高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
2006年末~2007年 韓国と日本におけるH5N1鳥インフルエンザ発生状況
6月30日


Wild bird culls not avian flu answer, say scientists Scotsman, United Kingdom 野鳥殺処分は鳥インフル対策とはならない、専門家会議
 専門家達が鳥インフル発生防止のために野鳥を殺処分することに強く抗議した。

 専門家達によるといくつかの事例で野鳥が鳥インフルに感染していたが、家きんや家きん農場、そして家きん貿易(生きた家きんやその産物)が将来の鳥インフル拡大制限の鍵となっていると主張している。
 19ヵ国から30人以上の専門家が集まって、Aviemoreで今週、国際鳥インフルサミットを開いた。
 会議は「国連国際渡り鳥会議」下の「鳥インフル対策部」によって開催された。

 会議終了後に発表された声明文で、当局者達に対する鳥インフル早期警告システムの確立が早急に必要であると語られた。
 また野鳥の見境のない殺処分という誤った対策の継続に対して警告した。そうした対策は、多くの国際機関の勧奨や、政府間自然保護条約に違反している、と理由を語っている。
6月29日

Countries Making Progress in Response to Avian Influenza Stackyard, UK  (英国) 世界各国で鳥インフル対策が強化
 FAO(国際連合食糧農業機関)の主任獣医担当官のJoseph Domenech氏の28日談話を発表した。

 致死的H5N1鳥インフル対策はこの3年間に世界中で著しく強化されたが、いまだウイルスは数カ国で蔓延し続け、拡大する傾向にある。
 人での発生例は、インドネシアとエジプトを除いて散発的である。このことは世界中で鳥インフルに対する監視態勢と地域住民に対する啓発活動が進んでいることを意味する。

 しかしながらウイルスが存在する限り、それが変異してパンデミックを生じる危険性は続くと同氏は警告する。
 同氏はまた、家きんに対してワクチンを使用している国は、ウイルスの感染状態を特に注意深くモニターすることを求めた。
 ウイルスは不安定で変化し続けている。具体的例として、昨年中国で異なった抗原性を持ち、ワクチンを変更しなければならない株が現れ、それが最近インドネシアに出現しているかも知れないと語った。(福建省株:訳者注)
Dangerous H5N1 bird flu strain confirmed in dead swan Earthtimes.org (国際) 致死的H5N1鳥インフルウイルス、死亡した白鳥で検出
 チェコ共和国の南西部の湖で見つかった死亡した白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことが、州の獣医当局から、28日発表された。この事例の発見は獣医達にとって予想外のことではなく、この地域の湖には多くの野鳥が集まることから、鳥インフル発生の危険地帯と考えられている。

 本年、最初にチェコで見つかった野鳥の事例は、東部の商用家きん農場で発生が確認された後、先週木曜日(14日)以降に見つかっている。
 死亡した白鳥は祭日には市民で賑わう湖の端で見つかった。報道によると行楽客達は湖から離れ始める傾向にある。
 当局者は危険であると言う根拠は何もない、何も注意することはなく、ただ触れさえしなければいいだけど、と説明している。
 行政当局の計画では、地域からの家きんの輸送や展示の禁止、狩猟の禁止とされ、さらに国内全域では鳥と家きんの市場の禁止、展示会やコンテストが禁止される。

 最近の発生以前には、昨年南部で14羽の白鳥がH5N1ウイルスに感染して死亡した。
 先週土曜日(23日)以来、ドイツのババリア州とザクソニ州で死亡した白鳥で鳥インフルが確認されている。
 WHOによると、2003年以来190人余が世界中で鳥インフルにより死亡している。感染は主として発病した家きんとの接触による。
 専門家達はウイルスが容易に人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックが引き起こされ、数百万人の人々が死亡することを危惧している。



沖縄の野鳥49検体すべてで異常みつからず 鳥インフルエンザウイルス保有状況調査・07年5月分  EICネット 
 環境省が2007年5月に沖縄県内で実施した、野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査で、採取した全検体にウイルスが確認されなかったことが、07年6月26日付けの環境省の発表で明らかになった。
 今回の調査は東南アジアからの渡り鳥に着目して実施されたもので、07年5月12日から14日にかけ、沖縄市の泡瀬比屋根(あわせひやごん)湿地でシギ・チドリ類など49羽(うち、渡り鳥31羽・留鳥18羽)を捕獲。その喉や総排泄腔の粘膜、血液を採取した検体を、鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターで分析した。
 49検体いずれも、検査結果は陰性だった。
6月28日

Scientists say wild birds probably spread Europe bird flu Earthtimes.org (国際) 専門家、ヨーロッパの鳥インフルは野鳥で拡大の可能性と
 フライドリッヒ・レフラー動物衛生研究所の遺伝子分析で、先週発見された南ドイツの野鳥から検出されたH5N1ウイルスと、今月チェコ共和国の家きんから検出されたウイルスは、ほぼ同じ株であることが確認された。
 研究所の報道官は、ウイルス感染している野鳥が、チェコ共和国の家きんとドイツの水鳥にウイルスを感染させたと考えている、と発表した。
Vietnam Spent US$7.8 Million For Bird Flu Vaccine Bernama(マレーシア) ベトナムの鳥インフルエンザ・ワクチン支出は780万米ドル
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナムは今年1250億ベトナムドン(780万米ドル)を鳥インフルエンザ用ワクチンに出費したと、農業・地域開発省(MARD)の動物衛生部長であるぶい・クアン・アン氏が述べた。
 ワクチン接種は鳥インフルエンザ流行への最も効果的な手段の一つと考えられ、今年これまでに44の地方の省と都市は第一巡目のワクチン接種を終えていると、ベトナム通信社は報じている。
 けれどもアン氏は、同部が政府にワクチン接種への補助を止めるように頼んだとしている。これは地方政府や個人の自発性を高めると同時に国家予算からの出費を削減するためのものだという。
 またMARDは地方の各省に7月の鳥インフルエンザ発生のリスクが高いことも警告している。このリスクはメコン・デルタ付近では特に高いという。
 MARDの副大臣であるブイ・バ・ボン氏は主要機関に、水鳥に注目し感染拡大防止対策の強化のために新たに孵化したアヒルへのワクチン接種を迅速に計画するように呼びかけている。
 動物衛生部によると、鳥インフルエンザ駆逐を宣言できる21日間の安全日程指標を越えていない地方の数は、先週の18の省と都市から12に減ってしまっている。
 この中には8つの北部の省が含まれる。この12の省と都市とは、ハイ・フォン市、バク・ギアン、ニン・ビン、ビン・フュク、ハ・ナン、ハン・イエン、タイ・ビン、カオ・バンの各省、中部の3つの省であるゲー・アン、ハ・ティン、クアン・ナム、そして南部のカン・ソー省である。
Bird Flu Still Seen as Problem Despite Better Controls Voice of America - (米国) 対策が改善されているにも関わらず、鳥インフルはいまだ大きな問題

ローマにおける三日間のFAO(国際連合食糧農業機関)主催による鳥インフル対策会議。

内容は基本的に下方のロイターと同じ。

5436 fowls culled in Thakurgaon after bird flu outbreak  The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) バングラディシュ、鳥インフル発生により、さらに5436羽の鶏が殺処分に
 26日深夜からThakurgaon市周辺で鳥インフル発生により、大量の鶏の殺処分が行われた。
Bird flu experts meet to improve strategy  Reuters India, India (インド) 鳥インフル専門家、対策戦略会議
 世界中から鳥インフルの専門家達が集まって、2003年以来、191人を死亡させてきて、そして人の間でパンデミックを発生させる可能性のある鳥インフルの効果的対策について話し合った。
 ローマにおける3日間の会議の初日となった27日、専門家達は家きんで発生した際の封じ込め戦略は、多くの地域で成功しているが、いくつかの国では広がったままで封じ込めにはほど遠い状況である、と語った。
 「この3年間、24億ドルの国際的基金が、高病原性鳥インフルの対策用に出資が約束されてきた」、と国連の鳥インフル対策調整官のデービット・ナバロ博士は語った。
 「これらの約束された出資金が払われるかどうかがが現在の課題だ」。

 2003年にアジアでH5N1ウイルスが再興してから、ウイルスの遺伝子変異によって人人感染を生じるようになる警戒感が高まっている。
 これらの変化はこれまでのところ起きてはいないが、専門家達はパンデミックの危険性は、ウイルスが広い範囲に亘って感染を広げている限り続くと警告している。
 「世界のどこかにH5N1ウイルスがいる限り、いる場所にかかわらず、パンデミック発生の脅威は続く」、とWHOのデービット・ハイマン氏は語る。
 3日間の会議の最後に、専門家達は、短期間で家きんのウイルスを封じ込め、そしてウイルスを完全に駆除するための効果的戦略を見いだすことに期待している。
 会議の主催者であるFAO(国際連合食糧農業機関)の家畜担当責任者であるJoseph Domenech氏は、家きん市場の改善が必要であると言っている。インドネシア等の市場では、鳥インフルに感染した家きんと健康な家きんが一緒になって販売されていて、全ての家きんがウイルスに感染する可能性がある状況のようだ。
 H5N1ウイルスはインドネシア、エジプト、そしてナイジェリアでは広く広がっている。
 OIE(国際獣疫事務局)の Alex Thiermann氏は、
 「各地域には文化、宗教、そして他の諸々の地域に特有な生活環境がある。もし我々がそれらを無視したなら、住民かあ反発をうける」、と地域での対策の問題を語った。
Vietnam reports suspected bird flu patient  Xinhua (新華社、中国) ベトナム鳥インフル疑い患者を報告
 ベトナム南部Bac Lieu省の40才の男性1名が鳥インフルエンザの症状を呈し入院中であることが、地元紙により26日に報道された。男性は南部ホーチミンHo Chi Minh市の熱帯 病病院で治療を受けている。この男性は、死亡したアヒルを食べた後、数日間にわたって重症の呼吸困難となっていた。男性は350羽のアヒルを飼育する農場で働いていたが、最近一部のアヒルが死亡した。現地獣医学局は、Bac Lieu省HongDan地区の3つのアヒルの群れが、過去数日間に鳥インフルエンザの症状 で死亡したことを明らかにしている。これらのアヒルは、隣のSoc Trang省で育った後、Bac Lieu省に移動されていた。男性と死亡したアヒルの検体は、H5N1鳥インフル エンザの検査が行われている。.
6月27日

New suspected bird flu case in south Vietnam Thanh Nien (ベトナム) 南ベトナムで鳥インフル疑い患者が発生
 
 Bac Lieu省の男性1名が、鳥インフルエンザによって死亡したと思われるアヒルを調理して食べた後、鳥インフルエンザの症状を発症し入院した。
 この40才の男 性は、現在ホーチミン市の熱帯病病院に入院中で、数日間にわたり重症の呼吸困難の状態にある。彼は、最近一部が死亡した350羽のアヒルを飼育する農夫の下で働 いていた。省動物衛生当局は、Bac Lieu省Hong Dan地区の3つアヒルの群れが鳥インフルエンザの症状で死亡したことを明らかにした。
Bird flu spreads to northern Bangladesh Reuters AlertNet, UK  (英国) 鳥インフル、北部バングラディシュへ拡大
 首都ダッカから北方500キロのThakurgaon地区の村で鳥インフルが発生し、5000羽の鶏が殺処分された。
Czechs report bird flu in poultry at second farm  Reuters AlertNet(英) チェコ 2つ目の飼育場の家禽での鳥インフルエンザ発生を報告
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 チェコ農業省から27日、ある飼育場で同国2番目となる鳥インフルエンザ発生が報告された。これは検査により同国初の高病原性形態の鳥インフルエンザ・ウイルスが家禽において確認されてから1週間後のことである。
 農業省によると、2番目の飼育場は高病原性H5N1ウイルス株が先週検出された七面鳥飼育場からわずか4km(2.5マイル)の観察地域の中にある。
 この首都プラハの東約150km(94マイル)にあるノリン飼育場の2万8千羽の鳥は、同地域の小規模業者の家禽と同様に殺処分されると、同省はしている。
 「特別な動物衛生上の措置を迅速に広げて更なる感染の拡大を防止します」と、農業相であるペトル・ガンダロビック氏は述べている。
 動物衛生当局筋によると、もし2番目の飼育場の家禽もヒトにとって高病原性になりうるH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに感染しているなら、検査結果は29日までに確認される見込みだという。
 「2番目の飼育場がわずか4kmしか最初の飼育場から離れていないことを考えると、こちらでもH5N1が発生した可能性が極めて高いです」と、動物衛生当局スポークスマンのジョセフ・デューベン氏は言う。
 同国で感染力の高いH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが確認されてから、ロシアとウクライナはチェコ共和国からの家禽輸入を禁止している。
 隣国のドイツでも、野鳥における9件の高病原性H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが確認されている。
 昨年はEUの13の加盟国、ドイツ・オーストリア・デンマーク・イタリア・ギリシャ・イギリス・チェコ共和国・ポーランド・スロバキア・スロベニア・スウェーデン・フランス・ハンガリーで鳥インフルエンザ症例が確認されている。
 鳥インフルエンザは東南アジア中に拡大し続け、今月はベトナムで2名を死亡させている。これは2005年以来初の死者である。
 世界保健機関によると、国際的にはH5N1ウイルスにより判明している300の症例のうちで200名近くが死亡している。ヨーロッパからは死者は出ていない。
USDA, Homeland Security urged to coordinate bird flu responses  GovExec.com, DC (米国) 米国農業省と国土安全省、鳥インフルのパンデミックにおける協同対策が不十分と

 米国農業省は家きんにおける鳥インフルが拡大し始める初期対応に責任を持ち、州や地方の行政府と連携して対策に当たるが、その後流行が国家全体の災害に拡大する可能性が出てきた場合は、国土安全省が対策の中心責任機関となると考えられている。
 しかしながら現在の農業省の計画では、その連携が十分考えられていない。 ……
Germany finds three more cases of bird flu Manawatu Standard, New Zealand - (ニュージーランド) ドイツでさらに3羽の野鳥で鳥インフルが確認
 フリードリッヒ・レフラー動物疾患研究所は、東部のザククソニ州ライピティヒ近くで3羽の白鳥がH5N1鳥インフルで死亡したのを確認したと発表。これでドイツ国内で9羽の野鳥がH5N1鳥インフルで死亡したのが確認された(8羽が白鳥、1羽がカナダガン)。
Bird flu hits Thai Binh; four provinces pronounced clean  Viet Nam News, Vietnam (ベトナム) 鳥インフル、タイビン省で発生:4省では駆除
 26日、新規鳥インフルがタイビ省(Thai Binh)で発生したことが報告された。数千羽の鶏、アヒル等が殺処分された。検査で致死的H5N1鳥インフルウイルスに感染していることが確認された。
 
発生はドンフン(Dong Hung)、ティーンハイ(Tien Hai)およびフンハ(Hung Ha)地区の4カ所のコミューンで、ワクチン未接種の家きんの間で起きた。
 一方、動物保健省は26日、4カ所の他の省で鳥インフルが駆除されたと発表した。
6月26日

Bird Flu Outbreak In Germany Ontario Now, Canada (カナダ) ドイツで鳥インフルが発生
 下記と同内容。

Bird flu found in second German state Earthtimes.org (国際) ドイツで二番目の州で鳥インフルが確認
 鳥インフルがドイツで二番目の州でも確認された。ライプチヒ近くの小さな町で3羽の白鳥が致死的鳥インフルで死亡した。先週末、6羽の白鳥がババリア州のヌレンベルクの郊外の池で鳥インフルで死亡したのが確認されている。
Indonesia Bird Flu Victim in Recovery MedIndia(印) インドネシアの鳥インフルエンザ患者が回復へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ陽性を示した3歳児が、迅速な治療によってこの死亡の可能性もある疾病から回復したと、医師が23日語った。
 この少女はスマトラ島のペカンバルの現地の病院に鳥インフルエンザの症状を訴え入院した。この少女は死んだニワトリと接触しており、このニワトリも鳥インフルエンザ陽性の検査結果が出ている。
 「ヴィヴィという名の、この少女の検査結果は22日に陽性と判明しましたが、現在は極めて順調に回復しつつあります。発熱はありませんが、もう1週間は観察を続けます」と、同病院の鳥インフルエンザ・チームのリーダーであるアジズマン・ダァド氏はAFPに語った。
 この少女はインドネシアの101番目の鳥インフルエンザ症例となる。インドネシアは世界中で高病原性のH5N1ウイルスによる最大の被害を受けた国で、現在まで80人が死亡している。
ダァド氏によると、この少女は19日に入院すると直ちにタミフルによる治療を受けたという。
Strategy to check bird flu epidemic stressed  The New Nation, Bangladesh (バングラディシュ) 長期間の鳥インフル監視態勢が必要
 ダッカでユニセフ主催の会議。
GAO: We're not ready for bird flu MSN Money  (米国)   Government Accountability Office (GAO):我が国は鳥インフル対策は十分出来ていない

