高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
1月31日

Singapore says it is well prepared to face avian flu outbreak  Channel News Asia, Singapore (シンガポール) シンガポール、鳥インフル対策は十分と
 タミフルは100万人分備蓄、リレンザは5万人分備蓄。鳥インフル用ワクチンは1000万人分発注済み。N95マスクや、個人的予防装具の備蓄。病院での隔離ベッドの準備。学校での個人的衛生管理の指導、他。
Japan confirms H5N1 strain in another bird flu outbreak  Xinhua, China (新華社、中国) 日本、新規鳥インフル発生でH5N1ウイルスを確認
 岡山県高梁市の事例。共同ニュース版。
Half of patients on bird-flu watch list contracted human flu Nation Multimedia, Thailand (タイ) 鳥インフル疑い患者の半数は季節性インフルエンザに罹患
 鳥インフル疑いとして観察している患者の半分は、人インフルエンザに罹患していることが、医科学局(Medical Sciences Department)が31日明らかにした。
 今年初めに鳥インフル感染家きんが検出されて以来、病院は424人の鳥インフル様症状を呈する患者を厳重な監視下において観察してきた。
 373人の患者の検査結果がすでに明らかになっている。医科学局の長官のパイジト・ワラヒト博士は、179人が人インフルエンザであったと説明している。
 また保健省長官は鳥インフルに陽性を示した患者はいないと語っている。
Indonesia to declare bird flu a national disaster  Reuters.uk, UK (英国) インドネシア、鳥インフルを国家的災害と宣言
 今年に入って6人が死亡、さらに十数人が疑い例として治療中。国際社会からの支援のもとに、家きんにおける鳥インフル封じ込め対策を強化している。
Will masks stop bird flu? Students experiment  Zee News, India -(インド) マスクは鳥インフル予防に効果あるか? 学生が実験台に
 ミシガン大学での実験。
 インフルエンザシーズンに、マスク、手洗いが、ウイルス感染の予防に効果あるかを確かめる。
 2000人の学生を対象に、サージカルマスク着用とアルコール含有手洗いボトル、マスクのみ、何もしない、3グループで、インフルエンザの感染率を調べる実験。
 マスク着用がパンデミック時に有効かどうかは意見が分かれている。
宮崎・新富町、養鶏密集地だけに「2か所と被害規模違う」 読売新聞 
 養鶏王国の宮崎県を三たび襲った鳥インフルエンザ問題で、30日に感染が疑われる鶏が死んだ新富町は、県内でも屈指の養鶏密集地だった。
 鶏や卵の移動が禁じられる半径10キロ以内の区域には約100の養鶏場で350万羽が飼養されており、先に感染が確認された清武町、日向市に比べて被害もけた違いの規模になる恐れがある。
 新富町では採卵鶏の総数が約130万羽で県全体の3割を超える。1951年に県内で初めて鶏卵出荷のための組合を設立するなど、「養鶏宮崎」を先導してきた。
 温暖な気候と広い土地に恵まれ、昭和40年代から特に養鶏業が盛んになったが、一方で近年は若手後継者が減少。新富町の担当者は「今回の事態が、後継者問題にまで影響しなければいいが」と不安を募らせる。
 県畜産課によると、発生養鶏場から半径10キロ以内の移動制限区域の飼養羽数は、清武町で約20万羽(12養鶏場)、日向市が約45万羽(13養鶏場)だった。この二つの地区だけでも宮崎の養鶏業界では出荷規制など大きな影響を強いられたが、今回は新富町を中心に移動自粛を要請された区域の対象となる鶏は約350万羽(約100養鶏場)にのぼる。宮崎県内全体の飼養羽数の約15%で、被害は格段に大きくなることが予想されている。
Bird flu fades in Vietnam’s Mekong Delta  Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 鳥フル、ベトナムのメコンデルタ地域から消失
 
Tra Vinh省に続き Soc Trang, Hau Giang 、そして Kien Giang省が、21日間鳥フル発生がなかったことから、発生地域のリストからはずされた。
 先週、メコンデルタ地域では、強力な対策のせいで発生は一例もなかった。
 現在鳥フル発生は、Ca Mau, Bac Lieu, Vinh Long 省、および Can Tho 市に限定されている。

 
Japan confirms another case of H5N1 bird flu Reuters AlertNet, UK - (英国)  日本、H5N1鳥フルを確認
 岡山高梁市の鳥フルがH5N1ウイルスによるものと確認された。本年に入って3件目のH5N1鳥フル確定例となった。
Australia's CSL says bird flu vaccine test a success Reuters AlertNet, UK  (英国) オーストラリアのCSL社、鳥フルワクチンの臨床試験が成功と
 オーストラリアの製薬メーカーである CSL Ltd. <CSL.AX> は31日、鳥インフルワクチンの臨床試験に成功し、6ヶ月以内に2000万人分のワクチン製造が可能になったと発表した。
 政府によってサポートされた鳥フルワクチンの作成は南半球で初の成功となり、今後アジアにおける備蓄用ワクチンとなる可能性が高い。株はインドネシアとベトナムで分離されたH5N1ウイルス株である。
 30ミリグラムのワクチンを3週間間隔で2回接種し、18歳から65歳までのボランティアで強い免疫効果を得た。乳児、小児、高齢者に対する臨床試験は今年後半に行う予定となっている。この新ワクチンはオーストラリアの薬品安全管理局に登録される予定。
北、しょう紅熱などの伝染病が全国に拡大 東亜日報 (韓国->日本語版)

最近北朝鮮全域にしょう紅熱やはしかなどの伝染病が急速に広がり、厳しい経済難に苦しんでいる住民たちは恐怖におののいている。東亜(トンア)日報と接触した北朝鮮の住民たちは皆、「平壤(ピョンヤン)や地方で伝染病がはびこっているが、医薬品が不足しているため、当局が拡散防止への対策を諦めている状況だ」と明らかにした。

最近最もはびこっている伝染病は首の痛みと共に高熱が出て、全身に発疹のできるしょう紅熱。去年10月、両江道恵山(ヤンガンド・へサン)と平安北道新義州(ピョンアンブクド・シンウィジュ)地域で発生し、現在、全国に広がっている。

咸鏡北道清津市(ハムギョンブクド・チョンジンシ)に住んでいるハン・ミョンホ(仮名)氏は、「1月現在、清津だけでも4000人余りのしょう紅熱の患者が発生し、スナム区域の全ての病院が患者たちを受け入れた」と語った。

しょう紅熱はペニシリンを打てば治る病気だが、病院に薬がなく、ひたすら湯を沸かして飲む処方だけ出していることが分かった。さらに、市場には中国製のニセ薬まで出回っていて、死亡者は増えているばかりだ。

しょう紅熱が発生した初期、北朝鮮は発病地域での汽車の運転を中止し、通行止めを実施する一方、学校や職場を閉鎖した。しょう紅熱についての住民教育事業も行ったが、薬がなく、このような措置は全く功を奏していない。

伝染病がはびこる根本的な原因は老朽化した上下水道の体系や電気不足、国の予防医学体制の崩壊などがあげられる。まず、北朝鮮の農村はもとより、都市の殆どの手洗いが汲み取り式であるうえ、上下水道まで整備されておらず、様々な汚水がそのまま川に流れ込んでいる。

このような状況で、電力難でポンプを稼動できず、水道の供給まで打ち切られ、住民たちは汚染された川水を飲み水として使っている。そのうえ、90年代半ばまで周期的に行った予防接種も中止されている状況で、しょう紅熱のほかにもはしかや水痘、パラチフス、腸チフス、コレラ、口蹄疫、鳥インフルエンザなどの様々な伝染病が広がっている。

このような状況の中、根拠のない悪いうわさも相次いでいる。北朝鮮住民のチョン・ミエ(仮名)氏は、「しょう紅熱が北―中の国境周辺で始まったため、韓国の国家情報院が国境を通じて伝染病を広がせているといううわさも出回っている」と述べた。


Another outbreak of bird flu hits Japan  Jordan Falls News, IA  (米国) さらに別の鳥インフルが日本で発生
 AP

 南日本でさらに鳥インフル疑い事例が発生した。農場で23羽の鶏が死亡したが、一連の発生事例に日本の養鶏業界に緊張感が高まっている。
 今回の事例は、日本でこの一ヶ月間に4件目の鳥インフル発生となる可能性がある。当局は新富町の農場で23羽の鶏が死亡しているのを確認し、初期の検査を受けた13羽のうち7羽で鳥インフルウイルスが陽性となった。
 農場は隔離され、半径10キロ内での家きんの移動は禁止された。
 先に宮崎県では2カ所でH5N1鳥インフルが発生し、数千羽の鶏が殺処分されている。
 H5N1ウイルスは2003年以来アジア中で数百万羽の鳥の殺処分を余儀なくし、WHO統計によると少なくとも163人が感染して死亡している。
 鳥インフルウイルスはいまだ人には容易に感染しないが、国際的専門家達は、ウイルスが人に感染しやすい株に変異し、世界で数百万人殺すようになることを警戒している。
[ANN]Bird flu confirmed in Japan's Okayama Prefecture Korea Herald (subscription), South Korea (韓国) 鳥インフル、岡山県で確認
 The Daily Yomiuri からの転載
 宮崎県で発生した事例との間とは関係は無し。両者とも中国大陸からの渡り鳥によりもたらされた可能性が高い。専門家が予測している。
Nigeria keeps mum on new human bird flu tests Reuters AlertNet, UK ナイジェリア、鳥インフル疑い患者の再検査結果も、不確定と
 30日、先の検査で不確定だった14人の鳥インフル疑い患者の検体が再度検査されたが、保健当局は結果についての公表を拒否した。
 ナイジェリアはアフリカで最も人口が多く、昨年初めて家きんでH5N1鳥インフルが検出されている。しかし人での感染は確認されていない。
 WHOの専門家であるDavid Olaleyeは、首都のAbujaでの検査に立ち会っているが、30日の検査結果についてのコメントを出すことを拒否した。検体は14人の鳥インフル疑い患者からのものであるが、そのうち3人は死亡している。
 これは4回目の検査であるが、これでH5N1鳥インフル感染の有無が確認されると、期待されていた。先に週末に2回行われた検査では陰性だったが、29日に行われた3回目の検査では不確定だったため、専門家達は結論を出せなかった。しかしOlaleyeによると29日に行われた検査では、14検体のうちのいくつかは陽性を示し、いくつかは陰性を示したと言う。
 同氏は30日に行われた検査結果についてはコメントしてない。
 結論は31日か、2月1日に出ると予想される。
Govt to regulate domestic poultry trade to curb bird flu  Antara, Indonesia (インドネシア) インドネシア政府、鳥インフル対策のために家きん売買を規制
 インドネシア農業省は、同国における鳥インフルの拡大抑制のために、家きんの売買を規制する予定と発表した。

 農業大臣のアントン・アプリヤントノは30日、新規則のもとでは、加工された家きん製品しか売買出来ないと語った。
 大臣によると家きんはウイルス伝搬の媒体となっていて、家きんの移動によりウイルスが拡大している可能性が高い故、移動の禁止措置が必要とされる。
 大臣はさらに、と殺され、ゆでられるか、塩素消毒された鶏肉製品は、鳥インフルウイルスに対して、より安全性が高まっている、と説明した。
 今後、家きん農家はと殺処場を備える必要が出てくる。
 しかしながら大臣によると、規則は大きな家きん農場にのみ適用され、それは同時に住宅街から遠く離れた場所に建設される必要がある、とされる。
UPDATE 1-BioSante says bird flu vaccine additive study positive Reuters  (国際) 
H5N1 avian flu detected in Russia FarmersWeekly, UK (英国) H5N1鳥インフル、ロシアで発生
 今年初の発生が確認。
宮崎でまた鳥インフルの疑い・新富町 日本経済新聞 
 宮崎県は30日、同県新富町にある採卵用の養鶏場で鶏23羽が死に、高病原性鳥インフルエンザが疑われると発表した。死んだ鶏2羽を含む13羽に簡易検査を実施した結果、7羽が陽性で、動物衛生研究所(茨城県つくば市)による確定診断の結果が早ければ2月1日に出る見通し。
 今月に入り、宮崎県内では清武町と約60キロ北の日向市の養鶏場で相次いで高病原性鳥インフルエンザが発生。新富町のケースが新たな発生なら、国内8例目となる。
 県は新富町の養鶏場の約9万3000羽を隔離。30日朝に出荷した卵はすべて回収されたという。半径10キロ圏内の約100の養鶏場にも鶏や卵の移動自粛を要請した。10キロ圏では約350万羽が飼育されている可能性がある。
 県によると、新富町の養鶏場は清武町と日向市のほぼ中間で、両市町の10キロ圏で鶏などの移動を禁止した区域の範囲外。両市町の養鶏場とは形態も違い、疫学的関連はないとみている。〔共同〕
1月30日


Japan hit by another case of suspected bird flu  Pittsburgh Tribune-Review, PA (米国) 日本でさらに鳥インフル発生の疑い

Report: Southern Japan hit by another case of suspected bird flu International Herald Tribune, France (フランス) 報告:南部日本で新たな鳥インフル発生の疑い
 23羽死亡。簡易検査を13羽で行い7羽で陽性と。

 鳥インフル発生が疑われている新富町(中間)
 北側 日向市 発生2事例目
 南側 清武町 最初の事例

Report: Another bird flu case hits Japan  Contra Costa Times, CA  (米国) 報告:日本でさらに鳥インフル発生の疑い
New bird flu outbreak suspected in Japan--farm min  Reuters.uk, UK (英国) 日本でさらに新規鳥インフル発生の疑い

 日本の南西部宮崎県の家きん農場で23羽の鶏が鳥インフルで死亡した疑いがもたれている。30日、農業省が発表した。
 疑いがもたれている農場では、9万3000羽の産卵用鶏を飼育しているが、当局が現在予備的検査を行っている。
 もし確認されたら、今年度4件目の発生事例となる。
 29日、日本は3件目の鳥インフル発生事例を西の岡山県の農場で確認した。致死的H5N1ウイルスによるものかどうか、さらに検査中である。H5N1ウイルスは少なくとも世界で2003年以来164人を殺したが、その多くはアジアである。また2億羽以上の鳥が感染したり、また殺処分で死亡している。
 日本ではウイルスによる感染者は報告されていない。
 今月早くに日本では、2件のH5N1鳥インフルが宮崎県の家きんの間で発生している。同県は日本で最大の家きん産業地域である。
 この3年間日本ではH5N1鳥インフルの発生はなかった。
 2004年の1月から3月までの間に、日本で4件のH5N1鳥インフルが家きんの間で発生した。その中の1件は京都で発生し、24万羽の鶏が殺処分され、2千万個の鶏卵が破棄された。
 先週香港当局は、死亡した鳥でH5N1ウイルスを検出したが、それは本年度3件目となる。また一方、インドネシアでは1月に入ってから鳥インフルで6人の人々が死亡している。

宮崎でまた鳥フルの疑い 新富町の養鶏場で鶏23羽死亡 朝日新聞 
 
Experts call for monitoring of cats, dogs for H5N1 Reuters.uk, UK  (英国) 専門家、ネコと犬のH5N1鳥インフル感染の監視を行う必要と
 これまで専門家達はH5N1ウイルスは、鶏、アヒルそして他の家きんにのみ基本的に感染すると考えてきたが、ネコと犬にも感染していることが分かり、それは重大な関心が持たれている。

 インドネシアの科学者がいくつかの地域の家きん市場周辺の野良猫を調べ、H5N1ウイルスに感染していることを発見したことから、保健専門家は家庭で飼育されている動物のH5N1ウイルスを詳細にモニターすることを求めている。
 彼らはウイルスがほ乳類に適合するならば、それはより、簡単に人の間で感染しだす可能性を心配している。
 スラバヤのアイランガ大学の科学者である、Chairul Anwar Nidomによる調査で、ジャワの4地域の家きん市場周辺の500匹の野良ネコの20%が、H5N1ウイルスに対する抗体を保有していることが明らかになった。
 この知見は、ネコが感染した家きんを食べて、ウイルスに感染したことを示唆している。
 ウダヤナ大学のウイルス学者、Gusti Ngurah Mahardikaによる別な研究では、バリ島の豚と家庭飼育動物の調査を昨年の9月から12月に行われ、2匹の犬と1匹のネコでウイルスが見つかった(抗体の検出思うが:訳者)
 ネコと犬における感染事例は拡大していないが、科学者達は非常に関心を持っている。
 香港の感染症専門家であるLo Winglokは、H5N1ウイルスが種を越えて感染することは悪いニュースだ、と語った。
 ”さらなる種のほ乳動物が感染するならば、それはウイルスが変異しながら、ほ乳動物に適合しつつある兆候かも知れない。もしウイルスが哺乳動物に適合してゆくならば、人に対しても適合する過程にあり、それは人のウイルスになることを意味する”、と、Loは警告する。
 さらに豚での感染事例に関しての話題が続く。
First bird flu outbreak of the year in Russia  Belfast Telegraph, UK  (英国) 今年度初の鳥インフルがロシアで発生
 南部ロシアのKrasnodar地区で黒海に面している地域で、家きんでの発生が確認された。
Two more dead birds test positive  The Standard, Hong Kong  (香港) さらに2羽が検査で陽性に

