高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
2月28日


Japan warns of influenza-linked abnormal behavior Scientific American  (米国) 日本厚生労働省、インフルエンザ誘因異常行動を警告
 下記ロイター記事と同じ。
「小児、一人にしないで」 厚労省、タミフルで注意 北海道新聞
 インフルエンザ治療薬タミフルを服用した未成年者がマンションから転落死するなどのケースが相次いだことを受け、厚生労働省は28日、タミフル処方の有無にかかわらず、インフルエンザ感染時の異常行動の恐れについて患者や家族に説明するよう医療関係者に文書で呼び掛けた。
 文書は同日付で日本医師会や日本薬剤師会、都道府県に送付。「タミフルと死亡との関係については否定的とされている」とした上で、インフルエンザウイルスに感染すると脳炎、脳症になることがあると指摘。タミフル処方の有無にかかわらず(1)異常行動の恐れについて説明する(2)少なくとも2日間、保護者らは小児、未成年者が1人にならないように配慮する-の2項目を患者、家族に説明するよう求めている。
 このほかタミフル販売元の中外製薬(東京)に対しても、医療関係者への副作用などの情報提供を指示した。
Japan warns of influenza-linked abnormal behaviour Reuters AlertNet, UK (英国) 日本厚生労働省、インフルエンザ誘因異常行動を警告

 日本の厚生労働省は、28日、インフルエンザ専門家に、インフルエンザ罹患患者が異常行動または精神症状を呈する可能性があることを、患者家族に警告するように緊急声明を出した。同省の緊急発表は、前日に北部日本で14歳少年がマンションから落ちて死亡したことから行われた。
 少年は抗インフルエンザ薬タミフルを服用していたが、厚生労働省は、少年の行動異常とタミフルとの間に明確な因果関係はないと説明している。
 ”現時点でタミフルの安全性に関して重大な問題はないと考えている”、と同省は声明の中で説明している。さらにインフルエンザ罹患者は、タミフルの服用の有無に関係なく、異常行動を呈しうると付け加えている。
 スイスのロシュ社がタミフルを製造し、中外製薬が日本では販売している。
 昨年11月米国のFDAは、ロシュ社にタミフルの添付文書に、妄想等の異常行動の発現を警戒するように記載することを求めた。
 日本の厚生労働省も同様に医学専門家に、インフルエンザ発症乳幼児や未成年者から2日間は目を離さないように警告した。
 タミフルに起因した精神的問題は、2005年に日本でタミフルを服用した12人の小児の死亡と32人の異常行動が報告されてから、問題視されだした。
 タミフルは一般名がオセルタミビルといい、季節性インフルエンザの予防と治療に使われている。WHOによるとインフルエンザで毎年世界で50万人近くの人々が死亡している。
 WHOの勧奨として現在、世界中の国々でパンデミック・インフルエンザ用に備蓄されつつある。
 専門家はH5N1ウイルスが変異して世界中でパンデミックを起こすことを恐れている。
 
.
Egypt reports 23rd case of bird flu in humans Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト、23人目の感染者を確認
 4歳のエジプトの少女が感染した家きんと接触し、鳥フルを発病したと国営通信の MENAが報じた。
 ナイルデルタ地域のDakahlia県の Nabarouhに住んでいた。
 家族達も検査中と言われる。
FACTBOX-Bird flu's spread around the globe  Reuters AlertNet, UK  (英国) 鳥インフル、世界中に拡大
 ラオス政府は鳥インフルが家きんの間で発生したビエンチャン郊外で15歳少女が、同国で初の鳥インフル感染者となったことを発表した。
 以下、各国での発生状況を総括している。
FDA Panel Licenses Sanofi US Bird Flu Vaccine E Canada Now, Canada (カナダ) FDA顧問委員会、サノフィ社の鳥インフルワクチンを推奨

 米国FDAの専門家顧問委員会は、初の人用H5N1鳥インフルワクチンの商用販売の承認について推奨した。
 14人の委員会はワクチンが十分安全で、提出されたデータは効果があることを示していると判断した。
 当該ワクチンはサノフィ・パスツール社の(人用)H5N1鳥インフルワクチンである。臨床試験ではわずか数百人でしか対象とされていないが、現時点では明らかに最善のワクチンである。
 現在さらに効果的ワクチンが作成されつつあるが、それらが完成するまでの間、もしもパンデミックが米国内で発生したときのことを考えると、サノフィ社のワクチンは意味を持つと考えられる。
 ヒューストンのベイラー医科大学の呼吸器ウイルス学専門家のロバート・コウチ博士は、”これはあくまでも第一段階にすぎなく、H5N1鳥インフルワクチンに対する解答がえられたと言うことではない”、とコメントしている。

 
American official says weak bird flu vaccine still useful  Gulf News, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) 米国FDA顧問委員会、効力の低いワクチンでも有用と判断
 高濃度で48%の人々にしか免疫効果がないと判定されたワクチンに対して、それでも有用と委員会はFDAに提言した。
First Human Case Of HPAI Discovered In Laos  CattleNetwork.com, KS  (米国) 初の人感染例がラオスで発生
 WHOは、ラオスで15歳少女が高病原性鳥インフルを発症したことを確認したと、発表した。
 少女は今月初旬に鳥インフルが家きんの間で発生した地域に住んでいたが、現在の症状は安定しているという。
 WHOによると少女の感染源は明確ではないとされる。
Approve Bird-Flu Vaccine, Advisers Say  NBC4.TV, CA  (米国) 米国初の(人用)鳥インフルワクチン、FDAが承認の可能性
 FDAの顧問委員会は27日、米国初の鳥インフルワクチンを承認するように提言した。
 ワクチンはほとんどの人を鳥インフルから守らない可能性があるという事実があるにも関わらず、この提言が行われた。
 委員会ではワクチンは安全で、効果はあると判定している。FDAの基準に合致するとの判断が得られたようだ。
 委員会の議決は、FDAがワクチンは効果が制限はされているが、それでも発生の可能性が高まってきているパンデミックに対して重要な役割を持ち得ると判断した後に、行われた。
 FDAはこの顧問委員会の提言に従う必要はないが、通常提言通りに結論を出している。
 この(サノフィ社の人用)H5N1鳥インフルワクチンは、政府の承認を求めた最初のワクチンである。
 FDAが承認したなら、商用ワクチンとして一般人にも使用可能となる:訳者

44000 people have undergone medical screening against bird flu Today's Zaman, Turkey (トルコ) トルコ、4万4千人が鳥インフル鑑別検査に

 Batman provincial health directorate teams have rolled up their sleeves following a bird flu case that first appeared in the village of Boğazköy near the town of Gercüş in Turkey's southeastern province of Batman.
 Bird flu was believed to have spread to several villages and fields shortly thereafter, sparking in an initiative that has provided medical screening to 44,000 people so far.
    Batman Provincial Health Director Dr. Hasan Demir said a total of 44,263 citizens have undergone medical screening throughout the province, adding that there is on going medical screening. Stating local residents have been informed on the bird flu, Demir said informative notices on the bird flu were posted and brochures were distributed in regions effected by the bird flu. Stating he had briefed 38,213 students and 1,914 teachers on bird flu in the city's center and  neighboring settlements, Demir said 213 people have been treated against infections and that these treatments have been supervised by a medical team. Demir said that the samples taken from 29 people who were believed to have contacted bird flu turned out to be negative.

 トルコのバトマン州で数カ所の村に鳥インフルが拡大している。
 州の保健局長官の談話によると、4万4263人の住民が、鳥インフルの鑑別検査を受けている。また鳥インフルが流行している地域の住民に対する啓発作業が強化され、学生や教師に対する教育も行われている。
 感染したと考えられる29人の人々の検体検査では全て陰性だったとされる。

人への鳥インフルエンザ感染 ラオスで初確認 産経新聞 
  世界保健機関(WHO)は27日、ラオスの首都ビエンチャンの15歳の少女が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したと発表した。ラオスで人への感染が確認されるのは初めて。WHOによると、少女は発熱などの症状で15日に入院、17日にはタイ東北部の病院に転院した。容体は安定しているという。ビエンチャン近郊では今月、鶏のH5N1型感染が確認されていた。
 H5N1型の人への感染が確認されたのは12カ国目。隣国のベトナムやタイでも感染例がある。
2月27日


