高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
2007年
1月15日(月)


Indonesia to ban backyard poultry to fight bird flu Forbes, NY (米国) インドネシア、鳥インフル拡大抑制に、家きんの放し飼いを禁止に
 要点;

 状況はすでに健康危機状態。
 家きんと人の生活空間を分離することで、人への感染を防ぐ。

'This is already ... a situation of health emergency, and we hope that the protection of humans will be much better if birds and humans are separated,' said Aburizal Bakrie, the coordinating minister for people's welfare.

 商業的家きん農場での感染はなく、ほとんどは自宅周辺で家きんから感染している。
Bird flu returns to Thailand Bangkok Recorder, Thailand  (タイ) 鳥インフル、タイで再興
 タイ家畜局は北部タイで新規鳥インフル発生のため、2000羽近くのアヒルの殺処分を指示した。
 先週、バンコクの北方340キロのPitsanulok省で、約100羽のアヒルが死亡したと当局が明らかにした。検査の結果、アヒルは人にも致死的感染性を有するH5N1鳥インフルウイルスに感染していたことが、明らかとなった。
 新規の鳥インフル発生はタイで6ヶ月ぶりのことで、公衆衛生省は地方の医療チームに、感染が人に拡大した場合に備えて24時間体制で待機するように指示した。(The fresh outbreak is Thailand's first in almost six months, and the Public Health Ministry ordered local medical teams to be ready round-the-clock in case the disease spreads to human beings. )

 インドネシアでは先週4人が鳥インフルで死亡し、中国ではこの冬初めての感染者が出ている。
ネコ100匹が鳥インフル感染 インドネシア 中国新聞
 インドネシア国立アイルランガ大学の感染症研究者ハイルル・ニドム氏は十五日、同国の鶏肉市場などで捕獲したネコ五百匹を検査した結果、約二割に当たる約百匹が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことを明らかにし「人の感染源になる恐れがあり、分析のため日本の研究機関に協力を求めている」と述べた。
 ネコへの感染は以前から確認されている。
 インドネシア政府は十五日、鳥インフルエンザで死者が相次いでいる首都ジャカルタと隣接の西ジャワ、バンテン両州で今後半年間、家庭での鶏の飼育を禁止すると発表。飼育を続けても罰則はないが、知事らの権限で鶏を没収、補償金を支払うとしている。
 インドネシアではニドム氏が二○○三年に初の鳥インフルエンザ発生を報告したが、政府は翌年まで発生を認めず対策が遅れ、計六十一人と世界最多の死者が出ている。
タイでも鳥インフルエンザ 家禽カモが感染 産経新聞
 タイ農業・協同組合省は15日、北部ピサヌロク県の農家が飼っていたカモの死骸(しがい)から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したことを明らかにした。
 タイでH5N1型の家禽(かきん)への感染が確認されたのは昨年8月以来という。
 同県では今月10日ごろカモの大量死が確認され、衛生当局が死因を調べていた。同省は周辺地域のカモ約2000羽の処分を決めた。
 カモ?アヒルと思うが…(訳者)
Half of Indonesia Bird Flu Endemic Tempo Interaktif, Indonesia  (インドネシア) インドネシアの半分の地域は鳥インフルが流行
 農業省の鳥インフル対策広報部の発表によると、インドネシアの約半数の地域で、鳥インフルが家きんの間で流行している状況とされる。
Fresh outbreak of bird flu reported in Phitsanulok Nation Multimedia, Thailand  (タイ) 新規鳥インフルがPhitsanulok省で発生
 定期的視察で発見。
Livestock officials report bird flu outbreak in ducks in northern ... USA Today  (米国) 北部タイでアヒルの間で鳥インフルが発生、家畜担当局が発表
 タイで6ヶ月ぶりに致死的鳥インフルがアヒルの間で発生した。当局が15日に発表した。
 Phitsanulok省で100羽以上のアヒルが死亡し、検査でH5N1鳥インフルウイルスが確認されたことが、保健省の伝染病対策局の当局者から発表された。
 2100羽のアヒルが殺処分される予定であるが、地域には多くの野鳥と放し飼いのアヒルが多く、発生地域から半径5キロ以内のアヒルを殺処分のために集めると、農業省の家畜局担当者は説明している。
Japan tests find no spread of bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) 日本、調査で鳥インフルの拡大は認めず
 日本の農業省は先週末に南西部の農場で発生した鳥インフルに関して、他の地域で新規発生は見つからなかったと、同省副大臣が発表した。
 全ての都道府県で調査を行っているが異常報告は出ていない、と同大臣は語っている。
 宮崎県の農場でH5亜型鳥インフルウイルスが見つかっているが、致死的H5N1鳥インフルウイルスかどうかはまだ決定されていない。
Jakarta bird flu hospital overwhelmed with patients  Reuters AlertNet, UK (英国) ジャカルタの鳥インフル専門病院、患者で溢れかえる
 インドネシアの首都の二つの鳥インフル専門病院のうち一つが、新規感染者が急増すると共に、疑い患者で溢れかえっている。医師が15日語った。
インドネシアでは6週間、患者の発生がなかったが、今年に入ってから4人死亡し、同国の死亡者数が計61人となり、世界で最も死者数が多くなっている。
 現在9人が鳥インフル症状でジャカルタのPersahabatan病院で治療されていて、隔離室にはもはや患者の収容は出来ない、と同病院の鳥インフル病棟責任者は語った。
 同医師によると5歳の少女が濃厚治療室で治療されている。
 これ以上患者が増えたなら、国として最も大きな専門病院である、北ジャヤカルタのSulianti Saroso病院に送ることになる、と語っている。
 Persahabatan病院に入院している患者のうち7人はジャカルタの東の町Bekasiに住んでいた、と鳥インフル情報センターのMuhammad Nadirin医師が語っている。
 同病院で治療を受けている18歳少年は11日に母親が鳥インフルで死亡した後に、鳥インフルであることが確定された。少年の父親は類似の症状を呈しているが、2回の検査で陰性だった。さらに検査が繰りかえされる予定である。
 家族内発生が疑われるが、現在のところ、人人感染が生じた証拠はない。
仕入れ先農場に異常なし 鳥インフル、感染は宮崎か 神戸新聞 
 宮崎県清武町の「谷口孵卵場黒坂農場」で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、黒坂農場が大量死した鶏を含む約1万2000羽を仕入れた三重県内の農場では、同県の立ち入り検査の結果、異常が確認されなかったことが15日までに分かった。宮崎県の対策本部は感染が黒坂農場で起きたとみている。
 対策本部によると、約1万2000羽はブロイラーのひなを産む「肉用種鶏」と呼ばれる鶏で、生後24週だった。黒坂農場が三重県内の農場から仕入れたのは、生まれて間もないひなの時期で約半年前になる。
 鳥インフルエンザウイルスの潜伏期間は数日程度で、持続的な感染は起きないとされていることから、宮崎県の担当者は「清武町(黒坂農場)で感染した可能性が高い」としている。
 ウイルスは動物衛生研究所(茨城県つくば市)が毒性の強さなど型の特定を進めており、農水省の疫学調査チームは遺伝子の解析データを海外の鳥インフルエンザ発生例と比較するなどして、感染経路を明らかにしたい考え。
Father ruled out in latest cluster of Indonesian bird flu cases CBC News, Canada  インドネシアの家族内発生疑い事例、父親は除外

 最近発生した家族内発生事例で検査されていた男性がH5N1鳥インフルに感染していなかったことが確認され、近々退院すると発表された。
 男性の妻は先週死亡し、息子は現在鳥インフルで治療中である。
 男性の検査は3回行われ、全て陰性であったとされる。
 検体はさらに患者と濃厚接触した人々についても行われたが、全て陰性であると発表された。


Nigerian northern state culls 21000 birds to contain avian flu Monsters and Critics.com, UK  (英国) ナイジェリアの北部の州で家きん21000羽が殺処分に
 北部ナイジェリア、ソコト州の農業省は、14日家きん農場で鳥インフルが発生したことを確認し、24000羽の鶏を殺処分したことを発表した。
Bird flu hits 7th province in Vietnam VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナムの家きんにおけるH5N1鳥インフル、7省まで拡大

 この数日間、ベトナム南部のSoc Trang省で66羽のアヒルがH5N1鳥インフルで死亡したのが確認され、鳥インフルがベトナムの7省まで拡大したことが、14日発表された。

 H5N1鳥インフルは昨年の12月は初旬以来、現在まで Ca Mau, Bac Lieu, Hau Giang, Kien Giang, Vinh Long, Tra Vinh 、および Soc Trang の7省のアヒルと鶏で確認されている。

 ベトナムにおける鳥インフルは2003年12月に発生が始まり、数千万羽の家きんが殺されるか、殺処分されている。


1月14日(日)


Bird Flu Infects Indonesian Teenager, Creating New H5N1 Cluster Bloomberg  (国際) インドネシアの10代少年が鳥インフル感染、新規H5N1感染クラスターか?
 3日前に鳥インフルで死亡した(37歳女性)母親の18歳になる息子が死亡し、新規クラスター発生となり、医師達はウイルスが人に適合してきている兆候についてモニターしている。

 バンテン省のTangerang出身の10代少年がH5N1鳥インフルウイルスで陽性であったことが、ジャカルタのPersahabatan病院の医師から発表された。同病院には少年と、その42歳父親を含む7人の鳥インフル疑い患者が入院している。
 疑い患者の検査結果は、保健省から数日以内に報告されると、同医師は電話取材で語った。

 さらに西ジャワのバンドゥン市の病院で4人の疑い例が治療を受けている。

クラスター(訳者注):発生の塊。複数以上の発生で、その間に因果関係がある可能性。小さな集団発生。

Bird flu spreads to sixth Vietnamese province Reuters.uk, UK  (英国) 鳥インフル、ベトナムの6番目の省へ拡大
 政府の懸命な対策にも関わらず、アヒルでの鳥インフル感染が発生6番目となる省で確認された。
 メコンデルタ地域のTra Vinh省で、1週間前に鶏で発生が確認されたVinh Long省に隣接している。
ベトナム地図

Japan confirms new outbreak of bird flu Xinhua, China  (中国国営通信 新華社) 日本、新規鳥インフル発生を確認

 日本の南西部の家きん農場で鳥インフルが発生し2400羽の鶏が死亡したことを13日、共同通信は発表した。
 農場は宮崎県に所在し、12000羽の鶏を飼育している。10日と11日に700羽の鶏が死亡し、13日早朝には1600羽の死亡が確認された。
 地方当局では14日に残りの鶏を殺処分し、さらに感染の拡大を防止するための措置が考慮されている。
 日本において鳥インフルは2005年と2006年に茨城県の数十の養鶏場で発生し、少なくとも580万羽が殺された(殺処分が大多数:訳者)。
 現在、鳥鳥感染が主であるウイルスが変異して人人感染を生じるようになることが警戒されている。

1万2000羽の処分開始へ 鳥インフル確認受け宮崎県 東京新聞
 宮崎県清武町の養鶏場で大量死した鶏が高病原性鳥インフルエンザと確認されたことを受け、同県の対策本部は14日午前、家畜伝染病予防法に基づき、死んだ鶏約3800羽を含む計約1万2000羽を処分する作業を始める。
 作業は県職員約150人態勢。2次感染防止のため防護服やマスクを着けた約20人ずつのチームをつくり、30分ずつ交代で行う。鶏が集中して死んだ1棟を含む養鶏場の3鶏舎すべての鶏が対象で、2酸化炭素で処分した後、消毒して袋に入れ密封する。
 搬出後は焼却場で処分する予定で、終了まで3日間の見込み。その後は半径10キロ以内にある16の養鶏場に立ち入り検査を行い、感染の拡大がないか確認する。
Indonesia Announces Two Bird Flu Deaths; Japan Confirms Outbreak Voice of America  (米国) インドネシア、鳥インフル死者2名報告;日本で鳥インフル発生が確認

 インドネシアの保健省当局者によると、今週2人がさらに鳥インフルで死亡し、同国の死者数が61人になった。
 死亡した2人の女性はジャカルタの同じ病院で治療を受けていた。
 今週早くに37才女性と10代の少年が鳥インフルで死亡している。
 4人の死亡者のうち3人が同じ村の居住者であるが、保健省によると3人は互いに接触した既往がない。
 ジャカルタの病院の報道官であるMukhtar Ikhsanによると、同病院ではさらに先に死亡した37歳女性の息子を治療しているが、鳥インフル感染が確定され、重体であるという。
 
 一方、日本政府は、東京の南西部900キロの農場で、2000羽以上の鶏が鳥インフルが原因で死亡したことを確認した。
 当局では、このウイルスが恐れられているH5N1ウイルスか、または他の弱毒性のウイルスであるか確認していない。
 しかしながら当局では、さらなる拡大阻止のために、農場に残る1万羽の鶏を殺処分すると発表した。
 現在、鳥インフルは簡単に人には感染しないが、国際的専門家達は、ウイルスが変異して人の間で感染を広げるようになることを警戒している。

