高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
+
Overseas News
2007年
         
2007年10月
S  M  T  W  T  F  S
   01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31          

10月31日

Indonesia reports H5N1 case in 3-year-old  CIDRAP, MN  (米国) インドネシア、3歳幼児のH5N1鳥インフル感染事例を報告
 10月29日既報告事例。
Palestinian gov't trains for flu pandemic United Press International  (UPI、国際) パレスチナ政府、パンデミック・インフルエンザに備えて訓練
 パレスチナの公衆衛生当局は、2日間に亘るパンデミック・インフルエンザに対する机上訓練を終えた。
10月30日


Ukraine bans imports of Canadian poultry over bird flu fears Canada East(カナダ) ウクライナが鳥インフルエンザの恐れでカナダ産家禽の輸入を禁止
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 ウクライナは29日、カナダ産家禽の輸入を禁止した。これはカナダでの鳥インフルエンザ流行に伴うものであると、動物衛生当局が語った。
 この家禽及び家禽製品全ての輸入禁止は、「状況が制圧された」ならば解除されると、農業省のアナトリー・オサドシー氏は述べている。
 ウクライナは現在カナダ産家禽を購入していないが、同国政府は事前対策としての措置だと発表している。
 経済省のデータによれば旧ソ連の共和国である同国は家禽をカナダから、2004年に3万2千トン、2005年に600トン輸入していたという。しかし昨年で輸入は中止されている。
高病原性のH7N3鳥インフルエンザ・ウイルスが先月レジャイナの北約40キロにあるサスカチュワンの養鶏場で検出された。
 サスカチュワンのウイルスは世界中で警戒されているH5N1ではないが、H7N3も商用家禽飼育場にとってかなりの脅威であると、当局はしている。
 今回のウイルスは、1700万羽のニワトリの殺処分に至ったブリティッシュ・コロンビアでの2004年の流行を起こしたものと同一である。
 サスカチュワンの養鶏場鳥インフルエンザに感染した約5万羽のニワトリは殺処分され、カナダ食料観察庁は、状況を見守っているとしている。
 ウイルス検出後に米農業省は迅速な行動を起こし、ニワトリや七面鳥などの生きた鳥や未処理の鳥の肉の製品の輸入を全面的に禁止した。
 日本も、これに続いている。
10月29日


Indonesian boy sick with bird flu  Reuters AlertNet(英) インドネシア人少年が鳥インフルエンザに感染・発症
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 3歳のインドネシア人少年が検査の結果、鳥インフルエンザ陽性と判明したが命に別状はないと、厚生省当局筋が29日に述べた。
 この少年は首都ジャカルタの西のタンゲランに住み鳥インフルエンザで先週死亡した5歳の少女と同じ地域で生活していると、厚生省の感染症管理責任者であるアイ・ニョマン・カンダン氏は語っている。
 この少女は、インドネシアで89人目のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスによる死亡者であった。
 この少年はインフルエンザの軽い症状を示しているだけで、ジャカルタの主要な鳥インフルエンザ治療センターであるスリアンティ・サロソ病院で治療を受けていると、カンダン氏は述べている。
 この2人の子供の住む地域で、ニワトリが死亡していたことは分っている。
 病気になった家禽との接触が、ヒトが高病原性H5N1ウイルスに感染する一番ありふれた経路である。
 鳥インフルエンザは、インドネシアのほとんどの地域の鳥の間で流行している。インドネシアでは家庭の庭で飼われている数百万羽のニワトリが、ヒトと極めて近接して生きている。
 インドネシアでは現時点で111件のヒトの鳥インフルエンザ症例が確認されており、世界で最多の犠牲者数を出している。
 世界保健機関のデータによれば今回の最新の症例を除くと、世界で2003年以降204名が死亡し332件の症例が出ているという。
650000 would die from bird flu, says Govt. Telegraph.co.uk, United Kingdom - (英国) 政府:パンデミックインフルエンザで65万人が死亡するとの予想
 英国政府予測の最大死者数は65万人で、最大の悪夢に向かっての対策が必要と。死体は焼かれる前にうずたかく積み上がられる。
…。

Tamiflu orders fill pharmacy shelves Stuff.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) 薬局にタミフル購入予約が殺到
 ニュージーランドの実情。パンデミックインフルエンザを恐れて、薬局への購入予約が殺到。
10月28日


Study: Mothers Can Pass Bird Flu To Unborn  AHN  研究:ウイルスは母胎から胎児に感染
 中国の研究者がH5N1ウイルスに感染している妊婦から胎児にウイルスが感染することを明らかにした。
 当記事は中国系英字報道でいくつか紹介されている。しかし、内容は9月28日のロイターで報道済み
首相トップの対策本部設置 新型インフル発生時に政府 京都新聞
 政府は26日、発生が懸念されている新型インフルエンザ対策として、海外で新型ウイルスの人から人への感染が確認された段階で、首相を本部長とする対策本部を設置することを決めた。
 日本への上陸が確認される前に政府一体となった初動態勢を確立し、迅速な対応を取れるようにする狙い。政府の新型インフルエンザ対策行動計画を見直し、必要な規定を盛り込む。
 これまでの新型インフルエンザに対する国の態勢は、厚生労働省などが省内に対策推進本部を置いているほか、関係省庁対策会議で省庁間の連携を図っている。
 政府は、新型が流行すると国内の死者は最大約64万人に及ぶと推定、行政や医療など社会機能がまひする恐れがあると警戒している。 アジアなどで鳥インフルエンザ(H5N1型)の人への感染が続いており、世界保健機関(WHO)の集計では25日までに204人が死亡した。これが新型インフルエンザに変異することが懸念されている。
10月27日


特記すべき情報はなし
2007年10月27日 17:09:53
10月26日


Bird flu hits Vietnam village near Chinese border Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥インフル、中国国境近くのベトナムの村で発生
 鳥インフルが中国国境のベトナムの村で家きんの間で発生し、今月に入って同国で3度目の発生となったことが、ハノイの動物保健局から発表された。
 26日の発表によると、検査結果でH5N1ウイルス感染が確認された。約560羽のアヒルと鶏が、ベトナム北部の Cao Bang省の村で感染死したとされる。人に関しては不明。
Bird Flu Finds Children's Lungs Faster Science Daily (press release)  (国際) 鳥インフルウイルス、小児の肺へ速やかに感染する証拠が得られる
 新研究結果が 医学雑誌のRespiratory Researchに発表された。鳥インフルウイルスがいかの呼吸気道と肺に結合するかを分析しているが、小児が特にウイルスに感受性が高いことが示唆された。先にウイルスに対するリセプター分布に関する研究がなされているが、それらを再評価しなければならない可能性が出た。
 *訳者注
   H5N1ウイルスに対するリセプターは下気道の奥の細胞にしかないとされていて、通常は大量のウイルスを気道奥まで吸い込まなければ感染しないとされている。今回の研究で、小児の気道に多くのリセプターがあるとするならば、小児の場合、ウイルス暴露により簡単に感染する可能性がある。
Bird flu may become endemic in Europe MSNBC  (米国) 鳥インフルはヨーロッパに根付く可能性
 FAOによる警告。ヨーロッパ全土にウイルスが広がる可能性はないが、一部の地域のアヒルやガチョウ等の間でウイルスが蔓延するする可能性を指摘した。
Human-transmissible bird flu found Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 人へ感染する鳥インフルウイルスが検出(福建様株)
 ベトナムのVinh Long省と北部ベトナムでH5N1鳥インフル福建様株が検出されたことが23日の会議で明らかになった。
 ウイルス分析は国立および国際的研究所で行われ、確認された。
 変異株である福建様株は2005年3月に中国の福建省で見付かり、鳥から人へ感染する。
 農業省大臣は中国との国境沿いでの家きんや、その産物の持ち込みを厳しくチェックするように指示した。
10月25日

Drug brings hope for a universal flu vaccine  New Scientist (subscription), UK  (英国) 万能ワクチン開発の可能性
 国立感染症研究所の研究報告
(The Journal of Infectious Diseases, vol 196, p 1313).

