高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
9月30日(土)

New birdflu outbreak in northern China Bangkok Post, Thailand  (タイ) 北部中国で家きんにおけるH5N1鳥フル発生
 中国公営通信新華社は、中国北部の内蒙古自治区で死亡した家きんから、致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。
Possible defense against birdflu? San Francisco Chronicle, (米国) 通常のインフルエンザワクチンが鳥フルに効果を持つ可能性
 本日のワシントンポストでも報道済みの研究報告。
 マウスの実験でH1N1ウイルス抗原を含むインフルエンザワクチンを接種し、その後致死的H5N1ウイルスを接種したところ、半数のマウスが生き残った(通常全例死ぬ)。この事実から下記仮説が提唱された。米国の有名なウエブスター博士の発表。発病率に差はないが、死亡率が半数に。
 通常のインフルエンザワクチン内に含まれるN1蛋白とH5N1ウイルスのN1蛋白で共通の蛋白があることから、通常のインフルエンザワクチンを投与した場合、N1蛋白に対する抗体が産生され、それがH5N1ウイルスが体内で増殖するのを、ある程度抑制する効果を持つ。通常のインフルエンザワクチン内のN1蛋白は、H1N1ウイルス株(ソ連風邪)由来。
 臨床の場では予防効果を期待するから、感染率には差が出ないことは、医師達を満足させないという批判に対し、ウエブスター博士は、”感染することと死亡することは全く異なる。(死亡率が下がることは極めて重要)”とのコメント。
 N1蛋白はウイルスが細胞外に放出されるときに必要。

As millions of Americans prepare to line up for their annual flu shots, a leading expert on the feared strain of avian influenza told researchers in San Francisco that the ordinary vaccine might save lives if the bird disease ever starts spreading among humans.

Robert Webster of St. Jude Children's Research Hospital in Memphis told delegates at a science conference that 50 percent of a small group of laboratory mice injected with a component of the annual flu vaccines survived exposure to a bird flu strain that ordinarily would have killed all of them.

"When the vaccine becomes available,'' said Webster, "if you are concerned about H5N1, take it.''

He delivered the featured scientific lecture Friday at the American Society for Microbiology's annual conference on infectious diseases.

In fact, the annual campaigns of mass vaccination for seasonal flu are just getting under way, without the shortages of vaccine that have plagued such programs in recent years. The federal Centers for Disease Control and Prevention predicts that three flu shot makers will produce and distribute 100 million doses by year-end.

Webster said there are plenty of other reasons to take the seasonal flu vaccine, which can protect against a disease that, according to the CDC, is responsible for 35,000 deaths each year in the United States.

Sutter VNA & Hospice, which operates the largest mass vaccination clinics in the Bay Area, opened its first flu shot clinic Friday in Sonoma, and plans to provide flu shots at more than 800 public clinics and private businesses throughout Northern California by December. Private physicians and large health care providers such as Kaiser Permanente also immunize thousands of their patients every fall.

Webster is a highly respected influenza researcher who is credited with the discovery that all influenza strains are derived from strains that originated in birds. He has been bluntly warning the world health community of the danger posed by the H5N1 strain. It rarely infects humans, but when it does so, it has killed more than half of them. The fear is that it could evolve into a form that transmits easily among people. "I hope to God it doesn't, because this is an extremely bad virus,'' Webster said.

Although the bird flu virus has not been able to spread readily among humans, Webster said that the similarities between the H5N1 strain and the virus that caused the 1918 Spanish flu are worrisome. All flu viruses are notoriously unpredictable, he warned. "We will never be about to outguess influenza,'' Webster said. "It makes sense to stockpile vaccines.''

The basis for Webster's hopeful comments on the potential of ordinary flu vaccine is an experiment conducted at his laboratory by colleague Richard Webby. The mice were injected with a component found in the seasonal flu vaccine made from a strain of common flu called H1N1. As the letter and number code suggests, the H5N1 bird flu virus and the common flu strain share a common protein designated N1.

Webster disclosed that the roughly similar N1 of the common vaccine strain was effective enough to cut in half the death rate among the laboratory mice after exposure to H5N1. That is hardly the sort of protection doctors hope to get eventually from a bird flu vaccine, but Webster said partial protection is better than none at all. "There is a lot of difference between infection and death,'' he said.

Other flu experts were cautious about the laboratory findings. "We are not mice,'' said Dr. Fred Hayden, an infectious disease expert at University of Virginia. Many drugs and vaccines that work in the lab for mice have no similar effects when tested in human beings. "We need a lot more data from human studies,'' he said.

Baylor College of Medicine flu specialist Dr. Wendy Keitel said that Webster's report was interesting but "very speculative.''

One problem with the idea, she said, is that the amount of N1 found in each dose of vaccine is not carefully measured by vaccine makers. Instead, they concentrate on another component in the formula, known as hemagglutinin -- which accounts for the "H" portion of the label given each strain of influenza.




China reports new outbreak of H5N1 birdflu in poultry in ... International Herald Tribune, France  (フランス) 中国、内蒙古自治区でH5N1鳥フルが家きんの間で発生
 中国公営通信新華社は、中国北部の内蒙古自治区で死亡した家きんから、致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。
 Baotou市近くの村で発見されたが、検査結果は昨日(29日)明らかとなった。
 家きんの種類や数などに関しては不明。
Software developed to gauge spread of diseases E Canada Now(カナダ) 疾病拡大評価プログラムを開発
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 シンガポールの研究者が、鳥インフルエンザのような高毒性疾病の拡大を制御するためのコンピュータ・プログラムを開発したと、ナンヤン工科大(NTU)は土曜日に発表した。
 このソフトウエアは、感染症が一定の地域でどの様に拡大するかを明示することができる。
こうした情報を地理データと統合すれば、衛生当局はどの「人口密集」地域を疾病拡大管理の最初の対象にすべきか特定できると、生物科学教室教授のKCラン氏はストレート・タイムス紙に語った。
 「疾病と競走しているのです」と、ラン氏は言う。「このデジタルの囲いによる解決法で疾病を拡大よりも速く封じ込められるでしょう」
 世界保健機関も、このソフトウエアの開発に興味を示している。
 衛生当局者は現在、鳥インフルエンザ発生防止のために鳥を殺処分する地域の広さや感染を最小化するために人を離しておく距離を適当に決めているに過ぎないと、ラン氏は言う。
このコンピュータ・モデルはもっと精密な手法で、「疾病に一歩差を付けられるのです」と、主席研究者のラン氏は同紙に述べた。
 「このデジタルの囲いの戦略は、実地疫学の監視や感染症の封じ込めで多くの有効な応用をもたらす可能性があります」
 このプロジェクトが選定された理由は、バイオテロやSARSのような新興感染症の危険性から来る脅威が世界中で高まっているからだと、同氏は述べた。
Tamiflu prevents pneumonia in kids, study finds Reuters タミフルは小児の肺炎を予防する
 ロッシュ社が発表。サンフランシスコで開催された「 Interscience Congress on Antimicrobial Agents and Chemotherap」。
 小児の肺炎併発を53%減少、重症患者に対する死亡率は71%減少。他
 タミフル服用により小児の53%が非服用小児に比較し肺炎併発率が少ないことが、29日、タミフル製造会社であるロッシュ社から発表された。
 そして第2の研究でインフルエンザ重症高齢者に、タミフルを投与することで、死亡率を71%減じることが明らかになった。
 
 世界中で毎年季節性インフルエンザに数百万人が罹患している。米国だけでも、CDCの推定では36000人が死亡し20万人近くが入院している。
 世界中での死亡者は毎年25万人から50万人と考えられている。重症症状または死亡のほとんどは、細菌や二次感染によって起きる肺炎合併が原因となる。
 Gilead Sciences <GILD.O>のライセンスのもとに、ロッシュ社が製造しているタミフルは、ライバル会社のグラクソスミスクライン社が製造しているリレンザと同じく、感染の重症度を減じる効果を持っている。古いタイプの抗インフルエンザ薬はあまり効果が無く、推奨されない。
 研究者達は15000人以上の1~12歳までの小児の保険記録を分析した。
 約2.6%が肺炎発症の既往があった。
 インフルエンザ診断後1日以内にタミフルを服用した小児は、非服用小児に比較して肺炎の発症が53%低かった。
 ”この研究は、初期のタミフルによる治療は、インフルエンザにとってもっとも重大な肺炎合併を抑えることを示唆している”、とロッシュ社の医学ディレクターである、Dミニク・イアクジオ氏が語っている。

 同じ会議で発表された第二の研究結果では、インフルエンザで重症になった成人の死亡率を減少させることが示された。
 ”感染した成人の死亡率は71%減少した”、とロッシュ社は報告した。
 カナダのトロントのマウントシナイ病院のDr. Allison McGeer等はインフルエンザで入院した512人について分析した。
 彼等の報告によると84%が細菌感染を抑えるための抗生物質が投与されていて、32%で抗インフルエンザ薬が投与されていた。そのほとんどはタミフルであったが、中にはアマンタジンの使用も見られた。
 ”全患者の中で6.4%が死亡しているが、これらの死因はインフルエンザに起因している”、とロッシュ社では説明している。
 抗ウイルス剤を投与されていた患者での死亡数は少なかった。

 タミフルは今、鳥フル発病者には規則的に投与されている。そして医師達は十分早期に投与されるならば、生命を救えるように思われる、と言っている。
 米国CDCは、インフルエンザに対する最も有効な予防策は毎年ワクチンの接種を受けることであるが、それは完全には予防しない、特に高齢者ではそうであって、免疫が獲得しづらいようだ、と言っている。

Flu shots may help fight birdflu, mouse study suggests; experts ... Canada.com, Canada (カナダ) 通常のインフルエンザワクチン接種は、鳥フルにも有効の可能性:専門家が実験で示唆
 下記内容と同じ。

Regular Flu Shot May Help Fight BirdFlu Washington Post, United States (米国) 通常のインフルエンザワクチン接種は、鳥フルに対してもある程度有効
AP
 世界の指導的インフルエンザ専門家が、小規模ではあるがマウスの実験で、通常の季節性インフルエンザワクチンが、鳥フルがパンデミックになった際にも、効果を発揮する可能性を示唆する、期待出来る結果が得られた、語っている。
 通常のインフルエンザワクチンを投与されたマウスの半数が、鳥フルウイルスを接種された後、半数が生き残ったことが、一回目の実験で明らかになった、とロバート・ウエブスター博士(聖ユダ小児研究病院のウイルス学者)が、感染症会議で語った。

 この実験結果は通常のインフルエンザワクチン接種の付加的利点を支持するが、鳥フル予防に対する過剰の期待には注意を要する、と研究者達は語っている。
 ”我々は多くの人におけるデータを必要とする、”とフェデリック・ハイデン博士(バージニア大学のウイルス学者で、WHOの特別顧問)は、事実を人で確かめるまで、ワクチンのそのような効果に関しては明確なことは言えないと説明する。
 
 10数匹のマウスを用いた実験は、ウエブスターの共同研究者であるリチャード・ウエビイにより行われた。
 通常のインフルエンザワクチンには、致死的H5N1ウイルスが持つのと同じN成分を含んでいる(ニューラミニダーゼ:ウイルスが細胞内で増殖後、細胞外へ放出されるときに必要な酵素。株によってその構造は異なるが、構成蛋白には共通部分がある:訳者)。多くの人々は季節性のインフルエンザにこの数十年来感染し続けている。科学者の中には、そうした理由で(ウイルス間で共通するN蛋白に対する抗体を持っている故)多くの人が鳥フルから生き残れる可能性があると考えている人もいるが、もう一つのリセプターであるH基(ウイルスがヒトの細胞上皮内に吸着して、細胞内へ侵入する際に必要な蛋白質)が非常に異なっているため、感染予防に対する効果は期待できない。
 マウスでの実験結果は、通常のインフルエンザワクチンはH5N1ウイルスに対して、”基本的交差予防効果(basic cross-protection)があることを示唆している、とウエブスター博士は語り、各国が鳥フルがパンデミックになった際のために、通常の季節性インフルエンザワクチンを備蓄しておくことは、意味のあることだとも説明している。

 また定期的インフルエンザ接種を受けることの意義として、ナッシビルのバンデルビルト大学のワクチン研究者であるカシー・エドワーズ博士は次のように語っている。
 毎年インフルエンザワクチン接種を受けることは、複数以上のウイルス株に感染するリスクを減じているという意味で、意義のあることだと考えられる。
 さらに同博士は、季節性インフルエンザと致死的鳥インフルエンザの2種類のウイルスに感染し、豚で見られるように、それらウイルスの遺伝子再集合が発生することを防ぐ役割もあると語る。

High doses of new birdflu drug safe in US study Reuters  (国際) 米国研究:新鳥フル薬、高濃度投与でも安全性が確かめられる
 下記内容と基本的に同じ。
 追加すべき点は以下の通り。

 ペラミビルは注射または点滴で用いられる(as an infusion or as an injection)。
 現在、スイスの工場で月1トン(800万人分)ペースでペラミビルを製造可能であるが、7ヶ月以内に米国工場でも製造態勢に入れると、同社では説明している。それでもパンデミックに際し全ての人々には投与出来ないが、同社としては製造量を可能な限り増やさなければならないと、語っている。
High doses of new birdflu drug safe in US study ABC News (米国) 米国研究:新鳥フル薬、高濃度投与でも安全性が確かめられる
 BioCryst Pharmaceuticals Inc
 29日、季節性インフルエンザおよび鳥インフルエンザに対して、人に高濃度で安全に投与出来る新薬が開発された事が、BioCryst Pharmaceuticals Incから発表された。
 新薬はペラミビル(peramivir~と呼ばれ、いまだ実験的段階であるが、タミフルとリレンザに次ぐ、次の世代の抗インフルエンザ薬と考えられている。
 ウイルスの変異は早く、そのために既存の抗インフルエンザ薬に効果が無くなるため、専門家達は、選択できる何種類かの抗インフルエンザ楽を求めている。
 試験では60人の健康成人を対象にペラミビルを毎日10日間、30~60血管内投与した。
 全ての投与量で重大な副作用がなく、被投与者は十分耐えられたと、会社とは無関係な研究者がサンフランシスコで開催された、米国微生物学会で発表した。
 米国FDAは、ペラミビルを承認のための迅速評価を行う、最優先評価薬(fast-track status)として1月に位置づけた。同社は、ペラミビルは各種のインフルエンザウイルスに対して、広スぺくトラムで効果を発揮することが、動物実験でと確かめられていると説明している。その中にはH5N1ウイルスも含まれている。
 最も古いインフルエンザ薬であるアマンタジンやリマンタジンは、広く耐性株が増えているため、もはや推奨できない。

タミフル耐性株
 ロッシュ社のタミフルも季節性インフルエンザウイルスとH5N1ウイルス、両者に効果を発揮する。タミフルは現在鳥フル感染者にルティーンに投与される。しかし鳥フルウイルスの中には、既に耐性となっている株も出てきている。
9月29日

Swiss measures aim to protect flocks from birdflu Reuters (国際) スイス:渡り鳥から家禽への感染対策強化
 スイスは29日、家禽が南方に向かう渡り鳥から鳥フルを感染するのを防止するために、10月15日から6ヶ月間、21の主要な湖と河川から1キロ以内での放し飼いを禁止する。H5N1ウイルスを保有している可能性がある渡り鳥が、そうした場所で休息するからである。
Indonesia woman contracts birdflu in new family cluster Pravda, Russia (ロシア) インドネシア女性鳥フル発病、新規家族内感染の可能性
 今月17日に、鳥インフルエンザで死亡した少年の姉が発病していることを、インドネシア保健省が29日発表した。保健省は家族内感染と考えている。
 保健省の高官Nyoman Kandun氏は以下のように発表した。東ジャワ州のスラバヤ市の病院で21歳女性が鳥フルの治療を受けていて、彼女の11歳になる弟が9月18日に鳥インフルエンザで死亡している。少年は家の近くの感染した鶏から感染したと考えられている。
 ”これは家族内発生だ”、とKandun氏は語り、女性の感染源は不明であると付け加えた(家禽からの感染と考えた場合:訳者)。