Dead bird tested for avian flu News.gov.hk, Hong Kong  (香港) 香港:死亡した鳥の鳥インフル感染が確認
 Shek Kip Meiで見つかった死亡した野鳥はH5鳥インフルに感染していた疑いがもたれている。農業局が発表した。
 大鷹(crested goshawk)の死骸は1月9日に当局の職員によって収集されている。さらなる詳細な検査が行われるが、住民には個人的衛生管理の徹底と、野鳥や家きんとの接触を避けるように注意を促し、もし接触した場合は十分な手洗いを呼びかけている。
Buddhists free birds despite flu worries Herald News Daily, ND (米国) 香港:鳥インフル不安があるにも関わらず仏教徒が鳥を放す
 大晦日に香港の繁華街で6羽の野鳥(シマキンパラ)の死骸が見つかり、そこからH5N1ウイルスが検出されたが、その野鳥の由来が問われている。
 このシマキンパラは香港に棲んでいるが、通常は郊外の草むらである。
 現在疑われているのは、仏教徒の儀式で、カルマを和らげるために鳥を放す習慣があり、それにより放された可能性である。
 こうした鳥は中国本土から購入されることが多い。箱に入れられて購入されるが、1羽でも感染していたなら一緒にいる鳥もすぐに感染する。
 多くの仏教徒の儀式で、年に数十万羽の鳥が放されれると言われる。
New Outbreak of Bird Flu Hits Nigeria Today's THV, AR (米国) ナイジェリアで新規鳥インフル発生
 ナイジェリアで家きんにおける新規H5N1鳥インフルが発生した。
 北方のSokoto州で新規事例が確認されたが、隣の州でも数ヶ月ぶりに再興している。12日に当局が発表した。
Bird flu spreads to 6th Vietnamese province VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフル、6番目の省へ拡大
 ベトナム南部のTra Vinh 省のアヒルで鳥インフル発生が確認され、同国で省として6番目の発生地域となった。農業省が発表した。
 Tra Vinh省の当局者によると、800羽のアヒルが死亡し、検査でH5N1ウイルス感染が確認された。
 他の5省は、Ca Mau、Bac Lieu、Hau Giang、Vinh Long 、 Kien Giang.。
1月13日(土)
  

高病原性「H5型」と確定=宮崎の鳥インフル-鶏8200羽を殺処分へ 時事通信
 宮崎県の養鶏場で鶏が大量死した問題で、農水省は13日、H5型の高病原性鳥インフルエンザが原因だったことが確定したと発表した。これを受け宮崎県は14日、家畜伝染病予防法に基づき発生養鶏場の鶏の殺処分を開始する。また、半径10キロ以内の地域での鶏や卵の移動制限を現在の「自粛」から「禁止」に強化し、感染拡大を防ぐ。
Japan confirms H5N1 bird flu strain in latest chicken deaths in ... Malaysia Star, Malaysia  (マレーシヤ) 日本、大量の鶏死亡がH5N1鳥インフルによるものと確認
 AP
 日本の農水省当局者は13日、強毒性のH5N1鳥インフルウイルスが、今週南日本の養鶏場で発生した鶏の大量死亡を引き起こしたことを確認した。共同通信が伝えた。
A boy, positive from bird flu, is in critical condition Jakarta Post, Indonesia 鳥インフル感染確認された少年重体に
 先に死亡した37歳の女性の18歳の息子が鳥インフル感染が確認されたが、重体であると発表された。入院しているジャカルタのPersahabatan 病院の医師が語った。
 他に7人の疑い患者が入院しているが、検査結果は出ていない模様。
鳥インフル感染を確認 国内の発生5例目 神戸新聞 
 農水省は13日、同県清武町の養鶏場で大量死した鶏の病気を高病原性鳥インフルエンザと断定した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)が行ったウイルス検査で確認した。世界的に感染が拡大している高病原性鳥インフルの国内での発生は5例目。
 宮崎県の対策本部は14日から、約150人態勢で死んだ約2400羽を含むこの養鶏場の鶏計約1万2000羽の処分を始める。半径10キロ以内の17の養鶏場の鶏や卵の移動も制限するなど感染拡大の防止に全力を挙げる。
 県の対策本部は、13日午後から養鶏場付近への出入りルートとなる国道や県道計3カ所に消毒ポイントを設置し、一部のポイントで家畜飼料の運搬車などの消毒を開始。感染拡大防止のため、担当者がタイヤ周りや車体などに消毒液を吹き付けた。
 *訳者:高病原性鳥インフルの中にはいくつかのウイルス株が属するが、今回の株は世界的に広がっているH5N1ウイルスと考えられるが、現在確定されているのはH5亜型までである。
高病原性鳥インフルと確定=発生養… 時事通信 
 宮崎県の養鶏場で鶏が大量死した問題で、茨城県つくば市の動物衛生研究所が死んだ鶏から検出されたウイルスを調べた結果、高病原性鳥インフルエンザであることが13日午後、確定した。これを受け宮崎県は、14日に発生養鶏場の鶏の殺処分を開始する。また半径10キロ以内の地域での鶏や卵の移動規制を現在の「自粛」から「禁止」に強化し、鳥インフルの感染拡大を防ぐ。
Japan confirms H5N1 bird flu strain in latest chicken deaths in ... International Herald Tribune, France (フランス) 日本、鶏の死亡がH5N1ウイルスによるものと確定
 日本の農水省は、今週発生した日本南部での数千羽の鶏の死亡が、強毒性のH5N1ウイルスによるもであると、13日発表した。共同通信による。
Cluster feared after two more bird flu deaths Advertiser Adelaide, Australia  (オーストラリア) インドネシア:さらなる2死亡例でクラスター(集団)発生の可能性
 インドネシアの2女性が鳥インフルで死亡したと保健省が本日発表した。新規例が多発し、同国の死者数は61人となった。
 
 南ジャカルタの27歳女性が首都のPersahabatan病院へ11日入院したが、12日夕方に死亡したと、保健省の鳥インフル情報センターのMuhammad Nadirin氏が発表した。
 女性が発病する1週間前、家の周辺で鶏が死亡したようだと説明された。
 第二の患者はジャカルタ西のTangerangに住んでいた22歳女性で、本日朝早くに死亡したと当局者は発表した。
 別に18歳少年が病院で治療を受けているが、鳥インフルに感染していることが確認された。少年の37歳の母親は11日に鳥インフルで死亡しており、家族内発生となる。
 この37歳女性の息子と夫は西ジャワのSerpongに住んでいたが、鳥インフル症状を呈してPersahabatan病院に入院していた。
 夫の検査結果については明らかとなっていない。

 訳者注:この1週間に4人死亡、1人が感染確認。
     死亡者:14歳少年、37歳女性、27歳女性、22歳女性、
     感染者:37歳女性の18歳の息子、夫は多分感染。

鳥インフルの死者61人 インドネシア 秋田魁新報
 インドネシア保健省は13日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した20歳代の女性2人が相次いでジャカルタの病院で死亡したことを明らかにした。
 同国の累計死者は世界で最も多く、これで計61人。今年に入ってからの死者は4人となった。
 11日に死亡した別の女性(37)の夫と息子も鳥インフルエンザに似た症状を示し、検査を受けている。
 インドネシアでは政府の予算不足で鶏の処分が進まず、鶏のワクチンも不足しており、感染拡大が懸念される。今年に入って同国以外では死者は出ていない。
Two Indonesian women die of bird flu-health ministry Washington Post, DC (米国) インドネシアの2女性が死亡:保健省が発表
 基本的に下記の情報と同じ。
Bird Flu Kills 2 Indonesian Women, Raising National Toll to 61 Bloomberg  (国際) 鳥インフル2インドネシア女性を殺し、同国の死者数が61人に
 バンテン州Tangerangに住んでいた22歳女性が11日にジャカルタのPersahabatan病院に入院し、今朝早くに死亡。
 南ジャカルタのMampangに住んでいた26歳女性が昨夜遅くに死亡した。 
 保健省の鳥インフル緊急対策センターの当局者が発表した。
Indonesian bird flu deaths hit 61 CNN International (国際) インドネシアでさらに女性2人が死亡
 
2人のインドネシア女性が鳥インフルで死亡したと、インドネシア保健省が発表した。
 一人は昨夜遅くに死亡し、もう一人は今朝早くに死亡した。保健省の伝染病対策長官であるNyoman Kandun氏が語った。二人ともジャカルタの同じ病院で治療を受けていた。
 二人の死亡でインドネシアにおける鳥インフル死亡者数は61人となった。
 今週初めには14歳少年と37歳女性が死亡している。
県内149カ所 鳥インフル緊急調査 (東奥日報)
 宮崎県で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したのを受け県は十二日、県内の養鶏場百四十九カ所、約一千三百万羽を対象に、病気や死亡などの異常鶏がないか緊急の確認調査を始めた。
 青森、八戸、十和田、むつ、つがるの各家畜保健衛生所の職員が、異常鶏の有無について聞き取り、確認作業を進めるとともに、衛生対策など管理の徹底を呼び掛けている。
宮崎鶏排除はダメ! 風評被害防止で店頭表示調査 産経新聞 
 宮崎県清武町の養鶏場で鶏が大量死した問題を受け、九州農政局(熊本市)は、鳥インフルエンザに関する対策本部を設置。管内各地の小売店などで、宮崎県産の鶏肉が不適正な表示や価格で販売されていないかどうかの調査を13日、本格的に開始した。風評被害の防止を狙う。
Public told to brace for flu, get shots  The Japan Times, Japan  (日本) インフルエンザに注意を!ワクチンを受けるように
 冬期のインフルエンザシーズンを迎え、新型インフルエンザの警戒と、季節性インフルエンザに対するワクチン接種の必要性に関する話題。
 福岡赤十字センター長等のコメントを中心に。

鳥インフルエンザ 異常の確認なし 県が調査 東京新聞 
 宮崎県で鳥インフルエンザとみられるニワトリの大量死が起きた問題で、県は十二日、県内の養鶏場など八十一カ所に現状調査を行い、大量死などの異常がないことを確認した。
 県畜産振興課によると、県内で千羽以上を飼育する養鶏場は百二十三カ所。この日は各都道府県に緊急調査を求める国の指導を受け、電話などで連絡の取れた八十一カ所の状況を確認した。
 今後、残りの施設に対して調査を進め、十六日をめどに国へ結果を報告する予定。
 鳥インフルエンザに関して、県は月に一度、各施設から定期報告を受けている。
強毒性鳥インフルエンザの可能性高まる TBS 
 宮崎県清武町内の養鶏場では10日から11日にかけて、飼育しているニワトリおよそ750羽が死に、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていました。
 このため宮崎県がさらに詳しく検査したところ、鳥インフルエンザの疑いが強いウイルスが分離されたということです。
 ウイルスの検体は精密検査を行う茨城県の動物衛生研究所に送られていて、13日午後にも最終的な判定結果が発表される見通しです。
 また、この養鶏場では12日も新たに1650羽もの大量のニワトリが死に、累計では2400羽となりました。ニワトリの致死率が高いことから、宮崎県では毒性の強い鳥インフルエンザの可能性が高いと見ています。
 このほか、県が半径10キロ以内にある17の養鶏場について生産者への聞き取り調査を行ったところ、ほかにニワトリの異常は確認されませんでした。
 鶏肉や卵を食べることにより鳥インフルエンザが人に感染した例は、世界的にも報告されていないということです。
Bird flu makes a return in Indonesia The Age, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル、インドネシアで再燃
 基本的に下記内容と同じ。
Jakarta — The lethal bird flu virus has resurfaced across Asia ... TODAYonline, Singapore  (シンガポール) ジャカルタ:致死的鳥インフルがアジア中で再燃

WHO、鳥インフル再燃を警告

 致死的鳥インフルがアジア中で再燃しだし、関係国政府が強い警戒感を抱いている。
 12日、H5N1鳥インフルウイルスがインドネシアのジャワ、バンテン州で37歳女性を殺し、同国での死者数が59人となった。また22歳男性も検査で陽性となったことも報告されている。
 一方、日本では南部で750羽の鶏が鳥インフル疑いで死亡した。農水省は農場を隔離し、半径10キロ以内の農場から家きん産物の移動を、検査結果が分かるまで禁止した。
 ”今回の事例は高病原性鳥インフルウイルスによる可能性が高い”、と同省の家畜保健部局長が語り、渡り鳥が関与している可能性が高いと付け加えた。
 これらの状況にWHOは、致死的鳥インフルの世界的再燃を警告している。
 WHOのマニラにある西太平洋地域事務所のスポークスマンの、ペーター・コーディングレイ氏は、”北半球は冬期間に入った。昨年の冬期間にウイルスが突然活発になったように、今年も同じ状況が繰り返されると予想している。各国は体制を整えるべきだ”、と語っている。
 科学者達は、鳥インフルの再燃はH5N1ウイルスが容易に人人感染を起こす株に変異する機会が多くなることを警告している。
 ”ウイルスの活動性が高まるほど、遺伝的変異が生じる可能性が高まるのは、生物学的に当然のことだ”、とミネソタ大学の「感染症研究と対策センター」長のマイケル・オスターホーム(Michael Osterholm)氏が言っている。
 

Indonesian dies as bird flu makes winter return Reuters  (国際) 冬期に入り、鳥インフル再燃、インドネシアで死者発生
 アフリカのナイジェリアで鳥インフル発生が続き、家きんの殺処分が行われている。日本では3年ぶりに家きんでの発生。
 国連のナバロ博士によると12月から3月までの冬期間、鳥インフルは活発に発生する。そのため現在発生数が増えているとコメント。
 インドネシアでは女性が死亡。他に疑い患者が4人治療されていると、病院当局者が発表。
 またこの数週間にエジプトと中国からも感染者が報告されている。
 ベトナムでは家きんにおける鳥インフルが拡大しており、南部の大都市ホーチミン近くまで発生が広がっている。
 
