高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
9月15日


Five more in SKorea infected by bird flu TODAYonline (シンガポール) 韓国で5人がさらに鳥フルに感染していたことが確認
 2003年末から2004年始めにかけて家禽でH5N1鳥フルが流行した際、その処理にあたった作業員の血液から抗体が検出されたことが、韓国保健省から発表された。検査は米国CDCで行われた。
 本年2月には4人で抗体陽性が確認されていた。
鳥インフルエンザ無症状感染者5人を追加確認…計9人に 中央日報 (韓国)
 疾病管理本部は15日、鳥インフルエンザ(AI)無症状感染者5人を追加で確認した、と明らかにした。
  疾病管理本部は今年2月にもAI感染が疑われる鶏・鴨殺処分従事者11人の血清を米疾病対策センター(CDC)に送って検査し、4人が抗体陽性反応を示した、と発表した。
  03年末から04年3月にかけてAIが流行した当時に殺処分にかかわった2019人を調べた結果、AI無症状感染者は計9人となった。
  疾病管理本部は「陽性反応者はAIウイルスが体内に入ったものの、現在はウイルスと症状がない無症状感染者であり、世界保健機関(WHO)が規定するAI患者やAIウイルス保菌者ではない」と説明した。

Framework for Pandemic Influenza Planning published Continuity Central(英) (業界における)インフルエンザ・パンデミック対策計画策定の枠組みを発表
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 10項目からなるパンデミック対策計画策定の枠組みがミネソタ大の感染症研究・政策センター(CIDRAP)のウエブサイトから入手できるようになった。「パンデミック・インフルエンザ対応業務緊急計画策定の枠組み10項目」は、業務継続計画策定を始めるための第一歩となることを目的としたものである。これはCIDRAPのスタッフによるオリジナルの文書で19人のビジネスの専門家の監修を受けている。この文書は幅広い業種と重要な職能を対象としている。(CIDRAP:米国ミネソタ大学に事務局を置く、感染症研究&対策センター。世界でも有数の感染症情報発信ソース。医科学者達を対象:訳者注)。
 パンデミックの発生時期や諸元を推定する術はないため、企業は現時点では様々な可能性について、軽微な場合から深刻なものまでの計画を策定する必要があるとCIDRAPはしている。「我々の社会での相互依存は強さです。しかし危機が訪れてから準備を始めるようなことがあれば、それ弱点になってしまうのです」と、国際的にパンデミックの専門家と知られ博士号と公衆衛生学の修士号をもつ、CIDRAPセンター長のマイケル・オスターホーン氏は説明する。「この10項目の枠組みは、CIDRAPが取り組んだ重要な成果で、今日のスピードが問われる国際的な経済の中で企業のパンデミックへの準備を進めるために、信頼できる情報と指針を与えるものです」
 この簡潔な枠組みは経営層への教育だけではなく、人事・業務継続・リスク管理・環境・衛生・安全などの分野で働く人に堅実な基礎知識を与えるために有効なツールである。また、これによって組織のセキュリティ部門は行動を開始し既存の計画策定の取組における問題点を明らかにすることもできる。
 この枠組みはwww.cidrap.umn.edu/10pointsから入手可能で、文書入手には登録が必要である。登録後に文書はメールで送られてくる。
 (日本からも登録可能。簡単な入力だけで可能:訳者)

モニタリング検査でもAI発生なし 鶏鳴新聞
 農林水産省の動物衛生課は9月8日、17年10月から18年7月までの高病原性鳥インフルエンザ(AI)のモニタリング検査結果をまとめた。
 各都道府県の家畜保健衛生所が1000羽以上の採卵鶏農場3739戸を対象に検査しているもの。今年7月時点で77.9%に当たる2911戸の検査を終了したが、発生は確認されていないとしている。
鳥インフルエンザ発生!」 羽曳野で防疫総合訓練 産経新聞 
 府内の養鶏農家で高病原性鳥インフルエンザが発生したという想定の防疫総合訓練が14日、羽曳野市尺度にある府立食とみどりの総合技術センターなどで行われた。従業員らの医療機関への搬送と受け入れ、ニワトリからの検体採取など、発生時の一連の対応をすべて行う府内初の大規模な訓練。府の担当課や保健所、病院などから計約300人の職員らが参加した。
 昨年12月に策定された「府新型インフルエンザ対策行動計画」の習熟を図るため、府と、市で保健所を設置している大阪、堺、高槻、東大阪の4市が主催。「府内の農家のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが確認され、従業員とその家族計6人が発熱などの症状を訴えている」との想定で訓練を行った。
 主会場となった同センターでは、防疫服に身を包んだ保健所の職員らが、発症者に見立てた職員を問診。症状の内容、発症後どんな人と接触したかなどを聴き取った後、ウイルスなどが外部に漏れない特殊な機器に乗せ、医療機関へと搬送した。
 センター内の鶏舎では、ニワトリからの検体採取訓練を実施。手袋やマスクを装備した府家畜保健衛生所の職員らが、ニワトリから粘膜や血液を採取した後、建物の消毒作業に取り組んだ。
 このほか、大阪市立総合医療センターなど府内3カ所の医療機関で、搬送された発症者の受け入れ訓練が実施された。
INTERVIEW-Romania builds up defences for new bird flu wave Reuters AlertNet (英国) インタビュー-新たな鳥インフルエンザの波からの防衛体制を築くルーマニア
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 新たな鳥インフルエンザ発生の波が来月ルーマニアに押し寄せるかもしれない。野鳥がシベリアからの渡りを始めるためだ。しかし黒海沿岸の同国は対処のための準備を整えていると、ルーマニアの主席獣医官は語った。
 ルーマニアは昨年9月にヨーロッパで初めて高毒性のH5N1ウイルスを鳥から検出した国である。しかし、今年に入って新たな鳥インフルエンザの波を食い止めてきた。
 野鳥の主要な渡りの経路が横切っているルーマニアでの発生以降、アジアからヨーロッパ、中東そしてアフリカ中にこのウイルスは広がった。
 EU加盟候補の同国は、EUへの加盟を早くも来年に控え食品安全性の問題に対処できる能力を示そうと懸命になっている。今のところ人間の鳥インフルエンザ感染の事例は報告されていない。
 「10月に我が国に新たな鳥インフルエンザの波が到達するかもしれませんが、鳥インフルエンザが再び表面化することを誰も望まないでしょう。ルーマニア東部での進展を注意深く監視しています」と、マリアン・アヴラム獣医官は電話でのインタビューで語った。
「昨年よりも鳥インフルエンザに対抗するための装備は現在充実しています」と同氏は言う。
 EU本部はルーマニアが取った迅速な鳥インフルエンザ根絶を賞賛している。その中にはドナウ川三角州からブカレスト、更にはトランシルバニア中央部にいたる同国領土全域での家禽の間での数百件規模の大発生が含まれている。
 7月にルーマニアは、ブラソブ郡の養鶏場での活発な鳥インフルエンザ発生を最後にして封じ込めた。これに先立ちアヴラムの前任者は生物学的安全性の標準維持を怠った責任を問われ解任された。
 アヴラム氏によると、同氏の機関は先週全国キャンペーンを始め、小規模農家のニワトリの健康状態を確認しているという。また、世界銀行もルーマニアに対し鳥インフルエンザ対策とヒトのパンデミック対策のプロジェクトに3千万ユーロの融資を行うという。
「財政的に余裕を感じさせてくれる額です」と、この資金の主な用途は鳥インフルエンザの検査キット購入であることを説明しつつアヴラム氏は語った。
 しかし、今年の内に起こりうる鳥インフルエンザ発生からの防衛遂行のための同氏の機関の努力は、東方の隣国の協力がないために妨げられているとアヴラム氏は言う。
「いいタイミングで我々に情報提供してくれる国際機関はあるのですが...ウクライナとの協力は望ましいレベルに達していません」と、アヴラム氏は鳥インフルエンザの拡大に対抗する上での渡り鳥-鳥インフルエンザの運搬役-の動的な監視の重要性を説明しつつ語った。
 影響を受けた国の大半は黒海の渡りの経路の下にある。野鳥はこの経路を使って、冬季にスカンジナビアやシベリアから南下し北アフリカに移動する。鳥はこのウイルスを、東アジアから黒海地域へ運んできたと科学者はしている。
Hand Gel That Kills Bird Flu To Hit The Market Soon All Headline News (国際) 鳥フルウイルスを殺すハンド・ゲル、間もなく市場に
 (9月12日に既報)
 ロンドンに本社のある企業がH5N1ウイルスを1分以内に殺す手洗い用ハンド・ゲルを開発し、市場に出すことを発表した。

 製品は2006年末までに市場に出される予定で、既に数社と販売契約の相談に入っている。
 開発した「Derma Salve Sciences」によるとゲルは30秒以内にウイルスを殺すとされる。10月から量産体制に入る。

Roche ready to produce 80 mln Tamiflu doses in US Reuters (国際) ロッシュ社、米国内でタミフル8千万人分製造態勢に
  スイスの製薬会社ロッシュ社は米国内で毎年8千万人分のタミフルを製造する態勢が整ったと発表した。

 ロッシュ社の米国におけるタミフル供給態勢は、米国政府依頼によるものであるが、世界中の備蓄体制に答えるために2006年末まで4億人分供給可能にする計画の一環である。
 世界中で数百万人の犠牲者をだす可能性があるパンデミックに対する警戒から、米国政府はこれまで2130万人分のタミフルを発注し、さらに2008年末までに8100万人分のタミフルを備蓄する予定にしている。
 タミフルは早期に服用することで、インフルエンザウイルスが体内で増殖するのを抑え、感染者の病状を軽減する作用を持っていることが、季節性のインフルエンザで確認されているが、H5N1鳥フルでもそのように期待されている。
 WHOは各国にタミフルの備蓄を呼びかけ、ロッシュ社も生産量を増やすための努力をしてきた。

 ロッシュ社は15の製薬会社と、タミフル生産協力の連携に合意している。
 また同社はタミフル製造のサブライセンスを以下の企業に提供している:上海製薬企業グループ(600849.SS: Quote, Profile, Research)および、もう一箇所の中国企業であるHEC Group。これらの企業は中国内での販売だけが許されている。さらにインドの製薬企業であるHetero Drugsに対しては、インド内と発展途上国に対する販売を目的に製造許可を与えている。
Indonesian Bird Flu Case May Have Spread Among People (Update2) Bloomberg  (国際) インドネシアで人人感染の可能性例
 
 インドネシアの27歳男性が、鳥フルで入院中の妹と6日間過ごした後、感染した疑いがあることが、WHOから発表された。
 この事例で同国の感染者数は65人となり、死者数は49人となった。男性は西スマトラのソロク(Solok)に住んでいて、5月に軽い鳥フル症状を出したが、数日で回復している。
 WHOの調査によると、男性は鳥フルで入院中の妹の看病の間に感染した可能性が否定できなく、死亡または発病した家禽と接触した既往はないと言う。
 この事例は、人人感染可能性を示唆する新たな事例となり、さらにインドネシアで拡大しているH5N1ウイルス株に対して、大きな問題を投げかけている。そのように語っているのは、米国政府インフルエンザ対策顧問でもある、ワシントン大学の疫学研究者であるイラ・ロンジニ(Ira Longini)博士である。WHOでは発病者の半数以上を殺している現在流行中のH5N1ウイルスが変異して、容易に人人感染を生じるようになることを恐れている。
 ”H5N1ウイルスはいまだ鳥に対するインフルエンザウイルスであるが、それはさらに人に適合してゆく可能性がある”、とロンジニ博士は電話取材で答えている。”これらのインドネシアにおける明らかな人人感染による集団発生(クラスター発生)は、重大な関心を呼び起こす”。

 初期検査

 WHOによると男性の初期の鳥フル検査は陰性であった。しかしその後男性の血液中には有意な量のH5N1ウイルスに対する抗体が出現してきた。その結果はWHOの鳥フル感染の診断基準を満たしている。

 この他に5月に北スマトラで親族内での集団発生が起きていることを研究者達の調査で明らかにされている。この事例では、1人の女性から、他の6人の親族にウイルスが感染している。このうちで10歳少年は、さらに父親に感染させたと考えられている。
 H5N1ウイルスはWHOによると、2003年末以来、世界の10ヵ国で246人を発病させ、144人を死亡させている。さらに2億羽以上の鳥が発病死、または拡大阻止のために殺処分されている。

.Indonesian bird flu cases confirmed Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) インドネシア:さらに過去の感染者事例を確認
 WHOはインドネシアで発生した、2件の過去の鳥フル感染者事例を発表したが、1例は兄妹間における人人感染の可能性が高い。
 人人感染の可能性が高いのは、西スマトラの27歳男性で、鳥フルで入院中の15歳の妹の看病をしていて、当初の検査ではH5N1ウイルス陰性であった。本年5月の事例であった。
 本日の(14日)WHOの発表によると、男性は接触の既往がないことから家禽から感染した疑いはないと言う。
 調査の結果、男性は発病した妹の側にいたことから、それが感染の原因となっていることが否定出来ないと結論された。
 男性は比較的軽症で、鳥フルとしては非定型的症状であった。一時的に隔離されタミフルで治療された。
 男性も妹も回復した。

 WHOはさらにジャカルタでこの3月に死亡した5歳男児を鳥フルで死亡したことを確認した。男児は家庭の近くで発病した家禽に接触した既往がある。インドネシア政府はこの事例を検査結果と共に昨日発表した。
 先週金曜日(8日)、WHOは過去の3鳥フル発病者を発表しているが、今回発表された事例を含め、インドネシアの感染者数は65人となり、死亡者数は49人となった。

9月14日


Bird flu watch in Phichit, Nakhon Phanom suspended  Thai News Agency MCOT (タイ) ピチット・ナコーンパノムでの鳥インフルエンザ監視活動は中止

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 過去21日間に新たな鳥インフルエンザの発生がなかったことで、タイで最悪の被害を受けた二つの県(ピチットとナコーンパノム)で課せられた4回目の鳥インフルエンザ監視活動は中止されたと、高官が木曜日語った。
 北部のピチットと北東部のナコーンパノムで今年7月から8月半ばまでに鳥インフルエンザが発生したことに伴い、4回目の21日間に及ぶ鳥インフルエンザの精密監視活動が8月23日に両県に課されていたと、同高官は述べた。
 それ以降、この高毒性のウイルスの家禽への感染の新たな報告はなかった。
 これに伴い両県は、H5N1ウイルスの特別監視下にある脆弱地域のリストから除外されると、農業・協力副大臣のシャラル・トリンヴティポン氏はしている。
 シャラル博士によると、全国で家禽の間での鳥インフルエンザの拡大は、ここ32日間見られていない。
 全部門間での統合的な協力の結果、新たな鳥インフルエンザの例は報告されていない。特に鳥インフルエンザの発生が検知され30万羽のニワトリが屠殺されたナコーンパノムでは報告されていないと、同氏は付け加えた。
 「それ(鳥インフルエンザ)を迅速に検知し、迅速に殺処分したのです。それ故に現在、制圧できているのです」と同氏は言う。
 シャラル博士によると、今年中に政府は全国で25超の地点で鳥インフルエンザが見つかっていないとする目標を設定し、来年にはそれを10地点とする。2008年にはわが王国で鳥インフルエンザの発生がなくなるようにしなければならないとしている。
 家禽飼育システムと他の予防措置の再設定で、今後2年間でタイから鳥インフルエンザは完全になくなるだろうと確信していると、同副大臣は言っている。
 2003年後半以降、タイでは16人の鳥インフルエンザによる死者が報告されているが、今年はこれまで2人しか報告されていない。そのうちの1件は7月のピチットで発生し、もう1件は8月にウタイタニーで発生した。
Vietnam to use local made bird flu vaccines early 2007 VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、2007年早々から自国開発鳥フルワクチンを家禽へ接種
Scientists create napkin to spot hazards Hinesberg Journal (カナダ) 鳥インフルエンザウイルス等の病原体を検出するナプキンが開発
 コーネル大学の研究者が開発。病原体に対する抗体を利用。
What to do to fight bird flu Stamford doctor will lecture on ... The Stamford Times (米国) スタンフォード病院の感染症微生物学部門ディレクターによる、鳥インフルエンザがパンデミックになった際の市民の対策についての講演
 鼻をかんだ後のティッシューの適切な処理、頻繁な手洗い、禁煙、バランスの取れた栄養ある食事の摂取。
 現状での鳥インフルエンザについて。
  人には簡単に感染しない。ほとんどの感染例は鳥からの感染。
  現状からは恐れる事態ではないが、ウイルス変異により世界的パンデミックが生じることを専門家は懸念している。等。
鳥インフルエンザを無害化、シキボウが新繊維開発 日本経済新聞 
 シキボウは農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究所と共同で、鳥インフルエンザウイルスを無害化する効果がある繊維「フルテクト」を開発したと13日発表した。10分間で99%以上のウイルスの感染力をなくせるという。マスクや作業着のほか、寝装品など幅広い用途で実用化を目指す。
 有機系の抗ウイルス剤を有機系樹脂と化学反応させ、繊維に結合させることで洗濯にも耐えられるようにした。
LAUSD, Health Officials Prep For Pandemic Flu CBS 2 (米国) ロサンゼルス市教育委員会と保健当局、パンデミック・インフルエンザ対策行動計画を作成
 ロサンゼルスの教育委員会と保健当局は13日、流行したら30%が罹患すると考えられているパンデミック・インフルエンザから生徒達を守るための対策の概要を発表した。
 ”我々はパンデミック・インフルエンザは決して起こって欲しくはないが、学校側は教職員と生徒達を守るための対策を講じなければならない”、と 州教育長が語った。
Outbreak of deadly bird flu reported in south Sudan TODAYonline (シンガポール) スーダン:家禽の間で致死的鳥インフルエンザが発生
 南スーダンで致死的H5N1鳥インフルエンザが鶏の間で発生したことを当局が発表した。
 南スーダン首都のジュバで、住民が裏庭で放し飼いの鶏数羽から致死的H5N1ウイルスが、8月3日に検出されたことを南スーダン政府が発表した。
 スーダンは、鳥インフルエンザが鶏の間で発生し、人での感染者も出ているエジプトと、長い国境線で分けられている。

