高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
3月15日

Bird flu alert in Saudi Arabia Khaleej Times(アラブ首長国連邦) サウジアラビアで鳥インフルエンザ警報
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 サウジアラビア当局は、同国での鳥インフルエンザ発生予防を目的とした非常事態を宣言した。これは農業省動物資源担当次官補であるムハンマド・ビン・アブダラ・アル・シーハ氏が述べたものである。
 「農業省がこの事態に直面して非常事態に入るのは当然です」と、アル・シーハ氏は語る。
 「鳥インフルエンザの予防に関するあらゆる措置を取り、24時間体制の対策室を設けました」と、同氏は述べている。
 同氏は、今のところ同王国内で鳥インフルエンザは報告されていないとしている。同省は、リヤド、アシール、バハ、東部地区、カスィームなどの様々な地域の多くの家禽飼育場で模擬演習を実施した。
 「鳥インフルエンザの動きを監視しているOIE(国際獣疫事務局)とは連絡を密にしています。国中の家禽飼育場の調査も実施し、王国内を通過する渡り鳥の観察もしています。いかなる鳥インフルエンザ発生の場合にも封じ込めできる措置を取ってきました」と、同氏は語る。
 隣国クエートで報告された52件の鳥インフルエンザが思い出されるかもしれない。国際獣疫事務局の専門家チームが、当局が同国内での鳥インフルエンザの症例数が52件に上ったとしたクエートを訪れたのだ。
 H5N1ウイルス株は最も毒性の高い形態で世界中で160名以上のヒトを死亡させていると、世界保健機関はしている。そしてこのウイルス株により数百万羽の鳥が死亡している。
 「今回の目的のため、1500万サウジアラビアリヤル(約4億円)を計上しています」と、同氏は付け加えた。
 一方、リヤド市総合環境保健部の総責任者であるソリマン・H・アルブツィ氏は、市が総合ホームページを立ち上げたと述べている。アルブツィ氏の説明によると、このホームページの目的は鳥インフルエンザに関する一般の知識を向上させ、感染の疑いがある鳥を見かけたときにどのような予防措置を取るべきかを教えるものである。アラビア語のこのページのURLは、http://www.alriyadh.gov.sa/bird/index.asp
US Agencies Track Bird Flu at Ports KTAR.com, AZ (米国) 米国、港湾での鳥インフル対策を強化
 輸入家きん産物のウイルスチェックの強化、港湾におけるペット鳥等の密輸監視強化。等。

US agencies track bird flu Seattle Post Intelligencer, WA  (米国) 米国、鳥インフル侵入対策を強化
 輸入家きん産物にウイルス混入チェックの強化。
 鳥や家きんの違法輸入に対する港湾などのチェック態勢の強化。
Bird-flu fears bring people closer Tarankai Daily News, New Zealand (ニュージーランド) 鳥インフル脅威、隣人同士の結束強化へ

 鳥インフルに対する脅威は、クライストチャーチ市における町内”近隣サポートグループneighbourhood support groups”の結成を急速に促している。

 昨年170のグループが結成され、クライストチャーチとバンクスペニスラ(Banks Peninsula)で合計1900のグループ数となった。
 ”近隣サポートグループ”コーディネーターであるパトリック・クリーセイ氏は、結成数の増加は犯罪や市民危機管理、及び鳥インフルに対する関心から来ていると説明している。
 ”これだけの増加数は過去には経験していない”、と同氏は語っている。
 しかし、サポートグループの数は、社会経済的に低い郊外地域や高級住宅地域では未だ少ない。

 パンデミック・インフルエンザ発生時には、病院、医院、薬局は患者で溢れかえり、患者の多くは自身で対処しなければならなくなる。
 カンタベリー大学のライス助教授は、ニュージーランドにおける1918年のスペインインフルエンザに際して、早期から対策を講じていたコミュニティーでは死者数が少なかったと、彼自身の研究結果を基に説明している。
 一人で生活している市民が発病した際、近隣の人々にサポートしてもらうことは可能だ、と教授は説明する。
 ”住民は、町内の全ての人々に対する責任はないが、両隣など、近隣の人々の状況については知ることは出来る”
 カンタベリー地区保健当局 (CDHB)の主任医療官のミラー氏は、近隣者同士で電話番号を知っておくべきだと語っている。
  (CDHB)では、パンデミック・インフルエンザ対策として各家庭で以下の点をも考慮するように言っている。
 ・もし家族が発病した際、誰が食料品や生活用品を準備するか?
 ・薬を服用している場合、誰が薬を処方してもらうか?
 ・近隣の人の電話番号と、主治医の電話番号を控える
 ・緊急用品キットを備える:1週間分の食料飲料。鎮痛解熱剤(パラセタモル、またはイブプロフェン)、マスク、ティッシュ、廃棄物処理のためのプラスチック製袋(日本で言うところのポリエチレン製ゴミ袋)。

 訳者注:日本における町内会組織での対策強化に相当
 

Update 1-Egyptian 10-year-old tests positive for bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプトの10歳少女検査で陽性
 カイロ、3月14日

 10歳少女が鳥インフル検査で陽性となり、エジプトで25人目の鳥インフル発病者となった。WHOが14日発表した。
 ”それはアスワンの郊外地域で発生した。まだ詳細については聞いていない”、とWHOの伝染病地域顧問のHassan al-Bushraが語った。
 国営通信の MENAは、保健省報道官の発表として、少女は高熱と筋肉痛でカイロ南方450キロのアスワンの病院に入院したと伝えた。検査結果で少女がH5N1ウイルスに感染していることが確かめられ、抗ウイルス剤であるタミフルによる治療が開始された。状態は安定しているとされる。
 少女の家族は医学的監視下に置かれ、健康状態が観察されている。
 少女は治療のためにカイロの病院に移送される予定と報道官は語っている。
 11日、WHOとエジプト保健省は、4歳少年が鳥インフルに感染し、タミフル投与を受けていることを発表している。
 今回の症例でエジプトの鳥インフル発病者は25人となった。
国会議員や報道も接種対象 新型インフルワクチン  西日本新聞 

 新型インフルエンザ対策で国が備蓄しているワクチンの接種対象者に、国会議員や都道府県知事、報道機関職員が含まれる方向であることが14日分かった。同日開かれた厚生労働省の専門家会議に示された指針案に盛り込まれた。

 このワクチンは、新型発生後、本格的な供給態勢が整うまでの間、医療従事者と社会機能の維持に不可欠な人々に緊急接種するため、アジアで採取した鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)から製造。既に1000万人分を備蓄しており、2007年度も1000万人分製造する。

 医療関係の接種対象は医療従事者のほか救急隊員、医薬品製造販売業者など。感染症病院の職員や救急隊員は感染の危険が高いため優先する。

 治安関係では消防士、警察官、自衛隊員ら。国会議員、地方議会議員、都道府県知事、市町村長に加え、国家・地方公務員のうち危機管理の担当者を加えた。

 情報関連では、報道機関や通信事業者を、運輸は鉄道や航空運輸業者らを、それぞれ挙げた。

3月14日

Indonesia Won't Share Bird Flu Samples Forbes(米) インドネシア、鳥インフルエンザ標本を提供せず
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ウイルスが高価な商用ワクチン開発に使用されないという法的拘束力のある同意なしには、インドネシアは世界保健機関(WHO)と鳥インフルエンザ標本を共有しないと同国厚生相は水曜日語った。
 シチ・ファディラー・スパリ氏はWHOとの数週間にわたる対決でも自論を曲げず、先月末のWHO事務局長・マーガレット・チャン氏が送った保証の覚書は不十分とした。
 「あれは原則合意でしかありません・・・。我が国が必要としているのは法的拘束力です」と同氏は記者に語った。さらに今月開催されるジャカルタでのアジア太平洋地域の衛生指導者会議はWHOの50年にわたるウイルス共有システムの変更を模索することになるだろうとした。
 このシステムはインフルエンザ標本を公衆衛生のために自由に国際社会で流通できるようにするものだが、「発展途上国、貧困国や被害を受けている国家に公平」であるように見直しが必要だと、スパリ氏はしている。
 「ルール変更がない限り、ウイルス標本の共有はしません」とスパリ氏は語る。
 H5N1用のワクチンは数カ国が開発中で、この鳥インフルエンザ・ウイルス株は世界中で168名を死亡させており、その内の三分の一以上はインドネシアで起こっている。
 このウイルスは今も主には動物疾病であるが、専門家はヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異し百万人単位の死者を出しかねないと懸念している。
 インドネシアが懸念しているのは、インドネシアがヒトへの感染を確認するためにWHOの関連検査施設に送ったH5N1ウイルス株を、大手製薬会社が最終的には途上国が購入できないほど高価なワクチンを製造するために使うことである。
 AP通信が見た2月28日付のチャン氏からスパリ氏への書状では、WHOはインドネシアのウイルス株を「公衆衛生上のリスク評価の目的のみ」に使用するとしている。
 正式合意に達するまでは、WHOは「H5N1ウイルス株をワクチンの種ウイルスとしてH5N1インフルエンザ・ワクチン製造のためにワクチンメーカーに送る場合」は必ずインドネシアの承認を得ることになると、覚書はしている。
 インドネシア政府のワクチンを差し控えるという決定は、WHOのウイルス共有システムからの大いなる決別であった。このシステムはインフルエンザ標本を、ワクチン製造を含む公衆衛生目的のために自由に国際社会で流通できるようにするものであった。
 WHOの東南アジア地区責任者のサムリー・プリアンバンチャン氏は、今月のジャカルタでの会合で、双方を満足させる解決策へと大きく進むだろうと確信しているとしている。
 「時間の問題です」と、同氏は言う。「必ず共通の道があり、WHOとインドネシアは共に進むことができます」


