高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
4月15日

 特記すべき報道なし
2007年4月15日 16:47:46
4月14日

Cambodia confirms new bird flu outbreak Nation Multimedia, Thailand (タイ) カンボジア、家きんにおける新規鳥インフル発生を確認
 カンボジア政府は14日、家きんにおける新規鳥インフルの発生を確認したことを発表した。
 今週初めにKampong Cham省の個人の家庭で放し飼いされていた鶏とアヒルで、鳥インフルが確認された。
 首都プノンペンの東124キロの地域にあたる。
ワクチン製造の新方法を開発~ロチェスター大など、イモムシの細胞を利用 USFL.COM  (米国->日本語版)

鳥インフルエンザ(H5N1)が人へ感染する危険性が懸念される中、遺伝子組み換え技術を使った新しいインフルエンザ・ワクチンの製造方法を、ロチェスター大学(ニューヨーク)研究者とプロテイン・サイエンシズ(コネチカット州メリデン)が開発した。

■生産時間を1カ月短縮
 ロサンゼルス・タイムズによると、新ワクチンは、昆虫のウイルスを遺伝子操作で人間型に組み替え、幼虫の細胞で培養して作る。

 研究を率いたロチェスター大学のジョン・トリーナー博士によると、新ワクチンの効き目は既存のものと同じだが、生産効率が高く、製造期間を1カ月ほど短縮できる。

 国内で認可を受けたインフルエンザ・ワクチンは現在、すべて鶏卵の中で培養されている。生産・販売に6~8カ月かかるほか、雑菌が混入する危険性や、問題が発生した際に2004年に国内でおきた大規模なワクチン不足に陥る恐れがある。

 一方、幼虫の細胞を使う方法はこうしたリスクが少ない。ミシガン大学で感染症を研究するアーノルド・モント博士は「将来性のある技術で、初の革新的なワクチン」と高く評価している。

■副作用も少なく安全
 新ワクチン・メーカーのプロテイン・サイエンシズは約20年間にわたり、昆虫を基にしたワクチンを開発している。新ワクチンは食品医薬品局(FDA)の優先的認可審査の対象となっているため、今年中にも発売される可能性がある。

 成人約460人を3つのグループに分け、大量のワクチン、少量のワクチン、偽薬を与え、180日間経過を観察した臨床試験では、ワクチンを接種したグループのインフルエンザ発症率は301人中2人だった一方、偽薬を与えたグループは153人中7人だった。ワクチンを接種したグループの発症率は、既存のワクチンと同水準だった。

 セントルイス大学(ミズーリ州)ワクチン開発センターのロバート・ベルシェ所長は「比較的副作用が少なく、新ワクチンの安全性に感心している。試験のデータがより大規模な臨床試験でも確認されれば、大きな前進となるだろう」と話した。

 細胞で培養するインフルエンザ・ワクチンは5社以上が開発を進めている。厚生省は昨年、関連研究の支援金として、グラクソスミスクライン(GSK)、メドイミューン、ノバルティス、バクスター・インターナショナル、ソルベイ・ファーマシューティカルズに計10億ドル以上を投じた。

Taiwan to mass produce bird flu vaccine Independent Online, South Africa (南アフリカ) 台湾、鳥インフルワクチンの大量生産に
 犬の腎臓細胞を用いて、培養法でワクチンを大量生産する方法を開発した台湾の研究者達は、2008年にワクチンの第1&2相臨床試験を開始する予定と発表した。13ヶ月間で開発に成功し、犬の培養細胞を用いる方法は世界初である。先に培養細胞を用いてワクチン開発を行っている米国系バクスター社は、アフリカミドリガメの腎臓細胞を用いている。
 現在月に7000人分のワクチン製造が可能であるが、今年度末までに試験工場が建造される予定で、そこでは10倍量の製造が可能となると言われる。
 保健当局者達は年間1600万人分のワクチン製造が可能となることを期待している。
Bypassing Eggs, Flu Vaccine Grown in Insect Cells Shows Promise  Voice of America (米国) 受精卵のかわりに昆虫細胞で増殖させたインフルワクチンが有望
 毛虫の細胞を培養し、その中で昆虫に感染するウイルスの一種であるbaculovirus を増殖させ、それをインフルエンザワクチンとして利用する研究が注目されている。baculovirusには、インフルエンザウイルス膜面のH抗原を表現する遺伝子を組み込んであり、当ウイルスを用いたワクチン接種により、インフルエンザウイルスのH抗原に対する抗体が産生される。
 2004年冬から2005年春までのインフルエンザシーズンに、少人数のボランティアを対象に臨床試験が行われ、安全性が確認されると共に、通常の季節性インフルエンザに対する感染予防効果が確かめられた。
 今後さらに大人数での臨床試験が行われる。
 実用化されると、これまでの受精卵を用いた製造方法よりも数週間は早く、また受精卵を使わないため、より大量生産が可能となる。
 ニューヨークのロッチェスター医学センターの研究。
 米国内科学会雑誌Journal of the American Medical Association に発表された。
 11日に他紙で報道済み。

Govt raises Bird Flu alert E-Pao.net, India (インド) インド政府、鳥インフル警戒報を発令
 ミャンマーからの家きん産物の国境での売買の監視態勢の強化を続けると共に、国家レベルでの鳥インフル監視態勢を強化することを政府は発表した。
4月13日


H5N1 found on poultry in Germany Baku Sun, Azerbaijan  (アゼルバイジャン) ドイツで家きんにH5N1鳥インフルが発生
 ドイツで家きんのH5N1鳥インフルが11日に初めて見つかったと、当局から発表。
 詳細は不明。
Bird-flu drug 'could save hundreds of lives' ABC Online(豪) 鳥インフルエンザ用薬で数百名が救われる可能性も
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 オーストラリアのウイルス学の第一人者が、既に数百名の患者を救ったかもしれないとして抗インフルエンザ薬を薬局で一般薬として販売することを訴えている。
 オーストラリア国立大のグラエム・レイバー教授によれば、タミフルは政府が鳥インフルエンザ大流行に備えオーストラリア中で備蓄中だという。
 タミフルは安全で効果があり、症状が現れた直後に服用すればウイルスが死滅すると同氏はしている。
 レイバー教授は、タミフルが一般薬として販売されていないのは政治的な理由によるものだとしている。
 「毎年インフルエンザで約3000人が死亡しているのですが、そうした人は大抵は老人だからといって誰も気にかけないのです」と、同氏は言う。
 「これまではどうしようもなかった訳ですが、今は適切な使用で助けることが出来るのですから、そうするべきです」
 「極めて単純で明白なことですから、政府が真っ向から反対している理由は理解しがたいです」
 ACT主任衛生官のポール・ダグデイル氏は、タミフルの薬局での一般薬としての販売は連邦政府の責任によるものだが一定の状況下に制限されるべきだとしている。
 「インフルエンザでない場合にタミフルを使っても症状が改善されるものではありませんし、予防にもなりません」と、同氏は述べている。
 「気分が悪くなることもありえますし、副作用は重大でインフルエンザに感染したように感じられるかもしれません
「更に言えば、そのように無差別に使用すれば、薬剤耐性を生み出し実際にインフルエンザに感染したときに役に立たなくなるかもしれません
 「何ら影響はなく問題ないというのはとんでもないことで、副作用と薬剤耐性を生み出すのです。こうしたことは絶対に起こって欲しくないことなのです」