15歳少女が鳥インフル=ラオスで初のヒト感染  時事通信
 タイ保健省は27日、同国北部ノンカイ県の病院に入院していたラオスの首都ビエンチャンの少女(15)が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していることを確認したと発表した。ラオスでヒトへの鳥インフルエンザ感染が確認されたのは初めて。
Kuwait confirms 12 new bird flu cases  Reuters (国際) クエート、12羽の鳥で鳥フルを確認
 27日、クエート政府はH5N1鳥インフルを七面鳥と鶏の計12羽で確認したと発表した。
 鳥は屋外の家きん飼育用地で放し飼いにされていて、商業用家きん飼育農場に属しているものではないとされる。
 感染した鳥に接触した関係者100人の検査が行われているが、現在のところ結果は全て陰性であるという。
Suspected bird flu cases in Padang  Jakarta Post(インドネシア) インドネシア、パダンで鳥インフルエンザ疑い例
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 3名の鳥インフルエンザ疑い例の患者が西スマトラのパダンにあるM.ジャミル病院で治療を受けていると、病院幹部が月曜日に語った。
 同病院の医療サービス部門長のアイラ・ヤンティ氏によると、3名の病状は改善してきているという。ジャカルタの疾病管理事務総長からの検査結果はまだ先延ばしになっており、この結果によって3名が鳥インフルエンザ・ウイルスに感染したか否かが決まってくる。
 アイラ氏によると、3名はタナダタル統治区にあるパダン・ギャンティアン地区の同一家族のメンバーだという。
 この人たちが症状を見せ始めた3日前に、飼っていたニワトリのうちで突然死するものが出てきた。西スマトラ農業事務所が実施した検査によって、このニワトリが鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していることが確認された。
 昨年にM.ジャミル病院は18名の鳥インフルエンザ疑い例の患者を治療した。その内2名のみが鳥インフルエンザ・ウイルス陽性を示したが、両者とも回復している。
 「この2名の患者はランプンとジャカルタで感染した。両者はミナン族でパダンの自宅へ戻ったところであり、当病院で治療を受けました」とアイラ氏は言う
Bird flu hits Vietnam's first northern locality People's Daily Online (中国)  鳥インフルエンザ、ベトナム北部で初の発生
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザは2月16日にハイズン省のタンミアン地区のドンタン自治区にある発生した養鶏場で10,000以上のニワトリを死亡させ、100羽以上の家禽を死亡させたという。これは 同紙が引用した州獣医当局長のドン・ヴァン・チャック氏の発言である。
 当局による初期検査では、死亡したニワトリは鳥インフルエンザ・ウイルス株のH5N1に感染していた。これにより10,000羽以上のニワトリが殺処分され、養鶏場と周辺地域は消毒された。
ハイズンの新たな流行でベトナムの農業・地方開発省は、2月27日に予定していた全国レベルでの鳥インフルエンザ終息宣言を延期すると、同紙は伝えている。
 2月13日にベトナムの鳥インフルエンザ予防・国家運営委員会は、過去21日間で同国内で新たな鳥インフルエンザ発生は報告されていないと発表していた。
 2006年12月半ば以降、鳥インフルエンザは南部8地域で報告されていた。カントー市とソクチャン、チャーヴィン、ヴィンロン、バクリュウ、カマウ、ハウザン、キンザンの各県である。農業省配下の動物衛生部は8地域での鳥インフルエンザ発生を確認しているが、ハイズンでの最新の発生はまだ把握していない。
 鳥インフルエンザは2003年12月からベトナムに蔓延しているが、同国で100万羽単位の家禽を死亡または殺処分に追いやっている。
Sanofi Bird-Flu Shot's Benefit Isn't Clear, FDA Says (Update2) Bloomberg (国際) サノフィ社の(人用)鳥インフルワクチンの効果は不明、FDA発表
 サノフィ・アベンティス社の製造した(人用)鳥インフルワクチンが、半分以下の人にしか効果がないことを米国FDAから発表された。
EGYPTIAN HEALTH MINISTRY OFFICIAL DENIES NEW HUMAN CASE OF BIRD  Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト保健省当局者、新規鳥フル事例を否定

Egyptian housewife tests positive for bird flu  Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプトの主婦、検査で鳥インフル陽性と
 ナイルデルタのBeheiraの町の主婦が鳥インフル検査で陽性であったと、エジプト国営通信のMENAが26日報じた。MENAはによると女性は主婦で家庭で鶏を飼育していた。
Half Of People Don't Respond To Bird Flu Vaccine Click 2 Houston.com, TX (米国) 半数はワクチンで効果なし
First bird-flu vaccine less effective than thought CNN (国際) 初の人用鳥インフルワクチン、予想したよりも効果がなし
 
 米国初のワクチンの効果が予想した程ないことがFDAから26日発表された。

 臨床試験で2回の接種により、最も抗原量の多いフランスに本社を置くサノフィ・アベンティス社のSAワクチンを受けた成人の45%でしか免疫が獲得できなかった。
 初期に行われた暫定的臨床試験の結果では、二度目の投与28日後には54%で効果的免疫効果が得られたと、昨年3月に発行された「The New England Journal of Medicine」で報告された。
 FDAはより最新のデータを発表したが、それは外部の専門家による委員会にデータを示して意見をもらうためである。
 FDAのデータによると、ワクチンの投与を受けた452人で、H5N1ウイルス用ワクチンの安全性は確かめられた。しかしその効果に関しては明確に出来なかった。
 効果の判定は抗体が作成されるかどうかで決められる。
たとえば、季節性ワクチンは65歳以下の成人の75~90%で効果を発揮する。
 今回のワクチンは季節性のインフルエンザに対するワクチンの12倍量の抗原量を要する(90マイクログラムを2回投与。季節性ワクチンの場合は15マイクログラムを1回:訳者)。
 他に免疫効果をブーストするための、ワクチンに混入するアジュバントの研究も行われている。
 また細胞培養を利用したワクチン製造も進行中である(現在のワクチン製造は、受精卵を使用するため、製造期間と、受精卵量に限界があるため、製造量に制限がある)。

 FDAはサノフィ社のワクチンが承認されたとしても、他のワクチンが製造されるまでの暫定的使用となる見通しであると語っている。
 

FDA tests bird-flu vaccine effectiveness Chandler News-Dispatch, MN  (米国) FDA、(サノフィ社の)鳥インフルワクチンの効果を判定
 既に米国政府により数百万人備蓄されているサノフィ社のワクチンをFDAが検定。その結果を外部委員会に提出して意見をもらう。予想した程の効果はないことが確認。
2月26日


Egypt bans duckling imports to keep out bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト、鳥インフル発生防止措置として、アヒルの雛の輸入を禁止
 海外からウイルスが侵入してくることの防止措置としての一環。
 エジプトでは、それほど多くのアヒルの雛の輸入は必要ではない、と当局者は語っている。
Bird flu cases in birds in Kuwait but no human infections - health ... Kuwait News Agency, Kuwait (クエート) クエート保健省:クエートの鳥で鳥インフルが発生、しかし人での感染者はない

Bird Flu cases were spotted among birds in Kuwait most of them in falcons, but there were no infections among humans, Kuwait Health Minister Sheikh Ahmad Al-Abdullah Al-Sabah said Sunday.
 クエートの鳥で、そのほとんどはタカであるが、(致死的)鳥インフルが見つかったが、人の間での感染は起きていない、とクエートの保健大臣Sheikh Ahmad Al-Abdullah Al-Sabah氏が語った。

Bird flu fears affect school  Oxford Mail, UK  (英国) 鳥インフルの脅威、学校へも影響
 オックスフォードの学校では2005年に東南アジアで致死的鳥インフルが発生した際、学校で鶏をしいくすることを止めた。
 学校教育で鶏を飼育することは非常に意味があることで、教師達はその再開を望んでいたが、今回のサフォークの七面鳥農場でのH5N1鳥インフル発生を機に、その望みは薄れれてしまった。
 もし鶏を飼育していて、生徒がくしゃみや咳をするたびに、鳥インフルの不安を抱くくらいなら、飼育していない方がまだ良い、と関係者は語る。
Kuwait confirms 20 cases of avian flu in birds including falcons ...  International Herald Tribune, France  (フランス)  クエート、タカ、鶏、七面鳥で致死的鳥インフル発生を確認

 クエートはタカ、鶏、そして七面鳥で致死的鳥インフルが発生したことを確認した、と保健省の報道官が25日発表した。
 Ahmed al-Shatti氏は、人での感染者はいないと語り、緊急対策が発動されたと語った。同氏は、感染動物はクエートの動物園、農場、そしてタカ専門診療所で見つかったと説明している。動物園と鳥市場は一時的に閉鎖され、鳥の輸出入は禁止される予定であるとも語った。
 クエート政府は緊急対策室(control room)を設置し、24時間の監視態勢を敷き、この感染症を封じ込める。鳥に接触した人々には、抗ウイルス剤が投与された。
 この小さくもあるが油田で裕福な国は2005年にフラミンゴで致死的H5N1ウイルスを検出している。