Big culls 'unlikely' if bird flu comes to NZ  Stuff.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) もしニュージーランドに鳥インフルが入ってきても、大量の鳥の殺処分は効果的ではない
 環境省(Department of Conservation )の意見。
 大量の野鳥や家きんの殺処分は、周辺の健康な鳥たちへのストレスが強く、それら鳥たちの鳥インフル感受性を増すだけである。
 ニュージーランドへ鳥インフルが入ってくる可能性は低く、もし発生するとしたなら、渡り鳥や、感染していることに気づけない旅行客がもたらすと思われる。
6月25日
 

Deadly bird flu kills six wild birds, Germany says  Reuters AlertNet, UK  (英国) ドイツ、致死的鳥インフルで6羽の野鳥が感染死
 ドイツで6羽の死亡した野鳥がH5N1鳥インフルであることが確かめられたが、当局は25日、発見された南部の地域からさらに拡大する可能性は薄いと発表した。
 23日、南部のババリア州のヌレンベルクで3羽の死亡した野鳥が見つかった。検査の結果致死的H5N1ウイルスが陽性であった。さらにその後検査で陽性となった野鳥は6羽となった。5羽が白鳥で、1羽がガンである。
 当局では最近鳥インフルの発生が報告されている隣国のチェコ共和国から広がってきた可能性があるとも説明している。
Country free of bird flu, says ministry New Straits Times(マレーシア) マレーシア厚生省が同国からの鳥インフルエンザ駆逐を宣言
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 マレーシア厚生省は、同国からの鳥インフルエンザ駆逐を宣言した。
 同省の政務次官であるダツク・リー・カー・チューン氏は、過去数日間に新たな鳥インフルエンザ症例は発生していないとしている。
 「我が国では過去2週間、誰もH5N1ウイルスに感染していません」と、同氏はバヤン・バルのサンシャイン広場でのナー・サジャヘトラ計画の開会式で昨日述べた。
 それに先立ち、リー氏は政府系病院で毎年4万件のガンの症例が報告されていると述べた。
 「ガンの症例は増加傾向で、その31%は乳ガンです。
 乳ガンは最大の婦人病なのです」
 同氏によると、ガンは政府系病院で報告される疾病のなかで第3位の数に上る。
 しかし多くの女性はまだ乳ガン検査を受けていない。
 女性の検査に関する認知度を向上させる必要があります。なにも恥じることはありませんし、早期発見で命が助かることもあるのです」
 同氏は、女性・家族・地域社会開発省が女性向けの50マレーシア・リンギット補助金計画を開始したことに触れている。これは 同国の病院で乳ガン検査を受けるためのものである。
 「乳ガン検査を進んで受ける女性が増えることを願っています」
Deadly bird flu strain resurfaces in Germany  Reuters AlertNet, UK (英国) 致死的鳥インフルウイルス、ドイツで検出
 下記とほぼ同様内容。

Three cases of H5N1 bird flu confirmed France24, France  (フランス) H5N1鳥インフルが3羽の野鳥で確認


 水鳥に触れたり、餌を与えないように!
 犬はつないでおくように!

 3羽の野鳥がドイツで致死的H5N1鳥インフルにより死亡したことが、24日南ドイツのヌレンベルグ市の当局者から発表された。
 当局者がAFPに語ったところでは、死亡した2羽の白鳥と1羽の雁からH5N1ウイルスが検出された。さらに死亡した他の野鳥に関しても検査をしている。



Deadly bird flu strain resurfaces in Germany The Dominion Post, New Zealand (ニュージーランド) 致死的鳥インフルがドイツで再興
Three cases of H5N1 bird flu confirmed in Germany  ABCmoney.co.uk, UK  (英国) ドイツでH5N1鳥インフルが3羽の野鳥から検出
Bird flu found in Germany  NewKerala.com, India  (インド) ドイツで鳥インフルが発生
Several cases of bird flu discovered in southern Germany  Pravda, Russia  (ロシア) 南ドイツで鳥インフルが数羽の野鳥で検出
6月24日

Bird flu spreads in Bangladesh, more chickens culled Reuters (国際) 鳥インフル、バングラディシュで拡大、さらなる鶏の殺処分に
 北部に広がった鳥インフルのために、この6日間で78000羽の鶏を殺処分したことが当局から24日発表された。
 H5N1鳥インフルウイルスは最初3月にバングラディシュ中央の首都ダッカ近郊で検出されたが、それ以来北部へ拡大している。
 直近の発生はダッカの北方400キロの Lalmonirhat地区の3農場で起きている。
Bird flu found in southern Germany  The Age, Australia (オーストラリア) 鳥インフルが南ドイツで確認
Several cases of H5N1 bird flu found in southern Germany in first ... International Herald Tribune, France  (フランス) ドイツ南部で数羽の野鳥からH5N1ウイルスが検出
 AP
 23日、ドイツ南部ババリア地方の2カ所の湖で、死亡した7羽の鳥からH5N1ウイルスが検出されたことがヌレンベルグ市当局から発表され、猟犬を放し飼いにしないように注意を促すとともに、水鳥に近づかないように住民に呼びかけている。
 発表では白鳥5羽、アヒル(またはカモ?)1羽、および雁1羽で検査の結果H5N1ウイルスが陽性であったとされる。
 ドイツでは今年初の事例である。

 昨年EUでは13ヵ国で鳥インフルが発生している-オーストリア、デンマーク、ポーランド、イタリア、ギリシャ、英国、ドイツ、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア、スエーデン、ハンガリー、そしてフランス。
 鳥インフルは今月初めにチェコ共和国で発生が報告され、また今年の初めにはEUの他の地域で発生している。
 鳥インフルは渡り鳥の飛行ルートに沿って広がると考えられている。
4-year-old boy becomes Egypt's 37th case with deadly bird flu strain International Herald Tribune, France  (フランス) エジプト、4歳少年37人目の致死的鳥インフル感染者に
 AP
 エジプト国営通信は23日、4歳の少年が同国で37人目の致死的鳥インフル感染者となったことを発表した。
 この新規事例は南部のケナ州で発生したが、2日前にカイロの病院に入院したと、保健省は同報道を通じて発表している。
 「初期の感染源に関する調査では、死亡した鳥との接触が原因と考えられている」、と保健省の発表では伝えられ、また治療を受けている少年の容態は安定していると付け加えられている。
 エジプトの鳥インフル発病者は37人となり、そのうち死者は15人である。死者の大多数は放し飼いで鶏や七面鳥を飼育している家庭の女性か少女であり、彼等は毎日家きんに接触していた。
Egyptian boy tests positive for bird flu - report Reuters AlertNet, UK (英国) エジプトの少年、鳥インフル発病
 エジプトの4歳の少年がH5N1鳥インフルウイルスに感染していることが確かめられ、同国で37人目の感染者となったことが、23日国営通信から発表された。
 少年はケナ州に住んでいて、鳥インフルに感染している疑いのある鶏に接触した後、高熱を呈して21日入院した、と同通信は保健省の発表として伝えた。
 少年はカイロの病院に入院しているが、状態は安定しているとされる。
 エジプトではこれまで15人が死亡している。
6月23日


Indonesian girl from Sumatra has bird flu -official Reuters AlertNet, UK - (英国) インドネシア、スマトラの少女が鳥インフル発病
 スマトラの病院で治療を受けている3歳の少女が検査でH5N1鳥インフルであることが確認された、と保健省が発表。
 少女は Riau州の Rumbaiの町に住んでいたが、20日に発病し、州都のPakanbaruのArifin Achmad病院で治療を受けている。
 少女は死んだ鶏と接触した既往があり、状態は回復しつつあると保健省では発表している。
Indonesian girl suffers bird flu  Xinhua, China (中国、新華社) インドネシアの少女、鳥インフル発病
 インドネシアの Riau州の4歳の少女が検査で鳥インフル発病が確認されたが、治療開始が早かったため、回復しつつあると23日、医師団が発表した。
 少女は州都PekanbaruのArifin Achmad病院に数日前に、高熱で入院した。彼女の家族は少女が死んだ鶏を触ったことがあることから、鳥インフルエンザを発症したことを疑った。
 「少女は鳥インフルエンザ病棟で治療中であるが、治療の開始が早かったため回復してきている」、と病院の鳥インフルエンザ専門チームの責任者が語っている。
 この最新の事例でインドネシアの鳥インフル患者数は101人となり、そのうち死者数は80人となっている。
Indonesia says plans to use human bird flu vaccine Reuters AlertNet (英国) インドネシア政府、人用鳥インフルワクチンを使用する計画を発表

 インドネシア政府は人用H5N1ウイルスワクチンが7月には準備出来ると22日発表した。
 WHOではまず備蓄用とすることを求めているが、インドネシア政府はすぐに人に用いる予定のようだ。保健相のSiti Fadillah Supari は、WHOのアドバイスは、(世界で最も多くの犠牲者を出している)インドネシアの場合は現実的ではないと語っている。

 「WHOはまず備蓄せよ、と我々にアドバイスしている。それはいまだ人での感染者が出ていない先進国では意味があるだろうが、我が国では人の発病者が出ていて、それとの戦いの最中なのだ。製造ワクチンの備蓄など、もはや考えられない」、と保健相は語っている。
 WHOの当局者はコメントを控えている。
 保健相はワクチンの臨床試験は間もなく終了し、米国のバクスター社と共同して作成したワクチンが7月までには使用できるように準備される、と語っている。

 インドネシア政府とバクスター製薬は、本年2月にワクチン製造について合意している。合意内容では、インドネシア政府が分離ウイルスをバクスター社に提供し、バクスター社側がワクチン製造技術をインドネシア側に提供することになっている。
 「昨年のカロで発生したような集団発生が起きたとき、人人感染がすぐには明確でないとしても、インドネシアはウイルスの拡大を防ぐためにワクチンを投与する権利をもっている」、と同相は昨年のスマトラで起きた事例を引き合いに出して説明した。
 世界で最も大きな人での鳥インフルエンザのクラスター発生(集団発生)は、北スマトラ州のカロ地区で発生した。その際7人の家族メンバーが死亡した。この家族内発生は、ウイルスが人人感染するように変異した脅威を引き起こした。
 鳥インフルは現在、主として動物の感染症であるが、専門家達はウイルスが変異して容易に人の間で感染するようになり、世界で数百万人死亡する規模のパンデミックを引き起こすことを警戒している。現在のH5N1鳥インフルは世界で2003年以来191人を死亡させている。
 インドネシアでは、100人の確定された患者が発生していて、そのうち80人が死亡している。
 インドネシア政府は先進国が製造したワクチンは、実際にパンデミックが発生した場合、途上国には提供されることは出来ないだろう、とこれまで不満を呈していた。

 4月、WHOはどんな鳥インフルパンデミックが発生したとしても、途上国が使えるワクチンを世界で6000万人分備蓄する計画を発表している。

 専門家達によると患者の治療には、スイスのロッシュ社が製造しているタミフルによる初期の治療が最も効果的とされる。
 さらに同相は、インドネシアのウイルス株はタミフルに対する感受性が低いという研究結果に対して、真っ向から否定した。*昨日カナダ系報道が発表している。
 メディア情報によると、オーストラリアの研究者が、インドネシアのH5N1ウイルス株は20~30倍タミフルに対する感受性を減じていて、高度の耐性株になっていると研究報告している。
 「インドネシアの株はタミフルに十分感受性がある」、と同相は強調している。


Government says tests indicate bird flu virus in Togo International Herald Tribune, France  (フランス) トーゴ共和国、政府がH5N1鳥インフルの発生を確認
 他報道で既報内容。

Bird flu resurfaces in Vietnam  Boston Globe (米国) ベトナムで鳥インフルが再興

 鳥インフルがベトナムで激しい勢いで再興した。--1年半の間、人での発生が無かったにも関わらず、数週間で5人が発病した。
 専門家は、この息を吹き返したような激しい発生は、H5N1ウイルスが根強く広がっていることの現れで、いつでも人を発病死させ得ると語る。
 ウイルスは他の地域でも感染を広げている: 今月だけでも、中国、エジプト、そしてインドネシアで人々が発病している。
 さらにミャンマー、マレーシア、そして遠く離れたチェコ共和国でも、家きんにおける発生が起きている。

 先にH5N1鳥インフルエンザを封じ込めたとして、アジアの模範的国家として賞賛されたベトナムであるが、2005年11月以来初の人の感染者を先月確認した後、予期せぬ鳥インフルエンザの発生が続いている。2名が死亡し、2名が回復、そして1名が重体である。
 「鳥インフルエンザはいつも、ゆっくりと知らず知らずのうちに拡大してゆくが、今回は一気に拡大している。我々はそれがなぜか分からない」、とWHO西太平洋地域事務所の報道官である Peter Cordingley氏は戸惑いの発言をしている。「人々が警戒を緩めたからだろうか?それをまず最初に考える必要があるかも知れない」。
 2003年遅くにアジア中で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが流行しだしたとき、ベトナムは何等対策を講じれなかった。数十人の人々の死亡を招き、多くの家きんの死亡と殺処分で膨大な経済的損失を被った。それから国家的鳥インフルエンザ対策として、全家きんのワクチン接種のキャンペーンが始まった。
 計画は順調に進行し、本年初めに家きんの間でウイルスが再興するまで2006年中、鳥インフルエンザの発生は皆無だった。直近の再興はこの5月に始まった。そして18省に広がり、20万羽以上の家きんの死、または殺処分を余儀なくされている。
 4名の発病者は北部で、1名は中央ベトナムで、同国の死者数は44人となっている。
 「ウイルスは現在、いつでも人に感染することが出来る」とWHOベトナム事務所の代表者であるHans Troedsson氏は警告し、さらに「なぜそれが今、5月に起きたのか、1月や2月で無いのか、全く疑問だ」と首を傾げる。

 農業省の当局者は、最近の発生の多くはワクチン未接種のアヒルが原因であると語る。3月に政府は水棲家きんの孵化と飼育の禁止を解いた。それにより多くのアヒルの子の養殖が行われ、ワクチン未接種のまま輸送されるようになった。ワクチン接種は、ウイルスの拡大を防ぐが、アヒルは毎年ワクチンを接種して免疫を維持する必要があるため、確実な結果を得る方法とは言えない。
 「それはアヒルのせいであり、アヒルが水田の中を動き回り始めたせいである。これらの事実が今回の鳥インフルエンザ発生の高まりの大きな原因である」、とベトナムのFAO(国際連合食糧農業機関)代表のAndrew Speedy氏が語っている。
 同氏によると、ベトナム政府は鳥インフル対策の強化を維持し続けていて、2億羽用のワクチンをさらに購入したとされる。首相は、多くの国民が鳥インフルエンザに対する脅威感を失っている故、当局者達に、警戒感を高めるよう新しい指示をだした。
 「人々はウイルスが再び彼等の村に戻ってくるとは考えていない」、と動物保健局の副長官のHoang Van Nam氏が語っている。「以前流行したとき、我々はそれを完全にコントロールしたことから、人々は我々を信頼し過ぎている」。

 WHOによると、H5N1鳥インフルエンザは世界で少なくとも191人以上死亡させている。ベトナムで最近発生した事例は、WHO関連機関でウイルスの確認をしていないことから、WHO統計に加えられていない。ウイルスは簡単には人に感染しないが、専門家はウイルスが変異して人の間に感染拡大することを警戒している。
 

Togo Confirms Country's First Bird Flu Outbreak Voice of America  (米国) トーゴ共和国、初の鳥インフル発生を確認
 ガーナ国境近くで3番目の発生が確認された1日後、最初の発生鳥インフルがH5N1ウイルスによるものであることが確認された。
6月22日