Live H5N1 Avian Flu Virus Vaccines Protect Animals from Infection Washington File (米国) H5N1ウイルス生ワクチン、動物実験で成功
 米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)が開発。ウイルスは人から分離された香港株(1997年、2003年)、およびベトナム株(2004年)。
 弱毒化された生ウイルスを用いたワクチンをマウスとフェレットを用いて実験。2度のワクチン投与で強い免疫反応が得られた。
9月13日


Ugandan gov't issues bird flu alert People's Daily Online (中国) ウガンダ政府、鳥インフルエンザ警報を発令
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 隣国の南スーダンでの発生が確認された事に伴い、ウガンダ政府は鳥インフルエンザ警報を発令した。
 鳥インフルエンザ対策・国家タスクフォース議長のサム・オクワレ氏が火曜日に新華社に電話で語ったところでは、発生は9月6日に確認され、南スーダンのジュバ地域のニワトリに影響しているという。
 南スーダンと国境で接する北ウガンダの地域の衛生・獣医当局に高度の警戒をとるように指示したと、同氏は言う。
 オクワレ氏は一般市民、特にジュバや南スーダンに旅行した人に対し、警戒を高めるように求めている。
 ウガンダ人の集団がジュバに旅行したが、これはウガンダ政府と神の抵抗軍の間の和平交渉の進展に立ち会うためのものだった。
 厚生省は月曜日にプレスリリースで、北ウガンダの衛生当局に鳥インフルエンザ・タスクフォースを強化して更なる監視・一般教育活動を実施するよう呼びかけた。
 「更に、国境地域の住民は我が国に持ち込まれる疑わしい鳥や家禽製品に警戒を高めなければなりません」とプレスリリースでは述べられている。
 今年に入って政府は検査室に鳥インフルエンザ試験機器を装備した。これは東アフリカの同国で、いくつかの地域の鳥や家禽が鳥インフルエンザらしき原因で死亡した時に国中がパニックに陥ったことによるものだ。
 鳥インフルエンザは鳥の間では極めて感染力の強い疾病で、絶え間なく接触することでヒトにも感染する可能性がある。
 高毒性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株は、野鳥が渡りによってウイルスを拡散させることでアジア・ヨーロッパ・アフリカの数カ国で多くの人間を死亡させている。
Indonesia records 49th death from bird flu Reuters AlertNet (英国) インドネシア:WHO、3月死亡の男児を鳥フルと確認、同国での死者数49人に
 3月に死亡したインドネシアの5歳男児をWHOは鳥インフルエンザで死亡と認め、同国での死亡者数は49人となった。男児はジャカルタの専門病院であるスリアンチ・サロソ病院で死亡した。男児はジャカルタの東境界地域にあるベカシに住んでいた。
 WHOがクライテリアを変更したことによって確認されたとされる。男児の家族には発症者はいなく、男児の感染源は明確にされていない。
Air Travel Restrictions Delayed Spread of Winter Flu in 2001 Food Consumer (米国) 航空旅客の制限が2001年のインフルエンザ拡大を遅延させた
 昨日もNew Scientistに報道の、2001年の米国テロの後航空旅客数の減少で、同年冬の米国におけるインフルエンザ流行が遅延したという話題。PLoS Medicineに論文が掲載。世界の大手報道で取り上げられている。
Study Adds Details on Bird Flu, Humans FOX News  (国際) 人の鳥インフルエンザ病態の詳細が判明
 昨日もニューヨーク・タイムズ等に報道のNature論文掲載の、ベトナムにおけるオックスフォード大学チームの研究結果。
 ・H5N1鳥インフルエンザ感染者では、通常のインフルエンザ感染者と異なり、鼻腔よりも咽頭にウイルスが大量存在する。
 。便中にもウイルスは存在するから、感染拡大対策に重要。
Bird flu test goes nationwide Norfolk Eastern Daily Press (英国) 鳥フル検査態勢国内全域で整備
 H5亜型鳥インフルエンザと季節性インフルエンザを診断出来る検査態勢が、国内全域の検査所で整備され、本日から検査可能となった。
 一回の検査で鳥インフルエンザに感染しているかどうか判定出来る。
 実際に東南アジアから戻ってきて、鳥インフルエンザに罹患してくる人は極めて少ないと思われるが、いざとなったときに検査できる体制が重要だ、と検査方法を改良した保健局(Health Protection Agency (HPA))のマーチン・カラン博士は、HPAの会議で説明している。
Should WHO chief save face or save lives? Bangkok Post (タイ) WHOのチーフは、面子を維持することに力を注ぐべきか、それとも多くの生命を救うべきか?
 次期のWHO事務総長に立候補している中国のマーガレット・チャンに対する香港系のアナリスト、イ・サイモンによる痛烈な批判記事。

 チャンの保有する性格の問題は、自己の面子を保つことが業務の方向性を決めていて、多数の人々の生命を救うことに向けられていないことである。
 マーガレット・チャンは1994年から2003年まで香港衛生省長官を務めていた。その間SARSとH5N1鳥インフルエンザという脅威的感染症を体験、その対処にあたっている。

・SARS
 速やかに流行は終息したが298人の香港市民が死亡した。
 チャンは流行が中国広東から広がっていることを知りながら、早期に人々の広東との交流遮断を行わなかった。もしチャンが2ヶ月早く、広東でのSARS流行を発表していたなら、香港の病院も、人々も対策をたて、死亡者を減らすことが出来たはずである。
 最も言語道断であることは、初期の対策に重要な期間、WHOとこの疾患の名称をめぐって論争していたことだ。SARS。
 香港:中国特別行政区 Special Administrative Region (SAR)に極めて類似している故、この名称に反対していた。
 こうした無意味な時間の浪費をせずに、早期から対策を講じていたなら、多くの人命を失わずに済んだ可能性がある。

・H5N1鳥インフルエンザ
 チャン博士の鳥フル対策も同じく不適切だった。H5N1ウイルスが1997年に初めて出現したとき、誰もそれが人の間に拡大するとは考えていなかった。チャン博士は市民に安心感を与えるために、”私は毎日鶏肉を食べています”、と啓発用の宣伝をした。
 しかしながらウイルスは想像を絶する数の鶏を殺しだしたとき、食品衛生局は緊急対策をとることを決定した。
 (保健省長官の)チャン博士が多くの人々に鶏肉を食べることを伝えていたが、香港行政府は160万羽の鶏を殺処分し、鶏全ての輸入を禁止した。
 対策の強固な決定したのは食品衛生局の長官であったが、そうした行動は北京政府から非難される危険性があった。一方チャン博士は、公衆衛生上の危険性に対処することよりも、彼女の上司に対して面目を保つことの方を優先していた。

Simon Lee is a Hong Kong-based analyst and a columnist for ''Apple Daily''.


Vietnam metro to check passengers for bird flu Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、ホーチミン空港で旅行客の鳥フル検査
ホーチミン市の国際空港に到着した旅行客は、鳥フル感染の除外のために体温をチェックされることになる。38℃以上ある場合は、隔離室へ収容される。近隣で鳥フルが発生していることからの措置となるい。

一方、ベトナム保健省は14の国内主要病院に対して、鳥フル患者発生の監視を強化するように通達した。

9月12日

Planes play big role in spreading flu Nature.com  (国際) 航空機がインフルエンザ拡大に大きな役割
 本日のNew Scientistと同じ内容。
Give city residents bird flu jabs first, say researchers The Sydney Morning Herald(豪) 都市生活者の鳥インフルエンザ注射を最優先でと、研究者
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 感染症の大流行時には都市生活者に優先的に治療やワクチン接種を行うべきだと、ニューサウスウエールズ大の感染症学者が述べている。

 我が国に関していえば、高毒性の感染症がオーストラリアに襲来したら、都市生活者は鳥インフルエンザ・ワクチン接種を地方の人間よりも先に受けるべきだと、調査チーム長のデビッド・ウイルソンは本日smh.com.auに語った。
 同氏は、アフリカでのHIV介入戦略の専門家である。同氏は、こうすることが地域社会のリスクを封じ込める最も効果的な手段だろうとしている。
 「いかなる国でも首都は最優先にされるべきです。というのも首都は感染の一大中継地点として機能してしまうからです」とウイルソン博士は語る。
 「感染が主に都市で留まっている間なら食い止めることができます。それによって地方へと到達することを阻止できると考えられます」
 これにより、都市生活者が地方に住むオーストラリア人より優先されるとした時に巻き起こるであろう倫理的ジレンマを軽減できるだろう。
 本日出版の米科学誌「Proceedings of the National Academy of Science」に掲載されている研究結果は、南アフリカでのHIV-エイズ危機の研究を基にしている。
 同国でのエイズ関連の死者と感染者の四分の一は、供給が限定的だった抗レトロウイルス性の治療をメリハリ付けて提供していれば4年間で押さえ込めたと、現在は同大の血管研究センターに席をおく同氏は言う。
 同氏がエイズ研究を行った時はカリフォルニア大ロサンジェルス校に在籍し、カリフォルニア大サンフランシスコ校のサリー・ブラワー教授やジム・カーン博士と共に働いていた。
 「南アフリカ政府は人道上のジレンマに直面していました」と、ウイルソン博士は語る。
 「我々は地方を更に不利な立場に置いてでも都市にのみ薬品を供給することが、最も効果的なのだと示しました」
 研究結果では、都市集中の戦略が2004年に始まったら2008年までに南アフリカの一つの県だけで1400名の生命が救われ15000件の新たな感染が予防できるだろうとしていた。
 この方法論をオーストラリアに適用し鳥インフルエンザワクチンの供給を都市部に集中させることは「大流行の封じ込めについてはるかに効果的なものでしょう」
 高毒性の鳥インフルエンザ・ウイルス株はアジアの一部でニワトリなどの家禽の群れに猛威を振るっており、タイとベトナムが最悪の被害を受けている。
 ヒトの死亡は今のところ病気の鳥と密接な接触を持った者だけに限られているが、ウイルスが変異しヒトからヒトへ拡大するかもしれないという恐れがある。
 連邦政府機関のバイオテクノロジー・オーストラリアは「ウイルスが人間にも適応したら、数百万人を死亡させる世界的パンデミックにつながりかねない」と警告している。
 試験的なワクチンが開発中だが、インフルエンザ・パンデミックが発生したらワクチン不足が起こり、必要とされる大量のワクチンの生産には数ヶ月を要するだろう。
 ウイルソン博士の研究結果で驚くべきものの一つは、都市集中戦略における薬剤耐性に関するものである。
 研究チームは都市中心部が最も高い薬剤耐性のレベルを示すだろうと考えていたが、実際は最低レベルの耐性しか示さなかったと、同氏は言う。
 「これは全体的な感染率が低減され、その結果、薬剤耐性の低い感染になっていくからです」と同氏は言う。
 地方衛生の最上位組織である国立地方衛生連合の理事長のゴードン・グレゴリー氏は本日、オーストラリアの北方を通じての鳥インフルエンザ大流行は発生の可能性があると警告した。
 「交通が抑制され産業が停滞すれば、地方への衝撃は経済の面で莫大なものになるでしょう」と同氏は言う。更に、到達の可能性が最も高い狭い地域で捕捉する方が容易だろうと考えていると付け加えた。

 
鳥インフルエンザ、人用ワクチン開発急ぐ 日本経済新聞
 鳥インフルエンザの人への感染防止に向けた動きが加速している。死者数が世界最多に達したインドネシアでは今秋、国営製薬会社が米社と組んで人用ワクチンを生成、来年6月にも製造を開始する。日本では今月から1000人以上が参加する大規模な臨床試験が始まる。鳥から人への感染増加は人から人にうつる新型ウイルスの発生につながる可能性があり、アジア各国は人用ワクチンの実用化を急ぐ方針だ。
 ウイルスの型は感染が広がっている地域で微妙に異なるとされる。このため各国は独自にワクチン開発を進めている。鳥の処分などが遅れているインドネシアでは人への感染が際立って多い。
「国内で新型インフルエンザ発生」…初の大規模訓練 読売新聞
  新型インフルエンザは国内で集団発生した場合、2か月で死者が最大64万人と試算され、2日間の訓練では、拡大防止に欠かせない関係省庁の初動の速さや対応力、連携能力などを試す。
 訓練には、危機管理を担当する内閣官房、対策の中心となる厚生労働省のほか、警察庁、防衛庁、国土交通省、原子力安全・保安院など、19省庁が参加。「某国で鳥インフルエンザの集団感染が発生し、世界保健機関が警戒段階を上げた」という設定で、午前10時に始まった。
 訓練では、事態がどう推移するかは参加者には知らされておらず、ほぼ1時間ごとに更新される感染拡大の情報をもとに、対策を省庁間で調整し、2時間以内に策定する。あす13日は、初日の訓練で浮かび上がった課題を検討する。
 世界では、アジアを中心に高病原性鳥インフルエンザH5N1型の流行が続いており、世界保健機関の8日の集計では、患者244人、死者143人。
Dip in air travel post-9/11 delayed flu spread New Scientist(英) 911以降の飛行機旅行の減少がインフルエンザ拡大を遅延させた
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 2001年の911以降の飛行機旅行の急激な落ち込みによって、米国でのインフルエンザ拡大が遅延されたかもしれないという研究が発表された。
 この通常のインフルエンザの現実世界でのデータは、最近の鳥インフルエンザ・パンデミックの拡大に関するコンピュータ・シミュレーション・モデルとは対照的だ。こうしたモデルは、飛行機旅行の制限で鳥インフルエンザ拡大を遅らせることができるという考えに疑問を投げかけていた。
 この新たな研究によると、911以降の飛行機旅行の減少によって冬季に約2週間、米国での通常のインフルエンザの拡大を遅らせたかもしれないとしている。研究者が示唆するところでは、鳥インフルエンザのパンデミックが避けがたいものであっても、飛行機旅行者の数を減らすことで対応するための数週間の余裕を得られる地域社会もあるという。
 「感染地域への旅行制限で、公衆衛生担当者は、例えば、ワクチン備蓄の準備期間を得ることができるかもしれません」と、この  研究を指導した米マサチューセッツ州ボストンのチルドレンズ・ホスピタルのジョン・ブラウンシュタイン氏は言う。

貴重な時間

 2001年から2002年のインフルエンザの流行期は、911による27%の飛行機旅行の減少と偶然重なった。これは170万人の米国向けおよび米国発の海外旅行客の減少である。ブラウンシュタイン氏と研究者チームは、この数値を米国内の通常のインフルエンザの拡大の2週間の遅れと関連付けている。
 これまでのコンピュータ・モデルが示すところでは、鳥インフルエンザのパンデミックをこれだけの期間遅延させるためには、こうした旅客を99%減らさなければならなかった(「薬とワクチンだけが鳥インフルエンザ・パンデミックを抑えられる」参照)。
 「我々の研究では、シミュレーションが示すよりも良好な利得が見込めることになっています」と、ブラウンシュタイン氏は言う。50%の飛行機旅行の削減で約1ヶ月の遅延になると、同士は推定している。
 この新たな研究では、1996年から2005年の間のインフルエンザと肺炎による死者の政府記録を分析した。研究対象の9回の冬季 期間のうち5回で、米国内のインフルエンザによる死者数のピークは平均的な日付(2月17日)の2日間以内に入っている。
 しかし911直後のインフルエンザの流行期では、このピークは予期されたものより13日遅い3月2日に発生した。
 対照的に飛行制限が課されなかったフランスでは、このようなインフルエンザによる死者数の遅延は起こらなかった。