 通常のインフルエンザワクチン(H1亜系株とH3亜系株が含まれている)に、RNA様薬剤のAmpligenを加えることで、接種マウスにH5N1ウイルスに対する抗体も産生され、H5N1ウイルスを接種されたマウスの多くは生存したとされる。
 詳細は不明。
世界人口の7割分確保へ 新型インフルのワクチン USFL.COM 
 世界保健機関(WHO)は23日、新型インフルエンザの世界的な流行を抑えるワクチンの製造能力が、新技術の開発などにより大幅に拡大、2010年には世界人口の約7割に当たる45億人分を1年以内に供給できるようになるとの予測を発表した。
 グラクソ・スミスクライン、ノバルティスなど世界の製薬大手3社が、ワクチン製造に必要な抗原の投入量が従来より大幅に少ない新たな製造技術を開発したことや、業界全体で製造能力の増強が進んだためとしている。ただ、WHOの最終的な目標は世界人口と同じ67億人分を半年以内に供給する体制の構築。「技術開発は着実に進んでいるが、まだまだ十分とはいえない」(ワクチン担当部局)と一段の能力拡大を促している。
 新型用のワクチン製造は現在、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の変異を想定して計画。しかし、新型インフルエンザは別の型のウイルスから発生する可能性もあり、能力拡大だけでなくワクチン生産の柔軟性を高めることも課題だ。
Bird flu official says 2-3 years' more work needed Reuters (国際) 鳥インフル対策担当者、さらに2-3年間は対策を強化すべきと

The world is still not ready for bird flu pandemic, WHO warns Monsters and Critics.com, UK  (英国) WHO警告:世界は鳥インフルのパンデミックに十分対策を立てていない
UN official stresses need for preparedness for potential flu pandemic UN News Centre  (国連広報) 国連の高官、パンデミック・インフルエンザに対する準備が不足していると強調
 国連の鳥インフルエンザおよび人インフルエンザ対策の主任調整官であるデービット・ナバロ博士が、ウイルスがいつ変異するか分からない状況だから、世界はより対策を急ぐべきと語った。
10月24日

UN health agency projects dramatic expansion of flu vaccine stocks  UN News Centre  (国連広報) WHO、インフルエンザワクチン備蓄量の驚異的増量へ
 下記とほぼ同内容

WHO Experts Say More Bird Flu Vaccine Can Be Produced Voice of America  (米国) WHO専門家、さらなる鳥インフルワクチンの製造が出来ると
 WHOは昨年、ワクチンメーカーが最近流行しているH5N1ウイルスに基づいて、1億回分のパンデミックインフルエンザ用のワクチンを直ちに製造できると報告したと、発表している。
 WHO会議に参加している専門家達は、2010年には世界の(インフルエンザ)ワクチン製造能力は45億回分となると予想している。
 WHOのワクチン計画担当長官のMarie-Paule Kienyは、この製造能力まで引き上げることを求めているが、しかしながらWHOや多くの公衆衛生専門家達が望んでいる世界人口の67億人分までは対象になる量ではない。
 長官の説明ではパンデミックは3波に亘ってやってくるから、6ヶ月以内に、先の流行でワクチン接種を受けていなかった人々のために、ワクチンを用意しておく必要がある。
 現在の季節性インフルエンザに対するワクチンの製造量を年間10億回分製造することを同長官は提案する。季節性インフルエンザ用ワクチンの製造からH5N1ウイルス用ワクチンへの製造転換は容易であるから、そうなると短期間で45億回分のパンデミックワクチンの製造が可能になる、と長官は説明している。
Indonesian girl dies of bird flu-health ministry Reuters  (国際) インドネシアで少女が鳥インフルで死亡、保健省が発表
 インドネシアのジャカルタの西に位置するタンゲランの子供が鳥インフルで死亡し、同国で89人目の死者となったことを保健省の当局者が23日発表した。
 4歳少女が入院し、2日後の22日に死亡したと保健省の報道官が電話取材で答えた。
 少女は高熱でジャカルタのPersahabatan病院に収容された後死亡した。
 当局は感染源を調査中であるが、先に4羽の鶏が家の周囲で死亡したことが報告されているようだ。
10月23日

Flu Pandemic Vaccine Plan Drafted WTOP, DC (米国) パンデミック・ワクチン接種の草案
 妊婦、乳幼児、医師、緊急業務従事者、そして軍人が、パンデミックインフルエンザ発生の際に、ワクチン接種を受ける優先権が与えられる。23日に発表される政府の草案に盛り込まれる。
 さらにワクチンが追加製造されたとき、年長の小児と、電気、水道、電話関連業務の従業員が優先権を与えられる。
 最後に高齢者と健康な若い成人の順番となる。
 このワクチンの優先権リストは通常の季節性インフルエンザの場合と大幅に異なっている。通常高齢者が第一優先権を持つ。
 しかしながらスーパーインフルの場合は、病人のケアや、ライフライン維持関係者、そしてインフルエンザを拡大させる可能性の高い人々(死亡する可能性が高いということではなく)に優先権を与えるということは、一般的合意事項と考えられている。
 「小児は非常に感染しやすいということだけでなく、ウイルスを拡大させる可能性も非常に高い」、と米国保健福祉省の危機管理対策主任のWilliam Raub氏が説明している。
 「小児の感染を防止することは、社会全体を防止することに通じている」、と同氏は語る。
Indonesian girl did not die of bird flu France24, France   (フランス) インドネシアの死亡少女は鳥インフルで陰性であった
 下記AFP配信
Indonesian girl did not die of bird flu: official AFP  (国際) インドネシアの死亡少女は鳥インフル陰性であった
 週末にスマトラ島で死亡し、医師団が鳥インフルを疑った少女は、検査結果で鳥インフル陰性であったと、保健省の当局者が23日語った。
 10歳少女は20日にH5N1鳥インフル様症状で入院し、医師団は鳥インフルを疑ったが、検査結果は陰性であったと、保健省の鳥インフル情報センターの職員が発表した。
10月22日

Indonesia confirms 89th bird flu death Xinhua, China  (中国、新華社) インドネシア、89人目の鳥インフル死者を確認
 インドネシア保健省のシチファディラ・スパリ大臣は、22日、リアウ州で10歳少女が鳥インフルで死亡し、同国で89人目の死者となったと発表した。
 同大臣は記者団に検査で確認されたと語った。
 さらに検査で確認はされていないが、少女の叔母も鳥インフル疑いで先に死亡していることを明らかにした。
Another suspected bird flu patient dies in Riau Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 鳥インフル発病疑い者が死亡
 Riau州で鳥インフルを発病したと考えられる少女が死亡したと、Metro テレビが21日報道した。
 10歳少女がArifin Achmad病院に20日入院したが12時間後に死亡した。
 病院の医師は地域での検査では鳥インフル陽性であったが、検体はジャカルタへ確認の為に送られた、と語っている。
10月21日(日)


Indonesian girl thought to have bird flu dies The West Australian, Australia  (オーストラリア) インドネシアの少女、鳥インフルで死亡した疑い
 インドネシアのスマトラ島で10歳少女が鳥インフルで死亡した疑いが、病院の医師から発表された。
 20日に少女は病院に運ばれたが12時間後に死亡した。Riau州のArifin Achmad病院の医師が発表した。
 少女からの検体がジャカルタへ検査のため送られたが、病院での検査では少女のH5N1鳥インフル感染が確認されているという。
10月20日

St. Louis response to deadly bird flu pandemic is focus of public ... News from Washington University in St. Louis, MO (米国) セントルイス市、市民フォーラムで鳥インフル・パンデミック対策をテーマに

 ”パンデミックインフルエンザは差し迫っているか?我々は1918年から何を学んだか?”
 11月9日にセントルイスのワシントン大学で開催される市民フォーラムの焦点である。

