高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
2006年末~2007年 韓国と日本におけるH5N1鳥インフルエンザ発生状況

直近の集約情報
7月31日

Bird flu kills pregnant Vietnamese woman Radio Australia, Australia  (オーストラリア) ベトナムの妊婦、鳥インフルで死亡 
 鳥インフルで妊娠7ヶ月のベトナム女性が死亡した。
 22歳の女性はベトナムの研究所での検査でH5N1鳥インフル感染が確認された。
 女性はハノイのBach Mai病院で北部の Ha Tay省の農場から入院後死亡した。同農場は首都へ家きんを供給する最大の規模の農場である。
  Ha Tay省の医師の話では、女性の住んでいた地域では鳥インフルの発生は確認されていないという。
 女性と接触した10人が健康状態をモニターされ、同時に予防的処置として抗ウイルス剤を投与されている。
 ベトナムでは5月以来6人が鳥インフルを発病し、そのうち3人が死亡した。
Vietnam reports new bird flu case Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナムで新規患者が発生

 ハノイの病院で肺炎として治療されていた女性が検査でH5N1ウイルスに感染していることが確認された。保健省が30日発表した。

 北部のHa Tay省在住の22才女性が急性呼吸困難となり、Bach Mai 病院に入院し、人工呼吸器につながれた。
 ベトナムでは1年半に亘ってH5N1鳥インフルの発生が認められなかったが、この事例は最近2ヶ月間で3例目の発病者となった。
 6月に2名の発病者がいる。
 

Vietnam reports new human bird flu case Xinhua, China  (新華社、中国) ベトナムで新規患者が発生
 ベトナム北部のHa Tay省で22歳女性がH5N1鳥インフルを発症したことが確認されたと、地元紙Saigon Liberationが31日報じた。

 女性は農業従事者で同省のThanh Oai地区に住んでいて、呼吸器症状を呈し、人工呼吸器がつながれてハノイのBach Mai病院で治療されている。ベトナム保健省発表として同紙が報じた。
 保健省によると、ベトナムでは5月中旬から6月初めにかけて5人の発病者が確認され、2人が死亡し、3人が完全に回復している。
 現在ベトナムでは3省で鳥インフルが家禽の間で発生している。
More birds culled in Manipur Nagaland Post, India  (インド) インド、マニプールでさらなる家きん処分
 最初に鳥インフルが農場で発生したChingmeirongの半径5キロ以内の235000人以上の住民が健康診断を受けたが、これまで人での感染は報告されていないと、マニプール州の保健大臣が発表した。
 一方、30日にはアヒル、鶏、鳩等11350羽が殺処分された。
 当局によると、Chingmeirongの5キロ周辺にあるインファール東と西(Imphal East and West)で、先週H5N1鳥インフル発生が確認されて以来14万羽近い鶏が処分された。
 専門家によると、H5N1鳥インフルウイルスは今までのところ、鳥に感染するウイルスであるが、容易に変異して人に感染するようになり、世界的パンデミックを引き起こす可能性があるとされる。
 マニプール州の保健大臣によると、45032の世帯が健康調査のための検査を受けたが、ウイルス感染が示唆されるような兆候は得られていない。
 *訳者注:インドからの英語報道は多いが、内容には多少のずれがみられている。下記に記されている人の疑い例に関しての詳細報道はあまりなく、検査がどこまでおこなわれているのか不明。住民の医学的検査という表現が、どのような内容かも不明。

Culling still on, public health comes into focus
E-Pao.net, India (インド) インド、家きんの殺処分が継続、公衆衛生が焦点に
 家きんの処分に従事していた作業員1人が疑いで入院。痔からの大量出血が理由とされる。
 先に鳥インフル様症状を呈しタミフルを投与され自宅で経過観察中の少女は、小児科専門医と胸部専門医が診察し、タミフルシロップが追加された。*訳者中:検査結果については報告無し。
More bird flu found in Burma Democratic Voice of Burma, Norway (ノールウエー) ビルマでさらに鳥インフルが検出
 先週、二カ所の農場でH5N1鳥インフルが確認。周辺地域への拡大はみられていない。

Smugglers exacerbate bird flu outbreak in India News-Medical.net, Australia (オーストラリア) インド、密輸者が鳥インフル発生を拡大
 鳥インフル発生地域から不正に家きんを運び出す密輸者が、鳥インフルの拡大を増強している。
7月30日

Suspected bird flu patient refused isolation ward seat at hospital KanglaOnline, India  インド、鳥インフル発病疑い患者、隔離病棟への収容を断られる
 インドの鳥インフル発生地での混乱。
People with fever, common cold panic in Manipur Mangalorean.com, India  (インド) Manipurで発熱や感冒症状を呈した人々がパニック状態に
 発熱や感冒症状を呈した人々が、H5N1鳥インフルに感染したことを心配し、病院へ大挙して訪れ、パニック状態となっている。
Myanmar reports new bird flu outbreak  PhysOrg.com, VA  (米国) ミャンマーで新規鳥インフル発生
 ミャンマー当局は、24日に首都ヤンゴンの南300キロ南方のモン州(Mon state)の農場で鶏がH5N1鳥インフルで死亡したことを確認した。
 動物保健局の当局者達は2カ所の農場で300羽の鶏の殺処分をおこなった。
 今回の発生は6月以来のことであるが、ミャンマーではこれまで人の感染者の報告はない。
 昨年は66万羽の家きんが致死的ウイルスの拡大を抑えるために殺処分されている。
Has the H5NI strain started to infect humans ? E-Pao.net, India  (インド) H5N1ウイルスの人への感染が始まっているのだろうか?-インドで人の感染者発生疑い

 国際的注目の中で、インドにおけるH5N1鳥インフル感染家きんの殺処分が懸命に行われているが、本日東インパル( Imphal East)でH5N1ウイルスに感染した疑いのある患者が発生した。
 報告を受けた国立伝染病研究所のメンバーと州政府の医療チームが現地を訪れた。
 疑い患者は6歳女児で、発熱と呼吸困難という鳥インフル様症状を呈していた。
 PorompatのJ N Government病院の当局者によると、少女にはタミフルが既に投与され、徹夜で看病を受けているという。
 疑い患者が発生したという情報を受けて、J N Government病院の隔離病棟では、すべての医師とナースが警戒態勢に入っている。
 後ほどJ N Government病院のスタッフが少女の元に往診し、彼女の状態が少し改善していることを発表した。
 病院側の少女を入院させるようにとの忠告は、両親によって拒否され、少女は家庭で療養を継続する。
 しかし両親によると、彼女の状態が悪化した場合、すぐに病院の隔離病棟へ連れて行くと言っている。
 調査によると、家族は200羽の鶏を飼育していて、最近60羽程が死亡したとされる。
 家族のうち何人かは発熱したが、全ては回復している。
 少女は家族の中で最後に発熱を呈したとされる。
 
7月29日

Over 90 pneumonia cases reported in Russia People's Daily Online, China  (中国) ロシアで90人以上が肺炎を発症
 Sverdlovskの中央ウラル地区で25日以来90人以上の肺炎患者が出て、そのうち3人が死亡したとロシアの報道機関が28日報じた。
 現在91人が肺炎で入院しているとインターファックスが伝えた。
 場所はVerkhnyaya Pyshma市で、患者の年齢は27歳から80歳に渡っている。
 通常夏期には30程度の肺炎患者が発生するが、今年は平均以上とされるが、肺炎は流行性ではないと地域の保健局では語っている。
 原因は低温によるものと考えられ、中央ウラルでは暑い日が続いた後に低温の気候となっている。
 検査室では、SARSも鳥インフルも既に否定されている。
People with fever, common cold panic in Manipur Indian Muslims, CA (米国) インド、Manipurで発熱や感冒で人々がパニック状態に
Even Fever and Common Cold Causes Panic Among Manipuris MedIndia, India  (インド) インド、発熱や感冒がパニックを引き起こしている
 Manipurでの鶏における鳥インフルの発生は、住民に少なからずパニックを引き起こしている。
 発熱した場合、風邪症状がある場合、この2,3日多くの住民が病院に殺到している。
Chicken smugglers caught in bird flu zone  Gulf News, United Arab Emirates  (アラブ首長国連邦) インド:鳥インフル発生地域からの鶏の不正持ちだし者達が多数逮捕
 国北東部の鳥インフル発生地域で、検疫地域から鶏を運び出そうとした農民達が昨日十数人逮捕された。
 地域の住民も警察に協力して、鶏や、その産物の不正持ち出しを防止するために警戒している。
Bird flu: 30000 fowls culled in Manipur Hindu, India - (インド) 鳥インフル:Manipurで3万羽の鶏が殺処分に
 Imphal, July 29
 3万羽以上の家きんが鳥インフルが発生したManipurの Chingmeirong地区の半径5キロ以内で殺処分されたが、人の間での疾患の広がりについては報告はなり。
 当局は28日、殺処分された家きんはいくつかの場所に分けて埋められたと説明し、さらに迅速対策チームは鶏や雛、そしてアヒルの殺処分を継続する。
 患者が発生した場合に備えて、12床の隔離病棟が地域医学研究病院((RIMSH)に設けられた。
 他に10床の隔離病棟がPorompatのJ N Government病院にも作られた。
Viral fever galore in marked 'radius' E-Pao.net, India  鳥インフル発生地域で多くの”ウイルス性発熱”
 医療関係者がチームを編成して鳥インフル発生5キロ以内の住民を訪問。鳥インフル用症状を呈している住民の探索。
 地域の病院は患者発生に備えて対応を準備。

Culling continues, cops look to check smuggling  Times of India, India  (インド) インド、家きんの殺処分継続、不正持ち出しの監視強化
 インド Manipurにおける状況。警察がH5N1ウイルスが鶏から検出された地域5キロ以内から、鶏が運び出されないように銃を構えて警戒に当たっている。
7月28日

インド北東部で「鳥インフル」ウイルス検出 インドチャネル
インド北東部マニプール州の州都インパール近郊にある養鶏場で7月7日以降、132羽のニワトリが相次いで死亡したが、26日、その死骸から高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出された。また、州南部のチュラチャンドプル県でも最近200羽のニワトリが死亡しており、確認作業が進められている。現在のところ、ヒトへの感染は確認されていない。
 マニプール州政府は26日、ニワトリが死亡したインパール近郊のチンメイロン村から5キロメートルの範囲で飼育されている家禽16万羽の処分を開始。養鶏業者には計600万ルピーの補償金を支払う。ヒンドゥー紙によると、処分される家禽のうち、およそ7万5,000羽が民家の庭先などで飼育されているニワトリなどで、2万8,000羽がカモだという。
 インドでH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、2006年にマハラシュトラ州で検出されて以来。中央政府の畜産局は、鶏肉も卵もよく火を通せば安全だと発表しているが、鶏肉や卵の需要が急減するのではと懸念が高まっている。
Defra to Increase Surveillance for Avian Influenza  Stackyard, UK  (英国) 英国環境食料省、鳥インフル監視態勢の強化を求める
 最近のドイツ、フランスおよびチェコ共和国でのH5N1鳥インフルの発生に引き続き、渡り鳥の飛行ルートにあたる、South East of England, East Anglia および Northamptonshireでは、死亡した野鳥の監視態勢を強化するよう求めた。
Panic in Manipur after fresh reports of poultry deaths  Indian Muslims, CA  (米国) インド、Manipurでの鳥インフル発生がパニックを引き起こす
 発生地域周辺は警戒態勢が強化。
Smuggling birds out of affected zones continues  E-Pao.net, India  (インド) インド、鳥インフル発生地域から家きんの不正持ち出しが続く
 H5N1鳥インフル発生地域における家きんの殺処分が続く中、家きんの不正持ち出しが続いている。
7月27日

India kills fowl, checks people in bird flu fight Reuters AlertNet, UK  (英国) インド、鳥インフル封じ込めのために家きんの殺処分と有症状者の探索に
 27日、家きんにおける鳥インフル封じ込めのために、予防衣に身を包んだ獣医担当者達が数千羽の鶏の首を切断し、医療担当者達が、インフルエンザ症状を有する村人を探索した。
 今月、 Manipur州の小村で鶏の間でH5N1鳥インフルが発生し、インドでの今年度初の鳥インフル発生となり、また世界では今年度25番目の発生国となった。
 当局によると来週まで(3日以内)発生村から5キロ以内の家きん15万羽を殺処分する予定となっている。なお人での疑い患者は報告されていない。
UN Helps Indonesia With Bird Flu Rapid Response Scoop.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) 国連、インドネシアの迅速な鳥インフル対策に支援
 家きんにおける発生と人への感染の厳重な監視態勢の確立と、そのための住民教育等。チーム編成による活動。
Bangladesh To Get $16 Million From World Bank To Fight Bird Flu  AHN (米国) バングラディシュ、鳥インフル対策で世界銀行から1600万ドルの援助
 鳥インフル対策で援助金。40年の満期日。支払い猶予10年間。
Bird flu pandemic will be discussed at town meeting Lincolnton Journal, GA  (米国) パンデミック鳥インフル対策がタウン・ミーティングで論議
 リンカーン群公衆安全局等が主催したタウン・ミーティング。
 鳥インフル情報と、パンデミックが発生した場合住民がボランティアとして、医療関係者に協力する必要性などを専門家が解説。
Unknown illness hits Indonesian village, 8 dead Scientific American  (米国) 原因不明の感染症がインドネシアの村で発生、8人死亡
 ジャワの村で原因不明の感染症で22人が発病し、8人が死亡したことが26日、保健省当局者から発表された。
 SARSや鳥インフルでないと考えられているが、警戒すべき感染症とは判断されている。
 毒物等の調査も行われたが、当局はウイルス性の感染症と考えている模様、。
 発病者は悪心とけいれんを症状としている。