Togo confirms H5N1 bird flu virus at poultry farm Reuters AlertNet, UK  (英国) トーゴ共和国、家きん農場でH5N1ウイルスを確認
 6月18日に報告済みのアフリカのトーゴ共和国での鳥インフルはH5N1ウイルスによるものと確定。
 半商用養鶏場で2000羽の鶏が突然死亡した。
Indonesian bird flu Tamiflu resistant Globe and Mail, Canada (カナダ) インドネシアの鳥インフルウイルスがタミフル耐性に
 オーストラリアの研究者、Jennifer McKimm-Breschkin博士がトロントで開かれている「感染症会議」で、インドネシアで分離されているH5N1鳥インフルウイルスが、2,3年前にカンボジアで流行していた株に比較して、20~30倍、タミフルに感受性が低いことを、実験室内の分析で確認した事を発表した。
Indonesian bird flu viruses less susceptible to Tamiflu, scientists report  CBC News(カナダ) インドネシアの鳥インフルエンザ・ウイルスにはタミフルの効果が低いと科学者が報告
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 オーストラリアの研究者によると、インドネシアのH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスには過去の一連のH5N1ウイルス系列よりも抗ウイルス剤タミフルの効果が明確に低いという。
 ジェニファー・マッキム-ブレシキン氏によると、インドネシアの鳥インフルエンザ・ウイルスへのタミフルの効果は、2,3年前にカンボジアで流行していたH5N1ウイルスへのものに比べ20倍から30倍低いという検査結果が出ているという。
 トロントの感染症会議に出席しているマッキム-ブレシキン氏は、この発見はいい知らせではないとしている。
 また同氏は、これによりインドネシアでのH5N1による多数の死亡例の説明がつくかもしれないとしている。インドネシアでは鳥インフルエンザにより感染した100名のうち80名が死亡している。
 世界保健機関のある科学者によると、鳥インフルエンザ・ウイルスに感染したインドネシアの人たちにとってタミフルの効果が低い事の影響がどの様なものになるかは明確でないという。
フレデリック・ヘイデン博士は、オセルタミビルによるH5N1の患者の治療が成功するか否かは、感染から投薬開始までに時間がどれだけ経過したしたか等、多くの要素が関係しうるとしている。

Bird Flu found in Czech turkeys Euronews.net, France チェコ共和国で鳥インフルが発生

 数千羽の七面鳥が農場で鳥インフルが発生したため、殺処分が余儀なくされた。
 すでに1500羽以上の七面鳥が、人へも危険性を有する可能性のあるH5N1ウイルスで死亡した。残っている6000羽も殺処分される予定になっている。そのためのコスト7万ユーロは農場所有者が支払う。

 当局の話では、この農場から感染した七面鳥は1羽も市場には出荷されていないとされる。
 東部のUsti nad Orlici近くの農場は閉鎖され、半径3キロ、と10キロの安全境界線が設けられた(予防域と監視域)。



Bird smugglers under tight watch to stop deadly virus The Standard, Hong Kong  (香港) 致死的ウイルス侵入阻止の為に、鳥の密輸の監視強化
 今年に入って香港では10羽の鳥からH5N1ウイルスが検出されている。
 密輸を含めて対策が強化される。
 2日間に亘る、健康、動物と植物の検疫、および食品安全対策について、香港とその周辺地域の代表者の会議が開かれ、香港の保健庁長官のYork Chow Yat-ngok が語った。
6月21日

Czechs cull turkeys after H5N1 bird flu outbreak Reuters AlertNet, UK (英国) チェコ共和国、H5N1鳥インフル発生を確認後、七面鳥の殺処分に
 21日、七面鳥で発生した鳥インフルはH5N1ウイルスによるものであることが確認され、七面鳥の殺処分が行われる。
Second type A/H5N1 patient dies VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) H5N1鳥インフルで治療中の2番目の死者が発生

Vietnamese woman dies of bird flu, second death in two weeks  International Herald Tribune(仏) ベトナム人女性が鳥インフルエンザで死亡 この2週間で2人目
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 28歳女性が鳥インフルエンザのために21日死亡した。これによりベトナムではこの2週間で2人目の鳥インフルエンザ・ウイルスによる死者となったと、当局筋が語った。
 ファン・ティ・スエンさんはハノイ熱帯疾病病院で死亡した。これはH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスによる症状を訴え入院してから13日後のことであると、同病院副院長のグエン・ホン・ハ氏は語った。
 スエンさんがハノイの南60kmのハ・ナムの自宅で発病したのは、病気の家禽と接触した後のことだった。ベトナムの検査施設による検査結果によりスエンさんがH5N1ウイルスに感染していたことが確認された。
 ベトナムは2005年11月以降は鳥インフルエンザによるヒトの死亡が報告されていなかったが、6月10日にハ・テイ省の男性がハノイの病院で亡くなった。この20歳男性の家族は20数羽の闘鶏とアヒルを育てていたと、ベトナムの報道機関は報じている。
 スエンさんはベトナムでの44番目の鳥インフルエンザによる死者となった。入院したのは6月8日であった。
 5月22日以降にベトナムでは5名が鳥インフルエンザに感染しており、うち2名が回復し1名は入院中、2名が死亡となっている。
 鳥インフルエンザは依然としてヒトには感染しにくいが、このウイルスがヒトの間で容易に感染する危険な形態に変異し百万人単位のヒトを死亡させかねないパンデミックを引き起こす可能性があることを専門家は恐れている。
 鳥インフルエンザはベトナムの家禽に猛威を振るい、5月以降で全国の18の省に被害を与え20万羽近くの家禽を死亡させるか殺処分に追いやっている。この家禽の内の96%はアヒルである。
 当局は最近の流行の波を、地方当局のウイルス対策の怠慢のせいとしている。世界保健機関によれば、世界中で少なくとも191名が死亡している。
Roche's Chugai to carry out research into Tamiflu and behavioural ... Forbes, NY (米国) ロッシュ社と中外製薬、タミフルと行動異常の因果関係を調査に

 中外製薬は親会社のロッシュ製薬と、小児や10代の子供達の間で起きている、タミフル服用後の異常行動に関して新規臨床試験で原因を確かめる
 日本の関係当局によるとタミフル服用後に100人以上が異常行動を呈し、何人かはビルから飛び降りたり、車にはねられたりして死亡している。
 研究はボランティアで行われ、次のインフルエンザ・シーズンまでに完了する。
 日本は世界のタミフル製造量の60%以上を消費している。昨年米国のFDAが日本での死亡例に関して調査分析を行っているが、タミフル服用と死亡例との間の因果関係を認めなかった。

Czechs discover first bird flu outbreak in poultry Reuters AlertNet, UK (英国) チェコ共和国で初の鳥インフルが家きんの間で発生
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 鳥インフルエンザ発生を受け、チェコ共和国東部の農場で動物衛生当局者は21日に6000羽の七面鳥を殺処分すると、国家動物衛生監督局が述べた。
 軍や警察そして動物衛星職員はプラハの東150kmのチソヴァの村にある問題の飼育場の周囲に半径3kmおよび10kmの2つの隔離地域を設定したとしている。
 同局動物保護部長のズビネック・セメラド氏は、今回のウイルスがヒトに対し高病原性であるH5N1であるかどうかは、まだはっきりしていないとしている。
 「H5タイプであることは判っていますが、それ以上はまだ不明です。検査結果は午前10時(グリニッジ標準時で午前8時)頃に判明します」と、同氏はロイターに語った。チェコでは、この春に白鳥からH5N1が検出された例が数件あるが家禽についてはまったく記録がない。
 H5N1ウイルスは依然として主に鳥のウイルスであるが、ヒトからヒトへ簡単に感染する形態に変異し大流行になりかねないと、専門家は恐れている。
 今のところヒトへの感染例の大半は感染した鳥との直接・間接の接触にさかのぼるもので、数億羽の鳥が死亡したり殺処分されたりしている。
 鳥インフルエンザは東南アジア中に拡大している。ベトナム当局は今月19日に、2人目の死者を報告している。

Vietnam to test homegrown bird flu vaccine The Standard, Hong Kong - (香港) ベトナム、自国製ワクチンの臨床試験に
 ベトナム政府は来月から、米国の支援のもとに自国製の鳥インフルワクチンの臨床試験を開始する。20~30人のボランティアを対象に、安全性と、抗体産生能力を評価する。米国から1億円の支援金が出ている。
 
 米国のバクスター製薬も来月から鳥インフルワクチンの臨床試験を、香港とシンガポールでインドネシア株を用いて行う。
First bird flu virus emerges in Czech Republic Xinhua, China  (中国) チェコ共和国で初の鳥インフル発生
 チェコ共和国で初めて鳥インフルエンザが家きんの間で発生した。20日、国家獣医局が発表した。
 東部ボヘミアの Usti nad Orliceで七面鳥の間でウイルスが確認されたが、詳細な結果は21日にでる予定とされる。
 6000羽の七面鳥のうち1800羽が死亡し、残りは殺処分される予定となっている。
 発生地域から3キロ以内が予防地域、10キロ以内が監視地域とされた。
6月20日

Bird flu hits Aflao Joy Online(ガーナ) アフラオ(ガーナ)で鳥インフルエンザ発生
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ロメ付近の国境の町アフラオで新たな鳥インフルエンザの症例が見つかったことで、約1100羽の鳥が殺処分された。
 アフラオの家禽飼育業者が病気になった鳥をアックラの動物衛生検査施設に検査のために持ち込み、動物衛生部は鳥インフルエンザ・ウイルスを検出した。これらの鳥は先週13日から死亡し始めたが、鳥インフルエンザの症状は見せていないと報道されている。
 ボルタ地区動物衛生監督官のベン・アニワ博士はJoy Newsに対し、鳥インフルエンザが同地域の他の場所に拡大しないようにするための措置は既に取っていると語った。
 「抑制措置を既に開始しています。約1100羽の鳥と付近の他の全ての鳥の殺処分をしました。我々は高度の警戒態勢をとり、可能な限り短期間に鳥インフルエンザを制圧できるようにしています」と断言した。
 ボルタ地区は、大アックラ地域のテマとアハロ地域のブロングで鳥インフルエンザが発見された後に被害を受けた3番目の地域となった。
Bird flu found in Siberian ducks  ImediNews, Georgia (グルジア) シベリアのカモで鳥インフルが検出
 シベリアの4地域で野生のカモでH5N1ウイルスが検出されたと、ロシア農業省は19日語った。
 当局者の一人はItar-Tassに、ウイルスはカモだけに広がっていて、家きんの間では見つかっていないと語っている。
 これらの野生のカモは感染した鳥からウイルスが感染したか、または元々ウイルスを保有していたかは不明である、と説明されている。
 47羽の検体からウイルスの遺伝子が検出あれ、血液からウイルスに対する抗体が見つかっている。
Roche, Chugai to Conduct New Trials for Tamiflu  CNBC, NJ  ロッシュ社と中外製薬、新規タミフル臨床試験に
 
 スイスの製薬企業のロッシュ社と日本の提携会社の中外製薬は、インフルエンザ薬タミフルに関して、新規基礎的研究と臨床試験を行う。
 タミフルは現在日本で異常行動を発現させる可能性があることから、厳重な調査が行われている。
 今年早くに、日本の厚労省は、タミフル服用により若い十代の子供達がビルから飛び降りる新規事例があったことから、タミフルを十代の子供達に処方することに警告を発した。
 厚労省は同時にタミフル服用と精神的問題との間に因果関係があるのか調査をすると発表した。同省は先に因果関係はないと発表している。

 ロッシュ社と中外製薬はタミフル服用と精神神経症状の間には明確な関係はないと説明し、医師達はインフルエンザ自体がそのような異常行動の原因となり得ると語っている。
 タミフルは日本で広く使われており、中外製薬の評価ではこれまで3500万人が服用しており、それは世界の70%に相当する。
 他の国では、保険が適用されないことも多いため、処方量は少ない。それはパンデミック・インフルエンザ発生の際の最初の予防手段と考えられ、多くの国で備蓄されている。
 
 2001年初期から本年4月12日までの期間、日本ではタミフル服用により8人が異常行動により死亡している。さらに服用後70人が死亡している。26人がビルまたは他の高い場所から飛び降りているが22人は十代である。

 中外によると、研究は12~30人のボランティアの協力で行われ、本年の12月までに終了する。暫定的報告は9月末までに行われる。
6月19日

OIE Says S. Korea Free Of Avian Influenza  CattleNetwork.com(米) 国際獣疫局が韓国からの鳥インフルエンザ駆逐を宣言
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 国際獣疫局(OIE)は韓国を、鳥インフルエンザ駆逐国に分類した。
 OIEが確認したところでは韓国では過去3ヶ月間に鳥インフルエンザの発生が全くなく同国の家禽輸出再開への道が開かれたと、AFPが報じた。
 韓国は主に家禽を、日本、香港そして台湾に輸出している。
 2006年11月から2007年3月にかけて韓国は7例の鳥インフルエンザ感染例を報告し、その結果として約300万羽のニワトリとアヒルを殺処分している。
Veterinarians Could Be First to Get Bird Flu  Forbes, NY 鳥インフルに罹患するのは獣医が最初の可能性
Veterinarians Could Be First to Get Bird Flu  Washington Post, United States  (米国) 鳥インフルに罹患するのは獣医が最初の可能性
 鳥インフル対策で働く獣医師は鳥インフルウイルスに感染のリスクが高い。米国の研究者達は、獣医達もパンデミック・インフルエンザワクチンや抗インフルエンザウイルスを流行当初に投与される優先者であると、発表した。
 アイオワ公衆衛生大学の研究者チームは、鶏、アヒル、七面鳥、ガチョウ、ウズラ等の調査研究をしている米国の獣医グループから血液サンプルを採取した。
 研究者達は、それら獣医達の血液中にH5,H6,H7亜型株ウイルスの抗体を検出した。こうした抗体価の上昇は、獣医達がこれまでにこれらウイルスに感染したことを意味している。
 これらの弱毒性の鳥インフルは、米国内でしばしば野鳥や家きんの間で流行する。しかし専門家達はアジアで流行している致死的H5N1ウイルスは、変異して人人感染を生ずるようになり、世界的パンデミックを発生することを警戒している。
 「獣医やその他の関係者達は、しばしば感染した鳥に濃厚接触し、パンデミック・ウイルス株に最初に感染する可能性が高い」、と
職業環境保健を研究している博士課程学生であるKendall Myersは、発表論文の中で主張している。
 「彼等は感染した鳥インフルを家族や地域へ拡大させる可能性がある。それ故、我々は獣医達もパンデミック・インフルエンザワクチンや抗インフルエンザ薬投与の優先権があると考える」
 この研究は7月1日発行の「journa lClinical Infectious Diseases」に掲載される。
6月18日

Bird flu spreads in Bangladesh, more fowls culled Reuters AlertNet(英) バングラディッシュ国内で鳥インフルエンザが拡大 家禽の殺処分広まる
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 バングラディッシュで鳥インフルエンザが新たな地域に拡大し、当局は7000羽のニワトリの殺処分を強いられていると、当局筋が18日語った。
 首都ダッカの北西300km(188マイル)のジャイプラート地区の2つの飼育場でH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが検出された後、感染したニワトリは埋却された。
 最近の殺処分では、3月にダッカ近辺で初めて鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されて以降、14地域の68の飼育場で約172000羽のニワトリが死亡させられ、160万個以上の玉子が廃棄された。
 ヒトへの感染例はこれまで報告されていない。
 流行の開始以降で、11万以上の飼育場が既に調査され1億3300万羽のニワトリにワクチン接種がされていると、漁業・家畜省では発表している。
 バングラディッシュには12万5000軒以上の家禽飼育場があり、2億5000万羽のブロイラーと60億個の玉子を年間に生産している。
約400万人のバングラディッシュ国民は、直接・間接に家禽飼育に携わっている。
HK market shut down amid fears of bird flu outbreak  The Brunei Times(ブルネイ) 鳥インフルエンザ発生の恐怖の中、香港の市場が閉鎖される
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 一羽のムクドリが高病原性H5N1鳥インフルエンザ陽性という検査の結果により鳥インフルエンザ発生の恐怖に襲われ、香港の鳥の市場が閉鎖されている。
 当局によれば、先の土曜日に人気の観光名所である同市場は洗浄と除染が完了するまで一時的に閉鎖されることになり、従業員は医療観察措置下に置かれた。
 ムクドリが見つかったペットショップの全ての鳥は、検査のために押収された。
 感染症専門家のLo Wing-Lok氏は、同市場は「決定的証拠」だと言う。
今 年香港で発見されたH5型インフルエンザ・ウイルス検体の約60%は、この市場の付近で見つかったものであると、同氏はSouth China Morning Post紙に述べている。
 香港は、1997年に世界初の大規模な鳥インフルエンザのヒトへの感染が報告された地であり、この時には6名が死亡している。
当局によれば、数羽の死亡した鳥が見つかり鳥インフルエンザ・ウイルス陽性と判明した後、この市場の周囲の地域の監視体制を強化したという。
 衛生部スポークスマンは市民に対し警戒態勢をとるように警告している。「野鳥や生きた家禽と接触することは避けるべきで、接触してしまったら完璧に手を洗うべきです」としている。
 同部は、この市場を訪れたり同地域で鳥と密な接触をした人なら誰でも衛生上のアドバイスを受けられるホットラインを解説している。この市場は一般に「バード・ガーデン」として知られている。
Togo investigates suspected outbreak of bird flu Reuters AlertNet, UK (英国)  トーゴ共和国で鳥インフル発生の疑い
 トーゴ政府は17日、家きん農場で突然大量の鳥が死亡し鳥インフル発生の疑いがもたれていると発表した。
 隣国のガーナでは5月にH5N1鳥インフル発生が報告されている。
 発生農場は首都ロメから東に45キロのSigbehoueの半養鶏場で、わずか2日間に飼育3000羽の鶏のうち2000羽が死亡した。
 残りの家きんは殺処分され、農場は閉鎖された。
 ウイルス検査は地域の研究所で行われている。

