高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
3月31日


Bird flu in southern Vietnam Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 南ベトナムで鳥インフル発生
 ベトナム南部のCa Mau省で100羽以上のアヒルが鳥インフルで死亡したと当局から発表された。2月中旬に家きんでの鳥インフル発生が終息したと発表されて以来、初の発生となる。
Indonesian doctor has possible H5N1 symptoms CIDRAP, MN  (米国) インドネシアの医師、H5N1鳥インフルに感染の可能性
 昨日のロイター通信に基づいた報道。
 他にバングラディシュの家きんの間で拡大している情報と、エジプトの人での発生例が今年は増加している話題。
Smuggled Rare Birds Culled at Airport Himalayan Times, Nepal (ネパール) ネパール空港、密輸された希な野鳥、殺処分に
 パキスタンから密輸された珍しい野鳥245羽が、Tribhuvan 国際空港で見つかり、殺処分された。鳥インフルエンザ侵入防止のためである。密輸者は空港で姿をくらました。
Bangladesh confirms bird flu rise  Courier Mail, Australia (オーストラリア) バングラディシュ、鳥インフル発生数が増加
 中央と北部地域の5農場に拡大。
Bangladesh says bird flu spreads to more farms  Reuters India, India (ロイター、インド) バングラディシュ発表、鳥インフル、さらに多くの農場へ拡大
3月30日

Doctor treated for suspected bird flu The Australian, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル治療担当医師が感染の疑い
 下記ロイターの記事と同じ。
Indonesian doctor treated for suspected bird flu  Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシアの医師、鳥インフル疑いで治療
 鳥インフルで死亡した15歳少年の治療を担当していた医師が、鳥インフル様症状を呈し隔離病棟で治療を受けていると、30日病院当局者が発表した。
 医師は西ジャワ、バンドゥンの病院でインドゥラマユ( Indramayu)からの少年の治療にあたった。少年は3月25日にH5N1鳥インフルで死亡した。
 ”彼は(医師)隔離室で懸命に少年の治療にあたっていた。彼は咽頭痛、発熱、軽度の呼吸器障害を呈した。しかしながら彼は完全に感染予防用の装具を身に着けていた”、とバンドゥンのハサン・サディキン病院鳥インフル病棟の主任医師は電話取材で語った。
 ”患者の少年と接触して2,3日後に彼は(医師)発熱した。しかし現在は状態は良い。もう熱は出さないと思われる。彼は他の女性と2人の子供達と共に鳥インフル疑い患者として治療を受けている”。
 4人の検査結果は保留されている。
 インドネシアは今週、さらに5人の鳥インフルによる死亡者を報告した。
 ウイルスはインドネシアの多くの地域で家きんの間で蔓延している。
Five children hospitalized for possible bird flu Turkish Daily News (subscription), Turkey  (トルコ) 5人の子供が鳥インフル疑いで入院
 南東トルコの当局が29日、死亡した鶏と接触し、インフルエンザ症状を呈している子供5人を鳥インフル疑いとして入院させた。
 子供達はトルコ南東部の、Gaziantep州Karkamış町近くの村に住んでいた。
 Gaziantep 病院の主任医師は、季節性インフルエンザと考えられるが、念のために入院させたと説明している。子供達と鶏からの検体は首都アンカラに検査のために送られた。
China Reports Two Human Bird Flu Deaths  Medical News Today, UK  (英国) 中国、2人の鳥インフル死亡者を報告
 H5N1鳥インフルによる2人の死亡例を中国衛生部(保健省)が発表した。両者とも国立研究機関で確認された。
 1人は安徽省の16歳少年で、肺炎を起こして3月20日に入院して7日後に死亡した。
 もう1人の死亡者についての詳細は分かっていない。
 *訳者注:16歳少年例は既報済みであるが、もう1例については初の報道である。
Indonesian doctor hospitalized for suspected bird flu  Xinhua, China (中国国営、新華社) インドネシア、鳥インフル患者担当医師、感染疑いで隔離
 西ジャワの州都バンドゥンで、鳥インフル患者の治療を担当した医師が、鳥インフル症状を呈して入院した。致死的ウイルスが人人感染を生じた可能性が危惧されている。
 29歳のバンドゥン・ハサン・サディキン病院の医師が29日に、鳥インフル患者用の隔離病室に収容された。同医師は先週、死亡した鳥インフル患者と接触の既往があるとされる。
 医師の血液検体は現在分析されている。
 ハサン・サディキン病院長は、鳥インフル患者を対象とした場合は、厳格な予防態勢で、医療関係者は予防眼鏡、マスク、グローブ等を身につけていると説明している。
 同病院では現在他に2人の鳥インフル患者を治療している。
The Battle for an Avian Flu Vaccine  TIME (米国) 鳥インフルワクチンに対する攻防戦

 毎年世界で、5歳以下の子供達が140万人、ワクチンで救える感染症で死亡している。その多くは発展途上国の子供達である。
 我々の多くはこれらの意味のない死を悼み、そしてワクチン接種のための資金の一部に財布の紐を緩める。しかしそれらの感染症は我々の健康を脅かしはしない。
 でも鳥インフルエンザは違う。H5N1鳥インフルは主として、インドネシア、ベトナム、そしてタイで拡大し、人々を殺しているが、ひとたびウイルスが変異して人に容易に感染する株に変わると、我々全てにとって、世界は脅威的状況となる。
 これらの事情があるから、現在インドネシア政府がWHOと論議しているテーマ、すなわち、いかなる方法でワクチンを製造し、それを世界に供給すべきかという問題が重要となっている。
 50年間、世界中の国は新規インフルエンザウイルス株をWHOと共有してきた。それは科学者に提供され、変異の状況が分析されてきた。WHOはこれらの情報を製薬会社に無料で提供し、製薬会社はそれで商業用ワクチンを製造してきた。鳥インフルウイルスに関する状況も、昨年末まで同じだった。しかし昨年末にインドネシア政府はウイルスのWHOへの提供を拒否し、代わりに米国のバクスター製薬とウイルス提供の契約を結んだ。インドネシア政府は見返りとして、自国でのワクチン製造のサポートをバクスター製薬から得ることになった。
 ジャカルタの保健当局は、自国で分離されたウイルスが、自分達が高価で入手出来ないワクチン製造に用いられるのは、公正ではないと主張した。
 世界でのインフルエンザ・ワクチン製造能力は年に5億人分しかない(全てのインフルエンザワクチン)。もしパンデミック・インフルエンザが発生した場合、世界中の全ての人々はワクチンの接種を要求し、ワクチンの価格は高騰し、途上国の人々は入手できなくなることは確実と思われる。
 厳格なウイルス学の論理から考えると、インドネシアの決定は非良心的で身勝手であった。我々は全ての国において、ウイルス変異をチェックするために鳥インフルエンザを追跡する必要がある。
 しかしジャカルタ政府は、今週初めにインドネシアを緊急会議のために訪れたWHOの当局者達の注意を引くことに成功した。
 保健相のSiti Fadilah Supariは、現在のワクチン供給体制の方が、パンデミック・インフルエンザ発生の恐れ以上に危険であると主張した。
 3月27日、両者は一時的合意を得た:インドネシアは分離ウイルスのWHOへの提供を再開する。しかし製薬会社には提供されない。このことは研究者達はウイルス変異の可能性について分析は続けることが可能となるが、製薬企業はインドネシア政府の許可が無い限り、ワクチンは製造できないことを意味する。
 さらなる協議が必要と考えられるが、現在のインドネシアの意固地な態度は、我々の多くに世界の保健対策の本質的不平等性について考えるきっかけを与えてくれた。その不平等性とは、冒頭述べたように、世界で140万人の子供達が(ワクチン接種を受けることが出来ないばかりに)意味のない死を遂げている実情と、本質を同じくするものである。

Kuwait to cull 1.1 mln chickens to control bird flu :People's Daily Online(中国) クエート、鳥インフルエンザ抑制のためにニワトリ110万羽を殺処分
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 クエート当局は今後数日で鳥インフルエンザの流行を抑制するために110万羽のニワトリを殺処分する決定を下したと、アラビア語現地日刊紙アル・シィヤサが木曜日に伝えた。
 殺処分対象のニワトリは主に、クエート・シティの南120kmのワフラにある3つの大企業所有の飼育場のものであるという、農業当局トップのジャッセム・アルベイダー氏の言葉を同日刊紙は伝えている。
 クエートで初めてH5N1ウイルスに感染した家禽が発見された2月末以降、鳥インフルエンザの症例は合計57例となり、その大部分はワフラでのものである。
 鳥インフルエンザ封じ込めのために、クエートは鳥の輸出入禁止令を出し生きた家禽の市場と唯一の動物園を一時的に閉鎖している。
 2005年11月にクエートは、海辺の村で高毒性のH5N1ウイルスに感染したフラミンゴを発見し、最初の鳥インフルエンザの症例を発表した。
 クエートでは今のところ鳥インフルエンザのヒトへの感染は起こっていない。
ADB says helping Bangladesh combat bird flu Reuters(英) アジア開発銀行、バングラディシュの鳥インフル対策を援助
 アジア開発銀行は、バングラディシュ政府の鳥インフルウイルス検査態勢の整備などの国際的援助の求めに応じ、援助をおこなうことを発表した。
 先週首都ダーカ周辺の11の農場で鳥インフルが発生して以来、約55000羽の鶏が殺処分された。
 人での感染者は報告されていない。
Deadly Bird Flu The Daily Star, Bangladesh  (バングラディシュ) 致死的鳥インフルエンザ
 内容は削除。
174 poultry farms sealed off The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) 174家きん農場が鳥インフル発生で封鎖
 内容は削除。
Bird flu alert along Indo-Bangla border The Statesman, India (インド) インド、バングラディシュ国境に鳥インフル警報

 バングラディシュ国境沿いの8ヶ所の地域が高度の鳥インフル警戒報がインド保健省から発令された。最近バングラディシュで致死的H5N1ウイルスが検出されていることから措置となっている。
 バングラディシュではこれまで人での感染者は報告されていないが、同国の保健省では明らかに発生対策が準備されていない。
 インド保健省の当局者は、一番大きな問題は隣国で流行しているH5N1鳥インフルウイルスが変異して人に容易に感染する株になることだ、と語っている。
 特にバングラディシュとの国境沿いを含め、全地域の病院に感染疑い者が発生することに十分注意を向けるように指示された。