自然の実験

 疫学者によれば、これは現実世界のデータを使い飛行機旅行と感染症の拡大速度を関連付けた最初の研究だという。「自然の実験ですよ。インフルエンザなどの感染症に対し、このような事がなされたことを見たことがありません」と、米シアトルのワシントン大のアイラ・ロンギニ氏は言う。
 しかし、ロンギニ氏は警告もしている。飛行機旅行の減少と観察されたインフルエンザの拡大の遅延の間の「因果関係を証明する術はありません」。
 他の専門家も同じ懸念を持っている。「ブラウンシュタイン氏と研究者チームは、(911後の)インフルエンザ流行の開始が遅れ、通常よりも長く続いたとしています。それは1970年代と1980年代の流行期にも見られたことで、この場合は旅行制限と関係ありません」と、米メリーランド州ベセズダの国立衛生研究所・フォガーティ国際研究センターのセシル・ヴィバウド氏は語っている。

学級閉鎖

 さらにこの因果関係に疑問を投げかけることがある。「飛行機旅行の規模は過去30年間で劇的に増大したにもかかわらず、米国内のインフルエンザ流行拡大のタイミングと速度はそうなっていません」と同氏は述べている。
 結局ヴィバウド氏は、極めて感染力の強い鳥インフルエンザのウイルス株は、通常のインフルエンザと異なった動きを見せそうだとしている。
米 国と世界保健機関は現在、パンデミックを起こす鳥インフルエンザ・ウイルス株が発生したら飛行制限を課すことを検討している。しかし政府と科学専門家は、学級閉鎖とともにワクチンの製造・流通をおこなうといった対応策が、そうした状況では最優先事項であることに変わりはないとしている。

Improved test can detect avian or seasonal flu Reuters  (国際) 改良検査で鳥フルと季節性インフルエンザの同時検査が可能に
 改良された診断検査で、H5株に感染しているのか、通常の季節性インフルエンザに感染しているのかが、診断可能になったことが、検査キット開発機関が12日発表した。
 改良検査は1検体で2つのウイルス検査を迅速に行えると言う。
 ”改良検査は季節性インフルエンザAとBの判定と、H5インフルエンザのスクリーニングも同時に行いたいときには有用である”、と英国健康保護局(Britain's Health Protection Agency (HPA)のマーティン・カラン医師が語った。
 カラン医師はHPAの年次総会で新検査について説明した。Britain's Health Protection Agency (HPAは英国における感染症をモニターしている。
 改良型検査はHPAの全検査機関で、インフルエンザ・シーズンにおけるH5鳥フル監視の一環として、10月から使われる。
Hand Gel Kills Bird Flu Virus World Fitness (カナダ) 鳥インフルエンザウイルスを殺す手洗い用のハンド・ゲルが開発
 30秒間の手洗いで99.99 パーセントの鳥インフルエンザウイルスを殺すとされる。10月から大量生産。


Bird flu case confirmed in Juba New Vision (ウガンダ) 南スーダン(ジュバ)で鳥インフルエンザ発生
 地域の鶏で流行していることが9月6日に確かめられたと、当局が発表。地域では高度警戒態勢を敷いている。
Instant treatment vital for bird flu cases, says study Bangkok Post (タイ) 研究報告:鳥フル感染者には迅速な治療が不可欠
 下記記事。
Immediate Treatment Needed for Bird Flu Cases, Study Says New York Times (米国) 研究報告:鳥フル感染者には迅速な治療が不可欠


 鳥インフルエンザは1918年のスペイン・インフルエンザと同じように、感染した人々の肺の中に大量の液体を産生させて、窒息死させることが最近の研究結果で分かった。研究によると、感染者体内でのウイルスの増殖は非常に早いため、感染48時間以内に、抗インフルエンザ薬による速やかな治療が不可欠とされる。治療が遅れると急速に死亡に至らしめる可能性が高い。

 研究筆頭者のMenno D de Jong医師は(オックスフォード大学のウイルス学者)、感染者の免疫反応が臓器の障害を引き起こす役割を担っているから、タミフルのような抗ウイルス剤と共に、抗炎症薬の投与も考慮すべきと考えている。
 今回の研究報告は、インフルエンザ専門家が研究室内から、比較的少数の事例分析から予知した結果に過ぎないが、ウエイル・コーネル医科大学の小児科学及び免疫学教授のアンネ・モスコナは、研究を”大きな情報をもたらした”と評価している。なぜなら、これまで知られている241人の感染者から、それほど多くの臨床的情報が得られてこなかったからだと言う。
 これらの多くの患者はアジアの田舎の住民である。発病者達は、放し飼いの鶏から感染し、ウイルス検査が行われないまま埋葬、または葬式が行われている。
 
 以上の研究報告は、世界的医学雑誌のNature Medicineの10月号に掲載される。研究はホーチミン市のオックスフォード大学研究者チームによる。研究対象として2004年から2005年に発症したベトナムのA(H5N1)鳥インフルエンザ患者18人で、他に対照群として(比較するために)、8人の季節性インフルエンザ罹患者を選んだ。
 鳥インフルエンザ患者では、特に死亡した13人では、異常なくらい大量のウイルスが体内で増殖していた。結果的に患者達は、サイトカインおよびケモカインとして知られる、化学物質も体内で多く産生していた。それら化学物質は、免疫反応における炎症過程を引き起こす物質である。
 これらの化学物質は、その中のある部分は肺の細気管支の細胞で産生されるが、白血球内に入って病原体処理を促す。しかし、そうした作用が過度になると、肺の中に浸出液が大量に貯留することになり、致死的肺炎を引き起こすことになる。
 この現象は”サイトカインの嵐(サイトカイン・ストーム)と呼ばれ、1918年から1919年に世界で流行し、数千万人の犠牲者をだしたスペイン・インフルエンザで、多くの健康な若い世代が死亡した理由の仮説として知られている。季節性のインフルエンザでは、高齢者と乳幼児が弱毒性のウイルスで肺組織を多少障害された後に、細菌性感染症を併発して死亡する傾向にある。
 鳥インフルエンザウイルスは鼻腔よりも咽頭で検出されやすい。de Jong医師によると、それは通常のインフルエンザの場合と逆で、この事実を知ることにより医師達は鳥インフルエンザの診断をつけやすいと説明する。またウイルスは直腸にも検出されるという(便中からも検出されることを意味する)。このことは感染拡大対策に重要なことで、下痢によりウイルスが拡大することも意味している。

 インフルエンザ専門家達は、このように大量の鳥インフルエンザウイルスが鼻腔や咽頭で検出されたことに驚いている。初期の研究では、H5N1鳥インフルエンザウイルスは簡単に人の間で感染しないことが示され、その根拠として、季節性インフルエンザウイルスと異なり、肺の奥の細胞が持つリセプターにしか付着出来ないことが上げられていた。
 de Jong医師は、説明可能な仮説としていくつかあり得ると言う。一つは、咽頭で検出されたウイルスは咳で肺の奥から排出されたものである可能性。また異なったリセプターが気道の上下に広がっている可能性。そしてもっとも可能性のある仮説として(確かめられてはいないが)、ある種の人々はウイルスに、より親和性あるリセプターを、遺伝的に保有している可能性。この仮説は、全ての鶏がウイルスに感染している村で、人の発症例が家族的に限定している事例に注目している疫学者達によって、既に言われている。
 また今回の研究では、分離されたベトナム株の中に、遺伝的変異を起こしているものがあったことが見いだされている。これらの変異が、ウイルスをより致死的性格な株に変化させている恐れがあると言う。
 しかしこれらの事例は少数の患者で認められているに過ぎなく、そして回復した患者でも認められているので、確定的なこととは言えない、と前述のウエイル・コーネル医科大学のMoscona教授は説明している。

9月11日


Bird flu is found to be more concentrated in throat than nose Buffalo News, (米国) 鳥フルウイルスは鼻腔よりも咽頭に大量存在
 鳥フルに感染した人々では、鼻腔よりも咽頭に大量のウイルスが存在する。これは通常のインフルエンザとは逆の現象で、鳥フルを診断する上で重要な情報となった。
EU OKs 2 veterinary bird flu vaccines Biloxi Sun Herald (米国) EU、家禽用鳥フルワクチン2種類使用を許可
 EUは加盟国に11日、H5N2ワクチンを鶏に、H5N3ワクチンを鶏と北京ダックへの使用を認めた。
 両ワクチンはH5N1ウイルスに対しても効果を持つ。
Chinese premier calls for closer Asia-Europe cooperation on politics, security  People's Daily online(中国)
中国首相、政治・安全保障分野でのアジア-欧州の協力関係強化を呼びかけ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

温家宝・中国首相は土曜日に、アジア-欧州間での協力関係強化により政治対話を強め安全保障上の脅威への対応を改善することを呼びかけた。
同首相は、フィンランドの首都ヘルシンキで開催されているアジア欧州会議(ASEM)の第6回サミットでこの発言をおこなった。
温氏は、平和と安全を守り繁栄と発展を進めることはアジアと欧州の共通の責任であり、それ故ASEM加盟国は多国間の仕組みを通じ会話を増し、国際問題における国連の指導的役割を支えなければならないとした。
「国際・地域問題における調整を強め、北朝鮮の核開発やイランの核問題、中東危機などの国際問題を解決する努力を高めるべきだ」と、同氏は語った。
従来の安全保障上の脅威への対応の改善について温氏は、アジアと欧州はテロ対策や大量破壊兵器拡散などについて現実的な点で協力関係を強化すべきとしている。また国際犯罪への対策について共同の取組で世界の平和と安全を保つべきだとしている。
「中国は国連などの国際機関への個別の任務や対テロに関するASEM会合などのチャンネルを通じて、他のASEM加盟国との対話や協力を増強する用意がある」と同氏は述べた。
鳥インフルエンザといった従来にない脅威への対応について温氏は、ASEM加盟国は幅広い協力に参加し、国際的な感染症監視・早期警戒システムの構築を進め早期警戒と緊急対応に関する国際社会の能力の更なる向上に努めるべきだとしている。
「国連と世界保健機関による構想を支持して政策協調を強化し、発展途上国に財政的・技術的支援を更に提供することも必要だ」と温氏は語った。
2日間のサミットはASEM10周年を飾るものでもあり、25カ国のEU加盟国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国に加え中国・韓国・日本からも指導者が集合している。

Study Adds Details on Bird Flu, Humans Washington Post (米国) 研究報告:人の鳥フル感染の詳細が明らかに
 Nature論文記事。AP通信が基礎に
H5N1 replicates more strongly than common flu-study  Reuters AlertNet (英国) 研究発表:H5N1ウイルスは季節性インフルエンザウイルスよりも増殖力が強い
 ロイター記者による報告。
Bird flu triggers high and sustained virus buildup, cause of ... Canada.com, (カナダ) H5N1鳥フルは、人体内で早期から増殖し、重症化の原因に
CP(カナディアン・プレス)
基本的にAFP,APと類似内容。オックスフォード大のグループがNATUREに発表した論文の情報。
早期に診断、早期にタミフルを投与して、ウイルス量が増加するのを防ぐ。

(CP) - The severe disease that H5N1 avian flu provokes in people appears to be caused by the virus's ability to replicate at unusually high levels for a prolonged period - an overwhelming assault that triggers a massive and devastating immune system response, a new scientific paper suggests.

Interrupting that process before it reaches the tipping point is critical, say the authors of the article, who based their observations on detailed study of 18 H5N1 patients in Vietnam.

But experts unrelated to the research wonder whether the current anti-flu arsenal - mainly neuraminidase inhibitors such as Tamiflu - is equipped to do that job.

"The question I worry about is whether treating patients now with neuraminidase inhibitors may be very much like shutting the barn door after the horse is already out," said Dr. Michael Osterholm, director of the Center for Infectious Diseases Research and Policy at the University of Minnesota.

"I don't know that. But we've got to find that out."

The World Health Organization is in the process of setting up a research network across countries afflicted with H5N1, in the hopes that joint studies will answer questions like the one Osterholm poses.

Dr. Frederick Hayden, an antiviral expert who heads the effort, said the first task will be to investigate whether different dosing regimes for Tamiflu might achieve better results.

As well, the group hopes to look at whether a flu drug that could be administered intravenously would be more effective at combating H5N1 infection. Injectable forms of two drugs - peramivir and zanamivir - are in development.

"A potent parenteral (injectable) agent ... is really needed and will give us the ability, I hope, to more rapidly control replication in patients with these kinds of severe infections," Hayden said.

The paper, to be published Monday in the journal Nature Medicine, is the first detailed record of the disease process or pathogenesis of H5N1 in humans. The observations are based on 18 H5N1 patients who were treated in Vietnam during 2004 and 2005. Thirteen of them died.

The researchers charted the way H5N1 replicated in those cases and how their immune systems responded. The massive amounts of virus generated triggered production of excessive levels of some chemokines and cytokines, chemicals used to attract white blood cells - the body's cleanup crew - to the site of infection.

This hyperactive immune response - called a cytokine storm - actually does more damage than it sets out to fix. And scientists aren't clear on how to suppress the damaging parts of that process without disabling the immune system's ability to fight the virus.

Lead author Dr. Menno de Jong suggested the key is early treatment with antivirals, perhaps combined with drugs that modify the immune response.

"The paradigm 'Hit hard and hit early' which has been used for treatment of HIV-AIDS in the past may well be very true for the treatment of avian flu," said de Jong, a physician and virologist with Oxford University's Clinical Research Unit at the Hospital for Tropical Diseases in Ho Chi Minh City.

"Considering the likely role of the immune response in causing damage during the later stages of infection, it obviously makes sense to think about the use of anti-inflammatory or immune-modulatory treatment," he said in an e-mail interview.

"However, we still know relatively little about which part of the immunological cascade is best targeted and how to target this."

The director of the U.S. National Institutes of Allergy and Infectious Diseases said more needs to be known about the way the virus interacts with a human host. That could shed light on when antiviral drugs would have maximum impact on replication and the cytokine storm phenomenon, Dr. Anthony Fauci said in an interview.

But finding that optimal point may not be easy, he suggested, because influenza replication typically peaks as people are becoming symptomatic and the immune response is already kicking into gear.

"To me that's almost a catch-22," Fauci said.

"Because if you know the person is infected and has virus replication only when they become symptomatic, then depending on how long that peak lasts, will you or will you not be able to have a substantial impact on it by (administering) antivirals?"

Osterholm for one is pessimistic on that count, suggesting neuraminidase inhibitors like Tamiflu may be better suited to preventing H5N1 infection rather than treating the ensuing disease once it's apparent someone is infected.

If that's true, he advocates stockpiling the drugs to protect health-care workers and keep hospitals operational during a pandemic rather than using the drugs for treatment, as the pandemic plans of many countries - including Canada - currently stress.

De Jong's paper also clearly underscores the differences between the disease provoked by H5N1 and that caused by human flu strains.

It notes, for instance, that swabbing the pharynx to look for virus is a more effective way to diagnose H5N1 than taking a nasal swab. With human flu strains, the reverse is true.

The researchers also found traces of the virus in the blood and rectum of critically ill patients. While that could be a hint the virus replicates in organs outside the respiratory tract and the lungs, it isn't proof positive, de Jong said.

Autopsies of H5N1 patients would needed to determine that, he and others said. But because of cultural objections, autopsies have been performed on fewer than a handful of the 143 people known to have died of H5N1 so far.