 *症状からは髄膜炎が疑われる。訳者。
India confirms bird flu outbreak is H5N1 strain  Scientific American  (米国) インド、発生鳥インフルがH5N1株によるものであることを確認
India confirms bird flu outbreak is H5N1 strain Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) インド、発生鳥インフルがH5N1株によるものであることを確認
 インド政府は26日、資金発生した北東部での鳥インフルが、致死的H5N1ウイルスによるものであることを確認した。
India Works to Contain Bird Flu Outbreak  Forbes, NY (米国) インド、鳥インフル封じ込めに
 致死的鳥インフルが確認された農場周辺で15万羽の鶏の殺処分が始まると共に、保健担当者が各家庭を回り感染者の調査を行っている。
 ミャンマー国境近くの Manipur州、Chenngmeirong 村で死亡した鶏の検体でH5N1ウイルスが確認された翌日から、鳥インフル封じ込め対策が講じられ始めた。
 保健当局者が当該地域を周り、インフルエンザ用症状を呈している村人がいないか調査に入った。一方、感染農場側に住んでいた住民21人には予防的に抗ウイルス剤が投与された。
 昨年インドでは、西部でH5N1鳥インフルが家きん農場で発生したが、数十万羽の鶏を殺処分した後、発生はみられていないと報告されていた。
7月26日


Unknown illness hits Indonesian village, 8 dead Reuters  (国際) インドネシアの村で原因不明病で8人が死亡
  ジャワの村で22人が感染し、8人が死亡している原因不明疾患を医師達は調査している。
 SARSでも鳥インフルでもないが、間違いなく警戒すべき状況だ、と疾病管理環境保健局では語っている。
 患者の症状は悪心とけいれんであるが、当局では当初毒物を疑い、患者達の食事や飲料水等を検査したが、何も発見されなかった。当局では、ウイルス性の感染症を疑っている。
India confirms bird flu outbreak is H5N1 strain Reuters  (国際) インド、発生鳥インフルをH5N1ウイルス起因と確認


China strengthening food rules  China Daily, China  (中国) 中国、食料安全基準を強化


A man emerges after buying a pack of cigarettes at a store that also offers viagra in Beijing, China, in this July 2, 2007 file photo. Chinese police have cracked four criminal networks that made fake Viagra, Tamiflu and anti-malaria drugs and sold them within China and to customers in Southeast Asia, the United States and Europe. [AP]
 中国政府は25日、海外輸出食料品の中に毒性ある化学物質等が発見され国際的に輸入禁止処置や、輸出禁止処置を求める声が大きくなっていることから、食品安全基準を強化すると発表した。
 また政府は、偽の鳥インフル用薬や、抗マラリア薬、バイアグラ、そして歯磨きを製造している犯罪ネットワークも摘発した。

Bird flu outbreak reported in eastern India - Summary Earthtimes.org (国際) 鳥インフル、東インドで発生
 インド東部のManipur州で25日、今月に入ってから100羽以上の鶏が鳥インフルで死亡したことが当局から発表され、健康危機感が州全体に広がった。
 発生したのは同州の一カ所の村であるが、検査で高病原性鳥インフル(H5亜型株)が確認された。連邦家畜衛生局が発表した。
Bird flu outbreak reported from Manipur poultry farm  Gulf News, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) インド、Manipurで新規鳥インフルが家きんの間で発生
 今年度インドで初の鳥インフルが家きんの間で発生した。しかしながら当局では高致死性のH5N1鳥インフルであるか否かは、まだ確定されていないと語っている。
 鳥インフルの発生はManipur州都のImphalの郊外の小さな農場で、飼育している144羽の鶏のうち133羽が今月に入って突然死亡した。
 地方当局では半径5キロ以内の鶏、アヒル、さらに他の家きんの殺処分を行う予定である。
 当局ではこの発生は孤立例であり、周辺での発生は認められていないと伝えている。
7月25日


China seizes 18,000 fake Viagra pills in raids  Reuters AlertNet(英) 中国、強制捜査で1万8千錠の偽バイアグラを押収
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 中国警察は1トン以上の偽薬品を押収した。これら薬品は少なくとも1万8千錠以上ある偽のバイアグラなど、勃起不全、鳥インフルエンザ、マラリア用のものであると、国営通信は25日報じた。
 2005年に偽造品対策の全国規模の強制捜査を実施した公安部は、偽薬品から偽歯磨きまでの上位10位の事例を24日に発表したと、新華社がホームページで伝えた。
 30名以上が、こうした薬品の製造または販売の容疑で拘束された。
 東部の浙江省の警察が捜査したギャングは、偽のバイアグラを製造し米国・オランダなど12カ国へ販売していたと伝えている。また合計1万8千錠が押収されたとしている。
 広東省では警察が12名を逮捕、1トンの偽薬品、生産ライン2個そして「シルデナフィル・シトレイト(バイアグラの学術名)」用の大量の原材料をを押収した。
 警察は昨年5月に、19名の容疑者を拘束し6工場を閉鎖した。これら工場は鳥インフルエンザ用薬品のタミフルを偽造するためのもので、インターネットで米国へ販売していたと、公安部はしている。
 昨年4月に警察は海賊版の歯磨きを中国全土に向け製造・販売していた一味を捜査し容疑者5名を逮捕したとしている。
 中国メディアは規格外や偽の薬品や食品などのスキャンダルを毎日のように報じている。こうした問題は、中国から輸出された添加物が有害だったため、北米でペットフードが汚染され国際的な関心を集めるまでに飛躍している。
 中国で食品の安全性への懸念が高まったのは、2004年に栄養価がない偽の粉ミルクを飲まされた赤ちゃんが栄養不良で少なくとも13人死亡した際であった。
India tests poultry for bird flu after deaths Reuters AlertNet(英) インド 家禽の死亡を受けて鳥インフルエンザの検査
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 インド当局は、大量の鳥の突然死を受けて同国北東部の僻地の小規模な家禽飼育場のニワトリを検査したと、政府高官が25日語った。
 今月の「尋常ではない死亡率」により、マニプール州にあるこの飼育場の144羽のうち133羽のニワトリが死亡したと、家畜省統合事務局長のウプマ・チャウドリー氏は述べている。
 「死亡は突然のもので、わずか数日の間に発生しています」とチャウドリー氏は言う。
 飼育場で暮らす20名の人は、6名の動物衛生従事者と共に、最も一般的な鳥インフルエンザの治療・予防薬のタミフルを「念には念を入れた予防措置」として服用していると、同氏はしている。
 高病原性のH5N1ウイルスに関するものなどの、ニワトリからの血液と体組織の検体の検査結果は今週中に出ると、政府は見込んでいる。チャウドリー氏は、同飼育場の残りのニワトリは殺処分され飼育場付近は消毒されたとしている。
 マニプール州は分離主義者の暴力に苦しむ僻地の州で、ミャンマーと国境で接している。ミャンマーは今年、家禽の鳥インフルエンザ流行への対応に取り組んでいる。
 10数件の警告は出ているものの、インドでは数十億ドル産業である家禽業界でも自家飼育の家禽でも、今年鳥インフルエンザの流行は報告されていない。
 2006年に同国西部のニワトリで大規模な流行が2回発生した後、昨年8月に鳥インフルエンザ駆逐をインドは宣言している。
 インドは、家禽を違法にバングラディッシュ、中国、ミャンマーから持ち込もうとする人々を防ぐように、国境警備隊に求めていると、チャウドリー氏は述べている。
 インドは北東部で中国やバングラディッシュと接しており、両国ではニワトリへの鳥インフルエンザ流行が今年報告されている。また中国では、H5N1ウイルスによるヒトへの感染例と死亡が報告されている。
 世界的にみると、H5N1ウイルスにより存在が知られている300件以上の症例のうち200名近くが死亡していると、世界保健機関はしている。一方、数億羽の鳥が死亡するか殺処分されている。

Japanese family sue government agency over Tamiflu The Observer Blog, UK  (英国) 日本の家族、タミフル副作用で政府機関を訴える

 抗ウイルス薬のタミフルを服用後死亡した日本の少年の家族が、厚生労働省所属機関を訴えた。理由はタミフル服用と少年の死の間に因果関係がないとされたことによる。
 17歳の少年は2004年2月に、通常のインフルエンザ治療としてタミフルを服用し、その2時間後に裸足で家から走り出し、通りでトラックに轢かれて死亡した。タミフルは現在、多くの国で鳥インフルのパンデミックに備えて備蓄されている。

INTERVIEW-Flu threat offers new business for Tamiflu maker Reuters Alert Net (英国) パンデミック・インフルエンザの脅威、タミフル・メーカーに新たなるビジネス

 スイスのロッシュ社の米国支社であるホフマン・ラ・ロッシュ社は、タミフルの備蓄を各企業に勧めており、これまで350社がタミフルを購入している。
 
 ラ・ロッシュ社の専務取締役のアーバークロンビー氏は、処方箋薬に対して、一般企業にこのような宣伝を行うのは初めてであると、ロイターによる電話取材で答えている。
 各企業は鳥インフルの世界的流行の可能性に備えて対策を講じ始めている。そして中には、流行時に従業員の健康を守ることと、業務の継続のためにタミフルを購入し、備蓄している企業もでていて、現在のところ350社に上る。
 米国州政府と連邦政府は合わせて4300万人分のタミフルを現在まで備蓄用として購入しているが、連邦政府は最終的に8100万人分備蓄予定としている。これは米国人口の25%相当で、この人口分をカバーするなら、一般的にパンデミックに対応できると考えられている。
 アーバークロンビー氏によると、現在ロッシュ社のタミフル製造能力は年間4億人分であるが、その製造工程は非常に複雑で、一回製造量にかかる期間は6から9ヶ月要すると言う。そのため発注するなら現在すべきであると言う。
 同氏は、パンデミックの脅威はいつでも現実的に存在していると語り、企業は共に対策を講じる必要があることを認識している、と語っている。
7月24日


Doubts cast over bird flu recurrence in southern Vietnam Thanh Nien Daily(ベトナム) ベトナム南部の鳥インフルエンザ再流行に疑惑の目
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 ベトナム農業・地方開発省は、関係機関にベトナム南部での鳥インフルエンザ再流行に関する調査報告を指示した。
 同省の農業プロジェクト、ベトナム飼育組合、動物衛生局に先週送付された緊急文書で大臣のカオ・ダク・ファット氏は、先週ワクチン接種したニワトリが何故大量に死亡したのか調査するように求めている。また関係した機関への厳正な処罰も述べている。
 調査結果は遅くとも7月30日までに報告書にして返答しなければならない。
 鳥インフルエンザはドン・サップで先週18日再発し、タン・ホイ・トラン地方共同体で400羽のニワトリに感染し20羽を死亡させた。
 しかし、これらのニワトリは事前に国家計画によってワクチン接種をされていたものである。この計画は、鳥インフルエンザ流行でニワトリを失った飼育業者が事業を立て直すことを支援するためのものである。
 この800万米ドルの計画は日本が資金を拠出し、鳥インフルエンザで被害を受けた10の省にワクチン接種をした約50万羽のニワトリを提供するものだった。
 再流行の後、ワクチンの集団接種活動の実施を委任されていたルホン・マイ持株会社は、「効率の悪いワクチン接種」に関し責任を認めている。
 同社は感染したニワトリの飼育業者への賠償も約束している。
 しかし、ワクチンが本当にニワトリへ注射されたかどうかという疑惑も広がっている。
 同省は、この成り行きがこのプロジェクトへの市民の信頼を蝕むかもしれないと警告している。
 タン・ホイ・トラン地方共同体の170羽のニワトリへの第Ⅶ地域動物衛生センターによる最新の検査では、H5N1ウイルスへの抗体は見つかっておらず、ワクチン接種がされていなかったことを示している。
Kenya still prone to bird flu outbreak, says Nyikal Standard, Kenya (ケニヤ) ケニヤはいまだ鳥インフルの発生リスクが高い
 ケニヤ周辺国で鳥インフルが発生している:スーダン、エジプト、ナイジェリア、およびカメルーン。
 医療局(Medical Services)の局長は23日、ケニアは鳥インフルに関して安全ではないと警告した。
「全世界は危険な状態にある。そして我々はこの2年間国家的対策と態勢基盤作りについて作業してきた」。
 同長官は、ケニアは鳥インフル発生に対して、十分対策を講じていると語った。

 国内に鳥インフルを検出するための24カ所の監視場所を設け、そこでは季節性のインフルエンザの発生も監視している。
 またこっきょうにおいても感染した家きんが持ち込まれないように監視態勢が強化されている。
 ケニヤはヨーロッパやアジアからの渡り鳥の飛行ルートに位置していて、鳥インフルに感染しやすい地域でもある。
US Issues One Year Summary of Nation's Pandemic Flu Plan  Associated Content, CO (米国) 米国、パンデミック・インフルエンザ行動計画作成後1年間の対策の進展について評価
 米国国土安全保障議会における評価。
 海外における鳥インフル発生に対する支援、早期封じ込め等の対策。
 国内発生における初期の(24時間以内)検出態勢は不十分。
 タミフルは各州が確保している1300万人分と合わせて、合計5000万人分の備蓄済み。

Early trials positive for new flu vaccine Science Daily (press release)  (国際) バクスター製薬、細胞培養によるインフルエンザワクチンの初期臨床試験に成功
 イリノイ州に基盤を置くバクスター・インターナショナルは、1940年代に開発された現在の受精卵を用いたワクチン製造方法ではなく、細胞培養を用いた方法で、より早く、より大量にインフルエンザワクチンを製造する方法を開発している。
 初期の臨床試験で好成績を収めていることが発表された。
7月23日