 
MedImmune licenses Sanofi virus-making technology  Scientific American (米国) メドイムーン社、ウイルス合成技術のライセンスをサノフィ社提供
 29日、メドイムーン社(MedImmune Inc.)は、サノフィ・アベンティス社にDNAからウイルスを合成する同社の技術「いわゆるreverse genetics」を、季節性およびパンデミック・インフルエンザワクチン製造用にライセンス提供すると発表した。
 サノフィ・アベンティス社は既に人用鳥インフルワクチンを製造していて。米国の専門家委員会は、暫定的プレパンデミックワクチンとして、本年2月に推薦している。これまでの同社の製造技術は従来の受精卵を用いてウイルスを増殖させる方法で、使用する抗原量も多く、また効果が半数以下の人々にしか認められない等の欠点が指摘されていた。
Baxter says bird flu vaccine working for humans in trials  Chicago Tribune, IL  (米国) バクスター製薬、開発ワクチンが鳥インフル予防に有効と
 バクスター製薬は、細胞培養を用いた人用H5N1鳥インフルワクチンの臨床試験に成功し、今年度中には出荷可能の見通しとなったことを発表した。
 同ワクチンは抗原量が少なくて済み、また免疫賦活剤として「アジュバント」を用いないので、副作用が少ないのが特徴のようだ。昨年末に世界に出荷されたグラクソ社のワクチンはアジュバントが加えられている。
 臨床試験では76%の人に免疫効果を示し、複数のH5N1ウイルス株に有効であった。
 同社は細胞培養で抗原となるウイルスを増殖させる手法を用いるために、従来の受精卵を用いる方法よりも、大量に短期間でワクチンが製造可能となる。
3月29日

野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の2月分の結果について 環境省
 本年1月の高病原性鳥インフルエンザの発生を受けて、近畿地方以西の22府県において渡り鳥等の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査を実施していますが、この度2月に採取した検体の検査結果が判明し、すべての検体から高病原性鳥インフルエンザウイルスは確認されませんでしたのでお知らせします。

 近畿地方以西の22府県合計46市町村で採取したカモ類等の野鳥の糞便2,563個分(別添表)について、農林水産省動物医薬品検査所検査第一部、同省動物検疫所精密検査部、大阪府立大学大学院生命科学研究科及び鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターにおいて検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(強毒タイプ)は確認されませんでした。
 また、カラス類、カモ類等の野鳥が多く集まっているねぐら等の場所で現在まで野鳥の大量死等の異常は確認されていません。
Two die, Indonesia bird flu toll now 71 Bangkok Post, Thailand (タイ) インドネシア、さらに2人死亡し、死者数が71人に
 14歳少年と28歳女性の死。
 今週は死者の発生が多く、昨日は3人報告されている。
Bird flu kills three in Indonesia, China Reuters India, India  (ロイター、インド) 鳥インフルで3名死亡:インドネシアおよび中国
 インドネシア政府は、H5N1鳥インフルでさらに2名が死亡したことを29日発表した。また中国でも10代の少年が死亡した。
 インドネシア保健省は、14歳の少年と28歳の女性が鳥インフルで死亡し、同国で総死亡者数が71人になったと発表した。インドネシアは昨日も3人の死亡を発表している。
 少年は西スマトラに住んでいて、24日に死亡した。一方、女性の方は首都ジャカルタに住んでいて28日に死亡した。
 中国では東部安徽省で16歳少年が27日遅くに死亡した。国営通信の新華社が同省の保健当局者の発表として伝えた。

訳者注:インドネシアに関しては、下記の報道で14歳少年の死亡が報じられているが、このロイター通信ではさらに28才女性の死亡が加わり、インドネシアでの死亡者数が71人となったことを伝えている。

Death toll of bird flu hits 70 in Indonesia People's Daily Online, China  (中国) インドネシアでの鳥インフル死亡者数70人に
 西スマトラで3月13日に発病した14歳の鳥インフル疑いの少年が24日に死亡したが、検査の結果H5N1鳥インフルであることが確認され、同国の鳥インフル発病者数は91人、死亡者数70人となったことが、保健省の当局者から29日発表された。
China confirms human death from bird flu: Xinhua Washington Post (米国) 中国、鳥インフル死亡例を確認:新華社が報道
 本日の中国国営通信新華社の報道内容。下方に掲載済み。
Doctors test double Tamiflu dose to cut H5N1 deaths ABC News (米国) タミフル倍量投与の臨床試験が計画
 H5N1鳥インフルの死亡率を下げるために、タミフル倍量投与の有効性を検証するための臨床試験が、インドネシア、タイ、ベトナムおよび米国の医師が参加して行われる。
 各地域で発生H5N1鳥インフル患者全員、および季節性インフルエンザの重症患者100人を対象に、タミフル通常投与量と倍量投与量の2グループに分けて5月から臨床試験が行われる。倍量投与群は、一回150ミリグラム(2カプセル)を1日2回10日間服用となる。
 当臨床試験の計画は、日本政府がタミフル投与による副作用として精神的異常行動が発現する可能性があるため、10代の若者への投与を控えるように医師に通達を出した後に発表されている。
 研究担当者であるタイ公衆衛生局の医療官は、日本の発表は知っているが、日本は非常に多くのタミフルを通常の季節性インフルエンザに使ってきている。多数に使えばそれだけ副作用は多く見られる可能性がある、と語り、それでも臨床試験は十分注意して行うとも語った。
Fifteenth China bird flu death Radio Australia, Australia (オーストラリア) 中国で15人目の死者発生

Bangladesh deploys army to fight bird flu epidemic  India eNews.com, India  (インド) バングラディシュ、鳥インフル対策に軍隊を動員
 数万羽に上る家きんの殺処分に軍隊の応援が求められた。
 同国の半数が家きん産業に従事しているため、国民の多くは家きん殺処分により、職を失う不安を抱いている。
Bird flu cases surge in new areas in Afghanistan Focus News, Bulgaria  (ブルガリア) アフガニスタン、新地域でも鳥インフルが発生
 アフガニスタンの首都カブールと南部のカンダハル州で先週、新規致死的鳥インフルが発生した。アフガニスタン保健省がロイターに発表した。
 3月20日にカブールのトルコ大使館の庭で死亡した鳥が見つかり、検査の結果H5N1ウイルス感染が確認された。飼育家きんの殺処分が行われた。
 3月23日にもカブールで2件の事例が確認された。
Bird flu continues to spread  The Daily Star, Bangladesh (バングラディシュ) バングラディシュ、鳥インフルさらに拡大
 バングラディシュ国内における家きんでの鳥インフルは拡大の様相。政府の対策がなされていない。
Cooperation Between Egypt and International Bodies Help Tackle ... BBSNews, NC (米国) エジプト、WHOとの連携により患者の予後が改善(本年度死亡率が半減)
 エジプト国内における鳥インフル情報が行き渡り、医師達の早期診断と治療が可能となっている。その結果、発病者の快復率が高くなっている。

 WHOの協力の下にエジプト政府のH5N1ウイルス拡大対策が功を奏してきている。
 2006年の春以来エジプトでは29人が鳥インフルを発病し、そのうち13人が死亡している。
 しかし26日報告された6歳と5歳の患者は状態が改善してきていると発表され、また先週報告された3歳少女はすでに回復してきており、もはや危険な状態を脱したと医師団は発表している。
 エジプト保健省の報道官は、患者の発見が早いため、早期からの治療が可能となっている結果、患者の快復率が高くなっていると説明している。

 エジプトでは、先月から4億5000万ドルの予算で、家きんに対するワクチン接種が始まっている。
 また国内の家きんの輸送を制限する新法律も議会で審議中である。

 訳者注:2006年度は18人発病、10人死亡(56%)。本年度はこれまで11人発病、3人死亡(27%)。
China confirms new human case of bird flu Xinhua, China  (中国。新華社) 中国で新規鳥インフル患者が確認
 中国衛生部が東中国の安徽省で新規鳥インフル患者を確認したことを、安徽省の衛生局が発表した。
 患者は16歳少年で、安徽省のBengbu市に住んでいたが、27日夜に死亡した。
 少年は3月17日に発熱、悪寒、筋肉痛を呈し、そして肺炎をも発病した。18日に病院へ送られたが、治療にも関わらず死亡した。
 中国CDCによる検査で少年がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
 地方当局は少年との接触者の健康状態をモニターしているが、症状を呈している人は見つかっていない。またBengbu市では(家きんにおける)鳥インフルの発生は報告されていない。

3月28日

Bangladesh seeks better bird flu testing Reuters India, India  (ロイター、インド) バングラディシュ、鳥インフル検査のサポートを求める
 鳥インフルが家きんの間で広がっているバングラディシュで、政府当局者が鳥インフル検査方法の改善を国際社会に求めた。検査方法が改善されると、現在よりも2週間は早期に診断が可能となると語っている。
Bird flu epidemic shrinks Nhan Dan, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、鳥インフル流行下火に
 27日、農業省副大臣は、20日間鳥インフル発生が国内で報告されていないことから、鳥インフル流行は下火になったと考えられると、ハノイで開かれた鳥インフル対策会議で語った。
Doctors Test Double Tamiflu Dose To Cut H5N1 Death Javno.hr, Croatia (クロアチア) タミフル二倍量投与の臨床試験が計画
 H5N1鳥インフルの死亡率を下げるために、タミフル倍量投与の有効性を検証するための臨床試験が、インドネシア、タイ、ベトナムおよび米国の医師が参加して行われる。
 各地域で発生H5N1鳥インフル患者全員、および季節性インフルエンザの重症患者100人を対象に、タミフル通常投与量と倍量投与量の2グループに分けて5月から臨床試験が行われる。倍量投与群は、一回150ミリグラム(2カプセル)を1日2回10日間服用となる。
 当臨床試験の計画は、日本政府がタミフル投与による副作用として精神的異常行動が発現する可能性があるため、10代の若者への投与を控えるように医師に通達を出した後に発表されている。
 研究担当者であるタイ公衆衛生局の医療官は、日本の発表は知っているが、日本は非常に多くのタミフルを通常の季節性インフルエンザに使ってきている。多数に使えばそれだけ副作用は多く見られる可能性がある、と語り、それでも臨床試験は十分注意して行うとも語った。
H5N1型感染で3人死亡、被害止まらぬインドネシア  CNN Japan 
 インドネシア保健省は28日、死亡した3人の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)への感染が確認されたと発表した。再度の検査で判明したとしている。これで同国でのH5N1型感染による犠牲者は69人となった。世界最多の犠牲者数。
 亡くなったのは、スマトラ南東部パレンバンに住む22歳女性で、24日に亡くなっていた。国営アンタラ通信によると、女性が家禽(かきん)類に接触した事実はないが、自宅で少なくとも10匹のネコを飼っていたという。
 国連食糧農業機関(FAO)は、ネコは鳥インフルエンザのウイルスを広める恐れがあるとして、特に感染地での扱いに注意を促している。
 25日に死亡したのは、西ジャワのバンドン居住の15歳少年。3月16日に発症、入院していた。東ジャワのスラバヤに住む40歳男性は28日午前に死去。3月11日に飼育していた鶏が死亡していたという。
 東南アジアの他国では、鳥インフルエンザ感染が一応、沈静化しているが、インドネシアでは逆に急増しており、後手に回る対応が批判されている。
Indonesia confirms three more bird flu deaths Reuters(英) インドネシアで鳥インフルエンザによる新たな死者が3名確認される
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアで十代の若者、22歳女性そして39歳の男性が鳥インフルエンザによって死亡したと厚生省当局筋が水曜日に語った。
インドネシアでの鳥インフルエンザによる死者は世界で最も多く、この直近の死亡により鳥インフルエンザによる死者総数は69名になった。
この3名がH5N1ウイルスに感染したと確認されたのは二度目の検査によるものだと、厚生省・鳥インフルエンザ・センターのムハンマド・ナディリン氏は電話で述べている。
WHO, Asean to coordinate mock transfer of Tamiflu from S'pore to ...  ODAYonline, Singapore (シンガポール) WHOとアセアン、パンデミックに備えて訓練を予定
 WHOとアセアンが、タミフルを如何に早急にその備蓄地であるシンガポールから発生国に提供するか実地訓練。
WHO、インドネシアが提供即時再開で合意 検体提供拒否問題 産経新聞 
 インドネシアが世界保健機関(WHO)に鳥インフルエンザ・ウイルスの検体の提供を拒否していた問題で、WHOは27日、同国の首都ジャカルタでアジア・太平洋地域の専門家会合を行い、ワクチンを公平に供給する仕組みについて協議し、インドネシアとの間で検体提供の即時再開で合意に達した。
 インドネシアのスパリ保健相はこの日の会合終了後、「途上国がワクチンを公平かつ安価に手に入れることができるように、必要な改革を行うための今後の行程などで合意した」と語り、検体の提供をすぐに再開することを明らかにした。
 26日に始まった専門家会合は、インドネシア政府が「WHOに無償提供した検体を製薬会社がワクチン開発に商業利用し、それを高額で売りつけている」と検体提供を拒否し、ワクチンの供給体制の整備を求めたことから開催が決まった。
 会合では、スパリ保健相が「今の仕組みはワクチンの価格、アクセス、供給の点で途上国に不利。変えなければならない」と主張。タイなど一部途上国がインドネシアに理解を示す中、米国は、途上国のワクチン整備のためWHOに1000万ドル(約11億8000万円)の支援を表明した上で、「すべての国はウイルスの検体やデータを共有する責務がある」とインドネシアに検体提供の再開を促すなどした。
 今後、途上国へのワクチン供給体制をどう整備するかについて協議が本格化するが、WHOのヘイマン事務局長補代行は記者団に対し、「企業が途上国向けにワクチンを備蓄するのも解決策のひとつだ」と指摘した。WHOは4月上旬に製薬会社側と話し合う予定だ。