 香港当局は29日、先週Chai Wan Kok 通りで見つかった死亡したハヤブサと、Yee Kok Courtで同様に死亡して見つかったカラス(house crow)からH5N1ウイルスを検出したと発表した。
 これで本年度7羽の鳥からH5N1ウイルスを検出したことになる。

 香港農業局は、野鳥や生きた家きんとの接触を避けるように市民に注意を促すと同時に、もし接触した場合は完全に手を洗うように警告している。
 香港では散発的に死亡した鳥からウイルスを検出しているが、人に感染した兆候はない。

 香港では昨年1万1000羽の鳥についてH5亜型ウイルスの検査をしたが、17羽で陽性だったという。
 香港では1997年にH5N1鳥インフルが鶏で発生し、それが人にも感染を起こして6人死亡している。政府は香港中の鶏150万羽を殺処分して拡大を防いだ。
Japanese authorities battle with third outbreak of bird flu  News-Medical.net, Australia (オーストラリア) 日本当局、第三の鳥インフル事例対策に懸命
 日本の保健当局者は、岡山県の農場で鶏が鳥インフルで死亡したことを確認した。約40羽の鶏が、まだ確定はされていないが、致死的H5N1ウイルスに感染したと考えられている。

 高梁市の農場の残りの鶏も、もしウイルスがH5N1ウイルスと確認されたなら殺処分される。
 農場と周辺は消毒され拡大を防止する処置がとられた。
 この鳥インフル発生は、日本で本年度3件目で、他の2件は今月早くに南部の宮崎県で発生し、すでにH5N1ウイルスが確認されている。
 日本では2004年以来何件かのH5N1鳥インフルが発生しているが、これまで人での感染死は報告されていない。
 アジア中で家きんと人での感染が増加しており、警戒感が強まっている。
 2003年末に東南アジアでH5N1ウイルスが再興し、それは世界中で150人以上の死者を出し、数百万羽の鳥が死亡、または殺処分されている。
 多くの国では、ウイルスが人に容易に変異し、世界で数百万人が死亡するパンデミックが発生することを警戒している。

Deadly Strain of Bird Flu Reappears in Russia  Men's News Daily, CA (米国) ロシアで致死的鳥インフルが再出現
 ロシア南部のKrasnodar地区の三カ所の農場の死亡した家きんからH5N1ウイルスが検出されたことが、ロシア当局から発表された。拡大対策がとられた。今年初であるが、昨年は90地域で発生した。
Nigeria tests 14 human samples for bird flu France24, France (フランス) ナイジェリア、14人の検体で鳥インフル検査


AFP
 ナイジェリアは、鳥インフル症状で死亡した2人を含めて、14人の血液または組織について検査をしている。
 これまで14人の血液検体を採取した”、と公衆衛生長官がAFPに語った。ほとんどの検体はラゴスからのようだ。
 ラゴス州の保健当局によると、検体には二三週前に死亡した2人の検体が含まれている、とされる。2人は呼吸器症状を呈し、治療を受けていたが死亡したと説明されている。彼らが家きんと接触したかどうか、調査中のようだ。
 他の12人について、死亡した2人と接触したから検査されているのかどうかについては、明らかにされていない。
 情報大臣の発表によると、予備検査では、鳥インフルよりも季節性インフルエンザが陽性だったとされる。また死亡した患者の組織検体の検査では、A型インフルエンザが陽性だった、と説明された。
1月29日

Deadly H5N1 Bird Flu Confirmed in Hungarian Geese by EU Bloomberg  (国際) 致死的H5N1ウイルスがハンガリーのガチョウで確認
 ハンガリーの家きんが致死的H5N1ウイルスに感染したことが確認され、昨年の8月以来初の感染となった。
 当局はハンガリーの別個のガチョウの群れからH5N1ウイルスを検出した。
 EUによると最初の発生は1月24日で、ガチョウ3300羽が発症した。
 第二の発生は最初の発生地から8キロ離れた農場で確認された。
WHO says Nigeria bird flu tests prove negative Reuters India, India  (インド) WHO、ナイジェリアの鳥インフル疑い患者は検査で陰性と
 WHOは29日、死亡した3人を含め、14人の鳥インフルを疑われているナイジェリア人の検査結果は、全て陰性だったと発表した。ジュネーブのWHO本部によると全てH5亜型株に陰性だったが、他のインフルエンザに対しては陽性だったと発表した。

 一方、ナイジェリア当局は別な説明をし、首都Abujaの研究所からの報告を待っていると発表している。 血液検体が原因不明で死亡した3人と、彼らと接触した11から採取され検査されている。
Bird flu outbreak Daily News (subscription), South Africa  (南アフリカ) 鳥インフル発生
 日本は家きん農場でさらに鳥インフルが発生したことを確認し、続いてH5N1ウイルスであるかの詳細検査を行っている。
 検査では鳥インフルに、鶏が感染していることが確認された。高梁市の当該農場では26日から12000羽の鶏のうち49羽が死亡した。
 H5N1ウイルスは少なくとも2003年以来世界中で、主にアジアで164人を殺しているが、また2億羽以上の鳥が死亡、または殺処分された。
 今回の日本における鳥インフル発生は今月3件目であるが、人での感染例は報告されていない。
Japan confirms 3rd 2007 outbreak of bird flu Xinhua, China  (新華社、中国) 日本、2007年の3件目の鳥インフル発生を確認
 日本の西の岡山県の地方農場で、H5亜型鳥インフルが確認され、今年度3件目の鳥インフル発生となったことが当局から発表された。
 少なくとも39羽の鶏が高梁市の農場で死亡したと、岡山県のホームページで発表された。農業省は1月27日、農場には1万2000羽の鶏がいて、ウイルスの拡大を防止するために、農場の半径10キロ以内の家きん産物の移動を禁止したと、発表した。
 農業省は25日、今年度2件目の鳥インフル発生を、九州の宮崎県の5万2200羽の鶏を飼育する農場で確認した。そこでの鳥はH5N1ウイルスに感染していた。
 H5N1鳥インフルウイルスは2003年以来10ヵ国で269人に感染し、163人を殺している。H5N1ウイルスが変異して人に感染するようになったなら、世界で数百万人死ぬ可能性がある。
New bird flu outbreak in Japan KosovaPress, Serbia  (セルビア) 日本で、新規鳥インフルが発生
Japan confirms third bird flu outbreak in January Kuwait News Agency, Kuwait  日本、1月に3件目の鳥インフル発生を確認
Analysis of Salyan resident suspected of bird flu and died to be ... Azeri Press Agency, Azerbaijan (アゼルバイジャン) 
Vietnam bringing bird flu under control Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、鳥インフル発生減少に
 鳥インフル発生コミューンの数が急激に減っている。国全体での予防対策の強化が効を奏してきていると考えられる。ベトナム獣医局が発表した。
Japan confirms third bird flu outbreak Reuters  (国際) 日本、3件目の鳥インFフル発生を確認
 日本はさらにもう1件の家きん農場における鳥インフルの発生を確認し、そしてさらにウイルスがH5N1かどうかの検査を続行している。29日農業省が発表した。
 同省は発表の中で、岡山県高梁市の農場の鶏の間で鳥インフルが発生していることを確認した。農場では12000羽の鶏のうち49羽が26日以来死亡していた。そのように伝えた。
 H5N1ウイルスは2003年以来、世界で164人殺しているが、そのほとんどはアジアで起きている。そして2億羽以上の鳥が死亡、または殺処分されている。
 今回の鳥フル発生は日本で今月3件目であるが、日本では人の感染はこれまで報告されていない。また最後に見つかったH5N1鳥フルは3年前だった。
Japan Confirms Another Bird Flu Outbreak Chosun Ilbo, South Korea (韓国) 日本、さらに別の鳥フル発生を確認
 日本は今年度3件目の鳥フルを、西日本の岡山県の養鶏場で確認した。
 ウイルスはH5亜系と確認され、さらなる分析が行われ、H5N1株かどうか確認中である。
 人での感染者は報告されていない。
高病原性鳥インフルと確認 岡山・高梁、H5型  徳島新聞
 岡山県は29日、同県高梁市の採卵養鶏場で死んだ鶏の病気は、高病原性鳥インフルエンザと確認されたと発表した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)のウイルス検査でH5型と判明した。
 農水省によると、国内では2004年から05年までに4例発生。今年に入り宮崎県清武町、日向市で相次ぎ、それぞれ個別ケースと確認されれば、国内7例目となる。特に西日本では、一層発生への警戒が必要になった。
 県は28日の立ち入り調査で、半径10キロ圏内にある15の養鶏場のほか、3農場で少数の鶏の飼育を確認。圏内の鶏は約95万羽となり、卵も含め移動を禁止する。圏内に入る車を消毒する消毒ポイントを、国道や県道に数カ所設置する。
 岡山県は同市にある備中県民局高梁支局にも現地対策本部を設ける。
宮崎の鳥インフル「野鳥の可能性低い」 京産大センター長が指摘  京都新聞
 京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長の大槻公一教授が28日、京都市左京区のホテルで開かれたシンポジウムで講演し、宮崎県清武町で発生した高病原性鳥インフルエンザについて、「鶏舎の構造上、野鳥が入る可能性はほとんど考えられない」と述べ、ウイルス感染した野鳥が直接原因となった可能性は低いとの見方を示した。
国内の鳥インフル、中国のウイルスか 経路解明が課題  産経新聞 
 鳥インフルエンザに詳しい喜田宏北海道大教授(微生物学)は28日、国内での高病原性インフルエンザの感染源に関し「中国発のウイルスには違いないが経路は不明。中国から韓国を通って日本へ飛来する渡り鳥は疑っていい」との考えを示した。
 鶏への感染は「渡り鳥そのものからではなく、何かが鶏舎へ(ウイルスを)運んだ。何が運んだかは不明」と、経路解明が今後の課題と指摘した。
 宮崎や岡山での発生、疑い例の届けなどについて「非常に早く、被害が少ない間にウイルスが確定されて、早期のコントロールができた」と評価。「この動きを繰り返すしか(感染拡大を防ぐ)手だてはない」と指摘した。
 京都市で講演後、記者団に語った。
Azeri boy suspected of having bird flu dies  Reuters.uk, UK (英国) 鳥インフル疑いのアゼルバイジャンの少年、死亡
 アゼルバイジャンの首都バクで、鳥インフル疑いで治療を受けていた14歳少年が、最終診断が確定される前、28日に死亡した。
 アゼルバイジャンの専門家達は、少年が鳥インフルに感染していたと考えているが、バクで行われた3回の検査では、少年は肺炎に罹患していたとされる。
 しかし少年の血液は分析のためにロンドンのWHO協力研究機関に運ばれ検査中であるが、結果はまだ返ってきていないとされる。
 少年は南部のSalyan地区出身で、昨年鳥インフルが発生した二カ所の地域の一カ所にあたる。
 少年の姉は昨年鳥インフル流行時に死亡した5人の中の1人である。
1月28日

鳥インフルエンザ、山陰両県異常なし 山陰中央新報
 岡山県高梁市の採卵養鶏場で鶏が死亡し、高病原性鳥インフルエンザの発生が疑われる問題で、島根、鳥取両県は二十八日、百六十七戸の養鶏業者に、鶏の健康確認や岡山県内業者との取引の有無について緊急調査し、全五百二十四万羽に異常がないことを確認した。二十九日以降、立ち入りによる点検などで対策徹底を呼び掛ける。
 島根県は、千羽以上を飼育している四十二戸と百羽以上の十二戸に聞き取り。全百三十五万羽のうち異常を訴える鶏はいないことを確認した。また、二戸が岡山県内からひなを導入したり肉用鶏を出荷していたが、ともに発生地域とは離れ、今回想定される移動制限地域の範囲外という。
 岡山県に隣接する鳥取県も百十三戸の三百八十九万羽を対象に、鶏の様子と取引の有無を調査。鶏に問題はなく、過去三週間以内に岡山県からの鶏の搬入もなかった。
 両県とも、二十九日以降、感染経路の一つとされる野鳥やねずみの侵入防止対策の実施状況を点検するため各戸に出向くほか、消毒徹底の指導などを行い引き続き警戒する。
インドネシア、処分に本腰 鳥インフル死者増に危機感  東京新聞 
 毒性が強いH5N1型鳥インフルエンザが猛威を振るうインドネシアで、政府がこれまで消極的だった家庭の鶏の処分に本腰を入れ始めた。同国では累計で世界最多の63人が感染死。今年に入って犠牲者拡大のペースが速まり、家で死んだ鶏に触れた主婦ら6人が死亡するなど危機感が強まっている。
 ユドヨノ大統領は26日「各自治体は補償金を配って感染地域の鶏除去を徹底」「国軍に作業支援の出動を要請」など7項目の指示を発表した。首都ジャカルタのスティヨソ知事は「2月1日から住宅地の鶏飼育を全面禁止する」と宣言。しかし自治体の対応はまちまちで、庶民の貴重な食料である鶏の処分が徹底するか疑問の声もある。
 これまでの死者の約8割はジャカルタなどジャワ島西部に集中。大半が自宅や近所で病気の鶏に触れた女性と子供だ。
Nigeria: Bird Flu Death Suspected in Lagos  allAfrica.com ナイジェリア:ラゴスで人感染者発生の疑い
 ラゴスで最近原因不明の死亡をした母娘が鳥インフルで死亡した疑いがもたれ、同国で鳥インフルの人人感染が起きた可能性が出ている。
 2人は、母がクリスマスと新年の料理用に一般の鶏市場で購入した鶏を食べた後、2週間以内に死亡したと言われる。
 母は1月4日に死亡し、娘は1月17日に死亡した。

 二人の剖検が行われたが、死亡原因として鳥インフルが疑われている。その後の父親の話によると、祝いのために購入した鶏のうち1羽が原因不明で死亡したため、残りも死亡しないうちにということで、と殺を急いだという。
 家族はWHOにより隔離されている。
 WHOの報道官は電話で、母娘の死亡を知っているが、死亡原因に関しては、まだ決定できない、と語った。
 彼はまた、鶏の死亡原因も検査中であると語った。
Another bird flu case suspected in western Japan People's Daily Online, China (中国) 西日本で新たな鳥インフル発生の疑い
 西日本岡山県高梁市の農場で、2日間で17羽の鶏が死亡し、新たな鳥インフルの発生が疑われている。日本の農業省が27日遅くに発表した。
 強毒性H5N1ウイルスが日本南部の宮崎県で今月2事例目として発生したことが、同日早くに同省から発表されていた。
Thousands to test flu emergency response The Sunday Times, UK  (英国) 英国、パンデミック・インフルエンザ模擬訓練”冬の柳”が開始間近
 30日、政府はこれまでの最大の緊急模擬訓練を、英国にパンデミック・インフルエンザが発生した場合に備えて行う。
 内密の計画が官庁街に流れている。数千人からの役所職員や緊急業務当局者達が参加するとされる。政府のアドバーザーの中には、鳥インフルのパンデミックはテロ以上の最大の危機として英国が直面していると考えている人達もいる。
 訓練は、パンデミックにより英国民の30%が感染し、75万人が死亡する可能性があるものとして捉えている。
 ガイドラインでは、パンデミックで死亡した家族の遺体を、どのように処理するか示している。また囚人達はパンデミック早期に解放されなければならない、とも考えられている。