 9月23日報道の”弟に関する情報

Indonesia reports its 66th avian flu case CIDRAP, MN  (米国) インドネシア、鳥フル感染者66例目を確認
 インドネシア保健省は、同国で66人目のH5N1鳥フル感染者で、9月18日に50人目の死者となった11歳少年の事例を発表した。いくつかの報道発表による。
 インドネシア政府の鳥フル情報センター長であるルニザー・ルエシン氏は、少年が東ジャワのトゥルンガグングの病院で死亡したことをロイター通信に発表した。
 AP通信によると、少年は発病後2日、病院に入院して数時間後に死亡したとされる。
 二つの地域の検査所で少年がH5N1ウイルスに感染したいることが確認された、とルエシン氏は語っている。
 少年は家で死亡した鶏に接触した既往があると、ルエシン氏とロイターは語っている。
 ルエシン氏は本日、Bloomberg Newsに、当局は死亡した少年の親族の検査と、接触者の調査を行っていると語っている。
 東ジャワのトゥルンガグングでは、WHOによると6月16日に5歳少年が鳥フルで死亡していて、今回の事例は同地域で2例目の死者となる。

China shares bird flu samples in 'breakthrough' China Daily(中国) 中国、鳥インフルエンザ標本を分配-「躍進」へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 中国は長らく求められていたH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスの標本を分配した。これは多くの科学者が協力関係における躍進とみなしているものであると、世界保健機関(WHO)は木曜日語った。
 この標本は2005年4月に青海湖で死んだ数千羽の野性の白鳥から採取されたもので、更なる分析のためWHOの協力センターであるアトランタの米国疾病管理センター(CDC)に搬送されたと、WHO内部筋は述べた。
 「私の理解しているところでは、標本は農業部を現在出てWHOの協力センターに向かっているところです」と、WHOの科学者であるマイケル・パーデュー氏は記者会見で語った。
 同氏によると、動物からのこの標本は、中国からは2年半ぶりのもので、科学者が特殊型の高病毒性H5N1ウイルスの源を理解する助けになるという。このウイルスは後にトルコやアフリカへ次々と拡がったが、インドネシア・タイ・ベトナムなどのアジアの他地域を襲ったものとは遺伝子的に異なっている。
 中国は鳥インフルエンザの症例の全遺伝子的データを分配していないという懸念を、繰り返し先端的な科学者は表明してきた。こうしたデータは変異を追跡しヒトのパンデミックに対するワクチン開発に重要とみられている。
「多くの人が今回の事を協力関係における躍進とみなしています」と、パーデュー氏はロイターに語った。
 青海湖は、北西部の僻地である青海省の主要な渡り鳥の宿営地で、ウイルスの変異を研究する科学者の注目の的となっていた。
中国農業部はかつて「一定の制限」をウイルス標本の分配に課していたが、交渉を通じ解決されたと、パーデュー氏は詳細に触れず語った。
 青海湖で死んだ鳥からの標本は、1週間前にハルビンにある主管の農業部の研究所からCDCへ搬送された。
CDCは木曜日中にこの標本を受領できると考えており、中国に求めている追加の動物標本が含まれている事を望んでいると、同氏は述べた。
 「中国が何を搬送したかを正確に確認するために待たなければなりません」と、同氏は言った。
WHOの専門家によると、中国の科学者はこの標本の分析を数種類発表しているが、CDCは免疫反応のバリエーションを明らかにする抗体による更に精密な検査を行うものと考えられているという。
「青海湖の標本が得られれば、鳥に関する動物指針症例が手に入ります。これは中国で特定の型が検出された初めての例です」と、パーデュー氏はロイターに述べた。
 「これは、ウイルスが時間の経過と共にどのように変化したかを知るために我々が作っている世界的な収集に加わるでしょう」と、アメリカ人の同氏は語る。
 ハルビンにある中国国立鳥インフルエンザ関連研究所長のフアレン・チェン氏は、先月に鳥インフルエンザの遺伝子データを共有する国際組織の始動を発表した世界の70人の科学者の1人である。
 中国はヒトの症例の標本の分配をうけていると、WHOの鳥インフルエンザ特別代表代理のデビッド・ヘイマンは述べている。
 WHOは2005年11月以降で21人のヒトの鳥インフルエンザの症例を確認しているが、その内14人は中国でのものである。
 ジュネーブに本部を置くWHOによれば、鳥インフルエンザは今も原則的には動物の疾病だが、2003年以降10カ国でウイルス感染が確認された251人のうち、148名を死亡させている。

 
Sister of Indonesia birdflu casualty also has H5N1 Reuters AlertNet, UK (英国) インドネシアで死亡少年の姉も鳥フルに感染と
 今月初旬に鳥フルで死亡したインドネシアの少年の21歳の姉も鳥フルに感染していることが、29日保健省から発表された。
 現在、東ジャワの病院で治療中であるが、弟と同じく病的および死亡した家禽と接触したことが、感染の原因とされる。
 
 死亡した弟事例については不明(訳者)
U.S. suspends some aid to Thailand CNN(米) 米、タイへの援助を一部凍結
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 米合衆国は2400万ドル(1880万ユーロ)のタイ向けの軍事援助を凍結した。これは武力により支配力を奪取した政権への援助プログラムの一部禁止を定めた法律によるものである。
 1630万ドル(1280万ユーロ)の対テロ作戦用のタイ国軍への訓練・装備プログラム、410万ドル(320万ユーロ)のタイ向け商業ベースの軍事取引への融資、そして329万ドル(260万ユーロ)の多国籍平和維持活動向けのタイ国軍兵士の訓練・装備予算が凍結の影響を受ける。
 同時に13万ドル(10万2千ユーロ)の平和維持活動に無関係の軍事訓練予算も凍結される。
 衛生プログラムへの米国による援助は継続され、その中にはエイズの拡散防止や鳥インフルエンザ発生への対応資金も含まれる。
 木曜日の援助凍結の発表は、国務省スポークスマン、ショーン・マコーマック氏によるものである。この発表はタイ軍部が選挙で選ばれたタクシン・シナワトラ氏を無血クーデターで追放した9日後になって行われたものである。
 軍事・経済・人道的などのタイへの米国の援助の総額を発表することは、政府筋にはできない。
 合衆国は当初からクーデターを批判しており、「民主主義の退行」としている。また同時にクーデター指導者が設定した1年間という選挙までの期間を長すぎるとしている。
 米国による軍事援助の一部は継続されるが、これはタイ政府に直接送られるものではないか、米国の国益に適うものであるためだ。そうしたプログラムの一つに大量破壊兵器開発に対抗するためのものがある。
 タイは、合衆国の長年にわたる軍事同盟国である。
 民主的なプロセスを妨害する政府への援助プログラムの一部を禁ずる多くの修正条項を、過去数年にわたり議会は承認してきた。こうした取組は合法的な政権移行のみが奨励されるようにするためのものである。
FDA pushes more modern way to make flu vaccine WBAY(米) FDA、ワクチン製造の新手法を推進
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ワクチン製造には、鶏卵が白黒テレビとドライブインの(古い)時代から使用されてきた。しかし今日、政府はワクチン製造業者にもっと近代的な手法を採用させようとしている。
 食品医薬品局(FDA)は、鶏卵に代わり細胞を使用する新たなガイドラインを公表した。そこでは様々な種類の細胞培養で安全性及び清潔性を確保するための最新の選択肢が説明されている。
 ホワイトハウスは細胞の使用を増やすことに熱心である。鳥インフルエンザなどのスーパー・ウイルスが蔓延した場合、ワクチン製造工場で鶏卵が不足しワクチンが製造できなくなるという懸念がある。しかしあるFDAの専門家の説明によると、細胞を貯め込んでおけば容易に生産を急増させることができるという。
 旧来型の普通のインフルエンザへの対応にも利点があるという。鶏卵を使う場合、対象のインフルエンザ・ウイルスはワクチン接種の季節の前に、増殖させておかなければならない。けれども細胞を使用するシステムならば、生産を早めることができるのだ。
Deadly birdflu virus mutating, WHO scientist says CTV.ca, Canada  (カナダ) 致死的鳥インフルエンザウイルスは変異しつつある:WHO専門家が警告
 本日のAP通信。
 下記ワシントン・ポストと同じ内容。
UK SUMMIT ON BIRDFLU AND FEARS British Satellite News, UK (英国) 英国:鳥フルとその脅威に関するサミット開催
 英国内の病院および医学専門家達が、鳥フルとパンデミック対策に関する会議を開催。

Hospital and medical experts from all over the UK have been attending a special health summit on bird flu and the possibility of such a flu affecting humans.


New Drugs Needed For Deadly Bird-Flu Virus CattleNetwork.com, KS (米国) 致死的鳥インフルエンザウイルス対策に新規薬剤が必要
 ジュネーブで開催された下記の会議での警告。タミフルとアマンタジンに対する耐性H5N1ウイルスが出現してきているので、早急に新薬剤の開発が必要と、マイク・パーデュー(Mike Perdue)氏が警告。
WHO: Deadly BirdFlu Virus Mutating CBS News, New York (米国) WHO:致死的鳥インフルエンザウイルスは変異しつつある
Risk of birdflu mutation increases in winter: WHO Turkish Press, MI (米国) 鳥フル変異の可能性が冬期間に強まる:WHO
 下記WHOインフルエンザ対策チーム長のマイク・パーデュー(Mike Perdue)氏の警告。
WHO: Deadly BirdFlu Virus Mutating Washington Post, United States  (米国) WHO:致死的鳥インフルエンザウイルスは変異しつつある
 AP

香港
 模擬訓練光景(9月27日)
. (AP Photo/Vincent Yu) (Vincent Yu - AP)
 これまで少なくとも世界で148人を死亡させた致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスが、変異しつつあり、また有効とされてきた抗ウイルス剤にも耐性となりつつあり、さらにいまだ有効性が確認されるワクチンも製造されていない。WHOの科学者がそのように28日警告した。

 H5N1ウイルスは、遺伝的にいくつかの異なった株に分かれつつある。今週WHOがスポンサーとなってジュネーブで開催された、2日間の「鳥インフルエンザ対策会議」で、WHOのインフルエンザ対策チームリーダーである、マイク・パーデュー(Mike Perdue)氏が語った。
 これまでH5N1ウイルスに対するワクチンは製造されていないが、科学者達は将来製造できる確信を抱いている。(訳者注:英国のグラクソ社は開発ワクチンを12月に世界に発売予定。またフランス系のサノフィ・パスツール社はプロトタイプを米国に納品済み。中国は最近実用的ワクチンを開発発表。。しかしここで同氏が表現しているのは、間違いなく効果が保証されているワクチンはいまだ製造されていないという意味)。
 しかしながら、H5N1ウイルスは現在季節性インフルエンザウイルスのように、絶えず変異している。後者は毎年新ワクチン製造が必要となっている。
 ”変異しているH5N1ウイルスは、互いに遺伝学的に異なるという事実が明らかになってきている。今日流行しているH5N1ウイルスに対するワクチンは、1年後には効果はないだろう”、とパーデュー氏は説明している。

 最も効果的と考えられている2種類の抗インフルエンザ薬は、インフルエンザ専門家達によると、効力を失ってきている危険性があるとされる。
 ”我々はサーベーランス分析から、また病院における臨床的研究からも、タミフルとアマンタジンに対する耐性株が既に出現してきていることに気づいている”、とパーデュー氏は警告した。(訳者注:他報道によると、同氏は新薬剤開発を急がなければならないとコメントしている)。
 

インドネシアの鳥インフル感染死者52人に 日本経済新聞
 インドネシア保健省は28日、首都ジャカルタに近い西ジャワ州バンドンで鳥インフルエンザにより20歳の男性が死亡したと発表した。同国での感染死者は52人となった。同じ症状で男性の兄が24日に死亡、妹も重体のため、世界保健機関(WHO)は人から人に感染した可能性があるとして調査を始めた。

 同省によると、死亡した兄弟は死んだ鶏から感染したとみられるが、15歳の妹は鶏と接触しておらず、人同士で感染した疑いがあるという。WHOは同国発の新型インフルエンザの世界的な流行につながる危険性もあるとして調査に着手した。

 インドネシアでは政府が財政難を理由に鶏処分など十分な対策をとっておらず、感染拡大が止まらない状況。ジャカルタの日本大使館では約1万2000人の在留邦人に注意を促している。日系企業は人から人に感染する新型ウイルスが発生した場合に備え、日本人社員や家族の出国準備などを進めている。
 9月1日付けで現地大使館が注意報を出している。9月4日の記事を参照。
9月28日


Indonesia man dies of birdflu, cluster case unlikely Washington Post, United States (米国) インドネシア男性、鳥フルで死亡、しかし集団発生の可能性は低い
 インドネシア保健当局が家族内集団発生の可能性を考えていた、3人の兄弟妹事例の20歳のインドネシア男性が28日死亡したと、病院当局者が発表した。
 死亡した男性の25歳の兄も鳥フル症状を呈して24日に死亡している。しかし彼の検体は採取されていないので、鳥フルの診断は確定されない。
 3人目の15歳になる妹もハサン・サディキン病院で治療中であるが、H5N1ウイルス検査は陰性であった。
 ”彼女の身体にはウイルスはいない。彼女は単に季節性インフルエンザを発症したに過ぎない”、と保健省のルニザー・ルエシンは語り、今後患者の検査を繰り返す予定はないことを付け加えた。
 兄弟は鶏から感染したと考えられ、兄弟間での感染があったとは考えられないと、当局者は説明している。
 保健相のシチ・ファディラ・スパリは、小さな集団発生では人人感染の証拠は得ることは無理だと言っている。
 ”これまで、インドネシアにおける鳥フルの(人への)拡大は、家禽から人への感染によるだけだ”、と同大臣は語った。
 (4~5月の北スマトラの家族内集団発生で、人人感染が起きたと考えられており、その中でウイルス遺伝子分析から、息子から父親への明らかな感染も確かめられている。限定的人人感染が起きた、とWHOも表現している:訳者注)。
鳥インフルの死者52人に=インドネシア (時事通信)
 世界保健機関(WHO)のジャカルタ事務所は28日、鳥インフルエンザに感染して西ジャワ州バンドンの病院に入院していた20歳の男性が死亡したことを明らかにした。これで同国の鳥インフルエンザによる死者は52人となった。 
鳥インフルエンザ死者、51人に インドネシア CNN Japan 
 インドネシアの保健当局は28日、西ジャワ州バンドン市で27日に鳥インフルエンザのため20歳男性が死亡した、と発表した。これで同国の鳥インフルエンザによる死者数は51人に達し、世界最多となっている。
 死亡した男性の兄も、今月24日に呼吸器障害のため病院に運ばれたが、2時間後に死亡しており、鳥インフルエンザ感染が疑われている。また、15歳の妹も高熱と呼吸困難の症状のため病院で手当てを受けているが、高病原性のH5N1型ウイルスの検査では、陰性だったという。
 世界保健機関(WHO)によると、各地の鳥インフルエンザ感染状況は27日現在、世界10カ国で251人が感染し、うち147人が死亡した。
 被害が最大なのはインドネシアで、感染者は68人に達し、うち51人が死亡している。
 訳者注:この報道ではインドネシアの死者数が51人となっているが、CNN(国際)も含め、海外報道では52人となっている。
Officials in the dark over flue cluster Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 当局、鳥フル集団(クラスター)発生に関して結論を得られず
 バンドゥンの農業局は、家族内で3人が集団発生した可能性ある事例の感染源をいまだ調査している。
 農業局の責任者であるYogi Supardjoは27日、鳥フルで入院している20歳男性(本日死亡)の家族が飼育していた、13羽の鶏と4羽のアヒルでの血清学的検査で、何羽かの家禽がH5N1ウイルスに感染していたと発表した。
 患者の23歳の兄は24日に死亡し、また15歳の妹は発熱と咳でハサン・サディキン病院に入院した。これらの事実は、感染源が特定はされていないが集団発生の可能性を示唆する(人人感染が起きた)。
 ”我々は元々感染源は、家族がペットの犬に与えた死亡した鶏と考えたが、その後の検査で家族が飼育している近隣の家禽でもウイルスが検出された”、とYogiは語った。
 彼は、バンドゥンの26の屠殺場で強力な感染予防対策を施しているが、ウイルスはバンドゥン市内に拡大し続けている、と語った。
 ”バンドゥンの全ての家禽の流通をコントロールすることは極めて困難だ。全ての小規模のアクセスポイントは、チェックポイントになっていないからだ”、と同氏は言う。
  Kebonwaru地域の住民は、地域で3人が鳥フルウイルスに感染したことにショックを受けている。
 彼等は自発的に所有する鶏や愛がん鳥を、農業局の職員に殺処分のために手渡している。
 一方、保健相のシチ・ファディラ・スパリは27日、ハサン・サディキン病院で治療中の20歳男性が鳥フルに感染していることを確認したと発表した。
 