Indonesia and WHO Come To Agreement E Canada Now, Canada (カナダ) インドネシアとWHO、ウイルス提供で合意に
 新協定では、ワクチン開発会社はそのウイルスを提供した国の許可を得ない限り商用利用できないとされる。
Indonesia Ends Bird Flu Sample Boycott  Newsday, NY (米国) インドネシア、ウイルス提供ボイコットに終止符
 インドネシア保健相は、約4ヶ月に亘ってボイコットしてきた分離H5N1ウイルスのWHOへの提供を再開すると発表した。
 製造されるワクチンが安価で、自国を含む途上国にも提供されることを保証する話し合いがもたれることになったことが理由である。
Canada orders label changes for Tamiflu drug Reuters Canada, Canada (ロイター、カナダ) カナダ、タミフルの注意文書を変更
 カナダ保健省はロッシュ社に対してタミフル添付注意文書に、タミフルを服用した何人かの日本の10代の若者が自殺を企てたことを付け加えるように、27日指示した。
 2月28日までの調査では、タミフルを服用したカナダの10代の子供達の間で自殺、または異常な行動の報告はないことも、併せて保健省から報告された。

 日本政府は先週、タミフル(鳥インフルに対して最も効果的薬と考えられている)は、10から19歳までの若い世代には投与すべきではないと指示をだした。理由はこのような若い世代がタミフルを服用後、ビルから飛び降りて怪我する事例が発生していることによる。
 最近の日本厚生労働省の発表によると、10から19歳までの15人の子供達がビルから飛び降り、一人がトラックの前に飛び出し、はねられて死亡している。
 2004年以来、このような事例で5人が死亡している。このような事実からタミフルが精神症状を副作用としてもたらす危険性が提起されている。
 ロッシュ社は、日本と米国の研究から、タミフル服用と精神症状発現の間には因果関係はないと発表している。
Kiwi girl hallucinates after taking Tamiflu  Stuff.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) ニュージーランドの少女、日本でタミフル服用により幻覚症状が発現
 Japan Inc(日本株式会社)の重役の9歳の娘が東京でB型インフルエンザに罹患し、東京の病院でタミフルを処方された。
 同重役はタミフルを嫌ったが、それに代わる抗インフルエンザ薬は入手不能とナースに説明された。
 同日タミフルを服用させて就寝させ、翌朝再度タミフルを服用させた20分後に、娘は幻覚症状を呈して室内を歩き回り始めた。
 彼女は、泣きながら、多くの人達がアパートの中を走り去ってゆくと、訴えた。
 父親によると、彼女はそれらの人々を必死に避けようとしているようだった。もちろん誰も周りにはいなかった。
 父親によると、家族がいなければ娘はアパートから飛び降りた可能性が強いという。

 ニュージーランドでは鳥インフルがパンデミックになったときのために150万人分のタミフルを備蓄している(同国の人口は450万人)。
3月27日


Two Egyptian children test positive for bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト、2人の子供が検査で陽性に
 エジプト保健省は27日、2人の子供が致死的H5N1ウイルス検査で陽性となり、同国の感染者数が29人になったと発表した。
 1人は南部ケナ県の6歳の子供で、もう1人は中央エジプトの5歳の子供と発表された。2人とも発病した家きんとの接触が感染の原因と考えられている。
新型インフル防げ!日本とASEANが初の合同訓練へ 読売新聞
 マニラの世界保健機関(WHO)西太平洋事務局は27日、鳥インフルエンザのウイルスが変異し、人から人に感染する新型インフルエンザが発生した際の早期封じ込めを狙った初の合同訓練を来月2~3日、同事務局と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国や日本を結んで実施すると発表した。
 訓練は、カンボジアで新型インフルエンザが発生したとの想定で、各国・機関による情報の共有、シンガポールからカンボジアへの治療薬「タミフル」の空輸手続きなどを訓練する。
 日本が昨年、ASEANに供与したタミフル50万人分と防護用品70万人分がシンガポールに備蓄されており、訓練はこれを踏まえて行われる。
 WHOによると、2003年以降、鳥インフルエンザで169人が死亡。死者が多い東南アジア、東アジアを結んだ訓練が急務となった。同事務局の葛西健・感染症アドバイザーは、「迅速な封じ込めには関係機関の協力が不可欠」と話している。
Bangladesh monitors 100 for suspected H5N1 infection Reuters India, India  (ロイター、インド) バングラディシュでH5N1鳥インフル感染疑いで100人が監視下に
 バングラディシュ政府は27日、家きんで鳥インフルが発生した農場の従業員100人を、感染した疑いで健康状態の監視下においていると発表した。
 首都ダーカ周辺の9ヶ所の農場で鳥インフルが発生し、約5万羽の鶏が殺処分された。
 バングラディシュではいまだ検査で陽性となった人はいないが、当局では、感染が本当に起きていないかを確かめるために農場の従業員達を監視下においていると説明した。そして必要と考えられた場合は、血液検査をする予定とも説明している。
 当局によると、十分の抗インフルエンザ薬が備蓄されており、万が一、人の感染者が見つかっても十分対応は可能とされる。
 バングラディシュの最大手製薬会社Beximco Pharmaceuticals Limitedが昨年初めにタミフルのジェネリック薬の製造を始め、オセフル(Oseflu)という名前で、13万3000人分備蓄されている。
Myanmar confirms bird flu outbreak in five townships in Yangon Xinhua, China (中国、新華社) ミャンマー、ヤンゴン内の5区で鳥インフルが発生
 H5N1鳥インフルがヤンゴン内の5区の家きん農場で確認されたことが当局から発表。
Two more suspected bird flu deaths in Indonesia Reuters AlertNet, UK (英国) インドネシアで鳥インフル疑いで2人死亡
 27日、インドネシア保健省は、15歳少年と22歳女性が鳥インフル疑いで死亡したことを発表した。
 2人共初回の検査ではH5N1ウイルス検査で陽性であったが、当局では再確認の結果を待っている。
 もし2人の死亡がH5N1鳥インフルによるものと確認されたならば、インドネシアにおける鳥インフルによる死者数は68人となる。
 15歳少年は西ジャワのインドゥラマユ(Indramayu)に住んでいて、16日に発症し25日に死亡した。その間、数カ所の病院で治療を受けたと、保健省の鳥インフルセンターの高官が電話取材で説明した。
 22歳女性はスマトラの南東のパレムバン(Palembang)に住んでいて、24日に死亡した。国営報道機関(Antara)によると、女性は家きんとの接触の既往はないが、家で10匹の猫を飼っていたとされる。
 国連機関のFAOは、鳥インフル発生地域から猫を閉め出すように警告している。理由は猫が(感染家きんを食べて)ウイルスを保有して、感染を広げる可能性があるからである。
 また東ジャワのモジョケルト(Mojokerto)の39歳男性がH5N1ウイルスの初回検査で陽性となったことも当局から発表された。男性はスラバヤ市のソエトモ病院で治療を受けている。.
Poor Countries Battle WHO Over Bird Flu Newsday, NY  (米国) 貧しい国家、鳥インフル問題でWHOと論争

Indonesia says WHO Rules on Sharing Bird Flu Samples Must Change Men's News Daily, CA (米国) インドネシア、WHOの鳥インフルウイルス共有の規則を変更すべきと

Indonesia Defiant on Refusal to Share Bird Flu Samples New York Times, NY (米国)
 インドネシア、分離ウイルスの共有にいまだ難色を示す

 インドネシア保健省は、WHOとの3日間に亘る会議の冒頭で本日、パンデミック・ワクチンが同国に配布される保証が得られない限り、分離H5N1ウイルスをWHOの研究者に提供しないと発表した。