 ”冬の柳”は、全ての緊急部門、議会当局、閣僚等を動員する。

 訓練の第二相は2月19日20日に行われる。
 訓練の一部はテレビで放映される。
Bird flu suspected in deaths of 17 birds in western Japan International Herald Tribune, France  (フランス) 西日本で17羽の死亡した鶏で鳥インフルの疑い
 日本西部の岡山県高梁市の農場で17羽の鶏が死亡し、鳥インフルの疑いがもたれていることが、日本の農業省から発表された。
 同省の報道官は、
 ”発生した数はまだ少ないが、鳥インフル発生の可能性があるので早期に発表した”、とアナウンスした。
 農場の12000羽の鶏は検疫状態におかれ、周辺の農場は家きんの観察を強化するように指示された。
Lab tests show no new bird flu cases  Bangkok Post, Thailand  (タイ) タイ、検査で新規鳥インフル感染者は確認されず
 ピキト省で鳥インフル感染が疑われていた2名は、検査の結果H5N1ウイルス感染は否定されたと、公衆衛生省が昨日発表した。1名は37歳男性でPho Thale地区の自分の農場で数羽の鶏が原因不明な病気で死亡した後、間もなく死亡した。
 もう1名は29歳女性で、鶏の死骸に触れた後発症した。しかしその後回復して退院し、Dong Charoen地区の自宅に戻っている。
 しかしながら医師達は同女性の健康状態を、さらに10日間観察する予定としている。
 
 スパンスリタマ報道官は、2名とも検査でH5N1ウイルス感染は否定されたと発表した。

 公衆衛生省は現在、他の疑い患者51名についての結果を待っていると、同報道官は語った。

 1月1日以来、42省で251人が発熱、咳、および肺炎を発症していることが報告されている。
 昨日だけで12省で同様の症状を35人が呈している。そのうち4人がバンコク在住である。

 1月以来新規鳥インフル患者の報告はない。

Bird flu suspected in the deaths of 17 birds Gulf News, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) 日本、鶏17羽死亡に鳥インフル疑い
AP

宮崎県の農場で鶏を処分する職員達(AP)
 西日本の農場で死亡した17羽の鶏が鳥インフルによるものである疑いがもたれている。昨日農業省発表として、現地の報道が伝えた。 

 西の岡山県の農場で鶏が死亡したと共同通信が報じた。

 この発表の数時間前に農業省は、今週早くに南日本の農場でH5N1ウイルスにより、鳥インフルが発生したことを発表している。
 国立検査機関が、日本の主要な養鶏産業地である宮崎県日向市の農場で死亡した3000羽の鶏の検体を分析したが、H5N1ウイルスが検出されたことを農林水産省が発表した。
 なお今月早くに宮崎県の他の町で4000羽の鶏がH5N1鳥インフルで死亡している。
 当局は日向市の農場で49000羽の鶏の殺処分を開始した。約21000羽の鶏が昨日午後までに処分された。さらに当局者によると、近くの農場で5万羽の鶏も感染拡大防止のために処分される予定のようだ。
 

1月27日(土)

 韓国と日本におけるH5N1鳥インフル発生地の関係。 赤色で示した地域

 韓国:全羅北道(2006/11/19~12/11)
     忠清南道(2006/12/11~2007/1/20)

 日本:宮崎県清武町(2007/1/10~)
          日向市(2007/1/23~)
     岡山県高梁市(2007/1/26~)*

       *は疑い段階


岡山でも鳥インフルか=高梁市の採卵養鶏場で-農水省  時事通信
 農水省は27日、岡山県高梁市の採卵養鶏場(約1万2000羽を飼育)で高病原性鳥インフルエンザと疑われる事例が発生したと発表した。同日までの2日間で17羽が死んでおり、現地でウイルス分離の検査を実施している。
 同省によると、27日の簡易検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応を検出、「鳥インフルエンザ特有の症状を見せている」としている。17羽のうち、2羽が26日、15羽が27日に死んだという。
 同省と岡山県は当面の緊急措置として、(1)家畜伝染病予防法に基づく鶏の隔離(2)周辺農場に対する飼育鶏の移動自粛要請-などを実施することを決めた。今回のケースが高病原性と確認された場合は、飼っている鶏の殺処分や発生場所の消毒などの防疫措置を講じる方針。



養鶏場、26日から17羽死ぬ  東京新聞 
 農水省は27日、岡山県高梁市の養鶏場で鶏17羽が死に、高病原性鳥インフルエンザが疑われると発表した。
 養鶏場は約1万2000羽を飼育。26日から鶏が死に始めた。ウイルス分離などの確認作業を進めている。
 農水省と岡山県は、確認されるまでの間、周辺の農場に鶏などの移動自粛を要請、周囲の家禽飼育農場で状況確認を進める。
岡山県高梁市でも鳥インフルか、鶏17羽死ぬ 読売新聞
 農林水産省は27日、岡山県高梁市の養鶏場で、26~27日に17羽の鶏が死に、高病原性鳥インフルエンザの疑いがあると発表した。同省と岡山県は、家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場に鶏の隔離を、発生場所から半径10キロ以内の養鶏場にも鶏や卵の移動自粛などをそれぞれ要請した。
 同省によると、鶏が死んだのは、約1万2000羽の採卵鶏を飼育している養鶏場。現在、ウイルスの鑑定を進めている。
 宮崎県の清武町と日向市の養鶏場では今月、強毒性の「H5N1型」の高病原性鳥インフルエンザが確認されている。
Tests Confirm Bird Flu Outbreak in Japan  Washington Post, DC (米国) 日本、検査で鳥インフル発生が確認

AP
全米報道
 南部日本の家きん農場で発生した鳥インフルは、強毒型のH5N1ウイルスによると確認されたことが、農業省から27日発表された。

 国立機関の研究所が、日本の主要な養鶏産業地である宮崎県日向の農場で死亡した、3000羽の鶏からの検体を分析したところ、H5N1ウイルスに鶏が感染していることが確認された。農水省はそのように声明文で説明した。

 今月早くに、4000羽近い鶏がH5N1鳥インフルで、東京から560マイル南西部にある宮崎県の他の町で死亡した。

 当局は日向の農場の生き残っている49000羽の鶏の殺処分を、26日開始した。
 約21000羽が27日午後までに処分された。さらに近くの他の農場の50000羽の鶏も、拡大防止のために殺処分される予定である。

 H5N1ウイルスは、2003年末以来アジア中で数百万羽の鳥を殺し、また殺処分に追いやっている。そしてWHOによると、少なくとも163人の人々を世界中で殺している。

 日本は人の感染事例を1例だけ確認しているが、人での死亡例は確認していない。

 鳥インフルウイルスは、いまだ人に感染することは希であるが、国際的専門家達は、ウイルスが人に感染しやすい株に変異して、世界中で数百万人が感染死することを警戒している。

Japan says bird flu outbreak from H5N1 Reuters  (国際) 日本、鳥インフル発生はH5N1ウイルスによると確認

 日本の南西部の家きん農場で発生した鳥インフルは、H5N1ウイルスによるものであることを農業省が27日発表し、今月2件目の事例となった。

 人での感染事例は報告されていない。

 地方当局は、3200羽が死亡した農場の鶏5万羽を殺処分している。近くのもう一つの農場での5万羽が拡大予防策として殺処分される予定であることが、地方当局から発表された。

 この宮崎県の農場の鶏は初期の検査でH5亜型株に感染していることが確認されたが、H5N1ウイルスの確認にはさらなる検査が必要とされていた。

 WHOはH5N1ウイルスで世界で269人が感染し、163人が死亡していると発表している。数千万羽の鳥が感染死、または拡大予防対策のための殺処分で死亡している。

 今月初旬、日本で3年ぶりに、やはり宮崎県でH5N1鳥インフルが発生している。

 この数週間、鳥インフル発生事例が、アジア中で昨年の冬のように増加している。今月インドネシアで6人死亡し、南部ベトナムでは家きんでの感染が広がっている。
 アゼルバイジャンでは今週、14歳少年が、鳥インフル疑いで病院へ入院している。
 また24日には、今季初の鳥インフルがハンガリーのガチョウ農場で確認された。

日向の鳥インフルはH5N1型・農水省が発表 日本経済新聞 
 宮崎県日向市の佐藤ブロイラー農場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で農水省は27日、ウイルスを分析した結果、毒性が強く致死率も高いH5N1型と確認したと発表した。動物実験でも既に強毒性が確認されている。
 動物衛生研究所(茨城県つくば市)が検査を進めていた。
 H5N1型は2003年以降、東南アジアなど世界各地に流行が拡大。日向市の約60キロ南の宮崎県清武町でも今月に入り鶏の感染が確認された。農水省の感染経路究明チームなどは遺伝子を詳しく解析し、各地の流行との関連を調べる。
 一方、宮崎県の対策本部は27日、佐藤ブロイラー農場の約5万羽の鶏を、感染拡大防止のため処分する作業を続けた。
 五つある鶏舎のうち、約3200羽が大量死した1棟には、計約2万1000羽が飼育されていたが、対策本部は26日に生きていた鶏の殺処分を終えた。27日は約130人態勢で、死骸を袋に入れ密封する作業を行い、近くの山林に埋める準備を進めた。
 対策本部は同農場に隣接する別の農場の約5万羽も処分することを決めている。
New Outbreaks in Asia Remind Experts of Bird Flu Pandemic Possibility Voice of America (ボイス・オブ・アメリカ、米国) アジアにおける新規鳥インフル発生、専門家は鳥インフル・パンデミックの可能性を想起

Indonesia asks troops to fight bird flu   Age, Australia (オーストラリア) インドネシア政府、鳥インフル拡大対策に軍の協力を求める

 インドネシア大統領は軍に鳥インフル対策への協力を求めた。女児が鳥インフルで死亡し、今月6人目の死者となった翌日となる、26日である。

 アゼルバイジャンでは14歳少年が鳥インフルを疑われて病院へ入院し、当局はH5N1鳥インフルの再興を恐れている。

 世界的に鳥インフル拡大が心配されている中、日本政府の当局者は、南部の農場で死亡した家きんが鳥インフルによるものかどうか、検査結果を待っている。さらにベトナムではメコンデルタ地区での鳥の間での拡大を抑えこむのに懸命な対策を施している。 

Cash crunch means no patient isolation wards  Bangkok Post, Thailand (タイ) タイ、現金不足から患者隔離病棟の用意が出来ない

 予算不足から公衆衛生省による、全国の地域省立病院に隔離病棟を造る計画が進んでいない。隔離病棟、または陰圧病室は鳥インフル感染疑い患者を収容するのに必須である。

 病棟は全ての人人感染を生じる可能性あるウイルスから守るために必要とされる。

 インフルエンザ隔離病棟を地域病院に造る計画は、公衆衛生省のパンデミック・インフルエンザ対策計画の一環ともなっている。
 これまで、ほとんどの地域の病院は予算不足から隔離病棟を持っていない、と保健計画局の副局長であるBoonchai Somboonsook博士は計画を分析しながら語っている。
 現在、61の省立病院しか隔離病棟を持っていない。
 先の政府は昨年、目的のために4000万バーツ(約1億5000万円)を予算化した。隔離病棟の病室は、1室あたり20万バーツ(約70万円)要するため、この予算では、国全体の地域病院918に対して200室しか用意できない。
 予算は各省の行政府に配分されており、そこから地域の病院へ渡されていると考えられる。しかし、Boonchai博士によると、ほんの数カ所の病院しか隔離病棟を造る準備をしていない。
 彼は標準の大きさの隔離病棟は200万バーツ(約700万円)要するので、ほとんどの病院は結核患者の隔離のための小さなタイプを造る可能性がある。
 Boonchai博士は、地域病院がまだ予算を受け取っていないなら、直ぐに地域行政府に資金的援助を求め、公衆衛生省のパンデミック・インフルエンザ対策に従うために、鳥インフル患者専用隔離病棟を造るように勧奨している。
 同博士は隔離病棟設立までの期限は指定していない。しかし、現実に鳥インフルが発生している地域(Phitsanulok, Phichit およびSuphanburi)の病院は出来るだけ急いで準備することが必要と言っている。
 WHOによると、陰圧病室は鳥フル様症状を呈する患者を隔離するには、病院にそのような病室が必要とされる。
 これらの特殊病室では空気は一方方向に流れ、そしてそれは滅菌され、ウイルスが空気中を循環する可能性を減じる。病室はまた、消毒換気システムが装備されている。
 インドネシアは現在、今年1月15日、 Phitsanulok省のアヒル飼育場でH5N1鳥インフルが発生して以来、5件目の鳥インフル発生を確認している。
 2004年以来、タイでは25人の鳥インフル感染者が確認され、17人が死亡している。

1月26日(金)


No Mutation Of H3N2 Flu Despite Human Deaths Bernama, Malaysia (マレーシア) 死亡したタイの男性に感染したH3N2ウイルスには変異なし
 タイ公衆衛生省は3人が死亡したが、H3N2ウイルスはより致死的株に変異はしていないと発表した。タイ国営通信(TNA)が報じた。
 死亡した3人は体が弱っていたため、通常は死亡を引き起こさない一般的インフルエンザで死亡したと考えられる。さもなければウイルスがより強力な株に変異していたことも考えられるが、検査の結果3人はH1N2またはH3N2に罹患していた。
 2006年に疫学局は16309人のインフルエンザ患者を報告したが死者はわずか2人で、2007年度は154人の発病者がいて、死者数は3人である。
 報道官によると、このインフルエンザは成人では、高熱と重度の筋肉痛で発症する。肺炎のような合併症が死亡の主たる原因である。
HCM City: Unexplainable large-scale dying of wild birds  VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ホーチミン市:説明不可能な野鳥の大量死が発生
 
鳥インフルエンザ・ウイルスに変異の疑い バンコク週報 
 保健省は鳥インフルエンザ・ウイルスの変異が疑われるため、詳しい検査をWHOに要請する予定だ。先に毒性が弱いとされるH3型(A香港型)に感染した男性(41)と女児(5)が死亡しており、高病原性のH5N1型がH3型の特性を有する毒性の強いものに変異した可能性があるという。
Tissues to be tested for signs of mutation Bangkok Post, Thailand (タイ) ウイルス変異可能性のために組織の検査に
 公衆衛生省は、WHOにH3亜系インフルエンザで死亡した41歳男性と5歳女児の肺組織を調べて、ウイルス変異の可能性について検討することを依頼した。
 Nong Khai省Si Chiang Mai地域で男性が22日死亡したが、その翌日に同地域では鳥インフルの発生が確認された。また死亡した少女は南部の Prachuap Khiri Khan省に住んでいて、今週H3亜系株で死亡した。

 H3インフルエンザウイルスは多くのインフルエンザ患者で見つかるが、ほとんどの人では死亡させるほどの毒性はない。公衆衛生省の疫学局の長官である Kamnuan Ungchusakが語っている。
 ウイルスで2人が死亡した後、公衆衛生省ではH3ウイルスの流行状況をモニターしている、とKamnuan博士は語った。
 同博士によると、2人の検体は、医科学部の国立インフルエンザセンターに送られる予定で、そこでWHOと保健省が共同的にさらに詳細なる分析を行う。
 ”我々はこれらの事例に十分な注意を払わなければならない”、と医科学局の局長であるPaijit Warachiがコメントしている。
 ”我々はなぜ2人がH3インフルエンザで死亡したのか、原因を明らかにしなければならない”。
 Paijit博士によると、専門家達がウイルス遺伝子に変化が生じて、より毒性を増したのかどうかを心配していると言う。
 調査チームはまた男性の家の近くの農場で発生したH5N1鳥インフルと、男性から検出されたH3インフルエンザウイルスとの関連も調べる。
 疫学調査チームが現地に派遣され、男性の死の原因調査を行うが、男性の家族も10日間の医学的監視下に置かれた。
宮崎・日向の鳥インフルエンザ、清武とは関連性ないとの見方 読売新聞 
 日向市と清武町は、直線距離で約60キロ離れており、二つの発生の関連性はないとの見方が多い。
 県の調査によると、日向と清武の養鶏場は取引がなく、ヒナや餌の入荷元も異なっている。大槻公一・京都産業大教授(獣医微生物学)は「人や物の往来がない限り、清武から日向へウイルスが直接、持ち込まれたとは考えられない」と指摘。金井裕・日本野鳥の会主任研究員も「二つの養鶏場は、それぞれ住宅の近くと山間部にあって周辺の環境が異なるうえ、かなり離れている」と説明する。
 大槻教授らは渡り鳥による感染の可能性を指摘するが、金井研究員は「渡り鳥が来るピークは12月初め。時期から外れている」として渡り鳥以外の可能性も検証すべきだとしている。
Roche Statement Regarding Today's Hearing on 'Pandemic Flu... Drug Newswire (press release), CT (米国)  ロシュ社、パンデミック・インフルエンザの公聴会に対する声明文
 米国上院委員会メンバーによる公聴会における声明文

