高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年          
11月30日

高病原性鳥インフルエンザ、ルーマニアのドナウ・デルタでも検出 AFPBB News 
 ルーマニアの国家家畜保健及び食品安全局(ANSVSA)は28日、同国東部の欧州最大の湿地帯「ドナウ・デルタ(Danube delta)」のMurighiol村で、鳥インフルエンザが検出されたと発表した。
 ANSVSAによると、村の養鶏場で飼育されている多数の家禽(かきん)から、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)と見られるウイルスが検出されたという。
 ルーマニアは欧州で鳥インフルエンザの被害を最も受けた国の1つで、2005年はドナウ・デルタでの発生を含む55件、また2006年5月には中部の養鶏場で150件の発生が確認された。
 同国の保健当局はウイルスのまん延を防ぐため、100万羽以上の鳥を処分して対応している。
2007/11/30-07:47 鳥インフルへの対応改善=インドネシアなどでは慢性化も-国連報告 時事通信
 国連と世界銀行は29日、世界規模の鳥インフルエンザへの対応状況をまとめた報告書を発表し、「家禽(かきん)類の間での流行に関しては多くの国で対応が改善した」との認識を示した。ただ、高病原性ウイルスによる鳥インフルエンザはインドネシア、エジプト、ナイジェリア、中国およびバングラデシュの一部地域で慢性化していると警告した。
 報告書によれば、今年8月末までに計60カ国で高病原性のH5N1型鳥インフルエンザの流行が見られたが、多くの場合、早期に拡大阻止策が取られた。報告書はこれを踏まえ、鳥インフルエンザに対する意識や監視能力が高まっていると評価した。
 一方、H5N1型による死者は4年間で12カ国計205人に上っており、新型インフルエンザの大流行の危険性は消えていないと指摘した。
Bird flu pandemic risk still high: UN CTV.ca, Canada - (カナダ) 鳥インフルのパンデミックはいまだ発生する危険性が高い、国連
 国連のデービット・ナバロ博士の報告。
 鳥インフルは世界60カ国で、家きんや野鳥の間で広がった。しかしながら対策が進んだため現在はわずか6カ国でのみ慢性的流行が続いている。
 しかし、人人感染を起こすウイルスへの変異の可能性はいまだ高く、パンデミックの危険性はある。
H5N1 report suspects wild birds  InTheNews.co.uk, UK (英国) 英国政府、H5N1鳥インフル発生の原因は野鳥の可能性と
 英国政府は(Defra)はイースト・アングリアンで発生した鳥インフルは、その発生源が明確に出来なかったと予備的発表を行った。
 遺伝子学的検査結果で、野鳥がH5N1ウイルスをヨーロッパから運んで来た可能性が示唆されている。しかしそれを示している直接的根拠はない。
Russia faces an outbreak of Bird Flu  OverTheLimit.info, Canada -(カナダ) ロシア、鳥インフル発生の危険性に直面
 ルーマニアで新規鳥インフルの発生が確認された。
 ヨーロッパで今年、7事例目の発生となる。
 ウイルスはルーマニアの東部の農場で検出されたと発表されている。
 人での感染例は報告されていない。
11月29日

Wild birds probable disease cause BBC News, UK (英国) 英国政府、発生鳥インフルは野鳥からもたらされた可能性と
 英環境・食糧・農村省(Defra)は、今月サフォークのレッドグレーブ・パーク農場で発生した鳥インフルは野鳥によりもたらされた可能性があると、予備的コメントを発表した。しかしながら明確な根拠はなく、また農場で働く作業員のバイオセキュリティーも完全ではなかったと付け加えた。
 野鳥が原因とされる理由は、鳥インフル発生農場周辺は野鳥が多く、また1000羽近くの水鳥が棲む観賞用湖が近くにあることとされる。
 しかしながら野鳥でのH5N1鳥インフルは観察されず、高頻度で野鳥が死亡したという事実もない。
 英国における当H5N1鳥インフルの発生は、11月13日~15日頃の情報を参照。

The preliminary report into the latest outbreak of bird flu in Suffolk concludes that wild birds were probably the main source of infection.

But no evidence has yet been found to support this theory.

The report also found that poor biosecurity was practised by some of the staff on the farm where the outbreak occurred on 11 November.

This is thought to probably be responsible for the disease spreading to another farm.

The virulent H5N1 strain of the virus, a variant capable of being transmitted to humans, was first discovered at Redgrave Park Farm near Diss, where all 6,500 birds were slaughtered.

The disease was later also confirmed to have reached the nearby Hill Meadow Farm at Knettishall - 9,000 turkeys were culled there.

Poor biosecurity

The Department for Environment, Food and Rural Affairs (Defra) says the disease was discovered in an area where wild birds were relatively common and was notably near to an ornamental lake which supports some 1,000 waterfowl.

The affected poultry were free-range - meaning they had access to the outdoors and may have been at greater risk of catching the disease.

H5N1 infection has not been detected in wild birds nor have any incidents of high mortality been observed in the area, according to the report.

But it added that wild birds, most likely migratory species from central Europe, cannot be ruled out as the source of infection.

The report added that poor biosecurity was employed by stockmen who worked at Redgrave Park Farm and on other farms in the area.

Simple measures to prevent the transmission of infection between premises were not followed, it said.

Such measures include changing clothing between premises, disinfection of wellington boots, the disinfection between premises of buckets for the distribution of feed, and the carriage and handling of dead birds.

Suffolk had previously had an H5N1 outbreak at a turkey farm in February.



新型インフルエンザ発生想定 患者搬送など訓練 鹿児島市保健所 県内で初 西日本新聞
 新型インフルエンザの発生を想定した患者搬送訓練が28日、鹿児島市鴨池2丁目の市保健所であった。「人から人への感染」に対応した実地訓練は県内では初めて。高い致死率を示す新型インフルエンザだけに、職員らも緊張した面持ちで訓練に臨んでいた。
 新型インフルエンザは鳥インフルエンザなどの突然変異で生じたとみられ、インドネシアなどで患者が発生。国内での発生例はないが、60%と致死率が高いため、国がガイドラインを示して防疫に力を入れている。
 市は実際に患者が出た場合、的確に対応できるようにと訓練を実施。県外出張から帰ってきた会社員が、患者が多い「H5亜型」にかかったと想定し、患者発生の報告や連絡、感染防護服の着方、感染症病院に指定されている市立病院への患者搬送などを行った。
 訓練には、市保健所職員約50人のほか、鹿児島検疫所支所や県健康増進課からも参加。約2時間の訓練を終え、黒丸喜功・市保健予防課長は「2次感染をいかに防ぐかなどの課題も見つかった。今後に生かしたい」と話していた。
Bird flu found in Romania, 90 hens and ducks slaughtered HULIQ, NC (米国) ルーマニアで鳥インフル発生、90羽の雌鳥とアヒルが殺処分
 ルーマニア当局は、ルーマニア東部のダニューブデルタ地域の小農場で、鳥インフル拡大防止のために90羽の雌鳥とアヒルが殺処分されたと発表した。
 予備的検査で農場で死亡した15羽の家きんが、H5亜系ウイルスに感染していたことが確認された。
Bird flu outbreak confirmed in Danube Delta Xinhua, China (中国) ルーマニア、ダニューブデルタ地帯で鳥インフルが発生
 28日、ルーマニアの南東部の家きん農場で鳥インフル発生が確認され、死亡した家きんの検査の結果H5N1鳥インフルと確認された。
Saudi culls more birds over deadly flu AFP  (国際) サウジ、さらに鳥インフル拡大阻止のために家きんの殺処分
 サウジアラビアは14ヶ所目の鳥インフル発生を確認したため、216000羽の家きんを殺処分の過程にあると発表した。
 11月12日に最初のH5N1鳥インフルが発生して以来、同国では400万羽近い家きんが殺処分されている。
Roche accepts fda's Tamiflu proposal  Kansas City Star, MO (米国) ロッシュ社、FDAの提案を受け入れる

