高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
        
12月31日


Egypt reports third bird flu death in  France24, France  (フランス) エジプト、この1週間内で3人目の鳥インフル死者を報告
AFP
 エジプト保健省は31日に鳥インフルで女性が死亡し、この1週間内で3人目の死者となったことを発表した。
 36歳のナイルデルタ地域のMenufiaの36歳の女性が29日、高熱と呼吸困難で入院したが、31日死亡したと保健省が国営通信のMENAを通して発表した。
 保健省によると女性は感染した家きんと接触したとされる。

 訳者注:午前中の報道で2人目の死者の発生と、他に2人の発病者がいることが報じられていたが、この3人目の死者はそれら2症例とは別と考えられる。それら2症例は28日に既にWHOから公式発表されていた。
Egyptian woman dies of bird flu, third in a week Reuters (国際) エジプト女性、鳥インフルで死亡、1週間内に3人目の死者
 エジプト人女性が31日取りインフルで死亡し、この1週間で3人目の死者となったことが保健省から発表された。
 保健省の発表によると、ナイルデルタ地域のMenoufia県の26歳女性Firdaus Mohamed Hadadさんが、29日病院へ入院したが、31日朝早くに死亡した。
 エジプトでの鳥インフル発病者数は43人となり、そのうち18人が死亡した。
Some 2600 fowls culled in northern Bangladesh Xinhua, China  (新華社、中国) 北部バングラディシュで2600羽近い鶏が殺処分
 バングラディシュ軍隊は北部のGaibandha地区で、鳥インフルに感染した2600羽近い鶏を殺処分した。首都ダッカから210キロ北西の地域となる。
 数百羽の鶏が数日前から二ヶ所の村で、致死的鳥インフルで死亡し始めたことを、地域の新聞、The Daily Starが報じた。
 情報によると軍隊に同伴した専門家が、死亡原因が鳥インフルであることを確認した。その後、軍隊は2ヶ所の村で感染した2600羽近い鶏を殺処分した。
 2ヶ所の村からの家きんの移動は禁止された。
 バングラディシュでは、昨年初めに首都から30キロ離れたSavarの家きん農場で鳥インフルエンザウイルスが検出されていた。
Bangladesh says bird flu spreads to more farms Reuters AlertNet, UK  (英国) バングラディシュ、農場での鳥インフルさらに拡大
 バングラディシュの家畜局( livestock department)は31日、同国北部で農場における鳥インフルがさらに広がっていることを発表した。
 最新の発生地はGaibandha地区の2ヶ所の村で、首都ダッカから350キロ離れている。
Egypt announces new bird flu death AFP (国際) エジプト、新規鳥インフル死者を報告
 エジプト保健省は30日、25才女性がH5N1鳥インフルで死亡し、この1週間で2人目の死者となったことを発表した。
 Fatma Fathi Mohammedさん、25歳は、ナイルデルタ地域のマンスラ市の病院に高熱と呼吸困難で27日に入院したが、死亡したと保健省報道官が国営MENAを通して発表した。
 報道官の説明によると、女性は感染した鶏に接触した既往があるとされる。
 エジプトで最初にウイルスが見付かったのは2006年2月であるが、それ以来人での発病者数は42人で、死者数は17人となった。
 彼女はこの1週間で2人目の死者となった。Oula Yunes Ali,さん、25歳、は同じように鳥インフルで21日から入院治療を受けていたが、25日に死亡した。
 さらに2人がAli,さんの死後、鳥インフルの診断がついている。
 1人目はDamietta県の50歳女性で24日に入院し、WHOによると現在重体とされる。
 2番目はMenufia 県の22歳女性の鶏の行商人で、26日に入院し濃厚治療の結果回復しつつあるとWHOでは説明している。
Egyptian woman dies of bird flu, 2nd in week Reuters - (国際) エジプトで女性が死亡、1週間で2人目
 30日、エジプトで25歳女性が鳥インフルで死亡した。この1週間足らずの間に2人目の死者発生となった。保健省が発表した。
 ナイルデルタ地域のマンスラ(Mansoura)市の病院で、Fatma Fathi Mohamedさんが、高熱と呼吸困難で病院に入院して、3日間の治療を受けていたが死亡した。国営通信のMENA通信により、政府の発表が伝えられた。
 今回の死亡はエジプトで17人目の死者となり、発病者数としては42番目となった。
 保健省では死亡した女性は、感染した鶏を処理していた疑いがもたれている。.
 先週の26日、もう1人の25歳女性、Ola Younisさんがエジプトが冬期間に入ってから初の鳥インフルニよる死者となった。
 保健省は27日、別の2人が鳥インフルに感染し、治療を受けていると発表している。しかし、今回発表された死者は、この中に入っていない。当局者の1人によると2人はいまだ入院中とされる。
 WHOによると、エジプトでの感染者の発生は驚くべきことではなく、7月以来鳥インフル発生がなく、人々の警戒心が薄らぎ、生きた家きんの処理が以前の様に粗雑になっているせいで、(この冬期間、ウイルスが活発化することから)予想されていたことと説明されている。.
12月30日

China's latest bird flu patient discharged from hospital People's Daily Online, China (中国) 中国、直近の鳥インフル患者が回復して退院に 
 江蘇省の病院から直近の鳥インフル患者が26日退院したと、地域の保健当局が発表した。
 約20日間の治療の後、52歳のリュウさんは完全に回復し、家庭で療養が可能となり退院した。

 H5N1鳥インフルで死亡した若い男性の父親であるリュウさんは、息子の死亡が鳥インフルによるものと確認された後発熱した。医療チームは直ちに治療のために専門病院へ送った。
 リュウさんの息子は、左下葉肺炎と診断されて2日後の11月2日に死亡した。それは中国として17人目の鳥インフル死亡者となった。
 地域では家きんの鳥インフルの発生は無く、またリュウさんが死亡した家きんと接触した既往もない。
 中国の保健省は先に、この2人の間で人人感染は確認されなかったと発表している。この家族メンバー2人における鳥インフル事例は、感染源が不明なままになっている。
12月29日


Myanmar reports bird flu outbreak in chickens near Myanmar-Thai ... Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) ミャンマー、タイ国境近くで鶏における鳥インフル発生
 タイ国境近くの村で鶏にH5N1鳥インフルが発生したことを、国営新聞が、29日報じた。
WHO confirms H5N1 cases in Egypt, Vietnam CIDRAP, MN (米国) WHO、エジプトとベトナムでのH5N1発病者を確認

 パキスタンにに関して、当情報では、カナディアン・プレスからの報道を引用し、WHOの副事務局長のコメントとして、現時点で他の感染疑い者が完全に否定は出来ず、今後、抗体価の推移が明確になってから最終結論が得られる、を紹介している。

More details on Pakistan cases
Meanwhile, a Canadian Press (CP) story published yesterday provided more details about the recent cluster of suspected H5N1 patients in Pakistan, saying that confirmatory testing by the WHO yielded negative findings in several of the cases, along with the single case confirmation announced yesterday.

The agency said yesterday that its reference laboratories had confirmed H5N1 in one man in a cluster of several people who had tested positive in Pakistan. He was one of several brothers who had fallen ill after caring for another brother, a veterinarian who had gotten sick after culling infected poultry. Because the man with the confirmed case had not been involved in culling, the confirmation supported the WHO's previously stated view that limited person-to-person transmission probably occurred in the family.

The CP report, based mainly on an interview with the WHO's Dr. Frederick Hayden, said testing by Pakistan's National Institute of Health had identified nine possible H5N1 cases. The case-patients included five people in one family, a female doctor who had treated the family, and three poultry cullers unrelated to the family. Another brother in the affected family also had a suspicious illness but died without being tested and therefore was not counted as a possible case.

The story said tests by the WHO's collaborating lab in London and by US Navy Medical Research Unit 3 (NAMRU-3) in Cairo found no H5N1 virus in six of the nine people: the doctor, the three poultry cullers, a brother in the affected family who had never been sick, and a cousin who lived near the affected family and had been sick. One of the three cullers tested positive for a human flu virus, H1N1.

Blood test results awaited
But Hayden said other members of the family besides the 25-year-old man probably had the H5N1 virus and that blood serum tests for antibodies to the virus were being done to clarify the situation, according to the story. He said the negative test results might have been caused by deterioration of the patients' samples due to repeated freezing and thawing. The results also might have been affected by the timing of the sample-taking and possible use of antiviral drugs by the patients, he said.

"Until the follow-up serology (blood testing) is done, we can't be strong in saying that H5 has been ruled out in any of these people," Hayden told CP.

The story did not specify the WHO confirmatory test results for the veterinarian or another brother who had been hospitalized with H5N1-like illness but survived.

The WHO said yesterday that all other members of the affected family, other close contacts of the suspected case-patients, and involved healthcare workers remained healthy and had been released from close medical observation.
No sign of bird flu mutation after Pakistani dies: WHO Raw Story, MA  WHO:パキスタンでの鳥インフル死亡者のウイルスは変異の兆候はない
 WHOは28日、人人感染の1事例に関して、いかなるウイルス変異も生じていないと発表した。
 「さらなる拡大する危険性のある変異は起きていないことが示唆される」、とWHOの報道官のジョン・レインフォード氏がAFPに語った。「もしそのような変異が生じたなら、我々はもっと多くの人人感染による発病者を検出するだろう」。
 同氏は現在、分離ウイルスの遺伝子解析が行われているといった。
 検査室診断で、当該男性のH5N1鳥インフル感染が確認されたが、同男性は感染した家きんと接触した既往はない。
WHO confirms first human bird flu case in Pakistan  Reuters (国際) WHO、パキスタンで初の人の鳥インフル発病者を確認 (先の報道を訂正)

 昨日報道の訂正
  ・人人感染による発病-->初の発病者(人人感染とは公式には発表していない)
  ・結果的にロイターの発表した数を訂正。

 発生の概略

 鳥インフル発生は、ペシャワール地域における感染した鶏の殺処分作業後に報告された。作業に従事した獣医師と3人の兄弟が肺炎、または肺炎様症状を呈した。
 兄弟は家庭と入院した病院でお互いに看病しあった(個人的に濃厚接触が生じた)。彼等の1人(家きんの殺処分には加わらなかったが)が、11月23日に死亡したが、死因は不明である。
 11月28日に、やはり家きん処分に関与していなかった、もう1人の兄弟が死亡した。検査がパキスタンと(WHO協力研究機関である)カイロ、およびロンドンで行われ、H5N1鳥インフルウイルスの存在が確認された。

家きん殺処分に加わった獣医師 + 3兄弟 -->肺炎様症状
    4兄弟はお互いに家庭と入院先の病院で看護にあたった。
    11月23日 1人死亡 原因は特定されていない
    11月28日 1人死亡  WHO協力機関でウイルスが検出

    獣医師は回復

 訳者注:
  ロイターやAPの報道は、これまでWHO当局者、パキスタン保健省当局者等のインタビューを通してされてきた。
 今回のロイターの訂正は、WHOの公式発表内容だけに基づいた、報道内容に変更している。
 しかしWHOの公式発表だけでは、単にパキスタンで男性1人がH5N1鳥インフル感染により死亡したという内容だけであり、その周辺の状況や可能性に関しては、既にWHO副事務局長等からコメントされているが、それらに関しては公的情報とはなっていない。
 
 今回のパキスタン事例は、当初、報道機関によって伝えられたが、報道内容はかなり混乱していた。そうした中で、WHO関係者の談話、パキスタン保健省当局者の発表等があったが、そこでは兄弟間での人人感染は、状況から見ても明らかであると推測されていた。
 しかし今回のWHO発表では、ウイルス感染が確認された者1人だけの発表であり、そこに人人感染があったのか、他の兄弟間にあったのか、根拠が得られなかった(ウイルス感染が確認できなかった)故、公式発表内容には著述されていない。
 ウイルス感染が明確に証明された対象者だけが、WHOの公式情報で報告されるとなると、検体採取前に埋葬された発病者、既に回復してしまって、抗体価も低下してしまった発病者(検査でどれだけの抗体力価がチェック可能か分からないが)は報告の中に含まれず、さらに検査機関までの検体の輸送方法と採取してからの時間、採取方法と採取部位等に問題があったため、偽陰性となった発病者も見逃される。。
 今回の事例をどう解釈するのか、WHOの公式情報だけが記録となってしまったら、事実の多くが見捨てられる可能性があるかも知れない。たぶん学術的調査から学術論文として情報公開される可能性があるとは考えられるが。
 今回のWHOの結論は”人人感染は無かった”、と言うことなのか、(それには明確な根拠がないから)発表内容で触れていないのか、不明である。

  何か論説調になりましたが、それは、このページでは良くないことだと認識してます。
12月28日

Bird flu infects Bangladesh farm, chickens culled Reuters  (国際) バングラディシュの農場で鳥インフル発生、鶏が殺処分に
 北部バングラディシュの家きん農場でH5N1鳥インフルウイルスが検出され、2000羽近い鶏が処分された。
 ダッカから420キロ離れたDinajpur 地域で今回の鳥インフルが発生した。
 バングラディシュでは3月に首都周辺で鳥インフルが見つかり、その後北部へ拡大し、当局は27万5千羽の鶏と300万近くの卵を処分してきた。
 約400万のバングラディシュの人々が直接的、間接的に家きん産業に関与しているが、これまで人での感染は報告されていないと、政府では発表している。
Tests confirms 1 positive case in large bird flu cluster; more ... Canada East, Canada  (カナダ) WHO、パキスタンでの大クラスターで1名の陽性者を確認、しかしさらなる検査が必要と
 パキスタンH5N1鳥インフル感染疑いの生じた大家族メンバーの中の1人で、ウイルス感染が確認されたことを、27日WHOが発表した。。国際的研究機関2ヶ所で検査が行われていた。
 この結果は、これまでWHOが推測していた、家族内で限定的人人感染が起きていたが、それは11月末に終了した、というシナリオを裏付けている。
 WHOのフェデリック・ハイデン氏は、家族の他のメンバーから得られた検体は全て陰性であったと語った。しかしそれは、それらメンバーが感染していなかったという証拠と見なすべきではないと説明を加えている。
 「私はこれら家族が感染した可能性はあると考えている」、と同氏は注意を促している。
 陰性結果はいくつかの要因によって生じる。
 ・検査機関まで輸送中に検体が変性する
 ・感染したどの時期で検体が採取されたか
 ・被験者が検体採取前、いつからタミフルを服用していたか

 家族と関連がない他の4人の検査結果では、4人は感染ししていなかったことが示唆されている。3人は家きん処分従業者で、1人は医師である。医師の場合、抗体のチェックを行うことが、完全に除外するためには重要であると、ハイデン氏はコメントした。
WHO confirms Pakistan human-to-human birdflu case Reuters  (国際) WHO、パキスタンの1症例で人人感染による発病を確認

 ロイター

 WHOは27日、クラスター発生のパキスタンの家族の中で、1名が人人感染により発病したこと確認したが、さらなる人への感染拡大の明らかな危険性はないと発表した。
 WHOの発表によると、カイロとロンドンの専門研究機関で、感染した家族の中の1名の採取検体の中にウイルスの存在を確認し、人人感染が生じたことが確認された。
 しかし10月末から12月6日までに、9人が巻き込まれた鳥インフルの集団発生を調査したWHO専門家チームは、人人感染がさらに地域で拡大している事実は得ていない。 医師も含めて患者と濃厚接触した人々の中で症状を呈している人はいなく、全て医学的監視から解かれたことを、WHOは付け加えている。