 2月にインドネシアは分離ウイルスを共有しないことを宣言したが、それは分離されたウイルスは世界で共有されるという50年来の世界での約束事を無視するもので、WHOがウイルスの変化を追跡することが出来なくなると、世界中の研究者から批判されていた。
 しかし同国は、生命を救うことに直接関わる医薬品が、貧しい国家では手に出来ない現在の制度は、変更されなければならないという頑固な態度をとっている。
 ”我々は発展途上国に不利益をもたらす結果となる現在の誤った考え方を、共に変えなければならない”、と保健相のSiti Fadillah Supariは語っている。
 同首相はまた、途上国に自前のワクチン製造工場を造るための緊急援助が必要だとも語った。
 WHOの伝染病担当副長官のデービット・ハイマンは、
 ”全ての発展途上国がパンデミック・ワクチンを手にすることは重要なことだし、また同時に世界が分離新型インフルエンザを共有することも重要なことだ”、と語っている。
 現在各国で分離されたウイルスは、WHOによって認定された米国、英国、日本、そしてオーストラリアの研究機関に(ウイルス分析のために)送られている。これらの機関ではワクチンを開発し、それらは自由に製薬会社との間で共有され、続いて企業で開発された商業用ワクチンは、時として発展途上国では入手出来ないほどの高額となる。
 インドネシアの国立健康研究所長官のTriono Soendoroは、分離ウイルスを海外の機関に送り、分析結果が届くまで数週間要することが多い。国内でウイルス分析を行えるために、研究施設のレベルアップが必要であると言っている。
 WHO当局者は、28日にインドネシア側とウイルス共有の初期の合意を取り付けたいと語っている。共有するための詳細なシステムに関しては、4月と5月に話し合う予定とされる。

 WHOは、現在、主に家きんや他の鳥類で感染を広げているH5N1鳥インフルウイルス株が変異して、人人感染を生じるようになり、世界でパンデミックが発生することを、長い間恐れてきている。

発熱時の電話相談を新設 厚労省、新型インフル指針 福井新聞
 厚生労働省の専門家会議(議長・岡部信彦国立感染症研究所感染症情報センター長)は26日、新型インフルエンザの被害を最小限に抑えるために国や自治体、企業、個人が取るべき対策の指針をまとめた。
 発生初期の感染拡大防止策として、発熱者が病院に行く前に電話で対応を相談できるセンターの設置などを提言。家庭で備蓄すべき食料などのリストも示した。
 国の新型対策の柱の一つであるインフルエンザ治療薬タミフルの備蓄や使用については、異常行動との関連から厚労省が10代への投与を中止する中、新型は重症化の恐れが強いことから従来の方針を変えず、10代にも使用することを確認した。
 指針は(1)早期対応戦略(2)医療(3)ワクチン(4)職場での対策(5)家庭や地域での対策-など13分野。
 備蓄ワクチンの接種では、医療従事者のほか社会機能維持者を優先するとし、治安維持、ライフライン関係者以外に議員や知事、市町村長、報道機関などを挙げた。
 家庭には2週間分程度の食料などの備蓄を推奨し、リストに米やレトルト食品、水、常備薬などを例示している。
ワクチン優先投与、30職種 新インフルで厚労省指針 朝日新聞 

 

3月26日

WHO says Tamiflu concerns not affecting stockpiling  Reuters AlertNet, UK  WHO、(日本での)タミフル副作用問題は、パンデミック・インフルエンザ用備蓄方針に影響はない
 当報道は23日付けです。
 WHOの報道官は、タミフルの安全性に関する問題は、H5N1鳥インフルに十分早期に投与すれば効果があると考えられている同薬の備蓄問題には、何等影響はないと発表した。

 WHOやいくつかの国家では、現在主として家きんでの感染を繰り返しているH5N1ウイルスが変異して、人人感染を起こすようになった場合のために、タミフルを備蓄してきている。
 WHO報道官のディック・トンプソン氏は、タミフルと日本で起きている10代の自殺を含む一連の異常精神症状の出現との関係はさらに調査される必要はあると語った。

 ロッシュ社は今週早くに(日本では先週になる)、日本と米国からの新規データを分析する限り、タミフルと精神症状の間には因果関係は認められないと発表した。
 同社は、インフルエンザ自体が錯乱のような精神症状を引き起こすことがあると説明している。

 日本政府は10代にタミフルを投与すべきではないと通達を出したが、それは同国内でタミフル論争を引き起こした。ある人達は禁止が遅すぎると主張し、別な人は危険性の確率よりも保有するメリットの方がはるかに大きいと主張している。
 ”日本政府は新型インフルエンザ発生に備えたタミフルの備蓄の方針に変更はないと繰り返し発表している”、とWHOのトンプソン氏は語っている。
 ”我々はもし何らかの問題があるとしたなら、さらなる調査が必要と考えている。現時点では報告は科学性に乏しく、エピソード的だ(anecdotal)。パンデミックに対する準備として、我々は何等変更する気はない”、そのようにトンプソン氏は語っている。

Egyptian girl has bird flu, 27th human case Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプトの少女、同国で27人目の感染者に
 3歳のエジプト女児が同国で27人目のH5N1鳥インフル発病者となったことが、同国の国営通信MENAを通じて25日に発表された。
 少女はアスワンの南部の町の病院に22日収容されたが、検査でH5N1ウイルスが陽性であったと保健省が発表している。
 エジプトでは2006年2月の鳥インフル発生以来、13人が死亡している。
 女児は感染した家きんとの接触があり、現在タミフルによる治療を受けており、状態は安定しているとされる。
 エジプトではこれまで27人の感染者が出ているが、13人が死亡し、12人が回復、そして2人が現在治療中である。
Poor Nations Confront WHO on Vaccines Wyoming News, WY (米国) 貧しい国家、パンデミック・ワクチンに関してWHOと対立
 全米報道
 インドネシアのH5N1ウイルス提供問題。
 貧しい国家の感染症問題は、裕福な国家のように各種ワクチンが手に入らないばかりか、薬剤も不足。
 そうした中で先進国はH5N1鳥フルに対する薬剤やワクチンを開発している。ウイルス提供ばかりで、それを用いて開発される医薬品が使えないという矛盾。それをテーマにWHOと話し合いが進んでいる。
3月25日

タミフル 10歳未満も幻覚など81件  読売新聞  
 インフルエンザ治療薬「タミフル」を巡る問題で、厚生労働省が現時点で使用中止を指示していない10歳未満の子供についても、精神・神経系の障害を起こしたという報告が、2006年3月までの2年間で81件あったことが24日わかった。
 このうち18件は、体を激しく動かすなどの「異常行動」として製薬会社から報告されていた。厚労省は、すべての報告事例について、改めて精査したいとしている。
 この報告は、タミフルの輸入・販売元の「中外製薬」(東京都)から、厚労省所管の独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」に、タミフルによる副作用の疑いがあるとして出されたもの。それによると、04年4月~06年3月に報告された10歳未満の精神・神経系障害は81件で、「幻覚」や、意識が混乱して、言動がおかしくなる「せん妄」が各14件含まれていた。1人に複数の症状が出たケースもあり、実際の患者数は65人程度とみられる。
 厚労省によると、10代の異常行動についてはこれまで16件が判明しており、転落・飛び降りなどのほか、トラックにはねられて死亡したケースなどもある。今回確認された10歳未満の異常行動18件の具体的な内容については、機構や中外製薬から厚労省に報告が上がっておらず、明らかになっていない。ただ、転落・飛び降りなどの事例は含まれていないという。
 タミフルを巡っては、服用後の中学生が転落死する事故が今年2月に2件続いたのを受け、厚労省は同月末、治療開始後2日間は未成年者を1人にしないよう保護者らに注意を喚起。その後も、新たに10代の男児の飛び降り事故が2件判明したことから、今月20日には10代の使用の原則中止を決定していた。
 しかし、10歳未満については、インフルエンザ自体による死亡例も多いことから、厚労省では、タミフルによる治療が必要な場合もあるとして、中止は求めていない。今回明らかになった数字について、厚労省幹部は24日、「10歳未満でも精神・神経系の障害を起こすという可能性は認識したうえで、これまでも対応してきた。従来通り、処方の必要があるかどうかは慎重に判断し、処方した場合には、保護者などがそばについて、しっかり見守ってほしい」と語った。
タミフル「精神・神経症状」280件 厚労省に報告 朝日新聞
 
3月24日

Bangladesh farm workers protest culling of poultry Reuters AlertNet, UK  (英国) バングラディシュ、農場従業員達が家きんの殺処分に抵抗
 バングラディシュの首都近くの国営農場で、H5N1ウイルスに感染した鶏の殺処分に従業員達が抵抗し、当局は軍隊の応援を求めた。
34000 poultry birds culled in avian flu-hit areas Financial Express.bd, Bangladesh   (バングラディシュ) バングラディシュ、34000羽の家きんが鳥インフルで殺処分に

Bird flu reaches India’s doorstep, Bangladesh poultry affected Financial Express, India 鳥インフル、インドの玄関先まで拡大、バングラディシュの家きんが感染
 バングラディシュは、首都ダーカ周辺の養鶏場で致死的H5N1ウイルスによる鳥インフルが発生したことを発表し、同国初の鳥インフル発生を確認した。
Bird flu spreads in Bangladesh CNN-IBN, India (インド) 鳥インフル、バングラディシュへ拡大
 首都ダーカ周辺の6ヶ所の農場の家きんでH5N1鳥インフルが発生。
WHO、タミフル備蓄計画変えず 新型インフルエンザに効果 産経新聞 
 インフルエンザの治療薬タミフル服用後の異常行動が報告されている問題で厚生労働省は10代患者への同剤投与の見直しを打ち出したが、世界保健機関(WHO)は近く、世界的な流行が懸念されている新型インフルエンザ対策としてのタミフル備蓄計画をこれまで通り変更する予定はないことを発表する。
 高病原性鳥インフルエンザウイルスの人への感染が東南アジアを中心に拡大。同ウイルスの変異により新型インフルエンザ発生の可能性が高まっているため、WHOは「新型」でも効果があるとされるタミフルの備蓄を勧めており、ロイター通信によると、日本を含め世界75国が備蓄に取り組んでいる。
 タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬で、スイスの製薬会社ロシュが販売している。日本での薬価は5日分3164円、海外では同約20ドルだ。欧米では1週間ほど安静にしていれば治る通常のインフルエンザでは安易に服用しないのが一般的だ。その一方で、発展途上国ではタミフルを備蓄する余裕がないというのが実情だ。
 しかし、日本では国民皆保険制度で誰もが容易に医療を受けられることや、風邪などで学校や勤務を休むことを嫌う国民性のためか、年間約860万人に処方されている。世界一のタミフル消費国だ。これに伴って異常行動の報告のほとんどが日本に集中、米食品医薬局(FDA)やカナダが昨年11月、服用に際しての注意喚起を指導する根拠となった。
 WHO関係者は「新型インフルエンザは通常のインフルエンザより症状が重く別と考えた方がいい」としており、新型インフルエンザ対策の備蓄計画に変更はないことを確認する予定だ。
タミフルをほとんど使わないスイス swissinfo (スイス->日本語版)
 日本の厚生労働省は3月21日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の10歳以上の未成年患者への服用を差し控えるよう注意勧告を行った。

