語っている。
 専門家によると、鶏は至る所で死亡しているが、政府まで報告されている数は、実際に発生している鳥インフルの氷山の一角とされる。
 十分な数の獣医が国内にいないため、監視体制が整備されていないことが原因とされる。
Vietnamese boy dies of bird flu PRESS TV, Iran (イラン) ベトナムの少年、鳥インフルで死亡
 ベトナム国立予防医学局(The National Department of Preventative Health)は7日、タン・ホア省の15歳少年がハノイの病院へ移送される間に死亡Sしたと発表した。
 ベトナムにおける検査で患者がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 同国で本年度7人目の患者で4人目の死者となった。
Bird flu operations halted due to protest over attack on employee  KanglaOnline(インド) 作業員への攻撃に対する抵抗で鳥インフルエンザ対策作業が中断
 森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インパールでの鳥インフルエンザ流行封じ込めのために継続中の作業が7日中断された。地下組織の人員と疑われる者が同省のオフィスの一つにかけた攻撃に対し、州の動物衛生・家畜省の作業員が大規模な抵抗をしたためである。
 既報かもしれないが、先週に殺処分作業が完了した後、清掃除染作業が発生場所であるチンメイロン飼育場から5kmの中核地域で実施されていた。
 100人以上の動物衛生の作業員が、7日午前10時から午後2時のサンジェンソンの動物衛生事務所での大規模座り込みデモに参加した。これは、8月5日夜間のクーライ・カンチャップにあるLルボヤイマ博士の家への攻撃に対し怒りを表明するためのものだ。
 この攻撃を実施したものは、金銭的要求と関係のある地下活動家によるものだと考えられている。
これに関し、抵抗活動に参加した作業員は関係組織に対し同省が日夜を問わず鳥インフルエンザ拡大防止の努力のしている最中に事務所を妨害しないように主張した。
 一方、州動物衛生相であるDDサイジー氏は個人的に本日午後1時頃に動物衛生理事会を訪れ、作業員に対し市民と州の利益のために職務を再開すると確約した。
Indonesia rejects criticism on bird flu samples Reuters AlertNet(英) 鳥インフルエンザ検体に関する批判をインドネシアが拒否
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 公平な仕組みが確立されるまではインドネシアは、鳥インフルエンザ検体の共有に関し世界保健機関(WHO)との完全な協力を再開しないと、厚生当局筋が7日に語った。しかし、使用不能の検体を送付することは否定している。
 WHOの感染症担当事務次長のデビッド・ヘイマン氏は6日、インドネシアは製薬メーカーがワクチン開発に使用できるH5N1ウイルス検体の共有をしていない、現在唯一の国であると語った。
 同氏によると、インドネシア政府が日本にあるWHOの協力検査施設(国立感染症研究所:訳者)へ5月に送付した3個の検体は、ウイルス断片を含んではいたが生きたウイルスは入っていなかったという。
 インドネシア厚生省研究開発センター長のトリオノ・ソエンドロ氏は、ヘイマン氏の発言を退けている。
 「ヘイマン氏はウイルスに関して理解がありません。日本にいるウイルス学者に頼んで、ヘイマン氏に説明させる様に言えばいいのです」と、ソエンドロ氏は電話で語った。
 インドネシアは81名の死者を出し世界最悪の被害を受けている国で、インドネシアの許可なしに製薬会社と検体を共有するという過ちを犯した、インドネシア政府はWHOを批判している。
 インドネシアの主張は、こうした製薬会社は検体を使いインドネシアのような貧しい国が購入できないワクチンを開発するとしている。
 ソエンドロ氏は、インドネシアが過去に検体を、適正なウイルス共有の仕組みがないにもかかわらず、WHOと共有してきたのは善意を示すものだったとしている。
 「我が国は5月に善意で検体を送りました。それは寄贈であり好意によるもので、近い将来に公平な仕組みが出来ることを願ってのものでした」と、同氏は5月に送った検体に関し語った。
 「しかし今のところ、そうした仕組みは存在しません。いまだ討議中なのです。もう一回繰り返すなら、また騙されるのだと不安になります」と、同氏はロイターに語った。
 同氏によると、インドネシアは当面は互恵的な関係を基に検体を引き渡すものとし、WHOと優先的に共有するものではないとしている。
 鳥インフルエンザは、一般家庭の庭で数百万羽のニワトリが人間と密な状態で飼われているインドネシアの大部分の地域で鳥の間で流行している。
 ヘイマン氏によると、インドネシアが鳥インフルエンザ検体を共有しないことで世界的なパンデミックのリスクが高まっているという。
 専門家が恐れていることは、絶えず突然変異しているウイルスが、ヒトからヒトへ感染する形態に変化し世界を席巻しかねないことである。
 インドネシア政府は今年、商業利用をしないという保証がない場合のウイルス検体の、WHOとの共有を拒否した。
 その後、(インドネシアを含む途上国の)ワクチン購入を改善するというWHOとの取り決めの下に、インドネシアはWHOへの検体送付に合意した。しかし使用不可能な検体3個がWHO協力機関に送付されて以降は、インドネシア政府はいかなるウイルス検体もWHOと共有しようとしていないと、ヘイマン氏はしている。
 先週シンガポールで衛生専門家が会合を持ちウイルスの共有のあり方について討議したが、こうした議論は193のWHO加盟国がこの問題を取り上げる2008年5月の世界保健会議まで続くものと思われる。
 WHOの統計によると、2003年以降で319名が鳥インフルエンザに感染し192名が死亡している。