WB offers Vietnam loans to combat bird flu People's Daily Online, China  (中国) 世界銀行、ベトナムへ鳥インフル対策用資金を貸し付け
 総額45億6000万円を世界銀行等は、ベトナムにおける家きんでの鳥フル対策と人における対策用に貸し付ける。

 世界銀行 24億円
 EU 12億円
 日本 6億円
 他

Eleven People Tested for Suspected Bird Flu in Lagos  Voice of America  (米国) ナイジェリア、ラゴス:11人が感染疑いで検査中と
 ナイジェリアの保健当局は、11人の鳥インフル感染疑い者の検査を行っていることを発表した。彼らは専門家達により、鳥インフル様症状を呈していると判断されている。
 2ヶ月前に22才女性が鳥インフルで死亡したが、彼らは皆女性と接触した既往を持っている。彼らから検体が採取され、現在検査中である。
 最初に発病した22才女製はラゴス初の人の鳥インフル患者であるが、鶏をグローブやマスク装着なしに”と殺”した。
 保健省によるとさらなる事例が発生している可能性もあり、人々の家きんを扱う際には十分の注意を払うように警告している。
4月12日


WHO opens medical info centre Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) WHO、ホーチミン市に医学情報センターを開設
 WHOはベトナムの公衆衛生専門家達が、各種情報を得るための情報センターをホーチミン市に開設した。センターは図書館とインターネットセンターから構成されている。

Bangladesh says bird flu spreading Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) バングラディシュ、家きんでの鳥インフルさらに拡大
 南部、北部、そして西部の地区の3農場で鳥インフルの発生が確認されたと、政府関連筋の当局者が11日発表した。
 当局者によると当局の懸命な拡大防止策にも関わらず、ウイルスが家きんの間で広がっていると言う。
 600人近くの農場従業員がバングラディシュの製薬会社製のタミフルジェネリック薬である「 Oseflu」を服用している。
 これまで人での感染者は報告されていない。

4月11日


Egyptian girl dies of bird flu Reuters India, India (ロイター、インド) エジプトの少女、治療にも関わらず死亡
 9日に発表された鳥インフル発病の15歳少女が死亡したことが、保健省から11日発表された。
 発表によると少女は5日にカイロの病院に入院、タミフルによる治療を受けていたが、10日に死亡した。
 エジプトの34人目の発病者となっていたが、14人目の死亡者ともなった。死亡率41%。

Thailand, Laos to enhance anti-bird flu cooperation People's Daily Online(中国) タイとラオス、鳥インフルエンザ対策で協力強化
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 タイとラオスは火曜日に、鳥インフルエンザ抑制に関する協力協定に署名した。これは両国の鳥インフルエンザ対応能力増強を図ったものだ。
 タイの公衆衛生相モンコール・ナ・ソンクーラ氏とラオスの同大臣であるポンメグ・デラロイ氏は火曜日にバンコクで協定に署名した。
モ ンコール氏によると、協定はこの隣接する二国の1995年に開始した公衆衛生面での協力の新たな一歩であるという。
 これにより高毒性の鳥インフルエンザや再び脅威を増しているマラリアや結核などの感染症の予防・管理を改善するだろうという同大臣の発言を国営のタイ通信社が伝えている。
 この協定により鳥インフルエンザ患者がラオスで見つかった場合、ラオス政府はタイ政府に直接連絡するか又は世界保健機関(WHO)に通知することが求められる。
 一方、タイはラオスの患者に技術的支援や治療を行わなければならない。必要とされる場合は、専門家チームを指名してラオスでの疾病抑制を図る上でラオス政府を支援することとなる。
 報道によれば。この協定は5年ごとに見直されるという。
Flu vaccine grown in insect cells The Age, Australia (オーストラリア) インフルエンザワクチン、昆虫細胞で増殖
Protective flu vaccine grown in caterpillar cells  CBC.ca, Canada (カナダ) インフルエンザ予防ワクチン、毛虫の細胞で増殖

Flu vaccine grown in insect cells shows promise Reuters  昆虫細胞で製造されるインフルエンザワクチンが有望視
 詳細は下方記事と類似。
Over 1000 chicken culled in 2 districts The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) バングラディシュ、2地区で1000羽以上の鶏が殺処分
 Shibobas of Sharsha upazila in Jessore において、致死的H5N1鳥インフルが発生したために、小さな養鶏場の放し飼いの鶏が全て殺処分された。
Flu Vaccine Grown in Insect Cells Called a Promising Alternative  Forbes, NY (米国) 昆虫細胞で製造されるインフルエンザワクチンが有望視
 シンシナチ小児病院医学センター、ロッチェスターおよびバージニア大学の研究者による発表。4月11日号の、Journal of the American Medical Associationに掲載された

 新規ワクチンは”FluB1OK”と呼ばれ、Protein Sciences Corp. of Meriden, Connが製造元。
 ウイルスは通常昆虫に感染するbaculovirusで、毛虫の中で増殖させワクチン材料として用いている。
 {訳者注:遺伝子組み換え技術で、baculovirusにインフルエンザウイルスの抗原が(Hタンパク等)発現できるように、各種インフルエンザウイルスの遺伝子を組み込んであると想定される。詳細は報道では無記載。}

 この研究では抗原量が75マイクログラム含んだワクチンと、135マイクログラム含んだワクチン、そしてプラセボ群が使われた。
 作成されたワクチンは、2004年~2005年に流行が想定されたウイルス株3株を用いて、同期間に臨床試験が行われた。
 154人がプラセボ群で、153人が少量抗原、他の153人が大量抗原投与を受けた。
 