EU positive on Roche's Tamiflu in children's dose Reuters  (国際) EU、ロッシュ社の小児用タミフルカプセルを承認の方向へ
 EUはロッシュ社のタミフルの小児用カプセル製剤の発売に肯定的見解を示し、市場販売が承認される可能性が大となった。
 EU医療用製剤委員会(EU's Committee of Human Medicinal Products)は、タミフルの小児用30mgと45mgカプセル製剤の市場販売を推奨する見解を発表した。
 ロッシュ社は最近米国においても少量カプセル製剤販売の承認を得ている。
 小さいカプセル製剤は小児以外でも、大きなカプセルの飲み込みが困難な高齢者に投与が可能と考えられる。
 今後2,3ヶ月以内にヨーロッパで少量カプセルの販売が、正式にEUで許可される見通しとなった。
UAE bans Czech, Togo poultry imports over bird flu  Reuters AlertNet(英) アラブ首長国連邦が鳥インフルエンザのためにチェコ・トーゴからの家禽輸入を禁止
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 アラブ首長国連邦は21日、チェコ共和国とトーゴからの生きた鳥と家禽製品輸入を全て禁止した。これは高病原性H5N1ウイルスが両国で発生したためであると、国営WAM通信社はしている。
 報道によれば、高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスの同国でのヒトや動物への拡散を防ぐために、環境・水資源相のモハメド・サイード・アル-キンディ氏が禁止令を出したという。
 7月12日に71,000羽の家禽がいる新たな2つの飼育場の家禽から同型の鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したと、チェコの獣医師はしている。
 先月トーゴは、検査で家禽飼育場での高病原性鳥インフルエンザ・ウイルス発生が確認されたことで、H5N1ウイルスの被害を受けた7番目の西アフリカの国となった。
 チェコ共和国やトーゴからのアラブ首長国連邦の家禽輸入量に関して、まだ情報が明らかになっていない。
 H5N1ウイルスは2003年にアジアで再発してから中東、アフリカ、欧州に拡大している。過去1年で30カ国以上で鳥インフルエンザの発生が報告されており、大部分は野鳥に関するものである。
 鳥インフルエンザは今も主には動物疾病であるが、感染した鳥と密な接触をもった人間を死亡させることもありえる。
 世界的に見るとH5N1により認知された300以上の症例のうち200名近くが死亡していると、世界保健機関はしている。欧州からは死者は出ていない。
Vietnam to test human bird-flu vaccine Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) ベトナム、人用鳥インフルワクチンの臨床試験に
 ベトナムは初の人用鳥インフルワクチンの臨床試験を8月に開始する。衛生疫学中央研究所が発表した。
 
 臨床試験は約600人のボランティアを対象に軍医学アカデミーにより6ヶ月間に渡って行われる。
 試験は安全性と効果に関しての予備的試験である。

 もし市場に乗れば、1人分のコストは3万VND(約1.9米ドル)となると推定されている。
 人はウイルスに対する免疫を獲得するためには2回接種する必要がある。

25-year-old Egyptian woman is infected by deadly bird-flu strain  Canada East, Canada (カナダ) 25歳エジプト女性、致死的鳥インフルに感染
Bird flu compensation Accra Daily Mail, Ghana (ガーナ) ガーナ、鳥インフルエンザ被害に補償費が支払われる
 約9000万セディ(90万円)が、Sunyani近くのAsuokwaの3カ所の農場に、鳥インフル対策による殺処分補償費として支払われた。
 ある農場では1500羽の家きん殺処分補償費として6000万セディ(60万円)受け取り、また他の2カ所の農場はそれぞれ、500羽の殺処分に対して2200万セディ(22万円)、157羽に対して600万セディを受け取った。
 これらの補償費は当局が殺処分した家きんに対してのみであり、農場側が当当局の指示に基づいて処分した家きんは含まれていないことから、農場側は満足していない。
Egyptian woman tests positive for bird flu New Zealand Herald, New Zealand  (ニュージーランド) エジプト女性、検査で鳥インフル感染が確認
 エジプトのナイル・デルタ地域の25歳女性が検査で致死的H5N1鳥インフルウイルス感染が確認され、アラブ世界でもっとも人口の多い同国で38人目の患者となった。22日に同国の国営通信MENAが報道した。
 MENAによると女性は家庭で飼育していた死亡した鶏に接触後、20日に高熱を呈したという。
A 25-year-old Egyptian woman is infected by deadly bird flu strain PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria (オーストリア) 25歳のエジプト女性が致死的鳥インフルに感染
Egyptian woman tests positive for bird flu -WHO Reuters AlertNet, UK (英国) WHO発表:エジプト女性が鳥インフルを発症
 25歳のエジプト人女性が検査で致死的H5N1鳥インフルウイルスに陽性であることが確認され、同国で38人目の患者となったことが22日WHOから発表された。
 「患者が発生した」とカイロのWHO事務所のJohn Jabbour氏が発表し、女性は家庭で飼育していた死亡した鶏に接触した後発症したと付け加えた。
 エジプト国営通信のMENAは女性の名前をナイマ・アブド・ガミルさんと伝え、北部のナイル・デルタ地域に住んでいた。報道によると女性は20日に高熱を呈し、高インフルエンザ薬のタミフルを服用後状態は安定しているという。
 人における感染はエジプトでは蒸し暑い夏には希である。ウイルスは不活発となり、どこかに隠れてしまっている。エジプト当局によると2006年度には、5月から10月まで人での発生はなかった。
 今年度は、気候が暑くなるに従い、エジプトでは鳥インフルは減少してきているが、人での発病者は散発している。

 エジプトの約500万世帯は食料と収入を家きんに頼っているが、そうした状況がこの感染症を撲滅できない主たる理由として政府は挙げている。
7月22日

National Avian Influenza Surveillance Information (米国、国立生物学情報機構) 国立鳥インフルエンザ・サーベイランス情報
 2007年4月から昨日まで、アラスカを含む全米の野鳥におけるウイルス検査。高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスは、これまで検査された3631検体において検出されていない。
 なお昨年も148,678羽における検査でウイルスは見つかっていない。
7月21日


BioCryst Is for the Birds Motley Fool   (米国) バイオクライストは鳥インフルで注目
 バイオクライスト社のペラミビルに関する話題。
 タミフルやリレンザよりも強力な作用を持つ注射製剤であるペラミビルは、製薬会社としては大きくはないが、注目すべき開発商品である。
 …
Donor Leverage and Access to Bird Flu Vaccines: Public health ... Japan Focus, NY (米国) 公衆衛生:ウイルス提供国の鳥インフルワクチン入手のための主張




 2007年はじめにインドネシアは、提供するH5N1ウイルスで作成される人用ワクチンが、自国を含む途上国では入手できない可能性から、分離ウイルスのWHO協力研究機関への提供を停止した。
 WHOの規約ではWHO加盟国は、分離ウイルスの迅速なるWHOへの提供が義務づけられているが、インドネシアはそれに抵抗を示した。
 インドネシアの主張は、世界的に不快感(不安感)を引き起こしたが、下記(世界的医学雑誌である)「ランセット」の編集者の意見によって代表されるように共感も得た。
 「全世界の人々を守るためには62億人分のパンデミックワクチンが必要とされるが、現在の世界のワクチン製造能力は5億人分(年間:訳者)しかない。インドネシアは、自国から提供されたウイルスで、WHOを介して製造されるワクチンを自国で手にできない不安感を抱いている。WHOに求められるもっとも公正な方法は、途上国ににも適正な価格(途上国でも入手できる安価な価格:訳者)でワクチンを提供することを保証する、国際的同意を得ることである」。
 2007年3月、分離ウイルスを再びWHOに提供するというインドネシアの暫定的同意が得られた後、アジア太平洋地区の18カ国は、ウイルスの国際的共有に関する新システムと、途上国から提供されたウイルスから製造されたワクチンが、より公正に(世界)に配分されることを求めた”ジャカルタ宣言”に署名した。
 2007年5月に開催された第60回WHO国際総会で、この主題に関する折衝が長引いたが、最終的に、WHOがパンデミックワクチンの国際的備蓄を図り、そしてその公正な配分のシステムとガイドラインを作成することで合意が得られた。

 以下(検体や血液等の)提供とその商品化の問題に関して論説が続く。
 key word: The Gift Relationship




Cuba Alert Against Bird Flu Prensa Latina, Cuba (キューバ) キューバ、鳥インフル警戒
 キューバにおける鳥インフル対策の概要。
 鳥インフルを早期に発見するための強化された安全システムが、鳥インフル発生に有効に機能すると副公衆衛生大臣から発表された。
 十分教育された保健専門家達と数百万ドルの予算を投入された監視態勢と、拡大防止態勢、さらに国際的情報の綿密なるモニターが有効に機能するであろうと説明された。
7月20日

Depok gets bird flu, anthrax vaccines  Jakarta Post(インドネシア) インドネシア・デポック市に鳥インフルエンザ・炭疽病のワクチン供給
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 農業省はデポック市の農民に2,000回分の鳥インフルエンザと炭疽病用のワクチンを供給した。
 「このワクチンは家禽や牛を守るためのものです。というのも今に至るも鳥インフルエンザや炭疽病を完全に駆逐したといえないからで」と、農業省のアントン・アプリアントノ氏はジャカルタの南にあるデポック市サワンガンでの供給記念式典で語った。
 このワクチン供給はクリダ・パータニアン(農業の日)35周年記念の一環であると、アンタラ国営通信は伝えている。
 同大臣は水ポンプ1台、卵3千個、果実の種子そして消毒剤100本も寄付している。
 ジャカルタの南にあるデポック市が式典の地に選ばれたのは、この地が農業部門において戦略的重要性を持つと考えられたためである。
 「わが省からの寄付によって、志のある農家が自分たちの資産を的確に管理することを希望します」と、同大臣は語っている。
Sanofi flu vaccine plant to triple US production  Reuters AlertNet(英) サノフィ、米国でのインフルエンザ・ワクチン製造量を3倍に
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インフルエンザ・ワクチン製造のサノフィパスツールは18日、最終的にはワクチン製造量を3倍にする工場について発表した。これはパンデミックへの恐れから、米国当局が増産を求めていたことによる。
 サノフィ・アベンティスのワクチン製造子会社である同社は、米国に本社を置く唯一の注射用のインフルエンザ・ワクチンのメーカーである。14万平方フィート(1万3千平米)の新施設が2010年に稼動すると、この工場では年産1億5千万回分が製造されることとなる。
 この1億5千万ドルの新施設は、パンデミック・インフルエンザ向けのワクチン製造も可能である。専門家は何らかの種類のインフルエンザによるパンデミックを見込んでおり、その第一候補はH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスである。このウイルスはこれまで318人に感染し、そのうち192人を死亡させている。
 パンデミックの際には、この工場の全生産がパンデミック・インフルエンザ向けに割り振られることとなると、当局筋は記者に語った。
 「パンデミックは特異な問題を突きつけてくるでしょう」と、保健福祉長官のマイク・レービット氏は言う。「(ウイルスが出現してから)ワクチンの計画を始めても遅いのです」
 昨年に米国市場で購入できた1億2千万回分のインフルエンザ・ワクチンのうち約7千万回分は、海外生産のものだ。米当局が恐れているのは、パンデミックの際に自国民保護に熱心な政府が工場を国有化してしまうかもしれないということである。
 2004年に英国当局は驚いたことに、あるインフルエンザ・ワクチン工場を封鎖した。これは汚染のためで、米国市場へのその年のインフルエンザ・ワクチン供給は半減してしまった。
 サノフィの増産については、設備改善のために7千700万ドルの補助金が連邦政府から援助されている。連邦政府は10億ドルを費やし、今後5年間でワクチン製造能力を拡大していく。
 サノフィは昨年、5千万回分のワクチンを製造した。その他は英国のノバルティスとカナダのグラクソ・スミスクラインが担っていた。アストラゼネカの関連会社でメリーランドに本社を置くメドイミューンも吸入式のインフルエンザ・ワクチンを製造している。
需要の増大
季節性インフルエンザ・ワクチンの需要増は、連邦衛生当局が市民にワクチン接種を呼びかけるキャンペーンを強化した結果だと、サノフィは理解している。季節性インフルエンザにより、米国では平均すると年に3万6千人が死亡している。
米疾病予防管理センターが2億1千800万人の米国人に季節性のインフルエンザ・ワクチンを接種すべきとしているにもかかわらず、昨年は9千万人しか接種されていない。
サノフィのペンシルバニア州北東部の新施設では、ワクチンは数百万個の鶏卵から製造される。超クリーンで管理された環境の部屋の中で鶏卵に植え付けられるのは、毎年2月に国際的な衛生機関が特定するウイルス株である。
その後2,3日の間ウイルスは培養され、鶏卵はキャンドリングという過程を経ることとなる。これは卵一個ずつが問題がないか、受精卵であるか、透明な液体を含んでいるかを確認するものである。
専門家がガウン、マスク、手袋そしてゴーグルを着用し、卵の頭頂部を取り除く機器を使ってウイルスを採取し内容物を空にする。成果物である液体は分離・濃縮され、最終的にはワクチンとなる透明な液体が生産される。
7月19日


Saudi ban on French chicken  Trade Arabia(バーレーン) Trade Arabia(バーレーン) サウジアラビアがフランス産ニワトリの輸入を禁止
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 サウジアラビアの農業省は、仏ロレーヌ地方のモーゼルからのニワトリおよび玉子の一時的輸入禁止を課した。
今回の措置を鳥インフルエンザに対する予防的なものだと当局はしていると、アラブ・ニュースは伝えている。
この禁止の発表はパリに本拠を置く世界保健機関(WHO)からの情報によるものだと、国営サウジ通信は報じている。
Bird flu returns to southern province Thanh Nien Daily(ベトナム) ベトナム南部の省で鳥インフルエンザが再発
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 H5N1ウイルスが再発し20羽のにわとりが死亡したことでドン・サップ省はもはや鳥インフルエンザ駆逐完了とはいえなくなったと、ベトナム動物衛生部が18日に述べた。
 鳥インフルエンザが発生したのは、カオ・ラーン地区のタン・ホイ・トラン地方共同体の400羽のニワトリの群れである。
鳥インフルエンザは今も、バク・ギアン、タイ・ビン、カ・マウ、ニン・ビン、ディエン・ビエンそしてドン・サップといった省で猛威を振るっている。
 厚生省の規則に基づき、21日間連続で新規症例が見受けられなかったので一旦この地域は正式に鳥インフルエンザ駆逐済みと認識されていた。
 10日前にカ・マウ省は、鳥インフルエンザ駆逐済みのリストから除かれる最初の南部の省となってしまっていた。
今年初め以降で、1億5,350万羽の家禽が国による全土での集団ワクチン接種の対象となっている。

