高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
2月15日

Egyptian woman tests positive for bird flu- WHO  Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト鳥フル女性検査で陽性に-WHO
 37歳エジプト女性が鳥フル検査で陽性となり、同国での21人目の感染者となった。14日WHOが発表した。
 女性はFayoum県に住んでいて、Abbasiyaの病院へ移送された。状態は良好である。
 Fayoum県では先月、17歳少女が死亡している。
 女性は家庭で家きんを飼育していて、感染した家きんに接触したあと発症し12日に入院した。
Seasonal Flu Shot Might Offer Some Bird Flu Protection Consumer Affairs (米国) 季節性インフルエンザワクチンが鳥インフル予防効果をもつ可能性
 昨日も報告されている聖ユダ小児研究病院のチームによる研究。
Experts fear bird flu may spread during Lunar New Year ... CBC News, Canada (カナダ) 専門家、旧暦正月に鳥フルが拡大することを懸念

Experts Fear Bird Flu's Spread in Asia Wyoming News, WY  (米国) 専門家、アジアでの鳥インフル拡大を懸念
 
UN expert links poultry trade to bird flu AngolaPress, Angola  国連専門家、家きん売買が鳥フル拡大の原因と
 国連インフルエンザ主任調整官のデービット・ナバロ博士の談話。渡り鳥によりウイルスが拡大していた昨冬と違い、今冬は家きん売買によって鳥フルが拡大していると考えられる。
2月14日

EGYPTIAN WOMAN TESTS POSITIVE FOR BIRD FLU - WHO Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト女性、検査で鳥フル陽性
 37歳エジプト女性が鳥フル検査で陽性であったとWHOが発表した。
Two more dead birds have H5N1 in HK  Shanghai Daily, China (中国) 香港、さらに2羽の死亡した野鳥からH5N1ウイルスが検出
 香港の繁華街でさらに2羽の死亡した野鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出された。これで本年度10羽となる。
 香港の繁華街であるMong Kokで死亡した鳥が先週発見されていた。
Bird flu most likely to infect and kill young people  OCRegister, CA  鳥インフルは若い世代で発症し、死亡させる傾向が強い
 WHOの最近まとめた疫学統計では、鳥インフルの発症者の90%が40歳以下で、その60%が死亡している。…
 2月12日にロイターが既報。
St. Jude: Flu vaccine may also protect against bird flu  Milwaukee Business Journal, WI  (米国) 聖ユダ小児研究病院:季節性インフルエンザワクチンは、鳥インフルにも効果の可能性
印刷用ファイル
 もし世界で鳥インフルのパンデミックが起きたなら、毎年インフルエンザワクチンを接種している人々は軽症で済む可能性がある。
 毎年作成されるインフルエンザワクチンは、最も流行する可能性のある株を用いて作成される。規則的に加えられる抗原として、ウイルスのN1タンパクがあるが、それによって産生される抗体がH5N1ウイルス、または鳥インフルを攻撃する可能性が、聖ユダ小児研究病院の研究者によって報告された。
 ”季節性インフルエンザに対するワクチンが、間違いなくH5N1ウイルスから人々を守ることが出来るかについては、結論はまだ出せない”、と聖ユダ小児研究病院の感染症部門ウイルス部のリチャード・J・ウエビーは慎重に説明しているが、”しかし我々の得た初期の研究結果は、この方向性の研究は価値がある可能性を示唆している”、と付け加えている。
 ウエビーは、2月13日発行の、オンライン医学雑誌PLoS Medicine at www.plosmedicine.org
に掲載の論文の筆頭著者である。
 鳥インフルウイルス表面のN1タンパクの量は広く変動しているが、通常、H5タンパクに覆われている。しかしN1タンパクを攻撃する抗体が、ある程度の量のウイルスに作用出来るならば、それは結果的に鳥インフルを軽症に終わらせる可能性がある。
 一本のタイヤに穴が開くと、車は止まるように。
 もし聖ユダ病院の初期の研究が確認されるならば、毎年作成されるインフルエンザワクチンに、N1タンパク(抗原)の量を増加させる研究につながる可能性がある。
 
British, Hungarian bird flu outbreaks linked  Reuters.uk, UK (英国) 英国とハンガリーの鳥インフル発生はリンク
 英国とハンガリーで検出されたH5N1ウイルスは遺伝学的にほとんど同一で、英国へのウイルス侵入は家きんから家きんの感染によるものと推定されることが、英国政府から13日発表された。
 英国政府のこの発表は、ハンガリー政府が自国の家きんが英国へウイルスを運んだ証拠は無いと発表した日に行われた。
Bird flu strains almost identical  BBC News, UK  (英国) 鳥インフルウイルス株はほぼ同一
 英国とハンガリーで見つかったH5N1ウイルスは、本質的に同一である、と英国の科学者は確認した。
 政府の主任獣医は、サフォーク、ホルトンのBernard Matthews社の養鶏場で分離されたH5N1ウイルスは、ハンガリーのガチョウで発生した鳥インフルのウイルスと99.96%同一であると発表した。
 家きんの不正売買の事実は見つかっていない。
Imported festival food safe, assures health chief  The Standard, Hong Kong  (香港) 旧暦正月用食品は安全、保健長官が保証
 旧正月用に広東省から輸入される食品は、香港基準に適合したものに限るので、鳥インフルの心配はない。広東省で生産されている食品の40%以上は香港基準に適合していないが、香港出荷用食品は、本土内出荷とは別なシステムで扱っている。
Don't spread panic about bird flu, WHO urges media Reuters  (国際) 鳥インフルのパニックを引き起こさず、正しい情報を!:WHOメディアに要求
 エジプトのWHO地域メディア・アドバイザーが地域のメディアと国際報道機関に、鳥インフルの正しい情報を伝えるように要求。決してパニックを引き起こし拡大させるのではなく。
 誤った情報が流れている:ワクチン接種はあくまでも家きんに対してであり、人に対するワクチンは存在してない…。
2月13日

Exposure to seasonal flu, maybe flu shot, may help protect against ... National Post, Canada (カナダ) 季節性インフルエンザ感染、もしくはインフルエンザワクチン接種が鳥インフル感染を予防の可能性
 基本的に下記と同内容。後程掲載。
Study suggests possible bird flu immunity  Reuters.uk, UK (英国) 研究:インフルエンザワクチンが、鳥インフルの重症化を抑える可能性が示唆
 米国聖ユダ小児研究病院のチームがマウスを使って、H1N1インフルエンザワクチンを接種したマウスが、その後H5N1ウイルスを接種された場合、死亡率が半分に下がるという結果。
 先にWHOが発表した疫学統計で40歳以上の死亡率が低い説明ともリンクするデータ。
 すなわち40歳以上ではH1N1株に対する抗体を保有していることが、H5N1死亡率を下げている可能性。
 詳細

Bird Flu Deaths In Indonesia Reach 65  Bernama, Malaysia (マレーシア) インドネシアでの死者数65人に
 西ジャワのガルートで11日早朝に20歳女性がSlamet 病院で鳥インフルで死亡したが、同日夕方に9歳少年も同病院で死亡した。
 女性は入院当初には肺炎を起こし重体だった。病的家きんとの接触が感染の原因と考えられている。
 少年は10日に病院へ連れてこられたが、家族が一旦家に連れて帰り、11日朝遅くに入院したという。
Bird flu is linked to global trade in poultry  International Herald Tribune, France (フランス) 鳥インフル発生は国際間の家きん売買で関与
 今年度のまばらに発生を続けている鳥フルは、家きんの密輸や不適切な貿易によって発生していると、科学者達は考えている。これらには、たぶん、ナイジェリアやエジプト、さらに英国の七面鳥農場での大発生が含まれる。
 昨年の冬は渡り鳥が、ヨーロッパとアフリカに鳥インフルウイルスを運んだと考えられた。死亡した白鳥やカモがオーストリア、フランス、イタリア等で発見された。
 ”我々の多くは、家きん売買の(鳥インフル発生に対する)役割を過小評価していた”、とFAOの家畜繁殖保健部(Animal Production and Health)のサミュエル・ジュチ長官が語った。”このウイルスの動態は昨年と異なっている”。
 今冬、これまでに野鳥により発生した鳥フル事例はない。また強化した警戒態勢にも関わらず、ヨーロッパとアフリカで感染した単独の野鳥は見つかっていない。
 世界中のほとんどで、昨年同期に比べて鳥インフル発生数は非常に少ない。ヨーロッパでは1月にはハンガリーで1事例のみで、今月英国サフォークの七面鳥農場で発生しただけだ。
 最終的結論は得られていないが、FAOと英国の調査員達は、家きん売買がこれらの鳥フル発生の原因と推定している。
 …
Hong Kong on Alert for Bird Flu as Demand for Chicken Rises During ...  Voice of America (米国) 香港、鶏肉消費量が高まる旧正月に警戒
 今月18日から始まる旧正月の祝いで、鶏肉消費量が高まることから、香港行政府は鳥インフル発生に警戒している。
 通常、毎日2万羽の鶏を中国本土から輸入しているが、旧正月の1週間前からそれを8万羽に増加している。
 市場では生きた鶏が取り扱われるので、鳥インフルが人に感染する機会が増す可能性が高いことから、当局では警戒している。
Turkey plant permitted to restart after bird flu  Reuters.uk, UK  (英国) 英国、七面鳥加工場再開を許可に
英国環境省は、12日、東イングランドの、鳥インフル発生後閉鎖されていた七面鳥”と殺場”の再開を許可した。
 ヨーロッパ最大手の七面鳥生産企業であるBernard Matthewsは、13日にプラントの再開を予定していると発表した。同プラントは今月初めに、近くの七面鳥農場で鳥インフルが発生し、16万羽の七面鳥が殺処分された後に閉鎖された。
 環境省報道官は、”肉加工衛生業者(The Meat Hygiene Service)のライセンスが再発行され、と殺が再開される”、と発表し、”と殺場の中の関連施設は、公衆衛生標準に適合するように洗浄、消毒が行われた。公衆に対する危険性はない”、と付け加えた。
 当局では、鳥インフルの人に対する危険性は、生きた鳥を扱う場合のみであると、言っている。
 しかし、最近、狂牛病や口蹄疫発生時の不適切な対処で非難されている政府は、今回の鳥インフル問題において、より慎重に対策を講じるように一般社会から圧力を受けているが、その一方で、家きん生産者達への風評被害を抑えなければならない。

ハンガリーとの論争

 英国における鳥インフルの発生は、1月にそれが発生したハンガリーから、ウイルスで汚染された肉が英国に輸入されたことが原因である可能性が高いと、先週英国政府が発表したことから、同国との間に外交問題が浮上した。
 ”作業仮説として、鳥インフルウイルスは、ハンガリーから英国のプラント(加工場)に運ばれ、そこで近くの七面鳥飼育場へ感染したと考えるのが妥当だ”、と環境省長官のデービト・ミリバン氏はスカイ・ニュースで語っていた。
 ”科学的に、ハンガリーのガチョウで発生した鳥インフルのウイルスと、英国の七面鳥農場で発生したウイルスの遺伝子が同一であることが、明確に証明されている。そのような遺伝子の合致は、野鳥でウイルスが運ばれることでは、通常、起きえないのではないか”。
 ハンガリー当局は、これを真っ向から否定し、加工された肉がウイルスを運ぶとは考えられなく、また、ハンガリーのいかなる肉も、鳥インフル発生地域の制限地域内から出荷されていない、と発表した。
 ハンガリー政府は、13日、EUに同国と英国の鳥インフル発生には何等因果関係がないことを説明する文書を提出する、と発表した。
 ミリバン環境長官は12日ロンドンでハンガリー大使と会い、二国間で共同して調査することを話し合った。
 英国で再開される”と殺場”は、鳥インフル発生農場周辺の(立ち入り)制限地域内にある。環境省の発表によると、制限地域外から健常な家きんを運び込み、と殺するという。
 ハンガリー当局は週末に、ハンガリーから英国に運ばれた(七面鳥の)肉が、英国の制限地域内の加工場で加工処理され、再びハンガリーに戻されていると訴えた。
 英国環境省は、加工肉が海外に出荷されているか、そして全ての規則が遵守されているか調査すると発表した。
 環境省の報道官は、”どこで、いつ、何が行われたか、正確に全てを調査する必要がある”、と語った。
 
2月12日

Hungarian turkey not source of bird flu - minister  Reuters AlertNet, UK (英国) ハンガリー政府、ハンガリーの七面鳥は鳥インフルの原因ではない
 ハンガリアの鳥インフル発生地域近くの加工場から出荷された七面鳥の肉は、英国以外にも出荷されているが、ウイルスは汚染されていないと、ハンガリー農業省では、そのように12日発表した。
Four children test negative for bird flu Turkish Daily News (subscription), Turkey  (トルコ) トルコ、4人の疑い小児は検査で陰性と
 2月8日、Boğazköy村で170羽の家きんが死亡した後、インフルエンザ様症状を呈した子供達が入院し、検査を受けた。
 9日に家きんがH5N1ウイルスに感染していることが確かめられたが、子供達は検査で陰性だった。保健省がそのように発表した。