鳥インフルエンザの対処薬としても注目されているタミフルだが、日本では服用後、異常行動を起こし、自宅などの高所から飛び降り大怪我をしたり、死亡した事件が相次いだことを受けての措置である。 

 製造元のロシュ ( Roche ) はスイス大手の医薬品会社。日本の厚生労働省の使用制限に対し、ロシュは「タミフルと異常行動の因果関係は実証されていない。世界中どこでも1歳以上の患者に投与することが認められている」と同社広報担当のマルティナ・ルップ氏は事件との関係を全面的に否定した。 

風邪は自分で治すスイス 

 スイスではインフルエンザにかかった子どもに、薬を投与する家庭はほとんどない。「インフルエンザくらいでは病院に行きません」と語るのはチューリヒ在住で、スイス人男性と結婚し2歳の子どもがいる松倉聖子さん( 36歳 ) 。子どもがせきをしていても、医師は処方箋を出してくれない。子どもは3週間ほどせきをし続けたが、最終的には完治したという。「日本の親はすぐ抗生物質を与えるようですが、安易に薬を与えることは良くないと思います。もうスイス式に慣れました」と言う。

 スイス人のシャルロット・シーグヴァルトさん ( 47歳 ) は、10代の子どもを4人持つ母親。子どもがインフルエンザにかかっても何もしないのは松倉さんと同じ。「タミフルを安易に使ったら、鳥インフルエンザのときに耐性ができていて効かないかも知れませんね」と薬の副作用のほうが心配だという。

 シーグヴァルトさんの夫アレンさん ( 48歳 ) は開業医。アレンさんは大人にもタミフルは処方しないという。販売された当初には、大人で希望する人も多かった。しかし、保険が効かないため患者の負担は60~80フラン ( 約5800~7800円 ) であることも理由で、今ではほとんど希望する人はいないという。

 「インフルエンザにかかってからすぐ服用しないと効果は見られない」スイスでは、風邪にかかってその日のうちに医者にかかる人はあまりいないという。「しかもその効果も、多少早く回復する程度です」日本の医者がタミフルを処方することについては「文化の違いでしょう。わざわざ来た患者に、何かしなくてはと医師が思うからではないでしょうか」ときっぱり。

 ロシュによると、これまでタミフルを服用した患者はおよそ4500万人。そのうち3500万人が日本での服用だったという。

3月23日

Bangladesh confirms detection of first bird flu at a state-run poultry farm International Herald Tribune(仏) バングラディッシュ初の鳥インフルエンザ検出を国営養鶏場で確認
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ヒトにとって高毒性である鳥インフルエンザ・ウイルス株がバングラディッシュ首都近辺の国営養鶏場で検出された。ここでは従業員が最近、約3万羽のニワトリを殺処分したばかりだと、同国政府が金曜日に発表した。
 バングラディッシュとタイでの検査結果によって、この養鶏場はH5N1ウイルスに感染していることが確認されたと、政府の報道情報省が声明で述べている。
 検査が実施されたのは、ダッカのバングラディッシュ家畜研究所とタイのバンコクにある国立動物衛生研究所であると、この声明はしている。
 「検査結果によってH5N1亜種のインフルエンザ・ウイルスの存在が判明しました」と、声明はしている。
 現地の3つの検査所による予備検査によりこれまでは、外来のニューキャッスル病でニワトリは死亡したと、先月に政府の家畜担当部門当局筋はしていた。この疾病は鳥にとって致命的な呼吸器へのウイルスである。 
 しかし政府は後に、タイの研究機関によるものを含む更なる検査のために検体を送り出したと、メディアに発表する権限がないため匿名を条件にある当局筋は語っている。
 H5N1を確認した最新の検査は暫定政府の諮問会議で木曜日(22日)に討議された。これは公式認定の同国初の発表に先立つものだった。
 漁業家畜担当顧問のC.S.カリム氏は会議でウイルスが発見されたのはサヴァーにおいてのみだと語った。
 カリム氏は、当局は「あらゆる予防措置を取りウイルスの拡大を確実に防止する」ように求められていると、語った。
 「パニックに陥らねばならない理由は全くありません」と、声明はしている。
 感染した養鶏場の名は明らかにされていないが、ダッカ近郊の工業地帯のサヴァーにあるとされている。
 当局筋が以前に述べたところでは、ビマン・バングラディッシュ航空が所有し運営している養鶏場で先月ニワトリが死に始め、これにより当局は同養鶏場の全ての鳥を殺処分することになったという。
 バングラディッシュは既に50カ国以上からの家禽製品の輸入を禁止しており、これは鳥インフルエンザが同国に入ることを予防するための措置の一部であった。
 バングラディッシュにおけるH5N1ウイルスの流行は貧困国である同国の家禽産業に打撃を与える可能性がある。同国の家禽産業は約15万件の飼育場からなり、年間売上額は7億5千万米ドル(6億2千500万ユーロ)になると、当局筋はしている。
Report: Bird flu may kill 22000 Kansans 49abcnews.com, KS (米国) 報告:カンサス州で、パンデミック・インフルエンザで2万2000人が死亡の可能性
 高度のパンデミック・インフルエンザが発生した場合、カンサス州では81万人が発病し、2万2000人が死亡する。経済的損害は59億ドル以上に上る。新規分析報告書が発表された。
Saudi Arabia reports first bird France24, France (フランス) サウジアラビアで初の鳥インフルが報告
 サウジアラビア政府は、飼育されている家きんでH5N1鳥インフルが検出されたことを発表し、この人に危険な鳥インフルが同王国で初めて発生したことを確認した。
 検査の対象となりウイルスが検出されたのは、東部の州で農場で飼育されている七面鳥、オウム、クジャク、ダチョウで、国営通信により農業省発表として伝えられた。
 農業省発表では感染した鳥の数については不明であるが、感染拡大措置はとられたとされる。
 近隣のクエートでは2月25日に家きんでH5N1鳥インフル発生が起きている。300人の関係者の検査が行われたが、感染者は見つからなかった。
Bird Flu Could Hit Tourist Areas Hardest KSTP.com, MN  (米国) 鳥インフルは観光地に経済的大被害を及ぼす可能性
 ネバダ州とかハワイ州が大被害を被るトップと考えられる。
Japan drug firm: Tamiflu not for teens  The Westfall Weekly News, Canada (カナダ) 日本の製薬会社:タミフルを10代への投与を禁止
Japan drug firm: Tamiflu not for teens  Prescott Herald, AZ  (米国) 日本の製薬会社:タミフルを10代への投与を禁止
WHO urges more support for pandemic France24, France (フランス) WHO、パンデミック対策に100億ドルの助成を

 WHOは22日、裕福な国家にパンデミック・ワクチンが発展途上国にも十分配布されるために、100億ドルの資金の提供を求めた。

 ”WHOはいくつかの国々に援助の度合いをステップアップして、カナダ、日本、そして米国と共に、この問題の解決に協力するように求める”、とWHOのワクチン開発企画部門の責任者であるMarie-Paule Kienyが語った。
 ”この問題を解決するためには付加的基金100億ドルが10年間に亘って必要で、その対策によって世界の公衆衛生が大被害を被ることを避ける可能性が高い(パンデミック・対策として世界中でワクチンを十分接種できるなら:訳者注)。
 最も貧しい国家は、ワクチンを購入し、それを備蓄することすら出来ない。そこから簡単に世界にパンデミックは拡大しえる。

 世界で最も多くの犠牲者を出しているインドネシアは、2月に分離されたウイルスを検査のために海外へ出すことを中止した。それらのウイルスが、同国では入手できない、高価なワクチン開発に利用されることを避けることが理由である。
 インドネシア保健相のSiti Fadilah Supariは、同国で提供されるウイルスが、特定の企業や国の利益のために使われないという法的保証を求めている。
 WHOは先月、人用ワクチンで40以上の臨床試験が行われ、期待される進行状況であると発表した。
 こっれまでの報告によると、全てのワクチンは安全で、全ての年齢層に十分使用できるとされる
 世界のワクチン製造量を増すための6つのプロジェクトが計画中である。2つはラテンアメリカで、4つはアジアの国家である。現在最終確認段階に入っているとWHOでは言っている。
 またWHOは、”仮想備蓄”計画も進行中である。それはパンデミック・インフルエンザが発生した際に、発展途上国のためにワクチンを購入し、それを分配する方法である。(製造会社は製造ワクチンの中の一部分を発展途上国用に確保しておく義務がある)。