 ウイルス株については、まだ未定のようだ:訳者 

2月25日


Bird flu fears — Marghzar Zoo staff, birds to be tested every 3 months  Daily Times, Pakistan (パキスタン) 動物園職員と鳥は3ヶ月毎に検査を継続
 飼育クジャクなどでH5N1鳥インフルが発生した首都イスラマバドの動物園では、今後3ヶ月毎に職員と飼育鳥の検査を続けると、当局が発表。現在まで職員7人の検査結果が出ているが、H5N1ウイルスは陰性とのこと。
No flu found in wild birds, says chief scientist Financial Times, UK (英国) 野鳥では鳥インフルは発見されず
 政府の主任科学顧問官のデービット・キング卿は、英国の野鳥に間に鳥インフルが広がっているとは考えられないと、個人的コメントを発表した。
 最近サフォークの七面鳥農場でH5N1鳥インフルが発生したことから、そこから野鳥に感染が拡大している不安に関してのコメント。
FAO Urges Nigeria To Increase Bird Flu Control Measures - Improved ...  Medical News Today (press release), UK (英国) FAO(国際連合食料農業機関)、ナイジェリアに鳥インフル対策の強化を指導

 FAOはナイジェリアに対して鳥インフル対策の強化を求めた。市場における衛生管理と家きん売買の監視を強めることで、人へのH5N1ウイルス感染の頻度を減少出来るというのが理由。

 FAOからの調査団がまとめた記録から、この数ヶ月にナイジェリア国内の少なくとも10州で家きんにおける鳥インフルが発生していることが確認された。
 ウイルスは可能性から言って、隣国との国境を越えた非公式家きん売買からもたらされた感染家きんが、ナイジェリア国内の主要な家きん売買ルートに乗って、拡大していると考えられている。これらにおける監視態勢の強化で防止可能と考えられる。
 国内中からナイジェリア最大の商業都市であるラゴスの市場に家きんが集められてきて、そこで購入された家きんが各家庭に持ち帰られて、家庭で家きんが”と殺”され、料理されている。家庭での衛生管理は著しく悪い。このような状況であるから、家庭で人々がH5N1ウイルスに感染することはいくらでもあり得る。
 FAOはナイジェリアでは、早急に人への感染の危険度を減少させることが必要で、そのためには市場における家畜保健的査察の強化と、家庭での”と殺”の禁止の啓発を強めるように指導している。家庭での家きんの”と殺”は、アフリカの家庭では習慣になっている。

訳者注:
 家きんから人へのH5N1インフルの感染は、感染家きんからの直接的感染によって生じるもので、そこを絶つことで、人への感染危険が無くなる。FAOは、国内における感染家きんの拡大は、家きんの不正な密売ルートを絶つことで防止し、人への感染は、家庭や市場での衛生管理と販売家きんのチェック、そして家庭における”と殺”の習慣を廃止し、正規の”と殺場”での家きん処理に変更することで、減少させることが可能と考えている。この方針は東南アジア、特にベトナムに対しても貫かれてきたものだ。
 エジプトで発生している事例の多くは、家庭で家きんの殺処分に由来している。(下記報道も参考に)。

 

Egyptian boy recovers from bird flu  PRESS TV, Iran  (イラン) エジプトの鳥インフル発病5歳少年回復

An Egyptian boy who was suffering from bird flu has recovered.

Mohamed Ahmed Suleiman, who is five years old, was discharged from hospital when recovered from the disease after treatment with frontline antiviral Tamiflu, director of the Cairo hospital said.

Suleiman was the 22nd case to test positive for the H5N1 virus in Egypt, which has the largest bird flu cluster outside Asia. Of the 22 cases, 13 have died.

Bird flu had initially stoked great fear in Egypt and damaged its poultry industry to great extent. But now it seems the sector has largely recovered.

Most people infected in Egypt are in contact with live birds kept at home.

World Health Organization officials have said a delay in reporting symptoms in Egypt, where many people keep poultry at home, made the virus harder to fight.
 鳥インフル発病のエジプトの少年が回復

 5歳のモハメド・アーメド・スレイマン君がタミフル治療により、鳥インフルから回復して退院したことが、入院先のカイロ病院の院長から発表された。
 スレイマン君はエジプトでH5N1ウイルス検査が陽性になった22人目となった。同国はアジア以外で最も多くの患者が発生していて、22人中13人が死亡している。
 鳥インフルはエジプトで当初、国内全体で大きな脅威となり、家きん産業界に巨大な損害を与えた。しかし現在はほぼ以前の状況に復帰している。

 エジプトで感染したほとんどの人々は、自宅で飼育している生きた家きんと接触して感染している。

 WHOは、多くの家庭で家きんを飼育しているエジプトの場合、(人々が)発症後速やかに報告しないことが、対策を困難にしていると説明している。
Egyptian child recovers from bird flu - agency Reuters AlertNet, UK (英国) エジプトの少年、鳥インフルから回復
2月24日


EU medical regulator recommends Novartis' bird flu vaccine  Earthtimes.org  (国際) EU医薬品管理機構、ノバルティス社の(人用)鳥インフルワクチンを推奨
 EU医薬品管理機構(EU medical regulator)は、スイスのノバルティス社の人用鳥インフルワクチンを承認するように、EU委員会へ推奨すると発表した。
 先にEU委員会は英国グラクソ社のワクチンを承認している。
Thailand to produce cheaper anti-flu pills in days People's Daily Online, China  (中国) タイ、安価なタミフルのジェネリック薬(コピー薬)を自国で製造に
 タイ医薬品機構The Government Pharmaceutical Organization (GPO) は、安価なタミフルのジェネリック薬を今月末から製造すると発表。
 通常タミフル製造には1錠3.89ドル要するが、GPOはその半額で製造可能で、1日40万錠製造可能とされる。
首都圏で患者1号確認時、3千人感染も…新型インフル 読売新聞
 人口密集地の首都圏で新型インフルエンザが発生した場合、
最初の患者の診断が確定した時には、感染者は首都圏全域で約
3000人にも広がっている可能性があることが、国立感染症
研究所の試算でわかった。
 …
Afghan Health Ministry Confirms Deadly Bird Flu Virus Voice of America - (米国) アフガニスタン保健省、致死的鳥インフルウイルスを確認

 アフガニスタン保健省は東部のNangarhar州で鳥インフルを確認したと発表した。
 当局はウイルスが致死的H5N1ウイルスであることを確認したとVOAに語った。
 医師団は一人の鳥インフル感染者の存在を疑ったが、患者はマラリアに罹患していると診断した。
 地域は隔離され、当局者達は啓発キャンペーンを開始したと伝えられた。


North American officials meet in Ottawa  Global National, Canada (カナダ) 北米当局者、オタワで会談
 カナダ、米国、メキシコの高官が貿易、国境警備、鳥インフル問題に関して話し合った。
New DNA Test That Can Detect Bird Flu Quickly Medical News Today (press release), UK  (英国) 新DNAテスト、鳥インフルを迅速に判定
 安価で迅速なDNAテストが開発
Ministry confirms bird flu cases in two provinces Online - International News Network, Pakistan (パキスタン) パキスタン、さらに2州で家きんの鳥フル発生を確認
2月23日

EU says disease control needs better information  Reuters AlertNet, UK (英国) EU、疾病対策には、より良い情報が必要
 インターネットにより多くの情報が流れるが、逆に真の情報が見失われる可能性に。
Bird flu detected in Afghanistan  People's Daily Online, China (中国) アフガニスタンで鳥インフルが発生
 アフガニスタン政府は22日、家きんにおける致死的鳥インフルエンザの再興を確認した。
 これまで東アフガニスタンのNangarとKunaの2州で、鳥インフルが見つかったと保健省が新華社に発表した。
 ウイルスは致死的H5N1として同定され、家きんにのみ発生していて、人での感染者はいないとされる。
 アフガニスタンでは、2006年の初めに首都カブールを含む数カ所の州で、家きんの間で鳥フルが発生し、数十羽の家きんが死亡している。
Policeman reportedly dies of bird flu Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、警官が鳥インフル疑いで死亡
 西ジャワ、スバン(Subang)のチルルク村(Ciruluk)の26歳の警官が、飼育している鶏が突然死亡した後、発病して、バンドゥンのハサン・サディキン病院で死亡した。
 同村ではこの2週間に9000羽以上の鶏とアヒルが死亡し、その一部からH5N1ウイルスが検出されている。
Bird flu confirmed in ninth district near Moscow-1  RIA Novosti, Russia (ロシア) モスクワ-1近くの9地区で鳥インフルが確認
 当局の検査で鳥インフルが死亡した家きんで確認された地区が9ヶ所に
 人での発生事例はない。
In 8 Suburban Moscow Districts  Wall Street Journal (subscription), NY (米国) モスクワの郊外8地域で鳥インフル発生
Bird flu lays siege to Moscow  Hindu, India (インド) 鳥インフル、モスクワを包囲

For the first time since World War II, people in Moscow feel like living in a besieged city. Only this time it is not German armies that threaten them, but the bird flu virus. Cases of H5N1 avian flu were first reported in two households within 50 km of Moscow on Saturday.

On Monday, the disease hit another four sites near the capital, and was registered in three more towns later in the week.

A total of 448 birds have died and 30,000 have been vaccinated.