 2人の大人と5人目となる小児が、やはりインフルエンザ様症状を呈したことと、家きんと接触していたため、用心のために病院へ入院した。国営通信のAnatolia通信が報じた。
 3人はDicleの大学病院へ移送された。3人は検査結果がでるまで入院すると、当局者は言っている。さらに家きんと濃厚接触した男性が既に医療監視下に置かれているが、症状はないと言われる。

Britain is powerless to stop turkey imports Telegraph.co.uk, UK (英国) 英国政府、七面鳥輸入を中止させることが出来ず
 EU規則により英国はハンガリーからの七面鳥の肉の輸入を禁止できない。
 Bernard Matthews社がハンガリーの同社の農場から七面鳥の肉を、英国で鳥インフルが発生し、その原因がハンガリーからウイルスが持ち込まれた可能性が示唆されているにも関わらず、輸入したが禁止は出来なかった。環境大臣のミリバンド氏がそのような談話を発表している。
Bird flu farm continued exports  BBC News, UK  (英国)  鳥インフル発生農場、輸出を継続していた
  Bernard Matthews社は英国で七面鳥農場と家きん加工工場を所有している。
 鳥インフルが発生すると同時に農場は閉鎖されたが、加工場の営業は続けられていた。
 サフォークの家きん加工工場からトラック6台が加工された肉を積んで、ハンガリーの同社の農場に7日か8日に運び込んだ。
 このことは加工された肉がハンガリーを含む海外に出荷されたことを意味している。
 ハンガリーの獣医局の主任獣医が英国当局に抗議している。
Most bird flu victims under 40, WHO analysis finds Reuters.uk, UK  (英国) ほとんどの鳥フル発病者は40歳以下:WHO分析

 H5N1鳥インフルの感染者の90%は40歳以下で、その60%は死亡している。最近のWHOの分析結果で、そのように指摘されている。

 しかしWHOの研究者達は、これらの分析結果は、なぜ若い人々の間で発病者が多いかについて理由を提示してなく、理由としてはいくつかの仮説が存在すると強調している。
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは、ウイルスが再興した2003年以来世界10カ国で272人に感染し、166人を殺している。
 ウイルスは生物学的に、いまだ鳥の感染症を引き起こすウイルスとして存在し、鶏やアヒル、ガチョウ、七面鳥や他の家きんを2億羽以上、殺すか、殺処分対象として殺している。
 しかし、それは時折人にも感染することから、研究者達は心配している。彼らはウイルスが季節性インフルエンザウイルス株のように変異し、容易に人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックへと拡大し、世界で数百万人の人々を殺すようになることを危惧している。
 そのためにWHOは、発生するここの事例を分析、そして疫学統計学的調査を続けている。これらの疫学調査により、科学者達は誰が感染しやすく、誰が死亡しやすいか理解できるようになる。

 WHOの疫学週報はインターネットのウエブサイトhttp://www.who.intに掲載され、そこでは2003年末から2006年11月までの研究室で確認された事例を分析している。
 分析結果では、感染者年齢の中央値は18歳で、年齢幅は3ヶ月から75歳までに亘っている。
 ”全事例の半分少々(52%)が20歳以下で89%は40歳以下である。
 これは人の感染は家きんとの濃厚感染でしか発生しないことと、多くの国では若い人々、しばしば子供達が家きんの世話をすることが理由かもしれない。
 しかし、感染に対する免疫反応の違い等も理由かもしれない、と科学者達は言う。
 WHOの研究ではH5N1ウイルス感染で、発症者の60%が死亡しているが、その率は年齢によっても大きく異なる。
 ”もっとも致死率が高いのは、10~19歳で76%となっており、50歳以上ではもっとも致死率が低い40%となっている”、とレポーターは解説する。
 5歳以下の子供達では44%の致死率で、30~39歳の間では66%である。

 WHOの専門家達は来月トルコで会議を開き、これらの年齢による差異にについて意見を交換する予定となっている。

 注:昨日のカナダのCBC Newsによる報道で、40歳以上は免疫がある程度獲得しているから発症率が低い可能性があるとの論文を紹介している。

WHO原文

 当報道とカナダCBC報道、およびWHOの資料をまとめたページ。


Hungarian labs have not found any link to the UK bird flu outbreak BBC News, UK (英国) ハンガリーの研究所、英国の鳥フル発生との関連について立証できず

 1ヶ月前、ハンガリーのDarekegyhazのガチョウ農場で数千羽のガチョウの間で鳥インフルが発生し、多くの家きんが殺処分された。
 しかし、そこを訪れてみると、農場は今、完全な静寂の中に佇んでいる。
 鳥インフルは最近ここで発見され、すべての家きんは殺処分された。
 今はゴーストタウンでしかなくなった。ゲートは閉ざされ、犬たちが敷地内を徘徊している。
 近くのもう一カ所の農場もウイルスで感染し、周辺10キロ以内が立ち入り禁止地域にされている。
 今、ハンガリーの研究者達は、英国の鳥インフルがこの農場から感染していったのか調査中である。
 
それは考えられないシナリオである

 農場の施設の中で特に注意深く調査されているのは、”と殺場”である。それは立ち入り禁止区域外にある。しかしわずかKecskemetの町から64キロしか離れていない。
 ハンガリー当局者によると、Bernard Matthews社は、この”と殺場”から家きんを購入しているという。(同社は英国とハンガリーに七面鳥農場を保有し、同”と殺場”で処理された肉を英国、の同社が輸入した)
 懸念されていることは、そこで処理された肉がすでにウイルスに汚染されていて、それが英国に出荷されたことである。
 しかしながらlこれまで、当該”と殺場”で鳥インフルは検出されてなく、ハンガリーの保健当局者達は、そこから英国にウイルスが感染していったとは、考えられないシナリオと語る。
 地域の当局者達は、野鳥によりウイルスが英国に運ばれた疑いを抱き続けている。
 一方、英国で発生した鳥インフルがハンガリーの責任とされている傾向があることに、ハンガリー国民はいらだちを募らせている。

英国の偽善行為である

 ブダペストのレストランには多くの客達が食欲を満たすために集まり、自国を弁護している。
 ”非難の応酬は意味がない。そんなことで我々はへこたれはしない”、と一人の女性はレポーターに語り”我々は協力してウイルスの拡大を抑えなければならない”、と言う。
 
 ある男性は、”英国で発生したBSEで我々は大騒ぎしなかった。今回の鳥インフルでも、英国は大騒ぎすべきではない”、と言っている。

High risk of deadly bird flu in Nigeria, UN official warns  France24, France (フランス) ナイジェリアの致死的鳥インフルは、人への感染拡大の危険性が高い
 先月ナイジェリアで女性がH5N1鳥インフルで死亡して以来、ナイジェリアでH5N1ウイルスが、動物から人へ感染するリスクはが特に増加していない。
 しかし、国連FAOの職員であるオーストラリア人のトニー・フォーマン氏は、AFPに11日、状況は厳しい。アジアの人口過密な場所と同じく、人に感染する可能性は高い、と言っている。 
Six suspect cases cleared of human bird flu in Egypt France24, France  (フランス) エジプト、6人の疑い患者は検査で陰性と
 エジプトの6人の鳥フル感染疑い者は、検査で陰性だったと保健省が発表した。
 6人の中には3歳女児と24歳女性が含まれ、両者とも重体と言われる。
 6人は、先に鳥インフルで死亡した女性の住んでいたカイロ南方のFayyum町に住んでいた。

 保健省のShaheen氏によると、昨年3月にエジプトで鳥インフルが発生して以来、エジプトでは疑い例が頻発していると言う。しかし疑い例2292人のうち20人が患者と確認され、残りは検査で陰性だった、と言う。
 またShaheen氏によると、インフルエンザ様症状を呈し、頻繁に家きんに接触していた人々が入院すると、疑い例としてフォローされる、と言う。
インドネシアで新たな鳥インフル死者 CNN Japan
 インドネシアで11日未明、高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスに感染した20歳の女性が死亡した。保健省や医療機関の関係者が明らかにした。鳥インフルエンザによるインドネシア国内の死者はこれで64人目。
死亡した女性は、鳥インフルエンザウイルスに感染した鶏との接触があった。女性の自宅付近に住む女性2人も同様の症状を示し、病院に収容された。
このほかインドネシアでは、首都ジャカルタの洪水に伴って衛生情況が悪化しており、これまでに下痢やレプトスピラ症の発生が確認された。破傷風など致命的な感染症は今のところ報告されていない。
世界に鳥インフル拡散 致死率6割超 産経新聞 
秀逸な解説記事

新型インフルエンザへの変異が懸念されている強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染が世界に広がり、11日現在、感染者は273人、うち死者は167人、致死率は6割を超えた。鳥への感染で日本、韓国、欧州へ拡大しているのは、中国西部の青海湖で一昨年、野鳥を大量死させたウイルスと同じ「青海湖系統」とみられ、専門家は「これからさらに家禽(かきん)への感染が増える」と警告している。
 国連のナバロ調整官(鳥インフルエンザ担当)は今月9日の記者会見で、この2カ月間で日本、韓国だけではなくタイ、エジプト、ナイジェリア、ハンガリー、インドネシアなどで鳥インフルエンザが広がっていることに言及。「2003年以来、毎年12月から4月にかけて、鳥インフルエンザが家禽に広がり、死者も出ている。今年6月までさらに感染例が増える恐れがある」と指摘した。
 今月、英国南東部サフォーク州で七面鳥が大量死し、H5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。野生の鳥と接触しないように防鳥ネットが張られ、七面鳥は室内で飼育されていた。
 このケースについて同調整官は「渡り鳥ではなく、交易を通じハンガリー南西部のガチョウで発生した鳥インフルエンザウイルスが英国に広がった可能性がある」と述べ、生きた鳥の交易が鳥インフルエンザを世界に拡散させる恐れを指摘した。
 感染経路を突き止めるため、世界各国で鳥インフルエンザウイルスの遺伝子解析が行われている。今年1月、宮崎県清武町で発生した鳥インフルエンザや昨年11~12月に韓国の家禽で発生した鳥インフルエンザは、中国・青海湖でガンや白鳥など数千羽を死なせたウイルスと同系統であることが判明している。
 英国の事例が青海湖系統かどうか発表されていないが、昨冬、アフリカのナイジェリアや、死者4人を出したトルコなどで検出されたウイルスは青海湖系統だった。世界保健機関(WHO)専門家は英国のウイルスも同系統ではないかとみている。
 インドネシアでは11日、新たに1人の女性が鳥インフルエンザで死亡したことが判明し、同国の死者は64人となった。同国で流行しているウイルスは青海湖系統とは別だが、同国の死者は世界最多で、致死率をみると80%近くにのぼっている。しかし、同国は国内で検出されたウイルスの検体をWHOに原則提供しない方針を決定、米国系製薬会社とワクチンの開発・製造で相互協力する覚書を結び、国際社会の懸念を招いている。

新型ウイルス警戒

 人類が免疫を持たない新型インフルエンザが発生した場合、日本国内で最大64万人が死亡するとされている。その日本の対策は-。
 厚生労働省は、世界保健機関(WHO)の指針に従って、「新型インフルエンザ行動計画」をまとめ、1~6までの警戒レベルを設定。新型インフルエンザが発生した場合、日本の全人口の25%が感染し、1300万~2500万人が受診し、死者は17万人から64万人にのぼると推計している。
 封じ込めに最も重要なのは抗ウイルス剤タミフルの投与だが今年1月、厚労省は、この投与順位を「入院患者」「感染した医師、社会機能維持者」「医学的ハイリスク群」「児童、高齢者」「外来患者」とした。これが国民の理解を得られるかどうかは難しい。子供を優先してほしいという声も強く、現在、意見を募っているところだ。
 新型インフルエンザを想定したワクチンの開発が日本国内でも進められているが、そのワクチンが実際に新型インフルエンザに効くかどうかはわからない。
 日本では今年に入り宮崎、岡山など4カ所の養鶏場で鳥インフルエンザの発生が確認された。今のところ人への感染は確認されていないが、京都産業大の大槻公一教授(獣医微生物学)は現在の状況を「いつ人から人への感染力を持ち、新型インフルエンザになるかわからない」と警戒を呼びかけている。


Turkish lab tests three villagers for bird flu Alarab online, UK (英国) トルコ、3人の村人の鳥インフル検査を行う
 トルコ南東部の家きんで鳥fインフルが発生しているBogazkoy村で、3人が高熱等の鳥インフル様症状を呈し、医学的監視下におかれ、検査を受けている。
 また保健省当局者によると、Bogazkoy村で発生した4人目の疑い者は検査で陰性だった。
 先週鳥インフルがトルコで発生以来、人での感染確認者はでていない。