 今回の鳥インフルの発生は、ペシャワール地区での感染した鶏の殺処分後に起きた。その際業務に携わった一人の獣医とその兄弟3人が、肺炎または肺炎症状を呈した。
 兄弟はお互いに家庭と病院で、濃厚に接触しながら看護にあたった。そして11月23日に1人が死亡したが、彼は家きんの殺処分に従事していなかった。
 彼はWHOにより人人感染により発症した事例と確認された。残りのメンバーは全て回復している。
 「全ての事実は、この家族内での鳥インフル発生は、さらなる拡大の危険性はないことを示唆している」、とWHOの報道官はロイターに語った。
 「しかし現地での監視態勢はすでに強化され、そして警戒は今後も必要である」、と付け加えている。
 今回の事例はパキスタンで初の人人感染事例であるが、インドネシアとタイでも似たような状況で人人感染が確認されている。WHOは閉鎖空間内での濃厚接触下で起きていると表現している。

 WHO発表の原文

Two Egyptians test positive for bird flu Scientific American  (米国) エジプト、2人が鳥インフル検査で陽性に

ロイター

 女性がH5N1鳥インフルで死亡した翌日、さらに2人が検査で陽性となったことが、保健省から27日発表となった。
 「本日DamiettaとMenoufiaで2人が見つかった。検査機関で彼等が鳥インフルに感染していることが確認された」、と保健省の伝染病対策責任者のアムル・カンディール(Amr Kandeel)氏がロイターに語った。
 同氏は、2人は現在病院で治療中であるが。これで同国の発病者数は41人となったと語っている。

 国営通信のMENAによると、Menoufiaの事例は22歳のNora Aboul Abbas Mohamedさんと伝えられたが、2例目の詳細に関しては伝えられていない。
 26日、25歳のOla Younisさんがカイロの南方Beni Suef 州で、鳥インフルで死亡した。同国で16人目の死者となった。
12月27日

Bird flu kills 4-year-old in Vietnam  Toronto Star,  Canada  (カナダ) ベトナムで4歳幼児が鳥インフルで死亡
 下記ロイターと同内容
Bird flu kills young child in Vietnam, hits poultry Reuters AlertNet, UK (英国) ベトナムで幼児が鳥インフルで死亡、さらに南部で家きんの間で拡大
 ベトナム保健省は北部で4歳幼児が鳥インフルで死亡し、同国として5ヶ月ぶりの人感染者の発生となったことを、国営ラジオ放送で27日、発表した。
 一方、政府はウイルスが南部メコンデルタ地域で感染を広げだし、数百羽のアヒルと鶏が今月に入ってから死亡していると発表した。
 国営放送は、幼児が高熱と重症肺炎でハノイの病院で死亡し、検体からH5N1ウイルスが検出されたと、保健省発表として伝えた。
 幼児は発病前に原因不明で死亡した鶏を食べたとされる。
 発生場所は山岳地帯のソンラ省である。
Regular flu vaccine may help against bird flu MSNBC (米国) 通常インフルエンザワクチンが鳥インフルに効果を持つ可能性
 下記ロイター内容

Regular flu vaccine may help against H5N1: study Scientific American (米国) 研究報告:定期的インフルエンザワクチンがH5N1ウイルスに対しても効果がある可能性

ロイター配信

 通常のインフルエンザワクチンが鳥インフルに対してもわずかではあるが効果のある可能性が、イタリアの研究者達によって26日報告された。
 研究者達は、季節性インフルエンザに対するワクチンを受けた42人のボランティアの血液を検査した。
 血液にH5N1ウイルスを加えた処、何人かの血液中にウイルスと反応する抗体が検出された。
 また少数のCD4 T-cellsと呼ばれる免疫細胞がH5N1ウイルスを認識して反応することが確認された。
 以上の事実から研究者達は、通常の季節性インフルエンザワクチン投与により、H5N1ウイルスに対する免疫が高められることが示されたと結論している。

 今回の研究結果で、なぜH5N1鳥インフルが希にしか人に感染しないのか、さらに高齢者の感染者は極めて希であるのか、その理由と考えることが可能かも知れない。そのように研究者達はコメントしている。研究結果は”the journal Emerging Infectious Diseases”に発表されている。

 訳者注:
  本年2月13日に、米国の研究者から類似の報告がなされている。以下、下記参考。

2月13日

Study suggests possible bird flu immunity
 Reuters.uk, UK (英国) 研究:インフルエンザワクチンが、鳥インフルの重症化を抑える可能性が示唆
 米国聖ユダ小児研究病院のチームがマウスを使って、H1N1インフルエンザワクチンを接種したマウスが、その後H5N1ウイルスを接種された場合、死亡率が半分に下がるという結果。
 先にWHOが発表した疫学統計で40歳以上の死亡率が低い説明ともリンクするデータ。
 すなわち40歳以上ではH1N1株に対する抗体を保有していることが、H5N1死亡率を下げている可能性。
 詳細

Indonesian death, colder weather signal new Asia bird-flu season The Standard, Hong Kong  (香港) 低温気候によりアジアにおける新規鳥インフル流行季節の到来、インドネシアで鳥インフル死亡者発生
 24歳のインドネシア女性がH5N1鳥インフルで死亡したことは、地域で(冬期間に入り)新規鳥インフル流行の季節が始まったことから、鳥インフルの人人感染の恐れが高まってきた。
 保健省の鳥インフル情報センターの担当官は、女性はクリスマスの早朝に死亡し、検査の結果陽性であったと報告し、またその感染源については現在の処不明としている。
Egypt reports 16th bird flu death AFP (国際) エジプト、16人目の鳥インフル死者を報告

 AFP配信

 26日、エジプト保健省は女性がH5N1鳥インフルで死亡し、同国で16人目の死者となったと発表した。
 ウラユネ・アリ(Oula Yunes Ali)25歳が、21日に高熱で入院し、25日に死亡したと保健省の報道官が発表し、国営通信のMENAが報道した。
 アリさんは家庭で感染した家きんの近くにいたが、その後呼吸困難と高熱を生じて入院した。家族の感染の有無に関しては検査中である。
 エジプトで初めてウイルスが検出されたのは2006年2月であるが、これまで39人の発病者が報告されている。
 エジプトでは女性と子供がウイルスに感染しているが、理由は同国では家きん飼育は彼等の役割となっているからである。6月に死亡した10歳少女が最新の死亡者だった。

 エジプトは主要な渡り鳥の飛行路となっていて、さらに家きん飼育が住居近くで行われていることが、同国がアジア外で最も鳥インフル発生の多い国となっている理由と考えられている。
 政府によると、家きんへのワクチン接種や飼育方法の改善など、ウイルス拡大を防ぐための強力なキャンペーンを行っているが、感染者の発生は続いている。
 「今回の死者の発生は、エジプトにいまだ鳥インフルウイルスが存在していて、この6ヶ月間、国内で鳥インフル発生の報告が無かったことが、ウイルスが消失していたことを意味していないことを立証している」、と報道官はテレビニュースで語った。
 同氏は国民に、ウイルスが消えたわけではないから継続した警戒が必要であると語り、そして、町中での家きん飼育の禁止と、許可無く州を超えて家きんを輸送することの禁止を伝えた。
 さらに同氏は、感染した家きんと接触したことを否定する発病者の存在が、ウイルスの検出と患者の早期治療を困難にしていて、それが人々の死につながっている、と警告している。
12月26日


German chicken test positive for H5N1 flu strain Reuters AlertNet, UK (英国) ドイツで鶏のH5N1鳥インフルが再び検出
 ドイツ北東部のブランデンブルグ州で、鶏から致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された。この10日間で同州において3件目の発生となった。
Vietnamese child dies suspectedly from bird flu People's Daily Online, China  (中国) ベトナムで幼児が鳥インフルで死亡した疑い
 新華社配信

 北部ベトナムのソンラ省の4歳の幼児が、最近鳥インフル様症状を呈して死亡したと、26日、地域の新聞Laborが報じた。
 モクチャウ(Moc Chau)地域に住んでいた幼児が、ハノイの国立病院小児科で、高熱と重症肺炎で治療受けたが死亡した。保健省代表の発表として同紙が伝えた。
 幼児は鳥インフル様症状を呈する前に死んだ鶏を食べたと伝えられる。幼児から採取された検体がH5N1ウイルスに関して調べられている。
Bird flu claims 94th victim in Indonesia CNN International  (国際) インドネシアで94人目の鳥インフル死者発生
 AP通信の内容

Indonesian woman dies from bird flu Reuters (国際) インドネシア女性、鳥インフルで死亡

ロイター

 インドネシア女性がクリスマスに鳥インフルで死亡したことが保健省の鳥インフルセンターから26日発表された。同国で94人目の死者となった。女性は市場で購入した生きた鶏から感染したと考えられている。
 ジャカルタの24歳女性が病院で数日間治療を受けていたが、25日朝に死亡し、検査で鳥インフル陽性であった。
 女性は生きた鶏を市場で購入したが、鶏は家庭に持ち帰られる前にその場で”と殺”された。感染原因についてはさらに調査中とされる。
Bird flu claims 94th victim in Indonesia International Herald Tribune, France (フランス) インドネシアで94人目の鳥インフル死者が発生

AP通信

 インドネシア首都近くに住む24歳女性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が94人となったことが保健省から発表された。
 ジャカルタの西部にあるセンカラン( Cengkarang)に住む女性が6日間入院していた。女性が25日朝に死亡し、2ヵ所の検査所で鳥インフルに感染していたことが確認されたと、保健省の担当官が語った。
 女性の感染源については調査中とされる。
Vietnam suspects bird flu killed young child Reuters UK, UK  (英国) ベトナムで幼児が死亡した疑い

ロイター

 ベトナム北部で4歳の幼児が鳥インフルで死亡した疑いを医師団が抱いていることを、ベトナム国営放送が26日報道した。
 保健省の当局者が25日政府の記者会見で、原因不明で死亡した鶏を食べた後、子供が高熱と重症肺炎を発症したと発表した。場所は山岳部のソンラ省である。
 報道によると子供はハノイの病院で死亡したが、性別など詳細は不明である。保健省によると、医師団がH5N1鳥インフルによるものかどうか検査中とされる。
 ベトナムでは10月に家きんの間で鳥インフルが発生したのが最後であったが、ソンラ省は政府の監視地域に含まれていなかった。
 本年、ベトナムでは7人が鳥インフルに感染し、4人が死亡している。
 保健当局では、冬期間に入り北部で家きんの間で鳥インフルが流行することを懸念している。
Indonesian woman dies from bird flu People's Daily Online, China  (中国) インドネシア女性、鳥インフルで死亡
 西ジャワの24歳女性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が94人になったと、インドネシア保健省が25日発表した。
 女性は首都のセンカレン(Cengkareng)病院で25日朝に死亡し、2ヵ所の検査所での検査結果がH5N1ウイルス感染が確認されたと、保健省長官のニオマン・カンドゥン氏が語った。
 女性が家きんと接触したか否かについては現在の処不明である。
 女性は12月14日に発病し、6日後から治療が始められた。
Third bird flu outbreak found in Germany Bangkok Post, Thailand (タイ) ドイツで家きんの鳥インフル3事例目が報告
Third case of bird flu detected in 10 days in Germany Earthtimes, UK  (英国) ドイツ、この10日間で3ヶ所目の鳥インフル発生
 ブランデンブルグ州の小さな農場で致死的ウイルスが検出され、同国としてこの10日間に3ヶ所目のH5N1鳥インフル発生となった。46羽の鶏が殺処分された。当局が25日に発表した。
 同州はベルリンを取り囲んでいるが、ウイルスが当該農場の鶏15羽で見つかった。
Russian farm struck with bird flu culls 600000 CTV.ca, Canada  (カナダ) ロシアの農場で鳥インフル発生、60万羽が殺処分
 ロシアの関係当局は、南部ロシアでH5N1鳥インフルが農場で発生し、50万羽以上の家きんが殺処分されたと発表した。
 発表によると、Rostov-on-Don地区のGulyai-Borisovskaya農場でウイルス拡大防止措置として、60万羽以上の鶏が殺処分された。
 ロシア緊急事態省の報道官によると、ウイルスはTselinsky地区の家きんへも広がりを見せていると言う。
 本年9月に、当局は隣のKrasnodar地区の家きん農場でH5N1鳥インフルが発生したことを報告したが、本年初めにはウイルスはロシア中の数カ所で確認されていた。
 最初にロシアでH5N1鳥インフルが報告されたのは、2005年にシベリアにおいてであるが、その後人での感染者の報告はない。
12月25日

Bird flu samples sent to WHO The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、鳥インフル検体をWHOへ発送
 パキスタンの保健省は、人人感染の原因についてさらに分析するためにウイルス検体をジュネーブのWHO本部へ送った。
 最近発生したH5N1鳥インフルで死亡した人々が、人人感染によるものかどうかを科学者達は心配している。もし人人感染が生じたならウイルスの変異を意味している可能性がある。
 科学者達の警告により、WHOチームがアボッタバトとマンセーラで集めたウイルス検体を、パキスタン保健省はジュネーブへ送った。
 保健省は24日、同国初の死亡例において、人人感染があったのか否か、いまだ調査中であると発表している。

 訳者注:WHOチームが同国でパキスタン保健省に協力して収集したウイルス検体を、パキスタン政府が正式にWHOへ調査依頼のために送ったという、公式事務手続きを意味している。ウイルス自体の分析はこれKら行われると想定。
China reports good progress in human bird flu vaccine Brisbane Times, Australia  (オーストラリア) 中国、人用鳥インフルワクチンの開発が順調と報告
China reports good progress in human bird flu vaccine  AFP (国際) 中国、人用鳥インフル開発が順調と報告
 中国は致死的H5N1鳥インフルに対する人用ワクチンの開発で、臨床検査の第二相で安全性と効果を確認したと、国営通信が発表した。
 訳者注:臨床試験は第二相で安全性と効果の確認、第三相で、より多くの臨床例を対象に試験を行い、副作用の程度と種類及び効果を確認し、その後一般的に臨床に用いられる。
 年齢層18歳から60歳までの被験者を対象に試験が9月~11月に行われた。
12月24日


Pakistan still probing human transmission in bird flu: ministry  AFP  (国際) パキスタン、鳥インフルの人人感染をさらに検証:パキスタン保健省
 パキスタン保健省は、同国初の鳥インフルによる死亡者における人人感染の有無を、さらに検証すると発表した。
 WHOによる初期の検査では、人人感染が否定されたが、パキスタン政府は検体をジュネーブの本部に、さらなる確認のために送った、と保健省の報道官はAFPに語った。
Sinovac Biotech finishes phase II clinical test of human vaccine ... Trading Markets (press release), CA  (米国) シノバク・バイオテク、人用鳥インフルワクチンの第二相臨床試験を終了
 中国の代表的バイオテク企業のシノバク・バイオテクが、人用H5N1鳥インフルワクチンの第二相臨床試験を、政府管轄の中国疾病管理センター(CDC)の協力のもとに終了した。
 ワクチンの安全性と効果が確かめられた。
China's bird flu vaccine for humans 'safe and effective' Earthtimes, UK  (英国) 中国開発の人用鳥インフルワクチンの安全性と効果が確認
 中国政府は24日、開発中の人用鳥インフルワクチンの安全性と効果が確認され、第二相臨床試験が成功したと発表した。
 ワクチンは世界で最初のSARSワクチンを開発した北京に基盤を置くシノバク・バイオテク(Sinovac Biotech)と、中国疾病管理センター(CDC)が共同開発した。
 臨床試験は18歳から60歳までの被験者402人を対象として9月から11月の間に行われた。
 試験結果は国際基準を満たし、重篤な副作用もなく、また効果も十分認められたとされる。
12月23日