 関連記事は3月21日のロイターで報道
 

3月22日


South Korea joins Japan in Tamiflu alert Forbes, NY  (米国) 韓国も若年者に対するタミフル使用の警告に
 韓国もタミフル使用にあたって、十分患者の状態に注意し、観察するように医師に対する警告通知を出した。日本でタミフル服用若年者で異常行動が見られたことによる措置。
 タミフル製造元であるスイスのロッシュ社は、繰り返しタミフル服用と異常行動発現の間の因果関係を否定している。
 日本政府は22日、パンデミック・インフルエンザ(新型インフルエンザ)対策にタミフルを備蓄する計画には変更はないと発表している。
Japan's Tamiflu warning for teens sparks row  Reuters AlertNet, UK  (英国) 日本政府の10代未成年者に対するタミフル処方禁止通達、国内大論争に発展
 保守系報道の産経新聞記事:厚生労働省の対応は遅すぎる。かってのHIV混入血液製剤の使用禁止の遅れを彷彿させる。タミフル服用により転落死した子供の父親の、”なぜ死亡者が出るまで何も対応をしないのか?”という怒りの談話等。
 厚生労働省の高官の談話:これまで発生した事例を詳細に検討する。その結果によっては、これまでタミフル服用と、発生した精神的異常行動は無関係としていた見解を撤回する可能性もある。
 新型対策にとってタミフル備蓄は重要。今回の問題が新型対策に影響することを懸念する専門家の談話等。
Pakistan finds H5N1 bird flu in Islamabad crows Reuters AlertNet, UK (英国) パキスタンのイスラマバドでカラスからH5N1ウイルスが検出
 パキスタン首都のイスラマバドで死亡したカラスからH5N1ウイルスが検出された。
 当局では通りで死亡した鳥を発見したとき、十分注意して扱うように市民に呼びかけている。
 パキスタンでは、今年に入ってから小さな家きん農場で数件の鳥インフルが発生している。先月にはイスラマバドの動物園で、4羽のクジャクと1羽のガチョウがH5N1鳥インフルで死亡している。人での感染者は報告されていない。
Bird flu found in crows TVNZ, New Zealand (ニュージーランド) カラスで鳥インフルが検出
 致死的H5N1ウイルスがパキスタンの首都イスラマバドで死亡したカラスから検出されたと、農業省当局から発表された。
 70羽近い死亡したカラスがイスラマバド周辺で最近見つかり、その中からウイルスが検出された。
Kuwait detects three new bird flu cases  People's Daily Online(中国) クエートで鳥インフルエンザの新規症例を3件検出
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 クエートで水曜日(21日)、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株の鳥からの検出が新規に3件あった。これで症例は合計57件となったと、国営のKUNA通信社が報じている。
 この3件は2件の七面鳥と1件のニワトリで、クエート南部のワフラ地区の飼育場で発見されたと、KUNAは鳥インフルエンザ対策国家委員会の言葉を伝えている。
 同委員会はクエートで発見された鳥インフルエンザの症例はまだ飼育場に限定されており、鳥を飼育舎に入れて渡り鳥との接触を避けることの重要性を強調している。
 さらに鳥と接触したヒトの検査結果は全て陰性であったと伝えている。
 クエートでは313名からの354個の検体の鳥インフルエンザ検査を過去3週間で実施している。
 クエートでの鳥インフルエンザの発生は先月末に初めて起こった。
日本政府、「タミフル」の10代への処方禁止 朝鮮日報
 日本でインフルエンザ治療薬「タミフル」を服用した10代の少年らが、服用後に原因不明の「自殺」をするケースが相次ぎ、日本政府が10代の患者への処方を中止する方針を打ち出した。タミフルの輸入・販売元である中外製薬に対し、「未成年の患者への処方は原則として禁止する」という警告文を添付するよう求め、また全国の医療関係者に対しても10代の患者に処方しないよう注意を喚起する緊急指示を出した。
 スイスの製薬会社・ロシュが製造し、鳥インフルエンザの治療に多く使われている抗ウイルス剤のタミフルは、A型・B型のインフルエンザウイルスの増殖を抑えるため、インフルエンザの治療薬として広く処方されている。現在日本では年間850万人がタミフルを服用している。なお、韓国では政府が100万人分を備蓄しており、年間平均で1万人から4万人分が試験的に処方されている。
 日本政府の今回の措置は、タミフルを服用した10代の患者が錯乱状態を引き起こし、マンションから飛び降りて死亡する事故が頻発していることを受けたものだ。最近、自殺する理由も特に見当たらない2人の中学生が、タミフルを服用後に自宅マンションから飛び降りて死亡し、また同じくタミフルを服用した12歳の少年2人も自宅2階から飛び降りて骨折する事故が起きた。
Japanese Drug Firm Says Tamiflu Not for Teens NewsMax.com, FL  (米国) 日本の製薬会社、タミフルを10代には投与禁止と
AP通信  全米報道
 21日、日本の医師達にタミフルを10代の若者に処方することが警告された。タミフル服用後に数人の若者が危険な精神症状を呈したことによる。
 日本の保健省は20日、日本のタミフル輸入代理店である中外製薬に対して、医師達に10代の若者にタミフルを投与しないように警告するように伝えるように指示した。
 同省によると、中外製薬は21日国内の医師達、病院、薬局に対して警告の通知を配布した。
 タミフル製造元のスイスのロッシュ社の報道担当者であるマルチナ・ルポさんは、同社は日本政府がとった措置の根拠が理解できない、とコメントを出した。
 ”タミフル服用とこれらの異常行動の報告との間には、明確な因果関係が存在していない。それ故ロッシュ社は日本政府の執った措置が、現段階での適切な措置とは考えていない”。ルポさんはそのようにAP通信に語った。
 2月に14歳の少年と少女がタミフル服用後にマンションから飛び降り死亡する事例が発生して以来、タミフルに対する関心が日本で一気に高まった。

 米国FDAは2005年8月から2006年7月までの1年間に100例以上の錯乱、妄想、または精神異常行動を、タミフル服用後に呈した事例の報告を受けているが、その大多数は日本の子供達であると、発表している。日本政府はそれらの詳細に関しては発表していない。
 

Health alert over Tamiflu, bird flu spreads in Myanmar  Reuters.uk, UK  (英国) タミフル副作用警告:ミャンマーで鳥インフル拡大
ロイター通信 欧米報道
 日本の保健当局は21日、10代の若者に対してタミフルの投与を避けるように警告を出した。一方、ミャンマーでは家きんにおける鳥インフルが拡大していることが報告された。

 タミフルは鳥インフルがパンデミックになった際、効果を発揮する主要薬と考えられているが、日本での10代の若者の自殺事例を含めて、その服用により精神症状が副作用として発現される可能性に関心が集まっている。
 ロッシュ社は日本と米国の新規データから、タミフルと服用者に発現する精神症状との間には因果関係はないことを20日発表した。
 しかし21日早朝、日本の厚生労働省は、タミフルの輸入業者に、タミフルを10代の若者に投与することに対して、医師達に警告を出すように指示した。理由は異常行動を示した新規2事例が報告されたことによる。
 2月と3月に、2人の10代の若者がタミフルを服用後にビルから飛び降りる新規事例が発生したことを、同省はその際に発表した。
 2004年以来合計15人の若者が似たような頻度で、自殺または自傷事故を起こしていると、共同通信社が厚生労働省の発表として報道した。

 世界中で多くの国がタミフルを備蓄中である。同薬は多くの保健当局者達が、H5N1鳥インフルに罹患した際、十分早期に投与したなら症状の軽減が図れると考えている。
 H5N1ウイルスは2003年にアジアで再興して以来、少なくとも169人の死亡者を出しているが、現在、商業利用できるワクチンはな。

 19日21歳のインドネシア女性が鳥インフルで死亡し、同国での死者数が66人となった。同日エジプトでは2歳の少年が検査で鳥インフル感染が確認された。

 ミャンマーでは先月4地域でH5N1ウイルスが確認されたヤンゴンの外の農場で鶏における鳥インフルの発生が報告された。
 ミャンマー政府の発表では、2万羽以上の鶏が殺処分された。

 
3月21日

Japan Drug Firm: Tamiflu Not for Teens Forbes, NY (米国) 日本の製薬会社:タミフルは10代には使用禁止
 

米国FDAは2005年8月から2006年7月まで、100例以上の妄想、錯乱、または他の精神異常行動をタミフル服用により発生したとの報告を受けているが、ほとんどは日本の小児であった。日本政府は詳細に関して発表はしていない。

Japan Drug Firm: Tamiflu Not for Teens Newsday, NY (米国) 日本の製薬会社:タミフルは10代には使用禁止
Japan warns against bird flu drug for teens Reuters (国際) 日本、10代へのタミフル投与を警告
 10代の子供達がタミフル服用中にビルから飛び降りて死亡したり、怪我をした事例が相次いでいる日本で、厚生労働省は、21日、10代のインフルエンザ罹患者に対して、ハイリスク患者を除いてタミフルの投与を見合わせるよう、医師に警告するようタミフル輸入企業に対して指示を出した。
 日本でのタミフル輸入業者は中外製薬である。
 タミフルに関連した精神症状を呈した事例は100例以上あるが、そのほとんどは日本での事例である。
 厚生労働省によると、日本ではこれまでタミフル服用中の死亡例は54人あるが、直接的因果関係はないと説明している。
 ”我々は問題を無視できない。タミフルと発生している問題との間に直接的関連がある根拠はないが、我々は現時点での最善の選択をする”、と厚生労働省の薬品安全局の談話を共同ニュースは伝えている。
Tamiflu causing teen suicides - Japanese media Stuff.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) 日本のメディア:タミフルは十代の自殺の原因と
 日本政府は21日、タミフルの輸入業者に、10代の若年者に投与することに警告を出すように指示した。
 警告が出された理由は、スイスのロッシュ社が製造している服用薬により、さらに2人の十代の若年者が、ビルから飛び降りて怪我をする事例が相次いだことを受けて出された、と日本のメディアは報じた。
 先月2人の若者が飛び降り自殺し、それがタミフルによる精神症状が引き起こした可能性が指摘されていた。
 タミフルは日本の中外製薬による輸入されている。
 保健省によるコメントは、休日のために得られていない。
 このような動きは、20日に、ロッシュ社が日本と米国の新規データに基づいて、タミフル服用と発現精神症状の間には何等因果関係がないことを発表した後に見られている。
WHO trying to get bird flu vaccine agreement Reuters.uk, UK  (英国) WHO、鳥インフルワクチンの発展途上国用の確保の同意を求める

 WHO当局者は20日、パンデミック・インフルエンザが発生した際、最も大きな被害が発生すると考えられる発展途上国に対するワクチン供給の確約について、早急に結論を出す必要があると語った。

 インドネシア政府は同国で分離される鳥インフルウイルスを世界と共有することには、それらで作成されるワクチンが、一企業または他の国家のためのメリットが目的である限り、同意できないと強固に主張している。
 このことは世界の多くの科学者と保健衛生当局者達の不安材料となっている。
 ”我々は毎月のようにこのウイルスを監視している必要がある”、とジュネーブのWHOの鳥インフル対策の責任者であるD・ハイマン博士は語っている。

 世界で最も多くの犠牲者を出している発展途上国であるインドネシア政府は、パンデミック・インフルエンザが発生した際に、ワクチンが自国では手に入らない危機感を抱いている。
 しかしWHOはインドネシアの主張に対して十分理解を示したコメントを出している。
 ”我々はインドネシアの主張に戸惑いはしたが、その主張の正当性を認識し、そうした発言に対してむしろ感謝している”、とハイマン博士は語っている。
 ”インドネシアの心配事に関しては、我々も同意見である”。

 現在、世界の10ヵ国の16製薬企業がH5N1ウイルスに対するパンデミック用プロトタイプ・ワクチンを開発している。
 WHOは来週ジャカルタでワクチンに関する会議を開くが、そこでいかにして多くのワクチン量を生産するか、そしてそれらを如何にして必要とする国全てに共有するか模索する。
 付け加えるに、WHOの事務局長であるマーガレット・チャン博士は、ワクチン製造企業の責任者との会議を持つ予定としている。
 そしてWHOはまた、以前から知られている「世界ワクチンおよび免疫促進同盟(Global Alliance for Vaccines and Immunization:GAVI Alliance)」、に助言を求めている(発展途上国の小児に対するワクチン接種を促進する個人的団体)。
 H5N1鳥インフルウイルスは世界で281人を発病させ、169人を死亡させている。それはアジア、アフリカ、ヨーロッパの家きんに感染を広げた。専門家はこのウイルスが人人感染するように変異して、人における世界的パンデミックを起こし、数ヶ月で数百万人の人々を死亡させる可能性が高いと恐れている。 
 