                 

Race to find owner of H5N1 bird  The Standard, Hong Kong (香港) 香港、H5N1ウイルス感染鳥の飼育者を探索

香港の繁華街のペット・ガーデンのペット店で見つかったH5N1ウイルス感染鳥のシベリアムクドリ。

香港農業庁の当局者達は、この鳥を店に置いていった飼育者を探している。

感染症専門家のLo Wing- lok 氏によると、シベリアムクドリは元来渡り鳥としての性格を持っているので、この感染鳥の所有者がどこにいるのか重要だ。
 「所有者は既に感染しているかも知れない、そして医学的処置が施されなければ状況はさらに悪くなる可能性もある。所有者と接触した人々も発病の危険性がある。この所有者を見つけだすことが、今回検出のウイルスの感染源を突き止める鍵となっている」、と同氏は語っている。

6月17日


鳥インフル感染で死者=ベトナムで1年5カ月ぶり 時事通信 
 ベトナム通信は16日、20歳の男性がH5N1型の鳥インフルエンザウイルスに感染して死亡したと伝えた。ベトナムで同ウイルス感染による死者が出たのは、2005年11月以来1年5カ月ぶり。これで同国での鳥インフルエンザ感染死者数は累計で43人となった。(写真は生きた鶏をケージに入れて、オートバイで北部フンエン省の市場に運ぶ農民、2007年6月3日撮影)
 同通信によると、この男性は首都ハノイに隣接するハタイ省の出身で、6月2日に同ウイルスに感染していると診断され、その6日後にハノイの国立感染熱帯病病院に移されたが、6月10日に死亡した。ほかに4人の同ウイルス感染が報告され、うち2人はすでに回復し、もう2人は現在、治療を受けているという。死者1人を含むこれら5件の感染例は、これまでのところ世界保健機関(WHO)によって正式に確認されていない。
 ベトナムでは一時、鳥インフルエンザが猛威を振るったが、大々的なワクチン接種キャンペーンや鶏数百万羽の殺処分などでウイルスの封じ込めに成功していた。しかし今年になって、多くの養鶏場でウイルス感染が起きている。とくに人口密度の高い北部紅河デルタ地域で感染が目立っている。
タミフル、日系企業の6割が備蓄=鳥インフル対策で-インドネシア 時事通信
 鳥インフルエンザの感染拡大が続くインドネシアで、現地の日系企業の約6割がインフルエンザ治療薬「タミフル」を既に備蓄していることが17日明らかになった。日系企業の間で鳥インフルエンザ対策が着実に浸透していることがうかがわれる。
 時事通信が現地日系企業を対象に実施した調査によれば、現時点で駐在員や家族または従業員用にタミフルを「準備済み」との回答は58.5%に達した。また「検討中」との回答も10%に上り、7割近くの企業がタミフル備蓄に前向きに取り組んでいる実態が分かった。ジャカルタの日本大使館は各企業にタミフルの準備を進めるよう呼び掛けている。
Bird tested positive for H5N1 strain of bird flu in Hong Kong International Herald Tribune, France (フランス) 香港でH5N1ウイルス感染鳥が検出
 香港政府は17日、致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたため、愛玩鳥市場を閉鎖した。
 
 定期的ペット店での鳥の排泄物検査で致死的H5N1ウイルスが検出された。ウイルスが検出されたのはシベリアムクドリ。
 当局の発表によると検体は6月4日に採取されたもので、香港の繁華街の、愛玩鳥とその関連商品を売る店が70店舗集まる”バードガーデン”の一件の店からのものである。同店の全ての鳥は処分された。
 香港行政府はバードガーデンを閉鎖し、清掃と消毒を指示した。
 全ての店舗の店員は健康状態の監視下に置かれた。
 香港では毎月愛玩鳥販売店からの200検体以上について鳥インフルウイルス検査をしている。昨年は3000検体集められたが陽性を示した検体は無かった。
<鳥インフルエンザ>ベトナムで新たな犠牲者を確認、2005年以来初  AFPBB News
 AFP
 ベトナム国営メディアは16日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)による新たな死者を確認したと報じた。同国での死者は2005年11月以来で、これで43人目。
 犠牲となったのは北部のハータイ省(Ha Tay)に住む20歳の男性で、10日にハノイ(Hanoi)の国立病院で死亡が確認されたという。
 ベトナムはかつて世界で最も鳥インフルエンザによる被害が深刻な国だったが、大規模な予防接種や家禽(かきん)の処理、および啓発キャンペーンによって被害は収束していた。2007年に入り、人口の多い北部を中心にウイルスが再び猛威を振るいはじめている。
Man dies of bird flu in Vietnam BBC News, UK (BBC放送、英国) ベトナムで男性が鳥インフルで死亡

AFP  ベトナムで男性が鳥インフルで死亡し、2005年以来初の鳥インフルによる死者となったことが保健当局により確認された。

 国営通信によると北部のHa Tay省で20歳男性が死亡した。
 鳥インフルはベトナムで43人を死亡させ、そして国内の家きんの間で急速にウイルスが拡大していることから、人への感染の危険性を当局は警告していた。
 ベトナムでの最近の鳥インフル発病者5人(今回の事例を含む)はWHOによって確認はされていない。
 2人は回復し、他の2人は治療中であると、ベトナム当局では説明している。

パンデミックの恐れ

 今回の患者は、この5月以来5例目の発病者となったが、6月10日に死亡した。
 患者は6月2日に発病し、ハノイの国立伝染病・熱帯病病院(National Contagious and Tropical Diseases Hospita)に入院後2日で死亡した。
 国営通信によると、彼の家族は闘鶏とアヒルを飼育していた。
 
 5月、ベトナム政府は致死的H5N1鳥インフルの先の流行を封じ込めた2005年11月以来、初の人の感染者を報告した。

 WHO統計によると、H5N1鳥インフルウイルスは、2003年以来190人以上を死亡させている。インドネシアでの死亡者数が80人と最も多い。
 専門家達はウイルスが変異して人人感染を容易に生じるようになり、世界的パンデミックが起きることを恐れている。

Vietnam reports first human bird flu death since 2005  Global National, Canada (カナダ) ベトナム、2005年以来初の鳥インフル死亡者を報告
 AP
 ベトナム政府は2005年以来初の鳥インフル死者を確認した。家きんの中で鳥インフルが国内に拡大している中、同国での死者数が43人となったことが、国営通信により報道された。
 
 検査で北部のHa Tay省の20歳男性がH5N1鳥インフルで1週間前に死亡したことが確認された。ハノイで行われた「鳥インフル会議」で副保健相が語った。
 発表によると、男性は6月2日に発病し、入院2日後の10日に死亡した。男性の家と周辺はその後消毒された。
 男性の家族は、20羽あまりの闘鶏とアヒルを飼育されていたと報告されていた。

 ベトナムでは2005年11月以来、人での鳥インフル死亡の報告はなかった。しかしながら最近4人の発病事例を確認している。2人は完全に回復し、他の2人はいまだ入院中である。
 政府の開催した「鳥インフル会議」で発表された政府の報告書によると、ベトナム国内18省」で5月初め以来家きんにおける鳥インフル発生が広がり、20万近くの家きんが殺処分されたが、その96%はアヒルとなっている。
6月16日


Patient in Vietnam dies of bird flu Reuters AlertNet, UK - (英国) ベトナムの患者鳥インフルで死亡
 2005年以来初の鳥インフル死者が出たことを、16日政府が発表したことを国営テレビが報道した。
 この死亡でベトナムでの鳥インフル死者数は43人となった。
 患者は先週北部の Ha Tay省で死亡した。
 患者の詳細、および感染経路等については報道されていない。
Vietnam, Japan launch bird flu treatment online discussion VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナムと日本、鳥インフル治療に関してオンライン会議
 人の鳥インフル治療に関して、6月13日にベトナムの専門家と日本の国際医療センターの専門家が、オンライン会議を開いて討議した。
Bird flu hits one more Vietnamese locality Xinhua, China  (新華社、中国) 鳥インフル、ベトナムでさらなる地域で発生
 鳥インフルがベトナムの北部の Cao Bang省で発生し、同国で18番目の発生地(省)となった。地域の獣医当局が16日発表した。
 同省のThong Nong地域の家庭で飼育されていた43羽の鶏と44羽のアヒルが、11日、鳥インフルに感染し死亡した。
 検査でH5N1ウイルス感染が確かめられた。

*この地域が中国広西省と接している地域であることは、一昨日のロイターのように報道されていない。
FACTBOX-Bird flu's spread around the globe Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥インフルの世界拡大状況


 WHOは15日に26歳のインドネシア男性が鳥インフルエンザで死亡したことを確認した。インドネシアで確認された発病者100人のうち80人が死亡している。高病原性鳥インフルエンザの流行は2003年にアジアで始まった。
 以下はH5N1ウイルス鳥インフルエンザウイルスの情報と、その世界における拡大状況についてまとめたものである。

 *2003年にアジアで再興以来、発生国は59ヵ国と地域に上る。WHOとOIEによる。
 *昨年度、30ヵ国以上で発生を見ているが、殆どの事例では白鳥などの野鳥を含んでいる。
 *ウイルスはWHOによると2003年以来191人を死亡させている。人での死亡例がでている国は、アゼルバイジャン、カンボジア、中国、エジプト、インドネシア、イラク、ラオス、ナイジェリア、タイ、トルコ、そしてベトナムである。
 *WHOによると2003年以来発病した人の総数は313人となっている。死亡者の多くは子供と年少成人である。
 *WHOによると、ベトナムとインドネシアが最も多くの発病者を出していて、世界の全死亡者の122人を占めている。
 *H5N1ウイルスは科学の世界では決して新しいウイルスではなく、1959年にスコットランドで高病原性鳥インフルエンザとして発生している。英国でも、2006年4月にスコットランドで、2007年2月には東部イングランドで確認している。(この記載は間違いで、スコットランドの事例は2003年以来アジアで流行し、その後中国、ロシアへと拡大していった流れの中での渡り鳥の感染であり、東部イングランドの事例も、同様ににそのような流れでハンガリー周辺で発生していたものが英国の家きん農場へもたらされたもので、全て2003年にアジアで再興したH5N1鳥インフルエンザが拡大したものと考えるのが正しい:訳者)。
 *H5N1ウイルスだけが唯一の鳥インフルエンザではない。多くの株が存在している。例えば2003年にはH7N2鳥インフルエンザがオランダで発生し、同国の三分の一近くに相当する3000万羽以上の鶏が殺処分された。ベルギーでも270万羽、ドイツでは40万羽近くが殺処分された。オランダでは89人が感染し、1人が死亡した。
 *H5N1ウイルスが初めて人に感染したのは1997年の香港であった。18人感染し、6人が死亡した。政府は地域の全家きんの殺処分を行って、流行は終息した。
 *H5N1鳥インフルエンザに感染した人での症状は、発熱、咳、咽頭痛、および筋肉痛等の典型的インフルエンザ症状から、目の炎症(結膜炎)、肺炎、急性呼吸障害、ウイルス性肺炎、および重症で生命を脅かせる合併症である(出展:OIE、WHO、米国CDC)

FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans  Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO、人の鳥インフル発症事例集計
 WHO統計。
 WHOは15日に Riau 省の26歳男性がH5N1鳥インフルで死亡したことをウエブサイトで発表した。インドネシアでこれまで100人の発病者が確認されたが、そのうち80人が死亡している。このウイルスは、2003年に香港で再興してから世界で313人の発病者を出し、191人を死亡させている。数億羽の家きんが死亡、または拡大防止のために殺処分されている。
 下記はこれまでに世界で確認されたH5N1鳥インフルエンザの人の発症事例である。
国名 合計発生数 合計死亡数 死亡率
アゼルバイジャン 8 5 63%
カンボジア 7 7 100%
中国 25 16 64%
ディブチ 1 0 -
エジプト 36 15 42%
インドネシア 100 80 80%
イラク 3 2 67%
ラオス 2 2 100%
ナイジェリア 1 1 100%
タイ 25 17 68%
トルコ 12 4 33%
ベトナム 93 42 45%
合計 313 191 61%

 H5N1ウイルス感染が疑われた場合、初期の検査は1ないし2日間要する。さらに詳細な検査は、政府機関またはWHO協力機関で行われ、結果が出るまで1週間かそれ以上要する。
 H5N1ウイルスは主として鳥を感染標的とするウイルスであるが、専門家はそれが容易に人から人へ感染するようになり世界中に広がることを懸念している。これまで殆どの人での発病者は、感染した鳥に直接、ないし間接的に接触したことが原因となっている。
6月15日


Vietnam finds bird flu near border with China Reuters AlertNet, UK  (英国) ベトナム、中国国境近くで鳥インフル発生を確認
 中国広西省近くのCao Bang 省の村で、アヒルと鶏のH5N1鳥インフルが確認された。
 広西省はベトナムと311キロに渡って国境を隔てている。
Bird flu hits one more Vietnamese province People's Daily Online(中国) 鳥インフルエンザで、ベトナムの一省に被害拡大
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザがベトナム中部のハ・ティン省に被害を与え、これにより全国で被害を受けた地域は合計では17になったと、現地の動物衛生機関が14日に述べた。
 6月11日に鳥インフルエンザによって、同州のロク・ハ地域の家庭で飼われていた2500羽のアヒルのうち350羽が死亡したと、農業・地方開発省管轄下の動物衛生部はしている。
 省動物衛生機関は影響を受けた家禽を全て殺処分し、その地域を除染した。
鳥インフルエンザは2003年12月からベトナムに被害を与え始め、5月初め以降で全国の17の州と都市に打撃を与えていると、同部はしている。
Burma Announces New Bird Flu Outbreak Voice of America (米国) ビルマ、新規鳥インフル発生を報告
 ビルマ農業省は家きんにおける鳥インフルの新規発生を検出したと発表した。

 当局によると、H5N1ウイルスが、ラングーンの北方80キロの周辺バゴの家きん農場で検出された。約1000羽の家きんが殺処分された。
 ビルマ政府はこれまで数件の家きんにおける鳥インフルを報告しているが、人での感染例は報告していない。
Avian Flu Vaccine Stockpile Being Planned for Developing Nations US Department of State (press release), DC (米国国務省) 鳥インフルワクチンの途上国用の備蓄を計画予定
 パンデミック・インフルエンザが発生した際に、途上国の人々を守るためのワクチンの世界的備蓄計画が進められている。パンデミックにつながると考えられているH5N1鳥インフルエンザは2003年以来、312人を発病させ、190人を死亡させている。