No new bird flu infections in Pakistan: WHO CTV.ca, Canada  (カナダ) WHO発表:パキスタンで新規感染者の発生は無し
 昨日のAP通信に基づく内容。
 この2週間、新たな感染者は出ていないので、拡大している可能性はないと。
New bird flu outbreak reported in Poland TREND Information, Azerbaijan (アゼルバイジャン) ポーランドで新規鳥インフルが発生
 ポーランド北部で、同国としては8番目になる新規H5N1鳥インフルが確認された。場所は今月初めに致死的ウイルスが見付かった地域である。
 鳥インフルが見つかったSadlowo Parcele村では19万羽の産卵用の鶏を飼育している。
 ポーランドでは今月初めに中央部で3七面鳥農場で見つかっている。
Jordan on alert for bird flu United Press International (国際) ヨルダン、鳥インフル警報
 ヨルダンは、隣国のサウジアラビアから鳥インフルが拡大してくる可能性が高いことから、対策を強化している。
 同国は鳥インフル危険度を最大に引き上げ、家きん農場と市場の視察を再開始した。
 非加工家畜肉のサウジアラビアからの輸入禁止措置もされた。
12月22日

6 Indonesian family members test negative for bird flu Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 6人の家族メンバー、全員検査で鳥インフルが否定される

Indonesia rules out bird flu cluster Kalgoorlie Golden Mail, Australia  (オーストラリア) インドネシア、鳥インフルクラスター疑い事例、全員検査で陰性と
 ロイター配信
 インドネシア保健省は、鳥インフル様症状で入院した家族メンバーの6人全員が検査で陰性だったと発表した。
Indonesia clears four of bird flu in cluster probe Reuters  (国際) インドネシア、鳥インフルクラスター疑い事例で4人は陰性と
 インドネシア当局は、鳥インフル症状で入院した6人の家族の検査で、現在の処、4人は検査で陰性であると発表した。
 6人はジャカルタから数時間のバンテン州の小さな村に住んでいて、庭で放し飼いのアヒル十数羽が突然死亡した後、高熱を呈し病院に入院した。
 二ヶ所の検査所での検査結果で6人中4人がH5N1ウイルスが陰性であった。残りの2人の検査結果はいまだ出ていないが、いずれにしても鳥インフルのクラスター発生の可能性は低い、と保健省の高官が電話取材で語った。
WHO: limited human-to-human bird flu transmission possible in Pakistan The Canadian Press  (カナダ) WHO:パキスタンで限定的な人人感染が生じた可能性
 パキスタンで鳥インフルの限定的人人感染が起きた可能性があるが、この2週間、新規患者がでていなく、それ故、さらなる拡大の心配はないと、WHOの高官がコメントした。
 下方、オーストリアの報道によるAP通信情報と同じ。WHOのハイマン副事務局長談話。
5 Indonesians suspected of bird flu infection 英文中國郵報, Taiwan (台湾) インドネシア、5人が鳥インフル発病疑い
 インドネシアの西ジャワ州で家族メンバーの5人が鳥インフルを発病した疑いがあることを国営通信のAntaraが21日に報じた。
 Fathurahmanさんが、彼の3人の子供達、すなわち8歳、10歳、および16歳、が高熱と咳、および呼吸困難を、地域の家きんが鳥インフルを発生した後に呈したと語っている。
 「我が家の十数羽の鶏とアヒルが突然死んだ。獣医局で検査したが、鳥インフルウイルスが陽性だった」、とFathurahmanさんはAntaraに語った。
WHO says mass bird flu vaccinations not The Age, Australia (オーストラリア) WHO、今、H5N1ウイルスに対するパンデミック対策としてのワクチン接種の必要性はないと
 WHOは21日、H5N1鳥インフルウイルスに対する大量のワクチン接種の必要性は無いと発表し、その理由はH5N1鳥インフルウイルスがパンデミックを起こすと立証されていないことを上げた。
 「パンデミックを防止するために、現在、広くH5N1ウイルスに対するワクチン接種をするべきだと言う根拠はない。どのウイルスがパンデミックを起こすのか明確ではないからだ」。そのようにWHOの副事務局長であるデービット・ハイマン氏が記者会見で語った。
 H5N1鳥インフルウイルスは2003年以来世界で340人を発病させ、209人を死亡させている。しかしパンデミックの原因となりえるウイルスはH5N1だけではなく、H7やH9亜系株も同じように警戒すべき株である。
 
 ハイマン氏は、各国は、広くワクチン接種を行うことは、最初の予防策の一環として考えるべきで、それは国民に対する保険加入計画のようなものである、とコメントしている。
 しかし、同氏は1976年に米国で起きた”ブタインフルエンザワクチン”接種による、多数の副作用の発生を引き合いに出した(ブラインフルエンザが人に大流行し、パンデミックになるという予想のもとにワクチンが作成され、接種が始まった。その結果多数の人々に副作用が発生し、途中で中止となった)。
 「そういうこともあるから、各国は、副作用が生じる可能性を超えて、弱くても免疫を人々に植え付ける方が重要なのかどうか、判断しなければならない」
No new bird flu infections in humans reported GulfNews, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) (パキスタン、)新規鳥インフル感染者の発生は報告されていない
 下記AP通信
WHO: limited human-to-human bird flu transmission possible in ... PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) WHO:パキスタンでの限定的人人感染が起きた可能性を肯定
AP通信

 パキスタンで鳥インフルの限定的人人感染が生じた可能性が高いが、この2週間新規発病者がでていないため、さらなる拡大の心配はないと、WHOの高官が語った。
 WHOの専門家チームはパキスタンにおける初期の患者調査を終えた。(数人の家族メンバーを含む9人の患者である)。
 専門家チームはジュネーブに戻り、どのようにウイルスが広がったのかを資料から分析すると考えられるが、最近感染者が発生した兆候はないことは確認されている。デービット・ハイマン副事務局長が電話取材でAP通信に答えた。
 「専門家チームは、初期の調査で、人人感染の短い連鎖はあったと感じているが、それがさらに拡大してゆくことはないと感じているようだ。そのように自分は考えている」、そのようにハイマン氏は語り、WHOの警報が発令される理由はないことが強調された(パンデミック危険度をフェーズ3から4に引き上げる理由はない:訳者)。
 ハイマン氏によると最後の患者報告は12月6日である。パキスタン保健当局は検体の初期検査でH5N1ウイルス陽性の結果を得ている。しかしWHOは検体をWHO協力研究所に送って検査中である。
鳥インフル、人への感染確認・パキスタン、ミャンマー  日本経済新聞
 アジアで毒性の強い鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに人間が感染する例が再び広がりつつある。世界保健機関(WHO)は今月に入ってパキスタン、ミャンマーで初めての感染例を確認。特にパキスタンでは人から人に感染した疑いがあるとして警戒を強めている。
 パキスタンでは北部ペシャワルで8人に感染の疑いがあり、うち2人が死亡。その後H5N1ウイルスを検出した。ウイルスに感染した鳥に直接接触した人以外にも感染者が出たことからWHOは「極めて限定的な例だが、人から人に感染した可能性がある」(デビッド・ヘイマン事務局長補)とみている。
 インドネシア、タイでも人から人に感染したとみられる例があり、パキスタンは3例目。ただ、その後は感染が広がっておらず、人から人へ感染する新型ウイルスの発生は確認されていない。
Pakistan H5N1 situation stable as Indonesia reports possible cluster CIDRAP, MN (米国) パキスタンのH5N1鳥インフル発生状況は沈静化、一方インドネシアはクラスター発生の可能性を報告
 WHOは22日、パキスタンで発生した最近のクラスターでさらなるH5N1鳥インフル患者の発生は認められていないと発表し、一方、インドネシアの家族で少なくともH5N1鳥インフルを5人が発症した疑いがもたれている。

 ジュネーブのWHO本部では先週クラスターが見つかった北部パキスタンのアボッタバードで新規患者は見つかっていないと発表した。クラスターを構成する8感染者に関しては、国際研究機関からの検査報告がいまだ出ていないとされる。以上はWHOがCIDRAP Newsに語った内容である。

 一方、インドネシア西ジャワ州の家族の5メンバーがH5N1鳥インフル発症の疑いで入院したと、インドネシア国営通信のAntaraが伝えた。
 Fathurahmanと名乗る男性がAntaraに、彼の3人の子供、8歳、10歳、16歳が、高熱と咳、および呼吸困難を周辺で家きんのH5N1鳥インフルが発生後に呈したと語っている。
 これら3人の子供達と他の遠縁の兄弟(17歳と30歳)が、今週初めにジャカルタから80キロ西にあるセランの町の病院に入院したが、21日にジャカルタの鳥インフル専門病院であるペルサハバタン病院へ転送された。
12月21日


WHO: Human-to-human transmission unclear in Chinese bird flu case  Earthtimes, UK  (英国) WHO:中国の父息子発病事例での人人感染に関しては不明
 WHOは21日、52歳男性の鳥インフル事例に関して、人人感染があったかどうか結論を出すことは不可能であると発表し、もしあったとしても発病者(息子)との間に極めて密接な接触があったことによると考えられると、副事務局長のデービット・ハイマン氏が語った。
WHO suspects limited human H5N1 spread in Pakistan Reuters AlertNet, UK  (英国) WHO、パキスタンでの鳥インフルクラスター発生、限定的人人感染を疑う
 WHOはパキスタンで限定的な人人感染があったと疑っているが、国際的機関による検査結果はいまだ保留となっている。21日WHO高官が語った。
 WHOの副事務局長であるデイビット・ハイマン氏は、12月6日以降新規疑い例の発生がなく、さらなる感染拡大はないことが示されていると、語った。
Five Indonesians hospitalized for bird flu China Daily, China  (中国) インドネシアで5人が鳥インフルで入院
 2人の小児を含む5人の人々が21日、ジャカルタの鳥インフル専門病院へ入院した。
 インドネシアの鳥インフル発病者が合計119人に増加した可能性がある。
 5人はバンテン省のセラン町の小さな病院からジャカルタのペルサハバタン病院へ、典型的鳥インフル症状、すなわち高熱、呼吸困難、重症の咳が出現したため、運ばれた。
New bird flu case reported in Germany  Independent Online(南ア) ドイツで鳥インフルエンザの新規症例が報告
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 ドイツで新たな鳥インフルエンザ発生がみつかった。州の検査所がH5N1ウイルスの存在を確認したと、動物衛生当局筋が20日に語った。
 感染した鳥はベルリンの西85キロのベンスドルフ村の民間の鶏舎にいたものだと、ブランデンブルグ州の獣医であるハンス・ゲオルグ・ハーティッグ氏は述べている。30羽のニワトリは全て即座に殺処分され除去されている。
 同氏によれば、科学者は今回のものは他に関係しない孤立した発生に過ぎないと考えているという。
 今回の件は連邦検査施設が確認して初めて、公式なものとして宣言される。ブランデンブルグ州のスポークスマンは、今のところは公式には「疑い例」と考えられているとしている。
 1週間前には、鳥インフルエンザ・ウイルスがベルリンの北75キロのアルトグロブソウの鶏舎の11羽から見つかっている。
Hospitals taking measures to tackle bird flu threat  The News -International, Pakistan  (パキスタン) 病院、鳥インフル対策を強化
Safer culling urged after bird flu outbreak The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、鳥インフル発生により、安全な家きんの”ト殺”を指示
New outbreak of bird flu hits south Russia  RIA Novosti, Russia - (ロシア) 南ロシアで新規鳥インフル発生
 20日、南部ロシアで3番目のH5N1鳥インフルが発生したことが地域獣医事務局から発表された。
 新規発生場所は、ロストフ地区のShosseiny村で、11月に最初に発生した家きん農場から10キロ離れた場所である。
 「37羽の死んだ家きんが満ち買った。50羽全ての家きんが殺処分された」。
 11月29日にロストフ地区のGulyai-Borisovskaya農場でH5N1鳥インフルが発生し、50万羽の鶏が全て殺処分されている。
12月20日

Pakistan urges safer culling after bird flu outbreak Reuters AlertNet, UK (英国) パキスタン、鳥インフル発生により、家きんの安全な”ト殺”を呼びかける
 パキスタン政府は各州当局に、家きんの殺処分の方法に起因した鳥インフル発生を阻止するために、健康ガイドライン(health guidelines )に従うように伝えている。また保健省はラジオやパンフレットにより、南アジアで初めての人での鳥インフル感染者を出したノースウエスト・フロンティア州の村と農場に、鳥インフル予防に関するメッセージを伝えている。
WHO warns Pakistanis to be mindful of bird flu amid country's ... PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria (オーストリア) WHO、パキスタン初の鳥インフル感染者発生により、同国民に鳥インフルに対する注意を呼びかける
 下記と同内容
WHO warns Pakistanis to be mindful of bird flu amid country's ...  International Herald Tribune, France  (フランス) WHO、パキスタン初の鳥インフル感染者発生により、同国民に鳥インフルに対する注意を呼びかける
 WHOは20日、パキスタンの人々に対し、家きんからの鳥インフル感染に注意するように警告した。また専門家チームは発生事例の調査を行っている。
 WHOチームは今週初めに現地に着いたが、新規事例は見つかっていない。しかしWHOのパキスタン代表は、インフルエンザ様症状を呈する人々に対して、H5N1鳥インフル感染の可能性もあることから、厳重なモニターを行っていると語った。
 パキスタン保健省は、今月初めと先月に9人の鳥インフル発症疑い者を発見している。その中には数人の兄弟例も含まれている。
 WHO専門家チームは、どのように感染したのか、また人人感染が生じたのかを、パキスタン当局者と共に調査中である。パキスタンでは、人での感染例が報告される以前から、家きんでの鳥インフル発生が報告されていた。
Ducks die en mass in southern Vietnam  Xinhua(中国) ベトナム南部でアヒルが大量死
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ベトナム南部のティエン・ギアン省で多数のアヒルが最近、原因不明の死を遂げた。一方、南部のトラ・ヴィン省では鳥インフルエンザが流行している。
 ゴ・コン・テイ地区の3つの家庭で育てられている、ワクチン未接種の2200羽以上のアヒルの群れの中には、頭の腫れ、眠気や麻痺といった症状を示し死亡したものがいると、現地紙のベトナム・アグリカルチャーが20日に報じている。
 死んだ家禽からの検体は鳥インフルエンザ・ウイルスの検査を実施中である。現地の動物衛生機関は、感染した家禽を殺処分した。
 ベトナムの鳥インフルエンザの流行は2003年12月から始り、同国の数千万羽の家禽を死亡させたり殺処分に追いやったと、ベトナム農業・地方開発省はしている。
12月19日