 パンデミックに対する唯一の解決策

 ワクチンがパンデミックに対する唯一の解決策である。しかしながら、最近開発されているワクチンは、インフルエンザウイルス株に対して非常に特異性が高い(特定の株に対してしか効果を示さない)。--少なくとも全てのインフルエンザウイルスに対して効果を持つワクチンは存在してない。
 ワクチン製造会社は非常に少なく、世界で製造可能なワクチン量は3~4億人分に過ぎない。パンデミックの際に必要とされる量には遙かに届かない。
 またそれらワクチンは、現在の製造方法が非常に時間がかかるため、製造に数ヶ月は要する。
 現在期待される最善策は、パンデミックが発生した際に、全ワクチン製造会社が当該ウイルスを入手して、即座にワクチンの製造に着手することである。
 もしウイルスが世界で共有されないとしたなら、万事休すとなる。
 ”世界には公平に分配できるだけのワクチン量を製造できる能力はない。我々はワクチン製造量を大幅に増やす必要がある”、とハイマン博士は説明する。
 ”それは、発展途上国にもワクチン製造技術を教えることでしか達成できない”。すなわち、それらの国にワクチン製造工場を設立する援助が必要である。

 インドネシアは分離ウイルスの特許権について論議を展開している、とハイマン博士は語り、これにはWHOは大いに失望していると感想をもらしている。
 ”我々は自由なウイルスの共有方法を模索している。そして発展途上国に対して、分離ウイルスを世界と共有することで、十分利益を得られる権利を保有できるシステム(mechanisms)を構築し、彼らに保証することを考えている”、と同博士は語った。

 一つの可能性として、”仮想備蓄”の考え方がある。それは、製造会社がパンデミックワクチンを製造するときは、いつも発展途上国用の備蓄分を、製造した通常の製品とは別に確保することである。(製造するワクチンのうち、一定の割合で発展途上国用の備蓄分とする:訳者注)

Months-old girl sick with H9N2  The Standard, Hong Kong  (香港) 女児、H9N2鳥インフルに罹患
 9ヶ月の女児が弱毒性のH9N2鳥インフルを発病したと香港衛生省で発表した。4年ぶりの発生とされる。

 H9N2は弱毒型の鳥インフルウイルスであるが、時として人に感染し軽度の症状をもたらす。香港では過去に、1999年と2003年に3例の感染者を経験している。全て回復している。
 同ウイルスは人人感染を起こす可能性は低く、以前の事例でもそのような事実は示されなかった。
 現在感染した鶏の大量殺処分の必要はないと、衛生省では言っている。
Roche says no Tamiflu link to psychiatric symptoms ABC News (米国) ロッシュ社、タミフルと精神症状は無関係と
 下記ロイター記事。
Roche says no Tamiflu link to psychiatric symptoms Reuters  (国際) ロッシュ社、タミフルと精神症状は無関係と 
 

 Swiss drugmaker Roche Holding AG said on Tuesday new data from the United States and Japan showed there was no established causal link between neuropsychiatric symptoms and its Tamiflu influenza treatment.

 Clinical studies have shown similar rates of neurologic and psychiatric events in pediatric patients being treated with Tamiflu compared to those not taking the drug.

 Concerns that Tamiflu -- seen as effective against a possible pandemic triggered by bird flu -- may induce fatal side effects are growing in Japan after two people who took it fell to their deaths last month.

 Roche pointed out that influenza is a serious and sometimes life-threatening disease and in some cases causes delirium, confusion and disorientation.

 "Roche is aware that a number of reports have been received in Japan of neuropsychiatric symptoms including delirium, with associated abnormal behavior, and very rare cases of death in patients suffering from influenza who have also been taking the antiviral Tamiflu," the company said in a statement.

 "The Japanese Ministry for Health and Welfare stated that they see no causal relationship between these cases and Tamiflu," Roche said.

 スイスの製薬会社ロッシュ社は20日、米国と日本からの新規データでは、タミフル服用と神経精神症状との間には、明確な因果関係は示されなかったと発表した。

 臨床研究では、小児のインフルエンザ患者でタミフル服用グループと非服用グループの間には、発生する神経精神症状の率には差がないことが示された。
 鳥インフルに有効と期待されているタミフルが、同薬服用後に2人が高所から飛び降りて死亡してから、致死的副作用を呈する不安感が日本で大きくなっている。
 ロッシュ社の説明によると、インフルエンザは時として死亡につながる重症な合併症、さらに中には妄想、錯乱、方向感覚の喪失が発生する場合があるとされる。

 ”ロッシュ社は、多くの妄想、異常行動、そして極めて希なケースとして死亡等の神経精神症状が、タミフルを服用しているインフルエンザ罹患者で発生していると言う報告を日本から受けている。しかし日本の厚生労働省は、それらの症状とタミフルとの間には明確な因果関係はないと発表している”、と同社は声明文の中で語っている。
 

Egypt, Laos Report More Human Cases of Avian Influenza NewsBlaze, CA  (米国) エジプト、ラオスでさらなる人での鳥インフル発病者
 今月に入ってから発生したエジプトでの2,4,10歳の小児での事例。ラオスでの2人の事例について。
3月20日


Thai bird flu strain found to be resistant to drug Reuters.uk, UK  (英国) タイで流行中の鳥インフルウイルスはアマンタジンに耐性
 タイの家きんで流行中のH5N1鳥インフルはアマンタジンに耐性であることが、タイの研究者により明らかにされ、より詳細な検討が必要であると警告された。
 昨年5月にWHOは人の鳥インフル治療には、タミフルとアマンタジンの併用療法が推奨されると発表していた。
Indonesian woman dies of bird flu - health ministry Reuters India, India  (インド) インドネシアで女性が鳥インフルで死亡
 ジャカルタ(ロイター)
 21歳女性が鳥インフルで死亡し、同国で66人目の死者となったことを、保健省が発表した。
Death of Indonesian woman raises country's bird flu toll to 66 Hindu, India  (インド) インドネシアの女性、同国で66人目の死者に
AP
 19日、インドネシア女性が鳥インフルで死亡し、同国で66人目の死者となったことが、当局から発表された。
 21歳女性は東ジャワのスラバヤ市の病院へ2週間入院していた。同女性は感染した鶏と接触した既往があったとされる。
Indonesia announces 66th bird  France24, France (フランス) インドネシア、66人目の鳥インフル死者を発表
 19日、インドネシア政府は、21歳男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が66人となったことを発表した。
 保健省の I Nyoman Kandunは、東ジャワのスラバヤ(Surabaya)の病院で男性が死亡したことを発表した。
 同氏によると死亡した男性は既に感染確認例(86人)リストに含まれていたとされる。詳細については語っていない。
New Russian Drug May Help Fight Bird Flu Playfuls.com, Romania (ルーマニア) ロシアで新鳥インフル薬が開発
New Russian drug may help fight bird flu  United Press International (国際) ロシアで新鳥インフル薬が開発

 ロシアの研究者が致死的H5N1ウイルスに現有の薬以上に効果が期待できる新薬を開発したことが、 ITAR-Tass により報道された。
 ロシア医科学アカデミーと科学アカデミーの研究者による。
 この新薬は現在の抗インフルエンザ薬以上の効果が期待されるという。
 トリアゾベリン(Triazoverin)と呼ばれる新薬は現在、国家承認を待っている。
 研究者によると新薬は感染過程のどの時期でも、重症度に関係なく作用を発揮できると説明している。 

Tests confirm H5N1 virus in chickens at vocational centre  Bangkok Post, Thailand (タイ) 職業訓練センターで飼育中の鶏からH5N1ウイルスが検出
 Muang地域のBang Sai Yaiの職業訓練センターで飼育されている199羽の鶏のうち26羽が3月9日から死亡していたが、鶏の組織検査H5N1ウイルス感染が確認されたと、家畜局から昨日発表された。
Scientists aim for portable bird flu testing kits Reuters.uk, UK  (英国) ポータブル型の鳥インフル検査キットを開発中
 FAO(国際連合食糧農業機関)によると、小さなテレビ程度の大きさの鳥インフル検査キットを開発中であるが、将来的にはさらに小型のキットを開発し、どこでも検査が可能にすることを目指している。
3月19日

Egyptian boy, 2, tests positive for bird flu  Reuters AlertNet, UK  エジプトの2歳男児、鳥インフル検査で陽性
 エジプトの2歳男児が鳥インフル検査で陽性となり、同国26人目の患者となったことをエジプト保健省から発表された。
 男児はアスワン南部の町の病院で治療を受けているが、状態は安定しているという。
 家族も医学的監視下に置かれている。
Two-year-old child in Aswan tests positive for bird flu Earthtimes.org (国際) エジプト、2歳幼児が鳥インフル検査で陽性に
 エジプのアスワン県で2歳の男児が鳥インフル検査で陽性となった。19日に保健省が発表した。先週3人の子供達が発熱し、鳥インフル疑いでアスワンの病院に入院していた。
UAE bird flu decree AME Info(アラブ首長国連邦)  アラブ首長国連邦、鳥インフルエンザ法規命令を下す
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
 
 アラブ首長国連邦の鳥インフルエンザ緊急対応国家委員会は、生きた鳥類、家禽の肉、卵また羽毛ですら持ち込もうとする場合はその旅客の入国を禁止すると、ガルフ・ニュース紙は報じた。この禁止令が適用されるのは、全ての空港や港湾と陸上の交通要所で、昨日の日曜日に発令された。この新法令に違反した旅客は物品没収の上、罰金が科せられる。
Asean agrees to stockpile anti-flu drug in Singapore  Bangkok Post, Thailand  アジア各国、抗鳥インフル薬をシンガポールに備蓄することで合意
 アジア地域でパンデミックが発生した際に、アジア各国にタミフルを供給するためのバンクをシンガポールに設立する。
 同国が選ばれた理由は、いまだH5N1ウイルスが見つかっていないことと、バンク設立の背後に何等別の思惑が存在しないことが挙げられている。
 (*訳者注:シンガポールは香港と共にパンデミック・インフルエンザ対策が進んでいる国である。国土が小さいせいもあって、模擬訓練、医療機関の整備、国民に対する情報・知識の公開等、日本も見習う点が多い)。
 先にタイが、アジアにおける抗インフルエンザ薬備蓄センター設立を提案していたが、各国の賛成を得られなかった。
 他に日本は1億3500万ドルをACEAN(アセアン)に致死的鳥インフルの監視と医療のためのネットワーク構築に資金提供している。
China's health minister bemoans failing system  Reuters AlertNet, UK  (英国) 中国保健省大臣、保健管理システムの遅れを危惧
 17日、国営テレビのフォーラムで、保健省大臣は、中国では経済的問題、社会的問題が優先され、保健対策が充実するのはまだまだ先であると語った。
熊本の野鳥 鳥インフル クマタカからH5N1型 西日本新聞
 環境省は18日夜、熊本県相良村で見つかった野生のクマタカから鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。国内では2004年、京都府で鳥インフルエンザが発生した際に野鳥から強毒型のウイルスが検出された例がある。九州では今年1月、宮崎県内3カ所で高病原性鳥インフルエンザが発生しており、同省は毒性についてさらに分析するとともに、宮崎県での発生例との関連も調べる方針。
 同省によると、ウイルスが検出されたクマタカはメスの成鳥。今年1月4日、同村の林道で衰弱した状態で発見された。外傷がなかったため、猟銃の弾による鉛中毒の可能性を調べるとともに鳥インフルエンザの疑いについても簡易検査。2月10日、鉛中毒かどうかは不明だったものの、鳥インフルエンザウイルスに関し陽性と判明。鳥取大の鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターで詳しく検査した結果、今月18日に「H5N1型」が分離された。
 今のところ、クマタカの捕獲者や周辺の養鶏場などから異常は見つかっていないという。
 相良村は今年1月に鳥インフルエンザが発生した宮崎県清武、新富両町から約60キロの距離にある。クマタカの縄張りは13‐25平方キロメートル。同省は宮崎県内で発生した鳥インフルエンザとの関連性について「今の時点では何とも言えない」と話している。
 クマタカに関して詳細
クマタカから鳥インフル 鶏大量死との関連調査 徳島新聞 
 環境省は18日、熊本県相良村で見つかった絶滅危惧種の野生のクマタカから高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」を検出したと発表した。ウイルスの毒性などを判断するため、遺伝子分析などを実施する。
 九州では今年1月、宮崎県の養鶏場で大量死した鶏からH5N1型のウイルスが検出されており、環境省は関連を調べる。クマタカはウイルスに感染した鳥などほかの小動物を捕食して感染した可能性があるという。
 環境省は、クマタカが発見された周辺で、野鳥を捕獲したり、ふんを採取して分析したりしてウイルスの保有状況を調査する。
 同省によると、問題のクマタカはメスの成鳥で今年1月4日、相良村で衰弱した状態で見つかり、直後に死亡した。外傷がないにもかかわらず、衰弱死したことから、鉛中毒の疑いがあるとみて検査した。
*二ヶ月以上経ってからの確認と発表は非常に遅すぎる。