All the outbreaks around Moscow have been traced to birds bought in the last two weeks at the city's pet market. The market was immediately closed down and a 5-km quarantine zone was set up around it. Health officials said the bird flu had not affected any of the 23 big poultry farms around Moscow.

This is not the first outbreak of bird flu in Russia, but never before the potentially deadly virus has come so close to the capital, home to more than 10 million people. No human cases of bird flu have been recorded in Russia.

While previous outbreaks in Russia were triggered by migrating wild fowl, the latest one is blamed on imported poultry. Investigators are looking for a businessman who is believed to have brought infected poultry from abroad.

 第二次世界大戦以来初めて、モスクワ市民は包囲された町に住んでいる緊張感を味わっている。ただし今回包囲しているのはドイツ軍ではなく、鳥インフルである。先週土曜日(17日)、モスクワ周辺50キロ以内の地域の家庭で飼育している家きんで、H5N1鳥インフルが見つかった。
 月曜日(19日)、鳥インフルはさらに首都周囲で、他の4ヶ所でも発見された。そしてその後3ヶ所の町でも発生が確認された。
 合計448羽が鳥インフルで死亡し、3万羽にワクチンが接種された。
 モスクワ周辺で発生している全ての鳥インフルは、この2週間にモスクワの主要な動物市場で購入された家きんに由来している。市場は即刻閉鎖された。そして市場から半径5キロ以内が検疫ゾーンに設定された。保健当局によると、鳥インフルはモスクワ周辺の大きな家きん飼育場23ヶ所では発生していないと言う(モスクワの市場から感染した家きんを購入した、一般市民、または農家で発生している:訳者)。
 今回がロシアで初の鳥インフル発生ではないが、これまで首都近くに致死的ウイルスが接近したことはなかった。
 ロシアではこれまで人での感染事例の報告はない。
 先に発生したロシアでの鳥インフルは、渡り鳥によって引き起こされたが、この直近の事例は輸入された家きんによるものと考えられている。当局では海外からウイルスに汚染された家きんを持ち込んだと考えられている家きん商人を捜している。

EU May Need 2 Years To Prepare For Flu Pandemic  CBS 5, CA (米国) EU、パンデミック・インフルエンザ対策が完備されるまで2年間は必要
 EU各国のパンデミック対策の遅れを指摘。全参加国が対策を完了するまで2年間は必要である。ヨーロッパCDCが報告書中で伝えた。
2月22日

Moscow to implement avian flu vaccinations  ImediNews, Georgia  (グルジア) モスクワ、周辺の家きんに鳥インフルワクチン接種に
 ロシアの家きんは基本的に年2回鳥インフルワクチン接種を受けているが、ロシア獣医保健局は、モスクワ周辺の家きん100万羽に対して、鳥インフル拡大防止のために定期外予防接種を行う予定と発表した。( all birds near Moscow will soon be given free vaccinations to prevent an outbreak of the virus.)
Russian veterinary service predicts more H5N1 bird flu cases  Boston Herald, MA ロシア獣医保健局、H5N1鳥インフルのさらなる拡大を予想

FAO asks Nigeria to step up control measures against bird flu Hindu, India  (インド) FAO、ナイジェリアに鳥インフル対策の強化を求める
 国連のFAOは、国内に鳥インフルが拡大し続けているナイジェリアに対して、対策の強化を求めた。鳥インフルは国内の家きん販売を通じて拡大していると考えられている。農場における衛生対策、家きんと接触する歳の感染予防対策などを指導している。
鳥市場への立ち入り禁止勧告、北京五輪参加の豪州選手団に CNN Japan
 シドニー――オーストラリアのオリンピック委員会は、2008年の北京五輪大会に参加する豪州選手に対し、高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスの感染対策で、家禽(かきん)類市場への立ち入り禁止を勧告する、と述べた。
 また、選手村の食堂以外で食事する場合、調理の仕方などに十分な注意を払うよう促すとも語った。
 北京大会への豪州選手団は、史上最大となる507人前後に達する見通し。04年のアテネ大会は482人だった。このほか、スタッフ、役員ら約300人が加わる。
 出場が有望な選手やスタッフらへの感染症対策の講義が近く始まり、選手にはワクチン投与を求めるという。(AP)
 当情報に関しては他報道でも既報。 2月17日のニュージーランドの報道。
2月21日


Russia finds bird flu in new region, suspects more Reuters  (国際) ロシア、モスクワ周辺の鳥インフルさらに拡大、人での感染者はなし

Moscow Region authorities dismiss rumors of bird flu among humans RIA Novosti, Russia  (ロシア) モスクワ地域当局、人の間での鳥インフル発生の噂を否定
 モスクワ地域当局は、男性が鳥インフルで入院したという、インターネットの噂を否定した。
 男性は入院したが、診断は鼻炎であると説明している。
Russian Man in Hospital With Suspected Bird Flu — Report  MOSNEWS, Russia (ロシア) ロシアの男性鳥フル疑いで入院
 43歳の農夫が鳥フルに感染した疑いで病院へ入院したと、地元紙が21日報道した。
 報道によると、男性は母親とともに七面鳥をモスクワの市場で2月13日に購入し、自分の農場に連れ帰った。2月17日に七面鳥は突然死亡し、その後他の家きんも毎日のように死亡したと言う。
 20日朝、飼育している全てのガチョウが死んでいたため、獣医局に連絡した。その直後男性は発熱し、救急車を呼んだ。病院の医師は男性と母親を入院させ、また獣医は男性の農場を閉鎖し、農場と周囲を消毒した。
 男性の母親は検査の後、退院したが、男性は鳥インフル疑いで感染病棟に入院している。
 一方、20日、モスクワ地域保健監視官責任者は、モスクワ地域には鳥インフル発病者も疑い者も報告されていないと、記者団に語っている。
Bird Flu Outbreak Shuts Farms Near Moscow New York Times, NY (米国) モスクワ周辺の農場、鳥インフル発生で閉鎖相次ぐ

 モスクワ郊外の農場と市場が、週末に発生した鳥インフルのために閉鎖された。昨年冬と同じように西へ向かう渡り鳥によりウイルスが拡大してきた兆候と受け止められている。

 ロシア当局は18日に首都から30マイル以内の少なくとも6ヶ所の農場で、致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたことを確認した。全ての事例の家きんは、”鳥市場(Bird Market)”と呼ばれているSadovodの、モスクワで最も主要な生きた家きんを売買する市場で購入されている。
 市場の職員達は19日には、空になった市場内で警戒に当たっているとロイターは報じ、警察は発生した村を隔離し、人の出入りを制限すると共に、家きんを運ぶ車を探し、そのタイヤに消毒液をふりかけている。
 モスクワの検察官は、村人達が2月5日からSadovodで家きんを購入し始めたことを確認している。
 5000人以上の住民が健康状態の観察下におかれる(発病の兆候が現れるかどうかのチェック)。その中には感染した家きんに直接接触した20人の農場従業者も含まれている。この情報はロシアの主任疫学担当官である、Gennady Onishchenko氏による。また周辺の100万羽の家きんにワクチンを投与すると当局が発表している。
 連邦政府の農業担当官は国営テレビで、冬期間はロシアの家きんは室内で飼育されているから、(今後拡大する可能性は低いから)パニックに陥らないように、と語った。
 1月に、H5N1鳥インフルは、ロシア側黒海周辺のKrasnodarで見つかっている。12月以来、黒海周辺のロシアに近接する国で家きんや野鳥で、鳥インフルによる死亡が散発的に報告されていた:トルコ、アゼルバイジャン、そしてグルジアであるが、これらの国々では2005年から2006年の冬にかけて、渡り鳥が(H5N1)鳥インフルをもたらしている。
 今回のモスクワで発生した鳥インフルが、その発生様式から渡り鳥によるよりも、北方へトラック輸送される家きんが原因とも考えることは可能であるが、結論を出すにはまだ早すぎる。
 鳥インフルは他にもハンガリーと英国で発生しているが、原因は英国とハンガリーにある同一所有者の七面鳥農場間で行われた、ウイルス汚染生七面鳥肉のハンガリーから英国への輸出によると考えられている。
 昨冬早くに、ルーマニア、トルコ、アゼルバイジャンでH5N1鳥インフルが多発した。いくつかの事例では人にも感染し、死亡者もでている。後ほどの調査検討により、科学者達は、2005年5月に中国の青海湖で数千羽の野鳥が死亡した鳥インフル事例で、雁や他の渡り鳥がウイルスに感染し、それが繁殖地であるモンゴルやシベリアに運ばれ、そこから西方にウイルスが拡大したものと結論している。
 その秋、異常な低温の冬のせいもあって、南西部に飛来していった白鳥や他の野鳥が、ウイルスを黒海周辺、西ヨーロッパ、そして多分そこからさらにエジプトやアフリカに拡大したものと考えられている。
 さらに昨年2月には、イタリア、ギリシャで死亡した白鳥が見つかり、またフランスの湿原から近くの家きん飼育場へウイルスが拡大したことなどから、鳥インフルはさらに欧米の報道機関の注目を集め、多くのニュースが流された。また他の地域でも散発的発生が起こった:デンマーク、ポーランド、アフガニスタン、ミャンマー、パキスタン、およびヨルダン。
 これらの発生のほとんどは獣医当局者達により封じ込まれるか、自然に終息した。しかしながらエジプトとナイジェリアでは家きんの間で拡大を続けている。
 鳥インフルはまたアジアでも新しい動きを示している。パキスタンのイスラマバドの動物園では、クジャクとガチョウがH5N1鳥インフルを発症し、動物園が閉鎖されている。またラオスでも7ヶ月ぶりに再興している。これらはロイターの報道による。