Pakistan says no threat of bird flu pandemic Reuters  (国際) パキスタン、鳥インフルのパンデミック発生の恐れは無いと
 パキスタン当局は19日、鳥インフルのパンデミックの発生の恐れは無いと発表した。最終的に患者が発生したのは11月23日で、それ以降は発生していないのが理由となっている。またWHOは現在鳥インフル死者が報告された同国の北西地域を調査中である。結果については一両日中に発表される予定である。
WHO probes Pakistan's first bird flu death National Post, Canada  WHO、パキスタンの初の人感染事例を調査に

People urged to take steps against H5N1 The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、H5N1鳥インフルに警戒態勢を呼びかける
  Khyber 医学大学のディレクターは、H5N1鳥インフルウイルスが非常に感染性を高めていて、容易に人から人へ感染するので、社会は十分警戒する必要があると発表した。
Mixed scenario seen behind Pakistan birdflu spread San Diego Union Tribune, United States (米国) パキスタンにおけるクラスターには、鳥人および人人感染が混在していた可能性
 下記と同内容
INTERVIEW-Mixed scenario seen behind Pakistan birdflu spread Reuters  (国際) インタビュー:パキスタンにおけるクラスターには、鳥人および人人感染が混在していた可能性

ロイター配信

 パキスタンにおける8人の鳥インフル発病クラスターは、家きんからの感染と、限定された人人感染であった可能性があることが、WHOの専門家チームの責任者が18日語った。

 WHOの世界インフルエンザ対策調整官であるケイジ・フクダ氏は、確認はされていないと前置きした上で、いくつかの人人感染は、これまでタイやインドネシア等で見られたような、家族内で介護のために濃厚接触したために感染が起きたように思える、と語った。
 同氏はまた、現在直ちに警告を発するような原因はなく、またWHOはパンデミック危険レベルを引き上げないだろう、と語った。さらに現在地域で患者の大増加が見られていないことは極めて安心できる状況に思える、と付け加えている。
 「現在、純粋な人人感染が起きたようには思えない。最初に発症した獣医と他の疑い例の多くは家きんに接触したように思える」、フクダ氏は語った。
 「極めて確定的に思えることは、鳥から人に感染した患者と、家族内で人人感染で発病した患者が混在しているということだ。その根拠はまだ明確にされてはいないが」
 しかし、人人感染の発生は特に驚くべきことではないだろうし、それは前例のないことでもない、とも同氏は付け加えている。
 
 10月以来、8人がパキスタンの北西辺境州(North West Frontier Province)で検査でH5N1鳥インフル陽性となっていた。そして1人は死亡している。死亡した男性の兄弟も同様に死亡したが、検査を受けていなかったため、8人の感染者には加えられていない。
 H5N1鳥インフルは主として動物の感染症であるが、専門家はウイルスが変異して容易に人の間で感染するようになり、世界で数百万人死亡する可能性のあるパンデミックを引き起こすことを恐れている。タイでは2004年、発病後死亡した娘の看病を続けた母親が感染して死亡している。もっとも大きな人の間での鳥インフル発生事例(クラスター)は、2006年5月にインドネシアの北スマトラ州で起きた。その際には同居する親族7人が発病して死亡している。

 カイロのWHO地域事務所のハッサン・エルブシュラ(Hassan El-Bushra)氏を責任者とした3人のWHO専門家チームがパキスタンで、発生の調査分析に加わっている。
 最初の発病者は、現在回復しているが、感染家きんの殺処分に従事していた獣医であるが、彼を看病した2人の兄弟は死亡したと、フクダ氏は説明している。
  「このような患者との濃厚接触は、時々人人感染の原因となることは、我々は経験している」。このように同氏は説明する。
 「現在、調査が進められており、現場から情報が入ってきているが、得られている情報からはWHOのパンデミック危険度を引き上げる理由は見つかっていない」、と彼は付け加えている。
 WHOはパンデミック危険度を6フェーズ(段階)で表現していて、現在の危険度はフェーズ3となっている。すなわち新しいインフルエンザウイルスが出現していて、極希に人に感染するが、それほど効率的に感染する能力は保持していない状況である。
 「公衆衛生的観点から言えば、我々は簡単な接触で感染が生じ、そして地域における流行につながるような人人感染の発生を警戒し、その発生を探している」、とフクダ氏は説明を加えている。
 カイロの米海軍医学研究施設NAMRU-3からのチームが19日パキスタンに入り、疑い例からの検体をさらに分析する予定とされる。

 
12月18日

Indonesia investigating suspicious bird flu cases: official AFP (AFP、国際) インドネシア、鳥インフル感染源不明患者の調査へ
 インドネシアの鳥インフル対策担当者は、最近発生した中の発病者が感染家きんと接触していないと考えられる事例の、感染源の調査を開始すると発表した。
 {この3,4ヶ月の間我々は感染者の周辺で家きんの鳥インフルが発生していなかった4事例を経験している」、とインドネシア鳥インフル委員会の責任者であるバユ・クリスナムルティ氏が語った。
 「もっと明確に説明できるように調査するだけの事例数だ」。
 明確に家きんとの接触が認められていなかった事例は、2006年に20%であったが、今年(2007年)には30%に増加していると、同氏は説明している。
Poland confirms new case of bird flu Independent Online(南ア) ポーランドが新たな鳥インフルエンザ流行を認める
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 ポーランドにある私有の養鶏場の5羽のニワトリが、高病原性のH5N1鳥インフルエンザに感染したことが判明した。これは同国で最新の鳥インフルエンザ流行事例であると国営通信社のPAPが17日に伝えている。
 緊急対処で、北部のオルスズリン市付近の現場の周辺には安全防護圏が設けられ、特殊な除染マットが地域の道路に敷かれている。
 「同村の全ての家禽を殺処分する決定がなされるかどうかを述べるのは早すぎます」という、オルスズリンの動物衛生当局スポークスマンであるアダム・ウォジュタスゼック氏の言葉を同通信社は伝えている。
 「現在、全行動の焦点を鳥インフルエンザの拡大防止に当てています」と、同氏は付け加えている。
 今回のものは12月初め以降でポーランドで確認されたH5N1鳥インフルエンザの7番目の事例である。最初の事例はワルシャワの北西80kmのポーランド中部の七面鳥飼育場で検出された。
 EU最大の家禽生産国の一つであるポーランドは、23万トンの家禽を欧州市場に昨年輸出している。
Health Officials Urge More Attention to Bird Flu Enews 2.0, UK - (英国) WHO、鳥インフルにさらなる警戒を呼びかける
WHO urges vigilance as bird flu spreads Westfall Weekly News, Canada - (カナダ)
 昨日のFOX Newsと同内容。

Large bird flu cluster emerges  Nature.com (subscription), UK  (ネイチュア、英国) 人に於ける鳥インフル集団発生
 
パキスタンでの発生クラスター分析で人人感染の様式のヒントが得られるかも知れない
 
 Natureによるまとめ:現時点では一番正確で詳しいと考えられる:訳者
 WHOからの専門家チームがパキスタンの北部へ向かっている。アフガン国境近くに住む住民の中から少なくとも8人の鳥インフル感染者が小集団の様式で出たため、その感染様式等の調査のためである。
 彼等の調査目的は、感染が拡大し続けているのか、そして感染は人人感染によるものかという2点に絞られている。

 鳥インフルの人感染は世界中で発生し続けている。その最も発生数の多いのはインドネシアである。寒冷の季節である冬期間に入り、北半球ではインフルエンザが最も流行すると考えられている。
 しかし、この最新発生の事例は密接に関連した多数の人々の間で発生していることから心配がもたれている。2008年5月にインドネシアで8人のクラスターが確認されて以来のことである。
 「これまで我々は従来から発生しているH5N1鳥インフル(人での)と、そんなに大きな違いは見いだしていない」、とWHOの広報官グレゴリー・ハートル氏が語っている。同氏の情報はパキスタン当局からのものだ。
 パキスタンの事例は11月中旬ないし、もっと早くに発生し始めた。最初に5人の家族メンバーが、イスラマバードの北方アボッタバードで発症した。兄弟のうち2人は死亡したが、1人はH5N1鳥インフルの検査を受ける前に埋葬された。
 12月に同じ町に住む男性と彼の姪が、H5N1鳥インフルに感染していることが判明した。彼等は最初の家族が感染した農場で働いていたと考えられている。さらに、同地域から少し離れた近くの町に住む、もう一人の男性もH5N1鳥インフルに感染していることが確認された。またさらにもう1人が、検査はされていないが感染の疑いがもたれている。この例を加えると、今回の事例は9人からなるクラスターの可能性がある。
 この2年間、パキスタンでは、家きんにおける鳥インフルが繰り返し起きてきている。



感染源の追跡

 WHOチームは患者と接触した人々を追跡調査し、検査し、そして治療する予定だ。地域の患者発生モニタリングは最も重要で、ウイルスがより毒性を増してきているのか、拡大能力を増しているのかを知る基本となる。
 一方、パキスタン保健当局は、病院の過去数ヶ月に亘る患者記録を詳細に調べ、回顧的に呼吸器疾患数の増加が起きていないのか調査する。
 WHOのハートル氏にると、人人感染が起きた可能性を否定できないと言う。それは過去に数回、限定された状況(主に易感染性を有する家系内:訳者)で発生している。
 患者と接触した40人の検査では、これまで全て陰性であった。分離ウイルスの遺伝子分析で、感染様式および重要な変異が生じたか否か分かるかも知れない。

初期の警戒

 パキスタンのクラスター分析は、H5N1鳥インフルのパンデミックが生じた際の、ウイルス封じ込めに対して直面する様々な障害の解決に繋がる可能性がある。封じ込め戦略には初期の患者診断が求められる。それにより抗ウイルス剤の感染地域全体の人々への投与により、拡大が抑制出来なくなる前に、パンデミックの発生を防ぐことが出来ると考えられる。コンピューターモデルでは、WHOには発生診断まで3週間の余裕しかないとされる。(その間数十人レベルまで感染は広がるが、その後の対策でパンデミックは防ぎきれる。しかしアジアの片田舎での話と大都会では異なる:訳者)。
 しかし、最初の患者が11月中旬に発生したにも関わらず、パキスタン政府はWHOに公式に12月12日に伝えた。最初にメディアがニュースとして報道した翌日である。WHOは発生事例を12月15日に世界に公表した。
 先週金曜日(14日)、WHOは同じようにミャンマーで初の鳥インフル発病者となった7歳少女が11月下旬に入院し、回復したことを確認した。(調査に入った)WHOチームはこれまで患者周辺から感染者が発生しる兆候を見いだしていない。

12月17日

WHO to investigate bird flu cases in Pakistan, Myanmar Media For Freedom, Nepal  (ネパール) WHO、パキスタンとミャンマーの鳥インフル発症者の調査に
 中国、新華社配信
WHO Warns Countries to Be on Alert for New Bird Flu Infections FOX News (米国) WHO、新規鳥インフル発生に対する警戒態勢を各国に呼びかける
 WHOは17日、各国は鳥インフル発生に警戒するべきだと警告した。ウイルスが再び活発化してきたことが理由であり、パキスタンで新規感染が報告され、ミャンマーでは初の人での発症が報告されている。
 「公衆衛生的対策の基本はサーベイランスである」、とマニラのWHO西太平洋地域事務所の広報官であるピーター・コーディングレイ氏が語った。
 「もし我々が早期に感染者を見つけて抗ウイルス剤を投与できるなら、感染者の予後は大幅に良くなるはずだ」。
 
 WHOの専門家チームはパキスタンに到着し、報告されている患者の調査を開始する。18日に病院や感染地域を訪れる予定とされる。
Benin confirms H5N1 virus in two bird flu cases Scientific American (米国) ベナン共和国で家きんのH5N1鳥インフルが確認
 ベニンで家きんにおける致死的H5N1鳥インフルが2ヶ所で確認されたと、農業相が発表した。
 16日遅くに発表されたが、今月初旬に首都ポルトノボの北方と、商業的首都のコトヌの農場で発生した鳥インフルが、H5N1ウイルスであったことが、イタリアの研究所で確認された。


WHO to investigate bird flu cases in Pakistan, Myanmar Xinhua, China (新華社、中国) WHO、パキスタンとミャンマーの人における鳥インフル事例の調査に
 WHOはパキスタンとミャンマーにおける人における鳥インフル事例の調査と、人人感染の有無について調査を開始した。
鳥インフルエンザ、パキスタンで疑い例 現地調査へ CNN Japan 
 世界保健機関(WHO)は、パキスタンで病原性の高いH5N1型鳥インフルエンザウイルスの感染疑い例が初めて確認されたことを受け、原因究明のため現地に調査団を派遣した。ヒトからヒトへの感染があったか確認する。WHO報道官が16日明らかにした。
 疑い例は首都イスラマバードの北方30マイルのアボタバードに住む4人兄弟といとこ2人。兄弟のうち2人は死亡した。同じ地域でニワトリを食肉処理していた男性と、その姪も感染した疑いが持たれている。さらに、15マイル離れた町で同じく食肉処理に携わっていた人物も、検査で陽性反応を示した。
 パキスタン保健省は15日発表した声明で、先月の検査で6人から陽性反応が出たと述べている。しかしWHOは陽性反応を示した人数を8人としており、情報に矛盾がある。WHO報道官は、検査方法の違いが原因と見ている。
 死亡した兄弟の1人の検体は採取されていない。また、陽性反応を示した人々の多くは軽度の症状しか示していないため、病院に収容されなかった。
 4人兄弟は、以前ニワトリの鳥インフルエンザ感染が判明した地域の農場で働いていたとみられている。しかし兄弟の1人は、農場で働いていたのは1人のみだったと語っていることから、WHOはヒト間の鳥インフルエンザ感染があった可能性を排除していない。
Drill to prevent spread of deadly bird flu in the city  Shanghai Daily, China (中国) 上海市、市内における鳥インフル拡大防止のための模擬訓練
 タイの闘鶏見物に出かけて帰国した男性が発病という設定。

Family in Pakistan infected with bird flu Canoe.ca, Canada (カナダ) パキスタンの家族が鳥インフルに感染

 下記のCanadian Pressの情報は、これまでの中で一番まとまっていて正確に思われる:管理人       
 印刷用ファイル(PDF)

Canadian Press

パキスタン当局は、15日、同国として初のH5N1鳥インフルが人で発生し、数人の家族メンバーを巻き込み、人人感染が生じた可能性もあることを発表した。
 15日の段階で検査で陽性になった人の数について、混乱があり、パキスタン保健省は6人と発表し、WHOは8人と発表した。
 WHOによると確認検査はいまださらに行われる必要があるという。そして報道官は多様な構成からなる感染者達がどのように感染したのか調査中であるが、特に何らかの人人感染が生じた可能性についても注目している、と語った。
 「WHOは人人感染を除外出来ない」とジュネーブの報道官であるグレゴリー・ハートル氏が語った。
 「他のもっともらしい説明は可能ではある。しかし我々は、現時点で十分な情報を得ていない。さらにこれらの事例の中のいくつかについて、今後十分な情報を得ることは出来ないと思われる」
 今回発生したクラスター(小集団)には、ノースウエスト・フロンティア州(北西辺境州)に住む4人の兄弟と2人の従兄弟が含まれている。兄弟のうち2人は死亡しているが、1人は検査を受けていない。
 死亡した兄弟は少なくとも感染した家きんに何らかの形で接触した既往があると考えられているが、その一方、彼等は家族で最初に発病した家畜行政で働いている兄の獣医の看病に携わっている。
 家族メンバーを治療した医師は、検査を受けてH5N1鳥インフル陽性であったが、ハートル氏によると、使用キットは標準的なものではなかったとされる。同氏は主治医はさらに検査で確認される必要があると語り、さらに主治医は無症状であることも付け加えた。
 家族とは関連のない3人は同地域でH5N1鳥インフル感染の家きんの殺処分に従事していて、検査の結果陽性であった。3人とも生存している。このうち少なくとも1人は、先の兄弟の中の家畜行政で働いていた獣医のいた同じ農場で働いていた。