Pandemic Preparation Boosts Readiness for Other Disasters  US Department of State (press release), DC  (米国国務省、国際公報) パンデミック対策充実により、他の災害対策も強化される
 ホワイトハウス報告によると、パンデミック行動計画作成後1年における成果を分析すると、国内におけるパンデミックインフルの早期発見、国際的にパンデミックの早期における対策支援(それにより拡大の遅延と多数の死亡を防止)に対して、十分準備されていることが確認された。
 一方、監視体制の強化、病院における患者収容能力の引き上げ、さらにWHOの世界的ワクチン備蓄計画(途上国にも迅速にワクチンを供給等)は、未だ課題が残されたままである。
 …
Universal flu vaccine now in human trials Science Daily (press release) (米国) インフル用万能ワクチンが臨床試験に
 オランダの研究者達により開発された万能インフルワクチンが初めて人での臨床試験に入る。
 ワクチンは、フランダース・バイオテクノロジー研究所とベルギーのGhent 大学が共同して作成した。臨床第一相試験は、米国と英国の共同出資によるバイオテクノロジー企業のAcambisにより行われる。開発ワクチンはパンデミック株を含む全てのA型インフルエンザウイルスを標的としている。
 
 今日のインフルエンザワクチンは毎年変異するウイルスの表面構造に従って作り替えられている。今回開発された万能ワクチンは、これまでの毎年作成されるワクチンとは異なり、対応するウイルス株が広く、また接種により免疫はポリオやB型肝炎、そして麻しんに対するワクチンと同じように持続する。
 第一相試験は、安全性と免疫系に対する効果についての予備的情報を得るものである。
 研究者達は万能ワクチンの最終目標は、2回の接種で全てのA型インフルエンザ(鳥インフルエンザを含む)に対する免疫が賦与されることにある、と語っている。
7月18日


Bird flu antibodies found in migrant birds in Siberia  Mangalorean.com(インド) シベリアの渡り鳥から鳥インフルエンザ抗体が検出される
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 シベリアの5つの地方の渡り鳥から鳥インフルエンザ抗体を科学者が検出したと、動物衛生規制当局筋が当地で17日述べた。
 「今年この地域(ノボシビルスク)で採取した4,000の検体のうち、50羽の野鳥からの検体でA-H5ウイルスの遺伝子物質と抗体が血清中に含まれていることが判りました」と述べている。
 このスポークスマンによると、抗体が存在するということは、その鳥が鳥インフルエンザから回復したか感染中かのいずれかを意味するが開放的な形で拡散したのではないということだ。
 今年鳥インフルエンザの症例は認知されていないと、このスポークスマンはしている。「約600万羽の家禽が現在高リスク地域にいます。そのうち460万羽近くはワクチン接種をされており、230万羽以上は再接種されています」と、述べている。

 *H5亜型株の遺伝子と抗体が検出。H5N1ウイルスか、H5N2ウイルスは不明。後者の可能性が高い?(管理人)
US report card shows work ahead for bird flu plan Reuters AlertNet, UK  (英国) 米国、鳥インフル対策状況を分析
 米国は多くの国家の鳥インフルの監視とパンデミック対策を支援してきた。しかしながら、国内における迅速テストと病院での収容能力は不足している。ホワイトハウスが17日発表した。
 連邦政府は1年前にパンデミック・インフルエンザ計画を作成したが、今回、その評価をまとめた報告書を提出した。
 概要は以下の通り

 ・関連機関は与えられた数百にも上る対策の多くを完了した。しかし最も困難な対策のいくつかが未了のままである。:感染症の広がりを迅速に診断する方法、ワクチンを迅速に十分な量を製造する能力、パンデミック発生時に使用される抗インフルエンザ薬とワクチンの投与優先基準。
 ”米国内での監視体制は不十分だ”、とブッシュ大統領のバイオデフェンスに関する補佐官のRajeev Venkayya,博士が語っている。
 ・病院は日々の患者を収容するだけで患者が溢れかえっている。パンデミック発生時に収容すべき多くの患者の収容能力はない。同博士は報告の中で言っている。
 ・報告では10億ドルがワクチン製造の改善に投資されていることを強調している。さらに報告書では、抗ウイルス薬が米国で年間8000万人分製造できる能力があることを言っている。 …

.

One-fifth of the world population at risk France24, France (フランス) 世界の五分の一の人口が発病の危険性
 ジュネーブ(AFP)


 ”我々の経験から新型インフルエンザのパンデミックは、人口の20%を発病させると思われる”。WHOの責任者であるマーガレット・チャンさんはジャーナリストを前に語った。

 ”もし1000万人の人々がいたなら、人口の20%である200万人が、流行の間に発病するだろう。そして疾病の重症度は軽症から重症まで広く広がるだろう”、と同女史は付け加えた。
 科学者達は、最近アジアから中東まで感染を広げているH5N1鳥インフルがが変異して、より毒性の高い、人から人へ感染する株に変わることを恐れている。それが世界的パンデミックを引き起こし、世界で数百万人の人々を死亡させる可能性があるからである。
 WHOの事務局長のチャン博士は、全ての人が新型インフルエンザに感染する可能性があり、またどの国に起きても完全に対策は講じられていないと警告する。
 しかしながら50年前に比べるとどの国においても、パンデミック対策のための手段をある程度持っている、とチャンさんは語る。
 チャンさんはまた、インフルエンザに関する情報交換の重要性を強調する。それによりパンデミックが発生するのを抑える良い機会を得ることが可能になるかも知れない。
 ”これまでの歴史上、我々人類はそのようなことを試みたことはなかった。我々はパンデミックが目の前で繰り広げられ始まるのを見る可能性がある。そうした場合、それを出来るだけ早期に把握し、初期の段階で摘み取ってしまうことが、我々全ての責任なのです”。
 WHOは人における鳥インフル患者をこれまで318人報告している。そのうち192人が死亡している。
 インドネシアでは今年27人が発病し、23人が死亡している。続いてエジプトでは19人が発病し、5人が死亡した。

7月17日

Polio scare raises biosecurity concerns ABC Online(豪) 小児麻痺の恐れが高める生物学的セキュリティ上の懸念
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 旅客機でバンコクからメルボルンへ旅行したパキスタン人学生が検査で小児麻痺に陽性を示した時、警鐘が鳴り響きオーストラリアの制度に大きな生物学的セキュリティの大きな欠陥があることが明らかになった。
 医師によるとこの若者は回復途上にあるが、衛生当局は今もタイ航空999便でメルボルンへと飛び小児麻痺ウイルスに曝露したかもしれない多くの人々に接触できないでいる。
 感染の可能性のある人々を追跡できないことで、他のより深刻な疾病を管理するためのオーストラリアの能力に関し疑問の声が上がっている。
 ビクトリア州主任衛生官のジョン・カーニー博士は、メルボルン到着時に記入を求められる申告票に多くの人が詳細については不確かなことしか書かないという。
 「メールのアドレスや国際電話番号しかなく別の時間帯で働いているとなると、極めて難しいことになります」と、カーニー博士は言う。
 衛生当局は同便の人が小児麻痺に感染しているリスクについては余り懸念していない。容易に感染するものではないからである。
 しかし他のウイルス性の感染症が同じような経路でオーストラリアに入ってきて遥かに大きな脅威をもたらす事はありえるのだ。
 「このパキスタンからの小児麻痺という最近の事件は、感染症に感染しているかもしれない人による接触全てを実際に特定し迅速に追跡することの困難さを示しています」と、バーネット国際衛生研究センターの医療疫学者であるトニー・スチュワート氏は言う。
 「今回のことで明確になっているのは、そうした人が入国してしまえば選び出すことは困難で、流行が発生した場合は優れた戦略を準備しておく必要があるということです」
 スチュワート博士は、小児麻痺の場合より鳥インフルエンザに感染した旅客機の乗客を見つけ出すことの方が遥かに難しいという。多くの感染者が感染してから1週間かそれ以上も症状を訴えないからだ。
 しかし、それでもウイルスを拡散することがありえるのだ。
 「1人ずつ特定し接触した人全てを隔離できるという考えはパンデミックへの対応としての頼みの綱ですが、実行に当たっては極めて困難なものです」とスチュワート博士は言う。
 オーストラリア国立大の疫学者のマホムド・パテル氏は正にそうした難問に直面した。それは同氏が世界保健機関の一員として2003年にマニラで働き、重症急性呼吸器症候群(SARS)の症例を追跡していた時のことである。
 感染者を追跡することは困難だと同氏は言う。それは航空会社が乗客リストを公開せず、協力しない政府もあるからだという。
 「粘って何が問題なのかを説明したらリストを渡すことに合意する航空会社もあるのですが、ある種の国の航空会社は断固として見せてくれないのです」と、同氏は言う。
 パテル博士によると、このように多数の人が旅行していることで、疾病を世界の一部分に封じ込めておくことは殆ど不可能となっているという。
 「認識すべきことは、SARS・鳥インフルエンザ・今回の小児麻痺・米国での結核の経験によって、感染の、外国の疾病のリスクがある限りオーストラリアもリスクに面しているということです」と、同博士は述べている。
Dialling down immune response to bird flu won't protect against ... Prince George Citizen, Canada (カナダ) 鳥インフル治療に免疫抑制療法は効果がない可能性:サイトカイン・ストーム説の否定

 最近の研究でH5N1鳥インフルの治療は、過剰に反応した免疫に対する治療よりも、ウイルス自体を標的とした治療が成功を収める可能性が示唆された。

 この研究は遺伝的に、免疫系で作用する化学物質であるサイトカインを産生できなくしたマウスを用いて行われた。実験結果では、このマウスが通常の免疫系が正常であるマウスと同じように、H5N1ウイルス感染実験で死亡することが確認された。
 この事実はウイルスによって引き起こされた免疫反応よりも、ウイルス自体の傷害作用がこの感染症の主たる進展様式であることが示唆される。このようにメンフィスのセント・ジュード小児研究病院の研究者たちは説明している。
 このように”サイトカイン・ストーム(サイトカインの嵐)”と呼ばれる、免疫系で大量に各段階で産生される化学物質が、これまではH5N1鳥インフルの主要な死因に結びついていると考えられていたが、そうではない根拠が今回の研究で示された。
 ”今回得られた事実は、H5N1鳥インフルの死因がサイトカイン・ストームによるという一般的考え方を否定している”。世界のインフルエンザ研究の大御所である(セント・ジュード小児研究病院の)ウエブスター博士に率いられた研究者達は、そのように語る。

 ベトナムでH5N1感染患者を治療してきたMenno de Jong博士は、16日発行された「国立科学アカデミー紀要( Proceedings of the National Academy of Sciences.)に掲載された論文の上記内容に意見を同じくしている。
 ”これはウイルス性疾患なのだから、抗ウイルス剤で治療すべきなのだ”、とde Jong医師はアムステルダムからの電話取材に答えた。同医師はホーチミン市のオックスフォード大学熱帯病病院で勤務している。
 ”ウイルスがこの疾患の原因なのだ”。
 H5N1ウイルス感染により引き起こされる症状が、重く致死率が60%と高いことから、科学界の中ではウイルス感染がサイトカイン・ストームを引き起こし、それが重い症状の原因となっているとする仮説が出されている。
 このような仮説は、科学者達にH5N1感染症の治療に免疫の過剰反応を抑えるべく薬剤を用いることを促す結果となっている-コレステロール減少促進スタチンのような薬剤、さらには免疫抑制剤等も考慮されている。
 しかしde Jong博士を含め、上記の見解に異論を呈している科学者達もいる。すなわち産生されるサイトカインの量の多さは、単に増殖するウイルス量が多いことと、その期間が通常のインフルエンザよりも長い結果を反映しているにすぎない。もしそうだとするなら、免疫反応を人為的に変化させることは、ウイルスによる生体の傷害がさらに大きくなる可能性があると、彼らは警告する。
 ”もしH5N1感染症の患者を受け持ち、そしてウイルスが肺に傷害を与えているとした場合、免疫抑制剤を投与したなら、ウイルスはさらに自由に増殖するだろう”、とde Jong医師は説明する。
 ”病気の進行過程のどこかで免疫反応が付加的に傷害を起こしている可能性はあるし、そして多分サイトカインが重要な役割を演じていることが想定される。…しかしこのウイルス自体が極めて毒力が強いことを忘れてはならない”。

訳者注:注目すべき研究結果である。セント・ジュード小児研究病院のウエブスター博士等の研究結果であることも重要な意味を持つ。これまでH5N1ウイルスが引き起こす「サイトカイン・ストーム」が、患者の多臓器不全の原因とされ、スペインインフルエンザの際の致死率の高さも同じように説明されてきた。
 またH5N1感染者の死亡者の多くが若い世代(年齢中央値19歳)である理由として、旺盛な免疫力を保有しているからであると説明されてきた。
 