 スイスの製薬メーカー、ロッシュ社は、米国FDA委員会のタミフル添付文書に、より強い警告文書を添付すべきであるという提案を28日受け入れた。広報担当者がそのように発表した。
 しかし広報官は同時に全てのインフルエンザ患者は、インフルエンザ自体にも精神的問題を引き起こす危険性があるという警告を伝えるべきであるともコメントしている。広報官はタミフル服用と、生じた譫妄(せんもう)や幻覚との間の明確な因果関係はないとも語っている。
 「添付文書にインフルエンザ自体がこのような症状を引き起こすことが有り得るということを記載することが極めて重要である」
 FDA委員会は28日、ロッシュ社に対して1999年以来4800万人に使用してきたタミフルの添付文書の内容を変更するように勧奨した。
 タミフルの添付文書にはすでに譫妄(せんもう)や自傷症が、主として日本の小児の間で発生しているという警告が記載されているが、FDAの専門家の中に数人が異常行動の結果死亡しているということも記載すべきと勧奨した。

 タミフル服用による600近い精神的副作用が報告されているが、そのうち75%が日本で発生している。5人の子供達が窓やバルコニーから飛び降りたり、走って交通事故で死亡している。FDAの報告ではそのように伝えられている。
 ロッシュ社は15万人の患者の分析結果をFDAに提出しているが、タミフル服用による精神的問題が高まるという結果は出ていない。
 「昨年中、我々は色々なデータを分析するとともに、さらに付加的研究も行った。しかしながらタミフルと問題視されている副作用との間には何ら因果関係を認めなかった。むしろデータを分析すればするほど、インフルエンザ自体がそのような異常行動を引き起こしていることを示している」、とロッシュ社の広報官は説明している。
 広報官は、インフルエンザ自体で体温は40度、さらにはそれ以上に上昇する。この際に譫妄(せんもう)や幻覚が生じ得ることを人々は知る必要がある、とも説明している。
 タミフルの売り上げは2007年上半期で11億ドルとなっている。ここ数年、各国政府がパンデミックインフルエンザに備えてタミフルの備蓄を行っていることが、売り上げを伸ばしてきている。

11月28日


Flu Drugs May Cause Dangerous Behavior  AOL News Newsbloggers, VA (米国) 抗インフルエンザ薬、服用により危険行動発現の可能性
 下記と同じニュース・ソース
US experts mull flu drugs, abnormal behavior link  Sandy Post, OR (米国) 米国専門家、抗インフル薬と異常行動の関係を再考慮に
 抗インフルエンザ薬の安全性が医学専門家達により再考慮されている。
 27日米国FDAの顧問委員会が、薬を服用後に発生した小児を中心とした精神的異常行動を分析した。
 医学専門家達はロッシュ社のタミフルとグラクソスミスクライン社のリレンザを服用後に幻覚、妄想等他の異常行動を呈した事例を調査した。タミフルの場合、数例で奇行が見られ、ビルから飛び降りて死亡した事例もある。
 今回の検討は2年前に日本から自殺等を含む10数人の死亡例が報告されて以来3回目となる。
11月27日


Kuwait, other Saudi neighbors ban poultry  United Press International(米) クエートなどサウジ隣国が家禽輸入を禁止
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 今月サウジアラビアで鳥インフルエンザが発生したことを受けて、隣国数カ国が同王国からの家禽製品の輸入を禁止した。
クエートはサウジアラビアの鳥や卵の輸入を禁止したと、クエート・タイオムスが26日に報じた。動物衛生担当の省庁の監視チームが飼育場に派遣され、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスの検査を家禽に行っている。
 昨年クエートは密輸されたハヤブサからH5N1が検出されたことに伴い、数千羽の鳥を殺処分した。しかし同国ではそれ以降、発生は見つかっていない。
 現地紙の報道によると、イエメンなどの隣国もサウジアラビアでの今回の発生を受けて同王国からの家禽製品の輸入を停止している。今回の発生は今月に入って検出され、 350万羽の殺処分につながった。
 一方、国営サウジ通信社が26日に出した短い声明によると、リヤドの南方の家禽飼育場の全ての鳥は、鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されたために先週殺処分されたという。
More bird flu found at Saudi poultry farm  ArabianBusiness.com, United Arab Emirates (アラブ首長国連邦) サウジの家きん農場でさらに鳥インフルが発生
 サウジの公的報道によると、リヤジの150キロ南方のAl-Kharjの農場で、H5N1鳥インフルが発生したため、全家きんが殺処分された。詳細は不明。
 先週の21日農業省は10日間に亘り、鳥インフル発生農場や首都圏周辺の家きん市場の家きん350万羽を殺処分したと発表したばかりである。これによる経済的損失は130万ドルとされる。
11月26日

Indonesian health minister blasts US doctor for taking patient's ... International Herald Tribune, France (フランス) インドネシア保健相、患者血液を採取した米国医師を非難
 米国医師が患者の診断のために血液を米国に送ったことを、インドネシア保健相が非難。ウイルスを分離してワクチン製造用に利用も出来るということが非難の理由。
 医師は検体は患者に属すると説明の上、あくまでも診断のために検体を米国に送ったとコメントを発表。人道的見地からの行動であって、商業用に検体を使用しないという保証文書を記しても良いとも語っている。
Indonesia says no to bird flu virus sharing Reuters  (国際) インドネシア、鳥インフルウイルスの共有を拒否
 インドネシアは、途上国が提供分離ウイルスに対する利用権限を有し、(それにより作成された)製造ワクチンを安価で入手できる保証が得られない限り、分離ウイルスを国際社会と共有するつもりはないと発表した。
Indonesia's health minister says 'no' to sharing bird flu virus ... Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア保健相、鳥インフルウイルスはWHOへ提供せずと

 インドネシア保健相は25日、同国は分離される鳥インフルウイルスをWHOへ送らないと発表し、貧しい途上国はウイルスから開発されるいかなるパンデミックワクチンをも利用できるよう援助を受ける必要があると、提供を拒む理由を説明した。
 シチファディラ・スパリ大臣は、ジュネーブでWHO主催による各国政府間のウイルス共有に関する、世界的取り決めに関する再構築の会議から帰国した直後にコメントを発表した。
 「会議は検体共有に関する結論をだすことに失敗した」、と大臣は記者団にバンドゥンで語った。
 「それ故、インドネシアは、分離ウイルスをWHOへ送らなければならないという義務はない」、と付け加えた。

11月25日

<鳥インフルエンザ>ミャンマーでニワトリの感染を新たに確認 AFPBB News 
 中国国境付近のミャンマー東部で、ニワトリの鳥インフルエンザ感染が新たに確認された。同国政府の家畜衛生当局者が24日、明らかにした。
 当局者が匿名を条件にAFPに語ったところによると、18日に農家で飼育されていた数百羽のニワトリが突然死に、感染が発覚したという。
 また、この当局者は「死亡率は極めて高い。3日間で数百羽のニワトリとアヒルが死んだ」と語り、感染拡大を防ぐために2000羽が処分され、同地域内での家きん類の移動が制限されていることを明らかにした。
 ミャンマーで高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)が確認されたのは、最大都市ヤンゴン(Yangon)近隣で感染拡大防止のため4000羽以上の鳥が処分された7月以来初めてとなる。
 同国の軍事政権は通常は秘密主義的な運営を行っているが、鳥インフルエンザへの開かれた対応については国連(United Nations)からも珍しく称賛されている。
 世界保健機関(World Health OrganizationWHO)が正式に発表した統計によると、アジアで初めて感染が確認された2003年以降、H5N1ウイルスへの感染により206人が死亡しており、インドネシアとベトナムが最も大きな被害を受けている。
Thousands of Ducks Killed After Bird Flu Found in South Korea  Voice of America  (米国) 韓国で鳥インフル発生のため、数千羽のアヒルが殺処分
 韓国当局は、南部の4ヶ所の農場で、低病原性の鳥インフルが発生したため、数千羽のアヒルを殺処分した。
 当局によると、ソウルの南方250キロにあるGwangju市近くの農場でウイルスが見付かったという。拡大防止のために同農場の「3800羽のアヒルと、近くの他の3農場の12000羽以上のアヒルを処分した。
 鳥インフルを起こしているウイルスはH7亜系株で、人にはそれほど感染力はないとされる。
New bird flu case in Hong Kong  PhysOrg.com, VA  香港で野鳥のH5N1鳥インフル新規例
 香港で見付かった病的な状態のシラサギが検査の結果致死的H5N1鳥インフルウイルス陽性であったことが確認されたと、24日農業庁が発表した。
 同野鳥は17日に公園で見付かっていた。
 香港では、本年H5N1鳥インフルウイルスに感染した10数羽の野鳥が病的または死亡して見付かっている。
 当局では野鳥や家きんに個人的に接触しないように警告している。
 渡り鳥が鳥インフルの世界的拡大に寄与しているという意見もあるが、生物学者達は、局所的に感染して死亡している野鳥たちは、隣接する大陸の中国で感染している家きんから感染したのではないかと、考えている。
 なお、現在のH5N1鳥インフルウイルスが、人に対して致死的感染を起こすように変異したのは、やはり中国内と考えられている。
11月24日