 WHOは6月14日に、ワクチン製造メーカーと途上国へ配布するためのH5N1ウイルスに対するワクチンの備蓄に関して、話し合いを進めていると発表した。
 同日、製薬企業のグラクソ・スミスクライン社は、2500万人分の「プレパンデミック:インフルエンザワクチンを、パンデミック初期の数ヶ月間に提供すると発表した。数ヶ月後には、パンデミックを引き起こしているウイルス自体に対するワクチンが製造される。
 他の3社-ハンガリーのオムニベスト社、バクスター・インターナショナル、およびサノフィ・パスツール(フランスのサノフィ・アベンティス社の下部組織)も同様に、ある程度の備蓄用ワクチンを提供すると発表した。
 米国政府もWHOと協力してプレパンデミック・ワクチンも含めて、インフルエンザワクチンの大量の備蓄とその配分などに関して計画を進めている。
 実際の計画の中で多くの問題が山積している。
 備蓄は、仮想の備蓄量なのか、もしそうでないとしたなら、実際の備蓄ワクチンはどこに保存するのか、そしてそれはどのように、そしていつ使うのか、そしてどこの国が使うのか等。
Gov't awards $132M in flu contracts ForexTV.com, NY (米国) 政府、インフルエンザワクチン製造契約に1億3200万ドル支出
 連邦政府は7日、メドインミュン( MedImmune)社とサノフィ・パスツール社と、両者のワクチン製造能力を大幅に改善するための契約を結んだ。
 5年以内に両者とも米国内でのワクチン製造能力を高める、現在年のうち数ヶ月間しかインフルエンザワクチンを製造していないが、年中製造できる態勢にする。
 契約金はメドインミュン社は5510万ドル、サノフィ・パスツール(サノフィ・アベンティスASの下部組織)は7760万ドルの提供を受ける。
 これらの契約は、米政府の季節性インフルエンザと鳥インフルエンザの大流行の可能性に備えた対策の一環である。
 「我々はパンデミック・インフルエンザの対策を準備しなければならない。それがいつ起きるのか、どの程度ひどいものなのか不明だとしても」。保健福祉省のマイケル・レービットは下達。
 「今回の契約は準備の中で重要な部分である。彼等は国のワクチンの保有高の増加に寄与してくれるからだ」
 保健福祉省は保健福祉省はプレパンデミックワクチンを2000万人分用意する予定であるが、またパンデミックが発生した半年以内には人口分のワクチンを製造できる態勢にしたいと考えている。
6月14日


Indonesia man becomes 80th bird flu victim-official Reuters AlertNet, UK (英国) インドネシア男性、同国80人目の死者に
 スマトラのRiau省出身の男性が鳥インフルに感染した鶏を殺処分して食べ、鳥インフルを発病して死亡したと当局が14日発表した。
 男性は11日にRiau省の PekanbaruのArifin Achmad病院に入院し、12日に死亡した。
House Crow tested suspected avian flu in Hong Kong China Daily, China  (中国) 香港、カラスが鳥インフル感染の疑い
 カラスの死骸での予備検査でH5鳥インフルが疑われていることが、当局から発表された。
 報道官はさらに詳細なる検査が必要であるとしている。死骸は6月11日に当局者による集められた。
 報道官はさらに香港市民に衛生管理の徹底を呼びかけている。
 「市民は野鳥や生きた家きんとの接触を避け、もし接触した場合は完全に手を洗わなければならない」
Novartis Gets EU OK for New Flu Vaccine Ocala.com, FL (米国) ノバルティス社、新製造法によるインフルエンザワクチンがEUで許可
 スイスに基盤を置くノバルティス社が開発した「細胞培養法」によるインフルエンザワクチン(Optaflu )がEUにより承認され、今後のワクチン製造が速度的にも量的にも大きく改善される。またパンデミック・インフルエンザ用ワクチンの製造も容易になる。
 アイスランドとノールウエーもオプタフルを承認し、また同社によるとドイツとオーストリアが次期のインフルエンザ・シーズンからオプタフルを用いと予想されている。
US government urges pandemic flu preparations  Business Insurance, Chicago  (米国) 米国政府、パンデミック・インフルエンザ対策を急ぐように警告
US government urges pandemic flu preparations  Reuters (国際) 米国政府、パンデミック・インフルエンザ対策を急ぐように警告
 米国政府の関係部局は13日、企業界、保健医療業界、宗教界に対して、パンデミック・インフルエンザ発生の際に対処するために、食料や日常用品の備蓄、そして家庭に留まるための準備を、米国市民に促すように求めた。

 保健福祉省は各種機関の代表100人と会議を開き、パンデミック・インフルエンザの脅威が米国にあることと、その対策が多くの生命を救うことになることなどを説明した。
 H5N1鳥インフルウイルスは、2003年以来300人以上の人々が発病していると言われ、その中で190人が死亡している。
 
 企業界、保険業界、教育界、市民クラブ、米国赤十字、医療界、カソリック教会、バプテスト教会、モルモン教会、ルーテル教会、ユダヤ教会、仏教界、およびイスラム教界の代表が集まった。
 保健福祉省の当局者は、パンデミック・インフルエンザが発生したときに長期間家庭に滞在出来るように、米国市民に食料品や日常生活用品の備蓄、感染を防ぐための正しい手洗い方法、そして発病したときに他人にうつさないために自宅に待機するように、指導するように訴えた。
 「パンデミック・インフルエンザに対して準備することは、(対策に対する)各自の責任分担である」。保健福祉省のマイク・レービット長官はそのように挨拶した。
 「今、準備することで、各市民はパンデミックが起きた際にはより安全に対処出来る可能性があるし、また流行の進展を遅らせることも可能と考えられ、結果として市民個々と社会全体が受ける衝撃を、ある程度抑えることが可能である」

 連邦保健福祉省当局は8日、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、ワクチンが利用できるまでの期間、いかにして地域社会が対策を講じるべきか説明したガイドラインを発行した。
 最も危険なパンデミック発生の際には、当局は学校閉鎖、公共の集会中止、そして発病者の自宅隔離等を求める。
 労働省の組織である労働安全衛生庁は、企業における雇用者達にパンデミック対策を急ぐように求め、そしてパンデミックの際には被雇用者達が自宅で勤務できるような態勢を組むことや、発病したときは(賃金カットなどの)損益を被ることなしに自宅に留まるような指導をすることを求めた。
Glaxo to donate bird flu shot to global stockpile Malaysia Star, Malaysia (マレーシア) グラクソ社、鳥インフルワクチンを世界備蓄用に提供
Glaxo to donate bird flu shot to global stockpile Reuters  (国際) グラクソ社、鳥インフルワクチンを世界備蓄用に提供
 英国に基盤を置くグラクソ社は、H5N1鳥インフル用プレパンデミックワクチンを、世界の途上国用へ配分のための備蓄用として、5000万回分(25000万人分)提供すると発表した。

 ヨーロッパ最大手の製薬会社は13日、2500万人分のワクチンを今後3年間でwほに提供すると発表した。
 また同社の社長であるJean-Pierre Garnieは、主要なヨーロッパ各国に対して、人口に見合うだけのワクチンを確保することを急ぐように求めた。
 まあフランスの製薬会社であるサノフィーアベンティス社は13日、同社も国際的備蓄用にかなりの量のワクチンをWHOに提供する用意があると発表した。
 これらの一部はバルクの形ですぐにでも提供できると同社は説明している。
6月13日


Myanmar reports new bird flu outbreak in private farm north of Yangon Canada.com, Canada (カナダ) ミャンマーで新規鳥インフルが個人農場で発生
 ミャンマーは個人農場の鶏の間でH5N1鳥インフルが発生したことを報告し、4月以来初の発生となった。
 家畜繁殖獣医部局のThan Hla氏は、ヤンゴンの北方80キロのBagoの小さな農場でウイルスが検出されたと語った。
 「約28羽の鶏が6月3日から死にだした」
 検査室でのH5N1ウイルス感染の確認は6月7日に確定された。
 農場の約1000羽の鶏は予防対策として殺処分された。

Vietnam: Minister Orders Urgent Measures Against Bird Flu Bernama(マレーシア) ベトナム:鳥インフルエンザ緊急対策の大臣命令
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナムの農業・地方開発大臣であるカオ・ダック・ファット氏は地方政府と関係機関に対し、鳥インフルエンザ対策の取組強化を命じた。これは地方政府に取組みの重要な役割を担うことを求めるものである。
 火曜の緊急電信でカオ氏は、地方政府が家禽を密に監視し、周辺環境を除染すると共に水鳥を対象とした鳥インフルエンザ用のワクチン接種キャンペーンを加速するように求めている。
同大臣はまた、鳥インフルエンザに感染した地区からの家禽の移送禁止と違反者への厳罰と完全にワクチン接種されていないと分かった水鳥の殺処分を命じている。
 同大臣は、鳥インフルエンザに対し予防措置を取るように認知度向上の試みを、特に農民に対し継続するように呼びかけてもいると、ベトナム通信社(VNA)は報じている。
 5月以降、鳥インフルエンザの流行は16の州と都市の37地区の69地域で発生している。流行の大半はワクチン未接種の水鳥のものである。10万羽以上の家禽が札処分され、2名がH5N1ウイルスに感染したと判っている。
 カオ氏は鳥インフルエンザが更に広範囲に拡大し、ヒトへの感染リスクが高まりかねないと警告している。
Nearly 13% of Vietnam's waterfowls carry H5N1 Xinhua, China  (新華社、中国) ベトナムの水棲家きん、13%近くがH5N1ウイルスを保有
 地方紙である「Labor」が13日、約13%の水棲家きんがH5N1ウイルスを保有していると、「中央獣医学診断センター」の検査結果として発表した。
 ハノイの水棲家きんで21.7%、北部のBac Ninh省で21.2%、北部のBac Giang省で7.6%であった。
 鳥インフルの拡大を防止するためにベトナムでは、鳥インフルワクチン接種の強化、家きん売買および輸送監視の強化等の対策を行ってきている。
Four people reported to carry H5N1 VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、4人がH5N1鳥インフルに感染

 保健省はH5N1ウイルスに感染している市民を2人、さらに確認した。

 1人は29歳男性でThanh Hoa省出身で、感染しているガチョウの肉を食べたとされる。発熱と咳、軽度の肺炎で入院していたが6月3日に退院している。主治医は同患者がH5N1ウイルスに感染したことを、最近検査結果が届いたことから知った。
 2人目は北部のHa Nam省出身の20歳の女性で、現在重症の肺炎を呈していて、人工呼吸器につながれている。
 これまでベトナムでは、4人の鳥インフル発病者を確認している。2人は回復していて、1人は6月11日に退院している。

*昨日のロイター報道と若干異なるが、今回の報道が正しいと思われる。


FACTBOX-Bird flu's spread around the globe Reuters AlertNet, UK  (英国) 鳥インフルは世界中に拡大:ロイター

 エジプト南部で4歳少女が鳥インフルウイルスに感染したことを、WHOが12日ウエブサイトで発表した。
 この事例はアラブ世界で最も人口の多い同国で36人目の鳥インフル感染者となった。
 高病原性H5N1鳥インフルエンザは2003年にアジアで流行しはじめた。
 以下はH5N1ウイルスに関する状況とその鳥インフルエンザの世界への拡大過程をまとめたものである。

・2003年以来鳥インフルの発生は59の国と地域で確認されている。
・30ヵ国以上で過去1年以内に発生が確認されている。殆どの事例では白鳥等の野鳥を含んでいる。
・2003年以来H5N1ウイルスは190人を殺している。WHOで確認した国は:アゼルバイジャン、カンボジア、中国、エジプト、インドネシア、イラク、ラオス、ナイジェリア、タイ、トルコ、ベトナム。
・合計としてウイルスは2003年以来312人に感染している。死亡者の多くは子供と若い成人である。
・WHOによると、ベトナムとインドネシアでは最も多くの死者が発生しており、計121人となっている。
・H5N1ウイルスは科学の世界では決して新しい存在ではなく、1959年にスコットランドで高病原性鳥インフルエンザとして発生していた。英国は2006年春にスコットランドで、鳥における新規発生例を確認している。またさらに2007年2月には東部イングランドでも発生を確認している。
・H5N1ウイルスは唯一の鳥インフルウイルスではない。実際には多くの鳥インフル株が存在している。例えば、2003年のオランダにおけるH7N7鳥インフルウイルスによる鳥インフル流行では、3000万羽以上の家きんの殺処分を行われたが、それは同国の家きん飼育数の三分の一相当であった。ベルギーでは2700万羽前後、そしてドイツでは40万羽が殺処分されている。オランダではH7N7ウイルスに89人が感染し、1人の獣医師が死亡した。
・H5N1ウイルスが初めて人に感染したのは1997年の香港で、18人が発病して、6人が死亡した。香港政府は国内の全ての家きんの殺処分を行って流行を終結させた。
・人における鳥インフル症状は、発熱、咳、咽頭痛、筋肉痛等の典型的インフルエンザ症状から、結膜炎、肺炎、急性呼吸障害、ウイルス性肺炎、そして他の重症で生命に関する合併症まで含まれる。

Bird flu spreads in Bangladesh, more fowls culled Reuters India, India (ロイター、インド) バングラディシュで鳥インフル拡大中、家きんがさらに殺処分
 当局が12日語ったところによると、鳥インフルが別な地域にも広がり、5000羽の殺処分が行われた。
 首都ダッカの北西450キロRangpur地区の農場でH5N1ウイルスに感染した家きんが見つかった後、それら感染鳥は埋められた。
 3月にダッカ近くで鳥インフルが検出されて以来、13地区の63農場で家きんの殺処分数は16万5000羽、そして160万個の玉が処分されている。
 人での感染は報告されていない。
Vietnam reports 2 more human cases of bird flu  PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) ベトナムでさらに2人が鳥インフル発症
 ベトナムでさらに2名が鳥インフルを発病し、同国で5月初め以来合計4人の感染者が出たことになる。当局が発表した。
 ベトナムの検査所で確認したのは、Thanh Hoa 省の28歳女性と、Ha Nam省の29歳の女性である。
 両人とも農家で働いていて、感染した家きんを食べたか、接触した既往があるとされる。
Five Malaysians suspected to have bird flu Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 5人のマレーシア人が鳥インフル疑いで入院
 マレーシア保健相は5人のマレーシア人が鳥インフル疑いで隔離されたと発表した。
 ウイルスが1年以上経過してから再興した中央 Selango州で、11歳少年が隔離された。
 他の4人は、2人が成人で他の2人が小児で、インフルエンザ様症状を呈している。中央 Pahang 州である。
 保健相によると5人とも死亡した鶏と接触の既往がある。
 また同相は、インフルエンザ様症状で入院した他の16人は検査の結果、鳥インフルの感染は否定された。
6月12日

Two Vietnamese women have bird flu - report Reuters AlertNet, UK  (英国) ベトナム女性2名が鳥インフル発病
 28歳と29歳のベトナム女性が鳥インフルを発病したと、報道機関から発表された。北部のThanh Hoa省と Ha Nam省の女性であるが、29歳の女性は死亡したアヒルを食べて発病したが、現在は回復してきている。しかし他の女性は人工呼吸器につながれた状態とされる。
Malaysia hospitalizes another five amid bird-flu outbreak Earthtimes.org (米国) 鳥インフル発生中のマレーシア、さらに5人が入院
 感染した家きんに接触し、インフルエンザ様症状を呈したマレーシア人が5人さらに入院した、と政府が12日発表した。
Indonesian man hospitalized with bird flu symptoms People's Daily Online, China (中国) インドネシア男性鳥インフル疑いで入院
 インドネシアのRiau省で28歳男性が鳥インフル疑いで入院したと、12日地域の報道機関が発表した。
 男性は鳥インフルを発病した鶏の肉を食べたと言われる。
 省都のPekanbaruの病院に11日から入院している。
Vietnamese bird flu patient recovers fully Xinhua(中国) ベトナムの鳥インフルエンザ患者が完治
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 2005年11月以降でベトナム初の鳥インフルエンザ患者である、北部のヴィン・フュク州に住む30歳男性が退院した。