 製造能力と供給量

 ・ロシュ社は、米国政府の備蓄量として2130万人分を供給した。さらに29州から発注を受けている。ロシュ社は政府の発注に対して低価格で対応している。
 ・保健福祉省の依頼で米国への供給量増加能力と配給システムを昨年9月に確立した。
 ・ロシュ社は世界に対するタミフル製造量を2004年の10倍、年間4億人分に増やしている。
 ・300以上の企業が従業員のためにタミフルを発注している。

 他にロシュ社は、これまで80ヵ国からタミフルの受注を受けており、その製造スケジュールの調整中である。またロシュ社は次の製薬会社にタミフル製造のサブライセンスを与えている:中国大陸に対する製造として、Shanghai Pharmaceutical Group と HEC group、インド国内と途上国に対する製造として、インドのHetero Drugs。またさらに南アフリカのAspenと、アフリカに対するオセルタミビル(タミフル)のジェネリック薬製造許可について合意に達している。

保健当局との協力関係

 ロシュ社は各国政府やWHOの協力者として、WHOに510万人分のタミフルを、地域の備蓄量として提供している。
 
 タミフルはWHOが推奨している鳥インフルエンザの薬物治療おける重要な存在である。そしてWHOの「Rapid Response Protocol」で役割を持っていて、さらに中東や東南アジアにおける人での鳥インフルエンザ治療で用いられている。

 タミフルは最大の効果を得るためには、症状発現48時間以内に服用しなければならない。各国の保健当局ではパンデミック・インフルエンザ対策として、タミフルや他の抗インフルエンザ薬の迅速な配布が必須であることを了解している。WHOは、パンデミックが生じた場合、ワクチンが利用可能になるまで抗ウイルス薬は重要な存在となると声明を出している。

研究と監視態勢

 監視情報と研究結果からは、ウイルスのオセルタミビルに対する(鳥インフルウイルスの)抵抗性獲得率は低い。ロシュ社は社外の研究グループと共同しながら今後も耐性株の出現について監視してゆく。
 1月18日、WHOは次のような声明文を発表している。
 ”現時点でエジプト内、さらに他の地域でオセルタミビルに対する耐性株が広がっているとは考えていない。それ故、2006年6月に作成したH5N1ウイルス感染者における抗ウイルス薬治療ガイドラインを変更する予定はない。理由は、このエジプトで確認された変異株(タミフルに中等度の耐性を示す)の臨床的抵抗性のレベルが十分分かっていないからである”。
Indonesian Girl, 6, Dies of Bird Flu  Voice of America  (ヴォイス・オブ・アメリカ、米国) 6歳のインドネシアの少女、鳥インフルで死亡
 インドネシア保健省は、6歳少女が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が63人になったと発表した。
 25日、保健当局は中央ジャワの少女が危険性高いH5N1鳥インフルに感染し、19日に病院で死亡したと説明している。
 インドネシアは世界で最も多い人での鳥インフル感染者を出している。2003年以来世界では、150人以上の死者が鳥インフルに感染して出ている。

 一方、日本の農業省は、南の宮崎県で2件目の鳥インフル発生を確認している。当局の発表では、発生した養鶏場の鶏から、H5亜型株が検出された。致死的H5N1ウイルスかどうかはまだ確認していない。
 今月早くに日本は、3年ぶりにH5N1鳥インフルの発生を、同じ県で確認している。
 
 マレーシアでは、当局が家きんの間で鳥インフル発生の可能性が高いことから警戒態勢を強めている。
 同国では2003年早くに鳥インフル発生に見舞われたが、6月には消失したと宣言した。 
Suspected bird flu case in Azerbaijan Reuters.uk, UK (英国) アゼルバイジャンで鳥インフル疑い患者が発生
 25日、アゼルバイジャン保健省は、14歳少年を鳥インフル疑いで治療していることを発表した。
 少年の姉は、昨年H5N1鳥インフルの発生で死亡した5人の1人である。
 少年の診断のために血液は、ロンドンのWHO協力検査機関に送られていると当局者は語っている。アゼルバイジャンでの検査では陰性だったとされる。
1月25日(木)

Six year-old Indonesian girl dies of bird flu  Reuters AlertNet, UK  (英国) 6歳のインドネシアの女児が鳥インフルで死亡
 6日前に死亡した6歳の女児が鳥インフルで死亡したことが25日、インドネシア保健省から発表された。同国での死者数の合計が63人となった。
 女児は中央ジャワに住んでいて、近くで鶏が死亡していたと言われる。
 インドネシアでは今年に入って6人死亡している。
Five Indonesians in hospital with suspected bird flu Reuters  (国際) 鳥インフル疑いで5人のインドネシア人が入院
 インドネシアの南スラウエシ州で5人が鳥インフル症状を呈して入院した。鳥インフル病棟担当医師が25日発表した。
 3人の子供を含む5人から採取された検体は、H5N1ウイルスに感染しているかどうか、検査中である。
 患者達は回復しつつあると医師は語っている。
 5人は同じ場所に住んでいて、その地域で鶏が死亡したと、医師はロイター記者に語った。
高病原性鳥インフルと確認/日向市の5万羽超処分へ 四国新聞
 宮崎県日向市の養鶏場で鶏が大量死した問題で、農水省は25日、鶏から検出されたウイルスを高病原性のH5型と確認した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)が検査した。宮崎県庁で記者会見した東国原英夫(そのまんま東)知事は「被害を最小限に食い止め、拡散の防止に全力を尽くす」と述べた。
 発生が確認されたのは日向市東郷町の佐藤ブロイラー農場で、約5万2500羽を飼育。25日、新たに1850羽が死に、大量死は計約3200羽になった。
 高病原性鳥インフルエンザは、約60キロ南の宮崎県清武町で今月、確認されたばかり。農水省の感染経路究明チームは、渡り鳥などが海外から運んだウイルスが何らかの原因で感染した可能性が高いとしており、現地調査などを進める方針。県などは日向市と清武町の発生に直接のつながりはないとみている。
 農水省と県は「鶏肉や卵を食べても、ウイルスは人には感染しない」と呼び掛けている。
Japan confirms fresh H5 bird flu outbreak-Kyodo Reuters AlertNet, UK  (ロイター) 共同通信:日本新規H5鳥インフル発生を確認
 日本は南西部の宮崎県の家きん農場でH5鳥インフルの新規発生を確認した。25日、共同通信が報道した。
 当局は何も発表していないが、共同通信は、500羽以上の鶏が死亡した農場でH5亜型ウイルスが検査で検出されたと伝えた。
 H5N1鳥インフルかどうかの確定にはさらなる検査が必要とされる。
宮崎・日向の鶏大量死も鳥インフル、農水省確認 読売新聞 
 農林水産省は25日、宮崎県日向市の養鶏場で大量死した鶏について、H5型のウイルスに感染した高病原性鳥インフルエンザと確認した。今月10~13日に大量死が確認された同県清武町に次ぐ鳥インフルエンザ発生となる。
 日向市の養鶏場では約5万2500羽の肉用鶏を飼育していたが、22~24日の3日間に1319羽が死んだ。簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、動物衛生研究所(茨城県つくば市)でウイルスを詳しく調べていた。
 農水省の防疫指針に基づき、宮崎県は26日朝から、大量死が起きた養鶏場に残る鶏をすべて殺処分するなどの防疫措置を取る。
日向も高病原性と確定=「鶏王国」ブランドに痛手も-宮崎県 時事通信
 宮崎県日向市の養鶏場で約1300羽の鶏が大量死した問題で、茨城県つくば市の動物衛生研究所は25日午後、同養鶏場の鶏から分離されたウイルスを調べた結果、高病原性鳥インフルエンザであることを確認した。同研究所は引き続き分析作業を進め、ウイルスの詳しい種類や型の特定を目指す。
 宮崎県では、2週間前にも日向市から約60キロ離れた清武町で鶏の大量死が発生。同研究所のウイルス検査で、ここ数年アジアで猛威を振るっている高病原性のH5N1型と確認された。
 県は同市のケースについて、ウイルスの潜伏期間などから「清武町と感染源は別」との立場を取ってきたが、短期間で鳥インフルが連続して発生した影響は小さくない。ブロイラーの生産数では日本一を誇る「鶏王国」の同県にとって、ブランドイメージが低下するなど、大きな痛手になる可能性がある。
Combined flu, bird flu virus a risk: expert People's Daily Online, China (中国) 専門家:季節性インフルエンザと鳥インフルが結合すると危険
 中国の中心的医学専門家が24日、鳥インフルの人人感染の危険性はあると、警告した。
 もし現在北部中国で流行しているような(季節性)インフルエンザウイルスが、鳥インフルウイルスと結びつくと危険性が高まると、中国科学アカデミーの有名な医科学専門家のZhong Nanshanが警告した。
DOH presses alert button on bird flu Philippine Information Agency, Philippines  (フィリピン) フィリピン保健省、鳥インフル警戒報にスイッチ
Malaysia issues highest alert for possible bird flu outbreak Monsters and Critics.com, UK  (英国) マレーシア、鳥インフル発生に高度の警戒態勢
 この数週間にアジアで、中国、インドネシア、日本、韓国、そしてタイにおいて新規の鳥インフル(H5N1)が発生していることから、マレーシアは24日、高度の警戒態勢に入った。
 感染国からの家きん輸入禁止、国境沿いでの密輸の摘発、農場の頻回なる見回りなど。
中心産地 広がる動揺 日向・鶏大量死 西日本新聞 
 宮崎県清武町に続き、高病原性鳥インフルエンザ発生の疑いが強まった同県日向市東郷町の養鶏場周辺は、「養鶏王国」と知られる宮崎県でも代表的な産地の1つ。同県が24日午後、県内の養鶏関連の25団体を集めて開いた緊急会議では、出席者から「清武では事態の終息がみえていた矢先になぜ」「影響は計り知れない」などと不安の声が上がった。
 日向市農林水産課によると、同市内の2005年度の養鶏業者の鶏飼育数は約314万羽で、県全体の16.6%。年間産出額は約81億円に上り、同市の農業産出額の7割に当たる。
 県によると、23日夜から鶏や卵の移動自粛を要請したエリア内の飼育数は約95万羽。県畜産協会の森高秀満専務理事は「この地域一帯は県の養鶏業の中心部。抱えている鶏の数は、清武町のケースより圧倒的に多い」と動揺を隠しきれない様子。
 また、同県新富町でブロイラー処理会社を経営する男性は「今後、産地の分散化を考える必要があるのではないか」と指摘した。
 一方、日向市が24日夜開いた養鶏場周辺の地元住民説明会には、約30人が参加した。
 出席した山本達雄さん(70)は「対岸の火事だと思っていたことが突然身近で起きて、びっくりしている」と話した上で、「(養鶏場を営む男性は)しっかりした人だし、鳥インフルエンザは不可抗力。養鶏農家の人たちが気の毒でならない」と養鶏農家の心情を思いやった。
Bird flu -- Call for antiviral drugs to be shared Biology News Net (press release), Canada  (カナダ) 鳥インフル-高ウイルス薬の共有が必要
 数理学的モデルを用いたパンデミック・インフルエンザ発生防止に関する研究が医学雑誌に発表された。
 航空機運航制限、抗インフルエンザ薬の各国における共有など。
First bird flu case found in EU in 2007 The Age, Australia  (オーストラリア) EUで2007年初の鳥インフルが確認
 ハンガリーの死亡したガチョウから高病原性のH5N1鳥インフルウイルスが検出された。EUで本年度初の検出となる。
 発生地はハンガリー南東部のCsongrad 郡であるが、半径3キロの予防ゾーンと10キロの監視ゾーンが設定され、また農場の生存しているガチョウ全てが殺処分された。
 EUの報道官は、ハンガリー当局の対応は迅速で、拡大の心配はないと語った。
Roaming ducks raise flu fears The Standard, Hong Kong  (香港) ベトナム、彷徨うアヒルが鳥インフルの危険性を高める

 ベトナムのメコンデルタ地域では、H5N1鳥インフルの家きんでの広がりと、人への感染を防止するために、アヒルの自由な移動が1年間禁止された。
 アヒルの放し飼いが習慣であったベトナムでは、それを取り締まるのは非常に困難なようだ。

Cell-culture technology needed, says top scientist Bangkok Post, Thailand (タイ) 細胞培養技術が必要、トップ科学者が語る
 マヒドル大学のワクチン開発センターのSutee Yoksan長官が、季節性インフルエンザと鳥インフルエンザに対するワクチンを開発製造するには、細胞培養技術の導入と、そのための資金が必要と訴えた。
H5N1 bird flu confirmed in Hungary New Zealand Herald, New Zealand (ニュージーランド) ハンガリー、H5N1鳥インフル発生が確認
 ロイター
 ハンガリーで高病原性のH5N1鳥インフルの発生が確認されたとEU委員会が本日発表した。
 ハンガリー南東部の Csongrad郡で3000羽以上のガチョウの間で異常な致死率で死亡が確認されていたが、ハンガリー当局の検査でH5N1鳥インフルが確認された。
Man, 12 kids under close watch Bangkok Post, Thailand (タイ) タイ、男性と12人の子供達が鳥インフル疑いで医学的監視下に

 Ang Thong省 とPhichit省で、男性一人と12人の子供達が、地域で大量の鶏が鳥インフル疑いで死亡した後、鳥インフル様症状を呈したため、医学的監視下に入っている。

 Ang Thong省のSawaengha地域の村で2人の少年と2人の少女が、突然発熱と嘔吐を呈し、症状が続くために病院へ入院した。医師は特別のケアと監視態勢が必要と判断した。
 村人達の話では、子供達は症状を呈する前に死んだ鶏に接触していたようだ。
 Phichit省では、Sam Ngam地域のBan Nong Nam Kiew学校で8人の生徒が、学校の敷地内で死亡した一羽の鶏が見つかった後、高熱を呈している。
 またPho Thale地域の病院には31歳の男性が、飼育している鶏の中で20羽が原因不明のまま死亡した後高熱を呈して入院した。
 Phichit省の保健当局のPrajak Wattanakul氏は、生徒達は少なくとも21日間は監視下におかれる必要があり、また医師が学校に派遣され、教師と84人の生徒の調査を行っているが、死亡した鶏がH5N1鳥インフルによるものではないかという恐れが現地では広がっている。
 寺院の側でこの数日間に多くの鶏が死亡し、犬がその死骸を学校のグランドに持ってきたと同氏は説明している。
 

1月24日(水)

抗インフルエンザ薬の臨床試験開始=新型にも対応-富山化学 時事通信 
 富山化学工業は24日、開発中の抗インフルエンザウイルス薬「T-705」について、日本国内で第一段階の臨床試験を開始したと発表した。T-705は、H5N1型の高病原性鳥インフルエンザを感染させたマウスを使った試験で、高い治療効果を示したため、今後の発生が懸念される新型インフルエンザにも対応できると期待される。
Japan bird flu test results may be out this week Reuters   (国際) 日本の鳥フル検査結果は今週明らかに
 日本南西部の鶏の死亡が鳥フルによるものかどうかは25日遅くに判明する予定と、地方行政府が発表した。
 22日と23日に合計568羽の鶏が宮崎県日向市の農場で死亡した。
 同県では今月早くにH5N1鳥インフルエンザウイルスによる鳥インフルの発生があったが、それは3年ぶりのことだった。
 ウイルスは人に対しても致死的であるが、これまで日本では人の感染報告はない。
宮崎日向、鶏が大量死・鳥インフルエンザか  日本経済新聞
 宮崎県は23日夜、日向市東郷町の養鶏場で肉用鶏(ブロイラー)約570羽が同日までに大量死し、簡易検査を実施したところ陽性反応が出て、高病原性鳥インフルエンザの発生が疑われると発表した。
 同県内では同町から約60キロ離れた清武町の養鶏場で強毒性ウイルス「H5N1型」による高病原性鳥インフルエンザの発生が11日に判明し、16日までに約1万2000羽の鶏を焼却処分したばかり。
 宮崎県によると、清武町と日向市の養鶏場の距離が離れていることや、清武町での防疫措置の完了後に同県内では他の大量死が確認されていないことから、「日向市のケースは、清武町のウイルスが感染拡大したものではないとみられる」(県対策本部)という。
 農林水産省は23日、清武町の大量死の原因となったH5N1型ウイルスは、2005年以降に中国などで流行したウイルスと同系統であるとの遺伝子解析結果を公表。渡り鳥などがこれを日本に運んだ可能性もあるとしている。日向市へは野鳥などにより別ルートで感染した可能性もあるといえ、感染拡大を関係者は警戒している。
 農水省と宮崎県は同日午後、家畜伝染病予防法に基づき、養鶏場の残りの鶏を隔離、半径10キロ以内の養鶏場に対し、鶏や卵の移動を自粛するように要請した。
宮崎で鳥インフルエンザの疑い=農水省 朝日新聞 