Myanmar takes steps against new bird flu cases Earthtimes, UK - (英国) ミャンマー、新規鳥インフル発生に対策強化
 ミャンマー政府は東部のシャン州で鳥インフルが確認されたため、数については詳細発表はないが、多数の鶏を殺処分したことを24日発表した。
米fda、タミフル副作用情報を拡充・日本での死亡例明記  日本経済新聞
 米食品医薬品局(FDA)が抗インフルエンザウイルス薬の副作用に関する注意書きを追加する。従来の「服用すると幻覚などに陥る」との項目に加え、新たに「日本などでは死亡例があり、死亡するリスクがある」ことを明記するよう、製薬会社に求めることになった。27日に開催する小児諮問委員会で勧告する。
 対象はスイスのロシュの「タミフル」と英グラクソスミスクラインの「リレンザ」。昨年発した警告から一歩踏み込み、重い精神錯乱は大人と子どもの両方の患者に発生する懸念があり、それが死亡につながるリスクがあることを記載させる。
 「タミフル」は新型インフルエンザ対策などに有効とされる。世界各国の政府が爆発的な流行に備えて備蓄しており、使用を制限すべきとの勧告は見送る見込み。FDAは「薬が異常行動の直接の原因かはまだ不明」としている。ただリスクがあるとみられる以上、因果関係の究明前でも消費者に幅広く警戒を呼びかけることにした。
South Korea confirms bird flu outbreak Las Cruces Sun-News, NM  (米国) 韓国で鳥インフル発生(H7亜系株)
 8ヶ月ぶりに韓国で鳥インフルが発生したが、致死的H5N1株ではなく、人の間で広がらないH7亜系株である。
 ソウルの南西205マイルのGwangjuの農場でアヒルの間で鳥インフルが発生し、17000羽のアヒルが殺処分された。
Only two effective bird flu fighters get warnings  Charlotte Sun-Herald, FL  (米国) 鳥インフルに効果を持つ唯一の薬剤が副作用警告
 因果関係は明確とはなっていないが、タミフルに関してはより警戒を有する内容に、リレンザに関しては精神的異常行動を起こす可能性があるとの警告が必要と、FDAは文書で報告。
FDA staff urge psych warnings for two flu drugs  Canada.com, Canada  (カナダ) FDAスタッフ、2種類の抗インフルエンザ薬の精神的副作用を警告
下記と同内容

US FDA staff recommend psych warnings for 2 flu drugs Guardian Unlimited, UK  (英国) 米国FDAスタッフ、抗インフルエンザ薬の精神異常反応について警告
 米国FDAでは、ロッシュ社のタミフルとグラクソスミスクライン社のリレンザを服用した患者で見られた精神的副作用について、新規警告の必要性を、23日文書で発表した。
 FDA顧問委員会が来週開かれ、その文書の内容に関して討議する。当委員会はタミフルの安全性を討議するものであるが、開催は今回で3回目である。第1回目は2年前に開かれたが、理由はタミフルを服用した日本の子供達が10数人死亡したことであった。
 専門家達の調査では薬の服用と死亡との間の因果関係は明確ではなかったが、FDAは添付文書に、服用後の患者の行動に十分注意するように警告した(妄想、自己傷害)。
 今回、来週の会合のために用意された文書には、FDAがタミフルの添付文書により強力な警告文を掲載すべきと書かれている。
 「いくつかの事例では異常行動が死をも含む重大な自己傷害が、大人と小児の患者と発生している
 FDAでは同様に、タミフルと同じクラスに位置するリレンザに関しても調査した。そして今回、その添付文書に幻覚、妄想、および異常行動の報告があると記載すべきと顧問委員会に申告した。現在の添付文書には何も記載されていない。
 FDAのスタッフによると、事実の解釈はまとまってなく、薬剤で異常行動が起きているのか、インフルエンザ自体で起きているのか、もしくは両者が関係しているのか、現在は明確ではないとされる。
 FDAではタミフルによる副作用を600事例で分析し、リレンザに関しては115事例で分析している。
 タミフルによる副作用事例は増加中であるとも説明している。

 タミフルは1999年に使われ始めてから世界で4800万人が服用し、そのうち2100万人が小児とされる。
11月23日

栄研化<4549.T>、「h5亜型インフルエンザウイルス」検出試薬キットの製造承認を厚労省に申請 ロイター 
 栄研化学(4549.T: 株価, ニュース, レポート)は22日、「H5亜型インフルエンザウイルス」検出試薬キットの製造販売承認申請を厚生労働省に対し行ったと発表した。
 高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルス(H5亜型)がヒトからヒトに感染する新型インフルエンザウイルスへと変異し、世界的な流行を引き起こす可能性が懸念されている。世界的な流行を防ぐためにも、流行の初期段階で原因ウイルスと被害範囲を特定し、適切な対応を実施することが必要とされている。
 同社は、独自技術である「LAMP法」という遺伝子増幅法を利用し、迅速にウイルスを検出する試薬キットを開発した。
Fortnight later Ministry of Agriculture discover why birds die in ... Yemen Times, Yemen  (イエーメン) イエーメン、大量の家きんの死亡原因は2週間後に明確にと
 多数の県で家きんが死亡しているイエーメンで調査チームによる死亡原因が調べられているが、農業省では2週間後に死亡原因を明らかにして発表すると、発表した。
 毎年冬期間に入ると多くの家きんが死亡するので、原因はそのせいである可能性が高いが、鳥インフルも否定できないと農業省の高官は説明している。
Pandemic flu drug order doubles BBC News, UK  (英国) パンデミック用薬の備蓄量を倍増に

 英国は将来のパンデミック・インフルエンザに備えて、抗ウイルス薬の備蓄量を倍増する。

 この備蓄量は、専門家達が英国でパンデミックインフルエンザが発生した場合、罹患する人口数と考えられる、英国人の半数に投与できる量である。
 保健省庁長官のジョーンソン氏によると、これらの備蓄量で、英国は世界で最もパンデミックに対して準備が出来た国家の一つになると説明している。
 専門家の中には、世界的パンデミックはいつ起きても不思議ではないと考えている人々も多い。

11月22日


Saudi bird flu outbreak: over 3 million birds to be destroyed Earthtimes, UK  (英国) サウジ、鳥インフル発生で300万羽以上の家きんを殺処分に
 サウジの農業省は22日、首都リヤジ周辺で致死的H5N1ウイルスが検出されたため、300万羽以上の家きんを殺処分していると発表した。
 11月12日に最初に鳥インフルがリヤジ近くの農場で発生してから350万羽を超える家きんが殺処分されつつある。また市の南部にある鳩市場でもH5N1鳥インフルウイルスが見付かっている。
 なお人での発生報告はない。
新型インフルエンザで合同訓練 神戸市など 神戸新聞 
 新型インフルエンザに感染の疑いがある患者の発生を想定し、神戸市と医療機関による初の合同訓練が二十二日午前、同市内であった。約百人が参加し、感染症用の輸送器具を使った患者搬送や、接触者の調査など初動対応を確認した。
 鳥インフルエンザ(H5N1型)からの変異など、人への感染が懸念される新型インフルエンザの発生に備え、同市は昨年十一月、関係機関の対応策をまとめた「対策実施計画」を策定。今年八月に改訂し、体制の強化を図っている。
 訓練は、新型インフルエンザ発生の恐れがある外国からの帰国者が体調不良を訴え、病院で受診した結果、感染の疑いがある-との想定。市は対策会議を設け、情報を収集するとともに、透明のプラスチックでウイルスの飛散を防ぐ輸送器具を使い、感染症対応の市立医療センター中央市民病院に患者を搬送した。
 また、患者の自宅と職場で感染者がいないかを調査。妻も感染の疑いがあると分かり、二人の検体を病院横の環境保健研究所に運んだ。
 市地域保健課の川瀬修司課長は「初期対応が非常に大切なので、医師会や市民とも連携し、感染の拡大を防ぎたい」と述べた。午後には、神戸ポートターミナルに停泊中の定期国際フェリーでも同様の訓練をする。
感染拡大を防げ タウンニュース 