 国連ナバロ博士
  鳥インフルのニュースがヘッドラインに乗る機会が減少しているが、それは状況の反映というよりも、鳥インフル発生に(世界が)慣れてしまったせいで、ニュース性が無くなったことによる。それは非常に残念なことだ。
WHO Official Says Recent Bird Flu Cases a Reminder of Threat Voice of America  (米国) WHO当局者、最近の鳥インフル患者の発生状況は脅威の再来
 WHOの高官が最近の中東からアジアにかけての人での鳥インフル感染者の発生は、ウイルスがいまだ脅威的存在であることの再警告と受け取ることができると語った。
 
 ジュネーブのWHO本部の世界インフルエンザ対策調整官であるKeiji Fukada氏は、12日ロイター通信にそのように語ったが、それでもいまだ人人感染を生じた事例はないとも語った。
 Fukuda氏によると、流行が広がっているインドネシアですら、人人感染の事例はないとされる。
 また同氏は北半球が冬期間に入ったため、鳥インフルの季節的変動要因が関係して感染者数が増加していると考えられると説明している。
 
 11日、インドネシアの病院当局者は、37歳女性が鳥インフルウイルスで死亡したことを発表し、同国の死者数は合計59人となった。
 12月末にはエジプトで家族3人が死亡している。
 
 一方日本では、南部の養鶏場で鶏が750羽鳥インフル疑いで死亡したため、当局が養鶏場の全国的調査を指示した。
 当局者によると、この宮崎県の農場における鳥インフル疑いがもたれている死亡した鶏から得られたウイルスの詳細分析結果は、早ければ12日には判明するという。

 また11日、韓国の保健当局者は鳥インフルウイルスに無症状で感染した事例を報告した。
 ソウルの関係当局者によると、感染者は昨年12月に家きん農場でH5N1鳥インフルが発生した際に、感染したとされる。H5N1ウイルスはこれまで世界で150人以上を殺しているが、日本と韓国では死者は出ていない。

[鳥の感染症]「拡大を阻止する対策は万全か」 読売新聞 
 鳥インフルエンザは、鳥類間での流行が続くうちに人から人へ感染を広げる新型ウイルスに変異する可能性が指摘されている。そうなれば、日本でも最大で4人に1人が感染し、数十万人が死亡するという推計もある。警戒は怠れない。
1月12日(金)

39カ所の養鶏農家に緊急巡回 南丹 宮崎の鳥インフル問題受け 京都新聞 
 宮崎県内の養鶏場で鶏が大量死し高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われている問題を受け、府南丹家畜保健衛生所(京都府南丹市八木町)や3年前に高病原性鳥インフルエンザが発生した京丹波町は12日、あらためて養鶏農家らに注意を呼び掛けるなど対応に当たった。
鳥インフルエンザ、山陰両県異常なし 山陰中央新報 
 宮崎県清武町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザと疑われる鶏約750羽が死んだ問題で、島根、鳥取両県は12日、養鶏業者への緊急の立ち入り検査や聞き取り調査を実施。両県内の160戸、約520万羽に異常がないことを確認した。
Japan orders national inspection after suspected bird flu outbreak ... International Herald Tribune, France  (フランス) 日本、鶏での鳥インフル疑い事例発生、全国的調査を指示
2007/01/12-19:27 鳥インフル疑いでウイルス検出=12日も1650羽死ぬ-宮崎鶏大量死 時事通信 
 宮崎県清武町の養鶏場で鶏が大量死した問題で、県は12日夜、鳥インフルエンザの疑いのあるウイルスを検出したと発表した。茨城県の動物衛生研究所に送り、強毒性のタイプかどうかも含めてウイルスの特定を急ぐ。
 同県によると、12日も新たに約1650羽が死んだ。10日の約250羽、11日の約500羽と合わせ、これまでに死んだ鶏は、同養鶏場の約1万2000羽の5分の1に当たる約2400羽に上った。
Indonesian bird flu death toll hits 59 Houston Chronicle, TX  (米国) インドネシアでの鳥インフル人死亡者数59人に
 鳥インフル感染が確認されていた二女性の一人が死亡し、インドネシアでの鳥インフル死亡者数は59人となった。もう一人の女性は重体である。
 死亡したのは37歳女性で、11日遅くにジャカルタの病院で死亡した。同病院には彼女の夫と18歳の息子が鳥インフル症状で入院している。保健省の鳥インフル情報センターのHaris Sugiantoroが語った。
 また22歳女性も鳥インフル感染が確かめられ、現在濃厚治療室にいるが重体と説明された。
鳥インフルエンザ強毒性か 宮崎大量死 全国緊急検査へ 人民網日本語版  (中国->日本語版)
 鳥インフルエンザが原因とみられる宮崎県清武町の養鶏場での鶏の大量死について、農林水産省は12日、周辺の養鶏場に鶏や卵の移動自粛を要請し、全国の都道府県にも全養鶏場への緊急の立ち入り検査を指導した。同省は、強毒性の高病原性鳥インフルエンザの可能性が高いとみているが、「高病原性鳥インフルエンザだとしても、鶏肉や卵からの人への感染例はない」として消費者に冷静な対応を呼びかけている。
  同省は12日午前、省内の高病原性鳥インフルエンザ対策本部の会合を開き、全国の自治体や養鶏業者に拡大防止のため鶏舎の消毒などの徹底を求めることなどを決めた。感染が疑われている養鶏場のほかに半径10キロ以内にある17養鶏場(計約40万羽)にも、鶏や卵の移動自粛を要請した。
  鶏が大量死した養鶏場では12日午前8時ごろから、宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)の職員らが消毒作業など防疫措置に着手。消毒作業が済み次第、鶏の飼養状況などを詳しく調べる立ち入り検査を実施する方針だ。
  農水省は、短期間での大量死や症状から、強毒性の高病原性鳥インフルエンザの可能性が高いとみている。渡り鳥などが原因とみられる04年の発生例と、よく似ているという。
  この養鶏場は、肉用ブロイラーの親となる種鶏を育てて卵を産ませ、ひなをブロイラーの養鶏場に出荷している。死んだ種鶏のひなは、出荷前だったという。
  高病原性鳥インフルエンザと確認されれば感染養鶏場の鶏すべてを殺処分するほか、半径10キロ以内の鶏や卵の移動が規制される。
  鳥インフルエンザは04年、国内では79年ぶりに山口県阿東町の採卵養鶏場の鶏からウイルスが検出され、その後、京都、大分、茨城、埼玉でも確認されている。
  農水省によると高病原性鳥インフルエンザは強毒性でも、鶏肉や卵を食べて人に感染した例は世界的になく、国内では鳥との接触で人が発病した例もない。一方で東南アジアなどでは、まれに強毒性鳥インフルエンザが人に感染し、死者が出ている。
Four Suspected Bird Flu Sufferers Hospitalised In Jakarta  Bernama(マレーシア)  鳥インフルエンザ疑い例の患者4名がジャカルタで入院
 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 東ジャカルタのパーサハバタン病院は木曜日、鳥インフルエンザ疑い例の患者4名が入院したと、インドネシアのアンタラ通信社が報じた。この他に同病院は、7名の患者を治療していた。
 以前からに治療を受けていた7名の患者のうち、5名は鳥インフルエンザ・ウイルスと無関係とされ帰宅を許されたが、2名は検査で陽性を示した。この2名のうち、1名は重態で他の1名は水曜日に死亡した。
 パーサハバタン病院鳥インフルエンザ対処チーム長のムクター・イクサン氏は、鳥インフルエンザ症状を見せたため4名の疑い例患者は入院したとしている。
 この患者たちは現在同病院の隔離区画で集中治療を受けていると、同氏は述べている。
 一方、鳥インフルエンザ・ウイルス陽性を示した患者のうち1名は今も重態で、同病院の隔離区画で集中治療を受けている。この患者の容態は重度の肺炎で悪化している。
 「肺炎を起こしているため、全身へ十分な酸素が行き渡っていない状態です」とムクター氏は述べている。
 新たに入院した4名の患者はバンテン州のタンゲラン、および南スマトラの住人である。
Bird flu moves closer to Vietnam's largest city Reuters.uk, UK 鳥インフル、ベトナム最大の都市へ接近
 家きんでの鳥フル発生が、ベトナム最大の都市であるホーチミン市の近くまで接近してきている。この数週間で南部の省でのH5N1鳥インフルの拡大がさらに続いている。
 農業省が11日遅くに発表した報告では、 Vinh Long省で20羽の鶏が死亡し、検査の結果致死的H5N1ウイルスによる感染であることが確認された。
 農場は800万人住むベトナム最大の都市の南西137キロに位置している。
 当局ではホーチミン市からさらに南西部のメコンデルタ地域の4省で、アヒルと鶏における鳥インフル発生を確認している。
 ホーチミン市では家きんの移動と市場での販売を禁止している。
 農業省の当局者達は8400万人の国民に対して、渡り鳥を介してウイルスが国内に広がる可能性を警告している。
毒性強いタイプか、今夜にも検査結果 TBS
 農林水産省は、高病原性の毒性の強いタイプのウイルスであるという見方を強めていて、早ければ12日夜にも検査の結果が判明するとしています。
 「今の時点で、高病原性鳥インフルエンザと決まったわけではないが、可能性としては極めて高いと見ている」(国井正幸 農水副大臣)
 12日朝に開かれた鳥インフルエンザ対策本部の会議の後、国井農林水産副大臣は、ニワトリが死んだ原因が高病原性の鳥インフルエンザである可能性が高いという見方を示しました。
 農林水産省は毒性の強いタイプであるという見方を強めていて、検査の結果は早ければ12日夜にも判明するとしています。
 農林水産省では、宮崎県に職員を派遣し、事実関係の確認を行うほか、全国の一定規模以上の養鶏場に対して、12日から立ち入り調査を行うことを決めました。
 毒性の強い鳥インフルエンザが原因であると判明した場合、問題となった養鶏場から半径10キロ以内の地域ではニワトリの移動を禁止することにしています。
農水省、全養鶏場での鳥インフル緊急調査を要請へ 読売新聞
 宮崎県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏約750羽が死んだのを受け、農林水産省は12日、省内の鳥インフルエンザ対策本部の会合を開き、各都道府県に対し、全養鶏場への緊急立ち入り調査を求めることなどを決めた。
 立ち入り調査では、全国に少なくとも6200戸ある養鶏場で、死亡羽数が急に増えていないかどうかなどを確認する。
 また、同省は、現地に専門家2人を派遣。消費者や流通業者への情報提供を徹底するとともに、鳥インフルエンザと確認されれば、調査チームを発足させて感染経路の解明をめざす。
 同省などによると、死んだ鶏は宮崎県清武町の養鶏場で育てられ、いずれも生後150日前後。この養鶏場では通常、主に肉用の鶏のヒナを出荷している。ウイルスの型は早ければ13日に判明する見通しだが、同省では、毒性の強いウイルスの可能性が高いとみている。
 鳥インフルエンザに感染した鳥の肉や卵を食べて人が感染した報告はない。同省の姫田尚・動物衛生課長は12日、記者会見し、「国民には冷静に対応してほしい」と述べた。
Bird Flu Kills 59th Indonesian; Japan Probes Suspected Outbreak Bloomberg  (国際) 鳥インフルで59人目の死者発生;日本でも鳥インフル発生の可能性
 インドネシアの女性が死亡した報告と日本の養鶏農場で高病原性鳥インフルが発生した可能性の情報。
 アジア中でH5N1鳥インフルが拡大している状況に警戒感を募らせている。
鳥インフルでインドネシア 東京新聞 
 インドネシア保健省当局者によると、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した女性(37)が11日夜にジャカルタの病院で死亡した。同国の累計死者は世界最多で59人となった。
 インドネシアでは10日に少年(14)が死亡しており、今年に入り2人目の死者。政府が対策の主眼とする鶏のワクチンが不足しており、人への感染拡大が懸念されている。死亡した女性は鶏を調理した後で発症、今月1日に入院していた。
 中国や韓国でも今年に入って相次いで人への感染が確認され、アジア各国で警戒感が強まっている。
鳥インフルエンザ:宮崎・清武町で鶏750羽死ぬ 朝鮮日報  (韓国->日本版)
 日本で高病原性鳥インフルエンザと疑われる事例が発生した、と共同通信が12日付で伝えた。
 農林水産省は前日の11日、宮崎県清武町のある養鶏場で約750羽の鶏が死に、鳥インフルエンザの発生が疑われる、と発表した。この養鶏場では現在、ウイルス検査などが行われている。
 農水省は、この養鶏場で約1万2,000羽の鶏が飼育されている、と説明した。
 宮崎県では検査の結果が出るまで、家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場で飼育されている鶏を全て隔離し、また周辺の農家に対して鶏や鶏卵の移動を自制するよう求める緊急措置を講じた。
Bird flu kills 750 chickens in Japan AlaskaReport, AK  (米国) 日本で、750羽の鶏が鳥インフルで死亡
 下方のロイター通信の内容。
EU to ban imports of wild birds BBC News, UK  (英国) EU、野鳥の輸入を永久に禁止
 2005年に致死的H5N1ウイルス感染防止のために、ブリュッセルで臨時に発令された野鳥の輸入禁止措置が、永久に禁止される。
 動物保護団体によると永久輸入禁止措置により、数百万羽の野鳥の命が救われるとされる。輸出のために捕獲された野鳥の多くは輸送中に死亡すると言われている。
Experts raise alarm after Kien Giang flu outbreak Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) 専門家、ベトナム全土への鳥インフル拡大を警告
 メコンデルタ地域のKien Giang 省で、同地域で4番目の省として、家きんにおける鳥インフル発生が確認されたが、専門家達はさらに国内全体へ拡大する懸念を抱いている。
 以前は感染地域全体の家きんが殺処分されていたが、現在は発病している家きんに限定されている。発病している家きんのほとんどはワクチン未接種の違法に孵化されたもので、新しく生まれた家きんに対するワクチン接種の必要性も言われている。
 またワクチン接種により変異ウイルスが誕生している可能性もあり、分離ウイルスを海外の研究機関に送って詳細な分析を行っている。
One more patient dies from bird flu virus Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシアでさらに1人鳥インフルで死亡
 ジャカルタのPersahabatan 病院で11日夕方、さらに1人鳥インフルで死亡した。14歳少年が死亡した2日後にあたる。
 メトロテレビによると患者は38歳のDyahさんとされる。
 彼女が死亡する直前に、彼女の夫と息子が鳥インフル様症状を呈して同病院に入院した。
 彼女の死亡で、インドネシアの鳥インフルによる死亡者数は59人に達した。
Suspected bird flu kills Japan chickens The Age, Australia  (オーストラリア) 日本で鳥インフルで鶏が死亡した疑い
 (全オーストラリアニュース)
 下方のロイター通信の内容。
Japanese Fear Potential Bird Flu Outbreak Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) 日本で鳥インフル発生の恐れ
 日本の養鶏場で死亡した750羽の鶏が鳥インフルによるものかどうか検査中である。
 日本南部の九州島で750羽の鶏が鳥インフルと思われる状況で死亡したことから、当局では警戒態勢を敷いている。鶏は10日に死に始め、昨日にはさらに死亡したことから、当局者達は最悪の事態を恐れている。
 農場では1万2000羽の鶏を飼育していて、もし検査結果でH5N1ウイルス感染が確認されたら、全鶏は殺処分される。
 現在、農場は厳密な隔離状態におかれ、人々の立ち入りは禁止されている。
 鶏が鳥インフルで死亡したか否かは、12日夕方遅くに判明する。
Bird flu suspected in chicken deaths in Japan Newsweek  (米国) 日本で死亡鶏が鳥インフル疑い
 ロイター