 ワクチン投与による副作用は注射部位局所の痛み程度で、重大な副作用は観察されていない。
 さらに重要な結果として、大量抗原投与群からはインフルエンザ感染者は発生していなく、プラセボ群からは5%発生、少量抗原投与群では1%の患者が発生した。

 この結果は非常に期待を抱かせるものではあるが、受精卵をしようしないで抗原を増殖させる方法に関してもっと研究を進めてゆく必要がある。そのように研究責任者は語っている。
If it arrives, bird flu may infect 35% of population  Gulf News, United Arab Emirates アラブ首長国連邦、パンデミック時には35%の国民が感染と
 政府の推計によると、パンデミック・インフルエンザ発生時には432万人の国民の中で151万2000人G感染し、何も対策を講じなければ5805人が死亡すると予測される。各種の対策が考えられている。
 訳者注:死亡率が非常に低い。感染者の死亡率が通常2%程度と考えるが、そうならば3万人程度の死者数となる。ここでは最低の死亡率で計算されているようだ。
Flu Vaccine Grown in Insect Cells Called a Promising Alternative  drkoop.com (米国) 昆虫細胞で製造されるインフルエンザワクチンが有望視
 昆虫細胞でウイルスを増殖させ製造されたインフルエンザワクチンが、300人のボランティアを対象に臨床試験が行われ、十分な免疫効果を持つことが確かめられた。副作用として注射部位の軽度の痛み程度で、重大なものはなかった。研究結果について4月11日号の、Journal of the American Medical Associationに掲載された。
 受精卵を用いずに細胞培養を用いて抗原となるウイルスを増殖させる方法を用いるので、製造量、製造期間とも従来法に比較して改善される。
 シンシナチ小児病院医学センター、ロッチェスターおよびバージニア大学の研究者による発表。
4月10日


Five poultry farms found to have deadly bird flu Gulf News, United Arab Emirates  (アラブ首長国連邦) パキスタン、5ヶ所の農場で致死的鳥インフルが発生

 致死的H5N1鳥インフルがパキスタンの5ヶ所の商業用農場で発生したことが、農業局同局者から発表された。
 農場授業員の検査では異常は見つかっていなく、人での発病者はいないと判断されている。
Pakistan reports new cases of bird flu in 2 provinces  Reuters India, India (ロイター、インド) パキスタン、2州で新規鳥インフルが発生
 北部と南部の小規模養鶏場でH5N1鳥インフルが発生。数百羽単位の家きんが殺処分に。
Cambodia Begins Campaign Against Bird Flu  E Canada Now, Canada (カナダ) カンボジア、鳥インフル防止キャンペーンを開始


カンボジア政府は13歳少女が同国で7番目の鳥インフル死者となったことを受けて、国内で鳥インフル防止キャンペーンを1週間の予定で開始した。
 内容は人々や関係者に対する教育プログラムが中心となる。

Pakistan Reports Bird Flu Outbreaks Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) パキスタンで新規鳥インフル発生
 鳥インフル発生がパキスタンの2州で報告された。
 南部と北部の州の商業養鶏場での発生である。
 鶏の殺処分と農場の消毒が行われている。

 パキスタンで初のH5N1鳥インフルの発生は2006年2月であった。
Hygiene education campaign battles spread of avian influenza in Egypt  UNICEF (press release), NY  (ユニセフ、国連) エジプトで、鳥インフル拡大防止に対する衛生教育を強化
 
Kolkata requests 5000 Tamiflu pills The Statesman, India  (インド) コルカタ市、5000人分のタミフルを要求
 バングラディシュで流行している致死的H5N1鳥インフルが、インド国境近くでも発生。インド政府は国境近くの州に警戒態勢を強化するように呼びかけている。

4月9日

Cambodia's seventh death over bird flu isolated Xinhua(中国) カンボジアの鳥インフルエンザによる7人目の死者は単独のもの
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 カンポン・チャム州で4月5日に発生した鳥インフルエンザによる13歳の少女の死は単独のものであるという、衛生当局筋の発言を現地報道が伝えた。
 自宅や治療を施した病院でこの少女と接触した人間に関する調査は現在のところ、否定的な結果となっていると英字紙カンボジアン・デイリーはしている。これは世界保健機関(WHO)の国別代表のマイケル・オライリーの発言を伝えたものである。
 「今のところ、当事例は単独の症例と思われます」と、同氏はしている。
 この少女はカンボジアでの7人目の鳥インフルエンザによる犠牲者である。この少女は死の前に自宅付近の病気になっていたニワトリを料理し食べたことが判っている。
 死の直後にカンボジア農業漁業とWHO省の調査団が現地に赴き、更なる症例があるか判断した。
 今月初めにWHOは、ヒトの間での鳥インフルエンザ拡大封じ込めのために抗・鳥インフルエンザ薬を備蓄地のシンガポールからカンボジアへ移送する模擬訓練を終えたばかりであった。
Beijing to have plenty of hospital beds during Olympics Radio New Zealand, New Zealand  (ニュージーランド) 北京、オリンピック開催期間に感染症用ベッドを多数準備
 2008年の8月に開催されるオリンピックまでに、鳥インフルやSARSのような感染症発生に備えて、感染症専用の6350のベッドと144の病院を準備される。
1000 chickens die of bird flu in Noakhali  The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) さらに1000羽の鶏が鳥インフルで死亡
 さらなる養鶏場で鶏が鳥インフルで1000羽死亡した。
Egyptian girl, 15, tests positive for bird flu Reuters India, India  (ロイター、インド) エジプトの15歳少女が検査で陽性に
 エジプト国営通信のMENAは、8日、15歳少女が検査で鳥インフル陽性となり、同国34人目の発病者となったことを伝えた。また少女は首都カイロ在住であり、首都内での初めての発病者となった。
 少女は5日に高熱を呈して入院し、タミフルによる治療を受け、現在様態は安定しているとされる。
 保健省の当局者によると少女は感染した家きんと接触した既往がある。
 エジプトはアジア外で最も感染者が多く、そのうち13人が死亡している。
 
 訳者注:死亡率は38%と、発見と治療が早いため低率となってきている。本年度だけで見ると死亡率は19%、一方昨年は56%。なおインドネシアでは死亡率は79%。
4月8日