Bird flu: New study highlights need for early use of Tamiflu TODAYonline (シンガポール) 鳥フル:新研究が早期のタミフル投与不可欠と結論
 昨日のAFP通信の内容
Study adds details on bird flu, humans Leading The Charge (オーストラリア) 人鳥フル感染者の研究で詳細な情報が得られる:Natureに論文発表
 AP Science Writer  下記と同内容
Study adds details on bird flu, humans The Benton Crier (米国) 人鳥フル感染者の研究で詳細な情報が得られる:Natureに論文発表
 AP Science Writer 昨日のKhaleej TimesのAFP記事とほぼ同内容。
 。
Abstract

Avian influenza A (H5N1) viruses cause severe disease in humans1, 2, but the basis for their virulence remains unclear. In vitro and animal studies indicate that high and disseminated viral replication is important for disease pathogenesis3, 4, 5. Laboratory experiments suggest that virus-induced cytokine dysregulation may contribute to disease severity6, 7, 8, 9. To assess the relevance of these findings for human disease, we performed virological and immunological studies in 18 individuals with H5N1 and 8 individuals infected with human influenza virus subtypes. Influenza H5N1 infection in humans is characterized by high pharyngeal virus loads and frequent detection of viral RNA in rectum and blood. Viral RNA in blood was present only in fatal H5N1 cases and was associated with higher pharyngeal viral loads. We observed low peripheral blood T-lymphocyte counts and high chemokine and cytokine levels in H5N1-infected individuals, particularly in those who died, and these correlated with pharyngeal viral loads. Genetic characterization of H5N1 viruses revealed mutations in the viral polymerase complex associated with mammalian adaptation and virulence. Our observations indicate that high viral load, and the resulting intense inflammatory responses, are central to influenza H5N1 pathogenesis. The focus of clinical management should be on preventing this intense cytokine response, by early diagnosis and effective antiviral treatment.
要約


18人の死亡ベトナム患者と8人の季節性インフルエンザ患者を対照に分析。

通常のインフルエンザに比較し、H5N1ウイルスでは咽頭でのウイルスの増殖量が多いこと、

ウイルス量が多いと、血液内、および直腸内でのウイルス量も多いこと、

血液内にウイルスが検出(RNA)場合は死亡者であること、

咽頭部ウイルス量が多いと血液内サイトカイン量が多く、Tリンパ球も少ない、これは死亡者ほど著しい

以上より早期診断して、早期にタミフルを投与し、ウイルス増殖を抑えることが重要と結論


























原文
9月10日


新型インフルエンザ、ヒト→ヒト感染想定し初訓練 朝日新聞

Bird flu: New study highlights need for early use of Tamiflu Khaleej Times (アラブ首長国連合)  Nature論文発表:鳥フル感染初期にタミフル投与の必要性
 AFP

 ベトナムでの鳥フル死者を分析した研究で、H5N1ウイルスは極早期に体内で増殖し始め、続いて免疫反応によって引き起こされる危険な炎症反応が生じることが明らかとなり、患者は可能な限り早期にタミフルを服用して、ウイルスの増殖を抑える必要があることが示された。

 
10日に出版された世界的科学雑誌の「Nature」のオンライン版に、ベトナムで2004年と2005年に死亡した鳥フル患者18人について分析した論文が掲載された。
 これらの患者の咽頭から検体が採取されたが、同時に2種類の季節性のインフルエンザ患者からも検体が採取された。
 H5N1患者は、通常のインフルエンザ患者よりもウイルス増殖量が多く、またその多いウイルス量は、免疫システムの中で伝達機能を持つ蛋白であるサイトカイン産生の調節異常を引き起こし、過剰産生されたサイトカインが体内で炎症を起こし、患者の状態をさらに悪化させていた。
 ”臨床的治療の焦点は、サイトカインの過剰産生を防ぐために、早期の診断と効果的抗ウイルス剤による治療だ”、と論文は主張している。(筆頭著者はベトナムのホーチミン市にある、オックスフォード大学臨床研究施設のMenno de Jong 医師)。
 選択出来る抗H5N1ウイルス薬はタミフルであるが、それはインフルエンザを治癒には導かない。すなわちウイルス増殖を抑える効果を持つため、インフルエンザにおける症状の原因である炎症を和らげ、そして回復までの時間を短縮する。
 タミフル製造元であるスイスのロッシュ社は、通常のインフルエンザには発病48時間以内に投与すべきと説明しているが、鳥フルに関しては詳細な投与方法を検討中と言う。
 数百万人分のタミフルが、インフルエンザのパンデミックに備えて、政府やWHOによって備蓄されつつある。
 専門家の中には、タミフルの過剰信頼は危険で、H5N1ウイルスが変異して人人感染を起こすようになったとき、効果を持つ保証はないと警告している。
 今回のベトナムにおける研究では、18人の患者のうち17人がタミフルを服用しているが、効果は認められなかった。しかし可能性として投与開始が遅すぎたため、サイトカインによる”炎症爆発(cytokine cascade)”を阻止出来なかったとも考えられる、と論文では言っている。


China seeks volunteers for bird flu vaccine Reuters AlertNet (英国) 中国、鳥フルワクチン臨床試験のためのボランティアを求める

人インフルエンザワクチンを開発中の中国の製薬企業が、第2回目の臨床試験を小児と高齢者を含む数百人単位での行う予定と発表した。
 政府が後援しているBeijing Sinovac Biotech Co.はロイター記者に、中国FDA(State Food and Drug Administration )は、臨床試験に参加するボランティアの人数と投与量を要求している、と語った。
 ”我々は次の臨床試験では多数の対象者を予定しているが、そこには小児と高齢者も含まれる”、と会社は書簡で回答した。
 そこでは正確な数値は示されていないが、通常治療薬の第2相臨床試験では100~300人の被験者が必要とされ、ワクチンまたは薬の安全性と効果が試される。
 会社は最初の臨床試験結果を先週の医学雑誌「The Lancet」に発表し、低濃度抗原の実験的ワクチンの安全性と効果が確かめられたと伝えた。
 使用抗原量は少ないほど、多数の人間に投与可能となるので、人用鳥フルワクチンの製造では重要な問題となっている。
 現在世界で数社が、パンデミック・インフルエンザに対するワクチンの開発と臨床試験を進めている。
 科学者達はH5N1ウイルスが変異して人に容易に感染し出すことを恐れている。そうなれば世界で数百万人が死亡すると考えられている。
 ”それは巨額の投資になる。H5N1ウイルスが実際に次のパンデミック株になるかどうかはおおきな賭けに近い”、と香港のウイルス学者のJulian Tang博士は言う。
 ”もし他のウイルス株でパンデミックとなった場合、これらの努力と時間、そして投資した金額の大多数は泡と消える”。
 ”しかしながら、もし我々が何もせず、H5N1ウイルスがパンデミック株となった場合、そこで失われる人々の生命、および社会における経済的損失は、H5N1ウイルスに対するワクチン開発費以上に巨大なものになるのは間違いはない”。
 最初の臨床試験(第1相試験)では、研究者達は18歳から60歳までのボランティア120人を対象にした。対照群と投与群にそれぞれ2回に亘って、対照液と、各種抗原濃度のワクチンを投与した(1.25,2.5,5,10マイクログラム)。
 56日後、全ての抗原濃度で被験者に抗体が産生されたが、10マイクログラムでもっとも良好な反応が得られた。副作用として痛み、注射部位の腫脹、発熱などの軽度の症状しか見られなかった。
 Sinovac社の製造したワクチンは近年ベトナムで流行している株をもとにしているが、他の地域で流行している株にも有効かどうかは不明である。
 当計画は中国科学技術部から研究費が援助されている。
 このワクチンがパンデミック・インフルエンザにどの程度効果を及ぼすか誰も分からないが、研究者達はこのようなワクチン開発過程は、今後のパンデミック・インフルエンザのワクチン開発に参考になると言っている。

Madison Weekly: A look at what's happening at the state capitol Appleton Post Crescent (米国) マディソン郡週報:今週の都での出来事

 災害対策

 鳥フル対策はウイスコンシン州の州(国土)安全保障チームの最優先課題となっている。州政府のジム・ドイレ氏が8日語った。
 ドイレ氏によると、ウイスコンシン州の鳥フル対策行動計画は、連邦CDCから最も優れた計画の一つとして位置づけられているとされる。
 ウイスコンシン州の行動計画の特徴は以下のポイントである。
 ・感染者の隔離場所:病院の病室、療養所(高齢者施設等も含む:訳者)、他の使うことが可能な場所。そしてもし州の公衆衛生当局または地域の保健当局が決定するならば、強制的一定期間の感染疑い者の隔離(quarantine)。
 ・州と地域の行政府に対して、医療専門家のボランティアを募る権限
 ・ウイスコンチン州の全病院間における協力関係の同意
 ・病院から患者を移動させる適切な場所を選択する権限を持つ、地域調整責任者の存在
 ・ウイルスに暴露した可能性ある全ての人々の検査--例えば東南アジアへ旅行しインフルエンザ様症状を呈した人々

Highlights of Wisconsin's pandemic influenza plan include:

  • Controlling infection through isolation by using rooms in hospitals, nursing homes, and any other facilities to prevent the spread of the virus, and using quarantine, if the state public health officer or local health departments decide that it's necessary.
  • Giving state and local governments the ability to draw on volunteer medical professionals through the Wisconsin Emergency Assistance Volunteer Registry.
  • Signed agreements by all hospitals in Wisconsin to provide assistance to one another.
  • Directing local planners to identify alternative locations where hospitals could move patients or house additional beds, if necessary.
  • Testing anyone for bird flu who might have been exposed to the virus ・such as travelers to Southeast Asia ・and who exhibit flu-like symptoms.

VP suggests using force to cull bird flu-infected fowls Antara (インドネシア) 大統領、感染家禽の殺処分に軍隊の動員を示唆
 インドネシア大統領が大学での講演で、殺処分を拒否する飼育者達に対して、軍隊による力での対抗を示唆。
State formula determines who gets shots during bird flu pandemic San Francisco Chronicle, カリフォルニア州、鳥フル・パンデミックに際し、ワクチン接種の優先方式を規定

New Bird Flu Plan Ratified KTVU.com, (米国、カリフォルニア) 新鳥フル行動計画が批准
 カリフォルニア州のパンデミック・インフルエンザ対策行動計画が先週改訂になった。最初の草稿は本年1月。
 その中でワクチンの接種基準が示された。
 具体的な順番を示さず、接種の必要性、感染した場合の危険性等によるスコアシステムを採用した。
 計画では、単に接種の必要性あるグループについての示唆はしている。
  ”非常に若い人々、高齢者、感性疾患を保有している人々”。

 昨年ブッシュ大統領が発表した行動計画では、ワクチンメーカー従業員、保健医療関係者がワクチン接種を受ける優先権保有者とされるが、その他については明確な記載はせず、各州の決定事項となっている。

原文

California health officials have settled on a formula for resolving a wrenching question that would arise if a bird flu pandemic strikes the state: who gets doses of scarce vaccine?

The complex process for picking who would receive bird flu shots is contained in the state's Pandemic Emergency Preparedness and Response Plan. State officials completed a new version of the plan last week, and a copy was obtained late Friday by The Associated Press.

The state did not draw up a hierarchy of Californians who would most need inoculation, though it hints at groups most vulnerable. "Very young persons, elderly adults, and persons with underlying disease are at high risk of complications during interpandemic influenza outbreaks," it states.

Instead of setting out a list of likely candidates, the state developed a scoring system that the report says "produces a rank-ordered list of target groups prioritized for influenza vaccination." The formula is designed to be flexible enough to accommodate variables in a pandemic.

The system considers:

_ The goals of a vaccination program, such as minimizing illness, social disruption and economic losses.

_ Rationing strategies, such as emphasizing people who perform essential emergency-services roles or who are especially vulnerable to disease.

_ Precise criteria for determining who qualifies as a member of those critical or vulnerable groups.

The state's formula represents a new attempt to grapple with the subject of a fierce debate over who should be inoculated in a worst-case scenario.

Vaccine factory employees and front-line health workers head the Bush administration's own list, but there is no consensus on who would get vaccinated next. Should it be school-age children who are flu's prime spreaders? The frail elderly who may be at highest risk of death? Police, firefighters, utility workers who would have to keep order and essential services running?

Congress allocated $3.8 billion last year with the goal of being able to distribute vaccine to every American within six months of a pandemic striking. The Bush administration leaves it up to states to determine how to distribute the vaccines.

While several pharmaceutical companies are conducting clinical trials, no vaccine currently exists. It would take time for researchers to develop a highly effective vaccine after they identified a lethal bird flu strain.

"It becomes a high-stakes process to the extent there's a shortage of vaccine, and early on, that's certainly likely to be the case," said Dr. Mark Horton, the state public health officer and chief deputy director in the California Department of Health Services.

The state plan envisions beginning vaccinations when a pandemic reaches the World Health Organization's "Phase 6" — the most severe stage in a pandemic. At that stage, "sustained" human-to-human spread of the disease is occurring.

Currently, the virus has not mutated into a form easily spread among people. But the deadly Asian strain of bird flu has ravaged poultry and killed at least 141 people worldwide.

The state released a draft bird-flu response plan in January. For nearly nine months, it worked on improvements. But the version released this month contained only "relatively minor, technical" changes, Horton said.

However, it is sure to evolve in the coming months and years. For instance, Horton said, it currently has no specific guidance on another potentially grisly issue — what to do with a large number of dead bodies.

California, the nation's most populous state, is uniquely vulnerable the virus arriving via birds or people. In addition to having a citizenry with ties to Asia, where the disease has hit hardest, California has a $2.5 billion poultry industry, and millions of birds migrate along its flyways.

State Fish and Game authorities have spent the past few weeks trying to catch some of those migrating birds, with limited success. They have been focusing especially on pintails, a type of duck with an exceptionally wide range of migration, said agency spokesman Patrick Foy.

Pintails fly all the way to Alaska and Siberia, where their flyways can intersect with those of birds that have traveled through Asia, Foy said.

___

On the Net:

Pandemic Emergency Preparedness and Response Plan:

www.dhs.ca.gov/ps/dcdc/dcdcindex.htm






〔朝刊早採り〕タミフル 県が備蓄へ 新型インフルエンザ対策で 熊本日日新聞
 鳥インフルエンザが変異して発生する新型インフルエンザの流行に備え、県は抗ウイルス薬「タミフル」を二〇〇六、〇七年度の二年間で十五万四千人分備蓄する。十五日開会の九月定例県議会に関連議案を提出。議決され次第、輸入・販売元と契約することにしており、十二月には本年度分として七万七千人分を購入したい考え。
 国、県が策定した新型インフルエンザ行動計画に基づく対策。国全体では二千五百万人分を備蓄する計画で、このうち一千五十万人分は各都道府県が人口に応じ備蓄する。
 タミフルはスイスの製薬大手ロシュ社が世界で唯一製造。輸入のため県は、本年度当初予算で購入費一億六千九百七十八万円を計上。ユーロ高に伴い、九月補正で四百六十九万円を追加する。
 鳥インフルエンザは鳥から人への感染が海外で確認されており、今後、ウイルスが変異して人から人へ感染する新型インフルエンザの発生が懸念されている。
 国と都道府県によるタミフル備蓄は、新型インフルエンザの大流行に備えた対策で、県購入分は県が直接保管。有効期間五年を過ぎたタミフルは廃棄処分する。
9月9日

Vietnam prepared for bird flu return Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、鳥フル再興に備えて対策強化

 ベトナム保健省は、人の鳥インフルエンザ再興に備えて国内対策計画を草稿した。

 鳥フルはいまだベトナムと周辺国において脅威的存在である。そして冬期間には人はA型インフルエンザに感受性が高まる、と保健省は警告している。
 計画では、6200万米ドルが感染予防対策と流行のコントロール費用として計上された。
 さらに地方の保健センターの設備の充実、および国内の14病院に患者発生の可能性に備えて監視態勢の強化を指示した。
 もし流行が拡大した場合は、さらに多くの州の病院も動員されてH5N1ウイルス感染患者の治療に当たる。

Medical Health: Low dose human bird flue vaccines tests show it ... injurywatch (英国) (中国開発)低濃度人鳥フルワクチンが、臨床試験で安全性と有効性が確認される
 先の英国の世界的医学雑誌「The Lancet」に掲載された中国論文の話題。昨日の米国のCBSニュースで詳細が報道済み。
China requires epidemics to be reported within two hours People's Daily Online, 中国、流行性感染症の報告は2時間以内に、新規則制定

 中国の医師と「草の根」保健機関は流行病発生を、発見2時間以内に報告するように、衛生部が改訂した新規則で義務づけられた。
 新規則では群レベルの個人診療所を含む医療機関が流行性感染症患者を診たときには、地域の保健局に届けでなければならない。
 流行性感染症には、SARS、ポリオ、人の鳥インフルエンザ感染症を含む。
 報告は可能な限り迅速に、インターネット、FAX、または電話で行わなければならない。報告を受けた地域の保健局は続いて、地方行政府と上位の保健局に報告する。

H5N1型の死者を48人に上方修正、インドネシア CNN Japan
 ジャカルタ――世界保健機関(WHO)は9日までに、インドネシアでの高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)のこれまでの犠牲者数を2人増やし、計48人と上方修正した。感染の判定基準の見直しに従ったもの。インドネシア保健省も同じ数字にしている。

2人は昨年6月、11月に死亡していた。インドネシアでの感染例は63件。

H5N1型の感染死者は、インドネシアで最も多い。対策の遅れから拡大がここに来て続いており、WHOなどは感染の家禽(かきん)類の処理など迅速な対応を促している。インドネシアは予算不足を理由にして、処理に消極姿勢を示していたが、国内の約3億羽を対象に今年10月からワクチン接種を実施する方針を最近発表している。