Six sick Egyptians test negative for bird flu-WHO  Reuters AlertNet, UK (英国) 6人の疑いエジプト人患者は検査で陰性:WHO
 エジプト国営通信 MENAは、10日、 Fayoum近くで6人のエジプト人がH5N1鳥インフルに感染した疑いがあることを報じた。 Fayoumでは先週17歳少女が鳥インフルで死亡していた。
 しかしながらカイロのWHO当局者は11日、検査の結果6人は鳥インフル陰性だったと発表した。
 
 またカイロのWHO当局者は、エジプトで昨年12月に死亡した2人から分離されたH5N1ウイルスは、タミフルに中等度耐性を示していたが、その後、その株は拡大してなく、先週死亡した17歳少女から分離されたウイルスは、タミフルに感受性はあったと発表している。ただし、タミフルによる治療開始が遅すぎたと付加えた。
2月11日


Worrisome Avian Flu  Korea Times, South Korea (韓国) 厄介な鳥インフル問題
 社説

 この3ヶ月間で6件目の家きんにおける鳥インフルが発生した。
 重要なことは、このウイルスが人にも感染しうることで、さらに変異することで世界的パンデミックを発生する可能性があることだ。
 日本政府は人の間での発生に対する行動計画を作成して示した。
 そこではパンデミックの間、家庭に留まること、食料品等の生活必要品を2週間分備蓄すること等が勧めている。
 韓国政府もパンデミックの最悪のシナリオに対して、対策を考えているのか、心配である。
'Bio-security lapse' at Suffolk bird flu factory farm  24dash.com, UK (英国) バイオセキュリティー上の過失が、サフォークの鳥インフル発生農場で確認
 サフォークの七面鳥肉加工場から、隣接する七面鳥飼育舎へウイルスの汚染が起こったと当局は推定している。
 ハンガリーの家きん”と殺場”から(H5N1鳥インフル発生地域に近い)出荷された肉が、Bernard Matthews社の保有する七面鳥農場経由で、英国のサフォークの農場に輸入された。その肉がウイルスに汚染されていて、それを加工する工場から、隣の農場へウイルスが広がっていったという推定。加工場のバイオセキュリティーの問題と捉えられている。
Miliband defends import decision  Daily Echo, UK (英国) ミリバン環境長官、ハンガリーからの七面鳥肉輸入継続に賛成の意
 環境長官のデービト・ミリバン氏は、英国で鳥インフル発生が確認されたにも関わらず、ハンガリーからの七面鳥肉の輸入を継続することに賛成の意を表した。
 同氏は輸入禁止措置はEU規則に反し、またヨーロッパ中からの英国家きん産業への仕返しを招くだろうと説明している。
20-year-old Indonesian woman hospitalized with bird flu International Herald Tribune, France  (フランス) インドネシアの20歳女性が鳥インフルで死亡
 11日早くに20歳女性が死亡し、インドネシアでの死亡者数は64人となった。保健省と病院当局者が発表した。
 保健省のニオマン・カンドゥン氏によると、同女性は病的になった家きんとの接触歴があるという。
 ”女性は11日早朝に死亡した”、と西ジャワのガルト病院のヨギ・プラヨギ報道官は語った。さらに同女性の近隣に住む2人の女性も鳥インフル様症状を呈して入院したことも報告した。
90 per cent of human bird flu cases under 40; suggests immunity in ... CBC News, Canada  (カナダ) 人の鳥インフル発症者は90%以上が40歳以下:高齢者が免疫を保有している可能性

 90%近くのH5N1鳥フル発症者(診断がつけられた人々)は40歳以下であるという、新しい分析結果がWHOから発表されている。
 2人の英国の科学者が、これまで理解されていなかった年齢差による鳥インフル発症率の差が、35歳以上の人々には広くこのウイルスに対する免疫があるということで、理解が可能になると発表した。

 医学ジャーナルである「Emerging Infectious Diseases」の3月号に、ノッチンガム大学のMatthew Smallman-Raynorと、ケンブリッジ大学の Andrew Cliffが、H5N1感染人症例の年齢分布が、1969年以前に生まれた層では、地理的に広範にH5N1鳥インフルに対する免疫が確立されている仮説モデルに、一致することを、見出した。(ある種の感染症が広範に拡大してゆくと、その後、感染を経験した年齢層では免疫を獲得し、それは感染症が拡大した年以降に生まれた層となる:訳者注)。
 ”このモデルを使うと、若い世代が世界中で類似の割合で鳥インフルを発症し、それが30~35歳を境に突然顕著に発生率が下がり、そしてこの年齢による発生特異性は、各国または各大陸の社会文化的、および人口動態背景の差を完全に越えて存在していることが、理解可能となる”、とSmallman-Raylor と Cliffは論文に記載している。前者は分析地理学、後者は理論地理学の研究者である。

 H5N1ウイルスが若者に感染しやすく、通常の季節性インフルエンザにかかり易い高齢者での感染は稀である理由は分かっていなかった。
 色々な仮説が上げられているが、子供や若い世代は、鳥インフルが発生している地域で、より密接に家きんに接触していることが理由とするものもある。


South Korea Culls Poultry After Bird Flu Outbreak KWTX, TX (米国) 鳥インフル発生韓国で家きん殺処分が行われる

 韓国農業省は、検疫局当局者たちが、鳥インフル発生地域の24万羽の鶏の殺処分を開始したと発表した。

 鳥インフル発生は、ソウルの南方50マイルの農場で起きた。
 当局では発生農場から半径2マイル以内の家きんの処分を行う。
 これは韓国として、この数ヶ月以来6度目の事例となる(昨年11月以来:訳者)。
 今回の殺処分も含めて、昨年11月以来の家きん殺処分数は200万羽を超える。

Three hospitalised in Turkey over bird flu scare  Turkish Press, MI  トルコで3人が鳥インフル疑いで入院
 2人の女性と3人の子供がトルコで入院した。鳥フルに感染している可能性ある家きんに接触した可能性があると、と地方当局者が語った。
 アナトリアニュースによると、3人は南東部のBogazkoy村に住んでいて、高熱を呈したため入院したようだ。
 Bogazkoy村と近くの3村で170羽の鶏が死亡し、半径10キロが検疫地域とされている。
 初期に保健省では鳥フル疑いの4人を検査して、同じ村の3人は感染していないと発表した。
 一方残りの Batman省の18ヶ月の幼児に関しては、検体が検査に不適当で、再度検査が必要とあれている。
 女性に関しては詳細不明。他の地域でも入院、検査中の患者がいる模様(訳者)。
WHO clears bird flu samples of 4 people PakTribune.com, Pakistan  (パキスタン) WHO、4人の疑い者の検体は陰性と
 WHOは家きんでH5N1鳥フルが発生したパキスタンRawalpindi の農場で、感染が疑われていた4人の家きん農場従業員の血液は、鳥インフル陰性であったと発表した。
 2月3日にRawalpindiとMansehraの鶏でH5N1ウイルスが検出されていた。
Six Egyptians being tested for bird flu: report  Reuters Canada, Canada (カナダ) 報告:エジプトで6人鳥インフルの検査中
 国営通信MENAによると、カイロの南方でインフルエンザ様症状を呈したため6人のエジプト人が、鳥インフルの検査を受けている。
 患者達の年齢は3~40歳で、Fayoumの町の近くの村に住んでいる。24歳の女性は危篤と伝えられる。
 保健省の話として、6人は家きんとの接触暦を有していて、現在検体が政府の研究所に運ばれている。
 5日には17歳女性がH5N1鳥フルで死亡し、エジプトで12人目の死者となっている。
 1月に、WHOはエジプトで鳥インフルで死亡した2人の患者から分離したウイルスが、抗ウイルス薬のタミフルに中等度の耐性を示していることを見出している。
2月10日


Pakistan confirms third bird flu case Hindustan Times, India  パキスタンで3件目の鳥インフル発生
 今週早くに鶏およびクジャクでH5N1鳥インフルが確認されたが、さらに3件目の事例が確認されたことをパキスタン当局は発表した。首都イスラマバードで検査され確認された。
Use of antiviral drugs for influenza  HPR weekly vol.1 No.6 (英国、保健局 週報 vol1, No6) インフルエンザへの抗ウイルス薬の使用

訳 Yasumitsu OKUBO MD. Ph.D.
2007年2月8日に英国保健省(Department of Health)はイングランドの全ての臨床医に通知を発し、NICE指導要綱 (http://www.nice.org.uk)に則って抗インフルエンザ薬の予防内服が推奨されるとの情報提供を行った。
 最新のイングランドのインフルエンザサーベイランスデータが示すところでは、インフルエンザの発生率は抗ウイルス薬の使用の適応となる閾値を超過した。
 イングランドとウェールズでの、RCGPに基づいたインフルエンザ様の疾病でのGPへの受診率全体は2007年第4週の人口十万人あたり16.8件から2007年第5週には人口十万人あたり30.2件へ増加した。
 受診率の上昇は15~44歳と45~64歳で著明となっている。

References
1. Influenza Season 2006/07 ・Use of antivirals Department of Health Gateway
Reference Number 7824. London: Depatment of Health, February 2007. Available
at <http://www.info.doh.gov.uk/doh/embroadcast.nsf>.

 
Highly Pathogenic Avian Influenza (H5N1) Virus Infected a Turkey Farm in Suffolk, England  HPR weekly vol.1 No.6 (英国、保健局 週報 vol1, No6) イングランド、サフォークの七面鳥農場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスによる鳥インフル発生

訳 Yasumitsu OKUBO MD. Ph.D.
 2003年2月3日土曜日に環境食料農業省(Department for Enviroment Foodand Rufal Affairs; Defra)が報告したところでは、北サフォークのLowestoft近郊の大規模農場で七面鳥がH5N1鳥インフルエンザウイルスに感染したことが、獣医検査局(Veterinary Laboratories Agency; VLA)により確認された。 その後VLAは、家禽(七面鳥)に同定されたインフルエンザウイルスは高病原性のアジア株で、2007年1月にハンガリーで見られたウイルスに類似していることを確認した。
 2007年2月3日から、州獣医学サービス(State Veterinary Service; SVS)は家禽が野鳥から隔離される飼育舎の周囲に、半径3kmの保護区域と半径10kmの監視区域を設定した。
 農場自体は2007年2月1日木曜日の夜に、七面鳥の異常が最初に気づかれた時から隔離下におかれていた。 鳥類学者との協議において、より広範囲の制限区域、およそ2090平方キロを導入し、野鳥から家禽を隔離することが要求され、全ての鳥類の移動が許可制となった。
 感染した農場での七面鳥の殺処分は2月3日土曜日に始まり、2月5日夕までに終了した。 総計でおよそ159,000羽の七面鳥の中から2,500羽が死亡し、残りは殺処分されたと報告された。 この事件の結果としての公衆へのH5N1感染のリスクレベルは極めて低いものと判断される。
 英国食品安全局(The UK Food Standards Agency)とWHOは、七面鳥と卵を含め、適切に調理された家禽を食べることに何のリスクも無いことを通知している。 しかしながら、如何なるヒトへの暴露の可能性も非常に真剣に受けとめられ、保健局(HPA)は、特に感染した家禽あるいはその環境に濃厚に接触し、ウイルスに曝露されたかもしれないヒトを防護する全てに必要な行動がとられたことを確信すべくDefraと地域のNHSパートナーと緊密に協働しつづけている。

 対策には個人防護装備(personal protective equipment)の使用、抗ウイルス薬と季節性インフルエンザ予防接種の提供、情報提供および疾病のあらゆる兆候の監視などが含まれる。

 この事例への対応を促進すべく保健局(HPA)は新しい指導要綱を作成した。 すなわち:
 (a) 英国に於いて家禽の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)の発生が確認されたことへの対応を含めた、発熱と呼吸器症状を呈しているヒトの管理についての指導要綱、 (b)英国において、家禽におけるH5N1、あるいはその疑いのある高病原性鳥インフルエンザが発生した際、飼育舎従業者や住民、SVS職員および処分者のための、曝露後予防内服の指導要綱 である

References:

1. H5N1 avian influenza confirmed in poultry (News release) London: Defra, 3
February 2007. Available at <http://www.defra.gov.uk/news/2007/070203a.htm>.

2. H5N1 in poultry in Suffolk confirmed as Asian strain of avian influenza
(News release). London: Defra, 3 February 2007. Available at
<http://www.defra.gov.uk/news/2007/070203b.htm>.

3. Additional restrictions imposed following confirmation of Highly
Pathogenic H5N1 (News release). London: Defra, 3 February 2007. Available at
<http://www.defra.gov.uk/news/2007/070203c.htm>.

4. Suffolk bird flu outbreak: cull now complete. Defra website [online]. 6
February 2006. [Accessed 8 February 2007]. Avaulable at
<http://www.defra.gov.uk/news/latest/2007/animal-0203.htm>.

5. World Organisation for Animal Health. Immediate notification report
OIE:4719. Available at
<http://www.oie.int/wahid-prod/reports/en_imm_0000004719_20070205_100632.pdf
>.