 一方、米国公衆衛生当局では、最近パキスタンを訪れ、その後中等度の呼吸器症状を呈したパキスタン人について、H5N1検査を行ったことを確認した。
 当局は男性について、パキスタンのクラスターとリンクしているとだけ表現しているが、鳥インフルに感染している可能性があることに関心が持たれていると語っている。
 「男性はパキスタンから帰国すると、個人医院を受診し、そして鳥インフルに感染しているかも知れないと告げた」、とニューヨーク州保健局の報道官クライワ・ポシピシル(Claire Pospisil)氏が語った。
 
ポシピシル氏によると、個人医院の医師は男性が居住するニッソー郡(Nassau County,)の保健局に相談したところ、保健局では検体を採取してウイルス検査を行い、陰性の結果が返ってきたという。
 米国CDCの報道官であるデービット・ダイグル(David Daigle)氏は、CDCでも検査を行ったが、やはり陰性であったと言う。
 「彼は陰性だった。彼が感染したかどうかについてはもう論議の必要性はない」、とダイグル氏はアトランタから15日伝えた。
 家族メンバーにおける最初の感染発生は、家畜行政に従事している獣医の発病に始まった。それは10月末にさかのぼる。その後2人の兄弟が発病して死亡したが、そのときになって初めてH5N1鳥インフル感染の検査が行われた(訳者注:獣医も含めて、しかし2人の死亡した兄弟の1人では検査が行われなかった)。検査結果が陽性であると知らされたのは11月末になってからと言われている。
 WHOは公的警戒報を12月12日に発した。
 「我々はパキスタンはやるべきことを十分行っていると感じている」、とWHO報道官のハートル氏はコメントしている。
 「しかし、もちろん、彼等はもっと早くにWHOに知らせることが出来た可能性はある」、とも付け加えている。
 ハートル氏は、パキスタンは診断確認のために、検体をカイロの米国海軍医学研究施設(NAMRU-3)に送ることに同意したと語っている。
 さらに発病者と接触した人々の追跡調査が行われ、濃厚接触者にはタミフルが投与されている。
 米国のカイロNAMRU-3研究施設の専門家達が週末にパキスタンに派遣され、そしてWHOもH5N1鳥インフル患者治療に精通した2人の医師と疫学専門家を派遣し、パキスタン当局に協力し、症例の治療と調査を手伝う。
 ハートル氏によれば、家族内での新規発生は認めていないと言う。しかし同氏は、今回の事例がこれまで生じたことのある家族内に限定された小発生なのか、それともさらに大きなものなのか決定するには早すぎると語っている。
 {我々はまだつま先立ちの状況だ。なぜなら我々はいまだ情報の半分も掴んでいない。事態は終了していない」

 パキスタン保健省の発表では、6人が感染し5人が回復しているとされる。この報告の中での患者の内訳については不明である。
 しかしこの人数の中には検査無しに死亡した兄弟の例は含まれていないと考えられる。彼の症状やウイルスに感染した可能性の高い既往歴があっても、検査結果無しでは公的に感染者リストには加えられることは出来ない。

 
12月16日


(AP) WHO to Investigate Pakistan Bird Flu WKRN, TN  (米国) WHO、パキスタンの鳥インフルの人集団発生疑いを調査に

 集約
  情報は混乱している。以下はAP通信配信情報から。

   感染が疑われている人(パキスタンでの初期検査で陽性)
    ・アボッタバード(Abbotabad)に住む4兄弟(2人は死亡)と2従兄弟
    ・同地域の男性と姪
    ・マンセーラ近くの農場で家きん殺処分に携わっていた男性

   死亡者以外は軽症とされるが…。

WHO bird flu experts to investigate human-to-human concerns in ... Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) WHO鳥インフル専門家チーム、パキスタンでの人人感染疑いを調査に
 
 イスラマバード、パキスタン(AP)

 鳥インフルエンザ専門家国際チームが、南アジアで初めて発生した人での鳥インフルエンザ発生原因の調査と、ウイルスが人人感染したのか否か確認するためにパキスタンへ派遣された。パキスタン保健省当局者と地方のメディアが16日発表した。
 パキスタンの保健省は15日、先月6人が検査でH5N1鳥インフルウイルス陽性と確認され、1人が死亡したと発表した。しかし当局では感染がどのように広がったのかについてはコメントしていない。
 死亡者の兄(または弟)も死亡しているが、検査は行われなかった。

 WHOはホームページ上で、パキスタンで6人ではなく、8人がH5N1鳥インフルを発症したと、告げられていることを発表した。当該地域では家きんにおける鳥インフルが発生しており、そのために殺処分措置がとられていたことも、WHOは発表の中で説明している。

 今回の発病事例には、家族メンバー数人が含まれている。保健省は2人の兄弟が死亡したことを確認しているが、検査のための検体は1人からしか得ていない。もう1人の兄弟は、WHOの発表によると完全に回復している。他の患者達の状態や、彼等の関係などについては16日の時点では詳細にされていない。
 WHOの専門家チームは16日にパキスタンに到着し、感染地域に入って、感染がどのように起こったのか、そして人人感染が起きた可能性について調査する。これらの情報は Dawn新聞にパキスタンのWHO代表が発表している。

 患者とパキスタンで接触し、米国に戻った男性は、ニューヨークとアトランタのCDCで検査を受けたが、両方とも陰性であったと、CDCの報道官デェイブ・ダイグル氏が語った。
 パキスタンで人人感染が生じた疑いがあるので、CDCはカイロの米海軍医学研究施設から調査チームをパキスタンに送り、調査を支援する、とダイグル氏は語っている。

 感染者と接触した人々は、WHOによると厳重に健康監視されている。
 
 死亡した兄弟のもう一人の兄(または弟)は、15日、次のように語った。彼は、アボッタバードの家きん農場で、先月鳥インフルを発症した疑いのある鶏を殺処分した後、インフルエンザ様症状を呈して入院した。
 「自分は鳥インフルがこのように危険な感染症だとは知らなかった」、と獣医として政府の家畜行政に携わっている彼は語っている。また予防衣は身につけていなかったとも語った。
 彼の死亡した2人の兄弟は農場に来たことはなく、病院に入院した彼を見舞いに来たことがあるだけだと、APテレビ・ニュースで彼は語った。
 死亡した兄弟は北西部にあるペシャバール市の農業大学の学生だったという。彼等2人が家きんや他の感染原因となるものと接触したかどうかは不明である。
 また4人目の兄弟は小学校の教師で、やはり彼を病院に見舞いに来た後発病したが、回復したと言う。彼は医師が彼や親族から検査のために採血したが、結果については知らされていないと語った。
 保健省は15日、感染者と接触した人々を病院の隔離病棟に隔離するとともに、治療のための薬と、保健業務に携わる職員のための予防衣を調達していると発表した。
Pakistan Confirms 1st Human Bird-Flu Death Voice of America  (米国) パキスタン、初の鳥インフル死者を確認
 パキスタンの保健当局では同国として初のH5N1鳥インフル死者を確認した。
 保健省の説明では、死亡者はパキスタンのノースウエスト・フロンティア州(アフガニスタンとの国境に近い)の家きん農場で働いていた。
 当局者によると、死亡者の兄(弟?)も鳥インフルを発病して最近死亡したが、検査は行われなかったという。
 同地域では少なくとも他に5人のH5N1鳥インフル感染が確認されている。当局によると2人は回復していて、残りが隔離されているとされる。
 WHOは15日、パキスタンのペシャワール地域でH5N1鳥インフルに感染した疑いのある8人が発生したことは知っていると発表した。
Pakistan Has Eight Suspected Human Cases of Bird Flu (Update4) Bloomberg  (米国) パキスタンで8人の鳥インフル発病疑い者が発生
 8人の鳥インフル疑い者がパキスタンで発生し、そのうち5人が家族メンバーである。そのうち少なくとも1兄弟が死亡した。WHOがそのように発表した。

 以上要点のみ。他は先のBloombergの発表とほぼ同じ。

Avian influenza - situation in Pakistan (WHO) パキスタンにおける鳥インフル発生状況:WHO
 パキスタン保健省はペシャバール地域で人におけるH5N1鳥インフルエンザの8疑い例をWHOに報告した。
 これらの事例は家きんにおけるH5N1鳥インフル発生後の一連の殺処分作業後に生じた。これらの事例のうち1名は回復し、さらに2名の疑い例は死亡した。

 疑い例から採取された検体検査は、国立検査所においてH5N1ウイルス陽性であったが、さらにWHO協力研究所で確認と、さらなる分析を行っている。
 保健省では発生事例の調査と拡大防止対策を図っている。すなわち、患者の隔離と患者との接触者の調査、接触者の健康監視、詳細なる疫学調査、患者管理や予防のためのタミフル提供、急性呼吸器感染症の地域や医療機関における監視の強化等である(鳥インフルが含まれている可能性がある)。
 WHOでは保健省に、疫学調査、サーベイランスの分析、予防対策等、多岐に渡って支援している。
 2006年以来、パキスタンでは、家きんにおけるH5N1鳥インフルが多数発生している。2007年には野鳥での発生も起きている。見つかった発生の大多数は、北西辺境州(ノースウエスト。フロンティア州)の”家きん飼育地帯(poultry belt)で起きており、特にアボッタバードとマンセーラ地域であり、野鳥における発生は首都イスラマバード周辺である。
パキスタンで国内初の鳥インフルエンザによる死者 AFPBB News  
AFP日本版
 パキスタン保健省は15日、同国初の鳥インフルエンザによる死者が出たことを確認した。
 死亡したのはアフガニスタンとの国境に近い北西辺境州(North West Frontier Province)の家禽(かきん)農場で働いていた男性。この農場では、家禽が高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに感染していたことが確認されているが、保健省によると、この男性は10月下旬、感染した家禽の処分に携わったという。
 パキスタンでは死亡した男性を含む6人がH5N1ウイルスに感染したことが確認されているが、いずれも同州在住で、うち5人は回復しているという。
 同州の州都ペシャワル(Peshawar)の病院関係者によると、男性は11月下旬に死亡した。また、この男性の兄弟3人も入院し、うち1人が数日後に死亡したが、ウイルス検査は行われなかったため死因は不明だという。検査が行われなかった理由については明らかにされていない。
 H5N1ウイルスは通常、鳥類からヒトに感染するが、ヒトからヒトに感染するように変異し、大流行につながる恐れが強く懸念されている。
One dead, five infected with H5N1 virus in Pakistan Canada.com, Canada  (カナダ) パキスタン、H5N1ウイルスで1人死亡、5人が感染
 ロイターによる記事。
 詳細は未だ混迷?

H5N1 bird flu detected in domestic chickens in eastern Germany Canadian Press (カナダ) 東部ドイツで鶏の間でH5N1鳥インフルが発生
 東部ドイツで2羽の鶏からH5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 ブランデンブルグ州農業局は、当該鶏は他の9羽の鶏と一緒にベルリンの北東部のオーベルハーベル地区で飼育されていたと発表した。
 数羽の鶏が死亡後、残りの2羽が検査のため14日送られた。
 連邦検査機関は、それらの鶏がH5N1鳥インフルに感染していることを確認した。
 残りの家きんは殺処分され、農場から半径3キロ以内の家きんはウイルス検査を受けている。
 8月にババリア州で発生した鳥インフルで16万羽の家きんが殺処分された。
 また先月、東部ドイツでガチョウからウイルスが検出され、また今年は野鳥からもウイルスが数件検出されている。
Pakistan Has Eight Suspected Human Cases of Bird Flu (Update2) Bloomberg  パキスタンで8人の鳥インフル感染疑い者発生
 WHO発表によると、パキスタンで、家族メンバー5人を含めて8人がH5N1鳥インフルに感染した疑いが発生している。そのなかで少なくとも1人が死亡した。
 パキスタン国立研究所は、致死的H5N1ウイルスが同居する3兄弟と2従兄弟に感染したことを確認したと、WHOが本日発表した。もう一人の兄とその息子は米国から遊びに来ていて、感染者達と濃厚接触した。しかしニューヨークの病院で感染が否定されたと、WHO報道官のグレゴリー・ハートル氏がジュネーブで語った。
 医学専門家チームがパキスタンに派遣され事例について調査するが、その中で2人は軽度の症状しか呈していない。
 WHO報道官のハートル氏は、「いかなる結論も今は出せない。我々も十分状況は捉えていない」と電話取材で語っている。

自発的自宅待機

 ニューヨーク州保健当局者が12月7日に、ナッサウ郡(Nassau County)の男性がパキスタンから戻り、インフルエンザ様症状を呈したことを伝えたと、州保健局の公衆担当長官が語った。男性は医師に鳥インフルに接触したかも知れないと伝えたと、同長官は電話インタビューで答えた。
 男性は自発的に家庭に待機した。その後彼の息子もインフルエンザ様症状を呈し始めた。男性と息子の血液検体が州の検査機関と、アトランタの米国CDCで調べられた。
 検査結果は今週初めに戻ってきて、両者とも陰性であった。男性と息子はその結果から自宅待機が解かれた。
 両者がタミフルを服用したかどうかについては不明である。
 同長官によると、インターネットに、もう1人の兄弟が米国に戻り、検査で陽性であったとする誤った情報が流れているが、それは間違いで、現時点では公衆や個人に対する危険性はない、とされる。

 米国CDCによると、残りの感染疑い者は、男性と姪、および20キロ離れた農場で働いていた男性の3人とされる。
6 Pakistanis infected, 1 fatally, with H5N1 bird flu ABC 4, Salt Lake City (米国) 6人のパキスタン人がH5N1鳥インフルに感染、1人が死亡

 イスラマバード(AP)

 パキスタン政府は、先月、同国の北部で6人が致死的鳥インフルに感染し、少なくとも1人が死亡したと発表している。
 WHOは、全6人がH5N1鳥インフルに感染していることを予備的検査で確認した。しかし二回目の検査が施行中であると発表している。
 もしWHOで確認されると南アジアで初のH5N1鳥インフル感染者となる。
 パキスタン政府によると、5人が完全に回復し、1人が病院で死亡し、その兄(弟?)も死亡しているが検査はされていない。なぜ検査がされなかったかについては不明である。

Health Ministry confirms first bird flu death The Nation, Pakistan, Pakistan  (パキスタン) (パキスタン)保健省、初の鳥インフル死者を確認
 イスラマバード(AFP)

 保健省は15日、家きん農場で殺処分に従事した男性が同国で初の鳥インフル死者となったことを発表した。
 同じように殺処分に従事した同男性の兄弟の1人も死亡したがウイルス検査を受けていない、そのように保健省報道官はAFPに報告した。2番目の死者がなぜ検査を受けなかったかについては定かとなっていない。
 しかし報道官は、ウイルス変異の兆しとなる人人感染はどの事例でも否定されていると語った。
 6人がH5N1鳥インフルに感染していることが確認されていて、全員NWFPにいると、保健省では発表している。
 「彼等のうち5人は完全に回復している。1人は病院で死亡し、その兄(弟?)も死亡しているが検査は受けていない」、と発表内容には述べられている。
 保健省の報道官であるマザール・ニサー(Mazhar Nisar )氏は、感染が確認された死者とその感染はしたが生き残った2兄弟は、農場で感染した家きんの殺処分に従事していたとされる。
 ペシャワールの病院当局者によると、確認された死者Muhammad Tariqは先月末に死亡し、その数日後兄が病院に類似の症状で入院し、検査を受ける前に死亡したという。
12月15日