 ジャカルタ・ポストの報道は、下記CNNを始め欧米の報道内容よりも遅れている(訳者:注)。
Man dies of birdflu in Indonesia CNN  (国際) インドネシア、鳥フルで男性が死亡
 28日、20歳のインドネシア男性が死亡したことが医療当局から発表された。同国で52番目の死者となった。
 男性は西ジャワ州のバンドゥンで死亡した。医療当局のハディ・ユスフ(Hadi Jusuf.)博士によると、同国の鳥フル発生の多くを占めている人口の多い州である。
 死亡した男性の兄も24日鳥フル症状で死亡しているが、検体は採取されておらず、疑い例として取り扱われている。
 また妹も高熱と呼吸症状で入院しているが、検査の結果はH5N1ウイルス陰性であったと、保健省のナイオマン・カンドゥン氏が語っている。
 カンドゥン氏は、1人しか検査で確認されていないから、集団発生(クラスター)とは言えないだろうと語っている。
 当局はクラスター発生の場合、詳細に調査し、ウイルスが人人感染するように変異した可能性を検証している。
Indonesian patient with birdflu dies, raising country's toll to ... International Herald Tribune, France  (フランス) インドネシア:入院中の鳥フル患者が死亡、同国52人目の死者に
  インドネシア、バンドゥンのハサン・サディキン病院でH5N1鳥フルで治療中だった20歳男性が、今朝死亡し、同国で52人目の死者となった。
 男性の兄も鳥フル症状で24日死亡し、15歳の妹も鳥フル症状で入院治療中である。兄は死亡前に検査用検体が採取されていない。また妹の検査結果はまだ出ていない。しかし当局者家族内集団発生との見方を強めている。
Pandemic ‘flu preparedness going slowly in the US  Continuity Central(英) インフルエンザ・パンデミックへの準備が進まない米国
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 回答者の70%はインフルエンザ・パンデミックが北米に襲来するとしているが、「実際にパンデミック・インフルエンザが発生したときの計画を自社で策定しているか?」という質問には25%しか「している」としていない。
 回答者には、インフルエンザ・パンデミックに関連した職場のリスクを最小化するために経営者が取りうる行動のリストが示され、「賛成」「反対」の意見を答えるように求めている。
 呼吸器の衛生に関するエチケットの説明、手洗いのポスターやステッカーの掲示が一番好意的な反応を集め93%の回答者がこうしたものが共用スペースに表示されることに賛成している。これに続くものは下記の通り。
 ・ 上級経営者向けの衛生関連のホームページ、電話番号などの情報源のリストを管理したり、専門の管理者を育成する(89%)
 ・ 保護器具の適切な使用方法を従業員に教育する(87%)
 ・ トリインフルエンザの症状を示したものを処置するための緊急計画や機器を準備する(86%)
 ・ 職場の業務継続計画を策定する(85%)
 ・ 体を守るマスク、手袋、消毒剤などの物資を大量に備蓄する(79%)
 ・ 手洗いの励行のための音声による注意喚起システムを導入する(75%)
 ・ 可能ならば在宅勤務をおこなうよう従業員に呼びかける(49%)
 調査は米国内限定で、オンラインにより379通の回答を受け取った。
http://www.kc-safety.com/avianflu

Flu Pandemic Doctors to Face Life or Death Choices International News Service, Australia  (オーストラリア) 英国:パンデミック時には、医療資源不足から、医師に治療すべき患者の選択がゆだねられる
 (英国の)医師はパンデミック時には、専門病床不足から、治療すべき患者の選択が余儀なくされる可能性がある。ロンドンで開かれたパンデミック・インフルエンザに関する会議で、専門家達は警告を発した。

 最近の研究によると、パンデミック対策のためには2~3倍の数の濃厚治療用ベッドが必要とされる。もしベッドが用意されなければ、医師達は治療すべき患者選択という重い課題を背負うことになる、と専門家は警告している。
 特に小児における濃厚治療室の増設は重要と言われる。
 危機医療顧問のブルース・テイラー医師は、
 ”それは、子供を治療すべきか、それとも母親を治療すべきかの、選択が迫られるような次元のものだろう。最悪のシナリオでは、我々は何人かの患者の治療を放棄しなければならないかも知れない”、と語った。
 英国政府の推定では、パンデミックにより8万2500人が入院するが、それは週に2万人の数となる。
 死者数は5万6000人と推定されるが、最悪のシナリオでは、それよりも多い可能性もある。
 テイラー医師の計算によると、パンデミックに対して9000の濃厚治療用ベッドが必要とされるが、それは現在の3倍の数である。.
INTERVIEW-Migration puts EU on bird flu alert  Reuters AlertNet, UK (英国) インタビュー-EUに警戒態勢を敷かせる渡り鳥
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ヨーロッパはこの秋、警戒態勢を敷き家禽を鳥インフルエンザから守ろうとしている。しかしウイルス襲来となれば、新たな食肉の売り上げの下落を避けるためには懸命の努力が必要となると、水曜日に主席獣医官は語った。
 来月中に、百万羽単位の鳥が冬の宿営地のアフリカへ季節の渡りを開始する。これにより高毒性のアジア型H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスがヨーロッパに舞い戻りかねないという恐れが高まっている。
 渡りのルートは複雑だが、他の鳥と接触する場となるアジアとロシアからの渡り鳥が東欧・中欧を通りアフリカに至り南下する。
 「夏季の観察によれば、政府は警戒態勢を取り野生動物に関する組織や業界は多くの協力行動を取っていると分かっています」と、パリに本部を置く国際獣疫事務局の標準設定委員会長のアレックス・シアーマン氏はロイターに語った。
 「野生動物の監視は、この春よりも密なものになっています。だから何か起こってもいち早く感知できるように、一層の準備をしなければならないのです」と、同氏は付け加えた。
専門家は家禽の売買が国際的な鳥インフルエンザの感染に大きな役割を占めていると考えているが、野鳥は長距離にわたってこのウイルスを運搬できるのだ。しかし2005年のレベルに比べれば、この夏にロシアで検知されたH5N1の拡散の度合いは大きなものではないとしている。
 「この夏の観察結果に基づけば、認知度は高いですが野生動物の間の鳥インフルエンザ・ウイルスのリスクは低いものです」と同氏は言っている。
H5N1ウイルスは今も原則的には家禽の病であるが、主にアジアで146名の人間を2003年以来死亡させている。約2億羽の鳥がその拡大を防ぐために死亡するか殺処分を受けてきた。
 科学者が恐れていることは、H5N1ウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形に変異して世界的なパンデミックを引き起こし数百万人を死亡させることである。深刻なヒトの間でのパンデミックは世界経済に2兆ドルにも及ぶ損害を与えうると、世界銀行は警告している。

警戒

 EU加盟国の大半は家禽を屋内で飼育するように求める措置を緩和したが、各国当局はリスクのレベルが上がるならば措置を元に戻す用意がある。
「野鳥の渡りの季節が迫っていることを考えると、高レベルの警戒を続ける必要があります」と、欧州委員会はしている。
「そのため加盟国には適切な生物安全性措置を継続し、早期検出と厳格な輸入管理を実施するように呼びかけています」と、同委員会は述べている。
 ドイツでは閉鎖措置が今も有効だが、リスクが低かった期間に多くの免除措置が発令され放し飼いの飼育場が拡大された。
 英国では、発生の可能性が高い地域でより密な鳥の検査を行う戦略を政府が開始した。
約14のEU加盟国で-ギリシャ、イタリア、スロべニア、オーストリア、ドイツ、ハンガリー、英国、フランス、スロバキア、スエーデン、ポーランド、デンマーク、チェコ、スペイン-でH5N1ウイルスを検出している。
 しかし6月後半のスペインを最後にして、それ以降の例は報告されていない。

統一されたメッセージ

 昨冬のロシアからトルコ・ルーマニア、更にはEUに至る鳥インフルエンザの拡大は、消費者にパニックを引き起こした。家禽の売り上げがイタリアでは50%も下落し、フランスでも30%にも及んだ。多くの国がこの疾病の被害を受けた地域からの輸入を禁止した。
 この危機によって農家には数百万ドルのコストが掛かり、大手の食肉業者の株は下がり補償を求める声が上がった。
「問題は後ろ向きの反応をどうやって最小限に止めるかです。野生状態で死んでいる鴨がいた場合に、消費に悪い影響がない事を確実にしなければなりません」と、シアーマン氏は述べている。
 鳥インフルエンザは死亡した動物と密接な接触を保っていたヒトへ感染する可能性がある。しかし適切に調理した食肉を食べることに危険はないと、専門家はしている。
 シアーマン氏は、情報間で調整が必要だとしている。
 「メッセージは統一されたものでなければなりません。情報の疎通を公衆衛生・動物衛生当局、そして野生動物関係組織の間で調整しなければなりません」と、同氏はしている。
「現在はうまく行っていますが、それを継続していかなければなりません」

Canada to Let Biolyse Make Generic Version of Roche's Tamiflu Bloomberg  (国際) カナダ系製薬会社、Biolyse、タミフルのコピー薬(ジェネリック薬)製造へ
 カナダ系製薬会社であるBiolyse Pharma Corpが間もなく世界貿易機構条約に則って、ロッシュ社のタミフルの廉価版であるジェネリック薬(コピー品)を、発展途上国における鳥フル・パンデミック対策用に製造を開始する。
 9月21日、カナダ政府はオセルタミビルとして知られている薬剤を(タミフル)、製造そして輸出薬品としてリストに登録した。その薬剤のパテントが有効であったとしても、 compulsory licensing(強制的ライセンス提供)という手続きによる。
 Biolyse社によるとフル稼働により、日に50万から100万錠(5から10万人治療量)製造可能とされる。
 発展途上国への輸出価格は厳しく制限されるが、この半年以内に出荷可能とされる。
Scientists uncover why Spanish flu was so deadly Scotsman, United Kingdom (英国) 研究報告:致死的スペイン・インフルエンザの病態を解明


 1918年のシアトル。
 赤十字が作成したマスクを着用した警官達。

Policemen in Seattle wear masks made by the Red Cross during the 1918 influenza epidemic in a photo from the United States National Archives. The 1918 Spanish flu that killed up to 50 million people worldwide caused a severe immune response which may help to explain why it was so deadly, American scientists said on Wednesday. REUTERS/Handout

 1918年のスペイン・インフルエンザで、世界で5000万人近くの人々が死亡したが、その死亡率の高さが、過剰な免疫反応によるものである可能性が、米国の研究者によって27日、明らかにされた。

 スペイン・インフルエンザは記録されているパンデミックの中で最も悪性なものの一つで、第一次世界大戦での犠牲者以上の死者数を出した。しかし研究者達はなぜそれほどの犠牲者が出たのか、、十分解明出来ていなかった。

 遺伝子合成により再構築されたスペイン・インフルエンザウイルスを用いてマウスでの感染実験を行った研究で、スペイン・インフレエンザの病態の解明、そしてパンデミック・インフルエンザ対策につながる手がかりが得られたことが発表された。
 ”我々が考えるところによると、感染したウイルスで宿主の炎症反応が過剰に活性化され、それがウイルスの宿主に対する毒性を強める結果になっている”、とシアトルのワシントン大学研究チームのリーダーであるジョン・カシュ博士が語っている。
 ”それは過剰な炎症反応と言える”、と博士は語り、同様の過剰免疫反応が人でも起きえる可能性があることを付け加えた。

 カシュ博士と彼の研究チームの研究結果は、科学雑誌「Nature」のオンライン版に掲載されたが、そこで示唆されていることは、パンデミック・インフルエンザ治療は、ウイルス感染により引き起こされた、患者の過剰免疫反応と、ウイルス自体に対する、二面攻撃.が必要と言うことである。

 研究者達は2003年以来既に145人以上の人を殺しているH5N1鳥フルウイルスが変異して、容易に人人感染を生じるようになると、次のパンデミックが引き起こされると警戒している。
 スペイン・インフルエンザはH1N1インフルエンザウイルスで引き起こされた。高齢者や小児に犠牲者の多くを出す、他のインフルエンザと異なり、1918年のパンデミックは若い健康成人に多くの犠牲者をだした。
 スペイン・インフルエンザが高致死的であった理由のもう一つの仮説として、インフルエンザに感染して免疫力が低下した患者に、二次感染が生じた可能性も上げられている
 しかし、カシュ博士と共同研究者の発見によると、再合成されたスペイン・インフルエンザウイルスは、マウスの免疫機構に関与する遺伝子を活性化し、結果的に肺に重大な傷害をもたらし、死に至らしめた。
 彼等の詳細な観察によると、ウイルス感染でいくつかの遺伝子が活性化されたが、その中には細胞の死に関与した遺伝子も含まれていた。
 低病原性のインフルエンザウイルスを接種されたマウスではこのような変化は起きず、死亡した例はなかった。
 ”身体が感染に反応する場合、免疫系の中に、生体に有利に反応する経路と、不利に反応する経路がある”、lと共同研究者であるニューヨークのマウント・シナイ医学大学のクリストファー・バスラー博士が説明している。(免疫系は各反応経路間で、機能的にバランスが保たれているが、そのバランスが崩れ、特定経路だけが過剰に活性化すると、生体に不利な結果となる:訳者)。

 研究者達は、免疫系が過剰に反応する原因をさらに探る予定のようだ。
 

FluWrap: Possible cluster in Indonesia United Press International  (国際) インドネシアで集団発生事例の疑い
 西ジャワ、バンドゥンの3兄弟妹の事例。既報。
Egypt: New Case of BirdFlu Detected in Rural Area AllAfrica.com, Washington (米国) エジプト:農村部で鶏に鳥フル発生
 北部エジプトのアスワン近くの農家で、鶏からH5N1ウイルスが検出され、周辺の家禽が殺処分された。WHOと保健省から27日発表された。
9月27日