インドネシア内に生息、飼育されている家禽類の総数は不明。同国の総人口は、約2億2300万人。鶏などは一般家庭で広く飼育されている。
中国のインフルエンザ標本、CDCに搬送へ Ocala.com(米) 中国のインフルエンザ標本、CDCに搬送へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 米衛生筋は中国から米への鳥インフルエンザ・ウイルス標本の搬送を遅らせていた「意思疎通の障害」を解決したと語った。
 今週、要求されていた鳥インフルエンザ・ウイルスの米疾病予防管理センター(CDC)への搬送が遅れていることを中国農業省筋が認めた。同筋によると遅延はCDCによるもので、海外からの搬送手続きを済ませていなかったためだという。
 ウイルス情報と標本の共有は中国にとって敏感にならざるを得ない問題であった。これは2002-2003年のSARS流行時に情報公開について動きが遅く積極的でなかったために批判に晒されたからである。
 CDCのスポークスパーソンは8日、遅延は標本を「識別済み」とするか「未識別」とするかに関する問答によるものだとした。
 梱包・取扱のガイドラインも同様だが、CDCは書式と承認の手順の点で迅速に送り届けられるため標本を「未識別」として搬送したかったとスポークスーソンのキャサリン・ハーベン氏は述べた。
 標本が「識別済み」とされると搬送の承認手順に2週間が必要となる。中国政府筋は標本を「識別済み」とすることを望んでいた。
 両者は「識別済み」標本として送り出すことで合意した。CDCは標本を月末までに受け取れると考えておりとハーベン氏は言う。搬送される標本数は現在詰めているという。
 鳥インフルエンザのH5N1ウイルス株は2003年後半以降、主にアジアで家禽へ猛威をふるっている。また世界中で少なくとも141人を死亡させている。ヒトの死亡の場合、大多数は病気の鳥との接触に起因するもので、このウイルスは簡単にヒトからヒトに感染することはない。
 このウイルスがさらに感染しやすい形に変異し脅威的な世界的パンデミックを起こしかねないことを専門家は恐れている。
Family regrets late bird flu results Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、スラウェシ死亡少女の家族、診断の遅れに抗議の意--家族内集団発生の可能性
 南スラウェシ州知事と最近鳥フル死亡者と診断された14歳少女の家族は、8日、保健省がもっと早くに少女が鳥フルに感染していたことを明らかにしなかったことに抗議の意を表した。

診断と発表の遅れ

 保健相のシチ・ファディラ・スパリは、3ヶ月前に死亡した少女が、48人目の鳥フル死者であることを確認したと、7日に発表した。
 ”なぜ発表が3ヶ月過ぎてから行われるのか?もし我々がもっと早くにそれを知っていたなら、直ぐに必要な対策がとれただろうに!”と州知事のアミン・シアムが8日に州都のマカッサーで語った。
 死亡した少女の兄のアリミンは、家族は少女が鳥フルで死亡したと効いてショックを受けていると語った。
 ”我々は彼女の死を受け入れようとしているときに、このような話を聞いて、本当に心が揺さぶられている”。
 アリミンは、家族は鳥フルの症状は妹が呈した症状、すなわち高熱、胸痛、そして呼吸困難であることを知っていたが、医師はデング熱と診断していたと語る。
 ”しかし自分たちは妹が鳥フルで死亡したことを疑っていたから、彼女の埋葬の後に飼育している鶏や愛がん鳥を全て離してしまい、鶏小屋を壊してしまった”。
 死亡少女はインドネシアで48番目の鳥フル死者となったが、南スラウェシ州では最初の死者とされる。
 検査はインドネシア保健省が行い、少女がH5N1ウイルス感染で死亡したことを確認した。
 検体は州の保健当局からジャカルタに6月23日送られた。丁度少女が死亡する前日であった。しかしながら、検査結果は今月に入って7日に発表された。
 国立鳥フルセンターのRunizar Roesinは発表が遅れた理由は、検体が鳥フル疑いとして、特異的に採取されていなかったからと話している。
 シチ保健相は間もなく地域の家禽の殺処分が行われるだろうと語っている。
 
家族内発生の可能性

 少女の母と姉も鳥フル症状を呈して、少女よりも先に死亡している。少女の死の後、父親と他の兄弟、そして従兄弟と他の親族が高熱を呈して病院に入院しているが、直に退院している。
 アリミンは、家族は3人が鳥フルで死亡したと疑っていたが、デング熱で死亡したと診断されていたから、それ以上の確認は出来なかった、と語っている。
 南スラウェシ州保健局のアンディ・ムハディル長官は、憶測で結論することは愚かなことであり、少女の親族11人と近隣の人々の血液を調べるべきだろうと語る。
 州知事は、関連当局者に鳥フルに対する標準的対策を適用することを求め、住民に彼等の家禽を殺処分することを求めた。
 ”私は住民が家禽を殺処分することに同意し、そして人における鳥フルが今後発生しないことを望む”、と知事は語った。

 太字の表題は訳者による
 

WHO confirms three more H5N1 cases in Indonesia CIDRAP (米国) WHO、インドネシア感染者数をさらに3人確認
 インドネシア政府は、これまで香港のWHO研究機関で確認された事例のみを、公式事例として発表してきたが、現在は国内2ヵ所の研究所で確認された事例を、公式事例として発表すると語っている。WHOもそれを認めた模様。
WHO recognises three bird flu cases in Indonesia Reuters AlertNet (英国) WHO、インドネシアの感染者数を上方修正、3人追加

WHOは、8日、インドネシアにおける鳥フル感染者数を修正し3人追加した。1人は本年6月、2人は2005年の事例である。
 ”これまでの事例を再検討した結果、インドネシアでの発病者は合計63人で、そのうち48人が死亡している”、とWHOは声明文の中で説明している。死亡者数は世界で最も多い。
 1例は6月に死亡した14歳少女で、インドネシア当局は今月の7日に発表した。事例は南スラウェシ州で発生し、診断されるまで長期間要した。理由は季節性インフルエンザ症状を呈する多数の住民の血液検査の中で行われた事による、と説明されている。WHOは少女が家の近くで家禽に接触したと言っている。
 WHOはさらにインドネシアにおける鳥フル事例に、2005年に発症した2事例を追加した。6月と11月の事例である。1名は死亡している。これによりインドネシアの死者数は、インドネシア政府の統計と一致した。
 これまでのWHOの血清学的診断クライテリアでは、これらの事例は適合しなかったとWHOは説明している。
 2005年6月の事例は、バンテン州の8歳少女で翌月の7月に死亡している。その際、家族内クラスターとして発生した、とWHOは説明している。
 彼女の父親は2005年7月に死亡し、検査の結果、インドネシアで初のH5N1ウイルス陽性例となった。また彼女の1歳になる妹も同時期に類似の症状で死亡しているが、8日発表の中では検査結果に関しては言及していない。
 もう1人の確認例は、中央ジャワ州の45歳男性で、2005年の11月に病的家禽に直接接触後発症し、その後回復したと、WHOでは説明している。

 

9月8日

Multiple volunteers for bird flu vaccine test on children Caboodle.hu (ハンガリー) 多数のボランティア(保護者)が、小児に対する鳥フルワクチンの臨床試験に
 安全性と倫理上の問題にも関わらず、数人の保護者は、彼等の子供達が同国が開発した鳥フルワクチンの臨床試験に参加することを承認した。
 当局責任者の話では、保護者には何ら支払いはされないことが強調された。
 またこれは実験ではなく、検査であるとも強調された。

 9月6日の報道では、ハンガリー科学協会が子供への臨床試験に反対している。
S. Sulawesi site of 48th bird flu death Jakarta Post (インドネシア) インドネシアの48人目の死者が南スラウェシで確認
 インドネシア保健省は、新たな鳥フル死亡者を確認、報告した。
 47人目の死亡者は南スラウェシ州の女性であることをシチ・ファディラ・スパリ保健相が発表した。そして感染した鳥が同地域で見つかっていることを付け加えた。
 昨日のTODAYonline(シンガポール)と同じ内容。女性の年齢も不詳。昨日のロイター通信で女性と言うのは、14歳少女であることが報道済み。Jakarta Postとしては異常に曖昧な報道。
 なお48人目の死者とインドネシア政府は発表しているが、WHOでは47人目となると思われる。昨年7月に発生した事例で、WHOでは検査で確認できていない事例があるため、インドネシア政府よりも1人死者数が少なくなっている。
No sign of avian flu spread through migratory birds London Free Press (カナダ) 渡り鳥が鳥フルを拡大している証拠は無し
 トロント発
 H5N1鳥フルウイルスが渡り鳥によりカナダにもたらされるかどうかを監視する、カナダ野鳥監視プログラムは、心配すべき証拠は得られていないことが発表された。
 プログラムは目的とする12000羽の四分の一の調査を終えているが、H5鳥フルウイルスは検出されていない、と”Canadian Co-operative Wildlife Health Centre.”の長官であるテド・ライトン博士が発表した。
 類似の大がかりな調査は米国でも行われており、米国内でH5N1鳥フルウイルスは検出されていない。
 調査結果は間もなく発行される科学雑誌で発表されるが、そこでは渡り鳥が北米にH5N1鳥フルウイルスをもたらすとは思えない、ことが示唆されている。
Protection begins at home Westborough News (米国) 鳥フル対策は家庭から始まる
Town preps for bird flu pandemic Westborough News (米国) 町は鳥フルパンデミックに対策
米国マサチューセッツ州ウェストボロ
Trial of H5N1 vaccine effective in low doses, study shows China Post (台湾) (中国開発の)低濃度抗原H5N1ワクチンの臨床試験で効果が確認、研究結果が発表
Cairo confirms fresh cases of bird flu Independent Online(南アフリカ) エジプト政府、新たな鳥インフルエンザ発生を確認
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 エジプトは養鶏から新たに鳥インフルエンザを発見したと、同国厚生省は木曜に述べた。
 高毒性のH5N1ウイルス株の陽性と検査結果が出た鳥は南部のソハーグ県と地中海沿いのダミエッタ県にいたものだと、同省はしている。
 「チームを組んで両地点の感染した鳥を駆除しました」と国営通信社MENAの声明の中で述べている。
 同省が火曜日に発表したところでは、エジプトでは数ヶ月ぶりの感染した鳥の発見であり鳥の渡りの季節の始まりによってウイルスが戻ってくる懸念が高まっている。
 3月初めに鳥インフルエンザが同国で流行して以来、エジプトでは6名が死亡し国中で大規模な家禽の駆除につながっている。
 鳥インフルエンザはH5N1ともいい、2003年後半からアジアで家禽飼育者に大損害を与えている。人間にも飛び火し少なくとも世界中で141名が死亡している。人間の死亡の場合の大部分は病気になった鳥との接触にたどり着く。
Bird Flu Strain Found On Eastern Shore WJZ(米) 東海岸で鳥インフルエンザ・ウイルス株検出
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 米国東海岸のカモ数羽が鳥インフルエンザ陽性であることが、検査で判明した。しかし当局筋は人間への現実的な危険はないとしている。
 オハイオ州立大の研究者が、東海岸のクイーン・アン郡の農場の野生マガモから鳥インフルエンザ・ウイルス株を検出したと述べた。
 8月に収集された9個の糞の標本が鳥インフルエンザ陽性であると先週判明した。専門家は、これはよくあることだとしている。
 「これは、我々が野鳥で見つかるだろうと一般的に考えていたものです」と、米農務省のジョン・クリフォード博士は言う。
 「野鳥は鳥インフルエンザ・ウイルスの宿主です。これは、アジア・ヨーロッパ・アフリカで見つかったものとは違うウイルスです」
 農務省の獣医官であるクリフォード氏は、この最新のウイルス株はアジアと中東で数百万羽のニワトリと約150名の人間を死亡させたものとは違うとしている。
 今回、メリーランド州のウイルスが検出された地域のニワトリへの脅威はないと考えられている。
 「この当該地域の付近に養鶏場はありませんし、メリーランド州は手を尽くして同地域の監視を行い万全を期しています」とクリフォード氏は言う。
 家禽はメリーランドの最大の農産物である。同州には1200軒の養鶏場がある。
 今年、メリーランド州は養鶏に関する規制を強化し1軒に4羽以上いる場合は全てのニワトリの群れとペットの鳥を登録するように求めている。
China Enters Bird Flu Vaccine Race CBS News (米国) 中国、鳥フルワクチン(人用)競争に参入
 訳者注:中国で作製、初期臨床試験で成功を収めたH5N1ウイルス・ワクチンに関する論文が、英国の世界的医学雑誌である「ランセット(The Lancet)」に昨日掲載された。この情報は8月末に世界に流れていたが、昨日のランセット論文に対して、編集部が非常に良いコメントを付記し、同時に英国系報道と香港の「The Standard」が評価する記事を、昨日掲載している。本日の米国系報道でも評価記事が掲載されている。
 中国の研究者が新鳥フルワクチンが初期の臨床試験で成功を収めたことを、医学雑誌「ランセット(The Lancet)」に発表した。
 先に発表されたグラクソ社(英国)とサノフィ社(フランス)のワクチンと同じように、中国のH5N1ウイルスワクチンも、アジュバントと呼ばれる免疫賦活剤を併用している。
 日本中国友好病院のJiangtao Lin医師と彼の協同研究者達は、18歳から60歳までの120人の成人ボランティアに対して、各種の抗原量で臨床試験を行った。その結果10マイクログラムの抗原量で4週間間隔で2回投与したとき、最も良い免疫反応が得られたと言う。
 この抗原量はサノフィ社の30マイクログラム(2回接種)よりも少ないが、グラクソ社の3.8マイクログラム使用ワクチンよりは多い。
 なぜ低濃度の抗原量が重要かと言う理由について、雑誌の編集者である英国の感染症専門家のI.ステフェンソン医師が、この研究論文に関するコメントの中で、次のように解説している。
 ”もし鳥インフルエンザのパンデミックが発生した場合、世界は数億人分のワクチンを必要とする。それも迅速にである。このことは研究者達が可能な限り迅速に大量の原料、すなわち抗原を作らなければならないことを意味している。投与量が少なければ少ないほど、多くのワクチンが生産可能となる。このことが研究者達が低濃度抗原量ワクチン開発を研究している理由である”。
 通常の季節性インフルエンザワクチンの製造量から考えて、ステフェンソン医師は、現在のワクチン製造能力で、世界は15マイクログラムの抗原量ワクチンを、6ヶ月以内に9億人分製造可能と推定する。1人に2回接種となるから、4億5千万人の人々が6ヶ月以内にワクチンを接種されることが可能となる。
 今回の研究対象となっている北京のSinovac Biotech Co. Ltd作製のワクチンは、他のワクチンと異なる製法を用いている。通常用いられているH5蛋白(split virionと言われる)の代わりに、死活させたウイルス粒子全体を用いる。(このH5蛋白に対するワクチンよりも、ウイルス粒子全体を用いたワクチンは、H5蛋白とN1蛋白両方に対する抗体を含む故、より強力と考えられる:訳者)。
 グラクソ社のワクチンは3.8マイクログラムの抗原量を用いるが、split-virion製法を用いている。Lin医師と彼の協同研究者達によると、この製法では20~30%の抗原量をロスすると言う。
 一方、ウイルス粒子全体を用いるワクチンはsplit-virionワクチンよりも副作用が多いと言われる。しかし今回の研究では、トラブルとなるような大きな副作用は見られなかったと言う。しかし研究者達は小児での臨床試験はまだ行っていない。小児では、より副作用が起きると考えられている。
 ステフェンソン医師によると、インフルエンザワクチン製法の世界の潮流は、split-virionワクチン製法にある故、全ウイルス粒子を用いるワクチン製法に切り替えるには、多くの新規設備や製法の基準が必要になるとされる。
 もちろん誰も、いかなる鳥フルワクチンも効果を持つか分からない。それはウイルスがパンデミック・インフルエンザを起こした時にのみ分かることである。
 Lin医師と彼の協同研究者達の研究論文は、9月7日発行の「The Lancet」のオンライン版に掲載された。
SOURCES: Lin, J. The Lancet, Sept. 7, 2006; early online edition. Stephenson, I. The Lancet, Sept. 7, 2006; early online edition.