6. Bird flu advice: 3 February 2007 . Food Standards Agency website
[online]. 3 February 2007 [accessed 8 February 2007]. Available at
<http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2007/feb/avianflu>.

7. Avian influenza - situation in Nigeria ・update. Geneva: World Health
Organization 2007. Available at
<http://www.who.int/csr/don/2007_02_03/en/index.html>.

8. Guidance relating to suspected human cases of avian influenza returning
to the UK.
HPA Website [online] 6 February 2007. [Accessed 8 February 2007]. Available
at
<http://www.hpa.org.uk/infections/topics_az/influenza/avian/guidelines.htm>.

S.Korea kills birds after flu outbreak  New Hope Courier, OK (米国) 韓国で鳥インフル発生、大量の家きんが殺処分に
AP
 韓国検疫局は、ソウル近くで発生した鳥インフル対策のために、数十万羽の家きんの殺処分を開始した。農業省が10日発表した。

 この2,3ヶ月で6事例目になる鳥インフル発生は、H5亜型株とまで確認されているが、詳細はさらなる検査で明らかにされる。
 殺処分される家きんの数は、昨年11月以来200万羽以上となる。全てH5N1ウイルスである。

 今年1月、韓国当局は、致死的H5N1ウイルスが最近の流行で人に感染したが、無症状で終わったことを発表した。

Poultry trade spreads bird flu: UN  Reuters Canada, Canada  (カナダ) 家きん売買が鳥インフルを拡大している可能性:国連
 国連のナバロ博士の談話。
 既に既報。
New outbreak of bird flu confirmed in S. Korea  People's Daily Online, China  (中国) 韓国で新規鳥インフル発生
 強毒性の鳥インフルが韓国の中央の都市であるAnseong(ソウルの77キロ南方)で発生したことを農業森林省が10日発表した。
 新規事例はAnseongの家きん養殖農場で発生した。
 発生後、韓国政府は検疫専門チームを現地に送った。感染農場から半径3キロ以内の1000羽以上の鶏の殺処分が行われる。

 今回の事例は昨年11月から発生が続いている第6番目の事例となる。
韓国で新たに鳥インフルエンザ確認 産経新聞
 韓国の聯合ニュースは10日、同国京畿道南部の安城市の農場で鶏が大量死し、同日までに高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたと伝えた。同市はソウルから約60キロ南。保健当局は周辺の半径3キロ以内の家禽(かきん)類を処分する方針。
 農場では約13万羽の鶏を飼育しており、今月6日から、1日当たり300-600羽が死んだという。昨年12月以降、同農場に近い忠清南道の天安市や牙山地域でも鳥インフルエンザが発生している。
Poultry trade, not wild birds, now responsible for spread of avian ... UN News Centre  (国連ニュースセンター) 渡り鳥ではなく、家きん売買が現在は鳥インフル拡大の原因

 昨年は渡り鳥によって鳥インフルは拡大したが、現在は家きんの売買、水や土壌の汚れなどから拡大している可能性が高い。

 国連のインフルエンザ主任調整官ナバロ博士が語る


強毒ウイルス、拡散を警告 鳥インフルで国連調整官 東京新聞 
 国連のナバロ調整官(鳥インフルエンザ問題担当)は9日の記者会見で、過去2カ月間に日本を含め、少なくとも10カ国で新たな高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)感染が確認され、毒性の強いウイルスが従来以上に拡散している恐れがあると警告した。
 調整官によると、確認件数は前年同期より少ないが、発生場所はアジア、欧州、中東、アフリカへと広がった。具体的件数については「今はデータを持ち合わせていない」と述べた。
 10カ国は岡山、宮崎の両県で感染が確認された日本のほか、インドネシア、ベトナム、韓国、中国、タイ、エジプト、ナイジェリア、ハンガリー、英国。うち中国など4カ国では人への感染も確認された。
Official: H5N1 may be in human food chain  The Observer Blog, UK  (英国) 当局:H5N1ウイルスは食物販売網に入り込んだ可能性

 英国食品安全局(Food Standards Agency)は本日、Bernard Matthews家きん農場で発生した鳥インフルにより、ウイルスに汚染された七面鳥の肉が、人の食品販売網(human food chain)に入った可能性を調査すると発表した。
 政府の主任科学者であるデービト・キング卿は、Bernard Matthews社が(H5N1鳥インフルが雁の間で確認されている)ハンガリーから七面鳥の肉を、H5N1ウイルスが検出された英国サフォークの農場に輸入していたことが明確になったため、食品安全局がスーパーマーケットに、パッケージされた七面鳥の肉を販売しないように通知することを考慮していると語った。
 環境大臣のベン・ブラドショウ氏は、最近の調査で当該農場でバイオセキュリティー上の違反があった可能性があるため、法的手段をとるかも知れないと警告している。  ”鳥インフルは食品の安全に対して危険性を生じるものでないとの考え方は変わらないが、ウイルスに感染した肉が我々の食品市場に出回るのは違法なことで、そのため当局はそのような産物が発見された場合、適切な対応をとるだろう”。
 ”調査は当該農場に隣接する家きん加工工場における製造過程と、感染肉が市場に流れた可能性についてである”。そのように食品安全局では説明している。

 初期の検査では、サフォークの農場で発生し、2600羽の七面鳥が殺処分された鳥インフルのウイルス株がH5N1ウイルスであることが示され、それは先月ハンガリーの2カ所で発生した深刻な鳥インフルと同一である可能性も示された。
 デビト卿は、最新の得られた科学的事実から言うと、英国に鳥インフルがもたらされた原因の”最も可能性あるシナリオ”は、当初考えられていた野鳥によるものではなく、死亡した家きんである、と語っている。
 同郷は、ハンガリーからサフォークに新鮮肉が直接運ばれ、そこから感染が広がった可能性について、もっとも詳細に調査しなければならないと、さらに説明を加えている。
 ブラドショウ環境大臣は、内閣危機管理委員会(cabinet's emergency contingency committee)の後、ハンガリー政府が(H5N1鳥インフル発生による)制限地域に隣接する”と殺場”から、紛れ込んできていないか調査中であると、語った。
 ”Bernard Matthews社はそのことについて我々に情報を公開しているが、我々自身でさらに調査する必要がある。ハンガリー当局も本日調査を開始した”。

Search on for bird flu turkeys  InTheNews.co.uk, UK  (英国) ウイルス感染肉の市場流出の調査へ
 
英国サフォークの家きん農場で見つかったH5N1鳥インフルウイルスが、食品チェーンに入っていないかどうか確認するための調査が始まった。
 食品管理局(Food Standards Agency (FSA))は本日、英国市場における家きん産物のチェックを、食品安全上の危険性(food safety risk)がないことを確認する目的で開始した。

 食品が感染していたとしても(infected food)、それは公衆衛生上の脅威を意味するのではないと、環境食料農業局(Defra)、および保健局(Health Protection Agency (HPA))の意見が繰り返されている。保健局では人に対する健康被害に対しては、無視できるほどのものだと説明している。
 しかしながら、Bernard Matthews社保有の農場で先週発生した鳥インフルが、16万羽の七面鳥の殺処分に発展したことから、当局側では消費者に対して警戒を呼びかけた。その結果センバリースーパーマーケットでは、先週家きん産物の売れ行きが10%低下したと発表した。
 政府の副獣医責任者であるフレド・ランデグ氏は、”一つの可能性として、ハンガリーから輸入された家きん産物からの感染が考えられている。重要なことは、他の感染ルート調査も含めて、この可能性が完全に調査されることである”、と語っている。
 Bernard Matthews社は本日早くに、ハンガリーからの輸入肉が感染の原因である可能性はないと発表した。

Bird flu source Sky News Australia, Australia  (オーストラリア) 英国発生鳥インフルの由来源

 ハンガリーの家きん産物加工工場では、英国サフォークの農場で検出されたH5N1鳥インフルウイルスが、同工場由来である可能性はないと発表した。

 しかしながら英国の主任科学者は、可能性として同工場由来の新鮮肉に汚染されていたウイルスが原因であることも考慮に入れて、現在調査中であると語った。
 当局では英国の七面鳥農場での鳥インフル発生が、食品加工安全操作過失により起こったかどうか調査中である。
 Ben Bradshaw動物海洋生物保護省大臣(Minister for Marine and Animal Welfare)は、同農場におけるバイオセキュリティー違反に関して調査中であると語った。
 サフォークの感染農場である、Holton Orchardsは、Bernard Matthews社所有で、同社はヨーロッパ最大手の七面鳥製造会社である。(ハンガリーにも七面鳥農場を保有し、その農場からウイルス感染肉が英国に輸入されていた疑いが盛られている:訳者)
 英国農場で致死的H5N1鳥インフルが確認されたのは初めてである。

UK checking whether bird flu meat reached shops  Scientific American  (米国) 英国、鳥インルフエンザウイルス感染肉の市場への出荷をチェック
 ハンガリーからの輸入の七面鳥の肉が英国農場での鳥インフル発生の疑いがもたれていることから、英国保健省はそれらウイルスで汚染された肉が市場にでていないか調査を開始した。
Canada finds no highly pathogenic AI in wild birds Brownfield, MO (米国) カナダ、2006年野鳥監視で、高病原性鳥インフルウイルスを検出せず
 カナダ第2回野鳥インフルエンザ監視(Canada’s second annual Wild Bird Survey for Avian Influenza )で、2006年度にチェックされた12000羽の野鳥で高病原性鳥インフルウイルスは検出しなかった(H5N1ウイルスも含めて)と、カナダ当局から報告。

米国での昨年度4月以来の調査では7万羽以上でH5N1ウイルスは検出せず
2月9日


Turkish children tested for bird flu France24, France  (フランス) トルコの子供達、鳥インフルの検査に
Farm says turkey not from Hungary flu zone  Reuters.uk, UK  (英国) 農場、七面鳥の肉はハンガリーから輸入はしていないと主張
 英国の鳥インフル発生七面鳥農場の経営企業であるBernard Matthewsは、当局が疑っている、ハンガリーからの七面鳥の肉は輸入していないと主張している。
 1ヶ月前にハンガリーの雁でH5N1鳥インフルが発生し、そのウイルスと今回農場で発生したウイルスが同一であることが確認されたことから、英国の当局者達は、同社のハンガリーにおける七面鳥農場から、感染した七面鳥の肉を、禁止されているにも関わらず輸入し、英国農場の家きんの飼料にして、鳥インフルが発生したと疑っている。

Five New Suspected Bird Flu Cases Hospitalized, One Positive Playfuls.com, Romania  (ルーマニア) エジプト:5人の鳥インフル疑い患者と、確定患者1人が入院
 エジプトで、5人の鳥インフル感染疑い患者と、1人の検査で確定された患者が入院した。エジプトの新聞が報道した。
 全患者は家きんを飼育していて、発熱と呼吸器症状を呈している。
Fourth child from Turkish village affected by bird flu  Irish Examiner, Ireland  (アイルランド) トルコの村で4人目の子供が感染疑い
 先に3人の子供達が鳥インフル疑いで入院したトルコ南東部の町で、4人目の子供が医学的監視のために入院した。
 4人の子供達の年齢は1~16歳にわたり、Bogazkoy村で病的になった家きんに接触したと伝えられる。
 検査は、鶏がH5N1ウイルスに感染しているのかどうかと、子供達がウイルス感染を起こしているのかどうかについて行われている。
 
Bird flu may have infected three more youngsters in Turkey MRT online, Macedonia  (マケドニア) 鳥インフルに3人の子供達が感染の可能性
 1年前、4人の子供達が鳥インフルで死亡したトルコで、再び鳥インフルが発生し、3人の子供達が感染した可能性が出ている。子供達はインフルエンザ様症状で病院に入院している。
 当局は国の南東部の村で170羽の鶏が鳥インフルで死亡したことを確認した。今冬のヨーロッパで再興した鳥フルの最新例となった。