Birdflu man may have been drug courier The Age, Australia (オーストラリア) 鳥フル疑い男性は麻薬密輸人の可能性
 ヘロインを大量に詰め込んだコンドームが胃内で破裂して、急性ヘロイン中毒の可能性。連邦警察と救急本部はマスコミ報道にコメントせず。
BirdFlu Claims Indonesia's 52nd Victim 오마이뉴스, South Korea (韓国) 鳥フル死者、インドネシアで52人に
 インドネシア当局では、家族内集団発生と考えている。
 23歳男性は24日死亡、20歳弟は危篤状態。二人とも死亡した鶏を犬に与えた後に症状発現。
 他に15歳妹が鳥フル症状で入院中。

 インドネシアでは乾燥した季節が続いており、この時期発熱と呼吸困難を訴える子供が多く(多分季節性インフルエンザ:訳者注)、鳥フルの鑑別が困難となっている。
Hong Kong officials seize 6,000 chickens being smuggled from ... Pravda, Russia  (ロシア) 香港当局、中国本土からの密輸鶏6000羽を摘発
 摘発後殺処分。ウイルス検査で鳥フルは検出されていない模様。
Vietnam Airlines passenger rushed to hospital in birdflu scare Forbes (国際) ベトナム航空の乗客、鳥フル疑いで到着後病院へ緊急隔離
 鳥フルを疑って検査されているが、その可能性は極めて低いと当局者は語っている。
Stockpile of flu drug completed Scotsman(英) 英国、インフルエンザ用薬剤の備蓄完了
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 備蓄用のタミフルの最終引渡しが、今週行われる。これにより、将来のインフルエンザ・パンデミックに対する緊急対応計画の中核部が完了したと、厚生省は水曜日語った。
 タミフルの製造メイカーであるロシュ社は1460万人分の発注に対し、元来12月に予定されていたものよりも約3ヶ月前倒しで納入し終えた。
 薬剤の備蓄構築に政府は約2億ポンドを負担した。
 タミフルは将来のインフルエンザ・パンデミックを予防しないが、その影響を軽減することはできる。これは、対ウイルス薬剤はインフルエンザの深刻さを軽減しパンデミック拡大の速度を遅らせて、その間に特別な薬効を持つワクチンを開発できるためである。
 衛生専門家が恐れているのは、感染した鳥との接触を通じ既に世界中で140人以上を死亡させているH5N1鳥インフルエンザがヒトからヒトへ容易に感染するウイルス株に変異し数百万人を死亡させるパンデミックを引き起こすことである。
 世界中の政府は同様の取組でタミフルを備蓄しており、ロシュ社は75カ国からパンデミック向けの注文を受けている。この注文には2007年半ば迄に対応する予定であり、売上げ・利益を大きく押し進めるものである。
 需要に応えるため、スイスのロシュ社グループはタミフルの生産能力を過去三年間で10倍に増強し、今年末までに年産4億人分生産を可能にする予定である。
Unlikely traveller has birdflu-Australia officials Reuters AlertNet, UK (英国) オーストラリア当局:旅行客が鳥フルに罹患している可能性は低い
 ベトナムから到着後状態が悪く、検査のために入院した旅行客が鳥フルに罹患している可能性は低いと、保健当局が発表した。
Traveller being tested for birdflu in Australia Reuters AlertNet, UK  (英国) オーストラリアへ到着の旅行客、鳥フル検査に
 ベトナムからオーストラリアへ到着した旅行客が鳥フルの検査を受けた。保健当局によると、乗客の状態は良くないとされる。
 乗客はベトナムで鶏が飼われている地域にいたとされ、先にインフルエンザ様症状を呈していたとされる。
Nine tests failed to detect H5N1, doctors reveal Nation Multimedia, Thailand (タイ) (タイの)患者、9回の検査で陰性と
 昨日発表された、鳥フルで8月に死亡したNong Bua Lamphuの59歳の男性は、タイで2004年度に初の死者が出て以来17人目、本年度に入って3人目の死者となった。
 しかし当局によると男性はH5N1ウイルス感染自体によるのではなく、合併症で死亡した初の事例と説明している。

 ”この事例の経験は、オセルタミビル(タミフル)さえ持っていれば、鳥フルを治せるということを意味していないことを、教えてくれた”、と疫学部局のKumnuan Ungchusak医師が語っている。
 この事例は発病から死亡まで一ヶ月近く要しているが、過去の例では発病から死亡までは数日以内であった、とKumnuan医師は説明する。
 男性は7月14日に発熱と筋肉痛で発病した。彼は近くの初期医療機関で治療を受けたが、病状は改善しなかった。死亡するまでに、患者はNong Sang 地区病院へ転送され、さらにNong Bua Lumphu省病院へ転送された。そこで患者は8月10日に死亡した。
 最初治療にあたった医師達は、男性が病的鶏に接触した事実を知らなかった。医師達はレプトスピローシスを疑ったが、2週間ほどしてから妻が初めて、病的鶏に男性が接触していたことを告げた。
 男性は約40羽の病的状態に陥った鶏の手当を薬草などで行っていたが、多くは死亡したようだ。
 死後の解剖で、男性はアシネトバクターと呼ばれる多剤耐性菌に感染し、それが死因となったことが明らかになった。なお患者は、妻が鶏と接触jしていたことを告げてから、タミフルを服用していたと説明された。
 医科学局のパイジト・ワラチト主任医師によると、患者は当初治療に入る前に、鶏との接触が告げられてはいなかったが、H5N1ウイルス感染の有無をPCR法で検査されているが陰性だったと言う。その後数回繰り返し行われた検査でも全て陰性だったと言う。検査は合計9回行われたと言う。そして最終的にH5N1ウイルス感染は、解剖により得られた肺組織と糞便で確認された。
 PCR検査でウイルスが検出されなかった理由は、タミフル服用により、ウイルスが咽頭で増殖するのが抑えられたせいだろう、とクイーン・シリキト国立小児健康センターのTawee医師が説明している。ウイルス検査は咽頭拭い液で行われる。
 家畜局によると、男性が居住していたNong Bua Lumphu地域は、鳥フル警戒地域に指定されておらず、過去の家禽のウイルス検査でも陰性だったとされる。
 現在まで同地域における家禽の殺処分は行われていない。
Birdflu experts call for sharing virus samples-WHO Reuters AlertNet, UK  (英国) 鳥フル専門家達、ウイルスサンプルの共有を求める-WHO
  26日、国際的専門家達は各国に全ての分離インフルエンザウイルスとその遺伝子情報を、パンデミック・インフルエンザに対するワクチン作成のために共有することを求めた。声明は、WHOの新しいパンデミック・インフルエンザ対策委員会が発表した勧告文の中に含まれた。
An Indonesian Family Infected by BirdFlu Indonesia-Relief.Org (press release), Indonesia (インドネシア) インドネシアの家族で鳥フル集団発症 (インドネシア鳥フル発生状況)
 インドネシア保健省は26日、西ジャワのバンドゥンの20歳男性が、H5N1鳥フルに感染していることを確認した。男性はバンドゥンのハサン・サディキン病院で治療を受けている。この事例でインドネシアでの発病者数は68人となった。
 保健省当局者達の話によると、男性の15歳の妹も鳥フル疑いで同病院に入院している。彼女の検体は現在、保健省の研究機関で検査中とされる。結果は今週後半に得られる予定のようだ。男性も妹もタミフルで治療されている。
 さらに同家族の3人目の兄弟となる24歳男性が、24日に死亡しているが、死因は確定されていない。
 保健省では、バンドゥンの保健当局が現在、感染が確認された男性の親族から(検査のための)検体を採取していると発表した。農業省では、地域の家禽のウイルス検査結果を待っているが、その間、拡大防止のために、限定的殺処分が行われる予定のようだ。
 当局者が推定しているところによると、兄弟の1人が死亡した鶏を家庭に持ち込んだことが、感染の発端とされる。
 
 南ジャカルタのPondok Pinangで9月22日に、9歳少年が鳥フルで死亡したことから、地域の家禽の殺処分と鶏舎の消毒が行われている。
 現在、少年の居住していた地域周辺の家禽から、ウイルス検査のための検体が採取されている。検査は農業省の研究機関で行われているが、結果は今週末に出る予定とされる。
 少年と濃厚接触した人々何人かに現在、オセルタミビル(タミフル)が投与されている。またウイルス検査のための検体が採取され検査中である。
 東ジャワのTulung Agungでは、11歳少年が9月18日に鳥フルで死亡したが、当局は周辺でH5N1ウイルスに感染した家禽を見いだしている。26日、500羽の鶏が殺処分されている。
 保健省と地域の保健当局は、11歳少年の親族と、同地域でインフルエンザ様症状を呈している人々の検査も行っている。

 北スマトラの Deli Serdangでは、5人の疑い患者から採取された検体の検査結果が待たれている。5人とも同一家族である。
 家族はメダンの鳥フル治療センター(インドネシア全土でセンターは44ヵ所ある)で治療を受けている。保健省によると患者達は高熱とインフルエンザ様症状を呈しているとされる。彼等はオセルタミビル(タミフル)を投与されている。2名は回復しつつあるようだ。
 Deli Serdangの事例はH5N1鳥フルとは確定されていないが、地域の家畜保健監視および対策チームは、感染源の可能性となる家禽の検査と、地域の鶏の殺処分を検討している。
 インドネシアではこれまで68人が発病し、51人が死亡している。
9月26日

Indonesia probes possible birdflu cluster in family Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシアで家族内集団発生の疑い
 下記と同内容
Indonesia probes possible birdflu cluster in family Washington Post, United States  (米国) インドネシアで家族内集団発生の疑い
 ロイター
 インドネシア保健当局は、男性が鳥フル症状で死亡し、彼の弟と妹が病院に入院して、弟が検査でH5N1ウイルス感染が確認されたことから、家族内集団発生の可能性があり調査中であると、26日発表した。

 男性は25歳で、鳥フル症状で西ジャワの州都バンドゥングのクリスチャン病院で治療を受けていたが、24日死亡した。バンドゥング市のハサン・サディキン病院の鳥フル病棟の責任者であるHadi Yusuf医師が語った。
 死亡した男性の弟20歳と15歳の妹はハサン・サディキン病院で治療を受けていて、政府の研究機関の検査結果で、20歳の弟が鳥フルに感染していることが確認された。Yusuf医師がそのように説明している。
 死亡した兄の検体が採取されたかどうかは不明であると、同医師は語った。
 ”生存中の弟の状態は悪く、人工呼吸器につながれている”、とYusuf医師がロイターの電話取材で答えた。
 妹の検査結果は27日に判明する予定のようだ。
 兄弟はしばしば死亡した鶏を犬の餌用に買っていたとされるが、妹に関しては鶏との接触の既往は不明であると、同医師は語っている。
 ”もし妹が全く鶏に接触していなく、そして鳥フルを発病したとしたなら、彼女は兄弟から感染したと疑うべきことになる”、と同医師は語っている。
 当情報は下方の他報道内容と若干異なる:訳者

Thai man who bred fighting cocks dies of birdflu Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) タイで闘鶏を飼育していた男性が鳥インフルエンザで死亡
 タイの闘鶏を飼育していた59歳男性がH5N1ウイルスに感染して死亡した。同国で17人目の死者となった。
 男性はNong Bua Lamphu 省に住んでいて、病的状態になっていた彼の闘鶏を薬草で治療中に感染したと、当局の医師は説明している。7月14日に発病して、8月10日に死亡した。
Indonesian man sickened by the H5N1 birdflu virus International Herald Tribune (フランス) インドネシアで男性がH5N1ウイルス感染で発病
 26日、検査でインドネシアの男性が鳥インフルエンザを発病したことが確認されたことを保健当局者が発表し、さらに家族内発生の可能性があることも示した。
 詳細は不明。
Indonesia investigates possible birdflu cluster case TODAYonline (シンガポール)  インドネシアで集団発生の疑い
 下記と同内容
Health officials probe bird flu cluster cases Independent Online(南アフリカ) インドネシア保健当局、鳥インフルエンザの集団感染例を調査
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアの衛生当局筋の火曜日(26日)の発言によると、鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染が発生した可能性があるとして調査中であるという。これは三人兄弟が鳥インフルエンザの症状を示したことによるもので、その内の1人が死亡している。
 いわゆる集団感染では、トリからではなくH5N1ウイルスがヒトからヒトへと拡がりウイルスがヒト-ヒト間で容易に感染するようになる可能性が増す。
 科学者が恐れていることは、こうした進展により百万単位で死者が出る可能性のある世界的パンデミックにつながりかねないということだ。
 西ジャワの衛生当局筋のファティマー・レスミアティ氏によれば、25歳の男性が日曜にバンダンで鳥インフルエンザの症状を示して死亡した。しかし彼は検査用の標本を採取することなく埋葬されたという。
 その20歳になる弟は同様の症状を示し兄と同じ病院へ入院したと、レスミアティ氏は言う。
 この弟は政府指定の鳥インフルエンザ処置センターであるハサン・サディキン病院に転送され、そこに15歳の三男も月曜(25日)に入院した。
 「三人は血縁関係があり、同様の症状に苦しんでいることから、今回新たな集団感染が起こったことを疑っています。しかし更に必要な検査を行い、どのような疾病を患っているのか確実なものにしなければなりません」とレスミアティ氏はAFPに語った。
 この家族は日常的に、地域の市場などの様々な所から得た死んだニワトリを犬に食べさせていたと、同氏はしている。つまり三人はウイルスをお互いから感染させたのではなく家禽からの感染であるかもしれないということだ。
 家族の他の人々や隣人からは標本が採取されたと、レスミアティ氏は付け加えた。
同病院で鳥インフルエンザ管理チームを率いるハディ・ユスフ氏はAFPに、20歳の男性は重症であるとしたが、一番下の弟についてはコメントを避けた。
 インドネシアは家禽の間のH5N1ウイルス発生の進行に取り組んでおり、これまで51人の鳥インフルエンザによるヒトの死亡例を報告している。これは世界で最悪の数値である。
 インドネシアは5月に世界初のヒト-ヒト感染例を検査で確認しており、この際は集団感染で7人が死亡している。
世界保健機関の推定では約6例のヒト-ヒト感染例があったとしている。こうした例の主要なものは、家禽からウイルスに感染したヒトから家族や密接な看護をした者が更に感染したものである。
Thai man dies of birdflu, official says Reuters AlertNet (英国) タイの男性、この8月に鳥フルで死亡、当局発表
 59歳のタイ男性が、8月10日にH5N1鳥インフルエンザで死亡したことが、保健省高官から発表された。タイ北東部ラオス国境近くで、男性の鶏が病的になり死亡した後に発病したと言う。
 検査結果は先週明らかになったとされる。
 タイで17人目の死者となった。
BirdFlu Vaccine Additive May Stretch Supply eMaxHealth.com, NC (米国) アジュバント添加鳥インフルエンザワクチン、供給量増加に
 H9N2鳥フルワクチンにMF 59 という免疫賦活剤を結合させ、四分の一の抗原量で、一回の接種でも十分量の抗体産生を認めた。
H9N2 Avian Flu Vaccine Paired with Adjuvant Provokes Strong Human ... PharmaLive.com (press release), PA  (米国) H9N2鳥フルワクチン、アジュバント結合により人に強力な免疫効果
 ヒューストンのベイラー医科大学呼吸器ウイルス研究施設では、国立アレルギー感染症研究所のサポートのもとに、H9N2鳥フルワクチンの研究を行っていて、96人のボランティアで、アジュバントを結合した低濃度ワクチンの臨床試験に成功した。
 アジュバント結合低濃度抗原でのワクチン開発の成功は、H5N1鳥フルワクチン開発にも応用可能であることから注目されている。
 H9N2鳥インフルエンザは、1999年に香港で2人の子供に感染、発病させている。
鳥インフルエンザウイルスに対する抑制効果を持つことを実証 日経プレスリリース 