町田市、町田保健所、町田消防署、町田市医師会が合同で「新型インフルエンザ対策訓練」を11月10日、市健康福祉会館で実施した。町田市内で同様の訓練を行ったのは初めて。鳥インフルエンザなど人間に抗体がない新型インフルエンザを最小限の感染者で食い止めようとする今回の訓練は、初期対応の大切さと一自治体だけでは対応できない深刻さが明白となった。

 今回の訓練は今年3月に東京都が新型インフルエンザ対応マニュアルを策定したことを受け、訓練実施となった。訓練では外国で新型インフルエンザが人間に感染したことが確認され、国内でも感染者が現れたため、都知事が各区市町村に発熱センターの設置を命じ、町田市内でも新型インフルエンザ罹患者が発生したことを想定。発熱センターは新型インフルエンザの都内流行前期に設置する簡易的な診療所で、主に感染の有無や症状などを確認するトリアージを行う。センター内の空気が外部に流れ出ないよう減圧式。

 訓練は発熱センターに新型インフルエンザに感染したと思われる人が来所し、診察、隔離、感染確認、指定病院への移送までを行った。流行前期を想定し、感染封じ込みを目的にしている。

 実際に新型インフルエンザが発生し、発熱センターの設置が発令された場合、市内にセンターが設置され、防護服を着用した保健師や市職員が窓口対応をする。センター内では医師が診断し問診の結果、感染の疑いがあれば、感染症外来医療協力機関である町田市民病院に移送。市民病院内の特別診察室で隔離され、新宿区にある国立感染症研究所で患者のデータの検査を実施。陽性ならば近隣の病院に移送され手当てを受ける。移送は立川市にある感染症専用の救急車を使用する。

 感染拡大を防止するためには、流行初期の敏速な対応と確実な手順が求められるため、訓練では手順を確認し、疑問点などがあれば、そのつど確認し検討材料を明確にしていった。

 町田市はJR・私鉄、バスなどが広範囲に広がる交通発展都市であるため、自治体単位の訓練では対処できないことが容易に想像できる。市健康課は「訓練によって問題点を見つけ、今後の課題として有効にその結果を利用していきたい」と話している。


Birds from sixth farm to be culled Telegraph.co.uk, United Kingdom  (英国) 6番目の農場で殺処分
 英国環境・食糧・農村省は、監視ゾーンの中にあるが、発生地から3キロ以内の予防ゾーンの外にある施設を家きん飼育施設接触危険地帯として、警戒地域に指定した。
 合計56000羽のアヒルと9000羽の七面鳥、さらに3000羽のガチョウが殺処分された。
Birds killed after bird flu suspected in England MSNBC (国際) 英国、鳥インフル疑いで家きんが殺処分に
Fifth farm in bird flu cull InTheNews.co.uk, UK  (英国) 5番目の農場で家きんの殺処分
 英国政府は、イースト・アングリアの5番目の農場の全家きんの殺処分を、鳥インフル拡大予防のために命令した。
Bird flu suspected at sixth premises  ITN, UK  (英国) 英国、鳥インフルが6番目の農場でも発生の疑い

 英国環境・食糧・農村省(Department for Environment, Food and Rural AffairsDEFRA)は、監視ゾーンの中にあるが、発生地から3キロ以内の予防ゾーンの外にある施設を家きん飼育施設接触危険地帯として、警戒地域に指定した。
 合計56000羽のアヒルと9000羽の七面鳥、さらに3000羽のガチョウが殺処分された。
 同施設は、最初に鳥インフルが発生したRedgrave Park 農場、および他の4ヶ所の接触危険箇所を経営しているRedgrave Poultryによって経営されている。
11月21日

WHO、鳥インフルエンザまん延を警告、各国に情報共有を呼び掛け AFPBB News
 AFP
 世界保健機関(World Health Organization
WHO)は20日、鳥インフルエンザが数か月以内に世界中にまん延する恐れもあると警告し、加盟193か国に情報共有を呼び掛けた。
 マーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長はジュネーブ(Geneva)で行われた政府間会議の開会にあたり、「感染は数か月以内に世界中いたるところに広がる可能性がある」と警告。「薬剤耐性を持つウイルスの発生を監視する唯一の方法は、現在確認されているウイルスを共有することだ」と指摘した。
 ただしインドネシアは2006年12月にサンプルの共有を保留している。貧困国が欧米の研究機関にサンプルを無償提供しているにもかかわらず、生産されたワクチンを購入する余裕がないことを不服としているためだ。
 WHOが正式発表した最新の統計によると、2003年以降12か国で335人が発症し、死者206人を出した高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)では、インドネシアが最も大きな被害を受けている。
 鳥インフルエンザの感染源はこれまではすべて動物であるが、WHOは人から人へ感染する変異型が発生し、1919年に約4000万人の死者を出したスペイン風邪以来の大流行に発展する事態を懸念している。
 ジュネーブで出された提案では、インドネシアは情報提供とワクチンの利用を結びつけるよう求めている。
 WHOは事務局長への報告書で、事前購入もしくは先行契約の制度を提案している。WHOによると、この制度によって貧困国はある程度の数量のワクチンを確保できるという。
 WHOは2010年までに鳥インフルエンザ・ワクチンの生産量は年間450万本程度にまで増やせる可能性があるとしている。(
Birds flu found in market near Saudi capital-report  Reuters (国際) 鳥インフル、サウジアラビア首都の市場周辺で発生
 サウジアラビア首都のリヤド周辺の家きん市場で鳥インフルが見付かったことが、20日の現地の報道で発表された。
 鳥インフルウイルス株の詳細に関しては明らかにされていない。
 2週間後には200万人に及ぶメッカ巡礼者が集まる。
 当局によると先週、首都の南方150キロに位置するal-Kharj,の農場で5万羽の家きんを殺処分している。1500羽が死亡したことによるが原因は明らかになっていない。
 また当局は今週に入ってから22万羽の家きんが、首都周辺の他の地域で殺処分されたと発表した。その周辺には400万人ほどの人々が住んでいる。
 政府は大量のタミフルを人々に鳥インフルが拡大したときのために用意していると説明している。
WHO urges global sharing of bird flu data to avert pandemic AFP WHO、鳥インフルのデータは世界中で共有の必要性があると緊急呼びかけ
Indonesia, US square off at bird flu talks Melbourne Herald Sun, Australia (オーストラリア)
11月20日

Bird flu is found at second farm Independent, UK 英国、二箇所目の農場で鳥インフルが確認

英国でH5N1型を再度検出、イングランド東部の農場で  AFPBB News 
 英環境・食糧・農村省(Department for Environment, Food and Rural AffairsDEFRA)は19日、イングランド東部のサフォーク(Suffolk)州とノーフォーク(Norfolk)州の州境にある農場の七面鳥から高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスを検出したと発表した。この農場は、13日にH5N1型ウイルスが検出された農場に近接しているという。
 DEFRAの高官は声明で、近隣地域の農場に対し厳重な警戒を促した。
 同省は13日、ノーフォーク州ディス(Diss)の農場でH5N1型ウイルスが検出されたことを受け、家禽(かきん)類約6000羽の処分命令を出していた。翌14日には新たに4つの農場に家禽類の処分を命じ、約2万9000羽が処分されている。
India bird flu free, says world body Times of India, India  (インド) インドでは鳥インフルが消失
 3ヶ月間鳥インフルの発生が見られていないことから、 World Organisation of Animal Health (OIE) が、インドから鳥インフルが消失したことを公認した。
How Well Can Wall Street Handle Pandemic Flu? Drill Results Are Mixed… Wall Street & Technology, NY  ウォール街は、パンデミックインフルにいかに対処するか?訓練結果は多様
 鳥インフルはヨーロッパからアジアへと拡大している。科学者達は拡大様式が変わってきたことから、世界的パンデミック(人における)の可能性が高まっていると警告している。それに対して米国金融界はどのように対策を講じるべきだろうか?
 2775の金融関連企業が最近参加して模擬訓練に参加したが、その結果は多様であった。

With bird flu outbreaks cropping up from Europe to Asia, scientists say the new pattern of spreading infection makes a worldwide human pandemic more likely. So how well prepared are U.S. financial firms for a pandemic?