WHO advances plans for bird flu vaccine stockpile  Pharma Times (subscription), UK WHO 、ワクチン備蓄計画が進展
 WHOによるH5N1ウイルスに対する人用ワクチン備蓄計画が前進した。グラクソスミスクライン社、ハンガリーのオムニベスト社、バクスター社、およびサノフィ・パスツール社が世界の備蓄用にワクチンを提供することに合意した。
 「このことはH5N1鳥インフルが世界的に拡大した場合、世界各国、特に途上国に対して重要な対策手段となる」、とWHO事務総長のマーガレット・チャン博士は語った。
 実際の備蓄方法、どのような機会に使用するか、さらに定期的ワクチンのチェック等、未解決の問題は残っている。
UNICEF Indonesia supports community bird flu prevention programme UNICEF (press release), NY (米国) ユニセフ、インドネシア地域社会での鳥インフル予防対策を支援

 日本からの基金をもとに、ユニセフとインドネシア政府の鳥インフル対策委員会が、一般市民の鳥インフル対策用キットを揃え、Curug村の数百人の村民に配布した。
 キットには、マスク、予防用手袋、石けん、教育用資料等が入っている。
7月16日

No new case of bird flu in northern Thailand: official  People's Daily Online, China (中国) 北部タイの患者は鳥インフルではない:当局
 フィキト州で死亡した男性は肝炎ウイルスによるもので、鳥インフルではなかったと、当局が発表した。
 死亡した42歳男性は慢性の肝疾患を保有していて、そこに肺感染症が合併したと説明され、また男性は鶏との接触の既往はなかったとされる。
Possible bird-flu death in Phichit Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、フィキト州で鳥インフルで死亡者発生の疑い
 13日男性が発熱、咳、肺炎で入院し15日に死亡したことが、フィキト州公衆衛生局の責任者から発表された。
 検査結果は一両日中に出る模様。
 男性は闘鶏場を保有する兄の家の隣に住み、最近家きんが原因不明で死亡していた。
Bird flu spreads to northwest Bangladesh Reuters AlertNet, UK  (英国)バングラディシュ、鳥インフル北西部へ拡大
 バングラディシュで他の地域へ鳥インフルが拡大し、2000羽の鶏が殺処分されたことが15日当局から発表された。
 首都ダッカの250キロ北西部のナオガオン地区(Naogaon)の村で発生した。

 バングラディシュで初の鳥インフルは今年の3月に報告され、その後北部へ拡大している。同国の64地域の17地域でウイルスが感染を広げている。しかし人での感染例は報告されていない。
7月15日

Mystery disease affects 100 in school The Age, Australia  (オーストラリア) バングラディシュ、学校で奇病が流行
 バングラディシュの学校で100人以上の生徒と教師が、痙攣を起こして病院に収容されたことが警察から発表された。
 この突然生じた奇病に関しては調査中である。
 
 患者達は首都ダーカの北東55キロのNarshingdi地区近くのAdiabad学校と大学で倒れた。
 2004年はバングラディシュで23人がウイルスによる脳炎または脳の炎症で死亡している。数十人が発病し、何人かは鳥インフルを心配した。
 本年3月以来バングラディシュではH5N1鳥インフルが流行し、25万5000羽の鶏が殺処分され、220万個以上の卵が廃棄されている。
7月14日


Indonesia links human H5N1 death to sick chickens Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシアで死亡小児は発病鶏から感染と判断
 先週末鳥インフルで死亡したインドネシアの小児は、死亡または発病鶏からウイルスが感染したものと推定されると、保健省の当局者が14日発表した。
 当初伝えられていた6歳少年というのは誤りで少女であると、当局者は訂正した。
 少女の学校周辺で鶏の間でH5N1鳥インフルが広がっていることが確認されたが、少女が実際にどのように感染したのかは不明であるとされる。
Imported birds from Indonesia triggers RP avian flu alert GMA news.tv, Philippines  (フィリピン) インドネシアから密輸入される鳥がインフルを持ち込む危険性
 自然保護環境庁長官のAngelo T. Reyes氏は、当局がインドネシアからの海外鳥の密輸を摘発したことから、新規鳥インフル警戒報を出した。
 警戒報の中で同氏は、国内に鳥インフルウイルスの侵入を防止するためには、鳥インフル発生国からの鳥の密輸入を止めることであると、警告している。
 摘発されたインドネシアから密輸入された鳥は、281羽のフトフムネアカゴシキ(フトフゴシキセイガイ)である。
Bird flu strikes again in Dien Bien; Quang Nam officially free Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) ベトナム:鳥インフル、ディーンビーン省で再発
 ワクチン接種をしていないアヒルが6カ所の農場でH5N1鳥インフルを発症。
Carrington Subsidiary DelSite Receives H5N1 (Bird Flu) Antigen CNNMoney.com (米国) カリングトン社の子会社デルサイト社、ワクチン用のH5N1ウイルス抗原を確保

 カリングトン研究所(Carrington Laboratories, Inc)は本日、同社の子会社であるデルサイト・バイオテクノロジー社が数千人分のH5N1ウイルス抗原を確保し、鼻腔接種用の粉末ワクチンを作成し、米国で初の鳥インフルワクチンの臨床試験に入ることを発表した。
 臨床第一相試験が今年度末に行われる。

 粉末ワクチンの臨床試験が成功したなら、多くの利点が得られる。
 ・冷蔵保存が必要でないため、政府による備蓄が容易で、また輸送も容易
 ・市民が個人的に接種可能

 粉末ワクチンは、同社が開発したGelVac(TM) powderと抗原を混ぜたものであるが、GelVac(TM) powderは鼻粘膜に付着すると粉末ワクチンをゲル化し、長時間ワクチンを同部位で作用させる。
 GelVac(TM) powderのみでの毒性試験である臨床第一相試験は成功している。

カリングトン社HP
7月13日


Bird flu feared in Yemen Yemen Times(イエメン) イエメンで鳥インフルエンザの恐れ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
大量のニワトリがイエメン南部で死亡し鳥インフルエンザの恐怖を引き起こしていると、9日に報道された。
 デイリー・アル-アヤム紙が報じたところでは、正体不明の疾病が休息にカビタ州の鳥の間に広がっており、そうした死んだ鳥を食べた猫や犬も死亡しているという。
 同紙によると、病気になったニワトリはこれといった理由もなく餌や水を取ることを止めて、やがて死んでいくという。
 政府筋によると、鳥インフルエンザ発生に対処するために、鳥インフルエンザ症例が報告されている国からの生きた鳥や鳥肉の輸入禁止などの様々な手段を検討しているという。


 
INTERVIEW - Gates cash may help fund bird-flu vaccines  Reuters India, India (ロイター、インド) インタビュー:ゲーツ、鳥インフルワクチン基金に援助

Avian flu drill plays out Honolulu scenario Honolulu Advertiser, (ハワイ、米国) ホノルルで鳥インフル模擬訓練
7月12日


Bird flu hits two more Vietnamese provinces  Frontline(インド) ベトナム 新たに2省に鳥インフルエンザの被害
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザがベトナムで新たな2省に被害を与えた一方、全土の地方数ヶ所で鳥インフルエンザ流行終結宣言の基準を満たすところが出てきていると、現地の動物衛生機関は11日に述べた。
 7月5日以降で北部のディエン・ビェン省のディエン・ビェン地区の6件の家庭で飼われていた約500羽のアヒルが鳥インフルエンザにより死亡したと、ベトナム農業・地方開発省所属の動物衛生部はしている。また感染した家禽から採取した標本の検査はH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス陽性と判明している。
 7月2日にも、南部カ・マウ省ダム・ドイ地区の家庭で飼育されていた14羽のアヒルから鳥インフルエンザが発見され、9羽のアヒルに感染し他の5羽を死亡させたと、同部はしている。さらに同省の動物衛生局は、感染した家禽がいた群れの他のものを殺処分したという。
 鳥インフルエンザは2003年12月にベトナムに被害を与え始め、5月初め以降で20のベトナムの市と省に被害を与えている。
鳥インフルエンザ拡大防止のため、ベトナム政府は鳥インフルエンザ対策への更なる取組みを呼びかけており、主に家禽へのワクチ ン接種と家禽卵の孵化管理を強化している。
 同国では今年これまでに1億5,430万羽の家禽にワクチン接種を済ませており、その内訳は8,560万羽のニワトリ、6,511万羽のアヒル、359万羽のハジロモリガモとなっていると、同部はしている。
Bird flu boy had no link to poultry The Standard, Hong Kong (香港) 鳥インフルで死亡少年、家きんとの接触はなし

 鳥インフルで死亡した6歳のインドネシアの少年は家きんとの接触がなかったことが、対策当局の高官から11日発表された。
 ジャカルタの西、バンテン州のチレゴンに住んでいた少年はインドネシアの81人目の鳥インフル死者となった。
 感染した鳥との接触が、ウイルスの最も一般的人への感染経路となっている。
 農業省の鳥インフル対策部長官であるMemed Zulkarnaen氏は、少年の家の周辺300メートル以内で感染した家きんは見つからなかったと発表した。
 「インドネシアの医学界は、いまだ感染源について謎に包まれた状態である」、と同氏は語り、「ウイルスは空気感染することは出来ない、人が感染するにはウイルスに直接暴露される必要がある。しかし少年に関してその事実が明確になっていない」、と付け加えた。
 少年が死亡したジャカルタのスリアンチ・サロソ病院の副院長であるSardikin Giriputro氏は、発病する4日前に少年がバンテン州の動物園近くに住む親戚の家に遊びに行った事実があると、語っている。

 また11日には、国家鳥インフル対策委員会はバンテン州の村に7000個の鳥インフル予防キットが配布されている。予防用手袋、マスク、石けん、情報を収録したビデオCD等から構成されている。同州では少なくとも10人の鳥インフル死者が出ている。また5月には、ハイリスク地域に10万部のキットが配布されている。

Two new Czech bird flu cases
 Advertiser Adelaide, Australia  (オーストラリア) チェコ共和国で新規2カ所で鳥インフル発生
 6月下旬に鶏と七面鳥農場でH5N1鳥インフルが発生した地域の近くの2農場で、鶏の間での鳥インフル発生が確認された。獣医当局から発表された。
 約7万羽の鶏卵産生用の鶏で、殺処分の対象になる。
 検査結果ではH5亜型株によるものと確認されているが、H5N1ウイルスによるものかどうかは検査中である。
7月11日


'Bird flu victim had no poultry contact' The Australian, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル死亡者、家きんとの接触はなかった
 7月9日に報道された鳥インフルで死亡した6歳のインドネシアの少年は、明確な家きんとの接触がなかったことが当局から発表された。
 感染源についてはいまだ不明で、人から感染したことを含めて調査中である。
Egypt bans French, German poultry after bird flu  Peninsula On-line(カタール) エジプトが鳥インフルエンザに伴い仏独からの家禽輸入を禁止
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 エジプトは昨日、仏独からの家禽輸入を全面禁止した。これは致死的なH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが両国で発見されたためである。
 「独仏からの鳥と家禽の輸入は、鳥の年齢を問わず、火曜から禁止されています」と、カイロ空港の動物衛生当局筋は航空会社への声明で述べている。
 エジプトはアジア以外では鳥インフルエンザの最大の被害国で、先週フランスでの3羽の白鳥とドイツでの38羽の鳥からH5N1陽性の検査結果が出てから措置を取っている。
 仏独の当局は新たな措置を命じ、ニワトリなどの家禽が野鳥と接触せず、また月次の動物衛生検査を受けるようにしている。
エジプトの禁輸令によりどの程度の貿易量が影響を受けるかは、すぐにはわからない。日本は月曜、鳥インフルエンザの恐れにより ドイツからの家禽輸入を少なくとも90日間禁止した。
 エジプトでは15名が鳥インフルエンザで死亡しており、これは同国の位置が主要な渡り鳥の経路下にあり家禽を生活領域の近くで飼う習慣が広まっているためである。
 世界保健機関によると世界中で合計191名が鳥インフルエンザで死亡し、6月29日時点では全体で317症例が報告されている。
科学者が懸念していることは、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトの間で容易に感染する形態に変異し世界規模のパンデミックにつながることである。
こ うした恐れは過去のインフルエンザ流行に起因しており、研究者は1918年のスペイン・インフルエンザによるパンデミックの間に、今日のウイルスと関連を持つ鳥インフルエンザ・ウイルスが数千万人の死者をもたらしたと考えている。
農水省、鳥インフルエンザを懸念し、ドイツからの鶏輸入を一時停止 AFPBB News 
 農林水産省は10日、ドイツでの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)の感染報告を受け、同国産の鶏肉の輸入を一時停止したと発表した。ドイツ当局は前週、H5N1ウイルス感染が野鳥から家禽類に広がったことを明らかにしている。
 日本の輸入停止は9日から実施。農水省によると、ドイツで予防・安全対策上の必要措置が講じられた後、輸入再開の可否を検討する。輸入再開の検討は通常、感染拡大が食い止められてから約90日たった時点で開始されるという。
 日本にとってドイツは有数のひな鳥供給国。2006年のひな鳥の輸入実績は11万4250羽で、第3位の輸入国となっている。同年中に鶏肉9トン、鶏卵などの加工食品1019トンも輸入している。
 ドイツでは2006年にも鳥インフルエンザが確認され、日本は4か月にわたり輸入停止措置を採った。
Pigeons grounded over flu fears  BBC News, UK (英国) 鳥インフルの恐れから、鳩のレースは中止に
 フランスでH5N1鳥インフルが発生したため、フランスと英国間の鳩のレースは中止に。
 英国内でのレースは禁止されていない。
Poultry festival canceled after bird flu found in Va. Daily Mail - Charleston, WV (米国) ヴァージニア州、鳥インフルの恐れから家きんフェスティバルが中止に
 州の七面鳥農場で低病原性鳥インフルが発生したことから、5日間予定の家きんフェスチバルが中止に。
Non-lethal bird flu found in US turkey flock Raw Story, MA  (米国)
 ヴァージニア州で低病原性鳥インフルに感染したことが確認された七面鳥54000羽が殺処分される。
 鳥は無症状であるが、定期的検査でウイルスに感染していることが、抗体の検出で確認された。
 人には病原性を持たないウイルスとされる。
7月10日