1 dead, 6 ill with bird flu in Pakistan Ireland.com (アイルランド) パキスタンで鳥インフルで1人死亡、6人が発病
 パキスタンのノースウエスト・フロンティア州で、過去2ヶ月間にH5N1鳥インフルで1人が死亡し、6人が発病したと、本日保健省の高官が語った。
 「合計7人がH5N1鳥インフルを発病し、1人が死亡した」、と連邦保健省長官のクーシヌッド・ラシリ(Khushnood Lashri)氏が語り、「それらは血液検査で確認された」と付け加えた。
 同氏によると2人が回復し、4人が隔離されている。
Bird Flu Infects Five People in Pakistan; Cases Rise (Update1) Bloomberg  (米国) 鳥インフル、パキスタンで5人に感染:感染者数が増加
 パキスタンで、鳥インフルが少なくとも5人に感染したことが保健当局者により発表された。
 イスラマバードのパキスタン保健省は、昨日同国として初の人における鳥インフル発病者を報告し、その2人の兄弟が先週死亡しているが、既に埋葬されているため、致死的H5Nウイルスに感染していたかどうかは確認出来ないと説明した。
 「2人の兄弟は肺炎様症状で死亡したが、ウイルス検査のための血液が採取される前に家族によって埋葬された」、と連邦保健省長官のクーシヌッド・ラシリ(Khushnood Lashri)氏が昨日インタビューで語った。
 新規の感染者が発生したことは、致死的H5N1鳥インフルウイルスが感染を拡大し続けていることを示し、人々の感染の危険性を高めていると共に、ウイルスが人により適合する機会を与えることにつながる。WHOは、もしウイルスが季節性インフルエンザウイルスのような感染性を獲得し、世界に広がりパンデミックを起こした場合、世界で数百万人が死亡する可能性があると説明している。
 2003年以来、現在まで13カ国で少なくとも340人がウイルスに感染した。
 致死率は60%で、ほとんどの事例は感染した家きんとの接触が感染原因となっている。
 今回の5例を含み、今月に入ってから致死的H5N1ウイルスに感染した報告例は9例に上る。6月以来発生が最も多い月となった。昨年12月には5人の報告例しかない。

家きんでの流行

 パキスタンは2006年初期から44例の家きんにおけるH5N1鳥インフル発生事例を世界動物保健機構(World Organization for Animal Health)に報告している。最近では11月27日と28日にプンジャブとノースウエスト・フロンティア州( Punjab and North-West Frontier Province)で2万羽近い鶏が死亡している。
 パキスタンにおけるH5N1鳥インフルでの死亡疑い事例は昨日報道された。2人の兄弟が12月10日にペシャバールのカイベル教育病院で死亡したが、2人はマンセーラの家きん農場で働いていたため、そこでウイルス感染したと疑われている。病院の責任者の発表として、デーリー・ナショナル新聞がそのように報道している。
 マンセーラはアフガニスタンと国境を隔てているノースウエスト・フロンティア州にある。
 ウイルス検査で陽性だった人の中で、3人がマンセーラの病院に入院したとラシリ氏が保健省で語った。最も直近の感染は12月5日に確定された。
 他の患者達は州都のペシャバールに入院しているが、1人は回復して退院した。
 いまだ治療中の患者達は隔離され、食料農業家畜省が家きんの間でさらに感染が広がっていないか調査している。
 ロッシュ社の抗ウイルス剤であるタミフルが感染地域へ発送された。

 *管理人注
  パキスタンの情報は、報道によって内容がいまだ若干異なっている。
  
 管理人としては、昨日のドイツの通信社配信内容を伝えた英国のEarthtimesの報道がより理解しやすいものに感じる。
  報道内容が混乱していることはCIDRAPでも指摘しており、やはりドイツ系情報とクエート系情報(KUNA)を対比させている。
 Pakistan suspects first human H5N1 cases

Five cases of bird flu confirmed Pakistan Dawn, Pakistan  (パキスタン) パキスタンで鳥インフル発病者5人が確認
 内容がやや不明瞭なため、訳文は保留。

Bird flu resurfaces in Asia, deaths reported Jerusalem Post, Israel  (イスラエル) 鳥インフル、アジアで再燃、死者が相次いで報告
 インドネシアと中国ででの死者について報道。
Bird flu resurfaces in Asia, human deaths and poultry outbreaks ...  PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria - (オーストリア) アジアで鳥インフル再燃、人での死者、家きんでの発生報告が相次ぐ
 下記AP通信内容

Bird flu flares up again in Asia  USA Today  (米国) 鳥インフル、アジアで再燃
 ハノイ、ベトナム(AP)

 鳥インフルがアジアの各地で再燃した。人での死がインドネシアと中国で報告され、さらに冬期間、ウイルスが活発化するので、他の国でも新規発生の可能性が高い。

 インドネシアは14日、93人目の死者となった前日ジャカルタの病院で死亡した47歳男性について報告した。男性は12月2日に発症し、インフルエンザ様症状で病院に入院した。同国115人目の発病者となった。
 中国では東部の南京で、今週軍が家きんの売買を禁止した。理由は今月初めに父親と息子が鳥インフルを発病したせいである。保健当局では、24歳男性がH5N1ウイルスに感染して死亡し、翌日、男性の52歳の父親が発病したことを確認している。
 2人は伝統的料理である"beggar's chicken,"(ハスの葉で鶏肉が包まれ、そして焼かれる)を食べた既往はあるが、感染の原因は不明なままである。
 ほとんどの人でのH5N1鳥インフル症例は感染した鳥との接触によるもので、専門家は料理された鶏肉や卵から感染した例はこれまでないとしている。
 中国のWHO事務所代表のハンス・トロードソン氏によると、父親はタミフル服用後回復してきている。80人以上の接触者が医学的監視下に置かれた。
 地域の動物保健局は先週、H5N1鳥インフルは地域では発生していないと報告している。しかしトロードソン氏は、中国では人の死亡の前に感染した家きんの報告がされることはないと語っている。中国のサーベイランス体制がもっと強化されなければならないとコメントしている。
 WHOによると、ウイルスは世界中で2003年末にアジアの家きんの間で流行しだしてから208人殺している。
 科学者達はH5N1ウイルスがどのように変わってゆくか予知することは不可能であるが、気温が下がる冬期間にはさらなる鳥インフルが発生すると考えている。
 (*パキスタンの関連当局者は、同国で初の鳥インフル発病疑い患者を調査している。2人の家きん農場従業員が、ペシャワールの病院にインフルエンザ様症状で入院していたが、14日に死亡した。
 血液検体はイスラマバードの保健省に検査のため送られたが、結果は未だ確認されていないと病院の当局者が語った。

 一方、ベトナムの数省でも、この数ヶ月に家きんの間で鳥インフルが発生し、数千羽の家きんが殺処分されている。
 香港では野生のサギからH5N1鳥インフルウイルスが検出されたため、3週間野鳥保護区を閉鎖し、一般市民の立ち入りを禁止した。

 *この部分の報道は古いと考えられ、昨日の英国の報道が正しいと考えられる。
Bird flu claims human casualty News24, South Africa  (南アフリカ) ミャンマー、鳥インフル人に感染
 下記と同内容。
WHO confirms Myanmar's first case of bird flu in humans  Times of India, India - (インド) WHO、ミャンマーでの初の鳥インフル事例の発生を確認

 ミャンマー東部のシャン州に住む7歳少女が11月に発熱と頭痛で発病し、検査の結果H5N1鳥インフルに感染していることが確認されたことが、WHOのウエブサイトで14日発表された。
 少女はその後回復したが、検査はヤンゴンの国立研究所で検査され、続いて日本のWHO協力研究機関で検査された。
 当時シャン州での家きんにおけるH5N1鳥インフルの発生は報告されていた。WHOは現在、少女の感染源を調査している。これまで少女に接触した人々は全て健康上の異常は呈していないとされる。
 ミャンマーは、人におけるH5N1鳥インフル発病者を確認した13番目の国であるとWHOはコメントしている。

Burma records first case of bird flu Radio Australia, Australia (オーストラリア) ビルマで初の鳥フル感染者
 WHOはビルまで初の鳥インフル発病者が確認されたが、この7歳少女は回復したことを発表した。
 ビルマ北東部のシャン州に住む少女は、11月に発熱と頭痛を呈した。少女の周辺ではH5N1鳥インフルが家きんの間で流行していた。
 国連の発表では、少女は病院における治療により回復したとされる。
Nanjing bird flu cases contained EastDay.com, China (中国) 南京の鳥インフル事例は抑え込まれた
 南京で家族メンバーが感染した鳥インフル事例は、効果的に抑え込まれたと、中国保健省が発表し、医学監視下にあった濃厚接触者は12月12日に全員開放されたと付け加えられた。
12月14日

Pakistan may have had human-to-human bird flu transmission - Summary Earthtimes, UK  (英国) パキスタンで人人感染が生じた可能性が浮上

 パキスタンの保健当局は、北西部で4人の兄弟の間で鳥インフルが人人感染した可能性について調査している。2人は既に死亡した。

 パキスタン保健省の報道官は、先月北西部の辺境地域のマンシェラで家きん農場で働き、病的になった家きんの殺処分に従事していた男性が鳥インフルを発病し、そこから複数例の鳥インフル発病者が出たことを発表した。
 鳥インフルの人人感染は極めて希で、これまでインドネシア、カンボジアおよびベトナムで3事例が確認されているだけである。
 パキスタンの当該男性はH5N1鳥インフルウイルス感染が確認され、しかし、死亡しなかったが、男性の兄弟3人に感染させた可能性がある。それら3人とも農場に行ったこともなく、病的になった家きんに接触したことがないと考えられている。そのように報道官がDPA(Deutsche Presse-Agentur)に伝えた。
 兄弟のうち2人は肺炎様症状で死亡し、検査用血液が採取される前に家族によって埋葬された。三番目の兄弟は米国に住んでいるが、当時マンシェラを訪問し、鳥インフル検査で陽性となったが、死亡せずに回復して米国に戻った。
 「兄弟のうち2人は死亡しているが、我々はそれら兄弟がH5N1鳥インフルウイルスの人人感染で死亡した可能性があるのではないかと考えている。我々はWHOに調査のための専門家チームを送るように頼んでいる」。報道官はそのように語っている。
 イスラマバードのWHO当局者は、現在の処、コメントを出していない。
 2人の生き残った兄弟は、パキスタンで初めて確認された鳥インフル発病者となったが、既に死亡した2兄弟が鳥インフルで死亡したか否かに関して、パキスタン当局がどこまで確認できるかは不明である。
 この最新の報告は、死亡した2人は家きん農場で働いていて、今月初めに死亡したというペシャワールの病院の保健当局者の先の報告を否定している。
 
Bird Flu claims 2 lives in Mansera Online - International News Network, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、マンセラで兄弟が鳥インフルで死亡

 パキスタンで初のH5N1鳥インフル感染者が見つかったが、患者である兄弟はペシャワールの病院で死亡した。
 保健省の報道官によると、Muhammad Ilyas とTariqの兄弟はマンセラの家きん農場で働いていたが、数日前にインフルエンザ症状を呈したが、後に重篤となりH5N1鳥インフル様症状となった。
 兄弟はペシャワールの病院に入院したが、10日に死亡した。
 兄弟の血液検査で、兄弟がH5N1鳥インフルに罹患していたことが確認された。
 今回の事例はパキスタンとして初のH5N1鳥インフルの人における感染者となった。

Indonesian man dies from bird flu Reuters  (国際) インドネシアの鳥インフル発病男性が死亡
 タンゲランの47歳男性が13日夕方に死亡したことが、ジャカルタの鳥インフルセンターの責任者から発表された。
 男性は家庭でアヒルを飼育していたが、発病後、検査でH5N1鳥インフル感染が確認され、ジャカルタの病院で治療を受けていた。
Indonesian man dies from bird flu Radio Australia, Australia (オーストラリア) インドネシアの鳥インフル発病男性が死亡
 インドネシアの男性が鳥インフルで死亡し、同国の死者数が93人となった。
 ジャカルタの鳥インフルセンターの責任者が47歳男性が13日死亡したことを発表した。
 患者は首都西方のタンゲランの自宅でアヒルを飼育していた。
 今週初めに、やはりタンゲランの女性が同じ病院で鳥インフルの治療を受けた後死亡している。
Bird flu claims 2 lives in Mansehra  The Post, Pakistan (パキスタン) パキスタン、マンセラ(Mansehra)で2人死亡

 ペシャワールの病院で鳥インフルにより兄弟が死亡したことが確認され、パキスタン保健省の報道官から発表された。
 報道官によると、Muhammad Ilyas とTariq の家きん農場で働く兄弟がインフルエンザ症状を呈し、血液検査によりH5N1鳥インフルの発病が確認された。
 パキスタンで初のH5N1鳥インフルに死者となった。

12月13日

H5N1 Bird Flu Found in Southern Russia Houston Chronicle, United States (米国) 南部ロシアでH5N1鳥インフルが検出
 H5N1鳥インフルが南部ロシアの農場で発生し、この5日間で35000羽以上の家きんが死亡したことが、緊急事態対策局(emergency services)から12日発表された。
 拡大防止のために農場の約50万羽の鶏が殺処分される予定となっている。
 この9月に当局は南部クラスノダル地区の家きん農場でH5N1鳥インフルの発生を報告している。
 また2月には南部モスクワ地区のいくつかの場所でウイルスが検出されていた。その際数百羽の家きんが死亡し、さらに2000羽の家きんが殺処分された。
 2005年に初めてH5N1鳥インフルがシベリアで発生して以来、ロシアでは人での感染例は報告されていない。
H5N1 bird flu new sites found in Poland Scientific American  (米国) ポーランドでH5N1鳥インフルが家きんの間で拡大
H5N1 bird flu new sites found in Poland National Post, Canada  (カナダ) ポーランドでH5N1鳥インフルが家きんの間で拡大

 致死的H5N1鳥インフルがポーランドで新たな地域で発生し、6ヶ所目の発生場所となったことが、12日当局から発表された。
 12日午後、北部ポーランドのエルブラク市近くの小農場で鳥インフルの発生が確認され、それは全く新規の発生であるとコメントされた。
 当局はまた、12日早くにポーランド北西部のオルネタ町近くで野鳥で鳥インフルが検出されたという報告を確認したことも発表した。
12月12日

Indonesian man infected by H5N1 virus Xinhua, China  (新華社、中国) インドネシア男性H5N1ウイルスに感染
 ジャカルタ近くの市に住む47歳男性が鳥インフルに感染し、病院で危篤状態であることが保健省から12日発表された。
 複数の検査結果で男性が高病原性H5N1ウイルスに感染していることが確認されたと、保健省の鳥インフル対策センターの担当者が語った。
 男性は12月10日から東ジャカルタの鳥インフル専門病院であるPersahabatan病院で、発熱、呼吸困難と咳にて治療を受けていて、現在危篤状態であると説明された。
 当事例はインドネシアで115例目の鳥インフル患者となり、そのうち92人が死亡している。
Indonesian man tests positive for bird flu Washington Post, United States (米国) インドネシアで男性が検査で鳥インフル陽性と確認
 