 プログラムでは、セントルイス市、群、国の保健担当責任者が過去のパンデミックに学んで、今後起きえると考えられているパンデミックにいかに備えているかを論議する。
 地球上の他の多くの都市のようにセントルイス市も、インフルエンザシーズン到来に対して、1918年に発生したスペインインフルエンザのような破滅的鳥インフルの世界的パンデミックが起きることを警戒している。
 スペインインフルエンザの期間、フィラデルフィアや他の米国の都市で多くの人々が犠牲になったが、セントルイス市のリーダー達は、感染拡大を防ぐための早期の対策で数千人の生命を救った。その対策の中心は、バーや市場、さらにその他の公共の場の閉鎖であり、発病者を家庭に隔離するために軍隊をも動員した。
 どの程度類似の対策が、将来のパンデミックに備えて行うことが出来るのかが、論議される。

注:1918年のセントルイス市での対策に関する情報は、一昨年の報道で紹介済み
10月19日

Pierre Hires Flu Expert KELOLAND TV, SD (米国) ピア市、インフルエンザ専門家をパンデミック対策のために雇う
 南ダコタ州の州都ピア市はパンデミック・インフルエンザの可能性のためにコンサルタントを採用した。
 コンサルタントには、インフルエンザ大発生に対する対策をデザインしてもらうために6100ドル支払われる。
 州政府は南ダコタ州全体の都市に、過去2年間に140万ドルをパンデミック対策行動計画のために提供してきた。
 鳥インフルウイルスは2003年以来少なくとも世界中で202人を殺している。
 当局ではウイルスが変異して人に容易く感染しやすくなり、免疫を人が持っていないため世界中に拡大することを心配している。
 1918年に発生したパンデミックのデータを基礎にシミュレートすると、類似のパンデミックが発生した場合、南ダコタ州で25万人以上が発病し、5000人が死亡するとされる。
Report: Kids overlooked in flu pandemic plans CNN (米国) 報告:パンデミック・インフルエンザ行動計画で小児の対策が見逃されている
下記AP通信

Kids overlooked in flu pandemic: US report  CTV.ca, Canada  (カナダ) 小児がパンデミック・インフルエンザ行動計画で見逃されている:米国報告
AP
 パンデミック・インフルエンザで小児が初期の拡大者でかつ感染標的者となる可能性が高いが、次期のパンデミックに対する国家の行動計画で小児に対する対策が不十分であることが、小児科医と公衆衛生専門家から警告された。
 報告書では、学校閉鎖期間中に如何にして子供達を感染から予防するか、対策を強化すべきであると警告されている。
 「現在、我々は小児の間で如何にしてパンデミックの拡大を抑えるかについて考慮していない。しかしながら小児が最も危険性がある」、と米国小児科学会のジョーンブラドレイ博士が、「 Trust for America's Health」の報告書の中で語っている。
 現在アジアの家きんの間で流行中のH5N1鳥インフルウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックが発生することが恐れられている。
 小児は以前からH5N1ウイルスに感受性が高いと思われてきた。なぜならば感染した、または感染死した鳥に触る可能性は、小児が一番高いと考えられるからである。17日の報告書では、2003年以来鳥インフルでの死亡者の46%は19歳以下の若い層であった。
 17日の報告書で指摘された問題点は以下の通りである。
 ・小児用の抗インフルエンザ薬は10万人分しかなく、また小児用のワクチンは研究段階にしかない(訳者注:タミフルなど、小児用製剤が十分確保されていないこと。現在開発され、備蓄されているワクチンの小児適応が認められていないこと。理由は小児での臨床試験が行われていないこと9。
 ・小児にフィットするマスクがないこと。もっとも小児がマスクを一定時間着用出来るか明確ではないが。
 ・学校給食で昼食を摂っている2千万人にに上る小児が、休校期間に昼食を家庭でどのように摂るのか未解決である(訳者注:多くの家庭では両親が働きに出ているため、家庭内は子供達だけになる)。
Vietnam reissues bird flu poultry breeding ban Forbes, NY (国際) ベトナム、再度市内での家きん養殖を禁止に
 ベトナム首相は市内での家きん養殖を再度禁止した。到来する冬期間に新規鳥インフルが発生する危険性があるからだ。
 、また同首相は農場での放し飼いから、商業的家きん養殖への積極的移行を勧奨した。
 ベトナムでは今月に入ってTra Vinh省一ヶ所で家きんにおける鳥インフルが発生しているが、専門家達は冬期間の数ヶ月間に再び発生してくる危険性を指摘している。
10月18日


Kids overlooked in super-flu preparations MSNBC  (米国) スーパーインフルエンザ対策で小児が見逃されている
 下記と類似内容
US bird flu plans failing children, report says Reuters (国際) 米国、パンデミックインフルエンザ計画は小児対策が欠けている:報告書が指摘
 米国のパンデミックインフルエンザ行動計画は、小児対策が十分考慮されていない。小児の間で一番拡大する可能性があるし、また小児がもっとも感染しやすい。専門家が17日語った。
 連邦および州政府は十分量のタミフルを備蓄していないし、学校やデーケアセンターが閉鎖された場合の数千万人はいる子供達への対策も考えられていない。
 さらにそうした子供達を抱える両親に対する選択、すなわち子供達の世話を家庭で行い、そのために収入を失う等の問題に、連邦政府の政策は焦点を合わせていない。米国小児科学会と「Trust for America's Health.」のレポートでそのように報告されている。
 「我々はこの時点で、パンデミックインフルエンザが米国内で発生したとき、小児に対して十分の対策を講じてはいない」、とニューハンプシャーのダルマウス大学小児病院の主任小児科医であるヘンリー・バーンスタイン医師が語った。
 「長期間、小児達はどのようにして学校を離れているのだろうか?誰が彼等を世話するのだろうか?」、と同医師は疑問を投げかけている。
 「どのようにして小児達が校外で集団で戯れるのを防止できるのだろうか?まだ時間があるのだから、我々は十分対策を練る必要がある」。
 保健医療専門家達の間ではパンデミック・インフルエンザがいつ発生してもおかしくはないとされている。平均して人々が全く免疫を保有していない新型インフルエンザは世紀に3回発生している。
 誰もいつ、どのインフルエンザウイルスがパンデミックを起こすのか明確に出来ないが、現在は2003年以来12カ国で203人を殺したH5N1ウイルスがその第一候補に上げられている。H5N1ウイルスは331人に感染し、60%の死亡率を呈している。発病者の46%は小児である。
 
詳細情報の不足

 政府は少なくともこの2年間、このパンデミックインフルエンザ対策を講じてきた。しかし、専門家は連邦政府の行動計画は詳細に欠けていると不満をもらす。http://www.pandemicflu.gov
 非営利団体である「Trust for America's Health.」の報告によると、米国内にいる7千360万人の子供に対して、小児用の薬は10万人分しか用意されていないとされる。http://www.healthyamericans.org
 「H5N1ウイルスに対して有効とされる2種類の薬は、両方とも1歳以下の小児には使用が認められていない」。とその報告書では伝えている。
 さらにいつもは学校給食に頼っている子供達は休校の間、どのようにして食事を摂ればよいのだろうか?報告書では疑問を呈す。
 「全ての学校は生徒達に感染予防方法を教えなければならない」、そのように報告書では勧告する。それは通常の季節性インフルエンザや風邪の拡大を防止するにもつながる。
 Trustのジェフ・レビ氏は、50%の米国人は病気休暇をとらないだろう、と語る。そして彼等の子供達を無許可の小児デーケアセンターに預ける可能性があるという。そこで感染は広まる危険性が高い、と同氏は説明している。同様のことは米国小児科学会感染症委員会のメンバーである、サンジエゴ小児病院のジョーン・ブラドレー医師も語っている。
10月17日