「スーパーアレルバスター」搭載フィルタが鳥インフルエンザウイルスに対する抑制効果を持つことを実証

空気清浄機、エアコンなどさまざまな機器に搭載

【要旨】 松下エコシステムズ(株)は、鳥取大学と共同でウイルスやアレルゲン、カビを抑制する機能性材料「スーパーアレルバスター」搭載フィルタ[1]に、鳥インフルエンザウイルス[2]を抑制する効果があることを実証しました。

【効果】 「スーパーアレルバスター」搭載フィルタは、空気清浄機やエアコンなどの空調商品に使われているため、鳥インフルエンザやSARS、インフルエンザなどのウイルスに対してより安全・安心な環境の実現に貢献します。同時に多くのアレルゲンを抑制するため、花粉症、気管支喘息などのアレルギー性疾患発症の低減も期待できます。

【特長】
1. 鳥インフルエンザウイルスに対して、10分間の接触で99.999%減少(3回の試験の平均値)させる高い抑制効果を発揮します。
2. 「スーパーアレルバスター」搭載フィルタで実現していたインフルエンザウイルス、SARSウイルスに加え、鳥インフルエンザウイルスの抑制ができます。
3. 機能性材料「スーパーアレルバスター」を添着することにより効果が発揮されるので、空気清浄機等の空調製品のフィルタに使用することで、各種ウイルス、アレルゲンを捕集して抑制します。(ウイルスは大気中の粉塵に付着して浮遊していると考えられ、その粉塵を集塵フィルタが捕集しています。)

【内容】 鳥インフルエンザウイルスに対する抑制効果を、以下の方法により検証しました。
(1) 「スーパーアレルバスター」搭載フィルタに、鳥インフルエンザウイルスを10分間接触させた後、発育鶏卵接種および赤血球凝集反応によりウイルス抑制の有無を判断しました。
(2) 検証実験および評価は、鳥取大学の伊藤壽啓教授のグループとの共同研究により実施しました。

【従来例】 これまで鳥インフルエンザウイルスに対する抑制効果を実証したものはありましたが、集塵用のフィルタに添着して使用できるものはありませんでした。

【実用化】 9月1日発売の空気清浄機、加湿器をはじめ、当社製品へ導入します。
 また、2004年度以降に発売されている当社製の空気清浄機、加湿機、除湿機、ふとん乾燥機、2005年度以降のエアコン、ファンヒータには既にスーパーアレルバスターを搭載しています。


Panasonic Validates BirdFlu Virus-Inhibiting Effect of "Super
 Alleru-Buster" Filter
s WebWire (press release), GA  (米国) パナソニック、"Super Alleru-Buster" Filtersの抗鳥フルウイルス効果を確認
 パナソニックは、SARS、各種ウイルス、細菌に対して殺効果を認めている”Super Alleru-Buster”フィルターが、鳥フルウイルスに対しても効果を持つことを、鳥取大学の研究チームとの共同研究で明らかにした。
BirdFlu Vaccine? Initial Russian Trials A Success! Post Chronicle (国際) ロシアで初の鳥インフルエンザワクチンの臨床試験に成功
 初のロシアのH5N1鳥フルワクチンの臨床試験が成功したと、研究者の1員が発表した。
 インフルエンザウイルス研究センターの主任研究者であるMarina Yerofeyevaによると、作成ワクチン6種類のうち3種類で初期の臨床試験が成功したとされる。
 初期の試験での評価点は安全性と作成される抗体量の2点であるが、両点において3種類のワクチンは成功した。
 今後はボランティアの被験者数を増やして、さらに臨床試験を進めると言う。
WHO confirms 2 more H5N1 cases in Indonesia CIDRAP, MN (米国) WHO、インドネシアの2事例を確認
 WHOは、本日、インドネシアにおける2例のH5N1鳥フル死亡事例を確認し、インドネシアの発病者数を67人、死亡者数を51人とした。

 最新例は、南ジャワの9歳少年で13日に発病し、20日に入院し、2日後に死亡した。少年がペットとして飼育していた鶏が病気になり、その後少年が発病したとされる。
 またインドネシア政府は9月22日に、東ジャワで11歳少年が鳥フルで死亡したことを報告したが、同事例も本日WHOが確認した。少年阿H発熱と咳で16日に発病し、18日に入院し、同日死亡している。WHOによると、少年の住居地域では家禽の死が相次いでいたと言う。
 参照

Sep 25 WHO statement
http://www.who.int/csr/don/2006_09_25/en/index.html

WHO's H5N1 case count

9月25日

‘Ticking Time Bomb': Prisons Unprepared For Flu Pandemic Libraries Medical News TODAY(英国) 「刻々と進む時限爆弾」:インフルエンザ・パンデミックへの準備ができていない刑務所
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 迫りくる鳥インフルエンザ・パンデミックの恐怖が、病院・企業・自治体を準備計画の策定へと駆り立てている。しかしそうした中で、本日セントルイス大の研究者が発表した新研究によると、この疾病の恐ろしい増殖の場となる可能性が最も高いものの一つはお粗末なほどに危機への備えができていないという。
 「社会全体のの公衆衛生にとって服役者の健康状態がいかに重要であるかの認識が、全くできていないのです」と、セントルイス大・公衆衛生学教室の生物安全性研究所の研究者であるレイチェル・シュワーツ博士は言う。「留置所や刑務所にいる者の85%近くは一年以内に釈放されます。だから我々、一般社会がそういう人たちを疾病から保護することを優先的に考えないとしても、一般の人々の中に釈放された服役者の方では現実の脅威を一般社会に突きつけるのです」
 この研究は本日、ボルチモアの厚生施設医療研究所の2006年度会合で発表される。
 合衆国には200万人以上の服役者がおり、シュワルツ氏は彼らを「極めて脆弱な集団」としている。
 「服役者の疾病のレベルは非常に高いものです-HIV感染者、薬剤耐性結核、C型肝炎などの疾病です」と、同氏は言う。
 更に服役者の80%は収監時に何らかの疾病を持っていると、同氏は語る。「一旦、収監されると、他の疾病に更に感染しやすくなります。そのため更正施設が刻々と進む時限爆弾になってしまうのです。多くの人間で混雑しているため、免疫システムを弱める疾病にかかる事が多くなり、潜在的な疾病の増殖と蓄積の場と化すのです」
 シュワーツ氏と同僚の研究者は、疾病管理センター、世界保健機関や外国政府の調査や記録を調査し、感染症が発生した場合にどういった計画が刑務所向けに準備されているかを明らかにした。
 シュワーツ氏らが調べた更正施設の多くが、パンデミックなどの衛生上の危機に対応する適切な計画を持っていないことを認めた。政府指導者層にはインフルエンザ・ワクチンなどの医療措置を服役者に施すことを嫌がる気分があると、シュワーツ氏は言う。
 「一般の人たちにさえ、十分でない。それに自分たちが先ず接種を受けるべきだ、という考えです」と同氏はしている。「全ての服役者が暴力的な無法者と考えがちですが、平均的な拘束期間は48時間なのです。多くは判決を受けた犯罪者ではなく、単に犯罪で訴追され裁判を待っているだけなのです」
 「服役者の間の疾病が最終的には、社会に拡大し疾病を発生させることが判っています。だから今、対応しなければならないのです」
 解決方法は更なる熱意と資金を備えに費やすことだと、シュワーツ氏は言う。同氏と同僚の研究者は、司法・更正施設関係者に疾病拡大防止の方法を教育する計画を策定した。これは、きめ細やかな手の洗い方から刑務所や留置所の施設での適切な隔離・封鎖のやり方にまでいたるものである。
このパンデミック対応計画は、多くの種類の危機的状況に有益な情報を提供するためものであると、シュワーツ氏はしている。
 「理想的にいけば、この計画で当局は鳥インフルエンザの発生からバイオテロまでいかなるものにでも準備・対応することができます。こうした情報は新興感染症だけでなく、HIVといった更正施設内で既に存在する疾病にも役立ちます」
 セントルイス大・公衆衛生学教室は全米で37しかない正規認定を受けている公衆衛生学教室の一つであり、イエズス会大学の一つに支援されている唯一の公衆衛生学教室である。6つの公衆衛生学科目で修士課程(MPH、MHA、MS)と博士課程(Ph.D)を提供している。また、ドイジー衛生科学大やビジネス・法律・医療・社会サービス教室と合同学位も提供している。国家認定された7つの研究センター・試験所を持ち、国立衛生研究所、疾病管理・予防センター、保健資源事業局、全米ガン協会、ロバート・ウッド・ジョンソン財団、世界保健機関などから資金援助を受けている。
セントルイス大・生物安全性研究所は2000年に設立され、公衆衛生と救急医療の専門家へ公衆衛生上の新興の脅威に関する準備・対応・回復・リスク軽減に必要な教育を提供するものである。同研究所のスタッフが行った研究の成果は、こうした脅威に対応する上での国家政策を策定するために貢献している。

Saint Louis University Medical Center

St. Louis, MO 63103
United States
http://www.slu.edu/pr
 
9月24日(日)

Indonesian boy dies of birdflu: official Washington Post, United States (米国) インドネシアの少年鳥フルで死亡-当局発表
Indonesian boy dies of birdflu: official Boston Globe, (米国) インドネシアの少年鳥フルで死亡-当局発表
Indonesian boy dies of birdflu: official ABC News  (国際) インドネシアの少年鳥フルで死亡-当局発表
Indonesian boy dies of birdflu - official Reuters.uk, UK (英国) インドネシアの少年鳥フルで死亡-当局発表
 9歳少年が鳥フルで死亡したことを、インドネシア保健省の鳥フル情報センターが、24日発表した。同国の死者数は合計51人となった。
 少年はジャカルタの病院で22日死亡したと、情報センター長のルニザー・ルエシン氏がロイターに電話で説明した。
 ”検査結果は今朝届き、陽性であったことが確認された”、と同氏は語った。
 少年は南ジャカルタのCiputat Rayaに住んでいて、発熱、咳、鼻汁、そして肺炎を症状としていたが、発病は9月13日であったとされる。
 少年は病的家禽に接触したことがあるようだ。
 この少年の死亡は、先週22日、保健省が11歳小年が東ジャワで鳥フルで死亡したことを発表したのに続いた。
Island on guard against birdflu Euro Weekly News (スペイン) マヨルカ島でも鳥フル警戒態勢
 マヨルカ保健当局は、渡り鳥飛来シーズンに向けて、鳥フル監視態勢を強めたと発表した。


No H5N1 found in humans in 10 months VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、10ヶ月間人でのH5N1鳥フル発生はなし

 過去10ヶ月間、ベトナムでは人におけるH5N1鳥フルは発生していないが、その脅威はいまだ続いていると保健省は警告。
  
Birdflu: A threat to humanity The New Nation, (バングラディシュ) 鳥フル:人類への脅威
 総説。卓越した内容。鳥フルの歴史、H5N1ウイルスの位置づけ、臨床的特徴、予防方法、他。

EU, FAO Launch Project to Curb BirdFlu in Nigeria Voice of America (米国) EUとFAO、ナイジェリアにおける鳥フル対策支援プロジェクトに着手
 EUは70万ドルをFAOに提供して、ナイジェリアにおける鳥フル発生監視を強化する。アフリカで最も人口の多い国から、鳥フルを排除する目的である。
 6ヶ月間に亘るプロジェクトで、ナイジェリアにおける鳥フル発生の頻度、拡大程度、等を包括的に調査する。200人以上の調査員が戸別に調査して歩く。
 H5N1ウイルスは1月に北部のカドゥナ州の鶏で検出され、それ以後36州のうち13州と首都に拡大した。
 9月22日に同様記事がロイターから発表。
9月23日(土)

Birdflu 'may strike' in winter China Daily (中国) 鳥フルは冬期間に流行の可能性
 指導的インフルエンザ研究者達が22日、鳥フルの大発生がこの冬から来春に起きる可能性が高いと警告した。
 このような家禽と人における鳥フルは、多分、季節性のインフルエンザの流行がピークに達した頃、発生してくると考えられる。中国CDCの主任疫学研究者のZeng Guang氏がそのように語っている。
 Zeng氏によると、この3年間に3回の大きな鳥フルが発生しているが、全て冬から春にかけて発生している。
 季節性のインフルエンザと鳥フルが同時に発生してくる可能性に、十分の注意を払う必要性があると、Zeng氏は、サノフィ・パスツール社と中国予防医学協会(Chinese Preventive Medicine Association)が北京で開催したフォーラムで語っている。
 H5N1ウイルスがどのように変化してゆくかを予知することは難しいが、それは他のインフルエンザウイルスとハイブリッドを形成して変化する可能性が高い。そのようにZeng氏は語った。(ウィルスの交雑:訳者注)。
 さらに、交雑して出来たウイルスは、人人感染を生じる性格を持つようになる可能性が高い、と同氏は付け加えた。
 Zeng氏によると前世紀に発生した3つのパンデミックはは全てウイルスの交雑で生じたと言う。
インドネシアの鳥インフルエンザ感染死50人に 日本経済新聞 
 インドネシア保健省は22日、鳥インフルエンザ(H5N1型)による感染死者数が50人に達したと発表した。政府は財政難を理由に十分な対策を実施しておらず、人から人への感染の疑い例も出ている。現地の日系企業では人から人への感染が起こった場合に備えた感染対策の検討に入った。
 同省と世界保健機関(WHO)によると、感染死が確認されたのは18日に死亡した東ジャワ州の11歳の男児。在インドネシア日本大使館では同国の鳥インフルエンザ感染の拡大が止まらないため、約1万2000人の在留邦人に対して注意を呼び掛けている。日系企業では独自の対策作りに着手している。
 人から人への感染が始まった場合に備え、日系自動車メーカーでは「現地人のみで操業できるシステムの構築を進めている」としている。
World Bank Clears $13M to Fight BirdFlu Fox 28, IN (米国) 世界銀行、1300万ドルをパレスチナのウエストバンクとガザにおける鳥フル対策に提供
 22日、世界銀行は、パレスチナのウエストバンクとガザ地区における鳥フル発生対策のために、1300万ドル拠出することを発表した。
 援助金は、地域における家禽農場で働く人々が、鳥フルに感染するのを防止するために使われる。
Indonesia reports its 66th avian flu case CIDRAP, MN  (米国) インドネシア、鳥フル感染者66例目を確認
 インドネシア保健省は、同国で66人目のH5N1鳥フル感染者で、9月18日に50人目の死者となった11歳少年の事例を発表した。いくつかの報道発表による。
 インドネシア政府の鳥フル情報センター長であるルニザー・ルエシン氏は、少年が東ジャワのトゥルンガグングの病院で死亡したことをロイター通信に発表した。
 AP通信によると、少年は発病後2日、病院に入院して数時間後に死亡したとされる。
 二つの地域の検査所で少年がH5N1ウイルスに感染したいることが確認された、とルエシン氏は語っている。
 少年は家で死亡した鶏に接触した既往があると、ルエシン氏とロイターは語っている。
 ルエシン氏は本日、Bloomberg Newsに、当局は死亡した少年の親族の検査と、接触者の調査を行っていると語っている。
 東ジャワのトゥルンガグングでは、WHOによると6月16日に5歳少年が鳥フルで死亡していて、今回の事例は同地域で2例目の死者となる。