WHO: Indonesia's withholding of viruses endangers world CIDRAP, MN (米国) WHO:インドネシアの国際社会とのウイルス不共有は非常に危険
 WHOは昨日、インドネシアが同国で分離されるH5N1ウイルスをWHOに提供しないのは、世界的に危険な行為であると非難した。
Study: Quarantines Work Against Pandemics TIME (米国) 研究:パンデミックに対する隔離政策



1918年のスペイン・インフルエンザで、カンサスの緊急病院で溢れかえる患者達。






研究者達はパンデミックに対する多重対策の効果をスイスチーズに例えて説明する:もし多数の小孔が感染拡大の危険性があるとしたなら、十分堅牢な層を重ねて予防を図るべきなのだ。
 医療最前線では、米国は必ずしも予防医学対策に力を入れてきてない。通常基本的対策として、発病することを防止するよりも、発病したときの治療が考え方の中心となっている。しかし、致死的パンデミックが発生したときの緊急的医療対策は十分たてられていない。パンデミックは、専門家によると。切迫した状態でないとしても、いつ発生するか分からないとされている。国中に広がる致死的感染症が鳥インフルか、または他の致死的病原体によるものであろうと、科学者や公衆衛生研究者達は、全ての人々が生存できる機会を得るための対策を考えている。

 将来危機に備え、ミシガン州の研究者達は過去の事例を参考にしている。ミシガン大学医学部医学史研究センター長のハワード・マーケル博士が主宰する公衆衛生専門家チームは、世界の過去最大のパンデミックである1918年のスペイン・インフルエンザに際して、米国の講じた対策について分析評価を試みた。
 8月8日に発行された「アメリカ内科学会雑誌(Journal of the American Medical Association)に掲載された最新論文で、1918年9月から1919年2月までの6ヶ月間に、全米43都市(人口10万人以上)が講じた公衆衛生学的措置の評価がまとめられた。
 マーケル博士は、早期に慣習的対策である、非医療的対策(non-pharmaceutical interventions)、すなわち学校閉鎖、地域社会や職場における社会的隔離対策、患者の強制隔離、そして各種の対策の同時施行、それも長期間、こうした対策を施した都市が、感染拡大速度の減少と低死亡率の結果を得ていることを見いだしている。
 論文の筆頭著者であるCDCのマーチン・セトロン博士は、抗インフルエンザ薬もワクチンも無かった時代においても、習慣的公衆衛生学的対策である、患者の分離、隔離、社会的隔離、学校閉鎖等が致死的パンデミックによる被害の程度を軽くしたということは、現在の我々に対して、パンデミック対策における楽観論を抱かせる現実的理由となる、と語る。
 米国が、新規に承認されたH5N1インフルエンザワクチンを2600万回分最近発注した。(英国のグラクソ社)しかし、それはわずか1300万人分に過ぎなく、またそのワクチンの抗原となっているH5N1ウイルスが、パンデミックの原因となるという保証はない。この様な対策に比較すると、今回の研究結果の方が良いニュースと考えられる。
 1918年のスペイン・インフルエンザでは世界の人口の20%が発病し、4000万人が死亡した(死亡率は2.5%)。そのうち55万人は米国内で起きた。
 この新しい研究は小さな見解を呈しているだけではなく、それは巨大な災害対策に通じている:ある都市は他の都市よりも多くの被害者を出していて、それら都市間の対策の相違を比較することで多くのことを学ぶことができる。
 マーケル博士と共同研究者達は、都市における対策内容を3群に分けて検討した:学校閉鎖、公共集会の中止、患者の分離と隔離。
 スペイン・インフルエンザ流行24週間、43州(2300万人)で「肺炎とインフルエンザ」による11万5340人の超過死亡が認められた。
 ニューヨークは最初の患者が発生した13日後に患者分離と隔離を長期間行った。その結果東海岸地域の都市の中では、もっとも死亡率が低い結果を得ている。
 一方対照的にピッツバーグでは、患者発生から対策開始まで1ヶ月様子を見た結果、最も多数の超過死亡を認めた。
 しかしながら両市とも、対策は患者の分離・隔離という単一対策だけで、多数の対策の同時施行は行わなかった。
 セントルイス市では、多数の対策の同時施行が行われた:感染が確認された2週間半後には、様々な社会的隔離対策が行われた。その結果、セントルイスは36ヶ所の他の地域に比較して良い結果を得た。
 研究者達は多重対策の効果をスイスチーズに例えて説明する:もし多数の小孔が感染拡大の危険性があるとしたなら、十分堅牢な層を重ねて予防を図るべきなのだ。
 マーケル博士等の研究は発表されたばかりであるが、それは既に連邦政府の政策の中に取り込まれている。保健福祉省とCDCは、これらのデータの分析を昨年12月に終了し、「地域社会におけるパンデミック・インフルエンザ拡大防止戦略(Community Strategy for Pandemic Influenza Mitigation)」で参考にしている。これは個人と地域社会がパンデミック対策を講じる上でのガイドライン集となっていて、本年2月に作成された。
  ガイドラインでは発生パンデミックに対する適切なワクチンが製造されるまでの間に(当局の考えでは4~6ヶ月)、いかなる方法でパンデミック拡大を抑えるかについて説明されている。