Now in Moscow, bird flu continues extending its reach  International Herald Tribune, France  (フランス) モスクワで鳥インフルが拡大中
 モスクワ周辺の村での警戒態勢と、感染鶏を出荷したモスクワの市場の状況など。数千人の市民が健康状態の監視下にある。(一部の報道では検査を行うとあるが、詳細は不明)。
Thousands Get Tested For Bird Flu In Moscow  E Canada Now, Canada  (カナダ) モスクワ、数千人が鳥インフル検査
 Moscow (eCanadaNow) -

 モスクワ郊外で(鶏の間での)鳥インフルが発生したことから、現在数千人のロシア人が検査を受けている。
 鳥インフルが鶏農場で発生したが、保健当局はモスクワから30マイルの、少なくとも2農場で鶏が致死的H5N1ウイルスで死亡したことを確認した。
 ロシアのすぐそばで致死的H5N1鳥インフルが発生したのは初のことである。
Bird flu sparks lay-offs at factory New Zealand Herald (Subscription), New Zealand  (ニュージーランド) 鳥インフル発生英国農場で従業員が一時的解雇に(ペイオフ)
 
英国サフォークのBernard Matthewsの農場で、鳥インフル発生のため、売り上げが3~4割低下のため100人以上の従業員が一時的解雇に。
Bird flu discovery closes Pakistan zoo  ABCmoney.co.uk, UK (英国) 鳥インフル発生のパキスタンの動物園閉鎖
 パキスタン首都のイスラマバドの動物園で、死亡したクジャクとガチョウからH5N1ウイルスが検出されため、動物園は閉鎖された。既報。
Masked Workers Clean Up Bird Market The Moscow Times, Russia (ロシア) モスクワ、マスク着用職員が市場を消毒
 
モスクワ近郊の鳥インフル感染家きんが見つかった市場を消毒する職員

2月20日


鳥インフルで動物園閉鎖=パキスタン 時事通信 
 AFP通信が20日伝えたところでは、パキスタンの首都イスラマバードのマルガザル動物園で、鳥が高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染して死んだため、同日までに動物園は閉鎖された。
 この動物園では過去2日間でガチョウ5羽とクジャク5羽が死に、検査の結果、ウイルスが検出された。
Eight seats of bird flu reported in Moscow region Interfax-Religion, Russia (ロシア) モスクワ地域の鳥インフル発生、8地域に拡大
 モスクワ地域での鳥インフル発生は8ヶ所に増えた。地域の獣医局の報道官がインターファックスに発表した。
 ”75羽の死亡した鶏が、モスクワ郊外のRamenskoye町の個人的農場で見つかった。農場の所有者は、鶏はモスクワの家きん市場から購入したと言っている”、と報道官は語った。
 モスクワ地域で、午前十時までに、合計八ヶ所での家きんにおける鳥インフルが報告されている。そのように報道官は付け加えた。
Pakistan confirms bird flu in Islamabad zoo Washington Post, DC (米国) パキスタン、首都イスラマバドの動物園で鳥インフル発生
 パキスタンの首都イスラマバドの動物園で、4羽のクジャクと1羽のガチョウがH5N1ウイルス感染で死亡したことを20日、農業省の当局者が発表した。
 ”我々は検査を行ったが、全てH5N1ウイルスが陽性だった”、と食糧農業省の高官がロイターに語った。
 今回の事例は今年に入ってから4件目の事例となった。H5N1ウイルスは昨年パキスタンで初めて検出され、そのときは4万羽の家きんが殺処分された。
 動物園は閉鎖され、当局はさらに拡大していないか調査している。
Bird flu continues to spread in Moscow region Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 鳥インフル、モスクワ周辺で拡大
 H5N1鳥インフルはモスクワ周辺の家きんの間で広がっている。地域の農業局がItar-Tass通信に20日語った。

Laotian authorities detect new outbreak of bird Hemscott, UK (英国) ラオスでも鳥インフルが再興
 ラオス外務省は、7ヶ月ぶりにH5N1鳥インフルが発生したと発表した。
 首都から遠くないNonesavang村で112羽の家きんが死亡し、ウイルスが検出された。1000羽の家きんが殺処分され、家きんの輸送が禁止された。
 最後の発生は昨年の7月であった。
 人での感染者は知られていない。
鳥インフル防止へ鶏舍を緊急消毒 県畜産研究所養鶏研究部  中日新聞 
 国内外で鳥インフルエンザの被害が拡大しているのを受け、(岐阜)県畜産研究所養鶏研究部=関市迫間=は十九日、鶏舎周辺で緊急消毒作業を行った。
 同研究部では一万羽を超す肉用、卵用の鶏を飼育。研究用地九ヘクタールのうち、鶏舎二十五棟と周辺地の計五千平方メートルで散布を計画している。十三日から作業を始めており、二十八日までには完了させる予定。
 この日は、職員ら五人が、親鶏約二千三百羽のいる七号鶏舎周辺で作業。一平方メートル当たり約五百グラムの消石灰を、建物の周りの土へ一メートルほどの帯状にまいていった。
 県畜産課によると、県内の養鶏場は公営、民間合わせて二百三十六カ所あり、二百三十カ所で消毒作業を順次行っている。同課では「鳥インフルエンザが、いつ、どこで発生してもおかしくない今、ウイルスを媒介する野鳥の侵入を防ぐなど、対策に努めたい」と話している。
bird flu reaches outskirts of capital  Times Online, UK (英国) 鳥インフル、首都の近くまで接近
 モスクワ郊外の農場で鳥インフルが発生したため、昨夜、数千人の住民が検査を受け出した。
 保健当局は首都から49キロ離れた2カ所の農場で、H5N1ウイルスを検出した。さらに他の3カ所でも、死亡した鳥が鳥インフルの可能性があることから検査を急いでいる。
 ”医学的モニターは当該地域の5453人の住民に対して行われている。その中には感染した家きんに接触した20人の市民も含まれている”、とロシアの主任疫学担当官であるGennady Onishchenko氏が語った。
H5N1 bird flu came to Russia from Azerbaijan, Russian official stated  Today.Az, Azerbaijan (アゼルバイジャン) アゼルバイジャンから鳥インフルウイルスが運ばれてきたと、ロシア当局者は発表

Russia confirms 5 bird flu cases  CNN (米国) ロシア、H5N1鳥インフルの5事例を確認 

 モスクワのよく知られたペット市場が、最近ロシア周辺で発生しているH5N1鳥インフルの感染源となっていることが確認されたため、19日に閉鎖された。
 獣医当局は、モスクワ周辺でこの2週間に発生しているH5N1鳥インフルの5件の事例が、全て首都の Sadovod市場で買われた家きんに由来していることを確認した。
 ロシアにおけるH5N1鳥インフル発生は今年度2件目であるが、モスクワ近郊での発生は初である。
 保健当局者によると、予備的検査では、ウイルスはアゼルバイジャンやイラン周辺のものと同じだ、と説明している。
 動植物保健管理局の家畜監視部の責任者であるNikolai Vlasov氏は、ウイルスはコウカサスか中東から渡り鳥によってモスクワに運ばれてきた可能性が高いと語っている。

Thousands tested after Russian H5N1 outbreak  Times Online, UK  (英国) H5N1鳥インフル発生で、数千人が検査へ
 モスクワ周辺で発生したH5N1鳥インフルから人への拡大を懸念する当局では、周辺住民5453人、そのうち家きんと直接接触した人20人含む、を医学的監視下に置いている。主任疫学担当官が語った。
Popular Russian pet market the source of latest bird flu outbreak  News-Medical.net, Australia - (オーストラリア) 鳥インフル発生源となったモスクワの市場が閉鎖
 モスクワ周辺で最近発生した4地域でのH5N1鳥インフルが、全て一カ所の市場で買われた家きん由来であることが確認され、当該市場は閉鎖された。
 専門家達は、ウイルスはコウカサスか中東かあモスクワに渡り鳥で運ばれてきたと推定捨ているようだ。
Moscow to implement avian flu vaccinations  DailyIndia.com, FL (米国) モスクワで家きんへのワクチン接種へ
 モスクワ周辺の1万羽以上の家きんへワクチンを接種する予定であることが、ロシア当局者から発表された。
2月19日