Medical researcher to develop oral vaccine  Science Daily (press release)  (国際) 経口ワクチンの開発
 Texas A&M Universityの研究者が、米軍から隊員が個人的に使用可能なワクチン作成の研究委託を受けた。2年間のプロジェクトとなる。
 隊員がポケットに入れておける、常温でも保存可能で、そして医療関係者の判断なしに服用できるワクチン作成が目的となる。とりあえずブルセローシスとQ熱が対象となるが、これら感染症に対して実用化されると、公衆衛生学的に他の感染症も対象に出来る。
Glaxo's Vaccine Booster May Be Added to Sanofi Shots (Update2)  Bloomberg  (米国) グラクソ社ワクチンのブースター(アジュバント、免疫賦活剤)がサノフィ社のワクチンにも添加される予定に
 米国FDAが唯一している人用鳥インフルワクチンであるサノフィ社のワクチンは、一回の抗原量が90マイクログラム要し、それを2回接種する。さらにこのワクチン効果は半数に満たない人々にしか免疫を賦与出来ないとされる。
 一方グラクソ社が開発したワクチンに添加するアジュバントは、ワクチン効果を25倍高めることから、使用抗原量はわずか3.75マイクログラムで済む。
 米国保健福祉省ではグラクソ社のアジュバントを購入し、現在備蓄している300万人分のサノフィ社のワクチンに加えることで、7500万人を対象としたワクチンに変更することを考慮している
Village ways fuel bird flu spread in rural Egypt  Scientific American  (米国) エジプト、田舎で個人的に所有する家きんが感染拡大の原因
 個人的に、ある場合は密かに所有する家きんが、H5N1鳥インフル拡大の原因になっている。死亡したり、発病した家きんが川に投げられりしている現状等について。
Bird flu detected in vaccinated Egypt flocks - source  Malaysia Star, Malaysia  (マレーシア) エジプトのワクチン接種済みの家きんの間で鳥インフルが発生
 エジプトでワクチン接種済みとされる鶏とアヒルからH5N1鳥インフルが発生し、ワクチン接種方法に問題があると推定されている。
 当局によると今年に入ってから12地域で、ワクチン接種済みの家庭や農場の家きんで鳥インフルが発生している。その多くはナイルデルタ地域で発生し、エジプトにおける家きんと人での鳥インフル発生の大多数が同地域に集中している。
 ワクチン接種方法が問題と考えられ、孵化後1日で接種すべきワクチンが、多くの場合日齢5日以降に接種されていることことが主要な原因とも考えられている。
3月13日


Ministers lift bird flu restrictions Norfolk Eastern Daily Press(英) 英国、鳥インフルエンザ対策制限を解除
 鳥インフルエンザ拡大防止のための最後の制限が、昨日解除された。
 深夜0時を過ぎてすぐに、ヘイルズワースに近いホルトンのバーナード・マシュー飼育場から10km半径内の防護地域指定が解除された。これにより飼育業者は鳥を自由に運搬し許可状なしに売買できるようになった。ただし、影響を受けた同地域から制限期間内に出荷された食肉には、今も規制が掛けられている。
 2月初めに発見されたホルトンでの発生以降、英国内のいかなる地域でも新たな鳥インフルエンザの症例は見つかっていない。昨日、飼育業者は解除の知らせを歓迎した。
 バーナード・マシューは、発生以降の売上げ減少の結果として、220名以上の従業員を解雇し、700万ポンド以上を売上げ回復のためのマーケティングと新製品に費やした。
AFGHANISTAN: New bird flu cases confirmed  Reuters AlertNet, UK (英国) アフガニスタン:新規鳥インフル事例が家きんでさらに確認
 先週13羽の鳥でH5N1鳥インフルが確認され、国内で今年に入って確認された数は17羽となった。FAO(国際連合食糧農業機関)が報告した。
Scottsdale Hospitals Plan Flu Pandemic Disaster Drill  KTAR.com, AZ  (米国) アリゾナ州、スコッツデールの病院で、パンデミック・インフルエンザ模擬訓練を計画

 パンデミック・インフルエンザはいまだトップニュース記事とはなっていないが、スコッツデール保健当局ではすでに鳥インフル大発生に備えて、2回目の模擬訓練を予定している。4月25日に数百人の市民が鳥インフル症状を呈したと想定のもとに、危機管理キャンペーンの一環として行われる。

Pandemic flu isn't front page news yet, but Scottsdale Healthcare is already planning its second disaster drill to help prepare for a crisis outbreak of bird flu.

On April 25, hundreds of simulated patients with bird flu symptoms are expected at Scottsdale Healthcare Osborn and Scottsdale Healthcare Shea as part of the second annual Coyote Crisis Campaign.

Both hospitals will simulate triaging flu patients, screening employees and physicians entering the hospitals, and enacting access control points. Hospital visitors that day may also be asked to pass through simulated flu screenings and receive educational material on flu.

Humans will have little or no natural immunity to Avian flu, commonly referred to as H5N1 or bird flu, when it eventually spreads to North America, according to public health experts.

A flu disaster drill held last fall activated emergency operations centers to manage and conduct mass immunizations of hospital employees at Scottsdale Healthcare Osborn and Scottsdale Healthcare Shea.

April's drill is part of the Coyote Crisis Campaign, a regional disaster response exercise testing readiness and collaboration among hospitals, business, academic institutions, military and government, including health agencies at the county, state and federal levels.

"This exercise will help determine how participants would deal with a pandemic flu, and how they would interact with others in the community to help get through such an unprecedented public health emergency," says Nancy Hicks-Arsenault, RN, director of emergency services at Scottsdale Healthcare.

Participants in this year's Coyote event include Scottsdale Healthcare, the Air National Guard, General Dynamics, Luke Air Force Base, the City of Scottsdale, Arizona State University, Maricopa Integrated Health System, Scottsdale Insurance Company, the Arizona Republic, Mayo Clinic, the Arizona Department of Health Services, Maricopa County Department of Emergency Management and Maricopa County Department of Public Health.

The concept of local disaster response planning was successfully tested during the inaugural Coyote Crisis Campaign in April 2006, which simulated a terrorist attack in Scottsdale. The 2007 Coyote Crisis Campaign is planned for the week of April 23-27.

Observers from the military, state and county government, as well as officials from Washington, DC attended the 2006 exercise and noted it set the national benchmark for local disaster response.

Established in 1962 and governed by a local volunteer board of directors, Scottsdale Healthcare is the not-for-profit parent organization of the Scottsdale Healthcare Shea, Scottsdale Healthcare Osborn and Scottsdale Healthcare Thompson Peak hospitals, the Virginia G. Piper Cancer Center, Scottsdale Clinical Research Institute, Scottsdale Healthcare Home Health Services and Scottsdale Healthcare Community Health Services.









Avian Flu Preparedness Plan Nearly Ready KHNL-TV/KHBC/KOGG, HI  (米国、ハワイ) 鳥インフル対策はほぼ完了
 市、郡、州、連邦の各関連機関による行動計画がほぼ完了した。
3月12日

入院の安城市職員、鳥インフルエンザ感染は陰性 YonhapNews World Service  (韓国) 
 鳥インフルエンザに感染した疑いがあるとして入院していた京畿道安城市の市職員は、検査の結果、鳥インフルエンザとはまったく関係がないものと判断された。この職員は高病原性鳥インフルエンザが発生した市内農場で家禽(かきん)類の殺処分を行った後、体調不良を訴えていた。血液と脳脊髄(せきずい)液、呼吸器検体などを採取し精密検査を行った結果、陰性と判明した。
Toyama Chemical Begins US Trials of Bird Flu Drug Reuters.uk, UK (英国) 富山化学、米国で新インフル薬の臨床試験を開始
 富山化学が開発中の新インフルエンザ薬「T-705」が米国で第一相試験が行われる。2009年4月に実用化を目指している(商用販売)。現在使われている抗インフル薬が、ノイラミニダーゼ阻害薬であるのに対して、T-705は細胞内でのウイルス増殖を阻止するウイルスRNAポリメラーゼ阻害薬である。
Bird flu kills Indonesian woman, raises country's death toll to 65 Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア女性、鳥インフルで死亡、同国65人目の死者に
 12日、20歳女性が鳥インフルで死亡したと、保健当局が発表し、インドネシアで65人目の死者となった。
 女性は東ジャワの病院で5日間の治療を受けていたが死亡したことが、保健省の動物媒介感染症担当責任者から発表された。
Bird flu strikes in Indonesia  Geelong Advertiser(豪) 鳥インフルエンザがインドネシアを直撃 
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ感染で、本日20歳のインドネシア人女性が重態に陥ったと、保健省筋が語った。
 この重態患者は昨日鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していることが確認されたと、同省の動物媒介疾病責任者のエマ・トレスナニングシ氏は述べた。
 この女性は東ジャワ州の病院で治療を受けている。
 トレスナニングシ氏は先にこの女性は死亡したとしていたが、病院からの誤報による間違いだったとしている。
 世界保健機関によれば、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株により2003年末以降でアジア中で百万羽単位の鳥が殺処分されている。また世界中で少なくとも168名が死亡しており、その内の三分の一以上はインドネシアで発生している。
 これまでで死亡した者の大部分は鳥インフルエンザに感染した家飼いの家禽と接触しており、このウイルスは今のところはヒトへは感染しにくいままである。
しかし専門家が恐れている事は、このウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異しうるということで、そうなれば百万人単位の死亡者を出しうる世界的パンデミックを引き起こしかねないのである。
Egyptian boy tests positive for bird flu  Sydney Morning Herald, Australia  (オーストラリア) エジプトの男児、鳥インフル検査で陽性に
 4歳の少年が致死的鳥インフルウイルスに感染して、同国で243番目の感染者となった。保健省とWHOが発表した。
 少年の状態は良いと言われる。
 WHOの地域アドバイザーによると、少年は7日に発病し、高熱のために翌日には入院し、そしてタミフル治療を受けている。
 エジプトでは24人の感染者が報告され、そのういち13人が死亡している。
 エジプトの当局者によると、高死亡率は、発病後速やかに病院を受診しないこと、発病しても鳥インフルを疑わないこと、または報告することにより当局から家きんが没収されることを恐れていることが理由とされる。
Health Minister claims NZ in good shape to fight bird flu pandemic  Radio New Zealand, New Zealand (ニュージーランド) 保健省大臣、ニュージーランドはパンデミック・インフルエンザ対策は十分講じられている