 しかしながら、21世紀の状況は、スペインインフルエンザが発生した1918年当時とは相当変わってきている。
 個人の権利はより強固に守られるようになっており、人々を強制的に隔離または分離することは容易ではないと思われる。
 また、今日は旅行も感染症の拡大も非常に速くなっているが、同時にコミュニケーションにおいても同じである。医学界は情報をより迅速に共有することが出来る。
 従って、感染症のより迅速な正確な検出が要求される。
 「物事は迅速に変化する故、いくら早い対策でも早すぎるということはない」、と論文の筆頭著者であるCDCのマーチン・セトロン博士は言う。
 「それは死亡曲線が2倍になるまで待ってはいけないことを意味する。我々には地域、または州における最初の流行、または集団発生に対する迅速な行動が要求される」
 同博士はさらに、以下のように付け加えた。
 「多分、我々は今後の歴史の中で、効果的対策だけでなく、社会的隔離戦略による予期せぬ逆効果についても、十分な知恵と時間を持って考え得ることが出来る最初の世代と考えられる」
 これが正しく”予防”ということにつながるように思われる。
 

Flu strain same as last year's: H5N1 Hindustan Times, India (インド) ウイルス株は昨年のH5N1ウイルスと同じ
 最近インパールで発生した家きんでの鳥インフルウイルスは、昨年Maharashtraで発生した鳥インフルの株と同じであることを、国立ウイルス研究所は確認した。
 インパールでの鳥インフルは、鳥インフルが発生している近隣国のミャンマー、中国、バングラディシュから拡大してきたと考えられ、これらの国々からの家きんと、その産物の輸入が禁止されたが、それでも密輸入によりもたらされる家きんにより感染が広がっているものと考えられる。
Bird flu kills Vietnamese teenager - TV report Reuters AlertNet, UK 鳥インフルでベトナムの10代死亡-テレビ報道
 北部ベトナムで鳥インフルを発病した10代の子供が死亡し、この1週間に2人目の死者となった。7日保健省当局者の発表として国営テレビが伝えた。
 4日、15歳の子供が北部のタン・ホア省からハノイへの病院へ運ばれる途中に死亡した。性、名前については伝えていない。
 ベトナムの検査でH5N1ウイルス感染が確認され、今年度同国7人目の感染者となった。
 患者は発熱し、ハノイの病院へ向かう前に、タン・ホア省で予備的治療を受けていた。
 7月27日に死亡した直近の事例である、22歳の妊婦の事例はWHOはまだ公式に確認していない。ベトナムでは2003年末以来、最新の事例を含め、100人の鳥インフル感染者が発生し、46人死亡している。
 H5N1ウイルスは、WHOによると世界中で319人の発病者を出して192人を死亡させている。
 これまで数億羽の家きんが死亡、または殺処分されている。H5N1ウイルスは現在主として鳥の感染症を引き起こすウイルスに留まっているが、専門家はウイルスが容易に人人感染を起こすように変異し、世界中で数百万人の犠牲者をだすことを懸念している。
2007/08/07-21:50 ウイルス共有、合意できず=新型インフル対策に暗雲-WHO 時事通信
 新型インフルエンザ発生に備え、ウイルスの国際共有やワクチン分配の仕組みを協議する世界保健機関(WHO)の専門家会合が7月31日から今月4日までシンガポールで開かれた。出席した厚生労働省の担当者は7日、ウイルス所有権などをめぐって意見が対立し、合意に至らなかったことを明らかにした。
 この問題では、強毒型鳥インフルエンザの人への感染が最も多いインドネシアが、WHOに無償提供したウイルスをもとに開発されるワクチンを高く買わされるのは不公平だとして反発。今年1月からウイルスの提供を中止し、ワクチン開発への影響が懸念されている。
8月7日