南日本の九州島の農場で約750羽の鶏が鳥インフル疑いで死亡したと、東京の農水省の当局者が発表した。
 当該農場は、林業と農業を中心とする宮崎県の清武町にあり、1万2000羽以上の鶏を飼育している。
 鶏の死亡は、10日ないし11日に発生し、もし鳥インフルが確認されたら全家きんは殺処分されるだろうと、同当局者は語った。しかし人の感染事例が発生しているかについては不明と語っている。
 農場は隔離され、周辺から人々は待避させられている。
宮崎で鳥インフルエンザか、750羽死ぬ TBS 
 宮崎県は、県中央部に位置する清武町の養鶏場で大量のニワトリが死に、高病原性鳥インフルエンザが発生した疑いがあると発表しました。宮崎県によりますと、清武町内の養鶏場で今月10日から11日にかけて、飼育しているニワトリ1万2千羽のうち、およそ750羽が死にました。
 獣医師による簡易検査では、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていて、現在、県の家畜保健衛生所がさらに詳しい検査を進めています。
 これを受け宮崎県は、この養鶏場を隔離するとともに、半径10キロ以内にある17の養鶏場にもニワトリや卵などの移動を自粛するよう要請しました。
 この養鶏場の従業員や家族などに体調を崩している人はいないということです。
 現時点では、まだ「疑い」の段階ですが、宮崎県は飼育しているブロイラーの数が全国1位を誇るだけに影響が懸念されています。
宮崎県で鳥インフルエンザの疑い 約750羽死亡  朝日新聞
 
1月11日(木)

Bird Flu May Have Infected Relatives of Indonesian H5N1 Patient Bloomberg  (国際) 鳥インフル、発病インドネシア女性の親族にも感染の可能性
 インドネシアの鳥インフル発病37歳女性は重体であるが、彼女の42歳の夫と18歳の息子も、発熱と呼吸器感染症を呈して、鳥インフル疑いとして検査中であることが、入院中のジャカルタのPersahabatan病院の医師が発表した。
 女性は市場で買った鶏を調理して感染したと考えられているが、家族も同様に鶏から感染した可能性があるのか否かについては不明。
Two more people suspected of bird flu Jakarta Post, Indonesia  (ジャカルタ) インドネシア、さらに2人が疑い患者として入院
 11日、さらに2人が鳥インフル疑いでジャカルタのPersahabatan病院に入院したことが、 Elshinta ラジオ放送局から報道された。
 同放送局によるとこの2名の患者の入院で、同病院に入院している鳥インフル疑い患者が12名となったと伝えた。
S. Korea Says Bird Flu Transmitted To A Human CBS 5, CA  (米国) 韓国、鳥インフルウイルスが人に感染したことを報告
 下記と同内容。

S.Korea: Bird Flu Transmitted to a Human Washington Post, DC  (米国) 韓国:鳥インフルウイルス、人に感染
 AP
 韓国当局は11日、最近家きんの間で流行した鳥インフルで、ウイルスが人に感染したことが確認されたが、無症状であったことが報告された。
 韓国CDCは、致死的H5N1ウイルスに感染して、無症状なままに自然免疫を獲得した1事例を発表した。
 ソウルの南方160マイルのGimjeで昨年暮れに鳥インフルが家きんの間で発生し、数千羽の家きんが拡大防止のために殺処分された。
Farming: Cold Snap 'Could Raise Bird Flu Risk' International News Service, Australia (オーストラリア) 寒波は鳥インフル発生の危険性を高める
 寒波により、今年、英国に鳥インフル発生の危険性が高まる可能性がある、と獣医局の副長官が今週警告した。
 東ヨーロッパの寒波により、湖や時には海が凍り、野鳥達が水面を探してヨーロッパ中移動し続ける。
 昨年3月にスコットランドの海岸で死亡した白鳥からウイルスが検出された。
 ……
China Reports First Human Bird Flu Case In Six Months Mediafax, Romania  (ルーマニア) 中国、6ヶ月ぶりに人での鳥インフル感染者を報告
 中国事例ほ報告。
Hard to predict where the bird flu will spread in '07 Coos Bay World, OR  (米国) 2007年は、どこで鳥インフルが発生するのか予知が困難に
 基本的に昨日からの、インドネシアと中国の人事例、およびベトナムの家きんで拡大している状況からの考察と同じ。
Bird Flu Kills Indonesian Youth newswire.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) 鳥インフル、インドネシアの少年を殺す
 10日、インドネシアの10代少年が鳥インフルで死亡した。同国で58人目の死者となった。
 14歳少年は西ジャワのタンゲラン( Tangerang)に住んでいて、ジャカルタの病院に入院していた。
 インドネシア保健省の鳥インフルエンザ対策センターのRunizar Ruesinによると、少年は病院で治療されていた2確定例の1人であった。
 同氏によると他に鳥インフルが疑われている患者が5人いるが、いまだ検査結果が出ていないとされる。
China reports first human bird flu case of 2007 CBC News, Canada  (カナダ) 中国、2007年度初の人における鳥インフル事例を報告
 中国における事例、インドネシアにおける14歳少年の死亡事例と37歳女性の発病事例、そしてベトナムにおける家きんでの感染の拡大状況。
Bird Flu Resurfaces In Vietnam Today's THV, AR (米国) 鳥インフル、ベトナムで再興
Bird flu kills in Indonesia, picks up speed across Asia China Post, Taiwan (台湾) インドネシアで鳥インフルで死亡、再びアジア中で拡大の様相
 インドネシアで14歳少年が死亡、中国で12月に農夫が発症、さらにベトナムでは家きんの間で拡大している。
 冬期間に入ってアジア中で鳥インフルがあらに拡大していくことが懸念。
1月10日(水)


安徽省で鳥インフルエンザ感染者を確認 患者は退院 人民網日本語版
 中国衛生部の公式サイトによると、安徽省衛生庁は9日、同省で高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染を確認したと同部へ報告した。
  患者は安徽省屯溪に住む李さんという37歳の男性で、2006年12月10日に発病した。発熱、肺炎のような症状が出たが、地元で治療を受けて快復、年が明けた1月6日に退院した。中国疾病予防抑制センターがサンプル調査をしたところ、鳥インフルエンザA/H5N1型ウイルズ核酸を検出、血清抗体の測定でも陽性だった。男性と密接に接触した人たちへの医学的観察は、12月29日にすべて終了している。農業部門によると、現地での動物への感染は見つかっていない。
  世界保健機関(WHO)の高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染定義、中国の診断基準および疾病予防抑制センターの検査結果から、安徽省の専門家チームはこの患者を高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると診断した。衛生部は患者の関連情報について、すでにWHOと香港・澳門(マカオ)・台湾地区および一部国家に報告している。
Bird Flu Resurfaces in Vietnam Wyoming News, WY  (米国) 鳥インフル、ベトナムで再興
 鳥インフルがベトナムやアジアの各所で1年ぶりに再流行の兆しを見せている。専門家達はこれからH5N1ウイルス感染が広がる可能性があると警告している。この冬どの程度流行するか?これが大きな問題である。
 気温が下がり季節性インフルエンザシーズンとなってくる。その間に鳥インフルも拡大する。1年前、ウイルスはアフリカ、中東、中央アジア、そしてヨーロッパへ拡大した。しかし、だからと言って今年もそのように拡大するかどうかを予知するのは、難しいと専門家達は言っている。
他。
Indonesian boy dies of bird flu, health ministry  Shanghai Daily, China  (中国) インドネシアの少年、鳥インフルで死亡、保健省が発表
 14歳のインドネシアの少年が鳥インフルで死亡した。同国として58人目の死者となる。本日保健省から発表された。
 少年は西ジャワのTangerangに住んでいて、先週ジャカルタの病院に入院した。
 保健省の鳥インフルエンザセンター長官によると、少年は現地時間の11時55分に死亡した。ロイター通信は本日そのように伝えている。
Indonesian boy dies of bird flu BBC News, UK (英国) インドネシアの少年、鳥インフルで死亡
 14歳のインドネシアの少年が鳥インフル様症状で病院に入院して4日後に死亡した。
Chinese Farmer Contracted Bird Flu Forbes, NY (米国) 中国の農夫、鳥インフルに感染
 AP

 中国政府の報道機関が、農夫が致死的H5N1鳥インフルに罹患したが、回復して退院したことを発表した。
 37歳の東部の安徽省の農夫が12月に鳥インフルを発病したが、”完全に回復した”、とChina News Serviceが、衛生部と中国CDCの発表として報道した。
 報告では農夫が家きんに関係する業務についていたか、または感染した鳥が地域で見つかっているかについては、言及していない。
China reports first human bird flu case in months Shanghai Daily, China  (中国) 中国、数ヶ月ぶりに人での感染者を報告
 下記と同内容

China reports human bird flu case CNN International  (国際) 中国、鳥フル感染者を報告
 ロイター

 東中国で37歳の農民がH5N1鳥インフルに感染したことが確認され、中国における数ヶ月ぶりの感染者発生が10日に報道された。
 中国は2003年以来、22人の感染者と14人の死亡者を報告している。
 この最近の事例は、Liと呼ばれる男性が12月10日に高熱と肺炎を呈し、病院で治療を受けた。そして1月6日に完全回復して安徽省Tunxiの病院を退院した。
 中国CDCは8日、患者がH5N1ウイルスに感染していたことを確認した。衛生部の発行する新聞にそのように記載された。
 患者と濃厚接触した人々は隔離され、12月29日まで医学的観察下におかれた。
 地域では家きんにおける鳥インフル発生の報告はない。
 中国の最終的人での感染者報告は昨年の7月であった。そのときは北西部の新疆ウイグル自治区で農民が死亡している。
Seasonal Flu vaccination programme for poultry workers Media Newswire (press release), NY (米国) 家きん業者に季節性インフルエンザワクチンの接種プログラム
 英国: 家きん業者6万人に対して季節性インフルエンザの接種プログラムが開始される。期間は1月22日から3月31日まで。
 鳥インフルとの混合感染が生じた場合、人インフルエンザウイルスとの遺伝子組み換えが起きる危険性の回避が目的の一つ。季節性インフルエンザ接種により、鳥インフル感染の予防にはならない。.
Avian influenza – situation in Indonesia World Health Organization, Switzerland  (WHO) 鳥インフル:インドネシアの状況

 インドネシア保健省はさらに2例のH5N1鳥インフル感染者を確認した。

 最初の新規確認例は西ジャワの14歳の少年である。少年は2006年12月31日に発症し、2007年1月4日に入院した。現在、少年は入院中である。少年の家の周囲で家きんの死亡が最近報告されている。少年の感染源は調査中である。

 2番目の例はBanten 州Tangerangに住む37歳女性である。女性は2007年1月1日に発症し、1月6日に入院した。女性は濃厚治療室で治療が継続されている。当初の調査では、感染源として発病した家きんが疑われている。

 インドネシアで現在まで発病が確認された76事例のうち、57人が死亡している。

鳥インフルエンザ防止対策は強化されたのか? HOTNAM!
 ホーチミン市における調査で、家禽類の違法売買が横行する場所が各所にあることが判明した。市人民委員会は最近、鳥インフルエンザ防止対策の強化指示42/2006/CT-UBND号を公告、区・県人民委員会に違法な家禽類の飼育・売買を厳しく処分するよう求めたが、地域の取り組みはまだ甘い。
1月9日(火)