鳥インフル検体に見返りを 死者最多のインドネシア 中国新聞 
 鳥インフルエンザで世界最多の63人が死亡したインドネシアが、世界保健機関(WHO)にウイルスの検体提供を拒否した問題で、同国保健省は9日までに「検体は医薬品会社の利潤追求にも利用されている」として今後、企業から見返りを求める方針を決めた。  
 WHOは検体提供拒否に憂慮を示し、提供再開を求めているが、背景には先進国企業が開発する高価な薬を十分入手できない発展途上国の不満がある。高額な特許薬に批判が高まり、最終的に「コピー薬」の製造と供給が認められたエイズと同様の国際的論議が広がりそうだ。 
 インドネシアのスパリ保健相は「WHOや学術研究機関への提供自体は何ら問題はないが、それが医薬品会社にも利用されており、われわれが後に高価な製品を買うのは不公正だ。商業目的の場合、わが政府と合意が必要だ」と説明した。
UK Bird Flu Outbreak Spreads Within Farm; Hungary Link Probed Bloomberg  (国際) 英国の鳥フル、農場内で拡大:ハンガリーの発生事例が関係の疑い
 最初一つの飼育舎だけだったが、たの飼育舎にも拡大している。
 他は下記報道と類似。
Hungarian Turkey Meat Cause of British Bird Flu Outbreak Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) ハンガリーの七面鳥肉が英国の鳥インフルの原因
 英国における鳥インフルの発生は、ハンガリーから輸入されたウイルスで汚染された七面鳥の肉である可能性が浮上している。
 当局によると、その肉はサフォークの農場にハンガリーから、同国で鳥インフルが発生してから1ヶ月以内に輸入されている。その事実から当局では、野鳥からの感染がサフォークでの鳥インフル発生の原因である可能性を否定している。
 検査でサフォークの鳥インフルウイルスとハンガリーのウイルスが同一であることが示され、ハンガリーの肉が英国の鳥フル発生の原因である可能性の根拠となっている。
「猫が感染源の証拠なし」 鳥インフルで国連機関  京都新聞
 世界各地で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した猫が見つかっている問題で、国連食糧農業機関(FAO)は8日、鳥から感染した猫がほかの猫や人に感染を広げている証拠はないとの見解を発表した。
 ただ、野鳥や家禽からH5N1型が見つかった地域では、猫が病気の鳥を食べて感染しないように屋内に入れておくことを勧めている。
 欧州や中東、ロシア、タイなどで猫からウイルスが見つかり、猫の愛好家の間で不安が高まっている。FAOによると、インドネシアの流行地でも猫の感染率は20%程度と高くはなく、猫が人間を含めた動物の感染源になっているとは見なせないという。 このため、感染拡大防止のため猫を処分する必要はなく、処分すると地域によってはネズミなどが繁殖し、別の病気が広がると警告している。
野鳥からウイルス出ず 宮崎・清武町の鳥インフル 朝日新聞

Turkey confirms return of bird flu among chickens  BBC News, UK  (英国) トルコ、鳥インフルが鶏の間で再興したことを確認
 トルコは1年ぶりに、かって4人の子供達がH5N1鳥インフルで死亡した地域で、鳥インフルの発生を確認した、と発表した。
 農業省によると、Batman州のBogazkoy村で8日、170羽の鶏が死亡した。農業省では野鳥によってウイルスが運び込まれたと考えている。
 3人の子供達がインフルエンザ様症状で入院したが、これはあくまでも警戒のためであると、地域保健担当者は語っている。
 以下は下記報道とほぼ同内容。
Turkey confirms return of bird flu  Aljazeera.net, Qatar (クエート) トルコ、鳥インフル再興を確認

 トルコ農業省は南東部、かって1年前にH5N1鳥インフルで4人の子供達が死亡した地域で、鳥インフルが発生したことを確認した、と発表した。
 農業省の発表によると、8日にBatmanのBogazkoy村で鳥インフル発生が確認された。
 CNN
のトルコレポーターによると、3人の子供達が医療監視下におかれていると言う。
 Batman行政府の当局者は、地域の3キロ平米を隔離したと発表した。
 さらに1500羽近い、鶏、アヒル、七面鳥が殺処分される予定とされる。
 獣医専門家達はウイルスが致死的H5N1ウイルスか否か、検査を急いでいる。

 昨年WHOは、イラン国境近くのドグバヤジトで四人の子供のH5N1鳥インフルによる死亡を確認している。他に8人が発病したが、回復していると、WHOは発表している。

British Officials Say Bird Flu Outbreak Could Be Linked To Hungary Playfuls.com, Romania  (ルーマニア) 英国当局、発生鳥インフルはハンガリーの発生に由来している可能性と
Bird flu: Hungary link probed ic Staines.co.uk, UK  (英国) 鳥インフル:ハンガリーとの関連を調査
 英国サフォークの七面鳥農場で発生したH5N1鳥インフルのウイルスが、一ヶ月前に発生したハンガリーのウイルスとほぼ同一と判明したことから、ハンガリーで製造された家きん産物がウイルス伝搬の原因である可能性が高まった。政府の上級獣医官が語った。
 
 サフォークのBernard Matthews農場で先週検出されたウイルスと、先月ハンガリーの(ガン)雁で検出されたウイルスはほぼ同一と考えられる、と環境食料農業局(Defra)が発表した。
 そして科学者達は、英国にウイルスをもたらした原因の探索として、Bernard Matthews社所有のハンガリーの農場における家きん産物製造過程をチェックしている。
 現在英国とハンガリーにおける同社の間での産物の移動は行われていない。
 あくまでも可能性の一つとしての調査である、と政府の獣医官は語っている。
College Students Don Masks For Flu Study  NBC 4.com, DC (米国) インフルエンザ感染研究のために、学生達がマスク着用
 先月後半からミシガン大学でインフルエンザが流行しだしたが、マスク着用の予防効果実験が学生達を対象に約6週間の予定で開始された。外科用マスク+手指消毒剤、マスク、何もせず、の3群に分けられ、毎週学生達は体調について報告書を提出する。
 ミシガン大学の疫学研究室が主催した実験であるが、米国CDCもサポートしている。
 マスク着用の意義はパンデミック・インフルエンザの際に重要と考えられるが、これまで明確な予防効果に関するデータはない。
 米国保健当局ではマスク着用の勧奨はしないことに決定している。
2月8日

Second person clear of bird flu BBC News, UK  (英国) 二番目の疑い者も検査で陰性
 英国サフォークの七面鳥農場で発生した鳥インフルに関係した従業員が、呼吸器症状を呈したため入院、そして鳥インフル検査を受けたいたが、検査結果は陰性だったことが当局から発表された。
 保健局(Health Protection Agency )では、従業員が鳥インフルに感染する可能性はないと説明している。
W. Java has new bird flu patient Jakarta Post, Indonesia  西ジャワで新規鳥フル患者発生
 西ジャワの30歳男性がH5N1鳥フルに感染していることが確認された。7日に当局がジャカルタの「Health Research and Development Agency」から報告を受けたと発表した。西ジャワで本年二人目の患者となった。
 男性の妻の話によると、自宅では3羽の鶏を飼っているが、特に異常はないが、500メートル離れた場所で飼育されている鶏が数十羽死亡していたようだ。
 6日ロイター報道の30歳男性(西ジャワ)と同一人物と思われる(訳者)。
Man tests negative for bird flu in Cyprus  Reuters.uk, UK  (英国) キプロスで入院中の鳥インフル疑い男性、検査で陰性と
 ドイツからキプロスに入った男性(国籍は未発表)がインフルエンザ様症状を呈して入院したが、その前にタイにいたことから、鳥インフルの鑑別のために検査を受けていた。
 医師団によると、男性が鳥インフルに感染している危険性は極めて低く、季節性のインフルエンザである可能性が高いという。保健省大臣がラジオ放送で発表した。予備的検査では通常のインフルエンザに罹患していることが示唆されたという。
Roche talking to UK govt about more Tamiflu sales  Reuters.uk, UK  (英国) ロシュ社、英国政府と備蓄タミフル増量に関して相談に

 週末に鳥インフルが英国の農場で発生したことから、ロシュ社は英国政府と備蓄タミフルの増量について話し合っていると、7日ロシュ社は発表した。。
 英国保健省は6日、東部のサフォークの農場で英国初の鳥インフルが発生したことからタミフル備蓄量を再検討していると発表していた。
 英国では現在タミフルを、同国人口の25%分である1460万人分備蓄している。
 ロシュ社は昨年、世界各国の政府に、パンデミック・インフルエンザが発生した場合のための備蓄タミフルを14億ドル相当販売しているが、今年は6億4千~9億6千ドル程度と推定している。

Embassy: Indonesia cat may spread bird flu  Herald News Daily, ND  (米国) 米国大使館:インドネシアの猫は鳥インフルを拡大させている可能性
 

JAKARTA, Indonesia - The U.S. Embassy in Indonesia is advising Americans to avoid contact with stray cats in the country, citing confirmed reports of the animals carrying the deadly bird flu virus.

"There have been confirmed reports that wild and stray cats have been shown to carry H5N1," the embassy said. "While there have been no documented cases of feline-to-human transmission of H5N1, it is important to avoid contact with wild and stray cats."

Last year, South Korea slaughtered wild cats as part of its efforts to prevent the spread of bird flu in poultry. U.N. food and agriculture officials criticized the move as not based on science.

ジャカルタ、インドネシア:
 インドネシア米国大使館は、猫がH5N1鳥インフルウイルスを保有しているとの科学的報告があったことから、同国在住市民に野良猫との接触を避けるように注意を促した。
 ”野良猫や捨て猫が、H5N1ウイルスを保有していることが確認されたとの報告があった。猫から人に感染したとの論文はこれまで出ていないが、野良猫や捨て猫に接触しないことは重要だ”。そのように大使館では警告している。
 昨年韓国で家きんの間に鳥インフルが拡大するのを防止する目的で、野生の猫が殺処分されている。その際、米国食料農業当局者達は、科学性のない対策だと批判していた。

US warns citizens in Indonesia on threat from cats Washington Post, DC 米国、インドネシア在住市民に、ネコからの鳥インフル感染について警告
 先月、インドネシアの科学者が家きん市場周辺の野良猫や捨て猫を調べ、H5N1鳥インフルウイルスを保有していることを確認した。
 この事実に基づいて米国大使館ではインドネシア在住米国市民に、野良猫に対する注意を電子メールで呼びかけた。
Indonesia May Sell, Not Give, Bird Flu Virus to Scientists  New York Times, NY  (米国) インドネシア、分離ウイルスの提供は中止して、販売に
 インドネシアが分離ウイルスを世界に公開しないことは、同国にとって何等益にならない。致死率7割のインドネシアのウイルス株が世界の科学者の手に入らなくなることは、危険な状況である。WHOは同国の良きパートナーとして努力する必要がある。…
Indonesia May Sell, Not Give, Bird Flu Virus to Scientists The Ledger, FL  (米国) インドネシア、分離ウイルスの提供は中止して、販売に
 インドネシアは分離鳥インフルウイルスをWHOに提供することを止め、米国系のワクチンメーカーであるバクスター社に販売することにした、とWHOが発表。
Second UK vet tested for bird flu CNN International (国際) 英国、二人目の獣医が鳥インフル検査に
 対象者が下記報道と異なる。
Second bird flu farm worker tested The Australian, Australia  (オーストラリア) 英国、二人目の鳥インフル検査、発生農場従業員
 完璧な防御態勢で処置を行い、また予防薬タミフルを服用していたので、鳥インフルを発病することはあり得ない。しかしインフルエンザ以外のウイルスで呼吸器症状を呈する可能性が高いので、確認のために鳥インフル検査を行う、と当局では説明。
 検査が行われたのはポルトガル人の女性従業員といわれ、同農場では多くのポルトガルからの労働者が働いている。
 一人目の検査対象となった獣医の検査結果が陰性であったことが数時間前に発表されていた。
2月7日


vet does not have bird flu Reuters.uk, UK  (英国) 英国、鳥インフル疑いの獣医は検査で陰性
 鳥インフル感染が懸念されていた獣医は、検査の結果鳥インフルは否定された。