Beijing to boost disease control for Olympics Reuters  (国際) 北京、オリンピック開催に向けて感染症対策を強化
 2008年8月のオリンピック開催までに、北京市は市内にSARSや鳥インフルのような感染症に対応できる6350ベッドと144の病院を用意する予定であることを、北京疾病予防管理センターが発表した。新華社の報道による。
New Health Rules a Challenge to Implement - More Costly to Ignore Inter Press Service (subscription), Italy (イタリア) WHO、新国際保健規則施行の問題点
 2005年に批准された新”国際保健規則(IHR(2005))の施行が2ヶ月先に迫っている中、ケニアでは国内での感染症モニター、診断等の体制が整備されていない…
Bird flu detected in another Savar farm The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) バングラディシュ、さらに他の養鶏場で鳥フル発生
 Savarの農場で鶏の間で鳥インフルが発生。2000羽が殺処分された。
City stockpiles to be ready for bird flu pandemic  Portsmouth News, UK  (英国) 鳥インフル・パンデミックに備える
 英国ポーツマス市におけるパンデミック・インフルエンザ対策。
 マスク、予防衣、予防グローブ等の備蓄。
4月7日

Man from Indonesia's Central Java dies of bird flu Washington Post, DC  (米国) インドネシアの中央ジャワ出身の男性、鳥インフルで死亡
 インドネシアの中央ジャワ州の29歳男性が、鳥インフルで死亡し、同国で74人目の死者となったことを保健省が7日に発表した。
 男性は中央ジャワのソロ市の病院で1週間治療を受けていたが、5日に死亡した。
 ”患者は近所で飼育されていた鶏に接触した。多くの鶏が死亡したようだ”、と保健省の鳥インフルセンターの当局者が語った。
Cambodia, Egypt report H5N1 cases; Indonesia demands vaccine  CIDRAP, MN  (米国) カンボジア、エジプト、新規H5N1鳥インフル患者発生;インドネシア、製造ワクチンの無償供給を要求
 6日、カンボジアとエジプトで新規鳥インフル患者が報告された。一方、インドネシア政府は、ワクチン・メーカーが無料のパンデミック・ワクチンを提供することを約束しない限り、分離ウイルスを提供しないと発表した。

 カンボジア
  5日に13歳少女がH5N1鳥インフルで死亡した。同国で7人目の死亡者で、本年初である。
 エジプト
  国営通信のMENAによると、2歳少女がH5N1ウイルス検査で陽性となった。少女は高熱を呈して入院したが、タミフル治療で状態は安定している。
 インドネシア
  先にH5N1ウイルス感染が確認されていた15歳少女が5日ジャカルタで死亡した。同国で73人目の死者となったことを、「国家鳥インフル情報センター」が発表した。

  インドネシアが分離ウイルスの国際的提供を拒否していた問題で、インドネシア保健相は、WHOが(人用)ワクチンが無償で同国に提供されることを保証し、かつ同国内にワクチン製造工場を建設するための資金提供を約束してくれる限り、同国内で分離されるウイルスを提供すると態度を表明した。
 WHOは新規則を制定し、ワクチンメーカーが、無償で製造ワクチンを途上国に提供する態勢を緊急に考える必要性があると発表している。また事務局長のマーガレット・チャンは、世界の代表的ワクチンメーカーであるグラクソ社のトップと事態解決に関して話し合っているとされる。
WHO urges Vietnam to step up bird flu fight Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) WHO、ベトナムに鳥インフル対策の強化を求める

 ベトナムは家きんに対するワクチン接種を強化すべきで、特にアヒルが対象とされる。WHOの当局者が6日語った。

 WHOベトナム事務所の代表であるハンス・トロードソン氏は、2005年11月以降、人の感染者が発生していない理由は、家きんワクチンキャンペーンが積極的に行われたことによると語っている。
 ”ベトナムはワクチン接種をさらにステップアップして強化すべきだ。”、とトロードソン氏は世界保健デーの儀式の後に、ロイター記者に語った。
 同氏はワクチン接種強化キャンペーンはアヒルをターゲットにすべきと語っている。
 水棲家きんはウイルスの保因動物となり、排泄物の中に混じったウイルスを周辺に感染させる。アヒルはしばしば症状を出さないので、ウイルスを封じ込めることが難しい。
 先週南部のカマウ省で、死亡した65羽のアヒルの子(ワクチン未接種)がウイルス感染していたことが確認された。
 ベトナムの計画では、中国とオランダ製のワクチン5億羽分を、今年と来年、国内の家きんに接種する予定となっている。農業省によると国内の家きんの90%近くが対象となる。

4月6日


Indonesian girl dies of bird flu  Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシアの少女、鳥インフルで死亡
 15歳少女が、インドネシアで73人目の鳥インフル死者となった。

Cambodian girl dies of bird flu  People's Daily Online(中国) (中国) カンボジアの少女、鳥インフルで死亡
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 13歳のカンボジア人少女がカンポン・チャム州で鳥インフルエンザのために死亡したと、新華社通信へ金曜日(6日)に語った。
 これは同国での鳥インフルエンザによる7人目の犠牲者であると、カンボジア厚生省長官のソク・タッチ氏は述べている。
 この少女が死亡したのは4月5日の正午で血液検査の結果は鳥インフルエンザ陽性であったと、同省と世界保健機関(WHO)の合同声明はしている。
 この少女が動物から感染したのかヒトから感染したのかは、まだ判っていない。
Bird flu kills Indonesian teenager, raising country's toll to 73 International Herald Tribune, France  (フランス) インドネシアの少女、鳥インフルで死亡、同国の死者数が73人に
 インドネシアのティーンエージャーが鳥インフルで首都で死亡し、同国での死者数が計73人となったことが6日、保健省当局者と医師から発表された。
 2日、ジャカルタのスリアンチ・サロソ感染症病院に15歳少女が入院し、5日遅くに死亡した。病院の医師が語った。
 ”少女が病院へ着いたとき、状態は悪すぎた”、と同医師は語り、”彼女は多臓器不全で死亡した”、と死因について説明している。
 保健省の当局者は、少女の検査結果は、H5N1鳥インフルウイルス感染を示し、少女の感染は中央ジャワの彼女の家庭で飼育していた愛玩鳥との接触が原因と考えられていると語っている。