Bird Flu Outbreak Spreads To Fourth Province In Vietnam Playfuls.com, Romania  (ルーマニア) ベトナム、鳥インフル4番目の省へ拡大
 ベトナムは9日、第4番目の省での家きんにおける鳥インフル発生を確認した。
 南部のKien Giang省の二つの農場で70羽のアヒルがH5N1ウイルスで死亡したことが、動物保健局の疫学部長官から発表された。
 Ca Mau, Bac Lieu 、 Soc Trang省についで第四番目の発生地となった。全て南部のメコンデルタ地域に属する。
鳥インフル感染を迅速診断 大阪府立公衆衛生研が開発 京都新聞
 新型インフルエンザの原因になることが懸念されている鳥インフルエンザウイルスを迅速に検出する新しい診断法を、大阪府立公衆衛生研究所(大阪市)が開発した。同研究所によると、世界で初めてという。
 発熱などの症状を訴える患者が鳥インフルエンザに感染しているかを迅速に診断することで、早期の隔離や治療が可能となり、感染の拡大防止につながる。
 同研究所は近く診断キットを府内の感染症指定医療機関に配布する方針。 鳥インフルエンザウイルスとヒトインフルエンザウイルスを区別するのは難しく、従来の遺伝子診断法は、技術的に高度なため各都道府県の公衆衛生研究所など特別な機関でしか診断できず、結果判明まで半日から2日かかっていた。
Indonesia bird flu cases hit 76 Xinhua, China (中国) インドネシア、鳥フル感染者数76人に
 ジャカルタ近くに住む37歳女性が検査で鳥インフルが確定され、同国で感染者数が76人となった。そのうち死亡者数は57人である。インドネシア保健省から9日発表された。
Indonesian woman tests positive for bird flu Washington Post, DC (米国) インドネシア女性、鳥インフル検査で陽性に
 37歳女性が鳥インフル検査で陽性であったことが、保健省当局者から発表された。女性は首都の郊外の病院に入院しており、昨夜診断が確定したと伝えられた。
 この事例は週末に、同国として二ヶ月ぶりに14歳少年が検査で鳥インフル陽性であることが報告されたのに続いての報告となった。
Indonesian woman with bird flu in critical condition Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア女性、鳥インフルで重体
 最近1週間で2人目となる鳥インフル発病者が入院したが、危篤状態であることが8日保健当局者から発表された。
 患者の37歳女性がどのようにして鳥インフルに感染したのは不明であると、保健省の伝染病対策長官であるI Nyoman Kandunが語った。
 治療されているもう一人は14歳少年で、二人ともジャカルタの西郊外にある工業都市のTangerangに住んでいて、現在ジャカルタのPersahabatan病院で治療を受けている。
 リアとのみ伝えられている女性の状態は危篤であると、Kandun氏は語った。

 インドネシアの鳥インフル発病者数は76人となり、そのうち死者は57人である。
 国際的専門家達はインドネシア政府の対策が不十分であると非難し、ウイルスが人人感染を生じるような株に変異することを恐れている。
 しかしながらインドネシアにおける鳥インフル感染者数と死亡者数は過去3ヶ月の間急速に減少してきており、国家的キャンペーンと家きんへのワクチン接種が部分的に効果を奏してきていると考えられていた。
Heart of downtown Austin, Texas, closed after dozens of birds ... Canada.com, Canada (カナダ) 数十羽の鳥が死亡し、テキサス、オースチンの中心街が閉鎖
 7日朝、中心街で数十羽の野鳥が死亡しているのが見つかり、警察は10ブロックを閉鎖した。しかし予備的検査で大気には問題が無いことが分かり、午後1時には閉鎖が解かれた。
 死亡した野鳥は約60羽で、鳩、雀、ムクドリ(blackbird)等で、中心通りであるCongress Avenueに沿って死亡していた。人における健康被害等は報告されていない。
Bird Deaths Shut Down Downtown Austin Guardian Unlimited, UK (英国) 米国テキサス:オースチンの繁華街、大量の鳥の死亡で閉鎖
 AP

 8日朝、数十羽の鳩や雀等が繁華街の通りで死亡しているのが見つかり、警察は10ブロックを閉鎖した。しかし予備的検査では空気中に危険な化学物質は存在していないと発表した。
1月8日(月)


Ducks die en mass in Vietnam's southern province People's Daily Online, China  (中国) ベトナム南部の省で大量のアヒルが死亡
 ベトナム南部のSoc Trang省でこの2,3日間に約4000羽にアヒルが何らかの感染症で死亡、およびその拡大を防ぐために殺処分された。
 鳥インフル検査のための検体は採取され、研究所に送られている。
Rural clinics to become service centres Bangkok Post, Thailand (タイ) 農村の診療所がサービスセンターに
訳:Y.Yosimura

 タイ公衆衛生省は農村にある複数の診療所を、充分に設備の整った24時間体制の主要医療サービスセンターに拡大した。ここでは住民に無料で治療を提供する。
 タイ公衆衛生相Mongkol na Songkhla は、公衆衛生省が農村地域の主要医療サービス21施設の開発に8000万バーツ(2億4000万円)を支出すると発表した。
 各センターには医師、薬剤師、歯科医師、看護士、さらに移動型X線装置、救急車、心電図、および糖尿病、血漿脂質および感染症の検査の可能な研究室を含む充分な医療機器を有する。
 治療は無料で、以前に医療サービスを受けるために遠方の病院に通わなければならなかった地元の人々には、はるかに利用しやすい。
 施設の拡大の一部に義援金が使われる。公衆衛生相は昨日、チャチェンサオ県パノムサラカム郡のNong Haen診療所拡大のための募金イベントの議長を務めた。
 本プロジェクトには、公衆衛生省は200万バーツ(600万円)を支出、民間団体は140万バーツ(420万円)を寄付した。
 今年、チャチェンサオにはそのような医療施設がPhanom Sarakham、 Bang Khla 、そして Ban Pho districtsの3箇所に誕生する。 
A bird flu patient found in Persahabatan Hospital, Jakarta Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア:ジャカルタのPersahabatan病院で鳥インフル患者が確認
 
8日、Persahabatan病院の一人の患者が鳥インフルに感染していることが報告された。一方他の6人の患者が未だ疑いがもたれていて、検査結果を待っている。
 同病院の医師であるMultan Ihsan氏は、鳥インフル患者は5日から入院していると語った。
 ”検査結果で病院に入院している患者が鳥インフルに感染していることが確認された。他の6人に関しては、もう一つの検査結果を待っている状態だ”、と同氏の談話がElshinta ラジオで報道された。

 *昨日他報道で発表された14歳少年の事例と思われるが、詳細は不明。他の6人の疑い例に関しては新しい情報である。
Poor service, public ignorance allow bird flu virus to spread Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、貧弱な対策と社会的無知が鳥インフルの拡大を招いている
 パンデミック・インフルエンザに対する脅威をヒステリー的と称する研究者がいるが、インドネシアに関して言えば、それは当てはまらない。
 インドネシア状況に関する論説。
 以下要点のみ。
 3000万世帯で家きんを放し飼いで飼っている。鳥インフルに対する警戒心が薄い。
 マスメディアを介した鳥インフルキャンペーンを行っても、市民は十分反応しない。
 無知故、人での発症の発見が遅れ、治療効果は低い。高い死亡率につながっている。
 北スマトラでは農民達は家きんへのワクチン接種を拒否した。彼らの家きんは健康だからと言う理由であるが、一人の農夫は家きんの生血を飲んで抵抗した。
China develops new human bird flu vaccine Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 中国、人用鳥インフルワクチンを開発
 中国は遺伝子組み換えH5N1ウイルスワクチンの開発に成功したと、中国CDCの高官であるShu Yuelongが発表した。
 同氏によると、新ワクチンは中国CDCと米国CDCにより、南中国で見つかった人の感染者から分離されたウイルスを用いて作成された。
 これは中国として初の人用H5N1ウイルスワクチン開発である。
 *訳者:詳細は不明である
PREPARING FOR THE BATTLE AHEAD Bangkok Post, Thailand (タイ) GIS利用による事前の鳥インフル対策
印刷用ワードファイル
{GIS
地理情報システム(Geographic Information System)とは、「地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術」

 スファンブリ(Suphan Buri省)の当局者達は高度なコンピューター・システムにより、今後発生する可能性のある鳥インフル撲滅に自信をもっている。

 スファンブリ省で最初に鳥インフルが3年前に確認されて以来、その対策は6000万羽の家きんの殺処分、および数百万人分のインフルエンザワクチンの備蓄が中心だった。
 しかし現在、スファンブリ省の家畜当局者達は、地理的にデータを対照できるGISを用いた対策に余念がない。
 そして現在、国は鳥インフルのピークシーズンを迎えているが、彼らは以前よりも効果的に対策を講じることができると自信を抱いている。単にコンピューター上のデータをクリックするだけで多くの情報が得られるからだ。
 ”最初の鳥インフル発生以前にこのシステムが稼働していたなら、より早く、より効率的に鳥インフルを封じ込めることができていただろう、と思う”、と同省の家畜局責任者のWannee Santanmanas氏が語っている。
 スファンブリ省は2003年11月に同国で鳥インフルが発生した際に、最初に同国で発生した省の一つであり、その後の国内での拡大の原因となった地域と考えられている。
 ”今やスファンブリの鳥インフル監視および対策システムは、タイ国内で最も進んだものと考えられる”、とWannee博士は自信のほどを窺わせている。
 ”GISにより鳥インフル拡大と被害の程度が把握でき、対策を迅速に適切にたてることができる”。
 GISは情報の統合、蓄積、共有、そして地理的関連情報を地図の上で視覚的に表現するコンピューター・プログラムである。
 同じ技術は、資源や財産管理、都市計画、保健対策等に用いられている。
 この技術で当局者達は、災害の拡大範囲を正確に把握でき、適切な対策を講じることができる。
 システムの核となっているのはデータベースであるが、それは階層構造となって蓄積されている。その階層構造を結合することにより、使用者は対策決定のために、異なるデータを比較検討できる。
 家畜局のKwanchai Netnoi 氏と Chatchai Wongsa氏は、鳥インフル関連データの更新責任者となっている。
 これらのデータに含まれるものは、鳥インフル発生農家、家きん飼育数の変化、家きん農場の所在地と保有者名、そして各地域における鳥インフル発生の詳細である。
 GISが設置されて以来彼らの業務量は増えたが、2005年7月に同省でタイとして3度目の鳥インフルが流行した際、彼らはその業務に多大の自負心を抱くことができた。
 ”我々は毎日データを更新しなければならないし、この複雑なプログラムの使い方を学ぶ必要もある”、とChatchai氏は語り、”大変な仕事だけど、鳥インフル監視と対策の強化につながるから、我々はこの業務に喜んで携わっている”、と付け加えた。
 異常な家きんの死亡が報告されると、彼らGIS担当者達は、迅速に発生農場の所在地と、過去の地域における発生状況をGIS地図にインプットする。
 省の家畜局責任者はGIS情報に基づいて状況を把握し、発生地域の農場や近辺の調査と消毒を指示する。
 もし鳥インフル発生が確認されたなら、GISシステムは発生地から半径5キロ以内の家きん殺処分の対象となる全農家を表示し、また家きん移動が禁止される10キロゾーンも表示される。
 ”我々はもはや4000分の1の地図上に、手書きで作業場所を書き込む必要がない”、とWannee博士は語り、”GISの高解像度の地図と統合された情報で、我々は感染地域を同定し、迅速に正確に監視地域を設定できる”、と付け加えた。
 このシステムはまた、高リスク地域に焦点を合わせて、鳥インフル予防スキーム作りも可能とする。
 ”省全体に漫然と目を向けるのではなく、必要ある地域にだけ目を向けることができる。これは経費節減とマンパワーの上で大きな効果を持っている”、ともWannee博士は語る。
 スファンブリ省家畜局のGISシステムは他の地域よりも一段と進んでいるが、理由は省の知事のSomsak Pureesrisak氏による強力なバックアップのせいでもある。
 さらにこのGISシステムの活用は、鳥インフル対策にのみ限定はされていない。
 スファンブリ省の教育統計や保健記録、自然災害発生危険地域の詳細情報、開発地域、森林地帯等がデータベースに入っている。
 ”写真は数千の言葉に匹敵するが、GIS地図は数千の記録に匹敵する”、とスファンブリGIS施設(GIS Operation Unit)の責任者であるUeamduang Uthaikul氏が語っている。”それが多くの予算と人的資源をこのシステムに投入している理由だ”。
 昨年同省は、7000万バーツ(2億1000万円)をIT整備に費やしているが、その中にこのGISセンターの省ホール内への設立が含まれている。
 ”政策効果を考えると予算上、投資の価値はある”、とUeamduang氏は説明している。
 政府機関へのデータ提供と関係者のトレーニングを行っているタイ国立GISセンターの責任者であるSombat Yumuang氏は、GISを有用にしているものは、進化したコンピューター・ソフトウエアやハードウエアというよりも、信頼性ある、そして絶えず更新されるデータにあるのだ、と語っている。
 良いGISのデータベースさえあれば、誰でも適切な対策を立てられるかと言うとそうではない。
 ”GIS情報をもとに適切な決定を下すことができる、優秀な政策立案者が存在することが重要なのだ”、とSombat氏は語る。
 センターではいくつかの機関の職員に対して、GISトレーニング・コースを行っている。その中には鳥インフルGISが設置されている、10の試験的省からの家畜担当者達も含まれている。
 それら訓練コースでは、題材として、南部地方のテロ、教育計画、災害警報、そして緊急事態対策等を取り上げ、如何にしてこのGISシステムが国家的問題の対処に役立つかを示す。
 しかしこのシステムは国の各機関に対して馴染むものではないことが分かってきた。Sombat氏はその理由をいまだ模索中だ。
 多分それは各機関の情報処理技術のレベルが低いことからきている、と同氏は語っている。GISシステムは、貧弱なデータベースのもとではセットアップできない。
 ”または、国の担当者達は物事を詳細に把握することを好まないからかも知れない。もし詳細に把握したなら業務量が増えることになる。だから彼らはいつも曖昧な政策のままに働いている”、と同氏は批判している。 