 
.
9月7日

Indonesia reports 47th death from bird flu Reuters AlertNet (英国) インドネシア、47人目の鳥フル死者を報告
 6月に死亡したインドネシアの14歳少女が、鳥フルに感染していたことを7日保健相が発表した。診断まで長期間要した理由は、多くのインフルエンザ様症状を呈した患者からの血液検体を調べるのに時間を費やしたことが上げられている。
 下記の報告と台湾のChina Postの報告の10代少年は、少女の間違いであったと思われる(訳者)。
Indonesian teenager dies of bird flu Irish Examiner (アイルランド) インドネシアの10代少年、鳥フルで死亡
 東部インドネシアで10代少年が鳥フルで死亡し、同国の鳥フル死亡者数が47人となったことが7日保健相から発表された。同時に検査室の検査結果も合わせて発表された。
 死亡したのは、南スラウェシ州の州都マカッサーの14歳の少年で、感染した家禽と接触したように思われると、シチ・ファディラ・スパリ保健相が発表した。少年の家の近くの鶏を殺処分したとも語った。
 検査結果は昨夜届いたと保健相は説明した。

 当情報は本日のChina Post(台湾)でも報じられているが、他の報道機関からは流れていない。下記の報道では女性例が死亡している。現時点では詳細は不明(訳者)

Indonesia confirms another human bird flu death TODAYonline (シンガポール) インドネシア、鳥フル死亡事例を確認(女性例)
 インドネシア保健省は、新たな鳥フル死亡者を確認、報告した。
 47人目の死亡者は南スラウェシ州の女性であることをシチ・ファディラ・スパリ保健相が発表した。そして感染した鳥が同地域で見つかっていることを付け加えた。
 スパリ大臣は患者の検体は保健省の研究機関で検査され、昨夜結果が出たと語った。また検体はWHOに送らないと語ったが、理由は同国の研究所での結果は絶えずWHOの結果と一致していることを上げた。
 これまでインドネシアは常に疑い患者の血液と組織検体を香港のWHOの研究機関に送っていた。
 インドネシアのサリ・セチオジWHO広報担当官は、新協定では、インドネシアの2機関で同一結果が得られたなら、それで確定とされる、と語っている。
 スパリ大臣は女性に関して、彼女の発病が6月24日に見つかっていたことだけを報告した。
 発見から発表まで長時間要したことについて、国立鳥フルセンターのRunizar Roesin氏は、検体が適切に採取されなかったからだと語った。
 女性を高熱を呈していることは地域の医師から6月に報告され、そして保健省のチームが彼女の検体を採取した。
Health Ministry aks for strengthened fight against bird flu in ... VietNamNet Bridge, (ベトナム) ベトナム保健省、人に於ける鳥フル感染対策を強化
 公衆衛生省は6日、国内の保健サービス局とパスツール研究所に、農業省に協力して(家禽における)鳥フル対策と人における感染対策を強化するように求めた。
 公衆衛生省のTrinh Quan Huan副大臣は、鳥フルとA型インフルエンザが流行しだし、地域の各国において状況は複雑化してきている、と語った。現在鳥フル流行は勃発していないが、ハノイの郊外のタントリ省のタントリュ市場のアヒルおよびベントレ省メコンデルタの家庭で飼われているアヒルの血液検体から、H5亜型ウイルスが検出されていると、同副大臣は語った。
Smuggling 'open door to bird flu' Nation News  (バルバドス) 鳥インフルエンザに門を開く”密輸”
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 珍しいペットや闘鶏をバルバドスに密輸することは、高病原性の「鳥インフルエンザ」がバルバドスに入り込む道を提供するだけだ。
 農業・地方開発相のアースキン・グリフィス上院議員は昨日、カリブ海地域での鳥インフルエンザ早期検出に関する緊急援助計画の行動と予定表を決定するワークショップで、この警告を発した。
 「通関地点での密輸された珍しいペットや闘鶏、抱卵中の卵の取引は我々に重大な問題をもたらし続けている....」と、食糧農業機関(FAO)、米州保健機関(PAHO)、世界保健機関(WHO)、米州農業協力機関(IICA)やバルバドス養鶏協会の代表などの参加者にグリフィス氏は語った。
 「こうした行為で鳥インフルエンザという感染力の強い疾病の新たな侵入経路が作り出されるということを認識しています」とグリフィス氏は言う。
 同氏は「鳥インフルエンザをこの地域の全ての島から締め出す」ためには「莫大な努力」が必要だと認めた。
PAHOとWHOのカリブ海地域計画調整官のヴェタ・ブラウン氏もFAO開催の高レベル地域会議で、鳥インフルエンザを追い詰める闘いに鳥の密輸によって大きな問題が生じることになると語っている。
 「国境が実際に大きく開かれていることを考えると、動物疾病管理計画の実行を成功させる上での問題は更に大きくなります」と同氏は述べた。
 養鶏業界にとっての中期的な戦略には「珍しい鳥のこの島への輸入とそれに伴うニューカッスル病や高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)のような疾病の流入を最小化するための新規の強化された規制の確立を含まなければなりません」と、グリフィス氏は言う。
 バルバドスへの疾病の持ち込みを最小限にするために通関港での監視活動は強化されていると指摘しつつ、2000年以降バルバドスは隔離レベルの動植物の害虫や疾病が15件以上発生しているとグリフィス氏は報告している。
そのいずれも「HPAIより弱いものではなかった」と同氏は断言している。
 バルバドスの場合、段階を追って当該部門の発展に責任を持つ省庁の再編と環境変化に対応した計画の合理化をしてきたと、同氏は言っている。
 養鶏業者との討議を続けていくが、テーマは鳥インフルエンザによる全ての損害を業者へ補償し、そうした被害からの迅速な復旧を可能にするための保険の枠組みの創設に関するものだと、同氏は付け加えている。
Low-Dose Bird Flu Vaccine Tested Ivanhoe (米国) 低濃度抗原鳥フルワクチンが臨床試験
 中国開発ワクチン話題。
New Bird Flu Vaccine Proven Effective World Fitness, (カナダ) (中国で開発)新鳥フルワクチンの効果と安全性が確認
 本日の香港The Standardの記事と維持の内容。
Teenager dies of bird flu raising Indonesia's toll to 47(Updated ... China Post (台湾) インドネシア:10代少年、47人目の死者に
 南スラウェシの州都マカッサーMakassarで14歳の鳥フルで死亡したことが7日、保健相から発表された。インドネシアの研究所でH5N1ウイルス感染が確認されたと言う。
 少年は感染した家禽と接触した既往があるとされる。
Myanmar declares victory over bird flu Reuters AlertNet (英国) ミャンマー、対鳥インフルエンザ勝利宣言
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

ヤンゴン 9月6日(ロイター)-ミャンマーは、4月後半以降に高毒性の鳥インフルエンザウイルスによる大流行が検知されないことから、鳥インフルエンザへの勝利宣言を行ったと、政府報道機関は水曜日報じた。ミャンマー政府は国際的な動物衛生組織である世界動物保健機構(OIE)に月曜日に通告したところでは、H5N1ウイルスは存在しないという。このウイルスは3月にミャンマー中央部に最初に発生したと「ミャンマーの新光」紙は報じている。「家畜・漁業省の下の家畜繁殖・獣医部は、ミャンマーを鳥インフルエンザを根絶した国として宣言した」と同紙はしている。
 3月8日の最初の大流行以降、数千羽のニワトリとウズラをサガイン中央部とマンダレイ地区の数百の農場でと殺した。
海外の専門家も、この秘密主義の軍政下の国に入りアジアの多くの地域で発生している鳥インフルエンザの大流行に対する監視活動実施を支援することができた。
国 連食糧農業機関(FAO)は、ミャンマー政府の宣言に言及している。
 「FAOは引き続きミャンマーの監視・対応体制の強化のための国際的な資金援助を管理していく。これは鳥インフルエンザ根絶を確認し同時に維持していくためのものである」とバンコクのFAO鳥インフルエンザ・センター長のローレンス・グリーソン氏は声明の中で述べている。
 この地域でミャンマーに隣接するタイ・カンボジア・ラオスでの7月以降の新たな流行は、このウイルスがいかに再興しやすいかを示している。
 深刻な被害を受けたベトナムでは、ウイルス根絶を発表したにもかかわらず数ヵ月後に激発したことで、2004年に政府は批判を受けている。
 ベトナムでは今年、人間の鳥インフルエンザの症例はなかったが、小さなアヒル飼育場でH5N1が先月検出されている。
 ミャンマーではヒトへの感染は発見されていないが、2003年後半以降141人が世界中でH5N1により死亡している。
 科学者が恐れていることは、このウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形に変異し世界的なパンデミックを引き起こしかねないということである。
Swans fitted with transmitters in bird flu fight Reuters(国際) 鳥インフルエンザ対策で、白鳥に発信機を取り付け
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

トロント(ロイター)-超軽量のテフロン製バックパックに太陽発電のGPS衛星発信機を入れて白鳥に取り付ける。これが科学者と研究者が鳥インフルエンザの拡散と闘うための最新の方法である。
 10羽のオオハクチョウをロシア・中国の国境付近のモンゴル極東部で8月初めに国際的な科学者チームが捕獲した。これは野鳥がどのように鳥インフルエンザの拡散に係っているかということに光を当てるための研究の一部である。
 オオハクチョウが対象に選定された理由は、この種が過去2年間にモンゴルと中国西部で大量に死亡したためである。検査の結果、そのうちの何羽かは高毒性の鳥インフルエンザに感染していたことが検証された。
 鳥インフルエンザのうちのH5とH7のタイプは家禽に対し極めて高い死亡率を示し、ヒトの鳥インフルエンザの症例の大部分の原因となっている。H5N1鳥インフルエンザ株の場合は141名を死亡させたと考えられている。
 国際的な科学者チームは鳥の渡りの経路を追跡して情報を集め、鳥インフルエンザとの闘いを助けようとしている。
 「恐らく家禽と鳥の売買が(鳥インフルエンザの)移動の最大の経路でしょうが、渡り鳥が関与しているらしい地域もあります」と国連食糧農業機関スポークスマンのスコット・ニューマン博士は水曜日に声明の中で述べた。
 チームには野生生物保護学会、モンゴル科学アカデミー、そして米国地質調査所からも参加している。
 捕獲後、18パウンド(8キロ)大の白鳥に2.3オンス(70グラム)の発信機を入れたバックパックのハーネスを取り付ける。ハーネスはテフロンのリボンでできており、2、3年のうちに劣化し脱落するようになっている。
 「鳥インフルエンザのために野鳥を実地で標本検査している訳ですが、その動きをもっとよく知らないとこの病気について野鳥がどのような役割を果たしているか完全に理解できないでしょう」と野生生物保護学会のスポークスマンのウイリアム・カレシュ氏は言う。
New bird flu vaccine could save millions Times Online (英国) (中国作製)新鳥フルワクチンは数百万人を救う可能性
New bird flu shot offers hope in event of pandemic The Standard (香港) (中国開発)新鳥フルワクチンはパンデミック時に効果が期待
 中国の開発したH5N1ウイルスに対するプロトタイプワクチンは、ウイルスが人人感染を起こすように変異した場合、数億人の人々を迅速に感染から守る効果が期待される。最新の英国の医学雑誌「The Lancet」 が、そのように伝えている。

 中国開発ワクチンが初期安全性テストで成功したことは先月発表されたが、雑誌のコメントによると使用している抗原量が少ないことから、緊急時には速やかに作製が可能とされる。
 プロトタイプワクチンは、家禽から人へ感染する現存のH5N1ウイルスを標的にしている。
 もしウイルスが人人感染を起こす株に変化した場合、数千万人の生命が脅かされると考えられている。
 現在のH5N1ウイルスに対するワクチンは、このような株にそれほど効果はもたないと想定される(株の抗原性が変化していると考えられることから、現在の抗原性に対するワクチンはそれほど有効ではない:訳者)。
 しかし、既に安全性が確認されているH5N1ウイルス・ワクチンを修飾してワクチンを作製出来るならば、パンデミック株に対するワクチンの迅速な作製は容易となる。
 中国作製のワクチンは18歳から60歳までの120人のボランティアを対象に、ダミーワクチン接種の対照群と、実際のワクチンを、1.25、2.5、5、10マイクログラム投与される実験群に対してワクチンが2回接種された。免疫賦活剤として水酸化アルミニウムが添加された。
 56日後、研究者達は全ての抗原濃度で抗体が産生されたことを確認したが、10マイクログラムの抗原量で最も良い反応が得られた。
 この10マイクログラムの抗原量で対象の78%に、予防効果が期待される抗体産生が確認された。この効果率はEUが認証基準としている70%を超えていて、また比較的小さな副作用しか生じていない。
 ワクチン製造会社は北京に基盤を置くSinovac Biotechであるが、研究には中国科学技術部と中国CDCが参加している。

 雑誌「ランセット」のオンライン・レビュー(コメント)で、英国の感染症専門家であるI・ステファンソンは、中国作製ワクチンの最大の利点は、抗原として、ウイルスの分画成分を用いず、全ウイルス成分を用いている点であると評価している。
 全ウイルス成分を用いると、分画成分を用いた場合に比較し、強い免疫反応が得られ、ワクチンとしてより協力な作用が得られるが、副作用も大きい。
 そう言うことから、もし全成分使用ワクチンが安全であるならば、抗原量をさらに少なくしても、分画成分ワクチンと同等の効果を得ることが可能となる(少量の抗原量ワクチン作製が可能となる。大量の抗原量を必要とする限り、ワクチン産生量には限界があるため、パンデミックワクチンとして有用とはならない:訳者)。そのようにステファンソンは解説している。
 先に安全性と効果が2種類のワクチンで確かめられている。それぞれ抗原量として、90マイクログラムと30マイクログラム要している(これはウイルスの全成分を用いたワクチンの話と思われるが、抗原量としてはグラクソ社が開発して7月に発表した3.8マイクログラムが最少である:訳者)
 パンデミックが始まった後の6ヶ月間にどれだけの量のワクチンが産生可能かが重要な課題となっているが、現在のワクチン産生能力の中で各製造工場は、(30マイクログラムの抗原量を用いて)7500万人を対象にするか、または(10マイクログラムの抗原量で)2億2500万人を対象にするか選択しなけれならない(抗原量30マイクログラム、または10マイクログラムを使用するかで、ワクチン産生量が異なることを意味している:訳者)。
 しかしステファンソン博士は、自身の計算で、10マイクログラムの抗原量を使用するならば4億5000万人分のワクチンが、その期間(パンデミックが始まったその後の6ヶ月間)に作製が可能と言っている。

 この中国開発ワクチンに関しては8月31日に詳細なロイター報道を掲載している。
 英国グラクソ社の低濃度抗原量ワクチンの情報は、7月27日分に掲載済み。

.Indonesia Buys Bird Flu Vaccine From China All Headline News (国際) インドネシア、中国から鳥フルワクチンを購入
 インドネシア政府は、およそ9100万羽用のH5N1または鳥インフルエンザ用ワクチンを中国から購入することを承認した。3100万羽分はすでに4日に配布されている。残りは今月初旬に届く予定とされる。
 ワクチンは感染地域と危険地域へ12月までに配布される予定。
UN health agency announces 13 nominees to become next Director ... UN News Centre (国連ニュースセンター) 次期WHO事務総長に13人が立候補
 国連WHOは先に急逝したLee Jong-wookWHO事務総長の後の、WHO事務総長への立候補者届け出を締め切り、立候補者達の履歴書を加盟国192に配布した。
 11月6~8日にジュネーブのWHO本部で理事会が開かれ、そこで立候補者達は面接を受ける。理事会はその後無記名投票を行い、11月9日にWHO総会で新事務総長を発表する。

 立候補者は下記の13人。
 Kazem Behbehani (クエート), Margaret Chan (中国), Julio Frenk (メキシコ), David A. Gunnarsson (アイスランド), Nay Htun (ミャンマー), Karam Karam (シリア), Bernard Kouchner (フランス), Pascoal Manuel Mocumbi (モザンビーク), Shigeru Omi (日本), Alfredo Palacio González (エクアドル), Pekka Puska (フィンランド), Elena Salgado Méndez (スペイン) and Tomris Türmen (トルコ).