 このフン・ミン・フュクという名の男性は26日間の治療の後の11日に、ハノイにあるバック・マイ病院を退院した。この男性は、結婚式のために鳥を屠殺した後の5月10日に鳥インフルエンザの症状を訴えた。
 現在2005年11月以降で2番目の鳥インフルエンザ患者である北部タイ・ギエン州の男性が、市立の熱帯病病院で治療を受けている。この男性は5月14日にハノイにある家禽の屠殺場で働いており、その5日後に鳥インフルエンザの症状を示した。
 今のところ、ベトナムでは合計95件の鳥インフルエンザのヒトへの感染が報告されており、このうち42名が死亡している。しかし世界保健機関は同国北部地域での2件の最新の感染例については未確認である。
 ベトナム厚生省は、世界中の予防医療センター、パスツール研究所、衛生疫学研究所に研究者社会から鳥インフルエンザ情報を受け取るためのホットラインを開設するように依頼した。同省は世界保健機関とも協力しH5N1の変異の可能性を調べている。
 5月初め以降で鳥インフルエンザは、ギー・アン、ナム・ディン、ソン・ラ、ハイ・フォン、クアン・ニン、バク・ギアン、ドン・サップ、カン・トー、バク・ニン、ヴィン・フュク、ハ・ナム、クアン・ナム、フン・エン、タイ・ビン、フュー・トーといったベトナム中の16の都市や州の家禽に被害を与えたと、同国の動物衛生部はしている。
Four Malaysians checked for bird flu The Brunei Times(ブルネイ) マレーシア人4名が鳥インフルエンザ検査を受ける
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 当局による高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスの新たな発生への監視の中、鳥インフルエンザにさらされた可能性のためにテレンガヌ州で4名が入院したと、マレーシア厚生相が昨日語った。
 東部の同州の首都クアラ・テレンガヌで4名が発熱と咳の症状を示したために入院したと、チュア・ソイ・レック氏は言った。
 この人たちは死んだニワトリやアヒルと接触しています。現在は症状も安定しており、鳥インフルエンザ・ウイルスの検査を受けています」と、チュア氏は声明で述べている。
 「これらの症例は全て、鳥インフルエンザ感染疑い例に分類されるための基準に当てはまらないものです」とも、同氏はしている。
 現地の動物衛生サービス部の疾病管理責任者であるカムルディン・モハメド・イサ氏は、セベラン・タキーアの村のニワトリの検査が実施されたとしている。ここは4名が暮らしていたところであるが、鳥インフルエンザは検出されていない。
 「2羽のアヒルが死んだだけです。他にもニワトリを飼っており、そのニワトリから検体を採取しましたが、全て陰性でした」と、カマルディン氏はAFPに語った。
 衛生当局筋がAFPに語ったところでは、16歳の少年を含む4名は週末中は入院したが、鳥インフルエンザ感染の可能性は低いという。
 マレーシアでは先週、一年以上ぶりに高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスが中部のセランゴール州クアラルンプールの西郊外で発生した。
 11名がスンガイ・ブロー地区と北部のケダー州の村で死んだニワトリに接触した後にインフルエンザ様の症状で入院した。しかし全員が検査の結果、高病原性H5N1ウイルスについて陰性となっている。
 1名は今もスンガイ・ブローの病院で観察下にあると、衛生当局者は述べている。
 カムルディン氏は、処理作業は昨日もスンガイ・ブローで継続中だが家禽の殺処分は中止しているとした。
 同氏は、当局は今も感染源を特定しようとしているが渡り鳥によってウイルスが拡大したということは否定していると述べた。「季節外れです」と、同氏は述べ、監視作業は全国で継続していると付け加えた。
Four-year-old Egyptian girl has bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) 4歳のエジプト少女鳥インフル発症
 下記報道と同じ

Four-Year-Old Egyptian Girl Has Bird Flu Javno.hr, Croatia (クロアチア) 4歳のエジプト少女鳥インフル発症
Reuter

 南部エジプトで4歳少女が鳥インフルを発症した。同国で36人目の患者となったことを保健省が11日に発表した。
 これまでの発病者のうち15人が死亡している。

  Qena州Abu Diyab村のDina Ali Taghyanは10日、高熱と肺炎、呼吸困難で入院したが、鳥インフルに感染している疑いのあった鶏に接触した既往がある、と保健省では説明している。
 少女はカイロの病院に収容され、治療により状態は安定していると報告された。
 少女はこの2週間で2人目の感染者となったが、先の感染者の10歳の少女は同じQena州出身であるが、9日に病院で死亡した。発見が遅く治療開始が遅れたことが、死亡につながった、と説明されている。
Bird flu victim recovers, more birds die in Vietnam Scientific American (米国) ベトナム、鳥インフル患者回復、しかしさらに多くの家きんが死亡
 ベトナムで1年半ぶりに発生した鳥インフル患者が11日全快して退院したことを医師団が発表したが、その一方で国内では多くの家きんが鳥インフルに感染して、その対策に当局は懸命の努力をしている。

 家畜保健局は、週末を挟んでBac Giang省と近くのHaiphong市で、家きんにおける鳥インフルが発生したことを発表した。両地域とも政府の警戒地域に他の13省と1都市と共に含まれている。
 5月15日に30歳男性がハノイ市の病院に入院した。彼は友人の結婚パーティーのための鶏を料理用に殺処分した。
 ベトナムの医師団は彼が3005年11月以来初のH5N1鳥インフル患者となったことを確認した。
 同患者を治療したBach Mai病院の医師団は、タミフルの投与期間を7日間から10日間に延長したと語っている。医師団は患者の唾液、便中および消化管内でウイルスを検出したと語った。
 患者は回復して11日朝に退院した。
 医師団はまだ2番目の患者(と殺場で働き先月末に発病した男性)を治療しているが、回復してきていると説明している。
 
 ベトナムでは2003年末以来、95人の感染者が報告され、42人が死亡している。WHOでは最近の2人については確認市営無い。
'Continuous monitoring system needed to combat bird flu' The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) 鳥インフル封じ込めのために、継続的な監視が必要

5000 poultry birds culled in Rangpur The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) Rangpurで鳥インフルにより5000羽の家きんが殺処分に

Sinovac Biotech Begins Phase II Test of Bird Flu Vaccine  FDA news (subscription), VA  (米国) 北京のサイノバク・バイオテク社、鳥インフルワクチンの第二相臨床試験を開始
 北京に基盤をおくワクチン製造専門企業のSinovac Biotech社は、中国政府が同社の人用鳥インフルワクチンパンフリュー(Panflu)の第二相臨床試験を許可したと発表した。
 第一相臨床試験では、120人患者が30マイクログラムのパンフリューを免疫賦活剤と共に2回接種した。 
 第二相試験では、全ウイルス粒子を用いた通常の試験の他、ウイルス粒子成分を用いた臨床試験も行われる。
鳥インフルエンザ疑いで5人入院、マレーシア CNN Japan 
 マレーシア保健相によると、高病原性鳥インフルエンザに感染した恐れがある5人が今月8日に、病院に入院した。感染が判明すれば、マレーシアでは初の感染者となる。
 入院したのは、生後11カ月から35歳までの男性4人、女性1人。5人はインフルエンザ様の症状が出たため、大事をとって入院したが、容体は安定している。現在、感染の有無を確認中。
マレーシアでは今月初旬、クアラルンプール近郊のスンガイ・ブローで、高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染した鳥約60羽が見つかっている。
 これをうけ、村人などに咳や高熱など、インフルエンザ様の症状が出ないか、当局が注意を払っていた。
 入院した5人のほか、17人が微熱の症状を訴え、自宅から外出しないよう、命じられた。
6月11日


Bird flu-infected chickens in Indonesia showing no symptoms Jakarta Post, Indonesia  インドネシアで鳥インフルエンザ感染のニワトリは症状を示さず
AP

 
下記と同内容
 

Bird flu-infected chickens in Indonesia showing no symptoms  International Herald Tribune(仏) インドネシアで鳥インフルエンザ感染のニワトリは症状を示さず
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアで鳥インフルエンザに感染したニワトリが、現在、ほとんど症状を示しておらず、世界で最悪の被害を受けている同国でのウイルス対策の取組みを当惑させていると、農業省当局筋が11日語った。
 「本当に頭が痛い」と動物衛生責任者のムスニ・スアトモジョ氏は語る。「ニワトリはH5N1ウイルス陽性の検査結果を示していますが、健康なままです」。これにより、どのニワトリが感染しているか同定することが困難になっている。
 2003年にアジアの家禽を席巻し始めて以来、鳥インフルエンザにより少なくとも189名が死亡しており、その内79名はインドネシアでの被害であると、世界保健機関はしている。
 このウイルスは今もヒトには感染しにくい。しかし専門家が恐れていることは、最終的により簡単にヒトの間で拡大する形態にウイルスが変異し百万人単位で死者を出しかねない世界的パンデミックを巻き起こすことである。
 国連・食糧農業機関のジョン・ウィーバー氏は、多くの感染したニワトリがインドネシアでは生き残っているように思われるという研究者もおり、ウイルスがより毒性の低いものになったのではないかという疑問を巻き起こしているとしている。
 「とても重要な疑問です」と、同氏は首都ジャカルタでの国際・鳥インフルエンザ会議の副会合で述べている。「しかし答えはまだ見つかっていません」

*管理人注釈:非常に重要な問題である。鳥に対して弱毒化してゆくことにより、鳥は発病しないためウイルスは広範に拡大してゆき、人に対する感染性の強さは、人に感染し始めてはじめて分かることになる。
Finger now points to migratory birds New Straits Times(マレーシア) 渡り鳥に疑惑の目
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 闘鶏がスンガイ・ブローでの鳥インフルエンザの原因ではないかと疑惑をよそに、政府は渡り鳥による感染の可能性を捨てていない。
 厚生省政務次官ダテュク・リー・カー・チョーン氏は昨日、闘鶏を原因とするのは早すぎると述べた。
 「ニワトリがH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスによって死亡したかどうかを検査することは極めて簡単です。
 「しかし発生源をたどるにはある程度時間が必要です」と、当地で昨日開かれたマウント・ミリアム病院ガン回復者祝賀会に出席した後に同氏は述べた。
 同氏の回答は、隣国から持ち込まれた闘鶏が鳥インフルエンザの原因だと報じたニュー・サンデー・タイムス紙へのものである。この鳥インフルエンザによりカンプン・パヤ・ヒリアとスンガイ・ブローで先週67羽のニワトリが死亡している。
 またベルナマ通信は、動物衛生サービス部事務総長のダテュク・アブドウル・アジズ・ジャマルディン博士が9日に、スンガイ・ブローの鳥インフルエンザが闘鶏が源であるという証拠が発見されれば同部は闘鶏禁止を推進すると語ったことを伝えている。

Bird flu hits another northern province, tally increased to 16 Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、鳥インフル北部の省へも拡大、計16の都市と省で発生
 家きんにおけるH5N1ウイルスの感染性が高まってきている可能性。
Bird flu spreads in Bangladesh, more fowls culled Reuters India, India (ロイター、インド) バングラディシュ、鳥インフルさらに拡大、多数の家きんが殺処分に 
 バングラディシュでの鳥インフルはさらに別の地域へ拡大し、当局はこの2~3日間で3000羽以上の鶏を殺処分した。
 感染した鶏は、首都ダッカの北西450キロの Dinajpu地域の村である。

 本年3月にダッカ近くの Savarの6農場でウイルスが検出されて以来、これまで16万羽の鶏の殺処分とと150万個の卵の処分が、12地域の62農場で行われた。
 人での感染者報告はない。

 これまで10万カ所以上の農場の調査が行われ、1奥2500万羽以上の鶏にワクチンを接種してきていると、家畜水産省では発表している。
 世界銀行は先週、2012年までのバングラディシュでの鳥インフル対策用に3000万ドル以上の資金を提供することを決定した。
Vietnam stays alert for bird flu threat to human beings  VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、人への鳥インフル警戒レベルを維持
 南部メコンデルタ地域では家きんでの発生と人への感染について警戒と対策の強化。

Bird flu symptoms found in Malaysian pair United Press International (国際) マレーシアで2名に鳥インフル症状
 下と同内容。
Bird flu symptoms found in Malaysian pair  Science Daily (press release)  (国際)マレーシアで2名に鳥インフル症状
 感染した鶏とアヒルに接触したティーンエイジャーが鳥インフル症状を呈して入院、治療中であることが当局から10日発表。一方31歳男性も鳥インフル様症状を呈して検査中と発表された。
6月10日


Two more hospitalized for suspected bird flu New Straits Times, Malaysia (マレーシア) さらに2名鳥インフル疑いで入院
 十代の若者と31歳男性が高熱と咳を呈し、鳥インフル疑いで昨日入院したことが、当局から発表された。

 *これまで入院した大多数の疑い者は検査で鳥インフルが否定されている(訳者)。

WHO dismisses new fears over bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam - (ベトナム) WHO、鳥インフルの脅威が高まっていることを否定
 ベトナムのWHO事務所の報道官であるDida Connor氏は、北部のVinh Phuc省と Thai Nguyen省で2名の鳥インフル患者が出たけども、ウイルスが人に感染しやすくなっているという事実はないと語った。
 しかしながら、ウイルスは家きんの間でより適合してきていて、感染しやすくなっている、とベトナムのFAO(国際連合食糧農業機関)事務所のJeffrey Gilbert氏が語った。
 5月以来、家きんにおける鳥インフルは、ベトナム中の16都市と省に広がっている。

Malaysia dispels fears of widespread France24, France  (フランス) マレーシア、鳥インフル拡大の脅威を払拭
 マレーシア政府は鳥インフル疑いで入院している11人中10人が検査で陰性だったことから、同国内での鳥インフル拡大の脅威を払拭した。
 保健相はこれまで同国内では人での感染者は発生していない、と報道機関に語っている。
 「政府による強力な対策と、あらゆる関連組織との協力態勢により、人における流行を防ぐことができた」、と同大臣は語った。
 鳥インフル疑いで入院している、2人の子供を含む11人は9日検査を受け、致死的H5N1ウイルスは陰性だった。
 残りの1人の結果は出ていない。
風邪に似た症状の5人入院、鳥インフル発生の集落=マレーシアnewsclip.be -
 高病原性鳥インフルエンザが発生したマレーシア・スランゴール州スンガイブロー地区で、風邪に似た症状を示した住民5人が8日、念のため病院に入院した。チュア・ソイレク保健相が明らかにした。 チュア保健相によると、「5人の症状は鳥インフルエンザの診断基準には合致しない」というが、念のため経過を観察している。

 *昨日のマレーシアからの報道では、鳥インフル疑いで入院していた大多数が検査で陰性であることが発表されている(訳者)。

WHO confirms Indonesian bird flu death  Daily Telegraph, Australia  (オーストラリア) WHO、インドネシアの鳥インフル死者を確認
 WHOはインドネシアの少女が鳥インフルで死亡したことを確認し、同国での死者数が79人となった。
 16歳少女が5月25日に発病し、5月29日に死亡した。世界中で、2003年にH5N1鳥インフルが再興して以来310人が発病し、189人が死亡している。
 数億羽の家きんが死亡したり、または殺処分されている。
 
 感染したことを診断する初期の検査には1~2日程度要する。
 さらなる検査は政府の研究機関、またはWHO関連機関で行われ、結果が出るまで1週間以上要する。
 H5N1ウイルスは主として鳥類における病原ウイルスであるが、専門家達はウイルスが変異して、人から人へ感染して、世界で数百万人死亡させるようになることを恐れている。
 これまで殆どの人の感染事例は直接、または間接的に感染した鳥に接触している。

 WHOは6月9日におけるエジプトでの死亡例を公式には確認していない。
 エジプトでは35人程度の発病者が確認されており、そのうち15人が死亡している。
6月9日

Egyptian girl dies of bird flu Nation Multimedia, Thailand (タイ) 鳥インフル発病のエジプト少女死亡
AFP
 10歳少女が鳥インフルで死亡したと保健省が9日発表した。これで同国の鳥インフルでの死者数が15人となった。
  Qena州の少女は危篤状態で入院したが、保健省の報道官は治療開始が遅すぎたとAFPに語った。
 他の当局者の発表では、少女は家きんと接触した既往があったとされる。 
Bird flu under control, 10 out of 11 admitted test negative New Straits Times, Malaysia (マレーシア) 入院疑い者11人中10人が検査で陰性、鳥インフルはコントロール下にある
 1人を除いて、鳥インフル疑いで入院していた10人が検査で陰性であったことが、公衆衛生局の高官から伝えられた。1人の結果は遅れて発表される予定。
2 boys hospitalized in northern Malaysia as precaution against ... International Herald Tribune, France (フランス) 北部マレーシアで少年2人が鳥インフル疑いで入院
 北部マレーシアで高熱を呈している少年2人が鳥インフル疑いで入院隔離された、と当局が発表した。あくまでも念のためということで、鳥インフルの可能性については未定であると説明されている。しかし少年2人は鳥インフルに感染し、死亡した鶏と接触の既往がある。
 先に4人が疑いで入院しているが、今回はそれに引き続く情報である。
Aussie bird flu would kill 48000 Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) 鳥インフルで、48000人のオーストラリア人が死亡の可能性
 致死的鳥インフルに対する大規模訓練結果が報告書によると、対策との間に大きなギャップがあることが明らかになった。

 昨日発表された訓練報告によると、鳥インフルのパンデミックで48000人のオーストラリア人が死亡し、15万人が入院する可能性があるとされる。
 保健相のトニー・アボット氏は、パンデミックは地域社会に極度の脅威をもたらすだろうとコメントし、オーストラリア人の半数は政府が備蓄している抗インフルエンザ薬で治療される可能性が高いと付け加えた。
 報告書では、よりインフラ整備が必要なことも指摘した。すなわちオーストラリアの行動計画は更新される必要があり、さらに長期間のパンデミックに対する対処能力も検証される必要があると述べられている。
 連邦政府はこれまで鳥インフルパンデミック対策に6億ドル費やしてきたが、ワクチンはいまだ製造していない。