Roche Hurt by Weaker Tamiflu Sales Smartmoney.com (米国) ロッシュ社、タミフル販売量の落ち込みで歳入の伸び率が低下
Waning Bird Flu Demand Hurts Roche Forbes, NY   (米国) 
 ロッシュ社の発表によると、本年9月までのスイスのロッシュ社の歳入の伸びは12%となり、昨年同期の19%に比較して大きく落ち込んだ。それは主としてタミフルの販売量の落ち込みによる。多くの国で目標量まで備蓄量は達していないが、購入ペースが落ちてきているという。
 同社のスポークスマンは、パンデミックの恐れは相変わらずあり、いつ起きても不思議ではないのだから、タミフルの備蓄は必要で、急ぐべきと語っている。
Research on type B flu strain could yield clues about bird flu  HULIQ, NC (米国) B型インフルエンザ株の分析が、パンデミック発生の可能性あるA型鳥インフルウイルスの変異を予知
Influenza B virus offers pandemic clues United Press International  (国際) B型インフルエンザウイルスがパンデミックの手がかりとなる
 米国の科学者が、B型インフルエンザウイルス表面のヘマグルティニンをA型インフルエンザウイルスのそれと比較することで、A型ウイルスのパンデミックを引き起こすタイプへの変化を予測出来ることを、米国の科学雑誌である「Proceedings of the National Academy of Sciences」に発表した。
10月16日


Thailand, Laos enhance efforts to control bird flu Thai News Agency MCOT, Thailand  (タイ) タイとラオス、協力して鳥インフル対策を強化
 国境を隔てている両国が、鳥インフルの侵入に対する強化策を協働して実行する。

 タイの公衆衛生大臣である Mongkol Na Songkhla氏は、タイとラオスが国境に沿って鳥インフル対策を協働して強化にあたることを発表した。

Korea to Implement Special Bird Flu Preventative Measures Next Month Desastres.org, Peru  (ペルー) 韓国で来月から、特殊な鳥インフル対策が開始

 韓国では今冬に向かって鳥インフル発生の防止と対策の強化、監視を図る。観光農林省が15日発表した。
 計画は11月1日から2月まで続けられ、農家に餌や鳥の管理を強化するように注意を与える。この4月間と言う意味は、渡り鳥が到着して、家きんにウイルスを感染させる可能性のある時期である。
 「昨年発生した7事例のうち、4事例では通常の長靴や靴を履いて鶏舎に入った農夫から感染した。、と農林省の主任獣医のKim Chang-seob氏が語っている。
 同氏によると当局では、全ての家きん農家に特殊な”浄化された”、靴を鶏舎内では用いるように指示している。
 …
WHO Confirms 109th Indonesian Avian Flu Case Occupational Health Safety, TX  (米国) WHO、109人目のインドネシア人鳥インフル事例を確認
 WHOはインドネシアにおける109人目のH5N1鳥インフル感染者を発表した。
  ジャカルタとの境界近くのBanten州Tangerang地区出身の12歳少年で、10月8日に鳥インフル症状を呈してジャカルタの入院した。
10月15日


Portable Diagnostic System for Bird Flu, Foot and Mouth Disease to ... MedIndia, India  (インド) 鳥インフルや口蹄疫の即時診断のための携帯型検査機器が開発に
 英国の技術系企業のSmiths Detection は、獣医が携帯し、口蹄疫や鳥インフルを現場で診断するための装置開発に乗り出すことを発表した。
 新システムは本年11月にオーストラリアで開催される、世界獣医学研究室診断会議で獣医達に紹介され、2008年中旬から生産される予定になっている。
 測定器は現場で90分以内に診断出来る。
 装置は進化したPCR装置と、検出および分析装置の改良型が用いられている。
Bird flu, pig disease return to Mekong Delta as weather cools Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) ベトナムのメコンデルタ:鳥インフル、豚の感染症が冬期間に入り、発生してくる可能性
 先月気候が冬型に入ってから、メコンデルタ地域で鳥インフルが再興次第Sてきていると、地域の動物保健当局が発表した。
 11日、動物保健局はTra VinhのTra Cu地区の農場で300羽のアヒルのうち、5羽から致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出されたと発表した。
 アヒルは別な地域から運ばれてきたが、未だワクチンは接種されていなかった。
 地域の獣医担当者達は感染した家きんを殺処分した。

豚の感染症

 メコンデルタのカマウ省は11日、豚の感染症に罹患していた9頭の豚を殺処分した。
 この3週間、カマウ市の地域動物保健担当者は56頭の豚を殺処分し、血液を検査のために採取した。
 医学的に、Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome (PRRS)、またはblue ear diseaseと呼ばれるが、6月下旬に中央のQuang Nam省のQuang Ngai および Da Nang市で発生した。
10月14日


Indonesian boy dies of bird flu  AFP (国際) インドネシア少年、鳥インフルで死亡
 死亡した12歳少年は学校周辺で感染した鶏に接触したと、保健省の鳥インフル情報センターの当局者が語っている。

Indonesia Announces Human Bird Flu Death  Voice of America (米国) インドネシア、人の鳥インフル死亡を発表
 12歳少年の死亡を発表。

12-yr-old boy dies of bird flu Manila Times, Philippines  (フィリピン) 12歳少年鳥インフルで死亡

新型インフルエンザ対策 明石市、行動計画策定へ 神戸新聞 
 明石市は十二日、鳥インフルエンザなど、近い将来に人への感染が懸念されている新型インフルエンザの発生を想定し、関係機関の対応策をまとめた行動計画を年内にも策定すると発表した。県内の市町で、新型インフルエンザ対策の行動計画を設けるのは、神戸市に次いで二例目という。    同対策は、国が基本方針を、都道府県が具体的な予防計画を定める。同計画では具体的な対策のほとんどを県が管轄する保健所が担うが、市民の危機管理を重視し、同市でも独自の行動計画が必要と判断した。
 具体的には、発生段階を「発生前期」「大規模発生」など五段階に分類。感染情報の共有や患者の受け入れ先、搬送方法など、市や各機関の態勢や対応策を各段階でまとめる。感染者の隔離や市民の外出制限の呼び掛けなども盛り込む方針という。
 十六日には県や医療機関、地域団体など計二十団体の代表者で連絡調整会議を開き、計画案を示して意見交換を行う。同市防災安全課は「対策は、医療機関や県の保健所に負うところが大きいが、万が一の場合、場当たり的な対応にならないよう万全を期したい」としている。
10月13日

Indonesian boy dies of bird flu: health ministry Reuters (国際) インドネシア保健省:インドネシア少年鳥インフルで死亡
 12歳のインドネシアの少年が鳥インフルで死亡し、同国で88人目の死者となったことが13日インドネシア保健省から発表された。
 保健省の鳥インフルセンターの当局者の先の談話では、少年の感染源は不明であるが、少年の家の周囲で何羽かの鶏が死んだ事実はあったようだ。
10月12日

12-year-old Indonesian boy tests positive for bird flu  Times of India, India (インド) 12歳インドネシアの少年、鳥インフル検査で陽性に
 下方ロイター記事と同内容。

Indonesian teenager hospitalized for bird flu  People's Daily Online, China (中国) インドネシアの10代少年、鳥インフルで入院
 事実だけの短報。

Indonesian boy tests positive for bird flu  Reuters  (国際) インドネシアの少年、検査で鳥インフル陽性に
 11日、インドネシア保健省は、12歳少年が検査で鳥インフル陽性が確認され、ジャカルタの病院で入院治療中であることを発表した。
 同省の鳥インフル対策センターのムハマド・ナディイリン氏は、少年が西ジャワのタンゲラン出身であることと、なぜ感染したか現在の処不明であることを発表した。しかし少年の家の周辺では鶏が何羽か死亡していたようだ。
 びゅいんの主治医によると、少年は隔離室で人工呼吸器につながれていると言う。
10月11日


Bird flu virus strain in Vietnam mutates  Mathaba.Net, UK  (英国) ベトナムの鳥インフルエンザウイルスは変異している
 