インドネシア、鳥インフルエンザワクチン開発でバクスター系と覚書 世界日報
 インドネシア政府は7日、鳥インフルエンザのヒト用ワクチン開発について、米バクスター・インターナショナル<BAX.N>のスイス部門との間で了解覚書(MOU)を交わした。
 インドネシア政府は先に、H5N1型鳥インフルエンザウイルスのサンプルを外国の研究所に提供することを、拒否する姿勢を示している。
 専門家らによると、H5N1のサンプルを共有することは、研究の上で不可欠、という。サンプルはまた、ワクチンの開発にも利用される。
 この政府決定とも絡んで覚書締結に関心が集まっているが、スイスに本拠を置くバクスター・ヘルスケアのワクチン部門のプレジデント、キム・C・ブッシュ氏は、調印式典で、サンプルに関する決定はインドネシアのものと強調。同社の決定ではなく、覚書とは関係ないと述べた。
 インドネシアは鳥インフルエンザによる死者数が世界最悪。この4年で世界で166人が死亡しているが、そのうちインドネシアは63人。
 ロイターが入手した記者発表の草稿によると、覚書に基づいて、インドネシア保健省傘下の調査・開発局が、バクスターにH5N1の検体を提供。バクスターは、ワクチン開発のための技術を提供する、という。
WHOへの検体提供拒否  東奥日報 
 世界保健機関(WHO)のヘイマン事務局長補代行(鳥インフルエンザ問題担当)は6日、鳥インフルエンザで2005年以来63人の死者が出ているインドネシアが、WHOにウイルスの検体提供を拒んでいることを明らかにし、重大な憂慮を表明した。
 ヘイマン氏によると、インドネシア政府がH5N1型鳥インフルエンザに感染した患者などの検体提供を拒むようになったのは今年に入ってから。同国で発生した鳥インフルエンザのウイルスに対する「知的財産権」などを主張しているという。
 ヘイマン氏によると、インドネシアは米国の医薬品大手バクスターとインフルエンザのワクチン開発で提携する計画を進めている。インドネシア政府はWHOへのウイルス提供が他社によるワクチン開発につながり、バクスターとの提携関係に悪影響が及ぶと懸念しているとみられる。
U.S. companies prepare for worst in bird flu plans Reuters.uk, UK  (英国) 米国企業、鳥インフル最悪のシナリオに対策
 ミネソタ大学のCIDRAP(感染症研究対策センター)が6日主催した、パンデミック・インフルエンザ企業対策サミットで、問題点と対策が話し合われた。
 石油大手のエクソンは、精油所の中に何人か従業員を住まわせることを考えていて、南部の食料雑貨チェーン店では、スープとパンのドライブ・スルー方式の販売を考慮している。
 しかしながらパンデミックが発生した場合のセキュリティーが問題で、品不足になる食料品を運ぶトラックが襲われる可能性があるから、ショットガンを携帯した警備員を同乗させる必要がある、との意見も出されている。
 またドライブ・スルー方式でスープとパンを売るチェーン店の場合、ピックアップ・トラックで乗り付けた男が、スープを全て売るように要求したらどうするか等の意見が出された。
Fears over Jakarta bird flu deal  BBC Bulgaria, Bulgaria  (ブルガリア) ジャカルタの鳥インフル”取引”に不安感
 WHOによると、インドネシア政府は今年に入ってから、国内で分離されたH5N1鳥インフルウイルスを国際的に提供していない。同国と米国企業のBaxter International との間で、同社が作成する人用鳥インフルワクチン用の株として、ウイルス提供の取引が終結していないことが理由だ。
 発展途上国で分離された鳥インフルウイルスは先進国の企業によってワクチン化されるが、それは先進国にとってメリットはあるが、発展途上国にとっては何等メリットがないことが、問題となっている。
British Bird Flu Worker Is Hospitalized CBS News, NY (米国) 英国、鳥インフル対策獣医が入院
Pentagon refines bird-flu pandemic plans  ArmyTimes.com, VA  (米国) 国防省、パンデミック計画を再検討
 米軍保健年次会議が開催。
 パンデミックに際し軍隊が何もしなければ非難されるだろう。
 すでにパンデミック計画は出来ているが、その内容をさらに詳細検討に。
UK bird flu vet in hospital Sydney Morning Herald, Australia (オーストラリア) 英国鳥インフル作業関与獣医が入院
 英国環境食料農業省の獣医が肺炎を呈して病院に入院した。サフォークの農場で発生した七面鳥の処分に関与したことから、病院で鳥インフルの検査が行われた。結果は未定だが、当局者によると鳥インフルの可能性は非常に低いとされる。
Bird Flu Worker in Britain Hospitalised ShortNews.com, Germany  (ドイツ) 鳥インフル作業関係者、英国の病院で入院
 英国サフォークの農場でH5N1鳥インフルに感染した16万羽近い七面鳥の処分に関わっていた作業員が、入院し、鳥インフルの検査を受けている。
 英国健康予防局(Health Protection Agency)により、名前は明らかにされていないが、男性は呼吸器症状を呈しているとされる。
 英国の農場での鳥インフル発生は初めてで、数カ国が同国からの家きん輸入を停止した。
Bird flu outbreak vet in hospital UK Express, UK  (英国) 英国、病院で獣医が鳥インフルの疑い
 サフォークでの作業に当たっていた獣医が、中等度の呼吸器症状を呈して病院に入院した。鳥インフルも含めて、いくつかの疾患の検査がされている。
 当局者は、鳥インフルの可能性は低いとしているが、その理由として予防装具を完全に身につけて作業したから、ウイルスの感染はあり得ないとしている。
2月6日

Two More Indonesians Sickened by Bird Flu Focus News, Bulgaria  (ブルガリア) インドネシアで2人が鳥インフルを発病
 国立鳥インフル情報センターのムハメド・ナディリンが発表した。
 ジャカルタの15歳少女が病的鳥に接触して発病。
 少女は最初1月31日に症状を呈した。その後少女は病院に入院し、比較的良好な状態が続いている、と同氏が語った。
 西ジャワの35歳男性もまたウイルスに感染して濃厚治療を受けている。
 2名の発病者の追加で、インドネシアの発病確定者は合計83人となり、そのうち死亡者数は63人である。
Egypt teenager dies of bird flu BBC News, UK  (英国) エジプトの10代少女鳥インフルで死亡
 17歳のエジプトの少女が鳥インフルで死亡し、同国の死亡者数が12人となった。
 FayyoumのNouri Nadが季節性の人インフルエンザと診断されて1週間後に病院に入院した。
 少女は病的になった、または死亡した鳥と接触した後に鳥インフルに感染したと考えられている。
 今回の少女の鳥インフルによる死亡で、エジプトの感染者数は20人となり、この数はアジア以外では最大である。
 死亡した12人のういち11人は女性である。
 女性や少女はエジプトで、しばしば家きんの世話をするのが習慣となっている。

ウイルス変異

 当局は、今回の少女が変異ウイルスに感染したと判断するには早過ぎる、とコメントしている。
 数週間前、WHOはエジプトで死亡した2人から分離されたH5N1ウイルスが、抗ウイルス剤タミフルに中等度耐性を示していた変異ウイルスであることを発表している。
Human bird flu death toll rises to 12 in Egypt Gulf Times, Qatar (クエート) エジプトの鳥フル死者数12人に
 WHOは昨日、エジプトで少女が鳥インフルで死亡したと発表し、同国での死者数は12人となった。
 WHOの地域アドバイザーのHassan el-Bushraは、少女が感染および死亡した鳥と接触して発病したと語っている。
 これでエジプトでの発病者は20人となり、そのうち12人が死亡している。

Two more Indonesians have bird flu - ministry Reuters.uk, UK  (英国) インドネシアで鳥インフル感染者2人発生、保健省が発表
 インドネシアの首都ジャカルタの高級公務員や外国大使館員等が居住するメンテン(Menten)地区で、15歳少女が野鳥を掴まえた後、鳥インフルを発病した。野鳥は2日後に死亡した。6日、保健省が発表した。
 また西ジャワの30歳男性も鳥フルを発病した。男性の周囲では多くの家きんが鳥フルで死亡していた。
 インドネシアでは今年に入ってから6人鳥インフルで死亡している。l
Egyptian girl dies of bird flu New Zealand Herald (Subscription), New Zealand  (ニュージーランド) エジプトの少女鳥フルで死亡
 十七歳少女が鳥フルで死亡とエジプト国営通信(MENA)が報じた。
British Officials: Little Risk To Public Or Industry From Bird Flu... WCSH-TV, ME  (米国) 英国政府:発生鳥インフルは、一般社会と家きん産業にへの危険性はない
 英国政府は、ヨーロッパ最大の家きん農場で発生した鳥インフルは、一般社会への危険性は無視できるものだと発表した。
 家畜当局の職員達は、16万羽近い七面鳥の処分をほぼ終えている。
 今回の事例は英国で初の大量H5N1鳥インフル発生となった。ロンドンの北東130マイルにある農場で、2500羽の鳥が死亡した後、残りの鳥の殺処分が指示された。
 会社によると感染した七面鳥の肉は出荷されていないので、消費者に感染することはないと説明している。
 英国の科学者は、いまだ今回の鳥インフルウイルスの由来を明確に出来ていない。ウイルスは先月ハンガリーで見つかった株と同じと言われる。
Bird flu no threat New Zealand Herald, New Zealand (ニュージーランド) 鳥インフルの脅威はなし
 ニュージーランド保健省。英国の七面鳥農場で発生した鳥インフルはニュージーランドに脅威はもたらさないが、H5N1ウイルスの侵入はいつ起こるか分からない故、侵入防止態勢は維持する必要がある。
UK may face more bird flu outbreaks - virologist Reuters India, India (インド) 英国ではさらに鳥インフルが発生する可能性:ウイルス学者
 最近東部英国の農場で発生した致死的H5N1鳥インフルが、もし野鳥によりもたらされたとしたなら、英国ではさらに鳥インフルエンザが発生するだろう、と英国の代表的ウイルス学者が5日語った。

 ”もし野鳥によるものならば、もっと発生するはずだろう”、とワービク大学のニゲル・ディモク博士は、感染した野鳥がいまだ英国の中にいる可能性を示唆しながら、事態を説明した。
 ディモク博士は、今回の鳥インフルは野鳥によりもたらされたと推定しているが、その仮説には多くの解明すべき問題が伴っている。
 感染した七面鳥は室内で飼育され、野鳥との接触は制限されていた。
 ”どのようにウイルスが感染したのか、それはミステリーとも言える。バイオセキュリティーが完全でなかったのか、それともどのようにウイルスが運ばれ、飼育舎内に入ったのかは大きな謎としか言いようがないのか”、と同博士は語っている。

 他の二つの仮説として、ウイルスが人により英国に運ばれたか(特に靴裏に付着して)、またはウイルスが混入した生肉が、そのまま七面鳥に餌として与えられたか、が言われている。
 しかし、その可能性は非常に低い、と博士は言う。
 ウイルスが人により運ばれたか、鳥によるかを区別できる根拠は、一切ないと彼は語る。
 ”ウイルスがいかにしてその場所に侵入したのかを理解するには、そこに大きなブラック・ホールが存在している”。

 彼はウイルスの人に対する危険性に関しては、強調しない。
 ”発病した七面鳥を抱いて寝ない限り、人は感染しない”、と彼は語り、感染するには鳥に濃厚に接触して、大量のウイルスに暴露される必要があることを付け加えた。
 ディモク博士は、英国が家きんのウイルス感染を防止するために、ワクチン接種を行うことを許可していないことには賛成している。
 ”ワクチン接種は良くない。なぜならそれは鳥を免役するのではなく、単にウイルスを体内に潜めさせてしまうだけだから”。

UK bird flu outbreak not a threat to public Shanghai Daily, China  (中国) 英国の鳥インフル発生は一般社会に脅威は及ぼさない
European poultry farmers on guard against bird flu  Inland Valley Daily Bulletin, CA  (米国) ヨーロッパ家きん農場、鳥インフルに警戒態勢
 オランダやノールウエーの農家は、英国からH5N1鳥インフルが黒海を越えて拡大してくることを警戒し始めている。
Minister defends action on bird flu outbreak Independent, UK (英国) 環境大臣、鳥インフル封じ込め対策を強化
 英国政府は6日、数千羽の家きんを殺処分し、H5N1鳥インフルを封じ込める対策に乗り出した。
 ベン・ブラドショウ環境大臣はサフォークの農場で発生したH5N1鳥インフルの対策に遅れがあったことを否定した。
 Bernard Matthews農場の約15万9000羽の七面鳥が殺処分される予定で、また専門家達はウイルスの感染源を調査している。
 大臣は1日に大量の七面鳥が死亡するまで、若干の死亡は確認されていたが、少数の死亡は日常よく見られることなので、決して発見が遅れたのではないと語り、一部に対応が遅れたのではないかという批判があることに対して、それを否定した。

鳥インフルの脅威拡大も ジャカルタ洪水死者29人に 神戸新聞 
 インドネシア政府の鳥インフルエンザ対策委員会のバユ・クリスナムルティ委員長は5日、今月1日から続く首都ジャカルタの大洪水で衛生状態が悪化していることから「(鳥インフルエンザ)感染の脅威が拡大した」と述べ、警戒を呼び掛けた。
 ジャカルタ警察報道官は5日、水死などによる死者が29人になったと発表した。
 同国では、鳥インフルエンザによりこれまでに世界最多の63人が死亡。犠牲者の約8割はジャカルタと隣接県に集中している。今年も鶏に触れるなどした6人が死亡、犠牲者拡大のペースが速まっていた。
 洪水は5日も続き、雨はほぼ上がったものの、上流の水が押し寄せ増水した地区もある。保健省によると、30万人以上が避難民となっており、水没した家の屋根の上で救助を待つ住民も多い。
2月5日


大流行なら現地で予防を 新型インフルで外務省 徳島新聞
 外務省は5日、海外で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスからの変異で人に感染する「新型インフルエンザ」が発生した場合、在外邦人に退避の検討を要請するなど危険情報を出す際の基本方針をまとめた。世界保健機関(WHO)の危機管理区分に基づき、世界的大流行となれば移動が制限されるため、現地での予防徹底を指導することになる。
 基本方針によると、危険情報は3段階。人から人への感染の可能性が極めて高い場合は「退避の可能性も含め検討」を呼び掛け、WHOが感染を確認した場合は「十分な医療が受けられなくなる可能性がある」として「渡航延期や退避の検討」を要請。さらに世界的大流行に発展すれば、「現地にとどまり、予防対策の徹底」を促す。
 外務省は昨年12月から、医療専門家委員会でWHOの危機管理区分に基づく段階別の対応策を検討していた。