Indonesia Reports Experiencing Human H5N1 Mortality Increase, as ...  PR Newswire (press release), NY  (米国) 人におけるH5N1鳥インフル死亡率は増加しているとインドネシアが報告

訳:広島県 島津氏

 昨年、Replikins社のソフト、FluForecast(R)の定量的ウイルス解析により予測されたように、インドネシア政府は H5N1のヒトでの死亡率が増加しつつあると報告した

2006年に Replikins 社は、2005年から2006年にかけての FluForecast(R)で解析したウイルスデータは、次の二つを明確に示したと発表しました。
1)H5N1のヒト症例の死亡率は顕著に増加していた。
2)インドネシアはこのことが臨床的に初めて明らかになった国となるだろう。

2日前、インドネシアの鳥フル対策委員会の長 Bayu Krisnamurthiは、二つの予測(カナディアンプレス 6/6/07)から得られた臨床的知見について報告しました。
コメントによると、Dr.Krisnamurthiは、最近のH5N1ウイルスの変異は、鳥からヒトへの感染率、感染し易さを増加させているようだと述べました。
未だFluForecast(R)のサービスを使用していないWHOは、このような変異の証拠となるものは何ら確認していないと報告しています。
FluForecastは、ウイルスのピンポイントのゲノム変異を検出するための自動化されたソフトウェアをベースとしたシステムで、過去7年にわたる H5N1鳥インフルエンザのアウトブレイクのそれぞれを、前もって首尾よく予測する事に成功したただ一つのシステムです。

最近のReplikin Peak Geneの発見とReplikins(TM)特許技術の改善は、地理的位置、アウトブレイクでの遺伝子位置と宿主動物種の予測を可能にしました。 Dr.Krisnamurthi の発表は、これらの向上した能力の成功を、独立した政府が初めて確認したものです。

この新しいReplikins社のサービスは現在、他のウイルスや感染病原生物にも適用されています。会社のサービスは政府機関でも製薬会社でも利用可能です。

*非常に興味ある、かつ重要な内容ですが、この情報をリリースしたReplikins社についてどの程度信頼性ある会社なのか不明です。

訳者のウイルス学専門家の島津氏のコメントでは、自社の自画自賛が中心で、かなり科学性に欠けるリリースではないかとのことです

Malaysia reports five suspected human cases of bird flu People's Daily Online, China (中国) マレーシア、5人の鳥インフル疑い者を報告
 8日、マレーシア保健省は、鳥インフル疑いで4人の男性と1人の女性が入院したと発表した。
 5人の年齢は11ヶ月から35歳までで、H5N1鳥インフルが発生した場所から300メートル以内に住んでいた。
 鳥インフル様症状を呈したため入院し、現在治療を受けているが、状態は安定しているとされる。
Malaysia says five from bird flu area in hospital Brisbane Times, Australia  (オーストラリア) マレーシア、5人が鳥インフル疑いで入院と
 マレーシア首都近くで発生したH5N1鳥インフルに関連して、インフルエンザ症状を呈した5人の感染疑い者が入院したことを、8日保健相が発表した。
 5人の患者は11ヶ月から35歳までで、全員の状態は安定していると、発表された。
 患者達は全員、今週マレーシアで1年ぶりに鳥インフルが発生した地域の300メートル以内に住んでいた。
 「患者達は症状を呈したため、入院して治療を受けている」、と同相は語っている。
 またさらに17人の村人が微熱を呈しているため、自宅隔離に置かれている。

 マレーシアは6日に、1年3ヶ月ぶりに家きんでの鳥インフルを再興した。
 (感染源は不明とも発表している:訳者)。
Egyptian girl infected with bird flu: WHO Reuters  (国際) エジプトの少女、鳥インフルに感染:WHO
 10歳の少女が致死的H5N1鳥インフルを発病したことをWHOが8日報告したが、状態は重体であるとされる。
 「新規人での発病者が保健省から発表された。患者は10歳の少女である。少女は放し飼いの鶏と接触した既往がある」、とカイロのWHO当局者が語った。
 今回の事例でエジプトの鳥インフル発病者は35人となり、そのうち死者は14人となた。
 エジプトの国営通信のMENAは、少女は南部の Qena出身で現在人工呼吸器につながれている。
 H5N1鳥インフルは2006年(春に)初めてエジプトの家きんで検出され、その後家きん産業を直撃し、エジプトの経済に多大なダメージを及ぼした。
 鳥インフルによる被害は、アジア外ではエジプトが最大である。
6月8日

新型インフル発生時の指針策定=APEC保健相会合が閉幕 時事通信 
 オーストラリアのシドニーで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)保健相会合が8日、閉幕した。鳥インフルエンザウイルスが変異して、人から人へ感染する新型インフルエンザが域内で発生した場合、各国・地域が協力し合うガイドライン(指針)を策定。また、鳥インフルエンザウイルス検体の共有などを盛り込んだ閣僚声明を採択した。
5 ill Malaysians hospitalized on bird flu fears CNN  (米国) マレーシアで5人が鳥インフル疑いで入院
 8日、インフルエンザ様症状で11か月から35歳までの男性4人と女性1人が、鳥インフル疑いで病院に隔離されたことが、保健相から発表された。全員、状態は安定している。
No human cases of bird flu detected so far in Malaysia: ministry 
People's Daily Online, China (中国) マレーシアでは人での感染者は出ていない:保健省
 マレーシアでの鳥インフル発生は、発生村周辺の住民の健康チェックが行われているが、これまで感染者は出ていないと、マレーシア保健省は発表した。
 保健省は感染鶏が見つかった場所から、半径300メートル以内の71戸の住民307人の健康をチェックしたが、6日朝の時点では健康に異常を呈する村人は見た受かっていない、と発表した。
Malaysia bird flu source unknown  France24, France  (フランス) マレーシアの鳥インフルの感染源は不明
 7日、数千羽の家きんが鳥インフルが再興したマレーシアで殺処分されたが、感染源は不明である、と地方当局か発表された。
 5日遅くにウイルスがH5N1ウイルスと確認されて以来、当局は既に感染した村内外の1359羽の村の家きんを殺処分した。
 マレーシアとしては1年以上ぶりの鳥インフルの発生となっている。
Bird flu at farm confirmed ic Kent, UK (英国) 鳥インフル、別の農場でも確認
 先月ノースウエールズでH7N2鳥インフルが農場で発生し、17人が感染したが、今回は同ウイルスが, Lancashire、 St Helensの小農場で検出された。
6月7日


China steps up bird flu measures near border with Vietnam - state media  ABCmoney.co.uk(英) 中国がベトナムとの国境付近で鳥インフルエンザ対策を強化-国営通信
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 中国はベトナムとの国境沿いで鳥インフルエンザ対策措置を強化した。これはベトナムで少なくとも2名が高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスに最近数週間で感染した可能性があることによるものであると、国営通信社が報じた。
 中国は南部の広西チワン自治区で全ての家禽にワクチン接種を行っている。この地区はベトナムと600kmにわたる国境線で接しているとの農業部の発言をチャイナデイリー紙が伝えている。
 ベトナムからの家禽買い入れの禁止も実施される一方、国境の中国側にあるニワトリ・家禽市場89ヵ所も閉鎖されたと記事はしている。
 さらに中国は先週、6000万回分のワクチンもベトナムに送ったとしている。
 土曜日のベトナムの発表では、19歳の男性がH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに感染したという。
そ の前週には、30歳のベトナム人農夫が鳥インフルエンザに感染し、2005年11月以来初の鳥インフルエンザのヒトへの感染例となっている。
 東南アジアでの他の進展としては、マレーシアの首都クアラルンプール近郊の家禽でH5N1の発生が発見されている。

Vietnam reports 3 new suspected human bird flu cases Xinhua, China  (新華社、中国) ベトナムで鳥インフル疑い患者3名発生
 3人のベトナム人が鳥インフル疑いで入院したことが、地方の報道機関Laborにより伝えられた。
 ハノイの熱帯病病院に入院した患者から6月5日に検体が採取され、H5N1鳥インフルウイルスの検査が行われている。
WHO sees no sign H5N1 infecting humans more easily Reuters India, India  (インド) WHO、H5N1ウイルスが人に感染しやすくなっている兆候はないと
 ロイター
 下記報道に示されているインドネシア高官の発表に対するWHOの否定的見解。

Indonesia says bird flu changing to infect people more easily; WHO ... Canada.com, Canada  (カナダ) インドネシア、鳥インフルは人に感染しやすくなってきたと発表:WHO、そのような根拠はなしと
 CP(カナディアンプレス)
 インドネシア当局は6日、H5N1鳥インフルが容易に人に感染しやすくなってきている可能性があることを発表した。感染家きんに、以前程濃厚な接触が無くても感染するようになってきていることを根拠としてあげている。
 しかしWHOはそのような証拠はないとし、インドネシアに対して人から分離されたウイルスを国際社会と共有し、ウイルス遺伝子を世界の専門家と検証しなければならないとコメントを出した。

 ジャカルタの鳥インフル対策委員会の委員長であるBayu Krisnamurthi氏は記者団に、「最近の人の発病事例は、発病家きんと以前よりも濃厚ではない接触で感染している。ウイルスが人に容易に感染するように適合してきているように思われる」、と語っている。
 同氏がどの感染例を指して説明しているのか、どのような接触での感染を意味しているのか詳細は不明。

*著者注:2~3年前のベトナムやタイでの感染例に比べると現在のインドネシアの感染例は、確かに軽い接触で感染が起きているよ思われる。以前は感染鳥の調理や、アヒルの生血の飲用とか、相当な濃厚接触後に感染していたが、最近の事例を見ると、周辺に感染した家きんがいたようだとか、明確な感染源が見つかっていない、等の表現が報道では多い。これらは単に報道機関が十分調査していないせいかも知れないが、WHO報告でも感染源に関して不明瞭な記載や推定などが多くなっている。

Bird Flu Found Near Kuala Lumpur  Washington Post, DC  (米国) 鳥インフル、クアラルンプール近くで発生
 下記AP内容
Bird flu found near Kuala Lumpur Biloxi Sun Herald, MS  (米国) 鳥インフル、クアラルンプール近くで発生
 AP
 強毒性のH5N1鳥インフルウイルスが、クアラルンプール郊外で検出され、マレーシアが鳥インフル根絶宣言を出して1年ぶりの発生となった。
 獣医局からの発表によると、クアラルンプールを取り囲んでいるSelango州のPaya Jaras Hilir村で3日間に60羽の家きんが死亡した。
 5日に行われた検査ではH5N1ウイルスによる死亡であることが確認された。

 保健当局では積極的に地域住民の健康調査を行ったが、これまで発熱などの鳥インフル様症状を呈した住民はいないとされる。
 当局では、「以前にも発生し対策の経験が十分あるから、何もパニックになる必要はない。我々は以前行った対策通りに段階を踏みながら対処してゆく。現在、いじょうな状況は一切起きていない」、と説明している。
マレーシアで鳥インフル 産経新聞 
 マレーシア政府当局者は6日、同国スランゴール州で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したことを明らかにした。マレーシアで同ウイルスが検出されたのは昨年3月以来。
 国営ベルナマ通信によると、当局は死んだ鶏が見つかった地域で鶏やアヒル計約7000羽の処分を始めた。
6月6日

Malaysia says finds bird flu virus in chickens Reuters AlertNet(英) ニワトリから鳥インフルエンザ・ウイルスを検出と、マレーシアが発表
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 マレーシア政府は中部のセランゴー州の村落のニワトリからH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したと、衛生省当局筋が木曜日に語った。
 「当省の部下を派遣したところ、2つの村落のニワトリから鳥インフルエンザが検出されましたが、人々が言うには既に60羽のニワトリが死亡しているというのです」と、当局筋がロイターに語った。
 当局は発生地点から半径1km以内のニワトリを殺処分する予定だと、この当局筋はしている。
RI-Australia agrees to develop bird flu vaccine  Jakarta Post(インドネシア) インドネシア-豪が鳥インフルエンザ・ワクチン開発で合意
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアとオーストラリアは、両国間の鳥インフルエンザ対策の取組みの一環として協力しワクチンを開発することになったと、保健相のシティ・ファディラ・スパリ氏は6日に語った。
 この協力は相互協定に述べられているもので、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の厚生相会議の副会合であるオーストラリア保健相トニー・アボット氏との会談に先立ってスパリ氏が語ったものである。
 オーストラリア政府は、鳥インフルエンザ検知のために110億ルピー(125万米ドル)相当のインドネシア向け基金を供与してきた。
 駐インドネシア豪大使のビル・ファーマー氏によれば、この基金は約1070億ルピーのオーストラリアによるパッケージの一部である。昨年10月までに約620億ドルを用いて世界保健機関(WHO)の緊急対応チームの派遣やタミフル5万パックの購入そしてインドネシアの国家パンデミック対応準備計画や公共による抑止策の策定に資金提供してきた。
Outbreak of bird flu 'has ended' BBC News, UK (英国) 英国の(H7N2)鳥インフル流行は終息
 英国保健省は、ノースウエールズ、ConwyのCerrigydrudion近くの小農場で先月発生したH7N2鳥インフルは、17人の感染者を出したが、すでに終息したと発表した。
 感染した鶏に接触した252人を調査し、結膜炎やインフルエンザ様症状を呈した17人で、検査の結果感染を確認した。
Vietnam Reports 2 New Bird Flu Cases E Canada Now, Canada  (カナダ) ベトナム、2名の鳥インフル患者を報告
 5月以来ベトナムは2名の鳥インフル患者を確認した。1名はThai Nguyen省で、もう1名はVinh Phuc省に住んでいた。2005年11月中旬以来初の感染者となっている。
 ベトナムは、95人の鳥インフル発病者と42人の死亡者をこれまで出している。

 Thai Nguyenに住んでいた1名は、5月14日に”と殺場”で働き、5日後に症状を呈した。一方、他の1名は結婚披露宴のために鶏を調理した後に、5月10日に発病した。両者とも回復しつつある。
 これら2名に関してはこれまで個々に既報。
Two patients recover as Vietnam grapples with bird flu crisis Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル危機に直面しているベトナムで、発病者2名が回復

 先月ハノイの病院にH5N1鳥インフルを発病して入院していた2名の患者は、回復しつつあり、1名は間もなく退院予定となっている。
 (*これら2名に関しては個々に既報)
 もう1名もいまだ呼吸器につながれているが、かなり回復してきていると国立熱帯病研究所の医師達は説明している。
 これら2名の鳥インフル感染者は、ベトナムで17ヶ月ぶりに発生した。
 現在鳥インフルはベトナムの64省と都市のうち、13省と2都市で発生している。

Chinese health ministry confirms soldier death from bird flu People's Daily Online, China  (中国) 中国衛生部、鳥インフル発病の兵士の死を確認
 5月24日にH5N1鳥インフルを発病したことが確認された兵士は、専門家グループによる懸命の治療のかいもなく、6月3日に死亡した。
 衛生部によると兵士に接触した人々の中から鳥インフル様症状を呈する感染疑い者は出ていないとされる。
 19歳の兵士は、5月9日に発熱と咳、および肺炎を呈して、14日に軍の病院に収容されていた。

UNICEF to distribute 100000 bird flu prevention kits in Indonesia UNICEF (press release), NY  ユニセフ鳥インフル予防キット10万セットをインドネシアに提供

 インドネシア首都から車で6時間のガルートの市民へ、ユニセフから鳥インフル予防キット(AIキット)が提供された。

 マスク、予防用グローブ、石けん、街頭垂れ幕(注意用の)、予防方法記載のブックレット、ビデオを収めたCD等。



鳥インフルさらに2例、ハノイ市の病院 newsclip.be 
 ベトナム・ハノイ市の熱帯病研究所に鳥インフルエンザの症状を示した患者2人が4日に入院していたことが分かった。2人はいずれもタイグエン省在住で、検査の結果、高病原性のH5N1型ウイルスが検出された。
 一方、鳥インフルエンザによる家禽類の集団死は、5日までに南部ドンタップ省の2カ所と中部クアンナム省のアヒル飼育場の計3カ所に拡大し、いずれもH5N1型ウイルスが検出された。
6月5日

Expert: York area 'not ready' for flu pandemic York Dispatch, PA (米国) 専門家:ニューヨークはパンデミック・インフルエンザに十分対策が立てられていない
Human Antibodies Against Bird Flu Hold Promise for Cure  Voice of America  (ボイス・オブ・アメリカ) 鳥インフルに対する人の抗体も臨床使用が、患者の治癒につながる期待
 回復患者から得た免疫細胞を培養して、モノクローナル抗体を増産し、それを患者の治療に用いることにより、良好な効果が期待される可能性が、実験により明らかに。5月29日と30日に既報。