Bird flu vaccine smuggling uncovered Bangkok Recorder, Thailand  (タイ) 鳥インフルワクチンの密輸が摘発
 バンコク市民3人が鳥インフルワクチン1800本(時価6000万円相当)を中国から密輸しようとして、Samuiの警察に逮捕された。
 タイでは家きんに対するワクチン使用は、家きん輸出に悪影響が出ることから禁止されている。これまで主要な家きん産物の輸出国であるEUは、鳥インフル発生国およびワクチン使用国からの輸入を禁止していた。
 密輸ワクチンは香港から直接航空機でKoh Samuiに運ばれ、そこからバスでバンコクへ運んでいたと考えられる。そのようにしてSuvarnabhumi 空港の関税チェックを避けていたようだと、警察では説明している。
Vietnam conducts anti-bird flu rehearsal Xinhua, China  (中国国営通信、新華社) ベトナム、抗鳥インフル模擬訓練
 7日、ベトナムは北部Quang Ninh省で鳥インフル発生に対する模擬訓練を行った。ベトナム国営通信が報じた。
 省の700人以上の人々が参加した。
 設定されたシナリオは、ある家族の4人がH5N1鳥インフルを発病し、そして続いて近隣の60家族の中の80人も発病、そのうち何人かは5日前に死亡した家きんから感染していた。
 訓練の内容は、患者の治療、発生の抑止、感染予防措置等。
1月7日(日)


Indonesia confirms 75th human bird flu case Forbes, NY  (米国) インドネシア、75人目の人鳥インフル発病者を確認

訳:Y.Yosimura

 入院治療中の10代の少年が鳥インフルエンザに感染している。インドネシア国内では今年初めて確認された症例で、同国では75番目の症例となる、と保健省高官が発表した。

 「14歳の患者は現在もパルサハバタン病院で治療中であり、鳥インフルエンザ陽性反応が確認されている。」と保健省高官・Nyoman Kandunがフランス通信社に伝えた。
 患者は健康状態が良くなかったと高官は述べたが、それ以上コメントはしなかった。
 「彼は(人間に)感染が確認された75例目の症例で、感染した75例のうち57例が死亡した。」とKandunは語った。
 家禽類へのワクチン接種と国民の意識の向上によって問題を解決し、インドネシア国内における鳥インフルエンザの人への感染症例をゼロもしたいと高官は述べた。

 昨年11月28日から今日まで、鳥インフルエンザが新たに人に感染した報告はなかった。また10月以降、14県では家禽類で新規の大発生の報告はなかった。
 2003年以降、世界中で150人以上の人がH5N1ウイルスによって死亡している。
Boy hospitalized with bird flu, health official says Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 少年、鳥インフル発病して入院
 鳥インフル症状を呈してジャカルタの病院に入院していた14歳少年が、H5N1ウイルスに感染していることが確認され、6日、保健省高官から発表された。

 死亡したアヒルと接触した後鳥インフル症状を呈した少年のウイルス検査は、保健省により行われていたが、6日にH5N1ウイルスが陽性であると確認された。
 少年は先週ジャカルタの西郊外のTangerang市の病院に、高熱と呼吸困難で入院したが、5日にジャカルタのPersahabatan病院へ移送された。
 少年の容態は悪く、人工呼吸器につながれている。
 突然死亡した死亡したアヒルと接触し、素手で多数の死亡したアヒルを埋めたと、保健省の伝染病対策長官のカンドゥン氏が語った。少年はその翌日発病した。
Indonesia Confirms 75th Case of Human Bird Flu Infection  Bloomberg (国際) インドネシア、75人目の鳥インフル感染者を確認
 インドネシアで2ヶ月ぶりに鳥インフル感染者が確認され、同国で75人目の感染者となった。感染者は14歳の少年である。7日に保健省が発表した。
 少年は1月1日に鳥インフル症状を呈し、ジャカルタのPersahabatan病院に入院した。
 ”我々は少年が死亡したアヒルと接触したと聞いている。我々は西ジャワの少年の住んでいた地域の詳細な調査を行っている”、と保健省の当局者が電話取材で答えた。
 インドネシアでは11月28日に35歳女性がH5N1ウイルス感染で死亡して以来、鳥インフル感染者は報告されていなかった。
Fresh air machine ‘will beat viruses’ The Sunday Times, UK  (英国) 新型空気洗浄機でウイルスを撲滅
 英国の科学者が季節性インフルエンザウイルス、MRSA、鳥インフルウイルス等の空気媒介感染症から防護するための空気純化技術を開発した。
 開発者であるAlan Moleは、疑似新鮮空気を産生するシステムを開発したが、それは同時に空気感染する病原体を死滅させる能力を持っている。
 この空気純化装置は政府の研究機関で検査されたが、検査ウイルスを5分以内で99.9999%死滅させた。
 装置は単独でも、エアコンに組み込んでも使えると言う。
 関連企業が Tri-Air Developmentsと呼ばれる会社を設立し、このTri-Airと呼ばれる空気純化装置の商品化を目指すが、現在、世界的空気洗浄機メーカーとの提携を模索中と言われる(Samsung, LG, Sanyo and Daikin)。.
Hong Kong On High Alert After Dead Wild Bird Tests Positive For ... Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) 香港で警戒態勢:野鳥から致死的H5N1ウイルスが検出
 香港の繁華街で発見された死亡した野鳥Scaly-breasted Muniaから致死的H5N1ウイルスが検出され、香港当局は警戒態勢を強化した。

Scaly-breasted Munia
シマキンパラ
(スズメ目カエデチョウ科)

Vaccine smugglers nabbed Nation Multimedia, Thailand  (タイ) ワクチン密輸者逮捕
 鳥インフルワクチン6000万円相当を密輸しようとしていた3人がKoh Samuiで逮捕された、当局から発表された。
 H5N1ウイルスに対するワクチン1800本を収めた30箱が押収された。
B20m in smuggled bird flu vaccine seized Bangkok Post, Thailand  (タイ) 6000万円相当の密輸鳥インフルワクチンが押収
 家きんへのワクチン接種が禁じられているタイで、中国産のH5N1鳥インフルに対するワクチンの密輸品が押収された。
 当局者によるとワクチンは、香港経由で空路タイのKoh Samui に運ばれ、そこからバスでバンコクへ持ち込まれていると推定されている。空港でのチェック態勢が甘いと批判されている。
 ワクチン使用に関しては、家きんを屋外で放し飼いしている農家では(特にアヒル)、ワクチン使用により家きんの死亡を防ぐことができるので、使用を強く望んでいるが、多くのウイルス学者達は、ワクチン使用によりウイルス変異の速度が高まり、パンデミックを引き起こすウイルス株の出現が早まる可能性が高いことから反対している。
HK confirms dead bird carried H5N1 avian flu virus Reuters AlertNet, (英国) 香港、死亡した野鳥からH5N1ウイルスを検出

 A wild bird found dead in a shopping district in Hong Kong has tested positive for H5N1 avian influenza, the government said on Saturday. The bird, a scaly-breasted Munia, was found in the Causeway Bay district on Dec. 31. Government experts said it might have been infected by migratory birds flocking south. The H5N1 virus made its first known jump to humans in Hong Kong in 1997, killing six people. So far, it cannot be passed easily from human to human, but experts fear the virus could mutate and cause a pandemic, killing millions.  12月31日に香港の繁華街で発見された死亡した野鳥の死骸からH5N1ウイルスが検出されたことを、香港行政府が6日発表した。

 南方へ向かう渡り鳥から感染したのかもしれない、と行政府の専門家が語った。

パスツール研究所、H5N1型ウイルスの解析に成功 HOTNAM!
 昨年末に行われた鳥インフルエンザ防止指導委員会の会議で、保健省Trinh Quan Huan次官が、現在各国で進む鳥インフルエンザH5N1型ウイルスのワクチン研究に関し、生産開始にはまだ時間がかかることを発表した。
 ベトナムではホーチミン市Pasteur研究所がH5N1型ウイルスの100%解析に成功、研究グループは、一部遺伝子で毒性が強まる傾向があることを発見した。またKhanh Hoa省Nha Trang市のワクチン・医療用バイオ製品研究院Le Van Hiep院長は同日、同院が鶏の胚から生産したワクチンについて、最近3,000服を追加生産したことを明らかにした。同院での試験生産はこれで5,000服に達する。2007年中ごろには動物実験を終え、保健省と科学技術省の許可を受けて、ヒトの臨床試験を実施する。
1月6日(土)

Wild bird carcass tests positive for deadly avian flu strain in ... International Herald Tribune, France  (フランス) 香港で野鳥から検出されたウイルスは致死的H5N1ウイルスと確認
 最近、香港で発見された死亡した野鳥の検査で、致死的H5N1ウイルスが陽性であることが確認されたと香港行政府は6日発表した。
 銅鑼湾(コーズウェイベイ)の繁華街と住宅街で大晦日に見つかった死亡した野鳥(scaly-breasted munia )の検査結果は、香港漁農自然護理署から発表された。
 鳥インフルにより2003年以来アジア中で、数百万羽の鳥が感染死、または拡大対策のために殺処分されてきたが、香港では1997年に大発生があって以来、散発的発生以外、大きな流行は起きていない。
 2006年に香港では11000羽の鳥を検査し、17羽でH5亜型に属する鳥インフルウイルスが検出されている。(致死的H5N1ウイルスかどうかまでは調べていない。多くは低病原性のH5N2ウイルスかと思われる:訳者)。
 ウイルスが見つかった野鳥(scaly-breasted munia)以外に5羽の野鳥の死骸が見つかっているが、今週初めの報告では、H5亜型株は検出されていない。
Bird flu outbreak poses major threat, WHO chief warns CBC Nova Scotia, Canada  (カナダ) WHO責任者、鳥インフルは重大な脅威であると談話
 カナダ市民権を保有するマーガレット・チャン博士は4日WHO事務局長に就任したが、世界はH5N1鳥インフルの保有する脅威に警戒し続ける必要があると語った。
 次期のパンデミック・インフルエンザ対策にとって最も重要な課題は、「独断的な安易な判断」を避けることである、と同博士は語り、しかしパニックに陥ってはいけない、と付け加えた。
Hong Kong On High Alert For Bird Flu After Bird Tests Positive For ... All Headline News  (国際) 香港、鳥インフル警戒態勢に
訳:Y.Yosimura
中国、香港 -  銅鑼湾(コーズウェイベイ)の繁華街で病気の野鳥が発見され、鳥インフルエンザウイルスの検査で陽性と判明したため、香港では金曜日、鳥インフルエンザに対して厳戒態勢が布かれた。
 市の保健担当者が木曜日、死んだ鳥に対して予備試験を実施し、その結果H5型鳥インフルエンザで死んだ疑いがあった。このため、市内には流行の可能性の恐れが高まった。
 DPA通信社によると、専門家がさらに確かな試験と予防策を実施し、医療施設に対して、人への感染に厳重に警戒するよう忠告した。
 香港漁農自然護理署のスポークスマンは地方の養鶏場と鳥類を販売しているペットショップも鳥インフルエンザに対する適切な予備策を確実にするため検査を受けると報道機関に語った。
 「様々な要因を配慮して、 養鶏業者に鳥インフルエンザに対する警戒を続けるよう電話した。また、養鶏業者、鳥類を取り扱うペットショップの店長、レース鳩と飼育用鳥類のライセンス所持者に正しい予防策を続けるよう書状を発行した。」とスポークスマンは述べた。
 「私たちは、再度、不正に飼育されている家禽類がいないか確かめるために村を回る」、と彼は語っている。
 中国でウイルス陽性の鳥が見つかったのは、昨年3月以降これが初めてである。

 繁華街で野鳥からH5亜型鳥インフルウイルスが検出されたことから。
HK can handle threat of bird flu, says Chan The Standard, Hong Kong  (香港) 香港は鳥インフル脅威を克服できると、WHOのチャン新事務局長が談話
 香港の繁華街である銅鑼湾(コーズウェイベイ)地区で、今週初めにH5亜型鳥インフルウイルスが野鳥から検出されたことから、香港では警戒態勢に入っている。
 WHOの事務局長に就任したばかりのチャン氏は、香港行政府は十分対策をなし、またそれを中国政府がサポートすると信じていると、談話を発表した。
 チャン事務局長は先の香港衛生省長官を務め、1997年に初めてH5N1鳥インフルが香港で人に感染し、発病者18人中6人が死亡した際、迅速に感染源となっていた香港中の全鶏を殺処分し、以後の鳥インフル拡大を防いだことで、その手腕が知られている。
            