訳者注:5日に中国新華社報道で、15歳少女が93人目の発病者となったことが伝えられている。この例はその少女が死亡した事例と考えられる。内容には若干相違がある。
Vietnam stores enough Tamiflu to fight bird flu VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) ベトナム、鳥インフル対策用に十分のタミフルを備蓄
 ベトナムは、日本が東南アジア各国用に提供した50万人分のタミフルから、7万1000人分の提供を受けたと発表した。
Tests exclude H5N1 cases in Kuwait, confirm 1 in Indonesia CIDRAP, MN (米国) クエートのバングラディシュ作業員は全員検査で陰性:インドネシアで1人感染が確認
 家きん殺処分後、鳥インフル検査で陽性になった4人のバングラディシュ作業員は、2回目の検査で全員陰性だったことが当局から発表された。
 一方、インドネシアでは、15歳少女の発病が確認された。
Egyptian child, 2, tests positive for bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト、2歳女児検査で感染が確認

エジプト国営通信 (MENA)が、2歳のエジプトの少女が検査で鳥インフルが確認され、同国33人目の発病者になったことを発表した。
 少女は中央エジプトに住んでいて、4日に高熱で病院に入院し、タミフルによる治療が開始された。
 少女は感染した家きんと接触して発病したが、病状は安定している
4月5日


WHO to stock bird flu vaccine India eNews.com, India  (インド) WHO、ワクチンを途上国用に大量備蓄の計画
 公平なパンデミック・ワクチン分配を求める(発展途上国)動きに対応して、WHOは途上国用にワクチンの世界的備蓄を行う考えを発表した。
South Korea suspends Tamiflu use for young people  New Straits Times, Malaysia  (マレーシア) 韓国、若年者へのタミフル使用を中止に
 韓国政府は5日、日本で10代の子供達に副作用問題が起きているタミフルに関して、韓国においても10代の子供達への処方は、特殊な事例を除き中止するように通達をだした。
Indonesian man dies of suspected bird flu People's Daily Online, China (中国) インドネシア男性、鳥インフル疑いで死亡
 インドネシアの男性が鳥インフル症状で中央ジャワの病院で5日死亡した。鳥インフルが確認されたなら同国で73人目の死者となる。
 患者は Suramtoとだけ発表され、29歳男性である。
 3月30日から、Moewardi 病院で治療されていた。
Bird flu cases increase to 93 in Indonesia Xinhua, China (中国国営通信、新華社) インドネシアで93人目の発病者発生
 15歳少女が2回目の検査でも鳥インフル感染が確認され、同国で93人目の発病者として保健省から発表された。少女は中央ジャワに住んでいて、高熱が出始めて2日後の3月30日に市のカソリック病院へ入院した。
 その後4月2日に東ジャワの鳥インフル専門病院であるPersahabatan病院へ転送された。
 少女は家庭で鶏等の家きんの世話をしていたと言う。
Report: Abnormal Behavior After Tamiflu  Forbes, NY (米国) 報告:タミフル服用により異常行動の副作用
 日本で100人以上の若者達がタミフル服用後に異常な、時には危険な行動を示したという報告が4日、厚生労働省から発表された。
 日本で2001年にタミフルが使用されて以来、1800人で何らかの副作用が報告されているが、そのうち128人がビルから飛び降りる等の危険な行動を示したとされる。
 スイスのタミフル製造会社であるロッシュ社は、タミフルは安全であると主張している。
 厚生労働省はタミフルと異常行動の因果関係は確認していない、と共同通信では報道している。
Bird flu tests 'positive' on  France24, France (フランス) クエートのバングラディシュ人、初期の検査で鳥インフル陽性
 クエートで家きんの殺処分に従事したバングラディシュ人4人が、初期の検査で鳥インフル陽性であったと、医療関係者から情報がもたらされたが、公的情報としては確認されていない。
 医療関係者によると初期の検査で陽性であったため、続いて血液検体で検査され、それは数時間で判明するとされる。そしてその第二回目の検査でも陽性であったなら、検体はカイロのWHO協力機関に送られ、最終的確認を受ける予定とされる。
Bangladesh says bird flu spreads despite struggle Reuters India, India  (英国) バングラディシュ、対策にも関わらず鳥インフルが拡大
 懸命の予防対策にも関わらず、首都ダッカの北方200キロの農場でもH5N1鳥インフルが発生、と報告。
Protective masks often not worn properly - study  Reuters AlertNet, UK (英国) 研究報告:予防用マスク(N95)、適切な着用率は低い
 米国CDCの研究者達が、2005年にハリケーン・カトリーナを経験したニューオーリンズの住民539人を対象に、N95マスクの正しい着用率を調査した。ハリケーンの後、住民達は住宅を清掃する際。N95マスクを着用していた。
 結果は24%の対象しか正しい着用方法を知らなかった。
4月4日


Study: flu virus mutants resist 2 popular drugs Xinhua, China (中国) 研究報告:2種類の抗インフルエンザ薬に耐性を示す変異インフルエンザウイルスが確認
 基本的にロイター等と同内容。
 新内容:専門家はタミフルの使用量を減らすことにより、タミフルのインフルエンザウイルスに対する効力を持続させなければならにと警告している。なぜならパンデミック・インフルエンザが発生したときの唯一の武器となっているからである。
Indonesian woman dies of bird flu -health ministry :Reuters(英) インドネシア人女性が鳥インフルエンザで死亡
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ジャカルタ南部の23歳の家政婦が鳥インフルエンザで死亡し、同国で72人目の鳥インフルエンザによる死者となったと、厚生省当局がロイターに水曜日(4日)語った。
Death toll of bird flu in Indonesia rises to 72  People's Daily Online, China  (中国) インドネシアの鳥インフル死者数72人に
 1日に死亡した23歳女性の2回目の検査でもH5N1ウイルス感染が確かめられ、インドネシアで72人目の死者となったことが当局から発表された。感染者数は92人となり、死亡率は78%となる。
 女性の感染源は分かっていない。
Kuwait hospitalises four Asians for suspected bird flu  Focus News, Bulgaria クエートで4人のアジア人が鳥インフル疑いで入院
 3日、クエート保健省は、感染した家きんの殺処分に従事した4人のバングラディシュ人が、鳥インフル様症状を呈して入院したことを発表した。
 保健省の報道官によると、鳥インフル様症状を呈して観察のために入院する患者は、今回が初めてではないとも語った。
New Study Finds Drug-Resistant Flu Type  CBS News, NY  (米国) 抗インフルエンザ耐性株がB型インフルウイルスで検出
 2種類の抗インフルエンザ薬に対して、それほど主要でないインフルエンザ株が耐性となっていることが、日本の小集団の小児を対象とした日本の研究者の研究で示された。日本は世界の中でもより頻繁に抗インフルエンザ薬が使用されている。
 少数の患者ではあるが、タミフルとリレンザに対して抵抗性を示すB型インフルエンザウイルスが検出された。B型インフルエンザウイルスは、主要なA型インフルエンザウイルスに比較し、通常軽度の症状で小さな流行しか起こさない。
 同じ研究者グループは先にA型インフルエンザウイルスを対象に研究し、タミフルに対して18%という高率の耐性率を確認している。今回のB型ウイルスによる研究では耐性率は2%と低い。