下記ロイター記事
Indonesian man tests positive for bird flu Reuters  (国際) インドネシアで男性が検査で鳥インフル陽性と確認
 12日、インドネシア保健省は47歳男性が鳥インフル症状で検査を受け、2ヵ所の検査所でH5N1ウイルス陽性が確認され、現在ジャカルタの病院で治療中であることを発表した。男性は人工呼吸器につながれている。
 男性はタンゲランの家でアヒルを飼育しているが、最近スマトラのメダンと西ジャワのパンデグランを旅行している。
 保健省では感染源を調査している。
Bird flu hits one more Vietnamese province Xinhua(中国) 鳥インフルエンザがベトナムで更に一省に被害を与える
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 鳥インフルエンザがベトナム北部のバク・ギアン省で再発し、現在この疾病が流行している地方はベトナム国内で2ヵ所となった。
 H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスにより、1000羽以上のアヒルがヴィエト・エンとエン・ダンの2地方で死亡したという同国の国立鳥インフルエンザ対策委員会の報告書を、現地紙サイゴン・リベレーションは12日に報じた。
 現在、韓国とカナダで流行しているH7N3鳥インフルエンザ・ウイルスは今のところベトナムで検出されていないと、ベトナム農業・地方開発省所属の動物衛生部部長であるブイ・クアン・アン氏はしている。
 ベトナムは、疾病状況の監視強化、家禽飼育・輸送・売買への観察、全国の家禽へのワクチン接種に注力している。
 ベトナムでの鳥インフルエンザの流行は2003年12月に始り、数千万羽の同国の家禽を死亡や殺処分へ追いやったと、同部はしている。
Bird flu kills 35000 poultry in southern Russia  Forbes, NY  (米国) 南部ロシアで35000羽の家きんが鳥インフルで死亡
 南部ロシアのロストフ地区の農場で鳥インフルで薬35000羽の家きんが死亡した。ロシア緊急事態省がロシア国営通信を介して発表した。
 予備的検査の結果ではH5N1ウイルスが検出されているという。
 50万羽の家きんを飼育する当該農場周辺は封鎖、隔離された。
Bird flu outbreak reported from farm in Rostov region  ITAR-TASS, Russia  (ロシア) ロシア、ロストフ地区の農場で鳥インフル発生が報告
 南部地域緊急事態省がロストフ地域で鳥インフルが発生したと発表した。
 12月5日からGulyai-Borisovskaya農場で35000羽の家きんが死亡したと、同省はタス通信に報告した。
 農場は50万羽の鶏を飼育している。検査の結果鳥インフルが確認された。
China Pessimistic about Bird Flu Outbreaks TheCelebrityCafe.com, NY  (米国) 中国、今冬の鳥インフル発生に関して悲観的憶測
 農業省は全土の関係機関に鳥インフル対策の強化を図るように指示を出したが、ウイルスが活発化する冬期間、鳥インフルの発生が相次ぐ可能性を示唆した。
12月11日


Indonesian woman dies of bird flu People's Daily Online(中国) インドネシア人女性が鳥インフルエンザで死亡
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 ジャカルタ郊外の市に住む28歳の女性が鳥インフルエンザのために10日死亡したと、同国厚生省が11日に発表した。
 検査結果によれば、このタンゲラン市の女性は鳥インフルエンザ感染を示していると、同省の鳥インフルエンザ対策センターのジョコ・スヨノ氏は述べた。
 この女性は東ジャカルタのパーサハバタン鳥インフルエンザ専門病院で2日間の治療を受けた後に死亡したと、スヨノ氏は語っている。
 「この女性は月曜(10日)に死亡しましたが、2件の検査結果ともH5N1陽性を示しています」と、同氏は新華社通信に語っている。
 この女性は観葉植物を売っていたとのことで、家禽の糞と接触した履歴があるという。
 「この女性は植物の培養土のために鶏糞から作った有機肥料を他のものと混合していました」と、スヨノ氏は述べている。
 さらにこの女性は昔ながらの養鶏場の付近で働いていたと、同氏はしている。
 ニワトリとの接触は、自宅の庭での養鶏が盛んな広大な島嶼国家である同国で鳥インフルエンザにより命を落とす最もありふれた原因である。
 この女性は12月4日に最初に発症しタンゲランのサリ・アシー病院に行った。その4日後東ジャカルタの同病院へ転院したと、同氏は語っている。
 インドネシアは拡大する高病原性H5N1ウイルスとの戦いの最前線で、このウイルスは徐々にだが確実にヒトへと拡がってきている。
同国が数百万のニワトリと豚を殺処分したにもかかわらず、鳥インフルエンザウイルスは今も同国で流行している。
Bird flu death toll hits 92 The Press Association  (国際) インドネシアで92人目の鳥インフル死者が発生
 インドネシアの28歳の母親が、10日首都(ジャカルタ)で鳥インフルにより死亡したと保健省の報道官が発表した。
Bird flu kills Indonesian woman The Age, Australia  (オーストラリア) インドネシアで女性が死亡
 28歳のインドネシア女性が鳥インフルで死亡し、インドネシアでのH5N1鳥インフルでの死亡者数が92人となった。保健省が発表した。
江蘇省の鳥インフルエンザ、人から人への感染を否定 人民網日本語版
 江蘇省南京市で高病原性鳥インフルエンザに相次いで感染した父子2人について、衛生部の毛群安報道官は10日、病理検査の結果、人から人への感染ではないことが確認されたと発表した。
 最初に発症した息子(24)は12月2日に死亡、父親(52)は容体が落ち着き、好転の兆しを見せている。
 毛報道官は「通常言われる『人から人への感染』とは、ウイルスが変異して、人間同士で感染するようになることを指す。だが死者のサンプルから分離したウイルスを分析したところ、ウイルスはなお鳥由来のもので、本質的な変異は起きておらず、人から人へ感染する生物学的な基礎を備えていないことがわかった」と述べた。
 疫学的には、父親の感染には(1)息子との密接な接触による感染(2)父子同時にウイルスにさらされて感染(3)別々にウイルスにさらされて感染――の3つの可能性がある。具体的な状況はなお確定できず、2人の感染源についても踏み込んだ調査が続けられている。
 息子と密接な接触があったのは69人。父親以外に臨床上の異常は見られず、すでに55人が医学観察を解除された。父親と密接な接触があったのは20人。現在厳しい医学観察下にあるが、いずれも臨床上の異常は示していない。
鳥インフル、人からの感染を否定=中国  時事通信 
 11日の中国各紙によると、江蘇省の男性が鳥インフルエンザ(H5N1型)で死亡、その父親も感染したことについて、中国衛生省は「人から人への感染ではない」との見解を示した。ただ、2人の感染経路は調査中で、まだ確定していないという。
China says human-to-human transmission not confirmed in latest ... PR-Inside.com (Pressemitteilung), Austria  (オーストリア) 中国、最新の鳥インフル事例での人人感染は確認されていないと
China warns of winter bird flu outbreaks Reuters AlertNet, UK (英国) 中国、冬期間に鳥インフル発生多発の可能性を警告
 中国政府は、冬から春にかけて鳥インフル発生の可能性が非常に高いと警告を出した。直近の事例である息子と父親の感染原因を調査の結果、そのような発表を11日に行った。
 中国東部の江蘇省で24歳のルさんという青年が先週H5N1鳥インフルで死亡し、今年の6月以来初の犠牲者となった。その後青年の52歳になる父親も先週、同様に鳥インフルの診断を受け、息子から感染した疑いが浮上した。
 中国農業省の副大臣は、冬から春にかけてウイルスは最も感染力を強めるから、決して楽観的でいられないとの、コメントをChina Daily紙に寄せた。
 家きん飼育方法、と殺方法、配分方法、加工方法等を抜本的に見直す必要があると語り、地域の家畜当局にワクチン接種を強化するとともに、国境や湿地帯での鳥の検査も強化するように指示を出した。. .
Bird flu in poultry spreading further in Poland Earthtimes, UK  (英国) ポーランドで家きんの鳥インフルさらに拡大
 ポーランド農業省は10日、家きんの間のH5N1鳥インフルがさらに広がっていると発表した。今回発生が見つかった農場は、8日にウイルスが見付かった農場からほんの2キロしか離れていない。この10日間で4事例目となった。鳥インフルが発生した農場は全て北西部のMasowien地区で首都から100キロ離れている。
 36万羽の鶏が当日中に殺処分された。
 農業大臣は経済的損害は大きいとコメントしている。
Avian influenza – situation in China - update 5 World Health Organization, Switzerland (WHO) 中国における鳥インフル発生状況
 
中国保健省(衛生部)は、江蘇省で人におけるH5N1鳥インフル発病例を報告した。当事例は国立研究所で12月6日に確認された。
 患者である52歳男性は、2007年12月2日にH5N1鳥インフルで死亡した24歳男性の父親である。当父親は(24歳男性の死後)厳重な医学的監視下に置かれていた濃厚接触者の1人であった。12月3日に症状を呈し、即治療のために病院へ送られた。
 中国で確認されている患者は27人で、そのうち17人が死亡している。

12月10日


鳥インフルエンザ、中国・南京で人から人へ感染か…厚労省 読売新聞
 厚生労働省は10日、中国・南京で、強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が人から人へ感染した疑いがあると発表した。
 人から人への感染は昨年、インドネシア・北スマトラ州で発生している。鳥インフルエンザは人に感染した後、感染力の強い新型インフルエンザに変異する可能性があり、同省は南京からの入国者に対する検疫を強化した。
 同省が公表した世界保健機関(WHO)の情報によると、先月24日に南京在住の男性(24)が発症し、2日に死亡した。その後、男性の父親(52)も3日にH5N1型を発症していることが確認され、搬送先の病院で治療中。
 死亡した男性の感染ルートは判明していないものの、父親は男性から感染した可能性がある。同省は9日から、インフルエンザの症状を示している入国者のうち、南京に10日間以上滞在していた者を、感染検査の対象に加えた。
Ministry: Bird flu cases originated from poultry Shanghai Daily, China  (中国) 中国保健省、鳥インフル事例は感染家きん由来と
 ウイルスの遺伝子分析で、ウイルス変異がないことと、感染家きん由来であることが示されたと保健省が発表。
China hunts father-and-son bird flu link Reuters (英) 中国 鳥インフルエンザの父子間感染を調査
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 共に鳥インフルエンザに感染した父子の間の因果関係を調査したが、鳥インフルエンザ・ウイルスが新たな株に変異した証拠は見つからなかったと中国の衛生当局は10日、述べた。
 東部の江蘇省で52歳の父親が先週末にH5N1鳥インフルエンザと診断されたのは、この男性の24歳の息子が鳥インフルエンザで死亡してから数日後のことであった。
 一家庭の二人が鳥インフルエンザに感染するという、この珍しい事例は衛生当局の非常事態という懸念を巻き起こした。ヒトがH5N1に感染するのはたいていの場合、感染した鳥からだからである・専門家が恐れているのは、鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトからヒトへと容易に感染する形態に変異し感染が拡大するかもしれないからである。
 中国・衛生部スポークスマンのMao Qun'anは、死亡した息子から採取した検体の分析結果によれば鳥インフルエンザ・ウイルスは変異していないが、今回ヒト-ヒト感染が発生した可能性は排除できないとしている。
 「今回のウイルスは依然として鳥のものであり、本質は変異していません」と同氏は記者会見で語った。
 Mao氏によると、それでも父子の一方がもう一方に密接な接触により感染させた可能性もあれば、他の同一感染源か別々の感染源から感染した可能性もあるという。
「これら3つの可能性について、最終的な結論を出すことは出来ません」と、政府のウエブ放送(www.china.com.cn)で述べている。「徹底した調査を遂行中です」
 北京の世界保健機関スポークスマンであるジョアンナ・ブレント氏は、今回の感染についてこれ以上の情報はないとしている。
 先に国営新華社通信は、息子は死んだ家禽と接触したことはなく、江蘇省で家禽の間での流行は発生していないと報じている。
 世界最多の家禽と家庭で飼育される数百万羽の鳥がいる中国は、鳥インフルエンザとの戦いの真っ只中にいる。同地域では鳥の間での流行が確認されていないにもかかわらずヒトへの感染が発生した症例が他にもある。
 中国本土が統制している香港紙が月曜日に、十分に調理されていないニワトリをこの二名が食べたと報じている。Ta Kung Pao紙は匿名の情報源の、この二人が生焼けのニワトリを江蘇省の省都・南京の料理店で食べたという記事を載せている。
今回の事例によって中国での鳥インフルエンザのヒトへの感染の確認された例は27件となり、うち17名が死亡している。
 スポークスマンのMao氏は、父親は現在安定した容態で回復の兆しをみせているとしている。
No human-to-human transmission in new bird flu cases China Daily, China  (中国) 中国、最新発生鳥インフル事例、人人感染の証拠はなし
 中国保健当局は10日、最新の鳥インフル事例で、人人感染は確認されなかったと、発表し、これら2人の感染原因については未定であるとした。
 ウイルスの分析結果を示し、最初の息子の事例は家きんからウイルスが感染したもので、ウイルスの変異は生じてなく、生物学的に分析しても人人感染が生じた根拠は見いだせない、とコメントした。
 また2人に接触した人々は医学的監視下におかれたが、現在のところ、異常を呈する者はいないとも発表した。(息子との接触者69人中、55人は既に解放。父親との接触者20人中6人が息子とも濃厚接触。この6人は厳重が医学的監視下に置かれている。
Over 10000 bird flu-hit chickens culled The Post, Pakistan  (パキスタン) パキスタン、1万羽以上の鶏が鳥インフル感染疑いで殺処分
 首都イスラマバードの郊外の農場でH5亜系鳥インフルが発生したため、専門家チームにより1万羽以上の鶏が殺処分された。
 他の農場では見つかっていないとされる。
12月9日

Unair develops bird flu center Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) ウナイル(Unair)が鳥インフル研究のセンターに
 ウナイルのエアランガ大学(Airlangga)に神戸大学の協力のもとに、鳥インフル研究のためのセンターが設立された。
Bird flu suspected for first time in Benin China Post, Taiwan (台湾) ベナン共和国(西アフリカ)で初の鳥インフル発生疑い
 西アフリカのベナン共和国で初の家きんにおける鳥インフルが発生した疑いがあることが農業省から7日発表され数百羽の鶏が殺処分された。