Nation reins in bird flu, only three provinces still affected VietNamNet Bridge(ベトナム) 全土で鳥インフルエンザ沈静化へ、現在の感染被害は3省のみ
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ピーク時の5月に18省が鳥インフルエンザと苦闘していた時と比べ、今も感染被害を受けているのは全国で3省だけとなっていると、動物衛生部は昨日述べた。
 感染被害を受けているのは、北部のディエン・ビエン省、中部のクアン・ビン省、南部のドン・サップ省である。
 当局によると、クアン・ビン省は21日間ウイルスが検出されない場合に適用される「感染被害省リストからの除外」への道筋を順調に進んでいる。
 同部によると、64の市と省のうち63が2007年の鳥インフルエンザウイルス接種第一巡について完了済または実施中となっている。全国で1億6千万羽以上の家禽がワクチン接種済みとなっている。
 注目すべき地方としてはホーチミン市がある。ここは高病原性H5N1ウイルス用のワクチン接種を実施する必要がない。というのも市内での家禽飼育は禁止されているからだと、同部代表はしている。
 南部のドン・サップ省では、ハ・テイに本社があるルオン・マイ・ブリーディング共同資本会社が、完全にワクチン接種したニワトリが鳥インフルエンザで死亡した先月の騒ぎの責任を認めている。
 捜査の結果、これらのニワトリに使われたワクチンは期限切れだったと、農業・地方開発省の家畜繁殖部次長のグエン・サン・ソン氏は語っている。
 これらのニワトリは、緊急政府プロジェクトで鳥インフルエンザによる損失に苦しむ地方の住人を支援するために農家に与えられたものだと、ドン・サップ省の農業・地方開発部次長のドゥオン・ギア・クオク氏は述べている。
 同社は地方当局と協力し、ニワトリが死亡した農家に対し死んだニワトリ1キロあたり2万ベトナム・ドン(米ドルにして1ドル25セント)の賠償金を払っている。
 当局はなお、こうしたニワトリが報告された通りにワクチン接種されていたか捜査を続けている。
China vows to ensure public health security for 2008 Olympics People's Daily Online(中国) 2008年五輪に向け公衆衛生確保を誓う中国
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 中国は感染症流行を監視する広範なネットワークを構築中であると、中国疾病管理予防センター(CDC)当局者が火曜日語った。これは、2008年の五輪の前と期間中における公衆衛生確保のためのものである。
 「わが国は、感染症の流行やその予兆全てに迅速に対応する幅広い監視ネットワークを開発します」と、CDC部門長の董小平氏はあるシンポジウムで述べた。
 このネットワークは、病院、政府組織、医療専門家を一般社会と連携させて、国内外の感染症流行に関する情報が即座に更新されるようにするものだと、同氏はしている。
 鳥インフルエンザの予防と管理が第一に優先されるものとなる。董氏は、政府が戦略的なワクチン供給を発生しうる感染症流行への最も効果的な解決方法として進めていくだろうとしている。
Indonesia yet to share live H5N1 virus samples: WHO Reuters India, India (インド、ロイター) インドネシア、いまだ分離H5N1ウイルス検体を提供せず:WHO抗議
 ウイルスを提供していないのはインドネシアだけである、とWHOのハイマン氏は語っている。
 他は下方の記事と同じ。
Patients test flu negative Calcutta Telegraph, India  (インド) インド、鳥インフル検査中の患者陰性と
 インドのインパールで検査されていた4人の血液検体は、H5N1鳥インフル陰性であったと発表された。

 訳者注:インドではこの4名も含めて多くの感染疑い者が隔離、またはチェックされた。しかしながらほとんどは発熱だけ、または上気道炎症状だけで終わった。
WHO: Indonesia Hampering Bird Flu Effort Houston Chronicle, United States  (米国) WHO:インドネシア、世界の鳥インフル対策を妨害
 インドネシアはいまだ人から分離されたH5N1ウイルスをWHOに提供していない。それはアジアだけでなく、地球上の全ての国を危険に陥れることになる、WHOは6日発表した。
 WHOの伝染病対策副長官であるデービット・ハイマン氏は、WHOはジャカルタから5月に3検体受けたが、ウイルスは含まれていなかったと語った。
 「本当に重要なことは全ての国家が人から分離されたウイルスを共有することである」とハイマン氏は語っている。
 世界で作られるワクチンにインドネシア株が含まれないとしたなら、ワクチンとして有効性あるものが作られない可能性がある。
 このテーマに関する詳細は「潮流」を参考にしてください。
8月6日