UN bird flu officials call for vigilance  The Standard, Hong Kong  (香港) 国連鳥インフル対策当局者、警戒の強化を求める
 23日、国連の鳥インフル対策当局者は、アジアにおける旧正月を迎える中で鳥インフルの拡大起きる危険性が高いことから、警戒を強化することを求めた。既に現在アジア各地では致死的H5N1ウイルスの再興が起きていることも憂慮。
Second outbreak this year confirmed Bangkok Post, Thailand  (タイ) 本年度2件目の鳥インフル発生が確認
 Nong Khai省のSi Chiang Mai地域の鶏卵生産農場で本年度2件目の鳥インフルが発生したことが確認された。Phitsanulok省で発生して1週間しか経っていない。当局によると、1月20日に農場で200羽が死亡し、その後2300羽を殺処分した。
 検査で鶏がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。
Poor countries demand fair share of bird flu drugs  Reuters (国際) 発展途上国は抗鳥インフルエンザ薬の公正な配分を要求

 アジアから中東までの発展途上国は23日、致死的パンデミックウイルス株が発生した場合、抗ウイルス薬とワクチンの公正な配分を要求した。
 広範に鳥インフルが発生している中国とタイは、鳥と人から分離されたウイルスを提供することを約束した。それらのサンプルはワクチンや診断キットを作成する上で重要となる。

 貧富の差による国家間の問題は、WHOの理事会で論議された。理事会ではH5N1ウイルスが変異して、世界的パンデミックを生じる危険性が警告された。
 ”パンデミックは決して先進国では起きなく、間違いなく発展途上国で起きるだろう。しかし我々は先進国にワクチンや抗ウイルス薬開発のために分離ウイルスを提供している。そしてパンデミックが生じたときには、彼らは生き延び、我々は死ぬのだ”、とタイの代表であるSuwit Wibulpolpraser氏は、率直な意見を吐いた。
 ”貧しい人々は死亡し、裕福な人々は生き延びるなんて公正ではない”。タイの公衆衛生局の高官である同氏はそのように語った。
 Suwit 氏は問題を”国家的安全問題”と表現し、
 ”我々は鳥インフル発生情報や分離ウイルス検体の提供に反対はしていない。ただパンデミックが発生した場合、全ての国がワクチンや抗ウイルス薬を入手できる均等な機会が必要なのだ”、と主張している。
 32人のメンバーから構成される理事会に提出した報告書の中に、WHOは倫理問題に取り組んでいることを記載している。鳥インフルは2003年以来269人の人々に感染し、163人を殺している。そしてさらに容易に人人感染しやすい株に変異する可能性がある。
 スイスの製薬会社であるロッシュ社による、最も頼りとされている抗インフルエンザ薬のタミフルの最近の供給量と、世界におけるワクチンの製造能力は、パンデミックが生じた際の世界全体の要求量には程遠い。
 季節性インフルエンザワクチンの製造量は、先進国を中心に約4億人分である。WHOの最近の世界行動計画では、ワクチン製造技術の途上国への導入を求めているが、現在の製造体制下では、世界に必要な適切量を製造できるまで数年は要すると推定している。

 正当な要求

 今月からWHOの新事務局長に就任したカーガレット・チャンは、要求は理解できると語った。
 ”私は抗ウイルス薬とワクチンの公正な配分に関する問題に関心を持っている”、と彼女は語っている。
 先のWHOの鳥インフル対策責任者としての経験からチャンは、製薬会社が抱いている社会的責任性の共有という感覚に印象づけられている、と語った。
 ”彼らはパンデミック・インフルエンザを金儲けの機会とは捉えていない”、と彼女は説明し、世界における対策のための協力的意志を関連企業とその出資者達は、十分持っていると説明した。
 先にバーレーン代表はイスラエルを除いた中東諸国のために演説したが、その中で、地域では季節性インフルエンザに対するワクチン製造能力が無く、近い将来においてもパンデミック・インフルエンザ用のワクチン製造は不可能と考えられると話した。
 バーレーンの公衆衛生局長であるSameer Khalfan氏は、各地域の人口の率に沿ってワクチンを製造、そして配分される、公正なワクチン供給が必要と訴えた。
1月23日(火)


Second birdflu outbreak in Nong Khai Nation Multimedia, Thailand   (タイ) タイで二カ所目の鳥インフル発生
 タイ北東部のNong Khai省で新規H5N1鳥インフルが雌鳥の間で確認された事がタ当局から発表された。人と家きんにおける監視態勢強化が指示された。
South Korea Orders 660000 Animals Killed To Curb Bird Flu  All Headline News  (国際) 韓国、66万の家きんと豚を殺処分に
 最近発生した鳥インフル対策で、発生農場近くの66万からなる家きんと豚を殺処分する発表。
 韓国農業省では近くで見つかったカモから致死的H5N1ウイルスが見つかったことから、韓国内での鳥インフル発生は渡り鳥によってもたらされたと考えている。
Fears of Japan bird flu outbreak Irish Times, Ireland  (アイルランド) 日本で鳥インフル発生の恐れ
 日本の南西部の家きん農場で250羽の家きんが死亡し、新たな鳥インフル発生の恐れが発生した。
 共同ニュースは宮崎県の農場で家きんが多数死亡したことを報じた。同県では今月早くにH5N1ウイルスによる鳥インフルを確認している。
宮崎・日向で鶏大量死、鳥インフルエンザか 読売新聞 



 1月12日 清武町の養鶏場でH5N1鳥インフル発生。
 今回は日向市。韓国では昨年11月から今月まで家きんでの発生が相次いでいる。

 宮崎県畜産課に入った連絡によると、23日午後、同県日向市東郷町の養鶏場で、大量の鶏が死んでいるのが見つかった。
 同課は、高病原性鳥インフルエンザに感染して死亡した疑いもあるとみて調査している。
 同県では10日、清武町の養鶏場で飼育されていた鶏が大量死しているのが見つかり、16日に高病原性鳥インフルエンザの毒性の強い「H5N1型」と確認された。県は半径10キロ以内で鶏や卵の移動を制限し、養鶏場の鶏約1万2000羽を焼却処分している。
宮崎でまた鳥インフル=日向市のブ… 時事通信
 宮崎県日向市に23日入った連絡によると、同市内の養鶏場でブロイラー約300羽が死んでいることが分かった。11羽を対象に簡易検査を実施したところ、1羽から高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出た。
 宮崎県では清武町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生、約1万2000羽を焼却処分したばかり。同県は午後7時から記者会見する。
宮崎の鳥インフル、中国で流行のウイルスと一致  朝日新聞 

Three more suspected bird flu patients admitted to hospitals Jakarta Post, Indonesia   (インドネシア) インドネシア、さらに疑い患者3人が入院
 中央ジャワのSemarangのカリアディ病院に2人の鳥インフル疑い患者が入院し、もう一人の疑い患者が、南スラウエシ、MakassarのWahidin Sudirohusodo病院に入院した。
 2人のSemarangの患者は、51歳男性と26歳女性である。2人とも鳥インフル症状を呈して、21日から濃厚治療室で治療を受けている。
 男性の娘の話によると、1月18日から男性は高熱と呼吸困難えお呈していると言う。喉の障害で男性は話すことが出来ないと言う。男性が鳥インフルと関係があるのか娘には不明だが、最近近くで多くの家きんが原因不明で死亡しているので不安だ、と話している。病院当局からはまだ病気の説明はないと言う。
 女性の父親は、自宅の周辺で多くの家きんが死亡しているので、娘は鳥インフルに罹患していると考えていると語った。
 Makassarの患者は22ヶ月の幼児で、20日に高熱と呼吸困難で入院した。母親の話によると症状は1週間続いていると言う。幼児は近くの家きんとよく遊んでいて、最近それら家きんの中で突然死亡しているものがあると言う。
Hungary Suspects Bird Flu Outbreak Focus News, Bulgaria (ブルガリア) ハンガリーのガチョウ農場で鳥インフル発生の疑い
 南東部ハンガリーのCsongrad郡のガチョウ農場で死亡した鳥が見つかった。3300羽のガチョウのうち40羽が病的状態になり、それらのうちの何羽かが死亡した。検査結果は出ていないが予防地域が設定された。
ヒト感染「新型インフル」想定、初の大規模訓練実施へ  読売新聞
 政府は、人から人へと感染する「新型インフルエンザ」の国内発生を想定した訓練を2月5日に実施する。
 今月19日に厚生労働省が公表した指針案の内容を検証するのが目的で、関係20省庁と共に、地方自治体として徳島県が参加する初の大規模訓練となる。
 訓練は、海外で鳥インフルエンザウイルスが新型インフルエンザに変異し、感染した患者が帰国した後に感染が広まるという想定だ。国の内閣官房から訓練課題を各省庁や徳島県にファクスや電子メールで送り、各省庁などの施策や対応を内閣官房に送る。徳島県では患者の搬送などの訓練も行う予定だ。
Girl, 4, has bird-flu symptoms Nation Multimedia, Thailand   (タイ) タイ、4歳少女、鳥インフル症状
 Ayutthaya省の4歳少女が昨日鳥インフル様症状を呈して入院した。中央に位置する省の住民の健康状態が懸念されている。
 入院した病院の院長によると、少女は高熱と肺感染症を呈していると言う。
 しかし初期の検査では鳥インフルは陰性だったとされる。
 少女の入院を受けて、Ayutthaya省知事は即、公衆衛生担当者と保健ボランティアに対して、全ての村の人々の健康状態をチェックするように指示した。
 患者と接触した人々の監視は14日間続けられるが、家きんの監視体制は30日間続けられる。
 公衆衛生大臣は昨日、公衆衛生省は8万人分の治療薬(タミフルと考えられる)を用意していると語った。
City Hall steps up surveillance after Phitsanulok outbreak Bangkok Post, Thailand  (タイ) バンコク市役所、鳥インフル監視体制を強化
 先週Phitsanulokで致死的ウイルスの感染が見つかり、さらに多くの省で大量の家きんの死が報告されていることから、バンコクの市役所は鳥インフル警戒態勢を強化した。市長のApirak Kosayodhinは昨日、全ての地域の責任者に、鳥におけるH5N1ウイルス感染症の発生に対して高度の警戒態勢を指示した。
 Apirak氏は、焦点は中国街の家きん市場とこれまでの流行でウイルスが検出された10地域と指示している。
 鳥インフルが最初に同国で確認されたのは2004年始めであるが、バンコクの50地域のうちの8地域で流行した。
 多くの地域は町の東部地域であるが、そうした地域では闘鶏が飼われていたり、また放し飼いの家きんが多い。
 またApirak氏は、バンコク市行政当局の鳥インフル発生対策部では、各地域の当局者の援助をするためにいつでも待機状態であると語った。
 一方、昨日(22日)大量のアヒルと鶏がいくつかの地域で発生している。家畜当局では鳥インフル疑いのある農場の数千羽の家きんの殺処分を行い、検査のための検体が採取されている。
 タイとラオスの国境沿いでは家きんや飼育用具の密輸を防止するために警戒態勢を強化した。

 一方、保健省は1月1日から21日までの間に32省で115人の人々が監視体制下に入れられ、そのうち31人が検査結果を待っていると発表した。
Bird flu suspected in southern Hungary Reuters.uk, UK  (英国) 南部ハンガリ-でガチョウが鳥インフルで死亡した疑い
 ハンガリー南東部Csongrad郡の大農場で、50羽のガチョウが病的状態に陥り、5羽が死亡した。獣医は鳥インフルの疑いが濃厚であると判断し、検体がブダペストに送られた感染疑い農場周辺の予防区域( protected zone)とした。
World is years away from controlling bird flu - WHO  Reuters.uk, UK  (英国) WHO事務局長:鳥インフルは既に何年も制圧できていない
 34カ国から選出されているWHO理事会で、WHOの事務局長のマーガレット・チャンは、過去3年間家きんにおける鳥インフルの制圧は為されていない。家きんでの感染が続く限り、いつ人でのパンデミックが発生するか分からない。それは予知すら出来ない。そのように警告した。
Dead birds test positive for H5N1 The Standard, Hong Kong  (香港) 死亡した鳥はH5N1陽性
 今月15日と16日に、香港市内で発見された死亡した野鳥、( Japanese white-eye, house crow および white-backed munia )からH5N1ウイルスが検出されたと発表された。今月に入って。香港市内で野鳥からH5N1ウイルスが検出されたのは3事例目。
来月5日徳島県で初実施  四国放送
 飯泉知事はきょうの定例会見で国のガイドライン案に基づいた新型インフルエンザへの対応訓練が来月5日、全国ではじめて、徳島県で実施されると発表しました。

 飯泉知事
 「訓練を通じまして今後のガイドライン作りにに活かすなど本県はもとより国全体の対応策が大きく前進するきっかけになるのではないかと このように考えている」

 この訓練は厚生労働省や警察庁など国関係の20の省庁と県が連携して鳥インフルエンザが変異を起こし、人から人へ感染する新型インフルエンザ感染患者が海外から日本に帰国したという想定で来月5日に実施されます。訓練では国から示された課題について県庁内に設置された危機管理対策本部が対応方針を決定します。
 基本的には徳島保健所や中央病院で患者の搬送や疫学調査などの実働訓練と対策本部での図面の上での訓練、図上訓練が中心となります。当日は全国の自治体、医療関係者などが集まり、訓練の様子を検証するとともに、衛星回線を通じて全国に映像配信もされます。
 今回の訓練は今月19日に厚生労働省が示したガイドライン案を基に、内容を検証する目的で実施され、全国では初のケースとなります。

Chinese health officials deny reports of suspected cases of SARS ... Pravda, Russia  (ロシア) 中国保健当局者、SARSまたは鳥インフル疑い患者の存在を否定
22日、中国衛生部当局者は、南中国で数十人の人々が鳥インフル、またはSARS疑いで隔離され入院しているという報告を否定した。

 報告されている広州市のある広東省の保健当局者は報告を否定した。
 ”そのようなことは起きていない。それは全て噂である”、とWuとしか名前を語らない省の保健当局者は語った。

 2002年末から2003年にかけてSARSが勃発した際、広州市の第八人民病院では多数のSARS患者が出ていたにも関わらず、隠蔽工作されていた事実がある。

Chinese health officials deny reports of suspected cases of SARS ... International Herald Tribune, France  (フランス) 中国当局者、SARSまたは鳥インフル疑い患者の存在を否定
 先週香港のメディアにより、広州市の第八人民病院に鳥インフルかSARSを疑わせる多くの患者が隔離されていると報じられた。
 しかし北京の衛生部は22日それを否定した。

1月22日(月)

 本日時間がないため情報収集出来ません。
 現時点では韓国、インドネシア等のここでは既報となっている情報が、色々な報道から出ているのみです。2007年1月22日 5:29:19

[新型インフル]「未知の感染症に万全の備えを」 読売新聞
 

 [新型インフル]「未知の感染症に万全の備えを」

 未知のウイルスによる感染症には、万全の対策を練っておかねばならない。

 厚生労働省の専門家会議が、新型インフルエンザが発生した場合に、国や自治体、企業や個人がとるべき対応について、指針案を公表した。

 新型インフルエンザと想定されるのは、鳥インフルエンザのウイルスが、人から人へと感染する形に変異したものだ。今はまだ、その段階に至ってはいないが、時間の問題との見方が多い。