参照

Jul 4 WHO statement on previous case in Tulungagung district
http://www.who.int/csr/don/2006_07_04/en/index.html


Uganda sounds birdflu alarm after cases in south Sudan TODAYonline ウガンダ、南スーダンの鳥フル発生により、警戒態勢強化
 隣接する南スーダンで鳥フル発生が報告されたことから、国境を越えて鳥フルが拡大してくる可能性が高まったとして、ウガンダ当局は警戒態勢を強化した。
 保健省スポークスマンは、スーダンと国境を隔てている北部ウガンダで当局者達が警戒態勢に入り、医療チームは致死的ウイルスが人の間で流行しだした場合に備えて訓練を開始した、と発表した。
 9月13日に南スーダン自治区の首都であるジュバの保健当局は、家禽の間でH5N1ウイルスが検出されたことを発表した。
 ジュバはウガンダとの国境まで車で2時間の地にある。
9月22日

Indonesia boy is 50th birdflu victim Bangkok Post (タイ) インドネシアの少年が50人目の鳥フル死者に
 東ジャワで11歳少年が病院へ入院後数時間で死亡し、検査の結果H5N1ウイルス感染が確認された。インドネシアで50人目の死者となった。
 少年は東ジャワ州のツルング・アグング(Tulung Agung)村に住んでいて、病的鶏に接触した後、9月16日に発病した。
Fight against animal epidemics remains pressing task: minister People's Daily Online(中国) 動物由来感染症対策は依然として緊急の課題:大臣語る
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 動物由来感染症の予防と対策はこの秋も喫緊の問題であるだろうと、中国農業部の杜青林部長は警告した。
 地方政府は鳥インフルエンザ、豚コレラ、狂犬病などの発生の可能性に対し高度の警戒を保つべきと、杜氏はしている。
 口蹄疫が「かなり深刻」だった国や地域もあると、杜氏は述べている。
中国では、病気の渡り鳥や生きた家禽の長距離輸送と売買、そして僻地の山岳地帯での戸外での飼育など全てが疾病予防への難題となっている。
 狂犬病と結核のヒトや動物への症例が増加している地域があり、公衆衛生の保全に「大きな脅威」をもたらしていると、杜氏は言う。
養鶏業者にタイムリーに予防注射を実施させて経過を観察し、ワクチンの生産・流通・備蓄を引き締めるように、地方の動物衛生部に対し同氏は呼びかけている。
村落の立会人、大学の動物検査所や研究所は真摯にその責任を果たし、地域の疾病発生に関するタイムリーな報告をすべきである。
 今月に入り衛生部は規制を見直し、医師と草の根医療機関に発見から2時間以内に疾病発生を報告するようにした。
飼育場、市場そして国境地域を疾病予防の最優先目標にしなければならない。流行が一旦、中国国境を越えれば、即座に隔離地帯を設置しなければならない。
地方政府は予防技術の訓練を更に充実し、家畜の飼育場や輸送・流通の場への監視を強めて考えうるリスクを低減しなければならないと、同氏はしている。

WHO ranks birdflu as top health threat Courier Mail, Australia (オーストラリア) WHO、鳥フルを健康危機問題のトップにランク
 オークランドで開かれたWHO西太平洋地域年次総会でWHO事務総長代理のリチャード・ネスビット博士が、加盟国に対してさらなる対策強化を促した。
 関連記事は18日と20日にも掲載。
Five Koreans had H5N1 virus but no illness CIDRAP, MN (米国) 韓国:5人がH5N1ウイルス感染、しかし発病しなかったと

 韓国は先週、3年前にH5N1ウイルス感染家禽の処分にあたった作業者5人から、ウイルス抗体が検出されたが、発病してはいなかったと発表した。
 検体は米国CDCに送られて検査され、H5N1ウイルスに対する抗体が検出された。
 ”5人は明確な症状は呈しなかった。鳥フルを感染させるウイルス株を保有していない”、とロイター通信は、韓国CDC発表として報道した。
 韓国では2003年末から2004年初頭にかけて家禽でH5N1鳥フルが流行した。しかし人での感染者は報告されなかった。約40万羽の家禽が感染し、5万羽が殺処分された。そのようにロイター通信は報道している。
 その際、政府は318人の農場作業員の(血液)検体を米国CDCに送ってウイルス抗体の検査を行った。そして4人から抗体が検出された。この事は先の2月に、4人は発病しなかったとして、韓国政府から発表されていることをロイターは伝えている。
 しかし、この事実から韓国政府は、他の2109人の関係者の検体を米国に送り、さらなる検査を行ったようだ。
 その結果さらに今回5人で抗体が検出された。
 韓国では2004年3月以来H5N1鳥フルは発生していないと、韓国政府はOIEに報告している。
 研究者によると2003年から2004年に韓国で流行したH5N1鳥フルのウイルス株は、ベトナムやタイの株に比較すると、人に対する病原性は低いとされる。
 2005年3月に発表されたJournal of Virology,で、米国と韓国の研究者は、韓国で分離されたウイルス遺伝子は、ベトナムのそれと8本の遺伝子全てで違いが見いだされていると、報告している。さらに韓国のウイルスとタイで分離されたウイルスは、ウイルス表面蛋白(H基とN基)に違いがあることも報告されている。また研究者達は韓国で分離されたウイルスは、マウスに対して病原性が低いことも見いだしている。
 H5N1鳥フルで、少数の無症状感染者と軽症の患者はこれまでも報告されている。
 最初に香港で人での感染者が出たとき、家禽の殺処分に加わった人々、患者に接触した家族、および医療関係者の中で、無症状ながらも何人かが検査で陽性となっていたことが、医学雑誌で報告されている。
 またベトナムで患者の周囲にいた2人の高齢の親族で、抗体が検出されたという報告もある。 さらに今年の1月、WHOはトルコで2人の若い兄弟で無症状ながら、抗体が検出されたと発表している。
 しかしながら、最近のH5N1ウイルスに暴露された健康人を対象にした血液検査では、ほどんどの例で感染は確認されていない。さらに、最近の情報として、感染した家禽と濃厚に接触した351人のカンボジアの人々を対象にした研究調査では、抗体が検出された人はいなかった。研究論文はEmerging Infectiousで発表されている。

参照

March 2005 Journal of Virology article on H5N1 isolates from South Korea

Sep 7 CIDRAP News story "Cambodian study suggests mild H5N1 cases are rare"

Jan 11, 2006, CIDRAP News story "WHO says Turkish cases may yield new findings on H5N1"

Sep 29, 2005, New England Journal of Medicine article with information on serologic surveys in people exposed to H5N1
http://content.nejm.org/cgi/content/full/353/13/1374


Donors to help Nigeria look for bird flu outbreaks  Reuters.uk, UK (英国) ナイジェリアでの鳥フル対策を国際的に強化

今後半年間、ナイジェリア国内で200人の保健専門家達が鳥フル発生の探索にあたる。21日発表された、EUと国連による新プロジェクトである。

 ナイジェリアはアフリカで最初に家禽における致死的H5N1ウイルスを検出したが、人での発生例は報告されていない。しかしながら専門家は、ナイジェリアにおける保健医療組織の貧弱さ故に、十分探索されていない可能性があると警告している。
 ナイジェリアの北部の州、カドゥナで1月に鶏でH5N1ウイルスが検出されて以来、それは急速に36州のうち14州と、連邦の首都周辺に、殺処分等の対策にも関わらず、広がった。
 数百万人のナイジェリアの人々は、家の周辺で鶏を放し飼いにしている。そして家禽は生きたまま輸送され、そのまま売買される。理由は多くの人々は電気冷蔵庫を持っていないからである。
 ナイジェリア政府は、鳥フル発生後数週でその拡大は劇的に抑えられたと発表しているが、国際的専門家達は、個人的見解として、政府の発表は問題の重大性を十分反映していないと説明している。
 現在の体制では、農家が鳥フル発生を当局に報告することでしか把握されない。農家の中には報告することで、彼等の家禽を失う恐れから、報告をためらう例も多いとされる。
 EUとFAOのプロジェクトは、監視態勢を強化し、ナイジェリアの情報をより正確なものにして、アフリカで最も人口の多い国からウィルスを排除することを目的にしている。
 ”受動的監視態勢の代わりに(報告制の代わり)、200人の動物保健担当者が監視に回る。彼等は家禽農家を訪れて、検査のためのサンプルを採取する”、とEUのナイジェリア代表が声明の中で語った。
 プロジェクトはECから66万1600ドルの資金が拠出され、2007年の3月まで続く。ECは3人の疫学者、10人の獣医、204人の動物保健専門家達に支払う。また調査担当者や国立獣医学研究所の検査技師の教育費にも費用は充てられれる。.

 
Campus to Form Task Force on Flu Readiness Daily Californian (米国) UCLAにおけるパンデミック・インフルエンザ対策:対策委員会の設立
Children may be at risk of birdflu Indianapolis Star (米国) 小児は鳥フルに対するリスクが高い
 インディアナ州で開かれた、州と地域の教育機関の保健関係者のための「鳥フルサミット」で、米国でパンデミック・インフルエンザが発生した場合、小児がもっとも発病しやすいことが、州の保健当局者から説明された。ウィルスに暴露された小児の発病率は40%に上る可能性があるとされる。
参加者の多くは学校保健師であった。
Bangladesh takes birdflu outbreak seriously The New Nation (バングラシシュ) バングラディシュ、鳥フル発生を警戒
 鳥および人インフルエンザに関する2日間のワークショップが開催され、バングラディシュにおける予防対策国家プランの概要が作成された。
 ”鳥フルがインドやミャンマーで発生していることから、政府は鳥フル発生の危険性を重く受け止めている。バングラディシュではこれまで鳥フルは発生していなし、今後もそれを維持してゆきたい”、と水産家畜省の長官が開幕の挨拶で語った。
 長官はさらに、情報の迅速な共有が必要で、それは鳥フル発生の防止に重要であり、バングラディシュはこれまでも自然災害においても、十分高度の対策能力があることを立証してきた、と語った。
 バングラディシュの鳥、人、およびパンデミック・インフルエンザ対策は UNICEFを通して、日本政府によってサポートされている。
 主たる対策内容は、公衆衛生的知識の普及と行動変容啓発、対策協力関係の強化、監視態勢強化等。
9月21日

Bird flu inflicts 13 trillion rupiah loss to Indonesian poultry business People's Daily Online(中国) 鳥インフルエンザにより、インドネシアの養鶏業界に13兆ルピアの損害
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアの養鶏業界は、2004年の鳥インフルエンザ発生確認による鶏肉や卵の価格の急落を受けて少なくとも13兆ルピア(約14億米ドル)の損害を被ったと、ある役員が語った。
 「2004年の2月から3月には、鶏肉の価格はキロあたり7000ルピアから1800ルピアにまで下落しました。1800ルピアの値段では生産コストの12%にしかなりません」と国立家禽市場情報センター長のハートノ氏は言う。
 鶏肉の価格は2005年の7月から10月にかけて再び下落し、中小の養鶏業に被害を与えた。同氏のこの発言は国立アンタラ通信社に引用されている。
 一方、政府の鳥インフルエンザ対策チーム責任者のバユ・クリスナムルシ氏は、算出された損害は養鶏業者に関するもののみだとしている。
 「家禽に関連した産業や観光業界、そしてインドネシアへの投資に関するリスクの増大も含んでいません」と同氏はしている。
Educators Discuss Flu Pandemic Plan KSBW Channel.com, CA  (米国) 教育者、パンデミック・インフルエンザ対策について話し合う
 カリフォルニアのモントレー郡の公衆衛生担当者は、地域の教育者達と鳥フル対策について話し合い、対策の強化を求めた。
 会議で各学校はパンデミックに対する独自の対策を立てるように要請された。
 モントレー郡医療局長(Monterey County Medical Director)のスタルウォース医師は、
 ”もし季節性のインフルエンザ対策が厳重に行われるならば、我々はパンデミック対策は容易に開始できるだろう”、と語った。
 パンデミック時には学校は閉鎖される。その間の教育の問題など。
US helps Viet Nam and Laos battle avian influenza Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) 米国、ベトナムとラオスの鳥フル対策を援助
 米国は、155万ドルをベトナムとラオスにおける新規鳥フル対策プロジェクトに提供すると、ハノイの米国大使館が18日発表した。
 米国国際開発局(USAID)、Abt Associates、FAO、WHO、およびAcademy for Educational Developmentが協同して、両国における地域レベルでの鳥フル対策に参加する。
Health official says he will see flu pandemic in his lifetime Midland Daily News , MI (米国) ミシガン州公衆衛生局、パンデミック・インフルエンザはいつか間違いなく起きると
 ミシガン州公衆衛生局のパンデミック・インフルエンザ対策副調整官のジェームス・アベリル氏は、鳥フルに感染した密輸鳥がアジアから米国に偶然持ち込まれるか、または南、中央アメリカからアラスカにいたる渡り鳥ルートで、渡り鳥から米国内に鳥フルウイルスがもたらされる可能性はいつでもあると、保健医療関係者のシンポジウムで懸念を表明した。
International research into birdflu in Southeast Asia Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 東南アジアにおける鳥フル研究のための国際プロジェクト発足
 ベトナム疫病予防研究所は、フランス政府からの760万ドルの援助で、今後3年間、カンボジアのパスツール研究所、中国、フランス、およびラオスのウィルス研究所と協同で、東南アジアにおける鳥フル流行の監視、検出、そして拡大防止の研究を行ってゆく。
9月20日

Localities urged to finalise 2nd phase vaccination plans VietNamNet Bridge(ベトナム) 住民に第二段階の予防接種計画完了を呼びかけ
  森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ・口蹄疫管理・運営委員会は住民に、2007年から2008年の間に第二段階の予防接種と鳥インフルエンザ・ワクチン使用に関する計画を完了させるように呼びかけた。
 農業・地方開発省配下の動物衛生部によれば、27の県と市で今年3300万羽近い家禽に初めての注射を第二巡目の鳥インフルエンザ予防接種で実施した。
 同時に全国で48の県と市は、口蹄疫のワクチンを約300万頭の牛と150万頭以上の豚に接種している。
 同部は地方当局と協力し予防接種された家禽を観察したが、今年は今のところ新たな鳥インフルエンザの症例は発生していない。
 口蹄疫感染が発生した11の県と市における45地域の合計109の自治体では、公式な警戒解除に必要な21日間がまだ経過していない。
Houston Companies Urged To Prepare For BirdFlu Pandemic CattleNetwork.com, KS (米国) ヒューストンの企業、パンデミック・インフルエンザ対策を求められる
 警戒されている鳥フルの世界的流行はいまだ起きていないが、ヒューストンの公衆衛生当局は19日、地域の企業界にパンデミックに備えて対策を立てるように、”テキサス・鳥フルフォーラム”で催促した。
 パンデミックが6ヶ月以内に起きるか、10年後に起きるか、それは分からないが、この地で起きることはまず間違いはないだろう、とハリス郡公衆衛生局長は語り、SARSの際のカナダ、トロントの二の舞になってはいけないと強調した。(トロントでは、香港からの患者から感染が広がりSARS患者と死亡者が多数出た)。

 郡公衆衛生局長によると、パンデミック発生時には、ヒューストンの人口の30%が発病し、10万人近くの入院者が発生し、23000人が死亡すると、推定される。(ヒューストン市の人口は、約200万人)。

Although a much-feared global outbreak of avian flu has so far not surfaced, Houston public health officials Tuesday urged local businesses to prepare emergency response plans should a pandemic hit the global energy center.