ベトナムにおける鳥インフルのウイルス株は変異していて、より人に危険な株になっている、と地元紙の「パイオニア」が10日、報道した。
 しかしながら、変異はそれほど大きなものではなく、人人感染を容易に起こすほどのものではないとも伝えられている。ベトナム農業田舎開発省長官である、Cao Duc Phatが9日に開かれた鳥インフル対策中央委員会で語った。
 家きんに対するワクチンはいまだ効果を持っている。なぜならワクチン株と発生ウイルスとの間には、高度の類似性があるからである。
 
Pandemic coming, flu expert warns Berkshire Eagle, MA (米国) パンデミックは起きる、インフルエンザ専門家が警告
 マサシュウセッツ州で国内のインフルエンザ専門家が講演。パンデミックは間違いなく起きる。どれだけの大きさで、いつ起きるのかが分からないだけだ。
Many European states not ready for flu pandemic Reuters AlertNet, UK  (英国) 多くのヨーロッパ諸国ではパンデミック・インフルエンザに対する用意が出来ていない
 10日、公衆衛生研究者達は、多くのヨーロッパ諸国では、パンデミック・インフルエンザ対策が十分行われていなく、薬の配分計画や、感染地域の対策など十分計画されていないと警告した。
 WHOの会報によると、ヨーロッパの30カ国の内29カ国が未だ鳥インフル戦略を進めている段階であるという。現在発生した場合、十分対処できる状態にないという。
インドネシアでまた死者、87人目 鳥インフルエンザ CNN Japan 
 インドネシア保健省は10日までに、同国の44歳女性が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染、死亡したと発表した。AP通信が報じた。これでインドネシアでのH5N1型による犠牲者は、世界最多の87人となった。
 血液検査で感染が確認された。市場で買った鶏が感染していたとみられる。市場の場所などは不明。
 鳥インフルエンザ感染は2003年以降、アジア中心に一気に拡大した。他国では対応策の徹底で感染に一応歯止めが掛かっている状態だが、インドネシアでは逆に増加傾向にあり、世界保健機関(WHO)などが迅速な対策の実施を求めている。
 同国では今年8月22日、国際的な観光リゾート地のバリ島中部タバナン県に住む女性(当時28)がH5N1型に感染、死亡している。同島での犠牲者は初めてで、観光への悪影響の懸念も高まっている。
.
10月10日

Quarantine lifted on flu village People's Daily Online(中国) インフルエンザ被害の村の隔離を解除
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 当局が流行を押さえ込んだとして、鳥インフルエンザが発生した広州番禺区の泗県村の隔離を火曜日に地方政府が解除した。
発表によると、閉鎖されていた村落から半径13km以内の全ての家禽市場と野外食料市場も再開する。
 「動物感染症予防の専門家が流行した地域の最終検査を行い、結果もう安全との結論を得ました」と、広州・動物感染症予防監督局局長のFang Zhenggang氏は述べている。
 「隔離解除をしてもいい頃合です」
 動物にはインフルエンザ抗体検査が為された。
 動物におけるH5N1亜種ウイルスの潜伏期間は最長21日間である。
Fang氏は、新規症例が発生しなければ流行は適切に押さえ込まれたと考えられるとしている。
 現地政府は鳥インフルエンザがアヒルの間で流行した泗県村に封鎖を課した。さらに9月18日に半径13km以内にある家禽市場での取引を禁止した。これは流行しているものがH5N1鳥インフルエンザ亜種であると、農業部と国立鳥インフルエンザ委託研究所が確認してから2日目のことであった。
 鳥インフルエンザは9月5日に発生し、わずか2日間でこの泗県村の9830羽のアヒルを死亡させた。
広州番禺区の現地政府は、泗県村から半径3km以内にある9つの村落のアヒル、ニワトリ、ハトなどの15万羽の家禽の殺処分を命じた。
 広州市も生きた家禽と卵などの製品の隣接する香港・マカオなどの特別行政区への輸出を一部禁止した。
 泗県村住民のYang Wanmin氏は、隔離解除は「とても幸せなことだ」としている。
 「これまでの3週間、親戚や友人への訪問はしないようにしていましたし、親戚や友人もこちらを訪問することは許されていませんでした」と、Yang氏は言う。「とても生活に不便でした」
 「遅くても明日までに、何羽か生きたニワトリを買って料理します」
 「これまで3週間、うちの子供がしきりに食べたがっていたのです」
Major gaps in European plans for flu France24, France (フランス) ヨーロッパの鳥インフル対策に大きな欠点
 下記と同内容

Gaps in European flu pandemic plans could produce chaos: study  AFP  (国際) 研究:ヨーロッパにおけるパンデミック対策の遅れはカオス状態を引き起こす可能性
 WHOにより研究されたヨーロッパのパンデミック・インフルエンザ対策には大きな弱点があり、それが大混乱を引き起こす可能性があることが指摘された。
 ヨーロッパの29カ国からの科学者が参加したロンドン大学の衛生学・熱帯医学学部で行われた研究で、ヨーロッパ各国はワクチンや抗ウイルス薬の準備が遅れ、備蓄量が少なく、また国境における警戒態勢が不十分であることを指摘した。WHOが研究論文を発表した。
10月9日


Manipur likely to be declared bird flu-free soon: vety dept  KanglaOnline(インド) マニプールが鳥インフルエンザ駆逐宣言の見込み:動物衛生部
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部


 7月の鳥インフルエンザ流行後、監視などの対処後措置を継続しているマニプールについてインド政府は間もなく鳥インフルエンザ駆逐を発表する見込みだと州動物衛生部の声明はしている。
 暫定的に動物衛生部はインパール中心部での生きたニワトリの輸入・飼育・売買・下調理に厳格な警告を発してきた。また、これに関連した禁止令に反し売買や飼育をしたことが判明した家禽製品については、即座に賠償なしに欧州すると宣言している。
 声明によれば、同部は積極的に監視などの対処後措置を同州の様々な地点で、特に7月の流行地から半径5-10キロメートルの地域で実施しているという家禽からの検体は4段階で採取しボパールの高安全度動物衛生検査施設に送付している。
 インド政府は同州および同国が鳥インフルエンザを駆逐したと11月第2週発表する見込みだとしている。生きたニワトリの輸入と飼育の禁止と、インパールの0-5キロメートルの中核地域で生きたヒナドリなどの家禽に餌をやることへの禁止は継続されると、声明はしている。
 しかし中核地域外から持ち込まれた卵や下調理された鶏肉は許されていると、声明はしている。
禁止令に反し中核地域での生きたニワトリ・ヒナなどの家禽のの持ち込み・下調理・売却・飼育をしたことが発覚すれば、違反した家禽製品は法律の通りに賠償なしに押収される。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters  (国際) WHO、人の鳥インフル事例の統計記録を更新
 スマトラのPekan Baru市の44歳のインドネシア女性が鳥インフルで死亡したとインドネシア保健省が8日発表した。
 インドネシアでは108人発病者が確認されているが、そのうち87人が死亡している。世界中でウイルスは2003年に香港で再興して以来329人を発病させ、201人を死亡させている。
 数億羽の鳥が死亡、または殺処分されている。
 以下は各国別に見た人でのH5N1鳥インフル発病者数である。合計死亡者数と発症者数である。
 アゼルバイジャン 5、8 カンボジア 7,7 中国 16,25 ディブチ 0,1 エジプト 15,38 インドネシア 87、108 イラク 2,3 ラオス 2,2 ナイジェリア 1,1 タイ 17,25 トルコ4,12 ベトナム 46,100 世界合計 202、300
Indonesian woman dies of bird flu AFP  (国際) インドネシア女性、鳥インフルで死亡
 女性は最初10月1日にクリニック(個人医院の外来)で診察を受け、その後Pekanbaruの個人病院へ入院した。その翌日、鳥インフルが疑われて州立総合病院へ転院となった。
 