 ニュージーランド政府は、タミフルの規定の量が確保されたことにより、パンデミック・インフルエンザ発生に対する準備は出来たと発表した。
 保健大臣のPete Hodgson氏は、ニュージーランド人口の30%に相当する120万人分のタミフルが備蓄され、パンデミック対策は世界の中でもより進んで講じられていると語った。
 備蓄用タミフルは、火事や自然災害により紛失されることを避けるために、安全な保管場所4ヶ所に分けて保存される。
 Hodgson氏は、政府はまたマスクや注射用抗生物質の備蓄、さらに連携訓練等も計画していると語った。

Burma Reports Bird Flu Outbreaks in Two Towns  Voice of America  (米国) ビルマ、2ヶ所の町での鳥インフル発生を報告
 ビルマの町二ヶ所でH5N1鳥インフルが専門家により確認されたことが、ビルマ国営通信から発表された。
 New Light of Myanmarは、先月末にMayangonとHlinethayaの町の農場で、ウイルスが検出されたと報道した。報道によると、FAO(国際連合食糧農業機関)からの専門家により、ウイルスは先週確認されたとされる。
 二ヶ所の農場は閉鎖され、消毒剤がスプレーされた。
 また今月初めにビルマ政府は、ラングーン郊外で家きんの間で鳥インフルの発生を確認している。
3月11日

Egypt reports 24th human bird flu case People's Daily Online, China  (中国) エジプト、24人目の鳥フル感染事例を報告
 情報源:新華社

 エジプト保健省は10日、4歳男児が同国で24人目の鳥インフル感染者となったことを確認した。
 同省によると、患者はカイロの北方90キロにあるDakahlia県に住んでいて、8日にMansoura胸部疾患病院に高熱と鼻水のために入院した。
 男児の血液検体は、鳥インフルエンザのH5N1ウイルスに対して陽性であった。男児の家族は医学的監視下にある。
 エジプトでは、H5N1ウイルスが2006年2月17日に、初めて死んだ家きんで確認されている。それ以来国内26県のうち20県にウイルスが広がった。
 同国で初の人の感染者は2006年3月18日であるが、それ以来23人の感染者が報告され、そのうち13人が死亡している。
Four-year old marks 24th human bird flu case in Egypt Kuwait News Agency, Kuwait (KUNA、クエート) エジプトで4歳男児が24人目の感染者に
 10日、エジプト保健省が同国24人目となる鳥インフル感染者が確認されたことを発表した。
 カイロの北方のal-Daqhalia県に住む4歳の男児で、高熱で入院し、検査の結果鳥インフルウイルスが陽性であった。
 エジプトでは2006年2月にこの強毒性ウイルスが侵入して以来、23人が感染して13人が死亡、そして、家きん産業界が大きなダメージを受けている。
Kuwait tests 308 human samples for bird flu Kuwait News Agency, Kuwait (KUNA、クエート) クエート、308人の鳥インフル検査を施行

 10日、308人の関係者から鳥インフル検査のための検体が採取されたことを、クエート鳥インフル対策委員会が発表した。
 308人からの検体のうち、鳥と接触した280人での検査結果が同日発表され、全て陰性とされた。
 また10日には新規鳥インフル発生は報告されていないことも、農業省から追加発表された。
 対策委員会では、鷹狩りハンター達に今シーズンは、狩猟を禁止するよう求めた。理由はウイルスを運んできている可能性のある野鳥との接触を避けるためである。
  

Bird flu tests negative in Kuwait United Press International  (国際) クエート、感染可能者の鳥インフル検査は全て陰性と
 
Bird flu tests negative in Kuwait
KUWAIT CITY, March 10 (UPI) -- Tests for avian influenza on more than 300 people in Kuwait have so far come back negative.

Officials told the KUNA news agency Saturday that the results of 280 of the 308 samples taken were back and had proven negative. At the same time, no new cases of bird flu had been reported.

Kuwaiti officials had fanned out across the emirate after the bird flu cropped up to conduct testing and disinfect farm areas in Wafra, Al-Abdali, Al-Sulaibia and Kabad.

As a precaution, KUNA said, hawk hunters were asked to stay out of the field for a while since migratory birds are believed to be carriers of the potentially disastrous avian virus.

 クエート政府はKUNA報道を通じて、10日、鳥インフル発生周辺の関係者の検体308のうち280検体が陰性だったと発表した。さらに新規鳥インフルが鳥の間では検出されていないともコメントした。

 さらにKUNAは鷹狩りハンター達に、しばらくの間、当該地域内で行わないように求めた。理由は鳥インフルウイルスが渡り鳥でもたらされていると、考えられているからである。
 

3月10日


農家ら鳥インフル防疫事例に学ぶ 亀岡で対策会議 京都新聞 
 今冬の宮崎、岡山両県での高病原性鳥インフルエンザ防疫事例に学ぼうと、府内の養鶏農家と関係行政機関による「鳥インフルエンザ対策会議」が9日、京都府亀岡市余部町のガレリアかめおかで開かれた。毒性の強い「青海湖型」といわれる今回のウイルスの特徴や感染ルートの説明を受け、農家たちが日ごろの防疫対策の重要性をあらためて確認した。
 府が主催し、120人が参加した。京都産業大鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一教授が講演し、「今回のウイルスは3年前に旧丹波町にもたらされたウイルスより、病原性も感染力も一層強い」と指摘。2005年に中国・青海湖で最初に確認された際には6000羽の渡り鳥を死なせ、その後中東や欧州に広がり、人への感染例も出ていることを説明した。
 それだけに今回、国内で迅速な防疫措置がとられたことを評価したうえで、「感染ルートと考えられる渡り鳥やネズミの侵入を日ごろから防ぐことが最も大切。特にネズミ対策は難しいが、通り道に(消毒用の)消石灰をまくなど、出来る限りの感染防止策をとるべきだ」と強調した。 参加した養鶏農家たちの関心は高く、行政に対し「万一に備えて感染鶏を焼却する炉を事前に確保してほしい」と強く要望する声もあがった。
Laos fears bird flu spreading south from capital  Reuters AlertNet, UK (英国) ラオス、首都近郊から南部全体へ鳥インフルが拡大
 H5N1鳥インフルは、首都ビエンチャン周辺から南部に広がっている。陸地に閉ざされた貧しい地域である。

Training on detection and containment of bird flu  Hindu, India  鳥インフル検出と封じ込めのための講習会が開催
 鳥インフル発生を人や他の家きんに感染する前に検出して、ウイルスを封じ込めるための講習会が、インドや他の東南アジアの保健医療と獣医関係者を対象に、ニューデリーで9日から開かれた。
 講習会は、5日間に亘るインドと米国の「鳥インフルエンザ対策」をテーマにしたワークショップの一環である。 
BioCryst has another new partner for flu drug  Birmingham News, AL バイオクリスト社、ペラミビルの経口薬を他社と協同して開発へ
 ワシントンに本社を置く、徐放剤(服用後時間をかけてゆっくりと吸収される薬剤)製造専門企業である SCOLR Pharma社が、バーミンガムのバイオクリスト社と提携して、新インフルエンザ薬のペラミビルの経口薬の開発に着手する予定であることを発表した。
 バイオクリスト社のペラミビルは、その注射製剤で、現在第二相臨床試験中にある。最近同社は連邦政府から、早期のペラミビル臨床使用のために、4年間に亘る1億206万ドルの開発補助費が提供された。
 SCOLR社は、徐放剤のためのカプセルと錠剤製造技術のパテントを保有している。
 ペラミビルの経口薬が開発されたら、抗インフルエンザ薬として強力な武器が増えることになる。
3月9日

ラオス人の少女、鳥インフルエンザで死亡 newsclip.be (日本)
 ラオスで高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染したラオス人の少女(15)が7日、タイ東北部ノンカイの病院で死亡した。ラオスで鳥インフルエンザウイルスの人間への感染が確認されたのは今回が初めて。
 少女はビエンチャン近郊在住で、2月10日にインフルエンザに似た症状を示し、同17日からノンカイの病院で治療を受けていた。
 鳥インフルエンザは今年に入り、タイ、ベトナム、ミャンマーなどで発生している。
Laos Confirms First Bird Flu Death E Canada Now, Canada  (カナダ) ラオス、初の鳥インフル死者を確認
 8日、ラオスはH5N1鳥インフルによる、初の人の死者を確認した。
 先に42歳女性が鳥インフル疑いで死亡しているが、検査結果はまだ出ていない。しかしながら、H5N1鳥インフルによる死亡と推定されている。
 他報道で既報済み。

Bird Flu Found Again in Poultry in Afghanistan Voice of America  (米国) 鳥インフル、アフガニスタンでの家きんで再び発生
 FAOが発表。強毒性H5N1ウイルスがいくつかの地域からの家きんサンプルで確認された。発生地は隔離され、家きんの殺処分が行われる。
S.Korea confirms new bird flu outbreak  United Press International  (国際) 韓国で新規鳥インフルが発生
Bird flu confirmed in 6 more areas of Afghanistan  Jerusalem Post, Israel (イスラエル) 鳥インフル、アフガニスタン6地域でさらに発生
 アフガニスタンの首都カブールを含む6地域でH5N1鳥インフルの発生が、FAOにより確認された。全て家庭で飼育されている家きんである。
3月8日