 

"Things happen here," Herminia Palacio, Executive Director of Harris County Public Health and Environmental Services, told the "Texas Bird Flu Forum." Palacio, asked by an audience member to handicap the chances of an outbreak, predicted that a major health scare like bird flu was inevitable at some point.

 

"It will happen," said Palacio, adding that it was impossible to know whether such an outbreak was six months or 10 years away. She warned of the need to avoid a similar fate to Toronto, which was badly hamstrung by an outbreak of SARS in 2003.

 

Palacio was followed at a well-attended half-day seminar by speakers from ConocoPhillips (COP), Exxon Mobil Corp. (XOM) and Royal Dutch Shell PLC (RDSA), who described the industry's preparatory steps to protect employees and ensure operations continuity should a worst-case scenario surface.

 

A base case outbreak of a bird flu pandemic could affect 30% of Houston's population, require hospitalization of up to 100,000 people and result in up to 23,000 deaths, Palacio said. The surge in activity from an outbreak would stretch Houston's public health infrastructure beyond its capacity, she said.


Although a pandemic has so far not surfaced, energy companies have already contended with sporadic outbreaks of bird flu anxiety.

 

Richard Dockins, a manager in ExxonMobil's global medical group, said company officials had to reassure workers in Nigeria after the State Department began suggesting expatriate evacuations in response to that country's first bird flu case.

ExxonMobil has encountered similar confusion in other key energy countries, including Kazhakstan and Indonesia, whenever birds die of the disease.

"There's still a lot of confusion, even among providers, about the difference between bird flu and a pandemic," Dockins told Dow Jones Newswires. In
Nigeria, "it took about three days for it to peak and then calm back down," Dockins said of the surge in worry.

 

Basing the scenario on a 1918-like outbreak, ExxonMobil business units have an operating plan for a 6-8-week pandemic wave. Besides establishing plans to enable business continuity, the effort will strive to safeguard continual supply of transportation fuels and power generation fuels for use by critical infrastructure, Dockins said.

 

Energy companies in Houston are seasoned in emergency response after the wave of recent hurricanes. But a bird flu outbreak differs from the storms in that "it will impact people more than it will impact assets," said Rob Donnelly, Shell's regional manager for health services in the Americas.

 

Besides good business sense, the extensive focus on bird flu by governments is further incentive for companies to prepare bird flu contingency plans, said Joseph McMenamin, an attorney with McGuire Woods in Richmond, Va.  

 

"Plaintiffs can assert that because of these pronouncements, you have a duty to act, whereas before you didn't," McMenamin said.

 


Twice as much money to fight birdflu needed MSNBC (国際) 鳥フル対策に倍の資金が必要:WHO
WHO Chief: BirdFlu Funds Still Needed Washington Post, (米国) WHO、鳥フル対策資金が不足と
 
World Health Organization (WHO) Acting Director General Anders Nordstrom listens during day two of the WHO Regional Committee Meeting for the Western Pacific in Auckland, New Zealand, Tuesday, Sept. 19, 2006. The World Health Organization still lacks about half the funds it needs to help countries fight bird flu, Nordstrom said Tuesday. (AP Photo/Michael Bradley) (Michael Bradley - AP)

WHO chief: Birdflu funds still needed San Jose Mercury News, (米国) WHO、鳥フル対策資金が不足と
 今後3年間にWHOは鳥フル対策資金として9000万ドルから1億ドル必要であるが、いまだその半額しか得ることが出来ないでいると、WHOの事務総長代理が語った。
 本年の1月に北京で開かれた国際会議で、各国から19億ドルの、主として発展途上国に対する鳥フル対策資金の提供が約束されたが、いまだ資金はわずかしか提供されていない。
Get ready for worst-case scenario - WHO Stuff.co.nz (ニュージーランド) WHO:最悪のシナリオに備えよ
 多くの西太平洋地域各国は、鳥フルのような深刻な健康脅威を及ぼす感染症に対する、迅速な反応と拡大防止に対する能力が不足している。WHOが昨日、声明文の中で語った。
 WHOはオークランドで地域の年次総会を今週開いている。
 WHO事務総長代理のリチャード・ネスビット博士は、SARSでの経験から、パンデミックにおける迅速な対応が不可欠であることが示されている、と語った。
 ”多くの国の保健管理組織は、SARSが発生したとき十分構築されていなかった。その結果多くの人の発病と巨大な不安感がもたらされ、そして経済的損失をも招いた。
 2003年7月にWHOがSARS終息宣言を出して2,3ヶ月後、鳥フルがアジアを襲い、そしてそれはアフリカ、ヨーロッパ、中東へ広がった。
 これまで40ヵ国以上で鳥フル発生が報告され、数百万羽の家禽の処分と143人の死者数につながっている。
 鳥フルの初期の段階における迅速な対応が、鳥フルの拡大の抑制につながる。そのようにネスビット博士は語っている。
 ”もし、迅速な介入が成功するなら、健康被害、社会的および経済的損害の発生を防止できるかも知れない”。

 WHOは国家パンデミック対応計画に関する一連の規則を制定した。それは西太平洋地域で2007年7月から効力を発揮する。
Iraqi boy was country's third birdflu case -WHO Reuters AlertNet (英国) WHO:3月にイラクの少年が鳥フルに感染していたことを確認
 この3月にイラクのバグダッドで、3歳の男児が軽症のH5N1鳥フルに罹患していたことがWHOから発表された。
 WHOによると、イラク政府が再調査で確認し、同国で3例目の感染者となった。初期の検査では明確な結果は得られていなかったが、別の検査法による再検査でウイルスが検出されたと言う。
 しかしWHOはイラクでの鳥フル発生は既に終息していると語っている。
9月19日


新型インフルエンザ対策に関する文部科学省行動計画について[文部科学大臣談話] 文部科学省

1.  本日、文部科学省新型インフルエンザ対策本部を開催し、「新型インフルエンザ対策に関する文部科学省行動計画」を決定いたしました。
 本行動計画は、昨年11月に政府として決定した「新型インフルエンザ対策行動計画」を踏まえ、文部科学省及び関係機関等が行うべき対応等を具体的に記載したものです。

2.  現在のところ、ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザの発生には至ってないものの、鳥インフルエンザの流行は、東南アジアを中心に継続しており、新型インフルエンザが発生する危険性は依然として高いレベルにあります。

3.  ひとたび新型インフルエンザが発生した場合にも、慌てることなく、冷静、迅速かつ適切に対応することにより、拡大を最小限に抑えられるよう、学校をはじめとする関係機関等が文部科学省と認識を共有し、常日頃より緊張感を持って対応されることが必要であります。

4.  危機管理の要諦は、それが危機であるということを認識した上で、各レベルの担当者が同じ危機感を共有することです。

5.  新型インフルエンザについては、スペインインフルエンザなど過去の例に見られるように、その進展如何によっては、大きな被害をもたらしかねない重要な社会的課題であるとの認識に立ち、本行動計画に基づいて、適切に対応いただきますようご協力をお願いいたします。

文部科学省行動計画PDFファイル


Indonesia's ability to diagnose birdflu still low Antara (インドネシア) インドネシアの鳥フル診断能力はいまだ低い
 ベトナムでは1日で診断されるが、インドネシアでは70%が三日間診断まで要する。ジャカルタの感染症専門病院のサントソ・スロソ院長が18日、語った。
 ジャカルタの病院では問題にはならないが、地方では非常に大きな問題となっている。同院長によるとインドネシアで診断が可能な研究所は3箇所で、いずれもジャカルタに存在している。一方インドネシア国内で診断付ける必要がある検体は、数千はあると言う。
 そうした理由から、現在政府は、インドネシアの各地域8箇所に研究所の設立を予定していると、院長は語った。
World Bank to grant $15 million to Indonesia for bird flu control ANTARA (インドネシア) 世界銀行、インドネシアの鳥インフルエンザ制圧のために1500万ドルを提供
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 世界銀行はインドネシアの鳥インフルエンザ拡大防止のために1500万米ドルを提供する。
 シンガポールで開催中のIMFと世界銀行の年次会合にともなう記者会見で、この動きが明らかにされた。この場で国連の鳥インフルエンザ調整官のデビッド・ナバロ氏は、世界の指導者による鳥インフルエンザと戦うための持続的な政治関与を呼びかけたと、VNA(ベトナム通信社)は報じている。
この会見での発言として、世界銀行の東アジア・太平洋担当副総裁のジム・アダムス氏は、世界銀行は鳥インフルエンザ発生に影響を受けた全ての国と協力し、この問題と取り組むプロジェクトの進展に助言と資金を提供してきたと述べた。
Chief vet issues new alert over bird flu The Sunday Times(英) 主席獣医官が発する鳥インフルエンザへの新たな警告
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 
英国は高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスへの防衛体制を高め、この疾病が発生する可能性が極めて高い危険地域への監視を強めることとなった。
 夏を北極やロシアのツンドラで過ごした後に数千羽の野鳥が英国に帰ってくるが、獣医や鳥類学者はH5N1ウイルス株などの毒性を持つ鳥インフルエンザ発生の可能性について警戒をしている。
発生の引き金を引くリスクが最も高いと見られている地域は、海岸・入江などの湿地帯である。こうした地域はカモメ・ガン・白鳥・アヒル・シギなどが大量に集結し、しかも家禽飼育場に近いのだ。
 主席獣医官のデビー・レイノルズは重点地域における徹底的な鳥の標本収集を命じた。この地域は、イングランド海岸東部・モーカム湾・北西部のソルウェー湾・スコットランドの東海岸・南部海岸などである。
 野生動物の専門家チームが検査プログラムのために集められている。生きている鳥は検査後に解放され、危険地域で死んだ鳥が発見された場合や狩猟や害獣駆除で撃たれた場合も検査される。
 鳥インフルエンザ・ウイルスを持つ、死んだ野鳥が発見される可能性は極めて低いと、レイノルズ博士はしているが、「ほとんどの作業はウイルスを発見する可能性がとても高い地域でおこなっています。しかし、全国で油断せずに鳥インフルエンザ監視を続けていきます」と同氏は付け加えている。
 致死性の鳥インフルエンザ・ウイルスが昨年輸入されたオウムから発見され、4月にはスコットランドのセラーダイクで死んだ白鳥に鳥インフルエンザ・ウイルスがいたことが確認された。低病原性の鳥インフルエンザが4月にノーフォークの家禽飼育場3ヶ所で発生したこともある。
Pandemic still off agenda Bangkok Post, (タイ) パンデミックはいまだ重要協議事項外
 世界の主要な危機管理と保険ブローカー業サービスプロバイダである、米国に基盤を置くマーシュ社(Marsh Inc. )による調査結果。

 マーシュ社は、鳥フルウイルスが変異して人人感染を起こし、世界的パンデミックを生じる可能性がある問題は、世界中の企業と経済界に難しい課題を呈している、と説明する。
 主として米国内におけるいくつかの状況を想定してマーシュ社は、パンデミック発生により世界で8000億ドル(80兆円)以上の経済的損失と、年間2から6パーセントの国内生産量の低下が起きると見積もっている。ほとんどの業界は大きなダメージを受けるが、特に旅館宿泊業、保健医療、旅行業、社会的基本施設等が上げられる。
 20世紀最後のパンデミック・インフルエンザは、1968~69年に発生し(香港風邪と呼ばれた)、世界で100万人が死亡した。一方、20世紀最初で最悪のパンデミックは、1918~19年に発生したスペイン・インフルエンザで、世界で2000万人~1億人死亡したと推定されている。
 現在の鳥インフルエンザの人での致死率は、SARSの10%に比較し、世界での平均56%と極めて高い。しかし中国では69%であり、タイからは報告は出ていない等、いまだ不明な部分も多い。

 香港のマーシュ社による非公式調査によると、アジアの100企業で調査を行った結果、返答した20%で対策は行ってなく、28%で完全な対策済みであり、残りがその中間の状況であったという。

 マーシュ社は、パンデミック発生による社会的基本基盤や社会的機能の破壊、そして医薬品不足等からくる喪失の可能性を考えて、全ての企業は対策を講じるべきであると忠告する。
 ……
9月18日

New UK bird flu strategy unveiled Reuters.uk, UK (英国) 英国:新鳥フル戦略発表
 英国農業省(farm ministry)は、渡り鳥が多く飛来する地域を重点的に選び、カモ、ガン、白鳥、カゴメ等のウイルス検査を行うと発表した。
 ウイルスを運ぶと考えられる鳥類と、それらが飛来してくる地域を重点的に選んで監視態勢を強化する。
China throws full support behind Margaret Chan's candidacy for WHO ... People's Daily Online,  (中国) 中国政府、マーガレット・チャンのWHO事務総長立候補を全面的に支援と声明
 中国政府はマーガレット・チャン氏のWHO事務総長立候補を支持しているが、再度その全面的支援態勢を強調した。選挙は11月上旬に行われる。
 関連記事;9月13日 バンコク・ポスト、9月7日 国連ニュースセンター
Reports of missed mild bird flu cases raise questions about scope ... CBC News, Canada  論議:軽症鳥フル事例の見逃しは、感染者数過小評価の可能性

 Canadian Press


 最近の韓国とインドネシアにおける軽症鳥フル事例の発見報告は、再び現在の鳥フル死亡率の異常な高さが、軽症事例の見逃しに起因している可能性の論議を呼び起こしている。
 専門家達は軽症例を探し出す努力の継続を指摘している。実際の感染例の数と症状の多様性を理解することは、研究者達が、ウイルスによるパンデミックの危険性を把握する上で参考になる。
 軽症例が増加してくることは、ウイルスが人に適合してきている証拠と考えられ、それは人におけるパンデミックを引き起こす可能性が高いことを意味する。
 ”我々はそれを監視し続ける必要がある”、とミネソタ大学の「感染症研究対策センター」のディレクターを務めるミハエル・オスターホルム博士が語る。
 ”なぜなら、鳥フルが疫学的に変化し出した証拠の一つが、無症候または軽症のH5N1ウイルス感染者がどんどん増えだしていることだからだ”。
 WHOは先週、インドネシアの男性が血液検査で、H5N1ウイルス感染があったことを確認したと発表した。感染は多分5月のことで、その頃彼はH5N1鳥フルで発病していた妹の看病をしていたと言う。彼の症状は咳と消化器症状だけで、そのときは臨床的にH5N1鳥フルとは診断されなかった。
 また韓国では、2003年末から2004年初頭にかけて、H5N1鳥フルに感染した家禽の処分に携わった2000人以上の血液を調べたところ、5人から感染を示唆する個体が検出された。また先に行われた検査でも4人から抗体が検出されていた。
 これらの抗体陽性者のうち症状を呈した人はいなく、WHOには感染報告はされていない。
 今日確認されている科学的知見では、H5N1ウイルスは人に感染するように十分適合していない。しかし、もし感染したなら重篤な症状を引き起こし、その致死率は60%近い。
 しかし、多くの軽症例が見逃されている可能性を指摘する声もある。
 多くの病気の症状は、無症状から命に関わる症状まで広い範囲で存在する。例えばポリオの場合、無症状患者は多いが、狂犬病ではほぼ100%死亡する。
 もし確認されているH5N1鳥フル患者が、いわゆる氷山の一角だとしたなら、致死率は大幅に下がる。それはある意味では、H5N1ウイルス感染に対する不安を緩和する。
 ヨーロッパCDCのインフルエンザ専門家のアンガス・ニコル博士は、今回報告された無症候患者の例は、これまで得られている事実、すなわち無症状者は希であるという考えを否定することにはならないと語っている。
 少人数を対象にした多くの研究で、感染者と接触した人々の血液を検査している。希に感染者が見つかっている研究報告もあるが、多くでは感染者は検出していない。
 もっとも最新の10月に発表されたカンボジアでの調査では(雑誌Emerging Infectious Diseasesに発表)、1人の患者と接触した人々351人の血液を調べているが、ウイルスに対する抗体は誰からも検出されていない。
 ”それはいまだもっともらしい仮説ではあるが(無症状者が多数存在する)、可能性が低いと考えられ出している”、とニコル博士と語っている。
 さらに同博士はスウェーデンから電話取材で、
 ”しばしば軽症例や、偶然に無症状例を検出することは、今後もあり得ると思う”、と語った。
 ”もし少数の無症状者や軽症者が見つかっても、我々のリスク・アセスメントに変化はない訳者注:H5N1ウイルスは簡単に人には感染しないという考え方に変化はない)”。