  米国CDC発表版も参考に(管理人) :外国に住む合衆国市民に向けた情報 2007/2/2

新型インフル、大訓練 読売新聞
 爆発的に感染拡大する恐れのある「新型インフルエンザ」の発生を想定した大規模訓練が5日行われた。
 内閣府や厚生労働省など関係省庁のほか、徳島県も参加し、中央と地方の連絡体制などを確認した。厚労省は先月19日、新型インフルエンザ対策の指針案を公表しており、これが実際に機能するかどうかの検証が目的。訓練は2回目だが、中央省庁間の机上訓練だけだった前回と違い、今回は自治体も参加し、患者の搬送訓練なども盛り込まれた。
 訓練は、外国で鳥インフルエンザのウイルスが、人から人に感染する新型インフルエンザに変異、その国への出張から帰国した徳島県の男性が新型インフルエンザを発症した――という想定。徳島県で行われた訓練では、午前10時すぎ、患者宅に見立てた県消防学校(同県北島町)の寮に、防疫服とマスク姿の救急隊員が到着。患者を県立中央病院(徳島市)に救急搬送した。
Ministers prepare for human pandemic Financial Times, UK  (英国) 英国政府、パンデミック・インフルエンザ対策を強化

 省庁間市民危機対策委員会(Cobra, the interdepartmental civil contingencies committee.)が開催され、英国で発生した家きんでのH5N1鳥インフルが、パンデミック・インフルエンザに移行する可能性についての対策を論じた。
 保健省大臣のPatricia Hewittは、”我々は非常に深刻に事態を受け止め、パンデミック・インフルエンザへの拡大に完全に対処している。その可能性は非常に低いが、もし発生したなら、それは実際問題、非常に深刻な状態となる”、と語っている。
UN Bird Flu Chief: Expect More CasesNewsMax.com, FL   (米国) 国連の鳥インフル対策責任者:今後発生は増えると予想
 国連のデービット・ナバロ主任調整官がインドネシアで記者会見。
 英国での事例は対策が早く行われたので、周辺への拡大は起きないと予想。
 しかし今後6月までは、ウイルスが広がっていない国でも、家きんでの感染が起きえると、警告。それは昨年の事実に基づいていると説明しているが、人への危険性は現在のまま低いだろうとも説明している。
Scientists hunt bird flu source icBerkshire, UK - (英国) 科学者、鳥インフルの感染源を探索
全英記事
 英国の致死的H5N1ウイルスに感染したSuffolk農場の七面鳥数千羽の殺処分がほぼ終了したが、一方科学者達はウイルスの由来について探索し始めている。

 保健当局者は家きん産物を食品として摂食することで、鳥インフルに感染した例は世界でもないと説明しているが、家きんの売れ行きが直ぐにでも低下する恐れがある。
 2003年1月以来H5N1鳥インフルで164人の人々が世界で死亡している。そのほとんどはアジアと中東であるが、健康予防局(Health Protection Agency)では、人への感染は家きんと直接接触したときにのみしか起こらないと、再度確認している。
 家きん産業界では、消費者に英国環境食糧農業局(Defra)が発表した、感染した鳥は出荷されていないから、消費者にウイルスが感染する心配のないことを強調している。
 しかし国立農業組合(NFU)のチャールス・ブーン氏は、販売上に影響が生じる可能性はあると思うと、非常に心配している。
                  

 ”もし鶏の売り上げが5%下がれば、国内で1週間に1600万羽生産しているから、50万羽ほどは必要なくなる。それは市場に影響し価格が下がる可能性がある”。
 しかし大手のスーパーマーケットでは、家きんおよび卵製品は、安全で出荷体制にはなんら影響はないことを強調している。
 一方、当局はSuffolkのBernard Matthews 農場で見つかった、高病原性アジア株の鳥インフルエンザウイルスによる人への危険性は、無視し得る程度のものだと言っている。

 しかしながら政府は、人に感染する可能性は非常に低いと言っても、パンデミック・インフルエンザにを起こす株に変異する可能性があるから、本当に深刻に受け止め、態勢を強化してゆく、と発表している。
 保健省大臣のPatricia Hewittは、”我々は非常に深刻に事態を受け止め、パンデミック・インフルエンザへの拡大に完全に対処している。その可能性は非常に低いが、もし発生したなら、それは実際問題、非常に深刻な状態となる”、と語っている。

  {But the Government is preparing "very seriously" for the remote possibility the disease - which can be transmitted to humans - could mutate into a form which causes a flu pandemic.
  Health Secretary Patricia Hewitt said: "We are preparing very, very seriously and thoroughly for the possibility of a pandemic flu. It is a very remote risk but if it did happen it could be very serious indeed."}


 
2月4日


WHOが人同士の感染で大規模演習へ 鳥インフルエンザ 朝日新聞 
 
Tests show bird flu is H5N1 virus  BBC News, UK (英国) 検査でH5N1ウイルスが確認
 英国サフォーク(Suffolk)の七面鳥農場。

Too few defences against a pandemic  Telegraph.co.uk, UK  (英国) 英国、パンデミックに対する備えが不完全
 実際にパンデミックが発生したとき、十分量のワクチンと抗ウイルス剤が備蓄されていない。
 政府の対策に不安が高まる。

 英国のパンデミック・インフルエンザ(各種の鳥インフルで発生すると考えられる)に対する備えに関して、ワクチンや抗インフルエンザ薬の備蓄量が少ないこと等から、疑問視されている。

 保健省は人口の四分の一の、1400万人分近くのタミフルを備蓄しているが、パンデミックに対してどの程度効果があるのか疑いがもたれている。
 医師達は第二の抗ウイルス薬リレンザ(グラクソスミスクライン社製造)が、もしウイルスがタミフルに耐性になった場合に、第二の防衛線として効果を発揮する可能性を主張している。実際ドイツではそのような目的で170万人分備蓄している。
 英国政府はわずか70万6000人分のリレンザしか備蓄していない。リレンザは5日間服用が必要で、1人分25ポンド要し、タミフルの倍の価格である。
 保健省はいまだパンデミック発生前に投与出来る、”前パンデミックワクチン”の発注も行っていない。
 標準的ワクチンはパンデミックが発生するまで、正確なウイルスが分からないので作成は困難であるが、しかしながらグラクソスミスクライン社は、パンデミック前に投与出来る第二世代ワクチンを開発している。デンマークやスイスを含む数カ国がこの新ワクチンを発注したが、同社の報道官によると英国はいまだ数ヶ月に亘る協議は続けているが、発注はしていないという。
 医師達が恐れているのは、人のインフルエンザウイルスに感染している誰かに、H5N1ウイルスが感染すると、パンデミックに発展する可能性があることだ。(両ウイルスが交雑して、人に容易に感染する致死的性格を持ったウイルスが誕生すること:訳者注)。パンデミックには英国で5万から75万人死亡する可能性があると保健省では推定している。

 保健省報道官によると、タミフルは錠剤のため、吸入で使うリレンザよりも使いやすく、また投与量も正確に把握出来る、とされる。
 ”タミフルは専門家達個々のアドバイスを基本に選ばれている。我々の抗ウイルス薬戦略は、絶えず一定の見解のもとに立てられている”、と報道官は付け加えた。


Antiviral drug offered as poultry workers fear worst The Sunday Times, UK  (英国) 家きん農場従業員に最悪の事態に備えて抗ウイルス薬が投与
 農場従業員60人にタミフルを投与。
 従業員は自分達の健康状態を心配している。
 アジアで多くの人々が感染して死亡していることを知っている。
Britain hit by killer bird flu The Sunday Times, UK (英国) 英国にキラー鳥インフルウイルスが侵入
 感染した家きんと摂食した60人の農場従業員は抗インフルエンザ薬を服用中。
Avian influenza - situation in Nigeria - update  WHO  鳥インフルエンザ-ナイジェリア状況

 ナイジェリア政府は本日、ラゴスで死亡した22才女性からH5N1ウイルスが検出されたと発表した。初期のナイジェリアで行われた検査結果がロンドンのWHO協力研究機関で確認された。さらに感染源を同定するための検査が同機関で行われている。 
 死亡者との接触者の全ての検体は採取され、WHO協力機関で検査されている。
 H5N1ウイルスはナイジェリアや他の感染地域の家きんで検出されているが、人での散発的感染事例は予
2月3日

Tamiflu expiring in some Asian countries: Can they afford to toss ... San Diego Union Tribune, CA  (米国) アジアの数カ国でタミフル貯蔵期限が迫る:破棄し、新たに購入できるか?
 3年間に亘る鳥インフルとの闘いの後、アジアの貧しい数カ国は、期限が切れるタミフルを破棄し、あらたに高額の費用を投じて備蓄すべきか、ジレンマに陥っている。
 ベトナム、カンボジア、フィリピンの備蓄タミフルは今年度末に期限が切れる。
 世界で80ヵ国が約2億人分のタミフルを備蓄してきているが、実際にパンデミックが起きるのかどうか誰も分かっていない。
 タミフルは貧しい国家には一人分9ドルで売られ、裕福な国家には19ドルで、スイスのロッシュ社から売られている。安価な製品は粉末で提供されるため、それを各個人に配分するのに、定量し、服用するのに水に混ぜなければならないと、貧しい国家では困難な作業がある。
 タミフルの保存可能期間は5年間とされるが、それはカプセルの表面が傷むまでの期間とされる。現在ロッシュ社ではさらに長期間保存可能かどうか検討中のようだ。
 米国では2200万人分備蓄していて、さらに900万人分発注済みである。製品は絶えず入れ替えているので期限切れの問題は生じない。
島根・鳥インフル立ち入り異常なし 山陰中央新報 
 宮崎、岡山両県で高病原性鳥インフルエンザが相次いで発生したのを受け、緊急立ち入り調査をしていた島根県が2日、100羽以上を飼う養鶏場54戸すべてで、異常がなかったと発表した。
 調査の過程で、野鳥などの接触を避ける鶏舎の防鳥ネットに破損があったり、消石灰散布や消毒漕の薬液の交換頻度が低かった計8戸に対し、改善を指導した。
 岡山県高梁市での発生を受け、1月29日から一斉に調査していた。

Bird flu death alarms some Nigerians, others shrug  Reuters.uk, UK  (英国) ナイジェリア鳥インフル死者発生、警戒と無関心

 ナイジェリアにおける初の鳥インフル死者の発生は、一部の人々には家きんを食事の対象から外すことを考慮させる結果となっているが、生きた家きん市場は相変わらず人々で混んでいる。

 政府は1月31日、ラゴスで感染した鶏を処理した22歳女性が鳥インフルで死亡したことを発表した。--サハラ砂漠以南で初の鳥インフル死者となった。
 ”鳥インフルで死者が出た以上、我が家ではもはや鶏は料理しない。みんな注意する必要がある”、とラゴスの市場で果物を売っているママ・ローズと名乗る女性が語っている。
 冷凍鶏肉と魚を売っているアイシャ・ガラディマは、今週流れたニュースに、商売を変えることを考えていると言う。
 ”どのようにして私は鶏が感染しているのか、いないのか判断すれば良いのか?ストックが売り切れたなら、どのようにして安全な鶏肉を補充すれば良いのか分からない”、と彼女は嘆く。
 しかしラゴス市の大勢の人で群れる市場では、バスケット様のケージに入った数百羽の鶏に囲まれた商人達は、若い女性の死亡ニュースに何も心配はしていないと語っている。
 ”これは我々がよく経験する季節的問題に過ぎない。誰も心配することはない”、と市場の責任者であるウマル・モハメドが楽観的に語った。彼はこの時期に、鳥インフルとは無関係な病気で大量の鶏が死亡していると付け加えた。こうした事実が、一部の家きん飼育者達の鳥インフルに対する警戒心を緩和させているようだ。家きん商売人達は今後の見通しについて、あまり心配してないように見える。
 ”私は昨日鶏肉を食べたし、今日も食べる予定だ。鳥インフルが発生しようが、しまいが。秘密は、肉を上手に料理すること”、と店のオーナーであるハリマ・アダムが語った。

ハイリスク

 鳥インフルは2003年以来、世界で少なくとも164人殺している。専門家はウイルスが人人感染を起こすような変異を起こし、致死的パンデミックを起こすようになることを警戒している。
 ナイジェリアは、アフリカで初の鳥インフルを鶏で検出している。それは1年前に北部カドゥナで確認されたが、その後36州のうち17州で確認されている。
 感染した家きんとの直接的接触が、最も一般的人への感染経路であるが、その点に関してナイジェリアは最も危険性の高い国といえる。数百万人のナイジェリア人が裏庭で家きんを飼育し、多くの家庭には冷蔵庫がないため、家きんは売買のために生きた状態で輸送され、食べる直前、と殺される。
 1億4千万人のナイジェリア人の大多数は非常に貧しく、病的になった鶏を破棄することなどは贅沢すぎるようだ。加えるにナイジェリアの健康問題にとって鳥インフルの優先度は低い。ユニセフによると、ナイジェリアの子供達の五人に一人は五歳の誕生日を迎えられない。またWHOによるとナイジェリアの5州で、世界のポリオ患者の70パーセントを占めるとされる。
 そしてHIV/AIDS患者は世界で三番目に多い。
 多くのナイジェリアの若い世代は各種の病気で死亡しているが、病気になっても医師の診察を受けさせる家族は希だから、死亡原因が分からない。
 このような状況にあるから、専門家達は鳥インフル事例のいくつかは未検出に終わっているのではないかと懸念している。
 