 感染したことのない新手のウイルスに人類は免疫がない。厚労省は、新型インフルエンザが国内で大流行した場合、25%の人が感染し、最悪のケースでは200万人が入院して64万人が亡くなる、と推定している。

 無論、そのような事態を現実のものにしてはならない。

 専門家会議が示した指針案は、12分野にわたる。最も重要なのは、感染拡大を最小限に抑えるための「早期対応戦略指針」だ。

 発生直後に患者を隔離し、患者と接触した人の行動を制限する。場合によっては発生地域の交通を遮断し、集会の自粛など社会活動全般を抑制する。

 だが、現行の法令でどこまでできるのか。指針を実効性あるものとするためには、新たな法整備の必要性を含め、早急に議論を詰める必要があろう。

 医療関係者や警察官、ガスや電力を維持する人など、ワクチンや抗ウイルス薬を優先投与する対象者や順位についても明確にしておかなくてはならない。

 医療体制に関する指針では、発病の疑いがある人を専門に診察する病院や外来窓口を定めることなどを示した。家庭や地域に対しては、2週間分の食料の備蓄や、独り暮らしの高齢者の支援体制の構築などを提唱している。

 広範な分野にわたる指針案は、まだ粗削りだ。今後、国民が幅広く議論に加わり、内容を整えていく作業が重要になるだろう。そうした作業自体が他の多様な危機に対する備えともなり、地域の力も強化されるからだ。

 感染の封じ込め策は、生物テロ対策と重なる。食料の備蓄は地震などの災害対策と共通する。

 医療機関の連携体制を整備していくことは、日常の医療保健体制の充実につながる。地域で高齢者の状況を把握し、見守ることは、高齢化社会において欠かせぬ取り組みでもある。

 新型インフルエンザの脅威に備えることは同時に、様々な面で、社会の弱点や不備を点検する機会ともなる。

1月21日(日)


広州で鳥インフル疑い患者多数隔離  Boxun news (米国、中国語) 機械翻訳
 下記と同内容。多分、下記新聞報道からの引用と思われる。
 当サイトはかってSARS勃発を最初に報告している。
広州で鳥インフル様症状で多数隔離? 星島環球網 (香港、中国) 機械翻訳
 広州の第八人民病院に鳥インフル様症状で多数隔離。詳細は不明。
 鳥インフルに関するインドネシア、韓国、エジプトの情報も伝えている。韓国の天安市での発生も伝えている。
Bird flu suspect dies Sunday  Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、鳥インフル疑い患者が21日死亡
 21日、20歳の女性が鳥インフル疑いで、ジャカルタのスルリアンチ・サロソ(Sulianti Saroso)病院に入院して間もなく死亡した。MetroTV テレビが報告した。
 もしこの死亡が鳥インフルによるものと確定されたら、インドネシアで63人目の死者となる。
 同テレビジョンによると、この女性は19日から他の病院で治療を受けていた。.
天安の鳥インフルエンザ、鶏27万羽の処分開始  YonhapNews World Service (韓国->日本語版)
 忠清南道天安市豊歳面の養鶏農家で前日に高病原性の鳥インフルエンザ発生が確認されたことを受け、21日、この養鶏農家から500メートル内の汚染地域に含まれる家禽(かきん)類飼育場で鶏の殺処分作業が始まった。忠清南道によると、同日午前8時から公務員や専門家など約50人を動員し、鳥インフルエンザが発生した養鶏農家から殺処分に着手した。作業は2~4日かかる見通しだ。産卵鶏などを飼育する農家10カ所、合計27万3000羽が対象となる。
  3キロメートル内の危険地域にある家禽類飼育場と汚染地域のそのほかの家畜については、農林部が午後開く協議会で対応を決める。
  昨年12月21日に忠清南道牙山市のアヒル飼育場で発病が確認された時には、3キロメートル内の危険地域でアヒル2万1146羽、鶏2820羽、ブタ4177頭が殺処分された。
Asia scrambles to contain bird flu resurgence Times of India, India  (インド) アジア、鳥インフル再興に対してスクランブル
 インドネシアで62人目の死者発生。ジャカルタ市内での家きん飼育の禁止。
 韓国、5件目の鳥インフル発生事例。27万羽の家きん殺処分へ。
 
鳥インフル死者62人に インドネシア 神戸新聞
 インドネシア保健省当局者は20日、西ジャワ州の病院で19日に高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)によって女性(19)が死亡したと語った。インドネシアの累計死者数は62人となった。AP通信が報じた。
 当局者によると、女性は死んだ家禽類と接触があったという。
 死者が世界最多の同国では、予算不足で鶏の処分が進まず、感染拡大の懸念が一層強まっている。
Indonesian Woman Dies From Bird Flu Voice of America  (VOA、米国) インドネシアの女性鳥インフルで死亡
 インドネシアの死亡者62例目に関して。
 韓国での5件目の鳥インフル発生事例に関して。
Customs checks for chickens Nation Multimedia, Thailand  (タイ) 税関の鶏輸入に対する監視が強化
 タイの農業省は、鳥インフルエンザの拡大防止のために昨日、国境近くでの全ての家禽の移動と売買を禁止した。
 北部の省で家きんでH5N1鳥インフルが発生していることからの措置。
Are we prepared for a flu pandemic? ABS CBN News, Philippines (フィリピン) 我々はパンデミック・インフルエンザの備えが出来ているか?
 フィリピンにおける対策が出来ていないと警告を発する論説。
 要点

Margaret Chan, the new head of the World Health Organization (WHO), is calling for renewed vigilance against avian flu. She’s right. Recent outbreaks in South Korea, Hong Kong, Indonesia and Vietnam have been reported. There’s no confirmation yet, but the death of an Indonesian recently was probably due to a mutated H5N1 virus that could be transmitted from person to person. In any case, a flu pandemic is overdue and could happen during the winter months.  新WHO事務局長のマーガレット・チャンさんは、鳥インフルに対する警戒態勢を強めるように求めている。
 彼女は正しい。
 最近、韓国、香港、インドネシア、そしてベトナムで発生が報告されている。
 確認はまだされていないが、最近死亡した一人のインドネシア人は、人人感染を生じるかも知れない変異H5N1ウイルスにより死亡した可能性がある。
 いずれにしてもパンデミック・インフルエンザはいつ起きてもおかしくはなく、この冬期間に起きるかも知れないのだ。

1月20日(土)


鳥インフルエンザで新たな死亡者、62人目 インドネシア CNN Japan 
  保健省は20日、鳥インフルエンザに感染した19歳の女性が19日に死亡した、と発表した。同国の犠牲者はこれで、世界最多の62人に達した。保健省は18日、首都ジャカルタが開始した家禽(かきん)類の飼育禁止方針を、他の8州でも採用すると発表、感染阻止に躍起となっている。
 死亡した女性は西ジャワ州の村落に居住、3日間入院していたという。鳥インフルエンザに感染した家禽類と接触したとみられる。
 今年1月9日以降、同国で鳥インフルエンザの死亡者は5人目となった。感染が疑われる入院者もまだおり、今後も予断を許さない状況になっている。
 東南アジアの他国では、鳥インフルエンザ感染が一応、沈静化しているが、インドネシアでは逆に、急増する事態になっている。昨年1年間で56人が感染し、うち46人が死亡。インドネシア政府は資金不足などを理由に処分等の対策が遅れ、各国から非難も受けている。
Bird flu claims 62nd human life in Indonesia Reuters.uk, UK  (英国) インドネシア、鳥インフルで62人目の死者
 インドネシアで鳥インフルにより女性が死亡し、同国で62人目の死者となった。
 西ジャワの19歳の女性が19日死亡したと、保健省の鳥インフルセンターのムハメド博士が語った。
 ”彼女は1月11日発症し、高熱と咳が続き、17日にガルート( Garut)病院に入院した。発症する6日前に彼女は、後に鳥インフルと診断された鶏と接触していた”、と同博士は説明している。
Bird flu kills Indonesian woman, raising country's death toll to 62 International Herald Tribune, France (フランス) インドネシアでさらに女性が鳥インフルで死亡、同国62人目の死者に
 20日、インドネシア保健省の高官が、同国で鳥インフル62人目の死者になる19歳女性の死亡を報告した。
 女性は、西ジャワ出身で1月19日に、ジャカルタの200キロ南東に位置するガルート(Garut)の町の病院で死亡した。
 女性は、入院する6日前に死亡した家きんと接触したとされる。
S.Korea to Slaughter Thousands of Birds CBS News, NY  (米国) 韓国、大量の家きんを殺処分に
 下記報道のように、5件目の鳥インフル発生に対して27万羽の家きんの殺処分に。
Seoul: Powerful bird flu detected  CNN (国際) ソウル:強毒型鳥インフルを検出
South Korea says fifth bird flu case confirmed Reuters AlertNet, UK  (英国) 韓国、5件目の鳥インフル発生を確認
 韓国はより早期の家きん処分にも関わらず、5件目の鳥インフル発生を20日確認した。検疫対策が失敗に終わったことを示唆する結果になった。
 最近の事例は、忠清南道で、ソウルの90キロ南で、4件目の事例が発生した牙山(2006年12月22日)から8キロ離れた地域である。
 …
 Korea has discovered a fifth case of bird flu despite the culling of poultry after earlier cases, a government official said on Saturday, raising concerns that quarantine measures had failed to control the outbreak. The latest case occurred at a poultry farm in Chonan, South Chungcheong province, around 90 km (55 miles) south of the capital, Seoul, and about 8 km from Asan where the fourth case was found. "We confirmed that a case at the farm was highly pathogenic," an agriculture ministry official said by telephone. Quarantine authorities would cull poultry within a 500-metre radius of the infected farm, the official added. There were no reports suggesting human infection. In November South Korea confirmed its first case of the H5N1 strain in about three years. Bird flu remains essentially an animal disease, but it has infected nearly 260 people worldwide since late 2003, killing more than 150, according to the World Health Organisation. Since 2003, outbreaks have been confirmed in about 50 countries and territories.
(LEAD) New hignly-virulent bird flu case confirmed in S. Korea ... Yonhap News, South Korea (韓国) 韓国で再び強毒性鳥インフルが発生
 広範囲の検疫態勢にも関わらず、中央韓国で再び新規強毒性鳥インフルが発生したことを政府当局者が20日発表した。
 ”忠清南道の農場で飼育している鶏が強毒性の鳥インフルに感染した”、と農業林業省が発表した。
 忠清南道はソウルと、昨年末に同様の鳥インフルが発生し、数万羽の家きんが殺処分された益山市の中間に位置している。
 ウイルスが発見された地域から半径500メートル以内の家きんの大量殺処分が行われる予定であると、同省では発表している。27万羽の鶏とたの家きんが殺処分される。
 ジュネーブのWHO本部によると、ウイルスを未チェックのままにしておくと、ウイルスは人に容易に感染するタイプに変異すると推定されている。
 WHOによると、2003年以来、250人以上の人々が感染し、そのうち161人が死亡している。
 2003年と2004年に、韓国は500万羽の家きんを殺処分している。
 韓国人の感染者の報告はこれまでない。
鳥インフルエンザ:忠南・天安で5番目の発生 朝鮮日報
 忠清南道天安市豊歳面の養鶏場で20日、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認された。昨年12月に忠清南道牙山市で高病原性鳥インフルエンザが確認されて以来、5番目の発生だ。
 忠清南道は「19日正午ごろ、ニワトリ大量死の届出があった天安市豊歳面竜井里の産卵用ニワトリの養鶏場に対し、国立獣医科学検疫院が診断したところ、高病原性鳥インフルエンザと判明したと連絡を受けた」と発表した。
 大量死があった養鶏場は約3万羽を飼育中で、19日に157羽が死んだことを受け、すぐに防疫当局に届け出た。忠清南道は鳥インフルエンザ緊急行動指針に基づき、まず発生養鶏場から半径500メートル以内の「汚染地域」で家きん類を処分し、生産物を廃棄することを決めた。
 また、発生養鶏場から半径3キロメートル以内を「危険地域」に指定するなど、緊急防疫態勢に入った。
韓国でまた鳥インフルエンザ、毒性強く157羽死ぬ 読売新聞
 韓国農林省は20日、同国中西部の忠清南道天安の養鶏場で、19日に鶏157羽が病死し、精密検査の結果、毒性の強い鳥インフルエンザが検出されたと発表した。
 韓国での鳥インフルエンザの発生は昨年11月以降、5件目。同省は養鶏場から半径500メートル以内の家禽(かきん)類27万羽を処分するなど対策を取るとしている。
 今回の発生場所は、昨年12月に発生した同道牙山のアヒル飼育場から8キロの地点にあり、鶏約3万羽を飼育していた。
Avian influenza - situation in Egypt - update  WHO 鳥インフル-エジプトの状況
 試験管内でタミフルに中等度の耐性を示す遺伝的変化を遂げたウイルスが、先に報告されているエジプトの二名のH5N1ウイルス感染者で見つかった。両患者共、ウイルスが検出された検体採取の前二日間、タミフルを内服していた。

 検体が採取された二名の患者は、エジプトのGharbiyah県に住んでいた16歳女性と26歳男性である。二名は姪と叔父の関係にあり、同じ家に住んでいた。少女は2006年12月19日に病院へ入院したが、男性は12月17日に入院している。12月21日に両者は一日2錠のタミフル服用を開始した。12月23日二名は、より専門的病院へ転送された。ウイルス検査のための検体は12月23日に採取された。少女は12月25日に死亡し、男性は12月28日に死亡した。
 今回および他の全てのH5N1ウイルス分析は、エジプト保健人口省(MOH&P)とWHOが密に共同して行っている。H5N1ウイルスと最初に診断出来たのは、カイロの中央公衆衛生研究所を介した、エジプト当局による監視態勢と迅速なウイルス分析に帰する。確認検査と遺伝子配列分析は、NAMRU-3(米海軍医学研究所)とアトランタとロンドンの二カ所のWHO協力機関で行われた。
 現時点ではオセルタミビル(タミフル)抵抗性が、エジプト内、または他の地域に広がっているという兆候はない。WHOは2006年6月に発表したH5N1ウイルス感染者に対する抗ウイルス剤による治療ガイドラインを変更する予定はない。理由はこれら変異ウイルスの臨床的耐性レベルが十分解析されていないからである。最近の研究室段階での結果から判断すると、これらウイルスの耐性レベルは中等度と考えられる。この変異は2005年にベトナムの1患者例で認められていた。さらにこれらの変異は人に対する感染性には何等変化は及ぼさない。
 これらの事を考慮すると、現時点では(今回の変異ウイルス検出の事実は)公衆衛生上の問題点としては限定されたものと考えられる。また最終的結論として、これらの事実は警戒レベル(フェーズ・レベル)の変更の必要性を示していないと考えられ、WHOのパンデミック警戒レベルは3度で継続される。
 エジプト政府当局、WHOおよび、その協力センターは、調査と分析結果がまとまったなら、全ての関連情報を公表する予定である。

Egyptian woman dies from bird flu: MENA  Reuters  (国際) 鳥インフル発病エジプト女性死亡
 27歳のエジプト女性がカイロの病院で1月13日より治療を受けていたが、19日に死亡したと国営通信のMENAが伝えた。同国で11人目の死者となる。
Calls for vigilance over mutant virus  The Standard, Hong Kong  (香港) 変異ウイルスに警戒を

 鳥インフル発生のシーズンがやってきている。さらなる発生が恐れられているが、WHOは19日、アジアから遠い地で変異H5N1ウイルス株が見つかり、それは最も有効な武器とされるタミフルに耐性を示したことを報告した。

声明によると、ウイルスの遺伝子変化は、エジプトの2人の患者から分離されたウイルスで確認された。アジア以外では初めてのことである。患者は16歳の少女と26歳の叔父であるが、タミフル内服2日後に検体は採取されているが、それからウイルスは分離された。
 WHOは、現時点ではタミフル耐性株がエジプト内、さらに世界中に拡大しているという事実はない”、とコメントしている。
 また現時点では2006年6月にWHOが発表した、タミフルによる治療ガイドラインの変更の予定はないとも伝えている。

Soap and water go a long way in preventing avian influenza: UN Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) 石けんと水で鳥インフルを予防:国連