病院の当局者によると女性の症状は通常の鳥インフルの症状、すなわち発熱、貧血、白血球減少、および肺炎であったとされる。
 5日に死亡した。
 二ヶ所の検査機関でH5N1鳥インフル感染が確かめられている。
 ジャカルタから専門家チームが、女性の感染原因を調べに入っているが、現在の処不明とされる。
10月8日


An Indonesian woman dies from bird flu, taking national toll to 87  Malaysia Star, Malaysia (マレーシア) インドネシア女性鳥インフルで死亡、同国で87人目の死者に

 下記と同内容。
Bird flu kills Indonesian woman BBC News, UK (英国) インドネシア女性、鳥インフルで死亡

 インドネシアのスマトラで女性が鳥インフルで思慕雄牛、同国の死者数は合計87人となった。

 44歳女性が中央スマトラのペンカンバル市のマーケットで鶏を買った後発病した。
 血液検査で女性が致死的H5N1鳥インフルウイルスに感染していることが確認された、と保健省の当局者が発表した。
 女性がどのように感染したかについては調査中。
10月7日

特記すべき情報無し

10月6日
Mutated bird flu eases human-to-human spread Raw Story, MA (米国) 変異したウイルスが人人感染を拡大
 とインフルウイルスが変異し、人に簡単に感染しやすくなり、さらに一個のアミノ酸変異でその毒性が増すことが2つの研究で明らかになった。
 これまで家族内発生を示したウイルスが検出されていたが、ウイルスはいまだ人人感染を容易に生じるポイントまで変異はしてきていなかった。
 しかしながら研究者達は変異へは悪い方向へ進んでおり、遺伝子の悪いコンビネーションの変異でパンデミックが発生する可能性があると警告している。
 研究は治療や予防につながる魔法の弾を見つけることは出来ないが、研究者達はこれらの結果を保健当局者がより理解を示し、慎重に追跡調査することを望んでいる。
 最初の研究は、ヨーロッパやアフリカの鳥インフル株が、人ののどや咽頭に感染できるポイントまで変異してきていることを明確にし、そうなると咳やくしゃみでウイルスが拡散してゆく危険性ががある。
  「我々が発見した変化は鳥インフルがパンデミックになるには必要な条件ではあるが、十分な条件ではない」と、ウイスコンシン-メディソン大学の研究者であるYoshihiro Kawaoka氏が語っている。
 「我々は他に何が必要なのか分からない。我々はそれに関して研究を進めている」

 1997年に香港で見付かった初期のH5N1ウイルスは人の鼻やのどで、低温では生存できなかった。
 しかしKawaoka氏と共同研究者は、2004年にベトナムの患者から分離されたウイルスぃ分析し、上気道で増殖できる新規株であることを見いだした。
 遺伝子構造を分析してゆく中で彼等は、それらの変化はヨーロッパとアフリカで広がっているウイルスにも見付かることから、Kawaoka氏は不安であると表現している。
 しかしながら、同氏は電話インタビューで、
 「現在ウイルスは公衆衛生学的により重要存在となってきているが、一般社会にとって、それほど心配な状況ではない」と語っている。
 「治療方法や予防方法はこれまでと同じだと思う。今回の発見は、どの株に我々が注目するべきかを明確にしてくれた」、と同士は電話取材で語った。

 第二の研究では研究者達は、1997年に香港で分離された鳥インフルウイルスと、1918年に5000万人を世界で殺したウイルスを比較した。
 彼等は両ウイルスに共通する1本のタンパクを見つけ、その中の一個のアミノ酸が変化することでウイルスの毒性が劇的に強まることを見いだした。
Mutated bird flu eases human-to-human spread AFP - 変異したウイルスが容易に人人感染を拡大
 
鳥インフルが人に簡単に変異するように変異し、そして一個のアミノ酸の変化が毒力をます。そのような研究結果が発表された。
 これまでいくつかの人人感染がm家族発生例で見られてきたが、ウイルスは容易に人感染を生じるポイントまで変異してきてはいなかった。
 しかし研究者達は、変化は悪い遺伝子の組あわせを起こす方向に進んできていて、パンデミックへ移行する危険性を孕んでいるという。
 
 この最初の研究ではヨーロッパとアフリカの株は、人の鼻とのどにウイルスが感染することまで変異して来ていることを示している。それらウイルスは咳やくしゃみでウイルスを拡大させる可能性がある。
10月5日


Riau bird flu suspect dies Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、鳥インフル疑い患者死亡

Bird flu death feared in Indonesia The Mercury, Australia (オーストラリア) インドネシアで鳥インフル疑い者が死亡
 スマトラで44歳女性が鳥インフル疑いで死亡した。
 Riau州のArifin Achmad病院の医師が発表した。血液と組織がジャカルタへ検査のために送られている。もし確認されたならインドネシアで87人目の死亡者となる。
Bird flu virus mutating into human-unfriendly form  Reuters AlertNet(英) 鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトに感染しやすい形態に変異
森 孝夫 株式会社NTTデータポップ  リスクマネジメント部

 H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスがヒトにより感染しやすい形態に変異したが、まだパンデミック・ウイルスにはなってはいないと、4日に科学者が語った。
 この変異は憂慮すべきものだと、ウィスコンシン・マディソン大の河岡義裕博士は述べている。
 「鳥インフルエンザがヒトの上気道で増殖できるようになる、一定の変異を特定しました」と同研究の責任者である河岡氏は語っている。
 「アフリカと欧州で流行しているウイルスは、ヒトへのウイルスに最もなりやすいものです」と、河岡氏は述べている。
 アフリカと欧州の鳥類から採取された最近のウイルス検体は全て変異を起こしていると、河岡氏と研究員は公共科学図書館(PLoS)ジャーナルの病原体PLoSで報告している。
 「世間を騒がせる気はないのです。大した事はありませんから。しかし同時に、何が起こっているのかを科学界が理解しておくことは重要です」と、河岡氏は電話インタビューで述べている。
 H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスは主に鳥類に感染するが、2003年以降12ヶ国で329名に感染し内201名を死亡させている。ヒトからヒトへ感染することは極めて稀だが、容易にヒト-ヒト感染する能力を獲得すれば世界的なパンデミックを引き起こす可能性がある。
 インフルエンザ・ウイルスは全て絶え間なく変異している。どういった変異がウイルスが鳥に容易に感染する形態からヒトのほうを好むように変えていくために必要なのか、科学者はある程度の考えを持っている。
 鳥の体温は普通、摂氏41度(華氏106度)で、通常ヒトは摂氏37度(華氏98.6度)である。通常インフルエンザ・ウイルスが侵入するヒトの鼻や喉は、普通は摂氏33度(華氏91.4度)である。
 「ですので普通は鳥インフルエンザは、ヒトの鼻や喉で増殖しにくいのです」と、河岡氏は述べている。この点での変異によってH5N1はヒトの上気道の低温下でも生存できるようになるのだ。
 H5N1は、中国中央部の青海湖の水鳥の間で最初の大量集団死をもたらしている。この湖には数十万羽の渡り鳥が集まっていた。
 その際のウイルスは、渡り鳥によってアジアからアフリカ・欧州に運ばれた。その派生が変異を起こしているのだと、河岡氏は語っている。
 「ですので欧州やアフリカで流行しているウイルスは、この変異を全て起こしています。ヒトに最も近いものなのです」と、河岡氏は言う。
 幸運にも、このウイルスは別の変異は起こしていない。
「明らかに更なる変異が必要です。パンデミック・ウイルスになるために更に何回変異しなければならないのかは分りません」
H5N1 virus 'now infects people more easily' Independent Online, South Africa H5N1ウイルス人により感染しやすく変異
Bird flu virus mutating into human-unfriendly form
 Scientific American  (米国) 鳥インフルウイルス人感染しやすく変異
 下記の内容
人間への感染促す変異特定 鳥インフルで東大など 北海道新聞 
 鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が、人間に感染しやすい性質を獲得する際に不可欠とみられる新たな変異を、河岡義裕・東京大教授を中心とする日本とベトナムの国際チームが5日までに特定し、米専門誌に発表した。
 こうした変異が重なると、人間の世界で爆発的に流行する「新型インフルエンザ」の出現につながると懸念されている。
 チームは2004年にベトナムの1人の患者ののどと肺からそれぞれ採取した、2種類のH5N1型ウイルスを比較。のどの方のウイルスは、表面のタンパク質のアミノ酸が1カ所、グルタミン酸からリシンに変わっており、マウスに感染させると、のどや鼻など気道上部のさまざまな細胞で増殖しやすく、哺乳類の一般的な体温(約37度)より低い約33度でも増えることが分かった。
 これは、ウイルスがせきやくしゃみで広がりやすい性質を獲得したことを示しており、人間での大流行に向けた重要なステップになるという。
No H5N1 Found in North America  Southwest Nebraska News, NE (米国) 北米でH5N1ウイルス検出されず
 ネブラスカの水棲鳥狩猟者達の調査では北米ではH5N1鳥インフルウイルスが見付かっていない。
France cuts bird flu risk level to 'moderate' from 'high' Forbes, NY (国際) フランス、鳥インフル危険度を高度から中度に変更