Smuggled Chinese poultry seized
  WorldPoultry.net(オランダ) フィリピンで中国からの密輸家禽を押収
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 
 フィリピン税関局は、中国からの密輸家禽製品を満載した3台の貨物自動車を押収した。
 家禽を載せた貨物自動車は大型船の「青島の星」号に積載されており、フィリピンのマニラ国際貨物港で捕縛された。
 税関係官によると、この貨物車内の北京ダックとニワトリの切り身の荷は口蹄疫と鳥インフルエンザに汚染されていると思われる。
 当局によると、この家禽製品はマンティンルパ市のアイデアル・ゲイズ・マーケティングが宛先になっていた。品目の届出はチョコ・ウエファーと偽られていた。
 税関当局は、中国からの食肉・家禽制品の輸入禁止を政府がいまだ継続している理由は、鳥インフルエンザと口蹄疫のせいであるとしている。
ドイツ産ひな輸入停止 鳥インフルエンザ発生で 産経新聞 
  農水省は9日、ドイツで鳥インフルエンザが発生したため、ニワトリのひななど家禽(かきん)類の輸入を停止すると発表した。
 ドイツからは昨年、ニワトリのひな約11万4000羽が日本に輸入されており、輸入量はフランス、英国に次いで3位。ドイツでは昨年4月にも鳥インフルエンザが発生し、約4カ月間、日本へのひなの輸出が停止された。同省は「生産者は昨年の経験を踏まえ、他国のひなを増やしてやりくりできるため、影響は少ないだろう」とみている。
Ireland bans pigeon racing from France  Khaleej Times, United Arab Emirates (首長国連邦) アイルランド、フランスからの鳩レースを禁止
 東部フランスで死亡した白鳥からH5N1ウイルスが見つかったことから、9日、フランスとチャネル・アイルランドらアイルランドへの鳩レースが禁止された。
 農業省長官によると、英国からの鳩レース、および英国内の鳩レースは禁止されないと言う。
Bird smugglers arrested by NBI Sun.Star, Philippines (フィリピン) 鳥の密輸で3人が逮捕
 8日、インドネシア人1名とフィリピン人2名が外国産のペット鳥の密輸を行い逮捕。

Indonesia confirms 81st bird flu  France24, France  (フランス) インドネシア、81人目の死者を確認
 昨日報道の6歳少年の事例。

7月9日

Indonesian boy dies of bird flu - health ministry Reuters India, India  (インド、ロイター) インドネシアの少年が鳥インフルで死亡
 インドネシアの6歳少年が週末に鳥インフルで死亡し、同国の死者として81人目となったことが、9日、当局から発表された。
 少年はバンテン州のチレゴン市に住んでいたが、発熱と呼吸困難で発病し、8日に多臓器不全で死亡した。
 当局によると少年の家族と近隣者は鶏を周辺で飼育していなかったとされる。少年の感染源は現在のところ不明となっているが、唯一関係あるとすれば少年がバンドゥン動物園に出かけたことくらいであると、当局者は語っている。
Indonesian boy dies of bird flu Xinhua(中国) インドネシア人少年が鳥インフルエンザで死亡
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 6歳のインドネシア人少年が日曜、鳥インフルエンザのために死亡した。これにより同国での死者数は102症例中の81名となったと、同国厚生省は月曜日述べた。
 このジャカルタ近辺のバンテン州の少年は当初、先週木曜日に同州の私立病院で治療を受けた後に、首都ジャカルタの鳥インフルエンザ専門指定病院へ転院したと、同省・鳥インフルエンザ対策官のジョコ・スヨノ氏は述べている。
 「エイクマンからの検査結果を入手しましたが、その結果この少年は陽性でした」と同紙は新華社に語った。
同氏は、少年が感染した経緯ははっきりしていないとしている。
 インドネシアは米製薬メーカーのバクスター社と協力し、200万錠以上のヒト用ワクチンを製造し高病原性H5N1の拡大防止のために直ちに使用したいと考えている。しかし世界保健機関は同国にワクチンを備蓄しパンデミック発生時に使用して欲しいと考えている。
 専門家が憂慮していることは、ウイルスがヒトの間で感染しうるような一定のレベルに変異したら百万人単位でヒトが死亡しかねないということである。
 鳥インフルエンザは2003年にアジアの家禽を席巻し始めて以降、世界中で少なくとも187名を死亡させている。死者のうち81名はインドネシアでのもので、世界で最悪の被害を受けた国となっている。
 インドネシアの衛生当局は広大な群島国家である同国の数千万羽のニワトリにワクチン接種を実施したが、同ウイルスはいまだ残存している。
CDC worried over China health threats Taipei Times(台湾) 台湾疾病管理センターが中国の衛生上の脅威に憂慮
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 台湾疾病管理センター(CDC)の懸念は、中国での疾病流行を考えた際に台湾海峡の向こうとの旅行・貿易・はびこる密輸・透明性の欠如により、中国が台湾での疾病予防の最大の障害となるということである。
 2月の中国・衛生部の報告書によれば、中国では460万8,910人が感染症に昨年かかり、それにより1万726名が死亡したとCDCはしている。
 CDCは、中国で過去2年間においてヒトを死亡させた4大疾病は、結核・狂犬病・エイズ・B型肝炎だとしている。
 中国での医療衛生の状況は余り芳しいものでなく格差が大きいというのが精々だとし、結核の症例数からその事が窺えるとしている。
 狂犬病感染の症例は台湾では既になくなっているが、上海・北京そして雲南・広東・江蘇の各省で昨年報告されている。
 鳥インフルエンザの症例25件が中国で確認されており、その内で16名が死亡していると、CDCはしている。
 世界中で出現した5つのH5N1の変異は全てその起源を広東省に持つのかもしれないと、CDCはしている。
 H5N1ウイルスは現在広東省にしっかりと根付いたかもしれないとし、CDCは同地域に旅行する市民に対し鳥や野生動物との接触を避けるように呼びかている。また発熱した旅行者は、医師に受診した際には必ず旅行に関する詳細な説明をするように求めている。
鳥インフルエンザ懸念で「ハクチョウ餌付け自粛を」…山形 読売新聞
 ハクチョウの飛来数日本一で知られる「最上川スワンパーク」(山形県酒田市)で、「餌付けをする観光客に鳥インフルエンザが感染する可能性がある」として、管理者の酒田市が地元ボランティア団体に対し、観光客に餌付けをさせないよう要請していることが8日、わかった。
 団体側は「過剰反応では」と困惑しており、市側と近く、話し合いを行う。 

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長は「(ハクチョウなどから)人間に感染する確率は極めて低い」とする一方、「ウイルス変異の恐れはあり、鳥がひしめく狭い場所での積極的な餌付けは勧められない」と話している。
Bird flu outbreak in Germany confined to one yard bird Earthtimes.org (国際) ドイツの家きんでの鳥インフル、1羽のガチョウに留まる
 ドイツの家きんにおけるH5N1鳥インフルの発生は、1羽のガチョウに留まっていると思われる。8日に動物保健局が殺処分した1200羽の迅速検査を行った後、発表した。
 死亡したガチョウは2日にWickersdorfの知的障害者施設の農場で見つかった。
 半径13キロ以内の全ての家きんが7日に、予防衣を着た警官と獣医達により注射で殺処分された。

7月8日

<鳥インフルエンザ>アムステルダムの空港で検疫犬が活躍 AFPBB News
 税関を管轄するオランダの財務省は7日、アムステルダム(Amsterdam)のスキポール(Schiphol)空港に鶏肉や卵などをかぎ分ける検疫犬2匹を配備していることを明らかにした。
 同省の発表によると、配備されているのはジャーマン・シェパードのBoと、ベルジャン・シェパードのJudy。5月から、中国、タイ、エジプト、ロシア、トルコなどの、鳥インフルエンザウイルスが検出された国から同空港に到着する便の検査にあたっているという。
 2匹は、家禽(かきん)の生死を問わず、においで探知することが可能。羽毛や卵を嗅ぎ分けることもできる。同省の話によれば、欧州で鳥インフルエンザ対策のために専門の犬を配備しているのは、チェコとオランダのみだという。
 オランダ税関の発表によると、2007年に入って現在までに、調理済みの鶏肉1626キロ、生の鶏肉203キロ、卵245個が押収されている。
Europe puts safeguards in place against avian flu The Brunei Times, Brunei Darussalam (ブルネイ) ヨーロッパ、鳥インフル拡大に自己防衛に
AFP

 ヨーロッパ大陸と英国間の国際鳩レースは、フランスで野鳥からH5N1ウイルスが発見されたため禁止された。英国環境庁が発表した。

 主任獣医療政務官のDebby Reynoldsは、国内でのレースは許可される予定と語った。
 しかしアイスランド海峡( Channel Islands)を含むヨーロッパ大陸からのレースは、鳥インフル拡大防止のために禁止された。
 同氏の説明によると、現在のヨーロッパにおける鳥インフルの散発的発生、そしてそこからさらに拡大する可能性を考えると、鳥類学的および獣医学的対策として予防措置は必要である、とされる。

 フランスでは5日、3羽の白鳥が東部でH5N1鳥インフルで死亡したことが確認されているが、これは17ヶ月ぶりのことである。
 フランス当局は、人での感染者は出ていないから、警報を出す理由はないと発表しているが、家きんと野鳥が接触しないように予防の強化を指示している。
 オランダでは2頭の鳥インフル監視犬が、アムステルダムのシフォール空港に配置され、家きんにおける鳥インフル感染国からのフライトを監視している。
Dutch customs deploys special bird France24, France (フランス) オランダ税関、特殊な鳥インフル監視用の犬を配置

 オランダ税関はアムステルダムのシフォール(Schiphol)空港に、鳥インフルエンザ発生中の危険国から持ち込まれる、生きた家きんやその産物等をかぎ分ける能力を持った監視犬二頭を配置すると発表した。

 ドイツ・シェパードの”ボー”とベルギー・シェパードの”ジュディー”で、鳥インフルウイルスが見つかっている中国、タイ、エジプト、ロシア、およびトルコからのフライトをチェックする。
 2頭の犬は、全ての家きん(生死に関わらず)、羽、および卵をかぎ分けるように訓練されている。2頭の犬は今年の5月からシフォール空港に配置されている。ヨーロッパでは他にチェコ共和国だけが鳥インフル発見用に訓練された犬が税関に配置されている。

 税関によると今年度これまで加工された家きん肉を1626キロ、生肉を203キロ、そして245個の卵を押収していると発表している。

Germany slaughters 1000 birds after avian flu scare Belfast Telegraph, United Kingdom  (英国) ドイツ、鳥インフル拡大の恐れから、1000羽の家きんを殺処分に
Germany butchers 1000 poultry to combat bird flu  Earthtimes.org  (国際) ドイツ、鳥インフル拡大措置として1000羽の家きんの殺処分へ
 ドイツ当局は7日、ビケルスドルフの村で死亡したガチョウからH5N1ウイルスが見つかったことから、周辺の村で飼育されている家きん1000羽を殺処分すると発表した。前日周辺半径13キロの地域をインフルエンザ危険地域として隔離した。
 ドイツの家きんでこれまでH5N1ウイルスが感染したのは、昨年ライプチヒ近くの農場で発生し、22000羽の農場飼育鳥が殺処分されて以来のことである。
7月7日


Bird flu spreads to German poultry  France24, France  (フランス) 鳥インフル、ドイツの家きんへ拡大
 ドイツ東部のチュウリンゲン州の家庭で飼育されているガチョウがH5N1鳥インフルで死亡したことが確認。

Bird flu H5N1 spreads to German poultry for second time  Monsters and Critics.com, UK (英国) H5N1鳥インフル、ドイツ国内の家きんへ2度目の拡大
 連邦保健当局は6日、致死的H5N1ウイルスがドイツの家きんに広がったことを発表した。

 連邦動物保健担当者は、ガチョウで致死的ウイルスを確認した。
 チュウリンゲン州の家庭で飼育されているガチョウから致死的ウイルスが確認されたことを、連邦動物保健当局者が発表した。

 ドイツで飼育家きんからウイルスが検出されたのは、2006年の4月5日で、ライプチヒ郊外のガチョウ農場であった。
7月6日


3 swans died of H5N1 bird flu virus in eastern France KOMO, WA  (米国) 東部フランスで3羽の白鳥がH5N1鳥インフルで死亡
 フランス東部モーゼル地区の池で3羽の白鳥が死亡し、H5N1ウイルスが検出された。周辺は隔離され、国内における鳥インフル対策が強化された。
Germany raises bird flu threat level Business Insurance, Chicago (米国) ドイツ、鳥インフル危険レベルを引き上げ
 ドイツ政府は、フランスとドイツの当局がH5N1ウイルスで死亡した野鳥を多くの地域で発見したため、鳥インフル危険レベルを引き上げる。同国のトップ獣医学研究所が5日明らかにした。
Farms sealed off after bird flu virus kills French swans Times Online, UK (英国) 鳥インフルで白鳥が死亡、農場が封鎖
 フランス東部で死亡した白鳥3羽でH5N1ウイルス感染が確認されたため、近くの数カ所の農場が封鎖され、鳥インフル発生危険レベルが引き上げられ、フランス国内の鳥インフル対策が強化された。(野鳥との接触を防止)。
French Swans Confirmed With H5N1 Virus Newsroom America, New Zealand  (ニュージーランド) フランスの白鳥、H5N1ウイルス感染が確認
 フランス東部で死亡した3羽の白鳥がH5N1ウイルス感染で死亡したことが確認された。
 フランスでの鳥インフル発生は1年余ぶりである。
 フランス政府は、今回の鳥インフル確認により、その危険レベルを引き上げた。すなわち飼育鳥や家きんが野鳥と接しないように、隔離するか防鳥ネットで対策を講じる。
Bird Flu Found Near France-Germany Border Post Chronicle (米国) フランス、鳥インフル、ドイツ国境近くで確認