Well, 2,775 financial firms recently took part in a drill to try and answer that very question.

The U.S. Treasury, together with SIFMA and the Financial and Banking Information Infrastructure Committee (FBIIC) held a 3-week pandemic drill for the financial services industry, giving enough time to simulate a full pandemic wave and clarify its ripple effects within the markets and interdependent sectors.

Preliminary results of the three-week long exercise were mixed.

While 63.9% of respondents said they had a business continuity plan, 56.2% said their plan was only moderately effective during the drill.

"This could be anything – a problem with procedures, or communication," suggests Steve Crow, Head of U.S. Sales for the Trading Systems business within BT Global Financial Services.

Meanwhile, 28% of firms said their plan was minimally effective and 3.8% found that their plan was not at all effective.

Still, 96.9% said the exercise allowed their organization to identify critical dependencies, gaps, and seams that warrant additional attention.

91.1% said they would make additional refinements to their plans based on lessons learned.

When asked what steps their organizations were taking to ensure they are meeting business and regulatory obligations during the height of the pandemic, 54.5% said establish work at home capabilities and 40.8% said divide units and disperse.

"There are two or three scenarios where you really need to have good business continuity," says Crow.

"There's the pandemic type, with lots of sick people working from home from silos, without coming into the office. You also have the situation of a steam pipe blowing up on Lexington and people not being able to get into the building."

In big disasters, financial communities come together, Crow adds. "But if it's just you or your building, others don't feel the need to help you out. They tend to descend on you like a band of rabid dogs and try to eat your dogs."

People must think, "Do we have an alternate site? And who are the important people in the company who should go there if there is a disaster? If you have 1000 traders but only 650 recovery desks, who will go?"

Since last July's steam pipe explosion in New York City, interest in business continuity has spiked, Crow says.

He says demand has risen for BT's virtual trading platforms, such as the ITS Anywhere for Web, a web-browser based turret that provides traders with voice connectivity away from the trading floor.


Second bird flu outbreak confirmed  Politics.co.uk, UK  (英国) 二番目の鳥インフル発生が確認
 英国のサフォークとノーフォークの境界で致死的H5N1鳥インフルの第二の発生が確かめられた。
 環境・食料・農村省(Defra)によるとThetford近くの農場で、19日午後に致死的H5N1鳥インフルウイルスが確認されたという。
 当局の責任者は、家きん飼育者は強度に警戒する必要があると語っている。
Britain confirms second outbreak of bird flu Forbes, NY  (米国) 英国、第二の鳥インフル発生を確認
 ロンドン北方、東部イングランドのサフォークとノーフォークの境界の農場で最初に鳥インフル発生が確認されたが、その近くの施設で新規H5N1鳥インフルの発生が確認された。
 地域の家きん農場におけるバイオセキュリティーの強化と、何らかの異常が見付かった場合の早期の報告が重要であると、地域の家畜保健局では発表した。
11月19日

2007年11月19日 5:38:12
特記すべき情報はなし
11月18日


Bird flu cull ends InTheNews.co.uk, UK  (英国) 英国、家きんの殺処分は終了と
 4ヶ所の農場での家きんの殺処分は終了したと、環境・食料・農村省(Defra)が本日午前中に発表した。
21 monitored for bird flu AME Info, United Arab Emirates  (アラブ首長国連邦) サウジアラビア、鳥インフル様症状を呈した21人を医学的監視下に
 サウジアラビア国内で21人が鳥インフル様症状を呈したため病院で医学的監視下に置かれた。これまでの検査では鳥インフルは陰性とされる。
 しかしながら全員が10万羽に及ぶ家きんの殺処分に関わっていた。
Checks step-up for bird flu return Bangkok Post, Thailand (タイ) 鳥インフルの再来に対して対策を強化
 公衆衛生当局は全国的に冬期間に入り気温が下がってきたため、鳥インフルの再興にに対して監視を強化した。インフルエンザや肺炎で治療を受けている患者の詳細なモニターを行う。
 肺炎を発症している全患者は家きんとの接触の有無が調査される。そして厳重な医学的監視下におかれる。
 タイではこの14ヶ月間人での鳥インフル発病者はいないが、十分警戒する必要があると公衆衛生担当者は語っている。
 他に各村に配置した80万人もの保健ボランティアが、大量の家きんの死や、村での病気の発生などについて報告する予定となっている。
Possible bird flu outbreak feared Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ、冬期間に入って鳥インフルの流行が懸念
 80万人の保健ボランティアば国中に広がり、家きんと人々の健康状態のモニターを開始した。
 当局者によると17日、いかなる家きんの死をもすぐに当局に届け出るようにボランティアに指示したという。その後ウイルスチェックが行われる。
 また保健省は、子供達に鶏や鳥に近づかないように注意を与えた。
11月17日


State's testing of wild birds reveals no sign of avian flu Tundra Drums, AK (米国) アラスカで野鳥からH5N1鳥インフルウイルスは検出されず
 ユーラシア大陸から北米への渡り鳥の飛行ルートと考えられているアラスカで、野鳥から体液等を採取してウイルス検査を行っているが、これまで集積した7,980 羽の半数の検査を終えたが、異常は見付かっていない。
Bird flu claims tens of thousands of Saudi chickens Daily Star - Lebanon, Lebanon  (レバノン) サウジアラビアで数万羽の家きんが鳥インフルで殺処分
Bird flu outbreak in Saudi Arabia Earthtimes, UK (英国) サウジアラビアで鳥インフルが発生
11月16日

Saudi culls infected birds Gulf Times(カタール) サウジアラビア、鳥インフルエンザに感染した鳥を殺処分
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 サウジアラビアは家禽飼育場の5万羽の鳥を殺処分した。これは高病原性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されたことによるものだと、サウジ通信社(SPA)は15日報じた。
 農業省は、1500羽の鳥が死亡したリヤドの南150kmのカージ地区の飼育場で検査を実施したと、SPAはしている。その結果、当局は同飼育場の全ての鳥の殺処分を命じ、同地区の他の飼育場が鳥インフルエンザ・ウイルスに感染しないように措置を実施した。
 同省によれば、ヒトへの感染症例は発見されていない。
 鳥インフルエンザは、サウジアラビアでは3月に症例が初めて見つかり、生きた家禽の輸入禁止につながった。
Britain battle bird flu outbreak Ottawa Recorder, Canada (カナダ) 英国、鳥インフル封じ込めに懸命の対策
UK fears bird flu may have spread  ABC Online, Australia  (オーストラリア) 英国の鳥インフル脅威、さらに拡大の様相
Worst-case scenario tests agencies Red Bluff Daily News, CA (米国) 最悪のシナリオに沿った模擬訓練
 RED BLUFF
  14日、郡当局の高官十数人がCurtiss Wetterホールに集合した。そこにFAXが入った。公的緊急情報である。Five Tehama郡の住民達にインフルエンザ様症状が発現し、検査の結果パンデミック・インフルエンザと確認されたというものである。
 最悪のシナリオであることが確認されると、当局者達は予定したプランに沿って行動を開始した。大集会の禁止、WHOは感染者は3割を超えると予想しているが、感染者数を最小限に抑え続ける試み等。
 目的は各地域の関係者がいかに連携して対策にあたれるかということだと、計画責任者は語っている。
Bird flu suspected at second farm East Anglian Daily Times, UK (英国) 鳥インフル、第二の農場でも発生の疑い
 サフォーク内の第二の農場でも七面鳥の死亡が見られたことから、殺処分と検査が急がれている。
Bird flu may have spread Reuters UK, UK (英国) 鳥インフルは拡大している可能性
 サフォークの他七面鳥農場へ拡大している可能性があるため、殺処分作業が続いている。
11月15日