RPT-Chinese minister laments backward farming  Reuters AlertNet(英) 時代遅れの農業を嘆く中国閣僚
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 中国は巨大な農業部門-欧州連合の全人口より大きな人数が携わっている-の近代化に向けて、長く困難な道筋に直面しており、その見込みは楽観的なものではないという副部長の言葉が6日伝えらた。
 中国は大規模飢餓におびえる心配は最早ないものの、その13億の人口の60パーセント以上は地方に住み都市部の同胞の三分の一の収入しか得ていない。
 拡大しつつある富裕層と貧困層、都市と地方の格差は社会不安の大きな要因であり、数百万人の農民は農地を捨て繁栄する都市へ働きに出ている。
 「我が国の農業基盤があまり堅固ではなく十分な体力もないという、基本的な状況に変化はないということを認識すべきです」と、農業部副部長の尹成傑氏は作業会議で話した。
 「伝統的な農業を変化させ近代的な農業に発展させることは、重い課題であり道は長いものになるでしょう」と尹氏は語ったと、同部のウェブサイト(www.agri.gov.cn)上の声明はしている。
 中国の食品安全や鳥インフルエンザのような動物疾病はこうした後進性の結果だと、同氏はしている。
 「鳥インフルエンザなどの動物疾病の予防は極めて重要です」と、同氏はしている。
 世界で最多の家禽を持ち数百万羽の家庭の裏庭で飼われている鳥が自由に歩いている状態にあり、中国は鳥インフルエンザとの闘いの中心にいる。
 科学者が恐れていることは、鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異し世界的なパンデミックを引き起こしかねないということである。
 中国では鳥インフルエンザによりヒトの感染症例が25件発生しており、そのうち16名が死亡している。鳥の間での流行は十数件発生しており、数百万羽の家禽の殺処分につながっている。
 もう一つの問題は国際的な競争で価格が低下していることだと、尹氏は語る。中国が世界貿易機関の加盟国になった現在は特に問題となっているという。
 こうした問題への対処で、中国は小規模農家の更なる機械化と強化、地方での農作業の高付加価値化そして輸出市場への注力強化を呼びかける必要があると同氏はしている。
Tripura tightens vigilance on bird flu scare  Nagaland Post, India (インド) インド、トリプラ州で鳥インフル警戒態勢を強化
 今年度数カ所で鳥インフルが発生しているバングラディシュと856キロに亘り国境を隔てているトリプラ州では、州政府が国境警備隊に国境を閉鎖することを求め、鳥インフルの拡大防止対策を強化した。
 隣国からの家きんおよびその産物の密輸入を防ぐ目的である。
 国境沿いの商業農場で、この3日間で500羽の鶏が死亡したことによる措置であるが、それらの鶏は「 infectious bursal disease」で死亡したのではないかと推定していると、当局では発表している。
8月5日

Indian bird flu cull ends; no humans found with virus Forbes, NY (米国) インドの鳥インフル殺処分終了;人の感染者は検出されず
 インド、マニプール州での家きんの殺処分が終了。人での感染者は発見されずと、当局が発表。
Chickens dead in Tripura farm, poultry import banned  The Statesman, India  (インド) トリプラ州の農場で鶏が大量に死亡
 東インド、トリプラ州の農場で数日間で620羽の鶏が死亡したが、検査結果ではInfectious Bursal Disease (IBD)と診断された。
 しかし当局では鳥インフルの可能性も考えて、検査中である。

 訳者注:先月末から発生していた鳥インフルは東インドのマニプール州であるが、このトリプラ州はその近隣である。

Tripura red alert over bird flu  Calcutta Telegraph, India  (インド) トリプラ州、鳥インフル警報例
 長いバングラディシュからの国境から鳥インフルが拡大してくることに、トリプラ州政府は警戒態勢に。
 州政府は71の迅速対策チームを結成して、鳥インフル発生に備えている。また州鳥インフル危機管理委員会も立ち上げられ、状況をモニターすることになった。
Germany detects H5N1 bird flu in two dead ducks Times of India, India   (インド) ドイツでさらにH5N1鳥インフルが死亡した2羽のカモで確認

More bird flu cases found in France24, France  (フランス) ドイツ、さらなる鳥インフル発生事例
 ババリア州当局は4日、死亡した野鳥からH5N1ウイルスが検出されたと発表した。先月家きんでも見つかっている。
 ミュンヘンの東部のシパイケルゼー湖周辺で3羽のカモからウイルスが検出され、同湖周辺での家きんの移動が禁止された。
 
 報道によると他に14の鳥が死亡しているが、H5N1鳥インフルによるものかどうかは不明。
8月4日

620 chicken dead in Tripura farm, poultry import banned  Indian Muslims, CA  (米国) インド、トリプラ州の農場で620羽の鶏が死亡

 東インド、トリプラ州の農場で数日間で620羽の鶏が死亡したが、検査結果ではInfectious Bursal Disease (IBD)と診断された。
 しかし当局では鳥インフルの可能性も考えて、検査中である。