GlaxoSmithKline Willing to Talk to Japanese Associated Content, CO (米国) グラクソ・スミス・クライン社、日本政府と鳥インフルワクチン提供に関して話し合いを求める
 
グラクソ社は日本政府と人用鳥インフルワクチン提供に関する話し合いを行う予定となった。同社は日本で鳥インフルがパンデミックとなった場合に備え、同社の人用鳥インフルワクチンを日本の製薬企業が備蓄することを期待している。
 
 しかしながら、グラクソ社の提案は余り期待出来ない模様。
 日本政府のワクチンに関するガイドラインは非常に厳しく、海外から輸入することは極めて難しい状況となっている。
 日本政府のワクチンに関するガイドラインは、WHOのより緩やかな規制で、積極的なワクチン使用を勧めるガイドラインとは異なっているため、グラクソ社が、パンデミックが発生したときに日本の人々を助ける目的でワクチン輸入と備蓄を希望しても、日本政府のワクチン行政がそれを阻んでいる。

 また、日本政府のワクチン開発に関する製薬企業に対する統制力は強く、開発に対する助成金も少なく、さらにワクチン開発研究者も全て政府と連携しているので、自由な研究が制限されている。

Dozens more H5N1 bird flu cases France24, France (フランス) ドイツで、さらに数十羽の野鳥が鳥インフルに感染
 AFP

 5日、ドイツ当局は東部で38羽の野鳥で致死的H5N1鳥インフルを確認したと発表した。
 ザクソニー・アンハルト州のザンゲルハウゼンの地域当局は、ケルブラ町近くの人造湖沿岸で38の死亡した鳥を発見し、検査の結果全て陽性であった、と発表した。
  ザクソニー・アンハルト州はドイツの16州のうち、H5N1ウイルスが見つかった4番目の州となった。最初は先月末にババリア州のニュルンベルクで見つかった。
 3日にはケルブラの人造湖の対岸のテューリンゲン州でウイルス感染が1羽の野鳥で確認された。
 また東部隣接のザクソニー州のライプジヒでも見つかっているが、同州は多くの鳥インフルが発生中のチェコ共和国と隣接している。
 ドイツの国立獣医学研究施設であるフリードリッヒ・レフラー研究所では、ドイツ国内で発生しているH5N1鳥インフルは、七面鳥、および鶏飼育農場でウイルス感染が起きているチェコ共和国から拡大してきていると推測している。
 ドイツで発生している鳥インフルは、白鳥やカモ、および他の野鳥に限定されていて、家きん農場では確認されていない。

 2006年、ドイツでは鳥インフルが拡大した。それはバルト海のリューゲン島やババリアを含む6州で発生した。
 鳥インフルは3匹の猫と1匹のテンでも確認された。
7月5日


Germany raises bird flu threat level Reuters AlertNet, UK (英国) ドイツ、鳥インフル危険レベルを引き上げる
 ドイツでさらなる鳥インフルが野鳥で見つかったことと、フランスでも確認されたことから、ドイツのフリードリッヒ・レフラー研究所の報道官は、鳥インフル拡大の危険レベルを引き上げた、と発表した。
 危険レベルが上がったことから、ドイツの中央政府と地方行政府は、野鳥から家きんのウイルス感染を防止する対策を強化する。
France says H5N1 bird flu virus confirmed in swans Reuters AlertNet(英 白鳥からH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスを確認とフランスが発表
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 フランス東部で死亡して発見された3羽の白鳥は、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスによるものであることが検査で確認されたと、フランス農業省は5日発表した。これはフランスにおいて、この1年以上で初の鳥インフルエンザの事例である。
 同省によると、鳥インフルエンザ脅威レベルを「中」から「高」へと上げ、野鳥との接触を全く回避することで全国の飼育されている鳥を保護するとしている。
 高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスによって白鳥が死亡した疑いがあり、周辺地域で保護措置を開始すると、同省は3日に述べていた。
 「農業漁業相のミッシェル・バルニエが、レベルの『中』から『高』への格上げに対応し、リスク防止措置を実施します」と、同省は声明で述べている。
 フランスはヨーロッパ最大の家禽生産国で、ドイツで多数の野鳥から鳥インフルエンザが発見されたことで同国への鳥インフルエンザのリスクが上昇したとして、6月に鳥インフルエンザ予防策を強化していた。
 鳥インフルエンザは先月、チェコ共和国でも検出されている。
 昨年はEUの13の加盟国、ドイツ・オーストリア・デンマーク・イタリア・ギリシャ・イギリス・チェコ共和国・ポーランド・スロバキア・スロベニア・スウェーデン・フランス・ハンガリーで鳥インフルエンザ症例が確認されている。
 フランスでは60羽以上の野鳥と1,1000羽の七面鳥がいる飼育場から鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されていた。今回のウイルス検出は2006年4月以来初の事例となった。
 過去1年で30国以上で鳥インフルエンザの流行が報告されており、ほとんどの事例で白鳥などの野鳥が関係している。
 世界的にみれば、判明している300人以上のH5N1鳥インフル症例の内で200人近くが死亡していると、世界保健機関はしている。ヨーロッパからは死者は出ていない。
1 more bird flu patient recovers in Vietnam People's Daily Online, China  (中国) ベトナムで、さらに患者が全快して退院に
 ベトナム北部の Thai Nguyen省の19歳男性が鳥インフルから回復して4日退院し、5月中旬以来3人目の全快者となった。ベトナム国営通信の発表による。
 患者のHa Van Nguyenさんは、ハノイの熱帯病専門病院で38日間の治療を受けた後退院となった。
 患者は5月14日にハノイの家きん”と殺場”で、鶏を”と殺”して食べた後、
発症した。
 ベトナムでは5月中旬以来5人の鳥インフル患者が発生したが、ベトナム保健省によると、そのうち2人が死亡し、3人が完全に回復した。
New bird flu cases confirmed in Germany, suspected in France, Austria People's Daily Online(中国) ドイツで新たな鳥インフルエンザ症例を確認 フランス・オーストリアで疑い
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ドイツがテューリンゲン州の野鳥の鳥インフルエンザ症例を確認する一方、フランスとオーストリアの当局は自国領内での野鳥の新たな疑い例を報告したと、4日にEU委員会が発表した。

 ドイツでは国立基準検査所がテューリンゲンのハジロカイツブリから高病原性鳥インフルエンザを確認した。テューリンゲンは、高病原性H5N1ウイルスが確認されたザクソニーとの州境に近い。

 フランス当局の報告では、モーゼル県で死亡して見つかった3羽の野生の白鳥にH5ウイルスの疑いがあり、国立基準検査所で更に検査して鳥インフルエンザとしての正確なウイルス株を確認するという。
 高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスの疑いは北部オーストリアのグムンデン郡でも報告されている。これは多くの野鳥における鳥インフルエンザの臨床兆候に基づくものである。オーストリアの国家当局はこうした鳥からの検体を国立基準検査所に送っており、ここ数日でウイルス株に関する結果がでる見込みである。
、EU委員会は当該の三加盟国全てがEU規定の予防措置を取るものとしている。各国立検査所は流行がH5N1ウイルスによるものか決めるために精力的に活動しており、英ウエイブリッジの鳥インフルエンザ共同委託検査所とも連絡を密にしている。
 予防措置は、鳥インフルエンザが発見された地点の付近での予防域とその周囲の監視域の設定からなる。
 予防域では、飼育場での生物学的セキュリティ対策の強化、野鳥の猟の禁止や家禽所有者ヘの鳥インフルエンザ周知強化、屠殺場への直接移動を除く家禽輸送の禁止、EUの食品規制を受けない地域への肉類の域外移送禁止が求められる。
 こうした最近の野鳥の鳥インフルエンザ症例は、過去2週間でのチェコ共和国での2件の家禽飼育場と野生の白鳥からのH5N1鳥インフルエンザ確認やドイツのバアリア・ザクソニーの野鳥の症例に続くものである。
 高病原性のH5N1ウイルスにより、昨年EUで野鳥の鳥インフルエンザ症例が700件以上報告されている。
Survey Shows Decreased Bird Flu Concern Among U.S. Consumers CattleNetwork.com(米) 米消費者の鳥インフルエンザへの関心は低下という調査結果
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 米消費者の高病原性鳥インフルエンザへの関心が過去12ヶ月で減少したというIpsos Public Affairsによる調査結果が出た。
 回答者のほぼ4分の1(27%)が米国での鳥インフルエンザ全般に関して普通以上の程度に関心を持っているとしているが、これは昨年より8%低下している。特にこうした関心も一般的な程度のものに集中しているようで、自身の健康への脅威とする回答者は減少している。自身や家族の健康へのリスクとして鳥インフルエンザに関して普通以上の程度の関心を持っているとしているのは、回答者の15%しかいない。
 2006年の時点で回答者の大半は、鳥インフルエンザのニュースは、家禽や家禽製品についてであっても、自身の食習慣に影響を持たないとしている。約90%はニワトリ・七面鳥・玉子の消費に関し変化はなかったとしている。
Ipspsは今回の調査をオンラインで6月7日から17日の間に1,438名の米国の18歳以上の成人に対し実施した。詳細に関してはhttp://www.ipsos-na.com/news/pressrelease.cfm?id=3553を参照。
Russia to help Egypt fight bird flu Earthtimes.org  (国際) ロシア、エジプトの鳥インフル対策に協力
 ロシア当局者とエジプト農業省当局者が4日会談し、ロシアがエジプトの鳥インフル対策を支援することが決まった。
 ロシアの鳥インフル専門家がエジプトに派遣され、対策の指導を行う他、ロシアが製造し効果が確認されている家きんに対するワクチンのサンプルも提供される。
Hundreds of dead seabirds found along Southeast coast alarms ... Canada East, Canada (カナダ) カナダ、サウスイースト海岸で数百羽の海鳥が死亡
 カナダのサウスイースト海岸で最近数百羽の海鳥が死亡し波際に打ち上げられているが、専門家の調査では餓死による死亡で、その原因は不明とされている。鳥インフルエンザの可能性は否定されている。
Germany finds bird flu cases in wild birds  Reuters AlertNet, UK (英国) ドイツでさらなる野鳥における鳥インフル
 
ドイツで野鳥における致死的H5N1ウイルスがさらに確認された、とドイツ当局が4日発表した。
 東部のテューリンゲン州で死亡した2羽の野鳥がH5N1ウイルスが検出された。
 フリードリッヒ・レフラー国立動物疾患研究所の発表によると、同州で約100羽の野鳥が死亡し、40羽で検査された。
 先週、ドイツでは東部のザクソニー州のライプツイヒと南部ババリア州のヌレンベルクで合計9羽の野鳥でウイルス感染を確認している。
 これらのH5N1鳥インフルの感染元については不明である。
 フランス当局は3日に、野鳥で鳥インフル感染の可能性があり、現在調査中であると発表している。
 昨年、EU加盟13ヵ国がH5N1鳥インフルを確認している:ドイツ、オーストリア、デンマーク、イタリー、ギリシャ、英国、チェコ共和国、ポーランド、スロベニア、スウエーデン、フランス、およびハンガリー。
 鳥インフルは東南アジアから拡大していて、今月に入って2005年以来初めてベトナムで2人死亡させた。世界的にはH5N1ウイルスは300人以上に感染し、200人近くを死亡させている。

 *訳者注
   ドイツ国内で見つかっている鳥インフルは、白鳥などを中心とした野鳥である。
   一方、先にチェコ共和国で見つかった鳥インフルは、家きん農場と野鳥で確認された。
   両国のウイルスは遺伝子構造がほぼ同一であることから、同一株の拡大と考えられている。
   