Too soon to blame migrating birds Norfolk Eastern Daily Press, UK  (英国) 渡り鳥が原因と考えるのは早すぎる
 英国サフォークの農場で発生したH5N1鳥インフルに関して、大陸からの渡り鳥によりウイルスが運ばれてきた可能性もあるという政府の主任獣医官のコメントに対し、野生動物専門家は全く根拠がなく、そのように考えるには早すぎると語った。
 理由は、もし渡り鳥がウイルスを運んでいるなら、病的になったり、死亡した渡り鳥が見られてもいいのに、そのような事実はないと言うこと、発生農場近くの湖に渡り鳥がいるとされるが、そこにいるのは留鳥であること等が上げられている(意訳)。
Dutch ducks checked for bird flu Expatica Netherlands, Netherlands (オランダ) オランダのアヒルが鳥インフル検査
 オランダから東部イングランドへ運ばれているアヒルの子が、サフォークで発生した鳥インフルのウイルスを運び込んだ可能性もあるということで、トラックや運転手が調査の対象となっている。ドイツとチェコで発生した鳥インフルと何らかの関係がある可能性が浮上している。(意訳)
Christmas turkey fears as British bird flu cull widens AFP  英国の鳥インフル拡大でクリスマスの七面鳥が不足になる可能性

50000 birds culled, no human case found Al-Arabiya, United Arab Emirates - (アラブ首長国連邦) 5万羽の家きんが鳥インフル発生のため殺処分、しかし人での感染者は発生していない
 サウディアラビアの家きん農場で致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出され、5万羽の家きんが殺処分された。14日に農業省が発表した。
 Riyadhの南方150キロに位置するAl-Kharj地域の農場で1500羽の家きんが死亡したことから検査が行われていた。
 人での発生は確認されていない。
Britain Announces New Bird Flu Cull  Voice of America  (米国) 英国、さらなる家きんの殺処分を発表

 鳥インフル拡大の防止に懸命となっている英国当局は、さらに東部イングランドの4ヶ所の地域で拡大予防という意味で家きんの殺処分を行うことを発表した。
 当局の発表によると、今週初めにウイルスが検出されたロンドン北東部の放し飼い七面鳥農場を訪れた人々と家きんが、濃厚接触していたが判明している。
 英国の主任獣医は13日、放し飼い農場でH5N1ウイルスが検出されたと発表し、さらにウイルスは数ヶ月前にドイツとチェコで発生した鳥インフルに関連したものであること示唆した。

Bird flu detected at poulty farm in Saudi ABC Online, Australia  (オーストラリア) サウディアラビアの家きん農場で鳥インフルが発生
 致死的H5N1鳥インフルウイルス株がサウディアラビアの家きん農場で検出され、5万羽の家きんが殺処分されたことが、農業省から発表された。
 Riyadhの南方150キロに位置するAl-Kharj地域の農場で1500羽の家きんが死亡したことから検査が行われていた。
 農場の全ての家きんは殺処分され、一帯は消毒された。
 人での感染者は見付かっていないが、地域一帯での調査が行われている。-AFP
11月14日


New case of deadly bird flu in UK CNN International  (国際) 英国で新規致死的鳥インフルが発生
 英国の環境・食料・農村省(DEFRA:Department for Environment, Food and Rural Affairs)は、サフォークのディス(Diss)近くのレッドグレーブ・パーク農場での検査で、致死的鳥インフルウイルスの存在を確認したと発表した。
 農場の家きん全て、約6500羽が拡大阻止のために殺処分されると説明された。
 当局はウイルスの由来を確認のための調査を行う予定と語り、さらに当H5N1ウイルスに接触した可能性ある人々全ての追跡調査を行い健康状態を確認するとも語った。H5N1ウイルスは変異して人人感染を生じるようになることが、専門家達によって危惧されている。
農場で七面鳥の死骸を処分するスタッフ達

English bird flu outbreak is deadly H5N1 virus abc7news.com, CA (米国) 英国で発生の鳥インフルは、致死的H5N1鳥インフルと確認

Turkey farm bird flu is H5N1 strain ic Ealing.co.uk, UK  (英国) 七面鳥農場で発生の鳥インフルはH5N1株と確定
 東アングリアの農場の七面鳥の間で発生した鳥インフルは高病原性H5N1鳥インフルによるものであることが、家畜担当主任獣医のフレッド・ランデグ氏から発表された。
 5000羽近い七面鳥と1000羽以上のアヒル、さらに500羽のガチョウが殺処分された。
 分離ウイルスの遺伝子分析からは、夏にドイツで発生した鳥インフルの株と類似していることが示されているとも説明された。
Virulent Bird Flu Strain Found in UK ABC News (米国) 英国で強毒型鳥インフルが発生
 東部英国で発生した鳥インフルは致死的H5N1鳥インフルによるものと確認された、と政府が13日発表した。
 本年、家畜で口蹄疫等が流行し、その対応に追われた農家に、新たなる問題が浮上したことになった。

 当局によると未だウイルスの由来は不明ではあるが、夏にドイツとチェコで発生した鳥インフルの株と類似していると説明している。
11月13日


Indonesian woman showing signs of bird flu  Radio Australia(豪) インドネシア人女性が鳥インフルエンザの症状を示す
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドネシア衛生当局は、30歳の女性が鳥インフルエンザの症状を示して入院したと語った。
 今回の症例は、この女性の夫がインドネシアで91番目の鳥インフルエンザ犠牲者になったことが確認されて僅か数日後のものである。
 当局は、スマトラ島に住むナスニアティという名のこの女性はH5N1ウイルスによる症状を示し入院したとしている。
 同国の鳥インフルエンザ情報センターは、ヒトへ鳥インフルエンザ・ウイルスが感染する最もよくある経路である感染した鳥との直接接触を、この夫婦がしたかどうかは未だはっきりしていないとしている。
英国東部で鳥インフルエンザを確認、家きん類を処分へ CNN Japan 
 英国の環境・食料・農村省は12日、同国東部の農場で、鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。感染が判明した地域では、感染拡大を防止するため、ターキー約5000羽、アヒル約1000羽などの家きん類を処分する。
鳥インフルエンザの感染がわかったのは、同国東部サフォークとノーフォークの州境に近い町ディス。
 現在、詳しい検査を行っており、感染が判明したウイルスが高病原性のH5N1型かどうかは不明。
 英国サフォーク州では今年1月、約800羽のターキーが死亡。H5N1型ウイルスの感染と判明し、家きん類15万9000羽を処分している。
Bird flu scare at Auckland Airport Stuff.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド、オ-クランド空港で鳥インフル騒ぎ
 韓国からの航空機に発熱患者が搭乗していて、鳥インフル様症状だったため、空港に着いてから搭乗者全員が、機内で感染予防衣を身に着けたスタッフによりチェックされた。
 発熱患者はその後の検査で鳥インフルの疑いが消えたため、搭乗者は全員解放された。
Another bird flu outbreak on British turkey farm CBC News, Canada  (カナダ) 英国の七面鳥農場で新たな鳥インフルが発生
Fresh case of bird flu in turkeys BBC News, UK (英国) 英国で、七面鳥の間で再び鳥インフルが発生
 英国のサフォークの農場で七面鳥がH5亜系鳥インフルに感染していることが確認され、5000羽近くの七面鳥等の家きんが殺処分された。
 今春早くにサフォークのBernard Matthews社の農場でH5N1鳥インフルが発生したが、今回は同社とは無関係とされる。
11月12日

Saudi bans Canadian poultry AME Info(アラブ首長国連邦) サウジアラビアがカナダ産家禽の輸入を禁止
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 サウジアラビア農業省は、カナダからの生きたニワトリや家禽製品の輸入を禁止した。これは、カナダで鳥インフルエンザが発生しているという報告によるものだと、サウジ通信社はしている。国連動物健康機構(WOAH)がサスカチュワンのレジャイナで鳥インフルエンザが発生したと述べていると、同通信社は伝えている。サウジアラビアの輸入禁止は、先ごろウクライナがカナダに対し課した禁止令に続くものである。
11月11日