モスクワでも鳥インフルエンザ確認、市場など閉鎖  CNN Japan
 ロシアの首都モスクワ郊外で死んだ鳥類が、高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染していたことが確認された。モスクワの近郊で鳥インフルエンザが確認されたのは初めて。農業当局は18日、市場などを閉鎖し、感染経路の調査に着手した。
 当局によると、モスクワ郊外で17日、市場で売られていた家きん類を含めた鳥類が4カ所で死んでいるのが見つかった。検査の結果、H5N1型ウイルスの感染が判明したという。
 ロシアでは18日現在、ヒトへの鳥インフルエンザ感染は発生していない。また、鳥類への感染は昨年、ウラル山脈やシベリアで見つかっていただけだった。
 当局の検査員が現在、市場などで家きん類への集団感染が生じていないかを、調査している。
Dead Poultry Traced to Russian Market phillyBurbs.com, PA  (米国) 致死的鳥インフル、ロシアの市場に由来
 ロシア当局は、モスクワ地域におけるいくつかのH5N1鳥インフル発生が、一カ所の市場に由来していることをつきとめた。ウイルスはH5N1ウイルスであることは17日に確かめられている。
 死亡した家きんは、さらに第4、5の場所でも発見されている。
 当局は市場の感染した家きんの由来もとを調査する。

 鳥フル発生農場の数人の従業員は病院に入院して医学的観察下にあるが、現在、特に健康問題は生じていない。

Grocery Industry Prepares for Bird Flu  Lakeland Ledger, FL ((米国) 食料雑貨業界、鳥フルのパンデミックに備える *全米ニュース
 AP通信
  
 食べ物を調達するには、食べ物で満ち溢れている食料品店へ行けば、いとも簡単に手に入れることができる。
 「近所に三軒の食料品店があれば、簡単なことである。」とオマハのベッキー・ジョーンズは語っている。彼女は、3人家族のために週に1回、食料をまとめて購入している。
 米国が新型インフルエンザによるパンデミックとなった場合は、新鮮な果物、野菜、肉、パン、牛乳、その他の生活必需品は購入できるのだろうか?
 州と連邦政府の担当者が、レストランやファーストフード店など不特定多数が集まる施設の利用を禁止した場合に、利用者たちは自宅での食事のための食料品を手に入れることができるだろうか?
 ジョーンズにとって、食べ物を手に入れる手段がないといった予測は、恐ろしいことである。彼女は、多くの人たちが手元に3~4日間分の食べ物しか保管していないと話す。
 水、エネルギー、医療機関のような社会の基盤として重要な産業とは異なり、食品産業は災害対策計画の策定の際に、州や連邦政府から多くの支援を受けていない。
 多くの従業員が発病することにより、店舗運営に影響を及ぼし、食料の供給が途絶えるため、その対策については、各スーパーマーケットチェーンと卸売業者に重くのしかかっている。
 「食品業界は、緊急時の対策を通じて積極的に対応を考えているので、パンデミックが発生したとしても、業界では十分対応できる。」とティム・ハモンド氏(the Food Marketing Instituteの社長)は語っている。

 米国保健福祉省は、鳥インフルエンザH5N1がヒト-ヒト感染が容易に起こるように変異した場合は、人口の1/3が発病するものと予測している。
 そのようなことが実際に起きえるのか、また、適切に加熱調理された鶏肉や卵を食べて感染した人間がこれまでいたのかどうかも明らかになっていない。
 しかし、国家安全保障省は、パンデミックが発生した場合には、労働者の長期間欠勤者が40%に達するものと予測している。ハモンド氏は、小売りの食料品店が労働力の減少と、卸売りからの食品調達困難に立ち向かうことになるだろうと語っている。

 食品産業と農業は、パンデミックの期間において、社会機能として維持されるべきものとして、13の重要な社会基盤産業の中に挙げられている。
 「電気、水道、食料はパンデミックのような国家的危機の期間中、非常に重要となるため、これらの社会的に重要な機能は維持しなければならない。」とキース・ハンソン氏(Nebraska's Center for Biopreparedness Educationの奉仕活動のコーディネーター)は語っている。
 ハンソン氏は、地元企業とともに、対応計画の検証を支援している。また、彼は、ワシントンでの公衆衛生予防サミット(公衆衛生担当者の危機対策に関して毎年開催される会議)で対策の検証が重要であるとことを提言する予定となっている。今年は、2月18日から2月23日まで開催されている。
 ハンソンは、電気と水道といった生活するうえで必須な社会機能の維持継続が最も重要であり、また、食料品店も非常に重要であると語っている。なぜなら、国民はほとんど手元に食べ物を保管していないためである。
 農務省の報告によれば、米国国民は、以前にも増して外食に頼っている。外食にかける費用は、1974,年における全食費の34%から、2004年には50%に上昇している。
 パンデミックによって、外食から自宅で食事するように移行するだろうと前述のハモンド氏は語っている。
 Hy-Vee, a West Des Moines,Hy-Vee、(中西部で200以上の店舗を展開しているアイオワを拠点とするスーパーマーケット)は、鳥インフルエンザの発生に備えた対策を策定していない。しかし、会社のスポークスマンであるCris Friesleben 氏は、the Food Marketing Instituteを通じた対応により可能であると語っている。
 「食料供給は、社会のために不可欠なものである。」とハモンド氏は語っている。
 現在、卸売業者と小売店が製品供給の代替手段について生産側と協議している。また、薬品や主な食品のように、パンデミックの状態においてニーズが高くなる製品について予測を立てている。
 オハマを拠点とするConAgra Foods Inc のスポークスマンであるステファン・チャイルズは、国家的災害発生時における事業計画を策定するために、1年前以上から会社の特別委員会が組織されていると語った。
 計画は、明確に新型インフルエンザ対策としてであり、流行地域でどのように会社が対応することができるのかを検討していると彼女は語っている。
 ConAgraは、国内で最大の食品会社であり、さまざま種類の食品ブランドを持っている。
 会社は、27,000名の従業員を抱えているが、国家安全保障省では、パンデミックの期間中、16,200名まで労働力が低下すると予測している。
 チャイルズ氏は、そのような労働力不足と工場の稼動が困難となることが可能性のある問題として会社の中で特定されたと話している。また、彼女は、会社がこのような問題をどのように取り扱うのか明らかにしなかった。
 連邦政府と公衆衛生部局は、パンデミックの期間中、多数の国民に缶詰食品やドライフルーツのような長期間保存できる食品の保管を勧めている。
 前述のジョーンズさん(オマハの女性)は、それらは必要であるが、低収入の人たちには備蓄は困難であるかもしれないと懸念していると語った。
 彼女は、政府が食品業界のパンデミック対策を指示するまでには至らなかったが、「ある種の警告を与える必要がある」と語った。

Government Recommends Food Stockpiles WTOP, DC  (米国) 政府、食糧備蓄を勧める
 米国政府は市民に、鳥フルがパンデミックになった際に必要な保存可能な食料品と、家庭生活に必要な用品の備蓄を促している。 (AP)
_ canned goods, including meat, fish, fruit, vegetables, beans and soup
_ fruit bars or dried fruit
_ cereal or granola
_ peanut butter or nuts
_ crackers
_ canned juices
_ bottled water
_ vitamins
_ soap
_ toilet paper
_ flashlight
_ portable radio
_ batteries
_ manual can opener
Source: U.S. government, http://www.pandemicflu.gov/index.html

2月18日

Deadly Bird Flu Strain Found Near Moscow  Dateline Alabama, AL  (米国) モスクワ近郊で4件目のH5N1鳥フルが家きんで発生の疑い
 モスクワ郊外で4件目のH5N1鳥フルが家きんで発生した疑いがあることを、18日、当局が発表した。家きんの集団死亡が、モスクワ北部のTaldom地区で見つかった。ウイルス検査が行われている。
"Bangladesh at risk of bird flu attack"  Malaysia Sun, Malaysia  (マレーシア) バングラディシュ、鳥インフル発生の危険性
 17日、バングラディシュの暫定政府の保健顧問は、周辺国で鳥インフルが発生していることから、バングラディシュ国民の鳥インフルエンザに感染する危険性が高いと警告した。
 インドとミャンマーではウイルスは既に検出されているが、バングラディシュはその地理的特性から言って危険性は否定できないと、説明。
 Thankurgaon 地区で、3人の家族メンバーが原因不明で死亡したことが報告されたが、専門家チームは、鳥インフルとは無関係であると発表している。
Russia confirms bird flu deaths  TVNZ, New Zealand  (ニュージーランド) ロシア、家きんでの鳥インフル死亡を確認
 モスクワ周辺の家きん農場は、首都近くの2農場で致死的H5N1鳥インフルが発生したことから、厳格な拡大防止態勢に入った。
 ロシア家畜農作物監視局(Russia's animal and plant health watchdog)のRosselkhoznadzorは、モスクワ近くの二カ所の村で見つかった死亡した家きんから(H5N1)ウイルスが検出されたと発表した。
 人での感染者は報告されていない。
Hungary turkey meat 'was source of bird flu'  Yorkshire Post Today, UK  (英国) ハンガリーの七面鳥肉が、英国の鳥インフルの源
 政府は昨日(16日)、サフォークの七面鳥農場で発生したH5N1鳥インフルは、渡り鳥により発生した可能性は低く、ハンガリーから輸入した七面鳥の肉によりもたらされた可能性が極めて高いと結論した。
Russia confirms two H5N1 bird flu cases Scotsman, UK  (英国) ロシア、H5N1鳥インフルの2事例を確認