新型インフルエンザ対策を強化 公明新聞
 政府は6日の閣議で、発生の危険性が高まっている新型インフルエンザ対策をさらに強化するため、緊急措置として、新たに(1)予防投与を行うためのタミフルの備蓄(68億円)(2)空港での感染防止対策(1.5億円)(3)ウイルスの変異に対応し、1000万人分のワクチン製造の基盤整備(3億円)――に必要な財源約73億円を、2006年度一般会計予算の予備費で対応することを決定した。
 …
 全文

韓国で7件目の鳥インフルエンザ発生 読売新聞
 韓国農林省は8日、中西部の忠清南道天安市のアヒル飼育場で毒性の強い鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
韓国では昨年11月以降、各地で鳥インフルエンザが流行しており、今回で7件目。
 同省によると、今月6日から突然、産卵率が低下したことを不審に思った飼育場が韓国政府に申告、精密検査を行った結果、感染が確認された。
鳥インフル感染の疑い 韓国、作業の市職員 京都新聞
 韓国の聯合ニュースは8日、2月に高病原性鳥インフルエンザの発生が確認された京畿道安城市で、鶏など家禽類の処分作業に従事した同市の男性職員(38)が鳥インフルエンザの感染が疑われる症状で入院したと報じた。
 安城市では2月10日までに発生が確認され、同月13日までに家禽約21万羽などを処分、この作業に約300人が投入された。 また聯合ニュースは8日、同国中部の忠清南道天安市のアヒル農場で、鳥インフルエンザの感染が確認されたと報じた。6日からアヒルが死ぬなど異常が起き始め防疫当局が調べていた。
Fresh bird flu case confirmed in S. Korea The Hankyoreh, South Korea (韓国) 韓国で新規鳥インフルが発生
 ソウルの南の農場で強毒性の鳥インフルの発生が8日確認されたことが、政府当局者から発表された。約1ヶ月ぶりの鳥インフル発生となった。
 先の発生は2月10日に京畿道安城市で起きた。
 今回の発生は昨年11月25日以来7件目の事例となる。
 当局では今回の新規事例の調査を7日開始した。農夫の報告によると、30羽のアヒルが原因不明で死亡した。当局者によると13000羽が殺処分される予定となっている。
 検疫局では発生農場の3キロ以内を立ち入り禁止として、そこで飼育される55000羽の鶏とアヒルを殺処分する予定と発表した。
 2003年と2004年に韓国では500万羽以上の家きんが殺処分されている。人での感染は起きていない。

In 2003 and 2004, South Korea destroyed more than 5 million poultry to curb the spread of the disease. No South Korean has yet to be infected.


Laos teenager dies from bird flu BBC News, UK ラオスのティーンエイジャー、鳥インフルで死亡
 ラオスの保健省は、首都ビエンチャン近くに住んでいた15歳少女が、H5N1鳥インフルで死亡したことを発表した。少女はタイの病院で治療を受けていた。
 やはりビエンチャン近くに住んでいた42歳女性が、2,3日前に鳥インフル疑いで死亡しているが、H5N1ウイルス感染の有無が確認されていない。
Human Bird Flu Case Suspected Korea Times, South Korea (韓国) 韓国、人鳥インフル感染疑い発生
 先月13日から安城市で行われた家きんの殺処分に従事した38歳男性職員が、鳥インフル疑いで隔離され検査中と発表された。
 もし男性が検査で陽性と確認されたなら、韓国で2例目の感染者となる。
 2003年には家きん殺処分に従事した作業員4人が症状は出さなかったが、検査でH5N1ウイルス感染が確認されている。
 If the man tests positive, it would be the country’s second case of a human being infected with the disease.
 Four quarantine workers were treated for infection in 2003 after participating in a culling operation in South Chungchong Province during a bird flu outbreak at chicken farms there. Although they tested positive, the four men did not show any flu-like symptoms.

 先月安城市で殺処分に従事した職員304人全員の血液検査を、韓国CDC(KCDC)が行っていると発表されている。
South Korea reports fresh bird flu outbreak in poultry  International Herald Tribune(フランス) 韓国で新たに鳥インフルエンザが発生
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 韓国中央部のアヒル飼育場で鳥インフルエンザが発生したと、当局筋が木曜日に語った。ただしヒトに高毒性を示すH5N1ウイルス株であるか否かは今のところ不明である。
 この発生の場所はソウルの南92km(57マイル)にある天安だと、市当局筋はしている。事案が最初に報告されたのは火曜日でその時に31羽のアヒルが死亡し、木曜日に確認されたたと当局筋はしている。この当局筋の人間は報道機関に発表する権限を持っていないために、氏名を明かすことを拒んでいる。
 これは11月以来7回目の鳥インフルエンザ発生の報告で、過去6件の発生はH5N1ウイルス株であると確認されている。
鳥インフルが人に感染か、安城市で市職員が入院  YONHAP NEWS (韓国)
 高病原性の鳥インフルエンザが発生した京畿道安城の養鶏農場で殺処分作業に動員された市職員1人が、せきをともなう腰の痛みを訴え保健当局が精密検査を行っている。
 安城市が8日に明らかにしたところによると、一竹面長岩里で発生した鳥インフルエンザのため、先月13日から4日間にわたり市職員300人を動員し、鳥インフルエンザの発生が確認された養鶏場から半径3キロメートル以内で飼育されている家禽(かきん)類の殺処分を行った。この過程で発生源の養鶏場での作業を担当した38歳の職員が今月5日からせきを伴う腰の痛みを訴え、天安市の病院に入院している。

 防疫当局は、38度以上の急な発熱と、せき、のどなど呼吸器系の症状がある患者を鳥インフルエンザの疑い例として分類している。職員が入院している病院によると、脳髄膜炎の症状があり、脊髄(せきずい)を採取して精密検査を行っており、現段階では鳥インフルエンザとの関連ははっきりしていないとしている。
Inhaler to deliver powerful anti-flu drugs DrugResearcher.com, (フランス) 強力抗インフルエンザ薬の吸入器(インヘラー)が開発
 日本の三共製薬とオーストラリアのバイオタ・ホルディングス(Biota Holdings)は、乾燥粉末吸入器技術のライセンス契約をHovione社と締結し、2社が開発中の長期間作用型ノイラミニダーゼ阻害薬(LANI)に適用すると発表。

Hovione社の開発したツインキャップ・インヘラー:2回分の吸入粉末が格納。使い捨てで使用される。

 LANIは、他の薬剤と異なり、1週間に1回使用することで数日間は体内で有効で、タミフルのように毎日2回服用する必要はない。
 タミフル製造量の限界からくる、世界の抗インフルエンザ薬備蓄問題等が解決されることが期待されている。
Bird Flu Outbreak Occurs In Tibet Poultry Market  E Canada Now, Canada (カナダ) チベットの家きん市場で鳥インフルが発生
 昨日ニュージーランドの報道で紹介済み

New Bird Flu Vaccine May Treat Many H5N1 Strains Toronto Daily News, Canada (カナダ) 新鳥インフルワクチン、多くのH5N1ウイルス株に有効の可能性
 英国グラクソスミスクライン社(GSK社)開発ワクチンが、各種H5N1ウイルス亜型株に有効との研究発表に関して。
 5日に既報済み。 
鳥インフルエンザ アジアで再び猛威 ラオスで初の死者/ベトナムでも家きんに感染  北海道新聞 
 アジアで鳥インフルエンザが再び拡大の兆しを見せている。四日にはラオスで初の感染死者が出たほか、一度は鳥インフルエンザを撲滅したベトナムでも南部で家きんへの感染が確認された。国をまたいで感染が広がる状況に、専門家も警戒を強めている。
 ラオスでは二月末、首都ビエンチャンで鳥インフルエンザウイルスに感染した患者が複数確認され、今月四日に四十二歳の女性が死亡した。同国初の死者で、ラオス政府は近隣諸国などに感染予防のための資金援助を要請している。
 二月中旬に鳥インフルエンザの「制圧宣言」を出していたベトナムでも同下旬、南部の農場でアヒルへの感染を確認。さらに今月六日には首都ハノイ郊外で鶏への感染が報告された。アジアで最も被害の大きいインドネシアでは二月半ばに六十四人目の犠牲者が出るなど感染拡大が続いている。
 最近はミャンマーやパキスタン、アフガニスタン、香港など広い範囲にわたり、鳥へのウイルス感染が報告されており、これを受けてマレーシア政府などが国内農家に高いレベルでの警戒を促している。世界保健機関(WHO)の担当者は「ウイルスの動きは極めて活発になっている」として、特にラオスやミャンマーなど感染予防体制の整備が遅れた途上国の動向を注視している。
3月7日


Officials: Bird flu strikes Hanoi CNN  (国際) ベトナムのハノイの農場でも鳥インフル発生
 ベトナムの首都ハノイの2養鶏場でH5N1鳥インフルが発生したことを7日、動物保健局担当者が発表した。
 最近2、3週、ベトナム国内で鳥インフル発生が報告されてきていた。
 ベトナムではこの1月に、メコンデルタ地域の8省で鳥インフルが再興するまで、1年近く発生の報告がなかった。
Authorities deny claim on disease  People's Daily Online(中国) 鳥インフルエンザに関する主張を中国当局は否定
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 広東省の農業・衛生当局は昨日、中国南部の同省が危険なH5N1鳥インフルエンザウイルスの発生源であるという外国人研究者の主張を否定した。