China reports soldier died of bird flu: WHO  Reuters  (国際) 中国、鳥インフル感染兵士の死を報告:WHO
 中国の兵士が鳥インフルで死亡し、世界で最も人口の多い国で、16番目の死者となった。WHOが4日に報告した。
 WHOは、中国衛生部の話として以下のように発表している:患者は19歳の男性兵士で、福建省で働いていたが6月3日に死亡した。感JYは5月18日にH5N1ウイルス感染が確定され、軍の病院で治療を受けていた。
 中国は25人の検査室で確認された患者を報告しているが、今回の死者はこの3月以来初である。

日本医師会市民公開講座 「どう防ぐ新型インフルエンザ」をテーマに   日医ニュース
 日本医師会市民公開講座が,五月十二日,「どう防ぐ新型インフルエンザ」をテーマに,日医会館大講堂で開催された.参加者は五百八十一名であった.
 内田健夫常任理事の総合司会で開会.竹嶋康弘副会長は,冒頭のあいさつのなかで,「日医では医師の生涯教育だけでなく,国民の方々にも医療医学に正しい知識を習得してもらえるように,毎年,市民公開講座を開催している.感染症については国民の関心が高まっているが,感染症を正しく理解し,過度の不安を持たずに対処することが大切である.今回は発生が危惧されている新型インフルエンザについて理解していただくために,このテーマを選んだ」と述べた.
 つづいて,四人のパネリストによるパネルディスカッションが行われた.
飯沼雅朗常任理事・感染症危機管理対策室長、岡部信彦国立感染症研究所感染症情報センター長、三宅智厚生労働省健康局結核感染症課長、川名明彦国立国際医療センター特別疾病制圧班医長。
6月4日


Vietnam reports fresh bird flu cases among ducks Reuters AlertNet, UK  (英国) ベトナム、アヒルの間で新規鳥インフルの発生を報告
 先週南部メコンデルタ地域と中央の省のアヒル農場でH5N1鳥インフルが発生したことを家畜保健局が発表した。
Singapore institute plans clinical trials of bird flu vaccine Earthtimes.org  シンガポールの研究機関が鳥インフルエンザ・ワクチンの臨床試験を計画

 シンガポールの研究機関が今後2ヶ月の内に鳥インフルエンザ・ワクチンの臨床試験を開始する準備があると、同機関のチームが4日に語った。香港大学でもH5N1ウイルスに感染した動物に対する実験実施を検討中で、こちらにはオーストラリアの研究者も参加する。
 このワクチンは鳥に使用するもので、テマセック生命科学研究所が開発した。動物衛生工学・上席主任研究者のジミー・クアン教授はストレート・タイムス紙に対し、このワクチンの技術でコストを大幅に軽減できると語った。
 「ウイルス株が中国の北部と南部、またインドネシアとベトナムの間でさえ異なっていると判っています」というクアン氏の言葉が引用されている。「しかし検査した76の検体のうち、75について識別に成功しました」
同機関の計画ではインドネシア向けに5万セットを製造する予定である。同国では2005年以来、鳥インフルエンザによるヒトの死者数で最悪の被害を受けている。
 このワクチンは過去2年間で開発されたものと、同機関はしている。
6月3日

Bird flu hits more ducklings in northern Vietnam Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 北部ベトナムでさらにアヒルに鳥インフルが拡大
 3日、ベトナム政府は、今週北部ベトナムでアヒルの子の間で鳥インフルが広がったと発表した。また同時に1年半ぶりに立て続けに2名の鳥インフル患者が発生したことも発表した。2人の状態は安定しているとされる。
2nd human case of bird flu reported in Vietnam in two weeks Food Consumer, IL (米国) ベトナム、この2週間で2人目の患者が報告
 ハノイの”と殺場”での従業員がH5N1鳥インフルに感染した情報。昨日既報。
 先に1年半ぶりに報告があったのは、Vinh Phus 省の30歳の男性である。
Avian Influenza Survivors' Antibodies Effective At Neutralising ... Medical News Today (press release), UK (英国) 鳥インフルの生存者の抗体は、H5N1ウイルスを中和
 既出の話題。スペイン風邪の際、回復患者からの血液を治療に使って死亡率が半減したという報告がある。回復した患者からの抗体が有効であることを示唆していた。
 今回の実験は、回復した患者の免疫細胞からH5N1ウイルスに対するモノクローナル抗体を作成し、それがH5N1ウイルスに対して異なる株を含めて効果があったという結果。
 5月29日、30日に既報。
6月2日

New outbreak of bird flu in Vietnam United Press International  (UPI、国際) ベトナムで新規鳥インフル患者発生

 ベトナムの家きん農場従業員が1日鳥インフルを発病していることが確認された。
 国立熱帯病研究所のNguyen Duc Hien氏が、男性は先週26日から入院し、現在回復に向かっていると、報道に発表した。Thanh Nien紙によると、男性はハノイの”と殺場”で働き初めて12日後に発症した。
 ハノイのBach Mai病院長のTran Thuy Hanh氏は、この2日間にインフルエンザ様症状で2人が入院し、1人が死亡したと語っている。しかし検査でH5N1ウイルスはまだ確認されていないと言う。
 最近のベトナムにおける鳥インフル流行は1ヶ月前に始まり14省に広がっている(直近情報では16省:管理人)。
 H5N1鳥インフルが東南アジアに出現した2003年以来、H5N1鳥インフルウイルスはベトナムで少なくとも42人を死亡させている。ウイルスはまれにしか人に感染しないが、発病者の多くは、家きん農家従業員か、感染した鳥に接触した人である。
 

鳥インフルエンザ、ベトナム16省に拡大 newsclip.be
 ベトナム中部のクアンナム省で、アヒルの幼鳥370羽が集団死し、高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが検出された。同国の鳥インフルエンザは16省に拡大したことになる。同国メディアが31日報じた。
 南部のカントー市でも30日、同型ウイルスでアヒル115羽が死亡した。
 4月以来、同国で鳥インフルエンザが発生した地域は、北部のハイフォン市、クアンニン、ソンラー、ナムディン、バクザン、ニンビン、バクニン、ハナム、タイグエン、タインホア、ビンフクの各省。中部のゲーアン、クアンガイ、クアンナムの各省。南部のカントー市とドンタップ省。
鳥インフルの死者79人に=インドネシア  時事通信 
 インドネシア保健省当局者は1日、中ジャワ州で16歳の女性が鳥インフルエンザに感染して死亡したことを明らかにした。これにより、インドネシアでの死者は79人、死者を含めた感染者総数は99人となった。
 同当局者によれば、この女性の自宅では6羽の鶏を飼っていたが、このうち4羽が死んだ。女性は病気の鶏を料理した際に感染したとみられている。
6月1日


Indonesian teenager dies of bird flu Scientific American  (米国) インドネシアのティーンエイジャーが鳥インフルで死亡
 下方のロイター記事。
Bird flu reported in 16 provinces VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) 鳥インフル、ベトナムの16省で報告

さらに3省でH5N1鳥インフルが発生し、現在ベトナムの16省で家きんにおける鳥インフルが発生している状況。

China shares first bird flu samples in a year--WHO Reuters AlertNet(英) 中国が1年ぶりに鳥インフルエンザ検体を分有-WHO
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 中国は1年以上ぶりにヒトに感染した鳥インフルエンザの検体を分有した。これにより高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルス追跡の国際的な取組みに勢いがつくと、世界保健機関(WHO)が1日に述べた。
 この検体は2名から採取されたもので、31日夜にWHOの協力検査機関のひとつである、アトランタの米疾病管理センター(CDC)に到着したと、同機関は語った。
 「昨夜CDCに到着しました」と、WHOのスポークスマンであるグレゴリー・ハートル氏はジュネーブでロイターに語った。「これは歓迎すべきことです。これによって中国がウイルス共有という国際的なシステムに協力していることがわかります」
Indonesian teenager dies of bird flu Reuters AlertNet(英) 十代のインドネシア人が鳥インフルエンザで死亡
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ジャワ中部のインドネシア人少女が鳥インフルエンザで死亡したと、厚生省当局筋が1日語った。
 セマラン市付近のケンダル地域に住む15歳の少女が5月29日に死亡したと、同省鳥インフルエンザ・センターのムハマド・ナディリン氏が電話で述べた。
 「この少女は死んだニワトリを調理するために扱っていました」と、同氏は述べている。
 この少女の死によりH5N1ウイルスによる死者はインドネシアで79人となり、これは世界最悪のものである。東南アジアにある同国では鳥インフルエンザのヒトへの感染が99件発生している。
 この最新の死亡例を含め、世界保健機関のデータによれば全世界で合計188名が死亡しており、310件の感染例が判明している。
 発病した家禽との接触が、ヒトが鳥インフルエンザに感染する最もありふれた経路である。
 この疾病はインドネシアのほとんどの地域の鳥の間で大流行している。この国では家庭の庭で数百万羽の家禽が飼われてヒトと密に接しており、啓もう運動は僻地では行き届いていない。
 現時点では未だ鳥インフルエンザは主に鳥の疾病であるが、科学者はウイルスの頑強さと新たな環境と宿主への適応能力について懸念している。
 H5N1が世界的な脅威である理由は、このウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異し百万人単位の死者を出すパンデミックを引き起こしかねないからだと、科学者はしている。
Bird flu spreads among ducks in central Vietnam  Reuters(英) ベトナム中部のアヒルに鳥インフルエンザ拡散
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザがベトナム中部の2番目の省に今週拡散し、H5N1ウイルス対策でワクチン接種を受けていたアヒル370羽を死亡させたと、農業省が述べた。
 検査の結果、ウイルスがカン・ナム省にある飼育場の生後2ヶ月のアヒルで確認され、動物衛生従事者が同飼育場の残りの30羽を殺処分したと、金曜日に発表された農業省報告書が述べている。
 5月初めにギー・アン省のアヒルに鳥インフルエンザが発生した。これはクアン・ナム省の北500km(310マイル)の中部沿岸地域で初の発生であった。両省は南北のハイウェイ・ワン沿いにある。
 水曜のクアン・ナム省での発生で、この1ヶ月においてベトナムで鳥インフルエンザが発生した地域は合計13となった。これら地域は同国の極北西部のソン・ラから南部メコン・デルタ地域のカン・ソ市にまで広がっている。
 農業相のカオ・ダック・ファット氏は、夏の始まりである5月の鳥インフルエンザ・ウイルスの急速な拡散によってベトナムは家禽の鳥インフルエンザ大流行の瀬戸際にあると語った。専門家が鳥インフルエンザは冷涼な天候で活発化するとしていることから、これは異常なことである。
 先週、東南アジアにある同国は1年半ぶりのH5N1ウイルスのヒトへの感染を報告した。ハノイに隣接する省の30歳男性の事例である。この男性の症状は改善しつつあると、医師はしている。
 2003年暮れにアジアで再浮上して以来、感染者の半数以上を死亡させている鳥インフルエンザはベトナムでは42名を死亡させている。それ以来2005年、そして昨年と今年初めに鳥インフルエンザ・ウイルスは復活している。
世界的には鳥インフルエンザ・ウイルスは12カ国で309名に感染し、その内187名を死亡させたと、世界保健機関はしている。
Bird flu seen waning but pandemic risk still high Reuters  (国際) 鳥インフルは勢が衰えているように見えるが、パンデミックの危険性はいまだ高い
 鳥インフルの拡大は衰えているように見えるが、世界は人におけるパンデミック・インフルエンザに対する警戒を維持しなければならない。長い目で見れば、それはいつかは起きるのだから。WHOの高官が31日語った。


 国際的鳥インフル専門家達の会議がパリで開かれた。最近、特に今年度に入ってから鳥と人における鳥インフルの拡大が弱まったことが、話し合われた。
 「鳥インフルは弱まっている。しかしそれは再び拡大しないことを意味しているのではなく、いつか何かが起きる」、とOIEのベルナード・バレ長官が語った。
 2007年度上半期のデータを見る限り、H5N1鳥インフルは活動サイクルの終わりに近づきつつあるように見える。しかしインドネシア、ナイジェリア、そしてエジプトではいまだ発生がくり返されていて、警戒は続ける必要はある。
 「もしこれらの国々で封じ込めることが出来るなら、鳥インフルの終焉はより保証されるだろう」、と同氏は語った。

 パンデミック・インフルエンザは間違いなく起きる

 「人での発生例は増加し続けているが、しかしペースは遅い」、と世界銀行のミラン・ブラームバット氏は語っている。
 しかしながら、ウイルスが変異して、人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックが発生する可能性を専門家達は恐れている。
 WHOの世界インフルエンザ対策の責任者であるKeiji Fukuda氏は、パンデミックは鳥インフルから発生する可能性が高いが、必ずしもそうとは限らない。
 「H5N1ウイルスのみがパンデミックを起こすという保証はない。いずれにしても、人におけるパンデミック対策が極めて重要で、最優先されるべき課題であるという事実には変わらない」。F
US finalizes plan to speed flu vaccine development Reuters (国際) 米国、インフルエンザワクチン増産計画を完了
 細胞培養法を含めて新技術でワクチンメーカーが協力し合って、鳥インフルエンザを含むインフルエンザワクチンの量産が可能な態勢。米国FDA。
鳥インフルの死者78人に=インドネシア 時事通信 
 インドネシア保健省は31日、中ジャワ州の45歳の男性が鳥インフルエンザに感染して死亡したことを明らかにした。インドネシアでの死者は78人、死者を含めた感染者総数は98人となった。
 同省当局者によれば、この男性は自宅で飼っていた鶏が死んだ後、手に取って料理をして食べたという。
新型インフルエンザパンデミックのもう1つの治療法 swissinfo  (スイス->日本版)
 *すでに既報であるが、患者から得た免疫細胞を培養してH5N1ウイルスに対する抗体を作成して、そのH5N1鳥インフルに対する効果が確かめられた。こうして得られたモノクローナル抗体を臨床的有用性に関するレビュー。

スイス人研究者を含む国際科学者チームが、ヒトの体内でできた鳥インフルエンザウイルスH5N1型の抗体を、マウスに使用。
その結果、ほとんどのマウスが生き残るという結果を得た。
これがうまくいけば、世界的に大流行 ( パンデミック ) するかもしれない新型インフルエンザパンデミックに対する新しい治療法になると研究者たち。

モノクローナル抗体 

 「モノクローナル抗体を新型インフルエンザの治療に使えるかもしれない」と語るのは、スイスのベリンツォーナ ( Bellinzona ) の生物医学研究所のアントニオ・ランザベッキア教授。
 今回の共同研究者の1人であるランザベッキア教授は、H5N1型ウイルスに感染して、生き残ったベトナムの4人の患者の血液から取り出した抗体を増やし、それをマウスに使った。
 モノクローナル抗体とは特定の抗原にのみ反応する抗体で、今回の場合特定の抗原とはH5N1型ウイルスのことである。

 このモノクローナル抗体をさまざまな量投入された60匹のマウスのうち、58匹が生き残ったのに対し、H5N1型ウイルスに感染したほかのマウスは数日で死亡した。
 さらに、抗体を投入されたマウスは何も投入されなかったマウスより、肺におけるH5N1型ウイルスの数が10~100倍も少なかった。 

もう1つの治療法 

 「もしこの研究結果が、他の研究所や医療機関でさらに検証されれば、今回のヒトのモノクローナル抗体は、新型インフルエンザパンデミックの治療方法になるかもしれない」と語るのは「アメリカ国立アレルギー、感染症研究所 ( NIAID)」の主任教授アントニー・ファウキ氏。
 スイスのランザベッキア教授は主に抗体を作り、NIAIDとベトナムの「熱帯性の病気専門病院」と共同研究を続けてきた。
 「ワクチンは長期間に渡って免疫を作るが、免疫ができるまでに数週間、数カ月かかるという欠点がある。インフルエンザが流行し始めたらもう間に合わない。ところが抗体はただちに効果を発揮する。 大量生産も可能だ。ただしこの抗体療法は数カ月しか免疫力が持続しないというのが欠点」とランザベッキア教授は説明する。 
 いずれにせよ、もう少し検証を続ければ新型インフルエンザパンデミックが起こった際の「タミフルやほかの薬以外のもう1つの治療法になりえる」というのが結論である。 
 一方、 世界保健機構 ( WHO ) 側は「今回の研究結果の重要性を判断するのは、今の段階では早すぎる」と慎重である。

TOP