France lowers bird flu risk level to moderate Reuters  (国際)フランス、鳥インフル危険度を下げる
フランスは鳥インフル危険度を高度から中度レベルに引き下げた。理由は過去二ヶ月間、野鳥の間でウイルスが検出されていないことによる。
 ヨーロッパで最大の家きん産生国であるフランスは、7月にフランス北東部で野生の白鳥からH5N1鳥インフルウイルスが見付かって以来、危険度を高度にしていた。
 この危険度は国内の家きんを室内に閉じこめるか、ネットを張って野鳥との接触を防止する処置が必要とされる。
10月4日

Resistant bird flu alert  Telegraph.co.uk, United Kingdom (英国) 鳥インフルウイルスへの耐性出現を警告


スウエーデンの研究者達が、人の尿から排出されたタミフルが、下水道処理の間にも変化せずに残ることを確認し、大量にタミフルを使用する国では自然水の中に含まれるタミフルの濃度が高くなり、それがインフルエンザウイルスの薬剤耐性を将来する可能性を指摘している。

Warning against over-prescribing Tamiflu The Age, Australia タミフルの過剰投与に警告
 下水道に流れたタミフルは分解されないことから、パンデミックが発生した場合、水棲鳥を通してタミフル体制ウイルスが産生される危険性がある。スウエーデンの研究者が10日発表した。
 医師達が過剰投与することへの警告を研究者達はPublic Library of Scienceに掲載された論文で発表した。
 「タミフルのような抗ウイルス剤は十分注意して使う必要がある。そして医学的条件が満足されるときにのみ使用されるべきである。」とウプサラ大学とカルマー大学の研究者である、Bjorn Olsen博士が語っている。
 {さもなければ、次回のインフルエンザ・パンデミックに際して、最も必要とされる時期に薬が無効になる可能性がある。一方、薬剤を提供しているロッシュ製薬はそのような可能性を否定している。
 「非常に発生する可能性は低いと考えられる。このような変異したウイルスは極めて感染性が低いという事実と合わせて評価すべきである」とロッシュ側は説明している。
 今回の研究でスウエーデンのチームは、低濃度のタミフルが下水処理の過程でも変化せずに残存していると語っている。
 これまで排出されたタミフルが変化せずに下水の中に残存している可能性が疑われて来たが、今回の研究で実際にそれが示された。
 ある国では排出されるタミフルの量が極めて高いため、自然界に存在するインフルエンザウイルスが変異する可能性がありえると、研究者達は言っている。
 「Hとんどの国ではタミフルの使用量は少ない。しかし日本のように、インフルエンザ患者の3割にタミフルを使用している国もある。
 大きな脅威は下水道出口周辺にいるアヒルのような水棲鳥であるとされる。高濃度のタミフルに接して、彼等が保有するインフルエンザウイルスがタミフル耐性になり、続いて耐性となったウイルスが人に感染するインフルエンザウイルスと結合し、遺伝子組み替えが行われ、タミフルに耐性となった人のインフルエンザウイルスが出現してくる可能性がある。
タミフル大量処方が自然界のウイルス耐性強化の原因に、日本にも影響  AFPBB News  (AFP、国際)

鳥インフルエンザの大量発生を阻止する切り札として期待されている抗インフルエンザ薬のタミフルが、逆にウイルスの耐性を強めてしまう可能性があるという研究結果を、スウェーデンの研究チームが発表した。
 タミフルは、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスのヒトへの感染拡大を防ぐ目的で現在、各国が備蓄を進めている。ところが下水処理される過程でも分解されずに残るため、自然界に存在する鳥インフルエンザウイルスが突然変異を起こし、耐性を獲得してしまう危険があるという。
 この研究結果は3日、米研究者グループ「Public Library of Science、PLoS」が運営する電子ジャーナル「PLoS One」に掲載され、特に問題をはらむ国として日本を挙げている。

■分解されずに放出

 タミフルの正式薬品名は「リン酸オセルタミビル(oseltamivir)」。ウイルスを完全に撃退することはできないが、インフルエンザの症状を緩和することはできる。体力が弱っている高齢者などに投与し、感染期間を短縮して看病の負担を軽くするなどの効果が期待されている。
 スウェーデンのウメア大学(Umea University)のJerker Fick氏の研究チームは、普通の下水、濾過(ろか)して化学処理した下水、微生物を使って処理する「活性スラッジ」の下水の3種類で、タミフルの分子が分解されるかどうかを調べた。その結果、いずれの下水でもタミフルの有効成分が残ることが判明。これはタミフルがそのまま排水とともに自然界に放出されてしまうことを意味する。
 タミフルが大量に処方された場合、自然界で濃度が高まり、結果的にH5N1ウイルスに耐性を与えてしまう可能性がある。鳥インフルエンザウイルスは下水口近くでエサを取るマガモのような水鳥が感染することが多く、ヒトのインフルエンザウイルスと結合すれば、タミフルが効かない新種のウイルスが作り出されるかもしれない。

■日本はタミフル耐性患者が多い

 その危険が高いのが日本だという。スイスの製薬会社ロシュ(Roche)の統計によると、2004~2005年のインフルエンザの最盛期に、日本では1600万人が感染し、うち600万人がタミフルを投与された。その結果、日本の自然環境には大量のタミフルが放出されたことになる。
 実際、「日本はタミフルに耐性をもつ患者の増加の割合が高い」と論文は指摘。2004年に英医学雑誌「ランセット(Lancet)」に掲載された研究報告によれば、日本で感染した少人数の児童を調べたところ、18%が突然変異ウイルスに感染しており、このウイルスのタミフルへの耐性は、普通の場合に比べ300~10万倍高かったという。
10月3日

Mishandling of Germs on Rise at US Labs The Associated Press  (AP通信) 米国研究所での病原体取り扱い事故件数増加


 米国の世界中の致死的病原体や毒素を扱っている研究所は2003年以来、それら病原体の扱いや発送に100件以上の事故の経験があることが確認あれた。そして、そうした病原体を扱う研究所が増加するにつれて、事故の件数は増える傾向にある。
 監督局(regulators)によると、死亡者は出ていないし、またこれらの事故による社会的危険性はないとされる。しかし提出された文書によると、高度に管理されている研究所での低レベルの操作や見落としが見られ、万が一それら病原体、または毒素が人に作用した場合、治療方法がないものも含まれている。
 またいくつかの例では、報告が法的に規定されているのも係わらず、事故の報告がなされていないものもあった。