類似報道は5日に「Shanghai Daily, China 」で既報。

Vietnamese farmers refuse to cull High Plains Journal, KS  (米国) ベトナムの農家、家きんの殺処分を拒否
 家きんにおける鳥インフルが広がる南部ベトナムの省で、当局の殺処分命令を拒否して、飼育家きんを野に放つ農民が出ている。当局者の話によると、それでさらにウイルスが拡大してゆく可能性があるという。
香港:繁華街付近で鳥インフルエンザ感染の野鳥 中国情報局ニュース 
 香港漁農自然保護署は4日、12月31日に香港島の繁華街、銅鑼湾(コーズウェイベイ)地区の礼頓道(レイトン・ロード)で見つかった小型の野鳥6羽の死がいからH5型鳥インフルエンザのウイルスが検出されたと発表した。中国新聞社が伝えた。
  これを受けて香港政府は養鶏場やペット店での見回り検査を強化したほか、医療機関に対して人への鳥インフルエンザ感染が疑われるケースを発見した場合には報告するよう呼びかけた。
島根県が新型インフルエンザでマニュアル 山陰中央新報
 新型インフルエンザの出現に警戒感が強まっているのを受け、島根県が感染者の早期発見と封じ込めに向けたマニュアルをし作成た。大流行すれば県民の四人に一人がかかると予測されるだけに、重要課題の抗ウイルス薬・タミフルの備蓄など備えも進めている。
 世界保健機関(WHO)の昨年十月末のまとめで、死亡率約六割という毒性の強い高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の人への感染が十カ国、二百五十六人で確認。さらに人から人へと感染する新型ウイルスに変異すれば大流行しかねない。
 こうした危機感が高まりから同県は、昨年策定した発生時の医療提供体制などを六段階に分けて定めた行動計画に続いて、現時点での対応策をまとめたマニュアルを策定した。

 感染者の早期発見のため、医療機関が診察した人が三十八度以上の発熱と肺炎など急性呼吸器症状に加えて、インフルエンザに感染した鳥か患者との接触歴があれば、保健所に情報提供する仕組みを県医師会と構築した。
 さらに県内で患者が発生する事態に至れば、本人に入院を勧告したり、感染源と経路を早期に究明して、新型インフルエンザの感染拡大の防止対策に生かすことも盛り込んだ。
 タミフルは最大発生時で十四万五千人分が必要。市場流通で二万一千人分、十二万四千人分を国と県で半分ずつ調達する計画で、二年かけてそろえる県は、既に本年度分の三万千人分を七千万円かけて購入し、五カ所での備蓄を終えた。
 県民への意識啓発で提唱するのが「咳(せき)エチケット」。せきをする際の注意事項として▽ティッシュで口と鼻を覆い、他人から顔を背けて一メートル以上は離れる▽鼻水の付いたティッシュをふた付きゴミ箱に捨てること-などを呼び掛ける。
 鳥インフルエンザの発生にも警戒し、ニワトリ千羽以上を飼う四十二戸を中心にウイルスの有無を調べるモニタリング調査を毎月実施。ウイルスを運ぶとされる渡り鳥を侵入させない防鳥ネットを大半の農家が使用するなど対策に力を注ぐ。
鳥インフルエンザ対策の徹底を指示=ベトナム newsclip.be  (タイ->日本語)
 【ベトナム】ベトナムのグエン・タン・ズン首相が鳥インフルエンザの発生が確認された南部各省の地方政府幹部らと12月31日に会談し、再発防止策の徹底を指示していたことが5日までに分かった。
 国営ベトナム通信などによると、ズン首相は地方政府の鳥インフルエンザ警戒が不十分で、感染発見が遅れたと指摘。感染発生地の迅速な隔離や感染した家禽の処分を求めた。
 ベトナムでは昨年12月、カマウ、バクリュウ、ハウザンの各省で鳥インフルエンザが発生し、家禽類数万羽が処分されたほか、4人が感染の疑いで入院した。
1月5日(金)


Avian Flu Unlikely to Spread Through Water Systems MedIndia(インド) 鳥インフルエンザが上下水道から広がる可能性は低い
 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルス(H5N1)の近縁種の消毒は、塩素処理、紫外線放射やバクテリア処理といった上下水処理で可能である。このウイルスはヒトに無害だが、ウイルスのヒトへの拡散の道筋に関する研究事例となる。
 コーネル大の研究者はH5N2という近縁のウイルスを研究し、H5N1の変異型と仮定したH5N2が上下水システムを通じてヒトに感染するか否かを調べた。コーネル大とウエスト・ポイントの米軍アカデミーの研究者は、この研究に関し協力しEnvironmental Engineering Scienceの最新号で論文を発表した。
 低病原性の鳥インフルエンザ・ウイルスであるH5N2はヒトには無害だが、物質的にはH5N1と同一である。H5N1は2003年以来、世界中で数百万羽の鳥と、大部分は感染した鳥を扱うことで感染した約200名のヒトの半分以上を死亡させてきた。研究者や関係当局が懸念していることは、H5N1がヒトの間で容易に感染するように変異したら強烈な世界的パンデミックが発生しかねないということである。
 (H5N2よりも水処理産業で使われている方法に)「H5N1がより耐性を持つか否かは不明です」と同論文の責任執筆者でコーネル大微生物学・免疫学教室の教育支援専門職であるアラセリ・ルチオ-フォースター氏は言う。ルチオ-フォースター氏は2007年1月にコーネル大から微生物学の博士号を授与される予定である。
 H5N1に関しては高レベルのバイオ安全性施設が必要なので、ルチオ-フォースター氏と同僚はH5N2を代理のウイルスとして使用した。この2種のウイルスの近似性を考えると、H5N1が水処理システムに侵入しても、「ウイルスは不活性化するはずで、つまり処理された水は感染源になりそうにない事になります」と、ルチオ-フォースター氏は述べている。
 総じて、鳥インフルエンザ・ウイルスは宿主の体外では余り生存できない。しかし今回の研究者は、ヒトでの流行が発生したら処理施設を通過する汚染された排泄物により処理施設の労働者が感染し上水を通じて他へ拡大するという水処理産業の懸念に対応しようとした。
 「米国には約5万件の処理施設があり、施設の運転管理者は皆、インフルエンザの流行が起こり皆が病気になったら処理施設にも広がり自分たちも感染するのではないかと心配しています」と、コーネル大の寄生虫学教授で論文の共同著者であるドワイト・ボウマン氏は述べている。
 H5N2ウイルス殺菌に関する紫外線放射の有効性を検証するため、研究者は排水の中のものと同様に飲料水の中のウイルスも様々なレベルの紫外線に曝露させた。この処理は業界基準のレベルでH5N2殺菌に極めて効果的だった( 水中のクリプトスポリジウムやジアルディアを殺菌するためのレベルより低いものでも有効だった) 。
 米国の飲料水で一番汎用的である塩素処理に関しては、結果はそれほど決定的ではなかった。H5N2の不活性化は塩素濃度と曝露時間に依存する。米国の処理施設が上水処理する際は、平均で1リットル当たり1ミリグラムの塩素を237分曝露させる。こうした状況では、H5N2は(恐らくH5N1も)ほとんど不活性化されるが、排泄物から離れたりPHや塩分濃度レベルが変ったときにウイルスが活性化するか否かを知るためには更なる研究が必要である。
 同様に、検査施設レベルの小規模な研究では、バクテリア処理でもH5N2を72時間で検知不能なレベルまで低減できると分かった。この72時間というものは、業界基準と合致する。処理温度が高いほど、急速にウイルスを不活性化させられると判明した。
Japan to stockpile prototype bird flu vaccines for 10 mln people Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 日本、前パンデミックワクチン1000万人分を備蓄
 日本政府は1000万人分の鳥インフル用プロトタイプワクチンを購入し備蓄することを3日に発表した。その一方で、ウイルス対策の為の適切な量の抗インフルエンザ薬が備蓄できていないことに懸念を表している。

 共同通信によると、日本政府は45億円の補正予算で、今財政年度中にワクチンを購入すると保健省の当局者が語った。
 日本の4ワクチンメーカーが2月中に1000万人のワクチン(ベトナム株とインドネシア株の2種類)の製造を完了する予定であると、当局者の談話として共同通信社が報じた。
  ワクチン製造メーカーは実際にウイルスの型に適合したワクチンは、パンデミックが起きるまで分からないので、一時しのぎのプロトタイプワクチンを、2004年に分離したベトナム株と2005年に分離したインドネシア株の2種類を用いて作成した。
 保健省では特にコメントを3日には出していない。

 
最悪の事態に備えて日本政府は2500万人分のタミフルを備蓄することを、2005年12月に作成した行動計画に盛り込んだ。しかしながらその備蓄までの期限は決められていなかった、と政府の当局者は語っている。
 計画では、中央政府が1050万人分のタミフルを備蓄し、地方の行政当局(都道府県)が1050万人分備蓄し、残りの400万人分は(医療用に)流通している分でカバーするとなっている。
 しかしながら現在の備蓄量は目標にほど遠い。
 中央政府は750万人分のタミフルしか保有していなく、地方行政当局は525万人分のタミフルを2007年3月までに購入予定としている。行動計画で定められた量の60%に過ぎない。
 当局では流通分の確保の状況については不明と言っている。
NIH starts clinical trial of H5N1 DNA vaccine CIDRAP, MN  (米国) 米国NIH(国立健康研究所)、DNAワクチンの臨床試験を開始
 昨日報道の内容に関して、ミネソタ大学の感染症研究対策センターからの論説。
Margaret Chan Begins Term As Leader of WHO Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) マーガレット・チャン、WHOのリーダーに

 59歳のチャンさんがWHOの責任者の任に着いた。鳥インフル専門家と言われ、世界の女性とアフリカの人々の健康改善に努力したいとも語っている。

WHO Chief Warns Bird Flu Threat Has Not Gone Away Men's News Daily, CA  (米国) WHOの責任者、鳥インフルの脅威は去っていないと
Margaret Chan takes over UN health agency, renews bird flu warning  International Herald Tribune, France  (フランス) WHO事務局長を引き継いだマーガレット・チャン、鳥インフルの新たなる警告を発信
 4日に、中国としてこれまで獲得した中で、最も重要な国連機関ポストである、WHOの責任者となったマーガレット・チャン博士は、世界は鳥インフルに対して対策を強化しなければならないと、着任早々声明を発した。
 チャン博士は、この数ヶ月鳥インフル発生は小康状態だったが、最近2,3週間、再び活発化してきたと語った。
 ”H5N1鳥インフルウイルスは家きん産業に対して前例のないくらいのダメージを与えており、また同時に多くの人々に感染し、その半数以上を死に追いやっている。我々は守りを緩めてはならない。我々は警戒態勢を維持しなければならない”。

 同博士は、世界の感染症の監視体制が強化されつつあり、どのようなアウトブレークに対しても迅速に対応できるようになってきている、と語った。
 また、マラリアのような古典的感染症に対しても、同様な態勢の強化が必要であると語った。
HHS Pursues Advanced Development of New Influenza Antiviral Drug PharmaLive.com (press release), PA  (米国) 米国保健福祉省、新インフルエンザ薬(ペラミビル)開発を助成

 保健福祉省のマイク・レービット長官は4日、1億260万ドルをバイオオクライスト製薬(BioCryst Pharmaceuticals, Inc)に、新インフルエンザ薬であるペラミビルの4年間の開発費として助成すると発表した。
 これまでの実験室内研究結果によると、ペラミビルは多くのインフルエンザウイルス株に効果を持つことが示されている。今回の助成は、ペラミビルが季節性および高病原性H5N1鳥インフル等に、臨床的に効果を持つのかどうかの研究促進のために行われる。また予防薬としての効果も検証される。
 ”抗ウイルス薬は、政府のパンデミック・インフルエンザ対策にとって、重要な基本的要素となっている”、とレービット長官は語っている。
 ”政府の戦略は単に現在利用できる抗ウイルス薬を備蓄するだけでなく、全てのインフルエンザに対する治療水準を高めるために、有効な新薬を開発することでもある”。
 ペラミビルは、ニュウラミニダーゼ阻害薬に属する抗インフルエンザ薬である。このクラスに属する他の薬が径口的(タミフル)、または吸入薬(リレンザ)として用いられるのに対して、ペラミビルは非傾口的に用いることができる。筋肉内、または静脈内投与が可能であることは、重体患者の治療にとって大きな利点を有する。また急速に薬剤の血中濃度を高め、全身の組織中の薬剤濃度を高めることも可能となる。

                *これまでのペラミビルに関する報道のまとめ

HK on alert over bird flu scare Shanghai Daily, China  (中国) 香港、鳥インフル警戒態勢に
 香港衛生局は12月31日に死亡した鳥からH5亜型ウイルスを検出したことから、鳥インフル発生に備えて監視と予防対策を強化した。
 ウイルスは、Causeway BayのLeighton Roadで見つかった6羽の鳥の死骸の1羽( spotted munias:アトリ科の小鳥)から検出された。さらに詳細な検査は施行中であり、数日以内に結果が出る予定。

 香港は1月から3月にかけて鳥インフルが渡り鳥によりもたらされる危険性が高いと、保健当局では説明している。
 現在、農場やペットショップ等が調査されているが、現在のところ異常は発見されていない。
 また保健当局では農場やペットショップ従業員に対して衛生管理に気をつけることと、鳥インフル警戒態勢とバイオセキュリティーの維持を指示している。
 さらに輸入家きんや市場の監視が強化され、また医師達は疑い事例を診察したとき、疾病予防センター(Center for Health Protection )に報告するように指示を受けている。
 昨年香港では1万1000羽の鳥がH5亜型ウイルスに関する検査を受け、17羽で陽性だった。