 新事務総長が直面する課題は、鳥フルパンデミックの脅威からHIV/AIDS、マラリア、結核との闘いなど、一連の重大な問題が山積している。

9月6日(水)

Spread of bird flu virus in N. Sumatra still worrying Antara, Indonesia  (インドネシア) 北スマトラにおける鳥フルウイルスの拡大はいまだ心配な状況
 北スマトラ州では多くの家禽の殺処分が行われているが、いまだウイルスは拡大している心配がある、と州政府当局者が語った。
Cambodia reports fresh bird flu outbreak TODAYonline (シンガポール) カンボジア、新規鳥フルを報告
 先月致死的H5N1ウイルスが検出された東部カンボジアの2農家で、アヒルに鳥フルが発生した。農業省の高官が発表した。
Myanmar says free of bird flu TODAYonline (シンガポール) ミャンマー、鳥フルウイルスは排除されたと発表
 軍事政権のミャンマーはこの数ヶ月間新規鳥フル発生がなかったことから、ウイルスは駆除されたと発表した。
 ”鶏とウズラを殺処分することによりウイルスの拡大を抑えた。現在国内にはウイルスは存在しない”、とする政府の談話を、国営通信は発表した。
 ミャンマーは鳥フル情報が不透明な国として、国外の専門家達から非難されている国家の一つである。
 ミャンマーは最初の鳥フル発生をこの3月に確認した。政府は66万羽に鶏を殺処分して、4月の第1週以降には、流行は制圧されていると主張した。
 ”海外の専門家の協力のもとに、現代の最新の技術を応用して、3ヶ月間に亘る鳥フル検出プログラムが4月29日から行われた”、と国営通信は伝えている。
 ミャンマー保健相は、家禽での流行の間、人での疑い例が10人出たが、全て陰性だったと語った。
.Myanmar declares victory over bird flu Reuters AlertNet (英国) ミャンマー、鳥フル封じ込め宣言
 ミャンマーは4月下旬以降、新規鳥フルの発生が無く、鳥フルの封じ込めに成功したことを宣言したと、国営通信が6日発表した。国連機関のFAOは、ミャンマー政府の宣言に注目していると語っている。軍事政権のミャンマーに、海外の専門家が入って対策を指導してきた。
Academy of Sciences protests experiments on children Caboodle.hu (ハンガリー) ハンガリー科学協会、小児へのワクチン実験に抗議
 小児に対する鳥フルワクチンの臨床試験に、ハンガリー科学協会は、ハンガリーがサインしている「人の権利と生物医学協定」に違反するとの理由で反対している。
 9月1日、国立薬学研究所の長官が鳥フルワクチンを、小児で臨床試験すると発表した。研究所は現在24人の両親の(子供の)ボランティア参加の許可を求めている。研究所では臨床試験に法的、専門的、または倫理的問題はないとしている。
 政府の医療担当責任者は、小児での臨床試験は不可欠で、成人のデータから小児に対する投与量は決められないと説明し、さらに初期の人への投与実験でワクチンの安全性が確認されているから、(小児への)投与には危険性はないと語っている。
Counter bird flu trainings to start on September 7  The Messenger(グルジア) グルジア:鳥インフルエンザ対応訓練、9月7日に開始
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 9月7日にグルジアの疫病流行対策サービスと地域動物衛生官向けに、鳥インフルエンザ対応訓練が開始されると農業省は9月5日発表した。
 著名なスイスの専門家であるウーリッヒ・キム氏が、バトゥミのスプートニク・ホテルで訓練を9月9日まで開催する。
 鳥の渡りの時期が近づき、それに伴い高毒性のウイルスが拡大している。これは同省の鳥インフルエンザ対抗策の一つである。
(ブラックシー・プレス)
Egypt’s birdflu virus under control – Minister African News Dimension(南アフリカ) エジプトでは鳥インフルエンザは制圧されている-大臣語る
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ヨハネスブルグ(AND)エジプトの農業・農地開拓相は、鳥インフルエンザH5N1は同国では制圧されていると語った。
 アミン・アバザ氏は現地の報道機関に、エジプトは期間限定で家禽の輸入を継続し需給間のバランスをとり消費者利益のために価格を統制すると述べた。
 同氏は、家庭で飼育されているものを除き全ての家禽にはワクチンが接種されていると語った。
 同国の厚生相のハテム・アルジャバリ氏も報道機関に、エジプトは準備レベルを引き上げ鳥インフルエンザ再来の可能性に対峙すると述べている。これは最近カイロで新たに4症例が記録されたことに伴うものである。
 同氏は渡りの季節を見越して待機体制に入っている病院はほとんどないとしている。標本を異なる地域から集めウイルスが拡大していないことを確認した。
 エジプト厚生省は人々に、いかなる不適切な鳥のと殺にも反対するように警告し、全ての必要な予防措置をとるように呼びかけている。
 最初の鳥インフルエンザの例は2006年にカイロとミニャ地区で4羽のニワトリで検出された。
 アフリカ大陸で最初にH5N1ウイルスが発見されたのはナイジェリアで2006年2月初めのことである。

自然発生

 鳥インフルエンザは鳥インフルエンザ・ウイルスに感染することで発症する。このインフルエンザ・ウイルスは鳥の間で自然に発生するものである。
 野生の鳥は世界中でこのウイルスを腸の中に入れて運んでいるが、通常はそれによって病気になる事はない。しかし鳥インフルエンザは鳥の間では非常に感染しやすく、ニワトリ・アヒル・七面鳥などの家畜化された鳥を重症にして死亡させることもある。
 感染した鳥はインフルエンザ・ウイルスを唾液、鼻水そして顔面に流出させる。影響を受けやすい鳥が感染するのは、汚染された分泌物や排泄物と接触したり、感染した鳥の分泌物・排泄物で汚染された表面と接触した場合である。
 家畜化された鳥が鳥インフルエンザに感染する場合、感染した水鳥や他の家禽との直接の接触やウイルスで汚染された表面(地面や鳥かごなど)やモノ(水や餌など)との接触による事もありえる。
ANDヨハネスブルグ支局
Indonesia to produce millions of tamiflu to combat bird flu People's Daily Online (中国) インドネシア、数百万錠のタミフルを製造に
 インドネシアは今年度、タミフル5百万錠を製造し、家禽に対する大量のワクチン接種を行うと、政府高官が発表した。
 タミフルは国内の2製薬会社が製造登録している。
 スイスのロッシュ社はタミフルのパテント登録をインドネシアでは行っていない故、インドネシアの企業が自国で使用のためのタミフル製造は可能となっている:訳者
Bird flu kills nearly 600 chickens in Indonesia's West Java People's Daily Online (中国) インドネシアの西ジャワで600羽近くの鶏が鳥フルで死亡
 インドネシア当局は西ジャワのクニンガン(Kuningan)で8月に596羽の鶏が鳥フルで死亡したことから、大規模の流行の発生を5日警告した。
Margaret Chan issues manifesto for election of WHO director ... People's Daily Online (中国) マーガレット・チャン、WHO事務総長立候補のためのマニフェスト作成
 前香港衛生省長官で、次期のWHOの事務総長に中国政府から推薦されているマーガレット・チャンさんは、立候補のためのマニフェストを作成した。
China vaccinates fowl against bird flu North Korea Times, (北朝鮮) 中国、家禽へ鳥フルワクチン接種
 昨日の新華社報道と同じ。
Researchers Find Validity in 1918 Treatment for Avian Influenza Infection Control Today (米国) スペイン・インフルエンザにおける治療法は有効と
 8月31日に報道済みの、1918年に流行したスペイン・インフルエンザの際に行われた、回復者の血漿を患者に輸注する方法が有効という情報。(回復者の血漿中に産生された抗体が効果を持つ:訳者)。
China will not be hit hard by bird flu this fall TODAYonline, (シンガポール) 中国政府:この秋には鳥フルは流行しない
 中国では、この先の秋から冬にかけて、鳥フルが流行する可能性はないと予想される、と中国農業部では発表したが、WHOの専門家は、気温が下がるにつれて多くの鳥フルが発生する可能性があると警告した。

 Li Jinxiang農業部獣医局副長官は、政府はワクチン接種と家禽の監視態勢を強化していると、記者会見で説明した。
 ”もし我々の対策とワクチン接種が予定通り行われるならば、中国の状況は非常に良くなるだろう”、と同氏はAFPに語った。
 しかし、WHO北京事務所の専門家は、ウイルスは寒い季節に活発になるから、ワクチンだけではその拡大は防止できないと考えられる、とコメントしている。
 ”冬期間に、動物と人での鳥フル発生がピークになることは間違いのないことだ”、と北京のWHO事務所の伝染病専門家であるJulie Hallさんは語っている。
 ”我々は気温が下がるこの冬に備えるべきだ。家禽の鳥フル発生が増加し、それにつれて人の感染者が発生する可能性がある”。
 季節の移行で、ウイルスを保有した渡り鳥が移動し始め、それにより鳥フルがさらに広がる可能性もある。
 農業部では、全ての家禽のワクチン接種に向かって精力的作業を継続すると言っているが、ワクチン接種は感染したウイルスをマスク(検出を難しくする)する可能性があると、専門家達は警告している。
 ”鳥フル拡大を防止する唯一の方法はワクチン接種を強化することだ”、とZhang Baowen農業部副大臣が語っている。
 中国は2005年に国内でいくつかの鳥フル発生をみてから、全家禽に対するワクチン接種という巨大なプログラムに着手した(世界で最大の家禽産生国である)。
 当局者達によると、今年度の目標は、家禽のほぼ年間全ストックに相当する、150億羽に対するワクチン接種と言う。
 しかしながら、専門家によると、ワクチン接種を受けた家禽は(ウイルス感染した後でも)ワクチンを体内に保有しながら、周辺に拡大してゆく、とされる。中国におけるほとんどの人感染例は、家禽における流行に引き続いて発生はしていない。(家禽からウイルスが感染していることは間違いはないが、家禽がウイルスを保有しているかどうかが判断できないため、突然人での感染例が現れることになる:訳者)。
 ”彼等がすべき事は、単にワクチン接種だけでなく、監視態勢の強化と家禽の動向の観察である”、とHallさんは語る。”ワクチンだけに頼ることは出来ない”、と付け加える。
 中国で発生した最後の家禽における鳥フルは、8月初旬の湖南省の農場であった。
 最新の人の死亡例は7月に発生しているが、中国では、これまで合計21人が発病し、14人が死亡している。
.
.
9月5日(火)

New bird flu outbreak hits Cambodian ducks Reuters AlertNet (英国) カンボジア:アヒルで新規鳥フルが発生
 先月鳥フルが再興した東カンボジアで、アヒルが鳥フルに感染していることが確かめられたと、5日、当局が発表した。カンポンチャン省のバティ地区で死亡した、または生存しているアヒルから致死的H5N1ウイルスが検出された。同地区では先週700羽の家禽が死亡している。
 8月上旬にプノンペンの東南70キロにあるプレイベンで、やはり1300羽のアヒルが死亡し、H5N1ウイルスが分離された。その後鳥フルの発生が2週間なく、先日の3日、政府はウイルス封じ込め宣言を出したばかりだった。
China vaccinates 4.88 bln domestic fowls to combat bird flu Xinhua (新華社、中国国営通信) 中国、鳥フル対策として48億8千万羽の家禽にワクチン接種を完了
 中国は本年6月下旬までに、鳥フル予防と拡大対策のために、48億8千羽の家禽にワクチン接種を終えた、と農業部が5日発表した。 (H5N1ウイルスに対するワクチン:訳者)
 農業部下の獣医局長官のLi Jinxiang氏は記者会見で、中国の鳥フル予防と対策に対する労力はWHOとFAOも認めている、と語った。
 中国は年間140億羽の家禽を生産する、世界最大の家禽産業国となっている。
Second phase of bird flu vaccination in Mekong Delta VietNamNet Bridge  (ベトナム) メコンデルタで、第二回目の鳥フルワクチン接種
 220万羽のアヒルとヒヨコにワクチンの接種が行われる。アヒルにはH5N1、ヒヨコにはH5N2ワクチンが投与される。
New round of bird flu inspections begins in September Thai News Agency MCOT (タイ) タイ、9月から第二回目の戸別鳥フル監視および指導へ
 農業省は9月から11月までの間に、家禽飼育農場の衛生管理指導と消毒を、渡り鳥から感染を受ける危険性の高い地域で開始する。渡り鳥が飛来してくる時期が近づいていることが理由だ。
 渡り鳥はタイを通過するとき、H5N1ウイルスを運んでくるかも知れない、と農業省では説明し、地域では対策の強化を図る必要があると語っている。
 9月第一週から11月まで、農業省では感染危険地域で各戸別毎に農家を訪問し、啓発と同時に家禽飼育農家からの情報入手に務める。今回は2回目のキャンペーンとなる。
Govt to use H5N2 drug for mass vaccinations Jakarta Post, (インドネシア) インドネシア政府、H5N1鳥フル対策に、家禽3億羽にH5N2ワクチンの大量接種へ
 インドネシア政府は、9月から12月にかけて、効果に関して論議中のH5N2ワクチンを、3億羽の家禽へ接種する計画を発表した。
 農業省の家畜保健局長官のMusnis Suatmodjoは、農業省は既に6千羽分のH5N2ワクチンを用意していると語った。
 家禽に対するワクチン接種、およびH5N2ワクチンを用いることが、H5N1鳥フル対策に有効かどうかは保健当局者達の間でも意見が統一されていない。WHOは感染地域でのワクチン接種よりも大量殺処分を薦めている。
Indonesia to vaccinate 300m poultry from flu Bangkok Post, (タイ) インドネシア、3億羽の鶏にワクチン接種と
 インドネシア政府は、一部保健当局者の反対にも関わらず、3億羽の家きんに対してワクチン接種をする計画を発表した。同国の報道機関が情報を提供した。
 今月から開始され、12月まで行われる。
 インドネシアでは33州のうち29州で鳥フル発生が確認されている。これまで数千万羽の鶏と46人の人々が死亡している。
 
 一方、西ジャワで4日、2歳男児が高熱と呼吸症状を伴う鳥フル症状で入院したことが当局から発表されている。

 インドネシアの内外の保健当局者の間では、ワクチンよりも殺処分の方が対策としては効果的とする意見も多い。
 しかし、インドネシア政府は大量の殺処分には多額の補償費が必要になることから、消極的姿勢を続けている。
Trade ministry close down 93 henhouse Elkhabar(アルジェリア) アルジェリア、農業省、93の養鶏舎を閉鎖 30%の商品が基準に達せず
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 国家委員会による活動に続く鳥インフルエンザ対策計画の一環としての農業省による管理行動によって、93の養鶏舎が閉鎖され、8千トン以上の鶏肉が押収された。統計によれば国内市場が供給している商品の30%は基準に達していないという。
 通産省による管理行動9434の業者をカバーし、1023件を立件し告訴を見込んでの816件の覚書を作成している。また8781トンの鶏肉を押収している。通産省の行動は年度前半の養鶏舎・と殺場への立ち入りに重点を置いている。これは不法行為を終結させ、市場管理の強化により世界中で多くの人命を奪っている鳥インフルエンザを予防するためのものである
 今年の最初の月の農業省の行動で、20万回以上の立ち入りを実施し4万7千件以上の立件11億ディナールの基準外や腐った商品を押収している。
New cases of bird flu detected in fowl in Egypt Jerusalem Post, (イスラエル) エジプトの家禽で新規鳥フルが発生
 先週、エジプト南部とカイロで家禽における新規鳥フルが数ヶ月ぶりに発生したことが、エジプト保健省から4日発表された。
 保健相によると南部のSohagでは4人の住民が鳥フル症状を呈し、検査を受けたが陰性だったと言う。
 カイロの南方345キロに位置するSohagでは先週8月29日に、カイロでは31日に家禽の鳥フルが見つかっている。鳥フルが発見された近くの家禽は全て殺処分された。
Egypt Prepares For Bird Flu World Fitness, (カナダ) エジプト、鳥フル対策を強化

 エジプトはカイロの鶏でH5N1鳥フルが確認されたことから、鳥フルの再興の可能性を警戒して、対策を強化した。

 保健相は、国内の病院に渡り鳥の飛来シーズンを見越して、警戒態勢にはいるように指示を出した。

 保健省、農業省、性病対策局では協同して鳥フル事例の検出にあたる。

 各地で無差別に検体が採取され(家禽?)、鳥フルの拡大の有無が確かめられる。


Visiting wild birds to be kept under close watch Bangkok Post (タイ) タイ:飛来してくる渡り鳥の監視を強化
 国内の主要な沼地に、来月から飛来してくることが予想される渡り鳥の監視を強化すると、鳥フル対策担当官が昨日発表した。
 国立鳥フル対策センターは、家畜担当者達に、国内の主要な3湿原(Pathum Thani, Suphan Buri, Nakhon Sawan)で消毒剤を散布するように指示を出した。
 最も警戒される湿原はBung Boraphetで、国内で最大の淡水湿原で、Nakhon Sawanにある。
 アヒルの放し飼い農家に対しては、これら湿原に家禽を近づけて、鳥フルに感染させないように警告が出される。
 また林業担当者達は、病的野鳥の検出や死骸の収集が指示される。

 一方、担当者によると殺処分を逃れるために家禽を移動させたり、死亡した家禽を食用にしたり、自然の水源地に捨てたりする例もあるという。
Bird flu re-emerges in Egyptian poultry after lull Reuters AlertNet (英国) 鳥フル、エジプトの家禽で再度発生
 エジプトは二ヶ月ぶりに家禽で新規鳥フル発生を検出したと発表した。見つかった4例のうち3例は、先週遅くにエジプト市内の、いわゆる裏庭での放し飼い家禽であり、もう1例は南部のソハグ市の家禽である。
 エジプトでは2月に家禽でH5N1鳥フルが発生してから、3月から5月にかけて14人が発病し、6人が死亡している。
 今回は人での感染者は報告されていない。
 エジプトでは鶏肉が主要な蛋白源となっており、鳥フル発生で人々の間でパニックが起きていた。
 貧しい人々の間では、都会や田舎でも、食料として、または副収入源として鶏を飼う習慣がある。屋上で飼われる鶏は、ウイルスを運ぶ渡り鳥から感染する危険性が特に高いと言われている。渡り鳥は人口密度の高いナイル渓谷に沿って移動する。