 「広東省が地域的および国際的に拡大している複数の鳥インフルエンザ・ウイルス株の発生源であるという研究結果は、証拠に照らし合わせると間違った結論であり信頼性に欠けます」と、広東省農業部スポークスマンであるHe Xia氏は中国日報に語った。
 広東省で鳥インフルエンザが生み出されているという主張はカリフォルニア大アーバイン校の研究チームによるもので、米誌である国立科学アカデミー会報に掲載されている。
 研究内容は中国全土とロシアから採取されたウイルス標本を基にしており、広東省でみられる形態が鳥インフルエンザ・ウイルスの原初的なものと思われるとしている。
 また中国北西部の青海省が、もう一つの鳥インフルエンザの発生源であるらしいともしている。
 この最新の研究結果は外国と中国の合同チームが実施し昨年2月に同会報に掲載された別の研究に続くものである。
 昨年の研究成果でも国全体に広がる鳥インフルエンザは、1996年に広東省から始まったとしている。
 「実際のところ広東省では1996年に鳥インフルエンザの症例は目撃されていません。結果として、あの研究結果は事実に基づいていなかったのです」と、同氏は語っている。
 広東省衛生部スポークスマンのYu Dewen氏は、今のところいかなる公式の研究でも、広東省が鳥インフルエンザの源であるとされていないと付け加えている。

今も重態の農民

 一方、中国東部・福建省のJian'ouに住む農民は先月末に鳥インフルエンザに感染し、昨日時点では重態である。
 Liさんという44歳女性は、Jian'ou市立病院で治療を受けている。同病院では医療専門家が彼女を救うために全力を尽くしていると、福建省東北部で郡レベルの市であるJian'ou市市長のYu Jian氏は語っている。
Yu氏はJian'ouで月曜に開催されたフォーラムに出席した国際機関からの専門委員団に演説した。
 専門委員団のメンバーには、世界保健機関(WHO)・在中国代表のChin-Kei Lee氏やWHO在中国代表への調整官であるXu Zhen氏、国連食糧農業機関の在中国代表のGuo Fusheng氏が含まれている。
 他の進展としては、中国南西部のチベット自治区首都のラサの市場の家禽が鳥インフルエンザに感染していることが判明したと農業部が昨日発表した。
 この鳥は3月1日に市場で死亡し、国立鳥インフルエンザ照会検査所によるH5ウイルス検査で陽性と判明したと、農業部の情報事務所が伝えている。

Victorian scientists exposed to bird flu Bay Post/Moruya Examiner, Australia (オーストラリア) ビクトリア州の研究施設で研究者3人がH5N1鳥インフルウイルスに暴露
 ビクトリア州の研究施設で、H5N1ウイルスに3人の研究者が5日暴露された。3人はタミフルを服用し、検査が行われているが、現在のところ健康状態に異常はない。
GSK: Bird flu vaccine could protect against multiple strains  Charlotte Business Journal, NC (米国) グラクソスミスクライン社:(人用)鳥インフルエンザワクチンは、多くの株に有効
 同社の作成したワクチンがベトナム株にもインドネシア株にも有効であることから、前パンデミックワクチンが、交差免疫効果を保有することを確認し、前パンデミックワクチンの備蓄、さらにパンデミック前に接種(prime)して、パンデミック時に、新規に作成されたパンデミックワクチン接種で再賦活(boost)出来る可能性を示唆。
 *5日に関連情報掲載済み
Guangdong named as source of H5N1  The Standard, Hong Kong  (香港) 広東省の別名はH5N1発生源
 広東省は鳥インフルウイルスの発生地であると、遺伝子分析による研究結果が5日科学雑誌に発表された。
 さらに広東省から新規H5N1ウイルスが広がり、数億羽に上る鳥を殺したり、殺処分される結果を招いている。カリフォルニア大学アーバイン校の研究チームが論文発表した。
 ”広東省が多くの種類のH5N1ウイルス株の発生地で、そこから地域、さらに世界規模でウイルス拡大が起きている”、と著者等は、米国の高名な科学誌である”Proceedings of the National Academy of Sciences(国立科学アカデミー紀要)”)、に掲載された論文で語っている。
 詳細は昨日のABCニュースで既報。
China reports bird flu deaths in Tibet poultry  Stuff.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) チベットの家きん、鳥インフルで大量死
 中国家畜衛生部主任担当官のJia Youlingは、0IE(国際獣疫事務局)に国内の家きんが、濃厚接触により人へも致死的感染を生じるH5N1鳥インフルで死亡したことを、本日報告した。

 報告によるとチベットの首都ラサ近くのチェングアン(Chengguan)村で680羽の家きんが死亡し、さらに7000羽の家きんが殺処分された。
 国営通信の新華社によると家きんは3月1日に死亡したが、正確な家きんの種類については報じていない。さらに同通信は政府により市場は閉鎖され、周辺の野鳥の状態が調査されている。

 ”専門家達はウイルスは東アフリカから渡り鳥によって西アジアへ運ばれてきたと考えている。西アジアのこれら地域の家きんでは、これまで鳥インフルの発生は認められていなかった”、と同通信は専門家の意見を引用している。
 "Specialists believe the virus was introduced by wild birds migrating from east Africa to west Asia as no outbreaks of the disease had been reported in the source areas of the poultry," Xinhua said.
 Jia氏はさらに、チベットの3ヶ所で野鳥の間でH5N1鳥インフルの発生が認められていると報告している。1ヶ所はラサ周辺で28羽の渡り鳥が死亡し、他の2ヶ所では2579羽と57羽の野鳥が死亡した。
 死亡した野鳥は雁(bar-headed geese)、カラス、タカとOIEでは伝えている。
 またチベット隣接の青海省の2ヶ所でも984羽の野鳥が鳥フルで死亡していることも、Jia氏は伝えている。

 科学者達の中には、中国における多くの鳥インフル発生は、人での感染が見つかり、保健当局者がウイルスの存在に気づくまで、報告されないで見過ごされていると考えている人達もいる。
 中国南東部の福建省で、女性がH5N1鳥インフルに感染したことを先週、中国政府は発表した。七週ぶりの人での発生である。WHO当局者は調査に現地に入っている。
 中国農業省の調査によると、発病した女性の村の家きんでは、H5N1ウイルス感染の痕跡すら見つからなかったとされる。
 中国ではこの2,3ヶ月に国内の数十億羽の家きんにワクチン接種を行う予定になっている。春にはウイルスが最も活発化して感染力を増すためであると、国営通信では5日報じている。
3月6日

塩野義、米社から抗インフルエンザ薬を導入 日本経済新聞 
 塩野義製薬は6日、米製薬会社のバイオクリスト(アラバマ州)から、抗インフルエンザウイルス注射剤「ペラミビル」の国内での独占的開発販売権を取得したと発表した。中外製薬が販売する「タミフル」と同じノイラミニダーゼ阻害剤と呼ばれ、細胞内で増殖したウイルスが外に出るのを阻止する。A、B型のほか、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)のウイルスにも活性を示すという。
 早期に臨床試験を開始する。塩野義は対価として一時金1400万ドルと開発の進ちょくに応じて2100万ドル、販売額に応じた特許料をそれぞれバイオクリストに支払う。バイオクリストは同剤を米国などで開発中で、米国保健社会福祉省が1億260万ドルの助成を決定している。

 *ペラミビルに関する海外情報集

Egyptian girl recovers from bird flu People's Daily Online(中国) エジプト人少女、鳥インフルエンザから回復
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 数日前にH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに感染した4歳のエジプト人少女が、適切な治療を受け月曜日に回復したと、衛生筋は語った。
 公営MENA通信社は、カイロの90キロ北のダカリーヤ州に住むサラ・ボーハンはタミフル錠剤を服用し退院したという現地の病院院長であるユースリ・ラガブ氏の発言を伝えた。
 家飼いの感染した家禽と接触した後に高熱を発して、ボーハンはマンソーラのチェスト病院に2月26日に入院したと、ラガブ氏は述べる。
 ボーハンは、2006年2月17日にエジプトで初めてH5N1ウイルスが死んだ家禽から検出されて以来、23人目のヒトへの鳥インフルエンザの症例である。初の検出以降で同国の26州のうち、20週にこのウイルスは拡散している。
 エジプトが初のヒトの鳥インフルエンザ症例を報告したのは2006年3月18日である。23例のヒトの鳥インフルエンザの症例のうち、13名が死亡し10名が回復している。
China is source of bird flu virus, study shows ABC News  (米国) 中国は鳥インフルウイルスの発生源:研究報告
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 月曜日に発表されたウイルスの遺伝子分析によれば、中国南部の広東省が高毒性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスの源であるという。
また広東省は新規に波及しているH5N1ウイルス株の源でもあるらしい。この株によって数億羽の鳥が死亡または殺処分を余儀なくされていると、カリフォルニア大アーバイン校のチームが報告している。
 「中国の広東省が、地域的及び国際的な規模で拡散している複数のH5N1ウイルス株の源であると判明しました」と、国立科学アカデミー会報に掲載された報告書の中で研究者は述べている。
 「(H5N1ウイルス株は)恐らく今も新たに発生し拡散しています」この研究に携わった、生態学・進化生物学教授のウォルターフィッチ氏は電話インタビューで述べてくれた。
「源でウイルスを抑えることが出来れば、より効果的に抑止できるでしょう」と、フィッチ氏は述べている。
 「ウイルス株がどこで拡散したのかというロードマップがあれば、ワクチン製造のために使用しなければならないウイルス株を切り分けやすくなります」
2003年以来、H5N1は中国からナイジェリアや英国にまで及ぶ50カ国以上に広がった。真の脅威は、ウイルスがヒト-ヒト間で容易に感染する形態に変異しパンデミックを引き起こすことである。
 世界保健機関によれば、今のところ277名のヒトに感染し、その内167名が死亡している。
研究者は中国全土と西はロシアにまでいたる地点で採取されたウイルス標本を観察している。また研究者は、一般公開されている遺伝子情報データベースである遺伝子バンクに収められたウイルスの遺伝子配列も観察している。
 フィッチ氏のチームは、急速に変異する鳥インフルエンザウイルスの「系統樹」を構築した。そして血球凝集素とノイラミニダーゼと呼ばれる二つのたんぱく質に注目した。これはインフルエンザ・ウイルスの株の名前で「H」と「N」といわれる部分である。