Fourth H5N1 bird flu centre found in Poland Scientific American (米国) ポーランドで第4ヶ所目の鳥インフル発生施設が確認
 下記ロイター
Fourth H5N1 bird flu centre found in Poland  National Post, Canada  (カナダ) ポーランドで第4ヶ所目の鳥インフル発生施設が確認
 下記ロイター
Fourth H5N1 Bird Flu Centre Found In Poland Javno.hr, Croatia  (クロアチア) ポーランドで第4ヶ所目の鳥インフル発生施設が確認
 下記ロイター
Fourth H5N1 bird flu centre found in Poland  Reuters UK, UK (英国) ポーランドで第4ヶ所目の鳥インフル発生施設が確認
 中央ポーランドで、先週発生した地域より(ワルシャの北西部の3家きん農場:2日発表)50キロ離れた地域で家きんのH5N1鳥インフルが発生し、第4ヶ所目の発生施設が確認された。8日に主任獣医官が語った。
 標準的措置に続いて、地域周辺に緊急対策が施された。
 「問題はウイルスが見付かった施設は大きな農場で、数万羽の家きんが飼育されていることだ」、と獣医官がコメントしている。
 ポーランドの最近の鳥インフル発生は同国として初の家きんにおける感染であり、先には野鳥での感染が報告されただけであった。
Father of Chinese Bird Flu Victim Also Infected Voice of America (米国) 中国で先に鳥インフルで死亡した青年の父親もウイルスに感染
 息子が先に鳥インフルで死亡した男性が、やはりウイルスに感染していることが確認され、ウイルスの人人感染が起きた可能性に関心が集まっている。
 感染源に関する問題提起。
 同一感染源から親子が感染か、どちらが先に感染し、そこから片方が感染か?
12月8日


China says father of bird flu victim recovering Reuters 鳥インフル死者の父親回復傾向に、中国当局発表

 中国国営通信の新華社は、今月H5N1鳥インフルで死亡した青年の父親がやはりH5N1鳥インフルを発病したが、8日には回復傾向を示していると発表した。
 江蘇省の省都である南京市に住むリュウという姓名の52歳男性は、H5N1鳥インフルに感染し3日に発熱したが、現在回復の兆しを示している、と鳥インフル専門家の談話を引用して新華社が報道した。
 患者と接触した人々には何ら異常は認められていない、とも新華社は伝えているが、詳細な情報はない。

 この最新の事例は、どのようにして患者がウイルスに感染したのかという、厄介な疑問を呈している。
 リュウさんの24歳になる息子は2日に同じH5N1鳥インフルで死亡したが、これら2事例の感染源が特に重要な問題となっている。
 新華社は当初、息子の事例では特に死んだ家きんと接触した既往も認められなく、また地域で家きんにおける鳥インフルの発生も報告されていないと伝えている。
 父親か息子、どちらかが感染した家きんと接触したのかどうかは不明である。
 WHOは父親の事例を公式に認めた。
 しかし北京のWHO代表は、コメントを発表していない。

2nd human case of bird flu in E China confirmed Mathaba.Net, UK  (英国) 東部中国の第2の鳥インフル事例が確認される
 新華社
 12月2日に江蘇省で鳥インフルで死亡した24歳男性の父親が3日、発熱と下葉の肺炎で入院した。江蘇省の疾病管理センターで行われた気道分泌液の検査で、父親もH5N1鳥インフルに感染していることが6日に確認された。
 保健省は同事例をWHOと周辺関連国へ報告した。
WHO says victim‘s dad also has bird flu Olberlin, KS (米国) WHO発表、中国の鳥インフル死者の父親も鳥インフルを発症
 AP
 中国、江蘇省で鳥インフルで死亡した24歳男性の父親もH5N1鳥インフルウイルスに感染していると、WHOが7日に発表した。人人感染も除外出来ない故、より詳細にこの事例をモニターしていると報道官はAP通信に語った。
 中国の報道ではこの父親は52歳で、12月2日に死亡した24歳男性から感染したという証拠はないが、可能性は除外出来ないとされる。
 江蘇省の疾病管理センターでは、先に死亡した24歳男性が死亡した家きんと接触した既往がなく、また同省で家きんにおける鳥インフルの発生報告もないとしている。
 中国ではこれまで人人感染の確認例は報告されていないが、2005年にH5N1鳥インフルと診断された少年の姉が後で感染し、死亡した事例がある。
中国で同一家族から2人の鳥インフルエンザ感染者、ヒトからヒトへの感染の恐れも浮上 AFPBB News
 世界保健機関(World Health OrganisationWHO)は7日、中国で1つの家族から2人の鳥インフルエンザ感染者が確認されたと発表した。これにより、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスがヒトからヒトへ感染している恐れが浮上してきた。
 WHOによると、中国江蘇(Jiangsu)省で2日に死亡した24歳の男性の父親が、鳥インフルエンザの症状を示したため検査を行ったところ、陽性反応が出た。
 2人の男性のウイルス感染経路については、「両者が同じ動物から感染」「両者間で感染」「ウイルス感染した別々の動物からそれぞれ感染」の3パターンが可能性として挙げられている。
 WHOの広報担当によると、ヒトからヒトへの感染は非常にまれで、これまでベトナム、カンボジア、インドネシアで各1件、計3件しか発症例がないという。
12月7日


Bird flu a threat for many years, expert warns ArabianBusiness.com, United Arab Emirates  (アラブ首長国連邦) 鳥インフルの脅威は数年は続くと専門家が警告
 5日、鳥インフルは深刻な脅威として数年は続くだろうと、サウジアラビアが鳥インフルの拡大を防止するために6万羽の家きんを殺処分した翌日、専門家が語った。
 国連の鳥インフル専門家であるデービット・ナバロ博士がインドで行われた国際会議で語った。
 「ウイルスはいまだ鶏の間で感染を続けているが、それは野鳥に感染し、その野鳥が渡りによって遠方へウイルスを運ぶ」、とコメントしている。
Bird flu control zones lifted The Sun, UK  (英国) 英国、鳥インフルのコントロール地域を解除
 家きんでのH5N1鳥インフルが発生した英国、イースト・アングリア( East Anglia)の立ち入り禁止区域が8日に解除されると、環境食料庁(Defra)が発表した

 The Sun
12月6日

Govt get Bird-Flu vaccine for 100000 front-line workers  TV3 News, New Zealand  (ニュージーランド) ニュージーランド政府、鳥インフル発生時の現場で業務に従事する職員用にワクチン10万人分を用意
 ニュージーランド保健相は、H5N1ワクチンを10万人分用意し、必要に応じて国民全人口分を用意する予定と語った。
 10万人の内訳は、保健医療関係者6万人分、消防隊員1万人分、警官7千人分、軍人6千人分、国境警備隊2千人分、ニュージーランド発着国際航空便スタッフ2300人分。
 ワクチンは2回接種する必要がある。
Indian PM Appeals for More Money to Fight Bird Flu Voice of America  (米国) インド首相、鳥インフル対策にさらなる資金が必要とアピール


India needs more cash for 'massive' bird flu threat  San Diego Union Tribune, United States (米国) インド、鳥インフル対策にさらなる援助金が必要と
 鳥インフル専門家国際会議で、インド首相が対策に同国はさらなる援助金が必要と訴えた。
Avian influenza continues spreading, but global response improves American Veterinary Medical Association, IL (米国) 鳥インフルエンザは拡大し続けているが、世界的対策は改善している
 
12月5日

S. Korea reports suspected bird flu case at duck farm China Post, Taiwan (台湾) 韓国、アヒルの間で鳥インフル発生の疑い
 韓国でアヒルの間で鳥インフルが発生した疑いがあることが農業省から4日発表された。
 発生した場所はソウルの南方90キロにあるJincheonの農場で、現在閉鎖され、周辺の消毒が行われている。詳細については不明。
12月4日

WHO Monitoring Kingdom’s Fight Against Bird Flu Arab News, Saudi Arabia  (サウジアラビア) WHO、サウジの鳥インフル対策をモニターと
 昨日WHOの中東地域代表が、サウジにおける鳥インフル対策についてWHOはモニターしていると発表した。
 コメントの中で、サウジ当局はWHOの援助なしに十分対策を講じており、特に人への感染対策は最善が尽くされていると述べられた。
'Manipur bird flu unsafe for humans' Times of India, India (インド) マニプールで発生した鳥インフルのウイルスは人へ感染性を有する
 この7月に、インドのマニプールで検出された鳥インフルウイルスは、高病原性の青海株で、それは人への感染性を有することが確認された。
 インパール・イーストのChingmeirongの小農場で分離されたウイルスの遺伝子分析で、ウイルスが中国青海省で分離されたウイルスと類似していることが分かった。
 青海株は少なくとも世界50カ国に広がり、人の鼻腔内の低温度でも増殖出来るような変異を遂げている。通常は鳥類の腸管で増殖するが、そこの温度はより高温である。
 ボパールの動物医学研究所では、ウイルスのHAとNAの遺伝子を解析したが、非常に毒性が高まっているとコメントしている。

Scientists at the High-Security Animal Disease Laboratory in Bhopal, who carried out the genetic sequencing of the genes HA and NA of the virus, isolated from Manipur, told TOI that "the cleavage site of the genes in the virus had over six basic amino acids" which determined "its tremendous toxicity".


17th Human Death From H5N1 Bird Flu Virus Reported In China AHN (国際)中国でH5N1鳥インフルで17人目の死者が報告
5600 chickens culled in Pabna after detection of avian flu  The New Nation, Bangladesh  (バングラディシュ) バングラディシュ、鳥インフル発生のためにパブナで5600羽の鶏が殺処分
 昨日、パブナの Chatmohor Upazila、ドロン村の家きん農場で鳥インフルが発生したため、5600羽の鶏と2600個の卵が処分された。
 バングラディシュでは最初に首都ダッカ近くのサバルで3月に鳥インフルが発生して以来、主として北部へ広がっている。
 人での感染例は報告されていない。
12月3日


Man dies of bird flu in E China province Shanghai Daily, China (中国) 東部中国で男性が鳥インフルで死亡
 東部中国の江蘇省で男性が昨日死亡したことを、省の保健局が報告した。
 リュウという姓名の24歳男性が11月24日に、発熱、悪寒、および他の症状を呈して、11月27日に左下肺炎との診断のもとに入院した。しかし病状は悪化し、2日に死亡した。
 患者の呼吸器分泌物を検体として調べた江蘇省疾病管理センターは、1日、H5N1ウイルスに男性が感染していたことを確認した。
 しかしながら男性は死亡した家きんと接触した既往を有していない、と保健局ではコメントしている。
 中国疾病管理センターで行った検査でも、H5N1ウイルス感染が確認されたので、中国保健省は、リュウさんが鳥インフルに感染していたことを確認したと発表した。
 省では接触者69人の医学的監視を継続しているが、現在の処、健康に異常を呈した者はいないとされる。
 中国政府は当症例の発生について、WHOと地域の各国に報告した。
 江蘇省家畜局では鳥インフルは同省で検出されていないとしている。
New bird flu outbreak kills Chinese man Bangkok Post, Thailand  (タイ) 新規鳥インフルで中国の男性が死亡
Bird Flu virus found in meat in shops in north Poland  Thenews.pl, Poland (ポーランド) 北部ポーランドで販売中の肉からウイルスが検出
 二ヶ所の”と殺場”由来の七面鳥の肉。
 ”と殺場”のチェックと販売されている他の肉もチェックに。
China Reports 17th Bird Flu Death Voice of America  (米国) 中国、17人目の鳥インフル死亡例を報告
 基本的下記報道と同内容。

Man dies of bird flu in China France24, France - (フランス) 中国で男性が鳥インフルで死亡
  下記報道と同内容。

Man dies of bird flu in China: report PhysOrg.com, VA  (米国) 中国で男性が鳥インフルで死亡

 東部中国で男性が2日、鳥インフルで死亡し、同国で17人目の死者となったことが、国営通信で報道された。

 11月27日に24歳男性が肺炎との診断で入院したと3日早朝に、新華社が報じた。江蘇省保健局の発表を引用した。
 同報道によると、男性は病院で重体のまま悪化し、2日に死亡した。
 省と国立疾病管理センタでの別々の検査で、男性がH5N1鳥インフルウイルスに感染していることが確認された。
 リュウと呼ばれる男性には、家きんとの接触歴がないことが省保健局から発表されている。さらに江蘇省では家きんでのH5N1鳥インフル発生も報告されていないと、省の家畜保健局から発表されている。
 リュウさんと濃厚接触歴のある69人が医学的監視下に置かれているが、異常症状を呈している人はいないと、新華社では伝えている。
 中国では今回の例を含めると、26人が鳥インフルに感染し、17人が死亡している。先に死亡した例は、今年の6月に10代の兵士が死亡した例である。

 人での鳥インフル感染は通常、発病した鳥を介して生じるが、中国では国内全土に家きんのワクチン接種を行っており、家きんでの流行により感染した事例は1例のみとされている。
12月2日


Deadly H5N1 bird flu found on Polish turkey farm Scientific American (米国) 致死的H5N1鳥インフル、ポーランドの七面鳥農場で発生

 ロイター
 ワルシャの北西部の3家きん農場が、七面鳥でH5N1鳥インフル発生のため閉鎖された。当局が1日発表した。
 4000羽を殺処分する予定。
 同国の獣医責任者がテレビで発表したところによると、発生した農場は、プロック市近くのBrudzen村周辺の農場である。
 獣医責任者によるとウイルスは、渡り鳥、ガン、白鳥によってもたらされた可能性が高いと話し、、発生農場周辺半径3キロ以内は立ち入り禁止とされた。

Deadly H5N1 bird flu discovered on Polish turkey farm Xinhua, China  (新華社、中国) 致死的H5N1鳥インフル、ポーランドの七面鳥農場で発生
Bird flu spreads in northwest Bangladesh  Radio Australia, Australia  (オーストラリア) 鳥インフル、バングラディシュの北西部へ拡大
 鳥インフルはバングラディシュ北西部の他の地域へ拡大した。
 当局によると保健および獣医担当者達が6000羽の鶏と2500個の卵を処分した。
 最新の発生地は首都ダッカの160キロ離れた村であった。
 鳥インフルは、バングラディシュで初めて今年の3月に発生が確認され、それ以来主として北部の地域へ拡大した。
 人での感染は報告されていない。
Bird flu found on Polish farm birds The Age, Australia  (オーストラリア) ポーランドの農場で鳥インフル発生

 ポーランド中央の2家きん農場で七面鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたと、当局が発表した。
 これは同国で初の家きんに於ける致死的ウイルスの報告となった。
 発生は、獣医局によると、ワルシャの北西100キロプロック市近くの2七面鳥農場である。
 初期の検査でH5N1鳥インフル感染が示された為、さらに国立獣医学研究所で確認中である。
 首相報道官によると、首相は、何もパニックとなる理由はないと発表している。

 H5N1鳥インフルウイルスはポーランドで、昨年初めて野生の白鳥で検出された。

 
12月1日


 特記すべき情報のみ翻訳記載

2007年12月1日 7:14:09


Report says bird flu virus still exists in six countries Afrique en ligne, France (フランス) 国連報告、鳥インフルウイルスはいまだ6カ国に存在
 国連と世界銀行の報告書で、鳥インフルは現在、インドネシア、エジプト、ナイジェリア、中国のいくつかの地域、およびバングラディシュで慢性的に流行している。
 パンデミックへの危険性はいまだ高い。
Bird flu spreads to 60 countries, pandemic risk still high: UN  Brandon Sun,  Canada  (カナダ) 鳥インフルウイルスは60カ国に拡大、パンデミックの危険性はいまだ高い:国連報告
UN Urges Vigilance In Fight Bird Flu Despite Progress World Bank Group, DC (米国) 国連、家きんにおける鳥インフル対策は進んでいるが、パンデミックへの対策は急ぐべきと
Pandemic flu preparedness report raises red flags AAP News (subscription) (米国) パンデミックインフルエンザ対策は不十分と。国連報告
Romania confirms bird flu outbreak Earthtimes, UK  (英国) ルーマニア、鳥インフル発生を確認
TOP