インドネシアで鳥インフルエンザによる91人目の死者 朝日新聞 
 
Indonesia confirms 91st bird flu France24, France (フランス) インドネシア、91人目の鳥インフル死者を確認
Bird flu claims 91st victim in Indonesia Bangkok Post, Thailand  (タイ) インドネシアで91人目の鳥インフル死者
 31歳のインドネシア男性がH5N1鳥インフルで死亡し、同国の死者数が91人となったことが保健省の当局者がら10日発表された。
 男性はMNと表現され、スマトラのリアウ省のベンカリス地区出身で、6日に死亡した。病院に入院したがすぐに死亡したと説明された。
 男性は10月31日に症状を呈したが、11月3日に近くの診療所で治療を受け、その3日後に省の鳥インフル専門病院に入院した。
 感染原因は調査中である。
 男性の死亡で、インドネシアでは113人のH5N1鳥インフル感染が確認され、そのうち91人が死亡したことになる。
11月9日


Indonesia demands WHO return bird flu samples  Jakarta Post(インドネシア) インドネシアがWHOに鳥インフルエンザ検体の返還を要求
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 インドネシア厚生省と世界保健機関(WHO)の間での鳥インフルエンザ・ウイルス検体提供の取り決めは、同省の再度にわたる58個のウイルス検体の返還要求に回答がなかったことで批判を受けていた。
 厚生相のシティ・ファディラー氏は8日、同省が検体返還を3ヶ月前に依頼したが何の回答も受けていないと語った。
 「8月以降、わが国のウイルスの返還を要求してきましたが、WHOはまったく回答していません」と、シティ氏は来週月曜(12日)の国民健康の日に関する記者会見で述べた。
 同氏は、国際規制が許さないためインドネシアは種となるウイルスの備蓄をしていないとしている。
 「この規制は現実的には、わが国にとって有害です。この規制によって、提供国は全検体を諦めざるを得ないのですから」
 インドネシアは2005年に初の鳥インフルエンザのヒトへの感染症例が報告されて以来、鳥インフルエンザ・ウイルス検体をWHOに送付してきた。
 インドネシアが検体を持つことが許されたなら、同国は鳥インフルエンザ・ウイルスを増殖し独自のワクチンを開発できるかもしれないと、同相は語っている。
 「(WHOに)検体の返還をこれからも求めていきます。あの検体は、わが国のものなのですから。これはわが国の主権に関することです」
 シティ氏は、WHOと提供国の間の検体共有に関して公平で透明性のある仕組みがあるべきだったとしている。またWHOは提供国の許可なしに検体をいかなる国にでも送付できる権限を持っているとしている。
 同氏は、鳥インフルエンザ・ウイルスは簡単に世界中の研究機関に送付されえると言う。他の国は無料で鳥インフルエンザ・ウイルスを入手し独自の研究活動でワクチンを作り出せる。
 そうしたワクチンは、提供国の国民を含む他社に販売されるかもしれない。
 「インドネシアは、こうした不公平な仕組みを国際的な話し合いの場を通じて変えようと努力しています」と、シティ氏は述べている。
 インドネシアは11月20日にジャカルタで政府間会合のホスト役となる予定である。この会合は5月にスイス・ジュネーブで開かれたWHO総会に続くものである。
 5月の総会では、インドネシアはWHO加盟国間での検体共有の新たな仕組みを申し入れた。この申し入れは24カ国から支持されている。
 インドネシアは世界で最悪の鳥インフルエンザによる死者を経験している。2005年に初の鳥インフルエンザのヒトへの感染がインドネシアで発見されて以来、90名が感染により死亡している。こうした死亡例は世界の関心を呼び、鳥インフルエンザ・ウイルスが変異しヒトの間で容易に感染する形態になるかもしれないという恐れを起こした。
Bird flu spreads to sixth province in Vietnam Hemscott, UK  (英国) ベトナムで鳥インフル6省に拡大
 メコンデルタのベントレ省の農場で40羽のアヒルの子がH5N1鳥インフルで死亡し、同国内で鳥インフルが6省に拡大したことを家畜保健局が発表した。
Manipur free of avian flu Calcutta Telegraph, India (インド) インド、マニプールで鳥インフルを封じ込め成功
 Imphal Westの農場でH5N1鳥インフルが発生して以来、3ヶ月ぶりに封じ込めに成功したと獣医局は発表した。
Blood from bird flu survivors may hold key to human defenseNewstarget.com, Taiwan (台湾) 鳥インフル回復者の血液が治療に役立つ可能性
 国際的研究者チームが、マウスで作成されたH5N1ウイルスに対する抗体が、他のウイルスを感染させたマウスの治療に役立つことを見いだした。その論文がPLoS Medicineに発表された。
 回復した人の血清を用いて同様の治療が可能であることを示唆している。

 *訳者注:すでに過去に類似の研究が行われていて、回復者血清から抗体部分を分離して(γグロブリン)治療に用いる方法、さらには中国で実際に回復者の血清を発病者に投与した事実もある。効果については明確な報道はされていないが、治癒して退院した報道はあった。
 またスペインインフルエンザの際に、回復者の血液を発病者に輸血して効果があったことが記載された文書もあるようだ。
11月8日

損保ジャパン・リスク、新型インフルに対する企業活動の継続支援(日刊工業新聞)
 損保ジャパン・リスクマネジメント(東京都新宿区、瀬尾隆史社長、03・3349・4330)は、新型インフルエンザに対する企業の事業継続を総合的に支援するサービスを月内に始める。新型インフルエンザが発生した場合の行動計画の策定や、事業継続体制の構築などを支援する。経営者や社員向けの基礎知識の導入研修からシミュレーション訓練まで、企業の対応段階に応じたさまざまなサービスを提供していく。
 新型インフルエンザは人への感染力が強いとされる。企業活動への影響も懸念されており、厚生労働省などが対策に乗り出している。損保ジャパン・リスクは、企業の事業継続の観点からインフルエンザ対策に関するコンサルティングサービスを行う。
 サービスでは新型インフルエンザの基礎知識に関する研修から企業の対応状況を簡易診断するコンサルティング、行動計画や事業継続体制の構築支援、シミュレーション訓練などのメニューを用意した。 
Scientists Say Bird Flu Spreading in Several Asian, African Countries Voice of America (米国) 科学者達の警告:アジアとアフリカのいくつかの国々では鳥インフルが広がっている
 FAOと国連の高官ナバロ氏の記者会見。
 対策が進んでいる国々がある一方、いくつかの国々では広がっている。鳥インフルのパンデミックはいつ発生するか分からない問題である。
11月7日

Bird flu kills 590 ducks in northern Vietnam Reuters UK, UK  (英国) 鳥インフル、北部ベトナムでアヒル590羽を殺す
 北部ベトナムのハナム省で5日から2ヶ月のアヒルが死にだし、検査の結果H5N1鳥インフルと確認された。この1ヶ月で5省で発生したことになる。
Korean dies of suspected bird flu in southern Vietnam Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 南ベトナムで韓国人が鳥インフル疑いで死亡
 韓国男性がカントウ市で5日、鳥インフル疑いで死亡したことを病院の医師団から発表された。
 男性は市の総合病院へ午前3時に高熱と呼吸困難で入院したが、午後2時に死亡した。
 医師団は患者の血液をH5N1ウイルス検査のためにホーチミン市のパスツール研究所に送った。
 男性の家族は、ソウルにいる男性の父親も肺炎様症状を呈していると語っている。
カントー:外国人が肺炎で死亡 鳥インフル感染か 日刊ベトナムニュース 
 メコンデルタ地方カントー市の同市総合病院に5日未明、韓国人男性(33歳)が高熱と激しいせきによる呼吸困難の症状で緊急入院したが、同日午後2時に死亡した。医師らは重度のウイルス性肺炎が死因とみているが、H5N1型鳥インフルエンザウイルス感染の疑いもあるとして、血液サンプルを検査に回した。
South Korean man dies in Vietnam, suspected of contracting bird flu inhua, China  (新華社、中国) 韓国男性、ベトナムで鳥インフル疑いで死亡
 33歳の韓国人男性が、鳥インフル様症状で南部ベトナムのCan Tho市で死亡したと、7日地方のメディアが報じた。
 Lu Chin-chuという名前の男性は6日午後に Can Tho総合病院へ入院した11時間後に死亡した。Youth紙が報じたが、患者の検体はH5N1ウイルスの有無について検査されている。
 韓国に住む患者の父親は、鳥インフル様症状で肺炎に罹患していると、町に住む患者の親戚が語っている。
Australia uses children's book in bird flu fight Radio Australia, Australia (オーストラリア) オーストラリア、鳥インフル対策を小児用図書に記載