同時多発流行

 研究によれば、鳥インフルエンザ・ウイルスの基礎的なものは広東省で何度も見かけられた形態だ。
 「中国内部や他の場所が同時多発流行の元になっているように思われます。これが第一発生源ですね。さして第二発生源もあるわけで、そこが発火源になるのです」と、研究指導をした博士課程修了研究者であるロバート・ウォーラス氏は言う。
 研究者が作成したマップによれば、中国北西部の青海省がもう一つの鳥インフルエンザ拡大の源になっている。
この研究は現実的な意義があると、ウォーラス氏は電話インタビューで述べている。例えば、隣国は中国南部からの輸入品の監視に注意を払えばいいし、中国のH5N1株にあった鳥用ワクチンを製造すればいい。
 「確かに中国は広東省で発生している事柄を調査すればよく、そこでの(家禽)飼育場がこうしたウイルス株を発生させているなら、何らかの介入が可能なわけです」とウォーラス氏は付け加えた。
 中国とは対照的に、研究者はインドシナ地域-タイ、カンボジア、ベトナム-はこうしたウイルス株を取り込む側であると思われるとしている。研究者によれば、H5N1ウイルスは
こうした地域で拡大するが、これら地域から他の場所へ拡大することはないとしている。
フィッチ・ウォーラスの両氏とも、この研究で各国とも自国内のウイルス標本を科学界と共有することが重要だとわかるとしている。
Vaccine May Treat Many Bird Flu Strains Town Hall, DC  ワクチンは多くの鳥インフル株に有効の可能性
 米国内および世界的ニュース

 特定のH5N1ウイルスに対して作成された、パンデミック・インフルエンザ用ワクチンが、他のH5N1ウイルス亜型株にも有効である可能性が5日、製造元のワクチンメーカーから発表された。
 グラクソスミスクライン(GSK)社は、同社の前パンデミックワクチンはベトナム由来のウイルス株で作成されているにも関わらず、インドネシア由来株にも反応することが、最新の研究で明らかになったと発表した。ワクチンはGSK社が特許をもつアジュバント(ワクチンに混合する免疫反応全体を賦活する物質)が加えられている。結果によると、アジュバントはワクチンの効力を10倍高め、その結果使用抗原量が少なくても済み、世界に対する供給量を増すことが可能となる。
 GSK社の研究の一つによると、ワクチン接種400人を対象にして産生された抗体量を調べたところ、ワクチン作成用に用いたベトナムウイルス株に加え、インドネシアで流行のウイルス株に対しても抗体は十分反応したとされる。
 極めて期待される結果であるが、このような事実(交差予防:cross-protection)は初めてのことではない。ノバルティスSA社やサノフィ・アベンティス社でも、類似の臨床試験結果を得ていて、ベトナム株で作成したワクチン接種ボランティアに産生される抗体は、ベトナム株だけでなく、インドネシア株に対しても作用することが確かめられている。さらに十数社のメーカーが世界中でパンデミック・インフルエンザワクチンの作成に取り組んでいる。
 ”これらの結果は良いニュースではある。しかし我々はいまだ初期の段階にある。どのワクチンがより優れたものか、実際には分かっていない”、と英国のWHO協力研究機関の責任者であるアラン・ヘイ博士が語っている。まだ多くの不明な問題が解決されていないと言う。たとえば実際に産生される抗体量がどの程度であれば、感染を予防できるのか等。
 しかしワクチンが広くウイルスに作用出来るならば、ワクチン備蓄は十分意味を持つことになる。なぜならば次期にどのウイルス株がパンデミックを起こすか分からないからだ。専門家達はH5N1ウイルスが最もパンデミックを生じるウイルスに変異しやすいと考えている。しかし他の株にもその可能性があることは否定できない。とは言っても今日までH5N1ウイルスは少なくとも167人を世界中で殺している。
 もしワクチンが異なったH5N1ウイルス株にも作用するならば、人々は当該ワクチンを先に接種しておき、その後世界的にパンデミックが起きたときに、その原因ウイルスで作成したワクチンを接種して、免疫をブーストすることが可能となる(再度ワクチンを投与して、弱まっている抗体産生能力を再び高める効果:訳者)。昨年行われた研究で、1997年に香港で発生したH5N1鳥インフル株で作成したワクチン接種を受けた人々は、7年後に再度ベトナム株で作成されたワクチンを接種されたところ、強い免疫反応を起こし、”prime and boost”を十分認めた。
 *訳者注:先にワクチンを何等投与していない人に比べ、抗体産生量が有意に多かった。または先にワクチンをしていた人々では、2度目のワクチンが、作成株が前回と異なっていても、十分免疫反応を起こした。
 この”prime and boost”は理論的には、医師、ナース、さらに他の最前線で働く人々の命を救う可能性がある。
 しかしこれらの話はいまだ仮説的であると、WHOのワクチン研究企画部の責任者であるMPキニー博士は慎重な言い方をしている。
 

GSK: Bird flu vaccine could protect against multiple strains Bizjournals.com, NC (米国) グラクソ・スミスクライン社:(人用)鳥インフルワクチンは多くのH5N1亜型株に有効の可能性)cross-immune response
 グラクソスミスクライン社(GSK)は5日、同社の製造している鳥インフルワクチンが、他のH5N1ウイルス亜型株の治療にも有効であることが示されたと発表した。
 ロンドンに基盤を置く同社は、2種類の臨床試験を行い、同社作成のH5N1鳥フルに対する前パンデミックワクチンが他のH5N1亜型株にも有効であることを示したと発表した。
 ”このワクチンで引き起こした免疫反応が、その後H5N1ウイルスの他の株で引き起こされる感染に対しても速やかに免疫反応を起こす(ブースター効果)ことが確かめられた”、と同社は発表でそのように語り、”それ故、H5N1ウイルスによるパンデミック発生時には、ワクチン接種者は保護される”、と結論づけている。
 GSK社は1月に米国保健福祉省と6330万ドル(約65億円)でH5N1ウイルスワクチンの開発契約を行っている。
3月5日

GlaxoSmithKline's pre-pandemic flu vaccine demonstrates wider ... Forbes, NY (米国) グラクソ社の前パンデミックインフルエンザワクチン、H5N1ウイルスに広く反応の可能性
 ベトナム株で作成されたグラクソ社の鳥インフルワクチンは、インドネシア株にも十分反応することが、人と動物での実験で確認された。*strong cross-immune response
Bird flu seats near Moscow eliminated - Onishchenko Interfax-Religion, Russia (ロシア) モスクワ周辺の鳥インフル発生は沈静化
 モスクワ近郊で発生していたH5N1鳥インフルは沈静化し、新たな発生報告はなく、また人での感染者の報告もないと、主任医療保健調整官のオニシチェンコ医師が語った。
Bird flu experts urge halt to wild bird trade  Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥インフル専門家、野鳥売買の禁止強化を訴える
 米国聖ユダ小児研究病院の世界的ウイルス学者のウエブスター教授が、香港でH5N1ウイルスに感染した野鳥が見つかってきていることから、感染した野鳥が宗教儀式等の目的で売買されている可能性を指摘し、野鳥の売買の禁止強化を訴えている。
 他にアヒル等が感染しても発病せずウイルス保有動物となり、年中ウイルスを保有し、他動物へ感染拡大している可能性も指摘(トロイの木馬と表現)。世界中で発病していない鳥(家きんや野鳥:訳者)に関する監視態勢が強化されるならば、多くの問題が解決されるだろうとも語っている。
 *全訳する時間がありませんが、読める方は原文を参照のこと。
Woman dies from bird flu in Laos BBC News, UK (英国) ラオスで女性が鳥インフルで死亡

 42才女性がラオスで初の鳥インフルによる死者となったことが、ラオス政府から発表された。

 当局によると、女性がH5N1ウイルスに感染していたかどうかの確認検査結果を待っているとされる。
 女性は首都ビエンチャン近くに住んでいたが、地域では家きんでH5N1ウイルスが検出されていた。
 1日、当局はビエンチャン省の15歳少女がH5N1ウイルスに感染し、鳥インフルを発病していることを確認している。少女は現在タイの病院で治療中である。
 WHOの報道官である Dida ConnorさんはAFP通信に、42才女性はH5N1ウイルスに感染していたと推定されるが、15歳少女との間には感染経路の上で、何等関係はない、と語った。
 女性は2月下旬に、高熱と重症肺炎を発症した。

感染源に対する不安

 WHOは声明の中で、女性が病的家きんに接触したからどうか明確ではなく、現在調査が行われていると発表した。
 ラオスの保健当局者によると、女性の家族と親族の健康調査が行われているが、現在まで異常は見つかっていないという。