 訳者注:以上のニコル博士の考え方、得られている事実は、H5N1ウイルス株によって異なる。現在のインドネシア株、今後変異してくる株には適用できない。

WHO: Bird Flu Pandemic Risk Still High CBS News, New York (米国) WHO:鳥フル、パンデミックの危険性はいまだ高い
 
 一般社会はパンデミック・インフルエンザの危険性に耳を傾けるのに疲れ切ったかも知れないが、そのリスクはいまだ高い。しかし、WHOは、この冬にウイルスが以前よりもアジアで被害を出さないことを期待している。
 ”ウイルスは環境の中で広く定着している。そして我々の見解ではパンデミックの危険性はいまだ減じてはいない”、とWHOの西太平洋地域事務所の高官リチャード・ネスビット氏がMオークランドでの会議に先立って記者団に語った。
 ”インドネシアにおける持続的発生に加え、最近我々は、カンボジアやタイの家禽で鳥フルの新規発生を見ている”。
 鳥フルはこの3年間、WHOの最重要課題の1つとして取り上げられ続けている。
 …

「鳥インフル拡大なら世界で234兆円の悪影響」世銀推計 日本経済新聞
 世界銀行は17日、シンガポールで、鳥インフルエンザが世界的に流行すれば最悪の場合、2兆ドル(約234兆円)規模の経済的影響を与えると警告した。人から人へ鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染が始まると仮定すれば、世界人口の約1%にあたる約7000万人が死亡するとのシナリオを明かした。

 世銀は過去1年に鳥インフルエンザが東アジアから南アジア、欧州、中東、アフリカにも拡大したと指摘。鳥から人へ感染しているH5N1型のウイルスは人から人への感染の可能性があるとし、世銀の鳥インフルエンザ専門家は「人用ワクチンの実用化を急ぐとか、健康を守るための監視システムを再構築するなどに取り組む必要がある」と強調した。
9月17日


Bird flu pandemic could cost $2 trln: World Bank ABC News  (国際) パンデミック・インフルエンザにより世界で2兆ドル(220兆円)の損失と:世界銀行
 人の間で鳥フル・パンデミック(インフルエンザ・パンデミック)が発生した場合、世界で2兆ドルの経済的損失が発生すると世界銀行が17日発表した。

A severe bird flu pandemic among humans could cost the global economy up to $2 trillion, the World Bank said on Sunday, sharply raising earlier estimates.

The comments came as a senior World Health Organization official said the threat from the H5N1 avian flu virus was just as real today as it was six months ago, even if the headlines were not as scary.

Jim Adams, vice-president for East Asia and the Pacific and head of the Bank's avian flu taskforce, said a severe pandemic could cost more than three percent of the global economy's gross national product.

"We estimate this could cost certainly over $1 trillion and perhaps as high as $2 trillion in a worst-case scenario. So the threat, the economic threat, remains real and substantial," he told reporters at the annual IMF-World Bank meetings in Singapore.

He said earlier estimates last year of about $800 billion in economic costs were basically written on the back of an envelope. But more recent financial modeling had revealed a sharper threat should the virus mutate and pass easily among people.

He said it was crucial to develop strong anti-bird flu programs around the world to strengthen health and veterinarian services as well as improve public education and transparency.

"We have been working in virtually all of the countries, developing countries, that have been affected by an avian flu outbreak, providing advice and financing in the development of projects to tackle the challenge," he said.

Financing totaling about $150 million had been committed for projects in 11 countries, ranging from Albania to Laos and Turkey to tackle the disease, which has killed at least 144 people since it re-emerged in Asia in 2003.

An additional $15 million in grant aid had also been finalized for cash-strapped Indonesia, Adams said, as part of a wider package to help that country control the virus. Bird flu has killed nearly 50 people in Indonesia, the world's highest national toll, and the virus is endemic in poultry in most provinces of the southeast Asian nation.


Africa, China, Indonesia key risk zones for bird flu: Experts Jakarta Post (インドネシア) アフリカ、中国、インドネシアが鳥フル拡大危険地域:専門家
 アフリカと東アジア、特にインドネシアと中国が、鳥フル発生の危険地域であると、世界銀行の鳥フル対策責任者と国連のインフルエンザ調整官であるナバロ博士語った。
 アフリカに於いては、十分情報が把握されずウイルスが拡大している可能性はあるが、最も心配すべきは東アジアであると見解。
Tests on deceased Vietnamese prove negative for bird flu Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム;死亡した鳥フル様患者、検査で陰性と
 30歳の患者が、高熱と咳を呈して鳥フル疑い患者としてホーチミン市の熱帯疾患病院に入院していて、14日死亡したが、検査の結果鳥フルは否定されたと、病院当局から発表された。
 類似の事例が本年7月と8月にもあり、両事例とも検査で鳥フルは否定されている。
Human-to-human transmission of bird flu may break out Today.Az (アゼルバイジャン) 鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染の可能性
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 アゼルバイジャン厚生省、米国際開発庁(USAID)と国際医療隊は本日、報道機関向けに共同報道作業部会を設置した。
 この部会の目的は、記者に鳥インフルエンザの詳細な情報を提供し、そのニュースをどのように発表するかを示すことである。
 今回の担当者である、共和国対疫病局のファイグ・マッマザデ副長官は、鳥インフルエンザは香港で1997年に初めて発見されたとしている。感染した18人の患者のうち、16人はこのウイルスのために死亡した。
 「この疾病の新たな波は2003年に始まり、今も続いています。2003年以降248名が鳥インフルエンザに感染し、そのうち137人が死亡しています」
 マッマザデ氏は鳥インフルエンザがヒト-ヒト感染の大発生を起こすリスクがあるという。「H5N1は永遠に変異を続けます。このウイルスはヒトからも感染するかもしれないのです。問題は、この形の鳥インフルエンザには処置できるワクチンがないことです。この場合、何百万人もが鳥インフルエンザのために死ぬかもしれません。大規模感染が発生したら、医療の手が及ばないこともあり得ます。一般の人は、このウイルスからの自衛を準備すべきです」と同氏は言う。
 アゼルバイジャンの準備の重要性を強調しつつ、マッマザデ氏は鳥インフルエンザ拡大に対し予防措置を実行中であるとしている。
 アゼルバイジャンでは、鳥インフルエンザの認知度を高めるため10月にはホットラインが開設される。
Napkin to detect hazards CBC News (カナダ) 鳥フルウイルスを検出するナプキンが開発
 コーネル大学の研究者がナノ繊維に、各種病原体に対する抗体を組み合わせたナプキンを開発。ナプキンで拭くだけで、病原体が検出される。必要に応じて鳥フルウイルス、病原性大腸菌などに対する抗体を組み合わせて利用する。
 商品化には数年要するとされる。
Azerbaijan has medication to treat 500 bird-flu affected patents Today.Az (アゼルバイジャン) アゼルバイジャン、国内の主要医療施設に500人分の鳥フル感染者治療用薬剤を配布
9月16日


US offers more bird flu funding Jakarta Post (インドネシア) 米国、インドネシアに鳥フル対策資金をさらに援助
 米国は監視態勢、発生時対策および予防の強化のために320万ドルを提供すると、在インドネシア米国大使館が15日発表した。
 220万ドル分は個人の感染予防用装具や消毒用品として提供される。
Int'l Red Cross praises Vietnam's bird flu control Thanh Nien Daily, (ベトナム) 国際赤十字はベトナムの鳥フル対策を賞賛
Fairfax Issues Pandemic Flu Response Plan Washington Post (米国) フェアファックス郡(バージニア州)、インフルエンザ・パンデミック対策計画を発表

 鳥インフルエンザが人々の間で流行しだしたら、フェアファックス郡の人々の三分の一が感染し、大体700人が死亡すると推定されている。また数千人の人々が病院へ入院する必要がある。これらは最近郡当局から発表された報告による。

 専門家がいつ起きるか分からないと警告しているインフルエンザ・パンデミックに対して、 このワシントン領域で最も大きい地方行政府がどのように対応するかをまとめた112ページに及ぶ解説書には、発病した人々、またはハイリスクの人々が自宅や病院に待機、または隔離される状況が描かれている。

 郡の労働力の40%が流行期間に失われると推定されている。そして、病院、療養施設、当座しのぎに作られた医療施設では、一時的死体安置所を用意、そして死体を収容する袋を備蓄しなければならなくなる。

 ”今日考えられている命と、パンデミック発生時の命は重さが全く異なる”、とフェアファックス郡保健局長官のグロリア・アブド-アイェンス氏は語る。”我々は多くの犠牲を払う必要があるだろう”。
 対策行動計画をホームページに掲載したフェアファックス郡は、地域で最初にパンデミック対策に関する包括的報告を発表した、と同長官と他の危機管理担当者は説明する。

 ブッシュ政権はパンデミックに対する連邦計画を発表し、数千万ドルを危機の予知のために用意したが、対策の詳細は州と地域の行政当局に委ねられている。

 公衆衛生専門家達は、現在世界中で広がっていて、230人以上の人々が発病している鳥フルが、より悪性化して人のパンデミックを生じる株となり、世界中で数百万人が死亡することを警戒している。

 いまだ使用できるワクチンが無いばかりか、公衆衛生当局者達は抗インフルエンザ薬が不足すると推定している。

 フェアファックス郡は、ほとんどの地域行政当局と同じように、緊急行動訓練を計画した;医師達、企業関係者、教育関係者、宗教指導者達と打ち合わせをし、そして、住民にパンデミック発生の可能性について情報を掲載した印刷物等を用意した。

 現在、郡は行政担当者達、感染症専門家達、危機管理担当者達に、市民が発病したときどのように対処すべきか、明確な対応方法を示している。
 ”我々は最悪のシナリオを想定しなければならない”、と郡の危機管理ディレクターであるC・ダグラス・バス氏が語る。”そしてどのように、我々がそのシナリオに沿って対応してゆくべきか、考えなければならない”。

 バス氏は、行動計画は通常の情報掲載とは異なり、いくつかの段階的ステップを超えて、ウエブサイトに掲載された、と説明している。その理由は、住民に対して次の事項を確認してもらうためであると言う;郡がこの問題を非常に警戒していること、このような詳細な過程を踏んで行動計画を作成してきたこと、そして必要なら質問に答えるためのフォーラムを郡が開く予定があること。

 郡発表の行動計画は、最初の鳥フル発生の兆候が得られたときに開始される、軍隊様式で冷静沈着に行動される、大きなコミュニケーション計画と言える。そのゴールは郡行政当局の11000人の職員が懸命な、しかし完全とは言えない業務にも関わらず、ウイルスの拡大を最小限に抑えることである。

 連邦政府の計画を見習って、患者は地域の医師や病院からの報告で把握する。そして郡内にワクチンや医薬品を配布する拠点が設営される。発病者は強制的に隔離される。

 郡は一連の正確な情報を地域全体に伝える:世界のいずれかの地域でパンデミックが発生したこと、そして間もなくフェアファックスでも感染者と死者が発生すること。パンデミックは18ヶ月は続く可能性がある。そしてその間、地域の住民は、ウイルスの拡大を防ぐために保健衛生に十分気を遣う必要がある--すなわち頻回なる手洗いと、咳やクシャミをするときに口を被うこと。

 多くの郡当局職員は家庭にいたままの業務になり、図書館、公園、そして他の市民生活にとって必須ではない職場の職員数百人は、業務を緊急事態対策の応援に転換することになる。危機対策に関与する職種は、警官、消防隊員、公益事業および下水道事業従事者である。これらの組織における責任者は、職員が発病した際には代替え要員を指示することが要求される。

 パンデミックが拡大し始めてきたときには(地域でも発生の可能性)、残りの数千人の郡職員達は、家庭内に留まって、列車やバス、商店街、そして他の大勢の人々が集まる場所への立ち入りを避けること(人との接触を出来るだけ避けるため)が指示される。

 100万人以上の住民がいる郡として、解決が容易でない問題として、英語を話さない人々に対する情報伝達や指示、さらに発病する低所得者達5万1000人近くが、経済的に病院受診が困難であることが上げられている。

 流行は18ヶ月の間2回の波として現れる。大集団でのワクチン接種を構想したとしても、これだけ大きな郡で人々を一斉に集めることは難しいともされる。

 さらにパンデミックが続き多くの人々が発病し始めると、社会的パニックが拡大、犯罪などが多発してくる可能性も指摘されている。
 また人々が限られた量のワクチンや医薬品を求めて騒動が起きることも予想され、治安維持問題が頻発する。保健医療関係者、高齢者、そして慢性疾患保有者がこれら医薬品の優先権を得るとされる。

Malawi ready for bird flu outbreak TODAYonline (シンガポール) マラウイ、鳥フル発生に対策済み
 監視態勢、検査態勢など。FAOや米国の支援。
Indonesia receives US$47 million to overcome bird flu Antara, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、鳥フル対策のために4700万ドルを国際的基金から受け取る
 特に家禽におけるH5N1ウイルス感染拡大対策として。FAO、日本政府等の国際機関がサポート。
IN THE NEWS / Doctor brings Japan up to date on bird flu The Daily Yomiuri (日本) 国内ニュースから:医師、最新鳥フル情報を国内に紹介
 不肖、管理人の記事 (読売新聞の編集部の方々、有り難うございます)
 

Tatsuhito Tonooka begins his day at 5 a.m. searching for the latest overseas news articles on avian influenza on his personal computer at home.

He then spends the next five or six hours translating them into Japanese and putting them on his Web site.

There are concerns that bird flu could mutate into a deadly new strain of contagious influenza that will take many people's lives.

Tonooka senses an impending crisis, and it has motivated him to dedicate himself to this cause.

"Even though there's a lot of information available on this serious issue all over the world, little is known about it in Japan," he said.

Tonooka worked as a pediatrician in large hospitals and other institutions in Hokkaido, including Hokkaido University Hospital, for 28 years before becoming the head of the Otaru Public Health Center in 2001.

He started off by gathering information on avian influenza for the sake of the public health of the city, but then thought he should build a Web site, which he had up and running in January 2005.

About 300 people, including public servants and medical workers, check out Tonooka's site (www.superinflu.com) daily to glean information from this prominent domestic resource on avian influenza.

"Japan has always been slow in adopting measures to combat the spread of diseases such as AIDS and SARS. Avian influenza may well mutate into a new strain tomorrow. We have to act now," Tonooka warned.

He also writes novels with medical themes and has even won a local literature prize. Tonooka says what he really wants to do is write more novels, but he is currently too busy with his Web site.

Sep. 16, 2006

TOP