 訳者注:先月末から発生していた鳥インフルは東インドのマニプール州であるが、このトリプラ州はその近隣である。

Company set to test global flu vaccine  Mississauga News,  Canada (カナダ) グラクソ社、世界的パンデミック対策用インフルエンザワクチンの臨床試験に
 国際的巨大製薬会社のブラクソスミスクライン(GSK)社は、世界的パンデミック・インフルエンザに備えてワクチンの臨床試験を行う。
 GSK社はMeadowvaleにカナダ本部を持つが、そこを拠点に致死的鳥インフル、または他の世界的インフルエンザ・パンデミックに備えたワクチンの北米での最初の臨床試験を行う。
 この臨床試験は、同社のプレパンデミック・インフルエンザ対策計画の一環となる。
GSK社によると、計画の最終目的は、H5N1インフルエンザウイルスに対する免疫を賦活するワクチンの作成であるという。同ウイルス株の一部が現在、avian flu、またはbird fluと呼ばれている。
 もしパンデミックが生じた場合、当該H5N1株に対するワクチンを人々に接種するまでに6ヶ月は要する。もしGSKが臨床試験予定のワクチン作成が成功するならば、パンデミックを生じさせた当該株に対するワクチンが製造されるまでの間、人々の発病を防ぐことが期待できる。
 GSK社の製品開発向上はMeadowvaleにあるが、臨床試験に用いられるワクチンはケベック工場で製造される。
 臨床試験における最初の2相は675人を対象に行われ、第3相試験は今年遅くに、4400人を対象に他施設で行われる予定である。
US Orders More Glaxo Bird Flu Vaccine MSN Money (米国) 米国、グラクソ社の鳥インフルワクチンをさらに発注
 英国の製薬企業であるグラクソスミスクライン社は、米国保健福祉省からパンデミックに備えるための国家備蓄用に、新たなる鳥インフルワクチンのバルク製剤の注文を受けたと発表した。
 同社によると、保健福祉省は鳥インフル予防のためのH5N1バルクワクチン(単位ごとに分注されていない原製剤)2250万回分
の発注を、2007年11月に契約したい旨の打診を受けたと発表した。
 昨年11月に500万回分の発注に引き続いたものとなる。
Glaxo says gets new order for bird flu vaccine Reuters  (国際) グラクソ、鳥インフルワクチンの新規受注を報告
 グラクソスミスクライン社は、米国保健福祉省から昨年11月に続いて新たに鳥インフルワクチン2250万回分の注文を受けたことを発表した。
 米国からは昨年11月に500万回分の受注があったが、今回はそれに引き続く受注である。
No human cases of bird flu in Manipur: Centre  DailyIndia.com, FL (米国) マニプール州、人の鳥インフル感染者は無し
 保健福祉省(Ministry of Health and Family Welfare)は、マニプール州のChingmeirong村での状況について、人での感染疑い例はなく、同地域での鳥インフルは完全にコントロールされていると3日発表した。
 初期に地域で感染した鳥に接触した4人が発熱や上気道炎症状を呈したが、検体を国立ウイルス研究所および国立伝染病研究所に送りウイルス検査を行ったが、全て陰性であり鳥インフル感染が否定された。
 特別保健チームが編成され、継続的に東インパールのChingmeirong 村周辺3キロ以内の住民の健康状態をモニターしている。
 また殺処分に加わった作業員の健康状態もモニターされ、発熱を呈した5人が作業から外された。
 現在172人の殺処分作業員にタミフルが投与され、他に隔離場所のサポート職員37人と11人の医療職員にもタミフルが投与されている。
 597人の保健専門家からなる保健チームが4万4475戸の家庭の約23万2000人の健康状態を調査した。その結果130人の発熱または上気道炎症状を呈する住民が見つかり、現在厳重な監視状態下にある。
India quarantines 51 people in bird flu-hit state  Reuters AlertNet, UK  (英国) インド、鳥インフル発生地域で51人を隔離
 インドは、北東部のマニプール州で先月鶏でH5N1鳥インフルが発生した後、51人を隔離したと、保健省の高官が3日語った。
 「これらの人々は家きんの殺処分、消毒作業、または鳥インフル発生農場周辺の住民の健康モニターに関わった故、隔離、そして健康状態のモニターが必要だ」。
 ほとんどは体調不良を訴えていると高官は語ったが、鳥インフル症状を呈しているかどうかについては語らなかった。51人全員はタミフルを服用している。
Culling Of Birds Ends In Manipur NEWSPost India, India (インド) インド、マニプール州、家きんの殺処分は完了
 33万羽の鶏、アヒルおよび鳩が処分され埋められ、現在清掃と消毒作業が行われている。マニプール州の当局が発表した。
8月3日