Laos woman dies of suspected bird flu Radio Australia, Australia (オーストラリア) ラオスの鳥インフル疑い女性死亡
 ラオスの42歳女性が致死的H5N1鳥インフルに感染している疑いがもたれていたが、首都ビエンチャンの病院で死亡した。
 WHOはラオス保健省と共同で、女性がH5亜型鳥インフルに感染していることを発表しているが、H5N1株かどうかについては検査中である。しかし当局者達はH5N1鳥インフルに感染していることは間違いのないことと考えている。
 先週火曜日(2月27日)、ラオス保健省はビエンチャンの郊外に住む15歳少女でH5N1鳥インフルを確認している。その地域では1ヶ月前に家きんで鳥インフル発生が確認されていた。
 少女は現在タイの病院で治療中である。
 WHOによると少女と今回死亡した女性との間には、感染経路の上で何等関係はないとされる。
Ducks on farm test positive for bird flu in Mekong Delta  Viet Nam News, Vietnam (ベトナム) ベトナム、メコンデルタ地区の農場でアヒルが鳥インフルに感染
 ベトナム動物保健省は1日、メコンデルタ地区のVinh Long省で鳥インフルが発生したことを確認した。Thoi Hoaコミューンの農場で800羽近くのアヒルが検査で致死的鳥インフルが陽性と確認された。
 地域の獣医担当者達は即感染アヒル集団を殺処分し、地域を消毒した。
 近くのSoc Trang省からワクチン未接種の45日齢のアヒルが運び込まれたことが原因と考えられている。
 動物保健省のBui Quang Anh長官は、鳥インフル根絶のために対策を強化しなければ、メコンデルタ地域は鳥インフル拡大のハイリスク地域となると警告している。
 Vinh Long省は昨年12月に鳥インフルが流行したメコンデルタ地区の7省の一つであるが、その後33日間、発生の報告が無かった。

 新規規則

 1日、農業省長官は、家きん孵化と水棲家きん飼育の新規規則を発令した。
 アヒルの孵化場は住宅街、学校、病院等から離れた場所に設置し、孵化はコミューン当局の許可が必要となった。
 水棲家きん飼育農家は、アヒルに対するワクチン接種を確認することと、放し飼いのまま輸送する際には厳重な監視が要求される。
 また長官は、北部地域とメコンデルタ地域のために(家きんでの鳥インフル流行地域)ワクチンの緊急輸入を指示した。
 動物保健省によると、国内全体での2007年度第一回目のワクチン接種のために、1億5000万羽用のワクチンが輸入される予定となっている。
 これまでメコンデルタ地域には2500万羽分しか配給されていないが、緊急に2000万羽分が3月10日から13日の間に配布される予定となった。
3月4日

Human Bird Flu Suspected in Second Case in Laos (Update1)  Bloomberg  (国際) ラオスで2例目の人感染者発生の疑い
 1週前にラオス初の人感染者が確認されたが、さらに2例目の感染者が発生した可能性があることを、WHOとラオス政府が発表した。
 ビエンチャン省の42歳女性が2月28日から鳥インフル様症状で入院していたが、検査でH5亜型ウイルスに感染していることが確認された。現在、さらに詳細な検査が行われている。しかしWHOの報道官は電話で、2例目のH5N1鳥インフル患者と考えられると語った。
 2月27日にビエンチャン郊外に住む15歳少女が、H5N1鳥インフルに感染していることが確かめられたが、今回の事例との間には、地域も異なり、関係はないとされる。
Chinese farmer cured of bird flu donates serum  Hindu, India  (インド) 中国、鳥インフル回復患者からの血清を治療に使用

 致死的鳥インフルから回復した中国の農夫が、最近発生した患者のために血清を治療用に提供した。
 安徽省の農夫のLiさんは昨年12月にH5N1鳥インフルを発病し、その後治癒している。
 福建省 Fuzhouの医師団は1日、Liさんの血清を受け取り、それを今年度2例目の鳥インフル発病者となった女性に投与した。
 新華社の報道によると、方法は新しいもので、何らかの効果が期待されると考えられているが、まだ最初の段階なので効果判定までには時間がかかると、関係者の説明を引用している。
 女性(44歳)は自宅に5羽の鶏を飼育していて、2月18日に発病した。彼女は2羽の鶏を調理し、食べたことが分かっているが、一緒に食べた夫と息子には異常はないという。

*訳者注:回復した患者の血清中にはH5N1ウイルスに対する抗体が存在している。血清を大量に集め(血液を体外循環させ、そこで血漿濾過することで大量に収集することが出来る。基本的には、治療として行われる血漿交換、人工透析等と同じ方法であるが、この場合は血漿は捨てないで、それを収集し、そこから血清を作成、さらに抗体含有分画を取り出したものと考えられる。一般臨床の場でも、”ガンマグロブリン”として、各種抗体を含んだ血清製剤が使用されている。麻疹、破傷風、等に対するものが有名である。効果は体内に存在するウイルス量と、投与する抗体量の関係で決まるが、タミフル等でウイルス産生量が抑えることができているなら、効果は期待されるが、体内におけるウイルス産生量が多い場合は、一時的効果しか期待できない。中国の医師団は、さらに回復患者のLiさんから血清を採取して投与する可能性がある)。このようにH5N1鳥インフルから回復した患者の血清を治療に利用する方法は以前から考えられていたが、実際に試された報告は、訳者の知るところでは初めてである。

Panel advises FDA to OK bird flu vaccine USA Today  (米国) 委員会、FDAに鳥インフルワクチンの承認を推奨
 専門家によるFDA顧問委員会は、FDAに初の(人用)鳥インフルワクチンの認可を推奨した。
 サノフィ・パスツール社で製造されたワクチンは、H5N1ウイルスに免疫を賦与するためには、高濃度のワクチンを2回接種する必要があり、そして現在600万人分製造されている。
 今週発表された分析結果では接種者の半数しか免疫を賦与できないことが明らかになった。それでも、より効果的ワクチンが開発されるまでの期間、万が一パンデミック・インフルエンザが発生した場合の重要な緊急避難的ワクチンとしての存在意義があるとされる。
 作成責任者のロックフェラー大学のJohn Treanor博士は、このワクチンはパンデミック・インフルエンザ発生に際し、我々が迅速に対処するための重要な手段となりえて、またFDAにより承認されることにより、正式にライセンスを与えられたワクチンが、いつでも使用できる準備状態になる、とコメントしている。
 *27、28日にこの話題は報道済み。
WHO: Pandemic vaccine stockpile would help poor nations USA Today (米国) WHO:パンデミック・ワクチンの備蓄は貧しい国家の助けになる
 各国で備蓄するワクチンの一部を発展途上国にも配布するというWHOの政策。
 ウイルスを提供しても、製造されるワクチンは高価で使用できないというインドネシアを含む発展途上国に対する問題が、WHOとインドネシア当局の間で解決。
Kuwait finds two more bird flu cases Sydney Morning Herald, Australia  (オーストラリア) クエート、さらに2鳥インフル事例を確認
 クエートは鶏で新規H5N1鳥インフルが2件発生したことを報告し、これで48羽の鳥の感染が確認されたことになった。
 保健省当局者によると、新規事例はal-Rai地域の市場からもたらされたと考えられている。
 また121人の関係者と家族について検査が行われているが、全て陰性であったとされる。

 クエートの鳥市場と動物園は閉鎖され、また住宅街の家きん販売店は3ヶ月間閉鎖されている。
 先月39事例を確認しているが、そのうち20羽は南部の動物園や農場の鷹(falcon)である。残りは個人的に裏庭で飼育されている家きんで見つかっている。
Malaysia not to use vaccine, still to cull birds to curb bird flu Kuwait News Agency, Kuwait (クエート) マレーシア、ワクチンは使わないで殺処分による鳥インフル拡大措置を継続と
 インドネシアとベトナムは、殺処分に要する補償費を支払うことが出来ないことからワクチンを用いたが、マレーシアは補償費を用意出来ることから、殺処分政策を継続と。
3月3日

Officials Want Bird Flu Vaccine Stockpiled CBS News, NY  (米国) WHO、発展途上国の鳥インフルワクチンの備蓄を援助
 ウイルス提供を続けてきているインドネシア等の発展途上国は、開発されるワクチンを手にすることは経済的に困難である。先月インドネシアはWHOにウイルスの提供を拒否し、米国の製薬会社にワクチン開発のための売買契約結んだ。
 WHOはウイルスを分析し続けることで、ウイルス変異の可能性を予知している。分離ウイルスが提供されなくなると、鳥インフルの変異過程を分析できなくなる。
 WHOとインドネシア当局者との話し合いが先月もたれ、ワクチン製造国から一定量のワクチンをインドネシアを含む発展途上国にも提供することをWHOが約束することで、これまで通り分離ウイルスをインドネシアがWHOに提供することで合意した。
 WHOによると現在ワクチン製造能力は年間4億人分とされ、パンデミックが起きた場合は世界の人口分には全く足りない。多くのワクチンは、ワクチン製造国及び裕福な国家で使用されると考えられる。そのため、鳥インフル発生国の発展途上国では、ワクチン開発のための分離ウイルスを提供することに矛盾を感じだしてきていた。
 WHOによると最終ゴールは、発展途上国でもワクチンを製造できる技術と体制を整えることであり、そのための援助を行ってゆくとされる。
Scientists warn poultry imports could spread bird flu Ely Daily Times, NV (米国) 米国、科学者、家きん輸入により鳥インフル進入の危険性があると警告
 シベリアから渡り鳥により鳥インフルが運ばれてくると予知されていたが、それよりもむしろ中南米からの渡り鳥、または家きん売買で北米に侵入してくる可能性が高いと、科学者達の意見。
Further five bird flu cases found in Kuwait: official  Kuwait News Agency, Kuwait (クエート) クエートでさらに5件の鳥インフル発生
 クエート国内の家きん農場から集められた531検体のうり5検体からH5N1ウイルスがさらに検出された、と2日、クエート当局者から発表された。