 保健当局者が検疫地域を出る車両に消毒剤をかけている。モスクワ南方20キロにある鳥インフルが発生したPavlovskoye村。2月17日。


Russia confirms two H5N1  The West Australian, Australia  (オーストラリア) ロシア、2地域でH5N1鳥インフルを確認

World moves closer to having bird flu vaccine: WHO Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフルワクチンの実用化が進む:WHO

 WHOは16日、鳥インフルのパンデミックに対して使用出来るワクチンの実用化が顕著に進んでいるが、その一方、世界全体で必要な量を製造する能力はいまだない、と発表した。
 少なくとも、米国、ヨーロッパ、そしてオーストラリアの3地域における製造会社が現在、人を感染死させたH5N1ウイルス5株のうち2株に対するワクチンの承認を求めている。 …
 
 昨日のXinhua(新華社)と基本的に同じ内容。ソースはロイター。


Russia confirms two H5N1 bird flu cases Swissinfo, Switzerland  (スイス) ロシア、2地域でH5N1鳥インフルを確認

H5N1 Bird Flu Strain Confirmed in Moscow Washington Post, DC (米国) モスクワでH5N1ウイルスが確認


 H5N1ウイルスが家きんから発見された家
 モスクワの郊外の2地域で発見された死亡家きんから、H5N1ウイルスが検出されたことが17日、農業監督局から発表されたが、モスクワ近郊では初の鳥インフル発生となった。

 連邦農業監督局(federal agricultural oversight agency)の報道官であるAlexei Alexeyenkoは、モスクワ南方のOdintsovo とDomodedovoの2地区で発見された数十羽の死亡家きんからH5N1ウイルスが検出されたことを、AP通信に語った。
 同氏によると、さらにPodolskでも44羽の家きんが死亡し、ウイルス検査結果を待っていると言う。
 ロシアは2005年にシベリアでH5N1ウイルスを初めて検出し、その後鳥インフルはさらに西部へ拡大したが、ほとんどは南方のモスクワから離れた地域であった。
 ロシアではこれまで人の感染例は報告されていない。
 WHOによると、2003年末にアジアの家きん農場で発生して以来、H5N1ウイルスは少なくとも世界で167人の人を殺している。
 ウイルスは未だ人に容易に感染しないが、世界中の保健当局では、ウイルスが変異して世界的パンデミックを起こす可能性があることから警戒している。
2月17日


Russia to determine bird flu strain by Sunday Reuters AlertNet, UK  (英国) ロシア、18日までに鳥インフルウイルス株を判定と
 ロシアのモスクワ周辺の農場で発生した鳥インフルのウイルスが、H5N1ウイルスかどうかに関して18日夜までに結論がでると、17日、当局から発表された。
 農場の従業員には何等症状はでていないが、念のために病院へ入院させられている。
 現在家きんのウイルス検査が行われていて、18日夕方以降にH5N1ウイルスかどうか結果がでる、と家畜監視局の責任者がロイターに語った。
Australian athletes get the needle Radio New Zealand, New Zealand  (ニュージーランド) オーストラリア、北京オリンピック参加選手にワクチンを接種の予定

Australia is preparing a major immunisation programme for athletes competing at next year's Beijing Olympics to protect against infectious diseases including bird flu and respiratory problems associated with pollution.

The Australian Olympic Committee (AOC) said they were satisfied Chinese officials were taking enough precautions to protect the health of visiting athletes but Australia would proceed with their own programme as an additional safeguard.

"This is simply a precautionary measure to ensure the athletes don't fall ill before or during competition," AOC president John Coates said in a statement released on Saturday.

"We have a responsibility to provide our athletes with adequate protection while they compete for Australia at the Games."

Coates said around 1,000 potential team members would be offered vaccinations for hepatitis, typhoid, polio, tetanus, whooping cough and diphtheria, measles-mumps-rubella and influenza during a six-month immunisation period.

 オーストラリア・オリンピック委員会は、来年の北京のオリンピックに参加する選手に鳥インフルや大気汚染物質に起因する呼吸器障害を含む、各種感染症を予防するために予防接種計画を準備している。

 委員会によると、約1000人の参加者に対して、肝炎、チフス、ポリオ、破傷風、百日咳とジフテリア、麻疹・ムンプス・風疹、そしてインフルエンザ・ワクチンを6ヶ月間の接種期間を設けて提供される。

Indonesia Offering Samples of Bird Flu for Vaccines New York Times, NY (米国) インドネシア、鳥インフルウイルスをワクチン作成用に提供の予定
 先月早くにインドネシアはWHOに分離ウイルスの提供を中止した。理由は、そのウイルスで作成されたワクチンが高価で、提供した貧しい国家は入手出来ないことが理由だった。
 調整に入っていたWHOの伝染病対策責任者のDavid L. Heymann博士は、作成ワクチンを如何にして発展途上国に提供するか検討することを約束して、インドネシアからのウイルスの提供を確認した。
 来月、アジア各国が集まってその保証に関して話し合う。
Bird flu claims the life of 13th Egyptian  Scotsman, UK  (英国) エジプトで13人目の鳥インフル死者、および22人目の感染者発生
 鳥インフルで治療中だった37歳エジプト女性が死亡したことを16日、エジプト当局が発表した。同国での鳥インフル死者数は13人となった。
 さらに北部ナイルデルタ地区のel-Sharqiya県で(5歳)少年が検査で鳥インフル感染が確認された。
 今回の事例で、エジプトでは22人が鳥インフルを発病し、13人が死亡した。死亡者のうち12人は女性である。女性が放し飼いの家きんの世話をし、また”と殺”して、調理する役割を担っていることが原因と考えられる。
WHO: Bird flu virus could be ready in three months  Radio Australia, Australia (オーストラリア) WHO:鳥インフルワクチンは3ヶ月で準備が可能
 専門家による2日間の会議が終了し、会議の議長の Ian Gust氏は、記者団に、この15ヶ月間におけるワクチン開発の進歩は著しく、前例のないほどの成果が上がっている、と語った。
 同氏によると、最善のシナリオでは、製造会社が3ヶ月でパンデミックワクチンを製造することが可能かもしれないと語った。
 しかしながら、そのためには環境内で必要要因が完璧に揃い、多くの障害が取り除かれる必要がある、と付け加えている。
WHO reports promising results on bird flu vaccines Xinhua, China (中国) WHO報告:(人用)鳥インフルワクチンは十分有望
 WHOは16日、H5N1鳥インフルに対する人用ワクチンは、十分期待がもてる結果がでていることを発表した。
 10カ国で16社が致死的H5N1ウイルスに対するプロトタイプ・ワクチンを開発中であることをWHOは、発表の中で伝えている。
 現在40以上の臨床試験が完了、または進行中で、全ワクチンは安全で、検査対象となった全年齢で重大な副作用は認められていない、と説明している。
 
 発表文によると、WHOが主催した「パンデミック・インフルエンザ・ワクチン開発の進歩」と題した会議がジュネーブで2日間の予定で開催され、終了した。
 ”新しく開発されたワクチンがH5N1ウイルス株に予防的免疫効果を持つことが、初めて今回の会議で確認された。ワクチンの中には低濃度で効果を持つものもあり、それはパンデミックに際し、多くの人々を対象にワクチン接種が可能となることを意味する”、とWHOは伝えている。
 今回の会議はこの2年間で3回目の会議となるが、その目的はパンデミック・インフルエンザに対する候補ワクチンの開発を調査することである。
 100人以上の専門家が、研究組織、国家および地方公衆衛生機関、製薬会社、国家調整機関等から参加している。
 勇気づけられる状況ではあるが、WHOは、世界的に十分製造出来るだけの能力はいまだないことを強調した。
 世界の最近のワクチン製造能力は年間4億人とされる。
 WHOは2006年に、今後10年に亘り、100億ドルの予算でワクチン供給量増加させる計画を発表している。  
Bird Flu Kills Russian Poultry  newswire.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) 鳥インフル、ロシアの農場で発生

Bird flu kills poultry in Moscow  The Age, Australia (オーストラリア) 鳥インフル、モスクワの家きんで発生
 下記ロイター。
H5N1 kills poultry in Moscow area-RIA  Reuters.uk, UK  (英国) 鳥インフル、モスクワの家きんで発生

The H5N1 strain of bird flu has killed poultry in the Moscow region for the first time, Russia's chief sanitary expert and head of a consumer watchdog was quoted by RIA news agency as saying.