7月4日


Vietnam seeks Chinese bird flu vaccines urgently Reuters AlertNet(英) ベトナムが中国に鳥インフルエンザ・ワクチンを緊急要請
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 H5N1鳥インフルエンザで2名が死亡したことを受け、ベトナムは中国に特使を急派し5千万回分の家禽用ワクチンを購入する。
 ベトナムには1500万回分しか残っておらず、水鳥やニワトリへの全国的なワクチン接種キャンペーンが危機に瀕しているという政府当局筋の言葉を水曜のサイゴンGiai Phong(解放)紙が伝えている。
 グエン・タン・ドゥング首相は、H5N1拡大防止のために2億回分のワクチンを輸入する命令を承認している。
 ベトナムが2005年暮れからとった家禽へのワクチン接種プログラムなどの対策を、鳥インフルエンザ・ウイルスを食い止めるためのモデルとして世界の専門家は賞賛してきた。しかし、今年に入り鳥インフルエンザ・ウイルスは全国の鳥とヒトに拡大している。
 5月以降、5名が鳥インフルエンザ・ウイルスに感染し2名が死亡している。最初の死者は、東南アジアの同国での2005年11月以来の初の犠牲者となる。
 世界保健機関(WHO)は最初の2つの感染例しか確認していないが、どちらの症例の男性もその後回復している。
 「鳥インフルエンザは北部地域では現在下火になってきていますが、南部での再発のリスクは極めて深刻です」という農業相のカオ・デュク・ファット氏の木曜日の政府会合での談話を同紙が伝えている。
 動物衛生部によると、北部及び中部地域にあり過去一ヶ月に鳥インフルエンザ発生が検知された8つの省とハイフォン市が依然として政府の観察リストに載っている。
 世界的にみると、認知された317の症例で191名がH5N1ウイルスにより死亡しているとWHOはしている。一方、億万羽単位の鳥が死亡するか殺処分を受けている。
 H5N1ウイルスは今も主には鳥のウイルスであるが、容易にヒトからヒトへ感染する形態に変異し世界を席巻し数百万人を死亡させるかもしれないと専門家は恐れている。
 今週に入り鳥インフルエンザ・ウイルスはドイツの野鳥に感染し、フランスの白鳥に拡散した疑いがあると当局筋はしている。
Intensive efforts needed to prevent imported live chickens VietNamNet Bridge(ベトナム) 生きたニワトリの輸入防止には集中的な取組みが必要
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ラン・ソン省の北部国境には多くの国境関門とそびえる山並みと森林の道があり、鳥インフルエンザがベトナムに入り込む際の関所と考えられている。協力による取組みにもかかわらず、生きたニワトリの輸入防止の対策はますます困難になっている。
 バオ・ラム地区の第22番国境地点に到着したのは、夕闇が迫る頃だった。バオ・ラムは、中国から密輸される未検疫の生きたニワトリの集積地として知られている。夕闇を時折引き裂くのは、山岳地域では普通の輸送手段であるミンスク・オートバイからのサイレン音と閃光だ。バイクは全て、布でくるまれた竹籠を運んでいる。遠くの丘陵面にはささやき声で話す人もいるが、暗すぎて顔は見えない。やがて暗闇の中で重荷を背負った人の足音が聞こえ、すぐさま道沿いの薮の中に消えていく。小ぬか雨と荒れた道も中国からのニワトリの密輸を妨げない。莫大な利益を稼げるからだ。
 ニワトリの輸送に雇われた現地民は、ニワトリを友誼(友好)国境関門付近のバイ・ギアン地区に集積し、そこからラン・ソン市へ運搬される。かつては輸入されたニワトリの輸送は一日中行われていた。ニワトリを運ぶ自転車やバイクが高速国道1Aを警察に停められることもなく走っていた。トラックすら使ってニワトリをラン・ソン市のホアン・ドン地区やデオ・ギアン・バン・ビ道路へ運ばれていた。ラン・ソン市から、ニワトリを更に仕分けして他の地区へ送っていたのである。
 午前3時。ニワトリがラン・ソンのセメント・プラント付近のポ・モのバス停へと運ばれるのが見えた。そこからバク・ギアン省へ運ばれ、バイクで更に別の地域ごとに運搬される。我々のフラッシュの光の中で、竹篭に詰め込まれた汚いニワトリは疲労しているように見えた。そのニワトリを運ぶバイクに付いていくことは何の問題もなかった。行く先はハノイから約30kmのハ・テイ省スオン・ティン地区であった。
 最近は、密輸入されたニワトリをトラックでラン・ソン、バク・ギアンとバク・ニンの両省を通る高速国道を使い輸送することは、ほとんど無くなっている。これは、こうした省の機関の協力による取組みのおかげである。しかし、高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスを持つかもしれない密輸品のニワトリがデルタ地方の省で見つかっている。今年初めからドン・ダン動物衛生機関は、30例以上の密輸ニワトリの輸送を暴き対処し(一日に2、3件ということもあった)、押収したニワトリの殺処分を決定してきた。
 けれども、それは大海の一滴の水に等しいと、同機関長のグエン・ティ・ハン氏は言う。ニワトリの密輸による巨大な利益に惹かれて多くの人間がこの商売に係わっていくとしている。
 我々の調査によれば、輸入されたニワトリは全て成鳥で何度も抱卵することになる。経験のある商売人には容易にわかることである。こうしたニワトリは広西クアン族自治区や広東省の商業孵化場から出荷される。そこでは重さ2kgのニワトリが1羽8,000-10,000ベトナム・ドンという極めて安い価格で売られている。価格は第22番国境地点で15,000-20,000ベトナム・ドンに上昇し、バイ・ギアン地区では30,000-35,000ベトナム・ドン、ラン・ソンでは45,000-60,000ベトナム・ドンになる。大きな利益のために、不正取引業者はいかなる手段を用いても密輸のニワトリを運搬するのである。
 ハン氏は、密輸業者は近頃は輸入したニワトリの輸送を、さらに洗練された手管を用いてチ・マの国境関門付近の荒れて険しい山道に切り替えているという。これまでのような広い場所にニワトリを集積しないのである。その代わりに外観から発覚しないように布で偽装したニワトリの籠を分散しているのだ。国境の検問で職務を果たしている獣医師以外には警官・国境警備員・市場管理職員のみを動員して、さらに内奥部で密輸品を押収している。しかし、あらゆる山道に派遣して密輸業者を追跡することは人員不足のために不可能である。
 「不正密輸のニワトリがベトナム領土に日々入ることを防ぐ手段を強化する以外に選択肢はありません」と、獣医師である同氏はしている。
French Agriculture Ministry suspects bird flu in three dead swans International Herald Tribune, France (フランス) フランス農業省、死亡した白鳥に鳥インフル感染の疑い

 3羽の若い白鳥がフランス東部の池で死亡しているのが見つかり、鳥インフルエンザの検査が行われている。周辺地域では特別な対策が施されている。
 検査結果は5日に判明する予定となっている。

 一方、死亡した白鳥が見つかったMoselle地域のAssenoncourtの池の周辺1キロ以内はコントロール地域とされ、さらに野鳥の死亡の有無に関して調査される。
 捕獲した野鳥は閉鎖的ゲージ内に飼うことが指示され、また犬や猫の放し飼いも禁じられた。

 西ヨーロッパへのH5N1鳥インフルの拡大の恐れは、3日朝にドイツ政府が、ドイツ東部で野鳥からウイルスが検出されたと発表してから、拡大している。
 先月近隣のババリアとザクソニー州で数羽の野鳥からH5N1ウイルスが検出されている。
 
 EU委員会によると、H5N1鳥インフルは渡り鳥の飛行ルートに沿って拡大していて、今月、ハンガリー、チェコ共和国、英国の家きんでウイルスが検出されている。


German state says deadly flu found in wild bird Reuters AlertNet, UK  (英国) ドイツで新たに致死的鳥インフルが野鳥で検出
 ドイツ、Thuringia 州で野鳥からH5N1ウイルスが検出されたことが3日発表された。
 Friedrich Loeffler 研究所は” black-throated dive”でH5N1ウイルスが検出され。また白鳥でも疑いがもたれていることを発表した。結果は4日に出る予定である。
7月3日

Vietnam ensures sufficient Tamiflu stocks Nhan Dan(ベトナム) ベトナム 十分なタミフル備蓄を確保
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナム厚生省によると、A型鳥インフルエンザ(H5N1)のヒトへの大流行に対応できる十分な量のタミフルを備蓄したという。
 同省の報告では、5月以降で5名がH5N1に感染して内2例で死亡したとわかっている。これにより2003年以降の全死亡者数は44名となっている。
 7月1日までで、鳥インフルエンザは全国の10の省と都市に被害を与えている。ゲー・アン、ハイ・フォン、バク・ギアン、ニン・ビン、ビン・フュク、クアン・ナム、タイ・ビン、ハ・ティン、カオ・バン、クアン・ニンが被害を受けた地である。
 同国の64の省と市のうち、63で今年第一巡目の家禽へのワクチン接種を完了していると、農業・地方開発省下の動物衛生部はしている。
Roche receives US approval for Tamiflu in capsules of 30 mg and 45 mg Hemscott, UK (英国) 米国FDA、タミフル30mgと45mgのカプセルを認可
 スイスのロッシュ社が、主として幼児用に開発した30mgと45mgのタミフルカプセル製剤が、米国FDAにより認証された。
 これまでの75mgカプセルと液体製剤は継続して発売される。
Flu deaths 'could be prevented' BBC News, UK  (英国) インフルエンザ死亡は防止可能


 タミフルを薬局販売にして自由に市民が手に入れられるようにすることで、多くの市民のインフルエンザ死亡を減らすことが出来ると、オーストラリアの高名な専門家が主張している。

  Graeme Lave博士は、インフルエンザ対策の専門家で、1960年代に行った研究でタミフルのような抗インフルエンザ薬の開発に貢献した世界的研究者である。
 同博士は、タミフルは季節性インフルエンザに有効で、薬局販売すべきであると主張している。
 多くの国ではタミフルを鳥インフルパンデミックのために備蓄している。
 
 英国では薬の広範な使用はウイルスの耐性を招くとして、インフルエンザシーズンにハイリスク患者にのみ投薬されている。すなわち高齢者や心肺疾患患者である。

 抗ウイルス薬は疾病の治癒をもたらすわけではなく、インフルエンザウイルスの拡大を制限し、症状を軽減する。
 季節性インフルエンザは英国で毎年数千人の市民を死亡させていると推定される。
  Graeme Lave博士は現在のインフルエンザワクチンはそれほど効果的ではない。それ故タミフルの店頭販売は非常に大きな利点がある、と説明する。
 「問題は現在タミフル使用に多くの制限がありすぎることだ。我々はタミフルを得るのに医師による処方箋を必要とするが、それを得るには2,3日は要し、その間にインフルエンザは進行してしまう」

「耐性の出現は誇張されすぎ」

  Laver博士は次のような提案をしている。
 すなわちタミフルが過剰に使われないように、薬局で唾液を用いた迅速診断を行い、インフルエンザが確かめられた患者にのみ薬剤を販売する方法である。
 さらに同博士はウイルスのタミフルに対する耐性の出現は”誇張されすぎている”、と語る。
 タミフルを備蓄していても、今、患者を助けることが可能でも、それは多分使われない、ということは問題である。そのような見解を同博士は持っている。
 ニュージーランドだけが最近タミフルの店頭販売を行っている。

 ロンドンのクイーン・メリー医学校のウイルス学者であるJohn Oxford教授は、「この問題には多くの意見がある。遅かれ早かれ、論争が起きることは間違いはない」、とコメントする。
 さらに、「自分はタミフルの店頭販売に関して確固たる判断は下せないが、そうすることによる多くの利点が出る可能性はある」、と付け加える。
 保健省の報道官は、タミフルの店頭販売の計画はないと語り、タミフルは季節性インフルエンザのハイリスクの患者に使用が認められているから、医師が投薬が適切と思われる患者に対して自由に使用できる、と語っている。

7月2日

Czech, German bird flu have same origin-Germany Reuters AlertNet(英) チェコとドイツの鳥インフルエンザは共通祖先-ドイツ発
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 チェコ共和国とドイツ南部で鳥を死亡させている高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスは同一のものであり恐らくは祖先を共にしていると、ドイツ随一の国立動物衛生研究所が木曜日に発表した。
 チェコ共和国の報告では、高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが2箇所の家禽飼育場と一羽の死んだハクチョウから発見されている。ドイツでは、このウイルスが東部サクソニー州と南部ババリア州の多くの野鳥から検出されている。
 ドイツのフリードリッヒ・ローフラー研究所によると、ババリア州のニュールンベルグ市の野生の白鳥から検出したウイルスとチェコの七面鳥飼育場の検体とを比較したところ、99.2%の合致が見られたという。
 「この合致度を考えれば、両方のウイルスは未確定の共通祖先からのものといえます」と、同研究所は声明で述べている。
同研究所によると、ババリアとチェコ共和国出の発生が直接のつながりがあるか否かはまだ明確でないという。ただし、このウイルスは中東で流行している高病原性のH5N1アジア株であると思われるとしている。
 昨年はEUの13の加盟国、ドイツ・オーストリア・デンマーク・イタリア・ギリシャ・イギリス・チェコ共和国・ポーランド・スロバキア・スロベニア・スウェーデン・フランス・ハンガリーで鳥インフルエンザ症例が確認されている。
 鳥インフルエンザは東南アジア中で流行し、今月に入りベトナムで2名を死亡させている。これは2005年以来で初の死者である。
 世界的にみれば、H5N1ウイルスにより判明している300以上の症例の内で200名近くが死亡していると、世界保健機関はしている。ヨーロッパからは死者は出ていない。
7月1日(日)

80 percent of bird flu patients in RI die Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア政府発表:鳥インフル発症者の80%が死亡

Around 80 percent of the total 111 bird flu (Avian Influenza) patients in Indonesia, between 2005 and June 2007 have died, an official said.

During the period, some 90 people died of bird flu virus in the country, head of the respiratory disease of the Health Ministry's Community and Environmental Disease Eradication Fonny Silvanus said over the weekend.

The majority of the fatalities were recorded in West Java Province with 29 deaths, and the least fatalities were in South Sulawesi with only one bird flu patient died, Silvanus said when launching a public awareness campaign on animal quarantine.

"At the average, bird flu virus has affected mostly Indonesia's western regions, because the regions are quite humid, which is an ideal condition for bird flu virus to breed well," Silvanus said.

The bird flu patients ranged from one year old babies to 67 year-old adults.(***)

 2005年から2007年6月までの間、インドネシアでは111人の鳥インフル感染者が発生し、その80%前後が死亡した。当局がそのように発表した。

 その期間、90人前後が鳥インフルで死亡している。
 死亡者が最も多いのは西ジャワ州の29人で、最も少ないのは南スラウエシで、1人の死亡者しか出ていない。
 当局の説明では、ウイルスは概してインドネシアの西部地域で感染を広げているが、その理由として地域の湿度が高く、ウイルスにとって好適な環境となっているからだと説明している。
 
 患者の年齢は1歳から67歳までの範囲となっている。


訳者注:WHOの公式情報では、101人の患者と80人の死者となっているが、今年に入ってからインドネシア政府発表の患者全体をWHOは把握していない模様。

WHO confirms Vietnam’s two latest human bird flu cases Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) WHO、最近のベトナム2症例を公式確認
 WHOは29日ベトナムの2患者を公式に確認した。2症例とも5月下旬に発生したものである。
 これでWHO統計でベトナムの発病者は95人となり、うち死者数は42人となった。

 他にベトナム政府が発表している患者はこの2,3週間に3人いて、うち2人は死亡しているが、WHOはまだ公式に確認していない。これらの患者が確認されたら、ベトナムの患者数は98人となり、うち死亡者数は44人となる予定である。
TOP