 1日に、鳥インフル発生が確認された農場の消毒作業が行われてから、家きんに濃厚接触した農場作業員9人の血液が検査されたが、ウイルス感染は否定された。
 また感染家きんと濃厚接触した103人について検査を行っているが、陽性結果は誰からも出ていないとされる。
Indonesian military to help fight bird flu Reuters India, India (インド) インドネシア、軍隊が鳥インフル対策に協力
 インドネシア軍は、同国で63人を殺した鳥インフルを制圧するために協力することになったと、鳥インフル国家委員会が発表した。
 軍は二ヶ所の軍病院内に鳥インフル治療センターを造り、より多くの感染者の治療に当たる。
 さらに、軍は多くの島に分かれたインドネシアの遠方の地域の鳥インフル対策にもあたる。
 また150台の移動作業車が用意され、迅速に地域の消毒などが行われる。

 当局者によると、ジャカルタでは、家庭内で家きんを飼育することを禁止して一ヶ月間、患者の発生が出ていないと語り、強力な対策が効果を出しているという。
3月2日


Bird flu strikes two Afghans  PakTribune.com(パキスタン) アフガニスタン人2名が鳥インフルエンザに感染
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザと思われる症状でアフガニスタン人2名がアフガニスタンの病院に入院中で、高毒性の鳥インフルエンザに感染しているかを確認するために血液を分析中であると、当局は語った。
 アフガニスタンではH5N1鳥インフルエンザのヒトの症例はこれまでなかったが、先週ナンガハールとクナルでニワトリと七面鳥への鳥インフルエンザ・ウイルス発生が確認されている。
 2名はクナルの病院に入院している。
 「症状が鳥インフルエンザ感染を示すものだと確信しています」と、州の衛生責任者であるアサドゥラー・ファズリ氏は言う。「血液検体分析のために首都に送付してあります」
 クナルとナンガハールの当局は、流行が確認された地域で鳥の殺処分と消毒を実施している。1日に焼く4000羽の鳥にワクチンを接種していると、当局は今週述べている。
Kuwait announces to find two new bird flu cases People's Daily Online, China (中国) クエートでさらに鳥インフルの2事例が確認
 1日、クエートは新規鳥インフルの家きんにおける2事例を報告し、2月25日以来41事例となった。死亡した鶏と感染した鷹でウイルスが確認された。
 政府は国民に鳥インフルの疑いがある場合は、すぐに当局に報告するように通知している。
 また、鳥インフルが発生した農場での従業員の検査では、感染者は見つかっていないとも、発表している。China reports new human bird flu case  Source: Reuters (英国) 中国で新規鳥インフル発病者が確認
 中国南西部の福建省の女性農業従事者がH5N1鳥インフルに感染したことを国営通信が1日発表した。7週ぶりの発生となった。
 国営通信の新華社によると、女性は44歳でJianou市在住で、現在病院で治療を受けている。
 ”中国CDCによる検査で患者がH5N1ウイルスに感染していることが確認された”、と新華社は報じている。
 ジュネーブのWHOの発表によると、女性は2月18日に発病し、現在入院中であるが重体であるとされる。
 WHOへの情報によると、女性は自宅で家きんを飼育していたことから、それらの家きんから感染したことが考えられる、とWHOはコメントしている。

 中国農業部によると調査に派遣したチームは、女性の住む村で採取した家きんの検体からウイルス感染の兆候は得られなかったとされる。
 同部は、女性がウイルスに感染した野鳥から感染した可能性を否定出来ないと、ホームページで伝えている(www.agri.gov.cn)。
 中国が最後に報告した人感染事例は、1月で、安徽省の農夫であったが、回復している。
Indonesia, WHO Resolving Bird Flu Fight  Houston Chronicle, TX (米国) インドネシア、WHOと鳥インフル問題で和解
 インドネシアは鳥インフルウイルスを再びWHOに提供する予定となった。
 ウイルスが自国で手に入れることが出来ないような高価な商用ワクチン製造目的に使われないということが、インドネシアの提供の保証とされる。
 1日にWHO事務局長のマーガレット・チャンから、保証を約束する手紙が届く予定で、それを確認後出来るだけ早期に、インドネシアは分離ウイルスをWHOに提供する。
Bird flu eradicated from Miyazaki Pref., gov. says  The Daily Yomiuri, Japan (日本) 鳥インフル、宮崎県から駆除、当局が発表
 宮崎県での鳥インフルは鎮圧されたと同県の知事が発表した。
 同県では今年度に入ってから早くに3県の家きんにおける鳥インフル事例が起きていた。
China Confirms Human Case of Bird Flu NewsMax.com, FL (米国) 中国、人での鳥フル感染者を確認
 中国福建省の44歳女性が致死的H5N1鳥インフルに感染したことを、中国国営通信が報じた。 昨日中国報道で紹介済み 
Bird flu confirmed in Burma  BBC Burmese.com, UK  (英国) 鳥インフル、ビルマで確認
 先のビルマの首都ラングーンで致死的H5N1ウイルスが確認された。昨年の4月以来のことである。ビルマ政府が国営通信を通じて発表した。 昨日台湾報道で紹介済み。
南部ビンロン省でも鳥インフルエンザ=ベトナム newsclip.be (タイ->日本語)
 ベトナム家畜衛生当局は1日、南部ビンロン省で取りインフルエンザの発生が確認されたと発表した。タインニエン(電子版)が伝えた。
 ビンロン省では、ワクチン接種を受けていなかったアヒル50羽が2月25日に集団死し、検体を調べた結果、高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが検出された。アヒルは隣接するソクチャン省から搬入されたものだった。当局は感染が確認された農場でアヒルのヒナ800羽を処分し、消毒作業を行った。
 南部では2週間前に鳥インフルエンザの終息が宣言されたばかり。2月26日には北部のハイズオン省でも発生が確認されている。
3月1日


Bird flu resurfaces in southern Vietnam  International Herald Tribune, France (フランス) 鳥インフル、南ベトナムでも再興
 数日前、北部ベトナムで鳥インフルが再興したことが報じられたが、1日、南部でも再興したことが当局から発表された。
 最新の発生地はメコンデルタ地域のVinh Long省で、2週前に当局が同省と他の7省での鳥インフル封じ込めを宣言したばかりであった。
 50羽前後のワクチン未接種のアヒルが農場で死亡し、検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
Myanmar confirms bird flu outbreak in Yangon Independent Online(南アフリカ) ミャンマー、ヤンゴンでの鳥インフルエンザ発生を確認
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 軍政下のミャンマーで、同国最大の都市であるヤンゴンの家禽から高毒性のH5N1鳥インフルエンザウイルスが新たに発生したことが報告されたと、国連動物健康機構が水曜日に発表した。
 H5N1ウイルスが検出されたのはヤンゴンの西の郊外のニワトリとアヒルであると、パリに本拠を置く同機構はミャンマーの家畜漁業省のデータを基に述べた。
 このウイルスにより68羽が死亡し拡大防止のために他に1292羽が殺処分されたと、同機構は言っている。
 ミャンマーは9月に鳥インフルエンザ終結を宣言した。これは2006年3月に中部のマンダレイ市での発生後に新たな症例が数ヶ月なかったことに由るものだった。
 同国ではヒトの症例は見つかっていない。
 ミャンマーの医療システムは世界最悪のものの一つであるが、国連は同国の鳥インフルエンザ監視への注力を賞賛している。
Myanmar reports outbreak of bird flu near Yangon China Post, Taiwan (台湾) ミャンマーで新規鳥インフル発生
 ミャンマーで最大の都市ヤンゴン郊外の農場でH5N1鳥インフルが発生したことを、世界動物保健機関(World Organization for Animal Health)が発表した。
 鶏やアヒルの間で感染が確認され、68羽が死亡した。他に1292羽の家きんが殺処分された。
福建省で鳥インフル感染=中国 時事通信 
 中国衛生省は1日、南部の福建省で44歳の女性が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことが確認されたと発表した。女性は発症前に、死んだ鳥に接触したことがあるという。
 中国で確認された鳥インフルエンザ感染者は23人目。このうち14人が死亡している。
 女性は同省建甌市に住む農民で、2月18日に発症、27日に中国疾病予防センターの検査で陽性反応が出た。現在、地元の病院で治療を受けている。
Dead Aristocrat May Hold Key To Bird Flu CBS 13, CA (米国) スペイン・インフルエンザで死亡した貴族が鳥インフル解明の謎を握る
 スペイン・インフルエンザで死亡した英国の高名な貴族の遺体が鉛で覆われた棺に納められていて、組織検査が十分可能と思われ、その遺体を検査することで将来のパンデミック・インフルエンザ対策の手がかりが掴もうとする研究が科学者達の間で検討されている。
2nd bird flu case in two months Shanghai Daily, China  (中国) 中国、2ヶ月間で2人目の鳥インフル患者が発生
 28日、中国はこの2ヶ月間で2人目の鳥インフル患者の発生を確認したことを発表した。

 リさんと言われる女性は中国南東部の福建省在住で、H5N1鳥インフルに感染したことが確認されたと、中国衛生部の発表として中国中央テレビが報道した。
 リさんは44歳で発熱と咳を呈している。
 この1月に安徽省の農夫が鳥インフルから回復している。(12月に発症:訳者)
Travellers to Laos warned over bird flu Nation Multimedia, Thailand (タイ) タイ、ラオスへの旅行者に鳥インフル警告
 ラオスで人感染者が出たことから、ラオス旅行者に対する注意。家きんに接触しない。家きん市場へ立ち寄らない等。
New Vietnam Bird Flu Outbreak  E Canada Now, Canada (カナダ) ベトナムで新規鳥インフルが発生
  ベトナム政府は、さらに別の省で鳥インフルの発生を確認した。2週間前に政府はH5N1鳥インフルは制圧されたと発表したばかりである。
 国営通信と関係当局者は27日、北部のハイドゥン省の農場で100羽以上の鶏が死亡し、検査をしたところ、H5N1ウイルス陽性であったと発表した。
 北部ベトナムでのH5N1鳥インフル発生は1年以上ぶりである。
TOP