"The pathogenicity of this virus for people has not been confirmed. Vets have detected it; they confirm it is the H5N1 strain," Gennady Onishchenko said.

Last month Russia recorded its first cases this year of the H5N1 strain in dead domestic birds, detected in the southern Krasnodar region.

Russia recorded more than 90 cases of bird flu last year.

Most were in southern regions, particularly the North Caucasus area that borders Georgia and Azerbaijan. Several cases were also found in the Siberian regions of Novosibirsk and Omsk.

The virus was detected in a house in the Pavlovsky settlement of the Domodedovo area near Moscow. The house was being disinfected, Onishchenko said.

Workers on two farms near Moscow have been taken to hospital suspected of having the bird flu, Interfax agency cited the acting governor of the Moscow region, Alexei Pantelyeyev, as saying. He added that a few dozen birds had been culled.

Health experts fear the H5N1 virus could mutate into a form that passes easily from human to human, sparking a pandemic that could kill millions. The virus has killed 167 people worldwide since 2003, mainly in Asia.

No human cases have been recorded in Russia. Five people have died from eight cases in neighbouring Azerbaijan.

H5N1ウイルスによる鳥インフルがモスクワ地域で初めて発生した。ロシア主任保健専門家と消費者協会(consumer watchdog)の責任者の談話として、RIAニュースが伝えた。
 ”このウイルスの人に対する病原性は確認されていない。獣医がウイルスがH5N1ウイルスであることを確認したばかりだ”、と主任保健専門家のG.Onishchenko氏は語った。
 先月、ロシア南部のKrasnodar地域で死亡した家きんから、H5N1ウイルスが今年度初めて検出された。
 昨年度ロシアでは、90事例以上の鳥フルの発生をみている。
 ほとんどは南部で、特にグルジアとアゼルバイジャンとの国境に近いノース・コーカサスで多くみられた。数例はノボシビシスクやオムスクでもみられた。

 今回の事例は、モスクワ近くのDomodedovoのPavlovskyで発生した。農家は消毒された。
 農場での従業員は鳥インフル感染を疑われて、病院へ運ばれ検査を受けている、とインターファックスは報じている。
 ロシアでは人の感染事例は報告されていないが、近隣のアゼルバイジャンでは8人発病し、5人死亡している。

 
WHO says Indonesia helped raise awareness about need for an ... Boston Herald, MA (米国) WHO、鳥インフルワクチンの適切な配分の必要性をインドネシアが提唱と

Indonesia to Trade Flu Virus for Vaccine  Wyoming News, WY (米国) インドネシア、鳥インフルウイルスをワクチン用に取引
 国際社会に分離H5N1ウイルスを提供することを拒んでいるインドネシア政府は、WHO関係者と話し合い、提供ウイルスを用いて作成されたワクチンが、提供国と発展途上国にも、公平に配分されることを条件に、ウイルスの提供に合意した。
 しかし、インドネシア保健相によると、3月に開かれる予定の、アジア太平洋地域関係数カ国による”鳥インフルワクチンの公平な配分等”についての会議で結論がでるまでは、分離ウイルスは提供されない。
Indonesia agrees to resume sharing sample bird flu viruses with WHO News1130, Canada  (カナダ) インドネシア、鳥インフルウイルスをWHOに提供することに合意
 自国で分離されたウイルスを国際社会に提供しても、先進国の企業で開発されるワクチンは高価で、ウイルスを提供した発展途上国で用いることは不可能なことから、本年当初からウイルスを国外に提供することを拒否してきたインドネシアは、WHOとの話し合いで、ウイルスをWHOに提供することに合意した。
 インドネシア保健大臣は、これまでWHOが裕福な国家側と歩調を合わせてきたことを指摘し、今後開発ワクチンが発展途上国にも十分安価な価格で出荷されることを条件に、ウイルス提供に合意した。
 WHO側も開発ワクチンが、発展途上国にも公正に分配される方法等について、今後検討してゆくことを約束した。
 現在、世界10カ国の16社がH5N1ウイルスに対する人用ワクチンを開発している。
Bird flu detected near Moscow, strain yet unknown  ITAR-TASS, Russia  (ロシア) 鳥インフル、モスクワ周辺で発生
 モスクワ近郊の2カ所の農場で鳥インフルウイルスが検出されたため、モスクワ地域の全家きん農場は厳格な検疫下に置かれた。モスクワ地域知事がItar-Tassに発表した。
 発表によると、家きん農場への出入りは制限され、地域の人々は医学的健康監視下に置かれた。
 (感染)家きん農場周辺に出現した全ての野鳥は撃ち落とされる。
Egyptian woman with bird flu dies: health official Scientific American  (米国) 鳥インフル発病のエジプト女性死亡:当局発表
 鳥インフルで治療中だった37歳エジプト女性が死亡したことを16日、エジプト当局が発表した。同国での鳥インフル死者数は13人となった。
2月16日

宮崎・日向市の野鳥も「シロ」 鳥インフル検査 朝日新聞 
 
UK says bird flu most likely spread from Hungary imports Reuters.uk, UK  (英国) 英国、鳥フルはハンガリーからの輸入肉で拡大した可能性が最も高いと発表
 英国環境食料農業局(Department for the Environment, Food and Rural Affairs;Defra)は、9日、サフォークの鳥インフルは、ハンガリーから輸入された家きん産物からウイルスが拡大した可能性がもっとも高いと発表した。
 Defraはさらにヨーロッパ最大手の七面鳥生産会社のBernard Matthewsが、英国とハンガリー間における一時的家きん産物移動停止を、本日夜半に解くだろうと発表した。
Roche Seeks OK for Child-Sized Tamiflu  WTOP, DC (米国) ロシュ社、小児サイズのタミフルを認可申請
 スイスのロシュ社は小児サイズの30mgと45mgのタミフルカプセルを、ヨーロッパ医薬品局( European Medicines Agency)に申請した。まもなく米国FDAにも申請予定と発表した。
 これまでは75mgのカプセルだけだった。
 タミフルはインフルエンザの症状を38%軽減し、また肺炎等の合併症を予防する。
Turkish authorities confirm H5N1 bird flu virus in fowl in several ... Today.Az, Azerbaijan (アゼルバイジャン) トルコ南東部の数カ所の村で、家きんにおけるH5N1鳥インフルが発生
 今月初めにBogazkoy村でH5N1ウイルスが検出されたが、さらにDiyarbakir州の3村の家きんでウイルスが検出されたと当局が発表。
US wild-bird survey finds no evidence of H5N1 Reuters (国際) 米国、野鳥調査でH5N1ウイルスを検出せず

 米国で調査された野鳥75000羽(カモ、カモメ、他)から高病原性H5N1ウイルスは検出されなかったことが、関係当局から発表された。(2006年4月以降)。
 カナダも類似の調査を行ってきたが、やはり高病原性H5N1ウイルスを検出していない。
 低病原性H5N1ウイルスがいくつかの州で発見されたが、このウイルスは明らかに鳥にも人にも病原性は示さない。

 専門家達はウイルスが渡り鳥を介して米国の鳥に、アジアのいくつかの国のように、感染する可能性を危惧している。
 
*訳者注:2月14日に、2万数千羽の結果が加えられ、合計95,131となっている。

詳細ページ

Continuing watch against bird flu  ABS CBN News, Philippines (フィリピン) フィリピン、鳥フル警戒を継続せよ
 論説

 フィリピンでは検査で未発見。
 最近の世界での動向では、渡り鳥よりも家きんの不正売買が鳥フル拡大の原因の可能性と言われる。
 他。
Possible bird flu case in Diyarbakır Today's Zaman, Turkey  (トルコ) トルコで鳥フル発病疑い女性
 Batman州のDoluca村の67歳女性が1週間前に鳥フル様症状を呈して入院、現在検査中であることが、14日、当局から発表された。血液検体がアンカラに送られている。患者の住む村はH5N1ウイルスが検出された3村の1つである、 Esentepe村に近い。
 7人の村人が鳥フル感染を疑われて短期間入院したが、検査で陰性だった。

Nasal Flu Vaccines Provide 'Double' Immunity, Carrington Labs Says  PR Newswire (press release), NY (米国) 鼻スプレーワクチン、二重免疫効果
 米国カリングトン社のデルサイトバイオテクノロジー社では、鼻腔スプレー式のインフルエンザワクチンを開発中であるが、臨床試験によると、鼻腔粘膜に対する局所的免疫と、全身に吸収されてから効果を発揮する全身免疫の二重効果があることが発表された。免疫力の低い低年齢層に対しては、特に前者が有用と考えられる。
 同社はH5N1ウイルスに対する同様ワクチンも開発中である。
TOP