ヴァンデルビルト大学の感染症専門家であるウイリアム・シェファー博士は、日本では抗インフルエンザ薬が頻繁に、多分使われすぎている状況だ、これではウイルスに変異する機会を与える、と語っている。
 「Dr. William Schaffner, an infectious-disease specialist at Vanderbilt University who was not involved in the study, said Japanese doctors prescribe anti-flu drugs frequently, perhaps too often, giving viruses a chance to evolve.」

Study finds drug-resistant flu virus in Japan  Reuters (国際) 日本で薬剤耐性インフルエンザウイルスが検出
 東京大学の研究者達によりB型インフルエンザウイルスの中に、タミフルとリレンザに対する耐性株が検出された話題。米医師会雑誌に報告。
 世界でもっとも非常に多くの抗インフルエンザ薬を季節性インフルエンザの予防と治療に使用している日本での研究結果。B型インフルエンザが流行した2004年~2005年の冬期間に行われた。
 「The findings come from Japan where both drugs to prevent and treat seasonal flu are used more extensively than anywhere else in the world.The study involved an influenza B virus outbreak in the winter of 2004-2005 that caused a widespread epidemic.」
 B型インフルエンザ発症子供の一部で、少数ではあるが薬剤耐性B型インフルエンザウイルスが検出された。タミフルを服用していない子供からも見つかっていることから、耐性ウイルスが人から人へ感染したことが示されている。
 先に同研究者達はA型インフルエンザウイルスにおいても、さらに18%という高率で耐性株が出現していることを報告している。
B型でもタミフル耐性検出 人から人に拡大か 東京新聞 
 流行の中心となるA型インフルエンザだけでなく、B型のインフルエンザでも、治療薬タミフルが効きにくい耐性ウイルスが少ないながら検出され、人から人に広がっているとみられることが、河岡義裕東京大医科学研究所教授、菅谷憲夫けいゆう病院小児科部長らのチームの調査で分かった。4日付の米医師会雑誌に発表された。
 タミフル耐性ウイルスが人から人に広がることが分かったのは初めて。現時点で治療に影響は出ていないが、広範に検出されることになれば治療が難しくなるため、チームは「慎重な監視が必要だ」としている。
 チームは2004-05年のシーズンにB型インフルエンザと診断された422人から採取したウイルスを調べたところ、タミフルを服用していないにもかかわらず7人(1・7%)から、耐性ウイルスが見つかった。
4月3日

Indonesia eyes bird flu vaccine cooperation with Egypt Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア、エジプトと共同で人用鳥インフルワクチンの開発を計画
 インドネシア政府はエジプトと共同して、人用鳥インフルワクチンの製造を考えている。通商大臣が3日発表した。
 インドネシアでは71人と、世界で最も多くの鳥インフル死者が出ている。エジプトは32人の発病者が確認されているが、そのうち13人が死亡しており、アジアの外で最も多くの被害者が出ている。
 ”インドネシアとエジプトは鳥インフル患者の発生に苦慮しているが、エジプトはより進んだ製薬経験を持ち、また多様な種類のワクチン製造の実績がある。そうしたことから協力関係を築ける可能性は高く、意義も大きい”、とインドネシア通商大臣のMari Pangestuが、エジプトの通商部代表との会議の後語った。
 ”共同作業で製造されるワクチンが、インドネシアに適したものであることを期待する”、と付け加えている。
Indonesian woman suspected of bird flu People's Daily Online, China (中国) インドネシア女性、鳥インフル疑いで死亡
 インドネシアで死亡した23歳女性が初期の検査で鳥インフルが確認され、現在再確認結果を待っている。
 中央ジャワ出身の女性は1日に、東ジャワの病院で死亡した。
 女性が感染した家きんと接触したか否かについては不明。
Bird flu may spread from Indonesia, Egypt, Nigeria: FAO Washington Post, DC  (米国) FAO(国際連合食糧農業機関):鳥インフルはインドネシア、エジプト、ナイジェリアから拡大
 致死的H5N1鳥インフルウイルスは、アジアとアフリカで蔓延し続ける限り、インドネシア、エジプトそしてナイジェリアから他の国々に拡大してゆくだろうと、FAO(国際連合食糧農業機関)は2日発表した。
 これら三カ国では十分な対策を行うことが出来ず、ウイルスの増殖地化してしまっていて、そこから他国へウイルスが拡大している。FAOはそのように声明文で伝えている。

 インドネシアでは33州のうちウイルスが見つかっていないのはわずか3州に過ぎない。
 FAOが村単位で調査できているのは444地区のういち130地区に過ぎない。FAOは調査対象をインドネシアの全体に広げなければならないと考えている。
 エジプトは家きんの殺処分に対する政府の補償が十分でないことから、感染した家きんが周辺から排除されていない。
 ナイジェリアでは、家きんの国内における移動制限と、感染地外での家きん生産のコントロールに失敗した、とFAOは説明している。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet, UK (英国) WHO、鳥インフル人事例数を更新
 WHOは2日3人のエジプトの小児の感染を確認した。3人とも病院で安定した状態である。エジプトはこれで感染者数が32人、死亡者数が13人となった。
 このうち今年度の発病者数は14人で死亡者数は3人、昨年度の発病者数は18人で死亡者数は10人。昨年度の死亡率56&に比較して、本年度の死亡率は21%と大幅に減少している。患者の早期発見と、タミフルによる早期治療が可能になってきているのが理由である。