.
Random tests start on migratory birds  Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、渡り鳥の調査が開始
 Angthong省で野鳥のウイルス検査が開始。
 同省では1日、昨日家きんでの鳥インフル感染を確認し、鳥インフル発生地域であることを申告した。
 多くの渡り鳥がやってきている。
 同省の家畜局責任者によると、鳩とアジア・スキハシコウコウノトリ(Asian openbill storks)が鳥インフルを拡大させている可能性もある、と語っている。

Bird flu can infect people via upper airway: expert  Scientific American (米国) 鳥インフルは人の上気道を介して感染可能:研究者報告
 昨日のロイター情報。

Mystery illness kills 1000 birds BBC News, UK (英国) 七面鳥1000羽、原因不明死
 Suffolkの農場で1000羽の七面鳥が原因不明死したため、環境局の獣医が鳥インフルも含めて検査している。予備的結果は1日以内に分かる予定と。
2月2日

Expert says bird flu can infect via upper airway  Reuters.uk, UK  (英国) 研究者、H5N1ウイルスが人の上気道にも感染することを確認

香港の指導的科学者が、H5N1鳥インフルウイルスが人の肺の奥まで必ずしも入り込まなくても、上気道細胞にも感染することが出来ることを確認した。
 先に2006年に米国を中心とした研究者達が、H5N1ウイルスの感染は肺の奥の細胞にしか起きないから、容易に人には感染しないという結果を得た。それらの細胞表面にある”alpha 2-3”と呼ばれるリセプターを介してウイルスが細胞に結合、そして侵入すると言われる。
 しかしこの1月に「Nature Medicine」に、香港大学の研究者の、人鼻咽頭部(鼻の奥)にウイルスは感染できるという研究結果をまとめた論文が掲載された。
 ”先の仮説ではウイルスは肺深くに入り込まなければ感染できないとされたが、我々の研究結果では違った。ウイルスは上気道でも感染できる”、とマリク・ペイリス微生物学教授はロイターに2日、語っている。
 同教授は人の組織を用いて、ウイルスが上気道と下気道の両方に感染できることを確認した。
 ”上気道の細胞は”alpha 2-3”を不足しているように思えるが、それでもH5N1ウイルスは細胞に感染できる。そこには他のリセプターが存在しているかもしれない。今後、そこに焦点を合わせた研究が必要だ”。

 しかしながら同教授は、パニックになる必要はないと語っている。
 ”ウイルスは、いまだほとんどの事例では人に感染出来ないし、人人感染も起こせない。状況は何も変わっていない”、と同教授は説明する。同教授は香港で初めてH5N1ウイルスが人に感染し、6人が死亡した1997年以来H5N1ウイルスを研究してきている。
 
Flu Advice Would Vary Under US Plan Wyoming News, WY (米国) パンデミック・インフルエンザ警報は、米国計画に従って変化
 悪性度に基づいたインフルエンザ警報システム
 警報で最悪の場合は、学校は3ヶ月閉鎖、そして社会的イベントはキャンセル。
 楽観的シナリオでは、人々は単に手洗いを行い、もし発病した場合は家庭に留まる。
Future flu outbreaks given severity grading system  Worcester Telegram, MA  (米国) パンデミック・インフルエンザ警報は、グレード分類で発令
 米国連邦政府(CDC)による、新ガイドラインの話題。本日CNNニュースで掲載済み。

Hundreds of students and teachers in Hung Yen catch flu VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、フンイェン( Hung Yen)で数百人の生徒と教師がインフルエンザに罹患

 ベトナムのHung Yen省Yen My地区Minh Chauコミューンの小学校と中学校の生徒と教師300人近くが、この数日間にインフルエンザに罹患した。
 
 中央疫学予防センターでは検体を採取して、ウイルス検査を行っている。
 非常に多くの子供達が罹患しているため、Minh Chau中学校では1月30日と31日休校にして生徒達を家庭に留めた。Yen My 医学センターでは、2校の教師と生徒にマフラーと鼻水薬、および、うがい薬を配布した。現在、発病者達は医療スタッフの厳重な監視下で、家庭で治療を受けている。
 地域の医療センターでは、コミューンの消毒のために消毒薬をスプレーし、地域住民に環境の衛生管理を求めた。
 A型インフルエンザの可能性を尋ねられた副保健大臣は、(人の)H5N1鳥インフルがフンイェン省で発生したとは思えないと語った。理由は、H5N1ウイルスは鳥から感染するが、北部ベトナムでは鳥でのH5N1鳥インフルは発生してないことによる。フンイェン獣医局では、Minh Chau コミューンで家きんの検査を行ったが鳥インフルに感染した家きんは検出しなかったという。
 保健省ではフンイェン省にスタッフを送り、状況の調査と地域の当局者に対策を指導している。

今後数カ月は厳重な警戒を 鳥インフルで国連調整官 神戸新聞 
 宮崎県などで高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が確認されたのに関連して、国連で鳥インフルエンザ問題を担当するデービッド・ナバロ調整官(57)が2日までに共同通信の取材に応じ、過去の流行パターンから「最低でもあと数カ月は警戒を維持、強化する必要がある」と述べた。
 同氏は「(H5N1型の)ウイルスがどこから来たのかはっきりしない」としつつ、「アジア各地の家禽で2003年から流行が続いており、適切かつ迅速な対策を取らない限り、世界のほかの地域にも容易に広がり得る」と警告した。
 H5N1型の流行パターンについては「過去の経験から、毎年11月から5月にかけてが最も拡大しやすい時期とはっきりしてきた」と説明。現在はその真っただ中にあることになり、同氏は高い警戒レベルを数カ月は保つ必要性を強調した。
 *問題点:ナバロ博士が語っている警戒を維持という意味は、人への感染も含めての意味であって、家きんにおける警戒だけを意味しているのではない(管理人)。
養鶏場周辺の野鳥異常なし 鳥インフルで環境省調査 北海道新聞 
 宮崎県新富町の採卵養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、環境省と宮崎県は2日、養鶏場周辺の野鳥の生息状況を調査した。大量死など異常は見られなかった。
 調査は養鶏場の半径10キロ圏内にある河口や池などで行われた。ウイルスは渡り鳥によって海外から運ばれた可能性もあるが、調査では25種の渡り鳥を含む49種の野鳥を目視で確認。カモ類が最も多かった。
 環境省は今後、現場周辺に生息する水鳥のふんを採取し、ウイルスの検査をする予定。
  *問題点:周辺の野鳥の糞からウイルスが出たとしても、その意義付けは難しい。野鳥も何かから感染した可能性もある。また致死的H5N1ウイルスに野鳥が感染したなら、通常は死亡する(管理人)
Altering Virus Coats May Halt Flu Spread phillyBurbs.com, PA  (米国) ウイルス表面蛋白の変化がインフルエンザ拡大を抑制
 米国NIH(国立健康研究所)のチームが、1918年のスペイン・インフルエンザの流行を起こした致死的ウイルスを再合成し、表面蛋白の一部を変更して、フェレットに感染実験をおこなった。
 感染したフェレットは死亡したが、周囲に感染を拡大させなかった。
 感染したフェレットの症状として、くしゃみが全く無かったことが、感染拡大を起こさなかった理由と考えられた。
 ウイルス表面蛋白のヘマグルティニンの変更で、ウイルスの感染性が失われた事実は、今後のH5N1の人感染性に関する研究に非常に参考になる。
 最新の「Science(サイエンス)」に掲載された。
New US bird-flu plan advises when to close schools  Reuters AlertNet, UK (英国) 米国新パンデミック・インフルエンザ対策では、いつ学校閉鎖をすべきか示す
 下記と同じ情報。

 パンデミック・インフルエンザをカテゴリー1~カテゴリー5まで分類して、その重度に応じて対策を勧奨している。

 グラフィック表示による詳細ファイル

CDC issues flu pandemic guidelines  CNN  (国際) 米国CDC、パンデミック・インフルエンザ対策ガイドラインを発表

従来型の定型的ガイドラインではなく、ハリケーン予報に準じた、発生パンデミックの大きさを予知し、その重度に応じた対策を提唱。
 
 軽度(カテゴリー1) 9万人以下の死者が予想の程度
  発病者を、主として家庭に隔離、訪問者を制限して感染を防ぐ

 中度(カテゴリー2)
  1957年(アジア風邪)、または1968年(香港風邪)--9万人から45万人の死者が予想。
  州は学校閉鎖を考えるかも知れないが、CDCは特にそれを推奨しない。する場合は1ヶ月以内とすべきである、としている。
 重度
  90万人以上180万人までの死者が予想(カテゴリー4)、または1918年のスペインインフルエンザ類似の180万人以上死亡予想のカテゴリー5の場合は、各地域における流行程度に応じて、CDCは1から3ヶ月間の学校閉鎖を勧奨する。また集会の禁止、勤務を休んで自宅での業務に切り替えることも勧奨する。
 また州は人々の家庭に患者が出た場合、潜伏期間として1週間自宅に待機させることも、軽度以上のカテゴリーで考えるべきとされる。
 そしてもし、州が十分の抗インフルエンザ薬を用意しているなら、隔離待機中の家族員に薬を投与することも考慮すべきとしている。
 しかし問題も存在している。 最近ハーバード大学が行った調査で以下のことが示されている:成人の4人に1人が独居しているため、発病しても自宅で看護してくれる家族がいない、また4人1人が、失職するので1週間もの間仕事を休むことが出来ない、また5人に1人が、例え発病しても上司が勤務を休むことを許可してくれないだろう、と答えている。
 議論が始まったばかりである、これが結論ではない、と専門家はコメントしている。

 
2月1日

Japan confirms fourth bird flu outbreak this year Reuters  (国際) 日本、今年度第四件目の鳥インフル発生を確認
 宮崎県新富町の養鶏場でH5亜型株による鳥インフルが発生した事例の報告。H5N1ウイルスかどうかの検査は施行中。
宮崎・新富町もH5型鳥インフルエンザ 農水省確認  朝日新聞
 
Thailand detects bird flu virus among poulty; confirms 3rd ... Forbes, NY  (米国) タイ、家きんで鳥インフル発生を確認;本年度3件目
 タイの家畜局は国中央のAngthong 省の鶏で致死的H5N1ウイルスを検出したと発表した。今年度3事例目となる。
 H5N1ウイルスであるとの検査結果は本日確認されたが、感染したのは、小さな農場で飼育されている10羽の鶏であるが、何羽かは闘鶏である。
 これらのにアトリは1月24日に殺処分されている。
 タイは本年初の鳥インフル発生を1月15日Phitsanulok省のアヒルで確認した。
 さらに2件目は1週間前、北東のNong Khai省で起きている。'
ナイジェリア、初の鳥インフルエンザ死者を確認と CNN Japan 
 ナイジェリアの保健当局は1月31日、同国最大の都市ラゴスで死亡した22歳女性が、高病原性鳥インフルエンザに感染していたと発表した。鳥インフルエンザによる死者は、同国で初めて。
 世界保健機関(WHO)によると、女性は今年1月16日に死亡。女性の母親も、1月4日に似たような症状で死亡したが、検体が採取されていないため、母親が鳥インフルエンザに感染していたかどうかは不明。
 ナイジェリアでは昨年、鳥類での鳥インフルエンザ感染が判明したが、人への感染は確認されていなかった。
 WHOによると、2003年以来の鳥インフルエンザ感染者は、1月29日の時点で、世界10カ国で270人に達し、うち164人が死亡している。
Official Says W. Japan Poultry Infected  Forbes, NY  (米国) 西日本の家きんで鳥インフル発生
AP

Dozens of chickens at a western Japan poultry farm died of the H5N1 bird flu strain, agriculture officials said Wednesday, fueling concerns about a series of recent cases in the country's poultry industry.

The bird flu outbreak in Okayama prefecture was Japan's third this year involving the H5N1 strain.

Two earlier outbreaks in southern Miyazaki prefecture prompted the slaughter of thousands of chickens. Officials are still trying to determine whether another Miyazaki outbreak also involved H5N1.

Authorities already began slaughtering chickens at the Okayama farm after the bird flu virus there was confirmed Tuesday to involve a virus from the H5 family, said Agriculture Ministry official Yasushi Yamaguchi.

The H5N1 virus has prompted the slaughter of millions of birds across Asia since late 2003, and caused the deaths of at least 163 people worldwide, according to the World Health Organization.

Japan has confirmed only one human H5N1 infection, and no human deaths.

西日本の家きん農場で数十羽の鶏がH5N1鳥インフルで死亡したことを31日、農業省が発表し、最近発生している同国の家きん産業地域における一連の鳥インフル事例に対して、多大な関心が集まっている。
 岡山県で今回確認された鳥インフルは、日本で発生した今年度3件目のH5N1鳥インフル事例となった。

TOP