More Than 100 Incidents Reported At Labs Handling Deadly Germs KXAN-TV, TX (米国) 致死的病原体を扱っている研究所から100件以上の事故報告
 この3年間、米国の研究所における世界的致死的病原体の扱いで、取り扱い上のミスや事故が3倍以上に増加していることが判明した。
 連邦当局に提出された機密書類によると、病原体の種類は、炭疽菌、猿痘、鳥インフル、ペスト等が含まれる。
 事故による死亡者は出ていない。
 このような致死的病原体を扱う研究書はこの3年間で2倍に増加したが、理由は5年前にブッシュ大統領が生物テロ対策(生物兵器戦争)を強化してからである。
US border agents seize hunters' birds amid Canada's bird flu scare  News1130, Canada  (カナダ) カナダで鳥インフル脅威の最中、米国国境で狩猟者から鳥が押収される
 下記報道と同じ。
Birds Seized from Hunters Crossing Canadian Border KFYR-TV, ND  (米国) 米国、カナダ国境から越境してきた狩猟者から野鳥を押収
 ミネソタとノース・ダコダの米国関税事務所は、カナダから米国に再入国してきた狩猟者から4100羽以上の鳥を押収した。カナダではSaskatchewan州の Regina近くの商業用養鶏場で鳥インフルが発生している。
 9月27日、米国農業省の動植物保健管理局は家きんとその加工品の輸入を禁止し、税関当局は狩猟者が殺した鳥も持ち込み禁止にするように指示だだされた。
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters  (国際)  WHO、鳥インフルにおける人の感染者統計を発表
 WHOは2日ウエブサイトで、インドネシアのジャカルタで、21歳男性が死亡したことを確認した。
 インドネシアで今日まで確認された鳥インフル発病者は合計107人で、86人が死亡している(死亡率80%)。世界的には2003年に再興して以来、329人が発病し201人が死亡している(死亡率61%)。

世界での発病者と死者は以下の通り。(死者数 発病者数)。
 アゼルバイジャン(5 8)、カンボジア(7 7)、中国(16 25)、 ディブチ(01)、(エジプト 15 38)、インドネシア(86107)、イラク(2 3)、ラオス(2 2)、ナイジェリア(1 1)、タイ(17 25)、(トルコ 4 12)、ベトナム(46 100)
 総計 死亡者201,感染者数329人、死亡率61%。

鳥インフル 県、防疫マニュアル改訂 全市町村配布 10分単位で手順設定  西日本新聞
 県は2日、今年1月に連続3件発生した鳥インフルエンザを受け、防疫措置などの作業手順を記した指針「鳥インフルエンザ防疫マニュアル」を改訂、公表した。渡り鳥の飛来時期を前に、各出先機関や全30市町村に配布し、非常事態時に向けた周知徹底を図る。
 防疫マニュアル(A4判、132ページ)は、鳥インフルエンザの特徴▽殺処分などの防疫対策▽移動制限区域設定などの防疫措置‐の3章で構成。発生から防疫完了までの作業を図表や写真で解説し、1日のタイムテーブル(時間割)も十分単位で詳細に設定した。
 さらに、参考資料として、1月の感染鶏の殺処分は出先機関を含む職員が担当したことから、当時の写真などで殺処分の流れなども詳述。埋却処分をした日向市の事例なども紹介した。
 防疫マニュアルは、この日あった鳥インフルエンザ防疫推進大会(県、県畜産協会主催)で公表。大会には、農水省の国内防疫調整官や各都道府県の家畜防疫担当者ら約400人が参加した。
 渡り鳥の侵入防止対策の徹底などを議論したほか、鳥インフルエンザ発生時の机上演習も実施。「鶏約4万羽を飼養する都城市の農場で2日間に100羽以上が大量死した」との想定で、疫学調査や消毒作業、移動制限解除などの各作業を県の担当者がスライドを使って説明した。
鳥インフルエンザ対応訓練 高知放送
 2日、安芸福祉保健所で鳥インフルエンザに備えた訓練が行なわれた。訓練は、県、医療機関などとの連携をはかるのが目的。奈半利町内で鳥から人に感染したとみられるケースが発生したとの想定で、防護服に身を包んだ職員が患者を安芸病院へ搬送した。県内で鳥インフルエンザは発生していないが、参加者はいざという時に備えて連携を確認していた。
10月2日

Another bird flu victim in Indonesia takes the death toll to 86 News-Medical.net, Australia (オーストラリア) インドネシアで86人目の鳥インフル死者発生
 インドネシア保健省は西ジャワの21歳男性が鳥インフルで死亡したことを発表した。
 男性は9月18日から明らかな症状を出していたが、1週間後に病院へ運ばれてきたが7日に死亡した。
 当局によると病院へ運ばれてきたときには既に肺炎を起こしており、治療が効果を呈するには遅すぎたとされる。
 専門家達は男性の感染源を調査中であるが、現在の処不明である。鶏の放し飼いは2月からジャカルタ市では禁じられている。
Indonesia reports 86th bird flu death  AFP  (国際) インドネシア、86人目の鳥インフルの死者を確認
 インドネシアの首都のジャカルタで21歳男性が先週鳥インフルで死亡したと、保健省が1日に発表した。同国での死者数は合計86人となった。
 男性は9月28日に西ジャワの病院で死亡した。
 患者の検体は二ヶ所の検査所でウイルス感染が確認された。それはインドネシアで鳥インフルを確認する際の決まりとなっている。
 男性は10日前にインフルエンザ様症状で発病したが、死亡する直前の3日間だけ病院に入院していた。
 男性が感染した家きんに接触したかどうかは現在の処不明とされる。
Canadian poultry farm hit by bird flu WorldPoultry.net, Netherlands  (オランダ) カナダの家きん農場で鳥インフルが発生
  H7N3鳥インフルがSaskatchewanの商業用ブロイラー農場で発生。カナダ食料監視局(Canadian Food Inspection Agency)が発表。
 米国農業省は同州からの家きんと産物の輸入を禁止した。
Bird flu outbreak reported in Russia  Earthtimes.org  (国際) ロシアで鳥インフルが発生
 下記と同内容
Bird flu outbreak reported in Russia United Press International  (ロシア) ロシアで鳥インフルが発生
 ロシア南部のクラスノダル・テロニトリの農場で鳥インフルが発生し、数万羽の家きんが殺処分された。
 ロシア農業監視局によると9月4日に500羽の鶏が死亡した後、致死的H5N1鳥インフルウイルスが検出された。
 ウイルスが確認された翌日22000羽の家きんが殺処分された。
 当局によると最終的に23万8000羽の鶏が殺処分される予定になっている。
 これまで人の感染例は報告されていない。

 ロシア当局はロシアのクラスノダル・テロニトリは、渡り鳥の飛行ルートになっているため、鳥インフルの危険地域と考えられている。
 しかしながらWHOでは、ほとんどの鳥インフルの拡大は家きんや、家きん売買を介して広がっていると考えている。
10月1日

Experts Say Bird Flu Virus Has Destructive Effect Voice of America  (米国) H5N1鳥インフルウイルスは破壊的作用を持つ
 基本的に下記内容と同じ。
Bird Flu Spreads From Pregnant Woman To Fetus  CityNews, Canada (カナダ) 鳥インフル、妊婦から胎児に感染
 北京の研究者が、H5N1鳥インフルで死亡した24歳の妊婦の体内の胎児もウイルスに感染していたことを確認した。胎児は母が死亡した時点で死亡した。
 またさらに同様にH5N1鳥インフルで死亡した35歳男性の遺体の調査から、ウイルスは肺から腸管、脳、肝臓、そして血液細胞の中にも感染していることが確認された。
 H5N1ウイルスがなぜ未治療の人間で早期に広がり、死に至らすのかいまだ不明である。しかし今回の研究結果から、H5N1ウイルスは単に免疫システムを過剰に刺激するだけでなく、他の組織の機能障害も起こすことが分かった。
 *詳細は9月28日のロイター通信でも報道。
Winter bird flu measures take flight  Swissinfo, Switzerland  (スイス) 冬期間の鳥インフル対策開始

 冬期間、スイスでは家きんの屋内飼育が禁じられる。
 渡り鳥からのH5N1ウイルス感染防止の為の措置である。

TOP