 関連情報:1日

鳥インフル、人同士感染で大規模演習 マニラで  朝日新聞  
 
4月2日

WHO simulates bird flu pandemic to test Asia readiness China Post, Taiwan (台湾) WHO、パンデミック・インフルエンザ模擬訓練をアジアで開催
 2日間の、巨大なスクリーンを前にした机上訓練が行われた。
Bangladesh says bird flu spreads to more farms  Reuters India, India (ロイター、インド) バングラディシュでさらに他の農場へ鳥インフルが拡大
 週末にさらに5ヶ所の農場へH5N1鳥インフルが拡大と、当局が発表。
 H5N1ウイルスはダッカ周辺と北部の6地域、合計21の農場で鳥インフルを発生させている。
 当局によると、3月22日に6農場で鳥インフルが確認されて以来、62000羽の家きんが殺処分されている。
 感染した農場の従業員400人前後に、同国で製造されているタミフルのジェネリック薬が予防投与されている。
Asia practises bird flu response  France24, France (フランス) アジアで、WHO主催鳥インフル模擬訓練
 東南アジア、日本、WHOから1000人以上の専門家達が集まって、将来パンデミック・インフルエンザが発生した場合に、迅速に対応出来るように机上模擬訓練が始まった。
 シナリオは人に感染するように変異した鳥インフルエンザがカンボジアで発生し、20ヶ所の村で9500人の村民が感染の危険性に晒されたという想定である。
 タミフルの供給や、予防装具の配布等がテーマとなった。
Bird flu strikes again in Myanamar Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥インフルエンザ、ミャンマーを再び襲う
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
 
 鳥インフルエンザがヤンゴン郊外の5番目の地域で発生した。恐らくは農民が家禽を市場に持ち込んだために拡散したと思われると、「ミャンマーの新光」紙が月曜(2日)に報じた。
 当局は感染した飼育上の直近の地域の家禽を殺処分したと、同紙はしている。
「鳥インフルエンザの感染した飼育場への拡大は、2月に鳥インフルエンザが発生した地域でのニワトリ、アヒル、ウズラの輸送と売買によるものと考えられる」と、同紙はしている。
 2月以降に発生した5件のH5N1ウイルスの流行すべてはヤンゴンの北郊外でのもので、約40000羽の家禽が殺処分された。しかし衛生当局によればヒトへの感染はないという。
 2003年以来、このウイルスは少なくとも12カ国で275名のヒトに感染したと判っており、その内少なくとも10カ国で167名を死亡させた。死者の大部分はインドネシアとベトナムで発生している。
 衛生専門家が恐れていることは、現在は人の間で感染しないこのウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異し大流行を巻き起こしかねないことである。
Glaxo in WHO talks on mass avian flu vaccination Times Online, UK (英国) グラクソ社とWHO、人用パンデミックワクチンの大量製造に関して話し合いに
 英国最大の製薬企業であるグラクソ・スミス・クライン(GSK)社は、WHOと発展途上国に対するワクチン提供に関する話し合いをもつという情報をThe Timesは入手した。
 6日にGSKトップのJean-Pierre GarnierとWHOのマーガレット・チャン事務局長が、インドネシア等の発展途上国に低価格でワクチンを提供することの話し合いを持つことになった。
 問題はインドネシアが分離ウイルスをWHOに提供しても、それが製薬企業の手によりワクチン製造につながるが、製造されたワクチンは高額で、インドネシア等の発展途上国では入手出来ないという不満から、分離ウイルスの提供をボイコットする騒ぎが発生したことによる。

 WHOは現在の世界のワクチン製造能力、年間3億5000万人分から、世界の人口分67億人分の製造能力まで高めることを緊急目標にしている。

 関連記事は3月30日のTIME(米国)にも掲載
Kuwait confirms 5 more bird flu cases in chickens  Reuters AlertNet, UK (英国) クエート、さらに鶏5羽で鳥インフルを確認
 クエート政府は1日、鶏5羽でH5N1鳥インフルを確認したことを発表した。これで同国で感染が見つかった鳥は101羽となった。
 新規事例は、鳥インフルの多くが確認されている南部のWafraの1農場である。
 500人以上の鳥との接触者が検査されたが、人の感染者は出ていない、と発表された。 
Domestic birds inoculated against bird flu in Moscow region ITAR-TASS, Russia (ロシア) モスクワ周辺で家きんにワクチン接種
 モスクワ地区で家きんにワクチンが接種されたと、地域の獣医局の責任者が Itar-Tassに1日発表した。
 ”67万7000羽の鶏、アヒル、ガチョウ、さらに愛玩鳥である。ワクチン接種は、4月に入るとさらに家庭で鶏を飼育し始めるので継続する”、と担当者は説明している。
 ”モスクワの23家きん農場の1000万羽の鳥に関しては、永続的屋内飼育なのでワクチン接種の必要性はない”、と付け加えた。

 この2月にモスクワの8地域でH5N1鳥インフルが発生し、約500羽の家きんが処分された。感染はモスクワの市場から広がった。
Bird Flu Emerges in Vietnam - Ducks are Killed  HealthNews-Stats (press release), NY  (米国) ベトナムで鳥インフル発生-アヒルが殺処分
 昨日報道と同内容。3月初旬に発生があったが、それに引き続いての発生。
Egypt announces new bird flu cases International Herald Tribune, France (フランス) エジプト、新規鳥インフル発病者を報告
 3人の子供が発発病。既に昨日既報。
Breaking down barriers seen as key in bird flu fight  Bangkok Post, Thailand (タイ) メコン河周辺国、鳥インフル対策会議開催
 国境を越えた対策強化が必要ということで、タイ、ビルマ、カンボジア、ラオス、ベトナム、および南中国の 雲南省からの保健担当者が参加して国際会議。
 病院には隔離病棟が必要なこと、国境でのチェックポイントの強化他。
 机上訓練も4段階に分けて実地。
  1)動物間での感染段階
  2)動物から人への感染段階
  3)人から人への感染段階
  4)パンデミック
4月1日


Bird flu hits Vietnam duck farms France24, France (フランス) ベトナムのアヒル農場で鳥インフルが発生
  ベトナム南部のCa Mau省の2ヶ所のアヒル農場で鳥インフルが発生した。65羽の20日齢のワクチン未接種のアヒルとされる。
 ベトナムは先に、21日間新規鳥インフルの発生がなく、当局が鳥インフル終息宣言をだしたばかりであった。
Baxter Announces Completion Of Phase I/II Testing Of Multiple ... Vaccine Rx (press release), DC  (米国) バクスター、人用鳥インフルワクチンの第1相&第2相試験を完了し、第3相試験へ
 
 細胞培養(アフリカミドリザルの腎臓上皮由来の動物培養細胞)で抗原となるインフルエンザウイルスを増殖させる方法で作成される、バクスター・インターナショナルの人用鳥インフルワクチンが、安全性と効果を確かめる初期段階の臨床試験を終え、広く臨床試験を行う第3相試験に入ると発表された。
 同ワクチンは使用抗原量が少なく、また副作用の原因となるアジュバント(免疫賦活剤)を組み合わせずに済む。
 また初期試験で、投与の結果体内で産生される抗体は、H5N1ウイルスの各株に対して効果を持つことが確認されている。
 製造コストが安く、また製造期間が短いことも特徴とされる。
 同社は第3相試験用に世界各国に既に発送している。

 3月30日にも報道情報あり。

Baxter International, Inc. (NYSE: BAX) has officially announced the completion of phase I/II testing for its adjuvant-free investigational pandemic H5N1 influenza vaccine. Having finished Phases I and II, they are ready to begin Phase III, which entails testing their vaccine on the general public to insure the safety and efficacy of this vaccine.