Children in Long Coc Commune in Phu Tho northern province’s Thanh Son District wash their hands with clean water. Washing hands is a good way to help prevent transmission of bird flu. — VNA/VNS Photo Xuan Quyet
 流水と石けんで手洗いを行うベトナムの子供達
 気温が下がるに従い、インフルエンザが流行しだす。
 研究者によると、手を介した感染経路が最も一般的と言われる。特にウイルスで汚染した手で鼻をこすることで感染しやすい。
 ウイルスがそのように感染すると分かっていても、食事の前やトイレの後に石けんで手を洗う人は60%に過ぎない。
 これまでH5N1鳥インフルを発病したり、また死亡した人々は、感染した鳥に直接接触、または非常に近くに接近したりしている。現在、この強毒性のH5N1鳥インフルウイルスに対して利用できる商用ワクチンは存在しない。
 ワクチン開発研究は懸命に行われているが、ワクチンでこの感染症の拡大が抑えられるまでは、自分自身での予防対策が重要となる。
 最近の報告では、H5N1ウイルスは物の表面で数時間は生存していると言われる。規則的な石けんによる手洗いはウイルス感染を防止できる。
 全ての人は生死に関わらず鳥との接触を避け、家きん農場や家きん市場の周辺で、マスクと予防用手袋の着用なしに、家きんの羽根や排泄物に接触しないように注意する必要がある。
 頻回な石けんを用いた手洗いは、鳥インフル感染の危険性を下げる可能性がある。ほんの15~20秒の時間である。一本の石けん代はほんの数十円程度に過ぎなく、病院を受診するのに比較したら極めて少額である。
 ”食事の前、私の両親は石けんで手を洗ったかどうかいつも尋ねる”、と7歳のNguyen Xuan Tungは話す。ハノイのDoan Thi Diem 小学校に通っている。 

訳者注:石けんを用いた手洗いは公衆衛生学的に必ずしも必要とは言えず、20~30秒の時間をかけて流水で洗うのが基本となっている。石けんはあくまでも汚れを落とす効果があるだけで、通常はウイルスや細菌を殺す効果はない。また石けんを用いる場合は、固形石けんは避けて、液状石けんを用いるべきである。固形石けん表面に、手についていた汚れや雑菌がそのまま残っている。

1月19日(金)

家禽類の飼育禁止を拡大、鳥インフルエンザ対策で  CNN Japan
 インドネシア保健省は18日、首都ジャカルタが開始した家禽(かきん)類の飼育禁止方針を、他の8州でも採用すると発表した。高病原性鳥インフルエンザの感染源となるニワトリなどの飼育を禁ずることで、感染拡大の防止を目指す。同国の鳥インフルエンザによる死者数は、世界最多の61人に達している。
 インドネシアでは17日、首都のジャカルタ特別州が、裏庭などで家禽類を飼育することを禁止。今月末までに、適切に処理して食用とするか、売却もしくは殺処分するよう指示。2月1日からの飼育を全面に禁じると発表した。
 スパリ保健相は、家禽類の飼育禁止を、ジャカルタだけではなく、鳥インフルエンザの感染が確認された8州でも実施すると表明。段階を追って、全33州でも禁止する意向を示した。
 高病原性鳥インフルエンザは、2003年からアジア各国で確認されており、世界保健機関(WHO)によると、今年1月12日現在の感染者数は世界10カ国で265人に上り、うち159人が死亡している。
 東南アジアでは、2005年にベトナムで61人が感染して19人が死亡したが、感染拡大防止対策が功を奏して、同国においては昨年、感染者、死者ともに0だった。
 しかし、インドネシアでは昨年、感染者が急増。昨年1年間で56人が感染し、うち46人が死亡。しかし、インドネシア政府は資金不足などを理由に効果的な対策を取らず、各国から非難を受けている。
26 suspected human bird-flu cases detected in N Thailand  Xinhua, China (中国) 北部タイで26人の鳥インフル疑い者が発生
 タイ北部のPhitsanulok省で26人の鳥インフル疑い者が厳重な医学監視下に置かれている。死亡した鳥に接触した後発病した。
 同省の公衆衛生局の主任によると、鳥インフル症状を呈した26人のうち15人が、感染した家きんの殺処分に従事した職員である。残りの3人は感染地域の村人である。
 26人のうち3人のみが入院し、残りは家庭で療養し、医学的監視下におかれている。
ワクチン接種、医師らを優先 新型インフル対策で指針案 朝日新聞
 
新型インフル、流行抑止に12指針  読売新聞
 厚労省案隔離や行動制限

 人への感染力が強い「新型インフルエンザ」の大流行に備え、厚生労働省は19日午前に開かれた専門家会議で、国や自治体、国民が取るべき対応策の基本方針を定めた12指針案を公表した。一昨年に大枠を定めた新型インフルエンザ行動計画に基づき、発生後の具体的な対策を初めてまとめたもので、都道府県が中心となって行う封じ込め策など、国民の生活を脅かす危機に対する管理体制を確立するのが狙いだ。
 同省は国民からも意見を求め、今年度中に指針を決定。その後、都道府県など自治体に同様の指針の策定を求め、実効性を確保する。
 指針案は、早期対応戦略、医療体制、ワクチン、抗ウイルス薬、事業者・職場、家庭・市町村など網羅的に12のテーマに分かれる。
 感染拡大を最小限に食い止める「早期対応戦略指針」では、発生直後に患者を隔離し、患者と接触した人の行動制限などを行った上で、発生から72時間以内に状況を評価。国と都道府県が協議し、抗ウイルス薬を予防目的で投与する対象者の決定や、発生した市町村の交通制限、集会の自粛、学校の臨時休校など、地域内で封じ込める作戦が必要かどうか戦略を立てる。
 「医療体制指針」では、患者と非感染者の接触を避けるため、発病の疑いのある人を診察する専門の発熱外来(仮称)を医療機関のほか、公民館などの公共施設にも設置する。患者が入院する指定医療機関などが満床になった時は、都道府県が公共施設などに患者の収容場所を確保し、軽症者は自宅で療養してもらう。
 「ワクチン指針」では、新型ウイルスに有効なワクチンが完成し次第、基本的に国民全員を接種対象とするが、流行時に数に限りがある場合、重症になりやすい人、大人、子ども、高齢者に分け、状況に応じて接種の優先順位を決める。
 事業者、家庭での対策の指針案も初めて設けた。家庭で食料や水など2週間分の備蓄や、市町村が、外出を制限された患者家族や独居家庭に、食料の配達や見回りをすることも求めた。
 一昨年の行動計画は、抗ウイルス薬の備蓄量を2500万人分とし、平時から大流行時まで6段階に分け対策の大枠を示した。指針は新型インフルエンザの発生が確認されてからの4~6段階の対策をまとめた。
Japan debates national survival strategies to face possible ... International Herald Tribune, France  (フランス) 日本、パンデミック・インフルエンザ対策で論議
 日本は、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、ワクチンは高齢者に接種する前に子供にすべきかどうか、論争することになりそうだ。19日発表された政府のパンデミック・インフルエンザガイドライン草稿ではそのようになる。
 保健省により草稿された過酷なガイドラインでは、多数死亡した場合、火葬場をどのように使うか等の研究が必要なことも書かれている。
More Hong Kong birds die of flu Bangkok Post, Thailand (タイ) 香港でさらに鳥が死亡
 鳥フルで死亡した野鳥が見つかったが、ウイルス検査結果は出ていない。香港の野鳥の鳥フル感染事例は3件目。
 そのうちH5N1ウイルスと確定されているのは、繁華街で発見された1例目のみ。
Bird Flu Spreads to 8 Provinces VietNamNet Bridge, Vietnam (ベトナム) 鳥インフル、ベトナムの8省へ拡大
 ベトナムでアヒルと鶏でで拡大中。
Mutations may cause concern for bird flu researchers KXAN-TV, TX  (米国) ウイルス変異は鳥インフル研究者に対して多大の問題を呈する

Bird flu virus found in Egyptians showed resistance to flu drug  Globe and Mail, Canada (カナダ) エジプトで見つかった鳥インフルウイルスは、タミフルに耐性と
 タミフル耐性株出現の問題
 今後の予想:不明
 今後の治療手段:考慮する可能性が出てくる
 対象となった患者2人ともう一人の未検査で死亡した患者間の人人感染があったのかどうかは火的出来ていない。
 患者は33人という大親族が一緒に居住していた。
Bird Flu Mutations Found Los Angeles Times, CA -  鳥インフルウイルスの変異が確認
 エジプトの鳥インフル発症2患者から分離されたウイルスで、タミフルに耐性を示すようになった変異が確認された。18日WHOが報告した。
 変異の程度はウイルスがパンデミックを生じるほどの劇的なものではないが、現在の治療方針を科学者達に再考させるきっかけとなっている。

 検体が採取されたのは、16歳少女と26歳の叔父で、両者ともタミフルに反応せず死亡した。
 少女と叔父は昨年12月遅くに死亡したが、その歳男性の35歳の姉も死亡している。姉は残念ながら検査を受ける前に死亡している。
 3人は死亡したアヒルに暴露された後、数日以内に順番に発病している。ここで人人感染が起きたことは否定できていないと、WHO当局者は語っている。

 今回エジプトで見つかったタミフル耐性ウイルス株は、患者が入院してタミフル治療を受けている間に誕生してきたと思われる、とWHO当局者のハイデン氏は説明している。しかしながらその証拠はあるわけではなく、最悪のシナリオとして、耐性株が鳥の間で流行し始めていると言うこともありえる。
 タミフルはH5N1鳥インフル治療のファースト・チョイスの薬剤であるが、もし耐性株がさらに現れる場合は、治療薬の選択を考慮する必要があるかも知れない。

 *当情報は昨日のニューヨーク・タイムズ紙で扱っている。
Committee recommends limited use of vaccine  Bangkok Post, Thailand (タイ) 委員会、家畜に対する条件付きワクチン接種を推奨に
 鳥インフル対策のワクチン使用を研究している委員会は、鳥インフルが大流行している地域での条件付きでの接種を推奨した。ワクチンはあくまでも、鳥インフル発生防止措置として補助的手段であると説明している。
 農業省の副長官の話によると、大流行の基準は、最低限8カ所のタンブーンが感染地域となっており、その地域は2週間に2回の発生を見ている場合とされる。
 これまでの対策、すなわち殺処分と家きん移動の禁止は、中程度までの鳥インフル発生に対しては有効とされ、それは継続される。
 大発生の場合、ワクチンは発生場所から5キロ以内の家きんに接種される。
 ワクチン接種された家きんは発生地域からの移動は禁止され、発生がコントロールされた時点では殺処分される。ワクチンは単に発生の拡大を抑えるための措置で、これらの家きんは食用として安全と思われるから、農家は保証の対象とならない。 
HCM City boosts bird flu measures Viet Nam News, Vietnam (ベトナム) ホーチミン市、鳥インフル対策の強化に
 市当局は最近のメコンデルタにおける鳥インフル拡大傾向から、さらなる拡大を防止するための対策を強化している。
 市の市場管理局では、警官、獣医師、ボランティアの若者達と協同して対策に当たる計画を立てている。
 固定または移動するチームが、市に入ってくる主要な道路で、メコンデルタや南西部の省からの違法な家きんと家きん産物の運搬が行われないか監視する。
 また検疫されていない動物の搬入のチェックにも各チームは責任があるため、Nha Be と Can Gio地区の河川地区の当局者にも手伝ってもらうことになる。
 しかしながらチーム員は少なく、十分効果的対策を施すことは出来ない上、特に旧正月(テト)には家きんの消費量がピークになるため、監視は極めて難しいと関係者は語っている。
1月18日(木)


4 bird flu suspects found in northern Thailand People's Daily Online, China  (中国) 北部タイで鳥インフル疑い患者4人発生
 タイ北部のPhitsanulok省で、飼育していたアヒルが死亡し、それを摂食した後、鳥インフル様症状を4人の家族が呈したことを、地方の報道機関が18日報告した。
 家族は近くの病院に隔離されている。
Egypt reports 19th human case of deadly bird flu  International Herald Tribune, France  (フランス) エジプト、19人目の致死的鳥インフル感染者を報告
 エジプトで19人目となる鳥インフル感染者が確認されたことを18日、エジプトのメディアが報じた。
 保健省の発表とされる情報によると、カイロの南方90キロにあるBeni Suefの主婦が検査で鳥インフルが陽性であり、現在入院治療中であるとされる。
 中東報道機関(MENA)によると、主婦の感染源は分かっていないとされる。

 一方、東部の Ismailiya州と南部のSohag市で3人が鳥インフル疑いで入院していると報告された。
New Strain of Bird Flu Found in Egypt Is Resistant to Antiviral Drug New York Times, NY (ニューヨーク・タイムズ、米国) エジプトで、抗ウイルス薬に耐性のH5N1鳥インフルウイルスの新規株が検出
 エジプトで、二人の家族メンバーからタミフルに耐性となったH5N1鳥インフルウイルスが分離された。WHOが昨日発表した。
 この事実は潜在的に危険性を秘めている。なぜなら各国政府はタミフルをパンデミック・インフルエンザの武器として備蓄しているからである。
 WHOはこの二人から分離された耐性株が、個別にタミフルで治療中に発生してきたのか、それとも発病した家きんから感染したのか、それとも相手から感染したのか、その判断は現在出来ていない、と説明している。この耐性株はその後、第三番目に発病した家族メンバーを含め、他の人々に拡大はしていない。
 WHOによるとこれらの患者がエジプトで発生したどの事例なのか明確ではないと言っているが、他のニュースソースによると、先月家族3人が死亡した事例のようだ。
 このタミフル耐性株は、リレンザとアマンタジンには感受性を示すという。
 各国政府が主にタミフルだけを備蓄し、リレンザの備蓄は行っていないのが現状である。
 今後鳥インフル患者の初期治療に際して、医師は投与薬剤を変更する必要があるかも知れない、とインフルエンザ専門家は語っている。
Bird Flu - First signs of Pandemic ?  Best Syndication, CA (米国) 鳥インフル:パンデミックの初期の兆候か?

 ミネソタ大学の(インフルエンザの世界的権威である)マイケル・オスターホーム教授は、現在のインドネシアの状況が、パンデミックの初期の兆候を示しているのかも知れないと考えている。ジャカルタのPersahabatan 病院では鳥インフル疑い患者の検査が多数行われている。

 もし1918年のスペイン・インフルエンザ規模のパンデミックが今起きたなら、4500万人の米国人が発病し、200万人死亡する可能性ある、そのように米国保健福祉省では推定している。
 現在検査中の男性の妻と18歳の息子が数日前にジャカルタでH5N1鳥インフルで死亡した
 もし親族中で直接接触により感染したことが確かめられたら、遺伝的に関連ある個体の間で感染は容易に起きるという理論が確認される。
 これはパンデミックの最初の兆候かもしれない、オスターホーム教授はそのように語る。

Bird Flu leaps Species Barrier - Now found in Cats Best Syndication, CA  (米国) 鳥インフル、種の壁を越える-猫にも感染

 インドネシアのAirlangga大学の鳥インフル研究施設の責任者であるC.A. Nidomは、ジャワからスマトラに至る数カ所の都市の猫を調べ、H5N1鳥インフルウイルスを保有していることを確認した。
 500匹前後の猫を調べ20%でウイルスが検出された。
 この事実は家きんのみならず、猫からも人にウイルスが感染する可能性を示している。

当情報は1月15日の中国新聞にも掲載されている。

Woman tests positive for bird flu: WHO The Age, Australia  (オーストラリア) WHO:女性が鳥インフル検査で陽性
 エジプトの27歳女性がH5N1鳥インフル検査で陽性であったことをWHO当局者が語った。
 検査はエジプト当局により行われたが、女性は1月13日より、重度の呼吸困難で治療を受けている。
Research finds resurrected 1918 flu killed by turning the body ... KOMO, WA  (米国) 復活スペイン風邪ウイルスの病原性が解明:過剰免疫により自己臓器が破壊


1918年12月、シアトル市の警察官。赤十字が作成したマスクを着用している。
ワシントン(AP)

 人工的に復活された1918年に歴史上最悪のパンデミックを発生させたスペイン風邪ウイルスの猿への感染実験で、いかにこのウイルスが素早く、残忍に人々を攻撃したか、その謎の手がかりを研究者に示された:感染者の生体内で発生した過剰免疫状態で多臓器障害が発生する。