Four Indian Children Test Negative for Bird Flu  Javno.hr, Croatia (クロアチア) インドの4人の小児、検査で鳥インフル否定される
 マニプール州の4人の子供達は検査の結果鳥インフルが否定された。
 また保健当局は、数千人の住民の健康チェックを終えたが、異常者は見つかっていない。
Indonesian girl hospitalized with bird flu symptoms People's Daily Online, China  (中国) インドネシアの少女、鳥インフル様症状で入院
 12歳少女が鳥インフル様症状を呈して、Sukabumiの町の病院に入院した(ジャカルタの南東100キロ)。地域の新聞が報道した。
 少女の症状は高熱と呼吸障害で、病的になった鶏に接触した後症状が出現した。
 少女の家の周辺で数百羽の鶏が死亡したが、その原因はまだ明らかになっていない。
 少女からの血液検体は、少女が病院に到着した2日夕方に採取された。

Planning for pandemic: Stock up on food, water and medicine York Dispatch, PA  (米国) パンデミックに対する計画:食料品、飲料水および医薬品の備蓄
 パンデミック・インフルエンザだけではなく、テロ、核攻撃等、多くの危機に対する家庭での備えが必要である。
India Says Contains Bird Flu Outbreak in Northeast  Javno.hr, Croatia  (クロアチア) インド、北東部の鳥インフルは封じ込められたが、4人の疑い小児は監視下に
 インドは2日に、北東部マニプール州で30万羽近くの家きんが殺処分され、鳥インフルは封じ込まれたと発表した。
 しかしながら、州当局者は、死亡または病的家きんと接触後発熱している4人の子供達の健康状態をモニターし、血液と咽頭ぬぐい液をウイルス検査に送っている。
300 chicken die in Tripura, general alert in State Hindu, India (インド) インド、トリプラで300羽の鶏が死亡、州に警戒報
 トリプラの家きん農場で300羽程の鶏が死亡したため、州政府は鳥インフルに対する警戒を呼びかけるとともに、鶏の血液検体をMadhya Pradeshの研究所に送り、鳥インフルにようRものかどうかの確認を急いでいる。
 西トリプラ地域コワイ(Khowai)のDivyadoy Krishi農場でこの2日間に、少なくとも300羽近い鶏が死亡したが、最初の検査では鳥インフルウイルスが検出されなかった。
 専門家によると、鶏と卵は西ベンガルからきたもので、北東部(鳥インフルが発生している地域)からきているものは一切無いので、鳥インフルの可能性は低いとされる。
 一方、州政府は鳥インフルに対する警戒報を出し、もし発生した場合に備えて専門家達に対策を講じさせた。
8月2日


India monitors four children after bird flu outbreak  Scientific American (米国) インド、鳥インフル発生地域で4人の子供の健康状態をモニター中
 インド保健省は、家きんの間で鳥インフルが発生したマニプール州で、死亡または病的家きんに接触した子供達4人が発熱を呈したことから、1日から健康監視している。
 子供達は家庭内に留まることを指示され、医学専門家が1日2回観察のために訪問している。保健省高官の談話である。
 「我々は十分注意深く成り行きを見守っている」と高官は語り、子供達の咽頭拭い液と血液が、H5N1ウイルス感染の有無を調べるために連邦の研究所に送られていると付け加えた。
 子供達は先月130羽の鶏が死亡した小家きん農場の半径5キロ以内に住んでいた。
Myanmar reports fresh bird flu France24, France (フランス) ミャンマー、新規鳥インフル発生を報告
 軍事政権下のミャンマーは、この1ヶ月間に2度目の鳥インフル発生を確認した。今回はバゴの中央部の家きん農場で発生した。保健当局が1日に発表した。
 31日に行われた検査でバゴの家きん農場の死亡した鶏で致死的H5N1鳥インフルウイルスを確認した。
 人での感染者は報告されてなく、保健省当局者によると、人への感染が起こらないことを願っている、される。
Heavy rains obstruct culling operations in Manipur Hindu, India  (インド) 豪雨、マニプールでの殺処分作業を遮る
 豪雨のため地面にたまる水量が増加し、処分した家きんの埋葬に支障がきたされている。

300 people under supervision Nagaland Post, India (インド) インドのマニプール州、300人が医学的監視下に

 マニプールでは鳥インフル拡大防止対策として、20万羽近い家きんの殺処分が完了し、当局はさらに追加対策の開始に移ることを発表した。また保健当局は1日、300人以上の人々が特別な医学的監視下に置かれていることを発表したが、現在まで人での感染者は出ていないとされる。