ベトナム南部で鳥インフルエンザ再発相次ぐ  HOTNAM!
 ベトナム Ca Mau省、Bac Lieu省での鳥インフルエンザ再発に続き、Hau Giang省でも発生が確認され、メコンデルタ全域への拡大が危惧されている。現況を受け農業農村開発省は先月28日、鳥インフルエンザ対策会議を開催した。
 Hau Giang省獣医支局によると12月26日、Long My県の2村でアヒル数百羽が死んだ。当局は周辺の消毒作業を実施、死んだアヒルからはインフルエンザH5型陽性が確認されている。Ca Mau省でも27日、感染が疑われる家禽200羽を処分、前日にも同じ村で500羽を処分した。拡大はBac Lieu省でも確認されており、サンプル検査、処分を進めている。
 Kien Giang省獣医支局Dinh Cong Than支局長によると、同省は2006年2回目のワクチン接種後に生まれた家禽を多数抱えており、メコンデルタ全域で産卵を抑制できていないという。An Giang省農業農村開発局では、新たに生まれたワクチン未接種の家禽をすべて処分する方針だが、Kien Giang省では、ワクチン接種に限定して処分はしないなど、省ごとに対応は分かれている。
 ベトナム農業農村開発省Bui Ba Bong次官は、感染地域の家禽の全処分、周辺のワクチン未接種の家禽に対する接種、消毒の実施などを指導している。また地方当局間の連携強化、家禽飼育者や住民からの情報提供を呼びかけている。
1月4日(木)


No new cases of human bird flu infection since 13 months Nhan Dan, Vietnam  (ベトナム) ベトナム:13ヶ月間人での鳥インフル発症事例無し
 保健省の副大臣が2005年11月14日を最後に、人での鳥インフル発病者が出ていないことを報告した。また2006年12月22日から立て続けに鳥インフル疑いで収容された家族4人は、検査の結果陰性であったことも報告した。
 ベトナム内の全ての病院では、スタッフに24時間体制で勤務することを義務づけている。また保健局では、国内の医師達に鳥インフル疑い患者の検出方法と適切な治療方法の講習を行う予定にしている。
HHS Releases New Template for Pandemic Flu Preparedness Exercises  Biosecurity Briefing (University of Pittsburgh Medical Center) HHS(米国保健福祉省)がパンデミックフルー事前準備の訓練用の新しいテンプレートを公表
 当ニュースは2006年12月8日

訳:Yasumitsu OKUBO MD. Ph.D.

 12月5日、合衆国厚生省(HHS)は、州や地域の公衆衛生当局が彼らのパンデミック・インフルエンザに対する図上演習の準備に使用されるテンプレートを公表した。
 このテンプレートはRAND Corporation in 2004「図上演習の先駆的試行と開発」によって開始されたプロジェクトの最終結果であり、パンデミック・インフルエンザに対する州や地域レベルでの準備の見積もりを目的とする。
 テンプレートは地域の状況に適合させうる様に設計されている。先駆的試行が3つの大都市圏で行われ、結果と教訓に基づいて修正された。
 テンプレートが推奨するところでは、当局はおおよそ15-20名を訓練に参加させ、そこには公衆衛生、病院、開業医、危機管理及び立法と行政の代表者を含むとされる。

 テンプレートは「強要される意志決定」の枠組みに基づき、そこでは参加者はシナリオ上の議論点について僅か30分で危機的な判断を下すことを要求される。

 シナリオ上の議論点は5つのキーとなる問題に焦点をあてている。

1:監視と疫学
2:指揮、統制、通信
3:リスク伝達
4:群衆の殺到の受け入れ
5:疾病予防と制御

訓練は3つに区分される。

1:展開している状況: 参加者は新しいインフルエンザ株のヒトーヒト感染感染が生じている状況を提示される。新しい株は東南アジア由来で合衆国に到達したが、散発例の状態で検出された。この部分の目的は参加者に対し「疾病に対する準備を、各々の管轄区域にそれが拡まる前に行う」こと。このセグメントの時間軸は同年の10月から12月半ばまで延びている。

2:その後の拡大: 参加者はインフルエンザが彼らの管轄区域に蔓延したシナリオを提示される。このセグメントの目的は参加者に「コミュニティに於ける疾病の存在を検出し、コミュニティに於ける疾病の影響を軽減し、疾病に対する予防接種を管理、分配し登録する」ことである。この部分の時間軸は12月下旬から翌年2月中旬まで延びている。

Debriefing and Self-Evaluation:
3:爾後報告と自己評価: 訓練の最後の区分では参加者に対して「訓練での経験の反映と、長所と改善を必要とする部分の議論」を行う様に設定されている。 参加者は「3つの最も重要な欠陥と具体的な短気及び長期のプランの概要」を認識しこれらの欠陥に取り組むことを期待される。

                公表されたテンプレート

State to buy 10 million flu shots The Japan Times, Japan 日本:国が鳥インフル用ワクチン1000万人分を買い上げ
 昨日の東京新聞の内容と同じ。
DNA Vaccine For Bird Flu Enters Trials WHIOtv.com, OH  (米国) 鳥インフルに対するDNAワクチンが臨床試験に
 
 訳:Y.Yosimura
  鳥インフルエンザで知られるH5N1ウイルスの流行を阻止するDNAワクチンの臨床試験が実施されている、とニュース・リリースで米国立衛生研究所が発表した。
 ウイルスを弱毒化させたものを注射する多くのワクチンとは異なり、この注射には感染性の物質はまったく含まれない。DNAのほんの一部分は侵入菌に対する抗体を作るために利用される。侵入菌に対する抗体を作る体にするため、ウイルスのDNAのほんの一部を利用する。この臨床試験の責任者であるGary Nabel博士によると、DNAワクチンの技術はHIV、エボラ、  SARS、西ナイル熱に対して有望であることが示しされている。261例のヒトの感染が確認され、半数が死亡したと米国立衛生研究所が発表した。H5N1ウイルスは死亡率が高く、鳥から鳥へに簡単に伝染するが、ヒトからヒトへの感染はあまり見られていない。
NIAID DNA vaccine for H5N1 avian influenza enters human trial  EurekAlert (press release), DC  (米国) H5N1ウイルスに対するDNAワクチンが初の人での臨床試験に米国国立アレルギー・感染症研究所
 昨年12月21日、H5N1鳥インフルに対するDNAワクチンが、最初のボランティアに投与され、人での臨床試験に入った。ワクチンは国立健康研究所(NIH)の一組織である国立アレルギー・感染症研究所で作成された。

 受精卵でウイルスを増殖させ、それを弱毒化、もしくは死滅させたものをワクチンとして用いる従来型のワクチンとは異なり、DNAワクチンはウイルス遺伝子の一部分しか含まず、生体に投与されると、DNAは人の細胞にウイルスのワクチンとして機能する蛋白を産生させる。
 研究者チームは先に、H5N1ウイルスやスペインインフルエンザを引き起こしたH1N1ウイルスを含むインフルエンザウイルスに対して、DNA ワクチンが効果を持つことを確かめている。
 今回用いられたDNAワクチンは、HIV、エボラ、SARS、西ナイル熱等を対象に作成されている実験的ワクチンと基本的に類似している。
1月3日(水)


ワクチン国費で買い上げへ 新型インフルエンザ対策  東京新聞
 厚生労働省は3日までに、新型インフルエンザの発生に備えて国内ワクチンメーカー4社が計1000万人分を目標に製造しているワクチンの原液を国費で買い上げ、備蓄する方針を固めた。2006年度の補正予算案に計45億円を計上した。
 ワクチンは、東南アジアで鳥から人に感染した高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を基に製造。国の新型インフルエンザ対策行動計画は、H5N1型が変異して人に感染しやすい新型インフルエンザが発生した場合に、このワクチンを医療従事者や社会の機能維持に欠かせない人たちに緊急接種することを想定している。
 メーカーは、04年にベトナムで採取されたウイルスと、05年にインドネシアで採取されたウイルスを基に、2種類のワクチン計1000万人分の製造を進めており、2月ごろに完成する見通し。
Bird flu hits 25 communes in Mekong Delta provinces VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) メコンデルタ地域の25コミューンで鳥インフル拡大
 ベトナムのメコンデルタ地域の3省(Ca Mau, Bac Lieu and Hau Giang)の11地区の25コミューンで鳥インフルが拡大していることが、2日に開催された会議で、動物保健局から発表された。これまで24000羽の家きんが殺処分されている。
 同局はベトナム国内どこでも鳥インフルが発生する危険性があると警告し、特に北部の中国国境近くでは、原産地不明の家きんやその産物がいまだ多く流通していることから、最も危険であると指摘している。
Ultimate Flu Vaccine to Give You One Less Excuse for Missing Work izmodo.com, Hungary  (ハンガリー) 究極のインフルエンザワクチン


The Vaccine to Prevent Every Strain of Flu Medgadget.com, CA  (米国) 全てのインフルエンザに効果を持つワクチン

 インフルエンザワクチンの”聖杯(holy grail)”と呼ばれる開発中のワクチンは、鳥インフルや季節性のインフルを含む、全てのA型インフルに対して効果を呈する可能性がある。
 現在のワクチンのように毎年接種する必要性はなく、2回の注射で長期間の免疫が維持される。
 英国ケンブリッジのバイオテク企業のAcambisが、ベルギーの研究者と開発したこの新構想のワクチンは、近々人での臨床試験に入る。
 類似の万能ワクチンがスイスのワクチン製造会社であるサイトス・バイオテクノロジーで開発中で、2007年度中に人での臨床試験が行われ、この5年以内に実用化を目指している。
 重要なことは、これらのワクチンは製造時間が早く、また作成方法が簡易であることである。このことは世界的鳥インフルの大流行に備えて大量に備蓄しておくことが可能なことである。
 サイトスのマーティン・バッハマン氏は、”簡単に備蓄しておける。パンデミック発生の場合、非常に役立つ可能性が高い”、とコメントしている。
 新ワクチンは、巨大な細菌培養液の桶の中(huge vats of bacterial 'soup')で製造される。1リットルから1万回分のワクチンが製造可能とされる。

 現在のインフルエンザワクチンは、ウイルス表面の2種類の蛋白を標的としている。しかしながらウイルスは絶えず変異するので、それと共にこれら蛋白も変化する。ワクチンメーカーが、それら新規株に対するワクチンを(前もって予知して)作成することは不可能となっている。
 開発中の万能ワクチンは、M2と呼ばれる別種の蛋白を標的としていて、それはこの100年間にほとんど変化していない。
 この蛋白はA型インフルエンザ全ての株に存在しており、例えば最近流行している鳥インフルや、1918年に流行して世界中で5000万人近く殺したスペイン・インフルエンザウイルスにも存在している。
 通常、このようなワクチンは少なくとも5年間はかけて人での臨床試験を繰り返さなければならないが、もしその前にパンデミックが起きる場合は、より迅速に製造して使用することが可能である。

 注:当情報は12月30日にオーストラリアの報道で紹介済み。

Is Your Company Prepared for Bird Flu? Boardmember.com, TN  (米国) あなたの会社は鳥フル対策はお済みですすか?
 鳥インフルまたは他のパンデミック・インフルエンザに対する企業での対策。
 半数の米国人が罹患し、最大で190万人死亡。
 (ニュースを読むためには登録の必要)

 ミネソタ大学の感染症研究&対策センターのマイケル・オスターホーム長官は、企業におけるパンデミック対策に積極的に取り組んできているが、企業での対策はいまだ不十分と警告している。多くの企業での行動計画は地域的に限定性された自然災害、やテロリスト攻撃等を対象としているが、パンデミックは世界的混乱が12~18ヶ月は続く。
 企業経営責任者としての役割他。
 危機管理として、自然災害、テロ等とは本質的に異なる。
1月2日(火)

Bird flu raging in Vietnam’s Mekong delta Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナムのメコンデルタで鳥インフルが拡大中
 メコンデルタ地域の3省でこの2日間に家きんにおける鳥インフルがさらに拡大していることが当局から発表された。
Vietnamese family tests negative for bird flu International Herald Tribune, France  (フランス) ベトナムの家族事例、検査で鳥インフル陰性と
Vietnamese family tested negative for bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) ベトナムの家族事例、検査で鳥インフル陰性と
 病的になった鶏を食べた後、鳥インフル様症状を呈して入院していたベトナムの家族4人は、検査で致死的鳥インフルは陰性だったことが2日、保健当局者から発表された。
 ”全ての必要な検査は完全に行われ、彼らは鳥インフルに感染していないことが確認された”、とカマウ省のNam Can病院の医師が語った。
 カマウ省はバクリュウ省、Hau Giang省と共にメコンデルタ地域の省であるが、地域は数千羽の鶏とアヒルが最近の鳥インフル発生以来殺処分されている。
 農業省の担当者達は、国内のいずこでも、渡り鳥や家きん密輸の影響で、鳥インフルの再興の危険性は高いと語っている。

 政府は動物保健当局と警察に家きん輸送、特に中国との国境沿いでの監視を強化するように指示した。

  *当情報は12月31日にホーチミン市のパスツール研究所の研究者から発表されたことが、インドの報道で伝えられていた。
                    ウェブ アニメータ
1月1日(月)

大晦日&元旦のせいか、各通信社からの特記すべき情報はなし。2007年1月1日 10:58:59

 待たれる情報
   ・ベトナムでの疑い患者の検査結果は、他報道のように陰性だったのか?
   ・エジプトで家族3人死亡した背景の状況と、他家族の状況。ある報道では北部で疑い患者が20例出ているとされていたが、それはどうなっている?
   ・中国情報が全く無いが…。

  情報なきは良い情報か??
TOP