Baxter’s Bird Flu vaccine has proven very effective in Phase I and II studies already, and it shows promise as the only vaccine that fights multiple strains of influenza, as opposed to the seasonal flu vaccines we are used to. This means that the vaccine can be used as a preventative agent rather than a treatment.

Baxter’s new influenza vaccine is one of the only vaccines to use the Vero cell-based system. This means that the vaccine will not be using an adjuvant to stimulate the body’s immune system. Instead, the vaccine is effective enough on its own, even in small doses, to prevent influenza without additional stimulants. So far the vaccine tested with a 76.2 success rate of neutralizing antibodies by day 42, and this is without an adjuvant.

According to Dr. Hartmut Ehrlich, vice president of Global Research and Development for Baxter's BioScience business, “These preliminary results suggest that the vaccine produces a highly immunogenic vaccine with a favorable safety profile without the need for an adjuvant to boost the immune response. Adjuvant can add considerable cost and may have a negative effect on tolerability.”

According to the company, getting the vaccine to the public faster and more cost efficiently means that we will all be better prepared should the government announce a pandemic.

Already, Baxter has begun shipping their vaccine across the world to begin Phase III testing. Having these vaccines world wide means that the vaccine is effective for more than a single strain of influenza, so it will stay effective for more than one year at a time. Baxter intends to finish up Phase III testing of their vaccine later this year, and results should be published by the end of 2007.

About Baxter International

Baxter International Inc., through its subsidiaries, assists healthcare professionals and their patients with the treatment of complex medical conditions, including hemophilia, immune disorders, cancer, infectious diseases, kidney disease, trauma and other conditions. The company applies its expertise in medical devices, pharmaceuticals and biotechnology to make a meaningful difference in patients' lives.













Bird flu cases continue in Egypt TVNZ, New Zealand (ニュージーランド) エジプト、鳥インフル発病者相次ぐ
 下記報道と同じ。
Third Egyptian child tests positive for bird flu Reuters.uk, UK  (英国) エジプト、3人目の子供も鳥インフル陽性
 エジプト国営通信MENAが、エジプトで3人目の子供の鳥インフル検査結果が陽性であったと当局者が発表したことを伝えた。同国で32人目の発病者となった。
 感染者は4歳の少女でカイロの北方のQalyoubia県に住んでいた。
 先に保健省は、ケナ県の4歳少年とソハーグ県の7歳少年が鳥インフルに感染したと発表した。これら2人の少年は29日に入院したが 今回の4歳少女は30日に入院した。
 3人共高熱を呈し、タミフルによる治療を受けている。
 先に入院した2人の病状は安定していると地域のWHO顧問が語っている。
1500 more chickens culled  The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) バングラディシュ、さらに1500羽の鶏が殺処分
 ダッカとジェッソレ(Jessore)で約1500羽の鶏が殺処分されたことが、中央鳥インフル対策室から発表された。
 ジェッソレで発生したことから、鳥インフル発生地域は合計6ヶ所となった。他の5ヶ所はDhaka, Gazipur, Tangail, Jamalpur and Narayanganj。
 バングラディシュで最初に公式に確認された致死的鳥インフルは、1ヶ月程前Biman Poultry Complexであった。
Kuwait to Cull 1.5 Million Birds  Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) クエートで150万羽殺処分
 40羽近くの家きんから致死的H5N1ウイルスが見つかったことから、150万羽以上の家きんの殺処分をする予定であると、クエート政府が発表した。
 今年度だけで96羽の鳥でH5N1ウイルス感染が確認さrている。
 保健省によると、人での感染者はでていなく、感染者と接触した人々はウイルス感染に関して検査を受けているが、これまで陽性者はいないとされる。
 クエートでの最初の鳥インフル事例は2005年に起きている。
Experts Condemn Hasty Killing of Birds  Himalayan Times, Nepal (ネパール) ネパール、専門家、性急な鳥の殺処分を非難
 自然保護団体や野鳥愛護団体は3月31日、パキスタンから密輸された野鳥が250羽以上殺処分された事に抗議した。
 非常に希な”自然の恵み”として存在するような野鳥も含まれ、動物園で保護し、しばらくの期間、鳥インフル発病の有無を観察しようと計画もされていたという。
Bird flu awareness improving in Egypt  Middle East Online, UK (英国) エジプト、鳥インフル認識率改善

エジプトでは多くの患者は家周辺で放し飼いされている家きんから感染している。Most patients had contact with ‘backyard birds’ - © IRIN
 エジプト国内での鳥インフル認識率が高まってきたので、発見が早く、治療が早期に行われるようになったため、死亡率が減少してきた。

訳者注:2006年度は18人発病、10人死亡(56%)。本年度はこれまで11人発病、3人死亡(27%)。


Two more Egyptian children stricken France24, France (フランス) エジプトでさらに2人の子供が発病
 下記と同内容。2人共カイロの病院でタミフル治療を受けていて、状態は安定しているようだ。
Egypt reports another two human bird flu cases  Xinhua, China (中国国営通信、新華社) エジプト、さらに2人鳥インフル発病者確認
 エジプト保健省は3月31日、新規鳥インフル患者を確認し、同国での患者数の累計が31人となったことを発表した。
 感染者は4歳と7歳の少年達で、検査で致死的H5N1ウイルスが陽性と確認された。
 4歳の子はカイロの南方450キロのケナ(Qena)に住んでいて、7歳の子はケナの50キロ北方のソハグ(Sohag)に住んでいた。両町ともナイル川に沿って存在する田舎町である。
 保健省の報道官によると、両子供ともタミフルを服用していて、状態は良好のようだ。そして感染原因は家庭で飼育している家きんと直接接触したこととされる。
 エジプト保健省によると、これで同国の感染者数は累計31人となり、このうち死亡者は13人で、回復者も13人、残り5人がいまだ病院で治療中である。
 エジプトで最初にウイルスが検出されたのは、2006年2月17日で、死亡した家きんからだった。その後ウイルスは26県中20県に広がった。
 最初の人での感染者は2006年3月であった。
TOP