 家きん殺処分の当初の予定は2日に完了する予定で、続いて放し飼いの家きんの処分となる。
 「我々は家きん殺処分に該当する地域86ヶ所を特定し、2日までに完了する予定だ。続いて次の行動に移り、地域の全ての家きんを処分する」と、マニプール州動物疾病管理局の責任者である K. Gopal氏が語った。
 家きんの殺処分は先週、最初に家きんの死亡が確認されたインパール近くのチェンメイロン(Chenngmeirong)の農場から、半径5キロ以内で行われた。その地域には推定800の家きん農場がある。
 初期に鳥インフルが高病原性株であることが確認されてから、1名の獣医師を中心とした5名の迅速対策チーム34が編成され、家きんの殺処分が開始された。
 「引き続き殺処分が行われるが、その前に地域の清掃と消毒を行う」とGopal氏は語っている。現在州の他の地域での発生は確認されていない。
 保健当局者によると、地域における大規模な監視キャンペーンが行われているが、現在の処、人での感染例は報告されていないと言う。これまで20万人以上が健康調査を受けた。
 しかしながら、殺処分に加わった171人を含めて、334人の住民が特別な医学的監視下に置かれていることが、ニューデリーの保健省当局者から発表された。
 「現在、殺処分に加わった作業者171人がタミフルを予防的に服用していて、同時に健康状態も監視されている」と当局の発表では伝えている。
 680人から構成される医学チームは、7月30日までに各家庭を回って状況を調査した。
 45032戸の家庭(インパール市地域、Luwangsangbam, Koirengei, Lamlongei, Ahalup, Matai and Kontha)がチェックされ、そのうち935戸で放し飼いの家きんを保有していた。
 「23万5161人の健康状況がチェックされた。そのなかで163人で発熱や急性上気道炎が確認された。そして4人で死んでいたか、または病的になっていた家きんに接触した既往があった。症状のあるこれらの人々は医学的に監視されている」と、保健省では語っている。
 当局者によるとインパールのJ.N. Hospital病院の隔離病棟は患者受け入れ態勢が整い、2台の人工呼吸器が重症患者用に準備されている。
 さらに保健省では、十分なタミフル、N95マスク、個人用感染予防装具は州政府で準備されていると、付け加えた。 
8月1日


ミャンマーで鳥インフルエンザ newsclip.be  (タイ->日本版)
 ヤンゴンからの報道によると、ミャンマー南部のモン州で高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスがニワトリから検出されていたことが30日までに分かり、養鶏場で飼育されていたニワトリ300羽が処分された。
 ミャンマーでは今年に入り、ヤンゴン周辺や中部バゴーで鳥インフルエンザの発生が確認されている。
妊娠中の女性が鳥インフルエンザで死亡・ベトナム 日本経済新聞
 ベトナム北部ハタイ省出身の22歳の女性がH5N1型鳥インフルエンザに感染し、ハノイ市内のバックマイ病院で7月28日に死亡した。ベトナム保健省関係者が31日に明らかにした。女性は妊娠中だった。ベトナムで鳥インフルエンザによる感染死亡者が確認されたのは今年に入って3人目。
 *管理人注:死者は3人であるが、感染者は6人。
Bird Flu Claims Third Victim In Vietnam This Year  AHN (国際) ベトナム、鳥インフルで本年度3人目の死者
 ベトナムの22歳の妊娠7ヶ月の女性がH5N1鳥インフル死亡し、今年度同国3人目の死者となった。
 女性は肺炎による呼吸困難で24日に入院し、人工呼吸器につながれていた。
France: Bird Flu in Deaths of 2 Swans Forbes, NY  (米国) フランス:2羽の白鳥が鳥インフルで死亡
 東部フランスで2羽の白鳥が死亡し、H5N1ウイルス感染が確認されたことが、31日農業省から発表された。
 2羽の白鳥は、今月初めに(7月)3羽の白鳥が、H5N1鳥インフルで死亡した地域から9マイルしか離れていないモゼール県で、29日夜に死亡していた。
 東部ドイツで今月1羽の野鳥でH5N1鳥インフルが確認されたが、先月数羽の野鳥が近隣のババリアとザクニー州で検査でウイルスが感染が確認されていた。
 鳥インフルは渡り鳥で伝搬すると考えられており、今年に入ってH5N1ウイルスはフランス以外では、ハンガリー、英国、チェコ共和国の三カ国で検出されている。
Manipur bird flu outbreak: Finger points to Myanmar Malaysia Sun, Malaysia (マレーシア) マニプールの鳥インフル発生:ミャンマーから拡大の可能性

 インド北東部のマニプール州で、20万羽近い鶏が殺処分され、その理由となった鳥インフルが、1600キロという長さがある国境を隔てた、ミャンマーからもたらされた可能性が示唆されている。
 マニプール州の隣のミゾラム州は当局から、ミャンマーからの鶏の密輸の警戒を強化するように指示されている。
 マニプールの他、ミゾラム、ナガラン、およびアルナカールプラデシュの州がミャンマーと国境を境にしている。
 ミャンマーでは、本年2月、4月、そして6月、さらに今週の30日に家きんでの鳥インフル発生が報告されている。


TOP