Fort Worth Adds Pandemic Kits to Emergency Preparedness Strategy  Southwest Nebraska News, NE  緊急対策用パンデミックキットを用意
 南西ネブラスカニュース
 鳥インフルに関する報道が少なくなったとは言っても、パンデミックの危険性は同じ様に続いている。
 フォートワース市ではパンデミック・インフルエンザに備えて緊急セットを用意した。感染予防用手袋、ゴーグル、予防衣、消毒液等からなる。
11月6日


FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters  (国際) WHO、人での鳥インフル統計を更新
 インドネシアの女性の死亡により、WHOはH5N1鳥インフルによる人での感染者数と死者数を更新した。
 死者数/発病者数
   アゼルバイジャン 5/8 カンボジア 7/7 中国 16/25 ディブチ 0/1 エジプト 15/38 インドネシア90/112(80%) イラク 2/3 ラオス 2/2 ナイジェリア 1/1 タイ 17/25 トルコ 4/12 ベトナム 46/100   世界合計 205/334(61%)

Woman's death raises Indonesian H5N1 toll to 90  CIDRAP, MN  (米国) インドネシア女性、H5N1鳥インフルで死亡し、同国での死者数が90人に
 昨日の報道の域を出ず。
11月5日

Indonesian woman dies of bird flu - health official Reuters  (国際) インドネシア女性、鳥インフルで死亡
 5日、インドネシア保健省鳥インフルセンターの当局者が、同国で90人目の鳥インフル死者が出たことを発表した。
 死者は30歳の女性で、ジャカルタの西、タンゲランに住んでいて、近隣で鶏が突然死亡したことがあったという。
11月4日

Indonesian woman dies of suspected bird flu Xinhua, China (中国、新華社) インドネシア女性、鳥インフル疑いで死亡
 30歳のインドネシア女性が鳥インフル疑いで3日死亡したことが、保健省の当局者から発表された。
 女性はTanggerang 町のジャカルタとの境界に住んでいて、東ジャカルタの鳥インフル専門病院で3日に死亡した。
 確定診断には二ヶ所の検査所での確認が必要であるが、一ヶ所の検査所ではH5N1鳥インフルと診断した。
 女性は近隣で死亡した鶏と接触した既往があるとされる。
 女性は10月23日に症状を呈し始め、5日後に近くの診療所を訪れた。そして30日にTanggerang 町の病院に入院した。そして翌日に東ジャカルタの鳥インフル専門病院であるPersahabatan病院に入院した。
11月3日

Olympics-WHO to help Beijing with health emergencies  San Diego Union Tribune, United States (米国) オリンピック-健康危機に関してWHOも協力
 WHOは中国の2008年のオリンピックに際し、公衆の健康危機対策に関して協力することを申し出たことを、2日、事務局長が語った。
 2003年にSARSが最初に発生したのも中国であったし、現在の鳥インフル発生も中国が中心地の一ヶ所と考えられている。
H5N1 hits poultry in Bangladesh, Pakistan, Vietnam CIDRAP, MN  (米国) H5N1鳥インフル、バングラディシュ、パキスタン、ベトナムの家きんの間で流行
 バングラディシュ、パキスタン、およびベトナム当局は、今週、家きんの間で新規H5N1鳥インフルが発生したことを報告した。
 バングラディシュでは北部で3ヶ所の農家でH5N1鳥インフルウイルスが検出された。2日間に5000羽の鶏が殺処分された。
 一方、パキスタンでは当局者が昨日、45000羽の鶏が殺処分された。一部の鶏かがウイルスが検出されたためである。
 ベトナムでもさらに2省でアヒルの間で発生したことが、中国の新華社の報道で明らかになった。
Bird-flu pandemic possible, WHO chief warns Bangkok Post, Thailand (タイ) 鳥インフルのパンデミックは起きえる、WHO事務局長警告
 WHOの事務局長のマーガレット・チャンは2日、アジア各国で対策が成功しているものの、鳥インフルのパンデミックが発生する危険性は減じてはいないと警告した。
 ”警戒を緩めるべきではない”、北京で中国政府との会談が終わった後、記者団に語った。
 ”危険性はいまだ同じである”、そのようにチャンさんは語っている。
 香港生まれのチャンさんは、中国の疾病監視体制、研究室の能力、そして鳥インフルが発生してからの報告時間等の改善を賞賛した。
11月2日


「感染の恐れ」も移動制限 新型インフルで厚労省検討 東京新聞
 厚生労働省は2日、新型インフルエンザが発生した場合の国内対策を強化するため、感染症法と検疫法を改正する方針を明らかにした。具体的には、患者や感染者だけでなく「感染した恐れがある人」に対する移動制限などを検討している。
 同日の厚生科学審議会感染症分科会で表明。同分科会での議論を経て、来年の通常国会に改正案を提出する。
 国は新型が発生した場合に取るべき対策を示した行動計画や指針を策定済みだが、法的な裏付けがないものもある。そこで、感染した恐れがある人が多数出た場合の対応などについて、法整備を進めることにした。
 この日の分科会では、法改正に向けた課題を議論。新型への変異が懸念され、感染症法で指定感染症に位置付けられている鳥インフルエンザ(H5N1型)は、来年6月に指定の期限が切れるため、法改正で2類感染症に分類し、引き続き患者の入院勧告などの措置を取れるようにすることや、H5N1型以外のウイルスが新型になった場合に備えた規定を盛り込む考えが示された。
Bird flu forces Bangladesh to cull chickens Reuters AlertNet(英) 鳥インフルエンザのためにバングラディッシュでニワトリの殺処分
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 バングラディッシュは、同国北部でさらに3件の飼育場で鳥インフルエンザ感染がおこったため約6千羽が殺処分されたと、当局が2日語った。
 「ディナジュプール、ジェイパーハット、ラルモナーハットといった地方の3飼育場でH5N1ウイルスが検出されたことを受け、こうしたニワトリは過去2日間に埋却されました」と、家畜部当局者は述べた。
 鳥インフルエンザが最初に検出されたのは3月に首都付近のことで、それ以降に主に北部地方へ拡大した。
 バングラディッシュの全64地方のうち19地方で鳥インフルエンザ・ウイルスが広まっており、当局は26万8千羽のニワトリの殺処分と300万個近い卵の破棄を強いられている。
 ヒトへの感染症例は発生していない。
Handheld labs, DNA chips could speed flu response one day  CNN  (米国) 携帯型診断機器:DNAチップがインフルウイルス診断を1日で可能に
 通常のインフルエンザM鳥インフルエンザなど、全てのインフルエンザウイルスの診断が小型診断機器で1日以内に測定可能と。
Two more provinces hit by bird flu in Vietnam  AFP (国際) ベトナム、さらなる2省で鳥インフル発生
 ベトナム北部のNam Dinh 省でアヒルの雛400羽のうち210羽が死亡し、検査の結果致死的H5N1鳥インフルが検出された。
 またメコンデルタ地域でもTra Vinh省で2ヶ月のアヒルの雛500羽のうち400羽が、同じく致死的H5N1鳥インフルで殺された。
 10月に入って既に北部のCao Bang省と、中央の Quang Tri 省で、アヒルを中心に鳥インフルが発生している。
 動物保健省は同国での鳥インフルの発生リスクが高まっていると警告している。
11月1日


Indonesia's bird flu boy defies hospital orders 英文中國郵報(台湾) インドネシアの鳥インフイルエンザ感染の少年が病院の命令を無視
森 孝夫
 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 鳥インフルエンザに感染した3歳の少年の両親が、隔離状態でいるようにという病院の命令を無視して少年を帰宅させたと、病院関係者が10月3日に語った。この首都ジャカルタの西にある衛星都市タンゲランに住む少年は10月27日に半日入院しただけだったと、スリアンティ・サロソ病院の副院長であるサーディキン・ギリプトロ氏は述べている。
「両親が子供を自宅に連れ帰ると主張し、私たちは退院させるしかなかったのです」と、ギリプトロ氏は語っている。
TOP