3月18日


Bird flu bio-test plan for airlines Therapeutics Daily (subscription) (press release), PA (米国) 航空機搭乗者に鳥インフルテストを行う計画
 クイーンズランドの研究者達により、航空機搭乗前に鳥インフル検査を行うための装置が開発中である。
 BioChip Innovationsにより開発中で、2年以内の実用化を目指している。
 咽頭ぬぐい液を検体として用い(血液も可能)、30分以内に結果が出ると言われる。遺伝子分析によるもので、全てのインフルエンザウイルスの検出が可能とされる。
No human bird flu cases in Kuwait -- official  Kuwait News Agency, Kuwait  (クエート) クエート、人での鳥インフル発生はなし
Kuwait reports new case of bird flu in chicken Reuters AlertNet, UK  (英国) クエートの養鶏場で新規鳥インフル発生
 クエートで、鶏で致死的H5N1ウイルスが検出された。今年に入ってから54羽目の鳥インフル発生となった。
3月17日


インドネシアと協力強化 感染症対策で共同宣言 京都新聞
 国立感染症研究所とインドネシアの国立保健研究開発研究所は16日、高病原性鳥インフルエンザなど感染症対策の協力と連携強化をうたった共同宣言に東京都内で署名した。
 両国で今後、(1)感染症に関する共同研究(2)共同学術会議の開催(3)人材開発(4)情報の共有-などについて相互に支援、協力する。
 インドネシアでは今年に入っても高病原性鳥インフルエンザH5N1型の人への感染例が報告され、世界保健機関(WHO)の集計では2005年以降、H5N1型に81人が感染、63人が死亡している。
 署名に先立ち、柳沢厚労相とインドネシアのスパリ保健相が会談。スパリ保健相は「来年は日本とインドネシアの国交樹立50年という節目の年で、保健、特に研究の分野でさらに良いものを築くことが重要だ」と述べた。 柳沢厚労相は「両国の協力でアジア全体の鳥インフルエンザの研究がより強まる」と期待感を示した。
Indonesian man dies of bird flu -health ministry  Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア男性、鳥インフルで死亡
 インドネシア保健省は32歳男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が65人となったことを発表した。
 男性は、家庭で愛玩鳥を飼育していたが、それから感染したのかは現在不明。
Health ministry: Indonesian man dies of bird flu San Diego Union Tribune, CA  (米国) インドネシア:男性が鳥インフルで死亡
 16日のインドネシア保健省発表によると、32歳男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が65人となった。
 男性は首都ジャカルタの病院で15日朝に死亡した。男性は東ジャワの住民で家庭で愛玩鳥を飼育していたとされる。
US, Canada explore flu vaccine supplies  CBC Saskatchewan, Canada (カナダ) 米国とカナダ、鳥インフルワクチン供給方法を模索
 米国:サノフィ社のワクチンに英国グラクソ社のアジュバントを加えることを考慮中。
 カナダ:家きんに対するワクチン製造を考慮中。通常は感染家きん周辺の殺処分で十分であるが、大流行の際には家きんにワクチン投与も必要か否か、に関しての論議。
65人目の犠牲者、H5N1型 インドネシア CNN Japan
 インドネシア保健省は16日、首都ジャカルタの病院に入院していた32歳の男性が、鳥インフルエンザの感染で死亡したと述べた。高病原性のH5N1型ウイルスの死亡者はこれで65人目となった。世界最多の犠牲者数となっている。
 男性はジャカルタ東部の居住者で15日朝に死亡。自宅で鳥類をペットとして飼っていたという。保健省の鳥インフルエンザ情報センターはただ、この鳥類が鳥インフルエンザに感染していたのかは不明としている。 
 インドネシアでは感染が疑われる入院者がまだおり、今後も予断を許さない状況。東南アジアの他国では、鳥インフルエンザ感染が一応、沈静化しているが、インドネシアでは逆に、急増する事態になっている。
 この中で同国政府は、首都ジャカルタなどで家禽(かきん)類の飼育禁止を発表、感染阻止に躍起となっている。半面、鳥インフルエンザのウイルスを「知的財産」と主張し、国外の研究機関に提供しない方針も一時、打ち出した。
 その後、世界保健機関(WHO)などの反発を受け、開発されたワクチンの十分な量をインドネシアが確保出来ることが保証されたら、提供を再開すると妥協していた。
 献呈したウイルスを基に製薬会社が特許済みのワクチンを作っても高価で、富裕な諸国だけが購入の余裕があることへの反発が背景にあった。
3月16日


Tests confirm second bird flu death in Laos  Reuters AlertNet, UK  (英国) ラオスで2人目の鳥インフル死者が確認
 ラオスで、感染したアヒルと接触した可能性のある42歳女性の死が、H5N1ウイルスによるものであることが確認された。ラオス保健省とWHOが発表した。
 女性は2月下旬に発病し、3月4日に死亡していた。彼女が飼育していた無症状のアヒルからもH5N1ウイルスが検出されたことも、併せて保健省から発表された。
 先に15歳少女が2月末にH5N1鳥インフルを発病し3月8日に死亡したことが確認されていた。
Ban on Indian eggs to stay Khaleej Times(アラブ首長国連邦) アラブ首長国連邦、インド産卵の禁止継続
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ緊急対応国家委員会は、インド産卵の輸入禁止解除に関する総合報告書を環境・水質省に提出したと、同委員会長のマジェド・アル・マンスーリ氏は述べた。
 「禁止解除の決定はアラブ首長国連邦自身の基準と要件によらなければなりません。単に他国がインド産卵の禁止を解除したからといって、こうした行動をとる訳にはいきません」と、アル・マンスーリ氏は言う。
 「当委員会は状況調査を行い、インド産卵の輸入禁止は解除しないという決定を下しました。これはインドで鳥インフルエンザが撲滅されたという具体的な証拠が今のところないためです」
 事務総長は同省の勧告を求めるべきだと、同氏はしている。
 更に環境・水質相のモハメド・サイード・アル・キンディ博士は、この問題の重要性と禁止解除に関係する全ての当局間の協調の必要性を熟知していると、同氏は述べた。
Indonesia, Egypt lack good bird flu controls-UN vet  Reuters.uk, UK (英国) 国連専門家警告、インドネシアとエジプトは鳥インフル対策が遅れている
 過去3年間に鳥インフル検出態勢は飛躍的に改善されてきたが、エジプト、ナイジェリア、およびインドネシアでは十分な態勢下にはない。国連FAO(国際連合食糧農業機関)の主任獣医が語った。
 特にインドネシアではすでに63人が死亡しており、監視態勢と拡大防止の強化をはからなければならないと警告した。
 ”インドネシアの状況は3年前の中国、タイ、ベトナム等の国の状況と同じだ。多くの家きんにおける発生、環境内の多くのウイルスの存在、そして継続的人の発病が続いていること等、とジョセフ・ドメネク主任獣医はロイターに語った。
 ”こうした状況はパンデミックを引き起こすウイルスが発生する可能性を示している”、とも付け加えた。

 エジプトでは13人のH5N1ウイルスによる死亡者が出ているが、人口が少ないことからインドネシアよりは明らかにパンデミックを起こす危険性は低いが、人々が家きんと密接な関係で生活していることと、対策が遅れている状況はインドネシアと同じである。そのようにドメネク氏は語った。
 さらに同氏は1月に初の人感染者をだしたナイジェリアの状況について、危険性は低いが対策強化の必要はあると語った。
 同氏によるとここ半年間に15ヵ国で家きんにおける鳥インフルが発生しているが、それがFAO(国際連合食糧農業機関)が指導している対策不足から起こったとは考えられなく、それらの国における監視と拡大防止態勢は満足されるべきのものである、と評価している。
Bird flu three safe Melbourne Herald Sun, Australia (オーストラリア) 鳥インフルウイルス暴露の3研究者、感染した兆候なし
 研究室内で着用した予防衣に欠陥があり、致死的H5N1ウイルスに暴露された可能性のあった3研究者は、検査で全て問題なく、全員職場に復帰した。
 研究者達はH5N1ウイルス東南アジア株に感染したアヒルを用いた実験に携わっていたが、予防衣の空気フィルターの一つが欠損していることが3月5日に分かった。
US downplays H5N1 entering via bird pathways Reuters.uk, UK (英国) 米国農業省、渡り鳥でH5N1ウイルスが運び込まれる可能性は低いと結論
US downplays H5N1 entering via bird pathways Scientific American  (米国) 米国農業省、渡り鳥でH5N1ウイルスが運び込まれる可能性は低いと結論
 致死的H5N1ウイルス感染した野鳥が太平洋、または大西洋を横断して米国に入ってくる可能性は極めて低いと米国農業省は結論。感染した野鳥にとって距離は長すぎるというのが一つの理由。さらに2006年に米国内の野鳥検査で致死的H5N1ウイルスは検出されず、7年間に亘るアラスカにおける8200羽以上の野鳥におけるウイルス検査でも、検出されたウイルスは全て北米でが発生源となっているものばかりだった。
TOP