 研究のリーダーである、ウイスコンシン大学のウイルス学教授のヨシヒロ・カワオカは、実験に用いた猿の肺が過剰な炎症を起こし、血液と体液で充満し、呼吸が出来なくなっている状態から、スペイン風邪で死亡した人々を、
 ”本質的には感染者達は自ら溺れ死んだようなものだ”、と表現している。
 研究結果は16日に科学雑誌の「Nature」に掲載された。
 スペイン風邪ウイルスが体内で過剰な免疫を引き起こし(サイトカイン・ストーム)、それが多臓器障害を引き起こした可能性は、以前より知られていたが、その実体がさらに明らかとなった。
 現在アジアの家きんで流行中のH5N1鳥インフルエンザウイルスも同様の障害を引き起こすと考えられており、今後、その治療法等に関しての手がかりが得られると期待される。

「スペイン風邪」を人工合成、鳥インフル解明に道筋  読売新聞 
 1918年に大流行したインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスを人工的に作り出し、サルに感染させると、異常な免疫反応が起きて致死性の肺炎になることを、河岡義裕・東大医科学研究所教授らが突き止めた。
 高病原性鳥インフルエンザも似た症状を人や動物で起こすことがあるが、このウイルスは実験に使うサルに感染させても症状が出にくい。スペイン風邪ウイルスがサルに起こす症状を抑える手法が確立できれば、高病原性鳥インフルエンザの治療や感染予防につながると期待されている。
 18日付の英科学誌ネイチャーに発表する。
 スペイン風邪が流行した当時はウイルス検出技術がなく、発症の仕組みは確かめられなかった。このため、研究チームはスペイン風邪のウイルスを、最近解明された遺伝子配列をもとに人工合成し、カニクイザルに感染させた。その結果、1日以内に衰弱して食欲がなくなり、8日目には呼吸器状態が非常に悪化。気道全体から増殖した高濃度のウイルスが検出された。
 サルの遺伝子を調べると、異常な免疫反応が起きていた。河岡教授は「スペイン風邪をさらに分析すれば、鳥インフルエンザの予防や治療につながる可能性がある」と話している。
New Bird Flu case discovered in southern Egypt Kuwait News Agency, Kuwait  (クエート) 南エジプトで新規鳥インフル感染者が発生
 エジプト保健省は17日、南エジプトのBani Suwayf州で新規鳥インフル感染者が見つかったと発表した。
 報道官によると感染者は女性で、現在病院に入院し、タミフルによる治療を受けている。
 患者家族は感染の有無の確認のため、検査中であるようだ。

 エジプト当局は昨年の2月以来、19人の感染者を確認し、そのうち10人が死亡している。最後の患者は昨年12月であた。
HHS Awards $133M in Flu Vaccine Pacts MSN Money  (国際) 米国保健福祉省、パンデミック・ワクチン開発にメーカー数社に1億3300万ドルを提供
 米国保健福祉省のレービット長官は、17日、H5N1鳥インフルワクチン開発のために、メーカー3社に1億3250万ドルを提供すると発表した。
 5年間の契約で、英国のグラクソ・スミスクライン社に6330万ドル、ノバリス・ワクチン&診断(Novartis Vaccines and Diagnostics Inc)に5480万ドルを提供する。
 またさらにアイオマイ・コーポ(Iomai Corp.)に1440万ドルを提供し、開発中のワクチンの15ヶ月間の第一相臨床試験をサポートする。そしてこの臨床試験が成功した場合、さらに1億1400万ドルの追加資金が提供される予定となっている。
1月17日(水)

EGYPTIAN WOMAN TESTS POSITIVE FOR BIRD FLU - STATE NEWS AGENCY  Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト女性、鳥インフル検査で陽性に
 エジプトの27歳女性が鳥インフル検査で陽性であったことが、17日エジプト保健省から発表されたと、公営通信の中東報道機関が伝えた。
 女性は1月13日から入院していた。
Indonesia capital sets Feb poultry ban over bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシアの首都で、2月から家きんの放し飼いを禁止に
 鳥インフルの人での感染防止のため、2月からジャカルタでは家きんの外での放し飼いが禁止される。見つかれば殺処分される予定。
Japan bird flu outbreak is from deadly H5N1 Independent Community Newspaper, New Zealand  (ニュージーランド) 日本、発生鳥インフルは致死的H5N1ウイルスによるものと確認

東京発:日本南西部の農場で発生した鳥インフルエンザは、致死的H5N1ウイルスによるものであることが、農水省から発表され、3年ぶりに日本における同致死的鳥インフルエンザの発生が確認された。

 下記ワシントンポスト紙(ロイター)と同内容
Japan says bird flu outbreak is from deadly H5N1 Washington Post, DC  (米国) 日本、養鶏場発生鳥インフルエンザは、致死的H5N1ウイルスによるものと発表
  Reuters
  By Miho Yoshikawa

東京発:日本南西部の農場で発生した鳥インフルエンザは、致死的H5N1ウイルスによるものであることが、農水省から発表され、3年ぶりに日本における同致死的鳥インフルエンザの発生が確認された。

 現在、人での感染例の報告はなく、また他の地域での発生も報告されていない。当該農場では4000羽近い鶏が死亡し、当局はさらに8000羽の鶏を14日に殺処分した。
 この宮崎県の養鶏場における鳥インフルエンザは、当初の検査でH5亜型ウイルス株が検出されていたが、さらに毒性の強いH5N1ウイルスか、弱いH5N2ウイルスかの鑑別が必要とされていた。
 宮崎県当局は死亡した鳥の焼却を開始すると発表したが、作業には30時間程要し、16日深夜までかかる予定のようだ。
 ”作業は予定通り進んでいる”、と宮崎県の当局者は言っている。
 農水省は当該農場から半径10キロ以内に存在する農場からの、人や商品の移動を禁止した。
 当局の発表によると、専門家達が移動制限地域内の11の農家を調査し、同時に家きんから検査のための採血も行った。
 地域内には16カ所の養鶏場があるが、5カ所では最近鶏を飼育していない。
 宮崎県ではさらに県内の養鶏場を調査し、鳥インフルエンザ発生の兆候がないか確認を急いでいる。
 同様に日本国内における養鶏場の調査も農水省が指示して行われている。
 ”可能な限り各農場を見回るのが原則だ。しかし、不可能な場所は電話で状況を確認する”、と同省当局者が語っている。
 また調査の暫定的結果は16日遅くに発表されるだろうと、同当局者は語った。
 また日本政府は、今回の鳥インフルエンザ発生の原因調査のために、専門家チームを編成した。

 インドネシアの病院では、今週鳥インフルエンザ発病患者で溢れかえり(多くの疑い患者を含む:訳者注)、またベトナムでは家きんの間で鳥インフルエンザが拡大していて、さらにタイでも家きんの間で再興していて、鳥インフルエンザの脅威はアジア全体に広がっている。
 日本の最南端に位置する主要な島である九州の宮崎県は、同国で最も養鶏業が盛んな地域である、と県当局では説明している。
 2004年の1月から3月までの間、西日本の京都府を含む4カ所で、同様のH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生した。その際、24万羽の鶏と2000万個の卵が破棄されている。

Pigeons And Other Wild Birds Died Of Bird Flu In Thailand Medical News Today, UK  (英国) タイ、鳩等の野鳥、鳥インフルで死亡
 一ヶ月前にスファンブリ州(Suphan Buri province)で野鳥が多数死亡し、検査されていた鳩からH5N1ウイルスが検出された。
 ”家きんや鳥の死亡を十分監視するように関係当局者に指示した。また家きんと接触した既往があり、インフルエンザ様症状を呈した住民は隔離される”、と疾病対策長官のThawat Suntrajarn氏は語った。
 また北部で野生のカモが鳥インフルで死亡したと、当局では発表した。


Asia steps up bird flu fight MWC News, Canada  (カナダ) アジア各地で鳥インフル対策の強化へ
 インドネシア:先週4人死亡、家きん放し飼いの禁止へ。
 ベトナム:南部のメコンデルタ地域で家きんの鳥インフル拡大。多くの家きんの殺処分。家きんのワクチン接種キャンペーン。
 タイ:アヒルで鳥インフルが半年ぶりに再燃。
 日本:南部の養鶏場で鳥インフルが発生。
     日本では感染者1人が確認されているが、死者は出ていない
     (訳者注:2004年の京都での発生の際、関係者から抗体が検出されたことを示していると思われる。ロイター通信でも、日本では感染者が1人と報道されている)。WHO統計には記載されていない。
Again Indonesia on alert against bird flu Antara, Indonesia   (インドネシア国営通信) インドネシア、再び鳥インフル警戒態勢に
 中央政府による対策強化(危険地域での家きん放し飼い禁止令等)。中央政府の閣僚から地方行政府関係者へ各種の指示等。
90% of US citizens to be denied Bird Flu Vaccine Best Syndication, CA (米国) 米国民の90%には鳥インフルワクチンは行き渡らない
  鳥インフルのパンデミックが起きたとき、米国民の10%分しかワクチンが用意されていないと考えられる。誰にワクチン接種の優先権があるのか、その論争について。
 連邦政府の考えはワクチン製造会社の職員と医療関係者が最優先権があるとされるが、それに続く優先権は慢性疾患を保有したハイリスク者、高齢者等となるが、国立健康研究所(NIH)の医学倫理専門家は、13~40歳の社会の中心となるべき若い世代に優先権を与えるべきという意見を、2006年5月12日の世界的科学雑誌「Science」に掲載した。
 そうした論争が再び再燃している。
1月16日(火)


Bird flu detected in southern Japan identified as virulent H5N1 strain USA Today  (米国) 南日本で検出された鳥インフルウイルスは強毒性H5N1ウイルス株

東京(AP)

 南日本で見つかった鳥インフルウイルスは、検査で世界で160人以上の死亡者を出している強毒性のH5N1ウイルスと確認された。日本農水省が16日発表した。
 国立動物衛生研究所で同定されたウイルスは、先週宮崎県清武町の農場で約4000羽の鶏を殺した。
 研究所ではさらにDNA分析を行い、ウイルスの詳細な病原性を調べる。

 宮崎県は東京の南西900キロに位置し、日本で最も大きな養鶏地域である。
 当局は15日、全ての感染死した鶏を焼却し、そして8000羽の生き残った鶏を殺処分した。当局は感染農場から10キロ以内にある16農場の鶏と卵の出荷を禁止した。
 農水省は国内の家きん農場を調査して、鳥インフル発生の兆候がないか確認するとともに、環境省当局者はウイルスが他のアジア地域から渡り鳥で運ばれてきた可能性について、全国的調査を始めた。
 2003年以来H5N1鳥インフルウイルスは、WHOによると世界中で少なくとも161人を殺している。専門家はウイルスが人人感染を容易に起こすように変異して、パンデミックを生じることを懸念している。
 鳥インフルは2004年に日本に数十年ぶりに出現した。一人のウイルス感染者が日本で確認されたが、死亡例は報告されていない。
 それ以来、日本で数件の他のタイプの鳥インフルを経験しているが、それは人には無害なタイプであった。  

「不安の払拭図りたい」 松岡農相が宮崎県入り 東京新聞 
{共同}

 強毒性のH5N1ウイルスが原因と確認された宮崎県の鳥インフルエンザ問題で、松岡利勝農相は16日、同県を訪問し、坂佳代子副知事や地元養鶏業者の団体の代表らと会談した。終了後「消費者や観光客の不安を取り除くため、連携して対応していく」と述べた。
 同農相は、鳥インフルエンザが発生した養鶏場から半径10キロ圏内の養鶏場で行われている鶏や卵の移動制限による損害について、「国と県で2分の1ずつ補てんする制度がある。正確な情報を伝達し、不安の払拭を図っていきたい」と話した。
 同農相は養鶏場のある清武町を訪れ、一ノ瀬良尚町長や養鶏業者と会談。
宮崎の鳥インフルエンザはH5N1型 TBS
 鳥インフルエンザでH5N1型が確認されたのは、国内では山口や京都、大分の養鶏場などで感染が相次いだ平成16年以来となります。
 この毒性の強いウイルスは東南アジアを中心に流行していて、農林水産省では遺伝子を解析するなどして、感染経路の特定を急ぐことにしています。
 一方、宮崎県は、谷口孵卵場から搬出したおよそ1万2000羽のニワトリの焼却を進めるとともに、鶏舎内に残されたフンの除去や周辺の消毒などを行いました。
 また17日は、半径10キロ以内にある16の養鶏場で立入検査を行い、感染の拡大が起きていないか、確認することにしています。
「H5N1型」と確定、宮崎で発生の鳥インフル 日本経済新聞
 宮崎県の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は16日、動物衛生研究所(茨城県つくば市)鑑定の結果、ウイルスは毒性の強い「H5N1型」と確定したと発表した。国内での同型ウイルス確認は2004年3月の京都府京丹波町(旧丹波町)以来、5例目。
 農水省は感染経路を明らかにするため、「高病原性鳥インフルエンザ感染経路チーム(座長伊藤寿啓鳥取大教授)」を設置。17日に現地調査する。
Japan says bird flu outbreak is from deadly H5N1 Reuters AlertNet, UK (英国) 日本、発生鳥インフルは致死的H5N1ウイルスによるものと確認
 日本南西部の農場で発生した鳥インフルは、致死的H5N1ウイルスによるものであることが、農水省から16日発表された。同株による家きんの鳥インフル発生は3年ぶりである。
 人での感染者の報告はない。
 初期の検査ではH5亜系株と診断され、さらなる詳細検査が必要とされていた。
Thailand Reports Finding H5N1 Avian Flu Strain in Wild Birds Bloomberg (国際) タイ、野鳥でH5N1鳥インフルを確認
 先月タイの中央にあるスファンブリ省で屋省の集団が死亡したが、その中の鳩から致死的H5N1ウイルスが確認された。
 タイはH5N1鳥インフルの死者が世界で3番目に多いが、昨日北部の省でアヒルの感染を報告している。それは同国として5ヶ月ぶりの発生となった。
Japan, Fearing Bird Flu, Incinerates 10000 Chickens  NewsMax.com, FL (米国) 日本、鳥インフル拡大阻止のため、1万羽の鶏を焼却に
 15日、日本当局は、南部の養鶏場で鳥インフルで死亡、または殺処分された鶏10000羽の焼却作業を開始した。
 一方環境省は、この養鶏場での鳥インフル発生に野鳥が関与している可能性は、調査の結果、確認されなかったと発表した。
Indonesia to ban chickens from backyards ABC Online, Australia  (オーストラリア) インドネシア、鶏の放し飼いを禁止に
 最近4人が鳥インフルで死亡したインドネシアで、家きんの放し飼いが禁止される。
 禁止は、特に流行が著しい地域で行われる。
 このような禁止措置に至った理由は、群島からなるインドネシア中で、家きんが放し飼いされていることが、H5N1鳥インフルの拡大の理由になっていると考えられることによる。
 一般家庭での家きん飼育が普及していて、またそれが地方の経済に貢献していることから、インドネシア政府は禁止措置に抵抗を示してきた。
 しかしながら、先週4人が鳥インフルで死亡したことから、政府では、人と家きんの生活空間を分離することで、現在の状況を変えられる可能性が高いと考えたと発表された。
Ban on wild bird release, smuggler watch sought  The Standard, Hong Kong  (香港) 野鳥を放すことの禁止と、密輸監視の強化を
 最近香港市内で発見されたH5N1鳥インフル感染野鳥の由来が、中国本土からの鳥の密輸の可能性が高いことから、細菌学者が鳥の密輸の強化を訴えていて、生態学者は、仏教徒の儀式も含め、野鳥を放すことを中止するように政府に求めている。
Bird flu spreads in Asia The West Australian, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル、アジア中で拡大
 インドネシアでの患者増加、ベトナムの家きんでの拡大、タイでの6ヶ月ぶりの発生、日本での発生、中国での人における感染(12月)、等。
Alert for re-emergence of bird-flu  Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、鳥インフル再興に警戒
 
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO、鳥インフル事例数を更新
 最近のインドネシアにおける女性2人の死亡を統計に加え、同国の死亡総数を61人とした。同国における感染者数は79人、そのうち61人が死亡で、死亡率は77%。

 死亡数/総患者数
  アゼルバイジャン 5/8、 カンボジア 6/6 中国 14/22 ディブチ 0/1 エジプト 10/18 インドネシア 61/79 イラク 2/3 タイ 17/29 トルコ 4/12 ベトナム 42/93
 世界の合計 161/267

TOP