 今回の鳥フル発生は、人への感染の危険性があることを意味するが、WHOの地域担当者によると、エジプトでは家禽へワクチンを投与しているので、今回発生した鳥フルが拡大、または継続するとは考えられないと言っている。しかしウイルスがいまだ存在しているのは事実であり警戒は必要だとも説明している。
 なおWHOによると、エジプトには十分量以上のタミフルがあるようだ。
9月4日(月)


Bird flu: a new sampling campaign is planned in Africa innovations report (ドイツ) 鳥フル:アフリカの野鳥で新規ウイルス検査キャンペーン
 アジア、ヨーロッパ、アフリカへと、鳥フルはパスポート無しに国境を越えて広がってゆく。しかし、ほとんど間違いなく、そのウイルスの運び屋はいる。どんな種類の?これはいまだ研究者を悩ましている疑問の一つだ。
 危機が始まって以来、渡り鳥が論争の中心となっている。しかしながら、他に合法的および違法的家禽売買も大きな役割を担っていることが知られている。
 本年1月以来、アフリカの渡り鳥5000羽でH5N1ウイルス検査が行われたが、全て陰性だった。
 今回9月から再度開始するが、今回は喉頭分泌物を検体とする。理由は、H5N1ウイルスの場合、通常インフルエンザ用検体が採取される総排泄腔よりも喉頭に多く存在するという最近の研究結果による。
New bird flu outbreak in Vietnam Irish Examiner (アイルランド) ベトナムで新規鳥フル発生
 南部ベトナムで100羽以上のアヒルが突然死亡し、当局では鳥フルによるものと懸念を示している。
 他の400羽のアヒルは殺処分され、検体はホーチミン市の地域獣医学センターにH5N1ウイルス検査のために送られた。
 ドンナイ省の家畜保健局では、アヒルの死亡を鳥フルによるものとして対策を強化している。
 8月28日に既報。
インドネシアにおける鳥インフルエンザの人への感染について 在インドネシア日本国大使館

在ジャカルタ日本国総領事館

                                                            平成18年9月1日

1.感染状況。

インドネシア国内における鳥インフルエンザの感染状況は、8月末現在で鳥から鳥への感染については28州(207県)に及んでいます。インドネシア国内における鳥から人への感染については、WHO(世界保健機関)により確認された確定例が60例、このうち46例(今年に入ってから30例)が死に至っています。今年5月に北スマトラ州において発生した家族(親族を含む)8名の鳥インフルエンザによる集団感染例(うち7名死亡)は、ある家族内での限定的な感染であったこともあり、新型インフルエンザの発生とは認定されていないものの、ウイルスの遺伝子配列の同定を行った上で「人から人への感染」が確認された世界で最初のケースとなっています。このように、インドネシアにおける鳥インフルエンザの感染は未だ拡大を続けており、引き続き注意が必要です。


2.予防対策

鳥インフルエンザに対する予防対策については、従来から当館からの「お知らせ」により、鳥や家禽類に近寄らない等の注意事項についてお知らせしているところですが、今後とも以下の諸点について一層注意を払う必要があると思われますので、留意願います。

(1)  通常のインフルエンザ・ワクチンを定期的に接種すると共に、発熱、頭痛等の症状がみられる場合は、早めに信頼のおける医療機関で診察を受けてください。
(2)  人の多く集まる場所にはできるだけ近づかないようにしてください。
(3)  マスク等の準備及び必要に応じた着用を心掛けてください。
(4)  感染予防のためには、職場におけるインドネシア人職員、家庭における家事補助者、運転手等についても、同様の予防対策を取っていただくことが重要です。在インドネシア日本大使館ホームページには、予防のための注意事項のインドネシア語版を掲載していますので、活用ください。

3.今後の心構え

   今後、人から人への感染が拡大するような状況になる可能性があり、その場合には短期間のうちに世界的に感染が広がるおそれがあると指摘する専門家もいます。人から人への感染が拡大すれば、交通手段が大幅に制限されるなど、社会的に大きな影響が及ぶおそれもあります。皆様方におかれては、そのような状況に備え、以下の諸点を参考として、万一の時の際の心構えを持ち、今後の対応を検討しておいて頂くようお願いします。

(1)  当国における鳥インフルエンザ患者の治療体制 当国では、鳥インフルエンザの感染ないし感染の疑いが確認された場合は、政府による指定病院(現時点でのジャカルタ市内の指定病院は、スリアンティ・サロソ病院とプルサハバタン病院の2か所)に収容され、治療を受けることとなっています。
(2)  鳥インフルエンザに対する治療の現状
  (イ) 人から人へ感染する新型インフルエンザが発生した場合、効果的な予防のためのワクチンは現存していないと考えられており、また、新型インフルエンザに対応するワクチンの開発には相当な時間がかかるといわれています。
  (ロ) 既存の一般的なインフルエンザの治療薬として処方される「タミフル」は、現存の治療薬としては最も効果が高いと考えられています。当国においては、「タミフル」は政府が一元管理することになっているため、一般市場での入手は困難な状況にあります(ただし、現在、当国政府による全国の指定病院には政府備蓄分から一定量について供給されています)。
(3)  航空機等の交通機関
当国で人から人への感染が発生した場合、世界への蔓延を防ぐため、人の移動及び物資の流通が制限される可能性があり、場合によっては、航空機等の運航が停止する可能性があります。
(4)  生活物資
物資の流通の制限により、生活物資の入手に支障をきたすおそれがあります。
(5)  出入国の制限
いずれの国も水際での防疫体制を強化することから、出入国が厳しく制限される可能性があります。(日本においても、防疫上の措置がとられますが、邦人に対し帰国自体を制限することはありません。)
(6)  出入国の準備
  (イ) いつでも航空券が購入できるよう、米ドル等現金を準備しておくことをおすすめします。
  (ロ) 当国の滞在査証及び再入国許可等が失効していないかの確認、必要に応じて更新等の手配を準備しておくことをおすすめします。
(7)  日本人学校
感染予防及び感染拡大防止のため、日本人学校が一時休校等の措置を取る可能性があります。



Egypt reports new bird flu case in poultry TODAYonline (シンガポール) エジプト、家禽でのH5N1鳥フル発生を報告
 高病原性H5N1ウイルスがエジプト南部の家禽農場で数ヶ月ぶりに検出された。
農場はカイロの490キロ南方のソーハグ州(Sohag province)に位置している。
感染した家禽と接触した人々の検査が行われているが、感染者は出ていないと発表されている。
エジプトにおける最後の発病者は5月に遡る。
エジプトでは、本年3月中旬14人が発病していて、そのうち6人が死亡している。8人はタミフル投与後に回復している。
9月3日(日)

Tests find milder strain of bird flu     The Ottawa Recorder (カナダ) 低毒性鳥インフルエンザと検査で判明
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ペンシルバニアの野生の鴨は検査の結果、鳥インフルエンザについて陽性だったが高毒性のアジア型ウイルス株ではないことが判明したと、農業省は土曜に発表した。アジア型のウイルス株は家禽に猛威をふるい世界中で少なくとも141人を死亡させている。
低毒性のH5N1株は北米の野鳥からたびたび発見されており、ヒトへの脅威はない。しかし、今年にはより高毒性のウイルス株が北米大陸に到達するものと政府は見ている。
この鴨は、政府の10万羽もの野鳥への検査の取り組みの一つとして検査されたものである。
2003年以来、高毒性のH5N1ウイルス株のために海外では数百万羽の鳥が死亡したり駆除されてきた。人間で感染した場合は、ほぼ全て病気になった鳥や糞に密に接触している。しかし、ウイルスが変異しヒトの間で容易に拡大する形になりうることを科学者は恐れている。
Egypt braces for bird flu comeback Kuwait News Agency (クエート) エジプト、鳥フル再興に備えて対策強化
 渡り鳥が南下してくる季節を前にエジプトは、鳥フル対策を強化した。
 保健省、環境省、農業省、および性病対策局がジョイントチームを結成して、鳥フル事例の発見態勢を強化した。
 各病院における患者検出態勢
 国内の村と農場で定期的に家禽のサンプル検査
Cambodian authorities give bird flu all clear, but remain on alert Monsters and Critics.com (英国) カンボジア:鳥インフルエンザは封じ込められたが、警戒は必要と
 カンボジア保健省は先月初旬にH5N1ウイルスが検出された3地域で、潜伏期間の倍の2週間に亘る観察期間で、家禽での鳥フル発生が無かったことを確認し、ウイルスは封じ込められたと発表し、人での感染事例が出なかったことに満足の意を表した。
 しかしながらWHOの疫学専門家であるメゲ・ミラー氏は、鳥フルウイルスは既にカンボジアに根付いていると考えられ、警戒態勢の継続は必要であると警告している。
9月2日(土)

Bird flu public awareness drive takes flight Jakarta Post (インドネシア) 鳥インフルエンザに関する一般の意識向上を開始
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ封じ込めに十分な努力を払っていないという国際的な批判の中、政府は猛威をふるう鳥インフルエンザに関する一般の意識を高める運動を金曜日に始めた。鳥インフルエンザは世界のいかなる場所よりも、この地で多くの人を死亡させている。
 「鳥インフルエンザを知って」というタイトルで、予防のためのメッセージを込めたTVでの公共広告などが実施される。この予防のためのメッセージは、死んだ家禽に絶対に触れない、家禽を扱ったり市場に行った後は手を洗う、家禽が死んだら当局に報告するといったことである。
 香港などのアジア地域での公共広告へのジャッキー・チェンの参加と同様に、国によるこの運動ではトーク・ショーのホストであるファーハンや医師出身の有名人のルーラ・カマルといった地域の有名人を出演させている。他の運動の媒体としては、マンガや公共の場所でのステッカーなどがある。
 新設の国家機関である、鳥インフルエンザ予防・パンデミック対応準備機関(Komnas FBPI)議長のバユ・クリスナ・ムルシ氏は、この運動は家禽の監視や生物学的安全性にも注力するとしている。こういった事柄も未だ欠如していると認めている。
 同氏はこの疾病と闘うための更なる国際的な資金支援を繰り返し訴えた。この疾病は2005年6月以降47名のインドネシア人を死亡させている。
 「外国の助けを乞うているのではないのです。これは共に手を携えなければならない国際的な問題なのです。2億2千万の国民には大量の資金が必要です。我々は、多くの人の健康と安全に関心を持つ全ての組織に参加してもらおうと呼びかけています」
 同氏は運動の予算の詳細を明らかにすることを拒んだが、政府は鳥インフルエンザ対策計画の予算として、今後3年間で年に最大2億6千万米ドルを必要とするだろうとしている。
 世界銀行が今週行った「大流行に抗するためには包括的な計画と戦略が必要」とする勧告に触れながら、「詳細な財政戦略を立てる必要があります。どのような貢献をしてくれるのかという選択は世界銀行次第なのです」と同氏は言っている。
 一方、香港大学の鳥インフルエンザ専門家の第一人者は、H5N1抑制のための動物監視とこのウイルスの動態の理解のために、インドネシアは更に注力すべきだとしている。
 「2003年以来、この国(インドネシア)にはH5N1の新たな移入株は発生していません。ウイルス株はたった一つなのです。しかし問題は中国と同様です。除去されていないのです」と1997年以来このウイルスを研究しているギャン・イ微生物学教授も述べている。
 ギャン氏は、鳥の疾病管理の点でインドネシアは中国同様に悪い状況にあるとする一方、この二国を分けているものは政府の力強さだとしている。
 「中国でさえ、インドネシアよりマシな点があります。中国政府は少なくとも強力で、人民をちゃんと取り締まることができます。インドネシアはそれができない。バラバラで統制がないのです」と同氏はロイターに語った。同氏は鳥インフルエンザに苦しむ人々が治療を拒まれたまま病院に放置された例を挙げている。
 タイが村人に動物監視をさせた手法は有効で、そのやり方は他国でも採用可能だと同氏はしている。しかしタイでは鳥インフルエンザの再興が見られ、ここ数週間で2名が死亡している。
 ギャン氏は、情報へのアクセスが未だに容易にできない国について懸念を表明している。
 「ブラックボックスである国家があるのです。ラオス、ミャンマー、カンボジアといったところです。こうした国は世界に忘れ去られているのです。危険な場所があるのです」と同氏は言う。
 一方WHOの福田敬二氏がジュネーブで木曜日にロイターへ語ったところでは、これまでの処インドネシアでの疑い例の2集団が、このウイルスのヒト-ヒト感染に至ったとする証拠はないとしている。
 「これらのケースは感染した鳥に露出したもののようです」とスイスでの衛生フォーラムの傍らで、WHOの国際インフルエンザ計画の調整官である同氏は語った。


10 bird flu-hit Indonesian provinces in Sumatra Antara (インドネシア国営通信) スマトラ島の10州で家禽におけるH5N1鳥フルが流行
 インドネシアの20州でH5N1鳥インフルエンザが家禽で流行。そのうち10州がスマトラ島と、農業省の家畜担当長官が発表。
US finds low-risk H5N1 bird flu strain in ducks ABC News (米国) 米国で低病原性H5N1ウイルスがマガモから検出
 メリーランド州のマガモから、一般的によく見られる低病原性のH5N1ウイルスが検出された。人に対する危険性はない。米国農業省と内務省が1日発表した。
 低病原性のH5N1ウイルスは、米国の中央大西洋沿岸のメリーランド州クイーン・アン郡の野生のマガモから検出された。
 検査では高病原性のH5N1ウイルスではないことが確認されたと、農業省は発表の中で説明している。確定的検査にはさらに5~10日要する。
 8月14日に、ミシガン州のコブハクチョウで同じ低病原性のH5N1ウイルスが分離されている。研究者によると、低病原性の鳥インフルエンザは野鳥の間で一般的に良く見られると言う。
Indonesia launches media blitz about avian flu CIDRAP (米国)インドネシア、鳥フル啓発大キャンペーンを開始
 インドネシアは、1ヶ月間の国全域に亘る鳥フル啓発キャンペーンを開始した。
 ラジオやテレビで家禽接触後の手洗い、生活居住空間外での家禽飼育、家禽料理は完全に加熱して行う等、公共サービス放送が始まった。また病的家禽を発見したときは当局に届け出ること、家禽接触後症状を呈した場合には、迅速に治療を受けること等も伝えられている。
H5N1 Flu Does Not Pass Easily to Humans, Study Finds Washington File, (米国国務省海外広報) 研究報告:H5N1は容易に人に感染しない
 2005年3月にカンボジアのKampotで発症し、死亡した28歳男性の鳥インフルエンザ事例に関して、家族と周辺住民のH5N1ウイルス血清抗体価を測定したが、全てにおいて陰性であった。地域では家禽のH5N1鳥フルが流行していたにも関わらず、感染したのは当該男性だけであったことから、H5N1ウイルスは容易に人には感染しないという結論が出され、米国CDC発行「Emerging Infectious Diseases」で発表された。

 この研究に参加している研究者は、カンボジアのパスツール研究所、国連機関FAO、WHO、オーストラリア国立大学、CDC他の機関に所属している。

 男性が死亡して1週間以内に、研究者達は男性の家から半径1キロ以内に住む住民調査と351人からの血液検査を行った。男性が死亡する数週間前から、地域で多くの家禽の間でH5N1鳥フルが流行していたことが確かめられた。
 住民の中で抗体が陽性であった者は皆無であった。

 なぜ地域でH5N1ウイルスが蔓延していた中で1人だけが感染したのか原因は明確にされなかったが、いずれにしてもH5N1ウイルスは容易に人には感染しない事が確かめられた。

原著論文(Low Frequency of Poultry-to-Human H5N1 Virus Transmission, Southern Cambodia, 2005)

訳者注:当研究は2005年春のカンボジアでのH5N1ウイルスを対象にした結果である。現在のインドネシアでは感染家禽から集団で感染している事例が多い。明らかにウイルスは家禽から人へ感染しやすくなっている。当研究では、対象ウイルスに違いがあることを念頭におく必要がある。そう言う意味ではH5N1ウイルスの感染性に関する研究は、より進化した(または変異した)株についての研究報告が意味がある。
9月1日(金)

Expert calls for animal surveillance in Indonesia Reuters AlertNet, (英国) 専門家、インドネシアでの家禽監視態勢の強化を求める
 香港のウイルス学者の談話。
China seeks 500 volunteers for second trial of bird flu vaccine TODAYonline, (シンガポール) 中国、鳥フルワクチンの第二回目の臨床試験に500人のボランティアを募る
 中国は鳥フルワクチンの第一回目の臨床試験で安全性が確かめられたことから、第二回目の臨床試験が500人のボランティアを募って行われると国営通信が発表した。
 今回の試験の目的は、どの程度の期間H5N1ウイルスに対する免疫が持続するか、を確認することとされる。
Japan gives $20-m aid to fight bird flu Manila Standard Today (フィリピン) 日本、2千万ドルを鳥フル対策資金として提供
 フィリピンの対策基金。
TOP